FC2 Blog Ranking
2013-04-23

4/23: 沖縄と連帯 全国で 『屈辱の日』政府式典抗議広がる 中止せよ! 全ての沖縄人と共に、真の主権を取り戻せ

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・大学生の半数「困ったことあれば親が助けてくれる」  15時15分   ★大学進学させる位の親御さん、家族環境であれば、ね。
 ・「0増5減」区割り法案、衆院通過  14時7分   ★これもおふざけ!主権者をスポイルし、支援者のみを念頭に、甘えまくり!? 主権者よ目覚めよ。
 ・亀岡暴走事故から1年、現場で法要営まれる  14時8分
 ・超党派の国会議員168人が靖国神社を参拝  14時6分
 ・靖国参拝、中国メディア「日本の国会が右傾化」  16時38分
 ・区割り見直し法案、きょう衆院通過へ  1時40分
 ・経済財政諮問会議、財政健全化の議論開始  1時27分
 ・IAEA調査団「汚染水対応が最大課題」  0時20分
 ・アレルギーの児童に牛乳、症状出ず 調布市  0時8分
 ・3月の全国スーパー売上高 13か月ぶり増  22日(月)21時49分

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」4月26日例会のお知らせ  (笹井明子) ○今回は、経産省前テントひろばメンバーの八木健彦さんにお越しいただき、「経産省前テントひろばの現状」のテーマでお話ししていただきます。
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)


                      ○:記事から引用   ★:コメント
4月23日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 難題  誕生日の花 オダマキ 花言葉 勝利の誓い
 今日のトピックス Blog4/22: “靖国”外交に影響及ぼすべきでない 他国政府批判をして、どうする??? 他人の口に戸は立てられず!?

●「九条の会」メールマガジン >> 第161号( 2013年3月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 領土ナショナリズムの魔力を解くために 岡田充さん(共同通信客員論説委員)
<憲法をめぐる動向>・2013年4月15日付   警戒!自民議員、選挙制度違憲判決を批判 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年4月11日付   警戒!閣僚が96条「改正」を強調 その他
 <北海道> ○憲法フェスティバル2013「浦部先生に聞いてみよう! 憲法は変えなきゃダメですか? ~憲法の役割と日本の未来~」 NEW
 【日時】4月27日(土)14時~(開場は13時30分から) 【会場】札幌市民ホール(第1・第2会議室)  札幌市中央区北1条西1丁目
【講演】浦部法穂・神戸大学名誉教授・法学館憲法研究所顧問 【資料代】500円 【主催】青年法律家協会北海道支部
【連絡先】札幌おおぞら法律事務所・渡辺麻里衣弁護士
 <岩手> ○「憲法改正の問題」
【日時】5月18日10時30分~15時30分  【会場】アイーナ8階 (盛岡駅の裏側すぐ)
【講演】水島朝穂さん(憲法学者・早稲田大学教授)  【主催】岩手県生活協同組合連合会

乱雑ケーブル 野ざらし配管 福島第一 弱点あらわ 相次ぐトラブル 東京新聞 4/23 ○二十二日、2号機の使用済み核燃料プール冷却装置の変圧器内で、新たにネズミ二匹の死骸が見つかり、東電は点検のためプールの冷却を四時間あまり止めた。東電は同時多発的に起きた先月の停電事故を受け、設備の弱点の洗い出しを始めたところだった。プール周りだけでも多数の弱点があると分析していたが、それが現実だと証明された。不安要因はもっと広範囲に残る。 建屋間には、電源ケーブルや機器を制御するケーブル、さらには水を移送する配管(ホース)が乱雑に設置されている場所も複数ある。系統をきちんと分けないと、制御ケーブルの信号が乱れて機器が誤作動したり、水漏れがあれば漏電したりする恐れもある。
東京電力 「ゼロ回答」 県対策協の公開質問書 福島民友 4/23 ○課題となっている個人や事業者が行う除染費用の賠償について、東電は「現時点で支払いの可否も含め、取り扱いは決まっていない」などと回答。また、賠償期間については「被害が継続される限り適切に対応する」とした上で、「紛争審査会での今後の審議などを踏まえ適切に対応したい」と述べるにとどまり、従来の東電の主張を繰り返した。同協議会長を務める佐藤雄平知事は「回答に具体性がなく、『指針』に明記された自主的除染費用でさえも賠償すると明言しないなど、原因者としての責任感が全く感じられず、怒りを禁じ得ない」とのコメントを出し、東電を批判
汚染水 「最大の課題」 IAEA原発廃炉検証 福島民報 4/23 ○福島第一原発1~4号機の廃炉作業を調査した国際原子力機関(IAEA)の専門家チームは22日、汚染水問題を「最大の課題」とし、新たな管理の在り方を構築すべきとする検証結果を中間報告としてまとめ、公表した。さらに、トラブル防止に向け、重要設備の恒久化の必要性を指摘した。一方、原子炉と使用済み燃料プールについては「安定化を達成した」との見解を示すなど、政府と東電のこれまでの取り組みを評価した。
県の 「甲状腺データ」 公表 13市町村別、初の内訳 福島民友 4/23 ○放射線が県民の健康に与える影響を調べる県民健康管理調査をめぐり、NPO法人「情報公開クリアリングハウス」(東京)は22日、県に情報公開請求し開示された内容をホームページに公表した。2011(平成23)年度の甲状腺検査で市町村ごとの判定結果の内訳が初めて示された。
県産57品目セシウム検査へ、県 水産物の一部除き前年度並み 秋田魁新報 4/23 ○県は22日、本年度の県産農林水産物の放射性セシウム検査を水稲やエダマメなど計57品目で行うと発表した。政府は検査指針を見直し、野菜や果実の対象品目を大幅に削減したが、県農業経済課は「市場の不安が依然として解消されていない」とし、水産物の一部を除き2012年度並みに検査する。
韓国で原発自動停止、電力供給低下で「警報」発令 TBS 4/23 ○韓国の政府系機関、「原子力安全委員会」によりますと、23日午前8時前、韓国南部の慶尚(キョンサン)北道にある「新ウォルソン原発」で原子炉の出力を調整する制御棒の系統に異常が発生し、原子炉が自動停止しました。原子力安全委員会は「原子炉は安定状態を維持している」と説明していますが、専門家による調査団を派遣し原因を調べる方針です。 韓国では今回のトラブルに加え、ほかの原発が整備のために停止している影響で電力の供給が急激に低下していて、韓国電力公社は5段階の警報のうちレベルが一番下の「準備警報」を発令し、不要不急の電気の使用を自制するよう呼びかけています。

泉田・新潟知事、規制委対応に不快感 長官との面会で 日経新聞 4/22 ○新潟県の泉田裕彦知事が22日に原子力規制庁を訪れて池田克彦長官と面会し、原子力規制委員会や事務局である規制庁の対応に強い不快感を示す一幕があった。 「なぜ規制委の田中俊一委員長にはお会いできないのか」「3月から面会を要請してきた。どうして15分しか時間がないのか」――。泉田知事は会談で、強い口調で規制庁への不満をぶつけた。15分間の予定だった面会は30分近くに及んだ。泉田知事は、昨年10月に規制委に提出した質問にも「(十分な)回答がない」と指摘。また、規制委の田中委員長が3月の会見で「(新潟県知事の質問に)私がいちいち答えていく義務があるとは思えない」と発言したことも問題視した。 泉田知事は「(前身の)原子力安全・保安院の時代のほうがよほど話を聞いてくれていた。こんな組織で安全確保ができるのか」と強く反発。関係修復は容易ではなさそうだ。
変圧器にネズミ、4時間燃料冷却停止 福島第1原発 日経新聞 4/22 ○東京電力は22日、ネズミの死骸が見つかり点検のため停止していた福島第1原子力発電所2号機の使用済み核燃料プールの冷却を、4時間後に再開したと発表した。福島原発では3月、ネズミが配電盤をショートさせる停電事故が起きたばかり。東電が小動物の侵入対策を進めるさなかにトラブルが再発した。

NNN: 福島第一原発に再びネズミ 冷却一時停止 4/22 ○東京電力によると、22日午前10時過ぎ、2号機の使用済み燃料プールを冷却する屋外の変圧器付近で、ネズミの死骸2体をパトロール中の作業員が発見したという。これによる停電などは起きていないが、東京電力は午前11時半過ぎから2号機燃料プールの冷却システムを一時停止し、死骸を取り除いて変圧器の点検を行った上で、午後4時前に冷却を再開した。 福島第一原発では3月、屋外の仮設配電盤にネズミが接触し、燃料プールの冷却が停止する大規模な停電が起きたばかり…
クローズアップ2013:福島、子供の甲状腺検査 高まる県民の不信 毎日新聞 4/22 ○これまでに3人のがん患者が確認され、7人にがんの疑いがあるとされたが、県側は「被ばくとの因果関係は考えにくい」と強調する。「県民の不安解消」を検査の目的に掲げる県だが、情報公開に消極的な姿勢も相まって、保護者の不安と不信はやむ気配がない。 ◇4観察項目省略、公表せず 不安になった鈴木さんは、一般の病院で改めて検査を受けさせた。10分ほどかかった検査で、7ミリの結節(しこり)が見つかった。県の判定基準では2次検査が必要な「B」に当たる。だが、約1カ月後に県から届いた通知は、経過観察にとどまる「A2」だった。… 鈴木さんは検査画像とリポートの情報公開を請求した。約3週間後に開示されたリポートには1・6ミリののう胞(液体がたまった袋のようなもの)があると記されていたが、結節は「なし」だった。「県の検査は一人一人の子供を真剣に見ていない。本当に親の気持ちを大事にしているとは思えない」と鈴木さんは憤る。
プールの泥に高濃度放射能 NPO、福島の3高校で測定 朝日新聞 4/22 ○福島市内とその近郊の県立高校2校のプールの底の汚泥から、1キロあたり10万ベクレルを超える放射性セシウムが検出され、もう1校からも同8千ベクレル超が出た。
浜岡原発再稼働、県民投票で判断 静岡の川勝知事、再選出馬も表明 東京新聞 4/22 ○川勝氏は「浜岡原発は3、4年は動かないという前提で徹底的に安全管理を中部電などと話し合った上で、住民の判断を仰ぐべきだ」として、再選されれば県民投票条例の制定を急ぐ考えを示した。

受診、市町村に格差 ホールボディー検査 県、実態把握できず 待機者解消策必要 福島民報 4/22 ○市町村間で受診格差が広がっている。住民の受診が2巡目を迎える市町村がある一方、検査まで依然、数年待ちの所も。県は県内の正確な受診実態を把握できておらず、広域的な調整による待機者の解消に向けた具体策を示せないのが現状だ。県民からは早急な対策を求める声が上がっている。  ■検査待ち
南相馬の旧警戒区域 モニタリング結果公表 環境省 福島民報 4/22 ○南相馬市の旧警戒区域(小高区と原町区の一部)での国の直轄除染に向け、環境省は、平成24年5月から10月まで同区域で実施した放射線モニタリング結果の速報値をまとめた。21日、市内で開かれた住民説明会で示した。同省はモニタリング結果を踏まえ、住民の同意を得て本格的な除染作業に入る。  モニタリングは、同省が住宅などの除染方法を決めるため、生活圏を中心に実施した。建物の被災状況なども確認した。  説明会は、市内の旧警戒区域で比較的放射線量が高く、行政区ごとに除染廃棄物の仮置き場を設ける小高区の6行政区(羽倉、大富、金谷、大田和、川房、神山)の土地や建物の所有者を対象に開いた。仮置き場の設置に向け、おおむね住民の合意が得られたためで、避難先から住民約200人が参加した。  今後、同省から委託を受けた業者が、所有者立ち会いの下、除染の同意を得る。ある程度の同意が得られた地域から順次、除染を始める。1戸当たり1週間程度で作業を終える。
甲状腺検査:市町村別の結果を開示…福島県、請求拒めず 毎日新聞 4/22 ○福島県が実施している子供の甲状腺検査で、市町村別の判定結果一覧表が、情報公開請求していたNPO法人に開示された。県側は「プライバシー保護」を理由に公表を拒み続けていたが、県の情報公開条例上は非開示にする理由がなく、開示を余儀なくされた。識者からは「一覧表で個人が特定される恐れはなく、情報を出そうとしない県の姿勢は疑問だ」と批判が出ている。  ★本末転倒!?
埋め立て判断先送りに抗議 中国新聞 4/22 ○支持者約300人が参加した。足立修一弁護士らが埋め立て免許をめぐる現状と課題などについて講演。原水禁県民会議の桝本康仁事務局長が「住民の安全を確保する最善の方法は原発を造らないことしかない。上関原発建設計画の中止を求め闘う」と宣言を読み上げ、採択した。 集会後、菅直人民主党最高顧問や谷岡郁子みどりの風代表らも加わり中心商店街など約1・5キロをデモ行進。「原発いらない」などと声を張り上げた。  ★然り! 「原発いらない」!!

◎ ブログ・市民メディア
OurPlanetTV: •「住民守る気あるのか」新潟県知事、原子力規制委を批判 ○新潟県の泉田裕彦知事は22日、同県が独自に設置した東京電力福島第1原発事故の検証委員会の議論に基づいた要請書を手渡すため、原子力規制庁の池田克彦長官と面会した。泉田知事は冒頭から、「原発と住民の安全を守る気があるのか」と原子力規制委員会を批判。「なぜ田中俊一委員長が会わないのか」と怒りをあらわにした。 泉田知事が提出したのは、同県が3月29日にまとめた「原子力発電所の安全対策及び住民などの防護対策について」と題した田中委員長宛の要請文。同県の検証委員会の議論に基づいたもので、原発事故対策のほか、緊急時の広域避難ルートの明確化や物資の調達、福祉病院施設の対策を含め、具体的な対応策の検討を求めている。
OurPlanetTV:  ○•東電賠償初の和解〜国の基準外で「避難の合理性」認める
市民社会フォーラム: 【泥さんより】神戸勤労会館で開かれた『これからの「脱原発」の話をしよう 池田香代子×野間易通』に参加しました
孫崎享チャンネル: 今、日本の権力層に日本国民に一体感を持つより、米国の層に一体感を持つ人々が出てきてる
第12期 市民意見広告運動: 賛同を締めきりました 4/15 ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
市民社会フォーラム: 伊藤洋一が四川地震と日本経済を語る
植草一秀の『知られざる真実』: 経済で逃げ切り図るアベノミクス政権倒す三本の矢
天木直人のブログ: 交渉よりも交渉参加が大事になっているTPPの本末転倒
村野瀬玲奈の秘書課広報室: 国民から「国民主権」を奪う「秘密保全法」 (メモ) (20)

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

天皇の政治利用問題 志位委員長の会見 赤旗 4/23 ○憲法が定めている「国事行為」については、天皇の意思が介在する余地はありません。天皇の意思によってこれを行うこともできませんし、これを行うことを拒否することもできません。すべては「内閣の助言と承認」によって行われます。 私たちは、それ以外のいわゆる「公的行為」について、「国政に関する権能を有しない」という憲法の規定に反するものでなければ、一概に反対するものではありません。たとえば、天皇が大震災の被災地を訪問したり、追悼式典に参加することなどを、否定するものではありません。 ただ、今回の式典のような、明らかな特定の政治的意図をもったもの、国民のなかで意見が分かれるようなものについて、天皇の出席を求めることは認められるものではありません。
日台漁業協定見直しを 市議会が政府要請へ 主権回復式典反対意見書も 八重山毎日新聞 4/23 ○主権回復記念式典の開催に反対する意見書(同長浜信夫氏)は野党と一部与党の賛同を得た。 意見書は4月28日を「日本から切り離され、米国の占領統治が継続することになった『屈辱の日』」と位置づけ、「『屈辱の日』に式典を行うことは、基地の過重負担を黙認し、県民の心を踏みにじるとともに県民感情を逆なでするもので、到底許されるものではない」と非難している。
チョムスキー氏提言 移設問題の民主的制御を 琉球新報 社説 4/23 ○1996年の普天間返還合意以来、両政府は県内移設に固執しているが、沖縄では知事選、国政選、県議選、市長選など各種選挙を通じて熟議を重ね大半の県民が「辺野古移設反対」の意思を示した。  普天間について、仲井真弘多知事は「県外移設」を、県内41市町村の首長、議会は安倍晋三首相に提出した「建議書」で閉鎖・撤去を求めている。沖縄側はあらゆる民主的手続きを踏んだ。これに対し日米は代替案をろくに検討もせず、県民要求を無視している。  チョムスキー博士はこうした状況も踏まえ、米外交について「帝国主義そのものだ。東南アジアや中東など外国に対する政策は民主主義を傷つけてきた」と批判。米国民主主義の精神が沖縄問題に反映されていないとの考えも示した。  日米は沖縄で民主主義を機能させるどころか、事故率の高いオスプレイの強行配備、辺野古埋め立て申請と、強硬策を続ける。とりわけ自国民には民主主義の意義を語り、沖縄では民意を顧みない米政府の二重基準は罪深い。チョムスキー博士は、沖縄の基地過重負担の軽減方法について「意味のある抗議行動が物事を動かす唯一の力になる。非暴力を貫き、沖縄以外の人々とも協力すべきだ」と、日米など国内外の市民との連携の意義を説いた。日米の壁は厚いが、沖縄側の主張には民主主義的な正統性がある。県民が気後れすることは全くない。
沖縄と連帯 全国で 政府式典抗議広がる 東京で集会 琉球新報 4/23 ○「『オール沖縄』に連帯し、真の主権を取り戻す集い」(発起人・原田章弘前横須賀市議)が22日夜、東京都新宿区の日本青年館で開かれ、45都道府県の平和団体などの180人が参加した。席上「米軍基地をなくし、真の主権の地位と尊厳を取り戻すため沖縄と連帯して幅広い国民世論と国民運動を全国で発展させていく」としたアピール文を採択した。女優の吉永小百合さんは「沖縄のことを考えること、思うことは私たちのつとめです」としたメッセージを寄せた。浦添市でも同日夜に120人余が参加する「『天皇メッセージ』を問うシンポジウム」が開かれ、県内外で政府の「主権回復の日」式典に抗議する声が広がりを見せている。  東京の集会では、玉城義和県議が「沖縄の訴え」と題して報告。オスプレイ配備問題で保革が共闘し、県民大会などで民意を訴えてきたと説明し「一日でも長く共闘体制を延ばし、日米両政府に対峙(たいじ)できる体制をつくる」と述べ、オール沖縄の民意を日米両政府に訴えていく考えを示した。  元レバノン大使の天木直人氏は「沖縄の基地を撤去させ、辺野古に移転させないこと。日本にとってこれほど重要な問題はない」と述べ、憲法9条を堅持し、沖縄と連帯して平和外交を展開するべきだと訴えた。  鳩山由紀夫元首相は「沖縄の不利益が日本の国益と当たり前のように考えることは差別以外の何物でもない。そうした考えは主権回復式典に現れている。沖縄に共有し、参加者が本土に広げていくことが重要だ」とのメッセージを寄せた。
[韓国外相訪日中止] 歴史問題を直視しよう 沖縄タイムス 社説 4/23 ○中国外務省も閣僚の靖国参拝に抗議したことを明らかにし、韓国と足並みをそろえた。5月下旬にソウルで予定されていた日中韓首脳会談は、中国側が難色を示し、先送りすることがすでに決まっている。 日中韓3カ国の協調と連携が求められるこの時期に、外交日程の取り消しや先送りが表面化したことは、安倍外交にとって大きな痛手だ。政権発足時から危ぶまれていたことが表面化したとみることもできる。
式典「評価しない」7割 「屈辱の日」 理由最多 沖縄タイムス 4/23 ○政府式典の賛否を聞いたところ、69・9%が「評価しない」と回答、安倍晋三政権による式典開催を否定的に捉えている。政府が全都道府県知事を式典に招待したことへの県の対応をめぐっては、59・6%が「だれも出席すべきではない」と答え、副知事を代理出席させる仲井真弘多知事の判断とズレがあることも浮き彫りとなった。 県民の7割近くが政府式典を評価しなかった一方で、「評価する」は14・2%にとどまった。「どちらともいえない」は16%だった。 「評価しない」と答えた人のうち、最も多かった理由は「沖縄にとって屈辱の日だから」の53・9%。次いで「沖縄の主権は回復しているとはいえないから」の39・7%。
米軍政下の沖縄に核兵器 1200発超 沖縄タイムス 4/23 ○サンフランシスコ講和条約発効で米軍施政下に取り残された沖縄には、2年後の1954年から核兵器が持ち込まれ、最大18種類、1200発以上あったことが明らかになっている。本土は「非核地帯」とされ、有事にだけ運び込むことになっていた。 米環境保護団体、天然資源保護協会の研究者らが99年、国防総省の核兵器配備先リストを公表した。沖縄の項には、核爆弾や280ミリカノン砲(原子砲)など全四軍の核兵器の名前が並ぶ。 中でも陸軍の「デイビークロケット」は射程が最短でわずか約2キロ。撃った兵士や周辺の土地も被ばくが避けられない物だった。 文書によると、これらの核兵器が最後に撤去されたのは72年の6月。復帰時に全て撤去するとの日米合意を、1カ月とはいえ破っていたことになる。
教委改革案 中立性の確保で懸念が残る 熊本日日新聞 社説 4/23 ○分かりやすく言えば、教育委員会の“事務局長”が教育行政のトップに就くということだ。  提言は、戦前教育への反省から広く民意を集めるために導入された教育委員会制度に、事実上の終止符を打つよう求めている。だが、権限や責任の集中による教育行政のスピードアップだけで、教育をめぐるさまざまな問題がうまく解決していくのか  ★有り得ない!独断、独裁の罪、軽からず。
許されぬ監視の無責任 高知新聞 社説 4/23 ○発展途上国への技術移転と人材の育成を目的とした外国人の技能実習制度で、またもや問題点が浮き彫りになった。  賃金の未払いや長時間労働などが発覚したケースを総務省があらためて調査した結果、その98%の実習先で監査の際に不正が見落とされていたことが分かった。総務省はチェック機能が形骸化しているとして法務、厚生労働の両省に改善を勧告した。  国際貢献を図る理念とは裏腹に、同制度の実習先ではこれまでも劣悪な労働環境がたびたび表面化してきた。  多くの問題を抱えているにもかかわらず、監視もできないずさんな体制では、制度の改善など図れるわけがない。こうした状況を招いた国の責任は極めて重いと言える。  ★有り体に言えば、外国人研修生を受け入れる職場は、3Kであり、長時間労働であり、低賃金でありで、国内では、人材を得にくいところだ。しかも、契約(債権・債務関係)に疎いか、嫌っている使用者側…。 無論、研修生を送り出す、或いは、応募する側には、それなりの意義を覚えてのことであろうが、それでも、契約違反などは、想定外であろう。

TBS: 全国のイカ釣り漁船が一斉休漁へ、円安で燃料費上昇  4/23 ○円安の影響がここにも出始めています。燃料費の価格が上昇しているため、全国のイカ釣り漁船が今週末の漁を一斉に休むことになりました。 漁業団体によりますと、燃料費の上昇を受けて現在、操業している全国のイカ釣り漁船1000隻ほどが26、27日の2日間、一斉に漁を休むということです。 「数か月間の間において、(燃油価格が)急激に上昇したことが、イカ釣り漁業者の経営を相当、追い詰めている」(全国いか釣漁業協議会・長屋信博常任幹事) 光に集まる習性を利用して、夜間にイカをおびき寄せるための照明に大量の燃料を使うイカ漁。コストの3割近くが燃料費です。ところが、漁船の燃油の価格は1キロあたりで去年末より1万円程も急上昇。漁に出れば出るほど赤字が膨らむだけだといいます。  ★安倍のリスク!?
靖国問題―なぜ火種をまくのか 朝日新聞 社説 4/23 ○首相はもともと靖国参拝が持論だ。だが、第1次安倍内閣のときは参拝を見送り、悪化していた両国との関係を打開した経緯がある。  今回、首相は閣僚の参拝について「自由意思に基づいて行うことだ」と、それぞれの判断に任せたという。自身が参拝しなければ乗り切れると思っていたとすれば、甘すぎると言わざるを得ない。
靖国の例大祭 閣僚参拝は無神経だ 毎日新聞 社説 4/23 ○韓国外務省は今回の事態を受けて、今月中に予定していた尹炳世(ユンビョンセ)外相の訪日を中止した。 北朝鮮が弾道ミサイル発射の構えを崩さず、日米中韓が連携して北朝鮮の暴発を食い止めるべき時だ。靖国参拝をすぐに外交問題に発展させる韓国側の対応は冷静さを欠いている。だが、緊迫した状況下で「安倍内閣ナンバー2」の麻生副総理ら閣僚が靖国参拝に踏み切り、首相もこれを容認したことは、北朝鮮問題での中韓との連携を難しくし、結局は日本の国益を損ないかねない。無神経な行動と言わざるを得ず、極めて残念だ。
検察審議決 手抜き再捜査では困る 東京新聞 社説 4/23 ○石川議員はICレコーダーで録音したため、架空のやりとりが明らかになった。このくだりだけではなくて、報告書の大半が、検事の“作文”だった。 だが、最高検は昨年六月、この検事を不起訴とした。「故意は認められなかった」という理由だった。この処分を不服として、市民でつくる検察審に判断が回されたのは当然の成り行きといえる。 「検事の弁解をうのみにしていないかとの疑念は払いがたい」「一般常識に照らしても、記憶の混同を基礎付けるものとは言い難い」-。検察審の議決書には検察に厳しい言葉が並んだ。陸山会事件は検察が暴走したら、どう止めるかという問いも投げかけた。法相の指揮権と検察審査会、検察内部の監察指導体制の三つしかない検察のチェックシステムも再考すべきではないか。
群馬・中国山地の自衛隊空域 爆音 わがもの顔 米軍が管制 米軍機のみ訓練 赤旗 4/23 ○その理由は、中国山地と群馬県上空には米軍の訓練空域が存在しないのに、米軍戦闘機の訓練による爆音被害が拡大しているからです。群馬県によれば、米軍機の騒音・飛行に関する苦情件数が、昨年度は1026件。前年度の600件から倍近くになっています。島根県でも爆音被害が急増し、県内7市町の苦情件数は昨年、過去最多の562件・143日に達しています。

与党、抜本改革置き去り 「0増5減」 衆院通過 東京新聞 4/23 ○〇増五減は、一票の格差が大きく二倍を超えた二〇〇九年衆院選後の一一年、最高裁が「違憲状態」と指摘したことを受けた緊急避難的な措置。一〇年の国勢調査に基づくと、新たな格差は現行の二・五二倍から、人口最多の東京新16区と最少の鳥取新2区で一・九九八倍に縮まるが、総務省の今年三月の人口推計による試算では、〇増五減しても、少なくとも六選挙区で二倍を超えた。 昨年の衆院選後は、戦後初の無効判決が出るなど全国の高裁が厳しい判断を示したため、野党側は「〇増五減で選挙をすれば再び違憲判決が出る」(細野豪志民主党幹事長)などと法案の先行処理に反対してきたが、与党は今国会で抜本改革案をまとめるのは不可能と判断。六月二十六日の国会会期末をにらみ、強気の対応を選択 ☆「0増5減」に伴い区割りが改定される都県(図)
ハーグ条約、衆院を通過 5月にも承認 東京新聞 4/23 ○国際結婚が破綻した夫婦間で国境を越えて子どもの奪い合いが起きた際のルールを定めた「ハーグ条約」への加盟を承認する案件は23日午後の衆院本会議で全会一致により可決、通過した。参院で審議され、5月下旬にも条約が承認される見通しだ。
沖縄知事側、県外移設方針は不変 米に伝える 東京新聞 4/23 ○訪米中の又吉進沖縄県知事公室長は23日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の県外移設を求める仲井真弘多知事の方針は変わらないと米政府に伝えたことを明らかにした。電子会議システムを利用した県庁での記者会見で語った。

四川地震 発生「72時間」 経過 死者193人、不明25人 東京新聞 4/23 ○中国内陸部の四川省雅安市蘆山県を震源とした地震は二十三日午前八時(日本時間同九時)、倒壊家屋などの下敷きになっている被災者の生存率が急速に下がる「七十二時間」が経過し、人民解放軍など約二万人が出動し、懸命の救出活動を続けている。被災地は雨のため気温が下がり、救出は時間との闘いになっている。

憲法9条改正を容認=公明・佐藤氏 時事通信 4/22 ○公明党の佐藤茂樹政調会長代理。アドバルーン!? でも、やる気大あり!?か。
NNN: 3月の全国スーパー売上高 13か月ぶり増 ○発表したチェーンストア協会は22日、今回の結果について、「アベノミクス効果が消費の現場に反映されつつあるのかどうかを判断できる状況にはない」と述べた上で、政府に対して、景気の腰折れを招かないよう政策の総動員を図るよう求めた。
田代元検事「不起訴不当」 陸山会事件 虚偽報告書問題で 東京新聞 4/22 ○東京第一検察審査会は二十二日、最高検が不起訴とした田代政弘・元東京地検特捜部検事(46)を「不起訴不当」と議決したことを明らかにした。最高検が再捜査することになるが、最高検が再び不起訴とすれば、審査の手続きは終わる。「起訴相当」と異なり、強制起訴されることはなくなった。  ★本当に、(東京第一)検察審査会の実態解明が不可欠!かと思う。使いかって良過ぎ!?
初任給据え置き95・4% アベノミクス効果見えず 東京新聞 4/22 ○今回、全学歴で初任給を引き上げたとする企業は4・2%にとどまり、デフレ脱却に向けた経済政策「アベノミクス」の効果はほとんど見られなかった。 調査結果によると、引き上げた企業も含めると、大卒初任給の平均額は20万5647円で、前年度比73円の微増だった。短大卒は17万2546円、高卒は16万1084円で、いずれもほぼ横ばいだった。  ★利益を内部留保する体質、社風の大企業以下が、最もやりそうもない、大幅賃上げ! 安倍コベ氏と経済団体、どう連携できているのか?? お手並み拝見…来年の話にしたのか?タラレバにしたのか?
◆ここ10年で倍増   [映像]路上販売の弁当規制策を話し合う検討会初会合へ 東京都  ○東京・中央区のオフィス街では、お昼時になると、歩道に弁当を載せた台車が並び、それを買おうと、たくさんの客が並ぶ。お客さんは、「近場でこうやって、コンビニ感覚で買えるのは、ちょっとうれしい」、「たまに、お値段も安いので、利用はしております」と話した。弁当販売のみを行う「行商」は、火などを使わないことから、食品衛生法の対象にならないため、許可が必要なく、保健所への届け出で行うことができ、東京都によると、ここ10年間で、件数が倍増している。  ★唐突な話!? ずっと続いていた話なのに、何故、今なのか? 猪瀬だから?
オスプレイ6機、岩国に=米韓合同演習に参加か 時事通信 4/22
プルトニウム抽出に強い懸念 米政府高官や有識者 東京新聞 4/22 ○原子力委員会の鈴木達治郎委員長代理は22日の会合で、日本の大半の原発停止が長期化し、保有する大量のプルトニウムの消費見通しが立たないまま、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場を稼働してプルトニウムを抽出することに対し、複数の米国の政府高官や有識者から強い懸念を伝えられたと報告した。鈴木氏は「これまでになかった厳しい反応。自民党が核燃料サイクル政策の堅持を打ち出したことや、再処理工場の稼働計画が具体化していることが要因ではないか」と述べた。 今月上旬に渡米した鈴木氏によると、カントリーマン国務次官補は「国際評価に大きな傷がつく可能性がある」と批判。

ゲイツ氏、韓国に次世代原子炉開発の協力要請 TBS 4/22 ○マイクロソフトの創業者でありアメリカのベンチャー企業「テラパワー」会長として次世代の原子炉開発を進めるビル・ゲイツ氏は22日、訪問先の韓国で朴槿恵大統領と会談しました。  ★どこのゲイツさんかと思った。…原発は、金のなる木か?
韓国、麻生氏参拝 「極めて不快」 外相会談中止で 東京新聞 4/22
米韓 演習公開で北朝鮮けん制 NHK 4/22 ○アメリカ軍と韓国軍は今月末まで韓国各地で定例の合同軍事演習を実施していて、22日は韓国南東部のポハンで、港が攻撃で破壊された場合を想定して、陸上の戦闘部隊を支援するため軍需物資を沖合の輸送船から陸揚げする訓練を行いました。

NNN: “靖国”外交に影響及ぼすべきでない~菅氏 4/22  ★他国政府を批判して、どうする??? むしろ、襟を正せ! 過去・歴史は、転覆できない。
ANN: 日中友好議員連が訪中中止、韓国外相は来日中止… ○北朝鮮情勢が緊迫するなか、日中韓の外交の歯車がかみ合いません。 自民党の高村副総裁が会長を務める日中友好議員連盟は、来月1日から予定していた中国訪問を取りやめました。習近平国家主席ら要人との会談が実現しない見通しになったため、日本側からキャンセルしました。また、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は、今月26日から予定していた日本訪問を中止しました。
TBS: 靖国参拝で日韓外相会談取りやめ、日中議連も訪中中止 ○韓国政府は、麻生副総理ら閣僚の靖国神社参拝に反発し、今週26日に行うことで調整中だった日韓外相会談の日程を取り消すことを明らかにしました。
村山談話 「そのまま継承はせず」=安倍首相が言及-参院予算委 時事通信 4/22 ○日本の過去の植民地支配と侵略を謝罪した1995年の村山富市首相談話について「安倍内閣として、そのまま継承しているわけではない」と述べた。民主党の白真勲氏への答弁。今後検討する新たな首相談話について説明する中で発言したものだが、中韓両国などのさらなる反発を招く可能性がある。具体的に談話のどの部分を継承しないのかに関しては言及しなかった。 
主権式典 「天皇の政治利用」=共産委員長 時事通信 4/22 ○共産党の志位和夫委員長は22日の記者会見で、政府が28日に開く「主権回復の日」式典への天皇、皇后両陛下の出席について「憲法に反する天皇の政治利用だ」として、撤回を求める考えを示した。式典開催自体も重ねて批判した。  志位氏は「今回の式典には特定の政治的意図があり、世論も割れている」と指摘。両陛下の出席は、「天皇は国民統合の象徴」とした憲法1条や、「国政に関する権能を有しない」と定めた同4条に抵触すると  ★参院選に向けて『改憲』を喧伝しつつ、異論のある式典での、天皇の政治利用を同時進行させる点も、如何か。

日本は歴史を直視すべき=安倍首相の靖国供物奉納で中国外務省 ロイター 4/22 ○中国外務省の華春瑩報道官は22日、定例の記者会見で、安倍晋三首相が靖国神社に供え物を奉納したことを受け、日本が歴史を直視し、戦時中の侵略行為による犠牲者の感情を重んじるべきだとの見解を示した。
ANN: 四川地震発生から3日…震源山間部には物資届かず 4/22 ○発生から3日目、震源地に近い地域では救援物資がまだ行き届いていません。

石牟礼道子さん:水俣病の苦しみにまなざしを…最後の講演 毎日新聞 4/22 ○パーキンソン病と闘う石牟礼さんは車椅子で登壇し、ゆっくりと言葉を選び、絞り出すように約20分間話した。 石牟礼さんは、患者がいる家族には他にも患者がいるのに、地域社会に遠慮して声を上げられない状況があったと指摘し、「行政は察することができず、察しても知らないふりをしてきた」と批判。水俣病に苦しむ患者の凄惨(せいさん)さについて「ベッドに足と手を縛り付けても、あまりの苦しさに天に向かって舞いなさる。縛ってあるひもやらがちぎれて下に落ちなさる」と語った。 その上で、「水俣病を抱えた一家がどのように苦しい思いをしてこられたか、行政は1分でも1秒でも考えれば分かると思うが、そういう方々の心の中を思いやってもらえない」と嘆き、「人と心の絆を持てるときに、人間は生きている喜びがある」と強調した。  ★主権者の思い、意思を忖度しない、政治家・政治屋、官僚・公務員が、そんなに一般化してしまったのだろうか?遺憾千万、公僕諸兄姉にも初心に返って欲しいもの。
男女賃金格差/「4月15日」 の現実を知ろう 河北新報 社説 4/22 ○「イコール・ペイ・デー」は「同じ賃金を手にする日」と訳される。男性が1年間働いて得られる賃金を、女性はどの程度働けば手にできるかを分かりやすく表す指標だ。 日本BPW連合会によると、2013年の日本の「イコール・ペイ・デー」は4月15日だった。男性が昨年12月末まで1年間で得た賃金を、女性は1年働いただけでは得られず、男性より3カ月と15日間、余計に働いてようやく手にできるという計算だ。女性の賃金が男性に比べいかに低い水準にあるかを、実感を伴って教えてくれる。 昨年が「4月16日」だったので、1日分だけ男女格差が縮まったことにはなるが、先進国の中ではスイス(3月7日)、フランス(同15日)、ドイツ(同23日)、米国(4月12日)などに後れを取っている。  ★遅れを取るのは、習い性!?か。
出先機関改革/安倍政権は道を閉ざすな 神戸新聞 社説 4/22 ○事務権限を地方に移し、中央省庁の出先機関は原則廃止する‐。民主党政権は「地域主権改革」を最重要政策に掲げ、このようにうたった。曲がりなりにも国土交通省地方整備局など3機関の仕事を特定広域連合へ移管する法案の閣議決定に至った。 衆院解散の前日の決定で、法案は提出できず、民主党は衆院選に負けて政権の座から陥落した。ただ、20年来の課題である地方分権改革を一歩前に進めたことは間違いない。 それに比べて、自民党政権の出先機関改革に対する姿勢は冷ややかというしかない。衆院選の党公約には広域連合移管への「反対」を明記しており、それに基づいた対応なのだろうが、改革の姿勢が後退した印象は否めない。 民主党の方針には、権限を失うことになる中央官僚が激しく抵抗した。権限移譲を求める都道府県と対照的に、市町村も「災害時などに国の対応力が弱まる」と出先機関の廃止などに反対し、議論は迷走と後退を重ねた。
今を生きる考える  国際化教育は広い視野で 京都新聞 社説 4/22
国民の声 政治にどう反映させる 信濃毎日新聞 社説 4/22 ○国民の声が政治になかなか届かない―。古くて新しい問題だ。  とりわけ震災・原発事故の後である。国民の多くが脱原発を求めているのに、民主党の野田佳彦内閣は原発ゼロ目標を閣議決定できず、一部の原発を再稼働させた。自民党の安倍晋三内閣も同じ道を歩んでいる。  7月に想定される参院選まであと3カ月ほど。政治の構図が変わる可能性が高い。選択の時を前に、国民と政治をつなぐ回路についてあらためて考える。
主権回復の日 内包する 「屈辱」 の歴史 岩手日報 論説 4/22 ○条約発効で、日本と連合国との戦争状態は終了。朝鮮半島や台湾などをめぐる一切の権利や権限、請求権を放棄した上で、定められた領域に対する主権が認められた。 主権を回復したのだから、本来、占領軍は日本国内から退去するのが筋。しかし、歴史の歯車はそれを許さなかった。49年に中華人民共和国が成立、50年には朝鮮戦争が勃発するなど、戦後世界は東西冷戦という新たな争いにのみ込まれていく。 東アジアにあって、日本は西側世界のとりでとなり、講和条約が、米軍の駐留を認める安全保障条約とセットで発効されたことが、「主権」の意味をゆがめた。 沖縄と奄美群島、小笠原諸島は、後の本土復帰まで米国の施政権下に置かれた。沖縄では、条約発効の日を「屈辱の日」と呼ぶ。今回の式典には都道府県知事も出席を要請されているが、沖縄県知事は代理出席を決定。同県議会の一部会派には、同じ日の同じ時間、式典に抗議する県民大会開催の動きがある。  ★公約だから!と強行したり、剥いだり、ご都合主義が罷り通っている。勝手な擬制が横行している。主権者の意思は、そんな擬制とは、別物だ。弁えないと。
解雇規制緩和 働く側の痛みが大きい 北海道新聞 社説 4/22 ○企業にとって都合のよい理屈だけが先行しているのではないか。  解雇規制の緩和に向けて、政府の産業競争力会議や規制改革会議で進んでいる議論のことだ。  衰退産業から成長産業に人材を移動しやすくし、経済の活性化につなげる狙いがあるという。安倍晋三政権が6月に取りまとめる成長戦略に反映させたい考えだ。  安易な解雇を招くようなルールの変更は許されない。

日本に核不使用声明への賛同要請 スイス、外務省に反対論 東京新聞 4/22 ○ジュネーブで22日に開幕する核拡散防止条約(NPT)再検討会議の第2回準備委員会を前に日本がスイスから、核兵器使用の非人道性を強調し「いかなる状況下でも核が再び使用されないことが人類の生存に利益となる」とした共同声明への賛同を求められていることが21日、分かった。
ANN: 名古屋市長選 現職の河村氏が3選「民意が出た」 4/22

兵器供与でイランに圧力=米イスラエル国防相会談 時事通信 4/22 ○イスラエルは核開発阻止のため、イラン攻撃も辞さない構えだ。しかし、イスラエルの戦闘機がイランまで往復するには空中給油機が欠かせない。KC135供与の意味は大きい。  ★相変わらず、勝手なことをやってるな。イス・米!
グアンタナモ収容所のハンスト84人に、被収容者の半数超える AFP 4/22 ○キューバ・グアンタナモ(Guantanamo)米海軍基地内の収容施設に拘束されたテロ容疑者の間で、起訴もされず裁判にもかけられずに長期間勾留されていることに抗議するハンガーストライキが広がっている問題で、米軍は20日、参加者が急増し、被収容者166人の半数を超えたことを明らかにした。  米軍のサミュエル・ハウス(Samuel House)中佐は声明で、20日現在で食事を拒否している被収容者は84人に上り、このうち16人がチューブで栄養を与えられているほか、5人が病院に搬送されたと
ボストン爆破テロ:逮捕の容疑者に黙秘権など認めず 毎日新聞 4/21 ○通常の刑事事件容疑者に認める黙秘権などの権利を認めない意向であることが分かった。米ニューヨーク・タイムズ紙などが報じた。公共の安全に関わる重大事件であるためだが、今後、人権擁護団体などから批判が出る可能性もある。  ★虐待、拷問もあり!?

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

       難題

 誕生日の花 オダマキ 花言葉 勝利の誓い       {/晴れ/}      オダ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: