FC2 Blog Ranking
2017-09-30

9/30: 民進リベラル系、新党準備 希望や自民と対決姿勢鮮明に リベラルと保守2党が対決 戦争か平和か 安部1強打破、モリカケ解決⁉ 早く出てこい新党

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・両陛下、華やかなパフォーマンスに手拍子 愛媛国体 10/1(日) 0:07
 ・北と接触、対話意思「探っている」 米国務長官が言明 10/1(日) 1:12
 ・希望の党、来月2日に50人超の第1次公認発表 9/30(土) 23:45
 ・民進・辻元氏、希望の党“合流”めぐり「私は行きません」 9/30(土) 23:44   ★純化路線の延長… 日本人に、保守2党制など、戯言! 主権者をねじ伏せることなど、有り得ぬ。
 ・10月から値上げが続々、食欲の秋なのに・・・ 9/29(金) 19:38
 ・緊急着陸のオスプレイ2機、機体の点検作業開始 9/30(土) 12:52
 ・東海道・山陽新幹線、無料のチケットレスサービス開始 9/30(土) 12:51
 ・広島の交通情報板、「ミサイル/渋滞中」と誤表示 9/30(土) 12:50
 ・東京・品川でホームレス男性を刺した容疑、男逮捕 9/30(土) 12:49
 ・スズメバチか、岩手・一関で園児ら14人刺される 9/30(土) 12:48

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月30日分 9:00 実施
「護憲+」: 小池都知事の光と影 9/30 (流水)
 〇9月25日のテレビは、昼間は「やり手ママ」に、夜は詐欺師に占拠された。軍配は、「やり手ママ」に上げざるを得ない。

 上野動物園の「パンダ」の命名発表。これでワイドショウその他のTVメディアを引き付けておいて、政治にかかわる重大発表をする。政治部署だけではなく、多くのTVメディアを集める。ここがうまいところ。しかも、その発表内容の図太さ。そんじょそこらの男どもでは、到底まねができない。

 曰く「これまで、若狹と細野が中心になってきた新党構想をリセットして、わたしが中心になって新党立ち上げをする」ときた。

 一言でいうと、若狹や細野に任せておいては、風が吹かない。使い物にならない。「だから、これからは、私が中心でやります」宣言。若狹などは、記者の質問にしどろもどろで、携帯電話が壊れていて、小池都知事と連絡が取れなかった、などと見え透いた言い訳をしていたが、役者が違うとしか言いようがない。男どもには、こんな発言をする度胸はない。

 それでは若狹や細野がぶんむくれて辞めた、となるかと言えば、決してそうはならない。「辞めた」と言ったとたん、「そう。残念だわね。では、ご自分で新党を立ち上げてください」と言われるに決まっている。このあたりの冷酷さは、別れた男には見向きもしない女性特有の強さだろう。別れた女性にいつまでも恋々とし続ける男にはない強さだ。

 これで、小池新党(希望の党)は市民権を得た。新物大好きのメディアにとって、これほどおいしいネタはない。一気に自民党の対抗馬に躍り出た。

 政治的センスが決定的に欠落している民進党前原もこれでようやく踏ん切りがついたようで、自由党との合併を決断。同時に、民主党解党、「希望の党」合流を決断した。

 実は、民進党の基本戦略は、自由党・社民党との合流。そして、その三党と共産党との統一名簿作成。四党統一候補で選挙に臨むというものだった。しかし、党内の共産党アレルギーがなかなか払拭できず、愚図愚図と引き延ばしていたのが現実で、結局、党内対立が、民進党をここまで追い込んだと言っても過言ではない。民進党指導層に決定的に欠落しているのが、党内分裂・混乱を覚悟した上での決断。この覚悟の無さが、低迷の最大要因だ。

 これはどんな勝負事にも言えることだが、勝負事に一番重要なのは、タイミング。一瞬の時をつかむタイミングを逸したら、同じことをしても、インパクトがない。「勝負勘」というのは、一瞬のタイミングをつかむ勘を指す。勝負事には、「勝ちと負け」しかない。「負け」を恐れては、タイミングを逃す。小池百合子は、この決断力が群を抜いている。「度胸」が良い。「民進党」が「希望の党」に敗れるのも無理はない。

 小池百合子はここまでは成功した。見事といってよい。しかし、問題はここから始まる。

 小池百合子のここまでの成功は、「中小企業の成功」という認識が必要だ。中小企業は、トップの決断が成功の鍵を握り、トップの決断が企業の成否に直結している。トップに組織の運命が託される度合いがきわめて高い。これまでの小池知事の成功は、中小企業的成功の環境で行われた。

 しかし、ここからの小池百合子はそうはいかない。例えば、民進党議員の選抜をあまり強権的に行うと、小池百合子の印象が非常に悪くなる。まして、安全保障を前面に出して排除すると、小池百合子の極右的側面が強調されて「希望の党」への期待が急速に萎んでしまう危険性がある。

 大きな組織のトップの言説は、「中小企業トップの切れ味」から、「曖昧模糊」とした言説になりがちになる。これには理由がある。大企業の場合は、中小企業と違った社内の多様性を考慮に入れなければならない。同時に対外的影響も考慮に入れなければならない。「切れ味鋭く」というわけにはいかない。

 小池百合子が、「民進党からの入党希望者を選抜するとか絞り込む」などと言えば言うほど、小池百合子の「冷酷さ」「酷薄さ」が浮き彫りになっている。テレビカメラは表情の変化を容赦なく暴き立てる。それが目立てば目立つほど、見る側の心が冷え、引いてしまう。小池百合子は、この事の重大性をもっと深刻に考えたほうが良い。

 よく考えればすぐわかるが、今回、民進党は「お金」と「組織=人」も提供するのである。それを提供される側が、偉そうに「選抜する」「絞り込む」などと言っている。これは、世間的常識とは相反する。小池百合子は、一人一人選別するとか、全員受け入れるという事はさらさらないとか、人の神経を逆なでするような発言を平気でしている。日ごろは、慎重な口を利く小池百合子だが、この口の利き方は、ない。小池知事が居丈高になればなるほど、小池知事の本性が丸出しになっているようで、国民の心が離れてしまう。

 実は、小池新党(希望の党)の危険性はここにある。「希望の党」が成功するかどうかは、小池百合子の酷薄さを薄める本当の意味での側近の存在にかかっている。首相を本気で狙うのなら、多様性をできるだけ認めなければならない。これは大変難しい、どうやら、彼女は人に任せれない性格のようだから。

 こう考えると、選抜される側のリベラル派は、覚悟を決めて対処したほうが良い。排除されるリベラル系の議員たちは、一つの塊になったほうが良い。いわゆる分党論。前原と交渉して、プールしている政党助成金を分割し、選挙資金を確保して、戦うべきだろう。共産党との連携、社民党との連携はできる。同時に、各地の単産と協議して、連合系の援助ももらう。連合も希望の党との連携を進めた責任があるので、目をつぶるだろう。さらに、各地の市民運動との連携も深めるべきだろう。リベラル系の勢力が衰退するのは、絶対避けるべきだろう。

 前回の小沢の戦略で書き忘れたが、今回の選挙、自民党が勝っても安倍政権の足元は、揺れ動き、そんなに長く持たないだろう。「希望の党」側が勝利しても、必ず内部分裂を起こすだろう。政策的問題だけではなく、最初に結集した人間がひどすぎる。これから数年は、政党の離合集散が激しくなり、政治はなかなか安定しないだろう。

 ただ、安倍一強と言われる時代は過ぎ去り、本当の意味での政策を競う時代が到来するだろう。

 寝て起きたら、景色が変わる、というのは、時代の転形期の特徴である。十七年遅れの「世紀末」の到来だと考えたほうが良い。今回の小沢の仕掛けは、本当の意味でのカオスを起こし、21世紀の日本の未来をどう生み出すのかを国民に問うている、と考えたほうが良い。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


「護憲+」: 護憲派は「日本が戦争に巻きこまれないための道標」提示を! 9/29 (厚顔)
 〇選挙後、自民、公明、希望の改憲派議員が増える中で、護憲派政党、リベラル議員の勢力図は予想できませんが、激減するかも分かりません。そして護憲政党・議員は多勢に無勢となり、これまでの護憲の叫びも国民には馬耳東風となることも予想されます。

 さらに改憲派議員が増えれば、米朝対立をにらみ、日米防衛協力は更に強化され、憲法9条の戦争放棄はいよいよ有名無実化され、日本が米朝戦争に巻きこまれる可能性は益々増大するものと思われます。

 しかし護憲派は選挙後のこのような状態を座視するわけにはいきません。捲土重来を期すには、これまでの護憲活動だけでは限界があり、現在の米朝軍事緊張状態を直視して、新たな戦略として、『日本が戦争に巻きこまれないための道標』を国民に提示する必要があると思います。

 米朝の軍事緊張が高まり、安倍首相が緊急状態を煽っているわけですから、国民も否応なく日本が戦争に巻きこまれることは肌で実感しつつありまます。それに対して安倍政権のマッチポンプ型のJアラートや迎撃ミサイル増強等の対処療法ではなく、『日本が悲惨な戦争に巻きこまれない』ための理念と根本対策が護憲派政党や政治家には求められて然るべきではないでしょうか。そしてここはまさに護憲派の出番ではないでしょうか。

 具体的な道標は何かと言えば、「日本の永世中立国」化です。これは日米安保条約の破棄を意味しますが、逆に現在の日米安保条約以上の日本の安全保障になると言えます。このことは現在の米朝敵対関係のなかでどちらの選択がより日本が安全であるかを比較すれば明確だと思います。仮に米朝戦争に成れば北朝鮮は在日米軍のある日本をミサイル攻撃すると公言しているわけで、その軍事力は日本の上空を越えるミサイルがあることで既に証明されています。

 いずれにしろ選挙後改憲派議員が増えると予想される中、護憲派政党・議員は日本の恒久平和のため、ここに国民の目を向け、理解を求めていけば、新たな国の基軸方向として、スイスをモデルにした中立国をイメージできるのではないでしょうか。そして結果として普遍的に他国に左右されない平和主義・国民主権・基本的人権を持つ真の独立国家になれる時が来ると思われます。

 そこで護憲+が魁けて選挙後の護憲政党や希望の党に与しないリベラル議員へ、この新機軸を働き掛けて波紋を拡げて行けないものでしょうか。「日本が再び戦争しないため」に提案したいと思います。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/29: 「アベ政治を許さない」の鳩山由紀夫氏、民進を選別、維新と連携を図る小池氏、対抗の自公政権『敵のスキ突き』解散… 詰るがモリカケ隠しの吾身忘れそ










「護憲+」ブログ: 小沢の戦略;是か非か 9/28 (流水)
 〇今回の一連の政変劇。小沢一郎と前原、小池、連合が仕掛けた乾坤一擲の大勝負。小泉純一郎も一役買っているかもしれない。

 民進党内のリベラル派がどうなるか、共産党との四党共闘がどうなるか、憲法改悪派ばかりが強くなってどうする、曰く自民党の補完勢力。おそらく、選挙中はもちろん選挙が終わってからも、疑問の声が絶えないだろう。

 小沢の戦略の目的はただ一つ。安倍政権打倒。これ以外ない。そのためには、数が必要。野党共闘で政権が取れればそれがベスト。しかし、最大野党の民進党の足並みが揃わない。保守とリベラルの対立は抜き差しならないレベルだった。その意味で、イデオロギーに縛られた民進党の議員の政治意識は、いまだ青臭いままで成熟には程遠いものだった。

 これをどうするか。
 小沢は小池と東京都議会選挙を通じて関係を修復。小池は、「希望の党」の党名を商標登録したのが半年前だったと言っている。どうも、このあたりから、小沢と小池は様々な策を練っていた様子がうかがえる。

 さらに、前原とも関係修復。何度も会談を重ねている。前原が民進党代表選挙に出馬した時、小沢と関係の深い民進党議員(松野とか松木謙公など)が前原を推した。

 この中で小沢は民進党内部の路線対立・イデオロギー対立の深刻さを見て、これを一挙に解決する方法として、小池百合子が作る新党(希望の党)に民進党が合流する案を考えたと思える。

 この案は、メディア的には絶大な力を持った。同時に、現実的・具体的力としても絶大な力を持っている。小池百合子の持つ絶大な人気・発信力(通称 看板)に、民進党が持つ資金力・組織力(地盤とカバン)が加わったのだから、その破壊力は抜群である。安倍政権打倒の方策としては、見事な作戦だと言わねばならない。

 問題は、民進党内部のリベラル派、社民党、共産党との関係が崩壊する事である。政権を取ったとしても、小池百合子の右翼的傾向が政権の命取りになりかねない危うさを持っている。

 ここからは、わたしの希望的観測を含めた憶測である。

 小池百合子が民進党内部のリベラル派を拒絶することは織り込み済み。前原が「希望の党」入党交渉を一任されているので、小池と交渉し、その多くは受け入れらるのではないかと考えている。

 小池が難色を示せば示すほどリベラル派も「希望の党」で自らの信念を頑なに主張するのを多少は遠慮するはず。それを条件に入党交渉するというやり方ではないかと考えている。

 それも無理ならば、リベラル派は少数派覚悟で分党する以外にない。そして、分党したリベラル派、社民党、共産党が共闘して統一候補を出して選挙を戦うのである。彼らも生き残りを賭けて必死に戦うに違いない。当選の可能性もかなりある。

 小沢は、これで「政権交代」が可能だと考えたに相違ない。それが証拠に、小沢一郎は、今のところただ一人で「希望の党」に入党するそうだ。他の自由党員は、一人ひとりの決断に任されている。彼らの日ごろの思想傾向からすると、民進党リベラル派と合流する可能性が高いような気がする。

 つまり、小沢一郎は、どちらに転んでも、安倍政権打倒が可能なような仕掛けをしたのだろう。

 たしかに、リベラル派からすれば、裏切りに近い仕掛けだし、小池百合子の思想傾向はきわめて危険なものを持っている。そこが小沢の政治家たる所以。安倍政権打倒のためには、【悪魔】とでも手を結ぶ、という政治決断だったと考えている。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/28: 正規と非正規、年間給与に315万円の差 4年連続拡大 業種別では電気・ガス等地域独占事業が769万円で最高、宿泊等サービス業が最低 貧困とデフレ 衆院選、富の再配分が課題ではないか
  ★戦争か、平和か⁉ 安倍氏にも、小池氏にも問おう。 戦争にも、核戦争にも、無論、日本の核武装にも、反対である。過ちを繰り返してはならない。
 侮っていた北朝鮮に、驕った安倍氏が、出し抜かれた大失態… 今では、恥もなく、制裁だ、国難だ?戦争だ? 森加計隠し、日報隠しに血道をあげ、内政でも大失態…、咎める者は、自民党にいないのか?永田町霞が関界隈にはいないのか? そして、提灯までもが、兵力を更に装備しようとの口車に乗りそうだが、核ミサイルと、一体、どう対峙しようというのか?日頃から、核抑止力信奉者が! 米軍の後ろ盾があるから大丈夫???永遠の対米従属、従軍引換えに orストーリーもなしに??? 気分で選択・投票していい時ではない。 麻生氏などは、朝鮮半島避難民の心配を、今猶、の賜っていたが、7~10分程度で届くミサイルの心配はしないのか、と思う。日本なら、ICBMなどいらないのだから。通常のミサイルに核弾頭をセットすればよい… と想像しそうなものだが。 最悪の事態も想定し、投票すべきではないか。今回は。信頼できない指導者に、間違っても、A級戦犯・戦争指導をしてもらっては困ると思うのだが。 


「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)

  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
  ★解散、総選挙直前に、民進党の、新党(希望の党)への合流⁉局面を迎え、一部に混乱が予見されるが、環境が激変したため、9/28付の投稿を撤回したものかと。


 今日のトピックス Blog9/27: 民進党と希望の党 “統一名簿”、衆院選で“共闘”  小池氏、候補者に踏み絵(改憲と安保)を迫る! 強引過ぎて戦争⁉も 安倍の失態隠し解散も、護憲勢力ねじ伏せ、議員保守化にも、異議あり!
  ★昨日からの、秘密裏の情報が、開示されず、小池新党が、新進党を飲み込む形での連携が伝えられ、且つ、小池氏が、入党の条件に、「安保と改憲」姿勢を問う(保守2党制)らしく、民進党の一部の議員の皆さまには、厳しい選択の一日になろうかと。備えがなければ。 勿論、平和を愛し、日本国憲法を愛する市民、主権者にとっても、深刻な状況が展開されることになるかも、と懸念される日に。主権者が、その視座と展望を固める時に至ったのやも。



「護憲+」: 今と未来を予見?2005年総務省製作短編映像「希望の党」 9/27 (笹井明子)
 〇知人から、2005年に総務省と明るい選挙推進協会が製作した短編映像「希望の党」が、小池新党「希望の党」の誕生とその行く末を予見しているかのようだと話題になっている、という情報が届きました。

 「12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に」

 +++
 これはとんでもない未来予知かもしれません。詳細は以下から。

 本日爆誕した小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」。なんと12年前の2005年に総務省と明るい選挙推進協会が制作した「希望の党」を紹介する動画が発掘されて大きな話題となっています。
 監督は「ガメラ」シリーズや「就職戦線異状なし」、「デスノート」などで知られる金子修介さん。主演には渋谷飛鳥さんと木下ほうかさんというキャストで、20分間の短編作品です。

 あらすじとしては2005年当時らしく「誰に投票しても変わらない」と考えて選挙に行かない夫婦と、熱心に翌日の選挙に行くように勧める娘といういかにも「選挙に行こうキャンペーン作品」らしい出だし。

 しかしその選挙が終わると政権を取るのが耳慣れない「希望の党」という政党で、徐々にこれまでの終わりなき日常が変わっていき、ついに…というディストピア展開。そして万を持して楳図かずおが登場し、想像を超える超展開へとなだれ込みます。

 作品は金子監督が自らのYouTubeチャンネルにアップしており、前後編で閲覧が可能。
 「希望の党」前編 – YouTube
 「希望の党」後編 – YouTube

 選挙に無関心なダメな大人と国の未来を考える真面目な子供、そしてそうした真面目さを易々と汲み上げて権力を奪取するポピュリズムとファシズム。その止められない暴走の末路など、まさしく2017年現在の日本の社会状況の危険性を浮き彫りにしてます。

 この政党に「希望の党」という明るく分かりやすい名前を付けた金子監督。小池都知事の「希望の党」の行く末をどこまで予見しているのでしょうか?
 +++

 なんというリアリティ。「希望は絶望」のディストピア。ぞわ~。
 後悔先に立たず、、、。今度こそ、「風」に流されず、ポピュリズムに踊らされず、自分達の選択が自分達の暮らし、生き方を左右するのだと自覚して、賢明な判断、責任ある選択をしたいと思います。

 「護憲+BBS」「明日へのビタミン!ちょっといい映画・本・音楽・美術」より


 今日のトピックス Blog9/26: 北・外相「米の爆撃機、撃墜の権利がある」 米報道官「我々は宣戦布告していない」 さて、安倍氏の立ち位置は? 戦争か 内外で大失態ばかりの日々 己が失態を『国難』と??? 慢心の証明


イシャジャの呟き: 秋晴れ すぐ 秋雨    誕生日の花 ベンケイソウ  花言葉 静穏 信じて従う 9/26
 〇ラジオ深夜便から

 好天も今日まで、明日からは 秋雨となる予報、我が家唯一の果樹、柿の実が色づいているが、
渋抜きをしたら、4日で 軟らかくなり過ぎ 食用にはならない。勿体ない・・・

 涼しくなったので、退院後 初めての除草をする。2か月ぶりなので、種を付けていたが、少しづつ
抜き取ろう。


 カテゴリなしの他の記事
  秋晴れ すぐ 秋雨
  秋晴れ
  台風一過
  敬老の日
  秋だ


今日の「○」と「×」: 「×」 政治を私物化する国難アベを退陣に追い込まなければならない。 9/26
 「×」 TBS: 「28日に衆院解散」安倍首相表明 9/25

 安倍首相は25日夜、記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭で、衆議院を解散すると表明した。
 安倍首相は「28日に衆議院を解散いたします」、「『国難突破解散』であります」などと述べた。
 安倍首相は、2019年10月に予定される、消費税率10%への引き上げによる増収分の使い道を、国の借金返済から、子育て世代への投資に振り向ける方針を示し、国民の信を問うと説明した。
 さらに、北朝鮮への圧力路線について、「信任を得て、力強い外交を進める」と述べ、「少子高齢化と北朝鮮情勢という、国難を乗り越えるための『国難突破解散』だ」と強調した。
 選挙の勝敗ラインについては、与党で過半数となる233議席とした。


 〇アベでんでんによれば、今回の解散は「国難突破解散」だそうだ。

 えらく大袈裟な呼び名を付けたものだが、今の日本に国難があるとするなら、それはアベ政権自身が作り出したものに他ならない。

 完全なマッチポンプだ。

 さらに、アベの存在自体国難といっても良い。

 だから、自公与党を大敗させアベ政権を倒すことこそが、国難を突破することになる。

 しかし、小池新党が伸びても自公の補完勢力になるだろうから、そちらには期待できない。

 最近の知事選や補選、参院選の1人区のような野党共闘で、アベ「マッチポンプ解散」を叩き潰さなければならない。


 今日のトピックス Blog9/25: 敵にはスローガンがない⁉ 我らのスローガンは、「Abe is over」!「モリ・カケ選挙」or火事場泥棒… 主権者が、悪代官から、本来の権威と畏敬を勝ち取り、民主主義、三権分立も本来に


「護憲+」: Abe is over 9/25 (流水)
 〇選挙には、スローガンが必要だ。それも、短いほうが良い。スローガンが一番力を持つのは、前向きに相手を攻めている時だ。

 今回の選挙。敵にはスローガンがない。消費税増税分を教育無償化に使うなど、スローガンになるはずがない。それだけ、後ろ向きの選挙だと言う事。

 と言う事は、今回の選挙は大チャンスだと言う事である。野党連合が本当に前向きなスローガンを出せば、選挙の雰囲気をガラッと変える可能性が高い。今回のように、選挙準備が整っていない選挙戦では、選挙スローガンの成否は、勝敗を決める可能性が高い。

 わたしは、以前、紹介した「Abe is over」を推奨したい。

 元歌は、ご存じオーヤンフィフィの「Love is over」。東京都議選の時、大きな力を発揮したそうだ。だが、やはり、都議選は都議選。Abe is overの影響力は限定的だった。

 しかし、今回は、衆院選。全国で行われる。しかも、安倍首相夫妻のズルを隠蔽するための「モリ・カケ解散」。問われるべきは、安倍首相その人。「Abe is over」の皮膚感覚は、東京都議選の比ではないと思う。

 歌詞と歌をご存じない方もおられるだろうから、もう一度 、紹介しておきます。

 Abe Is Over
 パギやん(趙博)

 Abe is over 
 遅すぎたけど、終わりにしよう、切りがないから
 Abe is over 
 訳などないよ、唯一つだけ、日本のため
 Abe is over 
 悪い過ちと笑って言える時が来るから
 Abe is over 
 泣くな、無様だろ、憲法のことは早く忘れて

 私はあんたを忘れはしない
 誰に替わっても忘れはしない
 きっと最後のファシストと刻むから

 Abe is over 
 私はあんたのトドメを刺すよ、ぐっと心に
 Abe is over 
 最後に一つ、国民騙しちゃいけないよ

 下手な答弁で誤魔化さないで
 本当のことを早く喋って
 きっとあんたにお似合いの墓がある

 Abe is over 
 嬉しいよ、早く出てって、振り向かないで
 Abe is over 
 Mmm... サヨナラしてね 
 Abe is over
 Wow wow wow ...

 歌はこちらでどうぞ。
 Abe Is Over/アベ・イズ・オーバー  パギやん(趙博)

 「Abe is over」を野党共闘の共通なスローガンにすれば、一言でこの選挙の意味が分かる。心から推奨したい。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/24: 「有事の際、北の難民の射殺検討」麻生氏発言に非難殺到 呆れるね⁉ 攻撃論に傾き過ぎる安倍政権 出口論も考えず、避難民が来たら『武装しているかも…』殺そうとは 憲法・世界標準無恥


「護憲+」: 「モリ・カケ選挙」と呼ぼう!  9/24 ( 珠 )
 〇もし選挙になったら、みんなで「モリ・カケ選挙」と呼びましょう。
 政治・税金の「私物化」は許してはいけないのです。

 自民党は、事件を国民が忘れているハズと国民を馬鹿にしています。
 選挙で勝てば、全てチャラにできると思っているのでしょう。

 そして選挙に行く前に、ぜひ見てもらいたい記事があります。
 ことに「安倍しかいないでしょ?」と根拠なく思い込まされている人、
 無邪気に「アベノミクスで経済は良くなったんじゃないの」と信じている人はぜひ!
 無邪気に安倍さんを支持してる人は、これを見てから選挙に行くべし!(お役立ち情報の杜(もり))
 
 みんなで、ツイッターやFB、SNSで広めたいものです。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


「護憲+」: 野党勢力が共闘できる政策理念への一提案 9/24 (流水)
 〇今回の解散劇。安倍政権及び自民党の憲法無視・国会無視・国民無視の姿勢は明白だ。どう見ても、彼らに正当性はない。

 しかし、解散総選挙は行われる。そして、その結果は出る。どんなに不合理で理不尽であっても、その結果に基づいて政治は行われる。【勝てば官軍】の世界である。

 政治のリアリズムとはそういうもの。だとするなら、野党勢力は、勝つために全精力を注入しなければならない。巨大で強い敵を相手に戦う要諦は、相手の弱点を徹底的に攻めること。弁慶の泣き所はどこか。その認識こそ、勝敗を分ける。

 ※自民党の弱点は?

 (1)解散の正当性がない

 ⇒「モリ・カケ隠し解散」「犯罪隠し解散」の批判に抗する理屈はない。
 ↓
 野党は、ここを徹底的に突くべき
 ↓
 「解散の大義」批判を論じるだけでは、力にならない→「モリ・カケ隠し」に協力した安倍側近の選挙区に団体で刺客候補を立てる(イメージとしては、小泉内閣当時の郵政民営化時の刺客候補)→●「モリ・カケ隠し」を争点に戦う⇒★メディア受けする争点を作る⇒野党の指導者が大挙して応援に入る⇒★選挙戦を通じて【モリ・カケ隠し解散】の理不尽さ、不当性さを訴え続け、【モリ・カケ隠し解散】の本質を国民に忘れさせない。
 ↓
 ★そのための刺客候補の選定を急ぐべき ⇒絶対野党統一候補でなければならない。

 (2)自民党候補は単独では強くない

 現在の自民党候補は、決して強くない。自民党の得票数は、ほとんど伸びていない。自民党が多数派を占めているのは、公明党の固定票と野党の乱立と小選挙区のおかげ。⇒この認識をきちんと持つことが大前提。
 ↓
 1. まず、野党の乱立を止める→野党統一候補擁立
 2. 自民党の医療・年金・介護・保育などの社会福祉政策切り捨て政策を図入りで分かりやすく説明する→公明党応援団創価学会婦人部の動きを止めることに集中する。
 3. 投票率を上げる事が、自民党に勝利する大前提→現在の自民党政治を継続すれば、日本が崩壊する、という危機感を掻き立てなければならない→★本当にそれでよいのか、という問いかけが必要。
 4. 安倍首相の代わりがいない、という消極的自民党支持者に対しては、●安倍首相にやらせておけば、日本は崩壊する。●安倍首相でも首相は務まったのだから、誰でも代わりはできる、という論理で対抗。

 ※野党連合の現実的正当性

 ・・・毎日新聞の試算によると、〈民進、共産、自由、社民4党が候補者を一本化すれば、計58の小選挙区で与党の現職を逆転する可能性がある〉という。
 14年衆院選の結果に基づいて試算したものだ。今回から衆院小選挙区の定数が「0増6減」となるため多少の誤差はあるものの、大きくは変わらないはずだ。・・・日刊ゲンダイ

 (3)「魚は頭から腐る」論を徹底的に展開するべき

 日本人は損得だけで判断するのではなく、社会の乱れ、道徳的退廃に敏感である。ここを徹底的に攻める。

 安倍首相や昭恵夫人の「ズル行為」を見逃すことは、「法治国家」の基本が崩壊する。まして、官僚や政治家、司法機関、メディアすべてが権力者を忖度すれば、もはや民主主義国家ではなく、独裁国家だと言う事を徹底的に論じなければならない。トップが腐敗すれば、日本国家すべてが腐敗すると言う事を徹底的に主張しなければならない。【道義国家】として世界の尊敬を勝ち取るためには、安倍首相そのものを変える以外ないと主張すべき。

 野党勢力は、基本的には、以上の争点だけを徹底的に語ればよい。この争点を声高に語ることができれば、かなり有利に選挙戦を展開できる。

 しかし、選挙は選挙。自民党や与党は、必ず北朝鮮危機を材料に、安全保障問題を争点にするだろう。他の一つは、憲法改正問題であろう。特に、北朝鮮問題は耳目に入りやすく、のぼせやすい連中には格好の材料になる。どう対処すればよいか。

 (4)北朝鮮問題

 日本では、ほとんど報道されていないが、ロシアのプーチン大統領が、きわめて現実的な北朝鮮問題解決法を提示している。

 日本では、トランプ大統領の異例の徹底的な北朝鮮破壊宣言に心を奪われがちだが、所詮ブラフ以外の何物でもない。トランプ大統領の反知性主義丸出しの言葉は、北朝鮮の反発を招きこそすれ、何の解決にもならないことははっきりしている。

 ただ、冷静に観察すれば、トランプ大統領が北朝鮮に言及したのは、全演説時間の8分の1。安倍首相のそれは、約8割。彼我の差に安倍首相の知性の無さを感じてしまうのは、わたしだけではないだろう。

 では、プーチン大統領の提案とは、一体どのようなものか。

 田中宇は、以下のように書く。
 ・・・
 プーチンの新提案とは、9月6-7日にロシア極東のウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」で発せられた、(日本や)韓国から北朝鮮を通ってロシア、中国に至る鉄道やパイプラインを開通させる構想だ。

 朝鮮半島を縦断する鉄道やパイプラインは、ロシアのシベリア鉄道や西シベリアからのパイプライン、中国が「一帯一路」計画で建設している中国経由で西アジアや欧州まで伸びる鉄道やパイプラインにつながり、日韓がユーラシアや欧州に製品を輸出したり、シベリアから石油ガスを輸入する際に使える。

 北朝鮮は、自国を通過する鉄道貨物やパイプラインの通行料を得られる。この構想は、10年以上前からあったが、北と韓米の対立激化により頓挫していた。

The Russia-China Plan For North Korea: Stability & Connectivity Pepe Escobar

 ☆ご参考迄に
プーチンが北朝鮮問題を解決する 2017年9月20日   田中 宇

 プーチンが提案した北をめぐる経済協力案は、北が核やミサイルの開発をやめるよう求めている国連決議に従わないと進められない。

 米国が北を先制攻撃すると脅し、北は脅されるほど突っ張って核ミサイルの開発を誇張して進める現状が続くなら、北は国連決議に従わず、経済協力も実現しない。

 だが、今回のプーチン案は、従来の米国と中国が主導してきた解決策と、大きく異なっている。それは、今回の案が北朝鮮に対し「米国に脅されても挑発に乗らず無視して、露中や韓国(や日本)と一緒に、鉄道やパイプラインをつないで経済開発しようよ」と「米国無視・米国はずし」を持ちかけていることだ。

 従来の解決案は米中主導だったので、北は米国を無視できず、米国の挑発に乗らざるを得なかったが、プーチンの案はそれと正反対だ。
 ・・・

 この提案は、実に現実的だ。現に、ウラジオストックでのロシア・北朝鮮の秘密会談の映像では,両者が実に親密だった。田中によれば、この構想、ロシア・中国・北朝鮮・韓国はもちろん大賛成。日本も乗ったと書いている。反対しているのは、米国。そのため、まだ日本はおおぴっらに賛成できないという。

 ※わたしは、野党連合は、「北朝鮮問題は、対話による解決以外なし」というメルケル首相の立場を主張し、プーチン大統領の提案を現実的具体的解決策の一つとして主張すべきだと考えている。→そうすることにより、安倍首相の好戦的姿勢の危うさをあぶりだせると考えている。

 (5)改憲問題

 今回の解散劇は、二つの憲法違反の疑いがある。憲法53条違反と憲法69条違反である。
 ・・・・・・・・
 第五十三条  内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

 第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。
 ・・・・・・・・・・

 臨時国会召集を延ばしに延ばした挙句の果て、天皇陛下の出席なし、施政方針演説なしで冒頭解散。その間に内閣改造をしている。

 新内閣の施政方針演説もなければ、新閣僚の方針もなしで、解散。こんなことが許されるなら、憲法も法律も国会もいらない。こんな首相やこんな政党に憲法改正論議などする資格はない。そもそも、遵法精神など欠片もないと言わざるを得ない。

 野党は、現憲法遵守ができない政権や政治家に憲法改正を論じる資格なし、と断じて、憲法論議はしないという姿勢を明確にするべきだ。

 具体的内容に踏み込んで相手の土俵に乗っては相手の思うつぼ。争点がぼけてしまう。徹底的に安倍内閣や自民党の「憲法無視」「法律無視」「国会無視」「国民無視」を糾弾し、改憲論議など無視すべきである。

 (6)消費税問題

 民進党は過去の政策に拘泥せず、消費税5%減税を主張すべき。理由は、消費が回復しないのは、個人消費の落ち込みが原因。消費の回復のため、消費税5%減税を主張すればよい。自民党や支持者から批判はあるだろうが、自民党だって二度も消費税増税を見送っている。そんな批判は無視すればよい。

 (7))医療・年金・社会福祉政策

 年金を株に投資できるポートフォリオ撤廃。国債など安定的投資に変更する。(理由;年金を危険な投資に投入しない。株式市場が、市場の本当の姿を反映しなくなり、本来の機能を果たしていない。)

 「護憲+コラム」より


「護憲+」: 続・「憲法論議に対案は必要ない」 9/24 (パンドラ)
 〇名無しの探偵さんが「コラムの感想」で書いておられたように、中野先生の論説は鋭く、説得力があり、しかも私などにも分りやすくスーっと頭に入りました。何故、政治家の皆さんは、中野先生ような言葉で国民に語る事が出来ないのでしょう。
 ☆ご参考迄に
中野晃一先生(上智大学)の考える立憲主義とは?安倍晋三の憲法違反に猛抗議する学者の姿 #中野晃一

 コラムの後半で少し触れましたが、一番気になるのは憲法改定の国民投票。長くなるので、コラムではあまり触れられませんでしたが、私は国民の意志で国民の手による国民投票を実現したいと思っています。

 しかし、昨今の都知事選、国政選挙の、都民および国民の投票行動を見ると、情けなく思います。 「国民投票と選挙は違う」とおっしゃる方もいますが、改憲勢力は、いざとなったら死に物狂いで汚ない手を使っても闘いを挑んで来るでしょう。

 その時のために護憲派はあらゆる手を打ち、知恵を搾って憲法体制を護らなければなりません。日本の国民はそこまで愚かではない、と思いたいのですが…。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/23: 原発避難判決/予見できたのに免責??? 国と東電の対策・怠慢糾弾、責任を問うた前橋地裁判決とは隔絶 10月福島地裁で、原告数約3800人の判決 救済・賠償では徹底的に被害者に寄り添え


 今日のトピックス Blog9/22: “完全破壊”演説に…金正恩氏、トランプ大統領を“罵倒” 「北朝鮮の崩壊 望まない」韓国大統領&中国外相、河野外相に「対話も重要だ」 首相「最大限の圧力」? 戦争or平和、選挙で決まる


「護憲+」: 「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会のお知らせ 9/22 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会を下記のとおり行います。

 今回は、関西大学教授で「9条の会・おおさか」事務局長の吉田栄司さんにお越し頂き、『9条問題の本質を「護憲」の立場で考える』のテーマでお話をしていただきます。

 吉田さんは、8月に行われた今井一さん主催のシンポジウム「9条問題の本質とその抜本的な解決を論ずる」にパネリストとして参加され、9条護持の立場から持論を展開されましたが、今回はその中身についてより掘り下げたお話しを伺う予定です。

 大義なき解散総選挙が間もなく行われるようですが、その結果がどうであれ、自民党政権は安倍首相が執念を燃やす「9条に自衛隊を明記する」改憲案を提出するタイミングを図っているようで、私たちも「国民投票」への心構えを作っておく必要がありそうです。

 今回は、吉田さんのお話を伺う中で、改めて「9条護憲」の意味について考え、「護憲派」としてのコンセンサスを作り上げるひとつの契機とすると共に、今後の取り組みについても考えたいと思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:9月29日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)


 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

 2016年8月以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2016年)
  8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
  9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
 10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 11月: 「今、高江で起こっていること」
 (2017年)
  1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
  2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
  4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
  5月: 「森友問題の幕引きを許さない」
  7月: 「民進党は民意の受け皿になれるのか」

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 「憲法論議に対案は必要ない」に賛同 9/22 (名無しの探偵)
 〇コラム「憲法論議に対案は必要ない」を拝読しました。

 極めて同感。中野先生の論旨は、憲法学者などが自民党の憲法改正の陰謀、実は現憲法の破壊工作にうかり対案を用意するという、安倍政権の罠にはまりがちな点を指摘しています。そういう意味でこの悪巧みに待ったをかける鋭い着眼点だと思いました。

 また、後半部分のパンドラさんの主張も大変示唆に富む内容であると思います。

 中間無党派層をいかに味方にひきつけるのか。極右の代表を選んだ民進党を観れば明らかのように、(脱党する人が増えている)民進党以外の野党連合と、民進党の少数派でまた、反自公政権の連合を組織すれば良い。

 パンドラさんのコラムで教わることが多く、全面的に賛同します。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/21: 安倍首相 国連で演説、金党委員長を「確信的な破壊者」? 唯一の超大国~大日本帝国をお忘れか 戦争する国化、今、戦争を目論む己自身を隠すのか⁉ 戦争か平和か 主権者、市民が決すべし


「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)
  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 秋晴れ    誕生日の花 ノハラアザミ  花言葉  心の成長 9/21
 〇ラジオ深夜便から 

 昨日までの不安定な天気とは 一転 今日は爽やかな秋晴れになりました。

 あさイチを見ていたら、兄と甥が通院の途中、果実と野菜を届けてくれました。
 数か月ぶりで 逢えました。87歳の兄は 僕より元気で 果物づくりの現役で安心しました。


 カテゴリなしの他の記事
  秋雨
  秋場所


 今日のトピックス Blog9/20: 国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 更に、戦争もと トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」と、拳を… お追従者安倍は、勇んで戦列に 風雲急⁉主権者ご決断を




ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん




◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後









【社説】廃炉工程表の改定 完了見通せず不信募る 【中国新聞】2017.09.28


柏崎刈羽 事実上の適合 東電「福島」と同じ沸騰水型 【東京新聞】2017.09.27

【社説】原発事故避難者訴訟 支援拡充の検討を急げ 【佐賀新聞】2017.09.27


福島第1原発 核燃料回収3年先送り…1、2号機プール 【毎日新聞】2017.09.26


【社説】原発避難者訴訟 支援拡充の検討急ぐべきだ 【熊本日日新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者千葉判決 国免責は納得できない 【中国新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者訴訟  疑問の残る判決だった 【京都新聞】2017.09.25


【社説】原子力規制委が新体制へ 「福島の教訓」を忘れずに 【毎日新聞】2017.09.25


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある


規制委、来月4日にも「合格」へ 東電柏崎刈羽原発6、7号機 【東京新聞】2017.09.20


柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け 【東京新聞】2017.09.20


【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18


<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 長妻昭が「語る会」で語ったこと ・ブログ連歌(495) 9/30
 〇昨夜は、従前から予定されていた「ながつま昭と語る会」の当日だった。会場は、補助椅子を追加しても立ち見の出る盛況だった。話は経過報告から始まったが、内容は淡々とした公式説明に近かった。でもこれは、彼の持ち味なのだ。
 長妻昭といえば、舌鋒鋭く不正を追及する闘士のイメージがあるかもしれないが、根は慎重な人だ。ミスター年金と呼ばれ、鳩山内閣の厚生労働大臣に就任したとたんに、「検討中」を連発して「ミスター検討中」と言われたことがあるが、まじめな人だから根拠のない風呂敷を広げたりはしないのだ。それに今は民進党の幹部役員だから、前原代表が決めた方針に従うのが役目という立場にいる。つまり政権交代を最優先して、小池新党に合流するという話になる。
 しかしここには、選挙では「希望の党」に公認の申請を出し、小池百合子の審査と選別を受けなければならないという関門がある。長妻支持者としたら、もちろん、そんな屈辱的な審査は拒否して、民進党が公認を出さないというのなら、無所属で出てほしい、必ず当選させるという感情と自負がある。それは長妻氏もよくわかっているに違いない。
 この日の長妻氏は、なめらかに所信を述べるというよりも、会場からの発言に耳を傾け、黙々とメモを取る時間が長いのが印象的だった。自分の進路についても「検討中」だったのだろうか。長妻氏の「語る会」では、従来は話の途中で「皆さんはどう思われますか」と声をかけ、当面の問題についての賛否を挙手で求めることが多く、これが名物でもあったのだが、なぜかこの日はそれも封印して、一度も使うことがなかった。おそらく支持者の意向は見えていただろう。
 この場で長妻氏が語ったことは、党として決めた当面の方針の説明と、支持者に対する変らぬ支援への感謝に尽きていた。予定の時間で「語る会」は終り、いつものように会場の出口で見送りに立つ長妻氏と立ち話でも出来るかと期待していたのだが、それは甘かった。取材陣が待ち構えていて、拉致されるように会場から去って行ったのだった。
 彼のことだから、まずは党の役員としての職責を果たそうとするだろう。だが、その党そのものが変貌してしまったらどうするのか。今の役職から解き放たれたときに、長妻昭の真価が発揮されるに違いないと思った。彼には「長妻ビジョン」と呼んで恥ずかしくない経国の理念がある。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 小池都知事の光と影


盛田隆二『焼け跡のハイヒール』10月刊行‏  @product1954 フォローする その他 枝野氏、無所属で出馬。新党結成も視野に→https://this.kiji.is/286545000043693153 … 【提案】この際、社民の福島さん、無所属出馬を表明した山本太郎さんも加わって、公示日までに「リベラルの受け皿」を作れないか。 「枝野幸男+福島みずほ+山本太郎」が共闘すれば、政局は大きく動く
  ★前川文科省・前次官など、加入しやすいように、願います。


Hideyuki Hirakawa‏  @hirakawah フォローする その他 辻元清美議員、希望の党には「行かない」宣言。
  ★肯なる哉


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 衆院選2017:希望、排除の論理 小池氏「全員受け入れ、さらさらない」 民進、広がる反発 - 毎日新聞 21:25 - 2017年9月29日 11件のリツイート 4件のいいね


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 翁長知事の工事差し止め訴訟支援!オスプレイ配備撤回! 辺野古新基地建設を許さない10.4集会 http://humanchain.tobiiro.jp/event.html  日時:10月4日(水)18時30分~※集会後デモ 場所:日比谷野外音楽堂 主催:県民会議/国会包囲実行委員会/総がかり行動実行委員会


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 その他 志位さん、どんどん呼びかけてほしい。 >希望の党から立候補せず安全保障関連法の廃止を訴える民進党出身の候補者とは連携を模索したいという考えを示しました 共産 志位委員長 安保法廃止求める民進出身者と連携も | NHKニュース 21:33 - 2017年9月29日 18件のリツイート 11件のいいね


連合、小池代表の選別方針に反発 希望へ「民進から全員移行を」 新潟日報 9/30


森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会‏  @GnnBozgU6U9J3qH フォローする その他 20170929 UPLAN 政治私物化・KKK(かけかくし解散)を許さない!安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!衆院総選挙院内緊急総決起集会 https://www.youtube.com/watch?v=V0zucR0VVPM … 醍醐聰氏(森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会、東京大学名誉教授) 36'30"から 1:05 - 2017年9月30日 1件のリツイート


山崎 雅弘‏  @mas__yamazaki フォローする その他 満面の笑みで、特定の人間を「排除」「選別」すると語る、小池百合子東京都知事。この人がどんな人物なのか、彼女の目指す社会がどのようなものなのか、この異様な「物言い」と「笑顔の恫喝」が雄弁に物語っている。人間を「ファースト扱いの対象とそれ以外」「自分に従う者と従わない者」に選別する。


こたつぬこ‏  @sangituyama フォローする その他 連合会長 小池都知事による「排除」の考えに不快感 | NHKニュース 23:03 - 2017年9月29日 176件のリツイート 71件のいいね


冨永 格‏  @tanutinn フォローする その他 「枝野新党」に民進党のリベラルが集結し、共産社民と選挙共闘する…間に合うならこれがベターな展開だろう。自公、希望の党(+維新)、リベラル共闘の三つどもえなら、大都市圏や北海道などでは面白い勝負になるし、保守(安倍支持)、保守(非安倍)、リベラルと、路線的にもすっきりする。 12:19 - 2017年9月29日


Gotch‏ 認証済みアカウント   @gotch_akg フォローする その他 民進党の「自由主義者=リベラル」たちこそ、僕たちの新しい「支持」の受け皿になるような党を作って欲しい。今日明日ではなく、20年先の未来ために。この選挙がどうかってこともわかる。でも、国家についてを考えるなら、100年先にも続くような、普遍的な考えを提示して欲しい。 5:04 - 2017年9月29日 1,360件のリツイート 1,925件のいいね


Dr.サキ‏  @XKyuji フォローする その他 Dr.サキさんがDr.サキをリツイートしました 枝野さんにお願いがある。 民進党議員で枝野さんを支持してくれた人は4割います。4割の人はみんな「希望の党」には行かないでほしい。全国に民進党県連がある。党員・サポーターもたくさんいる。日本会議が作る「希望の党」なんかに行かないでほしい。今まで築き上げた野党共闘を続けてほしい。 Dr.サキさんが追加


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「希望」の側は、露骨な選別に出てきた。勇気をもって、共闘の立場に立つ政党、議員、候補者とは、連携をしっかりしていきたい。こんな共闘つぶしの動きに、決して負けるわけにはいかない。安保法制廃止、立憲主義回復という共闘の原点、初心にたって、力をあわせよう! 2:01 - 2017年9月29日


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 吉川はじめ政審会長@YoshikawaHajime 事務所開きhttps://www.facebook.com/YoshikawaHajime.Oita/posts/478051455903502 … #大分


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 沖縄の人々を騙していたわけですね。日報も同じですが、隠蔽はけっして良い結果を生まない。 オスプレイの沖縄配備、説明遅れた理由は 石破氏明かす:朝日新聞 2:49 - 2017年9月30日


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 民進・阿部知子氏。 自らが公認された場合でも、選別が行われるなら参加しない。枝野幸男元官房長官ら同党のリベラル系議員らと「より多くの仲間が戦える枠をつくる」ための協議を始めた。又前原代表に対し、希望の党との合流協議からの撤退求めた。 2:00 - 2017年9月30日 16件のリツイート 13件のいいね



山尾しおり‏ 認証済みアカウント   @ShioriYamao フォロー中 その他 本日より、YouTubeにて「山尾しおりチャンネル」スタートします。 10月21日まで毎日更新予定です。 改めて疑惑を否定し地元の方々からいただいた声、山尾の政策や憲法への考え方などをお話しします。是非ご覧ください。 2:59 - 2017年9月30日 985件のリツイート 1,147件のいいね


高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 その他 ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)|ニューズウィーク日本版 7:48 - 2017年9月30日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 国庫に返せ。 政党交付金:「貯蓄」212億円 補助金は「返還」なのに 年々増加「改革が必要」 - 毎日新聞 4:59 - 2017年9月30日 97件のリツイート 49件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 もう前だけ見て、国民だけ見て進んでほしい。 「野党共闘に前向きな民進リベラル系の前衆院議員らが30日、希望からの公認が得られないことを前提に新党の結党準備に入った」 民進リベラル系新党準備 希望や自民と対決姿勢鮮明に:朝日新聞 12:41 - 2017年9月30日 35件のリツイート 26件のいいね
民進リベラル系、新党準備 希望や自民と対決姿勢鮮明に 朝日新聞 10/1


飯田哲也(いいだてつなり)‏  @iidatetsunari フォロー中 その他 「リベラル排除」宣言最大の敗者は小池知事本人。リベラルまで含む受け入れる度量の広さを見せていれば「希望」への世論の期待はさらに膨らみ小池首相もあったかもしれないが「排除」から一転、今や萎み始め、維新と同類の極右マイナー政党へ。 5:38 - 2017年9月30日 275件のリツイート 196件のいいね
  ★劇場型の勢いはつけているから、急には? 市民派、リベラル、新党登場となれば、別かも。  市民、主権者の多数派は、平和を愛する! 自由、人権も、愛する。隣人も⁉ 隣国も⁉ アジアも⁉ 保守反動ではない⁉


電機・情報ユニオン大阪支部‏  @denkijohokansai フォロー中 その他 パナソニック、ソニー、シャープ、日立、東芝、三菱電機、富士通、NEC、ルネサス 電機・情報産業では、巨大資本による大リストラが行われています。 労働者は、企業を超えて団結しましょう。 http://denki-joho-kansai.jp/  二重加入もできます。 6:06 - 2017年9月30日


するめのよっちゃん#沖縄は日本だ‏  @surumegesogeso フォローする その他 民進党から希望の党にくら替えした柚木氏。あれだけ安保法案の時にプラカード掲げて、審議を妨害して国会を混乱させたくせに 「私の弟は自衛官です。自衛力は強化すべき。日米同盟は重要、深化すべきという立場です。」 今さら保守アピールされても信用できるわけがない。国民はあの姿忘れませんよ。
  ★変節、かわいそう


小池晃‏ 認証済みアカウント   @koike_akira フォロー中 その他 東西補完勢力同盟の出現です。西の維新、東の希望。わかりやすくなってきましたね。 小池氏、維新とすみ分け=東京・大阪の候補―希望1次公認、50人超【17衆院選】(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000065-jij-pol … @YahooNewsTopics 6:50 - 2017年9月30日 590件のリツイート 331件のいいね
  ★維新って、地域政党だったんだ⁉ 納得。


志葉玲‏ 認証済みアカウント   @reishiva フォロー中 その他 とりあえず、自らの保身のために、違憲違法の安保法制をあっさり認めるなら、不倫とかよりも、よほど政治家失格なんじゃない???民進党議員の皆さん… 百合子氏の本性、安保法制の反対者は仲間に入れない 6:42 - 2017年9月30日 162件のリツイート 111件のいいね
  ★小池氏の“都民ファースト”、賞味期限切れ。偏り、顕わ! その実。 安保法制(戦争法)って、確か、憲法違反!だった





































志村建世のブログ: 安倍を倒す劇薬としての小池新党 ・ブログ連歌(495) 9/29
 〇政治の世界では、ときに思いもかけないような劇的な変動が起きることがある。それは「天の声」と呼ばれたり、単に「風が吹いた」と言われることもあるが、今回の選挙でも、その可能性が出てきた。その中心には、今は小池百合子というキャラクターがいて、「希望の党」という旗を上げている。おかげで、かつては政権を担った経験もあり、理念も歴史もあった民進党は、あっさりと事実上の解党をしたと報じられるまでになった。
 小池新党の最大の役割は、これまで盤石の「一強」と思われていた安倍自民党を、根底から揺さぶる可能性を見せたことだろう。気がついてみれば、いつの間にか「2大政党による政権交代選挙」の様相が出来上がっている。これまで苦労を重ねた「野党連合」が、志しては挫折を繰り返してきた「対決型の総選挙」が、現実のものになったではないか。
 ただし、この対決は、従来想定されていた「保守」対「革新」ではなく、本質的に「保守2大政党間の政権争奪戦」として戦われる。言ってみれば、アメリカの「民主党」と「共和党」ように、日本にも「保守2大政党」の時代が近づいていると見ることができるのだ。日本も「根っからの真正保守」と、「革新の要素も取り入れた進歩的な保守」の2大政党になって行くのだろうか。その場合は、共産党の行き場がなくなる。2大政党は、アメリカに習って第3党の登場を許さない選挙制度を作ったりするだろうか。しかし今はそんな空想をしていても始まらない。
 小池新党は、安倍内閣にとっては民進党よりもはるかに大きい脅威だろう。小池ブームは安倍政権を倒す可能性を秘めている。誰にも止められなかった安倍政治を立ち止まらせ、日本の進路を改めて問う機会ができるのは、良いことに違いない。その機会がきたら何を訴えたいか、私たちは今から用意しておく必要がある。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 護憲派は「日本が戦争に巻きこまれないための道標」提示を!


琉球新報辺野古・ヘリパッド取材班(沖縄)‏  @henokonow フォロー中 その他 9月29日午前11時57分、「アベ政治を許さない」と書かれたプラカードを掲げながら、鳩山由紀夫元首相がゲート前に座り込みました。 #辺野古 #henoko #沖縄 #okinawa


47NEWS‏  @47news フォロー中 その他 速報: 民進党の枝野代表代行が、衆院選に無所属で立候補する方向で検討に入った。政党の結成も視野。 10:08 - 2017年9月29日 579件のリツイート 376件のいいね

布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 枝野さん、ガンバレ!! 〈民進党の枝野幸男代表代行は無所属で出馬する方向で検討に入った。考え方の近い前議員らとの新党結成も視野に入れている〉 小池氏、憲法・安保で選別 枝野氏は無所属、新党視野  共同通信 47NEWS 14:14 - 2017年9月29日 161件のリツイート 129件のいいね



斉藤佑介‏ 認証済みアカウント   @ysaito_asahi フォローする その他 街頭でのビラ配り。受け取る人が多く、スタッフも驚きを隠しませんでした→ 山尾氏「私自身必死なので」 希望への合流コメントせず:朝日新聞デジタル 18:53 - 2017年9月28日 310件のリツイート 215件のいいね


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 民進党内では、選別の姿勢を強める小池氏に対し反発が強まっています。総会での了承を覆して民進党公認での出馬容認を求める意見や、「分党」で民進の組織や資金の一部引き継ぎを求める声もあります。 14:34 - 2017年9月29日 40件のリツイート 11件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 自由党・玉木デニー議員が希望の党に不参加を表明 自由党・玉木デニー議員は、9月29日夕方から沖縄県で開催された支援者の集会で『私は辺野古新基地建設に反対するという信念を絶対に曲げない。希望の党に参加表明は行わない』と明言。今回の衆議院選挙をオール沖縄の無所属で戦うと表明しました。


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 希望の党“合流者選別”で民進分裂…リベラル派新党結成か https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-418137/ … 「リベラル派」の動きが鈍過ぎる。「民進党か立憲民主党か」の時に分離すべきだった。「野党は共闘」が呪縛。この際、保守二大政党にさせない小粒でも存在感のあるリベラル派の結集を! 3:14 - 2017年9月29日 37件のリツイート 21件のいいね


鈴木 耕‏  @kou_1970 フォロー中 その他 リベラル派大量虐殺? 座して死を待つわけにもいくまい。リベラル新党で再結集、市民連合との協力。他に手はない。→<衆院選>民進合流「全員はない」…小池氏、前原氏と会談(毎日新聞) Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000030-mai-pol … @YahooNewsTopics 2:58 - 2017年9月29日 20件のリツイート 8件のいいね


田中龍作‏  @tanakaryusaku フォロー中 その他 権力にとって不都合な男はブレなかった・・・ 『山本太郎「小池新党の踏み絵は踏めない」』 http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016714 … 5:07 - 2017年9月29日


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 野田佳彦元首相「先に離党した人の股くぐる気ない」(朝日新聞デジタル) 野田さん、野党共闘へ 5:25 - 2017年9月29日 17件のリツイート 15件のいいね
  ★そのミエ、いいと思うが、前向きに仕掛ける気は毛頭なかったのでしょうか⁉ それが、残念。尤も、まだ二転三転あっても、可笑しくない⁉…


こたつぬこ‏  @sangituyama フォローする その他 今日の朝日新聞一面は、自公vs希望vs共産「など」の三つ巴として今回の選挙選が描き出されています。いや的確。




市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『前原代表と小池代表の間では、とっくに、改憲や安保法制賛成に手のひらをかえした議員のみ公認され、リベラル派議員を排除することで話がついている』 「希望者は全員公認」は嘘! 小池と前原が密約したリベラル排除と民進から希望への上納金 23:57 - 2017年9月28日 191件のリツイート 103件のいいね


安保関連法に反対するママの会‏  @MothersNoWar フォロー中 その他 今週の日曜日です。 10月1日(日)新宿柏木公園14時集合、14時半デモ出発 安保関連法に反対するママの会も連名しています。 ご都合のつく方は、一緒に歩きましょう。 だれの子どももころさせない。... 18:14 - 2017年9月28日 95件のリツイート 36件のいいね


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 難民に対する偏見や憎悪を煽動する麻生発言~上川法相の記者会見報告 http://www.labornetjp.org/news/2017/0926nisinaka … @lnjnowさんから 一昨日途中報告を書きました。公人としてヘイト発言を連発する麻生も酷いが、何もしない法務大臣も情けない。こんな国変えよう! 6:28 - 2017年9月28日


電機・情報ユニオン大阪支部‏  @denkijohokansai フォロー中 その他 航空自衛隊員の過労自殺訴訟 遺族と国が和解/滋賀(BBCびわ湖放送) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00010001-bbcbiwakov-l25 … @YahooNewsTopics 7:54 - 2017年9月28日 17件のリツイート 11件のいいね


ikupie   📣 ‏  @ikupienonks フォローする その他 どっちか選べ? 選べるか! 15:18 - 2017年9月27日



高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 その他 Turkey stops training Iraqi Kurdish peshmerga after independence vote https://shar.es/1VwXhy  @MiddleEastEyeさんから 2:57 - 2017年9月29日 3件のリツイート 1件のいいね


日刊ゲンダイ‏  @nikkan_gendai フォロー中 その他 【暮らし】都の規則条例も効果なし? JKビジネスに“ドーナツ化現象” https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/214545 … #日刊ゲンダイDIGITAL 14:50 - 2017年9月29日 3件のリツイート 2件のいいね


安保関連法に反対するママの会‏  @MothersNoWar フォロー中 その他 【ママの会@東京がスタンディングします!】 @東京よりシェア ******************* 私たちはあきらめません! 「安保関連法」が廃止されるまで声をあげます! 「だれの子どももころさせない」政治を求めて!... http://fb.me/1Bevxzmnz  5:17 - 2017年9月29日 34件のリツイート 32件のいいね


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 福島みずほ副党首が「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)に出演します。 ●9月29日(金)深夜1時25分~


高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 その他 【志葉玲イラクリポート】クルド独立の動き その日現場では 5:39 - 2017年9月29日


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 安倍自爆解散の結末を大胆予想 混沌の先に何がある<上> https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214542 … #日刊ゲンダイDIGITAL. Abe is over 14:49 - 2017年9月29日 1件のいいね


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「希望」の側は、露骨な選別に出てきた。勇気をもって、共闘の立場に立つ政党、議員、候補者とは、連携をしっかりしていきたい。こんな共闘つぶしの動きに、決して負けるわけにはいかない。安保法制廃止、立憲主義回復という共闘の原点、初心にたって、力をあわせよう! 2:01 - 2017年9月29日


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 希望の党には排除の論理だけを貫けない事情もあります。小池氏は「突然の選挙で候補予定の方が、特に新人がなかなか(集まらず)現実の壁になっている」「なぜ新自由クラブが政権を取れなかったかというと候補者が足りなかったから」と。 14:46 - 2017年9月29日 16件のリツイート 10件のいいね


米山 隆一‏ 認証済みアカウント   @RyuichiYoneyama フォローする その他 BLOGOSに「泉田前知事は主張の整理を( http://blogos.com/article/249189/  )」をアップしました。ご一読いただけると幸いです。 1:14 - 2017年9月29日 315件のリツイート 272件のいいね


NHKニュース‏ 認証済みアカウント   @nhk_news フォロー中 その他 宇宙船であらゆる都市間を約30分で移動 米企業が計画 #nhk_news 14:46 - 2017年9月29日


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 横浜桜木町駅前で訴え。お昼の時間でしたが、多くの皆さんがどんどん足を止め、聴いてくださいました。 南関東ブロックから共産躍進の大波を! 全国を駆け歩いて、党躍進、共闘勝利の先頭に立って、頑張り抜きます!






志村建世のブログ: 民進党はどこへ行くのか ・ブログ連歌(495) 9/28
 〇前原・民進党の「希望の党への合流、民進党としての公認は出さない」提案には驚いた。「自民党との対決型に持ち込まないと小選挙区で勝てない」という選挙の事情があるにしても、あまりにも無原則で自主性を放棄した態度ではないだろうか。民進党は、前身の民主党時代には、国民の信頼を受けて支持率でも自民党を上回り、画期的な政権交代を実現させた政党ではないか。その誇りと再起への意欲は、もう失くしたというのだろうか。
 たしかに支持率だけを並べたら、今の民進党は「小池・希望の党」に負けている。しかし「小池ブーム」には、一過性の危うさもあるし、そもそも立ち位置が右寄りの小池百合子とは、民進党が掲げた理想は違い過ぎているではないか。これから開催される両院議員総会などで議論が紛糾するのは必至で、結論がどうなるかはわからないが、所属する衆院議員にとっては、悩みの多い選挙戦になることだろう。近く長妻昭の会合があるから、よく聞いてみよう。
 それにしても、他党の人気にあやかろうとして安易に合流に走り、公認するかどうかの判断まで相手に任せるとは、情けない政党である。早くも新聞の見出しには、「小池氏、改憲・安保で選別」の文字が躍っている。選別で落とされた候補者は、離党せよということか。それは、党の根幹となる政策についても、自主性を放棄するのと同じことではないのか。
 もしかすると、前原氏には、機を見て保守政党の再編へと舵を切りたい意向が、以前からあったのではないかと思えてくる。だとすると、前原氏にとっては、思い通りのチャンスが巡ってきたとも言えるのだが、本音のところは、どうだったのだろう。
 小池新党は、今のところは安倍政権への対抗軸になりそうな形なのだが、それは民主社会主義を志向した本来の民主党とは別物なのだ。今の民進党が、その「希望の党」に合流するというのなら、私は支持政党を失うことになる。その場合は、党を離れても信用できる人物かどうかで投票先を決めることになるだろう。


植草一秀の『知られざる真実』: 問題残しつつオールジャパン野党共闘で政権奪還を 9/28
 〇衆議院が解散され、10月22日の総選挙に向けての激変が始動した。

 小池国政新党が「原発ゼロ・消費税増税凍結」の方針を打ち出して情勢が急変した。

 この衆院総選挙の最大のテーマは、

 「安倍やめろ!」の是非である。

 傍若無人の政治私物化路線をひた走る安倍暴走政権の存続を認めるのか、それともその存続を許さないのか。

 総選挙最大の争点はこの部分にある。

 この目的を達成するには、呉越同舟戦略もあり得る。

 言い方は悪いかもしれないが、

 「毒をもって毒を制する」

 戦術の採用も考えるべきである。

 また、日本の主権者にとって最も重要で、最も切実な政策テーマについて、主権者の前に明確な選択肢が提示されることが重要である。

 その最重要テーマは原発と消費税である。

 この二点において、原発ゼロと消費税増税凍結の明確な方針が示された意味は大きい。

 残る問題は、憲法・戦争である。

 この部分の取り扱いが最も難しい問題になると考えられる。

 「オールジャパン平和と共生」は、

 「安倍やめろ!野党共闘」で衆院総選挙に立ち向かうために、明日9月29日(金)午後5時より衆議院第一議員会館多目的ホールで総決起集会を開催する。

 「安倍政権打倒」を目指す主権者の一人でも多い参集を強く求めたい。

 政治私物化・KKK(かけかくし解散)許さない!
 安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!

オールジャパン平和と共生 「9.29衆院総選挙院内緊急総決起集会」

 安倍政権による政治私物化の氷山の一角である森友・加計疑惑が露見しました。野党は真相解明のための臨時国会召集を要求してきましたが、安倍政権は憲法第53条の規定を無視して国会を召集してきていません。3ヵ月の空白ののちに臨時国会を召集する方針がようやく定められたにもかかわらず、安倍首相はその臨時国会冒頭で衆議院解散に踏み切る構えです。戦争・弾圧・搾取の悪政街道を暴走し続ける安倍政権を主権者国民が倒さなければなりません。

 オールジャパン平和と共生は「反戦・反核・反貧困」の旗を掲げ、政策を基軸にした主権者と政治勢力の結集・連帯を呼びかけます。

 「安倍やめろ!野党共闘」を確立し、来る衆院総選挙に何としても勝利し、主権者のための政治を実現しなければならないと考えます。

 一人でも多くの主権者の参集を強く呼びかけます。

 大同団結・連帯して衆院総選挙に勝利し主権者が日本を取り戻す!

 万障お繰り合わせの上ご参加賜りますようお願い申し上げます。

 2017年9月29日(金)
 衆議院第一議員会館多目的ホール
 午後4時30分開場 午後5時開会
 参加費無料

 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
    •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 定員に達しますと入館証の交付ができなくなりますことをご了承ください。


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 その他 リベラル勢力の結集をはかろう 19:13 - 2017年9月27日 1,153件のリツイート 1,038件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『小池百合子代表と希望の党の本質は安倍自民党とほとんど同じ極右、ヘイト肯定の歴史修正主義者で、弱肉強食の新自由主義者』 希望の党と民進党の合流は大政翼賛会だ! 騙されるな、小池百合子が原発ゼロや消費増税ストップをやるはずがない 3:06 - 2017年9月28日


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 社民党 公認・推薦候補内定者一覧


陣 No War&Nuke&Hate‏  @zinjoutarou フォロー中 その他 《原発&社会問題 Times》が発行されました。 最新記事はこちらをクリック! http://paper.li/zinjoutarou/1334757710?edition_id=9adeead0-a3e8-11e7-8d59-0cc47a0d15fd … おかげで @kazzwatabe @azu_bota @hidedemac #脱原発 #原発


47NEWS 速報‏  @47newsflash フォロー中 その他 民進党執行役員会、「希望の党」との事実上の合流へ、前原代表による常任幹事会での提案、議論を了承。 18:01 - 2017年9月27日


みらいのリスト‏  @mirailist フォローする その他 1970年、横浜で母親が脳性麻痺の娘(2歳)を殺害した。 地元住民らが母親への同情から減刑運動を始めた。 これに対して、脳性麻痺の障害者団体「青い芝の会」が抗議活動を行った。 「障害者は殺されていいというのか」という声をあげた。 16:56 - 2017年9月27日
  ★殺していいということではないし、それを糾弾して、済む問題でもない。障害児も、母らも孤立させないことが、肝要では。


民進の「希望」合流、提案へ 前原氏、党公認出さず 小池氏、改憲・安保で選別:朝日新聞デジタル 19:09 - 2017年9月27日 ">鈴木 耕‏  @kou_1970 フォロー中 その他 憲法や安保法制などで「排除の論理」を持ち出し、リベラル派を完全消滅させようということでしょう。これでは右派二大政党制になってしまう…。→ 民進の「希望」合流、提案へ 前原氏、党公認出さず 小池氏、改憲・安保で選別:朝日新聞デジタル 19:09 - 2017年9月27日
  ★本日、9月28日、『衆議院解散』宣言の日には、特に、民進党内、いろいろある、健闘もあろうかと思われます、一日終わって、講評致しましょう。安倍首相への審判は、決まっていても、紛らわしい状況に。小池氏らの御蔭でしょうが。


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 政治改革は失敗だったのか 佐々木毅、成田憲彦に聞く「政党政治」の行方 - Yahoo!みんなの政治 https://seiji.yahoo.co.jp/article/758/  言いたいことがいっぱいありすぎてなんとも困るが、ぜひ読んでいただきたい記事。 20:04 - 2017年9月27日 215件のリツイート 309件のいいね




市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 前川前事務次官『ゆがめられたものを是正するのは、この総選挙の機会しかない』 #報道特集
  ★さも!ご健闘と議員含む、御支援を願います。 孤立は、いけない。出来れば、新党立ち上げで、強力御支援を。


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000051-asahi-pol … @YahooNewsTopics これは酷過ぎる!選挙に関係なく、直ちに議員辞職させるべき。公人の露骨なヘイトスピーチは絶対に許せない 12:45 - 2017年9月23日 22件のリツイート 9件のいいね
  ★侮りも、驕りも、ヘイトも、根っこは一緒⁉ 安倍友、偏執愛と同じ…




きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文






















民進リベラル系、新党準備 希望や自民と対決姿勢鮮明に 朝日新聞 10/1
 〇新党「希望の党」(代表=小池百合子・東京都知事)が衆院選に向けて進める民進党出身者の公認調整に関連し、共産党などとの野党共闘に前向きな民進リベラル系の前衆院議員らが30日、希望からの公認が得られないことを前提に新党の結党準備に入った。民進からの立候補の可能性も模索している。新たに自民党と希望、日本維新の会といった保守陣営との対決姿勢を鮮明にする。
特集:2017衆院選
 リベラル系の前衆院議員らは参院議員と協力して、まず前原誠司代表の「合流」提案の撤回を求め、両院議員総会の再開催を要求する。参院議員の間ではすでに署名活動も始まっている。
 ただ、事実上の選挙戦へ動きだしており、総会の再開催が間に合わないことなども考慮。民進からの立候補の可能性も探りつつ、週明けにも総務省に新党を届け出られるよう準備を進める。
 昨年の参院選などで実績がある、共産や社民党、市民連合などとの連携も検討している。共産の志位和夫委員長は30日、記者団に「新しい流れを作るとすれば歓迎だ」と述べた。
 民進は同日、党本部で全国幹事会を開催。冒頭、前原氏が立候補予定者の公認内定を取り消し、全員を希望に公認申請する方針を説明した。だが、公認判断について小池氏は、民進が憲法違反として廃止を訴えてきた安全保障法制への賛同などを条件に「排除する」と明言しており、出席者からは不満や不安を訴える声が出た。
 辻元清美幹事長代行は会議後、記者団に「現実的なリベラルが今の政界に大事だ」と述べ、希望に合流しない考えを表明。旧社会党出身の赤松広隆元衆院副議長は同日、名古屋市内で記者団に「新しい政党を作ることも選択肢の一つとしないといけない」と言及した。
  ★新党を希望する。




連合、小池代表の選別方針に反発 希望へ「民進から全員移行を」 新潟日報 9/30
 〇連合の神津里季生会長は30日、前原誠司民進党代表と党本部で会談し、希望の党代表の小池百合子東京都知事による民進党出身者の選別方針に反対する考えを伝えた。会談後、記者団に「おかしい。できるだけみんなが行くことが一番望ましい」と述べた。希望の若狭勝前衆院議員は民放番組で、民進党との合流について選挙資金目当てだとの見方を否定した。過半数(233議席)の候補者擁立にこだわらない考えも示した。来週半ばにも2次公認を発表する予定だ。
 2次公認には民進党出身者が入る可能性がある。連合は民進党の最大の支持組織。



民進・辻元清美氏「私は行きません」 【FNN】2017.09.30
 〇30日午後、民進党でリベラル系の辻元幹事長代行が、希望の党には合流しない意向を表明した。
 民進党の辻元清美幹事長代行は「わたしは、リベラルの力と重要性を信じています。ですから、わたしは行きません」と述べた。
 そのうえで辻元氏は、「保守の立場の小池新党と、わたしのリベラルの立場から、安倍政権を挟み撃ちにして倒せばいい」と語った。


衆院選 立候補予定者に大きな衝撃 維新「東京は比例で」 【毎日新聞】2017.09.30
 〇松井氏が「東京は比例代表で戦う」と明言したことを受け、都内の立候補予定者には大きな衝撃が走った。
【動画】小池、松井、大村3知事合同記者会見
<突如幕開け「三都物語」>小池・松井氏食い違いも
<希望と維新、つぶし合い回避 対政権、距離に差>
<小池氏>「全員受け入れる気はさらさらない」
<渡辺喜美氏が出馬断念>小池氏からの要請も
<首相>遊説で合流批判「政策の話、出てこない」
 東京2区の元職、大熊利昭氏は電話取材に「何も分からない。混乱している」と短く語った。一方、東京23区の新人、伊藤俊輔氏は「厳しい判断だが、前向きに捉えたい」と述べた。23区は希望の党が2日に候補者を決定する予定といい、「希望の党から出られるのではないか」と期待を込めた。
 東京16区の元職、中津川博郷氏の選対関係者は「あまりに唐突で無責任な話」と驚きを隠さなかった。候補者ポスターや支援者へのはがき、チラシの印刷ができていないといい、「身動きが取れない状態。引くに引けず、維新の看板を下ろしても出馬は大前提だ」と息巻いた。
 民進党から希望に移った柿沢未途氏と選挙区(東京15区)が重なり、既に出馬を辞退した新人の見山伸路氏は「多くの人を巻き込んで動いており、支持者に顔向けできない。小選挙区に候補者を立てずに、比例で維新の票を獲得するのは厳しく、連携の効果があるのか見えない」と恨み節を口にした。
 東京5区からの立候補を目指し、今年1月から駅頭に立つなどして活動を続けてきた新人の小林学氏の陣営関係者は「党からは事前に何も連絡がない状況なので動きようがない。選挙に向けた準備も早く進めなくてはならないのに……」と困惑した様子だった。【森健太郎、五十嵐英美、稲垣衆史】


「ニュース女子」批判 基地報道の真否触れず MXが特番【毎日新聞】2017.09.30
 〇沖縄県の米軍基地問題を取り上げたバラエティー・情報番組「ニュース女子」(1月2日放送)に「事実関係が誤っている」と批判が出ている問題で、放送した東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は30日夜、報道特別番組「沖縄からのメッセージ~基地・ウチナンチュの想(おも)い~」を放送した。
<BPO>MX「ニュース女子」 放送人権委も審理入り
<ニュース女子 反論動画、制作会社がネット配信>
<ニュース女子で「誤解表現あり遺憾」 MXが異例の見解発表>
<「土人発言」をかばう、この国の空気>
<フジテレビ社長が謝罪>特番でLGBT嘲笑
<テレ東社長>けものフレンズ監督降板騒動に一言
 番組は、MXの放送番組審議会の要請を受け、沖縄の米軍基地問題を再取材。「ニュース女子」が「反対派は日当を貰(もら)ってる!?」などとして取り上げた基地反対運動について、「(活動場所に)通うため、みんな週に何日かは昼飯を抜いている」と否定する男性のコメントを紹介するなどしたが、批判された報道の検証はしなかった。MXは「ニュース女子」に捏造(ねつぞう)や虚偽があったとは認められないとし、検証番組は「現段階で予定はない」という。【屋代尚則、犬飼直幸】
 砂川浩慶・立教大教授(メディア論)の話 番組は「ニュース女子」で報じた内容を否定している面も感じられ、事実上の「訂正放送」だったと言える。ただ、本来はMXの幹部らが出演するなどして、報じた内容を一つ一つ取り上げる番組が望ましかった。
■TOKYO MXの番組「ニュース女子」を巡る経緯
1月2日 米軍基地問題を扱った「ニュース女子」をMXが放送
  27日 人材育成コンサルタントの辛淑玉(シン・スゴ)さんがBPO放送人権委員会に番組による人権侵害を申し立て
2月10日 BPO放送倫理検証委員会が審議入りを決定
  27日 MXが、事実関係に捏造(ねつぞう)や虚偽があったとは認められないなどとする見解を公表
  28日 MXの放送番組審議会が、今年上半期までに再取材した番組の放送を求める書面を提出
3月13日 制作会社が、批判に対する反論動画をネット上で配信
5月16日 BPO放送人権委が審理入りを決定
9月30日 MXが基地問題の報道特別番組を放送


小池氏「大阪で候補者立てない」 希望と維新、すみ分け【朝日新聞】2017.09.30
 〇10月10日公示の衆院選に向けて、新党「希望の党」代表の小池百合子・東京都知事と、日本維新の会代表の松井一郎・大阪府知事らが30日、大阪市内で記者会見し、東京都内の小選挙区には維新の候補者を立てず、大阪府内は希望の候補者を立てずに、すみ分けることを表明した。地方分権改革を進める知事同士の立場から、互いの地盤での競合を避け、選挙戦を優位に展開したいという思惑が一致した。
特集:2017衆院選
 希望と維新のすみ分けについて、小池氏は「東京と大阪でそれぞれすみ分けながら、改革の志を国会へ届けようということだ」と述べた。松井氏も「政策的にほぼ一致している状況なので、お互いに最大限配慮しようという約束ができた」と明らかにした。会見前、小池氏と松井氏は、大村秀章・愛知県知事をまじえて約50分間会談し、両党の連携について確認した。
 この連携により、希望と維新は衆院選の候補者を調整し、東京の25選挙区には維新の候補者を立てず、大阪の19選挙区には希望の候補者を擁立しない方針を確認した。3知事がそろう街頭演説も検討する。小池氏は「理不尽な解散・総選挙であるならば、国民に真の改革を問うという機会にしたい」と述べた。
 一方、衆院選後の連携について…
  ★党の、候補者不足⁉ 解消策、合わせて、大阪の政敵抹消


希望 若狭前衆院議員1次公認は民進含まず50人超か【NHK】2017.09.30
 〇民進党出身者の公認調整をめぐって、希望の党の若狭勝前衆議院議員と民進党の玄葉元外務大臣は、30日も国会内で会談しました。
 このあと、若狭氏は記者団に対し「誠実に誠意を持って協議を重ねている。時間的に公示が迫ってきており週明け、来月2日には希望の党の第1次公認を発表したいと思っている。民進党出身者は含まれないが、50人は超えると思う」と述べました。
 一方、玄葉氏は「時間がないが、候補者の人生がかかっているので、1つ1つ丁寧に進めていく。できるかぎり希望する人を公認してほしいが、あすも協議を行って、前原代表に一定のレベルの報告ができるようにしたい」と述べました。
  ★❓❓❓ 如何なものか、この進め方


新人の神谷氏も公認申請せず 衆院選道10区 希望と政策不一致【北海道新聞】2017.09.30
 〇【岩見沢】衆院選で道10区(空知、留萌管内)に民進党から出馬する予定だった新人の神谷裕氏(49)は30日午前、岩見沢市内で「希望の党が掲げていることと自分の考えがそぐわない」と記者団に述べ、新党「希望の党」への公認申請を見送る方針を明らかにした。
 神谷氏は、希望の党が安全保障関連法に反対する民進党出身者を公認しない方針を示していることを踏まえ、「逡巡(しゅんじゅん)したが、自分の信念を曲げるわけにはいかない」と述べた。


社民 吉田党首 希望の公認得られない民進出身候補と連携へ 【NHK】2017.09.30


共産・志位氏「希望、自民の補完勢力の姿はっきりと」 【朝日新聞】2017.09.30


強引さ目立つ「安倍1強」=アベノミクス、依然道半ば 【17衆院選】【時事通信】2017.09.30


【動画】選別・排除に猛反発 調整難航で合流見直しの声も… 【テレ朝】2017.09.30
 〇衆議院は解散して最初の週末となったんですが、民進党の内部では公認を巡って希望の党への強い反発が起きていて、一部からは合流を白紙に戻すべきだという声まで上がっています。
 くわしくは動画で…


共産取り下げ、統一候補へ 衆院滋賀1・2区、市民団体擁立 【京都新聞】2017.09.30
 〇10月10日公示、22日投開票の衆院選に向け、反自民勢力の共闘を目指す滋賀県内の市民団体が、滋賀1、2区に候補者を擁立することが30日分かった。1区は社民党の小坂淑子県連代表、2区には長浜市の僧侶對月(たいげつ)慈照氏を立てる。リベラル系の統一候補とするため、共産党県委員会は党公認で擁立を決めている1、2区の立候補候補者を取り下げる。
 擁立を決めたのは、昨夏の参院選滋賀選挙区で野党共闘を後押しした市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが」。小坂氏は社民公認、對月氏は無所属で立候補する予定。自民党だけでなく、小池百合子東京都知事が代表を務める新党・希望の党にも対抗する第3軸として有権者の支持を求める方針。
 市民の会は今衆院選でも民進党と共産、社民などによる野党共闘を模索していたが、民進が県内4選挙区に擁立予定の候補者が希望の公認申請を出す方針となったことから、共闘の前提が崩れたと判断。新たな共闘の形を検討していた。
 滋賀1区には、自民前職の大岡敏孝氏(45)が立候補表明し、前滋賀県知事の嘉田由紀子氏(67)が希望公認で立候補の意向を固めている。2区では自民前職の上野賢一郎氏(52)、希望に公認申請する前職の田島一成氏(55)、幸福実現党新人の荒川雅司氏(42)が立候補準備を進めている。


「石垣空港にオスプレイ入れるな」市民ら空港周辺で抗議 【沖縄タイムス】2017.09.30
 〇【石垣】米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ2機が新石垣空港に緊急着陸したことに対し、空港周辺では30日正午ごろ、市民団体の呼び掛けで約30人が緊急抗議集会を開いた。「石垣空港にオスプレイを入れるな」「民間空港を軍事施設にするな」などとシュプレヒコールを上げた。
 平和憲法を守る八重山連絡協議会が呼び掛けで実施。上原均共同代表はこれまでの相次ぐ事故や緊急着陸に触れ、「オスプレイは欠陥機。このように民間空港に突如現れるのは言語道断。断固として許すわけにはいかない」と憤った。
 新石垣空港へのオスプレイ2機の緊急着陸は29日午後5時ごろ。滑走路が約30分間閉鎖され、民間航空機に影響が出た。


「沖縄が再び戦場となるのを拒否する」辺野古新基地建設で90人座り込み 【琉球新報】2017.09.30
 〇【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設による新基地建設で30日、米軍キャンプ・シュワブゲート前では市民約90人が集まり抗議を続けた。正午までに資材の搬入はなかった。辺野古海上ではN5護岸予定地付近の仮設道路現場で道路を敷きならす作業が続いた。砕石を詰めた網袋をつり下げていたクレーンがさらに西側の進入路建設予定地に移動しているのが確認された。
 ゲート前では瀬長亀次郎さんの発言「この沖縄の大地は再び戦場となることを拒否する。基地となることを拒否する」が紹介され「私たちも諦めず頑張ろう」と呼び掛けられた。海上からはカヌー9艇と抗議船2隻が作業を監視し、抗議の声を上げた。【琉球新報電子版】


川崎病患者1万6000人超 NPO調査 15年過去最多に 【東京新聞】2017.09.30
 〇 乳幼児に多く、心臓の後遺症の恐れがある「川崎病」の患者が、二〇一五年に初めて一万六千人を超え、過去最多となったことが、NPO法人「日本川崎病研究センター」(東京)の全国調査で分かった。一六年はやや減少したが、依然高水準にあり、センターは「推移を注視する必要がある」と指摘。専門家は「症状があればまずは小児科を受診し、必要に応じて専門病院を紹介してもらってほしい」と呼び掛けている。
 川崎病は主に四歳以下の乳幼児がかかる。全身の血管に炎症が起き、高熱や発疹、イチゴのような舌の腫れなどの症状が出る。後遺症として心臓の冠動脈にこぶができ、心筋梗塞のリスクが増すこともある。一九九〇年ごろから増加傾向にあるが、理由は分かっていない。
 センターによると、一五年の患者数は一万六千三百二十三人で、〇~四歳の十万人当たり発症者数(罹患(りかん)率)は三百三十人。患者数、罹患率ともに八二、八六年の大流行を上回り、全国調査が始まった七〇年以降で最多だった。
 一六年の患者数は一万五千二百七十二人、罹患率は三百九人と、やや減少した。一五、一六年に一人ずつが死亡し、死因は心筋梗塞と急性硬膜下血腫という。
 都道府県別で見ると、一五、一六年の二年間で患者が多かったのは東京、神奈川、愛知、大阪。調査は全国の医療機関の小児科が対象で、二年に一度、結果を公表している。








NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25
  ★首相の専権事項より、主権者の権限と権能の確認、保存が肝要。首相の専権事項という時、ややもすると、主権者の権利・権限侵害に亘る⁉ 知る権利も、成熟した議論も、証拠・議論に基づく選択権も、蔑ろにしてはならぬ。今回は、なんと安倍氏のみが、民放らをジャックして、己の言い分のみ、垂れ流した。 国民主権、国民が主権者では、あってはならぬこと。 安倍氏らは、素知らぬふりをしているが…自民党的解釈で。最高裁は、チェックしようとしないから。  三権分立の役割、ずっと、田中耕太郎以来、ずっと放棄した侭… 不届きでしょ。

衆院解散表明 首相会見詳報(5)「小池都知事と基本的理念は同じ」 毎日新聞 9/25
 〇--米国のトランプ大統領が北朝鮮のリーダーを「ロケットマン」と呼び、米国は北朝鮮を完全に破壊するしか選択はないかもしれないと発言した。このコメントは、日本をより安全にしますか、それとも、日本人の安全性が低くなるでしょうか。
<首相会見詳報(1)>「消費税の使い道を変え、子育て世代へ投資」
<首相会見詳報(2)>「北朝鮮脅しに左右されてはならない」
<首相会見詳報(3)>「選挙こそ最大の論戦の場だ」
<首相会見詳報(4)>「無駄なくせば2兆円出るなど無責任に言えない」
<安倍首相28日解散を表明>消費増税分の使途を変更
<小池知事は新党>「希望の党」設立

「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24



NHK: ドイツ連邦議会選挙 2017


【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧










核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-09-29

9/29: 「アベ政治を許さない」の鳩山由紀夫氏、民進を選別、維新と連携を図る小池氏、対抗の自公政権『敵のスキ突き』解散… 詰るがモリカケ隠しの吾身忘れそ

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・23区内の私大定員増認めず、大学側は困惑 9/29(金) 19:42
 ・政府・与党高まる警戒感、麻生氏「理解不能」 9/29(金) 19:39   ★今回の解散・総選挙、安倍氏のもりかけ隠し、大義なし解散、その上を行かれたからと言って、泣き喚くな
 ・10月から値上げが続々、食欲の秋なのに・・・ 9/29(金) 19:38
 ・北朝鮮米州局長がロシア外務省へ 9/29(金) 19:37
 ・初霜、初冠雪、氷点下、今シーズン一番の冷え込み 9/29(金) 19:00
 ・希望・小池氏と民進・前原氏が会談、候補者調整急ぐことで合意 9/29(金) 9:07
 ・バングラデシュへ逃れたロヒンギャ難民50万人超える、国連発表 9/29(金) 8:29
 ・バグダディ容疑者生存か、肉声とされる音声テープ公開 9/29(金) 8:27
 ・銃撃され重体だった米議員復帰、「反暴力」の重要性訴え喝采 9/29(金) 7:45
 ・取手中3自殺調査委、茨城知事「公正な結論出せるよう運営」 9/29(金) 6:03

 ★本日、9月29日(金)18:30~21:30です。
「護憲+」: 「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会のお知らせ 9/22 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会を下記のとおり行います

 今回は、関西大学教授で「9条の会・おおさか」事務局長の吉田栄司さんにお越し頂き、『9条問題の本質を「護憲」の立場で考える』のテーマでお話をしていただきます。

 吉田さんは、8月に行われた今井一さん主催のシンポジウム「9条問題の本質とその抜本的な解決を論ずる」にパネリストとして参加され、9条護持の立場から持論を展開されましたが、今回はその中身についてより掘り下げたお話しを伺う予定です。

 大義なき解散総選挙が間もなく行われるようですが、その結果がどうであれ、自民党政権は安倍首相が執念を燃やす「9条に自衛隊を明記する」改憲案を提出するタイミングを図っているようで、私たちも「国民投票」への心構えを作っておく必要がありそうです。

 今回は、吉田さんのお話を伺う中で、改めて「9条護憲」の意味について考え、「護憲派」としてのコンセンサスを作り上げるひとつの契機とすると共に、今後の取り組みについても考えたいと思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:9月29日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)


 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。
 ※詳細は、下記ブログをご参照ください。


孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月29日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 小沢の戦略;是か非か 9/28 (流水)
 〇今回の一連の政変劇。小沢一郎と前原、小池、連合が仕掛けた乾坤一擲の大勝負。小泉純一郎も一役買っているかもしれない。

 民進党内のリベラル派がどうなるか、共産党との四党共闘がどうなるか、憲法改悪派ばかりが強くなってどうする、曰く自民党の補完勢力。おそらく、選挙中はもちろん選挙が終わってからも、疑問の声が絶えないだろう。

 小沢の戦略の目的はただ一つ。安倍政権打倒。これ以外ない。そのためには、数が必要。野党共闘で政権が取れればそれがベスト。しかし、最大野党の民進党の足並みが揃わない。保守とリベラルの対立は抜き差しならないレベルだった。その意味で、イデオロギーに縛られた民進党の議員の政治意識は、いまだ青臭いままで成熟には程遠いものだった。

 これをどうするか。
 小沢は小池と東京都議会選挙を通じて関係を修復。小池は、「希望の党」の党名を商標登録したのが半年前だったと言っている。どうも、このあたりから、小沢と小池は様々な策を練っていた様子がうかがえる。

 さらに、前原とも関係修復。何度も会談を重ねている。前原が民進党代表選挙に出馬した時、小沢と関係の深い民進党議員(松野とか松木謙公など)が前原を推した。

 この中で小沢は民進党内部の路線対立・イデオロギー対立の深刻さを見て、これを一挙に解決する方法として、小池百合子が作る新党(希望の党)に民進党が合流する案を考えたと思える。

 この案は、メディア的には絶大な力を持った。同時に、現実的・具体的力としても絶大な力を持っている。小池百合子の持つ絶大な人気・発信力(通称 看板)に、民進党が持つ資金力・組織力(地盤とカバン)が加わったのだから、その破壊力は抜群である。安倍政権打倒の方策としては、見事な作戦だと言わねばならない。

 問題は、民進党内部のリベラル派、社民党、共産党との関係が崩壊する事である。政権を取ったとしても、小池百合子の右翼的傾向が政権の命取りになりかねない危うさを持っている。

 ここからは、わたしの希望的観測を含めた憶測である。

 小池百合子が民進党内部のリベラル派を拒絶することは織り込み済み。前原が「希望の党」入党交渉を一任されているので、小池と交渉し、その多くは受け入れらるのではないかと考えている。

 小池が難色を示せば示すほどリベラル派も「希望の党」で自らの信念を頑なに主張するのを多少は遠慮するはず。それを条件に入党交渉するというやり方ではないかと考えている。

 それも無理ならば、リベラル派は少数派覚悟で分党する以外にない。そして、分党したリベラル派、社民党、共産党が共闘して統一候補を出して選挙を戦うのである。彼らも生き残りを賭けて必死に戦うに違いない。当選の可能性もかなりある。

 小沢は、これで「政権交代」が可能だと考えたに相違ない。それが証拠に、小沢一郎は、今のところただ一人で「希望の党」に入党するそうだ。他の自由党員は、一人ひとりの決断に任されている。彼らの日ごろの思想傾向からすると、民進党リベラル派と合流する可能性が高いような気がする。

 つまり、小沢一郎は、どちらに転んでも、安倍政権打倒が可能なような仕掛けをしたのだろう。

 たしかに、リベラル派からすれば、裏切りに近い仕掛けだし、小池百合子の思想傾向はきわめて危険なものを持っている。そこが小沢の政治家たる所以。安倍政権打倒のためには、【悪魔】とでも手を結ぶ、という政治決断だったと考えている。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/28: 正規と非正規、年間給与に315万円の差 4年連続拡大 業種別では電気・ガス等地域独占事業が769万円で最高、宿泊等サービス業が最低 貧困とデフレ 衆院選、富の再配分が課題ではないか
  ★戦争か、平和か⁉ 安倍氏にも、小池氏にも問おう。 戦争にも、核戦争にも、無論、日本の核武装にも、反対である。過ちを繰り返してはならない。
 侮っていた北朝鮮に、驕った安倍氏が、出し抜かれた大失態… 今では、恥もなく、制裁だ、国難だ?戦争だ? 森加計隠し、日報隠しに血道をあげ、内政でも大失態…、咎める者は、自民党にいないのか?永田町霞が関界隈にはいないのか? そして、提灯までもが、兵力を更に装備しようとの口車に乗りそうだが、核ミサイルと、一体、どう対峙しようというのか?日頃から、核抑止力信奉者が! 米軍の後ろ盾があるから大丈夫???永遠の対米従属、従軍引換えに orストーリーもなしに??? 気分で選択・投票していい時ではない。 麻生氏などは、朝鮮半島避難民の心配を、今猶、の賜っていたが、7~10分程度で届くミサイルの心配はしないのか、と思う。日本なら、ICBMなどいらないのだから。通常のミサイルに核弾頭をセットすればよい… と想像しそうなものだが。 最悪の事態も想定し、投票すべきではないか。今回は。信頼できない指導者に、間違っても、A級戦犯・戦争指導をしてもらっては困ると思うのだが。 


「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)

  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
  ★解散、総選挙直前に、民進党の、新党(希望の党)への合流⁉局面を迎え、一部に混乱が予見されるが、環境が激変したため、9/28付の投稿を撤回したものかと。


 今日のトピックス Blog9/27: 民進党と希望の党 “統一名簿”、衆院選で“共闘”  小池氏、候補者に踏み絵(改憲と安保)を迫る! 強引過ぎて戦争⁉も 安倍の失態隠し解散も、護憲勢力ねじ伏せ、議員保守化にも、異議あり!
  ★昨日からの、秘密裏の情報が、開示されず、小池新党が、新進党を飲み込む形での連携が伝えられ、且つ、小池氏が、入党の条件に、「安保と改憲」姿勢を問う(保守2党制)らしく、民進党の一部の議員の皆さまには、厳しい選択の一日になろうかと。備えがなければ。 勿論、平和を愛し、日本国憲法を愛する市民、主権者にとっても、深刻な状況が展開されることになるかも、と懸念される日に。主権者が、その視座と展望を固める時に至ったのやも。



「護憲+」: 今と未来を予見?2005年総務省製作短編映像「希望の党」 9/27 (笹井明子)
 〇知人から、2005年に総務省と明るい選挙推進協会が製作した短編映像「希望の党」が、小池新党「希望の党」の誕生とその行く末を予見しているかのようだと話題になっている、という情報が届きました。

 「12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に」

 +++
 これはとんでもない未来予知かもしれません。詳細は以下から。

 本日爆誕した小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」。なんと12年前の2005年に総務省と明るい選挙推進協会が制作した「希望の党」を紹介する動画が発掘されて大きな話題となっています。
 監督は「ガメラ」シリーズや「就職戦線異状なし」、「デスノート」などで知られる金子修介さん。主演には渋谷飛鳥さんと木下ほうかさんというキャストで、20分間の短編作品です。

 あらすじとしては2005年当時らしく「誰に投票しても変わらない」と考えて選挙に行かない夫婦と、熱心に翌日の選挙に行くように勧める娘といういかにも「選挙に行こうキャンペーン作品」らしい出だし。

 しかしその選挙が終わると政権を取るのが耳慣れない「希望の党」という政党で、徐々にこれまでの終わりなき日常が変わっていき、ついに…というディストピア展開。そして万を持して楳図かずおが登場し、想像を超える超展開へとなだれ込みます。

 作品は金子監督が自らのYouTubeチャンネルにアップしており、前後編で閲覧が可能。
 「希望の党」前編 – YouTube
 「希望の党」後編 – YouTube

 選挙に無関心なダメな大人と国の未来を考える真面目な子供、そしてそうした真面目さを易々と汲み上げて権力を奪取するポピュリズムとファシズム。その止められない暴走の末路など、まさしく2017年現在の日本の社会状況の危険性を浮き彫りにしてます。

 この政党に「希望の党」という明るく分かりやすい名前を付けた金子監督。小池都知事の「希望の党」の行く末をどこまで予見しているのでしょうか?
 +++

 なんというリアリティ。「希望は絶望」のディストピア。ぞわ~。
 後悔先に立たず、、、。今度こそ、「風」に流されず、ポピュリズムに踊らされず、自分達の選択が自分達の暮らし、生き方を左右するのだと自覚して、賢明な判断、責任ある選択をしたいと思います。

 「護憲+BBS」「明日へのビタミン!ちょっといい映画・本・音楽・美術」より


 今日のトピックス Blog9/26: 北・外相「米の爆撃機、撃墜の権利がある」 米報道官「我々は宣戦布告していない」 さて、安倍氏の立ち位置は? 戦争か 内外で大失態ばかりの日々 己が失態を『国難』と??? 慢心の証明


イシャジャの呟き: 秋晴れ すぐ 秋雨    誕生日の花 ベンケイソウ  花言葉 静穏 信じて従う 9/26
 〇ラジオ深夜便から

 好天も今日まで、明日からは 秋雨となる予報、我が家唯一の果樹、柿の実が色づいているが、
渋抜きをしたら、4日で 軟らかくなり過ぎ 食用にはならない。勿体ない・・・

 涼しくなったので、退院後 初めての除草をする。2か月ぶりなので、種を付けていたが、少しづつ
抜き取ろう。


 カテゴリなしの他の記事
  秋晴れ すぐ 秋雨
  秋晴れ
  台風一過
  敬老の日
  秋だ


今日の「○」と「×」: 「×」 政治を私物化する国難アベを退陣に追い込まなければならない。 9/26
 「×」 TBS: 「28日に衆院解散」安倍首相表明 9/25

 安倍首相は25日夜、記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭で、衆議院を解散すると表明した。
 安倍首相は「28日に衆議院を解散いたします」、「『国難突破解散』であります」などと述べた。
 安倍首相は、2019年10月に予定される、消費税率10%への引き上げによる増収分の使い道を、国の借金返済から、子育て世代への投資に振り向ける方針を示し、国民の信を問うと説明した。
 さらに、北朝鮮への圧力路線について、「信任を得て、力強い外交を進める」と述べ、「少子高齢化と北朝鮮情勢という、国難を乗り越えるための『国難突破解散』だ」と強調した。
 選挙の勝敗ラインについては、与党で過半数となる233議席とした。


 〇アベでんでんによれば、今回の解散は「国難突破解散」だそうだ。

 えらく大袈裟な呼び名を付けたものだが、今の日本に国難があるとするなら、それはアベ政権自身が作り出したものに他ならない。

 完全なマッチポンプだ。

 さらに、アベの存在自体国難といっても良い。

 だから、自公与党を大敗させアベ政権を倒すことこそが、国難を突破することになる。

 しかし、小池新党が伸びても自公の補完勢力になるだろうから、そちらには期待できない。

 最近の知事選や補選、参院選の1人区のような野党共闘で、アベ「マッチポンプ解散」を叩き潰さなければならない。


 今日のトピックス Blog9/25: 敵にはスローガンがない⁉ 我らのスローガンは、「Abe is over」!「モリ・カケ選挙」or火事場泥棒… 主権者が、悪代官から、本来の権威と畏敬を勝ち取り、民主主義、三権分立も本来に


「護憲+」: Abe is over 9/25 (流水)
 〇選挙には、スローガンが必要だ。それも、短いほうが良い。スローガンが一番力を持つのは、前向きに相手を攻めている時だ。

 今回の選挙。敵にはスローガンがない。消費税増税分を教育無償化に使うなど、スローガンになるはずがない。それだけ、後ろ向きの選挙だと言う事。

 と言う事は、今回の選挙は大チャンスだと言う事である。野党連合が本当に前向きなスローガンを出せば、選挙の雰囲気をガラッと変える可能性が高い。今回のように、選挙準備が整っていない選挙戦では、選挙スローガンの成否は、勝敗を決める可能性が高い。

 わたしは、以前、紹介した「Abe is over」を推奨したい。

 元歌は、ご存じオーヤンフィフィの「Love is over」。東京都議選の時、大きな力を発揮したそうだ。だが、やはり、都議選は都議選。Abe is overの影響力は限定的だった。

 しかし、今回は、衆院選。全国で行われる。しかも、安倍首相夫妻のズルを隠蔽するための「モリ・カケ解散」。問われるべきは、安倍首相その人。「Abe is over」の皮膚感覚は、東京都議選の比ではないと思う。

 歌詞と歌をご存じない方もおられるだろうから、もう一度 、紹介しておきます。

 Abe Is Over
 パギやん(趙博)

 Abe is over 
 遅すぎたけど、終わりにしよう、切りがないから
 Abe is over 
 訳などないよ、唯一つだけ、日本のため
 Abe is over 
 悪い過ちと笑って言える時が来るから
 Abe is over 
 泣くな、無様だろ、憲法のことは早く忘れて

 私はあんたを忘れはしない
 誰に替わっても忘れはしない
 きっと最後のファシストと刻むから

 Abe is over 
 私はあんたのトドメを刺すよ、ぐっと心に
 Abe is over 
 最後に一つ、国民騙しちゃいけないよ

 下手な答弁で誤魔化さないで
 本当のことを早く喋って
 きっとあんたにお似合いの墓がある

 Abe is over 
 嬉しいよ、早く出てって、振り向かないで
 Abe is over 
 Mmm... サヨナラしてね 
 Abe is over
 Wow wow wow ...

 歌はこちらでどうぞ。
 Abe Is Over/アベ・イズ・オーバー  パギやん(趙博)

 「Abe is over」を野党共闘の共通なスローガンにすれば、一言でこの選挙の意味が分かる。心から推奨したい。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/24: 「有事の際、北の難民の射殺検討」麻生氏発言に非難殺到 呆れるね⁉ 攻撃論に傾き過ぎる安倍政権 出口論も考えず、避難民が来たら『武装しているかも…』殺そうとは 憲法・世界標準無恥


「護憲+」: 「モリ・カケ選挙」と呼ぼう!  9/24 ( 珠 )
 〇もし選挙になったら、みんなで「モリ・カケ選挙」と呼びましょう。
 政治・税金の「私物化」は許してはいけないのです。

 自民党は、事件を国民が忘れているハズと国民を馬鹿にしています。
 選挙で勝てば、全てチャラにできると思っているのでしょう。

 そして選挙に行く前に、ぜひ見てもらいたい記事があります。
 ことに「安倍しかいないでしょ?」と根拠なく思い込まされている人、
 無邪気に「アベノミクスで経済は良くなったんじゃないの」と信じている人はぜひ!
 無邪気に安倍さんを支持してる人は、これを見てから選挙に行くべし!(お役立ち情報の杜(もり))
 
 みんなで、ツイッターやFB、SNSで広めたいものです。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


「護憲+」: 野党勢力が共闘できる政策理念への一提案 9/24 (流水)
 〇今回の解散劇。安倍政権及び自民党の憲法無視・国会無視・国民無視の姿勢は明白だ。どう見ても、彼らに正当性はない。

 しかし、解散総選挙は行われる。そして、その結果は出る。どんなに不合理で理不尽であっても、その結果に基づいて政治は行われる。【勝てば官軍】の世界である。

 政治のリアリズムとはそういうもの。だとするなら、野党勢力は、勝つために全精力を注入しなければならない。巨大で強い敵を相手に戦う要諦は、相手の弱点を徹底的に攻めること。弁慶の泣き所はどこか。その認識こそ、勝敗を分ける。

 ※自民党の弱点は?

 (1)解散の正当性がない

 ⇒「モリ・カケ隠し解散」「犯罪隠し解散」の批判に抗する理屈はない。
 ↓
 野党は、ここを徹底的に突くべき
 ↓
 「解散の大義」批判を論じるだけでは、力にならない→「モリ・カケ隠し」に協力した安倍側近の選挙区に団体で刺客候補を立てる(イメージとしては、小泉内閣当時の郵政民営化時の刺客候補)→●「モリ・カケ隠し」を争点に戦う⇒★メディア受けする争点を作る⇒野党の指導者が大挙して応援に入る⇒★選挙戦を通じて【モリ・カケ隠し解散】の理不尽さ、不当性さを訴え続け、【モリ・カケ隠し解散】の本質を国民に忘れさせない。
 ↓
 ★そのための刺客候補の選定を急ぐべき ⇒絶対野党統一候補でなければならない。

 (2)自民党候補は単独では強くない

 現在の自民党候補は、決して強くない。自民党の得票数は、ほとんど伸びていない。自民党が多数派を占めているのは、公明党の固定票と野党の乱立と小選挙区のおかげ。⇒この認識をきちんと持つことが大前提。
 ↓
 1. まず、野党の乱立を止める→野党統一候補擁立
 2. 自民党の医療・年金・介護・保育などの社会福祉政策切り捨て政策を図入りで分かりやすく説明する→公明党応援団創価学会婦人部の動きを止めることに集中する。
 3. 投票率を上げる事が、自民党に勝利する大前提→現在の自民党政治を継続すれば、日本が崩壊する、という危機感を掻き立てなければならない→★本当にそれでよいのか、という問いかけが必要。
 4. 安倍首相の代わりがいない、という消極的自民党支持者に対しては、●安倍首相にやらせておけば、日本は崩壊する。●安倍首相でも首相は務まったのだから、誰でも代わりはできる、という論理で対抗。

 ※野党連合の現実的正当性

 ・・・毎日新聞の試算によると、〈民進、共産、自由、社民4党が候補者を一本化すれば、計58の小選挙区で与党の現職を逆転する可能性がある〉という。
 14年衆院選の結果に基づいて試算したものだ。今回から衆院小選挙区の定数が「0増6減」となるため多少の誤差はあるものの、大きくは変わらないはずだ。・・・日刊ゲンダイ

 (3)「魚は頭から腐る」論を徹底的に展開するべき

 日本人は損得だけで判断するのではなく、社会の乱れ、道徳的退廃に敏感である。ここを徹底的に攻める。

 安倍首相や昭恵夫人の「ズル行為」を見逃すことは、「法治国家」の基本が崩壊する。まして、官僚や政治家、司法機関、メディアすべてが権力者を忖度すれば、もはや民主主義国家ではなく、独裁国家だと言う事を徹底的に論じなければならない。トップが腐敗すれば、日本国家すべてが腐敗すると言う事を徹底的に主張しなければならない。【道義国家】として世界の尊敬を勝ち取るためには、安倍首相そのものを変える以外ないと主張すべき。

 野党勢力は、基本的には、以上の争点だけを徹底的に語ればよい。この争点を声高に語ることができれば、かなり有利に選挙戦を展開できる。

 しかし、選挙は選挙。自民党や与党は、必ず北朝鮮危機を材料に、安全保障問題を争点にするだろう。他の一つは、憲法改正問題であろう。特に、北朝鮮問題は耳目に入りやすく、のぼせやすい連中には格好の材料になる。どう対処すればよいか。

 (4)北朝鮮問題

 日本では、ほとんど報道されていないが、ロシアのプーチン大統領が、きわめて現実的な北朝鮮問題解決法を提示している。

 日本では、トランプ大統領の異例の徹底的な北朝鮮破壊宣言に心を奪われがちだが、所詮ブラフ以外の何物でもない。トランプ大統領の反知性主義丸出しの言葉は、北朝鮮の反発を招きこそすれ、何の解決にもならないことははっきりしている。

 ただ、冷静に観察すれば、トランプ大統領が北朝鮮に言及したのは、全演説時間の8分の1。安倍首相のそれは、約8割。彼我の差に安倍首相の知性の無さを感じてしまうのは、わたしだけではないだろう。

 では、プーチン大統領の提案とは、一体どのようなものか。

 田中宇は、以下のように書く。
 ・・・
 プーチンの新提案とは、9月6-7日にロシア極東のウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」で発せられた、(日本や)韓国から北朝鮮を通ってロシア、中国に至る鉄道やパイプラインを開通させる構想だ。

 朝鮮半島を縦断する鉄道やパイプラインは、ロシアのシベリア鉄道や西シベリアからのパイプライン、中国が「一帯一路」計画で建設している中国経由で西アジアや欧州まで伸びる鉄道やパイプラインにつながり、日韓がユーラシアや欧州に製品を輸出したり、シベリアから石油ガスを輸入する際に使える。

 北朝鮮は、自国を通過する鉄道貨物やパイプラインの通行料を得られる。この構想は、10年以上前からあったが、北と韓米の対立激化により頓挫していた。

The Russia-China Plan For North Korea: Stability & Connectivity Pepe Escobar

 ☆ご参考迄に
プーチンが北朝鮮問題を解決する 2017年9月20日   田中 宇

 プーチンが提案した北をめぐる経済協力案は、北が核やミサイルの開発をやめるよう求めている国連決議に従わないと進められない。

 米国が北を先制攻撃すると脅し、北は脅されるほど突っ張って核ミサイルの開発を誇張して進める現状が続くなら、北は国連決議に従わず、経済協力も実現しない。

 だが、今回のプーチン案は、従来の米国と中国が主導してきた解決策と、大きく異なっている。それは、今回の案が北朝鮮に対し「米国に脅されても挑発に乗らず無視して、露中や韓国(や日本)と一緒に、鉄道やパイプラインをつないで経済開発しようよ」と「米国無視・米国はずし」を持ちかけていることだ。

 従来の解決案は米中主導だったので、北は米国を無視できず、米国の挑発に乗らざるを得なかったが、プーチンの案はそれと正反対だ。
 ・・・

 この提案は、実に現実的だ。現に、ウラジオストックでのロシア・北朝鮮の秘密会談の映像では,両者が実に親密だった。田中によれば、この構想、ロシア・中国・北朝鮮・韓国はもちろん大賛成。日本も乗ったと書いている。反対しているのは、米国。そのため、まだ日本はおおぴっらに賛成できないという。

 ※わたしは、野党連合は、「北朝鮮問題は、対話による解決以外なし」というメルケル首相の立場を主張し、プーチン大統領の提案を現実的具体的解決策の一つとして主張すべきだと考えている。→そうすることにより、安倍首相の好戦的姿勢の危うさをあぶりだせると考えている。

 (5)改憲問題

 今回の解散劇は、二つの憲法違反の疑いがある。憲法53条違反と憲法69条違反である。
 ・・・・・・・・
 第五十三条  内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

 第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。
 ・・・・・・・・・・

 臨時国会召集を延ばしに延ばした挙句の果て、天皇陛下の出席なし、施政方針演説なしで冒頭解散。その間に内閣改造をしている。

 新内閣の施政方針演説もなければ、新閣僚の方針もなしで、解散。こんなことが許されるなら、憲法も法律も国会もいらない。こんな首相やこんな政党に憲法改正論議などする資格はない。そもそも、遵法精神など欠片もないと言わざるを得ない。

 野党は、現憲法遵守ができない政権や政治家に憲法改正を論じる資格なし、と断じて、憲法論議はしないという姿勢を明確にするべきだ。

 具体的内容に踏み込んで相手の土俵に乗っては相手の思うつぼ。争点がぼけてしまう。徹底的に安倍内閣や自民党の「憲法無視」「法律無視」「国会無視」「国民無視」を糾弾し、改憲論議など無視すべきである。

 (6)消費税問題

 民進党は過去の政策に拘泥せず、消費税5%減税を主張すべき。理由は、消費が回復しないのは、個人消費の落ち込みが原因。消費の回復のため、消費税5%減税を主張すればよい。自民党や支持者から批判はあるだろうが、自民党だって二度も消費税増税を見送っている。そんな批判は無視すればよい。

 (7))医療・年金・社会福祉政策

 年金を株に投資できるポートフォリオ撤廃。国債など安定的投資に変更する。(理由;年金を危険な投資に投入しない。株式市場が、市場の本当の姿を反映しなくなり、本来の機能を果たしていない。)

 「護憲+コラム」より


「護憲+」: 続・「憲法論議に対案は必要ない」 9/24 (パンドラ)
 〇名無しの探偵さんが「コラムの感想」で書いておられたように、中野先生の論説は鋭く、説得力があり、しかも私などにも分りやすくスーっと頭に入りました。何故、政治家の皆さんは、中野先生ような言葉で国民に語る事が出来ないのでしょう。
 ☆ご参考迄に
中野晃一先生(上智大学)の考える立憲主義とは?安倍晋三の憲法違反に猛抗議する学者の姿 #中野晃一

 コラムの後半で少し触れましたが、一番気になるのは憲法改定の国民投票。長くなるので、コラムではあまり触れられませんでしたが、私は国民の意志で国民の手による国民投票を実現したいと思っています。

 しかし、昨今の都知事選、国政選挙の、都民および国民の投票行動を見ると、情けなく思います。 「国民投票と選挙は違う」とおっしゃる方もいますが、改憲勢力は、いざとなったら死に物狂いで汚ない手を使っても闘いを挑んで来るでしょう。

 その時のために護憲派はあらゆる手を打ち、知恵を搾って憲法体制を護らなければなりません。日本の国民はそこまで愚かではない、と思いたいのですが…。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/23: 原発避難判決/予見できたのに免責??? 国と東電の対策・怠慢糾弾、責任を問うた前橋地裁判決とは隔絶 10月福島地裁で、原告数約3800人の判決 救済・賠償では徹底的に被害者に寄り添え


 今日のトピックス Blog9/22: “完全破壊”演説に…金正恩氏、トランプ大統領を“罵倒” 「北朝鮮の崩壊 望まない」韓国大統領&中国外相、河野外相に「対話も重要だ」 首相「最大限の圧力」? 戦争or平和、選挙で決まる


「護憲+」: 「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会のお知らせ 9/22 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会を下記のとおり行います。

 今回は、関西大学教授で「9条の会・おおさか」事務局長の吉田栄司さんにお越し頂き、『9条問題の本質を「護憲」の立場で考える』のテーマでお話をしていただきます。

 吉田さんは、8月に行われた今井一さん主催のシンポジウム「9条問題の本質とその抜本的な解決を論ずる」にパネリストとして参加され、9条護持の立場から持論を展開されましたが、今回はその中身についてより掘り下げたお話しを伺う予定です。

 大義なき解散総選挙が間もなく行われるようですが、その結果がどうであれ、自民党政権は安倍首相が執念を燃やす「9条に自衛隊を明記する」改憲案を提出するタイミングを図っているようで、私たちも「国民投票」への心構えを作っておく必要がありそうです。

 今回は、吉田さんのお話を伺う中で、改めて「9条護憲」の意味について考え、「護憲派」としてのコンセンサスを作り上げるひとつの契機とすると共に、今後の取り組みについても考えたいと思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:9月29日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)


 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

 2016年8月以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2016年)
  8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
  9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
 10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 11月: 「今、高江で起こっていること」
 (2017年)
  1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
  2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
  4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
  5月: 「森友問題の幕引きを許さない」
  7月: 「民進党は民意の受け皿になれるのか」

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 「憲法論議に対案は必要ない」に賛同 9/22 (名無しの探偵)
 〇コラム「憲法論議に対案は必要ない」を拝読しました。

 極めて同感。中野先生の論旨は、憲法学者などが自民党の憲法改正の陰謀、実は現憲法の破壊工作にうかり対案を用意するという、安倍政権の罠にはまりがちな点を指摘しています。そういう意味でこの悪巧みに待ったをかける鋭い着眼点だと思いました。

 また、後半部分のパンドラさんの主張も大変示唆に富む内容であると思います。

 中間無党派層をいかに味方にひきつけるのか。極右の代表を選んだ民進党を観れば明らかのように、(脱党する人が増えている)民進党以外の野党連合と、民進党の少数派でまた、反自公政権の連合を組織すれば良い。

 パンドラさんのコラムで教わることが多く、全面的に賛同します。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/21: 安倍首相 国連で演説、金党委員長を「確信的な破壊者」? 唯一の超大国~大日本帝国をお忘れか 戦争する国化、今、戦争を目論む己自身を隠すのか⁉ 戦争か平和か 主権者、市民が決すべし


「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)
  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 秋晴れ    誕生日の花 ノハラアザミ  花言葉  心の成長 9/21
 〇ラジオ深夜便から 

 昨日までの不安定な天気とは 一転 今日は爽やかな秋晴れになりました。

 あさイチを見ていたら、兄と甥が通院の途中、果実と野菜を届けてくれました。
 数か月ぶりで 逢えました。87歳の兄は 僕より元気で 果物づくりの現役で安心しました。


 カテゴリなしの他の記事
  秋雨
  秋場所


 今日のトピックス Blog9/20: 国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 更に、戦争もと トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」と、拳を… お追従者安倍は、勇んで戦列に 風雲急⁉主権者ご決断を


 今日のトピックス Blog9/19: 大義なき「自己都合」党利党略解散、容認し難い 動機もだが、その後トランプ・安倍が何をするかが更に大問題⁉ 戦争か平和か 市民、主権者が戦争を排除 投票で安倍・陣笠議員を不信任しよう



イシャジャの呟き: 台風一過     誕生日の花 オミナエシ  花言葉  はかない恋 親切 9/19
 〇ラジオ深夜便から

 台風一過、晴れていたのでスーパーまで 食品の補給のため 出かける。
 帰ってきたら 竜巻注意報のテロップが流れる・・・ まだまだ 空は安定してないようだ。

 柿の色付きが 鮮やかだ。捥いで 焼酎さわし と考えたが、竜巻のこともあるので、後日とする・・・
 生協の宅配を待っています・・・・

 カテゴリなしの他の記事
  通院


 今日のトピックス Blog9/18: 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院小委員長&トランプ大統領「ロケットマン」呼ばわり  却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメ。 爾後は、核兵器禁止、戦争放棄服用を


「護憲+」: 憲法論議に対案は必要ない 9/18 (パンドラ)
 〇安倍内閣は少し支持率が回復したのを機に、また「改憲」について言及し始めた。

 上智大学の中野昇一教授が週刊金曜日の9月1日号で、野党は「【対案を】という改憲議論に乗るな」という興味深い論考を載せているので紹介したい。

 中野氏は、『今の改憲勢力は、反対する勢力を分断する事に重きを置き、「ただ反対というのではなく対案を持ち寄って欲しい」という改憲議論に乗せようとしている』と言っている。

 民進党の中にもこの揺さぶりに乗ろうとする勢力がいる事は否めない。

 中野氏は更に、『憲法とは「憲法典」と「憲法体制」を指すと述べている。憲法典は「日本国憲法」という文章である。しかし憲法は、解釈や、学説、判例、国際条約など全て含めて憲法体制として機能している。
 ところが、現行の憲法議論は「憲法典」をいじる事しか眼中にない。「憲法典をいじれば「憲法体制が確立する」という議論は幼稚だ』と言い、
 『安倍首相が言う「戦後レジームからの脱却」は憲法典を足掛かりに戦後の憲法体制(レジーム)を破壊しようとしている』と述べている。

 氏の言説とは対照的に、『憲法典を国民の意志と意識で、国民投票に掛けてきちんと決めるべき』という意見もある。いわゆる、「国民投票」を国民の手で成し遂げ、取り戻そうという意見だ。

 私には迷いがある。都知事選は野党勢力の作戦のまずさがあったとは言え、続く都議会選挙はどうだったか。一時的なものとはいえ、小池百合子と都民ファーストの会に対する熱狂を思うと心もとない。

 今の社会には憲法に対して無関心だったり、不満、鬱憤を感じている人達がいる。その人達を「中間無党派層」と名付けるならば、安倍内閣を批判する人達が中間無党派層まで拡がり、支持率を下げた事実が示すように、中間無党派層の中にある欲求や不満、改革を希求する声に耳を傾ける事が必要ではないか。そのために野党共闘で国会の勢力を少しでも増やして欲しい。

 国民の生活は苦しい。長時間拘束される割には増えない年収。国民が一生懸命働き納めた税金はどこへ消えたのだろう。消費税は福祉に使われるはずではなかったか。若者達は労働待遇の不備で結婚も出来ない。少子化なんて解消される訳がない。

 憲法典をいじる事よりも、その不満、諦めに答えようとする政党を国民は待望している。野党は【対案】を出す事に拘るより、もう一度国民の声に耳を傾けて欲しい。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: でんでんの私利私欲解散に「×」。 9/18
 「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議 9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


 〇アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

 あからさまな疑惑隠し、権利の乱用、私利私欲解散だ。

 もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

 しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

 国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。



イシャジャの呟き: 敬老の日  ☂  誕生日の花  ゲンノショウコ   花言葉  心の強さ 9/18
 〇ラジオ深夜便から

 台風18号は、今朝7時前秋田沖を通過したが、暴風はまだ続き、周囲の木々を大きく揺らしています。

 雑草園、唯一の果実、タワワに実った柿の枝も大きく揺れていますが、落下しないで頑張っています。
 渋柿と思って、いたが 熟して 蜂が食いついているものもあり 早めにもぎ取って 焼酎でさわすことにしよう。

 ゴミ出しの日だが、昨夕出しておいたので、今朝は 暴風の中出歩かなくてもよく助かった。今日は敬老会だが、敬老の品も昨日届いた。傘寿に当たるとのことで、杖が届いた、鳩杖 ?と思いきや 今風のものでした。
 杖を頼りに、買い物に行こう ?

 台風が去ったと思いきや、外遊から帰ったと思ったら 解散風を吹かした、どこやらの、草履がいるらしい。
 〇〇小学校、〇〇獣医学部問題を、消去しようとする算段だろう、許せない 面々だ


 カテゴリなしの他の記事



ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん




◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後









【社説】廃炉工程表の改定 完了見通せず不信募る 【中国新聞】2017.09.28


柏崎刈羽 事実上の適合 東電「福島」と同じ沸騰水型 【東京新聞】2017.09.27

【社説】原発事故避難者訴訟 支援拡充の検討を急げ 【佐賀新聞】2017.09.27


福島第1原発 核燃料回収3年先送り…1、2号機プール 【毎日新聞】2017.09.26


【社説】原発避難者訴訟 支援拡充の検討急ぐべきだ 【熊本日日新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者千葉判決 国免責は納得できない 【中国新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者訴訟  疑問の残る判決だった 【京都新聞】2017.09.25


【社説】原子力規制委が新体制へ 「福島の教訓」を忘れずに 【毎日新聞】2017.09.25


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある


規制委、来月4日にも「合格」へ 東電柏崎刈羽原発6、7号機 【東京新聞】2017.09.20


柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け 【東京新聞】2017.09.20


【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18


<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 安倍を倒す劇薬としての小池新党 ・ブログ連歌(495) 9/29
 〇政治の世界では、ときに思いもかけないような劇的な変動が起きることがある。それは「天の声」と呼ばれたり、単に「風が吹いた」と言われることもあるが、今回の選挙でも、その可能性が出てきた。その中心には、今は小池百合子というキャラクターがいて、「希望の党」という旗を上げている。おかげで、かつては政権を担った経験もあり、理念も歴史もあった民進党は、あっさりと事実上の解党をしたと報じられるまでになった。
 小池新党の最大の役割は、これまで盤石の「一強」と思われていた安倍自民党を、根底から揺さぶる可能性を見せたことだろう。気がついてみれば、いつの間にか「2大政党による政権交代選挙」の様相が出来上がっている。これまで苦労を重ねた「野党連合」が、志しては挫折を繰り返してきた「対決型の総選挙」が、現実のものになったではないか。
 ただし、この対決は、従来想定されていた「保守」対「革新」ではなく、本質的に「保守2大政党間の政権争奪戦」として戦われる。言ってみれば、アメリカの「民主党」と「共和党」ように、日本にも「保守2大政党」の時代が近づいていると見ることができるのだ。日本も「根っからの真正保守」と、「革新の要素も取り入れた進歩的な保守」の2大政党になって行くのだろうか。その場合は、共産党の行き場がなくなる。2大政党は、アメリカに習って第3党の登場を許さない選挙制度を作ったりするだろうか。しかし今はそんな空想をしていても始まらない。
 小池新党は、安倍内閣にとっては民進党よりもはるかに大きい脅威だろう。小池ブームは安倍政権を倒す可能性を秘めている。誰にも止められなかった安倍政治を立ち止まらせ、日本の進路を改めて問う機会ができるのは、良いことに違いない。その機会がきたら何を訴えたいか、私たちは今から用意しておく必要がある。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 護憲派は「日本が戦争に巻きこまれないための道標」提示を!


琉球新報辺野古・ヘリパッド取材班(沖縄)‏  @henokonow フォロー中 その他 9月29日午前11時57分、「アベ政治を許さない」と書かれたプラカードを掲げながら、鳩山由紀夫元首相がゲート前に座り込みました。 #辺野古 #henoko #沖縄 #okinawa


47NEWS‏  @47news フォロー中 その他 速報: 民進党の枝野代表代行が、衆院選に無所属で立候補する方向で検討に入った。政党の結成も視野。 10:08 - 2017年9月29日 579件のリツイート 376件のいいね

布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 枝野さん、ガンバレ!! 〈民進党の枝野幸男代表代行は無所属で出馬する方向で検討に入った。考え方の近い前議員らとの新党結成も視野に入れている〉 小池氏、憲法・安保で選別 枝野氏は無所属、新党視野  共同通信 47NEWS 14:14 - 2017年9月29日 161件のリツイート 129件のいいね



斉藤佑介‏ 認証済みアカウント   @ysaito_asahi フォローする その他 街頭でのビラ配り。受け取る人が多く、スタッフも驚きを隠しませんでした→ 山尾氏「私自身必死なので」 希望への合流コメントせず:朝日新聞デジタル 18:53 - 2017年9月28日 310件のリツイート 215件のいいね


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 民進党内では、選別の姿勢を強める小池氏に対し反発が強まっています。総会での了承を覆して民進党公認での出馬容認を求める意見や、「分党」で民進の組織や資金の一部引き継ぎを求める声もあります。 14:34 - 2017年9月29日 40件のリツイート 11件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 自由党・玉木デニー議員が希望の党に不参加を表明 自由党・玉木デニー議員は、9月29日夕方から沖縄県で開催された支援者の集会で『私は辺野古新基地建設に反対するという信念を絶対に曲げない。希望の党に参加表明は行わない』と明言。今回の衆議院選挙をオール沖縄の無所属で戦うと表明しました。


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 希望の党“合流者選別”で民進分裂…リベラル派新党結成か https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-418137/ … 「リベラル派」の動きが鈍過ぎる。「民進党か立憲民主党か」の時に分離すべきだった。「野党は共闘」が呪縛。この際、保守二大政党にさせない小粒でも存在感のあるリベラル派の結集を! 3:14 - 2017年9月29日 37件のリツイート 21件のいいね


鈴木 耕‏  @kou_1970 フォロー中 その他 リベラル派大量虐殺? 座して死を待つわけにもいくまい。リベラル新党で再結集、市民連合との協力。他に手はない。→<衆院選>民進合流「全員はない」…小池氏、前原氏と会談(毎日新聞) Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000030-mai-pol … @YahooNewsTopics 2:58 - 2017年9月29日 20件のリツイート 8件のいいね


田中龍作‏  @tanakaryusaku フォロー中 その他 権力にとって不都合な男はブレなかった・・・ 『山本太郎「小池新党の踏み絵は踏めない」』 http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016714 … 5:07 - 2017年9月29日


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 野田佳彦元首相「先に離党した人の股くぐる気ない」(朝日新聞デジタル) 野田さん、野党共闘へ 5:25 - 2017年9月29日 17件のリツイート 15件のいいね
  ★そのミエ、いいと思うが、前向きに仕掛ける気は毛頭なかったのでしょうか⁉ それが、残念。尤も、まだ二転三転あっても、可笑しくない⁉…


こたつぬこ‏  @sangituyama フォローする その他 今日の朝日新聞一面は、自公vs希望vs共産「など」の三つ巴として今回の選挙選が描き出されています。いや的確。










市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『前原代表と小池代表の間では、とっくに、改憲や安保法制賛成に手のひらをかえした議員のみ公認され、リベラル派議員を排除することで話がついている』 「希望者は全員公認」は嘘! 小池と前原が密約したリベラル排除と民進から希望への上納金 23:57 - 2017年9月28日 191件のリツイート 103件のいいね


安保関連法に反対するママの会‏  @MothersNoWar フォロー中 その他 今週の日曜日です。 10月1日(日)新宿柏木公園14時集合、14時半デモ出発 安保関連法に反対するママの会も連名しています。 ご都合のつく方は、一緒に歩きましょう。 だれの子どももころさせない。... 18:14 - 2017年9月28日 95件のリツイート 36件のいいね


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 難民に対する偏見や憎悪を煽動する麻生発言~上川法相の記者会見報告 http://www.labornetjp.org/news/2017/0926nisinaka … @lnjnowさんから 一昨日途中報告を書きました。公人としてヘイト発言を連発する麻生も酷いが、何もしない法務大臣も情けない。こんな国変えよう! 6:28 - 2017年9月28日


電機・情報ユニオン大阪支部‏  @denkijohokansai フォロー中 その他 航空自衛隊員の過労自殺訴訟 遺族と国が和解/滋賀(BBCびわ湖放送) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00010001-bbcbiwakov-l25 … @YahooNewsTopics 7:54 - 2017年9月28日 17件のリツイート 11件のいいね


ikupie   📣 ‏  @ikupienonks フォローする その他 どっちか選べ? 選べるか! 15:18 - 2017年9月27日



高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 その他 Turkey stops training Iraqi Kurdish peshmerga after independence vote https://shar.es/1VwXhy  @MiddleEastEyeさんから 2:57 - 2017年9月29日 3件のリツイート 1件のいいね


日刊ゲンダイ‏  @nikkan_gendai フォロー中 その他 【暮らし】都の規則条例も効果なし? JKビジネスに“ドーナツ化現象” https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/214545 … #日刊ゲンダイDIGITAL 14:50 - 2017年9月29日 3件のリツイート 2件のいいね


安保関連法に反対するママの会‏  @MothersNoWar フォロー中 その他 【ママの会@東京がスタンディングします!】 @東京よりシェア ******************* 私たちはあきらめません! 「安保関連法」が廃止されるまで声をあげます! 「だれの子どももころさせない」政治を求めて!... http://fb.me/1Bevxzmnz  5:17 - 2017年9月29日 34件のリツイート 32件のいいね


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 福島みずほ副党首が「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)に出演します。 ●9月29日(金)深夜1時25分~


高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 その他 【志葉玲イラクリポート】クルド独立の動き その日現場では 5:39 - 2017年9月29日


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 安倍自爆解散の結末を大胆予想 混沌の先に何がある<上> https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214542 … #日刊ゲンダイDIGITAL. Abe is over 14:49 - 2017年9月29日 1件のいいね


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「希望」の側は、露骨な選別に出てきた。勇気をもって、共闘の立場に立つ政党、議員、候補者とは、連携をしっかりしていきたい。こんな共闘つぶしの動きに、決して負けるわけにはいかない。安保法制廃止、立憲主義回復という共闘の原点、初心にたって、力をあわせよう! 2:01 - 2017年9月29日


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 希望の党には排除の論理だけを貫けない事情もあります。小池氏は「突然の選挙で候補予定の方が、特に新人がなかなか(集まらず)現実の壁になっている」「なぜ新自由クラブが政権を取れなかったかというと候補者が足りなかったから」と。 14:46 - 2017年9月29日 16件のリツイート 10件のいいね


米山 隆一‏ 認証済みアカウント   @RyuichiYoneyama フォローする その他 BLOGOSに「泉田前知事は主張の整理を( http://blogos.com/article/249189/  )」をアップしました。ご一読いただけると幸いです。 1:14 - 2017年9月29日 315件のリツイート 272件のいいね


NHKニュース‏ 認証済みアカウント   @nhk_news フォロー中 その他 宇宙船であらゆる都市間を約30分で移動 米企業が計画 #nhk_news 14:46 - 2017年9月29日


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 横浜桜木町駅前で訴え。お昼の時間でしたが、多くの皆さんがどんどん足を止め、聴いてくださいました。 南関東ブロックから共産躍進の大波を! 全国を駆け歩いて、党躍進、共闘勝利の先頭に立って、頑張り抜きます!






志村建世のブログ: 民進党はどこへ行くのか ・ブログ連歌(495) 9/28
 〇前原・民進党の「希望の党への合流、民進党としての公認は出さない」提案には驚いた。「自民党との対決型に持ち込まないと小選挙区で勝てない」という選挙の事情があるにしても、あまりにも無原則で自主性を放棄した態度ではないだろうか。民進党は、前身の民主党時代には、国民の信頼を受けて支持率でも自民党を上回り、画期的な政権交代を実現させた政党ではないか。その誇りと再起への意欲は、もう失くしたというのだろうか。
 たしかに支持率だけを並べたら、今の民進党は「小池・希望の党」に負けている。しかし「小池ブーム」には、一過性の危うさもあるし、そもそも立ち位置が右寄りの小池百合子とは、民進党が掲げた理想は違い過ぎているではないか。これから開催される両院議員総会などで議論が紛糾するのは必至で、結論がどうなるかはわからないが、所属する衆院議員にとっては、悩みの多い選挙戦になることだろう。近く長妻昭の会合があるから、よく聞いてみよう。
 それにしても、他党の人気にあやかろうとして安易に合流に走り、公認するかどうかの判断まで相手に任せるとは、情けない政党である。早くも新聞の見出しには、「小池氏、改憲・安保で選別」の文字が躍っている。選別で落とされた候補者は、離党せよということか。それは、党の根幹となる政策についても、自主性を放棄するのと同じことではないのか。
 もしかすると、前原氏には、機を見て保守政党の再編へと舵を切りたい意向が、以前からあったのではないかと思えてくる。だとすると、前原氏にとっては、思い通りのチャンスが巡ってきたとも言えるのだが、本音のところは、どうだったのだろう。
 小池新党は、今のところは安倍政権への対抗軸になりそうな形なのだが、それは民主社会主義を志向した本来の民主党とは別物なのだ。今の民進党が、その「希望の党」に合流するというのなら、私は支持政党を失うことになる。その場合は、党を離れても信用できる人物かどうかで投票先を決めることになるだろう。


植草一秀の『知られざる真実』: 問題残しつつオールジャパン野党共闘で政権奪還を 9/28
 〇衆議院が解散され、10月22日の総選挙に向けての激変が始動した。

 小池国政新党が「原発ゼロ・消費税増税凍結」の方針を打ち出して情勢が急変した。

 この衆院総選挙の最大のテーマは、

 「安倍やめろ!」の是非である。

 傍若無人の政治私物化路線をひた走る安倍暴走政権の存続を認めるのか、それともその存続を許さないのか。

 総選挙最大の争点はこの部分にある。

 この目的を達成するには、呉越同舟戦略もあり得る。

 言い方は悪いかもしれないが、

 「毒をもって毒を制する」

 戦術の採用も考えるべきである。

 また、日本の主権者にとって最も重要で、最も切実な政策テーマについて、主権者の前に明確な選択肢が提示されることが重要である。

 その最重要テーマは原発と消費税である。

 この二点において、原発ゼロと消費税増税凍結の明確な方針が示された意味は大きい。

 残る問題は、憲法・戦争である。

 この部分の取り扱いが最も難しい問題になると考えられる。

 「オールジャパン平和と共生」は、

 「安倍やめろ!野党共闘」で衆院総選挙に立ち向かうために、明日9月29日(金)午後5時より衆議院第一議員会館多目的ホールで総決起集会を開催する。

 「安倍政権打倒」を目指す主権者の一人でも多い参集を強く求めたい。

 政治私物化・KKK(かけかくし解散)許さない!
 安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!

オールジャパン平和と共生 「9.29衆院総選挙院内緊急総決起集会」

 安倍政権による政治私物化の氷山の一角である森友・加計疑惑が露見しました。野党は真相解明のための臨時国会召集を要求してきましたが、安倍政権は憲法第53条の規定を無視して国会を召集してきていません。3ヵ月の空白ののちに臨時国会を召集する方針がようやく定められたにもかかわらず、安倍首相はその臨時国会冒頭で衆議院解散に踏み切る構えです。戦争・弾圧・搾取の悪政街道を暴走し続ける安倍政権を主権者国民が倒さなければなりません。

 オールジャパン平和と共生は「反戦・反核・反貧困」の旗を掲げ、政策を基軸にした主権者と政治勢力の結集・連帯を呼びかけます。

 「安倍やめろ!野党共闘」を確立し、来る衆院総選挙に何としても勝利し、主権者のための政治を実現しなければならないと考えます。

 一人でも多くの主権者の参集を強く呼びかけます。

 大同団結・連帯して衆院総選挙に勝利し主権者が日本を取り戻す!

 万障お繰り合わせの上ご参加賜りますようお願い申し上げます。

 2017年9月29日(金)
 衆議院第一議員会館多目的ホール
 午後4時30分開場 午後5時開会
 参加費無料

 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
    •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 定員に達しますと入館証の交付ができなくなりますことをご了承ください。


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 その他 リベラル勢力の結集をはかろう 19:13 - 2017年9月27日 1,153件のリツイート 1,038件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『小池百合子代表と希望の党の本質は安倍自民党とほとんど同じ極右、ヘイト肯定の歴史修正主義者で、弱肉強食の新自由主義者』 希望の党と民進党の合流は大政翼賛会だ! 騙されるな、小池百合子が原発ゼロや消費増税ストップをやるはずがない 3:06 - 2017年9月28日


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 社民党 公認・推薦候補内定者一覧


陣 No War&Nuke&Hate‏  @zinjoutarou フォロー中 その他 《原発&社会問題 Times》が発行されました。 最新記事はこちらをクリック! http://paper.li/zinjoutarou/1334757710?edition_id=9adeead0-a3e8-11e7-8d59-0cc47a0d15fd … おかげで @kazzwatabe @azu_bota @hidedemac #脱原発 #原発


47NEWS 速報‏  @47newsflash フォロー中 その他 民進党執行役員会、「希望の党」との事実上の合流へ、前原代表による常任幹事会での提案、議論を了承。 18:01 - 2017年9月27日


みらいのリスト‏  @mirailist フォローする その他 1970年、横浜で母親が脳性麻痺の娘(2歳)を殺害した。 地元住民らが母親への同情から減刑運動を始めた。 これに対して、脳性麻痺の障害者団体「青い芝の会」が抗議活動を行った。 「障害者は殺されていいというのか」という声をあげた。 16:56 - 2017年9月27日
  ★殺していいということではないし、それを糾弾して、済む問題でもない。障害児も、母らも孤立させないことが、肝要では。


民進の「希望」合流、提案へ 前原氏、党公認出さず 小池氏、改憲・安保で選別:朝日新聞デジタル 19:09 - 2017年9月27日 ">鈴木 耕‏  @kou_1970 フォロー中 その他 憲法や安保法制などで「排除の論理」を持ち出し、リベラル派を完全消滅させようということでしょう。これでは右派二大政党制になってしまう…。→ 民進の「希望」合流、提案へ 前原氏、党公認出さず 小池氏、改憲・安保で選別:朝日新聞デジタル 19:09 - 2017年9月27日
  ★本日、9月28日、『衆議院解散』宣言の日には、特に、民進党内、いろいろある、健闘もあろうかと思われます、一日終わって、講評致しましょう。安倍首相への審判は、決まっていても、紛らわしい状況に。小池氏らの御蔭でしょうが。


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 政治改革は失敗だったのか 佐々木毅、成田憲彦に聞く「政党政治」の行方 - Yahoo!みんなの政治 https://seiji.yahoo.co.jp/article/758/  言いたいことがいっぱいありすぎてなんとも困るが、ぜひ読んでいただきたい記事。 20:04 - 2017年9月27日 215件のリツイート 309件のいいね




志村建世のブログ: 12年前に作られた短編映画「希望の党」の迫力 ・ブログ連歌(495) 9/27
 〇 2005年に総務省・明るい選挙推進協会が「若者の選挙離れ」への啓発キャンペーンの一環として製作した「希望の党」という映画(約20分)が、現代を予告したようだというのでネット上の話題になっている。
 小池新党と同名の映画「希望の党」に脚光 見事な政権奪取、そして結末は... 9/26 
  
 ストーリーは、大人たちのありきたりの投票行動にいらだつ若者たちが過激化し、「希望の党」の名のもとに独裁的な行動に出るという、逆転の構成になっている。たとえばある日、「過去3回の選挙で棄権した者の選挙権を、はく奪する」という法律が施行されてしまうのだ。そうなってから「投票しておけばよかった」と後悔しても、もう遅い。選挙権を失った大人たちは、もう政治に関与することができなくなって、やがて自分の娘のところにも出征の命令がくる……
 今回の選挙で話題になっている「希望の党」は、たぶんこれとは違うのだろう。民進党からも自民党からも離党者が出て、ここに合流する動きがあるようだ。小池百合子都知事は、自らが代表になる意欲を見せている。都議会での「都民ファースト旋風」を、国政でも起こそうとしているのだろうか。「脱原発」を掲げているのはいいとしても、国政での立ち位置はどうなるのだろう。都知事になったのが、国政への踏み台のようにも見えてくる。
 とにかくこの小池新党が、この選挙の目玉の一つになってきた。日本では東京都知事を経て総理大臣になった例はまだないが、諸外国では地方の首長を経て国のトップになるのは珍しいことではない。支持勢力の整備が、野党の再編を促すのだから、この動きには注目している必要があると思う。ただし、間違っても自民よりも悪い第二保守党になるのは願い下げである。ここは看板の通りの「希望の党」になってほしいものである。そして台頭するためには、野党よりも自民党から、より多くの票を奪ってくれることを期待したい。
 それにしても、昨今の息づまるような緊迫感は異常である。しかし一発ですっきりしたいような願望は、さらに大きな危険を招くことになる。問題は、ねばり強く、順を追って解いて行かなければ、永続する安心にはつながらない。最大の課題は、健全な野党を育てて戦争を遠ざけることである。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 今と未来を予見?2005年総務省製作短編映像「希望の党」 18:55 - 2017年9月26日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 Abe is over 17:47 - 2017年9月24日


ハフポスト日本版‏ 認証済みアカウント   @HuffPostJapan フォローする その他 「安保法、共謀罪などに賛成した議員との合体は『悪魔』との握手だ」     ⇩ 有田芳生氏、民進党と「希望の党」の合流構想を批判 7:09 - 2017年9月27日 78件のリツイート 52件のいいね


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【コイケは何をしたのか】就任3ヶ月、コイケは都知事として何もしていないと思う。豊洲移転をAI?で決めて議事録もナシ。晴海の選手村の1000億円値引き払い下げも黒塗り資料で情報公開もウソ。関東大震災で虐殺された朝鮮人慰霊祭への追悼文を断り「歴史修正主義」であることがバレただけ。 8:22 - 2017年9月27日


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「共産委員長『自民党政治と同じ』|NHKニュース」 希望の党は、安保法制を容認し、改憲を進めるとしている。これでは自民党と同じ。自民党に対抗する旗は立てられない。 民進党が、市民連合との合意、野党4党の合意を守ることを期待する。 4:04 - 2017年9月27日


山口泉 (反戦・反核・反ファシズム)‏  @yamaguchi_izumi フォロー中 その他 横浜米軍機墜落事件から40年 - 未来に残す 戦争の記憶 - Yahoo! JAPAN 15:30 - 2017年9月27日


ハッピー‏  @Happy11311 フォローする その他 小池新党『希望の党』が原発ゼロを掲げたけど、東電大株主の東京都知事としての見解や、東京に電力を送り来週にも合格となる柏崎刈羽原発6・7号の再稼働をどう見てるのか?って聞きたい。 小泉元首相 「希望の党」の選挙運動には関わらず 0:43 - 2017年9月27日 597件のリツイート 285件のいいね



郷原信郎が斬る: 大島衆議院議長は、内閣不信任案「採決動議」にどう対応するのか 9/27
 〇安倍首相が、明日、臨時国会冒頭で行うことを明言した衆議院解散について、ジャーナリストのまさのあつこ氏が、【野党は臨時国会冒頭に、内閣不信任案を提出できるのか?】という大変興味深い分析を行っている。
 まさの氏は、「臨時国会冒頭での内閣不信任案採決の動議」が出された場合の展開について、以下のように述べている。
 臨時国会冒頭に、天皇の書く「解散詔書」を内閣総務官が国会まで持ってくる。
 それを菅義偉官房長官に渡し、官房長官がそれを向大野新治事務総長に渡し、事務総長がそれを大島理森衆議院議長に渡して、議長が読み上げると「解散」となる、という流れが予想される。
 この読み上げの前に、野党が内閣不信任決議案を提出し、読み上げの最中に、「内閣不信任案を採決する」動議を出した場合、「議場内交渉」となり、議院運営委員会の場で議論される。
 内閣不信任案が採決にかれば与党はそれを否決するしかなく、内閣が信任されれば解散はできなくなって困るので、与野党の交渉が難航したり、議場が騒然としたりしても、最終的には、与党側の「数の力」採決に至らない可能性が高い。
 また、内閣不信任案を採決する動議が出され、それが採決されないまま、議長が衆議院解散の詔書を読み上げて解散になった場合は、そのことが、衆議院の議事録に残ることになる。
 その上で、まさの氏は、以下の指摘を行っている。
 今回の解散は、
 1)憲法第53条(いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない)に基づいて6月22日から求められていた臨時国会を、安倍内閣が開こうとせず、
 2)その安倍内閣総理大臣が、「森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、様々な問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果」を「深く反省」すると8月3日に会見をして、
 3)その脈略とは関係がない「仕事師内閣」というネーミングで内閣改造を行い、
 4)3カ月も放置した臨時国会を開催するかと思えば、会見を開いて、「消費税の使い道」と「緊迫する北朝鮮情勢」という、本来は「解散」「選挙」を経ずに対応できることを理由に解散すると説明した。
 5)しかも、所信表明演説の要求にも、予算委員会や党首討論の要求にも応じていない。
  そのような経緯を辿った解散について、
 議運や国会対策委員会が、所信表明の要求や内閣不信任案の提出を認めないのであれば、少なくとも、大島衆議院議長は、それらの動議の提出を受け止め、実現する度量を見せるべきではないか。
 というのが、まさの氏の意見である。
 臨時国会冒頭解散が既定方針とされている中で、内閣不信任案採決の動議がどの段階で、どのような形で出せるのか、仮に不信任案が採決に持ち込まれ否決された場合に、7条解散についても、「信任されれば解散できない」ということになるのか、など疑問な点はあるが、いずれにしても、7条によって不当極まりない解散が行われることへの対抗策として、意味のある方法だと思われる。
 私は、直近のブログ記事(【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」~河野外相、野田総務相は閣議で賛成するのか】)で、今回、安倍首相が行おうとしていると報じられた解散は、本来、憲法69条に基づく場合にのみ認めるのが憲法の趣旨であるのに、7条の国事行為として行うことが既成事実化していることに乗じて、「大義」が存在しないどころか、国会での疑惑追及を回避し、野党側の選挙準備の遅れを衝いて国民の政治選択の機会を奪い、それによって、北朝鮮情勢緊迫化の下での政治的空白を生じさせるなど、まさに「不義のかたまり」というべき解散であり、憲法が内閣に認めている解散権を大きく逸脱した「最低・最悪の解散」だと批判した。
 そして、9月25日の記者会見で安倍首相自身が明らかにした解散の理由は、「消費税増税の使途の変更」「北朝鮮問題への対応」ということだったが、2年も先の消費税増税について、今、国民に意見を聞いても、そもそも、最終的に消費税増税を判断するのは1年以上先であり、その時点で、そもそも消費税増税ができる経済状況かどうかもわからない(これまでも、安倍首相は、経済状況を理由に消費税増税延期を繰り返してきたこととも矛盾する。)。北朝鮮への対応についても、国会での議論は全く行われていない。・・・


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 その他 【大島衆議院議長は、内閣不信任案「採決動議」にどう対応するのか】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒  23:56 - 2017年9月26日


制服向上委員会‏  @ski_official フォロー中 その他 制服向上委員会のブログ更新しました♬ 生誕25年祭ありがとうございました!! 5:06 - 2017年9月27日


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『東京都は東京電力株の1.20%を保有する4番目の大株主ですが、小池都知事は東京電力に対して脱原発を求められる立場にありながら全く求めてきていません』 小池新党「希望の党」が掲げる「原発ゼロ」が20000%大嘘である3つの理由 http://buzzap.jp/news/20170927-koike-no-nuke-fake …


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 民進党内からは、合流に前向きな意見がある一方、「希望の党にのみ込まれるくらいなら最後まで戦う」と徹底抗戦の声もあり、前原氏の思惑通りに事が運ぶかどうか、見通せない状況。 小池新党「合流」に民進党は? 反発の声も(FNN) 4:39 - 2017年9月27日 233件のリツイート 96件のいいね
  ★保守かどうか、安全保障の考えがおなじかどうか、そういう選別が実施されそう… 対象者に、危機感はあるか?


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 政治は訳がわからねえやでも野党共闘を! 民進・希望・自由“共闘”へ、与党との「1対1」の対決目指す|ニフティニュース 3:21 - 2017年9月27日 8件のリツイート 5件のいいね
  ★ご期待に沿えないような、雲行き⁉


空  【安倍政権打倒!】‏  @kskt21 フォロー中 その他 国契約業者が菅官房長官に献金 前回衆院選前、公選法抵触の疑い | 2017/9/27 - 共同通信 47NEWS https://this.kiji.is/285696786890048609 … 全く問題ない官房長官さん、疑いではなく公選法違反ですよ。法令に反していないかどうかは自首して司法の判断を仰ぎなさい。 6:59 - 2017年9月27日 31件のリツイート 14件のいいね



西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 麻生氏発言「大変遺憾」=「国粋主義的認識」と批判―韓国(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000120-jij-kr … @YahooNewsTopics 5:23 - 2017年9月26日 27件のリツイート 15件のいいね


田崎 基(神奈川新聞 記者)‏  @tasaki_kanagawa フォロー中 その他 「候補一本化を」市民連合が4野党に要望 http://www.kanaloco.jp/article/280319  「この選挙で必ず安倍政権を退陣させなければいけない」「解散は安倍政権による憲法破壊そのものだ」「小選挙区で一対一の構図を示し立憲主義と民主主義を擁護する選択肢示す責任がある」


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 4野党は共闘を=安保関連法反対の市民連合【17衆院選】:時事ドットコム 4:29 - 2017年9月26日


tasha‏  @phootahaa フォローする その他 お、人間の指便利。 0:13 0:08 - 2017年9月25日 19,150件のリツイート 27,994件のいいね
  ★猫からの、共生要求! 御主人の手、貸して‼‼ 愛情、シンパシーは、大事


畠山理仁‏  @hatakezo フォロー中 その他 女性問題 長沢復興副大臣が議員辞職願提出(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170926-00000035-nnn-pol … @YahooNewsTopics


首都圏反原発連合‏  @MCANjp フォロー中 その他 【安倍政権NO!☆1005銀座大行進】フライヤーの配布協力をお願いします!お取寄せフォームからお申込下さい!→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=10095 


Tad‏  @CybershotTad フォロー中 その他 安倍首相「高等教育の無償化を必ず実現する」 いやだからその民主党政権時代の高校無償化を止めたのは自民党だろ…。 2:09 - 2017年9月25日
  ★パクリの安倍…


Yahoo!ニュース 速報や地震情報も‏ 認証済みアカウント   @YahooNewsTopics フォロー中 その他 【映像 渋谷交差点に車、騒然】25日午後10時前、渋谷のスクランブル交差点に黒いワゴン車が進入、警視庁のパトカーが追跡する「カーチェイス」があり、あわや大事故。騒然とする様子を映像で。 0:22 - 2017年9月26日 83件のリツイート 36件のいいね


高光早美‏  @samiriko フォローする その他 もちろん私も応援します! しおりんがんばれ! 22:35 - 2017年9月25日


高橋 浩祐‏ 認証済みアカウント   @KosukeGoto2013 フォローする その他 安倍首相の解散会見。北朝鮮関連の質問をしたくて、一生懸命、挙手しても全然指名されず。会見場にいた旧知の外国通信社の記者は「誰に質問させるか、事前に決まっている」、米コロンビア大のジャーリズムスクールの先輩、神保哲生さんは「過去5年間、一度も指名されたことがない」。茶番ですね。
  ★昨夜は、安倍首相が、民放全てをパクっていたが、公正とか公平とか、そういう観念がないのか
 民放も民放といえば、そうだが、各社社長級が、『不公平』『格差』を差配しているのか。…


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【戦争を煽るな】トランプのおバカなツイッター発言に、北朝鮮外相は「宣戦布告と受け止める」と反応。国連事務総長も憂慮。「対話の重要性」を訴える諸外国首脳を無視して、トランプに着いていくアベ。戦争が全ての失敗と嘘を隠す手段になってきた。 15:52 - 2017年9月25日 577件のリツイート 414件のいいね


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 韓国外交部「非常に遺憾」 麻生氏の「武装難民射殺」発言を批判(聯合ニュース) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000065-yonh-kr … @YahooNewsTopics 5:25 - 2017年9月26日 49件のリツイート 22件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 この写真が全ての真実を物語っています。 6:29 - 2017年9月26日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 これは本当に必見ですねー。 【www】国民が選挙に行かず、「希望の党」という独裁政権が誕生し、日本がディストピアになる作品があった!監督「デスノート」金子修介、出演・渋谷飛鳥、木下ほうか、楳図かずお(2005年・総務省・20分) 7:47 - 2017年9月26日 124件のリツイート 72件のいいね



三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 自民の公認争い激化 慎重調整 2017年9月26日 希望の党で、コイケもコイズミも待っているよ! 5:30 - 2017年9月26日 1件のリツイート 2件のいいね


田中龍作‏  @tanakaryusaku フォロー中 その他 政治を私物化したアベシンゾウへの怒りは、根っからの保守層を思いもよらぬ投票行動に向かわせそうだ・・・ 『【衆院選・東京12区】有権者「私は右翼だが今回は共産党に入れる」』 http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016696 … 6:33 - 2017年9月26日



K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 私たちは政府が国民に詐欺を働く国に住んでいる。 7:33 - 2017年9月26日
  ★「もりかけ」隠し解散、総選挙、後で見直すのか、飽く迄、逃げようとするのか⁉ 森友『国有地叩き売り』は、原状復帰したが、加計学園、獣医学部新設は、チャラにするのか




植草一秀の『知られざる真実』: 9.29安倍やめろ!総選挙院内緊急総決起集会 9/23
 〇9月29日(金)午後5時より、衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて
 衆院総選挙院内緊急総決起集会を開催する。

 政治私物化・安倍政治を退場させるために、すべての心ある主権者・政治勢力が
 「小異を残して大同につき」結集・連帯・共闘しなければならない。

 「安倍政治を許さない!」すべての主権者の参集を強く求めたい。

 開催概要は以下のとおり

 主催は「オールジャパン平和と共生」


 政治私物化・KKK(かけかくし解散)許さない!
 安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!
 衆院総選挙院内緊急総決起集会 

 2017年9月29日(金)

 衆議院第一議員会館多目的ホール
 午後4時30分開場 午後5時開会

 参加費無料

 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
    •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 プログラム(予定)
 以下、HPをご参照ください。

 安倍政権による政治私物化の氷山の一角である森友・加計疑惑が露見しました。
 野党は真相解明のための臨時国会召集を要求してきましたが、安倍政権は憲法第53条の規定を無視して国会を召集してきていません。

 3ヵ月の空白ののちに臨時国会を召集する方針がようやく定められたにもかかわらず、安倍首相はその臨時国会冒頭で衆議院解散に踏み切る構えです。
 主権者が争点を明確にして候補者を絞り、主権者を代表する候補者に投票を集中する。
 滋賀、鹿児島、沖縄、新潟の県知事選では、この方式で安倍政治に対峙する主権者勢力が勝利を収めてきた。
 これを「新潟メソッド」と呼んでいる。
 「新潟メソッド」で衆院総選挙に勝利を収め、安倍政治を妥当しなければならない。
 戦争・弾圧・搾取の悪政街道を暴走し続ける安倍政権を主権者国民が倒さなければなりません。

 オールジャパン平和と共生は、反戦・反核・反貧困の旗を掲げ、政策を基軸にした主権者と政治勢力の結集を呼びかけます。
 「安倍やめろ!野党共闘」を確立して、来る衆院総選挙に何としても勝利し、主権者のための政治を実現しなければならないと考えます。
 一人でも多くの主権者の参集を強く呼びかけます。

 大同団結・連帯して衆院総選挙に勝利して主権者が日本を取り戻す!
 共にがんばりましょう!・・・



市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 前川前事務次官『ゆがめられたものを是正するのは、この総選挙の機会しかない』 #報道特集
  ★さも!ご健闘と議員含む、御支援を願います。 孤立は、いけない。出来れば、新党立ち上げで、強力御支援を。


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000051-asahi-pol … @YahooNewsTopics これは酷過ぎる!選挙に関係なく、直ちに議員辞職させるべき。公人の露骨なヘイトスピーチは絶対に許せない 12:45 - 2017年9月23日 22件のリツイート 9件のいいね
  ★侮りも、驕りも、ヘイトも、根っこは一緒⁉ 安倍友、偏執愛と同じ…




きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文









共産と社民、20選挙区で共闘 候補者一本化で合意 【東京新聞】2017.09.29
 〇共産党の小池晃書記局長は29日の記者会見で、社民党の又市征治幹事長と衆院選を巡り同日に国会内で会談し、11都府県20選挙区での候補者一本化で合意したと明らかにした。「選挙では何としても力を合わせ、一つでも多くの議席を獲得するため、力を尽くしていきたい」と述べた。
 野党共闘を進めてきた民進党が新党「希望の党」への合流を決めた。共産、社民両党は従来の協力関係の維持は難しいと判断した。
  ★社共共闘、もとい、共社共闘か。ちと、昔のことも甦る、ね。 日本社会党が、衆議院で、1/3以上の議席を占め、自民党の憲法改正など、夢のまた夢の時、或いは、百議席を割る前の話だが、そういう期待も、巷にはあった… 将来的に、新党でもよいから、人々が、等しく、明るい未来を夢見れるような展望を見せてくれたら…
 そんな中にあっても、鳩山由紀夫元総理が、沖縄の基地前で、座り込みに加わっていると。…なんとか、個人レベルであれ、強靭な共闘が図れないものか。




衆院選 リベラル票はどこへ 選挙難民状態 【毎日新聞】2017.09.29
 今回の衆院選で「自公VS希望」と政権選択の様相が強まる中、改憲を急ぐ安倍晋三首相や安全保障関連法に批判的な無党派のリベラル層が危機感を募らせている。彼らの票はどこへ向かうのか。
【図でわかりやすく】各党に対する小池知事の発言
<民進合流「全員はない」…小池氏、前原氏と会談>
<衆院選>立候補予定1033人
<衆院選>自民VS希望 激しい舌戦スタート
<衆院選>4野党共闘白紙 共産と社民は協力
<衆院選>自民・再稼働vs希望・ゼロ 原発対立軸鮮明に
 <大きな変革は望まないけれど安倍政権に違和感があって、さらに改憲の動きにうさん臭さを感じている人たちは一体どこに投票すればよいのか>。ツイッター上には戸惑うリベラル層の投稿があふれている。<投票先がほとんどなくなってしまった。いわゆる選挙難民状態>とも。
 「前原(誠司・民進党代表)さんの選択には正直失望した。受け皿が消えました」。国会前で2年前、安保関連法反対運動が盛り上がった。そこで活躍した学生団体シールズの元中心メンバーで明治大大学院生の千葉泰真さん(26)は困惑を口にした。「政権選択の構図が鮮明になればなるほど安保法制の問題は埋没してしまう」
 シールズは、昨年の参院選で実現した民進や共産など4野党の共闘でも一役買った。今回は野党共闘の動きが希望の登場で吹き飛んでしまった。共産党関係者は「リベラル票の受け皿になっても、政権選択の構図では埋没する」と焦る。
 自民のスローガン「日本を取り戻す」と希望の「日本をリセット」の二者択一にツイッター上で疑問を表明している中野晃一・上智大教授(政治学)は言う。「希望の党はすべてが未知数。政権選択の構図のもと、自公と希望が多くの議席を取るのは確実だが、リベラル層も含め有権者はその先に待つ展開を思い描く必要があります」
 野党共闘を後押ししてきた「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」は29日、民進の希望への合流方針について「市民と野党の協力の枠組みが損なわれ、力不足をかみしめている。共闘再生の可能性を模索し続けたい」との見解を発表した。【岸達也】

<民進合流「全員はない」…小池氏、前原氏と会談>
 >小池氏は憲法改正や安全保障政策を選定基準にする考えを示している。29日の会談後も「政策的に一致しなければいけない。選挙でワンボイス(同じ主張)で戦えるかどうかが重要だ」と記者団に語った。自民、公明両党からの「野合」批判を意識しているとみられる。小池氏は「調整というか、絞り込みだ」とも述べ、主導権は希望の党側にあると強調した。【円谷美晶、真野敏幸】
 〈先に離党した人(細野氏)〉の「股くぐらぬ」野田前首相

希望 小池氏 衆院選で維新と連携したい考え示す【NHK】2017.09.29
 〇希望の党の代表を務める東京都の小池知事は記者会見で、30日に日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事らと会談し、地方分権などの政策を発表することを明らかにしたうえで、衆議院選挙では、日本維新の会と連携したいという考えを示しました。
 この中で小池知事は、30日に大阪市で日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事、愛知県の大村知事と会談し、地方分権などの政策を発表することを明らかにし、「地域どうしの連携は、いろいろシナジー効果がある」と述べました。
 そのうえで、小池氏は衆議院選挙での対応について、「日本維新の会は『身を切る改革』、私たちは『ワイズスペンディング』と表現しているが、同じ改革の志は大切にして、選挙区の状況を確認して、答えを出したい」と述べ、日本維新の会と連携したいという考えを示しました。
 また、小池氏は、希望の党が擁立する民進党出身の候補者調整について「安全保障や憲法観で一致することが必要最低限のことであり、一致しなければ排除するということだ」と述べたうえで、最終的にはみずからが判断する考えを示しました。
 一方、小池氏は、政府・与党などが民進党との事実上の合流を批判していることについて、「党対党で合流する話はそもそもない。『お金ほしさ』との批判もあるが全くの間違いで、候補者が自前の努力で立候補し選挙戦を戦うことを条件にしており、大政党とは違うアプローチをやっていく」と反論しました。


鳩山元首相、スーツ姿で辺野古初座り込み 「米国の意のまま目の当たりに」【沖縄タイムス】2017.09.29
 〇29日午前8時45分、米軍キャンプ・シュワブゲート前で新基地建設に反対する市民ら約10人が機動隊に強制排除された。午前8時54分から40分間、ゲート内に工事車両約75台が入り、約55台が出た。正午から約20分間は約40人が機動隊に強制排除され、ゲート内に資材が搬入された。
 座り込みには、たびせん・つなぐ(東京都・大西健一代表)が企画した旅行でゲート前を訪れたメンバーと、ツアーに同行した元首相の鳩山友紀夫さんも参加。初めて座り込んだという鳩山さんは「米国の意のままに動かされている政治を目の当たりにした」と話した。
 シュワブ沿岸の「N5」護岸予定地では午前、石材の入った網袋をクレーンで積み上げる作業やダンプカーが運んできた砂利を重機で地ならしする作業が確認された。


詩織さん、損害賠償求め提訴「民法上の不法行為」【朝日新聞】2017.09.29
 〇ジャーナリストの詩織さん(28)=姓は非公表=が、元TBS記者の男性ジャーナリスト(51)に1千万円の損害賠償を求める訴訟を28日、東京地裁に起こした。2015年4月にこの男性と都内で会食後に意識のない状態となり、性暴力被害を受けて精神的苦痛を被ったと訴えている。
元TBS記者は「不起訴相当」 「性犯罪被害」で検審
 この件は準強姦(ごうかん)容疑で捜査されたが、東京地検が嫌疑不十分で不起訴処分とした。詩織さんの審査申し立てに対して、東京第六検察審査会は今月21日付で「不起訴相当」の議決を出している。男性は議決後、「一連の経過で犯罪行為を認定されたことは一度もなく、この案件は完全に終結した」としていた。提訴に対し、メールで「訴状を見てから対応します」とした。
 詩織さんの弁護士は「(男性の行為は)民法上の不法行為にあたる」としている。
 詩織さんは、29日に約200人が出席して参院議員会館で開かれた「性暴力被害当事者を孤立させない院内集会」に出席。「検察審査会は不起訴相当という議決を出し、現在の司法では、私が受けた行為は準強姦に値しないという結果だった。しかし、私が受けた行為は28年間生きてきたなかで最も醜い人権侵害で、そのあと職場に行けなくなるなど生活に大きな支障をきたした」と語った。


フジテレビ 特番でLGBT嘲笑、社長が謝罪 【毎日新聞】2017.09.29
 〇フジテレビの宮内正喜社長は29日の定例記者会見で、28日に放送したバラエティー特別番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念スペシャル」で、性的少数者(LGBTなど)を嘲笑する表現があったとして謝罪した。当事者や支援者ら104の団体・個人が「性的少数者への差別や偏見を助長する」と抗議していた。
<LGBT>「本当の私」絵筆に込め「いじめ、逃げていい」
<LGBT>レズビアンの元養護教員「子供たちに理解を」
<LGBT>大阪の歌手が銀幕デビューへ ハリウッドで女優
<LGBTを生きる>高校1年生・暦さん「Xジェンダー」存在知って
<LGBTを生きる>日本で臨床心理学勉強の留学生リさん「いつか中国で心のケアを」
30年前に誕生したキャラクター 番組に賛否の声、寄せられる
 人気お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明さんが青ヒゲとピンクの頬が特徴的なキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」に扮(ふん)し、「ホモでしょ?」などと、共演者にからかわれる内容。約30年前に番組内で誕生したキャラクターで、特番での復活が予告されると、ネット上で「聞いただけで胸が苦しくなり、自分でもびっくりした。トラウマってこういうことを言うのかな」などの声が上がっていた。
 宮内社長は「30年間で彼らコンビが作り出してきたキャラクターとして展開した」と断ったうえで、「不快な面をお持ちになった部分があれば、大変遺憾だと思うので、謝罪をしなければいけない」と述べた。番組終了後、同局には「懐かしかった」「この時代にどうなんだ」など約100件の賛否が寄せられたという。
「今もこんなことをやっているの」と驚きの声 広がるLGBTへの配慮 
 抗議文はフジと協賛企業に宛てられていた。海外ではLGBTに対して配慮を欠く企業の製品の不買運動も珍しくない。日本の教育現場や企業などでもLGBTへの理解を深める取り組みが広がる。
 ゲイであることを公言する認定NPO法人グッド・エイジング・エールズの松中権代表(41)は番組を見て「今もこんなことをやっているのか」と驚いたという。「キャラクターが登場した当時、優しくておとなしい男の子を『ホモ』とからかう遊びが流行した。多感な時期で、私も家庭や学校で話題が出る度に居心地が悪かった。自分の性や性的指向に悩む子供らが特番を見てどう感じたのか心配だ」と指摘した。【中村かさね、犬飼直幸】


市民連合、希望との共闘否定「安保法制肯定ありえない」 【朝日新聞】2017.09.29
 〇 国会前デモをきっかけに結成され、野党共闘を呼びかけてきた「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)は29日、希望の党と合流を図るという民進党の決定を受けて「立憲主義に反する安保法制を肯定する希望の党との共闘はありえない」との見解を発表した。
小池氏、民進全員受け入れ「さらさらない」 候補選別へ
 声明では「市民と立憲野党の協力の枠組みが大きく損なわれてしまった」とする一方で、「さまざまな可能性」が残っているとして、「立憲主義を守り(憲法)9条改悪を阻止するために個々人の判断で信頼に値する政党や立候補予定者を支援しつつ、市民と立憲野党・議員の共闘を再生させる可能性を模索しつづけたい」とした。
  ★都民ファースト、体質ではない!選別の小池氏


自治体貯金、最多21.5兆円 5200億円増、8割が東京分 【東京新聞】2017.09.29
 〇総務省は二十九日、自治体全体の二〇一六年度普通会計決算(速報値)を発表した。貯金に当たる積立金の残高(東日本大震災と熊本地震分を除く)は二十一兆五千四百六十一億円。前年度より五千二百三十一億円多く過去最高だが、増加分の大半は東京都と二十三区が占め、それ以外は0・4%増とほぼ横ばい。総務省は、地方税収の伸び悩みを受け、残高が頭打ちになってきたとみている。
 自治体には地方税収で足りない分を補うため、国が地方交付税を配分。政府内には積立金を増やす余裕があるなら交付税を削減できるとの見方もあるが、今回の速報値では借金に当たる地方債の残高は百四十兆円を超える。自治体側は「税収減や災害など将来への備えだ」「切り詰めて運営している」と交付税削減に反発している。
 野田聖子総務相は二十九日の記者会見で「積立金は歳出削減に取り組んだ結果だ。金額だけで批判するのではなく、高齢化など課題に備える懸命の努力を評価してほしい」と述べた。
 積立金の残高は都道府県が計六兆九千七百七十二億円、市区町村(一部事務組合と広域連合を含む)が計十四兆五千六百九十億円。全体の増加額のうち、財政が豊かで交付税を受け取っていない東京都と二十三区が計四千四百八十三億円を占め、将来の福祉充実に備える基金などへの積み立てが増えた。それ以外の自治体は計七百四十七億円の増加にとどまった。
 全体の残高を目的別に見ると、公共施設の整備や社会保障など使い道を限った「特定目的基金」が十一兆四千七百八十一億円で最多。次いで、税収減などに備える「財政調整基金」が七兆五千二百四十一億円、借金返済に充てる「減債基金」が二兆五千四百四十億円だった。うち、前年度から増えたのは特定目的基金だけで、調整基金は十二年ぶりに減少した。東日本大震災と熊本地震の復興を目的とする積立金は二兆八百七十二億円だった。



正規と非正規、年間給与に315万円の差 4年連続拡大 朝日新聞 9/28


「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25
  ★首相の専権事項より、主権者の権限と権能の確認、保存が肝要。首相の専権事項という時、ややもすると、主権者の権利・権限侵害に亘る⁉ 知る権利も、成熟した議論も、証拠・議論に基づく選択権も、蔑ろにしてはならぬ。今回は、なんと安倍氏のみが、民放らをジャックして、己の言い分のみ、垂れ流した。 国民主権、国民が主権者では、あってはならぬこと。 安倍氏らは、素知らぬふりをしているが…自民党的解釈で。最高裁は、チェックしようとしないから。  三権分立の役割、ずっと、田中耕太郎以来、ずっと放棄した侭… 不届きでしょ。

衆院解散表明 首相会見詳報(5)「小池都知事と基本的理念は同じ」 毎日新聞 9/25
 〇--米国のトランプ大統領が北朝鮮のリーダーを「ロケットマン」と呼び、米国は北朝鮮を完全に破壊するしか選択はないかもしれないと発言した。このコメントは、日本をより安全にしますか、それとも、日本人の安全性が低くなるでしょうか。
<首相会見詳報(1)>「消費税の使い道を変え、子育て世代へ投資」
<首相会見詳報(2)>「北朝鮮脅しに左右されてはならない」
<首相会見詳報(3)>「選挙こそ最大の論戦の場だ」
<首相会見詳報(4)>「無駄なくせば2兆円出るなど無責任に言えない」
<安倍首相28日解散を表明>消費増税分の使途を変更
<小池知事は新党>「希望の党」設立

「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24



NHK: ドイツ連邦議会選挙 2017


【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧








核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-09-28

9/28: 正規と非正規、年間給与に315万円の差 4年連続拡大 業種別では電気・ガス等地域独占事業が769万円で最高、宿泊等サービス業が最低 貧困とデフレ 衆院選、富の再配分が課題ではないか

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・除染の宿泊費用詐取「安藤ハザマ」2人起訴 9/28(木) 18:35
 ・ヤマト“夜間配達員”1万人確保へ 9/28(木) 18:06
 ・前原代表 民進全議員の「希望」公認目指す 9/28(木) 17:55   ★仕上げを御覧じろ⁉状態 成り行き?
 ・横浜の境川で20~30代男性流されたか、警察や消防が行方捜す 9/28(木) 17:58  ★関東地域、局所的大水害…
 ・東芝は日米韓連合と契約、半導体子会社の売却 9/28(木) 17:35   ★一件落着、か
 ・「JKビジネス」 約9割が東京・大阪に集中 9/28(木) 16:39
 ・“クルド人自治区の独立”賛成92.7% 9/28(木) 7:05
 ・民進党と希望の党 “合流”に向け最終調整 9/28(木) 5:45
 ・民進・参院議員緊急総会、希望の党“合流”に反発相次ぐ 9/28(木) 0:38
 ・衆議院きょう解散 事実上の選挙戦スタート 9/28(木) 5:15
 ・フランスと熊本「美食の夕べ」で交流 9/28(木) 1:55


「護憲+」: 「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会のお知らせ 9/22 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会を下記のとおり行います

 今回は、関西大学教授で「9条の会・おおさか」事務局長の吉田栄司さんにお越し頂き、『9条問題の本質を「護憲」の立場で考える』のテーマでお話をしていただきます。

 吉田さんは、8月に行われた今井一さん主催のシンポジウム「9条問題の本質とその抜本的な解決を論ずる」にパネリストとして参加され、9条護持の立場から持論を展開されましたが、今回はその中身についてより掘り下げたお話しを伺う予定です。

 大義なき解散総選挙が間もなく行われるようですが、その結果がどうであれ、自民党政権は安倍首相が執念を燃やす「9条に自衛隊を明記する」改憲案を提出するタイミングを図っているようで、私たちも「国民投票」への心構えを作っておく必要がありそうです。

 今回は、吉田さんのお話を伺う中で、改めて「9条護憲」の意味について考え、「護憲派」としてのコンセンサスを作り上げるひとつの契機とすると共に、今後の取り組みについても考えたいと思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:9月29日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)


 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。
 ※詳細は、下記ブログをご参照ください。


孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月28日分 9:00 実施
「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)

  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
  ★解散、総選挙直前に、民進党の、新党(希望の党)への合流⁉局面を迎え、一部に混乱が予見されるが、環境が激変したため、9/28付の投稿を撤回したものかと。


 今日のトピックス Blog9/27: 民進党と希望の党 “統一名簿”、衆院選で“共闘”  小池氏、候補者に踏み絵(改憲と安保)を迫る! 強引過ぎて戦争⁉も 安倍の失態隠し解散も、護憲勢力ねじ伏せ、議員保守化にも、異議あり!
  ★昨日からの、秘密裏の情報が、開示されず、小池新党が、新進党を飲み込む形での連携が伝えられ、且つ、小池氏が、入党の条件に、「安保と改憲」姿勢を問う(保守2党制)らしく、民進党の一部の議員の皆さまには、厳しい選択の一日になろうかと。備えがなければ。 勿論、平和を愛し、日本国憲法を愛する市民、主権者にとっても、深刻な状況が展開されることになるかも、と懸念される日に。主権者が、その視座と展望を固める時に至ったのやも。



「護憲+」: 今と未来を予見?2005年総務省製作短編映像「希望の党」 9/27 (笹井明子)
 〇知人から、2005年に総務省と明るい選挙推進協会が製作した短編映像「希望の党」が、小池新党「希望の党」の誕生とその行く末を予見しているかのようだと話題になっている、という情報が届きました。

 「12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に」

 +++
 これはとんでもない未来予知かもしれません。詳細は以下から。

 本日爆誕した小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」。なんと12年前の2005年に総務省と明るい選挙推進協会が制作した「希望の党」を紹介する動画が発掘されて大きな話題となっています。
 監督は「ガメラ」シリーズや「就職戦線異状なし」、「デスノート」などで知られる金子修介さん。主演には渋谷飛鳥さんと木下ほうかさんというキャストで、20分間の短編作品です。

 あらすじとしては2005年当時らしく「誰に投票しても変わらない」と考えて選挙に行かない夫婦と、熱心に翌日の選挙に行くように勧める娘といういかにも「選挙に行こうキャンペーン作品」らしい出だし。

 しかしその選挙が終わると政権を取るのが耳慣れない「希望の党」という政党で、徐々にこれまでの終わりなき日常が変わっていき、ついに…というディストピア展開。そして万を持して楳図かずおが登場し、想像を超える超展開へとなだれ込みます。

 作品は金子監督が自らのYouTubeチャンネルにアップしており、前後編で閲覧が可能。
 「希望の党」前編 – YouTube
 「希望の党」後編 – YouTube

 選挙に無関心なダメな大人と国の未来を考える真面目な子供、そしてそうした真面目さを易々と汲み上げて権力を奪取するポピュリズムとファシズム。その止められない暴走の末路など、まさしく2017年現在の日本の社会状況の危険性を浮き彫りにしてます。

 この政党に「希望の党」という明るく分かりやすい名前を付けた金子監督。小池都知事の「希望の党」の行く末をどこまで予見しているのでしょうか?
 +++

 なんというリアリティ。「希望は絶望」のディストピア。ぞわ~。
 後悔先に立たず、、、。今度こそ、「風」に流されず、ポピュリズムに踊らされず、自分達の選択が自分達の暮らし、生き方を左右するのだと自覚して、賢明な判断、責任ある選択をしたいと思います。

 「護憲+BBS」「明日へのビタミン!ちょっといい映画・本・音楽・美術」より


 今日のトピックス Blog9/26: 北・外相「米の爆撃機、撃墜の権利がある」 米報道官「我々は宣戦布告していない」 さて、安倍氏の立ち位置は? 戦争か 内外で大失態ばかりの日々 己が失態を『国難』と??? 慢心の証明


イシャジャの呟き: 秋晴れ すぐ 秋雨    誕生日の花 ベンケイソウ  花言葉 静穏 信じて従う 9/26
 〇ラジオ深夜便から

 好天も今日まで、明日からは 秋雨となる予報、我が家唯一の果樹、柿の実が色づいているが、
渋抜きをしたら、4日で 軟らかくなり過ぎ 食用にはならない。勿体ない・・・

 涼しくなったので、退院後 初めての除草をする。2か月ぶりなので、種を付けていたが、少しづつ
抜き取ろう。


 カテゴリなしの他の記事
  秋晴れ すぐ 秋雨
  秋晴れ
  台風一過
  敬老の日
  秋だ


今日の「○」と「×」: 「×」 政治を私物化する国難アベを退陣に追い込まなければならない。 9/26
 「×」 TBS: 「28日に衆院解散」安倍首相表明 9/25

 安倍首相は25日夜、記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭で、衆議院を解散すると表明した。
 安倍首相は「28日に衆議院を解散いたします」、「『国難突破解散』であります」などと述べた。
 安倍首相は、2019年10月に予定される、消費税率10%への引き上げによる増収分の使い道を、国の借金返済から、子育て世代への投資に振り向ける方針を示し、国民の信を問うと説明した。
 さらに、北朝鮮への圧力路線について、「信任を得て、力強い外交を進める」と述べ、「少子高齢化と北朝鮮情勢という、国難を乗り越えるための『国難突破解散』だ」と強調した。
 選挙の勝敗ラインについては、与党で過半数となる233議席とした。


 〇アベでんでんによれば、今回の解散は「国難突破解散」だそうだ。

 えらく大袈裟な呼び名を付けたものだが、今の日本に国難があるとするなら、それはアベ政権自身が作り出したものに他ならない。

 完全なマッチポンプだ。

 さらに、アベの存在自体国難といっても良い。

 だから、自公与党を大敗させアベ政権を倒すことこそが、国難を突破することになる。

 しかし、小池新党が伸びても自公の補完勢力になるだろうから、そちらには期待できない。

 最近の知事選や補選、参院選の1人区のような野党共闘で、アベ「マッチポンプ解散」を叩き潰さなければならない。


 今日のトピックス Blog9/25: 敵にはスローガンがない⁉ 我らのスローガンは、「Abe is over」!「モリ・カケ選挙」or火事場泥棒… 主権者が、悪代官から、本来の権威と畏敬を勝ち取り、民主主義、三権分立も本来に


「護憲+」: Abe is over 9/25 (流水)
 〇選挙には、スローガンが必要だ。それも、短いほうが良い。スローガンが一番力を持つのは、前向きに相手を攻めている時だ。

 今回の選挙。敵にはスローガンがない。消費税増税分を教育無償化に使うなど、スローガンになるはずがない。それだけ、後ろ向きの選挙だと言う事。

 と言う事は、今回の選挙は大チャンスだと言う事である。野党連合が本当に前向きなスローガンを出せば、選挙の雰囲気をガラッと変える可能性が高い。今回のように、選挙準備が整っていない選挙戦では、選挙スローガンの成否は、勝敗を決める可能性が高い。

 わたしは、以前、紹介した「Abe is over」を推奨したい。

 元歌は、ご存じオーヤンフィフィの「Love is over」。東京都議選の時、大きな力を発揮したそうだ。だが、やはり、都議選は都議選。Abe is overの影響力は限定的だった。

 しかし、今回は、衆院選。全国で行われる。しかも、安倍首相夫妻のズルを隠蔽するための「モリ・カケ解散」。問われるべきは、安倍首相その人。「Abe is over」の皮膚感覚は、東京都議選の比ではないと思う。

 歌詞と歌をご存じない方もおられるだろうから、もう一度 、紹介しておきます。

 Abe Is Over
 パギやん(趙博)

 Abe is over 
 遅すぎたけど、終わりにしよう、切りがないから
 Abe is over 
 訳などないよ、唯一つだけ、日本のため
 Abe is over 
 悪い過ちと笑って言える時が来るから
 Abe is over 
 泣くな、無様だろ、憲法のことは早く忘れて

 私はあんたを忘れはしない
 誰に替わっても忘れはしない
 きっと最後のファシストと刻むから

 Abe is over 
 私はあんたのトドメを刺すよ、ぐっと心に
 Abe is over 
 最後に一つ、国民騙しちゃいけないよ

 下手な答弁で誤魔化さないで
 本当のことを早く喋って
 きっとあんたにお似合いの墓がある

 Abe is over 
 嬉しいよ、早く出てって、振り向かないで
 Abe is over 
 Mmm... サヨナラしてね 
 Abe is over
 Wow wow wow ...

 歌はこちらでどうぞ。
 Abe Is Over/アベ・イズ・オーバー  パギやん(趙博)

 「Abe is over」を野党共闘の共通なスローガンにすれば、一言でこの選挙の意味が分かる。心から推奨したい。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/24: 「有事の際、北の難民の射殺検討」麻生氏発言に非難殺到 呆れるね⁉ 攻撃論に傾き過ぎる安倍政権 出口論も考えず、避難民が来たら『武装しているかも…』殺そうとは 憲法・世界標準無恥


「護憲+」: 「モリ・カケ選挙」と呼ぼう!  9/24 ( 珠 )
 〇もし選挙になったら、みんなで「モリ・カケ選挙」と呼びましょう。
 政治・税金の「私物化」は許してはいけないのです。

 自民党は、事件を国民が忘れているハズと国民を馬鹿にしています。
 選挙で勝てば、全てチャラにできると思っているのでしょう。

 そして選挙に行く前に、ぜひ見てもらいたい記事があります。
 ことに「安倍しかいないでしょ?」と根拠なく思い込まされている人、
 無邪気に「アベノミクスで経済は良くなったんじゃないの」と信じている人はぜひ!
 無邪気に安倍さんを支持してる人は、これを見てから選挙に行くべし!(お役立ち情報の杜(もり))
 
 みんなで、ツイッターやFB、SNSで広めたいものです。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


「護憲+」: 野党勢力が共闘できる政策理念への一提案 9/24 (流水)
 〇今回の解散劇。安倍政権及び自民党の憲法無視・国会無視・国民無視の姿勢は明白だ。どう見ても、彼らに正当性はない。

 しかし、解散総選挙は行われる。そして、その結果は出る。どんなに不合理で理不尽であっても、その結果に基づいて政治は行われる。【勝てば官軍】の世界である。

 政治のリアリズムとはそういうもの。だとするなら、野党勢力は、勝つために全精力を注入しなければならない。巨大で強い敵を相手に戦う要諦は、相手の弱点を徹底的に攻めること。弁慶の泣き所はどこか。その認識こそ、勝敗を分ける。

 ※自民党の弱点は?

 (1)解散の正当性がない

 ⇒「モリ・カケ隠し解散」「犯罪隠し解散」の批判に抗する理屈はない。
 ↓
 野党は、ここを徹底的に突くべき
 ↓
 「解散の大義」批判を論じるだけでは、力にならない→「モリ・カケ隠し」に協力した安倍側近の選挙区に団体で刺客候補を立てる(イメージとしては、小泉内閣当時の郵政民営化時の刺客候補)→●「モリ・カケ隠し」を争点に戦う⇒★メディア受けする争点を作る⇒野党の指導者が大挙して応援に入る⇒★選挙戦を通じて【モリ・カケ隠し解散】の理不尽さ、不当性さを訴え続け、【モリ・カケ隠し解散】の本質を国民に忘れさせない。
 ↓
 ★そのための刺客候補の選定を急ぐべき ⇒絶対野党統一候補でなければならない。

 (2)自民党候補は単独では強くない

 現在の自民党候補は、決して強くない。自民党の得票数は、ほとんど伸びていない。自民党が多数派を占めているのは、公明党の固定票と野党の乱立と小選挙区のおかげ。⇒この認識をきちんと持つことが大前提。
 ↓
 1. まず、野党の乱立を止める→野党統一候補擁立
 2. 自民党の医療・年金・介護・保育などの社会福祉政策切り捨て政策を図入りで分かりやすく説明する→公明党応援団創価学会婦人部の動きを止めることに集中する。
 3. 投票率を上げる事が、自民党に勝利する大前提→現在の自民党政治を継続すれば、日本が崩壊する、という危機感を掻き立てなければならない→★本当にそれでよいのか、という問いかけが必要。
 4. 安倍首相の代わりがいない、という消極的自民党支持者に対しては、●安倍首相にやらせておけば、日本は崩壊する。●安倍首相でも首相は務まったのだから、誰でも代わりはできる、という論理で対抗。

 ※野党連合の現実的正当性

 ・・・毎日新聞の試算によると、〈民進、共産、自由、社民4党が候補者を一本化すれば、計58の小選挙区で与党の現職を逆転する可能性がある〉という。
 14年衆院選の結果に基づいて試算したものだ。今回から衆院小選挙区の定数が「0増6減」となるため多少の誤差はあるものの、大きくは変わらないはずだ。・・・日刊ゲンダイ

 (3)「魚は頭から腐る」論を徹底的に展開するべき

 日本人は損得だけで判断するのではなく、社会の乱れ、道徳的退廃に敏感である。ここを徹底的に攻める。

 安倍首相や昭恵夫人の「ズル行為」を見逃すことは、「法治国家」の基本が崩壊する。まして、官僚や政治家、司法機関、メディアすべてが権力者を忖度すれば、もはや民主主義国家ではなく、独裁国家だと言う事を徹底的に論じなければならない。トップが腐敗すれば、日本国家すべてが腐敗すると言う事を徹底的に主張しなければならない。【道義国家】として世界の尊敬を勝ち取るためには、安倍首相そのものを変える以外ないと主張すべき。

 野党勢力は、基本的には、以上の争点だけを徹底的に語ればよい。この争点を声高に語ることができれば、かなり有利に選挙戦を展開できる。

 しかし、選挙は選挙。自民党や与党は、必ず北朝鮮危機を材料に、安全保障問題を争点にするだろう。他の一つは、憲法改正問題であろう。特に、北朝鮮問題は耳目に入りやすく、のぼせやすい連中には格好の材料になる。どう対処すればよいか。

 (4)北朝鮮問題

 日本では、ほとんど報道されていないが、ロシアのプーチン大統領が、きわめて現実的な北朝鮮問題解決法を提示している。

 日本では、トランプ大統領の異例の徹底的な北朝鮮破壊宣言に心を奪われがちだが、所詮ブラフ以外の何物でもない。トランプ大統領の反知性主義丸出しの言葉は、北朝鮮の反発を招きこそすれ、何の解決にもならないことははっきりしている。

 ただ、冷静に観察すれば、トランプ大統領が北朝鮮に言及したのは、全演説時間の8分の1。安倍首相のそれは、約8割。彼我の差に安倍首相の知性の無さを感じてしまうのは、わたしだけではないだろう。

 では、プーチン大統領の提案とは、一体どのようなものか。

 田中宇は、以下のように書く。
 ・・・
 プーチンの新提案とは、9月6-7日にロシア極東のウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」で発せられた、(日本や)韓国から北朝鮮を通ってロシア、中国に至る鉄道やパイプラインを開通させる構想だ。

 朝鮮半島を縦断する鉄道やパイプラインは、ロシアのシベリア鉄道や西シベリアからのパイプライン、中国が「一帯一路」計画で建設している中国経由で西アジアや欧州まで伸びる鉄道やパイプラインにつながり、日韓がユーラシアや欧州に製品を輸出したり、シベリアから石油ガスを輸入する際に使える。

 北朝鮮は、自国を通過する鉄道貨物やパイプラインの通行料を得られる。この構想は、10年以上前からあったが、北と韓米の対立激化により頓挫していた。

The Russia-China Plan For North Korea: Stability & Connectivity Pepe Escobar

 ☆ご参考迄に
プーチンが北朝鮮問題を解決する 2017年9月20日   田中 宇

 プーチンが提案した北をめぐる経済協力案は、北が核やミサイルの開発をやめるよう求めている国連決議に従わないと進められない。

 米国が北を先制攻撃すると脅し、北は脅されるほど突っ張って核ミサイルの開発を誇張して進める現状が続くなら、北は国連決議に従わず、経済協力も実現しない。

 だが、今回のプーチン案は、従来の米国と中国が主導してきた解決策と、大きく異なっている。それは、今回の案が北朝鮮に対し「米国に脅されても挑発に乗らず無視して、露中や韓国(や日本)と一緒に、鉄道やパイプラインをつないで経済開発しようよ」と「米国無視・米国はずし」を持ちかけていることだ。

 従来の解決案は米中主導だったので、北は米国を無視できず、米国の挑発に乗らざるを得なかったが、プーチンの案はそれと正反対だ。
 ・・・

 この提案は、実に現実的だ。現に、ウラジオストックでのロシア・北朝鮮の秘密会談の映像では,両者が実に親密だった。田中によれば、この構想、ロシア・中国・北朝鮮・韓国はもちろん大賛成。日本も乗ったと書いている。反対しているのは、米国。そのため、まだ日本はおおぴっらに賛成できないという。

 ※わたしは、野党連合は、「北朝鮮問題は、対話による解決以外なし」というメルケル首相の立場を主張し、プーチン大統領の提案を現実的具体的解決策の一つとして主張すべきだと考えている。→そうすることにより、安倍首相の好戦的姿勢の危うさをあぶりだせると考えている。

 (5)改憲問題

 今回の解散劇は、二つの憲法違反の疑いがある。憲法53条違反と憲法69条違反である。
 ・・・・・・・・
 第五十三条  内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

 第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。
 ・・・・・・・・・・

 臨時国会召集を延ばしに延ばした挙句の果て、天皇陛下の出席なし、施政方針演説なしで冒頭解散。その間に内閣改造をしている。

 新内閣の施政方針演説もなければ、新閣僚の方針もなしで、解散。こんなことが許されるなら、憲法も法律も国会もいらない。こんな首相やこんな政党に憲法改正論議などする資格はない。そもそも、遵法精神など欠片もないと言わざるを得ない。

 野党は、現憲法遵守ができない政権や政治家に憲法改正を論じる資格なし、と断じて、憲法論議はしないという姿勢を明確にするべきだ。

 具体的内容に踏み込んで相手の土俵に乗っては相手の思うつぼ。争点がぼけてしまう。徹底的に安倍内閣や自民党の「憲法無視」「法律無視」「国会無視」「国民無視」を糾弾し、改憲論議など無視すべきである。

 (6)消費税問題

 民進党は過去の政策に拘泥せず、消費税5%減税を主張すべき。理由は、消費が回復しないのは、個人消費の落ち込みが原因。消費の回復のため、消費税5%減税を主張すればよい。自民党や支持者から批判はあるだろうが、自民党だって二度も消費税増税を見送っている。そんな批判は無視すればよい。

 (7))医療・年金・社会福祉政策

 年金を株に投資できるポートフォリオ撤廃。国債など安定的投資に変更する。(理由;年金を危険な投資に投入しない。株式市場が、市場の本当の姿を反映しなくなり、本来の機能を果たしていない。)

 「護憲+コラム」より


「護憲+」: 続・「憲法論議に対案は必要ない」 9/24 (パンドラ)
 〇名無しの探偵さんが「コラムの感想」で書いておられたように、中野先生の論説は鋭く、説得力があり、しかも私などにも分りやすくスーっと頭に入りました。何故、政治家の皆さんは、中野先生ような言葉で国民に語る事が出来ないのでしょう。
 ☆ご参考迄に
中野晃一先生(上智大学)の考える立憲主義とは?安倍晋三の憲法違反に猛抗議する学者の姿 #中野晃一

 コラムの後半で少し触れましたが、一番気になるのは憲法改定の国民投票。長くなるので、コラムではあまり触れられませんでしたが、私は国民の意志で国民の手による国民投票を実現したいと思っています。

 しかし、昨今の都知事選、国政選挙の、都民および国民の投票行動を見ると、情けなく思います。 「国民投票と選挙は違う」とおっしゃる方もいますが、改憲勢力は、いざとなったら死に物狂いで汚ない手を使っても闘いを挑んで来るでしょう。

 その時のために護憲派はあらゆる手を打ち、知恵を搾って憲法体制を護らなければなりません。日本の国民はそこまで愚かではない、と思いたいのですが…。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/23: 原発避難判決/予見できたのに免責??? 国と東電の対策・怠慢糾弾、責任を問うた前橋地裁判決とは隔絶 10月福島地裁で、原告数約3800人の判決 救済・賠償では徹底的に被害者に寄り添え


 今日のトピックス Blog9/22: “完全破壊”演説に…金正恩氏、トランプ大統領を“罵倒” 「北朝鮮の崩壊 望まない」韓国大統領&中国外相、河野外相に「対話も重要だ」 首相「最大限の圧力」? 戦争or平和、選挙で決まる


「護憲+」: 「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会のお知らせ 9/22 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会を下記のとおり行います。

 今回は、関西大学教授で「9条の会・おおさか」事務局長の吉田栄司さんにお越し頂き、『9条問題の本質を「護憲」の立場で考える』のテーマでお話をしていただきます。

 吉田さんは、8月に行われた今井一さん主催のシンポジウム「9条問題の本質とその抜本的な解決を論ずる」にパネリストとして参加され、9条護持の立場から持論を展開されましたが、今回はその中身についてより掘り下げたお話しを伺う予定です。

 大義なき解散総選挙が間もなく行われるようですが、その結果がどうであれ、自民党政権は安倍首相が執念を燃やす「9条に自衛隊を明記する」改憲案を提出するタイミングを図っているようで、私たちも「国民投票」への心構えを作っておく必要がありそうです。

 今回は、吉田さんのお話を伺う中で、改めて「9条護憲」の意味について考え、「護憲派」としてのコンセンサスを作り上げるひとつの契機とすると共に、今後の取り組みについても考えたいと思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:9月29日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)


 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

 2016年8月以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2016年)
  8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
  9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
 10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 11月: 「今、高江で起こっていること」
 (2017年)
  1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
  2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
  4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
  5月: 「森友問題の幕引きを許さない」
  7月: 「民進党は民意の受け皿になれるのか」

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 「憲法論議に対案は必要ない」に賛同 9/22 (名無しの探偵)
 〇コラム「憲法論議に対案は必要ない」を拝読しました。

 極めて同感。中野先生の論旨は、憲法学者などが自民党の憲法改正の陰謀、実は現憲法の破壊工作にうかり対案を用意するという、安倍政権の罠にはまりがちな点を指摘しています。そういう意味でこの悪巧みに待ったをかける鋭い着眼点だと思いました。

 また、後半部分のパンドラさんの主張も大変示唆に富む内容であると思います。

 中間無党派層をいかに味方にひきつけるのか。極右の代表を選んだ民進党を観れば明らかのように、(脱党する人が増えている)民進党以外の野党連合と、民進党の少数派でまた、反自公政権の連合を組織すれば良い。

 パンドラさんのコラムで教わることが多く、全面的に賛同します。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/21: 安倍首相 国連で演説、金党委員長を「確信的な破壊者」? 唯一の超大国~大日本帝国をお忘れか 戦争する国化、今、戦争を目論む己自身を隠すのか⁉ 戦争か平和か 主権者、市民が決すべし


「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)
  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 秋晴れ    誕生日の花 ノハラアザミ  花言葉  心の成長 9/21
 〇ラジオ深夜便から 

 昨日までの不安定な天気とは 一転 今日は爽やかな秋晴れになりました。

 あさイチを見ていたら、兄と甥が通院の途中、果実と野菜を届けてくれました。
 数か月ぶりで 逢えました。87歳の兄は 僕より元気で 果物づくりの現役で安心しました。


 カテゴリなしの他の記事
  秋雨
  秋場所


 今日のトピックス Blog9/20: 国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 更に、戦争もと トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」と、拳を… お追従者安倍は、勇んで戦列に 風雲急⁉主権者ご決断を


 今日のトピックス Blog9/19: 大義なき「自己都合」党利党略解散、容認し難い 動機もだが、その後トランプ・安倍が何をするかが更に大問題⁉ 戦争か平和か 市民、主権者が戦争を排除 投票で安倍・陣笠議員を不信任しよう



イシャジャの呟き: 台風一過     誕生日の花 オミナエシ  花言葉  はかない恋 親切 9/19
 〇ラジオ深夜便から

 台風一過、晴れていたのでスーパーまで 食品の補給のため 出かける。
 帰ってきたら 竜巻注意報のテロップが流れる・・・ まだまだ 空は安定してないようだ。

 柿の色付きが 鮮やかだ。捥いで 焼酎さわし と考えたが、竜巻のこともあるので、後日とする・・・
 生協の宅配を待っています・・・・

 カテゴリなしの他の記事
  通院


 今日のトピックス Blog9/18: 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院小委員長&トランプ大統領「ロケットマン」呼ばわり  却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメ。 爾後は、核兵器禁止、戦争放棄服用を


「護憲+」: 憲法論議に対案は必要ない 9/18 (パンドラ)
 〇安倍内閣は少し支持率が回復したのを機に、また「改憲」について言及し始めた。

 上智大学の中野昇一教授が週刊金曜日の9月1日号で、野党は「【対案を】という改憲議論に乗るな」という興味深い論考を載せているので紹介したい。

 中野氏は、『今の改憲勢力は、反対する勢力を分断する事に重きを置き、「ただ反対というのではなく対案を持ち寄って欲しい」という改憲議論に乗せようとしている』と言っている。

 民進党の中にもこの揺さぶりに乗ろうとする勢力がいる事は否めない。

 中野氏は更に、『憲法とは「憲法典」と「憲法体制」を指すと述べている。憲法典は「日本国憲法」という文章である。しかし憲法は、解釈や、学説、判例、国際条約など全て含めて憲法体制として機能している。
 ところが、現行の憲法議論は「憲法典」をいじる事しか眼中にない。「憲法典をいじれば「憲法体制が確立する」という議論は幼稚だ』と言い、
 『安倍首相が言う「戦後レジームからの脱却」は憲法典を足掛かりに戦後の憲法体制(レジーム)を破壊しようとしている』と述べている。

 氏の言説とは対照的に、『憲法典を国民の意志と意識で、国民投票に掛けてきちんと決めるべき』という意見もある。いわゆる、「国民投票」を国民の手で成し遂げ、取り戻そうという意見だ。

 私には迷いがある。都知事選は野党勢力の作戦のまずさがあったとは言え、続く都議会選挙はどうだったか。一時的なものとはいえ、小池百合子と都民ファーストの会に対する熱狂を思うと心もとない。

 今の社会には憲法に対して無関心だったり、不満、鬱憤を感じている人達がいる。その人達を「中間無党派層」と名付けるならば、安倍内閣を批判する人達が中間無党派層まで拡がり、支持率を下げた事実が示すように、中間無党派層の中にある欲求や不満、改革を希求する声に耳を傾ける事が必要ではないか。そのために野党共闘で国会の勢力を少しでも増やして欲しい。

 国民の生活は苦しい。長時間拘束される割には増えない年収。国民が一生懸命働き納めた税金はどこへ消えたのだろう。消費税は福祉に使われるはずではなかったか。若者達は労働待遇の不備で結婚も出来ない。少子化なんて解消される訳がない。

 憲法典をいじる事よりも、その不満、諦めに答えようとする政党を国民は待望している。野党は【対案】を出す事に拘るより、もう一度国民の声に耳を傾けて欲しい。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: でんでんの私利私欲解散に「×」。 9/18
 「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議 9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


 〇アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

 あからさまな疑惑隠し、権利の乱用、私利私欲解散だ。

 もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

 しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

 国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。



イシャジャの呟き: 敬老の日  ☂  誕生日の花  ゲンノショウコ   花言葉  心の強さ 9/18
 〇ラジオ深夜便から

 台風18号は、今朝7時前秋田沖を通過したが、暴風はまだ続き、周囲の木々を大きく揺らしています。

 雑草園、唯一の果実、タワワに実った柿の枝も大きく揺れていますが、落下しないで頑張っています。
 渋柿と思って、いたが 熟して 蜂が食いついているものもあり 早めにもぎ取って 焼酎でさわすことにしよう。

 ゴミ出しの日だが、昨夕出しておいたので、今朝は 暴風の中出歩かなくてもよく助かった。今日は敬老会だが、敬老の品も昨日届いた。傘寿に当たるとのことで、杖が届いた、鳩杖 ?と思いきや 今風のものでした。
 杖を頼りに、買い物に行こう ?

 台風が去ったと思いきや、外遊から帰ったと思ったら 解散風を吹かした、どこやらの、草履がいるらしい。
 〇〇小学校、〇〇獣医学部問題を、消去しようとする算段だろう、許せない 面々だ


 カテゴリなしの他の記事



ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん




◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


【社説】廃炉工程表の改定 完了見通せず不信募る 【中国新聞】2017.09.28





柏崎刈羽 事実上の適合 東電「福島」と同じ沸騰水型 【東京新聞】2017.09.27

【社説】原発事故避難者訴訟 支援拡充の検討を急げ 【佐賀新聞】2017.09.27


福島第1原発 核燃料回収3年先送り…1、2号機プール 【毎日新聞】2017.09.26


【社説】原発避難者訴訟 支援拡充の検討急ぐべきだ 【熊本日日新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者千葉判決 国免責は納得できない 【中国新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者訴訟  疑問の残る判決だった 【京都新聞】2017.09.25


【社説】原子力規制委が新体制へ 「福島の教訓」を忘れずに 【毎日新聞】2017.09.25


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある


規制委、来月4日にも「合格」へ 東電柏崎刈羽原発6、7号機 【東京新聞】2017.09.20


柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け 【東京新聞】2017.09.20


【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18


<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 民進党はどこへ行くのか ・ブログ連歌(495) 9/28
 〇前原・民進党の「希望の党への合流、民進党としての公認は出さない」提案には驚いた。「自民党との対決型に持ち込まないと小選挙区で勝てない」という選挙の事情があるにしても、あまりにも無原則で自主性を放棄した態度ではないだろうか。民進党は、前身の民主党時代には、国民の信頼を受けて支持率でも自民党を上回り、画期的な政権交代を実現させた政党ではないか。その誇りと再起への意欲は、もう失くしたというのだろうか。
 たしかに支持率だけを並べたら、今の民進党は「小池・希望の党」に負けている。しかし「小池ブーム」には、一過性の危うさもあるし、そもそも立ち位置が右寄りの小池百合子とは、民進党が掲げた理想は違い過ぎているではないか。これから開催される両院議員総会などで議論が紛糾するのは必至で、結論がどうなるかはわからないが、所属する衆院議員にとっては、悩みの多い選挙戦になることだろう。近く長妻昭の会合があるから、よく聞いてみよう。
 それにしても、他党の人気にあやかろうとして安易に合流に走り、公認するかどうかの判断まで相手に任せるとは、情けない政党である。早くも新聞の見出しには、「小池氏、改憲・安保で選別」の文字が躍っている。選別で落とされた候補者は、離党せよということか。それは、党の根幹となる政策についても、自主性を放棄するのと同じことではないのか。
 もしかすると、前原氏には、機を見て保守政党の再編へと舵を切りたい意向が、以前からあったのではないかと思えてくる。だとすると、前原氏にとっては、思い通りのチャンスが巡ってきたとも言えるのだが、本音のところは、どうだったのだろう。
 小池新党は、今のところは安倍政権への対抗軸になりそうな形なのだが、それは民主社会主義を志向した本来の民主党とは別物なのだ。今の民進党が、その「希望の党」に合流するというのなら、私は支持政党を失うことになる。その場合は、党を離れても信用できる人物かどうかで投票先を決めることになるだろう。


植草一秀の『知られざる真実』: 問題残しつつオールジャパン野党共闘で政権奪還を 9/28
 〇衆議院が解散され、10月22日の総選挙に向けての激変が始動した。

 小池国政新党が「原発ゼロ・消費税増税凍結」の方針を打ち出して情勢が急変した。

 この衆院総選挙の最大のテーマは、

 「安倍やめろ!」の是非である。

 傍若無人の政治私物化路線をひた走る安倍暴走政権の存続を認めるのか、それともその存続を許さないのか。

 総選挙最大の争点はこの部分にある。

 この目的を達成するには、呉越同舟戦略もあり得る。

 言い方は悪いかもしれないが、

 「毒をもって毒を制する」

 戦術の採用も考えるべきである。

 また、日本の主権者にとって最も重要で、最も切実な政策テーマについて、主権者の前に明確な選択肢が提示されることが重要である。

 その最重要テーマは原発と消費税である。

 この二点において、原発ゼロと消費税増税凍結の明確な方針が示された意味は大きい。

 残る問題は、憲法・戦争である。

 この部分の取り扱いが最も難しい問題になると考えられる。

 「オールジャパン平和と共生」は、

 「安倍やめろ!野党共闘」で衆院総選挙に立ち向かうために、明日9月29日(金)午後5時より衆議院第一議員会館多目的ホールで総決起集会を開催する。

 「安倍政権打倒」を目指す主権者の一人でも多い参集を強く求めたい。

 政治私物化・KKK(かけかくし解散)許さない!
 安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!

オールジャパン平和と共生 「9.29衆院総選挙院内緊急総決起集会」

 安倍政権による政治私物化の氷山の一角である森友・加計疑惑が露見しました。野党は真相解明のための臨時国会召集を要求してきましたが、安倍政権は憲法第53条の規定を無視して国会を召集してきていません。3ヵ月の空白ののちに臨時国会を召集する方針がようやく定められたにもかかわらず、安倍首相はその臨時国会冒頭で衆議院解散に踏み切る構えです。戦争・弾圧・搾取の悪政街道を暴走し続ける安倍政権を主権者国民が倒さなければなりません。

 オールジャパン平和と共生は「反戦・反核・反貧困」の旗を掲げ、政策を基軸にした主権者と政治勢力の結集・連帯を呼びかけます。

 「安倍やめろ!野党共闘」を確立し、来る衆院総選挙に何としても勝利し、主権者のための政治を実現しなければならないと考えます。

 一人でも多くの主権者の参集を強く呼びかけます。

 大同団結・連帯して衆院総選挙に勝利し主権者が日本を取り戻す!

 万障お繰り合わせの上ご参加賜りますようお願い申し上げます。

 2017年9月29日(金)
 衆議院第一議員会館多目的ホール
 午後4時30分開場 午後5時開会
 参加費無料

 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
    •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 定員に達しますと入館証の交付ができなくなりますことをご了承ください。


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 その他 リベラル勢力の結集をはかろう 19:13 - 2017年9月27日 1,153件のリツイート 1,038件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『小池百合子代表と希望の党の本質は安倍自民党とほとんど同じ極右、ヘイト肯定の歴史修正主義者で、弱肉強食の新自由主義者』 希望の党と民進党の合流は大政翼賛会だ! 騙されるな、小池百合子が原発ゼロや消費増税ストップをやるはずがない 3:06 - 2017年9月28日


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 社民党 公認・推薦候補内定者一覧


陣 No War&Nuke&Hate‏  @zinjoutarou フォロー中 その他 《原発&社会問題 Times》が発行されました。 最新記事はこちらをクリック! http://paper.li/zinjoutarou/1334757710?edition_id=9adeead0-a3e8-11e7-8d59-0cc47a0d15fd … おかげで @kazzwatabe @azu_bota @hidedemac #脱原発 #原発


47NEWS 速報‏  @47newsflash フォロー中 その他 民進党執行役員会、「希望の党」との事実上の合流へ、前原代表による常任幹事会での提案、議論を了承。 18:01 - 2017年9月27日


みらいのリスト‏  @mirailist フォローする その他 1970年、横浜で母親が脳性麻痺の娘(2歳)を殺害した。 地元住民らが母親への同情から減刑運動を始めた。 これに対して、脳性麻痺の障害者団体「青い芝の会」が抗議活動を行った。 「障害者は殺されていいというのか」という声をあげた。 16:56 - 2017年9月27日
  ★殺していいということではないし、それを糾弾して、済む問題でもない。障害児も、母らも孤立させないことが、肝要では。


民進の「希望」合流、提案へ 前原氏、党公認出さず 小池氏、改憲・安保で選別:朝日新聞デジタル 19:09 - 2017年9月27日 ">鈴木 耕‏  @kou_1970 フォロー中 その他 憲法や安保法制などで「排除の論理」を持ち出し、リベラル派を完全消滅させようということでしょう。これでは右派二大政党制になってしまう…。→ 民進の「希望」合流、提案へ 前原氏、党公認出さず 小池氏、改憲・安保で選別:朝日新聞デジタル 19:09 - 2017年9月27日
  ★本日、9月28日、『衆議院解散』宣言の日には、特に、民進党内、いろいろある、健闘もあろうかと思われます、一日終わって、講評致しましょう。安倍首相への審判は、決まっていても、紛らわしい状況に。小池氏らの御蔭でしょうが。


木村草太‏  @SotaKimura フォロー中 その他 政治改革は失敗だったのか 佐々木毅、成田憲彦に聞く「政党政治」の行方 - Yahoo!みんなの政治 https://seiji.yahoo.co.jp/article/758/  言いたいことがいっぱいありすぎてなんとも困るが、ぜひ読んでいただきたい記事。 20:04 - 2017年9月27日 215件のリツイート 309件のいいね













志村建世のブログ: 12年前に作られた短編映画「希望の党」の迫力 ・ブログ連歌(495) 9/27
 〇 2005年に総務省・明るい選挙推進協会が「若者の選挙離れ」への啓発キャンペーンの一環として製作した「希望の党」という映画(約20分)が、現代を予告したようだというのでネット上の話題になっている。
 小池新党と同名の映画「希望の党」に脚光 見事な政権奪取、そして結末は... 9/26 
  
 ストーリーは、大人たちのありきたりの投票行動にいらだつ若者たちが過激化し、「希望の党」の名のもとに独裁的な行動に出るという、逆転の構成になっている。たとえばある日、「過去3回の選挙で棄権した者の選挙権を、はく奪する」という法律が施行されてしまうのだ。そうなってから「投票しておけばよかった」と後悔しても、もう遅い。選挙権を失った大人たちは、もう政治に関与することができなくなって、やがて自分の娘のところにも出征の命令がくる……
 今回の選挙で話題になっている「希望の党」は、たぶんこれとは違うのだろう。民進党からも自民党からも離党者が出て、ここに合流する動きがあるようだ。小池百合子都知事は、自らが代表になる意欲を見せている。都議会での「都民ファースト旋風」を、国政でも起こそうとしているのだろうか。「脱原発」を掲げているのはいいとしても、国政での立ち位置はどうなるのだろう。都知事になったのが、国政への踏み台のようにも見えてくる。
 とにかくこの小池新党が、この選挙の目玉の一つになってきた。日本では東京都知事を経て総理大臣になった例はまだないが、諸外国では地方の首長を経て国のトップになるのは珍しいことではない。支持勢力の整備が、野党の再編を促すのだから、この動きには注目している必要があると思う。ただし、間違っても自民よりも悪い第二保守党になるのは願い下げである。ここは看板の通りの「希望の党」になってほしいものである。そして台頭するためには、野党よりも自民党から、より多くの票を奪ってくれることを期待したい。
 それにしても、昨今の息づまるような緊迫感は異常である。しかし一発ですっきりしたいような願望は、さらに大きな危険を招くことになる。問題は、ねばり強く、順を追って解いて行かなければ、永続する安心にはつながらない。最大の課題は、健全な野党を育てて戦争を遠ざけることである。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 今と未来を予見?2005年総務省製作短編映像「希望の党」 18:55 - 2017年9月26日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 Abe is over 17:47 - 2017年9月24日


ハフポスト日本版‏ 認証済みアカウント   @HuffPostJapan フォローする その他 「安保法、共謀罪などに賛成した議員との合体は『悪魔』との握手だ」     ⇩ 有田芳生氏、民進党と「希望の党」の合流構想を批判 7:09 - 2017年9月27日 78件のリツイート 52件のいいね


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【コイケは何をしたのか】就任3ヶ月、コイケは都知事として何もしていないと思う。豊洲移転をAI?で決めて議事録もナシ。晴海の選手村の1000億円値引き払い下げも黒塗り資料で情報公開もウソ。関東大震災で虐殺された朝鮮人慰霊祭への追悼文を断り「歴史修正主義」であることがバレただけ。 8:22 - 2017年9月27日


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「共産委員長『自民党政治と同じ』|NHKニュース」 希望の党は、安保法制を容認し、改憲を進めるとしている。これでは自民党と同じ。自民党に対抗する旗は立てられない。 民進党が、市民連合との合意、野党4党の合意を守ることを期待する。 4:04 - 2017年9月27日


山口泉 (反戦・反核・反ファシズム)‏  @yamaguchi_izumi フォロー中 その他 横浜米軍機墜落事件から40年 - 未来に残す 戦争の記憶 - Yahoo! JAPAN 15:30 - 2017年9月27日


ハッピー‏  @Happy11311 フォローする その他 小池新党『希望の党』が原発ゼロを掲げたけど、東電大株主の東京都知事としての見解や、東京に電力を送り来週にも合格となる柏崎刈羽原発6・7号の再稼働をどう見てるのか?って聞きたい。 小泉元首相 「希望の党」の選挙運動には関わらず 0:43 - 2017年9月27日 597件のリツイート 285件のいいね



郷原信郎が斬る: 大島衆議院議長は、内閣不信任案「採決動議」にどう対応するのか 9/27
 〇安倍首相が、明日、臨時国会冒頭で行うことを明言した衆議院解散について、ジャーナリストのまさのあつこ氏が、【野党は臨時国会冒頭に、内閣不信任案を提出できるのか?】という大変興味深い分析を行っている。
 まさの氏は、「臨時国会冒頭での内閣不信任案採決の動議」が出された場合の展開について、以下のように述べている。
 臨時国会冒頭に、天皇の書く「解散詔書」を内閣総務官が国会まで持ってくる。
 それを菅義偉官房長官に渡し、官房長官がそれを向大野新治事務総長に渡し、事務総長がそれを大島理森衆議院議長に渡して、議長が読み上げると「解散」となる、という流れが予想される。
 この読み上げの前に、野党が内閣不信任決議案を提出し、読み上げの最中に、「内閣不信任案を採決する」動議を出した場合、「議場内交渉」となり、議院運営委員会の場で議論される。
 内閣不信任案が採決にかれば与党はそれを否決するしかなく、内閣が信任されれば解散はできなくなって困るので、与野党の交渉が難航したり、議場が騒然としたりしても、最終的には、与党側の「数の力」採決に至らない可能性が高い。
 また、内閣不信任案を採決する動議が出され、それが採決されないまま、議長が衆議院解散の詔書を読み上げて解散になった場合は、そのことが、衆議院の議事録に残ることになる。
 その上で、まさの氏は、以下の指摘を行っている。
 今回の解散は、
 1)憲法第53条(いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない)に基づいて6月22日から求められていた臨時国会を、安倍内閣が開こうとせず、
 2)その安倍内閣総理大臣が、「森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、様々な問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果」を「深く反省」すると8月3日に会見をして、
 3)その脈略とは関係がない「仕事師内閣」というネーミングで内閣改造を行い、
 4)3カ月も放置した臨時国会を開催するかと思えば、会見を開いて、「消費税の使い道」と「緊迫する北朝鮮情勢」という、本来は「解散」「選挙」を経ずに対応できることを理由に解散すると説明した。
 5)しかも、所信表明演説の要求にも、予算委員会や党首討論の要求にも応じていない。
  そのような経緯を辿った解散について、
 議運や国会対策委員会が、所信表明の要求や内閣不信任案の提出を認めないのであれば、少なくとも、大島衆議院議長は、それらの動議の提出を受け止め、実現する度量を見せるべきではないか。
 というのが、まさの氏の意見である。
 臨時国会冒頭解散が既定方針とされている中で、内閣不信任案採決の動議がどの段階で、どのような形で出せるのか、仮に不信任案が採決に持ち込まれ否決された場合に、7条解散についても、「信任されれば解散できない」ということになるのか、など疑問な点はあるが、いずれにしても、7条によって不当極まりない解散が行われることへの対抗策として、意味のある方法だと思われる。
 私は、直近のブログ記事(【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」~河野外相、野田総務相は閣議で賛成するのか】)で、今回、安倍首相が行おうとしていると報じられた解散は、本来、憲法69条に基づく場合にのみ認めるのが憲法の趣旨であるのに、7条の国事行為として行うことが既成事実化していることに乗じて、「大義」が存在しないどころか、国会での疑惑追及を回避し、野党側の選挙準備の遅れを衝いて国民の政治選択の機会を奪い、それによって、北朝鮮情勢緊迫化の下での政治的空白を生じさせるなど、まさに「不義のかたまり」というべき解散であり、憲法が内閣に認めている解散権を大きく逸脱した「最低・最悪の解散」だと批判した。
 そして、9月25日の記者会見で安倍首相自身が明らかにした解散の理由は、「消費税増税の使途の変更」「北朝鮮問題への対応」ということだったが、2年も先の消費税増税について、今、国民に意見を聞いても、そもそも、最終的に消費税増税を判断するのは1年以上先であり、その時点で、そもそも消費税増税ができる経済状況かどうかもわからない(これまでも、安倍首相は、経済状況を理由に消費税増税延期を繰り返してきたこととも矛盾する。)。北朝鮮への対応についても、国会での議論は全く行われていない。・・・


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 その他 【大島衆議院議長は、内閣不信任案「採決動議」にどう対応するのか】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒  23:56 - 2017年9月26日


制服向上委員会‏  @ski_official フォロー中 その他 制服向上委員会のブログ更新しました♬ 生誕25年祭ありがとうございました!! 5:06 - 2017年9月27日


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『東京都は東京電力株の1.20%を保有する4番目の大株主ですが、小池都知事は東京電力に対して脱原発を求められる立場にありながら全く求めてきていません』 小池新党「希望の党」が掲げる「原発ゼロ」が20000%大嘘である3つの理由 http://buzzap.jp/news/20170927-koike-no-nuke-fake …


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 民進党内からは、合流に前向きな意見がある一方、「希望の党にのみ込まれるくらいなら最後まで戦う」と徹底抗戦の声もあり、前原氏の思惑通りに事が運ぶかどうか、見通せない状況。 小池新党「合流」に民進党は? 反発の声も(FNN) 4:39 - 2017年9月27日 233件のリツイート 96件のいいね
  ★保守かどうか、安全保障の考えがおなじかどうか、そういう選別が実施されそう… 対象者に、危機感はあるか?


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 政治は訳がわからねえやでも野党共闘を! 民進・希望・自由“共闘”へ、与党との「1対1」の対決目指す|ニフティニュース 3:21 - 2017年9月27日 8件のリツイート 5件のいいね
  ★ご期待に沿えないような、雲行き⁉


空  【安倍政権打倒!】‏  @kskt21 フォロー中 その他 国契約業者が菅官房長官に献金 前回衆院選前、公選法抵触の疑い | 2017/9/27 - 共同通信 47NEWS https://this.kiji.is/285696786890048609 … 全く問題ない官房長官さん、疑いではなく公選法違反ですよ。法令に反していないかどうかは自首して司法の判断を仰ぎなさい。 6:59 - 2017年9月27日 31件のリツイート 14件のいいね



西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 麻生氏発言「大変遺憾」=「国粋主義的認識」と批判―韓国(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000120-jij-kr … @YahooNewsTopics 5:23 - 2017年9月26日 27件のリツイート 15件のいいね


田崎 基(神奈川新聞 記者)‏  @tasaki_kanagawa フォロー中 その他 「候補一本化を」市民連合が4野党に要望 http://www.kanaloco.jp/article/280319  「この選挙で必ず安倍政権を退陣させなければいけない」「解散は安倍政権による憲法破壊そのものだ」「小選挙区で一対一の構図を示し立憲主義と民主主義を擁護する選択肢示す責任がある」


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 4野党は共闘を=安保関連法反対の市民連合【17衆院選】:時事ドットコム 4:29 - 2017年9月26日


tasha‏  @phootahaa フォローする その他 お、人間の指便利。 0:13 0:08 - 2017年9月25日 19,150件のリツイート 27,994件のいいね
  ★猫からの、共生要求! 御主人の手、貸して‼‼ 愛情、シンパシーは、大事


畠山理仁‏  @hatakezo フォロー中 その他 女性問題 長沢復興副大臣が議員辞職願提出(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170926-00000035-nnn-pol … @YahooNewsTopics


首都圏反原発連合‏  @MCANjp フォロー中 その他 【安倍政権NO!☆1005銀座大行進】フライヤーの配布協力をお願いします!お取寄せフォームからお申込下さい!→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=10095 


Tad‏  @CybershotTad フォロー中 その他 安倍首相「高等教育の無償化を必ず実現する」 いやだからその民主党政権時代の高校無償化を止めたのは自民党だろ…。 2:09 - 2017年9月25日
  ★パクリの安倍…


Yahoo!ニュース 速報や地震情報も‏ 認証済みアカウント   @YahooNewsTopics フォロー中 その他 【映像 渋谷交差点に車、騒然】25日午後10時前、渋谷のスクランブル交差点に黒いワゴン車が進入、警視庁のパトカーが追跡する「カーチェイス」があり、あわや大事故。騒然とする様子を映像で。 0:22 - 2017年9月26日 83件のリツイート 36件のいいね


高光早美‏  @samiriko フォローする その他 もちろん私も応援します! しおりんがんばれ! 22:35 - 2017年9月25日


高橋 浩祐‏ 認証済みアカウント   @KosukeGoto2013 フォローする その他 安倍首相の解散会見。北朝鮮関連の質問をしたくて、一生懸命、挙手しても全然指名されず。会見場にいた旧知の外国通信社の記者は「誰に質問させるか、事前に決まっている」、米コロンビア大のジャーリズムスクールの先輩、神保哲生さんは「過去5年間、一度も指名されたことがない」。茶番ですね。
  ★昨夜は、安倍首相が、民放全てをパクっていたが、公正とか公平とか、そういう観念がないのか
 民放も民放といえば、そうだが、各社社長級が、『不公平』『格差』を差配しているのか。…


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【戦争を煽るな】トランプのおバカなツイッター発言に、北朝鮮外相は「宣戦布告と受け止める」と反応。国連事務総長も憂慮。「対話の重要性」を訴える諸外国首脳を無視して、トランプに着いていくアベ。戦争が全ての失敗と嘘を隠す手段になってきた。 15:52 - 2017年9月25日 577件のリツイート 414件のいいね


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 韓国外交部「非常に遺憾」 麻生氏の「武装難民射殺」発言を批判(聯合ニュース) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000065-yonh-kr … @YahooNewsTopics 5:25 - 2017年9月26日 49件のリツイート 22件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 この写真が全ての真実を物語っています。 6:29 - 2017年9月26日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 これは本当に必見ですねー。 【www】国民が選挙に行かず、「希望の党」という独裁政権が誕生し、日本がディストピアになる作品があった!監督「デスノート」金子修介、出演・渋谷飛鳥、木下ほうか、楳図かずお(2005年・総務省・20分) 7:47 - 2017年9月26日 124件のリツイート 72件のいいね



三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 自民の公認争い激化 慎重調整 2017年9月26日 希望の党で、コイケもコイズミも待っているよ! 5:30 - 2017年9月26日 1件のリツイート 2件のいいね


田中龍作‏  @tanakaryusaku フォロー中 その他 政治を私物化したアベシンゾウへの怒りは、根っからの保守層を思いもよらぬ投票行動に向かわせそうだ・・・ 『【衆院選・東京12区】有権者「私は右翼だが今回は共産党に入れる」』 http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016696 … 6:33 - 2017年9月26日



K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 私たちは政府が国民に詐欺を働く国に住んでいる。 7:33 - 2017年9月26日
  ★「もりかけ」隠し解散、総選挙、後で見直すのか、飽く迄、逃げようとするのか⁉ 森友『国有地叩き売り』は、原状復帰したが、加計学園、獣医学部新設は、チャラにするのか




植草一秀の『知られざる真実』: 9.29安倍やめろ!総選挙院内緊急総決起集会 9/23
 〇9月29日(金)午後5時より、衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて
 衆院総選挙院内緊急総決起集会を開催する。

 政治私物化・安倍政治を退場させるために、すべての心ある主権者・政治勢力が
 「小異を残して大同につき」結集・連帯・共闘しなければならない。

 「安倍政治を許さない!」すべての主権者の参集を強く求めたい。

 開催概要は以下のとおり

 主催は「オールジャパン平和と共生」


 政治私物化・KKK(かけかくし解散)許さない!
 安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!
 衆院総選挙院内緊急総決起集会 

 2017年9月29日(金)

 衆議院第一議員会館多目的ホール
 午後4時30分開場 午後5時開会

 参加費無料

 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
    •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 プログラム(予定)
 以下、HPをご参照ください。

 安倍政権による政治私物化の氷山の一角である森友・加計疑惑が露見しました。
 野党は真相解明のための臨時国会召集を要求してきましたが、安倍政権は憲法第53条の規定を無視して国会を召集してきていません。

 3ヵ月の空白ののちに臨時国会を召集する方針がようやく定められたにもかかわらず、安倍首相はその臨時国会冒頭で衆議院解散に踏み切る構えです。
 主権者が争点を明確にして候補者を絞り、主権者を代表する候補者に投票を集中する。
 滋賀、鹿児島、沖縄、新潟の県知事選では、この方式で安倍政治に対峙する主権者勢力が勝利を収めてきた。
 これを「新潟メソッド」と呼んでいる。
 「新潟メソッド」で衆院総選挙に勝利を収め、安倍政治を妥当しなければならない。
 戦争・弾圧・搾取の悪政街道を暴走し続ける安倍政権を主権者国民が倒さなければなりません。

 オールジャパン平和と共生は、反戦・反核・反貧困の旗を掲げ、政策を基軸にした主権者と政治勢力の結集を呼びかけます。
 「安倍やめろ!野党共闘」を確立して、来る衆院総選挙に何としても勝利し、主権者のための政治を実現しなければならないと考えます。
 一人でも多くの主権者の参集を強く呼びかけます。

 大同団結・連帯して衆院総選挙に勝利して主権者が日本を取り戻す!
 共にがんばりましょう!・・・



市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 前川前事務次官『ゆがめられたものを是正するのは、この総選挙の機会しかない』 #報道特集
  ★さも!ご健闘と議員含む、御支援を願います。 孤立は、いけない。出来れば、新党立ち上げで、強力御支援を。


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000051-asahi-pol … @YahooNewsTopics これは酷過ぎる!選挙に関係なく、直ちに議員辞職させるべき。公人の露骨なヘイトスピーチは絶対に許せない 12:45 - 2017年9月23日 22件のリツイート 9件のいいね
  ★侮りも、驕りも、ヘイトも、根っこは一緒⁉ 安倍友、偏執愛と同じ…




きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文











英メディアが日本の衆院解散を酷評した理由 これは「野党混迷」と「北朝鮮危機」への便乗だ 東洋経済 9/27
 〇9月25日の安倍晋三首相による衆議院解散の意向を受け、28日には衆議院が解散に向けて動き出す。「大義なき解散」とも言われる中、多くの英メディアは「野党の混迷状態」と「北朝鮮に対する安倍政権の強硬路線」が生み出した支持率上昇が首相の意向の背景にあると分析する。
 また、小池百合子東京都知事による新党「希望の党」結成により、与党・自民党は思わぬ苦戦を強いられるリスクもあると指摘している。2012年以降は自民党一強が続いているが、予想外の展開となったトランプ米大統領の誕生のような展開も捨てきれないとの分析もある。
 弱体化の野党と支持率上昇を「利用」
 北朝鮮による核・ミサイル発射実験を巡り、米国と北朝鮮との外交対立を詳細に伝えてきた英メディアは、25日の安倍首相による衆院解散表明を一斉に報じた。

 BBCの25日付けの報道
 通常であれば来年12月に衆院は任期切れになる。その1年以上も前に実行されることになるのが、今回の総選挙である。なぜ今この時に実施するのか。
 英左派系高級紙「ガーディアン」は、ずばり野党の混迷と北朝鮮の核・ミサイル開発実験に対する強硬な姿勢への支持に乗じて、首相が解散総選挙を決定したと報じた(9月25日付)。
 BBCニュースも同様の文脈で報じている(同日付)。「複数の分析家によれば」、予定より実施を早めた総選挙は「戻ってきた支持率」と野党の弱体化を「利用するため」であった。 ・・・

突然の「合流」、民進漂流 「党を売る話だ」反発の声も 朝日新聞 9/28
 〇衆院解散直前になって小池百合子・東京都知事の新党「希望の党」と、民進党の合流構想が急浮上した。安倍政権に対抗する一点で結集できれば、衆院選の構図が一変する可能性を秘める。だが、新党への身売りにも近い合流構想には民進党内から強い反発が出ており、四分五裂となる可能性すらある。
小沢一郎さんに聞いてみた「野党って何ですか?」「政界再編は?」
【1分で超解説】野党って何? 時代によって全然、違う「役割」
 東京都内のホテルで27日に行われた「希望の党」の結党記者会見。衆参の計14人の国会議員が小池代表を囲んだ。
 8人は民進を離れた議員、残りは自民や日本のこころなどから集った「寄り合い所帯」。代表に就任した小池氏は「今日のチャーターメンバーのみなさんを始め、これからも多くの仲間が増えていく」と言い切った。
 その前夜。小池氏は民進の前原誠司代表と会談していた。衆院選での連携を確認し、民進議員が党籍を残したまま、小池新党が公認を出す。比例区では統一名簿も――。前原氏は事実上の「合流」に向けたさまざまな方式を提案したという。
 25日に設立されたばかりの新党にとって、全国展開のために不足しているのは地域に地盤を持つ人材と資金。民進には「100億円」(民進関係者)ともいわれる資金がある。すでに、落選して政界から離れていた近畿地方の元民主党衆院議員にも、新党側から「調査票を送って、600万円を振り込んでほしい。自動的に公認する」と立候補の打診があったという。
 当初は民進との連携を否定してきた小池氏は26日夜、新党の中核メンバーである細野豪志・元環境相ら数人の議員を前に「候補者擁立は任せてもらえますか」と宣言。異論は出なかった。小池氏側近は「党と党ではない」と語り、民進議員を受け入れるのは、個別参加の形を想定していると明かす。新党関係者は「リベラルな議員はダメだ。新党側で選ばせてもらう」と述べた。
 一方の前原氏。離党ドミノを止められない状況を打開する「一発逆転満塁ホームラン」(民進中堅)を放つためには、新党の勢いにのみ込まれるしかないと判断したようだ。前原氏を支持した閣僚経験者は「政権交代に向けた動きだ」と歓迎する。別の中堅議員も「民進党は役割を終えた。小池氏の勝負に乗っかるタイミングだ」と喜ぶ。
 民進の最大の支持団体、連合幹部が前向きなことも、前原氏の動きを後押しする。連合は共産との連携には否定的な一方で、東京都議選では小池氏と協力した実績がある。連合の神津里季生(こうづりきお)会長は27日の記者会見で小池氏を「『1強政治』に終止符を打つというスタンスを明確に打ち出している」と評価。前原氏についても「期待をずっとしている。連合としても支持、応援していきたい」と語った。
 前原氏は野党再編に向けて、党内の反発覚悟で自由党の小沢一郎代表とも会談を重ねてきた。「最後の代表になります」と解党も辞さないとの考えを伝えていた。小沢氏も自身に近い民進議員に「このまま最後まで貫いてほしい」と語り、前原氏の動きを見守っているという。
 前原氏は28日、衆院解散後の両院議員総会で新党との合流構想を提案し、理解を求める方針だ。保守系のベテランは「当然異論も噴出するだろうが緊急事態だ。力業でやるしかない」と語り、分裂含みの展開も辞さない姿勢を強調した。


正規と非正規、年間給与に315万円の差 4年連続拡大 朝日新聞 9/28
 〇企業の正規雇用と非正規雇用の人が2016年に受け取った平均給与の差は315万円で、4年連続で差が広がっていることが国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。人手不足などを背景に賃金水準が上がる中、正規と非正規の格差は拡大している。
 約2万1千カ所の事業所を抽出調査した。平均給与(平均年齢46・0歳)は422万円で、4年連続で上昇したが、正規(役員らを除く)の487万円に対し、非正規は172万円で、315万円の開きがあった。
 正規と非正規を分けて統計を取り始めた12年は、差が300万円だった。その後、4年間で正規の平均給与が19万円上昇したのに、非正規は4万円の上昇にとどまり、差が広がった
 業種別では「電気・ガス・熱供給・水道業」が769万円で最も高く「宿泊業、飲食サービス業」が234万円で最も低かった。
  ★人口減少、労働力不足が深刻化する中、未だ、異常な格差を残すのか⁉ 政府、労働界??? そして、労働者・労働組合の労働条件改善、自助努力! 日本沈没⁉ 是か非か



衆院解散、総選挙へ 「安倍1強」是非争点 【東京新聞】2017.09.28
 〇衆院は28日午後の本会議で解散された。その後の臨時閣議で、政府は「10月10日公示―22日投開票」の衆院選日程を正式決定。安倍晋三首相による「1強」体制の政権運営の是非が大きな争点となる。野党は臨時国会冒頭の解散を「大義がない」と批判し、首相の政治姿勢を問う構え。民進党の前原誠司代表は政権交代を狙って希望の党(代表・小池百合子東京都知事)と事実上の合流を進めており、野党再編で衆院選の構図が一変、波乱含みの展開となりそうだ。
 首相は勝敗ラインを自民、公明両党で過半数(233議席)と説明している。衆院選は与党が大勝した2014年12月以来。


民進が「解党」決定 前原氏、小池知事の国政転出期待 東京新聞 9/28
 〇民進党は28日の両院議員総会で、前原誠司代表が提案した新党「希望の党」(代表・小池百合子都知事)への合流を決定した。衆院解散を受け、民進党所属の前衆院議員は前原氏を除き、基本的に離党した上で希望の党に参加する。参院側も基本的に希望の党に加わるため、事実上の解党となる。前原氏は小池氏の国政転出に関し「期待が大きいのは紛れもない事実だ」と述べた。近く小池氏と会談し具体的な調整に入る。
 自由党の小沢一郎共同代表も28日、希望の党への合流に前向きな考えを示した
 ただ希望の党側は、衆院選立候補予定者への公認付与に関し対象を選別する意向で、小池氏の対応が焦点となる


小池氏 入党条件は安保と憲法: 希望への参加条件、安全保障と憲法への姿勢重視 小池氏 9/28

民進「希望」参加容認を検討 前原、小池氏ら極秘会談 中日新聞 9/27


オスプレイ「危険」72%  配備5年世論調査 沖縄県民68%「撤回を」 【琉球新報】2017.09.28
 〇琉球新報社は23、24の両日、10月1日で普天間飛行場に米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが配備されて5年となるのを前に18歳以上の沖縄県民を対象に世論調査を実施した。オスプレイの県内配備については68・7%が「配備をやめるべき」と答え、「配備が必要」は11・3%だった。オスプレイの安全性については72・7%が「危険だと思う」と回答した。8月のオーストラリア沖での墜落事故後、飛行自粛を求めた日本政府が短期間で飛行容認に転じた姿勢については8割が「評価しない」と回答した。配備から5年を経ても、県民の多くがオスプレイの安全性に対し不安と疑念を抱いていることが改めて浮き彫りになった。
 普天間飛行場の辺野古移設問題については、8割の県民が県内移設に反対する姿勢を示した。移設先については「国外」が最多の34・8%で、次いで「移設せずに撤去すべき」が24・3%、「県外」が21・1%と続いた。「辺野古移設すべき」は14%だった。「県外」と「国外」、「移設なしの撤去」を合わせた「県内移設反対」は80・2%となり5月の前回調査時より6ポイント増えた。
 政府は4月、辺野古新基地建設の護岸工事に着手した。国は翁長雄志知事の岩礁破砕許可を得ずに工事を強行しており、県が岩礁破砕の差し止めを求める訴訟を起こしたことについては過半数の54・9%が「支持する」と答えた。
 知事は辺野古の新基地建設を阻止するため「あらゆる手段を用いる」とし、仲井真弘多前知事が出した「埋め立て承認」を無効化する「承認撤回」を行う方針を明らかにしている。知事が明言を避けている撤回時期についても注目が集まる。調査では「すぐに撤回すべき」が42・8%と最多で、「さらに理由を重ね、いずれは撤回すべき」は33・3%だった。

<調査の方法>
 調査は23、24日の両日。県内の18歳以上を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるランダム・デジット・ダイヤリング法で実施した。1019世帯に電話し、519人から回答を得た。



「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28
 〇スイス・ジュネーブで開かれている水俣条約の第1回締約国会議(COP1)で28日、胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん(61)=熊本県水俣市=が、閣僚級会合前の公式行事「水俣への思いを捧げる時間」でスピーチした。水銀被害で不自由な体で声を振り絞り、「女の人と子どもを守って下さい。一緒に(水銀汚染の根絶を)していきましょう」と訴えた。
【動画】水俣湾のいまを動画で 奥正光記者が解説
特集:知る水俣病
 「捧げる時間」は、各国の代表らが水俣病患者らの声を聞き、悲劇を二度と繰り返さない決意を新たにする機会として設けられた。坂本さんは、症状の悪化に苦しむ胎児性患者たちが不自由な手で寄せ書きをしてくれたTシャツを着て、「みんなどんどん悪くなっています。歩けなくなりました」と、今なお続く被害の深刻さを訴えた。
 中学3年の時、国連人間環境会議が開かれたスウェーデン・ストックホルムを訪れ、水銀被害の恐ろしさを身をもって世界に伝えて以来、45年ぶりの欧州訪問。「私も悪くなっています。これが最後だと思って来ました。何べんも言ってきました。水俣病は絶対に終わっておりません。患者の気持ちになってやって下さい」
 会場には立ち見を含む150人ほどが集まり、息を詰めて見守った。「公害を起こさないで下さい。女の人と子どもを守って下さい。一緒にしていきましょう」。坂本さんが約8分間のスピーチをそう締めくくると、会場はしばらく沈黙したのち、大きな拍手に包まれた。
 このほか、環境省から水俣条約の親善大使に任命された熊本県立水俣高校2年の沢井聖奈さん(16)も英語でスピーチした。水俣市の西田弘志市長は、水俣病の認定患者で「水俣病資料館語り部の会」の緒方正実会長(59)から託された「祈りのこけし」を、COP1のマルク・シャルドナンス議長に手渡した。(ジュネーブ=奥正光)
■坂本しのぶさんが水俣条約第1回締約国会議の「水俣への思いを捧げる時間」で話したスピーチ全文

 私は坂本しのぶです。
 水俣から来ました。
 お母さんのおなかの中で水俣病になりました。
 胎児性水俣病です。

 みんなと同じにできません。
 走ったり、水俣病になっとらんば(なっていなければ)いろんなことできたのにと思えば悔しいです。(原因企業の)チッソは絶対許せません。

 私は15歳の時にスウェーデンに行きました。
 水銀のおそろしさを伝えに行きました。

 61歳になりました。
 みんなどんどん悪くなっています。
 歩けなくなりました。
 このTシャツは胎児性の人が書いてくれました。
 みんなの気持ちを持ってきました。

 私も悪くなっています。
 これが最後だと思って来ました。

 何べんも何べんも言ってきました。
 水俣病は絶対に終わっておりません。
 今も裁判で闘っている人がおります。
 水銀が埋め立て地にあります。
 県も国も何もしておりません。
 患者の気持ちになってやってください。
 水俣病は終わっておりません。

 公害を起こさないでください。
 女の人と子どもを守ってください。
 一緒にしていきましょう。





NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25
  ★首相の専権事項より、主権者の権限と権能の確認、保存が肝要。首相の専権事項という時、ややもすると、主権者の権利・権限侵害に亘る⁉ 知る権利も、成熟した議論も、証拠・議論に基づく選択権も、蔑ろにしてはならぬ。今回は、なんと安倍氏のみが、民放らをジャックして、己の言い分のみ、垂れ流した。 国民主権、国民が主権者では、あってはならぬこと。 安倍氏らは、素知らぬふりをしているが…自民党的解釈で。最高裁は、チェックしようとしないから。  三権分立の役割、ずっと、田中耕太郎以来、ずっと放棄した侭… 不届きでしょ。

衆院解散表明 首相会見詳報(5)「小池都知事と基本的理念は同じ」 毎日新聞 9/25
 〇--米国のトランプ大統領が北朝鮮のリーダーを「ロケットマン」と呼び、米国は北朝鮮を完全に破壊するしか選択はないかもしれないと発言した。このコメントは、日本をより安全にしますか、それとも、日本人の安全性が低くなるでしょうか。
<首相会見詳報(1)>「消費税の使い道を変え、子育て世代へ投資」
<首相会見詳報(2)>「北朝鮮脅しに左右されてはならない」
<首相会見詳報(3)>「選挙こそ最大の論戦の場だ」
<首相会見詳報(4)>「無駄なくせば2兆円出るなど無責任に言えない」
<安倍首相28日解散を表明>消費増税分の使途を変更
<小池知事は新党>「希望の党」設立

「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24



NHK: ドイツ連邦議会選挙 2017


【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】[衆議院きょう解散]争点は首相の政治姿勢 【沖縄タイムス】2017.09.28
 〇衆議院がきょう解散される。10月10日公示、22日の投開票に向けて、選挙戦がスタートする
 安倍晋三首相は、今回の解散を「国難突破解散」と位置づけた。2019年10月に税率を10%に引き上げる消費税の税収の使い道の変更と、北朝鮮情勢への対応を挙げ、「国民に信を問わなければならない」と、解散の正当性を強調した。
 党利党略のための解散、「森友・加計(かけ)」問題の疑惑隠し、国会議論封じ…。多くの識者らが「大義なき解散」と批判し、共同通信の調査でも有権者の約64%が今回の解散に「反対」と答えた。野党の弱体ぶりを好機とし、疑惑隠しと政権運営の戦略ミスを仕切り直すための解散とみられても仕方ない。
 安倍首相がいう、消費増税の使途については、増収分を国の借金返済に充てるとした従来の方針から、幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減などに回すことへ変更し、国民に信を問うという。
 少子高齢化への対処は大切な課題ではあるが、使途変更は国会で十分に議論することがまず先であろう。首相の方針変更は、政府・与党内でも十分に議論されておらず、あまりに唐突である。
 ミサイルや核開発をやめない北朝鮮への対応でも、むしろ解散による政治的空白に不安を感じている国民が多い。
 選挙のたびに聞き心地の良い主張を打ち出すことが続くが、解散の必要性は過去2回の選挙でも国民に理解されていたとはいえない。解散権の乱用と指摘せざるを得ない。■    ■
 そんな解散で行われる総選挙の最大の争点は何か。約5年続く安倍政権の政治姿勢と政治手法である。
 「国民の声を丁寧に聴く」と言いながら、少数派や異論には耳を傾けないばかりか、国論を二分するような問題であっても、数におごって強引に法を成立させる手法であり、憲法や立憲主義さえないがしろにする姿勢である。
 特定秘密保護法、「共謀罪」法、極め付きは集団的自衛権の行使についての憲法解釈を変更し、安保法を成立させたことである。歴代内閣が現憲法下ではできないとしてきた立場を、いとも簡単に切り捨てた。
 選挙で主要争点にせずに、多数の議席を得るとこれら法案を強行成立させてきた。選挙で民意を明確に問うことなく、国会の議論も途中で打ち切って採決する。こんな政治がさらに続くことがいいのかどうかが問われなければならない。
■    ■
 「安倍1強」のおごり、ゆるみへの国民の批判は強い。だが、結果的に政権の継続を許しているのが、野党のもろさで、政権批判の受け皿となり得ていない現状である。
 過去の衆院選のように、党利党略で候補者を乱立させては、強い協力態勢で臨む自民・公明に太刀打ちできないことは分かりきっている。
 野党各党は一致できる政策を掲げ、選挙区で与野党「1対1」の対決構図で競い合う舞台をつくる努力をしてほしい。そうやって政治に緊張感を取り戻してもらいたい。


【社説】[きょう解散] 2017衆院選 「国難」と首相は言うが 【南日本新聞】2017.09.28
 〇所信表明演説もせず、野党の質問も受け付けない。これが議会制民主主義なのか。
 安倍晋三首相が28日に召集する臨時国会の冒頭で衆院を解散する見通しだ。10月10日公示、22日投開票の衆院選が事実上始まる。
 野党は6月、憲法53条に基づいて臨時国会の早期召集を求めた。それなのに3カ月以上も放置した末、ようやく始まるはずだった国会論戦を省く。
 憲法をないがしろにし、国権の最高機関である国会を軽んじる姿勢は甚だしい。
 「解散に大義がない」との批判が与党内にもある中、首相が持ち出したのが「国難」である。
 首相は消費税を引き上げる際、増税分の一部を教育無償化に充てるなど使途を変更することや緊迫する北朝鮮対応で国民に信を問う必要があると強調した。
 だが、消費税の使い道の変更については、民進党が見直す考えを既に示しており、国会できちんと議論するのが筋だ。
 社会保障の問題は国会で与野党が知恵を出し合い、国民に信を問うだけの成熟度に達してから解散すればいい。
 使途の変更により、財政再建が遠のくのも大問題である。
 北朝鮮問題も解散でむしろ政治空白が生まれ、危機対応にほころびが出るかもしれない。
 対外的に危機に直面している場合、世界的に与党に国民の支持が集まる傾向にあるという。首相はそれを狙っているとも思える。
 結局、「森友・加計学園」問題を野党に追及されるのが嫌で解散のタイミングを計ったのではないか。「疑惑隠し解散」と批判されても仕方あるまい。
 衆院選に向け各党は公約づくりを急いでいる。小池百合子都知事が代表に就任した新党「希望の党」はきのう綱領を発表した。
 小池氏は新党設立の目的を「しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく新しい政治のため」と説明した。
 国政で目指すものが明確であれば、希望の党の方向性も見えてこよう。だが、今は具体的な政策も定かでなく、「選挙互助会」の性格は否めない。
 求心力が回復しない民進党に見切りをつけ、新党に入る人の流れからすると、野党再編が一気に進む可能性がある。
 既成政党や新党がどんな「旗」を掲げ、選挙を戦うのか。選挙の帰結は日本の将来を左右する。有権者の眼力が問われる。
  ★眼力は、良いとして、その対象を、隠しまくり、隠ぺいし捲る、安倍政権の後ろ向きの頑なさを、打破せねば。知る権利、国民主権回復の為。


【社説】首相の解散権 「伝家の宝刀」にも制約を 【西日本新聞】2017.09.28
 〇衆院解散は「首相の専権事項」といわれる。本当だろうか。
 憲法にそう明記されているわけではない。政界でそのように運用され、語り継がれてきた-というのが実相ではないか。
 「専権」という言葉を振りかざして首相や政権の都合だけで解散する手法には疑問を禁じ得ない。
 安倍晋三首相はきょう召集される臨時国会の冒頭で衆院を解散する。改めて首相の解散権について考えてみたい。
 憲法が規定する解散は、衆院で内閣不信任決議案が可決、あるいは内閣信任決議案が否決された場合に内閣が総辞職でなく解散を選ぶ69条と、天皇の国事行為として定めた7条の2種類しかない。
 首相の専権事項とされるのは7条解散だが、憲法には「内閣の助言と承認により」とあるだけだ。
 もちろん重要な政策決定や政局混乱の打開を巡って国民の信を問う場面も考えられ、首相が解散の決断を迫られる場合はあろう。
 解散権を「伝家の宝刀」と言い換えることもある。家に代々伝わる大切な刀をここぞという局面で使うことを意味する。それにしても無制限でいいはずはない。
 衆院解散に踏み切れば、衆院選後の特別国会まで衆院議員不在という事態が生じる。今回も北朝鮮情勢が緊迫する中で政治空白が許されるのかとの批判は根強い。
 日本と同様に議院内閣制の英国やドイツでは解散に厳格な制約を設けている。英国は2011年に「議会任期固定法」を定め、下院の3分の2以上の賛成がなければ解散できないなど制約を設けた。
 ドイツでは戦前、解散が繰り返され政情が不安定化したことでナチスの台頭を許した‐との反省から、解散は首相が信任動議で賛成を得られなかった場合などに限られている。
 今回の解散に伴う衆院選で民進党は、憲法改正を巡って首相の解散権制約を論議すると公約に盛り込む方針という。
 日本でも露骨な党利党略、個利個略だけの解散を許さない何らかの制約が必要だ。
  ★公務員、特に、国会議員に、主権者への畏敬の念が、意思が、決定的に欠如している。どうしても、強制措置がなければ、民主主義が実現できないとするならば、公務員弾劾法、或いは、人事委員会など、組織も制度も新設すべきだ。勿論、その前提として、政権交代しないといけないが。希望の党に、その意思はありやなしや、頗る疑問だが。


【社説】【参院1票の格差】合区評価の合憲は疑問だ 【高知新聞】2017.09.28
 〇昨年7月に行われた参院選の「1票の格差」最大3・08倍について、最高裁がきのう、格差を「合憲」とし、選挙無効の請求を退ける判断を示した。
 徳島・高知、鳥取・島根で合区を導入するなど「10増10減」の是正を図り、格差が縮まったことを高く評価した格好だ。
 参院選は20年近くにわたって5倍前後の格差が常態化してきた。最高裁は2010年と13年の選挙で、いずれも「違憲」一歩手前の「違憲状態」と判断し、国会に格差是正を強く迫っていた。
 数字が改善したのは確かだ。国会の対応の成果であろう。だが、合区には問題を指摘せざるを得ない。
 昨年の選挙では、徳島・高知選挙区は自民党候補も野党共闘候補も徳島を地盤としていたため、高知県内では投票率が過去最低となり、候補者も県内を回りきれなかった。
 最高裁がそれらを十分に検証することなく、合憲の判断材料としたことは疑問が残る。
 一連の訴訟では、計16件の高裁・支部判決があり、「違憲状態」が10件、「合憲」6件と分かれ、最高裁の最終判断が注目されてきた。
 判決で最高裁大法廷は、合区を含む公選法改正が「大きな投票価値の不均衡が続いてきた状態から抜け出させ、さらなる格差是正を志向するものと評価できる」とした。 
 過去の判決では、都道府県単位の選挙制度は「投票価値の平等を図っていくことは著しく困難」とまで指摘し、見直しを求めていた。
 ところが今回は、「都道府県単位自体が不合理で許されないとしたものではない」とトーンを大幅に弱めている。合区への反発が強いことを考慮した可能性もある。
 それでも合区を評価していることに変わりはない。国会対応を積極的に評価したといっていいだろう。
 憲法上、国会議員は衆参両院ともに「全国民の代表」に位置付けられている。投票価値の平等が重要なことは言うまでもない。
 その意味では、3倍という格差も放置できるものではない。是正論議を続けていく必要がある。大法廷で違憲や無効の意見を示した裁判官がいたことも重い事実だ。
 3年ごとに議員定数の半分を入れ替えることや地方の人口減少を考えれば、いまの参院の選挙制度に限界があるのは明らかだ。合区を拡大しても早晩行き詰まる。
 自民党内には、憲法上の参院議員の位置付けを「都道府県の代表」に変えようという動きがある。格差や合区の問題は解消されるが、参院の性格も大きく変わりかねない。
 たびたび指摘してきたが、参院は存在意義が問われるようになって久しい。衆院と同じような選挙制度や政党主導の運営が続いている。
 改憲論議より前に、現在の参院の課題を検証し、二院制の役割や位置付けをしっかりと問い直すことだ。それなしに党利党略で選挙制度を見直しても事態は改善しまい。
  ★改憲? 何のための議論なんだ??? 国際関係も明らかにしなければ。これに相応しい憲法など、想定もできない… 勿論、制裁や戦争では、豪もない。安倍政権の大失態も確認しないと。北朝鮮の核開発⁉完遂マジカ


【社説】参院の格差「合憲」 「合区」で民意を映せるか 【山陽新聞】2017.09.28
 〇「1票の格差」が最大3・08倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟で、最高裁が選挙は合憲とする判断を下した。選挙では、隣接する県を一つの選挙区とする「合区」が初めて導入された。合区自体には異論も多いが、判決はその是非には直接触れず、国会が講じた苦肉の格差是正策を評価したものとなった。
 参院選の1票の格差は20年近く、5倍前後で高止まりしていた。最高裁は2010年選挙(最大格差5・00倍)と13年選挙(同4・77倍)を違憲の一歩手前の「違憲状態」と判断。都道府県単位の現行方式を改めることなど抜本的な制度見直しを求めていた。
 これを受けて国会は、鳥取・島根、徳島・高知の合区を含む定数の「10増10減」を実施。格差は縮小したが、16の高裁・支部で争われた一審は違憲状態10件、合憲6件と判断が割れていた。
 きのうの判決は、10増10減の選挙制度改革を「大きな投票価値の不均衡が続いてきた状態から抜け出させ、さらなる格差是正を指向するもの」とした。司法の要求に応えた改革を肯定した格好だ。
 ただ、この判断をもって合区そのものがお墨付きを得たと判断するのは早計だろう。判決は、都道府県を選挙区の単位とする制度は不合理ではないと、過去の判断に触れながらあえて言及した。合区に対する反発の強さに配慮したともとれる内容である。
 徳島・高知選挙区では自県出身の候補者が不在となった高知県の投票率が、全国平均が2ポイント上がったのとは逆に4ポイント以上下がり、過去最低だった。無効票率は前回の1・7倍に増えた。鳥取・島根も同様の傾向がみられた。「合区反対」などと書いた無効票も目立ち、有権者の政治に対する無関心や諦めを助長しかねない状況が生じている。
 全国知事会は「投票率の低下や、自県を代表する議員が出せないといった弊害が顕在化している」として、公選法や国会法の改正で合区を解消するよう求めている。
 自民党内では、衆参両院議員の選挙について定めた憲法47条を改正し、参院では改選ごとに各都道府県から最低1人を選出する規定を盛り込むべきだという案が取り沙汰されている。衆院選の公約にも掲げられる見通しで、争点の一つとなりそうだ。
 人口の首都圏集中は一向に止まらない。人口減少に合わせてこのまま地方の議席を減らし続ける選挙制度改革が妥当なのか疑問視する声は多く、1票の格差を巡る議論は多様化している。
 地方は過疎や高齢化など、都市部に比べてより深刻な問題を抱えている。地方を含めた多様な民意を、いかにバランスよく国政に反映させていくかは極めて重要なテーマだろう。そうした視点に立って不断に制度を見直していく努力が欠かせない。


【社説】参院1票の格差/「合憲」の判断示されたが 【神戸新聞】2017.09.28
 〇鳥取と島根、徳島と高知の二つの「合区」を導入した昨年7月の参院選挙について、弁護士グループが「最大3・08倍の1票の格差があり、違憲」として選挙の無効を求めた訴訟で、最高裁大法廷はきのう「合憲」との判断を示した。
 理由として「著しい不平等状態にあったとは言えない」と述べた。長年にわたり、5倍前後だった格差を3倍程度に縮小した点が評価された。
 最大で5倍の格差が生じた2010年、4・77倍の13年の参院選について、最高裁は「違憲状態」とした。危機感を抱いた国会は、二つの合区を含む定数の「10増10減」を実施した。
 その結果、確かに格差は小さくなった。だが、国会が「3倍前後でかまわない」と受け止めるのは早計ではないか。
 最高裁は「さらなる格差是正を志向するものと評価できる」とも述べている。積み重ねてきた議論を後退させるようなら、再び厳しい司法判断が下されると肝に銘じるべきだろう。
 例えば、1998~2009年の間、最高裁は5倍以上の格差も「合憲」としていた。しかし国民の声や国会情勢などを考慮し、12年には5倍を「違憲状態」と認定した。国会はそのことを忘れてはならない。
 現行の制度に限界があることは明らかだ。格差是正の取り組みは、参議院の役割を問い直す議論を伴う。
 「共謀罪」の審議では、委員会採決を省き「中間報告」で成立させるという与党の奇手を許してしまった。求められるのは良識の府として党利党略を超え、政権の暴走を防ぐ役割だ。そこから遠い姿と言うしかない。
 一方、参院選を違憲状態とし、都道府県を単位とする選挙制度の見直しを求めた過去の最高裁判決に対し、今回は「投票価値の平等に配慮すれば、現行制度は不合理ではない」と後退した印象だ。
 「司法が国会にげたを預けてしまった」と原告が嘆くのもうなずける。ただ裁判官の中には、違憲状態だけでなく「違憲・無効」の意見もあった。
 今後も司法の果たす役割は大きい。「最大格差3倍は合憲」が独り歩きするようなことはあってはならない。


【社説】小池新党/何を目指すための政党か 【神戸新聞】2017.09.28
 〇小池百合子東京都知事が新党「希望の党」を設立した。所属政党を離党して駆け込む現職議員や公認候補が相次ぎ、構図は一変した。民進党は希望の党との事実上の合流を模索しており、衆院選挙に大きな影響を与えるのは確実だ。
 小池氏はきのう、「日本をリセットする」として、「寛容な改革保守政党を目指す」などの綱領を発表した。
 「大義なき解散」と安倍晋三首相の判断を批判し、消費税増税の凍結や原発ゼロなど、対決姿勢を明らかにしている。
 安倍政権に対する批判票の「受け皿」を作るつもりだろうが、何を目指すのかが、伝わってこない。政策の整合性や具体的な工程表を早急に公約として明らかにすべきだ。
 選挙後は与党の一角を占めるつもりなのか、野党として政権と対峙(たいじ)するのか、政党の立ち位置も説明が必要だ。
 小池知事が「『希望の党』を立ち上げたい」と結党を宣言したのは、首相の解散表明と同じ日だった。サプライズの効果はもくろみ通りだろう。側近の若狭勝衆院議員も直前まで知らなかったほどだ。
 党の代表に就任することも明言した。「選挙の顔」として前面に立ち、都知事選、都議選に続いて、旋風を巻き起こすことを狙っているとされる。
 その旋風に期待して、民進から多くの国会議員が参加した。自民の現職副大臣や日本のこころの代表も入党した。首都圏を中心に、選挙基盤に不安を抱える議員の「駆け込み寺」とやゆする声も出ていた。
 気になるのは、都知事と代表との「二足のわらじ」をはくことだ。どちらも片手間にできるようなものではない。松井一郎大阪府知事が日本維新の会の代表を務めている例はあるが、職務を全うできるのか、疑問視せざるを得ない。
 また小池氏は兼務の趣旨を「都政を進めるために」と説明した。だが、一極集中で繁栄する東京のために国政に携わるというのでは、地方の有権者は納得がいかないだろう。全国政党として候補者擁立を考えているのなら、地方の活性化策を示さねばならない。


【社説】[衆議院きょう解散]争点は首相の政治姿勢 【沖縄タイムス】2017.09.28
 〇衆議院がきょう解散される。10月10日公示、22日の投開票に向けて、選挙戦がスタートする。
 安倍晋三首相は、今回の解散を「国難突破解散」と位置づけた。2019年10月に税率を10%に引き上げる消費税の税収の使い道の変更と、北朝鮮情勢への対応を挙げ、「国民に信を問わなければならない」と、解散の正当性を強調した。
 党利党略のための解散、「森友・加計(かけ)」問題の疑惑隠し、国会議論封じ…。多くの識者らが「大義なき解散」と批判し、共同通信の調査でも有権者の約64%が今回の解散に「反対」と答えた。野党の弱体ぶりを好機とし、疑惑隠しと政権運営の戦略ミスを仕切り直すための解散とみられても仕方ない。
 安倍首相がいう、消費増税の使途については、増収分を国の借金返済に充てるとした従来の方針から、幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減などに回すことへ変更し、国民に信を問うという。
 少子高齢化への対処は大切な課題ではあるが、使途変更は国会で十分に議論することがまず先であろう。首相の方針変更は、政府・与党内でも十分に議論されておらず、あまりに唐突である。
 ミサイルや核開発をやめない北朝鮮への対応でも、むしろ解散による政治的空白に不安を感じている国民が多い。
 選挙のたびに聞き心地の良い主張を打ち出すことが続くが、解散の必要性は過去2回の選挙でも国民に理解されていたとはいえない。解散権の乱用と指摘せざるを得ない。■    ■
 そんな解散で行われる総選挙の最大の争点は何か。約5年続く安倍政権の政治姿勢と政治手法である。
 「国民の声を丁寧に聴く」と言いながら、少数派や異論には耳を傾けないばかりか、国論を二分するような問題であっても、数におごって強引に法を成立させる手法であり、憲法や立憲主義さえないがしろにする姿勢である。
 特定秘密保護法、「共謀罪」法、極め付きは集団的自衛権の行使についての憲法解釈を変更し、安保法を成立させたことである。歴代内閣が現憲法下ではできないとしてきた立場を、いとも簡単に切り捨てた。
 選挙で主要争点にせずに、多数の議席を得るとこれら法案を強行成立させてきた。選挙で民意を明確に問うことなく、国会の議論も途中で打ち切って採決する。こんな政治がさらに続くことがいいのかどうかが問われなければならない。
■    ■
 「安倍1強」のおごり、ゆるみへの国民の批判は強い。だが、結果的に政権の継続を許しているのが、野党のもろさで、政権批判の受け皿となり得ていない現状である。
 過去の衆院選のように、党利党略で候補者を乱立させては、強い協力態勢で臨む自民・公明に太刀打ちできないことは分かりきっている。
 野党各党は一致できる政策を掲げ、選挙区で与野党「1対1」の対決構図で競い合う舞台をつくる努力をしてほしい。そうやって政治に緊張感を取り戻してもらいたい。


【社説】希望の党  改革保守の中身見えず 【京都新聞】2017.09.28
 〇東京都の小池百合子知事が、自らを代表とする国政新党「希望の党」を立ち上げ、党綱領を発表した。「寛容な改革保守政党」を名乗り、10月の衆院選に向けて全国規模で候補者の擁立を目指すという。
 小池氏は「日本をリセットするため」「あくまでも都知事としてこの戦いに臨む」と述べたが、自身が前面に立つことで都政と国政にどんな相乗効果をもたらすのか、具体的には語らなかった。仮に勝利したとしても首相にならない人が政党を率い、政権選択の選挙を戦うというのも違和感がある。
 「1強」のおごりの目立つ安倍政権に対する有権者の不満を、既成政党が受け皿として十分すくい取れていないのは確かだ。新党が公示日に向けて小選挙区、比例代表ブロックにどれだけの公認候補を立てるか流動的だが、7月の都議選の時に小池氏がみせた突破力、発信力に人々の期待があるのは理解できる。
 ただ、水面下で準備を進めていたにせよ、「寛容な改革保守」の中身は抽象的で、政策も急ごしらえの感が否めない。先週、新党メンバーの若狭勝衆院議員らが掲げた「国会の一院制への移行」は後ろに退き、前面に「原発ゼロ」「消費増税の凍結」などを据えて政権与党との違いを打ち出したいようだが、政策全体の整合性や、目指す国家像ははっきりしない。
 結党メンバーの国会議員の出身政党にも幅がある。民進、自民、さらに保守色の強い日本維新の会や日本のこころなども加わる。民進との合流、野党再編を視野に入れた動きも加速している。
 いずれにしても小池氏の「参戦」をきっかけにして、選挙の構図は大きく変わり始めた。そうであればなおのこと、小池氏は有権者受けする公約だけでなく、財政再建や外交・安全保障、憲法改正を含む数々の重要課題について、党のスタンスをもっと明確に語る必要がある。
 他方、都政においては東京五輪や築地・豊洲市場をめぐって懸案が山積みの中、小池氏の「二足のわらじ」を批判する声が都議会などから上がっている。
 唐突に党代表になった小池氏は、知事との兼任について都民にほとんど説明していない。兼任の先例には、日本維新の会代表を務めた橋下徹前大阪市長ら数人があるが、多くが長続きすることなく終わっている。どのように両立させるのか、小池氏は十分説明する責任がある。


【社説】参院格差判決 合区拡大に懸念が募る 【信濃毎日新聞】2017.09.28
 〇最大3・08倍だった昨年7月参院選の「1票の格差」について最高裁大法廷が「合憲」との判断を示した。
 参院で初めて隣り合った選挙区(県)を「合区」し、最大格差を2013年参院選の4・77倍から縮めて行った選挙である。最高裁は判決で合区を含む格差是正策について、「さらなる是正を指向するもの」と評価している。
 地方から都市部への人口移動により格差は今後も広がっていくだろう。今度の判決を受け、政治の世界では合区で対応する動きが定着する可能性が高い。地方の有権者にとり重大な事態である。
 前回の参院選以来、私たちは社説で合区に反対し、速やかな解消を求めてきた。その理由は、都道府県は暮らしに定着した枠組みだからだ。歴史、風土の違う二つの県を一つの選挙区にすることは県民にとって堪え難い。
 人口の大きな県と小さな県が合区される場合には、小さな方の県からは代表を送り出しにくくもなる。実際、前回参院選で合区された徳島・高知では3人の立候補者がすべて徳島出身となり、高知県民から「親近感が持てない」といった声が聞かれた。同様に島根と合区した鳥取を含め、投票率は過去最低を更新した。
 以前、長野と山梨の合区案が浮上したことがある。長野県民にとってもひとごとでない。
 高裁段階では合憲判決が6件、違憲状態判決が10件出ていた。合憲とする判決は、合区によって格差が縮まったことを主な理由に挙げていた。違憲状態判決は、合区によっても格差が十分縮まっていないことを指摘していた。
 合憲判決も違憲状態判決も合区を肯定的に評価した点は共通する。今度の判決は一連の高裁判決の延長線上にある。
 1票の格差はできるだけ小さいのが望ましいことは言うまでもない。ただ、3年ごとに半数を改選する参院は全議席改選の衆院より格差を縮めにくい宿命がある。
 都道府県の枠組みを維持しつつどの程度までなら格差を許容できるのか―。本来考えなければならないポイントはここだ。
 最高裁もかつて都道府県を単位とする選挙制度には「一定の合理性がある」との見方や、「投票価値の平等は絶対の基準ではない」との判断を示したことがある。
 参院選の格差は参院の役割と関わる問題である。二院制の中でどう位置付けるかを含め、地方の有権者も納得できる制度に向けて国会論議を深めたい。


【社説】参院「1票の格差」合憲/抜本的な改革論議は不可避 【河北新報】2017.09.28
 〇「1票の格差」が最大3.08倍だった2016年7月参院選を巡り、弁護士グループが違憲だとして選挙無効を求めた訴訟で、最高裁大法廷は27日、「合憲」の判決を言い渡した。
 最高裁は直近2回の判決で「違憲状態」と判断していたが、隣県を一つの選挙区とする「合区」の導入などの是正策を評価した。
 ただ、合憲の判断が示されたからといって、根本的な問題が解消したわけではない。国会が投票価値の平等化を進めていかなければ、今後厳しい判決を突き付けられよう。
 国会は16年の参院選で、合区を「徳島・高知」と「鳥取・島根」に初めて導入。前回(13年)選挙時の4.77倍から格差を縮めた。
 昨秋、二つの弁護士グループが起こした一連の全国訴訟では高裁・高裁支部段階の判断が分かれていた。16件の判決のうち「違憲状態」が10件だったのに対して、「合憲」は6件だった。
 最高裁判決は「合区し、数十年にわたり5倍前後で推移してきた格差が縮小し、是正が図られた」と、国会による格差縮小の努力を認めた。3.08倍の格差については「著しい不平等状態にあったとは言えない」と、結論付けた。
 さらに国会が合区導入を決めた際、改正公選法の付則に、「次回(19年)選挙に向け、制度の抜本的見直しに必ず結論を得る」と、明記した点も評価した。
 原告の弁護士側は「司法が国会にげたを預けてしまった」と批判したが、その分、国会に課せられた責務は重い。裁判官15人中4人が「違憲状態」「違憲」「違憲・無効」と判断したことにも留意すべきだろう。
 ただ、合区については「地域の声が政治に届かない」と地方議会や全国知事会などから解消を求める声が依然強い。一部だけの合区が固定化すれば、地域間でまた別の不平等が生まれかねない。
 自民党は憲法を改正して、都道府県ごとに最低1人を選出する制度の創設を主張。10月の衆院選の公約に盛り込むことも検討している。
 しかし、参院の「地方代表」の性格が強まることに、国民の納得を得られるかどうか疑問が残る。ただでさえ、衆院の「カーボンコピー」との批判があるからだ。
 今回の判決は、都道府県という単位を用いることを否定しなかった。今後も3倍程度の格差に抑えるように合区が導入されるだろうが、区割りや定数を少しずつ変えて格差を縮める「数合わせ」に限界があるのは明らかだ。
 16年の選挙後、参院各派による改革の議論は進んでこなかった。衆院との機能分担、参院の新しい役割や独自性を探るための抜本的な制度見直しの論議はもはや、不可避ではないか。選挙制度と共に目指すべき参院の姿も、そこから見えてこよう。


【社説】希望の党 政策と路線、明確にせよ 【北海道新聞】2017.09.28
 〇東京都の小池百合子知事が代表を務める新党「希望の党」がきのう、結党の記者会見を開いた。
 綱領に「しがらみ政治からの脱却」や、「寛容な改革保守政党を目指す」と記した。
 新党への関わり方が注目されていた小池氏が党首に就任した影響は大きい。動揺する民進党で離党の動きが加速し、一気に野党再編へ向かう可能性が出てきた。
 だが、肝心の政策・理念は曖昧で、小池人気頼みの印象も拭えない。具体像を鮮明にするべきだ。
 小池氏は衆院解散について北朝鮮情勢を踏まえ「政治空白があっていいはずがない」と述べ、安倍晋三首相との対決姿勢を示した。
 25日には国家戦略特区による学校法人加計(かけ)学園の獣医学部新設を「お友達関係」と批判している。
 情報公開を重視し都政の体質に風穴を開けた小池流で加計、森友学園の問題に切り込むならば、国民の期待にも沿うものだろう。
 だが、首相指名への対応は選挙後に考えるという。小池氏はいったん、都議選で連携した公明党の山口那津男代表の名前を挙げるなど、自公政権へのスタンスはいまひとつ分かりにくい面もある。
 政策も急ごしらえの感がある。
 小池氏は柱として「原発ゼロ」や、景気回復の実感が伴うまで消費税率10%への引き上げを凍結することなどを挙げている。
 希望の党には民進党離党者に加え、原発再稼働を掲げる自民党、日本のこころからも合流した。
 寄り合い所帯の中で十分な議論もなく、生煮えの政策を並べただけなら有権者に見透かされよう。原発ゼロへの道筋や消費税増税分に代わる社会保障費の財源など、説得力ある説明がほしい。
 外交・安全保障は綱領に「平和主義のもと、現実的な政策を展開する」と記した。改憲論議は避けないとするものの、首相が目指す9条改定の先行には否定的だ。
 安保法制や、情報公開と相いれない特定秘密保護法への賛否を具体的に聞きたい。
 小池氏は都知事の職は続ける意向だ。五輪開催を控えた首都のかじ取りと国政を両立させられるのかは、厳しい目で見られよう。
 それも覚悟の上で前面に出たのは、新党が「小池頼み」であることの裏返しだろう。
 この四半世紀、「改革」を掲げる風頼みの新党が生まれては消えていった。その歴史を繰り返さないためにも、政党の看板の政策と路線を明確にする必要がある。


【社説】1票格差「合憲」 不断の是正促す判決だ 【北海道新聞】2017.09.28
 〇「1票の格差」が最大3・08倍となった昨年7月の参院選について、最高裁はきのう「合憲」とする判決を言い渡した。
 過去2回の選挙では5倍前後に達し、最高裁が「違憲状態」と判断した格差が、県の壁を越えた合区で縮小した点を評価した。
 ただ15人の裁判官のうち4人は「違憲状態」「違憲」「違憲・無効」と判断した。是正へのさらなる努力が求められよう。
 自民党や全国知事会は合区の解消を主張するが、格差是正には逆行する。各党が党利党略を離れ、衆参の役割分担と選挙制度のあり方の論議を深めるべきだ。
 今回の訴訟では、16件の高裁判決のうち10件が「違憲状態」、6件が「合憲」と判断が割れた。
 その中で最高裁判決は「5倍前後で推移してきた格差が縮小し、是正が図られた」と評価。「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態にあったとは言えない」として合憲と結論づけた。
 同時に「改正公選法の付則で、次回選挙に向けて抜本的な見直しについて必ず結論を得る旨が定められ、立法府の決意が示された」ことを理由に挙げている。
 合憲とはいえ「抜本的な見直し」をあらためて促した形だ。国会は重く受け止めねばならない。
 最高裁は、2010年と13年の参院選を巡る訴訟で、1票の格差を違憲状態と判断。都道府県単位の区割りの変更を求めた。
 この間国会では、全国を9ブロックに分ける比例代表制の導入なども俎上(そじょう)に載ったが、各党の利害の衝突から合意できなかった。
 合区を巡っても、11カ所22府県で実施する案は自民党の反発で退けられ、「鳥取・島根」「徳島・高知」の2カ所にとどまった。
 都市部への人口移動が続けば、今後も格差は拡大しよう。その場しのぎを繰り返してはならない。
 一方、自民党は衆院選の改憲を巡る公約に、9条改定や緊急事態条項、教育無償化とともに参院の合区解消を盛り込む構えだ。
 国会議員について「全国民を代表する」と規定した憲法43条を変え、参院議員を都道府県の代表と位置づける主張である。
 だがそのための改憲を、国民がいま求めているのだろうか。そこを素通りでは「改憲のための改憲」と取られても仕方あるまい。
 参院創設時の内閣法制局の想定問答集は、二院制の意義を「多数党の横暴、腐敗、党利党略」の抑止に置いている。その重みを今こそ、見つめ直すべきだ。








核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-09-27

9/27: 民進党と希望の党 “統一名簿”、衆院選で“共闘”  小池氏、候補者に踏み絵(改憲と安保)を迫る! 強引過ぎて戦争⁉も 安倍の失態隠し解散も、護憲勢力ねじ伏せ、議員保守化にも、異議あり!

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・「一票の格差」最高裁は「合憲」 去年の参院選 9/27(水) 17:29  ★こんな大甘な司法の牽制だから、三権分立機能不全⁉ 権力者怠慢…
 ・除染めぐり無許可派遣か、暴力団幹部ら3人逮捕 9/27(水) 17:46
 ・三菱電機新入社員が自殺、「パワハラが原因」 両親が提訴 9/27(水) 17:45  ★素人を、ソフト部門配属、支援なし⁉
 ・肌の明るさが「若さ」左右、男性もスキンケアを・・・ 9/27(水) 17:44
 ・バリ島 噴火のおそれ、7万人超が避難 9/27(水) 17:43
 ・民進党と希望の党 “統一名簿”で調整、衆院選で“共闘” 9/27(水) 17:19   ★安倍自民、掣肘なら、一時良いのでは。私は、保守・反人権ではない
 ・クルド独立“賛成9割”投票結果尊重求める 9/27(水) 8:35   ★民族自決の原則だけでは、中々 先ず、イラクの統治の問題
 ・軍事的選択肢の準備できている~トランプ氏 9/27(水) 8:15   ★威嚇も程々に。戦争反対!
 ・【27日の天気】広く雨…激しく降る所も 9/27(水) 8:05
 ・北朝鮮の北米局長が訪露 米けん制が狙いか 9/27(水) 7:45
 ・日タイ修好130周年を記念しバンコクで展示会 9/27(水) 7:07

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月27日分 9:00 実施
「護憲+」: 今と未来を予見?2005年総務省製作短編映像「希望の党」 9/27 (笹井明子)
 〇知人から、2005年に総務省と明るい選挙推進協会が製作した短編映像「希望の党」が、小池新党「希望の党」の誕生とその行く末を予見しているかのようだと話題になっている、という情報が届きました。

 「12年前に総務省が制作した短編映像「希望の党」が発掘され、その予見性が話題に」

 +++
 これはとんでもない未来予知かもしれません。詳細は以下から。

 本日爆誕した小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」。なんと12年前の2005年に総務省と明るい選挙推進協会が制作した「希望の党」を紹介する動画が発掘されて大きな話題となっています。
 監督は「ガメラ」シリーズや「就職戦線異状なし」、「デスノート」などで知られる金子修介さん。主演には渋谷飛鳥さんと木下ほうかさんというキャストで、20分間の短編作品です。

 あらすじとしては2005年当時らしく「誰に投票しても変わらない」と考えて選挙に行かない夫婦と、熱心に翌日の選挙に行くように勧める娘といういかにも「選挙に行こうキャンペーン作品」らしい出だし。

 しかしその選挙が終わると政権を取るのが耳慣れない「希望の党」という政党で、徐々にこれまでの終わりなき日常が変わっていき、ついに…というディストピア展開。そして万を持して楳図かずおが登場し、想像を超える超展開へとなだれ込みます。

 作品は金子監督が自らのYouTubeチャンネルにアップしており、前後編で閲覧が可能。
 「希望の党」前編 – YouTube
 「希望の党」後編 – YouTube

 選挙に無関心なダメな大人と国の未来を考える真面目な子供、そしてそうした真面目さを易々と汲み上げて権力を奪取するポピュリズムとファシズム。その止められない暴走の末路など、まさしく2017年現在の日本の社会状況の危険性を浮き彫りにしてます。

 この政党に「希望の党」という明るく分かりやすい名前を付けた金子監督。小池都知事の「希望の党」の行く末をどこまで予見しているのでしょうか?
 +++

 なんというリアリティ。「希望は絶望」のディストピア。ぞわ~。
 後悔先に立たず、、、。今度こそ、「風」に流されず、ポピュリズムに踊らされず、自分達の選択が自分達の暮らし、生き方を左右するのだと自覚して、賢明な判断、責任ある選択をしたいと思います。

 「護憲+BBS」「明日へのビタミン!ちょっといい映画・本・音楽・美術」より


 今日のトピックス Blog9/26: 北・外相「米の爆撃機、撃墜の権利がある」 米報道官「我々は宣戦布告していない」 さて、安倍氏の立ち位置は? 戦争か 内外で大失態ばかりの日々 己が失態を『国難』と??? 慢心の証明


イシャジャの呟き: 秋晴れ すぐ 秋雨    誕生日の花 ベンケイソウ  花言葉 静穏 信じて従う 9/26
 〇ラジオ深夜便から

 好天も今日まで、明日からは 秋雨となる予報、我が家唯一の果樹、柿の実が色づいているが、
渋抜きをしたら、4日で 軟らかくなり過ぎ 食用にはならない。勿体ない・・・

 涼しくなったので、退院後 初めての除草をする。2か月ぶりなので、種を付けていたが、少しづつ
抜き取ろう。


 カテゴリなしの他の記事
  秋晴れ すぐ 秋雨
  秋晴れ
  台風一過
  敬老の日
  秋だ


今日の「○」と「×」: 「×」 政治を私物化する国難アベを退陣に追い込まなければならない。 9/26
 「×」 TBS: 「28日に衆院解散」安倍首相表明 9/25

 安倍首相は25日夜、記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭で、衆議院を解散すると表明した。
 安倍首相は「28日に衆議院を解散いたします」、「『国難突破解散』であります」などと述べた。
 安倍首相は、2019年10月に予定される、消費税率10%への引き上げによる増収分の使い道を、国の借金返済から、子育て世代への投資に振り向ける方針を示し、国民の信を問うと説明した。
 さらに、北朝鮮への圧力路線について、「信任を得て、力強い外交を進める」と述べ、「少子高齢化と北朝鮮情勢という、国難を乗り越えるための『国難突破解散』だ」と強調した。
 選挙の勝敗ラインについては、与党で過半数となる233議席とした。


 〇アベでんでんによれば、今回の解散は「国難突破解散」だそうだ。

 えらく大袈裟な呼び名を付けたものだが、今の日本に国難があるとするなら、それはアベ政権自身が作り出したものに他ならない。

 完全なマッチポンプだ。

 さらに、アベの存在自体国難といっても良い。

 だから、自公与党を大敗させアベ政権を倒すことこそが、国難を突破することになる。

 しかし、小池新党が伸びても自公の補完勢力になるだろうから、そちらには期待できない。

 最近の知事選や補選、参院選の1人区のような野党共闘で、アベ「マッチポンプ解散」を叩き潰さなければならない。


 今日のトピックス Blog9/25: 敵にはスローガンがない⁉ 我らのスローガンは、「Abe is over」!「モリ・カケ選挙」or火事場泥棒… 主権者が、悪代官から、本来の権威と畏敬を勝ち取り、民主主義、三権分立も本来に


「護憲+」: Abe is over 9/25 (流水)
 〇選挙には、スローガンが必要だ。それも、短いほうが良い。スローガンが一番力を持つのは、前向きに相手を攻めている時だ。

 今回の選挙。敵にはスローガンがない。消費税増税分を教育無償化に使うなど、スローガンになるはずがない。それだけ、後ろ向きの選挙だと言う事。

 と言う事は、今回の選挙は大チャンスだと言う事である。野党連合が本当に前向きなスローガンを出せば、選挙の雰囲気をガラッと変える可能性が高い。今回のように、選挙準備が整っていない選挙戦では、選挙スローガンの成否は、勝敗を決める可能性が高い。

 わたしは、以前、紹介した「Abe is over」を推奨したい。

 元歌は、ご存じオーヤンフィフィの「Love is over」。東京都議選の時、大きな力を発揮したそうだ。だが、やはり、都議選は都議選。Abe is overの影響力は限定的だった。

 しかし、今回は、衆院選。全国で行われる。しかも、安倍首相夫妻のズルを隠蔽するための「モリ・カケ解散」。問われるべきは、安倍首相その人。「Abe is over」の皮膚感覚は、東京都議選の比ではないと思う。

 歌詞と歌をご存じない方もおられるだろうから、もう一度 、紹介しておきます。

 Abe Is Over
 パギやん(趙博)

 Abe is over 
 遅すぎたけど、終わりにしよう、切りがないから
 Abe is over 
 訳などないよ、唯一つだけ、日本のため
 Abe is over 
 悪い過ちと笑って言える時が来るから
 Abe is over 
 泣くな、無様だろ、憲法のことは早く忘れて

 私はあんたを忘れはしない
 誰に替わっても忘れはしない
 きっと最後のファシストと刻むから

 Abe is over 
 私はあんたのトドメを刺すよ、ぐっと心に
 Abe is over 
 最後に一つ、国民騙しちゃいけないよ

 下手な答弁で誤魔化さないで
 本当のことを早く喋って
 きっとあんたにお似合いの墓がある

 Abe is over 
 嬉しいよ、早く出てって、振り向かないで
 Abe is over 
 Mmm... サヨナラしてね 
 Abe is over
 Wow wow wow ...

 歌はこちらでどうぞ。
 Abe Is Over/アベ・イズ・オーバー  パギやん(趙博)

 「Abe is over」を野党共闘の共通なスローガンにすれば、一言でこの選挙の意味が分かる。心から推奨したい。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/24: 「有事の際、北の難民の射殺検討」麻生氏発言に非難殺到 呆れるね⁉ 攻撃論に傾き過ぎる安倍政権 出口論も考えず、避難民が来たら『武装しているかも…』殺そうとは 憲法・世界標準無恥


「護憲+」: 「モリ・カケ選挙」と呼ぼう!  9/24 ( 珠 )
 〇もし選挙になったら、みんなで「モリ・カケ選挙」と呼びましょう。
 政治・税金の「私物化」は許してはいけないのです。

 自民党は、事件を国民が忘れているハズと国民を馬鹿にしています。
 選挙で勝てば、全てチャラにできると思っているのでしょう。

 そして選挙に行く前に、ぜひ見てもらいたい記事があります。
 ことに「安倍しかいないでしょ?」と根拠なく思い込まされている人、
 無邪気に「アベノミクスで経済は良くなったんじゃないの」と信じている人はぜひ!
 無邪気に安倍さんを支持してる人は、これを見てから選挙に行くべし!(お役立ち情報の杜(もり))
 
 みんなで、ツイッターやFB、SNSで広めたいものです。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


「護憲+」: 野党勢力が共闘できる政策理念への一提案 9/24 (流水)
 〇今回の解散劇。安倍政権及び自民党の憲法無視・国会無視・国民無視の姿勢は明白だ。どう見ても、彼らに正当性はない。

 しかし、解散総選挙は行われる。そして、その結果は出る。どんなに不合理で理不尽であっても、その結果に基づいて政治は行われる。【勝てば官軍】の世界である。

 政治のリアリズムとはそういうもの。だとするなら、野党勢力は、勝つために全精力を注入しなければならない。巨大で強い敵を相手に戦う要諦は、相手の弱点を徹底的に攻めること。弁慶の泣き所はどこか。その認識こそ、勝敗を分ける。

 ※自民党の弱点は?

 (1)解散の正当性がない

 ⇒「モリ・カケ隠し解散」「犯罪隠し解散」の批判に抗する理屈はない。
 ↓
 野党は、ここを徹底的に突くべき
 ↓
 「解散の大義」批判を論じるだけでは、力にならない→「モリ・カケ隠し」に協力した安倍側近の選挙区に団体で刺客候補を立てる(イメージとしては、小泉内閣当時の郵政民営化時の刺客候補)→●「モリ・カケ隠し」を争点に戦う⇒★メディア受けする争点を作る⇒野党の指導者が大挙して応援に入る⇒★選挙戦を通じて【モリ・カケ隠し解散】の理不尽さ、不当性さを訴え続け、【モリ・カケ隠し解散】の本質を国民に忘れさせない。
 ↓
 ★そのための刺客候補の選定を急ぐべき ⇒絶対野党統一候補でなければならない。

 (2)自民党候補は単独では強くない

 現在の自民党候補は、決して強くない。自民党の得票数は、ほとんど伸びていない。自民党が多数派を占めているのは、公明党の固定票と野党の乱立と小選挙区のおかげ。⇒この認識をきちんと持つことが大前提。
 ↓
 1. まず、野党の乱立を止める→野党統一候補擁立
 2. 自民党の医療・年金・介護・保育などの社会福祉政策切り捨て政策を図入りで分かりやすく説明する→公明党応援団創価学会婦人部の動きを止めることに集中する。
 3. 投票率を上げる事が、自民党に勝利する大前提→現在の自民党政治を継続すれば、日本が崩壊する、という危機感を掻き立てなければならない→★本当にそれでよいのか、という問いかけが必要。
 4. 安倍首相の代わりがいない、という消極的自民党支持者に対しては、●安倍首相にやらせておけば、日本は崩壊する。●安倍首相でも首相は務まったのだから、誰でも代わりはできる、という論理で対抗。

 ※野党連合の現実的正当性

 ・・・毎日新聞の試算によると、〈民進、共産、自由、社民4党が候補者を一本化すれば、計58の小選挙区で与党の現職を逆転する可能性がある〉という。
 14年衆院選の結果に基づいて試算したものだ。今回から衆院小選挙区の定数が「0増6減」となるため多少の誤差はあるものの、大きくは変わらないはずだ。・・・日刊ゲンダイ

 (3)「魚は頭から腐る」論を徹底的に展開するべき

 日本人は損得だけで判断するのではなく、社会の乱れ、道徳的退廃に敏感である。ここを徹底的に攻める。

 安倍首相や昭恵夫人の「ズル行為」を見逃すことは、「法治国家」の基本が崩壊する。まして、官僚や政治家、司法機関、メディアすべてが権力者を忖度すれば、もはや民主主義国家ではなく、独裁国家だと言う事を徹底的に論じなければならない。トップが腐敗すれば、日本国家すべてが腐敗すると言う事を徹底的に主張しなければならない。【道義国家】として世界の尊敬を勝ち取るためには、安倍首相そのものを変える以外ないと主張すべき。

 野党勢力は、基本的には、以上の争点だけを徹底的に語ればよい。この争点を声高に語ることができれば、かなり有利に選挙戦を展開できる。

 しかし、選挙は選挙。自民党や与党は、必ず北朝鮮危機を材料に、安全保障問題を争点にするだろう。他の一つは、憲法改正問題であろう。特に、北朝鮮問題は耳目に入りやすく、のぼせやすい連中には格好の材料になる。どう対処すればよいか。

 (4)北朝鮮問題

 日本では、ほとんど報道されていないが、ロシアのプーチン大統領が、きわめて現実的な北朝鮮問題解決法を提示している。

 日本では、トランプ大統領の異例の徹底的な北朝鮮破壊宣言に心を奪われがちだが、所詮ブラフ以外の何物でもない。トランプ大統領の反知性主義丸出しの言葉は、北朝鮮の反発を招きこそすれ、何の解決にもならないことははっきりしている。

 ただ、冷静に観察すれば、トランプ大統領が北朝鮮に言及したのは、全演説時間の8分の1。安倍首相のそれは、約8割。彼我の差に安倍首相の知性の無さを感じてしまうのは、わたしだけではないだろう。

 では、プーチン大統領の提案とは、一体どのようなものか。

 田中宇は、以下のように書く。
 ・・・
 プーチンの新提案とは、9月6-7日にロシア極東のウラジオストクで開かれた「東方経済フォーラム」で発せられた、(日本や)韓国から北朝鮮を通ってロシア、中国に至る鉄道やパイプラインを開通させる構想だ。

 朝鮮半島を縦断する鉄道やパイプラインは、ロシアのシベリア鉄道や西シベリアからのパイプライン、中国が「一帯一路」計画で建設している中国経由で西アジアや欧州まで伸びる鉄道やパイプラインにつながり、日韓がユーラシアや欧州に製品を輸出したり、シベリアから石油ガスを輸入する際に使える。

 北朝鮮は、自国を通過する鉄道貨物やパイプラインの通行料を得られる。この構想は、10年以上前からあったが、北と韓米の対立激化により頓挫していた。

The Russia-China Plan For North Korea: Stability & Connectivity Pepe Escobar

 ☆ご参考迄に
プーチンが北朝鮮問題を解決する 2017年9月20日   田中 宇

 プーチンが提案した北をめぐる経済協力案は、北が核やミサイルの開発をやめるよう求めている国連決議に従わないと進められない。

 米国が北を先制攻撃すると脅し、北は脅されるほど突っ張って核ミサイルの開発を誇張して進める現状が続くなら、北は国連決議に従わず、経済協力も実現しない。

 だが、今回のプーチン案は、従来の米国と中国が主導してきた解決策と、大きく異なっている。それは、今回の案が北朝鮮に対し「米国に脅されても挑発に乗らず無視して、露中や韓国(や日本)と一緒に、鉄道やパイプラインをつないで経済開発しようよ」と「米国無視・米国はずし」を持ちかけていることだ。

 従来の解決案は米中主導だったので、北は米国を無視できず、米国の挑発に乗らざるを得なかったが、プーチンの案はそれと正反対だ。
 ・・・

 この提案は、実に現実的だ。現に、ウラジオストックでのロシア・北朝鮮の秘密会談の映像では,両者が実に親密だった。田中によれば、この構想、ロシア・中国・北朝鮮・韓国はもちろん大賛成。日本も乗ったと書いている。反対しているのは、米国。そのため、まだ日本はおおぴっらに賛成できないという。

 ※わたしは、野党連合は、「北朝鮮問題は、対話による解決以外なし」というメルケル首相の立場を主張し、プーチン大統領の提案を現実的具体的解決策の一つとして主張すべきだと考えている。→そうすることにより、安倍首相の好戦的姿勢の危うさをあぶりだせると考えている。

 (5)改憲問題

 今回の解散劇は、二つの憲法違反の疑いがある。憲法53条違反と憲法69条違反である。
 ・・・・・・・・
 第五十三条  内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

 第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。
 ・・・・・・・・・・

 臨時国会召集を延ばしに延ばした挙句の果て、天皇陛下の出席なし、施政方針演説なしで冒頭解散。その間に内閣改造をしている。

 新内閣の施政方針演説もなければ、新閣僚の方針もなしで、解散。こんなことが許されるなら、憲法も法律も国会もいらない。こんな首相やこんな政党に憲法改正論議などする資格はない。そもそも、遵法精神など欠片もないと言わざるを得ない。

 野党は、現憲法遵守ができない政権や政治家に憲法改正を論じる資格なし、と断じて、憲法論議はしないという姿勢を明確にするべきだ。

 具体的内容に踏み込んで相手の土俵に乗っては相手の思うつぼ。争点がぼけてしまう。徹底的に安倍内閣や自民党の「憲法無視」「法律無視」「国会無視」「国民無視」を糾弾し、改憲論議など無視すべきである。

 (6)消費税問題

 民進党は過去の政策に拘泥せず、消費税5%減税を主張すべき。理由は、消費が回復しないのは、個人消費の落ち込みが原因。消費の回復のため、消費税5%減税を主張すればよい。自民党や支持者から批判はあるだろうが、自民党だって二度も消費税増税を見送っている。そんな批判は無視すればよい。

 (7))医療・年金・社会福祉政策

 年金を株に投資できるポートフォリオ撤廃。国債など安定的投資に変更する。(理由;年金を危険な投資に投入しない。株式市場が、市場の本当の姿を反映しなくなり、本来の機能を果たしていない。)

 「護憲+コラム」より


「護憲+」: 続・「憲法論議に対案は必要ない」 9/24 (パンドラ)
 〇名無しの探偵さんが「コラムの感想」で書いておられたように、中野先生の論説は鋭く、説得力があり、しかも私などにも分りやすくスーっと頭に入りました。何故、政治家の皆さんは、中野先生ような言葉で国民に語る事が出来ないのでしょう。
 ☆ご参考迄に
中野晃一先生(上智大学)の考える立憲主義とは?安倍晋三の憲法違反に猛抗議する学者の姿 #中野晃一

 コラムの後半で少し触れましたが、一番気になるのは憲法改定の国民投票。長くなるので、コラムではあまり触れられませんでしたが、私は国民の意志で国民の手による国民投票を実現したいと思っています。

 しかし、昨今の都知事選、国政選挙の、都民および国民の投票行動を見ると、情けなく思います。 「国民投票と選挙は違う」とおっしゃる方もいますが、改憲勢力は、いざとなったら死に物狂いで汚ない手を使っても闘いを挑んで来るでしょう。

 その時のために護憲派はあらゆる手を打ち、知恵を搾って憲法体制を護らなければなりません。日本の国民はそこまで愚かではない、と思いたいのですが…。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/23: 原発避難判決/予見できたのに免責??? 国と東電の対策・怠慢糾弾、責任を問うた前橋地裁判決とは隔絶 10月福島地裁で、原告数約3800人の判決 救済・賠償では徹底的に被害者に寄り添え


 今日のトピックス Blog9/22: “完全破壊”演説に…金正恩氏、トランプ大統領を“罵倒” 「北朝鮮の崩壊 望まない」韓国大統領&中国外相、河野外相に「対話も重要だ」 首相「最大限の圧力」? 戦争or平和、選挙で決まる


「護憲+」: 「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会のお知らせ 9/22 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」9月29日(金)例会を下記のとおり行います。

 今回は、関西大学教授で「9条の会・おおさか」事務局長の吉田栄司さんにお越し頂き、『9条問題の本質を「護憲」の立場で考える』のテーマでお話をしていただきます。

 吉田さんは、8月に行われた今井一さん主催のシンポジウム「9条問題の本質とその抜本的な解決を論ずる」にパネリストとして参加され、9条護持の立場から持論を展開されましたが、今回はその中身についてより掘り下げたお話しを伺う予定です。

 大義なき解散総選挙が間もなく行われるようですが、その結果がどうであれ、自民党政権は安倍首相が執念を燃やす「9条に自衛隊を明記する」改憲案を提出するタイミングを図っているようで、私たちも「国民投票」への心構えを作っておく必要がありそうです。

 今回は、吉田さんのお話を伺う中で、改めて「9条護憲」の意味について考え、「護憲派」としてのコンセンサスを作り上げるひとつの契機とすると共に、今後の取り組みについても考えたいと思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:9月29日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)


 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

 2016年8月以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2016年)
  8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
  9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
 10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 11月: 「今、高江で起こっていること」
 (2017年)
  1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
  2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
  4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
  5月: 「森友問題の幕引きを許さない」
  7月: 「民進党は民意の受け皿になれるのか」

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 「憲法論議に対案は必要ない」に賛同 9/22 (名無しの探偵)
 〇コラム「憲法論議に対案は必要ない」を拝読しました。

 極めて同感。中野先生の論旨は、憲法学者などが自民党の憲法改正の陰謀、実は現憲法の破壊工作にうかり対案を用意するという、安倍政権の罠にはまりがちな点を指摘しています。そういう意味でこの悪巧みに待ったをかける鋭い着眼点だと思いました。

 また、後半部分のパンドラさんの主張も大変示唆に富む内容であると思います。

 中間無党派層をいかに味方にひきつけるのか。極右の代表を選んだ民進党を観れば明らかのように、(脱党する人が増えている)民進党以外の野党連合と、民進党の少数派でまた、反自公政権の連合を組織すれば良い。

 パンドラさんのコラムで教わることが多く、全面的に賛同します。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


 今日のトピックス Blog9/21: 安倍首相 国連で演説、金党委員長を「確信的な破壊者」? 唯一の超大国~大日本帝国をお忘れか 戦争する国化、今、戦争を目論む己自身を隠すのか⁉ 戦争か平和か 主権者、市民が決すべし


「護憲+」: 民進党前原代表は「国共合作」に学べ 9/21 (厚顔)
 〇9月の臨時国会冒頭での安倍首相の衆議院解散は、ほぼ間違いなさそうである。野党は乱立、代表交代、離党者続出等で大わらわの最中に、虚を突かれた形である。やっと自民党候補者への共闘を模索し始めたようだが、野党第一党の民進党前原代表が、共産党との理念・信条の違いから野党統一候補擁立には慎重で、前途多難な様相である。

 前原代表は、自身の選挙区が伝統的に共産党が強い京都であり、総選挙の都度共産党候補と競っており、それに打ち勝つには共産党との理念・信条の違いを常時選挙民に訴えねばならない事情もあるのだろう。そのような中、民進党の代表になり安易に共産党と妥協しようものなら、地元選挙民への有言不実行を問われかねない。

 かといって野党乱立では、全体として自民党に勝てず、民進党の現有議席も維持できない結果となりかねず、全体を立てれば地元が立たずのジレンマを抱えている。まさにこのような場合の野党第一党のリーダーの器と対応力はどうあるべきかが問われている。

 そこで思い起こすべきは歴史の教訓、中でも、共通の敵であった日本軍に対峙するために行った中国共産党と国民党の「国共合作」の教訓である。

 それまで犬猿の仲で内戦までしていた共産党の毛沢東と国民党の蒋介石が手を結び、最終的には日本軍を駆逐したのである。詳細は以下を見てほしい。

国共合作 (ウィキペディア)
  「国共合作(こっきょうがっさく)とは、1924年から1927年と、1937年から1945年の2度に亘り中国国民党と中国共産党の間に結ばれた協力関係のことである。「合作」は中国語で協力関係を意味する。」

 結論から言えば、民進党の前原代表が自民党を倒すために、歴史・故事に習い、懐の深い政治家になれるか否かである。中国の両政治家は互いに内戦を繰り返した過去を持ちながら、一時それを水に流し、共通の敵の為に手を組んだのである。

 「小異を捨て大同につく」、「実(身)を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ栃の皮」という諺もある。野党第一党の代表になっても、いつまでも京都選挙区の事情を抱えて野党統一候補が立てられないようであれば、結果自民党議席を減らせず、与党が現有議席維持のままならば、次の参議院選でも自民党に勝てる見込みは無い。そうであれば、前原代表は、蓮舫前代表同様、即刻民進党代表を辞任すべきであろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 秋晴れ    誕生日の花 ノハラアザミ  花言葉  心の成長 9/21
 〇ラジオ深夜便から 

 昨日までの不安定な天気とは 一転 今日は爽やかな秋晴れになりました。

 あさイチを見ていたら、兄と甥が通院の途中、果実と野菜を届けてくれました。
 数か月ぶりで 逢えました。87歳の兄は 僕より元気で 果物づくりの現役で安心しました。


 カテゴリなしの他の記事
  秋雨
  秋場所


 今日のトピックス Blog9/20: 国連で核禁止条約50カ国署名へ 非合法化、廃絶目指す 更に、戦争もと トランプ氏「完全な破壊以外 選択肢なくなる」と、拳を… お追従者安倍は、勇んで戦列に 風雲急⁉主権者ご決断を


 今日のトピックス Blog9/19: 大義なき「自己都合」党利党略解散、容認し難い 動機もだが、その後トランプ・安倍が何をするかが更に大問題⁉ 戦争か平和か 市民、主権者が戦争を排除 投票で安倍・陣笠議員を不信任しよう



イシャジャの呟き: 台風一過     誕生日の花 オミナエシ  花言葉  はかない恋 親切 9/19
 〇ラジオ深夜便から

 台風一過、晴れていたのでスーパーまで 食品の補給のため 出かける。
 帰ってきたら 竜巻注意報のテロップが流れる・・・ まだまだ 空は安定してないようだ。

 柿の色付きが 鮮やかだ。捥いで 焼酎さわし と考えたが、竜巻のこともあるので、後日とする・・・
 生協の宅配を待っています・・・・

 カテゴリなしの他の記事
  通院


 今日のトピックス Blog9/18: 北朝鮮の国連追放望ましい=米上院小委員長&トランプ大統領「ロケットマン」呼ばわり  却下! 敵視政策、反省なさい。のけ者にするは、イジメ。 爾後は、核兵器禁止、戦争放棄服用を


「護憲+」: 憲法論議に対案は必要ない 9/18 (パンドラ)
 〇安倍内閣は少し支持率が回復したのを機に、また「改憲」について言及し始めた。

 上智大学の中野昇一教授が週刊金曜日の9月1日号で、野党は「【対案を】という改憲議論に乗るな」という興味深い論考を載せているので紹介したい。

 中野氏は、『今の改憲勢力は、反対する勢力を分断する事に重きを置き、「ただ反対というのではなく対案を持ち寄って欲しい」という改憲議論に乗せようとしている』と言っている。

 民進党の中にもこの揺さぶりに乗ろうとする勢力がいる事は否めない。

 中野氏は更に、『憲法とは「憲法典」と「憲法体制」を指すと述べている。憲法典は「日本国憲法」という文章である。しかし憲法は、解釈や、学説、判例、国際条約など全て含めて憲法体制として機能している。
 ところが、現行の憲法議論は「憲法典」をいじる事しか眼中にない。「憲法典をいじれば「憲法体制が確立する」という議論は幼稚だ』と言い、
 『安倍首相が言う「戦後レジームからの脱却」は憲法典を足掛かりに戦後の憲法体制(レジーム)を破壊しようとしている』と述べている。

 氏の言説とは対照的に、『憲法典を国民の意志と意識で、国民投票に掛けてきちんと決めるべき』という意見もある。いわゆる、「国民投票」を国民の手で成し遂げ、取り戻そうという意見だ。

 私には迷いがある。都知事選は野党勢力の作戦のまずさがあったとは言え、続く都議会選挙はどうだったか。一時的なものとはいえ、小池百合子と都民ファーストの会に対する熱狂を思うと心もとない。

 今の社会には憲法に対して無関心だったり、不満、鬱憤を感じている人達がいる。その人達を「中間無党派層」と名付けるならば、安倍内閣を批判する人達が中間無党派層まで拡がり、支持率を下げた事実が示すように、中間無党派層の中にある欲求や不満、改革を希求する声に耳を傾ける事が必要ではないか。そのために野党共闘で国会の勢力を少しでも増やして欲しい。

 国民の生活は苦しい。長時間拘束される割には増えない年収。国民が一生懸命働き納めた税金はどこへ消えたのだろう。消費税は福祉に使われるはずではなかったか。若者達は労働待遇の不備で結婚も出来ない。少子化なんて解消される訳がない。

 憲法典をいじる事よりも、その不満、諦めに答えようとする政党を国民は待望している。野党は【対案】を出す事に拘るより、もう一度国民の声に耳を傾けて欲しい。

 「護憲+コラム」より


今日の「○」と「×」: でんでんの私利私欲解散に「×」。 9/18
 「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議 9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


 〇アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

 あからさまな疑惑隠し、権利の乱用、私利私欲解散だ。

 もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

 しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

 国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。



イシャジャの呟き: 敬老の日  ☂  誕生日の花  ゲンノショウコ   花言葉  心の強さ 9/18
 〇ラジオ深夜便から

 台風18号は、今朝7時前秋田沖を通過したが、暴風はまだ続き、周囲の木々を大きく揺らしています。

 雑草園、唯一の果実、タワワに実った柿の枝も大きく揺れていますが、落下しないで頑張っています。
 渋柿と思って、いたが 熟して 蜂が食いついているものもあり 早めにもぎ取って 焼酎でさわすことにしよう。

 ゴミ出しの日だが、昨夕出しておいたので、今朝は 暴風の中出歩かなくてもよく助かった。今日は敬老会だが、敬老の品も昨日届いた。傘寿に当たるとのことで、杖が届いた、鳩杖 ?と思いきや 今風のものでした。
 杖を頼りに、買い物に行こう ?

 台風が去ったと思いきや、外遊から帰ったと思ったら 解散風を吹かした、どこやらの、草履がいるらしい。
 〇〇小学校、〇〇獣医学部問題を、消去しようとする算段だろう、許せない 面々だ


 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog9/17: 首相“国会冒頭に衆院解散”意向… 安倍、トランプは、制裁の先、戦争を目指す⁉ 主権者は、戦争の選択肢を奪え 投票行動で、NON!と &戦争法制と格差解消、脱原発 平和を目指す
  ★朝鮮半島危機、或いは、東アジアの危機である。その一員、日本の主権者として、戦争か平和か、単純に選べばよい。それが、憲法上の課題だ。しかも、安倍氏、安倍政権から、選択を迫られている。安倍政権を信任するかどうか、と。 今、安倍は、何をしようとしているか、見極めることが肝要だ。東アジアを、その実態、危険を。戦争なら戦争、どうするのか? 平和なら平和、どう築くのか?その構想と、選択した結果(想像力、構想力含め)見ながら、投票行動、或いは、意思表明、twitterであれ、何であれ、主張、説得することが求められている。


「護憲+」: 国民をバカにしている安倍政権ー空気を換えよう! 9/17 (tetsujinn)
 〇安倍と彼を操っている一味は探偵さんの仰っていることは重々承知の上で、あえて国民に不安を煽って軍備の増強を狙っているとしか思えません。

 即ち支持率の回復状況や、「共産党との共闘はやらない」などと高言するヘタレ民進党の現状を見て、ますます「敵はいない」「やりたい放題をやれる」と国民をバカにしているのでしょう。

 先の大戦の過ちをしっかり反省していない官僚の末裔たちが、まともな教育を受けていない若者たちを煽って「敗戦前の日本を取り戻す」などと有頂天になっているのです。

 「だまされる国民が悪い」とばかり言っておれません。困難な活動ですが、何とかホイッスルを吹いている人たちに協力して空気を換えたいものです。

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


「護憲+」: どさくさ紛れ解散総選挙か! 9/17 (流水)
 〇今朝(9/17)のNHKニュースで、安倍首相が臨時国会冒頭解散する決意をしたと報じた。サンデーモーニングで田中秀征も「この流れはもう止まらない」と語っていた。

 「あれだけ北朝鮮危機を煽っておいて、解散総選挙かよ?」「全国の学校で戦時中そのままの防空訓練をしろと強制しておいて、選挙かよ?」「アラート少年よろしく、上空700kmを通るミサイルにけたたましく警報を鳴らしておいて、選挙かよ?」

 文句を言えば、いくらでもある。

 何度も指摘するが、安倍政権(自民党政権)の脳裏にあるのは、権力保持だけ。そのために、利用できるものは何でも利用する。北朝鮮危機はその絶好の材料だ。危機を煽れるだけ煽り、国民を恐怖に陥れ、国民が恐怖のために思考停止の状態になってくれれば最高と考えていた。

 官邸の思惑通り、内閣支持率が多少回復。森友・加計問題追及もめっきり報道が少なくなった。それどころか、多くのメディアは、まるで従軍記者気取りの報道に狂奔している。

 多くの国民は、森友・加計どころではない。本当に戦争になるのではないか、と恐れている。危機になればなるほど、国民は政府を頼るものだ。これで、選挙に勝てば、森友・加計問題もチャラになる。選挙に勝ったら俺様に逆らったやつは徹底的に締め上げてやる。覚悟しておけ、というわけだ。

 ナチス・ドイツのゲーリングは「もちろん国民は戦争を望んではいない。なぜ畑にいる貧しいまぬけが、自分の命を戦争にさらそうなどと望むだろう?だが、結局、政策を決定するのは国家指導者だ。国民はいつでも指導者達の命令に従わせることができる。連中に、我々は攻撃されているのだと言って、平和主義者は愛国心に欠けると非難するだけで良いのだ。これはどこの国でも同様に機能する。」と語っている。

 麻生太郎が言う「ナチスドイツに学べ」とは、こういう事態を指す。

 今回の「どさくさ紛れ解散」「犯罪隠し解散」を見れば、北朝鮮危機など本当に存在するのかと言う事を疑わなければならない。何度も書いて恐縮だが、かなりの確率で「出来レース」だと疑わざるを得ない。本当に国家存立の危機ならば、大義名分のない解散総選挙などで政治の空白をつくる暇などない。「出来レース」でなく、本当に差し迫った危機が存在するのなら、解散・総選挙などしている余裕などないはずである。

 こう見てくると、安倍政権は、本当に骨の髄まで反国民的政権・反民主的ファッショ政権だと断定せざるを得ない。

 何をどうボヤいてみても選挙はある。とにかく、野党共闘を実現し、選挙に全力投球する以外この暴政を止める手段はない。

 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


「護憲+」: 北のミサイル発射に頓珍漢な対応の安倍首相 9/17 (名無しの探偵)
 〇北朝鮮のミサイル発射は今に始まったことではない。しかし、これに対する安倍首相の対応は、いつも初めてミサイル(攻撃?)を受けたような憤りを示す頓珍漢な答えに終始している。

 日米同盟の下で100パーセント一致した協力体制と、国際社会への働きかけで、さらる圧力をかけていくという。北朝鮮と話し合いで事を解決する政治的な動きは全くない。

 結論を先に言うと、核武装している国に対し軍事的対応一辺倒では、日本が危ないだけである。世界一の軍事大国の「核の傘の下に」あるので大丈夫というのは、素人的でなんの説得力も持たない意見にすぎない。

 日・米・韓と北朝鮮が再び戦火にまみえるときは、日本列島と韓国が最初の戦場になることは予測できる。(そのためのミサイル発射である。)また、一旦核戦争を始めたら地球自体が持たない

 こういう簡単な理屈が理解できないのが、今の日本の政治的指導者であり、それに票を投じてきた大多数の日本国民である。

 恐怖を通り越して、滑稽でもある。(こちらは老い先短い身なので。)

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より




ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第263号)
 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年09月10日 第263号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第263号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇小千谷9条の会(新潟県小千谷市)、◇千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
◇コープ9条の会(静岡県浜松市)、◇佐野九条の会(栃木県佐野市)、◇住吉・今
井九条の会(神奈川県川崎市中原区)、◇第9条の会・浜松(静岡県浜松市)、◇平
和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
■活動報告
◇宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
◇9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
■編集後記~安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 「安倍9条改憲を止めよう!全国交流討論集会」を開催します
<詳細はこちらをクリックしてください> 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 小千谷9条の会(新潟県小千谷市)
 
戦争体験を聞くつどい
日時:9月16日(土)14:00~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 千葉県障害者・患者9条の会(千葉県)
 
講演と歌声の集い
日時:9月17日(日)13時30分~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● コープ9条の会(静岡県浜松市)
 
第1回 憲法カフェ
日時:9月20日(水) 10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 佐野九条の会(栃木県佐野市)
 
講演会:安倍政権と東アジアの安全保障
日時:9月24日(日) 1時30分~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 住吉・今井九条の会(神奈川県川崎市中原区)
 
住吉・今井九条の会9月定例会:安倍首相の「2020年改定憲法施行」提案の背景
日時:9月30日(土)14:00~16:30(開場1:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 第9条の会・浜松(静岡県浜松市)
 
市民の日曜討論「改憲と安倍政権-私たちは、どう向き合うか」
日時:10月1日(日) 14時~16時30分(予定)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会(東京都狛江市)
 
秋の学習会:いまこそ民主主義の再生を~新しい政治参加への希望~
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分(開場1時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 宮城県内30万部のチラシを配布(宮城県内九条の会連絡会)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 9条改憲は許さない「私の一言」運動(憲法9条の会inとやま)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍9条改憲NO!全国市民アクションの運動が始まりました
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん




◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


柏崎刈羽 事実上の適合 東電「福島」と同じ沸騰水型 【東京新聞】2017.09.27
 〇原子力規制委員会は二十七日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)について、原発の新規制基準に「適合」するとの審査書案を定例会合に示した。東電は福島第一原発事故の当事者で、事故収束も被害者への賠償も終わっていないが、「原発を運転する資格がある」と認定。事実上の適合判断となるが、了承は次回十月四日以降に持ち越した。 (小川慎一)
 柏崎刈羽6、7号機は、福島第一と同じ沸騰水型。この型では初の適合となり、東電の原発としての適合も初めて。
 東電は、二〇一三年九月に審査を申請。想定する津波の高さを約三メートルから約七メートルに引き上げ、海抜十五メートルの高さの防潮堤(長さ約二・五キロ)を整備した。重大事故時に原子炉格納容器が破裂するのを防ぐため、内部の蒸気を抜くフィルター付きベント(排気)設備も設置。新たな非常用冷却装置も導入する。
 審査の過程では、防潮堤の地盤が液状化する恐れや、事故時に対策拠点となる免震重要棟の耐震性不足について、東電は把握しながら規制委に事実と異なる説明をしていたことが発覚。規制委は、東電に申請書を総点検させ、六月に再提出させた。

 規制委は当初、東電に原発の運転資格があるかについて疑問視していた。東電側が、文書や口頭で福島事故を収束させ、柏崎刈羽を安全第一に運営する決意を表明したことで、一転して態度を軟化。田中俊一前委員長の任期(十八日まで)中に、適合にめどをつけようと急いだ。
 審査書案が了承されれば、国民から意見募集(パブリックコメント)を一カ月間実施し、年内には審査書を正式決定する見通し。
 東電は柏崎刈羽を再稼働させ、福島事故の処理費用や、住民への損害賠償の費用を工面する方針。
 しかし、立地する新潟県の米山隆一知事は「福島事故の検証には三、四年かかる」と明言している。東電は当面、地元同意を得られず、再稼働できる状況にない。


【社説】原発事故避難者訴訟 支援拡充の検討を急げ 【佐賀新聞】2017.09.27
 〇東京電力福島第1原発事故により福島県から千葉県に避難した住民らが国と東電に計約28億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁は東電に3億7600万円余りの賠償を命じた。原告側が重視した国の責任を巡っては「重大な過失はなかった」とし、東電とともに国への請求も認めた3月の前橋地裁判決とは異なる判断を示した。
 その一方で、故郷の風物や仕事、人間関係を奪われたとして原告側が主張の柱に据えた「ふるさと喪失」の慰謝料を認めた。国の責任が認められず、弁護団は「不当判決」と控訴する方針を明らかにしたが、ふるさと喪失の慰謝料を初めて認定した判断は「前進」と前向きにとらえている。
 原発事故避難者による集団訴訟は少なくとも全国の20地裁・支部で30件近くあり、原告総数は1万2千人を超える。判決は前橋に続き、千葉が2件目。来月には原告数が3800人以上と最大規模の訴訟の判決が福島地裁で言い渡される。いずれも国と東電の責任を追及しており、司法判断が今後どのような形で定着していくか注目したい。
 一連の訴訟は長期化するだろう。ただ避難者の多くは国の指針に基づく現行の賠償制度に不満を抱いており、今回の判決も制度が避難者の損害や苦しみなどを十分にカバーしきれていないとの立場を取っていることを考えれば、指針の見直しも含め支援拡充の検討を急ぐことが求められる。
 前橋地裁判決は「津波を予見できたのに対策を怠った」として国と東電の責任を認め、国について「規制権限を行使すれば事故を防げたのにしなかった。著しく合理性を欠き、違法」と東電に必要な津波対策を取らせなかったことを厳しく批判した。この点、千葉地裁判決は対照的だった。
 巨大津波を予見できたかについて、国の機関による長期評価を基に原発敷地の高さを超える約10メートルの津波を国も東電も予見できたとし、原告側の主張を受け入れた。だがリスクの全てに資金や人材を費やすことは不可能で、対策を取っても事故を回避できなかった可能性があると指摘。「規制権限の不行使は著しく合理性を欠くとは認められない」と結論付け、国の対応に理解を示した。
 原発事故がもたらす甚大な被害を考えると、高い安全性が要求される原発について資金的制約などから、対策の先送りが許されるのか疑問が残る。リスクを過小評価しているとの批判もある。
 そうした中でも、ふるさと喪失の慰謝料や自主避難者への賠償増額を認め、国の指針に基づく東電による賠償の範囲を超えたことは評価できよう。文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が2011年に指針を定め、避難指示区域からの避難者は月10万円、18歳以下や妊婦を除く自主避難者は総額8万円となっている。ただ「少なすぎる」との声が絶えなかった。
 賠償額に不満がある場合は申し立てを行い、それでも解決しなければ訴訟を起こす仕組みになっている。千葉地裁は「避難生活に伴う慰謝料では補填(ほてん)しきれない」として、指針による賠償とは別の枠組みで、ふるさと喪失の慰謝料を認めた。
 弁護団は「金額が低い」としているが、各地の訴訟にも影響は広がっていくだろう。これを救済拡大の一歩とし、避難者に寄り添った支援の在り方を考えていきたい。
(共同通信・堤秀司)




福島第1原発 核燃料回収3年先送り…1、2号機プール 【毎日新聞】2017.09.26


【社説】原発避難者訴訟 支援拡充の検討急ぐべきだ 【熊本日日新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者千葉判決 国免責は納得できない 【中国新聞】2017.09.25


【社説】原発避難者訴訟  疑問の残る判決だった 【京都新聞】2017.09.25


【社説】原子力規制委が新体制へ 「福島の教訓」を忘れずに 【毎日新聞】2017.09.25


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある


規制委、来月4日にも「合格」へ 東電柏崎刈羽原発6、7号機 【東京新聞】2017.09.20


柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け 【東京新聞】2017.09.20


【社説】東電の適格性認定 規制委の明確な説明必要だ 【熊本日日新聞】2017.09.18


<宮城知事選>「是が非でも立てる」市民団体、候補選定急ぐ 【河北新報】2017.09.16

【社説】原子力規制委 「適格」の理由を説明せよ 【西日本新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性 判断の根拠が薄すぎる 【信濃毎日新聞】2017.09.15


【社説】東電の適格性認定 規制委の結論は唐突だ 【秋田魁新報】2017.09.15


【社説】柏崎刈羽原発 不可解な規制委の容認 【北海道新聞】2017.09.15


【論説】柏崎原発「合格」一転先送り 規制委の信頼性問われる 【福井新聞】2017.09.14


【社説】女川原発アンケート/再稼働への拒否感示された 【河北新報】2017.09.14


柏崎刈羽「適合」20日以降 規制委「東電に運転資格」一致 【東京新聞】2017.09.13

福島第一原発 汚染水問題は今 【東京新聞】2017.09.13


原子力規制委 田中委員長が22日まで職務を継続 【NHK】2017.09.12


NHK: 東日本大震災6年半 仮設住宅に今も2万人余 9/11


玄海原発4号機「来年3月に再稼働」 九電が目標公表 【朝日新聞】2017.09.12


柏崎原発「合格」先送りへ 規制委、再稼働審査で 【東京新聞】2017.09.11


【社説】柏崎刈羽原発と規制委 再稼働ありきの審査か 【中国新聞】2017.09.10


【社説】柏崎原発再稼働/疑問を抱く規制委の転換 【神戸新聞】2017.09.09


大飯原発 3、4号機 おおい町議会が再稼働に同意 【毎日新聞】2017.09.08


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 【朝日新聞】2017.09.08


【社説】[柏崎原発合格へ] 規制行政の信頼揺らぐ 【南日本新聞】2017.09.08


【社説】【柏崎刈羽原発】再稼働ありきではないか 【高知新聞】2017.09.08


【論説】【「仮設」打ち切り】生活困難者を生むな 【福島民報】2017.09.08


【論説】東電柏崎原発「合格」へ 駆け込み容認でよいのか 【福井新聞】2017.09.07


原発事故 福島・双葉郡の住民調査「約6割が無職」 【NHK】2017.09.06


柏崎刈羽、13日適合へ 東電3・11以降で初 【東京新聞】2017.09.06


小泉元首相 原発ゼロ「それほど困難でない」 【NHK】2017.09.06


【社説】東電柏崎原発「合格」へ 根拠のない拙速判断許されない 【愛媛新聞】2017.09.05


TBS: 津波で被災、宮城・南三陸町の新役場庁舎が完成 9/3


日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ 【NHK】2017.09.02


原発事故 告訴グループが集会「裁判で真相解明の可能性」 【NHK】2017.09.02




【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 12年前に作られた短編映画「希望の党」の迫力 ・ブログ連歌(495) 9/27
 〇 2005年に総務省・明るい選挙推進協会が「若者の選挙離れ」への啓発キャンペーンの一環として製作した「希望の党」という映画(約20分)が、現代を予告したようだというのでネット上の話題になっている。
 小池新党と同名の映画「希望の党」に脚光 見事な政権奪取、そして結末は... 9/26 
  
 ストーリーは、大人たちのありきたりの投票行動にいらだつ若者たちが過激化し、「希望の党」の名のもとに独裁的な行動に出るという、逆転の構成になっている。たとえばある日、「過去3回の選挙で棄権した者の選挙権を、はく奪する」という法律が施行されてしまうのだ。そうなってから「投票しておけばよかった」と後悔しても、もう遅い。選挙権を失った大人たちは、もう政治に関与することができなくなって、やがて自分の娘のところにも出征の命令がくる……
 今回の選挙で話題になっている「希望の党」は、たぶんこれとは違うのだろう。民進党からも自民党からも離党者が出て、ここに合流する動きがあるようだ。小池百合子都知事は、自らが代表になる意欲を見せている。都議会での「都民ファースト旋風」を、国政でも起こそうとしているのだろうか。「脱原発」を掲げているのはいいとしても、国政での立ち位置はどうなるのだろう。都知事になったのが、国政への踏み台のようにも見えてくる。
 とにかくこの小池新党が、この選挙の目玉の一つになってきた。日本では東京都知事を経て総理大臣になった例はまだないが、諸外国では地方の首長を経て国のトップになるのは珍しいことではない。支持勢力の整備が、野党の再編を促すのだから、この動きには注目している必要があると思う。ただし、間違っても自民よりも悪い第二保守党になるのは願い下げである。ここは看板の通りの「希望の党」になってほしいものである。そして台頭するためには、野党よりも自民党から、より多くの票を奪ってくれることを期待したい。
 それにしても、昨今の息づまるような緊迫感は異常である。しかし一発ですっきりしたいような願望は、さらに大きな危険を招くことになる。問題は、ねばり強く、順を追って解いて行かなければ、永続する安心にはつながらない。最大の課題は、健全な野党を育てて戦争を遠ざけることである。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 今と未来を予見?2005年総務省製作短編映像「希望の党」 18:55 - 2017年9月26日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 Abe is over 17:47 - 2017年9月24日


ハフポスト日本版‏ 認証済みアカウント   @HuffPostJapan フォローする その他 「安保法、共謀罪などに賛成した議員との合体は『悪魔』との握手だ」     ⇩ 有田芳生氏、民進党と「希望の党」の合流構想を批判 7:09 - 2017年9月27日 78件のリツイート 52件のいいね


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【コイケは何をしたのか】就任3ヶ月、コイケは都知事として何もしていないと思う。豊洲移転をAI?で決めて議事録もナシ。晴海の選手村の1000億円値引き払い下げも黒塗り資料で情報公開もウソ。関東大震災で虐殺された朝鮮人慰霊祭への追悼文を断り「歴史修正主義」であることがバレただけ。 8:22 - 2017年9月27日


志位和夫‏ 認証済みアカウント   @shiikazuo フォローする その他 「共産委員長『自民党政治と同じ』|NHKニュース」 希望の党は、安保法制を容認し、改憲を進めるとしている。これでは自民党と同じ。自民党に対抗する旗は立てられない。 民進党が、市民連合との合意、野党4党の合意を守ることを期待する。 4:04 - 2017年9月27日


山口泉 (反戦・反核・反ファシズム)‏  @yamaguchi_izumi フォロー中 その他 横浜米軍機墜落事件から40年 - 未来に残す 戦争の記憶 - Yahoo! JAPAN 15:30 - 2017年9月27日


ハッピー‏  @Happy11311 フォローする その他 小池新党『希望の党』が原発ゼロを掲げたけど、東電大株主の東京都知事としての見解や、東京に電力を送り来週にも合格となる柏崎刈羽原発6・7号の再稼働をどう見てるのか?って聞きたい。 小泉元首相 「希望の党」の選挙運動には関わらず 0:43 - 2017年9月27日 597件のリツイート 285件のいいね



郷原信郎が斬る: 大島衆議院議長は、内閣不信任案「採決動議」にどう対応するのか 9/27
 〇安倍首相が、明日、臨時国会冒頭で行うことを明言した衆議院解散について、ジャーナリストのまさのあつこ氏が、【野党は臨時国会冒頭に、内閣不信任案を提出できるのか?】という大変興味深い分析を行っている。
 まさの氏は、「臨時国会冒頭での内閣不信任案採決の動議」が出された場合の展開について、以下のように述べている。
 臨時国会冒頭に、天皇の書く「解散詔書」を内閣総務官が国会まで持ってくる。
 それを菅義偉官房長官に渡し、官房長官がそれを向大野新治事務総長に渡し、事務総長がそれを大島理森衆議院議長に渡して、議長が読み上げると「解散」となる、という流れが予想される。
 この読み上げの前に、野党が内閣不信任決議案を提出し、読み上げの最中に、「内閣不信任案を採決する」動議を出した場合、「議場内交渉」となり、議院運営委員会の場で議論される。
 内閣不信任案が採決にかれば与党はそれを否決するしかなく、内閣が信任されれば解散はできなくなって困るので、与野党の交渉が難航したり、議場が騒然としたりしても、最終的には、与党側の「数の力」採決に至らない可能性が高い。
 また、内閣不信任案を採決する動議が出され、それが採決されないまま、議長が衆議院解散の詔書を読み上げて解散になった場合は、そのことが、衆議院の議事録に残ることになる。
 その上で、まさの氏は、以下の指摘を行っている。
 今回の解散は、
 1)憲法第53条(いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない)に基づいて6月22日から求められていた臨時国会を、安倍内閣が開こうとせず、
 2)その安倍内閣総理大臣が、「森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、様々な問題が指摘され、国民の皆様から大きな不信を招く結果」を「深く反省」すると8月3日に会見をして、
 3)その脈略とは関係がない「仕事師内閣」というネーミングで内閣改造を行い、
 4)3カ月も放置した臨時国会を開催するかと思えば、会見を開いて、「消費税の使い道」と「緊迫する北朝鮮情勢」という、本来は「解散」「選挙」を経ずに対応できることを理由に解散すると説明した。
 5)しかも、所信表明演説の要求にも、予算委員会や党首討論の要求にも応じていない。
  そのような経緯を辿った解散について、
 議運や国会対策委員会が、所信表明の要求や内閣不信任案の提出を認めないのであれば、少なくとも、大島衆議院議長は、それらの動議の提出を受け止め、実現する度量を見せるべきではないか。
 というのが、まさの氏の意見である。
 臨時国会冒頭解散が既定方針とされている中で、内閣不信任案採決の動議がどの段階で、どのような形で出せるのか、仮に不信任案が採決に持ち込まれ否決された場合に、7条解散についても、「信任されれば解散できない」ということになるのか、など疑問な点はあるが、いずれにしても、7条によって不当極まりない解散が行われることへの対抗策として、意味のある方法だと思われる。
 私は、直近のブログ記事(【“憲政史上最低・最悪の解散”を行おうとする「愚」~河野外相、野田総務相は閣議で賛成するのか】)で、今回、安倍首相が行おうとしていると報じられた解散は、本来、憲法69条に基づく場合にのみ認めるのが憲法の趣旨であるのに、7条の国事行為として行うことが既成事実化していることに乗じて、「大義」が存在しないどころか、国会での疑惑追及を回避し、野党側の選挙準備の遅れを衝いて国民の政治選択の機会を奪い、それによって、北朝鮮情勢緊迫化の下での政治的空白を生じさせるなど、まさに「不義のかたまり」というべき解散であり、憲法が内閣に認めている解散権を大きく逸脱した「最低・最悪の解散」だと批判した。
 そして、9月25日の記者会見で安倍首相自身が明らかにした解散の理由は、「消費税増税の使途の変更」「北朝鮮問題への対応」ということだったが、2年も先の消費税増税について、今、国民に意見を聞いても、そもそも、最終的に消費税増税を判断するのは1年以上先であり、その時点で、そもそも消費税増税ができる経済状況かどうかもわからない(これまでも、安倍首相は、経済状況を理由に消費税増税延期を繰り返してきたこととも矛盾する。)。北朝鮮への対応についても、国会での議論は全く行われていない。・・・


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 その他 【大島衆議院議長は、内閣不信任案「採決動議」にどう対応するのか】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒  23:56 - 2017年9月26日


制服向上委員会‏  @ski_official フォロー中 その他 制服向上委員会のブログ更新しました♬ 生誕25年祭ありがとうございました!! 5:06 - 2017年9月27日


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 『東京都は東京電力株の1.20%を保有する4番目の大株主ですが、小池都知事は東京電力に対して脱原発を求められる立場にありながら全く求めてきていません』 小池新党「希望の党」が掲げる「原発ゼロ」が20000%大嘘である3つの理由 http://buzzap.jp/news/20170927-koike-no-nuke-fake …


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 民進党内からは、合流に前向きな意見がある一方、「希望の党にのみ込まれるくらいなら最後まで戦う」と徹底抗戦の声もあり、前原氏の思惑通りに事が運ぶかどうか、見通せない状況。 小池新党「合流」に民進党は? 反発の声も(FNN) 4:39 - 2017年9月27日 233件のリツイート 96件のいいね
  ★保守かどうか、安全保障の考えがおなじかどうか、そういう選別が実施されそう… 対象者に、危機感はあるか?


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 政治は訳がわからねえやでも野党共闘を! 民進・希望・自由“共闘”へ、与党との「1対1」の対決目指す|ニフティニュース 3:21 - 2017年9月27日 8件のリツイート 5件のいいね
  ★ご期待に沿えないような、雲行き⁉


空  【安倍政権打倒!】‏  @kskt21 フォロー中 その他 国契約業者が菅官房長官に献金 前回衆院選前、公選法抵触の疑い | 2017/9/27 - 共同通信 47NEWS https://this.kiji.is/285696786890048609 … 全く問題ない官房長官さん、疑いではなく公選法違反ですよ。法令に反していないかどうかは自首して司法の判断を仰ぎなさい。 6:59 - 2017年9月27日 31件のリツイート 14件のいいね












































西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 麻生氏発言「大変遺憾」=「国粋主義的認識」と批判―韓国(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000120-jij-kr … @YahooNewsTopics 5:23 - 2017年9月26日 27件のリツイート 15件のいいね


田崎 基(神奈川新聞 記者)‏  @tasaki_kanagawa フォロー中 その他 「候補一本化を」市民連合が4野党に要望 http://www.kanaloco.jp/article/280319  「この選挙で必ず安倍政権を退陣させなければいけない」「解散は安倍政権による憲法破壊そのものだ」「小選挙区で一対一の構図を示し立憲主義と民主主義を擁護する選択肢示す責任がある」


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 4野党は共闘を=安保関連法反対の市民連合【17衆院選】:時事ドットコム 4:29 - 2017年9月26日


tasha‏  @phootahaa フォローする その他 お、人間の指便利。 0:13 0:08 - 2017年9月25日 19,150件のリツイート 27,994件のいいね
  ★猫からの、共生要求! 御主人の手、貸して‼‼ 愛情、シンパシーは、大事


畠山理仁‏  @hatakezo フォロー中 その他 女性問題 長沢復興副大臣が議員辞職願提出(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170926-00000035-nnn-pol … @YahooNewsTopics


首都圏反原発連合‏  @MCANjp フォロー中 その他 【安倍政権NO!☆1005銀座大行進】フライヤーの配布協力をお願いします!お取寄せフォームからお申込下さい!→ http://coalitionagainstnukes.jp/?p=10095 


Tad‏  @CybershotTad フォロー中 その他 安倍首相「高等教育の無償化を必ず実現する」 いやだからその民主党政権時代の高校無償化を止めたのは自民党だろ…。 2:09 - 2017年9月25日
  ★パクリの安倍…


Yahoo!ニュース 速報や地震情報も‏ 認証済みアカウント   @YahooNewsTopics フォロー中 その他 【映像 渋谷交差点に車、騒然】25日午後10時前、渋谷のスクランブル交差点に黒いワゴン車が進入、警視庁のパトカーが追跡する「カーチェイス」があり、あわや大事故。騒然とする様子を映像で。 0:22 - 2017年9月26日 83件のリツイート 36件のいいね


高光早美‏  @samiriko フォローする その他 もちろん私も応援します! しおりんがんばれ! 22:35 - 2017年9月25日


高橋 浩祐‏ 認証済みアカウント   @KosukeGoto2013 フォローする その他 安倍首相の解散会見。北朝鮮関連の質問をしたくて、一生懸命、挙手しても全然指名されず。会見場にいた旧知の外国通信社の記者は「誰に質問させるか、事前に決まっている」、米コロンビア大のジャーリズムスクールの先輩、神保哲生さんは「過去5年間、一度も指名されたことがない」。茶番ですね。
  ★昨夜は、安倍首相が、民放全てをパクっていたが、公正とか公平とか、そういう観念がないのか
 民放も民放といえば、そうだが、各社社長級が、『不公平』『格差』を差配しているのか。…


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【戦争を煽るな】トランプのおバカなツイッター発言に、北朝鮮外相は「宣戦布告と受け止める」と反応。国連事務総長も憂慮。「対話の重要性」を訴える諸外国首脳を無視して、トランプに着いていくアベ。戦争が全ての失敗と嘘を隠す手段になってきた。 15:52 - 2017年9月25日 577件のリツイート 414件のいいね


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 韓国外交部「非常に遺憾」 麻生氏の「武装難民射殺」発言を批判(聯合ニュース) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000065-yonh-kr … @YahooNewsTopics 5:25 - 2017年9月26日 49件のリツイート 22件のいいね


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 この写真が全ての真実を物語っています。 6:29 - 2017年9月26日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 これは本当に必見ですねー。 【www】国民が選挙に行かず、「希望の党」という独裁政権が誕生し、日本がディストピアになる作品があった!監督「デスノート」金子修介、出演・渋谷飛鳥、木下ほうか、楳図かずお(2005年・総務省・20分) 7:47 - 2017年9月26日 124件のリツイート 72件のいいね



三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 その他 自民の公認争い激化 慎重調整 2017年9月26日 希望の党で、コイケもコイズミも待っているよ! 5:30 - 2017年9月26日 1件のリツイート 2件のいいね


田中龍作‏  @tanakaryusaku フォロー中 その他 政治を私物化したアベシンゾウへの怒りは、根っからの保守層を思いもよらぬ投票行動に向かわせそうだ・・・ 『【衆院選・東京12区】有権者「私は右翼だが今回は共産党に入れる」』 http://tanakaryusaku.jp/2017/09/00016696 … 6:33 - 2017年9月26日



K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 その他 私たちは政府が国民に詐欺を働く国に住んでいる。 7:33 - 2017年9月26日
  ★「もりかけ」隠し解散、総選挙、後で見直すのか、飽く迄、逃げようとするのか⁉ 森友『国有地叩き売り』は、原状復帰したが、加計学園、獣医学部新設は、チャラにするのか





志村建世のブログ: 朝鮮半島と日本人~宗純さんのコメントを紹介 9/25
 〇 昨日のブログに「宗純」(「逝きし世の面影」ブログ主)さんから頂いたコメントがすばらしいので、オモテ記事として紹介させて頂きます。
(以下引用)                  
 百済滅亡が660年、百済再興で日本(倭国)が大敗した白村江の戦いはその3年後の663年。百済と同盟していた高句麗が滅亡したのは668年で、この時に王族が亡命したのが高麗神社。百済の避難民も大勢受け入れたが、当時は亡命者に優しい国柄だった。
 ご先祖様の縄文人のルーツは3万年前の氷河期最盛期にバイカル湖付近が住めなくなって、結氷して地続きになっていた日本列島に移り住んだ縄文人で、これは経済難民ですね。もう一方の弥生人は骨のDNA鑑定で、朝鮮半島ではなく遠い中国の山東半島(春秋戦国時代の斉国)にルーツがあるが、中国の戦乱を避けた戦争難民。この両者が平和に合体して今の日本人が出来あがった難民には住みやすい国家なのです。
 ところが、麻生副総理は、朝鮮からの武装難民を射殺すると言い出した。発想が南京大虐殺時の便衣兵とか関東大震災時の朝鮮人が暴動を起こしたと同じで、呆れるが、ほんの72年前には日本人が大量に難民となって、現地の中国人などに助けられた歴史を完璧に忘れている。
 百済滅亡が660年、百済再興で日本(倭国)が大敗した白村江の戦いはその3年後の663年。百済と同盟していた高句麗が滅亡したのは668年で、この時に王族が亡命したのが高麗神社。百済の避難民も大勢受け入れたが、当時は亡命者に優しい国柄だった。
 ご先祖様の縄文人のルーツは3万年前の氷河期最盛期にバイカル湖付近が住めなくなって、結氷して地続きになっていた日本列島に移り住んだ縄文人で、これは経済難民ですね。もう一方の弥生人は骨のDNA鑑定で、朝鮮半島ではなく遠い中国の山東半島(春秋戦国時代の斉国)にルーツがあるが、中国の戦乱を避けた戦争難民。この両者が平和に合体して今の日本人が出来あがった難民には住みやすい国家なのです。
 ところが、麻生副総理は、朝鮮からの武装難民を射殺すると言い出した。発想が南京大虐殺時の便衣兵とか関東大震災時の朝鮮人が暴動を起こしたと同じで、呆れるがほんの72年前には日本人が大量に難民となって、現地の中国人などに助けられた歴史を完璧に忘れている。


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 その他 全米にネットワークを持つ米公共放送(PBS)の報道番組「ニュースアワー」は、「沖縄では、多くの人々が米軍の撤退を望んでいる」と題した約10分間の特集番組を放映。特集番組はウェブサイトでも視聴可。 6:15 - 2017年9月25日 9件のリツイート 11件のいいね


しんぶん赤旗‏ 認証済みアカウント   @akahata_PR フォロー中 その他 返済不要の「給付型奨学金」制度。来年4月から大学などの新入生に「本格実施」される予定ですが、文部科学省の来年度予算の概算要求では、対象者は約2万人と極めて小規模にとどめたまま… http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-25/2017092501_05_1.html … 6:51 - 2017年9月25日


TBS NEWS‏ 認証済みアカウント   @tbs_news フォロー中 その他 朝鮮学校の無償化除外、学校側が控訴 http://cgi.tbs.co.jp/n/DI5x  #tbs #tbs_news 7:06 - 2017年9月25日


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 http://www.kanaloco.jp/article/280101 「加計問題で追及されるのが嫌で解散するのだろう。こんなに卑怯な内閣をみたことがない。許してはならない。」「ここまで国民をないがしろに…自分と自分の仲間のために政治を行う政権を続けさせたら日本がおかしくなる。」もうなってるが怒りは必要。 6:45 - 2017年9月25日
  ★実に、御尤も。空き巣か火事場泥棒か、そのような恣意的解散権“専権事項”の実行、主権者の利益を害する憲法違反ではないか、と思われる。しかも、主権者から、何らかの一任だけは得ようとする???不心得。戦争でなければ、幸い! 善隣友好が、平和日本の大原則。 トランプだけと懇ろとは、酷い違和感がある、『安倍友』関係を思い出す…


市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 9月25日夕方 『0925官邸前に押し掛けよう』が行われ、仕事帰りのサラリーマンなどの市民が『安倍晋三は議員を辞めろ。麻生太郎は議員を辞めろ』などのコールで抗議活動を行いました。 #0925官邸前に押し掛けよう 6:41 - 2017年9月25日
  ★然り! 有言実行、議員辞職、総辞職。 解散では、実行したことにはならぬ。一人、静かに、国会、永田町から、去るべきだ。



志村建世のブログ: 高麗神社とイージス・アショア 9/24





植草一秀の『知られざる真実』: 9.29安倍やめろ!総選挙院内緊急総決起集会 9/23
 〇9月29日(金)午後5時より、衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて
 衆院総選挙院内緊急総決起集会を開催する。

 政治私物化・安倍政治を退場させるために、すべての心ある主権者・政治勢力が
 「小異を残して大同につき」結集・連帯・共闘しなければならない。

 「安倍政治を許さない!」すべての主権者の参集を強く求めたい。

 開催概要は以下のとおり

 主催は「オールジャパン平和と共生」


 政治私物化・KKK(かけかくし解散)許さない!
 安倍やめろ!野党共闘で政権奪還!
 衆院総選挙院内緊急総決起集会 

 2017年9月29日(金)

 衆議院第一議員会館多目的ホール
 午後4時30分開場 午後5時開会

 参加費無料

 住所:東京都千代田区永田町2-2-1.
 最寄り駅•国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
    •永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

 プログラム(予定)
 以下、HPをご参照ください。

 安倍政権による政治私物化の氷山の一角である森友・加計疑惑が露見しました。
 野党は真相解明のための臨時国会召集を要求してきましたが、安倍政権は憲法第53条の規定を無視して国会を召集してきていません。

 3ヵ月の空白ののちに臨時国会を召集する方針がようやく定められたにもかかわらず、安倍首相はその臨時国会冒頭で衆議院解散に踏み切る構えです。
 主権者が争点を明確にして候補者を絞り、主権者を代表する候補者に投票を集中する。
 滋賀、鹿児島、沖縄、新潟の県知事選では、この方式で安倍政治に対峙する主権者勢力が勝利を収めてきた。
 これを「新潟メソッド」と呼んでいる。
 「新潟メソッド」で衆院総選挙に勝利を収め、安倍政治を妥当しなければならない。
 戦争・弾圧・搾取の悪政街道を暴走し続ける安倍政権を主権者国民が倒さなければなりません。

 オールジャパン平和と共生は、反戦・反核・反貧困の旗を掲げ、政策を基軸にした主権者と政治勢力の結集を呼びかけます。
 「安倍やめろ!野党共闘」を確立して、来る衆院総選挙に何としても勝利し、主権者のための政治を実現しなければならないと考えます。
 一人でも多くの主権者の参集を強く呼びかけます。

 大同団結・連帯して衆院総選挙に勝利して主権者が日本を取り戻す!
 共にがんばりましょう!・・・



市民メディア放送局‏  @info_9 フォロー中 その他 前川前事務次官『ゆがめられたものを是正するのは、この総選挙の機会しかない』 #報道特集
  ★さも!ご健闘と議員含む、御支援を願います。 孤立は、いけない。出来れば、新党立ち上げで、強力御支援を。


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000051-asahi-pol … @YahooNewsTopics これは酷過ぎる!選挙に関係なく、直ちに議員辞職させるべき。公人の露骨なヘイトスピーチは絶対に許せない 12:45 - 2017年9月23日 22件のリツイート 9件のいいね
  ★侮りも、驕りも、ヘイトも、根っこは一緒⁉ 安倍友、偏執愛と同じ…




きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文








小池氏 入党条件は安保と憲法: 希望への参加条件、安全保障と憲法への姿勢重視 小池氏 9/28
 〇希望の党代表の小池百合子・東京都知事は27日夜、BSフジの番組に出演し、同党参加の条件について「基本的には憲法(改正)への対応。それは安全保障にも関わる」と述べ、改憲と安全保障に対する姿勢を重視する考えを示した。「一人一人の考え方を確認する」とも話し、個別に選別する意向を明かした。(朝日新聞デジタル)
  ★小池氏、踏み絵を迫る! 改憲と安保、ひょっとして、戦争迄も視野… 安倍と同根…ドサクサ解散、護憲勢力ねじ伏せ、議員本位政治。

民進「希望」参加容認を検討 前原、小池氏ら極秘会談 中日新聞 9/27
 〇民進党の前原誠司代表が、小池百合子東京都知事が設立した国政新党「希望の党」への参加を望む議員の離党を容認する案を検討していることが分かった。安倍政権に対抗し、政権交代の受け皿になるには野党勢力の結集が必要と判断した。小池氏や自由党の小沢一郎共同代表と今月下旬に都内で極秘に会談していたことも判明。複数の関係者が明らかにした。衆院選に向け野党再編が加速する見通しだ。
 ただ民進党内には、希望の党との連携への慎重論も根強く、党内調整の難航が予想される。大量離脱による党分裂の可能性も出てきた。
 前原氏は希望の党との協力が進展した場合は、自由党との合流も視野に入れる。これまでに「与党候補と一対一の構図をつくるため、あらゆる手段を取りたい」と述べており、二十八日の両院議員総会で今後の協議の一任を取りたい考えだ。
 前原氏は二十六日、民進党最大の支持団体、連合の神津里季生会長と会談し、新党との連携を模索する考えを伝えた。
 これに関し民進党の柚木道義衆院議員は二十七日、衆院選で希望の党を含めた野党共闘を推進するため、発展的な解党と、新党設立も視野に入れるよう党執行部に申し入れた。大島敦幹事長は「重く受け止める」と述べた。
 だが党内には「離党ドミノ」の引き金となった希望の党との連携に慎重な意見がある。二十六日の常任幹事会でも「離党者に対抗馬を擁立すべきだ」との意見が出た。前原氏は党全体同士の合流は難しいと判断し、離党容認案に傾いたもようだ。
 共産党とのパイプが太い小沢氏が橋渡し役を担うことで、同党と地方レベルでの候補者すみ分けも進めたい考えだ。
  ★選挙公示、選挙期間、選挙資金の問題もある。どうしようと? 飽く迄も、議員レベルの懸念ではあるが。 主権者の意思、置いてけぼり!忖度はない⁉ 小池氏。







安倍首相 会見の「国難突破解散」 国難は「ボク難」? 毎日新聞 9/27
 〇その言葉に驚いた人も多かっただろう。安倍晋三首相が25日の記者会見で口にした「国難突破解散」。大義なし、自己都合という世間の衆院解散への批判に、少子高齢化と北朝鮮の二つの問題を挙げ反論したかに見える。いずれも深刻な問題だが、それが本当の解散理由なのか。【福永方人、小国綾子】
 実際、この表現に違和感を抱く有権者は少なくなかったようだ。首相の会見直後、ツイッター上に「おまえが国難」という言葉があふれ、拡散数の多いキーワードを集めた「トレンド」に入った。
 この言葉に続けて生活実感や疑問をつづる投稿が相次いだ。 ・・・
  ★森加計隠し解散、総選挙、国二分!

国契約業者が菅官房長官に献金 前回衆院選前、公選法抵触の疑い 【東京新聞】2017.09.27
 〇菅義偉官房長官が代表を務める自民党神奈川県第2選挙区支部が2014年の衆院選公示直前、国の公共工事を受注していた横浜市の業者から15万円の献金を受けていたことが27日、分かった。公職選挙法は国と契約を結ぶ当事者が国政選挙に関し献金するのを禁止しており、専門家は公選法に触れる可能性を指摘している。
 菅氏の事務所は「寄付は毎年11月に定期的に受けており、選挙に関しての寄付との認識はなく、当時、この業者が国から(工事を)請け負っていたのかは知らない。法令に反しないと認識している」と文書で回答した。


昨年参院選は合憲、最高裁大法廷 「1票の格差」、3・08倍 【東京新聞】2017.09.27
 〇「1票の格差」が最大3・08倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は27日、「著しい不平等状態にはなかった」として「合憲」と判断し、無効請求を退けた。過去2回の判決は「違憲状態」だった。
 昨年の参院選前、国会は徳島と高知、鳥取と島根をそれぞれ一つの選挙区とする「合区」を含めた定数の「10増10減」を実施。長年5倍前後で推移してきた格差は約3倍に縮小した。判決は国会の取り組みを「これまでにない手法を導入し是正を図った」と評価した。
  ★いつまで、後追い判決を??? 大昔、田中耕太郎時代から、の悪弊。
 ☆田中耕太郎 - Wikipedia  ●最高裁判所長官(1950年 - 1960年)
 ★ 国の政策について - ハンセン病国賠訴訟
 〇…さらに戦後、新憲法が制定され、基本的人権の永久不可侵がうたわれたにもかかわらず、1931年制定「癩予防法」は存続しました。
 そして1953年(昭和28年)、国は、当時既にその治療法も確立しつつあったにもかかわらず、強制隔離政策を永続・固定化する「らい予防法」を患者の猛反対を押し切って制定したのです。
 このような一連の施策は、患者を危険なものとして捉え、それを社会から排除することによって社会を守ろうとする誤った社会防衛思想に基づくものです。これにより、多くの患者が様々な人権侵害を受けてきたのです。


民進、希望と連携合意 高まる合流論、統一名簿を模索 【朝日新聞】2017.09.27
 〇民進党内で小池百合子・東京都知事が衆院選で率いる「希望の党」への合流論が強まっている。民進の前原誠司代表と小池氏は26日夜、東京都内で会談し、連携する方針で合意した。前原氏は28日の両院議員総会で連携の形について説明する考えだ。
特集:2017衆院選
 衆院解散が迫るなか、小池新党の誕生で野党候補の乱立が避けられない情勢になり、前原氏は政権交代に向けて与党側と対決するためには野党勢力の結集が必要と判断。会談では、小池氏に「大同してやっていこう」と連携の必要性を訴え、小池氏が理解を示したとみられる。
 連携の形について、民進側は候補者が同じ政治団体に結集して戦う「統一名簿方式」などを模索している。党内からは「安倍政権を倒すためには小池氏と一緒にやってもいい」(党幹部)、「合流は歓迎だ。希望に候補者を立てられたら地獄。渡りに船だ」(党関係者)との声が上がっている。
 25日に設立された希望の党には、すでに与野党の離党組らが参加を表明。今後も民進議員を中心に、合流の動きが加速する見通しだ。小池氏は25日の記者会見で、「前原氏とは日本新党以来の知り合い。コミュニケーションをとれる」と述べる一方で、民進との連携については「党を丸ごとというよりは改革と保守、政策の同意が必要だ」と述べていた。
  ★かなり、乱暴な合流、選別策動がある、起こるような…


民進「希望」と連携調整 前原氏、小池・小沢氏と会談 解党論も 【東京新聞】2017.09.27
 〇民進党の前原誠司代表は二十七日、小池百合子東京都知事が設立した新党「希望の党」と連携する方向で調整に入った。巨大与党に対抗するため、野党勢力の結集が必要と判断した。今月下旬に、小池氏や自由党の小沢一郎共同代表と都内で三者会談を行っていたことも判明した。関係者が明らかにした。衆院選に向け野党再編が加速する見通しだ。民進党執行部内で、希望の党への参加を望む議員については離党を容認する案を検討していることも分かった。
 前原氏は希望の党との協力が進展した場合は、自由党との合流も視野に入れる。これまでに「与党候補と一対一の構図をつくるため、あらゆる手段を取りたい」と述べており、二十八日の両院議員総会で今後の協議の一任を取りたい考えだ。

 前原氏は二十六日、民進党最大の支持団体、連合の神津里季生会長と会談し、新党との連携を模索する考えを伝えた。
 これに関し、民進党の柚木道義衆院議員は二十七日、衆院選で希望の党を含めた野党連携を進めるため、発展的解党と新党設立も視野に入れるよう党執行部に申し入れた。大島敦幹事長は「重く受け止める」と述べた。
  ★かなり、乱暴な合流、選別策動がある、起こるような… 保守2党制、強く志向か。共産党、旧社会党系孤立化?


「寛容な改革保守政党を目指す」 小池知事、綱領を発表 【朝日新聞】2017.09.27
 〇 新党「希望の党」は27日、東京都内のホテルで結党の記者会見を開いた。代表の小池百合子・東京都知事は「日本をリセットするために希望の党を立ち上げる。しがらみのない政治、大胆な改革を築いていく」と表明。「寛容な改革保守政党を目指す」などとした党の綱領を発表した。
特集:2017衆院選
小池知事「日本をリセットする」 衆院選の立候補は否定
 記者会見には、これまで結党準備を進めてきた小池氏に近い若狭勝衆院議員や民進党を離党した細野豪志衆院議員など14人の衆参議員が出席。小池氏は冒頭、「今、この時期に日本をリセットしなければ、国際間競争、日本の安全保障などを十分、守り切れない」と強調した。
 安倍晋三首相の衆院解散表明について、小池氏は「東アジア情勢がきわめて厳しいなか、政治的空白が良いはずはない」と改めて批判。「(衆院選は)改革のチャンスだ。国民の声をしっかり受け止める」と述べた。衆院選後に行われる首相指名選挙への対応については、選挙後に判断する考えを示し、「あくまでも都知事として、この戦いに臨んでいく」と述べた。
 綱領では、①寛容な改革保守政党を目指す②「しがらみ政治」から脱却③国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築く④平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開⑤ワイズスペンディング(税金の有効活用)の徹底⑥国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現――と六つの柱を掲げた。
 希望の党は今後、衆院選の公約づくりの一方、候補者の擁立作業を急ぐ。
希望の党の綱領
 我が党は、立憲主義と民主主義に立脚し、次の理念に基づき党の運営を行う。常に未来を見据え、そこを起点に今、この時、何をすべきかを発想するものとする。
 ①我が国を含め世界で深刻化する社会の分断を包摂する、寛容な改革保守政党を目指す
 ②国民の知る権利を守るため情報公開を徹底し、国政の奥深いところにはびこる「しがらみ政治」から脱却する
 ③国民の生命・自由・財産を守り抜き、国民が希望と活力を持って暮らせる生活基盤を築き上げることを基本責務とする
 ④平和主義のもと、現実的な外交・安全保障政策を展開する
 ⑤ワイズスペンディング(税金の有効活用)の徹底、民間のイノベーションの最大活用を図り、持続可能な社会基盤の構築を目指す
 ⑥国民が多様な人生を送ることのできる社会を実現する。若者が希望を持ち、高齢者の健康長寿を促進し、女性も男性も活躍できる社会づくりに注力する


野党4党 衆院議長に国会審議申し入れへ 【NHK】2017.09.27
 〇民進党や共産党など野党4党の国会対策委員長らが会談して、28日召集される臨時国会の冒頭で衆議院を解散するのは認められないとして、安倍総理大臣の所信表明演説や、それに対する各党の代表質問などを行うよう、改めて求めていくことを確認し、大島衆議院議長に申し入れました。
 民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は、27日国会内で、国会対策委員長らが会談し、28日召集される臨時国会の冒頭で衆議院を解散し、森友学園や加計学園をめぐる問題などを審議しないのは認められないという認識で一致しました。
 そのうえで、野党4党は、臨時国会で、安倍総理大臣の所信表明演説や、各党の代表質問、それに、予算委員会や党首討論を行うよう改めて、求めていくことを確認しました。

 会談の後、民進党の松野国会対策委員長は「野党4党が3か月前から憲法の規定に基づいて要求していた臨時国会を開いて、全く審議しないということは、けしからん話だ。野党に発言の場を与えて、堂々と解散すべきで、せこいとしか言いようがない」と述べました。
 この後、野党4党は、大島衆議院議長に申し入れを行い、大島議長は「しっかりと受け止めさせていただく」と述べたということです。
 民進 松野国対委員長「解散のためだけの国会 出席難しい」
 民進党の松野国会対策委員長は、国会内で記者団に対し、「北朝鮮の弾道ミサイルが発射されている状況で、国会の冒頭で解散するのは国会軽視も甚だしい。国権の最高機関である国会がなくてもいいと言っているのと同じ状況で、平和ぼけとしか言いようがない」と述べました。
 そのうえで、松野氏は、「審議をするための国会なら喜んで出席するが、今の状況で、審議を封じて解散するためだけの国会では、出席することは難しい」と述べました。


希望の党 小池氏、知事としての公務相次ぎキャンセル 【毎日新聞】2017.09.27
 〇「希望の党」代表に就任した東京都の小池百合子知事が、知事としての「公務」を相次いでキャンセルしている。衆院選最終盤と重なるパリ出張も、「最後の訴え」を終えた後でも出発が間に合うようなスケジュールが組まれた。都は公務を取りやめた詳しい理由を明らかにしていないが、党代表としての「政務」に充てるとみられ、都幹部からは都政運営への影響を懸念する声も出ている。
【動画】小池氏・希望の党結党記者会見
<小池氏が希望の党設立会見 >「日本をリセットする」
<小池新党結成>衝撃 選挙の構図、激変
<小池新党に疑問>「集まってきた人、選挙に勝ちたいだけ」
<「グリーン小池」の衣の下から見える“鎧”とは>
<小池都知事会見の詳報>「日本に足りないのは希望」
<小池新党、維新と協力検討 候補者すみ分け>
 小池氏が26日までにキャンセルした公務は、29日の「APT Women(東京都女性ベンチャー成長促進事業)キックオフイベント」と、30日の「六本木アートナイト2017」への出席。特に「APT Women」は「女性活躍」を政策の一つに掲げる小池氏肝いりのイベントで、8月25日の定例記者会見では「私も出席をいたしまして、数多くの女性の起業家、また起業を目指す方々にエールを送っていきたい」とアピールしていた。
 他にもイベント出席の取りやめが検討されているという。都は欠席理由を「日程の都合が付かなくなったため。それ以上は存じ上げない」としているが、ある職員は「察してほしい」と語り、衆院選を控え、知事が政務優先となっている様子をほのめかした。
 また、10月21~25日の日程で組まれていた知事のパリ出張は、夜に東京を出発するという異例の旅程になった。担当者は今月22日、「パリでの日程に合う一番効果的なフライトにした」と説明。小池氏は25日の会見で「21日の深夜便で行く予定」と明かした。10月22日投開票で行われる見通しの衆院選の街頭演説は21日午後8時まで。最後の訴えを終えた後でも、出発が間に合うことになる。
 小池氏は、国政に関与していくことを「東京にとってもプラス」と強調した。それでも都庁内では「選挙になればさらに政務を優先するのだろう」との見方も広がり、ある都幹部は「2020年東京五輪・パラリンピックや市場移転問題など課題山積の都政を投げ出すことはないだろうか」と懸念する。【円谷美晶、芳賀竜也、柳澤一男】









NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25
  ★首相の専権事項より、主権者の権限と権能の確認、保存が肝要。首相の専権事項という時、ややもすると、主権者の権利・権限侵害に亘る⁉ 知る権利も、成熟した議論も、証拠・議論に基づく選択権も、蔑ろにしてはならぬ。今回は、なんと安倍氏のみが、民放らをジャックして、己の言い分のみ、垂れ流した。 国民主権、国民が主権者では、あってはならぬこと。 安倍氏らは、素知らぬふりをしているが…自民党的解釈で。最高裁は、チェックしようとしないから。  三権分立の役割、ずっと、田中耕太郎以来、ずっと放棄した侭… 不届きでしょ。

衆院解散表明 首相会見詳報(5)「小池都知事と基本的理念は同じ」 毎日新聞 9/25
 〇--米国のトランプ大統領が北朝鮮のリーダーを「ロケットマン」と呼び、米国は北朝鮮を完全に破壊するしか選択はないかもしれないと発言した。このコメントは、日本をより安全にしますか、それとも、日本人の安全性が低くなるでしょうか。
<首相会見詳報(1)>「消費税の使い道を変え、子育て世代へ投資」
<首相会見詳報(2)>「北朝鮮脅しに左右されてはならない」
<首相会見詳報(3)>「選挙こそ最大の論戦の場だ」
<首相会見詳報(4)>「無駄なくせば2兆円出るなど無責任に言えない」
<安倍首相28日解散を表明>消費増税分の使途を変更
<小池知事は新党>「希望の党」設立

「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24



NHK: ドイツ連邦議会選挙 2017


【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧




【社説】電通事件初公判 過労死ない社会、早期に 【琉球新報】2017.09.27
 〇何のために働くのか。命を縮めるほどの働き方を許してもいいのか。過重労働の罪深さを世に問い直すきっかけとなった電通違法残業事件の初公判が東京地裁で開かれた。
 事件を機に、働き方改革の議論が加速したものの、衆院解散により関連法案が国会提出できない事態になっている。政府の本気度が疑われる。
 一方、企業にも労働環境の改善が突き付けられている。長時間労働はいまだに多く、過労死のない社会に向け、早急な対策が求められる。
 電通は、新入社員・高橋まつりさん=当時(24)=の過労自殺が法人として労働基準法違反罪に問われた。高橋さんの残業時間は過労死ライン(月80時間)を大きく超える105時間だった。
 違法な長時間労働事件の場合、従来は略式命令で罰金刑を科す例が一般的だったが、今回は裁判所の判断で異例の正式裁判に切り替えられた。
 過重労働の問題を放置できないという世論の高まりを受け、裁判所も姿勢を改めたのだろう。今年は他の企業の違法残業事件2件でも正式裁判が開かれている。
 電通事件では検察側の冒頭陳述で、全社的に長時間労働が続いていた実態が明らかにされた。2014年度には労使協定(三六協定)の上限50時間を超えて働く社員が毎月1400人前後、15年4月以降も毎月100人以上いた。
 電通は1991年にも入社2年目の社員が過労自殺し、最高裁は会社側の責任を認めた。訴訟をきっかけに自殺を労災認定する要件が緩和され、14年には過労死防止法が施行された。
 出廷した山本敏博社長は起訴内容を認め謝罪した。公の法廷で企業トップの責任を追及して謝罪を引き出したことは、他の企業への強い警鐘にもなるはずだ。
 厚生労働省によると、16年度に過労死と労災認定されたのは107人、過労自殺(未遂含む)は84人。だが、氷山の一角との指摘もある。今も命に関わるほどの過重労働に苦しむ人は多い。古くから長時間労働を是としてきた日本の企業に巣くう病と言える。
 安倍政権も重い腰を上げ、働き方改革を「最重要課題」に掲げていた。残業規制を柱とした「働き方改革関連法案」を秋の臨時国会に提出する予定だったが、突然の衆院解散で先送りした。
 19年4月の施行予定が遅れる可能性も出てきた。政局優先で、国民の抱える深刻な問題を後回しにした判断だ。
 法案には、高収入の専門職を残業代支払いの対象から外す「高度プロフェッショナル制度」(残業代ゼロ法案)も含まれる。過重労働に歯止めが利かなくなる恐れがある。残業規制制度だけは切り離して早期に導入すべきだ。
 本来は働くことに自己実現、生きがいを感じる働き方が理想的だ。その実現に向けて、企業、行政、社会の本気の取り組みが求められる。


【社説】[小池新党」]台風の目に潜む危うさ 【沖縄タイムス】2017.09.27
 〇安倍晋三首相の衆院解散表明の記者会見にぶつけるように、小池百合子東京都知事が自身を代表とする国政新党「希望の党」の立ち上げを発表した。
 自ら「選挙の顔」として前面に立ち、政権批判の受け皿であることを国民にアピールする狙いがあってのことだろう。希望の党旗揚げで選挙戦の構図は大きく変わろうとしている。
 小池氏が目指すのは保守の立場で改革を進める政党だという。政策に「議員定数や議員報酬の縮減」「女性活躍」「地方分権」「原発ゼロ」を掲げ、改憲については9条にこだわらない考えを示した。
 環境・エネルギー政策で原発ゼロに踏み込んだことは、安倍政権との明確な対立軸となる。目玉公約として道筋を示せば、世論調査で過半数を占める脱原発を求める人たちの期待を集めるのではないか。
 ただし政策の肉付けはこれからだ。目指す「国のかたち」ははっきりしない。
 民進党離党組に加え、自民党より保守色の強い日本のこころ代表までが参加する顔ぶれからは、立ち位置のあいまいさが漂う。
 新党の勢いに乗って当選したいとの本音が見え隠れする保身の政治家もいて、選挙互助会的要素も否定できない。
 小池氏のパフォーマンスが目立ち、実態が見えない政党である。都政で小池氏と協力してきた公明党は国政では自民党と連携している。
 都知事選、都議選に続き「小池旋風」を起こすことができるかは未知数だ。
■    ■
 ここにきて野党再編の動きが一気に表面化している。
 希望の党設立から一夜明けた26日、民進党では新党への駆け込みを目指した離党の動きが加速した。現職の衆院議員に続き、地方でも党の候補予定者が新党合流の意向を相次いで表明した。
 前原誠司代表は希望の党との連携に期待感を示すものの、小池氏は「柱になる政策への同意が必要」として包括的な選挙協力には否定的である。
 今後「安倍対小池」の構図が際立っていけば、安倍政権のおごりや緩みに対する批判票は希望の党に集まり、民進党は野党第1党の地位からも転落しかねない。
 巨大与党に対抗するには候補者調整が欠かせない。だが前原氏は野党第2党である共産党との選挙協力には消極的だ。政策的な連携の模索に残された時間は短い。
■    ■
 安倍政権への批判は依然として強いというのに、野党の混沌(こんとん)とした動きに有権者の間には戸惑いが広がっている。
 野党候補者が乱立し共倒れを招いた2012年の衆院選を思い出す。
 今必要なのは「反安倍」で結集し、与野党が1対1で対決する構図となる選挙区を広くつくるよう努力することではないか。
 野党が候補者を乱立させれば、票の奪い合いになり、与党に漁夫の利を与えるだけである。 
 自民党の補完勢力ではない中道リベラル勢力の台頭が求められている。


【社説】[小池新党] 政権との対立軸明確に 【南日本新聞】2017.09.27
 〇東京都の小池百合子知事が、国政新党「希望の党」を立ち上げ、代表に就任した。
 来月10日公示予定の衆院選では幅広い勢力に結集を呼び掛け、全国から候補者を擁立する意向だ。
 消費税の使途を変えることについて「国民に信を問う」と、強引に解散を決めた安倍晋三首相に対し、有権者の選択肢となる野党の存在は重要だ。
 だが、今のところ「小池新党」の立ち位置には、はっきりしない点も多い。具体的な政策を早急に示し、安倍政権との対立軸を明確にするべきだ。
 小池氏の新党発表は突然だった。サプライズを演出する劇場型選挙は、昨年の都知事選などでも繰り広げられ、小池氏の得意とするところである。
 新党結成に向けては、側近の若狭勝衆院議員や民進党を離党した細野豪志元環境相らが動いていた。民進党色を消したい若狭氏と離党者の受け皿にしたい細野氏で主導権争いが続いていたという。選挙が目前に迫り、小池氏が業を煮やしたというところだろう。
 小池氏が「選挙の顔」となれば、求心力は高まると予想される。
 日本のこころの中山恭子代表は離党して希望の党に参加。自民党の福田峰之内閣府副大臣や民進党の松原仁元国家公安委員長も合流する。
 共産党の小池晃書記局長が「国民にとっての希望というより、議員になり続けたい人の希望の党だ」と皮肉ったように、今後、選挙で勝つために新党に加わる人が出てくる側面は否めない。
 候補者一本化を模索していた民進、共産、自由、社民の4党にも影響を与えかねず、野党共闘の行方はさらに見通せなくなった。
 新党はどんな社会を目指すのか。問われるのは理念や政策だ。
 小池氏は会見で議員定数や議員報酬の縮減、女性活躍推進、地方分権の確立、原発ゼロへの工程表づくりなどを挙げた。
 原発ゼロは、原子力規制委員会の新基準に適合した原発の再稼働を進める安倍政権との大きな違いになり得る。いつまでにどうやって原発をなくすのか、具体的な道筋を示してほしい。
 憲法改正については「議論を避けてはいけない」と述べ、新党の候補者は憲法改正に賛同することを条件の一つとしている。
 それならば、まずは党として、なぜ、どの条文を変えようとするのかを明らかにするべきだ。
 都知事である小池氏は、「都政を投げ出すのか」との批判は避けられない。都民が抱く不安の解消にも努めてもらいたい。


【社説】水俣条約締約国会議 利害超え水銀被害撲滅を 【熊本日日新聞】2017.09.27
 〇8月に発効した「水銀に関する水俣条約」の第1回締約国会議(COP1)が、スイス・ジュネーブで開かれている。国連環境計画(UNEP)の主催。日本をはじめ、米国や中国など150以上の国・地域が参加し、水銀による環境汚染や健康被害の防止について議論する。
 水俣市からは、胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん(61)のほか、西田弘志市長や環境省親善大使の高校生が出席し、28日の公式プログラム「水俣への思いをささげる時間」でスピーチする。
 坂本さんは開会した24日、非政府組織(NGO)代表として演説。「水俣病は終わっていない」と訴え、水銀規制をさらに進めてほしいと要請した。不自由な体で駆け付けた坂本さんの言葉を重く受け止め、水俣病のような悲劇を防ぐための議論が進むことを期待したい。
 条約は2013年10月、水俣、熊本両市で開いた外交会議で採択された。35の条文と五つの付属書で構成され、採掘から廃棄まで全ての段階で規制措置を規定。水銀を使った製品は原則として20年までに製造・輸出入を禁止する。
 工場排水に含まれる水銀による被害は、水俣病が公式確認された1956年以降も世界各地で繰り返されてきた。新潟水俣病のほか、カナダ・オンタリオ州では製紙会社のパルプ工場が川を汚染し、魚を多食した流域の先住民らの健康被害を引き起こした。中国・吉林省周辺などからも被害が報告されている。
 一方、途上国では小規模な金採掘場での水銀汚染が深刻な問題となっている。中南米や東南アジア、アフリカに広がる採掘現場では、砂金と水銀を混ぜた合金を熱し、水銀を蒸発させて金を取り出している。ブラジルのアマゾン川流域では80年代から問題が表面化。従事者の水銀中毒や、川に流れた水銀のメチル化が確認された。70カ国以上で推計1500万人の作業員と家族に健康被害のリスクがあるという。
 もう一つの大きな水銀排出源は石炭火力発電所だ。大気中に出た水銀は、海に流れ込んで魚介類を汚染。食物連鎖によって濃縮され、それを食べた人間の健康を害する危険性がある。
 このような現状認識を世界で共有し、汚染対策を前進させるために指針作成を急がなければならない。特に途上国では、金採掘によって汚染された場所を早急に特定し、対策を進める必要があろう。国際的な支援も欠かせない。
 水銀の輸出入の全面禁止措置も焦点だ。汚染防止に取り組むNGOは「金採掘での水銀使用を止めるには輸出入の全面禁止が有効」と主張するが、途上国経済への影響を懸念する声もある。欧州連合(EU)と米国は輸出入を原則禁止としているが、日本をはじめ多くの国はそこまで踏み込んでいないのが実情だ。実現は容易ではないが、水銀被害を撲滅するために各国の利害を超えた論議を急ぎたい。


【社説】首相の解散表明 ◆「疑惑隠し」の指摘は当然だ◆ 【宮崎日日新聞】2017.09.27
 〇なぜ今解散なのか。「大義」は何か。多くの国民の疑問は解けないままだろう。安倍晋三首相が記者会見し、28日召集の臨時国会冒頭に衆院を解散すると正式に表明した。第48回の衆院選は10月10日公示-22日投開票の日程で実施される。首相は会見で「少子高齢化や北朝鮮情勢に対応するため、政権基盤を固めるよう国民の信を問いたい」と強調。教育無償化や子育て支援など「全世代型社会保障」を目指す「人づくり革命」と生産性向上に3年間で集中的に取り組む「生産性革命」を表明した。

狙いと公約の吟味を
 2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げによる増収分を、借金返済ではなく、社会保障財源に使途を変えるとして「約束を変更する以上、国民に信を問わなければならない」と説明した。さらに北朝鮮への圧力強化路線を訴え、「選挙で国民の信任を得て力強い外交を行う」と強調。「国難突破解散だ」と主張した。
 だが首相の発言には疑問が尽きない。自民、公明の与党は今、衆参両院で圧倒的多数の議席を持ち、政権基盤は安定している。政策変更するなら国会で議論し、行き詰まれば解散で信を問えばいい。消費税増収の使途変更は既に民進党の前原誠司代表が打ち出しており、国会で合意すれば実現は可能。総選挙の争点にはならない。北朝鮮情勢についても現在の政権を維持し、危機回避のための外交努力を尽くすときではないか。解散・総選挙による「政治空白」をつくるのは理屈に合わない。
 衆院議員の任期を1年2カ月以上残す現時点で、解散・総選挙を行う説得力ある理由が示されたとは言い難い。共同通信社の全国電話世論調査では、この時期の解散に64%の人が「反対」と答えた。有権者として解散の狙いと公約をしっかりと吟味したい。

国会召集3カ月拒否
 野党の混迷も目を覆う。小池百合子東京都知事は新党「希望の党」を立ち上げた。民進党などから合流を目指す離党者が続いている。自らの議席維持を最優先に政党を移る政治家の行動は有権者の信頼を失うだけだ。理念と政策で国民に明確な選択肢を示すよう各政党と候補者に求めたい。
 学校法人森友、加計学園を巡る疑惑について、首相は野党が憲法の規定に基づいて要求した臨時国会の召集を約3カ月間も拒否し、その揚げ句に召集日に議論もせずに解散をする。世論調査では両学園問題に関する説明に、78%の人が「納得できない」と答えている。「疑惑隠し解散」との野党の指摘も当然だろう。
 一方、首相は会見で憲法改正には言及しなかった。自民党が検討している選挙公約では改憲が一つの柱だ。「争点隠し」は許されない。奇襲のような解散と迷走する政治家の姿は有権者の政治不信を深める。理念と政策で国民の判断を仰ぐ民主主義の基本をいま一度、熟考すべきだ。


【社説】【核兵器禁止条約】日本は加盟へかじを切れ 【高知新聞】2017.09.27
 〇「ヒバクシャの苦しみ」に寄り添い、核兵器の非合法化と廃絶を誓う「核兵器禁止条約」への署名が始まった。発効に必要な批准国数を満たす50カ国が既に署名し、国際的な核廃絶の輪を広げている。
 だが、そこに世界唯一の戦争被爆国、日本の署名はない。核禁止を先導すべき立場ながら、米国の「核の傘」から抜け出せない矛盾を国際社会にさらしている。
 核兵器を「絶対悪」と糾弾し、核のない平和を求め続けた広島、長崎の被爆地の願いが、この条約に結実したといえる。日本は今こそ「核の傘」の呪縛を解き、条約加盟へかじを切るべきだ。
 核保有国は米英仏中ロの五大国から事実上、イスラエル、インド、パキスタンに広がり、さらに北朝鮮も保有を主張している。五大国による核拡散防止条約(NPT)も2年前に再検討会議が決裂したままで、トランプ米政権やロシアは核戦力の再強化さえ打ち出している。
 その核軍縮の停滞に加え、北朝鮮が無軌道な核・ミサイル開発を繰り返す。7月に条約が採択された後も過激な挑発を強行し続けている。トランプ米政権は軍事行動も辞さない構えで警告し、これに北朝鮮は「核には核を」と敵意を強め、地域の緊張は高まるばかりだ。
 米国は自国の核抑止力堅持へ、日本などに外交圧力をかけ条約阻止を図った形跡がある。日本は米国と共に北朝鮮問題を「現実的」な脅威とし、不参加理由に加えた。核保有国のほか、北大西洋条約機構(NATO)加盟国なども署名を拒む。
 日本政府は公式的には「核保有国が参加せず、非核保有国との対立が深まる」と説明する。だが、米国の締め付けが判断に影響したであろうことは想像に難くない。大国のごり押しと同盟国の追随、という関係が透けて見える。
 世界で核軍縮の「橋渡し役」を公言する一方、条約に消極的な政府の姿勢に対し被爆者は失意をあらわにし、不参加の釈明にも「空虚な言い逃れだ」と憤る。
 核保有国の加盟が見通せず、条約の実効性には懸念がまとわり付く。だが、国連加盟193カ国のうち120カ国以上が賛成し採択された事実は重い。核兵器の保有も、使用も、威嚇も認めない決意表明は国連の歴史に深く刻まれる。
 核保有国などは、各国に北朝鮮に核廃棄を迫るよう求め、自分たちは核武装を決して手放さない。そんな核抑止論は国際社会で説得力を持ち得なくなるだろう。
 「あなたはどこの国の総理ですか。私たちを見捨てるのか」。今夏の「原爆の日」。長崎の被爆者団体の代表が安倍首相に条約加盟を直訴した。高齢の被爆者らに残された時間は少なくなるばかりだ。
 「現実」の困難に対応しながらも目指す先は「未来」であるべきだ。現状に立ちすくんでいては核廃絶の希望は閉ざされる。被爆国が進むべき不戦の道筋に立ち返る時だ。







核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-09-26

9/26: 北・外相「米の爆撃機、撃墜の権利がある」 米報道官「我々は宣戦布告していない」 さて、安倍氏の立ち位置は? 戦争か 内外で大失態ばかりの日々 己が失態を『国難』と??? 慢心の証明

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・県道に「ミサイル落下情報あり」県警誤表示 9/27(水) 1:46
 ・【報ステ】永田町の話題“小池新党”に集中 9/26(火) 23:30   ★安倍氏、埋没⁉
 ・【報ステ】大地震対策、40年ぶりに方針転換 9/26(火) 23:30
 ・北・外相「米の爆撃機、撃墜の権利がある」 9/26(火) 8:36
 ・米報道官「我々は宣戦布告していない」 9/26(火) 6:00  ★宣戦布告後、直ちに、先制攻撃するのか⁉ or騙し打ち?
 ・独“反難民”第3党へ「議会の反対勢力に」 9/26(火) 8:05
 ・【天気】広く秋晴れも関東はにわか雨に注意 9/26(火) 7:55
 ・NYダウ 米朝の対立受け3営業日連続下落 9/26(火) 7:35
 ・ 新下関駅で信号トラブル 新幹線2時間運転見合わせ 9/26(火) 5:57  ★安倍停滞の予兆…
 ・東京地裁の判決に卒業生控訴 朝鮮学校無償化訴訟 9/26(火) 7:05
 ・希望の党めぐり二階幹事長、総選挙への影響「大いにある」 9/26(火) 5:50  ★Abe is over! now

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
9月26日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 秋晴れ すぐ 秋雨    誕生日の花 ベンケイソウ  花言葉 静穏 信じて従う 9/26
 〇ラジオ深夜便から

 好天も今日まで、明日からは 秋雨となる予報、我が家唯一の果樹、柿の実が色づいているが、
渋抜きをしたら、4日で 軟らかくなり過ぎ 食用にはならない。勿体ない・・・

 涼しくなったので、退院後 初めての除草をする。2か月ぶりなので、種を付けていたが、少しづつ
抜き取ろう。


 カテゴリなしの他の記事
  秋晴れ すぐ 秋雨
  秋晴れ
  台風一過
  敬老の日
  秋だ


今日の「○」と「×」: 「×」 政治を私物化する国難アベを退陣に追い込まなければならない。 9/26
 「×」 TBS: 「28日に衆院解散」安倍首相表明 9/25

 安倍首相は25日夜、記者会見し、28日召集の臨時国会の冒頭で、衆議院を解散すると表明した。
 安倍首相は「28日に衆議院を解散いたします」、「『国難突破解散』であります」などと述べた。
 安倍首相は、2019年10月に予定される、消費税率10%への引き上げによる増収分の使い道を、国の借金返済から、子育て世代への投資に振り向ける方針を示し、国民の信を問うと説明した。
 さらに、北朝鮮への圧力路線について、「信任を得て、力強い外交を進める」と述べ、「少子高齢化と北朝鮮情勢という、国難を乗り越えるための『国難突破解散』だ」と強調した。
 選挙の勝敗ラインについては、与党で過半数となる233議席とした。


 〇アベでんでんによれば、今回の解散は「国難突破解散」だそうだ。

 えらく大袈裟な呼び名を付けたものだが、今の日本に国難があるとするなら、それはアベ政権自身が作り出したものに他ならない。

 完全なマッチポンプだ。

 さらに、アベの存在自体国難といっても良い。

 だから、自公与党を大敗させアベ政権を倒すことこそが、国難を突破することになる。

 しかし、小池新党が伸びても自公の補完勢力になるだろうから、そちらには期待できない。

 最近の知事選や補選、参院選の1人区のような野党共闘で、アベ「マッチポンプ解散」を叩き潰さなければならない。


 今日のトピックス Blog9/25: 敵にはスローガンがない⁉ 我らのスローガンは、「Abe is over」!「モリ・カケ選挙」or火事場泥棒… 主権者が、悪代官から、本来の権威と畏敬を勝ち取り、民主主義、三権分立も本来に


「護憲+」: Abe is over 9/25 (流水)
 〇選挙には、スローガンが必要だ。それも、短いほうが良い。スローガンが一番力を持つのは、前向きに相手を攻めている時だ。

 今回の選挙。敵にはスローガンがない。消費税増税分を教育無償化に使うなど、スローガンになるはずがない。それだけ、後ろ向きの選挙だと言う事。

 と言う事は、今回の選挙は大チャンスだと言う事である。野党連合が本当に前向きなスローガンを出せば、選挙の雰囲気をガラッと変える可能性が高い。今回のように、選挙準備が整っていない選挙戦では、選挙スローガンの成否は、勝敗を決める可能性が高い。

 わたしは、以前、紹介した「Abe is over」を推奨したい。

 元歌は、ご存じオーヤンフィフィの「Love is over」。東京都議選の時、大きな力を発揮したそうだ。だが、やはり、都議選は都議選。Abe is overの影響力は限定的だった。

 しかし、今回は、衆院選。全国で行われる。しかも、安倍首相夫妻のズルを隠蔽するための「モリ・カケ解散」。問われるべきは、安倍首相その人。「Abe is over」の皮膚感覚は、東京都議選の比ではないと思う。

 歌詞と歌をご存じない方もおられるだろうから、もう一度 、紹介しておきます。

 Abe Is Over
 パギやん(趙博)

 Abe is over 
 遅すぎたけど、終わりにしよう、切りがないから
 Abe is over 
 訳などないよ、唯一つだけ、日本のため
 Abe is over 
 悪い過ちと笑って言える時が来るから
 Abe is over 
 泣くな、無様だろ、憲法のことは早く忘れて

 私はあんたを忘れはしない
 誰に替わっても忘れはしない
 きっと最後のファシストと刻むから

 Abe is over 
 私はあんたのトドメを刺すよ、ぐっと心に
 Abe is over 
 最後に一つ、国民騙しちゃいけないよ

 下手な答弁で誤魔化さないで
 本当のことを早く喋って
 きっとあんたにお似合いの墓がある

 Abe is over 
 嬉しいよ、早く出てって、振り向かないで
 Abe is over 
 Mmm... サヨナラしてね 
 Abe is over
 Wow wow wow ...

 歌はこちらでどうぞ。
 Abe Is Over/アベ・イズ・オーバー  パギやん(趙博)

 「Abe is over」を野党共闘の共通なスローガンにすれば、一言でこの選挙の意味が分かる。心から推奨したい。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog9/24: 「有事の際、北の難民の射殺検討」麻生氏発言に非難殺到 呆れるね⁉ 攻撃論に傾き過ぎる安倍政権 出口論も考えず、避難民