FC2 Blog Ranking
2013-10-31

10/31: 生活保護費支給と賠償命じる判決 憲法を遵守し先例となるべきもの さて司法権は、公選法の『一票の価値の平等』も護れるか

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・山本太郎議員が会見 園遊会で陛下に手紙渡す  17時56分
 ・軽自動車税の“引き上げ案”まとまる 有識者検討会  17時51分
 ・山本議員が手紙を…秋の園遊会に長嶋氏や由紀さんら  17時2分
 ・“ガス漏れ”修理せず放置 東京ガス委託の工事会社  13時59分
 ・TPP「聖域」検証終える 自民・西川対策委員長  14時0分
 ・運動や食事制限なくメタボ解消?東大が化合物発見  6時0分
 ・住宅で52歳母親が死亡 18歳長男を“傷害”で逮捕  6時0分
 ・数十mの血痕…死亡ひき逃げで捜査 千葉・松戸市  6時0分
 ・土砂災害の被災者に教職員住宅提供へ 伊豆大島  5時59分
 ・被告「無罪」を主張 トルコ・日本人女子学生死傷  0時2分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月31日分 9:00 実施
イシャジャの呟き:  招福余次郎そばいなり   誕生日の花 オケラ 花言葉 親しみやすい
 今日のトピックス Blog10/30: 日展の 「書」 で入選数を調整 「先生に手ぶらじゃ駄目」 厳しい階級社会 旧社会が跳梁跋扈!?今猶 後戻るのか、還るのか???

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

「果たしてない」 6割 県内59市町村長アンケート首相の 「責任果たす」 発言 福島民報 10/31  ○東京電力福島第一原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が五輪招致で「責任を完全に果たす」と発言してから一カ月余が過ぎたことを受け、福島民報社は県内全59市町村長に、現状に対する見解などをアンケートした。発言後の対応について「責任を果たしていない」と回答したのは35人で6割を占めた。「責任を果たしている」は3人にとどまった。発言後も汚染水漏れや作業ミスなどが相次ぎ、「東電に任せきり」「国の姿が見えない」などの声が目立った。ただ、今後の国の対応に対しては23人が「期待できる」と答えた。  ★期待できる??? 催促?社交辞令? いづれにしろ、根拠はないのだろう!?
イシガレイ、コモンカスベなど5点が基準値超え 福島民友 10/31 ○県は30日、水産物69種180点の放射性物質検査結果を発表、海産ではイシガレイ、コモンカスベ、シロメバルのそれぞれ1点が食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えた。  河川・湖沼では、ヤマメ2点が基準値を上回った。  川内の「稲わら」利用:  県は30日、17市町村で栽培された牧草と飼料作物54点の放射性物質検査結果を発表、14点から1キロ当たり3~34ベクレルの放射性セシウムが検出されたが、国の暫定基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回った。川内村などの稲わらは基準値以下と確認されたため、利用できるようになった。


スーツデモ:サラリーマンの服装で脱原発を訴え 毎日新聞 10/30 ○スーツで脱原発を訴える「スーツデモ」と呼ばれるデモが30日夜、東京・新橋であった。参加者たちは「原発反対 子供を守ろう」と声を張り上げ、約1.7キロを歩いた。主催者によると、約600人が参加した。 呼びかけ人は、東京都練馬区の会社員、扇田未知彦さん(47)と妻りえさん(45)ら脱原発のデモや集会で知り合った4人。ホームページやツイッターで参加を募った。スーツ姿を参加条件にしたのは、経済活動の中心であるサラリーマンの関心を集め、「世間への説得力」を高めることなどが目的という。

福島第一4号機、核燃料取り出し計画認可 原子力規制委 朝日新聞 10/30 ○4号機の原子炉建屋には使用済み燃料を含む約1500体の燃料があり、東電はクレーンでつり上げて取り出し、トレーラーに載せて敷地内の別の建物の共用プールに移す。昨年7月に2体の燃料を試験的に取り出しており、今回、本格的な作業に着手する。 規制委はこの日、燃料の落下防止や落下した場合の対応、共用プールに移した後の貯蔵などに関する東電の計画を適切と判断した。
福島第1原発5、6号機廃炉の可能性 東電、汚染水移送検討 河北新報 10/30 ○東京電力の石崎芳行副社長(福島本社代表)は29日、福島第1原発の汚染水対策として、5、6号機の地下に汚染水を移送する検討をしていることを明らかにした。専門家は「原子炉建屋の地下全体に移送するとすれば、原発として使えなくなる」と、廃炉を前提とした発言ではないかと受け止めている。 石崎副社長は福島県庁で記者会見し、「あり得ないくらいの大雨まで想定し、5、6号機の地下が使えないか、幅広い対策を検討している」と話した。廃炉自体については「検討中」と述べるにとどめた。 京大原子炉実験所の小出裕章助教は「原子炉建屋やタービン建屋は地下でつながり、一度、汚染水を入れれば再稼働できない」と指摘している。
柏崎の審査凍結 東電は福島に集中せよ 毎日新聞 社説 10/30 ○東京電力福島第1原発で汚染水漏れが相次ぐ事態を受け、原子力規制委員会の田中俊一委員長が東電の広瀬直己社長と面談し、「長期的な視点で、ドラスチック(抜本的)な改革をしてほしい」と要請した。東電が再稼働に向けて9月に申請した柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の安全審査は、福島第1原発の現状が改善されたかどうかを見極めたうえで開始時期を検討するという。 東電は柏崎刈羽原発の再稼働を経営再建の切り札に据える。だが、最優先すべきは福島の汚染水対策だ。規制委が柏崎刈羽の安全審査を事実上凍結したのは妥当な判断である。
来月2日、なくせ原発ふくしま大集会 「オール福島」 のとりくみ 成功へ全国の連帯広がる 赤旗 10/30 ○11月2日に福島市(荒川運動公園)で開かれる「なくせ!原発 安心して住み続けられる福島を! 11・2ふくしま大集会」(同実行委員会主催)にむけて、保守層も含めた「オール福島」のとりくみや全国の連帯が広がっています。

政府・与党:福島「全員帰還」断念…困難区域「移住を」  毎日新聞 10/30 ○政府・与党が検討している福島復興加速化案の全容が29日、分かった。年間積算放射線量が50ミリシーベルト超の「帰還困難区域」について、帰還まで長期の時間がかかることを明確にした上で、移住先で住宅を確保できるよう賠償金を手厚くする。政府が事実上、「帰還できない」との見通しを示し、移住による生活再建を促すことにつなげる。避難した被災者の「全員帰還」を原則としていた対策を、大きく転換させることになる。
環境省、東電に延滞金請求 除染未払い約340億円 東京新聞 10/29 ○東京電力福島第1原発事故に伴う除染の費用をめぐり、大半の支払いを拒んでいる東電に対し、環境省が延滞金を課す方針を固めたことが29日、分かった。11月中にも未払い分約340億円について告知書を送り、支払いを求める。 会計検査院は今月16日、昨年7月に実質国有化された東電を初検査した報告書を公表し、速やかな支払いを求めるよう環境省に指摘。同省はあらためて要請したが応じなかったため、延滞金を課すことで支払いを促す。 告知書を送付すると、国の立て替え費用の金利に当たる年5%程度の延滞金が発生。  ★自民党ら、原発推進勢力にも、連帯責任!
除染 東電救済でゆがみ 福島 沖縄も負担増 東京新聞 10/30 ○東電の負担を免除し、税金で賄おうとする動きが政府・与党内で強まってきた。原発を推進してきた国の責任は大きいが、税金を投入するとなると、原発のない沖縄県の人まで負担することになり、被害者の福島県の人たちの負担も増える。安易な東電救済は、新たなゆがみを生みかねない。
小泉元首相、脱原発連携に慎重 社民党首が要請 東京新聞 10/29 ○小泉純一郎元首相は29日、東京都内で社民党の吉田忠智党首と脱原発をめぐり会談した。吉田氏が連携を要請したのに対し、小泉氏は「それぞれの政党が脱原発に向けてしっかり努力すべきだ。私も主張を続けたい」と述べ、慎重な姿勢を示した。

◎ ブログ・市民メディア
植草一秀の『知られざる真実』: 生活の党幹事長パーティーに民主党幹事長が来賓出席
孫崎享チャンネル: 「中国の検閲は海外にも伸びている」(CNN Cook論評主要点)
五十嵐仁の転成仁語: 10月30日(水) 『東京新聞』の「こちら特報部」にコメントが掲載された 

市民社会フォーラム: 西谷文和さんのストップハシズム集会10月30日に参加しました
市民社会フォーラム: 朝日放送おはようコール 二木啓考が中国テロと南海トラフ地震を語る
マガジン9: 全国のイベント情報 ○今こそ、日本軍「慰安婦」問題の解決を! 上映と講演の夕べ ほか

九条の会: 九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

生活保護費支給と賠償命じる判決 NHK 10/31 ○大阪・岸和田市に住む当時30代の男性は、5年前、いわゆる派遣切りにあって失業したあと、中卒という学歴や運転免許がないことなども影響して仕事が見つからず、生活に困って生活保護を繰り返し申請しました。しかし、年齢が若く健康で、働くことができるはずだとして認められなかったため、違法だと訴えていました。判決で、大阪地方裁判所の田中健治裁判長は、「当時、男性は働く能力も意思もあったが、仕事の場を得られる状況になかった。ケースワーカーには、男性が年齢が若く、仕事は十分あるはずだという先入観などがあり、真摯な求職活動をしたか十分に調べる義務を怠った」として、岸和田市に、当時認められなかった分の生活保護費の支給と68万円余りの賠償を命じました。原告の男性は、「私たちのような人が普通に生活保護制度を活用できる判決が出たのではないかと思います。制度を活用しながら、自立を支える運用をしてほしい」と話していました。また、男性の代理人の下迫田浩司弁護士は、「職があるかないかなど、平均的に見てどうかではなく、申請者個人の資質や生活の困窮の程度などをきちんと見なさいということです。生活保護の本来あるべき姿を示していて、すばらしい判決だと思います」と話していました。  ★+68万円余りの賠償命令も、銘記すべき。さて、現場、役所の対応が、変わるか!? が問題。安倍コベ氏は、変えようとはしない!?だろうが。
ANN: 山本太郎議員が会見 園遊会で陛下に手紙渡す 10/31 ○宮内庁によりますと、一般市民が陛下に手紙を渡すことは時折あるものの、国会議員が渡すことは極めてまれだということです。園遊会での振る舞いについて規則などはありませんが、ある宮内庁幹部は「異例なことで、あってはならないこと」と話しています。  ★手渡しただけ、のこと。中間介在者不信!?の故か。
NHK: 山本太郎議員 園遊会で陛下に文書 10/31
NHK: 重要美術品の経典 中国で競売・落札 10/31 ○国の重要文化財が各地で所在不明になっている問題で、重要文化財と同様に、原則、海外への輸出が禁じられている「重要美術品」の仏教の経典が中国で開かれたオークションに出品され、およそ8000万円で落札されていたことがNHKの取材で分かりました。文化庁は、事実関係とともに、ほかにも同様のケースがないか確認することにしています。
ANN: 軽自動車税の“引き上げ案”まとまる 有識者検討会 10/31 ○総務省の有識者検討会がまとめた報告書では、軽自動車と普通車の保有にかかる税について、環境への負担に応じて一律に課税する案などが示されました。この案が導入されれば、現在、自家用乗用車に比べて年間2万円以上安い7200円の軽自動車税が引き上げられることになります。消費税増税に伴う軽自動車税の増税を巡っては、「地方の低所得者層いじめだ」という批判が上がっているため、車の取得価格が低ければ税額を安くする案も報告書には盛り込まれました。検討会は、来週中にも報告書を総務大臣に提出する予定です。  ★こっちの方が、大問題。軽、乃至超小型の、電気自動車や水素自動車こそ、普及させるべき!? 止めるつもり???
TBS: 中国国防省、「自衛隊が演習を妨害」と抗議 10/31 ○中国国防省は、31日の記者会見で、西太平洋での海軍演習を、日本の自衛隊に妨害された、として、日本側に抗議したことを明らかにしました。 日中関係筋によりますと、抗議は31日午前、国防省から北京の日本大使館の駐在武官に対して口頭で行われ、これに対し反論した、ということです。詳しい抗議内容や、中国側の演習については、明らかになっていません。
NHK: 新生銀行 反社会勢力への融資が判明 10/31 ○みずほ銀行が暴力団員らへの融資を放置していたことが大きな問題となるなか、「新生銀行」は、グループの信託銀行と信販会社の間で行っている提携ローンに、反社会的勢力への融資が見つかったことを明らかにし、取引の解消を急ぐとしています。
イラク戦支持の根拠巡り 「誤った」 元内閣官房副長官補 朝日新聞 10/31 ○柳沢協二・元内閣官房副長官補は31日午前、衆院国家安全保障特別委員会での参考人意見陳述で、小泉政権が米国のイラク戦争を支持した根拠の一つだった大量破壊兵器の存在について「私も間違えていたが、当時みんなが間違えていた。政策決定者の方向性に情報サイドが引っ張られた。そうならないように気をつけていかなければならないというのが、最大の教訓だ」と認めた。  ★(政策決定者の方向性に情報サイドが引っ張られた)こういう実態を、下敷きにすると、安倍コベの暴走は、霞ヶ関は、止められないという敗北自認!?か。 ストッパーは、主権者しかいない!?


ANN: 運動や食事制限なくメタボ解消?東大が化合物発見 10/31 ○メタボリックシンドロームや糖尿病を巡っては、「アディポネクチン」という体内のホルモンが発病を抑制していることが明らかになっています。研究チームが発見した化合物は、このホルモンと同じ作用を見せ、糖尿病のマウスに投与したところ、血糖値が劇的に低下し、脂肪肝が改善されました。さらに、脂肪の多いえさを4カ月間与え続ける実験では、化合物を投与しなかったマウスの7割が死んだのに対し、投与したマウスでは7割近くが生き残りました。さらに研究が進めば、運動ができなくても、メタボが解消できる新しい薬が作り出せる可能性があるということです。  ★朗報!? どんな希望も、悪くない
TBS: 臓器移植ネット、基準満たさない待機患者に腎臓をあっせん 10/31 ○移植ネットワークは、本来、優先して提供されるはずだった患者に謝罪しましたが、この患者は、1年余りが経過した現在も、移植を希望して待機中だという事です。 移植ネットワークは、「今後、2度とこの様なことを起こさぬよう再発防止策を講じ公平・公正な斡旋に取り組んでまいります」とコメントしています。  ★直接、生き死にに関わる問題。軽々に、間違った、間違いがあったでは済まされない。
ANN: 被告「無罪」を主張 トルコ・日本人女子学生死傷 10/31
TBS: 天安門車突入、警察当局「逃走容疑者5人全員を拘束」 10/31 ○身柄を拘束されたのは手配されていた8人のうち、ウイグル族の男3人と女2人です。残る3人は現場で死亡したということですが、警察当局は、この3人は夫婦とその夫の母親としています。炎上した車の中からは、刀やガソリンタンク、宗教的なメッセージが書かれた旗などが押収されたということです。拘束されたうちの1人は「事件発生からおよそ10時間後に捕まるとは思っていなかった」と供述しています。 警察当局は事件発生後、中国政府に不満を持つウイグル族の犯行と見て捜査を進めていました。拘束の発表からわずか1時間後には、国営の中国中央テレビが速報で報じていて、警察の迅速な対応をアピールすることで事件の幕引きを急ぐ狙いがあると見られます。
TBS: 鉄鋼大手3社4-9月期決算、業績が大幅改善 10/31 ○去年10月に経営統合した新日鉄住金は、1155億円の純利益を計上しました。経営統合によるコストの削減効果や、国内向けの鋼材の需要が回復していることが要因です。 また、神戸製鋼所は、円安の効果で海外向けの鋼材販売が堅調に推移していることから、本業の儲けを示す営業利益が544億円の黒字と1年前の10倍近くに増加。 JFEホールディングスは、純利益が477億円と1年前のおよそ32倍に増加。営業利益は590億円と5倍以上に増えていて、各社とも業績が改善しています。  ★問題は、底上げ!格差・不平等の解消! 格差社会の末端までの、処遇アップ!! 内部留保、隠しではなく。&消費税増税で、悪さをしないように。
冷戦下 米は日本の核保有に否定的 NHK 10/30 ○昭和41年11月に、当時のニューヨーク総領事でのちに外務省の事務次官を務めた東郷文彦氏と、アメリカ国防総省で東アジアを担当していたステッドマン次官補代理がワシントンで非公式に会談しました。この中でステッドマン氏は、日本の核兵器の保有について「日本が独自の核戦力を持つことはもちろん可能であり、日本自身が決めるべき問題であるが、どんなに努力してみても米ソなどに比べて独立の抑止力と言えるだけの域には到底達せず、米国の核抑止力と重複して不経済なものとなるであろうことは明らかだ」と述べています。そのうえでステッドマン氏は「日本が核開発に大きな資源を振り向けるくらいなら、同額を対外援助に使用したほうが、安全保障の見地からもはるかに有効だ」と述べ、日本が核兵器を持つことに否定的な考えを伝えました。ステッドマン氏の発言は東郷氏の質問に答えたもので、東郷氏の発言はこの文書には記されていません。昭和41年当時は、ベトナム戦争のさなかの東西冷戦の緊張が高まっていた時期で、2年前には中国が核実験を行い、アジアで初めての核保有国になることが日本にとって安全保障上の新たな脅威となっていました。当時の佐藤総理大臣は翌年の昭和42年に、「非核三原則」を宣言しましたが、これが定着するまでの間、日本政府が核兵器保有の是非について検討を進めていたことを示す資料も見つかっています。
米がまた核性能実験 被爆地から抗議の声 東京新聞 10/30


政党不信 極まる 自公民に逆風 東京新聞 10/30 ○自民、公明、民主の3党が「相乗り」で推薦した新人候補が27日投開票の川崎市長選で敗北し、神戸市長選でも勝ったものの大苦戦を強いられた。投票率が低く、手堅い組織戦が有利とされる中での敗北、苦戦の背景には、有権者の既成政党に対する不信の拡大があるとみられる。 自民党の石破茂幹事長は二十八日、川崎市長選の敗北に関し「多くの党が相乗ることで、本来の組織戦が十分にできなかった」と分析した。 だが結果は「組織戦の敗北」では済まない負けっぷりだった。 川崎市は、衆院選では神奈川9区、10区、18区の三つの選挙区に分かれる。昨年十二月の衆院選で自民党公認、公明党推薦候補の三選挙区での得票数は計二十四万票余。民主党公認候補は計十六万票余で、合わせると四十万票以上になる。 市長選の投票率は過去二番目に低い32・82%。衆院選の三区の投票率(58・52~62・11%)の半分として、単純計算で三党相乗り候補は約二十万票取れるはずだが、結果は約十四万票。四十万票と比べれば、その差は歴然だ。 自民党は四月以降、名古屋市、さいたま市、神奈川県横須賀市、東京都武蔵野市など都市部で推薦候補の敗北が目立つ。 特に神奈川県は、安倍晋三首相を支える菅義偉(すがよしひで)官房長官が自民党県連会長を務める。菅氏は川崎市長選の敗北にも「国政とは全く連動していない」と言い張るが、党幹部は各地の地方選の敗北、苦戦が連鎖し「面」となって広がることを懸念している。 民主党は野党共闘がままならないばかりか、原発再稼働に明確に反対しないなど与党との対立軸を十分に示せていない。  ★純化路線?即ち排除の論理断行後の、民主党って、今後、支持を得られるのか? 野党糾合?疑問だ。反省はあるのか、ないのか?
【特集・連載】 秘密保護法案265人反対 憲・刑法学者ら声明 東京新聞 10/29 ○反対声明は憲法・メディア法と刑事法の研究者が二十八日、国会内で合同で記者会見して発表した。 憲法・メディア法研究者の声明は呼び掛け人が二十四人、賛同者百十八人の計百四十二人。刑事法は呼び掛け人二十三人、賛同者百人の計百二十三人。 会見で、憲法・メディア法の呼び掛け人の山内敏弘一橋大名誉教授は「法案は憲法の三つの基本原理である基本的人権、国民主権、平和主義と真っ向から衝突し侵害する」と指摘。刑事法の呼び掛け人代表の村井敏邦一橋大名誉教授は「(軍事機密を守る目的で制定された)戦前の軍機保護法と同じ性格。戦前の影響を考えれば、刑事法学者は絶対反対しなければならない」と呼び掛けた。 声明はいずれも法案の問題点として、特定秘密を第三者の点検を受けず政府の判断で指定し、漏えいや取得に厳罰を科して、調査活動をする市民や記者も罪に問われる点を挙げた。その上で「国民の『知る権利』を侵害し憲法の国民主権の基盤を失わせ、憲法に基づいて国民が精査すべき平和主義に反している」などと批判した。憲法・メディア法は奥平康弘東京大名誉教授、東北大や東大などで教授を歴任した樋口陽一氏、杉原泰雄一橋大名誉教授、刑事法は斉藤豊治甲南大名誉教授ら研究者が呼び掛け人、賛同者に名を連ねた。 ◆声明呼び掛け人(敬称略)
沖縄返還 期限明示迫る 57年外交文書 東京新聞 10/30 ○五七年六月十九日の会談記録によると、訪米した岸氏はアイゼンハワー氏に「共産主義反対、自由主義確立を主張し、米との協調に重点を置く」と、東西冷戦下における日本の立場を強調。同時に「現在の日米関係をそのままで良しと考えている人は少ない」と指摘し、「施政権全部を委ねなければならないというのは了解しがたい」と訴えた。 アイゼンハワー氏は沖縄の戦略的重要性を「侵略が起きた場合に迅速に行動し得るような立場にあることが必要」と説明し、会談時点で返還は選択肢にないことを示唆した。一方で「日本側と一緒に検討するにやぶさかではない」と将来の交渉に含みを持たせ、岸氏への配慮を示した。 首脳会談に備えて五七年四月一日付で作成された日本側対処方針には「十年後」の施政権返還を米側に促す案が明記されていた。実際の会談で具体的な期限に触れた記録はなかった。会談後、両首脳は沖縄に対する日本の「潜在的主権」を確認する共同声明を発表した。
日展の 「書」 で入選数を調整 篆刻、会派ごとに 日経新聞 10/30 ○日本美術界で最大規模の公募展である日展「書」の篆刻(てんこく)部門の審査で、入選数を会派ごとの過去の実績を踏まえて事前調整する慣行があることが30日、関係者の証言で分かった。 誰でも応募できて実力を試せることを特色とした公募展だが、その審査は各会派に配慮して行われており、日展審査の公正さが問われそうだ。 審査員経験者の日展理事の一人は「特定の会派に入選数が集中することや全滅する会派が出るのを防ぐのが目的。篆刻界全体のことを考えてやっている」と話している。  ★勿論、談合、看板に偽り! 論外。
「先生に手ぶらじゃ駄目」 日展、厳しい階級社会 朝日新聞 10/30 ●入選を事前配分  ●「天の声」で入選差し替え   ★自由・平等に敵対!? 勿論、日本国憲法下では、不許。 ここにも、後戻り、復古、安倍コベ派!?
宮城県議会:歴史教科書の点数評価採択 「つくる会」 請願 毎日新聞 10/30 ○宮城県議会は30日、市町村教委が中学校の歴史・公民教科書を採択する際、神話や天皇、「日の丸や君が代」などの項目を点数評価して反映させるよう県教委に指導を求めた「新しい歴史教科書をつくる会」県支部の請願を賛成多数で採択した。  ◇「政治の教育介入」批判も  ◇採点法あいまい  ★恣意的! 最高法規、日本国憲法との位置づけ、如何に??? 無視!? 無智!?
普天間の給油機、14年岩国移転 15機、政府がきょう伝達 東京新聞 10/30
米軍岩国基地内に毒グモ297匹、駆除の報告 読売新聞 10/30 ○基地は年4回、駆除数を報告しており、市によると2011年以降では最多という。 内訳は、クロゴケグモの成体46匹と幼体174匹、ハイイロゴケグモの成体19匹と幼体57匹、セアカゴケグモの成体1匹。県と市は、早期に完全駆除し基地外への生息域拡大を防ぐよう基地に要請した。  ★湧いたと言うより、米軍が持ち込んだ!?空輸されてきた!?のか。
秘密保護法案―首相動静も■■■か? 朝日新聞 社説 10/30
食材偽装 おもてなしの心が泣く 東京新聞 社説 10/30 ○頭は下げる。社長も辞める。でも偽装とは認めない。「一流」と呼ばれたホテルトップの引き際に、グルメブームの陰に根を張る病根の深さが見て取れる。客はただ本物をおいしく食べたいのだ。 結局、故意ではない、偽装ではないというのか。 阪急阪神ホテルズの出崎弘社長は記者会見で「偽装ではないが、偽装と受け止められてもいたしかたない」と繰り返した。しかし、社長自らの調査結果を基にした、その言い訳はいかにも苦しい。
NSC法案審議 いまなぜ 「戦争司令部」 なのか 赤旗 主張 10/30
各地の弁護士会 秘密保護法案 反対意見が相次ぐ 日弁連調べ 赤旗 10/30
ストップ秘密保護法案 11・21集会 実行委発足 赤旗 10/30 ○「STOP!『秘密保護法』11・21大集会 『何が秘密? それは秘密』それはイヤだ!」の集会実行委員会が28日夜、東京都内で発足しました。11月21日(木)午後6時半から、東京・日比谷野外音楽堂で行う集会を、広範な個人、団体の参加で大きく成功させることを確認しました。 同実行委員会には、弁護士、ジャーナリスト、研究者、原発ゼロの運動にかかわる人たちに加え、全労連、国民救援会、憲法会議、自由法曹団などの代表らが幅広く参加しています。新聞労連、平和フォーラム、5・3憲法集会実行委員会などが連絡先になりました。 秘密保護法に反対する憲法・メディア法研究者グループの田島泰彦上智大学教授は、刑事法研究者グループと連携して声明を発表し、「言論・表現にかかわる人たちの賛同も集めている」と取り組みを報告しました。 海渡雄一弁護士は、国会審議が急ピッチで行われる可能性があるとして、「世論も反対が多い。行動を見せつけることが必要だ。すべての個人、団体に広範に集会参加を呼びかけたい」と強調しました。 大集会に先駆けて、法案が審議入りする日の国会前行動や、11月14日に街頭宣伝を行うことなどを確認しました。
元巨人監督の川上哲治氏が死去 V9達成、「打撃の神様」 東京新聞 10/30 ○28日午後、老衰のため東京都稲城市の病院で死去した。93歳。熊本県出身。葬儀などは近親者で行った。お別れの会は未定。 1938年、巨人に入り、戦前、戦後を通じ打撃の第一人者として活躍した。通算2千安打を最初に達成、通算打率3割1分3厘。 巨人監督として日本シリーズ優勝11回。長嶋茂雄、王貞治らを擁して65年からは9年連続日本一に。65年に野球殿堂入り。巨人の背番号16は永久欠番。

天安門車突入 安定には平等と公平を 東京新聞 社説 10/30 ○中国の天安門前で車が群衆に突っ込んだ事件は、社会の不安定さを浮き彫りにしたようでもある。党や政府への批判を許さぬ経済優先の体制を見直し、社会の平等や公平に一層気を配るべきである。 北京市は「関係部門が事件捜査をしている」と明らかにし、計画的犯行との見方を強めている。 現場の南西には国会議事堂にあたる人民大会堂、北西には最高指導者たちが執務、居住する権力中枢の「中南海」が広がる。 中国で最も警備が厳重ともいえる場所で多数の死傷者が出た。中国指導部は、同じような事件が起こらぬよう、全容を解明し、公表してほしい。
米、情報活動の正当性主張 外国首脳の通信傍受も 東京新聞 10/30 ○クラッパー米国家情報長官は29日、下院情報特別委員会の公聴会で、外国首脳を対象にした通信傍受を含む情報収集活動の正当性を主張した。同時に、同盟国の情報機関が米指導者に対するスパイ行為を行っているとの認識も示した。  ★軍や情報機関は、皆、無法者!? 人権侵害!?

村上元行革相が秘密保護法案批判 「30年封印、検証できず」 東京新聞 10/29 ○情報漏えいをした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案をめぐり、自民党衆院議員の村上誠一郎元行革担当相は29日、共同通信の取材に応じ「特定秘密に指定されれば30年も封印される。国民の目線で検証できなくなるのではないか」と批判した。 安倍政権が同法案とともに日本版「国家安全保障会議」(NSC)の設置や、集団的自衛権行使容認の検討を進めていることに「周辺国から戦争の準備ばかりしているとみられる」と指摘。「自民党の良さは多様性だったのに、今は右向け右で一色になる」と
イレッサ訴訟、厚労資料の全面開示請求を棄却 読売新聞 10/29 ○イレッサ訴訟では2011年、厚労省幹部らが医学系学会に対し、遺族との和解に反対するよう要請したことが発覚。同団体はこの経緯を知るため、厚労省の検証資料について情報公開請求を申し立てたが、開示資料のうち100枚近くはほぼ黒塗りだった。この日の判決は、検証作業が非公開を前提に関係者の協力を得た点も重視した。  ★「開示資料のうち100枚近くはほぼ黒塗り」?情報開示の本旨に悖る、安倍コベ。常態化してはならない。
横浜市、朝鮮学校の補助金不支給 拉致と核が理由、交付要綱を改正 東京新聞 10/29 ○市教育委員会などによると、市は1980年代から補助金を支給してきており、不支給は今回が初めて。林文子市長は9日の記者会見で「拉致と核開発問題が解決しない限り、支給する予定はない」と指摘した。  ★人権保障の観点が、欠落!? 極めて遺憾。

米盗聴問題:「オバマ大統領は3年前から把握」 独紙報道 毎日新聞 10/29 ○米国家安全保障局(NSA)がドイツのメルケル首相の携帯電話を盗聴していたとされる疑惑で、一部の独メディアは「オバマ米大統領は既に3年前から知っていた」と伝えている。米紙はこれを否定するなど、両国メディアも大統領の「把握の有無」に関心を寄せている。
日本、米傍受対象に含まれず 独誌が拠点80都市名 東京新聞 10/29
欧州―アジアの海峡トンネル開通 トルコで式典、日本も支援で完成 東京新聞 10/30 ○トルコ最大の都市イスタンブールで、アジアと欧州を隔てるボスポラス海峡を海底トンネルでつなぐという150年来の夢を実現した海峡横断地下鉄が日本の支援で完成し、29日、安倍晋三首相とエルドアン首相が出席して開通式が行われた。 イスタンブールは経済発展や人口増加に伴い、住宅開発が進むアジア側と商業地区である欧州側の間の交通量が激増。同海峡には二つのつり橋があるが、慢性的な交通渋滞や排ガスによる大気汚染が深刻で、初の鉄道開通により緩和が期待される。
天安門の車突入、計画的テロ濃厚 公安がウイグル族ら8人関与断定 東京新聞 10/30 ○中国の首都北京の中心部、天安門前で起きた車両突入事件で、公安当局が新疆ウイグル自治区のウイグル族ら計8人が事件に関与していると断定、「容疑車両」としてグレーや赤色の新疆ナンバー車両5台の行方を追っていることが29日、分かった。複数の中国筋が明らかにした。 関与した人数、車両数などから事件は、習近平指導部への打撃を狙った計画的で組織的なテロの可能性が濃厚。テロが確認されれば、首都で起きた事案としては過去最大規模となる。
2013-10-30

10/30: 日展の 「書」 で入選数を調整 「先生に手ぶらじゃ駄目」 厳しい階級社会 旧社会が跳梁跋扈!?今猶 後戻るのか、還るのか???

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・柔道部で上級生が暴行、学校にも賠償命じる判決  18時18分
 ・小泉進次郎氏が初答弁、「TPP」問われ答えに窮する場面も  17時41分
 ・なぜ?米マクドナルド「ハインツのケチャップ使わない」  18時15分
 ・世界一背が高い男性が結婚、身長差は78センチ  18時15分
 ・韓国、工事車両が後ろ向きで暴走  13時54分
 ・経産相 東電破たん処理「選択肢にない」  3時21分   ★国民、消費者にツケを回すな。首魁、東電らは、責任から逃げるな!また、逃すな!
 ・徳洲会事件、徳田虎雄前理事長を事情聴取  2時36分
 ・安倍首相、地下鉄開通式に出席 トルコ  1時41分
 ・小泉元首相、“脱原発”で社民との連携否定  29日(火)23時35分
 ・食肉納入業者「偽装するつもりはなかった」  29日(火)22時57分   ★『誤表示』? 今年の流行語に? 無責任!責任逃れを許すな。

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月30日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 「特定秘密保護法案」に見る「自民党が取り戻したい」国家像  (笹井明子)
 秘密保護法案「憲法原理踏みにじる」 学者らが反対声明 朝日新聞 10/28
イシャジャの呟き: 雷雨 竜巻 注意報 多彩  誕生日の花 ナギナタコウジュ 花言葉 匂い立つ魅力
 今日のトピックス Blog10/29: 財務相、除染の一部国費負担に理解 「東電だけの責任でない」 勿論、自民党長期政権が首魁だ その責任・負担を語れ!

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

福島第一4号機、核燃料取り出し計画認可 原子力規制委 朝日新聞 10/30 ○4号機の原子炉建屋には使用済み燃料を含む約1500体の燃料があり、東電はクレーンでつり上げて取り出し、トレーラーに載せて敷地内の別の建物の共用プールに移す。昨年7月に2体の燃料を試験的に取り出しており、今回、本格的な作業に着手する。 規制委はこの日、燃料の落下防止や落下した場合の対応、共用プールに移した後の貯蔵などに関する東電の計画を適切と判断した。
福島第1原発5、6号機廃炉の可能性 東電、汚染水移送検討 河北新報 10/30 ○東京電力の石崎芳行副社長(福島本社代表)は29日、福島第1原発の汚染水対策として、5、6号機の地下に汚染水を移送する検討をしていることを明らかにした。専門家は「原子炉建屋の地下全体に移送するとすれば、原発として使えなくなる」と、廃炉を前提とした発言ではないかと受け止めている。 石崎副社長は福島県庁で記者会見し、「あり得ないくらいの大雨まで想定し、5、6号機の地下が使えないか、幅広い対策を検討している」と話した。廃炉自体については「検討中」と述べるにとどめた。 京大原子炉実験所の小出裕章助教は「原子炉建屋やタービン建屋は地下でつながり、一度、汚染水を入れれば再稼働できない」と指摘している。
柏崎の審査凍結 東電は福島に集中せよ 毎日新聞 社説 10/30 ○東京電力福島第1原発で汚染水漏れが相次ぐ事態を受け、原子力規制委員会の田中俊一委員長が東電の広瀬直己社長と面談し、「長期的な視点で、ドラスチック(抜本的)な改革をしてほしい」と要請した。東電が再稼働に向けて9月に申請した柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の安全審査は、福島第1原発の現状が改善されたかどうかを見極めたうえで開始時期を検討するという。 東電は柏崎刈羽原発の再稼働を経営再建の切り札に据える。だが、最優先すべきは福島の汚染水対策だ。規制委が柏崎刈羽の安全審査を事実上凍結したのは妥当な判断である。
来月2日、なくせ原発ふくしま大集会 「オール福島」 のとりくみ 成功へ全国の連帯広がる 赤旗 10/30 ○11月2日に福島市(荒川運動公園)で開かれる「なくせ!原発 安心して住み続けられる福島を! 11・2ふくしま大集会」(同実行委員会主催)にむけて、保守層も含めた「オール福島」のとりくみや全国の連帯が広がっています。

政府・与党:福島「全員帰還」断念…困難区域「移住を」  毎日新聞 10/30 ○政府・与党が検討している福島復興加速化案の全容が29日、分かった。年間積算放射線量が50ミリシーベルト超の「帰還困難区域」について、帰還まで長期の時間がかかることを明確にした上で、移住先で住宅を確保できるよう賠償金を手厚くする。政府が事実上、「帰還できない」との見通しを示し、移住による生活再建を促すことにつなげる。避難した被災者の「全員帰還」を原則としていた対策を、大きく転換させることになる。
環境省、東電に延滞金請求 除染未払い約340億円 東京新聞 10/29 ○東京電力福島第1原発事故に伴う除染の費用をめぐり、大半の支払いを拒んでいる東電に対し、環境省が延滞金を課す方針を固めたことが29日、分かった。11月中にも未払い分約340億円について告知書を送り、支払いを求める。 会計検査院は今月16日、昨年7月に実質国有化された東電を初検査した報告書を公表し、速やかな支払いを求めるよう環境省に指摘。同省はあらためて要請したが応じなかったため、延滞金を課すことで支払いを促す。 告知書を送付すると、国の立て替え費用の金利に当たる年5%程度の延滞金が発生。  ★自民党ら、原発推進勢力にも、連帯責任!
除染 東電救済でゆがみ 福島 沖縄も負担増 東京新聞 10/30 ○東電の負担を免除し、税金で賄おうとする動きが政府・与党内で強まってきた。原発を推進してきた国の責任は大きいが、税金を投入するとなると、原発のない沖縄県の人まで負担することになり、被害者の福島県の人たちの負担も増える。安易な東電救済は、新たなゆがみを生みかねない。
小泉元首相、脱原発連携に慎重 社民党首が要請 東京新聞 10/29 ○小泉純一郎元首相は29日、東京都内で社民党の吉田忠智党首と脱原発をめぐり会談した。吉田氏が連携を要請したのに対し、小泉氏は「それぞれの政党が脱原発に向けてしっかり努力すべきだ。私も主張を続けたい」と述べ、慎重な姿勢を示した。

財務相、除染の一部国費負担に理解 「東電だけの責任でない」 日経新聞 10/29 ○除染費用について「(原子力政策は)基本的に国策でやってきた。東電だけに責任があるという話はいかがなものか」と述べ、国の一部負担に理解を示した。  ★責任のすり替え、言い逃れ!その国の実態とは何だ? 自民党じゃないか。自腹を切るのか切らないのか、ハッキリせい。自民党の負担を国民にすり替え、押し付けようとするもの。恥を知らない政治屋たち。安倍コベ、ナチス・あそう等々、五万とござる!? 電事連なんかも、当然、責めがある。貸し手の責任も、亦同じ。 意を砕く??? 必要ない、必要ない。自腹を割るだけで良い。さっさとしろ!? 言い訳無用。
原発汚染水タンクずさん管理 元作業員 今度は実名で告発 人減らしのなか工期優先 ■ 悪化する作業環境 赤旗 10/29 ○沖縄県在住 上地剛立さん  証言したのは昨年7月から年末まで、沖縄県から福島第1原発の収束作業についた元作業員の上地剛立(うえち・よしたつ)さん、48歳です。大成建設が元請けの2次下請け作業についていました。半年間の原発作業のなかで、汚染水漏れの原因が「東電のコスト削減」にあることを実感しています。 さび止め厚塗り  東電が「コスト削減」策として競争入札を強化するなかで、目立ったのが人員削減でした。「人減らしのなかで工期が優先され、作業環境が悪化した」  昨年10月のことです。タンクの底板のボルト・ナットのさび止め剤を塗る作業でした。この作業は、ボルトなどの油分を確実にふき取る(脱脂)ことが重要です。油分があると、さび止め剤をはじいてしまい「ピンポール(気泡)」ができます。ここがさびれば腐食の原因になり、汚染水の漏出につながる、といいます。 現場ではこのピンポールをごまかすためにさび止めの厚塗りが指示されました。上地さんは「厚塗りは乾燥に時間がかかり、生乾きで水分が付着するとさび止めが溶け落ちて結局、腐食につながる」と指摘します。 こんな経験もしました。「冬の雪の日だった。さび止めのほとんどが雪で流された。汚染水漏出の一因となったのではないか」  人員削減と工期優先は作業員の健康被害をもたらしています。
東電社長 作業員不足認める 規制委員長と面談 東京新聞 10/29 ○単純ミスによるトラブルが続く東京電力福島第一原発の現場環境の改善に向け、原子力規制委員会の田中俊一委員長と東電の広瀬直己社長が二十八日、初めて面談した。東電側が作業員確保が難しくなっていることを率直に認めるなどいくつか前進はあったが、面談が本当に改善のきっかけになるのかどうかはまだ分からない。…ただ、作業員が集まらない理由は、線量だけでなく、コスト削減で作業員の待遇が悪化していることも大きな原因だ。広瀬氏は、東電全体で社員を福島第一に回し、人員を確保する対策も明らかにしたが、下請け作業員を含めた長期的な人材確保、待遇改善に向けた具体論までは話し合わなかったようだ。 一方、規制委にとって、面談のもう一つの大きな目的は、福島第一の収束もままならぬ東電が、果たして柏崎刈羽原発(新潟県)をきちんと運用する能力があるかどうかを確かめることだったはず。 しかし、再稼働問題について「話は出なかった」(広瀬氏)というばかりで、密室の場で、どういう話になったのかははっきりしない。  ★実態を直視したなら、原因と対策が当然出てくるはず! その手を打たないのか??? 柏崎刈羽原発(新潟県)再稼働??? そんな環境、雰囲気ではなかろうに。悟りは、却下に有り!?
第1原発港湾内の水中カーテン破損 台風の高波原因 福島民友 10/29 ○東京電力は28日、福島第1原発港湾内で、5、6号機の取水口近くに設置した水中カーテン「シルトフェンス」が破損したと発表した。台風27号の影響による高波が原因とみられる。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 拝啓・小泉純一郎様、土曜日の新宿西口に立ってみませんか ・ブログ連歌(337)
@動画: 幻のアトランティス大陸発見か?/NHK・サイエンスZERO「独占密着!深海に眠る幻の大陸」
@動画: <証言記録・兵士たちの戦争> 「沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場 ~山形県・歩兵第32連隊~」
@動画: <証言記録・兵士たちの戦争> 「ガダルカナル 繰り返された白兵突撃 ~北海道・旭川歩兵第28連隊~」
植草一秀の『知られざる真実』: 阪急ホテル社長が辞任でみずほ頭取が居座る矛盾
OurPlanetTV: •「秘密保護法」シール投票で6割反対〜小学生もNO!
孫崎享チャンネル: 菅元首相の「みのもんた氏に対する陰謀説」
天木直人のブログ: 言い出した本人さえわからない小泉脱原発発言の迷走の先
村野瀬玲奈の秘書課広報室: 東電福島第一原発の燃料棒取り出し作業には人類史上最大級の危険が伴うと思った方がよいのか。 (2)

市民社会フォーラム: 【泥さんより】「捏造 従軍慰安婦展」に男組がしばきをかけた
市民社会フォーラム: 【東日本大震災】レポートNo.231
市民社会フォーラム: 中国残留邦人への理解を深める集い&中国帰国者による切り絵 張 雨均作品展 ○私たち「なに人」ですか 中国残留邦人への理解を深める集い  主催 神戸市(事業委託団体 中国「残留日本人孤児」を支援する兵庫の会
市民社会フォーラム: 新聞うずみ火主催「ジャーナリスト講座」のお知らせ

九条の会: 九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

政党不信 極まる 自公民に逆風 東京新聞 10/30 ○自民、公明、民主の3党が「相乗り」で推薦した新人候補が27日投開票の川崎市長選で敗北し、神戸市長選でも勝ったものの大苦戦を強いられた。投票率が低く、手堅い組織戦が有利とされる中での敗北、苦戦の背景には、有権者の既成政党に対する不信の拡大があるとみられる。 自民党の石破茂幹事長は二十八日、川崎市長選の敗北に関し「多くの党が相乗ることで、本来の組織戦が十分にできなかった」と分析した。 だが結果は「組織戦の敗北」では済まない負けっぷりだった。 川崎市は、衆院選では神奈川9区、10区、18区の三つの選挙区に分かれる。昨年十二月の衆院選で自民党公認、公明党推薦候補の三選挙区での得票数は計二十四万票余。民主党公認候補は計十六万票余で、合わせると四十万票以上になる。 市長選の投票率は過去二番目に低い32・82%。衆院選の三区の投票率(58・52~62・11%)の半分として、単純計算で三党相乗り候補は約二十万票取れるはずだが、結果は約十四万票。四十万票と比べれば、その差は歴然だ。 自民党は四月以降、名古屋市、さいたま市、神奈川県横須賀市、東京都武蔵野市など都市部で推薦候補の敗北が目立つ。 特に神奈川県は、安倍晋三首相を支える菅義偉(すがよしひで)官房長官が自民党県連会長を務める。菅氏は川崎市長選の敗北にも「国政とは全く連動していない」と言い張るが、党幹部は各地の地方選の敗北、苦戦が連鎖し「面」となって広がることを懸念している。 民主党は野党共闘がままならないばかりか、原発再稼働に明確に反対しないなど与党との対立軸を十分に示せていない。  ★純化路線?即ち排除の論理断行後の、民主党って、今後、支持を得られるのか? 野党糾合?疑問だ。反省はあるのか、ないのか?
【特集・連載】 秘密保護法案265人反対 憲・刑法学者ら声明 東京新聞 10/29 ○反対声明は憲法・メディア法と刑事法の研究者が二十八日、国会内で合同で記者会見して発表した。 憲法・メディア法研究者の声明は呼び掛け人が二十四人、賛同者百十八人の計百四十二人。刑事法は呼び掛け人二十三人、賛同者百人の計百二十三人。 会見で、憲法・メディア法の呼び掛け人の山内敏弘一橋大名誉教授は「法案は憲法の三つの基本原理である基本的人権、国民主権、平和主義と真っ向から衝突し侵害する」と指摘。刑事法の呼び掛け人代表の村井敏邦一橋大名誉教授は「(軍事機密を守る目的で制定された)戦前の軍機保護法と同じ性格。戦前の影響を考えれば、刑事法学者は絶対反対しなければならない」と呼び掛けた。 声明はいずれも法案の問題点として、特定秘密を第三者の点検を受けず政府の判断で指定し、漏えいや取得に厳罰を科して、調査活動をする市民や記者も罪に問われる点を挙げた。その上で「国民の『知る権利』を侵害し憲法の国民主権の基盤を失わせ、憲法に基づいて国民が精査すべき平和主義に反している」などと批判した。憲法・メディア法は奥平康弘東京大名誉教授、東北大や東大などで教授を歴任した樋口陽一氏、杉原泰雄一橋大名誉教授、刑事法は斉藤豊治甲南大名誉教授ら研究者が呼び掛け人、賛同者に名を連ねた。 ◆声明呼び掛け人(敬称略)
沖縄返還 期限明示迫る 57年外交文書 東京新聞 10/30 ○五七年六月十九日の会談記録によると、訪米した岸氏はアイゼンハワー氏に「共産主義反対、自由主義確立を主張し、米との協調に重点を置く」と、東西冷戦下における日本の立場を強調。同時に「現在の日米関係をそのままで良しと考えている人は少ない」と指摘し、「施政権全部を委ねなければならないというのは了解しがたい」と訴えた。 アイゼンハワー氏は沖縄の戦略的重要性を「侵略が起きた場合に迅速に行動し得るような立場にあることが必要」と説明し、会談時点で返還は選択肢にないことを示唆した。一方で「日本側と一緒に検討するにやぶさかではない」と将来の交渉に含みを持たせ、岸氏への配慮を示した。 首脳会談に備えて五七年四月一日付で作成された日本側対処方針には「十年後」の施政権返還を米側に促す案が明記されていた。実際の会談で具体的な期限に触れた記録はなかった。会談後、両首脳は沖縄に対する日本の「潜在的主権」を確認する共同声明を発表した。
日展の 「書」 で入選数を調整 篆刻、会派ごとに 日経新聞 10/30 ○日本美術界で最大規模の公募展である日展「書」の篆刻(てんこく)部門の審査で、入選数を会派ごとの過去の実績を踏まえて事前調整する慣行があることが30日、関係者の証言で分かった。 誰でも応募できて実力を試せることを特色とした公募展だが、その審査は各会派に配慮して行われており、日展審査の公正さが問われそうだ。 審査員経験者の日展理事の一人は「特定の会派に入選数が集中することや全滅する会派が出るのを防ぐのが目的。篆刻界全体のことを考えてやっている」と話している。  ★勿論、談合、看板に偽り! 論外。
「先生に手ぶらじゃ駄目」 日展、厳しい階級社会 朝日新聞 10/30 ●入選を事前配分  ●「天の声」で入選差し替え   ★自由・平等に敵対!? 勿論、日本国憲法下では、不許。 ここにも、後戻り、復古、安倍コベ派!?
宮城県議会:歴史教科書の点数評価採択 「つくる会」 請願 毎日新聞 10/30 ○宮城県議会は30日、市町村教委が中学校の歴史・公民教科書を採択する際、神話や天皇、「日の丸や君が代」などの項目を点数評価して反映させるよう県教委に指導を求めた「新しい歴史教科書をつくる会」県支部の請願を賛成多数で採択した。  ◇「政治の教育介入」批判も  ◇採点法あいまい  ★恣意的! 最高法規、日本国憲法との位置づけ、如何に??? 無視!? 無智!?
普天間の給油機、14年岩国移転 15機、政府がきょう伝達 東京新聞 10/30
米軍岩国基地内に毒グモ297匹、駆除の報告 読売新聞 10/30 ○基地は年4回、駆除数を報告しており、市によると2011年以降では最多という。 内訳は、クロゴケグモの成体46匹と幼体174匹、ハイイロゴケグモの成体19匹と幼体57匹、セアカゴケグモの成体1匹。県と市は、早期に完全駆除し基地外への生息域拡大を防ぐよう基地に要請した。  ★湧いたと言うより、米軍が持ち込んだ!?空輸されてきた!?のか。
秘密保護法案―首相動静も■■■か? 朝日新聞 社説 10/30
食材偽装 おもてなしの心が泣く 東京新聞 社説 10/30 ○頭は下げる。社長も辞める。でも偽装とは認めない。「一流」と呼ばれたホテルトップの引き際に、グルメブームの陰に根を張る病根の深さが見て取れる。客はただ本物をおいしく食べたいのだ。 結局、故意ではない、偽装ではないというのか。 阪急阪神ホテルズの出崎弘社長は記者会見で「偽装ではないが、偽装と受け止められてもいたしかたない」と繰り返した。しかし、社長自らの調査結果を基にした、その言い訳はいかにも苦しい。
NSC法案審議 いまなぜ 「戦争司令部」 なのか 赤旗 主張 10/30
各地の弁護士会 秘密保護法案 反対意見が相次ぐ 日弁連調べ 赤旗 10/30
ストップ秘密保護法案 11・21集会 実行委発足 赤旗 10/30 ○「STOP!『秘密保護法』11・21大集会 『何が秘密? それは秘密』それはイヤだ!」の集会実行委員会が28日夜、東京都内で発足しました。11月21日(木)午後6時半から、東京・日比谷野外音楽堂で行う集会を、広範な個人、団体の参加で大きく成功させることを確認しました。 同実行委員会には、弁護士、ジャーナリスト、研究者、原発ゼロの運動にかかわる人たちに加え、全労連、国民救援会、憲法会議、自由法曹団などの代表らが幅広く参加しています。新聞労連、平和フォーラム、5・3憲法集会実行委員会などが連絡先になりました。 秘密保護法に反対する憲法・メディア法研究者グループの田島泰彦上智大学教授は、刑事法研究者グループと連携して声明を発表し、「言論・表現にかかわる人たちの賛同も集めている」と取り組みを報告しました。 海渡雄一弁護士は、国会審議が急ピッチで行われる可能性があるとして、「世論も反対が多い。行動を見せつけることが必要だ。すべての個人、団体に広範に集会参加を呼びかけたい」と強調しました。 大集会に先駆けて、法案が審議入りする日の国会前行動や、11月14日に街頭宣伝を行うことなどを確認しました。
元巨人監督の川上哲治氏が死去 V9達成、「打撃の神様」 東京新聞 10/30 ○28日午後、老衰のため東京都稲城市の病院で死去した。93歳。熊本県出身。葬儀などは近親者で行った。お別れの会は未定。 1938年、巨人に入り、戦前、戦後を通じ打撃の第一人者として活躍した。通算2千安打を最初に達成、通算打率3割1分3厘。 巨人監督として日本シリーズ優勝11回。長嶋茂雄、王貞治らを擁して65年からは9年連続日本一に。65年に野球殿堂入り。巨人の背番号16は永久欠番。

天安門車突入 安定には平等と公平を 東京新聞 社説 10/30 ○中国の天安門前で車が群衆に突っ込んだ事件は、社会の不安定さを浮き彫りにしたようでもある。党や政府への批判を許さぬ経済優先の体制を見直し、社会の平等や公平に一層気を配るべきである。 北京市は「関係部門が事件捜査をしている」と明らかにし、計画的犯行との見方を強めている。 現場の南西には国会議事堂にあたる人民大会堂、北西には最高指導者たちが執務、居住する権力中枢の「中南海」が広がる。 中国で最も警備が厳重ともいえる場所で多数の死傷者が出た。中国指導部は、同じような事件が起こらぬよう、全容を解明し、公表してほしい。
米、情報活動の正当性主張 外国首脳の通信傍受も 東京新聞 10/30 ○クラッパー米国家情報長官は29日、下院情報特別委員会の公聴会で、外国首脳を対象にした通信傍受を含む情報収集活動の正当性を主張した。同時に、同盟国の情報機関が米指導者に対するスパイ行為を行っているとの認識も示した。  ★軍や情報機関は、皆、無法者!? 人権侵害!?

村上元行革相が秘密保護法案批判 「30年封印、検証できず」 東京新聞 10/29 ○情報漏えいをした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案をめぐり、自民党衆院議員の村上誠一郎元行革担当相は29日、共同通信の取材に応じ「特定秘密に指定されれば30年も封印される。国民の目線で検証できなくなるのではないか」と批判した。 安倍政権が同法案とともに日本版「国家安全保障会議」(NSC)の設置や、集団的自衛権行使容認の検討を進めていることに「周辺国から戦争の準備ばかりしているとみられる」と指摘。「自民党の良さは多様性だったのに、今は右向け右で一色になる」と
イレッサ訴訟、厚労資料の全面開示請求を棄却 読売新聞 10/29 ○イレッサ訴訟では2011年、厚労省幹部らが医学系学会に対し、遺族との和解に反対するよう要請したことが発覚。同団体はこの経緯を知るため、厚労省の検証資料について情報公開請求を申し立てたが、開示資料のうち100枚近くはほぼ黒塗りだった。この日の判決は、検証作業が非公開を前提に関係者の協力を得た点も重視した。  ★「開示資料のうち100枚近くはほぼ黒塗り」?情報開示の本旨に悖る、安倍コベ。常態化してはならない。
横浜市、朝鮮学校の補助金不支給 拉致と核が理由、交付要綱を改正 東京新聞 10/29 ○市教育委員会などによると、市は1980年代から補助金を支給してきており、不支給は今回が初めて。林文子市長は9日の記者会見で「拉致と核開発問題が解決しない限り、支給する予定はない」と指摘した。  ★人権保障の観点が、欠落!? 極めて遺憾。

米盗聴問題:「オバマ大統領は3年前から把握」 独紙報道 毎日新聞 10/29 ○米国家安全保障局(NSA)がドイツのメルケル首相の携帯電話を盗聴していたとされる疑惑で、一部の独メディアは「オバマ米大統領は既に3年前から知っていた」と伝えている。米紙はこれを否定するなど、両国メディアも大統領の「把握の有無」に関心を寄せている。
日本、米傍受対象に含まれず 独誌が拠点80都市名 東京新聞 10/29
欧州―アジアの海峡トンネル開通 トルコで式典、日本も支援で完成 東京新聞 10/30 ○トルコ最大の都市イスタンブールで、アジアと欧州を隔てるボスポラス海峡を海底トンネルでつなぐという150年来の夢を実現した海峡横断地下鉄が日本の支援で完成し、29日、安倍晋三首相とエルドアン首相が出席して開通式が行われた。 イスタンブールは経済発展や人口増加に伴い、住宅開発が進むアジア側と商業地区である欧州側の間の交通量が激増。同海峡には二つのつり橋があるが、慢性的な交通渋滞や排ガスによる大気汚染が深刻で、初の鉄道開通により緩和が期待される。
天安門の車突入、計画的テロ濃厚 公安がウイグル族ら8人関与断定 東京新聞 10/30 ○中国の首都北京の中心部、天安門前で起きた車両突入事件で、公安当局が新疆ウイグル自治区のウイグル族ら計8人が事件に関与していると断定、「容疑車両」としてグレーや赤色の新疆ナンバー車両5台の行方を追っていることが29日、分かった。複数の中国筋が明らかにした。 関与した人数、車両数などから事件は、習近平指導部への打撃を狙った計画的で組織的なテロの可能性が濃厚。テロが確認されれば、首都で起きた事案としては過去最大規模となる。

藤本義一さん一周忌:「9条変えたらあかん」 妻が語る遺志 毎日新聞 10/29 ○テレビ番組などでの辛口コメントでお茶の間に親しまれた直木賞作家の藤本義一さんが79歳で亡くなって、30日で1年になる。藤本さんは生前、「九条の会・おおさか」の呼びかけ人にも名を連ね、憲法について積極的に発言していた。妻統紀子(ときこ)さん(78)は「藤本は空襲で友人を目の前で失った。その体験が『憲法9条は変えたらあかん』という思いの根底にあった」と話す。「僕が今、一番考えるのは、9条を日本人はどう考えていったらいいかということです」。2008年3月、大阪市中央公会堂で、作家の故・井上ひさしさんと対談した藤本さんは、約1500人の聴衆の笑いを誘いながら護憲を訴えた。「この会場に10人しか来なくて、僕ら2人がしゃべってたら、これはアホです。こういう時に集まって、熱気ではないけど、結集というものがもっと高まってもいいと思うな」 
 藤本さんは12歳で終戦を迎えた。1945年3月の大阪大空襲で、経営する質店を焼かれた父は、その後精神を病んだ。自宅のあった堺市の空襲では、遊郭で働いていた女性約10人が互いにつながれたまま、戦火を逃れられず川で亡くなっていた。終戦前日には、友人が大和川の陸橋上で米軍戦闘機の機銃掃射に遭い、亡くなるのを目の当たりにした。 統紀子さんによると、こうした空襲の体験を、食卓などで子どもたちに話していたという。米国にも批判的で、「原爆を落とす神経が分からん。あんだけの人を殺した責任は絶対に消えへん」と憤っていた。
新橋スーツデモ 「サラリーマンだって原発反対」 あす午後7時 “出勤” 東京新聞 10/29 ○参加者がスーツを着て脱原発を訴えるデモが30日午後7時から、サラリーマンの街、東京・新橋周辺で行われる。「原発に反対しているのは、ごく普通に働く人たち」。スーツ姿で歩くことで、周囲の人にそう伝えたいという。 (上條憲也、写真も) 主催するのは、いずれも都内で働く四人。その一人、扇田(せんだ)未知彦さん(47)=練馬区=自身もスーツ姿で働く会社員だ。「身近で働く人が普通に声を上げているんだよ、ということを訴えたい」と語る。 小学生の子どもがいる扇田さんは3・11後、放射能による健康被害に危機感を持ち、脱原発を真剣に考え始めた。毎週金曜日に首相官邸前で開かれている原発抗議行動に、妻の会社員りえさん(45)と参加するようになった。 そこで知り合ったのが、官邸前抗議行動のスタッフ土肥二朗さん(56)=東京都三鷹市。土肥さん自身はスーツを着ない自営業だが、「真摯(しんし)な態度で活動した方が、より説得力があるかも」と、スーツデモを発案した。 「制服やスポーツのユニホームと同じ。着そろえることで、私たちもチームとしてまとまることができる」と土肥さん。官邸前の演説台で「いつかスーツデモをやる」と宣言すると、扇田さんらとの輪が広がった。 主催者の一人でフリーライターの川口和正さん(49)=中野区=も土肥さんの演説を機に、スーツ姿で脱原発のチラシを配ったところ、手に取ってくれる人が増えたという手応えを感じたという。 デモ参加を呼び掛けるホームページ(HP)には、反響も届いている。
SUIT DEMO 脱原発☆スーツデモ: 「脱原発☆スーツデモ@新橋」 ○10月30日(水) 18:45集合 19:00出発 桜田公園 集合・解散(新橋駅烏森口から徒歩1分/港区新橋3-16-15) ※デモは、約1時間を予定。東電本店前も通過します。
難病医療費 重症者負担増変わらず 一部減額の修正案 東京新聞 10/29 ○難病への医療費助成について厚生労働省は二十九日、収入に応じて負担を求める見直し素案が患者団体などから「負担が重すぎる」と批判が強かったため、負担の上限を引き下げる新たな素案を難病対策委員会に示し、大筋で了承された。ただ、現行制度を利用する患者の多くにとって負担増が見込まれる状況は変わらない。 ☆難病対策委で、厚労省が示した案  ★イカサマ野郎たち!?
日本版NSC―軍事の司令塔にするな 朝日新聞 社説 10/29 ○まず、軍事偏重の向きはないか。むろん侵略やテロへの備えは必要だが、それだけが安全保障ではあるまい。エネルギー問題や金融不安、食糧、災害、感染症といった多様な危機にあたっては、軍事、外交、経済などさまざまな角度から検討されなければならない。  軍事の司令塔のようになってしまっては、現代の複合的な危機には対処できない。  NSC法案とセットとされる特定秘密保護法案の問題もある。
みずほ銀処分 これで変われるのか 毎日新聞 社説 10/29 ○反社会的勢力との関係で、経営全体に問題意識の甘さ、体制にずさんさはあったものの、実態を隠そうとか検査当局を欺こうといった意図はなかった−−。弁護士で構成する第三者委員会の報告書をひとことで要約すると、こうなる。 処分もそれに呼応するように、多数の役員が報酬カットという形で広く薄く責任を分担する内容になった。辞任はわずか3人で、そのうち塚本隆史みずほ銀会長は、持ち株会社、みずほフィナンシャルグループの会長職にはとどまる。 これで抜本的な改善ができるのかと疑問視せざるを得ない。
みずほ銀不祥事 信頼回復の決意見えぬ 東京新聞 社説 10/29 ○みずほ銀行が暴力団員への融資を二年以上放置していた問題は、企業統治の驚くほどの甘さが原因である。だが、頭取留任など体制はほぼ維持される。信頼回復の決意があるのか大いに疑問だ。 これが総資産百六十兆円を超えるメガバンクの経営体制とは、とても思えないお粗末さである。暴力団関係者ら反社会的勢力との取引が発覚すれば、即座に解消するという上場企業としての常識や社会的使命が欠けている。不適切な取引をチェックすべき取締役会や監査役の機能も働かない。信用こそが生命線である銀行業の資質さえ疑われるガバナンス(企業統治)なのである。
米無人機攻撃 許されない無差別殺傷 東京新聞 社説 10/29 ○オバマ政権は軍事費削減とアフガンなどに展開する米地上軍の犠牲を減らすため無人機による作戦を続け、武装勢力指導者らを殺害してテロの脅威を減らしたと強調している。 しかし、国連の報告を見れば、市民の犠牲が多すぎる。テロリストだけを狙ったと主張しても、親類や近くの住民が巻き添えになり無差別殺傷につながる。許されることではない。南西アジアや中東ではむしろ反米感情が高まり、報復テロを招いているとの批判も根強い。 先週訪米したパキスタンのシャリフ首相はオバマ大統領との会談で、自国領内での無人機攻撃は主権侵害だと中止を求めた。両国間にはかつて攻撃を黙認する密約があったともいわれるが、シャリフ政権は国内世論を意識して方針を変えつつあるといえよう。 自国兵の安全やコスト面から、今後、米英以外の国々も無人機の開発と配備を進める可能性が高い。無差別殺傷を起こさないためにも、新たな兵器を十分に管理できる国際的なルールの確立を急ぐべきだ。
情報収集 陸自上層部の指示 国民監視差し止め訴訟 元隊長が証言 赤旗 10/29 ○自衛隊情報保全隊による国民監視の差し止めを求める訴訟の控訴審第6回口頭弁論が28日、仙台高等裁判所で開かれました。元陸上自衛隊情報保全隊長の鈴木健氏の3回目の証人尋問が実施され、情報保全隊が他の情報機関と連携して国民監視をしていることを認めました。 鈴木氏は、原告弁護団から「警察から情報を受けることはあったのか」と問われ、「情報を受ける対象は、すべての行政機関だった」と述べました。詳細については答えませんでしたが、警察も含まれていることは否定せず、事実上すべての行政機関から非公開の情報の提供を受けていたことを明らかにしました。


英首相、ガーディアン紙に強硬措置示唆 情報収集報道で 朝日新聞 10/29 ○英国のキャメロン首相は28日の下院で、米英両国による極秘の情報収集の実態を報じ続けている英紙ガーディアンを名指しし、「新聞が社会的な責任を示せないのなら、政府が行動せずにいるのは極めて難しくなる」と述べた。今後もこうした報道が続けば、報道差し止め命令などの強硬措置もありうると示唆した。  ★社会的責任??? とは? 主権者、或いは歴史に対する責任か、時の政府に対するものか? キャメロン氏には、賛同できない。

TBS: みずほ銀が処分発表、佐藤頭取は辞任否定 10/29 ○暴力団関係者への融資問題で、みずほ銀行が社内の処分や再発防止策を発表しました。問題の融資は、なぜ2年以上も放置されていたのでしょうか。暴力団関係者らへの融資を放置していた問題を受けて、みずほ銀行は28日夕方、社内処分を発表しました。 処分の対象はOBも合わせて54人に上ります。 佐藤頭取は半年間報酬なし、塚本会長ら役員3人が辞任します。
TBS: 阪急阪神ホテルズ社長「偽装ととられても仕方ない」 10/29 ○「今回の件は、阪急阪神ホテルズのみならず、広く阪急阪神ブランド全体への信頼の失墜を招き、多大なご迷惑をおかけすることとなりました。その責任の重さを鑑み、私は阪急阪神ホテルズの社長、ならびに阪急阪神ホールディングス取締役を11月1日付けで辞任する意思を固めました。重ねて、信頼を裏切ることになりましたお客様、ならびに多大なご迷惑をおかけした関係者の皆様方におわびを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」(阪急阪神ホテルズ 出崎弘社長)  阪急阪神ホテルズが運営する8つのホテルのレストランなどで出された料理47品目の食材がメニューと異なっていた問題。もともと29日にセットされていた会見は、急きょ、28日夜に行われることになりました。再調査の結果を公表するため開いた会見で、社長は辞任を明らかにしました。
2013-10-29

10/29: 財務相、除染の一部国費負担に理解 「東電だけの責任でない」 勿論、自民党長期政権が首魁だ その責任・負担を語れ!

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・三鷹女子高生殺害 逮捕の男、当日未明から隣の屋根に  14時2分
 ・小泉元首相、「原発ゼロ」めぐり社民党首と会談  18時41分
 ・ソチ五輪まで100日、「同性愛」「テロ」など課題山積  18時41分
 ・ホテルコンコルド浜松の「遠州カレー」でも誤表示  18時43分
 ・ホテルクレメント徳島の「和風ステーキ膳」でも誤表示  18時43分   ★誤表示??? ウソ!騙し!? 冗談も大概に。いづれ…国滅ぶ!?
 ・スペインでも大規模な通信傍受か、米弁明  6時30分
 ・阪急阪神ホテルズ社長「偽装ととられても仕方ない」  1時49分
 ・みずほ銀が処分発表、佐藤頭取は辞任否定  1時48分
 ・1歳娘を床に落とし死なせた疑い、父親逮捕  6時32分   ★子供は、国の宝!? 積極的保護を
 ・水戸の集団暴行、主犯格の容疑者逮捕  6時44分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月29日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: IWJを応援しよう  (コナシ&コブシ)
 IWJ Independent Web Journal: 岩上安身よりみなさまへ  ○2010年12月にIWJを設立してから、2年10ヶ月が経ちました。…この秋、IWJは、大きな存続の危機に直面しています。
イシャジャの呟き: 錦秋  誕生日の花 ウメモドキ 花言葉 明朗
 今日のトピックス Blog10/28: 原子力政策―原発回帰を推進する!?経産省が牛耳るのか 原発の過酷事故は、国家的規模の危機を招いた、亦招こうというのか

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

財務相、除染の一部国費負担に理解 「東電だけの責任でない」 日経新聞 10/29 ○除染費用について「(原子力政策は)基本的に国策でやってきた。東電だけに責任があるという話はいかがなものか」と述べ、国の一部負担に理解を示した。  ★責任のすり替え、言い逃れ!その国の実態とは何だ? 自民党じゃないか。自腹を切るのか切らないのか、ハッキリせい。自民党の負担を国民にすり替え、押し付けようとするもの。恥を知らない政治屋たち。安倍コベ、ナチス・あそう等々、五万とござる!? 電事連なんかも、当然、責めがある。貸し手の責任も、亦同じ。 意を砕く??? 必要ない、必要ない。自腹を割るだけで良い。さっさとしろ!? 言い訳無用。
原発汚染水タンクずさん管理 元作業員 今度は実名で告発 人減らしのなか工期優先 ■ 悪化する作業環境 赤旗 10/29 ○沖縄県在住 上地剛立さん  証言したのは昨年7月から年末まで、沖縄県から福島第1原発の収束作業についた元作業員の上地剛立(うえち・よしたつ)さん、48歳です。大成建設が元請けの2次下請け作業についていました。半年間の原発作業のなかで、汚染水漏れの原因が「東電のコスト削減」にあることを実感しています。 さび止め厚塗り  東電が「コスト削減」策として競争入札を強化するなかで、目立ったのが人員削減でした。「人減らしのなかで工期が優先され、作業環境が悪化した」  昨年10月のことです。タンクの底板のボルト・ナットのさび止め剤を塗る作業でした。この作業は、ボルトなどの油分を確実にふき取る(脱脂)ことが重要です。油分があると、さび止め剤をはじいてしまい「ピンポール(気泡)」ができます。ここがさびれば腐食の原因になり、汚染水の漏出につながる、といいます。 現場ではこのピンポールをごまかすためにさび止めの厚塗りが指示されました。上地さんは「厚塗りは乾燥に時間がかかり、生乾きで水分が付着するとさび止めが溶け落ちて結局、腐食につながる」と指摘します。 こんな経験もしました。「冬の雪の日だった。さび止めのほとんどが雪で流された。汚染水漏出の一因となったのではないか」  人員削減と工期優先は作業員の健康被害をもたらしています。
東電社長 作業員不足認める 規制委員長と面談 東京新聞 10/29 ○単純ミスによるトラブルが続く東京電力福島第一原発の現場環境の改善に向け、原子力規制委員会の田中俊一委員長と東電の広瀬直己社長が二十八日、初めて面談した。東電側が作業員確保が難しくなっていることを率直に認めるなどいくつか前進はあったが、面談が本当に改善のきっかけになるのかどうかはまだ分からない。…ただ、作業員が集まらない理由は、線量だけでなく、コスト削減で作業員の待遇が悪化していることも大きな原因だ。広瀬氏は、東電全体で社員を福島第一に回し、人員を確保する対策も明らかにしたが、下請け作業員を含めた長期的な人材確保、待遇改善に向けた具体論までは話し合わなかったようだ。 一方、規制委にとって、面談のもう一つの大きな目的は、福島第一の収束もままならぬ東電が、果たして柏崎刈羽原発(新潟県)をきちんと運用する能力があるかどうかを確かめることだったはず。 しかし、再稼働問題について「話は出なかった」(広瀬氏)というばかりで、密室の場で、どういう話になったのかははっきりしない。  ★実態を直視したなら、原因と対策が当然出てくるはず! その手を打たないのか??? 柏崎刈羽原発(新潟県)再稼働??? そんな環境、雰囲気ではなかろうに。悟りは、却下に有り!?
第1原発港湾内の水中カーテン破損 台風の高波原因 福島民友 10/29 ○東京電力は28日、福島第1原発港湾内で、5、6号機の取水口近くに設置した水中カーテン「シルトフェンス」が破損したと発表した。台風27号の影響による高波が原因とみられる。


経産省、東電の除染費免除を検討 支払い義務4700億円のみ 東京新聞 10/28 ○経済産業省が、東電の支払い義務をこれまでの実施分約4700億円に限定し、今後実施される除染や中間貯蔵施設の費用は免除する案を検討していることが28日、分かった。東電の経営再建へ向け、負担軽減を図るのが狙い。 だが環境省や財務省では、東電の全額負担を明記する特措法の改正が必要として慎重論が強く、東電救済のための国費投入は国民の間でも反発が出るのは必至だ。  ★不明朗な議論や責任分担は、大迷惑。原発推進は、国策とも言われる。政府と東電(ら)が、負担割合を決めようとするなら、キチンと表に出し、説明・情報公開すべきだ。 経産省と東電らが、ナアナアで、国民負担、消費者負担を決めて良い話ではない。 不明朗な!、自民党政治を助長するもの。民主主義否定に通じる。

規制委員長、東電社長と面談 福島第一、作業環境改善を指示 東京新聞 10/28 ○原子力規制委員会の田中俊一委員長は二十八日午前、東京電力の広瀬直己(なおみ)社長を規制委に呼んで面談した。福島第一原発では作業環境の悪化や士気低下が指摘されており、技術面、安全管理面で東電に十分な能力があるのか、委員長自ら東電トップから事情を聴いた。 面談は冒頭のみ報道陣に公開され、後は非公開。同席した規制委事務局の池田克彦長官や広瀬氏によると、田中氏は「福島第一の現状は極めて憂慮すべき事態」と述べ、東電トップとして現状認識や、現場の士気をどう高めていくのか認識をただした。 広瀬氏は「新たな作業が増え、慣れない仕事が多くなった。作業員の確保も困難になっている」と説明。「専門家を含めて東電全体で人を回して、作業員を確保したい。敷地内の放射線量を下げ、全面マスクをしなくてもいい場所を増やす。そのための必要なコストは思い切って出したい」と、作業環境の改善を約束した。 これに対し、田中氏は「思い切ったことをしないと、人心の刷新にならない。ドラスチック(大胆)かつ長期的な計画を立ててほしい」と指示した。  ★仕上げを御覧じろ!? ???
東電 除染費負担を全面拒否 「賠償と二重払い」 主張 東京新聞 10/28 ○東京電力が、数兆円に上ると想定される福島第一原発事故による放射能汚染の除染費用を全面的に返済しない方針を政府に伝えていることが分かった。費用は政府が復興予算から立て替え払いし、東電が後に返済することが法律で定められている。しかし、東電は「家や土地に対する損害賠償に加え、除染費用まで払えない」などと主張。このまま返済が滞れば、復興予算に穴があく事態もあり得る。  ★身勝手な、後講釈で、言を左右しないよう、キチンと釘を刺すべき。 規制の虜、東電話法に、惑わされるべきではない。きちんと政府の枠組みで、責任を引き受けさせよ。明朗会計は、言うまでもない。破綻処理だ。東電話法も、止む!
第1原発、4万5千ベクレル検出 再び上昇、排水溝から 東京新聞 10/28
原子力政策―経産省が牛耳るのか 朝日新聞 社説 10/28 ○原発の過酷事故は、国家的規模の危機を招く。福島第一原発の事故は原子力利用の巨大なリスクを白日の下にさらした。  原子力政策の大きな方向を決めるには、原発維持にこだわらない科学者や人文系の学者など幅広い識者による検討の場を設け、国民的な議論を反映させていくことが必要だ。  ところが、原発回帰を推し進める経済産業省の影響力がさらに強まりそうな動きがある。このままでは、原発ありきの専門家集団「原子力ムラ」の思惑で政策が決まりかねない。  そんな懸念を抱かせたのは、国の原子力委員会のあり方を検討する有識者会議が先週まとめた見直し方針である。  これまで原子力委がつくってきた「原子力政策大綱」を廃止し、今後、原子力政策は経産省がまとめるエネルギー基本計画で位置づける。そんな内容だ。
原発小泉発言 気まぐれで済ませずに 北海道新聞 社説 10/28 ○単なる「変人」の直感か、政界の新たな結集軸か。  小泉純一郎元首相が原発ゼロを訴えて活発に発言している。  かつては推進の立場にあったが、核のごみの捨て場所がないのに、原発を進めるのは無責任だという考えに至ったという。もっともな主張であり、傾聴に値する。  与野党を超えて賛同する動きが広がっている。安全性があいまいなまま再稼働に向けた動きを強める安倍晋三政権への対抗軸となり得る。  従来の原発政策の検証を含め、国民的議論を深めた上で、脱原発の道を探る契機としたい。

◎ ブログ・市民メディア
IWJ Independent Web Journal: 岩上安身よりみなさまへ  ○2010年12月にIWJを設立してから、2年10ヶ月が経ちました。…この秋、IWJは、大きな存続の危機に直面しています。
志村建世のブログ: 秘密保護について考えてみた ・ブログ連歌(337)
反戦塾: 日本外交は野暮で間抜け?
市民社会フォーラム: 転載歓迎<日弁連院内学習会「汚染水漏えい どうすれば止められるか」案内
SUIT DEMO 脱原発☆スーツデモ: 「脱原発☆スーツデモ@新橋」 ○10月30日(水) 18:45集合 19:00出発 桜田公園 集合・解散(新橋駅烏森口から徒歩1分/港区新橋3-16-15) ※デモは、約1時間を予定。東電本店前も通過します。

九条の会: 九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自

由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

藤本義一さん一周忌:「9条変えたらあかん」 妻が語る遺志 毎日新聞 10/29 ○テレビ番組などでの辛口コメントでお茶の間に親しまれた直木賞作家の藤本義一さんが79歳で亡くなって、30日で1年になる。藤本さんは生前、「九条の会・おおさか」の呼びかけ人にも名を連ね、憲法について積極的に発言していた。妻統紀子(ときこ)さん(78)は「藤本は空襲で友人を目の前で失った。その体験が『憲法9条は変えたらあかん』という思いの根底にあった」と話す。「僕が今、一番考えるのは、9条を日本人はどう考えていったらいいかということです」。2008年3月、大阪市中央公会堂で、作家の故・井上ひさしさんと対談した藤本さんは、約1500人の聴衆の笑いを誘いながら護憲を訴えた。「この会場に10人しか来なくて、僕ら2人がしゃべってたら、これはアホです。こういう時に集まって、熱気ではないけど、結集というものがもっと高まってもいいと思うな」 
 藤本さんは12歳で終戦を迎えた。1945年3月の大阪大空襲で、経営する質店を焼かれた父は、その後精神を病んだ。自宅のあった堺市の空襲では、遊郭で働いていた女性約10人が互いにつながれたまま、戦火を逃れられず川で亡くなっていた。終戦前日には、友人が大和川の陸橋上で米軍戦闘機の機銃掃射に遭い、亡くなるのを目の当たりにした。 統紀子さんによると、こうした空襲の体験を、食卓などで子どもたちに話していたという。米国にも批判的で、「原爆を落とす神経が分からん。あんだけの人を殺した責任は絶対に消えへん」と憤っていた。
新橋スーツデモ 「サラリーマンだって原発反対」 あす午後7時 “出勤” 東京新聞 10/29 ○参加者がスーツを着て脱原発を訴えるデモが30日午後7時から、サラリーマンの街、東京・新橋周辺で行われる。「原発に反対しているのは、ごく普通に働く人たち」。スーツ姿で歩くことで、周囲の人にそう伝えたいという。 (上條憲也、写真も) 主催するのは、いずれも都内で働く四人。その一人、扇田(せんだ)未知彦さん(47)=練馬区=自身もスーツ姿で働く会社員だ。「身近で働く人が普通に声を上げているんだよ、ということを訴えたい」と語る。 小学生の子どもがいる扇田さんは3・11後、放射能による健康被害に危機感を持ち、脱原発を真剣に考え始めた。毎週金曜日に首相官邸前で開かれている原発抗議行動に、妻の会社員りえさん(45)と参加するようになった。 そこで知り合ったのが、官邸前抗議行動のスタッフ土肥二朗さん(56)=東京都三鷹市。土肥さん自身はスーツを着ない自営業だが、「真摯(しんし)な態度で活動した方が、より説得力があるかも」と、スーツデモを発案した。 「制服やスポーツのユニホームと同じ。着そろえることで、私たちもチームとしてまとまることができる」と土肥さん。官邸前の演説台で「いつかスーツデモをやる」と宣言すると、扇田さんらとの輪が広がった。 主催者の一人でフリーライターの川口和正さん(49)=中野区=も土肥さんの演説を機に、スーツ姿で脱原発のチラシを配ったところ、手に取ってくれる人が増えたという手応えを感じたという。 デモ参加を呼び掛けるホームページ(HP)には、反響も届いている。
SUIT DEMO 脱原発☆スーツデモ: 「脱原発☆スーツデモ@新橋」 ○10月30日(水) 18:45集合 19:00出発 桜田公園 集合・解散(新橋駅烏森口から徒歩1分/港区新橋3-16-15) ※デモは、約1時間を予定。東電本店前も通過します。
難病医療費 重症者負担増変わらず 一部減額の修正案 東京新聞 10/29 ○難病への医療費助成について厚生労働省は二十九日、収入に応じて負担を求める見直し素案が患者団体などから「負担が重すぎる」と批判が強かったため、負担の上限を引き下げる新たな素案を難病対策委員会に示し、大筋で了承された。ただ、現行制度を利用する患者の多くにとって負担増が見込まれる状況は変わらない。 ☆難病対策委で、厚労省が示した案  ★イカサマ野郎たち!?
日本版NSC―軍事の司令塔にするな 朝日新聞 社説 10/29 ○まず、軍事偏重の向きはないか。むろん侵略やテロへの備えは必要だが、それだけが安全保障ではあるまい。エネルギー問題や金融不安、食糧、災害、感染症といった多様な危機にあたっては、軍事、外交、経済などさまざまな角度から検討されなければならない。  軍事の司令塔のようになってしまっては、現代の複合的な危機には対処できない。  NSC法案とセットとされる特定秘密保護法案の問題もある。
みずほ銀処分 これで変われるのか 毎日新聞 社説 10/29 ○反社会的勢力との関係で、経営全体に問題意識の甘さ、体制にずさんさはあったものの、実態を隠そうとか検査当局を欺こうといった意図はなかった−−。弁護士で構成する第三者委員会の報告書をひとことで要約すると、こうなる。 処分もそれに呼応するように、多数の役員が報酬カットという形で広く薄く責任を分担する内容になった。辞任はわずか3人で、そのうち塚本隆史みずほ銀会長は、持ち株会社、みずほフィナンシャルグループの会長職にはとどまる。 これで抜本的な改善ができるのかと疑問視せざるを得ない。
みずほ銀不祥事 信頼回復の決意見えぬ 東京新聞 社説 10/29 ○みずほ銀行が暴力団員への融資を二年以上放置していた問題は、企業統治の驚くほどの甘さが原因である。だが、頭取留任など体制はほぼ維持される。信頼回復の決意があるのか大いに疑問だ。 これが総資産百六十兆円を超えるメガバンクの経営体制とは、とても思えないお粗末さである。暴力団関係者ら反社会的勢力との取引が発覚すれば、即座に解消するという上場企業としての常識や社会的使命が欠けている。不適切な取引をチェックすべき取締役会や監査役の機能も働かない。信用こそが生命線である銀行業の資質さえ疑われるガバナンス(企業統治)なのである。
米無人機攻撃 許されない無差別殺傷 東京新聞 社説 10/29 ○オバマ政権は軍事費削減とアフガンなどに展開する米地上軍の犠牲を減らすため無人機による作戦を続け、武装勢力指導者らを殺害してテロの脅威を減らしたと強調している。 しかし、国連の報告を見れば、市民の犠牲が多すぎる。テロリストだけを狙ったと主張しても、親類や近くの住民が巻き添えになり無差別殺傷につながる。許されることではない。南西アジアや中東ではむしろ反米感情が高まり、報復テロを招いているとの批判も根強い。 先週訪米したパキスタンのシャリフ首相はオバマ大統領との会談で、自国領内での無人機攻撃は主権侵害だと中止を求めた。両国間にはかつて攻撃を黙認する密約があったともいわれるが、シャリフ政権は国内世論を意識して方針を変えつつあるといえよう。 自国兵の安全やコスト面から、今後、米英以外の国々も無人機の開発と配備を進める可能性が高い。無差別殺傷を起こさないためにも、新たな兵器を十分に管理できる国際的なルールの確立を急ぐべきだ。
情報収集 陸自上層部の指示 国民監視差し止め訴訟 元隊長が証言 赤旗 10/29 ○自衛隊情報保全隊による国民監視の差し止めを求める訴訟の控訴審第6回口頭弁論が28日、仙台高等裁判所で開かれました。元陸上自衛隊情報保全隊長の鈴木健氏の3回目の証人尋問が実施され、情報保全隊が他の情報機関と連携して国民監視をしていることを認めました。 鈴木氏は、原告弁護団から「警察から情報を受けることはあったのか」と問われ、「情報を受ける対象は、すべての行政機関だった」と述べました。詳細については答えませんでしたが、警察も含まれていることは否定せず、事実上すべての行政機関から非公開の情報の提供を受けていたことを明らかにしました。


英首相、ガーディアン紙に強硬措置示唆 情報収集報道で 朝日新聞 10/29 ○英国のキャメロン首相は28日の下院で、米英両国による極秘の情報収集の実態を報じ続けている英紙ガーディアンを名指しし、「新聞が社会的な責任を示せないのなら、政府が行動せずにいるのは極めて難しくなる」と述べた。今後もこうした報道が続けば、報道差し止め命令などの強硬措置もありうると示唆した。  ★社会的責任??? とは? 主権者、或いは歴史に対する責任か、時の政府に対するものか? キャメロン氏には、賛同できない。

TBS: みずほ銀が処分発表、佐藤頭取は辞任否定 10/29 ○暴力団関係者への融資問題で、みずほ銀行が社内の処分や再発防止策を発表しました。問題の融資は、なぜ2年以上も放置されていたのでしょうか。暴力団関係者らへの融資を放置していた問題を受けて、みずほ銀行は28日夕方、社内処分を発表しました。 処分の対象はOBも合わせて54人に上ります。 佐藤頭取は半年間報酬なし、塚本会長ら役員3人が辞任します。
TBS: 阪急阪神ホテルズ社長「偽装ととられても仕方ない」 10/29 ○「今回の件は、阪急阪神ホテルズのみならず、広く阪急阪神ブランド全体への信頼の失墜を招き、多大なご迷惑をおかけすることとなりました。その責任の重さを鑑み、私は阪急阪神ホテルズの社長、ならびに阪急阪神ホールディングス取締役を11月1日付けで辞任する意思を固めました。重ねて、信頼を裏切ることになりましたお客様、ならびに多大なご迷惑をおかけした関係者の皆様方におわびを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」(阪急阪神ホテルズ 出崎弘社長)  阪急阪神ホテルズが運営する8つのホテルのレストランなどで出された料理47品目の食材がメニューと異なっていた問題。もともと29日にセットされていた会見は、急きょ、28日夜に行われることになりました。再調査の結果を公表するため開いた会見で、社長は辞任を明らかにしました。
小池元防衛相、首相動静 「知る権利超える」 官房長官は否定  日経新聞 10/28  ★国民の知る権利を超えている??? 素も、国民の権利は、万能!? 主権者の権利。超えている、なんて、中間介在者、分を超えた、手前勝手な!言い草。
自衛隊施設 外から見えても撮影不可 沖縄タイムス 10/28 ○那覇市情報公開訴訟の主役となった対潜水艦戦作戦センター(ASWOC)。実は建物自体は、那覇基地の外からも見える。今回、本紙は建物外観の撮影を海上自衛隊に申し込んだが、「場所を知らせることで第三国に狙われる可能性がある」として、27日までに許可は出ていない。  ★全く、くだらない。主権者と自衛隊の空想?被害妄想、それも???の、どちらが重いか。言うまでもない。主権者!
秘密保護法案 今国会成立に固執するな 熊本日日新聞 社説 10/28

TBS: スペインでも大規模な通信傍受か、米弁明 10/29 ○ドイツとフランスに続いてスペインでも大規模な通信傍受を行っていたと報じられているアメリカ政府は、弁明に追われています。 「我々はそれが可能だから情報収集しているのではなく、国の安全保障のため必要だから情報を収集しているのです」(ホワイトハウス カーニー報道官) ホワイトハウスの報道官はこのように述べ、NSA(国家安全保障局)などアメリカの情報機関による通信傍受や盗聴などは、あくまで安全保障上の目的に限り、国内法規に則って行われていると強調しました。その上で、特に同盟国との外交関係を重視する観点から、現在、情報収集の運用を見直している最中だと弁明しました。 また、アメリカの情報機関がスペインでも去年末から今年にかけて1か月間に6000万件もの通信を傍受していたと現地メディアが報じました。スペイン政府は現地時間28日、アメリカの大使を呼び出し、「事実なら不適切で受け入れられない」として事実関係の確認を求めました。 また、現在、ワシントンを訪問中の欧州議会の代表団も、この問題についてアメリカ政府の関係者に状況説明を求めるなど、ヨーロッパ各国のアメリカ政府に対する視線は厳しさを増しています。  ★身勝手な言い草に、身勝手な振る舞い。唯一の超大国、身を慎め。尤も、個々の人物の保証など、出来もしまい。できないことは、しないこと! 人権侵害。
米NSA、1カ月間で6000万件余りの通話をスペインで傍受=報道 ロイター 10/28
ANN: 天安門前に車突入し炎上、5人死亡38人けが 10/29 ○北京の日本大使館によりますと、事件に巻き込まれた30代の日本人男性は、命に別状はないものの口の中をけがしていて、詳しい経緯を話せない状況だということです。28日夜、国営テレビは、「事件」という言葉を使い、車が天安門前の歩行者専用道路に突っ込み、5人が死亡し、38人がけがをしたなどと伝えました。しかし、現場の映像は一切放送せず、国営通信社の原稿をそのまま引用していて、車に乗っていた人物や背景については一切伝えていません。また、インターネットにアップされた発生当時の車が炎上している写真も次々と削除するなど、情報統制を強めています。
タイ前首相を殺人罪で起訴 反政府デモ流血 東京新聞 10/28 ○タイの検察当局は28日、2010年のタクシン元首相派による反政府デモで、取材中のロイター通信カメラマン、村本博之さん=当時(43)=ら多数が死亡したことをめぐり、当時のアピシット首相と治安責任者ステープ副首相を殺人罪などで起訴した。10年の反政府デモでは約90人が死亡、約2千人が負傷した。

東京、名古屋は12月判決 参院選「1票の格差」訴訟 東京新聞 10/28 ○7月の参院選の「1票の格差」をめぐる全国訴訟のうち、升永英俊弁護士らのグループが関東など11都県と、東海3県の選挙区の無効を求めた訴訟は28日、東京高裁と名古屋高裁で結審した。判決は東京高裁が12月20日、名古屋高裁が12月18日。 升永弁護士らが全国14の高裁・高裁支部に起こした訴訟はこれで全てが結審した。判決は11月28日の広島高裁岡山支部を皮切りに、12月26日の仙台高裁秋田支部まで順次言い渡される。 ほかに山口邦明弁護士らのグループも選挙無効を求めて東京、広島両高裁に提訴している。  ★憲法違反、選挙無効判決を待つ!? 迎えたい。司法は、憲法上の、その職責を果たせ。
秘密保護法案、憲法踏みにじる 法学者ら270人が反対声明 東京新聞 10/28 ○政府が今国会に提出した特定秘密保護法案に反対する法学者ら10人が28日、東京の衆院議員会館で記者会見し「法案は基本的人権の保障、国民主権、平和主義という憲法の基本原理をことごとく踏みにじり、傷つける危険性の高い提案」などとする声明を出した。 憲法・メディア法と刑事法の研究者が、それぞれ声明を作成。全国の大学教授や弁護士ら計270人以上が賛同した。 記者会見では、「21世紀の治安維持法」、「どこからのチェック機能も働かない法案は認めるわけにいかない」などの反対意見が相次いだ。  ★裁判所が、最高裁判所が、間に合わないことを良いことに、野放図に、憲法違反を重ねる!? 安倍コベ政権。
川崎市長に福田氏初当選 与野党推薦候補ら破る 中日新聞 10/28 ○元県議福田紀彦氏(41)が、総務省出身の元市財政局長秀嶋善雄氏(44)=自民、民主、公明推薦=と新日本婦人の会支部長君嶋千佳子氏(63)=共産推薦=を破り、初当選を果たした。 福田氏は2009年の前回選に出馬し、今期で引退する官僚出身の阿部孝夫市長に敗れた。今回は、役人出身の市長が続く市政からの脱却を目指し、「市民派の市長を誕生させよう」と主張。市長退職金廃止や市職員の天下り禁止などを訴え、接戦を制した。
米の傍受、海底ケーブル通じ NSA、全世界の通信対象 朝日新聞 10/28 ○米国家安全保障局(NSA)が少なくとも三つのプログラムを組み合わせることで、インターネットや携帯電話などのほぼ世界中の通信記録を対象に収集、分析していたことがNSA元幹部らの証言でわかった。米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員が内部告発した活動の全体像が浮かび上がった。 朝日新聞はNSAで実際に通信傍受などに携わった元職員6人に米国でインタビューした。  ★盗聴と、漏洩は違う!? 不可罰なのか? 米政府を処罰できると迄は、のぼせないが。大物は、逃す!?
特養入所制限 不安をあおらないか 東京新聞 社説 10/28 ○手厚い介護が受けられる特別養護老人ホーム(特養)への入所が制限されそうだ。中重度の要介護者に重点化する方向だが、介護が必要な人を施設から締め出し地域で孤立させないか心配になる。 特養は自身で食事や入浴、移動などが満足にできなくなった人を二十四時間介護する居住施設だ。入居者は全国に約五十万人いる。入居費用の大半を介護保険で賄っている。 厚生労働省は新しく入所する人を対象に、要介護度の基準を一番軽い「1以上」から中重度の「3以上」に厳しくする考えだ。 中重度者を入所しやすくする。入所を待つ「4以上」の人は全国に約六万七千人いる。二〇一五年度からの実施を目指す。 特養の入所制限は社会保障制度改革国民会議が「中重度者への重点化」を求めていることに対する対応だ。  ★社会保障制度改革国民会議が「中重度者への重点化」自体、疑問だ。何のための、消費税増税だったのか??? 一体改革? 家族介護も、もう限界!? 少子高齢化、人口減少社会! 住みにくい社会、政府の責任!?
秘密保護法案 「報道の自由」 は偽り 直接取材は “犯罪” 扱い!? 元陸自情報保全隊長が証言 赤旗 10/28
オスプレイ不備 飛ばすなら米本国だけで 琉球新報 社説 10/28 ○民間航空会社の旅客機であれば、運航停止は免れない。航空機の事故は一歩間違えば、多大な犠牲が生じる。あまりにずさんな安全管理の実態が浮かび、米軍が強調する「安全性」は信用できない。 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの整備記録をめぐり、調査対象200件のうち167件(83・5%)に記録ミスがあり、不適切な整備作業の指示が907回中、112回(12・3%)あった。  米国防総省監査室が2008年10月から11年9月までの1年間、六つの飛行隊を対象に監査を実施し、明らかになった。同省は「任務遂行に十分な状態でないまま、機体を配備していた可能性がある」と断定
[特定秘密保護法案] 市民の権利への脅威だ 沖縄タイムス 社説 10/28 ○衆参の「ねじれ」が解消し、当分、国政選挙もない。やれることは、今のうちに、どんどんやってしまおう。おそらく、そんなところだろう。  ★主権者への脅威、権利侵害だ。
[秘密保護法・沖縄の視点] 「防衛秘」 施設、実は普通 沖縄タイムス 10/28 ○政府が25日、衆院に提出した特定秘密保護法案は、際限なく秘密を膨張させる危険性をはらむ。1989年、国が「防衛秘」を守るため那覇市を訴えた「那覇市情報公開訴訟」。国が敗訴し、自衛隊施設の図面が公開されると建物はごく普通の造りだった。市側の関係者は「軍事情報が何でもかんでも秘密になれば、犠牲になるのは市民だ」と法案反対を訴えている。
在外被爆者訴訟 納得のいく援護策を示せ 徳島新聞 社説 10/28 ○広島、長崎で被爆した後、海外で暮らす在外被爆者に、被爆者援護法の医療費支給規定が適用されるかどうかが争われた訴訟で、大阪地裁は在外被爆者らの申請を却下した大阪府に処分の取り消しを命じた。 国内と海外の被爆者間で生じている援護格差をめぐっては、2002年に大阪高裁が「被爆者はどこにいても被爆者」とした判決が確定している。これを踏まえれば、同じ被爆者なのに医療費の支給で差が付くのは納得のいかない話だろう。 そもそも、援護法に在外被爆者を除外する規定がないのだから、大阪府の申請却下を違法とし、国に平等な援護措置を求めた地裁判決は妥当というほかない。  ★政府による戦争行為が、元凶であり、政府の責任、批判の原点。忘れずに。
秘密保護法案に危惧 名古屋で集会 中日新聞 10/28 ○第一部は、毎日新聞の臺(だい)宏士記者が講演。潜入取材などが今後規制されかねない事態を懸念し「国民の知るべき情報が隠蔽(いんぺい)されることを危惧する」と訴えた。 第二部は、名古屋大法学研究科の本秀紀教授(憲法学)や全国市民オンブズマン連絡会議の新海聡事務局長も交えてパネルディスカッションを行った。 本教授は「民主主義社会を実効的に運用するには知る権利が重要。しかし、政府は戦争のできる国をつくろうと情報を統制し、国民を監視する社会をつくろうとしている」と批判。 新海事務局長は「法案が通っても不当な運用がされないように、市民が見張り番になって監視することは必要だ」と呼び掛けた。 集会は、弁護士や市民の有志らでつくる「秘密保全法に反対する愛知の会」が主催し、約四百人が参加した。 名古屋市名東区の男性(61)は「話を聞くほど危険な法案。自分でも一人でも多くの人に問題点を伝えて、反対の世論を盛り上げたい」と話していた。
「機密事項が無制限」 「国会提出は拙速」  街頭、集会で秘密保護法NO! 札幌弁護士会や市民団体 北海道新聞 10/28 ○国家機密とされた情報を漏らした公務員や民間の委託業者らに厳罰を科す「特定秘密保護法案」の国会提出を受け、道内でも弁護士会や市民団体が「国の恣意(しい)的な運用で国民の知る権利が侵されかねない」として、懸念や反対を訴える取り組みを活発化させている。  札幌弁護士会は「特定秘密の定義があいまい。機密事項が無制限に広がる恐れがある」と指摘。いち早く対策本部を立ち上げ、市民集会や街頭運動で法案の危険性を訴えてきた。中村隆会長は「政府が9月に実施した一般への意見公募では、約8割が法案に反対だった。国会提出は拙速に過ぎる」と話す。

中国製防空網を導入検討か トルコ、米欧の懸念聞かず 東京新聞 10/28 ○北大西洋条約機構(NATO)加盟国で米国に次ぐ規模の兵員を持つトルコが、中国企業の防空システムを導入する方針を表明した。この企業は、米政府の対イラン、北朝鮮などの制裁対象で、米国やNATOは懸念を示しているが、エルドアン首相は意に介さず中国側と交渉するもようだ。 トルコ初の迎撃ミサイルなどによる防空システム構築を目指すエルドアン政権は9月、米国やロシアなどが受注競争を繰り広げる中、迎撃ミサイル「紅旗9」を手掛ける中国企業「中国精密機械輸出入総公司」に優先交渉権を与えると発表した。
首相、トルコへ出発 国会開会中の平日は異例 東京新聞 10/28 ○安倍晋三首相は28日午前、トルコに向けて羽田空港を政府専用機で出発した。5月に続き約半年で2度の訪問は異例。国会開会中の平日に国際会議出席以外の目的で外国訪問するのも珍しい。首相は野党側の批判に対し「首脳外交で国益を確保、増進していくことも大事で、野党の皆さんにも理解をいただいていると思っている」と強調した。羽田空港で記者団の質問に答えた。 トルコ再訪の意義に関しては「戦略的に極めて重要な国だ。首脳間の信頼関係を強固なものにしてきたい」と
原発受注を確実に…首相、異例のトルコ再訪へ 読売新聞 10/28  ★原発輸出が、アメ玉!? 取引材料にする、なる? 結果が全て!?かな。トルコにとって、日本が何れ程のものか?如何に、日本贔屓!?だからと言って、旧枢軸国の誼、過去があるとはいえ、…
2013-10-28

10/28: 原子力政策―原発回帰を推進する!?経産省が牛耳るのか 原発の過酷事故は、国家的規模の危機を招いた、亦招こうというのか

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・中国公船が尖閣諸島周辺で領海侵犯 政府が厳重抗議  13時59分  ★互いに、カラスの勝手でしょ!やりあって、日中は、何処へ???
 ・JR北海道でまた…ホームと反対側のドア開くトラブル  14時0分
 ・関越道で車7台が絡む多重事故 男女7人けが  14時1分
 ・“42年ぶり”中国が原子力潜水艦部隊を「初公開」  14時7分
 ・「意図的な隠ぺいなかった」みずほ第三者委が報告書  11時45分   ★そう、粉飾した!?
 ・台風去った伊豆大島、島外避難者が帰島  5時22分
 ・米大統領“3年前から把握”、盗聴問題で独紙が報道  6時21分
 ・レース中のクラシックカーが壁に衝突、男性死亡  1時11分
 ・川崎市長選、福田氏が初当選 自公民推薦候補破る  1時11分  ★今後に期待!?
 ・北京-東京フォーラム「軍事的手段に解決求めず」  2時4分   ★然り! 安倍コベに習わず、阿ず。

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月28日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: きょうは 好日  誕生日の花 センブリ 花言葉 はつらつとした美しさ
 今日のトピックス Blog10/27: 「戦争への道、選ぶな」=尖閣、早急な対話提言-日中フォーラム 安倍コベ氏の我利我利図る、諮問機関↓とは英知も、好対照

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

規制委員長、東電社長と面談 福島第一、作業環境改善を指示 東京新聞 10/28 ○原子力規制委員会の田中俊一委員長は二十八日午前、東京電力の広瀬直己(なおみ)社長を規制委に呼んで面談した。福島第一原発では作業環境の悪化や士気低下が指摘されており、技術面、安全管理面で東電に十分な能力があるのか、委員長自ら東電トップから事情を聴いた。 面談は冒頭のみ報道陣に公開され、後は非公開。同席した規制委事務局の池田克彦長官や広瀬氏によると、田中氏は「福島第一の現状は極めて憂慮すべき事態」と述べ、東電トップとして現状認識や、現場の士気をどう高めていくのか認識をただした。 広瀬氏は「新たな作業が増え、慣れない仕事が多くなった。作業員の確保も困難になっている」と説明。「専門家を含めて東電全体で人を回して、作業員を確保したい。敷地内の放射線量を下げ、全面マスクをしなくてもいい場所を増やす。そのための必要なコストは思い切って出したい」と、作業環境の改善を約束した。 これに対し、田中氏は「思い切ったことをしないと、人心の刷新にならない。ドラスチック(大胆)かつ長期的な計画を立ててほしい」と指示した。  ★仕上げを御覧じろ!? ???
東電 除染費負担を全面拒否 「賠償と二重払い」 主張 東京新聞 10/28 ○東京電力が、数兆円に上ると想定される福島第一原発事故による放射能汚染の除染費用を全面的に返済しない方針を政府に伝えていることが分かった。費用は政府が復興予算から立て替え払いし、東電が後に返済することが法律で定められている。しかし、東電は「家や土地に対する損害賠償に加え、除染費用まで払えない」などと主張。このまま返済が滞れば、復興予算に穴があく事態もあり得る。  ★身勝手な、後講釈で、言を左右しないよう、キチンと釘を刺すべき。 規制の虜、東電話法に、惑わされるべきではない。きちんと政府の枠組みで、責任を引き受けさせよ。明朗会計は、言うまでもない。破綻処理だ。東電話法も、止む!
第1原発、4万5千ベクレル検出 再び上昇、排水溝から 東京新聞 10/28
原子力政策―経産省が牛耳るのか 朝日新聞 社説 10/28 ○原発の過酷事故は、国家的規模の危機を招く。福島第一原発の事故は原子力利用の巨大なリスクを白日の下にさらした。  原子力政策の大きな方向を決めるには、原発維持にこだわらない科学者や人文系の学者など幅広い識者による検討の場を設け、国民的な議論を反映させていくことが必要だ。  ところが、原発回帰を推し進める経済産業省の影響力がさらに強まりそうな動きがある。このままでは、原発ありきの専門家集団「原子力ムラ」の思惑で政策が決まりかねない。  そんな懸念を抱かせたのは、国の原子力委員会のあり方を検討する有識者会議が先週まとめた見直し方針である。  これまで原子力委がつくってきた「原子力政策大綱」を廃止し、今後、原子力政策は経産省がまとめるエネルギー基本計画で位置づける。そんな内容だ。
原発小泉発言 気まぐれで済ませずに 北海道新聞 社説 10/28 ○単なる「変人」の直感か、政界の新たな結集軸か。  小泉純一郎元首相が原発ゼロを訴えて活発に発言している。  かつては推進の立場にあったが、核のごみの捨て場所がないのに、原発を進めるのは無責任だという考えに至ったという。もっともな主張であり、傾聴に値する。  与野党を超えて賛同する動きが広がっている。安全性があいまいなまま再稼働に向けた動きを強める安倍晋三政権への対抗軸となり得る。  従来の原発政策の検証を含め、国民的議論を深めた上で、脱原発の道を探る契機としたい。

東電、除染費用支払い拒否 74億円、国は黙認 朝日新聞 10/27 ○国が除染費用を立て替えた後、東電に請求するのが「放射性物質汚染対処特別措置法」の規定だ。環境省は現在までに計404億円を請求したが、東電が支払ったのは67億円。国や東電は「内容の確認に時間がかかっている」とし、手続き上の問題と説明してきた。 ところが、東電は2月21日付で環境省に送った文書で、昨年11月の第1回請求分の大半について「支払いが困難であるとの結論に至った」と拒否。  ★規制の虜!? 今猶、このザマ。破綻会社に舐められてる!?
上関原発反対 山口で集会 中国新聞 10/27

◎ ブログ・市民メディア
九条の会: 九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
志村建世のブログ: 勝ちつづけることの栄光と重圧 ・ブログ連歌(337)
@動画: 被災地の地域医療 ~妊婦と子どもを守れ!放射線対策~/鳥越俊太郎・医療の現場!
植草一秀の『知られざる真実』: 日本のTPP参加は論理的にありえない選択
孫崎享チャンネル: 米国CIA等は日本を傍受し、工作してきた ○1990年代米国は日本の経済を、米国に対する脅威とみなし、工作や傍受を行ってきた。 関係部分を私の『日本の「情報と外交」』から関係部分を引用する。
天木直人のブログ: 同情心を吹っ飛ばしたみのもんたの厚顔記者会見

市民社会フォーラム: ミャンマー、翡翠の密輸が武力闘争の資金源に
市民社会フォーラム: 第66回北天満サイエンスカフェ 「脱原発社会へのみちすじ」
市民社会フォーラム: 【原子力市民委員会(CCNE)報告書「原発ゼロ社会への道――新しい公論形成のための中間報告」】京都で、全国で勉強会を開きましょう!
市民社会フォーラム: 教科書採択問題で大阪府教委中原教育長を公正取引委員会に告発します
村野瀬玲奈の秘書課広報室: アメリカに盗聴されっぱなしで抗議すらしない自民党政権の異常
村野瀬玲奈の秘書課広報室: 「秘密保護法反対が半数超」? 2013年10月26、27日世論調査 (国民から「国民主権」を奪う「秘密保全法」 (メモ) (86))

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自

由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

東京、名古屋は12月判決 参院選「1票の格差」訴訟 東京新聞 10/28 ○7月の参院選の「1票の格差」をめぐる全国訴訟のうち、升永英俊弁護士らのグループが関東など11都県と、東海3県の選挙区の無効を求めた訴訟は28日、東京高裁と名古屋高裁で結審した。判決は東京高裁が12月20日、名古屋高裁が12月18日。 升永弁護士らが全国14の高裁・高裁支部に起こした訴訟はこれで全てが結審した。判決は11月28日の広島高裁岡山支部を皮切りに、12月26日の仙台高裁秋田支部まで順次言い渡される。 ほかに山口邦明弁護士らのグループも選挙無効を求めて東京、広島両高裁に提訴している。  ★憲法違反、選挙無効判決を待つ!? 迎えたい。司法は、憲法上の、その職責を果たせ。
秘密保護法案、憲法踏みにじる 法学者ら270人が反対声明 東京新聞 10/28 ○政府が今国会に提出した特定秘密保護法案に反対する法学者ら10人が28日、東京の衆院議員会館で記者会見し「法案は基本的人権の保障、国民主権、平和主義という憲法の基本原理をことごとく踏みにじり、傷つける危険性の高い提案」などとする声明を出した。 憲法・メディア法と刑事法の研究者が、それぞれ声明を作成。全国の大学教授や弁護士ら計270人以上が賛同した。 記者会見では、「21世紀の治安維持法」、「どこからのチェック機能も働かない法案は認めるわけにいかない」などの反対意見が相次いだ。  ★裁判所が、最高裁判所が、間に合わないことを良いことに、野放図に、憲法違反を重ねる!? 安倍コベ政権。
川崎市長に福田氏初当選 与野党推薦候補ら破る 中日新聞 10/28 ○元県議福田紀彦氏(41)が、総務省出身の元市財政局長秀嶋善雄氏(44)=自民、民主、公明推薦=と新日本婦人の会支部長君嶋千佳子氏(63)=共産推薦=を破り、初当選を果たした。 福田氏は2009年の前回選に出馬し、今期で引退する官僚出身の阿部孝夫市長に敗れた。今回は、役人出身の市長が続く市政からの脱却を目指し、「市民派の市長を誕生させよう」と主張。市長退職金廃止や市職員の天下り禁止などを訴え、接戦を制した。
米の傍受、海底ケーブル通じ NSA、全世界の通信対象 朝日新聞 10/28 ○米国家安全保障局(NSA)が少なくとも三つのプログラムを組み合わせることで、インターネットや携帯電話などのほぼ世界中の通信記録を対象に収集、分析していたことがNSA元幹部らの証言でわかった。米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員が内部告発した活動の全体像が浮かび上がった。 朝日新聞はNSAで実際に通信傍受などに携わった元職員6人に米国でインタビューした。  ★盗聴と、漏洩は違う!? 不可罰なのか? 米政府を処罰できると迄は、のぼせないが。大物は、逃す!?
特養入所制限 不安をあおらないか 東京新聞 社説 10/28 ○手厚い介護が受けられる特別養護老人ホーム(特養)への入所が制限されそうだ。中重度の要介護者に重点化する方向だが、介護が必要な人を施設から締め出し地域で孤立させないか心配になる。 特養は自身で食事や入浴、移動などが満足にできなくなった人を二十四時間介護する居住施設だ。入居者は全国に約五十万人いる。入居費用の大半を介護保険で賄っている。 厚生労働省は新しく入所する人を対象に、要介護度の基準を一番軽い「1以上」から中重度の「3以上」に厳しくする考えだ。 中重度者を入所しやすくする。入所を待つ「4以上」の人は全国に約六万七千人いる。二〇一五年度からの実施を目指す。 特養の入所制限は社会保障制度改革国民会議が「中重度者への重点化」を求めていることに対する対応だ。  ★社会保障制度改革国民会議が「中重度者への重点化」自体、疑問だ。何のための、消費税増税だったのか??? 一体改革? 家族介護も、もう限界!? 少子高齢化、人口減少社会! 住みにくい社会、政府の責任!?
秘密保護法案 「報道の自由」 は偽り 直接取材は “犯罪” 扱い!? 元陸自情報保全隊長が証言 赤旗 10/28
オスプレイ不備 飛ばすなら米本国だけで 琉球新報 社説 10/28 ○民間航空会社の旅客機であれば、運航停止は免れない。航空機の事故は一歩間違えば、多大な犠牲が生じる。あまりにずさんな安全管理の実態が浮かび、米軍が強調する「安全性」は信用できない。 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの整備記録をめぐり、調査対象200件のうち167件(83・5%)に記録ミスがあり、不適切な整備作業の指示が907回中、112回(12・3%)あった。  米国防総省監査室が2008年10月から11年9月までの1年間、六つの飛行隊を対象に監査を実施し、明らかになった。同省は「任務遂行に十分な状態でないまま、機体を配備していた可能性がある」と断定
[特定秘密保護法案] 市民の権利への脅威だ 沖縄タイムス 社説 10/28 ○衆参の「ねじれ」が解消し、当分、国政選挙もない。やれることは、今のうちに、どんどんやってしまおう。おそらく、そんなところだろう。  ★主権者への脅威、権利侵害だ。
[秘密保護法・沖縄の視点] 「防衛秘」 施設、実は普通 沖縄タイムス 10/28 ○政府が25日、衆院に提出した特定秘密保護法案は、際限なく秘密を膨張させる危険性をはらむ。1989年、国が「防衛秘」を守るため那覇市を訴えた「那覇市情報公開訴訟」。国が敗訴し、自衛隊施設の図面が公開されると建物はごく普通の造りだった。市側の関係者は「軍事情報が何でもかんでも秘密になれば、犠牲になるのは市民だ」と法案反対を訴えている。
在外被爆者訴訟 納得のいく援護策を示せ 徳島新聞 社説 10/28 ○広島、長崎で被爆した後、海外で暮らす在外被爆者に、被爆者援護法の医療費支給規定が適用されるかどうかが争われた訴訟で、大阪地裁は在外被爆者らの申請を却下した大阪府に処分の取り消しを命じた。 国内と海外の被爆者間で生じている援護格差をめぐっては、2002年に大阪高裁が「被爆者はどこにいても被爆者」とした判決が確定している。これを踏まえれば、同じ被爆者なのに医療費の支給で差が付くのは納得のいかない話だろう。 そもそも、援護法に在外被爆者を除外する規定がないのだから、大阪府の申請却下を違法とし、国に平等な援護措置を求めた地裁判決は妥当というほかない。  ★政府による戦争行為が、元凶であり、政府の責任、批判の原点。忘れずに。
秘密保護法案に危惧 名古屋で集会 中日新聞 10/28 ○第一部は、毎日新聞の臺(だい)宏士記者が講演。潜入取材などが今後規制されかねない事態を懸念し「国民の知るべき情報が隠蔽(いんぺい)されることを危惧する」と訴えた。 第二部は、名古屋大法学研究科の本秀紀教授(憲法学)や全国市民オンブズマン連絡会議の新海聡事務局長も交えてパネルディスカッションを行った。 本教授は「民主主義社会を実効的に運用するには知る権利が重要。しかし、政府は戦争のできる国をつくろうと情報を統制し、国民を監視する社会をつくろうとしている」と批判。 新海事務局長は「法案が通っても不当な運用がされないように、市民が見張り番になって監視することは必要だ」と呼び掛けた。 集会は、弁護士や市民の有志らでつくる「秘密保全法に反対する愛知の会」が主催し、約四百人が参加した。 名古屋市名東区の男性(61)は「話を聞くほど危険な法案。自分でも一人でも多くの人に問題点を伝えて、反対の世論を盛り上げたい」と話していた。
「機密事項が無制限」 「国会提出は拙速」  街頭、集会で秘密保護法NO! 札幌弁護士会や市民団体 北海道新聞 10/28 ○国家機密とされた情報を漏らした公務員や民間の委託業者らに厳罰を科す「特定秘密保護法案」の国会提出を受け、道内でも弁護士会や市民団体が「国の恣意(しい)的な運用で国民の知る権利が侵されかねない」として、懸念や反対を訴える取り組みを活発化させている。  札幌弁護士会は「特定秘密の定義があいまい。機密事項が無制限に広がる恐れがある」と指摘。いち早く対策本部を立ち上げ、市民集会や街頭運動で法案の危険性を訴えてきた。中村隆会長は「政府が9月に実施した一般への意見公募では、約8割が法案に反対だった。国会提出は拙速に過ぎる」と話す。


中国製防空網を導入検討か トルコ、米欧の懸念聞かず 東京新聞 10/28 ○北大西洋条約機構(NATO)加盟国で米国に次ぐ規模の兵員を持つトルコが、中国企業の防空システムを導入する方針を表明した。この企業は、米政府の対イラン、北朝鮮などの制裁対象で、米国やNATOは懸念を示しているが、エルドアン首相は意に介さず中国側と交渉するもようだ。 トルコ初の迎撃ミサイルなどによる防空システム構築を目指すエルドアン政権は9月、米国やロシアなどが受注競争を繰り広げる中、迎撃ミサイル「紅旗9」を手掛ける中国企業「中国精密機械輸出入総公司」に優先交渉権を与えると発表した。
首相、トルコへ出発 国会開会中の平日は異例 東京新聞 10/28 ○安倍晋三首相は28日午前、トルコに向けて羽田空港を政府専用機で出発した。5月に続き約半年で2度の訪問は異例。国会開会中の平日に国際会議出席以外の目的で外国訪問するのも珍しい。首相は野党側の批判に対し「首脳外交で国益を確保、増進していくことも大事で、野党の皆さんにも理解をいただいていると思っている」と強調した。羽田空港で記者団の質問に答えた。 トルコ再訪の意義に関しては「戦略的に極めて重要な国だ。首脳間の信頼関係を強固なものにしてきたい」と
原発受注を確実に…首相、異例のトルコ再訪へ 読売新聞 10/28  ★原発輸出が、アメ玉!? 取引材料にする、なる? 結果が全て!?かな。トルコにとって、日本が何れ程のものか?如何に、日本贔屓!?だからと言って、旧枢軸国の誼、過去があるとはいえ、…

秘密保護法反対が半数超 慎重審議求める意見82% 共同通信 10/27 ○共同通信社が26、27両日に実施した全国電話世論調査によると、政府が今国会に提出した特定秘密保護法案に反対が50・6%と半数を超えた。賛成は35・9%だった。慎重審議を求める意見は82・7%を占め、今国会で成立させるべきだとする12・9%を上回った。東京電力福島第1原発の汚染水漏れに関し「全体として状況はコントロールされている」との安倍晋三首相の説明を「信頼できない」とした人は83・8%で、「信頼できる」は11・7%だった。  ★極自然な、市民、国民、主権者の思い、受け止め!? 遺憾ながら、安倍コベ氏、その一党らには、この思い、キチンと受け止められないだろう。
防衛秘密、3万件超を廃棄 問われる情報公開の姿勢 東京新聞 10/27 ○特定秘密保護法案を先取りする「防衛秘密」を管理する防衛省が、2011年までの5年間に廃棄した秘密指定文書は計約3万4千件に上ることが27日、同省への取材で分かった。一方、02年に防衛秘密の指定制度を導入して以来、指定が解除されたのは1件だけにとどまる。 文書が廃棄されてしまえば何が指定されたか、指定は妥当だったかの検証は不可能。指定解除の少なさも併せ、政府の情報公開の姿勢が問われている。 防衛秘密は、00年に発覚した元海上自衛隊3佐による情報漏えい事件をきっかけに、定められた。
オスプレイ稼働率、「信頼できず」 米国防総省が結論 沖縄タイムス 10/27 ○米国防総省監査室がまとめた報告書で、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの任務遂行率(稼働率)に関する記録が不適切で、海兵隊がこれまで示してきたデータを「信頼できない」と結論づけていることが26日、分かった。機体の整備が不十分なまま配備された可能性なども指摘している。 同室が25日公表した内容によると、監査の対象期間は、2008年10月から11年9月末までの3年間。オスプレイの稼働率の算出根拠となる目録と作業記録を照合した結果、機体の現状が「不適切に入力されていた」と認められたのは200回のうち167回で、907回のうち112回は「不十分」だった。 また、6個中隊が提出した記録については、「不完全、もしくは正確ではない」と批判し、海兵隊がこれまで示してきたオスプレイの稼働率は「信頼できない」と結論付けた。 機体の整備が不十分なまま配備した可能性なども指摘している。
小学生の英語 進め方が拙速にすぎる 信濃毎日新聞 社説 10/27 ○文科省の方針は、安倍晋三首相直属の教育再生実行会議の提言を受けてのことだ。会議は5月、グローバル化に対応するためとして、小学校の英語の実施学年の早期化や指導時間増、教科化、専任教員配置などを提唱した。  ただ、提言までに深い議論があったわけではない。  大学教育のあり方などを議論する中で、作家の曽野綾子氏が「語学は幼児期に定着するもの。大きくなってから発音の悪い先生に習ってもいい発音にならない」と発言。あとは東京都三鷹市の教育委員長が「英語については小学校高学年からの教科化も可能」と述べるなど、散発的に意見が出たにすぎない。  これで英語学習の低学年化に走りだすのは拙速にすぎる。
秘密保護法案 市民生活にも関わる 信濃毎日新聞 社説 10/27 ○法案に問題が多すぎるためだ。特定秘密の基準が曖昧で、政府が秘密を乱造していく恐れがある。しっかり押さえておかねばならないのは、秘密を漏らした公務員だけでなく、アクセスした記者や学者、市民らも捜査対象になり得ることだ。  特定秘密の漏えいに関し、警察などの監視が強まるだろう。息苦しい社会になってもいいのか。自分の身に降りかかってくる可能性も含め、想像力を働かせながら法案の問題点を考えたい。  特定秘密保護法案について、安倍晋三首相は「各国と情報交換を行う上で秘密の厳守は大前提」などと一般論を語るだけで、市民への影響については詳しく説明していない。厳しい罰則があるのに、肝心な点を避けている。

中国:記者の虚偽報道問題、新快報が謝罪記事を掲載 毎日新聞 10/27 ○中国広東省の日刊紙、新快報は27日、中国企業の財務上の不正疑惑を報じて公安当局に拘束された同紙記者(27)が「虚偽報道を認めた」と伝えられたことを受け、一転して謝罪する記事を掲載した。「原稿の審査が厳格ではなかった」と認め、当局に立ち向かう姿勢が話題になった異例の釈放要求も「不適切な方法でメディアの信用を損なった」と全面的に謝罪した。ただ経緯に不透明な部分もあり、中国内では今回の一件がメディアへの引き締め強化に利用されることへの懸念を指摘する声もあがっている。

「戦争への道、選ぶな」=尖閣、早急な対話提言-日中フォーラム 時事通信 10/27 ○日本の民間団体「言論NPO」などが主催し、2日間で政治家や財界人を含め延べ約1300人が参加した。27日には福田康夫元首相が講演した。 北京コンセンサスは、問題の解決を軍事的手段に求めない「不戦の誓い」の重要性を強調。尖閣周辺での偶発的な衝突回避や危機管理メカニズムの確立を両国政府に求めた。 歴史認識問題では「歴史の事実を客観的に受け止め、教訓をくみ取ることは、日中関係が長期かつ安定的に発展する上での共通の基盤」と指摘した。
集団的自衛権容認に意欲=自衛隊観閲式で訓示-安倍首相 時事通信 10/27 ○首相は沖縄県・尖閣諸島での海洋進出を進める中国を念頭に「力による現状変更は許さないとのわが国の確固たる国家意志を示す。そのために警戒監視や情報収集をはじめとするさまざまな活動を行っていかなければならない」と指摘した。 ★弱犬の遠吠え!?  他人に吶喊を命ずるより、自ら吶喊せよ!? したいならの話。
保育施設で睡眠中死亡、6割うつぶせ…読売調査 読売新聞 10/27 ○全国の保育施設で2008~12年の5年間に発生した死亡事故のうち睡眠中の事故が8割に上り、このうち、「うつぶせ寝」の状態で発見されたケースが6割近くを占めたことが、読売新聞の調査で分かった。  ★死亡事故のうち睡眠中の事故が8割!なんと。見守り、きちんとしているのか? それとも、手抜き!? 尤も、件数は、62件(のうち、睡眠中の事故が49件)。
日大ボート部:3年生部員、合宿所で自殺 いじめ疑い調査 毎日新聞 10/27 ○全日本大学選手権の男子総合で8連覇中の日大ボート部で、3年生男子部員が今月24日朝、埼玉県戸田市の合宿所で自殺していたことがわかった。親族によると、この部員は以前に先輩に両眉毛をそり落とされ、部の体質を嘆くこともあったという。部内でいじめを受けていた疑いがあり、同大は関係者から事情を聴くなどして調査を始めた。
不発弾:品川の住宅街で爆破処理 1150人一時避難  ・関連記事 毎日新聞 10/27
教育と行政―現場の判断を縛るな 朝日新聞 社説 10/27 ○近ごろ、教育現場への上からの押しつけが目につく。  文部科学省は沖縄県竹富町の教科書採択をめぐって、県教委に是正要求を指示した。  東京都や神奈川県の教育委員会は、特定の歴史教科書を選ばぬよう各高校に指導した。  大阪市教委は、全国学力調査の結果公表を各校に義務づける方針を決めた。  国―都道府県―市町村―学校を川になぞらえれば、いずれも川下の判断を川上から縛る動きとみることができる。  わが国は戦前への反省や地方分権の理念から、なるべく上からの口出しを控え、川下の判断を尊重する制度を築いてきた。その理念がいま、転機に差しかかっているようにみえる。  ★糾弾しよう。
許すな! 秘密保護法案 日米安保の闇  より深く 「密約の暴露・追及」 犯罪に 今でも秘密だらけなのに 赤旗 10/27 ○日米同盟の秘密の闇が、さらに深いものになりかねない―。「国民の知る権利」を奪う秘密保護法が成立すれば、すでに二重三重の「秘密保護」の網をかけられている日米安保体制の真相が今以上に覆い隠されてしまいます。 日本は主要先進国の中でも情報公開制度が遅れています。  ★膨大な「防衛秘密」…しかし、してみると、法の支配の最終守護者(三権の中)=司法権、最高裁判所に、覚醒してもらわないといけないかも。最高裁が、口実にして来た“民主主義”のために。期待を集める、例の『1票の価値の違憲・無効判決』のことだ。
公安警察活動も 「秘密」 指定 違法な国民監視を隠ぺい 赤旗 10/27 ○国が保有する軍事・外交・治安分野の広範な情報を「特定秘密」として国民の入手・閲覧を制限する「秘密保護法案」では、公安警察が収集した捜査情報や活動内容などの広範な情報も「秘密」の指定対象であることがわかりました。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員の聞き取りに対し、内閣情報調査室が明らかにしました。  ★主権者、国民の欲求、知る権利(限界はない!)とは、明らかに、矛盾する!? 無論、民主主義とも、反する。
国民の目・耳・口ふさ これが秘密保護法案 赤旗 10/27 ○何が秘密かも秘密 法案の仕組み 
日航裁判 勝利ぜひ 原告ら 不当解雇撤回求め集会 赤旗 10/27
オスプレイ不備多発 記録ミス167回、整備不適正112回 琉球新報 10/27 ○米国防総省監査室が、2008年10月から11年9月までの海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの整備記録を確認したところ、整備作業や書類作成に関するミスが多数見つかったとする監査結果を公表したことが分かった。  ★安倍コベ氏にかかると、これも『特定秘密』!? 民主主義もトリドリ??? そんな馬鹿な。
24機態勢 飛行 1.7倍、増す騒音・危険性 沖縄タイムス 10/27 ○米軍普天間飛行場のMV22オスプレイが実質的に24機態勢となった9月24日から10月23日までの1カ月間の総飛行時間が、少なくとも141時間に上り、12機が配備された昨年10月1日からの1カ月間の83時間に比べ、約1・7倍に増えていることが沖縄タイムスの独自調査で分かった。県民の不安が払拭(ふっしょく)されず、配備反対も顧みられないまま、負担が増加している。
[秘密保護法案] 検証の仕組みが必要だ 南日本新聞 社説 10/27 ○秘密保護法案は政府による恣意(しい)的な秘密指定や半永久的に情報が公開されない余地が残されるなど基準が不明瞭で、国民の知る権利や取材・報道の自由が制約される懸念はぬぐえない。国会はこれらの問題点について十分審議を尽くさなければならない。 法案は特定秘密を(1)外交(2)防衛(3)特定有害活動(スパイ)の防止(4)テロリズムの防止-のうち「漏えいが国の安全保障に著しい支障を与える恐れがあるため、特に秘匿する必要があるもの」と定義。外相や防衛相ら行政機関の長の判断で指定し、漏えいなどに最高10年の懲役を科すとしている。
秘密国家 目の前 沖縄密約報道で逮捕の西山さん  民主主義の空洞化懸念 西日本新聞 10/27 ○政府に都合が悪い情報が、永久に秘密にされる恐れがあることだ。欧米では秘密にして25~30年たてば全て公開される。だが、法案では、特定秘密の指定から30年たっても内閣が承認すれば無期限に指定を延長できる。国には昔から情報を国民に隠す体質があるが、法案が成立すれば隠蔽(いんぺい)される情報の範囲がさらに広がる。秘密国家の誕生につながりかねない、恐ろしい法律だ。
特定秘密保護法案で講演会 「知る権利」 侵害訴え 西日本新聞 10/27 ○国の機密を漏らした公務員らへの厳罰化を盛り込んだ特定秘密保護法案をテーマにした県弁護士会主催の講演会が26日、福岡市であった。登壇した弁護士らは「国民が知るべき情報が政府の都合で隠される恐れがあり、『知る権利』の侵害につながる」と訴えた。 同法案は、政府が25日、国会に提出したばかり。県弁護士会の近藤恭典弁護士は、行政側が「特定秘密」を指定することに関し「秘密の範囲が広く、恣意(しい)的な指定が不当に拡大する可能性もある」と強調。「漏えいの処罰範囲も曖昧で、報道機関の取材活動を萎縮させる」と語った。 沖縄国際大の前泊博盛教授(国際政治学)は、沖縄返還交渉をめぐる密約の存在を政府が否定し続けていることなどに言及。「事実が隠されれば、責任の所在も曖昧になり、問題がなかったことにされてしまう」と
秘密保護法案国会提出 「知る権利」 侵す懸念消えない 愛媛新聞 社説 10/27 ○問題が多すぎる。何が指定されたのか国民に知るすべはなく、指定の妥当性を第三者が検証する仕組みも見送られた。仮に、米国で明らかになったような盗聴活動を日本政府が行ったとしても、テロ防止の特定秘密に指定すれば国民から隠せてしまう。恣意(しい)的な指定の懸念が拭えない。  指定期間は5年で、更新ができる。30年を超える場合は内閣の承認が必要だが、時の政権が望めば永久に秘密にしておくことさえ可能だ。  パブリックコメント(意見公募)では反対論が8割に上った。

TBS: 米大統領が独首相に「謝罪」 10年以上盗聴か 10/27 ○アメリカの情報機関による盗聴疑惑について、ドイツのメディアはオバマ大統領が電話でメルケル首相に謝罪したと報じました。盗聴は10年以上前から行われていたおそれもあるということです。 ドイツのシュピーゲル誌の電子版は26日、オバマ大統領が23日にメルケル首相に電話をして「盗聴については何も知らず、知っていたら即座にやめさせた」と釈明し、謝罪したと報じました。  ★安倍コベ氏の場合は、謝罪?どうだろう???
TBS: 「盗聴やめろ」 米で大規模抗議集会 10/27 ○「盗聴するなら仕返しするぞ」(デモ参加者)  26日、抗議デモのためワシントン市内の広場に集まったのは、主催者の発表で4000人余り。NSA(国家安全保障局)やFBI(連邦捜査局)が、携帯電話会社のほか、グーグルやフェイスブックをはじめとするソーシャルネットワークの運営会社からさまざまな手段で一般市民少なくとも数百万人分の通話記録やインターネットのアクセス情報などを収集していたことが暴露されて以降、一般市民の間ではアメリカ政府の情報収集の在り方を非難する声が高まっています。 「この問題を何とかしないと。政治家は信用できない」 「今後、こんなことを心配したくはありません」 「政府が、法律や憲法や良識に反して、令状なしに私たちのデータを集めたことに抗議するために来ました」(デモ参加者)
広がる盗聴疑惑 凋落する大国の傲りと焦り 琉球新報 社説 10/27 ○米国情報機関の国家安全保障局(NSA)が外国の指導者35人の電話を盗聴していた、と英紙ガーディアンが報じた。米中央情報局(CIA)の元職員から提供された機密文書の内容だ。 ドイツのメルケル首相への盗聴疑惑が浮上したばかりであり、それ以外の国の指導者への盗聴も十分に類推できる。フランスでは7千万件以上の通話やメールの傍受があったと報じられ、欧州連合(EU)は米国への反発と不信を募らせている。

ANN: 伊豆大島の避難指示・勧告解除 不明者捜索再開へ 10/27 ○伊豆大島の全域に出ていた避難勧告と一部の地区に出ていた避難指示は、すべて解除されました。
ANN: 若田光一さんがカザフスタンの打ち上げ基地へ出発 10/27
TBS: ロシア、ソチ五輪聖火が北極点に到達 10/27 ○ロシアでは、来年2月に行われるソチ冬季オリンピックの聖火リレーが行われています。組織委員会は、聖火が19日に北極点に到達したと発表、その映像が公開されました。
ANn: 天皇皇后両陛下がハンセン病療養所を訪問 10/27 ○両陛下は26日午後2時半ごろ、熊本県合志市のハンセン病療養所「菊池恵楓園」を訪れ、入所者一人ひとりに「ご苦労も多かったでしょう」などと声をかけられました。この療養所は国内最大規模で、328人が生活を送っています。両陛下はこれまで、ハンセン病の元患者への励ましに力を入れていて、全国14の療養所のうち、11カ所を訪問されています。
共産党が消費税増税中止法案 各党に共同提案よびかけ 赤旗 10/26 ○4月実施反対の一点で  志位委員長が会見 予算を伴う法案ですので、わが党単独で提出できません。この一点で協力が可能な各党に共同提案を呼びかけたい」と語りました。
国の悪事隠すのか 秘密保護法案閣議決定に抗議 官邸前 赤旗 10/26 ○首相官邸前で25日朝、市民らが秘密保護法案の閣議決定に抗議しました。雨のなか、出勤前の会社員など約80人が参加。交代でマイクを握り、「すべての人のプライバシーや、暮らしを壊す」「国の悪事を暴けなくなる」などと法案の危険性を訴えました。 抗議行動は、首相官邸で閣議が行われる時間に合わせて市民の声を伝えようと、「秘密保護法を考える市民の会」がインターネットなどを通じて緊急に呼びかけました。 集まった市民らは午前8時半に抗議を始め、「秘密保護法は廃案に」「閣議決定するな」と唱和。市民の会は、都内3カ所で行った街頭シール投票の結果を「回答者689人で、法案に賛成はわずか34人」などと示し、政府に国民の声を聞くよう求めました。 新聞などで法案に反対する市民の存在を知って官邸前に駆けつけた男性(65)=杉並区、税理士=は、「公務員の中にも、勇気を持って内部告発する人がいる。これを抑え込もうという法案。“国家謀略隠ぺい法”とでもいうべきものだ」と話しました。
安倍首相、海外逃亡中のタイの元首相と会食 産経新聞 10/26 ○タクシン氏はインラック現首相の実兄にあたる。国有地の不正購入をめぐる汚職事件で実刑判決を受け海外逃亡中だ。 タイ政界に影響力を有しているタクシン氏だが、日本の首相が、海外逃亡中の外国要人と会談するのは異例だ。
2013-10-27

10/27: 「戦争への道、選ぶな」=尖閣、早急な対話提言-日中フォーラム 安倍コベ氏の我利我利図る、諮問機関↓とは英知も、好対照

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・伊豆大島、不明者の捜索再開 一時避難の住民も帰島  12時40分
 ・首相、自衛隊観閲式で訓示 安保政策の見直し強調  12時39分   ★戦後の、法の支配を遵守せよ。
 ・自殺の元同僚、殺害された女性に交際断られる  12時40分
 ・米大統領が独首相に「謝罪」 10年以上盗聴か  12時38分
 ・「盗聴やめろ」 米で大規模抗議集会  15時51分     ★戦争やめろ!人殺しをやめろ!武器を、威嚇を、弄ぶな!
 ・伊豆大島の避難指示・勧告解除 不明者捜索再開へ  1時25分
 ・ショッピングモール駐車場から車転落、2人負傷  1時50分
 ・若田光一さんがカザフスタンの打ち上げ基地へ出発  1時51分
 ・天皇皇后両陛下がハンセン病療養所を訪問  1時52分
 ・なぜ?タクシー運転手への暴行事件相次ぐ理由とは…  1時25分
 ・ロシア、ソチ五輪聖火が北極点に到達  2時54分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月27日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 「特定秘密保護法案」に至る前史  (名無しの探偵) ○現在の憲法における立憲主義と基本的人権そして国民主権という基本的な制度に加えて、9条の平和主義という国家原則においては「それに優先する」国家秘密など絶対に存在不可能なのである。
イシャジャの呟き: 朝冷え  誕生日の花 ヨメナ 花言葉 隠れた美しさ
 今日のトピックス Blog10/26: 「無人機攻撃は人権侵害」国連総会に報告 作戦の透明性を高めるなど適切な規制をと 戦争・覇権国家には縛りが不可欠!

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

東電、除染費用支払い拒否 74億円、国は黙認 朝日新聞 10/27 ○国が除染費用を立て替えた後、東電に請求するのが「放射性物質汚染対処特別措置法」の規定だ。環境省は現在までに計404億円を請求したが、東電が支払ったのは67億円。国や東電は「内容の確認に時間がかかっている」とし、手続き上の問題と説明してきた。 ところが、東電は2月21日付で環境省に送った文書で、昨年11月の第1回請求分の大半について「支払いが困難であるとの結論に至った」と拒否。  ★規制の虜!? 今猶、このザマ。破綻会社に舐められてる!?
上関原発反対 山口で集会 中国新聞 10/27


放射能で海を汚すな 雨の首相官邸前抗議行動 赤旗 10/26 ○首都圏反原発連合(反原連)は25日、雨のなか原発に反対する首相官邸前抗議行動を行いました。福島第1原発では、放射能汚染水の流出や放出が相次ぐという非常事態が続いています。 この日は、台風接近のため官邸前の抗議エリアのみで行動しました。カッパや傘の参加者たち1100人(主催者発表)が、「汚染水 海にすてるな」などのプラカードを掲げ、「汚染をとめろ」「原発いらない」「再稼働反対」と声をあげました。  ★…「原発いらない」「再稼働反対」!! 然り。

福島第一原発 作業簡略化してせきの水放出 NHK 10/26 ○東京電力福島第一原子力発電所では、雨のため、汚染水のタンクを囲むせきの水位が上昇し、水をタンクなどに移す作業を行いました。水位が速く、上昇したせきの水は、原子力規制委員会が認めた緊急時の手順にしたがってその場で放射性物質の濃度を測り、測定用のタンクにためる作業を省略して放出しました。
TBS: 原子力規制委が伊方原発へ 「年内の審査終了は難しい」 10/26 ○調査は、新しい規制基準に基づく確認が中心で、更田豊志委員は、年内の審査終了の可能性について「否定はしないが難しい」と述べました。
原子力規制委が伊方3号機を調査 「非常に良い印象」 東京新聞 10/26 ○更田委員は調査後、記者団に「重大事故に真剣に向き合う姿勢が見られ、非常に良い印象を受けた。先頭集団にいると考えていい」と語った。ただ「サイト(敷地)に高低差がある」とも述べ、事故時の対応の障害にならないよう工夫が必要だと  ★ヤル気か???再稼働?
事態「十分想像できず」 高島の汚染木材チップ放置で県/滋賀 中日新聞 10/26 ○線量については「自然放射線による空間線量の変動幅は通常毎時0~0・2マイクロシーベルト程度とされており、異常値ではないと判断した」と主張。その上で「琵琶湖の沿岸に無断で放置されるという事態を十分想像できなかった」と釈明した。撤去に向けては「速やかに行為者や排出元などに対して厳しく対応を求める方策を固める」としたものの具体的な工程は示されなかった。 これに対して福井市長は「市内の平常時の放射線量を見れば、毎時0・14マイクロシーベルトという数値が異常値でないという判断は理解できない。(汚染された木材チップが放置されるという)事態が想像できなかったというのは極めて無責任」と強調。十分な回答が得られなかったとして、あらためて文書で対応策を示すよう求めた。 ◆住民団体が知事に撤去申し入れ 
「帰還時期」 誰が決める 政府と被災者との温度差嘆く 福島民友 10/26 ○「賠償の終わりを先に決めてしまうのは乱暴」「地域の実情にあった柔軟な対応があってもいいのでは」。原子力損害賠償紛争審査会で避難指示区域の住民に支払う精神的損害賠償を原則解除後1年間で打ち切る方向で大筋合意した25日、東京電力福島第1原発事故で先が見えない避難生活を送る同区域の住民からは不満や批判が相次いだ。「帰還や復興を進めるためには妥当な期間」と容認する声もある一方、「社会基盤の整備ができておらず、元の生活に戻れる保証はないのに」と政府と被災地との温度差を嘆く声もあり、同審査会の方針が住民の帰還時期の判断に影響を与える懸念も出てきた。  東京電力福島第1原発事故で避難指示解除準備区域に指定されている田村市都路地区の自宅から市内の仮設住宅に避難する無職坪井和博さん(65)は、避難解除後の賠償が原則1年と大筋で決まったことに複雑な思いを抱く。  ★乱暴極まりない。牛刀で一刀両断??? 個別賠償には、無理がある。 加害者のご都合優先、糾弾。
首長から不満相次ぐ 精神的賠償支払い期間で 福島民報 10/26 ○25日に文部科学省で開かれた原子力損害賠償紛争審査会では避難指示解除後の精神的賠償の支払期間について1年を目安とする案が大筋了承されたが、避難区域がある市町村の首長からは不満や要望が相次いだ。
福島第1 2号機雨水注入400トン 3号機建屋でも始まる 河北新報 10/26 ○福島第1原発の雨水問題で、東京電力が2号機タービン建屋に注入したタンクのせきの雨水量は約400トンに上ることが分かった。同社が25日、明らかにした。 東電は同日、3号機タービン建屋への雨水注入も始めた。「2号機建屋内の水位が注水で上昇し、注水先を分散させる必要が生じたため」と説明している。建屋内の水位(海水面からの高さ)は2号機が3メートル26センチ、3号機が3メートル30センチで、原子力規制庁の規制水位まで24センチ、20センチに迫っている。雨水の放射性セシウム濃度は検出限界値未満。建屋の水は2号機が4000万ベクレル、3号機が5600万ベクレルと超高濃度で汚染されている。雨水は建屋への注入により、建屋内の汚染水に混じって高濃度化している。
汚染稲わら行き場なく 一時保管期限、無期限延長へ 登米 河北新報 10/26 ○十五丸地区は市内で最も早い2011年10月25日から一時保管を始めた。地区にある休耕田に建てた遮光性のビニールハウスで138トンを保管している。 十五丸地区を含む駒林行政区区長の田崎敏雄さん(65)は「保管延長はやむを得ないが、住民のほとんどが保管がずっと続くことには反対だ。一時保管が終わるよう、早く最終処分場を作ってもらいたい」と言う。
福島原発、地下貯水槽へ雨水移送 台風27号の影響 東京新聞 10/26 ○東京電力は26日、台風27号に伴う雨で、福島第1原発の地上タンク群を囲むせきの水があふれる恐れがあるとして、計7カ所のせきから二つの地下貯水槽に水を移送した。また別の2カ所のせきでは、水の放射性物質の濃度が法定基準を下回っているとして、ポンプなどで敷地内に排出した。
安倍首相、福島産米の風評被害払しょくに努める考え強調 FNN 10/26

◎ ブログ・市民メディア
市民社会フォーラム: “脱原発ハンスト”ニュースVOL.327
天木直人のブログ: 国会改革を急ぐ茶番 ○それを見越してか、安倍首相は28日―30日トルコを訪問する。 連休でもなんでもない国会中の平日に、国際会議出席でもない外遊をすることは異例であり、おまけにトルコには5月に訪問したばかりだ。 しかも今回のトルコ訪問の理由がふるっている。 日本が受注したボスポラス海峡横断地下鉄の開通式典に出席するためだという。 国会改革の後はこんな首相や閣僚の外遊が大手を振って横行するだろう。
杉浦 ひとみの瞳: ・コスタリカに学ぶ会10/27 遠藤比呂通さんをお招きして
マスコミに載らない海外記事: なぜソマリア人海賊がいるのかを説明しない『キャプテン・フィリップス』

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: [京都脱原発訴訟:0038] 原告団のホームページアドレス kyotodatsugenpatsubengodan@gmail.com
 京都脱原発訴訟原告団: 真実を叫ぶ一万人原告のひとりになってください。
市民社会フォーラム: 新規クリニクラウン募集のお知らせ
市民社会フォーラム: ラジオ大阪 里見まさとのおおきにサタデー 矢野宏さんが秘密保護法を語る
市民社会フォーラム: 本日から2日間、京都で開催:エントロピー学会 2013年度秋の研究集会のご案内
@動画: 「政府が不都合な情報を隠す」「何が秘密かも秘密」という、トンデモない法律! 安倍政権が成立をめざす“特定秘密保護法”を検証/ニュースの深層
五十嵐仁の転成仁語: 10月26日(土) 戦争準備のための秘密保護法案は廃案にするべきだ 
孫崎享チャンネル: NHK[ 放送の自主・自律を堅持」を柱。「安倍首相を求める民間人」や家庭教師が経営委員

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自

由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

「戦争への道、選ぶな」=尖閣、早急な対話提言-日中フォーラム 時事通信 10/27 ○日本の民間団体「言論NPO」などが主催し、2日間で政治家や財界人を含め延べ約1300人が参加した。27日には福田康夫元首相が講演した。 北京コンセンサスは、問題の解決を軍事的手段に求めない「不戦の誓い」の重要性を強調。尖閣周辺での偶発的な衝突回避や危機管理メカニズムの確立を両国政府に求めた。 歴史認識問題では「歴史の事実を客観的に受け止め、教訓をくみ取ることは、日中関係が長期かつ安定的に発展する上での共通の基盤」と指摘した。
集団的自衛権容認に意欲=自衛隊観閲式で訓示-安倍首相 時事通信 10/27 ○首相は沖縄県・尖閣諸島での海洋進出を進める中国を念頭に「力による現状変更は許さないとのわが国の確固たる国家意志を示す。そのために警戒監視や情報収集をはじめとするさまざまな活動を行っていかなければならない」と指摘した。 ★弱犬の遠吠え!?  他人に吶喊を命ずるより、自ら吶喊せよ!? したいならの話。
保育施設で睡眠中死亡、6割うつぶせ…読売調査 読売新聞 10/27 ○全国の保育施設で2008~12年の5年間に発生した死亡事故のうち睡眠中の事故が8割に上り、このうち、「うつぶせ寝」の状態で発見されたケースが6割近くを占めたことが、読売新聞の調査で分かった。  ★死亡事故のうち睡眠中の事故が8割!なんと。見守り、きちんとしているのか? それとも、手抜き!? 尤も、件数は、62件(のうち、睡眠中の事故が49件)。
日大ボート部:3年生部員、合宿所で自殺 いじめ疑い調査 毎日新聞 10/27 ○全日本大学選手権の男子総合で8連覇中の日大ボート部で、3年生男子部員が今月24日朝、埼玉県戸田市の合宿所で自殺していたことがわかった。親族によると、この部員は以前に先輩に両眉毛をそり落とされ、部の体質を嘆くこともあったという。部内でいじめを受けていた疑いがあり、同大は関係者から事情を聴くなどして調査を始めた。
不発弾:品川の住宅街で爆破処理 1150人一時避難  ・関連記事 毎日新聞 10/27
教育と行政―現場の判断を縛るな 朝日新聞 社説 10/27 ○近ごろ、教育現場への上からの押しつけが目につく。  文部科学省は沖縄県竹富町の教科書採択をめぐって、県教委に是正要求を指示した。  東京都や神奈川県の教育委員会は、特定の歴史教科書を選ばぬよう各高校に指導した。  大阪市教委は、全国学力調査の結果公表を各校に義務づける方針を決めた。  国―都道府県―市町村―学校を川になぞらえれば、いずれも川下の判断を川上から縛る動きとみることができる。  わが国は戦前への反省や地方分権の理念から、なるべく上からの口出しを控え、川下の判断を尊重する制度を築いてきた。その理念がいま、転機に差しかかっているようにみえる。  ★糾弾しよう。
許すな! 秘密保護法案 日米安保の闇  より深く 「密約の暴露・追及」 犯罪に 今でも秘密だらけなのに 赤旗 10/27 ○日米同盟の秘密の闇が、さらに深いものになりかねない―。「国民の知る権利」を奪う秘密保護法が成立すれば、すでに二重三重の「秘密保護」の網をかけられている日米安保体制の真相が今以上に覆い隠されてしまいます。 日本は主要先進国の中でも情報公開制度が遅れています。  ★膨大な「防衛秘密」…しかし、してみると、法の支配の最終守護者(三権の中)=司法権、最高裁判所に、覚醒してもらわないといけないかも。最高裁が、口実にして来た“民主主義”のために。期待を集める、例の『1票の価値の違憲・無効判決』のことだ。
公安警察活動も 「秘密」 指定 違法な国民監視を隠ぺい 赤旗 10/27 ○国が保有する軍事・外交・治安分野の広範な情報を「特定秘密」として国民の入手・閲覧を制限する「秘密保護法案」では、公安警察が収集した捜査情報や活動内容などの広範な情報も「秘密」の指定対象であることがわかりました。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員の聞き取りに対し、内閣情報調査室が明らかにしました。  ★主権者、国民の欲求、知る権利(限界はない!)とは、明らかに、矛盾する!? 無論、民主主義とも、反する。
国民の目・耳・口ふさ これが秘密保護法案 赤旗 10/27 ○何が秘密かも秘密 法案の仕組み 
日航裁判 勝利ぜひ 原告ら 不当解雇撤回求め集会 赤旗 10/27
オスプレイ不備多発 記録ミス167回、整備不適正112回 琉球新報 10/27 ○米国防総省監査室が、2008年10月から11年9月までの海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの整備記録を確認したところ、整備作業や書類作成に関するミスが多数見つかったとする監査結果を公表したことが分かった。  ★安倍コベ氏にかかると、これも『特定秘密』!? 民主主義もトリドリ??? そんな馬鹿な。
24機態勢 飛行 1.7倍、増す騒音・危険性 沖縄タイムス 10/27 ○米軍普天間飛行場のMV22オスプレイが実質的に24機態勢となった9月24日から10月23日までの1カ月間の総飛行時間が、少なくとも141時間に上り、12機が配備された昨年10月1日からの1カ月間の83時間に比べ、約1・7倍に増えていることが沖縄タイムスの独自調査で分かった。県民の不安が払拭(ふっしょく)されず、配備反対も顧みられないまま、負担が増加している。
[秘密保護法案] 検証の仕組みが必要だ 南日本新聞 社説 10/27 ○秘密保護法案は政府による恣意(しい)的な秘密指定や半永久的に情報が公開されない余地が残されるなど基準が不明瞭で、国民の知る権利や取材・報道の自由が制約される懸念はぬぐえない。国会はこれらの問題点について十分審議を尽くさなければならない。 法案は特定秘密を(1)外交(2)防衛(3)特定有害活動(スパイ)の防止(4)テロリズムの防止-のうち「漏えいが国の安全保障に著しい支障を与える恐れがあるため、特に秘匿する必要があるもの」と定義。外相や防衛相ら行政機関の長の判断で指定し、漏えいなどに最高10年の懲役を科すとしている。
秘密国家 目の前 沖縄密約報道で逮捕の西山さん  民主主義の空洞化懸念 西日本新聞 10/27 ○政府に都合が悪い情報が、永久に秘密にされる恐れがあることだ。欧米では秘密にして25~30年たてば全て公開される。だが、法案では、特定秘密の指定から30年たっても内閣が承認すれば無期限に指定を延長できる。国には昔から情報を国民に隠す体質があるが、法案が成立すれば隠蔽(いんぺい)される情報の範囲がさらに広がる。秘密国家の誕生につながりかねない、恐ろしい法律だ。
特定秘密保護法案で講演会 「知る権利」 侵害訴え 西日本新聞 10/27 ○国の機密を漏らした公務員らへの厳罰化を盛り込んだ特定秘密保護法案をテーマにした県弁護士会主催の講演会が26日、福岡市であった。登壇した弁護士らは「国民が知るべき情報が政府の都合で隠される恐れがあり、『知る権利』の侵害につながる」と訴えた。 同法案は、政府が25日、国会に提出したばかり。県弁護士会の近藤恭典弁護士は、行政側が「特定秘密」を指定することに関し「秘密の範囲が広く、恣意(しい)的な指定が不当に拡大する可能性もある」と強調。「漏えいの処罰範囲も曖昧で、報道機関の取材活動を萎縮させる」と語った。 沖縄国際大の前泊博盛教授(国際政治学)は、沖縄返還交渉をめぐる密約の存在を政府が否定し続けていることなどに言及。「事実が隠されれば、責任の所在も曖昧になり、問題がなかったことにされてしまう」と
秘密保護法案国会提出 「知る権利」 侵す懸念消えない 愛媛新聞 社説 10/27 ○問題が多すぎる。何が指定されたのか国民に知るすべはなく、指定の妥当性を第三者が検証する仕組みも見送られた。仮に、米国で明らかになったような盗聴活動を日本政府が行ったとしても、テロ防止の特定秘密に指定すれば国民から隠せてしまう。恣意(しい)的な指定の懸念が拭えない。  指定期間は5年で、更新ができる。30年を超える場合は内閣の承認が必要だが、時の政権が望めば永久に秘密にしておくことさえ可能だ。  パブリックコメント(意見公募)では反対論が8割に上った。

TBS: 米大統領が独首相に「謝罪」 10年以上盗聴か 10/27 ○アメリカの情報機関による盗聴疑惑について、ドイツのメディアはオバマ大統領が電話でメルケル首相に謝罪したと報じました。盗聴は10年以上前から行われていたおそれもあるということです。 ドイツのシュピーゲル誌の電子版は26日、オバマ大統領が23日にメルケル首相に電話をして「盗聴については何も知らず、知っていたら即座にやめさせた」と釈明し、謝罪したと報じました。  ★安倍コベ氏の場合は、謝罪?どうだろう???
TBS: 「盗聴やめろ」 米で大規模抗議集会 10/27 ○「盗聴するなら仕返しするぞ」(デモ参加者)  26日、抗議デモのためワシントン市内の広場に集まったのは、主催者の発表で4000人余り。NSA(国家安全保障局)やFBI(連邦捜査局)が、携帯電話会社のほか、グーグルやフェイスブックをはじめとするソーシャルネットワークの運営会社からさまざまな手段で一般市民少なくとも数百万人分の通話記録やインターネットのアクセス情報などを収集していたことが暴露されて以降、一般市民の間ではアメリカ政府の情報収集の在り方を非難する声が高まっています。 「この問題を何とかしないと。政治家は信用できない」 「今後、こんなことを心配したくはありません」 「政府が、法律や憲法や良識に反して、令状なしに私たちのデータを集めたことに抗議するために来ました」(デモ参加者)
広がる盗聴疑惑 凋落する大国の傲りと焦り 琉球新報 社説 10/27 ○米国情報機関の国家安全保障局(NSA)が外国の指導者35人の電話を盗聴していた、と英紙ガーディアンが報じた。米中央情報局(CIA)の元職員から提供された機密文書の内容だ。 ドイツのメルケル首相への盗聴疑惑が浮上したばかりであり、それ以外の国の指導者への盗聴も十分に類推できる。フランスでは7千万件以上の通話やメールの傍受があったと報じられ、欧州連合(EU)は米国への反発と不信を募らせている。

ANN: 伊豆大島の避難指示・勧告解除 不明者捜索再開へ 10/27 ○伊豆大島の全域に出ていた避難勧告と一部の地区に出ていた避難指示は、すべて解除されました。
ANN: 若田光一さんがカザフスタンの打ち上げ基地へ出発 10/27
TBS: ロシア、ソチ五輪聖火が北極点に到達 10/27 ○ロシアでは、来年2月に行われるソチ冬季オリンピックの聖火リレーが行われています。組織委員会は、聖火が19日に北極点に到達したと発表、その映像が公開されました。
ANn: 天皇皇后両陛下がハンセン病療養所を訪問 10/27 ○両陛下は26日午後2時半ごろ、熊本県合志市のハンセン病療養所「菊池恵楓園」を訪れ、入所者一人ひとりに「ご苦労も多かったでしょう」などと声をかけられました。この療養所は国内最大規模で、328人が生活を送っています。両陛下はこれまで、ハンセン病の元患者への励ましに力を入れていて、全国14の療養所のうち、11カ所を訪問されています。
共産党が消費税増税中止法案 各党に共同提案よびかけ 赤旗 10/26 ○4月実施反対の一点で  志位委員長が会見 予算を伴う法案ですので、わが党単独で提出できません。この一点で協力が可能な各党に共同提案を呼びかけたい」と語りました。
国の悪事隠すのか 秘密保護法案閣議決定に抗議 官邸前 赤旗 10/26 ○首相官邸前で25日朝、市民らが秘密保護法案の閣議決定に抗議しました。雨のなか、出勤前の会社員など約80人が参加。交代でマイクを握り、「すべての人のプライバシーや、暮らしを壊す」「国の悪事を暴けなくなる」などと法案の危険性を訴えました。 抗議行動は、首相官邸で閣議が行われる時間に合わせて市民の声を伝えようと、「秘密保護法を考える市民の会」がインターネットなどを通じて緊急に呼びかけました。 集まった市民らは午前8時半に抗議を始め、「秘密保護法は廃案に」「閣議決定するな」と唱和。市民の会は、都内3カ所で行った街頭シール投票の結果を「回答者689人で、法案に賛成はわずか34人」などと示し、政府に国民の声を聞くよう求めました。 新聞などで法案に反対する市民の存在を知って官邸前に駆けつけた男性(65)=杉並区、税理士=は、「公務員の中にも、勇気を持って内部告発する人がいる。これを抑え込もうという法案。“国家謀略隠ぺい法”とでもいうべきものだ」と話しました。
安倍首相、海外逃亡中のタイの元首相と会食 産経新聞 10/26 ○タクシン氏はインラック現首相の実兄にあたる。国有地の不正購入をめぐる汚職事件で実刑判決を受け海外逃亡中だ。 タイ政界に影響力を有しているタクシン氏だが、日本の首相が、海外逃亡中の外国要人と会談するのは異例だ。


米軍予定地にウミガメ6回上陸 防衛局の未公表報告書 東京新聞 10/26 ○米軍普天間飛行場の移設で埋め立て予定の沖縄県名護市辺野古の海岸に昨年、絶滅危惧種のウミガメが6回上陸していたことが26日、防衛省沖縄防衛局の未公表の調査報告書で分かった。実際に卵を産んだ可能性もある。2008~11年にも上陸跡があったことが既に判明しており、専門家は「移設で生息に重要な場所が損なわれることが示された」と指摘している。  ★不都合な真実か、それとも「特定秘密」!?か。
ANN: 「無人機攻撃は人権侵害」国連総会に報告書提出 10/26 ○テロ対策における人権侵害を調べている国連特別報告者のエマーソン氏は、アメリカなどが行っている無人機攻撃の報告書を国連総会に提出しました。報告書は、無人機の攻撃でパキスタンなどで民間人450人以上が死亡したとして、特にアメリカが違法に人権を侵害した可能性を指摘しています。エマーソン氏は今後、無人機攻撃を行う国が増える可能性があるなか、無人機を使う作戦の透明性を高めるなど適切な規制に向けて議論するよう求めました。これについて、アメリカの代表はすでに無人機の運用を厳格にしたと説明し、理解を求めました。  ★結果が、全て! 恨みを買って、テロの種になる!? イマージンやシンパシー、ヒューマニズムを知るべし。 戦争国家、覇権国家!
ANN: 「避難指示・勧告」解除 不明者の捜索再開へ 10/26 ○「避難指示」「避難勧告」すべてが解除された伊豆大島の町役場から中継です。
TBS: 台風27号 温帯低気圧に、橋が崩落・冠水被害も 10/26 ○午後3時に温帯低気圧に変わった台風27号。当初の予想進路より南にそれ進んだものの、南から湿った空気が流れ込んだ影響で各地で大雨となりました。 京都府福知山市の由良川では橋が崩落、全長142メートルのうち、中央部分65メートルが流出しました。25日からの大雨の影響で川が増水し、流されたとみられています。 また、25日午後9時過ぎまでの1時間に41ミリの激しい雨を観測した静岡・浜松市では26日朝、市内を流れる川で60代から70代とみられる男性の遺体が浮いているのが見つかりました。
目標30%、実際2.6% 女性登用、自民公約と落差 朝日新聞 10/26 ○自民党の野田聖子総務会長は25日の会見で、各省庁の幹部公務員に占める女性の割合(人事院調べ)が2011年度で平均2・6%と発表した。同党は選挙公約で20年までに「社会のあらゆる分野で指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする」と掲げるが、実現へ道のりは険しそうだ。  ★目標に対する、手段、政策が、相当でない、相当性を欠くことが原因。旧「家族制度」護持組を切り離せ!?  組織から心身ともに。
特定秘密保護―この法案に反対する 朝日新聞 社説 10/26 ○安倍政権はきのう、特定秘密保護法案を閣議決定し、国会に提出した。  法案は、行政府による情報の独占を許し、国民の知る権利や取材、報道の自由を大きく制約する内容だ。その影響は市民社会にも広く及ぶ。  政権は、いまの国会での成立をめざしている。だが、与党が数の力を頼みに、問題だらけの法案を成立させることに強く反対する。 ■市民も無関係でない   ★然り!廃案に追いこめ。
国会同意人事:NHK経営委人事案、安倍色濃く 新任4人が首相に近い委員 1月の会長人事にも影響か 毎日新聞 10/26 ○「自らが信頼し、評価している方にお願いするのはある意味では当然だ」。菅義偉官房長官は25日の記者会見で、人事案が首相主導で練られたことを隠そうとしなかった。  ★誰のために、やっているのか? 自己満足のみ!?
筆洗 私立大学で経営学を学ぶ二十一歳の佐藤君には、多額の借金が…  東京新聞 10/26 ○▼彼は二歳の時、父を病気で失った。母は月収七、八万円のパートで育ててくれた。だから高校・大学に進学するには借金をするしかなかった。卒業後は二十年間にわたり、利子を含め月三、四万円ずつ返済することになる▼「本当に不安です。親元から通える就職先でなければ、返済は難しいでしょう。自分の家族を持ち、子どもを育てていけるのでしょうか?」と佐藤君は話す▼彼の借金を日本では奨学金と呼ぶ。もし和英辞典を引いて「スカラシップ」と訳したら、英語圏の人なら「それはスカラシップではなく学生ローンだ」と言うだろう。漢字の本場・中国の人も「それは奨学金ではなく助学貸款だ」と指摘するに違いない…▼ある調査によれば、日本では毎年五万人の高校三年生が貧困を理由に進学をあきらめているという。そんな子を一人でも少なくするために、佐藤君ら「あしなが育英会」の学生たちは、この週末も街角で募金を呼び掛けるはずだ。
秘密保護法案 国会は危険な本質見よ 毎日新聞 社説 10/26 ○政府は25日、特定秘密保護法案を国会に提出した。安全保障に関わる国家機密を特定秘密として国民の目から遠ざけるものだ。国民の「知る権利」が大きく制約され得る。また、情報を得ようとする国民の活動自体が、罰則の対象になる危険性をはらむ。行政を監視する国会や国会議員の活動も大きく縛られる。 行政内の情報保全の徹底と、現行法の厳格な運用で情報漏えいは防げるはずだ。法案は、国民主権をはじめとする憲法の規定と根底でぶつかる。国会は審議でその危険な本質を明らかにし、廃案にすべきだ。
在外被爆者 公平な救済求めた判決 毎日新聞 社説 10/26 ○判決は、援護法について、前身の原爆医療法の趣旨を踏まえて「社会保障と国家補償の性格を併せ持つ特殊な立法」と定義した。それに基づいて、援護の規定は在外被爆者にも適用され、医療費の支給を国内在住の被爆者に限ることに合理性は認められないと判断した。援護法の精神に沿う救済の平等を求めた妥当な結論と言える。国は在外被爆者が救済されるよう制度を改めるべきだ。
競争力強化法案 これが成長戦略の要か 東京新聞 社説 10/26 ○政府が国会に提出した産業競争力強化法案は成長戦略の切り札との触れ込みに反し、失望感漂う内容だ。肝心の賃上げに結び付くような具体策は乏しく、アベノミクスの失速懸念が強まらないか。 大胆な金融緩和の「第一の矢」で円安・株高の流れができ、機動的な財政出動の「第二の矢」で景気を支えてきたアベノミクスだが、六月にまとめた成長戦略の「第三の矢」は市場から評価されがたい内容であった。 それは従来の経済対策と同様に「官僚による官僚のための成長戦略」の域を出ず、各省庁が予算獲得を目指して出した事業の寄せ集めにすぎなかったからだ。市場の冷淡な反応を受け、安倍晋三首相が「秋にもう一段の成長戦略を打ち出す」としてまとめたのが産業競争力強化法案である。 しかし問題なのは、ビジネス経験もなく企業経営について素人の官僚が、事業再編といった企業の命運を左右する分野に口出しする仕組みになっていることだ。
NSC法と秘密法 「一体」 が危険浮き彫りにする 赤旗 主張 10/26

ANN: 福島沖でM7.1 広範囲で一時津波注意報 10/26 ○26日未明、福島県沖でマグニチュード7.1の地震があり、東北や関東で震度4の揺れを観測し、岩手県の久慈港などでは最大40センチの津波を観測しました。 気象庁:「太平洋沖地震(東日本大震災)の余震域全体では、強い揺れ、津波を伴う地震に引き続き注意、警戒をして頂きたい」 午前2時10分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、郡山市などで震度4の揺れを観測したほか、北海道から九州までの広い範囲で震度1から3を観測しました。気象庁は、今回の地震は一昨年の東日本大震災の余震と考えられるとしています。  ★地震列島からの警告! 亡国!?の日本へ。
ANN: 風雨強まる伊豆大島 1300人が避難所で一夜 10/26 ○台風27号の接近に伴い、伊豆大島では25日の夕方、土砂災害に備えて一部の地区で避難指示が出されました。
特定秘密保護法案:日本ペンクラブ、閣議決定に抗議 毎日新聞 10/25 ○特定秘密保護法案が閣議決定され、衆院に提出された25日、同法案に反対する声が相次いだ。作家らでつくる日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は「閣議決定に強く抗議する」と声明を発表。言論表現委員長の山田健太専修大教授(言論法)が記者会見し「公的情報は国民のものだという原則を逆転させる法案だ。受け入れがたい」と批判した。 一方、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は同法案に反対する共同声明を出し「重罰がもたらす内部告発のためらいと取材の萎縮は最大の問題だ。賛成できない」と指摘。日本新聞労働組合連合も「本質的に憲法違反の情報統制法案だ」と懸念を表明した。  ★主権者、最高権力者は、我ら市民、国民だ。三権、及びその長は、国家機関に過ぎず。
核融合研:職員が市民団体ブログに匿名書き込み→処分 毎日新聞 10/25 ○核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は25日、男性職員(57)が勤務中に、市民グループ「多治見を放射能から守ろう!市民の会」のブログに書き込みをしたとして、訓告処分にしたことを明らかにした。処分は24日付。
“安倍カラー” 前面のNHK経営委員の面々って? 次の焦点は会長人事 産経新聞 10/25 ○保守論客や安倍晋三首相に近い人材が並び、NHK改革に向けた政権のカラーが打ち出された格好。経営委はNHKの最高意思決定機関で、会長任命など強い権限を持つだけに、松本正之会長の来年1月の任期満了に向けた会長選考に大きな影響を与えそうだ。 政府が人事案を提示した新任の委員は、百田氏のほか、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏、海陽学園海陽中等教育学校長の中島尚正氏、日本たばこ産業(JT)顧問の本田勝彦氏の計4人。再任のJR九州会長の石原進氏も含め、近く衆参両院の本会議で採決、承認される見通し。  ★公正、不偏不党とは、かけ離れた人選だ。改革でなくて、NHKへの介入だ。その嚆矢は、安倍コベ氏の、慰安婦問題に関わる、NHK番組への介入事件だった。介入を改革とは、正に、安倍コベ(使い)言語!
国会同意人事案、安倍カラー鮮明 NHK経営委員に百田氏ら 日経新聞 10/25 ○NHK経営委員には、作家の百田尚樹氏、哲学者の長谷川三千子氏、日本たばこ産業顧問の本田勝彦氏らを充てた。いずれも安倍晋三首相に近い有識者で、安倍カラーが鮮明になった。 百田氏は、昨年9月の自民党総裁選直前、首相と雑誌で対談してから親交を深めた。保守派の論客として知られる長谷川氏も古くから首相と交流し、5月には首相公邸で会食した。本田氏は東大生だったころに小学3、4年だった首相の家庭教師を務めた。  ★独裁色、ナチス張り!? 麻生、曰わく、ナチスの如く…
米軍 「殴り込み」 水陸両用車 陸自観閲式に初参加 赤旗 10/25 ○防衛省が主催して陸上自衛隊朝霞訓練場(東京都練馬区、埼玉県朝霞市など)で27日に実施する自衛隊観閲式に米軍の水陸両用車が初めて参加することが24日、本紙による自衛隊への取材で分かりました。 自衛隊によれば水陸両用車は米海兵隊が装備しているAAV―7型1両。米海兵隊のキャンプ富士(静岡県御殿場市)から持ち込まれる予定。米兵が説明要員として配置される、としています。 水陸両用車は艦船から海上を走行して上陸、武装米兵などを敵地の奥深くまで侵攻させる「殴りこみ部隊」の常備車両です。
高江に希少チョウ群 専門家、ヘリパッドの影響懸念 琉球新報 10/25 ○東村高江のヘリパッド建設予定地N1地区付近の林道でことし9月、環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている沖縄県固有種のチョウ「リュウキュウウラナミジャノメ」約30匹がまとまって生息している様子を専門家が初めて確認した。同種はこれまでも高江で観察されていたが、今回の発見で他の場所よりも極めて多く生息することが分かった。
2013-10-26

10/26: 「無人機攻撃は人権侵害」国連総会に報告 作戦の透明性を高めるなど適切な規制をと 戦争・覇権国家には縛りが不可欠!

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・元同僚の男性自殺 警察が関連調べる 女性殺害事件  11時45分
 ・「金銭受け取り記事ねつ造」中国拘束記者が“自白”  13時57分
 ・「無人機攻撃は人権侵害」国連総会に報告書提出  13時56分
 ・橋の一部65m流出 大雨の影響か 京都・福知山  13時55分
 ・福島第一原発で低濃度の汚染雨水“例外的”に排出  11時49分
 ・福島沖でM7.1 広範囲で一時津波注意報  5時50分    ★地震列島、風水害に、負けてない!? 安全保障も足元から!
 ・風雨強まる伊豆大島 1300人が避難所で一夜  5時53分
 ・JR山陰線・特急列車が落石と衝突 乗客らけがなし  0時5分
 ・安倍総理“肝いり”NSC設置法案が審議入り  5時57分
 ・窓ガラス割り侵入か 東京・大田区の女性殺害事件  5時57分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月26日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 10/24学習会「特定秘密保護法案が狙うもの」(1)  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 10/24学習会「特定秘密保護法案が狙うもの」(2)  (笹井明子)
イシャジャの呟き: 西高東低  誕生日の花 モヨウビユ 花言葉 燃え上がった情熱
 今日のトピックス Blog10/25: 秘密保護法案を閣議決定 政府は、秘密保護より 本来業務の検証・徹底を 1票の価値、相続の平等、結婚歴で差別撤廃等々

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

福島第一原発 作業簡略化してせきの水放出 NHK 10/26 ○東京電力福島第一原子力発電所では、雨のため、汚染水のタンクを囲むせきの水位が上昇し、水をタンクなどに移す作業を行いました。水位が速く、上昇したせきの水は、原子力規制委員会が認めた緊急時の手順にしたがってその場で放射性物質の濃度を測り、測定用のタンクにためる作業を省略して放出しました。
TBS: 原子力規制委が伊方原発へ 「年内の審査終了は難しい」 10/26 ○調査は、新しい規制基準に基づく確認が中心で、更田豊志委員は、年内の審査終了の可能性について「否定はしないが難しい」と述べました。
原子力規制委が伊方3号機を調査 「非常に良い印象」 東京新聞 10/26 ○更田委員は調査後、記者団に「重大事故に真剣に向き合う姿勢が見られ、非常に良い印象を受けた。先頭集団にいると考えていい」と語った。ただ「サイト(敷地)に高低差がある」とも述べ、事故時の対応の障害にならないよう工夫が必要だと  ★ヤル気か???再稼働?
事態「十分想像できず」 高島の汚染木材チップ放置で県/滋賀 中日新聞 10/26 ○線量については「自然放射線による空間線量の変動幅は通常毎時0~0・2マイクロシーベルト程度とされており、異常値ではないと判断した」と主張。その上で「琵琶湖の沿岸に無断で放置されるという事態を十分想像できなかった」と釈明した。撤去に向けては「速やかに行為者や排出元などに対して厳しく対応を求める方策を固める」としたものの具体的な工程は示されなかった。 これに対して福井市長は「市内の平常時の放射線量を見れば、毎時0・14マイクロシーベルトという数値が異常値でないという判断は理解できない。(汚染された木材チップが放置されるという)事態が想像できなかったというのは極めて無責任」と強調。十分な回答が得られなかったとして、あらためて文書で対応策を示すよう求めた。 ◆住民団体が知事に撤去申し入れ 
「帰還時期」 誰が決める 政府と被災者との温度差嘆く 福島民友 10/26 ○「賠償の終わりを先に決めてしまうのは乱暴」「地域の実情にあった柔軟な対応があってもいいのでは」。原子力損害賠償紛争審査会で避難指示区域の住民に支払う精神的損害賠償を原則解除後1年間で打ち切る方向で大筋合意した25日、東京電力福島第1原発事故で先が見えない避難生活を送る同区域の住民からは不満や批判が相次いだ。「帰還や復興を進めるためには妥当な期間」と容認する声もある一方、「社会基盤の整備ができておらず、元の生活に戻れる保証はないのに」と政府と被災地との温度差を嘆く声もあり、同審査会の方針が住民の帰還時期の判断に影響を与える懸念も出てきた。  東京電力福島第1原発事故で避難指示解除準備区域に指定されている田村市都路地区の自宅から市内の仮設住宅に避難する無職坪井和博さん(65)は、避難解除後の賠償が原則1年と大筋で決まったことに複雑な思いを抱く。  ★乱暴極まりない。牛刀で一刀両断??? 個別賠償には、無理がある。 加害者のご都合優先、糾弾。
首長から不満相次ぐ 精神的賠償支払い期間で 福島民報 10/26 ○25日に文部科学省で開かれた原子力損害賠償紛争審査会では避難指示解除後の精神的賠償の支払期間について1年を目安とする案が大筋了承されたが、避難区域がある市町村の首長からは不満や要望が相次いだ。
福島第1 2号機雨水注入400トン 3号機建屋でも始まる 河北新報 10/26 ○福島第1原発の雨水問題で、東京電力が2号機タービン建屋に注入したタンクのせきの雨水量は約400トンに上ることが分かった。同社が25日、明らかにした。 東電は同日、3号機タービン建屋への雨水注入も始めた。「2号機建屋内の水位が注水で上昇し、注水先を分散させる必要が生じたため」と説明している。建屋内の水位(海水面からの高さ)は2号機が3メートル26センチ、3号機が3メートル30センチで、原子力規制庁の規制水位まで24センチ、20センチに迫っている。雨水の放射性セシウム濃度は検出限界値未満。建屋の水は2号機が4000万ベクレル、3号機が5600万ベクレルと超高濃度で汚染されている。雨水は建屋への注入により、建屋内の汚染水に混じって高濃度化している。
汚染稲わら行き場なく 一時保管期限、無期限延長へ 登米 河北新報 10/26 ○十五丸地区は市内で最も早い2011年10月25日から一時保管を始めた。地区にある休耕田に建てた遮光性のビニールハウスで138トンを保管している。 十五丸地区を含む駒林行政区区長の田崎敏雄さん(65)は「保管延長はやむを得ないが、住民のほとんどが保管がずっと続くことには反対だ。一時保管が終わるよう、早く最終処分場を作ってもらいたい」と言う。
福島原発、地下貯水槽へ雨水移送 台風27号の影響 東京新聞 10/26 ○東京電力は26日、台風27号に伴う雨で、福島第1原発の地上タンク群を囲むせきの水があふれる恐れがあるとして、計7カ所のせきから二つの地下貯水槽に水を移送した。また別の2カ所のせきでは、水の放射性物質の濃度が法定基準を下回っているとして、ポンプなどで敷地内に排出した。
安倍首相、福島産米の風評被害払しょくに努める考え強調 FNN 10/26


ANN: 福島沖でM7.1 広範囲で一時津波注意報 10/26 ○26日未明、福島県沖でマグニチュード7.1の地震があり、東北や関東で震度4の揺れを観測し、岩手県の久慈港などでは最大40センチの津波を観測しました。 気象庁:「太平洋沖地震(東日本大震災)の余震域全体では、強い揺れ、津波を伴う地震に引き続き注意、警戒をして頂きたい」 午前2時10分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、郡山市などで震度4の揺れを観測したほか、北海道から九州までの広い範囲で震度1から3を観測しました。気象庁は、今回の地震は一昨年の東日本大震災の余震と考えられるとしています。  ★地震列島からの警告! 亡国!?の日本へ。
「原発を重要電源に」 と電事連 継続には増設必要と強調 東京新聞 10/25  ★電事連、原発推進派の、亡国論!? 地震・津波、雷・竜巻、更に風水害、そして、原爆被害の“卵”迄、足して揃えようとは、人々の生活を損壊し、亡国へ誘う所業。身勝手、私利私欲のために。

福島 約9割の学校 屋外活動制限解除 NHK 10/25 ○原発事故のあと、放射性物質への不安から、福島県内の多くの学校では校庭などでの活動が制限されてきましたが、除染などが進み、これまでにおよそ9割の学校で制限を解除したことが福島県の調査で分かりました。しかし、長期間にわたる制限で子どもの体力の低下が深刻となっており、県では今後、対策を強化することにしています。
東電賠償 打ち切り通知は40業者 野菜農家や食品加工など/茨城 東京新聞 10/25 ○東電は、酒造組合やほしいも中央協同組合など四食品加工組合に所属する事業者の打ち切りを検討するため、減収の状況や風評被害とのかかわりについて個別に聞き取りを始めたという。 また橋本昌知事は、県酒造組合の組合員に四月分以降、賠償金が支払われていないことも明らかにした。 橋本知事は答弁で「新たな取引先を開拓したり、代わりの事業を展開することは容易ではない。売り上げを確保しようと必死に取り組んできたにもかかわらず、現在も事故前の状況に戻らないのが実情と思われる」との見解を示し、東電に対し「事業者の立場に立ち、誠意を持って事業者の声を聴き、個別の事情に応じて丁寧に協議を進めていく必要がある」と配慮を求めた。

規制委、せきの水の直接排出了承 実態追認、台風控え期限付き 東京新聞 10/24 ○東京電力福島第1原発の汚染水タンク群を囲むせきに降雨でたまった水について、原子力規制委員会は24日、大雨であふれそうになった場合、放射性物質濃度が排水基準未満と確認した上で、せきから直接排出するとした暫定運用を了承した。 台風27号の接近を控えた対応で、東電によるせきのかさ上げなどの対策が終わる年末までを期限とした。東電は16日の台風26号や20日の大雨の際「正規手順ではせきからあふれる」として、すでに同様の手法で排出しており、規制委が実態に合わせて追認した格好だ。
小泉元首相に会談要請=社民党首「脱原発で協力を」 時事通信 10/24 ○社民党の吉田忠智党首は24日、国会内で記者団に対し、「原発ゼロ」を主張している小泉純一郎元首相に会談を呼び掛けたことを明らかにした。吉田氏は「脱原発政党として超党派で幅広い市民の皆さんと協力しなければならない。その一点で小泉氏と協力できたら」と語り、会談実現に期待を示した。
小泉氏「原発ゼロ」発言一石 自民、維持に批判続出 東京新聞 10/25 ○政府・自民党執行部は安全性が確保された原発の再稼働を進め、原発を維持する方針だが、党内には異論もある。 引退後も高い知名度で注目される小泉純一郎元首相も脱原発を主張していて、意見集約は難航しそうだ。 会議では、秋本真利衆院議員が「選挙公約では『原子力に依存しない社会』と書いている。(基本計画に)原発の新増設や比率を高めると書き込むことは決してあってはならない」と訴えた。 柴山昌彦衆院議員は資源エネルギー庁に対し「説明資料では『原発がないとだめだ』というのが見え見えだ」と批判した。 河野太郎衆院議員は「基本計画は以前から『原子力ムラ』の維持に使われてきた。核燃料サイクルはできないのに『できる』とうそで塗り固めるのは健全でない」と指摘した。 その一方で「使える原発は使っていいと思う。十年くらいは二割に戻していい」と、原発比率を高めるべきだとの意見も出た。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 上所重助さんの「おかげさま」という詩 ・ブログ連歌(337)
@動画: NHKスペシャル「発見!幻の巨大軍船 ~モンゴル帝国 vs 日本 730年目の真実~」
@動画: 山本太郎(やまもとたろう)の質問主意SHOW!Vol.2 「東京電力が第三者機関として用いる分析会社の正当性について」 with おしどり(マコ&ケン)
植草一秀の『知られざる真実』: 安倍首相は経営委員人事権てこにNHK偏向を強制
孫崎享チャンネル: 私は小泉元首相が嫌いだ。しかし原発ゼロ発言は評価したい。

市民社会フォーラム: たかじんのそこまで言って委員会・いいわけないやろ!:竹田恒泰氏のデタラメ暴言
市民社会フォーラム: スイス:ベーシック・インカム導入をめぐり国民投票(転載)
市民社会フォーラム: 韓国映画『あなたと私の戦争』の上映と、双竜自動車・現代自動車争議激励会
市民社会フォーラム: 【超重要署名】 特定秘密保護法 拡散お願いします!

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自

由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

米軍予定地にウミガメ6回上陸 防衛局の未公表報告書 東京新聞 10/26 ○米軍普天間飛行場の移設で埋め立て予定の沖縄県名護市辺野古の海岸に昨年、絶滅危惧種のウミガメが6回上陸していたことが26日、防衛省沖縄防衛局の未公表の調査報告書で分かった。実際に卵を産んだ可能性もある。2008~11年にも上陸跡があったことが既に判明しており、専門家は「移設で生息に重要な場所が損なわれることが示された」と指摘している。  ★不都合な真実か、それとも「特定秘密」!?か。
ANN: 「無人機攻撃は人権侵害」国連総会に報告書提出 10/26 ○テロ対策における人権侵害を調べている国連特別報告者のエマーソン氏は、アメリカなどが行っている無人機攻撃の報告書を国連総会に提出しました。報告書は、無人機の攻撃でパキスタンなどで民間人450人以上が死亡したとして、特にアメリカが違法に人権を侵害した可能性を指摘しています。エマーソン氏は今後、無人機攻撃を行う国が増える可能性があるなか、無人機を使う作戦の透明性を高めるなど適切な規制に向けて議論するよう求めました。これについて、アメリカの代表はすでに無人機の運用を厳格にしたと説明し、理解を求めました。  ★結果が、全て! 恨みを買って、テロの種になる!? イマージンやシンパシー、ヒューマニズムを知るべし。 戦争国家、覇権国家!
ANN: 「避難指示・勧告」解除 不明者の捜索再開へ 10/26 ○「避難指示」「避難勧告」すべてが解除された伊豆大島の町役場から中継です。
TBS: 台風27号 温帯低気圧に、橋が崩落・冠水被害も 10/26 ○午後3時に温帯低気圧に変わった台風27号。当初の予想進路より南にそれ進んだものの、南から湿った空気が流れ込んだ影響で各地で大雨となりました。 京都府福知山市の由良川では橋が崩落、全長142メートルのうち、中央部分65メートルが流出しました。25日からの大雨の影響で川が増水し、流されたとみられています。 また、25日午後9時過ぎまでの1時間に41ミリの激しい雨を観測した静岡・浜松市では26日朝、市内を流れる川で60代から70代とみられる男性の遺体が浮いているのが見つかりました。
目標30%、実際2.6% 女性登用、自民公約と落差 朝日新聞 10/26 ○自民党の野田聖子総務会長は25日の会見で、各省庁の幹部公務員に占める女性の割合(人事院調べ)が2011年度で平均2・6%と発表した。同党は選挙公約で20年までに「社会のあらゆる分野で指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする」と掲げるが、実現へ道のりは険しそうだ。  ★目標に対する、手段、政策が、相当でない、相当性を欠くことが原因。旧「家族制度」護持組を切り離せ!?  組織から心身ともに。
特定秘密保護―この法案に反対する 朝日新聞 社説 10/26 ○安倍政権はきのう、特定秘密保護法案を閣議決定し、国会に提出した。  法案は、行政府による情報の独占を許し、国民の知る権利や取材、報道の自由を大きく制約する内容だ。その影響は市民社会にも広く及ぶ。  政権は、いまの国会での成立をめざしている。だが、与党が数の力を頼みに、問題だらけの法案を成立させることに強く反対する。 ■市民も無関係でない   ★然り!廃案に追いこめ。
国会同意人事:NHK経営委人事案、安倍色濃く 新任4人が首相に近い委員 1月の会長人事にも影響か 毎日新聞 10/26 ○「自らが信頼し、評価している方にお願いするのはある意味では当然だ」。菅義偉官房長官は25日の記者会見で、人事案が首相主導で練られたことを隠そうとしなかった。  ★誰のために、やっているのか? 自己満足のみ!?
筆洗 私立大学で経営学を学ぶ二十一歳の佐藤君には、多額の借金が…  東京新聞 10/26 ○▼彼は二歳の時、父を病気で失った。母は月収七、八万円のパートで育ててくれた。だから高校・大学に進学するには借金をするしかなかった。卒業後は二十年間にわたり、利子を含め月三、四万円ずつ返済することになる▼「本当に不安です。親元から通える就職先でなければ、返済は難しいでしょう。自分の家族を持ち、子どもを育てていけるのでしょうか?」と佐藤君は話す▼彼の借金を日本では奨学金と呼ぶ。もし和英辞典を引いて「スカラシップ」と訳したら、英語圏の人なら「それはスカラシップではなく学生ローンだ」と言うだろう。漢字の本場・中国の人も「それは奨学金ではなく助学貸款だ」と指摘するに違いない…▼ある調査によれば、日本では毎年五万人の高校三年生が貧困を理由に進学をあきらめているという。そんな子を一人でも少なくするために、佐藤君ら「あしなが育英会」の学生たちは、この週末も街角で募金を呼び掛けるはずだ。
秘密保護法案 国会は危険な本質見よ 毎日新聞 社説 10/26 ○政府は25日、特定秘密保護法案を国会に提出した。安全保障に関わる国家機密を特定秘密として国民の目から遠ざけるものだ。国民の「知る権利」が大きく制約され得る。また、情報を得ようとする国民の活動自体が、罰則の対象になる危険性をはらむ。行政を監視する国会や国会議員の活動も大きく縛られる。 行政内の情報保全の徹底と、現行法の厳格な運用で情報漏えいは防げるはずだ。法案は、国民主権をはじめとする憲法の規定と根底でぶつかる。国会は審議でその危険な本質を明らかにし、廃案にすべきだ。
在外被爆者 公平な救済求めた判決 毎日新聞 社説 10/26 ○判決は、援護法について、前身の原爆医療法の趣旨を踏まえて「社会保障と国家補償の性格を併せ持つ特殊な立法」と定義した。それに基づいて、援護の規定は在外被爆者にも適用され、医療費の支給を国内在住の被爆者に限ることに合理性は認められないと判断した。援護法の精神に沿う救済の平等を求めた妥当な結論と言える。国は在外被爆者が救済されるよう制度を改めるべきだ。
競争力強化法案 これが成長戦略の要か 東京新聞 社説 10/26 ○政府が国会に提出した産業競争力強化法案は成長戦略の切り札との触れ込みに反し、失望感漂う内容だ。肝心の賃上げに結び付くような具体策は乏しく、アベノミクスの失速懸念が強まらないか。 大胆な金融緩和の「第一の矢」で円安・株高の流れができ、機動的な財政出動の「第二の矢」で景気を支えてきたアベノミクスだが、六月にまとめた成長戦略の「第三の矢」は市場から評価されがたい内容であった。 それは従来の経済対策と同様に「官僚による官僚のための成長戦略」の域を出ず、各省庁が予算獲得を目指して出した事業の寄せ集めにすぎなかったからだ。市場の冷淡な反応を受け、安倍晋三首相が「秋にもう一段の成長戦略を打ち出す」としてまとめたのが産業競争力強化法案である。 しかし問題なのは、ビジネス経験もなく企業経営について素人の官僚が、事業再編といった企業の命運を左右する分野に口出しする仕組みになっていることだ。
NSC法と秘密法 「一体」 が危険浮き彫りにする 赤旗 主張 10/26


ANN: 福島沖でM7.1 広範囲で一時津波注意報 10/26 ○26日未明、福島県沖でマグニチュード7.1の地震があり、東北や関東で震度4の揺れを観測し、岩手県の久慈港などでは最大40センチの津波を観測しました。 気象庁:「太平洋沖地震(東日本大震災)の余震域全体では、強い揺れ、津波を伴う地震に引き続き注意、警戒をして頂きたい」 午前2時10分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、郡山市などで震度4の揺れを観測したほか、北海道から九州までの広い範囲で震度1から3を観測しました。気象庁は、今回の地震は一昨年の東日本大震災の余震と考えられるとしています。  ★地震列島からの警告! 亡国!?の日本へ。
ANN: 風雨強まる伊豆大島 1300人が避難所で一夜 10/26 ○台風27号の接近に伴い、伊豆大島では25日の夕方、土砂災害に備えて一部の地区で避難指示が出されました。
特定秘密保護法案:日本ペンクラブ、閣議決定に抗議 毎日新聞 10/25 ○特定秘密保護法案が閣議決定され、衆院に提出された25日、同法案に反対する声が相次いだ。作家らでつくる日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は「閣議決定に強く抗議する」と声明を発表。言論表現委員長の山田健太専修大教授(言論法)が記者会見し「公的情報は国民のものだという原則を逆転させる法案だ。受け入れがたい」と批判した。 一方、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は同法案に反対する共同声明を出し「重罰がもたらす内部告発のためらいと取材の萎縮は最大の問題だ。賛成できない」と指摘。日本新聞労働組合連合も「本質的に憲法違反の情報統制法案だ」と懸念を表明した。  ★主権者、最高権力者は、我ら市民、国民だ。三権、及びその長は、国家機関に過ぎず。
核融合研:職員が市民団体ブログに匿名書き込み→処分 毎日新聞 10/25 ○核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は25日、男性職員(57)が勤務中に、市民グループ「多治見を放射能から守ろう!市民の会」のブログに書き込みをしたとして、訓告処分にしたことを明らかにした。処分は24日付。
“安倍カラー” 前面のNHK経営委員の面々って? 次の焦点は会長人事 産経新聞 10/25 ○保守論客や安倍晋三首相に近い人材が並び、NHK改革に向けた政権のカラーが打ち出された格好。経営委はNHKの最高意思決定機関で、会長任命など強い権限を持つだけに、松本正之会長の来年1月の任期満了に向けた会長選考に大きな影響を与えそうだ。 政府が人事案を提示した新任の委員は、百田氏のほか、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏、海陽学園海陽中等教育学校長の中島尚正氏、日本たばこ産業(JT)顧問の本田勝彦氏の計4人。再任のJR九州会長の石原進氏も含め、近く衆参両院の本会議で採決、承認される見通し。  ★公正、不偏不党とは、かけ離れた人選だ。改革でなくて、NHKへの介入だ。その嚆矢は、安倍コベ氏の、慰安婦問題に関わる、NHK番組への介入事件だった。介入を改革とは、正に、安倍コベ(使い)言語!
国会同意人事案、安倍カラー鮮明 NHK経営委員に百田氏ら 日経新聞 10/25 ○NHK経営委員には、作家の百田尚樹氏、哲学者の長谷川三千子氏、日本たばこ産業顧問の本田勝彦氏らを充てた。いずれも安倍晋三首相に近い有識者で、安倍カラーが鮮明になった。 百田氏は、昨年9月の自民党総裁選直前、首相と雑誌で対談してから親交を深めた。保守派の論客として知られる長谷川氏も古くから首相と交流し、5月には首相公邸で会食した。本田氏は東大生だったころに小学3、4年だった首相の家庭教師を務めた。  ★独裁色、ナチス張り!? 麻生、曰わく、ナチスの如く…
米軍 「殴り込み」 水陸両用車 陸自観閲式に初参加 赤旗 10/25 ○防衛省が主催して陸上自衛隊朝霞訓練場(東京都練馬区、埼玉県朝霞市など)で27日に実施する自衛隊観閲式に米軍の水陸両用車が初めて参加することが24日、本紙による自衛隊への取材で分かりました。 自衛隊によれば水陸両用車は米海兵隊が装備しているAAV―7型1両。米海兵隊のキャンプ富士(静岡県御殿場市)から持ち込まれる予定。米兵が説明要員として配置される、としています。 水陸両用車は艦船から海上を走行して上陸、武装米兵などを敵地の奥深くまで侵攻させる「殴りこみ部隊」の常備車両です。
高江に希少チョウ群 専門家、ヘリパッドの影響懸念 琉球新報 10/25 ○東村高江のヘリパッド建設予定地N1地区付近の林道でことし9月、環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている沖縄県固有種のチョウ「リュウキュウウラナミジャノメ」約30匹がまとまって生息している様子を専門家が初めて確認した。同種はこれまでも高江で観察されていたが、今回の発見で他の場所よりも極めて多く生息することが分かった。

ANN: 台風による大雨 伊豆大島全域の住民に避難勧告 10/25 ○東京・大島町、川島理史町長:「4835世帯、8365人に避難勧告を全島全域に出した」 島の全地域への避難勧告は25日午後3時に出され、対象は島の全島民4835世帯、8365人です。伊豆大島では夜から26日の明け方にかけて、最大で1時間に80ミリの強い雨が予想されています。町は最新の気象データや土砂崩れの現場の状況などを分析し、さらに一段階上の避難指示を出すかどうかの検討を進めています。
TBS: 台風27号、強い雨に警戒を 三重・尾鷲港の様子は 10/25 ○台風27号の最新情報です。三重県南部・尾鷲市の尾鷲港からの報告です。 名古屋から直線距離で南西におよそ140キロの地点です。尾鷲港では断続的に雨が降っています。現在は雨は降っていませんが、東側から弱い風が吹いています。海面も穏やかです。そして、堤防の裏には多くの漁船が係留されています。普段は2本のロープで固定しているということですが、今回のこの台風に備えて、5本のロープでいつもより頑丈に固定しているとのことです。
NHK: あす朝にかけ東日本でも雨強まる 10/25 ○台風27号と前線の影響で、西日本や東日本を中心に広い範囲で発達した雨雲がかかっていて、四国では降り始めからの雨量が600ミリを超えているところがあります。これから26日の朝にかけては関東や伊豆諸島など、東日本でも雨が強まる見込みで、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、暴風、高波などに警戒するよう呼びかけています。
医療・介護充実させよう いのち守る国民集会に3000人 赤旗 10/25
【特定秘密保護法案全文】 東京新聞 10/25 ○特定秘密保護法案の全文は次の通り。  ★廃案にすべきだ。
秘密保護法案に反対声明=ペンクラブ、雑誌協会 時事通信 10/25 ○日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は25日、同日の特定秘密保護法案の閣議決定に抗議する声明を発表した。 ペンクラブはこれまでも、「特定秘密」に指定できる情報の範囲が広すぎる上、知る権利や取材・報道の自由が侵害されるとして反対を表明。問題点を指摘する声が大きいにもかかわらず、閣議決定に至ったことに「厳しく反省を迫る」とし、国会審議で廃案にするよう求めた。 記者会見した吉岡忍専務理事は「政権が描く日本の将来像は、国家が市民社会を統括する国家主義へと向かっている印象だ。この法案をどうするかに、日本社会の未来像が問われている」と強い懸念を示した。 日本雑誌協会も同日、「政府に不都合な情報が闇から闇へと葬られることになりかねない」などとして、反対する声明を出した。
秘密保護法案を閣議決定 国民の懸念 置き去り 東京新聞 10/25 ○機密情報を漏らした公務員らに対する罰則を最高で懲役十年に強化することなどを柱とした特定秘密保護法案が二十五日午前、閣議決定された。公務員や記者だけでなく、情報を得ようとする市民も厳罰の対象になりかねず、国民の「知る権利」を侵害する恐れがある。安倍政権は懸念を置き去りにしたまま、国民を政府の情報から遠ざけようとしている。
違憲判断出たのに… 婚外子規定の削除 自民保守派が抵抗 東京新聞 10/25 ○自民党の保守系有志議員が二十四日、結婚していない男女間の子(婚外子)の遺産相続分を、法律上の夫婦の子(嫡出子)の半分とする民法規定を違憲とした最高裁決定に関する勉強会を国会内で開いた。違憲判断を受けた法改正について、拙速な党内手続きに反対する方針を決め、来週にも家族制度の在り方を考える議員連盟を設立することも確認した。政府が目指す今国会中の民法改正は波乱含みとなっている。…最高裁大法廷は九月、民法規定を「法の下の平等を定めた憲法に反する」と判断した。政府はこの規定を削除する法改正を急いでいる。  ★市民平等、人権尊重の抵抗勢力、反革命勢力、かつての家族制度を墨守し、復古しようと、憲法違反を企てる連中!? 公務員??? 即刻、辞職を。矜持があるなら。
衆院、日本版NSC法案審議入り 安保の司令塔、今国会成立へ 東京新聞 10/25
五日市憲法草案を公開 あすから あきる野中央図書館 東京新聞 10/25 ○東京都あきる野市の中央図書館は、明治初期に旧五日市町(現あきる野市)で起草された「五日市憲法草案」の原本の一部を二十六日から公開する。改憲が現実的な政治課題となり、憲法への関心が高まる中、主催者は「国の形を真剣に考えた明治の人々の精神を知ってほしい」と来館を呼び掛ける。 五日市憲法草案は大日本帝国憲法が公布される八年前の一八八一(明治十四)年に起草され、一九六八年に色川大吉東京経済大教授(当時)のグループが町内旧家の土蔵から発見した。全二百四カ条の原本は二十四枚あり、普段は図書館書庫に保管し、テーマを決めて年に一回、部分的に公開している。
国会同意人事案:NHK経営委に小説家・百田氏など提示 毎日新聞 10/25 ○政府は25日午前、衆参両院の議院運営委員会理事会に対し、NHK経営委員会委員に小説家の百田尚樹氏、日本たばこ産業(JT)顧問の本田勝彦氏、哲学者の長谷川三千子氏ら5人を起用するなど計12機関29人の同意人事案をそれぞれ提示した。政府・与党は11月上旬にも衆参両院本会議で同意を得たい考えだ。 百田氏はデビュー作「永遠の0」がベストセラーになった人気作家。長谷川氏は保守派の論客で、昨年9月、安倍晋三首相が自民党総裁選に立候補した際、百田氏とともに支持を表明した。本田氏も安倍首相の学生時代に家庭教師を務めるなど首相に近い。  ★安倍コベ派で、固めて、情報・番組統制を図る!? か。
診療報酬増額へ巨大議連来月設立 自民議員250人超が参加 東京新聞 10/25 ○超高齢社会や医療水準の高度化に対応する制度づくりを掲げ、自民党議員250人超が参加する巨大議員連盟が11月8日に設立総会を開くことが25日分かった。12月に決まる診療報酬改定で増額を求めていく思惑があり、2014年度予算編成に向けた与党の歳出圧力が強まりそうだ。
NHK: 多摩ニュータウン 初の建て替え完成 10/25 ○多摩ニュータウンは、東京西部の4つの市にまたがる国内最大規模のニュータウンですが、開発が始まって40年ほどたち、建物の老朽化や住民の高齢化が問題になっています。このうち昭和46年に入居が始まった多摩市の「諏訪2丁目住宅」では、23棟あった5階建ての集合住宅を取り壊し、11階と14階建ての高層住宅7棟に建て替える大規模な工事が行われ、今月、完成しました。  ★ベビーブームは、昔々のこととなり、人口増加も、今は、昔か。再びは、あるか??? 再び、戦争放棄すれば、あるか?
教科書の採択 竹富町の意思重んじよ 東京新聞 社説 10/25
オスプレイ 四国中西部に飛行集中 移動で南西部を常習使用 赤旗 10/25 ○米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの昨年10月の米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)配備以降、すでに同機が四国上空を使った飛行訓練を繰り返しており、とりわけ四国中西部に集中していることが、高知、愛媛両県のまとめから分かりました。
離島奪還 危機あおる訓練は迷惑だ 琉球新報 社説 10/25 ○防衛省は陸海空3自衛隊3万4千人が参加する実動演習を11月に実施すると発表した。沖大東島で事実上の離島奪還訓練を行う。 尖閣問題で中国との関係がぎくしゃくしている今、安倍晋三首相の外交努力が求められている。危機を演出して国民に軍事力の必要性を印象付ける安倍政権の政治手法は、中国を刺激し問題の解決を困難にしてしまう。逆に国益を損ないかねない。
[離島奪還訓練] 地域の緊張を高めるな 沖縄タイムス 社説 10/25 ○防衛省は、陸海空自衛隊を動員した大規模実動演習を来月1日から、九州や沖縄県を中心に実施すると発表した。 上陸作戦や輸送訓練を予定しており、事実上の離島奪還訓練となる。主な訓練場所は那覇の南東約400キロにある無人島で、米軍の射爆撃場となっている沖大東島(北大東村)だという。 尖閣諸島周辺で続く中国との緊張関係などを踏まえた演習であるのは明らかだ。
[無人機攻撃] 国際的な歯止めが必要 南日本新聞 社説 10/25 ○米国や英国などの無人機攻撃によって、パキスタンやアフガニスタンで2004年以降、多数の市民が犠牲になったとの国連報告書が公表された。 報告書によると、パキスタンでは今年3月までに少なくとも330回の無人機攻撃があり、死者総数は2200人を超す。うち400人以上が市民で、さらに200人以上が非戦闘員とみられる。 攻撃を受けた地域は現地調査が難しいため、実際の犠牲者数はもっと多い可能性が高い。同国のほかアフガニスタンやイエメンでも市民の巻き添えが出ている。 主権国家の領土に無人機を侵入させて行う攻撃に、果たして正当性があるのか。しかも、罪のない市民に多数の犠牲が出ており責任は免れない。
秘密保護法案/情報統制への懸念は残る 神戸新聞 社説 10/25
無人機攻撃/あまりに危険で身勝手だ 神戸新聞 社説 10/25 ○撃墜されても、誰も乗っていないから、人命を失う心配はない。それが無人機攻撃を行う最大の利点だろう。だがそれは、あくまでも攻撃する側の理屈である。 関係のない人たちが攻撃の巻き添えを食って命を落としても頓着しないというのなら、あまりにも身勝手というしかない。 米英両国の無人機による対テロ作戦で、パキスタンやアフガニスタンなどではこの10年で400人以上の市民が犠牲になっている。国連は現地調査を踏まえ、そう結論付けた報告書を公表した。

ひと:アリ・ビーザーさん 被爆者の証言の旅を世界に発信 毎日新聞 10/25 ○原爆投下が戦争を終結させたと考える祖父に罪の意識はなかったが、生前「我々はすべてを破壊する力を持ったのだから、仲良くする道を見つけなければならない」と話していたという。核兵器廃絶へ向けた行動が、祖父から引き継ぐべき使命と感じている。
竹島で訓練「極めて遺憾」=韓国に抗議-菅官房長官
竹島で上陸阻止訓練=異例の公表、「独島の日」に-韓国軍 時事通信 10/25 ○韓国軍と海洋警察は25日午前、同国が領有権を主張する島根県の竹島(韓国名・独島)で、外国人の島上陸を阻止するための防衛訓練を実施した。年に数回行われる定例の訓練だが、今回は民間団体などが定めた「独島の日」に合わせて行われ、通常と異なり国防省が実施の事実を即日公表した。  ★国際紛争は、マッチポンプ!? 愚の骨頂!?
世界の指導者35人盗聴 米政府当局者 電話番号NSAに 東京新聞 10/25 ○英紙ガーディアン(電子版)は二十四日、情報監視活動をしている米国家安全保障局(NSA)が、世界のリーダー三十五人の電話番号の情報を米政府当局者から提供され、会話を盗聴していたと報じた。 NSAの情報監視疑惑をめぐっては、ドイツのメルケル首相の携帯電話が盗聴されていた可能性を独政府が明らかにしたばかりで、波紋を広げそうだ。 同紙は、米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員=ロシアに一時亡命中=から入手したNSAの内部文書を基に報道した。三十五人の名前や国名は明らかになっていない。 文書は二〇〇六年十月二十七日付で、NSA電子情報部門の職員に出されたメモ。文書は、ホワイトハウスや国務省、国防総省などの高官から、外国の主要な政治家らの電話番号を提供してもらうことを奨励している。

ANN: 台風27号北上中 夕方以降、伊豆諸島も大雨に警戒 10/25 ○台風27号は、南大東島の北にあって北東へ進んでいます。台風は次第に速度を上げ、26日未明、紀伊半島沖に進んでくる見込みです。伊豆諸島には26日昼すぎに最も近づく予想です。西日本では、台風の近づく前から大雨になっています。九州や四国では、降り始めからの雨量がすでに400ミリを超えているところがあり、大分県佐伯市では24日午後5時50分までの24時間に403ミリの雨が降り、観測開始以来の記録を更新しました。25日も、西日本を中心に大雨の恐れがあります。現在は、四国に活発な雨雲がかかっています。この後、雨雲は東へ移動し、伊豆諸島でも夕方以降、大雨になる恐れがあります。26日朝までに降る雨の量は、いずれも多いところで四国、伊豆諸島で250ミリ、関東甲信で200ミリなどとなっています。
ANN: 台風27号が北上中 鹿児島はまもなく強風域へ 10/25
男女平等、日本は105位 先進国で最低水準続く 東京新聞 10/25 ○ダボス会議で知られるスイスのシンクタンク、世界経済フォーラムは25日、2013年版の「男女格差報告」を発表、日本は調査対象となった136カ国中105位で、前年より順位を四つ下げた。順位低下は3年連続。 女性議員がさらに減ったことが順位低下の原因となった。先進国の中で最低水準が続いている。 首位は5年連続でアイスランド。2位フィンランド、3位ノルウェーと、上位に例年通り北欧諸国が並ぶ一方、5位にフィリピンが入った。米国は23位、中国は69位、韓国は日本より低い111位だった。  ★男女不平等にして、人口減少社会、少子高齢化が進む、日本。なのに、これを案ずる政府なし!? 且つその政府は、後戻り、復古、戦争する国を目指している!? 正に、安倍コベだ。政策が!姿勢が。
集団自衛権、解釈改憲を支持=民主・前原氏 時事通信 10/24
1票の格差:11月20日に最高裁判決…昨年の衆院選 毎日新聞 10/24 ○「1票の格差」が最大2.43倍だった昨年12月の衆院選の定数配分は憲法違反だとして、二つの弁護士グループが計31選挙区の無効を求めた訴訟の上告審で、最高裁大法廷=裁判長・竹崎博允(ひろのぶ)長官=は24日、判決期日を11月20日に指定した。計16件の高裁判決は「違憲・無効」「違憲・有効」「違憲状態」と結論が分かれており、統一判断が示される。  ★法の支配の責任者、逃げずに、堂々責任を全うしようとするか、請うご期待!? 否、冷やかしではなく、断然、最高裁は、憲法上の責任を果たすべきだ。民主主義、国民主権を、真に回復させるべきだ。
旧社会保険庁:元職員の免職取り消し8人追加…人事院決定 毎日新聞 10/24 ○旧社会保険庁の廃止に伴い多数の職員が民間会社の「解雇」に当たる「分限免職」となった問題で、人事院は24日、処分を不服として審査を申し立てていた元職員24人のうち8人の分限免職を取り消すなどとした決定を交付した。この問題では71人から審査請求が出ていたが、この日までに1人を除いて決定が出て、処分取り消しは合計で24人に上った。46人の処分は承認されたが、解雇という重い処分で3人に1人の取り消しは、処分全体の正当性に疑問を投げかける形になった。一連の結果を受け、日本国家公務員労働組合連合会の宮垣忠委員長は「34%も処分の取り消しが出たことは、いいかげんな基準の処分が行われた証明で、全員の処分を取り消すべきだ」と話している。 この問題では全国で525人が分限免職されており、処分取り消しとならなかった人の間では提訴の動きも広がっている。  ★永田町、霞ヶ関の、乱暴狼藉!?の故 法治、著しい逸脱。 八つ当たり!? 年金問題バッシング、江戸の敵を長崎で、式。
政治献金:経団連加盟企業が増額 08年度水準に 毎日新聞 10/24 ○経団連に加盟する大手企業は自民党に対する政治献金を今年度から上積みする方針だ。経済界では7月の参院選で自民党が圧勝したことを受け政権基盤の長期安定に対する期待が高まっている。民主党政権時代にパイプが細った自民党への支援態勢を強化し、法人実効税率の引き下げや踏み込んだ規制改革実現などに向けた環境整備を後押しする狙いだ。 献金増額の流れを先取りしているのは電機や自動車などの製造業だ。 電機業界は08年のリーマン・ショック後の業績低迷や09年の民主党への政権交代をきっかけに、自民党に対する献金を大幅に減らした。
2013-10-25

10/25: 秘密保護法案を閣議決定 政府は、秘密保護より 本来業務の検証・徹底を 1票の価値、相続の平等、結婚歴で差別撤廃等々

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・独首相、米情報機関“盗聴疑惑”に不信感  17時59分
 ・みずほ銀行、歴代3頭取の処分検討  17時59分
 ・ヤマト運輸「クール宅急便」でずさんな管理  16時33分
 ・風俗店の無料案内所を一斉摘発 12人逮捕  15時26分
 ・伊豆大島、2地域に避難勧告  14時39分
 ・台風27号北上中 夕方以降、伊豆諸島も大雨に警戒  5時50分
 ・台風27号が北上中 鹿児島はまもなく強風域へ  5時50分
 ・台風27号の接近で伊豆大島で避難勧告を検討  5時50分
 ・福島第一 汚染雨水、例外措置で素早く排水へ  5時50分
 ・朝鮮総連本部入札の企業「政府支援受けていない」  5時50分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月25日分 9:00 実施
今日の「○」と「×」: 「×」 特定秘密保護法案が閣議決定。 「×」 秘密保護法案を閣議決定…「NSC」は審議入り
イシャジャの呟き: 釣瓶落とし・・・  誕生日の花 ダンギク 花言葉 忘れ得ぬ思い
 今日のトピックス Blog10/24: 日弁連、秘密保護法反対 自民・村上氏「首相の趣味なぜ先に」 同法案を批判 安倍コベ政権への我利我利批判は正当!?

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

福島 約9割の学校 屋外活動制限解除 NHK 10/25 ○原発事故のあと、放射性物質への不安から、福島県内の多くの学校では校庭などでの活動が制限されてきましたが、除染などが進み、これまでにおよそ9割の学校で制限を解除したことが福島県の調査で分かりました。しかし、長期間にわたる制限で子どもの体力の低下が深刻となっており、県では今後、対策を強化することにしています。
東電賠償 打ち切り通知は40業者 野菜農家や食品加工など/茨城 東京新聞 10/25 ○東電は、酒造組合やほしいも中央協同組合など四食品加工組合に所属する事業者の打ち切りを検討するため、減収の状況や風評被害とのかかわりについて個別に聞き取りを始めたという。 また橋本昌知事は、県酒造組合の組合員に四月分以降、賠償金が支払われていないことも明らかにした。 橋本知事は答弁で「新たな取引先を開拓したり、代わりの事業を展開することは容易ではない。売り上げを確保しようと必死に取り組んできたにもかかわらず、現在も事故前の状況に戻らないのが実情と思われる」との見解を示し、東電に対し「事業者の立場に立ち、誠意を持って事業者の声を聴き、個別の事情に応じて丁寧に協議を進めていく必要がある」と配慮を求めた。

規制委、せきの水の直接排出了承 実態追認、台風控え期限付き 東京新聞 10/24 ○東京電力福島第1原発の汚染水タンク群を囲むせきに降雨でたまった水について、原子力規制委員会は24日、大雨であふれそうになった場合、放射性物質濃度が排水基準未満と確認した上で、せきから直接排出するとした暫定運用を了承した。 台風27号の接近を控えた対応で、東電によるせきのかさ上げなどの対策が終わる年末までを期限とした。東電は16日の台風26号や20日の大雨の際「正規手順ではせきからあふれる」として、すでに同様の手法で排出しており、規制委が実態に合わせて追認した格好だ。
小泉元首相に会談要請=社民党首「脱原発で協力を」 時事通信 10/24 ○社民党の吉田忠智党首は24日、国会内で記者団に対し、「原発ゼロ」を主張している小泉純一郎元首相に会談を呼び掛けたことを明らかにした。吉田氏は「脱原発政党として超党派で幅広い市民の皆さんと協力しなければならない。その一点で小泉氏と協力できたら」と語り、会談実現に期待を示した。
小泉氏「原発ゼロ」発言一石 自民、維持に批判続出 東京新聞 10/25 ○政府・自民党執行部は安全性が確保された原発の再稼働を進め、原発を維持する方針だが、党内には異論もある。 引退後も高い知名度で注目される小泉純一郎元首相も脱原発を主張していて、意見集約は難航しそうだ。 会議では、秋本真利衆院議員が「選挙公約では『原子力に依存しない社会』と書いている。(基本計画に)原発の新増設や比率を高めると書き込むことは決してあってはならない」と訴えた。 柴山昌彦衆院議員は資源エネルギー庁に対し「説明資料では『原発がないとだめだ』というのが見え見えだ」と批判した。 河野太郎衆院議員は「基本計画は以前から『原子力ムラ』の維持に使われてきた。核燃料サイクルはできないのに『できる』とうそで塗り固めるのは健全でない」と指摘した。 その一方で「使える原発は使っていいと思う。十年くらいは二割に戻していい」と、原発比率を高めるべきだとの意見も出た。

排水溝の水、14万ベクレルに 最高値を記録 福島第一 朝日新聞 10/24 ○東京電力は24日、福島第一原発の排水溝の水からストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質を1リットルあたり14万ベクレル検出したと発表した。8月から始まった排水溝の水の調査で最高値。放射性ストロンチウムの法で定める放出限度は1リットルあたり30ベクレル。検出された水にはストロンチウム以外の放射性物質も含まれているが、高い濃度になっている。 東電によると、23日に採取した水から検出された。22日は同5万9千ベクレルだった。東電は「これまでに降った雨水の影響で、周辺の地表にある放射性物質が排水溝に流れ込んだためとみられる」などと説明。新たな漏れは確認されていないという。 観測地点は、8月に300トンの高濃度汚染水漏れ事故が発覚したタンクの近く。排水溝は約700メートル先で港湾外の海につながっている。放射性物質がそのまま流れていくのを防ぐため、この地点の下流側に土嚢(どのう)を積んでいるという。
 ・堰のたまり水51万ベクレル 汚染水漏れタンクの区画(10/23)
東電風評被害・賠償打ち切り40事業者 知事 「説明が不十分」 茨城新聞 10/24 ○東京電力福島第1原発事故に伴う風評被害への損害賠償で、東電から「売り上げ減少と事故との因果関係は認められない」と賠償打ち切りを通知された県内事業者は、食品加工など約40事業者に上ることが23日分かった。同日の県議会予算特別委員会で、橋本昌知事が明らかにした。橋本知事は「事業者への事前の説明や協議が不十分」との認識を示し、「個別事業に応じた丁寧な協議」の必要性を強調した。
「高濃度汚染がれき」 原発敷地内に埋設 東電社長が方針 福島民友 10/24 ○同原発敷地内のがれきは現在、約6万5000立方メートルあるという。がれきの処理について広瀬社長は、材質や汚染の度合いに応じて分別し保管場所を決めると説明した。その上で高濃度の汚染がれきについては「(放射能汚染が)高レベルの場合、土の遮蔽(しゃへい)はかなり効果があり、土をかぶせる方法を考えている」と述べた。  ★「土をかぶせる方法」とは、地表近くで埋設ということか? 水も被らない、晒されない!? 放棄するという方法か。
原発新増設に異論、自民部会 エネルギー基本計画めぐり 東京新聞 10/24 ○自民党の資源・エネルギー戦略調査会と経済産業部会が24日に開いた会合で、政府が年内の策定を目指すエネルギー基本計画をめぐり、出席した議員から「計画に原発の新増設や、比率を高めると書くべきではない」と、原発の維持や推進への批判が相次いだ。 自民は一定程度の原発を維持したい姿勢だが、党内では異論も根強い。小泉純一郎元首相が脱原発の主張を繰り返していることもあり、意見集約は難航しそうだ。
原発:「建て替え」 明記検討 政府、依存を継続 毎日新聞 10/24 ○政府・自民党は23日、中長期の原子力政策として、既存の原発の敷地内で旧炉を新しい炉に更新する「リプレース(建て替え)」を打ち出す検討を始めた。年内にまとめる政府のエネルギー基本計画に明記する方向で調整する。安倍政権は規制基準をクリアした原発の再稼働を進める構えで、将来も一定の原発比率を保つ方針を明確にする狙い。しかし東京電力福島第1原発事故の収束が難航するなか、原発依存の継続と受け取れる表現には強い反発が見込まれ、調整の難航は必至だ。
原発:課題山積みも方針転換 建て替え容認で反発必至 毎日新聞 10/24
核不使用声明 廃絶を目指す一歩に 東京新聞 社説 10/24 ○政府がこれまで見送ってきた核兵器の不使用を訴える共同声明に、ようやく参加した。核の悲惨さを知る唯一の被爆国として、同じ意思を持つ国々とともに核廃絶を今まで以上に強く訴えたい。 声明は核兵器の非人道性と核を使わない決意を訴えて、ニュージーランドやスイスなどが国連総会第一委員会に提案した。 百二十五カ国が賛同したが、核保有国と核開発が疑われる国々は加わらなかった。声明に法的拘束力はないが、核なき世界の実現を訴える国は毎年増えている。
原発輸出 前のめりの姿勢は問題だ 山陽新聞 社説 10/24 ○日本の原発輸出の問題点がまたひとつ浮き彫りになったといえよう。ベトナムへの輸出をめぐり、相手国の原子力安全規制などを点検する日本政府の「安全確認制度」が整っていないことが分かった。 ベトナムでの受注は、東日本大震災前の民主党政権時代にトップセールスで合意された。原発関連機器を日本から資金力の弱いこうした新興国などへ輸出する場合、国際協力銀行が相手国に支援融資する条件として、日本政府による安全確認が必要とされる。 日本はこれまで原子炉の輸出実績はないが、以前は経済産業省に置かれていた原子力安全・保安院を中心に、相手国の原子力の安全規制や態勢に不備がないかを審査し、国内メーカーが部品などを出荷してきた。 だが、昨年9月に原子力規制委員会が発足。事務局の原子力規制庁は今年1月、経産省資源エネルギー庁に対し「海外向けの安全配慮の手続きには関与しない」と回答したという。

欠陥貯水池に雨水移送 福島第一、台風対策窮地に 東京新聞 10/24 ○台風27号が近づく中、東京電力は二十三日、福島第一原発のタンク群周りの堰(せき)にたまる雨水を移送する先が十分確保できないため、四月に水漏れが起き、信頼性が失われた地下貯水池を使う方針を明らかにした。池をめぐっては、東電の広瀬直己(なおみ)社長自らが今後は使わないことを約束していたが、他に手段がない状況に陥った。
福島原発、燃料取り出し前倒し 4号機、来月8日にも 東京新聞 10/24 ○東京電力が福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールに保管している1533体の燃料取り出しについて、早ければ11月8日にも開始する方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。廃炉が決まっている1~4号機のプールからの本格的な燃料取り出しは2011年3月の事故以来、初めてとなる。当初計画では11月中旬の開始予定だった。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 自由律口語短歌習作 ・ブログ連歌(336)
市民社会フォーラム: 10/25の「朝まで生テレビ」(汚染水と原発)に森園和重さんが出演! ほか
@動画: 福島 三年目の捜索/テレメンタリー2013
植草一秀の『知られざる真実』: 摘発すべきはアサンジ氏スノーデン氏でなく米政府
OurPlanetTV: •UNSCEAR報告「健康影響ゼロ」は非科学的〜市民ら声明
孫崎享チャンネル: 米国の友好国、同盟国に対する盗聴.米国に激しく抗議する独仏と我関せずの日本
天木直人のブログ: イラク戦争を検証するはじめての映画があらわれた!  ○この映画は当時の三人のうちの今井紀明さんと高遠菜穂子さんのその後を描いている。 はかりしれない精神的ダメージを乗り越えて元気で第二の人生を生きる二人の巣晴らし生き様を描いている。 それよりも私がこの映画で感動したのは、この映画は紛れもないイラク戦争の検証になっているということだ。 イラク戦争の検証はあの戦争がウソに基づいた間違った戦争であったことを検証するだけではない。 不正義だった戦争を支持し、自衛隊まで派遣した日本政府の間違いを検証し、その責任を追及することこそ検証されなければいけないのだ。 この映画はその事を見事に達成している。

@動画: ここまできた自動運転 社会はどう変わるのか/NHK・クローズアップ現代

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

ANN: 台風による大雨 伊豆大島全域の住民に避難勧告 10/25 ○東京・大島町、川島理史町長:「4835世帯、8365人に避難勧告を全島全域に出した」 島の全地域への避難勧告は25日午後3時に出され、対象は島の全島民4835世帯、8365人です。伊豆大島では夜から26日の明け方にかけて、最大で1時間に80ミリの強い雨が予想されています。町は最新の気象データや土砂崩れの現場の状況などを分析し、さらに一段階上の避難指示を出すかどうかの検討を進めています。
TBS: 台風27号、強い雨に警戒を 三重・尾鷲港の様子は 10/25 ○台風27号の最新情報です。三重県南部・尾鷲市の尾鷲港からの報告です。 名古屋から直線距離で南西におよそ140キロの地点です。尾鷲港では断続的に雨が降っています。現在は雨は降っていませんが、東側から弱い風が吹いています。海面も穏やかです。そして、堤防の裏には多くの漁船が係留されています。普段は2本のロープで固定しているということですが、今回のこの台風に備えて、5本のロープでいつもより頑丈に固定しているとのことです。
NHK: あす朝にかけ東日本でも雨強まる 10/25 ○台風27号と前線の影響で、西日本や東日本を中心に広い範囲で発達した雨雲がかかっていて、四国では降り始めからの雨量が600ミリを超えているところがあります。これから26日の朝にかけては関東や伊豆諸島など、東日本でも雨が強まる見込みで、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、暴風、高波などに警戒するよう呼びかけています。
医療・介護充実させよう いのち守る国民集会に3000人 赤旗 10/25
【特定秘密保護法案全文】 東京新聞 10/25 ○特定秘密保護法案の全文は次の通り。  ★廃案にすべきだ。
秘密保護法案に反対声明=ペンクラブ、雑誌協会 時事通信 10/25 ○日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は25日、同日の特定秘密保護法案の閣議決定に抗議する声明を発表した。 ペンクラブはこれまでも、「特定秘密」に指定できる情報の範囲が広すぎる上、知る権利や取材・報道の自由が侵害されるとして反対を表明。問題点を指摘する声が大きいにもかかわらず、閣議決定に至ったことに「厳しく反省を迫る」とし、国会審議で廃案にするよう求めた。 記者会見した吉岡忍専務理事は「政権が描く日本の将来像は、国家が市民社会を統括する国家主義へと向かっている印象だ。この法案をどうするかに、日本社会の未来像が問われている」と強い懸念を示した。 日本雑誌協会も同日、「政府に不都合な情報が闇から闇へと葬られることになりかねない」などとして、反対する声明を出した。
秘密保護法案を閣議決定 国民の懸念 置き去り 東京新聞 10/25 ○機密情報を漏らした公務員らに対する罰則を最高で懲役十年に強化することなどを柱とした特定秘密保護法案が二十五日午前、閣議決定された。公務員や記者だけでなく、情報を得ようとする市民も厳罰の対象になりかねず、国民の「知る権利」を侵害する恐れがある。安倍政権は懸念を置き去りにしたまま、国民を政府の情報から遠ざけようとしている。
違憲判断出たのに… 婚外子規定の削除 自民保守派が抵抗 東京新聞 10/25 ○自民党の保守系有志議員が二十四日、結婚していない男女間の子(婚外子)の遺産相続分を、法律上の夫婦の子(嫡出子)の半分とする民法規定を違憲とした最高裁決定に関する勉強会を国会内で開いた。違憲判断を受けた法改正について、拙速な党内手続きに反対する方針を決め、来週にも家族制度の在り方を考える議員連盟を設立することも確認した。政府が目指す今国会中の民法改正は波乱含みとなっている。…最高裁大法廷は九月、民法規定を「法の下の平等を定めた憲法に反する」と判断した。政府はこの規定を削除する法改正を急いでいる。  ★市民平等、人権尊重の抵抗勢力、反革命勢力、かつての家族制度を墨守し、復古しようと、憲法違反を企てる連中!? 公務員??? 即刻、辞職を。矜持があるなら。
衆院、日本版NSC法案審議入り 安保の司令塔、今国会成立へ 東京新聞 10/25
五日市憲法草案を公開 あすから あきる野中央図書館 東京新聞 10/25 ○東京都あきる野市の中央図書館は、明治初期に旧五日市町(現あきる野市)で起草された「五日市憲法草案」の原本の一部を二十六日から公開する。改憲が現実的な政治課題となり、憲法への関心が高まる中、主催者は「国の形を真剣に考えた明治の人々の精神を知ってほしい」と来館を呼び掛ける。 五日市憲法草案は大日本帝国憲法が公布される八年前の一八八一(明治十四)年に起草され、一九六八年に色川大吉東京経済大教授(当時)のグループが町内旧家の土蔵から発見した。全二百四カ条の原本は二十四枚あり、普段は図書館書庫に保管し、テーマを決めて年に一回、部分的に公開している。
国会同意人事案:NHK経営委に小説家・百田氏など提示 毎日新聞 10/25 ○政府は25日午前、衆参両院の議院運営委員会理事会に対し、NHK経営委員会委員に小説家の百田尚樹氏、日本たばこ産業(JT)顧問の本田勝彦氏、哲学者の長谷川三千子氏ら5人を起用するなど計12機関29人の同意人事案をそれぞれ提示した。政府・与党は11月上旬にも衆参両院本会議で同意を得たい考えだ。 百田氏はデビュー作「永遠の0」がベストセラーになった人気作家。長谷川氏は保守派の論客で、昨年9月、安倍晋三首相が自民党総裁選に立候補した際、百田氏とともに支持を表明した。本田氏も安倍首相の学生時代に家庭教師を務めるなど首相に近い。  ★安倍コベ派で、固めて、情報・番組統制を図る!? か。
診療報酬増額へ巨大議連来月設立 自民議員250人超が参加 東京新聞 10/25 ○超高齢社会や医療水準の高度化に対応する制度づくりを掲げ、自民党議員250人超が参加する巨大議員連盟が11月8日に設立総会を開くことが25日分かった。12月に決まる診療報酬改定で増額を求めていく思惑があり、2014年度予算編成に向けた与党の歳出圧力が強まりそうだ。
NHK: 多摩ニュータウン 初の建て替え完成 10/25 ○多摩ニュータウンは、東京西部の4つの市にまたがる国内最大規模のニュータウンですが、開発が始まって40年ほどたち、建物の老朽化や住民の高齢化が問題になっています。このうち昭和46年に入居が始まった多摩市の「諏訪2丁目住宅」では、23棟あった5階建ての集合住宅を取り壊し、11階と14階建ての高層住宅7棟に建て替える大規模な工事が行われ、今月、完成しました。  ★ベビーブームは、昔々のこととなり、人口増加も、今は、昔か。再びは、あるか??? 再び、戦争放棄すれば、あるか?
教科書の採択 竹富町の意思重んじよ 東京新聞 社説 10/25
オスプレイ 四国中西部に飛行集中 移動で南西部を常習使用 赤旗 10/25 ○米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイの昨年10月の米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)配備以降、すでに同機が四国上空を使った飛行訓練を繰り返しており、とりわけ四国中西部に集中していることが、高知、愛媛両県のまとめから分かりました。
離島奪還 危機あおる訓練は迷惑だ 琉球新報 社説 10/25 ○防衛省は陸海空3自衛隊3万4千人が参加する実動演習を11月に実施すると発表した。沖大東島で事実上の離島奪還訓練を行う。 尖閣問題で中国との関係がぎくしゃくしている今、安倍晋三首相の外交努力が求められている。危機を演出して国民に軍事力の必要性を印象付ける安倍政権の政治手法は、中国を刺激し問題の解決を困難にしてしまう。逆に国益を損ないかねない。
[離島奪還訓練] 地域の緊張を高めるな 沖縄タイムス 社説 10/25 ○防衛省は、陸海空自衛隊を動員した大規模実動演習を来月1日から、九州や沖縄県を中心に実施すると発表した。 上陸作戦や輸送訓練を予定しており、事実上の離島奪還訓練となる。主な訓練場所は那覇の南東約400キロにある無人島で、米軍の射爆撃場となっている沖大東島(北大東村)だという。 尖閣諸島周辺で続く中国との緊張関係などを踏まえた演習であるのは明らかだ。
[無人機攻撃] 国際的な歯止めが必要 南日本新聞 社説 10/25 ○米国や英国などの無人機攻撃によって、パキスタンやアフガニスタンで2004年以降、多数の市民が犠牲になったとの国連報告書が公表された。 報告書によると、パキスタンでは今年3月までに少なくとも330回の無人機攻撃があり、死者総数は2200人を超す。うち400人以上が市民で、さらに200人以上が非戦闘員とみられる。 攻撃を受けた地域は現地調査が難しいため、実際の犠牲者数はもっと多い可能性が高い。同国のほかアフガニスタンやイエメンでも市民の巻き添えが出ている。 主権国家の領土に無人機を侵入させて行う攻撃に、果たして正当性があるのか。しかも、罪のない市民に多数の犠牲が出ており責任は免れない。
秘密保護法案/情報統制への懸念は残る 神戸新聞 社説 10/25
無人機攻撃/あまりに危険で身勝手だ 神戸新聞 社説 10/25 ○撃墜されても、誰も乗っていないから、人命を失う心配はない。それが無人機攻撃を行う最大の利点だろう。だがそれは、あくまでも攻撃する側の理屈である。 関係のない人たちが攻撃の巻き添えを食って命を落としても頓着しないというのなら、あまりにも身勝手というしかない。 米英両国の無人機による対テロ作戦で、パキスタンやアフガニスタンなどではこの10年で400人以上の市民が犠牲になっている。国連は現地調査を踏まえ、そう結論付けた報告書を公表した。

ひと:アリ・ビーザーさん 被爆者の証言の旅を世界に発信 毎日新聞 10/25 ○原爆投下が戦争を終結させたと考える祖父に罪の意識はなかったが、生前「我々はすべてを破壊する力を持ったのだから、仲良くする道を見つけなければならない」と話していたという。核兵器廃絶へ向けた行動が、祖父から引き継ぐべき使命と感じている。
竹島で訓練「極めて遺憾」=韓国に抗議-菅官房長官
竹島で上陸阻止訓練=異例の公表、「独島の日」に-韓国軍 時事通信 10/25 ○韓国軍と海洋警察は25日午前、同国が領有権を主張する島根県の竹島(韓国名・独島)で、外国人の島上陸を阻止するための防衛訓練を実施した。年に数回行われる定例の訓練だが、今回は民間団体などが定めた「独島の日」に合わせて行われ、通常と異なり国防省が実施の事実を即日公表した。  ★国際紛争は、マッチポンプ!? 愚の骨頂!?
世界の指導者35人盗聴 米政府当局者 電話番号NSAに 東京新聞 10/25 ○英紙ガーディアン(電子版)は二十四日、情報監視活動をしている米国家安全保障局(NSA)が、世界のリーダー三十五人の電話番号の情報を米政府当局者から提供され、会話を盗聴していたと報じた。 NSAの情報監視疑惑をめぐっては、ドイツのメルケル首相の携帯電話が盗聴されていた可能性を独政府が明らかにしたばかりで、波紋を広げそうだ。 同紙は、米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員=ロシアに一時亡命中=から入手したNSAの内部文書を基に報道した。三十五人の名前や国名は明らかになっていない。 文書は二〇〇六年十月二十七日付で、NSA電子情報部門の職員に出されたメモ。文書は、ホワイトハウスや国務省、国防総省などの高官から、外国の主要な政治家らの電話番号を提供してもらうことを奨励している。

ANN: 台風27号北上中 夕方以降、伊豆諸島も大雨に警戒 10/25 ○台風27号は、南大東島の北にあって北東へ進んでいます。台風は次第に速度を上げ、26日未明、紀伊半島沖に進んでくる見込みです。伊豆諸島には26日昼すぎに最も近づく予想です。西日本では、台風の近づく前から大雨になっています。九州や四国では、降り始めからの雨量がすでに400ミリを超えているところがあり、大分県佐伯市では24日午後5時50分までの24時間に403ミリの雨が降り、観測開始以来の記録を更新しました。25日も、西日本を中心に大雨の恐れがあります。現在は、四国に活発な雨雲がかかっています。この後、雨雲は東へ移動し、伊豆諸島でも夕方以降、大雨になる恐れがあります。26日朝までに降る雨の量は、いずれも多いところで四国、伊豆諸島で250ミリ、関東甲信で200ミリなどとなっています。
ANN: 台風27号が北上中 鹿児島はまもなく強風域へ 10/25
男女平等、日本は105位 先進国で最低水準続く 東京新聞 10/25 ○ダボス会議で知られるスイスのシンクタンク、世界経済フォーラムは25日、2013年版の「男女格差報告」を発表、日本は調査対象となった136カ国中105位で、前年より順位を四つ下げた。順位低下は3年連続。 女性議員がさらに減ったことが順位低下の原因となった。先進国の中で最低水準が続いている。 首位は5年連続でアイスランド。2位フィンランド、3位ノルウェーと、上位に例年通り北欧諸国が並ぶ一方、5位にフィリピンが入った。米国は23位、中国は69位、韓国は日本より低い111位だった。  ★男女不平等にして、人口減少社会、少子高齢化が進む、日本。なのに、これを案ずる政府なし!? 且つその政府は、後戻り、復古、戦争する国を目指している!? 正に、安倍コベだ。政策が!姿勢が。
集団自衛権、解釈改憲を支持=民主・前原氏 時事通信 10/24
1票の格差:11月20日に最高裁判決…昨年の衆院選 毎日新聞 10/24 ○「1票の格差」が最大2.43倍だった昨年12月の衆院選の定数配分は憲法違反だとして、二つの弁護士グループが計31選挙区の無効を求めた訴訟の上告審で、最高裁大法廷=裁判長・竹崎博允(ひろのぶ)長官=は24日、判決期日を11月20日に指定した。計16件の高裁判決は「違憲・無効」「違憲・有効」「違憲状態」と結論が分かれており、統一判断が示される。  ★法の支配の責任者、逃げずに、堂々責任を全うしようとするか、請うご期待!? 否、冷やかしではなく、断然、最高裁は、憲法上の責任を果たすべきだ。民主主義、国民主権を、真に回復させるべきだ。
旧社会保険庁:元職員の免職取り消し8人追加…人事院決定 毎日新聞 10/24 ○旧社会保険庁の廃止に伴い多数の職員が民間会社の「解雇」に当たる「分限免職」となった問題で、人事院は24日、処分を不服として審査を申し立てていた元職員24人のうち8人の分限免職を取り消すなどとした決定を交付した。この問題では71人から審査請求が出ていたが、この日までに1人を除いて決定が出て、処分取り消しは合計で24人に上った。46人の処分は承認されたが、解雇という重い処分で3人に1人の取り消しは、処分全体の正当性に疑問を投げかける形になった。一連の結果を受け、日本国家公務員労働組合連合会の宮垣忠委員長は「34%も処分の取り消しが出たことは、いいかげんな基準の処分が行われた証明で、全員の処分を取り消すべきだ」と話している。 この問題では全国で525人が分限免職されており、処分取り消しとならなかった人の間では提訴の動きも広がっている。  ★永田町、霞ヶ関の、乱暴狼藉!?の故 法治、著しい逸脱。 八つ当たり!? 年金問題バッシング、江戸の敵を長崎で、式。
政治献金:経団連加盟企業が増額 08年度水準に 毎日新聞 10/24 ○経団連に加盟する大手企業は自民党に対する政治献金を今年度から上積みする方針だ。経済界では7月の参院選で自民党が圧勝したことを受け政権基盤の長期安定に対する期待が高まっている。民主党政権時代にパイプが細った自民党への支援態勢を強化し、法人実効税率の引き下げや踏み込んだ規制改革実現などに向けた環境整備を後押しする狙いだ。 献金増額の流れを先取りしているのは電機や自動車などの製造業だ。 電機業界は08年のリーマン・ショック後の業績低迷や09年の民主党への政権交代をきっかけに、自民党に対する献金を大幅に減らした。


NNN: 大分、降り始め雨量が400ミリ超えた所も 10/24 ○台風27号の接近により、大分県内では降り始めからの雨量が400ミリを超えているところがあり、大分市内では避難勧告も出ている。
ANN: 避難住民「いつ帰れるのか…」ノロノロ台風で長い雨 10/24 ○台風27号は、沖縄本島の東の海上をゆっくりと北上しています。冠水被害も出るなど、広い範囲で大雨、そして長い雨になっています。
ANN: 土のうに人殺到…台風迫る首都圏“備え”急ピッチ 10/24 ○首都圏や伊豆大島では、台風への備えが急ピッチで進められています。しかし、前回の台風で冠水被害の出た地域では、浸水を防ぐ土のうが不足するなど、対応に追われました。
日弁連、秘密保護法反対の意見書 「情報管理徹底で防げる」 東京新聞 10/24 ○日弁連は24日、記者会見し、重要な秘密を漏らした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案に反対して「漏えい防止は厳罰化でなく、情報管理システムの適正化で実現すべきだ」と訴える意見書を公表した。国民への情報開示を充実させるため、公文書管理法や情報公開法の改正も求めている。  ★支持!
自民・村上氏:「首相の趣味なぜ先に」 秘密保護法案を批判 毎日新聞 10/24 ○安全保障に関する国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案について、自民党衆院議員の村上誠一郎元行革担当相(61)が毎日新聞の取材に「財政、外交、エネルギー政策など先にやるべきことがあるのに、なぜ安倍晋三首相の趣味をやるのか」と述べ、今国会での成立を目指す安倍内閣の姿勢を痛烈に批判した。25日の閣議決定を前に、法案に身内から強い反発が出た形だ。 村上氏は特定秘密保護法案と国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案について「戦争のために準備をするのか。もっと平和を考えなければいけない」と懸念を表明。さらに「(特定秘密保護法案には)報道・取材の自由への配慮を明記したが、努力規定止まりだ。本当に国民の知るべき情報が隠されないか、私も自信がない。報道は萎縮する。基本的人権の根幹に関わる問題だ」と、国民の「知る権利」が侵害を受ける危険性に言及した。  ★然り!
【生活図鑑】 介護離職(No.431) 8割は女性 再就職も難しく 東京新聞 2012年12月12日 ○家族の介護や看護のために離職する介護離職が問題になっています。国が在宅介護を中心に捉えるなか、家族の介護負担をどのように減らし、仕事と両立していけるのでしょうか?離職の現状は。  ★国の財政負担軽減策、優先で、市民にしわ寄せ! 憲法上の、国家の人権保障責務、蔑ろ!? 放棄! 人権敵視、日本憲法破棄の自民党。永久戦犯!?  オマケに、非正規雇用、労働基準法改悪で、正社員を解体し、家庭での余裕を削ぎながら。ダブルパンチ! まだ、負担押し付け、搾り取りが、家庭から出来るとでも??? マンパワーもない。人口減少社会!日本に、誰がした。
在外被爆者にも全額医療費支給 大阪地裁が初判決、却下取り消し 東京新聞 10/24 ○在外被爆者に対し、被爆者援護法に定める医療費の全額支給規定が適用されるかどうかが争われた訴訟の判決で、大阪地裁は24日、「支給対象から除外すべきではない」と判断し、韓国在住の被爆者らの申請を却下した大阪府の処分を取り消した。田中健治裁判長は「援護法は、戦争を遂行した国が自らの責任で救済を図る国家補償の性格がある。在外被爆者に適用しないと限定的に解釈する合理性はない」と指摘した。  ★維新一派は、ダメだ!? 『戦争を遂行した国が自らの責任で救済を図る国家補償』は、明快。
記者の目:在特会ヘイトスピーチ違法判決=小泉大士 毎日新聞 10/24 ○大音量の街宣活動で京都の朝鮮学校を中傷した「在日特権を許さない市民の会」(在特会)側に、京都地裁は今月7日、約1226万円の賠償と街宣活動の禁止を命じた。民族や出自を理由としたヘイトスピーチ(憎悪表現)は「人種差別であり違法」とした画期的な司法判断だ。東京・新大久保などで同様のデモを取材してきたが、聞くに堪えない罵詈(ばり)雑言は明らかに「表現の自由」の範囲を逸脱していると感じてきた。在特会側は控訴したが、判決は当然であり、これを機にヘイトスピーチの横行に歯止めがかかることを期待したい。 判決によると、在特会メンバーらは2009年12月〜10年3月、京都朝鮮第一初級学校に押しかけ、「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「朝鮮人は保健所で処分しろ。犬の方が賢い」「ゴミはゴミ箱に」「ぶち殺せー」などと怒号を浴びせた。学校が京都市の許可を得ないまま隣接する公園を運動場として使っていたことを非難するためだったという。
 ◇威圧的な言動泣き出す児童  彼らが撮影した街宣の映像はインターネット上で公開されている。一度見れば、いかに悪質で威圧的な言動だったかが分かる。  ★人種差別! 威圧、威嚇、いづれも不届き至極。
減反:見直し法案提出へ、補助金削減も…中小コメ農家淘汰 毎日新聞 10/24 ○政府・自民党は23日、国が主導してコメの作付けを農家に割り当てて高価格を保つ生産調整(減反)と、農家への戸別所得補償制度(現・経営所得安定対策)をともに見直す関連法案を、来年の通常国会に提出する方向で調整に入った。戸別所得補償で始まった主食用コメの補助金の減額や、減反への政府の関与を弱めて農家の生産の自由度を高めることが柱となる。 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉などで農業の国際化が叫ばれる中、国策で保護されてきた中小農家の淘汰(とうた)を促す一方、大規模農家の増産に道を開き、低価格化と農地集約で競争力を高める狙い。実現すれば、農政の軸となってきたコメで「保護から競争」へ転換する抜本改革となる。  ★食の安全保障なんて、言ってたが。???
秘密法と沖縄密約 民主主義を破壊するのか 琉球新報 社説 10/24 ○語るに落ちたとの印象を否めない。森雅子少子化担当相は、沖縄密約を暴き有罪となった西山太吉氏の報道(西山事件)が特定秘密保護法の処罰対象になると述べた。 政府にとって都合の悪い情報を暴けば処罰されることになる。この法案の本質を露呈した発言だ。民主主義と国民主権の基盤を崩すこのような法案は断じて認めてはならない。  法案の最大の問題は、何が「特定秘密」に当たるのか、国民の目に触れない密室で政府が決める点だ。秘密指定されれば中身を知る由もないから、「安全保障上支障がある」かどうか、国民には点検のしようがない。時の政権や官僚にとって都合の悪い事実をいくらでも秘密にすることができる。  だが慎重姿勢だった公明党が了承し、法案は今国会で成立の公算が大きくなった。国民の知る権利や取材の自由に「配慮する」との規定を加えたのが賛成に転じた理由だ。だが何をどれだけ「配慮」するのか具体的な定めはなく、空証文に等しい。これが賛成の理由になるとは到底理解できない。  ★その程度!?その程度。
安倍雇用破壊 「待った」 全労連・全労協など 共同組織を結成 赤旗 10/24 ○安倍政権が狙う労働法制大改悪をストップさせようと、幅広い労働組合の共闘組織「安倍政権の雇用破壊に反対する共同アクション(雇用共同アクション)」が23日、結成されました。参院議員会館で結成集会を開き、宣伝や集会など共同の取り組みを広げることを確認しました。 全国労働組合総連合(全労連)や全国労働組合連絡協議会(全労協)、日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)、中立の組合などから、123人が参加。開会あいさつした全労協の金澤壽(ひさし)議長は「労働法制を、企業のためのものにつくりかえることは許されない」と強調。経過報告に立った全労連の小田川義和事務局長は「一時期、雇用を不安定にすれば雇用が増えると宣伝されたが、そんな検証はどこでもされていない」と指摘しました。
文化芸術 財源はカジノで! 文科相主導 文化庁が検討 赤旗 10/24  ★文科省、カネと天下りに縁遠い筈の、本来が、この2つに執着するようでは、国づくりや人づくりの、先が知れる!? 矜持も、品位も、品格も放棄!?
日航不当解雇の解決迫る 世界のパイロット 「宣言」 赤旗 10/24 ○世界の民間航空パイロットが、空の安全を脅かす日本航空の解雇に「ノー」を突きつけました。世界100カ国で約10万人のパイロットが加入するIFALPA(国際定期航空操縦士協会連合会)は23日、東京都内で開かれた労働条件・法務委員会の会議で、日本航空の安全を憂慮する「東京宣言」を採択し、日本政府に解雇事件の解決を要請しました。
世論広げ消費税増税中止を 署名 国会提出 国民集会実行委 赤旗 10/24 ○安倍晋三内閣がねらう来年4月の消費税大増税の実施を阻止しようと、「消費税大増税ストップ! 国民集会」実行委員会は23日、衆院第2議員会館で署名提出行動を行いました。4月の増税中止を求める一点共同で寄せられた21万4019人の署名を国会に提出しました。  ★もっと、もっと、集められるのではないか。
「平和教育は思考停止」 と暴言 沖縄・石垣 教育長辞任求め集会 赤旗 10/24  ★軍拡や、後戻り、復古は、では、なんだろう? 思考停止、以前!

米情報機関、メルケル独首相の携帯電話も盗聴か 朝日新聞 10/24 ○独政府のザイベルト報道官が発表したもので、声明で「ドイツ政府は、メルケル首相の携帯電話が米情報機関に監視されている可能性があるとの情報を得て、即座に米政府に照会し、全面的な解明を求めた」と明らかにした。 それによると、メルケル首相はオバマ大統領に電話で「ドイツと米国のような長年の友人の間で、このような監視があってはならない。(真実ならば)信頼を破る行為で、重大な結果を招くことになる」と抗議したという。

TBS: 台風27号、沖縄・大東島地方にきょう夕方にも最接近 10/24 ○強い台風27号は、沖縄県南大東島の西南西の海上を北寄りに進んでおり、きょう夕方にも、大東島地方に最接近する見込みです。
<台風27号>25日ごろ西日本に接近、その後は東日本へ 10/24 ○強い台風27号は23日午後8時現在、南大東島の南西約180キロをゆっくりと西北西に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。(毎日新聞)
再審請求の大崎事件を日弁連支援 「冤罪の疑い濃厚」 東京新聞 10/23 ○鹿児島県大崎町で1979年、男性の遺体が見つかり、殺人罪などで懲役10年が確定し、服役した原口アヤ子さん(86)が再審を求めている「大崎事件」について、日弁連は「冤罪の疑いが濃厚」として支援することを決めた。原口さんの弁護団が23日、鹿児島市内で記者会見して明らかにした。 弁護団事務局長の鴨志田祐美弁護士は「人的支援のほか、鑑定や実験代などの費用負担を受けられる。良い結果を残したい」と話した。日弁連はほかに「名張毒ぶどう酒事件」や「袴田事件」など八つの再審請求を支援している。
NNN: 生活保護費横領 市役所職員口座に1億円超 10/24 ○大阪・河内長野市役所の男性職員が、生活保護費支給用の公金を横領した疑いで逮捕された事件で、男性職員の個人口座に1億円以上が残っていたことが分かった。 河内長野市の職員・宮本昌浩容疑者(43)は、生活保護費の経理などを担当していた2010年、保護費支給用の口座から約420万円を不正に引き出し、横領した疑いが持たれている。 宮本容疑者は警察の調べに対し、「預貯金に充てたり、現金で保管などしていた」と容疑を認め、自宅からは数千万円の現金が押収された。 また、その後の警察への取材で、宮本容疑者の複数の個人口座に、計1億円以上の現金が残っていたことが分かった。横領した金の大半を使わずに保管していたとみられ、警察は、動機について詳しく追及している。 一方、厚生労働省と大阪府は23日午後、河内長野市への特別監査を行い、巨額の公金が不正に引き出された実態の解明を進めるとともに、制度上の不備を確認する方針。  ★開いた口がふさがらないが、上司たちやこの出金等のシステム運用・設計、チェックなしなのか? 公務員、その本文に目覚めよ。生存権、人権尊重に思いを致し、日本国憲法を再学習するように、政府は、自治体は、指導すべき!? 縦割り行政、縄張り、ぽっかり大穴が空いていたのでは。
年金支給日差し押さえ70件 国保料滞納に充当、島根 東京新聞 10/24 ○島根県内の市町村が2011年度、国民健康保険料の滞納者に対し、年金口座の預貯金を差し押さえた81件のうち、年金支給日当日に差し押さえをしたケースが70件に上っていたことが24日、県の調査で分かった。 国民年金法は、年金の差し押さえを禁止しているが、県は「年金が預金口座に振り込まれ、一般財産となった場合は差し押さえが可能とした最高裁判例に基づいた対応」と説明、問題がないとの見解を示している。 厚生労働省は「差し押さえ実態を調査した例は把握していない」と  ★違法なのか、隙間狙いなのか、知らないが、実質、国民年金法の目的たる、受給権者(乃至家族個々)の生活保障を、削ぐもの。ここにも、安倍コベが!

はがき52円、封書82円に ゆうパックも値上げ 東京新聞 10/23 ○日本郵政の西室泰三社長は23日、記者会見し、来年4月の消費税増税に伴い、はがきを52円、封書の手紙(25グラム以下の定形郵便物)を82円にそれぞれ値上げすると発表した。値上げに合わせ新たに2円、52円、82円の切手を発行する。 小口配送サービス「ゆうパック」や、書籍など軽い荷物を送る「ゆうメール」についても「増税分を適正に転嫁したい」と述べ、値上げする方針を示した。
2013-10-24

10/24: 日弁連、秘密保護法反対 自民・村上氏「首相の趣味なぜ先に」 同法案を批判 安倍コベ政権への我利我利批判は正当!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・大分、降り始め雨量が400ミリ超えた所も  18時21分
 ・台風27号の強風域、17時頃の奄美市は…  17時49分
 ・伊豆諸島、先週と同程度の雨量予想~気象庁  17時1分
 ・政権内部の失態は特定秘密でない~森特命相  17時1分
 ・わいせつ動画出会い系投稿、53歳女ら逮捕  16時44分
 ・台風27号、沖縄・大東島地方にきょう夕方にも最接近  6時34分   ★又々、大変!去っても、去っても、亦やって来る風水害!地震列島に。
 ・台風27号接近の鹿児島・奄美市、大雨と風に厳重な警戒  6時34分
 ・37歳母親が3歳長男を殺害した疑いで逮捕 群馬・高崎市  5時29分
 ・日弁連・元常務理事の弁護士ら、土地架空取引の疑いで再逮捕  5時27分
 ・東京・銀座のビルで火事、男性2人軽傷  7時4分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月24日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 台風 27号の襲来を前にして・・  誕生日の花 カッコウアザミ 花言葉 信頼
 今日のトピックス Blog10/23: [武器三原則見直し] 平和国家の理念崩すな 戦後日本の外交・安全保障の大転換は、主権者、国民の納得を得ず、許されない!?

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

排水溝の水、14万ベクレルに 最高値を記録 福島第一 朝日新聞 10/24 ○東京電力は24日、福島第一原発の排水溝の水からストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質を1リットルあたり14万ベクレル検出したと発表した。8月から始まった排水溝の水の調査で最高値。放射性ストロンチウムの法で定める放出限度は1リットルあたり30ベクレル。検出された水にはストロンチウム以外の放射性物質も含まれているが、高い濃度になっている。 東電によると、23日に採取した水から検出された。22日は同5万9千ベクレルだった。東電は「これまでに降った雨水の影響で、周辺の地表にある放射性物質が排水溝に流れ込んだためとみられる」などと説明。新たな漏れは確認されていないという。 観測地点は、8月に300トンの高濃度汚染水漏れ事故が発覚したタンクの近く。排水溝は約700メートル先で港湾外の海につながっている。放射性物質がそのまま流れていくのを防ぐため、この地点の下流側に土嚢(どのう)を積んでいるという。
 ・堰のたまり水51万ベクレル 汚染水漏れタンクの区画(10/23)
東電風評被害・賠償打ち切り40事業者 知事 「説明が不十分」 茨城新聞 10/24 ○東京電力福島第1原発事故に伴う風評被害への損害賠償で、東電から「売り上げ減少と事故との因果関係は認められない」と賠償打ち切りを通知された県内事業者は、食品加工など約40事業者に上ることが23日分かった。同日の県議会予算特別委員会で、橋本昌知事が明らかにした。橋本知事は「事業者への事前の説明や協議が不十分」との認識を示し、「個別事業に応じた丁寧な協議」の必要性を強調した。
「高濃度汚染がれき」 原発敷地内に埋設 東電社長が方針 福島民友 10/24 ○同原発敷地内のがれきは現在、約6万5000立方メートルあるという。がれきの処理について広瀬社長は、材質や汚染の度合いに応じて分別し保管場所を決めると説明した。その上で高濃度の汚染がれきについては「(放射能汚染が)高レベルの場合、土の遮蔽(しゃへい)はかなり効果があり、土をかぶせる方法を考えている」と述べた。  ★「土をかぶせる方法」とは、地表近くで埋設ということか? 水も被らない、晒されない!? 放棄するという方法か。
原発新増設に異論、自民部会 エネルギー基本計画めぐり 東京新聞 10/24 ○自民党の資源・エネルギー戦略調査会と経済産業部会が24日に開いた会合で、政府が年内の策定を目指すエネルギー基本計画をめぐり、出席した議員から「計画に原発の新増設や、比率を高めると書くべきではない」と、原発の維持や推進への批判が相次いだ。 自民は一定程度の原発を維持したい姿勢だが、党内では異論も根強い。小泉純一郎元首相が脱原発の主張を繰り返していることもあり、意見集約は難航しそうだ。
原発:「建て替え」 明記検討 政府、依存を継続 毎日新聞 10/24 ○政府・自民党は23日、中長期の原子力政策として、既存の原発の敷地内で旧炉を新しい炉に更新する「リプレース(建て替え)」を打ち出す検討を始めた。年内にまとめる政府のエネルギー基本計画に明記する方向で調整する。安倍政権は規制基準をクリアした原発の再稼働を進める構えで、将来も一定の原発比率を保つ方針を明確にする狙い。しかし東京電力福島第1原発事故の収束が難航するなか、原発依存の継続と受け取れる表現には強い反発が見込まれ、調整の難航は必至だ。
原発:課題山積みも方針転換 建て替え容認で反発必至 毎日新聞 10/24
核不使用声明 廃絶を目指す一歩に 東京新聞 社説 10/24 ○政府がこれまで見送ってきた核兵器の不使用を訴える共同声明に、ようやく参加した。核の悲惨さを知る唯一の被爆国として、同じ意思を持つ国々とともに核廃絶を今まで以上に強く訴えたい。 声明は核兵器の非人道性と核を使わない決意を訴えて、ニュージーランドやスイスなどが国連総会第一委員会に提案した。 百二十五カ国が賛同したが、核保有国と核開発が疑われる国々は加わらなかった。声明に法的拘束力はないが、核なき世界の実現を訴える国は毎年増えている。
原発輸出 前のめりの姿勢は問題だ 山陽新聞 社説 10/24 ○日本の原発輸出の問題点がまたひとつ浮き彫りになったといえよう。ベトナムへの輸出をめぐり、相手国の原子力安全規制などを点検する日本政府の「安全確認制度」が整っていないことが分かった。 ベトナムでの受注は、東日本大震災前の民主党政権時代にトップセールスで合意された。原発関連機器を日本から資金力の弱いこうした新興国などへ輸出する場合、国際協力銀行が相手国に支援融資する条件として、日本政府による安全確認が必要とされる。 日本はこれまで原子炉の輸出実績はないが、以前は経済産業省に置かれていた原子力安全・保安院を中心に、相手国の原子力の安全規制や態勢に不備がないかを審査し、国内メーカーが部品などを出荷してきた。 だが、昨年9月に原子力規制委員会が発足。事務局の原子力規制庁は今年1月、経産省資源エネルギー庁に対し「海外向けの安全配慮の手続きには関与しない」と回答したという。


欠陥貯水池に雨水移送 福島第一、台風対策窮地に 東京新聞 10/24 ○台風27号が近づく中、東京電力は二十三日、福島第一原発のタンク群周りの堰(せき)にたまる雨水を移送する先が十分確保できないため、四月に水漏れが起き、信頼性が失われた地下貯水池を使う方針を明らかにした。池をめぐっては、東電の広瀬直己(なおみ)社長自らが今後は使わないことを約束していたが、他に手段がない状況に陥った。
福島原発、燃料取り出し前倒し 4号機、来月8日にも 東京新聞 10/24 ○東京電力が福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールに保管している1533体の燃料取り出しについて、早ければ11月8日にも開始する方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。廃炉が決まっている1~4号機のプールからの本格的な燃料取り出しは2011年3月の事故以来、初めてとなる。当初計画では11月中旬の開始予定だった。

規制委員長 東電社長と面談へ 報告書の内容不十分 東京新聞 10/23 ○報告書について、規制委の事務局は「柏崎刈羽の現場管理ができるなら、なぜ福島で問題が起きているのか」と疑問視する見解案をまとめ、同日の会合に提出した。 大島賢三委員は「東電の報告書は納得いかないが、(追加報告を求めるなど)文書のやりとりは生産的でない。委員長が東電トップを招致してはどうか」と提案。田中氏は「報告では柏崎刈羽が別会社のようで、ただす必要がある。現場の困難や苦悩を率直に言えない状況もあるのではないか。面談の道を探りたい」と応じた。 面談の際には、福島の現場管理や、柏崎刈羽から福島への支援などについて東電と協議する見込み。日時や公開するかどうかは決まっていない。
自民幹部 「審査が慎重すぎる」 規制委に疑問を… テレ朝 10/23 ○自民党・細田幹事長代行:「残念ながらと言うか、非常に(原子力)規制委員会も慎重に事を運んで調査しているようで…」  23日の会合では、出席者から福島第一原発の汚染水問題を巡って、「東京電力の経営面から考えると、柏崎刈羽原発を動かしてこそ、福島の収束も進むのではないか」などの意見が出ました。議連では、年内に取りまとめる中間提言で、原発の新設や増設を打ち出す方針を確認しました。  ★事態が把握できていないようで、拙速な議論を、原発推進派が、ブツブツと言っている??? 能力も問題!? 突っ張った欲も問題だが。
排水溝から5万9千ベクレル検出 タンク付近で過去最高 東京新聞 10/23 ○東京電力は23日、福島第1原発の汚染水を貯蔵する地上タンクで約300トンの漏えいがあった「H4」エリア付近の排水溝で22日に採取した水から、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり最大5万9千ベクレル検出されたと発表した。過去最高値だった17日採取分の3万4千ベクレルを上回った。
手賀沼処理場 9棟中4棟使って3市の526トンを保管 東京新聞 10/23 ○高濃度の放射性セシウムを含むごみ焼却灰を一時保管する県の手賀沼終末処理場(我孫子、印西両市)には現在、柏、松戸、流山三市から五百二十六トンが搬入されている。 取材を申し込んで二十二日、施設内に入ると、搬入済みの焼却灰は九棟ある施設のうち四棟で保管されていた。保管されている灰は、通常の埋め立て処分ができない一キログラム当たり八〇〇〇ベクレルを超えるセシウムを含み、指定廃棄物と呼ばれる。
【私説・論説室から】 泥んこ遊びをする権利 東京新聞 10/23 ○毎朝、福島市内からマイクロバスに子どもを乗せて隣の山形県まで連れて行き、夕方にまた帰ってくる。福島市の保育園「たけの子」の代表辺見妙子さん(52)がこの二年、往復を続ける「サテライト保育」だ。 原発事故の後、放射能の影響を気にしながら室内でばかり過ごす保育に苦悩を深めていた。子どもに泥んこ遊びもさせられない。田んぼや土手の散歩にも連れていけない。花や草木の名前も知らないで大きくなっていく。限界だ。その年の秋、約五十キロ離れた米沢市の幼稚園を間借りした。 自然の中で再び過ごせるようになり、子どもに笑顔が戻った。時には福島市や周辺の別の園の子も連れて行く。二年も散歩していなかった子、ススキやコスモスを知らなかった子。歓声が上がるたび、原発事故を起こした大人の罪を思う。園舎の家賃や運転手の手当などにかかる二十万円は寄付に頼るため心配だが、踏ん張る覚悟を決めている。
焼却灰のセシウム濃度 明暗 柏、焼却方法変え低減 松戸、いぜん高濃度 東京新聞 10/23 ○原発事故後、東葛の自治体を悩まし続けるごみの焼却灰問題。ここにきて柏市の灰に含まれる放射性セシウム濃度が下がり始め、民間の最終処分場への搬出を九月から再開した。一方で、依然としてセシウム濃度が下がらないのが松戸市。なぜ、明暗が分かれているのだろうか。
電話1本 「賠償金払わない」 東電対応に憤る食品加工業者/茨城 東京新聞 10/23 ○東京電力福島第一原発事故による風評被害の賠償金打ち切り問題で、那珂市で食品加工業を営む男性(63)も、「東電からの電話一本」で突然打ち切られたと証言し、憤る。男性は一九九九年に起きた核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)臨界事故(東海村)でも深刻な風評被害を受けており、懸命に立ち直った中での今回の事態に、苦悩は深い。  男性は二十二日、賠償打ち切り問題に対する社会民主党の調査団の聞き取り調査に応じ、冷静な口調で訴えた。 男性によると、賠償金は三月分まで受けたが、四月分以降は打ち切られた。
原発事故後 首都圏で初 シイタケ出荷再開へ 東京新聞 10/23 ○東京電力福島第一原発事故により国の出荷制限が続いている栃木県産シイタケについて、県は二十二日、矢板市の農家一軒の制限解除を国の原子力災害対策本部に申請した。国の事前審査は済んでおり、近く解除される見通し。シイタケの出荷制限が解除されるのは首都圏では初めて。 栃木県の原木生シイタケ生産量は八八三・二トン(二〇一一年)で、群馬県に次いで全国二位。しかし、原発事故後、高い放射性セシウム濃度を計測、施設栽培で九市町、露地栽培で二十一市町に出荷制限がかかっていた。 ただ、原木生シイタケの生産農家は栃木県内に五百八十一軒(今年三月末現在)あり、解除の見通しがついているのはごく一部。施設栽培より生産量が多い露地栽培は先になりそう。福田富一知事は「一山越えたというところ。引き続き、早期解除を目指して取り組みたい」と話した。

手順通りの雨水排出不可能 東電所長、規制委と協議へ 東京新聞 10/22 ○東京電力福島第1原発の小野明所長は22日、汚染水タンク群の漏えい防止用せきにたまった雨水があふれた問題で、せきの水を仮設タンクに移して放射性物質の濃度測定後に排出する手順について「せきの水を全部出すにはこの手順を千回とか繰り返す必要があり、大雨の中であふれさせずに作業することは不可能」と述べた。… 福島県側からは「東電の手法で安全が担保されたとは言えない」と批判が出た。
新潟で震度3 時事通信 10/23 ○22日午後11時43分ごろ、新潟県中越地方を震源とする地震があり、十日町で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は2.6と推定…

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 金子きみ歌集「草の分際」を読む ・ブログ連歌(336)
市民社会フォーラム: 【大拡散希望】◆◇TPP。今すぐやろう!~わたしたちにできること~◇◆「オンライン署名」と「議員アクション」はじめました!
@動画: 原発事故で放射線量が高いホットスポットになった千葉県・柏市。大きな影響を受けた農家や消費者は、地域の課題にどう取り組んだのか?/ニュースの深層
@動画: すべてのものを残していこうとすると、財政破綻に行き着いてしまう・・・。/NHK・クローズアップ現代「わが町を身の丈に ~人口減少時代の都市再編~」
植草一秀の『知られざる真実』: 原発・憲法・TPP・消費税・沖縄問題対立勢力を結集 
天木直人のブログ: 野党は安倍首相の汚染水ウソ発言だけを追及していればそのうち安倍政権は倒れる
村野瀬玲奈の秘書課広報室: 自民党政府は自分たちを日本の主人で国民を従者であると考えている。 (国民から「国民主権」を奪う「秘密保全法」 (メモ) (81))

市民社会フォーラム: 【協賛企画】ドキュメンタリー「オキュパイ・ラブ」上映会(12/7土@神戸)
市民社会フォーラム: 【転送】歯から始まる健康長寿~歯がないと卒中(たお)れる!?転ぶ!?~
市民社会フォーラム: 【週刊現代】スクープ 現役キャリア官僚が告発「原発汚染水は海に流すしかない」それが日本政府の本心です
植草一秀の『知られざる真実』: 食品偽装事件社会問題化下の阪急阪神ホテル偽装
OurPlanetTV: •「秘密保護法案にNO!」市民の抗議相次ぐ
孫崎享チャンネル: 今一度言う。秘密保護法は自衛隊を米軍に供するための措置だ

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

NNN: 大分、降り始め雨量が400ミリ超えた所も 10/24 ○台風27号の接近により、大分県内では降り始めからの雨量が400ミリを超えているところがあり、大分市内では避難勧告も出ている。
ANN: 避難住民「いつ帰れるのか…」ノロノロ台風で長い雨 10/24 ○台風27号は、沖縄本島の東の海上をゆっくりと北上しています。冠水被害も出るなど、広い範囲で大雨、そして長い雨になっています。
ANN: 土のうに人殺到…台風迫る首都圏“備え”急ピッチ 10/24 ○首都圏や伊豆大島では、台風への備えが急ピッチで進められています。しかし、前回の台風で冠水被害の出た地域では、浸水を防ぐ土のうが不足するなど、対応に追われました。
日弁連、秘密保護法反対の意見書 「情報管理徹底で防げる」 東京新聞 10/24 ○日弁連は24日、記者会見し、重要な秘密を漏らした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案に反対して「漏えい防止は厳罰化でなく、情報管理システムの適正化で実現すべきだ」と訴える意見書を公表した。国民への情報開示を充実させるため、公文書管理法や情報公開法の改正も求めている。  ★支持!
自民・村上氏:「首相の趣味なぜ先に」 秘密保護法案を批判 毎日新聞 10/24 ○安全保障に関する国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案について、自民党衆院議員の村上誠一郎元行革担当相(61)が毎日新聞の取材に「財政、外交、エネルギー政策など先にやるべきことがあるのに、なぜ安倍晋三首相の趣味をやるのか」と述べ、今国会での成立を目指す安倍内閣の姿勢を痛烈に批判した。25日の閣議決定を前に、法案に身内から強い反発が出た形だ。 村上氏は特定秘密保護法案と国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案について「戦争のために準備をするのか。もっと平和を考えなければいけない」と懸念を表明。さらに「(特定秘密保護法案には)報道・取材の自由への配慮を明記したが、努力規定止まりだ。本当に国民の知るべき情報が隠されないか、私も自信がない。報道は萎縮する。基本的人権の根幹に関わる問題だ」と、国民の「知る権利」が侵害を受ける危険性に言及した。  ★然り!
【生活図鑑】 介護離職(No.431) 8割は女性 再就職も難しく 東京新聞 2012年12月12日 ○家族の介護や看護のために離職する介護離職が問題になっています。国が在宅介護を中心に捉えるなか、家族の介護負担をどのように減らし、仕事と両立していけるのでしょうか?離職の現状は。  ★国の財政負担軽減策、優先で、市民にしわ寄せ! 憲法上の、国家の人権保障責務、蔑ろ!? 放棄! 人権敵視、日本憲法破棄の自民党。永久戦犯!?  オマケに、非正規雇用、労働基準法改悪で、正社員を解体し、家庭での余裕を削ぎながら。ダブルパンチ! まだ、負担押し付け、搾り取りが、家庭から出来るとでも??? マンパワーもない。人口減少社会!日本に、誰がした。
在外被爆者にも全額医療費支給 大阪地裁が初判決、却下取り消し 東京新聞 10/24 ○在外被爆者に対し、被爆者援護法に定める医療費の全額支給規定が適用されるかどうかが争われた訴訟の判決で、大阪地裁は24日、「支給対象から除外すべきではない」と判断し、韓国在住の被爆者らの申請を却下した大阪府の処分を取り消した。田中健治裁判長は「援護法は、戦争を遂行した国が自らの責任で救済を図る国家補償の性格がある。在外被爆者に適用しないと限定的に解釈する合理性はない」と指摘した。  ★維新一派は、ダメだ!? 『戦争を遂行した国が自らの責任で救済を図る国家補償』は、明快。
記者の目:在特会ヘイトスピーチ違法判決=小泉大士 毎日新聞 10/24 ○大音量の街宣活動で京都の朝鮮学校を中傷した「在日特権を許さない市民の会」(在特会)側に、京都地裁は今月7日、約1226万円の賠償と街宣活動の禁止を命じた。民族や出自を理由としたヘイトスピーチ(憎悪表現)は「人種差別であり違法」とした画期的な司法判断だ。東京・新大久保などで同様のデモを取材してきたが、聞くに堪えない罵詈(ばり)雑言は明らかに「表現の自由」の範囲を逸脱していると感じてきた。在特会側は控訴したが、判決は当然であり、これを機にヘイトスピーチの横行に歯止めがかかることを期待したい。 判決によると、在特会メンバーらは2009年12月〜10年3月、京都朝鮮第一初級学校に押しかけ、「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「朝鮮人は保健所で処分しろ。犬の方が賢い」「ゴミはゴミ箱に」「ぶち殺せー」などと怒号を浴びせた。学校が京都市の許可を得ないまま隣接する公園を運動場として使っていたことを非難するためだったという。
 ◇威圧的な言動泣き出す児童  彼らが撮影した街宣の映像はインターネット上で公開されている。一度見れば、いかに悪質で威圧的な言動だったかが分かる。  ★人種差別! 威圧、威嚇、いづれも不届き至極。
減反:見直し法案提出へ、補助金削減も…中小コメ農家淘汰 毎日新聞 10/24 ○政府・自民党は23日、国が主導してコメの作付けを農家に割り当てて高価格を保つ生産調整(減反)と、農家への戸別所得補償制度(現・経営所得安定対策)をともに見直す関連法案を、来年の通常国会に提出する方向で調整に入った。戸別所得補償で始まった主食用コメの補助金の減額や、減反への政府の関与を弱めて農家の生産の自由度を高めることが柱となる。 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉などで農業の国際化が叫ばれる中、国策で保護されてきた中小農家の淘汰(とうた)を促す一方、大規模農家の増産に道を開き、低価格化と農地集約で競争力を高める狙い。実現すれば、農政の軸となってきたコメで「保護から競争」へ転換する抜本改革となる。  ★食の安全保障なんて、言ってたが。???
秘密法と沖縄密約 民主主義を破壊するのか 琉球新報 社説 10/24 ○語るに落ちたとの印象を否めない。森雅子少子化担当相は、沖縄密約を暴き有罪となった西山太吉氏の報道(西山事件)が特定秘密保護法の処罰対象になると述べた。 政府にとって都合の悪い情報を暴けば処罰されることになる。この法案の本質を露呈した発言だ。民主主義と国民主権の基盤を崩すこのような法案は断じて認めてはならない。  法案の最大の問題は、何が「特定秘密」に当たるのか、国民の目に触れない密室で政府が決める点だ。秘密指定されれば中身を知る由もないから、「安全保障上支障がある」かどうか、国民には点検のしようがない。時の政権や官僚にとって都合の悪い事実をいくらでも秘密にすることができる。  だが慎重姿勢だった公明党が了承し、法案は今国会で成立の公算が大きくなった。国民の知る権利や取材の自由に「配慮する」との規定を加えたのが賛成に転じた理由だ。だが何をどれだけ「配慮」するのか具体的な定めはなく、空証文に等しい。これが賛成の理由になるとは到底理解できない。  ★その程度!?その程度。
安倍雇用破壊 「待った」 全労連・全労協など 共同組織を結成 赤旗 10/24 ○安倍政権が狙う労働法制大改悪をストップさせようと、幅広い労働組合の共闘組織「安倍政権の雇用破壊に反対する共同アクション(雇用共同アクション)」が23日、結成されました。参院議員会館で結成集会を開き、宣伝や集会など共同の取り組みを広げることを確認しました。 全国労働組合総連合(全労連)や全国労働組合連絡協議会(全労協)、日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)、中立の組合などから、123人が参加。開会あいさつした全労協の金澤壽(ひさし)議長は「労働法制を、企業のためのものにつくりかえることは許されない」と強調。経過報告に立った全労連の小田川義和事務局長は「一時期、雇用を不安定にすれば雇用が増えると宣伝されたが、そんな検証はどこでもされていない」と指摘しました。
文化芸術 財源はカジノで! 文科相主導 文化庁が検討 赤旗 10/24  ★文科省、カネと天下りに縁遠い筈の、本来が、この2つに執着するようでは、国づくりや人づくりの、先が知れる!? 矜持も、品位も、品格も放棄!?
日航不当解雇の解決迫る 世界のパイロット 「宣言」 赤旗 10/24 ○世界の民間航空パイロットが、空の安全を脅かす日本航空の解雇に「ノー」を突きつけました。世界100カ国で約10万人のパイロットが加入するIFALPA(国際定期航空操縦士協会連合会)は23日、東京都内で開かれた労働条件・法務委員会の会議で、日本航空の安全を憂慮する「東京宣言」を採択し、日本政府に解雇事件の解決を要請しました。
世論広げ消費税増税中止を 署名 国会提出 国民集会実行委 赤旗 10/24 ○安倍晋三内閣がねらう来年4月の消費税大増税の実施を阻止しようと、「消費税大増税ストップ! 国民集会」実行委員会は23日、衆院第2議員会館で署名提出行動を行いました。4月の増税中止を求める一点共同で寄せられた21万4019人の署名を国会に提出しました。  ★もっと、もっと、集められるのではないか。
「平和教育は思考停止」 と暴言 沖縄・石垣 教育長辞任求め集会 赤旗 10/24  ★軍拡や、後戻り、復古は、では、なんだろう? 思考停止、以前!

米情報機関、メルケル独首相の携帯電話も盗聴か 朝日新聞 10/24 ○独政府のザイベルト報道官が発表したもので、声明で「ドイツ政府は、メルケル首相の携帯電話が米情報機関に監視されている可能性があるとの情報を得て、即座に米政府に照会し、全面的な解明を求めた」と明らかにした。 それによると、メルケル首相はオバマ大統領に電話で「ドイツと米国のような長年の友人の間で、このような監視があってはならない。(真実ならば)信頼を破る行為で、重大な結果を招くことになる」と抗議したという。

TBS: 台風27号、沖縄・大東島地方にきょう夕方にも最接近 10/24 ○強い台風27号は、沖縄県南大東島の西南西の海上を北寄りに進んでおり、きょう夕方にも、大東島地方に最接近する見込みです。
<台風27号>25日ごろ西日本に接近、その後は東日本へ 10/24 ○強い台風27号は23日午後8時現在、南大東島の南西約180キロをゆっくりと西北西に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。(毎日新聞)
再審請求の大崎事件を日弁連支援 「冤罪の疑い濃厚」 東京新聞 10/23 ○鹿児島県大崎町で1979年、男性の遺体が見つかり、殺人罪などで懲役10年が確定し、服役した原口アヤ子さん(86)が再審を求めている「大崎事件」について、日弁連は「冤罪の疑いが濃厚」として支援することを決めた。原口さんの弁護団が23日、鹿児島市内で記者会見して明らかにした。 弁護団事務局長の鴨志田祐美弁護士は「人的支援のほか、鑑定や実験代などの費用負担を受けられる。良い結果を残したい」と話した。日弁連はほかに「名張毒ぶどう酒事件」や「袴田事件」など八つの再審請求を支援している。
NNN: 生活保護費横領 市役所職員口座に1億円超 10/24 ○大阪・河内長野市役所の男性職員が、生活保護費支給用の公金を横領した疑いで逮捕された事件で、男性職員の個人口座に1億円以上が残っていたことが分かった。 河内長野市の職員・宮本昌浩容疑者(43)は、生活保護費の経理などを担当していた2010年、保護費支給用の口座から約420万円を不正に引き出し、横領した疑いが持たれている。 宮本容疑者は警察の調べに対し、「預貯金に充てたり、現金で保管などしていた」と容疑を認め、自宅からは数千万円の現金が押収された。 また、その後の警察への取材で、宮本容疑者の複数の個人口座に、計1億円以上の現金が残っていたことが分かった。横領した金の大半を使わずに保管していたとみられ、警察は、動機について詳しく追及している。 一方、厚生労働省と大阪府は23日午後、河内長野市への特別監査を行い、巨額の公金が不正に引き出された実態の解明を進めるとともに、制度上の不備を確認する方針。  ★開いた口がふさがらないが、上司たちやこの出金等のシステム運用・設計、チェックなしなのか? 公務員、その本文に目覚めよ。生存権、人権尊重に思いを致し、日本国憲法を再学習するように、政府は、自治体は、指導すべき!? 縦割り行政、縄張り、ぽっかり大穴が空いていたのでは。
年金支給日差し押さえ70件 国保料滞納に充当、島根 東京新聞 10/24 ○島根県内の市町村が2011年度、国民健康保険料の滞納者に対し、年金口座の預貯金を差し押さえた81件のうち、年金支給日当日に差し押さえをしたケースが70件に上っていたことが24日、県の調査で分かった。 国民年金法は、年金の差し押さえを禁止しているが、県は「年金が預金口座に振り込まれ、一般財産となった場合は差し押さえが可能とした最高裁判例に基づいた対応」と説明、問題がないとの見解を示している。 厚生労働省は「差し押さえ実態を調査した例は把握していない」と  ★違法なのか、隙間狙いなのか、知らないが、実質、国民年金法の目的たる、受給権者(乃至家族個々)の生活保障を、削ぐもの。ここにも、安倍コベが!
沖縄で離島奪還訓練 防衛省、3万人超動員 東京新聞 10/23 ○防衛省統合幕僚監部は23日、陸海空3自衛隊の隊員約3万4千人を動員した実動演習を11月1~18日の日程で、九州や沖縄県を中心に実施すると発表した。防衛省は演習目的について、上陸作戦や輸送の訓練としており、事実上の離島奪還訓練で、中国など周辺国を刺激する可能性もある。 主な訓練場所は、那覇の南東約400キロにある無人島で米軍の射爆撃場となっている沖大東島。
はがき52円、封書82円に ゆうパックも値上げ 東京新聞 10/23 ○日本郵政の西室泰三社長は23日、記者会見し、来年4月の消費税増税に伴い、はがきを52円、封書の手紙(25グラム以下の定形郵便物)を82円にそれぞれ値上げすると発表した。値上げに合わせ新たに2円、52円、82円の切手を発行する。 小口配送サービス「ゆうパック」や、書籍など軽い荷物を送る「ゆうメール」についても「増税分を適正に転嫁したい」と述べ、値上げする方針を示した。

外務省:尖閣と竹島 領土説明動画 公式HPで公開 毎日新聞 10/23 ○佐藤地(くに)報道官は同日の記者会見で「領土も含めたわが国を取り巻く情勢について、国際社会の正しい理解を得るためだ」と  ★領土問題の顕在化、狙い!? 埋もれ火を掻き立てたい??? 挑発? 領土問題はない、のが政府の立場では? 竹島(独島)が、奪還できる???
靖国合祀、二審も原告敗訴 韓国人遺族の控訴棄却 東京新聞 10/23 ○ 旧日本軍に徴用され戦死した韓国人9人の遺族と、生存する男性(88)が、靖国神社に無断で合祀されたとして、国と神社を相手に合祀取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁(坂井満裁判長)は23日、原告全面敗訴の一審判決を支持し、遺族側の控訴を棄却した。
国家安保戦略―「軍事解禁」 の危うさ 朝日新聞 社説 10/23 ○これが平和主義と呼べるのだろうか。  安倍政権が、日本の外交・安保政策の指針となる初めての国家安全保障戦略(NSS)の原案をまとめた。  新防衛大綱とともに、年末に閣議決定する方針だ。今後10年を想定した内容となる。  国の安全保障を考えるとき、防衛だけを突出させず、外交や経済をふくむ総合的な戦略を描くことには意味がある。  だが原案が示すのは、日本が軍事分野に積極的に踏み出していく方向性だ。外交努力への言及は乏しい。   ★戦争主義と呼ぶべきものだろう。軍事至上???端的には。平和憲法、平和主義からの転換という意味では、確実!
「戦前を取り戻す」 のか 特定秘密保護法案 東京新聞 社説 10/23 ○特定秘密保護法案が近く提出される。「知る権利」が条文化されても、政府は恣意(しい)的に重要情報を遮蔽(しゃへい)する。市民活動さえ脅かす情報支配の道具と化す。 「安全保障」の言葉さえ、意図的に付けたら、どんな情報も秘密として封印されかねない。
 ◆米国は機密自動解除も  秘密保護法案の問題点は、特段の秘匿を要する「特定秘密」の指定段階にもある。行政機関の「長」が担うが、その妥当性は誰もチェックできない。 有識者会議を設け、秘密指定の際に統一基準を示すという。でも、基準を示すだけで、個別案件の審査はしない。監視役が不在なのは何ら変わりがない。  ★機密の自動解除は、当然のこと。何故なら、最高権力者、主権者は、国民なのだから。三権も、中間介在者に過ぎず!? 主権者への報告、可視化あってこそ、国民主権、民主主義の姿といえよう。
「国家安保戦略」 「軍事強国」 で平和は守れない 赤旗 主張 10/23 ○日本の平和や国民の安全を守る軍事・外交政策はどうあるべきなのか―安倍晋三首相が設置した有識者会議「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)が示した「国家安全保障戦略」の原案は、「積極的平和主義」の名のもと、日本の軍事力を強化し、日米軍事同盟を強化するというものでした。いわば「軍事強国」のすすめです。日本製の兵器が人殺しに使われないよう規制してきた「武器輸出三原則」の「見直し」まで盛り込んでいます。軍事一辺倒では平和は守れません。憲法の平和主義にもとづく平和の実現こそ不可欠です。  ★然り!
読者の質問に答えます 消費税に 「輸出戻し税」 って?輸出大企業 下請けに消費税分値引き強要なら払ってない分まで懐に 赤旗 10/23  ○仕入れ税額控除
撤回されるべき是正要求 県教委と竹教委は国の脅しに屈するな 八重山毎日新聞 社説 10/23 ■文科省はなぜそこまで
武器輸出三原則 不戦の誓い捨て軍拡か 琉球新報 社説 10/23 ○それは、第2次世界大戦後、一度も戦争をしていない「平和国家」の看板を下ろし、「死の商人」になり果てることを意味する。 安倍晋三首相が設けた「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)がまとめた国家安全保障戦略の概要は、武器や関連技術の輸出を禁じる「武器輸出三原則等の見直し」を明記した。  平和主義と不離一体の「国是」を簡単に変えてしまっては、国際社会の信頼を大きく損ない、国益も傷付ける。しかも、「三原則等」であるから、それ以外の「国是」を見直す可能性も否定できない。
[武器三原則見直し] 平和国家の理念崩すな 沖縄タイムス 社説 10/23 ○外交と安全保障の包括的な指針となる「国家安全保障戦略」の概要に、「武器輸出三原則」の見直しが盛り込まれた。 まとめたのは、安倍晋三首相が設置した有識者による「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)である。政府は今後、概要を基に与党や関係省庁と調整して最終案をつくり、12月に新防衛大綱とともに閣議決定する方針だ。 武器や関連技術の輸出を原則的に禁じた「武器輸出三原則」は、非核三原則と並び、戦後日本の外交・安全保障の在り方を国際社会に示してきた、日本の国是である。 その国是を、国会での議論もほとんどなく、国民への説明も尽くされないまま転換することは、決して認められない。
特定秘密保護法案 私たちの生活に影響も 日テレ 10/23
消える書店:ネットに負け相次ぎ閉店 地域中核店も 毎日新聞 10/23 ○出版不況がいわれる中、書店の廃業・閉店の波が街の小規模書店だけでなく、地域の中核書店にも押し寄せている。先月末には、海事書などで有名だったミナト神戸の老舗が店を閉じた。文化の担い手でもあった老舗書店が相次いで店をたたむ背景には、消費者の本離れだけでなく、欲しい本が最速で当日中に手に入るアマゾンジャパンや楽天などネット書店への顧客流出もあるようだ。  ★成程と、頷けるような仕儀に!?

「秘密保護法、絶対反対」=官邸前で400人アピール-東京 時事通信 10/22 ○政府が今国会で成立を目指す特定秘密保護法案に反対する学者や市民グループは22日午後、東京・永田町の首相官邸前に集まり、「絶対反対」「何のための法案なのか」などと廃案を求めた。 上智大の田島泰彦教授(メディア法)の呼び掛けで約400人(主催者発表)が参加。「秘密守って民を守らず」「いらない!秘密保護法」と書かれたプラカードや横断幕を掲げ、拳を振り上げて「都合の悪いことは秘密にするな。政府は恥を知れ」などと繰り返した。  ★正に!
「核の傘」との整合性苦慮=不使用声明、賛同前提に交渉-政府 時事通信 10/22 ○国連総会第1委員会が21日発表した核兵器の不使用と廃絶への決意を宣言する共同声明に、日本政府が初めて賛同した。米国の「核の傘」に依存している手前、同趣旨の声明への署名を見送ってきたが、唯一の被爆国として不支持の立場であり続けることはできないと判断。署名を前提に、早くから水面下の調整に全力を注いだ。 核の不使用・廃絶に向けた同趣旨の声明は、昨年5月から今年4月まで、国連総会第1委員会と核拡散防止条約(NPT)再検討会議準備委員会で計3回提案された。日本政府は安全保障政策の整合性の観点からいずれも賛同しなかった。 4月の声明への署名見送りの際、安倍晋三首相は「次の機会には賛同できるよう調整してほしい」と外務省に指示。当初16カ国だった賛同国が、4月の段階で80カ国に膨らみ、唯一の被爆国で軍縮を目指す立場として焦りもあったとみられる。  ★二枚舌、安倍コベ言語は、安倍コベ氏の特質!? いつものこと。 『主権者に仕える』、奉仕の心は、眼中に無し!?
「核の傘」 脱却を=志位共産委員長 時事通信 10/22 ○共産党の志位和夫委員長は22日、核不使用共同声明に日本が賛同したことを受けて談話を発表し、「ヒロシマ・ナガサキの悲劇を経験した国の政府として、遅すぎたとはいえ当然のことだ」と評価した。その上で「核兵器使用を前提とした核抑止力論にしがみつく立場は矛盾している。米国の『核の傘』に頼る政策から脱却することが不可欠だ」と主張した。
秘密保護法案:与野党対決…石破氏 「今国会で成立は必須」 毎日新聞 10/22 ○自民、公明両党は22日の与党政策責任者会議で、国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案を了承した。与党内の事前調整で国民の「知る権利」や「取材の自由」との文言は盛り込まれたものの、行政による恣意(しい)的な秘密指定の可能性は消えない。安倍政権が同法案を25日に閣議決定し、臨時国会での成立を目指すのに対し、野党各党は今国会最大の対決法案と位置付け、批判を強めている。
防衛施設周辺の土地取得、外国人規制検討…首相 読売新聞 10/22
新国立競技場 大いに議論を深めよう 毎日新聞 社説 10/22

TBS: 韓国軍下士官らが大統領選に介入した疑惑浮上 10/23 ○韓国国防省などによりますと、北朝鮮によるハッキングなどの攻撃に対抗する韓国軍の秘密部隊「サイバー司令部」に所属する下士官と要員4人は、去年の大統領選期間中、ツイッターなどに野党候補を非難し、朴槿恵大統領を支持する内容の書き込みをしたということです。野党側は、「軍による選挙介入」と批判を強めています。 4人は書き込みを認めたうえで、「自分の考えを表現したのであり、指示は受けなかった」と話しているということですが、国防省は4人が組織的に政治的内容の書き込みをしたかどうかを調べるため、22日、サイバー司令部を捜索、幹部のコンピューターなどを押収したということです。 韓国では、情報機関の国家情報院でも野党候補を攻撃したとして前の院長が起訴される事態となっています。  ★可視化には、成功!? している?のか。 また、司法権の独立は、成功しているのか?
2013-10-23

10/23: [武器三原則見直し] 平和国家の理念崩すな 戦後日本の外交・安全保障の大転換は、主権者、国民の納得を得ず、許されない!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・ダブル台風接近、沖縄・大東島地方が暴風域に  18時21分
 ・鹿児島・奄美地方が強風域に、強風・大雨長く続く恐れ  18時21分
 ・台風列島接近、週末は大荒れの予報  12時6分
 ・台風27号接近、伊豆大島から一時避難の船到着  17時13分
 ・中国産ウナギの産地偽る、東京と北海道の水産業者に改善指示  17時51分
 ・薬のネット販売、切替後3年間は解禁しない方針  6時13分
 ・伊豆大島からきょう約120人が島外避難へ  6時14分
 ・アメリカの雇用改善にブレーキかかり始める  6時12分
 ・東京高裁の裁判を無断撮影した映像をネットに投稿  6時14分
 ・韓国軍下士官らが大統領選に介入した疑惑浮上  6時11分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月23日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 現場からの報告-新しい出発、そして、地域に根付く第一歩-  (せっちゃん)
イシャジャの呟き: 降霜の頃・・・  誕生日の花 シコンノボタン 花言葉 平静
 今日のトピックス Blog10/22: 婚外子違憲:自民党部会 民法改正に慎重論 &寡婦控除 結婚歴で差別… 自民党の根底に、市民平等否定!拒否勢力が

●「九条の会」メールマガジン >> 第173号 ( 2013年9月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 憲法21条が危ない! ―公安警察に見張られながら集会に参加することを当然視する裁判所  小塚陽子さん(弁護士・10.13集会妨害国賠訴訟弁護事務局)
今週の一言: 個人の尊厳は憲法の基 ― 天皇の元首化は時代に逆行 ―  垣花豊順さん(琉球大学名誉教授・弁護士)
今週の一言: 日本は主権国家でしょうか?~沖縄からは日本の姿がよく見える  知花一昌さん(真宗大谷派僧侶)
今週の一言: 戦争の加害面もきちんと知ってアジアの人々との対話をはかりませんか  倉橋綾子さん(フリーライター・「山猫くらぶ」代表))
<憲法をめぐる動向>・2013年10月3日付   警戒!安防懇、「積極的平和主義」方針化へ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月30日付   注目!受刑者の選挙権制限は違憲 −大阪高裁 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月26日付   注目!映像作品群『幕の内憲法』、頒布開始 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月23日付   注目!民放連、特定秘密保護法案に懸念 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月19日付   警戒!安保有識者懇、憲法解釈見直しへ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月16日付   警戒!入れ墨理由に外国人の入浴断る その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月12日付   注目!自衛隊違憲判決40周年集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月9日付   警戒!汚染水、地下水到達か 危機的状況深刻さ増す その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月5日付   警戒!シリア攻撃、最大90日の米上院が容認決議案。安倍首相緊密連携確認 その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】第1回「立憲主義という考え方」
      コメンテーター:浦部法穂・法学館憲法研究所顧問、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年10月21日(月)18:30~21:00

     第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

規制委員長 東電社長と面談へ 報告書の内容不十分 東京新聞 10/23 ○報告書について、規制委の事務局は「柏崎刈羽の現場管理ができるなら、なぜ福島で問題が起きているのか」と疑問視する見解案をまとめ、同日の会合に提出した。 大島賢三委員は「東電の報告書は納得いかないが、(追加報告を求めるなど)文書のやりとりは生産的でない。委員長が東電トップを招致してはどうか」と提案。田中氏は「報告では柏崎刈羽が別会社のようで、ただす必要がある。現場の困難や苦悩を率直に言えない状況もあるのではないか。面談の道を探りたい」と応じた。 面談の際には、福島の現場管理や、柏崎刈羽から福島への支援などについて東電と協議する見込み。日時や公開するかどうかは決まっていない。
自民幹部 「審査が慎重すぎる」 規制委に疑問を… テレ朝 10/23 ○自民党・細田幹事長代行:「残念ながらと言うか、非常に(原子力)規制委員会も慎重に事を運んで調査しているようで…」  23日の会合では、出席者から福島第一原発の汚染水問題を巡って、「東京電力の経営面から考えると、柏崎刈羽原発を動かしてこそ、福島の収束も進むのではないか」などの意見が出ました。議連では、年内に取りまとめる中間提言で、原発の新設や増設を打ち出す方針を確認しました。  ★事態が把握できていないようで、拙速な議論を、原発推進派が、ブツブツと言っている??? 能力も問題!? 突っ張った欲も問題だが。
排水溝から5万9千ベクレル検出 タンク付近で過去最高 東京新聞 10/23 ○東京電力は23日、福島第1原発の汚染水を貯蔵する地上タンクで約300トンの漏えいがあった「H4」エリア付近の排水溝で22日に採取した水から、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり最大5万9千ベクレル検出されたと発表した。過去最高値だった17日採取分の3万4千ベクレルを上回った。
手賀沼処理場 9棟中4棟使って3市の526トンを保管 東京新聞 10/23 ○高濃度の放射性セシウムを含むごみ焼却灰を一時保管する県の手賀沼終末処理場(我孫子、印西両市)には現在、柏、松戸、流山三市から五百二十六トンが搬入されている。 取材を申し込んで二十二日、施設内に入ると、搬入済みの焼却灰は九棟ある施設のうち四棟で保管されていた。保管されている灰は、通常の埋め立て処分ができない一キログラム当たり八〇〇〇ベクレルを超えるセシウムを含み、指定廃棄物と呼ばれる。
【私説・論説室から】 泥んこ遊びをする権利 東京新聞 10/23 ○毎朝、福島市内からマイクロバスに子どもを乗せて隣の山形県まで連れて行き、夕方にまた帰ってくる。福島市の保育園「たけの子」の代表辺見妙子さん(52)がこの二年、往復を続ける「サテライト保育」だ。 原発事故の後、放射能の影響を気にしながら室内でばかり過ごす保育に苦悩を深めていた。子どもに泥んこ遊びもさせられない。田んぼや土手の散歩にも連れていけない。花や草木の名前も知らないで大きくなっていく。限界だ。その年の秋、約五十キロ離れた米沢市の幼稚園を間借りした。 自然の中で再び過ごせるようになり、子どもに笑顔が戻った。時には福島市や周辺の別の園の子も連れて行く。二年も散歩していなかった子、ススキやコスモスを知らなかった子。歓声が上がるたび、原発事故を起こした大人の罪を思う。園舎の家賃や運転手の手当などにかかる二十万円は寄付に頼るため心配だが、踏ん張る覚悟を決めている。
焼却灰のセシウム濃度 明暗 柏、焼却方法変え低減 松戸、いぜん高濃度 東京新聞 10/23 ○原発事故後、東葛の自治体を悩まし続けるごみの焼却灰問題。ここにきて柏市の灰に含まれる放射性セシウム濃度が下がり始め、民間の最終処分場への搬出を九月から再開した。一方で、依然としてセシウム濃度が下がらないのが松戸市。なぜ、明暗が分かれているのだろうか。
電話1本 「賠償金払わない」 東電対応に憤る食品加工業者/茨城 東京新聞 10/23 ○東京電力福島第一原発事故による風評被害の賠償金打ち切り問題で、那珂市で食品加工業を営む男性(63)も、「東電からの電話一本」で突然打ち切られたと証言し、憤る。男性は一九九九年に起きた核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)臨界事故(東海村)でも深刻な風評被害を受けており、懸命に立ち直った中での今回の事態に、苦悩は深い。  男性は二十二日、賠償打ち切り問題に対する社会民主党の調査団の聞き取り調査に応じ、冷静な口調で訴えた。 男性によると、賠償金は三月分まで受けたが、四月分以降は打ち切られた。
原発事故後 首都圏で初 シイタケ出荷再開へ 東京新聞 10/23 ○東京電力福島第一原発事故により国の出荷制限が続いている栃木県産シイタケについて、県は二十二日、矢板市の農家一軒の制限解除を国の原子力災害対策本部に申請した。国の事前審査は済んでおり、近く解除される見通し。シイタケの出荷制限が解除されるのは首都圏では初めて。 栃木県の原木生シイタケ生産量は八八三・二トン(二〇一一年)で、群馬県に次いで全国二位。しかし、原発事故後、高い放射性セシウム濃度を計測、施設栽培で九市町、露地栽培で二十一市町に出荷制限がかかっていた。 ただ、原木生シイタケの生産農家は栃木県内に五百八十一軒(今年三月末現在)あり、解除の見通しがついているのはごく一部。施設栽培より生産量が多い露地栽培は先になりそう。福田富一知事は「一山越えたというところ。引き続き、早期解除を目指して取り組みたい」と話した。

手順通りの雨水排出不可能 東電所長、規制委と協議へ 東京新聞 10/22 ○東京電力福島第1原発の小野明所長は22日、汚染水タンク群の漏えい防止用せきにたまった雨水があふれた問題で、せきの水を仮設タンクに移して放射性物質の濃度測定後に排出する手順について「せきの水を全部出すにはこの手順を千回とか繰り返す必要があり、大雨の中であふれさせずに作業することは不可能」と述べた。… 福島県側からは「東電の手法で安全が担保されたとは言えない」と批判が出た。
新潟で震度3 時事通信 10/23 ○22日午後11時43分ごろ、新潟県中越地方を震源とする地震があり、十日町で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は2.6と推定…


予算委論戦 原発の存廃、徹底的に 東京新聞 社説 10/22 ○特に野党には、原発の存廃をはじめ、消費税増税やTPP(環太平洋連携協定)など国民生活を大きく左右する重要課題について、政府を追及するだけでなく、自らも積極的に政策提言し、政治をよりよい方向に導く責務がある。 原発・エネルギー政策をめぐり、七月に行われた参院選前の通常国会と比べて決定的に局面が違うことは、小泉純一郎元首相が「原発ゼロ」路線への転換を公言したことだろう。 安倍首相自身も「政治の師」の一人と認める小泉氏である。すでに政界を退いたとはいえ、在職当時、原発推進の先頭に立った首相経験者の宗旨変えの意味は重い。
首相、汚染水の影響否定 遮断の認識 「変わらず」 東京新聞 10/22  ★野田元首相の『原発事故終息宣言』のようなものか。
港湾外から再びセシウム 沖合1キロ最高値 福島第一 東京新聞 10/22 ○東京電力は二十二日の定例会見で、福島第一原発の港湾外の海水で放射性セシウム137が一リットル当たり一・六ベクレル検出されたことを明らかにした。原発の沖合約一キロ地点。八月に調査を始めて以来、検出は二度目で最高値となる。汚染が港湾外の外洋に継続的に広がっている可能性があり、国内外で懸念が強まりそうだ。
野生キノコから基準超セシウム 国が出荷制限指示/長野 中日新聞 10/22 ○国は二十一日、原子力災害対策特措法に基づき、(長野県)佐久穂町で採れた野生キノコの出荷制限を県に指示した。 県が十七日に実施したモニタリング調査で、佐久穂町で採れた野生キノコから基準以上の放射性セシウムが検出されており、県が町産の野生キノコの出荷や採取、摂取の自粛を要請していた。 県内で国が野生キノコの出荷制限を要請しているのは佐久穂町を含め小諸市、佐久市など計七市町村。
台風27号でも直接排出か 汚染水タンクせき内の水 東京新聞 10/22 ○東京電力は21日、福島第1原発の汚染水タンク群を囲む漏えい防止用のせきから排出基準を超える放射性物質を含んだ雨水があふれた問題で、今週中にも接近する恐れのある台風27号に対策が間に合わない可能性があるとして、これまでと同様に緊急時には基準を下回る水をせきから直接排出する考えを示した。  ★予見を遅らせ、対策を怠った!? 故意ではないか。
福島第1原発:事故の賠償指針 改定求め意見書 毎日新聞 10/22 ○東京電力福島第1原発事故で、避難者の生活実態の調査が不十分なまま賠償の指針が決まり、避難者の救済が不十分として、立命館大の吉村良一教授ら64大学の教員190人が22日、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会に、避難者への調査と被害実態に即した指針の改定を求める意見書を提出する。 原賠審は、原発事故の賠償基準を策定。今も家屋の賠償額上乗せなど、新たな指針の議論を続けている。精神的苦痛への慰謝料については、東電が指針に基づき、避難生活が終わるまで1人月額10万円を支払っている。 意見書は、現状の指針が、家族が離ればなれになる状況を強いられたり、地域のコミュニティーが壊されてしまったりしたことが十分に考慮されていないことを問題視。「原賠審は、仮設住宅の避難者に直接事情を聴いておらず、調査が不十分」と、慰謝料の上積みなど指針の改定を求める。  ★何故、文科省が、シャシャるのか、わからない。生活破壊の賠償問題に。
東北六魂祭:資金難でも「6県一巡まではやる」来年は山形  毎日新聞 10/22  ★自ら、励ますことは、良きかな。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: ぼくらはみんな生きている ・ブログ連歌(336) ○わが家の正面に生えている桑の木です。
@動画: 霞ヶ関激震の内部告発 小説「原発ホワイトアウト」の著者(現役キャリア官僚)にテレビ初取材/ABCテレビ・キャスト
@動画: <証言記録・兵士たちの戦争> 「ビルマ 退却戦の悲闘 ~福井県・敦賀歩兵第119連隊~」
インパール作戦 - Wikipedia ○インパール作戦(インパールさくせん、日本側作戦名:ウ号作戦(ウごうさくせん))とは、1944年(昭和19年)3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。  ★以下、割愛。
植草一秀の『知られざる真実』: 原発再稼働茶番劇の台本を読みたい方におススメ ○若杉冽著『原発ホワイトアウト』(講談社)を全国民が読むべきだ。 http://goo.gl/5zfBaX
 ・現役キャリア官僚のリアル告発ノベルである。 小説のスタイルを取っているが、重要なコンテンツは、ほぼノンフィクションである。私たちの目の前で繰り広げられている原発再稼働に向けての茶番。内部を知り尽くした現役官僚でなければ表現できないディテールがふんだんに盛り込まれている。 著者は語る。 日本の原発には、国民に知らされていない致命的な欠陥がある。原発の電源を支える送電線が破壊されれば、原発が電源を失うリスクは、多分に存在するのである。
天木直人のブログ: 日本国民と世界を欺く見せかけの核不使用共同声明参加
天木直人のブログ: 小泉父子に脱原発ができるはずがない


市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

外務省:尖閣と竹島 領土説明動画 公式HPで公開 毎日新聞 10/23 ○佐藤地(くに)報道官は同日の記者会見で「領土も含めたわが国を取り巻く情勢について、国際社会の正しい理解を得るためだ」と  ★領土問題の顕在化、狙い!? 埋もれ火を掻き立てたい??? 挑発? 領土問題はない、のが政府の立場では? 竹島(独島)が、奪還できる???
靖国合祀、二審も原告敗訴 韓国人遺族の控訴棄却 東京新聞 10/23 ○ 旧日本軍に徴用され戦死した韓国人9人の遺族と、生存する男性(88)が、靖国神社に無断で合祀されたとして、国と神社を相手に合祀取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁(坂井満裁判長)は23日、原告全面敗訴の一審判決を支持し、遺族側の控訴を棄却した。
国家安保戦略―「軍事解禁」 の危うさ 朝日新聞 社説 10/23 ○これが平和主義と呼べるのだろうか。  安倍政権が、日本の外交・安保政策の指針となる初めての国家安全保障戦略(NSS)の原案をまとめた。  新防衛大綱とともに、年末に閣議決定する方針だ。今後10年を想定した内容となる。  国の安全保障を考えるとき、防衛だけを突出させず、外交や経済をふくむ総合的な戦略を描くことには意味がある。  だが原案が示すのは、日本が軍事分野に積極的に踏み出していく方向性だ。外交努力への言及は乏しい。   ★戦争主義と呼ぶべきものだろう。軍事至上???端的には。平和憲法、平和主義からの転換という意味では、確実!
「戦前を取り戻す」 のか 特定秘密保護法案 東京新聞 社説 10/23 ○特定秘密保護法案が近く提出される。「知る権利」が条文化されても、政府は恣意(しい)的に重要情報を遮蔽(しゃへい)する。市民活動さえ脅かす情報支配の道具と化す。 「安全保障」の言葉さえ、意図的に付けたら、どんな情報も秘密として封印されかねない。
 ◆米国は機密自動解除も  秘密保護法案の問題点は、特段の秘匿を要する「特定秘密」の指定段階にもある。行政機関の「長」が担うが、その妥当性は誰もチェックできない。 有識者会議を設け、秘密指定の際に統一基準を示すという。でも、基準を示すだけで、個別案件の審査はしない。監視役が不在なのは何ら変わりがない。  ★機密の自動解除は、当然のこと。何故なら、最高権力者、主権者は、国民なのだから。三権も、中間介在者に過ぎず!? 主権者への報告、可視化あってこそ、国民主権、民主主義の姿といえよう。
「国家安保戦略」 「軍事強国」 で平和は守れない 赤旗 主張 10/23 ○日本の平和や国民の安全を守る軍事・外交政策はどうあるべきなのか―安倍晋三首相が設置した有識者会議「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)が示した「国家安全保障戦略」の原案は、「積極的平和主義」の名のもと、日本の軍事力を強化し、日米軍事同盟を強化するというものでした。いわば「軍事強国」のすすめです。日本製の兵器が人殺しに使われないよう規制してきた「武器輸出三原則」の「見直し」まで盛り込んでいます。軍事一辺倒では平和は守れません。憲法の平和主義にもとづく平和の実現こそ不可欠です。  ★然り!
読者の質問に答えます 消費税に 「輸出戻し税」 って?輸出大企業 下請けに消費税分値引き強要なら払ってない分まで懐に 赤旗 10/23  ○仕入れ税額控除
撤回されるべき是正要求 県教委と竹教委は国の脅しに屈するな 八重山毎日新聞 社説 10/23 ■文科省はなぜそこまで
武器輸出三原則 不戦の誓い捨て軍拡か 琉球新報 社説 10/23 ○それは、第2次世界大戦後、一度も戦争をしていない「平和国家」の看板を下ろし、「死の商人」になり果てることを意味する。 安倍晋三首相が設けた「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)がまとめた国家安全保障戦略の概要は、武器や関連技術の輸出を禁じる「武器輸出三原則等の見直し」を明記した。  平和主義と不離一体の「国是」を簡単に変えてしまっては、国際社会の信頼を大きく損ない、国益も傷付ける。しかも、「三原則等」であるから、それ以外の「国是」を見直す可能性も否定できない。
[武器三原則見直し] 平和国家の理念崩すな 沖縄タイムス 社説 10/23 ○外交と安全保障の包括的な指針となる「国家安全保障戦略」の概要に、「武器輸出三原則」の見直しが盛り込まれた。 まとめたのは、安倍晋三首相が設置した有識者による「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)である。政府は今後、概要を基に与党や関係省庁と調整して最終案をつくり、12月に新防衛大綱とともに閣議決定する方針だ。 武器や関連技術の輸出を原則的に禁じた「武器輸出三原則」は、非核三原則と並び、戦後日本の外交・安全保障の在り方を国際社会に示してきた、日本の国是である。 その国是を、国会での議論もほとんどなく、国民への説明も尽くされないまま転換することは、決して認められない。
特定秘密保護法案 私たちの生活に影響も 日テレ 10/23
消える書店:ネットに負け相次ぎ閉店 地域中核店も 毎日新聞 10/23 ○出版不況がいわれる中、書店の廃業・閉店の波が街の小規模書店だけでなく、地域の中核書店にも押し寄せている。先月末には、海事書などで有名だったミナト神戸の老舗が店を閉じた。文化の担い手でもあった老舗書店が相次いで店をたたむ背景には、消費者の本離れだけでなく、欲しい本が最速で当日中に手に入るアマゾンジャパンや楽天などネット書店への顧客流出もあるようだ。  ★成程と、頷けるような仕儀に!?


「秘密保護法、絶対反対」=官邸前で400人アピール-東京 時事通信 10/22 ○政府が今国会で成立を目指す特定秘密保護法案に反対する学者や市民グループは22日午後、東京・永田町の首相官邸前に集まり、「絶対反対」「何のための法案なのか」などと廃案を求めた。 上智大の田島泰彦教授(メディア法)の呼び掛けで約400人(主催者発表)が参加。「秘密守って民を守らず」「いらない!秘密保護法」と書かれたプラカードや横断幕を掲げ、拳を振り上げて「都合の悪いことは秘密にするな。政府は恥を知れ」などと繰り返した。  ★正に!
「核の傘」との整合性苦慮=不使用声明、賛同前提に交渉-政府 時事通信 10/22 ○国連総会第1委員会が21日発表した核兵器の不使用と廃絶への決意を宣言する共同声明に、日本政府が初めて賛同した。米国の「核の傘」に依存している手前、同趣旨の声明への署名を見送ってきたが、唯一の被爆国として不支持の立場であり続けることはできないと判断。署名を前提に、早くから水面下の調整に全力を注いだ。 核の不使用・廃絶に向けた同趣旨の声明は、昨年5月から今年4月まで、国連総会第1委員会と核拡散防止条約(NPT)再検討会議準備委員会で計3回提案された。日本政府は安全保障政策の整合性の観点からいずれも賛同しなかった。 4月の声明への署名見送りの際、安倍晋三首相は「次の機会には賛同できるよう調整してほしい」と外務省に指示。当初16カ国だった賛同国が、4月の段階で80カ国に膨らみ、唯一の被爆国で軍縮を目指す立場として焦りもあったとみられる。  ★二枚舌、安倍コベ言語は、安倍コベ氏の特質!? いつものこと。 『主権者に仕える』、奉仕の心は、眼中に無し!?
「核の傘」 脱却を=志位共産委員長 時事通信 10/22 ○共産党の志位和夫委員長は22日、核不使用共同声明に日本が賛同したことを受けて談話を発表し、「ヒロシマ・ナガサキの悲劇を経験した国の政府として、遅すぎたとはいえ当然のことだ」と評価した。その上で「核兵器使用を前提とした核抑止力論にしがみつく立場は矛盾している。米国の『核の傘』に頼る政策から脱却することが不可欠だ」と主張した。
秘密保護法案:与野党対決…石破氏 「今国会で成立は必須」 毎日新聞 10/22 ○自民、公明両党は22日の与党政策責任者会議で、国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案を了承した。与党内の事前調整で国民の「知る権利」や「取材の自由」との文言は盛り込まれたものの、行政による恣意(しい)的な秘密指定の可能性は消えない。安倍政権が同法案を25日に閣議決定し、臨時国会での成立を目指すのに対し、野党各党は今国会最大の対決法案と位置付け、批判を強めている。
防衛施設周辺の土地取得、外国人規制検討…首相 読売新聞 10/22
新国立競技場 大いに議論を深めよう 毎日新聞 社説 10/22

TBS: 韓国軍下士官らが大統領選に介入した疑惑浮上 10/23 ○韓国国防省などによりますと、北朝鮮によるハッキングなどの攻撃に対抗する韓国軍の秘密部隊「サイバー司令部」に所属する下士官と要員4人は、去年の大統領選期間中、ツイッターなどに野党候補を非難し、朴槿恵大統領を支持する内容の書き込みをしたということです。野党側は、「軍による選挙介入」と批判を強めています。 4人は書き込みを認めたうえで、「自分の考えを表現したのであり、指示は受けなかった」と話しているということですが、国防省は4人が組織的に政治的内容の書き込みをしたかどうかを調べるため、22日、サイバー司令部を捜索、幹部のコンピューターなどを押収したということです。 韓国では、情報機関の国家情報院でも野党候補を攻撃したとして前の院長が起訴される事態となっています。  ★可視化には、成功!? している?のか。 また、司法権の独立は、成功しているのか?

裁判官、キスで戒告処分 修習生に無理やり、福岡 東京新聞 10/22 ○司法修習生の女性に対し、酒に酔ってキスをしたなどとして福岡地裁の高橋信慶判事(40)が戒告の懲戒処分を受けていたことが22日、分かった。福岡高裁によると、高橋判事は処分を重く受け止め、22日付で依願退官したという。 福岡高裁によると、高橋判事は8月1日午前0時ごろ、福岡市中央区の飲食店で男性5人と司法修習生の女性1人と一緒に酒を飲んでいる際、「キスをしたい」などと言い、女性の左腕を引っ張って、ほおに2回無理やりキスをしたという。  ★どんなグループにも、品性下劣、下品はいる!? 残念だが、ないものねだり、かな。

婚外子違憲:自民党部会 民法改正に慎重論も 毎日新聞 10/22 ○自民党法務部会(大塚拓部会長)は22日、法律上結婚していない男女の子供(婚外子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分とする民法規定を「違憲」と認定した最高裁判決を受け、民法改正の議論を始めた。しかし、嫡出子と婚外子の遺産相続を平等化する民法改正案に対し、保守系議員らから異論が相次いだ。  ★保守系??? 市民平等の抵抗勢力、復古の勢力だ。自民党には、自由平等原則はない。民主もない!? あるのは、大きな声の“後ろ向き”勢力のみ!?  最高法規を頂点とする『法の支配』に敵対する勢力!?
寡婦控除 結婚歴で差別は不公平 東京新聞 社説 10/22 ○ひとりで子どもを育てる親の税を軽減する「寡婦(かふ)控除」を、結婚歴のある人だけでなく非婚のひとり親にも認めるよう税制を改めるべきだ。結婚歴のあるなしで差をつけるのは公平でない。 「結婚をしていないことで税の負担が重くなるのは納得できません。一人で子どもを育てる大変さは同じではないでしょうか?」 シングルマザーとして一人息子を育ててきた東京都八王子市の派遣社員女性(64)は訴える。  ★然り! 自民党には、市民平等の思想はない!? 国民主権もない!? 後戻り指向の者が、大方…
在特会めぐる番組内容に抗議文 NPO 「偏見を助長」 朝日新聞 10/22 ○読売テレビ(大阪市)が20日に放送した「たかじんのそこまで言って委員会」で在日コリアンへの差別や偏見を助長する内容があったとして、NPO法人「コリアNGOセンター」(同市生野区)が22日、同テレビに抗議文を提出し、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を求めた。  番組では、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)による朝鮮学校への街宣活動を「人種差別にあたる」と認めた7日の京都地裁判決などについて討論。作家の竹田恒泰氏が「在特会のおかげで在日の特権の問題が明らかになった。日本人の名前に変えることで犯罪歴や金融関係の経歴を消すことができ、新たな犯罪ができる。(在特会は)そういうことを表現した」などと発言した。  これに対し、コリアNGOセンターは抗議文で「通称名の使用や変更で犯罪歴や経歴の抹消はできず、事実に反する」「在日コリアンが犯罪集団で危険な存在であるというゆがんだ偏見を助長する」として訂正放送を求めている。読売テレビは「抗議を受けたことに対して、詳細に検討している」としている。
公明代表 「今国会で」 秘密保護法案成立に意欲 東京新聞 10/22 ○同法案には、政府による「特定秘密」指定の妥当性を客観的に検証する仕組みが導入されていないが、山口氏は「秘密を特定するのは、すぐれて政府の判断だ。恣意(しい)性が前提になっているのではない」と強調。  ★恣意性ばかり、普通の人には、目に付くが、(与党)公明党には、気がつかないのか??? 亦、下駄の雪に!? 欲に駆られ…
自民、秘密保護法案を了承 今国会成立で与党一致 東京新聞 10/22
安倍政権の国家戦略特区 国民不在の「企業目線」 東京新聞 10/22 ○安倍政権は、経済成長のための手だての一つとする「国家戦略特区」の基本方針をまとめ、法案を今の国会に出す。特区で何がどう変わるのか。 (金杉貴雄) Q 特区って前からなかったっけ。  A それは「構造改革特区」だ。小泉政権時代の二〇〇二年度から始まった。これまでに「どぶろく特区」「小中一貫教育特区」など二百三十三件が認められている。
 Q 国家戦略は何が違うの。  A 「構造改革」は地方の工夫を生かした活性化が狙いで自治体が提案する。「国家戦略」は国が上から決める。
 Q 目的は。  A さまざまな国民の権利や公平性を重視して決められているルールを、政府が狙いを定め、ある地域だけ緩める。「規制緩和」と呼ぶんだけど、その地域では企業がルールに縛られずに活動できるので、もうけやすくなるというのが政府の発想だ。企業を潤わせ、経済を上向かせようとしている。
「西山事件の類似は処罰」 秘密保護法案で担当相 日経新聞 10/22 ○森氏は「不当とは西山事件に匹敵する行為だ」と述べた。  ★恣意的!? 確定判決をいいことに、同語反復に似る。説明にもなっていない。
自衛隊統合演習に射程100km超の地対艦ミサイルを石垣島に展開へ FNN 10/22  ★マッチポンプの、マッチに似た、火遊び!?
集団的自衛権は法整備が必要 首相 「行使を担保」 東京新聞 10/22  ★対外的には、抜かぬが、華だが、国内的に、自由と権利への閉塞状況を招く、絶対、反対だ。
朝鮮総連:中央本部売却、決定期日を延期 東京地裁 毎日新聞 10/22

伊豆大島、島外へ自主避難広がる 高齢者ら500人も 東京新聞 10/22 ○台風26号による伊豆大島(東京都大島町)の土石流被害で22日、台風27号の接近に備え、自主的に島を離れる住民の動きが広がった。23日で発生から1週間。町は高齢者や障害者ら約500人の意向を踏まえ、23日に島外へ避難させる。 伊豆大島と東京・竹芝桟橋を結ぶ高速船を運航する東海汽船は22日、通常の1日2便から4便に増やした。港では手荷物を抱えた住民が相次いで高速船に乗り込んだ。 全日空も23、24の両日、住民の自主避難が続いているため、羽田―大島間の運航を1往復から2往復に増やす。

ANN: 台風で被害の伊豆大島 安否不明18人の捜索続く 10/22
ANN: 国家安保戦略の概要「武器輸出三原則」見直しを明記 10/22 ○安倍政権の外交・安保政策を議論する有識者懇談会は、武器輸出三原則の見直しなどを盛り込んだ「国家安全保障戦略」の概要をまとめました。
有識者懇、武器三原則見直し明記 「国家安全保障戦略」 概要まとめ 東京新聞 10/21  ★安倍コベ氏の、独り舞台!? 独裁!? 首相の諮問機関使い、放題…
ANN: 楽天、日本シリーズ進出決定 杜の都に歓喜の渦! 10/22 ○ファン:「うれしすぎて、言葉にできないです」「9年間、追い続けた本当の夢の夢」「(日本シリーズは)4勝2敗で勝ちます。6戦目でKスタで決めますので。宮城、東北に力を与えて下さい。皆で応援するので頑張って下さい」
2013-10-22

10/22: 婚外子違憲:自民党部会 民法改正に慎重論 &寡婦控除 結婚歴で差別… 自民党の根底に、市民平等否定!拒否勢力が

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・台風27号・28号、週末にかけ列島に接近へ  11時56分
 ・特定秘密保護法案を自公了承、今国会成立の公算  17時32分
 ・宇宙飛行士・若田光一さん、打ち上げ前の会見で抱負  19時8分
 ・阪急阪神ホテルズ、メニュー表示と異なる食材を提供  18時50分
 ・福島第一原発の港湾外の海水から再びセシウム検出  19時12分
 ・台風で被害の伊豆大島 安否不明18人の捜索続く  5時50分
 ・楽天、日本シリーズ進出決定 杜の都に歓喜の渦!  5時50分
 ・ロ南部で路線バス爆発…30人以上死傷 自爆テロか  5時50分
 ・政府のTPP説明会 参加者が過去最多、不満の声も  6時15分
 ・国家安保戦略の概要「武器輸出三原則」見直しを明記  5時50分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月22日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: インタビュー   誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い
 今日のトピックス Blog10/21: おかしいことはおかしいと勇気もって 70年前の 「学徒出陣」 主権者と臣民とでは、大違い! 最高権力者の権利に基き発言を

●「九条の会」メールマガジン >> 第173号 ( 2013年9月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 憲法21条が危ない! ―公安警察に見張られながら集会に参加することを当然視する裁判所  小塚陽子さん(弁護士・10.13集会妨害国賠訴訟弁護事務局)
今週の一言: 個人の尊厳は憲法の基 ― 天皇の元首化は時代に逆行 ―  垣花豊順さん(琉球大学名誉教授・弁護士)
今週の一言: 日本は主権国家でしょうか?~沖縄からは日本の姿がよく見える  知花一昌さん(真宗大谷派僧侶)
今週の一言: 戦争の加害面もきちんと知ってアジアの人々との対話をはかりませんか  倉橋綾子さん(フリーライター・「山猫くらぶ」代表))
<憲法をめぐる動向>・2013年10月3日付   警戒!安防懇、「積極的平和主義」方針化へ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月30日付   注目!受刑者の選挙権制限は違憲 −大阪高裁 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月26日付   注目!映像作品群『幕の内憲法』、頒布開始 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月23日付   注目!民放連、特定秘密保護法案に懸念 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月19日付   警戒!安保有識者懇、憲法解釈見直しへ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月16日付   警戒!入れ墨理由に外国人の入浴断る その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月12日付   注目!自衛隊違憲判決40周年集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月9日付   警戒!汚染水、地下水到達か 危機的状況深刻さ増す その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月5日付   警戒!シリア攻撃、最大90日の米上院が容認決議案。安倍首相緊密連携確認 その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】第1回「立憲主義という考え方」
      コメンテーター:浦部法穂・法学館憲法研究所顧問、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年10月21日(月)18:30~21:00

     第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

予算委論戦 原発の存廃、徹底的に 東京新聞 社説 10/22 ○特に野党には、原発の存廃をはじめ、消費税増税やTPP(環太平洋連携協定)など国民生活を大きく左右する重要課題について、政府を追及するだけでなく、自らも積極的に政策提言し、政治をよりよい方向に導く責務がある。 原発・エネルギー政策をめぐり、七月に行われた参院選前の通常国会と比べて決定的に局面が違うことは、小泉純一郎元首相が「原発ゼロ」路線への転換を公言したことだろう。 安倍首相自身も「政治の師」の一人と認める小泉氏である。すでに政界を退いたとはいえ、在職当時、原発推進の先頭に立った首相経験者の宗旨変えの意味は重い。
首相、汚染水の影響否定 遮断の認識 「変わらず」 東京新聞 10/22  ★野田元首相の『原発事故終息宣言』のようなものか。
港湾外から再びセシウム 沖合1キロ最高値 福島第一 東京新聞 10/22 ○東京電力は二十二日の定例会見で、福島第一原発の港湾外の海水で放射性セシウム137が一リットル当たり一・六ベクレル検出されたことを明らかにした。原発の沖合約一キロ地点。八月に調査を始めて以来、検出は二度目で最高値となる。汚染が港湾外の外洋に継続的に広がっている可能性があり、国内外で懸念が強まりそうだ。
野生キノコから基準超セシウム 国が出荷制限指示/長野 中日新聞 10/22 ○国は二十一日、原子力災害対策特措法に基づき、(長野県)佐久穂町で採れた野生キノコの出荷制限を県に指示した。 県が十七日に実施したモニタリング調査で、佐久穂町で採れた野生キノコから基準以上の放射性セシウムが検出されており、県が町産の野生キノコの出荷や採取、摂取の自粛を要請していた。 県内で国が野生キノコの出荷制限を要請しているのは佐久穂町を含め小諸市、佐久市など計七市町村。
台風27号でも直接排出か 汚染水タンクせき内の水 東京新聞 10/22 ○東京電力は21日、福島第1原発の汚染水タンク群を囲む漏えい防止用のせきから排出基準を超える放射性物質を含んだ雨水があふれた問題で、今週中にも接近する恐れのある台風27号に対策が間に合わない可能性があるとして、これまでと同様に緊急時には基準を下回る水をせきから直接排出する考えを示した。  ★予見を遅らせ、対策を怠った!? 故意ではないか。
福島第1原発:事故の賠償指針 改定求め意見書 毎日新聞 10/22 ○東京電力福島第1原発事故で、避難者の生活実態の調査が不十分なまま賠償の指針が決まり、避難者の救済が不十分として、立命館大の吉村良一教授ら64大学の教員190人が22日、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会に、避難者への調査と被害実態に即した指針の改定を求める意見書を提出する。 原賠審は、原発事故の賠償基準を策定。今も家屋の賠償額上乗せなど、新たな指針の議論を続けている。精神的苦痛への慰謝料については、東電が指針に基づき、避難生活が終わるまで1人月額10万円を支払っている。 意見書は、現状の指針が、家族が離ればなれになる状況を強いられたり、地域のコミュニティーが壊されてしまったりしたことが十分に考慮されていないことを問題視。「原賠審は、仮設住宅の避難者に直接事情を聴いておらず、調査が不十分」と、慰謝料の上積みなど指針の改定を求める。  ★何故、文科省が、シャシャるのか、わからない。生活破壊の賠償問題に。
東北六魂祭:資金難でも「6県一巡まではやる」来年は山形  毎日新聞 10/22  ★自ら、励ますことは、良きかな。


「1ミリシーベルトこだわらず」 除染目標で IAEA団長 東京新聞 10/21 ○東京電力福島第1原発事故に伴う除染を支援するため来日した国際原子力機関(IAEA)専門家チームのフアン・カルロス・レンティッホ団長は21日、都内で記者会見し、除染の目標として「必ずしも(国が長期目標に掲げる)1ミリシーベルトにはこだわらない。利益と負担のバランスを考え、地域住民の合意を得るべきだ」と述べた。 その後、レンティッホ氏は石原伸晃環境相と会談し、除染の進め方などを助言する中間報告書を提出した。
福島第一 堰の水12カ所あふれる 汚染水、外洋流出濃厚 東京新聞 10/21 ○東電は漏れた量や放射性物質の濃度を調べるとともに、他のタンク群の堰から雨水があふれていないか監視を強める。 あふれ出たのは全部で23カ所ある地上タンク群のうち、H2南、H2北、G3東、G6南、G6北、H4、H4東、H1東、E、H8北、H8南、H3と呼ばれるタンク群12カ所の堰。 「H2南」では、六日に採取された堰内の水から、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が一リットル当たり二万九〇〇〇ベクレルと高濃度で検出されていた。
東電原発風評 賠償金打ち切り 取手の業者 売り上げ回復せず 「顧客 元に戻して」 東京新聞 10/21 ○事故による風評被害で売り上げが大幅に減ったと訴える茨城県取手市の米穀販売業者も対象となった。東電側は、業者が自主的に事業を縮小したことが減少の原因とするが、業者にしてみれば事故がなければ、自ら事業を縮めることなどありえなかった。「被害者を切り捨てるのか」。怒りは募る。


堰流出汚染水 6カ所基準値超え ストロンチウム最大71倍 東京新聞 10/21 ○東京電力福島第一原発の地上タンク群の周囲に設けた堰(せき)から、降雨の影響で水が相次いであふれた問題で、東電は二十一日、東電が定めた排出基準を超える放射性のストロンチウム90がうち六カ所の堰で検出されたと発表した。放射性物質を含む汚染水が付近の側溝に流れ込み、外洋に流れ出た可能性がある。 最も濃度が高かったのは、一リットル当たり七一〇ベクレルで東電の基準(同一〇ベクレル)の七十一倍。六カ所中、四カ所では法定の基準(同三〇ベクレル)も超えた。降雨の後に測ったため、いずれも漏れ始めた時点より濃度が薄まっているとみられる。
福島原発、雨水対策でポンプ増設 台風27号に備え、従来の5倍に 東京新聞 10/21 ○東京電力は21日、福島第1原発の汚染水タンクを囲む漏えい防止用のせきから排出基準を超える放射性物質を含んだ雨水があふれた問題で、今週中にも接近する恐れのある台風27号に備え、従来の5倍に当たる毎時60トンの移送容量があるポンプの増設などの対策を急ぐ考えを明らかにした。  ★間に合わない!? 予見可能だったのに。
福島第1原発:あふれた雨水7区域で基準上回る放射性物質 毎日新聞 10/21 ○東京電力福島第1原発に20日降った雨の影響で、汚染水をためる貯蔵タンクを囲うせき(コンクリート製、高さ30センチ)から雨水があふれた問題で、東電は21日、あふれたのは23区域中11区域で、うち6区域の水が排出基準を上回る放射性物質を含んでいたと発表した。あふれた総量や環境への影響を調べている。今回、放射性物質を含む雨水の管理体制の不十分さが露呈した形で、東電は接近中の台風27号に備え追加策を講じる。  ★泥縄ばかり、演じているが、『人災』と指摘されたことを、なんと見ているのだ! 場当たり(後追い)対応こそ、人災の冴えたるもの! 破綻会社は、破綻処理すべきだ。算盤勘定が、後追いでも働いている!? 先手で不安解消を。
6カ所で排出基準超=タンクせきの水、最高70倍-福島第1・東電 時事通信 10/21
北海道で震度3 時事通信 10/21 ○21日午後0時33分ごろ、北海道の十勝地方を震源とする地震があり、浦河町で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約50キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.6と推定される。主な各地の震度は次の通り。 震度2=千歳市、えりも町。

TBS: 大川小事故検証委員会、教職員らの「危機感薄い」 10/21 ○それによると、教職員には地震から30分ほどが経っても引き渡しや校舎内の安全確認のほかに目立った動きがなく、集まった住民や児童も待機中に日常的な会話をするなど津波への危機感が薄かったということです。 「本質的に目新しいことはなかった。難しいという言葉は出てきましたけど、難しくても検証してもらわなければならないと思います」(児童の遺族)

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: アーサー・ビナード「日本語ぽこりぽこり」を読む ・ブログ連歌(336)
@動画: NHKスペシャル「中国激動 空前の農民大移住」
@動画: 動物園のオランウータンが人間の赤ちゃんに興味津々/「あらぁ~、可愛い赤ちゃんねぇ~、ちょっと見せて~」
@動画: 何だコレ超楽しい!宙吊りのボールに鼻でアタックして遊ぶ犬
@動画: 猫「このピザは渡さニャイ!絶対にだ!」  ★猫は、チーズが大好き!?
ニュースの真相: 東京高裁102号不正選挙裁判の動画流出と読売新聞の報道

植草一秀の『知られざる真実』: 日本国民が弱肉強食社会実現を望んでいるのか
OurPlanetTV: •秘密の指定・廃棄・更新「公表しない」~秘密保護法
孫崎享チャンネル: 中川昭一元財務大臣と「現金支払機」発言。安倍政権は「現金支払機」継続(評論紹介)

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

婚外子違憲:自民党部会 民法改正に慎重論も 毎日新聞 10/22 ○自民党法務部会(大塚拓部会長)は22日、法律上結婚していない男女の子供(婚外子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分とする民法規定を「違憲」と認定した最高裁判決を受け、民法改正の議論を始めた。しかし、嫡出子と婚外子の遺産相続を平等化する民法改正案に対し、保守系議員らから異論が相次いだ。  ★保守系??? 市民平等の抵抗勢力、復古の勢力だ。自民党には、自由平等原則はない。民主もない!? あるのは、大きな声の“後ろ向き”勢力のみ!?  最高法規を頂点とする『法の支配』に敵対する勢力!?
寡婦控除 結婚歴で差別は不公平 東京新聞 社説 10/22 ○ひとりで子どもを育てる親の税を軽減する「寡婦(かふ)控除」を、結婚歴のある人だけでなく非婚のひとり親にも認めるよう税制を改めるべきだ。結婚歴のあるなしで差をつけるのは公平でない。 「結婚をしていないことで税の負担が重くなるのは納得できません。一人で子どもを育てる大変さは同じではないでしょうか?」 シングルマザーとして一人息子を育ててきた東京都八王子市の派遣社員女性(64)は訴える。  ★然り! 自民党には、市民平等の思想はない!? 国民主権もない!? 後戻り指向の者が、大方…
在特会めぐる番組内容に抗議文 NPO 「偏見を助長」 朝日新聞 10/22 ○読売テレビ(大阪市)が20日に放送した「たかじんのそこまで言って委員会」で在日コリアンへの差別や偏見を助長する内容があったとして、NPO法人「コリアNGOセンター」(同市生野区)が22日、同テレビに抗議文を提出し、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を求めた。  番組では、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)による朝鮮学校への街宣活動を「人種差別にあたる」と認めた7日の京都地裁判決などについて討論。作家の竹田恒泰氏が「在特会のおかげで在日の特権の問題が明らかになった。日本人の名前に変えることで犯罪歴や金融関係の経歴を消すことができ、新たな犯罪ができる。(在特会は)そういうことを表現した」などと発言した。  これに対し、コリアNGOセンターは抗議文で「通称名の使用や変更で犯罪歴や経歴の抹消はできず、事実に反する」「在日コリアンが犯罪集団で危険な存在であるというゆがんだ偏見を助長する」として訂正放送を求めている。読売テレビは「抗議を受けたことに対して、詳細に検討している」としている。
公明代表 「今国会で」 秘密保護法案成立に意欲 東京新聞 10/22 ○同法案には、政府による「特定秘密」指定の妥当性を客観的に検証する仕組みが導入されていないが、山口氏は「秘密を特定するのは、すぐれて政府の判断だ。恣意(しい)性が前提になっているのではない」と強調。  ★恣意性ばかり、普通の人には、目に付くが、(与党)公明党には、気がつかないのか??? 亦、下駄の雪に!? 欲に駆られ…
自民、秘密保護法案を了承 今国会成立で与党一致 東京新聞 10/22
安倍政権の国家戦略特区 国民不在の「企業目線」 東京新聞 10/22 ○安倍政権は、経済成長のための手だての一つとする「国家戦略特区」の基本方針をまとめ、法案を今の国会に出す。特区で何がどう変わるのか。 (金杉貴雄) Q 特区って前からなかったっけ。  A それは「構造改革特区」だ。小泉政権時代の二〇〇二年度から始まった。これまでに「どぶろく特区」「小中一貫教育特区」など二百三十三件が認められている。
 Q 国家戦略は何が違うの。  A 「構造改革」は地方の工夫を生かした活性化が狙いで自治体が提案する。「国家戦略」は国が上から決める。
 Q 目的は。  A さまざまな国民の権利や公平性を重視して決められているルールを、政府が狙いを定め、ある地域だけ緩める。「規制緩和」と呼ぶんだけど、その地域では企業がルールに縛られずに活動できるので、もうけやすくなるというのが政府の発想だ。企業を潤わせ、経済を上向かせようとしている。
「西山事件の類似は処罰」 秘密保護法案で担当相 日経新聞 10/22 ○森氏は「不当とは西山事件に匹敵する行為だ」と述べた。  ★恣意的!? 確定判決をいいことに、同語反復に似る。説明にもなっていない。
自衛隊統合演習に射程100km超の地対艦ミサイルを石垣島に展開へ FNN 10/22  ★マッチポンプの、マッチに似た、火遊び!?
集団的自衛権は法整備が必要 首相 「行使を担保」 東京新聞 10/22  ★対外的には、抜かぬが、華だが、国内的に、自由と権利への閉塞状況を招く、絶対、反対だ。
朝鮮総連:中央本部売却、決定期日を延期 東京地裁 毎日新聞 10/22

伊豆大島、島外へ自主避難広がる 高齢者ら500人も 東京新聞 10/22 ○台風26号による伊豆大島(東京都大島町)の土石流被害で22日、台風27号の接近に備え、自主的に島を離れる住民の動きが広がった。23日で発生から1週間。町は高齢者や障害者ら約500人の意向を踏まえ、23日に島外へ避難させる。 伊豆大島と東京・竹芝桟橋を結ぶ高速船を運航する東海汽船は22日、通常の1日2便から4便に増やした。港では手荷物を抱えた住民が相次いで高速船に乗り込んだ。 全日空も23、24の両日、住民の自主避難が続いているため、羽田―大島間の運航を1往復から2往復に増やす。

ANN: 台風で被害の伊豆大島 安否不明18人の捜索続く 10/22
ANN: 国家安保戦略の概要「武器輸出三原則」見直しを明記 10/22 ○安倍政権の外交・安保政策を議論する有識者懇談会は、武器輸出三原則の見直しなどを盛り込んだ「国家安全保障戦略」の概要をまとめました。
有識者懇、武器三原則見直し明記 「国家安全保障戦略」 概要まとめ 東京新聞 10/21  ★安倍コベ氏の、独り舞台!? 独裁!? 首相の諮問機関使い、放題…
ANN: 楽天、日本シリーズ進出決定 杜の都に歓喜の渦! 10/22 ○ファン:「うれしすぎて、言葉にできないです」「9年間、追い続けた本当の夢の夢」「(日本シリーズは)4勝2敗で勝ちます。6戦目でKスタで決めますので。宮城、東北に力を与えて下さい。皆で応援するので頑張って下さい」

仏、電話記録収集で米大使に抗議 NSA、7千万件以上収集か 東京新聞 10/21 ○フランス紙ルモンド(電子版)は21日、米情報機関、国家安全保障局(NSA)がフランス国内の電話の通話記録を大量に収集していたと報道、ファビウス外相は同日、抗議するため駐フランス米大使を外務省に呼んだ。 同紙はロシアに亡命した米中央情報局(CIA)元職員スノーデン容疑者の情報に基づき、昨年12月10日から今年1月8日までの間に7千万件以上のフランスでの通話記録が収集されたとしている。 ファビウス外相は「プライバシーの侵害で、受け入れられるものではない」と

NNN: 台風27号に備え、島外へ避難する人も 10/21 ○台風26号による大規模な土砂災害に見舞われた東京・伊豆大島では、雨による二次災害を警戒して避難勧告が出されていたが、21日午前8時に解除された。 また、避難勧告が出て以降中断されていた安否不明者の捜索活動も、約1200人態勢で再開された。 一方、次の台風27号の接近に備え、一時的に島の外へ避難する人も出てきている。
貿易赤字、半期で最大 4~9月 5兆円に迫る 東京新聞 10/21 ○財務省が二十一日発表した二〇一三年度上半期(四~九月)の貿易統計(速報)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は四兆九千八百九十二億円の赤字で、一九七九年の統計開始以降、半期ベースで過去最大の赤字額を更新した。 同時に発表した九月の貿易収支は九千三百二十一億円の赤字で、十五カ月連続の赤字だった。第二次石油危機の十四カ月連続赤字(七九年七月~八〇年八月)を上回り、三十三年ぶりに過去最長を更新した。 国内の全原発が停止し、液化天然ガス(LNG)や原油などの燃料輸入が増えているうえ、円安で輸入価格が高止まりしたことも赤字を拡大させた。また、国内の個人消費が活発化し、中国からスマートフォンや衣類などの輸入が増えたことも影響した。財務省は「今後の世界景気の動向などを注視したい」と述べるが、赤字基調は今後も続くとみられる。
NNN: 首相“特区推進本部”関係閣僚加えない意向 10/21 ○政府が大胆な規制改革の突破口と位置づける国家戦略特区をめぐり、安倍首相は21日の衆議院予算委員会で、規制改革の内容を決定する際には、関係分野の閣僚を加えない考えを示した。  ★いよいよ、ナチス化!? 万機公論を遠ざける…秘密主義、独断専行!? 取り巻き、提灯化!?
秘密保護法案早期成立へ公明に協力要請 石破氏 産経新聞 10/21 ○自民党の石破茂幹事長は21日の政府与党協議会で、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案に関し「難しい法案だが、政府与党で連携を取りたい」と述べ、公明党に早期成立への協力を求めた。  ★与党で合意したからといって、国会や国民的議論をも、軽視するような議会運営は、国民、主権者のためにならぬ。ハイルヒットラー式なら、イイのかもしれぬが。何事も、経過(可視化)が、大事だ。
首相、秘密保護法成立へ意欲 衆院予算委スタート 東京新聞 10/21
特定秘密保護 この法案には反対だ 毎日新聞 社説 10/21 ○安全保障に関わる国家機密の情報漏えいに対する罰則を最長で懲役10年にまで強化する特定秘密保護法案について、政府・与党が最終合意した。今週中にも閣議決定し、今国会に提出する。 修正された最終案では、「国民の知る権利の保障に資する報道・取材の自由」への配慮をうたう。公明党の主張を受け入れたものだ。 だが、広く定義された特定秘密を行政機関の裁量で指定でき、指定が適切かどうかをチェックできないまま、半永久的に国民の目にさらされない恐れが依然残る。 ◇国会の監視届かぬ懸念  ★政府の暴走が、懸念されるが、それは、国会だけが、可能であれば良いという訳には参らぬ。常に、三権は、主権者を意識し、報告や監視が効くように、仕組みを内在させ、作るべきだ。
坂口安吾と憲法9条 戦争放棄という明察 東京新聞 社説 10/21 ○◆本質見抜く洞察力  <戦争は終わった。特攻隊の勇士はすでに闇屋となり、未亡人はすでに新たな面影によって胸をふくらませているではないか。人間は変わりはしない。ただ人間へ戻ってきたのだ。人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕(お)ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない> 国家のために死ぬことは当然、日本人なら清く正しく生きなければならない、と教え込まれていた当時の人々にとって、堕落こそ人間救済の道という逆説的な省察は衝撃的でもありました。本質を見抜く洞察力に貫かれたこの随筆を機に一躍、人気作家となります。 太平洋戦争の開戦時、安吾は三十五歳。年齢故に召集もされず、四四(同十九)年には、日本映画社の嘱託となります。安吾の戦場は遠い戦地ではなく、幾度も空襲に見舞われ、降り注ぐ爆弾や焼夷(しょうい)弾から逃げ惑った東京でした。 安吾自身、反戦主義者ではなかったようですが、戦争を冷徹な目で見ていました。四三(同十八)年、海軍の山本五十六元帥の訃報に接し、こう書き記しています。  ◆根源から問い直す ………
まともな仕事 人間らしい生活 声上げ社会変えよう 強雨の中 青年大集会に1500人 赤旗 10/21 ○「全国青年大集会2013」(実行委員会主催)が20日、東京・明治公園で開かれました。強い風雨、吐く息が白くなるほどの寒さを突いて、全国から1500人の青年が参加し、若者を使い捨てるブラック企業を告発し、たたかいを交流。「安倍政権の暴走をくいとめ、まともな仕事と人間らしい生活の実現をめざして私たちは声をあげ続けます」としたアピールを採択
93歳から若者へ おかしいことはおかしいと勇気もって声あげてほしい  70年前の 「学徒出陣」 赤旗 10/21 ○70年前の10月21日、明治神宮外苑競技場(現・国立競技場)で約2万5千人の学生が銃を担いだりしながら行進しました。文部省(当時)が開いた「出陣学徒壮行式」です。敗戦の色が濃くなった1943年、徴兵が猶予されていた学生をも戦場に送り込んだ「学徒出陣」。慶応大文学部2年だった岩井忠正さん(93)=東京都小平市=も、その一人です。高校2年生の柴野風花さん(17)と専門学校に通う米山青空さん(18)が岩井さんを訪ね、交流しました。  ★因みに、主権者と臣民とでは、大違い! 主権者(最高権力者にして、権力の源泉)として、堂々主張すべきだ。=言うまでもないことであろうが。
都教委 「日の丸・君が代」 強制通達10年 自由と人権 学校に 撤回求めて集会 赤旗 10/21 ○10・23通達が出されてから都内では、のべ450人の教職員が「君が代」斉唱時の不起立などを理由に処分されました。処分取り消しなどを求める提訴が相次ぎ、これまでに32件の処分取り消しが確定しています。 集会では東京「君が代」裁判弁護団の澤藤統一郎弁護士が10・23通達後の「日の丸・君が代」裁判について報告しました。強制が違憲であるという主張は認められていないが、「最高裁裁判官の多くが、教育現場にあるまじきことを教育行政がやっているとして補足意見を書いている」と指摘。減給以上の処分は違法と認めさせたことは「大きな成果だ」とし、「違憲判決を勝ち取るまで頑張りたい」と述べました。
10・21県民大会18年 総決起の意義 心に刻もう 琉球新報 社説 10/21 ○1995年のきょう、在沖米軍基地の整理縮小と日米地位協定の見直しなどを求めて「県民総決起大会」が開催された。 あれから18年。県民の訴えは前進しただろうか。否と言わざるを得ない。米海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが県民の反発を押し切る形で米軍普天間飛行場に配備されるなど、むしろ基地機能強化が進んだというのが実感だ。  沖縄への差別や県民の犠牲の上に安全保障体制を築こうというこの国の構造自体が変わっていないのだ。理不尽な構造を思い知らされ、「沖縄は日本にとって何なのか」といった疑念を深めた年月でもあった。  しかし県民は、この理不尽さ、不条理をいつまでも受け入れて後世に残すわけにはいかない。あの日の県民総決起大会で何を思い、何を誓ったか、あらためて思い起こし考える機会にしたい。  総決起大会は言うまでもなく、3人の米兵による少女乱暴事件に対し、沖縄の積年の怒りや不満が結集する形で開催された。
国家安保戦略 「積極的平和」 の転倒だ 琉球新報 社説 10/21 ○安倍晋三首相が自らのカラーを打ち出すことにこだわるあまり、安倍政権の外交・安全保障政策にきなくささが増してきた。開かれた熟議をはなから放棄しており、国民不在としか言いようがない。 首相が設置した有識者懇談会が、外交と安全保障の包括的指針となる「国家安全保障戦略」の概要を固めた。中国や北朝鮮への警戒感を色濃くにじませ、外交摩擦も顕在化しそうだ。安倍政権は、この戦略を防衛計画大綱の上位に位置付けるという。  長期的な防衛力整備や運用に関する基本指針である防衛計画大綱は1976年に策定された。95年、2004年、10年に改定の際には、国会で与野党が主張をぶつけ合い、激論が交わされてきた。  安倍首相が設けた「外交と安全保障に関する有識者懇談会」(座長・北岡伸一国際大学長)が初回会合を開いたのは9月中旬だ。取りまとめ会合となる次回の4回目までわずか1カ月余の議論で、国の外交・安全保障の指針となる戦略の骨格を固めることになる。  私的諮問機関が大きな権限を持ち、防衛大綱の上位文書をまとめ、年内策定を目指す新防衛大綱にも反映させる筋書きがある。
[秘密保護法修正案] 「危うさ」 は解消されぬ 沖縄タイムス 社説 10/21 ○機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案について、政府と与党が修正で合意した。政府は最終案を25日に閣議決定し、国会へ提出する予定だ。 公明党との修正協議を踏まえ、国民の「知る権利」や「報道・取材の自由」への配慮を明記。取材活動は原則として罰則の対象外とすることが規定された。 しかし、知る権利などへの配慮は努力規定にとどまり、公務員らに最長10年の懲役を科す厳罰化や、政府が不都合な情報を恣意(しい)的に秘密指定する恐れがあるなど、法案の持つ危うさは解消されていない。  ★その気は、ないだろう。いみじくも、麻生大臣(副総理)が、ナチスのように、有りたいとの趣旨を公言したことを、想起したい。主権者たる者。

NHK: 台風27号 今週半ば以降太平洋側接近か 10/21
NNN: 不安な夜明け、避難勧告を解除へ 伊豆大島 10/21
ANN: 皇后さま79歳の誕生日 愛子さまらとともに夕食会 10/21 
生活保護費、2億円超横領の疑い 河内長野市職員を府警聴取 東京新聞 10/21 ○市関係者は、市の調査で判明した被害総額は約2億6千万円に上るとしている。職員は40代の主査で、生活保護費の支給担当をしていた2009年からの約2年間に着服した疑いがあるという。  ★2年間で、被害総額は約2億6千万円!? 太っ腹の上司だこと。
トヨタ労組 ベア5年ぶり要求に前向き 東京新聞 10/21 ○トヨタ自動車労働組合(組合員約六万三千人)は十九日、愛知県豊田市で定期大会を開き、執行部は二〇一四年春闘でベースアップ(ベア)に相当する「賃金改善分」を要求することに前向きな姿勢を示した。要求すれば五年ぶり。一時金(ボーナス)を含め、来年一月末までに要求案を決める。 執行部が示した運動方針は「経済環境や労働の質の向上などを将来にわたって総合的に検証する」と従来の基本姿勢を掲げた上で賃金改善分も含む賃上げを「基本的な考えに沿って、取り組みを進めていく」とし、昨年の運動方針にはなかった表現を加えた。円安効果による業績の急回復を織り込んだ。上部組織の全トヨタ労働組合連合会もベア分の統一要求に向けて検討する。  ★出来レース!? 正真正銘 トヨタ労組は、会社の下部組織か??? 会社に対抗する労働者の組織というより。

ANN: シリア内戦 政府軍の検問所狙った自爆相次ぐ 10/21 ○映像は19日に首都ダマスカス近郊の検問所であった爆発の様子で、爆発前の車が映っていることから、反体制派が撮影したとみられます。シリアの国営メディアによりますと、20日にもシリア中部ハマ郊外の検問所で1トン以上の爆発物を積んだトラックが爆発し、近くのガソリン輸送車に引火して被害が拡大。少なくとも30人が死亡した模様です。来月の内戦終結の協議の開催が伝えられた直後で、アルカイダ系の組織が襲撃を続けているという情報もあります。
2013-10-21

10/21: おかしいことはおかしいと勇気もって 70年前の 「学徒出陣」 主権者と臣民とでは、大違い! 最高権力者の権利に基き発言を

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・台風27号に備え、島外へ避難する人も  18時43分
 ・全国スーパー売上高、2か月連続プラス  18時2分
 ・教委判断で…全国学テ、公表の可能性検討  17時43分
 ・千葉・館山湾の座礁船、撤去作業始まる  16時34分
 ・“カップル喫茶”経営者ら逮捕 東京・品川  15時59分
 ・住民の避難続く伊豆大島、一時停電で騒然  20日(日)21時21分
 ・伊豆大島に自衛隊500人追加派遣へ  5時50分
 ・大型犬が通行人にかみつく、3人けが 大阪・吹田市  1時50分
 ・大川小事故検証委員会、教職員らの「危機感薄い」  5時51分
 ・内戦続くシリア、自爆テロで30人死亡  6時18分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
10月21日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 決める政治 何を  誕生日の花オヤマリンドウ 花言葉 正義
 今日のトピックス Blog10/20: 強盗賠償 米負担7% 残りは日本 請求5年放置の挙句 なんと美しい日米合作 賠償放棄も同然、旅の恥は掻き捨て!?文化

●「九条の会」メールマガジン >> 第173号 ( 2013年9月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 憲法21条が危ない! ―公安警察に見張られながら集会に参加することを当然視する裁判所  小塚陽子さん(弁護士・10.13集会妨害国賠訴訟弁護事務局)
今週の一言: 個人の尊厳は憲法の基 ― 天皇の元首化は時代に逆行 ―  垣花豊順さん(琉球大学名誉教授・弁護士)
今週の一言: 日本は主権国家でしょうか?~沖縄からは日本の姿がよく見える  知花一昌さん(真宗大谷派僧侶)
今週の一言: 戦争の加害面もきちんと知ってアジアの人々との対話をはかりませんか  倉橋綾子さん(フリーライター・「山猫くらぶ」代表))
<憲法をめぐる動向>・2013年10月3日付   警戒!安防懇、「積極的平和主義」方針化へ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月30日付   注目!受刑者の選挙権制限は違憲 −大阪高裁 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月26日付   注目!映像作品群『幕の内憲法』、頒布開始 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月23日付   注目!民放連、特定秘密保護法案に懸念 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月19日付   警戒!安保有識者懇、憲法解釈見直しへ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月16日付   警戒!入れ墨理由に外国人の入浴断る その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月12日付   注目!自衛隊違憲判決40周年集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月9日付   警戒!汚染水、地下水到達か 危機的状況深刻さ増す その他
<憲法をめぐる動向>・2013年9月5日付   警戒!シリア攻撃、最大90日の米上院が容認決議案。安倍首相緊密連携確認 その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】第1回「立憲主義という考え方」
      コメンテーター:浦部法穂・法学館憲法研究所顧問、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年10月21日(月)18:30~21:00

     第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

堰流出汚染水 6カ所基準値超え ストロンチウム最大71倍 東京新聞 10/21 ○東京電力福島第一原発の地上タンク群の周囲に設けた堰(せき)から、降雨の影響で水が相次いであふれた問題で、東電は二十一日、東電が定めた排出基準を超える放射性のストロンチウム90がうち六カ所の堰で検出されたと発表した。放射性物質を含む汚染水が付近の側溝に流れ込み、外洋に流れ出た可能性がある。 最も濃度が高かったのは、一リットル当たり七一〇ベクレルで東電の基準(同一〇ベクレル)の七十一倍。六カ所中、四カ所では法定の基準(同三〇ベクレル)も超えた。降雨の後に測ったため、いずれも漏れ始めた時点より濃度が薄まっているとみられる。
福島原発、雨水対策でポンプ増設 台風27号に備え、従来の5倍に 東京新聞 10/21 ○東京電力は21日、福島第1原発の汚染水タンクを囲む漏えい防止用のせきから排出基準を超える放射性物質を含んだ雨水があふれた問題で、今週中にも接近する恐れのある台風27号に備え、従来の5倍に当たる毎時60トンの移送容量があるポンプの増設などの対策を急ぐ考えを明らかにした。  ★間に合わない!? 予見可能だったのに。
福島第1原発:あふれた雨水7区域で基準上回る放射性物質 毎日新聞 10/21 ○東京電力福島第1原発に20日降った雨の影響で、汚染水をためる貯蔵タンクを囲うせき(コンクリート製、高さ30センチ)から雨水があふれた問題で、東電は21日、あふれたのは23区域中11区域で、うち6区域の水が排出基準を上回る放射性物質を含んでいたと発表した。あふれた総量や環境への影響を調べている。今回、放射性物質を含む雨水の管理体制の不十分さが露呈した形で、東電は接近中の台風27号に備え追加策を講じる。  ★泥縄ばかり、演じているが、『人災』と指摘されたことを、なんと見ているのだ! 場当たり(後追い)対応こそ、人災の冴えたるもの! 破綻会社は、破綻処理すべきだ。算盤勘定が、後追いでも働いている!? 先手で不安解消を。
6カ所で排出基準超=タンクせきの水、最高70倍-福島第1・東電 時事通信 10/21
北海道で震度3 時事通信 10/21 ○21日午後0時33分ごろ、北海道の十勝地方を震源とする地震があり、浦河町で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約50キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.6と推定される。主な各地の震度は次の通り。 震度2=千歳市、えりも町。

TBS: 大川小事故検証委員会、教職員らの「危機感薄い」 10/21 ○それによると、教職員には地震から30分ほどが経っても引き渡しや校舎内の安全確認のほかに目立った動きがなく、集まった住民や児童も待機中に日常的な会話をするなど津波への危機感が薄かったということです。 「本質的に目新しいことはなかった。難しいという言葉は出てきましたけど、難しくても検証してもらわなければならないと思います」(児童の遺族)

汚染水タンク 「せき」 12か所であふれる NHK 10/20 ○東京電力福島第一原子力発電所で、汚染水を貯蔵しているタンクを囲う「せき」から大雨の影響で水があふれている問題で、あふれた場所は12か所に増えました。福島第一原発では、「せき」の水をポンプでくみ出す作業が追いついておらず、東京電力は、あふれた水が海に流出した可能性もあるとみて調べています。
第1原発、せきから雨水あふれる 汚染水流れ出た可能性 東京新聞 10/20 ○東京電力は20日、降雨の影響で、福島第1原発の地上タンク群に設けた漏水防止用のせきから雨水があふれ出したと発表した。放射性物質を含んだ汚染水が外洋につながる付近の排水溝に流れ込み、外洋に流れ出た可能性が否定できないという。… あふれ出たのは全部で23カ所ある地上タンク群のうち、H2南、H2北、G3東、G6南、G6北、H4、H4東、H1東、E、H8北、H8南、H3と呼ばれるタンク群12カ所のせき。

福島原発で被ばく、労災認めず 厚労省、がんとの因果関係否定 北海道新聞 10/20 ○東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事した後、がんを発病したのは作業中の放射線被ばくが原因だとして労災申請した男性に対して厚生労働省が、発病は被ばくが原因ではないとして労災を認定しない決定を下していたことが19日分かった。福島事故後の原発作業員の労災申請で、被ばくとがんの因果関係をめぐる厚労省の判断が出たのは全国初。 今年9月下旬に厚労省が開いた専門家による検討会で、《1》被ばく線量が労災認定の基準以下である《2》被ばくから発症までの期間が短い―と、被ばくと発症の因果関係を否定。これを受け今月10日に富岡労基署(仮事務所・福島県いわき市)が労災を認めないと決定。本人にも通知したという。<北海道新聞10月20日朝刊掲載>
脱原発で結集期待 ゼロ発言 小泉元首相旗印 東京新聞 10/20 ○小泉氏の発言を歓迎しているのは民主党の菅直人元首相、前原誠司元外相、みんなの党の渡辺喜美代表、共産党の志位和夫委員長、生活の党の小沢一郎代表、社民党の又市征治幹事長ら。 渡辺氏は十七日の衆院本会議の代表質問で小泉氏と直接「原発ゼロ」について語り合ったことを紹介し、安倍晋三首相に脱原発への政策転換を迫った。 また七月の参院選で初当選した山本太郎参院議員(無所属)も本紙の取材に「言っていることはすごくまともだ」と評価している。 彼らの多くは、以前小泉氏を批判し、激しく対立してきた。その「政敵」を持ち上げているのは小泉氏の知名度と発信力を利用し、脱原発の機運を高めようとしているからだ。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 誰のための「積極的平和貢献」なのか ・ブログ連歌(336)
@動画: なぜ私たちは「うつ病」になるのか?/NHKスペシャル <病の起源> 第3集 「うつ病 ~防衛本能がもたらす宿命~」
@動画: 小泉元首相「脱原発」講演 全容を聞く/BS-TBS
@動画: フクシマで核兵器開発(戦時中)/BS11・ウィークリーニュースONZE 「フクシマ秘史 知られざる原爆開発」  ★ならば、是か非か、結論は出たのではないか!? 福島?
福島みずほのどきどき日記: 11月16日、12月14日に、神奈川で政治スクールを開催します! ○★講師紹介:五野井郁夫さん  ★開催場所: 横浜市水道会館
反戦な家づくり: 希望 ○日曜日に行った孫崎享さんと糸数慶子さんの講演会は、なんと160人近い方に集まっていただきました。9条国際会議とか色々な企画とバッティングしていたのでどれだけ来てもらえるか心配していたのですが、おかげさまで熱気溢れる良い会になりました。なかでも糸数さんのおっしゃっていた言葉は胸に刺さりました。
 「解釈改憲で戦争をするような日本に復帰したつもりはない。」 「精神的には独立をしたいという思いは大きな課題になっている。」 「大きな兆しは沖縄の言葉を復活させようという流れになっています。」 「自立するためには、その民族の言葉をもたなければならない。」 「まず精神的に自立して、それから経済的な自立につなげていく」  ★さも!
薔薇、または陽だまりの猫: 「情報収集、無制限に広がる」のではなく、すでに市民団体などは、情報収集の対象団体だ!/小西誠さんから

市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラム学習会】「辛淑玉さんとともに考えよう ヘイトスピーチと人権」(10/21月@神戸)
市民社会フォーラム: 「2013年11・3神戸憲法集会」のご紹介
市民社会フォーラム: 11月11日(月)ニコン「慰安婦」写真展中止事件裁判支援の会 スタートイベント 
市民社会フォーラム: 【東日本大震災】レポートNo.230 ○ 被災地NGO協働センターです。 9月末から、再び岩手県に増島のレポートをお届けします。
 →ブログでぜひ写真もご覧下さい。 http://miyagijishin.seesaa.net/article/378028987.html
市民社会フォーラム: 小出先生 ラジオフォーラム2013/10/19のお話(東電は倒産させるべき、浜岡は世界一危ない)&アフリカの知られざる表情を伝える、岩崎有一さんのお話
植草一秀の『知られざる真実』: 原発憲法TPP消費税沖縄で安倍政権暴走を許さず
天木直人のブログ: 今世紀最大の政治利権であるカジノ合法化から目を話すな
孫崎享チャンネル: 情報を得るのに、私は日々何を見ているか。

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自
由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

NNN: 台風27号に備え、島外へ避難する人も 10/21 ○台風26号による大規模な土砂災害に見舞われた東京・伊豆大島では、雨による二次災害を警戒して避難勧告が出されていたが、21日午前8時に解除された。 また、避難勧告が出て以降中断されていた安否不明者の捜索活動も、約1200人態勢で再開された。 一方、次の台風27号の接近に備え、一時的に島の外へ避難する人も出てきている。
貿易赤字、半期で最大 4~9月 5兆円に迫る 東京新聞 10/21 ○財務省が二十一日発表した二〇一三年度上半期(四~九月)の貿易統計(速報)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は四兆九千八百九十二億円の赤字で、一九七九年の統計開始以降、半期ベースで過去最大の赤字額を更新した。 同時に発表した九月の貿易収支は九千三百二十一億円の赤字で、十五カ月連続の赤字だった。第二次石油危機の十四カ月連続赤字(七九年七月~八〇年八月)を上回り、三十三年ぶりに過去最長を更新した。 国内の全原発が停止し、液化天然ガス(LNG)や原油などの燃料輸入が増えているうえ、円安で輸入価格が高止まりしたことも赤字を拡大させた。また、国内の個人消費が活発化し、中国からスマートフォンや衣類などの輸入が増えたことも影響した。財務省は「今後の世界景気の動向などを注視したい」と述べるが、赤字基調は今後も続くとみられる。
NNN: 首相“特区推進本部”関係閣僚加えない意向 10/21 ○政府が大胆な規制改革の突破口と位置づける国家戦略特区をめぐり、安倍首相は21日の衆議院予算委員会で、規制改革の内容を決定する際には、関係分野の閣僚を加えない考えを示した。  ★いよいよ、ナチス化!? 万機公論を遠ざける…秘密主義、独断専行!? 取り巻き、提灯化!?
秘密保護法案早期成立へ公明に協力要請 石破氏 産経新聞 10/21 ○自民党の石破茂幹事長は21日の政府与党協議会で、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案に関し「難しい法案だが、政府与党で連携を取りたい」と述べ、公明党に早期成立への協力を求めた。  ★与党で合意したからといって、国会や国民的議論をも、軽視するような議会運営は、国民、主権者のためにならぬ。ハイルヒットラー式なら、イイのかもしれぬが。何事も、経過(可視化)が、大事だ。
首相、秘密保護法成立へ意欲 衆院予算委スタート 東京新聞 10/21
特定秘密保護 この法案には反対だ 毎日新聞 社説 10/21 ○安全保障に関わる国家機密の情報漏えいに対する罰則を最長で懲役10年にまで強化する特定秘密保護法案について、政府・与党が最終合意した。今週中にも閣議決定し、今国会に提出する。 修正された最終案では、「国民の知る権利の保障に資する報道・取材の自由」への配慮をうたう。公明党の主張を受け入れたものだ。 だが、広く定義された特定秘密を行政機関の裁量で指定でき、指定が適切かどうかをチェックできないまま、半永久的に国民の目にさらされない恐れが依然残る。 ◇国会の監視届かぬ懸念  ★政府の暴走が、懸念されるが、それは、国会だけが、可能であれば良いという訳には参らぬ。常に、三権は、主権者を意識し、報告や監視が効くように、仕組みを内在させ、作るべきだ。
坂口安吾と憲法9条 戦争放棄という明察 東京新聞 社説 10/21 ○◆本質見抜く洞察力  <戦争は終わった。特攻隊の勇士はすでに闇屋となり、未亡人はすでに新たな面影によって胸をふくらませているではないか。人間は変わりはしない。ただ人間へ戻ってきたのだ。人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕(お)ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない> 国家のために死ぬことは当然、日本人なら清く正しく生きなければならない、と教え込まれていた当時の人々にとって、堕落こそ人間救済の道という逆説的な省察は衝撃的でもありました。本質を見抜く洞察力に貫かれたこの随筆を機に一躍、人気作家となります。 太平洋戦争の開戦時、安吾は三十五歳。年齢故に召集もされず、四四(同十九)年には、日本映画社の嘱託となります。安吾の戦場は遠い戦地ではなく、幾度も空襲に見舞われ、降り注ぐ爆弾や焼夷(しょうい)弾から逃げ惑った東京でした。 安吾自身、反戦主義者ではなかったようですが、戦争を冷徹な目で見ていました。四三(同十八)年、海軍の山本五十六元帥の訃報に接し、こう書き記しています。  ◆根源から問い直す ………
まともな仕事 人間らしい生活 声上げ社会変えよう 強雨の中 青年大集会に1500人 赤旗 10/21 ○「全国青年大集会2013」(実行委員会主催)が20日、東京・明治公園で開かれました。強い風雨、吐く息が白くなるほどの寒さを突いて、全国から1500人の青年が参加し、若者を使い捨てるブラック企業を告発し、たたかいを交流。「安倍政権の暴走をくいとめ、まともな仕事と人間らしい生活の実現をめざして私たちは声をあげ続けます」としたアピールを採択
93歳から若者へ おかしいことはおかしいと勇気もって声あげてほしい  70年前の 「学徒出陣」 赤旗 10/21 ○70年前の10月21日、明治神宮外苑競技場(現・国立競技場)で約2万5千人の学生が銃を担いだりしながら行進しました。文部省(当時)が開いた「出陣学徒壮行式」です。敗戦の色が濃くなった1943年、徴兵が猶予されていた学生をも戦場に送り込んだ「学徒出陣」。慶応大文学部2年だった岩井忠正さん(93)=東京都小平市=も、その一人です。高校2年生の柴野風花さん(17)と専門学校に通う米山青空さん(18)が岩井さんを訪ね、交流しました。  ★因みに、主権者と臣民とでは、大違い! 主権者(最高権力者にして、権力の源泉)として、堂々主張すべきだ。=言うまでもないことであろうが。