FC2 Blog Ranking
2013-02-05

2/5: 原子力ムラの「規制の虜」と「人災」 を再び想起させる! 規制庁事務局から日本原電への漏洩と癒着

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは
 ⇒反原発カレンダー 脱原発・反原発イベント情報(2012年11月7日更新)
 ⇒福島原発事故に思う(2012年3月2日更新)
 ⇒森まゆみ 震災日録(2012年3月13日更新)
 ⇒周辺住民の避難を!子どもを守れ!関連リンク(7月1日更新)
 ⇒各地からの反原発ビデオリポート(5月2日更新)

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介
 マガ9学校第21回  講師:河野太郎さんに聞く 「どうなる?どうする?日本の脱原発と政治」 9/15(土)
 マガ9学校第17回  講師:おしどりマコ・ケンさん
 マガ9学校第14回  講師:松本哉さん×イルコモンズさん ほか
【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・日銀・白川総裁「3月19日に辞職」  19時19分
 ・中国海軍、海自に射撃レーダー照射  18時52分
 ・大雪予想、東京でも降雪10センチか  18時54分
 ・トヨタが業績改善、5年ぶり単体で黒字に  18時50分
 ・主婦年金追納法案、今国会に提出へ  19時22分
 ・インフルで患者2人死亡、仙台の病院  1時3分
 ・福島の東北道で8台絡む事故、1人死亡  4日(月)23時44分
 ・頭に銃撃の少女、事件後初の肉声  5時27分
 ・東電、赤字1200億円に下方修正  5時28分
 ・B787問題、日航が新規路線の就航延期  1時54分

 ~2/12 原子力災害対策指針(改定原案)に対する意見募集について 原子力規制委員会 1/30 ○原子力規制委員会ホームページ 「原子力災害対策指針(改定原案)」に対する意見募集について ・1.意見募集案件 ・2.御意見提出方法 ・4.意見提出期間 平成25年1月30日(水)から平成25年2月12日(火)までの14日間(期間内必着)
 
 NPJ: 沖縄県全市町村がオスプレイ配備反対  ・普天間県外移設を求めて歴史的な首都大行動 2013.1.28
 【号外】 オスプレイ撤回要求 東京で反対集会 琉球新報 1/27 ○【号外】
 オスプレイ撤回要求東京集会を生中継へ 琉球新報 1/27
[政府直訴] 状況転換への第一歩だ 沖縄タイムス 社説 1/27
 東京要請行動/犠牲の強要断つ出発点 不退転の決意示そう 琉球新報 社説 1/27 ○扱いの落差 ○振興策の詐術
 首都圏反原発連合: 【0310 原発ゼロ☆大行動】 03/10(日)13時〜 東京・日比谷公園集合!デモと首相官邸前、永田町・霞が関一帯の大規模抗議行動!福島第一原発事故から丸2年、集会・デモ・抗議であらためてたたみかけよう!!
 「力集め核廃絶を」 平和市長会議、長崎で会合 東京新聞 1/17
 最高裁長官 「一審は誤り」 砂川事件、米大使に破棄を示唆 東京新聞 1/17 ○東京地裁判決(伊達判決)を破棄した最高裁の田中耕太郎長官(当時、以下同)がマッカーサー駐日米大使と会談し「伊達判決は全くの誤りだ」などと判決の見通しを示唆していたことが17日、分かった。  ★跳躍上告どころではない。法の支配、破り!!の嚆矢。余りに政治的。
 特集ワイド:カムバック「安倍政権」を読む 対談 山崎拓・自民党元副総裁/加藤紘一・自民党元幹事長 ◇集団的自衛権行使、解釈改憲では無理−−山崎拓・自民党元副総裁  ◇平和外交宣言の9条には手をつけるな−−加藤紘一・自民党元幹事長 
 「原発事故子ども・被災者支援法」 のポイントと課題  FoE Japan [改訂] 1/13
 USTREAM: 130110 さよなら原発記者会見
 第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!  ◇声明―「12・16総選挙の結果を見て皆さんに訴えます」―市民の意見30の会・東京
 NPJ: 安倍晋三と極右歴史修正主義者は、世界の敵である  週刊金曜日企画委員 成澤宗男
 特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい: 12月23日~1月6日 全国の炊き出し・相談会(全国版)  ○年末年始の各団体の取り組み紹介(全国版) 
 九条の会: 「九条の会」アピール  ○日本国憲法は、いま、大きな試練にさらされています。 
 インディペンデント・ウェブ・ジャーナル(略称:IWJ) 
 首都圏反原発連合: ★12.28 大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議 ○2012年最終!新政権への初抗議! 
 東京江戸川放射線: 福島のすさまじい汚染、南相馬の土壌は11万ベクレル/kg、浪江の松葉は45万ベクレル/kg(12/18 文部科学省) ○福島のすさまじい汚染、南相馬の土壌は11万ベクレル/kg、浪江の松葉は45万ベクレル/kg(12/18 文部科学省)
 USTREAM: 121217_日隅一雄・情報流通促進基金 設立記念シンポジウム わたしたちが主権者となるとき~脱原発の政治へ~  ○わたしたちが主権者となるとき~脱原発の政治へ~ 2012年12月17日(月) 午後6時半~午後8時半 (開場午後6時)
☆その余は、下記ブログをご参照ください。割愛します。
今日のトピックス Blog12/31:大晦日 原発保有9社、広告2兆円余(42年間)=米事故後急増 しかも利益に転嫁=>国民負担!  ★本当に、原子力ムラは、言語道断!費用を膨らませば、膨らませる程、会社利益が膨らむという寸法。しかも、この仕組み、国家が作った!!永田町や霞ヶ関という、ムラが国民から富を自由に収奪して良い(総括原価方式、利益保証)特権を与え、システムをでっち上げたのだった。

 孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
2月5日分 9:00 実施
打てば響く2013年 : 2月3日 「賢い国」のスローガン ○社民党も共産党も生活の党も、「賢い国」を取り上げないので、わが老人党だけでも≪日本を「強い国」ではなく「賢い国」に≫をスローガンに掲げようと思います。
「護憲+」ブログ: 中国「レーダー照射」に対する日本政府の対応  (百山)
イシャジャの呟き: 藁蘂布団と豆炭あんか  誕生日の花 ネコヤナギ 花言葉 自由 思いのまま
 今日のトピックス Blog2/4: 全国初!無免許運転の広島県議に住民リコール成立 本来の主権者の権威、益々高めないと

●「九条の会」メールマガジン >> 第157号( 2013年1月25日号)を発信しました
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか
最高裁長官 「一審は誤り」 砂川事件、米大使に破棄を示唆 東京新聞 1/17 ○東京地裁判決(伊達判決)を破棄した最高裁の田中耕太郎長官(当時、以下同)がマッカーサー駐日米大使と会談し「伊達判決は全くの誤りだ」などと判決の見通しを示唆していたことが17日、分かった。  ★跳躍上告どころではない。法の支配、破り!!の嚆矢。余りに政治的。

今週の一言: 原発、憲法…理想を現実に ― 自分に出来る事を考えながら  橋本美香さん(シンガーソングライター・制服向上委員会会長)
<憲法をめぐる動向>・2013年1月21日付   警戒!維新、改憲PT設置へ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年1月17日付   注目!「戦争への道を進むな」琉球新報 その他
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか

規制庁漏えい 厳密検証で癒着断ち切れ 琉球新報 社説 2/5 ○福島第1原発事故を受け、原子力発電を規制する側と推進する側がもたれ合い、事故の危険性を黙殺して甚大な被害を招いた。  国民から厳しい批判にさらされた「原子力ムラ」の反省に立ち、設置されたのが原子力規制委員会だ。規制庁がその事務局を担う。政府からの独立性を高め、事業者とも距離を置くはずだった。規制庁発足からわずか4カ月。原発を規制する側と推進する側が今もなお、国民の見えないところで気脈を通じている状況が露見した。驚きを禁じ得ない。  ★蒙古斑のように、永遠か!?飽く迄、省益のみ追求か

東電支援3.2兆円に 追加7000億円認可 3月期赤字1200億円 東京新聞 2/5 ○現在の賠償の仕組みは暫定措置で、政府と電力各社がつくった「原子力損害賠償支援機構」が五兆円を上限に立て替え、東電が黒字化達成後に返済する仕組みになっている。 しかし、東電は昨年十一月、賠償額は十兆円を超える可能性があるとして、国に対して費用負担を要求している。支援機構の川端和治運営委員長も四日、「現計画では(賠償が)進められないことが見えてきた段階で必要となる変更に取り組む」と国民に負担を求める可能性に言及した。東電は同日、三月にかけて損害賠償の支払いが本格化するのに伴い二〇一三年三月期の連結純損益予想では従来予想より七百五十億円損失が拡大、千二百億円の赤字になる見込みだとした。  ★人災の巨大なツケを、無辜の民に、回し押し付けるのか!原発推進の原子力ムラのお歴々!! 血税であれ、電気料金であれ。元凶は、どこ吹く風と涼しげだ。
原町、楢葉に整備へ 原子力災害時のオフサイトセンター 福島民報 2/5 ○福島県は平成25年度、廃炉作業中の東京電力福島第一原発と、冷温停止中の福島第二原発で災害が起きた際の対応拠点となるオフサイトセンターをそれぞれ南相馬市原町区と楢葉町に新たに整備する方針を固めた。  ■国が全額負担   ■距離や連携先考え選定
山下氏、長崎大復帰へ 福島医大副学長、非常勤に 福島民友 2/5 ○福島医大の山下俊一副学長(60)が新年度、現在は休職中の長崎大大学院医歯薬学総合研究科教授に復帰することが4日、関係者の話で分かった。山下氏は長崎大への復帰に伴い、福島医大では今後、常勤職でなく非常勤職の副学長として、原発事故で飛散した放射性物質からの県民健康の対応に当たる。人事発令は4月1日付の見込み。

民主 原子力規制委人事賛成へ NHK 2/4 ○部門会議として、「人事に賛成するべきだ」という認識で一致し、5日に開く党の「次の内閣」で、正式に賛成を決めることになりました。
ANN: 電力システム改革、6年後の完全実施へ最終調整 ○政府は、電力システム改革の第1弾として、需給ひっ迫の際、電力会社相互の融通などをコントロールする「第三者機関」の設立を盛り込んだ電気事業法改正案を、4月をめどに通常国会に提出します。小売りの全面自由化と発送電分離については、法案の付則に盛り込みます。一度に法案化しないのは、省庁間の調整にまだ時間がかかるほか、一部の電力会社で資金調達に支障が出ることが予想されるためです。政府は、段階的に国会に法案を提出することで、小売り全面自由化は2016年をめどに、発送電分離は2017年から2019年にかけて完全実施したい構え  ★先送り、優先!?
ANN: 東電純損失見込み1200億円 事業計画の抜本見直しも ○これに先立ち、東京電力が要請していた追加支援約7000億円が政府に認定され、支援総額は合せて3兆2400億円となりました。 原子力損害賠償支援機構・川端運営委員長:「(現在の総合特別事業計画で)進められないことが見えてきた段階で、事業計画の必要となる変更について運営委員会でも取り組みたい」 機構の川端運営委員長は会見で、事業計画そのものの抜本的な見直しを示唆しました。

放射能から子を守りたい パパママら 「原発いらない」 パレード 東京 赤旗 2/4 ○「原発いらない 今すぐ止めろ 子どもを守ろう」―。3日、東京都内で「パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹」がおこなわれ、市民450人が原発のない社会を求めて歩きました。「放射能から子どもを守りたいパパママの会」が呼びかけたもので、4回目になります。
ANN: 石巻市初!災害公営住宅40戸の入居者募集を開始 ○募集を始めたのは、民間業者が建設し、市が一括して借り上げる災害公営住宅合わせて40戸です。今回の対象は、震災で半壊以上の被害を受けて自宅を解体した人で、新たに整備する津波防御施設の用地にかかるため、もとの場所で住宅を再建できない人などに限定されています。
規制庁報告書漏えい 癒着の構図を徹底的に断て 愛媛新聞 社説 2/4 ○東京電力福島第1原発事故の被災者をはじめ、国民全体への深刻な背信行為だ。  原子力規制庁の審議官が、日本原子力発電敦賀原発の断層調査の報告書原案を、日本原電側に手渡していたことが判明した。原子力規制委員会調査団が評価会合を開く6日前というタイミングである。  原案を入手した日本原電側が「正確に反論するために必要だった」と述べているように、事前入手で周到な準備を行っていた可能性がある。典型的な癒着の構図だ。
日本原電―廃炉の道筋考えるとき 朝日新聞 社説 2/4 ○報告書案が正式に認められれば、原電は廃炉を迫られる。猛反発するのは、それが経営問題に直結するからだ。  原電は電力各社が共同で設立した。ほかに休止中の原発が2基あるが、すでに運転期間が40年を超えていたり、地元が反対していたりして、再稼働のめどが立たない。東京電力や関西電力が、原電からの電力供給が止まっているのに、契約の関係から維持費相当分を原電に払い続け、電気料金に転嫁している問題もある。これも看過できない。
原発事故緊急対応拠点 移転遅れ 復興予算の凍結が影響 東京新聞 2/4 ○原発事故時の対応の中枢となる「緊急時対応センター(ERC)」:当初は昨年中にも移転予定だったが、別の財源を手当てして年明けに業者と契約を結び、ようやく移転先の内装工事が始まった。三月末の完成を目指すが、作業が長引けば、緊急時対応に支障が出かねない。新しいERCは規制庁が入るビル四階の委員長室のすぐ下の三階に入る予定で、迅速な対応が期待されている。
環境省、東電の入札延期を要請 石炭火力増設で 東京新聞 2/4 ○経産省は、原発再稼働のめどが立たない中、代わりとなる火力の増強は急務と考えており、環境省の要請には応じない方針。東電も予定通り今月中旬に入札を実施する構えだ。 温暖化対策と電力需給の安定、どちらを重視するかをめぐり政府内の意見対立があらわになった。  ★(石原)環境省は、原発推進しようと、でも。
原発避難者の声を東海で結集 支えあいの会、10日に設立 河北新報 2/4 ○福島第1原発事故のために福島県や関東各地から避難し、東海地方などで暮らす人たちが、互いに支え励まし合い、行動していく「原発事故被害者支えあいの会」を10日に設立する。経験したことのない困難を前に立ちすくむ避難者たち。一人一人では“弱くて小さな声”を、この会で結集させ、より強力な声にして被害の救済に生かしていく。
福島原発:吉田元所長の聴取書 検察、差し押さえ 毎日新聞 2/4 ○検察当局が、政府の事故調査・検証委員会が作成した吉田昌郎(まさお)・元同原発所長の「聴取書」などを差し押さえたことが分かった。元所長は体調不良で事情聴取が難しいとされ、立件の可否を判断するには聴取書が不可欠と判断したとみられる。だが、政府事故調は原因究明重視の立場から刑事責任を追及しない前提で聴取書を作成しており、議論を呼ぶ可能性もある。…東電関係者らによると、食道がんや脳出血があったと公表されている元所長の体調は、政府事故調に聴取された時よりも悪化し、実施はほぼ不可能という。  ★刑事責任の有無を捜査となれば、当然、黙秘権告知等なければならず、本来は、疑問。
原電が訂正、接触頻繁に 前審議官ほかに3回面会 ○日本原電によると、市村泰規常務は昨年12月1~2日の現地調査の翌3日に、規制庁の名雪氏にあいさつの名目で面会した。同月中に計5回、年明け以降も計3回、面会していた。  ★表に出せない、隠ぴな関係!?原子力規制庁の名雪哲夫前審議官

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 国会前も雪景色? ・ブログ連歌(302) ○明日は東京も雪になりそうです。
市民社会フォーラム: 第232号 バレンタインデーまでに到着希望の方は、明日受付締切です! ○ (転送・転載歓迎)
□■□■□■□■□■□■□■□■□2013年2月5日発行
   JIM-NET (ジムネット) 日本イラク医療支援ネットワーク メールマガジン
植草一秀の『知られざる真実』: 全日本柔道連盟暴力体質の裏側にある重大な問題 ○他のマスメディアが警察・検察・裁判所の前近代性問題にほとんど批判を展開しないなかで、中日新聞だけが重要な問題提起を示している。
市民社会フォーラム: 最も幸福度が高い国、デンマーク国民の本音 ○日経メディカルブログ 2013年1月31日 色平哲郎
@動画: NFL「スーパーボウル」のハーフタイムにビヨンセが登場!キレッキレのSEXYライブに全米が熱狂!
天木直人のブログ: 報道が隠し続ける次期戦闘機F-35問題の「不都合な真実」 ○未開発のF-35を日本に導入し、日本がその開発・生産・メインテナンスの拠点となるという驚くべき実態だ。 ついに日本も米国の軍産複合体の片棒を担ぐ国になろうとしているという事実だ。
孫崎 享 : 2013年02月04日(月) ○案内:徳間書店『日本再起動』、吉田茂と白洲次郎、サンフランシスコ講和条約の真実、孫崎享インタビュー「日本は占領下を脱出したか」、発売明日位、定価714円+税
 ○反響(右翼思想について):平賀健‏@mukirakamau「 対米土下座と中朝蔑視は一対でかなりの数の日本人に宿っている。著名人にも多い。」

植草一秀の『知られざる真実』: 安倍政権の経済政策正式名称は「アベノリスク」 ○「アベノリスク」 :リスクは三つある。第一のリスクは、ハイパーインフレの地雷が埋め込まれること。第二のリスクは、財政政策が利権回帰することだ。第三のリスクが最大のリスクだ。それは、目先の円安・株価上昇が持続して、7月の参院選で自民党が勝利してしまうこと。
OurPlanetTV: 原発事故時の対策改定案発表、パブコメ募集はじまる ○原子力規制委員会は30日、原発事故時などに住民が避難する基準を定めた防災指針の改定案を提示した。改定案では、原発から半径5キロ圏外の住民は、空間放射線量が毎時500マイクロシーベルトに達したら直ちに避難。毎時20マイクロシーベルト以上になった地域では、地域で生産された野菜や牛乳などの摂取を制限するとともに、1週間以内に一時移転することが示されている。 規制委員会は、同日から2月12日までパブリックコメントの募集を行い、パブリックコメントをどのように反映させるか検討し、2月20日の原子力規制委員会で改定案を決定する。
NPJ: 沖縄県全市町村がオスプレイ配備反対  ・普天間県外移設を求めて歴史的な首都大行動 2013.1.28
OurPlanetTV: •双葉町の井戸川町長、「辞任の真意」を語る
@動画: NHKスペシャル「老人漂流社会」/いま、ひとりで暮らせなくなった高齢者が、病院にもいられず、介護施設にも入れず、行き場を失っています。
OurPlanetTV: 「安倍新政権にNO!」大江健三郎さんら、脱原発要求
kojitakenの日記: 2013-01-01 謹賀新年 ○ベアテ・シロタ・ゴードンさん死去
ベアテ・ゴードンさん死去 日本国憲法の男女平等条項起草 東京新聞 1/1 ○(娘の)ニコルさんは「母は生前、憲法の平和、男女同権の条項を守る必要性を訴えていた。改正に総じて反対だったが、この二つ(の変更や削除)を特に懸念していた」と語った。供物で弔意を示したい場合は護憲団体「九条の会」に寄付してほしいという。
21世紀の日本と国際社会: 朝鮮半島情勢と日本の対朝鮮政策  <朝鮮半島情勢に影響する国際的要素>  <安倍政権の対朝鮮政策> ○2002年の平壌宣言によって動き始めるかと思われた日朝関係を抜き差しならぬ緊張と対決に押し戻した立役者(?)は,小泉政権で官房副長官だった安倍晋三だった。  ★橋下氏の執着した、安倍コベ氏、石原氏、3人には、相当近似するものがあるのだろう。
☆その余は、次ブログを参照ください。 割愛します。
今日のトピックス Blog12/31:大晦日 原発保有9社、広告2兆円余(42年間)=米事故後急増 しかも利益に転嫁=>国民負担!  ★本当に、原子力ムラは、言語道断!費用を膨らませば、膨らませる程、会社利益が膨らむという寸法。しかも、この仕組み、国家が作った!!永田町や霞ヶ関という、ムラが国民から富を自由に収奪して良い(総括原価方式、利益保証)特権を与え、システムをでっち上げたのだった。
村野瀬玲奈の秘書課広報室: 世界人権宣言を読もう。そして、日本の政治・社会の現実と比べよう。 (2)  ★最高法規、日本国憲法を読もう!
「国旗と国歌について村長の認識は」への長野県中川村・村長の答弁

TBS: 大雪予想、東京でも降雪10センチか  ★ご用心ください。くれぐれも。
TBS: 日銀・白川総裁「3月19日に辞職」 ○「3月19日付けをもって 職を辞するということを総理に申し上げてきました。(Q.総理はそれに対して?)総理は私の話をしっかり聞いていた」(日銀・白川方明総裁) 3月19日に2人の副総裁が任期満了を迎えるためで、白川総裁は「新しい体制を同時にスタートさせたい」と辞職を前倒しした理由を話しています。
発信箱:可視化する努力=大治朋子(外信部) 毎日新聞 2/5 ○「沖縄は基地で食っているかのように思われがちですが、そうではありません」。専修大学で先月開催されたシンポジウムで、沖縄・琉球新報の普久原(ふくはら)均・編集局次長が強調した。琉球新報は11年元旦から70回にわたって続けた長期連載「ひずみの構造−−基地と沖縄経済」で、こうしたデータを丹念に集めて検証した。連載は同タイトル(新報新書)で昨年8月、刊行されている。
戦後教育の記録8万点 読谷村へ 沖縄タイムス 2/5 ○人手不足と財政難で保管が徹底できず、沖教組が引き取り手を探していた。前身の「沖縄教職員会」会長を務めた元県知事の故・屋良朝苗さんの故郷でもある同村が手を挙げ、関係者は「沖縄の戦後史にとって重要な資料を引き取ってもらってありがたい」と喜んでいる。
国防予算強制削減で、米海軍訓練中止も 沖縄タイムス 2/5 ○米海軍は3月に国防予算の強制削減が実施された場合の対応策として、戦闘地域を除くすべての地域における演習の中止や訓練の縮小などを計画していることが4日までに分かった。中東やアジア太平洋地域なども対象に含まれている。
F35部品輸出―決定過程が見えない 朝日新聞 社説 2/5 ○いったいどんな部品を輸出するのか。国際紛争に使われる恐れはないのか。部品だけでなく、完成品も輸出するのか。肝心なことは、いっさい明らかになっていない。  レーダーに映りにくいステルス機だが、日本が果たす役割まで見えないというのでは話にならない。日米間の密室協議で結論を急ぐべきではない。
オスプレイ 「国は低周波音認めて」 辺野古で騒音問題学習会 琉球新報 2/5 ○渡嘉敷准教授は、オスプレイが発する低周波音の聞こえ方を周波数を変えながら示し、ボールが揺れる様子を見せ、生じる振動を説明した。宜野湾市の普天間第二小学校、名護市辺野古の国立沖縄工業高等専門学校での測定結果も紹介。「アセス基準値を超えている」と話し、国による低周波音調査の必要性を訴えた。
カネミ和解案に批判相次ぐ 長崎新聞 2/5 ○福岡地裁小倉支部が示した和解案に関しては、カネミ倉庫に義務付けた解決金500万円は同社が存続する限り支払われない点に批判が集中。「旧態依然で、何も進展していない」「新認定患者だけの問題ではなく、カネミ油症が過小評価された」などの声が上がった。
鹿児島でも2回基準値超 中国の大気汚染物質 南日本新聞 2/5 ○鹿児島県内で、中国の大気汚染が原因とみられる微小粒子物質「PM2.5」が、基準値を超えて観測されている。県などによると、基準を上回ったのは、1月中旬からこれまで2回。

公明・山口代表 “F35の例外措置容認” NHK 2/5 ○公明党の山口代表は記者会見で、政府が、次期戦闘機F35の製造に日本の企業が関わった場合でも、「武器輸出三原則」の例外措置とする方向で調整していることについて、紛争を助長しないなどとした三原則の理念を尊重することを前提に、容認する考えを示しました。
足立区教委 校長を教育 小中の学力底上げ 東京新聞 2/5 ○四月から、区教育委員会に「教育次長」を新設する。直属の実動部隊も設けて、授業内容について小中学校校長らを指導する権限を与え、二十三区でも下位とされる足立区の学力の底上げを目指す。ただ、現場の校長からは「授業にまで区教委が介入するとは」との反発も聞かれる。

東京など花粉シーズン入り…ウェザーニューズ 読売新聞 2/4
ANN: 「監督の存在におびえ…」女子柔道弁護士会見 ○私たちの声は、全柔連の内部では聞き入れられることなく、封殺されました」「一人、前監督の責任という形をもって今回の問題解決が図られることは、決して私たちの真意ではありません」「苦しみや悩みの声を安心して届けられる体制や仕組み作りに生かして頂けることを心から強く望んでいます」  ★美しい国の伝統文化!?組織風土?
女子柔道暴力:女子選手側の声明文全文 毎日新聞 2/4 ◇発表された選手たちの声明
腎臓移植希望、25年間で半減 高齢で諦め・透析満足で 朝日新聞 2/5 ○重い腎臓病の患者で腎臓移植を希望する人の割合が、この25年で半減したことが全国腎臓病協議会の調査でわかった。
TBS: インフルで患者2人死亡、仙台の病院 ○仙台市泉区にある仙台徳洲会病院で、先月29日から今月2日までに入院していた患者と看護師、合わせて14人がインフルエンザを発症しました。このうち70代の女性患者が今月1日、80代の男性患者が3日、死亡したということです。
F35、製造参入を優先 野党 「三原則形骸化」 東京新聞 2/4 ○日本企業による同機の部品製造参入を優先するためだ。国内の防衛産業育成につなげる狙いだが、野党からは三原則の形骸化を招きかねないとの批判が出ている。  ★軍産複合体?志向、却下!

ANN: 全国初!無免許運転の広島県議に住民リコール成立 2/4 ○無免許運転で有罪が確定した広島県議会議員の住民リコールが成立し、議員は失職しました。都道府県議会議員のリコールは全国で初めてです。  ★主権者の権威、アリアリ! 最高法規による、権威の後退は、有り得ない! 居座る奴もヤツ。
可視化 後戻りは許されない 信濃毎日 社説 2/4 ○取調官の裁量を認めることになれば、流れを後戻りさせることになりかねない。あらゆる事件を対象に全過程を可視化する―を原則とするよう強く求める。
米国務長官就任 普天間閉鎖へ指導力を 琉球新報 社説 2/4 ○米上院議員を務めたジョン・ケリー氏が第68代の米国務長官に正式に就任した。2期目に入ったオバマ政権下で、課題が山積する米外交の舵(かじ)取り役を担う。 沖縄にとっては、膠着(こうちゃく)状態にある普天間飛行場移設問題の行方が気掛かりだ。普天間問題を「日本の国内問題」などと片付けず、当事者の一人として沖縄の声に真剣に耳を傾け、指導力を発揮してほしい。
F35部品輸出容認へ 武器三原則の例外に 東京新聞 2/4 ○米国などが共同開発中のF35の導入予定国には、周辺国との軍事的緊張が続くイスラエルが含まれ、国際紛争を助長する恐れがあるとの懸念が出ている。 <武器輸出三原則>  ★原則を曲げるべきではない。イスラエルなんて、国際紛争当事国、そのもの!パレスチナ攻撃の懸念、アリアリ。
邦人輸送見直し 武器緩和は方向が違う 東京新聞 社説 2/4 ○政府は被害者帰国のため航空自衛隊の政府専用機をアルジェリアへ派遣した。自衛隊法で規定された邦人輸送は自衛隊機のほか、自衛隊の艦艇やヘリコプターも使用できるが、いずれも「輸送」であり、「救出」ではない。
公共工事の受注企業 安倍首相側に献金 問われる 「税金還流」 赤旗 2/4 ○地元の約20社
TBS: 告発選手ら、監督辞任だけで解決せず ○「前強化委員会委員長をはじめとする強化体制や、その他、連盟の組織体制の問題点が明らかにされないまま、1人、前監督の責任という形をもって今回の問題解決が図られることは、決して私たちの真意ではありません」(選手の代理人弁護士) 選手たちは今後の調査で組織体制の問題点を明らかにすることを求めています。
ANN: ヒトにも感染する恐れが…動物園で小鳥が大量死 ○死んだ小鳥の内臓から人にも感染する恐れのある細菌が見つかったということです。感染経路は不明ですが、同じ小屋にいるハトなどは健康なことから、餌(えさ)や水を介しての感染は考えにくいとしています。動物園では小屋を閉鎖して消毒し、また、飼育するすべての鳥に抗生物質による治療を施すということです。

米の「最強狙撃手」射殺される イラク体験の元特殊部隊員 東京新聞 2/4  ○米海軍特殊部隊SEALS(シールズ)の元隊員で、イラクでの実戦体験を描いた「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」の著者、クリス・カイルさん(38)が2日、テキサス州内で射殺された。…動機は不明だが、2人が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っていた男を射撃場に招いていたとの情報もある。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

       藁蘂布団と豆炭あんか

 誕生日の花 ネコヤナギ 花言葉 自由 思いのまま     {/雪/}          ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: