FC2 Blog Ranking
2017-09-21

9/21: 今日のトピックス

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・安倍首相 国連で演説、金党委員長を「確信的な破壊者」 9/21(木) 18:31  ★戦争か平和か、挑発・戦争禁止
 ・中国当局、旅行会社に日本行き観光ツアー制限を通達 9/21(木) 18:30
 ・消防士がアダルトビデオ出演、停職6か月の懲戒処分 9/21(木) 18:00
 ・豊洲市場の隣接地、基準値超の有害物質検出 9/21(木) 17:59
 ・女子生徒とのわいせつ行為を撮影した疑い、私立高校講師逮捕 9/21(木) 17:58
 ・救出活動続く…223人死亡 メキシコ地震 9/21(木) 7:05
 ・首相、国連演説 北への圧力強化で結束訴え 9/21(木) 5:55
 ・福岡県警の巡査、酒気帯びでパトカー運転か 9/21(木) 10:07
 ・中国政府、日本の拉致問題解決を支持 9/21(木) 7:47
 ・北朝鮮外相NY到着、トランプ氏演説に「危険な妄想」 9/21(木) 7:48

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月21日分 9:00 実施
「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)
  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 秋晴れ    誕生日の花 ノハラアザミ  花言葉  心の成長 9/21
 〇ラジオ深夜便から 

 昨日までの不安定な天気とは 一転 今日は爽やかな秋晴れになりました。

 あさイチを見ていたら、兄と甥が通院の途中、果実と野菜を届けてくれました。
 数か月ぶりで 逢えました。87歳の兄は 僕より元気で 果物づくりの現役で安心しました。


 カテゴリなしの他の記事
  台風一過
  敬老の日
  秋だ
  秋雨
  秋場所


 今日のトピックス Blog9/20: 国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 更に、戦争もと トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」と、拳を… お追従者安倍は、勇んで戦列に 風雲急⁉主権者ご決断を


 今日のトピックス Blog9/19: 大義なき「自己都合」党利党略解散、容認し難い 動機もだが、その後トランプ・安倍が何をするかが更に大問題⁉ 戦争か平和か 市民、主権者が戦争を排除 投票で安倍・陣笠議員を不信任しよう



イシャジャの呟き: 台風一過     誕生日の花 オミナエシ  花言葉  はかない恋 親切 9/19
 〇ラジオ深夜便から

 台風一過、晴れていたのでスーパーまで 食品の補給のため 出かける。
 帰ってきたら 竜巻注意報のテロップが流れる・・・ まだまだ 空は安定してないようだ。

 柿の色付きが 鮮やかだ。捥いで 焼酎さわし と考えたが、竜巻のこともあるので、後日とする・・・
 生協の宅配を待っています・・・・

 カテゴリなしの他の記事
  通院


 今日のトピックス Blog9/18: 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院小委員長&トランプ大統領「ロケットマン」呼ばわり  却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメ。 爾後は、核兵器禁止、戦争放棄服用を


「護憲+」: 憲法論議に対案は必要ない 9/18 (パンドラ)
 〇安倍内閣は少し支持率が回復したのを機に、また「改憲」について言及し始めた。

 上智大学の中野昇一教授が週刊金曜日の9月1日号で、野党は「【対案を】という改憲議論に乗るな」という興味深い論考を載せているので紹介したい。

 中野氏は、『今の改憲勢力は、反対する勢力を分断する事に重きを置き、「ただ反対というのではなく対案を持ち寄って欲しい」という改憲議論に乗せようとしている』と言っている。

 民進党の中にもこの揺さぶりに乗ろうとする勢力がいる事は否めない。

 中野氏は更に、『憲法とは「憲法典」と「憲法体制」を指すと述べている。憲法典は「日本国憲法」という文章である。しかし憲法は、解釈や、学説、判例、国際条約など全て含めて憲法体制として機能している。
 ところが、現行の憲法議論は「憲法典」をいじる事しか眼中にない。「憲法典をいじれば「憲法体制が確立する」という議論は幼稚だ』と言い、
 『安倍首相が言う「戦後レジームからの脱却」は憲法典を足掛かりに戦後の憲法体制(レジーム)を破壊しようとしている』と述べている。

 氏の言説とは対照的に、『憲法典を国民の意志と意識で、国民投票に掛けてきちんと決めるべき』という意見もある。いわゆる、「国民投票」を国民の手で成し遂げ、取り戻そうという意見だ。

 私には迷いがある。都知事選は野党勢力の作戦のまずさがあったとは言え、続く都議会選挙はどうだったか。一時的なものとはいえ、小池百合子と都民ファーストの会に対する熱狂を思うと心もとない。

 今の社会には憲法に対して無関心だったり、不満、鬱憤を感じている人達がいる。その人達を「中間無党派層」と名付けるならば、安倍内閣を批判する人達が中間無党派層まで拡がり、支持率を下げた事実が示すように、中間無党派層の中にある欲求や不満、改革を希求する声に耳を傾ける事が必要ではないか。そのために野党共闘で国会の勢力を少しでも増やして欲しい。

 国民の生活は苦しい。長時間拘束される割には増えない年収。国民が一生懸命働き納めた税金はどこへ消えたのだろう。消費税は福祉に使われるはずではなかったか。若者達は労働待遇の不備で結婚も出来ない。少子化なんて解消される訳がない。

 憲法典をいじる事よりも、その不満、諦めに答えようとする政党を国民は待望している。野党は【対案】を出す事に拘るより、もう一度国民の声に耳を傾けて欲しい。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: でんでんの私利私欲解散に「×」。 9/18
 「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議 9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


 〇アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

 あからさまな疑惑隠し、権利の乱用、私利私欲解散だ。

 もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

 しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

 国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。



イシャジャの呟き: 敬老の日  ☂  誕生日の花  ゲンノショウコ   花言葉  心の強さ 9/18
 〇ラジオ深夜便から

 台風18号は、今朝7時前秋田沖を通過したが、暴風はまだ続き、周囲の木々を大きく揺らしています。

 雑草園、唯一の果実、タワワに実った柿の枝も大きく揺れていますが、落下しないで頑張っています。
 渋柿と思って、いたが 熟して 蜂が食いついているものもあり 早めにもぎ取って 焼酎でさわすことにしよう。

 ゴミ出しの日だが、昨夕出しておいたので、今朝は 暴風の中出歩かなくてもよく助かった。今日は敬老会だが、敬老の品も昨日届いた。傘寿に当たるとのことで、杖が届いた、鳩杖 ?と思いきや 今風のものでした。
 杖を頼りに、買い物に行こう ?

 台風が去ったと思いきや、外遊から帰ったと思ったら 解散風を吹かした、どこやらの、草履がいるらしい。
 〇〇小学校、〇〇獣医学部問題を、消去しようとする算段だろう、許せない 面々だ


 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog9/17: 首相“国会冒頭に衆院解散”意向… 安倍、トランプは、制裁の先、戦争を目指す⁉ 主権者は、戦争の選択肢を奪え 投票行動で、NON!と &戦争法制と格差解消、脱原発 平和を目指す
  ★朝鮮半島危機、或いは、東アジアの危機である。その一員、日本の主権者として、戦争か平和か、単純に選べばよい。それが、憲法上の課題だ。しかも、安倍氏、安倍政権から、選択を迫られている。安倍政権を信任するかどうか、と。 今、安倍は、何をしようとしているか、見極めることが肝要だ。東アジアを、その実態、危険を。戦争なら戦争、どうするのか? 平和なら平和、どう築くのか?その構想と、選択した結果(想像力、構想力含め)見ながら、投票行動、或いは、意思表明、twitterであれ、何であれ、主張、説得することが求められている。


「護憲+」: 国民をバカにしている安倍政権ー空気を換えよう! 9/17 (tetsujinn)
 〇安倍と彼を操っている一味は探偵さんの仰っていることは重々承知の上で、あえて国民に不安を煽って軍備の増強を狙っているとしか思えません。

 即ち支持率の回復状況や、「共産党との共闘はやらない」などと高言するヘタレ民進党の現状を見て、ますます「敵はいない」「やりたい放題をやれる」と国民をバカにしているのでしょう。

 先の大戦の過ちをしっかり反省していない官僚の末裔たちが、まともな教育を受けていない若者たちを煽って「敗戦前の日本を取り戻す」などと有頂天になっているのです。

 「だまされる国民が悪い」とばかり言っておれません。困難な活動ですが、何とかホイッスルを吹いている人たちに協力して空気を換えたいものです。

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


「護憲+」: どさくさ紛れ解散総選挙か! 9/17 (流水)
 〇今朝(9/17)のNHKニュースで、安倍首相が臨時国会冒頭解散する決意をしたと報じた。サンデーモーニングで田中秀征も「この流れはもう止まらない」と語っていた。

 「あれだけ北朝鮮危機を煽っておいて、解散総選挙かよ?」「全国の学校で戦時中そのままの防空訓練をしろと強制しておいて、選挙かよ?」「アラート少年よろしく、上空700kmを通るミサイルにけたたましく警報を鳴らしておいて、選挙かよ?」

 文句を言えば、いくらでもある。

 何度も指摘するが、安倍政権(自民党政権)の脳裏にあるのは、権力保持だけ。そのために、利用できるものは何でも利用する。北朝鮮危機はその絶好の材料だ。危機を煽れるだけ煽り、国民を恐怖に陥れ、国民が恐怖のために思考停止の状態になってくれれば最高と考えていた。

 官邸の思惑通り、内閣支持率が多少回復。森友・加計問題追及もめっきり報道が少なくなった。それどころか、多くのメディアは、まるで従軍記者気取りの報道に狂奔している。

 多くの国民は、森友・加計どころではない。本当に戦争になるのではないか、と恐れている。危機になればなるほど、国民は政府を頼るものだ。これで、選挙に勝てば、森友・加計問題もチャラになる。選挙に勝ったら俺様に逆らったやつは徹底的に締め上げてやる。覚悟しておけ、というわけだ。

 ナチス・ドイツのゲーリングは「もちろん国民は戦争を望んではいない。なぜ畑にいる貧しいまぬけが、自分の命を戦争にさらそうなどと望むだろう?だが、結局、政策を決定するのは国家指導者だ。国民はいつでも指導者達の命令に従わせることができる。連中に、我々は攻撃されているのだと言って、平和主義者は愛国心に欠けると非難するだけで良いのだ。これはどこの国でも同様に機能する。」と語っている。

 麻生太郎が言う「ナチスドイツに学べ」とは、こういう事態を指す。

 今回の「どさくさ紛れ解散」「犯罪隠し解散」を見れば、北朝鮮危機など本当に存在するのかと言う事を疑わなければならない。何度も書いて恐縮だが、かなりの確率で「出来レース」だと疑わざるを得ない。本当に国家存立の危機ならば、大義名分のない解散総選挙などで政治の空白をつくる暇などない。「出来レース」でなく、本当に差し迫った危機が存在するのなら、解散・総選挙などしている余裕などないはずである。

 こう見てくると、安倍政権は、本当に骨の髄まで反国民的政権・反民主的ファッショ政権だと断定せざるを得ない。

 何をどうボヤいてみても選挙はある。とにかく、野党共闘を実現し、選挙に全力投球する以外この暴政を止める手段はない。

 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


「護憲+」: 北のミサイル発射に頓珍漢な対応の安倍首相 9/17 (名無しの探偵)
 〇北朝鮮のミサイル発射は今に始まったことではない。しかし、これに対する安倍首相の対応は、いつも初めてミサイル(攻撃?)を受けたような憤りを示す頓珍漢な答えに終始している。

 日米同盟の下で100パーセント一致した協力体制と、国際社会への働きかけで、さらる圧力をかけていくという。北朝鮮と話し合いで事を解決する政治的な動きは全くない。

 結論を先に言うと、核武装している国に対し軍事的対応一辺倒では、日本が危ないだけである。世界一の軍事大国の「核の傘の下に」あるので大丈夫というのは、素人的でなんの説得力も持たない意見にすぎない。

 日・米・韓と北朝鮮が再び戦火にまみえるときは、日本列島と韓国が最初の戦場になることは予測できる。(そのためのミサイル発射である。)また、一旦核戦争を始めたら地球自体が持たない

 こういう簡単な理屈が理解できないのが、今の日本の政治的指導者であり、それに票を投じてきた大多数の日本国民である。

 恐怖を通り越して、滑稽でもある。(こちらは老い先短い身なので。)

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


 今日のトピックス Blog9/16: 首相、年内解散を検討 最短で今月末⁉ 火事場泥棒の如く、品性下劣は仕方がない 核・戦争か平和か 脱原発、格差解消、戦争法等悪法、悉く廃止! 主権者の連帯、平和への結集、今こそ



「護憲+」: 北朝鮮危機再考 9/16 (流水)
 〇早朝から、Jアラートが鳴った。朝から脅された県の人はいい迷惑だったに相違ない。羽鳥のモーニングショウで長嶋一茂が「通勤中だったらどうするんだ」と叫んでいたが、見え見えの危機を煽るやり口にかなりの人が怒りを隠せないでいた。

 事実、ミサイルなどの軍事専門家は、日本を標的にしたミサイルと上空を飛ぶミサイルとでは、軌道も違うし、発射角度も違うと指摘。その数値をJアラートに組み込めば、今回のように馬鹿馬鹿しい騒ぎをすることはないと指摘していた。

 そもそも、日本を標的にしたミサイルなら、撃ち落とすというのが、日本の基本戦略だったはず。それを可能にするのが、撃たれたミサイルの軌道計算。それができないというのなら、撃ち落とせない装置に大金を払ったのかという責任問題になる。

 要するに、Jアラートの警報音は、国民を戦争の恐怖に陥れ、パニックを起こさせ、国民の冷静な判断力を奪い、政府の言いなりにする「魔法の音」なのだ。安倍内閣にとっては、「内政の危機」を「外交の危機」にすり替えて、支持率を回復する決め手なのだ。

 このような視点を忘れたTVの大騒ぎは、日本のメディアの度し難い退廃を示している。

 名無しの探偵さんが指摘されているように、安倍首相の危機を煽る言動は常軌を逸している。トランプの尻を叩いて、さらなる強硬な措置を促したいに違いない。日本や日本国民にとっての真の危機は、安倍首相個人の資質と判断力にあるといって過言ではない。そもそも安倍首相が現在の北朝鮮問題の歴史的経緯をきちんと認識しているかどうか極めて疑問である。

 安倍首相がどうあれ、わたしたちが正確で冷静な北朝鮮危機の認識を行うためには、北朝鮮問題の歴史的経緯をある程度把握しておかねばならない。

 〇朝鮮戦争休戦協定遵守の問題。

 わたしたちは、現在の朝鮮半島が「休戦状態」であることは知っている。38度線(軍事境界線)をおおよその境界として、南北朝鮮に分かれている。ところが、多くの日本人は、なぜ未だに朝鮮戦争が「休戦状態」のままなのか、という真の理由は知らない。

 作家山田順は、「そもそも朝鮮戦争が終わらないのは、アメリカが1953年の「休戦協定」を破っていることが根本原因である。 」と指摘する。
またもミサイル発射も、朝鮮戦争「休戦協定」違反はアメリカ。「あらゆる選択肢」などない。 山田順  | 作家、ジャーナリスト、出版プロデューサー 9/15(金)

 彼がこのように指摘するのには、理由がある。

 「朝鮮休戦協定第60項」に「朝鮮問題の平和的解決を確保するため、双方の軍司令官は、双方の関係国の政府に対して、休戦協定が署名され、効力を生じた後3ケ月以内に、これらの国の政府がそれぞれ任命する代表により一層高級な政治会談を開催してすべての外国軍隊の朝鮮からの撤退、朝鮮問題の平和的解決その他の諸問題を交渉により解決するよう勧告する」という文章がある。

 ところが、米国は、この3ケ月以内の政治会談をサボタージュし続けたのである。理由は明白。すべての外国軍隊の撤退要項に、在韓米軍が抵触する。そのため、停戦協定調印後1ケ月もたたない8月8日「米韓相互防衛条約」に調印していたからである。

 米韓両国の一国が侵略された場合には共同で対応し、米軍の南朝鮮駐留を認める、とする内容。この防衛条約は、米国の南朝鮮永久占領を現実化していた。この結果、未だに朝鮮半島は、「休戦状態」のまま放置され、現在の危機に象徴されるような緊張状況が続いたのである。

 もし、休戦協定に書かれている会議が招集されたら、北朝鮮は必ずこの問題を持ち出し、米国の非を責め立てるだろう。米国がそれを甘んじて受け入れるなら、この会談は成功するだろうが、現在の米国を見ればそれは難しい。つまり、現在の北朝鮮危機の淵源は、米国の覇権主義的思考にある、ということである。

 〇北朝鮮の核開発は、すべて北朝鮮の責任か。

 1994年に北朝鮮の核開発を止める「枠組み合意」が米朝の間で結ばれた事を記憶している日本人は少ないだろう。評論家と称される連中も、現在のような北朝鮮の核開発が推進される要因になったこの合意について語らない。

 Independent紙によればこの合意の内容は、以下のようになる。
 ・・・・
 1994年の合意では、北朝鮮は米国との政治経済関係の完全正常化と引き換えに“核開発計画”を凍結、最終的に廃止することを同意した。
 この事は以下の四つの条件を意味していた。
 1. 原子力の喪失を補う→米国が率いるコンソーシアムが、2003年までに北朝鮮に二基の軽水炉を建設する。
 2. 2003年まで、米国は、年間5000,000トンの重油を提供する
 3. 米国は北朝鮮をテロ支援国家から外し、経済制裁を解除、1953年の休戦協定に記載されている政治関係の正常化を図る
 4. 双方が“核兵器使用の脅威”に対する“正式な保証をすること”
 ・・・・

 現在ほとんど語られることはないが、この協定はよくできている。北朝鮮側は「体制の保証」といくばくかの経済的利益を得、米国は、あらゆる核施設を監視でき、核開発を制御できる。基本的には、WINWINの関係のはずだった。

 では、なぜ失敗したか。アメリカが協定を守らなかったからである。軽水炉は基礎段階以上には進まなかった。重油供給もまれになった。それに比べ、北朝鮮は、協定をよく遵守した。先のIndependent紙によれば、“米国も国際原子力機関”北朝鮮による“枠組み合意”のあらゆる点で根本的な違反はないということになる。単純に北朝鮮は約束を守り、米国は守らなかった、という話である。

 以上の論は、下のブログを参照してまとめた。
 “トランプが北朝鮮と戦争を始めない理由”

 ◎現在問題になっている二点。①なぜ、未だに休戦状態なのか。②なぜ、北朝鮮は核開発をやめないのか、を子細に検討すると、双方とも、米国の責任が浮かび上がってきた。

 これは、米国が絡む国際問題の常識だが、“悪の象徴”とされた国家、個人などが本当に“悪”だったのか、ということをまず疑わなければならない。イラクのフセイン、リビアのカダフィ、シリアのアサド等々。枚挙に暇がない。

 一言でいえば、米国が敵と認定した国家、個人には、ありとあらゆるメディアを使い、「濡れ衣」を着せて排除する、というのがアメリカの常套手段。現在進行形の“濡れ衣作戦”の標的は、北朝鮮の金正恩であり、ロシアのプーチン大統領。忘れてならないのは、田中角栄と小沢一郎両名も、この「濡れ衣作戦」の標的にされた。わたしたちは、まずこの事を念頭に置いて、問題を考えなければならない。

 現在、日本のメディアは、北朝鮮・金正恩「悪党説」で一致している。安倍政権の圧力一辺倒政策を支持し、まるで、戦争前夜の大騒ぎである。

 しかし、かって、「話し合い」が成立した時もあったのである。これは、話し合いは決して不可能ではない、と言う事を証明している。問題は、説明したように、米国政府が真摯に協定を履行しなかった点にある。そして、その裏切りから、北朝鮮政府が徹底的に学んでいる点である。

 北朝鮮は、力(核兵器保有)なしに話し合いを行っても、米国は平気で反故にする。リビアのカダフィもイラクのフセインも核兵器を持たない事を米国と約束し、約束を履行したのに殺された。北朝鮮との1994年の約束も守らなかった。だから、米国に約束を守らせるのは、力だけだ、と認識している。この不信感はちょっとやそっとでは解消しない。

 以前から、何度も指摘しているが、米国という国は、「弱い者いじめ」が国策。北朝鮮の反撃能力がなければとっくの昔に攻撃されている。アフガンしかり、イラクしかり、リビアしかり。これらの国は、徹底的に破壊された。

 しかし、反撃能力の高い相手には、常に苦戦している。(朝鮮戦争、ベトナム戦争が代表) 戦後一番多く戦争を行い、世界で一番人を殺したのも米国。そのため、世界中から恨みを買っている。北朝鮮の疑念も理由があるのである。

 ◎では、米国(トランプ大統領)は、北朝鮮を攻撃するか
 まず、米国から攻撃する筝はない。理由は単純。
 1. シリア・ロシア・北朝鮮の三正面作戦を遂行できない。
 2. 北朝鮮と戦うには、かなりの数の地上軍が必要。それがない。
 3. 北朝鮮の戦いの戦略的メリットなし。→韓国軍は米軍の支配下。経済・金融体制も欧米体制に組み込まれている。(中露を包囲し、戦うために必要な兵器システムを配備する重要拠点→日本も同様)
 4. アジアの外交政策を担っている軍の将軍たちは、何をするかわからないトランプの性格的欠陥をうまく利用し、中ロを引き込み、北朝鮮との対立を自国の戦略的立場の強化に利用している。

 ●今回の北朝鮮危機を利用した本当の米国の狙い→日韓両国の「核武装化」ではないか?

 評論家田中宇は、「北朝鮮と日本の核武装」の中でぎょっとするような記事を書いている。

 ・・・
 9月4日には、大手紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説欄に、日本人の多くをぎょっとさせる提案が掲載された。「トランプは日本の核武装を望んでいるか」と題し、日本が自前の核兵器を持つ可能性が増していると指摘している。筆者は、タカ派の定期コラムニストで国際政治学者のウォルター・ラッセル・ミードだ。この論文で、私が重要と思ったのは以下の点だ。

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説: Does Trump Want a Nuclear Japan?

 「北の核ミサイル危機を機に、日本の支配層は、独自の核武装をしたいと考える傾向を強めている」「核武装すれば、対米自立した大国になれる。日本の保守派は、そうなりたいと考えている」「一般の日本人は従来、核武装に対して深く懐疑的だったが、北のミサイルの脅威の拡大を受け、考えを変える人が増えている」

 「日本が核武装すると、韓国や台湾も核武装する。日本はこっそり台湾(や韓国)の核武装を支援する」

 「日本の核武装に対する米政府内の意見は分裂している。日本の核武装を阻止した方が米国の覇権を維持できると考える人と、日本が核武装し、つられて韓国や台湾も核武装した方が、中国の台頭を抑止できるし、日韓から米軍が撤退できて防衛費を節約できるので好ましいと考える人がいる。トランプ自身は後者だ。覇権維持に対する米国民の支持も疑わしくなっている」

 「北の核ミサイルの出現は、米国に、北との戦争か、アジア覇権の放棄か、どちらかを選ぶことを強制している」
 ・・・

北朝鮮と日本の核武装  2017年9月10日   田中 宇

 この記事は、現在の世界情勢、日本の立ち位置などを理解するのに非常に役立つ。

 米国の覇権力の後退が、「米国ファースト」というトランプ大統領を生み出した。トランプ大統領は、辞任した側近バノンの戦略通り、世界の警察を辞め、覇権を縮小し、文字通り「米国ファースト」の政策を行おうとしていた。当然ながら、世界の警察役を務めることで、莫大な利益を得ていた軍産複合体の利害と激しく対立。トランプ政権の混乱は、米国の覇権力の後退局面での国内の覇権争いの側面が大きい。

 ロシアとの融和を目指したトランプ流外交も、軍産複合体の影響が強い議会やCIAなどの諜報機関が主張するロシアゲート疑惑で頓座。ロシアとの関係がきわめて憂慮される状況である。

 米メディアの政権批判は、日本メディアよりはるかに健全だが、同時に軍産複合体の利益代弁者としての側面も見落としてはならない。特に、ロシア批判の異常さは、ネオコン連中のロシア戦略と軌を一にしており、きわめて危険性が高い。

 このような状況下での北朝鮮危機なのだから、トランプの強硬発言もかなり割り引いて考えるのが至当。できうれば、韓国も日本も核武装し、対米自立を果たしてもらえば米国は手を引けると考えているだろう。米国覇権力の後退局面ならではの発想である。 

 ※ここで注意しておかねばならないのは、「米国の核の傘にいる戦略」=「米国隷従政策」は、日本の官僚機構の方針でもある。過去、日本は、国内世論が反対の政策を米国の圧力を理由に、政策変更してきた。これは米国の「核の傘」で守ってもらっているのだから、米国の言う事を聞かなければならない、という理屈で、国内政治家たちを抑えてきた官僚たちの知恵である。

 それに対して、「核武装」論は、日本自立論とリンク。同時に、政治家主導の政策である。つまり、「核武装論」VS「米国の核の傘論」は、「政治主導」VS「官僚主導」の構図である事を知っておかねばならない。

 つまり、今回の北朝鮮危機は、世界の「戦後レジーム」の変換点で起きており、それは日本の戦後体制の変換点でもあるという認識が必要である。

 ◇護憲派やリベラル派は、これらの流れを読み込んで、きちんと対峙できる主張を再構築すべき。⇒例えば、今回の北朝鮮危機を考えたとき、「米軍基地」の存在自体が日本の存立危機をもたらしていると言う事。軍事力や核兵器が平和をもたらすのではなく、トランプ大統領や金正恩個人への不安が象徴するように、それを使う人間の理性が平和をもたらすのだという単純な事実を確認しなければならない。

 ◆日本の安倍政権の方針⇒きわめて危険
 (1)北朝鮮危機は、絶好のチャンス→支持率回復・政権浮揚の大チャンス⇒危機を煽れるだけ煽る⇒国民をパニックに落とし込む⇒国民を思考停止状態にする⇒政府に頼るしかないという状況にする⇒森友・加計問題追及を忘れさせる⇒国家的危機を理由にメディア支配を強める(※すでに北朝鮮ミサイル発射時の放送は、戦時色いっぱい)

 (2)北朝鮮危機対応を理由に防衛予算を拡大。⇒来年度防衛費は、8兆円を超えるだろう⇒米軍産複合体の高笑いが聞こえる。⇒その反面、医療・年金などの社会福祉予算の削減は、高齢者など弱者を直撃している。

 (3)北朝鮮危機をできるだけ引き延ばす必要がある。⇒、おそらくトランプ大統領の尻を叩いて、できるだけ北朝鮮を刺激する強硬方針を打ち出させ、北朝鮮のさらなる反発を引き出そうとしている。⇒この道は、非常に危険な道=米国・北朝鮮双方の不測な事態を招く危険性がある。※特に、トランプ大統領の性格。

 (4)安倍政権はそれでも良いと考えているふしがある。⇒※ 名無しの探偵さんが危惧されているように、安倍政権には、何をどうしたいという本当の意味での権力保持の理由がない。政権維持が至上命題。権力保持のためなら、戦争もいとわない、というのが安倍政権である。この危険な性格を国民がどう見抜くかが今後の日本の運命を決める。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/15: 小野寺防衛相、北朝鮮 弾道ミサイル「グアムまで届く」  日米、どうする⁉ 無駄に市民を不安に陥れるJアラート、止めよ 更に核戦争、戦争の覚悟を問う! 核持ち合い、仮想敵など有り得ない


「護憲+」: 北朝鮮の脅しは危険な領域に達した 9/15 (名無しの探偵)
 〇14日の朝鮮中央通信によると、
 『北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は、13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し、「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。(以下略)』
 とのことである。

 こうした危険な北朝鮮の威嚇であるが、先日の「流水さんの冷静な分析」もおそらく当たっているように思えるふしがあり、この威嚇が実際の交戦権の発動を直ちに意味するものではないと解される。

 しかし、北朝鮮の歴史的な成り立ちを考慮すれば、現在の国際情勢だけで判断するのは妥当性を欠く。なぜなら、北朝鮮という国は旧ソ連が急造した国家であり、金日成はアジア系のソ連人だったのである。

 そうだとすると、(国際政治の常識でもあるが)朝鮮戦争は終了しておらず、現在は停戦状態のままであり、その意味で「冷戦構造」は北朝鮮とアメリカ、それに韓国との間では凍結状態にあると観なければなるまい。

 ここで思い起こされるのは、旧ソ連とアメリカとの間で核戦争の一触即発の状況を招いた「キューバ危機」である。

 アメリカは、第二次世界大戦後もアメリカ大企業を通じてキューバの植民地支配を継続し、特に大土地所有による小作農などの支配は、キューバ国民の解放意識を高めていた。その結果「キューバ革命」が起こったのである。
 
 この革命はアメリカ政府の共産主義への危機感を招き、キューバの革命政府を潰す政策が発動される。そして、このタイミングとあわせ、ソ連の軍事介入があり、核戦争の一触即発状態になったわけである。(とはいえ、ソ連は軍隊の派遣ではなくミサイルの配備を革命政府に融通しただけであるが。)

 この核戦争の危機に際して、ソ連の党首フルシチョフとアメリカ大統領のケネディとの間のホットラインで、核戦争の危機は回避された。危ない状況だった。

 この歴史的な状況と、現在の北朝鮮対米・日・韓の有事情勢は、類似しているとも言えるのではないか。軍事的な衝突になれば東アジアの平和どころか、全世界に及ぶ核戦争に直結する危機的な情勢である。

 確かに、流水さんの分析のように、金正恩はアメリカの軍産複合体と通じている側面もあるにしても、究極的にはアメリカ政府と北朝鮮の軍事的衝突に至らない「話し合い」による決着が、多分落としどころになると予想できる。

 しかし日本の安倍政権は、こうしたアメリカと北朝鮮の思惑を超えて、終始、軍事的衝突しか残されていないような外交を取り続けてきた。これは非常に危ない外交であり、安倍首相は「キューバ危機」の教訓すらもきちんと理解できていないのではないか。(知性が低すぎる懸念もある。)

 アメリカも最期には軍事的衝突を回避する意図で、現在の対北朝鮮外交を取っているのに、そうした意図も理解できない安倍政権が暴走すると、北朝鮮の脅しがリアルに実行される危険も大きいのである。

 安倍が北朝鮮と本格的な軍事衝突も辞さないという首相であるなら、日本と日本国民は崖プチに立たされていると言えるのではないだろうか。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: 「×」 ミサイル発射は圧力では防げない。 9/15
 「×」 北ミサイル 安倍晋三首相が北朝鮮を強く非難「断じて容認できない」「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない」 9/15(金) 9:56配信 産経新聞

 安倍晋三首相は15日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「先の国連安全保障理事会決議で示された国際社会の一致した平和的解決への強い意思をふみにじり、再びこのような暴挙を行ったことは断じて容認できない」と強く非難した。また、「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない。そのことを北朝鮮に理解させなければならない」と強調した。

 首相官邸で記者団に語った。首相は同日午前9時頃、訪問先のインドから政府専用機で羽田空港に到着した後、官邸入りした。

 首相は「いまこそ国際社会の団結が求められている」とも述べ、国際社会に安保理決議の完全履行を呼びかけた。

 〇今朝、北朝鮮がミサイルを発射したが、またしてもテレビは大騒ぎで、NHKは「ひよっこ」の放送を中止するし、上陸が迫る台風18号の情報も見ることができなかった。

 Jアラートも流されたが、国民の不安を掻き立てるだけで、避難には何の役にも立たないことを証明した。

 それにしても、アベでんでんは「断じて容認できない」と繰り返すだけで、具体的には何の効果も上げることはできない。

 まるで「一日も早く解決する」と繰り返すだけで一向に解決できない、拉致問題とそっくりだ。

 また、今回「この道を進めば明るい未来はない」と発言したが、でんでんが「この道しかない」といって推進したアベノミクスは、我々に明るい未来を実現してくれたのか。

 同じような言葉ばかりを繰り返すだけで、国民のためには何もやらない口先内閣は願い下げだ。

 それにしても、長嶋一茂面白い。良く言った。



 今日のトピックス Blog9/14: 安倍に似合わぬ!人づくり革命、国民保護、「働き方改革」??? 平和的生存権どう護るか⁉ 空襲被害も不知 補償法も不用意! 首相公邸泊時には、地下、堅固な建物内に、避難せよ、とでも


今日の「○」と「×」:  「×」 のんきにゴルフなんかしている場合か!! 9/14
 「×」 日米首脳、ゴルフ「再戦」で調整=11月のトランプ氏来日時 9/14(木) 15:55配信 時事通信

 日米両政府が11月上旬で調整しているトランプ米大統領の初来日の際、安倍晋三首相とトランプ氏がゴルフをする方向で検討していることが14日、分かった。

 トランプ氏はプロゴルファーの松山英樹選手とも一緒にラウンドしたいと希望しており、松山選手も参加できないか調整する。

 両首脳は2月の首相訪米時、フロリダ州パームビーチで27ホールを一緒に回った。首相は「長時間の首脳会談以上に信頼関係構築に有益だった」と周囲に語っており、北朝鮮情勢が緊迫する中、「ゴルフ外交」で再び結束を確認したい考えだ。

 2月にプレーした際はプロゴルファーのアーニー・エルス選手も同伴した。関係者によると、トランプ氏はその際、「マツヤマはいい選手だ。今度、日本でプレーする時は彼を呼んでほしい」と首相にリクエストしたという。

 〇北朝鮮危機を煽っている張本人の二人が、11月に日本でゴルフをする計画とは、まったく脳天気にもほどがある

 国民には、何の効果もない地面で頭を抱える訓練をさせておいて、自分たちはのんびりゴルフとは一体何を考えているのか。

 いや、本当は何も考えていないのだろう。

 北朝鮮のミサイル危機が本物ならば、もっと真剣に交渉するべきなのに、本当に腹立たしい。

 松山もアベでんでんなんかとゴルフをしても、評判を下げるだけだから、絶対に断って欲しい

 これから世界のトップを目指そうという時に、落ち目のでんでんなんかに関わって、ヘタが移ったり運が下がったりしては大変だから、自分のゴルフに集中してもらいたい。


 今日のトピックス Blog9/13: 日本、教育公的支出また最下位 14年のOECD調査 日本は3.2% 教育支出の多くが家計負担 米百俵は疎か革命とは 騙り、笑止千万‼‼ 水爆なくとも 確実に貧困化・人口減少、没する国に⁉


「護憲+」: 「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第二次)」と「ホットラインの開設」  9/13 (笹井明子)
 〇「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は、9月13日から、「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」と、「税務職員ほか向けホットラインの開設」をスタートしました。(私も引き続き呼び掛け人に参加させていただいています。)

 これは、先月行った「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第一次)」の締め切り後も、「ニュースで知った」、「続けてほしい」という声が多数寄せられていること、また前回署名の際に自営業者、事業者や、税理士、税務職員、財務省OBの方々などから、税務に関する体験を交えた意見、怒りの声が多く寄せられたことに対応するものです。

 北朝鮮のミサイル発射、核開発などのニュースに隠れて、政権内には「もりかけ問題」は、このまま幕引きを図れるのではないかと期待する向きもあるようですが、国民の暮らしの基盤である政治の私物化や歪み、行政の不公正を放置したままで、私たちの安全・安心は成り立ちません。

 前回署名を終えた方は今回は署名していただけず、ホットラインの参加対象は限定されていますが、周囲の方にお声掛けをしていただくなど、新たな運動の成功に是非ご協力いただくよう、よろしくお願いいたします。

 ===
 ☆「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」☆

 ■趣旨:
 国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に「憲法15条2項に定められた『公務員の適格性』を著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直ちに罷免すること」を申し入れるというものです。

 ■集約日:10月12日(木)
 ■署名方法:(すでに署名を済ませた方は繰り返して署名はできません。)
 次のいずれかでお送りください。
  *用紙による署名: 署名用紙はこちら → http://bit.ly/2ub1F8W
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力
  *ネット署名: 入力フォームはこちら → http://bit.ly/2uCtQkK
    ネット署名に添えられたメッセージはこちらでご覧いただけます。→ http://bit.ly/2h5AR94
 ■お問い合わせ:
   Eメール:moritomosimin@yahoo.co.jp 
 お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へ。

 ===
 ☆「異議あり! 佐川国税庁長官 ご意見受付ホットライン」☆

 ■趣旨:
 税務と関わりの深い税務職員、税理士、公務員、事業者の皆様からご意見、情報を受け付ける「ホットライン」です。随時まとめて、財務省、国税庁に提出すると同時に、報道機関、ネット上でも公開する予定です。(個人情報は非公開。)

 ■投稿方法:
 *専用書き込み(フォーマット)サイト→ http://bit.ly/2wEs1Dl
 *お手紙:
  「ご意見・情報記入用紙」のダウンロードURL→ http://bit.ly/2wGJevF
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力宛
 *ネット公開はこちらで閲覧いただけます。→ http://bit.ly/2x7Id2X 
 ■お問い合わせ:
 Eメール: morikakesimin@yahoo.co.jp
 電話でのお問い合わせは、070-4326-2199(10時~20時)まで。
 ====

 詳しくはを「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」HPご覧ください。

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


イシャジャの呟き: 秋だ  ☁  誕生日の花  キキョウ 花言葉 変わらぬ愛 気品 9/13
 〇ラジオ深夜便から

 ネタが無いので、更新しても意味がないが、休業 開店状態でも、忘れられないように、生きていることを発信
 します。今日も

 朝ドラ~”あさイチ” 午後からは ”ごごナマ”~大相撲秋場所の中継を見て終わりそうです。


 カテゴリなしの他の記事
  曇り
  大雨


 今日のトピックス Blog9/12: 原油輸出制限も 北朝鮮の制裁に中国・ロシアも賛成 「高く評価する」総理 脇役の思惑も各様 中国、エンジン車禁止検討=最大市場もEV化へ 新技術AI、多様性も 安倍1強も見切り時⁉か




イシャジャの呟き: 秋雨  ☂  誕生日の花 ツリフネソウ  花言葉  安楽 9/12
 〇ラジオ深夜便から
     
 今日は朝から 雨、金属類の ゴミ出しをして 改めて ゴミ出しカレンダーを 見たら、明日だと分かったが、ゴミ置き場は、今日予定がなさそうだし そのままにした。電気ポット器具用プラグがショートするようになったので 廃棄したものです。
 
 午後からは夕方にかけて、雨も本格的になるらしい ?

 3時からの大相撲秋場所を楽しみにしているが、人気力士2人が負傷して 今日から休場とか、行方は 混頓としてきた、明日のことは分からない。

 後期高齢の自分を重ねて見るようだ・・・


 カテゴリなしの他の記事
  1か月 入院



 今日のトピックス Blog9/11: 国連安保理 新たな北朝鮮制裁決議を全会一致で採択 9/12 なぜ、斯くも9.11に拘るのか なぜに、難癖付け、アフガンを先制攻撃したのか 未だに、理解できぬ 米政府の身勝手な振る舞い





ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年は、憲法公布から70年目にあたる節目の年でした。
 ところが、現実には、憲法から大きく逸脱した政治が行われた年でもありました。
 3月に施行された平和安全保障法制(以下、「安保法制」)は、集団的自衛権の行使容認、武力行使一体化論の大幅緩和、「武力」を行使する危険が高い駆け付け警護活動の実施など、憲法9条違反の内容を含むものです。にもかかわらず7月の参院選では、与党が勝利し、それにより、安保法制を既成事実として国民に認知させました。
 しかも、参院選の結果、いわゆる改憲勢力が衆参両院において3分の2を占めたことを受けて憲法審査会が再開され、憲法改正の動きも具体化してきました。
 このように、違憲の国政運営後、選挙で勝つことによりそれを既成事実として国民に認知させ、あわよくば後から憲法改正を行ってそれを追認するという政治は、憲法を法として扱わない非立憲的手法であり、断じて許されません。法と現実が食い違うときに、現実に法を合わせて修正するのでは、法の存在意義がないからです。そして当然のことながら、与党が選挙でどれだけ勝とうが、憲法違反の瑕疵が治癒される余地もありません。また、3年半前の麻生財務大臣の「ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」という言葉どおりの憲法改変が許されるはずもありません。
 非立憲的な違憲政治を正すには、国民が選挙で安保法制に反対する政党に過半数を与える方法(政治ルート)、裁判を通じて安保法制の違憲性を訴えて勝訴することにより、それを無効にさせる方法があります(裁判ルート)。前者についていえば、衆議院の解散総選挙はいつ行われても不思議ではありませんし、後者につき、私たちが提訴した安保法制違憲訴訟もいよいよ佳境を迎えます。3月までには全国各地で20を超える提訴が進み、市民による司法を通じての異議申立てが続きます。こうした意味で、今年は違憲政治を正す正念場となる年といえます。
 さらに、憲法審査会において具体的な改憲論議が始まるでしょうが、その際にどうしても解決しておかなければならない手続に関する問題が2つあります。
 1つは、1人1票の実現です。現在の国会議員は衆参とも、「正当な選挙」(憲法前文)ではない違憲状態の選挙によって選出されており、民主的正統性を欠きます。そんな無資格者が集まった国会に改憲の発議権はありません。まずは人口比例選挙を実現して、民主的正統性が確保された代表者による国会に是正すべきです。
 もう1つは、憲法改正国民投票法の問題です。
 まず、最低投票率の定めがないことです。現状では、たとえば投票率40%であれば、有権者の約2割の賛成で憲法が改正されてしまうのです。主権者の一部の承認しか得られずに変更された憲法に、国民を統合する力は決して高くないでしょう。
 つぎに、改憲の発議後、国民投票までの期間に行われる国民投票運動については、第1に、投票の15日以前まではテレビコマーシャルがやりたい放題です。第2に、投票日の14日以内であっても、有名人やアイドルなどに「自分は賛成です」と語らせることは自由です。賛否の勧誘ではないからです。第3に、雑誌、新聞広告なども資金力豊富な方はやりたい放題です。英国のEU離脱をめぐる国民投票と異なり広告資金の制限もないからです。洗脳に近い効果を持つテレビコマーシャルの禁止、広告資金の上限の設定などが求められます。改憲運動であまりに野放図な表現活動が許された結果、自民党改憲案がめざすような言論の自由が奪われた社会になってしまってから後悔しても手遅れです。
 今後、まずは違憲の事実を許さないと声を上げ続け、その上で手続の適正も踏まえ、大きな視点から憲法を捉えながら、憲法審査会での議論を批判的に監視する力を培っていくことが必要です。それこそが、今を生きる私たちが主権者として負う、次の世代への責任だと考えます。

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後




















規制委、来月4日にも「合格」へ 東電柏崎刈羽原発6、7号機 【東京新聞】2017.09.20


柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け 【東京新聞】2017.09.20


【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18


<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 解散権は諸刃の剣 ・ブログ連歌(494) 9/21
 〇誰の発言だったか、ネットで見かけた論説に、「解散権は政権党の武器ではあるが、常に政権交代の可能性を秘めている解散総選挙は、野党の武器でもある。野党は常に、総選挙を求めているのが常態なのだ」というものがあった。言われてみればその通りで、野党は仕切り直しの総選挙をしないことには、政権党に変身する機会は得られないのだ。だから今は、「大義なき選挙だ」「悪事隠しの工作だ」などと非難していても始まらない。与えられた機会を使って、少しでも与党の獲得議席を減らし、野党の議席数を伸ばすように努力するしかない。
 その場合、小選挙区では1対1の対決型に持ち込まなければ勝算は立たない。自公は自民か公明か、調整した一人を立ててくるのが分かっている。そこへ野党が分裂して票を分散したのでは勝てるわけがない。はっきり言って、民進党と共産党が本気で協力するかどうかにかかっている。要はこの際、安倍政治の阻止と、民進、共産の独自性と、どちらを優先するかということだ。
 それにつけても、わからないのが公明党という政党の実体である。創立のときからずっと見ているのだが、当初は政策的には民主社会主義の民社党に近くて、社公民の共闘が成り立っていた。ところが自民党と連立を組むようになったら、急速に政権党に接近して独自性を失ったように見える。今では自民党の集票実施部門に近い存在になっているのではなかろうか。公明党の支持者は本当に現状に満足しているのか、聞いてみたいところである。
 とにかく解散権は諸刃の剣なのだ。安倍首相は今がチャンスと見て攻勢をかけたつもりだろうが、その目論見を実現させてやる義理はない。安倍長期政権の夢を粉砕する大失敗に終わらせてやるチャンスでもあるということだ。日本の政治史に残るような、あざやかな「番狂わせ」があると面白いのだが。
(追記)
 最新のニュースだと、安倍首相は28日の臨時国会召集日に、いきなり冒頭解散をする意向とのことだ。長妻昭は「こんなバカなことがあるか!」と怒りの声を上げている。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 2:02 - 2017年9月21日


長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 その他 こんなバカな話があるか! 20:20 - 2017年9月20日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 萎える…。 http://toyokeizai.net/articles/-/183613 … >上司から接待用にゴルフセットをそろえるよう言われたときに自腹で買うのかと尋ねたり、営業車のガソリン代は経費で賄えるのかと確認したりしたことも、周囲におカネに執着する人間という印象を与えてしまったようだ 17:51 - 2017年9月20日 14件のリツイート 12件のいいね


田崎 基(神奈川新聞 記者)‏  @tasaki_kanagawa フォロー中 その他 河野洋平さんの会見に行ってきました。直球でした! 安倍政権の外交は「非常に不満」 河野元衆院議長が批判 http://www.kanaloco.jp/article/279038  「国民はこの間、裏切られ、願いが届かず、どれだけ悲しく悔しい思いをしたか。あの気持ちを国民は簡単には忘れないだろう」 19:50 - 2017年9月20日


関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 その他 「国会を開けと求め続けたが、開かないで、開くと決めたら冒頭解散。こんなひどい話は聞いたことがない(中略)こういう人を日本のトップとして居続けさせていいのか、という選挙にしたい。私は政策も国家像も大事だけれども、根底にあるのは怒りです」 11:07 - 2017年9月20日


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 民進・前原氏「政策も国家像も大事だが根底には怒り」:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK9N76V6K9NUTFK01T.html … よく言ってくれた。今回の選挙の争点は、安倍政治を許すか、否定するかだ。怒りを前面に出す前原に期待したい 18:18 - 2017年9月20日


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 NHKマイあさラジオ「 社会の見方・私の視点 を聴く」で生活保護支給基準の話をしました。 大事な問題なので、ぜひ関心を持っていただきたいです。 17:16 - 2017年9月20日 66件のリツイート 84件のいいね


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 "憲法に基づく野党の臨時国会の召集要求を3カ月も放置した末に、衆院解散によって状況のリセットを図る。政権のふるまいと二階氏の発言は、まるでつじつまが合わない。" (社説)森友・加計 どこが「小さな問題」か:朝日新聞デジタル 18:14 - 2017年9月20日


孫崎享のつぶやき: 私達は北朝鮮のミサイル開発、核兵器開発にどう対応すべきか。制裁で止められない。軍事行動は韓国・日本への報復攻撃がある。交渉しかない。国連憲章「武力による威嚇又は武力の行使を慎まなければならない」。トランプの発言はこれに反する。 9/21


植草一秀の『知られざる真実』: 民進党は消費税率5%への引下げを確約すべきだ 9/20
 〇10月10日公示、10月22日投開票になると見られる衆院総選挙では消費税が争点の一つになる。
 安倍政権は突然、消費税増税で教育無償化、社会保障拡充の方針を打ち出し、この政策の信を問うと言い出した。
 今回の衆院解散の本質は、「もりかけ隠し」である。
 自民党の二階俊博幹事長がもりかけ疑惑を「小さな問題」と表現した。
 この言葉にこそ、自民党政治の本質が鮮明に表れている。

 森友疑惑は10億円の国有地が安倍首相と近い事業者にほぼタダで払い下げられた事案だ。
 加計疑惑は安倍首相に近い事業者に通常の正当なプロセスを逸脱して獣医学部の新設が認可された事案である。
 典型的な政治腐敗、政治私物化、金権政治問題である。
 民主主義政治の根幹を破壊する重大事案である。

 だからこそ、安倍首相自身が「総理大臣も国会議員も辞める」との見解を表明したのである。
 このような重大問題を「小さな問題」だと認定するほど、自民党政治は根幹から腐敗している。
 次の総選挙では安倍政治を一掃することが最優先課題である。
 安倍首相による政治私物化にはっきりとけじめをつける。
 これが、日本が再出発するための前提条件だ。
 したがって、森友疑惑、加計疑惑を厳しく問うことがまずは重要である。
 これらの重大事案に対する説明責任を放棄する安倍首相の姿勢を許してはならない。
 この考えを持つ主権者と政治勢力が大同団結して安倍政治を退場させることが必要不可欠である。
 この意味で野党の結束は重要である。

 小選挙区制の下で選挙を行う以上、候補者を一人に絞る自公候補を落選させ、主権者の側に立つ候補者を当選させるには、野党勢力の結束、共闘体制の確立が必要不可欠である。
 野党陣営の適切な対応が強く求められている。・・・


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 "憲法に基づく野党の臨時国会の召集要求を3カ月も放置した末に、衆院解散によって状況のリセットを図る。政権のふるまいと二階氏の発言は、まるでつじつまが合わない。" (社説)森友・加計 どこが「小さな問題」か:朝日新聞デジタル 18:14 - 2017年9月20日


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】 一水四見・歴史曼荼羅/村石恵照 (47)アノミー化する世界状況と日本 0:59 - 2017年9月21日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 石破氏、解散理由の明示要求 安倍首相に  与党からも解散の大義について疑問を挟む意見が出ています。 :政治(TOKYO Web) 22:35 - 2017年9月20日


脱原発.com‏  @battlecom フォロー中 その他 安倍政権の退陣に向けて突き進もう 野党共闘の旗を日本中にたなびかせよう そして日本国憲法と民主主義を守り 戦前への回帰、大日本帝国の復活を絶対に阻止しよう! 極右団体とカルト宗教勢力(統一教会、幸福の科学、創価学会等)に支えられた安倍政権を退陣させよう #ヤバすぎる緊急事態条項


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 安倍首相の臨時国会冒頭解散を許さない(談話) http://www5.sdp.or.jp/comment/2017/09/20/%e5%ae%89%e5%80%8d%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%81%ae%e8%87%a8%e6%99%82%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e5%86%92%e9%a0%ad%e8%a7%a3%e6%95%a3%e3%82%92%e8%a8%b1%e3%81%95%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%88%e8%ab%87%e8%a9%b1%ef%bc%89/ …


VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 武蔵野市長選。 元サッポロビール勤務だった松下玲子の脚台には、やっぱりサッポロのビール箱! 4:01 - 2017年9月21日 1件のリツイート


盛田隆二  📎   🖇 ‏  @product1954 フォローする その他 山田洋次さん「特定秘密保護法という不気味な法律が国会を通ろうとしたとき、僕らの学生時代だったら、日本中の学生が立ち上がって、大デモンストレーションが起きたでしょうね」「なぜ、こんなにおとなしく、聞き分けがよくなってしまったのだろう」


郷原信郎が斬る: “憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」~河野外相、野田総務相は閣議で賛成するのか 9/18


五十嵐仁の転成仁語: 9月21日(木) 対談 「安倍改憲」を阻む道と「なくす会」の運動


電機・情報ユニオン大阪支部‏  @denkijohokansai フォロー中 その他 元国体選手の自殺 労災認定 瑞浪市の病院勤務 - 岐阜新聞 Web 5:13 - 2017年9月21日


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 録画:菅野完インタビュー (横川氏 keiki22ツイキャス配信1.5時間) ツィッター凍結問題から総選挙の話題まで http://twitcasting.tv/keiki22/movie/405440768 …


VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 自民の稲田朋美の地元、福井1区は注目選挙区! 稲田の対抗馬として、民進が豊田真由子から暴行をうけた元秘書に出馬を打診で前向き検討。共産党の金元幸枝も出馬表明。 うまく共闘して、稲田を落選でー。 豊田議員の元秘書に出馬打診 6:09 - 2017年9月21日 1件のリツイート 2件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 素晴らしい。震える。 被爆者団体などが新組織 広島で署名活動 | NHKニュース 5:28 - 2017年9月21日 17件のリツイート 19件のいいね


Chihiro Muranaka‏  @chivillain フォローする その他 カナダのTrudeau首相が残り2年の任期で達成したいことについて語りました。日本語字幕を付けたのでぜひご覧ください。日本に必要なのもきっと彼のような人。国民への説明責任を果たさず、カンペがなければ会見にも臨めない、日本語の読めない、心のない政治家ではなく... 5:42 - 2017年9月20日 4,194件のリツイート 6,390件のいいね


保坂展人‏ 認証済みアカウント   @hosakanobuto フォロー中 その他 6月12日に逝去された大田昌秀元知事には、沖縄に行くたびにお話を聞く機会に恵まれた。昨年出版された佐藤優さんとの対談集「沖縄は未来をどう生きるか」(岩波書店)を昨夜読み終えた。まるで、リズミカルな大田さんの語り口のままに:密度が濃い⇒ 6:31 - 2017年9月21日 5件のリツイート 12件のいいね


菱山南帆子‏  @nahokohishiyama フォロー中 その他 本日は八王子で市民と各党派の安倍9条改憲NO!3000万署名スタート合同宣伝をしました!女性が多い街宣になりました。 八王子市外からも沢山の仲間が駆けつけてくださりました!ありがとうございます! 妨害やセクハラなど許せない事もありました。しかし、それに負けず街宣をやりぬきました!


ⓢⓐⓘⓣⓞ‏  @kentaro_s1980 フォローする その他 ニュース23 星浩 今回の冒頭解散は憲法違反。 憲法論議するならいまの憲法を守ってからにしてもらいたい。 8:00 - 2017年9月20日


HOM55‏  @HON5437 フォロー中 その他 松野国対委員長「「せめて、野党にちゃんと発言の機会を与えてから、堂々と解散してはいかがか」、「せこいまねは、しないでもらいたい」 「北」情勢緊迫も解散 「平和ボケ」と批判https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170920-00000004-fnn-pol … @YahooNewsTopics 7:25 - 2017年9月20日 68件のリツイート 45件のいいね
  ★ボケ! 安倍氏、安倍政権がそうだから、驕り、侮り、怠惰だから、北朝鮮に、抑止力で出し抜かれたのではないのか。それに、戦争するつもりなのか! それなら、明らかに、法の支配に反する、違反だ。国会で、議論すべき。 逃げて、勝手に開戦すべからず。集団的自衛権名目であれ。


脱原発.com‏  @battlecom フォロー中 その他 安倍提灯の田崎がいうように、安倍はミサイル発射の日にちも場所も全部しっていた。既に暴露されているように15日前に詳細を北朝鮮が世界に公表していたからだ。 誠実な政治家なら事前に発表し注意喚起程度はする。 早朝にJアラートで大騒ぎなどしない。 #ヤバすぎる緊急事態条項


きむらゆい‏  @yuiyuiyui11 フォロー中 その他 #報ステ 後藤さん 2つの懸念 ①T大統領に呼応し、あらゆる軍事オプションも排除しない、と強行圧力路線を支持。表現も粗っぽい ②国内の選挙を強く意識し、北朝鮮の脅威が迫っているから安定した政権が必要なんですよと 目的は北朝鮮を対話の場に出すことなのに逆に北の暴発を招きかねない
  ★杞憂ではないと思われる。安倍が、此処まで、頑なな態度に出ているのだから。戦争でもしでかす!? パートナーは、予測不可能のトランプ。最悪のペア⁉ 世界に仇名すかも。始めたら、止まれない‼‼





































































志村建世のブログ: 石川明人の「私たち、戦争人間について」を読む ・ブログ連歌(494) 9/20
 〇 先日、朝日新聞の記事に出ていた石川明人氏の本を読んでみた。
 戦争は人間の「文化」だった
  この本は創元社の単行本(1500円)で、この8月に出たばかりの新刊である。「愛と平和主義の限界に関する考察」という副題がついている。「戦争学」という学問があることを今まで知らなかったのだが、明石氏はその先駆となる戦争学者であるに違いない。この本の章立ては、以下のようになっている。
 序章 この世界のいったいどこに神がいるのか
 第1章 戦争の原因は何か、という問いについて
 第2章 戦争は人間の本性に基づいているのか
 第3章 戦争の役に立つ技術と知識
 第4章 あまり自明ではない「戦争」概念
 第5章 戦時における人の精神と想像力
 第6章 私たちの愛と平和主義には限界がある

 序章は、凄惨なジェノサイド(集団殺戮)の事例で満ちている。ある特異な状況下では、人間は嬉々として人殺しに熱中する。刃物やこん棒を用いて、直接の殺人に手を下すのも厭わない。教師や聖職者といえども例外にはならないのだ。神が人を平和を愛するように作ったなどは、とうてい信じることができない。
 人は争いをやめることができない。従って戦争もやめることができない。人間の進歩に伴う技術と知識によって、戦争の様態も進化してきた。戦場は空中にも海中にも広がった。戦争は常に人間の文化とともにある。それは将来も変わらないだろう。
 ところが戦争の中にも人命尊重の文化が育ってきて、第二次世界大戦の終了後は、「暴力で命を奪われる人の絶対数」は、一貫して減り続けているというのだ。一方で人間は戦争と無縁にはなれないと言いながらも、人命尊重の傾向もまた不可逆的に進むと見ているわけだ。
 世界中の人を等しく愛することは不可能だからと著者は言うのだが、なぜそう考えるのかは説明していない。国連の人道支援によって、戦乱や災害によって困窮する人たちの多くの命が救われている事実を、著者は評価しないのだろうか。
 「戦争学者」の目で見たら、非武装平和主義などは砂上の楼閣のような脆いものに思われるのかもしれない。しかし、状況によって「戦争人間」にも「平和人間」にもなれるのが人間というものではないだろうか。著者が戦争学の専門家であるのなら、次には「平和人間」の可能性についても、論じていただければ幸いである。


植草一秀の『知られざる真実』: 安倍政権打倒!9.29院内緊急総決起集会へ 9/19
 〇9月29日(金)午後5時より、下記院内緊急集会を開催する。

 集会概要は以下のとおり(タイトルや内容が変更になる可能性あり)

 もりかけ隠し・政治私物化解散断固粉砕!
 政権奪還へ!院内緊急総決起集会

 2017年9月29日(金) 午後4時30分開場 午後5時開会

 衆議院第一議員会館多目的ホール
 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
 •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 資料代500円

 プログラム
 開会挨拶 
 原中 勝征
 (オールジャパン平和と共生最高顧問・前日本医師会会長)       

 第1部 森友・加計疑惑を徹底追及する!

 発言者(五十音順)
 梓澤 和幸 氏
 (加計学園問題追及法律家ネットワーク共同代表 ・山梨学院大学教授)
 黒川 敦彦 氏
 (今治加計獣医学部問題を考える会共同代表)
 醍醐  聰 氏
 (森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会共同代表 ・東京大学名誉教授)
 藤田 高景 氏
 (森友告発プロジェクト共同代表 ・村山談話を継承し発展させる会理事長)

 第2部 「原発稼動即時ゼロ・消費税率5%政策連合」で政権奪還へ!


VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 山尾志桜里が愛知7区から無所属で出馬。 前原は対抗馬を立てない予定! 野党共闘の市民団体の会合には出席するらしいので、共闘候補として戦って勝ってほしい。 【山尾志桜里氏不倫報道】不倫疑惑で民進離党の山尾氏、議員続投へ 4:08 - 2017年9月20日 24件のリツイート 14件のいいね


満田夏花‏  @kannamitsuta フォロー中 その他 うーむ。東電の「覚悟」を保安規定に盛り込む、か。…バカバカしすぎて力が抜ける。 柏崎刈羽原発 再稼働の前提審査 事実上の合格へ | NHKニュース 4:31 - 2017年9月20日 29件のリツイート 10件のいいね


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 その他 >「国民に一度も丁寧な説明もせず冒頭解散は理解できない」と批判 説明なく解散 河野元議長批判 | 2017/9/20(水) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254730  @YahooNewsTopics 5:23 - 2017年9月20日 22件のリツイート 16件のいいね



望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 #沖縄タイムス 「官邸の『未確定な事実や推測』に基づく質問が禁じられたら疑惑取材は一歩も進まない。ニュースは政府発表で埋め尽くされる‥最大の『武器』の質問封じる動き。メディアであれば社論の違いを超え、一致して押し返さなければいけない」 9:49 - 2017年9月19日 1,379件のリツイート 1,079件のいいね


田崎 基(神奈川新聞 記者)‏  @tasaki_kanagawa フォロー中 その他 国会前に「今すぐ廃止」の声 安保法2年で1万人超が参加 http://www.kanaloco.jp/article/278736  #神奈川新聞  「安保法制が成立して日本のリスクは減ったのか。安倍政権と集団的自衛権がリスクを高めているではないか」「安倍政権は退陣!」「戦争法は今すぐ廃止!」の声が響いた。


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 「このアカウントは復活されません」Twitter社が菅野完さんに宣告 やり取りが判明 7:35 - 2017年9月19日 17件のリツイート 10件のいいね


畠山理仁‏  @hatakezo フォロー中 その他 これが美しい国・日本の「丁寧な説明」です。→森友“交渉記録開示”訴訟 国側は棄却訴え(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170919-00000063-nnn-soci … @YahooNewsTopics 6:48 - 2017年9月19日 44件のリツイート 10件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『私たちは忘れない』 憲法違反の安保法・強行採決 2015年9月19日 9:57 - 2017年9月19日


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 【音声配信】このタイミングの解散、問題点は? 木村草太×橋本麻里▼2017年9月18日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」) 17:30 - 2017年9月19日


憲法9条を壊すな!実行委員会‏  @48daisyukai フォロー中 その他 安保法成立、対話なき2年 国会前デモ:朝日新聞デジタル 17:37 - 2017年9月19日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 トランプ氏:「国連で演説、恥ずかしい」…NYで抗議デモ - 毎日新聞 14:17 - 2017年9月19日








志村建世のブログ: 10月総選挙の焦点は何か ・ブログ連歌(494) 9/19
 〇 にわかに立ち上がってきた「10月総選挙」の意義について、新聞の見出しは対照的になった。強行採決で急造された「安保法」の是非を問う選挙だという位置づけに対して、安倍首相の「消費税」を問うという主張には、とってつけたような無理がある。誰にとっても、そんな実感はないだろう。それよりも「加計隠し」「北朝鮮ミサイル悪乗り」「安倍延命」といった意味づけの方に、ずっと説得力がある。
 良かれ悪しかれ、総選挙に向けて走り出した政局は、もう止まらない。国会議員という職業の人たちは、そういうものなのだ。この選挙に、どういう態度で臨んだらいいかは、きのうのブログに書いた通りである。
 休日で天気のよかった昨日、車に妻を乗せて都心から臨海部まで一回りしてきた。途中で国会前を通ると、ホームグラウンドに来たような気がする。「議事堂の建物は立派だけど、中にいる人たちは色々で、大したことないんだよ……」と言いながら通り過ぎた。
 今より少しでもマシな人たちが議事堂に来るように、そして何よりも、自公の議員数を少しでも減らすようにしなければならない。今の勢いのままでは、日本は引き返し不能の迷路に入り込む危険がある。つまらなくても棄権してはいけない。どうしても投票したい候補者がいなかったら、「棄権する」という投票をしに行けばいい。それでも行かないよりはいい。


孫崎享のつぶやき: 自民党、山本一太議員が「気分はいつも直滑降」で解散について何を言っているか見てみよう。「“選挙に勝つためには何でもやるのか”という批判も起こるだろう。総理ご自身大義名分を理解してもらう最大限の努力が不可欠だ」 9/18


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 衆院選準備加速で意思統一を ●吉田忠智党首は「野党がバラバラに衆院選を戦ったのでは相手を利するだけ」と述べ、野党4党間の候補者すみ分け調整を推進する必要性を強調。 http://www5.sdp.or.jp/topics/2017/09/19/%e8%a1%86%e9%99%a2%e9%81%b8%e6%ba%96%e5%82%99%e5%8a%a0%e9%80%9f%e3%81%a7%e6%84%8f%e6%80%9d%e7%b5%b1%e4%b8%80%e3%82%92/ …


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 倉重篤郎のサンデー時評:「野党共闘」の大研究 「安倍1強」打倒の方策 https://mainichi.jp/sunday/articles/20170918/org/00m/070/001000d … 練達の記者による鋭い分析。解散報道直前に書かれたにもかかわらず、安倍首相の意図を的確に見抜いている。逆に野党は協力によってのみ首相の目論見を打ち砕くことができる 19:04 - 2017年9月18日 132件のリツイート 99件のいいね


リベラル21:  安倍政権は火事場ドロボウ (09/19)
 〇森友・加計疑惑からの逃走と原発再稼働許さず
   岩垂 弘(ジャーナリスト)

 台風一過で日本列島が快晴となった9月18日、東京・代々木公園B地区で「ともに生きる未来を!さようなら原発さようなら戦争全国集会」が開かれた。脱原発を掲げる「『さようなら原発』一千万署名市民の会」の主催で、旧総評系の労組員、平和団体関係者、生協関係者ら約9500人(主催者発表)が集まったが、安倍首相が9月28日開会の臨時国会の冒頭での解散を考えていると報じられた直後の集会となっただけに、会場では「臨時国会冒頭での解散は、森友・加計学園疑惑と相次ぐ原発再稼働に対する野党からの追及を逃れようとするこそくな手段であり、われわれとしては、野党共闘を発展させて安倍政権の再来を阻止しなくては」との発言が相次いだ。
 首都圏は18日未明まで台風18号による暴風雨に襲われ、集会の開会が危ぶまれたが、朝からは快晴に恵まれ、会場には、開会前から団体旗やのぼりをもった参加者がつめかけた。労組の旗やのぼりからみて、すでに台風が通過した四国、中国、近畿からの参加者はあったが、台風が通過中の北陸、東北、北海道からの参加者は見られなかった。

 集会第2部は、午後1時30分に野外ステージで開会。
 開会あいさつに立った作家の落合恵子さんは「安倍首相は臨時国会の冒頭に衆院を解散し、10月22日に総選挙を行うという。このところ、内閣支持率がアップしているので、選挙をやれば勝つかもしれないと、考えたのだろう。その狙いは、私たちに森友・加計学園問題を忘れさせることにある。ならば、私たちとしては、決して忘れない、という答えを出そうではありませんか」と述べた。そして、こう続けた。
 「これまで、これほどやりたい放題のことをした内閣はあったでしょうか。これほど傲慢な内閣はあったでしょうか。福島原発事故では、汚染水問題が未解決なのに、汚染水はアンダーコントロールされていると言ってオリンピックを招致した。森友・加計学園問題では、『記憶にありません』を連発して民意をあざむいた。そのうえ、北朝鮮のミサイル発射問題を機に、その脅威をあおりにあおって防衛費を過去最大にするなど、戦争をするための準備を進めている。そろそろ、こうしたことを終わりにさせなくてはいけない。あんな人たちに勝たせないよう、みんなに呼びかけましょう」

 福島県から参加した福島原発刑事訴訟支援団団長の佐藤和良さんは「東京電力の福島第1原発の事故が甚大な被害をもたらし、今なお多くの人が避難生活を強いられているのに、今なお事故の責任をとった人が1人もいない。こんなことが法治国家として許されるだろうか。私たちは東電幹部の刑事責任を求めて裁判で闘っているので、支援をいただきたい」と述べた。
 閉会あいさつで、ルポライターの鎌田慧さんは、こう訴えた。
 「安倍政権は、北朝鮮のミサイル発射問題で恐怖をあおり、居直ろうとしている。うそで固めた謀略政治を進め、防衛費を増やそうとしている。まるで、火事に乗じて焼け太る火事場ドロボウだ。それに、憲法9条に自衛隊の存在を明記すると言っている。9条の規定は、武力を持たない、交戦権も持たないということだ。そこに自衛隊を追加するなんて、ペテンもいいとこで、まさにペテン政権だ。こうした安倍政権を許してきた一因は、われわれの弱さにある。次の選挙では、われわれが野党共闘をつくりださねば。あきらめてはいけない。戦争を阻止し、原発をなくす闘いは長期にわたる持久戦となるだろう

 集会後、参加者は原宿コース、原宿コースに分かれてデモ行進した。


寺町みどりのブログ: 2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』8‐1 公職選挙法とはなにか?

寺町みどりのブログ: 2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』9‐1 信頼できる核はあるか?


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 その他 都知事 秘書の異常待遇言及せず #BLOGOS 0:20 - 2017年9月19日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 拡散希望。 https://ameblo.jp/kokkoippan/entry-12304223682.html … >2012年の貧困線111万円で2015年の数字を出してみると、全人口の貧困率は17%…子どもの貧困率は15.6%で少し改善…低所得の世帯の有業人口が増えたから…貧困率が下がって良かったね、という話ではまったくありません 21:59 - 2017年9月18日 8件のリツイート 4件のいいね


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 イベント情報 11/26 南スーダン日報問題  隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 0:16 - 2017年9月19日


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 声明 ~改めて「戦争法」廃止を訴える~ http://www5.sdp.or.jp/comment/2017/09/19/%e5%a3%b0%e6%98%8e-%ef%bd%9e%e6%94%b9%e3%82%81%e3%81%a6%e3%80%8c%e6%88%a6%e4%ba%89%e6%b3%95%e3%80%8d%e5%bb%83%e6%ad%a2%e3%82%92%e8%a8%b4%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bd%9e/ …
声 明 ~改めて「戦争法」廃止を訴える~ 社会民主党 2017年9月19日
  ~改めて「戦争法」(平和安全保障法制)廃止を訴える~  


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 自民幹事長:加計・森友は「小さな問題」 野党批判に反論 - 毎日新聞 5:18 - 2017年9月19日
  ★その程度の小さな問題に、安倍氏は、議員辞職と総辞職を賭けたのだから。きちんとケジメを‼‼


明日の自由を守る若手弁護士の会/あすわか‏  @asuno_jiyuu フォロー中 その他 これが戦争放棄した国のリーダーの言葉かと思うと…悲しくて、がっかりしますが、首相がこんな好戦的なことを軽々しく言って憲法を無視するのは、ウラを返せば「憲法を無視したところで支持率は下がらないし」という見積もりがあるからです。
  ★しかし、『トラ、トラ、トラ』でしたか、『ニイタカヤマノボレ』でしたか、そういう指令を出せないよう、自公に大敗をさせねばなりません。戦争法は、憲法違反して、既に、でっち上げました。


参議院議員森ゆうこ‏ 認証済みアカウント   @moriyukogiin フォロー中 その他 参議院厚生労働委員会 森ゆうこ質問 平成29年9月20日(水) 15:25~15:40予定 @参議院インターネット審議中継でご覧頂けます。 詳しくは:http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2017/09/post-681e.html … 【案件】 社会保障及び労働問題等に関する調査(年金問題に関する件) 2:05 - 2017年9月19日


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】 読切記事/飯室 勝彦 憲法無視の政治に終止符を 23:45 - 2017年9月18日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 衆院選が迫ってきました。そこで「共謀罪」法の全議員の投票行動の一覧表を再掲します!! 投票の時の参考にしてください。 http://www.tokyo-np.co.jp/politics/kyobo_touhyou/ …
【「共謀罪」法 議員の投票行動】 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 東京新聞 2017年6月16日
 〇「共謀罪」法が成立したのは、2017年6月15日午前7時46分。採決強行に反対する人たちが国会前で声を上げる中、民主主義の根幹である委員会採決を省略する手続きで進んだ異常な参院本会議だった。
 夜を徹した国会。自民党出身の伊達忠一議長の宣言で投票が始まると、野党側から一斉に「反対」の声が飛んだ。点呼された公明、自民党議員が次々と賛成票を投じた。野党の順になると「参院の歴史に禍根を残すな」「おかしいよ」などと怒って投票する姿も。
 自由、社民など少数会派の計7人は牛歩で抵抗した。伊達議長が投票時間を「残り2分」と宣言し、締め切りを告げると、社民党の又市征治氏と福島瑞穂氏、自由党の森裕子氏が慌てて反対票を参院職員に渡したが、時間切れを理由に「投票しなかった」(参院事務局)という扱いになった。3人の「反対」の意思表示は公式記録に残らない。
 本紙は、参院の投票行動を一覧表にした。5月23日にあった衆院本会議での投票行動は5月27日朝刊に掲載したが、成立を受け、衆参合わせて本紙のホームページに掲載する。次の選挙に向け、どの政党が、どの議員が、どう行動したのか。後世に記録する。(関口克己)  ☆一覧添付





きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia

植草一秀の『知られざる真実』: フランス大統領選で波乱が生じる可能性は? 4/21
 〇3月にオランダで総選挙が実施されたが、これから秋にかけて欧州で重要選挙が相次ぐ。
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙
 が予定されている。



杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢

メルケル首相 12年の軌跡
 ☆首相の支持率推移





































国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 東京新聞 9/20


You Tube: 前嶋和弘【北朝鮮】国連総会にてトランプ大統領発演説「完全に破壊する」
  ★前々から、ユーチューブ、ゴロツキ、右翼系に乗っ取られている状態だった… その中で、まあまあに見える1投稿。解釈は、それぞれに、願います。

TBS: トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告 9/20

米大統領、北朝鮮など「ならず者国家」 対決姿勢鮮明  国連総会で一般討論演説 日経新聞 9/20

トランプ氏、初の国連演説 「ヘイトスピーチ」と批判も BBC 9/20


























ホロコースト否定のベルギー元議員、強制収容所の訪問と感想文の提出命じられる 【AFPBB】2017.09.21
 〇【9月21日 AFP】ベルギーの元国会議員が20日、ナチス・ドイツ(Nazi)によるホロコースト(Holocaust、ユダヤ人大量虐殺)を否定した罪で首都ブリュッセル(Brussels)の裁判所から有罪判決を受け、ナチスの強制収容所跡地を訪問し、そこで目にしたことや感じたことを書いて提出するよう命じられた。
 有罪判決を受けたのは保守派の政治家として知られるローラン・ルイ(Laurent Louis)被告(37)。同被告は2015年、ブログの投稿で第2次世界大戦(World War II)時に行われたホロコーストの犠牲者数を矮小(わいしょう)化したとして、執行猶予付きの禁錮6月、罰金1万8000ユーロ(約240万円)の刑を言い渡されていた。
 20日に行われた控訴審で裁判所は被告への判決を支持したものの、ポーランドのアウシュビッツ・ビルケナウ(Auschwitz-Birkenau)強制収容所やドイツのダッハウ(Dachau)強制収容所を含むナチスの収容所跡地5か所を訪れることを条件に、刑の執行を5年間猶予するとした。
 ベルガ(Belga)通信の報道によると、被告は司法当局に対し、各収容所への訪問後に「収容所で目にしたこと、そして感じたことについて最低50行の文章を毎回提出すること」が義務付けられているという。また、その文面を訪問から1か月以内に(Facebook)上で公開しなければならない。
 ルイ被告の弁護士によると、被告は自身の行為について「深く反省している」といい、収容所跡地への訪問は被告側が提案したものだったという。同被告はフェイスブックの投稿で、「裁判所の決定に従い毎年収容所を訪れ、悔い改める」と表明した。(c)AFP
  ★いいんじゃないの


民進 前原代表「冒頭解散すれば戦後初の暴挙」と批判 【NHK】2017.09.21
 〇民進党の前原代表は記者会見で、来週28日に衆議院が解散される見通しとなっていることについて、「議論もせずに冒頭解散すれば、戦後初の暴挙だ」と批判しました。一方で、衆議院選挙の公約には、憲法改正の在り方を盛り込みたいという考えを示しました。
 この中で、前原代表は、来週28日に召集される臨時国会の冒頭に衆議院が解散される見通しとなっていることについて、「議論もせずに冒頭解散すれば、戦後初の暴挙であり、絶対にあってはならない」と批判しました。
 一方で、前原氏は、衆議院選挙の公約については、「憲法はしっかり議論してもらいたい。枝野代表代行らに私の考え方を話し、それをベースにどう反映させるのかという作業をしている」と述べ、憲法改正の在り方を盛り込みたいという考えを示しました。
 また、前原氏は、民進党や共産党など野党4党が候補者の一本化を模索していくことで一致したことについて、「私が代表になって以降、『野党共闘』や選挙協力が4党で確認された記憶はない」とする一方、「小選挙区なので、1対1の戦いにどう持ち込めるのかというのが大事で、幹事長を中心に各党と話し合いたい」と述べました。


自民 石破氏 多くの国民は解散理由に疑問 説明を 【NHK】2017.09.21
 〇自民党の石破元幹事長は、来週28日にも衆議院が解散される見通しとなっていることについて、多くの国民が解散の理由を疑問に思っていると指摘し、分かりやすく説明する必要があるという認識を示しました。
 この中で、石破元幹事長は、来週28日にも衆議院が解散される見通しとなっていることについて、「多くの国民は、この解散の意義はなんだろうかと思っている。国民に信を問おうとするならば何のための解散か、国民が納得できるように説明する責任がある」と指摘しました。
 また、石破氏は、衆議院選挙の党の公約に関して、「消費税の使いみちについても、さまざまな議論がある。党内で民主主義を確立し、問うべきものを決め、問えないものは問うてはならない。党内民主主義をとばして国民に問うことはあってはならない」と述べ、取りまとめにあたっては、党内で十分な議論を行うべきだという考えを示しました。
 一方、岸田政務調査会長は、「解散の決定は、安倍総理大臣の発言を待たなければならないが、選挙になるのであれば、私たちの思いを実現して結果を出していくために、全員当選を目指して頑張らなければならない」と述べました。


衆院議運委 民進欠席で臨時国会の召集伝達見送り 【NHK】2017.09.21
 〇衆議院議院運営委員会は、政府から臨時国会の召集について伝達を受けるため、21日、理事会を開く予定でしたが、民進党が、衆議院の解散が想定され認められないなどと反発したため、理事会は開かれないまま流会となり、召集の伝達は見送られました。
 衆議院議院運営委員会は、政府から来週28日に臨時国会を召集すると正式に伝達を受けるため、21日午後、理事会を開くことを佐藤委員長の職権で決めていました。
 しかし、民進党は、臨時国会冒頭の28日にも衆議院が解散される見通しとなっていることを踏まえ、「内閣改造後、何も審議しないまま解散するのは断じて認められない」などと反発して出席しなかったことから、理事会は開会しないまま流会となり、召集の伝達は見送られました。
 これを受けて、佐藤委員長は22日、理事会を開くことを職権で決めました。野党側の筆頭理事を務める民進党の石関貴史氏は、記者団に対し、「審議を行うことを求めてきたが与党側からは『とにかく開会だけする』という話だったので、欠席した。『質疑をするのか』と聞くと、『安倍総理大臣が帰国するまで何もわからない』と言う。こんな与党があるか」と述べました。
 また、参議院議院運営委員会の理事会も民進党が出席せず、流会となりました。


所信表明なし冒頭解散へ 与党方針 臨時国会審議応じず 【東京新聞】2017.09.21
 〇政府、与党は二十八日召集の臨時国会で安倍晋三首相による所信表明演説を実施せず、冒頭で首相が衆院を解散するスケジュールを固めた。審議には応じない方針だ。複数の与党幹部が二十一日、明らかにした。民進党の大島敦幹事長は同日午前、自民党の二階俊博幹事長と国会内で会談し、首相の冒頭解散方針に抗議。民進党の前原誠司代表は「国権の最高機関を愚弄(ぐろう)する行為だ」と批判した。
 臨時国会の召集日は通例、天皇陛下が出席する開会式と、首相の衆参両院本会議での所信表明演説が行われる。これに対する各党の代表質問を翌日以降に両院で実施した後、予算委員会の審議に移る。
 政府、与党の想定は二十八日召集の臨時国会で開会式開催も見送る。これに先立つ午前に衆院解散を閣議決定する。北朝鮮に対する国会での非難決議は各党が合意していた経緯も踏まえ、調整を続ける。
 大島氏は二階氏との会談で、所信表明演説に対する代表質問や予算委員会の開催などを申し入れたが、二階氏は「承った」と話すにとどめた。二十日の民進、共産、自由、社民の四野党幹事長・書記局長会談で、冒頭解散は加計(かけ)学園や森友学園問題を巡る疑惑隠しとして、臨時国会で審議を求める方針で一致していた。
 自民党の森山裕国対委員長は記者団に「臨時国会が始まれば審議するのは当然だが、解散は最も優先される」と語った。大島氏は「権力の暴走を抑止する立法府の議論を封じ込めるのは議会運営の根本が揺らぐ」と重ねて批判した。
  ★国権の最高機関⁉ 議院内閣制の下、蹂躙…安倍コベ


民進が代表質問要求、自民側は答えず 幹事長会談 【朝日新聞】2017.09.21
 〇自民党の二階俊博幹事長と民進党の大島敦幹事長が21日午前、国会内で会談した。大島氏は28日に召集予定の臨時国会で「森友・加計(かけ)問題」の真相を解明するため、代表質問や予算委員会などを行うよう要求。二階氏は明確に答えなかった。
 安倍晋三首相は臨時国会では国会審議を行わず、召集当日に衆院を解散する構えを崩していない。衆参の議院運営委員会は自民党の委員長が職権で21日午後の理事会開催をすでに決定。理事会には菅義偉官房長官が出席して28日召集を正式に伝える予定だが、野党は反発を強めており、召集日の伝達は22日にずれ込む可能性もある。
 大島氏は会談後、記者団に「議会運営がものすごく雑になっている」と述べ、「冒頭解散すれば、首相は森友・加計学園の疑惑について説明しない解散だ」と強調した。民進党の前原誠司代表も日本商工会議所の会合であいさつし、冒頭解散について「立法府、国権の最高機関を愚弄(ぐろう)する行為だ」と批判した。
 一方、二階幹事長は21日午前、東京都内で開かれた経団連との懇談会に出席した。経団連の榊原定征会長らに対し、次期衆院選について「我々の仕事は選挙に勝たなきゃどうしようもない。お力添えを願いたい」として支援を呼びかけた。


韓国政府が9億円の対北人道支援決定 実施時期は未定 【聯合ニュース】2017.09.21
 〇【ソウル聯合ニュース】韓国政府は21日、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官の主宰で南北交流協力推進協議会を開き、国連児童基金(ユニセフ)と世界食糧計画(WFP)からの要請を受け入れ、北朝鮮の子供や妊婦に対する人道的な支援事業に800万ドル(約9億円)を拠出することを決定した。ただ、統一部は報道資料で「実際の支援時期と規模は南北関係など全般的な状況を総合的に考慮しながら推進することにした」と説明した。
 政府はWFPの栄養改善事業に450万ドル、ユニセフのワクチン、医薬品、栄養失調治療薬の支援事業に350万ドルを支援する。両事業は母子や妊婦を対象とする。
 統一部は支援決定について、「北への人道的な支援は政治的な状況とは切り離して取り組む」という政府の基本的な立場に基づくと説明した。同部長官の趙氏は会議の冒頭、「北の政権に対する制裁と北の住民に対する人道支援は切り離して対処することが、国際社会が共有する普遍的な原則であり価値だ」と発言した。
 一方で、具体的な支援時期の決定を先送りにしたのは、核とミサイルで挑発を繰り返す北朝鮮に対する世論が極めて厳しいことを踏まえた措置といえる。
 文在寅(ムン・ジェイン)政権では初の北朝鮮への支援となる。国際機関を通じた支援は2015年12月に国連人口基金(UNFPA)の調査事業に80万ドルを拠出して以来。16年1月の北朝鮮の4回目核実験後は支援を見合わせてきた。


小池氏の国政進出、公明「やめてくれ」 山口代表もクギ 朝日新聞 9/21
 〇公明党の山口那津男代表は21日の記者会見で、若狭勝衆院議員らが結党する新党の党首就任が取り沙汰されている小池百合子東京都知事について、「都民の期待を担って、ぜひ知事職を遂行していただきたい」とクギを刺した。
 7月の都議選で公明は、国政で連立を組む自民党とたもとを分かって、小池氏率いる地域政党「都民ファーストの会」と協力し、圧勝。小池氏が新党の党首になれば、衆院選で自民と新党との板挟みになりかねないとの危機感があるためだ。公明関係者は「小池知事に国政進出されたら困るというのが、うちのスタンス。あらゆる方面で『やめてくれ』と働きかけている」と語る。
  ★自民党、或いは、自公にとってプラスにはなるまい⁉ 競合する…









【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)


韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】米軍機夜間早朝飛行 県民の望む「負担軽減」を 【琉球新報】2017.09.21
住民生活への重大な影響を一顧だにしない米軍の姿が改めて浮き彫りになった。夜間・早朝の爆音放置は許されない。安倍政権は自ら約束した「沖縄の負担軽減」を県民が望む形で実現する責任を自覚し、改善すべきだ。
 沖縄防衛局が米軍嘉手納基地と普天間飛行場で、今年4月から実施している24時間の航空機離着陸調査の結果からも、騒音規制措置(騒音防止協定)が有名無実化していることがはっきりした。
 嘉手納基地では7月までの4カ月間で、1万8799回の離着陸(タッチ・アンド・ゴーや通過、旋回を含む)があった。そのうち騒音防止協定で飛行が制限されている午後10時から午前6時までの夜間・早朝は647回だった。普天間飛行場では5084回の離着陸があり、夜間・早朝は224回だった。
 県民生活よりも、訓練を優先する米軍に強く抗議する。だが、騒音防止協定には規制除外のただし書きがあり、何ら実効性がない。抜け道だらけの騒音防止協定に照らせば、米軍は協定を守っていることになる。
 夜間訓練飛行は「必要な最小限に制限される」などとし「部隊司令官は、できる限り早く夜間の飛行を終了させるよう最大限の努力を払う」としているだけで、米軍は「運用上必要」「努力した」とすれば協定破りにはならないのである。とても「騒音規制」とか「騒音防止」と呼べる協定ではない。
 看過できないのは、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが普天間飛行場の夜間・早朝の離着陸回数に占める割合の高さである。224回のうち43%に当たる97回はオスプレイである。昨年12月以降、普天間飛行場所属の2機が墜落するなど、オスプレイは住民にとって脅威でもある。即時撤去を強く求める。
 嘉手納基地では、離着陸総数の35%、3分の1が外来機だったことも許し難い。
 日米両政府は2011年、周辺地域の負担軽減を名目に、嘉手納基地所属機の訓練移転に合意した。だが訓練移転以上に、嘉手納基地を拠点に訓練する外来機の方が圧倒的に多いのではないか。それが県民の実感である。負担は軽減されることなく、増大しているのは明らかである。
 今年の沖縄全戦没者追悼式で、安倍晋三首相は「沖縄の方々には長きにわたり、米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいており、この現状は到底是認できるものではない。政府として基地負担軽減のため、一つ一つ確実に結果を出していく決意だ」と述べた。
 この言葉が本心なら直ちに実行すべきだ。夜間・早朝の米軍機飛行の全面禁止だけでは不十分である。オスプレイの配備撤回、名護市辺野古への新基地建設断念など、県民の重しとなる全ての「基地負担」を軽減ではなく、排除する責任が安倍首相にはある。


【社説】[オキラジ 差別的放送]第三者の機関で検証を 【沖縄タイムス】2017.09.21
 〇沖縄市のコミュニティーFMから反基地運動をおとしめ、人種差別的と受け止められる発言が流されている。事実に基づかないものであり、看過できない。
 「オキラジ」で、毎週月曜日に放送されている「沖縄防衛情報局」である。
 約1時間の番組で、政治活動家ら3人が出演する。
 番組の基調をなすのは毎回、冒頭に読み上げられる次のような言葉である。
 「反戦平和運動はそのほとんどが偽物であり革命運動をカムフラージュするもの」。その目的は「沖縄県に中国や北朝鮮のような左翼独裁共産主義体制を打ち立てることにある」
 何を根拠にこのような主張をするのだろうか。
 スイスの国連欧州本部で6月に開かれた沖縄の基地反対運動を巡るシンポジウムに出席した弁護士や新聞記者を名指しして、「ほとんど工作員そのもの」(7月17日放送)と発言している。工作員とは具体的に何を意味しているのだろうか。
 排外主義的な発言も多い。「どうして朝鮮人や中国人は平気でうそをつくのか、ルールを平気で破るのか」(7月31日放送)と人種差別的な発言をし、「彼らは、(日本が)朝鮮半島を植民地にしたといいがかりをつけているが、全くのうそっぱち」(同日放送)と歴史的事実を曲げる。「シュワブゲート前の妨害活動。その中には朝鮮人がいっぱいいる」(9月18日放送)と言うが、本当に現場で確認したのだろうか。
 沖縄の内部から「沖縄ヘイト」というべき言説が公共の電波を使って流される。憂慮すべき事態だ。
■    ■
 放送法4条は「報道は事実をまげないですること」をうたっている。
 同法9条では事実でないことを放送したと訴えがあった場合には、放送局は調査した上で、真実でないと判明したときは訂正または取り消しの放送をしなければならないと規定している。
 訴えがなくても放送局が真実でない内容とわかったときにも同様の措置をとらなければならない。
 事実に基づく報道は、放送局と放送人にとっての責務である。と同時に、最も大切にしなければならない倫理だ。
 それは地上波であっても、コミュニティー放送であっても、変わりはない。
 オキラジを運営する沖縄ラジオは取材に対し「番組内容については出演者に聞いてほしい」と回答している。
 免許を受けた放送局としての自覚に欠け、社会的な責務を放棄しているというしかない。
■    ■
 根拠も示さず、言いたい放題の主張を放送し、それについて説明責任を果たさない。
 これではデマと変わりがないというべきであり、公共の電波を使用する放送局と放送人にとってあるまじき行為である。
 沖縄ラジオには、自律的に、放送局に設置が義務付けられている第三者による番組審議機関に放送内容の検証を諮問し、その結果を公表することを求めたい。


【社説】[トランプ氏演説] 外交の理念が見えない 【南日本新聞】2017.09.21
 〇トランプ米大統領が国連総会で一般討論演説を行った。今年1月の就任以来初めてで、事実上の国連外交デビューである。
 演説が北朝鮮への対応に重点を置いた内容になったのは当然だろう。6回目の核実験や弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮を「世界共通の脅威」と非難し、全ての国の連携を呼び掛けた。
 国連のグテレス事務総長もこれに先立つ演説で、北朝鮮に関して「核兵器に対する地球規模の不安は冷戦終結後、最も高いレベルにある」と警告した。
 経済的にも軍事的にも世界一の大国である米国と国連事務総長が、危機感の共有を国際社会にアピールしたこと自体は意義がある。だが、各国の見方はトランプ氏に対して冷ややかだ。
 トランプ氏は自国の国益を常に最優先する「米国第一」を掲げて大統領の座に就いた。193カ国が加盟する国連の価値には、選挙中から疑問を呈していた。今回の演説でも、米国が国連拠出金で大きな負担をしているのは「不公平だ」と不満を述べた。
 これまでに環太平洋連携協定(TPP)や、地球温暖化防止の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱も表明した。
 オバマ前大統領の国際協調路線と決別し、米国を単独主義に導こうとしている。各国に広がる戸惑いや不信は拭いようがない。
 トランプ氏が演説で「米国第一」と国際協調は矛盾しないと説明したのは、こうした警戒感を意識したからだろう。
 だが、行動が伴わない以上、説得力があるとは言い難い。
 北朝鮮問題は、軍事力を背景にした圧力だけでは解決できないのは明らかだ。制裁強化にしても、国際社会が歩調をそろえなければ実効性は上がらない。
 結束の軸となるべき超大国の大統領として、多国間協調を重視するぶれない外交の理念を示す必要がある。
 トランプ氏は北朝鮮の脅威が強まれば「完全に破壊するしか選択肢がなくなる」と述べ、「ロケットマンの金正恩氏は自殺行為をしている」と批判した。異例の強い表現に、議場からざわめきが起きる場面もあった。
 北朝鮮の軍事強化路線が常軌を逸しているのは確かだ。だが、挑発に威嚇で応えるような態度は、国際社会のリーダーとしての振る舞いとはいえまい。
 トランプ氏は横田めぐみさんを念頭に、北朝鮮による拉致問題にも言及した。非人道的な行いに国際社会の関心が高まることを期待したい。


【社説】総選挙の意向 ◆過ぎる党利党略許されない◆ 【宮崎日日新聞】2017.09.21
 〇安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散、10月下旬に総選挙を行う意向という。
 党利党略が過ぎる-。最近の安倍政権の行状と日本政界の現状を見ると誰もがそう思うのではないか。学校法人「森友学園」や「加計学園」の真相解明のため野党が憲法に基づいて求めてきた臨時国会召集を約3カ月も拒み続け、さらに北朝鮮が弾道ミサイル発射を強行する緊張下での重大判断だ。

野党の混乱突く思惑
 安倍首相は表向きには意向を明らかにしていないが、背景には野田聖子総務相らを迎えた内閣改造で森友・加計問題で続落した内閣支持率が上向く一方、野党第1党の民進党で離党が続くなど混乱が収まらないという与党にとって有利な状況がある。支持を集める小池百合子東京都知事の側近が立ち上げを進める国政政党の態勢が整わないうちに済ませたいとの思惑もあるだろう。
 安倍首相は、「10月10日公示、22日投開票」「同17日公示、29日投開票」の2案を念頭に置いているもようだ。10月22日の衆院3補欠選挙を経て「11月解散-12月総選挙」も視野に入れるが、与野党は最短日程を前提に選挙準備に入っている。2014年、準備不足だった当時の民主党の虚を突いた電撃的な解散で安倍首相は大勝を収めている。この成功体験が基になっているのは間違いない。
 安倍政権は、6月中旬までの通常国会で、森友・加計両学園を巡る問題で追い詰められると、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法に関し、参院法務委員会の採決を省略する「中間報告」と呼ばれる禁じ手を用いて本会議採決を強行、会期末に閉幕させた。

解散権は完全自由か
 その後、新たな事実や疑惑が出てきても臨時国会召集要求には外交や法案準備などを理由に応じなかった。今月の臨時国会の早い段階で解散した場合、森友・加計問題は真相解明からほど遠い状態で国民の審判を受けることになる。
 自民党の憲法改正草案は国会召集要求を「少数者の権利」として「要求から20日以内に召集」と明記。自らの主張さえも棚に上げ、都合の悪い問題からの逃げ、真実の隠蔽(いんぺい)と言っても過言ではない。
 他方、民進党は相次ぐ離党者やスキャンダルによる幹事長人事撤回など前原誠司代表の体制になっても迷走が収束しない。また、小池都知事が支援する若狭勝衆院議員が早急に国政政党の旗揚げにこぎ着けることができたとしても選挙準備は極めて不十分だ。
 そもそも、こうした党利党略が許されるのは首相の解散権が「完全自由」と見なされているからだ。今年3月の衆院憲法審査会では、解散権に何らかの制限を設けるべきだと民進党が問題提起、国会でも議論が始まっている。断行されれば、そんな中での解散となる。私たち有権者はその是非を根本から問い直さなければならない。


【社説】トランプ氏演説 「協調主義」へかじを取れ 【西日本新聞】2017.09.21
 〇 米国のトランプ大統領が、就任後初めて国連総会での一般討論演説を行った。「米国第一」を掲げるトランプ氏の「国連デビュー」に国際社会の注目が集まった。
 トランプ氏は演説で北朝鮮への対決姿勢を鮮明にした。「金正恩(キムジョンウン)体制は核・ミサイル開発を無謀に追求し、全世界に脅威を与えている」と非難し、「米国が自国や同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊するしか選択肢がなくなる」などと過激な表現を使って北朝鮮を強くけん制した。
 さらにトランプ氏は、拉致被害者の横田めぐみさんを念頭に「北朝鮮は海岸から13歳の日本人の少女を拉致した」と述べ、拉致犯罪の非人道性を世界に訴えた。
 トランプ氏が国連総会の場で、北朝鮮の核・ミサイルの脅威をアピールしたのは、国連加盟国が北朝鮮の危険性に対する認識を高める上で大きな意味を持つ。拉致問題に言及して国際社会の関心を喚起したことも、日本にとってありがたい側面支援といえよう。
 ただ、米国が今後どれだけ北朝鮮問題で世界をリードできるかは不透明である。トランプ氏は北朝鮮に対する加盟国の一致した対応を呼び掛けたが、その一方で当のトランプ氏が国連の役割や国際協調主義を軽視する言動を繰り返してきた矛盾があるからだ。
 トランプ氏は大統領就任前、国連について「おしゃべりして過ごす仲良しクラブ」とツイッターで発信し、就任後も米国の国連拠出金の削減を主張している。地球温暖化防止の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱も表明した。
 北朝鮮のミサイル開発が進み、米国への脅威が増したことで、トランプ氏は北朝鮮包囲網の形成に迫られ、国際連携の重要性を訴え始めたのだろうが、これでは「ご都合主義」との批判を免れない。
 北朝鮮問題を契機に、トランプ氏は身勝手な「米国第一主義」を捨て、国際協調路線へかじを取るべきではないか。いかに米国が強大とはいえ、一国でやれることには限界がある。孤立していては米国本来の指導力も発揮できない。


【社説】【自民党改憲議論】「反省」ない日程ありきだ 【高知新聞】2017.09.21
 〇安倍自民党は「謙虚」になるのではなかったか。あまりに性急、拙速と言うほかない。
 自民党が再開した憲法改正議論で、党内の9条改正案のたたき台を10月にも提案する方向が示された。9条改正は次期衆院選の公約にも盛り込まれるとされる。
 党総裁の安倍首相がことし5月に突然、「改正憲法2020年施行」などの独自案を表明し、改正議論を急がせた。だが、加計(かけ)学園問題などで国民の不信を招き、内閣支持率が急落すると一転、「スケジュールありきではない」と日程に固執しない方向に改めたはずだった。
 「反省」はどこへ行ったのか。
 安倍首相の指示を受け、自民党は9条改正や緊急事態条項など4項目を中心に議論を加速させた。その中でも9条改正を優先し、戦争放棄の1項、戦力不保持などの2項を堅持しつつ、自衛隊を明記する―との首相案を軸に据えた。
 しかし、2項を見直し、自衛隊を「国防軍」とする12年党改憲草案とは隔たりがある。党内には首相案への賛成が多い半面、石破茂元幹事長ら草案支持派の反対が根強い。意見の集約は難しく、党内合意は見通せないのが実情だ。
 連立政権を組む公明党も特に9条改正では自民党と距離を置く。公明党の山口那津男代表は9条改正は早計だと明言し、前のめりの自民党を強くけん制する。政権内でもまとまっていない。
 改憲手続きは、国民の意見を幅広くくみ上げながら、与野党で丹念に議論を積み上げ、総意形成に努める作業だ。その場は国会である。一政党が「数の力」を振るって主導権を握り、特定の方向付けをしていく議論であってはならない。
 まして、同じ党内ですら意見がまとまらない段階で、国会への改正案提示のスケジュールを決めていく。そんな自民党の姿勢は「1強」のおごりの表れであろう。戦後の平和主義を根本的に変質させかねない9条の議論ならばなおさら厳格、真摯(しんし)であるべきだ。
 「共謀罪」法の強引な国会審議などへの国民批判の高まりに押され、安倍首相は改憲にも低姿勢を見せ、党内議論もトーンダウンした。ところが、支持率が持ち直し、北朝鮮の核・ミサイル問題で国民に不安が広がると、たちまち9条改正へアクセルを踏み込む。あまりに露骨で、民意を軽んじていないか。
 改憲勢力が衆参両院で3分の2以上のうちに駆け込もうとしているのなら、それは憲法そのものを踏みにじる。東京五輪・パラリンピックの20年を改憲日程とする首相のスケジュール感に国民は納得できるだろうか。
 安心して暮らせる社会保障制度の構築や格差是正、地域再生などこそ国民が求める優先課題である。その解決策も十分示せないまま、政治権力によって改憲議論を強引に進めることは許されない。厳に慎むよう求める。


【社説】安保法成立2年 自衛隊の恣意的活用許されない 【愛媛新聞】2017.09.21
 〇恐れていたことが現実になりつつある。安全保障関連法が成立して2年。日米の防衛協力が強化され、米軍と自衛隊の一体化が進んでいる。
 自衛隊の活動が政府の恣意(しい)的判断によって左右されることがあってはならない―安保法成立前から本欄で何度も指摘してきた。にもかかわらず、政府は北朝鮮の核・ミサイル開発への対応を口実にして、次々と活動を拡大。しかも、その実態を覆い隠している。安保法はやはり問題が多すぎる。廃止しなければならない。
 1週間前には、海上自衛隊の補給艦が今年4月以降、日本海で北朝鮮の弾道ミサイル防衛に当たる米イージス艦に洋上補給を実施していることが明らかになった。安保法の施行を受け、改定日米物品役務相互提供協定が発効し、可能になった後方支援。5月には、海自の護衛艦が米補給船を守る「武器等防護」も初めて実施した。いずれも安保法によって大幅に拡大した自衛隊の新しい任務だ。
 問題なのは、こうした活動を政府が全く公表しないことだ。今回も、菅義偉官房長官は「自衛隊や米軍の運用の詳細が明らかになる恐れがある」として、洋上補給したかどうかも明らかにしていない。国民が何も知らされないまま、米軍との密着度が強まっている。このままでは国民も国会も、政府の判断の是非をチェックできない。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の陸上自衛隊部隊への「駆け付け警護」は昨年、任務を付与したとの実績だけをつくり、実施されることなく、今年5月に撤収した。しかし、その前に組織的な日報の隠蔽(いんぺい)が行われていたことを忘れてはならない。「戦闘」と書かれていた日報を隠したのは、政府にとって不都合な事実を国民に知らせまいとする意図が明白だ。
 安倍晋三首相は森友・加計学園問題なども含めて、謝罪の姿勢を見せたものの、政府は今も自衛隊の拡大任務の実態についての説明を拒んでいる。本当に反省しているとは思えない。
 安保法が拡大解釈される恐れもある。小野寺五典防衛相は北朝鮮が予告した米領グアムへの弾道ミサイル発射計画を巡り、集団的自衛権行使が可能な「存立危機事態」に該当する可能性があると踏み込んだ。海自のイージス艦が弾道ミサイルを迎撃することは、法的に可能だとの認識を示した形。その後、米本土に向かう場合の迎撃もできると表明した。いずれも「日本の存立が脅かされる明白な危険がある」状況とは到底言えまい。
 自民党内では、発射直前に拠点を壊滅させる「敵基地攻撃能力」保有論まで出始めている。なし崩し的な軍備増強で、自衛隊のリスクが拡大することを許すわけにはいかない。
 安保法の是非は、来月の実施が確実な衆院選で、改めて争点にしなければならない。そのためにはまず、政府はすべての情報を開示するべきだ。
  ★安倍内閣、戦争する国化、邁進、実践か!








核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-09-20

9/20: 国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 更に、戦争もと トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」と、拳を… お追従者安倍は、勇んで戦列に 風雲急⁉主権者ご決断を

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・歌手の安室奈美恵さん 来年9月に引退へ 9/20(水) 18:57
 ・5000リットルの灯油が川に…JA施設の配管から漏れる 9/20(水) 18:56
 ・30年前に設置…消火栓のふたが開かず建物が“全焼” 9/20(水) 18:55
 ・蜂の巣駆除で…樹齢1200年超の天然記念物が焼ける 9/20(水) 18:54
 ・トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告 9/20(水) 6:21  ★第3次世界大戦を仕掛ける、破壊者
 ・原発事故6年半も避難続く…双葉町の生活支援を要望 9/20(水) 7:06
 ・<予報>北日本、北陸 雷雨に注意…竜巻も 9/20(水) 8:35
 ・中国とロシアが合同軍事演習 アメリカを“牽制” 9/20(水) 7:05   ★戦争か、平和か  出口戦略はどうする
 ・「完全に破壊する」トランプ氏が北朝鮮警告 9/20(水) 7:26   ★完全に、拒絶する‼‼ 何人殺すつもりだ⁉ 無法者! 米国内の分断も、そんな調子で、か⁉ 
 ・メキシコでM7.1地震 60人以上が死亡 9/20(水) 7:25

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月20日分 9:00 実施
 今日のトピックス Blog9/19: 大義なき「自己都合」党利党略解散、容認し難い 動機もだが、その後トランプ・安倍が何をするかが更に大問題⁉ 戦争か平和か 市民、主権者が戦争を排除 投票で安倍・陣笠議員を不信任しよう



イシャジャの呟き: 台風一過     誕生日の花 オミナエシ  花言葉  はかない恋 親切 9/19
 〇ラジオ深夜便から

 台風一過、晴れていたのでスーパーまで 食品の補給のため 出かける。
 帰ってきたら 竜巻注意報のテロップが流れる・・・ まだまだ 空は安定してないようだ。

 柿の色付きが 鮮やかだ。捥いで 焼酎さわし と考えたが、竜巻のこともあるので、後日とする・・・
 生協の宅配を待っています・・・・

 カテゴリなしの他の記事
  敬老の日
  秋だ
  秋雨
  秋場所
  通院


 今日のトピックス Blog9/18: 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院小委員長&トランプ大統領「ロケットマン」呼ばわり  却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメ。 爾後は、核兵器禁止、戦争放棄服用を


「護憲+」: 憲法論議に対案は必要ない 9/18 (パンドラ)
 〇安倍内閣は少し支持率が回復したのを機に、また「改憲」について言及し始めた。

 上智大学の中野昇一教授が週刊金曜日の9月1日号で、野党は「【対案を】という改憲議論に乗るな」という興味深い論考を載せているので紹介したい。

 中野氏は、『今の改憲勢力は、反対する勢力を分断する事に重きを置き、「ただ反対というのではなく対案を持ち寄って欲しい」という改憲議論に乗せようとしている』と言っている。

 民進党の中にもこの揺さぶりに乗ろうとする勢力がいる事は否めない。

 中野氏は更に、『憲法とは「憲法典」と「憲法体制」を指すと述べている。憲法典は「日本国憲法」という文章である。しかし憲法は、解釈や、学説、判例、国際条約など全て含めて憲法体制として機能している。
 ところが、現行の憲法議論は「憲法典」をいじる事しか眼中にない。「憲法典をいじれば「憲法体制が確立する」という議論は幼稚だ』と言い、
 『安倍首相が言う「戦後レジームからの脱却」は憲法典を足掛かりに戦後の憲法体制(レジーム)を破壊しようとしている』と述べている。

 氏の言説とは対照的に、『憲法典を国民の意志と意識で、国民投票に掛けてきちんと決めるべき』という意見もある。いわゆる、「国民投票」を国民の手で成し遂げ、取り戻そうという意見だ。

 私には迷いがある。都知事選は野党勢力の作戦のまずさがあったとは言え、続く都議会選挙はどうだったか。一時的なものとはいえ、小池百合子と都民ファーストの会に対する熱狂を思うと心もとない。

 今の社会には憲法に対して無関心だったり、不満、鬱憤を感じている人達がいる。その人達を「中間無党派層」と名付けるならば、安倍内閣を批判する人達が中間無党派層まで拡がり、支持率を下げた事実が示すように、中間無党派層の中にある欲求や不満、改革を希求する声に耳を傾ける事が必要ではないか。そのために野党共闘で国会の勢力を少しでも増やして欲しい。

 国民の生活は苦しい。長時間拘束される割には増えない年収。国民が一生懸命働き納めた税金はどこへ消えたのだろう。消費税は福祉に使われるはずではなかったか。若者達は労働待遇の不備で結婚も出来ない。少子化なんて解消される訳がない。

 憲法典をいじる事よりも、その不満、諦めに答えようとする政党を国民は待望している。野党は【対案】を出す事に拘るより、もう一度国民の声に耳を傾けて欲しい。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: でんでんの私利私欲解散に「×」。 9/18
 「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議 9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


 〇アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

 あからさまな疑惑隠し、権利の乱用、私利私欲解散だ。

 もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

 しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

 国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。



イシャジャの呟き: 敬老の日  ☂  誕生日の花  ゲンノショウコ   花言葉  心の強さ 9/18
 〇ラジオ深夜便から

 台風18号は、今朝7時前秋田沖を通過したが、暴風はまだ続き、周囲の木々を大きく揺らしています。

 雑草園、唯一の果実、タワワに実った柿の枝も大きく揺れていますが、落下しないで頑張っています。
 渋柿と思って、いたが 熟して 蜂が食いついているものもあり 早めにもぎ取って 焼酎でさわすことにしよう。

 ゴミ出しの日だが、昨夕出しておいたので、今朝は 暴風の中出歩かなくてもよく助かった。今日は敬老会だが、敬老の品も昨日届いた。傘寿に当たるとのことで、杖が届いた、鳩杖 ?と思いきや 今風のものでした。
 杖を頼りに、買い物に行こう ?

 台風が去ったと思いきや、外遊から帰ったと思ったら 解散風を吹かした、どこやらの、草履がいるらしい。
 〇〇小学校、〇〇獣医学部問題を、消去しようとする算段だろう、許せない 面々だ


 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog9/17: 首相“国会冒頭に衆院解散”意向… 安倍、トランプは、制裁の先、戦争を目指す⁉ 主権者は、戦争の選択肢を奪え 投票行動で、NON!と &戦争法制と格差解消、脱原発 平和を目指す
  ★朝鮮半島危機、或いは、東アジアの危機である。その一員、日本の主権者として、戦争か平和か、単純に選べばよい。それが、憲法上の課題だ。しかも、安倍氏、安倍政権から、選択を迫られている。安倍政権を信任するかどうか、と。 今、安倍は、何をしようとしているか、見極めることが肝要だ。東アジアを、その実態、危険を。戦争なら戦争、どうするのか? 平和なら平和、どう築くのか?その構想と、選択した結果(想像力、構想力含め)見ながら、投票行動、或いは、意思表明、twitterであれ、何であれ、主張、説得することが求められている。


「護憲+」: 国民をバカにしている安倍政権ー空気を換えよう! 9/17 (tetsujinn)
 〇安倍と彼を操っている一味は探偵さんの仰っていることは重々承知の上で、あえて国民に不安を煽って軍備の増強を狙っているとしか思えません。

 即ち支持率の回復状況や、「共産党との共闘はやらない」などと高言するヘタレ民進党の現状を見て、ますます「敵はいない」「やりたい放題をやれる」と国民をバカにしているのでしょう。

 先の大戦の過ちをしっかり反省していない官僚の末裔たちが、まともな教育を受けていない若者たちを煽って「敗戦前の日本を取り戻す」などと有頂天になっているのです。

 「だまされる国民が悪い」とばかり言っておれません。困難な活動ですが、何とかホイッスルを吹いている人たちに協力して空気を換えたいものです。

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


「護憲+」: どさくさ紛れ解散総選挙か! 9/17 (流水)
 〇今朝(9/17)のNHKニュースで、安倍首相が臨時国会冒頭解散する決意をしたと報じた。サンデーモーニングで田中秀征も「この流れはもう止まらない」と語っていた。

 「あれだけ北朝鮮危機を煽っておいて、解散総選挙かよ?」「全国の学校で戦時中そのままの防空訓練をしろと強制しておいて、選挙かよ?」「アラート少年よろしく、上空700kmを通るミサイルにけたたましく警報を鳴らしておいて、選挙かよ?」

 文句を言えば、いくらでもある。

 何度も指摘するが、安倍政権(自民党政権)の脳裏にあるのは、権力保持だけ。そのために、利用できるものは何でも利用する。北朝鮮危機はその絶好の材料だ。危機を煽れるだけ煽り、国民を恐怖に陥れ、国民が恐怖のために思考停止の状態になってくれれば最高と考えていた。

 官邸の思惑通り、内閣支持率が多少回復。森友・加計問題追及もめっきり報道が少なくなった。それどころか、多くのメディアは、まるで従軍記者気取りの報道に狂奔している。

 多くの国民は、森友・加計どころではない。本当に戦争になるのではないか、と恐れている。危機になればなるほど、国民は政府を頼るものだ。これで、選挙に勝てば、森友・加計問題もチャラになる。選挙に勝ったら俺様に逆らったやつは徹底的に締め上げてやる。覚悟しておけ、というわけだ。

 ナチス・ドイツのゲーリングは「もちろん国民は戦争を望んではいない。なぜ畑にいる貧しいまぬけが、自分の命を戦争にさらそうなどと望むだろう?だが、結局、政策を決定するのは国家指導者だ。国民はいつでも指導者達の命令に従わせることができる。連中に、我々は攻撃されているのだと言って、平和主義者は愛国心に欠けると非難するだけで良いのだ。これはどこの国でも同様に機能する。」と語っている。

 麻生太郎が言う「ナチスドイツに学べ」とは、こういう事態を指す。

 今回の「どさくさ紛れ解散」「犯罪隠し解散」を見れば、北朝鮮危機など本当に存在するのかと言う事を疑わなければならない。何度も書いて恐縮だが、かなりの確率で「出来レース」だと疑わざるを得ない。本当に国家存立の危機ならば、大義名分のない解散総選挙などで政治の空白をつくる暇などない。「出来レース」でなく、本当に差し迫った危機が存在するのなら、解散・総選挙などしている余裕などないはずである。

 こう見てくると、安倍政権は、本当に骨の髄まで反国民的政権・反民主的ファッショ政権だと断定せざるを得ない。

 何をどうボヤいてみても選挙はある。とにかく、野党共闘を実現し、選挙に全力投球する以外この暴政を止める手段はない。

 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


「護憲+」: 北のミサイル発射に頓珍漢な対応の安倍首相 9/17 (名無しの探偵)
 〇北朝鮮のミサイル発射は今に始まったことではない。しかし、これに対する安倍首相の対応は、いつも初めてミサイル(攻撃?)を受けたような憤りを示す頓珍漢な答えに終始している。

 日米同盟の下で100パーセント一致した協力体制と、国際社会への働きかけで、さらる圧力をかけていくという。北朝鮮と話し合いで事を解決する政治的な動きは全くない。

 結論を先に言うと、核武装している国に対し軍事的対応一辺倒では、日本が危ないだけである。世界一の軍事大国の「核の傘の下に」あるので大丈夫というのは、素人的でなんの説得力も持たない意見にすぎない。

 日・米・韓と北朝鮮が再び戦火にまみえるときは、日本列島と韓国が最初の戦場になることは予測できる。(そのためのミサイル発射である。)また、一旦核戦争を始めたら地球自体が持たない

 こういう簡単な理屈が理解できないのが、今の日本の政治的指導者であり、それに票を投じてきた大多数の日本国民である。

 恐怖を通り越して、滑稽でもある。(こちらは老い先短い身なので。)

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


 今日のトピックス Blog9/16: 首相、年内解散を検討 最短で今月末⁉ 火事場泥棒の如く、品性下劣は仕方がない 核・戦争か平和か 脱原発、格差解消、戦争法等悪法、悉く廃止! 主権者の連帯、平和への結集、今こそ



「護憲+」: 北朝鮮危機再考 9/16 (流水)
 〇早朝から、Jアラートが鳴った。朝から脅された県の人はいい迷惑だったに相違ない。羽鳥のモーニングショウで長嶋一茂が「通勤中だったらどうするんだ」と叫んでいたが、見え見えの危機を煽るやり口にかなりの人が怒りを隠せないでいた。

 事実、ミサイルなどの軍事専門家は、日本を標的にしたミサイルと上空を飛ぶミサイルとでは、軌道も違うし、発射角度も違うと指摘。その数値をJアラートに組み込めば、今回のように馬鹿馬鹿しい騒ぎをすることはないと指摘していた。

 そもそも、日本を標的にしたミサイルなら、撃ち落とすというのが、日本の基本戦略だったはず。それを可能にするのが、撃たれたミサイルの軌道計算。それができないというのなら、撃ち落とせない装置に大金を払ったのかという責任問題になる。

 要するに、Jアラートの警報音は、国民を戦争の恐怖に陥れ、パニックを起こさせ、国民の冷静な判断力を奪い、政府の言いなりにする「魔法の音」なのだ。安倍内閣にとっては、「内政の危機」を「外交の危機」にすり替えて、支持率を回復する決め手なのだ。

 このような視点を忘れたTVの大騒ぎは、日本のメディアの度し難い退廃を示している。

 名無しの探偵さんが指摘されているように、安倍首相の危機を煽る言動は常軌を逸している。トランプの尻を叩いて、さらなる強硬な措置を促したいに違いない。日本や日本国民にとっての真の危機は、安倍首相個人の資質と判断力にあるといって過言ではない。そもそも安倍首相が現在の北朝鮮問題の歴史的経緯をきちんと認識しているかどうか極めて疑問である。

 安倍首相がどうあれ、わたしたちが正確で冷静な北朝鮮危機の認識を行うためには、北朝鮮問題の歴史的経緯をある程度把握しておかねばならない。

 〇朝鮮戦争休戦協定遵守の問題。

 わたしたちは、現在の朝鮮半島が「休戦状態」であることは知っている。38度線(軍事境界線)をおおよその境界として、南北朝鮮に分かれている。ところが、多くの日本人は、なぜ未だに朝鮮戦争が「休戦状態」のままなのか、という真の理由は知らない。

 作家山田順は、「そもそも朝鮮戦争が終わらないのは、アメリカが1953年の「休戦協定」を破っていることが根本原因である。 」と指摘する。
またもミサイル発射も、朝鮮戦争「休戦協定」違反はアメリカ。「あらゆる選択肢」などない。 山田順  | 作家、ジャーナリスト、出版プロデューサー 9/15(金)

 彼がこのように指摘するのには、理由がある。

 「朝鮮休戦協定第60項」に「朝鮮問題の平和的解決を確保するため、双方の軍司令官は、双方の関係国の政府に対して、休戦協定が署名され、効力を生じた後3ケ月以内に、これらの国の政府がそれぞれ任命する代表により一層高級な政治会談を開催してすべての外国軍隊の朝鮮からの撤退、朝鮮問題の平和的解決その他の諸問題を交渉により解決するよう勧告する」という文章がある。

 ところが、米国は、この3ケ月以内の政治会談をサボタージュし続けたのである。理由は明白。すべての外国軍隊の撤退要項に、在韓米軍が抵触する。そのため、停戦協定調印後1ケ月もたたない8月8日「米韓相互防衛条約」に調印していたからである。

 米韓両国の一国が侵略された場合には共同で対応し、米軍の南朝鮮駐留を認める、とする内容。この防衛条約は、米国の南朝鮮永久占領を現実化していた。この結果、未だに朝鮮半島は、「休戦状態」のまま放置され、現在の危機に象徴されるような緊張状況が続いたのである。

 もし、休戦協定に書かれている会議が招集されたら、北朝鮮は必ずこの問題を持ち出し、米国の非を責め立てるだろう。米国がそれを甘んじて受け入れるなら、この会談は成功するだろうが、現在の米国を見ればそれは難しい。つまり、現在の北朝鮮危機の淵源は、米国の覇権主義的思考にある、ということである。

 〇北朝鮮の核開発は、すべて北朝鮮の責任か。

 1994年に北朝鮮の核開発を止める「枠組み合意」が米朝の間で結ばれた事を記憶している日本人は少ないだろう。評論家と称される連中も、現在のような北朝鮮の核開発が推進される要因になったこの合意について語らない。

 Independent紙によればこの合意の内容は、以下のようになる。
 ・・・・
 1994年の合意では、北朝鮮は米国との政治経済関係の完全正常化と引き換えに“核開発計画”を凍結、最終的に廃止することを同意した。
 この事は以下の四つの条件を意味していた。
 1. 原子力の喪失を補う→米国が率いるコンソーシアムが、2003年までに北朝鮮に二基の軽水炉を建設する。
 2. 2003年まで、米国は、年間5000,000トンの重油を提供する
 3. 米国は北朝鮮をテロ支援国家から外し、経済制裁を解除、1953年の休戦協定に記載されている政治関係の正常化を図る
 4. 双方が“核兵器使用の脅威”に対する“正式な保証をすること”
 ・・・・

 現在ほとんど語られることはないが、この協定はよくできている。北朝鮮側は「体制の保証」といくばくかの経済的利益を得、米国は、あらゆる核施設を監視でき、核開発を制御できる。基本的には、WINWINの関係のはずだった。

 では、なぜ失敗したか。アメリカが協定を守らなかったからである。軽水炉は基礎段階以上には進まなかった。重油供給もまれになった。それに比べ、北朝鮮は、協定をよく遵守した。先のIndependent紙によれば、“米国も国際原子力機関”北朝鮮による“枠組み合意”のあらゆる点で根本的な違反はないということになる。単純に北朝鮮は約束を守り、米国は守らなかった、という話である。

 以上の論は、下のブログを参照してまとめた。
 “トランプが北朝鮮と戦争を始めない理由”

 ◎現在問題になっている二点。①なぜ、未だに休戦状態なのか。②なぜ、北朝鮮は核開発をやめないのか、を子細に検討すると、双方とも、米国の責任が浮かび上がってきた。

 これは、米国が絡む国際問題の常識だが、“悪の象徴”とされた国家、個人などが本当に“悪”だったのか、ということをまず疑わなければならない。イラクのフセイン、リビアのカダフィ、シリアのアサド等々。枚挙に暇がない。

 一言でいえば、米国が敵と認定した国家、個人には、ありとあらゆるメディアを使い、「濡れ衣」を着せて排除する、というのがアメリカの常套手段。現在進行形の“濡れ衣作戦”の標的は、北朝鮮の金正恩であり、ロシアのプーチン大統領。忘れてならないのは、田中角栄と小沢一郎両名も、この「濡れ衣作戦」の標的にされた。わたしたちは、まずこの事を念頭に置いて、問題を考えなければならない。

 現在、日本のメディアは、北朝鮮・金正恩「悪党説」で一致している。安倍政権の圧力一辺倒政策を支持し、まるで、戦争前夜の大騒ぎである。

 しかし、かって、「話し合い」が成立した時もあったのである。これは、話し合いは決して不可能ではない、と言う事を証明している。問題は、説明したように、米国政府が真摯に協定を履行しなかった点にある。そして、その裏切りから、北朝鮮政府が徹底的に学んでいる点である。

 北朝鮮は、力(核兵器保有)なしに話し合いを行っても、米国は平気で反故にする。リビアのカダフィもイラクのフセインも核兵器を持たない事を米国と約束し、約束を履行したのに殺された。北朝鮮との1994年の約束も守らなかった。だから、米国に約束を守らせるのは、力だけだ、と認識している。この不信感はちょっとやそっとでは解消しない。

 以前から、何度も指摘しているが、米国という国は、「弱い者いじめ」が国策。北朝鮮の反撃能力がなければとっくの昔に攻撃されている。アフガンしかり、イラクしかり、リビアしかり。これらの国は、徹底的に破壊された。

 しかし、反撃能力の高い相手には、常に苦戦している。(朝鮮戦争、ベトナム戦争が代表) 戦後一番多く戦争を行い、世界で一番人を殺したのも米国。そのため、世界中から恨みを買っている。北朝鮮の疑念も理由があるのである。

 ◎では、米国(トランプ大統領)は、北朝鮮を攻撃するか
 まず、米国から攻撃する筝はない。理由は単純。
 1. シリア・ロシア・北朝鮮の三正面作戦を遂行できない。
 2. 北朝鮮と戦うには、かなりの数の地上軍が必要。それがない。
 3. 北朝鮮の戦いの戦略的メリットなし。→韓国軍は米軍の支配下。経済・金融体制も欧米体制に組み込まれている。(中露を包囲し、戦うために必要な兵器システムを配備する重要拠点→日本も同様)
 4. アジアの外交政策を担っている軍の将軍たちは、何をするかわからないトランプの性格的欠陥をうまく利用し、中ロを引き込み、北朝鮮との対立を自国の戦略的立場の強化に利用している。

 ●今回の北朝鮮危機を利用した本当の米国の狙い→日韓両国の「核武装化」ではないか?

 評論家田中宇は、「北朝鮮と日本の核武装」の中でぎょっとするような記事を書いている。

 ・・・
 9月4日には、大手紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説欄に、日本人の多くをぎょっとさせる提案が掲載された。「トランプは日本の核武装を望んでいるか」と題し、日本が自前の核兵器を持つ可能性が増していると指摘している。筆者は、タカ派の定期コラムニストで国際政治学者のウォルター・ラッセル・ミードだ。この論文で、私が重要と思ったのは以下の点だ。

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説: Does Trump Want a Nuclear Japan?

 「北の核ミサイル危機を機に、日本の支配層は、独自の核武装をしたいと考える傾向を強めている」「核武装すれば、対米自立した大国になれる。日本の保守派は、そうなりたいと考えている」「一般の日本人は従来、核武装に対して深く懐疑的だったが、北のミサイルの脅威の拡大を受け、考えを変える人が増えている」

 「日本が核武装すると、韓国や台湾も核武装する。日本はこっそり台湾(や韓国)の核武装を支援する」

 「日本の核武装に対する米政府内の意見は分裂している。日本の核武装を阻止した方が米国の覇権を維持できると考える人と、日本が核武装し、つられて韓国や台湾も核武装した方が、中国の台頭を抑止できるし、日韓から米軍が撤退できて防衛費を節約できるので好ましいと考える人がいる。トランプ自身は後者だ。覇権維持に対する米国民の支持も疑わしくなっている」

 「北の核ミサイルの出現は、米国に、北との戦争か、アジア覇権の放棄か、どちらかを選ぶことを強制している」
 ・・・

北朝鮮と日本の核武装  2017年9月10日   田中 宇

 この記事は、現在の世界情勢、日本の立ち位置などを理解するのに非常に役立つ。

 米国の覇権力の後退が、「米国ファースト」というトランプ大統領を生み出した。トランプ大統領は、辞任した側近バノンの戦略通り、世界の警察を辞め、覇権を縮小し、文字通り「米国ファースト」の政策を行おうとしていた。当然ながら、世界の警察役を務めることで、莫大な利益を得ていた軍産複合体の利害と激しく対立。トランプ政権の混乱は、米国の覇権力の後退局面での国内の覇権争いの側面が大きい。

 ロシアとの融和を目指したトランプ流外交も、軍産複合体の影響が強い議会やCIAなどの諜報機関が主張するロシアゲート疑惑で頓座。ロシアとの関係がきわめて憂慮される状況である。

 米メディアの政権批判は、日本メディアよりはるかに健全だが、同時に軍産複合体の利益代弁者としての側面も見落としてはならない。特に、ロシア批判の異常さは、ネオコン連中のロシア戦略と軌を一にしており、きわめて危険性が高い。

 このような状況下での北朝鮮危機なのだから、トランプの強硬発言もかなり割り引いて考えるのが至当。できうれば、韓国も日本も核武装し、対米自立を果たしてもらえば米国は手を引けると考えているだろう。米国覇権力の後退局面ならではの発想である。 

 ※ここで注意しておかねばならないのは、「米国の核の傘にいる戦略」=「米国隷従政策」は、日本の官僚機構の方針でもある。過去、日本は、国内世論が反対の政策を米国の圧力を理由に、政策変更してきた。これは米国の「核の傘」で守ってもらっているのだから、米国の言う事を聞かなければならない、という理屈で、国内政治家たちを抑えてきた官僚たちの知恵である。

 それに対して、「核武装」論は、日本自立論とリンク。同時に、政治家主導の政策である。つまり、「核武装論」VS「米国の核の傘論」は、「政治主導」VS「官僚主導」の構図である事を知っておかねばならない。

 つまり、今回の北朝鮮危機は、世界の「戦後レジーム」の変換点で起きており、それは日本の戦後体制の変換点でもあるという認識が必要である。

 ◇護憲派やリベラル派は、これらの流れを読み込んで、きちんと対峙できる主張を再構築すべき。⇒例えば、今回の北朝鮮危機を考えたとき、「米軍基地」の存在自体が日本の存立危機をもたらしていると言う事。軍事力や核兵器が平和をもたらすのではなく、トランプ大統領や金正恩個人への不安が象徴するように、それを使う人間の理性が平和をもたらすのだという単純な事実を確認しなければならない。

 ◆日本の安倍政権の方針⇒きわめて危険
 (1)北朝鮮危機は、絶好のチャンス→支持率回復・政権浮揚の大チャンス⇒危機を煽れるだけ煽る⇒国民をパニックに落とし込む⇒国民を思考停止状態にする⇒政府に頼るしかないという状況にする⇒森友・加計問題追及を忘れさせる⇒国家的危機を理由にメディア支配を強める(※すでに北朝鮮ミサイル発射時の放送は、戦時色いっぱい)

 (2)北朝鮮危機対応を理由に防衛予算を拡大。⇒来年度防衛費は、8兆円を超えるだろう⇒米軍産複合体の高笑いが聞こえる。⇒その反面、医療・年金などの社会福祉予算の削減は、高齢者など弱者を直撃している。

 (3)北朝鮮危機をできるだけ引き延ばす必要がある。⇒、おそらくトランプ大統領の尻を叩いて、できるだけ北朝鮮を刺激する強硬方針を打ち出させ、北朝鮮のさらなる反発を引き出そうとしている。⇒この道は、非常に危険な道=米国・北朝鮮双方の不測な事態を招く危険性がある。※特に、トランプ大統領の性格。

 (4)安倍政権はそれでも良いと考えているふしがある。⇒※ 名無しの探偵さんが危惧されているように、安倍政権には、何をどうしたいという本当の意味での権力保持の理由がない。政権維持が至上命題。権力保持のためなら、戦争もいとわない、というのが安倍政権である。この危険な性格を国民がどう見抜くかが今後の日本の運命を決める。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/15: 小野寺防衛相、北朝鮮 弾道ミサイル「グアムまで届く」  日米、どうする⁉ 無駄に市民を不安に陥れるJアラート、止めよ 更に核戦争、戦争の覚悟を問う! 核持ち合い、仮想敵など有り得ない


「護憲+」: 北朝鮮の脅しは危険な領域に達した 9/15 (名無しの探偵)
 〇14日の朝鮮中央通信によると、
 『北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は、13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し、「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。(以下略)』
 とのことである。

 こうした危険な北朝鮮の威嚇であるが、先日の「流水さんの冷静な分析」もおそらく当たっているように思えるふしがあり、この威嚇が実際の交戦権の発動を直ちに意味するものではないと解される。

 しかし、北朝鮮の歴史的な成り立ちを考慮すれば、現在の国際情勢だけで判断するのは妥当性を欠く。なぜなら、北朝鮮という国は旧ソ連が急造した国家であり、金日成はアジア系のソ連人だったのである。

 そうだとすると、(国際政治の常識でもあるが)朝鮮戦争は終了しておらず、現在は停戦状態のままであり、その意味で「冷戦構造」は北朝鮮とアメリカ、それに韓国との間では凍結状態にあると観なければなるまい。

 ここで思い起こされるのは、旧ソ連とアメリカとの間で核戦争の一触即発の状況を招いた「キューバ危機」である。

 アメリカは、第二次世界大戦後もアメリカ大企業を通じてキューバの植民地支配を継続し、特に大土地所有による小作農などの支配は、キューバ国民の解放意識を高めていた。その結果「キューバ革命」が起こったのである。
 
 この革命はアメリカ政府の共産主義への危機感を招き、キューバの革命政府を潰す政策が発動される。そして、このタイミングとあわせ、ソ連の軍事介入があり、核戦争の一触即発状態になったわけである。(とはいえ、ソ連は軍隊の派遣ではなくミサイルの配備を革命政府に融通しただけであるが。)

 この核戦争の危機に際して、ソ連の党首フルシチョフとアメリカ大統領のケネディとの間のホットラインで、核戦争の危機は回避された。危ない状況だった。

 この歴史的な状況と、現在の北朝鮮対米・日・韓の有事情勢は、類似しているとも言えるのではないか。軍事的な衝突になれば東アジアの平和どころか、全世界に及ぶ核戦争に直結する危機的な情勢である。

 確かに、流水さんの分析のように、金正恩はアメリカの軍産複合体と通じている側面もあるにしても、究極的にはアメリカ政府と北朝鮮の軍事的衝突に至らない「話し合い」による決着が、多分落としどころになると予想できる。

 しかし日本の安倍政権は、こうしたアメリカと北朝鮮の思惑を超えて、終始、軍事的衝突しか残されていないような外交を取り続けてきた。これは非常に危ない外交であり、安倍首相は「キューバ危機」の教訓すらもきちんと理解できていないのではないか。(知性が低すぎる懸念もある。)

 アメリカも最期には軍事的衝突を回避する意図で、現在の対北朝鮮外交を取っているのに、そうした意図も理解できない安倍政権が暴走すると、北朝鮮の脅しがリアルに実行される危険も大きいのである。

 安倍が北朝鮮と本格的な軍事衝突も辞さないという首相であるなら、日本と日本国民は崖プチに立たされていると言えるのではないだろうか。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: 「×」 ミサイル発射は圧力では防げない。 9/15
 「×」 北ミサイル 安倍晋三首相が北朝鮮を強く非難「断じて容認できない」「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない」 9/15(金) 9:56配信 産経新聞

 安倍晋三首相は15日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「先の国連安全保障理事会決議で示された国際社会の一致した平和的解決への強い意思をふみにじり、再びこのような暴挙を行ったことは断じて容認できない」と強く非難した。また、「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない。そのことを北朝鮮に理解させなければならない」と強調した。

 首相官邸で記者団に語った。首相は同日午前9時頃、訪問先のインドから政府専用機で羽田空港に到着した後、官邸入りした。

 首相は「いまこそ国際社会の団結が求められている」とも述べ、国際社会に安保理決議の完全履行を呼びかけた。

 〇今朝、北朝鮮がミサイルを発射したが、またしてもテレビは大騒ぎで、NHKは「ひよっこ」の放送を中止するし、上陸が迫る台風18号の情報も見ることができなかった。

 Jアラートも流されたが、国民の不安を掻き立てるだけで、避難には何の役にも立たないことを証明した。

 それにしても、アベでんでんは「断じて容認できない」と繰り返すだけで、具体的には何の効果も上げることはできない。

 まるで「一日も早く解決する」と繰り返すだけで一向に解決できない、拉致問題とそっくりだ。

 また、今回「この道を進めば明るい未来はない」と発言したが、でんでんが「この道しかない」といって推進したアベノミクスは、我々に明るい未来を実現してくれたのか。

 同じような言葉ばかりを繰り返すだけで、国民のためには何もやらない口先内閣は願い下げだ。

 それにしても、長嶋一茂面白い。良く言った。



 今日のトピックス Blog9/14: 安倍に似合わぬ!人づくり革命、国民保護、「働き方改革」??? 平和的生存権どう護るか⁉ 空襲被害も不知 補償法も不用意! 首相公邸泊時には、地下、堅固な建物内に、避難せよ、とでも


今日の「○」と「×」:  「×」 のんきにゴルフなんかしている場合か!! 9/14
 「×」 日米首脳、ゴルフ「再戦」で調整=11月のトランプ氏来日時 9/14(木) 15:55配信 時事通信

 日米両政府が11月上旬で調整しているトランプ米大統領の初来日の際、安倍晋三首相とトランプ氏がゴルフをする方向で検討していることが14日、分かった。

 トランプ氏はプロゴルファーの松山英樹選手とも一緒にラウンドしたいと希望しており、松山選手も参加できないか調整する。

 両首脳は2月の首相訪米時、フロリダ州パームビーチで27ホールを一緒に回った。首相は「長時間の首脳会談以上に信頼関係構築に有益だった」と周囲に語っており、北朝鮮情勢が緊迫する中、「ゴルフ外交」で再び結束を確認したい考えだ。

 2月にプレーした際はプロゴルファーのアーニー・エルス選手も同伴した。関係者によると、トランプ氏はその際、「マツヤマはいい選手だ。今度、日本でプレーする時は彼を呼んでほしい」と首相にリクエストしたという。

 〇北朝鮮危機を煽っている張本人の二人が、11月に日本でゴルフをする計画とは、まったく脳天気にもほどがある

 国民には、何の効果もない地面で頭を抱える訓練をさせておいて、自分たちはのんびりゴルフとは一体何を考えているのか。

 いや、本当は何も考えていないのだろう。

 北朝鮮のミサイル危機が本物ならば、もっと真剣に交渉するべきなのに、本当に腹立たしい。

 松山もアベでんでんなんかとゴルフをしても、評判を下げるだけだから、絶対に断って欲しい

 これから世界のトップを目指そうという時に、落ち目のでんでんなんかに関わって、ヘタが移ったり運が下がったりしては大変だから、自分のゴルフに集中してもらいたい。


 今日のトピックス Blog9/13: 日本、教育公的支出また最下位 14年のOECD調査 日本は3.2% 教育支出の多くが家計負担 米百俵は疎か革命とは 騙り、笑止千万‼‼ 水爆なくとも 確実に貧困化・人口減少、没する国に⁉


「護憲+」: 「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第二次)」と「ホットラインの開設」  9/13 (笹井明子)
 〇「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は、9月13日から、「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」と、「税務職員ほか向けホットラインの開設」をスタートしました。(私も引き続き呼び掛け人に参加させていただいています。)

 これは、先月行った「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第一次)」の締め切り後も、「ニュースで知った」、「続けてほしい」という声が多数寄せられていること、また前回署名の際に自営業者、事業者や、税理士、税務職員、財務省OBの方々などから、税務に関する体験を交えた意見、怒りの声が多く寄せられたことに対応するものです。

 北朝鮮のミサイル発射、核開発などのニュースに隠れて、政権内には「もりかけ問題」は、このまま幕引きを図れるのではないかと期待する向きもあるようですが、国民の暮らしの基盤である政治の私物化や歪み、行政の不公正を放置したままで、私たちの安全・安心は成り立ちません。

 前回署名を終えた方は今回は署名していただけず、ホットラインの参加対象は限定されていますが、周囲の方にお声掛けをしていただくなど、新たな運動の成功に是非ご協力いただくよう、よろしくお願いいたします。

 ===
 ☆「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」☆

 ■趣旨:
 国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に「憲法15条2項に定められた『公務員の適格性』を著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直ちに罷免すること」を申し入れるというものです。

 ■集約日:10月12日(木)
 ■署名方法:(すでに署名を済ませた方は繰り返して署名はできません。)
 次のいずれかでお送りください。
  *用紙による署名: 署名用紙はこちら → http://bit.ly/2ub1F8W
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力
  *ネット署名: 入力フォームはこちら → http://bit.ly/2uCtQkK
    ネット署名に添えられたメッセージはこちらでご覧いただけます。→ http://bit.ly/2h5AR94
 ■お問い合わせ:
   Eメール:moritomosimin@yahoo.co.jp 
 お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へ。

 ===
 ☆「異議あり! 佐川国税庁長官 ご意見受付ホットライン」☆

 ■趣旨:
 税務と関わりの深い税務職員、税理士、公務員、事業者の皆様からご意見、情報を受け付ける「ホットライン」です。随時まとめて、財務省、国税庁に提出すると同時に、報道機関、ネット上でも公開する予定です。(個人情報は非公開。)

 ■投稿方法:
 *専用書き込み(フォーマット)サイト→ http://bit.ly/2wEs1Dl
 *お手紙:
  「ご意見・情報記入用紙」のダウンロードURL→ http://bit.ly/2wGJevF
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力宛
 *ネット公開はこちらで閲覧いただけます。→ http://bit.ly/2x7Id2X 
 ■お問い合わせ:
 Eメール: morikakesimin@yahoo.co.jp
 電話でのお問い合わせは、070-4326-2199(10時~20時)まで。
 ====

 詳しくはを「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」HPご覧ください。

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


イシャジャの呟き: 秋だ  ☁  誕生日の花  キキョウ 花言葉 変わらぬ愛 気品 9/13
 〇ラジオ深夜便から

 ネタが無いので、更新しても意味がないが、休業 開店状態でも、忘れられないように、生きていることを発信
 します。今日も

 朝ドラ~”あさイチ” 午後からは ”ごごナマ”~大相撲秋場所の中継を見て終わりそうです。


 カテゴリなしの他の記事
  曇り
  大雨


 今日のトピックス Blog9/12: 原油輸出制限も 北朝鮮の制裁に中国・ロシアも賛成 「高く評価する」総理 脇役の思惑も各様 中国、エンジン車禁止検討=最大市場もEV化へ 新技術AI、多様性も 安倍1強も見切り時⁉か




イシャジャの呟き: 秋雨  ☂  誕生日の花 ツリフネソウ  花言葉  安楽 9/12
 〇ラジオ深夜便から
     
 今日は朝から 雨、金属類の ゴミ出しをして 改めて ゴミ出しカレンダーを 見たら、明日だと分かったが、ゴミ置き場は、今日予定がなさそうだし そのままにした。電気ポット器具用プラグがショートするようになったので 廃棄したものです。
 
 午後からは夕方にかけて、雨も本格的になるらしい ?

 3時からの大相撲秋場所を楽しみにしているが、人気力士2人が負傷して 今日から休場とか、行方は 混頓としてきた、明日のことは分からない。

 後期高齢の自分を重ねて見るようだ・・・


 カテゴリなしの他の記事
  1か月 入院



 今日のトピックス Blog9/11: 国連安保理 新たな北朝鮮制裁決議を全会一致で採択 9/12 なぜ、斯くも9.11に拘るのか なぜに、難癖付け、アフガンを先制攻撃したのか 未だに、理解できぬ 米政府の身勝手な振る舞い



「護憲+」: 非核三原則を論じる前に 9/10 (厚顔)
 〇2017年9月8日の朝日新聞社説は、「北朝鮮問題、どう向き合う 非核三原則の堅持こそ」という題目で次のように述べている。

 『核実験をやめない北朝鮮の脅威にどう向き合うか。自民党の石破茂元防衛相が、非核三原則の見直しに言及した。「米国の核の傘で守ってもらうといいながら、日本国内にそれ(核兵器)は置きません、というのは本当に正しい議論か」、問いに答えるなら「正しい議論だ」と言うほかない。』

 しかし石破氏の提言は、現在在日米軍が日本の基地で核弾頭を一つも持たないとの前提でないと成り立たない。果たしてこれまでこの事実を確認した日本人は、政治家、メディアも含めているのであろうか。又沖縄返還時に在日米軍に確認させて貰えたのであろうか。また米軍が沖縄から核を持ち出すメディア映像を見た人があるだろうか。

 沖縄返還は1972年(昭和47年)5月15日、佐藤内閣の時である。この時期はまだ東西冷戦時代(1991年にソ連崩壊)で、中ソの核ミサイルは米国、NATO諸国、日本をターゲットにしている最中である。このような状況下で本当に沖縄の「核抜き本土並みの返還」はあり得たのであろうか、今の北朝鮮の核脅威の比ではあるまい。

 また沖縄返還交渉に当たっては、当時日米の首脳間で水面下でいくつかの秘密交渉がなされていたことは、後日日米の公文書でも明らかにされている。有名なのは、当時毎日新聞の西山太吉記者がスクープした「アメリカ政府への特別支出金と、有事の際アメリカは沖縄に核兵器の持ち込み、通過、貯蔵ができるというもの」である。

 問題は、「有事の際アメリカは沖縄に核兵器の持ち込み、通過、貯蔵ができる」であるが、これは沖縄の核抜き本土並みの返還が前提の事であり、既述のとおり、このような返還が東西冷戦下の米国の核戦略としてあり得ただろうかとの疑問がある。

 社説が述べているとおり「米国は核の配置場所を明らかにしないのが原則で、持ち込ませずの検証は困難」であれば、逆もまた真なりで、沖縄を核抜きにして返還したことも検証困難だったはずである。

 「有事の際アメリカは・・・」の密約は、むしろ沖縄を核抜き本土並みで返還したと見せかけるためのトリックで、事実は沖縄から核は持ち出されていないとの見方もできるのである。

 よって日本の非核三原則を論じる場合、現在沖縄には核が無いとの検証が先ず必要なはずである。奇しくも今晩9時からNHKスペッシャルで「沖縄と核」というドキュメンタリー番組があるので、そのような視点からも観てみたい。

 いずれにしろ日本の非核化は日米安保条約下では無理で、永世中立国になり日米安保を破棄するしか達成困難なのではないだろうか。

 「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より



 今日のトピックス Blog9/10: 関東大震災の混乱で殺害 朝鮮人犠牲者を追悼 現在の朝鮮半島緊張も、この大虐殺も、日本の植民地支配に根っこ‼‼ 知らぬ顔して繁栄謳歌⁉ 況して、再びの戦火の端緒にしようとは思案の外!


今日の「○」と「×」: 「×」 のんびりママの書なんか見ている場合か!! 9/10
「×」 母、洋子氏の書に「柔らかい雰囲気出てる」 9/9(土) 15:46配信 産経新聞">安倍晋三首相が銀座で書展を鑑賞 母、洋子氏の書に「柔らかい雰囲気出てる」 9/9(土) 15:46配信 産経新聞


イシャジャの呟き: 秋場所  ☂  ☁  誕生日の花 クズ 花言葉  治癒 9/10






ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年は、憲法公布から70年目にあたる節目の年でした。
 ところが、現実には、憲法から大きく逸脱した政治が行われた年でもありました。
 3月に施行された平和安全保障法制(以下、「安保法制」)は、集団的自衛権の行使容認、武力行使一体化論の大幅緩和、「武力」を行使する危険が高い駆け付け警護活動の実施など、憲法9条違反の内容を含むものです。にもかかわらず7月の参院選では、与党が勝利し、それにより、安保法制を既成事実として国民に認知させました。
 しかも、参院選の結果、いわゆる改憲勢力が衆参両院において3分の2を占めたことを受けて憲法審査会が再開され、憲法改正の動きも具体化してきました。
 このように、違憲の国政運営後、選挙で勝つことによりそれを既成事実として国民に認知させ、あわよくば後から憲法改正を行ってそれを追認するという政治は、憲法を法として扱わない非立憲的手法であり、断じて許されません。法と現実が食い違うときに、現実に法を合わせて修正するのでは、法の存在意義がないからです。そして当然のことながら、与党が選挙でどれだけ勝とうが、憲法違反の瑕疵が治癒される余地もありません。また、3年半前の麻生財務大臣の「ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」という言葉どおりの憲法改変が許されるはずもありません。
 非立憲的な違憲政治を正すには、国民が選挙で安保法制に反対する政党に過半数を与える方法(政治ルート)、裁判を通じて安保法制の違憲性を訴えて勝訴することにより、それを無効にさせる方法があります(裁判ルート)。前者についていえば、衆議院の解散総選挙はいつ行われても不思議ではありませんし、後者につき、私たちが提訴した安保法制違憲訴訟もいよいよ佳境を迎えます。3月までには全国各地で20を超える提訴が進み、市民による司法を通じての異議申立てが続きます。こうした意味で、今年は違憲政治を正す正念場となる年といえます。
 さらに、憲法審査会において具体的な改憲論議が始まるでしょうが、その際にどうしても解決しておかなければならない手続に関する問題が2つあります。
 1つは、1人1票の実現です。現在の国会議員は衆参とも、「正当な選挙」(憲法前文)ではない違憲状態の選挙によって選出されており、民主的正統性を欠きます。そんな無資格者が集まった国会に改憲の発議権はありません。まずは人口比例選挙を実現して、民主的正統性が確保された代表者による国会に是正すべきです。
 もう1つは、憲法改正国民投票法の問題です。
 まず、最低投票率の定めがないことです。現状では、たとえば投票率40%であれば、有権者の約2割の賛成で憲法が改正されてしまうのです。主権者の一部の承認しか得られずに変更された憲法に、国民を統合する力は決して高くないでしょう。
 つぎに、改憲の発議後、国民投票までの期間に行われる国民投票運動については、第1に、投票の15日以前まではテレビコマーシャルがやりたい放題です。第2に、投票日の14日以内であっても、有名人やアイドルなどに「自分は賛成です」と語らせることは自由です。賛否の勧誘ではないからです。第3に、雑誌、新聞広告なども資金力豊富な方はやりたい放題です。英国のEU離脱をめぐる国民投票と異なり広告資金の制限もないからです。洗脳に近い効果を持つテレビコマーシャルの禁止、広告資金の上限の設定などが求められます。改憲運動であまりに野放図な表現活動が許された結果、自民党改憲案がめざすような言論の自由が奪われた社会になってしまってから後悔しても手遅れです。
 今後、まずは違憲の事実を許さないと声を上げ続け、その上で手続の適正も踏まえ、大きな視点から憲法を捉えながら、憲法審査会での議論を批判的に監視する力を培っていくことが必要です。それこそが、今を生きる私たちが主権者として負う、次の世代への責任だと考えます。

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


規制委、来月4日にも「合格」へ 東電柏崎刈羽原発6、7号機 【東京新聞】2017.09.20
 〇原子力規制委員会は、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査で、10月4日にも事実上の合格証に当たる審査書案を了承する方向で調整に入った。関係者への取材で20日、分かった。27日の定例会合で審査書案について検討を始めるが、委員の交代や、拙速との批判があることから複数回の議論を重ねる必要があると判断した。ただ、地元同意の見通しが立っておらず、再稼働は数年先とみられる。
 規制委は、20日午前の会合に出席した東電の小早川智明社長が「安全文化の確立」について保安規定に明記すると確約したため、焦点だった原発事業者としての適格性を容認。
  ★御冗談⁉


柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け 【東京新聞】2017.09.20
 〇原子力規制委員会は二十日の定例会合で、東京電力の小早川智明社長を呼び、福島第一原発の廃炉をやり遂げ、柏崎刈羽原発(新潟県)を安全第一で運用する決意を、柏崎刈羽の運営方針などを定めた保安規定に盛り込むよう求めた。小早川氏は応じ、規制委は東電に原発を動かす資格があると認めた。同委は早ければ次回会合で、柏崎刈羽6、7号機が新規制基準に適合するとの判断を記した審査書案を了承する。
 東電の社内文書である保安規定に決意を記させることは、十三日の規制委の定例会合で浮上。規制委は当初、東電の運転資格に疑念ありとしていたが、東電側が「福島第一の廃炉をやり遂げることと、柏崎刈羽の安全性向上を両立していく」と文書や口頭で決意表明したのを受けて軟化した。
 規制委には保安規定が順守されているか検査する権限がある。重大な違反があれば、運転停止や原発の設置許可取り消しなどの処分が可能になる。
 決意表明の内容を規定に盛り込ませることで、規制委は東電に決意内容を実行させられると判断した。
 規制委は、電力会社を所管する経済産業省に対しても、東電が約束を確実に実行するよう指導することも条件に加えた。
 東電の原発運転資格の議論が終わり、規制委は二十七日にも、柏崎刈羽6、7号機が新規制基準に適合するとの判断を記した審査書案を了承し、意見公募(パブリックコメント)の手続きに入る。
 規制委は田中俊一氏が委員長の任期を終える十八日より前に柏崎刈羽の適合を判断する予定だったが、延期していた。




【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18


<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 石川明人の「私たち、戦争人間について」を読む ・ブログ連歌(494) 9/20
 〇 先日、朝日新聞の記事に出ていた石川明人氏の本を読んでみた。
 戦争は人間の「文化」だった
  この本は創元社の単行本(1500円)で、この8月に出たばかりの新刊である。「愛と平和主義の限界に関する考察」という副題がついている。「戦争学」という学問があることを今まで知らなかったのだが、明石氏はその先駆となる戦争学者であるに違いない。この本の章立ては、以下のようになっている。
 序章 この世界のいったいどこに神がいるのか
 第1章 戦争の原因は何か、という問いについて
 第2章 戦争は人間の本性に基づいているのか
 第3章 戦争の役に立つ技術と知識
 第4章 あまり自明ではない「戦争」概念
 第5章 戦時における人の精神と想像力
 第6章 私たちの愛と平和主義には限界がある

 序章は、凄惨なジェノサイド(集団殺戮)の事例で満ちている。ある特異な状況下では、人間は嬉々として人殺しに熱中する。刃物やこん棒を用いて、直接の殺人に手を下すのも厭わない。教師や聖職者といえども例外にはならないのだ。神が人を平和を愛するように作ったなどは、とうてい信じることができない。
 人は争いをやめることができない。従って戦争もやめることができない。人間の進歩に伴う技術と知識によって、戦争の様態も進化してきた。戦場は空中にも海中にも広がった。戦争は常に人間の文化とともにある。それは将来も変わらないだろう。
 ところが戦争の中にも人命尊重の文化が育ってきて、第二次世界大戦の終了後は、「暴力で命を奪われる人の絶対数」は、一貫して減り続けているというのだ。一方で人間は戦争と無縁にはなれないと言いながらも、人命尊重の傾向もまた不可逆的に進むと見ているわけだ。
 世界中の人を等しく愛することは不可能だからと著者は言うのだが、なぜそう考えるのかは説明していない。国連の人道支援によって、戦乱や災害によって困窮する人たちの多くの命が救われている事実を、著者は評価しないのだろうか。
 「戦争学者」の目で見たら、非武装平和主義などは砂上の楼閣のような脆いものに思われるのかもしれない。しかし、状況によって「戦争人間」にも「平和人間」にもなれるのが人間というものではないだろうか。著者が戦争学の専門家であるのなら、次には「平和人間」の可能性についても、論じていただければ幸いである。


植草一秀の『知られざる真実』: 安倍政権打倒!9.29院内緊急総決起集会へ 9/19
 〇9月29日(金)午後5時より、下記院内緊急集会を開催する。

 集会概要は以下のとおり(タイトルや内容が変更になる可能性あり)

 もりかけ隠し・政治私物化解散断固粉砕!
 政権奪還へ!院内緊急総決起集会

 2017年9月29日(金) 午後4時30分開場 午後5時開会

 衆議院第一議員会館多目的ホール
 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
 •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 資料代500円

 プログラム
 開会挨拶 
 原中 勝征
 (オールジャパン平和と共生最高顧問・前日本医師会会長)       

 第1部 森友・加計疑惑を徹底追及する!

 発言者(五十音順)
 梓澤 和幸 氏
 (加計学園問題追及法律家ネットワーク共同代表 ・山梨学院大学教授)
 黒川 敦彦 氏
 (今治加計獣医学部問題を考える会共同代表)
 醍醐  聰 氏
 (森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会共同代表 ・東京大学名誉教授)
 藤田 高景 氏
 (森友告発プロジェクト共同代表 ・村山談話を継承し発展させる会理事長)

 第2部 「原発稼動即時ゼロ・消費税率5%政策連合」で政権奪還へ!


VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 山尾志桜里が愛知7区から無所属で出馬。 前原は対抗馬を立てない予定! 野党共闘の市民団体の会合には出席するらしいので、共闘候補として戦って勝ってほしい。 【山尾志桜里氏不倫報道】不倫疑惑で民進離党の山尾氏、議員続投へ 4:08 - 2017年9月20日 24件のリツイート 14件のいいね


満田夏花‏  @kannamitsuta フォロー中 その他 うーむ。東電の「覚悟」を保安規定に盛り込む、か。…バカバカしすぎて力が抜ける。 柏崎刈羽原発 再稼働の前提審査 事実上の合格へ | NHKニュース 4:31 - 2017年9月20日 29件のリツイート 10件のいいね


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 その他 >「国民に一度も丁寧な説明もせず冒頭解散は理解できない」と批判 説明なく解散 河野元議長批判 | 2017/9/20(水) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254730  @YahooNewsTopics 5:23 - 2017年9月20日 22件のリツイート 16件のいいね



望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 #沖縄タイムス 「官邸の『未確定な事実や推測』に基づく質問が禁じられたら疑惑取材は一歩も進まない。ニュースは政府発表で埋め尽くされる‥最大の『武器』の質問封じる動き。メディアであれば社論の違いを超え、一致して押し返さなければいけない」 9:49 - 2017年9月19日 1,379件のリツイート 1,079件のいいね


田崎 基(神奈川新聞 記者)‏  @tasaki_kanagawa フォロー中 その他 国会前に「今すぐ廃止」の声 安保法2年で1万人超が参加 http://www.kanaloco.jp/article/278736  #神奈川新聞  「安保法制が成立して日本のリスクは減ったのか。安倍政権と集団的自衛権がリスクを高めているではないか」「安倍政権は退陣!」「戦争法は今すぐ廃止!」の声が響いた。


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 「このアカウントは復活されません」Twitter社が菅野完さんに宣告 やり取りが判明 7:35 - 2017年9月19日 17件のリツイート 10件のいいね


畠山理仁‏  @hatakezo フォロー中 その他 これが美しい国・日本の「丁寧な説明」です。→森友“交渉記録開示”訴訟 国側は棄却訴え(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170919-00000063-nnn-soci … @YahooNewsTopics 6:48 - 2017年9月19日 44件のリツイート 10件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『私たちは忘れない』 憲法違反の安保法・強行採決 2015年9月19日 9:57 - 2017年9月19日


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 【音声配信】このタイミングの解散、問題点は? 木村草太×橋本麻里▼2017年9月18日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」) 17:30 - 2017年9月19日


憲法9条を壊すな!実行委員会‏  @48daisyukai フォロー中 その他 安保法成立、対話なき2年 国会前デモ:朝日新聞デジタル 17:37 - 2017年9月19日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 トランプ氏:「国連で演説、恥ずかしい」…NYで抗議デモ - 毎日新聞 14:17 - 2017年9月19日





















































































志村建世のブログ: 10月総選挙の焦点は何か ・ブログ連歌(494) 9/19
 〇 にわかに立ち上がってきた「10月総選挙」の意義について、新聞の見出しは対照的になった。強行採決で急造された「安保法」の是非を問う選挙だという位置づけに対して、安倍首相の「消費税」を問うという主張には、とってつけたような無理がある。誰にとっても、そんな実感はないだろう。それよりも「加計隠し」「北朝鮮ミサイル悪乗り」「安倍延命」といった意味づけの方に、ずっと説得力がある。
 良かれ悪しかれ、総選挙に向けて走り出した政局は、もう止まらない。国会議員という職業の人たちは、そういうものなのだ。この選挙に、どういう態度で臨んだらいいかは、きのうのブログに書いた通りである。
 休日で天気のよかった昨日、車に妻を乗せて都心から臨海部まで一回りしてきた。途中で国会前を通ると、ホームグラウンドに来たような気がする。「議事堂の建物は立派だけど、中にいる人たちは色々で、大したことないんだよ……」と言いながら通り過ぎた。
 今より少しでもマシな人たちが議事堂に来るように、そして何よりも、自公の議員数を少しでも減らすようにしなければならない。今の勢いのままでは、日本は引き返し不能の迷路に入り込む危険がある。つまらなくても棄権してはいけない。どうしても投票したい候補者がいなかったら、「棄権する」という投票をしに行けばいい。それでも行かないよりはいい。


孫崎享のつぶやき: 自民党、山本一太議員が「気分はいつも直滑降」で解散について何を言っているか見てみよう。「“選挙に勝つためには何でもやるのか”という批判も起こるだろう。総理ご自身大義名分を理解してもらう最大限の努力が不可欠だ」 9/18


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 衆院選準備加速で意思統一を ●吉田忠智党首は「野党がバラバラに衆院選を戦ったのでは相手を利するだけ」と述べ、野党4党間の候補者すみ分け調整を推進する必要性を強調。 http://www5.sdp.or.jp/topics/2017/09/19/%e8%a1%86%e9%99%a2%e9%81%b8%e6%ba%96%e5%82%99%e5%8a%a0%e9%80%9f%e3%81%a7%e6%84%8f%e6%80%9d%e7%b5%b1%e4%b8%80%e3%82%92/ …


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 倉重篤郎のサンデー時評:「野党共闘」の大研究 「安倍1強」打倒の方策 https://mainichi.jp/sunday/articles/20170918/org/00m/070/001000d … 練達の記者による鋭い分析。解散報道直前に書かれたにもかかわらず、安倍首相の意図を的確に見抜いている。逆に野党は協力によってのみ首相の目論見を打ち砕くことができる 19:04 - 2017年9月18日 132件のリツイート 99件のいいね


リベラル21:  安倍政権は火事場ドロボウ (09/19)
 〇森友・加計疑惑からの逃走と原発再稼働許さず
   岩垂 弘(ジャーナリスト)

 台風一過で日本列島が快晴となった9月18日、東京・代々木公園B地区で「ともに生きる未来を!さようなら原発さようなら戦争全国集会」が開かれた。脱原発を掲げる「『さようなら原発』一千万署名市民の会」の主催で、旧総評系の労組員、平和団体関係者、生協関係者ら約9500人(主催者発表)が集まったが、安倍首相が9月28日開会の臨時国会の冒頭での解散を考えていると報じられた直後の集会となっただけに、会場では「臨時国会冒頭での解散は、森友・加計学園疑惑と相次ぐ原発再稼働に対する野党からの追及を逃れようとするこそくな手段であり、われわれとしては、野党共闘を発展させて安倍政権の再来を阻止しなくては」との発言が相次いだ。
 首都圏は18日未明まで台風18号による暴風雨に襲われ、集会の開会が危ぶまれたが、朝からは快晴に恵まれ、会場には、開会前から団体旗やのぼりをもった参加者がつめかけた。労組の旗やのぼりからみて、すでに台風が通過した四国、中国、近畿からの参加者はあったが、台風が通過中の北陸、東北、北海道からの参加者は見られなかった。

 集会第2部は、午後1時30分に野外ステージで開会。
 開会あいさつに立った作家の落合恵子さんは「安倍首相は臨時国会の冒頭に衆院を解散し、10月22日に総選挙を行うという。このところ、内閣支持率がアップしているので、選挙をやれば勝つかもしれないと、考えたのだろう。その狙いは、私たちに森友・加計学園問題を忘れさせることにある。ならば、私たちとしては、決して忘れない、という答えを出そうではありませんか」と述べた。そして、こう続けた。
 「これまで、これほどやりたい放題のことをした内閣はあったでしょうか。これほど傲慢な内閣はあったでしょうか。福島原発事故では、汚染水問題が未解決なのに、汚染水はアンダーコントロールされていると言ってオリンピックを招致した。森友・加計学園問題では、『記憶にありません』を連発して民意をあざむいた。そのうえ、北朝鮮のミサイル発射問題を機に、その脅威をあおりにあおって防衛費を過去最大にするなど、戦争をするための準備を進めている。そろそろ、こうしたことを終わりにさせなくてはいけない。あんな人たちに勝たせないよう、みんなに呼びかけましょう」

 福島県から参加した福島原発刑事訴訟支援団団長の佐藤和良さんは「東京電力の福島第1原発の事故が甚大な被害をもたらし、今なお多くの人が避難生活を強いられているのに、今なお事故の責任をとった人が1人もいない。こんなことが法治国家として許されるだろうか。私たちは東電幹部の刑事責任を求めて裁判で闘っているので、支援をいただきたい」と述べた。
 閉会あいさつで、ルポライターの鎌田慧さんは、こう訴えた。
 「安倍政権は、北朝鮮のミサイル発射問題で恐怖をあおり、居直ろうとしている。うそで固めた謀略政治を進め、防衛費を増やそうとしている。まるで、火事に乗じて焼け太る火事場ドロボウだ。それに、憲法9条に自衛隊の存在を明記すると言っている。9条の規定は、武力を持たない、交戦権も持たないということだ。そこに自衛隊を追加するなんて、ペテンもいいとこで、まさにペテン政権だ。こうした安倍政権を許してきた一因は、われわれの弱さにある。次の選挙では、われわれが野党共闘をつくりださねば。あきらめてはいけない。戦争を阻止し、原発をなくす闘いは長期にわたる持久戦となるだろう

 集会後、参加者は原宿コース、原宿コースに分かれてデモ行進した。


寺町みどりのブログ: 2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』8‐1 公職選挙法とはなにか?

寺町みどりのブログ: 2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』9‐1 信頼できる核はあるか?


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 その他 都知事 秘書の異常待遇言及せず #BLOGOS 0:20 - 2017年9月19日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 拡散希望。 https://ameblo.jp/kokkoippan/entry-12304223682.html … >2012年の貧困線111万円で2015年の数字を出してみると、全人口の貧困率は17%…子どもの貧困率は15.6%で少し改善…低所得の世帯の有業人口が増えたから…貧困率が下がって良かったね、という話ではまったくありません 21:59 - 2017年9月18日 8件のリツイート 4件のいいね


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 イベント情報 11/26 南スーダン日報問題  隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 0:16 - 2017年9月19日


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 声明 ~改めて「戦争法」廃止を訴える~ http://www5.sdp.or.jp/comment/2017/09/19/%e5%a3%b0%e6%98%8e-%ef%bd%9e%e6%94%b9%e3%82%81%e3%81%a6%e3%80%8c%e6%88%a6%e4%ba%89%e6%b3%95%e3%80%8d%e5%bb%83%e6%ad%a2%e3%82%92%e8%a8%b4%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bd%9e/ …
声 明 ~改めて「戦争法」廃止を訴える~ 社会民主党 2017年9月19日
  ~改めて「戦争法」(平和安全保障法制)廃止を訴える~  


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 自民幹事長:加計・森友は「小さな問題」 野党批判に反論 - 毎日新聞 5:18 - 2017年9月19日
  ★その程度の小さな問題に、安倍氏は、議員辞職と総辞職を賭けたのだから。きちんとケジメを‼‼


明日の自由を守る若手弁護士の会/あすわか‏  @asuno_jiyuu フォロー中 その他 これが戦争放棄した国のリーダーの言葉かと思うと…悲しくて、がっかりしますが、首相がこんな好戦的なことを軽々しく言って憲法を無視するのは、ウラを返せば「憲法を無視したところで支持率は下がらないし」という見積もりがあるからです。
  ★しかし、『トラ、トラ、トラ』でしたか、『ニイタカヤマノボレ』でしたか、そういう指令を出せないよう、自公に大敗をさせねばなりません。戦争法は、憲法違反して、既に、でっち上げました。


参議院議員森ゆうこ‏ 認証済みアカウント   @moriyukogiin フォロー中 その他 参議院厚生労働委員会 森ゆうこ質問 平成29年9月20日(水) 15:25~15:40予定 @参議院インターネット審議中継でご覧頂けます。 詳しくは:http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2017/09/post-681e.html … 【案件】 社会保障及び労働問題等に関する調査(年金問題に関する件) 2:05 - 2017年9月19日


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】 読切記事/飯室 勝彦 憲法無視の政治に終止符を 23:45 - 2017年9月18日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 衆院選が迫ってきました。そこで「共謀罪」法の全議員の投票行動の一覧表を再掲します!! 投票の時の参考にしてください。 http://www.tokyo-np.co.jp/politics/kyobo_touhyou/ …
【「共謀罪」法 議員の投票行動】 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 東京新聞 2017年6月16日
 〇「共謀罪」法が成立したのは、2017年6月15日午前7時46分。採決強行に反対する人たちが国会前で声を上げる中、民主主義の根幹である委員会採決を省略する手続きで進んだ異常な参院本会議だった。
 夜を徹した国会。自民党出身の伊達忠一議長の宣言で投票が始まると、野党側から一斉に「反対」の声が飛んだ。点呼された公明、自民党議員が次々と賛成票を投じた。野党の順になると「参院の歴史に禍根を残すな」「おかしいよ」などと怒って投票する姿も。
 自由、社民など少数会派の計7人は牛歩で抵抗した。伊達議長が投票時間を「残り2分」と宣言し、締め切りを告げると、社民党の又市征治氏と福島瑞穂氏、自由党の森裕子氏が慌てて反対票を参院職員に渡したが、時間切れを理由に「投票しなかった」(参院事務局)という扱いになった。3人の「反対」の意思表示は公式記録に残らない。
 本紙は、参院の投票行動を一覧表にした。5月23日にあった衆院本会議での投票行動は5月27日朝刊に掲載したが、成立を受け、衆参合わせて本紙のホームページに掲載する。次の選挙に向け、どの政党が、どの議員が、どう行動したのか。後世に記録する。(関口克己)  ☆一覧添付






志村建世のブログ: 悪乗り打算の安倍を破らん ・ブログ連歌(494) 9/18
 〇台風さわぎの一夜が明けたら、新聞には「総選挙来月22日」の大見出しが躍っていた。民進党は内部の結束が緩んで離党者が出たり、もたついている。小池新党はまだ水面下で、国政政党としての形ができていない。内閣支持率は、一度は政権の腐敗が露呈して急落していたのだが、北のミサイルにまつわる危機感のおかげで引き締まってきた。政争の駆け引きとしたらチャンスだと計算したのだろう。
 衆議院議員の任期としたら来年の末まで、まだ1年以上あるのだが、逆に言うと3年近くはすでに経過した。そして衆議院解散の平均頻度を見ると、ほぼ2年半だと聞いたことがある。解散の時期を選ぶのは、首相の専権事項なのだそうだ。
 今の自民党は衆参両院で3分の2を制している。これを利用して憲法改定に進むのではないかと言われていた。しかし国会で発議をしても、本番の国民投票で負けてしまうと、逆に政権の立場が危うくなるリスクもある。来年までの間での改憲は、急がないことに決めたのだろう。憲法を変えなくても、事実上憲法を無視してやってしまうのが、安倍政治の手法でもある。
 つまり、改憲をあきらめても、次期の国会でも安倍政権を継続するという意思表示が、今回の総選挙の決断になったと言えるだろう。もしうまく行って、これで議席を増やす結果でも出たら、安倍自民党にとっては望外の万々歳に違いない。
 今の状況で自民の議席増はないと思うのだが、野党の再編が進んでいないのが気がかりではある。私たちとしては、何とかして「自公の当選者を減らす」ことを考えて投票行動を決める必要があるだろう。逆に言うと、とりあえず「自公以外の当選者」を増やしておけば、野党の再編は、その後からついてくる、ということだ。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 憲法論議に対案は必要ない 17:52 - 2017年9月17日


孫崎享のつぶやき: 日本は国家として瓦解の道をひたすら進むのか。福田元首相は「(安倍政権下で)国家の破滅に近づいている」。なすべきことは、破壊の道を絶つ、それには安倍政権を絶つ、それには野党共闘しかないではないか。 9/18


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 https://nobuogohara.com/2017/09/18/%E6%86%B2%E6%94%BF%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E4%BD%8E%E3%83%BB%E6%9C%80%E6%82%AA%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%95%A3%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C/ …「もし、河野、野田両大臣が妥協して…「大義」の全くない解散に、閣僚として賛成したとすれば、二人の「政治家としての将来」にも重大なマイナスになる。安倍首相としては、反対を押し切って解散を閣議決定するには…「閣僚の罷免」しかない」 22:06 - 2017年9月17日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 勉強になりました。 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/130138 … >今回の切り下げは、合理的な資料・根拠に基づくものとは到底言えない。生活保護バッシングの風潮に便乗した、不当なものだった…生活保護は、生活困窮者の最後のとりでであり、憲法が保障する権利であることを、改めて考えて 22:18 - 2017年9月17日 8件のリツイート 10件のいいね


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 “憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」~河野外相、野田総務相は閣議で賛成するのか https://nobuogohara.com/2017/09/18/%e6%86%b2%e6%94%bf%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e6%9c%80%e4%bd%8e%e3%83%bb%e6%9c%80%e6%82%aa%e3%81%ae%e8%a7%a3%e6%95%a3%e3%82%92%e8%a1%8c%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%a8%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%8c/ … @wordpressdotcomさんから 臨時国会冒頭で解散したら、所信表明も代表質問もなしで選挙。まさに問答無用解散、憲政否定解散である 22:22 - 2017年9月17日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 生活保護引き下げ違憲東京国賠訴訟学習会&応援プロジェクト2017年9月28日(木)18時15分~20時15分@カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会)ヨセフホールJR・東京メトロ四ツ谷駅すぐ 2:11 - 2017年9月18日


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【がんばる決意を固め合おう!】 「安倍政治を終わらせよう」9.19院内集会 http://www.anti-war.info/schedule/1709061/ … 9月19日(火)17時~@参院議員会館講堂 講演:山口二郎さん(法政大学教授)「安保法のたたかいから政権交代へ」 主催:1000人委員会・立憲フォーラム 2:56 - 2017年9月18日


志葉玲‏ 認証済みアカウント   @reishiva フォロー中 その他 これはひどい。 政官財の愚かな圧力で、大学は想像以上にヤバいことになっている 1:53 - 2017年9月18日 75件のリツイート 37件のいいね


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 北朝鮮ミサイルを僕が恐れない4つの理由: http://ysugie.com/archives/5578  @ysugieさんから 2:02 - 2017年9月18日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「国民をバカにしてると思われる」 #山本元沖縄担当相 冒頭解散に懸念  小さな記事ですが今朝の朝刊で一番読まれている記事かもしれません。安倍首相に近い閣僚経験者が、ブログで今回の解散に違和感を表明しています。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017091802000137.html …


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 「対話呼び掛けは無駄骨」=安倍首相、北朝鮮制裁で団結訴え https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000021-jij-pol … @YahooNewsTopics 北朝鮮の悪口を言えば選挙に勝てるなんて、おかしい。日本の選挙は、日本が直面する問題を考えて国民が自律的に選択する機会であるべき 7:57 - 2017年9月18日 129件のリツイート 92件のいいね
  ★核ミサイル戦を前にして、未だに、そんな計算が働くなんて、ニュース、刷り込みが、昔の侭… 主権者として振る舞えない、危険。言葉だけで考えないように。 地球は、1つ… 況して、ミサイルなら10分程度の距離、時間を隔てるのみ。 朝鮮半島も、日本も、大陸も続いている… 影響は、及ぶ! 死の灰、だけじゃない⁉ 戦火も⁉


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【今こそ、国会前へ!】 戦争法強行採決から2年 戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める9.19国会前集会 http://sogakari.com/?p=3096  日時:9月19日(火)18時30分~ 場所:国会議事堂正門前 主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会


満田夏花‏  @kannamitsuta フォロー中 その他 原子力規制を考える会の阪上武さんが追及していた件。 ↓ 火山灰で原子炉冷却不能か 審査合格の5原発、大噴火時 | 2017/9/18 - 共同通信 47NEWS 7:04 - 2017年9月18日


孫崎 享‏  @magosaki_ukeru フォロー中 その他 夢遊病者か。日本国民は。日本を攻撃するノドンを、日本を攻撃できないように破壊することは出来ないのです。200発―300発実戦配備。これ数発破壊できたとしても残りで反撃される。被害絶大の戦略。こんな単純な論理が理解できない。無料1時間 15:02 - 2017年9月18日 46件のリツイート 29件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」:朝日新聞デジタル 15:01 - 2017年9月18日


Reuters Jp World‏  @ReutersJpWorld フォロー中 その他 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院東アジア小委員長 http://bit.ly/2w44Y3I  15:31 - 2017年9月18日 6件のリツイート 5件のいいね
  ★却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメです。


キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏  @tohohodan フォロー中 その他 安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000012-asahi-pol … @YahooNewsTopics 「大義急造」w 15:16 - 2017年9月18日 52件のリツイート 28件のいいね


堀 潤 JUN HORI‏  @8bit_HORIJUN フォロー中 その他 「北朝鮮」と「イラク」を知ろう! ~現地でおこなう交流活動を一挙公開します~ https://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2017/09/20170921-koreairaq.html#.WcBJuwgtinI.twitter … #クロス 15:34 - 2017年9月18日


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 有権者の判断は厳しいと思います。 14:23 - 2017年9月18日 9件のリツイート 4件のいいね


NHK政治部岩田明子いらない!社会部応援‏  @ouenhst フォロー中 その他 自民党が『報ステ』古賀発言をBPOに…マスコミは菅官房長官の圧力の証拠を隠すな!(リテラ) http://goo.gl/zysGGf  盗人猛々しい…菅官房長官と官邸はこの間、明らかに古賀氏をバッシングし、番組に圧力をかけていた


木野龍逸 (Ryuichi KINO)‏  @kinoryuichi フォロー中 その他 フィルターの目詰まりなどで冷却機能がなくなる可能性あり。 →火山灰で原子炉冷却不能か 審査合格の5原発、大噴火時 共同通信 47NEWS 15:13 - 2017年9月18日


Reuters Jp World‏  @ReutersJpWorld フォロー中 その他 米国防長官、韓国をリスクにさらさない対北朝鮮軍事行動を示唆 http://bit.ly/2w4LGLo  15:31 - 2017年9月18日 4件のリツイート 2件のいいね
  ★ウソ、ほんと???


原田裕史‏  @harada_hirofumi フォロー中 その他 うわ、なんだこれ。 コンビニも「技能実習」対象に | Article [AMP] | Reuters 13:13 - 2017年9月18日 8件のリツイート 3件のいいね





きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia

植草一秀の『知られざる真実』: フランス大統領選で波乱が生じる可能性は? 4/21
 〇3月にオランダで総選挙が実施されたが、これから秋にかけて欧州で重要選挙が相次ぐ。
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙
 が予定されている。



杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢

メルケル首相 12年の軌跡
 ☆首相の支持率推移

【NPJ通信・連載記事】読切記事: 【速報】内閣支持率(9月2日~9月10日調査) 寄稿:NPJ編集部
 〇各社の世論調査の結果が報じられていました。





You Tube: 前嶋和弘【北朝鮮】国連総会にてトランプ大統領発演説「完全に破壊する」
  ★前々から、ユーチューブ、ゴロツキ、右翼系に乗っ取られている状態だった… その中で、まあまあに見える1投稿。解釈は、それぞれに、願います。


TBS: トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」 北朝鮮に警告 9/20
 〇アメリカのトランプ大統領は国連総会で初めての一般討論演説を行い、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮に対し、「完全に破壊する以外、選択肢はなくなる」と警告しました。ニューヨークからの報告です。
 演説では、核実験や弾道ミサイルの発射を強行する北朝鮮への対応が最大の焦点となりました。
 「13歳のかわいい日本人の女の子を海岸から誘拐し、北朝鮮のスパイのための語学教師になることを強要された」(アメリカ トランプ大統領)
 トランプ大統領は北朝鮮による日本人拉致問題にも触れたうえで、核・ミサイル開発を続ける金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と呼んで、「自滅への道を突き進んでいる」と非難しました。
 「もし自国や同盟国を守らざるを得ないなら、北朝鮮を完全に破壊する以外、選択肢がなくなる。ロケットマンは自身と自らの体制にとって自殺行為に走っている」(アメリカ トランプ大統領)
 そして、「すべての国が北朝鮮を孤立させるため協力する時だ」と述べて、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮への制裁を完全に履行するよう求めました。
 「演説はうまくいったと思う。言うべきことは言った。国連には大きな潜在力がある」(アメリカ トランプ大統領)
 言葉だけでなく、実際に北朝鮮に対するほころびのない国際包囲網を作りあげることができるのか、トランプ大統領の今後の国連外交が問われることになります。
 「核の問題のみならず、拉致の問題にしっかり触れていただいたということ、日本政府として非常にありがたい」(別所浩郎 国連大使)
 アメリカのトランプ大統領が一般討論演説の中で日本人の拉致問題に触れたことについて、別所国連大使はこのように評価しました。また、西村内閣官房副長官も記者団に対し、「各国にも理解と協力を求めてきているところで、その理解が浸透してきている結果かなと思う」と語っています。日本政府関係者によりますと、拉致問題の重要性については日本側からアメリカのヘイリー国連大使を通じてトランプ大統領に伝えていたということです。

ANN: 中国とロシアが合同軍事演習 アメリカを“牽制” 9/20
 〇朝鮮半島情勢の緊張が続くなか、隣接するロシアの極東地域でロシア軍と中国軍の合同演習が始まりました。
 演習は18日から、ロシアのウラジオストクで始まりました。地元メディアによりますと、ロシア、中国両軍の駆逐艦や潜水艦など合わせて13隻が日本海やオホーツク海に展開する予定です。哨戒機や軍用ヘリも参加し、26日までの期間中にテロリストの掃討作戦や座礁した潜水艦の乗組員を救出する訓練を共同で行うということです。朝鮮半島情勢の緊張が続くなか、ロシアと中国は周辺海域で自らの軍事力をアピールすることでアメリカを牽制(けんせい)し、地域の主導権を握りたい考えです。
  ★米国牽制だけかどうか。


NHK: メキシコ地震 223人の死亡確認 懸命な救出活動続く 9/21
 〇メキシコ中部でマグニチュード7.1の地震が起きてから丸1日がたち、これまでに223人の死亡が確認されました。現地では、大勢の子どもが巻き込まれたと見られる小学校の倒壊現場などで懸命な救出活動が続いています。
 メキシコ中部で現地時間の19日午後1時すぎ(日本時間の20日未明)に起きたマグニチュード7.1の地震は、発生から丸1日が経ちました。
 当局は225人が死亡したと発表していましたが、その後、訂正し、現在、確認された死者の数は223人となっています。また、今も多くの人が倒壊した建物の下に取り残されていると見られます。

 このうち首都メキシコシティー郊外にある倒壊した小学校では、警察や軍などが夜を徹して救出活動を続けています。
 現場で取材に応じた医師の1人は、「当時、学校にはおよそ400人の子どもたちがいた。多くは助け出したが、まだ行方がわからない子どももいる」と話しています。
 これまでに校舎の倒壊に巻き込まれた20人以上の子どもの死亡が確認されていて、学校の前では、救助活動の様子を心配そうに見守る女性や、その場で泣き崩れる人たちの姿が見られました。
 メキシコのペニャニエト大統領は20日、ツイッターに「最優先すべきなのは、倒壊した建物に閉じ込められた人たちの救出とけが人の治療だ。命を救うため1分1秒を争う事態だ」と投稿し、救出に全力を注ぐ考えを示しました。
 一夜明け救出作業続く
 地震の発生から一夜が明けた20日、多くのビルが倒壊した首都メキシコシティーの中心部では、崩れた建物の下に取り残された人たちの救出作業が続いています。
 救出作業はがれきがさらに崩れないよう、手作業などで慎重に進められ、現場周辺では、家族や友人などが祈るような表情で生存者発見の知らせを待っていました。このうち医療関係の事務所や会計事務所などが入っていたという7階建てのオフィスビルが倒壊した現場からは、これまでに26人が救出されたものの、少なくとも38人の行方がわかっていないということです。
 現場にいたハビエル・サウセドさんは、そのビルで働いていた27歳の息子と地震のあと連絡が取れなくなっていると話していました。
 サウセドさんは、19日午後6時に家族とともに駆けつけ、そのまま現場で一夜を過ごして息子の救出を待っているということで、「居ても立ってもいられません。息子のことはいまだ何もわからず、私には何もできません。とても苦しく悲しいですが、生きて救出されている人がいるので希望は捨てていません」と話していました。
 またビルで働いていた弟の行方がわからなくなっているという37歳の男性は、地震のあと建物の中に取り残された人から電話を受けた人がいるとしたうえで、「まだ生きている人がいるので救出に大きな機材は使わないでほしい。弟は生きていると信じている」と話していました。
 小学校が倒壊 20人以上の死亡確認
 首都メキシコシティー郊外にある小学校は、今回の地震で校舎が倒壊しました。当時、校舎内には多くの児童がいたということで、建物の下敷きになりこれまでに20人以上の死亡が確認されています。
 警察や軍による捜索活動が夜を徹して行われ、がれきを撤去したり、犬を使ったりして行方不明者の捜索が続けられています。また学校の前では捜索の様子を心配そうに見守る女性やその場で泣き崩れる人たちの姿が見られました。
 病院では大勢がけがの手当て
 首都メキシコシティー中心部のビルの倒壊現場に近い病院では、助け出されたりけがをしたりした多くの人たちが手当てを受けています。
 このうちけがをした足の治療を受けていた23歳のルピタ・ドミンゲスさんは、地震が起きた時、飲食店で働いていて地下の倉庫にいたということです。
 建物自体が大きく揺れるように感じ、仲間と一緒になんとか地上に逃れた直後に建物が崩れたということで、「もう逃げられないと感じた。本当に死ぬところでした。
 このような恐怖は今まで感じたことがなかったです」と涙を浮かべながら話していました。
 日本企業に大きな被害の情報無し
 JETRO=日本貿易振興機構メキシコ事務所によりますと、これまでに日本企業に大きな被害が出たという情報は入っていないということです。
 メキシコには自動車関連を中心におよそ1100社の日本企業が進出しています。
 このうち今回の地震で被害が出ている首都メキシコシティーには215社、またモレロス州には10社、メキシコ州には36社がそれぞれ進出しています。
 メキシコシティーには現地の本社機能として事務所を構える企業が多くあります。
 JETROによりますと、地震から一夜明けた20日の時点で、日本の商社や金融機関が多い市内のオフィス街では、一部でビルのガラスが割れたり外壁がはがれたりする被害はあったものの、建物の倒壊はなかったということです。
 また一時止まっていた地下鉄や鉄道はすでに復旧したほか、電話などの通信状況も改善していて経済活動はおおむね通常どおり行われているということです。
 ただ、一大消費地のメキシコシティーの周辺には、日本の電機メーカーや食品メーカーなどが商品を保管している倉庫が多くあり、今回の激しい揺れで影響を受けた可能性はあると指摘しています。


ANN: 30年前に設置…消火栓のふたが開かず建物が“全焼” 9/20
 〇消火栓のふたが開かず、すぐにホースをつなぐことができなかった。建物は全焼した。
 今月7日、茨城県神栖市。店舗兼住宅で火災が起こった。通報を聞き付けた消防団員が近くの消火栓を使おうとしたが、ふたが開かずにホースが接続できなかった。消火栓を管理する神栖市によると、この消火栓が設置されたのは約30年前。消火栓のふたが開かなかった原因は、経年劣化も考えられるという。火は周辺の別の消火栓などを使って約2時間後に消し止められたが、建物は全焼してしまった。市によると、管理は消防団に委託していたが、定期的な点検などは義務付けていないという。地上にある金属部分が腐食しているのが確認された。神栖市は腐食や劣化などが消火の遅れにつながったかどうかは分からないが、消火栓の管理の方法を見直したいとしている。

ANN: 蜂の巣駆除で…樹齢1200年超の天然記念物が焼ける 9/20
 〇蜂の巣の駆除作業が原因で、樹齢1200年を超える天然記念物が焼けました。

 警察によりますと、20日午後2時ごろ、新潟県上越市で「木がくすぶっている」と通報がありました。火は1時間半ほどで消し止められ、けが人はいませんでしたが、樹齢1200年以上といわれ、高さ約30メートル、周囲が10メートルある国指定の天然記念物「虫川の大杉」の一部が焼けました。当時、現場では蜂の巣の駆除作業をしていたということです。
 虫川の大スギを守る会・岩崎正一会長:「女王蜂を煙でいぶり出して、働き蜂を駆除する方法だった」
 幹を補強する作業を前に駆除作業を進めていたということで、警察が詳しい原因を調べています。


NHK: 歌手の安室奈美恵さん 来年9月引退へ 9/20
 〇「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒット曲を連発し、人気が社会現象にもなった歌手の安室奈美恵さんが、1年後の来年9月で芸能界から引退することを明らかにしました。安室さんは引退について「長年心に思い、デビュー25周年という節目の年に決意した」とコメントしています。

 これは、安室さんが40歳の誕生日となる20日、ホームページで発表しました。
 この中で、安室さんは「先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と切り出したうえで「わたくし安室奈美恵は2018年9月16日をもって引退することを決意致しました」などと記し、1年後の来年9月に芸能界から引退することを明らかにしました。
 そのうえで「引退までのこの1年、アルバムやコンサート、最後にできるかぎりの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思っています」とつづっています。
 安室さんは沖縄県の出身でアイドルグループのメンバーとして平成4年にデビューしたあとソロ活動を始め、音楽プロデューサーの小室哲哉さんの下でヒット曲を連発しました。
 中でも平成9年にリリースした「CAN YOU CELEBRATE?」は、シングルの売り上げが200万枚を超え、この記録は今も国内の女性歌手の中で歴代トップとなっています。
 人気は社会現象にもなり、安室さんのヘアスタイルや、ミニスカートに厚底のブーツといったファッションをまねる女性を言い表した「アムラー」という言葉は平成8年の流行語にも選ばれました。
 去年のリオデジャネイロオリンピックとパラリンピックでは、「Hero」がNHKの放送テーマソングに選ばれたほか、今月、デビュー25周年のライブを沖縄で行うなど、第一線で活躍を続けています。
 ファンの声は
 歌手の安室奈美恵さんが、引退を表明したことについて、東京・渋谷では、驚きや引退を惜しむ声が聞かれました。
 26歳の会社員の女性は、「きれいでずっと憧れていたのでショックです。曲をいっぱい聞いて、カラオケでも歌っていました。残念です」と驚きを隠せない様子で話していました。
 35歳の男性は、「中学生のときから好きでずっと聞いていました。いまだにアルバムなどを聞いています。すごく残念です」と引退を惜しんでいました。
 今月安室さんのライブに行ったばかりだという29歳の女性は、「小学生のときからずっとファンで、影響を受けてダンスも始めました。安室さんは、ずっと変わらずにかわいくて、引退すると知って泣きそうです。引退までに絶対にライブに行きます」と話していました。
 26歳の女性は、「容姿も中身も才能もあって、歌って踊れて、レジェンドで、スターです。最後まで安室奈美恵さんらしくいてほしい」とエールを送っていました。
 41歳の美容師の女性は、「同世代で、いつも輝いている女性でした。まだまだ活躍してほしかったです」と話していました。


 沖縄県出身の歌手、安室奈美恵さんの突然の引退発表に、那覇市内でも、驚きの声が聞かれました。
 このうち20代の女性は、「沖縄出身の憧れの存在です。最近沖縄でのライブにも行ったので、驚きとともに寂しい思いです」と話していました。
 30代の女性は、「びっくりです。トップスターで日本の歌姫という感じで、すごい実績を作っているのでお疲れさまといいたいです」と話していました。
 また50代の男性は、「残念です。飛び抜けた先駆者的な人でした。彼女に憧れた人も多く、沖縄の若い人たちが自信を持つようになったと思います」と話していました。
 安室 90年代に人気を確立
 安室奈美恵さんは、1990年代を代表する歌手として人気を確立し、NHK紅白歌合戦には、合わせて9回出場しています。
 安室さんは、沖縄県出身のアイドルグループ「SUPER MONKEY’S」のメンバーとして、平成4年にデビューしました。ソロ活動を始めた平成7年には「Chase the Chance」がミリオンセラーを記録し、この年の紅白歌合戦に初出場しました。その後も「Don’t wanna cry」や「You’re my sunshine」などがミリオンセラーを記録し、平成9年にリリースした「CAN YOU CELEBRATE?」は、シングルの売り上げが200万枚を超えました。
 また20歳のときに、ダンスボーカルグループ「TRF」のメンバーのSAMさんと結婚して出産のため休業すると発表し、ファンを驚かせました。
 安室さんは、1年間休業して男の子を産んだあと平成10年の紅白歌合戦で復帰し、その後もヒット曲を出し続けています。
 コンサートは、キレのあるダンスを取り入れたダイナミックなステージが特徴で、アジアを中心とする海外へも活動の場を広げています。
 評論家「アイドルをアーティストに高めた」
 歌手の安室奈美恵さんが引退を表明したことについて、音楽評論家の富澤一誠さんは「沖縄でのライブが高いパフォーマンスで話題になったばかりで、『なぜ』という思いだ。90年代から第一線で活躍を続け、さらにこれから全盛期を迎える可能性のあるトップアーティストだと思っていたので、引退は驚きだ」と話しました。
 そのうえで、「彼女のようなタイプはこれまでならアイドルのような存在だった。曲やダンスとともに質の高いパフォーマンスでアイドルをアーティストに高めたことは、彼女の功績だろう。アイドルはヒット曲が出てもライフスタイルにまで影響することは少ないが、『アムラー』のような流行を巻き起こし、絶頂期に出産するなどの生き方を貫いても、なお支持された。ダンスミュージックを大衆のものにした第一人者でもあり、存在自体がある種のメッセージになってきた唯一無二のアーティストともいえるだろう。まだまだ活躍が期待できるだけに、引退はあまりに残念だ」と話していました。
 ネットでは「アムロス」
 歌手の安室奈美恵さんが来年9月で芸能界から引退すると発表した直後からツイッターではさまざまな反応がつぶやかれていました。
 「残念。悲しい」とか「なんで?!どうして!?何があった???」など、悲しみや驚きの声が多く投稿されたほか、安室さんが見られなくなり、寂しさが募る状態を「アムロス」という言葉を使って「早くもアムロスなりそう」などと心配する人も出始めています。
 また、「あと1年、全力で応援します」とか、「引退ライブあるなら見たいなぁ」と引退までの安室さんの活動に期待するツイートも目立ちました。

 メッセージ全文
 安室奈美恵さんは、20日午後7時前に、自身のホームページ上で引退のメッセージを公表しました。「ファンの皆様へ」と題した、メッセージの全文は次のとおりです。

 「ファンの皆様へ」
 ファンの皆様、
 いつも応援していただきありがとうございます。

 先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。

 皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に心から感謝しております。

 ありがとうございます。

 今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。

 「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」

 引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます。

 そして、私らしく2018年9月16日を迎えたいと思います。

 皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します。

                            安室奈美恵





国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 東京新聞 9/20
 〇【ニューヨーク共同】核兵器を非合法化して廃絶を目指す「核兵器禁止条約」の署名式が20日、ニューヨークの国連本部で開かれた。日本から被爆者も出席した。条約は各国が署名後、国内手続きを経て批准した国が50カ国に達した日から90日後に発効する。国連によると、式典終了後も含め20日中に51カ国が署名する見通しで、発効に向けて大きく前進した。
 グテレス事務総長は冒頭演説で「(原爆被害を)勇敢に生き抜いた広島と長崎の被爆者はわれわれに、核兵器による破滅的な人道被害を思い起こさせてくれる」と賛辞を贈り、条約は「核兵器のない世界」に向けた重要な一歩だと述べた。
  ★勿論、支持する。それにしても、不作法。
 国連で、『米国、ファースト』なんか言うか‼‼ しかも、20回も。…聞いていないが。 場所柄も考えよ。トランプタワーじゃないぞ。

米大統領、北朝鮮など「ならず者国家」 対決姿勢鮮明  国連総会で一般討論演説 日経新聞 9/20
 〇【ニューヨーク=川合智之、高橋里奈】トランプ米大統領は19日、ニューヨークで開催中の国連総会での一般討論演説で、北朝鮮やイラン、ベネズエラなどを「ならず者国家」と呼び、対決姿勢を鮮明にした。こうした国家に対して国際社会が一丸となって対処するため「多様な国家が主権を守るために協力する」理念を打ち出し、協調を呼びかけた。

 国連総会の一般討論で演説するトランプ米大統領(19日、ニューヨークの国連本部)=UPI共同
 トランプ氏は北朝鮮を「向こう見ずで下劣だ」と批判した。横田めぐみさん(失踪当時13)を念頭に「北朝鮮工作員の語学教師として強制労働させるため、13歳の日本人少女を海岸から拉致した」と指摘。「米国と同盟国を守ることを迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と強調した。
 弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩(キム・ジョンウン)委員長を「ロケットマン」と呼び「自殺行為をしている」と批判した。北朝鮮の慈成男(チャ・ソンナム)国連大使は演説直前に議場から退出し、抗議の意を表した。
 イランについても「民主主義のふりをした腐敗した独裁体制」と痛烈に批判した。「暴力と流血、混乱を輸出している」と非難し、米欧など6カ国とイランの核合意を「米国にとって最も一方的で最悪の取引だ」とこきおろした。
 ベネズエラのマドゥロ大統領については「かつて繁栄していた国家を崩壊の瀬戸際に追いやった」と酷評。「現状は全く容認できず、座視できない」と述べた。シリアのアサド政権も「犯罪政権」と呼んで非難した。
 トランプ氏はこれまで「米国第一」を掲げて国際協調体制に後ろ向きだったが、演説では「皆さんが自国第一を掲げるのと同様だ」と説明。国際社会が協力して世界の脅威に対抗する必要があると訴えた。
 北朝鮮に関しては、トランプ氏以外からも批判が相次いだ。ブラジルのテメル大統領は「北朝鮮による核・ミサイル開発という深刻な脅威には誰も無関係ではいられない」と指摘。ナイジェリアのブハリ大統領も「北朝鮮に平和的解決策を受け入れさせるため、あらゆる圧力と外交的努力が必要だ」と訴えた。
  ★NHK9で、“衝撃的な国連演説”と紹介。

トランプ氏、初の国連演説 「ヘイトスピーチ」と批判も BBC 9/20
 〇ドナルド・トランプ米大統領は19日、ニューヨークで開かれている国連総会に出席し、初めて演説をした。「ならずもの独裁国家」とイランなどを名指しし、やむを得ない場合は北朝鮮を「完全に破壊する」と述べるなどした内容は、国連総会での首脳演説としては異例で、名指しされた国々は「ヘイトスピーチ」だと反発している
 トランプ大統領は国連総会の一般討論で演説し、北朝鮮の最高指導者・金正恩氏を「ロケットマン」と呼び、「ロケットマンは自殺任務に突き進んでいる」と発言。米国が「自分や同盟諸国を防衛するしかない状況になれば、我々は北朝鮮を完全に破壊するしか、選択の余地はない」と述べた。
 トランプ氏の国連演説は、自国民の生活改善に努める主権国家で構成される世界について語りつつも、「この惑星にとって災いとなっている」「ならず者国家」を名指しして非難することに大半の時間を費やした。その上で、「正義の側にいる多数」が「悪しき少数」に対決するよう呼びかけた。
 トランプ氏は、イランが「見せかけの民主主義のふりをした、腐敗した独裁国家」で、「主要輸出品は暴力と流血と混沌だ」と名指しで非難し、2015年のイランとの核開発合意は「米国にとって最悪で最も片務的なやりとりのひとつだ」と批判。ベネズエラ政府についても、腐敗した「社会主義独裁国家」で、米国は行動に出る用意があると警告した。

 イランのモハンマドジャバド・ザリフ外相は、「トランプの無知なヘイトスピーチは(国連ではなく)中世にこそふさわしい」と反発した。
 ベネズエラのホルヘ・アレアザ外相も、トランプ氏の「脅し」に反発。「トランプは世界の大統領ではない(中略)自分自身の政府すらきちんと管理できていないのに」と批判した。

 トランプ氏が演説を続けるなか、総会の会場は大きくざわついた。ロイター通信によると、トランプ氏の演説を聞いていた加盟国の代表の一人は、両手で顔を覆った。
 スウェーデンのマルゴット・ワルストローム外相は、両腕を組んでトランプ氏の演説を聞いていた。外相はBBCに対して、「あの場所であの時に、あの聴衆を前に、あのような演説をすべきではなかった」と批判した。
 ベネズエラを支援するボリビアのエボ・モラレス大統領は、「トランプのような億万長者が社会主義を攻撃するのは意外ではない。我々は今後も思想のため現実的な闘いを続ける」とツイートした。
 エマニュエル・マクロン仏大統領は、トランプ氏の後に国連総会で演説し、イランとの核開発合意を評価。「撤回するのは深刻な間違いだ」と釘を刺した。
 一方で、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、イランとの合意は修正もしくは全面撤回が必要だとトランプ氏に合意。中東地域でイランの影響力が拡大していると警告した。


NHKネット配信、契約世帯が対象 19年度開始の意向 【朝日新聞】2017.09.20
 〇NHKは20日、総務省の有識者会議で、テレビ番組のインターネット同時配信について、受信契約を結ぶ世帯だけを対象として2019年度にサービスを開始するとの意向を表明した。ネットだけで視聴する世帯は除外した形でのスタートになる。「NHKが肥大化する」と反発する民放の同意を最優先させた。
 受信契約世帯は、追加料金なしで家族全員がスマートフォンなどでも番組を見られる。未契約の場合は、スマホなどの画面の一部に契約をうながすメッセージなどを表示するという。
 会議でNHKの坂本忠宣専務理事は「同時配信は放送の補完と位置づける」と強調した。総合と教育の2チャンネルを配信し、地域ごとのローカル番組も段階的に配信する計画という。その際、スマホのGPS機能などを使い、ローカル番組は他の地域からは見られないよう制限する計画も初めて明らかにした。
 見逃し配信についても、有料で運用しているNHKオンデマンドとの関係を整理した上で実現を目指す。
 出席した日本テレビホールディングス(HD)の石沢顕常務は「問題解決の糸口が見えた」と述べた。一方で、テレビ朝日HDの藤ノ木正哉専務は「テレビを持たない層への訴求策という方針を転換したのはスケジュール最優先と思わざるを得ない」と批判した。
 NHKが同時配信を行うには放送法の改正が必要。総務省は有識者会議で合意を得た上で来年1月の通常国会に改正法案を提出する方針のため、民放の意向が重要になっている。あるNHK幹部は「当初の目標から後退と言われても仕方ないが、まずは開始することを選んだ」と話した。(上栗崇、滝沢文那)


自民 谷垣前幹事長 衆院選に立候補しない意向伝える 【NHK】2017.09.20
 〇去年夏に自転車事故で大けがをしてリハビリを続けている自民党の谷垣前幹事長が、来月行われる見通しの衆議院選挙に立候補しない意向を党幹部らに伝えていたことが、関係者への取材でわかりました。
 谷垣氏は、安倍総理大臣にも意向を伝えたうえで、最終的に判断するものと見られます。自民党の谷垣前幹事長は去年7月、趣味のサイクリング中に転倒して頚髄(けいずい)を損傷し、現在も入院してリハビリを続けています。
 関係者への取材によりますと、谷垣氏が、来月行われる見通しの衆議院選挙に立候補しない意向を、党幹部らに伝えていたことがわかりました。谷垣氏は、安倍総理大臣にも意向を伝えたうえで、最終的に判断するものと見られます。
 谷垣氏は、衆議院京都5区選出の当選12回で72歳。弁護士で昭和58年の衆議院の補欠選挙で初当選し、財務大臣や国土交通大臣それに党の政務調査会長などを歴任しました。
 平成21年に自民党が野党に転じた後、党の総裁を務め、政権奪還を目指しました。第2次安倍政権の発足以降は、法務大臣や党の幹事長として安倍総理大臣の政権運営を支えました。


野党4党 衆院解散に抗議 候補者一本化を模索 【NHK】2017.09.20
 〇野党4党の幹事長と書記局長らが会談し、臨時国会の冒頭に衆議院が解散される方向となっていることを受けて、国会の議論を封殺するものであり、断固抗議するとしたうえで、衆議院選挙に向けて候補者の一本化を模索していくことで一致しました。
 民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は20日、国会内で幹事長・書記局長らが会談し、来週28日に召集される臨時国会の冒頭に衆議院が解散される方向となっていることを受けて対応を協議しました。
 この中で、野党4党は、冒頭解散は国会の議論を封殺するものであり、森友学園や加計学園をめぐる問題などで国会答弁から逃れようとすることは許されないとして、断固抗議することで一致しました。
 そして臨時国会で、安倍総理大臣の所信表明演説に対する各党の代表質問や予算委員会、党首討論のほか森友学園や加計学園をめぐる疑惑を解明するため、安倍総理大臣夫人の昭恵氏らの証人喚問などを求めていくことを確認しました。
 そのうえで会談では、共産、自由、社民の各党から衆議院選挙に向けて候補者調整を進めるべきだという指摘が出され、野党4党は候補者の一本化を模索していくことで一致しました。
 会談のあと民進党の大島幹事長は記者団に対し「国民からは『できるだけ野党は一本化できないか』という声があり、与野党が1対1のほうがわかりやすいということもある。各党の考え方を勘案し、一本化が模索できるか慎重に検討したい」と述べました。
 野党4党は、このあと大島衆議院議長に申し入れを行い、大島議長は「政府・与党に伝えたい」と応じました。
  ★短期決戦というのに、民進は、意味不明瞭 支援が欲しいのか、拒否するのか? 分際を弁えよ。 政権交代には、不可欠なことだ。


山尾氏、無所属で立候補の意向 地元で支持者に説明へ 【朝日新聞】2017.09.20
 〇民進党を離党した山尾志桜里衆院議員(43)が、次期衆院選で愛知7区から無所属で立候補する意向を固めたことが、関係者への取材で分かった。22日にも地元入りし、支持者らに説明する。
 山尾氏は週刊誌に既婚男性との交際問題を報道され、7日に離党届を提出。同日夜に記者会見し、「支援者にさらなるご迷惑をおかけすると判断し、離党を決断した」と説明したが、その後は公の場に出ない状態が続いていた。
 しかし、離党届提出直後から7区内の民進の地方議員らに「次の選挙には出ます」と電話で伝えていた。28日の臨時国会冒頭での衆院解散の公算が大きくなるなか、有権者への説明の時期を早めたとみられる。関係者によると、22日は野党共闘を目指す市民団体が7区内の愛知県日進市で開く会合などに出席予定という。
 山尾氏が無所属で立候補の意向を固めたことについて、民進愛知県連の塚本久幹事長は20日、「党としても、どう選挙に関わるのかを早急に考えないといけない」と話した。(黄澈)
  ★国会での活躍、TV等露出の限りでは、有為の人材。


衆院選 改憲論点示す 自民公約「条文化、適切でない」 【東京新聞】2017.09.20
 〇 自民党憲法改正推進本部の保岡興治本部長は二十日、高村正彦副総裁と党本部で会い、戦争放棄や戦力不保持などを定めた九条など党内論議を進めている改憲四項目の論点について次期衆院選公約に盛り込む方針を確認した。「議論の状況を紹介しながら、自民党が先頭に立って憲法改正の一歩を進めている熱意を示したい」と記者団に説明。一方、条文案などを示して争点に位置付けて実現を訴えることは「適切ではない」と語った。
 自民党の九条改憲を巡る議論では、現行の二項を削除して国防軍を創設することを柱とする二〇一二年草案と、現行の一項、二項を維持して自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相の提案が対象になっている。
 ただ、これまでの推進本部の全体会合では賛否が分かれて意見集約に至らず、いずれを採用するかは決まっていない。保岡氏は「公約では(改憲案の)具体化に向けて作業している四項目を中心に、頑張っている姿を訴えていくことになる。細かい議論を紹介することは考えていない」と指摘した。
 改憲四項目は九条のほか、緊急事態条項の新設、大学を含む高等教育無償化、参院選合区解消。二階俊博幹事長は十九日、衆院選が迫っていることを踏まえ、案の絞り込みや決定を急がない考えを示している。


東芝、日米韓連合へ売却 半導体事業 取締役会で決定 【東京新聞】2017.09.20
 〇東芝は二十日の取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)を、覚書を締結して交渉中だった米ファンドのベインキャピタルが主導する「日米韓連合」に売却する方針を決めた。日米韓連合による買収総額は約二兆四千億円とみられる。関係者が明らかにした。最終契約を急ぐ。
 この日の取締役会では、協業する米ウエスタン・デジタル(WD)が影響力を持つ「日米連合」が土壇場で示した新たな提案も精査。これを支持する声もあったとみられるが、東芝社内に反発が強く退けたもようだ。
 売却方針の表明から約七カ月に及んだ迷走劇が、ようやく幕を下ろす見通しになった。経営再建へ欠かせない来年三月末までの債務超過の解消へ前進する。
 日米韓連合との協議は、WDが売却中止へ起こした訴訟への対応が最大の課題だったが、和解や賠償の費用をベインや韓国半導体大手SKハイニックスが負担をすることで、めどが付いた。独禁法審査への影響が懸念されたSKが取得する議決権比率も、将来にわたり低く抑えることで折り合った。ただWDの訴訟が続き売却自体が白紙となる恐れがある。早期に和解に持ち込めるかが焦点だ。
 日米連合は、約二兆円の買収資金のうち政府系ファンドの産業革新機構の出資分を積み増すことを提案。WDによる議決権取得の方針撤回なども示し大幅に歩み寄ったが、東芝はこれまでの交渉でWDに翻弄(ほんろう)され続けた経緯から、日米韓連合の優位性は揺るがないと判断したもようだ。


朝鮮の墓誌、友好の返還 盗品と知らず購入した収集家遺族が韓国に 【東京新聞】2017.09.20
 〇【ソウル=境田未緒】韓国の密売グループによって約二十年前に不法に韓国から持ち出され、その後日本に持ち込まれた朝鮮王朝時代の貴重な磁器製墓誌が韓国側に返還された。盗品と知らずに購入した日本人男性の遺族が故人の思いを尊重し、ソウルの国立中央博物館に寄贈。十九日には寄贈式が行われ、遺族や関係者らは「日韓友好の絆にしたい」と話した。
 寄贈されたのは、一四五四年に制作された朝鮮王朝初期の高官、李先斉(イソンジェ)(一三九〇~一四五三年)の粉青沙器(ふんせいさき)墓誌。東京の元会社社長で昨年十一月に七十七歳で亡くなった古美術収集家、等々力孝志さんが、十数年前に盗品と知らずに美術商から購入していた。
 李先斉は韓国南西部を代表する歴史上の人物だが、詳しい経歴が分かっておらず、墓誌で初めて生没年が確認できた。墓誌には象眼技法で李先斉の功績などが刻まれ、美術品としても歴史資料としても価値が高い。今後、文化財に登録される可能性があるという。
 盗掘されて存在が知られていなかったが、一九九八年に韓国の密売グループが釜山(プサン)の空港から持ち出した際の記録をもとに、韓国文化財庁傘下の国外所在文化財財団が所在を調査。日本に持ち込まれていたことが分かり、財団関係者が二〇一五年末、闘病中の等々力さんと会って経緯を説明。驚いた等々力さんは「李先斉の子孫の思いを大事にしたい。どのような形で返せばいいか」と話していたが、昨年十一月に亡くなった。
 その後、妻の邦枝さん(76)が財団と話し合って寄贈を決めた。国立中央博物館で行われた寄贈式には李先斉の子孫も出席。邦枝さんは「墓誌は夫が最も愛した古美術品の一つ。日韓両国の友好の絆になるよう願っています」と話し、ペ基同(ペギドン)館長は「夫婦の美しい精神に感謝する」と応じた。
 博物館は墓誌を十月末まで特別展示し、文化財としての価値と寄贈の意義を紹介する。


メキシコ中部 M7.1 首都で建物崩壊、149人死亡 【東京新聞】2017.09.20
 〇【ロサンゼルス=共同】米地質調査所(USGS)によると、メキシコ中部プエブラ州ラボソで現地時間十九日午後一時十四分(日本時間二十日午前三時十四分)ごろ、マグニチュード(M)7・1の地震が発生した。ロイター通信によると、少なくとも百四十九人が死亡。首都メキシコ市の市長は非常事態を宣言した。各地で多くの建物が崩壊し、犠牲者が増える恐れがある。メキシコでは七日にも南部沖でM8・1の地震があり九十八人が死亡したばかり。
 今回の震源地はメキシコ市の南東約一二〇キロで、震源の深さは約五一キロ。広範囲で停電も起きている。ロイターによると、メキシコ市ではビルなど四十以上の建物が崩壊、約六十人が救出されたという。同市の国際空港も、安全点検のため一時閉鎖された。
 在メキシコ日本大使館によると、邦人が被害に遭ったとの情報はない。
 ペニャニエト大統領は七日の地震被災地オアハカ訪問を急きょ取りやめて空路メキシコ市に戻り、陣頭指揮に当たった。トランプ米大統領は地震発生後間もなくツイッターで「メキシコ市民に神の恵みを。われわれはあなた方と共にある」と述べ、被災地支援を行う考えを示した。
 国連のグテレス事務総長も犠牲者やメキシコ政府に哀悼の意を表し、国連として人道援助にあたる用意があるとの声明を発表した。
 メキシコ市は、古代アステカ帝国(十四~十六世紀)の首都テノチティトラン周辺に広がっていたテスココ湖を埋め立てて急速に発展したため、もともと地盤が弱く、建物崩壊の原因になったとみられる。メキシコでは三十二年前の一九八五年九月十九日にM8・1の地震が発生。少なくとも約一万人が犠牲となった。

NHK: メキシコの地震 死者217人に 夜を徹して救出活動 9/20
 〇メキシコ中部で日本時間の20日未明に起きたマグニチュード7.1の地震では、倒壊した建物の下敷きになるなどして、これまでに217人が死亡しました。今も多くの人が崩れた建物の中などに取り残されていると見られることから、現地では、夜を徹して救出活動が続けられています。
 現地時間の19日午後1時すぎ(日本時間の20日午前3時すぎ)メキシコの首都メキシコシティーに近い中部プエブラ州を震源とするマグニチュード7.1の地震がありました。震源の深さは51キロと推定されています。
 この地震で、非常事態宣言が出されたメキシコシティーでは、少なくとも44の建物が倒壊するなど各地で建物の被害が相次ぎ、現地当局によりますと倒壊した建物の下敷きになるなどして、これまでに少なくとも217人が死亡しました。
 地震が起きたのは昼間だったことから崩れた学校やオフィスビルには多くの人がいたと見られ、軍やボランティアの人たちが夜を徹して救出作業に当たっています。
 倒壊した学校を視察したメキシコのペニャニエト大統領は、子ども20人以上と大人2人が死亡し、さらに30人以上が建物の下敷きになっているとして、救出に全力尽くすことを明らかにしました。
 一方、外務省によりますと、これまでのところ日本人が被害に遭ったという情報は入っていないということです。
 メキシコでは、ちょうど32年前の1985年9月19日にも大地震が起きて首都メキシコシティーを中心におよそ1万人が死亡しており、今回の地震の発生の数時間前には、追悼集会や避難訓練が行われていました。








横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)


韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】首相、衆院解散方針 疑惑隠しで大義なし 【琉球新報】2017.09.20
 〇森友、加計学園の疑惑隠しの大義なき解散と言われても仕方ない。
 安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭にも衆院を解散する意向を固め、与党幹部に伝えた。「10月10日公示、22日投開票」を軸に、最終判断する。
 本来なら憲法審査会で出席した憲法学者全員が違憲と断じた安保関連法、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」法など、この国の形を大きく変える重要法案の是非を問うために解散すべきだった。
 首相が解散に傾いた背景には、森友、加計学園問題で急落した内閣支持率が8月の内閣改造を経て回復傾向に転じたことがあるとされる。
 臨時国会が始まれば野党が真相究明を求め追及を強めることは必至だ。森友学園の国有地取得に関する会計検査院の調査報告や、加計学園の認可判断が10月下旬にも出る見通しであるため、問題が大きくなる前に解散した方がいいと判断したようだ。
 野党民進党も離党やスキャンダルで混乱し支持率回復に至っていない。今なら小池百合子東京都知事の「小池新党」の選挙準備が整わないという思惑も働いているようだ。
 首相は6月中旬までの通常国会で野党に森友、加計問題を追及されると、「共謀罪」法を参院法務委員会の採決を省いて「中間報告」と呼ばれる禁じ手を使って本会議の採決を強行して、会期末に閉会した。
 野党が求めてきた臨時国会召集を3カ月も拒み続けてきた。臨時国会の冒頭で解散となれば、疑惑追及の場が閉ざされてしまう。まさに党利党略ではないか。
 首相が「仕事人内閣」と名付けた内閣は、まだ結果を出していない。
 北朝鮮による6回目の核実験や弾道ミサイル発射の強行により朝鮮半島情勢が緊張する中で、政治の空白を招く。安倍政権は危機管理能力の高さをアピールしてきたはずだ。それでも解散する大義は何か。
 一方、沖縄にとっては引き続き、辺野古新基地建設の是非が主要な争点になる。
 2014年の衆院選は、米軍普天間飛行場の県内移設に反対し、翁長雄志知事を誕生させた「オール沖縄」勢力が県内4選挙区全てを制した。
 これに対し、県外移設の公約を破り、辺野古移設を認めた自民党議員は全員、選挙区で落選した。全国では自民が圧勝する中で、沖縄の民意が示された。しかし、小選挙区で落選した議員が全員、比例で救済され、復活当選した。現行選挙制度の欠点が浮き彫りになった。
 16年の参院選沖縄選挙区で、無所属新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏が初当選した。新基地建設反対を掲げての圧勝だった。
 選挙は民主主義の根幹だ。
 沖縄の民意を無視し、新基地建設を強行する安倍政権が改めて問われる。


【社説】[衆院解散と改憲]強引すぎる首相の手法 【沖縄タイムス】2017.09.20
 〇憲法改正論議が迷走している。その原因は、一にも二にも、時々の政治状況によって二転三転する安倍晋三首相の言動にある。
 歴代の総理で安倍氏ほど、憲法改正への強い意思を示し続けてきた首相はいない。
 内閣に改憲案を発議する権限はなく、現職の総理は憲法を尊重し擁護する義務を負っているにもかかわらず、改憲を「私の在任中に成し遂げたい」と公言してきた。
 だが、自民党内でも議論は深まっていない。
 自民党は12日、憲法改正推進本部の全体会議で、安倍氏が打ち出した改正案を取り上げ議論したが、意見はまとまらなかった。
 安倍氏は憲法記念日の5月3日、読売新聞のインタビューなどで、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と述べ、新たな改正案を示した。憲法9条の1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文化するという内容である。
 当初、安倍氏や側近は、秋の臨時国会で自民党の改憲案を各党に示し、来年の通常国会で発議という日程を描いていた。ところが、党内だけでなく公明党からも、議論がないまま結論を先に決めるやり方に異論が噴出した。
 局面打開を図るため安倍氏が出した結論は、野党の選挙準備が整わないうちに衆院を解散し、政権維持と改憲の二(に)兎(と)を同時に追う、という奇策だった。
 大義名分が何一つないにもかかわらず首相の政治的野心のために、再び有権者が振り回されることになったのだ。
■    ■
 昨年7月の参院選で安倍氏は、憲法改正を選挙公約の中に盛り込んだものの、演説ではほとんど触れなかった。 投開票直後の会見では「わが党の案(12年改憲案)をベースにしながらいかに3分の2を構築していくかが、まさに政治技術」だと強調した。かと思うと10月の国会では持論を封印し答弁を避けた。
 今年の憲法記念日で安倍氏は憲法審査会の頭越しに新たな改正案を公表、6月には臨時国会に改憲案を提出したいとの考えを明らかにしたが、都議選惨敗で一気にトーンダウン。内閣改造後の会見では「スケジュールありきではない」と弁解した。
 改憲意思だけがぎらつき、その時々の状況に対しては、ご都合主義というしかない対応を繰り返す。ころころ変わる首相発言に有権者は振り回されっぱなしだ。
 憲法改正の手続きを定めた96条を改正し、改憲の発議に必要な「3分の2以上」を「過半数」に緩和すべきだと主張したこともある。
■    ■
 まっとうな議論もせずに「政治技術」や「手練手管」「情報操作」で改憲を実現しようとする姿勢は、その後も基本的に変わっていない。
 自民党は解散・総選挙に向け公約づくりに着手したが、意見が割れている9条改正をどう盛り込むつもりなのか。
 安倍首相は25日に記者会見し、28日の臨時国会冒頭の衆院解散を正式に表明する方向だという。おそるべき国会軽視である。
 都議選敗北後に表明した「反省」は口先だけなのか。


【社説】[教育無償化] 看板掛け替えでは困る 【南日本新聞】2017.09.20
 〇教育無償化を柱に掲げた安倍政権の新たな看板政策「人づくり革命」の議論が始まった。
 親の経済状況による格差をなくし、意欲のある子どもに学びの機会を与える教育無償化の考え方には共感する人も多かろう。
 だが、巨額の財源をどうまかなうかが最大の課題であり、無償化の範囲や対象にもさまざまな意見がある。
 首相は臨時国会の冒頭にも衆院を解散する意向だ。選挙で有権者の目を引くための看板の掛け替えでは困る。財源を含めた具体的構想を国民に示すべきだ。
 人づくり革命は、長寿社会を迎えた日本で、どんな立場の人も、何歳になっても挑戦できる社会づくりを目指した政策だ。終身雇用が前提の「単線型」にとらわれず、自由に学び働ける「複線型」の人生設計を後押しする。
 狙いはいいとしても、安倍政権はこれまでにも「1億総活躍社会」や「働き方改革」などの看板政策を次々に打ち出しており、いずれも道半ばだ。
 高齢者の雇用や生涯教育などはそうした政策にも盛り込まれており、重複感もある。
 財源論が大きな問題になっていることも、過去の「看板政策」と共通する。
 教育無償化では、幼児教育・保育の財源として、「こども保険」の創設が検討されている。企業と従業員から保険料を徴収して子育て世帯に現金給付する仕組みだが、企業の負担が増えることに経済界からは反発の声が上がる。
 大学進学の負担軽減では、返済不要な給付型奨学金の拡充などが中心だ。低所得世帯の進学者にとって、奨学金制度の充実は悲願でもある。
 選挙を見据えて、消費税増税分で教育財源を拡充する案も飛び出した。財政再建とのバランスをどう取るのか、説明が必要だ。
 文部科学省の試算では、大学の無償化には年約3兆1000億円の追加財源が必要で、幼児教育などを含めると4兆円を超える。
 財源の裏付けなしに、国民に聞こえのいい政策を打ち出すことは許されまい。
 教育無償化は日本維新の会が憲法改正の項目に掲げている。安倍晋三首相が前のめりになる背景には、改憲実現で維新の会の協力を得たいという思惑も透ける。
 「人づくり革命」の方向性を議論する有識者会議は「人生100年時代構想会議」である。
 人生100年を展望した「人づくり」を本気で考えるのなら、中長期を見据えた責任ある論議が欠かせない。


【社説】[安保法成立2年] 冷静な議論今こそ必要 【南日本新聞】2017.09.20
 〇自衛隊の活動を飛躍的に拡大させた安全保障関連法の成立から2年となった。
 北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射など挑発行為を繰り返し、日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。
 見逃せないのは北朝鮮情勢に乗じるかのように、安保法の実績作りを重ねる政府の姿勢である。国民が知らぬ間に自衛隊と米軍の一体化が急速に進んでいる。
 まさに当初から懸念されていた事態が現実になりつつあるのではないか。
 今こそ憲法の平和主義の理念を踏まえ、安全保障政策や自衛隊の活動はどうあるべきかという冷静な議論が求められる。
 安保法は安倍政権が憲法解釈を一変させ、歴代内閣が禁じた集団的自衛権行使の容認や他国軍への後方支援拡大などを盛り込んだ。戦後の安保政策を大転換させ、憲法違反との批判は根強い。
 こうした中、安保法に基づく自衛隊の新任務が次々と運用段階に入っている。昨年は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊に「駆け付け警護」の任務を付与した。
 先週には、海上自衛隊の補給艦が日本海で北朝鮮の弾道ミサイル防衛(BMD)に当たる米イージス艦に洋上給油していることが分かった。5月には海自の護衛艦が米補給艦を守る「武器等防護」の実施に踏み込んだ。
 問題は自衛隊と米軍の動向や運用の実態が全く公表されていないことだ。
 これでは法の運用が妥当かどうか、情報を持たない国民は判断できない。軍事的な緊張が高まれば、自衛隊隊員だけでなく国民のリスクも増すことになろう。
 菅義偉官房長官は安保法について、会見で「日米協力は非常にスムーズに行われ、抑止力強化につながっている」と述べた。
 確かに北朝鮮の脅威は深刻であり、日米協力は重要である、だが、前のめりになるのは危うい。
 小野寺五典防衛相は北朝鮮によるグアムへの弾道ミサイル発射計画を巡り、集団的自衛権の行使が可能な「存立危機事態」に該当する可能性があるとした。海自のイージス艦によるミサイル迎撃は法的に可能という考えだろう。
 北朝鮮をけん制する意図があるにせよ、迎撃は技術的に難しかろう。こうした議論は安保法の拡大解釈につながり、歯止めがきかなくなる恐れがある。
 専守防衛の国是を逸脱しかねない安保法への疑念は大きい。憲法9条改正論議の前に問題点をきちんと整理することが欠かせない。


【社説】平壌宣言15年 不信の連鎖を繰り返すな 【西日本新聞】2017.09.20
 〇2002年9月17日、小泉純一郎首相(当時)が電撃的に北朝鮮を訪問し、金正日(キムジョンイル)朝鮮労働党総書記(同)と会談した。両首脳は日朝平壌宣言を発表し、国交正常化へ努力する姿勢を確認した。
 この会談から15年がたった。核・ミサイル開発に突き進む北朝鮮は、今や日本の安全保障上最大の脅威だ。拉致問題解決の糸口も見つからない。平壌宣言で示された「北東アジアの平和と安定」への機運はすっかりしぼんでいる。
 なぜ、こんなことになったのか。核・ミサイル開発や拉致問題に関する北朝鮮の不誠実で理不尽な態度が原因であるのは間違いない。だが失敗の要因を全て北朝鮮へ一方的に押し付けても教訓は得られない。どこを読み間違えたのか、日本側も検証が必要である。
 平壌宣言は「核問題の包括的解決のため国際的合意を順守する」「関係諸国間の対話を促進する」などとうたっている。この方向性に沿って6カ国協議が始まり、05年には共同声明が発表された。共同声明で北朝鮮は「全ての核兵器および核計画の放棄」を約束した。現在の北朝鮮からは考えられない融和的な姿勢である。
 北朝鮮の真意は読みづらいが、協議に関わった日本の元外交官は「この時点で核放棄の可能性はあった」と振り返る。しかしその後、北朝鮮は米国の金融制裁に態度を硬化させ、共同声明を無視して核保有へ進んだ。無論、合意を破った全責任は北朝鮮にあるが、不信が不信を呼び、負の連鎖に陥ったのが失敗の本質ではないか。
 北朝鮮は金正恩(キムジョンウン)委員長へと代替わりし、政権の意図はますます見えにくくなった。こういう環境では相手国との誤解が思わぬ危機に発展しやすい。北朝鮮が本当に何をしたいのか、それを探るためにも対話と交渉が必要となる。
 日朝平壌宣言は事実上死文化している。ただ前政権の外交の成果であり、北朝鮮も全否定はしにくいはずだ。平壌宣言を何らかの足場に使って、北朝鮮を国際的な対話に引き戻すことはできないか。知恵を絞ってみる価値はある。
  ★張本人は、安倍氏⁉ 今や、戦争でも仕掛けかねない勢いだ⁉ 勿論、トランプの威を借りて??? 戦争の御先棒を担ぐのか‼‼ 戦争犯罪人は、いらない。 その陣笠議員も、有害無益! 員数合わせだけの存在⁉ 利権目当て…







核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-09-19

9/19: 大義なき「自己都合」党利党略解散、容認し難い 動機もだが、その後トランプ・安倍が何をするかが更に大問題⁉ 戦争か平和か 市民、主権者が戦争を排除 投票で安倍・陣笠議員を不信任しよう

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・皇太子ご夫妻が国際会議へ 皇太子さまは英語で挨拶 9/19(火) 18:44
 ・車内の虫に気を取られ? 軽乗用車が路線バスと衝突 9/19(火) 18:42
 ・あすも汗ばむ陽気 洗濯も安心 今村涼子の「今天」 9/19(火) 18:36
 ・自立支援施設で女性死亡、 管理人の女を傷害致死容疑で逮捕 9/19(火) 19:10
 ・突然の“解散” 各党すっかり“選挙モード” 9/19(火) 18:57
 ・一気に選挙モード、解散総選挙へ各党の状況は? 9/19(火) 18:56   ★市民派の立候補は、今回も準備不足⁉か
 ・女子高生に待ちぶせ繰り返す 33歳男逮捕 9/19(火) 12:25
 ・韓国に報復招かない軍事的選択肢も~米長官 9/19(火) 12:15   ★それは、ウソ! 文大統領、戦争拒否! 廃墟必至。 
 ・「人づくり解散」教育・子育て支援争点に 9/19(火) 12:05   ★笑止‼‼ 非正規・格差も、残業代不払いも、家庭から母を追い出しも、安倍自民らのお手柄
 ・台風で大きな爪痕 全国で3人が行方不明 9/19(火) 11:55
 ・米大統領が国連改革訴え 事務総長も認める 9/19(火) 10:45  ★悪態ついて、 分担金、減らしたい⁉程度

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月19日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 台風一過     誕生日の花 オミナエシ  花言葉  はかない恋 親切 9/19
 〇ラジオ深夜便から

 台風一過、晴れていたのでスーパーまで 食品の補給のため 出かける。
 帰ってきたら 竜巻注意報のテロップが流れる・・・ まだまだ 空は安定してないようだ。

 柿の色付きが 鮮やかだ。捥いで 焼酎さわし と考えたが、竜巻のこともあるので、後日とする・・・
 生協の宅配を待っています・・・・

 カテゴリなしの他の記事
  敬老の日
  秋だ
  秋雨
  秋場所
  通院


 今日のトピックス Blog9/18: 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院小委員長&トランプ大統領「ロケットマン」呼ばわり  却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメ。 爾後は、核兵器禁止、戦争放棄服用を


「護憲+」: 憲法論議に対案は必要ない 9/18 (パンドラ)
 〇安倍内閣は少し支持率が回復したのを機に、また「改憲」について言及し始めた。

 上智大学の中野昇一教授が週刊金曜日の9月1日号で、野党は「【対案を】という改憲議論に乗るな」という興味深い論考を載せているので紹介したい。

 中野氏は、『今の改憲勢力は、反対する勢力を分断する事に重きを置き、「ただ反対というのではなく対案を持ち寄って欲しい」という改憲議論に乗せようとしている』と言っている。

 民進党の中にもこの揺さぶりに乗ろうとする勢力がいる事は否めない。

 中野氏は更に、『憲法とは「憲法典」と「憲法体制」を指すと述べている。憲法典は「日本国憲法」という文章である。しかし憲法は、解釈や、学説、判例、国際条約など全て含めて憲法体制として機能している。
 ところが、現行の憲法議論は「憲法典」をいじる事しか眼中にない。「憲法典をいじれば「憲法体制が確立する」という議論は幼稚だ』と言い、
 『安倍首相が言う「戦後レジームからの脱却」は憲法典を足掛かりに戦後の憲法体制(レジーム)を破壊しようとしている』と述べている。

 氏の言説とは対照的に、『憲法典を国民の意志と意識で、国民投票に掛けてきちんと決めるべき』という意見もある。いわゆる、「国民投票」を国民の手で成し遂げ、取り戻そうという意見だ。

 私には迷いがある。都知事選は野党勢力の作戦のまずさがあったとは言え、続く都議会選挙はどうだったか。一時的なものとはいえ、小池百合子と都民ファーストの会に対する熱狂を思うと心もとない。

 今の社会には憲法に対して無関心だったり、不満、鬱憤を感じている人達がいる。その人達を「中間無党派層」と名付けるならば、安倍内閣を批判する人達が中間無党派層まで拡がり、支持率を下げた事実が示すように、中間無党派層の中にある欲求や不満、改革を希求する声に耳を傾ける事が必要ではないか。そのために野党共闘で国会の勢力を少しでも増やして欲しい。

 国民の生活は苦しい。長時間拘束される割には増えない年収。国民が一生懸命働き納めた税金はどこへ消えたのだろう。消費税は福祉に使われるはずではなかったか。若者達は労働待遇の不備で結婚も出来ない。少子化なんて解消される訳がない。

 憲法典をいじる事よりも、その不満、諦めに答えようとする政党を国民は待望している。野党は【対案】を出す事に拘るより、もう一度国民の声に耳を傾けて欲しい。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: でんでんの私利私欲解散に「×」。 9/18
 「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議 9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


 〇アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

 あからさまな疑惑隠し、権利の乱用、私利私欲解散だ。

 もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

 しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

 国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。



イシャジャの呟き: 敬老の日  ☂  誕生日の花  ゲンノショウコ   花言葉  心の強さ 9/18
 〇ラジオ深夜便から

 台風18号は、今朝7時前秋田沖を通過したが、暴風はまだ続き、周囲の木々を大きく揺らしています。

 雑草園、唯一の果実、タワワに実った柿の枝も大きく揺れていますが、落下しないで頑張っています。
 渋柿と思って、いたが 熟して 蜂が食いついているものもあり 早めにもぎ取って 焼酎でさわすことにしよう。

 ゴミ出しの日だが、昨夕出しておいたので、今朝は 暴風の中出歩かなくてもよく助かった。今日は敬老会だが、敬老の品も昨日届いた。傘寿に当たるとのことで、杖が届いた、鳩杖 ?と思いきや 今風のものでした。
 杖を頼りに、買い物に行こう ?

 台風が去ったと思いきや、外遊から帰ったと思ったら 解散風を吹かした、どこやらの、草履がいるらしい。
 〇〇小学校、〇〇獣医学部問題を、消去しようとする算段だろう、許せない 面々だ


 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog9/17: 首相“国会冒頭に衆院解散”意向… 安倍、トランプは、制裁の先、戦争を目指す⁉ 主権者は、戦争の選択肢を奪え 投票行動で、NON!と &戦争法制と格差解消、脱原発 平和を目指す
  ★朝鮮半島危機、或いは、東アジアの危機である。その一員、日本の主権者として、戦争か平和か、単純に選べばよい。それが、憲法上の課題だ。しかも、安倍氏、安倍政権から、選択を迫られている。安倍政権を信任するかどうか、と。 今、安倍は、何をしようとしているか、見極めることが肝要だ。東アジアを、その実態、危険を。戦争なら戦争、どうするのか? 平和なら平和、どう築くのか?その構想と、選択した結果(想像力、構想力含め)見ながら、投票行動、或いは、意思表明、twitterであれ、何であれ、主張、説得することが求められている。


「護憲+」: 国民をバカにしている安倍政権ー空気を換えよう! 9/17 (tetsujinn)
 〇安倍と彼を操っている一味は探偵さんの仰っていることは重々承知の上で、あえて国民に不安を煽って軍備の増強を狙っているとしか思えません。

 即ち支持率の回復状況や、「共産党との共闘はやらない」などと高言するヘタレ民進党の現状を見て、ますます「敵はいない」「やりたい放題をやれる」と国民をバカにしているのでしょう。

 先の大戦の過ちをしっかり反省していない官僚の末裔たちが、まともな教育を受けていない若者たちを煽って「敗戦前の日本を取り戻す」などと有頂天になっているのです。

 「だまされる国民が悪い」とばかり言っておれません。困難な活動ですが、何とかホイッスルを吹いている人たちに協力して空気を換えたいものです。

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


「護憲+」: どさくさ紛れ解散総選挙か! 9/17 (流水)
 〇今朝(9/17)のNHKニュースで、安倍首相が臨時国会冒頭解散する決意をしたと報じた。サンデーモーニングで田中秀征も「この流れはもう止まらない」と語っていた。

 「あれだけ北朝鮮危機を煽っておいて、解散総選挙かよ?」「全国の学校で戦時中そのままの防空訓練をしろと強制しておいて、選挙かよ?」「アラート少年よろしく、上空700kmを通るミサイルにけたたましく警報を鳴らしておいて、選挙かよ?」

 文句を言えば、いくらでもある。

 何度も指摘するが、安倍政権(自民党政権)の脳裏にあるのは、権力保持だけ。そのために、利用できるものは何でも利用する。北朝鮮危機はその絶好の材料だ。危機を煽れるだけ煽り、国民を恐怖に陥れ、国民が恐怖のために思考停止の状態になってくれれば最高と考えていた。

 官邸の思惑通り、内閣支持率が多少回復。森友・加計問題追及もめっきり報道が少なくなった。それどころか、多くのメディアは、まるで従軍記者気取りの報道に狂奔している。

 多くの国民は、森友・加計どころではない。本当に戦争になるのではないか、と恐れている。危機になればなるほど、国民は政府を頼るものだ。これで、選挙に勝てば、森友・加計問題もチャラになる。選挙に勝ったら俺様に逆らったやつは徹底的に締め上げてやる。覚悟しておけ、というわけだ。

 ナチス・ドイツのゲーリングは「もちろん国民は戦争を望んではいない。なぜ畑にいる貧しいまぬけが、自分の命を戦争にさらそうなどと望むだろう?だが、結局、政策を決定するのは国家指導者だ。国民はいつでも指導者達の命令に従わせることができる。連中に、我々は攻撃されているのだと言って、平和主義者は愛国心に欠けると非難するだけで良いのだ。これはどこの国でも同様に機能する。」と語っている。

 麻生太郎が言う「ナチスドイツに学べ」とは、こういう事態を指す。

 今回の「どさくさ紛れ解散」「犯罪隠し解散」を見れば、北朝鮮危機など本当に存在するのかと言う事を疑わなければならない。何度も書いて恐縮だが、かなりの確率で「出来レース」だと疑わざるを得ない。本当に国家存立の危機ならば、大義名分のない解散総選挙などで政治の空白をつくる暇などない。「出来レース」でなく、本当に差し迫った危機が存在するのなら、解散・総選挙などしている余裕などないはずである。

 こう見てくると、安倍政権は、本当に骨の髄まで反国民的政権・反民主的ファッショ政権だと断定せざるを得ない。

 何をどうボヤいてみても選挙はある。とにかく、野党共闘を実現し、選挙に全力投球する以外この暴政を止める手段はない。

 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


「護憲+」: 北のミサイル発射に頓珍漢な対応の安倍首相 9/17 (名無しの探偵)
 〇北朝鮮のミサイル発射は今に始まったことではない。しかし、これに対する安倍首相の対応は、いつも初めてミサイル(攻撃?)を受けたような憤りを示す頓珍漢な答えに終始している。

 日米同盟の下で100パーセント一致した協力体制と、国際社会への働きかけで、さらる圧力をかけていくという。北朝鮮と話し合いで事を解決する政治的な動きは全くない。

 結論を先に言うと、核武装している国に対し軍事的対応一辺倒では、日本が危ないだけである。世界一の軍事大国の「核の傘の下に」あるので大丈夫というのは、素人的でなんの説得力も持たない意見にすぎない。

 日・米・韓と北朝鮮が再び戦火にまみえるときは、日本列島と韓国が最初の戦場になることは予測できる。(そのためのミサイル発射である。)また、一旦核戦争を始めたら地球自体が持たない

 こういう簡単な理屈が理解できないのが、今の日本の政治的指導者であり、それに票を投じてきた大多数の日本国民である。

 恐怖を通り越して、滑稽でもある。(こちらは老い先短い身なので。)

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


 今日のトピックス Blog9/16: 首相、年内解散を検討 最短で今月末⁉ 火事場泥棒の如く、品性下劣は仕方がない 核・戦争か平和か 脱原発、格差解消、戦争法等悪法、悉く廃止! 主権者の連帯、平和への結集、今こそ



「護憲+」: 北朝鮮危機再考 9/16 (流水)
 〇早朝から、Jアラートが鳴った。朝から脅された県の人はいい迷惑だったに相違ない。羽鳥のモーニングショウで長嶋一茂が「通勤中だったらどうするんだ」と叫んでいたが、見え見えの危機を煽るやり口にかなりの人が怒りを隠せないでいた。

 事実、ミサイルなどの軍事専門家は、日本を標的にしたミサイルと上空を飛ぶミサイルとでは、軌道も違うし、発射角度も違うと指摘。その数値をJアラートに組み込めば、今回のように馬鹿馬鹿しい騒ぎをすることはないと指摘していた。

 そもそも、日本を標的にしたミサイルなら、撃ち落とすというのが、日本の基本戦略だったはず。それを可能にするのが、撃たれたミサイルの軌道計算。それができないというのなら、撃ち落とせない装置に大金を払ったのかという責任問題になる。

 要するに、Jアラートの警報音は、国民を戦争の恐怖に陥れ、パニックを起こさせ、国民の冷静な判断力を奪い、政府の言いなりにする「魔法の音」なのだ。安倍内閣にとっては、「内政の危機」を「外交の危機」にすり替えて、支持率を回復する決め手なのだ。

 このような視点を忘れたTVの大騒ぎは、日本のメディアの度し難い退廃を示している。

 名無しの探偵さんが指摘されているように、安倍首相の危機を煽る言動は常軌を逸している。トランプの尻を叩いて、さらなる強硬な措置を促したいに違いない。日本や日本国民にとっての真の危機は、安倍首相個人の資質と判断力にあるといって過言ではない。そもそも安倍首相が現在の北朝鮮問題の歴史的経緯をきちんと認識しているかどうか極めて疑問である。

 安倍首相がどうあれ、わたしたちが正確で冷静な北朝鮮危機の認識を行うためには、北朝鮮問題の歴史的経緯をある程度把握しておかねばならない。

 〇朝鮮戦争休戦協定遵守の問題。

 わたしたちは、現在の朝鮮半島が「休戦状態」であることは知っている。38度線(軍事境界線)をおおよその境界として、南北朝鮮に分かれている。ところが、多くの日本人は、なぜ未だに朝鮮戦争が「休戦状態」のままなのか、という真の理由は知らない。

 作家山田順は、「そもそも朝鮮戦争が終わらないのは、アメリカが1953年の「休戦協定」を破っていることが根本原因である。 」と指摘する。
またもミサイル発射も、朝鮮戦争「休戦協定」違反はアメリカ。「あらゆる選択肢」などない。 山田順  | 作家、ジャーナリスト、出版プロデューサー 9/15(金)

 彼がこのように指摘するのには、理由がある。

 「朝鮮休戦協定第60項」に「朝鮮問題の平和的解決を確保するため、双方の軍司令官は、双方の関係国の政府に対して、休戦協定が署名され、効力を生じた後3ケ月以内に、これらの国の政府がそれぞれ任命する代表により一層高級な政治会談を開催してすべての外国軍隊の朝鮮からの撤退、朝鮮問題の平和的解決その他の諸問題を交渉により解決するよう勧告する」という文章がある。

 ところが、米国は、この3ケ月以内の政治会談をサボタージュし続けたのである。理由は明白。すべての外国軍隊の撤退要項に、在韓米軍が抵触する。そのため、停戦協定調印後1ケ月もたたない8月8日「米韓相互防衛条約」に調印していたからである。

 米韓両国の一国が侵略された場合には共同で対応し、米軍の南朝鮮駐留を認める、とする内容。この防衛条約は、米国の南朝鮮永久占領を現実化していた。この結果、未だに朝鮮半島は、「休戦状態」のまま放置され、現在の危機に象徴されるような緊張状況が続いたのである。

 もし、休戦協定に書かれている会議が招集されたら、北朝鮮は必ずこの問題を持ち出し、米国の非を責め立てるだろう。米国がそれを甘んじて受け入れるなら、この会談は成功するだろうが、現在の米国を見ればそれは難しい。つまり、現在の北朝鮮危機の淵源は、米国の覇権主義的思考にある、ということである。

 〇北朝鮮の核開発は、すべて北朝鮮の責任か。

 1994年に北朝鮮の核開発を止める「枠組み合意」が米朝の間で結ばれた事を記憶している日本人は少ないだろう。評論家と称される連中も、現在のような北朝鮮の核開発が推進される要因になったこの合意について語らない。

 Independent紙によればこの合意の内容は、以下のようになる。
 ・・・・
 1994年の合意では、北朝鮮は米国との政治経済関係の完全正常化と引き換えに“核開発計画”を凍結、最終的に廃止することを同意した。
 この事は以下の四つの条件を意味していた。
 1. 原子力の喪失を補う→米国が率いるコンソーシアムが、2003年までに北朝鮮に二基の軽水炉を建設する。
 2. 2003年まで、米国は、年間5000,000トンの重油を提供する
 3. 米国は北朝鮮をテロ支援国家から外し、経済制裁を解除、1953年の休戦協定に記載されている政治関係の正常化を図る
 4. 双方が“核兵器使用の脅威”に対する“正式な保証をすること”
 ・・・・

 現在ほとんど語られることはないが、この協定はよくできている。北朝鮮側は「体制の保証」といくばくかの経済的利益を得、米国は、あらゆる核施設を監視でき、核開発を制御できる。基本的には、WINWINの関係のはずだった。

 では、なぜ失敗したか。アメリカが協定を守らなかったからである。軽水炉は基礎段階以上には進まなかった。重油供給もまれになった。それに比べ、北朝鮮は、協定をよく遵守した。先のIndependent紙によれば、“米国も国際原子力機関”北朝鮮による“枠組み合意”のあらゆる点で根本的な違反はないということになる。単純に北朝鮮は約束を守り、米国は守らなかった、という話である。

 以上の論は、下のブログを参照してまとめた。
 “トランプが北朝鮮と戦争を始めない理由”

 ◎現在問題になっている二点。①なぜ、未だに休戦状態なのか。②なぜ、北朝鮮は核開発をやめないのか、を子細に検討すると、双方とも、米国の責任が浮かび上がってきた。

 これは、米国が絡む国際問題の常識だが、“悪の象徴”とされた国家、個人などが本当に“悪”だったのか、ということをまず疑わなければならない。イラクのフセイン、リビアのカダフィ、シリアのアサド等々。枚挙に暇がない。

 一言でいえば、米国が敵と認定した国家、個人には、ありとあらゆるメディアを使い、「濡れ衣」を着せて排除する、というのがアメリカの常套手段。現在進行形の“濡れ衣作戦”の標的は、北朝鮮の金正恩であり、ロシアのプーチン大統領。忘れてならないのは、田中角栄と小沢一郎両名も、この「濡れ衣作戦」の標的にされた。わたしたちは、まずこの事を念頭に置いて、問題を考えなければならない。

 現在、日本のメディアは、北朝鮮・金正恩「悪党説」で一致している。安倍政権の圧力一辺倒政策を支持し、まるで、戦争前夜の大騒ぎである。

 しかし、かって、「話し合い」が成立した時もあったのである。これは、話し合いは決して不可能ではない、と言う事を証明している。問題は、説明したように、米国政府が真摯に協定を履行しなかった点にある。そして、その裏切りから、北朝鮮政府が徹底的に学んでいる点である。

 北朝鮮は、力(核兵器保有)なしに話し合いを行っても、米国は平気で反故にする。リビアのカダフィもイラクのフセインも核兵器を持たない事を米国と約束し、約束を履行したのに殺された。北朝鮮との1994年の約束も守らなかった。だから、米国に約束を守らせるのは、力だけだ、と認識している。この不信感はちょっとやそっとでは解消しない。

 以前から、何度も指摘しているが、米国という国は、「弱い者いじめ」が国策。北朝鮮の反撃能力がなければとっくの昔に攻撃されている。アフガンしかり、イラクしかり、リビアしかり。これらの国は、徹底的に破壊された。

 しかし、反撃能力の高い相手には、常に苦戦している。(朝鮮戦争、ベトナム戦争が代表) 戦後一番多く戦争を行い、世界で一番人を殺したのも米国。そのため、世界中から恨みを買っている。北朝鮮の疑念も理由があるのである。

 ◎では、米国(トランプ大統領)は、北朝鮮を攻撃するか
 まず、米国から攻撃する筝はない。理由は単純。
 1. シリア・ロシア・北朝鮮の三正面作戦を遂行できない。
 2. 北朝鮮と戦うには、かなりの数の地上軍が必要。それがない。
 3. 北朝鮮の戦いの戦略的メリットなし。→韓国軍は米軍の支配下。経済・金融体制も欧米体制に組み込まれている。(中露を包囲し、戦うために必要な兵器システムを配備する重要拠点→日本も同様)
 4. アジアの外交政策を担っている軍の将軍たちは、何をするかわからないトランプの性格的欠陥をうまく利用し、中ロを引き込み、北朝鮮との対立を自国の戦略的立場の強化に利用している。

 ●今回の北朝鮮危機を利用した本当の米国の狙い→日韓両国の「核武装化」ではないか?

 評論家田中宇は、「北朝鮮と日本の核武装」の中でぎょっとするような記事を書いている。

 ・・・
 9月4日には、大手紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説欄に、日本人の多くをぎょっとさせる提案が掲載された。「トランプは日本の核武装を望んでいるか」と題し、日本が自前の核兵器を持つ可能性が増していると指摘している。筆者は、タカ派の定期コラムニストで国際政治学者のウォルター・ラッセル・ミードだ。この論文で、私が重要と思ったのは以下の点だ。

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説: Does Trump Want a Nuclear Japan?

 「北の核ミサイル危機を機に、日本の支配層は、独自の核武装をしたいと考える傾向を強めている」「核武装すれば、対米自立した大国になれる。日本の保守派は、そうなりたいと考えている」「一般の日本人は従来、核武装に対して深く懐疑的だったが、北のミサイルの脅威の拡大を受け、考えを変える人が増えている」

 「日本が核武装すると、韓国や台湾も核武装する。日本はこっそり台湾(や韓国)の核武装を支援する」

 「日本の核武装に対する米政府内の意見は分裂している。日本の核武装を阻止した方が米国の覇権を維持できると考える人と、日本が核武装し、つられて韓国や台湾も核武装した方が、中国の台頭を抑止できるし、日韓から米軍が撤退できて防衛費を節約できるので好ましいと考える人がいる。トランプ自身は後者だ。覇権維持に対する米国民の支持も疑わしくなっている」

 「北の核ミサイルの出現は、米国に、北との戦争か、アジア覇権の放棄か、どちらかを選ぶことを強制している」
 ・・・

北朝鮮と日本の核武装  2017年9月10日   田中 宇

 この記事は、現在の世界情勢、日本の立ち位置などを理解するのに非常に役立つ。

 米国の覇権力の後退が、「米国ファースト」というトランプ大統領を生み出した。トランプ大統領は、辞任した側近バノンの戦略通り、世界の警察を辞め、覇権を縮小し、文字通り「米国ファースト」の政策を行おうとしていた。当然ながら、世界の警察役を務めることで、莫大な利益を得ていた軍産複合体の利害と激しく対立。トランプ政権の混乱は、米国の覇権力の後退局面での国内の覇権争いの側面が大きい。

 ロシアとの融和を目指したトランプ流外交も、軍産複合体の影響が強い議会やCIAなどの諜報機関が主張するロシアゲート疑惑で頓座。ロシアとの関係がきわめて憂慮される状況である。

 米メディアの政権批判は、日本メディアよりはるかに健全だが、同時に軍産複合体の利益代弁者としての側面も見落としてはならない。特に、ロシア批判の異常さは、ネオコン連中のロシア戦略と軌を一にしており、きわめて危険性が高い。

 このような状況下での北朝鮮危機なのだから、トランプの強硬発言もかなり割り引いて考えるのが至当。できうれば、韓国も日本も核武装し、対米自立を果たしてもらえば米国は手を引けると考えているだろう。米国覇権力の後退局面ならではの発想である。 

 ※ここで注意しておかねばならないのは、「米国の核の傘にいる戦略」=「米国隷従政策」は、日本の官僚機構の方針でもある。過去、日本は、国内世論が反対の政策を米国の圧力を理由に、政策変更してきた。これは米国の「核の傘」で守ってもらっているのだから、米国の言う事を聞かなければならない、という理屈で、国内政治家たちを抑えてきた官僚たちの知恵である。

 それに対して、「核武装」論は、日本自立論とリンク。同時に、政治家主導の政策である。つまり、「核武装論」VS「米国の核の傘論」は、「政治主導」VS「官僚主導」の構図である事を知っておかねばならない。

 つまり、今回の北朝鮮危機は、世界の「戦後レジーム」の変換点で起きており、それは日本の戦後体制の変換点でもあるという認識が必要である。

 ◇護憲派やリベラル派は、これらの流れを読み込んで、きちんと対峙できる主張を再構築すべき。⇒例えば、今回の北朝鮮危機を考えたとき、「米軍基地」の存在自体が日本の存立危機をもたらしていると言う事。軍事力や核兵器が平和をもたらすのではなく、トランプ大統領や金正恩個人への不安が象徴するように、それを使う人間の理性が平和をもたらすのだという単純な事実を確認しなければならない。

 ◆日本の安倍政権の方針⇒きわめて危険
 (1)北朝鮮危機は、絶好のチャンス→支持率回復・政権浮揚の大チャンス⇒危機を煽れるだけ煽る⇒国民をパニックに落とし込む⇒国民を思考停止状態にする⇒政府に頼るしかないという状況にする⇒森友・加計問題追及を忘れさせる⇒国家的危機を理由にメディア支配を強める(※すでに北朝鮮ミサイル発射時の放送は、戦時色いっぱい)

 (2)北朝鮮危機対応を理由に防衛予算を拡大。⇒来年度防衛費は、8兆円を超えるだろう⇒米軍産複合体の高笑いが聞こえる。⇒その反面、医療・年金などの社会福祉予算の削減は、高齢者など弱者を直撃している。

 (3)北朝鮮危機をできるだけ引き延ばす必要がある。⇒、おそらくトランプ大統領の尻を叩いて、できるだけ北朝鮮を刺激する強硬方針を打ち出させ、北朝鮮のさらなる反発を引き出そうとしている。⇒この道は、非常に危険な道=米国・北朝鮮双方の不測な事態を招く危険性がある。※特に、トランプ大統領の性格。

 (4)安倍政権はそれでも良いと考えているふしがある。⇒※ 名無しの探偵さんが危惧されているように、安倍政権には、何をどうしたいという本当の意味での権力保持の理由がない。政権維持が至上命題。権力保持のためなら、戦争もいとわない、というのが安倍政権である。この危険な性格を国民がどう見抜くかが今後の日本の運命を決める。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/15: 小野寺防衛相、北朝鮮 弾道ミサイル「グアムまで届く」  日米、どうする⁉ 無駄に市民を不安に陥れるJアラート、止めよ 更に核戦争、戦争の覚悟を問う! 核持ち合い、仮想敵など有り得ない


「護憲+」: 北朝鮮の脅しは危険な領域に達した 9/15 (名無しの探偵)
 〇14日の朝鮮中央通信によると、
 『北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は、13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し、「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。(以下略)』
 とのことである。

 こうした危険な北朝鮮の威嚇であるが、先日の「流水さんの冷静な分析」もおそらく当たっているように思えるふしがあり、この威嚇が実際の交戦権の発動を直ちに意味するものではないと解される。

 しかし、北朝鮮の歴史的な成り立ちを考慮すれば、現在の国際情勢だけで判断するのは妥当性を欠く。なぜなら、北朝鮮という国は旧ソ連が急造した国家であり、金日成はアジア系のソ連人だったのである。

 そうだとすると、(国際政治の常識でもあるが)朝鮮戦争は終了しておらず、現在は停戦状態のままであり、その意味で「冷戦構造」は北朝鮮とアメリカ、それに韓国との間では凍結状態にあると観なければなるまい。

 ここで思い起こされるのは、旧ソ連とアメリカとの間で核戦争の一触即発の状況を招いた「キューバ危機」である。

 アメリカは、第二次世界大戦後もアメリカ大企業を通じてキューバの植民地支配を継続し、特に大土地所有による小作農などの支配は、キューバ国民の解放意識を高めていた。その結果「キューバ革命」が起こったのである。
 
 この革命はアメリカ政府の共産主義への危機感を招き、キューバの革命政府を潰す政策が発動される。そして、このタイミングとあわせ、ソ連の軍事介入があり、核戦争の一触即発状態になったわけである。(とはいえ、ソ連は軍隊の派遣ではなくミサイルの配備を革命政府に融通しただけであるが。)

 この核戦争の危機に際して、ソ連の党首フルシチョフとアメリカ大統領のケネディとの間のホットラインで、核戦争の危機は回避された。危ない状況だった。

 この歴史的な状況と、現在の北朝鮮対米・日・韓の有事情勢は、類似しているとも言えるのではないか。軍事的な衝突になれば東アジアの平和どころか、全世界に及ぶ核戦争に直結する危機的な情勢である。

 確かに、流水さんの分析のように、金正恩はアメリカの軍産複合体と通じている側面もあるにしても、究極的にはアメリカ政府と北朝鮮の軍事的衝突に至らない「話し合い」による決着が、多分落としどころになると予想できる。

 しかし日本の安倍政権は、こうしたアメリカと北朝鮮の思惑を超えて、終始、軍事的衝突しか残されていないような外交を取り続けてきた。これは非常に危ない外交であり、安倍首相は「キューバ危機」の教訓すらもきちんと理解できていないのではないか。(知性が低すぎる懸念もある。)

 アメリカも最期には軍事的衝突を回避する意図で、現在の対北朝鮮外交を取っているのに、そうした意図も理解できない安倍政権が暴走すると、北朝鮮の脅しがリアルに実行される危険も大きいのである。

 安倍が北朝鮮と本格的な軍事衝突も辞さないという首相であるなら、日本と日本国民は崖プチに立たされていると言えるのではないだろうか。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: 「×」 ミサイル発射は圧力では防げない。 9/15
 「×」 北ミサイル 安倍晋三首相が北朝鮮を強く非難「断じて容認できない」「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない」 9/15(金) 9:56配信 産経新聞

 安倍晋三首相は15日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「先の国連安全保障理事会決議で示された国際社会の一致した平和的解決への強い意思をふみにじり、再びこのような暴挙を行ったことは断じて容認できない」と強く非難した。また、「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない。そのことを北朝鮮に理解させなければならない」と強調した。

 首相官邸で記者団に語った。首相は同日午前9時頃、訪問先のインドから政府専用機で羽田空港に到着した後、官邸入りした。

 首相は「いまこそ国際社会の団結が求められている」とも述べ、国際社会に安保理決議の完全履行を呼びかけた。

 〇今朝、北朝鮮がミサイルを発射したが、またしてもテレビは大騒ぎで、NHKは「ひよっこ」の放送を中止するし、上陸が迫る台風18号の情報も見ることができなかった。

 Jアラートも流されたが、国民の不安を掻き立てるだけで、避難には何の役にも立たないことを証明した。

 それにしても、アベでんでんは「断じて容認できない」と繰り返すだけで、具体的には何の効果も上げることはできない。

 まるで「一日も早く解決する」と繰り返すだけで一向に解決できない、拉致問題とそっくりだ。

 また、今回「この道を進めば明るい未来はない」と発言したが、でんでんが「この道しかない」といって推進したアベノミクスは、我々に明るい未来を実現してくれたのか。

 同じような言葉ばかりを繰り返すだけで、国民のためには何もやらない口先内閣は願い下げだ。

 それにしても、長嶋一茂面白い。良く言った。



 今日のトピックス Blog9/14: 安倍に似合わぬ!人づくり革命、国民保護、「働き方改革」??? 平和的生存権どう護るか⁉ 空襲被害も不知 補償法も不用意! 首相公邸泊時には、地下、堅固な建物内に、避難せよ、とでも


今日の「○」と「×」:  「×」 のんきにゴルフなんかしている場合か!! 9/14
 「×」 日米首脳、ゴルフ「再戦」で調整=11月のトランプ氏来日時 9/14(木) 15:55配信 時事通信

 日米両政府が11月上旬で調整しているトランプ米大統領の初来日の際、安倍晋三首相とトランプ氏がゴルフをする方向で検討していることが14日、分かった。

 トランプ氏はプロゴルファーの松山英樹選手とも一緒にラウンドしたいと希望しており、松山選手も参加できないか調整する。

 両首脳は2月の首相訪米時、フロリダ州パームビーチで27ホールを一緒に回った。首相は「長時間の首脳会談以上に信頼関係構築に有益だった」と周囲に語っており、北朝鮮情勢が緊迫する中、「ゴルフ外交」で再び結束を確認したい考えだ。

 2月にプレーした際はプロゴルファーのアーニー・エルス選手も同伴した。関係者によると、トランプ氏はその際、「マツヤマはいい選手だ。今度、日本でプレーする時は彼を呼んでほしい」と首相にリクエストしたという。

 〇北朝鮮危機を煽っている張本人の二人が、11月に日本でゴルフをする計画とは、まったく脳天気にもほどがある

 国民には、何の効果もない地面で頭を抱える訓練をさせておいて、自分たちはのんびりゴルフとは一体何を考えているのか。

 いや、本当は何も考えていないのだろう。

 北朝鮮のミサイル危機が本物ならば、もっと真剣に交渉するべきなのに、本当に腹立たしい。

 松山もアベでんでんなんかとゴルフをしても、評判を下げるだけだから、絶対に断って欲しい

 これから世界のトップを目指そうという時に、落ち目のでんでんなんかに関わって、ヘタが移ったり運が下がったりしては大変だから、自分のゴルフに集中してもらいたい。


 今日のトピックス Blog9/13: 日本、教育公的支出また最下位 14年のOECD調査 日本は3.2% 教育支出の多くが家計負担 米百俵は疎か革命とは 騙り、笑止千万‼‼ 水爆なくとも 確実に貧困化・人口減少、没する国に⁉


「護憲+」: 「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第二次)」と「ホットラインの開設」  9/13 (笹井明子)
 〇「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は、9月13日から、「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」と、「税務職員ほか向けホットラインの開設」をスタートしました。(私も引き続き呼び掛け人に参加させていただいています。)

 これは、先月行った「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第一次)」の締め切り後も、「ニュースで知った」、「続けてほしい」という声が多数寄せられていること、また前回署名の際に自営業者、事業者や、税理士、税務職員、財務省OBの方々などから、税務に関する体験を交えた意見、怒りの声が多く寄せられたことに対応するものです。

 北朝鮮のミサイル発射、核開発などのニュースに隠れて、政権内には「もりかけ問題」は、このまま幕引きを図れるのではないかと期待する向きもあるようですが、国民の暮らしの基盤である政治の私物化や歪み、行政の不公正を放置したままで、私たちの安全・安心は成り立ちません。

 前回署名を終えた方は今回は署名していただけず、ホットラインの参加対象は限定されていますが、周囲の方にお声掛けをしていただくなど、新たな運動の成功に是非ご協力いただくよう、よろしくお願いいたします。

 ===
 ☆「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」☆

 ■趣旨:
 国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に「憲法15条2項に定められた『公務員の適格性』を著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直ちに罷免すること」を申し入れるというものです。

 ■集約日:10月12日(木)
 ■署名方法:(すでに署名を済ませた方は繰り返して署名はできません。)
 次のいずれかでお送りください。
  *用紙による署名: 署名用紙はこちら → http://bit.ly/2ub1F8W
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力
  *ネット署名: 入力フォームはこちら → http://bit.ly/2uCtQkK
    ネット署名に添えられたメッセージはこちらでご覧いただけます。→ http://bit.ly/2h5AR94
 ■お問い合わせ:
   Eメール:moritomosimin@yahoo.co.jp 
 お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へ。

 ===
 ☆「異議あり! 佐川国税庁長官 ご意見受付ホットライン」☆

 ■趣旨:
 税務と関わりの深い税務職員、税理士、公務員、事業者の皆様からご意見、情報を受け付ける「ホットライン」です。随時まとめて、財務省、国税庁に提出すると同時に、報道機関、ネット上でも公開する予定です。(個人情報は非公開。)

 ■投稿方法:
 *専用書き込み(フォーマット)サイト→ http://bit.ly/2wEs1Dl
 *お手紙:
  「ご意見・情報記入用紙」のダウンロードURL→ http://bit.ly/2wGJevF
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力宛
 *ネット公開はこちらで閲覧いただけます。→ http://bit.ly/2x7Id2X 
 ■お問い合わせ:
 Eメール: morikakesimin@yahoo.co.jp
 電話でのお問い合わせは、070-4326-2199(10時~20時)まで。
 ====

 詳しくはを「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」HPご覧ください。

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


イシャジャの呟き: 秋だ  ☁  誕生日の花  キキョウ 花言葉 変わらぬ愛 気品 9/13
 〇ラジオ深夜便から

 ネタが無いので、更新しても意味がないが、休業 開店状態でも、忘れられないように、生きていることを発信
 します。今日も

 朝ドラ~”あさイチ” 午後からは ”ごごナマ”~大相撲秋場所の中継を見て終わりそうです。


 カテゴリなしの他の記事
  曇り
  大雨


 今日のトピックス Blog9/12: 原油輸出制限も 北朝鮮の制裁に中国・ロシアも賛成 「高く評価する」総理 脇役の思惑も各様 中国、エンジン車禁止検討=最大市場もEV化へ 新技術AI、多様性も 安倍1強も見切り時⁉か




イシャジャの呟き: 秋雨  ☂  誕生日の花 ツリフネソウ  花言葉  安楽 9/12
 〇ラジオ深夜便から
     
 今日は朝から 雨、金属類の ゴミ出しをして 改めて ゴミ出しカレンダーを 見たら、明日だと分かったが、ゴミ置き場は、今日予定がなさそうだし そのままにした。電気ポット器具用プラグがショートするようになったので 廃棄したものです。
 
 午後からは夕方にかけて、雨も本格的になるらしい ?

 3時からの大相撲秋場所を楽しみにしているが、人気力士2人が負傷して 今日から休場とか、行方は 混頓としてきた、明日のことは分からない。

 後期高齢の自分を重ねて見るようだ・・・


 カテゴリなしの他の記事
  1か月 入院



 今日のトピックス Blog9/11: 国連安保理 新たな北朝鮮制裁決議を全会一致で採択 9/12 なぜ、斯くも9.11に拘るのか なぜに、難癖付け、アフガンを先制攻撃したのか 未だに、理解できぬ 米政府の身勝手な振る舞い



「護憲+」: 非核三原則を論じる前に 9/10 (厚顔)
 〇2017年9月8日の朝日新聞社説は、「北朝鮮問題、どう向き合う 非核三原則の堅持こそ」という題目で次のように述べている。

 『核実験をやめない北朝鮮の脅威にどう向き合うか。自民党の石破茂元防衛相が、非核三原則の見直しに言及した。「米国の核の傘で守ってもらうといいながら、日本国内にそれ(核兵器)は置きません、というのは本当に正しい議論か」、問いに答えるなら「正しい議論だ」と言うほかない。』

 しかし石破氏の提言は、現在在日米軍が日本の基地で核弾頭を一つも持たないとの前提でないと成り立たない。果たしてこれまでこの事実を確認した日本人は、政治家、メディアも含めているのであろうか。又沖縄返還時に在日米軍に確認させて貰えたのであろうか。また米軍が沖縄から核を持ち出すメディア映像を見た人があるだろうか。

 沖縄返還は1972年(昭和47年)5月15日、佐藤内閣の時である。この時期はまだ東西冷戦時代(1991年にソ連崩壊)で、中ソの核ミサイルは米国、NATO諸国、日本をターゲットにしている最中である。このような状況下で本当に沖縄の「核抜き本土並みの返還」はあり得たのであろうか、今の北朝鮮の核脅威の比ではあるまい。

 また沖縄返還交渉に当たっては、当時日米の首脳間で水面下でいくつかの秘密交渉がなされていたことは、後日日米の公文書でも明らかにされている。有名なのは、当時毎日新聞の西山太吉記者がスクープした「アメリカ政府への特別支出金と、有事の際アメリカは沖縄に核兵器の持ち込み、通過、貯蔵ができるというもの」である。

 問題は、「有事の際アメリカは沖縄に核兵器の持ち込み、通過、貯蔵ができる」であるが、これは沖縄の核抜き本土並みの返還が前提の事であり、既述のとおり、このような返還が東西冷戦下の米国の核戦略としてあり得ただろうかとの疑問がある。

 社説が述べているとおり「米国は核の配置場所を明らかにしないのが原則で、持ち込ませずの検証は困難」であれば、逆もまた真なりで、沖縄を核抜きにして返還したことも検証困難だったはずである。

 「有事の際アメリカは・・・」の密約は、むしろ沖縄を核抜き本土並みで返還したと見せかけるためのトリックで、事実は沖縄から核は持ち出されていないとの見方もできるのである。

 よって日本の非核三原則を論じる場合、現在沖縄には核が無いとの検証が先ず必要なはずである。奇しくも今晩9時からNHKスペッシャルで「沖縄と核」というドキュメンタリー番組があるので、そのような視点からも観てみたい。

 いずれにしろ日本の非核化は日米安保条約下では無理で、永世中立国になり日米安保を破棄するしか達成困難なのではないだろうか。

 「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より



 今日のトピックス Blog9/10: 関東大震災の混乱で殺害 朝鮮人犠牲者を追悼 現在の朝鮮半島緊張も、この大虐殺も、日本の植民地支配に根っこ‼‼ 知らぬ顔して繁栄謳歌⁉ 況して、再びの戦火の端緒にしようとは思案の外!


今日の「○」と「×」: 「×」 のんびりママの書なんか見ている場合か!! 9/10
「×」 母、洋子氏の書に「柔らかい雰囲気出てる」 9/9(土) 15:46配信 産経新聞">安倍晋三首相が銀座で書展を鑑賞 母、洋子氏の書に「柔らかい雰囲気出てる」 9/9(土) 15:46配信 産経新聞
 安倍晋三首相は9日、東京・銀座の松屋銀座で開かれている女流書家の矢萩春恵(やはぎしゅんけい)氏と門人らの作品を集めた書展「矢萩春恵と門人書展」を鑑賞した。首相は会場内に並んだ作品を興味深そうに見て回り、北朝鮮によるミサイル発射や核実験の強行への警戒が続く中、つかの間のリラックスとなった様子だった。

 矢萩氏は、首相の母、洋子さんが所属する書道グループ「雍容苑(ようようえん)」の師匠。矢萩氏によると、首相は洋子さんらの作品を眺めながら「柔らかい雰囲気が出ていますね」などと感想を述べたという。

 〇北朝鮮の建国記念日で、今にもミサイルが発射されるかと懸念されている時に、まったく能天気な我らがアベ司令官であります。

 さらに、この書展がママ関連のものだとは、どこまでも身内びいきの、度し難いアベでんでんであります。

 それにしても山尾議員の騒動は、アベ追及に水を差すこととなってしまい非常に残念だ。

 今、NHKが植木等のドラマをやっているが、「分かっちゃいるけどやめられな」かったのだろうか。

 やめて欲しかった。

 しかし、アベ身びいき政治の追及はやめてはならない。


イシャジャの呟き: 秋場所  ☂  ☁  誕生日の花 クズ 花言葉  治癒 9/10
 〇ラジオ深夜便から

 今朝は曇っていたが、雷鳴が轟き 激しい雨が降ってきた。竜巻注意報も出た。短時間の降雨であったが
、納戸の 窓が開いていたので、カーテンが濡れてしまった。除湿器をかけてので 吸い上げたようだ。

 午後からは 陽も差してきて雨は止んだが 予報では明日も☂のようである。今日はのど自慢、大相撲も初日を迎えたようなので、3時から テレビ桟敷で観戦とする。

 
 カテゴリなしの他の記事



 今日のトピックス Blog9/9: 東京地検・甲斐検事正、テロ等準備罪「慎重に対応」 否、共謀罪法(テロ等準備罪)は、即廃棄すべし! 慎重??? 人権は、市民の譲ることのできない権利、公務員の施しではない 戦争も亦然り



ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年は、憲法公布から70年目にあたる節目の年でした。
 ところが、現実には、憲法から大きく逸脱した政治が行われた年でもありました。
 3月に施行された平和安全保障法制(以下、「安保法制」)は、集団的自衛権の行使容認、武力行使一体化論の大幅緩和、「武力」を行使する危険が高い駆け付け警護活動の実施など、憲法9条違反の内容を含むものです。にもかかわらず7月の参院選では、与党が勝利し、それにより、安保法制を既成事実として国民に認知させました。
 しかも、参院選の結果、いわゆる改憲勢力が衆参両院において3分の2を占めたことを受けて憲法審査会が再開され、憲法改正の動きも具体化してきました。
 このように、違憲の国政運営後、選挙で勝つことによりそれを既成事実として国民に認知させ、あわよくば後から憲法改正を行ってそれを追認するという政治は、憲法を法として扱わない非立憲的手法であり、断じて許されません。法と現実が食い違うときに、現実に法を合わせて修正するのでは、法の存在意義がないからです。そして当然のことながら、与党が選挙でどれだけ勝とうが、憲法違反の瑕疵が治癒される余地もありません。また、3年半前の麻生財務大臣の「ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」という言葉どおりの憲法改変が許されるはずもありません。
 非立憲的な違憲政治を正すには、国民が選挙で安保法制に反対する政党に過半数を与える方法(政治ルート)、裁判を通じて安保法制の違憲性を訴えて勝訴することにより、それを無効にさせる方法があります(裁判ルート)。前者についていえば、衆議院の解散総選挙はいつ行われても不思議ではありませんし、後者につき、私たちが提訴した安保法制違憲訴訟もいよいよ佳境を迎えます。3月までには全国各地で20を超える提訴が進み、市民による司法を通じての異議申立てが続きます。こうした意味で、今年は違憲政治を正す正念場となる年といえます。
 さらに、憲法審査会において具体的な改憲論議が始まるでしょうが、その際にどうしても解決しておかなければならない手続に関する問題が2つあります。
 1つは、1人1票の実現です。現在の国会議員は衆参とも、「正当な選挙」(憲法前文)ではない違憲状態の選挙によって選出されており、民主的正統性を欠きます。そんな無資格者が集まった国会に改憲の発議権はありません。まずは人口比例選挙を実現して、民主的正統性が確保された代表者による国会に是正すべきです。
 もう1つは、憲法改正国民投票法の問題です。
 まず、最低投票率の定めがないことです。現状では、たとえば投票率40%であれば、有権者の約2割の賛成で憲法が改正されてしまうのです。主権者の一部の承認しか得られずに変更された憲法に、国民を統合する力は決して高くないでしょう。
 つぎに、改憲の発議後、国民投票までの期間に行われる国民投票運動については、第1に、投票の15日以前まではテレビコマーシャルがやりたい放題です。第2に、投票日の14日以内であっても、有名人やアイドルなどに「自分は賛成です」と語らせることは自由です。賛否の勧誘ではないからです。第3に、雑誌、新聞広告なども資金力豊富な方はやりたい放題です。英国のEU離脱をめぐる国民投票と異なり広告資金の制限もないからです。洗脳に近い効果を持つテレビコマーシャルの禁止、広告資金の上限の設定などが求められます。改憲運動であまりに野放図な表現活動が許された結果、自民党改憲案がめざすような言論の自由が奪われた社会になってしまってから後悔しても手遅れです。
 今後、まずは違憲の事実を許さないと声を上げ続け、その上で手続の適正も踏まえ、大きな視点から憲法を捉えながら、憲法審査会での議論を批判的に監視する力を培っていくことが必要です。それこそが、今を生きる私たちが主権者として負う、次の世代への責任だと考えます。

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後










【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18


<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 10月総選挙の焦点は何か ・ブログ連歌(494) 9/19
 〇 にわかに立ち上がってきた「10月総選挙」の意義について、新聞の見出しは対照的になった。強行採決で急造された「安保法」の是非を問う選挙だという位置づけに対して、安倍首相の「消費税」を問うという主張には、とってつけたような無理がある。誰にとっても、そんな実感はないだろう。それよりも「加計隠し」「北朝鮮ミサイル悪乗り」「安倍延命」といった意味づけの方に、ずっと説得力がある。
 良かれ悪しかれ、総選挙に向けて走り出した政局は、もう止まらない。国会議員という職業の人たちは、そういうものなのだ。この選挙に、どういう態度で臨んだらいいかは、きのうのブログに書いた通りである。
 休日で天気のよかった昨日、車に妻を乗せて都心から臨海部まで一回りしてきた。途中で国会前を通ると、ホームグラウンドに来たような気がする。「議事堂の建物は立派だけど、中にいる人たちは色々で、大したことないんだよ……」と言いながら通り過ぎた。
 今より少しでもマシな人たちが議事堂に来るように、そして何よりも、自公の議員数を少しでも減らすようにしなければならない。今の勢いのままでは、日本は引き返し不能の迷路に入り込む危険がある。つまらなくても棄権してはいけない。どうしても投票したい候補者がいなかったら、「棄権する」という投票をしに行けばいい。それでも行かないよりはいい。


孫崎享のつぶやき: 自民党、山本一太議員が「気分はいつも直滑降」で解散について何を言っているか見てみよう。「“選挙に勝つためには何でもやるのか”という批判も起こるだろう。総理ご自身大義名分を理解してもらう最大限の努力が不可欠だ」 9/18


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 衆院選準備加速で意思統一を ●吉田忠智党首は「野党がバラバラに衆院選を戦ったのでは相手を利するだけ」と述べ、野党4党間の候補者すみ分け調整を推進する必要性を強調。 http://www5.sdp.or.jp/topics/2017/09/19/%e8%a1%86%e9%99%a2%e9%81%b8%e6%ba%96%e5%82%99%e5%8a%a0%e9%80%9f%e3%81%a7%e6%84%8f%e6%80%9d%e7%b5%b1%e4%b8%80%e3%82%92/ …


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 倉重篤郎のサンデー時評:「野党共闘」の大研究 「安倍1強」打倒の方策 https://mainichi.jp/sunday/articles/20170918/org/00m/070/001000d … 練達の記者による鋭い分析。解散報道直前に書かれたにもかかわらず、安倍首相の意図を的確に見抜いている。逆に野党は協力によってのみ首相の目論見を打ち砕くことができる 19:04 - 2017年9月18日 132件のリツイート 99件のいいね


リベラル21:  安倍政権は火事場ドロボウ (09/19)
 〇森友・加計疑惑からの逃走と原発再稼働許さず
   岩垂 弘(ジャーナリスト)

 台風一過で日本列島が快晴となった9月18日、東京・代々木公園B地区で「ともに生きる未来を!さようなら原発さようなら戦争全国集会」が開かれた。脱原発を掲げる「『さようなら原発』一千万署名市民の会」の主催で、旧総評系の労組員、平和団体関係者、生協関係者ら約9500人(主催者発表)が集まったが、安倍首相が9月28日開会の臨時国会の冒頭での解散を考えていると報じられた直後の集会となっただけに、会場では「臨時国会冒頭での解散は、森友・加計学園疑惑と相次ぐ原発再稼働に対する野党からの追及を逃れようとするこそくな手段であり、われわれとしては、野党共闘を発展させて安倍政権の再来を阻止しなくては」との発言が相次いだ。
 首都圏は18日未明まで台風18号による暴風雨に襲われ、集会の開会が危ぶまれたが、朝からは快晴に恵まれ、会場には、開会前から団体旗やのぼりをもった参加者がつめかけた。労組の旗やのぼりからみて、すでに台風が通過した四国、中国、近畿からの参加者はあったが、台風が通過中の北陸、東北、北海道からの参加者は見られなかった。

 集会第2部は、午後1時30分に野外ステージで開会。
 開会あいさつに立った作家の落合恵子さんは「安倍首相は臨時国会の冒頭に衆院を解散し、10月22日に総選挙を行うという。このところ、内閣支持率がアップしているので、選挙をやれば勝つかもしれないと、考えたのだろう。その狙いは、私たちに森友・加計学園問題を忘れさせることにある。ならば、私たちとしては、決して忘れない、という答えを出そうではありませんか」と述べた。そして、こう続けた。
 「これまで、これほどやりたい放題のことをした内閣はあったでしょうか。これほど傲慢な内閣はあったでしょうか。福島原発事故では、汚染水問題が未解決なのに、汚染水はアンダーコントロールされていると言ってオリンピックを招致した。森友・加計学園問題では、『記憶にありません』を連発して民意をあざむいた。そのうえ、北朝鮮のミサイル発射問題を機に、その脅威をあおりにあおって防衛費を過去最大にするなど、戦争をするための準備を進めている。そろそろ、こうしたことを終わりにさせなくてはいけない。あんな人たちに勝たせないよう、みんなに呼びかけましょう」

 福島県から参加した福島原発刑事訴訟支援団団長の佐藤和良さんは「東京電力の福島第1原発の事故が甚大な被害をもたらし、今なお多くの人が避難生活を強いられているのに、今なお事故の責任をとった人が1人もいない。こんなことが法治国家として許されるだろうか。私たちは東電幹部の刑事責任を求めて裁判で闘っているので、支援をいただきたい」と述べた。
 閉会あいさつで、ルポライターの鎌田慧さんは、こう訴えた。
 「安倍政権は、北朝鮮のミサイル発射問題で恐怖をあおり、居直ろうとしている。うそで固めた謀略政治を進め、防衛費を増やそうとしている。まるで、火事に乗じて焼け太る火事場ドロボウだ。それに、憲法9条に自衛隊の存在を明記すると言っている。9条の規定は、武力を持たない、交戦権も持たないということだ。そこに自衛隊を追加するなんて、ペテンもいいとこで、まさにペテン政権だ。こうした安倍政権を許してきた一因は、われわれの弱さにある。次の選挙では、われわれが野党共闘をつくりださねば。あきらめてはいけない。戦争を阻止し、原発をなくす闘いは長期にわたる持久戦となるだろう

 集会後、参加者は原宿コース、原宿コースに分かれてデモ行進した。


寺町みどりのブログ: 2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』8‐1 公職選挙法とはなにか?

寺町みどりのブログ: 2002年発行『市民派議員になるための本~立候補から再選まで』9‐1 信頼できる核はあるか?


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 その他 都知事 秘書の異常待遇言及せず #BLOGOS 0:20 - 2017年9月19日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 拡散希望。 https://ameblo.jp/kokkoippan/entry-12304223682.html … >2012年の貧困線111万円で2015年の数字を出してみると、全人口の貧困率は17%…子どもの貧困率は15.6%で少し改善…低所得の世帯の有業人口が増えたから…貧困率が下がって良かったね、という話ではまったくありません 21:59 - 2017年9月18日 8件のリツイート 4件のいいね


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 イベント情報 11/26 南スーダン日報問題  隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 0:16 - 2017年9月19日


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 声明 ~改めて「戦争法」廃止を訴える~ http://www5.sdp.or.jp/comment/2017/09/19/%e5%a3%b0%e6%98%8e-%ef%bd%9e%e6%94%b9%e3%82%81%e3%81%a6%e3%80%8c%e6%88%a6%e4%ba%89%e6%b3%95%e3%80%8d%e5%bb%83%e6%ad%a2%e3%82%92%e8%a8%b4%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bd%9e/ …
声 明 ~改めて「戦争法」廃止を訴える~ 社会民主党 2017年9月19日
  ~改めて「戦争法」(平和安全保障法制)廃止を訴える~  


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 自民幹事長:加計・森友は「小さな問題」 野党批判に反論 - 毎日新聞 5:18 - 2017年9月19日
  ★その程度の小さな問題に、安倍氏は、議員辞職と総辞職を賭けたのだから。きちんとケジメを‼‼


明日の自由を守る若手弁護士の会/あすわか‏  @asuno_jiyuu フォロー中 その他 これが戦争放棄した国のリーダーの言葉かと思うと…悲しくて、がっかりしますが、首相がこんな好戦的なことを軽々しく言って憲法を無視するのは、ウラを返せば「憲法を無視したところで支持率は下がらないし」という見積もりがあるからです。
  ★しかし、『トラ、トラ、トラ』でしたか、『ニイタカヤマノボレ』でしたか、そういう指令を出せないよう、自公に大敗をさせねばなりません。戦争法は、憲法違反して、既に、でっち上げました。


参議院議員森ゆうこ‏ 認証済みアカウント   @moriyukogiin フォロー中 その他 参議院厚生労働委員会 森ゆうこ質問 平成29年9月20日(水) 15:25~15:40予定 @参議院インターネット審議中継でご覧頂けます。 詳しくは:http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2017/09/post-681e.html … 【案件】 社会保障及び労働問題等に関する調査(年金問題に関する件) 2:05 - 2017年9月19日


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】 読切記事/飯室 勝彦 憲法無視の政治に終止符を 23:45 - 2017年9月18日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 衆院選が迫ってきました。そこで「共謀罪」法の全議員の投票行動の一覧表を再掲します!! 投票の時の参考にしてください。 http://www.tokyo-np.co.jp/politics/kyobo_touhyou/ …
【「共謀罪」法 議員の投票行動】 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 東京新聞 2017年6月16日
 〇「共謀罪」法が成立したのは、2017年6月15日午前7時46分。採決強行に反対する人たちが国会前で声を上げる中、民主主義の根幹である委員会採決を省略する手続きで進んだ異常な参院本会議だった。
 夜を徹した国会。自民党出身の伊達忠一議長の宣言で投票が始まると、野党側から一斉に「反対」の声が飛んだ。点呼された公明、自民党議員が次々と賛成票を投じた。野党の順になると「参院の歴史に禍根を残すな」「おかしいよ」などと怒って投票する姿も。
 自由、社民など少数会派の計7人は牛歩で抵抗した。伊達議長が投票時間を「残り2分」と宣言し、締め切りを告げると、社民党の又市征治氏と福島瑞穂氏、自由党の森裕子氏が慌てて反対票を参院職員に渡したが、時間切れを理由に「投票しなかった」(参院事務局)という扱いになった。3人の「反対」の意思表示は公式記録に残らない。
 本紙は、参院の投票行動を一覧表にした。5月23日にあった衆院本会議での投票行動は5月27日朝刊に掲載したが、成立を受け、衆参合わせて本紙のホームページに掲載する。次の選挙に向け、どの政党が、どの議員が、どう行動したのか。後世に記録する。(関口克己)  ☆一覧添付






志村建世のブログ: 悪乗り打算の安倍を破らん ・ブログ連歌(494) 9/18
 〇台風さわぎの一夜が明けたら、新聞には「総選挙来月22日」の大見出しが躍っていた。民進党は内部の結束が緩んで離党者が出たり、もたついている。小池新党はまだ水面下で、国政政党としての形ができていない。内閣支持率は、一度は政権の腐敗が露呈して急落していたのだが、北のミサイルにまつわる危機感のおかげで引き締まってきた。政争の駆け引きとしたらチャンスだと計算したのだろう。
 衆議院議員の任期としたら来年の末まで、まだ1年以上あるのだが、逆に言うと3年近くはすでに経過した。そして衆議院解散の平均頻度を見ると、ほぼ2年半だと聞いたことがある。解散の時期を選ぶのは、首相の専権事項なのだそうだ。
 今の自民党は衆参両院で3分の2を制している。これを利用して憲法改定に進むのではないかと言われていた。しかし国会で発議をしても、本番の国民投票で負けてしまうと、逆に政権の立場が危うくなるリスクもある。来年までの間での改憲は、急がないことに決めたのだろう。憲法を変えなくても、事実上憲法を無視してやってしまうのが、安倍政治の手法でもある。
 つまり、改憲をあきらめても、次期の国会でも安倍政権を継続するという意思表示が、今回の総選挙の決断になったと言えるだろう。もしうまく行って、これで議席を増やす結果でも出たら、安倍自民党にとっては望外の万々歳に違いない。
 今の状況で自民の議席増はないと思うのだが、野党の再編が進んでいないのが気がかりではある。私たちとしては、何とかして「自公の当選者を減らす」ことを考えて投票行動を決める必要があるだろう。逆に言うと、とりあえず「自公以外の当選者」を増やしておけば、野党の再編は、その後からついてくる、ということだ。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 憲法論議に対案は必要ない 17:52 - 2017年9月17日


孫崎享のつぶやき: 日本は国家として瓦解の道をひたすら進むのか。福田元首相は「(安倍政権下で)国家の破滅に近づいている」。なすべきことは、破壊の道を絶つ、それには安倍政権を絶つ、それには野党共闘しかないではないか。 9/18


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 https://nobuogohara.com/2017/09/18/%E6%86%B2%E6%94%BF%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E4%BD%8E%E3%83%BB%E6%9C%80%E6%82%AA%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%95%A3%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C/ …「もし、河野、野田両大臣が妥協して…「大義」の全くない解散に、閣僚として賛成したとすれば、二人の「政治家としての将来」にも重大なマイナスになる。安倍首相としては、反対を押し切って解散を閣議決定するには…「閣僚の罷免」しかない」 22:06 - 2017年9月17日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 勉強になりました。 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/130138 … >今回の切り下げは、合理的な資料・根拠に基づくものとは到底言えない。生活保護バッシングの風潮に便乗した、不当なものだった…生活保護は、生活困窮者の最後のとりでであり、憲法が保障する権利であることを、改めて考えて 22:18 - 2017年9月17日 8件のリツイート 10件のいいね


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 “憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」~河野外相、野田総務相は閣議で賛成するのか https://nobuogohara.com/2017/09/18/%e6%86%b2%e6%94%bf%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e6%9c%80%e4%bd%8e%e3%83%bb%e6%9c%80%e6%82%aa%e3%81%ae%e8%a7%a3%e6%95%a3%e3%82%92%e8%a1%8c%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%a8%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%8c/ … @wordpressdotcomさんから 臨時国会冒頭で解散したら、所信表明も代表質問もなしで選挙。まさに問答無用解散、憲政否定解散である 22:22 - 2017年9月17日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 生活保護引き下げ違憲東京国賠訴訟学習会&応援プロジェクト2017年9月28日(木)18時15分~20時15分@カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会)ヨセフホールJR・東京メトロ四ツ谷駅すぐ 2:11 - 2017年9月18日


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【がんばる決意を固め合おう!】 「安倍政治を終わらせよう」9.19院内集会 http://www.anti-war.info/schedule/1709061/ … 9月19日(火)17時~@参院議員会館講堂 講演:山口二郎さん(法政大学教授)「安保法のたたかいから政権交代へ」 主催:1000人委員会・立憲フォーラム 2:56 - 2017年9月18日


志葉玲‏ 認証済みアカウント   @reishiva フォロー中 その他 これはひどい。 政官財の愚かな圧力で、大学は想像以上にヤバいことになっている 1:53 - 2017年9月18日 75件のリツイート 37件のいいね


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 北朝鮮ミサイルを僕が恐れない4つの理由: http://ysugie.com/archives/5578  @ysugieさんから 2:02 - 2017年9月18日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「国民をバカにしてると思われる」 #山本元沖縄担当相 冒頭解散に懸念  小さな記事ですが今朝の朝刊で一番読まれている記事かもしれません。安倍首相に近い閣僚経験者が、ブログで今回の解散に違和感を表明しています。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017091802000137.html …


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 「対話呼び掛けは無駄骨」=安倍首相、北朝鮮制裁で団結訴え https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000021-jij-pol … @YahooNewsTopics 北朝鮮の悪口を言えば選挙に勝てるなんて、おかしい。日本の選挙は、日本が直面する問題を考えて国民が自律的に選択する機会であるべき 7:57 - 2017年9月18日 129件のリツイート 92件のいいね
  ★核ミサイル戦を前にして、未だに、そんな計算が働くなんて、ニュース、刷り込みが、昔の侭… 主権者として振る舞えない、危険。言葉だけで考えないように。 地球は、1つ… 況して、ミサイルなら10分程度の距離、時間を隔てるのみ。 朝鮮半島も、日本も、大陸も続いている… 影響は、及ぶ! 死の灰、だけじゃない⁉ 戦火も⁉


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【今こそ、国会前へ!】 戦争法強行採決から2年 戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める9.19国会前集会 http://sogakari.com/?p=3096  日時:9月19日(火)18時30分~ 場所:国会議事堂正門前 主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会


満田夏花‏  @kannamitsuta フォロー中 その他 原子力規制を考える会の阪上武さんが追及していた件。 ↓ 火山灰で原子炉冷却不能か 審査合格の5原発、大噴火時 | 2017/9/18 - 共同通信 47NEWS 7:04 - 2017年9月18日


孫崎 享‏  @magosaki_ukeru フォロー中 その他 夢遊病者か。日本国民は。日本を攻撃するノドンを、日本を攻撃できないように破壊することは出来ないのです。200発―300発実戦配備。これ数発破壊できたとしても残りで反撃される。被害絶大の戦略。こんな単純な論理が理解できない。無料1時間 15:02 - 2017年9月18日 46件のリツイート 29件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」:朝日新聞デジタル 15:01 - 2017年9月18日


Reuters Jp World‏  @ReutersJpWorld フォロー中 その他 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院東アジア小委員長 http://bit.ly/2w44Y3I  15:31 - 2017年9月18日 6件のリツイート 5件のいいね
  ★却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメです。


キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏  @tohohodan フォロー中 その他 安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000012-asahi-pol … @YahooNewsTopics 「大義急造」w 15:16 - 2017年9月18日 52件のリツイート 28件のいいね


堀 潤 JUN HORI‏  @8bit_HORIJUN フォロー中 その他 「北朝鮮」と「イラク」を知ろう! ~現地でおこなう交流活動を一挙公開します~ https://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2017/09/20170921-koreairaq.html#.WcBJuwgtinI.twitter … #クロス 15:34 - 2017年9月18日


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 有権者の判断は厳しいと思います。 14:23 - 2017年9月18日 9件のリツイート 4件のいいね


NHK政治部岩田明子いらない!社会部応援‏  @ouenhst フォロー中 その他 自民党が『報ステ』古賀発言をBPOに…マスコミは菅官房長官の圧力の証拠を隠すな!(リテラ) http://goo.gl/zysGGf  盗人猛々しい…菅官房長官と官邸はこの間、明らかに古賀氏をバッシングし、番組に圧力をかけていた


木野龍逸 (Ryuichi KINO)‏  @kinoryuichi フォロー中 その他 フィルターの目詰まりなどで冷却機能がなくなる可能性あり。 →火山灰で原子炉冷却不能か 審査合格の5原発、大噴火時 共同通信 47NEWS 15:13 - 2017年9月18日


Reuters Jp World‏  @ReutersJpWorld フォロー中 その他 米国防長官、韓国をリスクにさらさない対北朝鮮軍事行動を示唆 http://bit.ly/2w4LGLo  15:31 - 2017年9月18日 4件のリツイート 2件のいいね
  ★ウソ、ほんと???


原田裕史‏  @harada_hirofumi フォロー中 その他 うわ、なんだこれ。 コンビニも「技能実習」対象に | Article [AMP] | Reuters 13:13 - 2017年9月18日 8件のリツイート 3件のいいね




志村建世のブログ: 長谷場夏雄先生を囲む会(第3回)に行ってきた ・ブログ連歌(494) 9/17
 〇児童福祉の分野で生涯をかけて尽力された長谷場夏雄さんを「囲む会」に行ってきました。長谷場夏雄さんは私よりも4歳年上で、今年88歳になられました。長谷場さんの業績については、私のブログでも過去に何度か紹介しています。

長谷場夏雄氏と青少年福祉センター

長谷場夏雄「かけがえのないあなたへ」を読む

青少年福祉センター・長谷場夏雄先生を囲む会

 きょうの「囲む会」には、先生にゆかりの面々が十数名参集しました。みんなが、それぞれに年をとっています。私たちは「先生」と「生徒」の関係というよりも、縁あって青少年福祉センターの事業にかかわり、ともに働いた仲間という感覚に近かったのかもしれません。しかしその中心に存在していたのが、常に長谷場夏雄さんという大きな中核であったことは、疑いようのない事実です。
 この集いは、同窓会の雰囲気に似ていました。でも、同窓会にしては、少しスタートが遅かったのです。私の年代では、同窓会は「これで最終回にする」という、「終活」がむしろ多くなっている現状です。この中で、この「長谷場同窓会」は、あと何回続けられるでしょうか。でも、じつはみんな知っていのです。この先は、いろいろあった後の「余禄の人生」だということを。
 別れ際のあいさつは、「来年も、また会えるといいね」でした。みんなが会える機会をなくさないためにも、長谷場夏雄先生には、もっともっと長生きして頂かないと困るのです。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 国民をバカにしている安倍政権ー空気を換えよう! 5:11 - 2017年9月17日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 どさくさ紛れ解散総選挙か! 1:45 - 2017年9月17日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 北のミサイル発射に頓珍漢な対応の安倍首相 21:54 - 2017年9月16日


植草一秀の『知られざる真実』: 10月決戦総選挙勝利へ大同団結以外道はない 9/17
 〇9月13日付の
 ブログ記事「年内総選挙濃厚のなか9.29院内緊急集会に集結」

メルマガ記事「9.29院内緊急集会に結集し総選挙に決起する」

 に指摘したとおり、年内総選挙が確実な情勢になった。
 臨時国会は9月28日に召集されることになった模様だが、臨時国会冒頭の衆院解散の可能性が高い。
 森友・加計疑惑を隠蔽するための解散・総選挙である。
 「もりかけ隠し解散」である。
 10月10日公示-10月22日投開票か
 10月17日公示-10月29日投開票 になる可能性が高い。

 安倍政権は北朝鮮情勢を踏まえて安保法制の是非を問う選挙と言っているが「マッチポンプ」である。
 北朝鮮の軍事行動を拡大させて、これを利用して選挙を行う姿が鮮明である。
 総選挙が実施されるなら、主権者国民にとって、最も重要で最も切実な問題を争点に掲げて、主権者が政策路線を判断する
 「政策選択選挙」を実現する必要がある。
 最も重要で最も切実な政策テーマは、 原発と消費税である。

 原発稼動の是非
 消費税減税・廃止の是非 を問う選挙にするべきだ。 ・・・


天木直人のブログ: 火事場泥棒解散で安倍自民圧勝と書いた週刊ポストの衝撃 9/17
 〇発売中の週刊ポスト(9月29日号)に、安倍「火事場泥棒10・22解散総選挙」へ!、「自民3分の2大圧勝」の悪夢 という見出しの衝撃的な特集記事が掲載されている。
 そこに書かれている要旨は次のごとくだ。
 とても解散・総選挙どころではなかった安倍政権の支持率がここにきて急回復している。
 その理由は民進党の自滅や小池新党の失速だ。
 おまけに北朝鮮の連日のミサイル発射だ。
 いまなら選挙に勝てる。
 そう麻生氏と二階氏が安倍首相にささやき、反対する菅官房長官や逡巡する安倍首相との綱引きが続いてきたが、どうやらここにきて、側近、与党、官僚らが一丸となって解散に傾き、求心力の低下した安倍首相は逆らえなくなったと。
 そうなると、野党は候補者擁立の準備が間に合わなくなり、自民党に代わる選択肢がなくなり、投票率は下がり、自公は得票率を大きく減らしながらも議席数はほぼ現状維持を保ち、改憲に必要な三分の二の勢力は確保してしまう状況が十分に予想されると。
 それだけでも衝撃的であるが、自公勝利の後の日本の政治状況について書いている次の予測がさらに衝撃的だ。
 週刊ポストの特集記事は次の言葉で締めくくられている。
 すなわち、これまでの安倍首相の選挙の勝利は、まだ安倍政権に対する期待があった結果の勝利だった。
 しかし、今度もし安倍首相が勝つとすれば、それは安倍首相が、勝てる、勝てるとおだてられて解散・総選挙を打たされ、加計疑惑や森友疑惑について「真摯な説明」や反省も何もしないまま、あれよあれよと圧勝してしてできる政権になる。
 それは、この国に、「国民の支持なき巨大な与党」という、民主主義の前提を崩壊させる政治形態の誕生を意味する。
 その時、ニッポン政府は最大の危機を迎えることになる、と。
 このままでは、まさしくそういう政権になるに違いない。
 かつて日本国民が経験した事のない荒涼たる政治風景である。
 戦後70年余り続いたこれまでの日本の政治の行き着く先がこれだとしたら、一体これまでの政党、政治家は何だったのだろうか。(了)
  ★他人の不幸は、蜜の味‼‼ 政治の世界で、これを言い、実現しようとするとは?外道働き 国民主権、民主主義が問われている!


孫崎享のつぶやき かつて、スト破りに暴力団が使われた。今、安倍首相、菅官房長官を批判する者に、産経新聞が誹謗記事を書く。これをうけ、ネトウヨが、激しい人物孤激で炎上させる。ここ数日のターゲットが東京新聞、同望月記者、鳩山元首相 ,金子勝慶大教授、 9/17



山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 野党協力は、火事場の馬鹿力でやるしかない。安倍晋三から日本を守るために、あらゆる手段を取るべき。 18:35 - 2017年9月16日


古賀茂明@フォーラム4‏ 認証済みアカウント   @kogashigeaki フォロー中 その他 新潟県民を裏切る泉田氏をそれでも信じたいという泉田ファンがいるそうだ そういう方には是非考えて欲しい 泉田当選で喜ぶのは安倍総理だということを 泉田氏が自民党を中から変えるというのはたわ言 そのことは泉田氏自身が最もよくわかっている 15:39 - 2017年9月17日 104件のリツイート 50件のいいね
  ★いづれにせよ、戦争を志向する安倍氏の陣笠に、一名加えるのかどうか、新潟の主権者が判断を。


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 28歳のジャーナリストShioriの弁護人になった人物は彼女に電話をした。私は上からの命令で、あなたを助けることはできません。私はこの事件から手を引くようにと言われてきました。ごめんなさい。


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 野党が憲法に基づいて要求した臨時国会を先送りし続け、審議もしないで解散することには強い違和感があります。憲法をないがしろにしていると言わざるを得ません。 14:57 - 2017年9月17日 191件のリツイート 98件のいいね





太安萬侶‏  @onoyasumaro フォローする その他 太安萬侶さんが東京新聞政治部をリツイートしました 選挙ってカネがかかるよね。総理大臣が自分の専権事項だあ!って、自分に都合のいいタイミングで何度も解散総選挙し続けてったら、最後にはカネがなくなったほうが負けるわな。 ん な ば か な こ と 許 し て た ま る か ! 太安萬侶さんが追加 東京新聞政治部 認証済みアカウント  @tokyoseijibu 首相、10月衆院選の意向 早期解散、与党へ伝達  もう解散の流れは動かなそうです。今日の朝刊では1面トップで報じましたが、明日の朝刊でも総力報道していきます。 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017091701001280.html … 22:34 - 2017年9月16日


いつか過労死  🔴 ‏  @ituka_karoushi フォローする その他 一昨日の学年会で、悪い方向に流されている生徒をどうしていくのか話題になった。 「部活動でひっぱってもらいましょう」 その一言で終了。 こういうやりとり、他の学校でもあるのでは? 部活動だけに頼るのじゃなく、他の方法も考えようよ。 18:30 - 2017年9月15日


きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 石破氏「我が国の国家主権の及ぶ『領域』も『領空』も侵犯はされていないはず」「国家主権が侵犯されたか否かで、その意味は全く異なる」←北朝鮮の脅威を必要以上に煽ろうとする政府への、冷静な指摘。 『北ミサイル「領域侵入」で政府が訂正』 16:28 - 2017年9月15日 145件のリツイート 85件のいいね


きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 海渡雄一さんが望月衣塑子をリツイートしました 望月さんへ 心から応援しています。 世界中、日本中の心ある方々が、あなたを応援していると思います。 海渡雄一さんが追加 望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI 海の向こうのカナダの方々から、温かいメッセージを頂きました。凹むことの多い毎日ですが、本当に励まされます。ありがとうございます東京新聞の望衣塑子記者への連帯と激励のメッセージ http://www.labornetjp.org/news/2017/0913ca … @lnjnowさんから 22:31 - 2017年9月15日


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 この衆院解散は「森友・加計疑惑隠し解散」と名付けました。 0:19 - 2017年9月17日


NHK政治部岩田明子いらない!社会部応援‏  @ouenhst フォロー中 その他 朝日新聞「吉田調書」報道は誤報ではない!解説マンガ↓ こちらも応援→→ 「原発『吉田調書』報道を考える読者の会」 https://www.facebook.com/pages/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%90%89%E7%94%B0%E8%AA%BF%E6%9B%B8%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E8%AA%AD%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BC%9A/783796298384836?notif_t=page_invite_accepted …


市田忠義‏  @ichida_t フォローする その他 冒頭解散?。どの政権でも一応はもっともらしい理由付けをするが、安倍政権は違う。大義などどうでもいい。もり・かけ・PKO疑惑隠し、北朝鮮風(?)の利用、他党の準備不足。国会論戦で追い詰められてからではまずい。なんという恥ずべき魂胆か。よし、こうなれば返り討ちだ。がんばるぞ! 15:45 - 2017年9月16日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 東京新聞より。共謀罪に賛成した東京の選挙区の議員。全員自民で全員賛成。 しかし東京24区の萩生田さんはさすがに落選しますよね?八王子の皆様、情勢はいかがでしょうか。
  ★陣笠議員⁉ 党首の号令一下、手を上げたり、立ったり、つまりは、議員という特権、利権を得んが為、利権屋⁉ 国民全体の奉仕者、公務員の感覚なし。落選に値する‼‼


大木晴子・「明日も晴れ」‏  @kuronekoroku フォロー中 その他 明日も忙しい! 「ともに生きる未来を!さようなら原発 さようなら戦争全国集会」 と き:2017年9月18日(月、祝) ところ:代々木公園B地区。11:00 出店ブース開店(けやき並木) 13:30 発言。15:00 デモ出発 http://sayonara-nukes.heteml.jp/nn/wp-content/uploads/2017/07/9575983ad1f8f08d4adf56e67c366ed2.pdf …


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォローする その他 衆議院解散のようです。しっかりと受けて立ちたいと思います。森友・加計問題から逃げ回り、国会が開かれると逃げられないから解散。あからさまな疑惑隠し解散です。北朝鮮問題を抱える中、党利党略で選挙による政治空白が生じることにもなります。この選挙はこの時期の解散の適否がひとつの争点です。 16:22 - 2017年9月16日


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し」 一体、何のための解散か。 冒頭解散となれば、北朝鮮問題を利用し、国政私物化疑惑に蓋をして、「今やれば多数を取れる」という党略的打算のためだけの解散となる。 堂々と迎え撃ち、必勝を期し奮闘したい。 18:35 - 2017年9月16日 1,624件のリツイート 1,099件のいいね


NHK生活・防災‏ 認証済みアカウント   @nhk_seikatsu フォロー中 その他 【各地で河川が氾濫】 きょう午後3時頃、大分市木佐上に住む男性が撮影した映像です。普段は画面の手前に道路があり、その奥に川が流れているということです。
  ★台風シーズン、未だ、終わっていないのに、安倍都合の衆院解散・総選挙‼‼ 


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 年金積立金が軍事企業に巨額投資されていた! 『公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、軍事部門の売上高が世界で十位以内に入るすべての企業の株式を保有していることが、東京新聞の調べで分かった』 1:45 - 2017年9月17日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 特集ワイド:北朝鮮ミサイル「脅威」強調しすぎ? 避難、休校、列車の運行停止……韓国人が見た「日本の反応」 - 毎日新聞 5:46 - 2017年9月17日 8件のリツイート 4件のいいね


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 「戦争をさせない1000人委員会」運動へのご協力をお願いします!参加・賛同/集会参加/署名活動/集会スタッフ/発送作業のお手伝いなど、できる範囲で結構です。ご連絡は事務局まで! 4:35 - 2017年9月17日


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 今年3月23日の衆議院憲法審査会では、参考人として、解散権について法律で手続的な限定をかける手もあるのでは、という議論を紹介しました。永井先生、松浦先生の緊急事態条項に関する議論もありますので、興味のある方はぜひどうぞ。 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/193/0250/19303230250002.pdf … 5:27 - 2017年9月17日


市民連合‏  @shiminrengo フォロー中 その他 衆院選で連立与党3分の2を阻止し安倍政権の退陣につなげる http://shiminrengo.com/archives/1570  @shiminrengoから 2:00 - 2017年9月17日 215件のリツイート 128件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 安倍首相のトモダチに特区利用で90億円の公金支出が決定される一方、最先端の医療研究で知られる京都大学iPS細胞研究所は、9割以上が非正規雇用で、資金繰りが苦しい状況にある事が判明しました。 京都大学iPS細胞研究所 ご支援のお願い http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/fund 
  ★寄付は、その通りとして、研究員であれ、教諭であれ、非正規雇用は、全廃しなければ⁉ 安倍政権を打倒して、格差廃止、平等な身分、回復を致しましょう。


憲法9条を壊すな!実行委員会‏  @48daisyukai フォロー中 その他 【※明後日です。戦争法から2年】 『戦争法強行採決から2年、戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める大集会』 9月19日18時半~ 国会議事堂正門前  各種共有ボタンで拡散を!詳細は→ http://sogakari.com/?p=3096 


木野龍逸 (Ryuichi KINO)‏  @kinoryuichi フォロー中 その他 貧困国家の朗報となるか。政府はあてにならないのなら、これしかないですし。というか、政府があてにならない国のための銀行ですかね。 →「貧者の銀行」日本進出へ 無担保融資で就労支援 | 2017/9/16 - 共同通信 47NEWS 2:12 - 2017年9月17日 66件のリツイート 35件のいいね


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 2014年の記事ですが、古びていないです。よろしかったらぜひどうぞ。 Via @TheFutureTimes 憲法と民主主義 | 対談:木村草太×後藤正文 4:45 - 2017年9月17日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 衆院選が迫ってきました。そこで「共謀罪」法の全議員の投票行動の一覧表を再掲します!! 投票の時の参考にしてください。 http://www.tokyo-np.co.jp/politics/kyobo_touhyou/ …


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00000007-pseven-soci&p=1 …「みなそれぞれ事情を抱えているので、理解がある。“お互い様”の心です。うちには託児所や寮はないけど、仕事に穴が空くことはありません。もう1つ、全部の工程ができるようになると…プロ意識に繋がり、一層上級技術を身につけようと欲が出てくる」 2:54 - 2017年9月17日 34件のリツイート 55件のいいね


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 2016年の記事ですが、解散権についてもちょっと書いています。 いまさら聞けない「憲法9条と自衛隊」~本当に「憲法改正」は必要なのか? http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49041 … #現代ビジネス 5:17 - 2017年9月17日 94件のリツイート 125件のいいね


猪瀬直樹/inosenaoki‏ 認証済みアカウント   @inosenaoki フォローする その他 北朝鮮ミサイル危機のなかで解散・ 総選挙をやれば有利という考え方は、国家の存立を人質にするようなもので政権の正統性を踏みにじる行為ではないだろうか。 8:17 - 2017年9月16日 2,369件のリツイート 1,776件のいいね



宇都宮けんじ‏ 認証済みアカウント   @utsunomiyakenji フォロー中 その他 供託金違憲訴訟のネット署名を始めました。ご協力をよろしくお願いします。 1:34 - 2017年9月16日


盛田隆二  📎   🖇 ‏  @product1954 フォローする その他 「9条があるから戦争が起きないと主張する人がいるが、全く論理的でない」と百田氏 いや、そうじゃなくて、9条があるから「戦争に突き進みがちな権力の暴走」が食い止められている。9条は戦争の悲惨な歴史を顧みない勢力から日本を守る最後の砦 1:43 - 2017年9月17日


Masa da Oldskooler‏  @itsgroovymasa フォローする その他 こんな男を推す八王子の創価学会活動家の気が知れない。:萩生田氏「非核3原則の見直しの議論を」(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170917-00000718-fnn-pol … @YahooNewsTopics 4:08 - 2017年9月17日 166件のリツイート 82件のいいね





☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia

植草一秀の『知られざる真実』: フランス大統領選で波乱が生じる可能性は? 4/21
 〇3月にオランダで総選挙が実施されたが、これから秋にかけて欧州で重要選挙が相次ぐ。
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙
 が予定されている。



杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢

メルケル首相 12年の軌跡
 ☆首相の支持率推移

【NPJ通信・連載記事】読切記事: 【速報】内閣支持率(9月2日~9月10日調査) 寄稿:NPJ編集部
 〇各社の世論調査の結果が報じられていました。





特集ワイド いきなり解散と言うけれど… 気がつけば「改憲勢力」ばかり 9/19
  ★議員レベルでは、ね。元々そうだった。市民、主権者に寄り添う、議員がいない、減ってしまった、減らしてしまった…いなかっただけ。 憲法改正は、市民、主権者が行うもの。議員に決定権は、豪もない

<検証「加計」疑惑>(3) 個人メモ≠公文書?官邸 強まる隠蔽体質(9月19日 朝刊) 東京新聞
 〇七月初め、有識者でつくる国の公文書管理委員会で、加計(かけ)学園の獣医学部新設に関する文書管理の問題が話題に上った。
 「個人メモであろうと、組織として共有すれば、行政文書と今まで考えられてきた」。委員長代理の三宅弘弁護士は、文部科学省の処分に疑問を呈した。
 その三日前、松野博一文科相(当時)が、次官ら幹部三人を監督責任で厳重注意していた。担当職員が行政文書ではない個人メモを職場のパソコンの共有フォルダーに保存し、外部流出を招いた、というのが理由だった。
 三宅氏は、行政文書と考えたからこそ職員は省内で共有したのではないか、といぶかしんだのだ。
 加計問題に火を付けたのが、「個人メモ」と見なされた一連の文書だった。官邸の関与をうかがわせる内容で、内閣府が「総理の意向」などとして、文科省に獣医学部の早期開学を迫るやりとりが記されていた。
 五月中旬、文書が明るみに出ると、菅義偉(すがよしひで)官房長官は日付がないといった理由で「出所不明の怪文書」と断じた。再調査で一部文書が文科省作成と判明しても、文科省は「個人メモ」と言い繕った。「文書に記載されている以上、発言はあったと思うが、真意は分からない」として、肝心な事実関係の検証はあいまいなまま調査を打ち切った。
 個人メモだから行政文書ではない-。国民の「知る権利」をないがしろにした政府の対応が、加計問題の真相解明を遠ざけている。
 公文書管理法では、行政文書を「行政機関の職員が職務上、作成し、組織的に用いるために行政機関が保有する文書」と定義する。各省庁は法律に基づき規則を設けているが、行政文書と個人メモの線引きは明確な基準がない。
 獣医学部新設を巡っては、規制改革を進めたい内閣府と、監督官庁の文科省との間で激しい交渉があったとされる。文科省幹部は「内閣府が文科省に学部開設を促す内容で重要な報告文書だが、行政文書か個人メモかどうかの線引きは難しい」とこぼす。
 三宅氏は「処分されるなら個人メモは行政文書にしないでおこうとなる。どう考えても危うい」と文科省の処分の余波を恐れる。既に文科省内からは、「個人のメモを作成したり、メールで共有したりするのが怖い」と戸惑いの声も出ている。
 文科省の内部文書流出を受け、菅氏は個人メモと行政文書に関して「しっかり線引きするべきだ」と明言。各省庁の文書管理規則の見直しに言及した。
 菅氏の発言に、公文書管理に詳しい牧原出(いづる)・東京大教授は「保存すべき公文書の範囲が従来よりも狭められかねない」と警戒を強める。
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊に関わる行政文書の取り扱いを巡っても、防衛省が、大規模な武力衝突が起きた時の日報を「自衛隊員の個人的なデータ」として隠そうとしていた。あったことをなかったことにする。安倍政権の一極集中が続く中、官邸や官僚の隠蔽(いんぺい)体質が強まっている。


「戦争法廃止 諦めない」 渋谷で山城議長ら政権批判「権力の私物化」(9月19日 朝刊) 東京新聞
 〇安全保障関連法成立から2年の節目を翌日に控えた18日、安保法や原発再稼働に反対する「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」が、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。会場では安保法に対し「戦争する国になる」「憲法違反」など懸念の声が上がる一方、安倍晋三首相が衆院解散・総選挙の方針を固めたことに対しても「疑惑からの追及逃れ」など批判の声が相次いだ。集会後にはデモ行進もあり参加者の声が街中に響いた。 (飯田克志、増井のぞみ)
 市民ら九千五百人(主催者発表)が参加。主催した市民団体「『さようなら原発』一千万署名市民の会」の呼び掛け人の作家、落合恵子さんはあいさつで、学校法人加計(かけ)学園の獣医学部新設や、学校法人森友学園の国有地払い下げを巡る疑惑を念頭に、「安倍政権は私たちが(疑惑を)忘れ、支持率がアップしたので選挙に勝てると思っている。これほどやりたい放題の内閣はあったでしょうか」と声を張り上げた。
 市民や市民団体でつくる「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の福山真劫(しんごう)共同代表は「安保法は違憲。みんなで戦争法廃止を勝ち取ろう」と呼び掛けた。その上で、「衆院解散は権力の私物化、貧困と格差の拡大を隠すための保身、党利党略で許せない。だが、安倍政権の政策を転換させるチャンス」と訴えた。
 米軍新基地建設の抗議活動で長期拘束された沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長は「安倍政権は北朝鮮の脅威をあおって憲法を変え、この国を変えようとしている」と指摘した。


ANN: ロヒンギャ難民の調査受け入れ スー・チー氏が演説 9/19
 〇演説は具体的な解決につながるのでしょうか。
 アウン・サン・スー・チー国家顧問:「私たちは、ミャンマーが宗教や民族、政治的思想で分断された国になることを望んでいない」
 ミャンマーではイスラム教徒「ロヒンギャ」の武装勢力と当局の治安部隊が衝突し、掃討作戦などの影響で隣国のバングラデシュに逃れた難民は40万人に上っています。こうした事態を受け、19日、国家顧問のスー・チー氏が演説し、「政府は、解決に向け真摯に取り組んでいる」と強調したうえで、国連の調査を受け入れる用意があることを示唆しました。


国連事務総長、韓国大統領に「軍事的手段でない解決を」 朝日新聞 9/19
 〇国連総会出席のため米ニューヨークを訪問中の韓国の文在寅大統領は18日、グテーレス国連事務総長と会談し、朝鮮半島情勢について意見交換した。韓国大統領府によると、グテーレス氏は、北朝鮮の核・ミサイル問題について「軍事的手段ではない外交的手段によって解決されるべきだ」と強調した。
 会談で文氏はグテーレス氏に「核問題が平和的なやり方で、根源的・包括的に早急に解決できるように積極的な役割を果たしてほしい」と北朝鮮との対話実現に向けた仲介役を依頼。これに対しグテーレス氏は「対話を通じて問題が早期に解決する糸口を見つけることができるよう、韓国と緊密に協力して可能な努力をする」と応じた。(ニューヨーク=武田肇)
  ★聞く耳は持たないかもしれないが、トランプ氏に、直接、意見すべきなのだ。馬耳東風だとしても。 安倍氏についても、同様だ。 長きに亘る、休戦中の当事者なのだから。米政府は


「黒い霧」「死んだふり」審議なき冒頭解散、自民有利? 朝日新聞 9/19
 〇安倍晋三首相は28日召集の臨時国会冒頭にも衆院を解散する構えだが、戦後、国会冒頭で解散した例は3回ある。反転攻勢、不意打ち、安定政権の確立――と思惑は様々だが、いずれも与党・自民党が勝利した。安倍首相も前例通りに運べるのか。
 佐藤栄作首相は1966年、通常国会の召集日に解散した。自民党の大物議員が国有地払い下げをめぐって恐喝容疑などで逮捕されたり、運輸相が自分の選挙区に急行を止めるよう国鉄に圧力をかけたりした「黒い霧事件」がきっかけ。政治不信の高まりを受け、与野党で話し合って解散が決まった。
 結果は解散前の予想に反し、自民党の公認候補は全議席の半数を超える277人が当選。疑惑追及に苦しんでいた佐藤内閣は国民の信任を得た格好になり、長期政権につながった。
 86年に「死んだふり解散」と…


ANN: あすも汗ばむ陽気 洗濯も安心 今村涼子の「今天」 9/19
 〇きょうの「今天」はこちら、「9月下旬に突入!洗濯はできるかな?」です。
 くわしくは動画で…


ANN: 皇太子ご夫妻が国際会議へ 皇太子さまは英語で挨拶 9/19
 〇皇太子ご夫妻が国際会議の開会式にそろって出席されました。
 皇太子ご夫妻は19日午前、アジア・太平洋諸国の法律家による国際会議の開会式に出席されました。皇太子さまは人工知能による情報技術の発達などを例に挙げ、「法的基盤の整備をはじめ、当面する様々な課題について、意見を交換することは誠に時宜にかなったことです」と英語であいさつされました。皇太子ご夫妻は前回、会議が日本で開催された2003年にもそろって開会式に出席されていました。

TBS: 総選挙の争点は?各党綱引き、国会前では反安保法制集会 9/19
 〇安倍総理が早期に衆議院を解散する意向を与党幹部に伝え来月22日の総選挙が濃厚になるなか、何を争点にするのか、早くも各党の綱引きが始まっています。
 自民党内では2019年10月に予定される消費税の8パーセントから10パーセントへの増税分の使い道を、もともと計画されていた「国の借金の返済」などから変更して「子育て支援」や「教育の無償化」などの財源に充てることを公約にすることが検討されています。
 これに対し、「社会保障や教育の充実」を掲げてきた民進党の前原代表は、「トンビが油揚げをかっさらうような、まさに争点隠しをやろうとしている」と批判し、森友学園や加計学園の問題について国会で審議をしてから総選挙を行うべきだと訴えています。
 こうしたなか、19日で集団的自衛権の行使を一部認める安全保障関連法の成立から2年となったことを受け、国会前では反対派の集会が開かれています。共産党の志位委員長安保法制の廃止を総選挙の争点にすべきだと訴えました。
 「きょうは安保法制・戦争法が強行されてちょうど2年目です。憲法違反の安保法制・戦争法はきっぱり廃止にしよう。このことをこの日にあたってみんなで誓い合おうではありませんか」(共産党 志位和夫委員長)
 各党にとっては、自分たちが最も重視し選挙を戦う上でも有利になる争点を設定できるかどうかは重要なポイントで、総選挙に向けた戦いは既に始まっていると言えそうです。







新党、安保法を容認 細野氏「現実的に対応できる」 【東京新聞】2017.09.19
 〇細野豪志元環境相は19日の民放番組で、小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員との国政新党結成を巡り、新党の下で安全保障関連法に基づく集団的自衛権の行使を容認する考えを表明した。北朝鮮情勢に触れ「新党では現実的に対応できる」と述べた。民進党などの野党は安保法の廃止を訴えている。
 細野氏は、憲法改正の議論に前向きに取り組みたいとして、地方自治を規定する憲法8章の改正や、大災害時に国会議員の任期を延長する緊急事態条項を優先すべきだと説明した。安倍晋三首相が目指す9条改正に関しては「優先順位が高いかというと、ちょっと疑問がある」と指摘した。
  ★安倍で、足りている、飽きている。補完勢力… 小池、亦同じ。


解散後の対北有事対応 防衛相「国会事後承認で」 【東京新聞】2017.09.19
 〇小野寺五典(いつのり)防衛相は十九日午前の記者会見で、二十八日召集の臨時国会冒頭にも衆院が解散され、衆院選が行われる見通しに関し、北朝鮮を巡る有事対応で、安全保障関連法で可能となった新任務を行う場合の国会承認について「緊急の場合の事後承認制度がある」と説明した。
 小野寺氏の発言は、解散後の北朝鮮有事を想定したもの。こうした状況で、政治空白を生む解散に踏み切る安倍晋三首相の判断について、野党は批判している。
 安保法は、日本と密接な関係にある他国への攻撃により日本の存立が脅かされる「存立危機事態」での集団的自衛権の行使や、そのまま放置すれば日本への攻撃に至る恐れのある「重要影響事態」での米軍への支援などを行う場合、政府は原則として国会の承認を得なければならない。ただ、緊急の場合は事後承認も可能と定めている。
◆「首相が早期解散検討」 自民・二階幹事長明かす
 自民党の二階俊博幹事長は十九日の役員連絡会で、安倍晋三首相から衆院の早期解散を検討していると伝えられたことを明らかにした。
 二階氏は十八日に首相と会談したと報告し「首相から『早期解散を検討しているが、時期については国連総会から帰国してから決める』との発言があった」と紹介した。その上で「いずれにしても短期決戦となる。それぞれの立場で全力を尽くしてほしい」と強調した。
 二階氏はその後の記者会見で、衆院が解散される場合、衆院選までに自民党の改憲案を取りまとめるのか問われると「日を区切り結論を出すこと自体が難しい。選挙は間近に迫っているのは事実だから、急ぐ必要はなく慎重にやる方が大事だ」と話した。
 首相は解散について、二十二日に米ニューヨークでの国連総会から帰国し、最終判断する。
 首相は臨時国会冒頭の二十八日にも解散する意向で、最短で十月十日公示-二十二日投開票が有力視されるほか、十七日公示-二十九日投開票の可能性もある。
  ★ひょっとして、戦端を開く、開戦まで、事後承認でやろうと??? “戦争法”法律もけしからんが。今回の投票は、重大だ⁉ 授権しかねない…


「仕事人内閣」実績問われ 地方創生相「結果出てない」 【東京新聞】2017.09.19
 〇梶山弘志地方創生担当相は十九日の閣議後の記者会見で、二十八日召集の臨時国会冒頭にも衆院が解散される見通しとなったことに関連し、「(第三次安倍第三次改造内閣が)結果を出すか出さないかという点では、まだ結果が出ていないということだと思う」と話した。安倍晋三首相は八月三日の記者会見で「この内閣は結果本位の『仕事人内閣』だ」と強調していた。野党は何の結果も出していないと指摘している。
 梶山氏は、解散は首相の専権事項だとした上で「内閣の一員として、首相の考えに従って粛々と仕事をし、選挙を勝ち抜いてくる」と語った。
 野上浩太郎官房副長官は十九日の記者会見で「仕事人内閣」の実績を巡り「コメントは差し控えたい」。野田聖子総務相も同日の記者会見で「(解散は)仮定のことで、お答えできない」と明言を避けた。
  ★控えるのではなく、何もない! 明らかなことだ。国会、実質開かず!逃げ回る、火事場泥棒の如くに


【スポーツ】早くも大谷争奪戦 米スカウト、登板日に大挙 東京新聞 9/19
 〇… 14球団が集まった8月31日の登板にはヤンキースのキャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)が訪れ、16球団に増えた9月12日の登板にはマリナーズのディポトGMが熱視線を送った。
 大リーグでは通算714本塁打を放ったベーブ・ルースが投手としても通算94勝を挙げたことがあるが、80年以上も昔の話だ。ナ・リーグ東地区の球団の編成担当者は「20本塁打は打つだろうが、打率が未知数」とあくまでも投手として評価していると明かす。だが、ナの強豪球団のスカウトは「世界一の才能を持つ選手。二刀流でオファーしないと交渉のテーブルにも着けないと大半の球団が考えていると思う」と話した。
大谷に熱い視線を送る大リーグのスカウトら

 大リーグでの投手起用の変化も二刀流に追い風になりそうだ。先発投手を5人で回すのが一般的だったが、近年は肘への負担を減らすために登板間隔を中4日から5日にして6人でローテーションを組む球団が出てきている。中4日では余裕がなく野手としての出場は難しいが、5日あれば可能性が出てくる。
 ヤンキースのジラルディ監督は米メディアに「(一人二役できれば)登録の枠が一つ空く。先発投手を6人で回したいときにやりやすい」と話した。ポスティングシステムの申請開始は11月1日。日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)が改定に向けた協議を進めている。まだ、大谷からは正式に何も語られていないが、狂騒曲は始まっている。


時代の正体〈520〉声上げることが最後の砦 安保法成立2年(上) 【神奈川新聞】2017.09.19


安保法制~続ける自由守る闘い~ 【神奈川新聞】2017.09.19



【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19
 〇1977年9月、幼い子2人と母親が犠牲になった横浜米軍機墜落事故を題材にした朗読劇が23日、横浜市中区の港の見える丘公園で上演される。間もなく発生から40年。出演する中学生は「事故を伝えたい」との思いを胸に、本番に臨む。 (梅野光春)
 「あついよ、水をちょうだい」「バイ、バイ…かすかに口元を動かして、それが最後の言葉でした」
 墜落後の火災で、全身やけどを負った幼い二人兄弟は翌日に亡くなる。一年四カ月後、大やけどの治療を続ける母親・土志田和枝さん=死亡当時(31)=は、それまで伏せられていた兄弟の死を知らされる。「もう白い小さな箱に入ってしまっているなんて。一目でも会いたかった」
 時には涙声も交え、事故後の母子を語る朗読劇は二十分。横浜市立日吉台中演劇部員ら十四人が演じる。練習は先月末から。和枝さん役の二年生・相良碧海(さがらひろみ)さん(14)は「自分に子どもがいると想像して朗読する。とてもつらい。でも、本当にあったことだから、伝えたい」と目を潤ませる。
 台本は、脚本家の井上学さん(51)=横浜市磯子区=が一九九六年に構成した。「事故後も和枝さんが苦しい入院生活を続けるなど、台本作りの過程で事故の背景を知った。忘れてはならないと思った」と振り返る。
 朗読劇は、翌九七年の事故後二十年の催しをはじめ、平和を願う行事で上演されてきた。そして節目の四十年に中学生が上演する。「事故を伝えようという意思が、横浜に息づいている。頼もしく思っている」と井上さんは話す。
 この朗読劇を、日吉台中演劇部顧問の山田容弘(まさひろ)さん(59)が部活の題材に取り入れたのは前任校にいた五年ほど前。「生徒が語り手になれば、事故の風化を防げるのでは」との思いからだった。「米軍機が横浜上空を飛ぶ状況は、事故から四十年たっても変わらない。同じような事故は、いつ起きてもおかしくない」と語り継ぐ意義を説く。
 朗読劇は二十三日正午に始まる「つどい」で、亡くなった三人をモデルにした「愛の母子像」を前に上演される。参加無料。問い合わせは横浜米軍機墜落事故平和資料センター=電045(933)3954=へ。
港の見える丘公園にたたずむ「愛の母子像」=横浜市中区で

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。





 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)


韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧




【社説】[首相解散の意向] 大義はどこにあるのか 【南日本新聞】2017.09.19
 〇安倍晋三首相が政権の新たな目玉政策と位置付ける「人づくり革命」の議論が始まった。
 柱となるのは教育の無償化、高齢者雇用、社会人が学び直す「リカレント教育」などである。
 有識者らでつくる「人生100年時代構想会議」が、年末までに中間報告をまとめ、来年6月をめどに基本構想を策定する。
 家庭の経済事情に左右されず誰もが希望する教育を受けられる社会、幾つになっても挑戦できる社会をという問題意識は共有する。
 だが釈然としないのは、政権のメインスローガンが毎年のように替わり、何をしたいのか目指すべき社会がよく見えないことだ。
 安倍政権の看板政策は、「女性活躍」「1億総活躍社会」「働き方改革」と変遷してきた。
 女性活躍では2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする目標を掲げ、1億総活躍では希望出生率1・8、介護離職ゼロを設け、働き方改革では正社員と非正規労働者の不合理な待遇差をなくす「同一労働同一賃金」の実現などを目指してきた。
 看板は増えるが、どれも道半ばで、担当相や会議が乱立し、政策効果の検証も不十分である。
 新たに打ち出した人づくり革命も、示されたメニューは、働き方改革や1億総活躍と重複するところが多い。
 ネーミングが大仰な分、言葉だけが躍っている感は否めない。
■    ■
 焦点の教育無償化は、幼児教育・保育の財源として「こども保険」の創設や企業拠出金の活用を検討するという。大学進学の負担軽減では、返済不要の給付型奨学金拡充のほか、授業料を国がいったん支払い、卒業後に収入に応じて返済してもらう「出世払い」方式の導入が課題となっている。
 文部科学省の試算では、大学の無償化には約3兆1千億円の追加費用が必要で、幼児教育なども含めると必要財源は4兆円を超える。
 経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で、日本は教育機関への公的支出の割合が最低水準だ。特に見劣りしているのが、高等教育と幼児教育への支出である。
 教育の無償化に前向きな姿勢を示す安倍首相のリーダーシップの下、施策と財源確保の議論をぜひ進めてもらいたい。
■    ■
 政権が人づくり革命を新たな看板に掲げたのは、加計(かけ)学園問題や「共謀罪」法を巡る国会運営などで内閣支持率が急落した直後だった。
 安全保障関連法の衆院採決強行後に支持率が低下し、1億総活躍を打ち出した時とよく似ている。
 安倍首相は28日召集の臨時国会冒頭にも衆院を解散する意向という。新たな政策を選挙の看板にとの思惑もあるかもしれない。
 しかし国民が求めているのは豊かな未来につながる具体的な施策である。支持率回復や選挙目当てのスローガンはいらない。
  ★主権者への畏敬、畏怖の念が、まったく、見えない、安倍政権の御都合解散! 戦争、開戦迄、御一任??? 有り得ないことを平然と続けた、安倍内閣。何を示し合わせてくるのやら。


【社説】[首相解散の意向] 大義はどこにあるのか 【南日本新聞】2017.09.19
 〇衆院解散は首相の専権事項とはいえ、あまりに党利党略が過ぎないか。解散の大義はどこにあるのか、国民に説明するべきだ。
 安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、来月下旬に総選挙を行う意向を固めたという。
 回復傾向にある内閣支持率や、離党者が後を絶たない民進党の混乱を、与党に有利な状況ととらえたようだ。
 学校法人「森友学園」や「加計学園」の問題で、野党が憲法に基づき臨時国会の召集を要求していたにもかかわらず、与党は約3カ月間拒み続けた。北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返し、緊迫化する情勢下でもある。
 臨時国会冒頭で解散すれば「疑惑隠し」「政治空白を生む」との批判は避けられまい。
 総選挙の日程は10月10日公示、22日投開票を軸に検討している模様だ。今月22日までの訪米からの帰国後に首相が最終判断する。
 森友学園の国有地取得に関する会計検査院の調査報告や、加計学園の認可判断は10月下旬にも出る見通しだ。
 臨時国会が始まれば野党の厳しい追及で、再び支持率が下がるリスクもあった。だが、冒頭解散となれば真相究明とは程遠い状況で国民の審判を受けることになる。
 自民党の憲法改正草案は、国会召集要求を「少数者の権利」として「要求から20日以内に召集」と明記する。野党の要求に応じず、自らの主張も棚に上げるような姿勢は自己都合の極みではないか。
 首相悲願の憲法改正は、衆院選の結果次第では国会発議に必要な衆院の3分の2以上の「改憲勢力」を失う可能性もある。
 ただ、現状でも公明党から慎重論が相次ぎ、自民党内も9条への自衛隊明記を巡って意見は一本化されていない。選挙で仕切り直して、新しい勢力で改憲を目指す意向が透ける。
 一方、民進党は前原誠司新執行部が船出したものの、共産党との選挙協力の見直しを含めた野党共闘や公約づくりは進んでいない。「離党ドミノ」への対応に追われ、支持率回復はままならない。
 小池百合子東京都知事の側近が年内立ち上げを目指す国政政党も態勢は整っていない。野党側の準備不足は否めない状況だ。
 安倍政権の看板政策「働き方改革」をはじめ、国政の課題は山積している。首相は8月の内閣改造で「結果本位の仕事人内閣」を発足させたばかりだ。
 政局優先の解散でよいのか。判断を下せるのはわれわれ有権者だけである。
  ★専権事項??? 自民党が勝手に決めて、繰り返してきただけのことではないか。不届きは、明らか。主権者への、不忠、不誠実、信義則違反は、明らか


【社説】首相の解散意向 あまりに身勝手ではないか 【熊本日日新聞】2017.09.19
 〇なぜ今なのか、との疑問が拭えない。今年8月の内閣改造では「結果本位の仕事人内閣」を掲げたはずだ。まず国政に専念すべき時ではないか。
 安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、来月下旬に総選挙を実施する意向を固めたという。北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を強行する緊張下での重大判断だ。首相は北朝鮮に対抗するため、強力な政権基盤を持つ必要性を訴える方針だが、こうした時期だからこそ、一国のリーダーとして「政治空白」をつくることは避けるべきだ。
 そもそも臨時国会は、学校法人「森友学園」や「加計学園」の真相解明のため野党が憲法に基づいて求めたものだ。自民党の憲法改正草案は、国会召集要求を「少数者の権利」として「要求から20日以内に召集」と明記している。にもかかわらず、約3カ月も拒み続けてきた経緯がある。
 首相が臨時国会冒頭での解散を決断すれば、国民が望む真相解明の機会が遠のくことになる。自らの主張さえも棚に上げた上、都合の悪い問題から逃げ、真実の隠蔽[いんぺい]を図っているのではと見られても仕方がない。
 首相が「電撃解散」に傾いた背景には、森友、加計学園問題で急落した内閣支持率が回復傾向に転じたことがある。臨時国会が始まれば野党が追及を強めるのは必至で、「国民の厳しい視線が再び政権に向き、下落するリスクがある」(自民党国対筋)との読みがあったのだろう。
 さらに野党第1党の民進党は、前原誠司代表ら新執行部が誕生したが、離党者が相次ぐなど混乱が収まっていない。世論の支持を集める小池百合子東京都知事の側近が年内立ち上げを進める国政政党の態勢が整わないうちに済ませたいとの思惑も透けて見える。
 首相は2014年11月、準備不足だった当時の民主党の虚を突いた形で電撃的な解散を行い、翌12月の総選挙で大勝した経緯がある。その時の成功体験が基になっているのだろう。
 北朝鮮問題が緊迫の度を増す中での解散は当然、批判を招く可能性がある。それでも首相周辺は「首相が『うまく対処できるのは自分だけだ』と訴えて対抗する」と意に介さない。国際情勢の緊迫化を利用するかのような、政権のなりふり構わない姿勢にはあきれてしまう。
 首相は「10月10日公示、22日投開票」「同17日公示、29日投開票」の2案を念頭に置いているもようだ。18日から22日までの訪米から帰国した後に北朝鮮情勢などを見て、最終判断する。
 現在の衆院議員の任期は来年12月半ばまでで、まだ1年2カ月以上残っている。「解散は首相の専権事項」と言われるが、党利党略が優先されていいはずがない。
 野党の混乱に乗じて、政権の維持を図ろうとする戦略には「大義」は見いだせない。あまりに身勝手で、解散権の乱用としか言いようがない。


【論説】首相の解散意向 党利党略が過ぎないか 【佐賀新聞】2017.09.19
 〇党利党略が過ぎる―。最近の安倍政権の行状と日本政界の現状を見ると誰もがそう思うのではないか。
 安倍晋三首相が今月28日召集の臨時国会の早い段階で衆院を解散、10月下旬に総選挙を行う意向だという。
 学校法人「森友学園」や「加計(かけ)学園」の真相解明のため野党が憲法に基づいて求めてきた臨時国会召集を約3カ月も拒み続け、さらに北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を強行する緊張下での重大判断だ。
 安倍首相は表向きには意向を明らかにしていないが、背景には野田聖子総務相らを迎えた内閣改造で森友・加計問題で続落した内閣支持率が上向く一方、野党第1党の民進党で離党が続くなど混乱が収まらないという与党にとって有利な状況がある。
 さらに世論の支持を集める小池百合子東京都知事の側近が年内立ち上げを進める国政政党の態勢が整わないうちに済ませたいとの思惑もあるかもしれない。
 2014年、準備不足だった当時の民主党の虚を突いた形の電撃的な解散で安倍首相は大勝を収めている。解散に踏み切れば、何らかの「大義」を掲げることになるだろうが、成功体験が基になっているのは間違いない。
 安倍首相は、「10月10日公示、22日投開票」「同17日公示、29日投開票」の2案を念頭に置いているもようだ。18日から22日までの訪米から帰国した後に北朝鮮情勢などを見て、最終判断する。
 10月22日の衆院3補欠選挙を経て「11月解散―12月総選挙」も視野に入れるが、与野党は最短日程を前提に選挙準備に入っている。
 安倍政権は、6月中旬までの通常国会で、森友・加計両学園を巡る問題で追い詰められると、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法に関して、参院法務委員会の採決を省略する「中間報告」と呼ばれる禁じ手を用いて本会議採決を強行、会期末に閉幕させた。
 その後、新たな事実や疑惑が出てきても臨時国会召集要求には外交や法案準備などを理由に応じなかった。今月の臨時国会の早い段階で解散した場合、森友・加計問題は真相解明からほど遠い状態で国民の審判を受けることになる。
 自民党の憲法改正草案は、国会召集要求を「少数者の権利」として「要求から20日以内に召集」と明記している。自らの主張さえも棚に上げており、都合の悪い問題からの逃げ、真実の隠蔽(いんぺい)と言っても過言ではない。
 他方、民進党は相次ぐ離党者やスキャンダルによる幹事長人事撤回など前原誠司代表の体制になっても迷走が収束しない。また、小池都知事が支援する若狭勝衆院議員が早急に国政政党の旗揚げにこぎ着けることができたとしても選挙準備は極めて不十分で選挙戦を迎えることになる。
 そもそも、このような党利党略が許されるのは首相の解散権が「完全自由」と見なされているからだ。今年3月の衆院憲法審査会では、解散権に何らかの制限を設けるべきだと民進党が問題提起、国会でも議論が始まっている。
 断行されれば、そんな中での解散となる。われわれ、有権者こそが、その是非を根本から問い直さなければならない。(共同通信・柿崎明二)


【社説】衆院解散へ 大義なき「自己都合」容認し難い 【愛媛新聞】2017.09.19
 〇安倍晋三首相が28日召集の臨時国会の早い段階で衆院を解散し、10月中の総選挙を検討する意向を与党幹部に伝えた。与党は衆参両院で圧倒的多数を占めており、衆院議員の任期は約1年2カ月残る。なぜ今、このタイミングなのか。山積する課題をうやむやにしようとする暴挙に強く異を唱えたい。
 差し迫って国民の信を問うべき重要なテーマはどこにも見当たらない。にもかかわらず解散に打って出る背景には、加計・森友学園問題や南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)などの疑惑を巡る政権への批判の高まりがある。民進党が離党騒ぎで混乱している状況をみて局面打開の好機と判断したのは明らかで、党利党略の批判は免れまい。大義名分のない解散は権力の乱用に他ならない。
 解散風に乗って聞こえてくるのは身勝手な理屈ばかりだ。疑惑解明のため野党が要求していた早期の臨時国会召集を3カ月間も逃げ回った揚げ句、冒頭解散するなら「疑惑隠し」というしかない。閉会中の審査でも疑問は解消されず、臨時国会での解明を期待していた国民も少なくない。「丁寧な説明をする」との約束は一体、どこに行ってしまったのか。国民を欺くに等しく、疑惑に頰かむりする姿勢は断じて許されない。
 政権維持の思惑も透ける。自民の総裁任期は来年9月。総裁任期を「3期9年まで」に延長する党則改正が今年3月に決まり、「超長期政権」への道筋を付けている。選挙に勝って「信を得た」と主張し、自身が描いたシナリオを実現する狙いがあるのは想像に難くない。
 その先にあるのは首相が宿願とする改憲だ。今も衆参で改憲勢力が3分の2以上を占めている。だが「共謀罪」法を巡る強行採決や一連の疑惑で内閣支持率は急落し、都議選で自民は惨敗。求心力は低下し、首相が示した9条改正案には党内から異論が噴出している。行き詰まりつつある改憲に向けた動きを、新勢力で加速させたいのだろうが、もはや改憲が自己目的化している。国民的な議論は全く熟しているとはいえない。
 見過ごせないのは、核実験やミサイル発射で挑発を続ける北朝鮮の脅威が現実となる中、1カ月以上も政治空白をつくることだ。首相は北朝鮮に対抗するために強力な政権基盤を持つ必要性を訴える構えというが、優先するべきは国会で国民の生命や財産を守るための策を議論することである。さらに首相には世界の先頭に立って北朝鮮への外交的包囲網を強める役割もある。自ら危機をあおりながら、選挙に多くの時間を費やすなら本気度を疑われよう。
 首相は8月の内閣改造で「仕事人内閣」を掲げた。何も成果を出さないまま早々に解散するのは極めて無責任であり、「1強」のおごりの表れである。やるべき仕事や責任を放り出す自己都合の解散に、国民の理解は到底得られない。


【社説】朝鮮学校訴訟 学ぶ権利、顧みない判決 【信濃毎日新聞】2017.09.19
 〇教育を受ける機会を公平に保障する高校無償化制度の趣旨を踏まえた判断とは言いがたい。学ぶ権利や教育の独立性を損なう行政の介入に厳しい目を向けるべき司法が、その責務を自ら放棄していないか。
 朝鮮学校を無償化の対象から除外したのは違法として卒業生たちが国に損害賠償を求めた裁判で、東京地裁が請求を棄却する判決を出した。国側の主張を全面的に認め、裁量権の逸脱はないと結論づけている。
 判決でとりわけ納得がいかないのは、無償化の対象外とした政府の判断について「政治的理由ではない」としたことだ。なぜそう言えるのか。根拠をはっきりと示してはいない。
 高校授業料の無償化は、民主党政権下の2010年に導入された。外国人学校も広く対象とする一方、朝鮮学校だけは適用が見送られ、自民党の政権復帰後の13年に文部科学省令を改定して除外を明確にした。
 「拉致問題が進展しておらず、国民の理解が得られない」。当時、下村博文文科相は述べている。政治的な判断であることは明らかだ。判決は、結論ありきの強引な理屈づけにしか見えない。
 国は裁判で、朝鮮学校は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と密接な関係にあり、就学支援金が授業料に充てられない懸念があると主張した。判決はこれを追認したが、公安調査庁の資料などに基づく主張を裁判所として十分に検証した形跡は見当たらない。
 同様の裁判で原告が勝訴した7月の大阪地裁判決は、国の主張の根拠を検証し、朝鮮学校を除外する特段の事情は認められないとした。教育の自主性、独立性を重んじ、政治の介入を抑制する原則に立ったまっとうな判断である。
 拉致問題や核・ミサイル開発をめぐって北朝鮮は強く非難されている。だからといって、在日の人たちをそれと結びつけ、日本で生まれ育った子どもたちにまで責めを負わせるべきではない。
 教育を受ける権利は、ほかの学校の生徒たちと同じように保障されなくてはならない。朝鮮学校だけを分け隔てる施策は、法の下の平等や教育の機会均等に反する差別であり、排外的な主張を助長することにもつながる。
 民族的な少数者が自らのルーツに関わる言葉や文化を学ぶ権利も尊重されるべきだ。差別が制度化された現状は改めなくてはならない。司法は人権を守る立場から政府にそれを促す責任がある。


【社説】NHK受信料 外部情報利用はだめだ 【信濃毎日新聞】2017.09.19
 〇NHKの経営陣にとって都合の良すぎる内容が並んでいる。お手盛り答申と言われても仕方ない。
 答申に沿って受信料制度を見直すことを認めるわけにはいかない。
 NHK会長の諮問機関が受信料制度の在り方について答申をまとめた。中でも注目されるのは、不払いを減らすため、電気、ガスなどの公益事業者から住居に関わる情報を得て受信料収納に使う案を打ち出したことだ。そのことに「公益性・合理性が認められる」と答申は述べている。
 こんな仕組みができれば電力、ガス会社と契約した人は住所や名前をNHKに知られてしまう。その人がテレビを持ち、NHKが何らかの形でテレビ所持を把握した場合、裁判で支払いを求められる可能性が出てくる。
 公益事業者が持つ情報は個人情報保護法により、本人の同意なしに第三者に提供することはできないことになっている。実際にはハードルは高い。
 国民の理解を得るのも難しいだろう。NHKが実施した意見公募には「なぜNHKだけが個人情報を利用できるのか」といった声が寄せられている。
 答申は公益事業者の情報を利用するメリットについて、受信料収入が増えて放送サービスが充実し、「視聴者・国民の利益に結び付く」としている。素直には受け止められない理屈である。
 NHKの経営に関しては、視聴率優先の姿勢や関連会社を通じた事業肥大化に対する批判がかねてある。そうした面に目をつむって「視聴者・国民のためになる」と言われても納得できない。
 答申は参考資料として外国の公共放送の例を紹介している。それによると、英国、フランス、イタリアなどでは税務署や電力会社が受信料を一緒に集めている。不払いに対する罰金もある。
 NHKについては政府寄りの報道姿勢に対する批判も根強い。安倍晋三政権になってからは、首相に近い人を経営委員に送り込むなど介入姿勢が強まっている。
 仮にNHKが欧州諸国に倣って公権力を背景にした制度を導入した場合、国営放送の色彩が強まる。視聴者の負担で支えられ、国民と視聴者に対して責任を負う公共放送と言えなくなる。
 政府から一線を画し、国民、視聴者のためのサービスに徹する。そのことを通じ受信料負担に理解を求めていく。それがNHKの取るべき道である。外部情報利用には賛成できない。


【社説】来月 衆院選へ 誰のための解散なのか 【北海道新聞】2017.09.19
 〇安倍晋三首相は、28日召集予定の臨時国会で衆院を解散する方針を固め、政府・与党幹部に伝えた。衆院選の投開票日は来月22日を軸に検討するという。
 しかしいまのところ、政治空白を生んでまで国民に信を問うべき解散の大義は見当たらない。
 代わりに何が透けて見えるか。
 北朝鮮情勢の長期化で解散の時機を失したくないという思惑。
 民進党が迷走し、小池百合子東京都知事と連動する新党の準備が整わないうちに戦いたい打算。
 そして臨時国会での論戦を回避し、学校法人「加計(かけ)学園」「森友学園」や陸上自衛隊の日報隠蔽(いんぺい)を巡る問題に、ふたをしてしまおうという姑息(こそく)な計算だ。
 首相にとっては得策でも、国民のための選択と言えるだろうか。
 このまま解散に踏み切るなら、首相の都合が最優先の「身勝手解散」とみられても仕方あるまい。
 「北朝鮮問題が長期戦になれば解散の判断が難しくなる」
 首相は自民党の選対幹部に、早期解散の背景をこう説明した。
 解散総選挙となれば、一定の政治空白は避けられない。だから北朝鮮情勢が緊迫化する中での解散は困難、と考えるのが常識だ。
 ところが首相は、だからこそ政権基盤の安定が必要という理屈で解散に踏み切るつもりのようだ。
 だが金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長もトランプ米大統領も、その行動は予測不能である。リスクを冒してまで解散を急ぐのは、やはり野党の内情と、自らの支持率をにらんだ結果なのだろう。
 民進党は、幹事長候補と目された山尾志桜里衆院議員が不適切な交際を指摘されて離党し、小池氏と連動する新党を念頭にした離党者も相次ぐなど、迷走を続ける。
 自民党がもっとも警戒するのは小池氏らの勢力の国政進出だが、衆院選が来月となれば、選挙準備を進めるにも限界がある。
 一方で安倍内閣の支持率は、加計学園や日報問題による一時の急落から回復しつつある。
 国会で野党の追及を受け、再び支持率が低下する前に解散してしまう方が、政権維持には有利だ。
 だが支持率回復の一方で、国民が一連の「疑惑」について納得していないのも明白だ。その民意に目をふさぎ、臨時国会の審議を封じるのは党利党略でしかない。
 首相は国連総会への出発にあたり解散について「帰国後に判断したい」と述べた。国民に問うべき明確な争点が示せないまま踏み切るなら、解散権の乱用であろう。


【社説】首相が「冒頭解散」を検討 国民が見くびられている 【毎日新聞】2017.09.19
 〇主権者たる国民への畏れなど、みじんも感じられない政治がまかり通ろうとしている。
【図でわかりやすく】衆院解散をめぐる各党の思惑
<消費増税分、配分見直し 首相、争点化狙う>
<加計学園を覆う「5つの不可解」>
<「北朝鮮」長期化にらみ 危うい政治空白>
<山尾ショックで早くも暗雲 「前原民進党」の正念場全情報>
<問われる大義名分 公明、改憲回避の思惑>
 安倍晋三首相が28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。総選挙は「10月22日投開票」の日程を軸に政府・与党は調整に入っているという。
 北朝鮮情勢の緊迫が続く中での選挙となる可能性が高い。にもかかわらず解散に踏み切るのは、今、選挙をした方が自民党はそんなに議席を減らさないだろうという首相の打算以外に考えられない。
 民進党は前原誠司代表に交代した後ももたついている。小池百合子東京都知事と連携して結成を目指すという新党も、今なら準備が間に合わないだろうというわけだ。
 さらに首相の魂胆が透けて見えるのは、首相の所信表明演説や各党代表質問も行わずに解散する案が検討されていることだ。
 首相自身が渦中にある加計学園や森友学園問題は何も解明されておらず、引き続き国会の焦点だ。首相も先の通常国会終了直後は「今後、真摯(しんし)に説明する」と約束していた。
 ところが、それを避けて解散に持ち込むのは、よほど疑惑を隠しておきたいからだろう。首相がそれでこの問題は忘れ去られると考えているのなら国民はなめられたものだ。
 解散・総選挙によって政治空白が生まれ、「北朝鮮問題への対応は大丈夫なのか」との不安もある。
 自民党からは「北朝鮮問題は長期化するから、いつ解散しても同じ」との声を聞く。ならば、なぜそう判断するのか、そして、この問題をどう解決しようと考えているのか、説明すべきだ。
 確かに内閣支持率は一時と比べて回復している。しかし、それは北朝鮮問題という対外的な危機感が現内閣への期待を生んでいるからに過ぎない。首相の努力の結果ではない。
 首相は先月、改造内閣を「仕事人内閣」と自賛した。成果どころか、仕事の中身さえ国会で示す前に解散するということでもある。
 2014年11月、消費増税先送りを理由に衆院を解散した時以上に大義はないと言うべきである。
 首相は米国から帰国後に最終決断するという。冒頭解散は国民不在の選択である。


東京新聞・社説: 安保法成立2年 越えてはならぬ一線 9/19
 〇違憲と指摘された安全保障関連法成立から二年。地域情勢はむしろ緊迫化し、日本に忍び寄るのは、敵基地攻撃能力の保有と核武装という「誘惑」だ。
 「平素からいざというときの備えをしっかりとつくり、隙のない体制を整えることが紛争を未然に防止する抑止力を高める。日本が攻撃を受ける国民全体のリスクを減少させることにつながる」
 二〇一五年九月十九日未明、議場に「憲法違反だ」との掛け声が響く中、成立した安保法。歴代内閣が違憲としてきた「集団的自衛権の行使」を一転、可能にした安倍晋三首相が法案審議で強調し続けたのが、日米同盟の強化によって抑止力を高めることだった。
◆日本のリスク減少せず
 しかし、日本を取り巻くアジア・太平洋地域の情勢はどうか。
 例えば、北朝鮮。安保法成立前の一年間に二発だった弾道ミサイル発射は、成立後の二年間で三十九発に上る。成立前の一年間は行われなかった核実験は成立後二年間で三回に達する。北朝鮮は日本への核攻撃を公言し、八月二十九日と今月十五日には弾道ミサイルが日本上空を通過した。
 中国公船などによる沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海への侵入も成立前の一四年九月から一五年八月の一年間は九十八隻だったが、一五年九月から一六年八月が百十四隻、一六年九月から一七年八月は百二十一隻と増加傾向にある。
 航空自衛隊機による緊急発進回数も成立前の一四年十月から一五年九月までの一年間は七百五十三回だったが、成立後の一年間で千百二十四回に上る。その後もペースは落ちず、中国機に対するものは過去最多を更新し続けている。
 各種統計を読み解くと、安保法成立で抑止力が高まり、「日本国民全体のリスク」が減少したとはとても受け止められない状況だ。
◆敵基地攻撃と核武装論
 そうした情勢を受けて浮上しているのが、敵のミサイル基地などを直接攻撃する能力を自衛隊に持たせる「敵基地攻撃能力の保有」と、日本の核武装論である。
 政府はこれまで、ほかに防御する方法がないと認められる場合に限り、敵のミサイル基地などを攻撃することは自衛の範囲に含まれるが、平生から他国を攻撃するような兵器を持つことは憲法の趣旨ではないとしてきた。
 しかし、自民党安全保障調査会は今年三月、敵基地攻撃能力の保有を含む提言を政府に提出した。首相は「現時点で具体的な検討を行う予定はない」としているが、防衛相に就いた小野寺五典氏は提言検討チームの座長であり、保有には前向きな姿勢を示す。
 一方の核武装論。九月三日の北朝鮮の核実験を受け、自民党の石破茂元幹事長は「米国の核で守ってもらうと言いながら、日本国内に置かないというのは議論として本当に正しいのか」と述べた。
 日本自身が核兵器を保有すべきだとの意見はこれまでもあった。石破氏の意見は日本自身の保有ではなく、米国が保有する核兵器の日本配備を促すものだが、核兵器を「持たず、つくらず、持ち込ませず」という非核三原則の破棄を、政府に迫るものである。
 石破氏の発言に対し、菅義偉官房長官が直ちに「これまでも非核三原則見直しを議論しておらず、今後も議論は考えていない」と否定したのは当然だろう。
 「我が国は、戦後一貫して平和国家としての道を歩んできた。専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国とはならず、非核三原則を守るとの基本方針を堅持してきた」「こうした我が国の平和国家としての歩みは、国際社会において高い評価と尊敬を勝ち得てきており、これを確固たるものにしなければならない」
 これは安倍内閣が定めた「国家安全保障の基本理念」である。
 憲法九条に基づく平和主義は、国内外に多大な犠牲を強いた先の戦争の反省に基づく国際的な誓いであり、戦後日本の繁栄を築き、これからも国家運営の指針となるべき普遍の原則である。
◆平和国家の道歩む決意
 敵基地攻撃能力の保有も核武装論も、その原則を損なう。核武装は核拡散防止条約の破棄を意味し、地域の核武装ドミノを起こす。軽々に議論すべきものではない。
 国民の命と暮らしを守るのは政府の役目であり、地域情勢の変化に対応するのは当然だが、平和国家として越えてはならない一線もあるはずだ。
 安倍内閣は「集団的自衛権の行使」を違憲とする憲法解釈を一内閣の判断で変更して、専守防衛の一線を越えた。この内閣の下で、再び越えてはならない一線を越えることは本当にないのか。
 平和主義を堅持する強い決意が私たち一人一人に求められている局面ではないだろうか。
  ★自民、公明党議員、落選運動に値する⁉ 投票行動で








核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-09-18

9/18: 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院小委員長&トランプ大統領「ロケットマン」呼ばわり  却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメ。 爾後は、核兵器禁止、戦争放棄服用を

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・“徴用工像”模型設置 釜山の総領事館前に 9/18(月) 19:15
 ・与党からも批判“衆院解散”に小池知事は? 9/18(月) 18:56
 ・天皇ご一家 皇居内で畑の「お手刈り」 9/18(月) 18:55
 ・北海道 10河川で氾濫危険水位を超える 9/18(月) 18:45
 ・衆議院解散へ…決断はいつ?大義は? 9/18(月) 18:06
 ・台風18号列島縦断、昼前に北日本に再上陸か 9/18(月) 6:49
 ・台風18号、大分・香川・高知で4人行方不明 9/18(月) 6:01
 ・安倍首相が早期解散の意向、来月22日投票を軸に調整 9/18(月) 5:33  ★火事場泥棒!が躍る… 首相に適わず??
 ・トランプ大統領「ロケットマンはどうしている?」 9/18(月) 5:31    ★数億人の被害、地球規模の放射能汚染、その程度とは???
 ・高齢者の割合が過去最高、90歳以上は200万人突破 9/18(月) 4:24
 ・殺されても戻らない…ロヒンギャ迫害深刻か 9/18(月) 7:26

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月18日分 9:00 実施
「護憲+」: 憲法論議に対案は必要ない 9/18 (パンドラ)
 〇安倍内閣は少し支持率が回復したのを機に、また「改憲」について言及し始めた。

 上智大学の中野昇一教授が週刊金曜日の9月1日号で、野党は「【対案を】という改憲議論に乗るな」という興味深い論考を載せているので紹介したい。

 中野氏は、『今の改憲勢力は、反対する勢力を分断する事に重きを置き、「ただ反対というのではなく対案を持ち寄って欲しい」という改憲議論に乗せようとしている』と言っている。

 民進党の中にもこの揺さぶりに乗ろうとする勢力がいる事は否めない。

 中野氏は更に、『憲法とは「憲法典」と「憲法体制」を指すと述べている。憲法典は「日本国憲法」という文章である。しかし憲法は、解釈や、学説、判例、国際条約など全て含めて憲法体制として機能している。
 ところが、現行の憲法議論は「憲法典」をいじる事しか眼中にない。「憲法典をいじれば「憲法体制が確立する」という議論は幼稚だ』と言い、
 『安倍首相が言う「戦後レジームからの脱却」は憲法典を足掛かりに戦後の憲法体制(レジーム)を破壊しようとしている』と述べている。

 氏の言説とは対照的に、『憲法典を国民の意志と意識で、国民投票に掛けてきちんと決めるべき』という意見もある。いわゆる、「国民投票」を国民の手で成し遂げ、取り戻そうという意見だ。

 私には迷いがある。都知事選は野党勢力の作戦のまずさがあったとは言え、続く都議会選挙はどうだったか。一時的なものとはいえ、小池百合子と都民ファーストの会に対する熱狂を思うと心もとない。

 今の社会には憲法に対して無関心だったり、不満、鬱憤を感じている人達がいる。その人達を「中間無党派層」と名付けるならば、安倍内閣を批判する人達が中間無党派層まで拡がり、支持率を下げた事実が示すように、中間無党派層の中にある欲求や不満、改革を希求する声に耳を傾ける事が必要ではないか。そのために野党共闘で国会の勢力を少しでも増やして欲しい。

 国民の生活は苦しい。長時間拘束される割には増えない年収。国民が一生懸命働き納めた税金はどこへ消えたのだろう。消費税は福祉に使われるはずではなかったか。若者達は労働待遇の不備で結婚も出来ない。少子化なんて解消される訳がない。

 憲法典をいじる事よりも、その不満、諦めに答えようとする政党を国民は待望している。野党は【対案】を出す事に拘るより、もう一度国民の声に耳を傾けて欲しい。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: でんでんの私利私欲解散に「×」。 9/18
 「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議 9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


 〇アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

 あからさまな疑惑隠し、権利の乱用、私利私欲解散だ。

 もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

 しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

 国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。



イシャジャの呟き: 敬老の日  ☂  誕生日の花  ゲンノショウコ   花言葉  心の強さ 9/18
 〇ラジオ深夜便から

 台風18号は、今朝7時前秋田沖を通過したが、暴風はまだ続き、周囲の木々を大きく揺らしています。

 雑草園、唯一の果実、タワワに実った柿の枝も大きく揺れていますが、落下しないで頑張っています。
 渋柿と思って、いたが 熟して 蜂が食いついているものもあり 早めにもぎ取って 焼酎でさわすことにしよう。

 ゴミ出しの日だが、昨夕出しておいたので、今朝は 暴風の中出歩かなくてもよく助かった。今日は敬老会だが、敬老の品も昨日届いた。傘寿に当たるとのことで、杖が届いた、鳩杖 ?と思いきや 今風のものでした。
 杖を頼りに、買い物に行こう ?

 台風が去ったと思いきや、外遊から帰ったと思ったら 解散風を吹かした、どこやらの、草履がいるらしい。
 〇〇小学校、〇〇獣医学部問題を、消去しようとする算段だろう、許せない 面々だ


 カテゴリなしの他の記事
  敬老の日
  秋だ
  秋雨
  秋場所
  通院


 今日のトピックス Blog9/17: 首相“国会冒頭に衆院解散”意向… 安倍、トランプは、制裁の先、戦争を目指す⁉ 主権者は、戦争の選択肢を奪え 投票行動で、NON!と &戦争法制と格差解消、脱原発 平和を目指す
  ★朝鮮半島危機、或いは、東アジアの危機である。その一員、日本の主権者として、戦争か平和か、単純に選べばよい。それが、憲法上の課題だ。しかも、安倍氏、安倍政権から、選択を迫られている。安倍政権を信任するかどうか、と。 今、安倍は、何をしようとしているか、見極めることが肝要だ。東アジアを、その実態、危険を。戦争なら戦争、どうするのか? 平和なら平和、どう築くのか?その構想と、選択した結果(想像力、構想力含め)見ながら、投票行動、或いは、意思表明、twitterであれ、何であれ、主張、説得することが求められている。


「護憲+」: 国民をバカにしている安倍政権ー空気を換えよう! 9/17 (tetsujinn)
 〇安倍と彼を操っている一味は探偵さんの仰っていることは重々承知の上で、あえて国民に不安を煽って軍備の増強を狙っているとしか思えません。

 即ち支持率の回復状況や、「共産党との共闘はやらない」などと高言するヘタレ民進党の現状を見て、ますます「敵はいない」「やりたい放題をやれる」と国民をバカにしているのでしょう。

 先の大戦の過ちをしっかり反省していない官僚の末裔たちが、まともな教育を受けていない若者たちを煽って「敗戦前の日本を取り戻す」などと有頂天になっているのです。

 「だまされる国民が悪い」とばかり言っておれません。困難な活動ですが、何とかホイッスルを吹いている人たちに協力して空気を換えたいものです。

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


「護憲+」: どさくさ紛れ解散総選挙か! 9/17 (流水)
 〇今朝(9/17)のNHKニュースで、安倍首相が臨時国会冒頭解散する決意をしたと報じた。サンデーモーニングで田中秀征も「この流れはもう止まらない」と語っていた。

 「あれだけ北朝鮮危機を煽っておいて、解散総選挙かよ?」「全国の学校で戦時中そのままの防空訓練をしろと強制しておいて、選挙かよ?」「アラート少年よろしく、上空700kmを通るミサイルにけたたましく警報を鳴らしておいて、選挙かよ?」

 文句を言えば、いくらでもある。

 何度も指摘するが、安倍政権(自民党政権)の脳裏にあるのは、権力保持だけ。そのために、利用できるものは何でも利用する。北朝鮮危機はその絶好の材料だ。危機を煽れるだけ煽り、国民を恐怖に陥れ、国民が恐怖のために思考停止の状態になってくれれば最高と考えていた。

 官邸の思惑通り、内閣支持率が多少回復。森友・加計問題追及もめっきり報道が少なくなった。それどころか、多くのメディアは、まるで従軍記者気取りの報道に狂奔している。

 多くの国民は、森友・加計どころではない。本当に戦争になるのではないか、と恐れている。危機になればなるほど、国民は政府を頼るものだ。これで、選挙に勝てば、森友・加計問題もチャラになる。選挙に勝ったら俺様に逆らったやつは徹底的に締め上げてやる。覚悟しておけ、というわけだ。

 ナチス・ドイツのゲーリングは「もちろん国民は戦争を望んではいない。なぜ畑にいる貧しいまぬけが、自分の命を戦争にさらそうなどと望むだろう?だが、結局、政策を決定するのは国家指導者だ。国民はいつでも指導者達の命令に従わせることができる。連中に、我々は攻撃されているのだと言って、平和主義者は愛国心に欠けると非難するだけで良いのだ。これはどこの国でも同様に機能する。」と語っている。

 麻生太郎が言う「ナチスドイツに学べ」とは、こういう事態を指す。

 今回の「どさくさ紛れ解散」「犯罪隠し解散」を見れば、北朝鮮危機など本当に存在するのかと言う事を疑わなければならない。何度も書いて恐縮だが、かなりの確率で「出来レース」だと疑わざるを得ない。本当に国家存立の危機ならば、大義名分のない解散総選挙などで政治の空白をつくる暇などない。「出来レース」でなく、本当に差し迫った危機が存在するのなら、解散・総選挙などしている余裕などないはずである。

 こう見てくると、安倍政権は、本当に骨の髄まで反国民的政権・反民主的ファッショ政権だと断定せざるを得ない。

 何をどうボヤいてみても選挙はある。とにかく、野党共闘を実現し、選挙に全力投球する以外この暴政を止める手段はない。

 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


「護憲+」: 北のミサイル発射に頓珍漢な対応の安倍首相 9/17 (名無しの探偵)
 〇北朝鮮のミサイル発射は今に始まったことではない。しかし、これに対する安倍首相の対応は、いつも初めてミサイル(攻撃?)を受けたような憤りを示す頓珍漢な答えに終始している。

 日米同盟の下で100パーセント一致した協力体制と、国際社会への働きかけで、さらる圧力をかけていくという。北朝鮮と話し合いで事を解決する政治的な動きは全くない。

 結論を先に言うと、核武装している国に対し軍事的対応一辺倒では、日本が危ないだけである。世界一の軍事大国の「核の傘の下に」あるので大丈夫というのは、素人的でなんの説得力も持たない意見にすぎない。

 日・米・韓と北朝鮮が再び戦火にまみえるときは、日本列島と韓国が最初の戦場になることは予測できる。(そのためのミサイル発射である。)また、一旦核戦争を始めたら地球自体が持たない

 こういう簡単な理屈が理解できないのが、今の日本の政治的指導者であり、それに票を投じてきた大多数の日本国民である。

 恐怖を通り越して、滑稽でもある。(こちらは老い先短い身なので。)

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


 今日のトピックス Blog9/16: 首相、年内解散を検討 最短で今月末⁉ 火事場泥棒の如く、品性下劣は仕方がない 核・戦争か平和か 脱原発、格差解消、戦争法等悪法、悉く廃止! 主権者の連帯、平和への結集、今こそ



「護憲+」: 北朝鮮危機再考 9/16 (流水)
 〇早朝から、Jアラートが鳴った。朝から脅された県の人はいい迷惑だったに相違ない。羽鳥のモーニングショウで長嶋一茂が「通勤中だったらどうするんだ」と叫んでいたが、見え見えの危機を煽るやり口にかなりの人が怒りを隠せないでいた。

 事実、ミサイルなどの軍事専門家は、日本を標的にしたミサイルと上空を飛ぶミサイルとでは、軌道も違うし、発射角度も違うと指摘。その数値をJアラートに組み込めば、今回のように馬鹿馬鹿しい騒ぎをすることはないと指摘していた。

 そもそも、日本を標的にしたミサイルなら、撃ち落とすというのが、日本の基本戦略だったはず。それを可能にするのが、撃たれたミサイルの軌道計算。それができないというのなら、撃ち落とせない装置に大金を払ったのかという責任問題になる。

 要するに、Jアラートの警報音は、国民を戦争の恐怖に陥れ、パニックを起こさせ、国民の冷静な判断力を奪い、政府の言いなりにする「魔法の音」なのだ。安倍内閣にとっては、「内政の危機」を「外交の危機」にすり替えて、支持率を回復する決め手なのだ。

 このような視点を忘れたTVの大騒ぎは、日本のメディアの度し難い退廃を示している。

 名無しの探偵さんが指摘されているように、安倍首相の危機を煽る言動は常軌を逸している。トランプの尻を叩いて、さらなる強硬な措置を促したいに違いない。日本や日本国民にとっての真の危機は、安倍首相個人の資質と判断力にあるといって過言ではない。そもそも安倍首相が現在の北朝鮮問題の歴史的経緯をきちんと認識しているかどうか極めて疑問である。

 安倍首相がどうあれ、わたしたちが正確で冷静な北朝鮮危機の認識を行うためには、北朝鮮問題の歴史的経緯をある程度把握しておかねばならない。

 〇朝鮮戦争休戦協定遵守の問題。

 わたしたちは、現在の朝鮮半島が「休戦状態」であることは知っている。38度線(軍事境界線)をおおよその境界として、南北朝鮮に分かれている。ところが、多くの日本人は、なぜ未だに朝鮮戦争が「休戦状態」のままなのか、という真の理由は知らない。

 作家山田順は、「そもそも朝鮮戦争が終わらないのは、アメリカが1953年の「休戦協定」を破っていることが根本原因である。 」と指摘する。
またもミサイル発射も、朝鮮戦争「休戦協定」違反はアメリカ。「あらゆる選択肢」などない。 山田順  | 作家、ジャーナリスト、出版プロデューサー 9/15(金)

 彼がこのように指摘するのには、理由がある。

 「朝鮮休戦協定第60項」に「朝鮮問題の平和的解決を確保するため、双方の軍司令官は、双方の関係国の政府に対して、休戦協定が署名され、効力を生じた後3ケ月以内に、これらの国の政府がそれぞれ任命する代表により一層高級な政治会談を開催してすべての外国軍隊の朝鮮からの撤退、朝鮮問題の平和的解決その他の諸問題を交渉により解決するよう勧告する」という文章がある。

 ところが、米国は、この3ケ月以内の政治会談をサボタージュし続けたのである。理由は明白。すべての外国軍隊の撤退要項に、在韓米軍が抵触する。そのため、停戦協定調印後1ケ月もたたない8月8日「米韓相互防衛条約」に調印していたからである。

 米韓両国の一国が侵略された場合には共同で対応し、米軍の南朝鮮駐留を認める、とする内容。この防衛条約は、米国の南朝鮮永久占領を現実化していた。この結果、未だに朝鮮半島は、「休戦状態」のまま放置され、現在の危機に象徴されるような緊張状況が続いたのである。

 もし、休戦協定に書かれている会議が招集されたら、北朝鮮は必ずこの問題を持ち出し、米国の非を責め立てるだろう。米国がそれを甘んじて受け入れるなら、この会談は成功するだろうが、現在の米国を見ればそれは難しい。つまり、現在の北朝鮮危機の淵源は、米国の覇権主義的思考にある、ということである。

 〇北朝鮮の核開発は、すべて北朝鮮の責任か。

 1994年に北朝鮮の核開発を止める「枠組み合意」が米朝の間で結ばれた事を記憶している日本人は少ないだろう。評論家と称される連中も、現在のような北朝鮮の核開発が推進される要因になったこの合意について語らない。

 Independent紙によればこの合意の内容は、以下のようになる。
 ・・・・
 1994年の合意では、北朝鮮は米国との政治経済関係の完全正常化と引き換えに“核開発計画”を凍結、最終的に廃止することを同意した。
 この事は以下の四つの条件を意味していた。
 1. 原子力の喪失を補う→米国が率いるコンソーシアムが、2003年までに北朝鮮に二基の軽水炉を建設する。
 2. 2003年まで、米国は、年間5000,000トンの重油を提供する
 3. 米国は北朝鮮をテロ支援国家から外し、経済制裁を解除、1953年の休戦協定に記載されている政治関係の正常化を図る
 4. 双方が“核兵器使用の脅威”に対する“正式な保証をすること”
 ・・・・

 現在ほとんど語られることはないが、この協定はよくできている。北朝鮮側は「体制の保証」といくばくかの経済的利益を得、米国は、あらゆる核施設を監視でき、核開発を制御できる。基本的には、WINWINの関係のはずだった。

 では、なぜ失敗したか。アメリカが協定を守らなかったからである。軽水炉は基礎段階以上には進まなかった。重油供給もまれになった。それに比べ、北朝鮮は、協定をよく遵守した。先のIndependent紙によれば、“米国も国際原子力機関”北朝鮮による“枠組み合意”のあらゆる点で根本的な違反はないということになる。単純に北朝鮮は約束を守り、米国は守らなかった、という話である。

 以上の論は、下のブログを参照してまとめた。
 “トランプが北朝鮮と戦争を始めない理由”

 ◎現在問題になっている二点。①なぜ、未だに休戦状態なのか。②なぜ、北朝鮮は核開発をやめないのか、を子細に検討すると、双方とも、米国の責任が浮かび上がってきた。

 これは、米国が絡む国際問題の常識だが、“悪の象徴”とされた国家、個人などが本当に“悪”だったのか、ということをまず疑わなければならない。イラクのフセイン、リビアのカダフィ、シリアのアサド等々。枚挙に暇がない。

 一言でいえば、米国が敵と認定した国家、個人には、ありとあらゆるメディアを使い、「濡れ衣」を着せて排除する、というのがアメリカの常套手段。現在進行形の“濡れ衣作戦”の標的は、北朝鮮の金正恩であり、ロシアのプーチン大統領。忘れてならないのは、田中角栄と小沢一郎両名も、この「濡れ衣作戦」の標的にされた。わたしたちは、まずこの事を念頭に置いて、問題を考えなければならない。

 現在、日本のメディアは、北朝鮮・金正恩「悪党説」で一致している。安倍政権の圧力一辺倒政策を支持し、まるで、戦争前夜の大騒ぎである。

 しかし、かって、「話し合い」が成立した時もあったのである。これは、話し合いは決して不可能ではない、と言う事を証明している。問題は、説明したように、米国政府が真摯に協定を履行しなかった点にある。そして、その裏切りから、北朝鮮政府が徹底的に学んでいる点である。

 北朝鮮は、力(核兵器保有)なしに話し合いを行っても、米国は平気で反故にする。リビアのカダフィもイラクのフセインも核兵器を持たない事を米国と約束し、約束を履行したのに殺された。北朝鮮との1994年の約束も守らなかった。だから、米国に約束を守らせるのは、力だけだ、と認識している。この不信感はちょっとやそっとでは解消しない。

 以前から、何度も指摘しているが、米国という国は、「弱い者いじめ」が国策。北朝鮮の反撃能力がなければとっくの昔に攻撃されている。アフガンしかり、イラクしかり、リビアしかり。これらの国は、徹底的に破壊された。

 しかし、反撃能力の高い相手には、常に苦戦している。(朝鮮戦争、ベトナム戦争が代表) 戦後一番多く戦争を行い、世界で一番人を殺したのも米国。そのため、世界中から恨みを買っている。北朝鮮の疑念も理由があるのである。

 ◎では、米国(トランプ大統領)は、北朝鮮を攻撃するか
 まず、米国から攻撃する筝はない。理由は単純。
 1. シリア・ロシア・北朝鮮の三正面作戦を遂行できない。
 2. 北朝鮮と戦うには、かなりの数の地上軍が必要。それがない。
 3. 北朝鮮の戦いの戦略的メリットなし。→韓国軍は米軍の支配下。経済・金融体制も欧米体制に組み込まれている。(中露を包囲し、戦うために必要な兵器システムを配備する重要拠点→日本も同様)
 4. アジアの外交政策を担っている軍の将軍たちは、何をするかわからないトランプの性格的欠陥をうまく利用し、中ロを引き込み、北朝鮮との対立を自国の戦略的立場の強化に利用している。

 ●今回の北朝鮮危機を利用した本当の米国の狙い→日韓両国の「核武装化」ではないか?

 評論家田中宇は、「北朝鮮と日本の核武装」の中でぎょっとするような記事を書いている。

 ・・・
 9月4日には、大手紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説欄に、日本人の多くをぎょっとさせる提案が掲載された。「トランプは日本の核武装を望んでいるか」と題し、日本が自前の核兵器を持つ可能性が増していると指摘している。筆者は、タカ派の定期コラムニストで国際政治学者のウォルター・ラッセル・ミードだ。この論文で、私が重要と思ったのは以下の点だ。

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説: Does Trump Want a Nuclear Japan?

 「北の核ミサイル危機を機に、日本の支配層は、独自の核武装をしたいと考える傾向を強めている」「核武装すれば、対米自立した大国になれる。日本の保守派は、そうなりたいと考えている」「一般の日本人は従来、核武装に対して深く懐疑的だったが、北のミサイルの脅威の拡大を受け、考えを変える人が増えている」

 「日本が核武装すると、韓国や台湾も核武装する。日本はこっそり台湾(や韓国)の核武装を支援する」

 「日本の核武装に対する米政府内の意見は分裂している。日本の核武装を阻止した方が米国の覇権を維持できると考える人と、日本が核武装し、つられて韓国や台湾も核武装した方が、中国の台頭を抑止できるし、日韓から米軍が撤退できて防衛費を節約できるので好ましいと考える人がいる。トランプ自身は後者だ。覇権維持に対する米国民の支持も疑わしくなっている」

 「北の核ミサイルの出現は、米国に、北との戦争か、アジア覇権の放棄か、どちらかを選ぶことを強制している」
 ・・・

北朝鮮と日本の核武装  2017年9月10日   田中 宇

 この記事は、現在の世界情勢、日本の立ち位置などを理解するのに非常に役立つ。

 米国の覇権力の後退が、「米国ファースト」というトランプ大統領を生み出した。トランプ大統領は、辞任した側近バノンの戦略通り、世界の警察を辞め、覇権を縮小し、文字通り「米国ファースト」の政策を行おうとしていた。当然ながら、世界の警察役を務めることで、莫大な利益を得ていた軍産複合体の利害と激しく対立。トランプ政権の混乱は、米国の覇権力の後退局面での国内の覇権争いの側面が大きい。

 ロシアとの融和を目指したトランプ流外交も、軍産複合体の影響が強い議会やCIAなどの諜報機関が主張するロシアゲート疑惑で頓座。ロシアとの関係がきわめて憂慮される状況である。

 米メディアの政権批判は、日本メディアよりはるかに健全だが、同時に軍産複合体の利益代弁者としての側面も見落としてはならない。特に、ロシア批判の異常さは、ネオコン連中のロシア戦略と軌を一にしており、きわめて危険性が高い。

 このような状況下での北朝鮮危機なのだから、トランプの強硬発言もかなり割り引いて考えるのが至当。できうれば、韓国も日本も核武装し、対米自立を果たしてもらえば米国は手を引けると考えているだろう。米国覇権力の後退局面ならではの発想である。 

 ※ここで注意しておかねばならないのは、「米国の核の傘にいる戦略」=「米国隷従政策」は、日本の官僚機構の方針でもある。過去、日本は、国内世論が反対の政策を米国の圧力を理由に、政策変更してきた。これは米国の「核の傘」で守ってもらっているのだから、米国の言う事を聞かなければならない、という理屈で、国内政治家たちを抑えてきた官僚たちの知恵である。

 それに対して、「核武装」論は、日本自立論とリンク。同時に、政治家主導の政策である。つまり、「核武装論」VS「米国の核の傘論」は、「政治主導」VS「官僚主導」の構図である事を知っておかねばならない。

 つまり、今回の北朝鮮危機は、世界の「戦後レジーム」の変換点で起きており、それは日本の戦後体制の変換点でもあるという認識が必要である。

 ◇護憲派やリベラル派は、これらの流れを読み込んで、きちんと対峙できる主張を再構築すべき。⇒例えば、今回の北朝鮮危機を考えたとき、「米軍基地」の存在自体が日本の存立危機をもたらしていると言う事。軍事力や核兵器が平和をもたらすのではなく、トランプ大統領や金正恩個人への不安が象徴するように、それを使う人間の理性が平和をもたらすのだという単純な事実を確認しなければならない。

 ◆日本の安倍政権の方針⇒きわめて危険
 (1)北朝鮮危機は、絶好のチャンス→支持率回復・政権浮揚の大チャンス⇒危機を煽れるだけ煽る⇒国民をパニックに落とし込む⇒国民を思考停止状態にする⇒政府に頼るしかないという状況にする⇒森友・加計問題追及を忘れさせる⇒国家的危機を理由にメディア支配を強める(※すでに北朝鮮ミサイル発射時の放送は、戦時色いっぱい)

 (2)北朝鮮危機対応を理由に防衛予算を拡大。⇒来年度防衛費は、8兆円を超えるだろう⇒米軍産複合体の高笑いが聞こえる。⇒その反面、医療・年金などの社会福祉予算の削減は、高齢者など弱者を直撃している。

 (3)北朝鮮危機をできるだけ引き延ばす必要がある。⇒、おそらくトランプ大統領の尻を叩いて、できるだけ北朝鮮を刺激する強硬方針を打ち出させ、北朝鮮のさらなる反発を引き出そうとしている。⇒この道は、非常に危険な道=米国・北朝鮮双方の不測な事態を招く危険性がある。※特に、トランプ大統領の性格。

 (4)安倍政権はそれでも良いと考えているふしがある。⇒※ 名無しの探偵さんが危惧されているように、安倍政権には、何をどうしたいという本当の意味での権力保持の理由がない。政権維持が至上命題。権力保持のためなら、戦争もいとわない、というのが安倍政権である。この危険な性格を国民がどう見抜くかが今後の日本の運命を決める。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/15: 小野寺防衛相、北朝鮮 弾道ミサイル「グアムまで届く」  日米、どうする⁉ 無駄に市民を不安に陥れるJアラート、止めよ 更に核戦争、戦争の覚悟を問う! 核持ち合い、仮想敵など有り得ない


「護憲+」: 北朝鮮の脅しは危険な領域に達した 9/15 (名無しの探偵)
 〇14日の朝鮮中央通信によると、
 『北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は、13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し、「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。(以下略)』
 とのことである。

 こうした危険な北朝鮮の威嚇であるが、先日の「流水さんの冷静な分析」もおそらく当たっているように思えるふしがあり、この威嚇が実際の交戦権の発動を直ちに意味するものではないと解される。

 しかし、北朝鮮の歴史的な成り立ちを考慮すれば、現在の国際情勢だけで判断するのは妥当性を欠く。なぜなら、北朝鮮という国は旧ソ連が急造した国家であり、金日成はアジア系のソ連人だったのである。

 そうだとすると、(国際政治の常識でもあるが)朝鮮戦争は終了しておらず、現在は停戦状態のままであり、その意味で「冷戦構造」は北朝鮮とアメリカ、それに韓国との間では凍結状態にあると観なければなるまい。

 ここで思い起こされるのは、旧ソ連とアメリカとの間で核戦争の一触即発の状況を招いた「キューバ危機」である。

 アメリカは、第二次世界大戦後もアメリカ大企業を通じてキューバの植民地支配を継続し、特に大土地所有による小作農などの支配は、キューバ国民の解放意識を高めていた。その結果「キューバ革命」が起こったのである。
 
 この革命はアメリカ政府の共産主義への危機感を招き、キューバの革命政府を潰す政策が発動される。そして、このタイミングとあわせ、ソ連の軍事介入があり、核戦争の一触即発状態になったわけである。(とはいえ、ソ連は軍隊の派遣ではなくミサイルの配備を革命政府に融通しただけであるが。)

 この核戦争の危機に際して、ソ連の党首フルシチョフとアメリカ大統領のケネディとの間のホットラインで、核戦争の危機は回避された。危ない状況だった。

 この歴史的な状況と、現在の北朝鮮対米・日・韓の有事情勢は、類似しているとも言えるのではないか。軍事的な衝突になれば東アジアの平和どころか、全世界に及ぶ核戦争に直結する危機的な情勢である。

 確かに、流水さんの分析のように、金正恩はアメリカの軍産複合体と通じている側面もあるにしても、究極的にはアメリカ政府と北朝鮮の軍事的衝突に至らない「話し合い」による決着が、多分落としどころになると予想できる。

 しかし日本の安倍政権は、こうしたアメリカと北朝鮮の思惑を超えて、終始、軍事的衝突しか残されていないような外交を取り続けてきた。これは非常に危ない外交であり、安倍首相は「キューバ危機」の教訓すらもきちんと理解できていないのではないか。(知性が低すぎる懸念もある。)

 アメリカも最期には軍事的衝突を回避する意図で、現在の対北朝鮮外交を取っているのに、そうした意図も理解できない安倍政権が暴走すると、北朝鮮の脅しがリアルに実行される危険も大きいのである。

 安倍が北朝鮮と本格的な軍事衝突も辞さないという首相であるなら、日本と日本国民は崖プチに立たされていると言えるのではないだろうか。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: 「×」 ミサイル発射は圧力では防げない。 9/15
 「×」 北ミサイル 安倍晋三首相が北朝鮮を強く非難「断じて容認できない」「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない」 9/15(金) 9:56配信 産経新聞

 安倍晋三首相は15日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射について「先の国連安全保障理事会決議で示された国際社会の一致した平和的解決への強い意思をふみにじり、再びこのような暴挙を行ったことは断じて容認できない」と強く非難した。また、「北朝鮮がこの道をさらに進めば明るい未来はない。そのことを北朝鮮に理解させなければならない」と強調した。

 首相官邸で記者団に語った。首相は同日午前9時頃、訪問先のインドから政府専用機で羽田空港に到着した後、官邸入りした。

 首相は「いまこそ国際社会の団結が求められている」とも述べ、国際社会に安保理決議の完全履行を呼びかけた。

 〇今朝、北朝鮮がミサイルを発射したが、またしてもテレビは大騒ぎで、NHKは「ひよっこ」の放送を中止するし、上陸が迫る台風18号の情報も見ることができなかった。

 Jアラートも流されたが、国民の不安を掻き立てるだけで、避難には何の役にも立たないことを証明した。

 それにしても、アベでんでんは「断じて容認できない」と繰り返すだけで、具体的には何の効果も上げることはできない。

 まるで「一日も早く解決する」と繰り返すだけで一向に解決できない、拉致問題とそっくりだ。

 また、今回「この道を進めば明るい未来はない」と発言したが、でんでんが「この道しかない」といって推進したアベノミクスは、我々に明るい未来を実現してくれたのか。

 同じような言葉ばかりを繰り返すだけで、国民のためには何もやらない口先内閣は願い下げだ。

 それにしても、長嶋一茂面白い。良く言った。



 今日のトピックス Blog9/14: 安倍に似合わぬ!人づくり革命、国民保護、「働き方改革」??? 平和的生存権どう護るか⁉ 空襲被害も不知 補償法も不用意! 首相公邸泊時には、地下、堅固な建物内に、避難せよ、とでも


今日の「○」と「×」:  「×」 のんきにゴルフなんかしている場合か!! 9/14
 「×」 日米首脳、ゴルフ「再戦」で調整=11月のトランプ氏来日時 9/14(木) 15:55配信 時事通信

 日米両政府が11月上旬で調整しているトランプ米大統領の初来日の際、安倍晋三首相とトランプ氏がゴルフをする方向で検討していることが14日、分かった。

 トランプ氏はプロゴルファーの松山英樹選手とも一緒にラウンドしたいと希望しており、松山選手も参加できないか調整する。

 両首脳は2月の首相訪米時、フロリダ州パームビーチで27ホールを一緒に回った。首相は「長時間の首脳会談以上に信頼関係構築に有益だった」と周囲に語っており、北朝鮮情勢が緊迫する中、「ゴルフ外交」で再び結束を確認したい考えだ。

 2月にプレーした際はプロゴルファーのアーニー・エルス選手も同伴した。関係者によると、トランプ氏はその際、「マツヤマはいい選手だ。今度、日本でプレーする時は彼を呼んでほしい」と首相にリクエストしたという。

 〇北朝鮮危機を煽っている張本人の二人が、11月に日本でゴルフをする計画とは、まったく脳天気にもほどがある

 国民には、何の効果もない地面で頭を抱える訓練をさせておいて、自分たちはのんびりゴルフとは一体何を考えているのか。

 いや、本当は何も考えていないのだろう。

 北朝鮮のミサイル危機が本物ならば、もっと真剣に交渉するべきなのに、本当に腹立たしい。

 松山もアベでんでんなんかとゴルフをしても、評判を下げるだけだから、絶対に断って欲しい

 これから世界のトップを目指そうという時に、落ち目のでんでんなんかに関わって、ヘタが移ったり運が下がったりしては大変だから、自分のゴルフに集中してもらいたい。


 今日のトピックス Blog9/13: 日本、教育公的支出また最下位 14年のOECD調査 日本は3.2% 教育支出の多くが家計負担 米百俵は疎か革命とは 騙り、笑止千万‼‼ 水爆なくとも 確実に貧困化・人口減少、没する国に⁉


「護憲+」: 「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第二次)」と「ホットラインの開設」  9/13 (笹井明子)
 〇「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は、9月13日から、「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」と、「税務職員ほか向けホットラインの開設」をスタートしました。(私も引き続き呼び掛け人に参加させていただいています。)

 これは、先月行った「佐川国税庁長官の罷免を求める署名運動(第一次)」の締め切り後も、「ニュースで知った」、「続けてほしい」という声が多数寄せられていること、また前回署名の際に自営業者、事業者や、税理士、税務職員、財務省OBの方々などから、税務に関する体験を交えた意見、怒りの声が多く寄せられたことに対応するものです。

 北朝鮮のミサイル発射、核開発などのニュースに隠れて、政権内には「もりかけ問題」は、このまま幕引きを図れるのではないかと期待する向きもあるようですが、国民の暮らしの基盤である政治の私物化や歪み、行政の不公正を放置したままで、私たちの安全・安心は成り立ちません。

 前回署名を終えた方は今回は署名していただけず、ホットラインの参加対象は限定されていますが、周囲の方にお声掛けをしていただくなど、新たな運動の成功に是非ご協力いただくよう、よろしくお願いいたします。

 ===
 ☆「佐川国税庁長官の罷免を求める第二次署名運動」☆

 ■趣旨:
 国税庁長官の任命権者である麻生財務大臣宛に「憲法15条2項に定められた『公務員の適格性』を著しく欠く佐川宣寿国税庁長官を直ちに罷免すること」を申し入れるというものです。

 ■集約日:10月12日(木)
 ■署名方法:(すでに署名を済ませた方は繰り返して署名はできません。)
 次のいずれかでお送りください。
  *用紙による署名: 署名用紙はこちら → http://bit.ly/2ub1F8W
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力
  *ネット署名: 入力フォームはこちら → http://bit.ly/2uCtQkK
    ネット署名に添えられたメッセージはこちらでご覧いただけます。→ http://bit.ly/2h5AR94
 ■お問い合わせ:
   Eメール:moritomosimin@yahoo.co.jp 
 お急ぎの場合は、電話:070-4326-2199(10時~20時) へ。

 ===
 ☆「異議あり! 佐川国税庁長官 ご意見受付ホットライン」☆

 ■趣旨:
 税務と関わりの深い税務職員、税理士、公務員、事業者の皆様からご意見、情報を受け付ける「ホットライン」です。随時まとめて、財務省、国税庁に提出すると同時に、報道機関、ネット上でも公開する予定です。(個人情報は非公開。)

 ■投稿方法:
 *専用書き込み(フォーマット)サイト→ http://bit.ly/2wEs1Dl
 *お手紙:
  「ご意見・情報記入用紙」のダウンロードURL→ http://bit.ly/2wGJevF
   郵送先:〒134-0083 江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉力宛
 *ネット公開はこちらで閲覧いただけます。→ http://bit.ly/2x7Id2X 
 ■お問い合わせ:
 Eメール: morikakesimin@yahoo.co.jp
 電話でのお問い合わせは、070-4326-2199(10時~20時)まで。
 ====

 詳しくはを「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」HPご覧ください。

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


イシャジャの呟き: 秋だ  ☁  誕生日の花  キキョウ 花言葉 変わらぬ愛 気品 9/13
 〇ラジオ深夜便から

 ネタが無いので、更新しても意味がないが、休業 開店状態でも、忘れられないように、生きていることを発信
 します。今日も

 朝ドラ~”あさイチ” 午後からは ”ごごナマ”~大相撲秋場所の中継を見て終わりそうです。


 カテゴリなしの他の記事
  曇り
  大雨


 今日のトピックス Blog9/12: 原油輸出制限も 北朝鮮の制裁に中国・ロシアも賛成 「高く評価する」総理 脇役の思惑も各様 中国、エンジン車禁止検討=最大市場もEV化へ 新技術AI、多様性も 安倍1強も見切り時⁉か




イシャジャの呟き: 秋雨  ☂  誕生日の花 ツリフネソウ  花言葉  安楽 9/12
 〇ラジオ深夜便から
     
 今日は朝から 雨、金属類の ゴミ出しをして 改めて ゴミ出しカレンダーを 見たら、明日だと分かったが、ゴミ置き場は、今日予定がなさそうだし そのままにした。電気ポット器具用プラグがショートするようになったので 廃棄したものです。
 
 午後からは夕方にかけて、雨も本格的になるらしい ?

 3時からの大相撲秋場所を楽しみにしているが、人気力士2人が負傷して 今日から休場とか、行方は 混頓としてきた、明日のことは分からない。

 後期高齢の自分を重ねて見るようだ・・・


 カテゴリなしの他の記事
  1か月 入院



 今日のトピックス Blog9/11: 国連安保理 新たな北朝鮮制裁決議を全会一致で採択 9/12 なぜ、斯くも9.11に拘るのか なぜに、難癖付け、アフガンを先制攻撃したのか 未だに、理解できぬ 米政府の身勝手な振る舞い



「護憲+」: 非核三原則を論じる前に 9/10 (厚顔)
 〇2017年9月8日の朝日新聞社説は、「北朝鮮問題、どう向き合う 非核三原則の堅持こそ」という題目で次のように述べている。

 『核実験をやめない北朝鮮の脅威にどう向き合うか。自民党の石破茂元防衛相が、非核三原則の見直しに言及した。「米国の核の傘で守ってもらうといいながら、日本国内にそれ(核兵器)は置きません、というのは本当に正しい議論か」、問いに答えるなら「正しい議論だ」と言うほかない。』

 しかし石破氏の提言は、現在在日米軍が日本の基地で核弾頭を一つも持たないとの前提でないと成り立たない。果たしてこれまでこの事実を確認した日本人は、政治家、メディアも含めているのであろうか。又沖縄返還時に在日米軍に確認させて貰えたのであろうか。また米軍が沖縄から核を持ち出すメディア映像を見た人があるだろうか。

 沖縄返還は1972年(昭和47年)5月15日、佐藤内閣の時である。この時期はまだ東西冷戦時代(1991年にソ連崩壊)で、中ソの核ミサイルは米国、NATO諸国、日本をターゲットにしている最中である。このような状況下で本当に沖縄の「核抜き本土並みの返還」はあり得たのであろうか、今の北朝鮮の核脅威の比ではあるまい。

 また沖縄返還交渉に当たっては、当時日米の首脳間で水面下でいくつかの秘密交渉がなされていたことは、後日日米の公文書でも明らかにされている。有名なのは、当時毎日新聞の西山太吉記者がスクープした「アメリカ政府への特別支出金と、有事の際アメリカは沖縄に核兵器の持ち込み、通過、貯蔵ができるというもの」である。

 問題は、「有事の際アメリカは沖縄に核兵器の持ち込み、通過、貯蔵ができる」であるが、これは沖縄の核抜き本土並みの返還が前提の事であり、既述のとおり、このような返還が東西冷戦下の米国の核戦略としてあり得ただろうかとの疑問がある。

 社説が述べているとおり「米国は核の配置場所を明らかにしないのが原則で、持ち込ませずの検証は困難」であれば、逆もまた真なりで、沖縄を核抜きにして返還したことも検証困難だったはずである。

 「有事の際アメリカは・・・」の密約は、むしろ沖縄を核抜き本土並みで返還したと見せかけるためのトリックで、事実は沖縄から核は持ち出されていないとの見方もできるのである。

 よって日本の非核三原則を論じる場合、現在沖縄には核が無いとの検証が先ず必要なはずである。奇しくも今晩9時からNHKスペッシャルで「沖縄と核」というドキュメンタリー番組があるので、そのような視点からも観てみたい。

 いずれにしろ日本の非核化は日米安保条約下では無理で、永世中立国になり日米安保を破棄するしか達成困難なのではないだろうか。

 「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より



 今日のトピックス Blog9/10: 関東大震災の混乱で殺害 朝鮮人犠牲者を追悼 現在の朝鮮半島緊張も、この大虐殺も、日本の植民地支配に根っこ‼‼ 知らぬ顔して繁栄謳歌⁉ 況して、再びの戦火の端緒にしようとは思案の外!


今日の「○」と「×」: 「×」 のんびりママの書なんか見ている場合か!! 9/10
「×」 母、洋子氏の書に「柔らかい雰囲気出てる」 9/9(土) 15:46配信 産経新聞">安倍晋三首相が銀座で書展を鑑賞 母、洋子氏の書に「柔らかい雰囲気出てる」 9/9(土) 15:46配信 産経新聞
 安倍晋三首相は9日、東京・銀座の松屋銀座で開かれている女流書家の矢萩春恵(やはぎしゅんけい)氏と門人らの作品を集めた書展「矢萩春恵と門人書展」を鑑賞した。首相は会場内に並んだ作品を興味深そうに見て回り、北朝鮮によるミサイル発射や核実験の強行への警戒が続く中、つかの間のリラックスとなった様子だった。

 矢萩氏は、首相の母、洋子さんが所属する書道グループ「雍容苑(ようようえん)」の師匠。矢萩氏によると、首相は洋子さんらの作品を眺めながら「柔らかい雰囲気が出ていますね」などと感想を述べたという。

 〇北朝鮮の建国記念日で、今にもミサイルが発射されるかと懸念されている時に、まったく能天気な我らがアベ司令官であります。

 さらに、この書展がママ関連のものだとは、どこまでも身内びいきの、度し難いアベでんでんであります。

 それにしても山尾議員の騒動は、アベ追及に水を差すこととなってしまい非常に残念だ。

 今、NHKが植木等のドラマをやっているが、「分かっちゃいるけどやめられな」かったのだろうか。

 やめて欲しかった。

 しかし、アベ身びいき政治の追及はやめてはならない。


イシャジャの呟き: 秋場所  ☂  ☁  誕生日の花 クズ 花言葉  治癒 9/10
 〇ラジオ深夜便から

 今朝は曇っていたが、雷鳴が轟き 激しい雨が降ってきた。竜巻注意報も出た。短時間の降雨であったが
、納戸の 窓が開いていたので、カーテンが濡れてしまった。除湿器をかけてので 吸い上げたようだ。

 午後からは 陽も差してきて雨は止んだが 予報では明日も☂のようである。今日はのど自慢、大相撲も初日を迎えたようなので、3時から テレビ桟敷で観戦とする。

 
 カテゴリなしの他の記事



 今日のトピックス Blog9/9: 東京地検・甲斐検事正、テロ等準備罪「慎重に対応」 否、共謀罪法(テロ等準備罪)は、即廃棄すべし! 慎重??? 人権は、市民の譲ることのできない権利、公務員の施しではない 戦争も亦然り



 今日のトピックス Blog9/8: 防衛省ミサイル開発研究費 菅長官「必要だから」 攻撃型の装備を進める??? 却下! 主権者に問え。  勝手に憲法違反、戦争(先制攻撃)するな! 政府は、平和憲法上の根拠を述べよ


「護憲+」: 小さな市民でもできることをしよう 9/8 ( 珠 )
 〇民主党政権は、党首に前原氏を選んだ。彼は「野党第一党として、自民に代わる選択肢をつくる」と言ったが、彼のふだんの言動を見ると、改憲には前向き、原発も肯定で、ほとんど自民党の主張と変わらない。どこが選択できるのかを、じっくり見極めるしかない。

小池都知事が、関東大震災の折の朝鮮人虐殺への慰霊文を拒否して、いよいよ日本会議のメンバーぶりを発揮し始めた。豊洲の汚染を明らかにし、築地から豊洲への決定がどのように行われてきたかを追求したのは、多くの人の目を引いた。しかしその後の成り行きを見ると、この騒ぎは選挙対策のパフォーマンスが過大に入っているような気がしてしまう。そしてこれも、自民党とどこが違うの?という政党だ。

安倍政権が憲法を変えようとし、原発再開を推し進め、森友・加計問題で政治の私物化を露わにしても、3分の2を占める自民党+公明党の国会図式は変わらない。暴言を吐いた女性議員も、献金問題議員も、ヘイトスピーチ議員も、数として議員辞職にまでもっていかずに、国民が忘れるのを待っている。ナチスのやり方が好きな議員もいるし。日本の政治家って、ここまで堕落していて、しかもそれを容認している国民がいるのかなと思う。

でも、国民は憲法を変える必要があるか否かという質問に対しては、改憲派とされる読売新聞の調査でさえ拮抗。具体的に「憲法9条を改正する必要があると思うか」という質問では、朝日新聞・JNN・読売・NHK、いずれも反対が半数を超えたそうだ。原発の廃止・再開継続の調査でも、原発を廃止していくことを支持する国民のほうが多い。

そしてアベノミクスを支える大量の日銀の国債購入が続かなくなるであろうことや、上が潤えば下も潤うという経済理論が破たんして、経済格差、ことに派遣、アルバイト、パートなどで働く層に厳しい社会になっていることは、国民も気づいているだろう。

しかし、「自民党しかない」「安倍の他に誰かいるか」といった消去法で今の政治を支えている国民がいることも確かなのだ。自民党が衆参両院で過半数を占め、公明党と一緒になれば、何でも強行採決出来てしまうことは、国民だって分かっているはずなのだ。

いったいこういう状態を、国民はどうしていったらいいのか? 批判・批評まではできても、そこから先にできることは? 大きな力を持っているわけではない小さな市民1人1人ができることは?

考える、流されない、選挙に行く、ここまでは誰でもできること。情報の正しさを見極める、機会や場をつくり発信する・行動する、そして友人と話す、選びたい政治家を応援・育てる、これからの日本を託すことになる子供たちや若い世代と話す機会を大切に、歴史を伝える…。

「私はこうしている」ということを話し合い、どんどん知恵を出し合えたらと願っています。

「護憲+コラム」より


「護憲+」: 民進党・新執行部(3)改憲論者で野党間選挙協力に否定的な前原代表 9/8 (厚顔)
 〇民進党と野党各党の最大の目標は、10月の三つの衆議院補選と来年の本選で自民党の議席を減らし、現在確保している「憲法改正」の国会発議に必要な3分の2の議席を減らすことが最重要で、前原民進党への期待もご尤もな所見だと思います。

 しかし前原代表は「安倍政権下での憲法改正」には反対と条件を明言しているとおり、安倍首相が退陣したなら自民党と与して「憲法改正」に進む、れっきとした「改憲論者」であることに変わりはないと思います。 ・・・



「護憲+」: 北朝鮮危機の読み方! 9/8 (流水)
 〇今の日本は、まるで戦争前夜である。安倍晋三は、北朝鮮危機を煽れるだけ煽って、自らの政権基盤を安定化させようとしている。
 ・・・









ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年は、憲法公布から70年目にあたる節目の年でした。
 ところが、現実には、憲法から大きく逸脱した政治が行われた年でもありました。
 3月に施行された平和安全保障法制(以下、「安保法制」)は、集団的自衛権の行使容認、武力行使一体化論の大幅緩和、「武力」を行使する危険が高い駆け付け警護活動の実施など、憲法9条違反の内容を含むものです。にもかかわらず7月の参院選では、与党が勝利し、それにより、安保法制を既成事実として国民に認知させました。
 しかも、参院選の結果、いわゆる改憲勢力が衆参両院において3分の2を占めたことを受けて憲法審査会が再開され、憲法改正の動きも具体化してきました。
 このように、違憲の国政運営後、選挙で勝つことによりそれを既成事実として国民に認知させ、あわよくば後から憲法改正を行ってそれを追認するという政治は、憲法を法として扱わない非立憲的手法であり、断じて許されません。法と現実が食い違うときに、現実に法を合わせて修正するのでは、法の存在意義がないからです。そして当然のことながら、与党が選挙でどれだけ勝とうが、憲法違反の瑕疵が治癒される余地もありません。また、3年半前の麻生財務大臣の「ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」という言葉どおりの憲法改変が許されるはずもありません。
 非立憲的な違憲政治を正すには、国民が選挙で安保法制に反対する政党に過半数を与える方法(政治ルート)、裁判を通じて安保法制の違憲性を訴えて勝訴することにより、それを無効にさせる方法があります(裁判ルート)。前者についていえば、衆議院の解散総選挙はいつ行われても不思議ではありませんし、後者につき、私たちが提訴した安保法制違憲訴訟もいよいよ佳境を迎えます。3月までには全国各地で20を超える提訴が進み、市民による司法を通じての異議申立てが続きます。こうした意味で、今年は違憲政治を正す正念場となる年といえます。
 さらに、憲法審査会において具体的な改憲論議が始まるでしょうが、その際にどうしても解決しておかなければならない手続に関する問題が2つあります。
 1つは、1人1票の実現です。現在の国会議員は衆参とも、「正当な選挙」(憲法前文)ではない違憲状態の選挙によって選出されており、民主的正統性を欠きます。そんな無資格者が集まった国会に改憲の発議権はありません。まずは人口比例選挙を実現して、民主的正統性が確保された代表者による国会に是正すべきです。
 もう1つは、憲法改正国民投票法の問題です。
 まず、最低投票率の定めがないことです。現状では、たとえば投票率40%であれば、有権者の約2割の賛成で憲法が改正されてしまうのです。主権者の一部の承認しか得られずに変更された憲法に、国民を統合する力は決して高くないでしょう。
 つぎに、改憲の発議後、国民投票までの期間に行われる国民投票運動については、第1に、投票の15日以前まではテレビコマーシャルがやりたい放題です。第2に、投票日の14日以内であっても、有名人やアイドルなどに「自分は賛成です」と語らせることは自由です。賛否の勧誘ではないからです。第3に、雑誌、新聞広告なども資金力豊富な方はやりたい放題です。英国のEU離脱をめぐる国民投票と異なり広告資金の制限もないからです。洗脳に近い効果を持つテレビコマーシャルの禁止、広告資金の上限の設定などが求められます。改憲運動であまりに野放図な表現活動が許された結果、自民党改憲案がめざすような言論の自由が奪われた社会になってしまってから後悔しても手遅れです。
 今後、まずは違憲の事実を許さないと声を上げ続け、その上で手続の適正も踏まえ、大きな視点から憲法を捉えながら、憲法審査会での議論を批判的に監視する力を培っていくことが必要です。それこそが、今を生きる私たちが主権者として負う、次の世代への責任だと考えます。

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18
 〇東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた審査を巡り、原子力規制委員会の信頼性が揺らぐ事態となっている。福島第1原発事故を起こした東電の原発事業者としての適格性について、当初は東電に厳しかった姿勢が二転三転し、組織の未熟さが浮き彫りになった。
 規制委は13日に開いた定例会合で、6、7号機について事実上の合格証に当たる審査書案を取りまとめる方針だった。しかし、18日の田中俊一委員長の退任を前に、駆け込みで再稼働を容認しようとしているという批判が高まり、先送りした。ただし、東電の原発事業者としての適格性は条件付きで認めた。
 東電は6、7号機の再稼働を経営再建の柱としており、2013年9月に審査を申請。2基は福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉だったため、当初から適格性は重要なテーマだった。4年をかけて施設や整備の審査を終え、適格性の見極めが最後の焦点になっていた。
 規制委は今年7月、東電経営陣を呼び、原発の廃炉や安全確保に関する考え方など適格性について厳しく追及。田中委員長が「福島の事故処理を主体的にできない事業者に再稼働は認めない」とし、汚染水の処分などについて明確な姿勢を示すよう迫った。
 東電が回答として提出した文書は具体性のない決意表明だったが、規制委はその後の経営陣との面談で廃炉をやり遂げる覚悟が表明されたとして、一転して理解を示した。退任する田中委員長が、任期中の「合格」を目指したとされる。委員長の退任という内部事情が規制委の判断を左右したとすれば問題だ。
 規制委の審査は原発の重大事故への対策を対象としているが、今回の2基では事業者の適格性の確認という未経験の領域に踏み込んだ。しかし、法律に定めのない適格性の議論は深まることなく終わったようだ。拙速なやり方に「結論ありき」との批判が高まると、規制委は「原発事故の責任と再稼働に必要な技術的能力は別問題」と、自ら始めた適格性の議論の根幹さえ否定した。
 規制委は、東電がこれまでに示した安全確保についての「覚悟と決意」を、原発の運転管理方法を定める保安規定に明記させることを決めた。保安規定に違反すれば原発の運転停止などを求めることができるため、事故の責任や組織として安全確保へ取り組む姿勢を明記することで実効性を持たせられるとの判断だ。ただ、曖昧な努力目標の違反認定は難しく、どこまで効果があるかは疑問だ。
 東電は柏崎刈羽原発を巡り、14年に免震重要棟の耐震性不足を把握しながら規制委に誤った説明を続け、今年2月の審査会合まで公表しなかった。安全意識には疑念を抱かざるを得ない。そうした東電に決意表明だけで適格性を認めたことについて、規制委は国民の理解が得られるよう、明確かつ丁寧に説明するべきだ。










<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 悪乗り打算の安倍を破らん ・ブログ連歌(494) 9/18
 〇台風さわぎの一夜が明けたら、新聞には「総選挙来月22日」の大見出しが躍っていた。民進党は内部の結束が緩んで離党者が出たり、もたついている。小池新党はまだ水面下で、国政政党としての形ができていない。内閣支持率は、一度は政権の腐敗が露呈して急落していたのだが、北のミサイルにまつわる危機感のおかげで引き締まってきた。政争の駆け引きとしたらチャンスだと計算したのだろう。
 衆議院議員の任期としたら来年の末まで、まだ1年以上あるのだが、逆に言うと3年近くはすでに経過した。そして衆議院解散の平均頻度を見ると、ほぼ2年半だと聞いたことがある。解散の時期を選ぶのは、首相の専権事項なのだそうだ。
 今の自民党は衆参両院で3分の2を制している。これを利用して憲法改定に進むのではないかと言われていた。しかし国会で発議をしても、本番の国民投票で負けてしまうと、逆に政権の立場が危うくなるリスクもある。来年までの間での改憲は、急がないことに決めたのだろう。憲法を変えなくても、事実上憲法を無視してやってしまうのが、安倍政治の手法でもある。
 つまり、改憲をあきらめても、次期の国会でも安倍政権を継続するという意思表示が、今回の総選挙の決断になったと言えるだろう。もしうまく行って、これで議席を増やす結果でも出たら、安倍自民党にとっては望外の万々歳に違いない。
 今の状況で自民の議席増はないと思うのだが、野党の再編が進んでいないのが気がかりではある。私たちとしては、何とかして「自公の当選者を減らす」ことを考えて投票行動を決める必要があるだろう。逆に言うと、とりあえず「自公以外の当選者」を増やしておけば、野党の再編は、その後からついてくる、ということだ。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 憲法論議に対案は必要ない 17:52 - 2017年9月17日


孫崎享のつぶやき: 日本は国家として瓦解の道をひたすら進むのか。福田元首相は「(安倍政権下で)国家の破滅に近づいている」。なすべきことは、破壊の道を絶つ、それには安倍政権を絶つ、それには野党共闘しかないではないか。 9/18


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 https://nobuogohara.com/2017/09/18/%E6%86%B2%E6%94%BF%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E4%BD%8E%E3%83%BB%E6%9C%80%E6%82%AA%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%95%A3%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%8A%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C/ …「もし、河野、野田両大臣が妥協して…「大義」の全くない解散に、閣僚として賛成したとすれば、二人の「政治家としての将来」にも重大なマイナスになる。安倍首相としては、反対を押し切って解散を閣議決定するには…「閣僚の罷免」しかない」 22:06 - 2017年9月17日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 勉強になりました。 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/130138 … >今回の切り下げは、合理的な資料・根拠に基づくものとは到底言えない。生活保護バッシングの風潮に便乗した、不当なものだった…生活保護は、生活困窮者の最後のとりでであり、憲法が保障する権利であることを、改めて考えて 22:18 - 2017年9月17日 8件のリツイート 10件のいいね


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 “憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」~河野外相、野田総務相は閣議で賛成するのか https://nobuogohara.com/2017/09/18/%e6%86%b2%e6%94%bf%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e6%9c%80%e4%bd%8e%e3%83%bb%e6%9c%80%e6%82%aa%e3%81%ae%e8%a7%a3%e6%95%a3%e3%82%92%e8%a1%8c%e3%81%8a%e3%81%86%e3%81%a8%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%8c/ … @wordpressdotcomさんから 臨時国会冒頭で解散したら、所信表明も代表質問もなしで選挙。まさに問答無用解散、憲政否定解散である 22:22 - 2017年9月17日


家賃下げろデモ @1014住宅集会‏  @housing_demo フォロー中 その他 生活保護引き下げ違憲東京国賠訴訟学習会&応援プロジェクト2017年9月28日(木)18時15分~20時15分@カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会)ヨセフホールJR・東京メトロ四ツ谷駅すぐ 2:11 - 2017年9月18日


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【がんばる決意を固め合おう!】 「安倍政治を終わらせよう」9.19院内集会 http://www.anti-war.info/schedule/1709061/ … 9月19日(火)17時~@参院議員会館講堂 講演:山口二郎さん(法政大学教授)「安保法のたたかいから政権交代へ」 主催:1000人委員会・立憲フォーラム 2:56 - 2017年9月18日


志葉玲‏ 認証済みアカウント   @reishiva フォロー中 その他 これはひどい。 政官財の愚かな圧力で、大学は想像以上にヤバいことになっている 1:53 - 2017年9月18日 75件のリツイート 37件のいいね


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 北朝鮮ミサイルを僕が恐れない4つの理由: http://ysugie.com/archives/5578  @ysugieさんから 2:02 - 2017年9月18日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「国民をバカにしてると思われる」 #山本元沖縄担当相 冒頭解散に懸念  小さな記事ですが今朝の朝刊で一番読まれている記事かもしれません。安倍首相に近い閣僚経験者が、ブログで今回の解散に違和感を表明しています。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017091802000137.html …


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 「対話呼び掛けは無駄骨」=安倍首相、北朝鮮制裁で団結訴え https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000021-jij-pol … @YahooNewsTopics 北朝鮮の悪口を言えば選挙に勝てるなんて、おかしい。日本の選挙は、日本が直面する問題を考えて国民が自律的に選択する機会であるべき 7:57 - 2017年9月18日 129件のリツイート 92件のいいね
  ★核ミサイル戦を前にして、未だに、そんな計算が働くなんて、ニュース、刷り込みが、昔の侭… 主権者として振る舞えない、危険。言葉だけで考えないように。 地球は、1つ… 況して、ミサイルなら10分程度の距離、時間を隔てるのみ。 朝鮮半島も、日本も、大陸も続いている… 影響は、及ぶ! 死の灰、だけじゃない⁉ 戦火も⁉


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【今こそ、国会前へ!】 戦争法強行採決から2年 戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める9.19国会前集会 http://sogakari.com/?p=3096  日時:9月19日(火)18時30分~ 場所:国会議事堂正門前 主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会


満田夏花‏  @kannamitsuta フォロー中 その他 原子力規制を考える会の阪上武さんが追及していた件。 ↓ 火山灰で原子炉冷却不能か 審査合格の5原発、大噴火時 | 2017/9/18 - 共同通信 47NEWS 7:04 - 2017年9月18日


孫崎 享‏  @magosaki_ukeru フォロー中 その他 夢遊病者か。日本国民は。日本を攻撃するノドンを、日本を攻撃できないように破壊することは出来ないのです。200発―300発実戦配備。これ数発破壊できたとしても残りで反撃される。被害絶大の戦略。こんな単純な論理が理解できない。無料1時間 15:02 - 2017年9月18日 46件のリツイート 29件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」:朝日新聞デジタル 15:01 - 2017年9月18日


Reuters Jp World‏  @ReutersJpWorld フォロー中 その他 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院東アジア小委員長 http://bit.ly/2w44Y3I  15:31 - 2017年9月18日 6件のリツイート 5件のいいね
  ★却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメです。


キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏  @tohohodan フォロー中 その他 安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000012-asahi-pol … @YahooNewsTopics 「大義急造」w 15:16 - 2017年9月18日 52件のリツイート 28件のいいね


堀 潤 JUN HORI‏  @8bit_HORIJUN フォロー中 その他 「北朝鮮」と「イラク」を知ろう! ~現地でおこなう交流活動を一挙公開します~ https://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2017/09/20170921-koreairaq.html#.WcBJuwgtinI.twitter … #クロス 15:34 - 2017年9月18日


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 有権者の判断は厳しいと思います。 14:23 - 2017年9月18日 9件のリツイート 4件のいいね


NHK政治部岩田明子いらない!社会部応援‏  @ouenhst フォロー中 その他 自民党が『報ステ』古賀発言をBPOに…マスコミは菅官房長官の圧力の証拠を隠すな!(リテラ) http://goo.gl/zysGGf  盗人猛々しい…菅官房長官と官邸はこの間、明らかに古賀氏をバッシングし、番組に圧力をかけていた


木野龍逸 (Ryuichi KINO)‏  @kinoryuichi フォロー中 その他 フィルターの目詰まりなどで冷却機能がなくなる可能性あり。 →火山灰で原子炉冷却不能か 審査合格の5原発、大噴火時 共同通信 47NEWS 15:13 - 2017年9月18日


Reuters Jp World‏  @ReutersJpWorld フォロー中 その他 米国防長官、韓国をリスクにさらさない対北朝鮮軍事行動を示唆 http://bit.ly/2w4LGLo  15:31 - 2017年9月18日 4件のリツイート 2件のいいね
  ★ウソ、ほんと???


原田裕史‏  @harada_hirofumi フォロー中 その他 うわ、なんだこれ。 コンビニも「技能実習」対象に | Article [AMP] | Reuters 13:13 - 2017年9月18日 8件のリツイート 3件のいいね









志村建世のブログ: 長谷場夏雄先生を囲む会(第3回)に行ってきた ・ブログ連歌(494) 9/17
 〇児童福祉の分野で生涯をかけて尽力された長谷場夏雄さんを「囲む会」に行ってきました。長谷場夏雄さんは私よりも4歳年上で、今年88歳になられました。長谷場さんの業績については、私のブログでも過去に何度か紹介しています。

長谷場夏雄氏と青少年福祉センター

長谷場夏雄「かけがえのないあなたへ」を読む

青少年福祉センター・長谷場夏雄先生を囲む会

 きょうの「囲む会」には、先生にゆかりの面々が十数名参集しました。みんなが、それぞれに年をとっています。私たちは「先生」と「生徒」の関係というよりも、縁あって青少年福祉センターの事業にかかわり、ともに働いた仲間という感覚に近かったのかもしれません。しかしその中心に存在していたのが、常に長谷場夏雄さんという大きな中核であったことは、疑いようのない事実です。
 この集いは、同窓会の雰囲気に似ていました。でも、同窓会にしては、少しスタートが遅かったのです。私の年代では、同窓会は「これで最終回にする」という、「終活」がむしろ多くなっている現状です。この中で、この「長谷場同窓会」は、あと何回続けられるでしょうか。でも、じつはみんな知っていのです。この先は、いろいろあった後の「余禄の人生」だということを。
 別れ際のあいさつは、「来年も、また会えるといいね」でした。みんなが会える機会をなくさないためにも、長谷場夏雄先生には、もっともっと長生きして頂かないと困るのです。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 国民をバカにしている安倍政権ー空気を換えよう! 5:11 - 2017年9月17日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 どさくさ紛れ解散総選挙か! 1:45 - 2017年9月17日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 北のミサイル発射に頓珍漢な対応の安倍首相 21:54 - 2017年9月16日


植草一秀の『知られざる真実』: 10月決戦総選挙勝利へ大同団結以外道はない 9/17
 〇9月13日付の
 ブログ記事「年内総選挙濃厚のなか9.29院内緊急集会に集結」

メルマガ記事「9.29院内緊急集会に結集し総選挙に決起する」

 に指摘したとおり、年内総選挙が確実な情勢になった。
 臨時国会は9月28日に召集されることになった模様だが、臨時国会冒頭の衆院解散の可能性が高い。
 森友・加計疑惑を隠蔽するための解散・総選挙である。
 「もりかけ隠し解散」である。
 10月10日公示-10月22日投開票か
 10月17日公示-10月29日投開票 になる可能性が高い。

 安倍政権は北朝鮮情勢を踏まえて安保法制の是非を問う選挙と言っているが「マッチポンプ」である。
 北朝鮮の軍事行動を拡大させて、これを利用して選挙を行う姿が鮮明である。
 総選挙が実施されるなら、主権者国民にとって、最も重要で最も切実な問題を争点に掲げて、主権者が政策路線を判断する
 「政策選択選挙」を実現する必要がある。
 最も重要で最も切実な政策テーマは、 原発と消費税である。

 原発稼動の是非
 消費税減税・廃止の是非 を問う選挙にするべきだ。 ・・・


天木直人のブログ: 火事場泥棒解散で安倍自民圧勝と書いた週刊ポストの衝撃 9/17
 〇発売中の週刊ポスト(9月29日号)に、安倍「火事場泥棒10・22解散総選挙」へ!、「自民3分の2大圧勝」の悪夢 という見出しの衝撃的な特集記事が掲載されている。
 そこに書かれている要旨は次のごとくだ。
 とても解散・総選挙どころではなかった安倍政権の支持率がここにきて急回復している。
 その理由は民進党の自滅や小池新党の失速だ。
 おまけに北朝鮮の連日のミサイル発射だ。
 いまなら選挙に勝てる。
 そう麻生氏と二階氏が安倍首相にささやき、反対する菅官房長官や逡巡する安倍首相との綱引きが続いてきたが、どうやらここにきて、側近、与党、官僚らが一丸となって解散に傾き、求心力の低下した安倍首相は逆らえなくなったと。
 そうなると、野党は候補者擁立の準備が間に合わなくなり、自民党に代わる選択肢がなくなり、投票率は下がり、自公は得票率を大きく減らしながらも議席数はほぼ現状維持を保ち、改憲に必要な三分の二の勢力は確保してしまう状況が十分に予想されると。
 それだけでも衝撃的であるが、自公勝利の後の日本の政治状況について書いている次の予測がさらに衝撃的だ。
 週刊ポストの特集記事は次の言葉で締めくくられている。
 すなわち、これまでの安倍首相の選挙の勝利は、まだ安倍政権に対する期待があった結果の勝利だった。
 しかし、今度もし安倍首相が勝つとすれば、それは安倍首相が、勝てる、勝てるとおだてられて解散・総選挙を打たされ、加計疑惑や森友疑惑について「真摯な説明」や反省も何もしないまま、あれよあれよと圧勝してしてできる政権になる。
 それは、この国に、「国民の支持なき巨大な与党」という、民主主義の前提を崩壊させる政治形態の誕生を意味する。
 その時、ニッポン政府は最大の危機を迎えることになる、と。
 このままでは、まさしくそういう政権になるに違いない。
 かつて日本国民が経験した事のない荒涼たる政治風景である。
 戦後70年余り続いたこれまでの日本の政治の行き着く先がこれだとしたら、一体これまでの政党、政治家は何だったのだろうか。(了)
  ★他人の不幸は、蜜の味‼‼ 政治の世界で、これを言い、実現しようとするとは?外道働き 国民主権、民主主義が問われている!


孫崎享のつぶやき かつて、スト破りに暴力団が使われた。今、安倍首相、菅官房長官を批判する者に、産経新聞が誹謗記事を書く。これをうけ、ネトウヨが、激しい人物孤激で炎上させる。ここ数日のターゲットが東京新聞、同望月記者、鳩山元首相 ,金子勝慶大教授、 9/17



山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 野党協力は、火事場の馬鹿力でやるしかない。安倍晋三から日本を守るために、あらゆる手段を取るべき。 18:35 - 2017年9月16日


古賀茂明@フォーラム4‏ 認証済みアカウント   @kogashigeaki フォロー中 その他 新潟県民を裏切る泉田氏をそれでも信じたいという泉田ファンがいるそうだ そういう方には是非考えて欲しい 泉田当選で喜ぶのは安倍総理だということを 泉田氏が自民党を中から変えるというのはたわ言 そのことは泉田氏自身が最もよくわかっている 15:39 - 2017年9月17日 104件のリツイート 50件のいいね
  ★いづれにせよ、戦争を志向する安倍氏の陣笠に、一名加えるのかどうか、新潟の主権者が判断を。


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 28歳のジャーナリストShioriの弁護人になった人物は彼女に電話をした。私は上からの命令で、あなたを助けることはできません。私はこの事件から手を引くようにと言われてきました。ごめんなさい。


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 野党が憲法に基づいて要求した臨時国会を先送りし続け、審議もしないで解散することには強い違和感があります。憲法をないがしろにしていると言わざるを得ません。 14:57 - 2017年9月17日 191件のリツイート 98件のいいね





太安萬侶‏  @onoyasumaro フォローする その他 太安萬侶さんが東京新聞政治部をリツイートしました 選挙ってカネがかかるよね。総理大臣が自分の専権事項だあ!って、自分に都合のいいタイミングで何度も解散総選挙し続けてったら、最後にはカネがなくなったほうが負けるわな。 ん な ば か な こ と 許 し て た ま る か ! 太安萬侶さんが追加 東京新聞政治部 認証済みアカウント  @tokyoseijibu 首相、10月衆院選の意向 早期解散、与党へ伝達  もう解散の流れは動かなそうです。今日の朝刊では1面トップで報じましたが、明日の朝刊でも総力報道していきます。 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017091701001280.html … 22:34 - 2017年9月16日


いつか過労死  🔴 ‏  @ituka_karoushi フォローする その他 一昨日の学年会で、悪い方向に流されている生徒をどうしていくのか話題になった。 「部活動でひっぱってもらいましょう」 その一言で終了。 こういうやりとり、他の学校でもあるのでは? 部活動だけに頼るのじゃなく、他の方法も考えようよ。 18:30 - 2017年9月15日


きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 石破氏「我が国の国家主権の及ぶ『領域』も『領空』も侵犯はされていないはず」「国家主権が侵犯されたか否かで、その意味は全く異なる」←北朝鮮の脅威を必要以上に煽ろうとする政府への、冷静な指摘。 『北ミサイル「領域侵入」で政府が訂正』 16:28 - 2017年9月15日 145件のリツイート 85件のいいね


きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 海渡雄一さんが望月衣塑子をリツイートしました 望月さんへ 心から応援しています。 世界中、日本中の心ある方々が、あなたを応援していると思います。 海渡雄一さんが追加 望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI 海の向こうのカナダの方々から、温かいメッセージを頂きました。凹むことの多い毎日ですが、本当に励まされます。ありがとうございます東京新聞の望衣塑子記者への連帯と激励のメッセージ http://www.labornetjp.org/news/2017/0913ca … @lnjnowさんから 22:31 - 2017年9月15日


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 この衆院解散は「森友・加計疑惑隠し解散」と名付けました。 0:19 - 2017年9月17日


NHK政治部岩田明子いらない!社会部応援‏  @ouenhst フォロー中 その他 朝日新聞「吉田調書」報道は誤報ではない!解説マンガ↓ こちらも応援→→ 「原発『吉田調書』報道を考える読者の会」 https://www.facebook.com/pages/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E5%90%89%E7%94%B0%E8%AA%BF%E6%9B%B8%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E8%AA%AD%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BC%9A/783796298384836?notif_t=page_invite_accepted …


市田忠義‏  @ichida_t フォローする その他 冒頭解散?。どの政権でも一応はもっともらしい理由付けをするが、安倍政権は違う。大義などどうでもいい。もり・かけ・PKO疑惑隠し、北朝鮮風(?)の利用、他党の準備不足。国会論戦で追い詰められてからではまずい。なんという恥ずべき魂胆か。よし、こうなれば返り討ちだ。がんばるぞ! 15:45 - 2017年9月16日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 東京新聞より。共謀罪に賛成した東京の選挙区の議員。全員自民で全員賛成。 しかし東京24区の萩生田さんはさすがに落選しますよね?八王子の皆様、情勢はいかがでしょうか。
  ★陣笠議員⁉ 党首の号令一下、手を上げたり、立ったり、つまりは、議員という特権、利権を得んが為、利権屋⁉ 国民全体の奉仕者、公務員の感覚なし。落選に値する‼‼


大木晴子・「明日も晴れ」‏  @kuronekoroku フォロー中 その他 明日も忙しい! 「ともに生きる未来を!さようなら原発 さようなら戦争全国集会」 と き:2017年9月18日(月、祝) ところ:代々木公園B地区。11:00 出店ブース開店(けやき並木) 13:30 発言。15:00 デモ出発 http://sayonara-nukes.heteml.jp/nn/wp-content/uploads/2017/07/9575983ad1f8f08d4adf56e67c366ed2.pdf …


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォローする その他 衆議院解散のようです。しっかりと受けて立ちたいと思います。森友・加計問題から逃げ回り、国会が開かれると逃げられないから解散。あからさまな疑惑隠し解散です。北朝鮮問題を抱える中、党利党略で選挙による政治空白が生じることにもなります。この選挙はこの時期の解散の適否がひとつの争点です。 16:22 - 2017年9月16日


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し」 一体、何のための解散か。 冒頭解散となれば、北朝鮮問題を利用し、国政私物化疑惑に蓋をして、「今やれば多数を取れる」という党略的打算のためだけの解散となる。 堂々と迎え撃ち、必勝を期し奮闘したい。 18:35 - 2017年9月16日 1,624件のリツイート 1,099件のいいね


NHK生活・防災‏ 認証済みアカウント   @nhk_seikatsu フォロー中 その他 【各地で河川が氾濫】 きょう午後3時頃、大分市木佐上に住む男性が撮影した映像です。普段は画面の手前に道路があり、その奥に川が流れているということです。
  ★台風シーズン、未だ、終わっていないのに、安倍都合の衆院解散・総選挙‼‼ 


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 年金積立金が軍事企業に巨額投資されていた! 『公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、軍事部門の売上高が世界で十位以内に入るすべての企業の株式を保有していることが、東京新聞の調べで分かった』 1:45 - 2017年9月17日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 特集ワイド:北朝鮮ミサイル「脅威」強調しすぎ? 避難、休校、列車の運行停止……韓国人が見た「日本の反応」 - 毎日新聞 5:46 - 2017年9月17日 8件のリツイート 4件のいいね


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 「戦争をさせない1000人委員会」運動へのご協力をお願いします!参加・賛同/集会参加/署名活動/集会スタッフ/発送作業のお手伝いなど、できる範囲で結構です。ご連絡は事務局まで! 4:35 - 2017年9月17日


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 今年3月23日の衆議院憲法審査会では、参考人として、解散権について法律で手続的な限定をかける手もあるのでは、という議論を紹介しました。永井先生、松浦先生の緊急事態条項に関する議論もありますので、興味のある方はぜひどうぞ。 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/193/0250/19303230250002.pdf … 5:27 - 2017年9月17日


市民連合‏  @shiminrengo フォロー中 その他 衆院選で連立与党3分の2を阻止し安倍政権の退陣につなげる http://shiminrengo.com/archives/1570  @shiminrengoから 2:00 - 2017年9月17日 215件のリツイート 128件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 安倍首相のトモダチに特区利用で90億円の公金支出が決定される一方、最先端の医療研究で知られる京都大学iPS細胞研究所は、9割以上が非正規雇用で、資金繰りが苦しい状況にある事が判明しました。 京都大学iPS細胞研究所 ご支援のお願い http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/fund 
  ★寄付は、その通りとして、研究員であれ、教諭であれ、非正規雇用は、全廃しなければ⁉ 安倍政権を打倒して、格差廃止、平等な身分、回復を致しましょう。


憲法9条を壊すな!実行委員会‏  @48daisyukai フォロー中 その他 【※明後日です。戦争法から2年】 『戦争法強行採決から2年、戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める大集会』 9月19日18時半~ 国会議事堂正門前  各種共有ボタンで拡散を!詳細は→ http://sogakari.com/?p=3096 


木野龍逸 (Ryuichi KINO)‏  @kinoryuichi フォロー中 その他 貧困国家の朗報となるか。政府はあてにならないのなら、これしかないですし。というか、政府があてにならない国のための銀行ですかね。 →「貧者の銀行」日本進出へ 無担保融資で就労支援 | 2017/9/16 - 共同通信 47NEWS 2:12 - 2017年9月17日 66件のリツイート 35件のいいね


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 2014年の記事ですが、古びていないです。よろしかったらぜひどうぞ。 Via @TheFutureTimes 憲法と民主主義 | 対談:木村草太×後藤正文 4:45 - 2017年9月17日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動 衆院選が迫ってきました。そこで「共謀罪」法の全議員の投票行動の一覧表を再掲します!! 投票の時の参考にしてください。 http://www.tokyo-np.co.jp/politics/kyobo_touhyou/ …


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170917-00000007-pseven-soci&p=1 …「みなそれぞれ事情を抱えているので、理解がある。“お互い様”の心です。うちには託児所や寮はないけど、仕事に穴が空くことはありません。もう1つ、全部の工程ができるようになると…プロ意識に繋がり、一層上級技術を身につけようと欲が出てくる」 2:54 - 2017年9月17日 34件のリツイート 55件のいいね


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 2016年の記事ですが、解散権についてもちょっと書いています。 いまさら聞けない「憲法9条と自衛隊」~本当に「憲法改正」は必要なのか? http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49041 … #現代ビジネス 5:17 - 2017年9月17日 94件のリツイート 125件のいいね


猪瀬直樹/inosenaoki‏ 認証済みアカウント   @inosenaoki フォローする その他 北朝鮮ミサイル危機のなかで解散・ 総選挙をやれば有利という考え方は、国家の存立を人質にするようなもので政権の正統性を踏みにじる行為ではないだろうか。 8:17 - 2017年9月16日 2,369件のリツイート 1,776件のいいね



宇都宮けんじ‏ 認証済みアカウント   @utsunomiyakenji フォロー中 その他 供託金違憲訴訟のネット署名を始めました。ご協力をよろしくお願いします。 1:34 - 2017年9月16日


盛田隆二  📎   🖇 ‏  @product1954 フォローする その他 「9条があるから戦争が起きないと主張する人がいるが、全く論理的でない」と百田氏 いや、そうじゃなくて、9条があるから「戦争に突き進みがちな権力の暴走」が食い止められている。9条は戦争の悲惨な歴史を顧みない勢力から日本を守る最後の砦 1:43 - 2017年9月17日


Masa da Oldskooler‏  @itsgroovymasa フォローする その他 こんな男を推す八王子の創価学会活動家の気が知れない。:萩生田氏「非核3原則の見直しの議論を」(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170917-00000718-fnn-pol … @YahooNewsTopics 4:08 - 2017年9月17日 166件のリツイート 82件のいいね





志村建世のブログ: こんにゃく座公演「スマイル」を見た ・ブログ連歌(494) 9/16
 〇昨日は、オペラシアターこんにゃく座の「スマイル~いつの日か、ひまわりのように」を俳優座劇場で(10日・日曜日まで)見た。初演は20年前だそうで、鄭義信台本・萩京子作曲によるオペラの第1弾だったとのこと。解説によると、その後の「ロはロボットのロ」「まげもん」「ネズミの涙」の源流とも言える作品で、こんにゃく座の中でも「うわさに聞く幻の作品」であったらしい。
 休憩なしで2時間弱の作品だったが、見ているうちに、戦争の記憶が、まだ「ナマの記憶として残っていた時代」の雰囲気が感じられた。この違いは大きい。たまたまこの朝のテレビで流れていた「ミサイルのアラート騒ぎ」まで思い出してしまった。
 話の本筋からは外れるかもしれないが、見ながら思ったのは、「このようにして戦争の記憶は人間の文化になって行く」ということだった。たとえば劇中には、多くの人々が死体として横たわる場面が出てきた。私は一瞬にして、3月10日の下町大空襲で10万人が焼死したときの、高台から眺めた赤い空を思い出したのだった。
 「スマイル」の中心テーマは戦争ではなく、戦争はその環境としてあるに過ぎない。それでもなお戦争は「気になる巨大なもの」として在りつづける。そして、こんにゃく座の演目には、戦争そのもの、あるいは戦争につながる人間の不条理を描いたものが多いことに気づくのだ。戦争を人間の文化として、より良く伝えようとすれば、それは必然的に反戦平和の思想に行きつくほかはない。私はそう思うし、それは「こんにゃく座」の戦争観と通底しているに違いない。
 こうして一つの観劇から、「戦争を人間の文化として伝える」ということを考えた。こんにゃく座の現役の座員で、空襲の火の雨が頭上から降ってくるのを実体験した人はいないだろう。そんな経験は、今後もしなくていい。その代わりに、戦争を「人間の文化」として、しっかりと後世に伝えて欲しいと思うのだ。もちろんそれが「反戦平和」の文化として残って行くことになる。これが常識だと思っていたのだが、どうやら甘かったらしい。
 今の世にも戦争をしたい人たち、物欲、名誉欲、生きがいが戦争で満たされると思っている人がいることが、わかってきた。だからこそ手を抜いてはだめなのだ。戦争よりも平和がいいという当り前のことを、飽きずに諦めずに訴え続けなければならない。その大切さは、たぶん永久に終らないのだろう。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 北朝鮮危機再考 21:37 - 2017年9月15日


孫崎享のつぶやき: 都民の方、「荒木千陽」は誰か。その主張は?、ご存知ですか。都民ファースト代表。代表の考えも知らないで全国支持率9.1%、公明は3.0%。おかしくないか。郷原信郎は「都民ファーストの会は「秘密結社」か」と批判 9/16


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 共謀罪は廃止できる、3000人の参加                            計画、準備行為、組織的犯罪集団の概念はあまりにも不明確。 悪法は、早いうちに芽を摘まなければ、戦前の治安維持法のように真の悪法に育って行きかねない。 法の廃止を求め民主主義を取り戻そう。


憲法9条を壊すな!実行委員会‏  @48daisyukai フォロー中 その他 【拡散希望】『憲法9条を変えるな!安倍内閣退陣9・28臨時国会開会日行動』28日(木)12時~衆議院第2議員会館前を中心に 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→ 23:34 - 2017年9月15日 33件のリツイート 8件のいいね



しんぶん赤旗‏ 認証済みアカウント   @akahata_PR フォロー中 その他 NHKスペシャル再放送 スクープドキュメント 沖縄と核 総合 2017年9月20日(水)午前0時10分~0時59分(19日深夜) http://www6.nhk.or.jp/special/rebroadcast/index.html … 8:22 - 2017年9月16日 14件のリツイート 23件のいいね


赤旗政治記者‏  @akahataseiji フォローする その他 《「解散そう遠くない」》時事 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254291  〈自民党竹下総務会長は解散について「そう遠くないという思いを全ての衆院議員が持ち始めている」「選挙は近いのかなあという思いもした」と語った。内閣支持率回復に関しては「自民党自身が評価を受けたのではない〉 7:16 - 2017年9月16日 71件のリツイート 31件のいいね
  ★安倍自民党からの、『機会』のプレゼント⁉ 国会冒頭解散!か。反省どころか、利権保持のため、現有勢力確保目当てに、敵失狙いで、トライするという。ツクヅク、舐めたマネ、前非を悔いない輩かな。


平野啓一郎‏  @hiranok フォローする その他 賄賂で誘致した挙げ句に。→「IOCは最悪の五輪になりかねないと心配している。」【「東京五輪、ビジョンなし」国際体操連盟会長が痛烈指摘】:朝日新聞デジタル 2:50 - 2017年9月15日


岩上安身‏ 認証済みアカウント   @iwakamiyasumi フォロー中 その他 【特別掲載】安倍総理による「改憲隠し」にダマされるな!参院選の真の争点は改憲と「緊急事態条項」の創設である〜岩上安身による『前夜・増補改訂版』の「まえがき」を緊急アップ!http://iwj.co.jp/wj/open/archives/309102 … #改憲 8:26 - 2017年9月16日


ブラジル当局、東京・リオ五輪で買収と結論 英紙報道:日本経済新聞 14:16 - 2017年9月16日 ">杉浦登志彦‏  @tsugiura1 フォローする その他 ブラジル当局、東京・リオ五輪で買収と結論 英紙報道:日本経済新聞 14:16 - 2017年9月16日


矢島ゆたか‏  @yutaka_yajima フォロー中 その他 民進代表 あす 自由・社民と野党3党党首会談へ| NHKニュース 共産党がいない?!まあ、民進党と自由党と社民党は、共産主義と左翼ナショナルリズムを掲げている共産党とは元々相それないですからね!
  ★前原は、何をしようと??? 共産党排除で、安倍自公に対抗できる??? コジンマリ纏まってどうする! 安倍に、高笑いさせようと? 同じ保守だから、それで良いと‼‼ NON! 拒絶する。


NHK生活・防災‏ 認証済みアカウント   @nhk_seikatsu フォロー中 その他 【台風18号 これから近づくところでは】今のうちに飛ばされそうなものは家の中へしまうようにしてください。停電が発生するところも多そうなので停電対策、そして危険が迫る前に早めの避難を。


日刊ゲンダイ‏  @nikkan_gendai フォロー中 その他 【事件】収入印紙4億7293万円分着服 63歳法務局事務官の巧妙手口 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/213745 … #日刊ゲンダイDIGITAL 14:20 - 2017年9月16日 11件のリツイート 10件のいいね


共同通信公式‏ 認証済みアカウント   @kyodo_official フォロー中 その他 エジプト元大統領に終身刑 - 機密文書漏えいの罪で 14:20 - 2017年9月16日
エジプト元大統領に終身刑 機密文書漏えいの罪で 共同通信 9/17
 〇【カイロ共同】エジプトの破棄院(最高裁)は16日、国の機密文書をカタールに漏えいした罪で、元大統領のムハンマド・モルシ被告に終身刑を言い渡した。地元紙アルアハラムなどが報じた。エジプトの法律では終身刑は禁錮25年に当たる。
 破棄院は昨年11月、禁錮計40年を言い渡した同年6月の一審判決を無効としていた。モルシ被告は2012年のデモ隊同士の衝突を巡り、殺人を扇動したとして禁錮20年の有罪が既に確定している。
 モルシ被告は、中東民主化運動「アラブの春」でムバラク政権が11年2月に崩壊した後、12年6月に大統領に就任。13年7月のクーデターで失脚した
  ★アラブの春、潰しの軍事政権の専横⁉


広河隆一‏  @RyuichiHirokawa フォロー中 その他 千葉県松戸市の大勝院幼稚園で、ヨウ素剤を配布。医師3人の説明と管理のもとに、600人分の薬が手渡された。


udonenogure@日本うーう党党員‏  @udonenogure1 フォローする その他 安倍政権が9月解散 10月22日総選挙を断行? “加計疑惑”封じか (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット) 14:15 - 2017年9月16日 2件のリツイート


原口 一博‏ 認証済みアカウント   @kharaguchi フォローする その他 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170916/k10011142531000.html … 解散も想定される臨時国会を前に。 今!NHKでも臨時国会冒頭解散で調整と。 とことん話し合って心合わせをして欲しい。 先ずは統一会派の可能性を追求して欲しい。 仲間の輪を広げられたら何よりだと私は考えます。 10:01 - 2017年9月16日 28件のリツイート 20件のいいね
  ★自民党の補完勢力になりたいのか⁉ 社民と自由党、これを許すな‼‼



志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「カーター元大統領が助言 北朝鮮と直接対話を」 カーター元大統領、「私だったら平壌に自分が行くか、最側近を今すぐ派遣する」とトランプ大統領に促す。自ら訪朝し、94年の朝鮮半島危機を回避したカーター氏の助言に耳を傾けるべきではないか。 0:15 - 2017年9月15日




本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 https://hbol.jp/151013 「この小池知事の態度は、上記中央防災会議の報告書が朝鮮人虐殺を「防災上の教訓」としている立場から見ても、東京都の防災責任者として極めて不適格であると言わざるを得ないだろう。」 1:06 - 2017年9月16日 136件のリツイート 110件のいいね


菱山南帆子‏  @nahokohishiyama フォロー中 その他 東京、リオ五輪で買収と結論 英紙報道、招致不正疑惑 | 2017/9/14 - 共同通信 47NEWS 21:13 - 2017年9月15日


高田健‏  @ken_takada フォロー中 その他 【拡散希望】『憲法9条を変えるな!安倍内閣退陣9・28臨時国会開会日行動』28日(木)12時~衆議院第2議員会館前を中心に 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→ 23:40 - 2017年9月15日 15件のリツイート 7件のいいね


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 イスラエル人でありながら同国が軍事占領するパレスチナ自治区に住み、占領の不当性を伝え続ける新聞記者アミラ・ハスさん(61)が来沖し、14日、沖縄県の西原町で講演。 「戦争の記憶を忘却することは軍国主義に加担することにつながる」と。 0:30 - 2017年9月16日


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00189024-toyo-bus_all&p=1 …「「チーム学校」と言いながら、そのチームを構成する専門性を持ったスタッフが、非常に不安定な身分、要するに非正規公務員のままになっている。そこに非常に問題がある。…スタッフたちが安定した生活を送れないと学校の機能は果たせないと思う」 5:00 - 2017年9月16日 87件のリツイート 83件のいいね


佐藤 圭‏ 認証済みアカウント   @tokyo_satokei フォロー中 その他 河野太郎さん、東京新聞特報面を絶賛してくれたこともあったが(笑)。 2:12 - 2017年9月16日


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 これはやばすぎる:日本の工学系論文数はすでに人口5千万の韓国に追い越されていた!! http://blog.goo.ne.jp/toyodang/e/66fda06802e29f013e26f5d41f769b01 …「それにしても、日本の工学系論文数の急激な減少、つまり工学研究の基盤力の劣化は、尋常のカーブではありませんね。」 5:06 - 2017年9月16日 242件のリツイート 99件のいいね


藤波心‏  @fujinamicocoro フォロー中 その他 この間、頂いたお寿司がとても優しい味で、美味しかった 生き物の命に感謝ですね。 美味しくて、安心して食べられるってすごく幸せで大切な事ですね 今、食の問題、色々とありますが、食とは切っても切れない関係性だし、どんどん興味も深まるし、不安にもなるし、学ぶことが絶えません






☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia

植草一秀の『知られざる真実』: フランス大統領選で波乱が生じる可能性は? 4/21
 〇3月にオランダで総選挙が実施されたが、これから秋にかけて欧州で重要選挙が相次ぐ。
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙
 が予定されている。



杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢

メルケル首相 12年の軌跡
 ☆首相の支持率推移

【NPJ通信・連載記事】読切記事: 【速報】内閣支持率(9月2日~9月10日調査) 寄稿:NPJ編集部
 〇各社の世論調査の結果が報じられていました。







NNN: 北海道 10河川で氾濫危険水位を超える 9/18
 〇17日に九州に上陸した大型の台風18号は日本列島を縦断し、18日午前、北海道に再上陸した。まもなく北海道を抜ける見込みだが北海道内では地域によって依然、厳重な警戒が必要。
 台風による大雨の影響で、壮瞥町では長流川が氾濫危険水位を超えた。道によると、管理する10の河川で氾濫危険水位を超えたという。また、強風による倒木で、電線などが切れるなどして、18日午後3時までに3万7400世帯が停電した。
 台風18号はまもなく海に抜ける見込みだが、場所によっては19日にかけて予想される24時間の雨量が、多いところで80ミリ、最大瞬間風速は35メートルで厳重な警戒が必要。
 各地で死亡者や行方不明者が出ている。
 高知県四万十町では17日、増水した川に車が転落。18日早朝、車を引き揚げたところ、町内に住む小谷素啓さん(60)が遺体で発見された。高知県では、四万十市でも2人の行方がわからなくなっている。
 また、香川県三豊市では山が崩れて民家に土砂が流れ込み、この家に住む田村トクヱさん(86)が死亡した。
 大分県では東部の津久見市などで川の氾濫が相次ぎ、広い範囲で浸水や橋が崩落するなどの被害が出た。豊後大野