FC2 Blog Ranking
2017-10-31

10/31: 国民主権を「国民と共に歩む」政党と共に、平和で豊饒な社会実現しよう。or『国会は審議時間至上主義。安保法制の時は百時間超、即採決』 &野党、持ち時間を3/10に制限など言語道断

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・“性的乱暴加え殺した”趣旨供述も 座間市 10/31(火) 17:26
 ・部屋にノコギリ、遺体解体に使用か 座間市 10/31(火) 16:47
 ・大塚新代表、挨拶で立民、希望との連携強調 10/31(火) 16:45   ★次は、参院選、準備万端怠りなく⁉ いつまで、民進?
 ・中国と韓国 関係改善に向け合意 10/31(火) 16:16      ★善隣友好は、善きこと哉
 ・トランプ大統領の支持率 過去最低33%に 10/31(火) 15:56
 ・<天気予報>秋晴れハロウィーン…夜は寒く 10/31(火) 8:06   ★健康にご用心!
 ・法人減税“段階的”報道受けダウ85ドル安 10/31(火) 7:36
 ・トランプ陣営元幹部ら3人起訴…疑惑解明へ 10/31(火) 7:16  ★ロシア疑惑、関連… いづれは、大統領弾劾⁉
 ・世界記憶遺産 日本関連の2件登録決定 10/31(火) 6:46
 ・カタルーニャ前州首相らの起訴目指す方針 10/31(火) 6:25   ★反逆罪??? 主権者の意思実現、正視を⁉
 ・ノーベル平和賞授賞式、被団協から2人出席へ 10/31(火) 6:58  
 ・「移転は来年10月めどに」築地の仲卸業者ら方針一致 10/31(火) 7:05

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
10月31日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: カボチャ    誕生日の花 オケラ  花言葉 親しみやすい 10/31
 〇ラジオ深夜便から

 ハロウィンだと、日記帳の日付のところに書いてあった。カボチャが存在感を示す唯一行事だ。(冬至もあったか~)

 昨日の雨風は収まったが、気温は上がらず、冬の到来が 近いことを知る。
6時30分に起床し、19時30分に就床するまでの時間をテレビ番組~ネット、この間に3食を食べて入浴し1日を終える。変化のない生活です。

 世の中 アベシンゾウが 野党の国会質問を議席数に応じて 配分するように指示したらしく
国対で 議題に上っているらしい。蕎麦掛け 丼、追求から逃れるための 作戦らしいが 卑劣極まれり !ということだ・・

 NHK番組、ごごナマで ”加齢臭”について、話題にしていた。後期高齢者に失礼でないか・・・



 カテゴリなしの他の記事
  カボチャ
  暴風
  最終土曜日
  ヨメナ
  10月小春    快晴


 今日のトピックス Blog10/30: トランプ大統領の北朝鮮対応=不支持51%&米大統領選、ロシア疑惑・元幹部初訴追 質問時間配分の野党中心主義は、既に“法”‼‼、謀反⁉ 安倍政権亦国民主権を騙るか、国民、𠮟りつけが肝



イシャジャの呟き: 暴風  ☂  誕生日の花 ナギナタコウジュ 花言葉 匂い立つ魅力 10/30
 〇ラジオ深夜便から

 はぐれ台風の影響か 今日は朝から 暴風雨です。薬が無くなったので 罹りつけ医へ、
インフルエンザのワクチン不足との 情報があったので、聞いてみたら、大丈夫とのことで
接種を受けてきました。市からの補助があるとのことで 昨年より グット 低料金 びっくりポンでした。

 衆院戦が終わり、顔を見たくもない、あの男が、質問時間を 議員数に応じて 配分すべきだと、指示したとかで官房長官が早速 記者会見で、そのとおり だと言っておりましたが、野党が反発・・・

  議員数でなく、衆院選での 得票数で 質問時間を配分すべき、”モリカケ〝 蕎麦もウドンも徹底して 明らかにすべきで~す、
 

 10月も、間もなく 終わりですネ


 カテゴリなしの他の記事
  曇り 薄日


 今日のトピックス Blog10/29: 核兵器禁止、平和な生活回復を! 内閣不支持、支持上回る 北朝鮮「安倍政権が核脅威論を騒ぎ立て」批判 「北朝鮮問題」- もはや核開発阻止は無理⁉ ‎陸自隊員が、銃剣と小銃持った侭、自殺⁉



 今日のトピックス Blog10/28: 立憲・枝野氏「国民と歩み始める」 vs~麻生政権「与党4、野党6」◆民主党政権下「与党1、野党9」 ~安倍政権「与党2、野党8」⇒「与党7、野党3」??? 国民主権を議員特権と履違え!不埒



イシャジャの呟き: 最終土曜日    誕生日の花 センブリ  花言葉  はつらつとした美しさ 10/28
 〇ラジオ深夜便から

 10月も最終の土曜日を迎えることになった。菜園にしている庭も、枯れ葉や枯草で荒涼とした景色となっておりカーテンを閉めて 眼に入らないようにしたいくらいだ。

 食べ物の残が少なくなったので、スーパーまで出かけたいのだが、子が来てくれるまで 待つことにしよう・・
 いつの間にか、買い物難民に近づいているようだ。生協の宅配と併せて 生活用品を確保
 しなければ・・・

 通販で、インテリア用品を申し込んだが、3週間経過しても 音沙汰無し、メールで照会してみたが
 音沙汰無し、



 カテゴリなしの他の記事
  選挙
  庭木の剪定
  ヌグダマッタ !


 今日のトピックス Blog10/27: 森友への値引き6億円過大!判明 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」佐川国税庁長官の罷免、再度申入れ 加計学園の認可?来月 否、即却下!臭い物に蓋? 猶、尾を引きたいか



「護憲+」: NHK受信料強制契約は合憲か、契約の自由か、最高裁で弁論開始 10/26 (厚顔)
 〇10月26日朝日新聞及び朝日デジタルで「NHK受信料契約は合憲か否か」についての問題を取り上げている。

 「NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論」

 『家にテレビがあったら、NHKの受信料を支払わなければいけないか。受信料契約を定めた放送法の規定が憲法の保障する契約の自由に反するかが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、原告のNHKと、受信料を支払っていない被告男性の意見を聞く弁論を開いた。最高裁は年内にも、受信料を巡る初めての判断を示す。

 NHK受信料訴訟、支払い義務づけは合憲 法相が意見書

  受信料の支払い義務は放送法では明文化されておらず、総務相の認可を得た規約で定めている。NHKは同法の「受信設備を設置したらNHKと契約しなければならない」という規定を根拠に受信料を徴収している。

  裁判では、NHKが自宅にテレビがあるのに契約をしていない東京都の男性に支払いを求めている。この日の弁論で、男性側は「規定は努力義務を定めており、強制力はない。契約の強制は契約の自由に対する重大な侵害だ」として違憲と主張。規定が合憲だとしても、支払い義務が生じるのは契約成立時からだと訴えた。

  一方、NHK側は「放送文化の発展や放送インフラ基盤の充実など社会的役割を果たしている。規定には必要性と合理性があり、合憲だ」と主張。契約は相手に締結を求めれば成立し、受信料を請求できると反論した。裁判では、法相も規定を「合憲」とする意見書を最高裁に提出。寺田裁判長は弁論で「参考資料として取り扱う」と述べた。

  一、二審判決は、NHKが災害報道で果たす役割などを踏まえ、規定は「公共の福祉に適合する」として合憲と判断。個別の契約はNHKが裁判を起こし、勝訴が確定した際に成立し、テレビ設置時にさかのぼり受信料が請求できるとした。(岡本玄)』

 実は朝日新聞は8月25日の社説でも同じ主旨のことを論じている。

 8月25日朝日新聞の社説「NHK受信料 徴収策の強化の前に」

 『NHKが主な収入源である受信料の確保のために知恵を絞るのは当然である。だとしても、「公共放送の役割とは何か」「NHKはどうあるべきか」という根本の議論を抜きにして、自分たちの都合を優先しすぎてはいないか。・・・(以下略)』

 これは非常に重要な問題で、いよいよ最高裁大法廷で弁論が始まったので、8月25日の社説についての弊投稿を下記にリピートしておきたい。

 「NHK受信料 徴収策の強化の前に(朝日新聞社説)に加えて」

 『表題は8月25日の朝日新聞社説の題目であるが、ごもっともな指摘である。・・・NHKは受信料の一律公平負担を金科玉条のように主張しているが、これがNHKの常識だとすれば、世間の非常識だと言いたい。世間では水道、電気、ガスなどの公共料金は基本的に使用した量に応じて支払う従量制が常識だからである。

 人のライフスタイルも多様化し、メディアの種類も増え、NHKテレビを見ている時間は人様々であるのに、テレビ機器を所有しているだけで一律の料金を徴収するのは視聴者には不合理で公平負担ではない、公共料金と同じように観た時間に応じた従量制料金が公平公正な負担なはずである。

 その上で訴訟するなど横暴である。受信契約を結びながら料金不払いの人や、契約自由の原則に基づき受信契約締結に応じない人にはNHK放送が見れないようにスクランブルを掛ければ済むはずである。・・・(以下略)』

 一つ追記しておきたいのは、受信料にはNHKが下記放送法第一条二項の規定を遵守する対価も含まれており、NHKが現在の偏向不公正な報道姿勢のままでは受信料契約はしたくないと思っている視聴者も多いということである。

 一方NHKは最近災害報道が公共の福祉に寄与していることをアピールしているが、これは東北大震災後のことで有り、公共放送であれば当然で、むしろ遅きに失した、後付の理由と言うべきであろう。

 *放送法第一条二項
 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

 「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より


イシャジャの呟き: ヨメナ    誕生日の花  ヨメナ 花言葉 隠された美しさ 10/27
 〇ラジオ深夜便から

 本日も晴天なり、どこへ 行く当てもなく、朝ドラ~あさイチ、午後からも 大阪からの ごごナマへと進み、
 為すこともなく 徒な日を 過ごす。

 買い取り屋から 電話があったが、売るものはない !と断る。

 浴槽に 手摺を取り付けて 頂きました。年寄の風呂場での 事故が多くあるそうなので、
 安全には 万全を期す



 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog10/26: 東証16連騰 真の実力なのか疑問だ(道新・社説) 今の株高は主要国共有の金融緩和・株高誘導&GPIFと日銀が株価下支え「官製相場」 課題は、金融緩和一辺倒策の歪み克服と出口論⁉



イシャジャの呟き: 10月小春  快晴    誕生日の花 モヨウビユ 花言葉  燃え上がった情熱 10/26
 〇紅葉盛り
 
 快晴、今年も残り 66日、オソラク 最後の小春日和でしょう。

 生い茂っていた庭の雑草も枯れたので、庭の紅葉を撮る、暫くぶりの カメラに少し戸惑った。
撮るのは いいが 取込みに手間取る



 カテゴリなしの他の記事



今日の「○」と「×」: 「×」 日本人ってスゴイ?! いや、オメデタイ。 10/25
 「×」 この頃、「日本人ってスゴイ」みたいなテレビ番組が多くてウンザリするが、今回の選挙結果を見ると、確かに日本人ってスゴイのかもしれない。

 もちろん、逆の意味だが。

 総理とその婦人や友人がどんなに税金を食い物にしても、自民党の政治家や大臣がどんなに不祥事を起こしても、すんなり当選させてしまうのだから

 これほどオメデタイというか、不正に寛容で無節操な国民が多い国は、珍しいのではないだろうか。

 それにしても、国民は台風の被害に苦しんでいるのに、「でんでん」アベはトランプ大統領とのゴルフに松山を呼びつけて大喜びという能天気。

 カリフォルニアの山火事なんかそっちのけのトランプ大統領とともに、史上最低最悪の日米両首脳が、世界を破滅に導こうとしている。

 立憲民主党を始めとする護憲勢力は、一致団結して極悪日米同盟の陰謀から、国民を守らなければならない。


 今日のトピックス Blog10/25: 森友への値引き6億円過大 会計検査院が疑義 モリカケ疑獄裏付け⁉ 選挙前に、検査院も、メディアも、情報提供すべきでは⁉ 数日遅らす??? 公共放送は、主権者に忠誠・信義誠実を尽くせ!


「護憲+」: 立憲民主党への期待と私たちの決意 10/25 (笹井明子)
 〇枝野幸男さんが、大義なき解散・総選挙の喧騒の中で、「まっとうな政治」のスローガンを掲げて、立憲民主党の立ち上げを宣言したのは、10月3日のことでした。

 10月14日の東京大作戦=大規模街頭演説では、
 「政治は、政治家のためでも政党のためでもなく、国民のためにある。今の政治に怒りや危機感を持つ、多くの国民の声に応えて、政治の流れを転換させたい。この国に暮す多様な一人ひとりとの対話を通じて、誰もが自分らしく生きられる社会をつくりたい」と語り、彼の「まっとうな政治を、立憲民主党を、一緒に作っていきましょう!」の呼びかけに、会場を埋め尽くす観衆からは大きな拍手と枝野コールが湧き上がりました。

 翻って、2ヶ月前の8月1日、私たち「護憲+」は第十五期に入り、新しい期を迎えるにあたっての抱負を、以下のように述べました。

 『この間の政治状況の中で、市民の中から、「政治は自分達一人ひとりのもの」、「政治にきちんと関わろう」という「民主主義」のうねりが生まれ、根付き、着実に広がっています。
 私たちも、こうした市民の一員として、「民主主義の担い手として政治にコミットする」姿勢を共有し、立憲主義を尊重し市民と共に政治を作っていこうと志す政党や政治家が、選挙に勝つ力量をつけるよう、積極的に応援、支援して、真の「受け皿作り」に尽力していきたいと思います。』

 今回の立憲民主党の立党宣言に出会った時、あたかも私たちのこの決意に呼応するかのような意思表明に驚くと共に、私たちが長年に亘って待ち望んできた「まっとうな政治」を志す政党が、本当に誕生したことに、感動を覚えずには居られませんでした。

 10月23日、立憲民主党は、選挙結果を受けた声明の中で、
 『立憲民主党にとっては、今日から、ここからが、国民の皆さんとともに歩みを始める新たなスタートです。・・・私たちは、国民の皆さんにお約束した草の根からの政治を実行に移し、支え合いの仕組みを創っていくために、強い決意と覚悟をもって国政に臨んで参ります』との決意を表しています。

 一方、人々の期待、注目の大きさが明らかになると、さっそくマスコミが「政界再編」を取り沙汰するなど、いつもの無責任で訳知り顔の評論を繰り広げていますが、それに対しても枝野さんは「永田町の内側の権力ゲームに参加するつもりはない」とキッパリとした姿勢を示しています。

 こうして、当たり前の(なだいなださんが晩年に語った「常識哲学」を思い起こさせる)姿勢を語る政党・政治家が出現し、ボトムアップの政治、本当の民主主義に則った政治がスタートしようとしていることは、私たちにとってこれまでにない大きな喜びです。

 これから私たちは、立憲民主党の行方を見守り応援しつつ、「立憲主義」「民主主義」が大きく広がり、遠くない将来に当たり前のこととして日本社会に定着することを期して、「草の根からの政治」の成長、発展にコミットするという、私たち自身の今期の抱負を、真摯に、積極的に実践していきたいと思います。

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 曇り 薄日    ~ 薄日  誕生日の花  ダンギク  花言葉  忘れ得ぬ思い 10/25
 〇ラジオ深夜便から

 6時に起きて、3食食べて、朝ドラをみて~ あさイチ~ ごごナマへと進み、しぶ5時を見て、7時半
 が、 お休みタイム  奮闘努力の甲斐のなく 今日も暮れていく 80歳5か月 爺の一日



 カテゴリなしの他の記事
  ヨイトマケ・・・
  衆院選 最後の日曜日


 今日のトピックス Blog10/24: 40代低所得(300万円未満)世帯 20年で1.5倍! 超低金利政策(金融資本に利益供与)、銀行ローン・奨学金ローンにも喘がせ 人口減少も、格差社会も‼ 介護・保育の低賃金も 政府の責任!


「護憲+」: 講演会「日本の政治はどこへ向かうか?」 10/24 ( 珠 )
 〇今回の選挙の結果、憲法を変えようという発議が出て、国会を通ることになるでしょう。今一度、国民投票に向けて多くの方と、憲法を、日本の政治を学ばないといけないですね。

 ちょうど1か月ほど先になりますが、お知らせをしておきます。

 ●イベント紹介●
 九条科学者の会
 「九条科学者の会」は2005年3月、20名の発起人を含む196名の呼びかけによって設立されて以来、科学に携わる方々に 「九条の会」アピールへの賛同を訴えてきました。「7つの行動提起」に基づいて、全国各地の大学・研究機関の九条の会と連携したり、 日本国憲法第9条に関わる幅広いテーマで学習会・講演会を開くなどの活動を続けています。

 九条科学者の会・日本科学者会議 共催 2017秋の講演会
 「日本に政治はどこへ向かうか?」


 日本の政治はどうなるのか、総選挙の結果も踏まえて、九条科学者の会の二人の共同代表の講演を通じ、ご一緒に考えましょう。

 日時:2017年11月25日(土)13:30~17:00(開場13:00)
 場所:中央大学理工学部5号館5136教室(後楽園キャンパス)
 参加費(資料代)500円
 共催:九条科学者の会・日本科学者会議

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転? 10/24 名無しの探偵)
 〇朝日の試算が正しいならば、野党分散の結果「反自公」が失った議席は63だという。
 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算 朝日新聞 10/23

 これの責任は前原(勿論、民進党の煮え切らない思想信条にこそ原因がある)と小池百合子にある。

 安倍「政治私物化」政権を打倒するには、この際、党利党略は一時棚上げにして、「野党共闘」を継続すればよかったのである。

 政治も碌に出来ない(DNAだけで総理になった)「バカ殿」政権にみすみすやられるとは、厚顔さんも言うとおり、「国共合作」にも学ぶことができない「極右」政治家たちの末路なのかもしれない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog10/23: 国民主権実現⁉ 衆院選の“民意と選挙結果との乖離” 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転… 枝野氏「国民と歩み始める」 北朝鮮の「核は米のみ照準」核専門家 憲法改正も三権も 国民主体で!



「護憲+」: 自民党圧勝の最大の要因は前原にあり 10/23 (厚顔)
 〇自民党に強烈な逆風の中で、こんなに自民党圧勝の選挙速報はみたことがない。不愉快をとおりこして言葉が見つからない。

 その要因は選挙前に投稿したように、民進党前原代表が希望の党小池代表の「くノ一戦法」に乗ったことと、その洞察の甘さにある。

 >前原民進党代表と希望の党小池代表の交渉ニュースを聞くと前原氏の詰めが甘い。これでは希望の党への身売りで、前原氏は『国共合作』の故事を十分知らなかったようだ。小池代表は政治家として冷徹に前原代表を見ていたが、前原代表は小池氏の含み笑いと流し目に悩殺され、政党の代表の立場を忘れ、肝心な詰めを忘れてしまったと言われてもやむを得まい。

 >小池代表に「私は今回の衆議院選には出ないので、希望の党が第一党に成れば貴方を首班指名候補にしたい」とでも言われたのであろうか。まさに「くノ一忍法」にかかった男のようである。かつて民主党代表時代に小泉首相を国会で追求する永田議員が、フェイクニュースをつかまされていたことを見抜けなかった甘さと同じ事である。

 選挙前に練られていた民進、自由、社民、共産、引いては希望、維新も含めての野党統一候補擁立の小沢戦略を反故にして、民進の希望への身売りを謀った前原の責任としか言いようがない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より






 今日のトピックス Blog10/22: 雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ自公ニモ、騙し解散ニモ負ケナイ 上からの押し付けではない、草の根からの「まっとうな政治」を、一緒に新しい政治の流れを、共に倦まず巧まず進めて参りましょう



「護憲+」: 枝野幸男と安倍晋三の演説会場に見るこの国の姿 10/22 (流水)
 〇わたしの地方では最後まで見る事ができませんでしたが、動画で見る立憲民主党枝野代表と安倍晋三首相の演説会の雰囲気のあまりの落差に、この国の現状が見事に反映されていたように思えます。

 選挙戦最終日、安倍首相は東京都議選のリベンジと称して秋葉原で演説を行いました。機動隊に周囲を守られ(バス4台分だそうだ)、日の丸や安倍首相支持のプラカードを掲げた支持者に囲まれたお立ち台での演説でした。プラカードや日の丸を掲げた支持者と一般聴衆の間には相当の間隔があり、あれではほとんど演説内容を聞き取れないだろうと思われます。もし、わたしが現場にいたなら、さっさと立ち去ります。
のんきに介護: 都議選のとき、秋葉原では「(安倍)辞めろ!」コールが周辺一帯を覆いつくした。本日、そのリベンジがあると聞いたが―― 10/21

 選挙戦序盤、ヤジを恐れた首相は、支持者だけで固めた聴衆の中で演説をしていました。要するに、安倍首相は、自分と異なる見解を持つ国民が怖いのです。野次が怖いとはそういう事です。元教師の経験から言わせてもらうと、問題児の中に、地球が自分を中心に回っていないと気に入らず、とにかく周りから「よいしょ」してもらわなければ、何にもできない子供がいましたが、それとダブって見えます。

 これは民主主義国家の首相としては考えられない振る舞いです。なぜなら、民主主義とは「多様性との共存」を前提にした制度なのです。その「多様性」が認められず、自分と異なる見解を持つ国民を締め出すようでは、もはや民主主義国家の首相とは言えません。大人なら、その程度の事は誰にでも分かります。

 しかし、安倍首相は、「多様性との共存」を拒否する道を選びました。安倍首相は、民主主義を拒否したのと同じなのです。

 安倍首相が改憲で何を目指しているか分かりませんが、上の秋葉原の異様な雰囲気を見れば、彼の取り巻きどもの感性は一目瞭然です。「リテラ」に書かれている危惧が杞憂であることを祈りますが、どうもそうではないように思います。
リテラ: 安倍政権が描く、この恐ろしい未来を本当に許すのか? 労働者は使い捨て、家族は国家の下請けに、そして緊急事態条項で独裁OKに 10/22

 そして、最も怖いのは、そのような異様な振る舞いをする人々が警察権力に守られている、という事実です。警察権力とは国家権力そのものなのです。これが「日常化」したらどうなるのか。普通の想像力を持っていれば、誰にでも理解できます。安倍首相の秋葉原での演説会場の雰囲気は、それを予感させます。

 それに比べ、枝野立憲民主党代表の雨の新宿の演説会場の雰囲気の人間臭いこと。人の熱気や心意気が溢れています。参加者一人一人の思いが感じられます。「人間て、いいな」と思わせる雰囲気でした。雨もまたよし。熱気に満ち溢れた顔や心を気持ちよく冷やしてくれます。
阿修羅: 雨の新宿に大旋風!立憲民主党東京大作戦ファイナルに8000人!枝野代表「22日から日本の民主主義は変わる!」

 選挙戦を通じて枝野代表の演説スタイルは、従来の日本の政治家の演説スタイルとは大きく異なっていた。車や高く組まれた演台などの上から演説をするスタイルを捨て、リンゴ箱程度の低い足場の上で、四方八方を聴衆に囲まれて演説をするスタイルを選択しました。

 日本の政治家で、このような演説スタイルを行う人はごく稀で、きわめて特異なスタイルです。しかし、枝野代表のスローガン「下からの民主主義」には、きわめてふさわしいスタイルでした。立憲民主党の支持の広がりには、枝野代表の演説スタイルは大きな影響力を与えたはずです。

 単純に安倍首相の演説会場と枝野代表の演説会場を比較すれば、その雰囲気の違いは一目瞭然です。安倍首相の演説会場の雰囲気は、オーウェルの「1984」を彷彿とさせる近未来の日本の姿を暗示させ、心が冷え冷えして、暗くなります。

 それに引き比べ、枝野代表の演説会場に充満しているのは、人々の解放された心と熱情、真摯な思い、真剣に考える姿等々。未来への希望と社会への信頼、人間の素晴らしさを感じさせる演説であり、会場の雰囲気でした。

 この二つの対照的な演説会場の雰囲気の違いこそ、わたしたちが選ぶべき未来の社会の象徴的な姿なのです。その意味で今回の選挙は、日本の決定的な「分水嶺」になることは確実だと思います。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 選挙  ☂  誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い 10/22
 〇ラジオ深夜便から

 12日間、の騒ぎが終わり 審判が下る日が やってきました。大儀なき 選挙に打って出た、逃げ回り解散、
日本国民の良識がどの程度か、その度合いが 判定される日です。

 台風が来襲し 各地に被害が及ばぬか 心配されて いますが、今夜は、シンゾウの顔を見たくもないので時半に結果を待たず 寝ます。〇 〇な寝て待て・・・・・



 カテゴリなしの他の記事
   後 晴れ


 今日のトピックス Blog10/21: 北朝鮮高官「核の標的はアメリカのみ」//主権者は正視すべき 枝野氏「アベノミクスは強い者を強くしただけ。格差は拡大」「受け皿がないとの声に応え新しい旗を立てた」 思いを受け止めよう




ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第266号)
   ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年10月25日 第265号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第266号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇総選挙がおわりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
    実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動など
    を共に進めております。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇女性「九条の会」、◇ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)、◇九条かながわの
会(神奈川県)、◇会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
◇千住九条の会(東京都足立区)、◇芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)、◇みやぎ
憲法九条の会(宮城県)、◇映画人九条の会、◇九条科学者の会、◇甲斐市9条の
会(山梨県甲斐市)、◇緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)、◇九条美術
の会
■編集後記~全国津々浦々で3000万署名を!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 総選挙が終わりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクショ
  ン実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動な
  どを共に進めております。11月3日(金)はpm2:00~の国会正門前
  の大集会をはじめ、全国各地で行動が取り組まれます。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 女性「九条の会」
学習会「道徳の教科化と管理される教師たち」
日時:11月4日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)
12周年のつどい
日時:11月5日(日)13時15分~16時 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条かながわの会(神奈川県)
9条かながわ大集会2017in横浜「アベ九条改憲発議を許すな!」
日時:11月11日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
秋の講演会『日米安保・地位協定と日本国憲法』
日時:11月11日(土)13:30~16:00(開場 13:00) 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 千住九条の会(東京都足立区)
第5回憲法カフェ
日時:11月12日(日) 14時~ 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)
憲法講演会「いま、憲法が変えられると暮らしはどう変わる?~改憲と国民投票~」
日時:11月18日(土)14:00~16:00
<詳細はこちらをクリックしてください>

● みやぎ憲法九条の会(宮城県)
憲法9条を守り生かすみやぎのつどい2017
日時:11月19日(日)13:00開会 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 映画人九条の会
13周年の集い『ザ・思いやりパート2~希望と行動編』上映会
日時:11月20日(月)18:50~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条科学者の会
日本の政治はどこへ向かうか?
日時:11月25日(土)13:30~17:00 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 甲斐市9条の会(山梨県甲斐市)
甲斐市9条の会設立総会および記念講演会
日時:11月26日(日)13時30分~15時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)
第5回緑区憲法を考えるつどい「憲法落語 始まり はじまり」
日時:11月26日(日)14:00~16:000
<詳細はこちらをクリックしてください> 

● 九条美術の会
第7回守ろう 生かそう 憲法九条 九条美術展
日時:12月13日(水)~17日10:00~17:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
● 全国津々浦々で3000万署名を!
<詳細はこちらをクリックしてください> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.




今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


【社説】甲状腺被ばく/精度高め影響の有無解明を 【福島民友】2017.10.31
 〇県民の不安を拭い去るために、研究成果の精度と確実性のさらなる向上に取り組んでもらいたい。
 東京電力福島第1原発事故の直後に、県内の1歳児が受けた甲状腺被ばく量は、国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)が2013年報告書で示した推計値の7~69%にとどまった。
 環境省の委託を受けて事故直後の住民の被ばく量の推計に取り組んでいる専門家らの研究チームが発表した。推計値には幅があるが、これまでに国際的に認知されていた数値の最大でも3分の2程度となる。
 同チームによると、1歳児の甲状腺被ばく量は、最大でも40ミリシーベルト未満で、「放射線の影響がないとされる水準」という。チームは19年度に最終報告書をまとめる。推計の精度を高め、実際の被ばく量に可能な限り近づけてほしい。
 原発事故による甲状腺被ばく量は、主な要因となる放射性ヨウ素131の半減期が8日間と短いことから、事故直後のデータが少なく不明な点が多い。研究チームの研究成果は、初期の甲状腺被ばく量を把握するために極めて有意義といえる。
 研究チームは推計に当たって、原発事故に伴う放射性物質の拡散を予測する最新の手法を用いた。さらに事故直後の衣服や体表面の汚染などの実測値を活用したり、住民の避難経路を考慮したりして、国連放射線影響科学委員会よりもきめ細かく解析した。
 県は、県が行っている甲状腺検査で県内の子どもたちに見つかった甲状腺がんについて、チェルノブイリ原発事故に比べ被ばく量が少ないことなどから「放射線の影響とは考えにくい」としている。研究チームの推計結果は県の判断を裏付けた形となっている。
 それでも、この研究成果をもって県内の子どもたちの甲状腺がんに対する原発事故の影響を完全に否定できたわけではない。
 県は、世界保健機関(WHO)の専門組織「国際がん研究機関」が行う研究成果を待ち、原発事故と甲状腺がんとの因果関係を解明していく方針だが、今回の研究チームの成果などあらゆる知見を総動員して因果関係の有無について立証を急がなければならない。
 県が、事故当時18歳以下だった全県民を対象に行っている甲状腺検査を巡っては、検査の継続を求める声がある一方で、対象者を希望者に限るべきだとの声もある。
 県内の子どもたちにとって最善の甲状腺検査の態勢を構築していくためにも、放射線の影響の有無を解明することが欠かせない。










河北新報・社説: 再処理工場の審査休止/「脱・核燃サイクル」の契機に 10/30


汚染土の中間貯蔵施設が稼働 福島原発事故 【東京新聞】2017.10.28


【社説】老朽原発の廃炉 採算考え新しい流れに 【京都新聞】2017.10.20


河北新報・社説: 衆院選に問う 福島原発事故/汚染水東電任せでいいのか 10/20


【社説】大飯原発廃炉 「40年原則」当然の流れに 【信濃毎日新聞】2017.10.19


【社説】[原発政策] 正面から論議深めたい 【南日本新聞】2017.10.18


【社説】地域と原発 住民の不安に応えてこそ 【西日本新聞】2017.10.18


【社説】【2017衆院選 エネルギー政策】原発の行方を決定付ける 【高知新聞】2017.10.18


【社説】原発政策 現実的な道筋示し論じよ 【山陽新聞】2017.10.18


大飯原発1、2号機の廃炉検討 関電、再稼働の採算合わず 【東京新聞】2017.10.17


【社説】原発政策 具体的な展望示し活発な論戦を 【愛媛新聞】2017.10.14


神鋼改ざん 福島第2にも納入: 神鋼の不正製品、福島第二原発にも納入 交換前で未使用 10/13


【社説】日本の岐路 エネルギー政策 原発依存からの出口は 【毎日新聞】2017.10.13


原発、復興語らぬ候補者 福島・いわきルポ 【東京新聞】2017.10.12


核燃料再処理工場は保安規定に違反 本格運転への審査中断 【NHK】2017.10.11

原発事故訴訟 一部に「平穏に生活する権利」侵害を認定 【毎日新聞】2017.10.10


原発事故巡る集団訴訟、国と東電に賠償命令 福島地裁 【朝日新聞】2017.10.10


原発訴訟で国と東電に賠償命令 福島地裁 【東京新聞】2017.10.10


原発事故、国の責任再び 指針超え5億円賠償命令 東京新聞 10/10


原発事故避難者「大きな前進」 国・東電に賠償命令  日経新聞 10/10


千葉・原発避難訴訟  「ふるさと喪失」初認定 賠償上積み 毎日新聞 9/22


【社説】柏崎刈羽原発「合格」 審査に疑問、廃炉の道を 【琉球新報】2017.10.09


【社説】東電柏崎原発「合格」 結論ありきの拙速さ容認し難い 【愛媛新聞】2017.10.07


柏崎刈羽 「適合」を了承 規制委 地元同意見通しなく 【東京新聞】2017.10.04


徳島新聞・社説: 10月4日付  柏崎刈羽原発   「合格」ありきの審査では  


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある



【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹
 ○9月27日、憲法研究者の有志で、「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」(https://goo.gl/GPcNkN)(以下、緊急声明)を発表しました。10月6日現在で、95名の賛同者を得ています。この声明発表にかかわったひとりとして、緊急声明の概要を紹介し、また若干の補足をします。
 わたしたちは、今回の解散・総選挙にいたる手順が、議会制民主主義の趣旨にそぐわないこと、今後の総選挙とその結果が憲法と立憲主義を危機にさらすおそれのあること、主権者がこの総選挙の意味を十分に認識し、メディアが公正な立場から報道することが必要性であることを、声明のなかでうったえました。
1、 解散・総選挙にいたる手続は、憲法がさだめた議会制民主主義に、幾重にもわたって反するものでした。
 まず、政府は、野党から出された臨時国会の召集を、必要な合理的期間をこえて、三ヶ月以上も放置してきました。このことは、国会の少数派に臨時国会の開催要求権を認めた憲法53条に反する行為です。
 次に政府は、臨時国会冒頭に、衆議院を解散しました。これは(かりに、内閣が衆議院の解散の決定権を有するという7条解散説にたったとしても)、解散権のあきらかな濫用にあたります。
 しかも臨時国会召集決定の拒否と解散が、どれも、森友学園・加計学園事件(国有財産の私物化)、共謀罪法案の強行採決(国民の多様な意見に耳を傾けてすすめられるべきである議会制の軽視)、稲田防衛大臣(当時)らの任命責任(内閣が連帯して国会に責任を負う議院内閣制の軽視)といった、きわめて重要な(そして憲法ともかかわる)問題の幕引きをはかったものでした。この点も、看過するわけにはいきません。
 緊急声明を発表した翌日に、改案・総選挙の実施は既成事実となってしまいました。
 しかしわたしは、このような議会制民主主義の破壊行為について、しつこいほどに批判を続け、またそのことをひろく主権者に知らせることが、憲法研究者に求められる役割だとかんがえています。
2、「大義なき解散」という批判にたいして、自民党は、泥縄式に「大義」をでっちあげようとしています。しかしこれは、憲法破壊につながります。
 自民党は、選挙公約に「改憲」を入れました。
 しかし「どこをどう変えるか」という具体的な内容を明記しないまま、漠然と選挙公約の項目に改憲を入れることは、ほんらい慎重な判断を必要とする改憲議論のすすめ方として、異常なものです。衆議院議員選挙とだきあわせにすることによって、国民の「承認」をかすめ取ろうとしているのであるとすれば、その「党利党略」さは許されるものではありません。
 
 首相は、憲法に自衛隊を明記する「加憲」論をとなえています。「加憲」という名をまとうことで本質を隠そうとしていますが、これはまごうことなく九条改憲であり、日本を戦争をできる国に近づけるためのものであると、わたしはかんがえます。
 自民党の公約の概要すら不明な段階での声明だったことから、この問題は緊急声明のなかで詳細にとりあげることはできませんでした。今後はこの点も、いろいろな場で明らかにしてしていきたいとおもいます。
3、マスメディアには、今度の選挙にあたって、自由闊達で国民的な論議を喚起する報道姿勢を堅持することを期待しました。またわたしたち憲法研究者の役割を再確認しました。
 今回の総選挙においてもっとも重要な課題は、強権的な政治手法と議会制民主主義を軽視する政治にストップをかけること、特定秘密保護法・安保法(戦争法)・共謀罪法を廃止し、立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻し、国民のための憲法政治を実現していく道を切り開いていくことでしょう。
 憲法は、図らずも、5年近くにわたって安倍政権が行ってきた諸施策に国民の審判が下す機会が与えられました。主権者としての見識と力量を発揮するチャンスが到来しました。
 ここで最後に、緊急声明の最終パラグラフそのまま再掲します。
「憲法を擁護するため、わたしたち国民に、「不断の努力」(憲法12条)、「自由獲得の努力」(憲法97条)が、いまほど強く求められたことはない。しかしその「努力」は必ずや実を結ぶであろう。そのことは歴史的事実であり、また私たちはそのことを信じている。」



イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: オスミばぁーばの紙芝居語りを聞いてきた 10/31
 〇昨夜は寄席「お江戸日本橋亭」で、オスミばぁーばの紙芝居話芸を聞いてきた。オスミばぁーばは本名を山本すみ子という。滝野川小学校の同窓生の中で、ほとんど唯一の芸能人となった人だ。元・滝野川区の霜降り橋に近い食堂の一人娘で、昔からひときわ目立つ才媛だった。日大芸術学部に進んだと聞いたが、その後どのような活動をしていたのかは、昨夜の打ち上げ宴会の中でも、まとまった話としては聞けなかった。「オスミばぁーば」という今の芸名も、まさか長く使っていたわけではあるまい。老境になってからの、半ばボランティアの活動での名前だろうと思うのだが。
 今夜の出し物は、寄席の舞台に書き割りの自転車を持ち出し、その上に紙芝居を載せて演じて見せるという趣向だった。話も面白かった。閻魔大王から「極楽でも地獄でも、好きな方を見せてやる」と言われた道楽者は、「極楽はあとで行けるから、地獄を見ておきたい」と言うのだ。ところが地獄で怖いものを見せても少しも驚かない。これでもかと見せるたびに茶化して面白くしては閻魔を困らせるという珍談だった。
 年のせいで杖がないと歩けないと言っていたのに、舞台への出入りは杖なしで堂々と歩いていた。芸人としての根性も一人前と見てとれた。それはそうとして、夕食を兼ねたミニ同窓会が、彼女の芸人仲間の打ち上げ会と融合してしまったのが印象的だった。帰路の遠い同窓生が帰ったあとも残った私は、テレビ局時代の雰囲気を思い出していた。いろいろなタレントさんが、当時は私の身近にいて、一仕事のあとの懇親の席にもつきあうことがあった。時間を気にする者など誰もいなかった。酒の飲めない私も、そんな雰囲気は嫌いではなかった。タレントも仕事から解放されれば、ただの人になる。ロケ先で、デビュー間もない布施明と同宿で風呂に入ったこともあった。
 とにかく昨晩は、夜の11時を過ぎても、遅い時間になったという気がしなかった。久しぶりに「業界人」になったように、私は意気揚々と帰宅した。


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 11月1日から特別国会が始まります。共謀罪法の廃止を求める院内集会が1時30分から参議院議員会館講堂であります。ぜひ参加をしてください。 1:47 - 2017年10月31日 66件のリツイート 64件のいいね


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 @kidkaidoさんをフォローしています その他 あす11月1日、特別国会召集を受け、共謀罪法の廃止などを求める緊急行動!12時には、国会議員会館前に集まります。 1時半からは、共謀罪の廃止法案の国会提出を求める院内集会です。 共謀罪廃止運動は、立憲民主党を軸に、共産党・社民党など野党共同で、特別国会に廃止法案提出を目指します。 23:46 - 2017年10月30日 36件のリツイート 12件のいいね


小沢一郎(事務所)‏ 認証済みアカウント   @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 国難だ国難だとあれだけ騒いで、結局安倍政権がやろうとしていること。国会を当分開かないこと。野党の質問時間をできる限り削減すること。安倍政権にとって国難など方便でどうでもよく、権力の私物化に関する審議をしたくないだけ。国民は今こういう総理を頂いているということを理解する必要がある。 23:57 - 2017年10月30日 967件のリツイート 962件のいいね


佐藤 圭‏ 認証済みアカウント   @tokyo_satokei フォロー中 @tokyo_satokeiさんをフォローしています その他 そのそも安倍政権は実質審議を拒否していた。それがいつの間にか「野党の質疑時間を大幅に削れ」などと騒いでいる。ハチャメチャだ。一貫しているのは国会軽視。 0:01 - 2017年10月31日 267件のリツイート 129件のいいね


キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏  @tohohodan フォロー中 @tohohodanさんをフォローしています その他 与野党の質問時間について/岩井教授 ぷいぷい 2:26 - 2017年10月31日 485件のリツイート 260件のいいね


Tad‏  @CybershotTad フォロー中 @CybershotTadさんをフォローしています その他 #報ステ 後藤謙次「今の国会は審議時間至上主義。安保法制の時は100時間超えたら採決と。審議時間を与党が圧倒的に占めてしまうと、野党側の厳しい質問を封じたまま時間で採決になってしまう。国民が知りたい、政府側が隠したいことが国会の場に出てこなくなる」 6:29 - 2017年10月30日 296件のリツイート 155件のいいね


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 10月31日に全議員総会を行い、両院総会長などを決定しました。 14:58 - 2017年10月31日


望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 野党のゴタゴタに乗じ、官邸は世論が騒がなければ「議席数に応じた質疑配分を」との一見最もそうな、しかし実際はとんでもな提案を押し通そうとしている。与党は国会審議前に官僚の原案に意見し修正を重ねている。優先すべきはチェックする野党の質問だ 9:05 - 2017年10月31日 1,188件のリツイート 966件のいいね




HOM55‏  @HON5437 フォロー中 @HON5437さんをフォローしています その他 17年3月13日参院予算委員会。与党自民党によるヨイショ質問の最たる例を発見。国政初当選の堂故茂(どうこ・しげる)議員が安倍総理の所作を取り上げ「質問者に対する礼儀を尽くしておられる姿、本当に好ましい」等と露骨なヨイショ。ここまで言うか。質問時間の配分は慣例通りでお願います。 7:26 - 2017年10月30日 730件のリツイート 376件のいいね  
  ★ベテラン議員⁉は、般若心経唱え… 『主権者への奉仕』の心無い、議員ゴロゴロ⁉ “最高権力者”には、オモネリ

litera‏  @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 月9『民衆の敵』で篠原涼子が政治参加を呼びかけた演説が素晴らしい! でも、フジ上層部の圧力で放送延期に 5:40 - 2017年10月30日 397件のリツイート 257件のいいね


中沢けい‏  @kei_nakazawa フォローする @kei_nakazawaをフォローします その他 野党の質問時間を短くすると言っている件。あれ、自民党本部にがんがんクレームの電話やファックス入れてもよさそうな話に聞こえる。地元の自民党議員にクレームを入れてもいいんじゃないかな。「なんのための国会だ」「有権者をバカにするな」「楽して頭数になりたいのか」とかまあ、いろいろ。 18:36 - 2017年10月29日 1,207件のリツイート 830件のいいね


孫崎 享‏  @magosaki_ukeru フォロー中 @magosaki_ukeruさんをフォローしています その他 「自民・船田氏が身内批判「特別国会閉会なら言行不一致」,同人ブログ関係部分紹介,「今年中臨時国会開かれないと、6月末閉会の通常国会から、半年間国会審議ない異例事態。8月3日に就任した各大臣の所信も、就任以来5ヶ月間も聞くことができないことに」 無料1時間 7:47 - 2017年10月30日 229件のリツイート 164件のいいね

孫崎享のつぶやき: 「自民・船田氏が身内批判「特別国会閉会なら言行不一致」,同人ブログ関係部分紹介 10/30


高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 @NahokoTakatoさんをフォローしています その他 「イギリス人として軍事訓練をした」。日本人が受け入れられない学校で“人種差別の残酷さ”を知った女性|イギリスで“日本人”として生きることとは。@BeinspiredG 8:08 - 2017年10月31日 42件のリツイート 59件のいいね


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 @nishidebuさんをフォローしています その他 東京新聞:外国人技能実習制度 あすから受け入れ 「低賃金は人権問題」http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017103102000111.html … 民間団体や企業に丸投げ状態で受入れたら深刻な人権侵害や混乱を生む。正面から移民を受入れ社会統合するための総合的な法制度や官庁が必要。入ってくるのは労働力ではなく人間 13:50 - 2017年10月31日 23件のリツイート 9件のいいね




litera‏  @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 山口敬之氏がネトウヨ番組でも詩織さんを攻撃!「知らない方は、検索しないで」とネタにして爆笑をとる場面も 5:35 - 2017年10月31日 523件のリツイート 307件のいいね


空  【安倍政権打倒!】‏  @kskt21 フォロー中 @kskt21さんをフォローしています その他 与党の質問時間を増やしてくれと「安倍晋」に言わされている国会議員って「婚活・街コン推進議員連盟事務局長」で、女性秘書に「キスを迫る・胸を触る・体を触る・ホテルに誘う」などして気色悪がられていた比例復活の「石崎徹」という男だったんだね! 4:59 - 2017年10月31日 251件のリツイート 120件のいいね












Bottom Up Project‏  @datsugenp フォローする @datsugenpをフォローします その他 特別国会 1日 開会 2日 総理指名 3日 休 4日 休 5日 トランプ来日 6日 トランプ 7日 トランプ 8日 閉会 なんじゃこりゃ 23:13 - 2017年10月28日 3,034件のリツイート 1,706件のいいね


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 【“小池氏独裁”のための、恐るべき「希望の党」規約】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒ 16:58 - 2017年10月29日 114件のリツイート 93件のいいね

郷原信郎が斬る: “小池氏独裁”のための、恐るべき「希望の党」規約 10/30
 〇希望の党の共同代表に関して、「選出方法などを定める規約の見直しのための規約検討委員会が設置された」と報じられていたので、希望の党のホームページを見てみたところ、【党規約】が掲載されていた。衆議院選挙公示直前に「都民ファーストの会」を離党した音喜多駿都議が、選挙期間中に出したブログ記事【投票先の選定に当たっては、「公約」だけでなく「規約」も参考になる】で、「『規約』は政党における憲法のようなもの。憲法を読み解けば、その国の性格が一定程度わかるように、規約によってその政党がどのような組織なのかを判断できる。」とした上で、立憲民主党ですら規約が公開されているのに、「希望の党」の規約は一般公開されていないことを指摘していた。
 現在は公開されているその「希望の党の規約」を読んでみて大変驚いた。それは、「小池氏独裁」を根拠づけるものでしかなく、凡そ民主主義政党の規約とは言えないものである。選挙中に、公開することができなかったのも当然だったと言える。
 他の党の規約を見ると、「自民党」でも、「民進党」でも、「日本維新の会」でも、今回の選挙で消滅することになった「日本のこころを守る会」のような小規模政党でも、「党大会」が党の「最高機関」又は「最高議決機関」とされている。
 ところが、希望の党の規約には、「党員」の規定はあるものの、「党大会」も「党員による機関」も規定されていない。「本党の上位議決機関を両院議員総会とする」と規定されているだけだ(6条1項)。あくまで「上位」に過ぎない。規約上、「最高機関」は存在しない。
 現行の「希望の党」の規約によれば、「結党時の代表」である小池氏は、病気にならない限り、6年間は絶対に解職できないことになっている。 ・・・


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォロー中 @edanoyukio0531さんをフォローしています その他 本日、立憲民主党の党本部が設置されました。国会に近く、手ごろな家賃で、ちょうど程よい面積の事務所が、比較的安い家賃で見つかりました。専従職員も順次そろいつつあり、何とか通常業務をこなしていける目途が立ってきました。 22:32 - 2017年10月29日 891件のリツイート 3,128件のいいね


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォロー中 @edanoyukio0531さんをフォローしています その他 議席数に従った質問時間の配分をという主張は、議院内閣制に対する無理解としか言いようがありません。法案等の提出前の事前審査で与党としての意見を反映させ、疑問点も解決しているから国会提出されるはずで、国会で与党にたくさん聞くことがあったら政府与党の不一致として問題です。 22:27 - 2017年10月29日 2,030件のリツイート 3,007件のいいね


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォロー中 @edanoyukio0531さんをフォローしています その他 予算案や法案は、与党内で十分に議論され、与党として賛成となった後に国会提出されます。野党は、国会提出の段階で初めて説明を受け国会で議論します。このため、質問時間の配分が野党中心となるのは当然です。与党の主張は、政府(大臣等)の説明、答弁として十分すぎるくらいに示されます。 22:23 - 2017年10月29日 2,570件のリツイート 3,673件のいいね


但馬問屋‏  @wanpakutenshi フォローする @wanpakutenshiをフォローします その他 #サンモニ 目加田氏 安倍首相はこれまでにもお詫びや謙虚という言葉をずっと繰り返してきているが、現行不一致というか、疑わざるを得ない。予算委員会の時間も、野党がきちんと質問をするのは、議論を活性化する為にとてもいいことなのに、制限すると。しかも国民の声というのはどういうことか。


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【国会が死にかけている】国会の質問時間を野党8割が慣行だが、アベが「これだけの民意を頂いた」ので自民党が国会の質問時間を確保するといい、スガ悪代官も「議席数に応じた質問時間の配分を行うべきだ」と言い、いよいよ官邸が動き出した。 12:38 - 2017年10月28日 1,212件のリツイート 738件のいいね
  ★これまでの、国会、各議院の審議の慣行を、誤りというのか⁉ 過去を、総括すべきでは。


望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 #森友 に関する #会計検査院 報告は来月にもと聞くが。現場には今もって苦情が殺到。官邸や佐川さんはいずれ国民は大人しくなると思ってるのか。「税務調査されても知らぬ存ぜぬを貫けばいいと佐川さんが身をもって教えてくれた」#BLOGOS 4:38 - 2017年10月30日 1,306件のリツイート 1,035件のいいね


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 政府が国会での野党の質問時間を短縮すべきだと言う。十分な議論も丁寧な説明もないではないか。そもそも臨時国会を開こうとしない。権力をチェックするのが国会やメディアの役割の一つ。質問を制限するのは、権力へのチェックを嫌っているとしか思えない。民主主義を弱めるものだ。 4:18 - 2017年10月30日 386件のリツイート 404件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 自民・船田氏が身内批判「特別国会閉会なら言行不一致」:朝日新聞デジタル 6:30 - 2017年10月30日 30件のリツイート 23件のいいね


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 野党の質問時間を短縮することを政府が言う。本当におかしい。国会のことに政府が口を出し、野党の質問時間を減らせというのは越権行為。国会での各委員会での質疑の割り当ては、各委員会の理事懇談会でみんなの合意で決めている。政府が国会の委員会に指図する話ではない。三権分立を理解していない。 4:12 - 2017年10月30日 1,082件のリツイート 1,003件のいいね


長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 党本部ができました。お披露目の会見。千代田区平河町。謙虚に、と言う裏側で野党の質問時間を削りにかかる自民党。徹底的に闘います。明後日から国会開会。武者震いを覚えます。


buu‏  @buu34 フォローする @buu34をフォローします その他 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011203861000.html?utm_int=news_contents_news-main_004 … 枝野の、議員内閣制の基本を外しているという抗議はすっ飛ばし、菅の「国会議員はそれぞれ国民の負託を得て当選してきており、等しく質問できるよう各会派の議席数に応じた質問時間の配分を行うことは、国民からすれば、もっともな意見」を垂れ流す 3:56 - 2017年10月30日 202件のリツイート 86件のいいね






志村建世のブログ: 間庭小枝さんの「椰子の実コンサート」を聞いてきた ・ブログ連歌(497) 10/29
 〇きのうは例年秋に行われる間庭小枝さんの「椰子の実コンサート」を聞いてきました。今年で第18回になるとのことです。間庭さんは歌の実力者として活躍する一方で、カルチャースタジオ・メヌエット(CSmenuet)を主宰し、所沢にある音楽教室を拠点として音楽教育を進めています。それと同時にインターネットを駆使して、驚くべき曲数の歌を、映像つきでユーチューブにアップし、精力的に更新を続けているのです。そのこと自体を、一つの文化的な事業として評価していいと私は思っています。
 そんな間庭メヌエットさんとのおつきあいは、いつから始まったのかと過去記事を調べたら、2014年の9月あたりからのようです。私が作詞した「この世にただひとり」(ジプシーの歌)で、作詞者としての志村建世の名がインターネットに出ているのに気付いたのが、きっかけだったと思います。この偶然がなければ、私の作詞の仕事は、一時期だけの過去の経験として終っていたかもしれません。
 そこから、過去の作詞の発掘と、新しい作詞の依頼という形で、私の中に「作詞」という仕事の分野が確立しました。昨夜のコンサートでも感じたのですが、音楽と歌声の中で「言葉での表現」を考えるというのは、私にとっては非常に心地よい時間なのです。私は本質的に「うた」が好きだということを、改めて自覚しました。
 間もなく私が人生を終るとき、「結局、自分は何をした人間として記憶されたいのか」を自問したときに、それはハンガリア民謡(つまりサラサーテのバイオリンが奏でている)としてのメロデイーに乗った
 1.この世にた だひとり きみこそ わがひかり
   つきせぬ あこがれを 永久(とわ)にと いのる
 2.きみこそ 世のたから 花より うつくしく
   やさしい ほほえみを 永久(とわ)にと いのる
 という歌声であればいいと思ったのです。
  とにかく間庭メヌエットさんには、私の作詞を世に出していただいた恩義があります。今もインターネットで「志村建世の作詞・訳詞」を検索すると、ユーチューブで以下の17曲が出てきます。そのすべてが、CSmenuet さんの提供です。
 なつかしいヴァージニア
 グリーンスリーブス
 キンダーポルカ
 オクラホマミクサー
 さよなら今は(蛍の光)
 麦畑(故郷の空)
 コロブチカ
 消えぬおもかげ(暗路)
 マイムマイム
 名残りのばら(庭の千草)
 スコットランドの釣鐘草
 銀色の月よ(Bellini作曲)
 遠い日の(ロンドンデリーの歌)
 Malia(トスティ作曲)
 この世にただひとり(ジプシーの歌)
 Ave Maria(マスカーニ作曲)
 Ave Verum Corpus(モーツァルト作曲)


植草一秀の『知られざる真実』: 岡田ゾンビ代表返り咲きなら最悪ブラックジョーク 10/28
 〇総選挙前に生じた民進党の分離・分割は必然の現象であった。
 民進党内に二つの異なる政党が同居する状態が続いていた。
 これを解消したものである。
 私はかねてよりこのことを訴えてきた。

 そして、民進党の代表選でこのことが鮮明になった。
 原発、戦争法・憲法、消費税
 という主要な三つの政策課題についての基本方針が真っ二つに割れたのである。
 その必然の結果であるが、野党共闘のあり方につての主張も真っ二つに割れた。

 前原誠司氏は
 原発再稼働容認、戦争法制容認・憲法改定推進、消費税増税推進の方向を示した。
 同時に、共産党との共闘について否定的見解を示した。

 これに対して枝野幸男氏は、
 原発ゼロ前倒し、戦争法制否定・憲法改定慎重、消費税増税凍結
 の方向を示すとともに、
 共産党との共闘について前向きの方針を明示した。

 代表選では前原誠司氏が当選したが、枝野氏も一定の投票を得た。
 この後、前原新代表が暴走した。
 民進党が丸ごと希望の党に合流するとの説明で了承を取りながら、実際には、
 戦争法制肯定 憲法改定推進 共産党との共闘否定
 の条件を呑んで希望の党に合流することを強行した。
 民進党が分裂することは当然のことだ。 ・・・


Tad‏  @CybershotTad フォロー中 @CybershotTadさんをフォローしています その他 #サンデーモーニング 青木理さん「謙虚と言うが、麻生さんの発言を見ても謙虚のかけらも見られない。質問時間の問題も、与党もしっかりした質問をすればよいがそういう状況じゃない中で、立法府が行政府をチェックする国会の場で野党の質問時間を少なくして何を狙うのか。謙虚さのかけらもない」 0:06 - 2017年10月29日 238件のリツイート 119件のいいね


但馬問屋‏  @wanpakutenshi フォローする @wanpakutenshiをフォローします その他 #サンモニ 目加田氏 安倍首相はこれまでにもお詫びや謙虚という言葉をずっと繰り返してきているが、現行不一致というか、疑わざるを得ない。予算委員会の時間も、野党がきちんと質問をするのは、議論を活性化する為にとてもいいことなのに、制限すると。しかも国民の声というのはどういうことか。 18:12 - 2017年10月28日 301件のリツイート 160件のいいね


想田和弘‏ 認証済みアカウント   @KazuhiroSoda フォローする @KazuhiroSodaをフォローします その他 国会での野党の質問時間を削減しようという動きは、いよいよ来たかという感じである。これを許したら国会は形骸化して三権分立は事実上崩壊。司法はすでに機能不全だしマスメディアの批判力も弱いので、内閣の独裁がほぼ完成する。日本でファシズムなど進行していないと言う人は、目を覚まして欲しい。 20:17 - 2017年10月28日 1,975件のリツイート 1,367件のいいね


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 結構評判が良いので、もう一度ツイートします。【ユリコとシンゾウのお話】と題する物語⇒ http://tl.gd/n_1sq9mrm  (フィクションです。) 4:15 - 2017年10月29日 49件のリツイート 71件のいいね


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 @SDPJapanさんをフォローしています その他 全党員参加の総括論議へ ■総選挙後初の党常幹で確認 http://www5.sdp.or.jp/topics/2017/10/27/%e5%85%a8%e5%85%9a%e5%93%a1%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%81%ae%e7%b7%8f%e6%8b%ac%e8%ab%96%e8%ad%b0%e3%81%b8/ …


関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 @shiminrengo_ksiさんをフォローしています その他 「先の衆議院選挙を受けて、秋の国会で与野党の論戦が行われるべきかをたずねたところ、「行うべき」と答えた人が64.9%にのぼった」 きちんと審議をすべきという世論に、安倍政権は応えるべきです。 もちろん、従来通りの質問時間配分で。 3:38 - 2017年10月29日 75件のリツイート 49件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 長崎市長「核保有国が出した決議のよう」 核廃絶決議に:朝日新聞デジタル 3:28 - 2017年10月29日 20件のリツイート 2件のいいね


長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 自民党、野党の質問時間の削減検討 長妻昭氏「姑息な試み」と猛批判 18:19 - 2017年10月28日


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 @NPJ_officialさんをフォローしています その他 NPJ動画ニュース 安倍9条改憲どう考える~安倍政権の狙いと戦争をさせない私たち~ http://www.news-pj.net/movie/56380  22:59 - 2017年10月26日 1件のリツイート 2件のいいね


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 山口二郎さんが香山リカをリツイートしました 今の中国で使ってい簡体字は、日本の漢字と全く別の字になっているのを知らないのかね、あのおっさんは。 山口二郎さんが追加 香山リカ @rkayama 高江のヘリバッド建設反対派のテントを訪れた百田氏の感想。事件が起きれば「犯人は外国人かも」、漢和辞典見れば「日本語を勉強している人かも」、何を見ても"日本人じゃない何か"が思い浮かぶんじゃ疲れるだろうな… 4:13 - 2017年10月28日 469件のリツイート 452件のいいね


きづのぶお‏  @jucnag フォロー中 @jucnagさんをフォローしています その他 立憲民主党が抜け出し、民進党は消滅するどころか、4つにバラバラになっても、各パーツがそれぞれの思惑でうごめいている。こんな物体Xみたいな政党がリベラル市民の言うことなんか、聞くワケなかったんだよ。 『民進党が4分裂』 0:47 - 2017年10月29日 2件のリツイート 1件のいいね
  ★さらさらない、排除します、保守2党制標榜(押込め)となれば、“国民と共に歩む”勢力とは、相容れないのではないか⁉ ある意味、“国民と共に歩む”は、方向性が明瞭でない嫌いはあるかもしれぬが、民主主義勢力を纏めようとすれば、アリではないか。


J-CASTニュース‏ 認証済みアカウント   @jcast_news フォロー中 @jcast_newsさんをフォローしています その他 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ニューヨーク市民が恐れる、銃隠し持つ観光客 - https://www.j-cast.com/2017/10/29312385.html …


映画『さとにきたらええやん』公式‏  @sato_eeyann フォローする @sato_eeyannをフォローします その他 『さとにきたらええやん』をご覧になってない方はもちろん、ご覧頂いた方も予告編を是非!。昨年6月に公開スタートしましたが、全国で上映会がどんどん拡大中です。/『さとにきたらええやん』 予告編 https://youtu.be/u1x_BHwIDpQ  @YouTube 0:46 - 2017年10月29日 3件のリツイート 1件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 問題ないはずがないだろ。 アートコーポレーション元従業員、引越事故賠償金で11万円以上天引き……給与明細はマイナスに アート側は「問題ない」(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース 0:45 - 2017年10月29日 20件のリツイート 8件のいいね
  ★使用者責任を没却、無法者!

AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 廣江弁護士「アートコーポレーションの引越事業に関する事実関係をこの判例の枠組みに沿って検討すれば、引越作業員の損害賠償義務は、否定されるか、又は、否定されないにしても、かなり限定されるべき」 0:46 - 2017年10月29日 9件のリツイート 3件のいいね






baritsu‏  @rixion フォローする @rixionをフォローします その他 経団連会長がそこまで言うなら仕方ない。法人税率を上げよう。。 経団連会長「痛み伴う改革を」 | NHKニュース 4:06 - 2017年10月23日 4,086件のリツイート 2,938件のいいね
  ★内部留保406兆円も、労働分配率向上、購買力向上、国内、景気好循環の為、再配分いたしましょう。 






渡辺輝人‏  @nabeteru1Q78 フォローする @nabeteru1Q78をフォローします その他 だって野党面した与党の工作隊なんだから仕方ないじゃないか。 / “立憲民主が維新「排除」と批判 | ホウドウキョク” 23:42 - 2017年10月27日 500件のリツイート 471件のいいね
  ★維新の立ち位置は、どんなものか? 自民党の補完勢力、第2自民党⁉  確か、小池氏と維新の松井氏、談合し、東西棲み分け(即ち、立憲民主党排除、刺客も送り)したのではなかったか。その経緯が、災いしたのでは⁉ 維新は、吾身も振り返られねば!




K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 @Remember311919さんをフォローしています その他 サーロー節子さん:国連の委員会で採択された日本政府主導の核兵器廃絶決議が核兵器禁止条約に言及していないことについて「被爆者への裏切りだ。失望を超え、腹立たしい」 6:46 - 2017年10月28日
  ★実に、御尤も。政府による、主権者への裏切り、後ろから鉄砲?


きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文







TBS: トランプ大統領の北朝鮮対応「支持しない」51%、米世論調査 10/30


普天間の夜間騒音2・7倍 日米協定違反が常態化、嘉手納も増 16年度沖縄防衛局調査 【琉球新報】2017.10.31
 〇 夜間・早朝の騒音回数(年合計)= 嘉手納基地周辺 // 普天間基地周辺
 沖縄防衛局は30日までに2016年度の米軍嘉手納基地、同普天間飛行場周辺での航空機騒音測定調査結果をまとめた。嘉手納基地周辺での騒音(70デシベルが3秒または、5秒間以上)発生回数は前年度比12%減の11万667回となったが夜間・早朝(午後10時~午前7時)の騒音発生回数は9・8%増の6232回となった。
 普天間飛行場周辺では全体、夜間・早朝ともに増加し、特に夜間・早朝は2・7倍の451回と激増した。嘉手納、普天間ともに、原則として夜間・早朝に飛行しないという騒音防止協定違反が常態化していることが読み取れる。
 嘉手納基地周辺での測定は基地内2カ所含め計14地点で実施。14地点うち12地点で夜間の騒音発生回数が増加した。減少したのは嘉手納町字嘉手納(519回から331回へ減)、沖縄市知花(103回から88回へ減)の2カ所のみ。特に増加幅が大きかったのが沖縄市倉敷で前年度723回から879回、うるま市石川東恩納で653回から772回、北谷町砂辺で586回から705回と目立った。
 普天間飛行場周辺の騒音発生回数は前年度比8・07%増の2万3902回。夜間・早朝の騒音発生の増加幅が最も大きかったのが宜野湾市新城で前年度の68回から233回と3・4倍に増えた。






東京新聞・社説: 第4次安倍内閣 国会軽視してはならぬ 10/30


米、先制・核攻撃を検討 69年 対北朝鮮 「トランプ政権は予防攻撃も」元米高官警告 問われる「全面支持」安倍政権 戦争法の危険 現実味 【しんぶん赤旗】2017.10.30


米大統領選、ロシア疑惑初訴追へ 元選対本部長が出頭 【東京新聞】2017.10.30


自民・船田氏が身内批判「特別国会閉会なら言行不一致」 【朝日新聞】2017.10.30


山尾氏、立憲入党せずも会派入り「地元と調整もあり…」 【朝日新聞】2017.10.30


国連委採択 核廃絶決議 賛成国は減少 抑止力前提 日本に反発 東京新聞 10/29
(東京新聞)   ☆核軍縮を巡る主な動き(一覧表)

「まるで核保有国の決議」 長崎新聞 10/29


茂木担当相 無償化「大学を限定」 対象基準を検討 【毎日新聞】2017.10.29


訓練中不明の陸自隊員、首つった状態で遺体発見 【読売新聞】2017.10.29


在日米軍基地縮小を 鳩山元首相、辺野古強行を批判 【琉球新報】2017.10.28


米四軍調整官、沖縄・高江ヘリ炎上で県に謝罪 着陸帯の使用中止も検討 【沖縄タイムス】2017.10.28


NHK: トランプ氏 ケネディ暗殺事件の機密文書すべて公開の意向 10/29


森友への値引き6億円過大 国有地売却、会計検査院が疑義 東京新聞 10/26

森友への値引き6億円過大 - ロイター 10/26



辺野古海域の希少サンゴ 沖縄防衛局が県に移植申請 【NHK】2017.10.26


被爆者 平和賞授賞式へ 核廃絶「ICAN」と出席 【東京新聞】2017.10.26

ジブチ自衛隊 基地労組の解雇撤回求める争議 装甲車と銃で威嚇 【しんぶん赤旗】2017.10.26


【座波幸代のワシントン報告】核誤射「戦争」指令で 1959年の那覇基地ミサイル事故 元整備兵が本紙に証言 【琉球新報】2017.10.26

官房機密費の行政文書開示訴訟、最高裁12月に弁論 TBS NEWS 10/26


NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論 朝日新聞 10/25
NHK受信料 合憲か、双方から意見 最高裁、初判断へ 毎日新聞 10/25


米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か 【NHK】2017.10.25


北朝鮮の「核は米のみ照準」は「信用できる」 核専門家 【朝日新聞】2017.10.22



<衆院選>枝野氏「国民と歩み始める」 立憲党声明全文 毎日新聞 10/23



北朝鮮に米軍事力行使 自民39%が「支持」 東京新聞 10/9


「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24


カーター元米大統領、早期の訪朝に意欲…韓国紙


無戸籍の母親の子、住民票不記載の対応は「適法」判決 朝日新聞 10/12
  ★子の人権保障、義務教育等々に、不利益が生じていないのか! 日本の場合、人権保障の基礎を、無造作に、戸籍や住民票にリンクさせる扱いが横行… 先ず、疑問。憲法の人権保障にそぐわないは、明らか。国の通達自体、違憲の疑い…


警官、暴行被害者を「くず人間」 録音で判明、福岡 東京新聞 10/12
  ★くず! くずは、どっちだ⁉ 人権保障、事件にしたくない警察? 可視化、全面録画録音、必要か。

「9条守れ」掲載拒否は不公正: 「九条守れ」俳句訴訟、掲載拒否は「不公正」 地裁判決 10/13

 cf. 核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日
NHK: ICAN日本人委員 核兵器禁止条約の議論の必要性訴え 10/11
 〇核兵器禁止条約の採択に貢献し、ことしのノーベル平和賞に選ばれたICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンの国際運営委員を務める川崎哲さんが11日、都内で外国メディアの取材に応じ、北朝鮮情勢をめぐって緊張が高まる今だからこそ、条約をめぐる議論を高めていくべきだという考えを示しました。…


NHK過労死 記者の両親が反論: 「私たちの思いが正確に伝えられてない」NHK記者過労死、両親が反論会見 10/13

NHK: 過労死認定 NHK記者の両親が会見 再発防止求める 10/13

政府「ヘイト規制強化 日本は不要」 国連審査報告で認識 【東京新聞】2017.10.14
  ★遠慮しないで‼‼ 君こそ、適格者

衆院選2017 公文書管理、違い不鮮明 加計問題で注目、各党が公約に 制度改善に疑問 【毎日新聞】2017.10.14


企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表 朝日新聞 9/1


アベノミクスで「労働分配率」が低下する理由 最新のGDP統計から見える日本の実態 東洋経済 山田徹也 10/16

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース 2017/09/07

「非正規雇用」の現状と課題 【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】

統計局ホームページ/統計Today No.97 - 総務省統計局
 〇1990年以降の我が国の雇用状況における特徴的な動きの一つは、非正規の職員・従業員(以下「非正規雇用者」という。)数の増加です。1990年に881万人だった非正規雇用者数は2014年に1962万人と2倍以上になりました。非正規雇用については、社会的関心が高く、関連する統計についても注目されていますので、労働力調査の結果からみた正規・非正規雇用の特徴について、紹介します。
  なお、図表等を含む詳細な分析結果は、本稿の「詳細版」に掲載しておりますので、併せて御活用ください。 ・・・

[PDF] 13 非正規雇用増加の背景とその政策対応 - 内閣府経済社会総合研究所

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律  (昭和六十年(1985年)法律第八十八号)
  ★総理は、中曽根康弘か、ワルヤノー、吾。ピンハネ、中間搾取を合法化




日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者 【東京新聞】2017.10.21



NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25



【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】森友過大値引き 首相は国会で説明尽くせ  【琉球新報】2017.10.31
 〇学校法人「森友学園」への国有地売却問題を会計検査院が調査したところ、国のずさんな算定で値引きが最大約6億円過大となり、国が損を被った可能性が浮かび上がった。税金の無駄遣いをチェックする機関からも国有地のごみ撤去費の積算に疑義が突き付けられた。安倍晋三首相は国民が納得できる説明をする重い責任がある。
 森友学園が建設を進めた小学校は安倍昭恵首相夫人が一時、名誉校長に就いていた。夫人付の政府職員が国有地に関して財務省担当者に問い合わせていた。首相との関係性を含めて疑惑が噴出した。
 国会で野党が追及したが、安倍首相は「印象操作だ」と発言し、その後も夫人の国会招致など疑惑解明への協力をかたくなに拒んだ。さらに臨時国会の質疑に応じないまま衆院を解散した。
 加計学園問題を含めて多くの国民が疑問を持つ。解散直前に共同通信が実施した世論調査では、森友、加計学園問題を巡る政府の説明に納得できるかどうかについて「できない」が78・8%で圧倒的に多かった。「できる」はわずか13・8%だった。衆院選は大勝したが、これで疑惑が晴れたわけではない。
 安倍首相は記者会見で「会計検査院が検査に着手しており、指摘があれば真摯(しんし)に説明責任を果たしていく」と明言していた。
 検査院の調査によると、森友学園の国有地購入に際し、ごみ撤去費の見積もりを担当した国土交通省大阪航空局は、学園の「地下9・9メートルまでごみがある」との申告を受け、詳細に調べ直さないまま撤去費を約8億2千万円と算出した。財務省近畿財務局はこの額を評価額の約9億5千万円から値引きした。
 しかし、検査院が資料を検証したところ、ごみの混入率は30%程度で、撤去費は約2億円にとどまり、多くても4億円余りだったという。
 さらに撤去費に関する文書や国と学園のやり取りの記録は破棄されていた。
 こうしたずさんな算定が、なぜ二つの省庁間で認められたのか。なぜ学園との交渉過程で財務局が買い取り可能な金額を尋ねていたのか。なぜわずか2年前の記録が破棄されたのか。
 多くの疑問に答え、背景事情も含めた説明がなされない限り、国民の納得は得られない。
 しかし、安倍首相は野党が求める臨時国会の召集には応じない方針で、11月1日開会の特別国会の延長のみで乗り切る考えだ。
 さらに国会での野党の質問時間の削減を検討している。与党と野党で時間を「2対8」に配分する慣例をやめ、国会勢力順にすべきとしている。
 真に「説明責任」を果たすなら、臨時国会の召集に応じるべきであり、国会の質疑にも誠意を持って応じるべきだ。事をうやむやにしては国民の理解は得られない。


【社説】[F35嘉手納飛来]外来機の「拠点化」危惧 【沖縄タイムス】2017.10.31
 〇嘉手納基地が外来機の拠点となるつつあることを懸念する。最新鋭のF35ステルス戦闘機2機が30日午後、嘉手納基地に飛来した。米太平洋軍が11月上旬から6カ月間、計12機を嘉手納基地に配備すると発表したうちの2機である。米ユタ州のヒル空軍基地の所属で、最終的には要員300人も派遣される。
 常駐機だけでも耐えがたい苦痛を与えているのは、周辺住民ら2万2千人超が第3次の爆音訴訟が起こしていることからもわかる。
 F35ステルス戦闘機は嘉手納基地の主力F15戦闘機と比べても騒音が激しいといわれ爆音禍は目に見えている。
 沖縄防衛局が嘉手納基地の全航空機を対象に初めて実施した調査によると、4月から4カ月間で、離着陸やタッチ・アンド・ゴー、旋回は常駐11機種と外来機を合わせ1万8799回。うち外来機が約35%を占めた。
 日米の騒音防止協定で飛行が制限されている午後10時から午前6時までの飛行は全体で647回。うち外来機が半数を超えた。外来機は5月に米本国からF16戦闘機12機が暫定配備され、在韓米軍からU2偵察機4機、6月には3日連続で岩国基地からF35ステルス戦闘機が飛来した。
 F16戦闘機が暫定配備された51日間、嘉手納町屋良で「電車通過時の線路脇」のうるささに相当する100デシベルを超える騒音が配備前の同じ期間と比べ4倍に増えた。外来機が及ぼす影響が裏付けられた。
 嘉手納基地ではここ数年、外来機の暫定配備が続く。事実上の常駐化ではないか。
■    ■
 F35ステルス戦闘機は、アジア太平洋地域における米戦略の要と位置付けられる。岩国基地への配備は米本土以外では初めてだ。
 所属は岩国基地でも、嘉手納基地や伊江島補助飛行場と連動している。沖縄の空に張り巡らされている訓練空域を使用するからだ。
 嘉手納基地では、日米特別行動委員会(SACO)合意に反してパラシュート降下訓練が実施されている。米軍は「例外使用」を盾に降下訓練をやめる考えはない。滑走路の反対側に移転した旧海軍駐機場も使われている。日米合同委員会の解釈に日米で齟齬(そご)があるのは解せない。
 日米合意を破った米軍に、嘉手納基地周辺の自治体でつくる三市町連絡協議会は県と足並みをそろえ抗議した。今回の暫定配備についてもかつてない怒りが続いている。
■    ■
 県外では普天間飛行場がクローズアップされるが、嘉手納基地と嘉手納弾薬庫地区の2施設だけで、県外にある主要な6基地(横田、厚木、三沢、横須賀、佐世保、岩国)の総面積を超える。
 F35ステルス戦闘機の暫定配備で同基地は周辺自治体に朝鮮半島情勢への対応と説明した。有事想定の訓練は危険にならざるを得ない。沖縄が標的になる懸念も消えない。
 日本政府は米軍の暫定配備を伝えるリリースに抗議するわけでもない。嘉手納基地で進んでいるのは基地機能の強化であり「負担軽減」に逆行する。政府は被害を受ける住民に目を向けているのか。


【社説】[国連核廃絶決議] 日本の決意が疑われる 【南日本新聞】2017.10.31
 〇唯一の被爆国として日本が示してきた核兵器廃絶の決意に対して、国際社会に疑念が広がらないか懸念される。
 国連総会第1委員会で、日本が主導して1994年から毎年提案している核兵器廃絶決議案が24年連続で今年も採択された。
 賛成国が漸増し、核廃絶に向けた国際社会の歩みを刻んできた決議である。ところが、今年は賛成が144と昨年から23カ国も減り、棄権は27で10カ国増えた。
 最大の理由は、決議案が「核兵器禁止条約」に直接触れていなかったからだ。毎年の決議内容に大きな変化はないが、昨年のオバマ米大統領(当時)の広島訪問のように重要な出来事はその都度盛り込まれてきた。
 条約は国連で7月に採択され、貢献した非政府組織(NGO)にはノーベル平和賞が贈られた。核軍縮の機運を高める歴史的な前進だったのは明らかだ。条約制定の意義に言及しない決議に失望が広がったのは当然だろう。
 決議案には、条約に触れなかった以外にも核軍縮の取り組みの後退と受け取れる表現があった。
 核拡散防止条約(NPT)で核軍縮の取り組みを明示した条項への言及が削除された。米国とロシアに核軍縮を促す部分でも、昨年までは「交渉の早期開始」を求めたのに「交渉の早期開始ができる措置を取る」と表現が弱まった。
 棄権に回ったのは、条約制定を推進した非核保有国のブラジルやニュージーランド、コスタリカなどだ。条約に加わらない日本への批判や不信の表れとみることもできよう。
 日本は「核兵器なき世界」という外交目標を取り下げたわけではない。
 米国の「核の傘」に守られている立場から、核禁止条約への参加を見合わせた。北朝鮮が核開発を加速させ、核の傘の存在感が増している安全保障上の環境もあり、米国の意向に配慮した結果だ。条約を通じた核軍縮は「現実的でない。保有国と非保有国の分断が進む」と主張している。
 決議案の後退も同じ理由だろう。河野太郎外相は核保有国と非保有国の「橋渡し」として核廃絶の役割を果たす考えを示している。
 とはいえ、非保有国から見れば、最近の日本の振る舞いは保有国寄りに映っているに違いない。「米国にすり寄りすぎだ」(中南米の外交官)との指摘もある。
 これでは橋渡し役を果たすどころか平和外交の基軸さえ揺らぎかねない。被爆国に求められるのは、核廃絶に向けた確固たる姿勢と具体的な行動にほかならない。


【社説】特別国会自民方針 「謙虚」「真摯」とは程遠い 【熊本日日新聞】2017.10.31
 〇11月1日に召集される特別国会を巡り、自民党の強引な姿勢が目立つ。安倍晋三首相は「謙虚」「真摯[しんし]」の意味をはき違えていないか。
 自民党は、国会での野党の質問時間を削減し、与党分を議席数に応じた配分にすることを求める方針だ。30日の衆院各派協議会では、こうした自民党案に野党側が「容認し難い」と反発した。
 衆院予算委員会などでは与党と野党で「2対8」に配分するのが慣例だが、「衆院で圧倒的な議席があるのに与党議員の質問機会が少ないのはおかしい」「われわれの発言内容を国民が注目している。しっかり機会を確保していこう」というのが自民党側の見直しの理由だ。
 だが与党には政府提出法案の作成や予算案の編成に関与して十分に議論する機会がある。野党側に質問時間を多く与えるのは当然のことではないか。
 衆院選での自民党勝利を受け、安倍首相は記者会見で「今まで以上に謙虚な姿勢で真摯な政権運営に全力を尽くさなければならない」と述べた。それが野党の質問をさえぎり、与党の主張に時間を割くことだと言うのか。
 国会には政府をチェックする大事な役割がある。与党は野党との間で論戦を交わし、それを通じて国民の支持や理解を得る責任があろう。その当たり前のことを軽んじるようなやり方にあきれる。
 今回の衆院解散は、森友学園や加計学園の問題での追及を逃れるためではないかと言われた。衆院選直前の共同通信の全国電話世論調査でも、政府の説明に納得できないと回答した人が78・8%にも上っている。
 にもかかわらず、政府は野党が求める臨時国会開催に応じていない。安倍首相は「今後も求められれば、丁寧に説明していきたい」と述べているが、口先だけだったのか。
 自民党は7月の閉会中審査でも「5対5」を要求し、与野党交渉で「3対7」で折り合った経緯がある。今回の提案も都合の悪い質問は極力避けたいという政権の思惑があるのでは、と勘繰られても仕方あるまい。
 特別国会の会期日程についても、首相の外交日程が続くことなどを理由に11月8日までとする与党提案に関し、野党は首相の所信表明演説や予算委での実質審議を求めるなど平行線をたどり、引き続き協議することになった。
 「安倍1強」に物を言わせ、数の力で強引に進める姿勢は変わらないようだ。しかし、今回の衆院選で自民党が大勝したと言っても、小選挙区の得票率は47%と全体の半分以下だ。比例の得票率は33%で、立憲民主党19%と希望の党17%を合計すると下回っている。議席は圧倒しても、それで民意を得たとするのはおごりだ。
 政権への批判に耳を傾け、国民の疑問に一つ一つ答えていく。そのことが「謙虚」「真摯」と言うことだろう。自らに都合のよい国会運営を行うことではない。


【社説】核廃絶決議 信頼失う日本政府の姿勢 【西日本新聞】2017.10.31
 〇日本政府がまた、核兵器廃絶を願う被爆者たちを落胆させた。
 国連総会第1委員会は先週末、日本政府が中心になって毎年提案している核兵器廃絶決議案を賛成多数で採択した。しかし今年は、日本の作成した決議案の内容に批判が相次ぎ、採択で賛成国が昨年より大幅に減ってしまった。
 日本は唯一の戦争被爆国だ。その日本が、核軍縮を巡る外交の場で主導性を発揮するどころか、逆に存在感を失いつつある現状を象徴的に示す出来事である。
 決議は国際社会の意思表示との位置付けで、法的拘束力はない。多くの国の賛同を得やすく、これまで賛成国数は漸増してきた。
 今回、なぜ日本政府が作成した決議案が賛成国を減らしたのか。
 まず第一は、7月に国連で採択された核兵器禁止条約に直接言及しなかったためだ。この条約は、核を持たない国々が核保有国に核軍縮を強く促す手段として、核廃絶運動の主流になっている。
 日本政府は条約を敵視する米国と足並みをそろえ、条約採択に参加しなかった。この「米国追従」の姿勢を今回の決議案にも持ち込んだことに対し、一部の非保有国が強く反発し、採択を棄権した。
 また、決議にこれまで「核兵器のあらゆる使用」が壊滅的な人道上の結末をもたらす、と明記していたのが、今年は「あらゆる」を削った点も批判を呼んだ。「一部の使用は許される、という意味か」と問題視された。
 田上富久長崎市長は「核保有国が出した決議かのような印象」とコメントした。被爆者たちも政府への不信感を強めている。
 日本政府は「核保有国と非保有国との橋渡し役を果たす」と自任するが、どっちつかずの対応が不信を招き、国際的な信頼を失っているのが実態ではないか。
 核を巡る安全保障情勢が厳しさを増しているのは事実である。だからこそ、被爆者の思いを受け止め、核廃絶に向けて世界をリードする責務の重さを自覚してほしい。被爆国の日本政府がやらずして、どこの国がそれをやるのか。
 =2017/10/31付 西日本新聞朝刊=


【社説】【原発補助金拡大】再稼働の容認狙いを疑う 【高知新聞】2017.10.31
 〇原発が立地する自治体を対象としていた国の補助金を巡って、経済産業省が応募資格を原発の半径30キロ圏内の自治体にも広げていたことが分かった。
 原発の再稼働には立地する自治体の同意が必要だが、周辺自治体も含めるよう求める声が根強い。事故が起きれば影響を受ける。不安を抱いて当然だ。原発から半径30キロ圏内の自治体は、詳細な避難計画作りを義務付けられるなど、万一の場合に備えた対応も求められている。
 一方で、原発が立地する自治体の周辺には再稼働に慎重な自治体も多い。応募資格の拡大は、補助金交付をきっかけに再稼働への容認を得ようと考えているのではないか。疑念が拭えない。
 2016年度から始まった「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」。廃炉などで影響を受ける可能性がある自治体をエネルギーの分野で支援しようとする内容だ。
 当初は原発が立地する都道府県、市町村に対象を限っていた。だが17年度から公募要領に「原子力発電施設を取り巻く環境変化の影響を受ける自治体」を加えた。当てはまる例として、原発からおおむね半径30キロの区域を含む市町村、その市町村がある都道府県を挙げている。
 風力や太陽光、小水力での発電といった再生可能エネルギーに関する技術開発、調査、普及といった取り組みを支援するという。それなら広く知らせてしかるべきである。
 公募といいながら報道発表はせず関係自治体を集めた説明会で済ませている。要領はホームページで公開しているものの、わずかに書き加えたにすぎず、この分野に精通していなければ容易に気付くまい。
 経産省は応募資格の拡大については「(廃炉など)原発の影響が周辺に及ぶことが分かり(事業の)仕組みを見直した」としている。だが、なぜ半径30キロ圏内としたのかは明らかにしていない。
 原発は国民の間で関心が高いテーマである。直近の全国世論調査では再稼働への反対が約6割に上り、賛成とした約3割の倍近いのだ。
 「事業に関しては日々運用を改善しており、逐一、報道発表することはない」ともいうが、それは勝手な理屈だ。
 国民生活に関わる事柄はきちんと公開するのが国の役目である。事業内容を改善したというのなら、なぜ水面下で関係自治体だけと情報を共有するのだろう。手順を踏んで丁寧に説明しようとしないから、意図を疑われるといっていい。
 波紋が起きている地域もある。九州電力玄海原発(佐賀県)の30キロ圏内にある同県伊万里市は再稼働に反対だが、再生エネルギー導入関係の約2200万円を求めた。地元では補助金が、反対の「口封じ」に結び付くと懸念する声が出ている。
 国が地域に不信を広げる糸口をもたらしたも同然だ。公金が原因で対立の構図が生まれることがあってはいけない。


【社説】アスベスト訴訟 新たな救済制度が必要だ 【山陽新聞】2017.10.31
 〇建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み、健康被害を受けた元労働者らが国と建材メーカーに損害賠償を求めた控訴審判決で、東京高裁は国とメーカーの一部に賠償を命じた。
 同様の「建設アスベスト訴訟」は全国で14件起こされ、地裁段階で7件の判決が出ている。うち6件では国に賠償を命じた。今回は初の高裁判決であり、「防じんマスクの使用の義務付けを怠った」などとして国の責任を認める司法の流れはほぼ定着したと言えよう。
 最初の提訴から9年余がたち、この間に多くの原告患者が亡くなっている。国は司法判断を受け、早急に和解に向けて動き出すべきだ。
 一方、メーカーの責任についてはこれまで原告側に厳しい地裁判決が多かった。建設労働者は各地の現場を渡り歩くため、どのメーカーの建材が原因となったかを証明しにくいためだ。
 高裁は、メーカーも石綿の危険をユーザーに警告する義務があったと判断。建材の市場シェアなどを基に実際に現場で使われた確率を推定し、被告43社のうちの4社にだけ賠償責任を認めた。企業の責任にも一歩踏み込んだ点を、賠償責任を免れた社も含め、メーカー側は重く受け止めてもらいたい。
 安価で耐火・断熱性にもすぐれた石綿は建材などに広く使われてきたが、吸い込むと肺がんや中皮腫を引き起こすことが分かり、段階的に規制が進められた。発症までの潜伏期間が数十年と極めて長く、「静かな時限爆弾」とも呼ばれる。
 年間千人前後が石綿被害の労災認定を受けており、中でも建設業で働いていた人が多い。潜伏期間を考えると、将来にわたって認定件数の高止まりも予想される。
 石綿被害を巡っては、石綿製造工場などで働いて発症した従業員らの訴訟で、最高裁が粉じん対策を怠った国の責任を認めている。国はこれを受け、同種のケースで訴訟を起こせば和解に応じる方針を示している。
 こうしたことも踏まえ、建設労働者に対しても、新たな救済制度の整備を急ぐ必要がある。
 「一人親方」問題も放置できない。高裁判決も、一人親方と呼ばれる個人事業主については労働安全衛生法上の「労働者」とは言えず、国は責任を負わないとした。
 だが、一般の建設労働者と変わらない働き方をしていながら、救済の対象外とするのは何とも理不尽だ。
 原告らは国とメーカーなどが共同出資する補償基金制度の創設を求めている。検討していいのではないか。
 高度成長期につくられた老朽建物の解体が今後進み、石綿の飛散による被害も懸念されている。どうやって被害拡大を防ぐかも大きな課題だ。健康被害の重大さを考え、国は救済に取り組んでほしい。


【社説】国会質問見直し  チェック機能の縮小だ 【京都新聞】2017.10.31
 〇国会で与野党が行う質問の時間配分を、自民党が見直す方向で検討に入った。
 安倍晋三首相(党総裁)の指示で、衆院予算委員会などで現在は「2対8」となっている与党と野党の時間配分について、与党分を拡大し、野党分を削減するそうだ。
 野党の質問時間を減らせば、政権をチェックしたり、追及したりする国会本来の機能が縮小する。野党から、「暴挙だ」との声が上がるのは当然だろう。
 今回の話は、衆院選後の首相指名選挙を行う11月1日召集の特別国会を、どうするのかという協議の課程で出てきた。
 与党側が当初、提案していた8日間の会期を延長し、野党側が求める首相の所信表明演説や、代表質問、予算委の開催を受け入れるのと併せて、見直しを図るとしている。
 自民党内には、加計学園を巡る議論などから逃げているとは思われたくない、との意見もあるそうだ。それなのに、野党の質問時間を減らすようルールを変更していては、逃げたも同然と、みられそうだ。
 自民党の若手議員から、質問の機会が限られ、有権者から仕事をしていないと批判されるので、与党の持ち時間を増やしてほしいとの要求があるという。この動きに対して、菅義偉官房長官は「議席数に応じた配分を求める主張は、国民から見ればもっともだ」と理解を示した。
 しかし、事実上、政府と一体化している与党の質問が、国民にとって、どれだけ有意義なのか、考えてみる必要はある。
 与党には、政府が法案を作成する過程で、議論する機会がある。一度、了承した法案等の不備を指摘したり、否定的な意見を述べたりすることが、与党議員にできるとは思えない。
 国会審議では、野党側からの多様な意見を検討することで、より幅広い国民に配慮した政策を打ち出せる。野党に十分な質問時間を確保する慣例の趣旨は、多くの国民に支持されているといえよう。
 立憲民主党の福山哲郎幹事長によると、「2対8」の配分は、旧民主党政権時代に、自民党の要求で定まったものだという。党としての整合性も問われる。
 野党の質問時間を減らすのは、委員会採決を省略し、臨時国会の冒頭、所信表明や質疑なしに解散する手法にも通ずる。巨大与党に、「おごり」や「緩み」が再び顔を出していないだろうか。


【社説】企業の内部留保  活用へ、官民で議論を 【京都新聞】2017.10.31
 〇増え続けている企業の内部留保が注目されている。衆院選では、希望の党が公約に「大企業の内部留保課税の検討」を盛り込み、企業側から反発の声が上がった。
 消費税引き上げに代わる新財源として持ち出したが、法人税などとの「二重課税になる」との指摘もあり、慎重な議論が必要だ。
 しかし、働く人の賃上げの鈍さと比べ、積み上がる内部留保の巨額さに多くの国民が違和感を持っていることも間違いない。政府や経団連などは内部留保を労働分配率の上昇に振り向けるよう、まずは自主的な取り組みや税制などの整備を幅広く検討してはどうか。
 内部留保は、利益から法人税や株主配当などを差し引いた後の「もうけ」の蓄積である。企業会計の中では、利益剰余金を指す。財務省の統計によると、2016年度で406兆円と過去5年間で約3割も増えている。
 希望の党に限らず、従前にも複数の自民党閣僚が内部留保に言及し「年々25兆円前後たまってるんだったら、その分は給与に回されたら」(麻生太郎財務相)などと述べている。民主党政権時には、政府が内部留保課税の検討を表明したこともある。現在、金融庁が内部留保活用の指針作りに動く。
 これに企業側は、「内部留保を余剰資金と誤解しているものも少なくない。現預金や有価証券の形で保有されているとは限らない」とし、「課税で強制的に賃上げや設備投資を迫るべきでない」(京都商工会議所)と反論する。
 確かに内部留保には設備や土地なども含まれるが、現預金だけをみても約210兆円(16年度)と、過去10年間で75兆円増えている。08年のリーマン・ショックで苦しんだ企業が、リスクに備えてきた面が大きいが、業界内にも「それにしても多すぎる企業がある」との声が出ている。
 企業利益のうち労働者の取り分を示す労働分配率は、01年の75%から15年は67%に下がっており、京都経済同友会の幹部も内部留保について「税制や規制緩和などの政策誘導を通じ、課題解決を図ることは重要」と認める。
 米国では「留保金税」として、手元に残った単年度資金で、必要が認められない分に課税する制度がある。経済界も反対だけでは、社会的な理解が得られない。
 賃上げはGDPの約6割を占める個人消費を刺激し、実体経済の好循環に直結する。経営者が内部留保を前向きに使える環境作りに、官民で知恵を絞りたい。


【社説】前原代表辞任 見切り発車の付け重く 【信濃毎日新聞】2017.10.31
 〇民進党が前原誠司代表の辞任を了承した。
 小池百合子東京都知事が率いる希望の党と合流を決めたのは失敗だったなどとし、前原氏は責任を取った。
 小池氏らと仕掛けた野党再編劇は迷走し、存在感を低下させただけだ。総選挙で有権者の支持や理解は広がりを見せず、与党を利する結果を招いた。
 自身が主導した全党的な合流は見切り発車だったと事実上認めている。付けは重く、辞任は当然と言わざるを得ない。
 前原氏は、9月初めの臨時党大会で代表に選出された。就任した際、「みんながみんなのために」との理念を打ち出し、自己責任社会と決別し、将来の社会像を明確に示すと訴えた。
 拙速な改憲への反対や安全保障関連法廃止など、安倍晋三政権との対決姿勢を鮮明にしていた。
 しかし、衆院解散に乗じ、小池氏が希望を立ち上げると、前原氏は賭けに出る。党内で丁寧な合意形成を図らないまま、合流を決めてしまった。党勢低迷を打開したい前原氏と、資金や組織力を当てにする小池氏の利害が一致したことが背景にあった。
 前原氏や小池氏の強引なやり方に反発する議員らが立憲民主党を結成するなど、野党第1党は四分五裂の状態に陥った。
 民進はもともと改憲や安保政策などを巡り、党内意見に大きな隔たりがあった。長く続いてきた寄り合い所帯は、「決められない政治」の要因ともされた。
 党が分裂し、理念や政策の異なる議員がたもとを分かったことで、以前よりもまとまりやすくなる面があるかもしれない。
 とは言っても、前途多難だ。民進は希望との合流を見送り、党籍の残る衆参議員と地方組織による党の存続を決めた。希望に参加する見通しの前原氏は民進が希望と立憲との橋渡し役になると語ったけれど、そんなに甘くない。
 参院の民進議員は党再生を模索している。岡田克也元代表をはじめとする衆院の無所属グループは希望、立憲双方との連携に力を入れるとの見方もある。小池氏の「排除」発言への不信感が根強く残る中、立憲と希望とのしこりがたやすく解けるとは思えない。
 安倍政権に対抗するための党の再生や野党再々編はいばらの道となりそうな気配だ。
 民進はきょう新しい代表を選出し、あす召集の特別国会に臨む。党の理念や政策、立ち位置に関して議論を深め、国民に丁寧に示さなければならない。


【社説】石綿訴訟判決 国は抜本的な救済を図れ 【信濃毎日新聞】2017.10.31
 〇対策を遅らせ、アスベスト(石綿)による深刻な健康被害を招いた国と企業の責任は重い。積み重ねられてきた司法判断を踏まえ、抜本的な被害救済の仕組みづくりに動くべきだ。
 建設現場での被害をめぐる裁判で、東京高裁が国と建材メーカー4社に賠償を命じる判決を出した。石綿の粉じんを吸い、肺がんや中皮腫を発症した元労働者や遺族が各地で起こした集団訴訟で初の高裁判決である。
 これまでに出た一審判決7件のうち6件でも、裁判所は国が対策を怠った責任を認定している。一方、メーカーの責任を認めたのは2件にとどまっていた。
 建設労働者は現場を渡り歩いて働く上、発症までの期間は数十年と長い。どの建材が原因か特定するのは困難だ。それが企業の責任追及を妨げる壁になってきた。
 東京高裁は今回、建材の製造期間や市場占有率、労働者の作業歴などから4社の賠償責任を認定した。国とともに企業の責任にも厳しい目を向けた判断は、被害救済の道を広げる上で意義がある。
 石綿被害をめぐっては、関連工場の元従業員らが起こした裁判で2014年、国の責任を認める最高裁判決が確定した。けれども政府は、建設労働者は「別の問題」とし、置き去りにしてきた。
 行政の対応が遅れ、被害が拡大したことは、工場も建設現場も変わらない。責任の範囲を狭く捉える姿勢を政府は改めるべきだ。
 個人で仕事を請け負う「一人親方」については、裁判でも、労働者にあたらないとして国の賠償の対象外とする判断が続いている。同じように被害を受けながら理不尽と言うほかない。政府は救済の手だてを講じる責務がある。
 原告や支援団体は国と企業が出資する補償基金の創設を求めてきた。幅広い救済の方法として、政府は前向きに検討すべきだ。
 耐火性や断熱性に優れた石綿が建材などに大量に使われたのは1960年代以降。早くから発がん性が指摘されながら、原則全面禁止されたのは06年である。
 潜伏期間の長さから被害は今後さらに顕在化すると予想される。公営住宅に使われた建材で住人が中皮腫を発症した事例も明らかになっている。実態調査や医療機関との連携によって潜在患者を掘り起こすことも必要になる。
 また、建材が使われた建物の解体はこれから増える。飛散による新たな被害の防止も徹底しなければならない。石綿被害は終わっていないことを再認識したい。


【論説】丁寧な政権運営 のっけから真意を疑う 【岩手日報】2017.10.31
 〇「丁寧、謙虚、寛容、包容力。われわれは本家本元。先頭に立って努力したい」
 自民党の岸田文雄政調会長は先週末、共同通信加盟社の論説研究会で講演。「今年は宏池会創立60周年」と、池田勇人元首相を中心に1957年に結成された最古参派閥の伝統を強調した。
 会場内のカメラの放列に驚くしぐさを見せ、冒頭で慎重発言を宣言したのは「いろいろ言いたい」ことの裏返しでもあるだろう。自民が大勝した衆院選の結果とは相いれない世論の厳しい目に実感もあるに違いない。その語り口には「ポスト安倍」としての立ち位置がにじみ出た。
 第4次となる安倍政権は、のっけから謙虚さを欠く印象が否めない。首相指名のための特別国会は1日召集。野党側の求めに応じ所信表明演説や代表質問、予算委の実施などを検討する一方で、国会での野党の質問時間削減を提案する方針という。
 菅義偉官房長官は「議席数に応じて質問時間を配分するのは、国民ももっともだと考えると思う」と賛同した。選挙で改めて数を得た余裕が言わせるのは分かる。だが、本当に国民は「もっともだ」と思うだろうか。
 内閣が国会に提出する予算や法案は、与党で事前に審議され、了解を得る。国会では議論がその繰り返しにならないよう、与党とは異なる観点から国民理解を深める必要があるだろう。
 議席数で単純に質問時間を割り振るだけで、国民が納得するとは思えない。国民の意思を好都合に「忖度(そんたく)」するのは丁寧でも謙虚でもない。
 今衆院選は、直前7月の東京都議選で自民党が歴史的惨敗を喫するなど、内閣支持率が急落する中で行われた。
 先の通常国会では、共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法を参院委員会の採決を省く奇策で成立を強行。首相周辺の関与が疑われる森友、加計学園問題で説明不十分とする世論の大勢に背を向けるように国会を閉じた。
 結果的に与党が政権基盤を固める形にはなったものの、それを大いに助けたのは野党側の「自滅」だ。安倍晋三首相の続投を望まないとする回答が多数との他紙の調査もある。得た数ほどに、政権への国民の信頼は高まっていないと考えるのが妥当だろう。
 岸田氏は講演で「安倍首相を中心に安定した政権をつくらなければならない」と言った後、野党が求める臨時国会を拒む政権対応への評価を問われ「私は関知していない」などとかわした。
 政府与党から頻繁に聞かれる「丁寧」「謙虚」が真意なら、内輪の言論環境を整える必要がありそうだ。国民は、口先だけでは納得しない。


【社説】核廃絶決議後退 これで「橋渡し」なのか 【北海道新聞】2017.10.31
 〇これで、「核兵器保有国と非保有国の橋渡し役になる」と、胸を張って言えるだろうか。
 日本が提出した核兵器廃絶決議案が、国連総会の軍縮を担当する委員会で採択された。今回で24年連続である。
 しかし、賛成国は昨年より23カ国減って144カ国にとどまった。昨年は賛成しながら、棄権に回った国も少なくない。
 決議案が、7月に採択された核兵器禁止条約に一切言及せず、核兵器の非人道性を巡る表現も後退していたためだ。
 核廃絶を主導していくことは、唯一の戦争被爆国である日本の責務である。
 それなのに、決議は廃絶の動きに水を差すと受け止められた。日本への失望感を表明する国まである。きわめて残念だ。
 信頼を回復するには、広島、長崎の被爆者や、核兵器を「絶対悪」とみる世界の人々の声に、これまで以上に真摯(しんし)に耳を傾けるしかあるまい。
 決議は、日本が1994年以来、毎年国連総会に提出し、多くの賛同を得て採択されてきた。長年の積み重ねが、軍縮分野で日本の存在感を高めてきたと言える。
 だが、今年は「核兵器禁止条約に言及しないのはあり得ない」(ナイジェリア代表)など反発が相次いだ。
 条約は核兵器の使用のみならず、保有や実験、使用をちらつかせる威嚇まで一切を非合法化する。来年にも発効する見通しだ。
 日本は、条約は核保有国と非保有国の溝を広げ、核廃絶につながらない、と反対の立場をとってきた。決議案で条約に触れると、核保有国から支持を得られなくなるとの判断もあっただろう。
 代わりに大幅に増えたのは、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を非難する記述である。北朝鮮への圧力を重視する安倍晋三政権の姿勢を表したといえる。
 これでは多くの非核保有国の意向が反映されていない、と見られても仕方あるまい。
 田上富久・長崎市長が「核保有国が出した決議かのような印象を持つ」と述べたのはもっともだ。
 被爆者の声が世界を動かし、条約の採択に結びついた。それを後押しした「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN(アイキャン))」がノーベル平和賞に決まり、12月の授賞式では被爆者代表が演説する。
 核廃絶に向けて日本の果たすべき役割は大きい。条約に参加した上で保有国に廃絶を迫るべきだ。










核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-10-30

10/30: トランプ大統領の北朝鮮対応=不支持51%&米大統領選、ロシア疑惑・元幹部初訴追 質問時間配分の野党中心主義は、既に“法”‼‼、謀反⁉ 安倍政権亦国民主権を騙るか、国民、𠮟りつけが肝

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・トランプ大統領の北朝鮮対応「支持しない」51%、米世論調査 10/30(月) 16:48  ★大統領は、尊重すべきでは。
 ・せっけんに覚醒剤隠し密輸した疑い、台湾出身の男女4人逮捕 10/30(月) 15:25
 ・「日本の実力を示したい」金井宇宙飛行士が文科相を表敬 10/30(月) 15:24
 ・前原代表辞任へ…民進党は今後どうなる? 10/30(月) 17:36
 ・MRI出資金消失 約7億円支払い命令判決 10/30(月) 16:56  ★米の金融業者・MRI
 ・スペイン・カタルーニャ州 独立反対派が大規模デモ 10/30(月) 5:54
 ・フィリピン大統領来日「誰かが金正恩氏と話を…」 10/30(月) 5:53
 ・ケネディ暗殺事件文書 カストロ前議長の暗殺計画も 10/30(月) 5:50  ★CIA、悪の帝国?
 ・船の故障で太平洋に5カ月漂流 女性2人と犬を救助 10/30(月) 0:46
 ・両陛下 福岡・宗像市の海づくり大会式典にご出席 10/30(月) 0:45
 ・殺人罪で服役した女性が会見し無実訴え 滋賀 10/28(土) 18:47  ★冤罪は、誰が、有無を検証する?

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
10月30日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 暴風  ☂  誕生日の花 ナギナタコウジュ 花言葉 匂い立つ魅力 10/30
 〇ラジオ深夜便から

 はぐれ台風の影響か 今日は朝から 暴風雨です。薬が無くなったので 罹りつけ医へ、
インフルエンザのワクチン不足との 情報があったので、聞いてみたら、大丈夫とのことで
接種を受けてきました。市からの補助があるとのことで 昨年より グット 低料金 びっくりポンでした。

 衆院戦が終わり、顔を見たくもない、あの男が、質問時間を 議員数に応じて 配分すべきだと、指示したとかで官房長官が早速 記者会見で、そのとおり だと言っておりましたが、野党が反発・・・

  議員数でなく、衆院選での 得票数で 質問時間を配分すべき、”モリカケ〝 蕎麦もウドンも徹底して 明らかにすべきで~す、
 

 10月も、間もなく 終わりですネ


 カテゴリなしの他の記事
  暴風
  最終土曜日
  ヨメナ
  10月小春    快晴
  曇り 薄日


 今日のトピックス Blog10/29: 核兵器禁止、平和な生活回復を! 内閣不支持、支持上回る 北朝鮮「安倍政権が核脅威論を騒ぎ立て」批判 「北朝鮮問題」- もはや核開発阻止は無理⁉ ‎陸自隊員が、銃剣と小銃持った侭、自殺⁉



 今日のトピックス Blog10/28: 立憲・枝野氏「国民と歩み始める」 vs~麻生政権「与党4、野党6」◆民主党政権下「与党1、野党9」 ~安倍政権「与党2、野党8」⇒「与党7、野党3」??? 国民主権を議員特権と履違え!不埒



イシャジャの呟き: 最終土曜日    誕生日の花 センブリ  花言葉  はつらつとした美しさ 10/28
 〇ラジオ深夜便から

 10月も最終の土曜日を迎えることになった。菜園にしている庭も、枯れ葉や枯草で荒涼とした景色となっておりカーテンを閉めて 眼に入らないようにしたいくらいだ。

 食べ物の残が少なくなったので、スーパーまで出かけたいのだが、子が来てくれるまで 待つことにしよう・・
 いつの間にか、買い物難民に近づいているようだ。生協の宅配と併せて 生活用品を確保
 しなければ・・・

 通販で、インテリア用品を申し込んだが、3週間経過しても 音沙汰無し、メールで照会してみたが
 音沙汰無し、



 カテゴリなしの他の記事
  選挙
  庭木の剪定
  ヌグダマッタ !


 今日のトピックス Blog10/27: 森友への値引き6億円過大!判明 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」佐川国税庁長官の罷免、再度申入れ 加計学園の認可?来月 否、即却下!臭い物に蓋? 猶、尾を引きたいか



「護憲+」: NHK受信料強制契約は合憲か、契約の自由か、最高裁で弁論開始 10/26 (厚顔)
 〇10月26日朝日新聞及び朝日デジタルで「NHK受信料契約は合憲か否か」についての問題を取り上げている。

 「NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論」

 『家にテレビがあったら、NHKの受信料を支払わなければいけないか。受信料契約を定めた放送法の規定が憲法の保障する契約の自由に反するかが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、原告のNHKと、受信料を支払っていない被告男性の意見を聞く弁論を開いた。最高裁は年内にも、受信料を巡る初めての判断を示す。

 NHK受信料訴訟、支払い義務づけは合憲 法相が意見書

  受信料の支払い義務は放送法では明文化されておらず、総務相の認可を得た規約で定めている。NHKは同法の「受信設備を設置したらNHKと契約しなければならない」という規定を根拠に受信料を徴収している。

  裁判では、NHKが自宅にテレビがあるのに契約をしていない東京都の男性に支払いを求めている。この日の弁論で、男性側は「規定は努力義務を定めており、強制力はない。契約の強制は契約の自由に対する重大な侵害だ」として違憲と主張。規定が合憲だとしても、支払い義務が生じるのは契約成立時からだと訴えた。

  一方、NHK側は「放送文化の発展や放送インフラ基盤の充実など社会的役割を果たしている。規定には必要性と合理性があり、合憲だ」と主張。契約は相手に締結を求めれば成立し、受信料を請求できると反論した。裁判では、法相も規定を「合憲」とする意見書を最高裁に提出。寺田裁判長は弁論で「参考資料として取り扱う」と述べた。

  一、二審判決は、NHKが災害報道で果たす役割などを踏まえ、規定は「公共の福祉に適合する」として合憲と判断。個別の契約はNHKが裁判を起こし、勝訴が確定した際に成立し、テレビ設置時にさかのぼり受信料が請求できるとした。(岡本玄)』

 実は朝日新聞は8月25日の社説でも同じ主旨のことを論じている。

 8月25日朝日新聞の社説「NHK受信料 徴収策の強化の前に」

 『NHKが主な収入源である受信料の確保のために知恵を絞るのは当然である。だとしても、「公共放送の役割とは何か」「NHKはどうあるべきか」という根本の議論を抜きにして、自分たちの都合を優先しすぎてはいないか。・・・(以下略)』

 これは非常に重要な問題で、いよいよ最高裁大法廷で弁論が始まったので、8月25日の社説についての弊投稿を下記にリピートしておきたい。

 「NHK受信料 徴収策の強化の前に(朝日新聞社説)に加えて」

 『表題は8月25日の朝日新聞社説の題目であるが、ごもっともな指摘である。・・・NHKは受信料の一律公平負担を金科玉条のように主張しているが、これがNHKの常識だとすれば、世間の非常識だと言いたい。世間では水道、電気、ガスなどの公共料金は基本的に使用した量に応じて支払う従量制が常識だからである。

 人のライフスタイルも多様化し、メディアの種類も増え、NHKテレビを見ている時間は人様々であるのに、テレビ機器を所有しているだけで一律の料金を徴収するのは視聴者には不合理で公平負担ではない、公共料金と同じように観た時間に応じた従量制料金が公平公正な負担なはずである。

 その上で訴訟するなど横暴である。受信契約を結びながら料金不払いの人や、契約自由の原則に基づき受信契約締結に応じない人にはNHK放送が見れないようにスクランブルを掛ければ済むはずである。・・・(以下略)』

 一つ追記しておきたいのは、受信料にはNHKが下記放送法第一条二項の規定を遵守する対価も含まれており、NHKが現在の偏向不公正な報道姿勢のままでは受信料契約はしたくないと思っている視聴者も多いということである。

 一方NHKは最近災害報道が公共の福祉に寄与していることをアピールしているが、これは東北大震災後のことで有り、公共放送であれば当然で、むしろ遅きに失した、後付の理由と言うべきであろう。

 *放送法第一条二項
 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

 「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より


イシャジャの呟き: ヨメナ    誕生日の花  ヨメナ 花言葉 隠された美しさ 10/27
 〇ラジオ深夜便から

 本日も晴天なり、どこへ 行く当てもなく、朝ドラ~あさイチ、午後からも 大阪からの ごごナマへと進み、
 為すこともなく 徒な日を 過ごす。

 買い取り屋から 電話があったが、売るものはない !と断る。

 浴槽に 手摺を取り付けて 頂きました。年寄の風呂場での 事故が多くあるそうなので、
 安全には 万全を期す



 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog10/26: 東証16連騰 真の実力なのか疑問だ(道新・社説) 今の株高は主要国共有の金融緩和・株高誘導&GPIFと日銀が株価下支え「官製相場」 課題は、金融緩和一辺倒策の歪み克服と出口論⁉



イシャジャの呟き: 10月小春  快晴    誕生日の花 モヨウビユ 花言葉  燃え上がった情熱 10/26
 〇紅葉盛り
 
 快晴、今年も残り 66日、オソラク 最後の小春日和でしょう。

 生い茂っていた庭の雑草も枯れたので、庭の紅葉を撮る、暫くぶりの カメラに少し戸惑った。
撮るのは いいが 取込みに手間取る



 カテゴリなしの他の記事



今日の「○」と「×」: 「×」 日本人ってスゴイ?! いや、オメデタイ。 10/25
 「×」 この頃、「日本人ってスゴイ」みたいなテレビ番組が多くてウンザリするが、今回の選挙結果を見ると、確かに日本人ってスゴイのかもしれない。

 もちろん、逆の意味だが。

 総理とその婦人や友人がどんなに税金を食い物にしても、自民党の政治家や大臣がどんなに不祥事を起こしても、すんなり当選させてしまうのだから

 これほどオメデタイというか、不正に寛容で無節操な国民が多い国は、珍しいのではないだろうか。

 それにしても、国民は台風の被害に苦しんでいるのに、「でんでん」アベはトランプ大統領とのゴルフに松山を呼びつけて大喜びという能天気。

 カリフォルニアの山火事なんかそっちのけのトランプ大統領とともに、史上最低最悪の日米両首脳が、世界を破滅に導こうとしている。

 立憲民主党を始めとする護憲勢力は、一致団結して極悪日米同盟の陰謀から、国民を守らなければならない。


 今日のトピックス Blog10/25: 森友への値引き6億円過大 会計検査院が疑義 モリカケ疑獄裏付け⁉ 選挙前に、検査院も、メディアも、情報提供すべきでは⁉ 数日遅らす??? 公共放送は、主権者に忠誠・信義誠実を尽くせ!


「護憲+」: 立憲民主党への期待と私たちの決意 10/25 (笹井明子)
 〇枝野幸男さんが、大義なき解散・総選挙の喧騒の中で、「まっとうな政治」のスローガンを掲げて、立憲民主党の立ち上げを宣言したのは、10月3日のことでした。

 10月14日の東京大作戦=大規模街頭演説では、
 「政治は、政治家のためでも政党のためでもなく、国民のためにある。今の政治に怒りや危機感を持つ、多くの国民の声に応えて、政治の流れを転換させたい。この国に暮す多様な一人ひとりとの対話を通じて、誰もが自分らしく生きられる社会をつくりたい」と語り、彼の「まっとうな政治を、立憲民主党を、一緒に作っていきましょう!」の呼びかけに、会場を埋め尽くす観衆からは大きな拍手と枝野コールが湧き上がりました。

 翻って、2ヶ月前の8月1日、私たち「護憲+」は第十五期に入り、新しい期を迎えるにあたっての抱負を、以下のように述べました。

 『この間の政治状況の中で、市民の中から、「政治は自分達一人ひとりのもの」、「政治にきちんと関わろう」という「民主主義」のうねりが生まれ、根付き、着実に広がっています。
 私たちも、こうした市民の一員として、「民主主義の担い手として政治にコミットする」姿勢を共有し、立憲主義を尊重し市民と共に政治を作っていこうと志す政党や政治家が、選挙に勝つ力量をつけるよう、積極的に応援、支援して、真の「受け皿作り」に尽力していきたいと思います。』

 今回の立憲民主党の立党宣言に出会った時、あたかも私たちのこの決意に呼応するかのような意思表明に驚くと共に、私たちが長年に亘って待ち望んできた「まっとうな政治」を志す政党が、本当に誕生したことに、感動を覚えずには居られませんでした。

 10月23日、立憲民主党は、選挙結果を受けた声明の中で、
 『立憲民主党にとっては、今日から、ここからが、国民の皆さんとともに歩みを始める新たなスタートです。・・・私たちは、国民の皆さんにお約束した草の根からの政治を実行に移し、支え合いの仕組みを創っていくために、強い決意と覚悟をもって国政に臨んで参ります』との決意を表しています。

 一方、人々の期待、注目の大きさが明らかになると、さっそくマスコミが「政界再編」を取り沙汰するなど、いつもの無責任で訳知り顔の評論を繰り広げていますが、それに対しても枝野さんは「永田町の内側の権力ゲームに参加するつもりはない」とキッパリとした姿勢を示しています。

 こうして、当たり前の(なだいなださんが晩年に語った「常識哲学」を思い起こさせる)姿勢を語る政党・政治家が出現し、ボトムアップの政治、本当の民主主義に則った政治がスタートしようとしていることは、私たちにとってこれまでにない大きな喜びです。

 これから私たちは、立憲民主党の行方を見守り応援しつつ、「立憲主義」「民主主義」が大きく広がり、遠くない将来に当たり前のこととして日本社会に定着することを期して、「草の根からの政治」の成長、発展にコミットするという、私たち自身の今期の抱負を、真摯に、積極的に実践していきたいと思います。

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 曇り 薄日    ~ 薄日  誕生日の花  ダンギク  花言葉  忘れ得ぬ思い 10/25
 〇ラジオ深夜便から

 6時に起きて、3食食べて、朝ドラをみて~ あさイチ~ ごごナマへと進み、しぶ5時を見て、7時半
 が、 お休みタイム  奮闘努力の甲斐のなく 今日も暮れていく 80歳5か月 爺の一日



 カテゴリなしの他の記事
  ヨイトマケ・・・
  衆院選 最後の日曜日


 今日のトピックス Blog10/24: 40代低所得(300万円未満)世帯 20年で1.5倍! 超低金利政策(金融資本に利益供与)、銀行ローン・奨学金ローンにも喘がせ 人口減少も、格差社会も‼ 介護・保育の低賃金も 政府の責任!


「護憲+」: 講演会「日本の政治はどこへ向かうか?」 10/24 ( 珠 )
 〇今回の選挙の結果、憲法を変えようという発議が出て、国会を通ることになるでしょう。今一度、国民投票に向けて多くの方と、憲法を、日本の政治を学ばないといけないですね。

 ちょうど1か月ほど先になりますが、お知らせをしておきます。

 ●イベント紹介●
 九条科学者の会
 「九条科学者の会」は2005年3月、20名の発起人を含む196名の呼びかけによって設立されて以来、科学に携わる方々に 「九条の会」アピールへの賛同を訴えてきました。「7つの行動提起」に基づいて、全国各地の大学・研究機関の九条の会と連携したり、 日本国憲法第9条に関わる幅広いテーマで学習会・講演会を開くなどの活動を続けています。

 九条科学者の会・日本科学者会議 共催 2017秋の講演会
 「日本に政治はどこへ向かうか?」


 日本の政治はどうなるのか、総選挙の結果も踏まえて、九条科学者の会の二人の共同代表の講演を通じ、ご一緒に考えましょう。

 日時:2017年11月25日(土)13:30~17:00(開場13:00)
 場所:中央大学理工学部5号館5136教室(後楽園キャンパス)
 参加費(資料代)500円
 共催:九条科学者の会・日本科学者会議

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転? 10/24 名無しの探偵)
 〇朝日の試算が正しいならば、野党分散の結果「反自公」が失った議席は63だという。
 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算 朝日新聞 10/23

 これの責任は前原(勿論、民進党の煮え切らない思想信条にこそ原因がある)と小池百合子にある。

 安倍「政治私物化」政権を打倒するには、この際、党利党略は一時棚上げにして、「野党共闘」を継続すればよかったのである。

 政治も碌に出来ない(DNAだけで総理になった)「バカ殿」政権にみすみすやられるとは、厚顔さんも言うとおり、「国共合作」にも学ぶことができない「極右」政治家たちの末路なのかもしれない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog10/23: 国民主権実現⁉ 衆院選の“民意と選挙結果との乖離” 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転… 枝野氏「国民と歩み始める」 北朝鮮の「核は米のみ照準」核専門家 憲法改正も三権も 国民主体で!



「護憲+」: 自民党圧勝の最大の要因は前原にあり 10/23 (厚顔)
 〇自民党に強烈な逆風の中で、こんなに自民党圧勝の選挙速報はみたことがない。不愉快をとおりこして言葉が見つからない。

 その要因は選挙前に投稿したように、民進党前原代表が希望の党小池代表の「くノ一戦法」に乗ったことと、その洞察の甘さにある。

 >前原民進党代表と希望の党小池代表の交渉ニュースを聞くと前原氏の詰めが甘い。これでは希望の党への身売りで、前原氏は『国共合作』の故事を十分知らなかったようだ。小池代表は政治家として冷徹に前原代表を見ていたが、前原代表は小池氏の含み笑いと流し目に悩殺され、政党の代表の立場を忘れ、肝心な詰めを忘れてしまったと言われてもやむを得まい。

 >小池代表に「私は今回の衆議院選には出ないので、希望の党が第一党に成れば貴方を首班指名候補にしたい」とでも言われたのであろうか。まさに「くノ一忍法」にかかった男のようである。かつて民主党代表時代に小泉首相を国会で追求する永田議員が、フェイクニュースをつかまされていたことを見抜けなかった甘さと同じ事である。

 選挙前に練られていた民進、自由、社民、共産、引いては希望、維新も含めての野党統一候補擁立の小沢戦略を反故にして、民進の希望への身売りを謀った前原の責任としか言いようがない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より






 今日のトピックス Blog10/22: 雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ自公ニモ、騙し解散ニモ負ケナイ 上からの押し付けではない、草の根からの「まっとうな政治」を、一緒に新しい政治の流れを、共に倦まず巧まず進めて参りましょう



「護憲+」: 枝野幸男と安倍晋三の演説会場に見るこの国の姿 10/22 (流水)
 〇わたしの地方では最後まで見る事ができませんでしたが、動画で見る立憲民主党枝野代表と安倍晋三首相の演説会の雰囲気のあまりの落差に、この国の現状が見事に反映されていたように思えます。

 選挙戦最終日、安倍首相は東京都議選のリベンジと称して秋葉原で演説を行いました。機動隊に周囲を守られ(バス4台分だそうだ)、日の丸や安倍首相支持のプラカードを掲げた支持者に囲まれたお立ち台での演説でした。プラカードや日の丸を掲げた支持者と一般聴衆の間には相当の間隔があり、あれではほとんど演説内容を聞き取れないだろうと思われます。もし、わたしが現場にいたなら、さっさと立ち去ります。
のんきに介護: 都議選のとき、秋葉原では「(安倍)辞めろ!」コールが周辺一帯を覆いつくした。本日、そのリベンジがあると聞いたが―― 10/21

 選挙戦序盤、ヤジを恐れた首相は、支持者だけで固めた聴衆の中で演説をしていました。要するに、安倍首相は、自分と異なる見解を持つ国民が怖いのです。野次が怖いとはそういう事です。元教師の経験から言わせてもらうと、問題児の中に、地球が自分を中心に回っていないと気に入らず、とにかく周りから「よいしょ」してもらわなければ、何にもできない子供がいましたが、それとダブって見えます。

 これは民主主義国家の首相としては考えられない振る舞いです。なぜなら、民主主義とは「多様性との共存」を前提にした制度なのです。その「多様性」が認められず、自分と異なる見解を持つ国民を締め出すようでは、もはや民主主義国家の首相とは言えません。大人なら、その程度の事は誰にでも分かります。

 しかし、安倍首相は、「多様性との共存」を拒否する道を選びました。安倍首相は、民主主義を拒否したのと同じなのです。

 安倍首相が改憲で何を目指しているか分かりませんが、上の秋葉原の異様な雰囲気を見れば、彼の取り巻きどもの感性は一目瞭然です。「リテラ」に書かれている危惧が杞憂であることを祈りますが、どうもそうではないように思います。
リテラ: 安倍政権が描く、この恐ろしい未来を本当に許すのか? 労働者は使い捨て、家族は国家の下請けに、そして緊急事態条項で独裁OKに 10/22

 そして、最も怖いのは、そのような異様な振る舞いをする人々が警察権力に守られている、という事実です。警察権力とは国家権力そのものなのです。これが「日常化」したらどうなるのか。普通の想像力を持っていれば、誰にでも理解できます。安倍首相の秋葉原での演説会場の雰囲気は、それを予感させます。

 それに比べ、枝野立憲民主党代表の雨の新宿の演説会場の雰囲気の人間臭いこと。人の熱気や心意気が溢れています。参加者一人一人の思いが感じられます。「人間て、いいな」と思わせる雰囲気でした。雨もまたよし。熱気に満ち溢れた顔や心を気持ちよく冷やしてくれます。
阿修羅: 雨の新宿に大旋風!立憲民主党東京大作戦ファイナルに8000人!枝野代表「22日から日本の民主主義は変わる!」

 選挙戦を通じて枝野代表の演説スタイルは、従来の日本の政治家の演説スタイルとは大きく異なっていた。車や高く組まれた演台などの上から演説をするスタイルを捨て、リンゴ箱程度の低い足場の上で、四方八方を聴衆に囲まれて演説をするスタイルを選択しました。

 日本の政治家で、このような演説スタイルを行う人はごく稀で、きわめて特異なスタイルです。しかし、枝野代表のスローガン「下からの民主主義」には、きわめてふさわしいスタイルでした。立憲民主党の支持の広がりには、枝野代表の演説スタイルは大きな影響力を与えたはずです。

 単純に安倍首相の演説会場と枝野代表の演説会場を比較すれば、その雰囲気の違いは一目瞭然です。安倍首相の演説会場の雰囲気は、オーウェルの「1984」を彷彿とさせる近未来の日本の姿を暗示させ、心が冷え冷えして、暗くなります。

 それに引き比べ、枝野代表の演説会場に充満しているのは、人々の解放された心と熱情、真摯な思い、真剣に考える姿等々。未来への希望と社会への信頼、人間の素晴らしさを感じさせる演説であり、会場の雰囲気でした。

 この二つの対照的な演説会場の雰囲気の違いこそ、わたしたちが選ぶべき未来の社会の象徴的な姿なのです。その意味で今回の選挙は、日本の決定的な「分水嶺」になることは確実だと思います。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 選挙  ☂  誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い 10/22
 〇ラジオ深夜便から

 12日間、の騒ぎが終わり 審判が下る日が やってきました。大儀なき 選挙に打って出た、逃げ回り解散、
日本国民の良識がどの程度か、その度合いが 判定される日です。

 台風が来襲し 各地に被害が及ばぬか 心配されて いますが、今夜は、シンゾウの顔を見たくもないので時半に結果を待たず 寝ます。〇 〇な寝て待て・・・・・



 カテゴリなしの他の記事
   後 晴れ


 今日のトピックス Blog10/21: 北朝鮮高官「核の標的はアメリカのみ」//主権者は正視すべき 枝野氏「アベノミクスは強い者を強くしただけ。格差は拡大」「受け皿がないとの声に応え新しい旗を立てた」 思いを受け止めよう


 今日のトピックス Blog10/20: モリカケ偏愛の安倍が、“国民保護”? 都民ファーストの小池が変身、選別・切り捨て 同じか⁉ 弱者侮り、驕り、ヘイト 格差・貧困強化 北朝鮮、敵視・攻撃優先 暮らし・命はどうなる???



イシャジャの呟き: 庭木の剪定    誕生日の花 アキノキリンソウ 花言葉 安心 10/20
 〇ラジオ深夜便から
 
 庭のカエデが紅葉してきたが 葉が落ちると掃除が大変なので 枝の剪定をしました。昨年、剪定した枝から出た細い枝を剪定すれば 落ち葉が少なくなるなります。
 
 居間から見える近所の屋根が濡れているので、雨になったことを知る。

 今日のNHKの午後ナマは大阪から、最近のNHKの番組は、あさイチ~ごごナマまで アンコール番組ばかりです。何時かどこかで見たものばかり、

 ストーブは18度で設定したが、暑すぎるので、一時、消して 様子を見る。灯油が値上がりしているそうだから、ケチルことにする。ワレモコウガが実 花 ? 茶色のものを付けています。



 カテゴリなしの他の記事
  秋 深し



ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第266号)
   ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年10月25日 第265号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第266号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇総選挙がおわりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
    実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動など
    を共に進めております。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇女性「九条の会」、◇ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)、◇九条かながわの
会(神奈川県)、◇会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
◇千住九条の会(東京都足立区)、◇芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)、◇みやぎ
憲法九条の会(宮城県)、◇映画人九条の会、◇九条科学者の会、◇甲斐市9条の
会(山梨県甲斐市)、◇緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)、◇九条美術
の会
■編集後記~全国津々浦々で3000万署名を!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 総選挙が終わりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクショ
  ン実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動な
  どを共に進めております。11月3日(金)はpm2:00~の国会正門前
  の大集会をはじめ、全国各地で行動が取り組まれます。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 女性「九条の会」
学習会「道徳の教科化と管理される教師たち」
日時:11月4日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)
12周年のつどい
日時:11月5日(日)13時15分~16時 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条かながわの会(神奈川県)
9条かながわ大集会2017in横浜「アベ九条改憲発議を許すな!」
日時:11月11日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
秋の講演会『日米安保・地位協定と日本国憲法』
日時:11月11日(土)13:30~16:00(開場 13:00) 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 千住九条の会(東京都足立区)
第5回憲法カフェ
日時:11月12日(日) 14時~ 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)
憲法講演会「いま、憲法が変えられると暮らしはどう変わる?~改憲と国民投票~」
日時:11月18日(土)14:00~16:00
<詳細はこちらをクリックしてください>

● みやぎ憲法九条の会(宮城県)
憲法9条を守り生かすみやぎのつどい2017
日時:11月19日(日)13:00開会 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 映画人九条の会
13周年の集い『ザ・思いやりパート2~希望と行動編』上映会
日時:11月20日(月)18:50~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条科学者の会
日本の政治はどこへ向かうか?
日時:11月25日(土)13:30~17:00 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 甲斐市9条の会(山梨県甲斐市)
甲斐市9条の会設立総会および記念講演会
日時:11月26日(日)13時30分~15時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)
第5回緑区憲法を考えるつどい「憲法落語 始まり はじまり」
日時:11月26日(日)14:00~16:000
<詳細はこちらをクリックしてください> 

● 九条美術の会
第7回守ろう 生かそう 憲法九条 九条美術展
日時:12月13日(水)~17日10:00~17:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
● 全国津々浦々で3000万署名を!
<詳細はこちらをクリックしてください> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.




今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


河北新報・社説: 再処理工場の審査休止/「脱・核燃サイクル」の契機に 10/30
 〇青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場について、原子力規制委員会が異例の「審査休止」を決めた。
 設備の点検漏れを背景にした保安規定違反が相次ぐなど、事業者である日本原燃の安全管理が、あまりにもずさんだったからだ。
 再処理工場は原子炉で燃やしたウランを取り出し、化学的に処理してプルトニウムなどを取り出す施設。極めて高いレベルの安全対策が必要なのに、原燃は規制委から「安全上の問題以前に、事業を遂行する基本的要件に欠けている」と指摘される始末。
 「失格寸前」にまで追い込まれたのは、ひとえに自らの行いのせいであり、深く反省して出直すしかない。
 ただ、再処理工場を巡る問題は、安全性だけにとどまらない。巨額の費用を要する核燃料サイクルの中核施設だけに、エネルギー政策との関わりも本格的に議論すべきだ。
 未曽有の被害をもたらした東京電力福島第1原発事故によって、原子力の規制が改められた。このため、原発だけでなく再処理工場も新たな規制基準を満たさなければ、運転できなくなった。
 原燃は2014年に申請し、審査が続けられたが、非常用電源建屋などで何度も雨水が流入していたことが発覚。今年4月に合格したウラン濃縮工場の審査でも、放射性廃棄物の不適切管理や、不正な評価書作成が明らかになっている。
 1993年に着工した再処理工場は当初、4年後の97年に完成する予定だった。しかし、トラブルが続いて20回以上も延期している。
 試運転には入ったものの、いまだに完成していない。完成時期が延びる間に、建設費は当初の7600億円から2兆9500億円へ、4倍近くに膨らんだ。
 着工から20年以上もたち、3兆円近い費用をつぎ込みながら、なお未完成というのは異常な状況だろう。途中で断念していても不思議はない。
 いずれ訪れる廃止にも膨大な経費が必要になる。青森市の認可法人「使用済燃料再処理機構」は1兆6000億円と見積もっているが、国の原子力委員会は5年前、3兆6000億円という試算結果を明らかにしている。
 再処理工場は未完成でも、電力各社にとっては使用済み核燃料を運び出せるメリットがあった。各原発の構内で保管したままでは、いずれ満杯になり運転できなくなるが、六ケ所村へ搬出することが可能になったわけだ。
 ただ、本来の目的であるプルトニウムの本格利用は、高速増殖炉開発路線の頓挫によって宙に浮いてしまった。再処理工場を中心に据えた核燃料サイクル政策は今や、破綻が濃厚になったとも言える。
 審査休止を一つのきっかけにして、「脱サイクル路線」の検討を加速させる時期に差し掛かっている。






汚染土の中間貯蔵施設が稼働 福島原発事故 【東京新聞】2017.10.28


【社説】老朽原発の廃炉 採算考え新しい流れに 【京都新聞】2017.10.20


河北新報・社説: 衆院選に問う 福島原発事故/汚染水東電任せでいいのか 10/20


【社説】大飯原発廃炉 「40年原則」当然の流れに 【信濃毎日新聞】2017.10.19


【社説】[原発政策] 正面から論議深めたい 【南日本新聞】2017.10.18


【社説】地域と原発 住民の不安に応えてこそ 【西日本新聞】2017.10.18


【社説】【2017衆院選 エネルギー政策】原発の行方を決定付ける 【高知新聞】2017.10.18


【社説】原発政策 現実的な道筋示し論じよ 【山陽新聞】2017.10.18


大飯原発1、2号機の廃炉検討 関電、再稼働の採算合わず 【東京新聞】2017.10.17


【社説】原発政策 具体的な展望示し活発な論戦を 【愛媛新聞】2017.10.14


神鋼改ざん 福島第2にも納入: 神鋼の不正製品、福島第二原発にも納入 交換前で未使用 10/13


【社説】日本の岐路 エネルギー政策 原発依存からの出口は 【毎日新聞】2017.10.13


原発、復興語らぬ候補者 福島・いわきルポ 【東京新聞】2017.10.12


核燃料再処理工場は保安規定に違反 本格運転への審査中断 【NHK】2017.10.11

原発事故訴訟 一部に「平穏に生活する権利」侵害を認定 【毎日新聞】2017.10.10


原発事故巡る集団訴訟、国と東電に賠償命令 福島地裁 【朝日新聞】2017.10.10


原発訴訟で国と東電に賠償命令 福島地裁 【東京新聞】2017.10.10


原発事故、国の責任再び 指針超え5億円賠償命令 東京新聞 10/10


原発事故避難者「大きな前進」 国・東電に賠償命令  日経新聞 10/10


千葉・原発避難訴訟  「ふるさと喪失」初認定 賠償上積み 毎日新聞 9/22


【社説】柏崎刈羽原発「合格」 審査に疑問、廃炉の道を 【琉球新報】2017.10.09


【社説】東電柏崎原発「合格」 結論ありきの拙速さ容認し難い 【愛媛新聞】2017.10.07


柏崎刈羽 「適合」を了承 規制委 地元同意見通しなく 【東京新聞】2017.10.04


徳島新聞・社説: 10月4日付  柏崎刈羽原発   「合格」ありきの審査では  


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある



【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹
 ○9月27日、憲法研究者の有志で、「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」(https://goo.gl/GPcNkN)(以下、緊急声明)を発表しました。10月6日現在で、95名の賛同者を得ています。この声明発表にかかわったひとりとして、緊急声明の概要を紹介し、また若干の補足をします。
 わたしたちは、今回の解散・総選挙にいたる手順が、議会制民主主義の趣旨にそぐわないこと、今後の総選挙とその結果が憲法と立憲主義を危機にさらすおそれのあること、主権者がこの総選挙の意味を十分に認識し、メディアが公正な立場から報道することが必要性であることを、声明のなかでうったえました。
1、 解散・総選挙にいたる手続は、憲法がさだめた議会制民主主義に、幾重にもわたって反するものでした。
 まず、政府は、野党から出された臨時国会の召集を、必要な合理的期間をこえて、三ヶ月以上も放置してきました。このことは、国会の少数派に臨時国会の開催要求権を認めた憲法53条に反する行為です。
 次に政府は、臨時国会冒頭に、衆議院を解散しました。これは(かりに、内閣が衆議院の解散の決定権を有するという7条解散説にたったとしても)、解散権のあきらかな濫用にあたります。
 しかも臨時国会召集決定の拒否と解散が、どれも、森友学園・加計学園事件(国有財産の私物化)、共謀罪法案の強行採決(国民の多様な意見に耳を傾けてすすめられるべきである議会制の軽視)、稲田防衛大臣(当時)らの任命責任(内閣が連帯して国会に責任を負う議院内閣制の軽視)といった、きわめて重要な(そして憲法ともかかわる)問題の幕引きをはかったものでした。この点も、看過するわけにはいきません。
 緊急声明を発表した翌日に、改案・総選挙の実施は既成事実となってしまいました。
 しかしわたしは、このような議会制民主主義の破壊行為について、しつこいほどに批判を続け、またそのことをひろく主権者に知らせることが、憲法研究者に求められる役割だとかんがえています。
2、「大義なき解散」という批判にたいして、自民党は、泥縄式に「大義」をでっちあげようとしています。しかしこれは、憲法破壊につながります。
 自民党は、選挙公約に「改憲」を入れました。
 しかし「どこをどう変えるか」という具体的な内容を明記しないまま、漠然と選挙公約の項目に改憲を入れることは、ほんらい慎重な判断を必要とする改憲議論のすすめ方として、異常なものです。衆議院議員選挙とだきあわせにすることによって、国民の「承認」をかすめ取ろうとしているのであるとすれば、その「党利党略」さは許されるものではありません。
 
 首相は、憲法に自衛隊を明記する「加憲」論をとなえています。「加憲」という名をまとうことで本質を隠そうとしていますが、これはまごうことなく九条改憲であり、日本を戦争をできる国に近づけるためのものであると、わたしはかんがえます。
 自民党の公約の概要すら不明な段階での声明だったことから、この問題は緊急声明のなかで詳細にとりあげることはできませんでした。今後はこの点も、いろいろな場で明らかにしてしていきたいとおもいます。
3、マスメディアには、今度の選挙にあたって、自由闊達で国民的な論議を喚起する報道姿勢を堅持することを期待しました。またわたしたち憲法研究者の役割を再確認しました。
 今回の総選挙においてもっとも重要な課題は、強権的な政治手法と議会制民主主義を軽視する政治にストップをかけること、特定秘密保護法・安保法(戦争法)・共謀罪法を廃止し、立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻し、国民のための憲法政治を実現していく道を切り開いていくことでしょう。
 憲法は、図らずも、5年近くにわたって安倍政権が行ってきた諸施策に国民の審判が下す機会が与えられました。主権者としての見識と力量を発揮するチャンスが到来しました。
 ここで最後に、緊急声明の最終パラグラフそのまま再掲します。
「憲法を擁護するため、わたしたち国民に、「不断の努力」(憲法12条)、「自由獲得の努力」(憲法97条)が、いまほど強く求められたことはない。しかしその「努力」は必ずや実を結ぶであろう。そのことは歴史的事実であり、また私たちはそのことを信じている。」



イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)







Bottom Up Project‏  @datsugenp フォローする @datsugenpをフォローします その他 特別国会 1日 開会 2日 総理指名 3日 休 4日 休 5日 トランプ来日 6日 トランプ 7日 トランプ 8日 閉会 なんじゃこりゃ 23:13 - 2017年10月28日 3,034件のリツイート 1,706件のいいね


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 【“小池氏独裁”のための、恐るべき「希望の党」規約】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒ 16:58 - 2017年10月29日 114件のリツイート 93件のいいね

郷原信郎が斬る: “小池氏独裁”のための、恐るべき「希望の党」規約 10/30
 〇希望の党の共同代表に関して、「選出方法などを定める規約の見直しのための規約検討委員会が設置された」と報じられていたので、希望の党のホームページを見てみたところ、【党規約】が掲載されていた。衆議院選挙公示直前に「都民ファーストの会」を離党した音喜多駿都議が、選挙期間中に出したブログ記事【投票先の選定に当たっては、「公約」だけでなく「規約」も参考になる】で、「『規約』は政党における憲法のようなもの。憲法を読み解けば、その国の性格が一定程度わかるように、規約によってその政党がどのような組織なのかを判断できる。」とした上で、立憲民主党ですら規約が公開されているのに、「希望の党」の規約は一般公開されていないことを指摘していた。
 現在は公開されているその「希望の党の規約」を読んでみて大変驚いた。それは、「小池氏独裁」を根拠づけるものでしかなく、凡そ民主主義政党の規約とは言えないものである。選挙中に、公開することができなかったのも当然だったと言える。
 他の党の規約を見ると、「自民党」でも、「民進党」でも、「日本維新の会」でも、今回の選挙で消滅することになった「日本のこころを守る会」のような小規模政党でも、「党大会」が党の「最高機関」又は「最高議決機関」とされている。
 ところが、希望の党の規約には、「党員」の規定はあるものの、「党大会」も「党員による機関」も規定されていない。「本党の上位議決機関を両院議員総会とする」と規定されているだけだ(6条1項)。あくまで「上位」に過ぎない。規約上、「最高機関」は存在しない。
 現行の「希望の党」の規約によれば、「結党時の代表」である小池氏は、病気にならない限り、6年間は絶対に解職できないことになっている。 ・・・


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォロー中 @edanoyukio0531さんをフォローしています その他 本日、立憲民主党の党本部が設置されました。国会に近く、手ごろな家賃で、ちょうど程よい面積の事務所が、比較的安い家賃で見つかりました。専従職員も順次そろいつつあり、何とか通常業務をこなしていける目途が立ってきました。 22:32 - 2017年10月29日 891件のリツイート 3,128件のいいね


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォロー中 @edanoyukio0531さんをフォローしています その他 議席数に従った質問時間の配分をという主張は、議院内閣制に対する無理解としか言いようがありません。法案等の提出前の事前審査で与党としての意見を反映させ、疑問点も解決しているから国会提出されるはずで、国会で与党にたくさん聞くことがあったら政府与党の不一致として問題です。 22:27 - 2017年10月29日 2,030件のリツイート 3,007件のいいね


枝野幸男‏ 認証済みアカウント   @edanoyukio0531 フォロー中 @edanoyukio0531さんをフォローしています その他 予算案や法案は、与党内で十分に議論され、与党として賛成となった後に国会提出されます。野党は、国会提出の段階で初めて説明を受け国会で議論します。このため、質問時間の配分が野党中心となるのは当然です。与党の主張は、政府(大臣等)の説明、答弁として十分すぎるくらいに示されます。 22:23 - 2017年10月29日 2,570件のリツイート 3,673件のいいね


但馬問屋‏  @wanpakutenshi フォローする @wanpakutenshiをフォローします その他 #サンモニ 目加田氏 安倍首相はこれまでにもお詫びや謙虚という言葉をずっと繰り返してきているが、現行不一致というか、疑わざるを得ない。予算委員会の時間も、野党がきちんと質問をするのは、議論を活性化する為にとてもいいことなのに、制限すると。しかも国民の声というのはどういうことか。


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【国会が死にかけている】国会の質問時間を野党8割が慣行だが、アベが「これだけの民意を頂いた」ので自民党が国会の質問時間を確保するといい、スガ悪代官も「議席数に応じた質問時間の配分を行うべきだ」と言い、いよいよ官邸が動き出した。 12:38 - 2017年10月28日 1,212件のリツイート 738件のいいね
  ★これまでの、国会、各議院の審議の慣行を、誤りというのか⁉ 過去を、総括すべきでは。


望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 #森友 に関する #会計検査院 報告は来月にもと聞くが。現場には今もって苦情が殺到。官邸や佐川さんはいずれ国民は大人しくなると思ってるのか。「税務調査されても知らぬ存ぜぬを貫けばいいと佐川さんが身をもって教えてくれた」#BLOGOS 4:38 - 2017年10月30日 1,306件のリツイート 1,035件のいいね


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 政府が国会での野党の質問時間を短縮すべきだと言う。十分な議論も丁寧な説明もないではないか。そもそも臨時国会を開こうとしない。権力をチェックするのが国会やメディアの役割の一つ。質問を制限するのは、権力へのチェックを嫌っているとしか思えない。民主主義を弱めるものだ。 4:18 - 2017年10月30日 386件のリツイート 404件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 自民・船田氏が身内批判「特別国会閉会なら言行不一致」:朝日新聞デジタル 6:30 - 2017年10月30日 30件のリツイート 23件のいいね


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 野党の質問時間を短縮することを政府が言う。本当におかしい。国会のことに政府が口を出し、野党の質問時間を減らせというのは越権行為。国会での各委員会での質疑の割り当ては、各委員会の理事懇談会でみんなの合意で決めている。政府が国会の委員会に指図する話ではない。三権分立を理解していない。 4:12 - 2017年10月30日 1,082件のリツイート 1,003件のいいね


長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 党本部ができました。お披露目の会見。千代田区平河町。謙虚に、と言う裏側で野党の質問時間を削りにかかる自民党。徹底的に闘います。明後日から国会開会。武者震いを覚えます。


buu‏  @buu34 フォローする @buu34をフォローします その他 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011203861000.html?utm_int=news_contents_news-main_004 … 枝野の、議員内閣制の基本を外しているという抗議はすっ飛ばし、菅の「国会議員はそれぞれ国民の負託を得て当選してきており、等しく質問できるよう各会派の議席数に応じた質問時間の配分を行うことは、国民からすれば、もっともな意見」を垂れ流す 3:56 - 2017年10月30日 202件のリツイート 86件のいいね






志村建世のブログ: 間庭小枝さんの「椰子の実コンサート」を聞いてきた ・ブログ連歌(497) 10/29
 〇きのうは例年秋に行われる間庭小枝さんの「椰子の実コンサート」を聞いてきました。今年で第18回になるとのことです。間庭さんは歌の実力者として活躍する一方で、カルチャースタジオ・メヌエット(CSmenuet)を主宰し、所沢にある音楽教室を拠点として音楽教育を進めています。それと同時にインターネットを駆使して、驚くべき曲数の歌を、映像つきでユーチューブにアップし、精力的に更新を続けているのです。そのこと自体を、一つの文化的な事業として評価していいと私は思っています。
 そんな間庭メヌエットさんとのおつきあいは、いつから始まったのかと過去記事を調べたら、2014年の9月あたりからのようです。私が作詞した「この世にただひとり」(ジプシーの歌)で、作詞者としての志村建世の名がインターネットに出ているのに気付いたのが、きっかけだったと思います。この偶然がなければ、私の作詞の仕事は、一時期だけの過去の経験として終っていたかもしれません。
 そこから、過去の作詞の発掘と、新しい作詞の依頼という形で、私の中に「作詞」という仕事の分野が確立しました。昨夜のコンサートでも感じたのですが、音楽と歌声の中で「言葉での表現」を考えるというのは、私にとっては非常に心地よい時間なのです。私は本質的に「うた」が好きだということを、改めて自覚しました。
 間もなく私が人生を終るとき、「結局、自分は何をした人間として記憶されたいのか」を自問したときに、それはハンガリア民謡(つまりサラサーテのバイオリンが奏でている)としてのメロデイーに乗った
 1.この世にた だひとり きみこそ わがひかり
   つきせぬ あこがれを 永久(とわ)にと いのる
 2.きみこそ 世のたから 花より うつくしく
   やさしい ほほえみを 永久(とわ)にと いのる
 という歌声であればいいと思ったのです。
  とにかく間庭メヌエットさんには、私の作詞を世に出していただいた恩義があります。今もインターネットで「志村建世の作詞・訳詞」を検索すると、ユーチューブで以下の17曲が出てきます。そのすべてが、CSmenuet さんの提供です。
 なつかしいヴァージニア
 グリーンスリーブス
 キンダーポルカ
 オクラホマミクサー
 さよなら今は(蛍の光)
 麦畑(故郷の空)
 コロブチカ
 消えぬおもかげ(暗路)
 マイムマイム
 名残りのばら(庭の千草)
 スコットランドの釣鐘草
 銀色の月よ(Bellini作曲)
 遠い日の(ロンドンデリーの歌)
 Malia(トスティ作曲)
 この世にただひとり(ジプシーの歌)
 Ave Maria(マスカーニ作曲)
 Ave Verum Corpus(モーツァルト作曲)


植草一秀の『知られざる真実』: 岡田ゾンビ代表返り咲きなら最悪ブラックジョーク 10/28
 〇総選挙前に生じた民進党の分離・分割は必然の現象であった。
 民進党内に二つの異なる政党が同居する状態が続いていた。
 これを解消したものである。
 私はかねてよりこのことを訴えてきた。

 そして、民進党の代表選でこのことが鮮明になった。
 原発、戦争法・憲法、消費税
 という主要な三つの政策課題についての基本方針が真っ二つに割れたのである。
 その必然の結果であるが、野党共闘のあり方につての主張も真っ二つに割れた。

 前原誠司氏は
 原発再稼働容認、戦争法制容認・憲法改定推進、消費税増税推進の方向を示した。
 同時に、共産党との共闘について否定的見解を示した。

 これに対して枝野幸男氏は、
 原発ゼロ前倒し、戦争法制否定・憲法改定慎重、消費税増税凍結
 の方向を示すとともに、
 共産党との共闘について前向きの方針を明示した。

 代表選では前原誠司氏が当選したが、枝野氏も一定の投票を得た。
 この後、前原新代表が暴走した。
 民進党が丸ごと希望の党に合流するとの説明で了承を取りながら、実際には、
 戦争法制肯定 憲法改定推進 共産党との共闘否定
 の条件を呑んで希望の党に合流することを強行した。
 民進党が分裂することは当然のことだ。 ・・・


Tad‏  @CybershotTad フォロー中 @CybershotTadさんをフォローしています その他 #サンデーモーニング 青木理さん「謙虚と言うが、麻生さんの発言を見ても謙虚のかけらも見られない。質問時間の問題も、与党もしっかりした質問をすればよいがそういう状況じゃない中で、立法府が行政府をチェックする国会の場で野党の質問時間を少なくして何を狙うのか。謙虚さのかけらもない」 0:06 - 2017年10月29日 238件のリツイート 119件のいいね


但馬問屋‏  @wanpakutenshi フォローする @wanpakutenshiをフォローします その他 #サンモニ 目加田氏 安倍首相はこれまでにもお詫びや謙虚という言葉をずっと繰り返してきているが、現行不一致というか、疑わざるを得ない。予算委員会の時間も、野党がきちんと質問をするのは、議論を活性化する為にとてもいいことなのに、制限すると。しかも国民の声というのはどういうことか。 18:12 - 2017年10月28日 301件のリツイート 160件のいいね


想田和弘‏ 認証済みアカウント   @KazuhiroSoda フォローする @KazuhiroSodaをフォローします その他 国会での野党の質問時間を削減しようという動きは、いよいよ来たかという感じである。これを許したら国会は形骸化して三権分立は事実上崩壊。司法はすでに機能不全だしマスメディアの批判力も弱いので、内閣の独裁がほぼ完成する。日本でファシズムなど進行していないと言う人は、目を覚まして欲しい。 20:17 - 2017年10月28日 1,975件のリツイート 1,367件のいいね


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 結構評判が良いので、もう一度ツイートします。【ユリコとシンゾウのお話】と題する物語⇒ http://tl.gd/n_1sq9mrm  (フィクションです。) 4:15 - 2017年10月29日 49件のリツイート 71件のいいね


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 @SDPJapanさんをフォローしています その他 全党員参加の総括論議へ ■総選挙後初の党常幹で確認 http://www5.sdp.or.jp/topics/2017/10/27/%e5%85%a8%e5%85%9a%e5%93%a1%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%81%ae%e7%b7%8f%e6%8b%ac%e8%ab%96%e8%ad%b0%e3%81%b8/ …


関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 @shiminrengo_ksiさんをフォローしています その他 「先の衆議院選挙を受けて、秋の国会で与野党の論戦が行われるべきかをたずねたところ、「行うべき」と答えた人が64.9%にのぼった」 きちんと審議をすべきという世論に、安倍政権は応えるべきです。 もちろん、従来通りの質問時間配分で。 3:38 - 2017年10月29日 75件のリツイート 49件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 長崎市長「核保有国が出した決議のよう」 核廃絶決議に:朝日新聞デジタル 3:28 - 2017年10月29日 20件のリツイート 2件のいいね


長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 自民党、野党の質問時間の削減検討 長妻昭氏「姑息な試み」と猛批判 18:19 - 2017年10月28日


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 @NPJ_officialさんをフォローしています その他 NPJ動画ニュース 安倍9条改憲どう考える~安倍政権の狙いと戦争をさせない私たち~ http://www.news-pj.net/movie/56380  22:59 - 2017年10月26日 1件のリツイート 2件のいいね


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 山口二郎さんが香山リカをリツイートしました 今の中国で使ってい簡体字は、日本の漢字と全く別の字になっているのを知らないのかね、あのおっさんは。 山口二郎さんが追加 香山リカ @rkayama 高江のヘリバッド建設反対派のテントを訪れた百田氏の感想。事件が起きれば「犯人は外国人かも」、漢和辞典見れば「日本語を勉強している人かも」、何を見ても"日本人じゃない何か"が思い浮かぶんじゃ疲れるだろうな… 4:13 - 2017年10月28日 469件のリツイート 452件のいいね


きづのぶお‏  @jucnag フォロー中 @jucnagさんをフォローしています その他 立憲民主党が抜け出し、民進党は消滅するどころか、4つにバラバラになっても、各パーツがそれぞれの思惑でうごめいている。こんな物体Xみたいな政党がリベラル市民の言うことなんか、聞くワケなかったんだよ。 『民進党が4分裂』 0:47 - 2017年10月29日 2件のリツイート 1件のいいね
  ★さらさらない、排除します、保守2党制標榜(押込め)となれば、“国民と共に歩む”勢力とは、相容れないのではないか⁉ ある意味、“国民と共に歩む”は、方向性が明瞭でない嫌いはあるかもしれぬが、民主主義勢力を纏めようとすれば、アリではないか。


J-CASTニュース‏ 認証済みアカウント   @jcast_news フォロー中 @jcast_newsさんをフォローしています その他 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ニューヨーク市民が恐れる、銃隠し持つ観光客 - https://www.j-cast.com/2017/10/29312385.html …


映画『さとにきたらええやん』公式‏  @sato_eeyann フォローする @sato_eeyannをフォローします その他 『さとにきたらええやん』をご覧になってない方はもちろん、ご覧頂いた方も予告編を是非!。昨年6月に公開スタートしましたが、全国で上映会がどんどん拡大中です。/『さとにきたらええやん』 予告編 https://youtu.be/u1x_BHwIDpQ  @YouTube 0:46 - 2017年10月29日 3件のリツイート 1件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 問題ないはずがないだろ。 アートコーポレーション元従業員、引越事故賠償金で11万円以上天引き……給与明細はマイナスに アート側は「問題ない」(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース 0:45 - 2017年10月29日 20件のリツイート 8件のいいね
  ★使用者責任を没却、無法者!

AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 廣江弁護士「アートコーポレーションの引越事業に関する事実関係をこの判例の枠組みに沿って検討すれば、引越作業員の損害賠償義務は、否定されるか、又は、否定されないにしても、かなり限定されるべき」 0:46 - 2017年10月29日 9件のリツイート 3件のいいね







長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 自民党が予算委での与野党質問時間の配分比を前例に反し野党分を削減するよう主張。絶対、容認できない。自民党が野党時代、強力に要請をして今の配分比となった。野党の質疑時間を減らす姑息な試みは止めて総理の言う丁寧な説明に努めてもらいたい。 1:34 - 2017年10月28日 2,123件のリツイート 1,982件のいいね
  ★勿論、然り! 国会は、言論の府!而も、主権者、国民の為に、議論し、情報公開し、説明も尽くすが本筋。譲るべからず! 陣笠の多寡の問題ではない。


宮本徹‏ 認証済みアカウント   @miyamototooru フォローする @miyamototooruをフォローします その他 野党の衆院質問時間、削減検討 政府・自民、配分で:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASKBW5J39KBWUTFK010.html … 国民を説得する自信がないので、野党が国民のもつ疑問点をただすことを封じようとする。議席があれば、国会審議など関係ないと言わんばかりの独裁国家的発想だ。 15:17 - 2017年10月27日 578件のリツイート 364件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 ほらきた。税金投入するってよ 「安倍首相、神戸製鋼データ改ざん問題について「信用を取り戻すべく政府と産業界一丸となって取り組みたい」 信用取り戻すべく一丸で取り組むと首相 | 2017/10/22 - 共同通信 47NEWS 14:38 - 2017年10月22日 687件のリツイート 222件のいいね


🏕 インドア派キャンパー‏  @I_hate_camp フォローする @I_hate_campをフォローします その他 だいたい、自民党/公明党のボンクラども、自画自賛と安倍へのヨイショ、そして御国自慢くらいしかする事無くなってて、時間を持て余して般若心経唱えるバカも出るくらい。これ以上の質疑時間配分で何をやるつもりなのか。 17:14 - 2017年10月27日 458件のリツイート 196件のいいね
  ★質問事項がなければ、時間は、返上せよ。余ったから、般若心経を唱える???など、道理に適わぬ。必要な野党議員に、回すべし!


福山哲郎‏ 認証済みアカウント   @fuku_tetsu フォローする @fuku_tetsuをフォローします その他 特別国会は、11月1日に召集されることとなりましたが、8日間の会期にとどまり、また実質的な質疑のないままに終わる見込みとの報道が出ています。少なくとも、特別国会で全く議論をしないということはありえないと、引き続き実質的な審議の実施を求めて参ります。 23:55 - 2017年10月26日 2,017件のリツイート 4,018件のいいね


  🏕 インドア派キャンパー‏  @I_hate_camp フォローする @I_hate_campをフォローします その他 これは「緩み」ではない。実質的に議会機能を停止させる「破壊行為」だ。まさしくナチスがやった事をなぞり始めている。 7:47 - 2017年10月27日 451件のリツイート 224件のいいね


baritsu‏  @rixion フォローする @rixionをフォローします その他 経団連会長がそこまで言うなら仕方ない。法人税率を上げよう。。 経団連会長「痛み伴う改革を」 | NHKニュース 4:06 - 2017年10月23日 4,086件のリツイート 2,938件のいいね
  ★内部留保406兆円も、労働分配率向上、購買力向上、国内、景気好循環の為、再配分いたしましょう。 


ガイチ‏  @gaitifuji フォローする @gaitifujiをフォローします その他 ガイチさんがキャオ@大阪トホホ団亡者戯をリツイートしました また、与党質問の時に、延々と般若心経聞かされるハメになるのかねえ。因みにこの配分、麻生政権の時は与党4野党6だったのを民国社の連立政権の時に与党2野党8に変えとります ガイチさんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 7:01 - 2017年10月27日 319件のリツイート 123件のいいね
  ★そう、質問時間すら、自分の、議員特権と心得て、不届きな振る舞いした陣笠も、或いは、質疑時間浪費に邁進する首相もいましたねー


【国会の質問時間の配分】 ◆麻生政権までは「与党4、野党6」が慣例だった ◆民主党政権下で「与党1、野党9」になり、 ◆安倍政権も通常「与党2、野党8」としている しかし 選挙に勝ったから「与党7、野党3」にしろと。 自民の「謙虚に」とは「野党は謙虚にしろ」という意味だった訳か 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 3:34 - 2017年10月27日 1,392件のリツイート 580件のいいね ">盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社‏  @product1954 フォローする @product1954をフォローします その他 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんがキャオ@大阪トホホ団亡者戯をリツイートしました 【国会の質問時間の配分】 ◆麻生政権までは「与党4、野党6」が慣例だった ◆民主党政権下で「与党1、野党9」になり、 ◆安倍政権も通常「与党2、野党8」としている しかし 選挙に勝ったから「与党7、野党3」にしろと。 自民の「謙虚に」とは「野党は謙虚にしろ」という意味だった訳か 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 3:34 - 2017年10月27日 1,392件のリツイート 580件のいいね
  ★否、実に、呆れた!「与党7、野党3」にしろ


渡辺輝人‏  @nabeteru1Q78 フォローする @nabeteru1Q78をフォローします その他 だって野党面した与党の工作隊なんだから仕方ないじゃないか。 / “立憲民主が維新「排除」と批判 | ホウドウキョク” 23:42 - 2017年10月27日 500件のリツイート 471件のいいね
  ★維新の立ち位置は、どんなものか? 自民党の補完勢力、第2自民党⁉  確か、小池氏と維新の松井氏、談合し、東西棲み分け(即ち、立憲民主党排除、刺客も送り)したのではなかったか。その経緯が、災いしたのでは⁉ 維新は、吾身も振り返られねば!


Yahoo!ニュース 速報や地震情報も‏ 認証済みアカウント   @YahooNewsTopics フォロー中 @YahooNewsTopicsさんをフォローしています その他 【パワハラで自殺 父「謝罪を」】さいたま市職員だった男性が自殺したのは職場のパワハラが原因だとして両親が市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁は約1900万円の支払いを命じた。父親は「市は謝罪を」。 8:17 - 2017年10月26日 81件のリツイート 61件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 @yujinfuseさんをフォローしています その他 布施祐仁さんが伊勢崎賢治をリツイートしました 自衛隊が国際人道法違反をした場合にそれを裁く法的な枠組みは絶対に必要です。それを、9条改憲をしなくてもよい方法を考えるのが護憲派の責務だし、僕もそれを探求したいと思っています。 布施祐仁さんが追加 伊勢崎賢治 @isezakikenji 世界に迷惑をかけるからまず自衛隊の法的な地位を国際法に則って決めろって議論を「敵に塩を送る」ってリベラルが言っちゃったら、やっぱ、もうダメだと思う。 7:09 - 2017年10月28日 51件のリツイート 45件のいいね 1件の返信 51件のリツイート 45 いいね 返信 1 リツイート 51 いいね 45 ダイレクトメッセージ ツイート内 テキスト     返信をさらに表示 新しいツイートがあります。「.」(ピリオド)キーを押すと表示します。 新しいツイートがあります。「.」(ピリオド)キーを押すと表示します。 新しいツイートがあります。


秋元才加‏ 認証済みアカウント   @akimotooo726 フォローする @akimotooo726をフォローします その他 私も高校の時、髪染めてないのに染めてるとひたすら言われて悔しくて、これでもかって位黒くしてやろうと黒染めしたら、父親が「なんだその髪色は!おかしいだろ!」って言って「私の娘はもとから赤毛だ!」って高校に来た事あった。 規則は大事だけど、大事な事もっとあるはず、ってその時思ったな。 0:05 - 2017年10月28日 4,445件のリツイート 8,564件のいいね


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 @hahagumaさんをフォローしています その他 「教育の憲法」改正…あれから 大西隆・論説委員が聞く | 考える広場 | 朝夕刊 | 中日新聞プラス 7:46 - 2017年10月28日 16件のリツイート 12件のいいね
  ★教育基本法のこと、ね。


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 @Remember311919さんをフォローしています その他 サーロー節子さん:国連の委員会で採択された日本政府主導の核兵器廃絶決議が核兵器禁止条約に言及していないことについて「被爆者への裏切りだ。失望を超え、腹立たしい」 6:46 - 2017年10月28日
  ★実に、御尤も。政府による、主権者への裏切り、後ろから鉄砲?


松尾 貴史‏  @Kitsch_Matsuo フォローする @Kitsch_Matsuoをフォローします その他 松尾 貴史さんがワイド師匠をリツイートしました 与党内で異論が出てないから予算案が出るのですから、基本的に野党が疑問を突くことを尊重しないなら、時間の浪費と審議の妨害以外の何物でもないです。お手盛りの八百長をやりたがるのは、隠したい事、逃げたい事があるからです。 松尾 貴史さんが追加 ワイド師匠 @feedback515 「与党議員ばかりが質問する国会」 ↑意味ありませんよ、こんなの。 与党側の質問自体、要らないくらいなのに。… 5:03 - 2017年10月28日 551件のリツイート 438件のいいね


きむらとも‏  @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 こればかりは絶対に許さないし、これを許してしまったら日本の民主主義は完全に終わる。独裁だ。そもそも民意と議席数に比例関係はない。「安倍政権が続いたって独裁なんかになるワケないじゃん」と言っていた人、さすがにこれには、目を覚ますよな。 20:09 - 2017年10月27日 2,926件のリツイート 1,807件のいいね


中野晃一 Koichi Nakano‏  @knakano1970 フォローする @knakano1970をフォローします その他 昭恵や加計の証人喚問は、国会が決めること、と言い逃れてきた首相が、国会での自分への野党質問の時間削減を指示してる論理破綻。 野党、国会での質問削減案に反発 首相へ説明責任要求 | 2017/10/28 - 共同通信 47NEWS 5:32 - 2017年10月28日 562件のリツイート 339件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 いつまでも金持ちにとっての「痛みを伴う改革」から逃げてるんじゃないよ。早急に大企業の法人税増税、累進課税の強化、金融取引税など税制の改革が必要。 <教育無償化>誰のため? 財政圧迫 低所得層恩恵薄くhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000014-mai-pol … @YahooNewsTopics 14:56 - 2017年10月28日 33件のリツイート 13件のいいね


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 @wakamono_kenpouさんをフォローしています その他 ミュージシャンの佐野元春さん 「もし核廃絶という目標を本気で持っているならば、日本のリーダーがお祝いのコメントを発信してほしい」。 8:11 - 2017年10月28日 46件のリツイート 40件のいいね





きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文







TBS: トランプ大統領の北朝鮮対応「支持しない」51%、米世論調査 10/30
 〇アメリカのメディアが行った世論調査で、トランプ大統領の北朝鮮への対応について、支持しないと答えた人が支持すると答えた人を大きく上回ったことがわかりました。
 アメリカのNBCテレビとウォール・ストリート・ジャーナルが共同で行った世論調査によりますと、トランプ大統領の支持率は38%と同じメディアの世論調査では、就任以来、最低となりました。
 さらに、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮への対応について、51%が「支持しない」と答え「支持する」と答えた34%を大きく上回りました。北朝鮮に対して、軍事手段も辞さない構えで非難の応酬を続けるトランプ大統領の姿勢に、多くの人が賛同を示していないことがうかがえます。
 また、ハリケーンの被災地に対する対応を多数が支持しているものの、医療保険制度改革=「オバマケア」の見直しや、イラン核合意をめぐる発言について、不支持が支持を大きく上回る結果となっています。



米軍 F35戦闘機2機が嘉手納に着陸  【NHK】2017.10.30
 〇アメリカ軍の最新鋭のステルス戦闘機「F35A」の2機が30日午後、沖縄県の嘉手納基地に着陸しました。アメリカ軍は今後半年間、この戦闘機を12機、嘉手納基地に派遣すると発表していて、北朝鮮へのけん制を強める狙いがあると見られます。
 沖縄県のアメリカ軍嘉手納基地には、30日午後2時半ごろ、最新鋭のステルス戦闘機「F35A」の2機が相次いで着陸しました。
 アメリカ軍は、西部ユタ州の基地に配備されている空軍の「F35A」12機と要員300人を、来月から半年間、嘉手納基地に派遣すると発表していて、沖縄防衛局によりますと30日に飛来したのはこのうちの2機と見られるということです。
 嘉手納基地に「F35A」の部隊が派遣されるのは初めてで、最新鋭機を展開することで北朝鮮への軍事的なけん制を強める狙いがあると見られます。
 一方、嘉手納基地にはこれ以外にもほかの基地からのいわゆる「外来機」が数多く飛来していて、地元では基地の機能強化につながると反発が強まることが予想されます。


共産 小池書記局長 質問時間配分見直し「言語道断だ」 【NHK】2017.10.30
 〇共産党の小池書記局長は記者会見で、自民党が野党側に多く配分されてきた国会での質問時間を議席数に応じた配分に改めたいとしていることについて「言語道断だ」と述べ、認められないという考えを示しました。
 この中で小池書記局長は、11月1日に召集される特別国会について「安倍総理大臣の所信表明演説や代表質問、予算委員会、森友学園や加計学園をめぐる問題での証人喚問など、少なくとも30日間くらいの実質的な審議をやるべきだ」と述べました。
 そのうえで小池氏は、自民党が野党側に多く配分されてきた国会での質問時間を議席数に応じた配分に改めたいとしていることについて「言語道断だ。『謙虚に説明し、丁寧に対応する』と言っていた以上、ちゃんと野党に時間を配分し、堂々と答える姿勢で臨んでいただきたい」と述べ、認められないという考えを示しました。
 また、特別国会での総理大臣指名選挙への対応をめぐり、共産党の志位委員長が立憲民主党の枝野代表に投票する可能性があるとしていたことについて、小池氏は「現時点で話し合いができていないので、今国会では従来のように志位氏に投票する態度で臨みたい」と述べました。


野党の質問時間削減に枝野氏反発「とんでもない暴論」 【朝日新聞】2017.10.30
 〇政府・自民党が野党の国会での質問時間を減らすことを検討している問題で、立憲民主党の枝野幸男代表は30日午前、党本部での会合で「とんでもない暴論とも言える主張。一刻も早く取り下げ、建設的な議論ができる状況を作って欲しい。一切、我々として妥協する余地がない」と述べ、検討の中止を要求した。
野党の衆院質問時間、削減検討 政府・自民、配分で
 枝野氏は、議院内閣制の日本の国会では、与党議員が国会への提出前に法案や予算案の事前審査を行っていることを指摘。「(政府から)先に全部細かく説明を受け、いろんな主張を潜り込ませておいて、審議の時には同じようにさせろというのは全く論外。議院内閣制の基本が分かっていない」と批判した。
 立憲はこの日、東京・平河町に党本部を開設した。
 菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で「国会議員が等しく質問できるよう、各会派に議席数に応じた質問時間の配分を行う。それは当然のことだ」と反論した。(南彰)


オスプレイ 「事故率あくまで目安」菅官房長官 【毎日新聞】2017.10.30
 〇菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、米海兵隊の輸送機オスプレイの重大事故率が海兵隊機全体の水準を上回ったことについて「整備ミス、操作ミスなど機体以外の要因で発生する事故もある。事故率のみをもって機体の安全性を評価することは適当でなく、あくまでも目安の一つだろう」と述べた。そのうえで「米軍の運用に関しては安全面の確保が大前提だ」と述べ、引き続き米側に安全確保を求める考えを強調した。【高橋克哉】
 <オスプレイ>事故率1.5倍 「安全」根拠覆る
 <オスプレイ>どんな時に使うの?
 <オスプレイ>佐賀に目を付けたのはなぜ?
 <米軍ヘリ炎上>沖縄米軍トップ「不安和らげる」
 <衆院選>「オール沖縄」全勝ならず 知事の求心力低下を危惧する声も
 <沖縄>オスプレイ大破、わずか6日後に飛行再開
 【写真特集】日米共同訓練ために飛来したオスプレイ


米、先制・核攻撃を検討 69年 対北朝鮮 「トランプ政権は予防攻撃も」元米高官警告 問われる「全面支持」安倍政権 戦争法の危険 現実味 【しんぶん赤旗】2017.10.30
 〇1969年4月に米軍の偵察機が北朝鮮に撃墜された際、米国は核攻撃や、自らが攻撃されなくても武力行使する「先制攻撃」による報復を検討していたことが分かりました。米研究機関「ナショナル・セキュリティ・アーカイブ」が入手した解禁文書に明記されていました。トランプ政権は核実験や弾道ミサイル発射などの挑発を繰り返す北朝鮮に対して、武力行使を含む「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」としており、安倍晋三首相はこれを全面的に支持しています。そこには先制攻撃が含まれている可能性が強く、安倍政権の姿勢が問われます。
沖縄から出撃想定
 69年4月15日、米海軍厚木基地(神奈川県)所属のEC121偵察機が日本海上で情報収集中に撃墜され、乗組員31人全員が死亡する事件が発生しました。米側はただちに報復攻撃案を検討。同年6月25日にレアード国防長官がキッシンジャー大統領補佐官(国家安全保障担当)に宛てた覚書には13の選択肢が示されました。

その一つである先制攻撃作戦では、夜間攻撃を行うB52戦略爆撃機が、グアムからでなく、沖縄の「嘉手納基地から飛び立てば(目標到達時間が)3時間短縮されるだろう」との記述があり、沖縄が先制攻撃の拠点として想定されていたことがうかがえます。
 また、核攻撃作戦では10~70キロトンの核兵器を用い、地上部隊の指揮所や空港・海軍基地に最大47回の攻撃を行うとしています。
 これらは発動されませんでしたが、偶発的な衝突が核戦争にまで発展する危険があることを示しています。
 さらに94年の第1次北朝鮮核危機の際も、巡航ミサイルやF117ステルス戦闘機による核施設への先制攻撃が検討されていましたが、同年6月、カーター元大統領の訪朝で攻撃は回避されました。その後、北朝鮮の核開発凍結・撤退に関する「米朝枠組み合意」が成立します。
 当時、北朝鮮との交渉担当者として戦争寸前の状況を目の当たりにしていたガルーチ元米国務次官補は本紙の取材に対し、「トランプ政権は予防攻撃を行う可能性がある」と警告。その理由として、北朝鮮が米本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発すれば、これを迎撃する「ミサイル防衛」網が未完成であることをあげています。
 その上で、「北朝鮮は圧力では核を放棄しない。戦争の真の対案は対話しかない」と強調しています。
日本巻き込む恐れ
 米国が北朝鮮に対して先制攻撃を含む軍事作戦を行えば、日本の国土が「戦場」になる危険が、従来よりはるかに高い―。その理由が二つあります。
 一つは、北朝鮮の弾道ミサイル開発が進み、日本を射程圏内に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」などが実戦配備されていることです。北朝鮮は在日米軍基地への攻撃に繰り返し言及しています。
 もう一つは、日米軍事協力の指針(ガイドライン)や安保法制=戦争法などで日米の軍事一体化が深化し、自衛隊が米軍の戦争に自動参戦する仕組みが成立していることです。
 1994年の第1次北朝鮮核危機の際、米国は自衛隊による機雷除去や輸送・補給、日本の民間空港・港湾の軍事利用など約1900項目の支援を日本政府に要請。しかし、そのほとんどは新規立法なしには不可能でした。
 これを受け、政府は97年、ガイドラインを改定。「周辺事態」(朝鮮半島有事)が発生した場合、日本への直接的な武力攻撃ではなくても、自衛隊が「後方支援」を行う枠組みが作られました。

(写真)朝鮮半島近海で米韓合同演習に参加する米原子力空母ロナルド・レーガン(右奥)。手前はイージス艦スティーザム=18日(米海軍ウェブサイトから)
 さらに2015年4月、日米両政府はガイドラインを再改定。安倍政権はその実行法として安保法制=戦争法を強行しました。従来、自衛隊の活動は非戦闘地域での「後方支援」にとどまっていましたが、安保法制は「戦地」での集団的自衛権の行使など、米軍の戦争に参戦する道を開きました。
 政府はすでに、北朝鮮への警戒・監視を行っている米艦船の「防護」や「洋上給油」などを行っています。
 こうした米軍への支援には、必ず日本が戦争に巻き込まれ、自衛隊にも国民にも死傷者が発生するリスクが生じます。ところが安倍政権は一度も「リスク」に言及していません。国民の生命・財産を預かる政府の長として、あまりに無責任といわざるをえません。
 和田春樹・東京大学名誉教授は、「すべての選択肢はテーブルの上にある」と述べたトランプ大統領に追随する安倍首相の姿勢について「何が起こっても日本はお供をしますという態度だ。国民の安全を危険にさらしている」と批判。11月5日に来日するトランプ大統領に対し「先制攻撃はやめてほしいと伝え、何としても戦争を回避しなければならない」と指摘します。


自衛隊配備に賛成14人 宮古島市議当選者 反対5人、どちらでもない5人 【沖縄タイムス】2017.10.30
 〇沖縄県宮古島への陸上自衛隊配備について、本紙調査で22日投開票の市議選当選者24人の賛否は、「賛成」が14人、「反対」5人、「どちらでもない」が5人となった。与党は16人中12人が「賛成」で残る4人は「どちらでもない」とのスタンスで判断が分かれている。一方、野党は5人全員が「反対」とした。中立3人は「賛成」が2人、「どちらでもない」が1人。


高校生平和大使歴代4人が講演 核廃絶へ思いつなぐ 元核実験場へ移住し映画制作も [長崎県] 【西日本新聞】2017.10.30
 〇活動開始から20年目を迎えた「高校生平和大使」の歴代メンバー4人による講演会が29日、長崎市平野町の長崎原爆資料館で開かれた。活動を通して感じた思いや人生に与えた影響について語り、約60人が耳を傾けた。
 高校生平和大使は、インドとパキスタンが核実験を行った1998年、長崎の被爆者らが世界に核兵器廃絶を訴えようと高校生2人を米国の国連本部に派遣したのが始まり。講演会は県保険医協会の若手有志が企画し、第9代大使の国立公文書館調査員大川史織さん(29)▽第18代大使の長崎大1年内野璃奈さん(19)▽第20代大使の長崎北陽台高2年溝上大喜さん(17)、長崎東高2年溝口祥帆(さちほ)さん(16)が登壇した。
 東京都内の高校時代に平和大使を務めた大川さんは「大使になるまで、長崎の高校生が核廃絶の署名をしていることを知らず自分を残念に思った」と振り返り、その後核実験場となったマーシャル諸島に3年間移住し、ドキュメンタリー映画制作に当たったことなどを紹介した。
 元々は医療従事者を志していた内野さんは、活動を機に「核軍縮に携わる仕事に就きたいと思うようになった」と言い「大学の4年間で核兵器や戦争の加害と被害両方を考える場をつくりたい」と目標を語った。
 被爆3世の溝上さんは「採択された核兵器禁止条約の今後を考えるためにも、まず高校生としても条約の中身を知ることが重要だ」と話した。
 =2017/10/30付 西日本新聞朝刊=



米大統領選、ロシア疑惑初訴追へ 元選対本部長が出頭 【東京新聞】2017.10.30
 〇【ワシントン共同】ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑(ロシアゲート)を捜査するモラー特別検察官は30日、トランプ陣営のポール・マナフォート元選対本部長(68)の起訴を発表した。ロシア疑惑を巡る起訴は初で、トランプ政権にとって打撃となる。米国に対する謀略やマネーロンダリング(資金洗浄)などの12の罪状としている。
 トランプ大統領は29日にツイッターで「『トランプ陣営とロシアの結託』など存在しない」と改めて強調したが、マナフォート被告起訴を端緒としてロシアと共謀疑惑の解明が大きく進展する可能性がある。
 ビジネスパートナーのリック・ゲーツ氏も起訴された。
  ★外遊、外交の余裕はない⁉ 粛々と捜査、起訴等処分を。弾劾はあるか


自民・船田氏が身内批判「特別国会閉会なら言行不一致」 【朝日新聞】2017.10.30
 〇自民党の船田元衆院議員は30日、自身のホームページで、政府・与党が11月1日召集の特別国会で実質審議を行わず、8日に閉会すると提案したことを批判した。安倍晋三首相や与党幹部らが「丁寧に、真摯(しんし)に対応していく」という趣旨の発言を繰り返していることに触れたうえで、「特別国会を最小限で閉会にしたら、言行不一致の誹(そし)りを免れない」とした。
 政府・与党は、首相の外交日程などを理由に特別国会は首相指名選挙などにとどめる構えだが、野党は首相の所信表明演説や代表質問など実質審議を要求。船田氏はホームページで「やり繰りをすれば、衆参で1日ずつの予算委員会を開くことは可能。だめなら年内に臨時国会を開くという選択肢もある」と指摘した。
 首相は9月28日召集の臨時国会の冒頭で衆院解散に踏み切ったため、審議は一切行われなかった。船田氏は特別国会が8日で閉会し、臨時国会も見送られた場合、「6月末に閉会した通常国会から半年間も国会審議が行われないという異例の事態を迎える」と問題視した。(藤原慎一)


山尾氏、立憲入党せずも会派入り「地元と調整もあり…」 【朝日新聞】2017.10.30
 〇立憲民主党は30日、衆院選で無所属当選した山尾志桜里・元民進党政調会長を入れた55人で衆院会派「立憲民主党・市民クラブ」を結成し、衆院に届け出た。山尾氏は入党予定だったが、「地元との調整もあり、今回(の特別国会)は入党せず会派に入ることになった」(福山哲郎幹事長)という。
衆院選当選者の考え、こちらでチェック
 元秘書へのセクハラ疑惑が週刊誌で報じられ、無期限の党員資格停止処分となった青山雅幸氏は会派入りしなかった。
 一方、希望の党は同日、民進代表を辞任した前原誠司氏を入れた51人で「希望の党・無所属クラブ」を結成し、衆院に会派届を提出した。衆院の新勢力は次の通り。
 自民党284▽立憲民主党・市民クラブ55▽希望の党・無所属クラブ51▽公明党29▽無所属の会13▽共産党12▽日本維新の会11▽自由党2▽社民党・市民連合2▽無所属6


前原氏、民進代表を辞任 後任31日に選出 【東京新聞】2017.10.30
 〇民進党の前原誠司代表は30日の両院議員総会で、合流を決めていた希望の党(代表・小池百合子東京都知事)が衆院選で不振だった責任を取り、辞任すると改めて表明し、了承された。民進党は31日午後に両院議員総会を開き、後任を選出する。11月1日召集の特別国会に向けた体制構築を急ぐ。
 新代表の立候補届け出は31日正午から受け付ける。両院総会で所信表明を行い、無記名で投票を行う。
 後任代表について、羽田雄一郎幹事長代理や桜井充副代表は、参院議員から選ばれた方が有権者から分かりやすいとの認識を記者団に表明した。






国連委採択 核廃絶決議 賛成国は減少 抑止力前提 日本に反発 東京新聞 10/29
(東京新聞)   ☆核軍縮を巡る主な動き(一覧表)

「まるで核保有国の決議」 長崎新聞 10/29


茂木担当相 無償化「大学を限定」 対象基準を検討 【毎日新聞】2017.10.29


訓練中不明の陸自隊員、首つった状態で遺体発見 【読売新聞】2017.10.29


在日米軍基地縮小を 鳩山元首相、辺野古強行を批判 【琉球新報】2017.10.28


米四軍調整官、沖縄・高江ヘリ炎上で県に謝罪 着陸帯の使用中止も検討 【沖縄タイムス】2017.10.28


NHK: トランプ氏 ケネディ暗殺事件の機密文書すべて公開の意向 10/29


森友への値引き6億円過大 国有地売却、会計検査院が疑義 東京新聞 10/26

森友への値引き6億円過大 - ロイター 10/26



辺野古海域の希少サンゴ 沖縄防衛局が県に移植申請 【NHK】2017.10.26


被爆者 平和賞授賞式へ 核廃絶「ICAN」と出席 【東京新聞】2017.10.26

ジブチ自衛隊 基地労組の解雇撤回求める争議 装甲車と銃で威嚇 【しんぶん赤旗】2017.10.26


【座波幸代のワシントン報告】核誤射「戦争」指令で 1959年の那覇基地ミサイル事故 元整備兵が本紙に証言 【琉球新報】2017.10.26

官房機密費の行政文書開示訴訟、最高裁12月に弁論 TBS NEWS 10/26


NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論 朝日新聞 10/25
NHK受信料 合憲か、双方から意見 最高裁、初判断へ 毎日新聞 10/25


米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か 【NHK】2017.10.25


北朝鮮の「核は米のみ照準」は「信用できる」 核専門家 【朝日新聞】2017.10.22



<衆院選>枝野氏「国民と歩み始める」 立憲党声明全文 毎日新聞 10/23



北朝鮮に米軍事力行使 自民39%が「支持」 東京新聞 10/9


「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24


カーター元米大統領、早期の訪朝に意欲…韓国紙


無戸籍の母親の子、住民票不記載の対応は「適法」判決 朝日新聞 10/12
  ★子の人権保障、義務教育等々に、不利益が生じていないのか! 日本の場合、人権保障の基礎を、無造作に、戸籍や住民票にリンクさせる扱いが横行… 先ず、疑問。憲法の人権保障にそぐわないは、明らか。国の通達自体、違憲の疑い…


警官、暴行被害者を「くず人間」 録音で判明、福岡 東京新聞 10/12
  ★くず! くずは、どっちだ⁉ 人権保障、事件にしたくない警察? 可視化、全面録画録音、必要か。

「9条守れ」掲載拒否は不公正: 「九条守れ」俳句訴訟、掲載拒否は「不公正」 地裁判決 10/13

 cf. 核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日
NHK: ICAN日本人委員 核兵器禁止条約の議論の必要性訴え 10/11
 〇核兵器禁止条約の採択に貢献し、ことしのノーベル平和賞に選ばれたICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンの国際運営委員を務める川崎哲さんが11日、都内で外国メディアの取材に応じ、北朝鮮情勢をめぐって緊張が高まる今だからこそ、条約をめぐる議論を高めていくべきだという考えを示しました。…


NHK過労死 記者の両親が反論: 「私たちの思いが正確に伝えられてない」NHK記者過労死、両親が反論会見 10/13

NHK: 過労死認定 NHK記者の両親が会見 再発防止求める 10/13

政府「ヘイト規制強化 日本は不要」 国連審査報告で認識 【東京新聞】2017.10.14
  ★遠慮しないで‼‼ 君こそ、適格者

衆院選2017 公文書管理、違い不鮮明 加計問題で注目、各党が公約に 制度改善に疑問 【毎日新聞】2017.10.14


企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表 朝日新聞 9/1


アベノミクスで「労働分配率」が低下する理由 最新のGDP統計から見える日本の実態 東洋経済 山田徹也 10/16

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース 2017/09/07

「非正規雇用」の現状と課題 【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】

統計局ホームページ/統計Today No.97 - 総務省統計局
 〇1990年以降の我が国の雇用状況における特徴的な動きの一つは、非正規の職員・従業員(以下「非正規雇用者」という。)数の増加です。1990年に881万人だった非正規雇用者数は2014年に1962万人と2倍以上になりました。非正規雇用については、社会的関心が高く、関連する統計についても注目されていますので、労働力調査の結果からみた正規・非正規雇用の特徴について、紹介します。
  なお、図表等を含む詳細な分析結果は、本稿の「詳細版」に掲載しておりますので、併せて御活用ください。 ・・・

[PDF] 13 非正規雇用増加の背景とその政策対応 - 内閣府経済社会総合研究所

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律  (昭和六十年(1985年)法律第八十八号)
  ★総理は、中曽根康弘か、ワルヤノー、吾。ピンハネ、中間搾取を合法化




日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者 【東京新聞】2017.10.21



NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25



【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】[核廃絶決議案]廃絶から遠のくばかり 【沖縄タイムス】2017.10.30
 〇唯一の戦争被爆国として核廃絶を主張しながら、その一方で、「核の傘」にしがみつき、トランプ米政権にすり寄る-。
 核廃絶を巡る日本の「二重基準」(ダブル・スタンダード)が、国内外で厳しい批判にさらされている。
 日本が主導し、1994年から毎年提出してきた核兵器廃絶決議案が、国連総会の第1委員会で採択された。
 賛成144、反対4、棄権27。河野太郎外相は「幅広い国々の支持で採択された」との談話を発表したが、昨年の決議と比べ、賛成が23カ国減り、棄権も10カ国増えた。
 核兵器禁止条約を成立させた非核保有国や国際NGOなどからは、決議案への不信と不満が噴出した。
 国内においても、政府と被爆者の立場の隔たりが鮮明になってきた。
 決議案に対し、広島、長崎の被爆者からは「核廃絶は口先だけなのか」と失望と落胆の声が漏れる。
 核廃絶に象徴される平和外交の遺産を掘り崩しかねない事態が生じているのである。 最大の理由は、核兵器の非人道性を巡る表現が後退し、決議案が「まるで核保有国が出した決議のような印象」(田上富久長崎市長)を与えていることだ。
 昨年までは「核兵器のあらゆる使用」が「壊滅的な人道上の結末」をもたらす、と明記されていたが、今年の決議案から「あらゆる」が削除された。
 核使用も場合によっては許容される、と受け取られかねないような修正だ。
■    ■
 核兵器禁止条約は今年7月ニューヨークの国連本部で122カ国・地域の賛成で採択された。
 同条約には、核兵器の非人道性を身をもって訴え続けてきた被爆者の声と核廃絶を求める切実な願いが、込められている。
 条約の採択に力を尽くした核兵器廃絶国際キャンペーン「ICAN」は、ノーベル平和賞を受賞した。
 だが、日本政府は「核保有国と非核保有国の分断を深める」として核兵器禁止条約に反対し、今回の核廃絶決議案でも禁止条約のことには触れなかった。
 包括的核実験禁止条約(CTBT)の発効には米国など8カ国の批准が不可欠である。昨年の決議は8カ国の早期批准を強く求めていた。今回はCTBTの発効促進に関する表現もトーンダウンした。核戦力の強化に熱心なトランプ政権への配慮が働いた、とみられている。
■    ■
 米国のオバマ前大統領は政権末期、核の先制不使用を検討したといわれる。その動きにいち早く反応し、懸念を伝えたのは安倍政権である。
 今年8月、ワシントンで開かれた日米安全保障協議委員会でも、米国による「核の傘」の供与を再確認している。
 日本政府の政策の軸足は、北朝鮮情勢の影響で、「核軍縮」から「核の傘の強化」に明らかに変わりつつある。
 戦争被爆国として朝鮮危機にどう対処すべきか。「目には目を」「核には核を」の発想は、あまりにも危険だ。


【社説】建設アスベスト訴訟 国と企業は全患者の救済を急げ 【愛媛新聞】2017.10.30
 〇建設現場で発がん性のあるアスベスト(石綿)を吸い込み健康被害を受けた元労働者らが、国と建材メーカーを訴えた「建設アスベスト訴訟」の控訴審判決で、東京高裁は国とメーカーの一部に賠償を命じた。
 全国で2008年以降、14件起こされている同訴訟初の高裁判決で、国とメーカー双方の責任を認めた意味は大きい。両者は判決を重く受け止め、被害者の全員救済へ、原告らが求める基金設置など補償制度の創設を急ぐべきだ。
 石綿は建築材料に広く使われており、粉じんを吸い込むと中皮腫や肺がんを引き起こす。一審を含む8件の判決のうち、国敗訴は7件目となり、司法による国の責任認定は定着したといえる。メーカーの責任は地裁が2件で認めているが、高裁も同様の判断を示したのは前進だ。
 ただ、対象期間を狭めた点は看過できない。国が防じんマスクを義務付けるべきだったとする時期を、東京高裁は1981年としたが、一審判決ではこれより早い時期もある。命が関わる問題であり、責任を広く認定する姿勢が求められよう。
 「一人親方」と言われる個人事業主については、これまでの判決と同様、労働安全衛生法に基づき、国の責任を否定した。一般の従業員と同じ現場で働いている以上、被害者を選別することは公平ではない。司法は現場の実態を重視すべきだ。
 石綿は潜伏期間が数十年と長く「静かな時限爆弾」と形容される。労災認定は今も年約千件あり、中皮腫による死者も増加傾向で、2015年は1504人と05年の1.7倍に達した。国やメーカーは、被害者の病状や高齢化が進み、救済に残された時間が限られている現実を直視し対応しなければならない。
 訴訟は、今回のように建設労働者が原告になった「建設型」と、石綿製造・加工場の元従業員らが起こした「工場型」がある。最高裁が14年、国の賠償責任を認めた工場型では、国は被害者が提訴すれば和解に応じているが、作業員が現場を転々とし、石綿に接した期間が判定しにくい建設型では争う姿勢を崩していない。国やメーカーは、被害者の状況に応じ広く和解を進めるべきだ。
 健康被害は一般国民にも及んでいる。民間団体の調べでは、石綿が使われた公営住宅は2万2千戸を超え、吸い込んだ可能性のある人は23万人に上るという。県内では今年、県立高校の外壁吹きつけ材に微量の石綿が含まれていることが判明。ビルの解体中、建材に含まれていることが分かった例もある。今後も解体やリフォーム作業で新たな被害が出る可能性があり、石綿が飛散するかもしれないという前提での対応が欠かせない。
 国には被害者の全面救済とともに、被害をこれ以上出さないことが求められている。国民への意識啓発を進め、関係する現場での対策強化に力を尽くさねばならない。


【社説】政務活動費 真の情報公開を求める 【徳島新聞】2017.10.30
 〇近年、議員が調査活動に使う政務活動費(政活費)の不正使用に関するニュースが徳島県内外で絶えない。
 政務と関係のなさそうな本を購入したことになっていたり、行ってもいない視察をでっち上げたり、領収書を改ざんしたりといったあきれるような事例が目立つ。政活費への信頼は地に落ちたといっていい。
 政活費は決して不必要というわけでない。議員が住民の代表として行政のチェック機能を果たし、有益な提言を行うためには、日頃の研さんが必要である。書籍を購入したり、先例地の視察に出向いたりするには相応の費用がかかるのは当然だ。
 しかし、信頼が損なわれた現状では、議員が政活費の使用をちゅうちょするケースが増えている。徳島県議会の場合、2016年度分で県に返還された残余金は前年度比で3・5%増の3380万円だった。県内では総支給額の23・1%しか使われなかった市議会もある。
 政活費への不信を気にするあまり、「使うと不正を疑われる」などと使用を控えたことが主な要因とされているが、それは本末転倒というべきだ。
 政活費への信頼を取り戻し、市民にとって有益な使い方がされるように改善することが急務である。
 信頼回復への取り組みとして各議会に求められるのは、使途を徹底して公開することに尽きる。
 大切なのは、全てをつまびらかにして、適切かどうかを誰でも検証できる状態にしておくことである。
 収支報告書を公開するだけでは不十分だ。全ての領収書を明らかにする必要がある。そもそも政活費への不信が高まっているのだから、第三者が検証できない情報では真実性が担保されず、公開したことにはならないと捉えるべきだろう。
 閲覧しやすい環境を整えることも大事だ。
 領収書や収支報告書を見るために情報公開請求などの手続きを課すところが多いが、無駄な障壁と言わざるを得ない。情報にいつでも、容易に接触できるようにしなければ、公開の意味は半減する。現時点で最も望ましいのは、ホームページに掲載することだろう。
 徳島新聞社のまとめでは、県内で政活費を支給している県議会と7市議会で、領収書を非公開としている議会はないが、公開の方法には開きがある。
 領収書をホームページで公開しているのは県と三好市だけである。鳴門、小松島両市は申請すれば閲覧でき、徳島、阿南、吉野川、美馬の4市は情報公開請求をしなければならない。
 各議会とも少しずつ制度を整えているが、足並みはそろっておらず、改善すべき点はまだ多い。信頼回復のため、形だけではない真の情報公開を求めたい。


【社説】核廃絶国連委決議 被爆国の責任を果たせ 【中国新聞】2017.10.30


【社説】核兵器廃絶決議  信頼薄れる「橋渡し」役 【京都新聞】2017.10.30
 〇極めて残念な結果である。
 軍縮を話し合う国連総会第1委員会で採択された日本主導の核兵器廃絶決議は、昨年に比べて賛成国が23カ国少ない144カ国にとどまった。日本が1994年から毎年提案し、支持を広げてきた決議だが、今年は一部の国が棄権に転じた。
 決議は7月に採択された核兵器禁止条約に一切触れず、核保有国に核軍縮を促す表現も弱まった。「核保有国寄り」と見なされるのは当然だ。むしろ今後の外交関係に配慮してか、棄権に回る国が限られたことで、日本はかろうじて面目を保ったというところだろう。
 決議に法的拘束力はない。それでも今回、文面に核禁条約への言及を盛り込むことに、条約に参加していない米英仏中ロの保有国5カ国は強硬に反対したとされる。日本政府は、代わりに「(核廃絶への)さまざまなアプローチに留意」との表現を加えることで条約推進国の理解を得ようとしたが、オーストリアやブラジルなどと折り合えなかった。
 核実験とミサイル発射を繰り返す北朝鮮の政策転換が見通せない以上、米国の「核の傘」に頼りつつ、核廃絶を訴える日本の立場はこれからも難しくなろう。だからといって唯一の戦争被爆国としての役割を放棄するわけにはいかない。ジレンマを乗り越える外交力が、今こそ問われる場面である。
 核兵器は「必要悪」との認識が、長らく国際社会にはあった。冷戦終結後、核の非人道性について理解が広がり、ようやく核兵器を法的に禁じる核禁条約の採択に至った。核を背景として強い発言力をもつ5大国への非保有国の不満に加え、何より、自らの傷を示して長年活動してきた広島、長崎の被爆者の切実な声が国際世論を動かしたからだ。
 その被爆者から「(決議は)裏切りだ」と批判され、非保有国に「保有国の代弁者」と受け止められているのは、決して日本のあるべき姿でない。双方の「橋渡し」役を自任する国がこのまま信頼を失っていいはずはない。
 今年のノーベル平和賞は核禁条約を推進した団体に決まり、12月の授賞式には広島、長崎の被爆者も出席する。各国の視線は日本政府の姿勢にも改めて注がれよう。
 抑止力に頼る限り、核兵器はなくならない。破滅的な危機をもたらす核は「決して使えない」と保有国や北朝鮮に認識させ、放棄させる。その道筋を、日本は条約推進国とともに探るべきだ。 [京都新聞 2017年10月30日掲載]


【社説】再処理工場の審査休止/「脱・核燃サイクル」の契機に 【河北新報】2017.10.30
 〇青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場について、原子力規制委員会が異例の「審査休止」を決めた。
 設備の点検漏れを背景にした保安規定違反が相次ぐなど、事業者である日本原燃の安全管理が、あまりにもずさんだったからだ。
 再処理工場は原子炉で燃やしたウランを取り出し、化学的に処理してプルトニウムなどを取り出す施設。極めて高いレベルの安全対策が必要なのに、原燃は規制委から「安全上の問題以前に、事業を遂行する基本的要件に欠けている」と指摘される始末。
 「失格寸前」にまで追い込まれたのは、ひとえに自らの行いのせいであり、深く反省して出直すしかない。
 ただ、再処理工場を巡る問題は、安全性だけにとどまらない。巨額の費用を要する核燃料サイクルの中核施設だけに、エネルギー政策との関わりも本格的に議論すべきだ。
 未曽有の被害をもたらした東京電力福島第1原発事故によって、原子力の規制が改められた。このため、原発だけでなく再処理工場も新たな規制基準を満たさなければ、運転できなくなった。
 原燃は2014年に申請し、審査が続けられたが、非常用電源建屋などで何度も雨水が流入していたことが発覚。今年4月に合格したウラン濃縮工場の審査でも、放射性廃棄物の不適切管理や、不正な評価書作成が明らかになっている。
 1993年に着工した再処理工場は当初、4年後の97年に完成する予定だった。しかし、トラブルが続いて20回以上も延期している。
 試運転には入ったものの、いまだに完成していない。完成時期が延びる間に、建設費は当初の7600億円から2兆9500億円へ、4倍近くに膨らんだ。
 着工から20年以上もたち、3兆円近い費用をつぎ込みながら、なお未完成というのは異常な状況だろう。途中で断念していても不思議はない。
 いずれ訪れる廃止にも膨大な経費が必要になる。青森市の認可法人「使用済燃料再処理機構」は1兆6000億円と見積もっているが、国の原子力委員会は5年前、3兆6000億円という試算結果を明らかにしている。
 再処理工場は未完成でも、電力各社にとっては使用済み核燃料を運び出せるメリットがあった。各原発の構内で保管したままでは、いずれ満杯になり運転できなくなるが、六ケ所村へ搬出することが可能になったわけだ。
 ただ、本来の目的であるプルトニウムの本格利用は、高速増殖炉開発路線の頓挫によって宙に浮いてしまった。再処理工場を中心に据えた核燃料サイクル政策は今や、破綻が濃厚になったとも言える。
 審査休止を一つのきっかけにして、「脱サイクル路線」の検討を加速させる時期に差し掛かっている。


東京新聞・社説: 第4次安倍内閣 国会軽視してはならぬ 10/30
 〇来月一日に召集される特別国会での首相指名選挙を経て、第四次安倍内閣が発足する。「謙虚」「真摯(しんし)」との言葉を違えず、国権の最高機関である国会を軽視するような政権運営をしてはならない。
 先の衆院選で「勝利」した安倍晋三自民党総裁は一日、首相に選出された後、同日中に第四次内閣を発足させる見通しだ。現閣僚を全員、再任する意向だという。
 現在の第三次安倍第三次改造内閣は八月三日に発足した。しかし、その後、臨時国会が開かれたが冒頭で解散され、各閣僚は所信を語らないままだ。極めて異例である。背景に、国会を軽視する安倍内閣の姿勢があると指摘されても仕方があるまい。
 安倍政権は、安全保障関連法や「共謀罪」法の成立を強行するなど強引な国会運営を続けてきた。首相が野党議員にやじを飛ばしたかと思えば、憲法五三条に基づく野党側の臨時国会召集の要求を無視し、衆院解散に踏み切った。
 一日に召集される特別国会は、衆院選後に開くよう憲法に定められたものだ。しかし、会期はわずか八日間。休日や外交日程を考慮すれば、実質三日間だ。これでは実のある審議は望むべくもない。
 首相が、衆院解散の大義として「国難」に挙げた北朝鮮情勢や少子・高齢化対策はもちろん、経済政策や社会保障、財政規律など、議論すべき課題は山積している。
 加えて、学校法人「森友」学園への国有地売却や同「加計」学園の獣医学部新設も、引き続き国会での解明が必要な問題だ。共同通信社の九月下旬の世論調査では、政府の説明に納得できないとの答えが八割近くに上る。
 森友問題では、国有地売却額の妥当性を調べている会計検査院が値引き額が最大約六億円も過大だったと試算している、という。
 なぜそうなったのか。公平・公正であるべき行政判断が「首相の意向」や忖度(そんたく)で歪(ゆが)められたことはなかったのか。行政への国民の信頼にかかわる問題だ。内閣は国会での解明に進んで協力すべきだ。
 安倍政権は特別国会の会期を延長するか、閉会後、速やかに臨時国会を開き、実質審議の時間を確保すべき必要がある。その際、首相と閣僚が所信を表明し、各党の質問に答えるのは当然だ。
 首相は、衆院選後の記者会見で「今まで以上に謙虚な姿勢で、真摯な政権運営に全力を尽くさなければならない」と語った。
 言葉だけではなく、具体的な行動で示すべきである。


毎日新聞・社説: 建設石綿訴訟で原告勝訴 救済の制度作りを早急に 10/30
 〇建設現場でのアスベスト(石綿)による健康被害が争われた「建設石綿訴訟」で、東京高裁が国と建材メーカー4社の賠償責任を認めた。

 建設資材に含まれる石綿の粉じんで肺がんや中皮腫にかかった元労働者や遺族約90人が起こした訴訟だ。
 耐火性にすぐれた石綿は建材に広く使われ、1960年代以降の高度経済成長期に大量に輸入された。日本が石綿の輸入を停止したのは2006年だ。欧米各国が80年代に大きく消費量を減らす中で、日本の対策は後れをとった。
 企業、行政の双方が経済成長を優先して健康対策を後回しにしたことが被害の拡大を招いた。そこに問題の本質がある。国と企業両者の責任を認めた点で判決は評価できる。
 石綿を原因とする疾患の労災認定者は年間約1000人で、その半数が大工や塗装工ら建設業従事者だ。
 だが、こうした労働者は現場をわたり歩くため、被害に遭っても特定の雇用主の責任を問いにくい。疾患の発症がどこのメーカーの建材によるものか立証するのも困難だ。
 さらに、中皮腫などは発症までの潜伏期間が30~40年と長く、時間も責任追及の壁となってきた。
 石綿被害をめぐっては、石綿関連工場の元従業員らによる集団訴訟で、最高裁が国の責任を認定し、賠償が行われた。だが、建設労働者の救済は置き去りにされたままだ。
 「建設石綿訴訟」は全国で14件が係争中だ。7件で1審の判決が出ており、6件が国の責任を認定し、うち2件は一部の建材メーカーの責任も認めた。高裁判決は初めてだが、被害救済を求める司法判断の流れは定着しつつあるのではないか。
 集団訴訟の原告患者の7割は既に亡くなっている。全ての司法判断を待っていては解決が遅れる。
 原告らは、国と企業が被害を補償する基金を立法措置で創設することを求めている。公害被害をめぐっては、東京大気汚染訴訟で、国や東京都、自動車メーカーなどが費用を拠出してぜんそく患者の医療費を助成する制度を作った前例もある。
 高度成長期に作られた建物の解体工事がピークを迎え、石綿被害は今後も増加すると予想されている。
 抜本的な救済の枠組み作りを急がなければならない。







核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-10-29

10/29: 核兵器禁止、平和な生活回復を! 内閣不支持、支持上回る 北朝鮮「安倍政権が核脅威論を騒ぎ立て」批判 「北朝鮮問題」- もはや核開発阻止は無理⁉ ‎陸自隊員が、銃剣と小銃持った侭、自殺⁉

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・両陛下、「全国豊かな海づくり大会」の式典に出席 10/29(日) 18:26
 ・皇太子さま 聴覚障害者のバレーボール観戦 10/29(日) 19:58
 ・大田区、都の調停案拒否を表明…埋立地帰属 10/29(日) 19:57
 ・台風22号 こんや暴風域伴い関東に接近 10/29(日) 19:56
 ・内閣不支持2か月ぶり支持上回る~NNN 10/29(日) 19:47
 ・「変わった様子なかった」自衛隊員の遺体が…自殺か 10/29(日) 17:53  ★他殺の疑い?死人に口なし
 ・死亡ひき逃げ容疑 男が出頭、逮捕 10/29(日) 8:33
 ・北朝鮮「安倍政権が核脅威論を騒ぎ立て」と批判 10/29(日) 8:32
 ・米テネシー州で「白人至上主義」の大規模集会 10/29(日) 7:21
 ・台風22号、鹿児島の一部が暴風域に 10/29(日) 7:06
 ・宮崎でも南部の一部が暴風域 10/29(日) 7:05
 ・訓練中の陸自隊員が行方不明 銃剣と小銃持ったまま 10/29(日) 6:26  ★どうして、首つり状態で発見?どんな事情か⁉

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
10月29日分 9:00 実施
 今日のトピックス Blog10/28: 立憲・枝野氏「国民と歩み始める」 vs~麻生政権「与党4、野党6」◆民主党政権下「与党1、野党9」 ~安倍政権「与党2、野党8」⇒「与党7、野党3」??? 国民主権を議員特権と履違え!不埒



イシャジャの呟き: 最終土曜日    誕生日の花 センブリ  花言葉  はつらつとした美しさ 10/28
 〇ラジオ深夜便から

 10月も最終の土曜日を迎えることになった。菜園にしている庭も、枯れ葉や枯草で荒涼とした景色となっておりカーテンを閉めて 眼に入らないようにしたいくらいだ。

 食べ物の残が少なくなったので、スーパーまで出かけたいのだが、子が来てくれるまで 待つことにしよう・・
 いつの間にか、買い物難民に近づいているようだ。生協の宅配と併せて 生活用品を確保
 しなければ・・・

 通販で、インテリア用品を申し込んだが、3週間経過しても 音沙汰無し、メールで照会してみたが
 音沙汰無し、



 カテゴリなしの他の記事
  10月小春    快晴
  曇り 薄日
  選挙
  庭木の剪定
  ヌグダマッタ !


 今日のトピックス Blog10/27: 森友への値引き6億円過大!判明 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」佐川国税庁長官の罷免、再度申入れ 加計学園の認可?来月 否、即却下!臭い物に蓋? 猶、尾を引きたいか



「護憲+」: NHK受信料強制契約は合憲か、契約の自由か、最高裁で弁論開始 10/26 (厚顔)
 〇10月26日朝日新聞及び朝日デジタルで「NHK受信料契約は合憲か否か」についての問題を取り上げている。

 「NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論」

 『家にテレビがあったら、NHKの受信料を支払わなければいけないか。受信料契約を定めた放送法の規定が憲法の保障する契約の自由に反するかが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、原告のNHKと、受信料を支払っていない被告男性の意見を聞く弁論を開いた。最高裁は年内にも、受信料を巡る初めての判断を示す。

 NHK受信料訴訟、支払い義務づけは合憲 法相が意見書

  受信料の支払い義務は放送法では明文化されておらず、総務相の認可を得た規約で定めている。NHKは同法の「受信設備を設置したらNHKと契約しなければならない」という規定を根拠に受信料を徴収している。

  裁判では、NHKが自宅にテレビがあるのに契約をしていない東京都の男性に支払いを求めている。この日の弁論で、男性側は「規定は努力義務を定めており、強制力はない。契約の強制は契約の自由に対する重大な侵害だ」として違憲と主張。規定が合憲だとしても、支払い義務が生じるのは契約成立時からだと訴えた。

  一方、NHK側は「放送文化の発展や放送インフラ基盤の充実など社会的役割を果たしている。規定には必要性と合理性があり、合憲だ」と主張。契約は相手に締結を求めれば成立し、受信料を請求できると反論した。裁判では、法相も規定を「合憲」とする意見書を最高裁に提出。寺田裁判長は弁論で「参考資料として取り扱う」と述べた。

  一、二審判決は、NHKが災害報道で果たす役割などを踏まえ、規定は「公共の福祉に適合する」として合憲と判断。個別の契約はNHKが裁判を起こし、勝訴が確定した際に成立し、テレビ設置時にさかのぼり受信料が請求できるとした。(岡本玄)』

 実は朝日新聞は8月25日の社説でも同じ主旨のことを論じている。

 8月25日朝日新聞の社説「NHK受信料 徴収策の強化の前に」

 『NHKが主な収入源である受信料の確保のために知恵を絞るのは当然である。だとしても、「公共放送の役割とは何か」「NHKはどうあるべきか」という根本の議論を抜きにして、自分たちの都合を優先しすぎてはいないか。・・・(以下略)』

 これは非常に重要な問題で、いよいよ最高裁大法廷で弁論が始まったので、8月25日の社説についての弊投稿を下記にリピートしておきたい。

 「NHK受信料 徴収策の強化の前に(朝日新聞社説)に加えて」

 『表題は8月25日の朝日新聞社説の題目であるが、ごもっともな指摘である。・・・NHKは受信料の一律公平負担を金科玉条のように主張しているが、これがNHKの常識だとすれば、世間の非常識だと言いたい。世間では水道、電気、ガスなどの公共料金は基本的に使用した量に応じて支払う従量制が常識だからである。

 人のライフスタイルも多様化し、メディアの種類も増え、NHKテレビを見ている時間は人様々であるのに、テレビ機器を所有しているだけで一律の料金を徴収するのは視聴者には不合理で公平負担ではない、公共料金と同じように観た時間に応じた従量制料金が公平公正な負担なはずである。

 その上で訴訟するなど横暴である。受信契約を結びながら料金不払いの人や、契約自由の原則に基づき受信契約締結に応じない人にはNHK放送が見れないようにスクランブルを掛ければ済むはずである。・・・(以下略)』

 一つ追記しておきたいのは、受信料にはNHKが下記放送法第一条二項の規定を遵守する対価も含まれており、NHKが現在の偏向不公正な報道姿勢のままでは受信料契約はしたくないと思っている視聴者も多いということである。

 一方NHKは最近災害報道が公共の福祉に寄与していることをアピールしているが、これは東北大震災後のことで有り、公共放送であれば当然で、むしろ遅きに失した、後付の理由と言うべきであろう。

 *放送法第一条二項
 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

 「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より


イシャジャの呟き: ヨメナ    誕生日の花  ヨメナ 花言葉 隠された美しさ 10/27
 〇ラジオ深夜便から

 本日も晴天なり、どこへ 行く当てもなく、朝ドラ~あさイチ、午後からも 大阪からの ごごナマへと進み、
 為すこともなく 徒な日を 過ごす。

 買い取り屋から 電話があったが、売るものはない !と断る。

 浴槽に 手摺を取り付けて 頂きました。年寄の風呂場での 事故が多くあるそうなので、
 安全には 万全を期す



 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog10/26: 東証16連騰 真の実力なのか疑問だ(道新・社説) 今の株高は主要国共有の金融緩和・株高誘導&GPIFと日銀が株価下支え「官製相場」 課題は、金融緩和一辺倒策の歪み克服と出口論⁉



イシャジャの呟き: 10月小春  快晴    誕生日の花 モヨウビユ 花言葉  燃え上がった情熱 10/26
 〇紅葉盛り
 
 快晴、今年も残り 66日、オソラク 最後の小春日和でしょう。

 生い茂っていた庭の雑草も枯れたので、庭の紅葉を撮る、暫くぶりの カメラに少し戸惑った。
撮るのは いいが 取込みに手間取る



 カテゴリなしの他の記事



今日の「○」と「×」: 「×」 日本人ってスゴイ?! いや、オメデタイ。 10/25
 「×」 この頃、「日本人ってスゴイ」みたいなテレビ番組が多くてウンザリするが、今回の選挙結果を見ると、確かに日本人ってスゴイのかもしれない。

 もちろん、逆の意味だが。

 総理とその婦人や友人がどんなに税金を食い物にしても、自民党の政治家や大臣がどんなに不祥事を起こしても、すんなり当選させてしまうのだから

 これほどオメデタイというか、不正に寛容で無節操な国民が多い国は、珍しいのではないだろうか。

 それにしても、国民は台風の被害に苦しんでいるのに、「でんでん」アベはトランプ大統領とのゴルフに松山を呼びつけて大喜びという能天気。

 カリフォルニアの山火事なんかそっちのけのトランプ大統領とともに、史上最低最悪の日米両首脳が、世界を破滅に導こうとしている。

 立憲民主党を始めとする護憲勢力は、一致団結して極悪日米同盟の陰謀から、国民を守らなければならない。


 今日のトピックス Blog10/25: 森友への値引き6億円過大 会計検査院が疑義 モリカケ疑獄裏付け⁉ 選挙前に、検査院も、メディアも、情報提供すべきでは⁉ 数日遅らす??? 公共放送は、主権者に忠誠・信義誠実を尽くせ!


「護憲+」: 立憲民主党への期待と私たちの決意 10/25 (笹井明子)
 〇枝野幸男さんが、大義なき解散・総選挙の喧騒の中で、「まっとうな政治」のスローガンを掲げて、立憲民主党の立ち上げを宣言したのは、10月3日のことでした。

 10月14日の東京大作戦=大規模街頭演説では、
 「政治は、政治家のためでも政党のためでもなく、国民のためにある。今の政治に怒りや危機感を持つ、多くの国民の声に応えて、政治の流れを転換させたい。この国に暮す多様な一人ひとりとの対話を通じて、誰もが自分らしく生きられる社会をつくりたい」と語り、彼の「まっとうな政治を、立憲民主党を、一緒に作っていきましょう!」の呼びかけに、会場を埋め尽くす観衆からは大きな拍手と枝野コールが湧き上がりました。

 翻って、2ヶ月前の8月1日、私たち「護憲+」は第十五期に入り、新しい期を迎えるにあたっての抱負を、以下のように述べました。

 『この間の政治状況の中で、市民の中から、「政治は自分達一人ひとりのもの」、「政治にきちんと関わろう」という「民主主義」のうねりが生まれ、根付き、着実に広がっています。
 私たちも、こうした市民の一員として、「民主主義の担い手として政治にコミットする」姿勢を共有し、立憲主義を尊重し市民と共に政治を作っていこうと志す政党や政治家が、選挙に勝つ力量をつけるよう、積極的に応援、支援して、真の「受け皿作り」に尽力していきたいと思います。』

 今回の立憲民主党の立党宣言に出会った時、あたかも私たちのこの決意に呼応するかのような意思表明に驚くと共に、私たちが長年に亘って待ち望んできた「まっとうな政治」を志す政党が、本当に誕生したことに、感動を覚えずには居られませんでした。

 10月23日、立憲民主党は、選挙結果を受けた声明の中で、
 『立憲民主党にとっては、今日から、ここからが、国民の皆さんとともに歩みを始める新たなスタートです。・・・私たちは、国民の皆さんにお約束した草の根からの政治を実行に移し、支え合いの仕組みを創っていくために、強い決意と覚悟をもって国政に臨んで参ります』との決意を表しています。

 一方、人々の期待、注目の大きさが明らかになると、さっそくマスコミが「政界再編」を取り沙汰するなど、いつもの無責任で訳知り顔の評論を繰り広げていますが、それに対しても枝野さんは「永田町の内側の権力ゲームに参加するつもりはない」とキッパリとした姿勢を示しています。

 こうして、当たり前の(なだいなださんが晩年に語った「常識哲学」を思い起こさせる)姿勢を語る政党・政治家が出現し、ボトムアップの政治、本当の民主主義に則った政治がスタートしようとしていることは、私たちにとってこれまでにない大きな喜びです。

 これから私たちは、立憲民主党の行方を見守り応援しつつ、「立憲主義」「民主主義」が大きく広がり、遠くない将来に当たり前のこととして日本社会に定着することを期して、「草の根からの政治」の成長、発展にコミットするという、私たち自身の今期の抱負を、真摯に、積極的に実践していきたいと思います。

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 曇り 薄日    ~ 薄日  誕生日の花  ダンギク  花言葉  忘れ得ぬ思い 10/25
 〇ラジオ深夜便から

 6時に起きて、3食食べて、朝ドラをみて~ あさイチ~ ごごナマへと進み、しぶ5時を見て、7時半
 が、 お休みタイム  奮闘努力の甲斐のなく 今日も暮れていく 80歳5か月 爺の一日



 カテゴリなしの他の記事
  ヨイトマケ・・・
  衆院選 最後の日曜日


 今日のトピックス Blog10/24: 40代低所得(300万円未満)世帯 20年で1.5倍! 超低金利政策(金融資本に利益供与)、銀行ローン・奨学金ローンにも喘がせ 人口減少も、格差社会も‼ 介護・保育の低賃金も 政府の責任!


「護憲+」: 講演会「日本の政治はどこへ向かうか?」 10/24 ( 珠 )
 〇今回の選挙の結果、憲法を変えようという発議が出て、国会を通ることになるでしょう。今一度、国民投票に向けて多くの方と、憲法を、日本の政治を学ばないといけないですね。

 ちょうど1か月ほど先になりますが、お知らせをしておきます。

 ●イベント紹介●
 九条科学者の会
 「九条科学者の会」は2005年3月、20名の発起人を含む196名の呼びかけによって設立されて以来、科学に携わる方々に 「九条の会」アピールへの賛同を訴えてきました。「7つの行動提起」に基づいて、全国各地の大学・研究機関の九条の会と連携したり、 日本国憲法第9条に関わる幅広いテーマで学習会・講演会を開くなどの活動を続けています。

 九条科学者の会・日本科学者会議 共催 2017秋の講演会
 「日本に政治はどこへ向かうか?」


 日本の政治はどうなるのか、総選挙の結果も踏まえて、九条科学者の会の二人の共同代表の講演を通じ、ご一緒に考えましょう。

 日時:2017年11月25日(土)13:30~17:00(開場13:00)
 場所:中央大学理工学部5号館5136教室(後楽園キャンパス)
 参加費(資料代)500円
 共催:九条科学者の会・日本科学者会議

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転? 10/24 名無しの探偵)
 〇朝日の試算が正しいならば、野党分散の結果「反自公」が失った議席は63だという。
 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算 朝日新聞 10/23

 これの責任は前原(勿論、民進党の煮え切らない思想信条にこそ原因がある)と小池百合子にある。

 安倍「政治私物化」政権を打倒するには、この際、党利党略は一時棚上げにして、「野党共闘」を継続すればよかったのである。

 政治も碌に出来ない(DNAだけで総理になった)「バカ殿」政権にみすみすやられるとは、厚顔さんも言うとおり、「国共合作」にも学ぶことができない「極右」政治家たちの末路なのかもしれない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog10/23: 国民主権実現⁉ 衆院選の“民意と選挙結果との乖離” 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転… 枝野氏「国民と歩み始める」 北朝鮮の「核は米のみ照準」核専門家 憲法改正も三権も 国民主体で!



「護憲+」: 自民党圧勝の最大の要因は前原にあり 10/23 (厚顔)
 〇自民党に強烈な逆風の中で、こんなに自民党圧勝の選挙速報はみたことがない。不愉快をとおりこして言葉が見つからない。

 その要因は選挙前に投稿したように、民進党前原代表が希望の党小池代表の「くノ一戦法」に乗ったことと、その洞察の甘さにある。

 >前原民進党代表と希望の党小池代表の交渉ニュースを聞くと前原氏の詰めが甘い。これでは希望の党への身売りで、前原氏は『国共合作』の故事を十分知らなかったようだ。小池代表は政治家として冷徹に前原代表を見ていたが、前原代表は小池氏の含み笑いと流し目に悩殺され、政党の代表の立場を忘れ、肝心な詰めを忘れてしまったと言われてもやむを得まい。

 >小池代表に「私は今回の衆議院選には出ないので、希望の党が第一党に成れば貴方を首班指名候補にしたい」とでも言われたのであろうか。まさに「くノ一忍法」にかかった男のようである。かつて民主党代表時代に小泉首相を国会で追求する永田議員が、フェイクニュースをつかまされていたことを見抜けなかった甘さと同じ事である。

 選挙前に練られていた民進、自由、社民、共産、引いては希望、維新も含めての野党統一候補擁立の小沢戦略を反故にして、民進の希望への身売りを謀った前原の責任としか言いようがない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より






 今日のトピックス Blog10/22: 雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ自公ニモ、騙し解散ニモ負ケナイ 上からの押し付けではない、草の根からの「まっとうな政治」を、一緒に新しい政治の流れを、共に倦まず巧まず進めて参りましょう



「護憲+」: 枝野幸男と安倍晋三の演説会場に見るこの国の姿 10/22 (流水)
 〇わたしの地方では最後まで見る事ができませんでしたが、動画で見る立憲民主党枝野代表と安倍晋三首相の演説会の雰囲気のあまりの落差に、この国の現状が見事に反映されていたように思えます。

 選挙戦最終日、安倍首相は東京都議選のリベンジと称して秋葉原で演説を行いました。機動隊に周囲を守られ(バス4台分だそうだ)、日の丸や安倍首相支持のプラカードを掲げた支持者に囲まれたお立ち台での演説でした。プラカードや日の丸を掲げた支持者と一般聴衆の間には相当の間隔があり、あれではほとんど演説内容を聞き取れないだろうと思われます。もし、わたしが現場にいたなら、さっさと立ち去ります。
のんきに介護: 都議選のとき、秋葉原では「(安倍)辞めろ!」コールが周辺一帯を覆いつくした。本日、そのリベンジがあると聞いたが―― 10/21

 選挙戦序盤、ヤジを恐れた首相は、支持者だけで固めた聴衆の中で演説をしていました。要するに、安倍首相は、自分と異なる見解を持つ国民が怖いのです。野次が怖いとはそういう事です。元教師の経験から言わせてもらうと、問題児の中に、地球が自分を中心に回っていないと気に入らず、とにかく周りから「よいしょ」してもらわなければ、何にもできない子供がいましたが、それとダブって見えます。

 これは民主主義国家の首相としては考えられない振る舞いです。なぜなら、民主主義とは「多様性との共存」を前提にした制度なのです。その「多様性」が認められず、自分と異なる見解を持つ国民を締め出すようでは、もはや民主主義国家の首相とは言えません。大人なら、その程度の事は誰にでも分かります。

 しかし、安倍首相は、「多様性との共存」を拒否する道を選びました。安倍首相は、民主主義を拒否したのと同じなのです。

 安倍首相が改憲で何を目指しているか分かりませんが、上の秋葉原の異様な雰囲気を見れば、彼の取り巻きどもの感性は一目瞭然です。「リテラ」に書かれている危惧が杞憂であることを祈りますが、どうもそうではないように思います。
リテラ: 安倍政権が描く、この恐ろしい未来を本当に許すのか? 労働者は使い捨て、家族は国家の下請けに、そして緊急事態条項で独裁OKに 10/22

 そして、最も怖いのは、そのような異様な振る舞いをする人々が警察権力に守られている、という事実です。警察権力とは国家権力そのものなのです。これが「日常化」したらどうなるのか。普通の想像力を持っていれば、誰にでも理解できます。安倍首相の秋葉原での演説会場の雰囲気は、それを予感させます。

 それに比べ、枝野立憲民主党代表の雨の新宿の演説会場の雰囲気の人間臭いこと。人の熱気や心意気が溢れています。参加者一人一人の思いが感じられます。「人間て、いいな」と思わせる雰囲気でした。雨もまたよし。熱気に満ち溢れた顔や心を気持ちよく冷やしてくれます。
阿修羅: 雨の新宿に大旋風!立憲民主党東京大作戦ファイナルに8000人!枝野代表「22日から日本の民主主義は変わる!」

 選挙戦を通じて枝野代表の演説スタイルは、従来の日本の政治家の演説スタイルとは大きく異なっていた。車や高く組まれた演台などの上から演説をするスタイルを捨て、リンゴ箱程度の低い足場の上で、四方八方を聴衆に囲まれて演説をするスタイルを選択しました。

 日本の政治家で、このような演説スタイルを行う人はごく稀で、きわめて特異なスタイルです。しかし、枝野代表のスローガン「下からの民主主義」には、きわめてふさわしいスタイルでした。立憲民主党の支持の広がりには、枝野代表の演説スタイルは大きな影響力を与えたはずです。

 単純に安倍首相の演説会場と枝野代表の演説会場を比較すれば、その雰囲気の違いは一目瞭然です。安倍首相の演説会場の雰囲気は、オーウェルの「1984」を彷彿とさせる近未来の日本の姿を暗示させ、心が冷え冷えして、暗くなります。

 それに引き比べ、枝野代表の演説会場に充満しているのは、人々の解放された心と熱情、真摯な思い、真剣に考える姿等々。未来への希望と社会への信頼、人間の素晴らしさを感じさせる演説であり、会場の雰囲気でした。

 この二つの対照的な演説会場の雰囲気の違いこそ、わたしたちが選ぶべき未来の社会の象徴的な姿なのです。その意味で今回の選挙は、日本の決定的な「分水嶺」になることは確実だと思います。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 選挙  ☂  誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い 10/22
 〇ラジオ深夜便から

 12日間、の騒ぎが終わり 審判が下る日が やってきました。大儀なき 選挙に打って出た、逃げ回り解散、
日本国民の良識がどの程度か、その度合いが 判定される日です。

 台風が来襲し 各地に被害が及ばぬか 心配されて いますが、今夜は、シンゾウの顔を見たくもないので時半に結果を待たず 寝ます。〇 〇な寝て待て・・・・・



 カテゴリなしの他の記事
   後 晴れ


 今日のトピックス Blog10/21: 北朝鮮高官「核の標的はアメリカのみ」//主権者は正視すべき 枝野氏「アベノミクスは強い者を強くしただけ。格差は拡大」「受け皿がないとの声に応え新しい旗を立てた」 思いを受け止めよう


 今日のトピックス Blog10/20: モリカケ偏愛の安倍が、“国民保護”? 都民ファーストの小池が変身、選別・切り捨て 同じか⁉ 弱者侮り、驕り、ヘイト 格差・貧困強化 北朝鮮、敵視・攻撃優先 暮らし・命はどうなる???



イシャジャの呟き: 庭木の剪定    誕生日の花 アキノキリンソウ 花言葉 安心 10/20
 〇ラジオ深夜便から
 
 庭のカエデが紅葉してきたが 葉が落ちると掃除が大変なので 枝の剪定をしました。昨年、剪定した枝から出た細い枝を剪定すれば 落ち葉が少なくなるなります。
 
 居間から見える近所の屋根が濡れているので、雨になったことを知る。

 今日のNHKの午後ナマは大阪から、最近のNHKの番組は、あさイチ~ごごナマまで アンコール番組ばかりです。何時かどこかで見たものばかり、

 ストーブは18度で設定したが、暑すぎるので、一時、消して 様子を見る。灯油が値上がりしているそうだから、ケチルことにする。ワレモコウガが実 花 ? 茶色のものを付けています。



 カテゴリなしの他の記事
  秋 深し


 今日のトピックス Blog10/19: 国を、縄張りを守るは、止しにせよ。 国民を護れ!飽く迄も、市民、主権者本位で。 核兵器禁止条約に参加・批准は、主権者の意思であり、平和憲法の延長線上にある、何人も叛くべからず



今日の「○」と「×」: 「×」 自民党のCMに怒髪天!! 10/19
 「×」 衆院選まであと3日となったが、最近頭にくるのが自民党のCMだ。

 「でんでん」アベがドヤ顔で、口先だけで誠実さのかけらもない公約をペラペラしゃべるのだが、極めつけは最後に言う「ぜひ、あなたの声を聞かせてください」という言葉だ。

 ハア?

 聞いてどうするの?

 まさか政策に反映されたりするの?

 国会でもテレビの討論やインタビューでも、聞かれたことにまともに答えず、自分の言いたいことだけをペラペラ長時間しゃべるだけの男が、「あなたの声を聞かせてください」とは、ブラックジョークもここに極まれりと言うしかない。

 だったら街頭演説でヤジられても、それも「あなたの声」としてしっかりと聞くのが筋というものだろうに、新潟でヤジられた時には「選挙妨害だ」の声に乗じて、「法律は守りましょう」とほざきやがった。

 憲法という最高法規を無視して好き勝手なことをやり、お友達には便宜を図りまくってる奴が、国民の声に対しては、まるで違法行為かのように非難するとは、本当に腹立たしい。

 こんな奴を、一体いつまでのさばらせるのか。

 無党派層の覚醒を祈る




ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第266号)
   ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年10月25日 第265号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第266号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇総選挙がおわりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
    実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動など
    を共に進めております。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇女性「九条の会」、◇ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)、◇九条かながわの
会(神奈川県)、◇会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
◇千住九条の会(東京都足立区)、◇芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)、◇みやぎ
憲法九条の会(宮城県)、◇映画人九条の会、◇九条科学者の会、◇甲斐市9条の
会(山梨県甲斐市)、◇緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)、◇九条美術
の会
■編集後記~全国津々浦々で3000万署名を!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 総選挙が終わりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクショ
  ン実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動な
  どを共に進めております。11月3日(金)はpm2:00~の国会正門前
  の大集会をはじめ、全国各地で行動が取り組まれます。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 女性「九条の会」
学習会「道徳の教科化と管理される教師たち」
日時:11月4日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)
12周年のつどい
日時:11月5日(日)13時15分~16時 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条かながわの会(神奈川県)
9条かながわ大集会2017in横浜「アベ九条改憲発議を許すな!」
日時:11月11日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
秋の講演会『日米安保・地位協定と日本国憲法』
日時:11月11日(土)13:30~16:00(開場 13:00) 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 千住九条の会(東京都足立区)
第5回憲法カフェ
日時:11月12日(日) 14時~ 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)
憲法講演会「いま、憲法が変えられると暮らしはどう変わる?~改憲と国民投票~」
日時:11月18日(土)14:00~16:00
<詳細はこちらをクリックしてください>

● みやぎ憲法九条の会(宮城県)
憲法9条を守り生かすみやぎのつどい2017
日時:11月19日(日)13:00開会 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 映画人九条の会
13周年の集い『ザ・思いやりパート2~希望と行動編』上映会
日時:11月20日(月)18:50~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条科学者の会
日本の政治はどこへ向かうか?
日時:11月25日(土)13:30~17:00 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 甲斐市9条の会(山梨県甲斐市)
甲斐市9条の会設立総会および記念講演会
日時:11月26日(日)13時30分~15時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)
第5回緑区憲法を考えるつどい「憲法落語 始まり はじまり」
日時:11月26日(日)14:00~16:000
<詳細はこちらをクリックしてください> 

● 九条美術の会
第7回守ろう 生かそう 憲法九条 九条美術展
日時:12月13日(水)~17日10:00~17:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
● 全国津々浦々で3000万署名を!
<詳細はこちらをクリックしてください> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.




今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後



















汚染土の中間貯蔵施設が稼働 福島原発事故 【東京新聞】2017.10.28


【社説】老朽原発の廃炉 採算考え新しい流れに 【京都新聞】2017.10.20


河北新報・社説: 衆院選に問う 福島原発事故/汚染水東電任せでいいのか 10/20


【社説】大飯原発廃炉 「40年原則」当然の流れに 【信濃毎日新聞】2017.10.19


【社説】[原発政策] 正面から論議深めたい 【南日本新聞】2017.10.18


【社説】地域と原発 住民の不安に応えてこそ 【西日本新聞】2017.10.18


【社説】【2017衆院選 エネルギー政策】原発の行方を決定付ける 【高知新聞】2017.10.18


【社説】原発政策 現実的な道筋示し論じよ 【山陽新聞】2017.10.18


大飯原発1、2号機の廃炉検討 関電、再稼働の採算合わず 【東京新聞】2017.10.17


【社説】原発政策 具体的な展望示し活発な論戦を 【愛媛新聞】2017.10.14


神鋼改ざん 福島第2にも納入: 神鋼の不正製品、福島第二原発にも納入 交換前で未使用 10/13


【社説】日本の岐路 エネルギー政策 原発依存からの出口は 【毎日新聞】2017.10.13


原発、復興語らぬ候補者 福島・いわきルポ 【東京新聞】2017.10.12


核燃料再処理工場は保安規定に違反 本格運転への審査中断 【NHK】2017.10.11

原発事故訴訟 一部に「平穏に生活する権利」侵害を認定 【毎日新聞】2017.10.10


原発事故巡る集団訴訟、国と東電に賠償命令 福島地裁 【朝日新聞】2017.10.10


原発訴訟で国と東電に賠償命令 福島地裁 【東京新聞】2017.10.10


原発事故、国の責任再び 指針超え5億円賠償命令 東京新聞 10/10


原発事故避難者「大きな前進」 国・東電に賠償命令  日経新聞 10/10


千葉・原発避難訴訟  「ふるさと喪失」初認定 賠償上積み 毎日新聞 9/22


【社説】柏崎刈羽原発「合格」 審査に疑問、廃炉の道を 【琉球新報】2017.10.09


【社説】東電柏崎原発「合格」 結論ありきの拙速さ容認し難い 【愛媛新聞】2017.10.07


柏崎刈羽 「適合」を了承 規制委 地元同意見通しなく 【東京新聞】2017.10.04


徳島新聞・社説: 10月4日付  柏崎刈羽原発   「合格」ありきの審査では  


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある



【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹
 ○9月27日、憲法研究者の有志で、「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」(https://goo.gl/GPcNkN)(以下、緊急声明)を発表しました。10月6日現在で、95名の賛同者を得ています。この声明発表にかかわったひとりとして、緊急声明の概要を紹介し、また若干の補足をします。
 わたしたちは、今回の解散・総選挙にいたる手順が、議会制民主主義の趣旨にそぐわないこと、今後の総選挙とその結果が憲法と立憲主義を危機にさらすおそれのあること、主権者がこの総選挙の意味を十分に認識し、メディアが公正な立場から報道することが必要性であることを、声明のなかでうったえました。
1、 解散・総選挙にいたる手続は、憲法がさだめた議会制民主主義に、幾重にもわたって反するものでした。
 まず、政府は、野党から出された臨時国会の召集を、必要な合理的期間をこえて、三ヶ月以上も放置してきました。このことは、国会の少数派に臨時国会の開催要求権を認めた憲法53条に反する行為です。
 次に政府は、臨時国会冒頭に、衆議院を解散しました。これは(かりに、内閣が衆議院の解散の決定権を有するという7条解散説にたったとしても)、解散権のあきらかな濫用にあたります。
 しかも臨時国会召集決定の拒否と解散が、どれも、森友学園・加計学園事件(国有財産の私物化)、共謀罪法案の強行採決(国民の多様な意見に耳を傾けてすすめられるべきである議会制の軽視)、稲田防衛大臣(当時)らの任命責任(内閣が連帯して国会に責任を負う議院内閣制の軽視)といった、きわめて重要な(そして憲法ともかかわる)問題の幕引きをはかったものでした。この点も、看過するわけにはいきません。
 緊急声明を発表した翌日に、改案・総選挙の実施は既成事実となってしまいました。
 しかしわたしは、このような議会制民主主義の破壊行為について、しつこいほどに批判を続け、またそのことをひろく主権者に知らせることが、憲法研究者に求められる役割だとかんがえています。
2、「大義なき解散」という批判にたいして、自民党は、泥縄式に「大義」をでっちあげようとしています。しかしこれは、憲法破壊につながります。
 自民党は、選挙公約に「改憲」を入れました。
 しかし「どこをどう変えるか」という具体的な内容を明記しないまま、漠然と選挙公約の項目に改憲を入れることは、ほんらい慎重な判断を必要とする改憲議論のすすめ方として、異常なものです。衆議院議員選挙とだきあわせにすることによって、国民の「承認」をかすめ取ろうとしているのであるとすれば、その「党利党略」さは許されるものではありません。
 
 首相は、憲法に自衛隊を明記する「加憲」論をとなえています。「加憲」という名をまとうことで本質を隠そうとしていますが、これはまごうことなく九条改憲であり、日本を戦争をできる国に近づけるためのものであると、わたしはかんがえます。
 自民党の公約の概要すら不明な段階での声明だったことから、この問題は緊急声明のなかで詳細にとりあげることはできませんでした。今後はこの点も、いろいろな場で明らかにしてしていきたいとおもいます。
3、マスメディアには、今度の選挙にあたって、自由闊達で国民的な論議を喚起する報道姿勢を堅持することを期待しました。またわたしたち憲法研究者の役割を再確認しました。
 今回の総選挙においてもっとも重要な課題は、強権的な政治手法と議会制民主主義を軽視する政治にストップをかけること、特定秘密保護法・安保法(戦争法)・共謀罪法を廃止し、立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻し、国民のための憲法政治を実現していく道を切り開いていくことでしょう。
 憲法は、図らずも、5年近くにわたって安倍政権が行ってきた諸施策に国民の審判が下す機会が与えられました。主権者としての見識と力量を発揮するチャンスが到来しました。
 ここで最後に、緊急声明の最終パラグラフそのまま再掲します。
「憲法を擁護するため、わたしたち国民に、「不断の努力」(憲法12条)、「自由獲得の努力」(憲法97条)が、いまほど強く求められたことはない。しかしその「努力」は必ずや実を結ぶであろう。そのことは歴史的事実であり、また私たちはそのことを信じている。」



イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 間庭小枝さんの「椰子の実コンサート」を聞いてきた ・ブログ連歌(497) 10/29
 〇きのうは例年秋に行われる間庭小枝さんの「椰子の実コンサート」を聞いてきました。今年で第18回になるとのことです。間庭さんは歌の実力者として活躍する一方で、カルチャースタジオ・メヌエット(CSmenuet)を主宰し、所沢にある音楽教室を拠点として音楽教育を進めています。それと同時にインターネットを駆使して、驚くべき曲数の歌を、映像つきでユーチューブにアップし、精力的に更新を続けているのです。そのこと自体を、一つの文化的な事業として評価していいと私は思っています。
 そんな間庭メヌエットさんとのおつきあいは、いつから始まったのかと過去記事を調べたら、2014年の9月あたりからのようです。私が作詞した「この世にただひとり」(ジプシーの歌)で、作詞者としての志村建世の名がインターネットに出ているのに気付いたのが、きっかけだったと思います。この偶然がなければ、私の作詞の仕事は、一時期だけの過去の経験として終っていたかもしれません。
 そこから、過去の作詞の発掘と、新しい作詞の依頼という形で、私の中に「作詞」という仕事の分野が確立しました。昨夜のコンサートでも感じたのですが、音楽と歌声の中で「言葉での表現」を考えるというのは、私にとっては非常に心地よい時間なのです。私は本質的に「うた」が好きだということを、改めて自覚しました。
 間もなく私が人生を終るとき、「結局、自分は何をした人間として記憶されたいのか」を自問したときに、それはハンガリア民謡(つまりサラサーテのバイオリンが奏でている)としてのメロデイーに乗った
 1.この世にた だひとり きみこそ わがひかり
   つきせぬ あこがれを 永久(とわ)にと いのる
 2.きみこそ 世のたから 花より うつくしく
   やさしい ほほえみを 永久(とわ)にと いのる
 という歌声であればいいと思ったのです。
  とにかく間庭メヌエットさんには、私の作詞を世に出していただいた恩義があります。今もインターネットで「志村建世の作詞・訳詞」を検索すると、ユーチューブで以下の17曲が出てきます。そのすべてが、CSmenuet さんの提供です。
 なつかしいヴァージニア
 グリーンスリーブス
 キンダーポルカ
 オクラホマミクサー
 さよなら今は(蛍の光)
 麦畑(故郷の空)
 コロブチカ
 消えぬおもかげ(暗路)
 マイムマイム
 名残りのばら(庭の千草)
 スコットランドの釣鐘草
 銀色の月よ(Bellini作曲)
 遠い日の(ロンドンデリーの歌)
 Malia(トスティ作曲)
 この世にただひとり(ジプシーの歌)
 Ave Maria(マスカーニ作曲)
 Ave Verum Corpus(モーツァルト作曲)


植草一秀の『知られざる真実』: 岡田ゾンビ代表返り咲きなら最悪ブラックジョーク 10/28
 〇総選挙前に生じた民進党の分離・分割は必然の現象であった。
 民進党内に二つの異なる政党が同居する状態が続いていた。
 これを解消したものである。
 私はかねてよりこのことを訴えてきた。

 そして、民進党の代表選でこのことが鮮明になった。
 原発、戦争法・憲法、消費税
 という主要な三つの政策課題についての基本方針が真っ二つに割れたのである。
 その必然の結果であるが、野党共闘のあり方につての主張も真っ二つに割れた。

 前原誠司氏は
 原発再稼働容認、戦争法制容認・憲法改定推進、消費税増税推進の方向を示した。
 同時に、共産党との共闘について否定的見解を示した。

 これに対して枝野幸男氏は、
 原発ゼロ前倒し、戦争法制否定・憲法改定慎重、消費税増税凍結
 の方向を示すとともに、
 共産党との共闘について前向きの方針を明示した。

 代表選では前原誠司氏が当選したが、枝野氏も一定の投票を得た。
 この後、前原新代表が暴走した。
 民進党が丸ごと希望の党に合流するとの説明で了承を取りながら、実際には、
 戦争法制肯定 憲法改定推進 共産党との共闘否定
 の条件を呑んで希望の党に合流することを強行した。
 民進党が分裂することは当然のことだ。 ・・・


Tad‏  @CybershotTad フォロー中 @CybershotTadさんをフォローしています その他 #サンデーモーニング 青木理さん「謙虚と言うが、麻生さんの発言を見ても謙虚のかけらも見られない。質問時間の問題も、与党もしっかりした質問をすればよいがそういう状況じゃない中で、立法府が行政府をチェックする国会の場で野党の質問時間を少なくして何を狙うのか。謙虚さのかけらもない」 0:06 - 2017年10月29日 238件のリツイート 119件のいいね


但馬問屋‏  @wanpakutenshi フォローする @wanpakutenshiをフォローします その他 #サンモニ 目加田氏 安倍首相はこれまでにもお詫びや謙虚という言葉をずっと繰り返してきているが、現行不一致というか、疑わざるを得ない。予算委員会の時間も、野党がきちんと質問をするのは、議論を活性化する為にとてもいいことなのに、制限すると。しかも国民の声というのはどういうことか。 18:12 - 2017年10月28日 301件のリツイート 160件のいいね


想田和弘‏ 認証済みアカウント   @KazuhiroSoda フォローする @KazuhiroSodaをフォローします その他 国会での野党の質問時間を削減しようという動きは、いよいよ来たかという感じである。これを許したら国会は形骸化して三権分立は事実上崩壊。司法はすでに機能不全だしマスメディアの批判力も弱いので、内閣の独裁がほぼ完成する。日本でファシズムなど進行していないと言う人は、目を覚まして欲しい。 20:17 - 2017年10月28日 1,975件のリツイート 1,367件のいいね


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 結構評判が良いので、もう一度ツイートします。【ユリコとシンゾウのお話】と題する物語⇒ http://tl.gd/n_1sq9mrm  (フィクションです。) 4:15 - 2017年10月29日 49件のリツイート 71件のいいね


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 @SDPJapanさんをフォローしています その他 全党員参加の総括論議へ ■総選挙後初の党常幹で確認 http://www5.sdp.or.jp/topics/2017/10/27/%e5%85%a8%e5%85%9a%e5%93%a1%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%81%ae%e7%b7%8f%e6%8b%ac%e8%ab%96%e8%ad%b0%e3%81%b8/ …


関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 @shiminrengo_ksiさんをフォローしています その他 「先の衆議院選挙を受けて、秋の国会で与野党の論戦が行われるべきかをたずねたところ、「行うべき」と答えた人が64.9%にのぼった」 きちんと審議をすべきという世論に、安倍政権は応えるべきです。 もちろん、従来通りの質問時間配分で。 3:38 - 2017年10月29日 75件のリツイート 49件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 長崎市長「核保有国が出した決議のよう」 核廃絶決議に:朝日新聞デジタル 3:28 - 2017年10月29日 20件のリツイート 2件のいいね


長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 自民党、野党の質問時間の削減検討 長妻昭氏「姑息な試み」と猛批判 18:19 - 2017年10月28日


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 @NPJ_officialさんをフォローしています その他 NPJ動画ニュース 安倍9条改憲どう考える~安倍政権の狙いと戦争をさせない私たち~ http://www.news-pj.net/movie/56380  22:59 - 2017年10月26日 1件のリツイート 2件のいいね


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 山口二郎さんが香山リカをリツイートしました 今の中国で使ってい簡体字は、日本の漢字と全く別の字になっているのを知らないのかね、あのおっさんは。 山口二郎さんが追加 香山リカ @rkayama 高江のヘリバッド建設反対派のテントを訪れた百田氏の感想。事件が起きれば「犯人は外国人かも」、漢和辞典見れば「日本語を勉強している人かも」、何を見ても"日本人じゃない何か"が思い浮かぶんじゃ疲れるだろうな… 4:13 - 2017年10月28日 469件のリツイート 452件のいいね


きづのぶお‏  @jucnag フォロー中 @jucnagさんをフォローしています その他 立憲民主党が抜け出し、民進党は消滅するどころか、4つにバラバラになっても、各パーツがそれぞれの思惑でうごめいている。こんな物体Xみたいな政党がリベラル市民の言うことなんか、聞くワケなかったんだよ。 『民進党が4分裂』 0:47 - 2017年10月29日 2件のリツイート 1件のいいね
  ★さらさらない、排除します、保守2党制標榜(押込め)となれば、“国民と共に歩む”勢力とは、相容れないのではないか⁉ ある意味、“国民と共に歩む”は、方向性が明瞭でない嫌いはあるかもしれぬが、民主主義勢力を纏めようとすれば、アリではないか。


J-CASTニュース‏ 認証済みアカウント   @jcast_news フォロー中 @jcast_newsさんをフォローしています その他 岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち ニューヨーク市民が恐れる、銃隠し持つ観光客 - https://www.j-cast.com/2017/10/29312385.html …


映画『さとにきたらええやん』公式‏  @sato_eeyann フォローする @sato_eeyannをフォローします その他 『さとにきたらええやん』をご覧になってない方はもちろん、ご覧頂いた方も予告編を是非!。昨年6月に公開スタートしましたが、全国で上映会がどんどん拡大中です。/『さとにきたらええやん』 予告編 https://youtu.be/u1x_BHwIDpQ  @YouTube 0:46 - 2017年10月29日 3件のリツイート 1件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 問題ないはずがないだろ。 アートコーポレーション元従業員、引越事故賠償金で11万円以上天引き……給与明細はマイナスに アート側は「問題ない」(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース 0:45 - 2017年10月29日 20件のリツイート 8件のいいね
  ★使用者責任を没却、無法者!

AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 廣江弁護士「アートコーポレーションの引越事業に関する事実関係をこの判例の枠組みに沿って検討すれば、引越作業員の損害賠償義務は、否定されるか、又は、否定されないにしても、かなり限定されるべき」 0:46 - 2017年10月29日 9件のリツイート 3件のいいね







長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 自民党が予算委での与野党質問時間の配分比を前例に反し野党分を削減するよう主張。絶対、容認できない。自民党が野党時代、強力に要請をして今の配分比となった。野党の質疑時間を減らす姑息な試みは止めて総理の言う丁寧な説明に努めてもらいたい。 1:34 - 2017年10月28日 2,123件のリツイート 1,982件のいいね
  ★勿論、然り! 国会は、言論の府!而も、主権者、国民の為に、議論し、情報公開し、説明も尽くすが本筋。譲るべからず! 陣笠の多寡の問題ではない。


宮本徹‏ 認証済みアカウント   @miyamototooru フォローする @miyamototooruをフォローします その他 野党の衆院質問時間、削減検討 政府・自民、配分で:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASKBW5J39KBWUTFK010.html … 国民を説得する自信がないので、野党が国民のもつ疑問点をただすことを封じようとする。議席があれば、国会審議など関係ないと言わんばかりの独裁国家的発想だ。 15:17 - 2017年10月27日 578件のリツイート 364件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 ほらきた。税金投入するってよ 「安倍首相、神戸製鋼データ改ざん問題について「信用を取り戻すべく政府と産業界一丸となって取り組みたい」 信用取り戻すべく一丸で取り組むと首相 | 2017/10/22 - 共同通信 47NEWS 14:38 - 2017年10月22日 687件のリツイート 222件のいいね


🏕 インドア派キャンパー‏  @I_hate_camp フォローする @I_hate_campをフォローします その他 だいたい、自民党/公明党のボンクラども、自画自賛と安倍へのヨイショ、そして御国自慢くらいしかする事無くなってて、時間を持て余して般若心経唱えるバカも出るくらい。これ以上の質疑時間配分で何をやるつもりなのか。 17:14 - 2017年10月27日 458件のリツイート 196件のいいね
  ★質問事項がなければ、時間は、返上せよ。余ったから、般若心経を唱える???など、道理に適わぬ。必要な野党議員に、回すべし!


福山哲郎‏ 認証済みアカウント   @fuku_tetsu フォローする @fuku_tetsuをフォローします その他 特別国会は、11月1日に召集されることとなりましたが、8日間の会期にとどまり、また実質的な質疑のないままに終わる見込みとの報道が出ています。少なくとも、特別国会で全く議論をしないということはありえないと、引き続き実質的な審議の実施を求めて参ります。 23:55 - 2017年10月26日 2,017件のリツイート 4,018件のいいね


  🏕 インドア派キャンパー‏  @I_hate_camp フォローする @I_hate_campをフォローします その他 これは「緩み」ではない。実質的に議会機能を停止させる「破壊行為」だ。まさしくナチスがやった事をなぞり始めている。 7:47 - 2017年10月27日 451件のリツイート 224件のいいね


baritsu‏  @rixion フォローする @rixionをフォローします その他 経団連会長がそこまで言うなら仕方ない。法人税率を上げよう。。 経団連会長「痛み伴う改革を」 | NHKニュース 4:06 - 2017年10月23日 4,086件のリツイート 2,938件のいいね
  ★内部留保406兆円も、労働分配率向上、購買力向上、国内、景気好循環の為、再配分いたしましょう。 


ガイチ‏  @gaitifuji フォローする @gaitifujiをフォローします その他 ガイチさんがキャオ@大阪トホホ団亡者戯をリツイートしました また、与党質問の時に、延々と般若心経聞かされるハメになるのかねえ。因みにこの配分、麻生政権の時は与党4野党6だったのを民国社の連立政権の時に与党2野党8に変えとります ガイチさんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 7:01 - 2017年10月27日 319件のリツイート 123件のいいね
  ★そう、質問時間すら、自分の、議員特権と心得て、不届きな振る舞いした陣笠も、或いは、質疑時間浪費に邁進する首相もいましたねー


【国会の質問時間の配分】 ◆麻生政権までは「与党4、野党6」が慣例だった ◆民主党政権下で「与党1、野党9」になり、 ◆安倍政権も通常「与党2、野党8」としている しかし 選挙に勝ったから「与党7、野党3」にしろと。 自民の「謙虚に」とは「野党は謙虚にしろ」という意味だった訳か 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 3:34 - 2017年10月27日 1,392件のリツイート 580件のいいね ">盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社‏  @product1954 フォローする @product1954をフォローします その他 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんがキャオ@大阪トホホ団亡者戯をリツイートしました 【国会の質問時間の配分】 ◆麻生政権までは「与党4、野党6」が慣例だった ◆民主党政権下で「与党1、野党9」になり、 ◆安倍政権も通常「与党2、野党8」としている しかし 選挙に勝ったから「与党7、野党3」にしろと。 自民の「謙虚に」とは「野党は謙虚にしろ」という意味だった訳か 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 3:34 - 2017年10月27日 1,392件のリツイート 580件のいいね
  ★否、実に、呆れた!「与党7、野党3」にしろ


渡辺輝人‏  @nabeteru1Q78 フォローする @nabeteru1Q78をフォローします その他 だって野党面した与党の工作隊なんだから仕方ないじゃないか。 / “立憲民主が維新「排除」と批判 | ホウドウキョク” 23:42 - 2017年10月27日 500件のリツイート 471件のいいね
  ★維新の立ち位置は、どんなものか? 自民党の補完勢力、第2自民党⁉  確か、小池氏と維新の松井氏、談合し、東西棲み分け(即ち、立憲民主党排除、刺客も送り)したのではなかったか。その経緯が、災いしたのでは⁉ 維新は、吾身も振り返られねば!


Yahoo!ニュース 速報や地震情報も‏ 認証済みアカウント   @YahooNewsTopics フォロー中 @YahooNewsTopicsさんをフォローしています その他 【パワハラで自殺 父「謝罪を」】さいたま市職員だった男性が自殺したのは職場のパワハラが原因だとして両親が市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁は約1900万円の支払いを命じた。父親は「市は謝罪を」。 8:17 - 2017年10月26日 81件のリツイート 61件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 @yujinfuseさんをフォローしています その他 布施祐仁さんが伊勢崎賢治をリツイートしました 自衛隊が国際人道法違反をした場合にそれを裁く法的な枠組みは絶対に必要です。それを、9条改憲をしなくてもよい方法を考えるのが護憲派の責務だし、僕もそれを探求したいと思っています。 布施祐仁さんが追加 伊勢崎賢治 @isezakikenji 世界に迷惑をかけるからまず自衛隊の法的な地位を国際法に則って決めろって議論を「敵に塩を送る」ってリベラルが言っちゃったら、やっぱ、もうダメだと思う。 7:09 - 2017年10月28日 51件のリツイート 45件のいいね 1件の返信 51件のリツイート 45 いいね 返信 1 リツイート 51 いいね 45 ダイレクトメッセージ ツイート内 テキスト     返信をさらに表示 新しいツイートがあります。「.」(ピリオド)キーを押すと表示します。 新しいツイートがあります。「.」(ピリオド)キーを押すと表示します。 新しいツイートがあります。


秋元才加‏ 認証済みアカウント   @akimotooo726 フォローする @akimotooo726をフォローします その他 私も高校の時、髪染めてないのに染めてるとひたすら言われて悔しくて、これでもかって位黒くしてやろうと黒染めしたら、父親が「なんだその髪色は!おかしいだろ!」って言って「私の娘はもとから赤毛だ!」って高校に来た事あった。 規則は大事だけど、大事な事もっとあるはず、ってその時思ったな。 0:05 - 2017年10月28日 4,445件のリツイート 8,564件のいいね


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 @hahagumaさんをフォローしています その他 「教育の憲法」改正…あれから 大西隆・論説委員が聞く | 考える広場 | 朝夕刊 | 中日新聞プラス 7:46 - 2017年10月28日 16件のリツイート 12件のいいね
  ★教育基本法のこと、ね。


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 @Remember311919さんをフォローしています その他 サーロー節子さん:国連の委員会で採択された日本政府主導の核兵器廃絶決議が核兵器禁止条約に言及していないことについて「被爆者への裏切りだ。失望を超え、腹立たしい」 6:46 - 2017年10月28日
  ★実に、御尤も。政府による、主権者への裏切り、後ろから鉄砲?


松尾 貴史‏  @Kitsch_Matsuo フォローする @Kitsch_Matsuoをフォローします その他 松尾 貴史さんがワイド師匠をリツイートしました 与党内で異論が出てないから予算案が出るのですから、基本的に野党が疑問を突くことを尊重しないなら、時間の浪費と審議の妨害以外の何物でもないです。お手盛りの八百長をやりたがるのは、隠したい事、逃げたい事があるからです。 松尾 貴史さんが追加 ワイド師匠 @feedback515 「与党議員ばかりが質問する国会」 ↑意味ありませんよ、こんなの。 与党側の質問自体、要らないくらいなのに。… 5:03 - 2017年10月28日 551件のリツイート 438件のいいね


きむらとも‏  @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 こればかりは絶対に許さないし、これを許してしまったら日本の民主主義は完全に終わる。独裁だ。そもそも民意と議席数に比例関係はない。「安倍政権が続いたって独裁なんかになるワケないじゃん」と言っていた人、さすがにこれには、目を覚ますよな。 20:09 - 2017年10月27日 2,926件のリツイート 1,807件のいいね


中野晃一 Koichi Nakano‏  @knakano1970 フォローする @knakano1970をフォローします その他 昭恵や加計の証人喚問は、国会が決めること、と言い逃れてきた首相が、国会での自分への野党質問の時間削減を指示してる論理破綻。 野党、国会での質問削減案に反発 首相へ説明責任要求 | 2017/10/28 - 共同通信 47NEWS 5:32 - 2017年10月28日 562件のリツイート 339件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 いつまでも金持ちにとっての「痛みを伴う改革」から逃げてるんじゃないよ。早急に大企業の法人税増税、累進課税の強化、金融取引税など税制の改革が必要。 <教育無償化>誰のため? 財政圧迫 低所得層恩恵薄くhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000014-mai-pol … @YahooNewsTopics 14:56 - 2017年10月28日 33件のリツイート 13件のいいね


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 @wakamono_kenpouさんをフォローしています その他 ミュージシャンの佐野元春さん 「もし核廃絶という目標を本気で持っているならば、日本のリーダーがお祝いのコメントを発信してほしい」。 8:11 - 2017年10月28日 46件のリツイート 40件のいいね









志村建世のブログ: 公明党は安倍政権から離脱せよ ・ブログ連歌(497) 10/27
 〇(熊さん)こんどの選挙で議席を減らした公明党が、内部でぎくしゃくしてるようですよ。自民党への不満があるんだって。
(ご隠居)そりゃご愁傷様だな。もともと自民党は公明党の票が欲しくて連立を組んでるだけだよ。本気で公明党を助けようなんて思ってないさ。公明党と連立なんたって、閣僚には国土交通大臣を一人入れているだけだよ。
(熊)そうなんですか、形ばかりの連立ですね。そう言えば、自民党が公明党の応援演説をしてる場面なんて、見たことがないや。
(隠)そうだろう。そもそも自公連立のルーツを探ると古い話になるが、落ち目になってた自民党が、長いこと敵対してた社会党に抱きついて政権に復帰した、村山内閣の時代というものがあったんだ。自民党と社会党が連立するという奇策で、世間をあっと驚かせたものだよ。そこから連立の相手を公明党に取り替えて、安定政権を作るという知恵を定着させてきたわけだな。公明党は、政権与党に加わってみて、よほど気分が良かったんだろう。そのままずっと来てしまった。
 だけどね、そのまた前の時代には、社公民共闘というのがあって、公明党は社会党、民社党といっしょに自民党政権を倒す側にいたんだ。つまり公明党は支持母体の関係で、絶対に単独では政権党になれない宿命があるんだよ。そして綱領には次の7項目を掲げている。
 ①〈生命・生活・生存〉の人間主義
 ②生活者重視の文化・福祉国家
 ③人間と自然の調和
 ④人類益をめざす地球民族主義へ
 ⑤世界に貢献する日本
 ⑥草の根民主主義の開花と地方主権の確立
 ⑦民衆への献身とオピニオン・リーダー
(熊)へーっ、なかなか結構じゃないですか。
(隠)安倍自民党とは、だいぶ肌合いが違うのがわかるだろう。やはり今は野党でいるのが似合うと思うわけさ。少し持上げて言えば、いつまでも保守党の補完勢力でいたら、もったいないですよ、立党の精神に立ち返って、平和と改革の側に立ったらどうですか、ということだな。



Dr.サキ‏  @XKyuji フォローする @XKyujiをフォローします その他 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/216266 … 東大の醍醐聰名誉教授を中心とする「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は、8月21日に続いて10月24日に2回目の佐川国税庁長官の罷免を求めて 「申し入れ」をした。未だに就任の挨拶もしていない。安倍総理と同様、逃げ回っている。 2:25 - 2017年10月26日 235件のリツイート 140件のいいね


HOM55‏  @HON5437 フォロー中 @HON5437さんをフォローしています その他 過去の森友学園問題質疑。蓮舫議員が総理に質問すると、聞いても無い事を延々と話し続けて、時間を消費し相手を小ばかにする酷い答弁が返ってきた。質問10秒にに対してこの長文。国会を愚弄するのもいい加減にしろ! #森友学園 4:51 - 2017年10月26日 2,067件のリツイート 1,483件のいいね
  ★侮り、驕り、ヘイトが身上。後は、主権者が切り捨てるだけ。或いは、自民党が気が付くか?


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 麻生氏発言の撤回や謝罪求める考え 立民 長妻代表代行 | NHKニュース 2:45 - 2017年10月27日 546件のリツイート 913件のいいね
  ★最近の言動は、常軌を逸しているが、侮り、驕り、ヘイトは、安倍と同列。もう、定年だったか⁉ 2匹ともに、好戦的で、有害無益


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 自民党が大勝した先の衆院選結果について「北朝鮮のおかげ」と麻生太郎副総理が発言。とんでもない。北朝鮮の脅威を言っているのは、自民党の党勢拡大のためなのか。どう言うことだ。 21:47 - 2017年10月26日 558件のリツイート 567件のいいね


山本太郎 反緊縮・金持ちから取れ‏ 認証済みアカウント   @yamamototaro0 フォロー中 @yamamototaro0さんをフォローしています その他 安倍政権はブレてない、一貫している。 通常国会を延長しなかったのも、憲法53条違反の臨時国会を召集しなかったのも、解散総選挙も、 年内臨時国会なしも、全て疑惑の追及をさせない為。 自己都合を貫くその姿はブレず一貫している。 http://www.asahi.com/amp/articles/ASKBT658FKBTUTFK011.html … 0:47 - 2017年10月26日 2,500件のリツイート 1,991件のいいね


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【議会を徹底的に開かない】アベは11月1〜8日まで特別国会を開くというが、ひどい印象操作だ。3日は文化の日、4〜5日は土日で休み。5〜7日はトランプ来日騒動。残るは1,2.8日の3日間だけ。国会は首班指名でほとんど終わり。森友加計隠しで、どこまでも議会制民主主義を否定するアベだ。 21:08 - 2017年10月25日 3,352件のリツイート 2,290件のいいね


山添 拓‏  @pioneertaku84 フォローする @pioneertaku84をフォローします その他 政府・与党が臨時国会見送りで調整へとの各紙記事。さすがに「違うだろー!」とも言いたくなる。都議選後は「丁寧に説明する」、冒頭解散を問われれば「街頭で直接訴える」、選挙で語らないと指摘されれば「街頭演説は15分しかない」ーー安倍首相、逃げ回るのはいい加減にせよ。徹底審議の国会を! 20:18 - 2017年10月25日 864件のリツイート 677件のいいね


千葉県市民連合‏  @chibashiminren5 フォロー中 @chibashiminren5さんをフォローしています その他 千葉県市民連合 呼びかけ人でもある元山健さん(龍谷大名誉教授・憲法学)の説明が掲載されています。 特集ワイド:9条2項+「自衛隊」=交戦OKか - 毎日新聞 1:01 - 2017年10月27日 18件のリツイート 13件のいいね


daily olivenews‏  @olivenews フォロー中 @olivenewsさんをフォローしています その他 【生中継☆10月29日(日)14時~】 安倍9条改憲NO!3000万署名街頭宣伝 http://kyujokowasuna.com/?p=2767  場所:新宿駅南口 中継・収録→http://ustre.am/113eh 


キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏  @tohohodan フォロー中 @tohohodanさんをフォローしています その他 きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだからその民意を反映させるため」と前向き。 「謙虚に」を連呼しても所詮こんなもの。 2:16 - 2017年10月27日 959件のリツイート 357件のいいね
  ★自民党の、比例得票率を知らんのか⁉ 33%




きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文






NHK: 台風22号 九州南部が暴風域に 土砂災害・氾濫など警戒を 10/29
 〇台風22号は、九州南部を暴風域に巻き込みながら北東へ進んでいて九州南部では風が非常に強まっているほか、断続的に非常に激しい雨が降り、宮崎県では、この24時間に降った雨の量が450ミリを超え、平年の10月1か月分のおよそ2倍に達しています。
 台風はこのあと西日本と東日本の南の海上を東寄りに進み太平洋側を中心に広い範囲で雨や風が強まる見込みで、気象庁は土砂災害や川の氾濫、暴風、高波などに警戒するよう呼びかけています。
 気象庁の発表によりますと、台風22号は、午前7時には、鹿児島県の種子島の東北東90キロの海上を1時間に35キロとやや速度を上げて北東へ進んでいると見られます。
 中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。 ・・・



国連委採択 核廃絶決議 賛成国は減少 抑止力前提 日本に反発 東京新聞 10/29
 〇【ニューヨーク=赤川肇】国連総会第一委員会(軍縮)で二十七日採択された日本主導の核兵器廃絶決議は、米国や昨年棄権の英仏の核保有国を含む百四十四カ国の賛成を得たが、七月に採択された核兵器禁止条約に触れず、核兵器の非人道性についての表現が後退しており、条約推進国を中心に昨年より十カ国多い二十七カ国が棄権に回った。昨年より賛成が二十三カ国減り、百五十カ国を下回ったのは二〇〇三年以来十四年ぶり。
 昨年と同じ中国、ロシア、北朝鮮、シリアの四カ国が反対。条約推進国のブラジル、ニュージーランドなど二十七カ国が棄権した。
 決議は核拡散防止条約(NPT)の重要性や強化を従来通り主張。北朝鮮の核・ミサイル開発を踏まえ、昨年より安全保障や核抑止力を重視する姿勢を明確にした。
 「核兵器の全面廃絶に向けた共同行動への決意」をうたった本文第一項では、昨年の「核兵器なき平和で安全な世界を目指して」との文言を削除。「国際的な緊張関係を緩和し、NPTで想定された国家間の信頼を強化し」と挿入した。
 百二十二カ国の賛成で採択された核兵器禁止条約を巡っては、日本や核保有国は不参加の立場。今回の決議でも核保有国の支持を優先して一切言及せず、新たに「核兵器のない世界の実現に向けたさまざまなアプローチに留意する」との一節を設けた。
 核兵器を非合法化する核兵器禁止条約が制定された中、核抑止力を前提にした決議に批判も相次いだ。昨年は共同提案国だったオーストリアのトーマス・ハイノツィ軍縮大使は「国際的な緊張関係を緩和」「国家間の信頼を強化」との文言が加わった決議を「核軍縮を後回しにする書きぶりだ」と日本の変節を疑問視した。
 日本の決議は今回で二十四年連続の採択。年内にも国連総会本会議で採決され正式な決議となる。
「唯一の被爆国」存在埋没
 日本主導で国連総会第一委員会(軍縮)で採択された核兵器廃絶決議案は、賛同国を昨年から二十三カ国減らした。核兵器を非合法化する核兵器禁止条約の採択や、同条約を推進した「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のノーベル平和賞受賞で核廃絶の機運が高まる中、唯一の戦争被爆国の存在が埋没する皮肉な結果となった。 (大杉はるか)
 賛同国が減った背景には、核軍縮に対する日本の姿勢がある。外務省幹部は「『核兵器禁止条約は、核保有国と非保有国の溝を深めるから正しくない』という日本の主張に、イエスと言わない国が相当いる」と認める。
 同条約は、七月に百二十二カ国の賛成で採択された。核拡散防止条約(NPT)が、核兵器国に核軍縮交渉の努力を求めているにすぎず、削減が進まないとの不満が採択を後押しした。核保有国は「国際的な安全保障の現実を無視している。核抑止政策と相いれない」(米英仏の共同声明)などと不参加。米国の核抑止力に依存する日本も「核兵器国を巻き込まなければ意味がない」と参加を見送った。今回の決議案でも条約に直接触れていない。
 外務省幹部は「北朝鮮の核放棄が見込めない中(米国と)逆のことをやるのは、核なき世界の実現に資さない」と話す。北朝鮮の脅威を前に、安保と核軍縮を切り離せないとの説明だ。
 二十八日に出された河野太郎外相の談話では「全ての国が核軍縮の取り組みにコミット(関与)できる共通の基盤の提供を追求した」と決議案の意義を強調した。だが、賛同国が減ったことを考えると、日本の立場や主張が十分に理解されたとはいえない。核軍縮に向けて政府が目指す「核保有国と非保有国の橋渡し」の実現は、より困難になった。
(東京新聞)   ☆核軍縮を巡る主な動き(一覧表)

「まるで核保有国の決議」 長崎新聞 10/29
 〇核兵器禁止条約に言及せず、核兵器の非人道性を巡る表現が後退した日本政府主導の核兵器廃絶決議が国連総会の委員会で採択された。昨年よりも賛成国が大きく減り、採決を棄権した国が増えており、被爆地の長崎では28日、「まるで核保有国の決議」「被爆国への信用を失った」と落胆する声が上がった
 田上富久市長はコメントを出し「決議文の内容の後退があり、まるで核保有国が出した決議かのような印象を持つ」と指摘。これまでの決議では「核兵器のあらゆる使用」が壊滅的な人道上の結末をもたらすと明記してきたが、今年は「あらゆる」が削除されたため、「核兵器はいかなる状況でも使用してはならないという被爆国の基本姿勢に疑念を生じさせる」と問題視した。
 6月に国連で核兵器禁止条約の制定交渉会議を傍聴した被爆者の川副忠子さん(73)は「条約を求める多くの非保有国が被爆国の役割に期待しているのに、日本政府は裏切り続けている。被爆国への信用を失った」とあきれた様子。県被爆者手帳友愛会の中島正徳会長(87)は「日本政府は本気で核廃絶を目指していない。多くの国はそれを見透かしている」と反発した。


安倍首相の「丁寧な説明」いつ?=本格国会なおハードル 【時事通信】2017.10.29
 〇学校法人「森友・加計学園」問題で野党が求める本格的な国会審議に、政府が慎重な姿勢を崩していない。安倍晋三首相は野党の審議要求に応じる考えを自民党幹部に伝えたが、与野党の質疑時間の配分をめぐって高いハードルを掲げる構えも見せる。首相が約束した「丁寧な説明」はいまだ果たされていない。
 民進党など4党は通常国会閉幕直後の6月22日、森友・加計問題の真相究明のため、臨時国会召集を要求したが、政府・与党は7月の東京都議選への影響を懸念し拒否。その後、首相が先月28日の臨時国会召集初日に衆院を解散したため、十分な会期を設けた国会は開かれていない。
 首相は選挙中のテレビ討論で、臨時国会を要求された中での冒頭解散が過去2例あると説明、「求められれば丁寧に説明する」と述べていた。
 だが、首相が指摘した1986年と96年の冒頭解散では、いずれも特別国会後に臨時国会を開き、所信表明演説と各党代表質問に応じている。今回のように要求から4カ月余りたっても、与野党論戦の実施を前提とした国会が召集されないのは異例だ。
 政府・与党の及び腰な姿勢には、森友・加計問題の新たな動きが影響しているとみられる。森友問題では国有地が約8億円値引きされた経緯を調べる会計検査院の検査結果が近く公表される。値引き額が過大と判断されれば、「適正」一点張りだった政府の説明は苦しくなる。
 加計学園の獣医学部新設の申請をめぐっても、政府の審議会が来月前半に認可の是非を判断する見通しだ。学園理事長らの証人喚問を求める野党は攻勢を強める構えで、政府内には「この時期に国会を開いていることが得策なのか」との声もある。
 とはいえ、野党の要求を無視することもできない。首相は27日、自民党の萩生田光一幹事長代行と首相官邸で会談。萩生田氏は「首相は(審議を)やらないと誰が言ったのかという感じだ」と記者団に強調した。
 政府・与党内には、11月1日召集の特別国会について、野党側に提案している8日間の会期を12月上旬まで延ばす案や、開会後に8日までの会期を延長する案などが浮上している。首相は野党偏重との指摘がある国会質疑の時間配分を見直し、与党により多く配分するよう萩生田氏に指示した。審議に応じる条件として野党に求めていく構えだ。

◇主な政治日程
 6月22日 衆参両院で臨時国会召集要求
 9月28日 国会召集、冒頭解散
10月22日 衆院選
11月 1日 特別国会召集(8日まで?)
    5日 トランプ米大統領来日(7日まで)
   10日 APEC首脳会議(11日まで)、ASEAN関連首脳会議(14日まで)
 同月前半  政府審議会が加計学園の獣医学部新設認可の是非判断
 同月中?  森友学園への国有地売却問題で会計検査院が検査結果公表
12月中旬  来年度予算編成が本格化
   年内  日中韓首脳会談?


希望、安保法が火種=共同代表選の争点に 【時事通信】2017.10.29
 〇希望の党内で、安倍政権が憲法解釈を変えて集団的自衛権行使を容認した安全保障関連法をめぐり、立場の違いが目立ち始めた。保守系の結党メンバーらが賛成・容認するのに対し、民進党からの合流組の一部が「憲法違反」と主張している。基本政策が定まらないことが党の混乱に拍車を掛けており、11月中に行われる共同代表選挙で決着をつけるべきだとの声が出ている。
 玉木雄一郎衆院議員は28日の民放番組で、安保法制で党内の見解が分かれていることを認め、「代表選がきっちりと集約していくいいプロセスになる。(党方針が)決まったらみんなで従う(べきだ)」と強調。共同代表選では安保法への対応が争点の一つになると指摘した。
 玉木氏は共同代表選への立候補に意欲を示し、結党メンバーらが推している。安保法について「合憲の範囲内で運用」と主張する意向で、民進党の公約にあった「白紙撤回」も唱えない考えだ。
 そもそも希望は、衆院選公約に安保法容認を掲げた。小池百合子代表も安保政策について「(自民党と)違いはない」と発言していた。しかし、衆院選で希望の失速が明白になると、選挙期間中に安保法制反対を口にする公認候補が現れ、27日には民進で政調会長を務めた大串博志衆院議員も記者団に「容認しない」と表明した。
 混乱の背景に、希望が民進出身者と結んだ政策協定の書きぶりを曖昧にしたことがある。安保法について、当初は「容認する」と記していたが、民進側の要求に応じて「憲法にのっとり適切に運用する」などと表現を緩めた。合憲か違憲かの判断を避けたことで、双方が都合よく解釈できる余地が生まれた。
 希望の混乱は、野党連携の在り方にも影響するとみられる。大串氏は27日、「安倍政権と対峙(たいじ)するためには(他の)野党と幅広く連携すべきだ。立憲民主党や無所属議員と統一会派を組むことも考えなければいけない」と主張した。だが、希望内には「立憲と協力すれば共産党に接近することになる。絶対に受け入れられない」(中堅議員)と警戒する声が根強い。
 分裂前の民進内にあった安保政策や共産党との関係をめぐる対立が、そのまま希望に持ち込まれた形となっている。


茂木担当相 無償化「大学を限定」 対象基準を検討 【毎日新聞】2017.10.29
 〇茂木敏充人づくり革命担当相は27日、大学など高等教育の無償化の対象となる学生の進学先を限定する方針を明らかにした。仕組みや基準は今後検討されるが、大学の差別化につながるとして、大学側などから反発も予想される。
<教育無償化、年内に方向性 財源議論始まる>
<給付型奨学金、来春から本格導入 選考任され学校混乱>
<貧困が奪う、子どもの学び 無償化に改憲必要ない>
<お金ないから大学行けない 「国立大は安い」は昔の話>
<「ブラックバイトと奨学金」生存をかける学生たち>
大学側は反発も
 この日開かれた「人生100年時代構想会議」第2回会合の後の記者会見で茂木氏は、高等教育無償化の具体策である授業料免除や給付型奨学金の拡充の対象となる学生の進学先について「産業界から人材を受け入れるなど実社会で評価されている大学に限定すべきだ」と述べた。政府の担当者によると、講義の内容やガバナンス(統治)などが一定の基準に達していることなども考慮される可能性があるという。
 会合では、高等教育無償化の対象を低所得層に限定し、勉学に集中させるため生活費を支援することも確認したが、具体的な金額や基準などは今後、議論するという。
 一方、在学中は政府が授業料を全額負担し、卒業後に収入に応じて返済してもらうオーストラリアの高等教育拠出金制度「HECS(ヘックス)」をモデルとした「出世払い」方式の導入については、返済型奨学金の制度を見直す際に検討する。公明党が衆院選の公約に掲げ、安倍晋三首相が検討を表明した「私立高校の無償化」は議論されなかった。【伊澤拓也】


訓練中不明の陸自隊員、首つった状態で遺体発見 【読売新聞】2017.10.29
 〇陸上自衛隊第4師団司令部は29日、大分県の日ひ出生じゅう台だい演習場(由布市、九重町、玖珠町)で訓練中だった第16普通科連隊(長崎県大村市)の男性2等陸曹(32)が行方不明になり、約11時間後に演習場内で遺体で発見されたと発表した。
 発表によると、2曹は27日夕から、夜間に敵陣を偵察する訓練に参加。28日午後の点呼で行方不明とわかり、29日未明に雑木林で首をつった状態で見つかった。携行していた小銃や銃剣は、遺体発見現場近くにあった。
 同師団司令部によると、2曹に悩んでいる様子はなかったという。遺書などは見つかっていない。



辺野古埋め立て 年度内発注 防衛局、HPに計画公開 名護市長、知事選も意識か 【琉球新報】2017.10.29
 〇沖縄防衛局が辺野古新基地建設の埋め立て工事を本年度内に発注する計画が28日までに分かった。防衛局は27日付で、ホームページ上の「2017年度発注予定工事」を更新し、「シュワブ埋め立て工事」と題する5件を掲載した。公告時期を第3四半期(10~12月)としているため年内に公告される見通し。埋め立て工事の発注は初となる。具体的な工事開始時期は記されていないが、年内に工事を公告することで、来年2月の名護市長選挙、秋にも予定されている県知事選挙をにらみ工事推進を世論に印象付ける狙いもあるとみられる。
 工事期間は25カ月。埋め立て承認願書ではK9護岸、A護岸、中仕切り岸壁Bで囲まれた大浦湾側の区域から埋め立てを始める計画になっている。
 現在、辺野古新基地予定地では護岸工事の前段階となる資材搬入用道路の工事が浅瀬で進んでいる。4月に着手したK9護岸は、予定の3分の1の長さの約100メートルで進捗(しんちょく)が止まっている。埋め立て工事には、区域を囲む護岸の完成が不可欠だが、K9護岸の完成やA護岸の着手時期は見通せない。今回の埋め立てに使用される土砂総量は174万立方メートルで、県産と記されている。
 辺野古新基地建設工事を監視する沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんは「辺野古ダム周辺から土砂を採取する計画だが、運搬方法のめども立っていない。早急な発注は、業社と契約を進め、知事が埋め立て承認を撤回した際に、損害賠償額を引き上げるためではないか」と国の思惑を分析した。







在日米軍基地縮小を 鳩山元首相、辺野古強行を批判 【琉球新報】2017.10.28


米四軍調整官、沖縄・高江ヘリ炎上で県に謝罪 着陸帯の使用中止も検討 【沖縄タイムス】2017.10.28


NHK: トランプ氏 ケネディ暗殺事件の機密文書すべて公開の意向 10/29


森友への値引き6億円過大 国有地売却、会計検査院が疑義 東京新聞 10/26

森友への値引き6億円過大 - ロイター 10/26



辺野古海域の希少サンゴ 沖縄防衛局が県に移植申請 【NHK】2017.10.26


被爆者 平和賞授賞式へ 核廃絶「ICAN」と出席 【東京新聞】2017.10.26

ジブチ自衛隊 基地労組の解雇撤回求める争議 装甲車と銃で威嚇 【しんぶん赤旗】2017.10.26


【座波幸代のワシントン報告】核誤射「戦争」指令で 1959年の那覇基地ミサイル事故 元整備兵が本紙に証言 【琉球新報】2017.10.26

官房機密費の行政文書開示訴訟、最高裁12月に弁論 TBS NEWS 10/26


NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論 朝日新聞 10/25
NHK受信料 合憲か、双方から意見 最高裁、初判断へ 毎日新聞 10/25


米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か 【NHK】2017.10.25


北朝鮮の「核は米のみ照準」は「信用できる」 核専門家 【朝日新聞】2017.10.22



<衆院選>枝野氏「国民と歩み始める」 立憲党声明全文 毎日新聞 10/23



北朝鮮に米軍事力行使 自民39%が「支持」 東京新聞 10/9


「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24


カーター元米大統領、早期の訪朝に意欲…韓国紙


無戸籍の母親の子、住民票不記載の対応は「適法」判決 朝日新聞 10/12
  ★子の人権保障、義務教育等々に、不利益が生じていないのか! 日本の場合、人権保障の基礎を、無造作に、戸籍や住民票にリンクさせる扱いが横行… 先ず、疑問。憲法の人権保障にそぐわないは、明らか。国の通達自体、違憲の疑い…


警官、暴行被害者を「くず人間」 録音で判明、福岡 東京新聞 10/12
  ★くず! くずは、どっちだ⁉ 人権保障、事件にしたくない警察? 可視化、全面録画録音、必要か。

「9条守れ」掲載拒否は不公正: 「九条守れ」俳句訴訟、掲載拒否は「不公正」 地裁判決 10/13

 cf. 核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日
NHK: ICAN日本人委員 核兵器禁止条約の議論の必要性訴え 10/11
 〇核兵器禁止条約の採択に貢献し、ことしのノーベル平和賞に選ばれたICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンの国際運営委員を務める川崎哲さんが11日、都内で外国メディアの取材に応じ、北朝鮮情勢をめぐって緊張が高まる今だからこそ、条約をめぐる議論を高めていくべきだという考えを示しました。…


NHK過労死 記者の両親が反論: 「私たちの思いが正確に伝えられてない」NHK記者過労死、両親が反論会見 10/13

NHK: 過労死認定 NHK記者の両親が会見 再発防止求める 10/13

政府「ヘイト規制強化 日本は不要」 国連審査報告で認識 【東京新聞】2017.10.14
  ★遠慮しないで‼‼ 君こそ、適格者

衆院選2017 公文書管理、違い不鮮明 加計問題で注目、各党が公約に 制度改善に疑問 【毎日新聞】2017.10.14


企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表 朝日新聞 9/1


アベノミクスで「労働分配率」が低下する理由 最新のGDP統計から見える日本の実態 東洋経済 山田徹也 10/16

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース 2017/09/07

「非正規雇用」の現状と課題 【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】

統計局ホームページ/統計Today No.97 - 総務省統計局
 〇1990年以降の我が国の雇用状況における特徴的な動きの一つは、非正規の職員・従業員(以下「非正規雇用者」という。)数の増加です。1990年に881万人だった非正規雇用者数は2014年に1962万人と2倍以上になりました。非正規雇用については、社会的関心が高く、関連する統計についても注目されていますので、労働力調査の結果からみた正規・非正規雇用の特徴について、紹介します。
  なお、図表等を含む詳細な分析結果は、本稿の「詳細版」に掲載しておりますので、併せて御活用ください。 ・・・

[PDF] 13 非正規雇用増加の背景とその政策対応 - 内閣府経済社会総合研究所

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律  (昭和六十年(1985年)法律第八十八号)
  ★総理は、中曽根康弘か、ワルヤノー、吾。ピンハネ、中間搾取を合法化




日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者 【東京新聞】2017.10.21



NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25



【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】ヘリ飛行再開追認 弱腰やめ米軍と交渉を 【琉球新報】2017.10.29
 〇やはり選挙向けのポーズにすぎなかったのか。そう思わざるを得ない政府の弱腰がまた露呈した。
 東村高江に米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプターCH53Eが不時着し炎上した事故で、防衛省は米軍の同型
機飛行再開の判断を追認した。
 当初は「事故原因と安全が確認されるまで運用停止が必要だ」と飛行再開に強く反対していたが、米軍の説明を受けあっさりと容認に転じた。
 米軍の説明はこうだ。不時着の原因となった火災発生の理由は不明のままだが、今回は「固有」の事故である。機体の構造上の不具合に起因する火災だと判断する材料は初期調査では見いだせなかった-との言い分だ。
 詳細な原因も突き止め切れていないのに、事故機固有の問題と決め付けるのは早計ではないか。
 日本政府も、飛行再開を急ぎたいがための米軍の釈明をうのみにしてはいないか。
 衆院選公示翌日の事故とあって、今回、政府は珍しく迅速に動いた。事故当日に防衛省と外務省が米当局に「強い申し入れ」をした。小野寺五典防衛相は在日米軍副司令官を呼び、原因究明までの同型機の運用停止を求めた。さらに、自衛隊の同型機のパイロットや整備員を現場に派遣し調査に当たらせた。
 従来より踏み込んだ対応に映るが、米軍への「圧力」にはならなかった。一国の大臣の要請にもかかわらず、米軍は無視し早々に「運用停止は96時間」と期限を切った。
 飛行再開に当たって、小野寺防衛相は「在沖海兵隊が一方的に発表したことは極めて遺憾だ」と異例の強い非難をした。だが、これも選挙向けだったのか、実際に直接抗議することはなかった。
 23日にはフィリピンでマティス米国防長官と会談したが、ここでも抗議せず、絶好の機会を自ら捨てた。米国にモノを言えない属国ぶりをうかがわせる場面だった。
 今回の追認でも、小野寺防衛相は「自衛隊の知見に照らし、米軍が合理的な措置を取ったと判断した」とお墨付きを与えた。
 日米地位協定の壁もあり、そもそも日本は事故機の捜査さえもできていない。派遣した自衛隊員も米軍が許す範囲での調査にとどまった。
 首相や閣僚が「県民に寄り添う」と繰り返す言葉とは裏腹に、政府の軸足は沖縄にはない。県民の生命と財産を守るために、怒りや恐怖、痛みを本気で共有しようとしていないことは明らかだ。
 米軍は昨年12月の名護市安部のオスプレイ墜落では6日後に、今年8月の豪州沖墜落では2日後に飛行を再開した。再発防止を求める政府の姿勢が見せかけだと見透かされているからだ。
 米軍のやりたい放題を止められない日本政府はもはや主権国家ではない。米国に唯々諾々と従うことはやめ、主体的に交渉すべきだ。


【社説】[核廃絶決議案]廃絶から遠のくばかり 【沖縄タイムス】2017.10.29
 〇唯一の戦争被爆国として核廃絶を主張しながら、その一方で、「核の傘」にしがみつき、トランプ米政権にすり寄る-。
 核廃絶を巡る日本の「二重基準」(ダブル・スタンダード)が、国内外で厳しい批判にさらされている。
 日本が主導し、1994年から毎年提出してきた核兵器廃絶決議案が、国連総会の第1委員会で採択された。
 賛成144、反対4、棄権27。河野太郎外相は「幅広い国々の支持で採択された」との談話を発表したが、昨年の決議と比べ、賛成が23カ国減り、棄権も10カ国増えた。
 核兵器禁止条約を成立させた非核保有国や国際NGOなどからは、決議案への不信と不満が噴出した。
 国内においても、政府と被爆者の立場の隔たりが鮮明になってきた。
 決議案に対し、広島、長崎の被爆者からは「核廃絶は口先だけなのか」と失望と落胆の声が漏れる。
 核廃絶に象徴される平和外交の遺産を掘り崩しかねない事態が生じているのである。 最大の理由は、核兵器の非人道性を巡る表現が後退し、決議案が「まるで核保有国が出した決議のような印象」(田上富久長崎市長)を与えていることだ。
 昨年までは「核兵器のあらゆる使用」が「壊滅的な人道上の結末」をもたらす、と明記されていたが、今年の決議案から「あらゆる」が削除された。
 核使用も場合によっては許容される、と受け取られかねないような修正だ。
■    ■
 核兵器禁止条約は今年7月ニューヨークの国連本部で122カ国・地域の賛成で採択された。
 同条約には、核兵器の非人道性を身をもって訴え続けてきた被爆者の声と核廃絶を求める切実な願いが、込められている。
 条約の採択に力を尽くした核兵器廃絶国際キャンペーン「ICAN」は、ノーベル平和賞を受賞した。
 だが、日本政府は「核保有国と非核保有国の分断を深める」として核兵器禁止条約に反対し、今回の核廃絶決議案でも禁止条約のことには触れなかった。
 包括的核実験禁止条約(CTBT)の発効には米国など8カ国の批准が不可欠である。昨年の決議は8カ国の早期批准を強く求めていた。今回はCTBTの発効促進に関する表現もトーンダウンした。核戦力の強化に熱心なトランプ政権への配慮が働いた、とみられている。
■    ■
 米国のオバマ前大統領は政権末期、核の先制不使用を検討したといわれる。その動きにいち早く反応し、懸念を伝えたのは安倍政権である。
 今年8月、ワシントンで開かれた日米安全保障協議委員会でも、米国による「核の傘」の供与を再確認している。
 日本政府の政策の軸足は、北朝鮮情勢の影響で、「核軍縮」から「核の傘の強化」に明らかに変わりつつある。
 戦争被爆国として朝鮮危機にどう対処すべきか。「目には目を」「核には核を」の発想は、あまりにも危険だ。


【社説】[建設石綿訴訟] 1日も早く救済制度を 【南日本新聞】2017.10.29
 〇建設現場でアスベスト(石綿)を吸って健康被害を受けた元労働者らが、国と建材メーカーに損害賠償を求めた控訴審判決で、東京高裁は原告敗訴の一審判決を取り消し、国とメーカーの一部に賠償を命じた。
 全国で14件起こされている一連の訴訟で初の高裁判決だ。国の責任を認めたのは、既に出た一審判決を含めた8件中7件目となり、司法判断の流れは定着したといえよう。
 健康被害を受けた建設作業員は多く、亡くなる人も相次いでいる。国は争うのをやめ、裁判によらない救済制度を1日も早く創設するべきだ。
 石綿の健康被害では、製造・加工工場での安全責任を怠ったとして最高裁が国の責任を認めている。国は該当する患者らが提訴すれば和解に応じ、賠償している。
 しかし、現場を転々とする作業員が原告の「建設アスベスト」訴訟は「別問題」として、国は争う姿勢を崩していない。
 だが、建設訴訟でも国の責任を認める判決が続いている。
 東京高裁判決で裁判長は「国は遅くとも1981年までに、防じんマスクの使用を罰則付きで義務付けるべきだった」と指摘した。
 製造工場であれ、建設現場であれ、国の対応の遅れが健康被害を招いたことに変わりはない。国は判決を重く受け止め、被害者の訴えに耳を傾けなければならない。
 注目されるのは、一部ではあるが建材メーカーの責任を認めたことだ。
 建設労働者の多くは現場を渡り歩くため、どのメーカーの建材が発症の原因となったかを判別するのが難しいとされてきた。判決では、業界シェアなどをもとに一部メーカーに賠償を命じた。
 企業の責任を認めた点は評価できる。だが、シェアが低いからといってそのほかのメーカーに責任がないわけではあるまい。
 「一人親方」と呼ばれる個人事業主についても、働き方からみて実質的に労働安全衛生法の「労働者」に該当しないとして、国の賠償責任を認めなかった。
 しかし、健康被害を受けていることに変わりはなく、置き去りにしていいはずはない。 
 石綿は安価で断熱性、耐火性に優れ、高度経済成長期を中心に建材に幅広く使われた。吸い込むと肺がんや中皮腫などを引き起こすが、潜伏期間は数十年と長く、被害はまだ拡大する可能性もある。
 幅広い救済を実現するため、国やメーカーが共同出資する補償基金を創設するなど、具体的な議論を急いでもらいたい。


【社説】[野党の行方] 別の選択肢を示せるか 【南日本新聞】2017.10.29
 〇総選挙後、野党はどこへ向かおうとしているのか。
 衆院選敗北を受け、民進党の前原誠司代表はおとといの両院議員総会で、小池百合子東京都知事が率いる希望の党との全党的な合流を失敗だったと認め、引責辞任する意向を表明した。
 民進党は、党籍の残る衆参議員と地方組織による党の存続を決めた。前原氏らが仕掛けた野党再編劇は迷走し、分裂して誕生した立憲民主党や無所属を含め再々編の道を探ることになろう。
 しかし、前原氏への強い反発や合流に際しての小池氏の「排除」の論理への批判などから希望とはしこりが残っており、見通しは立たない。
 来月1日には首相指名選挙を行う特別国会がある。2019年には参院選を控える。野党がバラバラでは巨大与党に立ち向かうことは難しい。
 安倍政権とは異なる現実的な選択肢を打ち出せるのか、野党の責任は極めて重い。
 民進党の両院議員総会では、全員を合流させられなかった前原氏の責任を追及し、即時辞任を求める声が相次いだ。
 共産党などとの共闘態勢に向け準備を進めてきた選挙区では、突然の希望への合流方針で混乱に陥り、民進系候補者は分断されての選挙戦を余儀なくされた。前原氏の責任は重大である。
 ただ、前原氏だけを責めるのは酷ではないか。
 民進党は衆院解散当時、離党者が続出して先細りが懸念されていた。合流方針は、先月の両院議員総会で了承している。政権交代に向け、前原氏は「ここが勝負」と合流を決断したに違いない。
 希望の党の動きからも目が離せない。両院議員総会では小池代表を補佐し、国会議員を統率する共同代表は当面置かないことを確認した。党規約を改正し、来月にも共同代表選を実施する方向だ。
 衆院選の失速で小池氏の求心力は低下しており、安保政策など党の基本姿勢を巡って対立が続くようだと先行きはおぼつかない。
 立憲民主党が衆院選で躍進したのは、党の立ち位置を明確にしたことが大きいだろう。それだけに枝野幸男代表が合従連衡に否定的であるのは理解できる。
 次期衆院選では定数の過半数の候補者を擁立し、党単独で政権交代を目指す考えだ
 野党に求められるのは与党の政策をチェックすると同時に、それに代わる対案を提示することである。与党は国会で堂々と論戦に応じるべきだ。それなくして日本の社会の将来像は描けない。


【社説】「劇場型政治」はもう終わりに 【西日本新聞】2017.10.29
 〇政治が劇場化することは間々起きるが、今回の衆院選ほど短期間に、しかも劇場乱立の政局も珍しかった。
 唐突に衆院を解散した安倍晋三劇場、自民党に代わる政権の受け皿を目指して希望の党を立ち上げた小池百合子劇場、そこへの合流を打ち出した前原誠司劇場-。
 政治取材に携わって20年余り、劇場政治の危うさとうさんくささは骨身に染みていたはずなのに、政局の急展開に「今度こそ政権選択選挙か」などと、また浮足立ってしまった。ああ、恥ずかしい。
 終わってみれば、郵政解散当時の小泉純一郎劇場のように爆発的人気を集めた劇場はなかった。前宣伝だけが派手だった小池劇場と前原劇場は不入りの責任を巡る内輪もめで早くも閉幕状態である。
 各劇場が伸び悩む中、1番人気は同じ出し物を毎回、異なる演目で演じる安倍劇場だった。ただし5年近くも同じでは主役も脇役も慢心する。観客には飽きがくる。心配は全く別の出し物の台本をこっそり用意していることだ。
 劇場にちなんで芝居に例えてみると、こういうことか。しかし、政治はお芝居とは違う。政治家は国民を惑わせる芝居をしてはいけない。
 野党で喝采を浴びたのが前原劇場から小池劇場への移籍を「芸風が異なる」として“排除”された立憲民主党だったのも皮肉な光景である。
 これも枝野幸男劇場と呼べるのかもしれないが、「まっとうな政治を」という原点回帰の訴えが多くの有権者を引きつけたことは政界も真剣に受け止める必要があろう。
 大見えを切って耳目を集めるだけの劇場型政治は終わりにして地に足の着いた政策本位の政治にしてほしい-脱・劇場型政治への有権者の切実な思いを痛感させられた選挙でもあった。政治家やメディアこそ目覚めが必要だろう。
 ということで、今回は人気劇場に付きもので、芸は未熟なのにスターと思い込み、トラブルを引き起こす「チルドレン」役者は増殖しなかった。それだけはよかった、ということか。


【社説】【核廃絶決議】日本は信頼を失わないか 【高知新聞】2017.10.29
 〇日本政府が主導した核廃絶決議案が、国連総会第1委員会で賛成多数で採択された。国連総会本会議を経て正式な決議になる。
 24年連続の採択ではあったが、ことしは日本の核軍縮の取り組みが大きな失望に変わった年として記憶されないか危惧する。決議の内容が大きく後退した。
 昨年までは「核兵器のあらゆる使用がもたらす壊滅的な人道上の結末への深い懸念」を表明してきた。ことしは「あらゆる」を削った。これでは、例外的な使用が認められると受け取られかねない。
 7月に採択された核兵器禁止条約にも言及していない。日本は条約交渉に参加しなかったが、非核化を願う国際社会の取り組みを無視するかのような対応だ。
 一方で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮には強い非難を盛り込んでいる。
 決議は、米国の「核の傘」に入る日本の姿勢が露骨に表れているだけではない。核軍縮に消極的で、北朝鮮に軍事攻撃の可能性もちらつかせるトランプ大統領に配慮したようにも映る。
 委員会の論議で、日本政府に非難や疑問の声が相次いだのは当然だ。条約を推進してきた国は「米国にすり寄りすぎだ」と反発した。
 決議案への賛成は昨年の167カ国から144カ国に大きく減った。逆に棄権が17カ国から27カ国に増えた。わずか1年で、決議案の評価がこれほど変わった事実を重く受け止める必要がある。
 日本は核兵器の恐ろしさを身をもって体験した国だ。米国によるビキニ環礁の水爆実験でも、多くの漁船乗組員が被ばくした。
 だからこそ「核兵器なき世界の実現」を外交目標の一つに掲げてきたはずだ。核保有国と非保有国の「橋渡し」役に手を挙げてきた。
 核兵器禁止条約に参加しない上、核廃絶決議の内容まで後退させるようでは、非核化への本気度が問われよう。
 核保有国の影響力は大きい。国連安全保障理事会で拒否権を持つ五大国もすべて保有国だ。橋渡し役が保有国に厳しい姿勢で臨まなければ、とても均衡は取れまい。
 河野外相は条約交渉に参加しなかった理由について、条約を通じた核軍縮では「保有国と非保有国の分断が進む」とした。改めて橋渡し役の重要性を説いていたが、その直後の決議案は非保有国の期待とはかけ離れたものではなかったか。
 ことしのノーベル平和賞に決まった国際非政府組織「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の幹部も日本政府の対応に強く失望している。日本は信頼を失いつつあるように思えてならない。
 北朝鮮の核・ミサイル開発は認められない。解決に向け、国際連携は不可欠だが、対話の可能性を探ることが基本だ。核の緊張を高めることがあってはならない。日本の目指す核廃絶のかたちが問われている。


【社説】スバルの検査不正 制度自体に問題ないか 【中国新聞】2017.10.29


【論説】リベラル勢力 「保守」の良さ取り込め 【岩手日報】2017.10.29
 〇今回の衆院選では、「リベラル」と呼ばれる勢力の政党ができた。その立憲民主党が躍進し、野党第1党になったことが注目される。
 立憲民主は全国の比例代表で2割の票を集めた。北海道の得票は自民党に迫り、小選挙区の候補がいなかった岩手でも、ほぼ2割の有権者が票を投じている。
 もともと民進党が希望の党に合流する際、「排除」された議員らで立ち上げた党だ。それに対する判官びいきや、潔さへの評価だけが躍進の理由ではなかろう。
 希望や無所属で出馬した候補の多くも、立憲民主に近い訴えをしていた。社民党も含め、今まで目立たなかった厚い支持がリベラルにはあることを示すのではないか。
 リベラルの定義は曖昧だが、日本では冷戦終結で「革新」が力を失った後、「保守」の対抗軸として打ち出されるようになった。
 一般的には憲法9条改正を進める「保守」の自民に対し、改正に慎重な立場を取る。個人の権利や多様性、社会の助け合いを大事にして、成長より分配を重んじる。
 もっとも立憲民主の枝野幸男代表は「リベラル」の呼称を嫌う。自らは保守だとして、軍事より経済を優先した自民党派閥「宏池会」の30年前をイメージしている。
 枝野氏が言うようにリベラルと保守は本来、対立する考えではない。ならば立憲民主などのリベラル勢力が伸びていくには、保守の良さも取り込む必要があろう。
 保守とは、人間は愚かで常に間違う存在として、伝統や慣習を大切にする考え方だ。代表が自民だが、小泉政権の急進的、新自由主義的な「改革」は保守とは違う。
 かつては魅力的に響いた「改革」の言葉に今、人々は反応しなくなった。衆院選で「改革保守」を掲げた希望の敗北が象徴している。
 その点、安倍政権は農業分野などで急進的な改革を進める一方、教育の無償化にも取り組む。保守の顔にリベラルの政策を取り入れて、巧みに政権を運営する。
 政権と対決する立憲民主などリベラル勢力は、躍進したとはいえ数で遠く及ばない。政権を狙うには、漸進的に改革する保守の良さを取り入れて国民に安心感を与え、支持層を広げるほかはない。
 安全保障では9条改正に慎重な姿勢を保ちつつ、常に現実的な対応が必要だ。硬直した護憲・平和に陥っては国民に見放され、旧社会党と同じ道をたどることになろう。
 選挙直後で体制を固める時間は要るが、野党がばらばらで自公に勝ち目がないのは実証されている。力を蓄え、次の選挙は与党に1対1で挑む構図をつくらねばならない。


【社説】自民の国会対応 「説明」避けてはならぬ 【北海道新聞】2017.10.29
 〇衆院選の勝利を受けた政府・自民党の国会対応が揺れている。
 特別国会を最小限の日程にとどめ、臨時国会も見送る方向に傾いたが、与党内からも批判を浴び、特別国会の延長などで審議に応じる姿勢を見せ始めた。
 当然である。安倍晋三首相自身が選挙後、学校法人森友学園や加計(かけ)学園を巡る一連の問題について「国会で質問されれば丁寧に答える」と述べているのだ。
 森友学園問題では新たな論点も浮上している。追及を避けるのではなく、国会で国民に説明を尽くすのが筋だ。
 政府・自民党は当初、トランプ米大統領の来日や首相のアジア太平洋経済協力会議(APEC)出席で日程が窮屈だとして、特別国会では審議をしない構えだった。
 だが、憲法に基づく臨時国会召集の要求を3カ月もたなざらしにしたあげく、解散で政治日程を窮屈にしたのは首相自身である。
 森友学園の問題では、会計検査院の調査で、国有地払い下げの際の値引き額が、最大6億円も過大だった可能性が浮上している。
 ところが政府側は調査結果がまだ公表されていないとして、国会での説明を先送りする意向をのぞかせる。これでは「丁寧な説明」を尽くす姿勢とは言えまい。
 首相は選挙期間中、森友学園前理事長の籠池泰典被告について、「詐欺を働く人物」だと断じ、妻の昭恵氏が名誉校長を引き受けたのも「こういう人だからだまされてしまった」のだと述べた。
 自らは被害者だと主張したいのであれば、進んで国会で疑念を晴らしてはどうか。
 例え直接の指示がなくとも、昭恵氏と学園との関係が政府内に忖度(そんたく)を招き、不当な値引きにつながったとすれば、政府機関に責任を押しつけて済む話ではない。
 気になるのは、追及する野党側の足元がおぼつかないことだ。
 民進党は衆院で、立憲民主党、希望の党、無所属に3分され、会派構成も定まらない。27日の民進党の両院議員総会では、前原誠司代表が辞意を表明して収拾を図ったが、国会対応に不安が残る。
 希望の党でも、小池百合子代表の進退を問う声が出て、役員の人選も迷走を続けている。
 だが野党内の駆け引きや内紛に気を取られている場合ではない。国会で巨大与党と対峙(たいじ)するための連携を急がねばならない。
 政権が「数の力」に寄りかかり、国会がそれをただす機能を失えば、それこそ「国難」である。





核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告
2017-10-28

10/28: 立憲・枝野氏「国民と歩み始める」 vs~麻生政権「与党4、野党6」◆民主党政権下「与党1、野党9」 ~安倍政権「与党2、野党8」⇒「与党7、野党3」??? 国民主権を議員特権と履違え!不埒

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・原発事故から6年半…“除染ごみ”貯蔵が始まる 10/28(土) 21:39
 ・両陛下、産業用ロボットなど製造の企業を視察 10/28(土) 21:36
 ・絶景!秋と冬がコラボ…雪化粧の富士山と湖畔の紅葉 10/28(土) 19:04
 ・マンションから3歳男児転落し死亡 東京・中野区 10/28(土) 19:02
 ・マティス国防長官「核使用なら圧倒的軍事対応」 10/28(土) 18:57   ★威嚇、先制攻撃するなら、日米⁉
 ・台風22号、九州南部に接近のおそれ 10/28(土) 21:00    ★ご用心ください。
 ・日本提出の“核廃絶決議案”採択も、賛成減 10/28(土) 9:55   ★核兵器禁止、廃絶に、仇名す!安倍コベ
 ・ウッズ選手、罪を認める 罰金250ドル等 10/28(土) 9:47
 ・台風22号接近の沖縄、本島一部が暴風域に 10/28(土) 9:46
 ・日本の調査団、国後島で養殖場予定地等視察 10/28(土) 9:26
 ・自宅に火 高3男子「受験のストレスが…」 10/28(土) 8:57

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
10月28日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 最終土曜日    誕生日の花 センブリ  花言葉  はつらつとした美しさ 10/28
 〇ラジオ深夜便から

 10月も最終の土曜日を迎えることになった。菜園にしている庭も、枯れ葉や枯草で荒涼とした景色となっておりカーテンを閉めて 眼に入らないようにしたいくらいだ。

 食べ物の残が少なくなったので、スーパーまで出かけたいのだが、子が来てくれるまで 待つことにしよう・・
 いつの間にか、買い物難民に近づいているようだ。生協の宅配と併せて 生活用品を確保
 しなければ・・・

 通販で、インテリア用品を申し込んだが、3週間経過しても 音沙汰無し、メールで照会してみたが
 音沙汰無し、



 カテゴリなしの他の記事
  10月小春    快晴
  曇り 薄日
  選挙
  庭木の剪定
  ヌグダマッタ !


 今日のトピックス Blog10/27: 森友への値引き6億円過大!判明 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」佐川国税庁長官の罷免、再度申入れ 加計学園の認可?来月 否、即却下!臭い物に蓋? 猶、尾を引きたいか



「護憲+」: NHK受信料強制契約は合憲か、契約の自由か、最高裁で弁論開始 10/26 (厚顔)
 〇10月26日朝日新聞及び朝日デジタルで「NHK受信料契約は合憲か否か」についての問題を取り上げている。

 「NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論」

 『家にテレビがあったら、NHKの受信料を支払わなければいけないか。受信料契約を定めた放送法の規定が憲法の保障する契約の自由に反するかが争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、原告のNHKと、受信料を支払っていない被告男性の意見を聞く弁論を開いた。最高裁は年内にも、受信料を巡る初めての判断を示す。

 NHK受信料訴訟、支払い義務づけは合憲 法相が意見書

  受信料の支払い義務は放送法では明文化されておらず、総務相の認可を得た規約で定めている。NHKは同法の「受信設備を設置したらNHKと契約しなければならない」という規定を根拠に受信料を徴収している。

  裁判では、NHKが自宅にテレビがあるのに契約をしていない東京都の男性に支払いを求めている。この日の弁論で、男性側は「規定は努力義務を定めており、強制力はない。契約の強制は契約の自由に対する重大な侵害だ」として違憲と主張。規定が合憲だとしても、支払い義務が生じるのは契約成立時からだと訴えた。

  一方、NHK側は「放送文化の発展や放送インフラ基盤の充実など社会的役割を果たしている。規定には必要性と合理性があり、合憲だ」と主張。契約は相手に締結を求めれば成立し、受信料を請求できると反論した。裁判では、法相も規定を「合憲」とする意見書を最高裁に提出。寺田裁判長は弁論で「参考資料として取り扱う」と述べた。

  一、二審判決は、NHKが災害報道で果たす役割などを踏まえ、規定は「公共の福祉に適合する」として合憲と判断。個別の契約はNHKが裁判を起こし、勝訴が確定した際に成立し、テレビ設置時にさかのぼり受信料が請求できるとした。(岡本玄)』

 実は朝日新聞は8月25日の社説でも同じ主旨のことを論じている。

 8月25日朝日新聞の社説「NHK受信料 徴収策の強化の前に」

 『NHKが主な収入源である受信料の確保のために知恵を絞るのは当然である。だとしても、「公共放送の役割とは何か」「NHKはどうあるべきか」という根本の議論を抜きにして、自分たちの都合を優先しすぎてはいないか。・・・(以下略)』

 これは非常に重要な問題で、いよいよ最高裁大法廷で弁論が始まったので、8月25日の社説についての弊投稿を下記にリピートしておきたい。

 「NHK受信料 徴収策の強化の前に(朝日新聞社説)に加えて」

 『表題は8月25日の朝日新聞社説の題目であるが、ごもっともな指摘である。・・・NHKは受信料の一律公平負担を金科玉条のように主張しているが、これがNHKの常識だとすれば、世間の非常識だと言いたい。世間では水道、電気、ガスなどの公共料金は基本的に使用した量に応じて支払う従量制が常識だからである。

 人のライフスタイルも多様化し、メディアの種類も増え、NHKテレビを見ている時間は人様々であるのに、テレビ機器を所有しているだけで一律の料金を徴収するのは視聴者には不合理で公平負担ではない、公共料金と同じように観た時間に応じた従量制料金が公平公正な負担なはずである。

 その上で訴訟するなど横暴である。受信契約を結びながら料金不払いの人や、契約自由の原則に基づき受信契約締結に応じない人にはNHK放送が見れないようにスクランブルを掛ければ済むはずである。・・・(以下略)』

 一つ追記しておきたいのは、受信料にはNHKが下記放送法第一条二項の規定を遵守する対価も含まれており、NHKが現在の偏向不公正な報道姿勢のままでは受信料契約はしたくないと思っている視聴者も多いということである。

 一方NHKは最近災害報道が公共の福祉に寄与していることをアピールしているが、これは東北大震災後のことで有り、公共放送であれば当然で、むしろ遅きに失した、後付の理由と言うべきであろう。

 *放送法第一条二項
 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。

 「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より


イシャジャの呟き: ヨメナ    誕生日の花  ヨメナ 花言葉 隠された美しさ 10/27
 〇ラジオ深夜便から

 本日も晴天なり、どこへ 行く当てもなく、朝ドラ~あさイチ、午後からも 大阪からの ごごナマへと進み、
 為すこともなく 徒な日を 過ごす。

 買い取り屋から 電話があったが、売るものはない !と断る。

 浴槽に 手摺を取り付けて 頂きました。年寄の風呂場での 事故が多くあるそうなので、
 安全には 万全を期す



 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog10/26: 東証16連騰 真の実力なのか疑問だ(道新・社説) 今の株高は主要国共有の金融緩和・株高誘導&GPIFと日銀が株価下支え「官製相場」 課題は、金融緩和一辺倒策の歪み克服と出口論⁉



イシャジャの呟き: 10月小春  快晴    誕生日の花 モヨウビユ 花言葉  燃え上がった情熱 10/26
 〇紅葉盛り
 
 快晴、今年も残り 66日、オソラク 最後の小春日和でしょう。

 生い茂っていた庭の雑草も枯れたので、庭の紅葉を撮る、暫くぶりの カメラに少し戸惑った。
撮るのは いいが 取込みに手間取る



 カテゴリなしの他の記事



今日の「○」と「×」: 「×」 日本人ってスゴイ?! いや、オメデタイ。 10/25
 「×」 この頃、「日本人ってスゴイ」みたいなテレビ番組が多くてウンザリするが、今回の選挙結果を見ると、確かに日本人ってスゴイのかもしれない。

 もちろん、逆の意味だが。

 総理とその婦人や友人がどんなに税金を食い物にしても、自民党の政治家や大臣がどんなに不祥事を起こしても、すんなり当選させてしまうのだから

 これほどオメデタイというか、不正に寛容で無節操な国民が多い国は、珍しいのではないだろうか。

 それにしても、国民は台風の被害に苦しんでいるのに、「でんでん」アベはトランプ大統領とのゴルフに松山を呼びつけて大喜びという能天気。

 カリフォルニアの山火事なんかそっちのけのトランプ大統領とともに、史上最低最悪の日米両首脳が、世界を破滅に導こうとしている。

 立憲民主党を始めとする護憲勢力は、一致団結して極悪日米同盟の陰謀から、国民を守らなければならない。


 今日のトピックス Blog10/25: 森友への値引き6億円過大 会計検査院が疑義 モリカケ疑獄裏付け⁉ 選挙前に、検査院も、メディアも、情報提供すべきでは⁉ 数日遅らす??? 公共放送は、主権者に忠誠・信義誠実を尽くせ!


「護憲+」: 立憲民主党への期待と私たちの決意 10/25 (笹井明子)
 〇枝野幸男さんが、大義なき解散・総選挙の喧騒の中で、「まっとうな政治」のスローガンを掲げて、立憲民主党の立ち上げを宣言したのは、10月3日のことでした。

 10月14日の東京大作戦=大規模街頭演説では、
 「政治は、政治家のためでも政党のためでもなく、国民のためにある。今の政治に怒りや危機感を持つ、多くの国民の声に応えて、政治の流れを転換させたい。この国に暮す多様な一人ひとりとの対話を通じて、誰もが自分らしく生きられる社会をつくりたい」と語り、彼の「まっとうな政治を、立憲民主党を、一緒に作っていきましょう!」の呼びかけに、会場を埋め尽くす観衆からは大きな拍手と枝野コールが湧き上がりました。

 翻って、2ヶ月前の8月1日、私たち「護憲+」は第十五期に入り、新しい期を迎えるにあたっての抱負を、以下のように述べました。

 『この間の政治状況の中で、市民の中から、「政治は自分達一人ひとりのもの」、「政治にきちんと関わろう」という「民主主義」のうねりが生まれ、根付き、着実に広がっています。
 私たちも、こうした市民の一員として、「民主主義の担い手として政治にコミットする」姿勢を共有し、立憲主義を尊重し市民と共に政治を作っていこうと志す政党や政治家が、選挙に勝つ力量をつけるよう、積極的に応援、支援して、真の「受け皿作り」に尽力していきたいと思います。』

 今回の立憲民主党の立党宣言に出会った時、あたかも私たちのこの決意に呼応するかのような意思表明に驚くと共に、私たちが長年に亘って待ち望んできた「まっとうな政治」を志す政党が、本当に誕生したことに、感動を覚えずには居られませんでした。

 10月23日、立憲民主党は、選挙結果を受けた声明の中で、
 『立憲民主党にとっては、今日から、ここからが、国民の皆さんとともに歩みを始める新たなスタートです。・・・私たちは、国民の皆さんにお約束した草の根からの政治を実行に移し、支え合いの仕組みを創っていくために、強い決意と覚悟をもって国政に臨んで参ります』との決意を表しています。

 一方、人々の期待、注目の大きさが明らかになると、さっそくマスコミが「政界再編」を取り沙汰するなど、いつもの無責任で訳知り顔の評論を繰り広げていますが、それに対しても枝野さんは「永田町の内側の権力ゲームに参加するつもりはない」とキッパリとした姿勢を示しています。

 こうして、当たり前の(なだいなださんが晩年に語った「常識哲学」を思い起こさせる)姿勢を語る政党・政治家が出現し、ボトムアップの政治、本当の民主主義に則った政治がスタートしようとしていることは、私たちにとってこれまでにない大きな喜びです。

 これから私たちは、立憲民主党の行方を見守り応援しつつ、「立憲主義」「民主主義」が大きく広がり、遠くない将来に当たり前のこととして日本社会に定着することを期して、「草の根からの政治」の成長、発展にコミットするという、私たち自身の今期の抱負を、真摯に、積極的に実践していきたいと思います。

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 曇り 薄日    ~ 薄日  誕生日の花  ダンギク  花言葉  忘れ得ぬ思い 10/25
 〇ラジオ深夜便から

 6時に起きて、3食食べて、朝ドラをみて~ あさイチ~ ごごナマへと進み、しぶ5時を見て、7時半
 が、 お休みタイム  奮闘努力の甲斐のなく 今日も暮れていく 80歳5か月 爺の一日



 カテゴリなしの他の記事
  ヨイトマケ・・・
  衆院選 最後の日曜日


 今日のトピックス Blog10/24: 40代低所得(300万円未満)世帯 20年で1.5倍! 超低金利政策(金融資本に利益供与)、銀行ローン・奨学金ローンにも喘がせ 人口減少も、格差社会も‼ 介護・保育の低賃金も 政府の責任!


「護憲+」: 講演会「日本の政治はどこへ向かうか?」 10/24 ( 珠 )
 〇今回の選挙の結果、憲法を変えようという発議が出て、国会を通ることになるでしょう。今一度、国民投票に向けて多くの方と、憲法を、日本の政治を学ばないといけないですね。

 ちょうど1か月ほど先になりますが、お知らせをしておきます。

 ●イベント紹介●
 九条科学者の会
 「九条科学者の会」は2005年3月、20名の発起人を含む196名の呼びかけによって設立されて以来、科学に携わる方々に 「九条の会」アピールへの賛同を訴えてきました。「7つの行動提起」に基づいて、全国各地の大学・研究機関の九条の会と連携したり、 日本国憲法第9条に関わる幅広いテーマで学習会・講演会を開くなどの活動を続けています。

 九条科学者の会・日本科学者会議 共催 2017秋の講演会
 「日本に政治はどこへ向かうか?」


 日本の政治はどうなるのか、総選挙の結果も踏まえて、九条科学者の会の二人の共同代表の講演を通じ、ご一緒に考えましょう。

 日時:2017年11月25日(土)13:30~17:00(開場13:00)
 場所:中央大学理工学部5号館5136教室(後楽園キャンパス)
 参加費(資料代)500円
 共催:九条科学者の会・日本科学者会議

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転? 10/24 名無しの探偵)
 〇朝日の試算が正しいならば、野党分散の結果「反自公」が失った議席は63だという。
 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算 朝日新聞 10/23

 これの責任は前原(勿論、民進党の煮え切らない思想信条にこそ原因がある)と小池百合子にある。

 安倍「政治私物化」政権を打倒するには、この際、党利党略は一時棚上げにして、「野党共闘」を継続すればよかったのである。

 政治も碌に出来ない(DNAだけで総理になった)「バカ殿」政権にみすみすやられるとは、厚顔さんも言うとおり、「国共合作」にも学ぶことができない「極右」政治家たちの末路なのかもしれない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog10/23: 国民主権実現⁉ 衆院選の“民意と選挙結果との乖離” 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転… 枝野氏「国民と歩み始める」 北朝鮮の「核は米のみ照準」核専門家 憲法改正も三権も 国民主体で!



「護憲+」: 自民党圧勝の最大の要因は前原にあり 10/23 (厚顔)
 〇自民党に強烈な逆風の中で、こんなに自民党圧勝の選挙速報はみたことがない。不愉快をとおりこして言葉が見つからない。

 その要因は選挙前に投稿したように、民進党前原代表が希望の党小池代表の「くノ一戦法」に乗ったことと、その洞察の甘さにある。

 >前原民進党代表と希望の党小池代表の交渉ニュースを聞くと前原氏の詰めが甘い。これでは希望の党への身売りで、前原氏は『国共合作』の故事を十分知らなかったようだ。小池代表は政治家として冷徹に前原代表を見ていたが、前原代表は小池氏の含み笑いと流し目に悩殺され、政党の代表の立場を忘れ、肝心な詰めを忘れてしまったと言われてもやむを得まい。

 >小池代表に「私は今回の衆議院選には出ないので、希望の党が第一党に成れば貴方を首班指名候補にしたい」とでも言われたのであろうか。まさに「くノ一忍法」にかかった男のようである。かつて民主党代表時代に小泉首相を国会で追求する永田議員が、フェイクニュースをつかまされていたことを見抜けなかった甘さと同じ事である。

 選挙前に練られていた民進、自由、社民、共産、引いては希望、維新も含めての野党統一候補擁立の小沢戦略を反故にして、民進の希望への身売りを謀った前原の責任としか言いようがない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より






 今日のトピックス Blog10/22: 雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ自公ニモ、騙し解散ニモ負ケナイ 上からの押し付けではない、草の根からの「まっとうな政治」を、一緒に新しい政治の流れを、共に倦まず巧まず進めて参りましょう



「護憲+」: 枝野幸男と安倍晋三の演説会場に見るこの国の姿 10/22 (流水)
 〇わたしの地方では最後まで見る事ができませんでしたが、動画で見る立憲民主党枝野代表と安倍晋三首相の演説会の雰囲気のあまりの落差に、この国の現状が見事に反映されていたように思えます。

 選挙戦最終日、安倍首相は東京都議選のリベンジと称して秋葉原で演説を行いました。機動隊に周囲を守られ(バス4台分だそうだ)、日の丸や安倍首相支持のプラカードを掲げた支持者に囲まれたお立ち台での演説でした。プラカードや日の丸を掲げた支持者と一般聴衆の間には相当の間隔があり、あれではほとんど演説内容を聞き取れないだろうと思われます。もし、わたしが現場にいたなら、さっさと立ち去ります。
のんきに介護: 都議選のとき、秋葉原では「(安倍)辞めろ!」コールが周辺一帯を覆いつくした。本日、そのリベンジがあると聞いたが―― 10/21

 選挙戦序盤、ヤジを恐れた首相は、支持者だけで固めた聴衆の中で演説をしていました。要するに、安倍首相は、自分と異なる見解を持つ国民が怖いのです。野次が怖いとはそういう事です。元教師の経験から言わせてもらうと、問題児の中に、地球が自分を中心に回っていないと気に入らず、とにかく周りから「よいしょ」してもらわなければ、何にもできない子供がいましたが、それとダブって見えます。

 これは民主主義国家の首相としては考えられない振る舞いです。なぜなら、民主主義とは「多様性との共存」を前提にした制度なのです。その「多様性」が認められず、自分と異なる見解を持つ国民を締め出すようでは、もはや民主主義国家の首相とは言えません。大人なら、その程度の事は誰にでも分かります。

 しかし、安倍首相は、「多様性との共存」を拒否する道を選びました。安倍首相は、民主主義を拒否したのと同じなのです。

 安倍首相が改憲で何を目指しているか分かりませんが、上の秋葉原の異様な雰囲気を見れば、彼の取り巻きどもの感性は一目瞭然です。「リテラ」に書かれている危惧が杞憂であることを祈りますが、どうもそうではないように思います。
リテラ: 安倍政権が描く、この恐ろしい未来を本当に許すのか? 労働者は使い捨て、家族は国家の下請けに、そして緊急事態条項で独裁OKに 10/22

 そして、最も怖いのは、そのような異様な振る舞いをする人々が警察権力に守られている、という事実です。警察権力とは国家権力そのものなのです。これが「日常化」したらどうなるのか。普通の想像力を持っていれば、誰にでも理解できます。安倍首相の秋葉原での演説会場の雰囲気は、それを予感させます。

 それに比べ、枝野立憲民主党代表の雨の新宿の演説会場の雰囲気の人間臭いこと。人の熱気や心意気が溢れています。参加者一人一人の思いが感じられます。「人間て、いいな」と思わせる雰囲気でした。雨もまたよし。熱気に満ち溢れた顔や心を気持ちよく冷やしてくれます。
阿修羅: 雨の新宿に大旋風!立憲民主党東京大作戦ファイナルに8000人!枝野代表「22日から日本の民主主義は変わる!」

 選挙戦を通じて枝野代表の演説スタイルは、従来の日本の政治家の演説スタイルとは大きく異なっていた。車や高く組まれた演台などの上から演説をするスタイルを捨て、リンゴ箱程度の低い足場の上で、四方八方を聴衆に囲まれて演説をするスタイルを選択しました。

 日本の政治家で、このような演説スタイルを行う人はごく稀で、きわめて特異なスタイルです。しかし、枝野代表のスローガン「下からの民主主義」には、きわめてふさわしいスタイルでした。立憲民主党の支持の広がりには、枝野代表の演説スタイルは大きな影響力を与えたはずです。

 単純に安倍首相の演説会場と枝野代表の演説会場を比較すれば、その雰囲気の違いは一目瞭然です。安倍首相の演説会場の雰囲気は、オーウェルの「1984」を彷彿とさせる近未来の日本の姿を暗示させ、心が冷え冷えして、暗くなります。

 それに引き比べ、枝野代表の演説会場に充満しているのは、人々の解放された心と熱情、真摯な思い、真剣に考える姿等々。未来への希望と社会への信頼、人間の素晴らしさを感じさせる演説であり、会場の雰囲気でした。

 この二つの対照的な演説会場の雰囲気の違いこそ、わたしたちが選ぶべき未来の社会の象徴的な姿なのです。その意味で今回の選挙は、日本の決定的な「分水嶺」になることは確実だと思います。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 選挙  ☂  誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い 10/22
 〇ラジオ深夜便から

 12日間、の騒ぎが終わり 審判が下る日が やってきました。大儀なき 選挙に打って出た、逃げ回り解散、
日本国民の良識がどの程度か、その度合いが 判定される日です。

 台風が来襲し 各地に被害が及ばぬか 心配されて いますが、今夜は、シンゾウの顔を見たくもないので時半に結果を待たず 寝ます。〇 〇な寝て待て・・・・・



 カテゴリなしの他の記事
   後 晴れ


 今日のトピックス Blog10/21: 北朝鮮高官「核の標的はアメリカのみ」//主権者は正視すべき 枝野氏「アベノミクスは強い者を強くしただけ。格差は拡大」「受け皿がないとの声に応え新しい旗を立てた」 思いを受け止めよう


 今日のトピックス Blog10/20: モリカケ偏愛の安倍が、“国民保護”? 都民ファーストの小池が変身、選別・切り捨て 同じか⁉ 弱者侮り、驕り、ヘイト 格差・貧困強化 北朝鮮、敵視・攻撃優先 暮らし・命はどうなる???



イシャジャの呟き: 庭木の剪定    誕生日の花 アキノキリンソウ 花言葉 安心 10/20
 〇ラジオ深夜便から
 
 庭のカエデが紅葉してきたが 葉が落ちると掃除が大変なので 枝の剪定をしました。昨年、剪定した枝から出た細い枝を剪定すれば 落ち葉が少なくなるなります。
 
 居間から見える近所の屋根が濡れているので、雨になったことを知る。

 今日のNHKの午後ナマは大阪から、最近のNHKの番組は、あさイチ~ごごナマまで アンコール番組ばかりです。何時かどこかで見たものばかり、

 ストーブは18度で設定したが、暑すぎるので、一時、消して 様子を見る。灯油が値上がりしているそうだから、ケチルことにする。ワレモコウガが実 花 ? 茶色のものを付けています。



 カテゴリなしの他の記事
  秋 深し


 今日のトピックス Blog10/19: 国を、縄張りを守るは、止しにせよ。 国民を護れ!飽く迄も、市民、主権者本位で。 核兵器禁止条約に参加・批准は、主権者の意思であり、平和憲法の延長線上にある、何人も叛くべからず



今日の「○」と「×」: 「×」 自民党のCMに怒髪天!! 10/19
 「×」 衆院選まであと3日となったが、最近頭にくるのが自民党のCMだ。

 「でんでん」アベがドヤ顔で、口先だけで誠実さのかけらもない公約をペラペラしゃべるのだが、極めつけは最後に言う「ぜひ、あなたの声を聞かせてください」という言葉だ。

 ハア?

 聞いてどうするの?

 まさか政策に反映されたりするの?

 国会でもテレビの討論やインタビューでも、聞かれたことにまともに答えず、自分の言いたいことだけをペラペラ長時間しゃべるだけの男が、「あなたの声を聞かせてください」とは、ブラックジョークもここに極まれりと言うしかない。

 だったら街頭演説でヤジられても、それも「あなたの声」としてしっかりと聞くのが筋というものだろうに、新潟でヤジられた時には「選挙妨害だ」の声に乗じて、「法律は守りましょう」とほざきやがった。

 憲法という最高法規を無視して好き勝手なことをやり、お友達には便宜を図りまくってる奴が、国民の声に対しては、まるで違法行為かのように非難するとは、本当に腹立たしい。

 こんな奴を、一体いつまでのさばらせるのか。

 無党派層の覚醒を祈る


 今日のトピックス Blog10/18: 地域と原発 住民の不安に応えてこそ 米朝緊張亢進… 頭上を過ぎる核ミサイル⁉ なぜ、当事者でもない 安倍政権は、北朝鮮への威嚇、軍事を構えるのか 主権者は、平和・安全を求める!



「護憲+」: 「サロン・ド・朔」10月26日(木)例会のお知らせ 10/18 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」10月26日(木)例会を下記のとおり行います。

 今回は、中央大学非常勤講師の韓応飛さんにお越し頂き「信念を貫いた人―劉暁波氏と1980年代以降の中国社会」のテーマでお話をしていただきます。

 『今年の7月14日零時、私は劉氏が死去したことを知り、すぐにモスクワにいる友人と連絡を取った。私たちは1980年代の半ば、劉氏が講師を務めた北京師範大学に在籍していた。劉氏が死去したことに、私たちはこのうえない悲しみを覚えた。私は「80年代は永遠に終わった」と言い、彼は「理想主義万歳」と応じた。
  そうだ。劉氏は理想に燃えていた。もちろん、劉氏自身も共産党政権を相手に勝ち目はないと知っていた。しかし、彼は信念を貫き、中国で民主主義社会を実現させるという理想のために、戦い抜いた。
  天安門事件をきっかけに、海外亡命を余儀なくされた経済学者の朱嘉明氏は「歴史的な人物は二種類ある。一種類は時間が経つにつれ、その存在が薄れていく。もう一種類は時間が経つにつれ、その輝きを増す」と言った。
  劉暁波氏は間違いなく、後者に属するだろう。』(韓さん)

 当日は、劉氏の人間的な魅力、彼の主張、そして彼が活躍していた1980年代の中国社会を紹介し、さらに、90年代以降の中国の政治、経済、社会についての大まかなお話もしてくださるとのことです。

 今日本は衆院選の喧騒の只中にありますが、選挙結果もさることながら、今度の選挙を契機に日本は本当の民主主義への一歩を踏み出せるか、そのために大切なことは何かを考えることも大切です。そういう意味からも、劉暁波氏について今学ぶことは大きな意味があると思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、 「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:10月26日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)

 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

 2016年8月以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2016年)
  8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
  9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
 10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 11月: 「今、高江で起こっていること」
 (2017年)
  1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
  2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
  4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
  5月: 「森友問題の幕引きを許さない」
  7月: 「民進党は民意の受け皿になれるのか」
  9月: 「9条問題の本質を「護憲」の立場で考える」

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 東名高速・走行妨害死亡事故について 10/18 (名無しの探偵)
 〇今年6月に起きた後続のワゴン車の走行を妨害して6人を死傷させた事件が話題になっている。これについて、日本の警察や司法(検察と裁判所)の判断が適切だったのか、私は疑問に思っている。

 かれらの判断がおかしいと思うのは、この容疑者が後続車両の人を誤って、つまり過失により死傷させたという考え方から一歩も出ないで、最初から交通事故というパターンから離れず、それに固執しているからである。

 私は、この容疑者には後続車両の人たちが「死んでも構わない」という「未必の故意」があり、その故意を認定すべきではないか、と思っている。

 司法の判断が硬直化しているのは単なる「交通事故」だという思い込みが前提にあるのではないか。しかし実際には相当に「悪質」な行為が存在したと言えるのではないだろうか。殺人的な人間の行為であると思えてならない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: ヌグダマッタ !    誕生日の花  ホトトギス  花言葉  永遠にあなたのもの 10/18
 〇ホトトギス 昨年のもの

 今日の最高気温は 14℃の予報、エアコンの暖房を21度の設定していたが、温度計が 17℃位、去年の日記を見たら、ストーブへの切り替えは、いまの時期だったので、、点火してみたが、時計の設定、温度の設定の仕方を忘れてしまって時間がかかる。綿ゴミもついているので 丁寧にふき取る。赤く燃え上がってきたら、エアコンと同様、21度の設定だが、暖かい ”ヌグダマル”には ストーブが一番だ

 寝室のエアコンは、今年入れたものだが、リモコンを押せば 直ぐに温風が吹いてくるのに、居間のエアコンは、設置した、向きが悪いのか、温度が上がらないし 時間もかかる、冷房の方が効きがいいようだが、

 庭にホトトギスは咲いていますが、足、腰、気持ちが重くなったので、去年 撮ったものを載せました。


 カテゴリなしの他の記事
  寒冷前線




ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



   「九条の会」メールマガジン (第266号)
   ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年10月25日 第265号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第266号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇総選挙がおわりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
    実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動など
    を共に進めております。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇女性「九条の会」、◇ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)、◇九条かながわの
会(神奈川県)、◇会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
◇千住九条の会(東京都足立区)、◇芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)、◇みやぎ
憲法九条の会(宮城県)、◇映画人九条の会、◇九条科学者の会、◇甲斐市9条の
会(山梨県甲斐市)、◇緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)、◇九条美術
の会
■編集後記~全国津々浦々で3000万署名を!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 総選挙が終わりました。九条の会は「安倍9条改憲NO!全国市民アクショ
  ン実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動な
  どを共に進めております。11月3日(金)はpm2:00~の国会正門前
  の大集会をはじめ、全国各地で行動が取り組まれます。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 女性「九条の会」
学習会「道徳の教科化と管理される教師たち」
日時:11月4日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● ぬまづ憲法9条の会(静岡県沼津市)
12周年のつどい
日時:11月5日(日)13時15分~16時 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条かながわの会(神奈川県)
9条かながわ大集会2017in横浜「アベ九条改憲発議を許すな!」
日時:11月11日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市、喜多方市)
秋の講演会『日米安保・地位協定と日本国憲法』
日時:11月11日(土)13:30~16:00(開場 13:00) 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 千住九条の会(東京都足立区)
第5回憲法カフェ
日時:11月12日(日) 14時~ 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)
憲法講演会「いま、憲法が変えられると暮らしはどう変わる?~改憲と国民投票~」
日時:11月18日(土)14:00~16:00
<詳細はこちらをクリックしてください>

● みやぎ憲法九条の会(宮城県)
憲法9条を守り生かすみやぎのつどい2017
日時:11月19日(日)13:00開会 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 映画人九条の会
13周年の集い『ザ・思いやりパート2~希望と行動編』上映会
日時:11月20日(月)18:50~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条科学者の会
日本の政治はどこへ向かうか?
日時:11月25日(土)13:30~17:00 
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 甲斐市9条の会(山梨県甲斐市)
甲斐市9条の会設立総会および記念講演会
日時:11月26日(日)13時30分~15時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 緑区「九条の会」連絡会(愛知県名古屋市)
第5回緑区憲法を考えるつどい「憲法落語 始まり はじまり」
日時:11月26日(日)14:00~16:000
<詳細はこちらをクリックしてください> 

● 九条美術の会
第7回守ろう 生かそう 憲法九条 九条美術展
日時:12月13日(水)~17日10:00~17:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
● 全国津々浦々で3000万署名を!
<詳細はこちらをクリックしてください> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.




今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


汚染土の中間貯蔵施設が稼働 福島原発事故 【東京新聞】2017.10.28
 〇環境省は28日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で生じた汚染土や廃棄物を保管する中間貯蔵施設(福島県大熊町、双葉町)を本格稼働させた。現在、汚染土などは県内各地に仮置きされており、こうした状態の解消が期待される。ただ国が確保できた中間貯蔵施設の用地は約4割で施設の一部の完成にすぎず、仮置き解消にはなお時間がかかる。
 この日は、汚染土と草木などの廃棄物を分ける「受け入れ・分別施設」(大熊町)の本格運転と、分別後の汚染土を放射性セシウム濃度に応じて保管する「土壌貯蔵施設」(同町、貯蔵容量約5万立方m)の運用を始め、本格貯蔵を開始した。



















【社説】老朽原発の廃炉 採算考え新しい流れに 【京都新聞】2017.10.20


河北新報・社説: 衆院選に問う 福島原発事故/汚染水東電任せでいいのか 10/20


【社説】大飯原発廃炉 「40年原則」当然の流れに 【信濃毎日新聞】2017.10.19


【社説】[原発政策] 正面から論議深めたい 【南日本新聞】2017.10.18


【社説】地域と原発 住民の不安に応えてこそ 【西日本新聞】2017.10.18


【社説】【2017衆院選 エネルギー政策】原発の行方を決定付ける 【高知新聞】2017.10.18


【社説】原発政策 現実的な道筋示し論じよ 【山陽新聞】2017.10.18


大飯原発1、2号機の廃炉検討 関電、再稼働の採算合わず 【東京新聞】2017.10.17


【社説】原発政策 具体的な展望示し活発な論戦を 【愛媛新聞】2017.10.14


神鋼改ざん 福島第2にも納入: 神鋼の不正製品、福島第二原発にも納入 交換前で未使用 10/13


【社説】日本の岐路 エネルギー政策 原発依存からの出口は 【毎日新聞】2017.10.13


原発、復興語らぬ候補者 福島・いわきルポ 【東京新聞】2017.10.12


核燃料再処理工場は保安規定に違反 本格運転への審査中断 【NHK】2017.10.11

原発事故訴訟 一部に「平穏に生活する権利」侵害を認定 【毎日新聞】2017.10.10


原発事故巡る集団訴訟、国と東電に賠償命令 福島地裁 【朝日新聞】2017.10.10


原発訴訟で国と東電に賠償命令 福島地裁 【東京新聞】2017.10.10


原発事故、国の責任再び 指針超え5億円賠償命令 東京新聞 10/10


原発事故避難者「大きな前進」 国・東電に賠償命令  日経新聞 10/10


千葉・原発避難訴訟  「ふるさと喪失」初認定 賠償上積み 毎日新聞 9/22


【社説】柏崎刈羽原発「合格」 審査に疑問、廃炉の道を 【琉球新報】2017.10.09


【社説】東電柏崎原発「合格」 結論ありきの拙速さ容認し難い 【愛媛新聞】2017.10.07


柏崎刈羽 「適合」を了承 規制委 地元同意見通しなく 【東京新聞】2017.10.04


徳島新聞・社説: 10月4日付  柏崎刈羽原発   「合格」ありきの審査では  


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある



【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹
 ○9月27日、憲法研究者の有志で、「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」(https://goo.gl/GPcNkN)(以下、緊急声明)を発表しました。10月6日現在で、95名の賛同者を得ています。この声明発表にかかわったひとりとして、緊急声明の概要を紹介し、また若干の補足をします。
 わたしたちは、今回の解散・総選挙にいたる手順が、議会制民主主義の趣旨にそぐわないこと、今後の総選挙とその結果が憲法と立憲主義を危機にさらすおそれのあること、主権者がこの総選挙の意味を十分に認識し、メディアが公正な立場から報道することが必要性であることを、声明のなかでうったえました。
1、 解散・総選挙にいたる手続は、憲法がさだめた議会制民主主義に、幾重にもわたって反するものでした。
 まず、政府は、野党から出された臨時国会の召集を、必要な合理的期間をこえて、三ヶ月以上も放置してきました。このことは、国会の少数派に臨時国会の開催要求権を認めた憲法53条に反する行為です。
 次に政府は、臨時国会冒頭に、衆議院を解散しました。これは(かりに、内閣が衆議院の解散の決定権を有するという7条解散説にたったとしても)、解散権のあきらかな濫用にあたります。
 しかも臨時国会召集決定の拒否と解散が、どれも、森友学園・加計学園事件(国有財産の私物化)、共謀罪法案の強行採決(国民の多様な意見に耳を傾けてすすめられるべきである議会制の軽視)、稲田防衛大臣(当時)らの任命責任(内閣が連帯して国会に責任を負う議院内閣制の軽視)といった、きわめて重要な(そして憲法ともかかわる)問題の幕引きをはかったものでした。この点も、看過するわけにはいきません。
 緊急声明を発表した翌日に、改案・総選挙の実施は既成事実となってしまいました。
 しかしわたしは、このような議会制民主主義の破壊行為について、しつこいほどに批判を続け、またそのことをひろく主権者に知らせることが、憲法研究者に求められる役割だとかんがえています。
2、「大義なき解散」という批判にたいして、自民党は、泥縄式に「大義」をでっちあげようとしています。しかしこれは、憲法破壊につながります。
 自民党は、選挙公約に「改憲」を入れました。
 しかし「どこをどう変えるか」という具体的な内容を明記しないまま、漠然と選挙公約の項目に改憲を入れることは、ほんらい慎重な判断を必要とする改憲議論のすすめ方として、異常なものです。衆議院議員選挙とだきあわせにすることによって、国民の「承認」をかすめ取ろうとしているのであるとすれば、その「党利党略」さは許されるものではありません。
 
 首相は、憲法に自衛隊を明記する「加憲」論をとなえています。「加憲」という名をまとうことで本質を隠そうとしていますが、これはまごうことなく九条改憲であり、日本を戦争をできる国に近づけるためのものであると、わたしはかんがえます。
 自民党の公約の概要すら不明な段階での声明だったことから、この問題は緊急声明のなかで詳細にとりあげることはできませんでした。今後はこの点も、いろいろな場で明らかにしてしていきたいとおもいます。
3、マスメディアには、今度の選挙にあたって、自由闊達で国民的な論議を喚起する報道姿勢を堅持することを期待しました。またわたしたち憲法研究者の役割を再確認しました。
 今回の総選挙においてもっとも重要な課題は、強権的な政治手法と議会制民主主義を軽視する政治にストップをかけること、特定秘密保護法・安保法(戦争法)・共謀罪法を廃止し、立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻し、国民のための憲法政治を実現していく道を切り開いていくことでしょう。
 憲法は、図らずも、5年近くにわたって安倍政権が行ってきた諸施策に国民の審判が下す機会が与えられました。主権者としての見識と力量を発揮するチャンスが到来しました。
 ここで最後に、緊急声明の最終パラグラフそのまま再掲します。
「憲法を擁護するため、わたしたち国民に、「不断の努力」(憲法12条)、「自由獲得の努力」(憲法97条)が、いまほど強く求められたことはない。しかしその「努力」は必ずや実を結ぶであろう。そのことは歴史的事実であり、また私たちはそのことを信じている。」



イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)




長妻昭‏ 認証済みアカウント   @nagatsumaakira フォロー中 @nagatsumaakiraさんをフォローしています その他 自民党が予算委での与野党質問時間の配分比を前例に反し野党分を削減するよう主張。絶対、容認できない。自民党が野党時代、強力に要請をして今の配分比となった。野党の質疑時間を減らす姑息な試みは止めて総理の言う丁寧な説明に努めてもらいたい。 1:34 - 2017年10月28日 2,123件のリツイート 1,982件のいいね
  ★勿論、然り! 国会は、言論の府!而も、主権者、国民の為に、議論し、情報公開し、説明も尽くすが本筋。譲るべからず! 陣笠の多寡の問題ではない。


宮本徹‏ 認証済みアカウント   @miyamototooru フォローする @miyamototooruをフォローします その他 野党の衆院質問時間、削減検討 政府・自民、配分で:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASKBW5J39KBWUTFK010.html … 国民を説得する自信がないので、野党が国民のもつ疑問点をただすことを封じようとする。議席があれば、国会審議など関係ないと言わんばかりの独裁国家的発想だ。 15:17 - 2017年10月27日 578件のリツイート 364件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 ほらきた。税金投入するってよ 「安倍首相、神戸製鋼データ改ざん問題について「信用を取り戻すべく政府と産業界一丸となって取り組みたい」 信用取り戻すべく一丸で取り組むと首相 | 2017/10/22 - 共同通信 47NEWS 14:38 - 2017年10月22日 687件のリツイート 222件のいいね


🏕 インドア派キャンパー‏  @I_hate_camp フォローする @I_hate_campをフォローします その他 だいたい、自民党/公明党のボンクラども、自画自賛と安倍へのヨイショ、そして御国自慢くらいしかする事無くなってて、時間を持て余して般若心経唱えるバカも出るくらい。これ以上の質疑時間配分で何をやるつもりなのか。 17:14 - 2017年10月27日 458件のリツイート 196件のいいね
  ★質問事項がなければ、時間は、返上せよ。余ったから、般若心経を唱える???など、道理に適わぬ。必要な野党議員に、回すべし!


福山哲郎‏ 認証済みアカウント   @fuku_tetsu フォローする @fuku_tetsuをフォローします その他 特別国会は、11月1日に召集されることとなりましたが、8日間の会期にとどまり、また実質的な質疑のないままに終わる見込みとの報道が出ています。少なくとも、特別国会で全く議論をしないということはありえないと、引き続き実質的な審議の実施を求めて参ります。 23:55 - 2017年10月26日 2,017件のリツイート 4,018件のいいね


  🏕 インドア派キャンパー‏  @I_hate_camp フォローする @I_hate_campをフォローします その他 これは「緩み」ではない。実質的に議会機能を停止させる「破壊行為」だ。まさしくナチスがやった事をなぞり始めている。 7:47 - 2017年10月27日 451件のリツイート 224件のいいね


baritsu‏  @rixion フォローする @rixionをフォローします その他 経団連会長がそこまで言うなら仕方ない。法人税率を上げよう。。 経団連会長「痛み伴う改革を」 | NHKニュース 4:06 - 2017年10月23日 4,086件のリツイート 2,938件のいいね
  ★内部留保406兆円も、労働分配率向上、購買力向上、国内、景気好循環の為、再配分いたしましょう。 


ガイチ‏  @gaitifuji フォローする @gaitifujiをフォローします その他 ガイチさんがキャオ@大阪トホホ団亡者戯をリツイートしました また、与党質問の時に、延々と般若心経聞かされるハメになるのかねえ。因みにこの配分、麻生政権の時は与党4野党6だったのを民国社の連立政権の時に与党2野党8に変えとります ガイチさんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 7:01 - 2017年10月27日 319件のリツイート 123件のいいね
  ★そう、質問時間すら、自分の、議員特権と心得て、不届きな振る舞いした陣笠も、或いは、質疑時間浪費に邁進する首相もいましたねー


【国会の質問時間の配分】 ◆麻生政権までは「与党4、野党6」が慣例だった ◆民主党政権下で「与党1、野党9」になり、 ◆安倍政権も通常「与党2、野党8」としている しかし 選挙に勝ったから「与党7、野党3」にしろと。 自民の「謙虚に」とは「野党は謙虚にしろ」という意味だった訳か 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 3:34 - 2017年10月27日 1,392件のリツイート 580件のいいね ">盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社‏  @product1954 フォローする @product1954をフォローします その他 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんがキャオ@大阪トホホ団亡者戯をリツイートしました 【国会の質問時間の配分】 ◆麻生政権までは「与党4、野党6」が慣例だった ◆民主党政権下で「与党1、野党9」になり、 ◆安倍政権も通常「与党2、野党8」としている しかし 選挙に勝ったから「与党7、野党3」にしろと。 自民の「謙虚に」とは「野党は謙虚にしろ」という意味だった訳か 盛田隆二『焼け跡のハイヒール』祥伝社さんが追加 キャオ@大阪トホホ団亡者戯 @tohohodan きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだ… 3:34 - 2017年10月27日 1,392件のリツイート 580件のいいね
  ★否、実に、呆れた!「与党7、野党3」にしろ


渡辺輝人‏  @nabeteru1Q78 フォローする @nabeteru1Q78をフォローします その他 だって野党面した与党の工作隊なんだから仕方ないじゃないか。 / “立憲民主が維新「排除」と批判 | ホウドウキョク” 23:42 - 2017年10月27日 500件のリツイート 471件のいいね
  ★維新の立ち位置は、どんなものか? 自民党の補完勢力、第2自民党⁉  確か、小池氏と維新の松井氏、談合し、東西棲み分け(即ち、立憲民主党排除、刺客も送り)したのではなかったか。その経緯が、災いしたのでは⁉ 維新は、吾身も振り返られねば!


Yahoo!ニュース 速報や地震情報も‏ 認証済みアカウント   @YahooNewsTopics フォロー中 @YahooNewsTopicsさんをフォローしています その他 【パワハラで自殺 父「謝罪を」】さいたま市職員だった男性が自殺したのは職場のパワハラが原因だとして両親が市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で東京高裁は約1900万円の支払いを命じた。父親は「市は謝罪を」。 8:17 - 2017年10月26日 81件のリツイート 61件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 @yujinfuseさんをフォローしています その他 布施祐仁さんが伊勢崎賢治をリツイートしました 自衛隊が国際人道法違反をした場合にそれを裁く法的な枠組みは絶対に必要です。それを、9条改憲をしなくてもよい方法を考えるのが護憲派の責務だし、僕もそれを探求したいと思っています。 布施祐仁さんが追加 伊勢崎賢治 @isezakikenji 世界に迷惑をかけるからまず自衛隊の法的な地位を国際法に則って決めろって議論を「敵に塩を送る」ってリベラルが言っちゃったら、やっぱ、もうダメだと思う。 7:09 - 2017年10月28日 51件のリツイート 45件のいいね 1件の返信 51件のリツイート 45 いいね 返信 1 リツイート 51 いいね 45 ダイレクトメッセージ ツイート内 テキスト     返信をさらに表示 新しいツイートがあります。「.」(ピリオド)キーを押すと表示します。 新しいツイートがあります。「.」(ピリオド)キーを押すと表示します。 新しいツイートがあります。


秋元才加‏ 認証済みアカウント   @akimotooo726 フォローする @akimotooo726をフォローします その他 私も高校の時、髪染めてないのに染めてるとひたすら言われて悔しくて、これでもかって位黒くしてやろうと黒染めしたら、父親が「なんだその髪色は!おかしいだろ!」って言って「私の娘はもとから赤毛だ!」って高校に来た事あった。 規則は大事だけど、大事な事もっとあるはず、ってその時思ったな。 0:05 - 2017年10月28日 4,445件のリツイート 8,564件のいいね


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 @hahagumaさんをフォローしています その他 「教育の憲法」改正…あれから 大西隆・論説委員が聞く | 考える広場 | 朝夕刊 | 中日新聞プラス 7:46 - 2017年10月28日 16件のリツイート 12件のいいね
  ★教育基本法のこと、ね。


K.SAITO 戦争法  ⚡ 原発再稼働NO!‏  @Remember311919 フォロー中 @Remember311919さんをフォローしています その他 サーロー節子さん:国連の委員会で採択された日本政府主導の核兵器廃絶決議が核兵器禁止条約に言及していないことについて「被爆者への裏切りだ。失望を超え、腹立たしい」 6:46 - 2017年10月28日
  ★実に、御尤も。政府による、主権者への裏切り、後ろから鉄砲?


松尾 貴史‏  @Kitsch_Matsuo フォローする @Kitsch_Matsuoをフォローします その他 松尾 貴史さんがワイド師匠をリツイートしました 与党内で異論が出てないから予算案が出るのですから、基本的に野党が疑問を突くことを尊重しないなら、時間の浪費と審議の妨害以外の何物でもないです。お手盛りの八百長をやりたがるのは、隠したい事、逃げたい事があるからです。 松尾 貴史さんが追加 ワイド師匠 @feedback515 「与党議員ばかりが質問する国会」 ↑意味ありませんよ、こんなの。 与党側の質問自体、要らないくらいなのに。… 5:03 - 2017年10月28日 551件のリツイート 438件のいいね


きむらとも‏  @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 こればかりは絶対に許さないし、これを許してしまったら日本の民主主義は完全に終わる。独裁だ。そもそも民意と議席数に比例関係はない。「安倍政権が続いたって独裁なんかになるワケないじゃん」と言っていた人、さすがにこれには、目を覚ますよな。 20:09 - 2017年10月27日 2,926件のリツイート 1,807件のいいね


中野晃一 Koichi Nakano‏  @knakano1970 フォローする @knakano1970をフォローします その他 昭恵や加計の証人喚問は、国会が決めること、と言い逃れてきた首相が、国会での自分への野党質問の時間削減を指示してる論理破綻。 野党、国会での質問削減案に反発 首相へ説明責任要求 | 2017/10/28 - 共同通信 47NEWS 5:32 - 2017年10月28日 562件のリツイート 339件のいいね


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 @aequitas1500さんをフォローしています その他 いつまでも金持ちにとっての「痛みを伴う改革」から逃げてるんじゃないよ。早急に大企業の法人税増税、累進課税の強化、金融取引税など税制の改革が必要。 <教育無償化>誰のため? 財政圧迫 低所得層恩恵薄くhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00000014-mai-pol … @YahooNewsTopics 14:56 - 2017年10月28日 33件のリツイート 13件のいいね


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 @wakamono_kenpouさんをフォローしています その他 ミュージシャンの佐野元春さん 「もし核廃絶という目標を本気で持っているならば、日本のリーダーがお祝いのコメントを発信してほしい」。 8:11 - 2017年10月28日 46件のリツイート 40件のいいね









志村建世のブログ: 公明党は安倍政権から離脱せよ ・ブログ連歌(497) 10/27
 〇(熊さん)こんどの選挙で議席を減らした公明党が、内部でぎくしゃくしてるようですよ。自民党への不満があるんだって。
(ご隠居)そりゃご愁傷様だな。もともと自民党は公明党の票が欲しくて連立を組んでるだけだよ。本気で公明党を助けようなんて思ってないさ。公明党と連立なんたって、閣僚には国土交通大臣を一人入れているだけだよ。
(熊)そうなんですか、形ばかりの連立ですね。そう言えば、自民党が公明党の応援演説をしてる場面なんて、見たことがないや。
(隠)そうだろう。そもそも自公連立のルーツを探ると古い話になるが、落ち目になってた自民党が、長いこと敵対してた社会党に抱きついて政権に復帰した、村山内閣の時代というものがあったんだ。自民党と社会党が連立するという奇策で、世間をあっと驚かせたものだよ。そこから連立の相手を公明党に取り替えて、安定政権を作るという知恵を定着させてきたわけだな。公明党は、政権与党に加わってみて、よほど気分が良かったんだろう。そのままずっと来てしまった。
 だけどね、そのまた前の時代には、社公民共闘というのがあって、公明党は社会党、民社党といっしょに自民党政権を倒す側にいたんだ。つまり公明党は支持母体の関係で、絶対に単独では政権党になれない宿命があるんだよ。そして綱領には次の7項目を掲げている。
 ①〈生命・生活・生存〉の人間主義
 ②生活者重視の文化・福祉国家
 ③人間と自然の調和
 ④人類益をめざす地球民族主義へ
 ⑤世界に貢献する日本
 ⑥草の根民主主義の開花と地方主権の確立
 ⑦民衆への献身とオピニオン・リーダー
(熊)へーっ、なかなか結構じゃないですか。
(隠)安倍自民党とは、だいぶ肌合いが違うのがわかるだろう。やはり今は野党でいるのが似合うと思うわけさ。少し持上げて言えば、いつまでも保守党の補完勢力でいたら、もったいないですよ、立党の精神に立ち返って、平和と改革の側に立ったらどうですか、ということだな。



Dr.サキ‏  @XKyuji フォローする @XKyujiをフォローします その他 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/216266 … 東大の醍醐聰名誉教授を中心とする「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は、8月21日に続いて10月24日に2回目の佐川国税庁長官の罷免を求めて 「申し入れ」をした。未だに就任の挨拶もしていない。安倍総理と同様、逃げ回っている。 2:25 - 2017年10月26日 235件のリツイート 140件のいいね


HOM55‏  @HON5437 フォロー中 @HON5437さんをフォローしています その他 過去の森友学園問題質疑。蓮舫議員が総理に質問すると、聞いても無い事を延々と話し続けて、時間を消費し相手を小ばかにする酷い答弁が返ってきた。質問10秒にに対してこの長文。国会を愚弄するのもいい加減にしろ! #森友学園 4:51 - 2017年10月26日 2,067件のリツイート 1,483件のいいね
  ★侮り、驕り、ヘイトが身上。後は、主権者が切り捨てるだけ。或いは、自民党が気が付くか?


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 麻生氏発言の撤回や謝罪求める考え 立民 長妻代表代行 | NHKニュース 2:45 - 2017年10月27日 546件のリツイート 913件のいいね
  ★最近の言動は、常軌を逸しているが、侮り、驕り、ヘイトは、安倍と同列。もう、定年だったか⁉ 2匹ともに、好戦的で、有害無益


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 自民党が大勝した先の衆院選結果について「北朝鮮のおかげ」と麻生太郎副総理が発言。とんでもない。北朝鮮の脅威を言っているのは、自民党の党勢拡大のためなのか。どう言うことだ。 21:47 - 2017年10月26日 558件のリツイート 567件のいいね


山本太郎 反緊縮・金持ちから取れ‏ 認証済みアカウント   @yamamototaro0 フォロー中 @yamamototaro0さんをフォローしています その他 安倍政権はブレてない、一貫している。 通常国会を延長しなかったのも、憲法53条違反の臨時国会を召集しなかったのも、解散総選挙も、 年内臨時国会なしも、全て疑惑の追及をさせない為。 自己都合を貫くその姿はブレず一貫している。 http://www.asahi.com/amp/articles/ASKBT658FKBTUTFK011.html … 0:47 - 2017年10月26日 2,500件のリツイート 1,991件のいいね


金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【議会を徹底的に開かない】アベは11月1〜8日まで特別国会を開くというが、ひどい印象操作だ。3日は文化の日、4〜5日は土日で休み。5〜7日はトランプ来日騒動。残るは1,2.8日の3日間だけ。国会は首班指名でほとんど終わり。森友加計隠しで、どこまでも議会制民主主義を否定するアベだ。 21:08 - 2017年10月25日 3,352件のリツイート 2,290件のいいね


山添 拓‏  @pioneertaku84 フォローする @pioneertaku84をフォローします その他 政府・与党が臨時国会見送りで調整へとの各紙記事。さすがに「違うだろー!」とも言いたくなる。都議選後は「丁寧に説明する」、冒頭解散を問われれば「街頭で直接訴える」、選挙で語らないと指摘されれば「街頭演説は15分しかない」ーー安倍首相、逃げ回るのはいい加減にせよ。徹底審議の国会を! 20:18 - 2017年10月25日 864件のリツイート 677件のいいね


千葉県市民連合‏  @chibashiminren5 フォロー中 @chibashiminren5さんをフォローしています その他 千葉県市民連合 呼びかけ人でもある元山健さん(龍谷大名誉教授・憲法学)の説明が掲載されています。 特集ワイド:9条2項+「自衛隊」=交戦OKか - 毎日新聞 1:01 - 2017年10月27日 18件のリツイート 13件のいいね


daily olivenews‏  @olivenews フォロー中 @olivenewsさんをフォローしています その他 【生中継☆10月29日(日)14時~】 安倍9条改憲NO!3000万署名街頭宣伝 http://kyujokowasuna.com/?p=2767  場所:新宿駅南口 中継・収録→http://ustre.am/113eh 


キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏  @tohohodan フォロー中 @tohohodanさんをフォローしています その他 きょうの自民党役員会では今回の結果を受けて国会での質問時間をこれまでの「与党2:野党8」を「与党7:野党3」にしてはどうかという案も出た。 自民党幹部のひとりは「選挙でこれだけの議席を頂いたのだからその民意を反映させるため」と前向き。 「謙虚に」を連呼しても所詮こんなもの。 2:16 - 2017年10月27日 959件のリツイート 357件のいいね
  ★自民党の、比例得票率を知らんのか⁉ 33%








志村建世のブログ: 忘れてもらっては困る ・ブログ連歌(497) 10/26
 〇総選挙が終って間もなく国会が始まるが、安倍政権与党は新衆議院の構成を決める事務手続きを中心にして、具体的な審議には踏み込まない意向のようだ。まだホットな話題である首相夫人がらみの「もりかけ」問題が炎上しないように、なるべく長い冷却時間が欲しいのが見え見えになっている。マスコミもそれに協力するつもりかと思っていたら、東京新聞だけは会計検査院に取材して、それを今日のトップ記事にした。
 内容は問題国有地のごみ撤去費用見積もりの妥当性を論じたもので、文字通りにゴミを拾うような地味な取材と思われる。しかし結果として国の財産が不当に安く払い下げられた、つまり国庫に入るべき金が個人の懐に入った事実をあぶり出して見せている。
 今回の選挙でも政権与党は深く傷つくことはなかった。その理由については野党の分裂などがいろいろに論じられているが、どう見ても安倍政権が積極的に支持されたという雰囲気ではなかった。負けなかったという理由で、すべてについて信任を得た、つまり「禊(みそぎ)は済みました」と言える状況でないことは疑いようがない。
 第一野党となった立憲民主党は、史上最小の「第二党」だそうだが、次の国会では、少数でも精鋭の力を発揮して、疑惑は徹底的に追及してほしい。常識で考えれば、首相の昭恵夫人は、証人喚問に必須の人物と言われているではないか。遠慮は要らない。国民の一人として、疑惑の解明には協力する義務を負っている。
 「もりかけ」疑惑を、決して闇に葬らせてはいけない。立憲民主党は、精鋭のチームを組んで疑惑解明に当ってほしいと思う。この問題だけでも、安倍政権は崩壊の弱点を抱えているのではなかろうか。


小沢一郎(事務所)‏ 認証済みアカウント   @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 政府与党、特別国会「所信表明なし」、臨時国会は見送りの方針。結局、こういうこと。安倍総理は、あれだけ国難国難と大騒ぎしておいて、国会審議を来年まで全くやらないつもりである。疑惑隠し選挙をやっただけでは飽き足らず、今度は追及が困るから国会もやらないと。卑劣の極み。到底容認しがたい。 23:46 - 2017年10月25日 2,299件のリツイート 2,006件のいいね


m@itta‏  @fmdoskume フォローする @fmdoskumeをフォローします その他 直木賞作家・中島京子「国民をバカにするひどさは安倍政権で底が抜けた」 2:44 - 2017年10月25日 342件のリツイート 278件のいいね


岩上安身‏ 認証済みアカウント   @iwakamiyasumi フォロー中 @iwakamiyasumiさんをフォローしています その他 岩上安身の取材で「緊急事態条項」について「まさにナチス」と危機感を示した枝野氏と「自民改憲案? 読んでいない。緊急事態条項?初めて知った」とトボけた前原氏―両者の違いは明白!http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399880 … #ヤバすぎる緊急事態条項 14:55 - 2017年10月26日 7件のリツイート 3件のいいね


日刊ゲンダイ‏  @nikkan_gendai フォロー中 @nikkan_gendaiさんをフォローしています その他 【健康】予備群だって危ない…高血糖を放置するとがんを招く https://hc.nikkan-gendai.com/articles/216365  #日刊ゲンダイDIGITAL 14:55 - 2017年10月26日 5件のリツイート 3件のいいね


渡辺輝人‏  @nabeteru1Q78 フォローする @nabeteru1Q78をフォローします その他 森友学園問題はこれからが山。首班指名後の臨時国会は待ったなし。野党は首班指名後にただちに臨時国会の召集要求をすべし。希望の党が野党なのか与党なのかもそこである程度計れる。 / “森友への値引き6億円過大 国有地売却、会計検査院が…” 17:00 - 2017年10月25日 999件のリツイート 628件のいいね


柴山哲也(普通のジャーナリスト)‏  @shibayama_t フォローする @shibayama_tをフォローします その他 柴山哲也(普通のジャーナリスト)さんがumekichiをリツイートしました 日本外国特派員協会の会見を聞いて詩織さんの告発の真実を知ったが、この事件はレイプ犯罪の告発のレベルを超えた事件の闇をあぶり出す。松本清張の権力犯罪小説を読んだときのような日本の深い霧を感じた。また特派員協会は詩織さんの5月の会見は拒否、衆院選後に延期した内部事情にも興味を持った。 柴山哲也(普通のジャーナリスト)さんが追加 0:39 umekichi @umekichkun 東京新聞 望月記者。 山口敬之のレイプ事件。 「内閣情報調査室のトップ、北村滋さんの指示で、被害者を誹謗中傷する様な、チャート図を作って、記者に渡すのは大問題。… 6:52 - 2017年10月25日 110件のリツイート 53件のいいね


台風情報‏  @TAI_HU フォローする @TAI_HUをフォローします その他 【台風22号 経路図】[No. 10270651] 14:51 - 2017年10月26日 22件のリツイート 8件のいいね


清水 潔‏  @NOSUKE0607 フォローする @NOSUKE0607をフォローします その他 「公にしてからバッシングを受けて前のように生活できなくなったが、隠れなければならないのは被害者ではない」と語った。レイプ被害訴え 伊藤詩織さん https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/216263 … #日刊ゲンダイDIGITAL 15:48 - 2017年10月25日 869件のリツイート 787件のいいね





KK‏  @Trapelus フォローする @Trapelusをフォローします その他 【「佐川長官」罷免要求 第2弾】モリカケ問題は終わらない この署名は、名前や住所を記したものだ。それが2万筆も集まっているのは、いかに「佐川長官降ろし」の動きが根強いかの裏返しだ 総選挙の勝利でモリカケ問題をリセットできると思ったら大間違いだ(日刊ゲンダイ) 23:58 - 2017年10月24日 293件のリツイート 166件のいいね
  ★終わるどころか、今朝、火に油が注がれた⁉ ニュース『森友への値引き6億円過大 会計検査院が疑義』 NHK発表なし


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 @SDPJapanさんをフォローしています その他 又市征治幹事長は、本日の会見で、11月1日から8日間の特別国会召集について、「首班指名だけで閉幕し、森友・加計学園疑惑の追及から逃げようとするなら許さない。国民に約束した丁寧な説明、謙虚な姿勢は選挙が終わると忘れるのか」と安倍政権を批判。臨時国会開会要求を行う意向を語った #国会 1:36


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 フザケルナ! ⇒ 特別国会「所信表明なし」公算大、審議なし続く : 読売新聞 20:34 - 2017年10月25日 644件のリツイート 381件のいいね
  ★絶対多数議席、返上する⁉ 恥じて!立憲民主党に譲るか …こんな騙しの成果で、憲法改正、改悪する??? さもしく、アサマシイ、噓吐き安倍には、相応しいか!


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 「インスタ映え」「手作り感」 立憲民主党のSNS戦術にハフポスト編集長「ネットメディアにとっても新しい政党が出てきた」|Abema TIMES https://abematimes.com/posts/3144821?categoryIds=92058 … #AbemaTV 14:31 - 2017年10月25日 362件のリツイート 1,206件のいいね
  ★NHK、民放が、政府、自民党の機関紙、広告塔となるなら、猶更、自前の、情報誌、ネット、動画を独自で持たないと。 立憲民主、共産党、社民党も。


白石草‏  @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 最悪。 独法:自主避難8世帯の退去求め提訴 山形地裁米沢支部に - 毎日新聞 9:21 - 2017年10月25日 57件のリツイート 23件のいいね


弁護士 太田啓子‏  @katepanda2 フォロー中 @katepanda2さんをフォローしています その他 やれやれ。アウト事案と感じる。今後立民党は対応を誤りませんように。ほんとこういうことは政治的志向に関わらずありますね。 立憲民主党・青山雅幸議員の“セクハラ”を秘書が告発(文春オンライン) - Yahoo!ニュース 4:41 - 2017年10月25日 443件のリツイート 344件のいいね


伊波 洋一 (いは よういち)‏  @ihayoichi フォロー中 @ihayoichiさんをフォローしています その他 「辺野古新基地工事海域に活断層か」加藤祐三琉大名誉教授が危険性指摘。新基地予定地近くに「辺野古断層」と「楚久断層」の2本の断層があるのは知られており、その延長線上の海底に断層による落ち込みがあり、活断層の可能性があると危険性を指摘。 8:02 - 2017年10月25日 61件のリツイート 29件のいいね


こたつぬこ‏  @sangituyama フォロー中 @sangituyamaさんをフォローしています その他 要するにババ抜き 3:11 - 2017年10月26日 39件のリツイート 27件のいいね
  ★賢明かも⁉ 民進党・無所属の方々とも、文をつけないと、局面転換できない…


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 特別国会は首相の所信表明なし 疑惑隠しで代表質問も拒否|ニフティニュース https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-423161/ … トランプとゴルフをする暇があるのなら、国会できちんと論戦を行え。森友問題に関する会計検査をどう受け止めるか、ぜひ聞きたい。 3:27 - 2017年10月26日 139件のリツイート 105件のいいね


umekichi‏  @umekichkun フォローする @umekichkunをフォローします その他 東京新聞 望月記者。 山口敬之のレイプ事件。 「内閣情報調査室のトップ、北村滋さんの指示で、被害者を誹謗中傷する様な、チャート図を作って、記者に渡すのは大問題。被害者を冒涜する様な調査があったのか?」 菅「仮定の話しには答えかねる」 これが日本政府。酷いでしょ。 #MeToo 0:26 3:46 - 2017年10月25日 1,669件のリツイート 1,012件のいいね




きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文






NHK: 台風22号 九州南部が暴風域に 土砂災害・氾濫など警戒を 10/29
 〇台風22号は、九州南部を暴風域に巻き込みながら北東へ進んでいて九州南部では風が非常に強まっているほか、断続的に非常に激しい雨が降り、宮崎県では、この24時間に降った雨の量が450ミリを超え、平年の10月1か月分のおよそ2倍に達しています。
 台風はこのあと西日本と東日本の南の海上を東寄りに進み太平洋側を中心に広い範囲で雨や風が強まる見込みで、気象庁は土砂災害や川の氾濫、暴風、高波などに警戒するよう呼びかけています。
 気象庁の発表によりますと、台風22号は、午前7時には、鹿児島県の種子島の東北東90キロの海上を1時間に35キロとやや速度を上げて北東へ進んでいると見られます。
 中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

 この時間、鹿児島県と宮崎県の一部が台風の暴風域に入っています。
 九州南部と四国には、台風本体の発達した雨雲がかかり、午前6時までの1時間にはいずれも宮崎県が設置した雨量計で串間市で50ミリの非常に激しい雨を観測したほか、日南市では37ミリの激しい雨を観測しました。
 また午前6時半までの1時間には高知県の足摺岬で31.5ミリの激しい雨が降りました。
 宮崎県内では午前6時までの24時間に降った雨の量が多いところで450ミリを超え、平年の10月1か月分のおよそ2倍に達しています。
 これまでの雨で宮崎県と鹿児島県には土砂災害の危険性が非常に高まり自治体が避難勧告などを出す目安とされる「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。
 発表されているのは、宮崎県が宮崎市と日南市、串間市、鹿児島県が鹿屋市と肝付町、それに大崎町などです。
 また宮崎県では串間市を流れる本城川と、日南市を流れる広渡川で洪水の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えています。
 九州南部では風も非常に強まり、長崎県の雲仙岳で午前5時半ごろに43.9メートル、鹿児島県の種子島で午前6時40分ごろに34.6メートル、宮崎空港で午前5時40分ごろに、34.5メートル、鹿児島県枕崎市で午前6時10分に30.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。
 九州南部と鹿児島県の奄美地方ではこのあと数時間、非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。
 また海上を中心に猛烈な風が吹いて大しけが続く見込みです。
 台風はこのあと勢力を保ったまま次第に速度を上げて西日本と東日本の南の海上を東寄りに進む見込みで、太平洋側を中心に広い範囲で雨が強まり、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。
 30日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで東海で200ミリ、近畿と北陸、関東甲信で150ミリ、四国で120ミリ、九州南部と東北で100ミリと予想されています。
 また西日本と東日本の太平洋側では30日にかけて猛烈な風が吹くところがあるほか海上も大しけとなる見込みです。
 29日に予想される最大風速は九州南部と伊豆諸島で30メートル、鹿児島県の奄美地方と四国、近畿、東海、関東で25メートル、九州北部と北海道で20メートルで、最大瞬間風速は30メートルから45メートルに達する見込みです。
 29日の波の高さは九州南部と奄美地方、伊豆諸島で8メートル、沖縄県と四国、近畿、東海、それに関東で7メートルの大しけになると予想されています。
 気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

NHK: 台風22号 沖縄本島暴風域に 土砂災害などに警戒 10/28


NHK受信料 合憲か、双方から意見 最高裁、初判断へ 毎日新聞 10/25
 〇NHK受信料制度の合憲性が争われた訴訟の上告審で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、原告のNHKと、受信料の支払いを拒んだ被告男性の双方から意見を聴く弁論を開いた。NHK側は「豊かで良い番組を放送するために受信料は不可欠だ」と主張し、男性側は「支払いの強制は憲法が保障する契約の自由を侵害する」と述べた。大法廷は合憲性について年内にも初判断を示す見通し

 放送法64条では、テレビなどの放送受信設備の設置者は「NHKと受信契約をしなければならない」と規定。今回の訴訟では、この条文の解釈と憲法適合性が争点となっている。
 先に弁論した男性側は、64条について「努力義務を課した訓示規定に過ぎない」と主張。契約を強制していると解釈すると「NHKに課税徴収権を認めるに等しく、非民主的だ」と述べた。
 これに対してNHK側は「時の政権におもねらず不偏不党を貫き、視聴率にとらわれない多角的視点を踏まえた番組を放送するために、安定財源を確保する手段として制度は不可欠だ」と反論。必要性と合理性があり、合憲との見解を示した。
 今回の訴訟では、受信契約がいつ成立するかも焦点となっている。NHK側は「契約申込書が設置者に到達した時点で成立する」と主張してきたが、1、2審はこれを否定。設置者が支払いを拒否した場合は、「契約の承諾」を命じる判決が確定した時点で成立すると判断している。(⇒個々に訴訟し、確定判決を得ねば、双務・契約不成立)
 一方で、NHKが主張する契約の「自動成立」を認めた他の判決もあり、下級審の判断は分かれている。大法廷は、この点についても統一判断を示すとみられる。
 今回の訴訟では、NHKが東京都内の男性を相手に受信料支払いを求めて提訴。1、2審は制度を合憲と認め、約7年分の受信料に当たる約20万円の支払いを命じた。【伊藤直孝】
「公共放送」見解も判断
 最高裁は判決で受信料制度について法的判断を出すとともに、NHKの役割や公共放送の意義についても何らかの見解を示すとみられる。憲法適合性の判断に当たり、制度の合理性や必要性を具体的に検討しなければならないからだ。NHKの役割については、NHKの主張と、国が4月に提出した意見書の間にも微妙なズレが見られ、最高裁の判断が注目される。
 放送法15条はNHKの目的を「日本全国で受信できる豊かで良い放送番組を放送する」とする。NHKは弁論で、具体的な番組名として身元不明遺体が全国で3万人超に上ると紹介したNHKスペシャル「無縁社会」(2010年1月放送)を例示。「長期取材で問題を提起して議論を生み出し、視聴しなかった人も放送の恩恵を享受できている」と述べ、公共放送の役割を果たしているとアピールした。
 一方、国(法務省)は、制度を合憲とする根拠として意見書で「NHKは災害・有事に的確な情報を提供するインフラで、受益者である国民が受信料を負担するのは合理的」と説明。だが、NHK側の弁論は、災害・有事対応についてはほとんど触れなかった。
 放送法に詳しい山田健太専修大教授(言論法)は「国の意見は行政情報を伝達するという狭い意味での公共放送の役割に過ぎない」と指摘。「受信料制度は罰則がなくあいまいな制度だが、仮に司法判断が支払いを強制する方向を強調しすぎるとNHKと公権力との関係が近くなり、表現の自由が制約を受ける恐れがある。独立性、多様性を保持した真の公共放送とは何なのか、司法の指摘を注視したい」と話す。【伊藤直孝】
  ★国営放送(安倍サマのNHK)と公共放送の、峻別! 立ち位置明らかに!市民から、金を取るなら、NHKと消費者、市民との関係、明らかに。安倍人事は、切れ


NNN: 日本提出の“核廃絶決議案”採択も、賛成減 10/28
 〇国連総会の委員会は27日、日本が提出した核兵器を廃絶する決議案を採択した。ただ、日本などが参加していない「核兵器禁止条約」には触れなかったことで、例年より賛成国は減った。
 日本が主導した核兵器廃絶決議案の採択は、24年連続になる。しかし今年は、7月に採択された「核兵器禁止条約」には触れていないことに一部の国からは不満の声が上がっていて、例年よりも多い30あまりの国が反対・棄権しての採択となった。
 高見沢軍縮大使「決議は採択はされたが、今回出た意見を受け止めながら、具体的措置をしっかり進めていくことが大事ではないか」
 12月には国連総会の本会議で採決が行われる予定で、唯一の被爆国・日本の姿勢が改めて問われることになる。

日本の核廃絶決議案に不満相次ぐ 賛成国大幅減の可能性 朝日新聞 10/27
 〇日本が国連総会に提出した「核兵器廃絶決議案」に対し、26日の第1委員会(軍縮・安全保障)で不満の声が相次いだ。昨年は109カ国だった共同提案国は、今回は約70カ国にとどまっており、27日午後(日本時間28日早朝)に予定される採決では賛成国が大きく減る可能性がある。
特集:核といのちを考える
 決議案は、被爆国の日本が1994年以来、毎年国連総会に提出。昨年は賛成167カ国(反対4)を集めるなど、多くの支持で採択されてきた。日本政府がこれまで核軍縮分野で存在感を発揮できたのは、毎年の決議案に対する支持国の多さが背景にあった。
 ところが、今年の日本の決議案は、核兵器使用の非人道性を訴える表現を弱めるなど多くの修正が加えられた。7月に122カ国の賛成で採択された核兵器禁止条約にも言及していない。米国が提供する「核の傘」を理由に、日本が核禁条約に不賛同だからだ。
 ブラジルは演説で核禁条約は「…



在日米軍基地縮小を 鳩山元首相、辺野古強行を批判 【琉球新報】2017.10.28
 〇【東京】東アジア共同体研究所理事長の鳩山由紀夫元首相、琉球民族独立総合研究学会の松島泰勝龍谷大教授、東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会の木村朗鹿児島大教授は26日、都内の日本外国特派員協会で会見し、北部訓練場のヘリパッド建設や辺野古新基地建設の強行を批判した。鳩山氏は「沖縄をはじめ日本から米軍基地を減らすことで、北朝鮮などが日本を攻撃する意図を無くしていくことが重要だ」と強調した。
 鳩山氏は政府の北朝鮮問題への対応について「対話の時代は終わったとするのは間違いだ。制裁の延長には戦争しかなくなる。そんな考えだから辺野古や高江の米軍基地新設、自衛隊の増強という発想になる」と批判した。「中国も含め、脅威は能力かける意図だ。その意図を無くしていけばいい」と主張し、沖縄をはじめ日本全国で米軍基地を減らすことを提起した。
 その上で東アジア共同体を実現することで軍事的衝突を回避できるとの考えを示した
 松島氏は独立論を展開した。「沖縄は植民地であり続けている。軍事基地化が進んでおり、日米は沖縄で戦争をしてもいいというメッセージを発している。そこから抜け出すことを重視している」と述べた。
 木村氏は昨年9月に発足した東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会の活動を紹介し、沖縄が自己決定権を行使していくことの重要性を指摘した。


「事実無根だ」名護署が米軍発言に反論 県の土壌採取、制限したのはどっち? 【沖縄タイムス】2017.10.28
 〇沖縄東村高江の米軍ヘリ炎上事故現場で、在日米軍が県の土壌採取を制限したのは「名護署だった」と回答した件で名護署は27日、「事実無根だ」と反論した。
 名護署は、内周規制線内で県の立ち入りを許可した時点で「米軍と協議して立ち入りを認めた。われわれが県の調査を止める理由がない」と回答した。
 県は事故後の17日と20日、調査のための土壌採取を制限され、十分な調査ができなかった。米軍は25日、調査を制限したのは「日本の警察」とし、26日には「沖縄県警とは言及していない。制限したのは名護署だった」と修正。県警は「警察が調査を止める必要性はなく、事実ではない」と重ねて否定しており、沖縄防衛局も米軍の認識が事実と異なることを指摘している。


米四軍調整官、沖縄・高江ヘリ炎上で県に謝罪 着陸帯の使用中止も検討 【沖縄タイムス】2017.10.28
 〇在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官(中将)が27日、沖縄県庁で富川盛武副知事と会談し、東村高江で発生した米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリの炎上事故について謝罪した。ニコルソン氏が今回の事故で謝罪するのは初めて。会談は事前に発表されず、非公開だった。
 会談後、富川氏は記者団の取材に応じ、ニコルソン氏が事故に関し「遺憾で、県民に不安を与え謝罪する」と述べたことを明らかにした。また、県が「N4」「H」地区の3カ所のヘリパッドの使用中止を求めたことに対し「地域住民の不安を和らげるために、検討することを約束する」と述べ、3カ所の使用中止を含め検討する考えを示した
 米軍が事故現場から持ち去った土壌は、現在コンテナ内で保管し、サンプル調査を実施しているという。
 富川氏は、事故原因が究明されない段階での飛行再開は認められないと重ねて指摘。その上で、有害物質の有無の調査や、事件・事故が起きた際、政府と米軍、県の3者を構成員とする新たな協議会の設置などを求めた。ニコルソン氏は協議会設置を検討する考えを示したという。
 県は会談の公開を求めたが、米側から非公開との要求があったという。富川氏は記者団に「クローズ(非公開)になり、申し訳ない」と陳謝。「県に来てもらい、謝罪の言葉を聞くことを優先した」と説明した。
 ヘリ事故後、県は抗議のためニコルソン氏に県庁へ来るよう要請していた。この日は、県側は謝花喜一郎知事公室長、米側は海兵隊政務外交部のダリン・クラーク部長(大佐)が同席し、約1時間会談した。



カタルーニャ自治権停止 スペイン政府 州全閣僚を解任 【東京新聞】2017.10.28
 〇【パリ=竹田佳彦】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題で、スペイン上院は二十七日、憲法一五五条に基づく自治権の停止を賛成多数で承認した。これを受けスペイン中央政府のラホイ首相は臨時閣議を開き、一方的な独立宣言に踏み切ったプチデモン州首相ら全閣僚の解任と州議会の解散、十二月二十一日の州議会選挙の実施を発表した。スペインは国家分断の事態にも発展しかねない危機に直面した。 
 ラホイ氏は二十七日の演説で「カタルーニャに法の支配を回復することが急務だ」と強調した。
 臨時閣議では、州警察長官の解任や州の外交機能を果たしてきた「カタルーニャ外交評議会」などの閉鎖も決定。州財政の監督も厳格化し、独立への財源流用を防ぐ方針を決めた。
 地元紙バンガルディアは、「実際の業務にあたる州の公務員に対し、命令に従うよう求めることになる」と伝えた。
 一方、州議会によるスペインからの独立宣言可決を受け、プチデモン氏は「合法的に選ばれた議員により、カタルーニャは大きな一歩を踏み出した。これから一体となって新しい国を築く」と演説。州都バルセロナ中心部には独立賛成派が多数繰り出し、州旗を振って宣言可決を祝った。
 カタルーニャは独自の文化や言語を持ち、独立志向が強い。繊維産業や観光業が盛んな経済先進地域で、スペインの国内総生産(GDP)の約二割を占める。独立志向の背景には、「国への納税額が多いわりに公共サービスは低水準」との住民の不満があるとされる。


米韓 北朝鮮の挑発抑止へ爆撃機など展開拡大 【NHK】2017.10.28
 〇アメリカのマティス国防長官と韓国のソン・ヨンム(宋永武)国防相、両国の軍幹部が北朝鮮への対応を議論する安全保障協議がソウルで開かれ、北朝鮮の挑発行動を抑止するため、アメリカ軍の爆撃機などの展開の拡大を図り、引き続き連携を強化することを確認しました。
 アメリカと韓国の定例の安全保障協議は28日、ソウルの韓国国防省で開かれ、アメリカ側からマティス国防長官、ダンフォード統合参謀本部議長、韓国側からはソン・ヨンム国防相、チョン・ギョンドゥ(鄭景斗)合同参謀本部議長などが出席しました。
 北朝鮮への対応が議論され、両国は北朝鮮の非核化と挑発を止める外交的な努力を軍事力で支えていくとしたうえで、アメリカ軍の爆撃機や空母など戦略兵器の朝鮮半島周辺への展開の拡大を図っていくことを確認しました。
 また北朝鮮の核・ミサイルの開発はアメリカと韓国だけでなく日本も含めた3か国の共通の脅威だとして、3か国間の情報共有と協力体制を推進していくことで合意したということです。
 アメリカ軍は、北朝鮮情勢への対応に当たる第7艦隊の管轄海域に3隻の空母を展開させるなど活動を活発化させ、来月のトランプ大統領のアジア歴訪を前に外交・経済に加え軍事的な圧力も強める構えを見せています。


NHK: トランプ氏 ケネディ暗殺事件の機密文書すべて公開の意向 10/29
 〇アメリカのケネディ元大統領の暗殺事件をめぐって、トランプ大統領は陰謀説を終わらせるためとして、CIA=中央情報局などの要請で公開を見送った機密文書についても、今後、生存している人の名前や住所を除いてすべて公開する意向を示しました。
 1963年にケネディ元大統領が南部テキサス州ダラスで銃撃されて死亡した事件では、元海兵隊員のオズワルド容疑者が逮捕され、調査委員会は単独犯だとする結論を出しました。
 しかし半世紀以上がたっても、キューバや旧ソビエト、それにCIAなどが関与したのではないかという陰謀説も絶えません。
 この暗殺事件をめぐって、捜査資料など機密文書の大部分はすでに公開されていますが、今月26日、これまで非公開だった2891件が新たに公開されました。

 ただ残る一部の文書については安全保障上の懸念などから、公開すべきでないとするCIAなどの要請を受け入れて、トランプ大統領の判断で公開が見送られ、180日の間に改めて公開の是非を検討することになりました。
 これについてトランプ大統領は27日、ツイッターで、あらゆる陰謀説を終わらせるためとして、今後生存している人の名前や住所を除いてすべて公開する意向を示しました
 トランプ大統領としては、今回全面公開を見送ったとして批判もあったことから、透明性を確保する姿勢を強調したい考えです。
  ★トランプ氏の思惑は、兎も角、機密情報であれ、全ては、民主主義国の主権者、国民のもの。私物化など、あってはならない。安倍氏?













































森友への値引き6億円過大 国有地売却、会計検査院が疑義 東京新聞 10/26

森友への値引き6億円過大 - ロイター 10/26



辺野古海域の希少サンゴ 沖縄防衛局が県に移植申請 【NHK】2017.10.26


被爆者 平和賞授賞式へ 核廃絶「ICAN」と出席 【東京新聞】2017.10.26

ジブチ自衛隊 基地労組の解雇撤回求める争議 装甲車と銃で威嚇 【しんぶん赤旗】2017.10.26


【座波幸代のワシントン報告】核誤射「戦争」指令で 1959年の那覇基地ミサイル事故 元整備兵が本紙に証言 【琉球新報】2017.10.26

官房機密費の行政文書開示訴訟、最高裁12月に弁論 TBS NEWS 10/26


NHK受信料契約は合憲か、契約の自由か 最高裁で弁論 朝日新聞 10/25


米軍第7艦隊管轄海域 空母3隻態勢に 北朝鮮への圧力強化か 【NHK】2017.10.25


北朝鮮の「核は米のみ照準」は「信用できる」 核専門家 【朝日新聞】2017.10.22



<衆院選>枝野氏「国民と歩み始める」 立憲党声明全文 毎日新聞 10/23



北朝鮮に米軍事力行使 自民39%が「支持」 東京新聞 10/9


「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24


カーター元米大統領、早期の訪朝に意欲…韓国紙


無戸籍の母親の子、住民票不記載の対応は「適法」判決 朝日新聞 10/12
  ★子の人権保障、義務教育等々に、不利益が生じていないのか! 日本の場合、人権保障の基礎を、無造作に、戸籍や住民票にリンクさせる扱いが横行… 先ず、疑問。憲法の人権保障にそぐわないは、明らか。国の通達自体、違憲の疑い…


警官、暴行被害者を「くず人間」 録音で判明、福岡 東京新聞 10/12
  ★くず! くずは、どっちだ⁉ 人権保障、事件にしたくない警察? 可視化、全面録画録音、必要か。

「9条守れ」掲載拒否は不公正: 「九条守れ」俳句訴訟、掲載拒否は「不公正」 地裁判決 10/13

 cf. 核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日
NHK: ICAN日本人委員 核兵器禁止条約の議論の必要性訴え 10/11
 〇核兵器禁止条約の採択に貢献し、ことしのノーベル平和賞に選ばれたICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンの国際運営委員を務める川崎哲さんが11日、都内で外国メディアの取材に応じ、北朝鮮情勢をめぐって緊張が高まる今だからこそ、条約をめぐる議論を高めていくべきだという考えを示しました。…


NHK過労死 記者の両親が反論: 「私たちの思いが正確に伝えられてない」NHK記者過労死、両親が反論会見 10/13

NHK: 過労死認定 NHK記者の両親が会見 再発防止求める 10/13

政府「ヘイト規制強化 日本は不要」 国連審査報告で認識 【東京新聞】2017.10.14
  ★遠慮しないで‼‼ 君こそ、適格者

衆院選2017 公文書管理、違い不鮮明 加計問題で注目、各党が公約に 制度改善に疑問 【毎日新聞】2017.10.14


企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表 朝日新聞 9/1


アベノミクスで「労働分配率」が低下する理由 最新のGDP統計から見える日本の実態 東洋経済 山田徹也 10/16

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース 2017/09/07

「非正規雇用」の現状と課題 【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】

統計局ホームページ/統計Today No.97 - 総務省統計局
 〇1990年以降の我が国の雇用状況における特徴的な動きの一つは、非正規の職員・従業員(以下「非正規雇用者」という。)数の増加です。1990年に881万人だった非正規雇用者数は2014年に1962万人と2倍以上になりました。非正規雇用については、社会的関心が高く、関連する統計についても注目されていますので、労働力調査の結果からみた正規・非正規雇用の特徴について、紹介します。
  なお、図表等を含む詳細な分析結果は、本稿の「詳細版」に掲載しておりますので、併せて御活用ください。 ・・・

[PDF] 13 非正規雇用増加の背景とその政策対応 - 内閣府経済社会総合研究所

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律  (昭和六十年(1985年)法律第八十八号)
  ★総理は、中曽根康弘か、ワルヤノー、吾。ピンハネ、中間搾取を合法化




日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者 【東京新聞】2017.10.21



NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25



【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】高校不登校・退学最多 貧困の連鎖絶ち希望を 【琉球新報】2017.10.28
 〇貧困と不登校、高校退学が関連していることを示す調査結果が発表された。貧困の連鎖を断ち、希望が持てる施策が必要だ。
 文部科学省の2016年度問題行動・不登校調査によると、私立を含む県内の高校生の不登校者数は1510人。千人当たり32・3人で全国平均の2・2倍、全国最多だった。中途退学者は1098人で退学率は全国平均の1・5倍、全国最多だった。
 県立高校での不登校の要因は「『無気力』の傾向」が最も多く29・3%だった。表面上「無気力」としているが、中身を精査する必要がある。
 県が3月に発表した高校生の実態調査の中間報告によると、困窮の中で育った生徒は学費や昼食費、交通費を稼ぐため、アルバイトに追われている。過半数は週4回働いている。「無気力」に見えるのは、アルバイトで疲れ、学業がおろそかになっているのかもしれない。
 中退の理由の内訳に「経済的理由」6・8%、「家庭の事情」4・7%がある。背景に貧困があると考えられる。アルバイトでも金が工面できず学業を諦め、自らの進路を絶たれる生徒がいる。
 中退すると、正規雇用の職を得るのが難しくなり、貧困から抜け出せないという悪循環に陥る可能性がある。
 高校の授業料の無償化制度はあるが、申請手続きが複雑で生活に追われて申請できない家庭もある。手続きの簡略化など工夫が必要だ。
 政府は教育を受けるチャンスを確保する責務がある。県の貧困対策推進計画は、高校生期を対象に就学継続の支援や中途退学の防止、キャリア教育などの充実に取り組むとしている。具体的な施策としては給付型奨学金制度の創設や低所得者世帯に対する学習支援の充実を盛り込んだ。支援の速度を速めてほしい。
 一方、国公私立の県内小中高、特支校のいじめ認知件数は1万2482件。前年度(2335件)の5・3倍、約1万件増えた。全国的にも約10万人増えた。
 増加したのは文科省が今回の調査から、これまで対象になかった「けんかやふざけ合い」なども認知するよう求めたからだ。深刻ないじめの芽を事前に摘もうとしているが、自殺防止にまでは至っていない。
 沖縄県の場合、認知されたいじめのうち92・8%は「解消」、6・9%が「取り組み中」で、解消率は前年度の81・6%から10ポイント以上改善している。認知件数は大幅に増えたが重大ないじめ事案は県内でも発生しいる。さらにLINEなど携帯を利用したいじめの把握は難しい。
 認知件数大幅増は教員の負担増を意味する。一つ一つの案件に丁寧に対処するために、教員の増員は欠かせない。長野県はLINEを使って全中高生を対象にした相談窓口を設置した。先行事例も参考にしたい。


【社説】[国会召集] 実質審議が欠かせない 【南日本新聞】2017.10.28
 〇政府は、野党が求める臨時国会の召集に応じず、首相指名選挙を行う特別国会を11月1日から8日まで開催する方針を示した。
 野党は反発し、首相の所信表明演説と各党の代表質問など審議を尽くすよう要求している。
 政府の方針通りなら、6月に通常国会が閉会してから、年内に本格論戦が行われない異例の事態になってしまう。野党の言い分はもっともだ。
 森友・加計学園問題や北朝鮮対応など、国会で徹底審議すべき課題は山積している。
 安倍晋三首相は先頭に立って審議に応じてもらいたい。
 野党は6月、衆参両院議員のいずれかの4分の1以上が要求した場合、政府に召集の義務が生じると規定した憲法53条に基づき、召集を求めた。森友・加計学園問題の疑惑解明のためだ。
 だが、安倍首相は要求を約3カ月放置した揚げ句、ようやく開いた臨時国会でも所信表明演説をせず冒頭解散した。
 特別国会に続き、臨時国会を開催するのが本来あるべき姿だろう。仮に臨時国会を召集しないのであれば、特別国会の日程を十分確保して審議に充てるべきだ。
 衆院選後、森友学園に国有地が8億円余り値引きして売却された問題で、会計検査院が「値引きは最大約6億円過大」と試算していることが分かった。
 学園と財務省との交渉記録など国有地売却の関連文書が廃棄された件も調査を進めている。
 森友・加計学園問題を巡る国民の不信と不満は根深く、首相が説明を拒み続けることは許されない。
 首相は衆院選後の記者会見で「求められれば丁寧に説明していきたい」と述べた。解散の際には、北朝鮮対応や消費税増税分の使途変更を挙げ「国難突破解散」と命名した。
 そうであればなおさら、国会の場で丁寧に説明するのが筋だ。
 だが、政府は外交日程が立て込んでいることを理由に実質審議に否定的だ。
 衆院選で大勝したとはいえ、何もかもが信任されたわけではない。憲法をないがしろにし、国会審議に応じない姿勢は国会軽視との批判を浴びよう。
 一方、野党は新党の運営などで態勢の整わない面がある。だが、政権のチェックは欠かせない役割だ。緊張感を持って、巨大与党に対峙(たいじ)することが欠かせない。
 理念や政策を基にした連携や結集とは別に、十分な国会審議ができるよう力を合わせて政府・与党に働きかけてもらいたい。


【社説】検査院の森友調査 ◆小手先では国民理解しない◆ 【宮崎日日新聞】2017.10.28
 〇大阪市の学校法人「森友学園」に小学校用地として国有地が8億円余りもの値引きの上、売却された問題を巡り、会計検査院が「値引きは最大約6億円過大」と試算していることが分かった。売った側の財務省などは地中のごみの撤去費を見積もり、その分を値引きしたと説明してきたが、試算によると、撤去費は2億~4億円で済むという。森友学園が開校を目指していた小学校の名誉校長に安倍晋三首相の昭恵夫人が一時就任していたことから、国有地売却に関わった財務省や近畿財務局の担当者による忖度(そんたく)によって学園が優遇されたとの疑惑が噴出。多くの証言や資料が積み上げられたが、政府はあいまいな説明を繰り返し、解明に背を向けてきた。
忖度と値引きが核心
 検査院は税金の無駄遣いをチェックして関係府省庁に指導を行う機関であり、その調査内容は重い。学園と財務省との交渉記録など国有地売却の関連文書が廃棄された問題についても調査を進めている。先の衆院選で与党は大勝したが、森友、加計問題を巡る国民の不信と不満は根が深い。解明を拒み続けることは許されない。
 近く特別国会が召集される。首相指名選挙を中心に短期間となるのが通例だが、政府と与党は、野党が求めている実質的な国会審議に応じ、徹底解明を図るべきだ。安倍首相にはその先頭に立ってもらいたい。
 国有地売却に絡む疑惑の核心は忖度と値引きにある。忖度で大きな役割を演じたのが昭恵夫人だ。名誉校長に就任したほか、夫人付政府職員が、詐欺で大阪地検に逮捕・起訴された森友学園前理事長の籠池泰典被告からの国有地の定期借地契約に関する要望などを財務省に連絡。回答を籠池被告に渡した。国会の証人喚問で籠池被告は経緯について「神風が吹いた」と述べた。だが夫人は口を閉ざしたままだ。夫人自ら公の場で明らかにすることが求められよう。
昭恵夫人の説明が鍵
 籠池被告との面会で財務省幹部が定期借地契約について「特例」と話したり、近畿財務局の担当者が買い取り可能な金額を尋ねたりと、忖度をうかがわせる音声記録もあり、夫人の説明は不透明な経緯を読み解く鍵になるだろう。
 値引きを巡っては、政府はこれまで明確な根拠を示すことができないでいる。ごみが出たと学園側の申告があり、近畿財務局や国土交通省大阪航空局が現地で確認したとしたが、どの場所でどんなごみが見つかったか聞かれても「工事業者から深さ9・9メートルの工事中に発見したと聞いた」などと、あいまいな説明に終始した。
 検査院の調査内容により、疑惑は一層深まったといえる。首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設計画を巡る疑惑の解明も遅々として進んでいない。通り一遍の説明や公文書管理の見直しといった小手先の対応だけで国民の理解を得ることはできない。