FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
2018-10-31

10/31: 日本の三権分立、権利自由を護っているか!否である 福島原発事故・賠償額8兆円超、なのに原発賠償、抜本改正???(有限責任に)、再生エネ優先見送り but韓国最高裁、元徴用工訴訟で被害者に賠償命令

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
《謹告》 年改まり、また、軽量化を図ります。2018年元旦
  ☆彡【各月まとめ】、最下段に移しました。
 尚、幣ブログの構成は、概略、①「護憲+」グループのブログ ②市民メディア・ブログ・twitterの紹介、 ③当日の記事、ニュース ④当日の新聞論説・社説紹介 ⑤当月の記事・社説 末尾に、今年の各月の累積、以上です。
 各月の、ニュース・記事・社説などに、目をお通しの場合は、末尾前の当月【月まとめ】をご覧ください。尚、末尾の年【各月まとめ】累積もあります。

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十六期に入りました 8/1 (笹井明子)">「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十六期に入りました 8/1 (笹井明子)
 ○2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ「護憲+」」は発足。2018年8月1日より第十六期(*)に入りました。

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。…

マスコミ電話番号 新聞社 放送局 官庁">マスコミ電話番号 新聞社 放送局 官庁 
 ★2017衆院選:朝日新聞デジタル">2017衆院選:朝日新聞デジタル 
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 2017-06-03 (コナシ&コブシ)">「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 2017-06-03 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
 Yahoo!ニュース 動画【日本テレビ系(NNN)テレビ朝日系(ANN)TBS系(JNN)フジテレビ系(FNN)】">Yahoo! 動画【日本テレビ系(NNN)テレビ朝日系(ANN)TBS系(JNN)フジテレビ系(FNN)】
 ・NTTドコモ 2割~4割値下げの方針発表 10/31(水) 20:05  ★来年度から
 ・警視庁は「見せる警備」 ハロウィーン警戒の渋谷 10/31(水) 16:57
 ・アジア株上昇で平均株価終値 前日より463円高 10/31(水) 15:08
 ・港で車が海に…子ども含む3人死亡 無理心中か 10/31(水) 15:02
 ・自民党内から批判の声相次ぐ 韓国“徴用工”判決 10/31(水) 15:00   ★被害者を敢えて排除して、&賠償も否定、経済協力??? 政府間取引
 ・車が路線バスに衝突し柱に突っ込む 車の男性死亡 10/31(水) 14:55
 ・北朝鮮とロシアの外務次官 金委員長 訪ロ調整か 10/31(水) 8:02
 ・米国除く11か国によるTPP 12月30日発効へ 10/31(水) 7:37
 ・日本郵便が日本初のドローン輸送 来月7日から開始 10/31(水) 7:27
 ・「責任は僕にもある」 元小結・旭鷲山が言及 10/31(水) 7:16
 ・アップル新製品 年末商戦に向け「iPadPro」発表 10/31(水) 7:08
 ・朝鮮学校無償化訴訟、2審も原告敗訴 10/31(水) 6:30   ★茲にも、慰安婦問題、徴用工問題⁉ …日朝平壌宣言

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
10月31日分 9:00 実施
 今日のトピックス Blog10/30: 韓国最高裁、元徴用工訴訟で新日鉄住金に賠償命じる判決 三権分立、斯くの如し 日本に三権分立、国民主権なし⁉ 主権者、国民こそ その権威を示し、四海に人権と平和を高揚すべし



 今日のトピックス Blog10/29: 外国人労働者 差別のない就労条件で 内外格差なく 市民平等 理想の市民社会追求を 国民主権、人権、平和主義を礎に 反逆、復古は論外! 主権者は、己が権利自由、権能を研がねば">今日のトピックス Blog10/29: 外国人労働者 差別のない就労条件で 内外格差なく 市民平等 理想の市民社会追求を 国民主権、人権、平和主義を礎に 反逆、復古は論外! 主権者は、己が権利自由、権能を研がねば


「護憲+」ブログ: 慢心だらけの総理、安倍晋三 10/29 (猫家五六助)">「護憲+」ブログ: 慢心だらけの総理、安倍晋三 10/29 (猫家五六助)
 〇昔から「企業の目的は利潤追求」「企業の質は、トップの質」といわれます。その利潤追求が権力追求に変わると、企業経営は暴走を始めます。ヨイショ社員がヒラメ幹部になり、ワンマン社長を長生きさせる経営組織。上司に、経営陣にモノを言えない企業体質。ジャンボ機墜落事故を引き起こした日本航空しかり、フクシマをいまだに垂れ流す東京電力しかり、昨今の検査データごまかし企業しかり。地面師に63億円をダマシとられた積水ハウスの経営体質は、どうなのでしょうか。

 それでも、顧客・消費者を相手にする企業は不祥事を起こすと製品が売れなくなり株価は下がり、存続の危機に瀕すると“質の悪い”トップは交代を余儀なくされます。

 ところが、“日本”という国家組織は違います!神輿に乗るだけで役割も責任も果たさず記者会見で悪態をつき、見ている国民をナメきっている副総理・麻生太郎。県知事選で沖縄の民意を足蹴にする謀略をめぐらせ、返り討ちにあってなお開き直る官房長官・菅義偉。果ては国際社会の笑い者、差別主義者で厚顔無恥な国会議員・杉田水脈。そして、昨今の各省庁が起こした無責任・不祥事の数々。

 厚労省は障碍者雇用について企業へ罰則を伴う厳しい指導を行うのに、8割以上の省庁で雇用水増しが行われていました。しかし、その悪質性を調べた第三者委員会が「故意ではなかった」と言い放つ始末。

 文科省ではモリカケ問題の疑惑が解明されていないのに、他人事のように息子の裏口入学を画策し、贈収賄事件に発展させた文科省前局長。その文科省は来春、中学校でも道徳教育を義務化すると胸を張ります。

 防衛省では「独立国家の戦備増強」とばかり、年次防衛計画など形骸化したように刹那的な防衛費を膨張させる一方で「日米安保がないと国防が危うい」などと涼しい顔で言います。年次分割購入OKの防衛予算で、高額な兵器も買いたい放題。だから、米国のいいなり価格で性能も定まらない「イージスアショア」なる武器は数千億円で導入契約後、一兆円以上に値上っても気にしません。その高性能アンテナが放つ強力な電磁波が周辺住民・生活に及ぼす悪影響には知らん顔です。

 そして、沖縄で危険かつルール無視の常態化したオスプレイが首都圏・横田基地で夜間運用をスタート。「エンジンのオーバーヒート」という致命的な欠点をひた隠し、オスプレイが基地以外で不時着・墜落することを、政府は「考えられない」「想定外」と言い続けるのでしょう。だって、自衛隊もオスプレイを買っちゃったんだから。

 こんな傲慢で無責任なことが続いても、当事者たちは心の中でつぶやきます。「だって、“トップ”の3バカ政治家が都合のいいことだけ言ってるし、責任とってないし、罰せられないし。オレたちも、やったモン勝ちだよ!」

 第4次安倍内閣の所信表明で日本の首相たる安倍晋三は、こう言い放ちました。
  「長さゆえの慢心はないか。そうした国民の懸念にもしっかりと向き合ってまいります」
  「身を引き締めて政権運営に当たります」
 反省なし、無責任、二枚舌、厚顔無恥、私利私欲、オトモダチ政治、有言不実行。それでも顧客も売上も心配ない、安倍政権は国民の意思を無視して税金を使い放題できるから。

 こんな国家・日本は、あり得ません!トランプ氏の代わりに言ってやりましょう。

 安倍晋三、You’re fired!!!(お前はクビだ!!!)

 「護憲+コラム」より

 今日のトピックス Blog10/28: AIロボットが市民を攻撃するロボット兵器 人間が傷つく前に規制を! 侵略戦争、全土を焦土とした敗戦、&唯一の被爆国or戦争放棄、鉄腕アトム生みの国としても 人類へ警鐘する責務がある">今日のトピックス Blog10/28: AIロボットが市民を攻撃するロボット兵器 人間が傷つく前に規制を! 侵略戦争、全土を焦土とした敗戦、&唯一の被爆国or戦争放棄、鉄腕アトム生みの国としても 人類へ警鐘する責務がある


「護憲+」ブログ: 自己責任論の正体 10/28 名無しの探偵">「護憲+」ブログ: 自己責任論の正体 10/28 名無しの探偵
 〇小泉さんの時代から始まった「自己責任」という言葉の「大安売り」であるが、これはデジャブー(既視感)がある。

 戦時中によく聞いた「非国民」という流行語だ。「贅沢は敵だ」というのもあった。

 それで東条さんが東京の街角に出て、兵隊を引き連れて、一戸一戸の家のゴミ箱のふたを開けていた。

 こういう「空気」は「世間」を通じて広がって行った。

 民衆はささやかな抵抗もしていた。「贅沢は敵だ?」違うだろ。「贅沢は素敵だ」でしょ。

 あの時代は「非国民」。今は「自己責任」というレッテル貼り替えが進んでいる。

 「国民」とか「皇国の民}と持ち上げられて「赤紙」一つで戦場に行かされた。

 今も昔も「国民」を守る政府はこの国のどこもなかったのだ。

 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より

「護憲+」ブログ: 私見;自己責任論 10/28 (流水)">「護憲+」ブログ: 私見;自己責任論 10/28 (流水)
 〇安田純平氏が三年有余の監禁状態から解放され、ようやく帰国できた。それに対し、ネット上では、未だに「自己責任論」を主張する輩が後を絶たない。

 【本然の性】という言葉がある。人間の自然の情とでも言うべき性質を表す言葉である。

 その【本然の性】に従えば、生死の境目の状況を三年以上耐えて生還した人間に対し、「助かって良かったな」と声をかけるのが普通の人間。その人間の生還に対し、罵声を浴びせかけるのは、人間としての本然の性に反する。

 わたしは、安田純平氏の帰国に対し、「自己責任」だという大合唱を浴びせかける人々は、人間の【本然の性】に反すると考えている。【本然の性】に反する言動をすれば、いつか自分自身に跳ね返ってくる。仏教用語で言えば、「因果応報」という。

 本来、人間は日常のほとんどの事を「自己責任」で行っている。車の運転をするのも自己責任。昼飯に何を食べるかを決定するのも自己責任。仕事終わりに一杯飲むのも自己責任。大人の行動の大半は【自己責任】である。

 安田純平氏もそう生きている。シリアの内戦地帯に入る事は、命の危険にさらされる事は常識。まして、彼は戦場ジャーナリスト。そんな事は誰よりも良く知っている。

 それでも彼はシリアに入った。自らの命を犠牲にしても伝えたい事があると彼は信じていたのだろう。以前、「シリア内線の悲惨さは、世界がそれを積極的に知ろうとしなかったことが大変大きい」と彼は語っていた。

 彼が自らの命をかけて伝えたかったシリア内線の悲惨さ、戦禍に翻弄されるシリアの子供たちへの支援の訴え。そういうものは、抽象的には理解できても、現場に出かけなければ、本当の意味での説得力は生まれない。

 たしかに、「なんでお前がしなければならないのだ」とか「そんな事は誰かにさせれば良い」とか「そんな事はお前の責任ではない。国家や国連の責任だ」という意見は成立する。

 だがよく考えてほしい。「あんな女と付き合うな」とか「あの男は駄目だ」という意見をする人はたくさんいる。それを聞く人間もいるだろうが、「あの女性でなくては駄目だ」と意見を振り切る人間もいる。

 安田純平氏は、「あの女性でなくては駄目だ」というタイプ。こういう生き方をする人の行為の評価は二分する場合が多い。失敗すると、「だから言わんこっちゃない。馬鹿なんだから」となる。成功すると、「あの人は純情で一途なんだから。惚れられた女は幸せだ」となる。

 安田氏のようなフリーランスのジャーナリストは、そういう生死を分ける塀の上をつま先で歩いているようなきわどい位置で仕事をしている。彼らは、大手メディアの社員ではない。会社の縛りがない。大手メディアの社員の場合、そのような危険の大きい場所の取材はほとんどできない。何故なら、万が一社員が危険な目にあった場合、命じた会社の責任は免れない。だから、会社は万が一を恐れ、取材許可を出さない場合が大半。

 彼らはその点は自由。危険を承知で取材する。それが彼らのアイデンティティと言って良い。だから、彼らほど「自己責任」意識の強い人間はいないと言って良い。

 それと日本政府の【邦人保護】義務とは全く話が違う。外務省の所掌事務を定めた法令の第四条 八、九を書いておく。

 八 日本国民の海外における法律上又は経済上の利益その他の利益の保護及び増進に関すること。
 九 海外における邦人の生命及び身体の保護その他の安全に関すること。
 ・・・・・・・

 邦人の生命及び身体の保護は、政府の仕事なのである。そして、その邦人の思想信条の遺憾を問わず、日本国民であればだれでも生命及び身体の保護を受ける権利がある。

 ついでに自己責任論について外務省見解を紹介しておく。

 ・・「外務省としては、「自己責任」を主張することによって邦人保護という責務を回避しようとしているわけではありません。邦人保護は、政府の重要な任務であると考えており、国民の皆様が海外で危険に遭遇された場合には、その時々の状況を踏まえ全力を尽くして支援する方針に今後とも何ら変わりはありません。実際、イラクにおいて人質事件が発生した際には、人質となられた方々が一刻も早く無事に解放されるよう職員を総動員し、あらゆる外交努力を重ねるなど全力を挙げて取り組んできました。
 
 しかし、外国においては、治安の確保は現地政府の責任であり、日本政府の取り組みにも国によって様々な制約があります。例えばイラクにおいては、テロリストなどの活動により、治安は非常に厳しい状況にあります。大使館員も常にテロの脅威に晒されているため移動を含め行動に大きな制約があります。このような状況の中では、邦人保護業務も極めて大きな制約を受けます。したがって、自らの安全を確保する上では、そもそも可能な限り危険に遭遇しないよう、危険を十分認識し、慎重に行動することが何よりも重要です。そして、このような自らの行動についての判断は、国民一人一人が、自らの責任において行うものであると考えています。」・・・

 これはイラクでの高遠さんらの事件が尾を引いている時に書かれたもの。さすが官僚の作文で、「このような自らの行動についての判断は、国民一人一人が、自らの責任において行うものであると考えています。」と【自らの行動の判断】は【自己責任】ですよ、と書いている。ここに書かれているのは、【行動の判断】は「自己責任」ですよ、といっているに過ぎない。【行動の結果】についての「自己責任」論はない。

 当たり前で、「行動の結果」についてまで「自己責任論」を広げると、邦人保護の責務回避だと批判されても仕方がない。

 たしかに外務省は「自らの安全を確保する上では、そもそも可能な限り危険に遭遇しないよう、危険を十分認識し、慎重に行動することが何よりも重要です。」とできればこのような戦争地帯に踏み入らないように危険情報も出している。

 その外務省の立場と真実を伝えようとするジャーナリズムの立場は相反する。しかも、日本の場合、そういうジャーナリストはたいていの場合、フリーランス。つまり、組織の論理に逆らっても真実を伝えようとする個人だと考えられる。

 現在喧伝されている「自己責任論」は、外務省のいう「行動の判断」の自己責任論ではない。「行動の結果」の自己責任論である。これは外務省(国)の邦人保護の責務の免除論に他ならない。

 安田純平氏はきちんと税金を納めている日本国民であり、邦人保護を受ける権利がある。それを自己責任論で同じ国民が責め立てる。わたしには、同じ日本人とは思えない。

 現在の安倍政権の政策を見たら、国の本音は、生活保護など出したくない、雇用保険も出したくない、健康保険もやめてしまいたい、年金など削れるだけ削る。すべて「自己責任」にしてしまいたい。それを国民の側から「自己責任」だと言ってくれる。こんな素晴らしい国民はいない。

 誰かがうまいことを言っていた。こういう国民を【肉屋を支持する豚】と。

 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より

「護憲+」ブログ: 「自己責任論」の異常(安田純平さん救出) 10/27 (名無しの探偵)">「護憲+」ブログ: 「自己責任論」の異常(安田純平さん救出) 10/27 (名無しの探偵)
 〇安田純平さんの救出は当然?日本政府の働きかけもあったかもしれませんが、3年4カ月は長すぎます。

 多分安田さんは前の日本人処刑を思いつつ「日々」を過ごしていたはずであり、その月日は10年ぐらいの残酷な体験だったと思います。

 カタール(やトルコ)の人道的(商売的な面もあるが)な身代金の出費で救出されたことは間違いなく、あれこれ詮索する必要もありません。

 問題なのはネトウヨや「識者」と称する人たちの安田さんへの自己責任論からの非難の高まりです。

 エリック・Cさんも指摘しているように「人質として捕まったことを自己責任と言って批判する日本人の異常さ」(フランスの週刊誌)は、「全く不思議な日本の人たち」という日本社会です。

 あの有名なドンキ・ホーテの作者、セルバンテスも敵国の捕虜になり(海軍の将校だった)大金をはたいて救出されたとあります(自分の親族が出したらしい)。

 マルコポーロの時代からジャーナリストや小説家は、蛮勇を奮って危ない地域に潜入したのです。(ノベルという言葉は新聞:ニュースと同じ語源であり、海外特派員や冒険家の物語が現在は記事ということになっています。)

 こうした行為を非難する国と社会にジャーナリズムは存在できません。

 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より

イシャジャの呟き: 長雨続き    ☔   誕生日の花 センブリ 花言葉 はつらつとした美しさ 10/28">イシャジャの呟き: 長雨続き    ☔   誕生日の花 センブリ 花言葉 はつらつとした美しさ 10/28
 〇ラジオ深夜便から

 秋の長雨は、暫く続くようです。明日は ゴミ出し日なので、雨の合間をみて 先日、切って置いた梅の枝を小切れにして 束ねて置く。暫くぶりで NHKの日曜討論を視聴す、国会議員による討論は 本当に暫くぶりでした。

 専門家のよる討論ばかりが 続いていたが、国会議員は 政治の専門家・・・・、休会ばかりで 年中仕事なし、年末が迫ってきたので 名ばかりの質疑をするらしい・・・


 カテゴリなしの他の記事
  報道">報道
  青空が戻って来た">青空が戻って来た
  降霜">降霜
  晩秋">晩秋
  秋晴れ">秋晴れ

 今日のトピックス Blog10/27: 憲法改正 “与野党が具体案示し議論加速を” 官房長官 枝野氏、自民の改憲案に「国民投票で否決すればいい」⁉ 否、憲法改正は、主権者のみの権利、権能。公務員に特権なし。両院は、主権者の為に、発議するのみ…">今日のトピックス Blog10/27: 憲法改正 “与野党が具体案示し議論加速を” 官房長官 枝野氏、自民の改憲案に「国民投票で否決すればいい」⁉ 否、憲法改正は、主権者のみの権利、権能。公務員に特権なし。両院は、主権者の為に、発議するのみ…
  ★主権者(主張、希望、不満etc.)を忖度しない、発議など、発議に値しない。

 今日のトピックス Blog10/26: 辺野古、春までに県民投票 沖縄県議会が条例可決 辺野古県民投票 民意を明確に示したい 米退役軍人らが辺野古移設に抗議 安倍政権の対抗措置にNYでデモ 主権者の意思表示が、民主主義の根本">今日のトピックス Blog10/26: 辺野古、春までに県民投票 沖縄県議会が条例可決 辺野古県民投票 民意を明確に示したい 米退役軍人らが辺野古移設に抗議 安倍政権の対抗措置にNYでデモ 主権者の意思表示が、民主主義の根本

 今日のトピックス Blog10/25: 辺野古対抗措置文書は「権力乱用」! 行政法研究者93人「国民の権利救済制度である行政不服審査制度の乱用」 防衛省の申立てを国交相が審査&軟弱地盤の存在を認めない???">今日のトピックス Blog10/25: 辺野古対抗措置文書は「権力乱用」! 行政法研究者93人「国民の権利救済制度である行政不服審査制度の乱用」 防衛省の申立てを国交相が審査&軟弱地盤の存在を認めない???

「護憲+」ブログ: 早期にやれば救出できたのでは(安田氏救出) 10/25 (厚顔)">「護憲+」ブログ: 早期にやれば救出できたのでは(安田氏救出) 10/25 (厚顔)
 〇ジャーナリストの安田純平氏が解放されたらしい、とのニュースは、23日23時に菅内閣官房長官が官邸で特別に記者会見を開いて発表する姿を、ABCテレビの報道ステーションで見て知った。

 そして今日(10/24)夕方のYAHOOニュースでは、カタールから日本円で一億一千三百万円相当が支払われたとの報がある。
 政府、官邸直轄組織の活躍強調=邦人解放、身代金情報も 時事通信 10/24">政府、官邸直轄組織の活躍強調=邦人解放、身代金情報も 時事通信 10/24

 安田氏が拉致された頃、安倍内閣は拉致犯人側とは一切交渉しないと高飛車だったように思う。今のこの時期、カタールが日本人救出のためになぜ身の代金らしき資金を支出するのか、下笥はかんぐりたくなる。たとえば形をかえて日本政府がカタールへ何か援助をするのでは、と言う推察もできる。

 また臨時国会スタートにあたり、森友加計問題で支持率下降気味の安倍内閣としては、何かで点数が稼ぎたいとの思惑で、カタールを通じて間接的に安田氏救出に舵を切ったのではあるまいか、と思われてもやむを得まい。

 しかし舵を切ったとなれば、過去の「犯人とは一切交渉しない」との言質が問われ、臨時国会では「早くやれば良かったのでは」との紛糾は必至であろう。どのような臨時国会の論戦になるやら?

 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より

イシャジャの呟き: 報道      誕生日の花 ダンギク  花言葉 忘れ得ぬ思い 10/25">イシャジャの呟き: 報道      誕生日の花 ダンギク  花言葉 忘れ得ぬ思い 10/25
    〇忘れ得ぬ思い

 連れを送っての帰途、コンビニに寄ったら、IBC 岩手放送の放送車が2台あり、報道関係者も屯していた
ので、こんなところで何が、と考えたら、今日はドラフトだと思い出し、家に帰って ネットを見たら、「今秋ドラフトの目玉のひとり、金足農・吉田輝星投手の指名の瞬間が地元の秋田では見られないという、まさかの問題が発生している。

 新聞でTV番組の確認したら IBCは午前中からの番組で取り上げる予定らしい。

 TBSテレビ系列が生中継するが、秋田の民放は日本テレビ系の秋田放送、フジテレビ系の秋田テレビ、テレビ朝日系の秋田朝日放送の3局で、TBS系列はない。これは全国で福井、徳島、佐賀と秋田の4県だけだ。(ネットから 引用)

 県内で 見られるのは ケーブルTVだけらしい。ブーイングが出ているらしい。近くのことなのに 口をアングリ

 ヤッパリ NHKを見ることにする


 カテゴリなしの他の記事
  暖房">暖房

 今日のトピックス Blog10/24: 主権者をなめるな! 憲法改正権者は、主権者、国民のみ 両院の発議にしても前座だ⁉ 況して‟最高権力者”など 改憲「幅広い合意」確信❓❓❓ むしろ主権者を忖度すべし 控えて居れ">今日のトピックス Blog10/24: 主権者をなめるな! 憲法改正権者は、主権者、国民のみ 両院の発議にしても前座だ⁉ 況して‟最高権力者”など 改憲「幅広い合意」確信❓❓❓ むしろ主権者を忖度すべし 控えて居れ

イシャジャの呟き: 青空が戻って来た   ☔ ~    誕生日の花  カッコウアザミ 花言葉  信頼 10/24">イシャジャの呟き: 青空が戻って来た   ☔ ~    誕生日の花  カッコウアザミ 花言葉  信頼 10/24
 〇ラジオ深夜便から

 朝から降っていた雨は10時頃上がった。点けていたストーブを消し 洗濯をして 外干しをする。

 好天続きで毎日が洗濯だ。2時過ぎから 国会中継があった。日本語を時々分かんなく
 なる 二人が演説した。「・・・やろうではありませんか・・・」問いかけが目立った
 ・・・・


 カテゴリなしの他の記事
  冷える">冷える

 今日のトピックス Blog10/23: 医学部入試不正、女子医大生“女性差別”「許せない」 文科省中間報告 大学名示さず [障害者雇用報告] ずさんな手法明らかに 差別助長の「入管礼賛」ノー 人権委員会創設迄、待たないと⁉">今日のトピックス Blog10/23: 医学部入試不正、女子医大生“女性差別”「許せない」 文科省中間報告 大学名示さず [障害者雇用報告] ずさんな手法明らかに 差別助長の「入管礼賛」ノー 人権委員会創設迄、待たないと⁉

「護憲+」ブログ: 日米安保条約に代わる日本の平和と安全保障への道(永世中立国)(2) 10/23 (厚顔)">「護憲+」ブログ: 日米安保条約に代わる日本の平和と安全保障への道(永世中立国)(2) 10/23 (厚顔)
 〇*前提「日米安保条約に代わる日本の平和と安全保障への道(永世中立国)」">前提「日米安保条約に代わる日本の平和と安全保障への道(永世中立国)」趣旨:

 ・集団的自衛権の行使が閣議決定され、日米安保条約と併せて、一見日本の平和と安全保障は増したように見えますが、現状はより米国の戦争に巻きこまれ易い状態になったと言えましょう。いざ米国と中国、ロシア、北朝鮮間で近代ミサイル戦争となれば、在日米軍の実質的抑止力は役立たず、いかなる防衛力をもってしても在日米軍基地と日本の主要都市、原発への攻撃は避けられず、日本の国民と国土は大きな犠牲を強いられることは疑う余地がありません。

 そこで今、21世紀の日本の平和と安全保障を再考する良い機会と捉え、現状よりベターな日本の平和と安全が保障される選択肢として永世中立国を想定し、時節柄、思いつくままに「おでんの具」を鍋に盛り提示する次第です。まだ具も不足で味も染みていないと思いますが、たたき台として先ずは味見してもらい、中立国のイメージが膨らめば幸いです。

 *永世中立国としての基本理念と基本体制

 ・永世中立国になれば、それ自体に世界の平和希求と不戦の誓いの意味があり、スイスの例が想定される。そして中立理念によって他国の侵攻を抑止し、また日常から世界各国との中立平和外交に努め、中立理念と平和外交を安全保障の楯とし、加えて現在の自衛隊は存続させ、専守防衛、災害救助活動に徹する。

 ・国連加盟も継続し、国連を通しても日本の永世中立国の理念と平和外交をアピールして、国際紛争の仲裁、国連非武装PKO活動にも積極的に参加し、唯一の被爆国として核廃絶を訴え、国連の国際原子力機関(IAEA)本部を日本へ誘致する。

 ・現憲法の平和主義、国民主権、基本的人権、象徴天皇制は踏襲する。

 ・一方で裁判官の人事権を行政(内閣)より司法へ完全移管し、公正な行政裁判を期す。

 ・以上の平和と安全保障確保と、公正な行政裁判のために憲法の一部改正は必要。

 ・経済的には研究・技術・工業・医療・安全な食品・農・畜産物の輸出立国を目指し、政・経分離で各国とwinwinの経済友好関係を築く。

 ・税制を抜本改革し既存予算枠を変え、国民生活と企業経営が両立できる予算編成をし、人口減少に歯止めをかけ、最低一億五千万人の人口を目指し、国、地方の赤字財政を改善し、社会保障費負担の人口逆ピラミッドを解消し、一方で円高メリットで国民経済と企業が成り立つよう方向転換する。

 ・原発は先ず北海道、四国、九州の原発を即時廃炉とし、原発のない安全な島にし、万一他国に攻撃された場合と天災による原発事故の放射能汚染から国民が逃れ、移住できる場所に位置づける。

 ・一方本州の原発は築40年を期限に廃炉とし、地球温暖化にも寄与していく最適な代替エネルギーで電力、ガスを供給して行けるようにする。そのためには現行電力会社9社を発送分離会社に再編し、ガス会社との相互乗り入れによる競争に限定する。

 *日米安保条約のメリット、デメリットについて

 ・日米安保条約のメリットとしては、東西冷戦時代に共産主義国のドミノ現象阻止のための自由主義国の橋頭堡として、日米安保条約下の日本の役割があったことは事実であろう。しかし共産主義計画経済が自由主義経済に負け、ソビエトが崩壊し、中国も 小平の経済改革解放以来、国家資本主義へ歩を進め、現在の経済大国に成長し、共産主義経済より資本主義経済の優位性を自ら実証する形になり、マルクス・レーニン主義による共産主義国家建設は瓦解し、日米安保条約もNATOも冷戦時代の目的は形骸化しつつある。

 ・そしていま浮上しているのは、米国の軍産複合体経済+トランプ流資本主義経済と、中国の共産党独裁による国家資本主義経済と、日本を含めたEU型の修正資本主義の競争である。そして米中とも核ミサイルを所有し、核戦争になれば国家国民に明日はないことも分かっており、第1次、第2次世界大戦のような資本主義国間の戦争が起こる可能性は少ない。代わりに今起きているのはトランプ大統領のアメリカファーストの名の下の保護貿易主義、即ち多国間貿易協定から二国間貿易交渉への強行であろう。最たるは中国との貿易戦争であり、次は日本への貿易圧力である。

 ・しかし皮肉にも米国の保護貿易主義には日中は歩調を合わせて反対し、日米安保条約とのねじれが生じている。このような米国の保護貿易主義と日本の多国間貿易主義が対立すれば、日本の貿易立国は成り立たず、日米安保条約の意義は失われる。即ち経済協力関係と軍事協力関係は一致しないと意味をなさない。NATOを形成するEU諸国と米国間も同じである。正にイデオロギー闘争による東西冷戦終了の最終的現象であり、NATOも日米安保も見直しの時期到来(下記、日米安保条約第十条参照)と言えよう。

 日米安全保障条約第十条(条約の終了)

 1、この条約は、日本区域における国際の平和及び安全の維持のため十分な定めをする国際連合の措置が効力を生じたと日本国政府及びアメリカ合州国政府が認めるときまで効力を有する。

 2 、もつとも、この条約が十年間効力を存続した後は、いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意志を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行われた後一年で終了する。

 ・そのような中、時計の針を冷戦時代に巻き戻すような集団的自衛権行使の閣議決定により、米国は自衛隊の出撃要請をしやすくなり、日本はそれを断りにくい状態となり、米国の戦争に巻きこまれ易くなった。

 ・一方で米対露・中・北朝鮮間の戦争が勃発しない保障はなく、日本企業の進出が一番多い中米戦争に巻きこまれればどうなるか、かつての日中戦争での満州からの引き揚げ光景以上の悲惨な光景が連想される。これを想像しただけでも中国とは平和外交しかあるまい。そう考えると日米安保条約は米国の戦争に巻きこまれるための条約でしかなく、永世中立国となればその危険性は低くなり、そこに中立国としての意義と価値がある。

 ・しかしいざ米国と中国、ロシア、北朝鮮間で近代ミサイル戦争となれば、日中間の距離が近く在日米軍の実質的抑止力は役立たず、いかなる防衛力をもってしても在日米軍基地と日本の主要都市と原発へのは攻撃は防御できないだろう。そして 核ミサイル戦争に勝利国はなく 、双方とも大きな一次的人的犠牲を被り、次世代、次次世代へと身体的障害や癌は続き、日本の国民と国土は大きな犠牲を負い、国土は人間の住めない廃墟と化すことは福島原発事故からでも容易に類推できる。

 ・またこのことはこれまで米国がキューバーを攻撃できなかったことに通じる。即ちキューバーとの距離が近くてキューバのミサイル攻撃から米国の原発と東部主要都市を迎撃ミサイルで防御できないとのシュミレーションと読みである。余談ながら、それでも日本は米国から高額な迎撃ミサイルを購入しようとしている。

 ・今の安倍内閣は米国一辺倒であるが、一方で田中内閣の日中国交回復、大平内閣の日中友好政策以後の 小平の経済改革で、今や中国へ進出している企業数は日本が最多であり、持ちつ持たれつの経済関係にある。このような両国関係を無視して中国と政治的に対峙するのであれば、かつての自民党政治とは明らかに矛盾している。そして集団的自衛権の行使を閣議決定して、昭和35年に自民党が改定した日米安保条約からも乖離しつつある。

 ・また安倍首相はことある毎に、憲法改正は自民党の党是と口癖のように言っている。「党是」ならば、集団的自衛権を閣議決定などせずに、堂々と憲法に規定された手続きを踏んで憲法9条を改正し明文化すべきで矛盾も甚だしい。海外出張では頻繁に法の支配を友好国には訴えているが、先ずは自民党内で法の支配を遵守して貰いたい。

 ・そして閣議決定された集団的自衛権は日米安保条約と不可分の関係にあり、それは沖縄県での米軍基地負担の増大、北朝鮮の脅威を吹聴しての米国から迎撃ミサイル装置(アショア)の輸入拡大による日米貿易不均衡の是正、軍備費の増大に伴う国債(国の借金)の増大と社会保障費の減少等に繋がり、もはや21世紀の日本の平和と安全を護るには中立国となり平和外交に徹する方がベターな選択といえよう。

 ・そして北朝鮮との過去の植民地補償と拉致問題を同時解決していけば、国交回復につながり、脅威はなくなり、日米安保条約は不要であることが分かるはずである。

 ・最終的に世界平和と世界経済の発展と人類の幸福は同一線上に位置し、決して軍事費増大と戦争からは生まれないことは第一次、二次世界大戦の教訓である。そのような世界観から、先ず日本が永世中立国を宣言し、日米安保条約第10条2項にもとずき条約を終了させ、米・中・露及び世界各国との等距離平和外交に立ち、軍拡より軍縮を働き掛けることが、遅まきながら第二次世界大戦の敗戦からの21世紀に向けての知恵ではなかろうか。

 *その他

 ・日米安保条約を解消すれば今以上の防衛費を要するとの俗説があるが、それは永世中立国でない場合の試算であり比較参考にならない。永世中立平和外交に徹すれば、防衛予算は現状より大幅に縮小可能なはずである。

 ・また永世中立国となれば、日本はスイスのように隣国と陸続きではなく島国であり、陸上自衛隊は現状より大幅に縮小でき、スイスのような徴兵制は不要。

 ・中立国になれば、ロシアの北方四島返還拒否の最大の理由と思われる領土返還後の在日米軍基地建設の可能性はなくなり、またロシアが択捉島で軍事訓練をする必要もなく、今までより返還交渉が容易になるはずである。そして返還後はロシア現住民の50年間の居住を認めながらサハリン、ハバロスク方面への経済援助に注力し、そちらへ北方領土のロシア住民が移住し易い環境を造る。

 *永世中立国へのムーブメント造り

 ・課題は永世中立国へ移行するための政治的社会的ムーブメント造りである。今般の沖縄知事選挙で野党が推す玉城デニー氏が勝利した要因は与野党のイデオロギー闘争ではなく、翁長前知事の、「もう沖縄に米軍基地はいらない」、「もう政府と米軍の言いなりには成りたくない」、「自分の県のことは自治したい」という、県民の切実なアイデンティティーを継承し、更に盛り上げた結果、台風接近の気象条件下、前回選挙で翁長知事が獲得した得票を3万票ほど上回り、8万票の大差で自民党、公明党候補に勝利し、一部公明党支持母体の創価学会票も玉城氏支持に回ったと報じられている。

 さらに昨日(10月21日)の那覇市長選挙でも政府与党が推す候補は敗れて、沖縄県民のアイデンティティーブームは冷めていない、次は本土の有権者が引き継ぐべきではなかろうか。

 ・戦後73年間、日本全体も基本的には沖縄県と同じで、その間本土の米軍基地反対運動を回避するために、本土の米軍基地を沖縄に集約して、目先の風景を変えただけで日米関係の本質は変わっていない。

 ・今回の沖縄県知事選挙で玉城知事が翁長前知事から引き継いだ沖縄県民のアイデンティティーを日本全体に探し求めるとすれば、それは「永世中立国へ移行して日米安保条約の終了」というアイデンティティーではないだろうか。そうすれば辺野古基地建設反対も一挙解決である。

 ・永世中立イズムは過去の自民党と共産党、社会党間にあったような、与野党間の資本と労働のイデオロギー闘争ではなく、中立世界平和外交を掲げ、外国の圧力を受けることなく、日本のことは日本人が民主主義で決定するという、ごく当たり前のことであり、まさに国民のアイデンティティーの問題と言える。

 ・来年の参議院選挙の1人区で、各野党は統一候補を立てないと自民党、公明党候補に勝てないこと分かっているが、野党共闘できそうな旗がなく、溝が埋められず難航中である。この際先ず、[永世中立国を目指す」というアイデンティティーの旗の下に結集して、各党の政策をすりあわせ調整できないものか、このことについて野党は議論してみて欲しい。また「日本の永世中立国化」を唱えるるような政治家が一人でもよいから出て欲しいものである。現在期待したい政治家は自由党参議院議員山本太郎氏、社民党福島瑞穂氏、千葉民主連合参議院議員の佐藤洋之氏あたりである。

 「護憲+BBS」「安全・外交政策を考える」より

イシャジャの呟き: 降霜       誕生日の花 スコンボタン 花言葉  平静 10/23">イシャジャの呟き: 降霜       誕生日の花 スコンボタン 花言葉  平静 10/23
 〇ラジオ深夜便から

 晴れのマークが続いていたが、雲行きが怪しくなってきたが 風があるので 洗濯物は外干しをする。

 暦では、降霜だそうだが、朝方雲があったのか、霜降りとはいかなかった。和牛の霜降りは 美味しく 高価だそうだが、爺には 胃がないんで 肉は喉を通過するのに苦労するので苦手だ。


 カテゴリなしの他の記事
  秋の空、爽やか">秋の空、爽やか

 今日のトピックス Blog10/22: 総合職試験に合格 面接で不採用&一般職でも but地方公務員に、政策立案担当 検証委、3700人水増し「意図的」明記せず 自治体水増し3800人 国障害者4千人採用⁉ 何を悔い改めたか、反人権⁉政府">今日のトピックス Blog10/22: 総合職試験に合格 面接で不採用&一般職でも but地方公務員に、政策立案担当 検証委、3700人水増し「意図的」明記せず 自治体水増し3800人 国障害者4千人採用⁉ 何を悔い改めたか、反人権⁉政府

イシャジャの呟き:  晩秋       誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い 10/22">イシャジャの呟き:  晩秋       誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い 10/22
 〇ラジオ深夜便から

 木の葉の落葉が進んで(台風の塩害もあり)いますが、青空が広がり 暑くもなく 寒くもなく、爽やかな日
です。朝方は冷え込んできたので、降霜の心配・・と言っても、菜園は止めたので、霜が降ろうが、槍が降ろうが、との言葉があるが、洗濯物の外干しには 雨は困ります・・


 昨日、今日は~洗濯日和、冬に備え 夏物の洗濯を大量に片付ける。生協の灯油の宅配が始まり、タンクに入ったようです。

 カテゴリなしの他の記事
  鉄道の日">鉄道の日

 今日のトピックス Blog10/21: 福島・浪江町で“被災地最大”太陽光発電所の起工式 原発・核開発より自然回帰! 広島や長崎の思いは  沖縄の民意と国策 自治・選挙の結果重んじよ 総会断念へ国「圧力」画策⁉高知・大川村巡り">今日のトピックス Blog10/21: 福島・浪江町で“被災地最大”太陽光発電所の起工式 原発・核開発より自然回帰! 広島や長崎の思いは  沖縄の民意と国策 自治・選挙の結果重んじよ 総会断念へ国「圧力」画策⁉高知・大川村巡り

「護憲+」ブログ: 複雑怪奇な世界情勢と右顧左眄する日本! 10/21">「護憲+」ブログ: 複雑怪奇な世界情勢と右顧左眄する日本! 10/21 (流水)
 〇政治家としてだけでなく、人間として「完全な倫理喪失」状態の安倍総理率いる自民党が、「倫理喪失」に堕ちるのは、理の当然。それが、経済界に波及。もはや商道徳などという言葉は、「死語」ではないかと思わせる悲惨な状況になっている。日本人は、「魚は頭から腐る」の意味をもう一度深く考えなければ、未来はない。

 日本が安倍デタラメ政権の「めくらまし政策」に翻弄されている間に、世界情勢は刻一刻変化し続けている。

 一例を挙げよう。

 サウジアラビア出身のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害事件が、世界中を震撼させている。生きたまま切断されたなどというおぞましいニュースが流され、サウジアラビアという国家の前近代性が改めて世界の目の前に示された。

 昨日(10/20)、サウジ当局が犯人と見られる18人を拘束。王室顧問と情報機関高官ら計5人を解任。サウジ政府の責任を認め、問題を終息させようとしている。当然、裏でサウジとアメリカの取引があったのだろう。トランプ大統領もサウジ政府の対応を評価している。(ポンぺオ国務長官がサウジに飛んでいる。)
 サウジ、「記者は死亡」認める=総領事館で「口論と殴り合い」―王室顧問ら5人解任 時事通信 ヤフーニュース">サウジ、「記者は死亡」認める=総領事館で「口論と殴り合い」―王室顧問ら5人解任 時事通信 ヤフーニュース

 ただ、この問題は、欧米メディアが報道するように、カショギ氏が報道の自由の旗手とかサウジ王家の前近代性を追求するジャーナリストという側面だけで見ると、事件の深層を見誤る可能性が高い。

 この問題の背後には、現在世界的規模で行われている経済理念のパラダイム・シフトの相剋と世界覇権の多極化の進行による国際情勢の多極化が複雑に絡み合っており、その戦いの一つの局面が露わになったと考えなければならない。

 報道されているよりはるかに奥が深く、世界情勢の複雑さが凝集されている。

 この問題については、いずれ書こうと思っているが、サウジに対する米国の対応の歯切れの悪さの理由の一つだけ指摘しておく。

 ●ペトロダラーシステムの維持

 1971年⇒アメリカ(ニクソン大統領)がドルと金の兌換を放棄。⇒不換紙幣(金との交換ができない=ありていに言えばただの紙切れ) ・・・・⇒ドルとリンクしていた他の貨幣も不換紙幣になる。不換紙幣は、金と交換しない。と言う事は、理論上、いくらでも貨幣を印刷することができる。⇒その結果、インフレーションが当たり前の社会になる。

 ●金との交換をしない不換紙幣をどのようにして世界の【基軸通貨】として維持するか。このシステムを【ペトロダラーシステム】という。

 ※ペトロダラーシステムの方法

 世界の準備通貨としての【ドル】の利用と言う方法。⇒旧大蔵省や財務省発表として、【通貨準備高】というものがあった。準備高の増減が、重要な経済指標になっていた。

 しかし、この方法は、きわめて高いリスクを持っていた。何故なら、金に交換できないのだから、ドルがいつ紙切れに代わるか分からない。このリスクを回避する方法が、金を【石油】に変えるやり方である。

 ニクソン大統領は、ドルと金の交換をしない、という発表をするやキッシンジャー国務長官をサウジアラビアに派遣。以下のような条件を提示して、このやり方を構築した。

 (アメリカからサウジアラビアに約束)
 1、アメリカは、サウジアラビアを防衛する。(サウジの石油基幹基地)
 2、サウジが欲しいならどんな武器でも売却する。
 3、イスラエルだけでなく、他のアラブ諸国からの攻撃から守る。
 4、未来永劫、サウド家(サウジアラビア王家)を保護する。

 (サウジからアメリカへの約束)
 1、サウジアラビアの石油販売は全てドルで行う。(ドル建て)
 2、貿易黒字部分で米国財務省証券の購入する。

 こうして、ニクソン大統領は、【世界基軸通貨】としての【ドル】の価値を守った。このシステムを【ペトロダラーシステム】と言うのである。

 上のシステムをよく見てほしい。米国は紙幣を刷るだけで、金との交換をしないで済むのだから、リスクはほとんどない。他国は石油取引にはどうしても【ドル】が必要。石油は世界経済にとって最重要商品。それがドル建てなのだから、他の貿易決済にもドルが基軸通貨になる。

 だから、他国の財務省は、【外貨準備】としてドルを持たざるを得ない。必然的に米国の鼻息を窺わざるを得ない。「覇権国家」に逆らう事は、必然的に世界の国々との貿易が困難になり、自国の経済を破滅させる危険性が高くなると言う事を意味した。

 つまり、アメリカにとってサウジアラビアはそれほど重要な国だと言う事である。トランプ大統領が制裁をほのめかしているが、そんな厳しい制裁ができるはずがない。

 もし、腹を立てたサウジが、石油の【ドル建て】決裁を止めたら、どうなるか。そうでなくても、中国・ロシアなどの国々は、貿易決済のドル建てを止め始めている。これにサウジが加わると、米覇権の根底を占める【ペトロダラー システム】の全面崩壊を招くかも知れない。アメリカの覇権はその瞬間終わる。

 政治面だけが強調されてなかなか経済面の変化が見えにくいが、マルクスではないが、経済の変化がどうしようもないほど大きくなって初めて政治の変化が起きる、という法則をわすれてはいけない。

 今回のおぞましい事件は、世界経済の底流での変化が堤防を決壊し始めていると読まなければ、世界の変化に遅れる。

 恥知らず夫婦の外遊三昧でついていけるほど世界は甘くない。

 「護憲+コラム」より

 今日のトピックス Blog10/20: 記者死亡への関与!サウジ政府 政府の安全より、個人の安全・幸福! 【辺野古対抗措置】民意の蹂躙など不許! 太陽光発電停止/原発優先、殺人ロボット⁉ 有得ない 共生ロボットのみ可">今日のトピックス Blog10/20: 記者死亡への関与!サウジ政府 政府の安全より、個人の安全・幸福! 【辺野古対抗措置】民意の蹂躙など不許! 太陽光発電停止/原発優先、殺人ロボット⁉ 有得ない 共生ロボットのみ可

 今日のトピックス Blog10/19: 臨時国会の焦点 公正、公平、性差別、パワハラ 国は、辺野古、対話の道なぜ探らない 安全と危険に係る、制裁一辺倒=戦争、脱原発、免震装置の不正、 弱気を挫く消費増税か、強きを与法人税減税か 政治不信、モリカケ疑惑迄">今日のトピックス Blog10/19: 臨時国会の焦点 公正、公平、性差別、パワハラ 国は、辺野古、対話の道なぜ探らない 安全と危険に係る、制裁一辺倒=戦争、脱原発、免震装置の不正、 弱きを挫く消費増税か、強きを与法人税減税か 政治不信、モリカケ疑惑迄

Tamaの映画生活: 「エンジェル、見えない恋人」この恋人たちはいったいどうなるの?! 10/20">Tamaの映画生活: 「エンジェル、見えない恋人」この恋人たちはいったいどうなるの?! 10/20
 〇「この恋人たち、どうなるの?」という興味で、
 最後まで引っ張られてしまう。

 「エンジェル、見えない恋人」 ★★★☆☆">「エンジェル、見えない恋人」 ★★★☆☆

 マジシャンをしていた両親のもとに生まれた赤ちゃん。
 父親は姿を消すのが得意技だったが亡くなり、
 母ルイーズ(エリナ・レーヴェンソン)は心を壊して施設に入る。

 その母から生まれた赤ちゃんは、透明な子供だった。
 母親はエンジェルと名付け、1人でひっそりと可愛がる。

 母に隠されて、施設で育ったエンジェルは、
 ある日、窓から別荘に住む少女を見、施設を抜け出す。

 マドレーヌ(ハンナ・ブードロー)は、目が見えないのだった。
 「あなたのこと、匂いと声で分かるわ」と。

 幼いマドレーヌがとても可愛いです。
 ピアノでAの音を叩くのは、AngeのA?


 10代になったマドレーヌ(マヤ・ドリー)は、
 目の手術をすることになった。目が回復したら、
 姿の見えないエンジェルの真実が明らかになってしまう。

 年月が経ち、ルイーズは亡くなり、エンジェルは、
 父と母の思い出の湖の小屋で暮らす。


 大人になったマドレーヌ(フルール・ジブリエ)が
 別荘に帰って来て、施設を訪ねる。
 2人の再開は? エンジェルは母親と彼女の妄想?

 ファンタジーらしい優しい恋の展開、美しい映像。
 姿は見えないけれど、その存在は、水の揺れ、
 草の上の足跡、木の揺らぎなどで感じられる。
 エンジェルの視点で進むので、涙ぐむとぼやける。

 でもね…飲んだミルクは?マッシュポテトは?
 透明人間と食べ物って…わぁ想像したくない。

 はい、現実的に考えてはいけない作品です。
 思いっきり、ファンタジーに乗っかって観てください。

 今日のトピックス Blog10/18: 国が撤回停止請求 民主主義蹂躙する暴挙 県民にも「尊厳」がある 辺野古基地問題 民意再び無視するのか 憲法改正は与野党で十分議論し合意を 議員だけで議論、慮外者⁉ 憲法改正は、主権者の権限! 公務員、議員がはしゃぐな">今日のトピックス Blog10/18: 国が撤回停止請求 民主主義蹂躙する暴挙 県民にも「尊厳」がある 辺野古基地問題 民意再び無視するのか 憲法改正は与野党で十分議論し合意を 議員だけで議論、慮外者⁉ 憲法改正は、主権者の権限! 公務員、議員がはしゃぐな

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」10月25日例会のお知らせ 10/18 (笹井明子)">「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」10月25日例会のお知らせ 10/18 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」10月25日例会を下記のとおり開催します。

 今回は「フリースペース朔」オーナーの三角忠さんに講師をお願いし、「いつだって自衛の名で戦争推進ーー安倍9条改憲阻止のために」のテーマでお話ししていただきます。

 『安倍9条改憲の狙いは2項の「戦力不保持」を解体し、現状の自衛隊を戦争する軍隊として憲法上位置づけようとしている、と思います。
 当日レジメ資料を配布して皆さんと一緒に論議を深めたいと考えます。』(三角さん)

 三角さんのお話を伺いながら、私たちにとっても最重要課題である安倍改憲の本質と改憲阻止のための方策について、改めて考え議論したいと思います。是非ご参加ください。

 参加可能は方は、「護憲+」宛てメールでその旨お申し出ください。折り返し会場その他詳細をご連絡します。
 rojinto_goken@mail.goo.ne.jp

 ■日時:10月25日(木)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)

 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に運営するフリーな集まり(@東京)で、原則毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

 2017年以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2017年)
  1月:「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
  2月:「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
  4月:DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
  5月:「森友問題の幕引きを許さない」
  7月:「民進党は民意の受け皿になれるのか」
  9月:「9条問題の本質を「護憲」の立場で考える」
 10月:「信念を貫いた人―劉暁波氏と1980年代以降の中国社会」
 (2018年)
  1月:「一歩先んじた韓国の民主主義~宇都宮健児さんと行った韓国ソウル視察旅行」
  2月:映画「NO」DVD鑑賞会
  4月:「戦前戦中の女性の研究の目を通して、今の政治・社会を見て思うこと」
  5月:「沖縄の現状と今後」
  6月:「ギャンブル依存症を考える」
  8月:映画「憲法9条・国民投票」自主上映会参加
  9月:映画「コスタリカの奇跡」DVD鑑賞会
 ***

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より

「護憲+」ブログ: 日本的集団主義への思想史的アプローチを読んで 10/18 (流水)">「護憲+」ブログ: 日本的集団主義への思想史的アプローチを読んで 10/18 (流水)
 〇「日本的集団主義」について、名無しの探偵さんが「13日のコラム」で見事なアプローチをされています。特に、【世間】の解釈についての阿部謹也氏の所論の紹介は大変参考になりました。

 丸山真男、加藤周一、網野善彦三氏については、わたしも彼らの著作をある程度読んでいますが、阿部氏については読んだことがありません。探偵さんの説明を読みながら、大変鋭い指摘をされていると感心しました。

 ・・「主に近代日本の歴史的位相に注目して、日本の社会が西欧近代の思想を受け継いだものの、西欧近代の基底にある「市民社会」は受け継いでおらず、近代(つまり明治時代)以前から存在していた「世間」という伝統的な集団と意識を頑強に残存させていると明らかにする。

 そして、近代以降の「日本」では、建前では西欧起源である権利意識や個人主義的な観念(戦後では「基本的人権」と呼ぶことになった)を表明するが、それは学校などの公的な場所に限られている。実際になにか人権問題が起きた場合には「建前」の権利意識ではなく、「本音」としての集団意識が全面に出てくると言うのだ。これが「世間」という伝統であり、現代でも間違いなく根強く存在していると言う。」・・

 鋭い指摘です。わたしは同和教育に携わってきましたが、同和対策審議会の答申が出された後でも、世間の人々から【本音】としての【集団意識】が消える事はありませんでした。

 例えば、こういう「集団意識」が理論的形態をとって現れたのが、「逆差別」論です。被差別部落の人々が行政の手厚い保護を受けたり、様々な優遇措置を受けているのに、そうでない人々はそんな優遇措置は受けられない。こういう行政のありようは、一般の人々に対する【逆差別だ】という議論です。

 われわれ教師は、同和地区の公民館に週三回くらい(学校・地域によって違います)夜出かけ、勉強を教えました。塾と家庭教師の混合みたいなものです。地区の子供たちの学力を上昇させ、上級学校の進学率を上げる事により、地区生徒への蔑視や差別的感情をなくしていこうという取り組みです。同時に、社会へ進出するためには学力向上が必須である、という認識から行っていました。

 しかし、この種の取り組みの意義を全ての保護者に理解してもらうのは、至難の業です。「なんで、地区の子供だけがそんな優遇措置を受けられるの。家の子供にも教えてほしいわ。」

 バートランド・ラッセルが「幸福論」の中で「エンビイ=嫉妬」の感情が人間を不幸にする、と指摘していますが、そういう冷静な議論が通じる事は滅多にありません。

 わたしたちが同和教育の研究授業や懇談会や研究会などに参加するたびに、この種の議論が絶えることはありませんでした。わたしが「日本的集団主義」と【世間】の問題に関心を持たざるを得ない最大の動機でした。

 ではわたしが【世間】をどう理解していたかについて少し書いてみます。

 教師生活を続けている間中、わたしは、上で触れた【嫉妬、妬み】の感情は、一体全体何に起因しているのか、と考えてきました。そしてそれが非常に悪い側面で発揮される場合と、非常に生産的側面で発揮される場合があると言う事に気づきました。

 結論的にいいますと、【日本的集団主義】と並んで日本人の特徴である【横並び平等主義】がない混じった形で表現されるため、「功罪あい半ば」する状況が生まれるのではないか、と考えたのです。これに加えて、山本七平が主張する【空気】が支配する場合が多いため事態はさらに複雑になるのです。

 差別問題のようなセンシティブな問題を話し合う場合は、問題は必ず自分自身に跳ね返ってきます。「自分ならどうするか」。この問いは重いものです。教師はその最前線に立たされます。保護者もそうです。自分の内心をのぞき込んで、内なる差別意識を克服する。言うは易く、行うは難し、の典型です。

 だから、「日本的集団主義」とか【横並び平等主義】とか「空気」を読むとかいう日本人や日本社会の特性が際立って現れます。わたしが「日本的集団主義」の克服を課題にした最大の動機です。

 【差別・偏見】という側面で捉えると以下のような五つの日本人の生活像が要因ではないかと考えられます。

 ①社会的地位を追い求める特性
 ②連帯性(感)欠落の特性
 ③恩と義理による自己満足の特性
 ④欺瞞、虚偽性を容認する特性
 ⑤外交的な性格構造   ・・・・・・・ 今野敏彦(偏見の文化)

 例えば、①の社会的地位を追い求める特性を考えてみます。社会には、(1)全体社会と、(2)部分社会の二通りあると考えられます。

 (1)の全体社会
 人々が彼(彼女)に与えている社会的尊敬や威信に応じて全体社会のヒエラルヒーの中での占める位置である。
 ※(例えば、入学式・卒業式での挨拶順とか会合や宴席での席順などで示される序列に顕著に表れる)
   ↓
 この中から、社会的地位を同じくする人々の社会階層(階級ではない)が形成されます。⇒(例) 士農工商(江戸)、上流・中流・下流(下流)
   ↓
 段階的構造を持ちます

 (2)部分社会
 家族⇒夫、妻、親、子供(兄、弟、姉・妹) 親族 
 職階⇒社長、専務、部長、課長、係長、平社員
 職人などでの経験年数の序列など、様々あります。

 日本社会のヒエラルヒーをどのように決めるかについては、二通りあると考えられます。

 (A)出自に基づく地位(帰属的地位)⇒生まれながらにして決定される地位⇒性、年齢、容貌、人種、家柄,家格など⇒前近代ではこれが主流。
 (B)獲得的地位⇒業績の結果としての地位⇒自己の才能、努力により築き上げられた地位⇒近代社会ではこれが主流

 では、日本人の特性はどのように考えられるでしょうか。

 今野氏は、【日本人ほど高い地位を求める事に汲々としている国民は他に類を見ない】と分析し、その理由を以下のような日本社会の特性にあるとしています。

 ★偉いもの、良いものは上にあるか高いところにあるのが常
 ●劣るもの、悪いものは下にあるのが常

 この思想の表現が日本語や日本文化を規定していると考えられます。  

 例えば、第一人称、第二人称の呼称の多様性(時と場所で使い分ける)・死者に対する位階(戒名の多様性)・上座、下座など上下、尊卑、高低の二者択一の環境、そこで醸成される思考形態。

 このような特性がどのように形成されたかを考察しているのが、探偵さんが指摘されている丸山真男、加藤周一、網野善彦などの碩学です。阿部謹也氏の所論については、不勉強なので、明確な事は申し上げられませんが、探偵さんの解説を読む限り、大変納得できる論を展開されていると思います。

 ・・「ライトが保障されていない「集団」(阿部氏の言う「世間」)で、そこの個人に対して「責任」だけはお前にあると言われても、困惑するだけである。こうした集団主義が支配する社会でそのポジティブな側面が衰退して、ネガティブな側面だけになった場合に「全体主義」が顔を出すのである。

 それを丸山氏が「無責任の体系」として分析されたのである。そして、阿部氏は『世間論』でこの丸山氏の論理を発展させて「世間」という伝統的な日本の集団主義の母体を論理的に展開されたのである。」・・・・

 この議論は非常に鋭く日本人の思考の流れを分析していると思います。

 わたしは同じような問題意識で、「日本的集団意識」と「横並び平等主義」の混在が最大の問題だと感じていました。

 同和問題で触れたように、何百年にわたって差別され続けた被差別部落の人々の生活環境も生活それ自体も劣悪そのものでした。戦前には、小学校に通学できない子供が多数いました。今では当たり前のようになっている【学校給食】も、その始まりは戦後被差別部落の子供たちが弁当を持参できないのを助けるために始まったのです。

 被差別部落の人たちを差別された厳しい環境や、生活から少しでも抜け出せるように行政が援助するというのが、同和対策審議会の答申でした。

 原因・理由を考えずに、援助だけを取り上げれば、「あの人たちだけがなんで良い目を見るの」という理屈も分からないではありません。しかし、その背後にある積年の差別とその厳しさをきちんと学習すれば、そんな意見を発言するのが恥ずかしくなるはずなのです。

 しかし、現実は、そんなに簡単なものではないのです。わたしの教師時代、同和教育に携わった多くの教師たちは、その現実に悩み続けたのです。

 こういう意見の背景には、【横並び平等主義】という牢固とした考え方があります。戦後の【集団主義】の背景には、この【横並び集団主義】が貼りついていると思います。

 「いじめ」の最大の要因の一つに、【同調圧力】があります。髪型、服装、肌の色、言葉使いなど他者と違うものを「いじめ」の対象にする背景にこの【横並び平等主義】があります。これを背景にして、【日本的集団主義】が加わります。

 これに差別的で強権的体質の教師が加わると、阿部氏が指摘する【ファッショ】体制そのものが現出するのです。わたしは、そのようなクラスをいくつも見てきました。

 【いじめ】問題の難しさは、日本の教育体制⇒各県の教育体制⇒各校の教育体制⇒各教師の理念や体質が問われなければ、本質的な解決ができないところにあります。

 日本と言う国の特質ですが、こういう根本的で本質的な問いを如何にして回避して、手練手管で解決しようとしがちです。これが問題を長引かせるのです。

 西欧流民主主義の根底に流れる【個人の尊重・個人の自立】がなければ、【平等思想】もただの【横並び平等主義】に陥ります。それでいて、今野氏が指摘するように、【連帯感】の薄さも日本人の特性として牢固として存在します。

 今野氏が想定している連帯感というのは、個人の自立を前提にした連帯感なのです。日本人は集団で行動しがちのように思われていますが、本音で語らなければならないシビアな問題に対しては、意外とバラバラなのです。理由は簡単明瞭です。自分が傷つくのが厭なのです。傷つくことを怖れない「自立した個人」ではないのです。

 ありていに言えば、戦後民主主義が強く意識した【個人の尊重・個人の自立】も、結局【個人の無視・個人の孤立】に陥る場合が多いのです。

 私自身の教師生活は、この「日本的集団主義」と「横並び平等主義」との戦いだったといって過言ではないかもしれません。一番難しかったのは、生徒との戦いではなく、教育委員会や学校・教師との戦いでした。

 名無しの探偵さんのように「日本的集団主義」そのものをきちんと理解できる人は、本当に少数です。おそらく、現在でも多くの場所で多くの人がその戦いを強いられていると思います。ひさかたぶりにこのような議論ができたことをうれしく思います。名無しの探偵さんに感謝いたします。

 「コラムの感想」より

イシャジャの呟き: 秋晴れ      誕生日の花 ホトトギス 花言葉 永遠にあなたのもの 10/18">イシャジャの呟き: 秋晴れ      誕生日の花 ホトトギス 花言葉 永遠にあなたのもの 10/18

  〇やっと載せました

 秋晴れに誘われて、所用を済ませて スーパーまで出かけ 食料の調達をしてきました。ブログに写真を載せようとしましたが 苦戦して 漸く着地しました。

 と言ってる間に、投函予定だった郵便物を忘れたことに気づく、エンフルエンザの接種を受けるために明日出かけるので、忘れずにポストに入れよう・・・ 

 気温の上下が激しくなってきた。体調の維持に努めよう。アクセスに感謝しながら 今日は終わります。


 カテゴリなしの他の記事
  秋冷">秋冷

 今日のトピックス Blog10/17: 再生エネ抑制 「脱原発」ではなかったか 主力化への本気度示せ 首相参拝は凍結を [消費増税]その前に将来展望示せ 専横な政府に毅然と臨め 国民主権を否定する政府⁉是か非か">今日のトピックス Blog10/17: 再生エネ抑制 「脱原発」ではなかったか 主力化への本気度示せ 首相参拝は凍結を [消費増税]その前に将来展望示せ 専横な政府に毅然と臨め 国民主権を否定する政府⁉是か非か

イシャジャの呟き: 暖房      誕生日の花 フジバカマ 花言葉 あの日のことを思い出す 10/17">イシャジャの呟き: 暖房      誕生日の花 フジバカマ 花言葉 あの日のことを思い出す 10/17
 〇ラジオ深夜便から

 昨日午後~、エアコンでは 暖まらないので、ストーブを焚いてみた。ホンノリ暖かくなったが、やがて 部屋全体が高温となり、上着を脱がざるを得なくなり、消火する。まだ 秋だから その繰り返しでいいのだ・・・

 予約してから、3週間経って アンテナ工事がやってきました。台風25号の影響か、映ったり、直ったりの繰り返しだから、イガッタが・・・・ 雪が降る前で良かった、屋根に上るのが 大変だから・・・、一時期、ケーブルTVに乗り換えようかとも思ったが、余命は幾ばくもないので 現状維持としたが、ややこしいことは 嫌だ・・・


 カテゴリなしの他の記事
  雨">

 今日のトピックス Blog10/16: 沖縄知事 辺野古の埋め立て承認撤回 国、一両日中にも対抗措置 不毛な行為やめ、地方自治尊重を 又東電の武藤元副社長、津波対策先送り否定&「津波予測信頼性ない」とも 否定可か⁉">今日のトピックス Blog10/16: 沖縄知事 辺野古の埋め立て承認撤回 国、一両日中にも対抗措置 不毛な行為やめ、地方自治尊重を 又東電の武藤元副社長、津波対策先送り否定&「津波予測信頼性ない」とも 否定可か⁉

「護憲+」ブログ: 「日本的集団主義」と「世間」 10/16 (パンドラ)">「護憲+」ブログ: 「日本的集団主義」と「世間」 10/16 (パンドラ)
 〇名無しの探偵さんのコラム「日本的集団主義の源流と今」">名無しの探偵さんのコラム「日本的集団主義の源流と今」について。

 私も「日本的集団主義」と「世間」については以前から考えていました。

 少し探偵さんの考察とは離れますが、「世間」についてはあの夏目漱石も「草枕」の中で「智に働けば角が立つ…(中略)とかくこの世は住みにくい」と書いています。「世間」とは何でしょうか。先進諸国には「世間」という言葉も無いし訳す事が出来ないそうです。コミニティとも違うし、規範とも違う。

 探偵さんのさんがコラムのなかで紹介された阿部謹也氏の研究にあるように、日本の社会が西洋の「市民社会」を受け継ぐ事が出来なかったために、「基本的人権」さえも学校で習う「勉学」の世界に留められてしまったのではないでしょうか。

 別の言い方をすれば「本音と建て前」だから、学校では授業の中では「基本的人権」という言葉は教えても生徒達の基本的人権などは蔑ろにして、虐めや教師の体罰などで不登校になったり自死する子どもがいても、組織を守るために隠蔽しようとするのです。市民社会が本当に人権を大事に思っているのならそんな学校の酷い体質を許すはずが有りません。

 探偵さんが仰る「集団主義のプラス面は終焉しマイナス面が肥大化している」と言うのは本当にその通りだと思います。

 マイナスな集団主義を肥大化させているのはマスコミの仕業もあるのではないでしょうか。マスコミが新しい「世間」を作りあげている。そんな気がします。私は身近な人達から「テレビで言っていた」「ニュースで言っていた」という言葉を何度も聞きました。大衆はそれほどバカではない、と思いたいのですが。

 マイナスな集団主義を補填するように生きているのが「世間」。「KY」という言葉に象徴される同調圧力。

 皆と同じ事が好きでない私は「KY」の極みだと思います。毎日の暮らしの中でプライベートはせめて「世間に棹をさして」生きていこうと思っています。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より

イシャジャの呟き: 冷える      誕生日の花 ヒヨドリソウ 花言葉 清楚 10/16">イシャジャの呟き: 冷える      誕生日の花 ヒヨドリソウ 花言葉 清楚 10/16
 〇ラジオ深夜便から

 朝方に冷え込みが厳しくなってきた。エアコンで凌いでいるのだが、なかなか 暖まらない。即効性のある
 ストーブに切り替えようと思うが、暑すぎて困ることもありし、コンセントの二股を使って、時に応じて どちらかを使おうと思うが、年寄は 臨機応変が効くかどうか 物忘れもあり 考えるほど 悩ましい 

 ヒヨドリに突かれる前に、柿を載せました ↓ 台風25号による 塩害で木の葉の落葉が早いそうです・・・


 カテゴリなしの他の記事
  台風一過">台風一過

Tamaの映画生活: 「チューリップ・フィーバー」17世紀オランダの絵画とチューリップ・バブル 10/16">Tamaの映画生活: 「チューリップ・フィーバー」17世紀オランダの絵画とチューリップ・バブル 10/16
 〇トルコに行ったとき、草原や石段の隙間などに原種なのか、
 小さな楚々とした赤いチューリップが沢山咲いていた。
 チューリップ模様も多く、スープボウルを買ってきた。

 「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」">「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」

 フェルメールの絵にインスパイアされた小説が原作とか。
 それに17世紀、オランダのアムステルダムで、
 トルコから入ったチューリップが珍しがられ、球根が売買されて、
 高騰・暴落した世界初のバブル、チューリップ恐慌が絡む。

 女子修道院で育ったソフィア(アリシア・ヴィキャンデル)は、
 妻子を無くして後継ぎが欲しい、裕福な初老の胡椒商人、
 コルネリス(クリストフ・ヴァルツ)に嫁ぐ。

 後継ぎをと励むが、子供はなかなかできない。
 美しく若い妻と自分の肖像画をとコルネリスは、
 若手の画家ヤン(デイン・デハーン)を屋敷に呼ぶ。
 ソフィアはヤンに惹かれていく。無理もない…

 一方、女中のマリア(ホリディ・グレインジャー)は、
 魚屋のウィレム(ジャック・オコンネル)の子を孕む。

 修道院長(ジュディ・ディンチ)の助けも借りて、
 ウィレムはチューリップの投機で儲けるが、その金を掏られ、
 海軍の船に放り込まれてしまい、行方不明に。

 切羽詰まったマリアに、ヤンとの仲を脅されたソフィアは
 怪しげな医師(トム・ホランダー)を巻き込んで、
 コルネリスに大芝居を打つ…。

 それにしてもコルネリスって、なんて良き人なのか…。
 そして女子修道院長の粋な計らい。
 マリアとウィレムは、まさに庶民の強さ。


 ソフィアの真珠の耳飾りはフェルメールの「青いターバンの女」、
 少女の瞳は、ソフィアやマリアの表情に、
 襟元の繊細な美しいレースは「レースを編む女」かしら。

 コルネリスとソフィアの肖像画は、むしろレンブラント。
 猥雑なアムステルダムの街と運河、そして酒場で、
 逞しく球根を競り合う姿は、ブリューゲルの絵の様。

 17世紀のオランダは、こんなだったのかな?と印象深い。
 絵画を見るような趣きの作品を堪能した。


 ところで、1634~1637年のバブル期に高値取引されていた
 白に赤などの縞やぼかしの入ったチューリップは、
 じつはモザイク病のウィルスに侵された球根。

 この時代の人はそれを知らずに珍重していたわけ。
 チューリップで有名な富山県の、モザイク病へのご注意。
 花にも葉にも模様が入っているのが分かります。
 チューリップ微斑モザイク病および条斑病の 総合防除マニュアル ">チューリップ微斑モザイク病および条斑病の 総合防除マニュアル
 チューリップモザイク病で画像検索すると出てきます。

 今は品種改良のレンブラント系といわれるチューリップ">レンブラント系といわれるチューリップがあり、
 こちらは大丈夫。模様もくっきりしてきれいです。

 チューリップについて、このブログに詳しく出ています。
 道草の時間: チューリップ雑記 ">道草の時間: チューリップ雑記

 今日のトピックス Blog10/15: 新聞週間 新聞には、知る権利に奉仕し、ファクトチェック、権力監視、国家が弱者や国民の権利を踏みにじることがないか、目を光らせる、民主主義への不可欠な役割がある">今日のトピックス Blog10/15: 新聞週間 新聞には、知る権利に奉仕し、ファクトチェック、権力監視、国家が弱者や国民の権利を踏みにじることがないか、目を光らせる、民主主義への不可欠な役割がある

「護憲+」ブログ: 国民の生活が第一 10/15 (パンドラ)">「護憲+」ブログ: 国民の生活が第一 10/15 (パンドラ)
 〇若い友人に誕生日の花束を送るために大手のスーパーにある花屋さんで花束を購入した。店員さんにラッピングしてもらっている間に話の流れで店員さん達の待遇の話になった。

 このスーパーでパートで働いている彼女の話によると、正社員は本当に少なく殆どパート等非正規の人達で仕事は成り立っているという。

 「非正規の人でも社会保険は付いているのでしょ」と聞いたら、それも時間数によるから、スーパーは社会保険を掛けなくても済むように上手く時間数を調整しているという。

 中には扶養から抜けたくないから少ない時間数の方が良いという人もいるらしい。しかしそれは将来貰う年金に掛かって来て、配偶者が亡くなったら支給される年金が月に数万円という事態になるかも知れないのだけれど。

 このスーパーの求人広告のパートさんの時給は最低賃金だった。非正規でも、リーダー、スタッフ、新人と細かく別れていて、待遇も違うらしい。当然リーダーの人は昔だったら正社員が従事するような責任ある仕事をやらされているらしい。

 10年以上前にこのスーパーに就職するのは受験で中堅私大に受かるより難しいと聞いたけれど、情況は変わっていないのだろうか。誰かが「人手不足というが安い賃金で雇える人が不足しているのだ」と言っていた。

 さて、国民の生活が第一について。

 物価は上がる。物は小さくなる(値上げ出来ないから中身を減らす)。実質賃金は下がる。税金社会保険料は上がり、消費税も上がり年金は減り続ける。それなのに誰が安倍政権を支持しているのか。消費税が上がる度下げられている法人税。恩恵を受けている企業の経営者は当然としても。

 私の知り合いで幼稚園児が2人いるお母さんは「安倍ちゃんを支持する」という。消費税が10%に上がったら幼児教育にかかる費用を無償化するというから。庶民にしてみれば、2人で毎月6万円の費用が無償になれば、年間72万円の金は住宅ローンやこれから幾ら掛かるか分からない教育費に不安を抱えている家庭にとっては恵の雨となるだろう。

 来年の参議院選は8月。消費税が上がる前に安倍政権は幼児教育無償化、大学費用も返済無用の奨学金を拡大して…。「皆さん、これは安倍政権でしか出来ない政策なんです!」と叫ぶ安倍晋三の声が今から聞こえるようである。そして「民主党が政権を取っていた時代は…」と続くのだ。

 先程の店員さんも時給が上がったのは嬉しいと言っていた。消費税10%に伴い住民税非課税の高齢者には毎月5千円支給するという。小銭で国民の頬を叩くなよ。

 企業は政権を味方につけ、内部留保金に当たる利益余剰金を2017年で445兆2960億円もはじき出した(2017年度法人企業統計より)。安倍政権はトランプの要求を丸呑みし、税金で高い武器を買い漁り、更に税金を何百億も海外にバラ巻いている。

 今こそ野党が共闘して「国民の生活が第一」を政策に掲げる時ではないか。憲法も脱原発も大切だからこそ、野党は「良質な保守」を自認して国民のためになる政策を第一に考える時ではないか。

 立憲民主党の枝野代表は「草の根から」という言葉を使った。ならばその草の根の人達が小銭で頬を叩かれ、這いつくばって小銭を拾おうとするとき、膝を付いて一緒に闘おうと手を差し伸べる時ではないか。

 この闘いには右も左も無い。あるのは政権を私物化して独裁を狙う集団と、国民の側に立つ集団の違いなのだ。国民の生活に根差した政策を持つ野党統一候補を擁立して欲しい。野党は「経済を人質に取られている」今の情況を自覚するべきなのだ。

 旧民主党政権での「負の記憶」は、自民党とマスコミが巧みに国民の記憶に刷り込んだものだけれど、それは手強い。野党には「政権を取りに行く」「政治生命を賭ける」という本気の覚悟で統一地方選にも国政選挙にも臨んで欲しい。

 「護憲+コラム」より

イシャジャの呟き: 秋の空、爽やか      誕生日の花 シオン  花言葉  追憶 遠くの人を思う 10/15">イシャジャの呟き: 秋の空、爽やか      誕生日の花 シオン  花言葉  追憶 遠くの人を思う 10/15

       〇庭のシオン

 朝方は冷えるが、徐々に気温が上がって さわやかな秋の一日です。荒れ庭には シオンが咲き、クジャクソウが咲き ゆらゆらと揺れています。柿の木には 2個 残った実が青空に冴えています。

 気温が下がっているので 20度になるまで エアコンの世話になっています。写真の載せ方を忘れてしまって、ようやく たどり着きました。


 カテゴリなしの他の記事
  台風~突風">台風~突風

 今日のトピックス Blog10/14: 資源小国日本⁉ 豊富な再生エネルギー、水資源、海底資源⁉ まじめで勤勉な国民性 捨てたり、売り渡して良いものか。or消費税増税、あるべきか 不公平、法人税減税して迄">今日のトピックス Blog10/14: 資源小国日本⁉ 豊富な再生エネルギー、水資源、海底資源⁉ まじめで勤勉な国民性 捨てたり、売り渡して良いものか。or消費税増税、あるべきか 不公平、法人税減税して迄

「護憲+」ブログ: 麻生財務大臣の辞任を求める「署名」と「財務省前アピール&デモ」 10/14 (笹井明子)">「護憲+」ブログ: 麻生財務大臣の辞任を求める「署名」と「財務省前アピール&デモ」 10/14 (笹井明子)
 〇私用で不在だったため紹介が遅れましたが、私も呼びかけ人の一人なっている「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」が10月9日から、麻生財務大臣の辞任を求める運動を始めています。

 公文書改ざん、虚偽答弁、セクハラ発言など様々な問題を引き起こした財務省のトップであり人事上の任命権者である麻生氏は、不祥事覚後も横柄な態度で開き直って大臣の座に居座り続け、第三次安倍内閣でも財務大臣留任となりました。

 今回の改造内閣についての各種世論調査でも、麻生大臣留任について「評価しない」「よくなかった」が「評価する」を大幅に上回っています。国民の間にくすぶるこうした不満の声を可視化し、麻生大臣の辞任、ひいては組閣責任者である安倍首相に対する責任追及の波を起こしていきたいと思います。

 第三次安倍内閣は沢山の未解決問題を抱え、レイムダック状態です。このままズルズルと政権運営を続けることに明確に「NO」を突き付けるためにも、私たち主権者=市民の意思表示は重要です。

 皆さんの当運動への参加ご協力を、よろしくお願いします。

 ■署名運動 
 ・署名期間;10月9日~ 11月7日(第一次集約日)
 ・署名の呼びかけ文(署名用紙)は次のとおり。
 --------------------------------------------------------------------   
 2018年10月9日
 財務大臣 麻生太郎 様

 無責任きわまりない麻生太郎氏の財務大臣留任に抗議し、即刻辞任を求めます 

         森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 
             <メンバー名省略>
   
 10月2日に発足した第4次安倍改造内閣で麻生太郎氏が財務大臣に留任しました。しかし、第3次安倍内閣当時、財務省では、佐川宣寿氏が理財局長当時の国会での数々の虚偽答弁、公文書改ざんへの関与の責任をとって国税庁長官の辞任に追い込まれました。また、福田淳一氏は女性記者への破廉恥なセクハラ発言を告発され、事務次官の辞職に追い込まれました。いずれも麻生氏が任命権者の人事でした。

 しかし、麻生氏は厳しい世論の批判にも居直りを続け、事態を放置しました。それどころか、森友学園への国有地の破格の安値売却について、録音データなど動かぬ証拠を突きつけられても、なお、「処分は適正になされた」「私は報道より部下を信じる」と強弁し続けました。

 福田次官のセクハラ行為については、辞任が認められた後も「はめられたという意見もある」などと暴言を吐きました。

 なによりも、第3次安倍内閣当時、財務省では公文書の隠蔽、決裁文書の改ざんという前代未聞の悪質きわまりない国民への背信行為が発覚しましたが、それでも麻生氏は、会見の場で記者を見下す不真面目で下品下劣としか言いようがない答弁を繰り返しました。

 こうした経歴の麻生氏が私たちの税金を預かり、税金の使い道を采配する財務省のトップに居座ることに、私たちと大多数の国民は、もはや我慢の限界を超えています。

 麻生氏を留任させた安倍首相の任命責任が問われるのはきわめて当然のことですが、任命権者の意向以前に私たちは、麻生氏自身が自らの意思で進退を判断されるべきだと考え、次のことを申し入れます。

                申し入れ
 麻生太郎氏は財務省をめぐる数々の背任、国民に対する背信の責任をとって直ちに財務大臣を辞任すること

            <以下、署名欄 省略>
 -------------------------------------------------------------------

 署名の第一次集約日 11月7日(水) 
 署名用紙のダウンロードは → http://bit.ly/2ygbmHe">http://bit.ly/2ygbmHe 用紙の郵送先:
   〒134-0083
   江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉 力宛

 ネット署名は → http://bit.ly/2IFNx0A">http://bit.ly/2IFNx0A から。
 メッセージもぜひ、添えて下さい。
 寄せられたメッセージは、個人情報を伏せて、次のサイトで公開しています。 → http://bit.ly/2Rpf6Pm"> http://bit.ly/2Rpf6Pm
 この署名に関するお問い合わせは、
 Eメール:yurusazu-aso@yahoo.co.jp 
  電話:070-4326-2199(10時~20時)まで
 --------------------------------------------------------------------

 ■財務省前アピール行動+デモ 

 11月11日(日) 
  13時~13時30分 財務省前アピール行動 
   (直接、財務省正門付近にお集まりください)
  13時30分~14時 日比谷公園西幸門へ移動 
  14時 デモ出発(コースは警視庁と折衝中) 

 チラシのダウンロードは  
  → http://sinkan.cocolog-nifty.com/20181111/11.7demo.pdf">http://sinkan.cocolog-nifty.com/20181111/11.7demo.pdf

 ***
 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」まとめサイト">「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」まとめサイト

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より

イシャジャの呟き: 鉄道の日      誕生日の花 ユウッゼンギク 花言葉  恋の思い出 10/14">イシャジャの呟き: 鉄道の日      誕生日の花 ユウッゼンギク 花言葉  恋の思い出 10/14
 〇ラジオ深夜便

 今日は 暑くもなし、寒くもなし、年寄の日向ぼっこ日和、気が向いたので、気掛かりだった、生垣 (久根)の剪定に挑戦してみました。

 ラジオを聞かず、没世界の心境で 1時間半で目立つ箇所だけ 済ます。雪が降れば 目立たなくなるので、

 今朝の6時過ぎのラジオに内館真紀子が出て、自分の著書、「すぐ 死ぬんだから」について語っていました。秋田市出身だから 俺たち この辺の老人がモデルなのかと 思っていたら、自分がモデルだという。

 そんなことを思いながらの作業でしたが、剪定枝は、明日が「ゴミ出し日」だが 少し早いけれど、3時過ぎにゴミ置き場に置いて来ました。朝だしが原則たから、ゴミ担当役員からは 叱られると思うのだが、「すぐ、死ぬんだから」、ごめんしてケレ・・・ 免罪符に使ってみた。「すぐ、死ぬんだから」・・・・


 カテゴリなしの他の記事
  青空だが、25号台風~行先が心配だ。">青空だが、25号台風~行先が心配だ。

 今日のトピックス Blog10/13: 改憲より優先‼‼ 日米地位協定改定、辺野古移設が唯一?、憲法95条を活かせ 人権、社会保障の拡充、消費税増税の是非 冤罪防止、制度改革 建設石綿訴訟 国10連敗…">今日のトピックス Blog10/13: 改憲より優先‼‼ 日米地位協定改定、辺野古移設が唯一?、憲法95条を活かせ 人権、社会保障の拡充、消費税増税の是非 冤罪防止、制度改革 建設石綿訴訟 国10連敗…

「護憲+」ブログ: 日本的集団主義の源流と「今」 10/13 (名無しの探偵)">「護憲+」ブログ: 日本的集団主義の源流と「今」 10/13 (名無しの探偵)
 〇日本的集団主義が「終焉している」ので現在のような全体主義的な政治(社会)になっていると言わんばかりの三谷説や小熊説が「流行」しているようであるが、(実際に二人の著書を検討していないので実のところ、私には不明である。今後の検討材料としたい)なぜか。それはこの二人の見解がこれまでの学問的な蓄積と論理を踏まえていないからであると考える。

 「予告」">「予告」では、日本的集団主義を学問的に解明していた研究者は三人であると言っておいた。丸山真男、加藤周一、網野善彦の三者である。

 ところが、この学究亡きあと、この三者の論理を続けて、あるいはさらに「新たな視覚」から、学問を切り開いた学究がいた。西欧中世史の研究者である阿部謹也氏である。

 阿部氏は西欧中世史の最高峰にいる学者であるが、主に近代日本の歴史的位相に注目して、日本の社会が西欧近代の思想を受け継いだものの、西欧近代の基底にある「市民社会」は受け継いでおらず、近代(つまり明治時代)以前から存在していた「世間」という伝統的な集団と意識を頑強に残存させていると明らかにする。

 そして、近代以降の「日本」では、建前では西欧起源である権利意識や個人主義的な観念(戦後では「基本的人権」と呼ぶことになった)を表明するが、それは学校などの公的な場所に限られている。実際になにか人権問題が起きた場合には「建前」の権利意識ではなく、「本音」としての集団意識が全面に出てくると言うのだ。これが「世間」という伝統であり、現代でも間違いなく根強く存在していると言う。

 この阿部氏の20年に及ぶ研究「世間論」を私は20年前から熟読してきた。実際、30年前に阿部氏の講演も聴いている。そして、実際にこの10年の間に一つでも阿部氏の主張を覆すようなエピソードとかケース(事例)に日本社会で私たちは「出会って来た」だろうか。否である。

 学校でのいじめによる自殺事件は少しも減少していないばかりか、昨日のニュースでも明らかなように、教育長が自殺した中学生の父親に向かって「お前も来るのか」と言っているのはどうだろう。また、相変わらず、学校の管理職は自殺した子供がいても、「いじめ」の事実はなかったといっている。(いい加減にしろよ!)そして、最近でも児童相談所は幼児虐待の「通報」を受けても知らん顔で「幼い命」がいつも奪われているのが実態なのである。

 これらの周辺的な事件も重要であるが(当事者はたまったものではない)、安倍政権の問題にも焦点を当てたい。

 三谷氏や小熊氏が主張するように、本当に「集団主義」が終焉したので現在の政治的な状況(明らかな全体主義への傾斜)が起きているのだとすれば、それはそれで結構なことと思われる。しかし、問題は逆であろう。

 確かに集団主義はある側面では衰退している。それはポジティブな側面の集団主義である。丸山氏が言う「悔恨共同体」的な側面であり、敗戦によるショックから立ち直り、平和な日本を建設するべく戦後復興を遂げ、「高度成長」を成し遂げた原動力も、団結した労働運動などの「集団主義」であった。

 だが、中曽根政権の時に企業横断的な労働組合は「民営化」の名のもとに潰されたのである。今は、企業内労働組合さえも衰退して組織率は30パーセントを割っている。

 その隙間を突いて登場したのが「ブラック企業」である。ブラック企業という言い方は適当ではない従来の企業がブラック化したり、今までの企業が衰退している横から新しく登場したブラック企業もあるだろう。

 安倍政権はこの事態を防止するどころか、ブラック企業を助けているような労働政策(「働き方改革」)を打ち出したのである。この改革は明らかに長時間労働の弊害をなくすどころか「長時間労働」を拡大するものであった。それも残業代もゼロにして。

 つまり、集団主義のプラス面は「終焉」させられたが、マイナス面は「肥大化」しているのである。

 丸山氏の論理(それと丸山氏を継承し発展させた阿部氏の論理)に戻ろう。丸山氏は戦後に発表した論稿で、主に日本の軍隊や軍事政権を分析して「無責任の体系」を明らかにした。つまり、起こった事態に対して責任の所在は誰にもなく、特定の個人が責任を取るシステムではないというのである。

 これは西欧の個人主義的な体系を、建前はともかく、「本音」では摂っていないので当然の帰結だろう。権利が保障されていないところには責任も存在していないからである。分かりやすく言えば、報酬がない者に責任だけを負担しろと言うのは土台無理な話である。「権利」という翻訳語には実質もない訳語である。欧米語ではライト(RIGHT)なので、「正義」とか「公正」とかが中心的な言葉であり、「利益」というのは二の次である。

 ライトが保障されていない「集団」(阿部氏の言う「世間」)で、そこの個人に対して「責任」だけはお前にあると言われても、困惑するだけである。こうした集団主義が支配する社会でそのポジティブな側面が衰退して、ネガティブな側面だけになった場合に「全体主義」が顔を出すのである。

 それを丸山氏が「無責任の体系」として分析されたのである。そして、阿部氏は『世間論』でこの丸山氏の論理を発展させて「世間」という伝統的な日本の集団主義の母体を論理的に展開されたのである。

 しかし、阿部氏は最後の章(阿部謹也『近代化と世間』)では西欧思想の限界にも言及している。今度国連が採択した「核兵器禁止条約」を先取りしたような主張であった。

 つまり、西欧思想の発展の果てに出てきた近代科学は軍事面だけが偏重されて、とうとう核兵器まで開発され、(広島、長崎の原爆投下は実際に起こってしまい、)戦後も核兵器やその他の大量殺傷兵器も拡大再生産されている。これは直ちに廃棄する方向に行かないと危ないと警鐘を鳴らしているのである。

 こうして見ると西欧思想とその派生態である科学も「無責任」の様相を示していることは明らかである。

 阿部氏は日本の伝統的な「歴史」(世間論)と西欧思想の行き詰まりにも対応した議論をされて、阿部氏の結論を示唆されている。(それについては阿部氏の議論を直接検討することを望む。)

 「護憲+コラム」より

 今日のトピックス Blog10/12: 電力の供給過剰! 「資源小国」日本にとって、夢のようなお話。 なぜ、これを捨てるのか⁉ 九電 太陽光発電制限、大規模停電の恐れ⁉手のひら返し 脱原発!参院選争点に">今日のトピックス Blog10/12: 電力の供給過剰! 「資源小国」日本にとって、夢のようなお話。 なぜ、これを捨てるのか⁉ 九電 太陽光発電制限、大規模停電の恐れ⁉手のひら返し 脱原発!参院選争点に

「護憲+」ブログ: 日本全国沖縄化の可視化 10/12">「護憲+」ブログ: 日本全国沖縄化の可視化 10/12 (流水)
 〇先日、TV朝日の羽鳥モーニングショーで、首都圏の【横田空域】の問題を取り上げた。沖縄国際大学の前泊教授が解説していたが、これはTV番組では近来にない快挙だった。この問題は一種のタブーのようになっていて、TVで報道されることはほとんどなかった。羽鳥たちの度胸を褒めなければならない。

 この問題は、東京オリンピックに向けて、羽田空港へ北側(内陸部)から着陸できるようにするため、米国と交渉していたが、米軍側が難色を示している問題の本質にかかわる。

 首都圏空域の大半を他国の軍隊が自由に飛行でき、しかも空域の管制権も米軍が持っている。自国の飛行機が自由に飛行できないなど、他の先進国では考えられない。

 具体的に言うと、東京~大阪(伊丹空港)は現在の空域では50分。横田空域を取っ払うと30分になる。しかも、横田空域を避けるためには、7、000mまで上昇しなければならない。この燃費も馬鹿にならない。このように様々な不都合が存在する横田空域の問題をそろそろ正面から考えなければならない時期に日本は来ている。

 ※横田空域の地図">横田空域の地図

 ※横田空域(解説)">横田空域(解説)

 ・・「横田空域は、新潟県から東京西部、伊豆半島、長野県まで広がり、12,000フィート(約3,700m)から最高23,000フィート(約7,000m)の高度に上る空域であり、現在、この空域においては米軍が管制業務を行っています。この空域内には、米軍の横田をはじめ、空自の入間、海自・米軍の厚木などの飛行場があり、これらの飛行場を利用する航空機に対する進入管制業務(航空機に対し出発・進入の順序、経路、方式の指示などを行う業務)を行うための空域として利用されています。」・・・

 前泊氏の解説では、「信号のない交差点に米軍が交通警官の役でたっている。自由に車で走ってよいが、事故を起こしたら自己責任ですよ。それを覚悟で走ってください。それが厭なら、米軍の指揮に従いなさい、というようなものだ」と言う事になる。

 トランプ大統領訪日の時にも指摘したが、彼は横田空港に着陸し、米国大使館に入った。彼は、日本国に来たのではなく、米国領に着陸した。うがった見方をすると、彼は、【日本の現実はいまだに占領国だよ】という事を形で示したのである。

 今年、横田空港にオスプレイが配備されたというニュースが流れていたが、米軍は、日本の空を自由自在に飛んでもよい、というのが、「日米地位協定」なのである。だから、日本の市民が反対と言っても、法的には何の障害もない。

 オスプレイの飛行については、米国国内では厳しい規制がある。(オスプレイの安全性についての疑問が払しょくされていない。)しかし、日本ではそんな制限もない。何の杞憂もなく、訓練ができる。もし、事故を起こしても、米軍が調査し、日本側の調査を拒絶することができる。(地位協定。)米軍が問題ないと言えば、問題ないのである。

 ただ、あまり露骨にそんな事をすれば、日本国民の怒りを招く。だから、時々、米軍は日本国民への謝罪とか反省の弁を語り、日本政府の抗議を聞きいれるふりをして、一週間くらいの飛行自粛などでお茶を濁す。

 さらに言えば、米軍兵士の犯罪も日本が裁くことができない。米軍の軍法会議で裁く。こういう植民地的ありようも【地位協定】で定められている。沖縄では、日常的に起きている現実。この問題は、最も人々の怒りを呼び起こしやすい。現に沖縄では、何度も県民総決起集会が開かれ、米軍に対する抗議が行われている。

 米軍も基地住民の怒りは無視できない。反米軍、反基地に燃えた住民に取り囲まれた【基地】はその機能が半減する。その為、いくばくかの譲歩をしたり、反省の弁を述べたり、外出を自粛したり、様々な手立てをして、【反米】【反基地】感情の懐柔に努めざるを得ない。

 その為、日米安保条約締結後、結ばれた【日米地位協定】の細かで具体的な運用に関して、【日米合同委員会】が開かれて協議している。当初は、【日米地位協定】の具体的運用などについての会議だったようだが、今や政府も憲法も超える存在だとも言われており、そこでの協議内容は国民にはほとんど知らされていない。この会議に出席しているのは、主に米軍と日本の官僚(外務省中心に各省庁)で驚くべき広範囲な内容が離されている。

 ※日米合同委員会出席者 (外務省のHP)">日米合同委員会出席者 (外務省のHP)

 ※【憲法を超える存在!】日米合同委員会という密室で日本国民の主権が奪われている。・・・(お役立ち情報の杜)">【憲法を超える存在!】日米合同委員会という密室で日本国民の主権が奪われている。・・・(お役立ち情報の杜)

 ・・・月に2回行われている『日米合同委員会』。全て非公開のため内容はほとんど知ることができない。
 我々はアメリカで日米合同委員会に関する資料を発見。
 ここには、会合は隔週木曜日11時に開かれること、公式な議事録は両政府にとって公式な文書とみなされ、相互の合意なしには公開されないものとすること、合意に達した事項は拘束力を持つ、などとされている。
 さらに、ウィキリークスが公開した外交資料には、アメリカ側が議会で合意内容を公表したことに対して日本政府が抗議したことが明らかにされている。
 「日本政府が過敏な反応を示すのは、国会での野党への対応のため」、「もし、公開されれば、政治的に大変なことになるだろう」、とある。・・・・

 ここに書かれている内容が戦後日本官僚の典型的やり口。日本や日本国民にとって都合の悪い決定は、【公開しない】。米国側から言わせると、われわれは公開しても構わないが、日本政府に頼まれて非公開にしている、と。

 メディアで報道される解説では、米国からの圧力でしかたなく決定したと言われる政策で、日本側が圧力をかけてくれと依頼した事項がどれだけあるか分からない。日本の官僚は米国からの【圧力】を大義名分にして自分たちに都合の良い政策を吸い陣してきたのだが、その淵源はこの「日米合同委員会」にある。

 ・・・2009年、政権交代で総理の座に就いた鳩山氏は…。
 「秘密裏に月2回ほど、米軍のトップクラスの方々と日本の高級官僚の方々が議論しているという実態は、総理の私にも一切知らされていませんでした。」・・・

 民主党政権の実態が良く分かる。総理大臣に重要な決定事項がほとんど報告されない、というより意図的に報告しない。鳩山政権が辺野古基地移設について、【最低でも県外】と言明したことに対する日本の官僚たちの抵抗意識の高さが見て取れる。【日米合同委員会】で、日本の官僚たちが、鳩山政権の意図の説明などしなかったのであろう。彼らは、民主党政権を日本政府として認知していなかったと言って良い。

 鳩山政権が官僚・メディアバッシング(官僚たちからのリーク;鳩山由紀夫に対する母からの資金提供問題など)・政治(自民党)・財界(経団連など)と米国(ジャパンハンドラーやこの委員会)などの圧力により退陣したのも頷ける。わたしは、当時、政・官・業・メディア・外国(アメリカ)による民主党潰しだと何度も指摘した。

 このように、「日米地位協定」とその具体的適用や問題点などを協議する【日米合同委員会】の存在こそ米国の日本支配の「奥の院」だと言う事が理解されるだろう。

 では日米地位協定とは何か。
 ※日米地位協定">日米地位協定

 ※沖縄県 地位協定 ポータルサイト">沖縄県 地位協定 ポータルサイト

 日米合同委員会での密約が時折姿を見せるときがある。前泊氏が勤務する沖縄国際大学に、2004年米軍の大型ヘリが墜落・炎上した。当時日本の新聞も大騒ぎした。この時、大型ヘリが墜落したのが、公有地と私有地であるにも関わらず、米軍は周辺を閉鎖。警察やメディアの立ち入りを許さなかった。

 この時の米軍の行動を許しているのが、日米合同委員会で決定された密約。

 ・・・「合衆国財産の保護をなすため、事前の承認なくして公有または私有の財産に立ち入ることが許されるものとする」
 、という1953年の合同委員会の合意。
 日本政府は60年経った2013年、初めてこの合意を公表しました。」・・・
 【憲法を超える存在!】日米合同委員会という密室で日本国民の主権が奪われている。・・・(お役立ち情報の杜)">【憲法を超える存在!】日米合同委員会という密室で日本国民の主権が奪われている。・・・(お役立ち情報の杜)

 これはどう考えても独立国家のありようではない。1953年当時は、まだ戦後13年。米軍統治下の延長線上だと考えれば、やむ負えない面もあっただろう。しかし、その後に何の改定も行われなかった、という点に戦後日本の政治家や官僚たちの意識の問題が透けて見える。

 国際法では、公務中の軍人の地位というものは、他国の裁判の対象にならないというのが原則。特に外国に駐留する機会が多い米軍は、駐留する国に【裁判権】があるのを嫌う傾向が強い。米軍がイラクを完全撤退したのは、イラク側が自国の裁判権を譲らなかったためだとされている。

 最大の問題は、【公務外】の犯罪の裁判権の問題。沖縄ではこの種の【公務外】の犯罪が頻発している。

 沖縄ポータルサイトでは、次のように書いてある。

 ・・・「昭和47年の本土復帰から平成29年12月末までに、米軍人等による刑法犯が5967件、航空機関連の事故が738件発生している」とのべ、最近も米軍属による強姦殺人事件、オスプレイ墜落や普天間第二小学校への窓落下等事件が絶えないことを指摘した。また今年2月に三沢基地(青森県)のF16戦闘機が燃料タンクを投棄し、同基地近くの小川原湖でシジミやワカサギなどの全面禁漁に追い込まれたことにも言及し「日米地位協定の見直しについては、米軍基地が集中する沖縄という一地域だけの問題ではなく、我が国の外交・安全保障や国民の人権、環境保護、そして何よりも、日本の主権についてどう考えるかという極めて国民的な問題」とした。・・・

 沖縄県 地位協定 ポータルサイト">沖縄県 地位協定 ポータルサイト

 沖縄ポータルサイトでは、この問題を深く考察。他国(ドイツ・イタリア)との比較を行っている。主に、「米軍に対する受入国の国内法の適用」「基地の管理権」「訓練・演習に対する受け入れ国の関与」「航空機事故への対応」を中心項目として、日米地位協定、ボン補足協定(ドイツ)、米伊の了解覚書(モデル実務取極)の条文を比較している。

 【分析結果】

 【ドイツ】
 米軍に国内法適用。基地内すべての区域に自治体や司令官が立ち入ると明示してある。米軍の訓練や演習も全て事前に通知し許可がなければ実施できない。
 警察権は、ドイツ警察が権限を行使すると明記。

 【イタリア】
 米軍に国内法適用。基地内すべての区域に自治体や司令官が立ち入ると明示してある。米軍の訓練や演習も全て事前に通知し許可がなければ実施できない。
 警察権は、イタリア軍司令官が権限を行使すると明記。

 日本
 ●【地位協定】に国内法を適用する条文がない⇒在日米軍に日本の国内法は適用されない。
 ●基地内の立ち入り権限⇒【地位協定】に明記されていない。⇒ない。
 ●米軍の訓練や演習⇒規定がないため、【規制する権限なし】
 ●警察権⇒「施設・区域内のすべての者若しくは財産、施設・区域外の米軍の財産について、日本の当局は捜索、差押え又は検証を行う権利を行使しない」と書かれている。

 ドイツもイタリアも日本も第二次世界大戦の敗戦国。戦後、米軍基地が置かれたのも同じ。しかし、現在では、「地位協定」の内容が全く違う。こういう【権利】は条文に書き込まないと本当の意味で獲得したことにはならない。【権利】の獲得は、権利回復を願うほうが主張しなければ、決してできない。

 ドイツ・イタリアと比較すれば、如何に日本政府と官僚たちがその事をネグってきたかは、一目瞭然。官僚たちは、「日米合同委員会」で何も主張してこなかった、と言われても仕方がない。

 「日米地位協定」を読めば、日本の領空は、米軍の自由だと言っても過言ではない。世界有数の大都市東京の空を日本の航空機が自由に飛べず、米軍の官制を聞かなければならないというのが、日本の置かれている現実。しかも、横田基地があり、相模原にも基地がある。横須賀には米海軍の基地がある。自国の首都圏に他国の広大な軍事基地があり、首都の上空すら自国の飛行機が自由に飛べないというのがリアルな現実。

 視点を変えてワシントンの上空を米国の飛行機が飛べないとか他国の軍が官制権を握っていると仮定すれば、米国がどう出るか。火を見るより明らかだろう。ましてやワシントン近郊に他国の軍事基地があるなど、米国が許すはずがない。これは米国だけではなく、近代国家ならば、当たり前の考え方である。

 戦争に負けたとは言え、日本も近代国家の端くれ。独立国家としての矜持にかけても、横田空域の撤廃と官制権の奪還に努めなければならないはずだった。ところが、戦後日本はそうしなかった。それより、タイラントである米国の力を国内統治に利用しよとした。

 口の悪い評論家から言わせれば、日本政府などというものは、横田幕府(米国)の出先機関に過ぎないと言う事になる。それも【藩】ではなく、【天領】。藩ならば、自藩の都合を最優先し、粘り強く抵抗する。

 ところが「天領」だから、幕府の都合を最優先し、統治に臨む。安倍政権が良い例。安倍首相は、「天領」を支配する悪代官という役回りだろう。彼がトランプ大統領のポチの役割しか果たせないのも当然と言えば当然。トランプ大統領とマイアミの私邸で会談した時、傲然と立ちはだかるトランプ大統領の前で立ちすくんでいる安倍首相の姿が、象徴しているように、日米の構造的問題なのかもしれない。

 しかし、日本が現在置かれている位置について、日本の未来について、本当に真剣に向き合おうとするならば、この【日米地位協定】の問題と【日米合同委員会】の問題を避けては通れない。

 ・・・米軍上層部から見た【日米合同委員会】は、日本における米軍特権を維持するためのリモコン装置のようなもの。占領時代からのフリーハンドの基地使用・軍事活動の特権を維持するとともに、変化する時代状況に応じて新たな特権を確保していくためのリモコン装置です。そのような政治上の装置が、日本政府の機構の中枢に埋め込まれているのです。・・(「日米合同委員会」の研究』の著者・吉田敏浩)

 安倍首相のいう「日本を取り戻す」のが真剣ならば、まずこの「日米地位協定」の改訂に政権の運命を賭ける覚悟がなければならない。彼が叫ぶ「憲法改悪」など後回し。まず、【日本の主権】を取り戻す戦いをすべきだろう。

 かっての日本右翼ならば、こんな不平等な【地位協定】を糾弾してやまなかったはずだが、今や米軍ヘリコプターが校庭に窓枠などを落とした小学校に、文句を言うなと抗議を集中するあり様。彼らの思想など右翼にも値しない。所詮【意匠】に過ぎない。思想も信条もなく、ただ権力保持が自己目的と化した集団の醜悪な姿だけ目立つ。

 わたしたちは、沖縄問題は、沖縄独自の問題だと勘違いしがちだが、【地位協定】を読めば読むほど、これは日本国全ての問題だと読まざるを得ない。

 羽田空港へ陸地(北側)から着陸する問題で顕在化したように、独立国家日本と言う国の未来をどう考えるか。首都圏の領空を支配され、首都圏に他国に巨大な基地を提供し、事実上の占領状態を是認するのか。横田幕府と呼ばれるような主権喪失の自体をどう克服するのか。このタブーに挑戦した政治家たちは、メディア挙げてのバッシングで潰される。こんな日本で良いのか。

 このままいくと、安保法制が現実化し、米国の戦争に自衛隊が参加する事が現実化すると、日本全土が【沖縄化】するのは、確実。今回の羽田空港の領空問題は、「沖縄問題」が全国問題である事を国民の目にはっきり見せてくれた。

 それを承認し、宗主国に対する忠誠のみに狂奔し、日本国民の命や富を宗主国に売り渡そうとしている「売国奴政権」を是認するのか。日本国民は正念場に差し掛かっていると思わなければならない。

 「護憲+BBS」「安全・外交政策を考える」より

イシャジャの呟き: 秋冷   ☔   誕生日の花 シュウメイギク  花言葉  忍耐 1/12">イシャジャの呟き: 秋冷   ☔   誕生日の花 シュウメイギク  花言葉  忍耐 1/12
  〇 何時か 撮る

 朝は 小雨 午後は曇りの予報、今日予約していた テレビアンテナの交換、業者から電話が入り、雨が降っているので、日程変更して欲しいとのこと、ハイ、ハイ、この間の、見積もり時のように 雨で陽が落ちてから来ないように、嫌味を言えました。

 今朝の ラジオ深夜便で、台風25号で アンテナが倒れて 「業者が多忙で来てくれない、風が吹けば桶屋が儲かる」とのリスナーの投稿が 紹介されていましたが、眠いながらも 同感していました。天気は持ち直して 陽が差してきましたヨ~・・・・、


 カテゴリなしの他の記事
  政権発足の背後(セイゴ)の事情 云々(デンデン)">政権発足の背後(セイゴ)の事情 云々(デンデン)

 今日のトピックス Blog10/11: 九電が、北電のブラックアウトを引き合いに、太陽光発電を抑制、抑圧しようと⁉ 発電量の約8割を太陽光で賄う程ならば、危険で、高コストの原発を転換、脱原発に舵を切ろう⁉">今日のトピックス Blog10/11: 九電が、北電のブラックアウトを引き合いに、太陽光発電を抑制、抑圧しようと⁉ 発電量の約8割を太陽光で賄う程ならば、危険で、高コストの原発を転換、脱原発に舵を切ろう⁉

「護憲+」ブログ: 沖縄県知事選に対する海外ニュースの反応 10/11 (流水)">「護憲+」ブログ: 沖縄県知事選に対する海外ニュースの反応 10/11 (流水)
 〇沖縄県知事選での玉城デニー候補の勝利は、海外でも大きな関心を持って迎えられている。海外ニュースの反応と日本メディアの反応の違いに、日本メディアの閉塞状況が見て取れる。

 例えば、NYタイムズ(電子版)は、9月30日、「アメリカ海兵隊の息子が基地に反対して沖縄知事選に勝利」と題して大きく紹介している。そして、「玉城氏の勝利は、日本での人種の多様性への扉が開かれつつあることを示唆している」と書いた。この時、日本でも大ニュースになったテニスの大阪なおみを引き合いに出している。

 さらに、特筆すべきは、NYタイムズ紙は、オピニオン面で沖縄の米軍基地問題を取り上げた。「日本で最も貧しい市民に、不公平で不必要で危険な負担を押し付けることはできない。安倍首相と米軍の司令官は公平な解決策を見いだすべきだ」と書いた。

 この意見は貴重である。本来なら、日本のメディアが率先してこういう意見を書くべきなのだが、ほとんど聞かれない。日本メディアの腰の引けた姿勢が際立っている。

 ル・モンド電子版では、玉城氏の勝利が三選した安倍首相の敗北を意味している、と報道。「小さなアリは象の足を動かすこともできる」という玉城氏の言葉も紹介している。

 海外メディアは玉城氏勝利の政治的意味を大変良く理解し、ストレートにその意義を書いている。明らかに日本メディアの腰の引けた姿勢とは違う。

 実は海外メディアの視点は、翁長知事死去の時に明確に示されている。

 AP通信は、翁長知事を「小さな島に過重な米軍基地を抱え、基地移設に反対する人たちに応えるために職務を遂行しようとした」と紹介。知事の命を削った戦いを紹介している。アメリカ各紙もこの記事を引用して翁長知事の功績を紹介している。

 ル・モンド紙は、安倍首相が翁長知事への哀悼の意を表するコメントを出し渋ったのを取り上げ、安倍首相を名指しして「米国が哀悼の意を示したのに後れを取った」と書いた。

 ゴルバチョフ元ソ連大統領は、琉球新報に〈彼の活動の基本方針は、平和のための戦いであり、軍事基地拡大への反対と生活環境向上が両輪だった〉と、翁長知事への“熱い”思いをつづった追悼文を寄せた。

 日本の一知事に過ぎない翁長知事の死去に際し、これだけの海外メディアがコメントや解説記事を載せるのは異例である。日本のメディア、日本人が、いかに沖縄県の基地問題に対して、世界的に見ても納得できない、非常識な態度を採っているかをこれらの記事は証明している。

 県民の過半数が基地移転に対して反対で、多くの県民が米軍の非法行為にどれだけ泣かされ続けてきたか。この民意が選挙で示されたにも関わらず、その民意を一顧だにもしないのが安倍政権。それを後押しするかのような本土メディアと日本国民の冷淡さ。

 民主主義のシステムに習熟した海外メディアには、このような日本や日本国民のありようが信じられない。だから、病魔を押して、一歩も引かず、断固として県民の意思を実現しようとした翁長知事の生き様が本当に鮮やかなものに映じたのであろう。ゴルバチョフ氏の追悼文がその事を如実に物語っている。

 今回の玉城氏の勝利。NYタイムズ紙まで、過剰な基地負担に対する沖縄県民の戦いに理解を示しているのである。日本政府は、このような絶好の機会を逃すべきではない。

 日米同盟の深化を語るのなら、せめて【地位協定】の不平等さを解消するくらいの気概を見せてほしい。こういう絶好の機会をむざむざ逃がすようなセンスの持ち主では、【外交の安倍】の看板を下ろすべきであろう。

 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より

イシャジャの呟き: 雨   ☔   誕生日の花  ダリア  花言葉  栄華 優美 10/11">イシャジャの呟き: 雨   ☔   誕生日の花  ダリア  花言葉  栄華 優美 10/11

      〇何時かの映像

 小雨の中に スーパーまで出かけ 食糧を調達、明日も降水確率60%だが、飢えは凌げそうです。ごごナマを見ていますが、国会は 常時 閉会だから、ネットで覗くが 音沙汰無し・・・ 怒り 心頭に発するも 齢には勝てず、足 腰が 思うようにならない・・・

 カテゴリなしの他の記事
  赤い羽根">赤い羽根

Tamaの映画生活: 根拠ある治療「ガイドライン」を役立てよう 10/11">Tamaの映画生活: 根拠ある治療「ガイドライン」を役立てよう 10/11
 〇ネットのお仲間にだけ書いたら、意外にご存じない方もあるようで、
 これは、オープンにした方がいいかなと思い直してここにも書いてみる。
 長くて面倒でしょうが、知りたい方は読んでみてくださいね。

 それから、素人が書いているので、間違いがあるかもしれません。
 もし、変なところがあったら、ご指摘いただければ幸いです。


 病気治療のガイドライン改訂会議に、素人として参加してきた。
 もうガイドラインはできていて、今回は改訂なのだけれど、それでも
 2時から6時まで、びっちり。意見も求められるのでドキドキ、疲れた…。

 第1回は進め方と、CQ(Clinical Question:臨床上の疑問)を出すこと。
 この記事が、CQについて分かりやすく書いてある。
 医療現場で直面する疑問 がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~・コラム 2013年7月29日">医療現場で直面する疑問 がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~・コラム 2013年7月29日

 そのCQに対して、ガイドラインのメインである、
 エビデンスのある論文を外国の文献からも探して、
 精査するのは専門家の医師たち。ここが一番難しい作業だ。

 ほとんどの医師は、診察や研究という本業があって、
 その上で、ガイドラインに携わっている(とても大変そう…)。
 そしてその論文がエビデンスのある治療かどうかを相談して決定する。

 そこから格付け、例えば、ある病気治療のガイドラインで、
 「この薬を使用すれば、絶対に余命は延ばせる」
 というエビデンスがあれば、
 今までは「益」が高いので、「強く推奨」されてきた。

 しかし、ユーザー側から言えば…というところに素人は関係する。
 「余命は延びるけれど、副作用がつらいから使いたくない」
 という選択も、患者にはあるわけだ。
 となると、「益」と「害」のバランスから「弱く推奨」となるかもしれない。

 「ガイドライン」は、医師が使用するので、
 治療、少なくとも患者への説明に変化が起きるかもしれないわけで、
 そこに関わるのは、素人としてはとても怖い気がする。

 しかし今後の治療は、
 SDM(Shared decision making:共同意思決定)の方向。
 医師と患者が話し合って、治療の方針を決めていこうという動きがある。

 これ自体は、治療を受ける本人の意思を尊重するわけだから、
 望ましいことではある。 だが、ネットも本も玉石混交。
 患者が誤った情報を信じ込んで拘泥すると困ったことにもなりかねない。

 「ガイドライン」は、その判断のための材料を提供する。
 エビデンスについては専門家が決定していくが、
 その推奨の軽重のところに、ユーザー側からの意見を提供するわけだ。


 もう一つ大事なこと。ガイドラインの推奨する治療と、
 個々の人が受ける治療は違っていることが多いだろう。

 ガイドラインのエビデンスは、コホート研究やメタ解析、
 つまり大勢の人を対象とした研究結果。いわば平均値みたいなもの。

 そこから個々の病状や、もともと持つ個性は違っている。
 だから主治医の治療方針や処方も違ってくることが多い。

 その違いを感じたら主治医に丁寧に「ガイドラインではこうですが、
 私の治療が違っているのは何故でしょうか?」と伺ってみるといいと思う。

 たぶん、主治医の判断には、「何らかの理由」があるだろう。
 病状はもちろん、個体差による症状や理解や感情、生活環境 まで。

 主治医の説明で納得できればいいし、納得できなければ、
 自分の例えば、薬の飲み心地、希望する生活、将来のことまで、
 主治医と話し合えると良いと思う。


 話し合いたい場合は、日本の医師は忙しいことが多いので、
 聞きたいことはあらかじめ同じメモを2枚作り、
 1枚は医師に、1枚は自分で持って話し合っていくと良いだろう。

 また話し合う時間が欲しいときは、あらかじめそれを伝えて、
 例えば診察時間の最後などに、時間を取ってもらう。

 主治医の話に納得し、信頼して飲む薬と、疑って飲む薬とは、
 プラセボ効果があるという実験のように、結果が違ってくるかもしれない。

 主治医への信頼と、自分の理解を深めるために
 ガイドラインを使ってもらいたいと思う。
 (くれぐれも主治医とのケンカのネタに使わないでください)


 ところで、ガイドラインってアマゾンで買えるだけでもこんなにある。
 Amazonで購入可能なガイドライン一覧">Amazonで購入可能なガイドライン一覧

 でもちょっと目を通してみたら、ほんと難しい。
 今回は引き受けたからには…と必死で読んだけれど、
 素人は、ちょっと読む気にはならないだろう。

 そこで、本人や家族用の『ガイドライン』や『ガイド』というのがある。
 たとえば、乳がん、大腸がんなども、上記のアマゾンにあった。
 『患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド』">『患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド』はこれ。

 もっとあってよいはず…と検索をかけてみたらいろいろあった。
 「患者 家族 ガイドライン ガイド +病名」で検索してみてください。

 ガイドラインの意味を考えれば考えるほど、責任がズシンとくるけれど、
 オッチョコチョイなので、役に立つなら…と、つい引き受けてしまった。
 でも判断にオッチョコチョイは許されないな…と思う。

 だけど、そう書いたら、医療関係者さんからコメントが。
 「そういうオッチョコチョイさんでも、ちゃんと理解できるものを
 作るというところに、素人参加の意味があるわけで!」

 なるほど! 理解できないところはちゃんと言うのが役目、
 それなら1年間、頑張れそうかな。

 自分も参加してみたいという方は、ここを参照してください。
 Minds">Minds 

 Minds って何?という方は、https://minds.jcqhc.or.jp/

 今日のトピックス Blog10/10: 新基地建設反対を継承 言わば、日本で一番偉いのは、主権者!国民、市民。 三権の長でも、公務員でもない 亦北に非核化求め乍ら お前は禁止、俺はいいは、ありえない!">今日のトピックス Blog10/10: 新基地建設反対を継承 言わば、日本で一番偉いのは、主権者!国民、市民。 三権の長でも、公務員でもない 亦北に非核化求め乍ら お前は禁止、俺はいいは、ありえない!

 今日のトピックス Blog10/9: 翁長沖縄前知事の県民葬、玉城知事や菅官房長官も参列  「嘘つくな」! 「辺野古実現すれば米軍はグアムへ」? 日米両政府は2012年に両者を切り離すことで合意 事実と異なる。">今日のトピックス Blog10/9: 翁長沖縄前知事の県民葬、玉城知事や菅官房長官も参列  「嘘つくな」! 「辺野古実現すれば米軍はグアムへ」? 日米両政府は2012年に両者を切り離すことで合意 事実と異なる。

Tamaの映画生活: バンクシーの絵がシュレッダーに! そして彼の映画 10/9">Tamaの映画生活: バンクシーの絵がシュレッダーに! そして彼の映画 10/9
 〇サザビーズでオークションにかけられた、覆面作家バンクシーの絵が、
 1億5500万円で落札されたとたんに、スルスルと額縁から下がって、
 半分までがシュレッダーで縦に裁断、ひらひら。

 以下ニュース
 1.5億円で落札の絵がシュレッダーに 作者の反応は… 朝日新聞 10/8">1.5億円で落札の絵がシュレッダーに 作者の反応は… 朝日新聞 10/8

 これがその様子。テレビニュースを見損ねた方は、ぜひ見て! 
 シュレッダーを仕掛けているところと、
 裁断されて皆が驚いているところ。そりゃびっくりするでしょう!

 バンクシー オークション絵画額縁にシュレッダーの仕掛け banksy">バンクシー オークション絵画額縁にシュレッダーの仕掛け banksy

 これは、「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」のドキュメンタリーの日記。
 ニューヨークに来たバンクシーが、神出鬼没、絵を描いていくと、
 気づいた人がツイッターにのせ、人々がその場所に押し掛ける。
 私はこの映画でバンクシーを知って、とても面白かった。
 Tamaの映画生活: 「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」落書きはどこ? 2016-03-26 ">Tamaの映画生活: 「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」落書きはどこ? 2016-03-26
 
 予告編

 これは彼が監修した「ディズマランド」 ディズニーランドの皮肉。
 訪問記を先に読むほうがいい。 https://casabrutus.com/art/15581/8
 こちらは公式サイト、36枚の写真。http://dismaland.co.uk/

 お店などで働くスタッフたちが、ご本家と違って、
 全員不愛想というのが笑える。

 バンクシー自身が監督したドキュメンタリー、
 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」

 バンクシーは権威・権力に対して、抗議の姿勢をとっている。
 絵の裁断も、自分の絵がオークションで権威付けされることを、
 おちょくって、自らの絵に仕掛けたいたずらなのだろう。

 ところで、裁断された絵は、裁断されたことで値が上がり、
 約2倍の3億円になるのではないかという話が出ている。

 もしそうなら…反権力のバンクシーの勝ち?
 それとも権威付けのサザビーズの勝ち? どっちなのだろうね?

 今日のトピックス Blog10/8: 「全ての命に平等を」LGBTパレード&主権者の窮状放置、オスプレイ 佐賀配備 反対住民「国・県は協定に沿わず」、副大臣も戦後秩序に挑戦 安倍改憲支える レイムダック深化⁉">今日のトピックス Blog10/8: 「全ての命に平等を」LGBTパレード&主権者の窮状放置、オスプレイ 佐賀配備 反対住民「国・県は協定に沿わず」、副大臣も戦後秩序に挑戦 安倍改憲支える レイムダック深化⁉

イシャジャの呟き: 台風一過      誕生日の花 サラシナショウマ  花言葉 雰囲気のよい人 10/8">イシャジャの呟き: 台風一過      誕生日の花 サラシナショウマ  花言葉 雰囲気のよい人 10/8
 〇ラジオ深夜便から

 台風崩れの暴風も収まり、青空が広がり すがすがしい 体育の日となりました。近くで運動会があるようだが、足腰に問題あり・・・・・ 暴風で デジタル番組の中、NHK総合、Eテレ、ABSは 聴取不能であったが、今朝から、NHKが回復 (以前より 映像の状態は良好)、画像が乱れていた ABSも回復しました。風が吹けば 桶屋が儲かるではないが、冬に備えて 量販店に相談して 診断をしてもらうことにしました。出雲駅伝の映り具合は 明瞭です。

 カテゴリなしの他の記事
  今夜~台風24号">今夜~台風24号

 今日のトピックス Blog10/7: 大迫傑、日本新2時間5分50秒! 改造内閣に「期待」8%  加計理事長 虚偽説明は「勇み足」??? 疑惑否定 <森友・加計問題>「終わっていない」 喉あめ服用で懲罰動議可決 子連れ騒動の熊本市議会… 終わりの始まり深化⁉">今日のトピックス Blog10/7: 大迫傑、日本新2時間5分50秒! 改造内閣に「期待」8%  加計理事長 虚偽説明は「勇み足」??? 疑惑否定 <森友・加計問題>「終わっていない」 喉あめ服用で懲罰動議可決 子連れ騒動の熊本市議会… 終わりの始まり深化⁉

イシャジャの呟き: 台風~突風      誕生日の花  コスモス  花言葉 調和 乙女の真心 10/7">イシャジャの呟き: 台風~突風      誕生日の花  コスモス  花言葉 調和 乙女の真心 10/7
 〇ラジオ深夜便から

  台風25号は 消滅したが、未明から暴風が吹く様子を 窓越しで 感じる。7時に起床したが、暴風は止まず、家屋の被害は なかったが、TVのデジタルの NHK&Eテレ&ABSが映らないので 朝日TVを見て過ごす、冬季間もこの症状が出ていたが・・・ 風が止んだら 量販店へ 依頼することを決断する 

 カテゴリなしの他の記事
  台風24号の気になる進路">台風24号の気になる進路

 今日のトピックス Blog10/6: 教育勅語評価発言 戦前に逆戻りしたいのか 1948年衆院で「教育勅語等排除決議」、参院で「失効確認決議」成立 そも国民主権と矛盾する 安倍氏ら二重生活者に、主権者が逆襲、憲法か、”美しい国”(下野)か選択を迫るべし⁉">今日のトピックス Blog10/6: 教育勅語評価発言 戦前に逆戻りしたいのか 1948年衆院で「教育勅語等排除決議」、参院で「失効確認決議」成立 そも国民主権と矛盾する 安倍氏ら二重生活者に、主権者が逆襲、憲法か、”美しい国”(下野)か選択を迫るべし⁉

Tamaの映画生活: 「あまねき旋律」棚田の歌声が青空に吸い込まれていく 10/6">Tamaの映画生活: 「あまねき旋律」棚田の歌声が青空に吸い込まれていく 10/6
 〇グーグルマップって面白い。
 インド、ナガランドと検索して地方を見つけ、国境付近を拡大していく。
 棚田が見えてきて、教会も広場も見えてくる。
 ああ、ここであの人たちが語り、歌っていたのだ…と思う。

 「あまねき旋律(しらべ)」 ★★★★☆">「あまねき旋律(しらべ)」 ★★★★☆

 どうぞ、聞いてみて!

 インド東北部、ミャンマー国境に近いナガ族の村。
 ドキュメンタリーの制作に地方を訪れていた監督2人、

 アヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマ ールは、
 ある村に行ってみれば…と示唆される。

 急峻な山に刻まれた棚田で共同作業をする村人は、
 水を引き、田を耕し、苗を植え、刈り入れ、脱穀する…
 その時々に皆で歌う。コ・キ・パ・ルというそうだ。

 「あなたがいないと私には何もない」のラブソング。
 「愛しているから、あなたのそばにいるの」

 労働歌も多い。働きながら歌うから。
 「やり残した仕事は、自分にのしかかってくる」
 「今日、手を抜けば、この先後悔するだろう」
 「私たちには怠けている時間はない」「よく働き、よく休む」

 「今、私たちは一緒に生きている」
 「だけど、人はいつ死ぬか分からない」…。

 この村は、独立戦争を戦い、インド軍に蹂躙された歴史を持つ。
 歌どころか、その地方の言葉さえ失われた時代もあったとか。

 今、青空のもとで響き、天に吸い込まれていく歌声に、
 そんな歴史があったとは思えないほどだけれど、
 苦しみを超えるためにも、この歌は蘇ったのだろう。

 ひたすら村人の歌と語りだけのドキュメンタリー。
 さわやかに美しく、心が満たされていく時間だった。

イシャジャの呟き: 青空だが、25号台風~行先が心配だ。  ?  ?  誕生日の花 ワレモコウ  花言葉  愛慕 変化 10/4">イシャジャの呟き: 青空だが、25号台風~行先が心配だ。  ?  ?  誕生日の花 ワレモコウ  花言葉  愛慕 変化 10/4
 〇 庭のワレモコウ

 青空が広がって 天は高い・・ 台風25号の進路は おぼろげ 不安は尽きない。

 新内閣が発足したが、「全員野球内閣」だと、笑っちゃうナ~、ゴルフに熱中していて、野球など簡単にできるわけないだろう・・・

 言うことの事欠いて、「申訳ない内閣」がいいところだ。


 カテゴリなしの他の記事
  寒冷前線">寒冷前線

「護憲+」ブログ: 沖縄県知事選、玉城デニー氏勝利 10/2 (笹井明子)">「護憲+」ブログ: 沖縄県知事選、玉城デニー氏勝利 10/2 (笹井明子)
 〇沖縄県知事選挙は、連日の激しい攻防戦の末、玉城デニーさんが史上最多得票を獲得。佐喜眞淳候補に8万票以上の差をつけて見事に勝利を果たした。

 投開票当日の昨日(9/30)は、私も投票締め切りの午後8時から玉城陣営の様子をネット中継で見ていた。NHKが「当確」を出した9時半過ぎまでの長いことに、会場に集まる支援者同様に、私もじりじりした思いだったが、結果が出てみればデニーさんの圧倒的な勝利。

 歓喜に湧き立つ支援者と、若者と共にカチャーシーを踊って全身で喜びを表すデニーさんの姿を見ながら、「本当に良かった!」という安堵と心からの喜びが私の中にも湧き上がった。

 今回の選挙戦では、佐喜眞候補を勝たせたい政権側は、業界団体に期日前投票のノルマを課し、菅官房長官や小泉進次郎議員など主力議員を応援に投入して政府と候補者のパイプの大きさをアピールするなど、総力戦の体勢で臨み、公明党も創価学会の組織力を使った動員で集票を図る戦術を展開した。

 更に、ネット上には、玉城候補に対する悪質なデマや誹謗中傷が繰り広げられ、拡散し続けて、一定の影響力を及ぼしているように見えた。

 こうした政権による力ずくの戦術を前に、「沖縄のアイデンティティ」、「沖縄の誇り」というソフトパワーで勝負に挑む玉城陣営=「オール沖縄」の間には、最後まで勝敗は分からないという危機感が付きまとっていたことは、外から見守る私にもヒシヒシと伝わり、私もずっと不安を拭えないでいた。

 しかし、結果的に、個人の意志を押さえつける自公の強硬策は、多くの沖縄県民の反発を買い、信頼と誠実で闘う玉城陣営の明るさの前に、あえなく敗退することになった。

 今回の勝因のひとつは、デニーさん自身の大らかで誠実な、魅力あふれる個性にあったと思う。しかし何より、自分たちの歴史としっかり向き合い、平和で穏やかな暮らしを希求し続ける沖縄県民の不屈の精神が本物であること、その強さが、今回の選挙結果を生んだのだろう。

 しかし、大変なのはこれからだ。これから繰り広げられる、デニーさんと沖縄県民の日本政府とのし烈な闘いが並大抵なものではないことは、殉職ともいえる亡くなられ方をした翁長前知事の壮絶な闘いからも容易に想像できる。

 沖縄県民が何度も何度も示す「沖縄にこれ以上基地を作らせない」という意志は、どうしたら実現するのだろうか。

 デニーさんは、勝利後のインタビューで「私は誰一人取り残さない政治を訴えてきました。佐喜眞さんに投票された方々も、佐喜眞さんに対しても、出来るなら一緒に沖縄をつくっていきましょう、と伝えたい」と語ったが、平和で豊かな沖縄を作るために、分断を乗り越えて心をひとつに合わせることができたら、それは沖縄にとって大きな力になるだろう。

 しかし、米軍基地の負担も、基地をなくす闘いもこれ以上沖縄だけに押し付けておくわけにはいかない。沖縄県外に暮らす私たちも、沖縄県知事選の感動を胸に、「民主主義」や「生活者の誇り」を手放さない闘いを自らの暮らしの場で実践し続けることで、まずは沖縄に連帯していきたい。

 そしてそれに止まらず、沖縄米軍基地問題は沖縄だけの問題ではないことを認識し、日米安保条約の見直しや、普天間飛行場代替施設の要不要、県外移設の可能性についての国民的議論、あるいは国際社会への訴え掛けなど、辺野古基地を作らせないために自分たちに何ができるか、私たちも具体的に考え提案していく必要があると思う。

 とまれ、民主主義の本当の在り様を見せてくれた玉城デニーさんと沖縄県民の皆さんに、心からの祝意と敬意を表したい。おめでとうございます。そして有難うございました。

 「護憲+コラム」より

「護憲+」ブログ: 沖縄県知事選に見る県民の誇り(希望は沖縄から!) 10/1 (流水)">「護憲+」ブログ: 沖縄県知事選に見る県民の誇り(希望は沖縄から!) 10/1 (流水)
 〇沖縄県知事選が終わった。

 台風と重なり、ほとんどの報道機関が、玉城デニー氏の当選確定を報道しなかった。今日(10/1)の報道でも、沖縄県知事選の意味を丁寧に解説する局はほとんどなかった。

 これが日本メデイアの現状。最近のメデイアは、政権に「不都合な真実」は蓋をする、という報道姿勢が目に余る。戦前の大本営発表と同じ。【横並びの大政翼賛会】報道。以前からその傾向が強まっていたが、安倍三選前後から、今は「戦前か」と見まがうばかりの「翼賛報道」一色になりはじめた。

 今回の沖縄県知事選挙。自公や維新・希望が推薦した佐喜眞候補陣営の選挙運動はまさに物量作戦そのものだった。玉城陣営が「アリと象の戦い」と評するほど、TVCMはジャックするは、全国から動員するわ。湯水のごとく選挙資金を使っている。

 同時に、その締め付けは、ここは民主主義の国なのかを疑わせるに十分な激しさ。佐喜眞陣営は、期日前投票をさせる選挙作戦を採り、業界団体には「期日前実績調査票」を提出させるなど、常識では考えられない強権的手法を採った。

 おまけに、SNSなどを使った玉城候補に対するデマ攻撃などまさにやりたい放題。それこそ警察の捜査が必要なほど酷かった。(※特に上念司、公明党代議士遠山は酷かった)

 さらに、自公両党の党幹部が沖縄に常駐。かってない規模の総力戦を展開した。菅官房長官、人寄せパンダの小泉進次郎などは何度も沖縄入りし、てこ入れを図った。

 しかも、佐喜眞候補陣営は辺野古基地建設の是非には一言も触れない争点隠しの選挙を徹底した。これは新潟知事選挙で、原発再稼働を隠し続けた戦術と同じ。さらに付け加えれば、安倍と石破の自民党総裁選で安倍が徹底して争点隠しの選挙を行ったのと相通じる。

 要するに、争点を議論するような面倒なことはしない。選挙に勝てば、どんな政策を採っても、住民の意思を得ていると強弁する、という典型的ファシズム手法を行っている。

 以前から何度も指摘したが、【権力維持】そのものが自己目的化した典型的ファッショ政党に自・公・維新・希望などの政党が転落している証左である。

 このような本土の上から目線の傲慢政党に沖縄県民は、明確にNOを突きつけた。本土の差別視線に、ウチナンチュウの誇りをかけてNOを突きつけた。

 腑抜けの本土国民や自民党の政治家連中の腰抜けぶりに比べると見事な腰の据わり方である。

 圧倒的武力を持つ占領軍に「非暴力」で抵抗するには、相手の力を利用する以外ない。沖縄県民は、この【巴投げ】発想をわがものにしている。その代表が、翁長知事である。

 彼は自民党員でありながら、【イデオロギーよりアイデンティティ】という見事な【巴投げ】発想で辺野古建設に粘り強く抵抗した。

 安室奈美恵や沖縄の音楽の素晴らしさは、占領という悲劇や本土の差別などという苦しみを見事に【巴投げ】した沖縄県民の誇り高き精神の象徴である。

 わたしたちはこの沖縄県民の誇り高き生き方に学ばなければならない。わたしたちは、「希望は沖縄から」を合言葉にしたらどうだろう。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より

「護憲+」ブログ: 日本的集団主義:「日本はゲームオーバーした」 9/29 (名無しの探偵)">「護憲+」ブログ: 日本的集団主義:「日本はゲームオーバーした」 9/29 (名無しの探偵)
 〇「日本的集団主義」の議論への竹内氏のコメントで、重要な問題提起がありました。学校と政党だけの今日的状況だけでは分析が不足していました。「日本はゲームオーバーした」という分析にまったく同感。竹内さんのコメントに触発されました。

 企業の労使関係で、労働者を過労死させながら内部留保金を400兆円も貯め込んでいる。これは労働者の給料がここ10年以上も上がらず、しかも年収で50万円も下がっているという「平均値」からも、企業のみがゲームを恣意的に牛耳ってゲームの規則を逸脱しているからに他なりません。(カジノ法案まで立ち上げた安倍最低内閣ですが、ゲームの規則も守らない政権のカジノ法制は全く言語道断です。)

 安倍政権は「同一労働同一賃金」などと口当たりのいい言葉を安倍自ら表明したのに、実際に出てきた「働き方改革」の中味の中心事項は、高プロという残業代ゼロ法案でした。

 また、厚労省の忖度と違法があり「裁量労働の拡大」も引っ込めたばかりです。まさにインチキ政権です。これでも多くの国民(労働者が大半)は羊のように安倍政党に投票しています。

 更に竹内さんの指摘で重要なのは、「国民の心中は政治に対する不信感」で一杯だということ。これは宮本太郎氏の国民意識調査でも指摘されています。

 また、「日本内部だけなら問題はないが(実は問題大アリです。学校でのいじめと自殺がとまりません。企業内部でも同じです。)、得たいの知れない外国が絡んでくると、危機が迫って来る」という指摘です。

 実際には迫っているどころか、沖縄の辺野古基地への移設問題は危機という状況をはるかに超えています。国連への提訴も必要だと思っています。国連もこの問題に勧告を考えている状況だと思います。実際一部の動きもあります。

 竹内さんのコメントに感謝いたします。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より

「護憲+」ブログ: 日本的集団主義:「集団と個人」の関係、制度的な問題 9/28 (名無しの探偵)">「護憲+」ブログ: 日本的集団主義:「集団と個人」の関係、制度的な問題 9/28 (名無しの探偵)
 〇「日本的集団主義の問題」の根底にある3人の思想家の論理">日本的集団主義の問題」の根底にある3人の思想家の論理」の続き...。

流水さんの的確な体験に基づいた意見に賛同します。まず、自分たちの身近な集団の問題から議論されていることに納得します。「集団と個人」の関係はどこの国でも同じなので日本だけが「集団主義」に傾いているということはありません。アメリカも9・11以後は集団主義がひどかったし、今になってトランプが大統領に選ばれたことは偶然ではありません。

 「民主主義」と日本では一口に言ってそれで終わりになる傾向は強いです。歴史が浅く、議論がなされない国民性(大学も同じ)からか議論の蓄積と形成に寄与していません。

 日本の集団主義と「戦後」民主主義は密接不可分だと思っています。8・15の「夜」が明けると、昨日まで神州不滅だとか鬼畜米英を唱えていた日本人がみな一億民主主義思想者に「転向」していた、というマイナーな意見をかなり多く聞いたことがあります。憲法改正問題も、戦争体験者が少数になると自公政権の改正案に反対する人もマイナーになってきました。

 民主主義ということは一口で議論して終わりになる問題ではありません。流水さんが指摘したように、個人という存在は意識面で集団の影響を受けやすいと思います。議論がなされない背景の方が問題です。

 学校現場から始まって、国政の現状でも同じです。学校の規則の問題で憲法違反のルールも最近では目立ちます。元々「赤毛」の女子に黒く染めてこいという事件がありました。この教師は民主主義も個人の尊重も何も分からずに大人になった人です。この学校も同じ。集団主義にみんな染まっていった。これは少数の事例だという意見もあるでしょう。

 同様に、今回の総裁選で石破派の大臣に「石破に入れるなら辞職届けを出してから投票しろ」という圧力までありました。三谷氏の議論どおりなら「集団主義」は終わっているはずなのに、自民党内部でも「集団主義」的な圧力は依然として根強いです。誰を総裁にするかは個人の問題であり、多分、民主主義を取っていない国でもこれくらいの「自由」はあるはずです。

 集団主義という伝統はねじれた形で残っています。昔からのルールだった「村八分」さえも、学校や自民党という政党には残っていません。「「村八分」であって、二分の配慮は守られたからです。

 次に、少し制度的な問題に言及します。民主主義の問題(特に憲法上での基本原則)で一番大きな政治的な問題は、「少数意見の尊重」(これは個人の尊厳などと関連してくる)だと考えます。

 殊に西欧などで発展してきた民主主義の原則では、多数決の専制から個人の権利や思想を守る場合には「少数意見の尊重」という政治的な重要命題(基本的な自由の前提条件)は、制度的にも保障されるようになっています。〔戦時下における「良心的兵役拒否の権利」、各人の「信教の自由」などなど。(政治と宗教の分離原則として確立)〕

 そして第二次大戦後には、全体主義の猛威から圧政に苦しんだ経験を活かして、「違憲立法審査権」の制度が日本をはじめ各国で採用されました。この制度の目的は「少数意見の尊重」以外あまり存在理由は考えられません。明らかに「多数の専制」(集団主義のマイナス面)を抑制する制度です。

 「選挙」だけでは民主主義や立憲主義(国家の権力を制限する憲法の原則)が守られないことは、世界的に合意されているということです。ちなみに、安倍さんは「立憲主義」を理解できていませんでした。

 ※次回からは思想史などの問題に移ります。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より

イシャジャの呟き: 政権発足の背後(セイゴ)の事情 云々(デンデン)   ~    誕生日の花 アシタバ  花言葉  旺盛な活動力 10/3">イシャジャの呟き: 政権発足の背後(セイゴ)の事情 云々(デンデン)   ~    誕生日の花 アシタバ  花言葉  旺盛な活動力 10/3
    〇ラジオ深夜便から

 改造内閣の内容が 明らかになった。昨夜のニュースはこんな詰まらないニュースで食後の憩いの時間を費やすことになった。福井しあわせ国体の高校野球の秋田代表の結果が気になっていた方が多かったに違いない。 

 アマリが 復帰したようだ。問題を起こして雲隠れしていた時期もあったが、あの事件を知っている者たちが あの世に行ってしまったと 勘違いしたのか、中古品が 活用されたようです・・・ ところが ドッコイ 生き永らえた者がいたのだ。 
 

 カテゴリなしの他の記事
  青空だが、25号台風~行先が心配だ。">青空だが、25号台風~行先が心配だ。
  赤い羽根">赤い羽根
  今夜~台風24号 ">今夜~台風24号 
  台風24号の気になる進路">台風24号の気になる進路
  寒冷前線">寒冷前線

イシャジャの呟き: イシャジャの呟き  ☔  ~    誕生日の花 マツムシソウ 花言葉 風情 健気 10/1">イシャジャの呟き: イシャジャの呟き  ☔  ~    誕生日の花 マツムシソウ 花言葉 風情 健気 10/1
 〇ラジオ深夜便から

 台風24号の通過する音を ベットで耳を欹てて聞いていた。窓をしっかり閉めて寝た筈だったが、
物音がするので 確認したら、新聞配達さんが 戸を少し開けて行ってしまったのでした・・・

 それでも、被害もなく台風は去って行ったようです。ラジオで沖縄知事選、デニー 玉城氏が当選したことを知る、ネットでは スガが応援に行ったのが 勝敗に繋がったらしいとのこと。アベ内閣改造、人材がいるのかナ~

 今日から 赤い羽根 運動が始まるらしい、閉じこもりで 外出する機会もないので 募金箱に入れることは できないが、町内会で 纏めて 募金して 羽根を配ってくれるので スーパーに行くときは 付けて行こう・・

 ネット上で、アベ総理の国連演説で「背後」を「せいご」と発音したらしい。今後は「西郷ドン」と命名する。「云々」を「デンデン」という読み方もあるらしい・・・、内閣改造は 国語の読み方~身辺調査~ 始めるべし


 カテゴリなしの他の記事

イシャジャの呟き: 今夜~台風24号   ☔   誕生日の花  サワギキョウ  花言葉 高貴 10/1">イシャジャの呟き: 今夜~台風24号   ☔   誕生日の花  サワギキョウ  花言葉 高貴 10/1
  〇ラジオ深夜便から

 東風が吹き 雨は小雨が降っています。今日は 台風24号の進路がどうなるのか、注目して 過ごすことになりそうです。

 日曜討論は 政治家抜きの 討論になってしまって 国会議員は どこに行ってしまったのか 声を聞くこともなくなった。アベだけが 目立つようになってしまったが、バカさ加減を 改めて見て聞く思いだ。

 昼からは、NHKのど自慢を見る予定、由利本荘市からだが、面白い芸達者が 現れるのか 期待し、すべては 24号待ち、風呂に入って 早めの夕食して、早めに寝て 通過を待とう・・・

 のど自慢は、台風の影響で 今日は 放映されませんでした。録画の放送を 来週見よう。


 カテゴリなしの他の記事

イシャジャの呟き 台風24号の気になる進路    ~    誕生日の花 トレニア 花言葉 愛敬 9/28">イシャジャの呟き: 台風24号の気になる進路    ~    誕生日の花 トレニア 花言葉 愛敬 9/28
 〇ラジオ深夜便から

 台風24号が気になるが、当地は 雲が ふんわりと浮かび 雨の心配はあるものの、気温は 上着を羽織って 快適です。エアコンで室温を調整する 心配もなし  だが、彼岸過ぎからの日足の速さを感じる、心細い限りです。

 カテゴリなしの他の記事

Tamaの映画生活: 「検察側の罪人」 それぞれの正義? 9/30">Tamaの映画生活: 「検察側の罪人」 それぞれの正義? 9/30
 〇「邦画をあまり見ないが、これは良かった」
 というお勧めで、期待のもとに観たのだけれど、
 まるで整理できてないんじゃない?

 「検察側の罪人」 ★★★☆☆">「検察側の罪人」 ★★★☆☆

 エリート検事最上(木村拓哉)と新米検事沖野(二宮和也)は
 下町で起きた殺人事件を追う。ともに働く検察事務官の
 橘(吉高由里子)は、別の目的を持っていた。

 捜査線上に浮かびあがってきた松倉は否認する。
 松倉は、少年時代に殺人事件を起こし、少年院に行っている。

 その後、最上の学生時代の仲間だった少女の殺人事件でも、
 疑われていた。しかし決定的証拠に欠け、事件は時効。
 最上は松倉を追い詰めて吐かせろと沖野に命じる。

 橘の役割はまだいい。だが、最上の友人の代議士の丹野や、
 増して宗教じみたその妻や、大物弁護士など、
 いろいろ詰め込み過ぎ。
 何の意味を持たせたかったのか。私には読めなかった。
 社会はそうしたもの…なら十分に表せてないのでは。

 最上の暴走、それに気づいていく沖野。
 検事も人間。人間だから過ちも罪も犯す。

 物語はそこからではないか…と思うところで終わる。
 シンプルにその罪を破滅まで掘り下げて描けなかったものか。
 原作は本だから緻密に書けるが、2時間では突っ込みすぎちゃいけない。

 冒頭の都市の映像は面白く、俳優たちは熱演ではあった。
 問題は台本か。ここまではないでしょ?と思わせちゃいけないでしょ。

 でも、ひょっとすると警察とは近しくないからそう思うだけ?
 だとしたら、怖い映画なのかも。

9条の会オフィシャルサイト">9条の会オフィシャルサイト
「九条の会」メールマガジン (第289号)">「九条の会」メールマガジン (第289号)  発行リスト">発行リスト
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2018年10月25日 第289号 ☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
憲法9条、未来をひらく

<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp




今週の一言: 2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)">今週の一言: 2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)
 ○・・・以下、割愛。
伊藤真(いとう まこと)のプロフィール

法学館憲法研究所所長。
伊藤塾塾長。弁護士(法学館法律事務所所長)。日弁連憲法問題対策本部副本部長。「一人一票実現国民会議」発起人。「安保法制違憲の会」共同代表。「九条の会」世話人。
ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会(作品(1)・(2)・(3))代表。
『伊藤真の憲法入門 第6版』(日本評論社)、『中高生のための憲法教室』(岩波書店)、『10代の憲法な毎日』岩波書店)、『憲法が教えてくれたこと 〜 その女子高生の日々が輝きだした理由』(幻冬舎ルネッサンス)、『憲法は誰のもの 〜 自民党改憲案の検証』(岩波書店)、『やっぱり九条が戦争を止めていた』(毎日新聞社)、『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案 増補版』(大月書店)、『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業』など著書多数。
今週の一言 バックナンバー">今週の一言 バックナンバー
 ○【最新】安倍9条改憲NO!— 第九条の会ヒロシマ 藤井純子さん(第九条の会ヒロシマ・代表世話人)   (2018年8月13日) ">【最新】安倍9条改憲NO!— 第九条の会ヒロシマ 藤井純子さん(第九条の会ヒロシマ・代表世話人)   (2018年8月13日)
 以下、割愛 ・・・

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後






「業務執行、全て社長に」 東電元会長、原発事故謝罪 【東京新聞】2018.10.30
">「業務執行、全て社長に」 東電元会長、原発事故謝罪 【東京新聞】2018.10.30

ANN: 燃料取り出し遅延問題 東芝関連会社社長が謝罪 10/16">ANN: 燃料取り出し遅延問題 東芝関連会社社長が謝罪 10/16

<福島第1原発>東電、2月からトリチウム水保管タンクの放射性物質測定 【河北新報】2018.09.22"><福島第1原発>東電、2月からトリチウム水保管タンクの放射性物質測定 【河北新報】2018.09.22

ANN: 東電裁判で元看護師「原発事故なければ治療できた」 9/19">ANN: 東電裁判で元看護師「原発事故なければ治療できた」 9/19

生活苦7年半 東日本大震災3460世帯 災害援護資金 半数返せず 東京新聞 9/12">生活苦7年半 東日本大震災3460世帯 災害援護資金 半数返せず 東京新聞 9/12

原発事故影響 シイタケ原木今も制限 栃木県内里山林 荒廃進む恐れ 【下野新聞】2018.09.09">原発事故影響 シイタケ原木今も制限 栃木県内里山林 荒廃進む恐れ 【下野新聞】2018.09.09

【こちら原発取材班】炉内はどこまで分かったか 福島第一原発2号機 【東京新聞】2018.09.05">【こちら原発取材班】炉内はどこまで分かったか 福島第一原発2号機 【東京新聞】2018.09.05

【神奈川】福島原発の避難者集団訴訟 地裁で結審、来年2月判決 東京新聞 2018年7月20日">【神奈川】福島原発の避難者集団訴訟 地裁で結審、来年2月判決 東京新聞 2018年7月20日


大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻">大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻

岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興">特集:3.11 震災・復興



◎ ブログ・市民メディア
 ☆ 老人党">老人党
 ◎掲示板を利用・閲覧されているみなさまへ
 掲示板の状況が不安定なため、すべての掲示板を一時閉鎖します。
 発信する情報をお持ちの方は、当面の間ご自身のblogやFacebook 等での発信をお願いいたします。
 ご迷惑をおかけしますがご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

NPJ動画ニュース 国際シンポジウム参加報告 韓国の遺伝子組み換え表示に学ぶ 2018年7月25日">NPJ動画ニュース 国際シンポジウム参加報告 韓国の遺伝子組み換え表示に学ぶ 2018年7月25日

NPJ動画ニュース 「良心宣言ジャーナリズム2018」 シンポジウム ペンは負けない カメラは見逃さない 7/3">NPJ動画ニュース 「良心宣言ジャーナリズム2018」 シンポジウム ペンは負けない カメラは見逃さない 7/3

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ スカッと分かる!! 憲法のお話 ~9条に自衛隊を書き込むと日本はどうなる~ 1/29



litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 2017年8月の記事です→徴用工問題、文在寅大統領の発言はおかしくない! 日本の外務省も「個人の請求権は消滅していない」と答弁していた 19:28 - 2018年10月30日 427件のリツイート 324件のいいね

山口二郎 ‏ @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 防衛大臣による行政不服審査の件、行政法学者有志が批判の声明を出した。内閣は連帯責任を負うわけで、ある国務大臣が私人として行政不服審査を請求し、別の国務大臣が国としてそれを認容するのは、一人二役の出来レース。 1:51 - 2018年10月30日 1,036件のリツイート 1,298件のいいね

立川談四楼 ‏ @Dgoutokuji フォロー中 @Dgoutokujiさんをフォローしています その他 東電の「工場萌え」ツイート炎上を世耕経産相が「廃炉の進捗状況を見せるのも重要だ。時にはお堅い電力会社がユーモアを見せるのも悪くない」と擁護だ。バカ言ってんじゃねえよ。単なる無神経じゃねえか。所管大臣なら「当時の幹部が証言している最中だ、悪ふざけもいい加減にしろ!」と一喝だろうが。 21:20 - 2018年10月30日 1,748件のリツイート 2,833件のいいね


郷原信郎が斬る: 業務上過失致死傷罪への“組織罰”導入で問われる山下新法相の真価 10/16">郷原信郎が斬る: 業務上過失致死傷罪への“組織罰”導入で問われる山下新法相の真価 10/16

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 代表質問への首相答弁はどれも酷いものだったが、沖縄問題は強い怒りをもった。私が、行政不服審査法を乱用した沖縄に対する強権措置がどんなに無法かを、理をつくして質したのに、根拠を一切示さず「ご指摘はあたりません」を繰り返す。こんな暴挙を働きながら何が「沖縄の皆様の心に寄り添う」か!! 3:26 - 2018年10月30日 286件のリツイート 295件のいいね

市民連合 ‏ @shiminrengo フォロー中 @shiminrengoさんをフォローしています その他 "沖縄県の玉城知事は、東京都内で記者団に対し、「結論ありきの中身のないもので、自作自演の極めて不当な決定と言わざるをえない。公平性と中立性を欠く判断がなされたことに強い憤りを禁じえない」と述べ、政府の対応を批判しました。" 22:00 - 2018年10月29日 701件のリツイート 606件のいいね

こたつぬこ ‏ @sangituyama フォロー中 @sangituyamaさんをフォローしています その他 こたつぬこさんがYAFをリツイートしました そう、自作自演なんですよ。市民が公権力の横暴に抗うための制度を、公権力の横暴を追認するために使うって、ありえないでしょ。 こたつぬこさんが追加 YAF @yagainstfascism 国会。共産党志位委員長。 「しかも防衛省の申し立てを国交相が審査するのは、自作自演であり、到底公正な手続きとはいえないことは明瞭。総理あなたは沖縄に法治主義を適用しないとでも言うつもりか。無法な決定は… このスレッドを表示 0:07 - 2018年10月30日 375件のリツイート 291件のいいね

上西充子 ‏ @mu0283 フォロー中 @mu0283さんをフォローしています その他 「野党は反発」という表現は、「お上に逆らう」という権力者目線をメディアが(無意識に?)内面化しているからこそ出てくるもの。 「抗議」「異論」等とすべき。 #呪いの言葉の解き方 17:58 - 2018年10月29日 1,604件のリツイート 2,105件のいいね

志村建世のブログ: 間庭小枝さんの第19回「椰子の実」コンサート 10/29">志村建世のブログ: 間庭小枝さんの第19回「椰子の実」コンサート 10/29
 〇昨日の日曜日、所沢の文化センターミューズ・キューブホール(航空公園駅)で行われた間庭小枝さんの第19回「椰子の実」コンサートを聞いてきました。天気もさわやかな秋の一日でした。
 所沢を中心に、カルチャースタジオ「メヌエット」を主宰して、音楽教室など、各種の音楽活動を展開している間庭さんが、ソプラノ歌手として歌声を披露し、最後に会場の全員と「椰子の実」を合唱して終るこのコンサートも、今年で19回目になりました。
 今回は、前半は「風」をテーマとした創作曲を含む構成で、締めは「千の風になって」でした。後半は北島万紀子・詩 大中恩・曲 の「小さなねがい」から始まり、リクエストからの曲へと続くのですが、その中で、加藤周一の作詞、中田喜直作曲という珍しいコンビの「さくら横丁」という歌が聞けたのが、私としては収穫でした。
 「間庭メヌエット」さんと言えば、インターネット上に驚くべき多数の楽曲を提供しておられて、これだけでも立派な文化的な事業だと私は思っています。その中心に立つ間庭さんの声で、いつかオペラ「蝶々夫人」の「ある晴れた日に」を聞いてみたいと、私は思っています。

孫崎享のつぶやき: ドイツのメルケル首相がCDU党首辞任の意向表明。フランクフルトがあるヘッセン州で州議会選挙では27・0%(前回38・3%)に後退。バイエルン州でも後退。難民排斥を唱える新興右翼政党が台頭。社会民主党も19・8%(同30・7%)で過去最低 10/30">孫崎享のつぶやき: ドイツのメルケル首相がCDU党首辞任の意向表明。フランクフルトがあるヘッセン州で州議会選挙では27・0%(前回38・3%)に後退。バイエルン州でも後退。難民排斥を唱える新興右翼政党が台頭。社会民主党も19・8%(同30・7%)で過去最低 10/30

認証済みアカウント @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 沖縄県民の民意を愚弄し、黙殺する暴挙。このままでは「分断」はますます進み、事態はより深刻になる。安倍政権は完全に国民を馬鹿にしている。 埋め立て承認撤回の効力停止=辺野古移設、工事再開へ―石井国交相決定(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000035-jij-pol … @YahooNewsTopics 18:52 - 2018年10月29日 1,089件のリツイート 1,050件のいいね

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 慢心だらけの総理、安倍晋三 1:00 - 2018年10月29日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

植草一秀の『知られざる真実』: 今回も始まった日本重罪新聞のキャンペーン 10/29">植草一秀の『知られざる真実』: 今回も始まった日本重罪新聞のキャンペーン 10/29
 〇日本経済新聞社とテレビ東京による10月26~28日の世論調査で、2019年10月に予定する消費税率の10%への引き上げについて賛成が47%と、反対の46%を上回ったと報じられている。
 日本経済新聞社による消費税増税キャンペーンがまた始まった。
 日本経済新聞社は1997年度と2014年度の消費税増税に際して、大々的なキャンペーンを展開した。
 その中心テーマは「消費税増税の影響軽微」だった。
 過去2回の消費税増税に際して、日本経済新聞は、「消費税増税の影響軽微」の大見出しを1面トップに掲げる報道を、それぞれ複数回展開した。
 私は、いずれもケースにおいても、「消費税増税の影響は甚大である」との見解を示し続けた。・・・

孫崎享のつぶやき: ユダヤ教会堂銃撃事件で、死者11人。孤立した事件ではない。昨年ユダヤ人コミュニティに対し、163の爆破警告を含め、1,015の弾圧事件、これは2016年比41%増。故意の破壊(行為); 暴力行為(vandalism)は952 件で2016年比86増。白人至上主義の台頭 10/29">孫崎享のつぶやき: ユダヤ教会堂銃撃事件で、死者11人。孤立した事件ではない。昨年ユダヤ人コミュニティに対し、163の爆破警告を含め、1,015の弾圧事件、これは2016年比41%増。故意の破壊(行為); 暴力行為(vandalism)は952 件で2016年比86増。白人至上主義の台頭 10/29

孫崎享のつぶやき: 日刊ゲンダイ日本外交と政治の正体(孫崎享) 「日米貿易交渉、北方領土、消費増税で追い込まれる安倍政権」安倍政権の周囲をみると、明らかに「黄信号」。沖縄県知事選敗北。日米交渉で自動車や農産品、サービス対象。米国農産品でTPP以上の成果を取る意図。 10/28">孫崎享のつぶやき: 日刊ゲンダイ日本外交と政治の正体(孫崎享) 「日米貿易交渉、北方領土、消費増税で追い込まれる安倍政権」安倍政権の周囲をみると、明らかに「黄信号」。沖縄県知事選敗北。日米交渉で自動車や農産品、サービス対象。米国農産品でTPP以上の成果を取る意図。 10/28

天木直人のブログ: 「反ユダヤ主義」という名のイスラエルのパレスチナ弾圧隠し 10/29">天木直人のブログ: 「反ユダヤ主義」という名のイスラエルのパレスチナ弾圧隠し 10/29

マスコミに載らない海外記事: 安全保障同盟でアフガニスタン、パキスタン、タジキスタンに加わる中国 10/29">マスコミに載らない海外記事: 安全保障同盟でアフガニスタン、パキスタン、タジキスタンに加わる中国 10/29

渡辺輝人 ‏ @nabeteru1Q78 フォロー中 @nabeteru1Q78さんをフォローしています その他 これは極めて真っ当など真ん中ストレートの見解だと思う。安倍政権は普通に違法行為(行政自身による行政法規の逸脱)をしている。 / 他1コメント http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.okinawatimes.co.jp/articles/-/336001#tw?u=nabeteru1Q78 … “336001” 20:34 - 2018年10月28日 395件のリツイート 310件のいいね

盛田隆二 ‏ @product1954 フォロー中 @product1954さんをフォローしています その他 兵器ローン5兆円! これって国民1人あたり5万円のローンだよ 米から購入安倍政権で急増 兵器ローン残高 5兆円突破 19:06 - 2018年10月28日 955件のリツイート 610件のいいね

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 きむらともさんが佐藤まさひさ(正久)をリツイートしました 行政府の長たる総理大臣が、総理大臣の言葉として、「憲法への自衛隊明記」という自らの望む改憲案について具体的に言及し、「それに沿った改憲議論を進めない者は政治家の責任を放棄している」如くの発言を立法府に対して行うことは、三権分立及び憲法擁護義務への無知を総理自ら晒すものだが、如何。 きむらともさんが追加 佐藤まさひさ(正久) 認証済みアカウント @SatoMasahisa 【首相、自衛隊明記「国防の根幹」 9条改憲へ意欲、衆院代表質問】 改めて安倍総理の憲法9条への自衛隊基地明記に関する強い意欲を示した感じだ。臨時国会での憲法議論のキックオフでの総理… 3:51 - 2018年10月29日 265件のリツイート 236件のいいね

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 #税を問う #東京新聞 の調査報道スタート。私も末席ながら加わってます。米国製の高い武器購入は、#安倍政権下で急増。2兆9000億円で推移していた #米国 兵器のローン残高は来年度は5兆3,000億円を突破。武器購入の付け払いを負わされるのは、紛れもなく私達国民一人一人だ 2:42 - 2018年10月29日 1,289件のリツイート 1,159件のいいね

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 自己責任論の正体 17:45 - 2018年10月27日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 私見;自己責任論 14:21 - 2018年10月27日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「自己責任論」の異常(安田純平さん救出) 4:48 - 2018年10月27日 1件のいいね

孫崎享のつぶやき: 日刊ゲンダイ日本外交と政治の正体(孫崎享) 「日米貿易交渉、北方領土、消費増税で追い込まれる安倍政権」安倍政権の周囲をみると、明らかに「黄信号」。沖縄県知事選敗北。日米交渉で自動車や農産品、サービス対象。米国農産品でTPP以上の成果を取る意図。 10/28">孫崎享のつぶやき: 日刊ゲンダイ日本外交と政治の正体(孫崎享) 「日米貿易交渉、北方領土、消費増税で追い込まれる安倍政権」安倍政権の周囲をみると、明らかに「黄信号」。沖縄県知事選敗北。日米交渉で自動車や農産品、サービス対象。米国農産品でTPP以上の成果を取る意図。 10/28

IWJ: 沖縄三連敗に次ぐ四連敗回避が至上命題の安倍政権! 菅官房長官暗躍(野党の鷲尾英一郎衆院議員切崩し工作)説も浮上するも苦戦の模様 10.28投開票の新潟市長選でも首相嫌いの公明支持者(創価学会員)が離反か!? ~フリージャーナリスト・横田一氏による報告 10/27">IWJ: 沖縄三連敗に次ぐ四連敗回避が至上命題の安倍政権! 菅官房長官暗躍(野党の鷲尾英一郎衆院議員切崩し工作)説も浮上するも苦戦の模様 10.28投開票の新潟市長選でも首相嫌いの公明支持者(創価学会員)が離反か!? ~フリージャーナリスト・横田一氏による報告 10/27

村野瀬玲奈の秘書課広報室: 2018年9月30日の沖縄県知事選について (メモ) 10/1">村野瀬玲奈の秘書課広報室: 2018年9月30日の沖縄県知事選について (メモ) 10/1

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 望月衣塑子さんがTOMO-NIをリツイートしました #安田純平 さんがリポートする戦地の市民や子供の声に触れることで、遠く離れた場所にいる私達が「いま自分に何ができるのか」と問い、動くことができる。命の危険を冒しながら戦地の状況を伝えるジャーナリストがいなければ、私達は悲惨な戦争の数々を自分ごとと受け止め、考えることをしなくなる。 望月衣塑子さんが追加 1:52 TOMO-NI @TOxMOxNIx67 #報道特集 各キャスター「現地の人々や子供の表情を見てると無関心でいられなくなる」「安田さんが、なぜ体を張ってシリアに入り何を伝えようとしたかっていうのは、よくわかると思う」「戦争の現実を知らなくて良いのか、外国からお金を出して素材を買って見せれば良いのか?そうじゃないだろと思う」… 1:07 - 2018年10月28日 601件のリツイート 837件のいいね
認証済みアカウント @quai44 フォローする @quai44をフォローします その他 ダルビッシュが安田さんへの自己責任バッシングを次々論破!「ジャーナリストが行かなければ殺戮は加速する」 https://lite-ra.com/2018/10/post-4335.html … @litera_webより 5:03 - 2018年10月27日 919件のリツイート 1,566件のいいね

認証済みアカウント @koike_akira フォロー中 @koike_akiraさんをフォローしています その他 NHK「日曜討論」で憲法議論。私が総理が改憲の旗を振るのは立憲主義を踏みにじると言ったら自民党萩生田氏が「総理がどうこうではない」と。私が「総理がどうこう言っている。自衛隊観閲式でも国会でも」と返すと「総理が黙れば憲法調査会動くならそうしたい」と。ちょっとびっくりしました。 2:45 - 2018年10月28日 301件のリツイート 355件のいいね
  ★安倍の暴走は止められない、か

青木美希 ‏ @aokiaoki1111 フォローする @aokiaoki1111をフォローします その他 青木美希さんがダルビッシュ有(Yu Darvish)をリツイートしました 「女性記者がいま武装勢力に拉致されている。危険をおかしても真実を摑む。本当のジャーナリストだ。日本にはジャーナリストはいるか?」  マケドニア(旧ユーゴ)にかつて取材に行ったとき、男性が私に言った。 「日本では捕まるとバッシングを受けるんです」  言うと、男性はとても驚いていた。 青木美希さんが追加 ダルビッシュ有(Yu Darvish) 認証済みアカウント @faridyu 危険な地域に行って拘束されたのなら自業自得だ!と言っている人たちにはルワンダで起きたことを勉強してみてください。誰も来ないとどうなるかということがよくわかります。 映画だと「ルワンダの涙」が理解しやすいと思います。… 16:33 - 2018年10月27日 1,381件のリツイート 1,862件のいいね

umekichi ‏ @umekichkun フォロー中 @umekichkunさんをフォローしています その他 緊急事態条項の4つの項目の中で、怖いのがこれ。 「何びとも、国、その他公の機関の指示に従わなければならず、行政府が警察化し、指示命令に物理的強制力が加わる。 その他の三項目は、すでに安倍政権が実行中。 底抜けのバカに強烈な権限を持たすと、日本がとんでもなく住みづらい国になる。 20:22 - 2018年10月27日 322件のリツイート 283件のいいね

吟味するスタンス ‏ @outdated22 フォローする @outdated22をフォローします その他 「民主主義は日本古来からの伝統」と言う稲田議員、もしかして日本国憲法と十七条の憲法の区別が付いていないのではないか。 3:44 - 2018年10月29日 157件のリツイート 285件のいいね
  ★国民主権と明治の天皇主権(絶対王政)の区別をつけようとしないとは、議論の基礎を紛らし、失うもの。不誠実、極まりない。弁護士資格喪失(素養なし)とはできないものか。

志村建世のブログ: 「原民喜~死と愛と孤独の肖像」を読んだ(1) ・ブログ連歌(525) 10/27">志村建世のブログ: 「原民喜~死と愛と孤独の肖像」を読んだ(1) ・ブログ連歌(525) 10/27
 〇この話は長くなりそうだ。たぶん40年ぐらい前に、私は広島にいた。何で広島へ行ったのか、どこへ泊ったのかなど、前後のことは全く記憶にない。たぶん夏で、私は朝日が昇ってくる反対側から、逆光で原爆ドームを撮影しようとしていた。しかし撮影に集中していたわけでもなく、まだ人気(ひとけ)もなく静かな雰囲気に浸って、何となく荘厳な気分に満たされていた。
 そこへたまたま、地元の人らしい中年の婦人が通りかかった。素朴な服装から、観光客でないことは明らかだった。近くへ来たとき、私は軽く目礼したと思う。その人は、歩みを止めて、少し恥ずかしそうに「あのー」と声を出した。「原民喜さんの詩碑は、ごらんになりましたか。」
 私は何も知らなかったから「いいえ」と答えた。その人は先に立って詩碑のところまで行き、私がその物置台のような素朴な盤面に目を落すのを確かめてから、「あなたのような方に、見て頂きたいと思ったものですから」と言葉を残し、一礼して立ち去って行った。盤面には
 遠き日の石に刻み
 砂に影落ち
 崩れ墜つ 天地のまなか
 一輪の花の幻
の詩句があった。私はその場で、この詩句を深く記憶に刻んで今に至っている。帰宅してから、作者の原民喜という人のことを、一通りは調べてみた。自宅に近い中央線の線路で自死した人だということもわかった。
 それ以来、原民喜の名は、「あなたのような方に見ていただきたい……」という、ほんのり甘い記憶と結びついている。そして昨日、久しぶりに入ってみた書店で、岩波新書の新刊として「原民喜~死と愛と孤独の肖像」(著・梯(かけはし)久美子)を見かけた。「あなたのような方」としては、これを見過ごすことはできない。すぐに購入し、一日かけて読んでみた。

醍醐聰のブログ: ルソーの直接民主政を考える 10/27">醍醐聰のブログ: ルソーの直接民主政を考える 10/27
 〇ルソーの直接民主政論
 よく知られているように、ジャン・ジャック・ルソーは『社会契約論』の中でこう書いている。
  「人々が自由なのは、議員を選ぶ間だけのことで、議員が選ばれるやいなや、人々は奴隷となり、〔自由は〕無に帰してしまう。その自由な短い時間に、彼らが自由をどうやって使っているかを見れば、自由を失うのも当然である。」

 もともとルソーが言う主権者の一般意志は、人々が公共の広場に会して形成されるものであり、政府に移譲されるものではなかった。
 この点で、ルソーの国家論(正確にいうと主権者論)は、ホッブスの国家論(人々は互いの、あるいは外国の侵入からの恐怖に備えるための「公共の剣」を求め、自己保存のために権利をすすんで放棄し、国家に移譲したとみる思想)とは隔絶している。こう考えたルソーは直接民主政論者として知られている。

 しかし、今日の民主主義は、議会を通じた間接民主主義と言われ、直接民主主義はそれを補完するものとみなされている。が、ルソーは逆で、直接民主政が基本で、それを補完するものとして間接民主政をとらえた。
 ルソーも間接民主政=代表制それ自体を否定したわけではない。しかし、現代の間接(議会)制民主主義者と比べ、主権者の意志を代表(国会)に委任することへの懐疑が根深くあったことは明らかだ。それは多数の意志(数の正当性)に対する徹底した不服従の思想といってもよいと思う。
 また、代表者(議員)は、ひとたび人々によって選ばれるや、主権者への奉仕者どころか、まるで自分が主権者かのようにふるまい、人々を見下す。

主権者と代表者の主従の逆転
 こう述べると、分かるとおり、主権者と代表者の主従の逆転現象は今の日本の政治の姿そのものである。
 人々が自由に選んだはず多数党議員と政府の要人は、不遇の人々を不摂生者と決めつけ、マイノリティを生産性がないと切り捨てる。
 確たる科学的根拠もなく、というより、世界標準から外れた被ばくによる健康リスクの基準値を政府が勝手に年間20ミリシーベルトと定め、それから外れたエリアからの避難者を「自主」避難者と呼び、まるで「保護の対象外」と言わんばかりの風潮を蔓延させた。そのため、避難者一般がそうだが、とりわけ、「自主」避難者は、福島出身を伏せ、補償金で裕福に暮らす人という曲解――避難者いじめ――に苦しんでいる。
 さらに、復興担当大臣は「ふるさとを捨てるのは簡単」と公言し、避難指示区域以外のエリアからの避難者は2017年3月末で災害救助法に基づく住宅提供を打ち切られた。

 しかし、こうした棄民政治は人々の政治意識を大きく変えるには至っていない。 いつ自分も、過酷な避難生活者、重い要介護者となるかもしれないが、そこはケ・セラ・セラで、今が良ければという多数意志によって、また、代わるべき政権への期待感の低さから、今の政権は消極的ながらも、支持され続けている。
 ケ・セラ・セラ 唄:ペギー葉山 1996年">ケ・セラ・セラ 唄:ペギー葉山 1996年
  (ケ・セラ・セラ 唄:ペギー葉山 1996年)

 こんな日本の政治・社会・国会の状況を見ていると、ルソーの直接民主政に共感せざるを得ない。政府にいなされるばかりの野党の背中を押すことが人々の主たる務めなのか? 「パレード」なんていうハイカラな言葉より、悪徳「お上」や「代官さま」に対する「一揆」と言った方が似合っているのではないか? 

代議制への体験論的不信
 ただし、断っておきたいのは、私が代議制に不信を拭えない理由は、身近な体験を通して、保革を超えたところで、見出しているという点である。

 自分自身が主催団体の一員になった集会でたびたび、経験したのは、国会議員のわがままな、あるいは、自己中心的なふるまいである。
 各党(多くの場合、野党)の国会議員にあいさつを要請する。国会開会中などに議員会館で開催する集会などに、あわただしい日程をぬって出席してもらう場合はやむを得ないが、どのような場合かを問わず(地域の催しで同席した場合でも)、依頼されたスピーチの時刻の直前に会場に姿を現わし、スピーチが終わると、決まり文句のように、「次の予定が控えていますので」と一言して、そそくさと退席するのが通例である。
 予定より、早く、あるいは遅れて到着しても、待ち時間を惜しむかのように割り込んでスピーチをさせてほしいと頼み込まれることも珍しくない。

 事と次第とはいえ、市民が主催する催しに出席するなら、自分のスピーチの前後の他のスピーカー(市民も含め)の話しに耳を傾けるのも国会議員の務めの一部(本来は主たる任務)でないのか?
 参加者(主権者)を自分のスピ―チの聞き役としかとらえず、主権者の意志に伺いを立てる機会にしようという姿勢など、まるで感じられない。
 各党議員がさみだれ的に会場に現れ、その都度、予定を変更して、時には別のスピーチを中断して、議員のスピーチを割り込ませた結果、進行がぐちゃぐちゃになった経験も一度ならずあった。

 「代表者」=通称「選良」の言葉とふるまいの乖離、主権者に対する横柄な態度は、体験に根差す、私の代議制に対する不信の理由である。が、それは、個人的な体験を超えて、代議制に対するナイーブな信任を許さない、代議制に宿る根源的な弱点の端緒を意味するのではないか?

直接民主政のささやかな実践
 ただ、そうはいっても、直接民主政は、原理を離れて、一歩、制度設計の話しになると、技術的な実行不可能の壁―――散在する民意を選挙に依らず、どのように集約するのか―――にぶつかる。
 しかし、考えてみれば、たとえば、地方自治体にはリコール制や監査請求制度があるのに、国政にはなぜないのか?
 「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」(日本国憲法、第15条1項)と謳っていながら、大臣、国会議員、一定以上の職階の公務員に対する罷免請求権制度がなぜないのか? それも立法裁量で済ませても、憲法15条1項の趣旨と違わないのか?
 国政の空白、混乱の回避と言った秩序優先主義でお開きにせず、有権者に直接民主政を体験する機会を設けることが、長い目でみて、日本の民意を向上させ、民主主義を根付かせる一助となるのではないか?

 他方、直接民主政をもっと身近に実践できる場がある。選挙がすべてではなく、その間に行われる世論調査や報道に市民の意志を反映させて、「悪代官」に民意の怖さを思い知らせることである。これが今の日本社会における、夢想ではない、その気になれば常に実行できる直接民主政の姿である。
 この点で有権者は、とりわけ選挙を意識した「市民と野党の共闘」を唱え、国会と一体化する前に、ルソーが言うところの、既存の党派を超えた有権者の「一般意志」を形成することが基本的な務めである。それが直接民主政の威力を発揮するために不可欠である。「仲間内」でいかに意気投合しても、それは一般意志の形成には、ほど遠い。
 人々が政府に怖れを抱かせるに足るパワフルな民意を形成できない時、人々は文字通り、愚かな政府の奴隷になるのである。

追記
 この稿で扱ったルソーの直接民主政の理解については、高村是懿『科学的社会主義の源泉としてのルソー』(2004年、一粒の麦社)が参考になった。

孫崎享のつぶやき: 明治維新とは何であったか。「明治維新、天皇利用の体制 ニューマン、「万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」と理論的に天皇に絶対の権力、天皇は行使を許されていない。陸海軍は国民に対しては責任を負わない。天皇にのみ忠誠。軍は自分達以外誰に対しても責任を負わない。 10/26">孫崎享のつぶやき: 明治維新とは何であったか。「明治維新、天皇利用の体制 ニューマン、「万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」と理論的に天皇に絶対の権力、天皇は行使を許されていない。陸海軍は国民に対しては責任を負わない。天皇にのみ忠誠。軍は自分達以外誰に対しても責任を負わない。 10/26

孫崎享のつぶやき: 明治をどうみるか、ノーマン「徴兵令(1873年)は、憲法(1889年公布)も議員制度の前に成立。日本の新産業家達は、市場と植民地を求めアジア大陸へ。一般日本人は、自身徴兵軍隊に召集された不自由な主体、これが他の諸国民に奴隷の足かせを。 10/25">孫崎享のつぶやき: 明治をどうみるか、ノーマン「徴兵令(1873年)は、憲法(1889年公布)も議員制度の前に成立。日本の新産業家達は、市場と植民地を求めアジア大陸へ。一般日本人は、自身徴兵軍隊に召集された不自由な主体、これが他の諸国民に奴隷の足かせを。 10/25

植草一秀の『知られざる真実』: 『日本が売られる』全面展開安倍所信表明演説 10/26">植草一秀の『知られざる真実』: 『日本が売られる』全面展開安倍所信表明演説 10/26

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 10月30日午後、衆院本会議で代表質問に立ちます。沖縄米軍基地、消費税増税、憲法改定、災害対策、首相の政治モラルなど、国政の基本問題で安倍首相の政治姿勢をただし、日本共産党の立場を表明するつもりです。NHK中継があります。ぜひご覧ください! 2:34 - 2018年10月26日 225件のリツイート 258件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 「被災地の皆さんに寄り添って」だの「沖縄の皆さんに寄り添って」だの「拉致被害者のご家族に寄り添って」だの、場面場面で口先三寸の嘘を垂れ流し続ける「ミスター嘘製造機」こと安倍晋三、お前がホントに寄り添っているのは「ドナルド・トランプ」と「経団連」と「加計孝太郎」だろ? 1:29 - 2018年10月26日 290件のリツイート 471件のいいね

白石草 ‏ @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 国連の特別報告者 福島への子どもの帰還見合わせを求める | NHKニュース 2:45 - 2018年10月26日 85件のリツイート 66件のいいね

高遠菜穂子 ‏ @NahokoTakato フォロー中 @NahokoTakatoさんをフォローしています その他 「日本は難民を受け入れない国」 内戦逃れたシリア人が高裁でも認定得られず、上告も断念 https://www.buzzfeed.com/jp/yoshihirokando/syria-refugee-hc?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter&utm_term=.dm7LglWKK … @kando_abugenさんから 1:04 - 2018年10月26日 76件のリツイート 40件のいいね
  ★他方、安価で都合の良い⁉労働力だけ、入れようとする⁉ 矛盾は、明らか。家族の受け入れ迄可とする⁉甘言 竜頭蛇尾か。

⭐ ‏ @miraisyakai フォロー中 @miraisyakaiさんをフォローしています その他 2004年のイラク人質事件のとき、人質になった三人を非難する世論をまのあたりにして、そういう風潮に加担する大人にだけはなりたくないと思った。絶対にそんな人間になるまいと思った。それが世論というものを意識した最初だった。 2:16 - 2018年10月26日 318件のリツイート 527件のいいね

indigo ‏ @ingigo33 フォロー中 @ingigo33さんをフォローしています その他 「ジャーナリズムとは、報じられたくない事を報じることだ。 それ以外のものは広報にすぎない。」ジョージ・オーウェル ジャーナリストとは、、誰も行っていない場所に行って、誰も知らない事を暴く仕事、、。 18:08 - 2018年10月25日 174件のリツイート 203件のいいね
  ★ジャーナリズムは、復権するか⁉ エンタメ系⁉ 自家撞着、伝聞の吹聴には、辟易する⁉

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 ダルビッシュが安田さんへの自己責任バッシングを次々論破! 「ジャーナリストが行かなければ殺戮は加速する」 6:26 - 2018年10月26日 1,085件のリツイート 1,566件のいいね

認証済みアカウント @dTVch2018 フォローする @dTVch2018をフォローします その他 \【本日開催】山本彩卒業公演をdTVチャンネルで生配信/ 大阪・万博記念公園で開催される #NMB48 の #山本彩 の卒業公演を #dTVチャンネル で生配信★ さらに!!公演終了直後から独占見逃し配信! #さや姉 の門出を見逃すな! #SAYAKASONIC 詳しくはこちら↓初回31日間無料 8:00 - 2018年10月26日 1,176件のリツイート 6,370件のいいね

蓮池透 ‏ @1955Toru フォロー中 @1955Toruさんをフォローしています その他 「日本政府は、何もかも『ICRPがこう言っている』とICRPのせいにしている」 【感想】国連特別報告者の指摘への、政府側の反論が間違っていたことについて。 13:50 - 2018年10月26日 189件のリツイート 172件のいいね

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 #石川智也 記者の論考。#菅長官 の会見を見る限り、私もそう思う。安田氏解放は、日本政府が交渉に関わった訳では全くないだろう 「寝耳に水の23日夜の政府の動きを考えるとシリアの変化の『棚ぼた』をここぞとばかり『ユニット』のアピールに使ったよう見える」#論座 5:49 - 2018年10月26日 1,104件のリツイート 1,558件のいいね

⭐ ‏ @miraisyakai フォロー中 @miraisyakaiさんをフォローしています その他 三春充希(はる)みらい選挙プロジェクト ⭐ さんがななしさんをリツイートしました 話にならないと思います。誰がどのように動いて相乗りになっていったのかを全て明らかにし、そのうえで、投票に行った立憲民主党の支持層の過半数が党推薦の候補を拒絶して相手候補に投票したということについて、考えを示し、徹底的に支持者と議論するべきです。 三春充希(はる)みらい選挙プロジェクト ⭐ さんが追加 ななしさん @nanashisan_com 返信先: @miraisyakaiさん 京都における相乗りについての説明は、枝野代表自ら、かなりの回数を行っています。この件以前も同じ説明を繰り返しています。 これでもまだ足りない、とお考えでしょうか? 6:47 - 2018年10月26日 209件のリツイート 220件のいいね

HOM55 ‏ @HON5437 フォロー中 @HON5437さんをフォローしています その他 私人 #安倍昭恵 の秘書に投入される人件費、年間総額2880万円。そもそも第二次安倍政権以前は1人の非常勤しか配置されていなかったのに、昭恵のワガママで一気に4人も増員。国家公務員を自分の召使い同然に使い、お供として同行させる安倍昭恵。国家公務員を私物化する安倍昭恵を許さない!! 21:11 - 2017年9月29日 2,460件のリツイート 1,247件のいいね

志村建世のブログ: 「パスポートを持たない日本人」の件 ・ブログ連歌(524) 10/25">志村建世のブログ: 「パスポートを持たない日本人」の件 ・ブログ連歌(524) 10/25
 〇「パスポートを持たない日本人を、トルコの入国管理施設で保護しているという情報を、カタールから得て」という複雑な経路で、シリアで拘束されていた日本人のフリージャーナリストの解放が確認されたというので、その人が今朝の新聞のトップに写真付きで紹介されていた。フリージャーナリストは、文字通りに各自の信念で世界の紛争地域にも入って行く。しかし他国で拘束されれば、日本政府は「自己責任だから」と放っておくわけにも行かない。外交手続きを踏んで確認と帰国への方策を進めて行くようだ。帰国したら、マスコミが取り囲んで派手な報道合戦を繰り広げることだろう。
 予想されるのは、「勝手な行動で政府・国民に迷惑をかけた」というバッシングである。それを見越したかのように、ネット上では「なるべく騒ぎを大きくしないで、そっとしておいてあげましょう」という提言が出ていた。私もそれに同感する。家族としたら、何よりもまず無事を喜んで、拘束中の苦悩を癒してあげたいことだろう。
 もちろん、身の危険をかえりみずに現場を見てきたのだから、その見聞には大きな価値がある。それはいずれ、本人の口から語られるだろう。フリージャーナリストの使命とは何か、本人が誰よりも強く認識しているに違いない。価値ある報告をまとめるためには、落ち着いた時間も必要になる。取り囲んで質問責めにするよりも、順を追った長期にわたる取材をするのがいい。
 ふだんの私たちは、安全な日本にいて、無意識のうちに法的にも守られている。使命感をもって世界に出て行く勇気ある人たちを、敬意をもって見守ってあげたいと思う。

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 早期にやれば救出できたのでは(安田氏救出) 14:46 - 2018年10月24日 2件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 天皇皇后が明治150年式典に欠席した理由! 安倍政権の“明治礼賛キャンペーン”に利用されることを忌避したとの見方 19:02 - 2018年10月24日 356件のリツイート 437件のいいね

志位和夫 ‏ 認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 「東京新聞:野党共闘 多弱脱皮へ道筋示せ:社説」 野党は共闘に対して立場の違いはあるが、「共産はまず無条件の協議入りを求めている。他党も胸襟を開いて話し合いに臨むべきだ」と。胸襟を開き、真剣に話し合えば、一番よい道がみつかるはずです。 17:49 - 2018年10月24日 259件のリツイート 353件のいいね

志村建世のブログ: 秋晴れ・秋雲・秋日和 10/24">志村建世のブログ: 秋晴れ・秋雲・秋日和 10/24
 〇屋上へ上がってみたら、こんな空になっていた。
 なんにも言わなくていいと思ってしまった。

 何かしようと思っていたのだが、忘れた。
 間もなく、忘れたことも忘れそうである。

 「この中(うち)に真意あり
 弁ぜんとしてすでに言を忘る」
 と、陶淵明は歌った

 それが私の卒業論文のテーマだった。
 英文科だから英語で書いたのだが、
 今ではもう書けそうもない。

 本当は言葉はどうでもいいのだが、
 言葉を使わないと人には伝わらない。
 言葉では言えないということを、
 言葉にした詩人がいたわけだ。

 私は何をしていたのだろう

孫崎享のつぶやき: 明治維新150年を祝う政府の記念式典に思う。明治時代は明治時代だけに意義があるのではない。その後の時代にどう影響を与えたか。夏目漱石「奥行削り、一等国だけの間口張った。なまじい張れるから、なお悲惨。牛と競争をする蛙と同じ、もう君、腹が裂けるよ」 10/24">孫崎享のつぶやき: 明治維新150年を祝う政府の記念式典に思う。明治時代は明治時代だけに意義があるのではない。その後の時代にどう影響を与えたか。夏目漱石「奥行削り、一等国だけの間口張った。なまじい張れるから、なお悲惨。牛と競争をする蛙と同じ、もう君、腹が裂けるよ」 10/24

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員「消費税を止めたらどのくらいの所得が戻る?単身世帯1年5%で12万円、8%で19.2万、10%なら22.8万も取られる。2人世帯1年5%で18万円、8%で28.8万、10%で34.2万。4人世帯1年5%で24万円、8%で38.4万、10%で45.6万も取られる。結構、取られてるでしょ」 (2018.10.21 神戸) 15:34 - 2018年10月23日 441件のリツイート 329件のいいね

森修一 ‏ @ChemPack フォローする @ChemPackをフォローします その他 #モーニングショー がスタジオ全体で「自己責任論」を叩き潰してる。 玉川さん「日本以外のどんな国でも、帰ってきたら“良くやってくれた”と歓迎しますよ。“自己責任だ”とか“国に迷惑をかけた”なんて声が上がる民主主義国家なんてないですよ」 16:33 - 2018年10月23日 1,969件のリツイート 2,920件のいいね

Ktir a.k.a. itrk ‏ @snktsn フォローする @snktsnをフォローします その他 Ktir a.k.a. itrkさんがKtir a.k.a. itrkをリツイートしました 安田純平さんがまだシリア内戦が始まって世界中でその状況が明らかでなかった2012年、市民を虐殺するアサド政府側でなく、抵抗する市民側から密着した「報道特集」、衝撃的だった。彼に「自己責任」と責め立てる人は、その前に強力な力で平和的な市民のデモ隊を射殺していたアサドの現実を見てほしい。 Ktir a.k.a. itrkさんが追加 Ktir a.k.a. itrk @snktsn ちょっと泣きそうですが無事に戻られるまで油断してない。 心から出迎えたいですね。 7:53 - 2018年10月23日 1,031件のリツイート 1,064件のいいね

minardi1997 ‏ @minardi1997 フォローする @minardi1997をフォローします その他 #安田純平 さんに対する自己責任論者へ、これでも読んで恥を知れ!! 9:25 - 2018年10月23日 1,102件のリツイート 1,333件のいいね

植草一秀の『知られざる真実』: 日中平和友好条約40周年に明治150年祝う愚 10/24">植草一秀の『知られざる真実』: 日中平和友好条約40周年に明治150年祝う愚 10/24

IWJ: 「原告の訴えは、訴権の濫用にあたるスラップであり、本件請求は却下されるべきである」第一回口頭弁論で、梓澤和幸弁護士がおこなった弁論の要旨を掲載! 2018.10.24">IWJ: 「原告の訴えは、訴権の濫用にあたるスラップであり、本件請求は却下されるべきである」第一回口頭弁論で、梓澤和幸弁護士がおこなった弁論の要旨を掲載! 2018.10.24

IWJ: (再掲)「なぜジャーナリストは戦場へ向かうのか」――後藤健二氏に対する自己責任論にジャーナリストらが反論「火は燃えているのに、消防士に行くなと言っているようなもの」 2015.2.17">IWJ: (再掲)「なぜジャーナリストは戦場へ向かうのか」――後藤健二氏に対する自己責任論にジャーナリストらが反論「火は燃えているのに、消防士に行くなと言っているようなもの」 2015.2.17
(IWJ・ぎぎまき)

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 英・労働党アシュワース・影の保健相「今日の予防医療は、技術革新だけでなく財政支出が必要だ。健康格差が拡大中で、貧困の乳児死亡率が高く、妊娠の喫煙率がEU標準より高く、子供の肥満が増加した。技術投資の一方で財政支出を削減するなら、予防医療の公約は偽りでは?」 Jonathan Ashworth  7:48 - 2018年10月24日 6件のリツイート 4件のいいね

陣内和宏 ‏ @JinKazLT フォローする @JinKazLTをフォローします その他 なるほど。そこまでは知らなかった。 原発利権の構造が一段と深く分かる良記事です。 是非、ご一読を。 --- 原発ムラからカネを握らされ、再生エネを排除する政治家の実名 #MAG2NEWS 10:26 - 2018年10月23日 79件のリツイート 61件のいいね

志村建世のブログ: 安全装置を外すことの恐怖 ・ブログ連歌(524) 10/23">志村建世のブログ: 安全装置を外すことの恐怖 ・ブログ連歌(524) 10/23
 〇台湾で起きた今回の特急列車転覆事故では、運転士が自動制御の安全装置を外していたことがわかってきた。不具合で意のままにならない走行や停止を繰り返しているうちに、遅れを取り戻すために、いらだって強引な運転をしてしまったらしい。ある意味で責任感の強い人だったかもしれないが、「安全第一」を忘れて取り返しのつかない重大事故を招いてしまった。
 技術系のベテランは、自分の技量を過信して、不都合な状況を自力で突破しようとすることがある。マニュアルに書いてある手順よりも、もっと効率的な「奥の手」があることは、いろいろな場面に潜んでいるものだ。だが、客を乗せる交通機関では、乗客の安全が何よりも優先される。乗客を、あらゆる危険から遠ざけるのが至上の命題なのだ。そのために定められているのが各種の規定である。
 今回の事故で、私は東海道線電車の運転席を思い出した。昭和37年(1962年)の11月だったと思うが、当時担当した「みんなのうた」の「線路は続くよどこまでも」の映像撮影のために、許可を取って運転席の横にカメラマンとともに陣取っていた。当時は、運転席には、運転士とともに助手が乗務していた。助手は、おもに時間管理を担当しているらしく、通過駅があると「○○駅通過」「定時」とか「30秒延」とか、運転士と呼称を交換していた。湘南電車は、「電車」ではなくて「列車」だということに、そのとき気がついた。機関士と機関助士の関係だったのだ。
 もちろん今は一人乗務になっていることだろう。だが、そんなに古くない昔に、大勢の人を運ぶ列車の運転席には二人の乗務員のいるのが常識だったのだ。そのための人件費がどれほどだったのかは知らないが、運賃としたら、どれくらいの値上げになるのだろう。その人件費は、全くの無駄なのだろうか。
 今回の台湾の事故も、運転士が二人いたら、ほぼ確実に防げたのではないか。飛行機では、今も副操縦士が乗っている。だが、時代は二人乗務の復活よりも、飛行機の一人乗務へと進んで行きそうである。

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 日米安保条約に代わる日本の平和と安全保障への道(永世中立国)(2) 19:41 - 2018年10月22日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 「麻生氏が不適切発言=医療費負担『あほらしい』に同調」 「不摂生」か否かを問わず、病気になった人を支えるのが保険制度だ。だいたい「不摂生」かどうかを誰が判定するのか。こういう「あほらしい」発言を、ご本人が心から正しいと信じているだけに始末におえない。

認証済みアカウント @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 もはや安倍政権の恒例行事となった副総理の失言大会。あまりに心無い発言。これが安倍政権の認識のレベル。あほらしいのは誰なのか冷静に考えたほうが良いだろう。 麻生氏が不適切発言=医療費負担「あほらしい」に同調(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000046-jij-pol … @YahooNewsTopics 22:40 - 2018年10月22日  666件のリツイート 793件のいいね

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 「明治150年」を礼賛一色で祝うわけにはいかない。150年の前半は、日清・日露戦争と朝鮮半島の植民地化に始まり、中国侵略戦争、アジア・太平洋戦争、敗戦に至る、「50年戦争」というべき侵略と抑圧の歴史がある。治安維持法で反戦平和の声は禁圧された。日本の近現代史の冷静な検証が必要だ。 18:23 - 2018年10月22日 848件のリツイート 1,184件のいいね
  ★明治維新を有難がる向きがあるが、外敵を退けた一面はあるものの、国内的には、封建制度を残した。安倍一味など、未だに、取り巻きに、そういう風土、古い体質を持ち続けているのかもしれぬが、そんなものは、評価しない。市民社会にも、民主主義社会にも、国民主権にも、人権尊重にも、ふさわしくない、有害である

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 昼休みにワイドショー見てたら、コメンテーターたちが異口同音に「消費増税しないと団塊の世代の医療費と社会保障費を賄えない、財政再建できないわ」とデタラメばかり言っていた。「消費増税したって社会保障には回らない、日本の財政は健全だ」っていう「事実」を国民が知ったら、何かマズいんかね。 5:53 - 2018年10月23日 1,048件のリツイート 1,191件のいいね
  ★刷り込みと伝聞(鸚鵡返し)… 個性なし⁉

高遠菜穂子 ‏ @NahokoTakato フォロー中 @NahokoTakatoさんをフォローしています その他 解放の報せに安堵。長かった… まずはゆっくり休んでほしい。落ち着いたらたくさん話を聞かせてください。 8:56 - 2018年10月23日 35件のリツイート 102件のいいね

認証済みアカウント @koike_akira フォロー中 @koike_akiraさんをフォローしています その他 小池晃さんがNHKニュースをリツイートしました 本当によかった! 小池晃さんが追加 NHKニュース 認証済みアカウント @nhk_news 【速報 JUST IN 】シリアで拘束とみられる安田純平さん 解放の情報 政府確認急ぐ #nhk_news https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181023/k10011683181000.html … 7:13 - 2018年10月23日 277件のリツイート 572件のいいね

白石草 ‏ @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 元東大総長×三菱総研がプレジデントでこんな発言をする時代。 日本も原子力発電ゼロは「達成できる」 今や再生可能エネルギー「後進国」:PRESIDENT Online - プレジデント https://president.jp/articles/-/23447 … @Pre_Onlineさんから 5:26 - 2018年10月23日 77件のリツイート 56件のいいね

認証済みアカウント @reishiva フォロー中 @reishivaさんをフォローしています その他 安田純平さん、これまでの水面下の動きでの経緯から考えて、身代金を日本政府が払った可能性は極めて低い。なので、バッシングしないでね。あと、報道各社も取材したいのは同業者としてわかるけど、まずは安田さんやそのご家族を休ませてあげて。 8:31 - 2018年10月23日 265件のリツイート 395件のいいね

認証済みアカウント @tbs_news フォロー中 @tbs_newsさんをフォローしています その他 【速報】シリアで拘束されていたジャーナリスト安田純平さんの解放を確認 6:54 - 2018年10月23日 1,328件のリツイート 1,430件のいいね

二見伸明 ‏ @futaminobuaki フォロー中 @futaminobuakiさんをフォローしています その他 24日から臨時国会。安倍首相は改憲に血眼だが、まず汚れた内閣の大掃除だ。安倍、麻生は当然、片山地方創生相、渡辺博道復興相、工藤彰三国土交通政務官はカネ、柴山昌彦文化相は教育勅語。じっくりと膿を絞り出そう。絞り出したら何にも残らないって? 信なき安倍内閣には消費増税を言う資格なし。 5:48 - 2018年10月23日 229件のリツイート 226件のいいね

こたつぬこ ‏ @sangituyama フォロー中 @sangituyamaさんをフォローしています その他 天皇と共産党が欠席という衝撃の事態に。 政府が明治維新150年を祝う式典 天皇陛下は出席せず(朝日新聞) 明治維新150年を祝う政府の記念式典が…|dメニューニュース(NTTドコモ) 22:25 - 2018年10月22日 2,809件のリツイート 2,901件のいいね
  ★衝撃??? それは、受け取る側の問題⁉ 共産党は、勿論、天皇制・明治時代を肯定していない。現天皇は、象徴天皇だから、天皇主権、絶対王政を肯定する訳にはいかない⁉ 欠席は、当然の選択。

ロバート ‏ @CharlesRobert__ フォロー中 @CharlesRobert__さんをフォローしています その他 ロバートさんがロバートをリツイートしました 『福祉から武器へ』安部晋三 防衛費、来年度は何と5.3兆円! 増税分で、米国武器買い放題の安部政権。安部政権になってから、社会保障費は3.5兆円削減して、合計8.8兆円が福祉から武器へ!これが安部政権(日本会議)の軍国主義国家の実態。くたばれ安部晋三 ロバートさんが追加 ロバート @CharlesRobert__ みんなで投票! 消費税増税、さ〜あ何に使われると思います?もう騙されないでね(^_^) 7:22 - 2018年10月21日 333件のリツイート 293件のいいね

孫崎享のつぶやき: 望月衣塑子・東京新聞記者論評『司法判断は正しいのか』(月刊日本より抜粋)「日本のジャーナリズムには「お上が言うんだから間違いない」と無批判に権力の判断に従い、知らず知らずのうちに権力に縛られながら、権力の手駒として報道してしまうような所がある」 10/22">孫崎享のつぶやき: 望月衣塑子・東京新聞記者論評『司法判断は正しいのか』(月刊日本より抜粋)「日本のジャーナリズムには「お上が言うんだから間違いない」と無批判に権力の判断に従い、知らず知らずのうちに権力に縛られながら、権力の手駒として報道してしまうような所がある」 10/22

植草一秀の『知られざる真実』: 2019参院選前哨戦の沖縄選挙で連戦連勝! 10/22">植草一秀の『知られざる真実』: 2019参院選前哨戦の沖縄選挙で連戦連勝! 10/22

蓮池透 ‏ @1955Toru フォロー中 @1955Toruさんをフォローしています その他 「意図的」でなくて、なんだ? 10年前退職の職員も 中央省庁の障害者雇用水増しで報告書 | NHKニュース 13:18 - 2018年10月22日 358件のリツイート 410件のいいね

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員「マレーシアでは、法人税に次ぐ税収入があった消費税を、十数年ぶりにトップに返り咲いた93歳のマハティールさんが『消費税をなくした』んですよ。出来るんですよ、これが民主主義、これが選挙、これが政治。力を合わせてやりませんか、これ」 (2018.10.21 神戸) 14:03 - 2018年10月22日 396件のリツイート 430件のいいね
  ★マハティールさんが『消費税をなくした』 為せば成る!ということ。

Dr.サキ ‏ @XKyuji フォロー中 @XKyujiさんをフォローしています その他 https://web.smartnews.com/articles/fj3CJW9Gaen … 高齢者が希望すれば継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明って、その昔、60歳定年で即、年金が支給されていた。現在は65歳から。それが70歳まで働けだと?希望すればって、何%の人が進んで働きたいと思っているというのか!ほとんどの人は苦しいから働いている。 9:49 - 2018年10月22日 507件のリツイート 492件のいいね

認証済みアカウント @yamamototaro0 フォロー中 @yamamototaro0さんをフォローしています その他 街宣、大阪終了。これは毎回の課題だが、タイムコントロールが上手く行かないと、主張の肝の部分を落としてしまう。ラスト30分は今、政治がやるべき優先施策とその財源についての1人喋りに時間を使おう。 明日は買いオペと債務対GDP比についてちゃんと話せるようにがんばる。 5:28 - 2018年10月22日 980件のリツイート 2,418件のいいね

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【ネズミ講バブル】国債の5割近くを中央銀行が保有し、「五頭のクジラ」の公的資金を使って、株式市場を支えてきた。日本株はいつまで経っても「適正な株価」というのは反映されない。そして公的資金の支えが外れたとき、株式市場は予想をこえて暴落せざるをえない。 14:36 - 2018年10月22日 201件のリツイート 210件のいいね

森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 ‏ @GnnBozgU6U9J3qH フォロー中 @GnnBozgU6U9J3qHさんをフォローしています その他 財務省の不祥事に全く責任を取らない麻生大臣は即刻辞任するべきです。麻生財務大臣の辞職を求める署名 http://bit.ly/2IFNx0A → 集計結果は http://bit.ly/2Rpf6Pm 11月11日(日)財務省前アピール行動&デモ http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/1111-5336-1.html … 23:15 - 2018年10月21日 2件のリツイート 2件のいいね

umekichi ‏ @umekichkun フォロー中 @umekichkunさんをフォローしています その他 原発事故がもたらした結果が数字に出てるじゃん。 国も東電も、とぼけてんじゃねえ。 甲状腺ガン29倍、白血病10倍。 人災の原発事故によって罹患してる方々や、そのご家族の事を考えな。 これ、国家・東電からの被爆だぞ。 ムダなポンコツ武器兵器買うよりも被災地、被災者に予算使え。 ふざけんな。 3:38 - 2018年10月19日 934件のリツイート 777件のいいね

志村建世のブログ: 東海第二原発運転延長STOP大集会 ・ブログ連歌(524) 10/21">志村建世のブログ: 東海第二原発運転延長STOP大集会 ・ブログ連歌(524) 10/21
 〇昨夜は、一ツ橋ホールで開催された「東海第二原発運転延長STOP!首都圏大集会」に行っていた。この原発は、現在停止しており、運転再開の見通しは全く立っていない。常識で考えても、首都圏にもっとも近い原発の再稼働に、関係する自治体が同意する可能性は、絶無に近いだろう。それよりも、早く廃炉に向けた体制づくりを進めて安全第一の管理をするのが肝要と思われる。それなのに電力会社は、いまだに原発が予定通りに40年間稼働することを前提にし、その稼働期間をさらに20年間延長する手続きを進めようとしていて、その基礎には国の方針がある。
 この思い切りの悪さというか、一度決めたことは情勢が変化しても変えない硬直したものの考え方は、どう理解したらいいのだろう。さらにそれらの判断の根拠として、原子力規制委員会の判断というものが語られている。国民の安全のために原子力利用を規制してくれる機関だと思っていたが、いろいろ理屈をこねて、原子力利用を延命させることを目的にしているように見えてくるのだ。
 今回の講師は、ルポライターの鎌田慧さん、城南信用金庫の吉原毅さん、元東海村村長の村上達也さん、そして特別出演が「おしどりマコ&ケン」さんで、この二人のかけあいが、内容も迫力もあって有益だった。
 最後に集会の決議を採択したのだが、その中に次の文言があった。
 原発は人間の命と健康を犠牲にして成り立つ不必要なものであり、不安定で危険なものであることが解りました。性質上事故を防ぐことができない、破綻した技術であることも知らされることになりました。
 日本の場合、原発を稼働してはならない大きな理由として、地震や津波、火山噴火等の自然災害が特別に多いこと、使用済み核燃料の行き場がないことがあります。
 常識のある人間の頭で考えたら、日本で発電を原発に頼らなければならない理由がわからない。効率が良くなり、コストが下がってくる太陽光発電と蓄電設備の充実が、電力の問題を根本的に解消して行くだろう。

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 複雑怪奇な世界情勢と右顧左眄する日本! 6:02 - 2018年10月21日 1件のリツイート 2件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 美智子皇后の誕生日談話「マクワウリ」に隠された意図が? 天皇夫妻が発信し続けた護憲・平和への思い、安倍改憲への危機感 22:26 - 2018年10月20日 32件のリツイート 41件のいいね

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【ガラパゴス電力会社を解体せよ】九州電力が今年4度目の太陽光発電の出力制御を行った。100万kWに及ぶ。時代遅れの原発を動かし、再エネを止める。エネルギー転換を妨害するガンだ。電力会社を発送電の完全分離で解体せよ。 20:26 - 2018年10月20日 188件のリツイート 182件のいいね

🌐 ᑎO ᗯᗩᖇ 🌐 ‏ @kuu19660622 フォローする @kuu19660622をフォローします その他 金平茂紀さん「自分の国のあり様を批判した記者を、国の職員が死に至らしめていました。こんなことが許されていいはずは ありません。もし その責任がうやむやにされるのであれば、記者という仕事は無いほうがいいことになります。私はサウジアラビアの事だけを言っているのではありません。」報道特集 5:27 - 2018年10月20日 1,214件のリツイート 1,555件のいいね

takako ‏ @mutenkaningen21 フォロー中 @mutenkaningen21さんをフォローしています その他 沖縄発「新しい提案」 @change_jpさんから 5:01 - 2018年10月21日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 那覇市長選、NHKの出口調査で、城間みきこさんは7割近い得票を得ている。開票が楽しみです。 自民党は崩壊的な敗北だ。県知事選の審判を顧みず、「不服審査請求」によって辺野古新基地のごり押しを進めようした安倍政権への痛烈な審判だ。もはや強権政治は沖縄に通用しないと知るべきです。 5:02 - 2018年10月21日 1,206件のリツイート 2,162件のいいね
  ★日本国中、どこでも、いつでも⁉

二見伸明 ‏ @futaminobuaki フォロー中 @futaminobuakiさんをフォローしています その他 那覇市長選、城間当選。開票率0%で。大半の創価学会員は胸を張って城間と書いただろう。石井国交相よ、君も学会員だ。沖縄の仲間は安倍戦争好き内閣と戦っている。法律を悪用した防衛相の言い分など蹴っ飛ばしてしまえ。安倍は怒るだろう。民意を踏み潰す安部政治は悪だ。張り子の一強など恐れるな。 5:31 - 2018年10月21日 959件のリツイート 1,351件のいいね

森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 ‏ @GnnBozgU6U9J3qH フォロー中 @GnnBozgU6U9J3qHさんをフォローしています その他 特集ワイド:麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声 - 毎日新聞 19:57 - 2018年10月20日 19:57 - 2018年10月20日 4件のリツイート 0件の返信 4件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 4 「いいね」しました 1

FUMIX ‏ @SilverFoxINJAPA フォローする @SilverFoxINJAPAをフォローします その他 #英インディペンデント紙。英で久々報道の福島。 「原発事故は #日本政府が嘘をつく 構造だと明らかにした 」 「近代日本の終焉」「チェルノブイリより遥かに酷い」 16:12 - 2018年10月19日 528件のリツイート 407件のいいね
  ★ #日本政府が嘘をつく  然り!自民党政権の血肉⁉骨髄に 公明党は❓❓❓

清水 潔 ‏ @NOSUKE0607 フォロー中 @NOSUKE0607さんをフォローしています その他 またまた自民、公明などの推薦者落選。 那覇市長選:現職の城間幹子氏が当選確実に | 沖縄タイムス 5:53 - 2018年10月21日 239件のリツイート 375件のいいね

孫崎享のつぶやき: 来年一月から日米貿易交渉が始まる。トランプ政権は自動車、農産品でより多く日本の譲歩を求めてくる。パーデュー米農務長官は「TPP同等以上を取る」発言。中国との貿易戦争で打撃を負った米国農民は日本から譲歩をとることを強く期待 10/20">孫崎享のつぶやき: 来年一月から日米貿易交渉が始まる。トランプ政権は自動車、農産品でより多く日本の譲歩を求めてくる。パーデュー米農務長官は「TPP同等以上を取る」発言。中国との貿易戦争で打撃を負った米国農民は日本から譲歩をとることを強く期待 10/20

孫崎享のつぶやき: あまりにも醜い。手段を選ばぬ政府。沖縄県が辺野古の埋立て承認を撤回した事は、県知事選挙の最大争点として大勝したことで沖縄の民意であることを示した。防衛省は国土交通相に行政不服審査法に基づく不服審査請求を行い、沖縄県の決定を覆そうとしている。 10/19">孫崎享のつぶやき: あまりにも醜い。手段を選ばぬ政府。沖縄県が辺野古の埋立て承認を撤回した事は、県知事選挙の最大争点として大勝したことで沖縄の民意であることを示した。防衛省は国土交通相に行政不服審査法に基づく不服審査請求を行い、沖縄県の決定を覆そうとしている。 10/19

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 安倍晋三は改造内閣発表の直前の9月26日に「自民党は人材の宝庫だ。平成の先の時代に向かって日本の新たな国造りを進めて行く」とドヤ顔でノタマッたが、フタを開けてみたら地方軽視を続ける片山さつきが「地方創生相」って、こんな最悪人事をしておいて、どのクチで「人材の宝庫」などと言ったのか? 3:02 - 2018年10月20日 93件のリツイート 126件のいいね
  ★類は類を呼ぶ⁉ 安部一味に、多様性はあるか⁉ お友達しか集まらないのでは。 オマケに、内閣人事局を使って、官僚幹部まで、安倍好、安部一味にしようとしている! 次期政権では、福田元首相が言うように、解体しないと⁉ね

渡瀬夏彦 ‏ @natsuhikowatase フォロー中 @natsuhikowataseさんをフォローしています その他 #那覇市長選挙 #城間みきこ 期日前投票所。次の3ヵ所は本日20時まで開いてます。 那覇市役所本庁舎1階。 新都心サンエーメインプレイス5階。 イオン那覇(小禄ジャスコ)5階。 市長はやっぱり 城間みきこ です! 入場券ハガキがなくても、本人確認さえできれば大丈夫。 ぜひ投票へ! 2:45 - 2018年10月20日 53件のリツイート 34件のいいね

城間 みきこ ‏ @mikiko2018 フォロー中 @mikiko2018さんをフォローしています その他 とうとう明日が投票日となりました。泣いても笑っても残された時間はわずかです。 私がここに居るのは翁長雄志前知事がいたからです。その翁長雄志の意志を継ぐ者である玉城デニー知事のパートナーになれるのは私だけ、そして那覇市のさらなる発展のために努めたい、その思いを胸に精一杯頑張ります。 20:53 - 2018年10月19日 1,273件のリツイート 1,444件のいいね

こたつぬこ ‏ @sangituyama フォロー中 @sangituyamaさんをフォローしています その他 こたつぬこさんがこたつぬこをリツイートしました 消費増税を止める展望は、統一地方選で与党が後退し、参院選での野党の大勝が予想されたとき、安倍政権が政権維持のために延期せざるをえないことに追い込むことで開かれます。改憲と消費増税という両立不可能なことをやろうとしているわけで、わざわざ野党にチャンスを与えているわけです。 こたつぬこさんが追加 こたつぬこ @sangituyama だんだん麻生政権の末期に似てくると思います。ただ麻生政権と違うのは①経済危機ではない②改憲に突進しようとしていること③消費増税、があげられます。改憲突入が政権維持のネックになり、消費増税の扱いをめぐり内部対立が激化し、舵取りが困難になる事態が予想されます。 https://twitter.com/sangituyama/status/1053542043060850688 … 0:21 - 2018年10月20日 81件のリツイート 42件のいいね

工藤広伸(くどひろ) ‏ @40kaigo フォローする @40kaigoをフォローします その他 昨日発売の週刊金曜日に寄稿しました! 私のような介護離職のケース、離職きっかけでホームレスになった方の話が対比されております。 0:19 - 2018年10月20日 7件のリツイート 14件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 櫻井よしこに続き西岡力も「捏造」を法廷で白状! 安倍応援団や右派の朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈 7:01 - 2018年10月20日 587件のリツイート 653件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 片山さつきから「名誉棄損で訴える」と公言された週刊文春だが、文春の担当記者は「余裕の笑顔」だそうだ。まあ、これまでの例を見れば分かるように、文春は徹底的な裏取り取材をした上で、第2弾、第3弾の攻撃材料も用意した上で、満を持して第1弾を発射するわけだから、片山さつきはジ・エンドだね。 3:38 - 2018年10月20日 1,221件のリツイート 2,332件のいいね

風に立つライオン ‏ @daisuke_2020 フォローする @daisuke_2020をフォローします その他 また1人増えました ①柴山昌彦 文科相→教育勅語発言&有権者へ利益供与 ②今井絵理子 議員→略奪婚 ③国場幸之助 副幹事長→不倫 ④工藤彰三 政務官→政治資金不記載 ⑤渡辺博道 復興相→企業献金 ⑥片山さつき 地創相→口利き疑惑 ⑦宮腰光寛 沖北相→企業献金 ⑧平井卓也 科技相→企業献金【new】 13:31 - 2018年10月19日 849件のリツイート 601件のいいね

俵 才記 ‏ @nogutiya フォロー中 @nogutiyaさんをフォローしています その他 消費増税を利用して安倍政権はまた小汚い事を考えているようだ。 結局、キャッシュレス化して儲かるのはカード会社。 もっと儲かるのは銀行だ(現金決済が減ればATMの維持費など経費が大幅に減るから)。 困るのは消費者と中小業者だけ。 おかしいやろ 景気後退が心配なら増税などやらなければいい 3:44 - 2018年10月20日 309件のリツイート 378件のいいね

志村建世のブログ: 救済されるべきは沖縄県民か国か ・ブログ連歌(524) 10/19">志村建世のブログ: 救済されるべきは沖縄県民か国か ・ブログ連歌(524) 10/19
 〇(ご隠居)沖縄の辺野古が、変なことになってきたぞ。
(熊さん)知事選挙でも埋め立て反対の知事が当選して、民意がはっきりしたんじゃなかったんですか。
(隠)それがその反対なんだ。知事選の結果を見て、政府は力づくでやらなきゃならんと思ったんだろう。行政不服審査法というのを使って、前知事の翁長さんが決めた「埋め立て承認の撤回」の効力停止を申し立てたんだよ。
(熊)何だかごちゃごちゃしてるけど、要するに早く埋め立てをやっちまおうってわけでしょ。今さら基地を増やさなくたって、普天間の移転先は、広い嘉手納基地に統合でいいのにね。それはアメリカが考えればいいことですよ。
(隠)その通りだが、今回おかしいのは、政府のやり方だよ。行政不服審査法というのは、本来は行政権力の行き過ぎから、国民一般を守るために出来ている法律なんだよ。それを、防衛省が国土交通省に対して申し入れている。つまり国政という巨人が、右手と左手で談合をしてるようなもんだ。だから新聞も、これを「奇手」と表現しているよ。つまり、防衛省が、無理解な沖縄県知事にいじめられてるから助けてと、建設を担当する国交省に泣きついたような構図だな。悪童が、自分の形勢不利と見て、一時的に弱者のようなふりをしてるわけだ。
(熊)するってぇと、沖縄県知事が悪代官だと訴えてる。
(隠)まあ、それに近いかな。とにかく悪知恵を働かしてでも我を通したいんじゃないのかな。沖縄県知事は、悪代官どころか、県民の期待を集めて当選したばかりの人なんだよ。前知事の翁長さんの遺志を継いでいる。知事の後ろには、支持した県民の総意がある。それを無視するとは、どだい無理を承知で、沖縄を力づくて抑え込もうとしていると言われても仕方ないだろうさ。
(熊)沖縄に寄り添うなんて政府の言い草は、まるっきり嘘っぱちですね。
(隠)その通りだよ。沖縄のたたかいは、これからも長く続くだろうね。

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 消費増税対策で「ポイント還元」だの「商品券を配れ」だの与党内で騒がしいが、所詮は一時的措置でしょ。焼石に水だ。2%あげれば毎年5兆円の負担増が恒久的に続く。8%への増税時にも「福祉給付金」をばらまいたが何の効果もなかったことを忘れたか。景気対策というなら増税中止が最良の対策です! 19:31 - 2018年10月18日 792件のリツイート 1,013件のいいね
  ★消費税でなければ、法人税! まず、減税分を戻せ。 公正、公平!

認証済みアカウント @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 油圧機器メーカーによる免震・制振装置のデータ改ざん。大勢の人々の命に関わる問題。信じられない。今や大手企業によるデータ改ざんは日常茶飯事で日本製造業の権威は失墜。こうした中、安倍政権下での公文書改ざん、数値改ざんも止まらない。「ばれなきゃいい」という発想。いつでも魚は頭から腐る。 18:56 - 2018年10月18日 659件のリツイート 958件のいいね

蓮池透 ‏ @1955Toru フォロー中 @1955Toruさんをフォローしています その他 原子力緊急事態宣言発令中だ。解除してからにしろ。今朝「説明が不十分」とお詫びしていたが、その必要はない。 “モニタリングポスト撤去” 住民は…|けさのクローズアップ|NHK おはよう日本  19:32 - 2018年10月18日 204件のリツイート 187件のいいね

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 本日午後3時過ぎに、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」に出ます。片山さつき地方創生相、柴山文科相、工藤国交政務官と全員野球で政治資金不正疑惑。行政不服審査という無法行為で沖縄県知事選で示された民意をわずか5日で踏みにじる。日本を壊す全員野球です。https://bit.ly/1f5VasT 16:37 - 2018年10月18日 202件のリツイート 248件のいいね

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員『(消費税増税分を全て社会保障に使うと増税して)初年度の2014年に3%分の税収5兆円、うち「社会保障の充実」に使われたのはたった5000億円、つまりたったの1割。2017年度は8.2兆円のうち1.35兆円、たった1.6割、はっきり言って詐欺ですよ』 (2018.03.28 参・予委会) 0:36 40,110回再生済み 0:42 - 2018年10月18日 3,136件のリツイート 3,356件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 「面従腹背やめよう」宣言の藤原文科事務次官は官邸べったり! 安倍首相と一緒に加計学園式典出席、前川喜平に“口封じ”画策 20:42 - 2018年10月18日 433件のリツイート 401件のいいね
  ★行政歪めた! 固定化するつもりか???

白石草 ‏ @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 東芝とIHI、原発事業縮小 共同出資会社を解散へ: 日本経済新聞 2:24 - 2018年10月19日 76件のリツイート 44件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 片山さつきは100万円の授受を否定しているが、片山氏側から100万円を要求されて支払ったと証言している会社経営者は、片山氏側から指定された銀行口座に振り込んだ時の伝票を保管していて、このまま片山さつきが嘘をつき続けるなら公開する用意があるらしい。また他にも複数の物的証拠があるという。 23:18 - 2018年10月18日 1,321件のリツイート 1,857件のいいね

Dr.サキ ‏ @XKyuji フォロー中 @XKyujiさんをフォローしています その他 天皇の退位と新天皇の即位で10連休になることで、先日NHKの女子アナが「嬉しいですね」と言った。私はそうは思わない。非正規で時間給で働いている人は収入が減り、介護や介護食を作っている人は休めない。サービス業だって休めない。せめて「みなさんはどう思われますか?」と言ってもらいたかった。 20:33 - 2018年10月18日 1,419件のリツイート 2,377件のいいね
  ★実に、御尤も。格差、不公正、不公平、歴然とする瞬間❕❕切り口、間違いない。

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 「政治とカネ」発覚止まらず 出るわ出るわ、ウソツキ内閣にとっては「適材適所」なんだろうが、国民からすりゃ堪ったもんじゃない。で、また「こんなことを野党は国会でイチイチ取り上げるな」とか言う連中が湧くだろうが、議論すら始められぬ屑を抜擢したのは、安倍の方だぜ? 3:32 - 2018年10月19日 297件のリツイート 244件のいいね

白石草 ‏ @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 東電刑事裁判の本人尋問。今日は武黒さんでしたが、その無責任ぶりはちょっと凄い。指定弁護士に「フェローは技術的最高幹部ですよね」と聞かれると、「そうは思いません」ときっぱり。職務規定を示されると「ああ、失礼しました」と。事故を起こしてもなおデータ不正を続ける会社は違うわ。。 5:07 - 2018年10月19日 137件のリツイート 66件のいいね

俵 才記 ‏ @nogutiya フォロー中 @nogutiyaさんをフォローしています その他 「何で反対ばかりするんでしょう」と言う人がいるが 「例えば徴兵制になり自分や彼氏がそうなっても構わない?」 「そんな事はあり得ないし、そうなれば反対する」 「ある日突然、徴兵されるわけじゃない。気がつけばそうなってるんだよ。その時反対しても遅い、だからいま反対しなければ」 5:38 - 2018年10月19日 413件のリツイート 626件のいいね

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 生活保護受給者のみにジェネリック医薬品を義務化するという、憲法14条「法の下の平等」に違反する法律まで作って「100億円節減しなきゃいけない国」って、どこまでカツカツなんだよって心配したが、見ろよこの国、財政破綻どころか、消費増税どころか、社会保障も医療も、削減どころか拡充出来るぜ。  5:45 - 2018年10月19日  468件のリツイート  389件のいいね

fullmoon ‏ @m95712000 フォローする @m95712000をフォローします その他 fullmoonさんが市民メディア放送局をリツイートしました そうなんです!太郎さん、貴方のその指摘、本当だったのだ!ってよく分かりました。消費税、社会保障に充てられたのは1割。 じゃあ、 「残りの9割」はどこへ消えたと思います? 「所得税・法人税減税分」の「穴埋め」にですよ。 驚きは、消費税開始以来30年ずっとなのです! fullmoonさんが追加 1:04 市民メディア放送局 @info_9 山本太郎議員『(消費税増税分を全て社会保障に使うと増税して)初年度の2014年に3%分の税収5兆円、うち「社会保障の充実」に使われたのはたった5000億円、つまりたったの1割。2017年度は8.2兆円のうち1.35兆… このスレッドを表示 0:54 - 2018年10月18日 277件のリツイート 265件のいいね

認証済みアカウント @iwakamiyasumi フォロー中 @iwakamiyasumiさんをフォローしています その他 岩上安身さんがSiam Cat_036をリツイートしました ま、はっきり言ってしまいますと、安倍は歴史も条約も軍事も安全保障もなーんにもわかってないので、「条件なしの平和条約」なんておちょくりで立ち往生。プーチンにからかわれたってことです。ここまでコケにされた総理、歴代自民党で皆無ですよ。自民党支持者、よく自覚を。本当にバカ扱いですよ。 岩上安身さんが追加 Siam Cat_036 @SiamCat3 <安倍外交の大失態 プーチンにコケにされ軍事演習抗議なし> おまけに突然年内の「条件無しの平和条約」を言われちゃうしね。もうプーチンのオモチャでしょ。安倍首相は国民や憲法を無視するのにトランプとプーチンには忠実というか卑屈。習近平に媚びる日も近いだろう … 9:05 - 2018年9月12日 3,023件のリツイート 2,845件のいいね

よあやゆ ‏ @yoayayui フォロー中 @yoayayuiさんをフォローしています その他 自衛隊にいる方々は、日本が戦争すると思って入隊なんかしてません。 戦争をしない国というのが大前提で、国民を守る為に日夜訓練しているんです。 だから、憲法改正して万が一軍隊になったら、辞める方々は沢山いるでしょう。 そうなったらどうなると思いますか? わかるでしょ? 自民党支持者さん。 13:41 - 2018年10月18日 463件のリツイート 663件のいいね

志村建世のブログ: 昼飯を食べ忘れた話 ・ブログ連歌(524) 10/18">志村建世のブログ: 昼飯を食べ忘れた話 ・ブログ連歌(524) 10/18
 〇 一昨日のことなのだが、以前から気にかけていた金融上の小さな手続きで、信託銀行の駅前支店へ初めて行ってみた。関係する本人は妻なのだが、私が介添え人として同行した。用件は思ったよりも簡単に済んで、窓口の女性に笑顔で送り出されたのだが、問題はその後だった。家に帰りついたのが12時40分だったのは、時計を見て確かめたからよく覚えている。しかしその後で食事をした記憶がないのだ。
 娘が異変に気づいたのは夕食が終った後だった。彼女が念入りに点検して出した結論は、私たち二人のために用意しておいた昼用の食材が少しも減っておらず、食器も使った形跡がないので、外で何か食べてきたに違いないということだった。しかし私たちにはそんな覚えはない。もちろんポケットに食堂のレジ紙なども入っていない。強いて言えば、夕食がとてもおいしくて、完食できたということだけだった。
 つまりは、12時40分に帰宅したとき、私は「もう昼は済んだ」と思ってしまったに違いないのだ。それが妻にも伝染して、私に同調して空腹も感じないでいたらしいのが、深刻と言えば深刻なのかもしれない。
 改めて考えると、ちょうど昼飯時に銀行へ行ったというタイミングが悪かった。行員さんも、交代制で窓口業務についていたのだろう。私は抗結核薬を飲んでいる関係で食欲が落ちているから、栄養剤を処方されている身の上である。一回ごとの食事は大事にしないといけない。
 年齢の割にはしっかりしているつもりの私も、こんな失敗をするようになった。年をとると、いろいろと面白いことがある。
(追記)
 関連して思い出したことがある。NHKで番組を持っていたとき、一日中予定が立て込んで、都内のあちこちを走り回っていた。夕方になって一息ついたとき、猛然と腹が減っているのに気がついて考えたら、昼飯を取るのをすっかり忘れていたのだった。我ながらおかしかったのと同時に、充実も感じて爽快だった。

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「サロン・ド・朔」10月25日例会のお知らせ 0:15 - 2018年10月18日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 日本的集団主義への思想史的アプローチを読んで 17:26 - 2018年10月17日 1件のリツイート 1件のいいね

城間 みきこ ‏ @mikiko2018 フォローする @mikiko2018をフォローします その他 人が好きだから教員になりました。市長となった今もその想いは変わりません。 本日より、三日攻防に入ります。只々前に進むのみ。 20:55 - 2018年10月17日 258件のリツイート 350件のいいね

認証済みアカウント @aritayoshifu フォローする @aritayoshifuをフォローします その他 俳優・石田純一さんによる安倍政権の改憲に反対する講演が二重の意味で良かった(篠田博之) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20181017-00100862/ … 短い時間でしたが貴重な集会でした。望月さんのスピーチは、パフォーマンス政談でビックリ。噂どおりでした。 7:09 - 2018年10月17日 316件のリツイート 425件のいいね

孫崎享のつぶやき: トランプの対日攻勢本格化。日本との貿易協定に関する交渉を始めると議会に通知。早ければ2019年1月にも協議が始まる見通し。通知文では、「自動車や農産品、サービス等の重要分野で関税や非関税障壁に直面、貿易不均衡」と指摘。深刻な事態を迎える 10/18">孫崎享のつぶやき: トランプの対日攻勢本格化。日本との貿易協定に関する交渉を始めると議会に通知。早ければ2019年1月にも協議が始まる見通し。通知文では、「自動車や農産品、サービス等の重要分野で関税や非関税障壁に直面、貿易不均衡」と指摘。深刻な事態を迎える 10/18

植草一秀の『知られざる真実』: 深刻なのは「人手不足」でなく「賃金不足」だ 10/18">植草一秀の『知られざる真実』: 深刻なのは「人手不足」でなく「賃金不足」だ 10/18
 〇 …日本では最高裁が企業献金を合法としてしまったために、大資本が献金という「賄賂」で政治を支配してしまっている。
 目に見えぬ世界では、国内大資本だけではなく、ハゲタカ資本がカネの力で安倍内閣を支配下に置いてしまっていると考えられる。
 「人手不足」と言われるが、真実は違う。
 真実は「賃金不足」なのだ。
 過酷な労働を担う人を安価な賃金で雇おうとするから人が集まらないのだ。
 「人手不足」を叫んでいる企業が求人の際に、時給を倍にしてみるがいい。
 あっという間に求職者が殺到するはずだ。
 「人手不足」ではなく「賃金不足」だから人が集まらないのだ。
 働く人への処遇=賃金や身分の安定を拡充すれば、人手不足は解消する。
 同時に、格差が縮小する。
 人手不足を叫ぶ前に、億円単位の経営者の役員報酬を削減して、末端の労働者の時給を上げてみれば良い。
 労働者の労働条件は改善し、所得格差も縮小する。・・・

蓮池透 ‏ @1955Toru フォロー中 @1955Toruさんをフォローしています その他 もうこんな会社いらない。 東電の報告資料、誤りは千カ所超 汚染水浄化後の測定結果 | 2018/10/18 - 共同通信 4:18 - 2018年10月18日 81件のリツイート 71件のいいね

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【全員野球で政治資金不正疑惑】生活保護バッシングで有名な片山さつき地方創生相は、100万円を渡した国税口利き疑惑だけでなく、元恐喝犯から1400万の借金をしていた問題も浮上している。柴山文科相、工藤国交政務官と、文字通り全員野球だ。 1:08 - 2018年10月18日 626件のリツイート 523件のいいね

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 菅氏「片山氏が説明責任を」 内閣改造で「適材適所」と言ってた安倍首相 ●疑惑があるのを承知で大臣に任命した or ●疑惑があることを掴んでなかった そのどちらにせよ、「適材適所」と言ったからには、片山氏本人は無論、安倍首相も任命の根拠に関する説明責任は免れないね。 1:33 - 2018年10月18日 179件のリツイート 165件のいいね

ロバート ‏ @CharlesRobert__ フォロー中 @CharlesRobert__さんをフォローしています その他 ロバートさんがロバートをリツイートしました 安部政権を倒し 前川喜平さんを文部大臣に ロバートさんが追加 ロバート @CharlesRobert__ 前川喜平 さん 「野党がバラバラなのは意味がある。 だって自分の頭でちゃんと考えられる人は無意味に固まらない…それぞれの意見を大切にするから。 … 8:23 - 2018年10月17日 49件のリツイート 81件のいいね
  ★面従腹背、未だ続いていた… 「行政を歪めた」

⭐ ‏ @miraisyakai フォロー中 @miraisyakaiさんをフォローしています その他 三春充希(はる)みらい選挙Project ⭐ さんがkikumaco(10/29ベアーズ)をリツイートしました それなら代わりにぼくが投票しよう。 三春充希(はる)みらい選挙Project ⭐ さんが追加 kikumaco(10/29ベアーズ) @kikumaco 僕はまだ立憲民主に期待するところはあるので、おしどりマコが最終的には公認されないことを願っています。公認されたら、少なくとも比例で立憲民主に投票することはありません 7:52 - 2018年10月17日 250件のリツイート 552件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 「安倍内閣の片山さつき地方創生相が100万円の謝礼を受けて国税庁へ口利きをしたと週刊文春が報じた問題で、片山氏は報道内容を全面否定し「週刊文春を名誉棄損で訴える」と述べたが、企業経営者は18日、「片山氏の事務所に口利きを依頼して100万円支払ったことに間違いない」と証言した」とのこと。 4:23 - 2018年10月18日 838件のリツイート 1,017件のいいね

やっちん ‏ @YSOUKOMAN フォロー中 @YSOUKOMANさんをフォローしています その他 何だって?。 これって、アヘシと同類じゃないか! 山下貴司・法相「裁判官なんて俺たちの言いなり」発言の過去(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00000004-pseven-soci … @YahooNewsTopics 5:39 - 2018年10月18日 場所: 石川 金沢市 291件のリツイート 178件のいいね
  ★憲法が謳う、三権分立形骸化⁉ 司法、最高裁判所にも、責任あり⁉ 時には、ピシッと、首相の尻でも打ってみよ。

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 愛媛のご当地アイドル自殺で自己責任論ぶつ松本人志に違和感! 貧困、パワハラ、やりがい搾取…アイドルたち過酷な実態 6:42 - 2018年10月18日 190件のリツイート 194件のいいね

志村建世のブログ: 今年の柿は、かなりの豊作 ・ブログ連歌(524) 10/17">志村建世のブログ: 今年の柿は、かなりの豊作 ・ブログ連歌(524) 10/17
 〇今年の柿は、かなりの豊作になりそうだ。30年以上前に、今の家を建てた年に妻が植木屋から苗を買ってきた。そのときは短い一本棒のようで、私は「棒を買ってきたのかい」と、からかいながら、塀に近い庭の西南隅に植えておいた。それが順調に育って、今は二階の高さにまで枝を広げている。そのまま食べられる甘柿の富有柿で、味はよい。
 過去記事を探ってみたら、例年11月になってから取り入れている。今までの最高記録は、360個となっている。毎年の収穫を安定させるためには、実が小さいうちに間引くとよいというアドバイスを、深山あかねさんから頂いていることもわかった。ただしその場では「来年からやってみます」と殊勝に返事しているのに、実行した記憶は一度もない。なにしろ色づいて気がつくまでは全くの無関心でいたのだから、放任主義が徹底しているのだ。
 私たちにしてみたら、これは望外のプレゼントである。庭木として、実のなる柿を植えたのが「大当り」だったことになる。つい先日のことだが、かかりつけの歯科で「いつもお世話になって」とあいさつしたら、親しい女医さんが「志村さんは、いろんな人を助けてきたから、助けられてもいいんですよ」と言ってくれたのが嬉しかった。老妻を助けながら、秋の一日が過ぎて行く。

植草一秀の『知られざる真実』: 「私たちの命の源が危ない」オールジャパン学習会開催 10/16">植草一秀の『知られざる真実』: 「私たちの命の源が危ない」オールジャパン学習会開催 10/16

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 籠池夫人が安倍首相夫妻、稲田朋美、小川榮太郎らの嘘と手のひら返しを大暴露! 青山繁晴が籠池夫妻に送った失笑メールも公開 23:02 - 2018年10月16日 769件のリツイート 715件のいいね

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 首相が、9月の自衛隊高級幹部会同で、改憲の号令をかけたことが問題になっているが、昨年9月の会同では改憲にふれていない。昨年5月3日に改憲を打ち出したが、それを内閣総理大臣として自衛隊幹部を前に主張することは抑えていた。ところが今年は何の抑制もない。常軌を逸した暴走を止めなければ! 23:23 - 2018年10月16日 655件のリツイート 828件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 田中眞紀子氏「単に外交が好きということと外交の能力が高いということは違います。安倍さんは外交が好きなだけで能力はまったくありません。安倍さんが首相になって6年近く経ちますが、拉致被害者の1人でも戻ってきましたか?北方四島の1つでも戻ってきましたか?」(文化放送「サキドリ」10月17日) 1:00 - 2018年10月17日 842件のリツイート 1,256件のいいね
  ★外遊⁉ 大金バラマキ、費用対効果❓❓❓

認証済みアカウント @koike_akira フォロー中 @koike_akiraさんをフォローしています その他 「しんぶん赤旗」主催の新人王戦で最年少優勝されました。 おめでとうございます 藤井聡太七段、新人王戦で優勝…最年少記録更新:読売新聞 1:05 - 2018年10月17日 106件のリツイート 155件のいいね

山口二郎 ‏ @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 今の若者は新聞を読まない。テレビもほとんど見ない。政治の世界に野党が存在することや、野党が何をしているか知らない。授業で国会質疑の映像を見せると、野党に対する理解が変わったとのこと。若者の意識は…と決めつけずに、工夫することが大事だと教えられた。 20:16 - 2018年10月14日 644件のリツイート 777件のいいね

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 (BSフジで)そもそも行政不服審査法は、住民の権利を救済するための制度だ。国を「救済」するためのものではない。県知事選挙で示された県民の民意を一顧だにせず、こんな制度を脱法的に使って強権的な基地建設を続けるならば、県民の激しい怒りをまぬがれない。連帯して全国がたたかっていきたい。 6:15 - 2018年10月17日 648件のリツイート 732件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 積水ハウスを騙して55億円を詐取した「地面師」の一味は逮捕されたのに、全国民を騙して自分のお友だちの加計学園に国民の血税を400億円もプレゼントした「ペテン師」の安倍晋三が逮捕されないのは何故?納税者の1人としては「地面師」なんかより「ペテン師」のほうを先に逮捕して欲しいんだけど。 4:33 - 2018年10月17日 1,591件のリツイート 2,651件のいいね
  ★巨悪を眠らせない! いつから忘れたのか⁉ 正常化しようよ。

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【全員野球で口利き】片山さつき地方創生担当相が、ある業者が税務調査に入られ青色申告が取り消されそうになった時に、片山事務所の私設秘書の南村博二氏に100万円を渡した国税口利き疑惑が出てきた。本当に全員野球に近く、閣僚と自民党役員は疑惑だらけ。腐っています。 3:30 - 2018年10月17日 1,024件のリツイート 1,097件のいいね
  ★公務員、大臣が腐っていれば、正常化、浄化できるのは、市民、主権者のみ。誠に遺憾ながら、自浄作用なし⁉

愛国心の足りないなまけ者 ‏ @tacowasabi0141 フォローする @tacowasabi0141をフォローします その他 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 消費税上げずに法人税上げろよ 6:31 - 2018年10月17日 254件のリツイート 345件のいいね
  ★愛国心を押し付けたり、服用されている方に、お勧め

みずのや ‏ @mizunoyak フォローする @mizunoyakをフォローします その他 #築地市場存続・場内お買い物ツァー 営業継続8日目\(^o^)/18日(木)のご案内:11時~12時半(11時正門集合)#築地市場営業権組合 の皆さんが心を込めてお迎えいたします。営業は今後もカレンダー通り。お願い:買い物ですから!のぼりや鳴り物はご遠慮いただきたくm(__)mでは築地で(^^♪ 6:06 - 2018年10月17日 151件のリツイート 71件のいいね
  ★築地市場は、死なず⁉ 勿論、築地・場外市場は、常と変わらず、賑わい。

渡瀬夏彦 ‏ @natsuhikowatase フォロー中 @natsuhikowataseさんをフォローしています その他 #城間みきこ #那覇市長選挙 #10月21日 翁長雄志前知事の遺志を継ぎ、玉城デニー知事とタッグを組んで那覇市を発展させることができるのは、現職市長・城間みきこさんだけです! 気を引きしめて、必ずかならず再選を勝ち取りましょう! 4:39 - 2018年10月16日 293件のリツイート 253件のいいね
  ★女性活躍! 沖縄は、日本の民主主義を先取り⁉ 先頭に立つ。

志村建世のブログ: 今さら「原発が主力」の違和感 10/16">志村建世のブログ: 今さら「原発が主力」の違和感 10/16
 〇やや「旧聞」に近くなったが、「主力」の原発を優先して太陽光発電を抑制したという九州電力の事例への違和感が消えない。管内ではすべての原発が稼働中であり、秋の「冷房も暖房も要らない快適な晴天の日」に、電力が余ってしまったのだそうだ。電力は、常に供給と需要がバランスしていないと破綻するやっかいな性質を持っている。手っ取り早い対策として、太陽光発電の一部を遮断したらしい。余剰電力を蓄える「揚水式発電ダム」の利用などは、間に合わなかったのだろうか。新聞記事には、電力を広域で融通するシステムの活用などが説かれていた。
 原発は、一定の電力を常時発生させる「ベースロード電源」と位置づけられている。これが、深刻な破綻事故を起こしたにもかかわらず、電力会社でも政府でも、基本姿勢としては変っていないのだ。作ってしまった原発は、動かさないともったいないというのが本音だろうが、廃炉費用も含めた後々の世代への負担先送りや、当面に存在している事実から発生する災害へのリスクの大きさを考えたら、やはり、なるべく早く稼働をやめて、危険性を低下させて置くべきだろう。原発を優先させるために太陽光発電を抑制するなどは、正面から時代に逆行している。
 太陽光発電は、その効率は日を追って向上し、コストは低下しつつあるということだ。近い将来、発電の主役になる可能性を秘めている。今さら再生可能エネルギーの未来に「岐路」などを設けてはならない。

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「日本的集団主義」と「世間」 19:57 - 2018年10月15日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

認証済みアカウント @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 仙谷由人先生の訃報に驚いております。互いに政治的立場は異なりましたが、常に天下国家を考えられて、情熱をもって政治に取り組んでおられました。類まれなる政治的実行力をお持ちの稀有な政治家でありました。御勇退後のご発信も大変心強いものでした。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 小沢一郎 1:05 - 2018年10月16日 339件のリツイート 607件のいいね

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員「5年間の安倍政権の間に、社会保障費3兆4500億円削っていたという話なんです。(消費税を使って)社会保障の充実・安定化?一体、何の話か分かりませんね。使うと約束したお金も使わず、社会保障費も削っている」 (2018.10.9 船橋駅前) 23:56 - 2018年10月15日 723件のリツイート 529件のいいね

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 安倍首相が、この段階で消費税10%を打ち出したのは、早い段階で既成事実を作り、国民を諦めさせる作戦だと思う。 しかし、諦める必要はありません。来年の統一地方選、参院選で、安倍自民党を大敗させるならば、10%を止めることはできます。たたかいは、まさにこれからです!! 1:59 - 2018年10月16日 516件のリツイート 637件のいいね

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員「業界団体からカネ貰ってるから、票貰ってるからという事でどれだけ政治が歪められてるか思い出してみてくださいよ。どれだけ経団連に寄った法律で一般の国民の首を絞め続けてるか考えてくださいよ」 (2018.7.12 内閣委員会) 23:45 - 2018年10月15日 254件のリツイート 262件のいいね

立川談四楼 ‏ @Dgoutokuji フォロー中 @Dgoutokujiさんをフォローしています その他 安倍さん、あなたは最高指揮官だけど、自衛隊はあなたの持ち物ではないよ。だからうっかり「我が軍」などとペロッと言っちまうんだ。しかしその観閲式で、憲法に自衛隊を明記すると宣言したのは看過できないね。ねえ安倍さん、それ重大な憲法違反で、総理が言ってはいけないってことだって分かってる? 0:00 - 2018年10月16日 1,708件のリツイート 2,397件のいいね

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 野党5党・1会派の党首、幹事長・書記局長が懇談。沖縄・玉城デニー知事の誕生、国民民主党玉木代表の就任のお祝い、私の快気祝いを兼ねて(恐縮です)。 臨時国会で結束して奮闘すること、参院選で安倍政権を倒すために力を尽くすことを確認しました。 5:13 - 2018年10月16日 549件のリツイート 839件のいいね

蓮池透 ‏ @1955Toru フォロー中 @1955Toruさんをフォローしています その他 「お詫び」と「謝罪」では大違い。山下元幹部の正義の証言もあっさり否定。責任が問われるのは、津波?それとも溶けた炉心? 東電裁判 元副社長 原発の津波対策 先送りを強く否定 | NHKニュース 14:52 - 2018年10月16日 126件のリツイート 115件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 安倍の贔屓で復権の稲田朋美が馬脚! 脱税企業の献金に続き、極右集会で小川榮太郎と報道批判のセッション 3:22 - 2018年10月16日 764件のリツイート 589件のいいね

空  【安倍政権打倒!】 ‏ @kskt21 フォロー中 @kskt21さんをフォローしています その他 「安倍政権による本末転倒の消費税増税」 クレジットカードで買い物できる大人は優遇され、カードを持てない子供や貧困層は10%から逃れられない。こんなバカな真似を安倍政権・自民党・公明党は強行しようとしている。しかも、キャッシュレスと消費税を絡めるとはあまりにも姑息で悪質だ! 6:28 - 2018年10月16日 195件のリツイート 167件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 安倍晋三はわずか2週間前に「沖縄の方々の気持ちに寄り添いながら基地負担の軽減に全力を尽くす」と言ったのに、その舌の根も乾かぬうちに沖縄の民意を踏みにじり、辺野古の埋め立て承認を撤回した県への対抗措置として行政不服審査を請求するという。それも安倍晋三の外遊中に発表する卑劣な手口。 13:04 - 2018年10月16日 744件のリツイート 733件のいいね

雨宮処凛 ‏ @karin_amamiya フォロー中 @karin_amamiyaさんをフォローしています その他 今日は福島みずほさん議員生活20周年パーティーへ。「玉城ダミーです」と自己紹介された糸数慶子さんと。 6:45 - 2018年10月16日 18件のリツイート 42件のいいね

渡辺輝人 ‏ @nabeteru1Q78 フォロー中 @nabeteru1Q78さんをフォローしています その他 仙谷由人が亡くなったそうで、故人の名誉のために、「暴力装置」は暴言ではなく、学術用語だ、ということは言っておきたい。最近は「実力組織」とか言い換えてるけど。自分で確認してないが、Wikipediaによると、石破茂も「暴力装置」という言葉を使ったことがある旨書かれている。 1:34 - 2018年10月16日 1,066件のリツイート 1,316件のいいね

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 国民の生活が第一 20:02 - 2018年10月14日 2件のリツイート 3件のいいね

鈴木 耕 ‏ @kou_1970 フォロー中 @kou_1970さんをフォローしています その他 鈴木 耕さんが但馬問屋をリツイートしました はっきり断言しておきますが、ぼくはお国のために死にたくなんかありません、絶対にっ! 鈴木 耕さんが追加 但馬問屋 @wanpakutenshi ヒゲ佐藤「個人の権利、権利、権利とバカじゃないかと。 もっと大きなものを護るために、国家のために命を捨てろと命令できる憲法改正が必要だ」… このスレッドを表示 2:01 - 2018年10月14日 1,333件のリツイート 2,644件のいいね

認証済みアカウント @ryukyushimpo フォロー中 @ryukyushimpoさんをフォローしています その他 豊見城市長選:山川仁氏が当選確実 玉城県政の運営に追い風 6:20 - 2018年10月14日

海渡雄一 ‏ @kidkaido フォロー中 @kidkaidoさんをフォローしています その他 海渡雄一さんがやいちゃんをリツイートしました 真実を話すことこそが、双葉病院で亡くなった被害者と遺族、そして福島事故で傷付いた多くの市民への誠意だと思います。 海渡雄一さんが追加 やいちゃん @picoyai 明日から被告人質問。本当のことを話してほしい~~~! #東電刑事裁判 21:28 - 2018年10月14日 28件のリツイート 17件のいいね

李ひとみ ‏ @hitomi_rome フォローする @hitomi_romeをフォローします その他 今TVをつけたら小泉氏が原発ゼロで熱演中。それにしてもこの度の九電の余る電力問題。呆れ返って言葉を失う。この国は原発もオリンピックも豊洲も、儲ける人は真っ先に「儲け終え」、後から発生する不都合は誰も責任取る事なく、もれなく全て国民負担が延々続く。そんな国。 2:23 - 2018年10月14日 138件のリツイート 102件のいいね

植草一秀の『知られざる真実』: リーマンショックを引き起こす消費税増税の決定 10/15">植草一秀の『知られざる真実』: リーマンショックを引き起こす消費税増税の決定 10/15

孫崎享のつぶやき: 米国から見た為替問題、「円安」で日本商品の流入を防ぐこと。ムニューシン米財務長官は対日通商交渉で、通貨安誘導を阻止する「為替条項」の導入を要求すると表明。自動車の輸出にせよ、米国要求は安倍首相がトランプにゴマすれば解決の次元を超えている。 10/15">孫崎享のつぶやき: 米国から見た為替問題、「円安」で日本商品の流入を防ぐこと。ムニューシン米財務長官は対日通商交渉で、通貨安誘導を阻止する「為替条項」の導入を要求すると表明。自動車の輸出にせよ、米国要求は安倍首相がトランプにゴマすれば解決の次元を超えている。 10/15

天木直人のブログ: 玉城氏の勝利の本当の意義を見事に言い当てた高橋哲哉教授 10/15">天木直人のブログ: 玉城氏の勝利の本当の意義を見事に言い当てた高橋哲哉教授 10/15

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 「来年10月の消費再増税、税収の半分は消費者に還元」とか抜かしてるけど「マイホームを買った人に50万円プレゼント」だの「新車を買った人に特別措置」だの、何だこれ?こんなの庶民から巻き上げた税金を金持ちに配るだけじゃねえかよ!ふざけんな安倍晋三!ふざけんな公明党!FUCK! 3:57 - 2018年10月15日 483件のリツイート 630件のいいね

白石草 ‏ @hamemen フォロー中 @hamemenさんをフォローしています その他 白石草さんが障害者雇用の働き方をリツイートしました これは衝撃すぎる。 白石草さんが追加 障害者雇用の働き方 @YANA1945 東京駅にある東京都の広告。「障がいは言い訳にすぎない」。つまり東京都庁で障害者雇用されると、障害を理由にできないことがあっても、「言い訳だ!」と上司に詰められるわけですね。障害の「害」を「がい」にした表記で差別をあおる東京都。素晴ら… 3:13 - 2018年10月15日 48件のリツイート 26件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 安倍晋三が来年10月の消費増税を宣言して「あらゆる施策を総動員して経済に悪影響が出ないようにする」と述べたけど、前回、先延ばしした時には「2019年10月までにアベノミクスの3本の矢で景気を回復し、消費増税しても経済に悪影響の出ない状況を作り出す」と公言してたじゃん!アレも嘘だったの? 0:41 - 2018年10月15日 620件のリツイート 792件のいいね

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【餌食】信じがたい事に今日も株価が落ちると、日銀が715億円の株買い。政権の生命維持装置だけでアベノミクスにしがみつき、7営業日連続で5005億円株買いを空売りで待ち構えるCTA系ファンドに貢ぐ。何の目的もなく成果もないまま次世代に付け回しだ。アホだ。https://bit.ly/2Ei6VMZ 4:12 - 2018年10月15日 409件のリツイート 343件のいいね

こたつぬこ ‏ @sangituyama フォロー中 @sangituyamaさんをフォローしています その他 こたつぬこさんが朝日新聞・選挙報道をリツイートしました こちらも与党候補が敗北 こたつぬこさんが追加 朝日新聞・選挙報道 認証済みアカウント @asahi_election (14日の市長選) 君津市(千葉県)石井宏子氏(53)=無新、前県議=が初当選。元県議会事務局長の渡辺吉郎氏(61)=無新、自・公推薦=、前市議の安藤敬治氏(70)=無新=を破る。投票率50・55%。 6:36 - 2018年10月14日 1,097件のリツイート 1,418件のいいね

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 「実習生」という名の下、労働力としてこき使われ、いじめられた挙句、死を選ぶベトナム人の若者が増えているという 「医師の山村さん『きちんとした条件で雇うべきなのに実習生や留学生として働かせ、結果、心や体への負担が。国は実態把握し予防策とるべきだ』」#朝日新聞 17:20 - 2018年10月14日 1,457件のリツイート 1,568件のいいね

認証済みアカウント @nhk_news フォロー中 @nhk_newsさんをフォローしています その他 「仁徳天皇陵」宮内庁が地元の堺市と初の共同調査へ #nhk_news 3:08 - 2018年10月15日 205件のリツイート 247件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 安倍首相が自衛隊を前に改憲アピール! 民放連は広告料欲しさと政権忖度で“改憲CMの量的制限しない”と 6:12 - 2018年10月15日 360件のリツイート 303件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 財政が赤字続きなのに大型の補正予算を組んだことを国民から批判されないように「被災地の復興」だの「社会保障」だのとキレイゴトを連呼して「それなら仕方ない」と国民に思わせようとしている詐欺集団「安倍政権」だけど、補正予算の内分けを見ると「アメリカ製の兵器購入費」がもの凄いよね(笑) 7:02 - 2018年10月15日 616件のリツイート 695件のいいね

但馬問屋 ‏ @wanpakutenshi フォロー中 @wanpakutenshiさんをフォローしています その他 #報ステ “消費税 10%に” カード決済は2%還元 枝野代表 「年金生活者の皆さんがカードを使って決済することに慣れているのか。まったく暮らしの足元を見ていない」 …安倍首相とお仲間たち、霞ヶ関の人たちはカード決済がフツーなんだろう。庶民の暮らしを知らない人たちが決めてるんだね 6:46 - 2018年10月15日 1,597件のリツイート 1,934件のいいね

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 麻生財務大臣の辞任を求める「署名」と「財務省前アピール&デモ」 4:53 - 2018年10月14日 2件のリツイート 3件のいいね

植草一秀の『知られざる真実』: 世界に冠たる水資源大国日本の売国政治屋ペア 10/14">植草一秀の『知られざる真実』: 世界に冠たる水資源大国日本の売国政治屋ペア 10/14
 〇10月15日月曜日の午後4時から衆議院第一議員会館の多目的ホールで、オールジャパン学習会を開催する。

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 消費増税、予定通り来年10月実施…首相表明へ 1989年税収:54.9兆円  所得税:21.4兆円  法人税:19兆円  消費税:3.3兆円 2016年税収:55.5兆円  所得税:17.6兆円  法人税:10.3兆円  消費税:17.2兆円 これで消費増税不可避って、全く説得力ないわな。 17:50 - 2018年10月13日 894件のリツイート 571件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 本田圭佑の朝鮮学校訪問と「自分の国しか愛せないのは違う」発言に称賛! それでもマスコミは圧力に怯え沈黙 20:47 - 2018年10月13日 665件のリツイート 903件のいいね

やっちん ‏ @YSOUKOMAN フォロー中 @YSOUKOMANさんをフォローしています その他 アホだろ!。太陽光発電で電気が十分なら、原発を止めるべきだよ!。逆だよ!。逆! 太陽光発電、14日も停止へ=利用拡大の足かせに―九電(時事通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000069-jij-bus_all … @YahooNewsTopics 7:47 - 2018年10月13日 場所: 石川 金沢市 983件のリツイート 1,101件のいいね
  ★資源小国、日本! そんな豊富な資源、どうして捨てるのか、抑制するのか⁉ 九電の利益のため、株主の利益のため、か。有り得ない!選択。自公・日本政府。

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 「安倍首相、9条改正『政治家の責任』=自衛隊観閲式で強調」 政治的中立性が厳格に求められる実力部隊を前に、9条改憲の持論をのべる。自衛隊は首相の私兵ではない。閣僚に憲法遵守・尊重を義務づけた憲法99条違反を繰り返すことは、絶対に認められない。 0:30 - 2018年10月14日 583件のリツイート 582件のいいね

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 望月衣塑子さんがJun Inukai / 犬飼淳をリツイートしました #犬飼淳 氏の信号機判定分析。 #枝野 立憲代表の一問目「私や妻が関係していたら議員も辞める」と明言したのに 証拠が出てきたら『贈収賄ではない』と言うのは卑怯では?」との質問に、#安倍 首相が何一つまともに答えないまま無駄に4分が経過。答える気がないのか、そもそも質問を理解できてないのか 望月衣塑子さんが追加 Jun Inukai / 犬飼淳 @jun21101016 枝野代表の質問、安倍総理の答弁をリアルタイムで信号機判定。 #赤黄青で国会ウォッチ https://note.mu/jun21101016/n/n0291baeb07d5 … 約6分の動画にまとめました。 18:24 - 2018年10月13日 1,474件のリツイート 1,914件のいいね

蓮池透 ‏ @1955Toru フォロー中 @1955Toruさんをフォローしています その他 5人の拉致被害者が帰国して16年が経った。時々、「帰国したら被害者ではないのか」との疑問が頭をよぎる。私はどうでもいい。「日本政府のお陰で裕福な暮らしを享受しているという誤解」を受けながら生きている弟そして両親には、24年間の空白をそのままに人生を終えて欲しくない。 13:46 - 2018年10月14日 499件のリツイート 823件のいいね
  ★まことに御尤も、です。 理不尽な人生です。でしたにならぬよう、祈念しております。但し、幾ばくかの明かりも見えたかも。

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 国民を守ってるって、なぜ自衛隊員だけ別格かね。消防士だって警官だって医者だって看護師だって…いやいや日本経済を支えてる会社員だって農家だって漁師だって、皆が互いに支え合って生きているのに。安倍サン、自衛隊員を自分に都合よく利用してるだけなんじゃないのかね。 8:35 - 2018年10月14日 608件のリツイート 564件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 もはや沖縄の選挙では「自民や公明や希望や維新に推薦されると、それだけで落選が確定」という流れになって来たな。大企業や金持ちだけ優遇して庶民を切り捨てる安倍政治と、そんな安倍政治に寄生している一部のクズ野党に、そろそろ国民も地方から順番に気づき始めたようだ。 7:00 - 2018年10月14日 908件のリツイート 1,510件のいいね

湯浅誠 / Makoto Yuasa ‏ @yuasamakoto フォロー中 @yuasamakotoさんをフォローしています その他 東海テレビに拍手! 一緒に朝日新聞のパブリックエディターを務める小島慶子さんから紹介してもらった、水島宏明さんの記事。 ぜひ見てみたい。 「働き方改革」が報道劣化を招く!?東海テレビのドキュメンタリーが描く”矛盾”(水島宏明) - Y!ニュース 16:42 - 2018年10月14日 47件のリツイート 45件のいいね

田中龍作 ‏ @tanakaryusaku フォロー中 @tanakaryusakuさんをフォローしています その他 きょう投開票が行われた沖縄県豊見城市長選挙で、オール沖縄勢力が推す山川仁候補が、自民党系の現職と新人を破り、初当選を決めた。公明党は自主投票、学会は動かなかった。 6:04 - 2018年10月14日 1,016件のリツイート 1,409件のいいね

志村建世のブログ: ブログ連歌(524) 5/13">志村建世のブログ: ブログ連歌(524) 5/13
10159 箱根路は 雲多けれど 恨みなし
10160  栄枯盛衰 歴史を残す (建世)
10161 50年前の新宿に見つけたり
10162  今も 反戦唱える彼女の姿 (獣医さん)
10163 一つこと 貫き通す 強さこそ
10164  歴史にその名 刻むとぞ知る (建世)
10165 つき進む 時代の底に 草の民 (みどり)
10166  ものは言わねど 世論をつくる (建世)
10167 旭日旗 いまでも掲げる自衛艦 (獣医さん)
10168  専守防衛 旗は変らず (建世)

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 日本的集団主義の源流と「今」 19:04 - 2018年10月12日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【電力会社の解体を】九州電力が再生可能エネルギーの出力制御を求めると表明した。危険で時代遅れの原発を再稼働したあげくに、再エネを止めに入る。世界で起きているエネルギー転換を妨げる電力会社と原子力ムラを解体しなければ日本経済は滅びる。 0:58 - 2018年10月12日 515件のリツイート 497件のいいね

認証済みアカウント @sugurusako フォロー中 @sugurusakoさんをフォローしています その他 台北!! 感谢您欢迎我!!! #台湾 #台北 #taipei #travel #nike #wefly ツイートを翻訳  4:56 - 2018年10月13日 125件のリツイート 1,569件のいいね

Share News Japan ‏ @sharenewsjapan フォローする @sharenewsjapanをフォローします その他 下地議員「県民葬あの野次は残念…」→ 松尾貴史氏「残念なのは、沖縄に寄り添う気持ちが皆無の政権、「野次」だと受け取るあなたの品性」 1:24 - 2018年10月13日 541件のリツイート 536件のいいね

ロバート ‏ @CharlesRobert__ フォロー中 @CharlesRobert__さんをフォローしています その他 テイラーが選挙に行こうと呼びかけ。トランプ黙らせるのは簡単なのかも、続け世界のアーティストたち。 「誰も銃による暴力を恐れながら学校に行くべきではありません。ナイトクラブやコンサート、映画館や祈りの場に行くべきではありません」(テイラー) 6:29 - 2018年10月13日 13件のリツイート 16件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 目の前に会談の相手がいるのに、視線を下に落として手元の原稿を棒読みする安倍晋三、これほど恥ずかしい上に「人としてどうなのか?」と思わせる総理大臣は前代未聞だろう。こんなザマだからアメリカのトランプにもロシアのプーチンにも「安倍は何でも言うことを聞く子分」だと思われているのだ。 5:58 - 2018年10月13日 1,025件のリツイート 1,789件のいいね

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【早くも薄汚い】森友顧問弁護士で日報隠しの稲田筆頭副幹事長が、脱税事件で今年3月に有罪判決を受けた福井市の建設会社から、14~16年に計46万円の献金を受けていた。「この程度」の不正献金とスルーするようになった日本の政治と社会の壊れ方が恐ろしい。 13:38 - 2018年10月13日 276件のリツイート 255件のいいね

⭐ ‏ @miraisyakai フォロー中 @miraisyakaiさんをフォローしています その他 三春充希(はる)みらい選挙Project ⭐ さんが今井 雅人をリツイートしました 国民民主の今井衆院議員が離党表明 立憲入り目指す意向 https://www.asahi.com/articles/ASLBF4QVCLBFOHGB006.html … この発言は記憶にとどめておきたい。 三春充希(はる)みらい選挙Project ⭐ さんが追加 今井 雅人 認証済みアカウント @imai_masato 都議選の大敗を受けて、何をすべきか。課題は沢山あるが、まずは、蓮舫代表の二重国籍問題を解決することだ。この問題をうやむやにしてきたから、うちの党はピリッとしないのである。今でも多くの人から、あれはどうなんだと聞かれる。 8:07 - 2018年10月13日 562件のリツイート 438件のいいね

但馬問屋 ‏ @wanpakutenshi フォロー中 @wanpakutenshiさんをフォローしています その他 #報道特集 金平茂紀氏 加計理事長の想像以上のいい加減さに驚いたというのが正直なところ。会見場にいた記者全員がそう思ったと思う。 前回の会見であれだけ批判を浴びたのだから、もう少し準備をして臨んだのかなと思ったが、愛媛県文書も読んでいないと断言してしまう神経に唖然とした。 3:19 - 2018年10月13日 517件のリツイート 469件のいいね

志村建世のブログ: 転機が近づいている予感 10/12">志村建世のブログ: 転機が近づいている予感 10/12
 〇毎日日記を書くように、滑らかにブログを書き始めることができなくなってきた。基礎体力の低下で、階段を上がるのに疲労を感じるようになったのと似ている。かつては階段は、歩くべき道の一部分でしかなかったものが、近ごろは挑戦すべき障害の一種のように感じられる。
 でも今のこの感覚が、一時的な思い違いのような気もする。かつて私にとって日記を書くことは、生きることと同じだった。書くことで自分と対面しながら、明日への道をさがして来た。その構図は今も同じだと思うのだ。
 暑くも寒くもない、ちょうどよい季節になった。初心に返り、本来の自分を取り戻す好機かもしれない。

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 日本全国沖縄化の可視化 6:47 - 2018年10月12日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

認証済みアカウント @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 森友問題で、また政権の嘘が明らかになりつつある。大幅値引きの根拠となった地下のゴミの深さが嘘だったという疑惑。安倍政権は道徳教育の強化を進めているが、政権が正直に全てを明らかにして責任をとることこそ、この国の道徳教育に一番必要なことである。このままでは子供達の教育に影響してくる。 18:05 - 2018年10月11日 1,614件のリツイート 2,586件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 軽減税率を導入している国の大半は、贅沢品には高い税率を課すが生活必需品は0%にしている。これがホントの軽減税率だ。どんなに高価な贅沢品でも10%で、生活必需品が8%では、まったく軽減税率とは呼べない。生活必需品は消費税0%にするのが軽減税率の基本だ。公明党もそれくらいやってみろ! 0:25 - 2018年10月12日 476件のリツイート 616件のいいね

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 玉城デニー知事があいさつにおみえになり、共産党衆参議員みんなでお迎えしました。拍手と大歓声が起こり、喜びが弾けました。玉城県政と「オール沖縄」のたたかいを力いっぱい支えていきます。 23:49 - 2018年10月11日 531件のリツイート 932件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 「NHKが受信料の値下げの検討に入った」という部分ばかり報じてるけど、その大前提としての「インターネットにテレビ番組を同時配信し、PCやスマホの利用者からも利用料金に上乗せして受信料を徴収するため」という枕詞をちゃんと付けて報じろよ。 1:18 - 2018年10月12日 904件のリツイート 776件のいいね

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 これが首相の腹心の友 「加計氏は事務局長を会見に同席させず、県文書も見ていない。大学とはデータや事実に基づき考え、議論し、真理探るのを教える場でないのか。そのトップが事実あいまいにし、説明にならない説明重ねる。あるべき姿からかけ離れている」#朝日新聞 #社説 19:59 - 2018年10月11日 1,375件のリツイート 2,061件のいいね

日仏共同テレビ局France10及川健二 ‏ @esperanto2600 フォローする @esperanto2600をフォローします その他 会見終了。また、小池百合子・女王様に挙手をずっとしてたのに、指名されなかった。半年通っても一度も当てられない。 小池百合子・女王様は、お気に入り記者しか当てず、厳しい質問をしたり、批判記事を書いてる記者は完全に無視する。 ワタシは顔が割れてしまってるからなあ。 23:50 - 2018年10月11日 場所: 東京都庁 展望室 135件のリツイート 119件のいいね

植草一秀の『知られざる真実』: 米国発世界同時株安と今後の展望 10/12">植草一秀の『知られざる真実』: 米国発世界同時株安と今後の展望 10/12
 10月7日付ブログ記事
 「安倍内閣は消費税増税再々々延期し選挙に臨む」">「安倍内閣は消費税増税再々々延期し選挙に臨む」
 メルマガ記事
 「2019政治大決戦-これが勝利の方程式だ」">「2019政治大決戦-これが勝利の方程式だ」
 メルマガについても、ぜひご高読をお願い申し上げたい。

孫崎享のつぶやき: 世論はカジノ法案に前国会可決に、「その必要はない」が76%。それなのに何故急いだか。ニューズウィークは「トランプ→安倍 大口献金者のために米カジノ大手の日本参入を要求していた」と報道。その前米国大手カジノ業者から麻生氏ら献金受領と報道 10/12">孫崎享のつぶやき: 世論はカジノ法案に前国会可決に、「その必要はない」が76%。それなのに何故急いだか。ニューズウィークは「トランプ→安倍 大口献金者のために米カジノ大手の日本参入を要求していた」と報道。その前米国大手カジノ業者から麻生氏ら献金受領と報道 10/12

天木直人のブログ: 金・プーチン首脳会談の実現でますます孤立する安倍首相 10/12">天木直人のブログ: 金・プーチン首脳会談の実現でますます孤立する安倍首相 10/12

天木直人のブログ: 安倍首相・昭恵夫人にとどめを刺すことになる籠池夫人の獄中記 10/12">天木直人のブログ: 安倍首相・昭恵夫人にとどめを刺すことになる籠池夫人の獄中記 10/12
  ★森加計疑惑は、不滅⁉ 安倍レイムダック後に、暴露⁉

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員「私が総理大臣だったら消費税ゼロです。消費税がこの国の経済成長を阻んでる、阻害要因のNo1ですよ。今の国民生活見ただろ?56%超える人が生活苦、シングルマザー82.7%が生活苦、単身女性3人に1人が貧困、7人に1人が貧困のこの国で、消費税を下げる事さえ言えないなら何で賄うのか」 10:55 - 2018年10月12日 133件のリツイート 148件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 安倍首相がカジノ法審議でやっぱり大嘘答弁していた! 強行の裏にトランプ大統領“お友だち”優遇を要求と米メディアが暴露 5:15 - 2018年10月12日 637件のリツイート 568件のいいね
  ★強権支配は、米・強権支配に弱い⁉

俵 才記 ‏ @nogutiya フォロー中 @nogutiyaさんをフォローしています その他 また安倍首相の嘘がバレた。 アメリカに文章の改ざんを頼むとはびっくりだ。 ペンス副大統領がFTAと発言(動画もある)してるのにagreement をdealに書き換えるようにアメリカに要請していたとは。 言葉なんてどうでもいいけど こら安倍! FTA交渉に追い込まれた敗北を素直に認めろ。 嘘でごまかすな 17:42 - 2018年10月11日 2,956件のリツイート 3,397件のいいね

三日月村9条の会 ‏ @tobatozankoudes フォロー中 @tobatozankoudesさんをフォローしています その他 安全な電力を何故抑える 九州電力、13日に太陽光発電抑制 国内初の実施を決定(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース 2:04 - 2018年10月12日 51件のリツイート 30件のいいね
  ★電力の供給過剰! 「資源小国」日本にとって、夢のようなお話。太陽光発電、再生エネルギーが、これを生み出した。地球温暖化の問題にも、解決の芽を見いだせる。そこで、(唐突な)北電のブラックアウトを口実に、どの電源を削減するとしたら、削減すべきか。それは言う迄もない、高リスク、高コストの原発だ⁉ ただ、この点、政府と(原発)電力会社は、再生エネルギーを削減する、しようとしている。断然、反対する。論理矛盾である。なぜ、福島原発事故を引き起こした原発を残そうとするのか、市民、主権者本位ではない。異議あり!だ。

老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 沖縄県知事選に対する海外ニュースの反応 13:43 - 2018年10月10日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 トランプ政権が自動車の高関税を脅しに使い、農産物の関税を下げろ迫っているが、この構図はきりがない。米国の自動車産業は、日本の農産物の関税が下がっても利益にならない。だからこの脅しはいつまでも続き、際限ない譲歩となる。フランスのように高関税での脅しは国際法違反と正面から言うべきだ。 1:36 - 2018年10月11日 745件のリツイート 963件のいいね

認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 (会見で)日米共同声明の内容は、日米FTA交渉開始の合意そのものだ。首相は「FTAでなくTAG」というが、英文の正文には「TAG」などという表現はない。これまで首相は「日米FTA交渉につながる交渉はやらない」と国会で答弁してきた。それにあわせて国際文書を捏造する。絶対に許せない! 1:43 - 2018年10月11日 662件のリツイート 764件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 阪神の金本監督はチームが最下位になった責任を取って退任するそうだけど、日本の「子どもの貧困率」や「男女格差」や「報道の自由度」を主要国の中で最下位にした安倍晋三は、どうして辞任しないの? 1:07 - 2018年10月11日 963件のリツイート 1,966件のいいね
  ★辞任要求が足りない、圧力が足りないというか、安倍一味、自民党の真綿でくるまれているから。感度が鈍い…

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 英・労働党コービン党首「保守党政権の8年におよぶケチ緊縮政策で、貧困が増加、ホームレスの路上死が増加、生活水準が低下、公共サービス滅茶苦茶、高齢者サービス低下、労働賃金も低下した。この間ずっと、大企業と超富裕層は莫大な税金の優遇を受けていた」 Jeremy Corbyn  3:43 - 2018年10月11日 259件のリツイート 208件のいいね

金子勝 ‏ 認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【官製相場の脆さ】日経平均株価は一時1000円安になったが、結局、終値は915円安。日銀が21兆超のETFを買い、GPIFや共済が54兆円超の株(17年度末)を買い、7割がCTAのような情報工学とAIを駆使した外国人投資家の取引という歪な市場は続かない。これからが大変だ。 1:47 - 2018年10月11日 390件のリツイート 358件のいいね

litera ‏ @litera_web フォロー中 @litera_webさんをフォローしています その他 テイラー・スウィフトの炎上覚悟のトランプ批判に拍手! 過去にはブッシュ批判で干されたカントリーミュージシャンも 1:15 - 2018年10月11日 166件のリツイート 207件のいいね

海渡雄一 ‏ @kidkaido フォロー中 @kidkaidoさんをフォローしています その他 海渡雄一さんが岡ロ基ーをリツイートしました 最高裁は、このような分限裁判を認めてはなりません。この分限裁判を認め、岡口裁判官を懲戒することは、司法の危機の時代に、裁判官自らが口を開くことを困難にし、自らの首を絞めるものとなるでしょう。 海渡雄一さんが追加 岡ロ基ー @okaguchikii 分限裁判 海渡雄一弁護士の意見書その2です ロシアやハンガリーの例も挙げられています https://okaguchik.hatenablog.com/entry/2018/10/09/001604 … 5:06 - 2018年10月11日 29件のリツイート 21件のいいね

やいちゃん ‏ @picoyai フォローする @picoyaiをフォローします その他 二階幹事長の記者会見、発言内容より、この布陣に爆笑しちゃった(笑) これはズルい。笑わずにはいられない。 15:02 - 2018年10月9日 1,801件のリツイート 2,940件のいいね

きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 「財務省は9日、社会保障費の抑制に向けた改革案として「高額医薬品を公的保険の対象から外す」ように提案した」とのこと。財務大臣の麻生太郎は「俺の払った税金が不摂生をして病気になった奴らの医療費に使われていると思うと腹が立つ」と抜かしたが、いよいよ「貧乏人は死ね」の時代が到来か? 8:27 - 2018年10月9日 2,321件のリツイート 2,491件のいいね

認証済みアカウント @kenichiromogi フォローする @kenichiromogiをフォローします その他 フジテレビ「タイキョの瞬間」は、今の日本の地上波テレビの、何事も深く考えず、批判的思考のかけらもなく、表面的なちゃらちゃらしたエンタメにしてしまうという愚劣さが、最悪のかたちで表れた番組だと思います。国際的な恥です。 こんな地上波テレビなんて、一秒たりとも見なくていい。 21:55 - 2018年10月7日 1,754件のリツイート 2,883件のいいね

志村建世のブログ: ブログ連歌(524) 10/9">志村建世のブログ: ブログ連歌(524) 10/9

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員「先ずは消費税ゼロだよ、無理なら消費税5%に減税。それで、過去最高益・バブルより儲かってる企業から『まっとうな税率』で頂きましょう。あと金融資産からの所得に対して累進性を強化するなど、先ずやらなきゃならない」 (10月9日 船橋駅前) 19:10 - 2018年10月9日 220件のリツイート 214件のいいね

認証済みアカウント @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 【議員生活20周年・未来を作る感謝のパーティー】参議院議員になって20年。本当にみなさんのおかげです。10月16日に都市センターホテルにて感謝のパーティーを行います。ぜひみなさんいらしてください!詳しくはウェブサイトにて http://mizuhoto.org/schedule/1470 19:14 - 2018年10月9日 38件のリツイート 40件のいいね

布施祐仁 ‏ @yujinfuse フォロー中 @yujinfuseさんをフォローしています その他 「最強教団」創価学会の焦燥、進む内部崩壊の実態(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00181607-diamond-soci … @YahooNewsTopics 18:21 - 2018年10月9日 166件のリツイート 135件のいいね

植草一秀の『知られざる真実』: 翁長氏県民葬での怒号は安倍首相に向けられたもの 10/10">植草一秀の『知られざる真実』: 翁長氏県民葬での怒号は安倍首相に向けられたもの 10/10
  ★日本で一番偉いのは、主権者! 国民、市民。 偉いのは、三権の長でも、公務員でもない。

きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 ほい来た。貧乏人は「それなりの医療」、金持ちには「最高の医療」、医療にベーシックコースとプレミアムプラン。はい、民間医療保険の出番。あら、なんと奇遇なことに日米FTAも始まるよ。日本の医療は米国保険会社のものに。保険会社が治療の可否を決める「SiCKO」の世界だ。 0:14 - 2018年10月10日 1,510件のリツイート 941件のいいね

認証済みアカウント @masaru_kaneko フォロー中 @masaru_kanekoさんをフォローしています その他 【「改ざん」政権】毎月勤労統計調査で賃金上昇率が高めに出ていると指摘されてきた問題で、10月5日公表の8月分速報値から発表文の記載形式を変更した。「参考値」が本当です。アベノミクスの嘘を正当化するためには政府統計も「改ざん」する。これじゃ仕事にならない。 22:32 - 2018年10月9日 540件のリツイート 484件のいいね

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 玉城氏の当選後、菅長官はNHKや会見で「辺野古移転が実現すれば沖縄米軍の9千人が海外に出て行く」と繰り返すが、2012年の日米合意では、辺野古移設に関係なく海外移転が決まっている。辺野古移設が前提のようないいぶりは事実ではない。これでは印象操作だ。#沖縄タイムス 23:08 - 2018年10月9日 2,850件のリツイート 3,002件のいいね

【公式】「辺野古」県民投票の会 ‏ @HenokoTohyo フォローする @HenokoTohyoをフォローします その他 元山代表「世論調査ではないんですよね、県民投票というのは。二択による、より明確な意思というものが(政策に)反映されるべきだと考えております」 県議会与党や維新の会、公明党がすでに賛成の立場を示しているのに対し、自民党は2日時点では賛否は白紙。 #辺野古県民投票 20:06 - 2018年10月2日 場所: 日本 沖縄 83件のリツイート 67件のいいね

非一般ニュースはアカウント凍結 ‏ @kininaru2014111 フォローする @kininaru2014111をフォローします その他 10月4日、山本太郎街頭演説会。この5年間で社会保障3兆4500億円もカットしてる。消費税増税で社会保障の充実、安定化?何を言っているんだ。 4:49 - 2018年10月6日 4,158件のリツイート 4,232件のいいね

望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 創価学会婦人部は9条改正に強く反対と聞く。与党でも調整が難しい。首相 は改憲の〝ヤルヤル詐欺〟で終わるのでは 小泉元首相「改正できるわけない。首相は自民党案まとめて来年の通常国会に出そうとしてる。選挙争点にしてはだめ。できないことやろうとしている」#朝日新聞 19:01 - 2018年10月8日 491件のリツイート 725件のいいね

大木晴子・「明日も晴れ」 ‏ @kuronekoroku フォロー中 @kuronekorokuさんをフォローしています その他 大木晴子・「明日も晴れ」さんが小原敏嗣をリツイートしました ほんとうに。 想いを全てに心配り出来ること。 心地いいし これから先を舵取りを する新知事のことまでも考えられた 発言に沖縄の優しさお互いに素敵な眼差しを向けあい生きる姿を見せて頂きました。ヤマトンチュしっかり学び これからの沖縄の「風かたか」になる全てのことに力を注ぎましょうね。 大木晴子・「明日も晴れ」さんが追加 小原敏嗣 @koh21y 稲嶺元知事のコメントがいいね。 https://twitter.com/kuronekoroku/status/1049657615205183494 … 17:11 - 2018年10月9日 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1

志村建世のブログ: 箱根・駒ケ岳は雲の中 ・ブログ連歌(524) 10/8">志村建世のブログ: 箱根・駒ケ岳は雲の中 ・ブログ連歌(524) 10/8
 〇連休最初の金曜・土曜日に、箱根へ行ってきました。天候には恵まれませんでしたが、内容的には、心満たされた豊かな旅でした。湖尻に近い施設に宿をとり、私の若いころの記憶の詰まった父の山荘跡も訪ねてきました。建物のあとも大半は草の中に埋もれて、人の一生よりも早いテンポで、人の跡というものは自然の中に消えて行くものだと実感しました。
 それでも湖水のほとりには、例年通りの観光地としてのにぎわいがありました。形通りの休日らしい時間を過ごした、老夫婦と長女の一泊二日の旅となりました。考えてみると、娘たちが大人になったあとは、親子での泊りがけの旅というのは、一度もなかったと思います。天から授かった宝物のような旅となりました。夕食後に卓球で遊んだり、トランプカードをしたり、この10年来、そんなことが一度でもあったでしょうか。
 駒ケ岳の山頂には、昔はケーブルカーが通じていて、山頂の火口あとの盆地には大きなスケートリンクがありました。娘たちが小学生のころ、正月に来て滑ったことがあります。富士山を見ながらの、豪快な滑りができて、その写真は今も残っています。まだバブル前で、日本には新しいことを始める活力がみなぎっていた時代でした。今は南側の箱根園からロープウェイで上がるのですが、山頂の案内口に昔のことを知っている年配者がいて、説明しながら写真パネルを案内してくれました。「本当にあったんだね」と、娘の記憶もよみがえりました。
 途中で通りかかった仙石原では、もう、すすきの穂が開いていました。広大な草原は、国有地ですから昔のままに保存されています。間もなく観光客でにぎわうことでしょう。父がこの地を気に入って山小屋を入手したころ、ここは神奈川県足柄下郡仙石原村だったことを思い出しました。観光地というよりも、昔ながらの農村の面影が残っており、村人は「箱根の雲助の子孫だ」と言われていました。

醍醐聰のブログ: 麻生財務大臣の辞任を求める署名・財務省前行動の呼びかけスタート 10/8">醍醐聰のブログ: 麻生財務大臣の辞任を求める署名・財務省前行動の呼びかけスタート 10/8

 安倍内閣改造で厚かましくも留任した、麻生財務大臣の辞任を    
   求める <署名運動>と<財務省前アピール行動+デモ> 

 私も呼びかけ人の1人になっている「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は明日9日から、こんな運動を始めることになった。
 ■署名運動■ 
・明日10月9日からスタート
・署名の呼びかけ文(署名用紙)は次のとおり。
 ---------------------------------------------------------------------
   2018年10月9日
財務大臣 麻生太郎 様

   無責任きわまりない麻生太郎氏の財務大臣留任に抗議し、
            即刻辞任を求めます 

        森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会 

  池住義憲(元立教大学大学院特任教授)/笹井明子(老人党リアルグループ「護憲+」管理人)/佐々木江利子(児童文学作家)/杉浦ひとみ(弁護士)/武井由起子(弁護士)/醍醐聰(東京大学名誉教授)/根本仁(元NHKディレクター)/湯山哲守(元京都大学教員・NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ)/渡辺眞知子(キリスト者政治連盟) 

 10月2日に発足した第4次安倍改造内閣で麻生太郎氏が財務大臣に留任しました。しかし、第3次安倍内閣当時、財務省では、佐川宣寿氏が理財局長当時の国会での数々の虚偽答弁、公文書改ざんへの関与の責任をとって国税庁長官の辞任に追い込まれました。また、福田淳一氏は女性記者への破廉恥なセクハラ発言を告発され、事務次官の辞職に追い込まれました。いずれも麻生氏が任命権者の人事でした。

 しかし、麻生氏は厳しい世論の批判にも居直りを続け、事態を放置しました。それどころか、森友学園への国有地の破格の安値売却について、録音データなど動かぬ証拠を突きつけられても、なお、「処分は適正になされた」「私は報道より部下を信じる」と強弁し続けました。
 福田次官のセクハラ行為については、辞任が認められた後も「はめられたという意見もある」などと暴言を吐きました。
 なによりも、第3次安倍内閣当時、財務省では公文書の隠蔽、決裁文書の改ざんという前代未聞の悪質きわまりない国民への背信行為が発覚しましたが、それでも麻生氏は、会見の場で記者を見下す不真面目で下品下劣としか言いようがない答弁を繰り返しました。

 こうした経歴の麻生氏が私たちの税金を預かり、税金の使い道を采配する財務省のトップに居座ることに、私たちと大多数の国民は、もはや我慢の限界を超えています。
 麻生氏を留任させた安倍首相の任命責任が問われるのはきわめて当然のことですが、任命権者の意向以前に私たちは、麻生氏自身が自らの意思で進退を判断されるべきだと考え、次のことを申し入れます。

               申し入れ
  麻生太郎氏は財務省をめぐる数々の背任、国民に対する背信
     の責任をとって直ちに財務大臣を辞任すること

           <以下、署名欄 省略>
 -----------------------------------------------------------------------
 署名の第一次集約日 11月7日(水) 
 署名用紙のダウンロードは → http://bit.ly/2ygbmHe
 用紙の郵送先:
  〒134-0083
  江戸川中葛西五郵便局局留 視聴者コミュニティ 渡邉 力宛

 ネット署名は → http://bit.ly/2IFNx0A から。
 メッセージもぜひ、添えて下さい。
 寄せられたメッセージは、個人情報を伏せて、次のサイトで公開しています。
  →  http://bit.ly/2Rpf6Pm
 ------------------------------------------------------------------------
 ■財務省前アピール行動+デモ■ 

 11月11日(日) 
  13時~13時30分 財務省前アピール行動 
  (直接、財務省正門付近にお集まりください)
  13時30分~14時 日比谷公園西幸門へ移動 
  14時 デモ出発(コースは警視庁と折衝中) 

 チラシのダウンロードは  
  → http://sinkan.cocolog-nifty.com/20181111/11.7demo.pdf 

 *背任、背信の吹き溜まりの財務省トップとしての責任感覚ゼロの麻生大臣
 *国民をなめ切った悪態を繰り返す麻生大臣

 こんな下劣な悪代官に、庶民の財布に手を突っ込む消費税増税を采配されてはたまったものではない!  
 辞任を求めるのが世論調査でも示された過半の民意、大義 
 麻生氏を辞任に追い込むことは安倍政権を退陣させる決定打

 皆さまの絶大なご支援をお願いします。
 この署名に関するお問い合わせは、
 Eメール:yurusazu-aso@yahoo.co.jp 
  電話:070-4326-2199(10時~20時)まで

 諸々の資料のURLなどをまとめたサイトはこちら。
 → http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/1111-5336-1.html

醍醐聰のブログ: 「帰るとこ、なくなっちゃった」少女がつぶやいた家族の終わり 10/8">醍醐聰のブログ: 「帰るとこ、なくなっちゃった」少女がつぶやいた家族の終わり 10/8
 〇以下は、先週、私設のツイッターに書き込んだ記事からの抜粋・加筆。 
「『帰るとこ、なくなっちゃった』 少女がこぼした家族の終わり」">「『帰るとこ、なくなっちゃった』 少女がこぼした家族の終わり」
(『神戸新聞』2018年2月16日)  …
 
望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 この番組は、 #入管 当局に言われるままに当局目線で取材、そのまま放映してしまったのか。そこには、なぜ彼女達が不法となったのか、日本が #外国人労働者 を都合よく低賃金で使い回す実態や、入管内で起きている深刻な人権侵害への視点が完全に欠如している。#Buzzfeed 21:51 - 2018年10月7日 456件のリツイート 580件のいいね
  ★人権尊重実現を目的としない官庁、法務省の正体、顕わ⁉ そこを見ようとしないメディア、欠陥社。 フジテレビ。らしいっちゃらしい。

世田谷・生活者ネットワーク ‏ @setagayanetwork フォロー中 @setagayanetworkさんをフォローしています その他 世田谷・生活者ネットワークさんが保坂展人をリツイートしました いい取り組みですね!ふるさとチョイス! 世田谷・生活者ネットワークさんが追加 保坂展人 認証済みアカウント @hosakanobuto 介護ロボットやICT機器を活用し、認知症介護の未来を変えたい! https://www.furusato-tax.jp/gcf/410  世田谷区は発展し続ける科学技術を用いた「介護ロボット」と「ICT機器」の活用に注目し、その導入支援を介護施設に対して行うことを決定しました。 6:08 - 2018年10月8日 場所: 東京 世田谷区 1件のいいね

志村建世のブログ: 「1968激動の時代」を見た ・ブログ連歌(523) 10/7">志村建世のブログ: 「1968激動の時代」を見た ・ブログ連歌(523) 10/7
 〇昨夜は(厳密には今日の早朝だが)、NHKBSスペシャルの「1968激動の時代」(前編・後編)を見ていた。後編には新宿西口スタンディングの大木晴子さんも登場して、インタビューに答えていた。当時、平和運動は世界的に盛り上がり、日本でも学生による学園閉鎖などが行われたのだった。当時の私はまだ草加団地に住んでいて、自営独立への模索の最中だったから、目の前のことで精一杯で、なんだか騒がしい世の中になったような、漠然たる不安感しか覚えていない。
 昨夜の番組で、ベトナム反戦を契機とした世界的な変動の構図はわかった。私もアメリカ軍機のベトナム空爆に憤慨して、全く個人的な動機でアメリカ大使館に宛てた抗議の手紙を書いたことがある。ところが、偶然その直後にアメリカ大使館で不審火事件があって、二人組の刑事が私の勤め先に事情聴取にやってきた。そして事件当日の私の行動などを調べて行ったのだが、私には完全なアリバイがあったから問題はなかった。しかし、警察とは、そんな調査もやるのかと、不気味さを感じたのも事実だった。当時の私は、反失業状態で、財団法人青少年文化センターというところで、事務局長代理の肩書を貰っていた。刑事たちは「きょうお訪ねした理由は、誰にも言いませんから」と、恩着せがましい言葉を残して帰って行った。
 肝心の昨夜の番組でも、1968年の激動の全体像は、明快に説明されているとは思えなかった。ある時代の趨勢に巻き込まれたとき、人はいろいろな立場から、自分なりに反応する。その反応の濃淡にも、個人としての信条や、その時点での経済状態までが関係してくるような気がする。そして具体的な行動を決めるときには、人との出会いといった偶然の要素も関係していると思う。
 この番組を見たことで、自分にとっての新宿西口も、経験して通過しただけに終わっていいかどうかを考え直したくなった。今週の土曜日までに、あと6日ある。

かげママ ‏ @ryu9kage フォローする @ryu9kageをフォローします その他 かげママさんが山本宗補をリツイートしました あ~懐かしい!このデモ!この写真! かげママさんが追加 山本宗補 @asama888 返信先: @asama888さん、@2011remindさん 7年前!議員になる前の山本太郎さんも、報道写真家の福島菊次郎さんも。 9・19「さようなら原発」6万人集会&デモ http://asama888.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/9196-0e52.html … 19:23 - 2018年10月6日 2件のリツイート 4件のいいね

週刊金曜日 ‏ @syukan_kinyobi フォロー中 @syukan_kinyobiさんをフォローしています その他 新聞も購読料より広告に頼る比率が大きくなるほどタブーがふえる。そして日本の全国紙は、日本経済の高度成長政策と一緒に“成長”して広告依存度を高め、それだけタブーがふえて批判力を失い、体制への密着度を深めていった。いわば御用新聞化していったのだ。『貧困なる精神23集』本多勝一 20:43 - 2018年10月6日 2件のリツイート 2件のいいね

天木直人のブログ: 中間選挙でのトランプ敗北が奪うことになる安倍政権の寿命 10/7">天木直人のブログ: 中間選挙でのトランプ敗北が奪うことになる安倍政権の寿命 10/7

IWJ: 結党2年目へ! 枝野代表「私の責任は長期政権をつくること!! 」~10.3立憲民主党 有楽町大作戦 AGAIN 2018.10.3">IWJ: 結党2年目へ! 枝野代表「私の責任は長期政権をつくること!! 」~10.3立憲民主党 有楽町大作戦 AGAIN 2018.10.3
 〇2018年10月3日(水)に結党した場所、有楽町イトシア前にて「立憲民主党 有楽町大作戦 AGAIN」が行われた。この日から立憲民主党は結党2年目に突入した。…

市民メディア放送局 ‏ @info_9 フォロー中 @info_9さんをフォローしています その他 山本太郎議員「私が総理大臣だったら、少子化を突破するためにヨーロッパから学ぶ。1つ目、教育で本人・家族に負担かからないようにする。2つ目、公的住宅・安い家賃で住める家を増やす。3つ目、所得が少ない人に国が補填する。この3つをやった国の出生率は回復してる。 (10月4日 東京・北千住) 0:23 16,142回再生済み 1:37 - 2018年10月7日 1,616件のリツイート 2,166件のいいね

よあやゆ ‏ @yoayayui フォローする @yoayayuiをフォローします その他 緊急事態条項を簡単に説明しておきます。 日本の全権力が首相に集中し、国民は政府の命令に逆らうことができないです。 期間は100日ですが当然延長するので、永久政権です。 皆様はこれからは緊急事態条項のみ1点で、危険度をTwitterなり周りの方々に教えてください。 本丸ですから。 9条はダミー。 17:34 - 2018年10月5日 4,223件のリツイート 3,734件のいいね

認証済みアカウント @sugurusako フォロー中 @sugurusakoさんをフォローしています その他 National Record ! ありがとうございました! 14:04 - 2018年10月7日 493件のリツイート 2,992件のいいね

🍒 cherry ‏ @cherry_o17 フォローする @cherry_o17をフォローします その他 サンジャポより。 熊本市議会の のど飴騒動。 龍角散のど飴なめてるだけでこの騒ぎ。 くだらなくね? 私も低血糖でチョコや飴に頼る時多いんだが、場所によってはおっさん達によってたかっていじめられるのか。 ゾッとする。 22:25 - 2018年10月6日 1,745件のリツイート 2,026件のいいね
  ★古さ、横溢! 熊本市議会、男尊女卑、パワハラ、次々… 国民主権尊重、畏敬なし⁉

醍醐聰のブログ: 芸術によって輝くのは私ではなく、あなたである~「半分、青い」余話~ 10/3">醍醐聰のブログ: 芸術によって輝くのは私ではなく、あなたである~「半分、青い」余話~ 10/3

認証済みアカウント @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 もはや認識能力が疑われるレベルである。 麻生財務相、改ざん問題の佐川氏は「極めて有能だった」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000040-asahi-soci … @YahooNewsTopics 0:28 - 2018年10月5日 2,373件のリツイート 3,263件のいいね
  ★その心、改元の恩赦対象者にしようとでも⁉

植草一秀の『知られざる真実』: 安倍ペテン師売国政権が日本を亡ぼす 10/6">植草一秀の『知られざる真実』: 安倍ペテン師売国政権が日本を亡ぼす 10/6
「駐米日本大使と米通商代表代行の往復書簡」">「駐米日本大使と米通商代表代行の往復書簡」
「自動車貿易TOR(委任事項)」">「自動車貿易TOR(委任事項)」
「日米協議の合意の概要」">「日米協議の合意の概要」
「日本との協議内容」">「日本との協議内容」
 問題は、国内向けに発表された内容が,日米で完全に異なっていることだ。・・・

孫崎享のつぶやき: 6日アベマTV「みのもんたのよるバズ!」【安倍外交正念場!プーチン大統領の「卓袱台返し」】の番組に参加。ここで、日本国民が知るべきなのはサンフランシスコ講和条約で日本は千島を放棄した、そして全権代表である吉田首相は国後択捉は南千島と説明。 10/7">孫崎享のつぶやき: 6日アベマTV「みのもんたのよるバズ!」【安倍外交正念場!プーチン大統領の「卓袱台返し」】の番組に参加。ここで、日本国民が知るべきなのはサンフランシスコ講和条約で日本は千島を放棄した、そして全権代表である吉田首相は国後択捉は南千島と説明。 10/7
 〇6日アベマTV「みのもんたのよるバズ!」【安倍外交正念場!プーチン大統領の「卓袱台返し」】の番組に参加。ここでの議論を通じ、思ったのは、日本国民はあまりに戦後の事実関係を知らず、北方領土を日本固有の領土として主張することが正しいと思っている事。しかし日本はサンフランシスコ講和条約で千島を放棄した、そして全権代表である吉田首相は国後択捉は南千島と説明している、ここから日本が国後・択捉を日本領と主張する国際法上の根拠はないことを知るべきです。
 下記は私の『日本の国境問題』からの引用。
 サンフランシスコ講和条約での扱い
 ―吉田首相、千島放棄に合意。千島に択捉、国後が入っていることを明言―
 サンフランシスコ講和条約(一九五一年九月八日署名)において、第二章(c)は「日本国は千島列島に対するすべての権利、請求権を放棄する」とした。
 その直前九月七日吉田首相は「千島南部 ・・・

志村建世のブログ: センチメンタルジャーニー箱根へ 10/5">志村建世のブログ: センチメンタルジャーニー箱根へ 10/5
 〇 きょうと明日、1泊2日で箱根へ行ってきます。台風で天候は思わしくないかもしれませんが、あまり気にしていません。若い頃に長期滞在した小屋の跡も見てきます。私に「ふるさとの山河」的なものがあるとすれば、それは箱根の湖尻に近い駒ケ岳山麓のあたりだと思っています。私の自然観は、たぶん、このあたりで見た風景を基礎にしているに違いありません。雨の日の霧と雲の流れであっても、それでいいのです。最初の夏に、10日以上も長雨に降り込められた記憶が鮮烈でした。地元の人の説明では、「箱根は、西の雨にも東の雨にもつきあう」ということでした。地域としては、決して「健康地」ではないのです。熱海からバスで登って行くと、下は晴れていても、山の上は雲の中なのでした。
 「箱根にみどりの雨が降る」という歌があったと思います。ほとんど忘れていますが、最後の一節だけは今も覚えています。

志村建世のブログ: ブログ連歌(523) 10/4">志村建世のブログ: ブログ連歌(523) 10/4

志村建世のブログ: 内向きで全員野球だって 10/3">志村建世のブログ: 内向きで全員野球だって 10/3

志村建世のブログ: 「四季の森公園」も修羅場だったらしい 10/1">志村建世のブログ: 「四季の森公園」も修羅場だったらしい 10/1

志村建世のブログ: 台風さまのお通りと、首相の「背後(せご)」発言 9/30">志村建世のブログ: 台風さまのお通りと、首相の「背後(せご)」発言 9/30
 〇テレビは接近中の台風24号で持ち切りになった。NHK昼のニュースを注意して見ていたのだが、開始から40分過ぎまで、完全に台風情報の専用になっていた。しかも、その前の時間帯から台風関連のニュースを流していたのだから、何の変化もない。しかし台風関連でさえあれば、どんなボロニュースでも場を与えられて、毎度おなじみの現場からの中継も、「風が吹いて木がゆれています」なんて情景を、ゆったりと見せていた。
 40分待って沖縄の知事選挙のニュースになったと思ったら、「午前中の投票率は低いようです」と、一瞬で終ってしまった。日曜日にしても、日本や世界に新しいニュースが何もないわけがないと思うのだが、今日のことは台風だけでよろしいというように、台風による交通機関への影響などへと話題は移って行った。 
 一方、ネット情報では、安倍首相の「背後(せご)」発言が盛り上がっていた。前後の文脈からは、もっとも素直な表現で現象の説明があり、「……。その背後には」と言っているのだから、中学生以上なら、これを正しく読まないというのは難しいだろう。それをわざわざ「せご」と読んでみせたのだから、「うっかりしていた」では済ますわけには行かない。取り巻きの官僚たちも、まさかここにフリガナが必要と発想することは不可能だったに違いない。およそ総理大臣になる人間としたら、致命的な教養の不足と言われても仕方があるまい。
 昔、歴史の増井経夫先生から、人間として信用を失う決定的な失敗という話を聞かされたことがある。あまりにも初歩的なところで大恥をかくと、その学会では汚点として永久に残るという戒めだった。間違いは誰にでもあるが、していい間違いと、してはならない恥ずかしい間違いとの区別はあるのだ。こういう人を総理大臣として頂いていることを、私は恥ずかしいと思う。

志村建世のブログ: 行きてし止まん 9/28">志村建世のブログ: 行きてし止まん 9/28
 〇これは昨日の夕方、わがビル屋上からの撮影である。左に高く立っているのは、旗の掲揚ポールである。この景色を見ながら、心に浮かんだことがある。前後の脈絡もなしに、突然「行きてし止まん」と思ったのだ。戦時中によく聞いた「撃ちてし止まん」のスローガンに似ている。「止まん」は文語の係り結びで、正しくは「止まむ」で、撃たずにおくものかという意思未来になる。有楽町の日劇ビルの正面に、ビル全体を使って大きく書かれていて有名だった。
 自分は行ける限りは前を向いて生きて行こう、それしかないと思ったのだ。見送ったのが夕日であってもいいのだ。その方向を、心に刻んで見送った。

志村建世のブログ: 老人党で「コスタリカの奇跡」を見た 9/28">志村建世のブログ: 老人党で「コスタリカの奇跡」を見た 9/28
 〇昨夜は、久しぶりに出席した老人党護憲プラスの例会で、「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方」のDVDを鑑賞し、討論してきました。2016年に出た、比較的新しい作品です。中米の小国コスタリカが、早い時期から軍備を廃止しているという話は聞いていましたが、その内容が丁寧に伝わるよう作られていました。
 コスタリカが軍備を廃止したのは1948年(日本では昭和23年)のことです。その翌年には憲法にも明示しました。その前史としては、世界的な戦争による混乱の影響下にあって、内戦を経験しています。しかしそこから、すぐれた先覚者の指導によって、平和国家への道を選ぶことが出来たのでした。作品の題名はコスタリカの奇跡でしたが、見ているうちに、その選択こそが、奇跡どころか「理の当然」だったと納得させられる内容でした。
 軍備を廃止することの利点は言うまでもありません。軍備に使われていた予算で、教育と国民福祉を充実させることが出来ます。国内の治安は格段によくなり、警察力だけで社会の安定が保たれるようになりました。軍によるクーデターの可能性が皆無になったからです。その現実を経験すれば、国民がその状態を支持するようになるのは明らかです。
 軍備がないことによる「国の弱さ」を突かれることが、なかったわけではありません。隣国から、係争地を不当に占領される危機もありました。しかし国連の介入によって正当な権利は回復しました。国際世論が、ノーベル平和賞を受けているコスタリカの支持に回ったからでした。
 現在の不安要素は、アメリカとの関係で中立政策に圧力がかかることだそうです。しかし基地を置かせないなど、中立の立場に揺るぎはありません。この先進的な小国の今後を見守って行きたいと思います。
 

☆☆☆
醍醐聰のブログ: 「戦争責任言われつらい」(昭和天皇)→「すごい言葉だ」(半藤一利)→ちっともすごくない、当たり前すぎる 8/27">醍醐聰のブログ: 「戦争責任言われつらい」(昭和天皇)→「すごい言葉だ」(半藤一利)→ちっともすごくない、当たり前すぎる 8/27


この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)">【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28">「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28


NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

共謀罪に関するトピックス:朝日新聞デジタル">共謀罪に関するトピックス:朝日新聞デジタル

共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明 2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明 2017年2月1日

いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明|神奈川県弁護士会">いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明|神奈川県弁護士会

核兵器禁止条約の日本語訳全文 署名50カ国 朝日新聞 2017年9月21日">核兵器禁止条約の日本語訳全文 署名50カ国 朝日新聞 2017年9月21日

世界平和アピール七人委員会: 2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する 2017年7月10日">世界平和アピール七人委員会: 2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する 2017年7月10日
PDFアピール文">PDFアピール文→ 

自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁が審理やり直し命じる | NHKニュース  1/31">自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁が審理やり直し命じる | NHKニュース  1/31
安保法訴訟 自衛官に「訴えの利益」 審理差し戻し 東京高裁判決 毎日新聞 2/1">安保法訴訟 自衛官に「訴えの利益」 審理差し戻し 東京高裁判決 毎日新聞 2/1

生活保護基準の引下げに反対する会長声明 【群馬弁護士会】2018.02.03">生活保護基準の引下げに反対する会長声明 【群馬弁護士会】2018.02.03

【共同声明】朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な対応を求めます 【ヒューマンライツ・ナウ】2018.02.28">【共同声明】朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な対応を求めます 【ヒューマンライツ・ナウ】2018.02.28

鹿児島・大崎事件 3度目の再審開始決定 福岡高裁支部 【毎日新聞】2018.03.12">鹿児島・大崎事件 3度目の再審開始決定 福岡高裁支部 【毎日新聞】2018.03.12



NNN: NTTドコモ 2割~4割値下げの方針発表 10/31
 〇NTTドコモが値下げの方針を発表した。
 NTTドコモは31日、来年度から携帯電話の料金を従来より2割から4割値下げしたプランを提供する方針を発表した。来年楽天が“第4の通信キャリア”として通信事業に参入する前に競争力を強化する狙い。
 携帯電話の料金をめぐっては、菅官房長官が「値下げの余地があるのでは」と発言していたが、ドコモはあくまでもマーケットリーダーとして自主的に判断したとしている。

NHK: ハロウィーン本番 東京 渋谷などで警視庁が警戒強化 10/31


NHK: 自民 公明 旧優生保護法の不妊手術で救済の基本方針まとめる 10/31


物価見通し引き下げ 日銀決定会合 18年度上昇率 【東京新聞】2018.10.31

TPP、12月30日発効 6カ国批准 【東京新聞】2018.10.31

埼玉県警 暴れた男性、制圧後に死亡 職務質問中 【毎日新聞】2018.10.31

99回目で決まった 与那国町議会議長に前西原武三氏 【琉球新報】2018.10.31

辺野古 沖縄知事「協議なく工事再開認められず」 【毎日新聞】2018.10.31
 〇沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は31日、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、石井啓一国土交通相が県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回の効力を一時的に止める「執行停止」を決定したことを改めて批判。安倍晋三首相や菅義偉官房長官に「対話」を申し入れているとし「沖縄と協議も行わずに工事再開、土砂投入は断じて認められない」と語った。
 玉城氏は会見後、在日米国大使館でハガティ大使と知事就任後初めて会談。終了後は「このまま司法の場に移るのがいいのか、他に何らかの手立てがあるのか、しっかりと対話をしたいと(首相らに)申し入れる」と記者団に語り、首相官邸側の対応を見ながら国交相の決定への対抗措置に出る考えを示した。【木下訓明】
「県民が強い憤りと失望」
 1日にも移設工事が再開される見通しとなっていることについては「多くの沖縄県民が政府に対して非常に強い憤りと失望を持っている。このような形で工事を強行することはまかりならない」と強調した。

安倍首相「日米同盟さらに強化」=米下院軍事委員長に 【時事通信】2018.10.31

自民・細田氏「できるだけ早く原発再稼働促進すべきだ」 【朝日新聞】2018.10.31
  ★再稼働はもちろん、核開発も、以ての外! 太陽光発電にも劣る、電源。

【こちら原発取材班】福島第一原発 浄化不十分だった汚染水 【東京新聞】2018.10.31

物価見通し引き下げ 日銀決定会合 18年度上昇率 【東京新聞】2018.10.31

韓国大統領の年内来日困難 徴用工判決、関係冷却化 【東京新聞】2018.10.31

原発賠償、抜本改正見送り 電力会社の責任現状のまま 朝日新聞 10/24
 〇原発で重大な事故が起きた際の賠償制度をめぐり、政府は、原子力損害賠償法の改正案を取りまとめた。原発ごとに備えさせる上限額を現行の1200億円に据え置き、電力会社の賠償責任も現状のまま「無限」とする。賠償額が8兆円超に膨らんだ東京電力福島第一原発事故の教訓から見直しの議論が始まったが、国の責任には踏み込まず、抜本的な改正は見送られた。…
  ★無限責任を、有限責任にする! 賠償額が8兆円超!!目に入らぬか。再生エネルギーに舵を切れ!


 ◇ 47ニュース[社説・論説]">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧



【社説】辺野古撤回効力停止 手続き違法で本来無効だ 【琉球新報】2018.10.31
 〇行政不服審査法は、行政庁の違法・不当な処分などに関し国民の権利利益を救済することを目的としている。私人ではなり得ない立場を有する政府機関は、救済の対象にはならない。
 公有水面埋立法は、一般私人が埋め立てをする際は都道府県知事の「免許」を、国が埋め立てをする際は都道府県知事の「承認」を得なければならないと定めている。国と民間事業者では意味合いと取り扱いが異なる。
 全国の行政法研究者有志110人が26日に声明で指摘した通り、国が、公有水面埋立法によって与えられた特別な法的地位にありながら、行政不服審査法に基づき審査請求や執行停止の申し立てをすること自体、違法行為である。
 違法な手続きに基づく決定は効力を持ち得ず、無効と言わざるを得ない。
 法治主義にもとる一連のやりとりを根拠として、新基地建設のための埋め立て工事を強行することは、無法の上に無法を積み重ねるようなものだ。断じて容認できない。
 撤回の効力を一時的に止める執行停止は認めるべきではないとする意見書を県が国交省に送付したのは24日だ。200ページ以上あった。わずか1週間足らずの間に、どのような審査をしたのか。
 安倍内閣の方針に従って突き進む防衛省の申し立てを、内閣の一員である国交相が審査するのだから、公平性、中立性など望むべくもない。
 仲井真弘多元知事が「県外移設」の公約を翻して埋め立てを承認した際、工事の実施設計に関し事前に県と協議することが留意事項で確認されていた。にもかかわらず防衛局は実施設計の全体を示さないまま協議を打ち切った。
 承認された時には想定されていなかった軟弱地盤が明らかになったが、調査が継続中として存在を認めていない。
 政府の態度は誠意に欠けており、その主張は詭弁(きべん)とこじつけに満ちている。
 新基地建設に反対する県民の意思は、2度の知事選で明確に示された。大多数の民意と懸け離れた、元知事による決定を錦の御旗にして、新基地建設を強行することは理不尽極まりない。
 国交相の決定を受け、岩屋毅(たけし)防衛相が工事を再開する意向を表明した。全てが結論ありきの既定路線だったことは疑いの余地がない。
 県は国地方係争処理委員会に審査を申し出る方針だ。安倍政権は一度立ち止まって、冷静に考えてほしい。強権国家としての道を歩むのか、民主国家として踏みとどまるのか。重大な岐路に立っていることを自覚すべきである。

【社説】[「辺野古」撤回 効力停止]国機関の出来レースだ 【沖縄タイムス】2018.10.31

【社説】辺野古埋め立て 撤回停止は結論ありきだ 【熊本日日新聞】2018.10.31

【社説】【過労死白書】心の疲弊防ぐ手だてを 【高知新聞】2018.10.31

【社説】辺野古埋め立て容認 民意を無視して解決は望めない 【愛媛新聞】2018.10.31

【社説】韓国人徴用工 互いに溝埋める努力を 【中国新聞】2018.10.31

【社説】全域停電の検証/問題の本質に迫ってない 【神戸新聞】2018.10.31
 〇北海道地震で起きた道内全域停電(ブラックアウト)を検証する第三者委員会が中間報告をまとめた。
 異常事態はなぜ起きたか。再発防止への原因究明が求められたが、第三者委は北海道電力の対応や設備に問題はないとした。要因は複合的とし、多くの専門家が指摘する電源一極集中には踏み込んでいない。
 その上で、再発防止策として強制停電できる電力量の引き上げを求めた。
 とはいえ「想定外」で済ませるような内容に、被害を受けた企業や住民が疑問を抱くのは当然だ。問題の本質に迫ろうとしないなら、検証とは言えない。
 第三者委は大手電力でつくる電力広域的運営推進機関に設置された。機関の作成資料に沿った電力システムの技術的な質疑に終始し、わずか3回の会合で報告はまとまった。結論ありきではとの批判も上がっている。
 全域停電は膨大な食品の廃棄や宿泊キャンセルなどを招き、商工業の損失は1300億円に上る。電力不足を補うために自家発電を緊急供給にまわし、製品の減産に追い込まれた企業もあった。真冬ならもっと被害は甚大になっていたという道民の不安は切実である。
 電源の一極集中の脆弱(ぜいじゃく)さは、社会全体が東日本大震災の際に学んだ。電力会社が基本としなければならない苦い教訓だ。
 しかし、北海道電は再稼働の見通しが立たない原発への投資を優先し、電源分散化への改革が遅れた。そして極端に大規模火力に依存してきた構造が今回の地震によって露呈された。
 問われているのは、一極集中のリスクを直視せず、国内初の事態を招いた責任である。
 道民の多くが望む豊富な自然エネルギーの普及を怠った点も大停電の一因といえる。
 森林資源を活用するバイオマス発電や畜産ふん尿のガス発電は、地域課題解決のためにも必要な事業だ。風力や太陽光を組み合わせ、災害時に強い自然エネルギーを生かす体制づくりは地元経済界も求めている。
 課題である本州からの送電機能強化とともに、太陽光などによる電力を有効に活用する蓄電池普及などの議論を深める検証が、復興に欠かせない。

【論説】辺野古埋め立て再開へ 沖縄の声を葬り去るのか 【福井新聞】2018.10.31

【社説】徴用工判決 日韓関係への影響避けよ 【信濃毎日新聞】2018.10.31

【社説】米の憎悪犯罪 分断の広がりを危惧する 【新潟日報】2018.10.31

【論説】優生手術の救済策 未来につながる謝罪を 【岩手日報】2018.10.31



条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

【月まとめ】
TBS: 埋め立て承認撤回の効力停止、立民・辻元氏「沖縄の民意の切り捨て」 10/30">TBS: 埋め立て承認撤回の効力停止、立民・辻元氏「沖縄の民意の切り捨て」 10/30
 〇アメリカ軍普天間基地の辺野古沿岸部への移設をめぐり、国土交通省が沖縄県の埋め立て承認撤回の効力を停止したことについて、立憲民主党の辻元国対委員長は「沖縄の民意の切り捨てだ」と批判しました。
 「沖縄の民意の切り捨てだというように強く抗議をしたいと。これ脅しじゃないですか、沖縄県民に対する。私はパワハラだと思いますよ」(立憲民主党 辻元清美国対委員長)
 アメリカ軍普天間基地の辺野古沿岸部への移設をめぐり、国交省が沖縄県の埋め立て承認撤回の効力を停止したことについて、辻元国対委員長はこのように批判した上で、「安倍政権のこのやり方を私たちは許すことはできない」として、野党6党派で政府に対して抗議する考えを示しました。
 また、午後行われた野党合同ヒアリングの中で、辻元氏はこの問題をめぐり、菅官房長官との面会を申し入れたところ断られたことを明らかにしました。(30日14:12)
  ★沖縄限定ではないと思う。主権者の意思! 不足なら、顕在化するため、国民投票しては⁉

TBS: 「徴用工裁判」日本企業に賠償命じる、韓国・最高裁で判決 10/30 ">TBS: 「徴用工裁判」日本企業に賠償命じる、韓国・最高裁で判決 10/30
 〇戦時中に強制労働させられたとして、韓国人の元徴用工が日本企業に賠償を求めた裁判で、韓国の最高裁が賠償を命じる判決を言い渡しました。日本政府は反発しています。
 韓国の最高裁前に姿を見せた車いすの男性。戦時中に日本で強制労働させられたとして、元徴用工の韓国人4人が日本の新日鉄住金を相手取り、損害賠償を求めた今回の裁判。韓国の最高裁は30日、新日鉄住金に対し、日本円で1人当たりおよそ1000万円の賠償を命じました。
 「4人で裁判を起こしましたが、きょうはたった1人できたので、悲しくて涙が出ます」(原告 李春植さん)
 日韓両国の間では「解決済み」となっていたはずのこの問題。今回の裁判の焦点は、個人の請求権が認められるか否かでした。
 韓国で慰安婦問題とともに、近年、歴史問題となっていた徴用工。去年、韓国ではこんな映画も。長崎県にある世界遺産の軍艦島がモデルとなった作品。映画では、主人公が朝鮮半島からだまされて連れてこられ、島で過酷な労働を強いられた末に、団結して脱出するというストーリーで注目されました。
 原告の1人、李春植(イ・チュンシク)さん(94)。17歳からおよそ2年、徴用工として労働を強いられたと訴えます。
 「私たちは働いてご飯を食べての繰り返し、それで終わり。お金は触ったこともない。労務課で全部管理していたから」(原告 李春植さん)
 原告のうち3人は裁判中に亡くなりました。
 「(裁判の)最後を見るまで死ねない。私が生きている間に清算してくれたらうれしい」(原告 李春植さん)
 そもそもこの問題は、1965年、日韓で結ばれた日韓請求権協定を根拠に日本政府は「解決済み」という立場をとってきました。
 「『完全かつ最終的に解決済み』であるというのが、我が国の一貫しての立場であります」(菅義偉官房長官 今月19日)
 しかし、事態は一変。2013年、ソウル高裁は「個人の請求権は消滅していない」などとして、原告側勝訴を言い渡したのです。その後、5年間、審議は中断。迎えた判決の日。30日、最高裁は新日鉄住金に損害賠償を命じる判決を下したのです。
 日本政府は韓国の駐日大使を呼び、抗議。
 「両国の友好関係の基盤となってきた法的基盤を根本から覆すもの」(河野太郎外相)
 安倍総理は・・・
 「今般の判決は国際法に照らして、ありえない判断であります。日本政府としては毅然と対応してまいります」
 今回の判決は、今後、日韓関係にどのような影響を及ぼすのでしょうか。(30日17:37)
  ★強制労働には、争いがない。慰安婦問題でもそうだが、韓国政府(朴正煕~朴槿恵)日本政府は、被害者を抜きに、取引した… 問題は、こうした談合にある⁉

徴用工訴訟で原告の勝訴確定 最高裁が差し戻し控訴審支持=韓国 【聯合ニュース】2018.10.30">徴用工訴訟で原告の勝訴確定 最高裁が差し戻し控訴審支持=韓国 【聯合ニュース】2018.10.30
 〇【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者4人が新日本製鉄(現新日鉄住金)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の大法院(最高裁)は30日、原告を逆転勝訴させた差し戻し控訴審判決を支持し、新日鉄に原告1人当たり1億ウォン(約1000万円)の支払いを命じた。日本政府は強制徴用被害者の個人請求権問題は1965年の韓日間請求権協定で解決済みとの立場を取っており、両国間の外交やビジネスへの影響は必至だ。
 原告は1997年に損害賠償を求めて日本で提訴。大阪地裁は損害賠償の責任がないとして、原告の訴えを退け、2003年10月に最高裁で原告敗訴が確定した。
 原告は05年に今度は韓国で訴訟を起こしたが、一審と二審は「日本の確定判決は韓国でも認められる」として原告敗訴の判決を下した。しかし大法院は12年5月に「日本の判決は日本植民地時代の強制動員そのものを違法と見なしている韓国の憲法の中核的な価値と真っ向から対立する。韓国の善良な風俗と社会秩序に反した判決であることは明らかだ」とした上で「個人の賠償請求権は有効」としてソウル高裁に審理を差し戻した。翌年7月の差し戻し控訴審で同高裁は「日本の核心軍需業者だった旧日本製鉄(新日鉄)は日本政府とともに侵略戦争のため人を動員するなど、反人道的な違法行為を犯した」とし、原告に1億ウォンずつ、計4億ウォンの支払いを命じた。
 新日鉄側は判決を不服として再上告。大法院は5年以上、判決を下さず、原告のうち3人は判決を前に死去し、遺族らが引き継いだ。同訴訟を巡っては、朴槿恵(パク・クネ)前政権が大法院に対日関係への配慮を求めた介入疑惑が取り沙汰され、検察が捜査を開始。そんな中、今年7月27日、大法院長と大法官12人全員による合議体での審理が始まった。重大な事案の場合、大法院は全員での審理を行う。
 日本企業に賠償を命じる判決が確定したことで、韓日間の外交摩擦は避けられない見通しだ。日本政府は自国企業に賠償を命じる判決が出れば、国家間の紛争を扱う国際司法裁判所(ICJ)への提訴などの強硬対応に出るとみられる。日本企業の韓国でのビジネスにも悪影響を与えかねず、対韓投資などが冷え込む可能性がある。

沖縄北方相 宮腰氏「全裸」謝罪 週刊誌報道「深く反省」 【毎日新聞】2018.10.30">沖縄北方相 宮腰氏「全裸」謝罪 週刊誌報道「深く反省」 【毎日新聞】2018.10.30

参院代表質問 安倍首相「改憲発言、禁止されず」 【毎日新聞】2018.10.30">参院代表質問 安倍首相「改憲発言、禁止されず」 【毎日新聞】2018.10.30
  ★主権者に、嫌気されるだけ! お分かりか、公務員。

陸自ミサイル 賛否問う 沖縄・石垣市 住民投票求め署名開始 市民団体発表「1万人目指す」 【しんぶん赤旗】2018.10.30">陸自ミサイル 賛否問う 沖縄・石垣市 住民投票求め署名開始 市民団体発表「1万人目指す」 【しんぶん赤旗】2018.10.30
 〇石垣島(沖縄県石垣市)の平得大俣(ひらえおおまた)地域の陸上自衛隊ミサイル基地配備計画の賛否を問う住民投票条例制定を目指す、「石垣市住民投票を求める会」は29日、県庁で記者会見を開き、同住民投票条例制定を市長に直接請求する署名集めを31日から1カ月間、1万人分を目標に開始することを発表しました。・・・

朝鮮学校無償化訴訟 元生徒側の控訴を棄却 東京高裁 【毎日新聞】2018.10.30">朝鮮学校無償化訴訟 元生徒側の控訴を棄却 東京高裁 【毎日新聞】2018.10.30
 〇朝鮮学校を高校無償化の対象に指定しなかったのは違法だとして、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の元生徒61人が国に1人当たり10万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、東京高裁であった。阿部潤裁判長は、請求を棄却した1審・東京地裁判決を支持し、元生徒側の控訴を棄却した。
 同種訴訟は全国の5地裁・地裁支部で起こされ、高裁判決は2件目。1件目の大阪高裁判決(今年9月)は、「不指定は違法」として無償化を命じた大阪地裁判決(昨年7月)を覆しており、同種訴訟で原告側の敗訴が続いていた。
 今回の訴訟で、昨年9月の東京地裁判決は学校と朝鮮総連の関係を重視し、無償化要件を満たさないとして不指定とした国の処分について「不合理とは言えず、裁量の逸脱はなかった」と判断。控訴審では、不指定理由の違法性などが改めて争われていた。【服部陽】
  ★司法の行政追認、遺憾。

教員8割、ストレスや悩み 一日平均11時間17分勤務 【東京新聞】2018.10.30">教員8割、ストレスや悩み 一日平均11時間17分勤務 【東京新聞】2018.10.30
 〇政府は三十日、過労死・過労自殺の現状や国が進める防止対策をまとめた二〇一八年版の「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。過重労働が顕著な重点業種として教職員や医療など五つを挙げている。全国の国公私立小、中、高などの教職員約三万五千人から回答を得た大規模調査では、80・7%が「業務に関連するストレスや悩みを抱えている」と回答。白書は長時間労働に加え、ストレス対策も重要と指摘した。
 ストレスや悩みの内容を複数回答で尋ねると、「長時間勤務の多さ」を挙げる人が最多の43・4%を占めた。「職場の人間関係」(40・2%)、「保護者・PTAへの対応」(38・3%)も多い。また「部活動の指導」は、小学校ではわずかだが、中学は42・0%、高校で36・2%に上った。
 一日の平均実勤務時間は十一時間十七分。職種別で見ると、最も長いのは「副校長、教頭」で十二時間三十三分。一日八時間労働とすると、連日四時間半の残業をしていることになる。月二十日間の勤務と考えると、「過労死ライン」の八十時間を大きく上回る計算になる。
  ★政治、政府が、こうした長時間労働を強いているのか⁉

辺野古工事、国交相認める 埋め立て承認撤回の効力停止 【東京新聞】2018.10.30">辺野古工事、国交相認める 埋め立て承認撤回の効力停止 【東京新聞】2018.10.30

TBS: 辺野古埋め立て工事再開へ、沖縄県知事「非常に強い憤り」 10/30">TBS: 辺野古埋め立て工事再開へ、沖縄県知事「非常に強い憤り」 10/30

辺野古移設 国交相決定に行政法研究者から厳しい批判の声 【毎日新聞】2018.10.30

辺野古移設 強引手法に沖縄から激しい憤り 承認撤回停止 【毎日新聞】2018.10.30

【社説】米のINF条約離脱 軍縮へ再交渉が必要だ 【琉球新報】2018.10.30">【社説】米のINF条約離脱 軍縮へ再交渉が必要だ 【琉球新報】2018.10.30

【社説】代表質問 首相答弁は具体性に欠ける 【熊本日日新聞】2018.10.30">【社説】代表質問 首相答弁は具体性に欠ける 【熊本日日新聞】2018.10.30
 〇臨時国会の論戦が29日、衆院代表質問を皮切りに始まった。
 所信表明演説で長期政権の慢心に触れ、「国民の懸念にもしっかりと向き合う」と述べた安倍晋三首相だが、森友学園問題などの真相解明を求める野党の質問に対して正面から答えることはなく、「真摯[しんし]に受けとめる」「真摯に反省する」と紋切り型の説明に終始した。これでは国民の疑念は増すばかりだろう。
 立憲民主党の枝野幸男代表は、森友学園を巡る決裁文書改ざんなどの官僚の不祥事に言及。先の通常国会閉幕後、大島理森衆院議長が、首相の政権運営に注文を付ける異例の所感を出したことについて見解を求めた。首相は「所感を重く受け止め、再発防止に努めたい」とは述べたものの、答弁は具体性に欠ける。
 憲法改正を巡っても、枝野氏は首相が憲法9条に自衛隊を明記する自民党案の今国会提出に意欲を見せていることを問題視。国民民主党の玉木雄一郎代表も自民党案自体を「改悪」と指摘したが、首相は真正面から答えなかった。
 その一方で、自民党の稲田朋美筆頭副幹事長の質問には「自衛隊員が誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは今を生きる政治家の責任。隊員の正当性の明文化、明確化は国防の根幹に関わる」と強調した。国民の理解が不可欠な憲法改正に関し、与野党で答弁を使い分ける首相の姿勢には、首をかしげざるを得ない。
 また、今国会最大の焦点になっている外国人労働者受け入れのための入管難民法改正案に関して、首相は「深刻な人手不足に対応するため、即戦力となる人材を期限付きで受け入れる」と説明。移民政策を取ることは考えていないと繰り返したが、自民党内からも疑問の声が上がる移民政策との違いについて、明確な回答は聞けなかった。
 沖縄県の米軍基地問題では、同県知事選で普天間飛行場の名護市辺野古移設反対を掲げた玉城デニー氏が勝利した後も移設を進める政府の姿勢が問われた。
 首相は「選挙結果は真摯に受け止める」としながらも、「普天間飛行場の固定化は絶対に防ぐ。結果を出したい」と従来の姿勢を堅持した。
 代表質問は、衆参両院で31日まで行われる。野党は、留任した麻生太郎副総理兼財務相の責任論や新閣僚の「政治とカネ」の問題も追及する構えだ。
 ただ、旧民進党からたもとを分かった立民と国民の間で参院での野党第1党の座を巡るゴタゴタが尾を引くなど、野党が一枚岩となっているとはとても言えない。これでは与党側に足元を見透かされても仕方あるまい。「安倍1強」に対峙[たいじ]し論戦を活発にするためにも野党のまとまりが必要だろう。
 国会論戦は、安倍政権の今後の針路を国民に示す重要な機会である。北朝鮮の非核化やトランプ米政権による貿易圧力への対応など対外課題も多い。12月10日の会期末まで活発な議論を期待したい。

【社説】【米国の分断】憎悪の連鎖を食い止めよ 【高知新聞】2018.10.30">【社説】【米国の分断】憎悪の連鎖を食い止めよ 【高知新聞】2018.10.30

【社説】国会代表質問 首相答弁に丁寧さが欠けている 【愛媛新聞】2018.10.30">【社説】国会代表質問 首相答弁に丁寧さが欠けている 【愛媛新聞】2018.10.30
 〇衆院本会議で各党の代表質問が始まった。第4次安倍改造内閣発足後、初の与野党による本格的な論戦となったが、議論が深まったとは言い難い。
 安倍晋三首相の答弁は相変わらず正面から答えておらず、自らと意見が異なる相手にも理解を求めようとする姿勢は伝わってこなかった。入管難民法改正案や改憲といった国論を二分しかねない政策を推進しながら、具体的で丁寧な説明を欠いていることは看過できない。先日の所信表明演説で自ら訴えた「長さゆえの慢心はないか。国民の懸念にもしっかりと向き合う」との決意を誠実に実行するよう求める。
 今国会で最重要法案の入管難民法改正案について、与野党ともに懸念の声を上げたのは当然だ。外国人労働者の受け入れ拡大を認める在留資格が創設されれば、家族を連れての永住に道を開くことになる。事実上の移民政策への転換に他ならない。
 立憲民主党の枝野幸男代表は日本語教育や社会保障など外国人を受け入れる環境が整っていないことを挙げ「日本の人権レベルが国際社会から問われる」と見切り発車を戒めた。しかし首相は「深刻な人手不足に対応するため」「即戦力の人材を期限付きで受け入れる」と必要性の強調に終始。移民政策は採らないとしたが、明確な説明はなかった。
 そもそも法案には自民党内ですら反対や慎重論が根強い。党法務部会での議論がなかなかまとまらず改正案の了承にも時間がかかった。政府は来年4月の施行を目指すとしているが、受け入れへの準備に時間がなく、あまりにも性急すぎる。社会に大勢の外国人が移り住む可能性がある以上、拙速な審理は将来に禍根を残しかねず、許されない。
 改憲について、首相は前のめり姿勢を崩していない。自民党の稲田朋美氏への質問に呼応する形で、憲法9条への自衛隊明記は「今を生きる政治家の責任だ。隊員の正当性の明文化、明確化は国防の根幹に関わる」と持論を力説。「与党、野党の政治的立場を超え、幅広い合意が得られると確信」と改憲案のとりまとめに期待感を表明した。
 だが、憲法は国家権力を縛るためにあるものだ。枝野氏は首相の姿勢に対し「縛られる側の首相が改憲の旗を振るのは論外だ」と断じたが、首相からの答弁はなかった。野党第1党の党首の指摘にしっかり向き合えないようでは、多くの国民の理解を得る努力を放棄しているのに等しい。
 消費税率10%への引き上げや日米2国間の新たな関税協議などのテーマも、首相と野党との溝の深さは歴然だった。野党は共闘するところは共闘し、政府の政策課題を浮き彫りにし、改善を促していく責務がある。安倍1強で衰退した「徹底的な論戦」を交わし、合意形成を導くという議会制民主主義のプロセスを形骸化させてはならない。

【社説】米国の銃乱射/憎悪あおる大統領の言動 【神戸新聞】2018.10.30">【社説】米国の銃乱射/憎悪あおる大統領の言動 【神戸新聞】2018.10.30
 〇憎悪と偏見をむきだしにした暴力がまたも繰り返された。
 米東部ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)で銃乱射事件が起き、11人が死亡し、6人が負傷した。警察は銃撃戦の末、40代の男を逮捕した。
 男は「ユダヤ人は皆死ね」と叫びながらシナゴーグに押し入った。捜査当局者に「ただユダヤ人を殺したいだけだった」と話しているという。
 憎悪犯罪(ヘイトクライム)であることは明白だ。多くの信者らを恐怖に陥れた凶行で、絶対に許すことはできない。徹底的な捜査で全容の解明を進めてもらいたい。
 事件の背景には、米社会の分断がある。それを加速させているのはトランプ大統領の言動だ。移民などへの差別的な政策を次々に打ち出し、民主党や自身に批判的なメディアを「敵」とみなして攻撃する。
 米人権団体によると、米国で活動した憎悪団体は昨年には950を超え、2015年から50以上増えている。就任前から米国社会に存在したいくつもの溝は、埋まるどころか広がる一方である。
 ユダヤへの偏見と憎悪も深刻さを増している。トランプ氏は長女イバンカ氏とその夫クシュナー氏がユダヤ教徒であるため、親ユダヤ系の姿勢を強めている。しかし米国内ではシナゴーグやユダヤ人墓地などへの嫌がらせが多発しており、捜査当局が警備を強化していた。
 先日にはトランプ氏支持者の男が、オバマ前大統領ら民主党有力者などに宛てた爆発物連続送付事件で逮捕された。トランプ政権への審判となる中間選挙が来月6日に近づく中で、ヘイトクライムがさらに過熱するのではと危惧する。
 銃乱射事件の容疑者は、凶器の銃を合法的に購入・所持していた。殺傷能力の高い銃が容易に手に入る状態で社会の憎悪と対立が深まることに、恐怖と憂慮を感じる米国人は決して少なくないのではないか。
 トランプ氏は今回の事件を非難しつつ、教会堂に武装した警備員がいれば事件は防げたと主張し、銃社会の現状を改めようとしない。
 憎悪の連鎖を断ち切るには自らの言動を省みるべきだ。

【社説】海賊版サイト/「遮断ありき」に懸念増す 【神戸新聞】2018.10.30">【社説】海賊版サイト/「遮断ありき」に懸念増す 【神戸新聞】2018.10.30
 〇インターネットで漫画などを違法に公開している海賊版サイトの対策をめぐり、政府内の議論が迷走している。
 内閣府が先日、政府の有識者会議に強制的に閲覧を止める「接続遮断(ブロッキング)」の法制化を盛り込んだ中間報告案を示した。その内容に対して反対派の委員から「これでは法制化につながる」との批判が高まり、予定していた意見集約を断念する結果となった。
 有識者会議自体も無期限延期となり、議論を前に進めるのは当面、困難な状況だ。
 とはいえ海賊版サイトによる著作権の侵害は深刻で、一つのサイトで被害額は3千億円超との試算がある。政府は議論の接点を見いだして打開策を講じなければならない。
 政府は4月にブロッキングの法制化を目指す方針を打ち出し、先行して民間プロバイダー(ネット接続業者)に自主的な対応を促した。混乱を招いた原因は、「ブロッキングありき」の政府の姿勢にある。
 ブロッキングを実施するには、誰がどのサイトを閲覧しようとしているかをプロバイダーが把握する必要がある。だが、そうした情報を基に利用者のネット接続を強制的に遮断する行為は、憲法が保障する「通信の秘密」に反する恐れが指摘されており、通信事業者や法律家が強く反対している。
 監視対象が拡大されれば、憲法が定める「表現の自由」を損なうと懸念する声もある。
 KDDIとソフトバンクはブロッキングに慎重な姿勢で、当初は応じる構えを示していたNTTも実施を見送っている。弁護士グループがNTTの関連会社を相手取り、ブロッキングの差し止め訴訟を起こしたことも影響したとみられている。
 ただ、漫画やアニメなどの作者や出版社がこうむる被害は甚大で、「死活問題」との声が上がる事態は放置できない。
 広告を止めることで海賊版サイトが閉鎖された例がある。閲覧しようとする利用者に警告を表示する仕組みづくりなど、まずは強制遮断以外のあらゆる手だてを検討すべきだろう。
 有識者をはじめ関係者に求められるのは、悪質な行為を閉め出す建設的な議論である。

【社説】代表質問 野党は攻め方に工夫を 【京都新聞】2018.10.30">【社説】代表質問 野党は攻め方に工夫を 【京都新聞】2018.10.30

【社説】電力の融通 再生エネ拡大に不可欠 【京都新聞】2018.10.30">【社説】電力の融通 再生エネ拡大に不可欠 【京都新聞】2018.10.30
 〇電力が不足したり過剰になったりした場合、適切に融通し合えるのか。具体策が問われている。
 9月の地震の際、北海道電力管内で全域停電(ブラックアウト)が起きた。一方、九州電力は今月、電力余剰対策として太陽光発電の出力制限に踏み切った。
 両者は別々の問題だが、電力を広域で共有する仕組みが欠けていることを改めて示す形となった。
 全域停電は主力の火力発電が地震で損壊して停止し、電力供給力が低下したことが要因となった。出力制御は晴天で太陽光発電の供給が増えすぎるとして行われた。
 いずれも需給バランスの崩れが発電機に負担をかけるため、やむを得ない運転停止だったという。
 両電力とも、自社の需給枠の中でバランスを取ろうとしている。他の電力会社と融通し合う仕組みが確立されていれば、こうした事態は防げたのではないか。
 今後のエネルギー政策を考えるうえで、大きな課題といえる。
 北海道では地震の影響を受けずに発電を続けた大規模太陽光発電所(メガソーラー)もあったが、北海道電が需給バランスの乱れを理由に送電線への受け入れを停止し、せっかく発電した電気が9日間も送電されなかった。
 九州では、今月中旬に週末として2週連続で実施した出力制御に先立って、初旬に太陽光や風力による発電の余剰分を初めて他の電力会社に送電した。管内で原発4基が稼働し供給力が底上げされていることが背景にある。
 再生可能エネルギーの潜在力は小さくない。北海道では太陽光と風力の発電容量は、道内需要の4割に相当するという。九州電や四国電の管内では5月に一時、供給量の約8割を再生エネが占めた。
 上手に生かす方法を官民挙げて考えたい。政府の新たなエネルギー基本計画は、再生エネを「主力電源化する」と位置づけている。
 発電量の急変をやわらげるため大容量の蓄電池の開発・普及に力を入れるほか、各地をつなぐ送電網を強化して電力を柔軟に融通できるシステムを整備すべきだ。
 すでに、北海道-本州間で送電容量を引き上げる工事が進んでいる。九州-本州間でも拡大を求める声が高まっている。
 災害時の全域停電を避け、遅れている再生エネの普及を広げるには、無駄のない電力融通の仕組みを急ぐ必要がある。住民理解や安全対策に時間やコストがかかる原発再稼働より、よほど優先度の高い政策ではないか。

【論説】【東電刑事裁判】再稼働の資格はあるか 【福島民報】2018.10.30">【論説】【東電刑事裁判】再稼働の資格はあるか 【福島民報】2018.10.30
 〇最優先すべき安全についてこんな意識の会社が、あれだけ巨大なシステムを扱っていたのかとあぜんとする。東京電力福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣の裁判で、十六日から被告人質問が始まった。これまでの公判で、現場の社員は国の地震調査研究推進本部の長期評価などによって、津波対策は不可避と考えていたと証言している。しかし、二人の元副社長は長期評価の信頼性を否定し、当時の判断は妥当だったと改めて述べた。
 現場と経営陣との意識の隔たりは何だろう。事故があれば広範囲に重大な危険を及ぼす可能性がある原発の運転で、恐れるような細心の注意は見えない。被災地の住民としてはあきれるばかりだ。
 第七回公判で証言した社員は、最新の研究成果に基づく「バックチェック」が求められる中、現場では長期評価を基に東電子会社が二〇〇八(平成二十)年に算定した一五・七メートルの津波を前提に対策を進めるつもりだったとした。しかし、武藤栄元副社長は土木学会に検討を預けた。社員は「予想外で力が抜けた」という。第二十四回公判では、「御前会議」で対策が了承されたものの、膨大な対策費と運転停止の損失が考慮されて先送りになった-という津波対策責任者の検察への供述調書も明らかになった。
 被告人質問で武藤副社長は御前会議での了承も、先送りも強く否定した。武黒一郎元副社長は一五・七メートルの津波想定について初めて知ったのは二〇〇九年と証言した。自身もメンバーである業界団体の会合では津波対策の重要性や福島第一の脆弱[ぜいじゃく]性などが何度も取り上げられ、他社は必要な対応に動いていたのにもかかわらず「不確実なことへの対応は難しい」と語った。
 福島県民にとって、安全より運転を優先するかのような東電の対応はある意味、見慣れた光景だ。再循環ポンプの破損事故があり、データ改ざんがあり、トラブル隠しがあった。現在の廃炉作業でもなお、処理水データの誤り、重要装置の欠陥見逃しなどが続く。東電は新潟県で原発の再稼働を目指している。事故を起こした責任の所在があいまいなままで、再び同じ事業を行う資格があるだろうか。
 勝俣恒久元会長は二〇〇二年の社長就任時、本紙インタビューに、重なる不祥事を踏まえ「原子力を安易に考えていた節がある」「上司がルールを破ればおかしいと言える風土をつくる」と答えていた。三十日の公判では何と語るだろう。(佐久間順)

【社説】憲法改正「不透明な首相シナリオ」 【陸奥新報】2018.10.30">【社説】憲法改正「不透明な首相シナリオ」 【陸奥新報】2018.10.30
 〇安倍晋三首相が臨時国会の所信表明演説で、憲法改正への意欲を前面に押し出した。総裁最後の任期に現憲法初の改正を手掛け、自らのレガシー(遺産)にしたいとの思惑が色濃くにじむ。ただ、野党だけでなく自民党にも首相の姿勢に反発する声が少なくない。来夏には参院選も控えており、首相の想定通りに進むかは見通せない。
 首相は24日の本会議で「憲法審査会で政党が具体的な改正案を示し、国民の理解を深める努力を重ねていく。そうした中から幅広い合意が得られると確信している」と強調。「(憲法の)あるべき姿を決めるのは国民だ。(改憲発議によって)国会議員の責任を共に果たしていこう」と呼び掛けた。
 今年1月の通常国会の施政方針演説では「各党が具体案を持ち寄り、議論を前に進めていくことを期待する」との表現にとどめたが、各党に改正案を提示するよう踏み込んだ。
 なぜ首相は真正面から改憲に取り組む姿勢を打ち出すのか。それは首相が先の自民党総裁選で3選を果たしたものの、裏返せば長期政権も残り3年で、「終わりの始まり」という現実がある。求心力を失い「レームダック(死に体)」に陥ることだけは避けたい思いの表れだ。
 一方、首相の思惑通り議論が進むかは極めて不透明だ。28日のテレビ番組で自民党が臨時国会で同党の改憲案を提示する考えを改めて表明したのに対し、主要野党は議論に応じない姿勢を示した。
 立憲民主党の福山哲郎幹事長は「(改憲に対する)国民の機運は落ちている。議論する環境ではない」と指摘。国民民主党の平野博文幹事長は「首相が前に出て旗を振るのは、筋違いも甚だしい」と批判した。共産党の小池晃書記局長は「絶対ストップさせる」と述べた。
 さらに与党・公明党の斉藤鉄夫幹事長も「与野党の幅広い合意が形成されている状況ではない」と述べ、慎重な対応を求めた。
 旗色の悪くなった自民党の萩生田光一幹事長代行は、首相が改憲に前のめりとの批判を念頭に「首相が黙ることで憲法審査会が動くなら、そういうことも考えたい」とすら語った。
 日程的なハードルもある。首相は2020年の改正憲法施行を目指すが、来年半ばまでは参院選や皇位継承、国際会議など重要行事が目白押しだ。
 これらを踏まえて改憲発議を参院選後に先送りする場合、改憲に前向きな勢力で3分の2を維持する必要がある。しかし立憲民主など主要野党が「統一候補」で戦いを挑めば、与党が過半数を維持するのは厳しいとの見方もある。
 さらに自民党が主要野党の合計議席を下回った場合、首相退陣論が高まりかねない。レームダック化した政権が改憲を唱えても、誰も耳は貸さない。
  ★茲では、国民ではのうて、主権者!憲法改正権者!

【社説】国会論戦始まる 疑問点に答えない首相 【北海道新聞】2018.10.30">【社説】国会論戦始まる 疑問点に答えない首相 【北海道新聞】2018.10.30
 〇国会は安倍晋三首相の所信表明演説に対する代表質問に入った。
 きのうは衆院で、消費税増税や外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管難民法改正案などについて立憲民主、自民、国民民主の順に各党が見解をただした。
 国の行方や社会の在り方を大きく左右する課題で、首相が正面から疑問点に答えたとは言い難い。
 首相は自民党総裁選で森友・加計(かけ)問題への反省も念頭に「謙虚で丁寧な政権運営」を強調した。
 所信表明では「長さゆえの慢心はないか、国民の懸念にもしっかりと向き合っていく」と述べ、長期政権のおごりを自ら戒めた。
 その言葉をまず実践すべきは国会答弁だろう。都合の悪い質問には論点を外し、自身の主張を一方的に述べる。そんな国民不在の論戦を繰り返してはなるまい。
 入管難民法改正案で立憲民主党の枝野幸男代表は首相が否定する移民政策との違いをただした。
 首相は「一定規模の外国人と家族を、期限を設けることなく受け入れることにより国家を維持していく政策」は採らないと述べた。
 だが、国連では1年以上の移住を移民と呼んでいる。首相の言うような定義が通用するのか。
 本格的に外国人に門戸を開く方向に国のかじを切るのなら、日本語教育などさまざまな準備が必要だ。「移民政策ではない」と言って押し通す姿勢は、そうした議論を深めることを遠ざけてしまう。
 政府が「TAG」と呼ぶ米国との新たな関税交渉が、自由貿易協定(FTA)交渉とどう違うのかという点にも質問が集中した。
 「サービス全般の自由化や幅広いルールまで盛り込むことは想定していない」が首相の答弁だが、FTAは「国際的に確立した定義が存在しない」とも付け加えた。
 定義がないなら、先月の日米首脳会談後の記者会見で「TAGはFTAとは全く異なる」と断言した発言も根拠が問われよう。
 ペンス米副大統領が「FTA」を目指した交渉だと明言したことへの見解も語ってもらいたい。
 驚いたのは、消費税で国民に負担増を求めながら参院の定数を6増するようでは、国民の理解は得られない―と追及した国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁だ。
 首相は「各党各会派による検討がなされ、結論が出されたと承知している」と述べた。通常国会で自民党が公明党の独自案も否決した上で、数の力でごり押しした経過にふたをするような物言いだ。
 これでは「謙虚」にほど遠い。

TBS: ユダヤ教会銃乱射17人死傷、「ユダヤ人皆殺しにしたかった」 10/29">TBS: ユダヤ教会銃乱射17人死傷、「ユダヤ人皆殺しにしたかった」 10/29

ANN: 【全国天気】北日本は台風並みの暴風に 雷雨も警戒 10/29">ANN: 【全国天気】北日本は台風並みの暴風に 雷雨も警戒 10/29

NNN: 2分でわかる!入管法改正案とは?反対も… 10/29">NNN: 2分でわかる!入管法改正案とは?反対も… 10/29

NNN: ライオン・エア機が墜落189人の安否不明 10/29

ANN: 絢子さま きょう結婚式 守谷慧さん明治神宮へ出発 10/29">ANN: 絢子さま きょう結婚式 守谷慧さん明治神宮へ出発 10/29

TBS: ドイツ与党が地方選で連敗、メルケル首相窮地 10/29">TBS: ドイツ与党が地方選で連敗、メルケル首相窮地 10/29

就活、21年大卒の日程維持 学生の不安回避へ早期決着 東京新聞 10/29">就活、21年大卒の日程維持 学生の不安回避へ早期決着 東京新聞 10/29
 〇政府は29日、就職活動日程の関係省庁連絡会議を開き、現在の大学2年生に当たる2021年卒業の学生については現行日程を維持することを正式決定した。政府が今後、経済団体などに順守を要請する。会議は2回目だが、就活時期の迫る学生の不安、変更による混乱を避けるために現行維持で早期決着を図った。22年卒以降の日程についても「当面、変更する可能性が低い」との方向性を確認した。
 会議には経団連や大学の関係者らも出席。22年卒の日程は来年、改めて決定する。会議の取りまとめ文書では「当面は現行の就職・採用活動日程を変更する必要が生ずる可能性は高くない」とした。

首相、自衛隊明記「国防の根幹」 9条改憲へ意欲、衆院代表質問 【東京新聞】2018.10.29">首相、自衛隊明記「国防の根幹」 9条改憲へ意欲、衆院代表質問 【東京新聞】2018.10.29

東京電力ツイッター、福島原発事故の建屋を「工場萌え」 【朝日新聞】2018.10.29">東京電力ツイッター、福島原発事故の建屋を「工場萌え」 【朝日新聞】2018.10.29

一般質疑削減、野党反発 高市氏私案、本会議ずれ込み 【東京新聞】2018.10.29">一般質疑削減、野党反発 高市氏私案、本会議ずれ込み 【東京新聞】2018.10.29
 〇安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が二十九日午後、衆院本会議で始まる。首相が九月の自民党総裁選で連続三選され、第四次安倍改造内閣が発足した後、国会で質疑に臨むのは初めてで、与野党の論戦が本格化する。
 野党側は、自民党の高市早苗議院運営委員長が公表した一般質疑の削減などの国会改革私案に反発し、撤回を要求。高市氏は最終的に応じたが、いったん拒否するなど協議が長引き、午後一時の予定だった本会議開会はずれ込んだ。・・・

ブラジル大統領に右翼 差別発言のボルソナロ氏 【東京新聞】2018.10.29">ブラジル大統領に右翼 差別発言のボルソナロ氏 【東京新聞】2018.10.29

徴用工訴訟 あす韓国最高裁判決 賠償命令なら日韓関係打撃 東京新聞 10/29">徴用工訴訟 あす韓国最高裁判決 賠償命令なら日韓関係打撃 東京新聞 10/29
  ★ほぼ必至⁉ 明日になれば、わかる。

独与党、州議選で連敗 メルケル首相 責任論も 【東京新聞】2018.10.29">独与党、州議選で連敗 メルケル首相 責任論も 【東京新聞】2018.10.29
 〇【ベルリン=近藤晶】ドイツ西部ヘッセン州議会選は二十八日投開票され、メルケル首相の保守与党キリスト教民主同盟(CDU)と、国政で大連立を組む社会民主党(SPD)が大幅に議席を減らす見通しとなった。国政与党は十四日の南部バイエルン州議会選に続く事実上の連敗となり、メルケル氏の責任を問う声が強まりそうだ。
 選管の暫定最終結果によると、CDUの得票率は27・0%と第一党の座を守ったものの、二〇一三年の前回選挙から11・3ポイント下げ一九六六年以来の低水準に。州議会最大野党の中道左派SPDも19・8%と前回から10・9ポイント低下した。
 躍進したのは、リベラルな環境政党「90年連合・緑の党」。得票率は前回から約8ポイント増の19・8%。反難民・移民を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」も13・1%と初の議席を獲得。これでAfDは十六ある連邦州すべての議会で議席を得たことになる。・・・

憲法改正、反対9ポイント増 慎重論強まる 本社世論調査 【日経新聞】2018.10.29">憲法改正、反対9ポイント増 慎重論強まる 本社世論調査 【日経新聞】2018.10.29

消費税増税「賛成」47%、内閣支持横ばい 本社調査 【日経新聞】2018.10.29">消費税増税「賛成」47%、内閣支持横ばい 本社調査 【日経新聞】2018.10.29

シュワブに実戦常駐部隊 数百人規模か 辺野古建設と併せ機能強化が進む 【沖縄タイムス】2018.10.29">シュワブに実戦常駐部隊 数百人規模か 辺野古建設と併せ機能強化が進む 【沖縄タイムス】2018.10.29
 〇【平安名純代・米国特約記者】米海兵隊が沖縄県うるま市にある第3海兵師団(キャンプ・コートニー)の戦闘強襲大隊を解散し、その大半を名護市辺野古の第4海兵連隊(キャンプ・シュワブ)の指揮下に再編していたことが28日までに分かった。移転により、数百人規模とみられる陸上部隊が増強された。新基地建設計画と併せて、シュワブの一層の機能強化が進む。
 これまでシュワブの第4海兵連隊に常駐していたのは連隊本部(司令部)のみで、実戦部隊として、米本土から四つの歩兵大隊が6カ月交代で配備(UDP)されていた。今回の再編で、上陸作戦を担う実戦部隊が常駐することになり、機能が強化される。
 再編は、部隊の統廃合や新設などで機能強化を図る目的で米海兵隊が2015年に策定した「運用コンセプト2025」に基づく。
 戦闘強襲大隊は、大隊本部のほか、軽装甲偵察中隊、水陸両用強襲車中隊、戦闘工兵中隊の中隊3個編成で、主要装備(定数)は、LAV軽装甲車25両、AAV7水陸両用強襲車46両、中型戦闘工兵車27両。同隊は、陸上自衛隊と年に2回実施する「日米合同演習フォレスト・ライト」に参加している。
 米海兵隊は12日、キャンプ・コートニーで第3海兵師団の戦闘強襲大隊の解散式を実施した。
 米海兵隊当局は、本紙の取材に対し、「第4海兵連隊に統合された海兵隊員約1000人のうち、多くは除隊またはカリフォルニアやノースカロライナ、ハワイの部隊へ移転し、限られた数の技師や水陸両用強襲車中隊と軽装甲偵察中隊がキャンプ・シュワブに移転した」と述べた。具体的な兵員や軍用車両の移転数、時期については明らかにしなかった。

【東京】元米兵、戦場の実態証言 千代田で講演 9条改憲に警鐘も 【東京新聞】2018.10.29">【東京】元米兵、戦場の実態証言 千代田で講演 9条改憲に警鐘も 【東京新聞】2018.10.29
 〇ベトナム戦争とイラク戦争にそれぞれ従軍した元米兵二人が、都内で記者会見や講演をし、戦場の実態を語った。「日本は憲法九条を変えれば軍事化にブレーキが利かなくなり、米軍の指揮下に組み込まれた戦争で、他国住民の虐殺に加担もしかねない」と警鐘も鳴らした。
 二人は米国の退役軍人らでつくる平和団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」のメンバーで、二十六日に記者会見。専修大神田キャンパス(千代田区)で二十七日にあった講演会は、VFPジャパンが主催し、市民ら約百人が参加。二人は冒頭、「僕らの国が広島と長崎で原爆を落とし、日本各地を空襲で無差別攻撃したこと、米軍基地の長年の駐留におわびします」と謝罪を口にした。
 マイク・ヘイスティさん(73)はベトナム戦争で住民虐殺が続いたと強調した。「戦争の相手国を和平交渉の場につかせるには兵士だけではなく、一般市民を殺さなければならない。一般市民こそが真の標的で、米国の指揮下で戦った韓国軍の兵も住民を虐殺した。今後、日本の自衛隊が米軍の指揮下で虐殺に関わらないことを願う」と訴えた。
 ネイサン・ルイスさん(36)はイラク戦争の現実を「トラックの隊列で進み、前に人がいても止まるなと命令され、事故が頻発した。米軍側はイラク人を汚い言葉で罵倒し、暴力的で人種差別が目に余った」と証言。「イラク側から回収できたのは古い武器ばかり。大量破壊兵器を見つけるための戦争というのは政府のウソで、怒りが込み上げた」と話した。 (辻渕智之)

【東京】「砂川闘争」基地拡張中止から50年 来月4日、立川で講演会 【東京新聞】2018.10.29">【東京】「砂川闘争」基地拡張中止から50年 来月4日、立川で講演会 【東京新聞】2018.10.29
 〇旧米軍立川基地の滑走路拡張計画から農地を守ろうと砂川町(現立川市)の住民が立ち上がった「砂川闘争」により、米軍が計画を断念して今年で50年。かつての拡張予定地を巡る課題を考える講演会が11月4日、立川市砂川町の砂川学習館で開かれる。 (竹谷直子)
 砂川闘争は一九五五年、米軍の滑走路拡張計画が明らかとなり、接収から農地を守ろうと町ぐるみの反対運動に発展。住民らと機動隊の衝突が繰り返された。米軍は六八年に拡張中止を発表。返還された基地跡地は陸上自衛隊立川駐屯地や国営昭和記念公園となった。元拡張予定地は一部をグラウンドなどに活用。しかし、今も空き地が目立ち、市民が草刈りなどの手入れをする「砂川秋まつりひろば」もある。
 講演会は、砂川闘争の資料を展示する「砂川平和ひろば」の運営にかかわる市民や学生らによる実行委員会が企画した。フリージャーナリストの前田哲男さんが講師を務め、日米地位協定の不平等さや、米軍が使用期限を迎えた土地を引き続き使うための「駐留軍用地特別措置法」の変遷について話す。
 砂川平和ひろばを主宰する福島京子さん(68)は「沖縄では使用期限を迎えても米軍から土地を返してもらえないのが現実だ。立川基地跡地は自衛隊駐屯地になっており、再び拡張話が持ち上がりかねない」と危惧する。
 講演では、学生時代に砂川闘争に参加し、基地跡地の自衛隊利用に反対する「立川自衛隊監視テント村」メンバーの加藤克子さん(81)も登壇する。拡張中止までの経緯や、元拡張予定地活用の運動について語る。加藤さんは「砂川の土地は市民の勝利の証し。各地に歴史を伝えていかなければ」と話した。
 午後一時半~四時半(受け付けは午後一時から)。参加費は資料代五百円。申し込み不要。問い合わせは実行委=電042(536)3167=へ。

百十四銀行 女性行員への不適切行為制止できず会長辞任 【毎日新聞】2018.10.29">百十四銀行 女性行員への不適切行為制止できず会長辞任 【毎日新聞】2018.10.29

陸上イージス 候補地の秋田市と山口・萩で現地調査始まる 【毎日新聞】2018.10.29">陸上イージス 候補地の秋田市と山口・萩で現地調査始まる 【毎日新聞】2018.10.29

改憲論議、野党間の違い鮮明 国民・玉木氏「平和的改憲」提案、枝野氏は「論外」と首相批判 【産経新聞】2018.10.29">改憲論議、野党間の違い鮮明 国民・玉木氏「平和的改憲」提案、枝野氏は「論外」と首相批判 【産経新聞】2018.10.29
 〇衆院で29日に始まった論戦で、主要野党の憲法改正論議に対する姿勢の違いが明確になった。国民民主党の玉木雄一郎代表が「平和的改憲」を提案し、「本質的な議論」に意欲を示した一方、立憲民主党の枝野幸男代表は改憲の議論に応じない姿勢を崩さなかった。
 玉木氏は代表質問で「自民党案では『必要最小限度』との制約がなくなり、何の限定もない集団的自衛権の行使さえできる可能性がある」と自民党の改憲案を批判し、こう続けた。
 「自衛権の範囲を憲法上明確にし、平和主義の定義を国民自身で行う平和的改憲の議論を行うべきだ」
 玉木氏は先の大戦の教訓と憲法の平和主義を踏まえ「海外派兵や他国の戦争に参画しないことを条文上明らかにする」と説明した。これに対し、枝野氏は「憲法の本質は国民の生活を守るために国家権力を縛ることにある」と主張。壇上から「憲法とは何か、一から学び直してください」と首相を挑発し、「首相が先頭に立って旗を振るのは論外だ」と断じた。
 改憲に向けた議論さえ進展しない国会に対し、世論は冷めた目で見ている。
  ★国民主権、人権尊重、平和主義、護るか、破壊するか、明確に!議論を、そして、破壊は、捨てられる⁉

【社説】[安田純平さん帰国]シリアの真実聞かせて 【沖縄タイムス】2018.10.29">【社説】[安田純平さん帰国]シリアの真実聞かせて 【沖縄タイムス】2018.10.29
 〇内戦下のシリアで拘束されていたジャーナリスト安田純平さん(44)が約3年4カ月ぶりに解放され、帰国した。
 これまで安田さんとみられる男性の映像が複数回ネット上で公開され、中には「助けて」などと書かれた紙を示す画像もあっただけに、無事の生還を心から喜びたい。
 安田さんは帰国する機内で「暴力を受けた。地獄だった」と過酷な拘束状況を語った。しっかりした受け答えが印象的だったが、長期間にわたる監禁である。心身の健康回復を最優先してほしい。
 安田さんは2015年6月、内戦取材のためトルコ南部からシリアに徒歩で渡った後、消息を絶っていた。
 国際テロ組織アルカイダ系の過激派が身代金目的で拘束したとみられている。
 シリア内戦では死者が40万人以上、難民も560万人以上に上るとされる。
 安田さんは、政府軍の爆撃で市民が犠牲になったり、女性や赤ちゃんが臨時の病院に運び込まれたりする現場をビデオ取材し、報道してきた。イラクでも戦闘が激化した04年、取材中に首都バグダッドの郊外で非政府組織(NGO)の日本人男性とともに武装勢力に拘束された。
 シリア内戦に関する報道では、アサド政権に批判的な欧米メディア、政権を支える国営メディアなど立場によって報道の違いが著しい。
 安田さんが戦場取材を続けるのは「政府の管理下ではない取材でしか手に入らない情報がある」からである。
 再発防止のためには今回の事件を検証し、教訓を共有することが不可欠だ。
    ■    ■
 懸念するのは、ネット上で安田さんに対し、「自己責任」や「反日」などの言葉が浴びせられていることだ。
 04年、人道支援ボランティアとしてイラクに入った日本人の男女3人が武装勢力に拉致された事件を思い出す。解放され、帰国後に激しいバッシングにさらされた。
 女性が「またイラクで活動したい」と言ったと伝えられたことに対し、小泉純一郎首相は「もっと自覚をもってほしい」と批判した。
 これと対照的だったのがパウエル米国務長官だった。「日本国民はリスクを背負って行動した彼らを誇りに思うべきだ」と語った。戦場における人道支援に敬意を払ったのである。
 日本では国の「退避勧告」に従わず、イラク入りしたことは許せないとの空気を首相らが醸成していたが、今ではネット上にあふれる。
    ■    ■
 シリア内戦について安田さんは「内戦を見放してきたことが一番の原因」と報道の重要性を強調していた。戦場を実際に見て歩き、報道することは現地で何が起きているのかを日本を含む世界に知らせることだ。市民の惨状を知らせることは国際社会を動かすことにつながる。
 安田さんは「可能な限り、何があったのか説明したい」と語っている。シリア内戦の真実を聞きたい。
 安田さんらジャーナリストが果たしてきた戦場報道の役割についても改めて考えるきっかけにしたい。

【社説】幼児教育無償化 待機児童解消の方が先だ 【西日本新聞】2018.10.29">【社説】幼児教育無償化 待機児童解消の方が先だ 【西日本新聞】2018.10.29
 〇安倍晋三首相は所信表明演説で、消費税率を10%に引き上げる来年10月に、幼稚園・保育所を通じた幼児教育の無償化を実施する決意を示した。
 首相の言う「未来を担う子どもたち、子育て世代に大胆に投資」する姿勢に異存はない。乳幼児の教育・保育に対する公的支出は先進国では目立って低い。しかし一律無償化の前に、認可保育所などに入れない待機児童の解消こそ急務ではないか。
 厚生労働省によると、今年4月時点の待機児童は約2万人で、4年ぶりに減少したとはいえ依然、深刻である。特定の施設を希望しているなどの理由で集計から除外された「隠れ待機児童」は約7万人もいる。
 少子高齢化で労働力不足や女性の社会参画が進み、今後も共働き世帯は増え続ける。無償化が保育の潜在需要を掘り起こす可能性も高い。共同通信社がこの夏に実施した自治体へのアンケートでは、無償化することで「待機児童が増えると思う」との回答が約6割に上った。
 政府は「2017年度末」としていた待機児童の解消目標時期を3年先送りしたが、その達成すら危ぶまれると言わざるを得まい。保育の受け皿拡充とともに、保育士の待遇改善やキャリアアップの仕組みづくりを急ぎ、人材不足の解消に道筋を付けることが喫緊の課題だ。
 今年6月に閣議決定した「骨太方針」に盛り込まれた無償化策には、問題が多い。
 世帯年収を問わず3~5歳児の認可保育所や認定こども園の利用を無料とし、住民税非課税世帯は0~2歳も無料にする。認可外保育施設や幼稚園でも、上限を設けて利用料を補助する内容である。
 認可保育所の利用料は所得に応じて設定され、低所得者は既に無料だ。所得を問わない一律無償化なら、その恩恵は、裕福な世帯ほど大きくなる。
 認可外利用者の多くは、認可保育所を希望しながら「落選」した人だ。補助に上限が設けられることに、不満が噴出するのは当然だろう。制度設計では、一律無償化にこだわらない丁寧な議論を求めたい。
 本紙のまとめでは、認可外施設に対する各県の立ち入り調査(16年度)で、福岡、佐賀、長崎、鹿児島4県の施設の7割超が健康診断の実施や保育士数などで、国の基準を満たしていなかった。全国的に、こうした認可外施設で事故も起きている。
 保育を求めるすべての人にサービスを提供できる環境整備は道半ばである。「質の確保」にも十分な目配りが欠かせない。無償化以外にも取り組むべき課題は山積していることを、政府は肝に銘じる必要がある。

【社説】辺野古移設 民意無視では対立深まる 【山陽新聞】2018.10.29">【社説】辺野古移設 民意無視では対立深まる 【山陽新聞】2018.10.29
 〇沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、政府と県の対立が先鋭化している。このままでは解決の道は遠のくばかりだ。政府は一刻も早く強硬姿勢を改めるべきである。
 9月末の沖縄県知事選で辺野古移設反対を訴えた玉城デニー氏が、安倍政権が全面支援した候補を大差で破った。玉城知事は今月12日に安倍晋三首相と初めて会談し、打開策を探る対話を求めていた。
 しかし、政府が、辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した県への対抗措置に踏み切ったのは、それからわずか5日後だった。会談はポーズでしかなかったようで、政府は「辺野古移設が唯一の解決策」と繰り返すばかりだ。
 政府の対抗措置は行政不服審査法に基づき、国土交通相に審査を請求、撤回の効力停止を申し立てるものだ。2015年に県が埋め立て承認を取り消した際も政府は同様の手法を用いた。防衛省が申し立て、政府内の国交省が審査する。結果はおのずと明らかだろう。
 これに対し、玉城知事は「考え得る全ての手段を使う」として徹底抗戦する構えだ。移設の賛否を問う県民投票の実施も決まった。県議会が先週、県政与党の賛成多数で条例を可決しており、来春までに投票が行われる。知事選の結果を踏まえれば、反対が多数を占める可能性がある。
 民意を踏みにじるような政府の対応に、沖縄県が反発を強めるのは当然だ。このまま政府が強権的な姿勢を続ければ、政府に対する県民の怒りや反基地感情は強まる一方だろう。基地の安定的な運用、ひいては日米同盟の土台を揺るがすことにならないか。政府に求められるのは何より、対話によって解決の糸口を探る姿勢である。
 普天間飛行場を使う米海兵隊はアジア太平洋地域の拠点を巡回しながら訓練している。グアム移転の計画もある。玉城知事は海兵隊のローテーションを見直せば、辺野古に大規模な基地を建設する必要がないのではないか、と主張する。知事選の結果を受け、米紙ニューヨーク・タイムズは社説で「日米両政府は妥協策を探る時だ」と指摘した。辺野古移設の再考を促す意見は米国内にもある。
 国が対抗措置として取った行政不服審査法に基づく請求も、問題が大きいことを指摘しておきたい。本来、同法は行政機関の処分で不利益を受ける国民の救済を目的とする。にもかかわらず防衛省を「私人」として適用し、国交省という同じ国の機関が審査して救済する。これには以前から専門家の批判が相次ぎ、今回も行政法の研究者110人が「制度の乱用だ」と政府を批判する声明を発表した。
 沖縄だけの問題ではなかろう。こうした手法が安易に使われれば、地元自治体の同意が不十分でも政府の強行が認められる。地方自治の観点からも看過できない。

【社説】泊原発防災訓練 備えに穴ないか点検を 【北海道新聞】2018.10.29">【社説】泊原発防災訓練 備えに穴ないか点検を 【北海道新聞】2018.10.29

【社説】外国人労働者 差別のない就労条件で 【東京新聞】2018.10.29">【社説】外国人労働者 差別のない就労条件で 【東京新聞】2018.10.29
 〇外国の単純労働者を迎え入れる新在留資格の法案が出される予定だ。人手不足への対応だが、高度な専門人材に限っていた従来の政策から大転換となる。差別のない社会をつくるのが大前提だ。
 「移民」に対して保守層は強い反発を持っている。だから、政府は強く「移民とは異なる」と説明する。だが、高度な技術などを持つ外国人に限って就労できる-という建前は既に崩れている。
 昨年十月段階で外国人労働者は百二十七万人超と増え続ける。その約四割は技能実習生と留学生アルバイトなのだ。実習生は日本での技術の習得を目的としているが、実際には単純労働をさせられ、低賃金や長時間労働などに苦しむ問題が判明している。
 留学生はむろん学業のためだが、こちらもコンビニや飲食店などでの単純労働者になっている。つまり外国人がいないと、人口減に直面する日本では、さまざまな業種で人手不足が深刻になる。政府は建設や介護、農業など十数業種を検討対象に考えている。
 だが、人手のために単純労働者の受け入れ制度を-との考えは発想が単純すぎるのではないか。例えば一定の技能を持つ「特定技能1号」の在留資格の外国人は、在留期限が通算五年で、家族の帯同は認められない。
 これは人権保障の観点から大問題である。日本にいる限り憲法や国際人権法などの光に照らされる労働者でなければならない。長期間の家族の分離を強いる仕組みであってはなるまい。
 職場移転の自由があっていいし、日本人の労働者と同様の労働条件にすべきだ。賃金や労働時間などで国籍や民族を理由とした差別を認めてはいけないはずだ。
 熟練者対象の「特定技能2号」の場合は家族帯同も、事実上の永住も認める仕組みだ。それならば、まず家族のための日本語教育が求められよう。医療も福祉も教育も、日本人と同様のサービスを提供すべきなのだ。
 日本社会とどう溶け合っていくかも大きな課題になる。国や自治体、企業、NGOなどとの連携も不可欠である。日本でともに働き、暮らす仲間を快く迎えられる環境づくりがまず必要だ。
 政府は法改正し来春にも新制度を実施するという。急ぎすぎではないか。
 技能実習生の例があるように、外国人をまるで使い捨て感覚で雇用すれば、国際社会から「奴隷的」と烙印(らくいん)を押されるだろう。

米ミサイル防衛で新司令部=青森、京都のレーダー指揮も-対中国か、相模原に陸軍 【時事通信】2018.10.28
 〇在日米陸軍の弾道ミサイル防衛部隊の新司令部が米軍施設「相模総合補給廠」(相模原市)に発足することになり、要員の駐留が始まったことが、在日米軍への取材で分かった。
米中国防相、無言で握手=南シナ海で関係悪化も対話継続
 弾道ミサイルを保有し続ける北朝鮮、米本土や在日米軍基地を射程に入れたミサイル配備を進める中国の脅威を念頭に置いた措置とみられる。近く編成式典が行われる。
 防衛省や在日米軍によると、駐留するのは米軍第38防空砲兵旅団司令部の要員で、今月16日から活動を開始した。青森県つがる市と京都府京丹後市に配備されている弾道ミサイル対処の陸軍Xバンドレーダー部隊の運用を指揮統制するとみられる。人員は115人で、半年から1年かけて段階的に配置。新たな装備の持ち込みはなく、既存の施設を使用する。常駐配備を前提にしている。
 在日米軍関係者によると、新司令部はハワイの第94陸軍防空ミサイルコマンドの傘下にある。日本に前線司令部を置くことで、より迅速な迎撃判断を行うとともに、中国などをけん制する狙いもある。横須賀基地(神奈川県)に配備され、迎撃ミサイルを搭載する第7艦隊の最新鋭イージス艦とも連携するとみられる。

ヘイトに反差別掲げて市民結集 相模原でネットワーク発足 【神奈川新聞】2018.10.28">ヘイトに反差別掲げて市民結集 相模原でネットワーク発足 【神奈川新聞】2018.10.28
 〇人種差別と排外主義を唱える極右政治団体「日本第一」のヘイト活動…

憲法改正 自民「今国会で議論を」立民「議論の環境にない」 【NHK】2018.10.28">憲法改正 自民「今国会で議論を」立民「議論の環境にない」 【NHK】2018.10.28

オスプレイ 日本を去れ 横田配備に抗議の集会 【しんぶん赤旗】2018.10.28">オスプレイ 日本を去れ 横田配備に抗議の集会 【しんぶん赤旗】2018.10.28
 〇米軍横田基地(東京都福生市など多摩地域)に米空軍特殊作戦機CV22オスプレイが1日から正式配備されたことに抗議する「横田基地に、日本にもオスプレイはいらない10・27東京大集会」が福生市多摩川中央公園で開かれました。
 「オスプレイ反対東京連絡会」が主催し、約2000人が集まり「日本のどこにもオスプレイはいらない!!」のカードを力強く掲げて市内を同基地まで行進しました。
 東京地評の荻原淳議長が主催者あいさつ。小池百合子都知事の、オスプレイ配備と危険な訓練を黙認する態度を批判するとともに、オスプレイ配備撤回、横田基地の海外侵略拠点化に抗議の声をあげようと訴えました。
 日本共産党から、宮本徹衆院議員、尾崎あや子、清水ひで子、とくとめ道信、原のり子の各都議が出席。宮本氏は、夜間低空飛行などオスプレイの傍若無人な訓練は許せないと強調。朝鮮半島で平和の動きが進み、安倍政権が狙う「海外で戦争する国」づくりの前提は崩れたと指摘し、来年の参院選での市民と野党共闘の勝利で、日米地位協定の見直しなど「米国にものの言える政治をつくろう」と呼びかけました。
 集会では、埼玉県飯能市からの参加者や高校生平和ゼミナールの女子高校生(17歳)など多彩な人が発言。稲嶺進前名護市長、立憲民主党、自由党、共産党の国会議員、生活者ネット都議、社民党区議から連帯のメッセージが寄せられました。

米軍機 上空飛ぶな 9大学長ら日米政府に要請 沖縄 【しんぶん赤旗】2018.10.28">米軍機 上空飛ぶな 9大学長ら日米政府に要請 沖縄 【しんぶん赤旗】2018.10.28
 〇沖縄県内の大学など高等教育機関の代表らが26日、県庁で記者会見し、教育機関の敷地・周辺上空の米軍機の飛行中止を求める要請文を日米両政府に送付したことを発表しました。大学の学長らは米軍機の騒音などで「教育研究活動や学生生活に支障をきたしている」と訴えました。
 同様の要請は5年前から年に1回以上、継続。要請に名を連ねるのは、琉球大学、名桜大学、県立芸術大学、県立看護大学、沖縄工業高等専門学校、沖縄キリスト教学院大学・短期大学、沖縄国際大学、沖縄大学、沖縄女子短期大学の学長・校長です。
 要請文では、同県宜野湾市の普天間基地所属のオスプレイの2016年度の離着陸回数が、前年度より352回増加し、事故・トラブルも繰り返されていることを指摘。「県民に与える恐怖感と不信感は日増しに強まるばかり」としています。
 「沖縄県内の高等教育機関の代表として、学生や教職員の教育研究における環境を安全・平穏に維持する義務」があると要請文は強調し、飛行中止の速やかな措置をとることを求めています。23日までに安倍晋三首相やトランプ米大統領、日米両政府の外務・防衛などの責任者あてに発送しました。

身体拘束は人権侵害 精神科医療シンポジウム 寄り添う治療考える 【琉球新報】2018.10.28">身体拘束は人権侵害 精神科医療シンポジウム 寄り添う治療考える 【琉球新報】2018.10.28
 〇精神科病院で患者の手足をベッドにくくりつける「身体拘束」についてのシンポジウムが27日、沖縄国際大学であり、精神障がいの当事者や医療従事者が身体拘束の問題点を話し合った。自らの拘束体験を漫画にし配布したなかむらなつみさんは「拘束や隔離のつらさや恥ずかしさ、寂しさはなかなか理解してもらえない」と語り、過度な身体拘束は人権侵害であると問題視した。
 医療従事者を目指す学生らに対しては「患者に寄り添った医療とは何か考えてほしい」と訴えた。学生や医療従事者ら約160人が参加した。
 精神保健福祉士の砂盃(いさはい)純子さんは、精神疾患の人を救うのは治療ではなく「温かい心」と強調する。「あなたのままで」「自分らしく」という言葉をいつも自分自身にも、相談を受けた人にも伝えているとした。
 杏林大の長谷川利夫教授とオリブ山病院の横田泉副院長による講演もあった。
 糸満市から参加した泉和華(のどか)さん(29)=医療従事者=は「『管理するまま、されるがまま』という精神科医療の問題点がよく理解できた。患者との向き合い方を考え直すきっかけになった」と話した。

米オスプレイが緊急着陸、鹿児島 奄美空港、今年4回目 【琉球新報】2018.10.28">米オスプレイが緊急着陸、鹿児島 奄美空港、今年4回目 【琉球新報】2018.10.28

普天間飛行場に有害物質、高濃度で汚染 2016年・米海兵隊調査 民間地域へ流出か 【沖縄タイムス】2018.10.28">普天間飛行場に有害物質、高濃度で汚染 2016年・米海兵隊調査 民間地域へ流出か 【沖縄タイムス】2018.10.28
 〇【ジョン・ミッチエル特約通信員】米軍普天間飛行場が発がん性も指摘されている残留性有害物質のPFOS(ピーホス)やPFOA(ピーホア)によって高濃度に汚染されていることが、沖縄タイムスが米情報公開法を通じて入手した米海兵隊の内部資料によって分かった。米海兵隊が同飛行場の汚染を確認していたことが明らかになったのは初めて。県による調査で同飛行場周辺の民間地域ではPFOSなどの汚染水が確認されている。基地の外へ流出の可能性が高いが、海兵隊は因果関係を一切認めていない。

伊方原発3号機が臨界到達 伊方原発 【大分合同新聞】2018.10.28">伊方原発3号機が臨界到達 伊方原発 【大分合同新聞】2018.10.28

ANN: 両陛下が最後の「三大行幸啓」 海づくり大会に出席 10/28">ANN: 両陛下が最後の「三大行幸啓」 海づくり大会に出席 10/28

安倍内閣支持率、横ばいの49%…読売世論調査 【読売新聞】2018.10.28">安倍内閣支持率、横ばいの49%…読売世論調査 【読売新聞】2018.10.28

【社説】サウジ記者殺害 言論の抹殺は許されない 【琉球新報】2018.10.28">【社説】サウジ記者殺害 言論の抹殺は許されない 【琉球新報】2018.10.28
 〇トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館で、政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が殺害された事件は、あまりにも不可解なことが多すぎる。最大の要因は、説明を二転三転させるなど不誠実な対応に終始するサウジアラビア政府の姿勢にある。事件の首謀者がサウジ政府中枢に存在すると考えるほかない。
 トルコのエルドアン大統領の説明などで事件の詳細が次第に明らかになっている。カショギ氏が9月28日にサウジ総領事館を訪問したことを機に、事件は動きだした。カショギ氏は10月2日に総領事館を再訪するよう要請されたようだ。
 最初の訪問後、複数の館員が急きょサウジに帰国した。今月1日にはイスタンブール郊外の森などの下見も行われたという。1日から2日にかけて、サウジから治安要員や法医学者ら15人が特別機などでトルコ入りした。
 その後、総領事館内の監視カメラの映像を記録するハードディスクが抜かれた。総領事館職員らは事件当日、館内の一つの部屋に集められ、休日を言い渡された者もいた。そしてカショギ氏は2日昼すぎに館内に入った。用意周到に殺害の準備が進められていたとしか思えない。
 ロイター通信がアラブ諸国高官の話として伝えたところでは、サウジのムハンマド皇太子の右腕とされる元王室顧問のサウド・カハタニ氏がネット電話で館内のカショギ氏と会話し、激しくののしり合った。トルコ情報当局によると、カハタニ氏は「その犬の首を持ってこい」と部下に殺害を指示したという。
 殺害時に録音されたとみられる音声記録があり、そこにはカショギ氏がサウジ当局らに尋問を受けて殺害され、体が切断されたことを証明する内容が含まれている。エルドアン大統領や米中央情報局(CIA)のハスペル長官も確認している。
 サウジは当初、カショギ氏が総領事館を訪問後に立ち去ったと事件性を否定していた。しかし国際社会の批判に押される形で「偶発的な口論と格闘で死亡した」と一転して館内での死亡を認めた。さらにその後、関与した実行犯らが「事前に犯行の意図を固めていた」との情報がトルコから寄せられたと発表した。
 サウジ政府はいつまで「子供じみた発表」(エルドアン大統領)を重ね「史上最悪のもみ消し」(トランプ米大統領)を続けるのか。ムハンマド皇太子の「卑劣な犯罪で正当化できない」という言葉が空虚に響く。
 国際人権宣言19条は「全ての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する」と定め、表現の自由を保障した。事件は国家による殺人であり、言論の自由、報道の自由の抹殺ではないか。決してうやむやにしてはならない。国際社会は協力して真相究明を進める必要がある。

【社説】[県民投票 始動]「選挙疲れ」払う工夫を 【沖縄タイムス】2018.10.28">【社説】[県民投票 始動]「選挙疲れ」払う工夫を 【沖縄タイムス】2018.10.28

【社説】【医学部入試不正】受験生への説明を尽くせ 【高知新聞】2018.10.28">【社説】【医学部入試不正】受験生への説明を尽くせ 【高知新聞】2018.10.28
 〇これが大学医学部の「価値観」なのだろうか。
 全国に81ある医学部の入試実態を緊急調査している文部科学省が、中間報告で、不適切な入試の数々を明らかにした。
 耳を疑う事例ばかりだ。現役生に加点し、長期浪人生には加点しない▽長期浪人生や女子は面接でより高い評価を得ないと合格させない▽卒業生の子どもらは合格圏外でも合格にする―などが判明した。
 合否判定への影響は不明だが、一部の大学は補欠合格の決定などを学長や学部長らに一任していた。判定資料に保護者の個人情報を記入させたり、面接試験で家庭の経済状況を質問したりする例もあった。
 緊急調査は、東京医科大が文科省局長の子どもを不正に合格させた疑いをきっかけに行われた。中間報告からは、医学部入試の問題は根が深いことがうかがえる。
 入試は言うまでもなく、受験生の学力や意欲などを判定する。高い公平性が求められ、あらかじめ公表されていない基準で選抜することは許されない。
 ところが、公になっていない「内部基準」を持つ医学部が少なからずあることが分かった。本来、合格していた受験生を不合格にする操作が繰り返されたと推察される。「入試は平等」と信じ、努力を重ねてきた受験生を裏切る行為だ。
 医学部にとどまらず、大学入試全体の信頼を揺るがす事態といってよいだろう。文科省も各大学も対応が急がれる。
 文科省は調査継続中を理由に、問題がある大学の名称や校数は明らかにしなかった。大学には自主的に公表するよう求めたという。
 年が明けると受験シーズンが本格化する。受験生はそろそろ志望校を絞り込む時季だ。現状ではあまりに情報が少なく、医学部の志願者は何を信じて出願すればよいか分からないだろう。
 予備校関係者によると、一連の問題を受け、医学部受験を諦める女子が出ているという。こうした事態は食い止めなければならない。
 大学自らが受験生らに説明を尽くすのは当然だ。
 文科省調査では当初、東京医科大以外の大学は全て「不正はない」と回答していた。中間報告と明らかに矛盾しており、大学自らが事実関係を明らかにしなければ、受験生は安心できまい。裏切り行為が続くことにもなる。 
 入試の仕組みの改善も急がなければならない。大学は学問の自由が認められ、自治が保障されるべき組織だ。各大学は問題の解決に自浄力を発揮してほしい。
 医学部を置く大学が参加する「全国医学部長病院長会議」は近く、入試の公平性を確保する指針を策定するという。方向性が注目されるが、医学部はその閉鎖性に厳しい目が向けられている。広く意見を聞き、受験生らが納得できる制度にすることが求められる。

【社説】ロボット兵器/人間が傷つく前に規制を 【神戸新聞】2018.10.28">【社説】ロボット兵器/人間が傷つく前に規制を 【神戸新聞】2018.10.28
 〇人工知能(AI)を備えたロボットが敵を攻撃する。SF映画のような兵器の実用化が現実味を帯びてきた。
 ロボットが自分で判断して戦う知性を持てば、人間中心の軍隊や戦闘の姿が根底から変わる可能性がある。技術力を持つ米国やロシアなどは、既に開発に力を入れているようだ。
 「未来の戦争」でも優位に立とうとする大国の思惑が、対立と軍拡競争の激化につながる恐れが懸念されている。
 先日、ジュネーブで開かれた国連公式専門家会議では、アフリカや中南米諸国などから禁止条約の制定を求める声が上がった。乱用や暴走などで多くの人間が傷つく前に、しっかりと歯止めをかけねばならない。
 ロボット兵器は、状況や目標を自分で判断する。戦地に投入されれば、プログラムと学習効果に基づき敵の兵士などを狙う。「キラー(殺人)ロボット」と呼ばれるゆえんである。
 米国がアフガニスタンや中東などで使用する無人攻撃機は、人間が遠隔操作している。AIを用いれば人間が操作しなくて済む。たとえ敵に反撃されても機械が壊れるだけで、自軍の兵士は現場で血を流さない。
 ロシアは無人ロボット戦闘車を、シリアの紛争地に試験投入した。偵察や攻撃に使うロボット戦闘機も公開し、他国に先駆けて実用化を急いでいる。
 今後、開発競争の過熱が予想される。防衛装備の高度化を目指す日本にも関わる話だ。
 問題視されているのは、人を殺傷するロボット兵器を製造することの倫理性である。標的にされる側の憎悪や敵意をあおる心配があり、AIの制御が利かなくなる不安もつきまとう。
 国連専門家会議は、約70カ国が昨年11月に続いて対応を話し合った。禁止条約についてさらに協議を継続することになったが、米国やロシア、英国、韓国などは条約制定に否定的だ。
 首をかしげるのは、日本も規制論議に慎重な立場でいることだ。民生用技術への影響が心配という理由だが、米国の「核の傘」の下で核兵器禁止条約に反対する姿と重なる。
 「平和国家」として、非人道的なロボット兵器の開発には、明確に異を唱えるべきだ。
  ★然り!

【社説】あすへのとびら 読書週間 良い本をなくさぬために 【信濃毎日新聞】2018.10.28">【社説】あすへのとびら 読書週間 良い本をなくさぬために 【信濃毎日新聞】2018.10.28

【社説】安田純平さん 無事帰国に深く安堵する 【新潟日報】2018.10.28">【社説】安田純平さん 無事帰国に深く安堵する 【新潟日報】2018.10.28
 〇長期間にわたる過酷な状況を耐え抜き、無事帰国を果たしたことに安堵(あんど)する。心配を募らせていた家族や周囲の人たちの喜びは、ひとしおだろう。
 取材のため内戦下のシリアに入り、現地で武装勢力に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが解放され、25日に一時滞在先のトルコから帰国した。
 安田さんが拘束されたのは2015年6月だ。3年4カ月もの間、行動の自由を奪われていたことになる。
 その環境は、苛烈だったようだ。安田さんは帰国の機内で共同通信の取材に「暴力や嫌がらせを受け、拘束中は虐待としか言いようがない状況」などと振り返った。
 日本政府は安田さんの健康状態に特別問題はないとしているものの、解放への展望が開けない中で長く緊張を強いられ、精神的に相当のダメージを受けている可能性がある。
 帰国後に安田さんの妻が空港で記者会見したが、安田さん本人は会見せず、「可能な限り説明をする責任があると思っている。折を見て対応する」としたコメントを出した。
 まずは心身の回復に専念することが大切だ。その上で、自らが置かれた抑圧状況や内戦下のシリアの現実について、社会に知らせてもらいたい。
 紛争状態が続く中、武装勢力はどんな行動原理で動いているのか。命の危険にさらされている現地の住民は、どんな思いでいるのか。自らの拘束を踏まえ戦地取材では、どんなことに留意すべきなのか。
 それらの事柄は、「現場」に赴いた安田さんだからこそ分かるものだ。ジャーナリストとしてさまざまな経験を積む中で培ってきた視点と的確な言葉で伝えてほしい。
 遠い海外で展開されている戦闘について日本に暮らす人たちが関心を深め、目の前にある平和がいかに重要かを見つめ直すことにもなろう。
 もちろん、安田さんもそれが自身の役割だと十分自覚しているに違いない。
 強く懸念するのは、「自己責任論」に基づくバッシングが起きることだ。安田さんは04年にもイラクで拘束されており、バッシングを浴びた。
 フリージャーナリストの後藤健二さんが15年1月、シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)に殺害されたとみられる事件でも、政府の警告に反した取材だと批判の声が上がった。
 だが、現場に入り、対象に迫らなければ正確な情報を得ることは難しい。半面、可能な限り危険を避ける準備をしても、戦地では不測の事態に遭遇する場合がある。
 一方的なバッシングは、取材や報道の萎縮を招くことになりかねない。
 政府は、安田さん解放の経緯や拘束が長期化した背景などを丁寧に検証してもらいたい。今後、同様の事件が発生した場合に適切に対応するためにも、不可欠な作業のはずだ。

伊方原発 再稼働し臨界に 近隣の島、避難計画に不安 【毎日新聞】2018.10.27">伊方原発 再稼働し臨界に 近隣の島、避難計画に不安 【毎日新聞】2018.10.27

F35B、東シナ海で空中給油=中国けん制か-米海兵隊 【時事通信】2018.10.27">F35B、東シナ海で空中給油=中国けん制か-米海兵隊 【時事通信】2018.10.27

私立幼稚園、便乗値上げか 無償化に合わせ4割が保育料増 【東京新聞】2018.10.27">私立幼稚園、便乗値上げか 無償化に合わせ4割が保育料増 【東京新聞】2018.10.27

イスラエル軍 ガザ地区に大規模な空爆で報復 【NHK】2018.10.27">イスラエル軍 ガザ地区に大規模な空爆で報復 【NHK】2018.10.27

日体大・松浪氏が平壌訪問「東京五輪参加を表明」 【テレ朝】2018.10.27">日体大・松浪氏が平壌訪問「東京五輪参加を表明」 【テレ朝】2018.10.27

爆発物郵送容疑で男逮捕 米メディア「熱烈な大統領支持者」 【東京新聞】2018.10.27">爆発物郵送容疑で男逮捕 米メディア「熱烈な大統領支持者」 【東京新聞】2018.10.27

憲法改正 “与野党が具体案示し議論加速を” 官房長官 【NHK】2018.10.27">憲法改正 “与野党が具体案示し議論加速を” 官房長官 【NHK】2018.10.27

枝野氏、自民の改憲案に「国民投票で否決すればいい」 【朝日新聞】2018.10.27">枝野氏、自民の改憲案に「国民投票で否決すればいい」 【朝日新聞】2018.10.27
  ★両院は、主権者、憲法改正権者、国民へ奉仕、議論、情報開示など、務めを果たせ。

韓国検察、最高裁前幹部を逮捕 徴用工訴訟遅らせた疑い 【朝日新聞】2018.10.27">韓国検察、最高裁前幹部を逮捕 徴用工訴訟遅らせた疑い 【朝日新聞】2018.10.27

【社説】安田純平さん解放 取材の意義を理解したい 【琉球新報】2018.10.27">【社説】安田純平さん解放 取材の意義を理解したい 【琉球新報】2018.10.27

【社説】[日中首脳会談]関係改善の流れ加速を 【沖縄タイムス】2018.10.27">【社説】[日中首脳会談]関係改善の流れ加速を 【沖縄タイムス】2018.10.27

【社説】[福島第1の廃炉] まだ始まったばかりだ 【南日本新聞】2018.10.27">【社説】[福島第1の廃炉] まだ始まったばかりだ 【南日本新聞】2018.10.27

【社説】免震データ改ざん ◆信頼回復へ問題点洗い出せ◆ 【宮崎日日新聞】2018.10.27">【社説】免震データ改ざん ◆信頼回復へ問題点洗い出せ◆ 【宮崎日日新聞】2018.10.27

【社説】伊方3号機再稼働 安全性が高まったわけではない 【愛媛新聞】2018.10.27">【社説】伊方3号機再稼働 安全性が高まったわけではない 【愛媛新聞】2018.10.27

【社説】麻生氏の発言  欠落した弱者への視線 【京都新聞】2018.10.27">【社説】麻生氏の発言  欠落した弱者への視線 【京都新聞】2018.10.27

自民党、289衆院選挙区支部に憲法改正推進本部設置を要請 【産経新聞】2018.10.26">自民党、289衆院選挙区支部に憲法改正推進本部設置を要請 【産経新聞】2018.10.26

国連の特別報告者 福島への子どもの帰還見合わせを求める 【NHK】2018.10.26">国連の特別報告者 福島への子どもの帰還見合わせを求める 【NHK】2018.10.26
 〇国連人権理事会が任命した特別報告者が、25日の国連総会で、福島の原発事故を受けた日本政府の避難解除の基準ではリスクがあるとして、子どもたちの帰還を見合わせるよう求めました。これに対して、日本側は、国際的な専門家団体の勧告に基づいていると反論し、日本側との立場の違いが浮き彫りになりました。
 国連の人権理事会が任命したトゥンジャク特別報告者は、25日の国連総会の委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、日本政府が避難指示を解除する基準の1つを年間の被ばく量20ミリシーベルト以下にしていることについて「去年、人権理事会が勧告した1ミリシーベルト以下という基準を考慮していない」と批判しました。
 これに対し、日本政府の担当者は、この基準は専門家で作るICRP=国際放射線防護委員会が2007年に出した勧告をもとにしており、避難指示の解除にあたっては国内の専門家と協議して適切に行っているとして、「こうした報告が風評被害などの否定的な影響をもたらすことを懸念する」と反論しました。
 この反論に、トゥンジャク特別報告者は、同じ専門家の勧告で、平常時は年間の被ばく量を1ミリシーベルト以下に設定していると指摘し、これを下回らないかぎりリスクがあるとして、子どもたちや出産年齢にある女性の帰還は見合わせるべきだと主張し、日本側との立場の違いが浮き彫りになりました。
 政府「指摘は誤解に基づいている」
 トゥンジャク特別報告者の批判について、政府の原子力被災者生活支援チームは、「ICRPの勧告では避難などの対策が必要な緊急時の目安として、年間の被ばく量で20ミリシーベルトより大きく100ミリシーベルトまでとしていて、政府は、そのうちもっとも低い20ミリシーベルト以下になることを避難指示解除の基準に用いている。また、除染などによって、長期的には、年間1ミリシーベルトを目指すという方針も示している」と説明しています。
 そのうえで「子どもなどの帰還を見合わせるべき」という指摘については、「子どもたちに限らず、避難指示が解除されても帰還が強制されることはなく、特別報告者の指摘は誤解に基づいていると言わざるをえない」と反論しています。

米退役軍人らが辺野古移設に抗議 安倍政権の対抗措置にNYでデモ 【琉球新報】2018.10.26">米退役軍人らが辺野古移設に抗議 安倍政権の対抗措置にNYでデモ 【琉球新報】2018.10.26
 〇【ニューヨーク共同】米国の退役軍人らでつくる「平和を求める退役軍人の会」や在留邦人ら約10人が25日、ニューヨークの日本総領事館前で、安倍晋三政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を進めようと沖縄県への対抗措置を取ったことに抗議するデモを行った。
 移設反対を訴えた故翁長雄志前知事が生前に出席した会議に同席し、感銘を受けたという女性反戦団体「グラニー平和部隊」のニディア・リーフさんは「沖縄が基地という過大な負担を抱えているのは容認できない。米国が基地を維持する方針を変えることを望む」と語った。

辺野古、春までに県民投票 沖縄県議会が条例可決 【東京新聞】2018.10.26">辺野古、春までに県民投票 沖縄県議会が条例可決 【東京新聞】2018.10.26

サウジ「殺害は計画的」 検察、記者死亡で説明修正 【東京新聞】2018.10.26">サウジ「殺害は計画的」 検察、記者死亡で説明修正 【東京新聞】2018.10.26
 〇【カイロ=奥田哲平、ワシントン=後藤孝好】サウジアラビア政府を批判してきた著名記者ジャマル・カショギ氏=当時(59)=の死亡事件で、サウジ検察当局は二十五日、実行犯らが事前に犯行を計画していたと発表した。これまでは「過失により死亡した」と主張していたが、トルコから提供された情報で確認されたという。
 サウジが計画的犯行と認めたのは初めて。ただサルマン国王やムハンマド皇太子は知らなかったとして、王室の関与を全面的に否定する姿勢は変化していない。
 一方、トランプ米大統領は二十五日、真相解明のためにトルコを訪問した中央情報局(CIA)のハスペル長官から現地調査の報告を受けた。調査結果を踏まえ、サウジ政府や実行犯への制裁措置などの対応を決める方針。
 米紙ワシントン・ポストは、ハスペル氏はトルコで、カショギ氏の殺害時の様子を収めたとみられる音声記録を確認したと報道。音声記録には、カショギ氏がトルコのイスタンブールのサウジ総領事館でサウジ当局者らに殺害され、体が切断されたことを証明する内容が含まれているとされる。
 トランプ氏はこれまで、サウジ政府の対応について「史上最悪の隠蔽(いんぺい)だ」と非難。巨額の武器輸出の凍結には消極的。政権内で人権侵害に関わった人物に制裁を科す「マグニツキー法」に基づく措置を検討している。

メキシコ国境に米軍派遣へ 移民に対処、警備隊支援 【東京新聞】2018.10.26">メキシコ国境に米軍派遣へ 移民に対処、警備隊支援 【東京新聞】2018.10.26
 〇【ワシントン=石川智規】トランプ米政権は二十五日、米国を目指しメキシコを北上する中米ホンジュラスなどからの移民集団(キャラバン)に対処するため、メキシコ国境沿いに米軍の実戦部隊を派遣する方針を固めた。米CNNテレビなどが国防総省など政府当局者の話として伝えた。マティス国防長官が近く、八百~千人規模の実戦部隊の派遣指示を出す見通しという。
 既に展開している国境警備隊などに車両を提供したり医療体制の補助など後方支援に従事する見通し。身柄拘束や武力行使などは想定されていない。
 米紙ロサンゼルス・タイムズなどによると、中米からの移民集団は一時、七千人を超える規模に拡大したが、現在は縮小傾向にあるという。メキシコ政府当局は集団の行動を妨害することなく通過させ、現在は米国境沿いまで約千六百キロ付近のメキシコ国内にとどまっている。人権保護団体などから食糧支援を受けているという。
 トランプ氏は今月中旬以降、ツイッターで「軍隊を動員する」などと移民集団に警告を発し続けている。

陸自、放射線監視装置の検査結果書き換えか 処分を検討 【朝日新聞】2018.10.26">陸自、放射線監視装置の検査結果書き換えか 処分を検討 【朝日新聞】2018.10.26
 〇防衛省は26日、陸上自衛隊補給統制本部(東京都北区)で、装備品の通信機能の検査結果が書き換えられていた疑いがあると発表した。複数の隊員が陸自内の調査に対して書き換えを認めており、さらに調査を進めた上で処分などを検討するという。
 陸上幕僚監部によると、検査結果が書き換えられていた疑いがあるのは、有害な化学物質を検知する「生物剤警報器」と、原発事故などの時に使う「広域放射線監視装置」。いずれも、離れた場所の検知器が、電波で部隊に異常を知らせる仕組み。定期検査で、民間会社が測定した電波の強さが陸自内の基準を超えていたにもかかわらず、収まるように書き換えていた。電波は微弱で、人体への影響は想定されないという。
 山崎幸二陸上幕僚長は「誠に申し訳ない。早急に調査を行い、適切に対応する」とするコメントを出した。(古城博隆)

理事懇開催、委員長職権で決定=衆予算委 【時事通信】2018.10.26">理事懇開催、委員長職権で決定=衆予算委 【時事通信】2018.10.26
 〇衆院予算委員会の野田聖子委員長(自民)は26日、2018年度第1次補正予算案の審議入りの日程を協議するため、29日に理事懇談会を開くことを職権で決めた。与野党筆頭理事が26日に断続的に協議したが、折り合わなかった。野党側は職権での理事懇開催に抗議している。(2018/10/26-19:56)
  ★身勝手が、看板⁉

ANN: 「組織罰」創設を 重大事故の遺族が大臣に請願書 10/26">ANN: 「組織罰」創設を 重大事故の遺族が大臣に請願書 10/26
  ★組織罰? 罰金、業務停止、…事業廃止?

NNN: 日中首脳会談始まる 10/26">NNN: 日中首脳会談始まる 10/26

TBS: 沖縄県議会、“辺野古”是非問う県民投票条例案を可決 10/26">TBS: 沖縄県議会、“辺野古”是非問う県民投票条例案を可決 10/26

ANN: 「自力で通勤できる」 財務省など障害者募集に条件 10/26">ANN: 「自力で通勤できる」 財務省など障害者募集に条件 10/26
  ★共生を拒絶!財務省ら。共生じゃのうて、手前勝手条件に⁉ さすが、安倍・麻生! 問題は、採用と育成の実績!きちんと実証せよ。

【社説】辺野古県民投票 民意を明確に示したい 【琉球新報】2018.10.26">【社説】辺野古県民投票 民意を明確に示したい 【琉球新報】2018.10.26
 〇米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票条例案が、県議会米軍基地関係特別委員会で賛成多数で可決された。26日の本会議で可決、成立する見通しだ。
 辺野古で進む埋め立て工事に対して、県民一人一人が意思を示す機会となるのが県民投票だ。改めて辺野古新基地建設について考える契機にしたい。
 県民投票は学生や弁護士、企業経営者らの住民有志でつくる「辺野古」県民投票の会が5月から署名活動を始め、条例制定の直接請求に必要な有権者の50分の1に当たる2万3千筆を大幅に上回る、9万2848筆を集めた。
 軍特委では、与党が埋め立て賛成と反対の2択で答える条例案を提案。野党の沖縄・自民と中立の公明は回答の選択肢に「やむを得ない」「分からない」を加えた4択を提案した。野党・中立は「県民のさまざまな意見を反映させる必要がある」としたが、そうだろうか。
 辺野古新基地建設問題は県知事選や国政選挙で繰り返し争点となり、県民はその多くで反対の意思を示してきた。しかし安倍政権は自民党が推す候補が落選すると「選挙の争点は(基地問題)一つではない」と述べ、新基地建設を強行してきた。間接民主制の弱点でもある。
 県民投票の目的は県民の意思を明確に示すことだ。法的拘束力がないとはいえ、民意を直接確認する意義は、いくら強調してもし過ぎることはない。
 条例案可決後、玉城デニー知事は6カ月以内に投票を実施する。しかし、懸念がある。投票事務に関してうるま、浦添、宜野湾、豊見城、糸満、石垣の6市が実施するか否かを保留しているからだ。
 石垣市議会は県民投票条例に反対する意見書を賛成多数で可決し、「一定の政治的主義主張に公費を使用して訴えるものだ」と批判した。
 有権者名簿は市町村の選挙管理委員会が持つため、現実的には市町村が投票事務を担わなければ実施できない。辺野古新基地建設を含む米軍基地問題は県民の暮らしにさまざまな影響を与えている。それについての考えは県民それぞれが持っているはずだ。投票を実施しない市が出ることになれば、市長や議会が市民の投票する権利を奪うことになる。
 米軍基地に関する県民投票は1996年に行われた。設問は「日米地位協定の見直しと県内の米軍基地の整理縮小について」という総論としての基地問題への問いだった。今回は辺野古への新基地建設に対する民意を初めて全県的に問うものだ。
 与野党ともに、県民投票を政争の具にし、党利党略に利用することがあってはならない。全ての市町村の協力を得て、新基地建設に対する県民の真意を明らかにする機会にしたい。

【社説】[太陽光出力制御] 常態化させない方策を 【南日本新聞】2018.10.26">【社説】[太陽光出力制御] 常態化させない方策を 【南日本新聞】2018.10.26
 〇九州電力は20、21日の土、日曜日、一部の太陽光発電事業者に停止を求める「出力制御」を2週連続で実施した。離島を除き4日目となった21日は過去最大で、ほぼ原発1基に相当する93万キロワットに上った。電力需給の不均衡による大規模停電を防ぐためだが、常態化させない方策を早急に探るべきだ。
 「制御」という言葉からは、柔軟な出力調整のような印象を受けるが、太陽光発電に限っては、燃料代ゼロの電気を捨てることにほかならない。事業者の収益が減るだけでなく、太陽光発電の普及にも水を差す。
 政府は7月に改定したエネルギー基本計画で、再生可能エネルギーを「主力電源化」すると明記した。再生エネの柱である太陽光の出力制御は、この新計画とも整合性がとれない。
 出力制御が必要になるのは春と秋の晴れた休日だ。冷暖房の利用が減り、工場やオフィスが休みになる一方、太陽光発電の出力は増えるからだ。電力が余る場合、国の「優先給電ルール」に基づき、各種電源の出力抑制などを行う。
 出力を調整しやすい貯水式水力発電の抑制、揚水発電所の水くみ上げによる電力消費、火力発電の抑制、連係線を通じた本州への送電をした上で、太陽光の停止を求める。調整が難しい原発の出力制御は最後の手段とされる。
 このルールに対しては「原発優遇ではないか」と太陽光事業者らから疑問の声が上がっている。
 太陽光発電は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を教訓に、固定価格買い取り制度で急速に普及した経緯がある。九電は川内、玄海両原発を順次再稼働させ、今夏から原発4基(計414万キロワット)体制とした。
 太陽光事業者が、原発再稼働のあおりで停止を迫られたと不満を抱くのも当然だ。
 エネルギー基本計画は、原発依存度を可能な限り低減させるとしながら、常時フル出力で稼働させる「ベースロード電源」の位置付けは変えなかった。天候で出力が変動する再生エネと、出力調整が難しい原発の両立という大きな課題を基本計画は内包している。
 日照条件がよく導入が進んだ九州が焦点になっているが、今後は他の地域で出力制御が必要になる可能性もある。連係線の増強や低コストの蓄電池開発を急ぐとともに、休日昼間の電気利用へ誘導する料金制度も検討すべきだ。
 加えて優先給電ルールの妥当性と、基本計画での原発の位置付けにまで踏み込んだ論議が欠かせない。それを避けていては、再生エネ主力化の本気度が疑われる。

【社説】安田さん解放 教訓を広く共有すべきだ 【熊本日日新聞】2018.10.26">【社説】安田さん解放 教訓を広く共有すべきだ 【熊本日日新聞】2018.10.26
 〇内戦下のシリアで行方不明になっていたジャーナリストの安田純平さん(44)が解放された。武装勢力に拘束されていたとみられる。3年4カ月に及ぶ長期拘束の末の解放は珍しい。安田さんの無事を願っていた家族や仲間らの思いが届いたことを喜びたい。
 安田さんは取材のため2015年6月、トルコ南部ハタイ県からシリア北西部イドリブ県に越境後消息を絶った。安田さんとみられる映像がネット上で複数回公開され、今年7月末の映像では、安田さんらしき男性が「今すぐ助けてください」と訴えていた。
 拘束していたのは、国際テロ組織アルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」とみられてきたが、分派した別組織に身柄が移ったとの情報も出ていた。日本政府の依頼でカタールとトルコが拘束組織と行った交渉が実を結んだ。
 このタイミングで解放に至った背景にはシリア情勢の変化があるようだ。イドリブ県と周辺地域はシリア反体制派とイスラム過激派にとって最後の拠点だが、アサド政権軍などに包囲され緊迫が高まっていた。拘束犯側は大規模戦闘が起きる前に事件決着を図った可能性が高い。
 身代金の支払いの有無など解放交渉の機微に触れる情報の公開は難しい。だが、安田さんの拘束の経緯や拘束中の状況、そしてどうやって危害を加えられることを防いだかなど、今回の事件から学ぶべき点は多いはずだ。
 企業活動や地域支援、そして取材活動の広がりとともに日本人が過激派による拘束事件やテロに巻き込まれる懸念は増している。こうした事件の再発を防ぐためにも、今回の事件を検証し、その教訓を広く共有すべきだろう。
 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」によると、世界の紛争地域などで過激派組織や武装勢力に拘束されている報道関係者は昨年時点で54人に上り、中東に集中している。安田さんは戦場や危険地取材の豊富な経験を持つベテランジャーナリストで慎重な取材で知られるが、中東ではこうした危険と隣り合わせであることが改めて浮き彫りとなった。
 中東など世界の紛争現場を日本人記者が取材する是非を巡り、「日本と縁遠い国の戦争を取材に行って拘束され、迷惑を掛けている」といった趣旨の批判もある。だが、戦場を自分で歩き、自分の目で見て直接市民の話を聞くことは、真相に迫る上で必要不可欠な仕事だ。欧米諸国の報道に依拠するだけでなく、日本人の視点を生かしたジャーナリズムを通じて世界を知ることは、日本の民主主義を支える柱でもあるはずだ。
 安田さんは「自己責任」を問う声が上がると、「政府の管理下ではない取材でしか手に入らない情報がある」と反論。「取材の可否を国家の裁量に委ねれば、情報統制につながる」と指摘していた。危険地域での活動に慎重を期すのはもちろんだが、日本政府が海外渡航や取材活動を過剰に規制することは慎むべきだろう。

【社説】【サウジ記者死亡】事件の全容の説明尽くせ 【高知新聞】2018.10.26">【社説】【サウジ記者死亡】事件の全容の説明尽くせ 【高知新聞】2018.10.26
 〇中東の盟主サウジアラビアの国際的信用が大きく揺らいでいる。
 サウジ人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で死亡。多数のサウジ政府関係者が関わっていたことが判明した。
 トルコ政府は、サウジ政府による計画的な殺人であり、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の関与もにおわせている。サウジ側はトルコの主張を認めていないが、在外公館で訪問者が命を落とすことは異常というほかない。
 被害者がムハンマド皇太子の政策や隣国イエメンへの介入を批判してきた記者となれば、なおさらだ。
 皇太子は、脱石油依存に向けた改革や女性の社会進出促進に取り組む若き権力者として知られる。外資誘致にも積極的だが、改革を批判する者を相次いで摘発する強権ぶりも目立っていた。
 カショギ氏死亡にも関わっていたとすれば、国際社会は関わり方を考え直さざるを得ない。原油市場や中東の地政学への影響も心配される。サウジには事件について全容の説明を尽くすよう求める。
 国際社会がサウジに強い疑念を抱くのは当然だ。
 総領事館を訪問後に行方不明になったカショギ氏について、トルコ当局は入手した音声記録などから館内で「殺害された」と主張してきた。サウジ側は当初、カショギ氏は総領事館を「立ち去った」と説明し、疑惑を全面否定していた。
 ところが、トルコ、サウジ双方の合同捜査が行われ、国際社会の厳しい目が注がれる中、サウジは一転、館内での死亡を認めた。
 サウジの説明では、「口論と格闘」により、カショギ氏が命を落としてしまったという。皇太子の関与は否定し、カショギ氏を連れ帰るよう指示されていた派遣チームの「暴走」と結論付けた。
 もちろん、証拠はなく、信ぴょう性は疑わざるを得ない。
 トルコのエルドアン大統領は声明で、カショギ氏は計画的に「残忍に殺害」されたと強調した。皇太子の関与こそ触れていないが、首謀者を明らかにするよう迫った。トルコ当局が入手した殺害時の音声記録は米国も確認したと報じられている。
 米国との関係が悪化しているトルコは親米国サウジとも緊張関係にある。サウジと対立するイランとも交流を深めている。エルドアン氏も独裁的で、したたかな大統領であり、その言動には政治的な思惑が否定できない。
 そうだとしても、国際社会は体制批判者を暗殺する国を許してはなるまい。各国が協力して事実関係を明らかにしたい。
 真相の解明には米国の役割も大きい。サウジに大量の武器を輸出する米国政府は事件への対応に慎重な姿勢も見せているが、同盟国だからこそ毅然(きぜん)とした態度が求められる。「米国第一」の論理で、臭いものにふたをすることは許されない。

【社説】医学部入試不正 受験生の不安を拭う改善が急務 【愛媛新聞】2018.10.26">【社説】医学部入試不正 受験生の不安を拭う改善が急務 【愛媛新聞】2018.10.26
 〇文部科学省は全国81大学が実施している医学部入試の緊急調査の中間報告を公表した。試験の得点が同じでも性別や浪人の回数で不利に扱うなど、複数の大学で不適切な点数操作が行われていた。既に不正が明らかになっている東京医科大や昭和大以外にも、不適切な入試が広がっている疑いが強まった。
 何も知らないまま懸命に準備してきた受験生への裏切りにほかならず、看過できない。本格的な入試シーズンが迫る中、このままでは受験生の不安や不信が拭えない。文科省や各大学は公平で透明性の高い入試方法へ改善を急がなければならない。
 不適切な事例として、長期の浪人生や女子を面接で不利にする▽調査書などで現役生だけ加点▽卒業生の子どもは合格圏外でも合格にさせる▽繰り上げ合格を伝える際、点数が低い特定受験生に先に連絡―の四つが確認された。もはや一部の大学の問題ではなく、医学部全体の入試の信頼が大きく損なわれた事態であると、深刻に受け止める必要がある。
 公平性に疑惑を招きかねない事例もあった。一部の大学が出願書類に保護者の氏名や職業、出身校を書かせた上で、面接試験で経済状況を詳細に質問していた。
 属性や家庭状況を聞くことは差別につながり問題は大きい。また、経済状況の確認は家庭の支払い能力を把握する意図がうかがえるが、それは受験生本人の能力とは関係がなく、大学の経営や自分たちの利害を重視する姿勢の表れと言わざるを得ない。旧態依然とした入試方法は見直す必要がある。
 文科省は募集要項に明記しないまま性別や年齢で扱いに差をつけたり、合理的ではない理由で特定の受験生を合格させたりすることは入試の公平性に反すると例示した。ただし、要項に書いていれば何でも許されるというわけではない。受験生や世間が納得できる基準が必要だ。
 全国の医学部長らの連絡組織が、近く指針を策定する。性別や浪人の回数、内部進学など背景が異なる受験生が公正に感じる内容であることが肝要だ。業界の常識だけにとらわれないよう外部の意見を反映させることも大切だろう。
 今回の調査は東京医大の不正入試が発覚した後、文科省が各大学の合格率を調べたことが発端だった。81校のうち78%に当たる63校で過去6年間の入試における女子の合格率が男子を下回る不自然さをみせた。文科省の問い合わせに、当初、全校が不正を否定していただけに、大学側の対応には疑問がある。
 文科省は全ての調査を終えていないことを理由に当該の大学名や学校数を公表していない。一方で受験生は志望校を絞り込む時期に入った。不正の有無が分からなければ、出願先を決められない。各大学には受験生に影響が出ないよう、自主的に学内調査を公表するなど、社会的責任を果たすべきだ。

【社説】東電被告人質問/真相話すのが社会的責務 【神戸新聞】2018.10.26">【社説】東電被告人質問/真相話すのが社会的責務 【神戸新聞】2018.10.26
 〇東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された武藤栄、武黒一郎両元副社長と勝俣恒久元会長の被告人質問が東京地裁で始まった。焦点は、社内で大津波の可能性が予見されながら対策を先送りしたのかどうかだ。
 今も多くの人が古里を追われ、避難生活を強いられている過酷な事故が起きた原因は何なのか。真実を明らかにし、東電や電力業界の改革につなげるのが旧経営陣の社会的責務である。
 武藤氏は2008年6月、国の地震予測「長期評価」を基に福島原発を襲う津波は最大15・7メートルとする社内試算を伝えられた。対策の検討を指示したが、7月末に試算手法の妥当性の検討を土木学会に委ねることに方針を一変させ、対策を先送りした。検察官役の指定弁護士はこう指摘する。
 武藤氏は「先送りではない」とし、国の長期評価を「信頼性がない」と主張した。自身の判断について「誰にも相談していない」とも述べた。
 矛盾するのはこの年の2月、武藤、武黒両氏と勝俣氏が出席した会議で、国の長期評価を対策に取り入れる方針が決まったとする証言がある点だ。
 武藤、武黒両氏は被告人質問でこれを否定した。武黒氏は試算結果を自分に報告したという武藤氏の証言さえも「記憶にない」とした。
 証言があってもすべて認めないのは、責任逃れにしか聞こえない。傍聴した被災者らが「当事者意識がない」と批判するのも、当然だろう。
 東電の現場が試算に危機感を抱いたことが、証拠採用されたメールなどで明らかになっている。膨大な費用負担や、津波災害の可能性が広まれば原発が危険視されることを嫌い、対策を先送りしたとの疑念にどう答えるのか。
 勝俣氏の被告人質問は30日の予定だ。震災前の勝俣氏は東電のみならず電力業界のトップを務めていただけに、その責任の重さを自覚するべきだ。
 国の長期予測が警鐘を鳴らした災害を、なぜ防ぐことができなかったのか。当時の経営陣の判断を包み隠さず証言することで、真因を明らかにしなければならない。

【論説】INF条約、米が破棄方針 核軍拡を誘発する愚挙だ 【福井新聞】2018.10.26">【論説】INF条約、米が破棄方針 核軍拡を誘発する愚挙だ 【福井新聞】2018.10.26
 〇【論説】トランプ米大統領が、米ロの2国間条約である中距離核戦力(INF)廃棄条約を破棄する方針を表明した。これが現実になれば、中国も巻き込んだ核軍拡競争を誘発しかねない。愚挙である。同条約は欧州の核の脅威を取り除くことが主眼だが、日本への影響も避けられない。米国は冷静さを取り戻し、世界を危険にさらす振る舞いをすぐに改めるべきだ。
 INF廃棄条約は1987年、米国と旧ソ連が調印した。大陸間弾道ミサイルではなく、より射程の短い地上配備の中・短距離核ミサイル(射程500~5500キロ)全廃を定めている。
 米国が条約を破棄して核開発を加速する構えを見せるのは、▽ロシアが条約に違反している▽条約に縛られない中国が開発を進めている―との二つの理由による。ロシアは「条約違反を犯しているのは米国」と反論するが、ロシアと中国の軍備強化が指摘され続けているのは事実である。
 米国の方針は、強硬派のボルトン大統領補佐官が主導したとされる。米ソがINF廃棄条約を結んだ際、北大西洋条約機構(NATO)はソ連の中距離ミサイルに対抗するため、「中距離ミサイルの配備を進めつつ、米ソ双方のミサイル削減交渉を行う」方針で臨んだ。いわば「圧力で対話を引き出した」形だ。ボルトン氏の念頭にもこの経緯があるかもしれない。
 しかし、条約を破棄したからといって中ロが核戦力放棄に動くとはおよそ考えられない。むしろロシアの核開発の制約がなくなり、その後には軍拡競争が残るだけである。米国が条約の現状に不満ならばロシアと修正協議を行うしかない。中国も含め、三大核保有国による真摯(しんし)な交渉が必要だ。
 今年7月、協議の糸口がうかがえる出来事があった。米ロ首脳会談で、INF廃棄条約の現状打開、新戦略兵器削減条約(新START)延長などを視野に両首脳は核軍縮に意欲を見せていた。ところがトランプ氏は会談後のロシア疑惑を巡る発言が批判を浴び、首脳会談自体もロシアに寄りすぎだなどとして、米国内であまり評価されなかった。このため中間選挙を前にして、核軍縮で成果を出すよりも力を見せつける手法を選択したのではないか。
 仮に米国が中距離核ミサイル開発にのめり込むようなら、配備先は欧州の他に日本も浮上する可能性はゼロではない。同ミサイルもそれに歯止めをかけるINF廃棄条約も、もともとは米国の同盟国を防衛するため、との側面がある。
 ロシアは、国連に条約維持の支持を求める決議案を提出するという。日本など米国の同盟国の対応を試そうとしているかのようだ。
 「核の傘」の下にある日本は今のところ、この問題に有効な発信ができていない。だが、欧州からは条約の重要さを訴える声が上がる。条約破棄となれば、北朝鮮非核化への悪影響は必至である。同盟関係への配慮は必要としても、このままだんまりを決め込むことは決して国益にならない。

【社説】横浜事件 司法は?かむりするのか 【信濃毎日新聞】2018.10.26">【社説】横浜事件 司法は?かむりするのか 【信濃毎日新聞】2018.10.26
 〇戦後に国家賠償法が施行される前のことなので、国は賠償責任を負わない―。形式的な判断によって、深刻な冤罪(えんざい)被害を生んだ司法の責任が不問に付されるのは理不尽と言うほかない。
 戦時下最大の言論・思想弾圧とされる横浜事件である。治安維持法違反で有罪とされた元被告の遺族が国に賠償を求めた裁判で、東京高裁は一審に続き、訴えを退ける判決を言い渡した。
 富山の旅館で撮られた集合写真が、共産党再建を企てる謀議に仕立て上げられた。特高警察は拷問で虚偽の自白を引き出し、裁判所はそれを知りつつ有罪と認定した。70年以上を経て被害回復は果たされていない。
 雑誌「改造」「中央公論」の編集者や言論人ら60人以上が逮捕され、拷問により5人が死亡している。起訴された30人余の大半が、敗戦直後の裁判で執行猶予付きの判決を受けた。公判は1回きりで、起訴状を朗読してすぐに判決が言い渡されたという。
 訴訟の記録は焼却され、起訴状も判決の原本も残っていない。連合国軍が進駐する前に裁判を急ぎ、執行猶予によって被告を釈放した上で、事件の痕跡を消そうとしたことは明らかだ。
 1986年以降、元被告らが申し立てた再審請求は2度にわたって棄却された。裁判記録がないことが理由だったが、焼却したのはほかならぬ裁判所である。
 自白の信用性に著しい疑いがあるとして2005年にようやく再審開始が決まる。けれども、あらためて言い渡された判決は、治安維持法が既に廃止されたことを理由に、有罪か無罪かを判断せず裁判を打ち切る「免訴」だった。
 再審は、無実の人の被害回復を図るための制度である。免訴で冤罪は償えない。無罪判決を避けた司法判断は、再審制度の意味を取り違えている。
 その後、刑事補償を認めた横浜地裁の決定が、事実上の無罪判断を示し、警察や検察、裁判所の故意・過失は重大だと指摘した。だからといって、責任が明確になったわけではない。
 国賠訴訟でも、司法が過去の過ちに正面から向き合う姿勢は見えない。高裁判決は、国賠法施行前の賠償責任については立法府で議論されるべきだと付言した。ひとごとのような言い方である。
 人権のとりでであるべき司法が形式的な判断に逃げ、頬かむりするような姿勢でいいのか。言論・思想の弾圧に加担した重大な責任をうやむやにしてはならない。

【社説】横浜事件と司法 過ちに向き合うべきだ 【北海道新聞】2018.10.26">【社説】横浜事件と司法 過ちに向き合うべきだ 【北海道新聞】2018.10.26
 〇公正や公平を旨とする裁判所が自らの過ちに目をつぶり、責任を回避しようとしている。
 そう見られても仕方がないのではないか。
 戦時中の最も大きな言論弾圧とされる横浜事件で有罪が確定し、後に実質無罪の免訴となった元被告2人の遺族が国に損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁が遺族側の控訴を棄却した。
 当時の捜査や裁判に違法な行為はあったが、被害救済する国家賠償法が施行される前のことだから国は責任を負わない―。こう結論付けた一審を支持した判決には、首をひねらざるを得ない。
 司法に求められるのは、弾圧に加担した負の歴史を直視し、検証を尽くすことだ。真摯(しんし)な反省を経た上で、人権の擁護に徹するのが「法の番人」の責務である。
 1942~45年に起きた横浜事件は、そもそも特高警察の捏造(ねつぞう)とされる。雑誌の編集者ら約60人が「共産主義を宣伝した」として治安維持法違反容疑で逮捕され、多くが有罪判決を受けた。
 背景にあったのは、著しい人権侵害である拷問や自白の強要、検察官の不当な起訴、そして「有罪ありき」の偏った裁判だ。
 捜査・司法機関が一体となって無辜(むこ)の人たちを「犯罪者」にしたに等しい。遺族が国に賠償を求めるのは当然だろう。
 ところが地裁も高裁も、公正さを欠いた裁判の問題に正面から向き合うことなく、「国賠法の不存在」との法律論で訴えを退けた。
 元被告らは免訴となる前、再審を申し立てたが「訴訟記録が残っていない」と棄却されてもいる。
 だが、戦後の混乱に乗じて不都合な記録を廃棄したのは、当の裁判所である。遺族は「あまりに不誠実」とただしたが、司法は今回、違法性を認めつつも、廃棄の真相に迫ろうとはしなかった。
 こうした姿勢では、過去の過ちから教訓をくみ取ることなど期待できまい。
 はるか昔の事件のことではないか、という指摘は当たらない。
 横浜事件と事情や状況は異なるにせよ、現在もなお、有罪判決を受けたり服役したりした人について、冤罪(えんざい)やその疑いが明らかになるケースが少なくない。
 最高裁が特別な調査機関などを設け、専門的な検証を加えるのも一つの選択肢ではないか。
 司法が誤判をなくしていくためには、審理の間違いを率直に認め、謙虚に原因を追究することが不可欠である。

ANN: 学校の「いじめ」過去最多“PCなどで中傷”年々増加 10/25">ANN: 学校の「いじめ」過去最多“PCなどで中傷”年々増加 10/25

TBS: 安田純平さん帰国、機内の様子は? 10/25">TBS: 安田純平さん帰国、機内の様子は? 10/25

TBS: 東証も急落、終値は822円値下がり 10/25">TBS: 東証も急落、終値は822円値下がり 10/25

TBS: 特別支援学校講師自殺で和解、岐阜県が遺族に8200万円 10/25">TBS: 特別支援学校講師自殺で和解、岐阜県が遺族に8200万円 10/25

TBS: JR西 新幹線「風速体感研修」“トンネル外”に見直しへ 10/25">TBS: JR西 新幹線「風速体感研修」“トンネル外”に見直しへ 10/25
  ★パワハラ、いじめ

TBS: 日清フーズ 家庭用小麦粉など来年1月から値上げへ 10/25">TBS: 日清フーズ 家庭用小麦粉など来年1月から値上げへ 10/25

ANN: 人工知能で蓄電池に電力をためるサービス発表 10/25">ANN: 人工知能で蓄電池に電力をためるサービス発表 10/25

自民各派 憲法改正に慎重議論求める意見 【NHK】2018.10.25">自民各派 憲法改正に慎重議論求める意見 【NHK】2018.10.25
 〇安倍総理大臣が24日の所信表明演説で、憲法改正に重ねて意欲を示したことについて、自民党の派閥の会合では、国民の理解が得られるよう慎重に議論すべきだといった意見が出されました。
 このうち、石原元幹事長は「踏み込んだ印象を強く持った。国会の憲法審査会に自民党の改正案を示すということだが、4項目の案はあまり評判がよくないのも事実だ。国民の理解を深められるよう慎重に掘り下げる必要があるのではないか」と指摘しました。また、石破元幹事長は「安倍総理大臣は総裁選挙で、憲法について自民党議員の前できちんと話したいと言っていたので、ぜひ実現してもらいたい。きちんと議論し、党としてまとまって国会に臨むことが必要だ」と述べました。
 さらに、逢沢元国会対策委員長は「憲法は、これまで細心の注意を払いながら議論を積み重ねてきた。もう一度それをしっかり踏まえたうえで対応していくことが必要ではないか」と指摘しました。
 一方、伊吹元衆議院議長は「総理大臣の発言としていいのかという感じもしたが、安倍総理大臣には焦燥感があるのだろう。行政の府の長にとやかく言われずに、議員の判断で議論する雰囲気をつくらなければならない」と述べました。

スマホで「痴漢」相次ぐ 電車内、突然わいせつ画像送付 【東京新聞】2018.10.25">スマホで「痴漢」相次ぐ 電車内、突然わいせつ画像送付 【東京新聞】2018.10.25

サウジ記者死亡時 音声記録 CIA長官が確認 【東京新聞】2018.10.25">サウジ記者死亡時 音声記録 CIA長官が確認 【東京新聞】2018.10.25
 〇【ワシントン=共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は二十四日、米国在住だったサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の死亡事件の真相解明のためトルコを訪問した中央情報局(CIA)のハスペル長官がカショギ氏の殺害時に録音されたとみられる音声記録を確認したと伝えた。
 トランプ大統領はハスペル氏から近く報告を受け、サウジ政府に対する措置を決定する見通し。音声記録の内容が判断に大きな影響を与える可能性がありそうだ。
 同紙によると、ハスペル氏は二十二日にトルコへ向かいトルコ滞在中に音声記録を聞いたという。関係筋は音声記録について「説得力」があり、記者死亡を巡りサウジ政府に責任を負わせるべきだとの圧力が米政府にかかるだろうと語った。
 ポンペオ国務長官は二十三日の記者会見で、事件に関与した実行犯らのビザ(査証)を取り消すと発表。「米国による処罰はこれが最後ではない」と強調し、人権侵害に関する制裁法の適用も検討中だと述べた。
 音声記録は、カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内でサウジ当局者らに尋問を受けて殺害され、体が切断されたことを証明する内容とされる。トルコ当局が地元メディアに漏らしてきたほか、ポンペオ氏やCIA当局者が内容を確認したとの報道がこれまでも出ていたが、トランプ氏は二十日、「政権内の誰も見聞きしてない」と否定していた。

OBや市民「吉田寮保全を」 京大総長へ共同声明提出 京都新聞 2018年09月28日">OBや市民「吉田寮保全を」 京大総長へ共同声明提出 京都新聞 2018年09月28日
 〇京都大が吉田寮(京都市左京区)の老朽化対策で9月末までに寮生全員に退去を求めている問題で、卒業生と市民らが27日、山極寿一総長らに宛てて寮の保全と活用を求める共同声明を提出した。
 この日、卒業生でつくる「21世紀に吉田寮を活(い)かす元寮生の会」のメンバーらは、趣旨に賛同した卒業生と市民計642人の名簿と合わせて、共同声明を大学に提出。同寮の築105年の旧棟は京大の誇るべき財産と指摘し、「学生たちとの話し合いを通じ、対話を重んじてきた『京大らしい解決』を望む」と訴えている。
 大学は昨年12月、耐震基準を満たす新棟の入居者を含む全寮生に退去を求める基本方針を発表。寮生と大学は今年7、8月、退去や旧棟の補修などについて話し合った。「議論が建設的ではない」などの理由で大学側は9月中旬、話し合いの中断を通告している。

【社説】辺野古対抗措置文書 「権力乱用」はどっちだ 【琉球新報】2018.10.25">【社説】辺野古対抗措置文書 「権力乱用」はどっちだ 【琉球新報】2018.10.25
 〇米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設を巡り、沖縄防衛局が国土交通相に提出した審査請求書と執行停止申立書の全文を琉球新報が入手した。
 仲井真弘多元知事による埋め立て承認を8月31日に県が撤回して以降、工事は中断している。これらの文書は、防衛局が行政不服審査法に基づき、対抗措置として17日に提出したものだ。
 繰り返し指摘しておきたいのは、行政不服審査法の救済の対象が国民に限られるという点だ。同法は、行政庁の違法または不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民の権利利益の救済を図る―と明示している。
 だからこそ、2015年に防衛局が行審法に基づく審査請求・執行停止申し立てをした際、国内の行政法研究者93人が、審査請求も執行停止の申し立ても不適法とする声明を発表したのである。「国民の権利救済制度である行政不服審査制度の乱用」と断じた専門家の見解は極めて重い。
 だが政府はこうした指摘を一顧だにせず、またしても条文を都合良く解釈した。国の態度は法治主義を否定するものであり、法治国家の看板を投げ捨てるに等しい。
 県による埋め立て承認の撤回を「行政権の乱用」と批判した政府こそ、強大な国家権力を乱用している。
 防衛局は工事が中断している間も警備、資機材・工事現場の維持管理などで1日当たり約2千万円の余計な支出が生じていると主張した。ちょっと待ってほしい。
 当時の翁長雄志知事が強く反対する中で、汚濁防止膜設置の海上工事、護岸工事を強行したのはほかならぬ防衛局である。県との事前協議も完了していなかった。損害が生じたとしても自業自得だ。
 仲井真元知事が埋め立てを承認した際、県は「工事の実施設計について事前に県と協議を行うこと」と留意事項に記載していた。
 協議の不備を指摘された防衛局は「協議を行うこと」は同意を得ることまで求めるものではなく、留意事項違反とはならないと主張している。
 協議さえすれば決裂しても構わないという認識だ。そうであるなら、何のための留意事項だったのか。あまりにも誠意に欠ける言い分だ。
 軟弱地盤についても調査が継続中として存在を認めていない。防衛局が提出した文書は全体として詭弁(きべん)、こじつけ、言い逃れが目立つ。
 県は執行停止は認められないとの意見書を送付したが、防衛省の申し立てを国交相が審査するのだから、結果は見えている。公正さを欠いているのは誰の目にも明らかだ。
 このような手法がまかり通るなら、原発から出る核のごみの最終処分場でさえも、地元の同意が不十分なまま建設できるようになるのではないか。問われているのは日本の民主主義の在り方だ。独り沖縄だけの問題ではない。

【社説】[県民投票条例案可決]実施の意義 周知を図れ 【沖縄タイムス】2018.10.25">【社説】[県民投票条例案可決]実施の意義 周知を図れ 【沖縄タイムス】2018.10.25
 〇県民投票に向けた大きな一歩が踏み出された。
 辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票条例案は24日、県議会の米軍基地関係特別委員会で与党の賛成多数で可決された。
 投票実施に必要な予算案も総務企画委員会で認められた。いずれも26日の最終本会議で可決、成立する見通しである。
 自民、公明は「賛成」か「反対」かを問う2択方式を改め、「賛成」「反対」に「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えた4択方式の修正案を提案したが、賛成少数で否決された。
 米軍普天間飛行場の危険性除去については、県も県議会与野党も一致している。その点の争いはない。
 県民投票の効果を高めるという観点から言えば、多様な解釈を許すような選択肢ではなく、あいまいさを排除して単刀直入に聞くことが力になる。選択肢の中に答えを誘導するような表現があるのは好ましくない。
 地方自治法に基づいて9万2848筆の署名を集め、県に条例制定を請求した「『辺野古』県民投票の会」は、9月に発表した声明で指摘している。
 「沖縄のみならず、民主主義の在り方を左右する日本の問題として国民的議論を深める機会にすべきである」
 県民投票に法的な拘束力はない。政府は、反対が多数となった場合でも移設方針に影響はない、との姿勢を崩していない。だが、政府が問答無用の姿勢だからこそ、県民投票が必要なのである。
■    ■
 県民投票をめぐっては石垣市議会が反対の意見書を可決した。県の調べによると、投開票などの事務委託について、10日の時点で41市町村のうち35市町村が同意し、6市が回答を保留している。
 条例案は委員会で可決したものの、今のところ各市町村の足並みはそろっていない。 「基地建設は国の専権事項」だという主張や、「司法の結果を見て判断すべき」だとの意見があるのは確かだ。
 防衛問題が「国が本来果たすべき役割」だとしても、「国の専権(専管)事項」という言葉には、自治体や住民は口出しすべきではない、というニュアンスが込められている。
 だが、基地建設によってさまざまな被害を恒常的にこうむるのは住民である。自治体が住民の生活を守る立場から国に過重負担の軽減と公平・公正な扱いを求めるのはあまりにも当然である。
■    ■
 2017年4月の憲法審査会で、参考人として出席した斎藤誠・東大教授は、国と沖縄県の対立状態を念頭に「訴訟ですべてが解決するのではなく、政治の場で協議や対話を積み重ねることが重要」だと指摘した。
 県民投票に向けたさまざまな取り組みを通して議論が深まり、「沖縄の民意」が明確に示されれば、本土の議論を促す力になるだろう。
 自治体が県民の「意思表示する権利」を閉ざすようなことがあってはならない。保留中の自治体の賢明な判断を期待したい。

【社説】[所信表明演説] どんな国を目指すのか 【南日本新聞】2018.10.25">【社説】[所信表明演説] どんな国を目指すのか 【南日本新聞】2018.10.25
 〇秋の臨時国会が召集された。安倍晋三首相は所信表明演説で「今こそ新しい日本の国創りをスタートさせる時」と強調して、重要政策を推進する決意を見せた。
 だが、首相の言う「新たな国創り」とは、どんな国を目指すのか理解しがたい。…

【社説】首相所信表明 政策遂行の道筋見えない 【熊本日日新聞】2018.10.25">【社説】首相所信表明 政策遂行の道筋見えない 【熊本日日新聞】2018.10.25
 〇臨時国会が24日、召集された。安倍晋三首相は所信表明演説で「新しい日本の国創[づく]りをスタートする」と述べるとともに、北朝鮮やロシアとの間の諸問題を解決して「戦後日本外交の総決算」を実現すると強調。主要政策の着実な遂行に意欲を示したが、その道筋には不明確な部分が多い。
 今国会は、安倍首相の自民党総裁任期である今後3年間の政権運営が問われる機会となる。首相は、総裁選で連続3選を果たした勢いをてこに憲法改正論議の進展を狙うとともに、2018年度補正予算案や外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管難民法改正案の審議を最優先とする考えだ。
 一方、野党は森友・加計学園問題を引き続き追及する構えだ。決裁文書改ざんなど財務省の不祥事で責任が問われた麻生太郎副総理兼財務相の留任を問題視するとともに、新閣僚の資質や「政治とカネ」に絡む疑惑もただす。
 首相は憲法改正について、「与党、野党といった政治的立場を超え、できるだけ幅広い合意が得られると確信している」と期待感を示した。同時に「憲法審査会で政党が具体的な改正案を示すことで、国民の理解を深める努力を重ねていく」とも述べ、9条への自衛隊明記を含む自民党改憲案の提示に意欲をにじませた。
 与党は憲法改正の国民投票に関する規定を公職選挙法とそろえる国民投票法改正案の成立を目指している。だが、自民党が首相の意向に沿って改憲案の提示に踏み切れば、野党の反発は必至だ。
 社会保障制度に関しては「今後3年で全世代型に改革する」と宣言。65歳以上への継続雇用引き上げを検討するほか、「未来を担う子どもたち、子育て世代に大胆に投資する」とした。では、必要な財源はどこから捻出するのか。
 来年10月の消費税率引き上げへの備えについても、首相は「あらゆる施策を動員する」と触れるにとどめた。米中の貿易摩擦が激化する中、万全の経済対策を取れるか不安は尽きない。
 北朝鮮情勢を巡り、核・ミサイル問題と日本人拉致問題との包括的な解決に向けて「あらゆるチャンスを逃さない」としたが、先行きは不透明だ。ロシアとの北方領土交渉も「戦後日本外交の総決算」という言葉が先行し、中身が追い付いていない印象だ。拉致も領土問題も形になった成果は全く出ていない。
 外国人労働者の受け入れ拡大に関する入管難民法改正案については「即戦力となる外国人材を受け入れる。日本人と同等の報酬をしっかりと確保する」とした。ただ野党は「移民法と同じだ」としており、激論が予想される。
 「新たな国創り」や「戦後日本外交の総決算」と未来を語るのであれば、政権の過去をいったん総括することが必須だ。今回の演説で、看板政策のアベノミクスへの言及はなかった。過去の検証も説明もせず、新たなスローガンと目標を並べ立てるのでは目先を変えようとしているとしか見えない。

【社説】首相所信表明 民意に向き合う政治こそ 【西日本新聞】2018.10.25">【社説】首相所信表明 民意に向き合う政治こそ 【西日本新聞】2018.10.25
 〇臨時国会がきのう召集され、安倍晋三首相が所信表明演説をした。先の自民党総裁選で連続3選を果たし、内閣改造も行った首相にとって「最後の3年」に臨む最初の国会である。
 衆参両院の巨大与党に支えられ、「1強政治」を築き上げた首相は、長期政権をどう締めくくるつもりか。
 案の定、首相は悲願の憲法改正に照準を定めた。その決意を改めて力説することが演説の眼目だったとさえ言えよう。
 演説の最終盤で「国の理想を語るものは憲法です」と切り出した首相は、「憲法審査会において、政党が具体的な改正案を示すことで、国民の皆さまの理解を深める努力を重ねていく」と宣言した。
 どの条項をどう変えるのか。具体的な提示こそなかったが、首相が自ら提唱した9条への自衛隊明記▽緊急事態条項▽参院選「合区」解消▽教育充実‐の4項目で構成する自民党の改憲案が想定されるのは言うまでもない。

 しかし、ちょっと待ってほしい。自民党内でさえ、改憲論議は活発だとは言い難い。先の総裁選では9条への自衛隊明記に真っ向から反論した石破茂元幹事長が地方票で善戦した。
 連立を組む公明党は改憲に慎重な姿勢を崩していない。野党は安倍政権の改憲志向そのものに強い警戒感を抱いている。
 世論も同様だ。内閣改造直後に共同通信社が実施した世論調査では、この臨時国会に自民党の改憲案提出を目指す首相の意向について、賛成は36%にとどまり、反対は48%に及んだ。
 党内外の情勢や国民の意識に比べ、首相の改憲論がいかに突出しているか‐ということだ。
 憲法論議は私たちも大切だと考える。しかし、多くの国民は今、改憲が最優先課題とは考えていない。その現実を首相は冷静に判断してほしい。
 無論、改憲は演説の一節であり、首相は内政外交の基本方針を語った。災害復旧・復興の加速、国土強靱(きょうじん)化、地方創生、全世代型の社会保障改革、激動する国際情勢に応じた戦後日本外交の総決算に意欲を示した。
 ただ、その中身は総裁選から内閣改造にかけて、首相が繰り返し表明してきた方針や政策の域を出ず、新味に乏しい。
 他方で、多くの国民が説明責任を果たしてほしいと望む森友・加計(かけ)学園問題には触れず、障害者雇用の水増し問題など官の不正にも言及しなかった。なぜか、と問いたい。
 「常に民意の存するところを考察すべし」という平民宰相、原敬の言葉を首相は引いた。まさに至言である。民意に向き合う政治を首相に求めたい。
  ★主権者(憲法改正権者)に仇名す改憲など、あろうことか。

【社説】首相の所信表明 国会で熟議重ねる謙虚な姿勢を 【愛媛新聞】2018.10.25">【社説】首相の所信表明 国会で熟議重ねる謙虚な姿勢を 【愛媛新聞】2018.10.25
 〇第4次安倍改造内閣の発足後初の臨時国会が召集され、安倍晋三首相が所信表明演説を行った。「新しい日本の国創り」をスタートさせると理想を掲げたものの、列挙した政策に具体性が乏しいため目標への道筋が明確ではない。国民に説明を尽くしながら政権運営に努めることが大切で、国会で熟議を重ねる謙虚な姿勢が求められる。
 首相が「安倍1強」による弊害やおごりを指摘する声を意識しているのは間違いない。「長さゆえの慢心はないか。そうした国民の懸念にしっかり向き合う」との心構えを示した上で、「長さこそが、継続こそが力である」と思ってもらえるよう身を引き締めると決意を述べた。
 しかし、これまで「謙虚に丁寧に政権運営に当たる」と何度も言ってきたが、行動が伴わなかった。今回も言葉通りには受け取れない。首相は国会での質疑で同じ説明を繰り返す場面が目立つ。自分の主張は正しく、理解しない相手が悪いという傲慢(ごうまん)な考えを持っていることの証左である。説得力に欠ける自らの言葉に問題があると認めることから始めなければならない。
 首相が強い意欲を見せる憲法改正では、政党が具体的な改正案を示し、国民の理解を深める努力を重ねる中で「与党、野党といった政治的立場を超え、できるだけ幅広い合意が得られると確信している」と強調した。今国会での自民党案の提示については世論調査で反対が賛成を上回っており、公明党にも根強い抵抗感がある。野党の反発も必至だ。現段階で合意形成の見通しは立っておらず、首相による独善的で前のめりな言動は看過できない。
 北朝鮮問題を巡っては、金正恩朝鮮労働党委員長との直接会談に強い意欲を示し、「あらゆるチャンスを逃さない」と改めて発言したが、拉致、核、ミサイル問題への具体的な方策は示さなかった。ロシアに対しては「プーチン大統領との信頼関係の上に、領土問題を解決する」と抽象的な表現にとどまった。描く戦略が見えない以上、首相が掲げる「戦後日本外交の総決算」はイメージ先行だと言わざるを得ない。
 臨時国会の審議では新閣僚の力量も問われるが、早くも適格性を疑われる不祥事が明らかになった。片山さつき地方創生担当相の口利き疑惑が週刊文春に報じられるなど「政治とカネ」に絡む問題が続出している。野党側は予算委員会での集中審議を求め、問題をただす構えだ。
 追及姿勢を強める野党の責任も大きい。通常国会では、対決路線の立憲民主党と「対決より解決」を掲げた国民民主党で足並みが乱れた。野党が主導権争いに終始しているようでは、巨大な与党に対峙(たいじ)できない。衆参両院で野党第1会派になった立民が中心となり、野党の連携を図る必要がある。与野党が健全で徹底した論戦を交わすのは国会の責務であると各議員は肝に銘じなければならない。

【社説】【臨時国会】信頼を取り戻す論戦望む 【高知新聞】2018.10.25">【社説】【臨時国会】信頼を取り戻す論戦望む 【高知新聞】2018.10.25
 〇第197臨時国会がきのう召集された。安倍首相が9月の自民党総裁選で連続3選を果たし、第4次安倍改造内閣が発足して初めての国会論戦が始まる。
 森友、加計学園問題など積み残しの課題も含め論点は多岐にわたる。新閣僚の「政治とカネ」疑惑も浮上している。安倍政権は「数の力」を振るう強権的な姿勢を改め、異論や批判に誠実に向き合うよう努めなければならない。
 安倍首相は所信表明演説で、従来の「常識」を打ち破ると強調。衆院で与党議席が3分の2を超える強固な政治基盤を前面に「新しい国創りに挑戦する」と訴えた。
 構想力や指導力をアピールしたのだろうが、言葉通りに受け止められない。安全保障関連法をはじめ、国民の不安や説明要求を顧みず、「1強」の力ずくで審議を押し切ってきたのが安倍流ではなかったか。
 「強い日本」を創る、と首相は意気込む。だが、その演説は政権にプラスばかりの数値などを並べ立て、都合のいい見通しを語るばかり。現実の困難を解決し、豊かさを構築する具体策は見えてこない。
 自民党は今回の臨時国会で、憲法9条に自衛隊を明記するなどの改憲条文案を提示する方針だ。改憲に前のめりの安倍首相は「政治的立場を超え、できるだけ幅広い合意」を目指す考えを示した。
 だが、その言動は矛盾する。内閣改造に伴う改憲担当の党人事で、他党との熟議、協調を重視してきた憲法審査会の中谷元・筆頭幹事らを交代させ、首相に憲法観が近い保守派を据えた。議論をせかす意図が透ける。強引な議論は許されない。
 安倍政権が2度先送りしてきた消費税率10%への引き上げも本格的な議論に入る。安倍首相は財政再建を後回しにし、教育無償化を手厚くする「全世代型社会保障」を打ち出している。
 では、その社会保障を持続させるための財政の健全化をどう図るのか。借金は1千兆円を超える。その核心への言及はない。国民の将来不安を取り除く議論と、与野党を超えた提案が求められる。
 外国人労働者の受け入れ枠を広げる入管難民法改正案も焦点だ。人手不足対策で、労働力確保を優先目的としているのは明らかであり、人権や労働環境の保護にまで踏み込んだ審議を要する。
 財務省の決裁文書改ざんや自衛隊の日報隠蔽(いんぺい)、官庁の障害者雇用水増しなど国民を欺く重大不祥事が相次ぎ、信用失墜は底なしの様相だ。大島衆院議長は7月、安倍政権に対し「民主主義の根幹を揺るがす」と異例の警告を表明し、同時に国会の監視責任をただした。
 安倍政権は言論の府の権威を踏みにじるような採決強行を繰り返し、野党もあらがえずそれを許した。「全国民を代表」し「国権の最高機関」である立法府の劣化が問われている。国民の信頼を取り戻す場としなければならない。

【社説】米の核条約離脱 軍縮の流れ止めるのか 【徳島新聞】2018.10.25">【社説】米の核条約離脱 軍縮の流れ止めるのか 【徳島新聞】2018.10.25
 〇国際社会の核兵器廃絶への取り組みに逆行するばかりか、中国を巻き込んだ新たな軍拡競争に火を付ける危険をはらんでおり、到底容認するわけにはいかない。
 トランプ米大統領が、米国と旧ソ連が結んだ中距離核戦力(INF)廃棄条約から離脱すると表明した。
 条約を引き継いだロシアが違反してきたから、というのが最大の理由だ。加えて、条約に縛られない中国による中距離ミサイル開発も批判し、中ロが軍拡を抑制しなければ米国は兵器開発を進めるとの意向を強調した。
 中ロへの危機感に理解を示す向きもある。しかし、条約に代わる抑止の枠組みが見えない中での離脱は、欧州やアジアの安全保障にも重大な影響を及ぼすだけに、無責任すぎる。
 ボルトン米大統領補佐官がモスクワを訪れ、ロシア側にトランプ氏の意向を伝えたようだ。正式に通告されれば6カ月後には失効する。両政府は、条約の履行と相互不信の解消に向け、早急に協議を進めるべきだ。
 INF廃棄条約は、冷戦時代の1987年に調印され、88年に発効した。
 両国の地上配備の中・短距離ミサイル(射程500~5500キロ)を3年以内に廃棄すると定めた、史上初の特定兵器の全廃条約だ。冷戦を脱し、核軍縮の潮流を生み出す歴史的な転機ともなった。
 ただ、条約を巡っては長く批判合戦が繰り広げられてきた経緯がある。
 米国はオバマ政権時代に、ロシアによる巡航ミサイル発射実験を条約違反と認定。さらに昨年3月には、ロシアが条約に違反し、新型の地上発射型巡航ミサイルを配備したのを確認したと発表した。
 これに対し、ロシアは違反を強く否定し、米国にも非があるとする一方、プーチン大統領が条約からの離脱を示唆したこともあった。
 それでもオバマ、プーチン両氏は離脱に踏み切らなかった。核軍拡競争への歯止めがかからなくなるからだ。
 トランプ氏は、オバマ氏が唱えた「核なき世界」とは一線を画す姿勢を鮮明にしている。2月に発表した核戦略文書「核態勢の見直し(NPR)」では、爆発力の小さい低出力核弾頭の開発などを打ち出した。
 米ロは、2021年に期限を迎える新戦略兵器削減条約(新START)の延長問題も抱えている。離脱することになれば影響は避けられず、3年後には米ロ間で、核軍縮に関する条約が全くなくなってしまう事態も想定される。
 今回のトランプ氏の表明には、ロシア軍と敵対する欧州諸国をはじめ、日本の被爆者らからも懸念や批判の声が上がっている。当然だろう。
 米国や中ロは核への依存を強めている。北朝鮮の核の脅威にさらされている日本としても、新たな軍縮への体制や枠組みづくりに積極的に取り組む必要がある。

【社説】首相の所信表明 6年間の総括はどこに 【中国新聞】2018.10.25">【社説】首相の所信表明 6年間の総括はどこに 【中国新聞】2018.10.25

【社説】安田さん解放/「良かった」で終わらせず 【神戸新聞】2018.10.25">【社説】安田さん解放/「良かった」で終わらせず 【神戸新聞】2018.10.25
 〇内戦下のシリアで武装勢力に拘束されていたジャーナリスト安田純平さんが解放され、トルコに出国した。行方不明から実に3年4カ月ぶりだ。
 健康状態について河野太郎外相は「いいようだ」と述べている。トルコ側が公開した映像でも、安田さんのしっかりとした表情がうかがえた。命の危険が心配されていただけに、まずは無事を喜びたい。
 安田さんは、難民の状況などを取材するためトルコから陸路でシリア北西部に越境し、消息を絶った。その後、安田さんとみられる男性の映像がインターネット上に複数回公開され、助けを求める内容もあり、安否が気遣われていた。
 拘束していたのは、国際テロ組織アルカイダ系の過激派グループとみられてきたが、分派した別組織との情報もある。
 解放には、トルコやカタールの関与が大きく、安倍晋三首相は両国に感謝の言葉を述べた。日本政府は「関係国に働き掛けた結果だ」と説明するが、詳しい経緯を明らかにしていない。
 政府は「良かった」で終わらせるのではなく、拘束が長期化した原因も含めて、徹底的に検証する責任がある。得られた情報や教訓を社会で共有する努力をしていくべきだ。
 政府は3年前、過激派組織「イスラム国」による邦人人質殺害事件の対応を検証した。その報告書では、海外での日本人の安全確保のため、危険地域への渡航制限を「検討すべき重要な課題」と位置付けている。
 ただ、政府が海外での取材活動を規制することは慎まねばならない。安田さんもかつて「取材の可否を国家の裁量に委ねれば、情報統制につながる」と語っていた。「知る権利」は民主主義の基本であることを改めて確認したい。
 気になるのは「自己責任論」が一部で浮上していることだ。
 国際社会では、日本は大国と見なされ、人道支援などでふさわしい役割が期待されている。支援に必要な情報を得るためには、危険地帯で取材することもあると、取材経験のあるジャーナリストらは説明する。
 危険と背中合わせの紛争地取材の意義について、冷静に考える必要がある。

【社説】臨時国会開会/かみ合った論戦が見たい 【神戸新聞】2018.10.25">【社説】臨時国会開会/かみ合った論戦が見たい 【神戸新聞】2018.10.25
 〇臨時国会がきのう召集された。安倍晋三首相が自民党総裁選で3選され、内閣改造後初めてとなる国会だ。
 内は少子高齢化が加速し、外は国際秩序の大きな変革期を迎える中、国民の不安や疑念を解消し、生活を安定軌道に乗せることが求められる。政府、与党は、これまでのような議席の数を背景にした強引な国会運営ではなく、野党の質問にも丁寧に答えるべきだ。がっちりとかみ合った論戦を期待したい。
 首相は所信表明演説で、当面の政治課題に対する基本姿勢を明らかにした。
 社会保障制度改革では、3年間で全世代型に転換すると述べた。社会保障は国民の最も関心が高いテーマだ。データを公開し、安心できる制度設計に知恵を絞る必要がある。
 焦点の一つが、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管難民法改正案だ。単純労働に道を開き、一定の条件で永住を認める内容である。政府は移民を認めるものではないとするが、大きな政策転換につながる。人手不足解消に目を向けるあまり、共生のための議論を先送りしてはならない。
 首相は「国会議員の責任を共に果たそう」と、「悲願」とする憲法改正に改めて意欲を見せた。自民党の改憲案を今国会中に提示する意向だ。だが、国民の優先順位は低く、緊急性も認められない。首相個人の思いを持ち込むのは慎むべきだ。
 政治とカネを巡る問題も浮上した。片山さつき地方創生相は、国税庁への口利き疑惑が報道された。政務官が会費制集会の収入を政治資金収支報告書に記載していなかった件も表面化した。明快な説明を求めたい。
 ふに落ちないのは、首相が「森友・加計(かけ)」学園の問題に触れなかったことだ。もう終わったことと思っているのだろうか。決裁文書の改ざんなどで失われた行政への信頼回復のためにも、疑惑の解明が欠かせない。
 先の通常国会では、野党第1会派が衆院は立憲民主党、参院は国民民主党となり足並みの乱れもあったが、臨時国会は立憲が衆参とも第1会派となった。どのように野党をまとめて「安倍1強」に挑むのか。枝野幸男立憲代表の手腕も問われる。

【社説】臨時国会開会 「慢心」戒め議論深めよ 【京都新聞】2018.10.25">【社説】臨時国会開会 「慢心」戒め議論深めよ 【京都新聞】2018.10.25
 〇臨時国会が召集され、安倍晋三首相が所信表明演説を行った。
 憲法改正に向けた議論を与野党に呼びかけ、社会保障制度改革、外国人労働者の受け入れ拡大など、内政と外交の重要政策推進を強調した。
 目立ったのは、改憲に前のめりな姿勢を一層明確にしたことだ。
 安倍首相は改憲について「与野党の立場を超え、幅広い合意が得られると確信する」と述べた。前回国会の「期待する」から、一段と踏み込んだ印象である。
 自ら提起した9条への自衛隊明記などを盛り込んだ自民党改憲案を今国会に提示したい、という意図が透けて見える。
 首相は憲法を「国の理想を語るもの」と述べた。さらに「あるべき姿を最終的に決めるのは国民だ」と語り、国民投票実施に踏み出すよう呼びかけた。
 違和感が残る発言だ。憲法は国民に対する権力のあり方を規定するものではないのか。国民投票実施に関する呼びかけも、憲法順守義務がある行政府の長として、適切とは思えない。
 自民党は、これまで重視してきた与野党一致の憲法審査会の運営を見直す姿勢を見せている。
 政府・与党が改憲問題でも「安倍1強」を貫こうとすれば、野党だけでなく、国民からの反発も免れまい。
 共同通信の最新の世論調査では、自民党改憲案を国会に提出するよう取りまとめを加速すべきだという首相の意向に対し、賛成は約36%、反対は約49%だった。
 内政、外交ともに、重要な課題が他にも山積していることを、国民は冷静に見ている。
 政府・与党が最重要課題とする入管難民法の改正については、首相は短く触れただけだった。外国人受け入れ政策の大転換となるだけに、深い議論が必要だ。
 今国会から衆参両院の野党第1会派が立憲民主党になった。先の通常国会までは、衆院第1会派の立民と参院第1会派だった国民民主の戦術が異なることがあった。分かりにくかっただけに、立民は野党勢力をうまくまとめ、明確な対立軸を示すことが必要だ。
 首相は、演説の締めくくりに、大正時代の首相、原敬の言葉「常に民意の存するところを考察すべし」を引き、「長さゆえの慢心」を自ら戒めた。
 森友、加計問題を意識しているのだろう。もちろん国民は忘れていない。首相は謙虚に説明してほしい。

辺野古移設 来春までに県民投票へ 沖縄県議会委が可決 【毎日新聞】2018.10.24">辺野古移設 来春までに県民投票へ 沖縄県議会委が可決 【毎日新聞】2018.10.24
〇米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に対する賛否を問う県民投票条例案が24日、県議会の米軍基地関係特別委員会で採決され、ほぼ原案通りで可決された。条例案は26日の県議会本会議でも可決される見通しで、来春までに県民投票が実施される。
<辺野古移設>沖縄県が国申し立て却下求める意見書提出 "><辺野古移設>沖縄県が国申し立て却下求める意見書提出
<辺野古承認撤回>国提出の執行停止申立書など詳細判明 "><辺野古承認撤回>国提出の執行停止申立書など詳細判明
<「対話」呼び掛けから一転強硬 わずか5日後、政府が対抗措置> "><「対話」呼び掛けから一転強硬 わずか5日後、政府が対抗措置>
<那覇市長選は辺野古反対の現職・城間幹子氏が再選>"><那覇市長選は辺野古反対の現職・城間幹子氏が再選>
<沖縄で何が起きているのか 玉城デニー新知事を直撃> "><沖縄で何が起きているのか 玉城デニー新知事を直撃>
<変わる沖縄 政治は変われるか> "><変わる沖縄 政治は変われるか>
 投票結果に法的拘束力はないが、政府と県が激しく対立する辺野古移設計画の行方に影響を与える可能性がある。しかし、投開票事務などを担う市町村のうち石垣市議会が県民投票に反対する意見書を採択しており、全市町村で投開票が実施されるかは不透明だ。
 県民投票の実施は、大学生らでつくる市民団体が約9万人の有効署名を集めて県に求めた。県は9月、条例案を県議会に提出した。
 これまでの委員会審議で県政野党の自民、公明は、投票時の選択肢を「賛成」「反対」の2択とした原案に対し、「やむを得ない」「どちらとも言えない」を加えた4択とする修正案を提出。一方、玉城(たまき)デニー知事を支える県政与党は原案の文言を微修正した2択案を提出していた。この日の採決で、野党案は否決され、与党案が可決された。
 条例案では条例の公布から6カ月以内の投票実施を定めている。法的拘束力はないが、賛否いずれかの票が全有権者の4分の1以上に達した場合は「知事は結果を尊重しなければならない」としている。【遠藤孝康】
 【ことば】普天間飛行場移設問題
 米軍普天間飛行場の移設先である沖縄県名護市辺野古の埋め立て承認を県が8月31日に撤回。現在移設工事は止まっている。防衛省は今月17日、撤回処分の取り消し裁決を求める審査と、裁決が出るまで撤回の効力を止める執行停止を国土交通相に申し立てた。今後、国交相は防衛省と県双方の主張を踏まえ、執行停止の可否を判断する。

沖縄県、国の申し立て却下要求 辺野古移設巡り 【琉球新報】2018.10.24">沖縄県、国の申し立て却下要求 辺野古移設巡り 【琉球新報】2018.10.24
 〇米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、沖縄県は24日、防衛省沖縄防衛局が申し立てた辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回処分の効力停止を却下するよう求める意見書を、石井啓一国土交通相に送付した。
 県は意見書で、沖縄防衛局が行政不服審査法に基づき「私人」の立場で承認撤回の審査請求と効力停止を求めたことを批判。「行政不服審査制度は私人の個別的な権利の迅速な救済が目的で、国には適格が認められない」と指摘した。
 その上で、撤回から1カ月以上が経過したタイミングで効力停止が申し立てられたとして「緊急の必要性の要件を満たしていない」とも主張した。

解放された安田純平さんの映像公開 【NHK】2018.10.24">解放された安田純平さんの映像公開 【NHK】2018.10.24
 ◎あわせて読みたい
 ・安田純平さん本人と確認 大使館員が面会 外相が発表10月24日 18時14分">安田純平さん本人と確認 大使館員が面会 外相が発表10月24日 18時14分
 ・安田さん解放 専門家「シリア情勢の変化が影響」10月24日 18時45分">安田さん解放 専門家「シリア情勢の変化が影響」10月24日 18時45分
 ・動画解説)安田さん拘束 なぜ長期化?10月24日 7時30分">動画解説)安田さん拘束 なぜ長期化?10月24日 7時30分
 ・安田純平さん これまでの経緯10月24日 7時27分">安田純平さん これまでの経緯10月24日 7時27分

ANN: 男鹿のナマハゲなど ユネスコ無形文化遺産に登録へ 10/24">ANN: 男鹿のナマハゲなど ユネスコ無形文化遺産に登録へ 10/24
 〇「男鹿のナマハゲ」など10件の行事がユネスコ無形文化遺産に登録される見通しとなりました。
 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の評価機関は、仮装した「神」が家々を訪れる秋田県の男鹿のナマハゲや沖縄県の「宮古島のパーントゥ」など全国の行事10件について無形文化遺産に登録することが適当だとする勧告を出しました。来月26日から開かれる政府間委員会で正式に登録が決まる見通しです。

ANN: 外国人労働者の受け入れ拡大に自民党内で賛否 10/24">ANN: 外国人労働者の受け入れ拡大に自民党内で賛否 10/24
  ★早くやれ!は、いいが、人として受け入れ態勢は用意できるのか⁉ 安価で重宝な労働力とばかりではあるまいな! 人権問題等を起こすだけでは。 労働者の処遇改善、環境整備に継続的に取り組むべき。

ANN: 東証社長の減給処分を発表 システム障害で引責 10/24">ANN: 東証社長の減給処分を発表 システム障害で引責 10/24

ANN: 学校や病院など93物件 川金HDもダンパー“改ざん” 10/24">ANN: 学校や病院など93物件 川金HDもダンパー“改ざん” 10/24

ANN: ODA終了に中国政府「改革開放に役割果たした」 10/24">ANN: ODA終了に中国政府「改革開放に役割果たした」 10/24
  ★大した額じゃないような。
cf.漢江の奇跡 - Wikipedia">漢江の奇跡 - Wikipedia

朝鮮特需 - Wikipedia">朝鮮特需 - Wikipedia

ANN: 関税撤廃へ パリの食品見本市に多数の日本企業 10/24">ANN: 関税撤廃へ パリの食品見本市に多数の日本企業 10/24
  ★周知が徹底されていないような…日本国内。益も害も

記者死亡最悪の隠蔽 米大統領: 米大統領、サウジ記者死亡は「最悪の隠ぺい」 容疑者のビザ無効に 10/24">記者死亡最悪の隠蔽 米大統領: 米大統領、サウジ記者死亡は「最悪の隠ぺい」 容疑者のビザ無効に 10/24

NNN: トランプ大統領“皇太子は無関係と主張” 10/24">NNN: トランプ大統領“皇太子は無関係と主張” 10/24

解放された男性、安田純平さん本人と確認 日本政府発表 【朝日新聞】2018.10.24">解放された男性、安田純平さん本人と確認 日本政府発表 【朝日新聞】2018.10.24
 〇内戦下のシリアに2015年に入国した後に行方不明になり、過激派組織の拘束から解放されたとみられるフリージャーナリストの安田純平さん(44)について、日本政府は24日、安田さん本人と確認したと発表した。
安田純平さん解放 これまでの経緯">安田純平さん解放 これまでの経緯
 河野太郎外相が24日午後、「無事が確認されたことは非常に喜ばしい。カタール、トルコ両政府の関係者に御礼申し上げる」と記者団に明らかにした。政府は、23日午後9時ごろにカタールからの連絡で、安田さんが解放されてトルコ南部アンタキヤの入管施設にいるという情報を得たとして、身元の確認を進めていた。
 安田さんの知人によると、安田さんは15年6月下旬、内戦の取材のためシリアに向かった。トルコ南部からシリア北西部のイドリブ県に徒歩で渡った後、音信不通になったという。
 16年3月に安田さんの拘束が明らかになり、インターネット上に安田さんとみられる男性の動画が投稿された。髪やひげを伸ばした男性が英語で「私はジュンペイ・ヤスダです」「彼らから『メッセージを送っていい』と言われた」などと話した。今年7月にも相次いで2回、安田さんとみられる男性が映った動画が投稿された。

遺伝子組み換えの種100粒なくす 立命館大、郵送中に 【朝日新聞】2018.10.24">遺伝子組み換えの種100粒なくす 立命館大、郵送中に 【朝日新聞】2018.10.24
 〇遺伝子を組み換えた実験植物「シロイヌナズナ」の種を郵送中に紛失したとして、文部科学省は24日、立命館大を文書で厳重注意し、発表した。

自民・杉田氏「『生産性』ない」撤回せず=LGBT表現で渦中 【時事通信】2018.10.24">自民・杉田氏「『生産性』ない」撤回せず=LGBT表現で渦中 【時事通信】2018.10.24
  ★安倍と共に、去る⁉

首相所信表明 今国会、改憲案提示へ意欲 【東京新聞】2018.10.24">首相所信表明 今国会、改憲案提示へ意欲 【東京新聞】2018.10.24
  ★主権者をなめんなよ!公務員。自称“最高権力者”

横浜事件、二審も遺族敗訴 国賠訴訟、東京高裁 【東京新聞】2018.10.24">横浜事件、二審も遺族敗訴 国賠訴訟、東京高裁 【東京新聞】2018.10.24
 〇戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で、特高警察による拷問を受けたとして、中央公論編集者だった故木村亨さんら元被告2人=再審で免訴確定=の遺族が国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、遺族側の控訴を棄却した。1947年の国家賠償法施行より前の公務員の違法行為に、国は賠償責任を負わないとして請求を棄却した一審判決を支持した。
 判決によると、2人は43年、共産党再建を図ったとの疑いで神奈川県の特高警察に身柄を拘束され、激しい拷問を受けた。治安維持法違反で有罪となり、その後、裁判記録は焼却された。05年に再審開始が決まり、免訴判決が確定した。
  ★市民を拉致監禁し、人権侵害した以上、国家賠償の責任は免れぬ。遺憾だ。免訴?国家責任!

米ロ首脳、来月11日会談 核廃棄条約破棄 焦点に 【東京新聞】2018.10.24">米ロ首脳、来月11日会談 核廃棄条約破棄 焦点に 【東京新聞】2018.10.24
 〇【モスクワ=栗田晃】ロシアのプーチン大統領は二十三日、モスクワでボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談し、十一月十一日にパリでトランプ米大統領との首脳会談を行うことで合意した。ロシアのウシャコフ大統領補佐官がタス通信などに明らかにした。トランプ氏が表明した中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄について直接協議する。
 米ロ首脳会談は七月にフィンランド・ヘルシンキで開かれて以来。両首脳は十一月十一日にパリで行われる第一次大戦の終戦百年記念式典に出席後、会談する予定。ウシャコフ氏は「正式な形の会談になる」と述べた。
 INF廃棄条約に関し、米国はロシアが条約違反のミサイル開発を進めてきたことを破棄の理由とするが、ロシアは違反を全面否定。トップ交渉で事態の打開を狙うが、米ロの溝は深い。
 プーチン氏はボルトン氏との会談冒頭で、「米国が過去に一方的に軍縮条約から脱退したことを知っている。ロシアへの非友好的な行動は続いている」と不満を表明。一方、会談後、記者会見したボルトン氏は「違反していないと言っているロシアにどう条約を守らせるのか。米国だけが条約に縛られている」と破棄の正当性を強調した。

立憲・枝野代表、ツイッターでイライラ 京都での「4党相乗り」失敗が響く? J-CASTニュース  10/24">立憲・枝野代表、ツイッターでイライラ 京都での「4党相乗り」失敗が響く? J-CASTニュース  10/24
  ★地元情報には、不案内だが、京都府ならでは、という気もしなくもない。共産党は、京都府では、保守なのだ⁉から 昔々、蜷川虎三府知事時代(長期)があったのだ。 …勿論、その後、野中広務元自民党幹事長のご活躍の時もあったが。

【社説】明治150年式典 礼賛よりも反省すべきだ 【琉球新報】2018.10.24">【社説】明治150年式典 礼賛よりも反省すべきだ 【琉球新報】2018.10.24
 〇政府が「明治150年記念式典」を開催した。近代化を成し遂げた先人の偉業を振り返り現代に生かす狙いという。侵略、戦争で国内外に甚大な被害を与えたことを反省して、現在と未来に生かすのでないなら、式典を開く意味はない。
 安倍晋三首相は式辞で、今を「国難の時代」とし「明治の人々が、勇気と英断、たゆまぬ努力、奮闘によって、世界に向けて大きく胸を開き、新しい時代の扉を開けたことに思いをはせながら、私たちは、この難局に真正面から立ち向かい、乗り越えていかなければならない」と述べた。
 そして若い世代に向け「この機会に、わが国の近代化に向けて生じた出来事、人々の息遣いに触れ、光と影、さまざまな側面を貴重な経験として学び取ってほしい」と呼び掛けたが「影」の部分について具体的に説明しなかった。
 政府主催式典というと2013年4月28日の「主権回復」を祝う式典を思い起こす。1952年にサンフランシスコ講和条約発効で日本が独立を回復した一方で、沖縄や奄美は分離され米統治下に置かれた。この日を「屈辱の日」としてきた沖縄では、式典に強い反発が起きた。
 沖縄から見ると、明治150年の前半はアジア太平洋戦争と沖縄戦で終わった。そして後半の始まりが「屈辱の日」である。日本に復帰して46年を経た今も米軍専用施設面積の約70%を押し付けられ、民意を踏みにじられ続け、事実上の植民地支配、差別を受けている。式典会場近くで批判する集会が開かれたのは当然である。
 安倍首相は、幕末に松下村塾で維新の志士たちを育てたという吉田松陰を尊敬し、演説でしばしば引用してきた。その松陰は「幽囚録」で次のように説いた。
 「今、急いで軍備をなし、軍艦や大砲が備われば、蝦夷(北海道)を開墾して諸侯に統治させ、間に乗じてカムチャツカ、オホーツクを奪い、琉球を説得して諸侯と同じようにさせ、朝鮮を責めて古代のように従わせ、北は満州(中国東北部)を分割し、南は台湾、ルソン(フィリピン)を収め、次第に進取の勢いを示すべきである」
 まさにこの通りに、近代日本は膨張政策を推し進めた。1879年の「琉球処分」(琉球併合)と、アイヌ民族の土地を奪って進められた北海道開拓が、日本の膨張政策の始まりだったことを忘れてはならない。そしてその結末が、アジア太平洋戦争の惨禍と連合国による占領だった。
 安倍首相は「日本を取り戻す」というスローガンを掲げ、特定秘密保護法、安全保障関連法、共謀罪などを国民の根強い反対を無視して成立させてきた。戦前の強権国家の再来を懸念する。なすべきは明治150年を礼賛するのではなく、歴史に学び、植民地支配や戦争を二度と繰り返さないと誓うことである。
  ★卑見、現在からみて、歴史を評価する必要があるのではないか。現在は、国民主権、人権、平和主義。この観点からすると、明治維新は、これらを否定するもの。序乍ら、幕末、明治維新の人気者には、どんな者があるだろう。坂本龍馬、高杉晋作、西郷隆盛、江藤新平… いづれも長生き、or明治政府で活躍できていない。イメージ作戦だ⁉改憲の

【社説】[障がい者雇用検証]責任あいまいで不十分 【沖縄タイムス】2018.10.24">【社説】[障がい者雇用検証]責任あいまいで不十分 【沖縄タイムス】2018.10.24
 〇これだけ長く、これだけ広範囲に障がい者の雇用を奪っておいて、「恣意(しい)的だが意図的ではない」との結論は合点がいかない。
 中央省庁の障がい者雇用水増し問題で、弁護士らによる第三者検証委員会が調査報告書を公表した。
 国の33行政機関にヒアリングを実施した結果、28機関で3700人を不適切に「障がい者」と計上していたことが明らかになったのだ。うち国の指針で定めた障害者手帳などの所持が確認できていない人が9割に上った。
 最も多かったのは国税庁だが、障害者雇用制度を所管する厚生労働省でもルールは守られていなかった。水増し分を除くと雇用率は1・18%に下がり、法定のほぼ半分となる。
 障害者手帳などの文書を示し、法定雇用率に達していなければ納付金が課される民間からすれば、到底あり得ないことだ。
 さらにあぜんとしたのは悪質な手法である。
 亡くなった人や退職した人も計上(国土交通省)▽精神障がいの明確な基準を持たず、仕事に来られなくなった人や仕事になっていない人も加えた(外務省)▽矯正視力によるべきところを、しぐさなどから視力が悪そうな人を計上(農林水産省)
 それなのに検証委は「障がい者の対象範囲や確認方法の恣意的解釈が不適切な計上の原因」とし、「意図的に不適切な対応をした例はない」と結論付けた。
 法令を熟知している官僚が「意図しなかった」というのは、にわかには信じ難い。
■    ■
 多くの省庁で水増しの開始時期はよく分かっていないが、財務省は障害者雇用促進法の前身となる法律が制定された「1960年ごろ以降」と回答している。
 問題が放置され続けた背景には、監督機関のチェックがなく「公的機関が不正をするはずがない」という過信があったのだろう。
 中央省庁で引き継がれた勝手な解釈の裏には「障がい者にできる仕事ではない」という排除の論理が働いていたのではないか。
 報告書は誰がどのような経緯で始めたかについては踏み込まず、内容は不十分だ。法律をゆがめ、障がい者の権利を大きく損ねたというのに責任の所在もあいまいである。
 不正の全容を明らかにするためにも、きょうから始まる臨時国会で真相究明に向けた審議を進めるべきだ。  
■    ■
 再発防止に向け、政府は障害者雇用促進法を改正し、厚労省の調査権限を強化する考えを示す。来年末までに中央省庁で4千人超の障がい者を採用する計画も立てる。
 しかし省庁の中には「自力通勤」や「介護者なしでの業務遂行」を応募条件としているところがある。施設のバリアフリー化も進んでいない。 法定雇用率を優先するあまり、軽度の人に偏ったり、「数合わせ」に走ることを危惧する。
 障がい者雇用に誠実に向き合い、障がいの種類や程度に応じたきめ細かな対策を講じ、信頼回復に努めてほしい。

【社説】[明治150年] 歴史の影を学び教訓に 【南日本新聞】2018.10.24">【社説】[明治150年] 歴史の影を学び教訓に 【南日本新聞】2018.10.24
 〇1868年の明治改元から150年となったきのう、東京の憲政記念館で式典が開かれた。安倍晋三首相は式辞で「明治の人々に倣い、未来を切り開いていく」と決意を述べた。
 若い世代には「わが国の近代化に向けて生じた出来事に触れ、光と影、さまざまな側面を教訓として学び取ってほしい」と呼び掛けた。だが、影の部分について具体的な言及がなかったのは残念だ。
 維新からの歴史をたどる時、欧米列強による植民地支配を防ぎ、近代国家建設に尽力した先人の労苦をしのぶ意義は確かにある。
 一方、軍事力を増強し戦争に突き進んだ歴史から目をそらすわけにはいかない。そうした影の部分こそ学び、教訓とすべきである。
 維新の原動力となった薩長閥による明治政府は統治体制の整備を進めた。内閣制度が発足し、限定的ながらも男性に選挙権を与える大日本帝国憲法が制定された。現代につながる国の土台が築かれたと言っていい。
 大正デモクラシー期には原敬ら政党党首が首相に就くなど民主政治の原型が形作られた。だが、政争の隙を突いて軍部が台頭、1932年に五・一五事件が起きる。
 海軍の青年将校らによって立憲政友会総裁の犬養毅首相が暗殺され、政党内閣は途絶える。その後日本は国際連盟を脱退、日中戦争に踏み切り、収拾の展望が開けないまま太平洋戦争に突入する。
 明治維新を成し遂げた日本がたどり着いた先は、太平洋戦争だった。国家の危機にまで陥ったその過程を抜きに、この150年を語ることはできまい。
 「影」は他にもある。安倍首相は式辞で工業化の進展など明治期の「光」に触れて「今を生きる私たちも、これを誇りに、力強く歩んでいかなければならない」と訴えた。
 しかし、忘れてはならないのは近代国家建設に至るまで多くの犠牲が払われたことである。
 明治新政府軍と旧幕府軍が戦った戊辰戦争(1868~69年)の激戦地、福島県会津若松市では今年、「戊辰150周年」の記念イベントが開かれている。
 旧幕府軍の主力だった会津藩は敗戦後、多くの先人が朝敵の汚名を着せられ、苦難の道を歩んだ。明治維新150年の祝祭に対して強い忌避感が、今も東北地方には残っているという。
 薩摩は長州とともに新政府軍の中心だった。双方の立場で歴史を学び直して理解を深めたい。影の歴史も次世代に伝え、友好関係を築いていってこそ、この150年を顧みる意義がある。

【社説】ネット海賊版被害 ◆遮断以外の対策を考えたい◆ 宮崎日日新2018.10.24">【社説】ネット海賊版被害 ◆遮断以外の対策を考えたい◆ 宮崎日日新2018.10.24
 〇インターネット上で漫画などを無料で読ませる海賊版サイトへの対策を検討している政府の有識者会議は中間報告の取りまとめを断念した。ユーザーがサイトを見られないよう接続を強制的に遮断するブロッキングの法制化を巡り「憲法違反の疑い」を指摘する反対派と、「被害を放置できない」とする賛成派の対立が解けなかったためだ。政府が設置した有識者会議で最後まで意見集約ができないという異例の事態となった。
通信の秘密侵害恐れ
 政府は4月、海賊版サイトによる著作権侵害の被害は数百億~数千億円とし、特に悪質な3サイトについて通信事業者に自主的な接続遮断を促す緊急避難措置を決定。裏付けとなる法改正を来年の通常国会で行う方針を示し、6月に有識者会議を発足させた。
 しかし接続遮断は全てのユーザーの通信をチェックし、特定の通信先を見つけてアクセスを遮るため、憲法が保障する「通信の秘密」を侵害する恐れが大きいと批判が噴出。政府は「遮断は他の方法がない場合に限定する」との運用を強調する報告書案を示したが異論が続出し、議論が紛糾。今後の会合は無期延期となった。
 「表現の自由」に深刻な影響を及ぼすとの懸念もある。政府は接続遮断にこだわらず、合法サイトの普及やユーザーを海賊版サイトに誘導している「リーチサイト」の規制をはじめとする総合的な対策をまず考えるべきだ。
 憲法21条は「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」と定める。秘密には電話や手紙、ネット上の通信などの中身はもちろん、誰がいつ、どこからどこへ発信したのかも含まれる。誰からものぞき見されたり漏らされたりせず、自由にやりとりができるというのは、基本的人権の一つだ。
表現の自由も危機に
 政府が目指す接続遮断はそれを揺るがすと、通信事業者や弁護士の委員を中心に反対派は論陣を張った。これに対して出版業界など賛成派は「被害は甚大」と早期導入を主張して激しく対立した。
 反対派には、会議での議論が政府の方針に沿って「遮断ありき」で進められたという反発も根強い。法制化のお墨付きを得ようと拙速に事を運んだことのツケが回ってきたといえよう。ただ、さまざまな問題点が浮き彫りになった。
 通信の秘密だけではない。遮断の法制化が実現すると、拡大解釈により政治家や官僚の不祥事などの記述についても名誉毀損(きそん)を理由に遮断しようという動きが出てきて、表現の自由までも脅かされるとの指摘もある。
 遮断について、なお慎重な議論を要するのは明らかだ。政府は導入を急がず、それ以外の対策徹底と効果の検証に力を入れる必要がある。もし遮断法制化の方針をごり押しするなら、違憲訴訟の提起などさらなる混乱を招くことになるだろう。

【論説】障害者雇用水増し検証 踏み込み不足、疑問残る 【佐賀新聞】2018.10.24">【論説】障害者雇用水増し検証 踏み込み不足、疑問残る 【佐賀新聞】2018.10.24
 〇釈然としない結論だ。
 中央省庁の障害者雇用水増し問題で、元検事ら第三者による検証委員会が調査報告書を公表した。昨年6月時点で国の28行政機関が計3700人を不適切に「障害者」として計上していた。9割は国の指針で定めた障害者手帳や診断書を確認していない上、各省庁の水増しの手口は悪質だ。
 うつ病や近視の人を身体障害者とみなし、既に退職した人や死亡者まで含んでいた。それなのに、検証委は「意図的な不適切計上は認められない」として、故意性はなかったと結論付けた。
 各省庁が調査に対し意図的な行為を否定したのが理由だが、役所の言い分を追認するだけでは検証委の務めを果たしたと言えない。明らかに踏み込み不足だ。
 ただ検証委は報告書で、障害のある職員が退職すると、在職者から該当しそうな人を選ぶ職場慣行があったと指摘。その上で、水増しの動機を「法定雇用率を充足するため」と認定している。
 障害者雇用促進法が定める雇用率は国の機関の場合、職員の2・5%(昨年は2・3%)。予算に縛られ、働き方や人事制度の柔軟性が低い中央省庁にとって、法定雇用率の達成は簡単ではないだろう。だからといってルール違反が許されるはずもない。
 報告書に示された各省庁の行状は脱法行為のオンパレードだ。(1)精神疾患の人を身体障害者に(国税庁)(2)引き継ぎリストに名前があった障害者の退職を確認しないで算入(国交省)(3)制度対象外の職種と認識しながら計上(法務省)―。検証委も、「【ルビ注意】恣意しい的な解釈」に基づく「ずさんな事務処理」が「安易な前例踏襲」によって漫然と継続していたと難じている。
 ならば、あしき慣行はいつごろ、誰が、どのように始めたのかを解明しなければならないはずだ。だが検証委は、各省庁の歴代人事担当者にさかのぼってヒアリングをしていない。自覚がないのに障害者としてカウントされていた職員本人の声も聞いていない。
 臨時国会が始まる前に調査結果を公表したい政府の思惑から時間的な制約があったにせよ、解明は不十分と言わざるを得ず、疑問が残る。
 問題は地方自治体でも判明し、全国で約3800人が不適正に計上されていた。報告書公表で幕引きとするのではなく、国会も真相究明に向け努力してほしい。
 再発防止も重要だ。政府が関係閣僚会議で決めた基本方針は、関係書類の保存や内部点検の強化といった内容で、当たり前のことをやると言っているにすぎない。他省庁に対する実態把握を怠ってきた厚生労働省によるチェックを強化しても、改善を期待するのは難しいだろう。障害者政策に詳しい専門家や障害者団体も加わった独立機関を設け、目を光らせてもらうのも一案ではないか。
 政府は来年末までに約4千人の障害者を雇用する計画を打ち出し、来年2月に統一採用試験を実施するという。雇用率達成のために数合わせを急ぐと、民間企業と人材の奪い合いになる。筆記試験重視の選考では、例えば重度の知的障害者らは不利になる。各省庁は障害の実態に配慮して採用活動を工夫し、働きやすい環境を整えてほしい。何より大事なのは、障害がある当事者の声に耳を傾け、雇用計画に反映させることだ。(共同通信・内田泰)

【社説】障害者雇用水増し 「お役所仕事」を一掃せよ 【西日本新聞】2018.10.24">【社説】障害者雇用水増し 「お役所仕事」を一掃せよ 【西日本新聞】2018.10.24
 〇数字の帳尻さえ合っていればいい-という「ご都合主義」に、何事も前任者がしていた通りに-の「前例踏襲」。従って、意図的にしたわけではない-という「責任逃れ」。
 まるで「お役所仕事」を絵に描いたような「官の不正」だったと言えるのではないか。
 中央省庁の障害者雇用水増し問題で、政府の検証委員会が調査報告書を公表した。国の28に及ぶ行政機関で計3700人もの不適切な計上があった。
 法律で定められた障害者の雇用率を達成するため、障害者かどうかを確認せずに計上し、法定雇用率を満たしているように見せかける。許し難い不正が、民間の模範となるべき国の機関で長年、横行していた。
 その手口も悪質である。うつ状態の人を「身体障害者」に仕立て上げる(国税庁)▽故人を含む退職者を算入する(国土交通省)▽本来は矯正視力を基準とすべきなのに、裸眼視力で0・1以下の近視の人を「視覚障害者」とする(総務省など4省庁)など枚挙にいとまがない。
 検証委は「障害者の対象範囲や確認方法の恣意(しい)的解釈が不適切な計上の原因」と断定した。「ずさんな対応」「極めて由々しき事態」とも指摘したが、「意図的ではなかった」と結論付けた。「恣意的」運用が原因なのに「意図的」計上ではなかった-とは実に分かりにくい。
 要は法令で許されないという認識もないまま、前任者からの引き継ぎに従っていただけだという。本当だろうか。
 肝心の責任の所在は曖昧なままだ。各省庁の担当者からの聞き取り調査が主体だった検証委の限界だろう。きょう召集の臨時国会で、各党は徹底的にこの問題を追及すべきだ。
 同様の問題は、地方自治体でも3800人分を超す水増しがあったことが判明した。九州の関係自治体でも実態把握と再発防止の対応を急いでほしい。
 水増し問題を受け、政府は来年末までに法定雇用率を達成するため、約4千人の障害者を雇用する計画だ。常勤雇用を希望する人を対象に統一選考試験の導入などを検討するという。
 障害者雇用を拡充する姿勢は当然だが、今度もまた雇用率達成を最優先させ、「数合わせ」に走っては元も子もない。
 障害者の能力や適性に応じた職種や職場の環境・条件整備は大丈夫なのかと心配になる。
 「数」や「率」に固執する霞が関の姿勢に、決定的に欠けていたのは、障害者を「働く仲間」として職場に迎え入れる意識ではなかったか。障害の有無に関係なく、誰もが安心して同等に働ける共生社会の理念を共有することこそ改革の大前提だ。

【社説】【障害者雇用】数合わせでは解決しない 【高知新聞】2018.10.24">【社説】【障害者雇用】数合わせでは解決しない 【高知新聞】2018.10.24
 〇ずさんな実態に驚く。率先して民間企業に範を示すべき国の行政機関が、障害者雇用や共生社会の理念に対する関心と理解が薄く、真摯(しんし)に向き合ってこなかったことが改めて明らかになった。
 中央省庁による障害者雇用の水増し問題で、弁護士らでつくる検証委員会が調査報告書を公表。昨年6月の時点で、28機関で計3700人の不適切計上があったと認定した。それだけ障害者の雇用が奪われたことになる。
 検証委は、「法定雇用率を達成しようとするあまり、不適切な実務慣行を継続させてきた」と動機を断じた。不適切計上の実例は、「数合わせ」の意識が各省庁にまん延していたことを物語る。
 国税庁は、うつ病など精神疾患の人を身体障害者として多数計上していた。総務省などでは、矯正視力ではなく裸眼の視力で視覚障害と判断しているケースも多かった。国土交通省は既に死亡した人を含め、退職者を多数算入していた。
 ずさんというより悪質な手口といえる。報告書も、各機関が正しい理解に努める姿勢に欠け、障害者の範囲や確認方法を恣意(しい)的に解釈。独自の慣行に基づく計上方法を、安易な前例踏襲で長年引き継いできたと指弾している。
 ところが、全機関が「意図的ではない」と主張し、検証委も、それを覆す証拠はないとして故意性を認定しなかったのは理解が難しい。
 ただ、仮に意図もなくやっていたとすれば、なお問題の根は深くはないか。各省庁の障害者雇用に対する関心は「数」だけで、長年、問題意識も持たずに漫然と対応してきた証明になる。
 政府は再発防止策の柱として、障害者雇用促進法を改正する方向で検討に入った。制度を受け持つ厚生労働省が行政機関を調査する権限を強化するという。
 国は法定雇用率を達成できなかった民間企業に対し、罰金に相当する納付金や企業名公表という罰則を科してきた。身内に甘い体質を改めるのは当然である。
 政府は水増し分の障害者雇用に対応するため、来年末までに4千人余りの大量採用に踏み切る方針も示している。
 しかし、急場しのぎで法定雇用率をクリアしようとする数合わせに陥っては、大量離職を招くだけではないかという懸念も膨らむ。
 国会対応などに追われる中央省庁では、多様な人の力を引き出す環境整備は二の次なのが実情だという。長時間労働の是正や通勤環境、バリアフリー化、職場での支援者の配置など課題は山積している。
 障害者雇用促進法は、障害者が労働者の一人として能力を発揮できる機会の確保を理念に掲げる。
 政府はその環境整備がどうあるべきかで範を示さなければ、旗振り役の信用は取り戻せまい。知事部局などで水増しが判明した高知県庁をはじめ地方自治体も同様である。

NNN: 安田さんの妻「よく頑張ったって伝えたい」 10/24">NNN: 安田さんの妻「よく頑張ったって伝えたい」 10/24
  ★自己責任論と、バッシングのトラウマ⁉ 蘇る… 謝罪など、無用

TBS: 日大と東京医大の助成金交付、国が保留 10/23">TBS: 日大と東京医大の助成金交付、国が保留 10/23

TBS: 東京2020の公式映画、監督に河瀬直美さん 10/23">TBS: 東京2020の公式映画、監督に河瀬直美さん 10/23
  ★日本側(森、小池、安倍…)が、決めなくて良かった!そんな感じ。IOCも、内情を判っている、か。

TBS: 医学部入試不正、女子医大生“女性差別”「許せない」 10/23">TBS: 医学部入試不正、女子医大生“女性差別”「許せない」 10/23
  ★全容解明は、来るべき、人権委員会創設迄、待たないとならないのか⁉ 不正と差別と不公平だらけ⁉ の安倍政権。

ANN: 平井科技大臣が“談合”企業から献金 返金の意向 10/23">ANN: 平井科技大臣が“談合”企業から献金 返金の意向 10/23
  ★お前もか!

TBS: 明治改元から150年 政府が記念式典開催 10/23">TBS: 明治改元から150年 政府が記念式典開催 10/23
  ★復古、改憲狙いの安倍氏。拒絶する! 国民主権、人権尊重、平和主義護らねば。

NHK: 宝くじ あすからネット販売開始 10/23">NHK: 宝くじ あすからネット販売開始 10/23

NHK: 米が妊婦の日本への渡航自粛勧告 風疹感染拡大で 10/23">NHK: 米が妊婦の日本への渡航自粛勧告 風疹感染拡大で 10/23
  ★ご注意ください。

TBS: 「仁徳天皇陵」初めての発掘調査始まる 10/23">TBS: 「仁徳天皇陵」初めての発掘調査始まる 10/23

NNN: 「ブリ」チョコで鮮度長持ち?驚き養殖技術 10/23">NNN: 「ブリ」チョコで鮮度長持ち?驚き養殖技術 10/23

NNN: 運転士“速度制御システム”切った 台湾 10/23">NNN: 運転士“速度制御システム”切った 台湾 10/23

NNN: サウジ記者死亡 トルコ大統領「計画的に」 10/23">NNN: サウジ記者死亡 トルコ大統領「計画的に」 10/23

私学助成金 日大と東京医大への交付を保留 【毎日新聞】2018.10.23">私学助成金 日大と東京医大への交付を保留 【毎日新聞】2018.10.23
 〇文部科学省の外郭団体「日本私立学校振興・共済事業団」は23日、学校の管理運営が適切ではないなどとして、日本大と東京医科大への今年度の私学助成金の交付を保留することを決めた。交付するかどうかは来年1月に最終判断する。
 日大は5月にあったアメリカンフットボール部の試合で、当時の同大常務理事だった内田正人前監督らが、選手に重大な反則行為を指示した。同部は秋のリーグ戦の出場停止処分を受けるなど、選手に影響が出ている。
 東京医大は前理事長ら元役員2人が文科省の私立大学支援事業を巡る汚職事件で起訴されたほか、女子や浪人生を不利に扱う不正入試が長年行われていたことが明らかになり、第三者委員会が調査している。
 私学助成金は私立大や高等専門学校を対象に、教育・研究環境の向上などのために国費を財源に交付し、通常は大学運営費の1割程度を占める。昨年度の助成金は日大が早稲田大に次ぐ全国2番目の約91億5000万円、東京医大は約23億4000万円だった。【金秀蓮】

特集ワイド 差別助長の「入管礼賛」ノー 「外国人摘発」密着番組に非難拡大 背景や制度の不備にこそ目を 毎日新聞 10/23">特集ワイド 差別助長の「入管礼賛」ノー 「外国人摘発」密着番組に非難拡大 背景や制度の不備にこそ目を 毎日新聞 10/23
 〇在留資格のない外国人の摘発現場を取り上げたテレビ番組が相次いで放送されたことに、「外国人差別を助長する」との非難が広がっている。入国管理局側の主張に沿ったようなシーンが多く、当局側の意図と放送の公平性に対する疑問が膨らむ。【井田純】
 「番組を見た夜は明け方近くまで眠れませんでした。ナレーターの『出て行ってもらいます!』という興奮したような口調が頭に残っています」。こう振り返る中東出身の男性(40)は、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されている。フジテレビの「密着24時! タイキョの瞬間」(6日)を見た時の動揺がよみがえった
 この番組では、群馬県内に住むベトナム人に対する入管係官の内偵調査に撮影隊が同行。実習先企業から逃げ…
この記事は有料記事です。
残り2581文字(全文2903文字)
  ★素も、批判精神のないメディアなんて、何の意味があるのか⁉ 知る権利にも奉仕せず! 手前勝手の、報道の自由だけ、振り回そうと❓❓❓

トルコ大統領「計画された殺人」 サウジ記者死亡事件 【朝日新聞】2018.10.23">トルコ大統領「計画された殺人」 サウジ記者死亡事件 【朝日新聞】2018.10.23
 〇サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件で、トルコのエルドアン大統領は23日、首都アンカラの国会でこれまでの捜査結果を発表し、「事前に計画された殺人だった」と認定した。「偶発的な死だった」とするサウジ政府の見解とは異なるが、関与が取りざたされているサウジのムハンマド皇太子への言及はなかった。
不明記者、生きたまま切断か サウジ見解と異なる可能性">不明記者、生きたまま切断か サウジ見解と異なる可能性
 エルドアン氏は、カショギ氏の殺害には、サウジ政府がすでに拘束した18人のサウジ人が関与したとの見解を示した。18人には治安機関、情報機関のメンバーや、法医学者らが含まれるという。エルドアン氏は「カショギ氏は残虐な方法で殺害された」と語った。一方で、容疑者らに命令を下した人物やカショギ氏の遺体の行方は不明のままだとした。
 カショギ氏は2日に総領事館に入った後に消息が途絶えた。サウジ側は当初、「カショギ氏は総領事館の外に出た」として事件への関与を否定した。しかし、20日に一転して、「総領事館内でけんかの末に死亡させた」と認めた。サウジは18人のサウジ人を拘束し、情報機関の副長官ら5人を解任したが、ドイツなど欧州諸国からは説明の不十分さを批判する声が上がっていた。(イスタンブール=其山史晃)

憲法改正 下村博文氏 議論「国民参加の段階に」 【毎日新聞】2018.10.23">憲法改正 下村博文氏 議論「国民参加の段階に」 【毎日新聞】2018.10.23
 〇自民党の下村博文憲法改正推進本部長が毎日新聞のインタビューに応じた。衆参両院の憲法審査会の運営について「野党の意見を聞きながら丁寧に協議するのが基本だ」とする一方、安倍政権での改憲に反対する主要野党を「国民には理解されない」とけん制した。
<詳報>「安倍首相におんぶにだっこではいけない」
 安倍晋三首相(自民党総裁)は臨時国会での憲法改正に向けた具体的な動きについて再三言及している。国会で審議が進まない現状を打開しなければならないという前提で取り組んでいく。
 だからといって憲法審査会は他の委員会とは異なる。与党が強権的にやればかえってマイナスだ。野党の意見を聞きながら丁寧に協議するのが基本だ。
 一方で、野党第1党の立憲民主党が「安倍政権下での憲法改正はできない」と主張するのは国民には理解されないと思う。
 自民党は条文イメージ案を憲法審査会で発表したいと考えているが、他党の提案を排除するつもりは全くない。立憲も立憲の案を提案し、自民党案を鋭く批判すればいい。その結果、どの案が3分の2以上の賛成を得られるかどうかは別にして、国民に見える形で議論するのが、立憲主義ではないか。
 自民、公明の与党に限らず、9条1項、2項は変えない、解釈は変えない、そのうえで自衛隊をどう明記するかということに賛同してくれる政党があれば、憲法審査会でプロジェクトチームなどを作って詰めた議論をするのも一考ではないか。
 自民党案は実現したいが、それだけに固執するつもりはない。国会の議論を進めることを優先すべきではないか。
 衆参両院で3分の2以上の改憲勢力を確保し、改憲が現実的なものとなっている政治状況を作ったのは間違いなく安倍首相の功績だ。他の人では無理だった。
 しかし、ここまで来たからには今後は安倍首相におんぶにだっこではいけない。「安倍改憲」ということではなく、「自民党の改憲」ということでもなく、国民が自分たちで改憲するかどうかを決める段階にしなくてはいけない。
 憲法は国民自らが参加することによって常により良きものにしていくべきものだ。七十数年間、一度も改正されなかったことがどういう意味を持つのか、この際考えてみてはどうだろうか。
 今の憲法が絶対的なものなのか。時代の変化に対応して変えなければならない部分もあるのではないか。本質的なところから国民の皆さんに問題提起をしていきたい。
略歴
 しもむら・はくぶん 1954年、群馬県生まれ。東京都議を経て96年衆院選で初当選。第2次安倍内閣で文部科学相を務めた。安倍晋三首相の出身派閥・細田派の事務総長。早大卒。
  ★そもそも、公務員、議員がハシャグナ!主体ではない。(発議だけ) 憲法制定も、憲法改正も、主権者、国民の権限、権能。

ブログ呼びかけで弁護士の大量懲戒請求 請求者に初の賠償命令 【NHK】2018.10.23">ブログ呼びかけで弁護士の大量懲戒請求 請求者に初の賠償命令 【NHK】2018.10.23
 〇ネット上のブログの呼びかけによって、朝鮮学校への補助金の交付を求める声明を出した弁護士会の幹部らに大量の懲戒請求が出された問題で、弁護士が逆に不当な請求だとして、損害賠償を求める異例の裁判が各地で相次いでいます。このうち、1人の請求者の責任を認め、33万円の賠償を命じる判決が23日、言い渡されました。
 この問題は、朝鮮学校への補助金の交付を求める声明を出した全国21の弁護士会の幹部や在日コリアンの弁護士に、去年1年間で13万件もの懲戒請求が出されたもので、ネット上の一部のブログが「声明への賛同は犯罪行為だ」などと懲戒請求するよう呼びかけたことが影響したとみられています。
 これに対し、在日コリアンの金竜介弁護士らは、身に覚えがない不当な懲戒請求を大量に受けたとして、ブログの読者たちに損害賠償を求める裁判を各地で20件以上起こしています。
 東京地方裁判所では23日、請求者の1人、41歳の男性に対する判決が言い渡され、被告が反論せず法廷にも姿を現さなかったことから弁護士側の主張を認め、33万円の賠償を命じました。この問題で判決が出たのは初めてとみられます。
 NHKの取材に対し、金弁護士は「ブログにあおられた多くの人が在日コリアンであることだけを理由に、懲戒請求をするのは非常に恐ろしいことだ」と話しています。
 この問題について、日本弁護士連合会は去年、「懲戒制度の趣旨と異なる」として一連の請求を取り扱わない方針を決めています。
  ★ヘイト、侮り、奢り、パワハラなど、あってはならないこと。

大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」 【毎日新聞】2018.10.23">大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」 【毎日新聞】2018.10.23
 〇「在日コリアンらの排斥」を訴えるブログの呼び掛けに応じ、多数の読者が2017年、各地の弁護士を対象に計約13万件の懲戒請求を出した問題で、実際に請求書を出した女性(50歳代、首都圏在住)が毎日新聞の取材に応じた。女性は「ブログに不安感と恐怖感をあおられた。洗脳状態だった」などと主張し、「現在は請求したことを後悔しており、謝罪文を送付して一部の弁護士とは和解した」と話した。【後藤由耶/写真映像報道センター】
<大量懲戒請求>在日弁護士への名誉毀損認定 男に賠償命令 "><大量懲戒請求>在日弁護士への名誉毀損認定 男に賠償命令
<差別助長>「入管礼賛」ノー 「外国人摘発」密着番組に非難拡大 背景や制度の不備にこそ目を "><差別助長>「入管礼賛」ノー 「外国人摘発」密着番組に非難拡大 背景や制度の不備にこそ目を
 女性があおられたとするのは「余命三年時事日記」と題された匿名の筆者によるブログ。「南北朝鮮人は日本の癌(がん)」などとしたうえで、読者に(1)「在日」と見なした人物を「不法残留者」として入国管理局に通報すること(2)「反日」などと見なした人を外患誘致罪などで検察に告発すること(3)朝鮮学校への補助金停止に反対する弁護士会長声明に賛同することは「確信的犯罪行為」などと理由を付けて、賛同した弁護士らの懲戒請求をすること--など具体的な行動を促してきた。
 今回、取材に応じた女性は落ち着いた語り口で、丁寧に言葉を選びながら記者の質問に答えた。請求した相手や提出件数は正確に覚えていないが、請求した人数は「だいたい170人くらい」とし、「(ブログの書き手に)言われるがままにやっていた」と振り返った。請求された弁護士らが逆に、業務妨害などとして損害賠償請求する動きが報じられ、初めて「恐怖を感じ、まずいことをしたと気づいた」と言う。 …

自民 総務会新メンバー決定 石破派からは起用されず 【NHK】2018.10.23">自民 総務会新メンバー決定 石破派からは起用されず 【NHK】2018.10.23
 〇自民党の意思決定機関である総務会の新しいメンバーが決まり、先の総裁選挙で安倍総理大臣に敗れた石破元幹事長の派閥からは起用されませんでした。
 自民党の総務会は、政府が国会に提出する法案などを議論し、その了承をもって党議決定となる意思決定機関で、安倍総理大臣が強い意欲を示す憲法改正でも、最終的には改正案が諮られることになります。
 総務会は、先の内閣改造などを受けて、23日、新しいメンバーが決定しました。
 このうち総務会長代行には、麻生派の江渡元防衛大臣が、会長代理には二階派の平沢元内閣府副大臣らが就任しました。
 一方で、先の総裁選挙で安倍総理大臣に敗れた石破元幹事長が率いる派閥からは起用されませんでした。
 これについて、加藤総務会長は記者会見で「党内の政策グループへの配慮は当然あるが、それだけではない。地域ブロックごとの枠や参議院のメンバーを見ながら、より幅広い議論が行われる観点から決定した」と述べました。

液体ミルク使用、わずか1人 北海道地震支援で1050本も… 【東京新聞】2018.10.23">液体ミルク使用、わずか1人 北海道地震支援で1050本も… 【東京新聞】2018.10.23
 〇西日本豪雨や北海道地震を通じ、被災地で救援物資の乳児用液体ミルクが活用されない事例が相次いでいる。国は今年八月に液体ミルクの製造・販売を解禁したが、まだ国産品はなく、自治体、住民に存在の周知が進んでいないのが原因。災害時の新たな必需品になり得るが、定着は程遠い状況で、関係者からは国が啓発に乗り出すべきだとの声も上がる。 (大野暢子)
 「これは何だろう」
 震度6強を観測した北海道安平(あびら)町。地震発生から五日後の九月十一日夜、田中一省(かずみ)総務課長は、見慣れない外国語が書かれた紙パックを見つけた。中身は、東京都が送ったフィンランド製の液体ミルクだった。当初は説明書が見当たらず、やむなく「キケン 飲むな」と書いた紙を張り、倉庫に保管。田中課長は「多くの物資が届く中、どう使うかすぐには判断しかねた」と振り返る。
 液体ミルクは二〇一六年の熊本地震の際、被災地で使われたのを機に注目を集めた。本来は日用品だが、東京都は「災害時に有用」として今年六月、流通大手イオンと調達に関する協定を締結した。北海道の地震では、道からの要請で計千五十本を送った。道は厚真(あつま)、安平、日高、平取(びらとり)、むかわの五町に配布した。
 しかし、道は被災地の五町の保健所に「日本では使用例がなく、衛生管理が難しい」と通知。うち二町への通知に、住民に飲ませないよう指示する内容が誤って含まれるミスが起きた。道地域保健課は「国産品は流通していないという意味だった」と説明する。
 被災自治体の大半は、非常用電源などで湯を沸かして粉ミルクで対応。液体ミルクが提供されたのは厚真町の一人のみだった。被災自治体からは「液体ミルクはなじみが薄かった」(日高町)、「国が使い方を周知してほしい」(むかわ町)との声が漏れる。
 西日本豪雨でも、都から愛媛県と岡山県倉敷市に計二千六百四十本の液体ミルクが提供されたが、使用はごく一部にとどまった。
 厚生労働省が災害時に関係自治体に通知する母子への「支援のポイント」には、液体ミルクに関する説明はない。液体ミルクの普及に賛同する「さくらが丘小児科クリニック」(東京都世田谷区)の森戸やすみ医師は「行政の知識不足がうかがえる。国が安全性や使用法を発信すべきだ」と訴える。
乳児用液体ミルク> 粉ミルクのように湯に溶かす手間はなく、哺乳瓶も不要。欧米では広く普及している。東京都が調達したフィンランド製の賞味期限は5カ月。解禁を望む署名運動が広がり、厚労省は今年8月、製造・販売を認める改正省令を施行した。日本乳業協会によると、国産の商品化には早くても1、2年かかる。

医学部入試、不適切4事例 文科省中間報告 大学名示さず 【東京新聞】2018.10.23">医学部入試、不適切4事例 文科省中間報告 大学名示さず 【東京新聞】2018.10.23
 〇文部科学省は二十三日、全国八十一大学を対象に実施している医学部入試の緊急調査の中間報告を公表した。「不適切な可能性が高い」として、試験の得点が同じでも、長期浪人生や女子は面接試験などでより高い評価を得ないと合格にならない場合がある、といった四つの事例を示した。
 既に不正な入試が明らかになっている昭和大を除き、該当する具体的な大学名や校数は調査が継続していることなどを理由に明かさず「大学自らが公表することが重要と伝えている」とした。
 公表した事例は(1)調査書や書類審査で現役生に加点し、長期浪人生には加点しない(2)長期浪人生や女子は面接でより高い評価を得ないと合格させない(3)卒業生の子女ら特定受験生は合格圏外でも合格させる(4)繰り上げ合格を伝える際、総合得点下位の特定受験生に先に連絡する-の四つ。一つの事例に複数校が含まれる場合があり、昭和大は(1)と(3)に該当する。
 また、合否判定への影響は確認できなかったものの、補欠合格の決定などを学長や医学部長らに一任したり、合否判定資料に受験生の年齢や性別、卒業生などの情報を記載したりするケースもあり、疑惑を招きかねないとして改善を求めた。
 中間報告では、募集要項などで説明せずに、特定の受験生を合理的な理由なく合格や不合格にしたり、性別や年齢、現役・浪人の属性によって取り扱いに差をつけたりすることを不適切と判断すべきだとする基準を明示。柴山昌彦文科相は「受験生の努力を裏切り、大学に対する社会的な信頼を損なう事態で大変遺憾だ」との見解を示し、医学部を持つ八十一校に限らず全国の大学に対し、来年の入試に向けて選抜方法の再点検などの対応を求めた。
 ☆文部科学省が指摘した主な事例
 《不適切な可能性が高い事例》 《疑惑を招きかねない事例

TPP11、1月中旬にも発効 来月中に4カ国手続き 【東京新聞】2018.10.23">TPP11、1月中旬にも発効 来月中に4カ国手続き 【東京新聞】2018.10.23
 〇日本など十一カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)が来年一月中旬にも発効する見通しとなったことが二十三日、分かった。ニュージーランドとオーストラリア、ベトナム、カナダが今年十一月中旬までに国内手続きを完了し、発効条件が整う。
 茂木敏充経済再生担当相が二十二日、こうした発効時期の見込みを安倍晋三首相に伝えた。TPPは六カ国以上の国内手続きが終わってから六十日後に発効する。
 政府関係者によると、ニュージーランドは今月中、オーストラリアは十一月上旬、ベトナムとカナダは十一月中旬にも、それぞれ手続きが終わる予定という。日本とメキシコ、シンガポールは既に手続きを終えている。
 発効後は参加国の拡大を進める。発効日に合わせて閣僚級による「TPP委員会」を東京で開催し、加盟手続きなどを決める考えだ。タイやインドネシア、コロンビア、英国、韓国、台湾といった国や地域が新規加盟に関心を示している。
 日本は米国との関税交渉を来年一月中旬以降に始める。TPPが発効すれば、オーストラリアやカナダの農畜産物の関税が引き下げられ、米国産が不利になることから、政府は交渉を優位に進められるとみている。

対中ODA、終了へ 本年度限り 40年で3.6兆円超供与 【東京新聞】2018.10.23">対中ODA、終了へ 本年度限り 40年で3.6兆円超供与 【東京新聞】2018.10.23
 〇日本など十一カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)が来年一月中旬にも発効する見通しとなったことが二十三日、分かった。ニュージーランドとオーストラリア、ベトナム、カナダが今年十一月中旬までに国内手続きを完了し、発効条件が整う。
 茂木敏充経済再生担当相が二十二日、こうした発効時期の見込みを安倍晋三首相に伝えた。TPPは六カ国以上の国内手続きが終わってから六十日後に発効する。
 政府関係者によると、ニュージーランドは今月中、オーストラリアは十一月上旬、ベトナムとカナダは十一月中旬にも、それぞれ手続きが終わる予定という。日本とメキシコ、シンガポールは既に手続きを終えている。
 発効後は参加国の拡大を進める。発効日に合わせて閣僚級による「TPP委員会」を東京で開催し、加盟手続きなどを決める考えだ。タイやインドネシア、コロンビア、英国、韓国、台湾といった国や地域が新規加盟に関心を示している。
 日本は米国との関税交渉を来年一月中旬以降に始める。TPPが発効すれば、オーストラリアやカナダの農畜産物の関税が引き下げられ、米国産が不利になることから、政府は交渉を優位に進められるとみている。

麻生氏が不適切発言=医療費負担「あほらしい」に同調 【時事通信】2018.10.23">麻生氏が不適切発言=医療費負担「あほらしい」に同調 【時事通信】2018.10.23
 〇麻生太郎財務相は23日の閣議後の記者会見で、不摂生が理由で病気になった人の医療費を健康のために努力している人が負担するのは「あほらしい」と指摘した知人の発言を紹介した上で、「いいことを言う」と同調した。健康維持の必要性を訴える趣旨とみられるが、病気になった人に対する心ない表現として批判が出る可能性がある。
【特集】失言の迷宮~「それで何人死んだんだ」「あんな黒いのが」~
 麻生氏の発言は、政府が検討している予防医療推進に関する質問への答えの中で飛び出した。78歳の麻生氏は「病院で世話になったことはほとんどない」と強調。生活習慣の乱れで自ら病気を招いた人の医療費を負担するのは不公平との考えをにじませた。
 ただ麻生氏は「人間は生まれつきがある。一概に言える簡単な話ではない」とも語り、やむを得ない事情で病気になった人の医療費を保険制度で賄うことに理解を示した。(2018/10/23-13:05)
  ★個人的感想なんか、知ったことっちゃない! 放言するな。去るべきものが、去らない現実… 倒閣、政権交代しかない⁉

シリアで不明の安田純平さん解放か 菅官房長官が発表 【朝日新聞】2018.10.23">シリアで不明の安田純平さん解放か 菅官房長官が発表 【朝日新聞】2018.10.23
 〇内戦下のシリアに2015年に入国した後、行方不明になり、過激派組織に拘束されたとみられていたフリージャーナリストの安田純平さん(44)について、菅義偉官房長官は23日夜に記者会見を開き、安田さんが解放されたとの情報がカタールから寄せられたと発表した。政府は安田さん本人とみて確認を進めている。
安田純平さん解放か これまでの経緯
 菅氏は「午後9時ごろ、カタールからの連絡として、安田純平氏が解放され、トルコ当局のアンタキヤの入管施設にいるとの情報がもたらされた」と述べた。アンタキヤはシリア国境に近いトルコ南部の町。菅氏は「諸般の情報を総合すれば、本人である可能性が高い」と述べ、本人確認には一定の時間が必要だと話した。
 外務省職員が同日、本人と面会するためにアンタキヤへ向かったという。外務省幹部は「身元確認のために外務省職員が安田さん本人にしか分からないような質問をすることが一般的だ」と説明した。
 安田さんとみられる人物の健康状態について、官邸幹部は「意識ははっきりしている。受け答えもしっかりしている」と取材に答えた。
 別の官邸幹部によると、安田さんをめぐっては、15年12月に発足した官邸直轄の「国際テロ情報収集ユニット」が、トルコやカタール当局を窓口に交渉を続けてきたという。カタールはシリアの反体制派を支援しているほか、シリアで過激派組織に誘拐されたスペイン人記者の解放にも協力した経緯がある。
 安田さんの拘束が明らかになったのは、16年3月17日。インターネット上に安田さんとみられる男性の動画が投稿された。髪やひげを伸ばした男性が英語で「私はジュンペイ・ヤスダです」「今日は私の誕生日、3月16日です。彼らから『メッセージを送っていい』と言われた」などと話した。
 同年5月末には再び、「助けてください これが最後のチャンスです 安田純平」と手書きの日本語で書かれた紙を持った、安田さんとみられる男性の画像がネットに投稿された。今年7月にも相次いで2回、動画が投稿された。同月31日の動画で、安田さんとみられる男性は「私の名前はウマルです。韓国人です」「とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」と訴えた。撮影日が同月25日だと話し、背後には全身黒装束の2人が銃を構えて立っていた。
 これらの投稿者はいずれも、「メディアフィクサー」を名乗るトルコ在住のシリア人男性。シリア北西部が拠点の過激派組織「シャーム解放委員会」(旧ヌスラ戦線)が安田さんをシリア北西部で拘束し、日本政府に身代金の支払いを求めていると話していた。男性は7月末、安田さんの身柄が旧ヌスラ戦線から分派した過激派組織に移されたともほのめかしていた。
 日本政府関係者は「身代金をテロリストに支払うことはない」と取材に述べた。
 安田さんの知人によると、安田さんは15年6月下旬の夜、内戦の取材のためシリアに向かった。トルコ南部からシリアのイドリブ県に徒歩で渡った後、音信不通になったという。
 イドリブ県は旧ヌスラ戦線の勢力が強い地域。旧ヌスラ戦線は、複数の外国人の人道支援団体関係者やジャーナリストを誘拐して身代金を得てきた。
 安田さんは一橋大学を卒業後、1997年に信濃毎日新聞に入社して記者になった。03年に退社後、フリージャーナリストに。04年4月、イラクで取材中に武装勢力に拘束され、3日後に解放された。「自己責任」と批判を浴びたが、その後も現場取材にこだわり、イラクやシリアで取材した。
安田純平さんが行方不明になってからの動き
【2015年】
・6月 安田さんがシリア北西部イドリブ県に越境入国し、反体制派支配地域で行方不明に
【16年】
・3月 安田さんとみられる男性が英語で「私はジュンペイ・ヤスダです」などと語る動画がインターネット上に投稿され、拘束が明らかに
・5月 「助けてください これが最後のチャンスです 安田純平」と日本語で手書きされた紙を持った安田さんとみられる男性の写真がネット上に投稿される
【18年】
・7月上旬 安田さんとみられる男性が家族に向け、英語で「忘れないでほしい」などと語る動画がメディアに提供される
・7月31日 安田さんとみられる男性が日本語で「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は2018年7月25日」「今すぐ助けてください」などと語る動画がネット上に投稿される
・10月23日 日本政府、安田さんとみられる男性の解放情報がカタールから提供されたと発表

「改憲シフト」?自民・総務会に石破派なし 【読売新聞】2018.10.23">「改憲シフト」?自民・総務会に石破派なし 【読売新聞】2018.10.23
 〇自民党は23日の総務会で、加藤総務会長以外の総務会メンバー24人を決定した。石破茂・元幹事長が率いる石破派からの起用はなかった。党内7派閥で総務会メンバーがいないのは石破派のみだった。
 総務会は党の意思決定機関で、憲法改正原案の国会提出前にも同会での了承が必要となる。安倍首相は、憲法9条2項を維持して自衛隊の根拠規定を明記する案を持論とするが、9月の党総裁選で首相と戦った石破氏は異論を唱えている。このため、党内では「総務会メンバーは改憲シフト」との見方も出ている。
 首相の政権運営に批判的な村上誠一郎・元行政改革相は留任した。

女子179人合格ライン、不正で55人が不合格 【読売新聞】2018.10.23">女子179人合格ライン、不正で55人が不合格 【読売新聞】2018.10.23
 〇東京医科大(東京)による不正入試問題で、同大の第三者委員会(委員長・那須弘平弁護士)は23日夜、中間報告を公表した。今年の一般入試では、82人の女子が合格していたが、不正によって合格者は43人に抑えられていた。推薦入試で女子差別が行われた疑いも浮上した。
 同大は、一般入試の2次試験で小論文の得点を操作し、女子と3浪以上の男子を不利に扱っていた。1次試験でも裏口入学の依頼のあった受験生の得点を加算する不正を行っていた。
 報告書によると、第三者委は、操作がなかった場合の得点を復元。今年の一般入試の合格者選定名簿を分析すると、操作によって女子の合格者数は半数に抑えられていた。また、今年と昨年の一般入試と大学入試センター試験利用の受験者を合わせると、合格ラインに達した女子は計223人に上ったが、合格者数は計168人に抑えられ、計55人が不合格となっていた。
(ここまで380文字 / 残り607文字)

東京医科大 不正入試で女子55人が不合格に 2カ年で 【毎日新聞】2018.10.23">東京医科大 不正入試で女子55人が不合格に 2カ年で 【毎日新聞】2018.10.23
 〇東京医科大(東京都)の不正入試問題で、同大の第三者委員会は23日、今年と昨年の入試で男女計69人の得点が本来は合格ラインに達していたのに、不正な得点操作などで不合格となっていたとする第1次報告書を発表した。このうち女子は55人で、14人は多浪の男子とみられる。第三者委は大学が改めて合否判定を行い、今年の合格者が追加された場合、希望者は2019年度の入学を認め、補償請求にも対応するよう提言した。
<医学部不正入試>医学部生や受験生ら会見「大学名公表を」 "><医学部不正入試>医学部生や受験生ら会見「大学名公表を」
<医学部不正入試>得点操作など不適切事例4類型 "><医学部不正入試>得点操作など不適切事例4類型
<東京医大不正>「努力は何だったのか」元受験生ら抗議集会"><東京医大不正>「努力は何だったのか」元受験生ら抗議集会
<医学部不正入試>差別、広がる不信 受験生「ショック」 "><医学部不正入試>差別、広がる不信 受験生「ショック」
<医学部入試>昭和大でも不正疑い 女子や浪人生不利に "><医学部入試>昭和大でも不正疑い 女子や浪人生不利に
<医学部入試>順天堂大も不正か 女子や浪人不利に "><医学部入試>順天堂大も不正か 女子や浪人不利に
 また、内部調査委員会は8月、センター試験を利用した形式の入試には不正の形跡はないとしていたが、今年と昨年の2次試験の小論文について、女子と4浪以上の男子を不利に扱う得点操作をしていたことも判明した。
 同大は今年、2614人が受験し、171人の合格者のうち女子は30人。昨年は2832人が受験し、131人の合格者のうち女子は49人だった。文部科学省の調査では、過去6年の平均合格率は男子6.8%、女子5.3%だった。
 第三者委は、今年と昨年の一般入試とセンター試験利用入試で不正な加点や得点操作がなかった場合の得点に戻し、正規の合格者名簿を作成。その結果、不合格だった今年の50人(うち女子44人)、昨年の19人(同11人)が合格ラインに達していたことが判明した。
 このほか、特定の受験生を加点する不正は臼井正彦前理事長=贈賄罪で在宅起訴=と鈴木衛前学長=同=が職員に指示していたことも追認した。今年の入試委員会で鈴木前学長が「去年は女性が多かったから、今年は男性を多く取りたい」と発言したと認定した。
 報告書はこうした女子や多浪生に対する差別を「平等原則、教育の機会均等に著しく反し、到底許されない」と厳しく批判している。
 東京医大は8月7日、今年と昨年に実施した医学部医学科の1次試験で、計19人に最大49点を不正に加点し、遅くとも06年以降の2次試験の小論文で女子と3浪以上の男子の得点を抑制するための得点操作をしていたとする内部調査委の調査結果を公表。ただし、不正の影響で不合格となった人数は不明としていた。同月28日に詳しい経緯を調べるため、弁護士と女性医師の3人で構成する第三者委を設置していた。
 同大は「提言を踏まえ、11月上旬をめどに対応を公表する」としている。【伊澤拓也、水戸健一】

免震・制振、川金HDも改ざん 26都道府県の93物件 【東京新聞】2018.10.23">免震・制振、川金HDも改ざん 26都道府県の93物件 【東京新聞】2018.10.23
 〇東京証券取引所第2部上場で土木建築機材などを手掛ける川金ホールディングス(HD、埼玉県川口市)は23日、グループ企業が免震・制振装置の検査データを改ざんしていたと発表した。顧客との契約上、許容範囲を超えた数値を偽装。学校や病院、自治体庁舎など26都道府県の計93件の建物に設置していた。建物の免震・制振偽装がKYB以外に拡大した。
 国土交通省は、メーカー88社を対象とする一斉調査の期限を年内から前倒しし、不正行為の有無を今週中に報告するよう要請。川金HDのグループ企業に原因究明と再発防止策の報告を指示した。

【社説】[米「INF」破棄表明]核軍縮を後退させるな 【沖縄タイムス】2018.10.23">【社説】[米「INF」破棄表明]核軍縮を後退させるな 【沖縄タイムス】2018.10.23
 〇トランプ米大統領が、米国と旧ソ連で交わされた中距離核戦力(INF)廃棄条約を破棄する方針を表明した。
 東西冷戦時代の1987年、レーガン米大統領とソ連のゴルバチョフ共産党書記長との間で締結された条約である。80年代末の冷戦終結を後押しし、核軍縮の潮流をつくった画期的な合意だった。
 核兵器を削減する史上初の条約は、米ソが地上配備の中・短距離核ミサイル(射程500~5500キロ)を88年から3年以内に、全廃すると定めた。実際に91年までに両国で計2692基を廃棄する成果を上げた。
 オバマ前政権が打ち出した「核なき世界」からの方針転換である。トランプ政権は2月に新たな核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」を公表。爆発力が低く「使える核兵器」といわれる小型核や、海上発射型の核巡航ミサイルの開発を盛り込んだ。条約の破棄はその流れの中にある。
 米国の破棄の背景には米ロの相互不信がある。
 米軍は昨年3月、ロシアが地上発射型巡航ミサイルを配備したのを初めて確認したと発表。条約に違反していると指摘する。一方、ロシアは米国がルーマニアなど欧州に配備したミサイル防衛(MD)システムは巡航ミサイルを発射する攻撃兵器に転用可能だとして違反と主張している。
 破棄には6カ月前の通告が必要とされ、ロシアを訪れているボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が伝えるとの見方も浮上。米国が条約を破棄すれば、ロシアばかりでなく中国も核軍拡競争に陥る恐れがある。冷戦時代に逆戻りしかねない。
■    ■
 条約を締結したゴルバチョフ氏は米国の破棄方針を「誤りだ」と批判。条約が破綻すれば「米ソの核軍縮に向けた全ての努力を崩壊させる」と警告した。
 ロシアは「世界をより危険にする」と破棄方針に懸念を表明した。トランプ氏に条約に縛られず中距離ミサイルを開発していると批判された中国は「中国を言い訳に使うことは完全に間違っている」と反発した。
 ドイツも、条約が軍縮に有効で「とりわけ欧州各国の国益にかなうものだ」と、北大西洋条約機構(NATO)加盟各国と対応を協議する考えを示した。
 日本はといえば菅義偉官房長官が記者会見で「米ロの動きを注視したい」と述べるだけで、腰が引け、政府の方針が見えないのである。
■    ■
 日本は唯一の戦争被爆国である。米国の「核の傘」の下にあるのも事実だが、本来なら核軍縮に向け国際社会の先頭に立たなければならない。
 条約は欧州における核戦争回避が主な目的だったが、米国が破棄した場合、米、ロ、中が核軍拡競争に突入し米軍基地が集中する沖縄にも影響が出る恐れが払拭(ふっしょく)できない。
 米国が北朝鮮に非核化を求める一方で、自身は条約を破棄し核開発を進めるのは整合性がとれない。国際社会を不安定化させるだけである。
 日本政府は米国の顔色をうかがい追随するだけでなく、破棄を思いとどまらせるよう働き掛けるべきだ。

【社説】[障害者雇用報告] ずさんな手法明らかに 【南日本新聞】2018.10.23">【社説】[障害者雇用報告] ずさんな手法明らかに 【南日本新聞】2018.10.23
 〇中央省庁の障害者雇用水増し問題で弁護士らによる検証委員会が調査報告書を公表し、各省庁のずさんな計上の実態が浮き彫りになった。
 法定雇用率を満たすために、退職者や視力の弱い人が多数算入されており、あきれるほかはない。
 検証委は「障害者の対象範囲や確認方法の恣意(しい)的解釈が不適切な計上の原因」と認定し、「由々しき事態」と指摘した。
 政府は、法定雇用率達成に向け、雇用確保策やチェック機能を強化する再発防止策をまとめた。調査結果を真摯(しんし)に反省し、障害者雇用に誠実に向き合わなければならない。
 検証委は33行政機関にヒアリングを行い、昨年6月時点で28機関で3700人が不適切に計上されていたと認定した。
 国のガイドラインで定めた障害者手帳などの所持が確認できていない人は3426人に上る。以前から引き継いできた名簿や文書を基に安易に算入してきたようだ。
 驚くのは、死亡者を含む退職者が91人も計上されていたことだ。
 国土交通省は昨年度、死亡した3人や約10年前に辞めた人など退職者74人を算入していた。
 また、総務省や環境省などでは本来は矯正視力で0.1以下の人を計上すべきなのに、裸眼視力で視覚障害と判断していた。
 すべての機関が「意図的に不適切な対応をした例はない」と主張する。だが、障害者として雇用していた職員が退職した場合、すでに雇用している職員を新たに障害者に算入している例もあった。
 法定雇用率を充足するために不適切に計上したことがうかがえる。身勝手な判断で、国民への裏切り行為と言わざるを得ない。
 各行政機関からは「(厚生労働省の)通知がわかりにくかった」などの声も聞かれた。厚労省の周知や実態把握の対応に問題があったのは確かだが、各機関の言い分はあまりにも無責任だ。
 民間企業は法定雇用率に満たなかった場合、罰則的な意味合いの「納付金」が義務付けられているが、国には課されていない。
 障害者団体は公的機関にも納付金制度を適用することを要望している。身内に甘いと言われないためにも制度を設けるべきだ。
 政府は、人事院が常勤雇用の障害者を対象に統一選考試験を実施するなどの再発防止策を打ち出した。しかし、職場環境を整えないままに進めても、単なる「数合わせ」に終わる可能性は否めない。
 受け入れ側に対する教育や、多様な人材の力を引き出すための粘り強い支援策が求められる。

【社説】[核廃棄条約] 米政権は「破棄」撤回を 【南日本新聞】2018.10.23">【社説】[核廃棄条約] 米政権は「破棄」撤回を 【南日本新聞】2018.10.23
 〇トランプ米大統領は、米国と旧ソ連が1987年に結んだ中距離核戦力(INF)廃棄条約を破棄する方針を明らかにした。
 条約を引き継いだロシアが守っていないからだと言う。併せて、条約に縛られない中国のミサイル開発も非難し、両国が軍拡を抑制しなければ米国も兵器開発を進める意向だと強調した。
 当時のレーガン米大統領とゴルバチョフ・ソ連共産党書記長が調印し、米ソの軍拡競争から核軍縮へ導く転機となった条約である。
 条約が消滅すれば、大国同士が核で脅し合う冷戦体制が再来するばかりでなく、新たに中国も巻き込んだ三つどもえの核軍拡競争を招く恐れがある。
 ロシアと向き合う北大西洋条約機構(NATO)加盟国も危機感を強めよう。北朝鮮の非核化交渉にも悪影響が出るかもしれない。
 米ソ和解から30年以上、曲がりなりにも進展してきた核軍縮の取り組みが深刻な局面を迎えた。米政権は拙速を避け、条約破棄の方針を撤回すべきである。
 トランプ政権は2月に公表した新たな核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」に、爆発力が低く「使える核兵器」とも呼ばれる小型核の開発などを盛り込み、「核なき世界」の実現を目指したオバマ前政権の方針からの転換を鮮明にした。
 背景には、新型の地上発射型巡航ミサイルの開発を進めるロシアに対する不信感や、経済成長とともに軍事的に台頭する中国への警戒感がある。
 トランプ氏は、米国だけが条約を順守し不利益をこうむる状況は「受け入れられない」と強調した。米政権内には、条約が足かせになり米国が後れを取っていると懸念する声が根強い。
 一方ロシアは、米国が2002年に弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約から一方的に脱退したことが核軍縮の流れを停滞させたとし、米国が欧州に配備したミサイル防衛(MD)システムこそが条約違反だと反論している。
 互いに不信感を強め、無制限の核軍拡競争に突入する事態は避けなければならない。米国、ロシア、中国の三大核保有国は、核軍拡に歯止めをかける交渉を開始する必要がある。
 日本政府は推移を注視していく構えだ。ただ、NPR公表の際に河野太郎外相は「高く評価する」と、いち早く歓迎する意向を示した。米国に配慮する余りか、腰の引けた姿勢が気になる。
 唯一の被爆国として、核兵器廃絶の機運に逆行する動きに毅然(きぜん)と反対する姿勢を示してほしい。

ANN: 再発防止策と障害者4000人採用へ 水増し問題で政府 10/22">ANN: 再発防止策と障害者4000人採用へ 水増し問題で政府 10/22
 〇中央省庁が雇用者数を水増ししていた問題を受けて、政府は再発防止に向けた基本方針をまとめ、来年度中に障害者約4000人の採用を目指すとしました。
 第三者による検証委員会の報告を受けて、政府が公表した再発防止策には各省庁で障害者手帳の写しなどの関係書類を保存するほか、チェックシートを用いて複数の職員で雇用数の点検を行うチェック機能の強化などが盛り込まれました。制度を所管する厚生労働省については、各省庁向けの雇用の手引きの作成や説明会の実施などを求めています。政府は障害者を対象とした採用試験を新たに導入するなどして、来年度末までに約4000人の障害者の採用を目指す方針です。
  ★安倍政権の性根は、反人権、侮り、奢り、ヘイトだが、仮に、万一、悔い改めたとしても、安定的に、最低雇用率を達成することは、困難であろう。 民間でも、概して、そうなのだから。使う側の構想と能力が肝要…

ANN: 「経済問題の答えは金融政策にない」白川日銀前総裁 10/22">ANN: 「経済問題の答えは金融政策にない」白川日銀前総裁 10/22

ANN: 十五夜に次いで美しい“秋の月”夜空かざる 10/22">ANN: 十五夜に次いで美しい“秋の月”夜空かざる 10/22

ANN: 「独島は韓国だ」議員団が竹島上陸 政府は強く抗議 10/22">ANN: 「独島は韓国だ」議員団が竹島上陸 政府は強く抗議 10/22

ANN: 少年は複数の刃物使用か 埼玉・祖父母死傷事件 10/22">ANN: 少年は複数の刃物使用か 埼玉・祖父母死傷事件 10/22

ANN: 米政権は潮流に逆行? 誕生時の性別限定を検討 10/22">ANN: 米政権は潮流に逆行? 誕生時の性別限定を検討 10/22

ANN: 携帯料金の値下げ 「来年10月ごろ目指す」菅長官 10/22">ANN: 携帯料金の値下げ 「来年10月ごろ目指す」菅長官 10/22
  ★花火はぶち上げたが、どうだろう?仕上がりは。

ANN: 女子は男子より高い合格ライン 順大医学部でも… 10/22">ANN: 女子は男子より高い合格ライン 順大医学部でも… 10/22
  ★この紛らわしい表現が、まず、気に懸かる…「女子に男子よりも高い合格ラインを設定」。 直截に、女性差別、不利益処遇とすべき。 大学側が、どう表現しようが。事実、真実を伝えねば。

TBS: 障がい者雇用水増し問題、報告書公表「意図的でない」 10/22">TBS: 障がい者雇用水増し問題、報告書公表「意図的でない」 10/22
  ★意図的です!目標がある。 新聞紙には、「恣意的」の言葉も。法定雇用率は、数字目的だ。意識しなければ、達成できない。故意でないと言い張るところが、安倍政権の性根、根本にある。反人権の思想、反人権の政府だ。人権委員会(設置)を拒み続けているのも、その証左。

障害者雇用、水増し「意図的」明記せず 検証委報告 省庁28機関3700人 【東京新聞】2018.10.22">障害者雇用、水増し「意図的」明記せず 検証委報告 省庁28機関3700人 【東京新聞】2018.10.22
 〇中央省庁が雇用する障害者数を水増ししていた問題で、弁護士ら第三者でつくる検証委員会は二十二日、調査報告書を公表、水増しされた人の中に既に退職した人や死者、算入が認められない刑務官などの職種も含まれていたことを明らかにした。水増し開始時期は明記せず、意図的な水増しは否定した。ただ調査は障害者とされた当事者への聞き取りはなく疑問を残す結果となった。検証を踏まえ政府はチェック態勢の強化など再発防止に取り組む。 (井上靖史)
 松井巌委員長は会見し「意図的ではないとする(省庁の)主張を覆す証拠がない」とした。
 水増しされていたのは二十八機関の三千七百人。このうち九十一人は在職歴はあるが既に退職、うち少なくとも三人は死亡していた。採用内定者などで在籍したことがない人も二人いた。七割に当たる二千六百人弱は障害者手帳の所持が確認できない上、健常者や実際の健康状態が確認できない人、対象障害者でない人だった。十年前に辞めた人や、近視の人を障害者にしている例も多数あった。水増しの多い省庁は国税庁千百三人、国土交通省六百二十九人、法務省五百十二人、の順。
 障害を確かめる資料は保存されておらず、確認方法は障害の種類などを記入した名簿が千四百七十九件、人事記録八百八十件などだった。人事担当者の見た目で精神障害者と数えたり、本来は矯正視力によるべきなのに裸眼で〇・一以下の人を視覚障害者に数えたりもしていた。
 障害者雇用制度所管の厚生労働省についても「チェックをほとんどしていない。あまりにも無頓着」と糾弾。現制度が定着した一九七六年以降、障害者の範囲を定めたガイドラインを二〇〇五年に作ったが、雇用率の報告を求める際に「原則として障害者手帳で確認する」と指示書に記載したため、例外があると拡大解釈が広がり、問題の一因になった可能性があると指摘した。
 不適切な算入について、省庁の人事担当者からは「いずれも意図的ではないとの認識だった」と回答があったという。不適切な事務が始まった時期も解明できず、「一九九七年ごろからやっていたと答えたところもあるが、いずれにしても長期間継続されてきた」と結論付けた。その上で今回の問題を「法定雇用率を充足するため、恣意(しい)的な障害者区分に当てはめるなどしてきた」と総括した。
 今回調べた三千七百人は水増しの実人数。八月末の発表では重度障害者を二人分、短時間勤務者を〇・五人分などと計算、三千四百六十人分とされていた。
省庁の言い分追認
 長年放置されてきた障害者の水増し雇用について、検証委員会は各省庁に聞き取り調査をした結果、「法令やルールに違反していると認識しながら、不適切計上するという意図的なケースは認められなかった」(松井巌委員長)と結論づけた。しかし、この判断には大きな疑問が残る。
 検証委は視力の弱い人の算入などを「恣意的解釈」と認定した。それなのに、意図的な不正計上はなかったとしたのは、各省庁の人事担当者が誤解などに基づくミスで「意図的ではない」と説明したからだ。松井氏は「それを覆す証拠が出てこなかった」と説明した。逆の言い方をすれば、意図的な不正でなかったとの裏付けも得られていないことになる。
 検証委の聞き取り調査の対象は、各省庁の人事担当者のみだった。意図的かどうか判断するには、不正に障害者として雇用されていた人に聞き取り調査をする必要があった。障害者と認定された理由は何か、上司からどういう説明があったのかなど、詳しい事情を把握した上で、人事担当者の説明と矛盾がないか検証することが、真相究明につながるからだ。
 しかし、調査時間が限られているとの理由で、検証委は障害者からの聞き取り調査を行わず、人事担当者の説明のみで報告書をまとめた。これでは、第三者機関であるはずの検証委が、各省庁の主張をそのまま追認したとの批判は免れない。
 政府はこの検証結果を基に再発防止策をまとめた。障害者の信頼を回復し、共生社会を目指すというが、この検証結果では障害者の政府に対する不信は解消しない。 (城島建治)

障害者雇用 自治体水増し3800人 【東京新聞】2018.10.22">障害者雇用 自治体水増し3800人 【東京新聞】2018.10.22
 〇厚生労働省は二十二日、全国の地方自治体を対象とした障害者雇用実態調査の結果を発表し、昨年六月一日時点で三八〇九・五人分の水増しがあったことを明らかにした。都道府県関係が六八一・五人、市町村関係が七百六十九人、教育委員会関係が二千三百五十九人だった。 
 水増し分を除くと、障害者雇用率は調査前の2・4%から2・16%に低下。雇用の不足は六百七十七人分から四六六七・五人分へと大きく増えた。
 調査によると、都道府県の知事部局では、二十七県で五四二・五人分の水増しがあった。人数は山形が七十六人、愛媛が五十四人と特に多かった。続いて福島、茨城、群馬、石川、島根、高知が三十人を超えた。
 ほかに水増しがあったのは青森、宮城、秋田、千葉、神奈川、富山、山梨、長野、静岡、滋賀、奈良、和歌山、岡山、広島、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄。
 二十七県はいずれも法定の雇用数を満たすとしていたが、水増し分などを考慮すると、十九県は実際には達成していなかった。
 十九県は青森、山形、福島、茨城、群馬、富山、石川、山梨、長野、静岡、和歌山、島根、香川、愛媛、高知、長崎、熊本、鹿児島、沖縄。不足数は計四百二十二人だった。
 教育委員会の水増しは三十四県で二二〇三・五人分に上った。県別では、愛知三九二・五人、埼玉百七十一人、神奈川一四一・五人などで、ほかに群馬、千葉、兵庫も百人を超えた。
 厚労省は、警察本部などを合算した各都道府県の水増し人数や、各市町村、市町村教委の人数は明らかにしていない。
  ★人事委員会を作ろう!推進どころか、監視もできない。

「なぜ水増し 追及を」 障害者団体 怒り、失望、あきれ 【東京新聞】2018.10.22">「なぜ水増し 追及を」 障害者団体 怒り、失望、あきれ 【東京新聞】2018.10.22
 〇「あきれてものが言えない」。中央省庁で脈々と続いてきた障害者雇用数の水増し手口が明らかになった二十二日、障害者団体や支援団体などから怒りや失望が噴出した。検証結果について「根本原因に迫れていない」という意見も。一方、厚生労働省で同日午前、記者会見した松井巌委員長は「(水増しが)意図的に当たるケースは認められなかった。根本問題は厚生労働省の雇用実態に関する関心が低かったことにある」と強調した。 (井上靖史、辻渕智之、原田遼)
 「言語道断。あきれるという感情も通り越す」。東京都国立市の就労移行支援施設「ピアス」で精神障害者らのジョブトレーニングに取り組んでいる高橋しのぶ施設長(49)は障害者雇用率を満たすために、既にいない元職員らを計上していたと聞き、憤った。
 最近、施設から巣立った人たちが集う会合を開いたが、周囲にいる人も含めて国の機関で働いた経験を聞いたことがないと話していたという。「やっぱり採っていなかったんだと。本人に知らせずに勝手に障害者扱いしていたなんて、人権問題」と指摘した。
 「こういうことをしていたのだろうとは大体想像できた」。自らも視覚障害のある日本障害者協議会の代表藤井克徳さん(69)は冷ややかな視線を向けた。
 藤井さんは、なぜ水増しが起きたかという根本的な原因が大切、と指摘した上で「精鋭部隊という意識の国は、障害者を採ると職場のバランスを崩れると心配してここまで採らなかったのだろう。省内から探そうとして、いなければ創り出すという構図だ」と強調。検証には詳しい動機は触れられておらず「これで抜本的な対策につながるのか」と話した。
 一方、同日記者会見した松井委員長は「民間ですら障害者雇用率の達成が50%程度にあるにもかかわらず、段階的に引き上げられている雇用率が(各省庁で)達成されていることに疑問をもてば早期に是正できたと考える。とくに障害者の範囲や確認方法の不手際があった」と指摘した。

順大、女子不利の疑い 医学部入試、合格ライン高く設定 【東京新聞】2018.10.22">順大、女子不利の疑い 医学部入試、合格ライン高く設定 【東京新聞】2018.10.22
 〇医学部の不正入試を巡る問題で、順天堂大が合否の最終判定の際に女子の合格ラインを高く設定するなど、不利な扱いをしていた疑いがあることが二十二日、関係者への取材で分かった。女子の方が高評価になっていた面接試験の点差を調整するためという。既に不正入試が判明している東京医科大を除き、女子が不利益を被っていた疑いが浮上するのは初。文部科学省もこうした対応を把握しているもようで、大学側に説明を求めている。
 順大の一般入試では、英語、数学、理科二科目の一次試験と、二次試験の面接などの成績を総合的に判断し合格者を決定。関係者によると、学科は男女で大きな差はないが、過去に面接で男子より女子の点が高くなる傾向が見られたといい、この差が合否を決定づける主因とならないよう、最終判定時に女子の合格ラインを一律高めに設定し続けるようになった。
 文科省が全国八十一大学を対象とした医学部入試の緊急調査では、順大は過去六年間で男子と女子の合格率格差が最大だった。また、文科省が女子合格率が低めの約三十校への訪問調査を実施し、順大を含む複数校に何らかの不適切な点がある可能性を指摘。近く事例を公表し、全国の大学に注意喚起する。
 順大は緊急調査の指摘について十一月中をめどに見解を示すとし、調査のための第三者委員会も設置している。

フェイスブックを行政指導へ 情報委 個人データ横流し 【東京新聞】2018.10.22">フェイスブックを行政指導へ 情報委 個人データ横流し 【東京新聞】2018.10.22
 〇米交流サイト大手フェイスブック(FB)から英政治コンサルタント会社に最大八千七百万人分の個人データが不正に横流しされた問題で、日本政府の個人情報保護委員会がFBを行政指導する方針を固めたことが二十二日、政府関係者への取材で分かった。英当局と連携して調べた結果、利用者に十分説明せず管理態勢も不適切だったと判断し、改善を求める。
 委員会がFBを指導するのは初めてで、二十二日午後に発表する。FBでは最近も不正アクセスによって約二千九百万人分のデータ流出が判明しており、この件でも原因究明や再発防止を徹底するよう指導する。
 八千七百万人分のデータ流出は今春に発覚。英研究者がFBに設置したアプリを通じて個人データを収集し、英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)と共有していた。データは二〇一六年米大統領選でトランプ陣営が利用したとされる。
 日本でアプリをインストールしたのは百人余りとみられるが、利用者が友人登録している人のデータも収集され、十万人以上が影響を受けた可能性がある。
 日本にいる利用者らのデータが実際に利用されたとの情報は確認されなかったものの、委員会はFBに対し、利用者への分かりやすい説明や削除要求への適切な対応を求める。
 委員会は個人情報保護のための監督機関。個人情報保護法に基づき、指導のほか勧告、命令などの措置を取ることができる。
<個人情報保護委員会> 内閣府の外局に2016年1月、新設された行政機関。公正取引委員会などと同じく独立した三条委員会で、企業への立ち入り検査や勧告・命令の権限を持つ。以前の「特定個人情報保護委員会」を改組し、その後に民間事業者の個人情報全般の保護ができるように権限を拡大させた。委員長を含む有識者9人で委員会を構成し、専門委員もいる。各省庁から集められた職員らによる事務局が実動部隊となる。
  ★<個人情報保護委員会>❓❓❓ そんな半端なものより、最高法規、憲法の人権保障を、直接目的とする独立行政機関、人権委員会を設置すべし。 最高法規の値打ちは、そこにある⁉

立憲民主党の会派 参議院でも野党第1会派に 【NHK】2018.10.22">立憲民主党の会派 参議院でも野党第1会派に 【NHK】2018.10.22
 〇臨時国会の召集を前に、国民民主党は、離党届を提出した参議院議員の会派の退会を参議院に届け出ました。これによって、衆議院と同じく、参議院でも立憲民主党の会派が、野党第1会派となりました
 24日の臨時国会召集を前に、国民民主党は、離党届を提出した長浜博行・参議院議員が会派を退会することを参議院に届け出ました。
 これによって、参議院では、国民民主党の会派が、23人となり、24人の立憲民主党の会派が衆議院と同じく野党第1会派となりました。
 立憲民主党の枝野代表は、視察先の北海道奥尻町で、「期待に内実が伴う状況を作り、責任を受け止めていきたい。臨時国会では、審議を通じて、しっかりと行政監視の役割を担い、われわれの政策をクリアに打ち出していくことに変わりはない」と述べました。
 一方、自民党は、去年、当時の民進党を除籍になった無所属の藤末健三参議院議員を加えた126人の新たな会派を届け出ました。

NHK: 10年前退職の職員も 中央省庁の障害者雇用水増しで報告書 10/22">NHK: 10年前退職の職員も 中央省庁の障害者雇用水増しで報告書 10/22
 〇中央省庁による障害者雇用の水増し問題で、政府の検証委員会は、去年6月の時点で8割を超える28の機関で合わせて3700人が水増しされていたなどとする報告書をまとめました。報告書では、法律で定められた雇用率を達成するため、恣意的(しいてき)に解釈した基準に基づいたずさんな運用が長年にわたって続けられてきたと指摘しています。
 弁護士や有識者らで作る検証委員会は、水増しの経緯などを調べるため先月から各府省庁の担当者に聞き取りなどを行い、22日に開かれた関係省庁の連絡会議に報告書を提出しました。
 それによりますと、去年6月の時点で、中央省庁の8割を超える28の機関で合わせて3700人が水増しされていました。
 内訳は国税庁が1103人で最も多く、次いで国土交通省が629人、法務省が512人、防衛省が332人などとなっています。
 この中では、国税庁で精神障害と認定する手帳を所持していない「うつ病」などの精神疾患とされる職員を障害者としていたほか、国土交通省では、障害者として雇用された職員を退職後も計上し続けていて、中にはおよそ10年前に退職した職員も含まれていたということです。
 そのうえで、多くの機関では法律で定められた雇用率を達成するため、恣意的に解釈した基準に基づいたずさんな運用が長年にわたって続けられていたと指摘しています。
 一方、所管する厚生労働省も民間企業への指導に重点を置くあまり、中央省庁の実態把握がおろそかで、障害者の範囲や確認方法などに関する周知などもあいまいだったとしています。
 そして「極めてゆゆしき事態だ」として、再発防止を図ることはもとより、障害者雇用を促進するため指導や対策に取り組むよう求めています。
 総合職試験に合格 面接で不採用の障害者は
 検証委員会の報告書について、中央省庁への就職を目指し不採用となった障害者からは「水増しは意図的に行われたとしか思えない。自分の力の及ばないところに左右されていたかもしれないと思うと、悔しいし悲しい」という声が上がりました。
 関西地方に住む20代の男性は、脳性まひによって手足に重度の障害があり、電動車いすで生活しています。
 国立大学の学生だった数年前、障害者としての視点を生かして国の政策に携わる仕事がしたいと、いわゆるキャリア官僚を目指して国家公務員の総合職試験を受験し、上位16番目という優秀な成績で合格しました。
 中央省庁に就職するには、試験に合格したあと各省庁の面接を受けて採用される必要がありますが、男性はいずれの省庁も不採用となりました。
 面接を受けたのは財務省や文部科学省など、今回、水増しが明らかになった省庁でした。
 総合職試験のほか、一般職試験にも合格していて、各省庁の面接を受けましたが、一般職でも採用には至りませんでした。
 男性は「当時は自分の能力不足が原因で採用されなかったのだろうと気持ちを切り替えたが、自分の力の及ばないところに左右されていたかもしれないと思うと、悔しいし悲しい」と話しました。
 大学卒業後、男性は関西地方の自治体に地方公務員として就職し、現在、自治体の政策作りにも携わっています。
 今回、明らかになったさまざまな水増しの内容について「意図的に行われたとしか思えない。私も公務員なので思うが、行政機関は法律を順守すべき立場だから、どのような事情であれ、法律をゆがめるような作為的なことは許されない」と批判しました。
 そのうえで今後、国に期待することとしては「ただ数合わせで障害者を雇用するのであれば意味がなく、政策立案の過程にどんどん携わっていけるようにしてほしい。一過性ではなく、障害者雇用を継続できるような安定的な制度を作ってほしい」と訴えていました。
 来年度末までに障害者4000人余 雇用へ
 今回の問題を受け、関係省庁の連絡会議では障害者の雇用促進策をまとめました。
 この中では法律で定められた雇用率、2.5%を達成するため、来年度末までに中央省庁全体で4000人余りの障害者を雇用するとしています。
 そのための雇用促進策として、障害者を対象とした統一的な職員採用試験を新たに設け、来年2月に初めて実施するほか、職場への定着を進めるため非常勤での勤務を経験したあとに、常勤に移行できる制度などを設けるとしています。
 また、法定雇用率を達成できていない地方自治体に対しても、必要な措置を講じるよう要請するとともに、国からの支援を検討するとしています。
 自治体の水増し 3800人
 この問題をめぐっては全国の自治体でも同様の水増しが行われていたことが明らかになっていて、厚生労働省は自治体が行った再点検の結果を取りまとめました。
 それによりますと、全国の都道府県と市区町村、それに教育委員会で働く障害者は去年6月の時点で、4万9000人余りとされていましたが、このうちおよそ3800人が水増しされていたということです。
 職員に占める障害者の割合は、全体で2.4%とされていたのが再点検の結果2.16%となり、当時義務づけられていた法定雇用率の2.3%を下回りました。
 都道府県の知事部局で法定雇用率を下回ることになったのは、青森、山形、福島、茨城、群馬、富山、石川、山梨、長野、静岡、和歌山、島根、香川、愛媛、高知、長崎、熊本、鹿児島、沖縄の19県です。
 厚生労働省は、全国の自治体に対して再発防止に向けた取り組みを求めるとともに障害者の雇用を促進するため必要な支援を行うとしています。
  ★不正を政府一体で行ったか。

トランスジェンダー排除へ 米政権検討、行政上認めず 【東京新聞】2018.10.22">トランスジェンダー排除へ 米政権検討、行政上認めず 【東京新聞】2018.10.22

国際反戦デー - Wikipedia">国際反戦デー - Wikipedia


情報公開請求、共産党だけ黒塗りで渡す 大津市「ミス」 【朝日新聞】2018.10.22">情報公開請求、共産党だけ黒塗りで渡す 大津市「ミス」 【朝日新聞】2018.10.22
 〇前は公開されていた公文書が、なぜか黒塗り――。大津市議会の共産党市議団は22日、市への情報公開請求で非公開にされた市長らの庁内協議での発言などが、かつて市民が開示請求したときには全面開示されていたと明らかにした。市は「事務処理の誤りだった」と釈明し、市議団に文書を全面公開した。
 問題の文書は、①2014年10月の協議メモ②同年12月の議事録――の2種類。市は住民票の発行事務などを担う36カ所の市民センター(市役所支所や公民館)を10カ所に集約する計画を進めており、文書はそれに関する庁内の協議を記したものだ。
 市議団は今年7月、文書の公開を請求。開示された①は紙1枚で、5カ所に越直美市長や当時の市民部長の発言が書かれているが、うち越市長の発言1カ所が黒塗りになっていた。
 ②は14ページあり、越市長ら6人の発言を延べ137カ所に記載。うち82カ所の全てか一部が黒塗りだった。その35カ所が越市長の発言だった。
 市議団はその後、市民3人が15~17年に同じ文書を情報公開請求し、全面開示されていることを把握し、市に抗議。市議団に非開示にされた部分には、「基幹支所でも正規職員3人を追加するのは厳しい。0人にするくらいに検討してほしい」「基幹市民センターを7つにするなどの結論を出すのが一番」など、センターや正規職員の数に言及した越市長の発言などが含まれていた。
 センターの集約に関し、市は10月からすべての学区で住民との意見交換会を開いている。市民センター改革推進室の担当者は「市民から率直な意見を求めている中で、公開情報が誤解を招いて市民の混乱を招きかねないと判断した。過去の開示状況を精査していなかった」と釈明している。市によると、黒塗りの判断に越市長は関わっておらず、市民部長らが決裁したという。
 市議団の杉浦智子幹事長は「憲法14条の平等の原則や知る権利を害する由々しき事態で、単なる事務処理の誤りですまされない重大な問題だ」と主張。「市議会で追及されるのを防ぐ意図があったのだろうか。職員が市長を忖度(そんたく)した結果だ」と批判。越市長に謝罪を求めて申し入れた。(山中由睦)

NHK: 死亡男性 パトカー内で押さえつけられぐったり 大阪 10/22">NHK: 死亡男性 パトカー内で押さえつけられぐったり 大阪 10/22
 〇20日、大阪市内で酒に酔った33歳の男性が警察に保護されたあと死亡しましたが、男性はパトカーの中で警察官に体を押さえつけられ急にぐったりしたということで、警察は捜査本部を設置し、当時の対応に問題がなかったか詳しい状況を調べています。
 警察によりますと、20日午後10時半すぎ、大阪 都島区の路上で、豊中市に住む33歳の会社員の男性が酒に酔った状態で暴言を吐きながら殴りかかったため、警察官4人が手足を押さえて保護しました。
 男性はパトカーの中でも暴れ、警察官2人が後部座席にうつ伏せにして腰や肩を押さえつけたところ、数分後に急にぐったりし、その後、死亡が確認されたということです。
 警察が22日、司法解剖をしたところ、男性の肺はうっ血状態で中に水がたまっていたことがわかりました。
 一方で男性の胸や腹には強く押さえつけた跡はないということです。
 警察は業務上過失致死事件として捜査本部を設置し、男性を保護する間に過剰な制圧行為がなかったか詳しい状況を調べています。
  ★一度ならず、再々と、繰り返される…制圧死 市民は、頑強な健常者とは限らない。確認できないなら、ソフトタッチで⁉

NHK: 台湾脱線事故 ”自動制御装置が切られていた疑い” 10/22">NHK: 台湾脱線事故 ”自動制御装置が切られていた疑い” 10/22

船田氏、自民の改憲新体制に懸念=「強硬運営のメッセージ」 【時事通信】2018.10.22">船田氏、自民の改憲新体制に懸念=「強硬運営のメッセージ」 【時事通信】2018.10.22
 〇自民党の船田元氏は22日付のメールマガジンで、同党の衆院憲法審査会幹事人事について「(改憲の)強硬派によって審査会を運営するというメッセージを内外に示した」と懸念を表明した。
 船田氏は、新たに与党筆頭幹事となる新藤義孝元総務相らを念頭に「いわゆる『強硬派』と呼ばれる安倍晋三首相に近い方々が、野党との交渉の前面に立つこととなった」と指摘。前任の中谷元・元防衛相や自身を「協調派」と位置付けつつ、2人が幹事を外れたのは先の総裁選で首相に投票しなかったのが原因との見方を紹介した。(2018/10/22-23:20)
  ★レイムダック化しながら、蛮行する⁉ 議員、公務員が。 失敗、混乱は明らか。今猶、森加計疑惑、政治不信引き摺りながら。強硬❓❓❓

東海第2再稼働に反対表明 那珂市長、同意対象自治体で初 【東京新聞】2018.10.22">東海第2再稼働に反対表明 那珂市長、同意対象自治体で初 【東京新聞】2018.10.22
 〇日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)を巡り、事前同意権を持つ同県那珂市の海野徹市長は22日、共同通信の単独インタビューに応じ、「原発に反対だ。危険な物は稼働させない方がいい」と述べ、再稼働に反対の考えを表明した。同意対象の地元6市村のうち、賛否を明確にしたのは海野氏が初めて。
 反対の理由として「避難時、地震などで道路が陥没して通れなくなる可能性もある」とし、実効性のある避難計画の策定は「無理だ」と述べた。
 東海第2は半径30キロ圏に全国の原発で最多の96万人が暮らす。

核廃棄条約破棄、ロシア賛同せず 「世界を危険に」、米国をけん制 【東京新聞】2018.10.22">核廃棄条約破棄、ロシア賛同せず 「世界を危険に」、米国をけん制 【東京新聞】2018.10.22

【社説】城間那覇市長再選 笑顔が輝く県都を築いて 【琉球新報】2018.10.22">【社説】城間那覇市長再選 笑顔が輝く県都を築いて 【琉球新報】2018.10.22
 〇任期満了に伴う那覇市長選挙は、現職の城間幹子氏(67)が自民党などの推薦を受けた翁長政俊氏(69)を大差で下して再選を果たした。32万余の市民のリーダーとして、公約に掲げた「笑顔かがやく那覇づくり」に邁進(まいしん)してほしい。
 城間市政の4年間を振り返ると、特に大きな失点はなかったと言えよう。認可保育園を増やして待機児童数を7割削減したこと、県内で初めてパートナーシップ登録制度を導入したことなど、評価すべき点は少なくない。
 勝因の一つとして特筆すべきなのは、城間氏が米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に対し、明確に反対を表明して選挙戦に臨んだことだ。
 米軍基地の過重な負担は沖縄県民全体に関わる重要課題である。県都の首長には、基地問題と真正面から向き合い、行動する姿勢が求められる。「われ関せず」と傍観することは許されない。
 城間氏は「県経済の自立の阻害要因でしかない新たな米軍基地の建設に反対する」と明快に主張した。
 これに対し、翁長氏は「(県と国とで予想される)裁判闘争の行方をしっかりと注視していきたい」と述べるにとどまり、賛否を明らかにしなかった。支持が広がらなかった一因であろう。
 先の知事選の那覇市での得票を見ても、新基地建設反対を掲げた玉城デニー氏が対立候補に大差をつけている。玉城知事を支えた枠組みは、市長選でもそのまま機能した。
 有権者は1期4年の城間市政を評価し信任した。一方で、「玉城知事と力を合わせて、平和で誇りある豊かな那覇・沖縄をつくる」という訴えが多くの市民の共感を集めたことも確かであろう。
 健康増進、福祉向上、子育て支援、雇用拡大、観光振興…。県都・那覇市には課題が山積している。より良い市政を目指す上で必要なのは対話だ。市長と市民が意見交換する機会をできるだけ増やしてはどうか。
 例えば、那覇市の久茂地小学校跡地に建設する新文化芸術発信拠点施設(新市民会館)を巡っては、開館後、周辺で交通渋滞を来すのではないかと懸念する声があった。
 市民の疑問や不安に真剣に耳を傾け、解決策を追求する姿勢を忘れてはならない。
 城間氏は、医療費窓口無料化の中学3年生までの拡大、子どもの貧困対策の拡充・長期的継続、アーケード再整備支援と中心商店街の活性化、LRT(次世代型路面電車)の導入検討、新基地反対などを重点公約に掲げた。これらの実現に向けて全力を挙げてもらいたい。
 当選した城間氏は「継続というありがたい判断を頂いた。玉城知事にとっても力強い後押しになると思う」と述べた。この思いをいつまでも大切にし、住んでいて良かったと誰もが思える県都を築いてほしい。

【社説】[那覇市長 城間氏再選]県と連携し新たな風を 【沖縄タイムス】2018.10.22">【社説】[那覇市長 城間氏再選]県と連携し新たな風を 【沖縄タイムス】2018.10.22
 〇翁長雄志前知事がタネをまいた「保革を超えた政治」の形は、さまざまな困難に遭いながらも絶えることなく引き継がれ、この土地に根を下ろしつつある。
 任期満了に伴う那覇市長選は、21日投開票され、無所属で現職の城間幹子氏(67)が、自民・公明・維新・希望の推薦を受けたベテランの翁長政俊氏(69)を大差で破り、再選された。
 選挙戦の流れを決定づけたのは県知事選だった。
 玉城デニー知事を誕生させた「オール沖縄」勢力は、その勢いで豊見城市長選に勝利し、追い風に乗って再び県都那覇市を制したのである。
 城間氏は「平和・子ども・未来・あなたとともに」をキャッチフレーズに、協働によるまちづくりや子育て支援を前面に掲げた。
 教育畑出身の女性市長として、子ども医療費の無償化の拡充や給付型奨学金の創設、新たなコミュニティーとなる小学校区まちづくり協議会の推進などを訴え、幅広い支持を得た。
 玉城新知事とセットで選挙運動を展開し、翁長前知事の遺志を継いで玉城県政を支える姿勢を鮮明に打ち出したことも、有権者から評価され、圧勝につながった。
 県議を5期務め、自民党県連幹事長や那覇市の収入役などを歴任した翁長候補は、切り札のような存在だった。
 県知事選に続いて那覇市長選でも大敗したことは、自民党県連の組織力の低下を示すと同時に、辺野古をめぐる自公のあいまいな対応への批判と受け止めるべきである。
■    ■
 投票率は48・19%で、県知事選とのダブル選挙となった4年前と比べ、17・06ポイントも低かった。
 強力な2人の候補者による一騎打ちの選挙だったことを考えれば、予想外の低い投票率である。なぜ、そうなったのだろうか。
 知事選からわずか3週間しかたっておらず、有権者に「選挙疲れ」があったことは否めない。天気がよく、県内でさまざまなイベントが開かれたことも投票率に影響したかもしれない。
 加えて陣営内部の足並みの乱れによって翁長氏側に厭戦(えんせん)気分が広がったことも見逃せない。
 翁長氏の劣勢が伝えられていたにもかかわらず、政府は、県が行った辺野古の埋め立て承認撤回について、法的な対抗措置に踏み切った。
 県民感情を逆なでするような強硬策が、選挙終盤に、政府によって打ち出されたのである。
■    ■
 翁長陣営からは「選挙を捨てたのか」と、悲鳴にも似た叫びが上がった。選挙終盤に有力幹部のスキャンダルが表面化したこともあって、もはや戦う空気ではなかった。
 県知事選の時もそうだったが、今度の那覇市長選でも一部全国メディアが、投票が終わった直後の午後8時、早々と城間氏の「当確」を打った。両陣営の勢いの違いがそれだけはっきりしていたのである。
 この事実にもっとも謙虚に向き合うべきなのは政府である。二つの選挙は政府が敗れた選挙でもあったのだ。

【社説】[旧優生保護法] 国策の徹底検証が必要 【南日本新聞】2018.10.22">【社説】[旧優生保護法] 国策の徹底検証が必要 【南日本新聞】2018.10.22
 〇旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの不妊手術を巡り、自民、公明両党の合同ワーキングチームが検討している被害救済策の概要が判明した。
 個人名入りの手術記録がないケースは審査機関を設けて被害を認定するほか、本人の「同意」に基づく手術も幅広く救済する内容である。「反省やおわび」も示す。着実に関連法案を成立させてもらいたい。
 救済策の検討が進む一方で、旧法を推し進め、その非人道性を認識しながら法改正が遅れたことに対する国の調査は進んでいない。真の問題解決には救済だけでなく、国策を検証し過ちを認めることが不可欠だ。
 国の統計によると、旧法の下で知的障害などを理由に不妊手術を施された人は2万5000人以上いる。ただ、個人名が特定できる資料は3033人分にとどまる。
 こうした中、知的障害者の家族ら約20万人でつくる「全国手をつなぐ育成会連合会」が被害の掘り起こしと、会として旧法を容認した過去の検証に乗り出した。有識者による内部委員会を発足させ、反省を込めた見解を示すという。
 自らの過ちを明確にすることは、障害者の主体性や尊厳について改めて考えるきっかけになるに違いない。国は民間の動きを見ならうべきだ。
 旧法を巡る国家賠償訴訟は9月末までに札幌や仙台など5地裁で起こされ、原告は13人に上る。
 仙台地裁では原告が「国は立法による救済措置を怠った」「強制手術は重大な人権侵害で憲法違反」と主張。これに対し、国側は「国家賠償法があり、救済制度を立法する義務はなかった」「旧法が合憲か違憲かは争点ではない」として全面的に争う構えを崩していない。
 しかし、旧厚生省の内部資料を見ると、国側の主張には疑問を持たざるを得ない。
 旧厚生省では86年、優生保護法の改正に関する文書が作成され、強制不妊手術が「人道的にも問題があるのでは」と指摘。88年には「強制手術は人権侵害も甚だしい」として、強制手術を廃止する「試論」も提示している。
 だが、旧法は96年まで存続し、不妊手術は行われ続けた。なぜ法改正は10年間も実現しなかったのか。国は一連の経緯を調査し、責任の所在を明確にすべきだ。
 旧法の理念には「不良な子孫の出生を防止する」との優生思想がある。この思想を断ち切らなければならない。不妊手術を強いられた人たちは高齢で、残された時間は少ない。

【社説】【サイト遮断】法制化は問題が多すぎる 【高知新聞】2018.10.22">【社説】【サイト遮断】法制化は問題が多すぎる 【高知新聞】2018.10.22
 〇憲法が保障する「通信の秘密」などが侵害されることに対する懸念の強さを物語っていよう。
 インターネット上で漫画などを無料で読ませる海賊版サイト対策を検討してきた政府の有識者会議が、中間とりまとめを断念した。強制的に閲覧を止める「接続遮断(ブロッキング)」への反対論が強いためだ。
 政府が接続遮断の法制化方針を打ち出し、来年の通常国会で法改正を目指すという日程を急ごうとしたこと自体に無理がある。遮断にこだわらず、実効性のある対策に向けて議論を重ねていくべきだ。
 海賊版サイトは漫画や書籍、映画などを著作権者の了解を得ずに無料で閲覧できるようにしている。著作権を侵害し、漫画家らや出版社などの深刻な被害からみて、対策を急ぐ必要があることは間違いない。
 政府は4月、特に悪質な3サイトを名指しし、通信事業者に自主的な通信遮断を促した。ただ、あくまで「緊急避難措置」との位置付けで、裏付けとなる法制化の方針も打ち出した。
 6月に設置された有識者会議は当初から対立が目立った。出版業界の委員が「他に有効な手段がない」と接続遮断を支持したのに対し、通信事業者の代表や弁護士が強く反対した。当然だろう。
 接続遮断を実施する場合、問題のサイトだけでなく、一般のネット利用者の通信履歴を全てチェックする必要がある。大量監視につながり、多くの法律家が通信の秘密を侵害するとみている。
 特定のサイトへの接続を遮断する措置は検閲に当たる恐れもある。表現の自由の制約につながる検閲と、通信の秘密の侵害をともに厳しく禁じる憲法21条に抵触する懸念は大きいといわざるを得ない。
 接続遮断は現在、児童ポルノに限った特例措置として2011年から実施されている。被害の回復が難しい、人権侵害の重大さに配慮して、やむを得ない措置と認められた経緯がある。
 同じ措置を講じるとはいえ、政府の進め方はかなり異なる。慎重に議論を重ね、適正さを担保する仕組みなどを設けた児童ポルノの場合に比べると強引さは否定できない。有識者会議の紛糾を招いた大きな要因ともいえるだろう。
 有識者会議は両論併記によるとりまとめもできないまま、無期限で延期となった。むろん、海賊版サイトがはびこる現状を放置するわけにはいかない。
 「接続遮断ありき」ではなく、他に有効な手段がないかをもっと検討すべきだろう。会議では、米国での訴訟を通じて海賊版サイトの運営者を特定した例が指摘されたが、これも実効性のある対策につながる可能性があるのではないか。
 有識者会議では対立したが、対策の強化には出版業界や通信業界など民間の協力体制が欠かせない。知恵を絞り合い、現状を克服する策を見いだしてもらいたい。

【社説】プラごみ削減戦略 画餅にせず具体的な道筋を示せ 【愛媛新聞】2018.10.22">【社説】プラごみ削減戦略 画餅にせず具体的な道筋を示せ 【愛媛新聞】2018.10.22
 〇深刻な環境汚染が国際問題となっているプラスチックごみの削減に向け、環境省が、レジ袋有料化の義務付けや、使い捨てプラスチック排出量の2030年までの25%削減を盛り込んだ戦略の素案を示した。年内に大枠をまとめる。
 欧州に後れを取る日本が、ようやく対策に本腰を入れる。しかし、数値目標の基準年が記載されていないなど、削減の具体的な道筋は見えない。画餅にならないよう、正確な実態に基づく目標を定めた上で、実効性ある政策を練る必要がある。
 業界団体によると、プラスチックごみの16年の国内排出量は約899万㌧。このうち、407万㌧はペットボトルや食品容器が占めるが、使い捨てプラスチックの排出量に関する詳細なデータはないのが現状だ。25%削減の数値目標も、個別の数値を積み上げたわけではなく根拠に乏しい。基準年の設定次第で目標達成の難易度は変わる。正しく評価するためにも、まずは基礎となるデータの調査を急がねばならない。
 戦略の柱の一つはレジ袋の有料化の義務付けだ。先行して有料化が進むスーパーでは、マイバッグの持参が広がるものの、あくまで自主的な取り組みであり、レジ袋の辞退は一定水準で頭打ちとなるケースが多い。義務化により、レジ袋の使用を限りなくゼロに近づけることが肝要だ。
 コンビニも義務付けの対象に含むよう検討されている点は重要であり、導入を求めたい。コンビニは、少しの買い物でも無料のレジ袋が提供される便利さから、有料化には利用者、事業者双方から抵抗が予想される。スーパーでの導入実績の検証を踏まえたレジ袋の金額設定や運用方法など、削減に効果的な制度づくりが欠かせない。
 リサイクル資源としてのプラスチックごみ輸出も見直す必要がある。中国が、ごみの輸入禁止をした影響で、日本国内の約25%の自治体では、処理業者に保管されている量が増加し、一部では保管量の基準の上限を超えていた。不法投棄を発生させないためにも、輸出に頼らず、自国で出たごみは、自国で処分や有効活用する仕組みに変えることが急務だ。
 プラスチックに代わる製品の開発、普及も進めたい。戦略では、植物などを原料とするバイオ素材の利用拡大を30年までに約200万㌧に拡大するとしている。ストローなどを紙製に切り替える動きなどもあり、国は企業に対する技術開発などの支援で後押ししてもらいたい。
 日本は6月、先進7カ国(G7)首脳会議で、プラごみ対策をまとめた「海洋プラスチック憲章」に米国とともに署名せず国際的な批判を浴びた。戦略には、技術や経験を生かした途上国のプラスチックごみ処理の支援も盛り込まれた。国際社会の信頼を取り戻すためにも「脱プラスチック」へ、結果を出す取り組みが求められる。

【社説】米、INF廃棄条約離脱 核の冷戦、後戻りさせぬ 【中国新聞】2018.10.22">【社説】米、INF廃棄条約離脱 核の冷戦、後戻りさせぬ 【中国新聞】2018.10.22

【社説】核廃絶決議案 腰が引けたままでは 【信濃毎日新聞】2018.10.22">【社説】核廃絶決議案 腰が引けたままでは 【信濃毎日新聞】2018.10.22
 〇核兵器の廃絶を目指す決議案を日本政府が国連総会の第1委員会に提出した。昨年に続き、腰の引けた表現になっている。これでは国際社会で主導的な役割を果たせない。
 1994年から25年連続の提出だ。11月に委員会を通過、12月に総会で採択が見込まれる。
 決議案は昨年7月に採択された核兵器禁止条約について直接触れるのを避けた。昨年と同じく「核兵器のない世界の実現に向けたさまざまなアプローチに留意」という言い回しにとどまる。
 核兵器の非人道性を巡っても表現が弱まったままだ。以前は「核兵器のあらゆる使用」が壊滅的な人道上の結末をもたらすと記していた。昨年から「あらゆる」の言葉が削られた。場合によっては許容される―とも取れる。
 米国への配慮である。唯一の戦争被爆国として責任を果たす意思が感じられない。昨年、日本政府の説得により決議案に賛成したのは156カ国だ。前年の167カ国より減った。同じ姿勢を続けて国際社会の幅広い理解を得ることができるのか。

 核禁止条約は、核兵器の開発や保有、使用などを全面的に禁じる初めての条約だ。122カ国・地域が賛成し、採択された。原動力となった非政府組織(NGO)はノーベル平和賞を受けた。一方で米国など核兵器保有国は不参加を各国に強く働き掛けている。
 米国の「核の傘」に頼る日本も参加していない。保有国と非保有国の橋渡しに努めると政府は言うものの、どう仲立ちするのか具体策は見えない。「口先だけ」と批判されて仕方ない状況だ。
 米国は核廃絶に逆行する動きを強めている。トランプ政権が2月に公表した「核体制の見直し(NPR)」は、核兵器の役割拡大を打ち出した。爆発力の低い「使える核兵器」の開発などを盛っている。日本は「高く評価する」との外相談話をいち早く発表した。
 核爆発を伴わない臨界前核実験を昨年12月に実施していたことも先ごろ明らかになっている。米国として5年ぶりの実験だ。新たに開発した技術の性能を試し、有用性を確認したとする。今年12月にも別の実験を計画している。核軍拡競争が進みかねない。
 米国に追随するばかりでは国際社会で信用を損なう。核禁止条約を批准する国・地域は、19年後半にも発効に必要な50に達するとの見方が出ている。日本も方針を転じ、自ら批准してこそ、核廃絶の主張が説得力を持つ。

【社説】松橋事件 再審制度見直す契機に 【信濃毎日新聞】2018.10.22">【社説】松橋事件 再審制度見直す契機に 【信濃毎日新聞】2018.10.22
 〇犯行後に燃やしたはずの布きれが検察の手元にあることが分かったのは、殺人罪で懲役13年の有罪が確定した7年後だった。不都合な証拠を検察が公判で開示しなかったことが、無実の男性の人生を奪う冤罪(えんざい)を生んだ。
 再審開始が確定した松橋(まつばせ)事件である。有罪判決の根拠だった自白の信用性が崩れ、再審で無罪となるのはほぼ確実だ。自白偏重の危うさとともに、証拠開示の重要性を浮き彫りにしている。
 事件は熊本県で1985年に起きた。「シャツの袖を破って小刀の柄に巻き、首を刺した。布きれは風呂のたき口で燃やした」―。宮田浩喜さんは捜査段階で犯行を認める供述をした。連日の取り調べに耐えられなかったという。
 ほかに犯行を裏づける客観証拠はなかった。一審の公判中から全面否認に転じ、無実を主張したが、判決は有罪。二審、最高裁でも覆らず、90年に確定した。
 再審請求を準備していた弁護団が未開示の証拠の閲覧を検察に求めたことが事態を大きく動かす。布きれが見つかった上、血痕も残ってはいなかった。
 公判の段階で明らかになっていれば、そもそも有罪にならなかっただろう。事件から33年。既に服役を終えた宮田さんは85歳になった。失った時間は戻らない。
 裁判員裁判の導入に先だって公判前整理の手続きが設けられ、検察が証拠を開示する仕組みが整えられてはきた。とはいえ、全ての証拠が開示されるわけではない。証拠は検察の独占物ではなく公共の財産である。開示は全面的に認められなければならない。
 再審請求段階での開示については規定がない。布川事件、東電女性社員殺害事件をはじめ、未開示だった証拠が再審無罪に結びついた事例は少なくない。裁判官や検察官の姿勢に左右されない明確なルールを設ける必要がある。
 再審制度は、戦前の刑事訴訟法をほぼそのまま引き継いだ。再審請求審が非公開であることを含め、適正な手続きの保障という土台を欠いている。
 検察の不服申し立てを認めていることも見直すべきだ。松橋事件は、熊本地裁が再審開始を決定してから確定までに2年を要した。有罪判決が揺らいだと裁判所がいったん判断したなら、ただちに裁判をやり直すのが本来である。
 刑事裁判で最も重んじなければならないのは、無実の人を罰しないことだ。冤罪による被害の回復を妨げないよう、再審制度を整え直す必要がある。

NHK: 那覇市長選 現職の城間氏 2回目の当選 10/22">NHK: 那覇市長選 現職の城間氏 2回目の当選 10/22
 〇任期満了に伴う那覇市長選挙は21日に投票が行われ、沖縄県の玉城知事や野党が支援した現職の城間幹子氏が、自民・公明両党などが推薦した新人を抑え、2回目の当選を果たしました。
 那覇市長選挙の結果です。
 ▽城間幹子(無所属・現)当選、7万9677票
 ▽翁長政俊(無所属・新)4万2446票


TBS: 米大統領の条約破棄表明、広島や長崎の思いは  10/21">TBS: 米大統領の条約破棄表明、広島や長崎の思いは  10/21

TBS: 米大統領、中距離核戦力全廃条約破棄を表明 10/21">TBS: 米大統領、中距離核戦力全廃条約破棄を表明 10/21

下村脩さん死去、2008年にノーベル化学賞 TBS NEWS 10/21">下村脩さん死去、2008年にノーベル化学賞 TBS NEWS 10/21

ANN: EU離脱交渉が難航… ロンドンで国民投票求めるデモ 10/21">ANN: EU離脱交渉が難航… ロンドンで国民投票求めるデモ 10/21

ANN: 福島・浪江町で“被災地最大”太陽光発電所の起工式 10/21">ANN: 福島・浪江町で“被災地最大”太陽光発電所の起工式 10/21
  ★三菱も、目先が効くなー 自然再生エネルギーを選択! 原発、核開発より、平和、人間主義、ヒューマニズムに叶う!

F">ANN: DNAが総領事館前の車から… サウジ記者殺害疑惑 10/21">ANN: DNAが総領事館前の車から… サウジ記者殺害疑惑 10/21

総会断念へ「圧力」画策、高知 大川村巡り総務官僚 【東京新聞】2018.10.21">総会断念へ「圧力」画策、高知 大川村巡り総務官僚 【東京新聞】2018.10.21
 〇高知県大川村議会に代わる「町村総会」設置を検討していた昨年8月、同県総務部長に出向していた総務官僚が「村議会に『総会断念』を働き掛けることを検討した」とのメールを総務省側に送っていたことが21日、分かった。送信の約3週間前には省幹部が総会開催に難色を示す発言をしており、議会存続を望み組織ぐるみで圧力を画策したとも受け取れるだけに、地方側の不信を招くのは必至だ。
 総会は有権者が直接予算案などを審議する。議員のなり手不足が深刻化した大川村では昨年6月、和田知士村長が設置を検討すると表明した。

横田配備のCV22オスプレイ 米空軍内で事故率突出 最も深刻 クラスA4.05、クラスB41.87 【しんぶん赤旗】2018.10.21">横田配備のCV22オスプレイ 米空軍内で事故率突出 最も深刻 クラスA4.05、クラスB41.87 【しんぶん赤旗】2018.10.21
派遣法脱法事例をHP掲載 党国会議員団 申し入れ受け 厚労省 しんぶん赤旗】2018.10.21
 〇派遣法脱法事例をHP掲載
党国会議員団 申し入れ受け
厚労省
 厚生労働省は19日、「派遣切り」を防ぐため、派遣法の違法脱法となる事例を派遣労働者に向けて周知する「Q&A」をホームページに掲載しました。日本共産党国会議員団が9月25日に加藤勝信厚労相(当時)に申し入れた際に提起していたものです。
 改悪派遣法では、派遣先企業は職場単位で上限3年の派遣可能期間を延長できる一方、個々の労働者は同一職場で3年以上は働けないため、直接雇用されないと雇い止めになる危険性があります。
 党議員団は、相談窓口の周知や派遣労働者向けのQ&A作成を求めていました。
 「Q&A」では、「3年派遣された後は労働契約の更新がない」場合は、派遣法違反の可能性があると指摘。派遣先への直接雇用の依頼、新たな派遣先の提供などの「雇用安定措置」を実施しなければならないと紹介しています。
 新たな派遣先として、専門性を生かせない仕事や転居が必要な勤務先の場合、適切な雇用安定措置といえない可能性があるとしています。
 直接雇用の依頼の際に、派遣会社が金銭を要求して直接雇用を制限すれば、派遣法違反になり得ると指摘しています。
 派遣会社が「一定期間派遣先が見つからなければ辞めてもらう」といったときも、派遣法や指針に違反する場合があると述べています。

 厚労省ホームページ=「(派遣で働く皆様へ)平成27年9月30日施行の改正労働者派遣法に関するQ&A」">厚労省ホームページ=「(派遣で働く皆様へ)平成27年9月30日施行の改正労働者派遣法に関するQ&A」 

【社説】
[旧優生保護法] 国策の徹底検証が必要 【南日本新聞】2018.10.21">【社説】[旧優生保護法] 国策の徹底検証が必要 【南日本新聞】2018.10.21

 〇旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの不妊手術を巡り、自民、公明両党の合同ワーキングチームが検討している被害救済策の概要が判明した。
 個人名入りの手術記録がないケースは審査機関を設けて被害を認定するほか、本人の「同意」に基づく手術も幅広く救済する内容である。「反省やおわび」も示す。着実に関連法案を成立させてもらいたい。
 救済策の検討が進む一方で、旧法を推し進め、その非人道性を認識しながら法改正が遅れたことに対する国の調査は進んでいない。真の問題解決には救済だけでなく、国策を検証し過ちを認めることが不可欠だ。
 国の統計によると、旧法の下で知的障害などを理由に不妊手術を施された人は2万5000人以上いる。ただ、個人名が特定できる資料は3033人分にとどまる。
 こうした中、知的障害者の家族ら約20万人でつくる「全国手をつなぐ育成会連合会」が被害の掘り起こしと、会として旧法を容認した過去の検証に乗り出した。有識者による内部委員会を発足させ、反省を込めた見解を示すという。
 自らの過ちを明確にすることは、障害者の主体性や尊厳について改めて考えるきっかけになるに違いない。国は民間の動きを見ならうべきだ。
 旧法を巡る国家賠償訴訟は9月末までに札幌や仙台など5地裁で起こされ、原告は13人に上る。
 仙台地裁では原告が「国は立法による救済措置を怠った」「強制手術は重大な人権侵害で憲法違反」と主張。これに対し、国側は「国家賠償法があり、救済制度を立法する義務はなかった」「旧法が合憲か違憲かは争点ではない」として全面的に争う構えを崩していない。
 しかし、旧厚生省の内部資料を見ると、国側の主張には疑問を持たざるを得ない。
 旧厚生省では86年、優生保護法の改正に関する文書が作成され、強制不妊手術が「人道的にも問題があるのでは」と指摘。88年には「強制手術は人権侵害も甚だしい」として、強制手術を廃止する「試論」も提示している。
 だが、旧法は96年まで存続し、不妊手術は行われ続けた。なぜ法改正は10年間も実現しなかったのか。国は一連の経緯を調査し、責任の所在を明確にすべきだ。
 旧法の理念には「不良な子孫の出生を防止する」との優生思想がある。この思想を断ち切らなければならない。不妊手術を強いられた人たちは高齢で、残された時間は少ない。
  ★よく、こんなに長期間、人権侵害の法を放置で来たな!自民党政権。安倍政権迄、放置、抗議があっても、悔い改めようともせず。 人権の敵⁉

【社説】ネット海賊版対策 接続遮断なお慎重に議論を 【熊本日日新聞】2018.10.21">【社説】ネット海賊版対策 接続遮断なお慎重に議論を 【熊本日日新聞】2018.10.21
 〇インターネット上で、漫画などを著作権者の了解を得ないまま無料で読ませる海賊版サイトが問題となっている。政府の有識者会議が対策を検討していたが、漫画ビジネスの崩壊を訴えて強制的に閲覧を止める「接続遮断(ブロッキング)」を求める出版業界と、憲法が定める「通信の秘密」を侵害するとして反対の通信業界の対立が解けず、中間報告の取りまとめを断念した。
 政府が設置した有識者会議で最後まで意見集約ができないという異例の事態で、なお慎重な議論が必要なことが明らかとなった。
 接続遮断は、インターネットサービスを提供するプロバイダーが、同意なしに全ユーザーの通信をチェックし、特定サイトを見られなくする措置。これまで政府は、重大な人権侵害を防ぐ「緊急避難」として児童ポルノに限り接続遮断を認めてきたが、4月に決めた緊急対策で、著作権侵害が著しい場合などは違法性がなくなるとの見解を提示。政府によると、海賊版サイトによる著作権侵害の被害は数百億~数千億円という。
 「漫画村」など特に悪質な海賊版3サイトには、通信事業者に自主的な遮断を促す緊急避難措置を決定。来年の通常国会で関連法を改正して制度化する方針で、6月に出版や通信、法律の専門家らの有識者会議を発足させた。
 憲法21条は「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」と定めている。秘密には電話や手紙、ネット上の通信などの中身はもちろん、誰がいつ、どこからどこへ発信したかも含まれる。接続遮断はそれを揺るがすと、通信事業者や弁護士の委員を中心に反対派は論陣を張った。
 これに対して出版業界などの賛成派は「被害は甚大。他の方法では対応できない」と早期導入を主張。また、海賊版サイトの運営者が海外にいるなど特定が難しく、削除要請にも従わないと主張してきた。遮断以外に方法がないとする政府の主張の根拠にもなっている。
 ただし、ある作家が米国で起こした訴訟を通じ、司法手続きで運営者とみられる個人が特定できた例を挙げ、反対派は遮断以外の対策を徹底するべきだとの立場だ。
 遮断を巡る議論の過程では、他の問題点も浮き彫りになった。遮断の法制化が実現すると、拡大解釈により政治家や官僚の不祥事などの記述についても名誉毀損[きそん]を理由に遮断しようという動きが出てきて、表現の自由までも脅かされるとの指摘もある。
 有識者会議の空中分解で今後の舞台は政治に移るが、自民党内にも接続遮断を支持する知的財産関係の議員と反対する通信関係議員が混在しているという。政府は導入を急がず、問題サイトへの広告出稿封じ込めや青少年への啓発活動など、総合的な対策徹底と効果の検証に力を入れる必要がある。遮断法制化の方針をごり押しすれば、違憲訴訟の提起など、さらなる混乱を招くことになろう。

【社説】【民間英語試験】懸念は解消されていない 【高知新聞】2018.10.21">【社説】【民間英語試験】懸念は解消されていない 【高知新聞】2018.10.21
 〇現行の大学入試センター試験に代わり2020年度から始まる「大学入学共通テスト」で導入される英語の民間検定試験について、東大が民間試験の成績の提出を義務付けない方針を決めた。高校の成績評価で相応の実力が証明できれば、出願資格を認める。
 民間試験の導入は、グローバル社会に対応できる人材育成を掲げた大学入試改革の一環で決まった。だが、構想が浮上して以降、大学側では公正・公平性などの観点から是非の議論が続いている。
 東大も今年3月に「現時点では拙速」として合否判定に使わない意向を表明したものの、4月に活用の方向に一転した経緯がある。学生の事情などを考慮する中で、学内の意見が集約できなかったとみられる。
 入試の実施主体としての困惑や懸念の根深さを物語る。方針を決めかねている他の大学の判断にも影響する可能性がある。民間試験導入の制度設計自体がなお生煮え状態という証左ではないか。
 文部科学省は民間試験を取り入れる目的に、センター試験で重視してきた「読む・聞く」に「書く・話す」を加えた英語力の強化を挙げる。大学入試センターは今年3月、TOEICなど7団体の8種類の検定試験を認定した。
 国際社会で幅広く活躍できる人材を育てるため、英語の発信力向上に力点を置くことに異論はない。だが、生徒たちが挑む試験に合理性や正当性が担保されなければ、その結果に不公平や偏重が生じる。
 民間試験は留学やビジネス英語など設計は多様だ。そうした異なる複数の試験の成績を適正に比較したり、標準化したりすることが可能なのかといったあいまいさを残す。検定試験の専門家でさえ意見が割れるとされる。
 受験生それぞれの事情によっても不公平を生みかねない。
 都市部に比べ、離島や山間地など遠隔地に居住する受験生は検定試験を受けたり、希望の検定を選んだりする機会が限られる。検定料が2万円を超える試験もあり、試験会場への交通費なども含め、経済的な負担が受験生に格差や不利を強いる可能性も十分想定できる。
 全国の国立大学などで構成する国立大学協会は文科省方針に沿う形で各大学に民間試験の活用を要請している。だが、東大内の議論では、民間試験活用の是非論以前の「導入自体の妥当性」を疑問視する意見が噴出したという。
 影響力のある大学が文科省や国大協の方針に異論を唱えた事実は重い。受験生の側に立った視点が足りていなかったのではないか。受験生の努力や希望が公正、公平にかなえられる制度になっていたのか。極めて率直で、基本的な問いだろう。
 文科省は、受験生や大学側が抱く疑問や懸念を解消する手だてを早急に示すべきだ。共通テストまで時間も限られる。受験生らに混乱、動揺を広げてはならない。

【社説】海
賊版サイト対策 接続遮断の法制化方針 【愛媛新聞】2018.10.21">【社説】海賊版サイト対策 接続遮断の法制化方針 【愛媛新聞】2018.10.21

 〇 漫画などを無料で読ませる海賊版サイトへの対策を検討してきた政府の有識者会議が、中間報告の取りまとめを断念した。
 サイトが見られないよう強制的に遮断する「ブロッキング」の法制化を巡り、憲法違反の疑いを指摘する委員と、被害対策に有効とみる委員との意見対立が最後まで解けなかった。
 政府は来年の通常国会で法案提出を目指しているが、有識者から「お墨付き」が得られなかったばかりか、かえって懸念の大きさを突き付けられた。このままでは国民の理解は到底得られず、法案づくりを進められる状況にないのは明らかだ。法制化の方針は棚上げするよう求めたい。
 政府は4月、三つの海賊版サイトを名指ししてネット接続業者(プロバイダー)に自主的なブロッキングを要請。法的根拠がなかったため、同時に法制化の方針を打ち出し、有識者会議に方向性の議論を委ねていた。
 海賊版サイトは著作権を侵害し、出版社や作家に大きな損害を与えている。手をこまねいているわけにはいかないのは確かだ。だが、ブロッキングに頼るのは弊害が大きすぎると言わざるを得ない。
 接続を遮断する際には、問題のあるサイトを見ているかどうかにかかわらず、プロバイダーが全ての利用者の通信履歴をチェックする必要がある。憲法が保障する「通信の秘密」を侵害する恐れが強く、プライバシーや内面の自由が脅かされかねない。特定のサイトを遮断することは「表現の自由」が禁じる検閲につながる。委員の法律家や事業者が法制化を懸念したのはもっともなことだ。
 ここにきてブロッキングの必要性の根拠にも疑問が生じている。海賊版サイトは日本国外で運営されていることが多く、運営者の特定や本人への削除要請が難しいとされてきた。政府や賛成派はそれを根拠に「遮断以外に有効な対処法がない」と訴えてきた。
 ところが議論が進む中で、米国内の司法手続きによって海賊版サイトの運営者とみられる人物の氏名や住所などが特定できた事例が報告された。「特定は困難」としてきた根拠は一体何だったのか。政府が肝心な調査を尽くしていなかったことは、「遮断ありき」の姿勢だった証左であり、看過できない。
 政府が法制化方針を無理に押し通そうとするなら、違憲訴訟が提起されるなど、さらなる混乱を招くことは避けられない。ブロッキング以外の道を探る努力をするべきだ。
 もちろん、海賊版サイトへの対応は進めなければならない。サイトに広告を出さないよう企業に呼び掛けたり、正規版を簡単で安価に楽しめる環境を整えたりするなどして、海賊版を認めない仕組みを強化していくことが欠かせない。学校や地域でも著作権教育を広め、海賊版を利用しないよう啓発活動を続けていくことも大切だ。

【社説】免震装置の不正 安全を揺るがす背信だ 【徳島新聞】2018.10.21">【社説】免震装置の不正 安全を揺るがす背信だ 【徳島新聞】2018.10.21
 〇消費者や利用者の安全を何よりも優先するのが、社会的責任のはずである。企業倫理を順守する精神は一体どこへいったのか。
 大手油圧機器メーカーのKYBと子会社が、地震に備えて建物に使う免震・制振装置の検査数値を改ざんし、製品を出荷していた。
 改ざんの疑いがある装置を含めると、全国のマンションや自治体の庁舎、教育施設など1095件で使われているという。影響は計り知れず、KYBの責任は重大である。
 徳島県内は9件あり、具体的に県立中央病院とNHK徳島放送局(以上徳島市)、吉野川医療センター(吉野川市)での使用が判明した。
 両病院は災害時の救急医療を担う拠点病院である。中央病院は設置した20本のうち、現時点で13本が契約基準外だとされる。早急に交換するよう県が要請したのは当然だ。
 不正があったのは、油圧を使って地震の揺れを吸収するオイルバンパーという装置。性能検査で、国や顧客の基準に適合しなかった製品のデータを不当に書き換えていた。
 「納期を守りたいために正しい作業を省いた」と説明するが、到底通用するものではない。防災の基盤を揺るがす行為である。収益至上で安全を軽視していなかったか、徹底的に検証すべきだろう。
 KYBは免震・制振装置の分野で、国内シェア4割強を誇る。業界大手だから頼ったという利用者は多いはずだ。
 南海トラフ巨大地震や中央構造線地震への警戒を強めている徳島県民はもちろん、国民全体の安全・安心をないがしろにする、重大な背信行為というほかない。
 国土交通省やKYBは「震度7規模の地震でも倒壊する恐れはない」とするものの、基準に不適合な装置をそのままにしていいはずはない。
 建設業界は深刻な人手不足のため、装置の取り換えには2年程かかるという。できる限り早く交換できるよう、全力を挙げてもらいたい。
 子会社の従業員が8月、改ざんの疑いを指摘した。不正は遅くとも2003年から続いていて、8人の担当者が口頭で引き継いできたという。
 建物の耐震を巡っては3年前、東洋ゴム工業による免震ゴム偽装や、旭化成の子会社などによるくい打ち工事のデータ改ざんが発覚した。05年には、設計士がマンションやホテルの耐震強度を偽装した事件も起きている。
 命を脅かす不祥事だけに、その都度、不正の一掃が叫ばれてきた。なのにKYBはこの間も不正を続けてきたことになる。自浄作用が働かなかったことにがくぜんとする。
 耐震事案に限らない。昨年来、神戸製鋼所や三菱マテリアル、東レ、日産自動車などでも、品質に関する不正が相次いだ。
 日本のものづくりが誇ってきた製品の信用が崩れている。どこかに不正がはびこっていないか、製造業は今一度厳しく点検する必要がある。

【社説】サウジの記者殺害疑惑 これで幕引き許されぬ 【中国新聞】2018.10.21">【社説】サウジの記者殺害疑惑 これで幕引き許されぬ 【中国新聞】2018.10.21

【社説】外国人労働者/共生のための議論も必要 【神戸新聞】2018.10.21">【社説】外国人労働者/共生のための議論も必要 【神戸新聞】2018.10.21
 〇外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、政府が新たな在留資格の創設を盛り込んだ関連法の改正案骨子を示した。
 これまで原則禁じていた単純労働への就労を解禁する、さらに「熟練した技能」を持つことなどを条件に永住を認める内容だ。介護や外食、農漁業、建設などの14分野で来年4月からの受け入れを目指すという。人手不足が深刻な分野ばかりだ。
 安倍晋三首相は「移民政策は取らない」と繰り返してきた。政府は改正法も移民を認めるものではないとする。
 しかし、永住への門戸を今より広げることに変わりはない。受け入れる地域社会にも大きく関わってくる。重要なのは移民政策か否かの「印象操作」ではない。
 政府は国民に丁寧に説明する責任がある。その上で、社会全体で共生のための議論を深めることが不可欠だ。
 改正案によると、一定の日本語能力試験に合格すれば「特定技能1号」の在留資格を得て5年間滞在できる。さらに熟練した技能が認められれば、滞在期間を更新し続けることが可能な「2号」に移行し、家族を呼び寄せることができる。
 1号と2号の労働者を受け入れる事業所には、日本人と同等以上の報酬を払う雇用契約を結ぶことを義務づけるという。
 懸念材料がある。問題点の多い技能実習制度をそのまま残し、1号と組み合わせて在留期間延長を可能にしている点だ。
 実習生は3年の経験を積めば試験なしで1号の資格を得られる。最長5年の実習後に1号を取得すれば、計10年日本で働ける。ただしこの間、家族は帯同できない。
 実習制度は国際協力をうたいながら「安価な労働力確保策」との批判が強く、賃金不払いなどの違法行為も絶えない。制度の見直しや是正が不可欠だ。
 日本の人口減少は今後も進む。目の前の労働力獲得もさることながら、長期的に企業や社会を支える人材をどう確保するか考える必要がある。
 人手不足の「穴埋め」という身勝手な視点にとどまれば、日本は外国人労働者に選ばれない国になるだろう。将来を見据えた議論をするときである。

【社説】日米地位協定  不平等な関係見直すべき 【京都新聞】2018.10.21">【社説】日米地位協定  不平等な関係見直すべき 【京都新聞】2018.10.21
 〇眼下に太平洋を見下す牧草地の一角に、大きな穴があいた。沖縄県北部の東村。昨年10月、米軍のヘリコプターが不時着、炎上した跡である。
 民有地だが、米軍は事故直後、一方的に封鎖した。沖縄県警や行政関係者を一歩も近づけず、数日後に事故機を運び出した。機体の破片や燃料などを土壌ごと持ち去った。
 牧草地を所有する農業西銘晃さん(65)は「牧草栽培はこれで終わったと思った。自分の土地だが手も足も出ない。警察も検証できない。本当に悔しかった」と振り返る。
 西銘さんの嘆きの背景には日米地位協定が横たわっている。
 米軍が事故を起こしても警察は現場に入れない。米兵が犯罪を起こしても米軍が認めないと逮捕できない。空路は米軍が優先する。あらゆる面で米軍優先を規定した協定だ。
 このままでいいのか、という声が、与野党や知事らから上がり始めている。
 地位協定に由来する問題は、米軍専用施設の70%超が集中する沖縄県で繰り返し起きているが、京都や滋賀も含め、全国どこでも起きうる。見直しに向けた議論を本格化させる時ではないか。
 日米地位協定は、日米安保条約に基づき在日米軍の施設や兵士の法的地位を定めている。
 在日米軍や兵士に日本の法律は適用されず、米軍や軍属による問題が起きても日本側に立ち入り調査をする権限はない。
 沖縄では、事件事故を起こした米兵が基地内に逃げ込み、そのまま帰国することもある。近年では、基地から流出したとみられる化学物質が河川を汚染したが、行政が立ち入り検査できなかった事例がある。
 昨年6月、静岡県伊豆半島沖で米軍イージス艦とコンテナ船が衝突した事故では、日本側は米側乗組員の事情聴取をできなかった。地位協定と軍艦の免責特権が立ちはだかった。
 今年7月、全国知事会が日米地位協定の抜本的見直しを国に求めた。沖縄県の故翁長雄志前知事が2年前に設置を求めた研究会の成果だ。
 沖縄県などの調査では、ドイツやイタリアなどは駐留米軍に国内法を適用させていることが明らかになった。
 知事会の提言は、こうした事例も踏まえ、国内法令の米軍への適用や米軍機の飛行ルートの事前開示などを求めている。
 住民の安心、安全に責任を持つ各知事として当然の要求だ。9月末の沖縄県知事選挙でも、主な候補者は全員、地位協定見直しを訴えた。
 一方、安倍晋三政権の動きは鈍い。安倍首相は9月の自民党総裁選後、「戦後外交の総決算」を打ち出したが、地位協定は総決算の枠外に置いた。
 地位協定は1960年の締結以来、改定されたことはない。 不平等で主権侵害の疑いもある地位協定に触れずに、「総決算」と胸を張って言えるのだろうか。
 国民の生命と財産に関わる問題である。知事会の提言は国民の声とも言える。安倍政権は正面から受け止める必要がある。

【社説】福島第1の廃炉 沈黙から対話を紡ぐには 【信濃毎日新聞】2018.10.21">【社説】福島第1の廃炉 沈黙から対話を紡ぐには 【信濃毎日新聞】2018.10.21
 〇1〜4号機の間近にある高台から敷地全体を眺めると、かなりの部分を円筒形のタンクが埋めていた。計約900基。汚染された水が保管されている。
 廃炉作業が続く東京電力福島第1原発を訪れた。事故から7年7カ月。構内の多くの場所で防護服の着用は必要なくなった。食堂やコンビニもできた。4千人余が日々働く巨大な作業場だ。周りには住民の消えた地区が広がる。
 完了まで30〜40年という廃炉の長い道のりは始まったばかり。「燃料デブリ」と呼ばれる溶け落ちた核燃料の取り出しが最難関とされる。現在、外から原子炉内のデブリの状態を探る調査が続く。
   <汚染物質の行き場>
 直面する課題の一つは、タンクが増え続け、敷地に余裕がないことだ。このままでは、デブリを取り出せたとしても置き場所が確保できない可能性がある。
 東電と政府は、凍土遮水壁で建屋を囲ったり井戸から地下水をくみ上げたりして、汚染源である原子炉近くに流れ込む水を減らす取り組みをしてきた。汚染水の発生は半分以下に減った。
 それでもまだ1日に150トンほどが発生している。現在のタンク容量は計117万トン。敷地いっぱいに増設して計137万トンにする予定だが、限界は迫る。
 「水だけではなく、ごみも大きな問題です」。東電の担当者はこうも説明した。汚染水に限らず、事故で生じたがれきなども外に持ち出せない。こちらも保管場所の確保が課題だ。
 行き場のない汚染物質が生み出され、対応は先送りされる。原発そのものが抱える問題が凝縮されているように見える。
 タンク内の水の処分方法について、専門家でつくる政府の委員会は、希釈して海に放出する案を軸に検討を進めている。
 汚染水は、セシウムなどほとんどの放射性物質を取り除く能力を持つALPSと呼ばれる装置で浄化した後、タンクで保管している。ただ、水に性質が似たトリチウムだけは除去できない。
 専門家の間では、トリチウムの放射線は弱く影響が少ないとして、海洋放出を支持する声が大きい。政府が8月に開いた公聴会の資料にも、他の原発で放出実績があることなど海への放出を意識したと受け取れる言葉が並んだ。
 地域住民は納得していない。中でも漁業関係者の声は切実だ。福島県漁連の野崎哲会長は、風評被害への強い懸念を訴える。
 事故によって一時全面自粛に追い込まれた福島県の沿岸漁業は、魚種や海域を絞った試験操業で検査を徹底しながら段階的に再開。人気のヒラメ漁も復活した。それでも、昨年の漁獲量は事故前の1割強にとどまる。
 苦難の日々を送る漁師にすれば、海洋放出が「薄めれば大丈夫」とでも言うかのような安易な考えに映るのは当然だろう。
 「政治は遠くなっていくようだ」。事故から年月を経て、野崎さんはそんな思いも強めている。
 事故後、政府と東電は、地域住民との対話が不十分なまま対策を進めてきた。
 東電の汚染水対策が後手に回る中、政府が前面に出たのは2013年9月。東京五輪の招致で安倍晋三首相が「状況はコントロールされている」と大見えを切ってからだった。実際の現場はトラブル続きで、とても制御下にあるとは言えない状況だった。
   <専門知だけでなく>
 その後も、汚染した雨水が流れ出た可能性を把握しながら公表を見送るなど、情報隠しとも受け取れる対応が相次いだ。
 今年も公聴会の直前、タンクの水にトリチウム以外の放射性物質が含まれていることが判明した。十分に機能しない状態でALPSを稼働させた際に生じていた。東電はホームページでデータを公開してきたとするが、海洋放出の前提が崩れかねない。積極的に知らせるべき事実であり、感覚がずれていると言わざるを得ない。
 「専門家の知見で『正しさ』だけが強調されても、重要なことは取りこぼされてしまう」
 公聴会で、いわき市の弁護士菅波香織さんが訴えていた。
 放射線に対するリスクの受け止め方は、人によって異なる。同市では事故後、政府の言う安全性を受け入れる「復興派」と、懐疑的な「子どもを守る派」に母親たちが分かれる状況になった。
 争いを避けようと放射線の話題は次第にタブーとなり、沈黙が生まれた。息苦しさの中、菅波さんは5年前から、地域の将来を語り合う場を仲間と設け始めた。
 好むと好まざるとにかかわらず、廃炉と歩む地域の中で住民は生きていく。政府と東電には、その心の底にあるものと真摯(しんし)に向き合えるかが問われる。

【社説】入管法改正 国会で議論を尽くさねば 【新潟日報】2018.10.21">【社説】入管法改正 国会で議論を尽くさねば 【新潟日報】2018.10.21
 〇あまりにも急ぎ過ぎではないか。来年4月の導入を目指すというが、受け入れ態勢など課題は山積みだ。
 拙速に事を進めれば、混乱や摩擦が起きかねない。国会で課題を洗い出し、徹底的に議論を尽くさねばならない。
 政府は24日に召集される臨時国会に、外国人の新たな在留資格の創設を盛った入管難民法改正案を提出する。
 成立すれば、原則として認めて来なかった単純労働の分野で外国人が働けるようになる。高度な専門人材に限って受け入れていた政策の転換である。
 改正案は介護や農業、建設など単純労働分野を対象に、在留資格を新設する内容だ。一定の技能が必要な「特定技能1号」と、熟練技能を要件とする「特定技能2号」である。
 1号の在留期限は通算5年だ。2号は在留期限を更新し続けることができ、条件を満たせば永住できる可能性がある。
 今回の改正案提出は、人口減少や景気回復による人手不足に悩む経済界の要請とされる。
 懸念されるのは、急ごしらえの感がある取り組みで、外国人労働者の人権や雇用環境が守られるのかという点である。
 日本では建前とは裏腹に、表向きは就労を目的としない技能実習生や留学生といった外国人に、単純労働を担わせてきた。
 特に、実習生の違法な長時間労働や低賃金などは深刻だ。
 改正案では、技能実習を修了した後に1号の資格を得たり、1号から2号に移行できたりする仕組みも設ける。実習生が1号の資格を取得すれば、最長10年間働ける計算だ。
 改正案は新資格対象者に対し日本人と同等以上の報酬や生活支援を盛った。だが実習生の過酷な労働状況が解決できない現状では、説得力を欠こう。
 外国人労働者の人権に関わる恐れがあるのが家族の問題だ。新在留資格で家族帯同が認められるのは2号に限られる。
 先のように、実習生から1号になれば、10年間も家族と離れ離れになる可能性もある。
 人間らしい暮らしとは言い難い。そんな条件で、外国人が日本で働いてくれるだろうか。
 政府は在留資格の新設により、数十万人規模の外国人労働者受け入れを見込む。現実になれば、日本の社会のありように与える影響は大きい。
 今回の外国人労働者受け入れ拡大に関し、山下貴司法相は「移民とは明確に異なる」と否定した。だが野党は事実上の移民だとして反発している。
 日本、特に地方では少子高齢化が深刻だ。人口減少が進む将来を踏まえれば、外国人労働者の受け入れは不可避だろう。
 外国人労働者を本格的に受け入れるのなら、定着を視野に入れた態勢づくりは不可欠だ。
 医療や教育など、地域で外国人が暮らしていける社会環境整備も課題だろう。
 外国人を使いやすい労働力としてのみ捉え、生活者として扱わないのでは、共生の時代は迎えられない。

【社説】外国人労働者拡大/「移民」巡り正面から議論を 【河北新報】2018.10.21">【社説】外国人労働者拡大/「移民」巡り正面から議論を 【河北新報】2018.10.21
 〇政府が外国人労働者の受け入れ拡大を急ピッチで図っている。臨時国会に関係法の改正案を提出、来年4月の導入を目指すという。
 単純労働分野での受け入れに加え、条件次第で家族帯同や永住を認めるなど、事実上の「移民」とも言える内容だが、政府は「移民ではない」としている。確かに人手不足は深刻だが、なし崩しで受け入れを拡大する前に、正面からの議論が必要ではないか。
 コンビニエンスストアなどで、外国人従業員の姿を見ることは珍しくなくなった。厚生労働省によると、2017年10月時点の外国人労働者数は127万9000人。08年の48万6000人と比べると、この10年で2.5倍を超えた。ただ、正式に労働者として受け入れている高度な専門人材は、23万8000人にすぎない。
 政府は1988年、第6次雇用対策基本計画で「単純労働者の受け入れは、十分慎重に対応する」とする基本方針を閣議決定している。残りの約100万人は、日本人の配偶者などの身分に基づく資格を持つ人や、留学生のアルバイトなど資格外活動、技術実習生らで、表向きは就労を目的としていない。
 新たな在留資格は、単純労働分野での受け入れを想定しており、大きな政策変更とも言える。実現すれば、外国人労働者はさらに数十万人単位で増加するとみられている。
 受け入れ先は、日本人と同等以上の報酬など「適正な雇用契約」の締結を義務付けられ、日々の生活の支援を求められるという。菅義偉官房長官は「外国人が働いてみたいと思える国を目指し、職場、教育面などでの総合的な対応策の検討を」と話すが、来年4月まで半年を切っている。果たして関係機関や企業の準備は間に合うのか。
 一方、人手不足解消時は受け入れをやめる条項もあるという。景気次第で外国人労働者が「調整弁」として真っ先に切り捨てられるのではという疑念は消えない。
 新資格のうち「特定技能2号」では、家族の帯同が可能になり、一定の条件を満たせば、永住も可能になる。
 政府は「移民とは明確に異なる」(山下貴司法相)としているが、外国人が永住資格を得られる以上、事実上の「移民受け入れ政策」との指摘は当然だろう。
 英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ米政権など、欧米では移民政策が「仕事を奪われる」などとして、政治的対立を生んでいる。日本でも在日外国人を巡るヘイトスピーチが問題になっている。
 政府が「移民ではない」と強弁しても、新資格が創設されれば、現実に永住する外国人は増え、社会は変容していく。目先の労働力を充足させるためだけに、策を弄(ろう)して拙速に受け入れ拡大を進めることは、将来に大きな禍根を残しかねないのではないか。

【論説】沖縄の民意と国策 選挙の結果を重んじよ 【岩手日報】2018.10.21">【論説】沖縄の民意と国策 選挙の結果を重んじよ 【岩手日報】2018.10.21
 〇沖縄県の面積は、国土のわずか0・6%。そこに在日米軍の約70%が集中する。先の同県知事選で、玉城(たまき)デニー氏は「沖縄に新たな基地は要らない」と訴えて過去最多得票を獲得。宜野湾市の米軍普天間飛行場の早期返還へ「名護市辺野古への移設が唯一の解決策」とする政府、与党が担いだ候補に大差をつけた。
 急逝した翁長(おなが)雄志前知事が当選した2014年選挙に続き、またもや移設反対派が勝利した事実は重い。安全保障は国の専権とはいえ、国は強硬姿勢を改め、今度こそ沖縄の民意に真正面から向き合わなければなるまい。
 翁長氏が当選直後、その面会要請に応じようとしなかった安倍晋三首相が、玉城氏には態度を一変させて早々と官邸に招き入れたのは、地元との対話路線に転じる前兆とも思われた。
 だが政府はかたくなだ。首相が玉城氏と会ってから1週間もたたないうちに、辺野古の埋め立て承認を撤回した県への対抗措置として、行政不服審査法に基づき国土交通相に審査を請求し、撤回の効力停止を申し立てたのは、対話拒否の表明に他なるまい。
 沖縄の民意を一顧だにしないのは、それが国策だからなのだろう。地方は口出しするな-というわけだ。
 国のすることに、地方は従うだけの存在でいいのか。普天間移設に絡む問題は、安全保障という枠にとどまらず、国と地方の関係を考える意味でも、決して沖縄だけに留め置くべきではない。
 沖縄の県民総所得に占める基地関連収入の割合は、今や5%程度と言われる。翁長氏は生前、基地返還後に跡地利用が進む先進例を示し、その経済効果は返還前の数十倍と強調していたものだ。「脱・基地」が進む沖縄の「地方創生」の流れを、国策が妨げている現実も指摘される。
 日米両政府が普天間返還で合意したのは1996年。当時は想像すらできなかった米朝首脳会談が実現するなど、北東アジア情勢が激変する中で、わが国の安全保障上、それでも新基地建設が必要とする訳を、政府は沖縄と言わず広く国民に向け真摯に説明するべきだ。
 玉城氏は、早ければ11月にも訪米して米政府関係者に問題の所在を直接訴える方針という。知事選の結果を誠実に受け止めるなら、本来は日本政府が率先して取り組まなければならないことだろう。
 返還合意から20年余。この間の情勢変化を踏まえれば、改めて日米の「対話」があって当然な時期。その労を地方に負わせて、意義付けもあいまいなまま「辺野古移設が唯一」と繰り返すばかりの「国策」には、同じ地方として疑問を抱かざるを得ない。

TBS: 皇后さま84歳に、皇后として生きる胸の内つづられる 10/20">TBS: 皇后さま84歳に、皇后として生きる胸の内つづられる 10/20
 〇皇后さまが、84歳の誕生日を迎えられました。誕生日の文書には、初めて民間から皇室に嫁ぎ、皇太子妃、皇后という立場を生きてきた皇后さまの率直な思いがつづられていました。

 20日一日、皇后さまの84歳の誕生日の行事が続いていて、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻らもお祝いのため、皇居を訪問されました。
 皇后さまは、誕生日にあたり文書で感想を寄せ、陛下との結婚から、今日に至るまでの思いを振り返られました。

 59年前、民間から初めて皇室に嫁がれた皇后さま。当時の心境について皇后さまは、「不安」があったと明かされています。
 「想像すら出来なかったこの道に招かれ、大きな不安の中でただ陛下の御自身のお立場に対するゆるぎない御覚悟に深く心を打たれ、おそばに上がりました」

 皇室の伝統を守り、国民に共にあること。その務めに向き合ってきた皇后さまの率直な胸の内は・・・
 「皇太子妃、皇后という立場を生きることは、私にとり決して易しいことではありませんでした」

 60年という歳月の中、皇后さまは、いつも陛下をそばで支え続けてこられました。
 「『象徴』のお立場をいかに生きるかを模索し続ける御姿を見上げつつ過ごした日々を、今、深い感慨と共に思い起こしています」

 退位後の生活についても触れられています。
 「これまでにいつか読みたいと思って求めたまま、手つかずになっていた本を、これからは1冊ずつ時間をかけ読めるのではないかと楽しみにしています」

 長年、皇后さまと親交のある絵本編集者の末盛千枝子さんは、皇后さまについてこう語ります。
 「人に寄り添うというか、日本の皇室にはそういうところがあったと思うけど、改めて表現なさったというか、認識させてくださった」(絵本編集者 末盛千枝子さん)

 そして、皇后さまは、今後への思いをこう綴られました。
 「陛下のおそばで、これまで通り国と人々の上によき事を祈りつつ、これから皇太子と皇太子妃が築いてゆく新しい御代の安泰を祈り続けていきたいと思います」 (20日16:11)

NNN: 記者死亡 サウジ政府が初めて関与を認める 10/20">NNN: 記者死亡 サウジ政府が初めて関与を認める 10/20

NHK: 記者死亡への関与認めたサウジ政府 真相究明は不透明 10/20">NHK: 記者死亡への関与認めたサウジ政府 真相究明は不透明 10/20

ANN: 路上に意識不明の男性 ひき逃げ事件とみて捜査 10/20">ANN: 路上に意識不明の男性 ひき逃げ事件とみて捜査 10/20

ANN: 未明の火事で住宅全焼 住人の親子2人が死亡 10/20">ANN: 未明の火事で住宅全焼 住人の親子2人が死亡 10/20


ANN: 「積木くずし」穂積隆信さん(87)が死去 10/20">ANN: 「積木くずし」穂積隆信さん(87)が死去 10/20

米が中距離核全廃条約離脱か、NYタイムズ紙報道 TBS NEWS 10/20">米が中距離核全廃条約離脱か、NYタイムズ紙報道 TBS NEWS 10/20
  ★フェイクニュースじゃなかった!

TBS: 水星探査機「みお」打ち上げ成功、7年後に到着予定 10/20">TBS: 水星探査機「みお」打ち上げ成功、7年後に到着予定 10/20

NHK: ダンパー検査不正 基準満たしてもさらに改ざん108件 10/20">NHK: ダンパー検査不正 基準満たしてもさらに改ざん108件 10/20
 〇油圧機器大手の「KYB」グループによる免震・制振用ダンパーの検査データの改ざん問題で、基準を満たしている製品についても、性能をよりよく見せるために改ざんを行っていたケースが新たに108の物件であったことがわかりました。
 KYBグループは地震の揺れを抑えるダンパーの検査結果を改ざんしたことを明らかにし、改ざんやその疑いがあるダンパーは全国で987の物件に設置されていると公表しました。
 KYBはこれまで、改ざんしたのは検査結果が国の基準や契約した際の基準を満たしていない場合だと説明していました。
 しかし実際には、基準を満たしている製品についても、顧客に対して性能をよりよく見せるため一部でデータを改ざんしていたことが新たにわかりました。
 こうした目的で改ざんされたダンパーは108の物件に設置され、「東京スカイツリー」でも一部でデータの書き換えが行われていました。
 スカイツリーの運営会社は「安全性に問題がないことを確認した」としていて、交換の対象にはなっていないということです。
 改ざんやその疑いのあるダンパーが設置された物件数はこれで1095件となります。
 KYBは「安全上の問題はないと判断し公表していなかった。個別には対応しており隠すつもりはなかった」と説明しています。

ANN: 2回目の米朝首脳会談は年明けか 米高官が見通し 10/20">ANN: 2回目の米朝首脳会談は年明けか 米高官が見通し 10/20

ANN: 主犯格の男が長期逃亡画策か 積水ハウス55億円被害 10/20">ANN: 主犯格の男が長期逃亡画策か 積水ハウス55億円被害 10/20

ANN: 発電停止に業者は大わらわ 九電が太陽光発電の制御 10/20">ANN: 発電停止に業者は大わらわ 九電が太陽光発電の制御 10/20
  ★日本の資源を浪費するな❕❕ 危険で高価な原発は、廃止すべし。脱原発、決めた筈だが。 原発優先、政府のそれ代えないと。

サウジ、記者死亡認める 「総領事館で殴り合い」 【東京新聞】2018.10.20">サウジ、記者死亡認める 「総領事館で殴り合い」 【東京新聞】2018.10.20
 〇【カイロ=奥田哲平】サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人著名記者ジャマル・カショギ氏=当時(59)=の殺害疑惑を巡り、サウジ政府は二十日、カショギ氏がトルコ・イスタンブールの総領事館内で死亡したと認めた。館内で口論となり、殴り合いの末に死亡したと主張し、計画的な殺害を否定している。国営通信が伝えた。
 サウジ検察当局は、事件に関与した十八人を拘束。情報機関のアフマド・アシーリ副長官ら政府高官五人を更迭した