FC2 Blog Ranking
2015-06-30

6/30: 「報道圧力」問題、与野党問わず強い批判 報道の自由は、国民主権、憲法保障の人権の中核 安倍1派は、主権者を否定‼‽ …見下す‽‽‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・箱根で火山性地震572回 一連活動で最多  18時25分    ★警戒レベル2→3//up
 ・新国立競技場の工費、JSC「目標額で上限ではない」  18時15分  ★未だ未だ、上る‼‽と
 ・新幹線で焼身自殺した男、東京・杉並区の71歳男か  18時15分  ★なぜ、こんなことに、追い込まれたのか?
 ・新幹線「所持品チェックなくテロの標的に」政府衝撃  17時34分  ★首相官邸にトンボが止まる、平和!日本だから 戦争する国化したら、どうなるか? 日常性を獲得?
 ・流行りんご病、東京で初めて警報発令…妊婦さん注意  17時14分  ★聞きなれない病気、言葉だが
 ・朝からATMに人…「返済出来ない」ギリシャの不安  17時50分  ★多分、本件、主権者の意思、国民投票が方向性を左右する‼‽ 自由に意思表示を。
 ・皇太子ご夫妻、トンガ訪問を前に両陛下に挨拶  6時51分
 ・両陛下、パラオ訪問に尽力した人々招き茶会  6時50分
 ・男性の産休取得、2020年に8割目標  6時50分
 ・沖縄めぐる発言の調査と謝罪、政府は応じない考え  6時50分  ★却下! 政府の安倍コベ姿勢糾弾!!
 ・邦人輸送の米艦防護“集団的自衛権使えず” 法制局長官が認識示す  6時50分  ★荒唐無稽な議論‼‽ 日本沈没を危惧する方が、現実的‼‽
 ・箱根山で広範囲に降下物 気象庁「噴火ではない」  5時51分  ★では、何でしょう?  噴火でした!
 ・ギリシャ危機への不安 NY株350ドル安  6時36分
 ・アテネで財政緊縮策受け入れ反対集会  6時36分   ★ギリシャの主権者の判断次第‼‽ 年金大幅カット‽‽‽

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月30日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: プラハから日本の政治を眺める 6/29 (笹井明子) ○夫の仕事に同伴してチェコ・プラハに来ています。世界で最も美しい町と言われるプラハは、立ち並ぶ建物の調和もさることながら、町並みの清潔さが際立っていて、観光するのも快適です。観光客が集まる広場や有名なカレル橋にはストリート・ミュージシャンが出て、質の高い演奏を聞かせてくれます。行き交う人たちは、老いも若きも、みな穏やかな笑顔をみせています。 でも、近代史を振り返れば、チェコ(チェコスロバキア)はナチスの侵攻や第二次大戦後の旧ソ連の介入と共産党一党支配の時代を経験し、1968年に若者を中心とした民主化運動「プラハの春」が起きており、そのことをプラハの人たちは決して忘れていないようです。舞台となったヴァーツラフ広場には抗議の焼身自殺をした学生ヤン・パラフの墓碑が残り、今も花や蝋燭が手向けられています。  町の片隅にある「共産主義博物館」に行くと、シネマコーナーがあって、「プラハの春」から「ビロード革命」までの実録ビデオが放映されていました。それを見ると、無抵抗で意思表示をする若者達に、棍棒を持った警官が襲い掛かり、容赦なく叩きのめす生々しい様子が映し出されています。殴られ、引き摺られた人々が血と涙を流す映像と共に、「私達は自由と愛が欲しいだけなんだ」というような歌が流れて、その悲しさ、悔しさが胸に迫りました。
  翻って、今の日本の状況に目をやると、自民党関係者のおぞましい言動と、その対極として、大学生を中心とした若者たちが、全国で立ち上がり声をあげている清々しいニュースがインターネット上に流れてきます。  彼ら若者の湧き上がるエネルギー、真摯な問い掛け、真っ直ぐな意思表示は、「プラハの春」の若者と通じるものがあり、感動と頼もしさを感じる一方で、権力は最終的に抵抗する民衆に向かって棍棒を振りかざす、それは沖縄の反基地闘争ですでに証明されつつある、ということに一抹の不安も感じもします。
 …希望を持てる唯一の方向性は、元気な若者を始め心ある老若男女が今の調子で最大限NOの意思を可視化する行動を続けることからスタートするのだと思います。 それによって自民党が動揺し更に馬脚を現し続け、その結果、多くの国民が自民党の愚劣さ、危険性に気付き、無自覚な支持をやめ、投票行動に結びつける。国民のそういう意識変化の拡大を拠り所として、野党が迷いを捨てて「戦争法案」を廃案に持ち込むために真っ直ぐに進む、といったことでしょう。私たち1人ひとりの責任は重大です。 「プラハの春」から20年後におきた「ビロード革命(無血革命)」は、「プラハの春」によって生まれた「自由を求める機運の脈々たる流れ」が基盤となって齎されたといいます。
  今の若者達の理知的でファッショナブルな運動が、「平和と民主主義を求める」脈々たる機運を醸成し、平和裡の「安保法制」廃案、安倍政権退陣に繋がる可能性に、大きな望みを託したいと思います。 数日前に『5年生の娘のクラスで保健体育の授業で先生が「今、何か心配な事がありますか?」と聞いたらクラスの半分以上の友達が「日本が戦争するか心配」「これからの日本が心配」と言った』というツイッターが流れてきました。 広々とした芝生で思う存分走り回って伸び伸び遊ぶプラハの子供達の明るい表情をみるにつけ、日本の政治を真っ当な方向に修正し、子供達に無邪気な時代を取り戻してあげたいと、心から願わずにいられません。
「護憲+」ブログ: 日本の黒い夏―冤罪 6/29 (流水) ○今日、NHKBSで、熊井啓監督:中井貴一主演の『日本の黒い夏―冤罪』を見ました。題材は、1994年6月27日夜起きた『松本サリン事件』で、犯人と疑われた河野義行さんに対する冤罪事件です。この映画、冤罪事件のような重い題材を扱っているにもかかわらず、意外と後味が爽やかな作品に仕上がっています。その理由は、平石耕一の脚本「NEWS NEWS」にあります。 平石耕一事務所 オフィシャルページ 
この脚本は、長野県松本美須々ケ丘高等学校放送部制作のドキュメンタリービデオ作品『テレビは何を伝えたか』(第43回NHK杯全国高校放送コンテストラジオ番組自由部門優勝作品)を元に書かれています。だから、高校生がTVスタッフにインタビューする形式で物語が進みます。その為、重いテーマであるにも関わらず、高校生のストレートな正義感や疑問がストンと胸に落ちてきます。 よくよく考えて見れば、この冤罪事件、警察・新聞・TV・一般市民全てが共犯です。河野さんの立場になれば、それこそ『人、みな石持て 我を打つ』心境だったに違いありません。だから、この冤罪事件を糾弾できる資格を持っていたのは、未来を担う高校生や子供たちだけだったかも知れません。熊井啓監督がこのような手法で作品を作ったのもそのような心境だったのでしょう。
それはそれとして、この映画では、冤罪が生み出される過程が、かなり克明に描かれています。特に後半部分で河野さんと警察の対立、警察内部の現場と幹部の対立、メディア内部の報道と営業(広告)との軋轢、一般市民の残酷さなどなど、現在も何も事情は変わっていないと思います。
 …松本サリン事件の教訓は、メディアに深刻な反省を迫りました。警察発表をうのみにせず、その裏を取る、という報道人として当たり前の事を再確認させられました。同時に、冤罪を余儀なくされた河野さん家族の人権をどう考えるか、という重い課題も与えられたのです。 当時、TBSの報道部は、この課題に真剣に取り組んでいました。河野さんの無実を証明する過程で、まだ、どの局もオーム真理教がサリンを製造している、という報道をしていなかった時期、ある宗教団体という言い方で、サリン製造の疑惑を語っていました。(わたしは当時この報道を見ています。) 日本の報道は、松本サリン事件で河野義行さんという冤罪事件被害者を生み出した重い責任を持っています。少なくともメディアで飯を食う人間なら、この事件を忘れてはなりません。しかし、現在のメディアは、松本サリン事件当時より、はるかに酷い状況にあると思います。メディアの退廃・堕落は、第二第三の河野さんを生み出します。この事件の時は、『日本の黒い夏』でしたが、今や『黒い日本』の時代に突入し始めています。メディアは、もう一度報道の原点に立ち戻ってほしいと切に願います。
イシャジャの呟き: 月末だ !  誕生日の花 カンナ 花言葉 情熱 尊敬 6/30  ○ニワナナカマド  梅雨らしい天気です。アジサイは濃い紫の染まってきました。梅雨時はアジサイが似合いです。 ニワナナカマドの白も美しい・・・
 水無月は 例年の3分の1の降水量で文字どおりの水無月になってしまった。作物の生育に影響したが、一昨日からの雨で救われたようです。
 箱根山が噴火で警戒レベル3にとの情報に続き、今度は 東海道新幹線の車内で火災が発生とのニュースがあり、忙しい月末となった。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ◎永田町徒然草”:  戦争を売ってきたのは安倍首相 6/28と綴っておりました
 今日のトピックス Blog6/29: 「報道規制発言」波紋広がる、各方面から批判!! 閣僚が、「国策の誤り」?侵略戦争?明確に答えず 又政府による過ちを繰り返すのか‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

ANN: 「震災遺構」で保存?南三陸町の防災庁舎を県有化へ 6/30 ○宮城県南三陸町の防災対策庁舎は、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受け、多くの職員らが犠牲になりました。遺族に配慮して、いったんは解体が決まっていましたが、宮城県が2031年まで県有化し、その間に改めて保存するか解体するかを検討するよう提案していました。30日の会見で佐藤仁町長は、4月の町民アンケートで約6割が賛成したことなどから、県有化の受け入れを正式に決定しました。今後、震災遺構として保存されるかが注目されます。
「原発自殺」で東電に賠償命令 2700万円、福島地裁 【東京新聞】2015.06.30 ○東京電力福島第1原発事故による避難が原因で自殺したとして、福島県浪江町の無職五十崎喜一さん=当時(67)=の遺族が、東電に約8700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で福島地裁(潮見直之裁判長)は30日、東電に約2700万円の賠償を命じた。 原発事故と自殺の因果関係を認め、原告側が勝訴した判決は昨年8月の福島地裁判決に続き、2例目。
核のごみの最終処分地 長野で自治体説明会 【信濃毎日新聞】2015.06.30 ○経済産業省資源エネルギー庁は29日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定についての県内自治体向け説明会を長野市内で開いた。会合は非公開。出席した自治体によると、処分地を地中深くに設ける「地層処分」を予定していることなどの説明があった。自治体側からは説明の内容の確認以外に目立った質問や意見は出なかったという。
福島、2号機貫通口で溶けた物質 千ミリシーベルト超 【東京新聞】2015.06.29 ○…ふたのパッキンや、貫通口内部にあるケーブルの被覆材の可能性があり、周辺で毎時千ミリシーベルトを超える放射線量を計測した。事前調査に使用したロボットでは千ミリシーベルト以上は計測不能という。…
東電、市町村除染費支払いへ 約430億円、請求額の6割近く 【東京新聞】2015.06.29 ○東京電力が市町村実施の除染費用支払いを事実上拒否している問題で、東電が24日、約430億円の支払いに応じる方針を環境省に伝えたことが29日、分かった。請求額の6割近くに相当し、残りについても支払いに向けた確認作業を進めているという。 これまで東電は請求額約761億円の2%の約17億円しか支払っておらず、環境省は繰り返し支払いを求めていた。 環境省は12年11月以降、書類がそろい費用が確定した分から東電に順次請求。しかし東電がほとんど応じなかったため、協議の上、除染規模の大きな上位1割を重点的に確認する代わりに、残りは手続きを簡略化することが決まった。  ★‽‽‽ 例の、「原子力損害賠償紛争解決センター(ADRセンター)」にあるような、和解裁定…、半値から?

[核のごみ処分] 再稼働より優先事項だ 【南日本新聞】2015.06.30 ○九州電力川内原発で保管される888トンを含め、核のごみ(高レベル放射性廃棄物)になる国内の使用済み核燃料計約1万7000トンの最終処分をどうするのか。 政府が、原発を持つ電力会社の本店がある9都市で開いてきたシンポジウムが終わった。政府側は、5月に閣議決定した国主導で処分の「科学的有望地」を示す新たな方針などを説明した。 だが、安全性などへ疑問や反発は根強く、住民との意見交換は平行線に終わった。 各会場から「原発を再稼働させる前に廃棄物問題を解決するのが筋だ」との声が相次いだ。もっともな指摘である。 川内原発1号機は8月にも再稼働する見通しだ。それを控え、核のごみ問題放置との批判を避けるためのシンポだったとしたら、なおさら問題である。 高レベル放射性廃棄物は、使用済み核燃料を再処理した後に残る核のごみの一種だ。ガラス固化体にして処分するが、長期にわたり極めて強い放射線を出す。 政府は地下300メートルより深く埋めて地層処分する方針を決め、2002年から候補地を公募したが進まなかった。




 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 安倍政権の暴走を止めるには(2)(池田幸一メール) ・ブログ連歌(409) ・ 民主平和党ホームページ 6/30 ○(池田幸一さんの2015年6月29日のメールです。) 皆様。池田幸一です。
 <承前> 以上のように田中耕太郎の「砂川判決」は、“米軍基地は憲法違反であり、それをを容認した日本政府は憲法9条を犯している”とする伊達判決を覆したもので、時の最高裁はアメリカ大使に内通して裁判の中立性と守秘義務を踏み外し、また司法のトップがそれらを意図的に犯した稀に見る売国行為は我が国司法の尊厳を地に落とし、対米従属の原点をなす不祥事であります。それらの中に憲法への合憲性が何処にあるというのでしょうか? 
 日刊ゲンダイが伝えたこれだけのビッグニュースを、マスコミのどこが国民に伝えたでしょうか?東京新聞と毎日新聞が小さく報じただけ、国会でも誰一人問題にせず、「砂川判決」には秘められた緘口令が出されているのでしょうか。私は昵懇に願っている「選良」さんにお願いし、更に論点を練り上げて「砂川判決」と、それを根拠の「砂川合憲説」を正してほしいのです。この売国奴になぜ我が国最高の菊花大綬章を与え、従2位に遇せねばならないのか?その理由も合わせて知りたいのです。
 自民党の軍師とされる高村正彦議員がでっち上げた「三段論法的合憲論」は、柄のない所に柄をすげた牽付会の強引さが目立ちます。憲法学者の殆どが違法とされるのも当然、一つの「高村の談話」であって学問には程遠い。これを国辱的な「砂川判決」弾劾と合わせ、この際決着をつけてほしいのです。評論家の天木直人さんが翻訳されたアメリカの極秘電報3通を、以下添付いたしますので、ご覧下さい。
   1)1959年4月24日付電報
  2)1959年8月3日付電報
   3)1959年11月5日付電報   ★志村建世さんのブログを、断わりもなく、大幅にお借りして、日頃の卑見を足します。匹夫の勇‼‽よろしく…、日本のマスコミ、或は、法曹界、政界は、なぜ? 田中耕太郎、吉田茂を批判、ターゲットにすることを避けようとしているのか‽‽‽ 田中耕太郎も、吉田茂首相なければ、こんな大それたことはなしえなかったであろうのに。10年に及ぶ最高裁判所支配を含め…今に至る最高裁の礎石敷設… 法の支配放棄‼‽ 
 最高裁判所長官 - Wikipedia 歴代最高裁判所長官 >>>
田中耕太郎  任命年月日 1950年(昭和25年)3月3日  退任年月日 1960年(昭和35年)10月24日 最高裁判所長官に指名した内閣 第3次吉田内閣
 戦後憲法史 ○1950 1. 1 マッカーサー、年頭の辞で日本国憲法は自衛権を否定せずと言明
2. 9 アメリカ、上院マッカーシー、国務省に57人の共産党員がいると演説
2.10 GHQ,沖縄の恒久的基地建設開始を声明
3. 3 田中耕太郎、最高裁長官に任命(1960.10.24)
5. 3 マッカーサー、憲法記念日の声明で、共産党の非合法化を示唆
6. 6 マッカーサー、共産党中央委員24名の公職追放を指令
6.25 朝鮮戦争はじまる
7. 8 マッカーサー、吉田首相宛書簡で、国家警察予備隊の創設、海上保安庁の拡充を指令
8.10 警察予備隊令公布
 ………
1959 3.30 砂川事件東京地裁判決(伊達判決)
4.30 砂川事件で検察側最高裁に跳躍上告

6. 2 第5回参院選
10.26 自民党、安保改訂を党議決定
12.16 最高裁大法廷、砂川事件判決
1960 5.20 衆院、新安保条約を自民党単独で強行採決
6. 8 最高裁大法廷、苫米地事件判決
6.19 新安保条約、自然成立
6.23 新安保条約批准書交換、発効
6.25 道路交通法公布
7.14 安保理、コンゴからのベルギー軍の撤退勧告、事務総長にコンゴに対する必要な軍事援助の方策を講じるように要請するチュニジア決議案を採択
7.15 岸内閣、総辞職(安保改定国会の混乱)
7.19 第1次池田勇人内閣成立
7.20 最高裁大法廷、東京都公安条例事件判決
10.24 衆議院解散(安保解散)
10.25 最高裁長官に、横田喜三郎任命(-1966.8.5)
孫崎享のつぶやき: 共産党は国政で野党共闘ができるか。志位書記長は可能性を否定しない発言。 6/30
孫崎享のつぶやき: 気付けば、日本の隣国に親日的国家は全てなくなりました。台湾・馬英九政権「反日」に舵? 6/29
孫崎享のつぶやき: 政治の新しい潮目、大学生らが安全保障関連法案に反対の集会を渋谷で。数千名参加 6/28
孫崎享のつぶやき: 自民党政権下、日本は言論弾圧国家になっている。-小林節氏のケース等 6/27
植草一秀の『知られざる真実』: TPPは日本米国化強制の最終兵器である 6/30
醍醐聰のブログ: 佐古忠彦記者(TBS・Nスタ)の感銘深い語り ~沖縄慰霊の日のテレビ番組を視て(2)~ 6/30
醍醐聰のブログ: 民放とNHKの番組の質の差を決めた課題着眼・報道意欲の落差~沖縄慰霊の日のテレビ番組を視て(1)~ 6/26
五十嵐仁の転成仁語: 6月29日(月) 圧巻の追及 まるで法廷劇――『戦争法案の核心をつく―志位委員長の国会論戦』
IWJ: 2015/06/29 「今の自民党は戦争を知らない恐ろしい子どもたち」〜全国から集まった「戦争させない」165万筆の決意表明を国会に提出――山口二郎氏、鎌田慧氏らが記者会見  ○安倍政権が夏までの成立を目指す安保法制関連法案に対し、「戦争させない」165万8955筆の署名が全国から集まった。2015年6月29日、呼びかけ団体の「戦争をさせない1000人委員会」から、ライターの鎌田慧氏、政治学者の山口二郎氏、評論家の佐高信氏らが国会への署名提出を前に記者会見を開いた。 「署名運動はあまり力にならないと思うかもしれないが、一人一人の『戦争させない』という決意性が入っていることを強調したい。7月中には300万筆を目標にする。大空襲の記憶が残っている下町などでは反応がよく、署名簿を持ち歩く人たちが増えている」
IWJ: 2015/06/24 立憲デモクラシーの会が安保法案「撤回」を求める声明を発表、小林節氏は法案「合憲」を主張する学者との公開討論を要望
IWJ:2015/06/29 【大阪】「戦後70年を問う」連続講演会4 安倍政権をぶった斬る ―講演 京都精華大学講師・白井聡氏(動画)  
IWJ: 2015/06/26 “ブラック社会”の合法化に王手!? 破壊される「労働者保護」の“戦後レジーム” 世界的な派遣大国、長時間労働国・日本の未来を問う――吉良よし子議員、笹山尚人弁護士に岩上安身が訊く!


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



【動画】梅雨前線活発 九州~東海で大雨に警戒(30日19時更新) ウェザーマップ 6月30日(火)
TBS: 箱根山大涌谷でごく小規模の噴火、警戒レベル3に 6/30 ○箱根山大涌谷でごく小規模な噴火が起きたようです。こういった噴火が確認されたのは20世紀以降初めてのことで、気象庁は噴火警戒レベルを山への立ち入り規制を求める「3」に引き上げました。  30日午前10時頃に撮影された箱根山の大涌谷で新たに確認された「噴気孔」と見られる映像では、白く激しい噴気とともに、石のようなものが飛び出しているのが見えます。  「内壁が(噴気孔が)できたばかりで弱いので、それで崩れて(石のようなものを)飛ばしているのではないか」(東海大学・大場武教授)  気象庁などが30日に調べたところ、新たな噴気孔の周辺に最大30センチ程度の噴石や火山灰が積もっているのを確認。29日の夜から30日までに「ごく小規模な噴火」が発生したと断定しました。  「(噴石は)10メートルから20メートル飛んでいると聞いている。(噴火は)20世紀に入ってからはなかったのではないかと思っている。地質で分かっているのは12世紀13世紀。それ以降本当になかったのかというと、それは難しい」(気象庁)  噴火が確認されたのは20世紀以降初めて。前回、噴火があったのは平安時代から鎌倉時代のことだと言います。
NNN: 箱根で火山性地震572回 一連活動で最多 6/30 ○気象庁は、神奈川県の箱根山でごく小規模な噴火が発生したとみられると発表した。気象庁は噴火警戒レベルを2から3に引き上げ、箱根町は一部の住民らに避難指示を出した。  気象庁は30日、大涌谷でごく小規模な噴火が発生したとみられると発表した。29日に見つかった新たな噴気孔の周囲で火山灰などの噴出物が積もっており、ごく小規模な噴火が起きたと判断したもの。このため今後、居住地域近くに影響を及ぼす噴火が発生する可能性が高いとして、午後0時30分に噴火警戒レベルを2から3に引き上げた。箱根山で噴火警戒レベルが3に引き上げられたのは初めてのこと。  火山性地震も28日は4回、29日は183回だったが、30日は箱根町で午前中に震度3の揺れを2度観測するなど、午後3時までに一連の活動で最多となる572回を観測し、活発な状態が続いている。30日朝に大涌谷に入った東海大学の大場武教授によると、新しい噴気口からの蒸気が激しく泥状のものも吐き出されていて、体が泥まみれになったという。また、二酸化硫黄の臭いは先月より強く感じ、濃度が上がっているとみられるという。  一方、箱根町役場は規制範囲内に住む最大で70人の住民らに避難指示を出し、町立の施設を避難所として開設した。
 ○30日正午前、神奈川県内を走行していた東海道新幹線下りの車内で、乗客の男性が油のようなものをかぶり、火を付けました。総理官邸では、こうした事件では異例の情報連絡室を立ち上げ、情報収集などを進めました。
 (政治部・水頭洋太記者報告)  官邸が迅速に対応にあたったのは、事件発生当初、テロなのではないかという懸念があったからです。  安倍総理大臣:「情報連絡室を設置を致しまして、警察と消防を通じて、情報の収集に今、情報の収集確認を行っています」  今回の事件は、サミットやオリンピックを控えてセキュリティーの強化を急ぐ日本政府に衝撃を与えました。それは、飛行機と違って、新幹線には所持品をチェックすることもなく、テロなどの標的にされやすいという問題点が指摘されていたからです。ある政府関係者は「まねをした事件が続きかねない」と危機感をあらわにしていて、事件を防ぐための法整備の必要性を訴えています。政府は、今回の事件の情報収集を急ぎ、早急な対応を迫られることになります。  ★平和・日本を失いかねない、緊急事態‼‽ 戦争する国化‼‼ 安倍コベ政権は、危険極まりない、百害あって一利なし!を招いている。

TBS: 実質賃金25か月連続減少、5月も0.1%マイナス  6/30 ○5月の実質賃金が前の年の同じ月と比べて0.1パーセント減り、25か月連続で減少したことがわかりました。  厚生労働省によりますと、働く人一人あたりの平均賃金を示す5月の現金給与総額は26万8389円で、前の年の同じ月に比べ0.6パーセント増えました。 ただ、物価の上昇を考慮した5月の実質賃金は速報値で、前の年の同じ月に比べて0.1パーセント減り、25か月連続の減少となりました。 4月の実質賃金は速報値では増加していましたが、データが揃った確定値で下方修正され、前の年の同じ月に比べて0.1パーセントの減少となりました。 厚労省は、「実質賃金は減少しているが、マイナス幅は小さくなっている」としています。
沖縄宮森小米軍機墜落事故から56年、児童らが追悼集会 【TBS】2015.06.30 ○沖縄本島中部の小学校などにアメリカ軍のジェット機が墜落した事故から、30日で56年が経ち、児童による追悼集会が開かれました。  1959年6月30日、アメリカ軍のジェット機が沖縄の旧石川市、現在のうるま市にある宮森小学校などに墜落し、児童や周辺住民18人が犠牲となりました。 宮森小では30日朝、追悼集会が開かれ、児童の代表が犠牲者をまつった慰霊碑に花束と千羽鶴を奉納しました。続いて、児童全員で黙とうを捧げた後、6年生が平和を願う詩を朗読しました。 「人間は決して強くなんかないから、一人一人の手で平和を永遠に守り続けよう」(児童たちの朗読)  児童たちは56年前の犠牲者を悼みながら平和への誓いを新たにしていました。
ANN: 流行りんご病、東京で初めて警報発令…妊婦さん注意 6/30 ○リンゴ病の流行が全国的に広がっています。  国立感染症研究所によりますと、21日までの1週間で報告された伝染性紅斑、いわゆるリンゴ病の患者数は1医療機関あたり平均0.89人で、去年の同じ時期と比べて2.7倍になりました。リンゴ病は発熱やせきのほか、頬や腕に赤い発疹ができるのが特徴です。主に子どもが感染しますが、妊婦が感染すると流産につながる恐れもあります。特に首都圏で流行していて、東京では調査開始以来、初めての警報が出ています。厚生労働省は、マスクの着用やうがい、手洗いの徹底を呼び掛けています。

TBS: 「報道圧力」問題、与野党問わず強い批判 6/30 ○…「報道の自由は、憲法で保障された基本的人権の中核である。それを損なうような発言は、厳に慎むべきである」(公明党・山口那津男代表)
 しかし、「マスコミを懲らしめるには広告料収入が無くなるのが一番」などと発言した当事者は、30日も・・・ 「日本の国を過てるような、そういった誤った報道するようなマスコミに対して、私は広告なんかは自粛するべきじゃないかと個人的には思いますよ。マスコミにとって何が一番困るんですか。え?広告料収入が入らないことでしょ。そういう意味では、そういう方法もあるんじゃないですか。懲らしめようという気はあるんですよ。(Q.あるんですね?)あるんです。一部マスコミです」(自民党・大西英男衆院議員)  報道陣に向かって「逆ギレ」する始末。これには、与野党問わず強い批判が上がっています。
 「そこはやっぱり、言いたい放題を言って歩いたらいいというもんじゃない」(自民党・二階俊博総務会長)
 「なぜ、一連の話が多くの皆さんから批判され、不信を持たれたのかという本質について、全くご理解をされていない」(民主党・枝野幸男幹事長)
 谷垣幹事長は先週末、勉強会を主宰した木原稔青年局長の更迭を決めましたが、党内にはこの処分への不満もくすぶります。  「木原さんだけが更迭というのはスッキリしない」(自民党内)  「処分は、ほとんどの議員が重すぎるという意見だ」(自民党内)
 「こういう発言が自民党の中から出てくる背景というのは、安倍政権の報道の自由に対する姿勢にあると思う」(民主党・細野豪志政調会長)  民主党は安倍総理大臣にも批判の矛先を向けていて、7月1日以降の国会審議にも尾を引きそうです。

ANN: 「無言で油かぶり火を」直前、男の不可解な行動が… 6/30
TBS: 東海道新幹線で男が焼身自殺、巻き込まれた女性も死亡 6/30 ○30日午前11時半頃、新横浜-小田原を走行していた東海道新幹線下り「のぞみ225号」の先頭車両で男が焼身自殺を図りました。男は油のような液体を車内にまいた上、自ら液体をかぶって火を放ったのです。男は死亡、巻き込まれた女性も亡くなりました。焼身自殺を図った男と巻き込まれた女性以外にも、乗客20人以上が重軽傷を負いました。・・・
TBS: 新幹線で火災、同乗していたJNN記者に聞く 6/30
NNN: 東海道新幹線で男性が“油”まく 2人死亡 6/30
ANN: 新幹線「所持品チェックなくテロの標的に」政府衝撃 6/30 ○30日正午前、神奈川県内を走行していた東海道新幹線下りの車内で、乗客の男性が油のようなものをかぶり、火を付けました。総理官邸では、こうした事件では異例の情報連絡室を立ち上げ、情報収集などを進めました。
 (政治部・水頭洋太記者報告)  官邸が迅速に対応にあたったのは、事件発生当初、テロなのではないかという懸念があったからです。  安倍総理大臣:「情報連絡室を設置を致しまして、警察と消防を通じて、情報の収集に今、情報の収集確認を行っています」  今回の事件は、サミットやオリンピックを控えてセキュリティーの強化を急ぐ日本政府に衝撃を与えました。それは、飛行機と違って、新幹線には所持品をチェックすることもなく、テロなどの標的にされやすいという問題点が指摘されていたからです。ある政府関係者は「まねをした事件が続きかねない」と危機感をあらわにしていて、事件を防ぐための法整備の必要性を訴えています。政府は、今回の事件の情報収集を急ぎ、早急な対応を迫られることになります。  ★平和・日本を失いかねない、緊急事態‼‽ 戦争する国化‼‼ 安倍コベ政権は、危険極まりない、百害あって一利なし!を招いている。
NHK: 新幹線車内で火災 放火の疑いで捜査 6/30 ○…トイレの非常ブザーで緊急停止
 国土交通省によりますと、東京発新大阪行きののぞみ225号は、新横浜・小田原間を走行中の午前11時40分ごろ、先頭の1号車のトイレ内にある非常ブザーが押されたということです。このため運転士が、手動で緊急停止させたということです。その後、運転士が席を立ってデッキに出たところ油にまみれた男を発見し、消火器を使って、火を消したということです。さらに、1号車と2号車の間のデッキで、倒れている女性を見つけたということです。国土交通省は、鉄道局長を本部長とする対策本部を設置するとともに、職員6人を現地に派遣し、当時の状況を調べています。
 ポリタンクにいっぱいの液体
 東京から和歌山に向かうため、1号車に乗っていたという58歳の会社員の男性は「男は2両目の方向から入ってきて1両目の通路を何度か行ったり来たりしていたが、そのうち、白いポリタンクをかついできた。ポリタンクのふたは開いたままで、ピンク色の液体がいっぱいに入っていて、いきなり自分の体にかけ始めた。最初は間違ってこぼしたのかなと思ったが、かなりの量をまき始めたのでガソリンだと思い後ろの車両に向かって逃げた」と話していました。男性の服も一部、焼け焦げていて、「騒ぎが起きたのは新横浜を出てから5、6分経った頃だったと思う。1号車のいちばん前の座席に孫2人を連れて座っていて逃げてきたという女性は、男に『やめなさい』と声をかけたそうだ。男は淡々とした様子だった」と話していました。
 手荷物検査 実施の議論も

NHK: ギリシャ首相「返済できない」初めて明らかに 6/30 ○ギリシャの債務問題でチプラス首相は、30日に期限が迫ったIMF=国際通貨基金への債務の返済について、「実現可能な合意に至ることができなければ、返済はできない」と述べ、ギリシャはおよそ2000億円の債務を返済できないという見方を、みずから初めて明らかにしました。ギリシャの抱える多額の債務のうち、30日はIMF=国際通貨基金からのおよそ2000億円の返済期限となっていますが、ユーロ圏各国は27日、今月末の期限を延長せずに金融支援を終了する方針を示しています。このため、ギリシャ政府は必要な資金を確保できず、債務を返済できない見通しとなっていましたが、期限を翌日に控えた29日、チプラス首相はテレビに出演し「返済できる唯一の方法は30日までに実現可能な合意に至ることで、それがなければ返済はできない」と述べ、IMFへの債務の返済はできないという見方を、みずから初めて明らかにしました。その一方で、チプラス首相は「ユーロ圏各国などの債権者が、ギリシャをユーロの外に追い出してしまいたいわけではなく、そうすることもない」と述べ、ユーロ圏への残留に強気の姿勢を見せました。また、ギリシャ政府が来月5日に実施する、財政緊縮策の賛否を問う国民投票については「結果を尊重する。何が何でも首相でいたいわけではない」と述べ、ユーロ圏各国が金融支援の条件として求めている緊縮策を、国民が受け入れる結果が出れば首相を辞任する可能性も示唆しました。  ★日本円で42兆円に上る債務残高! 言っちゃあなんだが、日本に比べれば、可愛いもの‼‽ 日本は、累積債務=一千兆円超の雪だるま状態! にもかかわらず、新規事業、それも『戦争する国化』という、途方もないもの! 軍拡も、軍事費用も歯止めもない、無論、戦争被害、大量殺戮、大量破壊に突っ込みかねない、危険な跳躍、憲法違反という、国の根本規範、最高法規を乗り越え、主権者の意思を亡き者にしようとする!企て。 
市民数万人緊縮案「ノー」 政権支持集会「貸した側にも問題」 東京新聞 6/30 ○財政再建のやり方をめぐって欧州連合(EU)などと対立し、デフォルト(債務不履行)の懸念が高まっているギリシャは二十九日、資金の流出が続く銀行の経営を守るため、預金の引き出し制限を含む資本規制を始めた。アテネでは二十九日夜、七月五日の国民投票でEUの緊縮案に「ノー」の意思表示をするよう求めるチプラス政権支持の集会があり、数万人が集まった。 アテネ中心部のシンタグマ広場近くの銀行では二十九日午後、店外に二台設置された現金自動預払機(ATM)に絶えず数人が並ぶ状態が続いた。一日の引き出し額はこの日から六十ユーロ(約八千円)に制限されており、ある中年男性は引き出した三枚の二十ユーロ札をやけくそ気味にひらひらさせながら立ち去った。 夜には、広場と隣接する議会前の路上で緊縮案に反対する集会があった。国民投票は年金削減などを求めるEUの緊縮案に対する賛否を問う。会場にはギリシャ語で「ノー」を意味する「OXI(オヒ)」の文字が至る所で掲げられた。 債務危機後これまでに年金が月六百五十ユーロから五百八十ユーロに減ったという元塾講師の男性(80)は「今でもぎりぎりの生活」と述べ、さらなる減額は論外だとした。EUと対立したまま債務不履行に陥っても「これ以上悪くなることはない」と開き直り気味に話した。 アテネの大学生カテリーナ・クカさん(23)は「返済能力のないギリシャにお金を貸した側にも問題がある」と主張。「私たちの『ノー』が欧州全体の政治や経済を変える出発点になってほしい」と話した。 チプラス首相は、EU提案を拒否してもユーロ圏離脱にはつながらないと主張し、「ノー」の投票をするよう訴えている。

辺野古「碇石」を文化財認定=普天間移設に影響も-沖縄県教委 【時事通信】2015.06.30 ○沖縄県教育委員会は30日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設先、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ海沿いで見つかった石について、いかりの重しとして使われた「碇(いかり)石」として、県の文化財に認定した。名護市教委は出土区域の試掘調査を米軍に求める方針で、移設計画に影響が出る可能性もある。名護市の稲嶺進市長は同日、市役所で記者団に「文化財保護法にのっとって、まずは表面の調査、そして試掘を行いたい。いくつか別の(文化財)も出てくると、本格的な発掘調査に入る」と語った。 碇石は中央にくぼみがあり、県教委はくぼみが加工されたものと判断して文化財に認定した。名護市教委が2月にシュワブ内で実施した遺跡群の踏査中、職員が偶然発見。6月中旬に米軍から引き渡されていた。
「機雷掃海」「米艦防護」 2事例追及に窮する政府 東京新聞 6/30 ○安全保障関連法案に関する二十九日の衆院特別委員会では、他国を武力で守る集団的自衛権行使の具体例として安倍晋三首相が挙げる「中東・ホルムズ海峡での機雷掃海」「公海上の米艦防護」という二つの事例をめぐって論戦が交わされた。野党側が、行使しなければならない理由が不明確だと追及したのに対し、政府は説得力のある説明をしなかった。(金杉貴雄) 機雷掃海をめぐっては政府はホルムズ海峡が機雷で封鎖され、日本へのエネルギー供給が長期間途絶えれば、集団的自衛権行使の要件を満たす場合があると説明してきた。停戦前の機雷掃海は機雷をまいた国への敵対行為で、国際法上は武力行使にあたる。 民主党の後藤祐一氏は、同海峡が封鎖されれば、各国が掃海艇を派遣するのは確実で、日本が参加しなくても機雷は除去されると指摘。このため停戦前の機雷掃海は、武力行使の要件のうち「国民を守るために他に適当な手段がない」という要件を満たさないとして追及した。 これに対し、岸田文雄外相は「日本が何もしないのは考えられない。わが国の掃海能力は高いので、行うのは当然だ」と強調したのにとどまり「他に手段がない」とする根拠を説明しなかった。
 集団的自衛権に基づく米艦防護をめぐっては、首相は(1)日本の近隣で国際紛争が発生(2)ある国が東京を火の海にすると宣言し、日本への武力攻撃が切迫(3)公海上の米艦が攻撃される-とのケースを例示している。弾道ミサイルを迎撃する能力を持つ米艦を守らなければ、日本が弾道ミサイル攻撃で壊滅的な被害を受けるという理屈だ。 民主党の長島昭久氏は、日本防衛のために公海で警戒する米艦への攻撃は、日本に対する攻撃の着手と判断されることもあり得るとした過去の政府答弁に言及。「日本への武力攻撃が切迫している中、自衛隊と一緒に活動する米艦が攻撃されれば、(集団的自衛権ではなく)個別的自衛権で反撃できる」とただした。 これに対し、横畠裕介内閣法制局長官は「(日本攻撃の)明示された意図があれば、わが国への攻撃発生と認定することは当然できる」と述べ、首相が挙げた事例であっても個別的自衛権に基づき対処する可能性に言及。中谷元・防衛相も、個別的、集団的自衛権のいずれに基づいて反撃するかの判断基準は「非常にあいまいだ」と認めた。

島尻氏発言 検閲にらむ危うい発想だ 【琉球新報】2015.06.30 ○政権や政治家が権力を盾に報道内容に介入することを許せば、歯止めが利かなくなる。表現・報道の自由を揺るがしかねない懸念材料は徹底して摘み取らねばならない。報道機関が権力の行き過ぎを監視し、それに歯止めをかける使命を果たすことは、民主主義社会の基盤を強くするからである。 民間放送局の番組やCMなどを蓄積する「放送アーカイブ」構想をめぐり、県選出の島尻安伊子参院議員が事後の報道監視に用いるべきだとの見解を示していた。  ことし3月の自民党内の会合で、島尻氏は「先日の選挙では私の地元メディアは偏っていた。あの時、どうだったかを調査するのは大事だ」と述べた。昨年11月の県知事選や翌12月の衆院選沖縄選挙区で自民党が推した候補者が全敗を喫した。その際の報道内容を問題視していると解釈するのが自然だ。  これは、自民党に不利な放送内容があるという前提に立ち、事後検閲の制度化を求めるものだ。  憲法21条は検閲を禁じている。  文化的資源として放送番組を記録、蓄積するという制度の趣旨を逸脱し、特定の政党に不利な内容がないかを追及することは極めて危険な発想であり、憲法に反する。  県内の放送局も見解を示すべき事案だろう。報道の自由を押しつぶしかねない問題と認識し、島尻氏は考えを改めるべきだ。  制度に詳しい山田健太専修大教授は島尻氏発言の延長線上に、個別番組への抗議や総務省への行政指導を求める動きが出かねないと指摘している。
犯罪率比較のうそ 悪意の込もった中傷だ 【琉球新報】2015.06.30 ○作家の百田尚樹氏が自民党国会議員の勉強会で「米兵の犯罪者より沖縄人が犯したレイプ犯罪の方がはるかに率が高い」と述べた。 ネット上ではこの種の文言が広く流布している。沖縄の学生ですらこれを信じる人は多いという。  だがこれは明らかなうそだ。むしろ悪意の込もった中傷といえる。  凶悪犯のほか窃盗犯なども含む一般刑法犯の摘発は、2011年度でみると米軍関係者が0・11%、県民は0・27%で確かに県民が高い。  しかしこれは米軍関係者が基地内で犯したものは含んでいない。基地内に住む米兵が基地外にいる時間はせいぜい週末の数時間で、圧倒的大部分である基地内での犯罪は暗数として見えないのだ。  米国防総省は、14会計年度の米軍内の性的暴行は1万9千件と推計した。性的暴行だけでこの数字だ。こうした暗数が表に出れば、犯罪率は跳ね上がるはずだ。  しかも米軍人軍属は治外法権的な特権に守られている。公務中の犯罪は日本に裁判権がないからそもそも表面化しない。公務外の犯罪も、日米地位協定により日本側は原則として身柄を拘束できない。  米側の基地内での拘束は「基地の外に出てはいけない」という単なる禁足程度の例が多い。基地内は自由だから証拠隠滅、口裏合わせも可能である。事実、強盗事件の公判で米軍の将校が、容疑者たちは証拠隠滅や口裏合わせが可能だったと証言した例もあった。  その上、犯罪見逃しの密約もあるのだ。1953年の日米合同委非公開議事録にこうある。「日本は米軍人軍属に対し日本にとり著しく重要と考える例以外は裁判権を行使するつもりがない」。在日米軍法務部の担当者は01年の論文で「日本はこの合意を忠実に実行している」と書いた。米軍関係者の一般刑法犯起訴率は今も1割余で、大部分は罰を受けてないのだ。  基地内の犯罪は見えず、基地外の犯罪も密約で見逃し、見逃しようがない場合も証拠隠滅によって摘発に至らないというわけである。米兵の摘発はこれらを奇跡的にくぐり抜けないと不可能なのだ。比較するならこうした暗数も表に出すべきだ。  そもそも米兵と県民の犯罪率を比べること自体、本質を見誤っている。米軍基地のない33府県では米兵の犯罪は無に等しい。沖縄1県だけに犯罪被害の圧倒的大多数を背負わせる現状が理不尽なのだ。
[基地と報道] 平和・公正の実現めざす 【沖縄タイムス】2015.06.30 ○敗戦とサンフランシスコ講和条約によって沖縄は戦後、日本本土から切り離され、米軍統治下の苦難の道を歩むことになった。韓国や台湾と同じく、沖縄は冷戦の最前線にあった。  施政権が返還され、憲法が適用されるようになった復帰後も、本土と沖縄は決して同じ道を歩んだわけではない。  「小さなカゴに、あまりにも多くの卵を詰めた」(元米政府高官)ような基地オキナワの現実は変わらなかった。  県議会が米軍基地問題で意見書・決議を可決したのは復帰後、396件に上る。  県や基地所在市町村は、基地問題の処理に振り回され、飛行場周辺の住民は騒音や墜落の不安に悩まされ続けてきた。  これが沖縄の基地問題を語る際の歴史的な前提である。基地問題をめぐる地元メディアの報道姿勢は、この前提を抜きにしては何も語れない。
報道圧力問題 異論押さえ込む姿勢危険だ 【宮崎日日新聞】2015.06.30 ◆異論押さえ込む姿勢危険だ◆
 安倍晋三首相に近い自民党若手議員の勉強会で、安全保障関連法案をめぐり報道機関に圧力をかけ、言論を封じようとする動きが出たことに批判が高まっている。  「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい」といった同党議員の発言はもちろん、衆院平和安全法制特別委員会で謝罪を拒んだ安倍首相の姿勢に疑問を持たざるを得ない。主張を通すためなら異論ある者を攻撃する危険な空気の中で、安保法案審議が続くことに強い危機感を覚える。  民主主義根幹揺らぐ
安保法制審議 「80時間」目安にならない 【西日本新聞】2015.06.30  ★然り! 安倍コベ氏のそれは、特に、実がない‼‽ いくら時間を食いつぶそうとも、不毛で、不実だ‼‽ 主権者への、不誠実、目に余る!
“報道規制”発言「看過できない建前との隔たり」 【陸奥新報】2015.06.30 ○「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番。経団連に働き掛けてほしい」。自民党若手・中堅の国会議員が開いた勉強会「文化芸術懇話会」で、こうした趣旨の発言と、同調する意見が上がったという。  今国会で審議されている安全保障法案をめぐっての発言とされる。ここで言う「マスコミ」とは、法案および政権に批判的な報道機関を指しているのだろう。  政権与党の国会議員によるこうした発言は、「報道規制」をちらつかせた脅しに映る。  言論による批判に言論で応じるのは民主主義のルールである。民主主義に不可欠な要素の一つである言論・表現の自由とは相いれないこうした発想はどこから生じるのか、開いた口がふさがらない。発言で挙げた手法は間接的な言論統制と言っていい。手法自体は笑止千万だが、内容はもはや冗談の域を越えている。  批判的な言論には封じ込めも辞さない発想を持つ人々が国政を担っているということか。安全保障法案の是非にとどまらない、背筋の寒くなる話である。  ★然り!





TBS: 皇太子ご夫妻、トンガ訪問を前に両陛下に挨拶 6/30 ○皇太子ご夫妻は、国王の戴冠式出席のため、7月2日からトンガを訪問するのを前に、天皇・皇后両陛下に挨拶をされました。
 にこやかに手を振られる雅子さま。皇太子ご夫妻は29日午後2時前、トンガへの訪問を前に皇居・御所を訪れ、両陛下に挨拶をされました。  ご夫妻は7月2日から5日間の日程でトンガを訪問されます。およそ2年ぶりの海外公務となる雅子さまは、体調や負担を考慮し、一連の祝賀行事のうち、7月4日に行われるトゥポウ6世国王の戴冠式と王室主催の昼食会に出席される予定です。
TBS: 両陛下、パラオ訪問に尽力した人々招き茶会 6/30 ○天皇・皇后両陛下がパラオ訪問に尽力した人々を招き、茶会を催されました。  両陛下は29日午後、今年4月、戦後70年にあたりパラオを訪問した際に尽力した人々を皇居・宮殿に招き、茶会を催されました。  茶会には安倍総理や駐日パラオ大使夫妻、両陛下の宿泊先となった海上保安庁の巡視船「あきつしま」の船長ら335人が出席しました。
 天皇陛下は、「皆さんに対し深く感謝いたします」と出席者をねぎらうとともに、「訪問中パラオの人々から温かい歓迎を受けたことは、両国の築いてきた友好協力の関係の表れとして、誠にうれしく感じております」と述べられました。  ★尽力した人々は、日本側だけ‼‽
ANN: 箱根山で広範囲に降下物 気象庁「噴火ではない」 6/30 ○神奈川県の箱根山で29日、広い範囲で降った粒子状の物質について、気象庁は、火山灰ではなく、噴火は発生していないという見解を示しました。  気象庁によりますと、29日正午すぎ、箱根町の強羅地区などから「火山灰のようなものが降った」と複数の連絡がありました。降ったのは白い粒子状の物質で、気象庁などが成分を調べていますが結果は出ていません。調査の結果、大涌谷の斜面で地すべりに伴って新しい噴気孔ができているのが確認されました。こうしたことなどから気象庁は、物質は新しい噴気孔から出た蒸気が周りの土砂を巻き上げたものであり、火山灰ではないとして、大涌谷周辺で噴火は起きていないという見解を示しました。ただ、29日に初めて火山性微動が観測されたことなどから、気象庁は、これまでに比べて火山活動が高まっているとみて警戒を強めています。
TBS: 沖縄めぐる発言の調査と謝罪、政府は応じない考え 6/30 ○菅官房長官は29日の国会で、自民党議員の勉強会で出た沖縄をめぐる発言について、政府として調査し、謝罪するよう求められましたが、「党の問題だ」として応じない考えを示しました。  「しっかり対応をしてないから、今、改めて沖縄の基地負担軽減担当の官房長官に申し上げているんです。どこがその沖縄県民に対する侮辱、自民党のあそこに集まった国会議員の発言のどこがそうだったかということについては、官房長官、調査の上ですね、きちんと県民に謝罪していただきたい」(共産党 赤嶺政賢議員)  「ここは党の問題でありますので、政府の立場で私自身がですね、そうしたことを調べてコメントする、これは立場にないと思います」(菅義偉官房長官)  安倍総理に近い自民党の中堅・若手議員が先週開いた勉強会では、講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「沖縄の2つの新聞社はつぶさないといけない」などと発言しました。  共産党の赤嶺議員は、その前後に自民党議員からも沖縄県民を侮辱する発言があったとして、調査と謝罪を求めましたが、菅官房長官は「党の問題であり、政府の立場で調べてコメントする立場にない」と述べ、応じない考えを示しました。  また、維新の党の小沢議員は「マスコミ批判の件も歴史認識の議論の件もかつての自民党とかなり雰囲気が違う。自民党というのはもうちょっと広がりがあり、おうようさがあった」と批判しました。・・・  ★安倍コベ氏、譲り‼‽ 体質、頑なさ、偏り。
TBS: 邦人輸送の米艦防護“集団的自衛権使えず” 法制局長官が認識示す 6/30 ○…「(米軍による)邦人輸送は、それだけでは『存立事態』にならないということじゃないんですか。(日本に対する)ミサイル攻撃がなされる明白な危険があるかないかが『存立事態』の認定において重要なのであって、(米軍が)邦人を輸送していようがしていまいが関係ないんじゃありませんか?」(民主党 後藤祐一議員)  「単に“邦人を乗せた米輸送艦が武力攻撃を受ける”ことで新3要件に当たるとこれまで説明しているものではないと私は理解しております」(横畠裕介内閣法制局長官)
 安倍総理は、新たな安保法制について説明する記者会見の際、日本人の親子が乗ったアメリカ軍の艦艇を自衛隊が守るという事例を示して集団的自衛権の必要性を強調していました。  民主党の後藤議員は、この事例を今回の法案に照らした場合、そもそもの前提として、日本がミサイル攻撃を受ける危険が迫っている必要があり、日本人を輸送しているアメリカ軍が攻撃を受ける危険を理由に集団的自衛権を使うことはできないはずだと質しました。横畠法制局長官は、「総理の答弁について忖度して申し上げるわけにはいかない」と断ったうえで、「単に邦人を乗せた米輸送艦が武力攻撃を受ける」という状況では「存立危機事態」を認定する要件には当てはまらないと認め、この事例の状況のみでは集団的自衛権は使えないとの認識を示しました。安倍総理が当初、集団的自衛権の必要性を強調する際に真っ先に掲げていた事例についても、集団的自衛権行使の要件を満たさないことが明らかになった形です。  安倍政権が主張する限定的な集団的自衛権を使う事例が実際にあるのかをめぐっては、機雷掃海についても異論が噴出しています。残る事例としては、朝鮮半島有事などでミサイル防衛に当たる米軍のイージス艦を守る際に必要かどうかに焦点が絞られつつあります。  ★愚劣なお話‼‽ 唯一の超大国の、しかも最重要な米軍のイージス艦を守る場面で、自衛隊の出番など‽‽‽ そんな場合は、あるとするなら、専守防衛に徹すべき。  序ながら、アメリカのイラク侵攻当時の、サダム・フセイン大統領の対応にも、留意すべきだ‼‽ 国際法等をあてにした防戦、化学兵器は持たず、使わず、…

NNN: アテネで財政緊縮策受け入れ反対集会 6/30 ○財政破たんの危機に陥っているギリシャでは29日、資金の流出を防ぐため銀行が休業になるなど資本規制が始まり、市民の間に不安が広がっている。  資本規制で銀行は休業となり、ATMでの現金の引き出しも1日60ユーロ(約8000円)までに限られた。銀行の休業は来月6日まで続く予定で、市民生活への影響が出ている。  一方、首都アテネの中心部で29日、EU側が求める財政緊縮策の受け入れに反対する集会が行われた。  翌日にはEU側の提案を容認する集会が開かれる予定だが、来月5日の国民投票で財政緊縮策が受け入れられるかどうかは不透明な状況。
NNN: 財政緊縮策受け入れを…独首相が改めて要求 6/30
2015-06-29

6/29: 「報道規制発言」波紋広がる、各方面から批判!! 閣僚が、「国策の誤り」?侵略戦争?明確に答えず 又政府による過ちを繰り返すのか‼‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・あすからまた梅雨空!今村涼子の「今天」  18時35分
 ・箱根山周辺に“降灰”か 噴火の可能性を確認中  18時43分  ★噴火したのかどうか‼‽
 ・40cmの黒い“矢”、シラサギを貫く 助けたいけど…  18時42分
 ・ギリシャ危機に世界が動揺 アジア・欧州も株価下落  18時19分  ★ギリシャ1国のデフォルトに止まらない影響… 値踏みしているのか?
 ・閣僚が歴史認識問題に明確に答えず、審議中断  19時42分   ★きちんと答えよう!歴史認識、客観的認識‼‽ 余りに歪み、個性的な百田やその共鳴者のそれではない
 ・「報道規制発言」波紋広がる、各方面から批判  19時1分  ★安倍コベ私感への批判、ブーイング‼‽
 ・ソーラー・インパルス2、ハワイへ飛び立つ  6時13分
 ・ギリシャの銀行、29日は営業見合わせ  6時12分
 ・復興支援で岩手・大槌町に「デコトラ」集合、「一番星号」も登場  6時11分
 ・静岡・袋井市で「メロンサミット」、14産地から自慢の一品  6時11分
 ・NYで同性愛者パレード“同性婚認定”で盛り上がる  5時53分
 ・台湾爆発事故 重傷者200人超に  1時46分

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月29日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: ドイツと日本の戦後政治 6/28 (名無しの探偵) ○ドイツと日本の戦後責任の比較を研究している佐藤健生氏の「世界」誌に寄せられた文章を読んで、日本社会の問題点が浮き彫りにされていると思った。
佐藤氏は「東京はワイマールではない」という表題で論じておられるが、要点はドイツが第一次大戦後に民主的な憲法であり、世界に先駆けたワイマール共和国憲法を持ったのに、ヒトラー政権に政権奪取されてしまったことを悔いて、二度と侵略戦争を繰り返すような失敗をしまいとして戦後「戦う民主主義」という政治体制を確立したのである。(私が学生のとき、日本の憲法学者がこれを揶揄していた。)
その政治姿勢は、「現在のドイツの政治体制はナチス『第3帝国』とは違う」という証明を繰り返して立てていることに表れている。日本の場合も、本来過去との取り組みの課題は、戦前の「大日本帝国」とは異なることの証明であるはずである。
ところが、日本では閣僚が「ワイマール体制からナチスが専権奪取した手口から学べ」と迷言を言ったり、政治のスローガンで「日本を取り戻す」と宣言するのである。「これは大日本帝国と同じ体制を目指していることであるのに、大多数の国民はその宣言に何も感じない」と佐藤氏は指摘する。
佐藤氏は記者クラブに招かれて講演しておられ、その内容をYou Tube: 佐藤健生 拓殖大学教授 「ドイツの戦後和解」③過去との取り組みの日独比較 2015.5.13 で見ることができる。 佐藤氏の地道な研究に触発されて思うところが多かった。
まず、安倍政権は憲法の基本的な原理である「平和主義」:憲法9条、憲法前文の内容を変更するのに「解釈」(改憲)という方法を採用し、そうした「砂上の楼閣」の上に多くの「安全保障法制」の法案審議を積み重ねようとしている。
憲法に違反する法令が無効であるという憲法制度(違憲審査制)が想定している対象は、通常ならば法令である。しかし、正気を失った政権が取った方法は単なる「解釈」の変更であった。ワイマール体制を転覆させたナチスでも思いつかない(ヒトラーは「全権委任法」という法令に依拠していた)拙劣さである。
後世の歴史家(21世紀後半の)はどう思うのだろうか。ここまで民主主義が劣化していたのか、あまりにも酷い拙劣なるファシズムであったのか、と嘆くかもしれない。まさか現憲法が「砂上の楼閣」政権に覆されるとは、と。
イシャジャの呟き: ネット中継  誕生日の花 クチナシ 花言葉 私は幸福すぎる 6/29  ○タチアオイ  予報は  となっていますが 梅雨らしく 小雨が降ったり 雲も低く垂れていて 梅雨らしい天気です。 今日は連れが眼科の通院日で、瞳を広げる点滴の為 眼が暫らくボヤケルので 付き添って行く、傘に頼るほどの天気でなくてよかった。
 衆院〇×法制特別委員会をネット中継で見たが、世論調査で国民の圧倒的多数が”分からない”、説明が不十分を回答しているだけ、俺も 分からね~  共同通信社の17~18歳を対象にしたアンケートの結果、「政治家不信」との回答が80%に上ったのことでした。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog6/28: 全米で同性婚容認、連邦最高裁が歴史的判決 安保法案に逆風 焦る自民 野党反発「言論封殺の動き」 何処まで対米従属する‼‽できるのか 6/28  ★後戻り・復古、主権者転覆の政権(安倍、自民党…)が永続可能か‽‽‽ 主権者は、黙っていない‼‽か。

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>











 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 安倍政権の暴走を止めるには(1)(池田幸一メール) ・ 民主平和党ホームページ 6/29志村建世のブログ: 安倍政権の暴走を止めるには(1)(池田幸一メール) ・ 民主平和党ホームページ 6/29 ○(池田幸一さんの2015年6月28日のメールです。) 皆様。  池田幸一です。
 選ばれる人のことを「選良」と云うのだそうですが、この度の騒ぎをしげしげ見ていると、失礼ながら「選バカ」とより申し上げようがない。これで自民党と安倍総理の支持率は暴落したのでしょうが、桜里さんが仰せのように、いったい自民党とは何なのか?「保守」と位置づける事自体が間違っているように思います。異常な異論封じと数を頼んでの傲慢、独断と専権は明らかにフアッショです。
 しかしこの「選バカ」さんは、一人ひとりが“賛成”と右手を挙げるだけのロボットであって、党議に従って確実に一票を稼ぎます。自らの判断すらも出来ない「選バカ」を選んだ国民の良識が問われるところですが、ボスの安倍総理は“何処かの時点で議論が尽くされたという判断がなされれば、決める時には決める”と、早くも採決に前のめりです。この人にとってはアメリカとの約束が至上命令で、近いうちに有無を言わさず採決する気でしょう。そうでないと内閣が潰れるからです。
 国民各層の激しい反対も総理には通じず、60年安保や92年のPKO法案の例を挙げ、“法案が実際に実施される中で理解は広がるものだ”と取り合いません。大庭さんは“野党が一丸となって廃案に持ち込むしかないでしょう”と仰せですが、果たして今の野党にそれだけの力があるでしょうか。マスコミも牙を抜かれた状態で頼りにならず、連日の激しいデモも蛙の面に何とやら、このように我が国のひ弱い民主主義は、あれよあれよのうちに押し切られようとしています。さて、この暴力に立ち向かうにはにどうすればよいのでしょうか?
 私は迷うことなく素直に問題の核心を突くべきだと考えます。安倍総理は26日の答弁で、従来の高村正彦根拠を踏襲し〝今回の「安保関連法案」は砂川判決の考え方に沿ったもので、その判決は自衛権の限定容認が合憲である根拠たりうる”と言明致しました。つまり、法案に盛り込まれた集団的自衛権行使容認が憲法9条に反しないというのです。しかしこの考え方は殆どの憲法学者や法曹界の違憲判断に真っ向から反する主張であることは明らかです。
 いま論じられている些末な事象よりも、私はこの法案が果たして合憲であるのか、否か?これを徹底的に正せばどうかと思うのです。憲法98条には“この憲法は国の最高法規であって、この条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。”とあります。いくら無理矢理法案を押し通したところで、違憲であれば折角の「安保関連法案」も全て無効、喧々諤々と論じる事自体がナンセンスです。
 安倍総理が合憲の根拠とする「砂川判決」を洗い直し、白黒をはっきり検証することが最も判り易くて早道です。・・・  ★主権者の権威、主権者への畏敬、そんなものは否定すると‼‽ 安倍コベ氏? 結果論みたいなことを言っているようだが? 立憲主義も法の支配も、権力者が、従わねばならぬ。ルール無用の結果論で、独裁しようというのか‽‽‽ それは、既に、憲法違反、国体の破壊者だ‼‽ 日本国憲法の風下に立つことは、不可能だ。直ちに、下野せよ。









市民社会フォーラム: 【動画】絵本作家・松本春野にきいてみよう 原発事故4年後の福島の子どもたち 6/29 ○先日開催した学習会の動画がアップされました。 >>絵本作家・松本春野にきいてみよう 原発事故4年後の福島の子どもたち

市民社会フォーラム: ドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』上映会 &監督×出演者クロストーク「当事者とは誰なのか?」 6/29
市民社会フォーラム: 【京都新聞・社説:沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない】自民の報道批判  民主主義脅かす暴論だ 6/29 >>【京都新聞・社説:沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない】自民の報道批判  民主主義脅かす暴論だ 6/28

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: あすからまた梅雨空!今村涼子の「今天」 6/29 ○関東は6月最後の週、出だしは上々でしたが、きょうの「今天」がこちら、「近いっ!梅雨前線との距離 今週も梅雨空」です。
ANN: 箱根山周辺に“降灰”か 噴火の可能性を確認中 6/29 ○箱根山で「火山灰のようなものが付いている」という通報があり、気象庁が火山活動との関連性を調べています。  気象庁によりますと、29日正午すぎ、箱根町の強羅地区などで「火山灰のようなものが車の上に付いている」という通報が2件ありました。現地に向かっていた気象庁の職員も車のフロントガラスに粒子状の降下物が付いているのを確認したということです。観測データに変化がないことから、火山活動との関連性は分かっていません。気象庁は成分の分析を急いでいて、結果は30日以降になる見通しです。
NNN: 機動隊員が訓練中に溺死“私的制裁”と提訴 6/29 ○2012年、埼玉県警の機動隊員だった佐々木俊一さん(当時26)が水難救助訓練中に溺死した事故で、遺族は29日、息継ぎなしで何度も水に沈めた指導員の私的制裁で死亡したとして、約1億9000万円の損害賠償を求めて指導員らと県を提訴した。遺族は「事故死とは思っていない。真相を明らかにしてほしい」と話している。  一方、埼玉県警は「訴状を見ていないので、コメントを差し控えさせていただきます」としている。
ANN: ギリシャ危機に世界が動揺 アジア・欧州も株価下落 6/29 ○ギリシャ危機に、世界のマーケットが動揺しています。  ギリシャへの金融支援を巡る協議が事実上、決裂したことから、東京市場は、平均株価の終値が先週末より596円20銭安い2万109円95銭で取引を終えました。これは今年最大の下げ幅で、去年2月以来、約1年5カ月ぶりの下落幅でした。また、中国の上海総合指数が3.3%、香港のハンセン指数も2.6%、それぞれ大幅下落したほか、ヨーロッパでもドイツやフランスで一時、4%以上、下落しています。
TBS: 「報道規制発言」波紋広がる、各方面から批判 6/29 ○「スポンサーをどう選ぶかは企業の選択であって、政治が直接働きかけるようなことは断じてあってはならないと思う」(公明党 井上義久幹事長)  連立を組む公明党幹部からは批判が。さらに、経済界の重鎮も次のように指摘します。  「メディア規制を考えている方が民主主義の原則から外れている気がする。失礼だが、そういう方々の意見は報道の価値もないと思う」(日本郵政 西室泰三社長 26日)  そして27日・・・谷垣幹事長は急きょ会見を開き、会合の責任者だった木原稔青年局長を更迭すると発表。発言をした3人の議員についても厳重注意処分としました。  一方、同じ会合で講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「沖縄の2つの新聞社はつぶさないといけない」と発言したことについて、百田氏はツイッターで「質疑応答の雑談の中で冗談として言ったもの」と釈明。その後、百田氏は「弾圧やその他の力で言論を封じるのは断固反対」とも書いていますが、会合での発言は波紋を広げています。  「百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、その経緯も含め、看過できるものではない」(琉球新報・沖縄タイムスの共同抗議声明)  29日午後には、沖縄・宜野湾市議会が、百田氏に対して発言の撤回と謝罪を求める抗議決議を全会一致で可決しました。そして、国会では・・・ 「非常に言語道断だと思うのは、自民党の会合で報道に対する暴言があった。加藤官房副長官ご自身がその発言をいさめなかった等々、責任というのは感じていないのか」(民主党 長妻昭代表代行)・・・ …こうした中、民放連の井上弘会長は29日、「広告主に圧力をかけることにより、報道機関の取材・報道の自由を威圧しようとする言動は、民主主義社会を否定するものであって、容認しがたい」などとするコメントを発表しました。  批判の相次いでいる報道規制をめぐる発言の問題。29日、谷垣幹事長と会談した安倍総理は、「表現の自由は民主主義の根幹だから配慮する姿勢を示さないといけない。沖縄の人の気持ちに反する発言もあり、遺憾だ」と述べたと…   ★主権者への配慮‽‽‽ 配慮なんかいらん! 主権者、権力の源泉、上位者への畏敬、それが、アベコベ氏に掛かると『配慮(上位者から下位者‽‽‽への)』に化ける、のか! 心得違いも甚だしい。法の支配、立憲主義にも反している!
TBS: 閣僚が歴史認識問題に明確に答えず、審議中断 6/29 ○29日の国会審議で、民主党の議員が歴史認識の問題を質したのに対し、閣僚が明確に答えず、審議がたびたびストップしました。
 「70年前の戦争、これは政策を誤ったと、なんで言葉としておっしゃらないんですか」(民主党 長妻昭代表代行)
 「歴史認識に関する歴代の内閣の立場は全体として引き継いでおり、今後も引き継いでいく」(中谷元防衛大臣)
 日中戦争や太平洋戦争などの一連の戦争をめぐり、中谷防衛大臣は、「国策の誤り」を認めた村山総理談話は読み上げたものの、自らの言葉としては明言しませんでした。また、山谷国家公安委員長も、「先の大戦は侵略戦争だと思うか」という質問に対し、自らの言葉では明確に答えず、審議がたびたびストップしました。
 民主党は、仮に安全保障関連法案が成立した場合、過去の戦争に対する正しい認識と反省がない中で進んでいくことは危険だと批判しました。
ANN: 40cmの黒い“矢”、シラサギを貫く 助けたいけど… 6/29 ○黒い矢のようなものがシラサギの体を貫いていました。  ★下から上に、貫いているようにも見えるのだが。故意に貫通させた‼‽

NNN: 市民生活に影響は? ギリシャ銀行休業 6/29 ○EU(=ヨーロッパ連合)との支援交渉が事実上決裂し、財政破綻の危機に陥っているギリシャでは、週明け29日から資本規制が始まった。預金の引き出しなどが制限されている。アテネから小島康裕記者が中継。  ギリシャ最大の銀行の本店には、口座を持つ預金者が集まっている。発表された資本規制では、今週は銀行窓口は休業し、ATMでしかお金が下ろせない。集まっている預金者たちはキャッシュカードを持っておらず、預金を引き出せないという。  預金者「最低だ。税金やローンを払って生活していかないといけないのに」  公表された資本規制では、EUなどが求める改革案への是非を問う国民投票の翌日(来月6日)までギリシャのすべての銀行は休業する。ATMではお金を下ろせるが、1日1人1口座あたり60ユーロ(約8100円)までに制限される。  銀行へ取材に行くと、シャッターは閉まったままで、本来24時間利用できるATMもまだ動いていなかった。ATMは準備を整えて29日正午から利用できるようになるということで、長い行列が見込まれる。・・・

















TBS: ソーラー・インパルス2、ハワイへ飛び立つ 6/29 ○悪天候のため名古屋空港に緊急着陸していた太陽光で世界1周を目指すプロペラ機ソーラー・インパルス2が、29日未明、無事、次の目的地ハワイへ飛び立ちました。  太陽光で飛行するソーラー・インパルス2は、6月1日、世界一周を目指してハワイへ向かう途中、悪天候のため愛知県の県営名古屋空港に緊急着陸。今月24日に離陸予定でしたが、ハワイ周辺の天候悪化で延期されていました。  そして、28日夜から、再び離陸の準備が進められ、午前3時すぎ、無事ハワイに向け離陸。集まった航空ファンはその姿を見送りました。  「見れてよかった。きょうは最高です」(見物客)
 ソーラー・インパルス2は、5日間かけて、ハワイに到着する予定です。
ANN: NYで同性愛者パレード“同性婚認定”で盛り上がる 6/29 ○ニューヨークで、同性愛者らが権利を求めて行進するパレードが行われました。同性婚を全米で認める司法判断を受けて、大きな盛り上がりを見せました。
 28日のパレードには同性愛者ら2万人以上が参加し、3km余りを行進しました。26日、アメリカの連邦最高裁が同性婚を全米すべての州で認める判断を示したばかりで、参加者は歓迎ムードに沸きました。  参加者:「とてもわくわくしている。(同性婚が合法化され)歴史的な日だから」  沿道には、主催者発表で200万人規模の市民や観光客らが集まりました。一方、同性婚の合法化について、野党・共和党内などから反対する声が上がっていて、是非論が続くことも予想されます。  ★続くのは良いとして、連邦最高裁判所の判決(法の支配)が、覆る、後戻りするとは思えないが。
TBS: ギリシャの銀行、29日は営業見合わせ 6/29 ○デフォルト=債務不履行の危機に直面するギリシャでは、29日の銀行営業を見合わせることが決まり、今後、預金が引き出せなくなるとの憶測が国民に不安を広げています。  デフォルトの可能性が一層強まる中、アテネ市内のATMの前には預金を引き出す人の長い列ができています。  先週、金融支援をめぐるギリシャとEU側との交渉が決裂したことに加え、チプラス首相が29日の国内銀行の営業を見合わせると発表。また、預金の引き出しは、1日あたり60ユーロを目安にする「資本制限」を導入するとしています。  また、ECB=ヨーロッパ中央銀行もギリシャの銀行への追加資金供給を否定し、混乱に拍車がかかっています。  ギリシャは、IMF=国際通貨基金に対するおよそ2200億円の返済期限を2日後に控え、デフォルト回避に向けてEU側との間でなんらかの協議が行われるのか、国民は固唾をのんで見守っています。  ★国民だけじゃない‼‽ 7月5日国民投票迄、関係国、関係金融機関のチキンレースは、続く?

ANN: 翁長知事の判断8月上旬か 辺野古新基地問題 6/29 ○沖縄県辺野古への新基地建設に反対する有識者などからなる会議が那覇市で開かれ、翁長知事による埋め立て承認取り消しなどの判断時期が8月上旬ごろになることが明らかになりました。  会議では、去年の沖縄県知事選で翁長知事を支えた玉城義和県議が「8月初旬に翁長知事が何らかの意思表示をするだろう」と述べ、それに合わせて何らかの行動を取っていく必要があるという考えを示しました。翁長知事は今年1月、仲井真前知事の埋め立て承認に法的な瑕疵(かし)がないかを検証するため、弁護士や環境の専門家ら6人からなる第三者委員会を立ち上げていて、来月中に報告書がまとまる予定になっています。  ★その先の、筋書、展望はどうなるのだろう? 沖縄県と政府との法廷闘争との、見立てもあるが。

ANN: TwitterやFacebookから…「安保反対」渋谷に数千人 6/28 ○安保法案に反対する若者の声が全国に広がっています。そのきっかけとなったのがインターネットの存在でした。 
安保、来月上旬採決へ攻防=「報道規制」発言、与党に逆風-国会 時事通信 6/27 ○国会は週明けの29日以降、安全保障関連法案の衆院採決をにらみ、与野党の攻防が激化する見通しだ。政府・与党は7月上旬の採決に照準を定めるが、法案に対する国民の理解が深まっているとは言い難い。こうした中、自民党内から飛び出した「報道規制」発言は政権に逆風と言え、同党は関係者を処分して沈静化を図ったが、採決の足かせにもなりかねない情勢だ。
  百田氏発言「極めて危険」=沖縄2紙が抗議声明
 安保法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会は26日の理事会で、7月6日までの審議日程で合意。29日の週は3日間の審議が組まれた。予定通り進めば、7月3日には与党が特別委採決の目安とする「80時間」に到達する計算だ。安倍晋三首相は26日の特別委で「熟議を尽くした上で、最終的に決めるときは決める」と明言しており、与党は7月10日にも採決に踏み切る構えだ。 だが、ここにきて自民党若手が勉強会で報道機関に圧力をかけるような発言をし、野党の追及のやり玉に挙がったのは、与党にとって大きな誤算だ。安保法制の性格と相まって、安倍政権が「強権的」との批判が強まりかねず、法案審議への影響を懸念した自民党は27日、会の代表を務める木原稔青年局長を更迭するなど関係者を処分した。 さらに、首相とも親交があり、会合に講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「(政権に批判的な)沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」などと発言。沖縄が反発を強める中、7月6日には特別委が同県内で参考人質疑を行う。政権が集中砲火を浴びるのは避けられそうになく、採決の機運に水を差されそうだ。  一方、民主党が当面の審議日程で合意したのは、あくまで「徹底審議」のためだ。「報道規制」発言を新たな材料に、安倍政権は「危うい」と世論に印象付ける考え。今後は自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法や領域警備の在り方などにも論点を広げ、採決阻止に全力を挙げる。 こうした中、立ち位置が不明確なのが維新の党。・・・

安保法案に逆風 焦る自民 野党反発「言論封殺の動き」 東京新聞 6/27 ○安全保障関連法案に関する二十六日の衆院特別委員会では、安倍晋三首相に近い自民党若手議員による勉強会で報道規制と受け取られかねない発言が相次いだことに、野党の批判が集中した。若手議員が報道を批判したのは、「違憲立法」との逆風にさらされる安保法案の成立を後押ししようと焦った結果だった。特別委の外の言動が安保法案の審議に影響を及ぼさないよう神経をとがらせていた自民党執行部は、火消しに追われた。 (新開浩) 勉強会は「文化芸術懇話会」。改憲や安保法案成立を目指し、二十五日の初会合には作家の百田尚樹氏を講師に招いた。党総裁選で首相の再選を支持する「安倍応援団」の色彩も濃く、加藤勝信官房副長官や萩生田光一総裁特別補佐ら首相側近を含む三十七人が参加。勉強会を主宰する木原稔衆院議員は会合後、総裁選で「首相を応援する」と記者団に明言した。 会合では、出席議員が安保法案への国民の理解を促す方法を質問し、百田氏は分かりやすい説明の必要性を強調した。こうした情報発信のあり方をめぐる議論の中で、安保法案に批判的な報道機関に広告料を提供する企業に、百田氏ら文化人から圧力をかけてほしいとの意見が出席議員から続けざまに飛び出した。 特別委の浜田靖一委員長(自民)は、野党の批判を受け、審議が停滞しかねないと判断し、関係者から会合内容を確認。佐藤勉国会対策委員長は木原氏を呼んで厳重注意した。木原氏は「後ろから鉄砲を撃ったと言われても仕方ない」と記者団に述べ、法案審議への影響を認めた。 ただ、今回の問題は、若手の「勇み足」では済まない側面もある。勉強会側は事前に党執行部、首相官邸に開催を通知していた。一方で、党内でハト派と目される若手議員らは、党執行部の締め付けが強まる中、同じ二十五日に予定していた勉強会を中止。安倍政権が党内の会合を選別したとも映る経過で、強権的なイメージを助長しかねない。 これに対し、野党側は一斉に反発。民主党の長妻昭代表代行は「言論封殺の動きが背景にもっと広範囲にあるのではないか」と記者団に述べた。維新の党の下地幹郎氏は百田氏の沖縄に対する発言に出席者が反論しなかったことに関し「自民党の国会議員そのものが衰退している」と批判。共産党の赤嶺政賢氏は「戦争立法のために言論を弾圧するのか」と非難した。
「百田氏発言は憲法違反」 沖縄選出議員ら抗議 東京新聞 6/27 ○安倍晋三首相に近い自民党若手議員の勉強会で、沖縄の有力二紙をはじめとする報道機関に圧力をかけるような発言が出た問題をめぐり、沖縄選出の野党国会議員ら五人は二十七日、勉強会の講師を務めた作家の百田(ひゃくた)尚樹氏に「憲法二一条の報道・表現の自由に反し、断じて看過できない」と抗議する声明を発表した。
 社民党の照屋寛徳(てるやかんとく)衆院議員は記者会見で「表現、報道の自由は民主社会の根幹にかかわる。憲法の破壊につながる暴言だ」と批判。百田氏の小説「永遠の0」を引用して「百田氏の戦後史に関する知識は、永遠のゼロだ」と述べた。 声明はマスメディアが権力に批判的なスタンスであるのは健全とし、二紙が基地問題を大きく扱うのは「沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ」と強調。県民世論の代弁者として政府を追及しているだけだと指摘した。声明は百田氏と、勉強会に参加した全国会議員に送付する。
 声明を出したのは、ほかに赤嶺政賢(あかみねせいけん)(共産)、玉城(たまき)デニー(生活)、仲里利信(なかさととしのぶ)(無所属)の各衆院議員と、糸数(いとかず)慶子参院議員(同)。いずれも昨年十一月の知事選で翁長雄志(おながたけし)知事を支持した。自民党の国会議員には呼び掛けなかった。
 ◆抗議声明のポイント
  ▼民主主義社会では、マスメディアが権力に対して批判的なスタンスであるのは健全。報道機関を「つぶす」と述べるのは報道・表現の自由に反し、断じて看過できない。
  ▼地元二紙が基地問題を大きく扱うのは戦後七十年、沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ。
  ▼百田氏の数々の発言は著しい事実誤認に基づき、沖縄に対する不見識の甚だしさを物語っている。

  ▼「暴言」「妄言」と厳しく指弾せざるを得ず、発言の撤回と二紙への速やかな謝罪の意思を示すよう強く求める。
2015-06-28

6/28: 全米で同性婚容認、連邦最高裁が歴史的判決 安保法案に逆風 焦る自民 野党反発「言論封殺の動き」 何処まで対米従属する‼‽できるのか

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・最新型旅客機に小学生招待!日航が遊覧飛行  19時55分
 ・和歌山電鉄「たま駅長」社葬、3千人が別れ  19時55分
 ・貝を採っていて溺れる、女性1人死亡 東浜  19時46分
 ・住宅と物置が全焼、焼け跡に2遺体 藤崎町  19時36分
 ・大型バイク正面衝突、男性2人死亡 桐生市  19時35分
 ・TwitterやFacebookから…「安保反対」渋谷に数千人  17時36分   ★若者の当事者意識、覚醒‼‽ いいね! 最高権力者は、主権者!! 何たら首相ではない!
 ・「被告席か和解か…」中国外相が“70年談話”を牽制  0時23分
 ・生活保護費を不正受給 NPO元事務局長を逮捕  0時22分
 ・防犯カメラに台車押す男女 相模原・女性遺棄  0時17分
 ・“メディア批判”で処分 木原氏を役職停止1年  27日(土)20時54分  ★これが処分‽‽‽ 安倍コベ氏は、消極的だった‼‽ 長引くのがお好き‽‽‽
 ・荒木真理子のウェザートピックス 6月27日  27日(土)17時55分
 ・カップル歓喜!全米で“同性婚”認める判断  27日(土)19時25分

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月28日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: カルト集団内の論理と心理(出世競争の果ての過激化)  6/28 (流水) ○閉鎖的カルト集団内では、集団内で生き抜くための知恵(手練・手管)が異様に発達する。閉鎖的カルト集団は、信者を引きつけるために、信者たちがその集団内部でしか生きられないようにするために独特の論理と心理を植え付ける。その一番良い例が、オーム真理教だった。教祖麻原彰晃の独特の教えの下、信者を出家させ、その財産を取り上げ、親族・家族と絶縁させる。独特の服装をさせ、修行と言う名前の苦役をさせる。いわゆる洗脳的方法論で信者をオームから離れなくする。 金なく、家族なく、友人なく、真理と言う名の世間から孤絶した論理を語れば、それこそオーム以外では生きられなくなる。そのオームが起こした地下鉄サリン事件は、オーム以外では生きられなくなった理科系エリートたちの壮絶な出世競争の産物だったともいえる。 外の社会と隔絶し、生きられなくなった人間たちが、唯一の生きられる場所(オーム真理教教団)で繰り広げられた出世競争の悲惨な結末が地下鉄サリン事件だった、とも言えるのである。 25日に自民党本部で開かれた会合「文化芸術懇話会」での自民党若手と講師・百田尚樹の発言は、カルト集団「オーム真理教」事件を彷彿とさせる。一言で言うと、「自民党の言うことは、すべて正しい」、「自民党を批判する者は、すべて潰せ」と言う内容。そして、過激さを競う内容になっている。オーム真理教が国家や社会(世間)を敵にして行った過程とそっくりである。さらに言えば、かっての山口組の全国制覇の時の幹部たちの発言とそんなに違わない。 こう言う時の発言は、勇ましいほど力を持つ。同時にこういう勇ましさは、カルト集団内での地位を上げる。一言で言うと、今回の事件は、自民党内の安倍カルト集団の出世争いの結果だと思える。 …つまり、安倍一派やネットウヨク連中の感性は、ほとんど修復不可能な所まで行き着いたようである。これが国家的にも社会的にも具現化したのが、ファシズム政治と言う事である。丸山真男流にいうならば、『超国家主義の論理と心理』と言う事になる。私個人は、そんなに上等なものではなく、オーム真理教的カルト集団の論理と心理に近いと考えている。ただ、最後によく考えておかなければならないのは、安倍一派には今回の馬鹿な若手政治家だけではなく、相当悪達者な知恵者がいるという事である。おそらく、今回の事件を逆手に取り、安倍政権は、言論の自由を尊重する民主的政権であると言い募るだろう。以下の記事を見れば、よく分かる。
 木原・自民青年局長を更迭へ 党幹部「世が世なら切腹」 朝日新聞デジタル 6月27日 ○…党執行部の一人は27日、「青年局長の更迭は当然。世が世なら切腹ものだ。勉強会で問題発言したのは別の議員かもしれないが、責任は免れない」と語った。・・・・・ 権力維持が至上命題の自民党という集団の強かさを、よく腹に収めておく必要がある。
「護憲+」ブログ: 「戦争の現実」を知らない・無視する安倍政権と自民党タカ派 6/27 (猫家五六助) ○戦争犯罪を抑制するために、捕虜の虐待を禁じた「ジュネーブ条約」や非人道的兵器の使用を禁じた「ハーグ陸戦条約」など、戦時において守られなければならないとされる国際法(戦時国際法)があります。しかし、現実の紛争・戦争の現場は、そんなお行儀のよいものではありません。 …これら「戦争の現実」を知らない・無視するのが安倍政権や自民党タカ派です。私はイラクへ自衛隊を派遣する際の国会議事で、当時の小泉首相が非戦闘地域の定義を「法律上は、自衛隊の活動している所は非戦闘地域」「どこが戦闘地域で、どこが非戦闘地域か、今、私に聞かれたって分かるわけがない」と答弁したことに呆れました。 そして今、安倍首相が集団的自衛権行使の議論で「日本が戦争に巻き込まれることは絶対にない」「後方支援は安全だから、自衛隊員が戦死するリスクはない」と言い放つ傲慢さ。もしも、安倍首相が「集団的自衛権の行使」で自衛隊派遣を決めたならば、まず彼を日本国旗を振りながら自衛隊の一番機・一番艦に乗って紛争地域へ乗り込ませましょう!その時点で首相を辞めていても、行ってもらいます。「責任をとる、正義と男気のある、カッコイイ政治家」であるために!
「護憲+」ブログ: 「戦争が怖い」19歳女性が呼びかけたデモに700人 6/27 (猫家五六助)  >>「戦争が怖い」 19歳女性が呼びかけたデモに700人 朝日新聞デジタル 6月26日(金) ○私は「腕っぷしは強いけど、ケンカはしない」人を尊敬します。私が中学生の頃に柔道を習い、今細々と剣道を続けているのは護身・自衛のためです。「あそこのケンカを止めに行こうぜ!」と、加勢して殴る気マンマンの人に誘われても断ります。私ならば「やめなよ、ケーサツ呼んだから」と声をかけるでしょう。  紛争・戦争というケンカに首を突っ込んだら最後、国家はズルズルと戦争当事者になります。それを「正義だ」「かっこいい!」「男気がある」というバカに政治を任せるのは間違いです。
イシャジャの呟き: 梅雨入り宣言  誕生日の花 ササユリ 花言葉 稀少価値 6/28  ○ミズタタキ (ウワバミソウ)  梅雨入り宣言がでました。 昨日の雨で、黄ばんで萎れていたジャガイモの葉が黄色の葉を着けたまま立ち上がった。マダ 小芋のまま萎んでいられネ~というところ、7月下旬まで 肥育して欲しいのだが・・・ 
 先日 中心市街地へ出かけ 地下の売店で ”ミズの味噌たたき”を見つけ 二個買ってきた。裏山で採った山椒を足して 晩酌の友にしたら ”コデラレネガッタ”(たまらなえくらい美味しがった)(ンメガッタ)
 10時から、バガ方の勉強会の問題が議題になるだろうと思って”日曜討論”を見た。この機に及んでも 与党に与する”腰巾着”の極小党がいることに頭にきた。それにしても与党側に往生際に悪いことには 地獄の閻魔様でも呆れ果てているだろう・・ 
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog6/27: 基地問題『事実認識の誤りやゆがみ』が百田氏&政権側にも‼‽共通なら 国民的議論の為、看過できず、先ず、歴史認識から統一を図ろう‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>











 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 映画「沖縄・うりずんの雨」を見る ・ブログ連歌(409) ・ 民主平和党ホームページ 6/28 ○アメリカ人のユンカーマン監督が沖縄を題材にして作った映画(岩波ホール・7月31日まで)を見てきました。「うりずん」とは、本土よりも早い沖縄の雨季をさす言葉で、沖縄戦があった3月から6月ごろを思い出させるのだそうです。英語タイトルは「The Afterburn」で、これは火が消えたあとで火傷の傷が深くなって行くことだそうです。私は、この英語タイトルの方が内容をよく表していると思いました。
 構成は「沖縄戦」「占領」「凌辱」「明日へ」の4部からなります。第1部ではアメリカ側からの映像資料や証言も多用されて戦争の実像を再現します。日本の民間人は、なぜアメリカ軍の呼びかけを拒んで死ぬことを急いだのか、それは今も解けない謎であり、元アメリカ兵の心の傷でもあるのです。戦争の狂気への、第一の問いかけです。
 第2部では沖縄がアメリカの戦利品であり、日本攻略の基地から世界戦略の基地へと進化した過程を、赤裸々に明らかにして行きます。征服者としての権利意識は、沖縄の本土復帰が実現したあとも変わりません。日本政府もまたアメリカ側と一体化して差別する側に立ち、世界戦略に利用しているのです。
 第3部では戦争と女性凌辱との関連が考察されます。戦争に「性」の供給が必要不可欠である事情は日本軍もアメリカ軍も同じでした。現在のアメリカ軍の場合は、隊内の女性兵士への性暴力という問題を深掘りして、思わぬ側面を暴いて見せてくれました。中でも驚いたのは、沖縄暴動の原因となった12歳少女へのレイプ事件の犯人3名はいずれも刑期を終ってアメリカへ帰国していますが、その中の1名の元黒人兵を取材して、実名と顔をさらしての悔恨の言葉を述べさせていることでした。なぜあんなことをしたのかわからない、最悪の夜だったと繰り返すばかりです。
 そして第4部で基地反対の運動に起ち上る辺野古の人々が描かれます。明日への希望はそこにしかありません。そして全体を通して「人間にとって戦争とはどうしても無くすことのできないものなのか」という、この監督の根源的な問いが横たわっているのに気がつきました。個々の編集や構成には疑問を感じる部分もありましたが、監督の「骨太の思想」は伝わってきました。
 改めて感じたのは、辺野古の基地を沖縄県民と日本国民の力で止めることができるかどうか、その帰趨は、人類の未来にとって大きな分岐点になるだろうということでした。










市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter 6/28
市民社会フォーラム: 中村哲医師講演会 6/27 ○坂井貴司です。 転送・転載歓迎。
  30年間にわたり、アフガニスタンとパキスタン北西部で医療活動をしてきた中村哲医師は現在日本に帰国中です。
 7月から9月にかけて日本各地を講演します。長崎、、みやま、北九州、富士宮、箕面、鹿児島、三浦郡、宇部、八女で行う予定です。
 「憲法九条は私を守ってきた。九条は宝です」と語る中村さんが報告します。 ・中村哲さん講演会


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 




ANN: TwitterやFacebookから…「安保反対」渋谷に数千人 6/28 ○安保法案に反対する若者の声が全国に広がっています。そのきっかけとなったのがインターネットの存在でした。
TBS: 民主、「報道規制」発言問題で更迭理由追及へ 6/28 ○自民党の勉強会で「報道規制」発言が出た問題で、自民党は27日、会の代表を務める木原稔青年局長を更迭しましたが、民主党は処分に至った理由などを国会で引き続き追及していく考えを示しました。  「急転直下、処分するということは、いったい何に対する処分なのか説明いただかなければいけないと思うし、マスコミへのどう喝、沖縄の皆さんへの失礼千万な話も含め、謝罪していないから、そのことについてもしっかり委員会も含め説明を求めていきたい」(民主党 福山哲郎幹事長代理)  民主党の福山幹事長代理はこのように述べ、自民党が一転、木原氏の更迭に踏み切った理由や、勉強会の講師だった作家の百田尚樹氏の話について「傾聴に値する」と委員会で答弁した加藤官房副長官の責任についても追及していく考えを示しました。  これに対し、自民党の谷垣幹事長は、沖縄への謝罪の意味を込めて木原氏らを処分したと釈明しました。
NHK: 子どもたちが最新鋭旅客機に体験搭乗 6/28 ○成田空港で、子どもたちに最新鋭の旅客機の乗り心地などを体験してもらおうという催しが開かれ、地元の小学生が、2時間余りの遊覧飛行を楽しみました。これは日本航空が、来月1日から成田空港で最新鋭の旅客機を国際線に導入するのを前に企画したもので、地元の小学生53人が招待されました。
  子どもたちが乗り込んだのは、ボーイング社の「ボーイング787型機」の胴体が従来より長く、より多くの乗客を乗せることができる新しいタイプの機体です。遊覧飛行は、およそ2時間半かけて行われ、子どもたちは、高度およそ5000メートルから眺める富士山の景色を楽しんだり、客室乗務員と一緒に記念撮影をしたりしていました。またボーイング社の担当者による航空教室も開かれ、日本のメーカーが翼などを製造していることや窓が従来より大きく、電動で窓の色を調節できることなどを子どもたちに説明していました。6年生の男の子は、「初めて見た富士山は、思ったより雪が積もっていなかったけど、大きくてきれいでした」と話していました。6年生の女の子は、「いろんな景色も見れたし、飛行機のことが学べたのでよかったです」と話していました。
NHK: 「うるう秒」来月1日実施へ対策進む 6/28 ○世界の標準時を、地球の自転にできるだけ正確に合わせるため、1日を1秒長くする「うるう秒」という調整が、来月1日、3年ぶりに実施されます。大規模なコンピューターシステムを管理している企業などでは、トラブルが起きないよう対策が進められています。世界の標準時は、地球の自転に合うように定められていますが、自転の速度が、毎日僅かに変化しているため、実際の地球の自転と人間が決めた時間との間に徐々にずれが生じています。このずれを無くすために国際機関の呼びかけで数年に1度程度、1日の長さを1秒、調整するのが「うるう秒」で、来月1日、3年ぶりに行われることになりました。今回は、日本時間で「午前8時59分59秒」のあとに、「59分60秒」という特別な1秒が加えられます。今回の「うるう秒」は、平日としては18年ぶりで、大規模なコンピューターシステムを管理している企業などでは、トラブルが起きないよう対策が進められています。・・・


ANN: 焼け跡から男性2人の遺体が…青森で住宅が全焼 6/28 ○28日午前2時ごろ、青森県藤崎町で住宅が全焼する火事がありました。火は約3時間後に消し止められましたが、焼け跡から男性2人の遺体が見つかりました。火事の後、この家に住む三浦幸男さん(83)と長男の幸一さん(53)の行方が分からなくなっています。警察は、遺体の身元確認を急ぐとともに出火原因を調べています。
ANN: 母親が無理心中を… 住宅に“首絞められた”遺体 6/28 ○北秋田市の住宅で女性の遺体が見つかりました。女性の母親が手首を切るけがをしていて、警察は無理心中を図ったとみて調べています。  警察によりますと、28日午前1時すぎ、北秋田市脇神の住宅で、この家に住む千葉友紀子さん(41)が死亡しているのが見つかりました。首にはひも状のもので絞められた痕がありました。千葉さんは66歳の母親と弟家族との5人暮らしで、母親から弟の妻に無理心中をほのめかす電話があり、家に戻った弟が千葉さんの遺体を見つけました。母親は北秋田市内の温泉施設で見つかり、手首を切るけがをしていたため、病院で治療を受けています。警察は、母親の回復を待って詳しい経緯を聞くことにしています。
TBS: 千葉・市川市の沖合で3人溺れ、女性1人死亡 6/28 ○千葉・市川市の沖合で男女3人が溺れ、女性2人が病院に運ばれましたが、1人は死亡、1人が重傷です。男性は見つかっておらず、捜索が続いています。 …警察や海上保安庁によりますと、溺れたのは東京・江東区の藤井瞳さん(50)と川崎市の44歳の妹、さらに30歳の中国籍の男性で、藤井さんと妹の2人は救助され、病院に運ばれましたが、藤井さんは死亡、妹は重傷だということです。男性はまだ見つかっていません。  警察によりますと、藤井さんは妹と2人でカキとりをしていて、男性は別のグループで来ていましたが、2人が沖合で溺れているのを見つけ助けようとして溺れた可能性もあるということです。警察や海上保安庁は男性の捜索を続けています。  ★カキ・牡蠣取りか。





















ANN: 荒木真理子のウェザートピックス 6月27日 ○『どうなる梅雨&夏!?最新見解に衝撃キーワードが…』  ★エルニーニョ現象
ANN: 「被告席か和解か…」中国外相が“70年談話”を牽制 6/28 ○中国の王毅外相は「日本の指導者は被告席に立ち続けるのか、それとも和解するのか」と述べて、安倍総理大臣が8月に出す予定の戦後70年の談話を強く牽制(けんせい)しました。  中国・王毅外相:「(日本の指導者は)歴史の被告席に立ち続けるのか、それとも本気で各国と和解していくのか。特に侵略を受けた国と和解して、ともに未来を開いていくのか。これは日本にとって処理すべき重大な課題である」  そのうえで、日中関係については「根本的な問題は、日本に中国の勢いある発展を受け入れる準備ができていないことだ」と述べて、日本側の態度に問題があると指摘しました。  一方、実効支配を進める南シナ海については「歴史的にも中国の領土で、主権を拡大することも縮小することもない」と述べて歩み寄る点がないことを強調しました。
ANN: “メディア批判”で処分 木原氏を役職停止1年 6/27 ○安倍総理大臣に近い若手議員の勉強会でメディアへの批判などが相次いだ問題で、自民党は、勉強会の代表を務める木原稔青年局長を1年間の役職停止処分にしました。  自民党・谷垣幹事長:「我が党に対する国民の信頼を大きく損なうものであって、看過できないと判断した。与党政治家は、自分の思ったこと、言いたいことを言い募ればいいというそういう責任の浅いものではありません。そういう自覚に立って頂きたいということです」  谷垣幹事長は、木原青年局長を1年間の役職停止と事実上の更迭処分にしたと発表しました。さらに、「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番だ」などとメディア批判をした大西英男、長尾敬、井上貴博の3人の議員を厳重注意処分にしました。木原氏らの処分について、安倍総理は消極的でしたが、野党の批判を浴びたため、谷垣執行部が安保法制などの国会審議に影響しないよう処分で幕引きを図りました。  ★聞く耳のない!、安倍コベ氏。 戦争法案、危険な彼に白紙委任なんて、トンデモナイ。
TBS: 全米で同性婚容認、連邦最高裁が歴史的判決  6/27 ○アメリカの連邦最高裁は26日、「同性による結婚は全ての州において認められる」とする判決を下しました。  連邦最高裁判所は26日、同性婚が禁止されている州のカップルらが婚姻関係の認定を求めて起こした訴訟などについて、「全ての州で同性婚の権利は認められる」とする判決を下しました。最高裁判事9人のうち、多数の5人が、法の下の平等を保障する合衆国憲法を根拠に「同性婚の禁止は違憲」と判断したもので、現在禁止されている14の州でも近く同性婚が認められます。
 「初めて『平等』を実感している」 「同性婚禁止の州の自宅を出たときは法的な家族ではなかったのに、帰宅するときには合法な家族なんですよ!」
 また、オバマ大統領も「全ての国民が平等に扱われるとき、我々は一層自由になれる」と判決の意義を強調しました。 「我々は今日、確実にこの国を完全な状態に少し近づけたと言える」(アメリカ オバマ大統領)
 判決は同性婚に賛成するアメリカ世論の高まりを反映したものといえますが、大統領に立候補したブッシュ氏など保守派の共和党を中心に「誤った判断だ」と表明する層も一定程度いるのが実情です。歴史的な判決に、ホワイトハウスは性の多様性を象徴して虹色にライトアップされましたが、実際に社会全体が受け入れるまでには時間がかかりそうです。  ★さて、対米従属国?日本(政府)では、受け入れることが出来るでしょうか‽‽‽
 
安保、来月上旬採決へ攻防=「報道規制」発言、与党に逆風-国会 時事通信 6/27 ○国会は週明けの29日以降、安全保障関連法案の衆院採決をにらみ、与野党の攻防が激化する見通しだ。政府・与党は7月上旬の採決に照準を定めるが、法案に対する国民の理解が深まっているとは言い難い。こうした中、自民党内から飛び出した「報道規制」発言は政権に逆風と言え、同党は関係者を処分して沈静化を図ったが、採決の足かせにもなりかねない情勢だ。
  百田氏発言「極めて危険」=沖縄2紙が抗議声明
 安保法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会は26日の理事会で、7月6日までの審議日程で合意。29日の週は3日間の審議が組まれた。予定通り進めば、7月3日には与党が特別委採決の目安とする「80時間」に到達する計算だ。安倍晋三首相は26日の特別委で「熟議を尽くした上で、最終的に決めるときは決める」と明言しており、与党は7月10日にも採決に踏み切る構えだ。 だが、ここにきて自民党若手が勉強会で報道機関に圧力をかけるような発言をし、野党の追及のやり玉に挙がったのは、与党にとって大きな誤算だ。安保法制の性格と相まって、安倍政権が「強権的」との批判が強まりかねず、法案審議への影響を懸念した自民党は27日、会の代表を務める木原稔青年局長を更迭するなど関係者を処分した。 さらに、首相とも親交があり、会合に講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「(政権に批判的な)沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」などと発言。沖縄が反発を強める中、7月6日には特別委が同県内で参考人質疑を行う。政権が集中砲火を浴びるのは避けられそうになく、採決の機運に水を差されそうだ。  一方、民主党が当面の審議日程で合意したのは、あくまで「徹底審議」のためだ。「報道規制」発言を新たな材料に、安倍政権は「危うい」と世論に印象付ける考え。今後は自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法や領域警備の在り方などにも論点を広げ、採決阻止に全力を挙げる。 こうした中、立ち位置が不明確なのが維新の党。・・・

安保法案に逆風 焦る自民 野党反発「言論封殺の動き」 東京新聞 6/27 ○安全保障関連法案に関する二十六日の衆院特別委員会では、安倍晋三首相に近い自民党若手議員による勉強会で報道規制と受け取られかねない発言が相次いだことに、野党の批判が集中した。若手議員が報道を批判したのは、「違憲立法」との逆風にさらされる安保法案の成立を後押ししようと焦った結果だった。特別委の外の言動が安保法案の審議に影響を及ぼさないよう神経をとがらせていた自民党執行部は、火消しに追われた。 (新開浩) 勉強会は「文化芸術懇話会」。改憲や安保法案成立を目指し、二十五日の初会合には作家の百田尚樹氏を講師に招いた。党総裁選で首相の再選を支持する「安倍応援団」の色彩も濃く、加藤勝信官房副長官や萩生田光一総裁特別補佐ら首相側近を含む三十七人が参加。勉強会を主宰する木原稔衆院議員は会合後、総裁選で「首相を応援する」と記者団に明言した。 会合では、出席議員が安保法案への国民の理解を促す方法を質問し、百田氏は分かりやすい説明の必要性を強調した。こうした情報発信のあり方をめぐる議論の中で、安保法案に批判的な報道機関に広告料を提供する企業に、百田氏ら文化人から圧力をかけてほしいとの意見が出席議員から続けざまに飛び出した。 特別委の浜田靖一委員長(自民)は、野党の批判を受け、審議が停滞しかねないと判断し、関係者から会合内容を確認。佐藤勉国会対策委員長は木原氏を呼んで厳重注意した。木原氏は「後ろから鉄砲を撃ったと言われても仕方ない」と記者団に述べ、法案審議への影響を認めた。 ただ、今回の問題は、若手の「勇み足」では済まない側面もある。勉強会側は事前に党執行部、首相官邸に開催を通知していた。一方で、党内でハト派と目される若手議員らは、党執行部の締め付けが強まる中、同じ二十五日に予定していた勉強会を中止。安倍政権が党内の会合を選別したとも映る経過で、強権的なイメージを助長しかねない。 これに対し、野党側は一斉に反発。民主党の長妻昭代表代行は「言論封殺の動きが背景にもっと広範囲にあるのではないか」と記者団に述べた。維新の党の下地幹郎氏は百田氏の沖縄に対する発言に出席者が反論しなかったことに関し「自民党の国会議員そのものが衰退している」と批判。共産党の赤嶺政賢氏は「戦争立法のために言論を弾圧するのか」と非難した。
「百田氏発言は憲法違反」 沖縄選出議員ら抗議 東京新聞 6/27 ○安倍晋三首相に近い自民党若手議員の勉強会で、沖縄の有力二紙をはじめとする報道機関に圧力をかけるような発言が出た問題をめぐり、沖縄選出の野党国会議員ら五人は二十七日、勉強会の講師を務めた作家の百田(ひゃくた)尚樹氏に「憲法二一条の報道・表現の自由に反し、断じて看過できない」と抗議する声明を発表した。
 社民党の照屋寛徳(てるやかんとく)衆院議員は記者会見で「表現、報道の自由は民主社会の根幹にかかわる。憲法の破壊につながる暴言だ」と批判。百田氏の小説「永遠の0」を引用して「百田氏の戦後史に関する知識は、永遠のゼロだ」と述べた。 声明はマスメディアが権力に批判的なスタンスであるのは健全とし、二紙が基地問題を大きく扱うのは「沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ」と強調。県民世論の代弁者として政府を追及しているだけだと指摘した。声明は百田氏と、勉強会に参加した全国会議員に送付する。
 声明を出したのは、ほかに赤嶺政賢(あかみねせいけん)(共産)、玉城(たまき)デニー(生活)、仲里利信(なかさととしのぶ)(無所属)の各衆院議員と、糸数(いとかず)慶子参院議員(同)。いずれも昨年十一月の知事選で翁長雄志(おながたけし)知事を支持した。自民党の国会議員には呼び掛けなかった。
 ◆抗議声明のポイント
  ▼民主主義社会では、マスメディアが権力に対して批判的なスタンスであるのは健全。報道機関を「つぶす」と述べるのは報道・表現の自由に反し、断じて看過できない。
  ▼地元二紙が基地問題を大きく扱うのは戦後七十年、沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ。
  ▼百田氏の数々の発言は著しい事実誤認に基づき、沖縄に対する不見識の甚だしさを物語っている。

  ▼「暴言」「妄言」と厳しく指弾せざるを得ず、発言の撤回と二紙への速やかな謝罪の意思を示すよう強く求める。
2015-06-27

6/27: 基地問題『事実認識の誤りやゆがみ』が百田氏&政権側にも‼‽共通なら 国民的議論の為、看過できず、先ず、歴史認識から統一を図ろう‼‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・荒木真理子のウェザートピックス 6月27日  17時55分
 ・未来のジョブズを探しだせ!若者たちのアイデア続々  17時50分
 ・「ちゃぶ台返し世界大会」不満・願望ぶっちゃけて!  17時41分
 ・聖火台、国立競技場から石巻に 復興の願い込め点灯  17時40分
 ・自民・木原青年局長を処分へ “メディア批判”問題  17時37分   ★幕引き図る‼‽ 早々に 百田氏他は、?
 ・ギリシャ首相、EU案めぐる国民投票実施を表明  18時7分   ★どんな案を国民投票にかけるのか?EUの要求受け入れ?
 ・沖縄2紙、作家・百田尚樹氏に抗議声明  7時4分  ★言論弾圧のすゝめ 言語道断な安倍一派! 地金がダメ‼‽
 ・3500万円相当の試乗車盗んだ疑い、21歳男逮捕  7時4分
 ・手作りチョコに睡眠薬、こん睡強盗容疑で女子大生逮捕  7時4分
 ・「全ての州で同性婚認める」 米連邦最高裁が合憲判決  7時2分  ★従属国、亦追随か?問答無用式
 ・「イスラム国」がクウェートでテロか、27人死亡  7時2分   ★テロは誰が生み、招いたのか‽‽‽ 反省と償いを。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月27日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 変な横浜市立中の社会科夏期学習 6/27 ○この学習制度は将来の自衛隊員のリクルートのための布石と思われてもやむを得まい。次世代の党前衆議院員中田宏氏(元横浜市長)の遺産でなければよいが。
 =横浜市立中、陸自演習見学者を募集 市民団体が中止要請= 朝日新聞 6/26
今日の「○」と「×」: 「×」 百田も安倍も人間のクズだ!! 6/26 「×」 「沖縄の地元紙、左翼に乗っ取られている」 自民勉強会  >>「沖縄の地元紙、左翼に乗っ取られている」 自民勉強会 朝日新聞 6/26  >>>今日の午後、仕事で移動中にカーラジオを点けると、国会中継をやっていたのでしばらく聞いたが、安倍総理の答弁があまりに酷いので、頭にきてチャンネルを替えた。民主党議員が自民党勉強会での百田の発言について総理の見解を質すのだが、何を聞かれても「聞いてない、知らない、言ってない」と言い逃れたあげく、あとは聞かれてもいない自分と自民党の立場をペラペラとしゃべり続けるだけで、まったく答弁になっていなかった。質問者を揶揄するような発言もあり、まさに国会を愚弄する我が国の「最高責任者」の答弁を聞いて、怒りと共に情けなさで一杯だった。しかし、この下劣な安倍を打倒するために、全国での抗議活動はますます盛り上がってきている。 勝利の時まで、戦い続ける!!
イシャジャの呟き: 干天の慈雨  誕生日の花 ホタルブクロ 花言葉 正義 6/27  ○ホタルブクロ  ジャガイモが枯れるほど続いた日照りも、遂に終わった。明け方から降ったらしい・・ この雨をあてにして、鳥に食われたか、日照りで芽が出なかったのか、分からないが、ササゲ豆、枝豆の補蒔した。
  ホタルブクロは白と紫の二種類が自生しているが、どっちともつかない 交雑の花が咲いた。この雨でコウベを垂れてはいるが生気が漲ったようだ。
  教養を高めるための勉強会が、バカ議員の集会に変質していた問題について 東京新聞・社説: 自民の報道批判 民主主義への挑戦だ 6/27で取り上げていました。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog6/26: 報道批判 加速する為政者の暴走 [戦後70年 全国の視点] 沖縄の道理共感広がる…vs制裁‼‽マスコミ懲らしめ、不買運動等と自民党・安倍派

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

「帰還の妨げ」と住民反発=指定廃棄物で説明会-福島県富岡町 【時事通信】2015.06.27
学ぼう「指定廃棄物」 来月1日、千葉市で勉強会 【東京新聞】2015.06.27
塩谷町、住民説明会を拒否 環境相要請断る 【下野新聞】2015.06.27
所在不明の800人死亡か 中間貯蔵の地権者 連絡先把握は全面積の8割 【福島民報】2015.06.27 ○東京電力福島第一原発事故に伴う除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設予定地の地権者で連絡先が把握できていない約1160人のうち、約800人が死亡しているとみられることが26日までの環境省の調べで分かった。同省は地権者に応じた対応方針を基に用地交渉を前進させる考えだが、相続人の把握などさらなる難航は避けられない見通し。連絡先を把握している地権者の所有地と、国などの公有地を合わせた面積が、予定地全体の8割を占めることも明らかになった。
相馬双葉漁協の協議再開へ 浄化地下水の海洋放出で 【福島民報】2015.06.27






 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(41)戦火はフィリピンから沖縄へ ・ブログ連歌(409) ・ 民主平和党ホームページ 6/27 ○「絶対防衛圏」が簡単に破られてからの日本軍の崩壊は早かった。昭和十九年(1944)の終りから翌年にかけて、アメリカ軍はレイテ島に始まるフィリピン奪還の戦いを着々と進めて行った。ただしフィリピンでは島が大きいから日本軍も簡単には玉砕(という名の全滅)をしない。それと、アメリカ軍の上陸を海岸で撃退するのは無理とわかって、陣地にこもって長期間抵抗する「長期持久」を基本とする戦術をとるようになった。つまり後方にある日本本土のために時間をかせぐ「捨て石」になる作戦である。 これが徹底的に行われたのが沖縄戦だった。しかしフィリピンでは、陣地を構築しなくても密林に覆われた山地に逃げ込む方法があった。ミンダナオ島に配置された部隊の中には、敵の上陸が予想されると重い兵器は故障したことにして破壊した上で、早々と山中に退避した例があった。アメリカ軍との遭遇は形ばかりの「斬り込み隊」程度にとどめ、ひたすらに安全を求めて移動しながら自給自足の生活を成立させ、終戦による正式の軍命令を受けてほぼ全員が投降・生還している。 この隊員の手記を読むと、敵に向けての発砲は一発もしていないのだから、戦うという本来の目的には隊をあげて何の働きもしていない。内地で召集されて教育を受け、船で輸送されて現地に着き、海岸に陣地を築いて訓練に明け暮れていたのが何の役にも立たなかったわけだ。これで戦争に勝てるわけがないのだが、それでも上官と隊長に人を得れば生還することができた。戦争とは、何という無駄の集積であることか。 沖縄はこの年の十月十日にアメリカ機動部隊による激しい空爆を受けていた。那覇市街はほぼ全焼し、飛行場の航空部隊、港にいた艦艇や船舶も壊滅的な被害を受けた。このときまでアメリカ軍は台湾を攻略する戦略を立てていたが、日本軍の弱体化を見て、台湾を省略して次は沖縄を目指すこととした。沖縄の基地を使えば日本本土への空襲はさらに効果的になり、九州上陸を手始めとする本土上陸作戦が視野に入ってくる。アメリカ軍の対日作戦は、いよいよ完全勝利に近づくところまで来たのである。 この年十二月十九日、大本営はレイテ作戦の終了を発表した。しかしアメリカ軍はフィリピンの全土占領を目指していたため、翌年になってもフィリピンでの戦いは日本の降伏による終戦に至るまで長くつづいた。フィリピンに配置されていた日本軍の兵力は四十万にも達していて、これはアメリカ軍の総計三十万よりも多かった。だが島ごとに分散していて連携して戦うことができず各個に撃破された。 やがて沖縄での戦いが始まると、フィリピンの戦況は国民の関心事ではなくなった。フィリピンでの日本軍の戦没者は三十三万、米軍のそれは一万四千だった。   ★時間稼ぎ?よく聞く言葉だが、時間があれば、兵站が整い、或は物量が本土であれ、供給され、勝ちにつながる展望でもあったというのだろうか‽‽‽ 大本営の陥落を遅くする、或は敵の損害を甚大にするに止まるならば、人命を賭す、大量破壊、大量殺戮を許す意味などないのではないか‼‽  それは、開戦、真珠湾攻撃にしても、同断だ‼‽ 今、開戦しないと、ジリ貧だ?なんて、動機でやったとしたら、トンデモナイことだった。
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュース2015 vol.25】2050年までに全米で再エネ100%へ!
市民社会フォーラム: 中村哲医師講演会 6/27 ○坂井貴司です。 転送・転載歓迎。
  30年間にわたり、アフガニスタンとパキスタン北西部で医療活動をしてきた中村哲医師は現在日本に帰国中です。
 7月から9月にかけて日本各地を講演します。長崎、、みやま、北九州、富士宮、箕面、鹿児島、三浦郡、宇部、八女で行う予定です。
 「憲法九条は私を守ってきた。九条は宝です」と語る中村さんが報告します。 ・中村哲さん講演会
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter 6/27
市民社会フォーラム: 【この国にはマスコミが政府を批判する権利すらないのか!?ファシズム前夜】 元NHK経営委員の百田尚樹氏「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」+自民党議員「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」 6/27
市民社会フォーラム: 赤旗日曜版6/28に内橋さんインタビューほか 6/27  >>>赤旗日曜版の最新号(6/28)
市民社会フォーラム: 関西テレビゆうがたLIVEワンダー 安倍政権メディア圧力問題 6/27 ○永岡です、安倍政権がメディアに圧力をかけようとした件、関西のテレビでも大きく報じられています。 朝日放送のキャストでは、レギュラーの大谷昭宏さんが、民主主義の否定と言うコメントを寄せられました。
 これ、国会で、民主党辻元氏が追及し、海坊主こと百田尚樹氏らが、文化芸術懇話会で、海坊主氏(と書いたら、海坊主が、俺は嘘八百の本を書いたりしないぞと怒るかな?)、反日とか売国とか書いていると、まるで酔った勢いのようなデタラメで、他の議員もマスコミは偏向しており、懲らしめるためには、広告料を経団連に働きかけて減らせという、ムチャクチャです。
 自民は一応陳謝したものの、安倍総理、事実なら”遺憾”、外に出すものではないので問題ないと開き直り、それで辻元氏に、秘密の会合なら何を言ってもいいのかと追及されて、安倍総理は逆切れ+百田氏との関係を辻元氏に追及されて、安倍総理は逃げています。自民党は、誤解されないように襟を正すというのです。  ★誤解されないように‽‽‽ 地金は、どのようにして、糺す(正す)のだ‼‽
市民社会フォーラム: 中村哲 現地活動報告映画上映会 6/27 ○…25年間紛争地であるアフガニスタンとパキスタン北西部で医療活動をしてきた中村哲医師は言います。
 「かけつけ警護なんてされたら、私をはじめスタッフは攻撃の的にされます。ありがた迷惑なんてものじゃありません。武器で守ってもらうことはバカげています」。
 中村さんは、命がけで医療活動をしてきました。頭に銃を突きつけられたことは一度や二度ではありません。安倍首相とは違い、「人間がハエのように死んでいく」紛争地に生きてきました。
 明日6月27、28日に佐賀県鳥栖市の鳥栖市立図書館で中村哲医師とペシャワール会の活動を記録した映画の上映会があります。 ・中村哲 現地活動報告映像上映会
安倍氏に近い若手議員の勉強会「マスコミをこらしめる」発言で盛り上がる――安倍自公政権は「言論表現の自由」を軽視・逸脱する与党政治家を放置するのか:小鷲順造 【Daily JCJ】2015.06.27 ▽安倍内閣不支持率37%、支持率39%
百田・自民党勉強会全記録「商売のため基地周辺を選んで住んだ」「沖縄県民の方が米兵より強姦率が高い」 【Everyone says I love you !】2015.06.27


IWJ: 2015/06/26 山口二郎氏「安倍が自由を滅ぼすか、我々が安倍を倒すかの闘いをしなければならない」SEALDs主催の国会前抗議で2500人が反対の声
IWJ:2015/06/26 50代女性「現在の状況は、自分たちのせい」 若者に迫る「経済的徴兵制」の影 〜SEALDs主催「戦争立法」反対抗議(参加者インタビュー) 
IWJ: 2015/06/26 「私は馬鹿そうですか? ギャルは政治を考えてはいけないんですか? 今必要なのは知識じゃなく、声を上げることです」――19歳女子・フリーターの札幌デモ、700人参加! ○今必要なのは、知識か行動かーー。
 札幌で2015年6月26日、「戦争したくなくてふるえる」と銘打った、戦争法案反対デモが行われた。主催は19歳フリーターの女子、高塚愛鳥(まお)さんで、デモのタイトルは歌手・西野カナさんの歌詞「会いたくて震える」をモチーフにした。 高塚さんがデモを主催するのは初めてのことで、デモの開催は9日前に急遽決定した。にも関わらず、「戦争したくなくてふるえる」デモはたちまちネットで話題となり、参加者は最終的に700人(主催者発表)に膨れ上がった。  ★一歩踏み出せば、体験と言葉と知識が付いて来る‼‽ 一歩踏み出せば、‟世界”が変わる、普通のことだ。
IWJ: 2015/06/26 「国を守る」とは、「憲法を守る」ことに他ならない――安保関連法案の違憲性と立憲主義の真髄について、岩上安身が「時の人」・長谷部恭男早稲田大学教授に聞く  ○集団的自衛権の行使は、日本の安全保障政策において「愚の骨頂」である――。
 自民党・公明党の推薦で衆議院憲法審査会の参考人として招致されたにも関わらず、安倍政権が今国会での成立を目指す安全保障関連法案について「違憲だ」と証言した、早稲田大学法学学術院教授の長谷部恭男氏は、2015年6月26日に岩上安身のインタビューに応じ、このように断言した。
 では、現在国会で審議中の安保法案は、どのような点で違憲なのか。長谷部氏は、解釈改憲による集団的自衛権行使容認を閣議決定した2014年7月の閣議決定が論理的に破綻しており、自衛隊の活動範囲に関する法的安定性を大きく揺るがすものであると、厳しく指摘する。
 政府はこれまで、現行憲法9条のもとでは、日本に対する急迫不正の侵害があり、これを排除するために他の適当な手段がない場合にのみ、個別的自衛権の行使のみが容認されるという解釈を維持してきた。しかし、集団的自衛権は、個別的自衛権と異なり、自国ではなく他国を守るためのものであるので、憲法9条を改正しない以上、明白に憲法違反なのである。
 長谷部氏はこの日のインタビューにおいて、憲法学の観点からだけでなく、外交・安全保障の観点からも安保法案を批判。集団的自衛権の行使は、限られた自国の防衛力を全世界に拡散させるという点において、まさしく「愚の骨頂」だと語った。
  ★「国を守る」とは、時の政府を守る、安倍政権を守ることではないことは、疑いない! 安倍氏ら、権力者は、そのように、ミスリードさせようとするだろうが。


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 


ANN: 荒木真理子のウェザートピックス 6月27日 ○『どうなる梅雨&夏!?最新見解に衝撃キーワードが…』  ★エルニーニョ現象が、現れた時
安保、来月上旬採決へ攻防=「報道規制」発言、与党に逆風-国会 時事通信 6/27 ○国会は週明けの29日以降、安全保障関連法案の衆院採決をにらみ、与野党の攻防が激化する見通しだ。政府・与党は7月上旬の採決に照準を定めるが、法案に対する国民の理解が深まっているとは言い難い。こうした中、自民党内から飛び出した「報道規制」発言は政権に逆風と言え、同党は関係者を処分して沈静化を図ったが、採決の足かせにもなりかねない情勢だ。
  百田氏発言「極めて危険」=沖縄2紙が抗議声明
 安保法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会は26日の理事会で、7月6日までの審議日程で合意。29日の週は3日間の審議が組まれた。予定通り進めば、7月3日には与党が特別委採決の目安とする「80時間」に到達する計算だ。安倍晋三首相は26日の特別委で「熟議を尽くした上で、最終的に決めるときは決める」と明言しており、与党は7月10日にも採決に踏み切る構えだ。 だが、ここにきて自民党若手が勉強会で報道機関に圧力をかけるような発言をし、野党の追及のやり玉に挙がったのは、与党にとって大きな誤算だ。安保法制の性格と相まって、安倍政権が「強権的」との批判が強まりかねず、法案審議への影響を懸念した自民党は27日、会の代表を務める木原稔青年局長を更迭するなど関係者を処分した。 さらに、首相とも親交があり、会合に講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「(政権に批判的な)沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」などと発言。沖縄が反発を強める中、7月6日には特別委が同県内で参考人質疑を行う。政権が集中砲火を浴びるのは避けられそうになく、採決の機運に水を差されそうだ。  一方、民主党が当面の審議日程で合意したのは、あくまで「徹底審議」のためだ。「報道規制」発言を新たな材料に、安倍政権は「危うい」と世論に印象付ける考え。今後は自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法や領域警備の在り方などにも論点を広げ、採決阻止に全力を挙げる。 こうした中、立ち位置が不明確なのが維新の党。・・・
自民、議員の報道圧力発言で処分 青年局長を役職停止1年 東京新聞 6/27 ○自民党は27日、党所属若手議員が開いた勉強会で、報道機関に圧力をかけて言論を封じようとする議論が噴出した問題をめぐり、関係者の一斉処分を決めた。代表の木原稔青年局長を1年の役職停止処分とし、報道機関の「広告料収入をなくせ」などと発言した大西英男衆院議員(東京16区)ら3氏を厳重注意。野党は安倍晋三首相の責任をなお追及する構え。自民党はスピード処分で事態の幕引きを狙うが、安全保障関連法案審議への影響は不可避だ。 自民党の谷垣禎一幹事長は27日、党本部で処分を発表。「わが党に対する国民の信頼を大きく損なうもので看過できないと判断した」と述べた。  ★御冗談‼‽ 処分じゃない、「悪くない」と言わんばかりの、当面糊塗の、1年間役職停止! 安倍の顔色ばかり窺う…幹部かな。 軽く見られるはずだ‼‽
安保法案に逆風 焦る自民 野党反発「言論封殺の動き」 東京新聞 6/27 ○安全保障関連法案に関する二十六日の衆院特別委員会では、安倍晋三首相に近い自民党若手議員による勉強会で報道規制と受け取られかねない発言が相次いだことに、野党の批判が集中した。若手議員が報道を批判したのは、「違憲立法」との逆風にさらされる安保法案の成立を後押ししようと焦った結果だった。特別委の外の言動が安保法案の審議に影響を及ぼさないよう神経をとがらせていた自民党執行部は、火消しに追われた。 (新開浩) 勉強会は「文化芸術懇話会」。改憲や安保法案成立を目指し、二十五日の初会合には作家の百田尚樹氏を講師に招いた。党総裁選で首相の再選を支持する「安倍応援団」の色彩も濃く、加藤勝信官房副長官や萩生田光一総裁特別補佐ら首相側近を含む三十七人が参加。勉強会を主宰する木原稔衆院議員は会合後、総裁選で「首相を応援する」と記者団に明言した。 会合では、出席議員が安保法案への国民の理解を促す方法を質問し、百田氏は分かりやすい説明の必要性を強調した。こうした情報発信のあり方をめぐる議論の中で、安保法案に批判的な報道機関に広告料を提供する企業に、百田氏ら文化人から圧力をかけてほしいとの意見が出席議員から続けざまに飛び出した。 特別委の浜田靖一委員長(自民)は、野党の批判を受け、審議が停滞しかねないと判断し、関係者から会合内容を確認。佐藤勉国会対策委員長は木原氏を呼んで厳重注意した。木原氏は「後ろから鉄砲を撃ったと言われても仕方ない」と記者団に述べ、法案審議への影響を認めた。 ただ、今回の問題は、若手の「勇み足」では済まない側面もある。勉強会側は事前に党執行部、首相官邸に開催を通知していた。一方で、党内でハト派と目される若手議員らは、党執行部の締め付けが強まる中、同じ二十五日に予定していた勉強会を中止。安倍政権が党内の会合を選別したとも映る経過で、強権的なイメージを助長しかねない。 これに対し、野党側は一斉に反発。民主党の長妻昭代表代行は「言論封殺の動きが背景にもっと広範囲にあるのではないか」と記者団に述べた。維新の党の下地幹郎氏は百田氏の沖縄に対する発言に出席者が反論しなかったことに関し「自民党の国会議員そのものが衰退している」と批判。共産党の赤嶺政賢氏は「戦争立法のために言論を弾圧するのか」と非難した。
「百田氏発言は憲法違反」 沖縄選出議員ら抗議 東京新聞 6/27 ○安倍晋三首相に近い自民党若手議員の勉強会で、沖縄の有力二紙をはじめとする報道機関に圧力をかけるような発言が出た問題をめぐり、沖縄選出の野党国会議員ら五人は二十七日、勉強会の講師を務めた作家の百田(ひゃくた)尚樹氏に「憲法二一条の報道・表現の自由に反し、断じて看過できない」と抗議する声明を発表した。
 社民党の照屋寛徳(てるやかんとく)衆院議員は記者会見で「表現、報道の自由は民主社会の根幹にかかわる。憲法の破壊につながる暴言だ」と批判。百田氏の小説「永遠の0」を引用して「百田氏の戦後史に関する知識は、永遠のゼロだ」と述べた。 声明はマスメディアが権力に批判的なスタンスであるのは健全とし、二紙が基地問題を大きく扱うのは「沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ」と強調。県民世論の代弁者として政府を追及しているだけだと指摘した。声明は百田氏と、勉強会に参加した全国会議員に送付する。
 声明を出したのは、ほかに赤嶺政賢(あかみねせいけん)(共産)、玉城(たまき)デニー(生活)、仲里利信(なかさととしのぶ)(無所属)の各衆院議員と、糸数(いとかず)慶子参院議員(同)。いずれも昨年十一月の知事選で翁長雄志(おながたけし)知事を支持した。自民党の国会議員には呼び掛けなかった。
 ◆抗議声明のポイント
  ▼民主主義社会では、マスメディアが権力に対して批判的なスタンスであるのは健全。報道機関を「つぶす」と述べるのは報道・表現の自由に反し、断じて看過できない。
  ▼地元二紙が基地問題を大きく扱うのは戦後七十年、沖縄が国策の犠牲を強いられ続け、問題が解消していないからだ。
  ▼百田氏の数々の発言は著しい事実誤認に基づき、沖縄に対する不見識の甚だしさを物語っている。

  ▼「暴言」「妄言」と厳しく指弾せざるを得ず、発言の撤回と二紙への速やかな謝罪の意思を示すよう強く求める。

ANN: 自民・木原青年局長を処分へ “メディア批判”問題 6/27 ○安倍総理大臣に近い若手議員の勉強会でメディア批判が相次いだ問題で、自民党は、勉強会の代表を務める木原青年局長を処分する方針を固めました。  自民党・木原青年局長:「党からそのような、何かしら分かりませんが、処分があるということであれば、それは受けると」  木原氏は、「私の主催する会が起点となって国会運営に迷惑をかけた」と述べました。まもなく自民党本部に谷垣幹事長ら幹部が集まり、処分を決定する見通しです。木原氏が代表を務める勉強会では、議員から「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番だ」などといったメディア批判が相次ぎました。この問題が安全保障法制を審議している国会で野党の批判材料になったため、自民党執行部はすでに遅れている審議にさらに影響が出るとして処分を判断しました。ただ、執行部内では、木原氏の更迭を求める意見と処分は必要ないとの意見が対立していて、最終的に役職停止処分になるという見方もあります。  ★おやおや、幕引きを図るのかと、思いきや‽‽‽ そんな愚図がいるのか、…長引いて良いんじゃないの‼‽
ANN: 聖火台、国立競技場から石巻に 復興の願い込め点灯 6/27 ○東京都の国立競技場から移された聖火台が、宮城県石巻市の総合運動公園に設置され、27日に点火式が行われました。  復興のシンボルとして移設された聖火台の点火式には、東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長や理事でハンマー投げの室伏広治選手など約60人が参加しました。室伏選手は石巻市の市民などで構成する聖火台誘致委員会のアドバイザーを務めていて、移設完了を祝って火をともすと関係者や詰め掛けた市民からは拍手が起こっていました。  室伏広治選手:「さらに前向きになって復興が進めばという願いを込めて点火した。東北にこういうイベントを持ってこられて良かったなと思います」  聖火台は、新しい国立競技場が完成するまで設置される予定です。  ★末尾の一文??というと、この聖火台、再び、東京に戻るのか?
ANN: 「ちゃぶ台返し世界大会」不満・願望ぶっちゃけて! 6/27 ○岩手県矢巾町で昭和の頑固親父をイメージした「ちゃぶ台返し世界大会」が行われました。  参加者:「人数少なくてもどうにかシフト回したよー。1年間頑張ったー!」  9回目となる今回は、全国から16組が出場し、日ごろの不満や願望などを叫びながらちゃぶ台をひっくり返します。おもちゃのサンマの飛んだ距離のほか、発する言葉や衣装などが審査の対象になります。  優勝した女性:「遠距離結婚、片道7時間、2万7000円ー!」  優勝したのは徳島県から参加した女性で、商品として特製の金色のちゃぶ台などが贈られました。  ★ガス抜きに、利用されてはなるまい。…怒りは、不満は、原因を作った者へ、確実に、リターンしないと。きちんと、正しく問題解決しないと!!
ANN: 未来のジョブズを探しだせ!若者たちのアイデア続々 6/27 ○IT(情報技術)の分野で卓越した能力を持つ若者たちが「スーパークリエーター」として認定されました。これまでにないアイデアが目白押しです。

TBS: ギリシャ首相、EU案めぐる国民投票実施を表明 6/27 ○財政危機に陥っているギリシャのチプラス首相は、年金の引き下げなどを伴うEU側からの支援提案を国民投票で賛否を問う意向を示しました。  チプラス首相は日本時間27日朝、テレビを通じて演説を行い、EU側が示している財政支援策への賛否を7月5日に国民投票にかけるとの方針を示しました。この後開かれる臨時議会で承認されれば、正式に実施が決まります。  ギリシャはIMF(国際通貨基金)に対するおよそ2200億円の返済期限を6月末に控え、デフォルトの危機に直面しています。EU(ヨーロッパ連合側)は、総額155億ユーロの金融支援などを行う条件として、さらなる年金削減を求めたのに対し、ギリシャは国内世論の反発もあって難色を示していて、27日も協議が行われることになっています。  ぎりぎりの交渉が続く中でのチプラス首相の国民投票提案で、ギリシャ問題の先行きは不透明感が一層増してきました。  ★勿論、交渉の一環‼‽ チプラス首相の勝負手‼‽  この問題、ギリシャのデフォルトのみに止まらない‼‽
NNN: 相次ぐテロに「イスラム国」が犯行声明 6/27 ○北アフリカのチュニジアと中東のクウェートでテロが相次ぎ、過激派組織「イスラム国」がそれぞれ、犯行声明を出した。  チュニジア中部の観光地・スースにある高級ホテルでは26日、武装した男が銃を乱射する事件が起きた。チュニジア政府によると、この事件でイギリス人やドイツ人など、外国人観光客を含む38人が死亡、36人がケガをしたという。現地の日本大使館によると、日本人が巻き込まれたという情報は入っていない。AP通信などによると、男はビーチパラソルに銃を隠し犯行に及んだという。  チュニジア内務省は27日、報道官のコメントを発表し、実行犯は1人で、その場で射殺されたと明らかにした。ほかに拘束された人はいないという。  一方、ロイター通信によると、クウェートでも26日、イスラム教シーア派のモスクで爆発があり、27人が死亡、200人以上がケガをした。当時、モスクでは「金曜日の集団礼拝」が行われていて、約2000人が集まっていたという。  このチュニジアとクウェートの事件について、過激派組織「イスラム国」が、それぞれインターネット上に犯行声明を出している。

秘密法適性評価を開始 職員などの精神疾患調査 【中日新聞】2015.06.27 ○国の重要情報の漏えい防止を目的とした特定秘密保護法をめぐり、防衛省や法務省、警察庁など十一行政機関が、職員らに対して機密を扱える人物かどうかを調べる「適性評価」を始めたことが、共同通信の集計で分かった。外務省はまだ実施していない。 特定秘密の指定権限を持つ十九行政機関で、適性評価の実施が明らかになったのは初めて。適性評価をめぐっては、プライバシー侵害との指摘がくすぶっている。政府の国会報告によると、昨年十二月の同法施行時から年末までは実施していない。 十一機関はほかに、内閣情報調査室や内閣総務官室などを抱える内閣官房、内閣府、財務省、経済産業省、総務省、公安調査庁、公安審査委員会、海上保安庁。 適性評価は、スパイ活動やテロとの関係、犯罪歴、懲戒歴、精神疾患、飲酒の程度のほか、家族の個人情報などが調査項目となっている。
百田氏発言 開いた口がふさがらない 【琉球新報】2015.06.27 ○ものを書くのをなりわいとする人間が、ろくに調べず虚像をまき散らすとは、開いた口がふさがらない。あろうことか言論封殺まで提唱した。しかも政権党の党本部でなされ、同調する国会議員も続出したのだ。看過できない。 安倍晋三首相に近い自民党若手国会議員の勉強会「文化芸術懇話会」で、作家の百田尚樹氏が「沖縄の2紙をつぶさないといけない」と述べた。  出席した議員も「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番だ。経団連などに働き掛けて」と述べた。気に入らない報道は圧力でつぶすということだ。  国会でこの問題をめぐる質疑が出たが、自民党総裁である安倍首相はおわびを拒否し、発言議員の処分も拒んだ。言論封殺に対する首相の認識を疑わざるを得ない。・・・
[自民勉強会 暴言] 権力による言論統制だ 【沖縄タイムス】2015.06.27 ○…講師として出席した作家の百田尚樹氏は、沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と発言した。一体、何様のつもりか。見過ごせないのは、百田氏の基地問題に関する発言に事実認識の誤りやゆがみが目立つことだ。  百田氏は米軍普天間飛行場の成り立ちについて、「みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と指摘した上で、騒音訴訟の判決に触れ、「そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」と自己責任論を展開した。  とんでもない認識不足である。普天間飛行場は沖縄を軍事占領した米軍が本土侵攻に備えて住民を収容所に移住させ、地権者の合意もなしに一方的に建設したものだ。宜野湾市には戦後、普天間飛行場のほかにもキャンプ瑞慶覧、キャンプ・マーシー、キャンプ・ブーンなどの基地が建設された。地域の人々は、旧居住地に戻れないために基地の周りや他地域で不便な生活を強いられたのだ。   ★然り‼‽
報道圧力発言 これが自民党の「本音」か 【西日本新聞】2015.06.27 ○まさに自民党の「地金」が出たと言わざるを得ない。 安全保障関連法案の審議が続く中、安倍晋三首相に近い若手議員約40人が25日、作家の百田尚樹氏を講師として招き、党本部で勉強会を開いた。 出席者などによると、安倍政権の安保政策に批判的な沖縄の地元新聞2紙に話が及んだ際、百田氏は「沖縄の二つの新聞社はつぶさなあかん」と発言したという。 また、出席した自民党議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるためには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声が上がったとされる。
【報道批判】 自由民主の党名が泣く 【高知新聞】2015.06.27


 















TBS: 沖縄2紙、作家・百田尚樹氏に抗議声明 6/27 ○安倍総理に近い自民党の若手議員が開いた会合で、作家の百田尚樹氏が沖縄の2つの新聞について、「つぶさないといけない」と発言したことについて、この2紙が共同で抗議声明を出しました。  百田氏は今月25日、自民党で開かれた会合で、「沖縄のメディアは左翼勢力に乗っ取られている」との安倍総理に近い若手議員の意見を受け、「つぶさないといけない」と発言していました。  これに対し、沖縄タイムスと琉球新報の2紙が26日、共同声明を発表し、「政権の意に沿わない報道は許さないという『言論弾圧』の発想そのものだ」と反論しました。そのうえで、「政府に批判的だからつぶすべきだという短絡的な発想は極めて危険で、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだ」としています。
TBS: 「全ての州で同性婚認める」 米連邦最高裁が合憲判決 6/27 ○アメリカの連邦最高裁は26日、同性婚は全ての州において認められるとする判決を下しました。アメリカにおける人権をめぐる歴史的な判断で大きな反響を呼んでいます。  連邦最高裁は26日、同性による結婚の権利が全ての州で認められるかどうかが争われた訴訟について、「結婚は認められる」とする判断を示しました。  訴訟は同性婚を禁止している州のカップルらが起こしたもので最高裁判事9人のうち5人が、法の下の平等を保障する合衆国憲法を根拠に、「同性婚の禁止は違憲」と判断しました。  これにより50州のうち、同性婚が禁止されている14州でも結婚が認められることになります。  「ものすごい喜びで信じられない。興奮でまるで現実じゃないようだ」(男性)  オバマ大統領も「アメリカとしての勝利で、全ての国民が平等に扱われることで我々は一層、自由になる」と判決の意義を強調しています。
TBS: 手作りチョコに睡眠薬、こん睡強盗容疑で女子大生逮捕 6/27 ○出会い系サイトで知り合った男性に、飲食店で睡眠薬入りのチョコレートを食べさせ、現金などを奪ったとして、薬学部の女子学生が逮捕されました。  こん睡強盗の疑いで逮捕されたのは、仙台市の東北薬科大学6年生・小浜翠容疑者(23)です。  小浜容疑者は今月3日、JR仙台駅前の飲食店で、出会い系サイトで知り合った55歳の男性に睡眠薬入りのチョコレートを食べさせ、現金2万5000円とクレジットカード2枚を奪った疑いが持たれています。クレジットカードでは、100万円分が使われていました。  「金髪のかつらをかぶっていた。そのあと先週の金曜にも、その人が来た。別の男性を連れていた」(小浜容疑者を見たという飲食店の店長)  取り調べに対し、小浜容疑者は、「今回が初めてではない」などと供述しているということで、警察では被害者が他にもいるとみて調べています。  ★売春目的の客に、こん睡強盗容疑‼‽ 被害を名乗り出るのか?

TBS: 「イスラム国」がクウェートでテロか、27人死亡 6/27 ○クウェートで26日、イスラム教シーア派のモスクで自爆テロがあり、これまでに27人が死亡、200人以上が負傷しました。  当時、モスクには金曜の集団礼拝のため、およそ2000人がいたということです。この爆発について、過激派組織「イスラム国」がツイッターで自爆テロを起こしたと犯行声明を出しています。  ★宗教は、イスラム教が85%(内訳: スンナ派70%、シーア派30%)と最も多い。その他15%は、キリスト教、ヒンドゥー教など。そんな中での、シーア派のモスクで自爆テロ!とは?
2015-06-26

6/26: 報道批判 加速する為政者の暴走 [戦後70年 全国の視点] 沖縄の道理共感広がる…vs制裁‼‽マスコミ懲らしめ、不買運動等と自民党・安倍派

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・梅雨らしさ戻る?今村涼子「ゴーちゃん。天気」  18時35分
 ・皇后さま傘寿祝う演奏会 雅子さま佳子さまも出席  18時17分
 ・御嶽山 噴火警戒レベル3→「2」に引き下げ 気象庁  18時2分
 ・25歳女性は窒息死か 長男の行方、引き続き捜索  17時56分
 ・少量の血液で…「アルツハイマー」を早期発見か  17時55分
 ・“広告料なくせ発言”に首相「大変遺憾だ」  18時15分   ★NHK等介入に飽き足らず、ファッショ的思考、言動!
 ・鹿児島で記録的大雨 土砂災害などに警戒を  6時35分    ★大雨、風水害にご用心‼‽
 ・茶道・裏千家の千玄室大宗匠が日中関係改善呼びかけ  7時33分   ★然り! 安倍コベに聞く耳があるか‽‽‽ 主権者は、聞こう!
 ・ギリシャ支援合意また見送り ユーロ圏財務相会議  5時56分
 ・ミャンマー スー・チー氏の大統領就任が不可能に  5時54分  ★軍事政権一派、初志貫徹‼‽ 
 ・「イスラム国」 シリア北部で反転攻勢か  5時53分
 ・米通商代表 TPP大筋合意に向け意欲  7時45分   ★秘密交渉は、止め、情報公開を! 国民主権蔑ろとは、これ如何に‽‽‽

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月26日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 民衆談話の会 6/26 (パンドラ) ○昨夜のサロンド・朔で、安倍総理の「70年談話」の話が出て、それに対して埼玉の染色作家、松永優さんが代表を務める「民衆談話の会」というものがある事が分かりました。 東京新聞にも掲載されていましたが、「民衆談話の会」は6月8日に談話の草案を発表しました。 「民衆談話の会」は、「市民が創る民衆談話」として全国から多くの「民衆の声」を募集しています。市民から寄せられるメッセージを加えて完成されるそうで、7月7日に、日、中、英、韓の四ヵ国語で発表し、アジア各国の中日大使館に届ける予定だそうです。 趣旨に賛同された方は「戦後70年民衆談話の会」で検索してみてください。ぜひ、一人でも多くの方々の声を寄せましょう。
 民衆の手で「70年談話」 埼玉の市民ら草案発表 東京新聞 6/9 ○草案では第二次世界大戦について、「日本による侵略・植民地支配という加害の大罪を、痛切に反省したい」と明記されています。さらに松永氏は「戦争による最大の被害者は民衆です。しかし、政治の暴走を許し、ファシズムを支えて来たのは民衆でした。わたしたちは、その歴史を直視し、この国の未来を決めて行くのは、時の政治権力ではなく一人ひとりの民衆である、との確信のもとに」談話を発信する、と結んでいます。・・・ 談話への賛同とメッセージはメールで民衆談話の会=minsyuudanwa@gmail.com=へ。
イシャジャの呟き: マスコミを懲らしめには  誕生日の花 ザクロ 花言葉 円熟した優美 6/26  ○ざくろ  今晩から ☂ になるという予報だが 降って見なければ分らない。梅雨入りが最も遅かったのは 昭和42年で7月3日だったと予報士が言っていたが 明日~明後日は ☂ が降るが 梅雨入り宣言出来るか マダ 断言できないという話だ。
 きょうは 国会中継「平和安全法制特別委員会」を視聴することになった。 自民党若手議員40名が勉強会を開き「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声・・その会の講師(百田尚樹)は「・・・沖縄の二つの新聞は潰さないといけない・・・」、この報道について野党から見解を問われた宰相はノラリクラリの 長シャベリ
 この報道なぜか、NHKでは 報道されなかった。沖縄の新聞の問題発言したのは、講師の百田尚樹は元NHK経営委員で 籾井会長と同じ安倍のお友達グループだから NHKは懲らしめが怖いから 
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog6/25: オバマ大統領 方針転換=テロ組織への身代金支払いを容認、人質救出の為に犯行組織と直接交渉するとも 2人見殺しの日本政府も転換か‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

福島、汚染砂利の袋も破損 楢葉町の仮置き場 【東京新聞】2015.06.26
再稼働に懸念の声 安全対策めぐり質問集中 九電株主総会 【佐賀新聞】2015.06.26 ○九州電力が25日開いた株主総会で、原発再稼働に反対する一部株主が、社長解任など7議案を提案した。いずれも否決されたが、原発依存への批判や安全性に関する不安や懸念の声が続出。経営改善のため早期の再稼働を目指す経営側との溝は埋まらなかった。1面参照  「動かない原発に年間1000億円もの費用を投じて維持してきたから赤字が膨らんだ。早く脱原発にかじを切っていれば利益が出たのではないか」。3年連続で株主配当を見送った責任を問い、社長解任を求めた株主の男性は、原発に依存する九電の姿勢を批判した。 唐津市肥前町の田口常幸さん(63)は「原発を推進するために立地・周辺自治体に支払った補償金や協力金は株主にも知らされず、やぶの中。健全な共存関係とはいえず、地域の自立も阻害している」と訴えた。 川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働が迫る中、安全対策や使用済み核燃料の処分をめぐる質問が相次いだ。経営側は安全性を強調する一方、放射性廃棄物に関しては「適切に検討、対応する」と繰り返した。原発政策をめぐる住民説明会の開催にも否定的だった。 新規制基準に適合するための安全対策費は川内と玄海で3千数百億円。会場から「発電コストは本当に安いのか」「終わりなき安全の追求に一体、いくらかかるのか」の意見が出た。 株主提案には廃炉を安全に進めるための社内検討委員会設置も。再稼働に賛成する会社役員(71)は「建設的な意見で、経営側はもう少しくみ取っていい。独り善がりの姿勢がやらせメールにつながった。再稼働目前で、しっぺ返しを食わないようにしてほしい」と注文した。
四電の株主総会 脱原発の声届かぬまま「人の命を考えて」 【高知新聞】2015.06.26 ○伊方原発(愛媛県伊方町)再稼働の是非が問われる中、四国電力の株主総会が25日に高松市内で開かれた。経済性などを理由に再稼働への意欲を燃やす経営陣に対し、脱原発を求める株主らは「利益追求ばかり。人の命は考えないのか」と迫ったが、原発撤退を求める株主提案は今年も否決され、訴えは届かなかった。  「伊方原発の再稼働反対」「人類は核と共存できない」―。そんな横断幕を掲げた人々が四電本店前に集まる中、株主総会は午前10時に始まった。  席上、経営陣は経営と電力安定供給の両面から伊方原発再稼働が必要との見解を強調し、「原発の必要性に関する認識は社外取締役を含めた取締役会の総意」と言い切った。  株主からは厳しい質問や意見が相次いだ。
 香川県三木町の農業、溝渕裕子さん(43)は「先ほどから利益追求(の話)ばかり。公益事業をするなら人の命や環境のことを考えられないのか。安いから原発を再稼働するんですか」と問い掛けた。  高知県内の株主らも次々に発言。米国によるビキニ環礁の水爆実験で被ばくした室戸の元マグロ船員を父に持つ、高知市の下本節子さん(64)は「放射能は人が健康で幸せに生きていくことを破壊する。海も空もつながっている。伊方原発が事故を起こしたら高知県も無関係じゃない」。県の大野靖紀・林業振興・環境部長は「伊方原発が動いてない夏も今年で4回目。本当に原発再稼働が必要なのかと、多くの人が疑問に思っている。説明責任を果たしてもらいたい」などと発言した。
 相次ぐ株主の質問に、経営陣が答弁しない場面もあった。
「世論を無視」原発依存体質に怒り噴出 関電株主総会 【神戸新聞】2015.06.26 ○25日に一斉に開かれた電力9社の株主総会。関西電力の八木誠社長らが赤字決算や電気料金の再値上げを謝罪した一方で、各社とも原発再稼働の必要性は譲らず、脱原発をめぐる議論は最後まで平行線をたどった。来年4月の電力小売り全面自由化を見据えた戦略も見えにくく、株主の怒りが噴出した。 「原発反対の世論を無視している」「なぜ原発推進の話ばかりするのか」。関電の総会では怒りに満ちた株主の発言が相次いだ。各社の会場周辺には反原発の市民団体が詰め掛け、会社関係者らと言い争う場面もあった。 神戸市の久元喜造市長も「再値上げは市民生活を圧迫しており、極めて遺憾」と怒りを表した上で「原子力以外の多様なエネルギー源の活用を含めた最適な電源構成を示せ」と迫った。 原発をめぐっては福井地裁が関電の高浜3、4号機(福井県)の再稼働を差し止める仮処分を決めたが、九州電力では川内1号機(鹿児島県)の8月再稼働に向けた準備が進む。世論調査では再稼働反対の意見が多数派だが、電気料金の値上げに苦しむ家計や企業、原発の立地自治体には再稼働を待ちわびる声もあり、世論は割れている。 電力9社の総会では、脱原発の株主提案が議題となったが、いずれの提案も否決された。 【経営崖っぷち】 電力各社の業績は一様ではない。2015年3月期連結決算は燃料価格下落の効果もあり、9社のうち6社が経常黒字を確保した。一方、北海道と関西、九州の3電力は4年連続の赤字となり、崖っぷちに立たされている。

<福島第1>サブドレン放水容認へ いわき市漁協 【河北新報】2015.06.26




 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(40)戦争は本土に迫る ・ブログ連歌(409) ・ 民主平和党ホームページ ○サイパン島の玉砕につづいて、昭和十九年(1944)七月のうちにグァム島とテニアン島に相次いでアメリカ軍が上陸し、守備隊は玉砕していた。玉砕はすでに日常のニュースでしかなかった。これらが基地として使用され、日本の本土が爆撃されることは必至となった。東京をはじめとする大都市では、学童を集団で疎開させることになり、地方の旅館や寺院などを宿舎とする「集団疎開」が始まった。家庭ごとに地方の親戚などを頼る疎開も奨励されるようになり、これは「縁故疎開」と呼ばれた。
 中学・女学校以上については「学徒勤労動員」が徹底され、徴兵で手薄となった工場労働者の不足を補うため、すべての生徒が工場で働き、あるいは学校の一部を改装して部品の製造に参加するなどの奉仕を求められた。当初は細々とつづけられていた学業も、やがて通年で全面停止となり、理系以外の学校教育は、国民学校(小学校)以外では行われない状況になって行った。
 東京の幼稚園はこの年の四月から全面的に休園となった。宝塚歌劇団も松竹歌劇団も休演・解散となり、団員は戦地慰問の「挺身隊員」と呼ばれることになった。「決戦非常措置による高級享楽の停止」により、東京歌舞伎座をはじめとする大劇場は休場し、繁華街の映画館も整理を命じられた。紙の使用も厳しく制限されて新聞の夕刊は廃止となり、各社の日刊新聞は表裏二ページのペラ一枚だけになった。 
 閣議では八月に「国民総武装」を決定した。軍事訓練を国民すべての義務と定めたもので、これにより隣組では主婦の「竹槍訓練」などが行われた。竹槍で爆撃を防げるのか、敵兵と戦えるのかなどと疑問を口にするのは厳禁だった。この少し前の毎日新聞に「竹槍では間に合わぬ、飛行機だ」という記事を書いた記者がいたが、当局から「国賊的行動」として怒りを買い、発売禁止と編集責任者の処分を命じられていた。
 武器がなければ戦えない。大本営発表では戦果をあげているはずなのに、敵の攻撃力が一向に衰えないことに焦りを感じていたのは、国民ばかりでなく軍部も同じだった。人命を無視した非常手段で敵に打撃を与えるため、各種の「特攻兵器」が開発されて大急ぎで量産され、その要員の訓練が始まった。海軍には人間魚雷「回天」、爆装モーターボート「震洋」、人間爆弾「桜花」、人間機雷「伏竜」、特殊潜航艇「海龍」などがあった。
 これと並行して、皇居・大本営の疎開先として長野県松代に堅固な施設を建造する計画が本決まりし、建造が始まっている。このとき軍部からは「大陸に移動願う」という案も出されたが、天皇は「あくまでも皇大神宮のある神州を死守せねばならぬ」という強い意向を示したと伝えられる。天皇の認識は「朕は国家なり」に近かったようだ。  ★天皇主権時代と、国民主権時代との根底の違いを認識すべきでは。今から、デモ。  ※国体 - Wikipedia
民衆の手で「70年談話」 埼玉の市民ら草案発表(2015年6月9日配信『東京新聞』)
民放とNHKの番組の質の差を決めた課題着眼・報道意欲の落差~沖縄慰霊の日のテレビ番組を視て(1)~ 【醍醐 聰】2015.06.26 ○沖縄戦と現在の基地問題の連続性を見事に描いたNスタ 
自民党「勉強会」で言論統制発言をした議員は名乗り出なさい 【渡辺輝人】2015.06.26
一挙に土俵を広げてしまった安倍首相の策略 【五十嵐 仁】2015.06.26
百田尚樹・自民党勉強会事件「経団連使って広告料収入締め上げて沖縄の2紙を潰せ」+安倍首相恐怖の発言 【Everyone says I love you !】2015.06.26



孫崎享のつぶやき: 自民党は今や全体主義国家の党。「異論者にどう報復するか」が公然と語られる時代に。 6/26
孫崎享のつぶやき: TPP,本質は「最低賃金あげたら、訴えられ賠償金をとられる危険性を持つ」 6/25
7/18 『動乱の中東情勢をどう理解するか』 酒井啓子氏の中東情勢論を聴こう 【日曜クラブ】2015.06.24☆ 日 時 7月18日(土) 午後 3時~5時  ☆ 場 所 文化学園大学A館5階051教室  JR新宿駅南口より徒歩10分  (会場へのアクセスはこちらから)
☆ テーマ 『動乱の中東情勢をどう理解するか』
☆ 講 師 酒 井 啓 子 氏 (千葉大学法政経学部教授)  ■酒 井 啓 子(さかい・けいこ)氏略歴
市民社会フォーラム: 制服向上委員会の自民批判で、後援取消し 6/26 ○皆様、深夜恐縮です。昨夜のニュース23を見て思わず送信いたしました。お許しください。平和と民主主義をめざす全交交歓会事務局の富田です。各種取り組みではいつも、お世話になっております。
 戦争法案廃案に向けた連日の取り組み、お疲れさまです。さて、昨夜のニュース23がとりあげていた通り、結成23周年を迎える制服向上委員会に対して「言論の自由・表現の自由」を侵害する動きが出てきています。戦争法案推進、戦争国家作りに邁進する憲法違反の暴挙と一体の動きだと思います。後援取り消しを決定したとの報道でした。
 制服向上委員会は、5/24国会包囲アクションにも参加し、「戦争や沖縄辺野古への基地建設強行」への自分たちのメッセージを発信しています。
 ☆以下転送します。・・・
市民社会フォーラム: 松元ヒロの公演2つ 6/26
市民社会フォーラム: 「ヘルプマン!!」が問題提起しているもの 6/26   ・日経メディカル 2015年6月26日 色平哲郎 ※会員ログイン
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter 6/26


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: 梅雨らしさ戻る?今村涼子「ゴーちゃん。天気」 6/26 ○関東、27日は北部中心に一日、雨という所もありそうです。28日は変わりやすい天気になりそうで、晴れ間はありますが一時的に雨が降りそうです。週末のポイント、「週末、お出かけは傘とタオルを忘れずに!」です。
NNN: “広告料なくせ発言”に首相「大変遺憾だ」 6/26 ○自民党議員が会合で「マスコミをこらしめるには広告料収入がなくなるのが一番」などと発言した問題で、安倍首相は26日、国会で「大変遺憾だ」と述べた。  問題の会合は、自民党の若手議員が25日に開いたもので、作家の百田尚樹氏が講師として招かれた。出席した議員の1人が百田氏に対し、「マスコミをこらしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。百田氏が経団連に働きかけをしてほしい」などと求めた。また、井上貴博議員は「テレビの提供スポンサーにならないことが一番こたえるだろう」などと発言した。  こうした一連の発言について、野党側は国会で厳しく批判した。  民主党・寺田学議員「総理、もしこれが本当だとしたら、私は本当にゆゆしき問題だと思いますよ」  安倍首相「それが事実であるとすれば、それは大変、遺憾ではあります」  さらに、野党側が「おわびするべきでないか」とただしたのに対し、安倍首相は「その場にいないのに勝手におわびすることはできない」と述べる一方、「報道の自由を尊重するのは一貫した私の立場だし、党としてもその立場を貫いているところだ」と話した。  発言をした井上議員は26日午後、「誤解を招いたとすれば申し訳ない。報道を規制するとか、企業に圧力をかける考えはない」とのコメントを発表した。  ★尊重‽‽‽ 介入の間違いでしょ!安倍氏の信条。 弁解無用!! 長きに亘る、NHKへの政治介入や最近のテレビ朝日、NHK呼びつけ、『お願い』など、成功体験に味を占め、ノリを越えずを弁えなくなった、特に若造たちと安倍一派…
ANN: 自民の“マスコミ懲らしめ”発言に遺憾 安倍総理 6/26 ○自民党の会合で出たメディア批判。野党が安倍総理大臣を国会で追及しました。
 民主党・辻元衆院議員:「こんな会議をして、本当に自民党として恥ずかしいとか申し訳ないと思うとか、そういう総理自身の言葉ないんですか」
 安倍総理大臣:「まさに報道の自由というのは、民主主義の根幹であると。当然、尊重されなければならないというのが安倍政権の立場であり、自民党の立場でもあるわけであります」
 25日、安倍総理に近い保守系の若手議員の勉強会に出席した議員から「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番だ」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」などメディア批判が出ました。これに対し、菅官房長官は、政府としてのコメントは避けながらも「個人的に聞かれれば、誰から見ても非常識だと思うのが自然だ」と述べました。さらに、二階総務会長は「そこにいた責任者が責任を取るべきだ」と苦言を呈しました。  ★安倍コベ氏の、言行不一致! 否、自民党の、言行不一致! 現場の責任者が責任を取るでは足りない。
TBS: 「マスコミ懲らしめる」自民勉強会の発言が波紋 6/26 ○自民党の勉強会で「マスコミを懲らしめる」と報道規制を求める意見が相次いだことが波紋を広げています。安全保障関連法案について国民の理解が広がらないことへの不満の矛先をマスコミに向けた格好で、安倍総理が国会で釈明に追われました。  25日に自民党本部で開かれた会合。安倍総理と親しい作家の百田尚樹氏を講師に萩生田・党総裁特別補佐など総理に近い中堅・若手議員37人が出席しました。  出席者によりますと、安保法案に対する国民の理解が進んでいない現状を受けて、議員からは広告主やスポンサーを通じて報道規制をすべきという意見が出ました。
 「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」(自民党議員)
 「不買運動を経団連などに働きかけてもらいたい」(自民党議員)
 「テレビの提供スポンサーにならないということが一番こたえる」(自民党議員)
 報道の自由を軽視した自民党若手議員の発言に、与党幹部はそろって苦言を呈しました。
 「クールマインドでやっていただきたいとは思っています。何で今そういうことを言うの、というようなことは、ないようにしてほしいと心から思う」(自民党 谷垣禎一 幹事長)  「スポンサーをどう選ぶかは企業の選択であって、政治が直接働きかけるようなことは断じてあってはならないと思う。言論の自由、報道の自由は、しっかり尊重すべきだと思う」(公明党 井上義久 幹事長)
 一方、野党幹部は・・・ 「おごりでしょうね、自分たちに権力があると。メディアを自由に左右できるという、おごりの結果の発言だと思います」(民主党 岡田克也 代表)  「これが事実だとすれば大変ゆゆしき問題で、言論統制をする独裁政党といわざるを得ない」(維新の党 今井雅人 政調会長)
 自民党は、安保法制を審議する委員会の理事会で、陳謝に追い込まれ、安倍総理も野党側の追及を受けました。
 「報道に対する圧力ととられるような発言をされたのは御党の議員です。私は責任者であれば、おわびしたいと思いますけれども、何かしら、それに対する責任を感じたことはないんでしょうか」(民主党 寺田 学 衆院議員)
 「自由民主党がいわば、企業に圧力をかけ、スポンサー降りろとか、そんなこと考えられない。それは当然それぞれの企業が判断されるわけであります」(安倍首相)
 「普通はですね、社長だったら自分とこの社員に責任持つんですよ。こんな会議をして本当に自民党として、恥ずかしいとか申し訳ないと思うとか、なんかそういうね、総理自身の言葉ないんですか」(民主党 辻元清美 衆院議員)
 「報道の自由というのは民主主義の根幹である。当然尊重されなくてはならないというのが安倍政権の立場であり、そして自民党の立場でもあるわけです。自民党は誤解されることがないように、しっかりと襟を正しながら、報道の自由は守りながら、しかし主張すべきことはしっかり主張していく」(安倍首相)
 安全保障関連法案の成立に向けて国会の会期を延ばした直後に再び起きた「オウンゴール」。菅官房長官は「どう考えても非常識で、自らの発言には責任を持つべきだ」と若手議員を批判しました。
 また、25日の会合では講師役として出席した百田氏の発言も波紋を広げています。きっかけは、出席した議員の質問でした。
 「沖縄のメディアは左翼勢力に乗っ取られている。なんとか知恵をいただきたい」(自民党出席議員)  沖縄の地元新聞社が政府に批判的だという意見に対し、百田氏は… 「沖縄の2つの新聞社は、つぶさないといけない」(百田尚樹氏)
 その上で、「あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と述べました。これに対し、地元紙は強く反発しています。  「百田氏の発言は、政権の意に沿わない報道は許されないという言論弾圧の発想そのもの。言論の自由、報道の自由を否定する暴論ではないか」(沖縄タイムス編集局 石川達也 次長)  百田氏は26日、一連の発言について、自身のツイッターで「質疑応答の雑談の中で冗談で言ったものだ」とコメントしていますが、地元・沖縄での受け止めは・・・
 「いい気はしないですね」(宜野湾市民)
 「とんでもない見当違いだね。沖縄の新聞はよくやっていると思いますよ」(宜野湾市民)
NHK: 自民若手議員らが報道批判 谷垣氏「品位必要」 6/26 ○…自民党の若手議員らが25日に作家の百田尚樹氏を講師に招いて開いた勉強会「文化芸術懇話会」で、出席した議員から「マスコミをこらしめるには広告料収入がなくなるのがいちばんだ」などの報道機関への批判が出されたほか、沖縄の地元紙の報道について「沖縄の世論がゆがんでおり、なんとかしなければいけない」といった指摘が出されました。また、講師の百田氏は、沖縄の地元紙の報道に関連して「沖縄の2つの新聞はつぶさなければならない」などと発言しました。これに関連して、谷垣幹事長は記者会見で・・・
 「言論弾圧の暴論」地元紙が抗議声明
  沖縄の地元紙2紙は、「表現の自由、報道の自由を否定する暴論だ」として、共同で抗議声明を発表しました。この中で、沖縄の地元紙2紙は、「“言論弾圧”の発想そのもので民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論だ」と抗議しました。そのうえで、「戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した反省から出発し、政府に批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。『批判的だから、つぶすべきだ』という短絡的な発想は極めて危険だ。言論の自由、報道の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する」としています。
  沖縄では大きく伝える
  自民党の若手議員らが開いた勉強会で、沖縄の地元紙の報道を巡り「世論がゆがんでいる」などという指摘が出されたことを受けて、沖縄県の主要な新聞は26日の朝刊で、紙面を大きく割いて事実関係を伝えています。このうち「沖縄タイムス」は、1面と社会面で議員の発言や勉強会に招かれた作家の百田尚樹氏の発言を詳しく掲載し、「まだこんなことを言う人がいるのかと耳を疑う」などとする住民の声を紹介しています。また「琉球新報」は社会面で取り上げ、地元大学の教授の「民主主義の土台には多様な情報を発信するメディアが必要だ」などとするコメントを紹介しています。自民党沖縄県連に所属する宮崎政久衆議院議員は、百田尚樹氏の沖縄に関連した発言は事実と異なる点があり容認できないとして、勉強会を主催した木原稔青年局長に抗議しました。これに対し木原氏は「事実かどうかを調べたい」と述べました。
  自民 国対委員長が注意
  安倍総理大臣は衆議院の特別委員会で、「党において、さまざまな議論が行われるが、基本的には自民党は自由と民主主義を大切にする党で、当然『報道の自由というのは、民主主義の根幹である』という中での議論だと思う」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「私は存じ上げないが、それが事実であるとすれば大変遺憾だが、当然、党の正式な会合ではなく、有志が集まった会合であり、その中の発言がどのような形で報道されたかということについても、確認をしてみる必要はある」と述べました。また、自民党の佐藤国会対策委員長は、安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会に影響しているとして、勉強会を主催した木原稔青年局長らを呼びました。そして佐藤氏は、勉強会について説明を受けたうえで「安倍政権の応援団が後ろから鉄砲を撃ってどうするのか。応援団だとしても、結果としてそうなっている。結果がすべてだ」などと述べ、木原氏を注意しました。また同席した棚橋幹事長代理も、今後の勉強会の運営を適切に行うよう求めました。  ★品位‽‽‽ 下品な地金は何とする‽‽‽

ANN: 皇后さま傘寿祝う演奏会 雅子さま佳子さまも出席 6/26 ○皇后さまの傘寿を祝う演奏会が開かれ、両陛下や皇太子ご夫妻が鑑賞されました。  皇居での演奏会は宮内庁の職員らが開いたもので、両陛下や皇太子ご夫妻のほか、秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまも出席されました。皇后さまが子守歌としてメロディーを付けた詩など5曲が演奏され、曲が終わる度に大きな拍手を送られていました。
NNN: 皇后さまの「傘寿」演奏会 佳子さまの姿も 6/26  ★佳子さま?にスポットを当てる、読売の、その心は何でしょう? 悠仁や秋篠宮家を利用しようとの魂胆か‼‽
ANN: 御嶽山 噴火警戒レベル3→「2」に引き下げ 気象庁 6/26 ○御嶽山では去年10月中旬以降、噴火がなく、火山活動も落ち着いていたということです。ただ、火山性地震は続いていることから、今後も去年9月の噴火より規模の小さい噴火が突発的に発生する可能性があるとしています。こうしたことから、気象庁は噴火警戒レベルを3から2に引き下げ、警戒が必要な範囲について火口からおおむね1kmの範囲としています。
ANN: 少量の血液で…「アルツハイマー」を早期発見か 6/26 ○簡単な血液検査でアルツハイマーが早期に発見できるようになります。  アルツハイマー病は、アミロイドという物質が脳内に蓄積されることが主な原因だとみられています。筑波大学の研究チームは、このアミロイドを脳内から出すたんぱく質を測定することで初期のアルツハイマーを80%の精度で発見できるようになったということです。研究は2001年から1000人近い高齢者を対象に継続してきたもので、今年の4月から自由診療で実用化が始まっています。約5ccの血液で検査することができ、将来の発症を予測したり早い段階から治療を行うことができます。
ANN: 25歳女性は窒息死か 長男の行方、引き続き捜索 6/26 ○神奈川県相模原市の墓地に25歳の女性の遺体を埋めたとして男女が逮捕された事件で、死因が窒息死の可能性があることが分かりました。また、当時7歳だった女性の長男の行方が今も分かっていません。捜査の拠点がある警視庁の北沢警察署から報告です。

報道批判 加速する為政者の暴走 【神奈川新聞】2015.06.26
[戦後70年 全国の視点] 沖縄の道理 共感広がる 【沖縄タイムス】2015.06.26 ○戦後70年の「慰霊の日」は大きな節目とあってテレビのほか、全国の新聞でも広く報道された。25日付で本紙が転載した全国紙やブロック紙、地方紙を含め、共同通信加盟の一般紙50社余のうち20社以上が、慰霊の日前後の社説やコラムで取り上げている。  翁長雄志知事は追悼式典で、沖縄戦の体験に連ねて辺野古の新基地建設中止を求めるなど基地の過重負担に比重を置いて発信した。この意味付けを踏まえ論説の多くが「平和の継承」と「沖縄の現状」を関連付けて論述したのが特徴だ。  下野新聞のコラム雷鳴抄の筆者は慰霊の日を前に沖縄を訪れ、「国内最大の地上戦」があった沖縄で、復帰後も基地の固定化が続き、米兵の犯罪がいまだ起きる現状を憂い「平和な70年の影に沖縄の忍従がある」と心を痛めた。  24万人余が刻銘された平和の礎の重さを踏まえ、式典で沖縄の基地負担軽減に言及した安倍晋三首相に対し「上面の言葉」(愛媛新聞)と批判し、「沖縄は戦争を引きずる軍事基地を求めていない…負担軽減は基地の撤去で、基地の移設という押し付けは島の恒久平和から程遠い」(福井新聞・社説)と論じた。  熊本日日新聞は、辺野古問題の解決の糸口として「抑止力のひと言で思考停止に陥るのは避けたい」とし、抑止力が真に機能しているのか、日本全体として安全保障や米軍駐留を多面的に考えることも提起した。神戸新聞も同様に「沖縄を再び孤立させてはならない」と本土側の受け止め方を重視する。 ・・・
[TPP交渉] 国民は理解していない 【南日本新聞】2015.06.26 ○米議会上院は通商交渉の権限を大統領に一任する「貿易促進権限(TPA)法案」を賛成多数で可決した。大統領の署名を経て週内にも成立する見通しだ。 米国は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加12カ国の中心メンバーである。一方で議会が合意を覆す恐れがあり、交渉を停滞させてきた。 TPA法の成立で最大のハードルは越えるということだろう。安倍晋三首相は「大きな前進だ。歓迎したい」と述べた。 ちょっと待ってもらいたい。国民の理解という大切なことを忘れていないか。
 日本がTPP交渉に参加したのは2年前だ。直前の参院選で首相は「日本の農業、食を守ることを約束する」と断言した。 だが、JAグループ鹿児島などの反対運動は一向に収まらない。コメなど重要5項目を「聖域」とした国会決議が守られるか不透明だし、国内議論も低調だ。 理由ははっきりしている。交渉をめぐる情報が極端に制限され、是非を判断しようにも材料がないからである。 TPA法案可決を受けて政府は早速、米国との事務レベル協議再開に動き出した。甘利明TPP担当相は「各国が最終カードを切って大きく前進する」と発言した。 7月の「大筋合意」を視野に入れているようだ。しかし、最後のカードを切る前に、政府にはなすべきことがあるはずだ。
 国民に説明し、支持を得る努力である。白紙委任で済ませる手法は乱暴すぎる。  ★安倍コベ的、独裁に直(ひた)走る、そのザマが象徴的‼‽
安保法案審議延長 国民の支持得られているか 【宮崎日日新聞】2015.06.26 ○国民の支持得られているか
 会期末を24日に迎えるはずだった通常国会が、9月27日まで大幅延長されることが決まった。自民、公明の両党は、安全保障関連法案の成立を図るには日数の確保が必要と判断した。  民主党など野党は審議打ち切りを主張し、延長に反対していた。5月下旬から始まった審議はかみ合わず、政府説明も国民に伝わるものではない。同じような討論を続けても突破口は開けない。審議を根本から仕切り直し、国民の理解を得られていないと判断すれば法案は撤回すべきだろう。
 ■成熟した議論ならず■
 なぜここまで会期を延長して成立を目指すのか。国民にはまた新たに疑問が出てきているのではないだろうか。丁寧に審議をしていくという方針に異論はない。しかし現在のようなやりとりを積み重ねても、議論は深まらない。  一つには安倍晋三首相の姿勢が大きい。「戦争法案」との批判を「レッテル貼りだ」と一蹴。民主党の辻元清美政調会長代理の追及には「早く質問しろよ。演説じゃないんだから」とやじを飛ばした。幅広い意見を聞く誠実さが不足していると言わざるを得ない。  また別の問題点として、政府、与党が野党の質問に真正面から答えず、意図的にずらす場面が目立ったことがある。最たるものは今国会2回目の党首討論だった。・・・

百田氏発言をめぐる沖縄タイムス・琉球新報共同抗議声明 【琉球新報】2015.06.26 ○百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという”言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。 
 百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。
 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。
 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。
 政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する。
 琉球新報編集局長・潮平芳和
 沖縄タイムス編集局長・武富和彦
百田尚樹氏「沖縄の新聞はつぶせ」自民勉強会で暴言連発 【沖縄タイムス】2015.06.26 ○作家の百田尚樹氏は25日、市街地に囲まれ世界一危険とされる米軍普天間飛行場の成り立ちを「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と述べ、基地の近隣住民がカネ目当てで移り住んできたとの認識を示した。安倍晋三首相に近い自民党の若手国会議員ら約40人が、党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」で発言した。  実際には現在の普天間飛行場内に戦前、役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた。沖縄戦で住民は土地を強制的に接収され、人口増加に伴い、基地の周辺に住まざるを得なくなった経緯がある。  勉強会は冒頭以外、非公開。関係者によると、百田氏は「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」と発言。「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」などと持論を展開したという。  普天間飛行場の周辺住民約2千人が、米軍機の騒音で精神的苦痛を受けたと訴え、那覇地裁沖縄支部が約7億5400万円の支払いを命じた判決に触れ、「うるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」と、自己責任だとの見解を示したという。  「基地の地主は大金持ち。基地が出て行くとお金がなくなるから困る。沖縄は本当に被害者なのか」とも述べたという。  議員から沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。  出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声が上がったほか、「沖縄は戦後、予算漬けだ。地元紙の牙城でゆがんだ世論をどう正すか」などの批判もあった。  勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で、首相側近の加藤勝信官房副長官や、萩生田光一・党総裁特別補佐も参加した。  ★詳報! さすが、と言おう。
百田氏発言「市民感情逆なで」=宜野湾市長が不快感 【時事通信】2015.06.26 ○自民党有志の会合に招かれた作家の百田尚樹氏の沖縄基地問題などに関する発言は26日、地元でも反発を呼んだ。沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に関する百田氏の言及について、宜野湾市の佐喜真淳市長は「市民感情を逆なでする発言は絶対あってはならない」と不快感を示した。市役所で記者団の質問に答えた。 百田氏は25日の自民党会合で、普天間飛行場について「もともと田んぼの中にあった。商売になるということでみんな基地の周りに(集まった)」などと述べていた。 これについて佐喜真氏は、「(普天間は)戦争当時、米軍が接収したもので、本来地権者がいる。しっかりと勉強してほしい」と反論。また、自民党に対しても、「沖縄の現状をしっかり理解してもらわないといけない」と指摘した。 沖縄県選出(比例九州)で自民党の宮崎政久衆院議員は26日、会合を主宰した木原稔青年局長に対し、百田氏の発言について「沖縄の歴史に対する無理解からくるものだ」と抗議した。 





TBS: 「頭を体から切り離し他人と結合」難病男性が手術へ 6/26 ○難病に苦しむ30歳のロシア人男性が自分の頭を体から切り離し、 脳死状態になった他人の体と結合する手術を受けると発表しました。  25日に会見したのは脊髄性筋萎縮症を患う男性(30)です。この病気にかかった患者の平均寿命は短く、男性も症状が急激に悪化しています。そこで、イタリア人医師が提唱している自分の頭部と脳死状態となったドナーの身体を結合する手術を受ける決意をしました。  「とても楽観的にいます。楽しみです。できるかぎり早く行われるよう実現を目指しています」(ワレリー・スピリドノフさん)  手術中は、頭部とドナーの身体を冷却し、細胞が死なないようにするということですが、100人以上の医療スタッフが必要で手術時間は36時間に及ぶ見通しです。イタリア人医師は、手術費用1500万ドル、およそ18億円を集めていて、2年以内には手術を行いたいとしています。  ★相当絶望的な状況に陥っているのだろうが、こういう決断はつきかねる‼‽





ANN: オバマ大統領 テロ組織への身代金支払いを容認 6/25 ○アメリカ政府は、テロ組織などに誘拐された人質の家族が身代金を支払うことを容認すると発表しました。
 オバマ大統領:「人質の家族は、愛する家族を助けるために身代金を支払うことで訴追されることはない」
 オバマ大統領は24日、アメリカ人がテロ組織などに拘束された場合、これまでの方針を見直し、家族が身代金を支払うことを容認すると発表しました。アメリカでは、過激派組織「イスラム国」に拘束され、殺害された男性の家族が「政府から、身代金を支払えば刑事訴追されると脅された」と証言し、政府に対する批判が高まっていました。また、アメリカ政府は、人質救出のために犯行組織と直接交渉する方針も表明しました。  ★安倍ちゃん、どうします? 以下、同文ですか?
NNN: 鹿児島で記録的大雨 土砂災害などに警戒を 6/26 ○梅雨前線の影響で鹿児島県内では記録的な大雨となっており、土砂災害や落雷による被害が出ている。  鹿児島県内では各地で6月の雨量が1000ミリを超える記録的な大雨となっていて、被害が相次いでいる。JR指宿枕崎線の前之浜駅近くでは、崖崩れが起き、土砂や木が線路に流れ込んだ。喜入-枕崎間は復旧の見通しは立っていない。  また、種子島の中種子町野間では、民家の裏山が崩れ、土砂が家の中に流れ込んだ。この家に住む女性(82)にケガはなかった。同じく中種子町の納官では25日午後5時10分頃、落雷が原因とみられる火事があり、遠藤勝さん(84)の住宅1棟を全焼。ケガ人はいなかった。  鹿児島県本土や種子島屋久島地方は、26日にかけても局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、27日午前0時までの24時間雨量は多い所で150ミリの見込み。引き続き、土砂災害などへの警戒が必要。
TBS: 茶道・裏千家の千玄室大宗匠が日中関係改善呼びかけ 6/26 ○茶道・裏千家の前の家元が中国の大学で講演を行い、日本と中国で共通するお茶文化を基に、日中関係の改善を呼びかけました。  北京外国語大学から記念品を贈られる和服姿の男性。茶道・裏千家の前の家元、千玄室・大宗匠(92)です。25日、日本学研究センターの設立30周年を記念して、大学から名誉教授の称号が授与されました。  その後、千・大宗匠は詰め掛けた学生らおよそ300人を前に講演を行い、中国からもたらされた茶道の歴史や精神を紹介するとともに、日中間の関係改善を呼びかけました。  「お茶を飲む民族はみんな仲良し。たった1碗のお茶をどうですか、いかがですか。どんな人同士でも差別・区別無く勧めあう、これが儒教・道教の実践の道なのです」(茶道・裏千家、千玄室大宗匠)  講演後、会場には畳を敷いた和室が用意され、茶道の持つ礼儀作法などが紹介されました。
 「茶道を見て心が穏やかになり、感動しました」(出席者の女性)  「中国の茶道文化も深いけど、礼儀作法は日本に学ぶべきだと思いました」(出席者の女性)裏千家の千・大宗匠は26日、北京で中日友好協会の唐家セン会長と会談し、今後の文化交流について話し合う予定です。
TBS: 「心の病」で労災認定497人、過去最多 6/26 ○過労や仕事上のストレスでうつ病など「心の病」となり、労災と認定された人が、2014年度、497人にのぼり、過去最多となったことがわかりました。  厚生労働省によりますと、2014年度に、過労や仕事上のストレスで精神的な病気となり、労災認定された人は497人で、前の年度に比べ61人増えました。  このうち、自殺に追い込まれた人は、未遂を含めて99人でした。労災認定と自殺のいずれも過去最多となっています。  精神的な病気となった要因としては、「悲惨な事故や災害の体験」が最も多く、次いで「嫌がらせ、いじめ」、「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」などとなっています。

ANN: ミャンマー スー・チー氏の大統領就任が不可能に 6/26 ○軍事政権時代に制定されたミャンマーの憲法は、外国籍の家族を持つ者は大統領になれないと定めています。このため、イギリス国籍の息子がいるスー・チー氏には資格がなく、スー・チー氏率いる最大野党の国民民主連盟が憲法改正を求めていました。改正には、全議員の4分の3の賛成が必要ですが、鍵を握っていた軍人議員らが反対票を投じ、改正案は否決されました。総選挙は11月に予定されていますが、これでスー・チー氏の大統領就任は事実上、不可能になりました。スー・チー氏は記者会見で「希望は捨てない」と話し、総選挙での勝利を目指す考えを示しました。  ★スー・チー氏排除を狙った、軍事政権時代の恣意的規定! 議会の軍人グループ(なぜ、こんなグループが議会を一定程度占めるのか‽‽‽)が、否決しようとするのは、自然の流れ… 大統領選には、最大野党の国民民主連盟は、誰の候補に立てるのだろうか?
ANN: ギリシャ支援合意また見送り ユーロ圏財務相会議 6/26
ANN: 「イスラム国」 シリア北部で反転攻勢か 6/26 ○シリア北部で、過激派組織「イスラム国」が自爆テロ攻撃を相次いで仕掛けるなど、攻勢に出ています。  トルコと国境を接するシリア北部の街アイン・アラブで25日、「イスラム国」による自爆テロが起きました。シリア反体制派によりますと、爆発の後、銃撃戦になり、これまでに少なくとも35人が死亡したということです。「イスラム国」は、クルド人勢力の攻撃を受けて1月にアイン・アラブから撤退していましたが、反転攻勢に出た形です。また、シリア反体制派は、「イスラム国」がアイン・アラブの南にある村で、女性や子どもら少なくとも20人を虐殺したと伝えています。
NNN: 米通商代表 TPP大筋合意に向け意欲 6/26 ○TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉妥結の前提となる法案の成立が確実になったことを受け、アメリカのフロマン通商代表は25日、大筋合意に向けて改めて意欲を示した。  TPPの合意に欠かせない、大統領に交渉権限を一任する法案などはすべて可決された。ホワイトハウスに届き次第オバマ大統領が署名し、正式に成立する運び。  TPP参加12か国は、大筋合意をめざし来月下旬に閣僚会合を開く方針だが、アメリカのフロマン通商代表は25日、合意への意欲を示した。  フロマン通商代表「参加各国は目的に沿った形で、できる限り早く交渉を妥結させたいと思っている」  また、日本との協議についてフロマン代表は、事務レベルで可能な限り問題を解決した上で、閣僚会合で提示する選択肢を準備していくと強調した。  ★関係国は、国民主権を尊重し、情報公開と説明責任を直ちに果たせ! 秘密交渉、継続など、以ての外‼‼
2015-06-25

6/25: オバマ大統領 方針転換=テロ組織への身代金支払いを容認、人質救出の為に犯行組織と直接交渉するとも 2人見殺しの日本政府も転換か‼‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・辺野古移設地から琉球王朝の「碇石」発見か  18時46分    ★新基地建設に大きな?障害‼‽ 「碇石」、イカリ石か
 ・法務省にサイバー攻撃か 不正プログラムに感染疑い  18時46分
 ・ランボルギーニ暴走“都内最大級ルーレット族”解散  18時45分
 ・6月の主役、梅雨前線関東にも!今村涼子の「今天」  18時35分  ★明日は、大警戒を‼‽ 北部九州も…
 ・浅間山“最も多い火山ガス” 地下のマグマ活発…?  17時7分  ★火山列島、活動期! 地震、津波
 ・タカタの高田会長が株主総会後に会見、謝罪  19時24分
 ・ギリシャへの金融支援 協議難航 結論持ち越し  5時57分
 ・オバマ大統領 テロ組織への身代金支払いを容認  5時56分   ★安倍コベさん、どうします?2人は切り捨てましたが
 ・TPA法案可決、TPP交渉加速か 米  7時36分
 ・NY株178ドル安 ギリシャ協議など受け  7時25分
 ・“介護”人材 2025年に37万人不足か  2時16分  ★低賃金、抑えた処遇で間に合うとでも‽‽‽ ハードからソフトへ‼‽ 最大多数の幸福
 ・規制委、原発事故時の医療体制見直し  6時50分    ★福島原発事故の教訓は、未だ、汲めていない‼‽

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」6月25日例会のお知らせ 6/17 (笹井明子) ○6月25日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)6月例会を開催します。
今回は『「平和への結集」をめざす市民の風』他で、長年に亘り地道な市民活動を積み重ねてこられた太田光征さんを講師にお迎えし、『Facebook: 市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟』のテーマでお話ししていただきます。
趣旨:
昨年立ち上げたばかりのとりプロは10年越しで選挙制度、公選法、関連法を抜本的に改正していこうという取り組みです。年内に市民審議会を設立すべく動いています。既に学者・弁護士・ジャーナリストなどが委員として内定しています。
 参院での協議も最初から分かっていますが決裂し、与党内の協議も同様です。早く市民に任せるべきで、そのような受け皿になりたいと思います。
 私が取り組んでいる選挙訴訟ではいわゆる「1票の格差」だけを争点とせず、小選挙区制本体の違憲性など、「1票の格差」よりも重要で多様な争点を掲げています。
 政党が選挙制度の問題を「1票の格差」だけに矮小化していることで、政治変革の切り札をみすみす捨てています。こういった問題などにも触れたいと思います。・・・(太田さん)

今の政治情勢下、草の根市民に何ができるか、太田さんと共に考えたいと思います。是非奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。  折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月25日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 梅雨  誕生日の花 オカトラノオ 花言葉 優しい風情 6/25  ○サボテン
 「梅雨入りが平年より10日以上遅れており、ダム貯水量の低下が目立つ」 との新聞の見出し・・・
 今日は29℃まで上がるという予報だ、熱中症にならないように、菜園のナスなどの水遣りは夕方に行うことにする。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog6/24: 「辺野古・新基地建設は困難だ」にも、廿浦浦からの憲法違反!安保法案抗議にも、耳傾けぬ首相 国民主権下の代議員にあるまじき振る舞い!

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>










 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 「チンチン電車と女学生」(8月6日・ヒロシマ)を読む ・ブログ連歌(408) ・ 民主平和党ホームページ 6/25 ○広島の「深山霞」(藤森照幸)さんから送っていただいた「チンチン電車と女学生」(堀川恵子/小笠原信之・講談社文庫)を読みました。戦時下の広島で養成校の「広島電鉄家政女学校」で学び、運転士や車掌として働いていた少女たちの物語です。徴兵された男性社員に代わって広電の運行を支えている中で8月6日の原爆に遭遇しました。
 著者の堀川恵子氏は元広島テレビの放送記者で、ドキュメンタリー番組「チンチン電車と女学生~2003・夏・ヒロシマ」を制作しており、その年の話題作となりました。さらにテレビ番組では伝え切れなかった関係者の証言や、1台の車両を見学したことから始まった奇跡的な「歴史の掘り起し」の経過を含めた記録の全体を、単行本として2005年に日本評論社から発行しました。それを最新の文庫本としたのがこの本です。
 広電の「家政女学校」は2年半しか存在しなかった学校で、広電の内部でさえ存在を知っている人は少なかったのですが、名簿が発見されて309名が在籍していたことがわかりました。ちょうど今の高校生に当る年齢です。電車の技術だけでなく、女学校的な教科も学びながら給料を貰えるというので、近隣の島や農村部からも、向学心の強い少女たちが募集に応じて集まりました。しかし戦争の苛烈化とともに教育内容は実務中心となり、未熟な少女たちもどんどん乗務につくようになります。
 そうした経験談は、「あの時代」に生きた少女たちの日常を、生き生きとよみがえらせます。専門の研修施設などありませんから、客を乗せた車両で「師匠」について運転法を習い、次には自分で運転して助言を受け、その次には一人で運転しなければなりません。その緊張感はわかりますが、鉄道好きの私は、うらやましいとさえ思ってしまいました。運転には免許が必要な筈ですが、証言には資格試験や免許の話は一切ありません。すべては広電の裁量に任されていたのでしょう。
 そして1945年の8月6日がやってきます。運行中に被爆した車両は70両にのぼりました。勤務中だった少女社員はほぼ200名と推定されます。その中で証言を残しているのは、もちろん生き残った人たちだけです。家政女学校の関係者は実践女学校の講堂に集まって手当てを受けますが、そこを最後として女学校は事実上消滅しました。広島電鉄は、わずか3日後に一部区間で電車を走らせて市民に希望を与え、そこで乗務した少女もいました。
 しかし直後の終戦の混乱の中で、本社も被爆しており、女学校の解散が告げられましたが退職金の支払いなどは行われませんでした。間もなく男性の社員たちが復員してきて、少女たちの居場所はなくなりました。寄宿舎の金庫にあって焼け残った貯金通帳だけは、先生の手で本人たちに返されたとのことです。その後の少女たちがどのようにして大人になり戦後を生きて行ったかまでを、この本は丁寧に聞き書きしています。
 私も好きなあのヒロデンの歴史の中の、短いけれど忘れられない部分を記録した第一級の資料でした。
孫崎享のつぶやき: TPP,本質は「最低賃金あげたら、訴えられ賠償金をとられる危険性を持つ」 6/25
7/18 『動乱の中東情勢をどう理解するか』 酒井啓子氏の中東情勢論を聴こう 【日曜クラブ】2015.06.24☆ 日 時 7月18日(土) 午後 3時~5時  ☆ 場 所 文化学園大学A館5階051教室  JR新宿駅南口より徒歩10分  (会場へのアクセスはこちらから)
☆ テーマ 『動乱の中東情勢をどう理解するか』
☆ 講 師 酒 井 啓 子 氏 (千葉大学法政経学部教授)  ■酒 井 啓 子(さかい・けいこ)氏略歴
「首相の談話」も「安倍の談話」もいらない。「国民の良識の声」を上げよう。 【澤藤統一郎】2015.06.25
狂奔する情報独占の国家エゴ 危険性増す米諜報部の暴走 【中田 協】2015.06.25
西修参考人意見「強弁」の無力 【澤藤統一郎】2015.06.25
わたしたちを「たかが衆愚』と見くびっている『日本会議』集団に、そろそろゲンコツを食らわせる時がきた! 【ウィンザー通信】2015.06.25
IWJ: 2015/06/24 「この闘いで世論は動いている」3万人が国会包囲 安保法制のための会期延長に怒りの声
IWJ: 2016/06/17 日隅一雄情報流通促進基金大賞は『原発と大津波 警告を葬った人々』の著者・ジャーナリストの添田孝史氏が受賞「日隅さんがいなかったら、私の本は世の中に出なかった」  6/25 ○表現の自由、情報公開、国民主権の促進に生涯を捧げ、2012年6月12日に亡くなった弁護士・日隅一雄氏の意思を引き継ごうと創設した日隅一雄情報流通促進基金賞の第3回目の表彰式が2015年6月17日(水)、日比谷コンベンションホールで行なわれた。 大賞を受賞したジャーナリストの添田孝史氏は、著書『原発と大津波 警告を葬った人々』(岩波新書)で、地道な資料収集により政府や東電関係者が福島沖の地震津波を予測していた事実を裏付けた。そして、情報公開請求により集めた資料をWEB上に公開し、一般市民にもアクセス可能なものとした。 選考委員の一人であるメディア総合研究所の岩崎貞明氏は、「添田さんの活動は新しい時代のジャーナリズムのあり方を身をもって示されたのではないか」と高く評価した。
IWJ: 2015/06/18 砂川裁判の元被告ら、安倍政権「安保法案・合憲論」を徹底批判 ~天木直人氏「米国の司法介入が判明、高村副総裁の主張は吹っ飛ぶ!」 6/25 ○「私は『米国介入による最高裁判決は無効である』という立場に立てば、彼による合憲主張は吹っ飛ぶと思っている」──。 砂川裁判への米国の介入を裏付ける証拠とされる公文書(英語)の和訳を手掛けた、元レバノン日本国特命全権大使で外交評論家の天木直人氏は、こう口調を強めた。コメントにある「彼」とは、集団的自衛権の行使を可能にするなどの安全保障関連法案をめぐる国会審議で、砂川事件の最高裁判決を「合憲論拠」に持ち出している、高村正彦自民党副総裁である。 米国が介入した砂川事件最高裁判は無効だとして、再審請求訴訟を起こしている同事件の元被告・土屋源太郎氏や天木氏らは、2015年6月18日、東京都内で記者会見を開き、高村氏や安倍晋三首相は「最高裁判決を悪用している」と徹底的に批判した。 砂川事件とは、1957年、東京都の北多摩郡砂川町(現在の立川市)にあった米軍立川飛行場の拡張に反対する市民らが基地内に立ち入ったとして、7人が起訴されたのもの。第一審では東京地裁の伊達秋雄裁判長が、米軍駐留は違憲として無罪判決を下した。いわゆる「伊達判決」である。これを受けて検察は(高裁を飛ばして)最高裁への跳躍上告を行い、1959年12月の判決で逆転有罪が確定した。 土屋氏や天木氏らは、砂川裁判の争点が、自衛隊の憲法適合性をめぐるものではないことに加え、米国介入の証拠とされる公文書が見つかり、最高裁判決の根幹が揺らいでいる以上、その判決に安保法案の「合憲根拠」を見い出すことはできない、と強調した。



安倍首相の幼稚な答弁と議論 【小澤俊夫】2015.06.24 ○現在国会に提出されている「安保法制」諸案について、衆議院特別委員会と党首討論で、安倍首相は岡田氏や志位氏に、べらべらとしゃべりまくっている。だが質問に対して何ひとつ明確に答えない。委員長に「簡潔に」と注意されても、べらべらしゃべることをやめない。しかもよく聞いていると、実はその言葉は空虚で、世間話のレベルに聞こえる。 「国民の安全と幸福な生活を守ることが政府の責任であります」と大声で言う。だがそんなこと、当たり前じゃないか。その中身はというと、相変わらず「ホルムズ海峡が封鎖されたら大変だから、戦争中でも掃海作業をするのだ」という。  確かに、数年前にはイランとアメリカが鋭く対立し、海峡封鎖が問題になったころはあった。だが、現在ではそのイランとアメリカは雪解けムードで、海峡封鎖など全く話題になっていない。安倍首相はよく、「国際情勢の急激な変化に対応して、安保体制を整える」と言っているが、本当は、現在の国際情勢は見ないことにしているのではないか。安倍首相を支える官僚、政治家は、現在の国際情勢を正確に分析し、安倍首相に伝えることを怠っているのではないか。批判する側も、ホルムズ海峡の政治的意味の変化を政府が認識していないことを取り上げるべきだと思う。  そして、一方では、アメリカで、いわゆる「シェールガス」の生産量が上がり、今や、アメリカは世界最大の産油国になってきている。現在ではまだシェールガスの輸出は認められていないそうだが、いずれは、経済的理由から輸出するだろう。そうなったら、ホルムズ海峡だけが日本の生命線というわけではなくなる。・・・
「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」を始めから終わりまで視聴して欲しい 【金原徹雄】2015.06.24
「違憲のウワサも75日、95日でなんとかなるさ」は許さない。 【澤藤統一郎】2015.06.23 ○95日(!!)の会期延長だという。これは戦争法案成立に向けた安倍政権の並々ならぬ執念の表れ。しかし、この非常識というべき延長日程は、安倍内閣存立の非常事態宣言ではないか。論戦での劣勢を自認し、数を恃んでの強行突破はできないという自白でもあるのだ。世論を宥める時間が必要だ。人の噂も75日。法案違憲で沸騰している世論も、75日もあれば治まるだろう。「95日も延長すれば、説明が足りないなどとは言わせない。」「これでなんとか成立に漕ぎつけるだろう」との背水の陣とも読める。しかし、これは政権にとっての大きな賭けでもある。時間がたてば立つほど、反対世論が大きく強固なものになっていく可能性も大きい。当然、廃案時の傷はより大きくなる。政権そのものを崩壊させることにもなるだろう。安倍の心中穏やかであるはずがない。・・・


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



NNN: 辺野古移設地から琉球王朝の「碇石」発見か 6/25 ○沖縄県の名護市教育委員会は25日、アメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古のキャンプ・シュワブ内の海岸から、琉球王朝時代に船の木製のいかりを沈めるために使われた「碇石」とみられる石が見つかったと発表した。  今後、沖縄県が基地内で広範な調査が必要と判断した場合、基地の建設工事が遅れる可能性もある。  ★琉球王朝時代に船の木製のいかりを沈めるために使われた「碇石」、イカリ石か‼‽  ★新基地阻止と迄は、いかないか?
ANN: 6月の主役、梅雨前線関東にも!今村涼子の「今天」 6/25きょうの今天がこちら。「6月の主役 梅雨前線が関東にも!」。26日からは関東も梅雨前線の影響で、広くまとまった雨になる可能性が出てきました。
ANN: 浅間山“最も多い火山ガス” 地下のマグマ活発…? 6/25 ○浅間山で、観測が始まってから最も多い火山ガスが確認されました。  火山活動が高まっている浅間山で25日、気象庁が火山ガスの放出量を調べたところ、1日あたり5600tの二酸化硫黄が観測されました。これは2002年に浅間山で観測を始めてから最も多い放出量です。6年前に5000tを超えた時には、約2週間後に小規模噴火しました。気象庁は地下のマグマの動きが活発になっているとみていますが、ガス以外の観測データに現時点で目立った変動がないため、噴火警戒レベルは2の火口周辺規制のままです。浅間山では、先週のごく小規模な噴火以降、噴火は発生していません。
ANN: 法務省にサイバー攻撃か 不正プログラムに感染疑い 6/25 ○法務省によりますと、法務省のパソコンが不正なプログラムに感染した疑いがあることが24日、分かりました。このパソコンは一般事務処理をするためのもので、内部のネットワークにつながっているということです。現在、原因のほか、情報が外部に漏れていないか調査を進めています。現時点で情報流出は確認されていないということです。今後の対策として、内閣官房の内閣サイバーセキュリティーセンターの協力も得て、セキュリティー対策の強化を図るとしています。
TBS: タカタの高田会長が株主総会後に会見、謝罪 6/25 ○エアバッグの部品の欠陥で大規模なリコール問題に揺れているタカタの高田重久会長は株主総会の後に会見を開き、謝罪しました。  「被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。大変申しわけございませんでした」(高田重久会長)  一連のエアバッグ問題について、高田会長が会見の場で説明するのは初めてで、「お話するタイミングを何度も逸してしまった」などと、釈明しました。
ANN: ランボルギ-ニ暴走“都内最大級ル-レット族”解散 6/25 ○スーパーカーで首都高速を暴走したとして、都内最大規模のルーレット族を摘発です。  首都高速を暴走するいわゆる、ルーレット族の隊長の49歳の男ら7人は、車にナンバープレートを付けないで走行した疑いなどで書類送検されました。警視庁によりますと、男らは「辰巳会」と称して週末の夜になるとランボルギーニなどのスーパーカーに乗って辰巳パーキングエリアに集まり、200km近いスピードでの走行を繰り返していました。隊長の男は、警視庁にグループの解散届を提出したということです。  ★捕まったが、運の尽き‼‽ 解散届を要求された…



















ANN: オバマ大統領 テロ組織への身代金支払いを容認 6/25 ○アメリカ政府は、テロ組織などに誘拐された人質の家族が身代金を支払うことを容認すると発表しました。
 オバマ大統領:「人質の家族は、愛する家族を助けるために身代金を支払うことで訴追されることはない」
 オバマ大統領は24日、アメリカ人がテロ組織などに拘束された場合、これまでの方針を見直し、家族が身代金を支払うことを容認すると発表しました。アメリカでは、過激派組織「イスラム国」に拘束され、殺害された男性の家族が「政府から、身代金を支払えば刑事訴追されると脅された」と証言し、政府に対する批判が高まっていました。また、アメリカ政府は、人質救出のために犯行組織と直接交渉する方針も表明しました。  ★安倍ちゃん、どうします? 以下、同文ですか?
ANN: ギリシャへの金融支援 協議難航 結論持ち越し 6/25 ○大詰めを迎えているギリシャへの金融支援問題で、ユーロを通貨とする国の財務相が協議しましたが、結論は持ち越されました。  24日の協議で、ギリシャとEU(ヨーロッパ連合)側は合意に至らず、25日に話し合いを再開することになりました。24日になって、国際通貨基金など債権団の一部がギリシャの財政再建案は不十分だと表明したため、協議が難航したとみられます。ギリシャはEU側に対し、年金支給年齢の引き上げや増税など新しい財政再建案を提出したことから、今週中に支援再開が決まるという見方が強まっていました。
NNN: ギリシャ追加支援、合意ならず 改めて協議 6/25 ○会議ではギリシャが22日に提示した年金の支出削減や増税など追加支援実施の条件となる新たな改革案について大詰めの協議が行われた。ユーロ圏の各国は今回の会議での合意を目指していたが、資金を貸す側の1つIMF(=国際通貨基金)が年金改革や増税の内容に難色を示し、更なる支出削減を要求した。  会議の前にはギリシャのチプラス首相も現地入りし、EU(=ヨーロッパ連合)やIMFなどと会談を行ったが、合意には至らなかった。  ギリシャは、今月中に追加支援で合意できなければ借金が返せない債務不履行(=デフォルト)に陥る恐れがあり、ユーロ離脱の可能性も高まることから、ユーロ圏は25日にも財務相会議を開き合意を目指す方針。  ★ユーロ離脱‼‽も
TBS: 米TPA法案 成立確実に、TPP交渉加速へ 6/25 ○アメリカで、オバマ大統領に強い通商交渉の権限を与える法案の成立が確実となりました。日本を含む12か国が参加しているTPP交渉は、大詰めにむけて加速することになります。  「賛成60票、反対38票でTPA法案は可決されました」  アメリカ議会上院は24日、大統領に強い通商交渉の権限を与える貿易促進権限法案=通称TPA法案を賛成多数で可決しました。  TPA法案は、すでに下院で可決されていることから、早ければ週内にもオバマ大統領の署名をもって正式に成立する運びで、オバマ政権は議会の干渉を受けずにTPP交渉を進められることになります。  日本を含む交渉参加国は、TPA法案の成立をTPP妥結にむけた必須条件としていて、交渉はこれを機に大きく加速する見通しです。
TBS: 規制委、原発事故時の医療体制見直し 6/25 ○福島第一原発事故を教訓に、原子力災害時の医療体制の見直しを進めてきた原子力規制委員会は、24日の定例会合で、多くの住民が放射性物質の汚染を受けたケースも想定した対策指針の改定案をまとめました。  原発事故時の医療体制は、これまでは作業員など少人数が被ばくした場合の治療などを想定したもので、福島第一原発事故のように放射性物質が広い範囲に拡散し、多くの住民が汚染の影響を受けるケースは想定されていませんでした。  24日の規制委員会が了承した原子力災害対策指針の改正案では、原発から30キロ圏内の道府県に対して、新たな医療体制の中心となる「原子力災害拠点病院」の指定のほか、汚染の検査や汚染の可能性があるけが人や患者の受け入れなどで協力する「原子力災害医療協力機関」の登録を求め、原子力災害に対応する医療ネットワークを整備することにしています。  また、国に対しては、各地の拠点病院では対応できない高線量被ばくなどのケースに対処する「高度被ばく医療支援センター」を全国で数か所指定するよう求めています。  指針は今後、一般からの意見募集を経て、8月中には正式に改定される見通しです。
2015-06-24

6/24: 「辺野古・新基地建設は困難だ」にも、廿浦浦からの憲法違反!安保法案抗議にも、耳傾けぬ首相 国民主権下の代議員にあるまじき振る舞い!

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・プールのバルブ、開けっ放し…水道水341万L無駄に  18時39分  ★一千兆円の累積債務と比ぶれば、チイセエ、チイセェ‼‽
 ・築地市場で火事“昼食にマグロ揚げ、目離した隙に”  18時39分  ★いつも、危険と隣り合わせ‼‽
 ・“競輪の払戻金”500万円盗んだか…国分寺市職員  18時39分
 ・洗濯、今月はきょうでお預け!?今村涼子の「今天」  18時35分
 ・混乱の原因は?工事の進捗状況は?建設現場から  17時56分
 ・国会前で安保法案に抗議の声  19時23分   ★戦争法案、安保法制、多数が信じるように、憲法違反・無効!ならば、延長国会は、何をしようとしているのか‽‽‽ 国費と時間の無駄遣い!
 ・パキスタンで連日40度超 熱波で600人以上死亡  8時0分
 ・米中戦略・経済対話始まる 南シナ海問題もテーマ  7時56分
 ・「イスラム国」が世界遺産のパルミラ遺跡を破壊か  5時58分
 ・東洋ゴム 免震のデータ改ざんで取締役ら辞任へ  5時57分   ★総辞職‼‽ 安倍はいつ?
 ・EUの経済制裁延長、ロシア側が対抗措置を示唆  7時15分
 ・TPA法案成立へ前進、米上院で審議打ち切りを可決  7時15分

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」6月25日例会のお知らせ 6/17 (笹井明子) ○6月25日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)6月例会を開催します。
今回は『「平和への結集」をめざす市民の風』他で、長年に亘り地道な市民活動を積み重ねてこられた太田光征さんを講師にお迎えし、『Facebook: 市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟』のテーマでお話ししていただきます。
趣旨:
昨年立ち上げたばかりのとりプロは10年越しで選挙制度、公選法、関連法を抜本的に改正していこうという取り組みです。年内に市民審議会を設立すべく動いています。既に学者・弁護士・ジャーナリストなどが委員として内定しています。
 参院での協議も最初から分かっていますが決裂し、与党内の協議も同様です。早く市民に任せるべきで、そのような受け皿になりたいと思います。
 私が取り組んでいる選挙訴訟ではいわゆる「1票の格差」だけを争点とせず、小選挙区制本体の違憲性など、「1票の格差」よりも重要で多様な争点を掲げています。
 政党が選挙制度の問題を「1票の格差」だけに矮小化していることで、政治変革の切り札をみすみす捨てています。こういった問題などにも触れたいと思います。・・・(太田さん)

今の政治情勢下、草の根市民に何ができるか、太田さんと共に考えたいと思います。是非奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。  折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月24日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 晴れ 夏日だ  誕生日の花 レンゲツツジ 花言葉 情熱 6/24  ○キンシバイ       【秋田市情報】 ← クリックして応援して ネ ! 
 今日は散髪の為 中心部まで外出し、床屋談義が楽しかった。職場内の床屋が 廃業に伴い 紹介されてお世話になって 20年が経過したと 振り返る。この後 何年通えるのか 分からないが 取りあえず 7月末にお盆用の調髪をお願いして帰った。
 このところ連日,上空の寒気の影響で大気の状態が不安定で 大雨、突風、竜巻に注意するように言われるが、一向に降らず 照るばかりで 菜園の植物たちもゲンナリ、生気を失っています。ジャガイモは熟したのかも知れないが茎が枯れて来たようだ。
 東京新聞の社説: 沖縄戦終結70年 語り継ぐ、平和の未来へ 6/24をWEB上から読んでみました。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ”永田町徒然草”: 不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”というサイトで、”不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”と綴っておりましたので 貼りました
 今日のトピックス Blog6/23: 犠牲者24万余人の沖縄戦「慰霊の日」、遺族たちが平和への祈り 子や孫に同じ思いさせたくない我ら 基地強化宣言し敵対しようと安倍氏‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

福島原発8m津波で建屋浸水予想 国が99年に予測図作成 【東京新聞】2015.06.24 ○福島県の沖合で巨大地震が発生し東京電力福島第1原発を高さ8メートルの津波が襲った場合、1~4号機の建屋が浸水するとの予測図を1999年に旧国土庁が作成していたことが24日、分かった。国は自治体が津波防災対策を検討する「基礎資料」として作成したが、原発事故を防ぐための電力会社の対策強化には生かされなかった。 津波防災の関係省庁が98年、全国の自治体に「津波防災対策の手引き」を通知。国土庁は99年、この手引きにのっとった試算方法を用いて、各地の津波浸水予測図を作成した。「津波による浸水域をあらかじめ把握しておくこと」を目的に掲げていた。










 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(39)敗戦つづく台湾沖そしてレイテ島 ・ブログ連歌(408) ・ 民主平和党ホームページ 6/24 ○敗戦つづきの中で、天皇はじめ大本営の面々が神仏にも頼りたい思いで願ったのが「敵を引きつけて撃滅する」一勝であったろう。昭和十九(1944)年十月、アメリカ機動部隊は台湾を襲って大規模な空襲を加えてきた。日本の本土と南方との連絡路を破壊する大胆な作戦だった。これに対して日本の基地航空隊が反復して攻撃をかけ、三日間で敵の空母十九隻、戦艦四隻など四十五隻を撃沈破したと大本営は発表した。ラジオニュースの冒頭には久しぶりに軍艦マーチが流れ、国民は喜びに沸いた。 しかしこれはとんでもない虚報で、事実は巡洋艦二隻に損傷を与えただけだった。日本側の戦果確認能力が極度に劣化していて、現場からの希望的な報告をそのまま集計した結果だった。この作戦では夜間の雷撃という常識外れの戦法も実行している。ベテランでも難しい神業のような攻撃を未熟な搭乗員にさせておいて、自爆して暗夜に火柱が立つと空母一隻撃沈と数えるような「温情の報告」が横行したと言われている。上層部も薄々気づいたが、報告を訂正する根拠もないのだった。 アメリカ側は放送を聞いて日本側の誤報を知ったが、そのまま秘匿してすぐ次の作戦に移った。次の目標はフィリピン中部にあるレイテ島だった。マリアナから直接に日本本土へ向かうと、フィリピン方面には無視できない日本艦隊が石油資源とともに残っているので補給路の側面に不安が残る。それに、総司令官のマッカーサーにはフィリピンを去るときに残した「 I shall return 」の約束があった。 レイテ島へのアメリカ軍の上陸を迎えて、日本海軍は最後の総力戦を試みた。残存するほぼすべての艦艇と航空機を集め、本土からも囮の空母艦隊を出撃させて、西南方から戦艦部隊を突入させてレイテ湾のアメリカ艦隊と上陸部隊を砲撃しようとした。しかし目的のレイテ湾には到達することなく、戦艦「武蔵」はじめ全空母四隻など多数の艦艇を失う結果に終った。日本海軍は、ここに事実上壊滅した。 このレイテ沖海戦で、海軍は初めて「神風特別攻撃隊」を編成した。それまでにも体当り攻撃の例はあったが、作戦として正式に採用したのである。志願者を募ってゼロ戦に爆弾を装着して突入させたところ、最初の敷島隊の五機で空母一隻撃沈、三隻に損傷を与える戦果をあげた。大本営はこれを大々的に報道し、新聞は隊員を「軍神」と讃える記事を特集した。このとき新聞の小さな記事で「秘密にしておけば敵は日本が無線操縦の飛行機を開発したと思うだろう」と隊員が語ったと書いていた。 アメリカ軍はすでに対空砲火に近接信管を開発しており、防空能力を飛躍的に向上させていた。物量と技術開発力で差をつけられた日本軍の最後の戦法が「特攻」だった。  ★兵站の戦略、備えもなく、レーダーもなく、無線操縦の飛行機もない侭、思う壺に陥りながら、猶、神話に縋ろうとは‽‽‽
孫崎享のつぶやき: 日本の荒廃、司法にも及ぶ:2000年代以降の裁判所『絶望の裁判所』から。 6/24 ○2000年代以降、日本社会は至るところで荒廃してきた。 瀬木比呂志(1979年以降裁判官、2012年明治大学教授に)著『絶望の裁判所』より。
  *****************************
 良識派は上にはいけないというのは官僚組織、あるいは組織一般の常かもしれない。しかし、企業であれば、上層部があまりに腐敗すれば業績に響くたら、一定の自浄作用がはたらく。ところが、官僚組織にはこの自浄作用が期待できず、劣化、腐敗はとどまることを知らない。 私が若かったころには、裁判官の中には、まだ“生涯一裁判官”の気概があり、そのような裁判官を、尊敬する気風も、ある程度は存在していたと思う。 裁判官のなかには、確かに、品性のある、紳士の名に値するような人物もかなり存在したと思う。しかし、2000年代以降の裁判所の流れは、そのような気概や気風もほぼ一掃してしまったように感じられる。
孫崎享のつぶやき: 沖縄:慰霊の日式典、外国人ジャーナリスト“安倍首相が式典で公にやじられ、嘲笑された.異例” 6/24 ○1:AFP(時事)  沖縄全戦没者追悼式で、あいさつのため登壇した安倍首相が参列者からやじを浴びせられる一幕があった。米軍の沖縄駐留に不満を持つ地元住民らが、檀上にあがった安倍首相に 「帰れ」などのやじを飛ばした。日本で首相が直接市民からやじられることは まれだ。
  2:Parry英国タイムズ紙記者tweet  「安倍首相は群衆によって、公にやじられ、嘲笑された。こうしたものは日本では決してみられないもの」(PM Abe openly heckled and derided by crowd. Never seen anything like it in Japan.) 「うそつき!戦争屋!帰れ!晋三に対する異例の嘲りに対する私のレポート("Liar! Warmonger! Go home!" My report on the unprecedented jeering of Shi
IWJ: 2015/06/14 「自民党は、自衛隊員の殉職を待っているとしか思えない」 〜岩上安身のインタビューで紛争解決請負人・伊勢崎賢治氏が戦争法案の欺瞞を暴く
植草一秀の『知られざる真実』: 原発・憲法・TPPの基本方針が政治対立の基軸 6/23
植草一秀の『知られざる真実』: 戦争絶対反対を叫び続け、叫び通しておくれ! 6/22
醍醐聰のブログ: シンポジウム「沖縄 戦後70年:基地問題とジャーナリズム」のお知らせ 6/24 ○NHKの放送のあり方を考え、意見発信を続けている首都圏の4つの市民団体は、このたび、沖縄の基地問題と共同体論を研究されている明治大学政経学部教授の山内健治氏との共同で次のようなシンポジウムを企画し、準備を進めている。  ☆案内チラシ
反戦な家づくり: わりと冷静に反戦を考える 6/23 ○数日間、仕事で手一杯になっているあいだに、95日間も国会が延長され、戦争法案が強行採決される方針が固まったようだ。まあ、やるだろうと思っていたから驚きはしない。これだけ延長されると、いくら牛歩戦術をやっても山手線一周してもとてもじゃないが間が持たない。残念ながら、数の暴力で強行採決されることは、ほぼ避けられないだろう。ほかの政策ならば、いくら安倍政権でも自分の首が危うくなれば妥協するかもしれないが、戦争関連だけは何が何でも通してくる。60年安保でも、岸は自分の首と引き替えにでも通した。なぜなら、戦争法案は、戦争そのもだからだ。日米安保条約は、米国から見たら世界戦略の兵站そのものであり、米軍の戦争そのものだ。もともと数十万人、数百万人の殺人を厭わない戦争行為は、一度やると決めたら相当の犠牲を伴っても遂行される。
 安倍晋三が物の怪に取りつかれたように進めている集団的自衛権と戦争法案も、まさに戦争そのものだ。勘違いしてはいけないが、戦争法案は「戦争をするための法律」ではなく「戦争始めちゃったからどうしても必要な法律」だ。日本は、2月1日に総理大臣が宣戦布告し、戦争中なのだ。
 たぶん、99.99%の人は「戦争中??」 と思っているだろうが、1月後半に中東とイスラエルを回って軍資金をばらまき、挙げ句の果てに人質を見殺しにして、殺されたのを待ってましたとばかりに「その罪を償わせる」と叫んだ。 これはISISという武装戦闘集団との関係においては、宣戦布告以外の何ものでもない。 http://www.asyura2.com/15/senkyo179/msg/175.html










市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラムのご案内】絵本作家・松本春野さんにきいてみよう 原発事故4年後の福島の子どもたち(6/26金@神戸)ほか 6/24
市民社会フォーラム: 【この一週間が勝負!】維新議員に「対案より廃案を」のファックスを! 6/24
市民社会フォーラム: 朝日放送おはようコール 木原善隆が沖縄戦慰霊の日と東洋ゴム不祥事を語る 6/24
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter 6/24
@動画: 間近に迫った火砕流 ~緊急報告 口永良部島(くちのえらぶじま)噴火~/NHK・クローズアップ現代 6/24


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: 洗濯、今月はきょうでお預け!?今村涼子の「今天」 6/24 ○24日の関東は、雨は山沿いに限られ、平野部は青空が広がりました。この先はどうなるのでしょうか。きょうの「今天」がこちら、「えっ!今月はもうできないの?洗濯きょうでお預け!?」です。
TBS: 国会前で安保法案に抗議の声 6/24 ○国会で審議中の安全保障関連法案に抗議して、国会議事堂を取り囲もうという大規模な反対集会が間もなく始まります。国会前からの報告です。  国会の正門前です。もう間もなく、安保法案に反対する大規模な集会が始まります。集まった人々は、口々に「憲法9条を守ろう」などと訴えています。  こちらはまもなく日没を迎えようとしていますが、うちわや横断幕を持った人々がぞくぞくと集まり、国会議事堂をぐるりと取り囲む形で抗議を続けています。  この後、民主党の長妻代表代行や共産党の志位委員長もステージに立って、安保法案を廃案に追い込むよう訴える予定です。  こうした抗議活動は徐々に広がりを見せていて、先週14日にも、およそ2万5000人が国会議事堂を包囲しました。  本来であれば、24日は国会の閉会日だったということもあり、これまでを上回る人々が集まることが予想されていますが、主催者側は異例ともいわれる95日間の会期延長を受け、来月以降も引き続きこうした抗議活動を展開していきたいとしています。
「辺野古」耳傾けぬ首相 知事との接触わずか5分 東京新聞 6/24 ○沖縄戦から七十年となる「慰霊の日」を迎えた二十三日、沖縄県を訪れた安倍晋三首相。米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う名護市辺野古(へのこ)への新基地建設に反対する地元の声に対し、耳を傾ける姿勢はなかった。翁長雄志(おながたけし)知事との接触も短時間にとどまった。 (後藤孝好) 沖縄戦で最後の激戦地となった同県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で開かれた、沖縄全戦没者追悼式。翁長氏は平和宣言で辺野古移設に触れ「昨年の選挙で反対の民意が示され、新基地建設は困難だ」と断言した。「国民の自由、平等、人権、民主主義が等しく保障されずして、平和の礎(いしずえ)を築くことはできない」と指摘し「政府に移設作業の中止を強く求める」と訴えた。来場者から大きな拍手が湧き上がった。 犠牲者を悼み、恒久平和への決意を発信する平和宣言に、辺野古の新基地反対という政治的な主張が盛り込まれるのは異例。翁長氏は記者団に「戦後七十年の節目に、沖縄の切実な思いを伝える意味で、一番大事な部分を話すことは大切だ」と説明した。 一方、翁長氏の後に登壇した安倍首相は「沖縄の人々には、米軍基地の集中など、安全保障上の大きな負担を担っていただいている」と述べたが、辺野古の新基地建設には触れずじまいだった。  ★聞く耳持たず!が、代議員、首相の資質か‽‽‽ 有り得ない、国民主権!の下。復古・後戻りしたい、安倍コベ氏‼‽ 平和の礎の下に、戦争宣言する、傲岸不遜振り‼‽ 明らかに、国民、主権者の代理人の資格なし、器ではない。 素も、外国要人に対し、主権者、国民に問う、議案提出前に、重大な憲法違反の、口約束をしてしまうなんて‼‼

ANN: 混乱の原因は?工事の進捗状況は?建設現場から 6/24 ○巨大なアーチが特徴の当初のデザインが維持される見通しです。迷走が続く新国立競技場について、建設費を2500億円で最終調整していることが分かりました。
 (社会部・佐藤慎記者報告)  (Q.ここまで迷走した最大の要因は?)  迷走の大きな要因の一つは、文科省や事業主体のJSC(日本スポーツ振興センター)が危機感を持つのが遅れたことにあります。関係者によりますと、去年夏ごろには、すでに複数の建設業者がJSCに対して、現行案のままだと総工費が3000億円を超えるなど膨大になることや、開閉式の屋根が間に合わないといった指摘をしていたということです。しかし、JSCは、指摘を受けたにもかかわらず、実際に文科省に事態を報告したのは今年4月になってからで、すでに代替案は時間的に間に合いませんでした。指摘を受けた時点から危機感を持って対応していれば、こうした迷走はなかった可能性があります。
 (Q.2019年の完成に向けて、今後、誰が責任を持つ?)  一義的な責任についてはJSCにありますが、事態を受けて下村文科大臣は「腹をくくってやる」と責任を持って取り組む考えを示しています。しかし、問題は山積みです。東京都の費用負担については、舛添都知事の強い反発を受けているほか、関係者によりますと、たとえ2520億円で契約したとしても、その後に資材などがさらに高騰すれば最終的に3000億円を超えることもあり得るとしていて、今後も紆余曲折(うよきょくせつ)が予想されています。
 (Q.工事の進捗(しんちょく)状況は?)  3月から始まった古い競技場の解体はすでに終わっています。現在は重機を使って土地を整備する工事が続いています。契約が結ばれれば、10月からこの場所で建設工事が始まる予定となっています。
ANN: プールのバルブ、開けっ放し…水道水341万L無駄に 6/24 ○山口県和木町が管理するプールで今月3日、水をためる作業をしていた職員が開く必要のない排水用のバルブを開き、開けっ放しになっていました。水道水約341万リットル、77万円分が下水に流れ、6日後の水道局の検針で発覚しました。バルブを開けた職員は「なぜ開けてしまったのか分からない」と話しているということです。水道代は町が負担することになります。
ANN: “競輪の払戻金”500万円盗んだか…国分寺市職員 6/24 ○東京・国分寺市役所の職員・石川哲夫容疑者(49)は3月下旬、京王閣競輪場の事務所で、金庫から払戻金500万円を盗んだ疑いが持たれています。4月1日から始まるレースに備えて前日に金庫を確認した際に発覚しました。石川容疑者は事件当時、1年間の派遣職員として競輪場で働いていましたが、4月1日から市役所に戻って勤務していました。石川容疑者は「お金に困ってやった」と容疑を認めています。
ANN: 築地市場で火事“昼食にマグロ揚げ、目離した隙に” 6/24
TBS: 13年前の強殺事件で弁護団が再審請求 6/24 ○この事件は2002年、文京区のアパートで当時84歳の女性が口にタオルを押し込まれ殺害され、現金が奪われたもので、伊原康介受刑者(35)は強盗殺人の罪で2005年に無期懲役が確定しました。  裁判では、被害者の部屋に伊原受刑者の指紋があり、捜査段階で犯行を自白していたことが有罪の決め手となりましたが、弁護団が犯行に使われたタオルの付着物の鑑定を新たに実施したところ、第三者のDNA型が検出されたということです。  弁護団は「真犯人を示す重要な証拠だ」として、24日に東京地裁に再審を申し立てました。



NNN: 米の極秘文書公開 仏大統領の会話を盗聴か 6/24 ○ 内部告発サイト「ウィキリークス」は23日、アメリカの情報機関が、フランスの歴代大統領の会話を盗聴していたとする文書を公開した。  文書について「ウィキリークス」は、アメリカのNSA(=国家安全保障局)の極秘文書で、フランスのシラク元大統領から現在のオランド大統領までの過去10年間、大統領の電話などの会話を盗聴していたことを示すものだとしている。その中には、2012年5月にオランド大統領がギリシャのユーロ離脱を想定し、秘密の閣僚会議を開催するよう指示したことなどが含まれている。  「ウィキリークス」の創始者・アサンジ容疑者は声明の中で、「フランス国民は、自らが選んだ政府が同盟国を装った国に敵対的監視をされていることを知る権利がある」としている。アメリカは過去にもドイツのメルケル首相への盗聴疑惑が浮上し、同盟国の首脳の通信傍受を安全保障上の緊急事態を除いて行わない考えを明らかにしていた。  一方、今回の盗聴疑惑を受け、オランド大統領は24日、国防関係の会議を招集した。その後、フランス政府は声明を出し、「我々の安全保障や国益を犯すいかなる行為も許容しない」として、アメリカを強く批判した。












ANN: 米中戦略・経済対話始まる 南シナ海問題もテーマ 6/24 ○アメリカと中国が外交や経済の問題について話し合う戦略経済対話がワシントンで始まりました。南シナ海やサイバー攻撃など、対立する問題も協議します。  アメリカ側は中国を「責任ある競争相手」と表現し、国際社会の安定に貢献するよう求めました。中国側は、両国が対立すればお互いが高い代償を支払うことになるとして、米中関係強化の必要性を訴えました。
NNN: 米中戦略・経済対話 南シナ海めぐり応酬 6/24 ○「世界が相互に依存している今、海上の航路を開放し守ることはかつてないほど重要になっている」-アメリカのバイデン副大統領は、中国による南シナ海の岩礁の埋め立てについて、直接的な批判は避けつつ中国側にクギを刺した。  また、バイデン副大統領は中国に対し、「責任ある競争相手」という言葉を何度も使い、国際法を守ることが重要だと強調した。  これに対して、中国の劉延東副首相は「米中双方の核心的な利益を尊重することが、誤解を減らすことにつながる」と中国の国益を尊重するよう求めた。また汪洋副首相も「米中が対立すれば、多くの対価を払うことになる」などと主張した。  9月には習近平国家主席の訪米が控えており、今回の対話で対立が続く米中がどこまで歩み寄れるかが焦点。  ★漁夫の利、誰か、狙えるか?
TBS: EUの経済制裁延長、ロシア側が対抗措置を示唆 6/24 ○EU=ヨーロッパ連合がロシアに対する経済制裁の延長を決めた事について、ロシア側は対抗措置をとることを示唆しました。  EUは22日、ロシアに対する経済制裁を来年1月31日までとすることを決定しました。 これについてEUは「ウクライナ東部の和平を定めたミンスク合意をロシアに実行させるため」としています。  ★EUは、仮に、第三次世界大戦を前にした場合、ヨーロッパを戦場にすることに耐えられるだろうか‽‽‽ イギリスは、米国に、世界の覇権を譲ったのだったが。…第一次・二次世界大戦で。 本土決戦なんて、馬鹿な考えは止めよ‼‼ どこであれ。
TBS: TPA法案成立へ前進、米上院で審議打ち切りを可決 6/24 ○TPP=環太平洋パートナーシップ協定をめぐり、アメリカ議会で大統領に強い通商権限を与える法案が、成立に向けて大きく前進しました。  「ここに至るまでは時間がかかる曲がりくねった道のりでしたが、これはアメリカにとって非常に重要な達成です」(共和党院内総務・マコネル上院議員)  アメリカ議会の上院は23日、貿易促進権限法案=通称「TPA法案」の最大の難所とみられていた審議打ち切りの動議を、100票のうち最低限必要な60票ギリギリで可決しました。上院は24日にも法案の採決に進む方向ですが、推進側の共和党単独で必要な50票のめどは立っていて、可決が濃厚です。  ★下院決議では、取りこぼしがあったように記憶するのだが、共和党の関心事ではなかった…

ANN: パキスタンで連日40度超 熱波で600人以上死亡 5/24 ○パキスタンでは先週末から40度を超える日が続いています。南部の都市カラチでは、20日に44.8度と、ここ15年で最高気温となりました。パキスタン政府の高官によりますと、この熱波で、カラチを中心にこれまでに622人が死亡しました。電力供給が不安定でエアコンが使えないことに加え、「ラマダン」と呼ばれる断食月が始まったことで、熱中症などの被害拡大が懸念されています。貧困層や高齢者を中心に犠牲者が増えていることから、パキスタン政府は、病院関係者に早急な救援策を講じるよう求めています。

ANN: 「イスラム国」が世界遺産のパルミラ遺跡を破壊か 6/24 ○画像には、「イスラム国」支持者が、パルミラの古代神殿跡を爆破したという説明書きが付けられていて、爆発物らしきものを運ぶ男の姿や、遺跡とみられる建物の破壊前と後の様子が写されています。古代ローマ時代の都市や神殿跡が残る世界遺産のパルミラ遺跡は先月、「イスラム国」が支配下に置いて以降、破壊行為が懸念されていました。「イスラム国」はパルミラ制圧後、黒い旗を立てた城跡の写真などを公開していますが、破壊の様子を示したものは初めてです。
NNN: 「イスラム国」の“首都”近郊を制圧 6/24 ○シリアのクルド人民兵組織は、過激派組織「イスラム国」が首都と位置づけるラッカから約50キロの街を制圧した。  イギリスに拠点を置く「シリア人権監視団」は23日、クルド人の民兵組織がアメリカなどの有志連合による空爆支援を受けながら、シリア北部の街アインイーサを制圧したと伝えた。  アインイーサは「イスラム国」がシリアの首都とするラッカから北に50キロほどの場所に位置し、「イスラム国」が制圧していたシリア軍の基地もある。  このクルド人民兵組織は、今月中旬にもシリア北部の街を「イスラム国」から奪うなど、存在感を高めている。  ★クルドか、国を持たない、大人口を抱え、多国に跨る民。トルコ、シリアからは迫害…

ANN: 東洋ゴム 免震のデータ改ざんで取締役ら辞任へ 6/24 ○山本社長は、データ改ざんについて改めて謝罪。責任を取って、自身を含めた常勤取締役5人全員の辞任を発表しました。一方、問題を去年の夏に把握しながら公表が遅れたことに関しては、「意図的に隠したということは絶対ない」と述べました。会長の後任は外部から招く方針で、合わせて、経営陣に対するチェック体制を強化するなどとしています。
2015-06-23

6/23: 犠牲者24万余人の沖縄戦「慰霊の日」、遺族たちが平和への祈り 子や孫に同じ思いさせたくない我ら 基地強化宣言し敵対しようと安倍氏‼‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・総理と知事、認識の違い明確に 問題進展ほど遠い?  17時55分  ★新基地建設、却下! 勿論、米軍・普天間基地は、廃棄! 今後も、沖縄に過重負担、押し付けるだけ!自民党政権
 ・子や孫に同じ思いさせたくない…沖縄「慰霊の日」  17時53分
 ・マラドーナ氏がFIFA会長選出馬へ ジーコ氏と対決?  17時35分  ★FIFAの改革? 会長選だけで、変わるのか?
 ・伊勢志摩サミット、梅雨を避けて来年5月26日から  17時30分
 ・“苦境”シャープ株主総会 社長に辞任求める声も…  17時30分
 ・維新・柿沢幹事長 国会の会期延長をけん制  18時15分     ★憲法違反に、何処まで本気か‽‽‽ いづれ、自民に日和ると見られているが…
 ・「小渕氏の不起訴処分は不当」 検察審査会に申し立て  14時6分   ★ちょっと時間が経ち過ぎたような… 犯罪は、未だ、時効にはかかっていないだろうが。
 ・高校生が首を骨折 捜査車両が自転車と衝突事故  5時58分  ★以前から多いのか‼‽ 警察車両による加害、交通事故。もみ消しも?
 ・年金にマイナンバー活用へ 政府「流出の影響なし」  5時57分  ★政府、公務員、主権者の権利、意に介さず! 辞職する他なし。
 ・成長戦略と骨太方針を決定 ドローンなどの活用も  5時56分  ★頭に血が上った侭かと。 偏頗な奴ら。
 ・75歳男性遺体、後頭部に傷 殺人で捜査 福岡  5時55分
 ・年金情報流出は101万人 全国で被害、大阪が最多  5時54分

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」6月25日例会のお知らせ 6/17 (笹井明子) ○6月25日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)6月例会を開催します。
今回は『「平和への結集」をめざす市民の風』他で、長年に亘り地道な市民活動を積み重ねてこられた太田光征さんを講師にお迎えし、『Facebook: 市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟』のテーマでお話ししていただきます。
趣旨:
昨年立ち上げたばかりのとりプロは10年越しで選挙制度、公選法、関連法を抜本的に改正していこうという取り組みです。年内に市民審議会を設立すべく動いています。既に学者・弁護士・ジャーナリストなどが委員として内定しています。
 参院での協議も最初から分かっていますが決裂し、与党内の協議も同様です。早く市民に任せるべきで、そのような受け皿になりたいと思います。
 私が取り組んでいる選挙訴訟ではいわゆる「1票の格差」だけを争点とせず、小選挙区制本体の違憲性など、「1票の格差」よりも重要で多様な争点を掲げています。
 政党が選挙制度の問題を「1票の格差」だけに矮小化していることで、政治変革の切り札をみすみす捨てています。こういった問題などにも触れたいと思います。・・・(太田さん)

今の政治情勢下、草の根市民に何ができるか、太田さんと共に考えたいと思います。是非奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。  折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月23日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 碧空行雲  (百山) ○なんと表すればいいのでしょう。あまりにも~~と絶句して、あとの言葉が続かない。
  人類の比類なき知恵が生み出し、生み出し続けるもの数多。その数知れず。その中でも、その存在自体あまりにも身近に過ぎてそこにあるを忘れるようなもの・テレビ。それが伝えるものは、知らず知らずに脳裏の中に居場所を得て、とっさの行動・判断を左右する潜在意識を構成する。ああ、何ということでしょう。昨今は、その利器が、立て続けに目を背けさせるような映像を、映し出す。 何の因果関係もないような状況下で、人のたった一つしかない、最大限尊重されるべきものを奪い、その帰結として、司法の世界の相場(!、?)どおり、無期刑を言い渡された男の発した言葉<また人を殺せる>。まだあどけなさが残る横顔の初年自衛官。初めての実弾射撃訓練の姿。引き金を引くその指先は、何を語り掛けて来るのでしょう。一つ引く毎にその心は麻痺し、銃口から飛び出すものが、何を為すものであるかすら感じなく成っていく。 違法薬物を吸引して、朦朧とした状態でハンドルを握り、歩道に乗り上げて人を殺傷したの罪悪感を微塵も感じない表情を浮かべながら、引き立てられる者。 国権の最高機関の構成員と自他ともに許し、その眼は一意専心国民の上に注ぐを職責とするはずの者たちが、それから逸脱した行動の挙句に身体不如意に陥ったと、間髪を入れぬ速さで用具を装着し、これ見よがしに衆目にさらす。いささかの矜持あれば、逆にかなぐり捨ててでもの思いで<神聖な場>に臨もうものであろうに。そのほか巧言令色のオンパレード。実像は霞んで定かならずを、形容詞の積み重ねが一層の曖昧模糊を加速させる永田町の住人達の有難き御姿。  これらに日常的に接する視聴者達。どのような精神風土が醸成されていくものなのか。  
 碧空行雲。悪しき方向にだけは雪崩を打たないようにと、ただ祈り居る。霊験のほども知らぬ<主権者様>と印したお札を握りしめながら。
イシャジャの呟き: 沖縄慰霊の日  誕生日の花 ヒメサユリ 花言葉 飾らぬ美 6/23  ○シモツケ  晴れた天気が怪しげになってきた。西日本から北日本にかけて大気の状態が不安定で 雷、雹、竜巻、大雨に注意の報道があった。
 今日は「沖縄全戦没者慰霊式」、正午のニュースで見たが 総理・衆院議長などの顔もちらり、翁長知事の言葉には拍手もあったように感じたが、総理の言葉には ?
 今朝の新聞の5面、骨太方針と成長戦略素案~対立解けず玉虫色決着、色あせるアベノミクスとの見出しで 解説記事が載っていた。化けの皮が剥がれて来たナ~
 東京新聞の社説: 「違憲」の安保法制 撤回・廃案を決断せよ 6/23は「・・・国会が約三カ月間延長されたが、「憲法違反」と指摘される安全保障法制関連法案をこのまま成立させてはならない。・・・」と論じていました。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ”永田町徒然草”: 不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”というサイトで、”不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”と綴っておりましたので 貼りました
 今日のトピックス Blog6/22: 大幅な会期延長して主権者の意思に逆らい、戦争法案強行採決、再可決迄しようとする君! 主権者を何と心得る‽‽‽ 口約束の責任はお独りで  ★一人で逝ってよし‼‽ 主権者、国民を巻き添えにするな! そう、攻撃対象国の市民も!世界市民も。 主権者も、その日本国憲法も、お前の玩具じゃないぞ。 素も、畏敬の念、尊敬の念が欠けている・・・。公務員・議員失格だ!

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)

■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>








 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(38)東条内閣総辞職と終戦工作の不発 ・ブログ連歌(408) ・ 民主平和党ホームページ 6/23 ○サイパン島の失陥により、東条首相の権威は深刻な打撃を受けた。自ら首相と陸軍大臣と参謀総長を兼任し、独裁者に近い権限を握っていたのだから、戦局の悪化については責任を負わねばならない。かねて開戦の決定に対して慎重で、開戦後も早期和平の道を模索していた重臣たちの中から倒閣の運動が起こった。サイパン島の放棄について不満を感じていた天皇の、東条首相への信頼感も揺らいでいた。
 後任に指名されたのは、小磯国昭・陸軍大将と米内光正・海軍大将だった。首相は小磯で、小磯内閣と呼ばれたが、米内も同格で、海軍大臣を兼ねる副総理という位置づけだった。陸海軍が一体となって国難に当るようにという、天皇の意向を反映したと思われる。しかし現在進行中である戦争の流れは、担当者が交代しただけで変るものではない。戦前には日独伊三国同盟に反対した米内にも、できることは限られていた。
 もし後の東京裁判で認定されたように、太平洋戦争を計画し実行した主犯格が東条英機に代表される陸軍であったとしたら、東条内閣が倒れた時点で本格的な和平工作の開始が可能だったはずである。じつは天皇の弟宮で海軍の軍人だった高松宮は、サイパン戦のときに天皇との会話で戦争の終結を進言している。しかし天皇の言葉は「それは政治の問題だから」という言い訳でしかなかったと伝えられている。
 日本の場合はヒトラーのような特異な世界観と使命感に凝り固まった独裁者がいたわけではなかった。天皇を戴く立憲君主制の下で、軍人を含む政治家たちが国政の舵取りをしてきたのである。それが膨張主義に傾いて大陸に進出し、欧米諸国と摩擦を起こすようになっても自制せず、逆に「アジアを欧米の植民地から解放する大東亜共栄圏」という大義名分を掲げて、一か八かの大博打に出てしまったというのが実情に近いだろう。
 その戦争を力の限りやってみた二年半の結果としてサイパン島の敗戦があった。近代戦の特徴として、均衡が破れたあとは負ける側の受ける殺戮と破壊が加速度的に増加する。先見の明があれば、明らかに「勝負はここまで」であった。しかし国をあげた戦争には惰性がついている。すべてが戦うことを前提に動いており、精神もそれに支配されている。戦争も「急には止まれない」のだ。・・・  ★(無条件)降伏を実行できない、しないのも、また軍隊故であったとか。…「勝つ為の軍隊」  では、政治の側にできたのか?…確かに、とどのつまり、天皇がポツダム宣言受諾を決断したのではあったが。…軍隊が、玉音放送レコードを奪取しようとしたとか聞く…














市民社会フォーラム: ◆「イラク戦争のウラニウム兵器とガンの拡がり」イラクSANAテレビ番組 6/23 ○イラク平和テレビ局 in Japan からのお知らせです。
  http://peacetv.jp/sp/ ※PCサイトはこちら--- http://peacetv.jp/
 ■ 今週の配信映像(2015年6月20日~)
 ◆毎月500円の視聴登録でイラクSANAテレビを支えてください。
  http://peacetv.jp/sp/ ※PCサイトはこちら--- http://peacetv.jp/
市民社会フォーラム: レイバーネットTV89号番宣「国会包囲」生中継 6/23
  ●労働者の 労働者による 労働者のためのレイバーネットTV 第89号放送
  特番 : 戦争法案NO! 3分スピーチ~レイバーネットTV「国会包囲」生中継
   ・日時 2015年6月24日(水曜日)18.30~20.00  ・視聴アドレス http://www.labornetjp.org/tv
   ・配信場所 国会図書館前「永田町」駅寄りのミニスペース
(地下鉄永田町駅、国会議事堂前)
   ・キャスター  松元ちえ 土屋トカチ
 
IWJ: 2015/06/21 【スクープ!】礒崎首相補佐官を論破した18歳女子は実在した! 岩上安身が直撃!「戦争は消火活動ではなく、人同士が殺し合うもの」――戦争と災害を区別さえできない安倍政権を徹底批判!  ○首相補佐官が10代の女子に論破され、逃走するという「事件」が起きた。 自民党・礒崎陽輔首相補佐官が6月9日、集団的自衛権行使の必要性をツイッター上で力説していたところ、「ほなみ」さんという18歳女子にことごとく反論され、「集団的自衛権と個別的自衛権の違いすら分かっていない」と論破されたのである。 最終的に礒崎氏は「ほなみ」さんをブロックして幕引きをはかったが、首相補佐官が10代の女子に論破されたことはたちまち話題となった。ふたりのやりとりのまとめは約43万viewを記録している(6月21日時点)。



  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: あすも不安定 空の変化に注意!今村涼子の「今天」 6/23 ○23日の関東は、また不安定度が強まり、平野部でも雷雨となっています。この後、さらに広範囲で雷雨となってきそうです。この不安定な天気、24日も続きます。そこで、きょうの「今天」がこちら、「あすもまだ不安定!急な雷雨はどこで?」です。

TBS: 沖縄「慰霊の日」、遺族たちが平和への祈り捧げる 6/23 ○6月23日は70年前の沖縄戦の戦没者を追悼する「慰霊の日」です。70年前の沖縄戦では、アメリカ軍の火炎放射器による攻撃、そして集団自決、犠牲者20万人以上のうち半分近くは沖縄の住民でした。23日、糸満市で行われた70年目の追悼式典には安倍総理も出席。地元の高校3年生、知念捷さんが詩を朗読し、「今は平和でしょうか」と問いかけました。
 鎮魂の思いを胸に迎えた沖縄・「慰霊の日」。
 「今は平和でしょうかと私は風に問う。いっそ、戦争のことは風に流してしまいたい。しかし、忘れてはならぬ。彼女の記憶を、戦争の惨めさを、伝えねばならぬ」(高校3年生の知念捷さん)   最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園には、早朝から遺族たちが訪れ、平和への祈りを捧げました。・・・・・・・・・  ★それにしても、安倍コベ氏、日本本土の為に、沖縄人20万人とは言わないが、その犠牲を前にして、また、戦争を繰り返すと宣言するようなことが、よく言えるよな‼‽ いい面の皮をしている! そして‟平和”のウソ衣まで着せて…法案に。主権者騙し!
ANN: 子や孫に同じ思いさせたくない…沖縄「慰霊の日」 6/23 ○70年前、激しい戦闘が繰り広げられ、20万人以上が犠牲になった沖縄は23日、「慰霊の日」を迎えました。
 (秋山和代記者報告)  24万1336人が刻銘された平和の礎(いしじ)です。朝早くから、沖縄戦で亡くなった家族や友人の名前を求めて多くの人が平和の礎を訪れています。  遺族:「(戦争の記憶が)段々、薄くなっていくような、濃くなっていくような、何とも言えない感情」「4名の兄弟、戦争で亡くなっていますから。もう、段々、戦争も風化している気がするね」  沖縄県・翁長知事:「普天間基地を辺野古へ移設する作業の中止を決断され、沖縄の基地負担を軽減する政策を再度、見直されることを強く求めます」  全戦没者追悼式では、安倍総理大臣やケネディー駐日大使が出席するなか、翁長知事は「平和宣言」のなかで改めて、「辺野古に基地は造らせない」と強く訴えました。戦後70年、戦争体験の風化が懸念されるなか、政府は、辺野古に戦争につながる新しい基地を造ろうとしています。「再び沖縄を犠牲にするのか」「子や孫に二度と同じ思いはさせたくない」、そんな声が聞こえる戦後70年目の慰霊の日です。
ANN: 総理と知事、認識の違い明確に 問題進展ほど遠い? 6/23 ○会談は、安倍総理が帰りの飛行機に乗り込む直前の5分間程度行われました。翁長知事側によりますと、そのなかで基地問題については話されなかったということです。ただ、基地問題については、23日の安倍総理と翁長知事の発言を比べても、新基地建設反対の沖縄と普天間基地の負担軽減を訴える政府との認識の違いが改めて浮き彫りとなりました。  翁長沖縄県知事:「昨年の選挙で反対の民意が示されており、辺野古の新基地建設は困難である」  安倍総理大臣:「一つひとつ負担の軽減を図ることが、政治の責任だと思っております」  認識の差を埋めるには対話しかないわけですが、ある政府高官は「話し合う環境ができていない」と語っています。一方で、翁長知事側にしても政府側に決断を促さなければならないわけですが、対話すればするほど手詰まり感が漂うというジレンマもあります。今回、両者は、何とか会談をセットしましたが、会うのも大変な抜き差しならない状況で、問題の進展には程遠いという印象です。  ★さも! いづれも、『主権者に従う』しかないのだが、安倍コベ氏は、不忠者だから。こんなザマ‼‼に

FNN: 沖縄・慰霊の日 翁長知事、平和宣言で辺野古移設撤回求める 6/23 ○沖縄は23日、20万人余りが犠牲となった沖縄戦から70年目の慰霊の日を迎え、戦没者の追悼式典が行われた。 正午の時報に合わせてささげられた、黙とう。 沖縄は23日、戦後70年目の慰霊の日を迎えた。 先の大戦で、最も激しい地上戦が繰り広げられた沖縄。 住民を巻き込んだ戦いは、3カ月に及び、一般市民を含む20万人以上が犠牲となった。 最後の激戦地となった本島南部、糸満市の平和祈念公園に設けられた平和の礎(いしじ)。そこには、沖縄戦で犠牲となった人の名前が刻まれている。
 …翁長沖縄知事は、平和宣言の中で、「普天間飛行場の辺野古移設については、昨年の選挙で反対の民意が示されており、辺野古に新基地を建設することは困難であります」と述べた。 翁長知事は、アメリカ軍普天間基地の辺野古移設に、あらためて反対を表明。 沖縄県知事が、平和宣言で辺野古への移設撤回を求めたのは、初めてとなる。  ★戦争する国化、戦争法案、撤回!と、くどくど要求、請求しよう。諦めるまで、或は、安倍政権が倒れるまで! 戦争国家断念する政府が登場するまで‼‼
TBS: 沖縄戦が残した教訓、住民の生死を分けたのは 6/23 ○・・・「女は強姦されて殺される。男は銃殺ですね。もうこれを信じない人はいなかった」(新城信敏さん)  さらに、当時の日本軍は「生きて虜囚の辱めを受けず」とする戦陣訓を徹底。敵への投降を禁じていましたが、アラグスクガーでは渡米経験のある住民がアメリカ兵と交渉し、「何も持たずに洞窟から出る」という条件のもと300人全員が捕虜となりました。  かつての激戦地、嘉数高台。後ろに見える普天間基地の北側と南側では、当時、犠牲となった住民の数に大きな違いが出ていました。それを左右したのは、日本軍の存在でした。  日本軍は、現在の普天間基地の南側に多くの陣地を構築し、アメリカ軍を迎え撃ちました。陣地に近い集落の戦没者率は、北側に比べ大幅に高くなっています。  戦没者率の高い地域の住民は、日本軍のそばにいたため投降することも許されず、激しい戦闘に巻き込まれて多くが砲弾の中で命を落としました。  「もし(日本軍が)いたとすれば、あったかもしれない。自殺ですよ。なかったと言えばうそです」(新城信敏さん)  一方、新城さんがいた北側は日本軍が既に後退した地域で、住民たちが冷静に集団投降できるケースが多く、早くからアメリカ軍の支配による戦後が訪れていました。しかし、投降後、2年間の収容所生活を終えた新城さんを待っていたのは、厳しい現実でした。生まれ育った家があった場所はアメリカ軍に接収され、普天間基地へと姿を変えていたのです。・・・

NNN: 首相、知事と会談せず 移設変わりない考え 6/23 ○安倍首相は、沖縄が抱える基地の負担軽減について「前に進んでいることは事実」と強調した上で、普天間基地の固定化は断固としてあってはならず、「知事をはじめ、沖縄県民に説明を丁寧にしていく」として、辺野古への移設を予定通り進めることに変わりがない考えを示した。  ★首相、知事と会談せず 戦争へと前へ‼‽進んでいると。であれば、沖縄の基地負担、沖縄以外の基地負担、増大するは必至の話。安倍コベ語は、嫌いだ! 真面目さが、欠如している。主権者への忠誠心もない。最高法規も護らない、守らない。

NNN: 維新・柿沢幹事長 国会の会期延長をけん制 6/23 ○維新の党・柿沢幹事長は安全保障関連法案などを巡り、法案が参議院に送られてから60日後に衆議院で再可決できる、いわゆる「60日ルール」を政府・与党が「使わない」と宣言しないなら、審議拒否も辞さない考えを示した。  柿沢幹事長「60日ルールを使わないということを、あらかじめ政府・与党の側に宣言していただかなければ、今後の国会審議にも、本当の意味でお付き合いをする気持ちになれない」  柿沢氏はさらに、「あらゆる選択肢を留保したい」と述べ、審議拒否も辞さない考えを示した。政府・与党は安保関連法案を確実に成立させるため、いわゆる「60日ルール」を使うことも視野に今の国会の会期を95日間延長したが、柿沢氏はこれをけん制したもの。  ただ、維新の党内には橋下最高顧問や、橋下氏に近い「大阪系」の議員ら、審議拒否に批判的な議員も存在していて、党全体として安保関連法案にどのような対応を取るかが今後の焦点となっている。  ★そう、労働者派遣法改悪にしても、最後に日和見した。正に、自民党補完勢力ぶりをいかんなく、発揮した。既に、前科あり!主権者への裏切り。
NNN: 交際相手を“監禁し暴行”消防士を逮捕 6/23  ★拉致監禁事件…
TBS: 知的障害で強制不妊手術、人権救済を申し立て 6/23 ○障害などを理由とした不妊手術を容認した旧優生保護法に基づき、不妊手術を強いられたのは人権侵害にあたるとして、60代の女性が日弁連に人権救済を申し立てました。  旧優生保護法は、「不良な子孫の出生を防止する」などとして、知的障害者などに本人の同意がなくても不妊手術を施すことを認めたもので、この規定は1996年の法改正で削除されました。  宮城県の60代の女性は知的障害の診断を受け、住み込みで職業訓練を受けていた10代のころに、突然、診療所で不妊手術を施されたということです。  「手術されたことを知ってから、毎日苦しみでした。50年以上たつが、誰にも言えず、心に秘めながら生きてきました」(女性)  女性は「幸福追求権が侵害された」として、23日、日弁連に人権救済を申し立てました。  弁護団によりますと、法律に基づき行われた不妊手術はおよそ1万6000件に上るということで、国に補償と謝罪を求めたいとしています。  ★旧優生保護法による強制処分、ハンセン病(らい病)予防法による強制処分、国は、随分悪事を働いてきたものだ… 数多の、公害病もある。 国は、潔くあれ‼‼ 日本国憲法順守・擁護義務を遺憾なく果たせ!
 ハンセン病に関する主な出来事 - 厚生労働省  ★らい予防法
FNN: 電車内で女性に胸など露出させる 福岡のAV制作会社社長ら2人逮捕 6/23

ANN: 経営再建策に厳しい声 シャープ株主、今後を不安視 6/23 ○23日に開かれたシャープの株主総会では、高橋興三社長の辞任を要求する声や経営再建策について厳しい意見が相次ぎました。
 株主:「この責任を幹部の方々がどれだけ感じているのか」「社長を社外から呼んでシャープを立て直してほしい」「不信感が芽生えている。高橋社長の退任を要求する」
 総額2250億円の資本増強や資本金の大幅減額など経営再建策に関するすべての議案が賛成多数で承認されましたが、株主からは今後の経営について不安視する質問が相次ぎました。また、高橋社長は自らの役員報酬について、7月から9月の間、70%カットすることを明らかにしました。
不正会計に揺れる東芝。その決着のシナリオを読む HARBOR BUSINESS Online 6月20日 ○…◆一時は上場廃止の危惧すらあった  東芝は5月8日に、インフラ関連の工事原価が過小に見積もられる“不適切”な処理が判明したため、第三者委員会を設置すると発表しました。同時に、’15年3月期の決算短信は期限の5月15日までには提出できず「6月以降」まで遅延すると明かし、期末配当を取り消すというリリースも出しました。常識的に考えれば、過年度の有価証券報告書(少なくとも時効になっていない5年分)を6月末までに提出しなければなりませんが、これでは到底不可能。監理ポスト入り、ないしは上場廃止のリスクさえあると危惧していたのですが、5月29日には信じがたいIRが立て続けに出ました。16時50分に有報の提出期限を8月31日に延長してもらえるよう申請したと発表したのですが、その1時間20分後には「提出期限延長申請に係る承認のお知らせ」なるIRを出したのです。2か月の延長もさることながら、たった1時間20分でその承認が下りるなど前代未聞。承認したのは金融庁(関東財務局)と東証ですが、超過保護的措置と言わざるをえません。  不思議なことに、どこからともなく過去の業績(利益)修正額は最大500億円と、屋台骨が揺らぐほどのものでないことも伝わってきています。一方で、第三者委員会の調査対象は映像、半導体、パソコン事業などにも広がりました。これらを総合すると、不適切会計が社内抗争の材料にされていると推測できます。4月3日には室町正志会長を委員長に据えた特別調査委員会を設置されていますが、この時点ですでに状況は解明されたのでしょう。第三者委員会を設置したのは、事件性のない「単純ミス」と結論付けられることが見えたから。そのミスは社内抗争に敗れた陣営側の「過失だった」と報告して、処分・放逐するシナリオです。
FNN: ソニー定時株主総会 巨額赤字で平井社長が陳謝 6/23 ○ソニーは23日、定時株主総会を開き、平井社長は、2014年度の最終損失が1,000億円を超える赤字となったことや、上場以来初めて株主配当を0円としたことについて、「重く受け止めている」、「深くおわびする」と陳謝した。そのうえで、経営再建に向けた構造改革の成果が出始めていると説明し、「引き続き、手を緩めず改革を行う」と強調した。 質問に立った株主からは、業績の責任を問う声のほか、リストラによって技術者が流出することを懸念する声などが上がった。


ANN: マラドーナ氏がFIFA会長選出馬へ ジーコ氏と対決? 6/23 ○汚職事件で揺れているFIFA(国際サッカー連盟)の次期会長選挙に、元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏が立候補する意向を示していることが明らかになりました。ロイター通信などによりますと、ウルグアイ出身の著名ジャーナリストが、マラドーナ氏本人から聞き、公表する許可を得たとしてツイッターで発表しました。マラドーナ氏は、「私は候補者だ」と立候補を表明したということです。元ブラジル代表で日本代表監督も務めたジーコ氏も立候補する考えを表明しています。  ★大規模汚職事件で揺れているFIFA、金権体質、カネ塗れに見えるFIFAが、透明性の高い組織運営、ワールドカップサッカー、サッカー界を指導・運営できなければ、会長選挙も意味がない‼‽
コンピューターの仕組みを学ぶ子どもたち、ロンドン AFPBB News 6月23日













2015-06-22

6/22: 大幅な会期延長して主権者の意思に逆らい、戦争法案強行採決、再可決迄しようとする君! 主権者を何と心得る‽‽‽ 口約束の責任はお独りで

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・車体が吹っ飛び粉々に 交差点に猛スピードで突入  18時38分  ★妙な交通事故も、最近多い…
 ・MERSの猛威、空の便にも拡大 新たに2路線が運休  18時34分  ★何とか、抑え込まないと‼‽ 懸念、妄想が拡散しかねない?
 ・真っ白なオタマジャクシ発見! 未来はシロカエル?  18時34分
 ・早稲田大にサイバー攻撃“3300名の個人情報”流出  18時14分
 ・小5女児2人、車にはねられる 1人が意識不明の重体  17時55分
 ・元大関・貴ノ浪の告別式 多くの力士やファンが最後の別れ  19時32分  ★お悔やみを申し上げます
 ・年金情報流出、47都道府県の101万4,653人 大阪が最多  18時59分   ★250万件が、101万5千件に、確定か?
 ・MERS タイの接触者数人と連絡取れず  5時56分
 ・日韓外相会談 関係改善へ前進も課題残る  5時51分  ★唐突な!関係改善‽‽‽ 時間切れで、迫られて?
 ・大幅な会期延長を示唆 安保法案成立へ谷垣幹事長  1時8分  ★却下!大喝だ‼‽ 時間が、違憲が合憲に変えるとでも‽‽‽ しかも、安倍氏の説明(議論になっていない)が主権者に響かない侭… 安倍独裁
 ・川越市「菓子屋横丁」火災 90歳の男性死亡  1時5分
 ・皇后さまがコンサート鑑賞 アンコール演奏に拍手  1時4分
 ・お父さんパンダに“父の日”のプレゼント  2時36分

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」6月25日例会のお知らせ 6/17 (笹井明子) ○6月25日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)6月例会を開催します。
今回は『「平和への結集」をめざす市民の風』他で、長年に亘り地道な市民活動を積み重ねてこられた太田光征さんを講師にお迎えし、『Facebook: 市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟』のテーマでお話ししていただきます。
趣旨:
昨年立ち上げたばかりのとりプロは10年越しで選挙制度、公選法、関連法を抜本的に改正していこうという取り組みです。年内に市民審議会を設立すべく動いています。既に学者・弁護士・ジャーナリストなどが委員として内定しています。
 参院での協議も最初から分かっていますが決裂し、与党内の協議も同様です。早く市民に任せるべきで、そのような受け皿になりたいと思います。
 私が取り組んでいる選挙訴訟ではいわゆる「1票の格差」だけを争点とせず、小選挙区制本体の違憲性など、「1票の格差」よりも重要で多様な争点を掲げています。
 政党が選挙制度の問題を「1票の格差」だけに矮小化していることで、政治変革の切り札をみすみす捨てています。こういった問題などにも触れたいと思います。・・・(太田さん)

今の政治情勢下、草の根市民に何ができるか、太田さんと共に考えたいと思います。是非奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。  折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月22日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 夏は来ぬ  誕生日の花 シモツケ 花言葉 いつかわかる 真価 6/22  ○シモツケ  夏が来た。早く目覚めて ラジオ深夜便の明日への言葉を聴く、沢知恵さん(シンガソングライター)であり、父は日本、母は韓国で 世界各国に在住し 言語も世界的、日本語 ハングルで歌っていました。日韓国交正常化50周年の今日に相応しい番組でした。
 新聞は共同通信の世論調査の結果を報じ、安保法案「違憲56%」 「反対」58%、11ポイント増の見出しがでかい、衆院特別委員会では 参考人の意見聴取がありネット中継を視聴する。 ・安保法案は憲法違反56% 共同通信世論調査  47NEWS 6/21
 元法制局長官ら「違憲」 安保法案特別委参考人質疑 東京新聞 6/22
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ”永田町徒然草”: 不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”というサイトで、”不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”と綴っておりましたので 貼りました
 今日のトピックス Blog6/21: 国会大幅延長‽‽‽ 安保法制は仕切り直し‼ 集団的自衛権の行使は諦め法案全面書き換えを、「違憲」の評価を「合憲」に変えるのは難しい  ★時間が解決する! そんな期待は、安倍コベ氏にもないだろう。只あるのは、強行採決あるのみ‼‽ それが、主権者への畏怖、敬意を含むものなのか、深甚の反省を、政府に、自公議員に求める。また、憲法違反の評価が、時間が経てば、合憲になるなどは、有り得ない話だ。質の(クロをシロにしようとの)問題なのだから。憲法上の評価は、変わらない! 採決で、主権者に、仇名してもならぬ。

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)

■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

上関原発計画で判断先送り 山口県、中国電力に再質問 【東京新聞】2015.06.22
「被害者視点が欠如」 横浜で脱原発シンポ 【神奈川新聞】2015.06.22
不具合…契約解除 放射線監視装置いまだ放置 【河北新報】2015.06.22
「避難者無視 帰還を強要」 福島県、住宅無償提供打ち切り方針 【東京新聞】2015.06.22 ○「法律の理念が守られず骨抜き」。東京電力福島第一原発事故後、被災者を支援するための「子ども・被災者支援法」が成立し三年となる二十一日、都内でシンポジウムが開かれ、福島県が、自主避難者への住宅無償提供を二〇一七年三月で打ち切る方針を決めたことに厳しい批判が上がった。避難者らは九月、「避難の権利」実現に向け全国組織をつくる。 (片山夏子) 主催は、被災者や支援者の六十三団体でつくる「原発事故子ども・被災者支援法市民会議」。約二百人が集まった。 福島市から札幌市に子どもと避難している会社経営中手聖一さん(54)は、被災者らが自らの意思で避難や帰還などを選択できるよう支援する支援法ができた経緯を説明。 「やっと守ってくれる法律ができたと思ったが、政府は被災者の声に耳を傾けず賠償を打ち切り、支援無き自力避難や望まぬ帰還促進を進めようとしている」と訴えた。その上で「次々支援が打ち切られる危機感の中、全国の避難者が連携しなくては」と結束を呼び掛けた。・・・  ★魂入れず!

高浜原発そばに津波痕跡 規制委、関電に調査促す 【東京新聞】2015.06.21 ○原子力規制委員会の審査で、2月に「合格」と認められた関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)そばの若狭湾沿岸で、14~16世紀に起きた津波の痕跡とみられる砂層を福井大などのチームが21日までに確認した。 津波の規模は不明で関電は「津波評価や対策に影響を与えるものではない」としている。一方、規制委は取材に対し「安全を脅かす方向につながる情報かどうか留意して、結論ありきではなく検討したい」と関電に調査を促す考えを示した。 若狭湾沿岸では、1586年の天正地震に伴う大津波で大きな被害が出たとの説がある。  ★この調査、作業、監視し続けないと‼‽




 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(37)インパール作戦とノルマンディー上陸 ・ブログ連歌(408) ・ 民主平和党ホームページ 6/22 ○太平洋でサイパン島をめぐる血戦が行われていたころ、ビルマ戦線ではインドの北東部に侵攻するインパール作戦が展開されていた。これはインドから重慶へ通じる「援蒋ルート」を切断するために企画されたのが本来の目的だったが、日本軍に協力してインド独立をめざす「インド国民軍」に活躍の場を与えるという大義名分もあり、日本軍最後の積極作戦として昭和十九年(1944)の三月に開始されていた。 日本軍が全般的に守勢になった時期の作戦であり、空軍の支援も充分な兵站も期待できないことから根強い慎重論もあったが、イギリスの支配下にあるインド国民の独立運動を勇気づけ、作戦に呼応して内部から混乱が起きるのではないかという虫のよい期待もあった。これは「大東亜共栄圏」構想を具体化して見せる最後の作戦だった。 この作戦には兵力としては九万名が動員され、日本軍は当初は予定通りに進撃したが、イギリス・インド軍は守りを固めて日本軍の消耗を待った。日本軍に包囲されても空からの補給が充分にあり、逆に日本軍には空からの絶え間ない攻撃に対抗する手段がなく、食糧に窮して補給を求めても「糧は敵に求めよ」と返信されたと言われる。 要するに南方戦線で何度も繰り返された密林の中で飢えて戦力を失う地上戦の失敗を大規模に再現する結果になった。七月になって作戦は中止されるのだが、帰還できた兵力は一万二千に減っており、最後はインド国民軍も裏切って戦線から去った。・・・・・・
市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラム協賛企画】「歴史から学ぶとは何か」―ナチス・ドイツと現在の日本― 6/22 ○先月、『変容するドイツ政治社会と左翼党』を刊行された、木戸衛一さんの発刊記念講演会です。ぜひご参加ください。
  日時: 7月11日(土) 午後1時半~午後4時(午後1時開場)  会場: ドーンセンター4階 大会議室3  ※大阪:天満橋(京阪、地下鉄「天満橋」下車、1番出口より東へ350M) 
市民社会フォーラム: 【毎日新聞記事、京都新聞にも載りました。IWJ動画です】 6・20沖縄戦70年「辺野古から仲間たちがやってくる」京都集会は300名の参加で成功しました  6/22  >>>2015/06/20 【京都】戦後70年企画「辺野古から仲間たちがやってくる」 ―講師 高里鈴代氏(島ぐるみ会議共同代表)(動画)
市民社会フォーラム: 今週水曜日(24日)深夜、24:10~NHK総合で核兵器禁止条約の特集番組  6/22 ○……ちなみに6月24日は、「とめよう!戦争法案 集まろう!国会へ 国会包囲 行動」が呼びかけられています
市民社会フォーラム: デモクラTV 池田香代子の「100人に会いたい」 25人目 松本春野さん 福島に通い福島に学ぶ 6/22 ☆デモクラTV 
市民社会フォーラム: 朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が日韓外相会談と維新の状態を語る 6/22 ○…これについて伊藤さん、背景はアメリカの圧力で、ケリー長官が訪韓し、それから歩み寄り、アメリカが日本と韓国の喧嘩をやめるようにいい(アメリカの対中戦略による)+韓国の国内事情、朴政権の支持率低下、さらに韓国の世論も、国内を何とかしてくれ、日本と喧嘩する場合ではないとして、日本を攻撃しても支持率は上がらず、朴氏は反日ではなく、ユン外相は対日強硬派で日本に来たことはなく、そのユン大臣が日本に来たと言うことは、日韓首脳会談の可能性を示すもので、お互いに歩み寄る形を見たものと言われました。・・・
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter 6/22
植草一秀の『知られざる真実』: 橋下維新「第三極」出自は自公補完勢力創作 6/21
孫崎享のつぶやき: 集団的自衛権、女性の動きに期待したい 6/22 ○東京:安保法案、1万5千人が国会囲む 女性らが「人間の鎖」・・・
五十嵐仁の転成仁語: 6月22日(月) 「戦争法案」における集団的自衛権の行使容認が想定するデタラメの数々 6/22



IWJ: 2015/06/21 【スクープ!】礒崎首相補佐官を論破した18歳女子は実在した! 岩上安身が直撃!「戦争は消火活動ではなく、人同士が殺し合うもの」――戦争と災害を区別さえできない安倍政権を徹底批判!  ○首相補佐官が10代の女子に論破され、逃走するという「事件」が起きた。 自民党・礒崎陽輔首相補佐官が6月9日、集団的自衛権行使の必要性をツイッター上で力説していたところ、「ほなみ」さんという18歳女子にことごとく反論され、「集団的自衛権と個別的自衛権の違いすら分かっていない」と論破されたのである。 最終的に礒崎氏は「ほなみ」さんをブロックして幕引きをはかったが、首相補佐官が10代の女子に論破されたことはたちまち話題となった。ふたりのやりとりのまとめは約43万viewを記録している(6月21日時点)。
IWJ: 2015/06/18 安倍総理に白紙委任状は渡さない! 民主党・辻元清美議員「質疑はいつも命がけ」〜瀬戸内寂聴さんも駆けつけた「戦争法案」反対木曜行動に2000人以上  ○安倍政権が推し進める安保法制の廃案を求め、市民約2万5000人が国会を包囲した翌日の2015年6月15日から、衆議院議員会館前では「戦争法案」に反対する座り込み行動がスタートした。毎週木曜日には、戦争立法に反対する抗議集会が5月末から続くなど、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の呼びかけで行なわれる「総がかり」の行動が、連日、国会周辺を埋め尽くしている。 5回目の木曜行動となった2015年6月18日、18時30分から始まった集会には2000人以上の参加者が集まり「戦争法案反対」を訴えた。 この日、作家の瀬戸内寂聴さんが集会に参加するため京都から上京、車椅子姿で現れた。病気を患い、昨年1年間は、寝たきりで過ごしていたという寂聴さんだが、冒頭、最近の日本の状況に「寝ていられないほど心を痛めていた」と話し、車椅子から立ち上がりマイクを取った。 寂聴さんは、集会参加者のほか、詰めかけた報道陣のカメラに向かって、声を震わせながら次のように訴えた。
•【IWJ独占インタビュー】「死ぬ前にもう一度、言わなければ」ーー「私は反安倍さん」瀬戸内寂聴さんが「戦争法案」反対集会に参加!若者たちへ「愛する人が殺されるということを想像して欲しい」
IWJ: 2015/06/12 辻恵氏、森田実氏、孫崎享氏、天木直人氏、植草一秀氏、2016参院選に向け「新勢力」創出へ ~政府の安保関連法案「砂川判決根拠論」を一刀両断  6/20 ○「強引な安倍政権が主導する、今の国会運営には不満がある。喧伝されるアベノミクス効果も実感がなく、物価の上昇で日々の暮らしは却ってきつくなった。とはいえ、野党は弱体化が顕著。自民党以外に投票したところで、勝てっこない」──。2014年12月の衆議院総選挙で、投票所に足を運ばなかった有権者の多くが、こんな心境だったのではないか。 そして、それが意味するのは、「これなら安倍政権を倒せそうだ」と大勢の日本人が思う、新たな政治勢力が生まれれば、安倍・自民党は政権の座を失う、ということだ。 元衆院議員で弁護士の辻恵氏が発案した、その「新政治勢力」創出の運動に賛同した政治評論家の森田実氏、外交評論家の孫崎享氏、天木直人氏、経済評論家の植草一秀氏らは、2015年6月12日、東京都内で2回目となる「日本政治の行方を考える市民と国会議員の勉強会」を行った。
 勉強会では、安倍政治の難点を問題提起する講演が行われ、政府与党が安保法制関連法案の合憲性の根拠とする「砂川事件」も話題に上った。 講演者の1人である天木氏は、「砂川事件の(最高裁)判決は、判決そのものが、そして、その判決を下した田中耕太郎最高裁判所長官が、いかさまだった。この事実を多くの国民が知るところになれば、今の安保法制の動きを阻止できる」と訴えた。 この日の勉強会で特徴的だったのは、講演者らから、運動の停滞を案じる声が聞かれたことだ。この運動の要諦は、インターネットを駆使した連帯の輪の拡大であり、「新政治勢力」は、その延長線上に存在するのだが、まだ具体性を伴っていない。つまり、このまま勉強会を重ねていくだけでは、大きなうねりを欠いたまま、来年2016年夏の参院選を迎えてしまう恐れがあるのだ。 植草氏は、その不安を口にした上で、独自に「オールジャパン:平和と共生」のサイトを開設したことを発表した。安倍政権の「戦争と弱肉強食」路線に対抗するのが、オールジャパンの「平和と共生」路線であるとして、市民の参加を呼びかけた。
森田実の言わねばならぬ 2014.11.29(その3): 平和・自立・調和の日本をつくるために【1356】 ○《新・森田実の政治日誌》親友の辻恵氏(前衆議院議員、元民主党、元未来の党党員)が無所属で大阪9区から立候補することになりました/民主党への復党を拒否され、未来の党の再建もできず、議会政治家への道を絶たれた辻恵氏のあきらめない精神、政治への尽きぬ情熱に敬意を表します/辻恵氏は抜群の高い政治的能力の持ち主です


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: あすは帰宅時間に雨重なりそう…今村涼子の「今天」 6/22 ○22日は24節気の「夏至」です。昼間の時間が一年で最も長い日、言い換えれば朝が来るのが一年で一番早い時期です。夏至の関東は、すっきりしない天気でした。きょうの「今天」がこちら、「きょうよりもあす!再び大気不安定で雷雨に警戒!」です。
FNN: 年金情報流出、47都道府県の101万4,653人 大阪が最多 6/22 ○日本年金機構の個人情報流失問題で、情報が流出した人は、47都道府県の101万4,653人にのぼることがわかった。そのうち、大阪が、9万6,884人で最も多く、次いで東京が、9万6,172人、神奈川が7万3,826人だった。 内訳は、年金受給者が52万8,795人で、保険料を納めている被保険者が、48万5,858人となっている。
ANN: 歴代の法制局長官が「憲法9条に違反する」と指摘 6/22 ○(政治部・白川昌見記者報告)
 これまで「集団的自衛権の行使は認められない」とする政府見解を積み上げてきた歴代の法制局長官からは疑問の声が相次ぎました。
 元内閣法制局長官・宮崎礼壹氏:「集団的自衛権の行使容認は限定的と称するものを含めて従来の政府見解とは相いれないものであって、これを内容とする今回の法案部分は憲法9条に違反し、速やかに撤回されるべきものである
 元内閣法制局長官・阪田雅裕氏:「ホルムズ海峡の機雷封鎖、これなどはどう考えても我が国の存立を脅かし、国民の生命自由及び幸福追求の権利を根底から覆すような事態に至りようがない
 一方、森本敏元防衛大臣は「周辺諸国の脅威を考えると、現状は国の安全を守るには不十分だ」として法案の必要性を強調しました。
 森本敏元防衛大臣:「私は基本的に我が国の安全保障にとって極めて重要な意味と役割を有する法制であって、一方、この法制に対する十分な国民の理解と支持を広げることが何よりも必要である」
 安保法案を巡り、違憲、合憲という議論が続く状況を受け、政府・与党は国会の会期を9月下旬まで大幅に延長するという決断をしました。当初はお盆前の法案成立を目指していましたが、与党幹部は「憲法学者の違憲表明ですべてがおかしくなった」と嘆いています。午後には自公の党首会談を行い、夜の本会議で正式に延長を決定します。  ★森本敏元防衛大臣って、憲法学者だったっけ‽‽‽ 拉致問題の時から、燥いでいたが、『すぐ、音をあげる』… 素人では‼‽
ANN: 早稲田大にサイバー攻撃“3300名の個人情報”流出 6/22 ○早稲田大学によりますと、去年12月、大学の事務職員が医療費の通知を装うメールを開いたところ、パソコンがウイルスに感染しました。これによって、学生や事務職員ら延べ3300人分の氏名や学籍番号などの個人情報が流出したということです。今月に入って外部機関からの指摘を受けるまで、大学側は感染に気付きませんでした。早稲田大学は「ウイルス対策のソフトは入っていたが、検知できなかった」としています。
ANN: MERSの猛威、空の便にも拡大 新たに2路線が運休 6/22 ○韓国のMERSコロナウイルス感染拡大で、空の便にも影響が広がっています。  韓国では、60代の2人の女性が隔離措置が解除されてから8日後に感染が確認されるなど、これまでに27人の死者を含む172人がMERSコロナウイルスに感染しています。この影響で、大韓航空は新たに鹿児島、青森とソウルを結ぶ路線の運休を決めました。アシアナ航空も、羽田空港や成田空港などとソウルを結ぶ6つの路線で運休を決めています。
ANN: 車体が吹っ飛び粉々に 交差点に猛スピードで突入 6/22  ★中国、か。
FNN: 小5女児2人が車にはねられ1人意識不明、1人軽傷 千葉市 6/22 ○千葉市で、小学5年生の女の子2人が車にはねられ、1人が意識不明の重体、1人が軽傷を負った。22日午後3時20分ごろ、千葉市稲毛区の路上で、「女の子が車にはねられた」と119番通報があった。はねられたのは、下校途中の小学5年生の女の子2人で、病院に搬送されたが、1人が意識不明の重体で、1人が軽傷だという。 警察は、車を運転していた木内 ひろ子容疑者(58)を過失運転致傷の現行犯で逮捕していて、調べに対し、「対向車線が渋滞していて、その間から女の子が飛び出してきた」と話しているという。
ANN: 真っ白なオタマジャクシ発見! 未来はシロカエル? 6/22 ○16日、松山市の水田で、近くに住む中学生が白いオタマジャクシを捕まえました。専門家によりますと、このオタマジャクシは黒い色素「メラニン」を作る時に突然変異で体が白くなったとみられています。突然変異の確率は低く、非常に珍しいということです。ただ、白いオタマジャクシは視力が低いため餌を見つけにくく、敵からも逃げられないため、生き残る確率が低いといわれています。順調に育てば、そのまま白いカエルになるということです。  ★当分、水槽の中で、育てるのか? 自然界では、難しそう。

TBS: 朴大統領、日韓国交正常化50年祝賀行事に出席 6/22 ○日韓国交正常化50周年のソウルでの祝賀行事の会場に朴槿恵(パク・クネ)大統領が到着し、祝辞を述べました。  ソウルの日本大使館が主催する国交50年の記念式典は午後6時半に始まり、朴槿恵大統領が国交正常化50周年を祝うメッセージを読み上げました。この中で、朴大統領は「国交正常化50周年の今年を新たな協力、共存共栄の転機にすべき」と訴えました。  日本と韓国での祝賀行事には、当初、朴槿恵大統領、安倍総理共に出席しない方向でしたが、日韓両首脳がそれぞれ祝賀行事に参加したことから、行き詰っていた日韓関係が好転するという期待が高まっています。慰安婦問題など対立が続く歴史認識をめぐって、今後、どこまで歩み寄れるのかが注目されます。  ★50周年直前に、日韓の唐突な‟手打ち” 誰が、こうした進行を画策したのだろうか。 日韓がいがみ合っては、喜ばしくない遠方の方が、手配でもしたのだろうか?

秘密382件 初の国会報告 恣意的指定、チェック困難 東京新聞】2015.06.22 ○政府は二十二日、重要情報の漏えい防止を目的とする特定秘密保護法の運用状況をまとめた初の報告書を閣議決定した。同日中に国会に提出。対象期間は法施行日の昨年十二月十日から同月末までの二十二日間のみで、特定秘密の指定件数は防衛省など十機関の三百八十二件にとどまった。類型別で暗号(百十三件)が最多だった。透明性が限られた内容となり、恣意(しい)的な指定のチェックは困難な状況だ。 報告を受ける衆参両院の情報監視審査会は、秘密指定の妥当性などの審査に入る。メンバーは与党が多数を占め「追認機関」となる疑念は残る。 特定秘密保護法を担当する上川陽子法相は記者会見で「適切な運用を積み重ね、丁寧で分かりやすい説明を継続し、国民の理解の増進に努めたい」と強調した。 報告によると、秘密の類型は暗号に続き「情報収集衛星関連」(八十五件)、「武器関連」(五十七件)が多かった。他の類型別の件数は示されなかった。秘密を扱う公務員らの身辺を調べる「適性評価」の実施と、各機関の内部通報窓口への通報はいずれもなかった。  ★案の定‼‽

「平和の礎」20年 「命どぅ宝」さらに世界発信を 【琉球新報】2015.06.22 ○「平和の礎」は、1995年6月23日に除幕された。ことしでちょうど20年を迎える。 第2次世界大戦で沖縄は住民を巻き込んだ地上戦の場となり、多くの人命と財産を失った。礎には国籍、軍人、民間人を問わず、沖縄戦で亡くなった人々の名が刻銘されている。そのことは一人一人の命が何物にも代え難く重いことを示している。  いかなる大義があろうと、戦争は残酷な行為であることを礎は語り掛けている。県民の普遍的な思い「命どぅ宝」(命こそ宝)の象徴であり、沖縄戦で亡くなった人々の声なき声を聴く場所だ。  当初の刻銘数は23万4183人だった。その後、毎年、追加刻銘を重ね、ことし6月現在で24万1336人の名前が刻まれている。そのうち約62%が県出身者だ。  戦後70年、戦争体験者、証言者の高齢化、減少で追加刻銘の確認作業は難しくなっている。しかし、沖縄戦の実相を後世に伝えるために、私たちは全ての戦没者の刻銘に引き続き努めていかなければならない。  20年という節目に、県内はもとより他府県出身者や外国出身者のデータをしっかり再点検する必要もあろう。収集した戦没者データを重層化するなど、戦争の実態を示す新たな取り組みの検討も必要だ。・・・
[戦後70年 地に刻む沖縄戦]一家全滅 生きた証しは消えない 【沖縄タイムス】2015.06.22 ○糸満市米須。集落内を歩くと、くしの歯が欠けたように空き地が点在する。崩れた石垣が、かつてそこにあった家族の暮らしを想像させる。  敷地内には大抵、コンクリートブロックを積んだだけの簡素で小さな建物がある。その中には位牌(いはい)や香炉、花瓶が置かれている。  地域のお年寄りはその場所をこう説明する。「イクサウティ チネードーリ ソーン」(戦争で一家全滅したんだよ)。チネーとは家庭のこと、ドーリとは倒れるという意味だ。沖縄戦で誰もいなくなった世帯のことである。  『米須字誌』(1995年刊行)には、沖縄戦が終結した45年当時の集落の「戦災地図」と各世帯の屋号、家族人数、戦没者の数、氏名、当時の年齢、戦没場所が記された「戦災実態」の調査結果が収められている。  それによると、米須では全257戸のうち一家全滅が62戸(24%)、半数以上の家族が亡くなった世帯が93戸(36%)、半数以下が78戸(30%)。全人口1253人のうち戦没者は648人(52%)、実に半数以上の住民が亡くなっている。  字誌や『糸満市史』の調査資料、屋号地図などを基に米須の一家全滅屋敷跡を訪ねると、厳粛な気配が立ち上る。ここは消えた家族を悼む「喪の空間」でもある。・・・
「国旗国歌」要請 「大学の自治」に委ねては 【西日本新聞】2015.06.22
病床削減 行き場なくさぬ支えを 【信濃毎日新聞】2015.06.22 ○全国の病院のベッド(病床)数を10年後の2025年に、現在より1割以上減らす―。医療費の適正化を議論している政府の専門調査会が、病床数の削減目標を打ち出した。  入院治療の必要がない人を自宅や介護施設での医療・介護に移行することで、高齢化に伴って増え続ける医療費を抑える狙いがある。ただ、地域の受け皿は十分ではなく、在宅での生活を支える態勢も弱い。  医療費の抑制にばかり目が向けば、患者や家族がしわ寄せを受ける。地域に固有の事情もある。「削減ありき」の基準を地方に押しつけるべきではない。  専門調査会の報告書は、レセプト(診療報酬明細書)のデータや人口推計を基に「望ましい病床数」を都道府県別に算出した。首都圏などの6都府県を除く41道府県に削減を求める内容だ。  2割以上の大幅減も27県に上る。長野県は17%余に当たる3600床を減らし、1万6800床とするよう求められている。全体で現在の135万床から119万床程度にすることを目指す。  病院の多くは民間経営のため、収入減に直結する病床削減は困難が伴う。政府は、診療報酬の改定や補助金で、病院に介護施設への転換も促していくという。  不要な入院をなくすことは患者のためにも大事だ。けれども、それによって行き場がなくなる事態は避けなければならない。在宅医療・介護の態勢を充実させていくことが欠かせない。  ★在宅を言うが、もはや昔の大家族は存在しない。多数、複数の家族、親族がいたとしても、常日頃から助け合う、そういう人間関係は、期待できなくなっているのではないか。老老介護、その果ては、老齢単身家族‼‽ 受け皿の家庭はないか、期待できない… 人権が確保できるよう、政府は、真に保障すべきだ。計画して。
政治とカネ/改善への熱意が見えない 【河北新報】2015.06.22
安保法案のリスク 政治は「心」を直視せよ 【岩手日報】2015.06.22 ○「36歳の白人男性。兵舎の自室で自殺しました」 「泳げない兵士が、橋から湖に飛び込んで…」 「兆候がまったくなかったため、大きな謎です」 「本当に大きな衝撃だ…では来月また会おう」
 舞台はむろん、日本ではなく米国。デイビッド・フィンケル著「帰還兵はなぜ自殺するのか」で描かれた、陸軍の自殺防止会議の模様だ。 イラク・アフガン戦争に派兵された兵士約200万人のうち、約50万人が心的外傷後ストレス障害(PTSD)など精神的な障害を負い、毎年240人以上が自殺する現状のリポート。今年2月に邦訳され、注目を集めている。 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案の国会審議で、決定的に足りないのがリスクをめぐる論議だ。政権与党は、リスクを明らかにすることが、法案に対する世論のさらなる反発を招くことを恐れているのだろう。 だが、米国などの“先行例”を踏まえ、科学的根拠に基づき隊員の心身へのリスクを把握しなければ、必要なケア体制も整えられない。政治家はリスクを明示すべきだ。
日韓国交正常化50年 歴史かみしめ歩み寄りを 【北海道新聞】2015.06.22 ○日本が、終戦まで35年間にわたって植民地支配していた韓国と国交を正常化させて50年を迎えた。 この間、日韓両国はさまざまな曲折を経ながらも人の往来を着実に増やし、市民団体の交流、貿易・投資なども活発化させてきた。 しかし近年、島根県・竹島の領有権問題や、従軍慰安婦問題をめぐって対立が激化し、半世紀の節目を祝うには程遠い、冷え込んだ状態に陥っている。 2012年12月の安倍晋三政権、13年2月の朴槿恵(パククネ)政権発足以降、一対一の首脳会談は一度もない。極めて異常な事態である。 地理的にも経済的にも共通点が多い隣国同士が協力すべき課題は山積している。 両首脳は長年にわたる交流の歴史の重みをかみしめ、関係打開へ歩み寄りを急ぐべきだ。
 ■植民地支配清算せず
日韓国交正常化50年 冷静に過去と未来語れ 【東京新聞】2015.06.22

歴代会長27人が政府に反対声明 安保法制、仙台弁護士会 【東京新聞】2015.06.22 ○仙台弁護士会の歴代会長27人が連名で22日、集団的自衛権の行使を可能にする政府の安全保障関連法案について「違憲の立法で、断固反対する」との声明を発表した。 声明は「自国が攻撃されていないのに他国間の戦争に軍事的に関与できる集団的自衛権の行使は、憲法9条に違反する」と指摘。法案を提出した政府は「憲法を順守しなければならない立憲主義に反する」と批判している。 仙台市で記者会見した元会長の犬飼健郎弁護士は、集団的自衛権に関し「解釈の変更で行使を可能にするのは、憲法無視の暴挙だ」と語った。24日には仙台市で歴代会長が街頭行動し、市民に訴えるという。
「9条生かし平和の構築を」 戦争体験の継承訴え 森氏が講演 「尖閣棚上げ論」を評価 【八重山毎日新聞】2015.06.22



ANN: 日韓外相会談 関係改善へ前進も課題残る 6/22 ○日韓外相会談では、世界遺産登録問題を含め、関係の改善に向けて前進を見せたといえそうですが、依然、課題は残っています。  会談では、懸案の慰安婦問題について双方ともこれまでの主張を続け、進展はありませんでした。そのため、今後も局長協議で粘り強く話し合いを続けることを確認するにとどまりました。また、韓国側の説明によりますと、安倍総理大臣が出す戦後70年談話について、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が「歴代内閣の談話の歴史認識が明確に表明されることを期待する」と述べたということです。韓国側が関係改善に向け、70年談話の内容に強い関心を持っていることを改めて示した形です。  ★唐突なお話でした。国民、主権者レベルでは、またしても、置いてけ堀! 主権者レベルで、理解し合い、立ち位置を共有できなければ、善隣友好も、形だけ、心は別状態に、堕すのではないか‼‽ 歴史問題も片を付けなれば。 次世代に、問題解決先送りならそれでも良いが、それは、明らかにせよ。
ANN: 大幅な会期延長を示唆 安保法案成立へ谷垣幹事長 6/22 ○自民党の谷垣幹事長は、山形市内で講演し、安保関連法案を今の国会で成立させるため、大幅な会期延長が必要だという考えを示しました。  自民党・谷垣幹事長:「国会の議論を通じて、なるほど日本はこういうことを考えているのかということを世界に明らかにしていかなければならない。会期をとって、私どもはこの国会で平和安全法制を仕上げて参りたい」  谷垣幹事長は、「国会でも十分、議論して、国民に納得して頂かなくてはいけない」とも述べ、参議院も含めた審議時間を確保するため、大幅な会期の延長が必要だという認識を示しました。政府・自民党は、9月下旬まで会期を延長する方向で検討しています。  ★国会の議論‽‽‽ 安倍独裁のことか‽‽‽ 議論にも、説明にもなっていない。主権者、国民の大半が理解するまで、採決しないということであれば、法案は、再提出するべきだ。集団的自衛権は行使しない、出来ないとの立場で! 本音は、強行採決‼‽ 安倍コベ氏の、対米口約束を守るため‽‽‽ 本当に、不心得者だ!安倍氏は。 主権者より、国会より、対米口約束優先とは、呆れ果てている! 『国民に納得して頂かなくてはいけない』とは、180度正反対の話だ。政府の姿勢!安倍コベ
2015-06-21

6/21: 国会大幅延長‽‽‽ 安保法制は仕切り直し‼ 集団的自衛権の行使は諦め法案全面書き換えを、「違憲」の評価を「合憲」に変えるのは難しい

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・東~北日本で大気不安定、激しい雨や雷雨に注意  20時30分  ★明日もご用心ください。
 ・栃木・高原山で滑落の男性、死亡を確認  20時30分
 ・口永良部島、二酸化硫黄が依然多い状態  19時41分     ★日本列島は、火山列島、大地震列島、大津波列島、そして大原発事故に吶喊する政府を代えられない!人災列島。…戦争する国‽‽‽
 ・大阪・高槻で川に頭と左腕ない女性遺体、事件の可能性も  18時34分
 ・桑名市で車内から女性遺体、逮捕の男は数年前から複数回借金  18時33分
 ・大幅な会期延長を示唆 安保法案成立へ谷垣幹事長  20時54分   ★憲法違反、平和的生存権侵害、万死に値する‼‽ 賛成議員に、落選運動を!
 ・浅間山で最多の火山性地震観測…噴火警戒続く  5時50分   ★日本火山列島は、全般に、活動期‼‽
 ・「維新案を国会に提出すべき」橋下市長が安保法制で  0時17分  ★談合、野合の始まり… 橋下介入で自民補完勢力化‼‽
 ・MERSコロナウイルスの死者25人に 韓国政府が発表  0時16分
 ・米在住の日系人夫妻に70余年越しの卒業証書授与  20日(土)20時55分
 ・荒木真理子のウェザートピックス 6月20日  20日(土)17時55分
 ・スー・チー氏、総選挙「NLD参加するか近く決定」  1時5分  ★参加は当然だが、正論が通らない‼‽ 日本の議会と同様? 自・公の陣笠議員のみなさん?

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」6月25日例会のお知らせ 6/17 (笹井明子) ○6月25日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)6月例会を開催します。
今回は『「平和への結集」をめざす市民の風』他で、長年に亘り地道な市民活動を積み重ねてこられた太田光征さんを講師にお迎えし、『Facebook: 市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟』のテーマでお話ししていただきます。
趣旨:
昨年立ち上げたばかりのとりプロは10年越しで選挙制度、公選法、関連法を抜本的に改正していこうという取り組みです。年内に市民審議会を設立すべく動いています。既に学者・弁護士・ジャーナリストなどが委員として内定しています。
 参院での協議も最初から分かっていますが決裂し、与党内の協議も同様です。早く市民に任せるべきで、そのような受け皿になりたいと思います。
 私が取り組んでいる選挙訴訟ではいわゆる「1票の格差」だけを争点とせず、小選挙区制本体の違憲性など、「1票の格差」よりも重要で多様な争点を掲げています。
 政党が選挙制度の問題を「1票の格差」だけに矮小化していることで、政治変革の切り札をみすみす捨てています。こういった問題などにも触れたいと思います。・・・(太田さん)

今の政治情勢下、草の根市民に何ができるか、太田さんと共に考えたいと思います。是非奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。  折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月21日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 巧言令色鮮なし仁 6/21 (厚顔) ○第一次安倍内閣の時もそうであったが、今回も安倍首相の国会答弁を聞いていると、この方は「詭弁の天才」だなと、あきれ感心させられる一方、国民を詭弁で弄しているように思えて、孔子の「巧言令色すくなし仁」という言葉を思い出さずにはいられない。
 =巧言令色鮮なし仁=より転載   ※河出書房新社昭和38年1月30日発行の「中国故事物語」115pageに記載されています。
「護憲+」ブログ: キング牧師を描く「グローリー/明日への行進」 6/21 ( 珠 ) ○キング牧師を描く「グローリー/明日への行進」   黒人の公民権運動家マーティン・ルーサー・キング牧師の、1965年の闘いを描いています。 1964年に黒人への選挙権が与えられたのに、南部では選挙人登録は、あの手この手で邪魔され、その間にも何千人もの黒人が殺されていました。アラバマ州セルマから、州都モンゴメリーまでの80kmの抗議の行進が始まりますが、非暴力無抵抗の黒人たちを、警官は容赦なく殴り倒します。その酷さには息を呑みます。それがテレビ放映され、各地から黒人も白人も駆けつけて行進に加わりますが、それは彼らにとっても命がけの行動だったのですね…。2015年の今も、アメリカ南部のチャールストンでは、無職の21歳の白人青年が、黒人教会で銃を乱射して何人も殺傷しました。 そして日本では、中国や韓国へのヘイトクライムが後を絶ちません。 歴史を知るためにも、差別・偏見の酷さを感じるためにも、また、キング牧師の非暴力無抵抗主義を知るためにも、お勧めの映画です。
「護憲+」ブログ: 6月24日(水)18時から~戦争法案抗議デモ 6/21 ( 珠 ) ○引き続き、戦争法案への抗議デモのお知らせです。
  6月24日(水)18時~20時 国会周辺。 とめよう戦争法、集まろう国会へ  主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動
「護憲+」ブログ: 6月20日 女の平和 ヒューマンチェーン・参加報告 6/21 (笹井明子) ○天気に恵まれた6月20日。国会を囲むヒューマン・チェーンに参加してきました。開始15分ほど前に着いた時は「余り人が多くない?」と心配になりましたが、1時を過ぎた頃から、続々と集まり始めて、国会の周りが赤で埋まりました。 今回は30人近い女性ゲストのスピーチの合間に皆でコールをしながらチェーンを繋ぐというプログラムでしたが、夫々の場で日頃から真剣に政治や社会と向き合っているゲストの発言は、知性と情熱を併せ持ち、聞き応えがありました。
  特に印象に残ったのは、憲法学者の青井未帆さんの「原則に対する例外はきちんと内容を確定できていなければいけない」という「原則・例外規定」の話。政府の集団的自衛権の議論では、例外をあいまいにして、それを決める唯一の権威を自分達にしようとしている、という指摘に安倍政権の危険な目論見が改めて浮き彫りになりました。
 また、「明日の自由を守る若手弁護士の会」の黒澤いつきさんは、安倍首相への三つのレッドカードとして、
 ①国・国民の軽視、民意への敵意
 ②専門家に対する侮辱、知性・理性の軽視
 ③言葉のごまかして軍備の必要を強調する欺瞞性
  を上げ、平和国家のリーダーとして失格と断じました。

  私たちも皆さんの発言に呼応して、
 戦争法案絶対反対
 国会会期延長反対
 戦争法案いますぐ廃案
 戦争反対 9条守れ
 レッドカード レッドカード安倍政権!
 などのコールを繰り返しました。

途中で2台の右翼街宣車が国会前の道路に入ってきて、騒音を撒き散らしていきましたが、高江でヘリパット基地反対運動を続けている歌手のアンナ・セカイさんの歌う「高江、座り込みの歌」に皆も声を合わせ、騒音を跳ね返しました。
主催者の杉浦ひとみさんが、国会周辺を周ってカウントした結果、参加は1万5千人だったとのこと。前回の倍以上の参加者となりました。安倍政権のごり押しが続けば、怒りは更に強まり、その輪は更に一層大きく広がることになるでしょう。
 ☆添付注目の人 直撃インタビュー : 憲法学者・青井未帆氏が危惧 「安保法制で憲法が紙切れに」 日刊ゲンダイ 5/18
    NPJ動画ニュース 「明日の自由を守る若手弁護士の会」黒澤いつきさんインタビュー 20141016
今日の「○」と「×」: 「○」 ヒトラーが安倍総理になり切って、その心情を激白!!大笑!! 6/21 「○」 「総統閣下は、『安保法制』審議にお怒りのようです」という動画が秀逸!! >>>オツムまで弱いのか、と。
イシャジャの呟き: 父の日  誕生日の花 テッポウユリ 花言葉 純愛 淑女 6/21  ○ローマン カモミール  今日は”父の日” 爺になったので特別期待していたわけでないが、子が子を連れてやってきてプレゼントを置いていった。今年は ウコンの錠剤&ゴーヤ茶、沖縄の物産で 通販でかったものらしい。健康食品で飲み過ぎにもいいらしい。
今朝の新聞で「戦争法案撤回を」の弁護士会主催の反対集会がIR秋田駅前のアゴラ広場で開かれ県民約800人が参加し デモ行進があったことを知った。日曜討論を視聴したが 与党側は 合憲の一点張り 狂ったあべ理論を合唱するばかり 落胆
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ”永田町徒然草”: 不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”というサイトで、”不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”と綴っておりましたので 貼りました
 今日のトピックス Blog6/20: 女性5000人が国会囲む、安保法制・安倍総理糾弾、を訴え 地方議会が国会に意見書=反対多数! 国会延長で成立の奇怪‼‽ 議会怠慢?

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)

■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

同型使用100カ所超 第一原発 耐圧ホースに亀裂で汚染水漏れ 【福島民報】2015.06.21 ○東京電力福島第一原発で仮設の耐圧ホースに亀裂が入り、移送中の汚染水が漏れ出た問題をめぐり、同型のホースが少なくとも100カ所以上で使用されていることが東電の調査で判明した。調査は継続中で、最終的に数100カ所に上る可能性もあるという。調査結果は来週中にも公表する方針。  ホースはポリ塩化ビニール製で事故後に敷設した。敷設後に一度も点検していない箇所があるなど、以前からホースの劣化や管理体制の甘さが指摘されていた。  関係者によると、調査は、5月末に起きた汚染水漏れを受けて始まった。作業員がホースの設置場所と使用状態を調べている。  東電は敷地内に敷かれたホースの場所と状況を把握後、より丈夫なポリエチレン管への交換などの対策を講じる方針だが、作業が順調に進むかは不透明だ。  ★いわゆる3Kの職場、仕事に対して、どのように処遇しようと‽‽‽ 健康管理、導入研修等々。多重下請、ピンはね問題も。
核のごみ、シンポ紛糾 「受け入れ拒否」条例あるのに…札幌で反発相次ぐ 【北海道新聞】2015.06.21 ○原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分について、経済産業省資源エネルギー庁と原子力発電環境整備機構(NUMO)は20日、札幌市内で公開シンポジウムを開いた。道には核のごみを「受け入れ難い」とする条例があり、参加した道民からは「住民の意思を無視している」と反発が相次いだ。 核のごみの持ち込みを拒否する条例は、都道府県では道だけが制定している。 条例のある道内でシンポを開く必要があるのか、と問われたエネ庁電力・ガス事業部の多田明弘部長は「全国で(条例の制定が)行われれば、その瞬間に(処分地選定の)プロセスは止まる」と述べ、条例の有無にとらわれない考えを示唆した。  ★地方自治の尊重(第8章 地方自治(第92条-第95条))は、日本国憲法上の保障だ! 何を公務員如きが、無視し発言、仕事をしようとしているのだ‼‽



 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 「次の世界戦争」が必要だと思う人たち ・ブログ連歌(408) ・ 民主平和党ホームページ 6/21 ○安保・戦争法制をめぐって、飽きもせずに些末な議論を繰り返している政治家たちの言葉を聞いているうちに、大きな「考え方の流れ」が出来はじめていることに気がついた。それは「次の世界戦争は避けられない」ことを前提にものを考える人たちが、一定の力を持ってきたということである。この考え方の源流は、もちろんアメリカから来ている。
 結論から先に言うと、ロシア、中国、イスラムの三大勢力を、この順番につぶして行かないとアメリカの価値観で世界を統一することができない。だからますます軍事力は整備しなければならず、核兵器も実際に使うかどうかは別として、いつでも使えるように整備しておく必要がある。アメリカ単独ではなく、価値観を同じくする同盟国との連携を深めることも、ますます重要ということになる。
 アメリカの価値観とは、現在のアメリカ支配層の政治、軍事、企業にたずさわる人々の地位と財産を安泰にするものでなければならない。それは同盟国支配層の利益とも一致する。その価値観で、たとえば「国家の存立が脅かされる事態」といった言葉を理解すると、いま言われている危機感の中身が見えてくる。
 そこで生まれる疑問は、その価値観は、戦争をしてでも守らなければならないほどのものなのか、ということである。逆に言えば、ロシア、中国、イスラムの価値観は、世界にとってそれほど危険なものなのかという疑問になる。ロシアによるクリミアの併合やウクライナ問題は、裏側からの情報を通せば、ささやかな失地回復にも見える。中国の海洋進出は、太平洋の端のアジアの問題に過ぎないようにも見える。世界制覇の規模の大きさとしたら、アメリカが世界でやっていることと比較にもならない。
 アメリカは世界と平和的には共存できない国なのだろうか。アメリカの価値観による世界統一のためには、次の世界戦争も排除しないと本気で思いはじめたらしい。この国との同盟を深めることは、日本にとって危険だと私は思う。
市民社会フォーラム: 7月18日(土)午後1時きっかりに「アベ政治を許さない」ポスターを!・・澤地久枝さんご提案の運動 6/21 ○みなさん 埼玉県蕨市の仲内節子です。
 「商社九条の会・東京」や「わらび9条の会」、「鉄の造形作家・武田美通『戦死者たちからのメッセージ』を広げる会」の世話人や事務局長をしております。
 みなさんのご活躍ぶり、貴重な情報のあれこれを拝見し、友人たちに広げたり、自らの刺激にしたりしております。いつもありがとうございます。
 さて、みなさんにお願いがございます。
 標題の、7月18日(土)午後1時きっかりに、日本中津々浦々で、「アベ政治を許さない」という同じ文字(金子兜太さんの書)、同じ大きさのポスターを掲げよう、という活動に賛同していただき、以下、拡散していただきたいのです。
 提案者の「澤地久枝のホームページ」 ○澤地久枝のよびかけ  澤地さんの書かれた文章、金子さんの書をかかげた澤地さんのお写真なども載せました。

マスコミに載らない海外記事: 軍国主義というバイアグラに頼る老いさらばえたアメリカ


孫崎享のつぶやき: 安保法制 迷走の党首討論~11年前に安保法制の”布石”~恒久法は外務・防衛の夢/今晩のTBS報道特集 6/20


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



TBS: 東~北日本で大気不安定、激しい雨や雷雨に注意 6/21 ○上空の強い寒気の影響で東日本や北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になっていて、気象庁は、21日夜遅くにかけて、激しい雨や雷雨などに十分注意するよう呼びかけています。  気象庁によりますと、21日夜にかけて上空に強い寒気が流れ込み積乱雲が発達し、東日本や北日本の広い範囲で大気の状態が不安定になっています。21日夜遅くにかけて、局地的に関東甲信地方では1時間に30ミリから40ミリ、東北地方では1時間に50ミリ以上の激しい雨が降る見込みで、気象庁は激しい雨や竜巻などの突風、落雷やひょうに十分注意するよう呼びかけています。  また、激しい雨による低い土地の浸水や急な川の増水、土砂災害などに、十分な注意が必要だとしています。
ANN: トラックが電柱なぎ倒す瞬間 付近一帯が一時停電 6/21 ○大阪府堺市で20日夕方、トラックが電柱に激突し、周辺で一時、停電が起きました。近くの防犯カメラが激突の瞬間を捉えていました。  猛スピードで道路脇の電柱に突っ込むトラック。衝撃で電柱が折れ曲がり、信号待ちの通行人が慌てて逃げる様子が映っています。午後4時半前、堺市北区の府道で、トラックが道路脇の街路樹に接触し、約90m先の電柱に激突しました。トラックはさらに300mほど走った後、中央分離帯に衝突して停車。運転手の56歳の男性が頭を打つなどのけがをしました。  近所の住民:「ドドドドドーンって音がして、パッと家の電気が消えた。怖かったですよ、本当に。揺れましたから」
 この事故で周辺の約320世帯で一時、停電しました。
TBS: 東北道で車に投石「派遣の仕事でストレス」 6/21 ○栃木県で高速道路を走行中のトラックに石を投げつけたとして46歳の男が逮捕された事件で、男が「派遣の仕事でストレスがたまっていた」と供述していることが新たにわかりました。  この事件は、栃木県さくら市に住む無職の中山和一容疑者(46)が、今月15日夜、宇都宮市で東北自動車道に石を投げ入れて、走行中のトラックのフロントガラスを壊したとして逮捕されたもので、21日朝に送検されました。  その後の警察への取材で、中山容疑者が「派遣の仕事でストレスがたまり、鬱憤を晴らした」と供述していることが新たにわかりました。中山容疑者は工場の流れ作業などの派遣の仕事を転々としていて、今年2月以降は無職でしたが、「仕事がつらくて辞めた」と供述しているということです。 ○栃木県で高速道路を走行中のトラックに石を投げつけたとして46歳の男が逮捕された事件で、男が「派遣の仕事でストレスがたまっていた」と供述していることが新たにわかりました。この事件は、栃木県さくら市に住む無職の中山和一容疑者(46)が、今月15日夜、宇都宮市で東北自動車道に石を投げ入れて、走行中のトラックのフロントガラスを壊したとして逮捕されたもので、21日朝に送検されました。  その後の警察への取材で、中山容疑者が「派遣の仕事でストレスがたまり、鬱憤を晴らした」と供述していることが新たにわかりました。中山容疑者は工場の流れ作業などの派遣の仕事を転々としていて、今年2月以降は無職でしたが、「仕事がつらくて辞めた」と供述しているということです。   ★不安定雇用、派遣、 仕事もつらいが、失業はもっと辛い…  無差別な投石なんて、自己破壊にも似て、‟被害者”へのとりどりの理不尽‼‽ 政府や議会には、改める機運なし‼‽か むしろ、強化、一般化! 次第に、益々、こんな暴発が増えるのではないか。主権者の為に、今の、議院内閣制は、機能していない。
TBS: 埼玉・川越の菓子屋横丁で火事、1人死亡4人重軽傷 6/21 ○埼玉県川越市にある観光スポット「菓子屋横丁」で店舗など7棟が焼ける火事があり、菓子店を営む90歳の男性が死亡したほか、4人が重軽傷を負いました。  21日正午すぎ、川越市元町にある観光地「菓子屋横丁」の菓子店から火が出て、店舗など7棟が焼けました。この火事で、火が出た菓子店の室岡登三男さん(90)が、全身やけどで病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。このほか、男女あわせて4人がけがをしたということです。  「火を消さないでレジの方におじいさんが来ちゃって、揚げせん(べい)の油に火が入ってしまった。火を慌てて消そうと思って、その油が飛び散っちゃった」(出火を目撃した近所の人)  菓子屋横丁は、石畳の道に昔ながらの駄菓子屋や菓子店20軒あまりが集まる人気の観光スポットです。当時、大勢の観光客がいたため一時騒然となりました。警察では出火原因などを詳しく調べています。
TBS: 口永良部島、二酸化硫黄が依然多い状態 6/21 ○噴火を繰り返している口永良部島は、火山ガスに含まれる二酸化硫黄の放出量が依然として多く、気象庁は、今後も先月29日の爆発的噴火と同じ程度の規模の噴火が発生する可能性があるとして、引き続き警戒を呼びかけています。  口永良部島は今月18日から翌日にかけて合わせて3回噴火しましたが、気象庁の機動調査班が20日、上空から観測を行った結果、火口の周辺や山腹に新たな火砕流の痕跡は認められず、火口の形や状態にも特に変化は見られなかったということです。しかし、火山ガスは、二酸化硫黄の放出量が1日あたり1700トンと、前回観測した6日の1200トンを上回り、依然として多い状態となっていて、気象庁は、火山活動が活発な状態は変わっておらず、今後も先月29日の爆発的噴火と同じ程度の規模の噴火が発生する可能性があるとして、引き続き警戒を呼びかけています。  一方、島では18日の噴火の後から停電が続いていて、気象庁によりますと、このまま復旧しない場合、現在、電源をバッテリーなどに切り替えて動いている複数の観測装置が、一両日中にも機能を停止する可能性があるということです。気象庁は「顕著な現象が起きた場合は太陽電池で動いている地震計などの観測装置と屋久島に設置してある監視カメラでとらえることができる」としていますが、延期となった一時帰島を再び検討する場合、火山活動の詳細な観測は不可欠で、再び噴火する可能性がある中、復旧作業をいつ行うのか、屋久島町は難しい判断を迫られそうです。
ANN: 大幅な会期延長を示唆 安保法案成立へ谷垣幹事長 6/21 ○自民党・谷垣幹事長:「国会の議論を通じて、なるほど日本はこういうことを考えているのか、ということを世界に明らかにしていかなければならない。会期をとって、私どもは、この国会で平和安全法制を仕上げて参りたい」  谷垣幹事長は、「国会でも十分議論して、国民に納得して頂かなくてはいけない」とも述べて、参議院も含めた審議時間を確保するため、大幅な会期の延長が必要だという認識を示しました。  ★どんな認識能力があって言っているのか、審美眼があるのか、奉仕の心があるのか‽‽‽ あんな時間、いくらあっても、役立たたない。 質が、一定のレベルに達していない! 主権者の心に届く、説明責任を果たそうとしているのか!公務員、議員、大臣? 主権者は、その不十分さ、不満足をよく承知している! なめんなよ、である。 廃案しかないのだ。そして、何より、代弁者たるもの、主権者の意思を尊重すべし!

戦後70年フォーラム 戦争への道断つ方策共有 【琉球新報】2015.06.21 ○沖縄は非戦の誓いと日本の民主主義の成熟度を映し出す鏡である。あらためてそんな思いを深めた。 那覇市で催された戦後70年記念フォーラム「沖縄から平和を考える」は熱気が渦巻いた。この国を新たな戦争に導きかねない安倍政権の危い動きを断つ方策が共有された意義は大きい。  県民12万2千人余が犠牲になった沖縄戦、名護市辺野古への新基地建設、安倍政権が今国会で成立を図る安全保障法制は、国民の生命を危険にさらす地続きの問題であることが照らし出された。  安保政策に精通する元自民党副総裁の山崎拓氏、辛口の政治評論で知られる森田実氏、凄惨(せいさん)な沖縄戦を体験した唯一の衆院議員である仲里利信氏が登壇した。  太平洋戦争を経験した戦中派の3氏の発言には、政治の暴走に歯止めをかける立憲主義が崩れることへの危機感と、それに歯止めをかける使命感が宿っていた。  違憲論が勢いを増す安保法制をめぐる3氏の論を沖縄語で表せば「がってぃんならん(絶対に許さない)」になるだろう。  山崎氏は「(戦後70年間)青年が一人も血を流さなかった日本は珍しい平和国家だ。『一国平和主義』でいいではないか」と述べ、安保法制の廃案を強く求めた。  森田氏は「過去の自民党のリーダーは誇りを保ち、米国とつばぜり合いした。安倍首相はべったりだ」と痛烈に批判した。対米従属と強権性を深める安倍政権にあらがう突破口に、世界の共感が広がる「辺野古新基地阻止」を挙げた。  「軍拡競争で真っ先にやられるのは沖縄だ。子や孫に哀れな思いをさせない」。父や弟を沖縄戦で失った経験から、党派を超えて非戦を貫くことを訴える仲里氏の発言は説得力に満ちていた。・・・
軍命削除 教科書検定意見を撤回せよ 【琉球新報】2015.06.21 ○沖縄戦から70年が経過する中で、安倍政権は沖縄戦の実相をゆがめようとしている。 政府は2006年度の高校日本史の教科書検定で沖縄戦の「日本軍による集団自決の強制」という記述を削除したことについて、検定意見を撤回しないとする答弁書を閣議決定した。  閣議決定は確定した司法判断を無視している。最高裁判所第一小法廷(白木勇裁判長)は11年4月22日、座間味と渡嘉敷両島で発生した住民らの集団死は軍が関与していたことを認定した。戦争を引き起こし、住民に多大な犠牲を強いた国家が過去に目を閉ざすことは許されない。検定意見の撤回を強く求める。  沖縄戦で日本軍が住民らに死を命じたとする作家大江健三郎さんの著書「沖縄ノート」などの記述をめぐり、日本軍の座間味島元戦隊長や渡嘉敷島戦隊長の弟が名誉を傷つけられたとして、大江さんや版元の岩波書店を相手に出版差し止めなどを求めて提訴した。最高裁は一審・二審を支持し「上告理由にあたらない」として上告を棄却した。これにより軍の関与を認めた一、二審判決が確定した。  今回の閣議決定は仲里利信衆院議員(無所属)の質問主意書に答えたものだ。政府は答弁書で「集団自決が住民に対する直接的な軍の命令により行われたことを示す根拠は現時点では確認できていない」としている。当時、軍命が口頭で行われ、命令書の類いが廃棄されたとみられる中で「根拠は確認できていない」と主張するのは、詭弁(きべん)にすぎない。
核燃料再処理容認 「核軍縮・不拡散」に反する 【琉球新報】2015.06.21 ○政府はインドに輸出する日本製原発の使用済み核燃料の再処理を認める方針を決め、インド側に伝えた。インドは核保有国である。再処理によって生成されたプルトニウムが核兵器に転用される可能性は高い。極めて危険な決定であり、許されるものではない。 安倍政権は東京電力福島第1原発事故の収束作業も見通せない中、原発再稼働に前のめりになり、海外輸出に奔走している。そのこと自体問題である。核燃料の再処理を認めてはならないし、原発も輸出すべきではない。  再処理を容認することは、日本の「核軍縮・不拡散」政策にも反する。・・・
[日韓国交50年] 不信の連鎖を断ち切れ 【沖縄タイムス】2015.06.21 ○日本と韓国が国交正常化のため基本条約を締結してからあす22日で50年になる。  国交正常化のための予備交渉が始まったのは、1951年10月。両国は交渉開始から数えて14年、7次にわたる会談の末に65年6月22日、ようやく日韓基本条約、日韓請求権協定に調印し、国交を正常化した。日本の敗戦によって朝鮮が植民地支配から解放されて20年後のことである。  なぜ、これほど時間がかかったのか。14年にも及ぶ難交渉になったのは、日本による植民地支配をどう評価するかという歴史認識をめぐって、両国の主張の隔たりが大きかったからである。  交渉では、10年の「韓国併合条約」に基づく植民地支配の合法性が最後まで争われたが、歴史認識のギャップを埋めきれないまま、玉虫色の決着を図った。  戦後の日韓関係は、植民地支配という歴史問題をきちんと処理しないまま、スタートしたのである。  基本条約締結時にくすぶっていた火だねがここに来て、慰安婦問題や竹島問題などに飛び火して次から次に表面化し、相互不信の泥沼にはまり込んでしまった。
国会延長 安保法制は仕切り直しを 【西日本新聞】2015.06.21 ○政府と与党は、24日までの今通常国会の会期を大幅に延長する方向で調整に入った。安全保障関連法案の成立を確実にするためだ。 安倍晋三政権は当初、関連法案を衆院特別委員会で80時間以上審議し、24日までに衆院を通過させ、8月初めまで延長した国会で成立させる日程を描いていた。 しかし、安倍首相のやじ問題などで特別委が何度も中断し、審議時間は確保されていない。さらに衆院憲法審査会で参考人の憲法学者3人がそろって「法案は憲法違反」と指摘したことで、国民の法案への疑念が深まり、大幅延長が必要と判断したようだ。 安倍政権は、法案成立の戦術として、維新の党との連携に狙いを定めたとみられる。自民、公明の与党だけで突き進むのではなく、修正協議を通じて維新の党を取り込み、強行採決の印象を薄めようという狙いなのだろう。 安全保障以外の重要法案も審議中であり、一定の会期延長はやむを得ない面がある。また「安保法案への理解を深めるためにも、会期を延長して審議する」という主張も成り立つかもしれない。 しかし、「集団的自衛権の行使容認は違憲」という憲法学者たちからの批判は、一連の安保法制の根幹部分に関わっている。安倍政権が集団的自衛権の行使をあきらめ、法案を全面的に書き換えない限り、「違憲」の評価を「合憲」に変えるのは難しい。多少の修正でクリアできる問題ではない。
派遣法改正案 待遇改善にはならない 【毎日新聞】2015.06.20 ○労働者派遣法改正案が衆議院で可決された。「派遣で働く人の待遇の改善を図るものだ」と安倍晋三首相や塩崎恭久厚生労働相は強調するが、これで本当に待遇改善が実現できるとは思えない。 同一労働同一賃金法案も可決された。派遣でも正社員と同じ仕事をすれば同じ賃金を得られるのであれば、首相らの主張も一理あるだろうが、法案は重要な部分が骨抜きにされ、派遣法改正案を通すために利用されたと断ぜざるを得ない。 派遣法改正案は、悪質な業者を排除するためすべての派遣事業を許可制にし、派遣先企業が派遣労働者を直接雇用するよう促すことを盛り込んだ。派遣労働者への教育訓練実施や福利厚生施設を利用できるよう会社側に求めた。企業の自主的な取り組みに委ね、それを行政指導で後押しするというものに過ぎない。 むしろ派遣期間の上限を撤廃するため、企業はずっと派遣労働者を使い続けることができるようになる。現在は期間制限のない専門26業務も一律3年の期間制限が適用されるため、秘書などで長年働き続けた人が解雇されるリスクに直面する弊害も予想される。





ANN: 浅間山で最多の火山性地震観測…噴火警戒続く 6/21 ○火山活動が高まっている浅間山で20日、これまでで最も多い205回の火山性地震が観測されました。気象庁は引き続き、小規模な噴火への警戒を呼び掛けています。  気象庁によりますと、浅間山では、火口直下を震源とする火山性地震が20日に205回観測されました。4月下旬から地震が増えて以降、1日あたりで最も多く、100回を超えたのは5日連続です。また、マグマなどの動きを示す火山性微動が8回あり、5時間ほどにわたって揺れ続ける連続微動も確認されました。気象庁は、今後も火口からおおむね2kmの範囲で小規模な噴火に伴う噴石への警戒を呼び掛けています。
ANN: 荒木真理子のウェザートピックス 6月20日  ○『今年の梅雨は雷雨ばかり…あすは一層警戒!』
ANN: 「維新案を国会に提出すべき」橋下市長が安保法制で 6/21 ○維新の党・小野安保調査会長:「何回も橋下さんがおっしゃったのは、『他国を守るためではないんだ』と『自国を守るためにどこまでやるべきなのか、やることができるかを詰めるべきだ』と」  維新の党・丸山安保調査会事務局長:「(橋下氏は)『政府が言うような形でのホルムズ海峡の機雷掃海はありえない』と」  2時間半に及んだ協議で、橋下市長は「政府案はあいまいで、時の政府が何とでも解釈できる」などと指摘する一方で、「アメリカとの協力関係は強化しなくてはいけない」と述べました。また、これまで党がまとめた法案を批判してきましたが、協議では「疑問は解消した」としたうえで、与党への対案として維新案を国会に提出する必要性を強調しました。政界引退を表明した後も橋下氏への待望論は強く、出席した国会議員からは「来年の参院選に出馬してほしい」との期待の声が上がりました。維新の党はこの議論を踏まえて改めて法案を取りまとめ、自民党など各党との協議を始める方針です。  ★議員や大臣は、結果責任を引き受けなければ‼‽ 勿論、主権者への説明責任を果たすこと。当然!

TBS: スー・チー氏、総選挙「NLD参加するか近く決定」 6/21 ○大統領職に意欲を見せているスー・チー氏ですが、外国籍の息子がおり、現行の憲法は大統領就任を禁じています。そのため、これまで憲法の改正を訴える一方で、改正が実現しない場合は選挙のボイコットも辞さない発言をしてきました。  こうした中、連邦議会では、今月23日から3日間の予定で憲法改正に関する審議が始まる予定で、審議の結果を受けてスー・チー氏がどのような対応に出るのか注目されています。  ★元々、この大統領選への出馬制限規定、現在の政権の前身‼‽軍事政権が、スーチーさん、民主化運動の高まりを阻止しようとしたもの。 …国民主権、民主主義の国?で、そんな選挙制限!有り得ない。
2015-06-20

6/20: 女性5000人が国会囲む、安保法制・安倍総理糾弾、を訴え 地方議会が国会に意見書=反対多数! 国会延長で成立の奇怪‼‽ 議会怠慢?

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・女性5000人が国会囲む、安保法制反対訴え  18時38分
 ・安保法制 246の地方議会が国会に意見書   18時41分  ▽賛成:3つの議会、▽反対:181の議会、▽慎重:53の議会
 ・ギリシャ・ロシア首脳 経済協力促進で一致  19時46分  ★ギリシャのEU向け、残留への駆け引き‼‽
 ・西日本~北日本 あすにかけ大気不安定に  19時30分   ★未だ未だ、すっきりしない、天候の不安定、荒れ模様
 ・荒木真理子のウェザートピックス 6月20日  17時55分
 ・「維新案を国会に提出すべき」橋下市長が安保法制で  17時50分  ★維新、一歩一歩、自民補完勢力化‼‽ 橋下の引き回し
 ・大韓航空ソウル便運休相次ぐ 韓国MERSで利用客減少  17時47分
 ・メダルにかける… 23歳女性警察官が「リオ五輪」へ  17時39分
 ・建設予定地から…幻の城 秀吉の「指月城」の石垣  17時38分
 ・「戦争でアジアに多大な苦しみ与えた」岸田外務大臣  11時49分  ★苦しみ‽‽‽ 却下! 具体的に表現すべき。大量殺戮、大量破壊、…現在の戦争に引き継がれたもの。再び、する‽‽‽ 戦争する国化、反省なし!
 ・浅間山きのうも小規模噴火 火口から3kmで火山灰  11時47分
 ・女性のバッグに数千円が… 三重46歳女性死体遺棄  11時46分
 ・「ドシーン」と衝撃が…東北道“投石”46歳男を逮捕  11時45分
 ・中村修二教授 ロシア「グローバル・エネルギー賞」  10時55分
 ・維新が安保関連法案で対案、「存立危機事態」厳格化  5時39分   ★大方の予想通りに、維新は、進路をとるのか‽‽‽

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」6月25日例会のお知らせ 6/17 (笹井明子) ○6月25日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)6月例会を開催します。
今回は『「平和への結集」をめざす市民の風』他で、長年に亘り地道な市民活動を積み重ねてこられた太田光征さんを講師にお迎えし、『Facebook: 市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟』のテーマでお話ししていただきます。
趣旨:
昨年立ち上げたばかりのとりプロは10年越しで選挙制度、公選法、関連法を抜本的に改正していこうという取り組みです。年内に市民審議会を設立すべく動いています。既に学者・弁護士・ジャーナリストなどが委員として内定しています。
 参院での協議も最初から分かっていますが決裂し、与党内の協議も同様です。早く市民に任せるべきで、そのような受け皿になりたいと思います。
 私が取り組んでいる選挙訴訟ではいわゆる「1票の格差」だけを争点とせず、小選挙区制本体の違憲性など、「1票の格差」よりも重要で多様な争点を掲げています。
 政党が選挙制度の問題を「1票の格差」だけに矮小化していることで、政治変革の切り札をみすみす捨てています。こういった問題などにも触れたいと思います。・・・(太田さん)

今の政治情勢下、草の根市民に何ができるか、太田さんと共に考えたいと思います。是非奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。  折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月20日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 神戸:港町:異文化:自由の街 6/20 (流水) ○西の人間にとって神戸という響きは特別なものがあります。大阪とも違う。京都とも違う。神戸と言う名前を聞くと何かしら血がざわめくのです。東の人にとっての横浜という響きと似ています。 この血のざわめきは一体何なのでしょうか。
 …五木寛之が書いていた事ですが、戦後朝鮮から引き揚げて、最初九州の八女に住んだそうです。八女茶で有名な所です。彼はそこにどうしても馴染めなかったと述懐しています。わたしは、八女に住んでいる知人から当時の五木少年の話を聞いた事があります。酷い服装で、近所の人から様々なものをもらっていたそうで、その知人は、彼は八女の人には恩があるはずだ。しかし、有名になってからも五木は、八女には帰ってこない、彼は恩を知らない、と怒っていました。 しかし、わたしには、その知人の怒りは、多少理不尽に思われました。・・・
 …その五木が、横浜に住んだ時、日本に引き揚げて初めて、心和む日々を送れたと書いています。港町特有のオープンな気風が、彼の傷ついた心を暖かく包み込んでくれたのでしょう。わたしは、五木たちのような引揚者たちの感性や思考を『海峡の思想』と呼んでいます。朝鮮と日本を隔てる対馬海峡は、その実際の距離とは別に、引揚者たちにとっては、暗くて深くて底が見えない無限の亀裂があったのです。  長谷川きよし、野坂昭如や加藤登紀子の歌に『黒の舟歌』というのがあります。
 …誰もが感じる田舎の故郷に感じるアンビバレントな感情。胸が締め付けられるような懐かしさとわずらわしい近所関係や人間関係などのあらゆるしがらみや悩み。これらを一挙に吹き飛ばしてくれるような開放感や自由さを神戸や横浜という港町は、もっているような感じがするのです。それが神戸とか横浜という名前を聞いた時の『心のざわめき』の正体でしょう。 NHKの新日本紀行(風土記・港町・神戸)は、そのあたりの人の心の機微をうまくすくい取った秀作でした。…
 …わたしは、神戸という街が持つ日常生活まで根付いた人間としての異文化交流のあり方に、世界の平和をどう構築するか、という人類の永遠の課題に対する大きなヒントが隠されていると思います。 神戸の持つ不思議な魅力の一つに、エキゾチックでハイカラで何かしら多少のバタ臭さの残る文化があると思います。たとえば、神戸で洋食と言えば、『ビフカツ』です。決して『トンカツ』でないところが神戸なのです。それからコーヒー文化の発祥地でもあります。今でも神戸の街のそこここに決してモダンではないけれど、ハイカラな喫茶店があります。そこに流れる空気感こそが神戸という街の雰囲気なのです。また、男のおしゃれ、洋服の仕立て屋さんがいまだにかなり生き残っています。神戸で勤務している会社員が「誰も何も言わないですが、周りの人で洋服を仕立てている人は多い」と言います。首吊ではなく、仕立ての洋服。如何にもハイカラな神戸の住人です。TVで紹介された仕立屋さんの見事な腕は、本当に惚れ惚れとします。  最後に、わたしが大好きなこれぞ神戸というものがあります。知る人ぞ知る事なのですが、神戸はジャズの街なのです。
<神戸ジャズストリート>クラシック・ジャズというかオーソドックスなジャズを守り続けている。
 神戸市のライブハウス・ジャズバーリスト
「護憲+」ブログ: 那覇空港、自衛隊ヘリと旅客機のニアミスの根本要因 6/19 (猫家五六助) ○先日、沖縄・那覇空港で自衛隊ヘリと旅客機の管制トラブル・ニアミスがありました。原因は自衛隊ヘリの「うっかりミス」のようですが、これには軍民共用空港という弊害よりも根本的な事故要因があるのです。 そもそも、なぜ沖縄のメイン空港が沖縄本島の端っこにあるのか。なぜ民間機は海側から回り込んで着陸するのか。那覇空港の実際の管制権は自衛隊・民間のどちらにあるのか。 それは東京上空の管制権(もう制空権ですね)が駐留米軍(厚木・横田)にあるのと同様、沖縄本島で空港・基地に最適な場所は米軍が優先的に抑えているからです。日本側・民間機は米軍機の航路(離着陸コース、飛行コース)を避けながら沖縄本島にアプローチしなければなりません。これは制空権を米軍が握っているようなもので、日本は小さくなって「飛ばせてもらっている」状態なのです。  空港の基本条件は①見通しがいい高台、②長い直線がとれる平地、③気象の影響を受けにくい内陸、です。ですから、あのバカでかいB-52(ベトナム爆撃行)が轟音をあげて悠々と離着陸できる嘉手納基地は、沖縄本島の中心・一等地にあります。  沖縄の基地問題は、いまだに米軍の占有権・優先権が大きいこと、日本政府が「離れ小島の植民地」的に考えていることが根底にあると思います。
今日の「○」と「×」: 「○」 砂川事件最高裁判決の真実はこれだ!! 6/20 「○」 砂川裁判再審請求訴訟の原告・弁護団による記者会見  >>>それ自体が違憲の砂川事件最高裁判決を安保法制の拠り所とする、安倍政権の欺瞞を暴く。
イシャジャの呟き: 中体連  誕生日の花 ハナショウブ 花言葉 優しい心 あなたを信じる 6/20  ○ナンテン 今朝も涼しいうちに 1時間ほど 草むしりをした。カボチャの蔓が這ってきたので その方向を優先して除草したが、草叢がいいのか分からない。 枝豆も発芽し双葉になったし ダイコンも太くなってきて収穫まであと少し 栖が入らない中に食べなくちゃ~ ナスは二個収穫間近だが 水遣りをした。
 今日は各地で中体連の大会があり 出かけたようで 近くの中学校のグランドに人影も歓声も聞こえず静寂・・・, 空具合が不安定で 雷がなったり 急変することがあるので要注意のニュースあり、大会場が心配だ
 東京新聞のWEBから 安保法案正当性揺らぐ 歴代法制局長官4氏「違憲」の安保法案 正当性さらに揺らぐ 歴代法制局長官4氏「違憲」 東京新聞 6/20を貼りました。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ”永田町徒然草”: 不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”というサイトで、”不可解かつ頓珍漢な〇▽の動き”と綴っておりましたので 貼りました
 今日のトピックス Blog6/19: 遺族年金、受給資格の男女差「違憲」大阪地裁に、否定の2審「合憲」‽‽‽ 素も憲法の下、人権に係る男女差別処遇を肯定してよいものか‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)

■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>









 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(36)サイパン島軍民玉砕の悲惨 ・ブログ連歌(408) ・ 民主平和党ホームページ ○海上決戦に負けたあとは、島の守備隊が玉砕するのを見守るだけの戦況になる。軍の全滅を「玉砕」と言い換えたのは日本的美学だが、サイパン島には約三万名の守備隊のほかに約二万名の民間人が残っていた。事前の疎開が間に合わず、また船に乗ると潜水艦に撃沈されて、かえって悲惨な結果になるのも見せつけられていた。 島での戦闘は昭和十九年(1944)六月十五日から始まったが、この時期までの日本軍の防御作戦は「水際で殲滅・撃退」が基本であったため、兵力の消耗は激しかった。陸軍はマリアナ方面の防衛には自信を持っていたにもかかわらず、戦車隊は二日間で全滅し南部の飛行場を明け渡す結果になった。飛行場はすぐにアメリカ軍によって利用され、空からの攻撃が加わって日本軍は島の北部へと追いつめられた。 七月になると日本軍の兵力は三千名程度に減少して、最終段階に近づいてきた。七月七日、陸海軍合同の「バンザイ突撃」を敢行して終っている。軍人の自決者は五千名、捕虜になった者はわずか九二一名(3%)という記録がある。 大本営はサイパン島の玉砕を告げるラジオで「なお民間人はおおむね軍と運命を共にせるものの如し」と発表した。実際はどうだったのか。アメリカ軍が保護した日本の民間人は、ほぼ半数の一万人にとどまった。あとの一万人は本当に「軍と運命を共に」してしまったのである。北部の断崖では、海に身を投げる女性の姿が米軍カメラマンによって撮影された。画家の藤田嗣治は「サイパン島同胞臣節を全うす」という凄惨な絵を描いて有名になった。「臣節」とは何か、負けたら死ぬことなのか。 猛威をふるった「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓だが、これは東条英機が軍人に示した心得で、法律でも何でもない。罰則もなければ、まして民間人にはかかわりのない精神論である。近代国家の戦争法規は非戦闘員への加害を禁じている。負けた側の民間人は当事者ではないから敵に降伏する必要もない。ただ現地を支配している側の軍に、保護を求める権利があるだけなのだ。その常識が日本では通用しなかった。 藤田嗣治は、こういう場合は死ぬことが「臣節」だと信じて描いたのだろう。「臣」の上には天皇がいる。天皇が命令して始まった戦争だから、国民は勝手にやめることができない。不幸にして負ける現場に居合わせたら、責任をとって死んでしまうのが正しい道という理屈になるのだ。玉砕は、天皇の絶対性と不可分の関係にある。  ★「バンザイ突撃」‽‽‽ 戦術でもない。集団自殺‽‽‽ 臣民とは、法律上、権利・自由を持った人ではない。…日本国憲法(保障)下の人ではない。 安倍コベ氏は、そこへ後戻り・復古させたがっているが。
市民社会フォーラム: 「安保法制は阻止すべき。けれど、そこで終わらせてはいけない」 6/20 ○伊勢崎賢治さんによる特別寄稿。「安保法制は阻止すべき。けれど、そこで終わらせてはいけない」  ☆マガジン9条: 「安保法制は阻止すべき。けれど、そこで終わらせてはいけない」 伊勢崎賢治
伊藤真さんに聞いた(その3) 「平和的生存権」を持つ私たち一人ひとりが平和の実現に向けて、声をあげよう 【マガジン9】2015.06.17





  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



「流しそうめん」ならぬ「流しさくらんぼ」山形県で開催中 THE PAGE 6月20日(土) ○さくらんぼの生産量日本一を誇る山形県で20日から、「日本一さくらんぼ祭り」が開かれている。山形市中心部の会場では、巨大な流しそうめんの竹筒に高級さくらんぼ「佐藤錦」を流す「流しさくらんぼ」が行われた。 竹筒は全長30メートル。会場スタッフが水を流した竹筒に次々さくらんぼを流していくと、来場者は夢中になって箸でさくらんぼを取っていた。市内から参加した加藤瑠希亜君(5つ)は、「さくらんぼを取るのが楽しかった」と大好物のさくらんぼを美味しそうに頬張っていた。流されるさくらんぼは、この日の朝採れたばかりの新鮮な「佐藤錦」。21日に流す分を合わせると約58キロにのぼり、市場価格では約30万円相当という。
 「流しさくらんぼ」が始まったのは2013年。東日本大震災後の風評被害で落ち込んでいた観光客を呼び戻そうと2012年始まった「日本一さくらんぼ祭り」の名物イベントとして、3年連続で開かれている。当初は10メートルだった竹筒を昨年から3倍の長さに拡大し、「日本一の流しさくらんぼ」を自称している。県観光交流課の鈴木孝雄観光振興専門員は「山形のさくらんぼのおいしさを知ってもらうため、県外の人にも地元の人にもいいものをふるまいたい」と話した。  「日本一さくらんぼ祭り」は21日まで山形市の七日町大通りで開かれている。流しさくらんぼのほか、「さくらんぼ種飛ばしニコニコ相性コンテスト」や、「山形のさくらんぼすこだま振る舞い」などさくらんぼのイベントが盛りだくさん。参加無料。

NNN: 西日本~北日本 あすにかけ大気不安定に 6/20 ○上空の強い寒気の影響で、21日にかけて激しい雷雨や突風などに注意が必要。  日本付近の上空5500メートル付近にはマイナス12℃以下の強い寒気が流れ込むとみられる。このため、20日夜から21日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になる見込み。  21日にかけては各地で雷雲が発達しやすく、局地的に激しい雷雨となるとみられる。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうが降るおそれもあり、十分な注意が必要となる。
ANN: 荒木真理子のウェザートピックス 6月20日 ○『今年の梅雨は雷雨ばかり…あすは一層警戒!』
TBS: 女性5000人が国会囲む、安保法制反対訴え 6/20 ○国会議事堂前では女性たちが安保法制への反対を訴えました。  国会議事堂を取り囲もうとの呼びかけに対し、集まった女性たち。赤いものを身につけていますが、これはアイスランドの女性たちが権利や役割の重要性を訴えた「レッド・ストッキング運動」にちなんだもので、赤い色には「怒り」や「抵抗」という意味が込められています。
 「初めてなんです、こういうのに参加するのは。でも、もう黙っていられないかな。(安倍総理は)私物化しているのでは、日本を
 「今、国会で戦争への道を可決させようとしているのが許せない」(参加した人)
 20日は音楽評論家の湯川れい子さんなど5000人以上が参加したということで、主催者は「廃案になるまで定期的に集会を行いたい」と話しています。  ★日本は、主権者のもの! 自称(行政権の)最高権力者のものなんかである、筈がない! 簒奪者然としているが。
NHK: 安保法制 246の地方議会が国会に意見書 6/20 ○今の国会の最大の焦点である集団的自衛権の行使容認を含む安全保障法制について、全国の地方議会のおよそ14%に当たる246の議会から、国会に対して意見書が提出されていることが分かりました。
 都道府県や市区町村の議会は「公益に関する意見書を国会に提出することができる」と法律で定められていて、地方の民意を国政に反映させる手段として活用されています。NHKは今の国会の最大の焦点である集団的自衛権の行使容認を含む安全保障法制に関し、地方議会から提出された意見書について、衆参両院の事務局に取材しました。そして、去年7月の閣議決定以降、先週までに、全国の地方議会のおよそ14%に当たる246の議会から提出され、国会に受理されていることが分かりました。
 さらに、それぞれの議会の意見書の内容を調べたところ、▽賛成の立場が3つの議会、▽反対の立場が181の議会、▽慎重な審議を求めるものが53の議会などとなっています。このうち賛成の立場では、石川県の金沢市議会が「我が国を取り巻く安全保障環境は急激に不安定になりつつあり、安全保障法制の整備を推進するよう強く要望する」としています。一方、反対の立場では、愛知県の碧南市議会が「新しい安全保障法制の整備は国際紛争の解決に武力支援をすることであり、憲法9条に逸脱しているおそれがある」としています。また、慎重な審議を求める埼玉県の滑川町議会は、「世界秩序の安定に積極的に国際貢献をすべきことは多くの国民が理解するだろうが、愚直に外交努力を積み重ねることが重要だ」としています。 こうした動きについて、地方議会と国会の双方で議員を務めた経験のある早稲田大学名誉教授の北川正恭さんは、「国の方針を変えるようなテーマに参画していないという不安感が背景にあるのではないか。住民の代表である議会が意見書という形で民意を国に上げることは非常によいことだと思う」と話しています。
ANN: 「維新案を国会に提出すべき」橋下市長が安保法制で 6/20 ○維新の党・松野頼久代表:「きょうは橋下最高顧問、松井顧問を交えて、皆で議論して、本当に後世に悔いがない行動を取る。また、我々の考えをまとめていく機会にしたい」  国会で審議が進む安保法制について、維新の党は、石油の輸入が止められるなど経済的な理由のみでは集団的自衛権を行使できないことなどを柱とする案をまとめています。2時間半に及んだ協議で、橋下氏は「政府案はあいまいで、時の政府がなんとでも解釈できる」「ホルムズ海峡での機雷掃海はない」などと指摘する一方で、「アメリカとの協力関係は強化しなくてはいけない」と述べました。さらに、「維新の党の独自の法案を与党への対案として国会に提出すべき」と強調しました。政界引退を表明した後も橋下氏への待望論は強く、出席した国会議員からは「来年の参院選に出馬してほしい」との期待の声も上がりました。  ★待望論? 可愛いのは、我が身だけ‽‽‽ 序に、当選できればよいのか‽‽‽ 独裁の始まり‼‽ 自民党を見よ!
TBS: 少数民族ロヒンギャが都内でデモ、難民問題解決訴え 6/20 ○6月20日は国連が制定した「世界難民の日」。ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ族の人々が都内をデモ行進し、難民問題の解決を訴えました。  「ロヒンギャ民族のボートピープルを全世界で助け合おう」  イスラム系少数民族のロヒンギャ族は、ミャンマーで多数派の仏教徒から迫害を受け、周辺国に逃れようとしています。しかし、タイやインドネシアなどの周辺国も受け入れに消極的なため、多くのロヒンギャ族が行き場を失い、ボートで海上を漂流するなど、難民としての受け入れが課題となっています。  「他民族と平等な自由を与えろ」
 日本にはおよそ230人のロヒンギャ族が生活していますが、難民認定された人はわずか十数人だといいます。  「自分の生活を自分でやりたい。仕事もできないし、病院も行けない」(デモに参加したロヒンギャ族)  こうした中、岸田外務大臣はロヒンギャ族への対策費として国際機関におよそ4億3000万円を拠出すると表明しました。  「(ミャンマーに)プレッシャーをかけるためにも(対策費は)一番良いことです」(在日ビルマロヒンギャ協会 アウンティン会長)
 しかし、岸田大臣は難民としての受け入れには触れませんでした。日本は先進国の中で特に難民の受け入れが少なく、より積極的な役割も期待されています。
TBS: 大涌谷をドローンで調査、半径200m内を撮影 6/20 ○噴火警戒レベルが2に引き上げられ、立ち入りが規制されている神奈川県箱根町の大涌谷で、小型無人機「ドローン」による調査が行われました。  この調査は、神奈川県が火山活動や温泉関連施設の状況を確認するために実施したものです。ドローンは一切の立ち入りが禁止されている半径200メートルの中に入り撮影しましたが、映像には、温泉を作るための筒状の装置から激しく蒸気が吹き出ている様子が確認できます。  「条件の良いときにできるだけ多くの情報を取りたい」(神奈川県産業技術センター 大塚康男所長)  大涌谷周辺では、今月に入り、火山性の地震の回数や蒸気の勢いは落ち着いて推移しているということですが、火山噴火予知連絡会は「小規模な噴火が発生する可能性がある」と引き続き警戒を促しています。  ★ドローンの平和利用、民生への活用を、よくよく検討しよう。 偶々、間抜けな官邸や警察から敵視されたからと、規制・制限一点張りでは、その姿勢の偏頗さが際立つ! 殺人兵器の無人機などは、徹底、規制すべきだろう。逆に。 逆立ち、安倍コベ好きの奴ら…

ANN: 大韓航空ソウル便運休相次ぐ 韓国MERSで利用客減少 6/20 ○MERSコロナウイルスの影響で利用客が減少していることを受け、石川県の小松空港、秋田空港、岡山空港と韓国のソウルを結ぶ大韓航空の便について、運休や一部運休が決まりました。・・・
NHK: MERS 死者1人増えて25人に 韓国 6/20 ○「MERSコロナウイルス」の感染が広がる韓国では、19日は感染が確認された人は1人もいませんでした。その一方で韓国政府は、20日夕方になって、1人の死亡が新たに確認されたと発表し、これで死亡した人は25人となりました。
 韓国の保健福祉省は、「MERSコロナウイルス」にソウルの病院で感染し、治療を受けていた63歳の男性が死亡したと、20日夕方、発表しました。これで、韓国で「MERSコロナウイルス」に感染したことが確認された166人のうち、死亡した人の数は25人となりました。韓国の保健福祉省は20日、「MERSコロナウイルス」に新たに感染した人は、19日は1人も確認されなかったと発表した一方で、「新たな患者が出ていないからといって、安心できる段階ではない」と述べ、引き続き、徹底した対策をとっていく方針を強調していました。韓国政府は、感染者と接触した可能性がある人など、およそ5200人を自宅や医療機関での隔離の対象とするなど、感染の拡大を防ぐための対策を講じるほか、感染して入院している患者の中には容体が不安定な人もいるため、患者の治療にも全力を挙げています。





NNN: ギリシャ・ロシア首脳 経済協力促進で一致 6/20 ○財政難に陥っているギリシャのチプラス首相は19日、ロシアのプーチン大統領と会談し、両国の経済協力を進めることで一致した。  ギリシャのチプラス首相は19日、ロシアでプーチン大統領と会談した。ロシア大統領府によると会談の冒頭、チプラス首相はロシアとの経済協力を促す覚書を11月までにまとめる考えを明らかにし、プーチン大統領は、「ギリシャはロシアにとってヨーロッパにおける重要な国だ」と述べた。  この会談に先立って、両国のエネルギー大臣は、ロシア産の天然ガスをトルコ経由でヨーロッパに輸出するパイプラインをギリシャまで延ばす覚書に署名している。  ギリシャはEU側からの金融支援がなければ借金を返せない「債務不履行(=デフォルト)」に陥るのではないかとの懸念が高まっているが、EU側との交渉は難航しており、ロシアとの連携を示すことで譲歩を引き出す狙いがあるものとみられる。


安全保障法制改定法案に対する意見書 2015年6月18日 日本弁護士連合会 ○本意見書の趣旨  2015年5月15日に内閣が国会に提出した平和安全法制整備法案及び国際平和支援法案は、以下の1から3等において、日本国憲法の立憲主義の基本理念並びに憲法第9条等の恒久平和主義と平和的生存権の保障及び国民主権の基本原理に違反して違憲であるから、これらの法律の制定に強く反対する。
  1 我が国に対する武力攻撃がないにもかかわらず、「存立危機事態」において集団的自衛権に基づいて他国とともに武力を行使しようとするものであること
  2 「重要影響事態」及び「国際平和共同対処事態」において、武力の行使を行う外国軍隊への支援活動等を、戦闘行為の現場以外の場所ならば行えるものとすること等は、海外での武力の行使に至る危険性の高いものであること
  3 国際平和協力業務における安全確保業務やいわゆる駆け付け警護、さらには在外邦人の救出活動において、任務遂行のための武器使用を可能なものとすること等は、海外での武力の行使に至る危険性の高いものであること
日弁連: 安全保障法制等の法案に反対し、平和と人権及び立憲主義を守るための宣言 2015年(平成27年)5月29日

2015-06-19

6/19: 遺族年金、受給資格の男女差「違憲」大阪地裁に、否定の2審「合憲」‽‽‽ 素も憲法の下、人権に係る男女差別処遇を肯定してよいものか‼‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・ズバリ見せます!週末天気 「ゴーちゃん。天気」  18時35分
 ・海保もビックリ!イルカ50頭の群れと遭遇 松山沖  17時40分
 ・「法を犯す意図無かったこと信じ…」トヨタ社長謝罪  17時26分  ★安倍氏の場合、憲法違反を犯す意図(故意)なかった…などとは、決して言えない。やる前に、主権者らの憲法違反の異議申し立て、五万とあった‼‽ 
 ・東京五輪に向け チーム「おもてなし東京」スタート  17時25分
 ・携帯電話「060」登場 「国民生活の向上実現」期待  17時14分
 ・中国人がマテ貝“爆狩り” 葛西海浜公園の浜辺  19時38分   ★葛西海浜公園で潮干狩り‼‽ キャンプ場もあることだし、もってこい‼‽ マテ貝では、言わないか?潮干狩り
 ・マイナンバー法案 蓮舫氏「廃案にすべき」  5時55分   ★当然、支持。当たり前! &格差・派遣法案、廃止・廃棄に。
 ・通商権限一任法案が下院で可決 アメリカ  6時25分    ★TPP交渉、大統領に一任となったのか?
 ・復興事業費、来年度から5年間で6兆5千億円程度  7時3分
 ・副業あっせんで詐欺、全国で5億円以上の被害か  7時2分
 ・パチンコチェーン経営者、約2億円脱税の疑いで逮捕  7時2分
 ・茅ヶ崎のチタン工場火災、鎮火には数日かかる可能性  7時2分
 ・京都で石垣など発見、秀吉創建の「伏見指月城」か  6時35分

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」6月25日例会のお知らせ 6/17 (笹井明子) ○6月25日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)6月例会を開催します。
今回は『「平和への結集」をめざす市民の風』他で、長年に亘り地道な市民活動を積み重ねてこられた太田光征さんを講師にお迎えし、『Facebook: 市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟』のテーマでお話ししていただきます。
趣旨:
昨年立ち上げたばかりのとりプロは10年越しで選挙制度、公選法、関連法を抜本的に改正していこうという取り組みです。年内に市民審議会を設立すべく動いています。既に学者・弁護士・ジャーナリストなどが委員として内定しています。
 参院での協議も最初から分かっていますが決裂し、与党内の協議も同様です。早く市民に任せるべきで、そのような受け皿になりたいと思います。
 私が取り組んでいる選挙訴訟ではいわゆる「1票の格差」だけを争点とせず、小選挙区制本体の違憲性など、「1票の格差」よりも重要で多様な争点を掲げています。
 政党が選挙制度の問題を「1票の格差」だけに矮小化していることで、政治変革の切り札をみすみす捨てています。こういった問題などにも触れたいと思います。・・・(太田さん)

今の政治情勢下、草の根市民に何ができるか、太田さんと共に考えたいと思います。是非奮ってご参加ください。
参加ご希望の方は、「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。  折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月19日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 6月20日 女の平和 ヒューマンチェーン(再度のお知らせ) 6/18 (笹井明子) ○少し前に珠さんが告知してくれましたように、6月20日に赤いものを身につけた女性が国会を囲む「女の平和 ヒューマンチェーン」が行われます。 1月17日には、7000人が国会を囲み、赤という美しい色の強さが、私たちの思いを見事に表してくれましたが、「戦争法案」の強行採決もチラつき始めた今、更なる赤で国会周辺を埋め尽くし、若者に呼応し「本当に 止める」の意志を現したいと思います。 当日は男性の参加も歓迎とのこと、ご家族、ご友人を誘って、是非大勢で参加しましょう。
 ☆行動名:女の平和 6・20国会ヒューマンチェーン☆  ■日時:6月20日(土)13:00~15:00 ■場所:国会周辺
 ■趣旨:赤いものを身につけた女性たちが国会を包囲して「外国で戦争をする国」になることに反対する意思表示をする
★ フェイスブック
★チラシ
イシャジャの呟き: 93歳 寂聴さん 命がけで 国会へ  誕生日の花 ノアザミ 花言葉 私をもっと知ってください 6/19  ○ ノアザミ  日の出4時11分、ラジオ深夜便の”明日への言葉”(東ちづる)を聴き、5時起床、涼しいうち 気掛かりだった 菜園の除草をする。スベリヒユの芽が出ており、一雨 来ればドンドン伸びるので 優先して抜く
 9時から、ネット中継で衆院安保法制の審議が行われている衆院外交防衛委員会を覗き見する。官房長官が招致されていたが ”粛々”だとか”、”それは当たらない”という、永田町言語を使って過ごしている男だから、・・彼は語彙が乏しいのです・・
 寂聴さん病気を押して国会への 記事 東京新聞 6/19を見つけたので貼りました。
 党首討論のことについて「安保」党首討論 「違憲」拭えぬ首相答弁 東京新聞・社説 6/18貼りました
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 今日のトピックス Blog6/18: <党首討論>安保、すれ違う議論… 憲法違反追及と独裁志向とでは、素も当然‼‽ 憲法違反⇒安倍コベ政策一切無効! 政府の責任追及は‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)

■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: