FC2 Blog Ranking
2013-05-13

5/13: 憲法96条改正、賛成25%・反対51% さも! 猶憲法97条そして憲法の人権宣言部分も意義を高揚したい

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・福島第一原発の地下水「海洋放出」 合意できず  18時48分
 ・円安株高の流れ続く、 株価一時1万4800円台  18時25分
 ・「維新」支持率急落、参院選への危機感高まる  18時25分
 ・もんじゅの運転再開認めず、規制委が検討  18時48分
 ・維新・橋下共同代表「慰安婦制度は必要だった」  18時47分
 ・憲法96条改正、賛成25%・反対51%  5時58分
 ・安倍首相が宮城視察、衆参同日選「適切に決断」  12日(日)18時33分
 ・新型コロナウイルス、ヒトからヒトへ感染か  5時42分
 ・開成学園に脅迫文「運動会中止しなさい」  12日(日)18時34分
 ・横須賀基地の米兵、小学校侵入の疑いで逮捕  5時17分

 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)


                      ○:記事から引用   ★:コメント
5月13日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 晩春 初夏  ?   誕生日の花 ドイツアヤメ 花言葉虹の使者 すばらしい出会い
 今日のトピックス Blog5/12: ネット選挙、候補者広告に抜け道 無所属は不利? 政党支部の広告に支部長・名前や顔写真掲載 与野党の指針で可

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
式典 「暗黙の侮辱」 ガバン・マコーマック氏 琉球新報 4/279条と日本の安全を考える">NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 一人一票の実現に対立する利益とは 賀川進太郎さん(一人一票裁判広島高裁岡山支部弁護団) ○平成25年3月26日広島高裁岡山支部「平成24年12月16日実施の衆議院岡山二区の選挙は無効」の判決。  12月の衆院選に関する一連の判決はすべて違憲あるいは違憲状態判決だったが、前日の広島高裁判決は違憲であるのみならず無効という画期的な判決だった。しかし、無効の効果は今年の11月26日の経過により発生するとした。ところが、今度の岡山支部の判決は更に進めて将来効なしの「無効」判決である。
<憲法をめぐる動向>・2013年5月6日付   注目!「9条 いいね! 世界からの声」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年5月2日付   注目!路面電車「平和憲法号」走る その他
<イベント情報> 当面の情報(更新日2013年5月6日)
 <岩手> ○岩手県生活協同組合連合会講演会
  【日時】5月18日10時30分~15時30分
  【会場】アイーナ8階 (盛岡駅の裏側すぐ)
  【内容】「憲法改正の問題」
      講演:水島朝穂・早稲田大学教授
  【主催】岩手県生活協同組合連合会
 <東京> ○憲法フェスティバル「貧困と平和」~25条と9条の未来」 NEW
 【日時】  6月1日(土) 開場11時30分 開演12時 終演15時40分(予定) 【会場】  日本橋公会堂ホール(日本橋劇場)
 【講演】  基調講演 伊藤真さん
 【パネルディスカッション】 パネリスト 伊藤真さん 雨宮処凛さん 
         コーディネーター 戸舘圭之弁護士
  【講談】   「フラガール」 神田香織さん 【参加券】  前売2.000円  当日2.500円
  【主催】   憲法フェスティバル実行委員会  【問合せ先】南北法律事務所 TEL/FAX 03(5211)1553

放射能が心配 母の日パレード 東京・中野 赤旗 5/13 ○原発をなくそうと東京都の中野区に職場がある人や区民らが集まる「脱原発中野も」は12日、中野区を歩きながら縦断する「放射能が心配 母の日パレード」を行いました。
家族そろって 「原発いらない」 札幌 赤旗 5/13
海洋放出結論持ち越し 東電と県漁連 福島第一の地下水 東京新聞 5/13 ○福島県漁業協同組合連合会(県漁連)は十三日、同県いわき市で県漁協組合長会議を開き、東京電力が福島第一原発の汚染水増加対策として敷地内で地下水をくみ上げ、海に放出する計画について協議した。地下水は原子炉建屋で放射性物質に汚染される前の水で、東電は理解を求めたが結論は出ず、次回会合に持ち越された。
 第一原発では事故翌月の二〇一一年四月、高濃度の汚染水が海に流出していたことが発覚。東電は高濃度汚染水の保管場所を確保するため、「低レベル」の汚染水を海に放出し、地元漁業者らの強い反発を招いた。
「想像以上の損害」 原賠審、避難区域現状受け止め 福島民友 5/13 ○原発事故から2年2カ月が経過した県内では、双葉町と川俣町山木屋を残して避難区域再編が進み、住民の帰還に向けて損害賠償の新たな課題が出ている。しかし、審査会の現地視察はこれまでに一度もなく、県が4月に実施を求めていた。審査会はこれを受け、賠償指針に関する協議には避難区域の現状把握が必要として初めて訪れた。視察した能見会長は「長期間の避難で、住宅は想像できないような大きな損害が出ていた。また、戻れる人と戻れない人に差があり、地域コミュニティーが分断されていた。賠償やほかの施策も含め、皆さんが元の生活に戻ることを実現できればいいと感じた」と語った。
原発の資料閲覧室再開 規制委、1万8千点 東京新聞 5/13 ○原発関連の約1万8千点の資料を閲覧できる「原子力関係資料閲覧室」が13日、再オープンした。旧原子力安全委員会が運営していた施設を原子力規制委員会が引き継いだ形で、昨年9月の閉鎖後、8カ月経過しての再開。
 閲覧室は規制委が入居する都内の民間ビルに開設した。平日の午前10時から午後5時まで利用可能で、電力会社が国に提出した原発の設置許可申請書や、旧安全委の会合資料などを閲覧できる。 規制委は旧安全委が公開していた資料をほぼそのまま公開するが、旧原子力安全・保安院の資料は公開しない。 規制庁は公開資料の拡大について「今後の課題」としている。
【原発と活断層】 早くも 「想定外」 なのか 高知新聞 社説 5/13 ○福島第1原発事故の教訓から、高い独立性と強い権限が与えられたはずの原子力規制委員会が発足してもなお、電力会社は規制委からの調査の要請を「想定外」として断ることができるのだろうか。  国内で唯一稼働中の大飯原発3、4号機(福井県)をめぐる、関西電力の対応のことだ。
浜岡原発 あすで全面停止から2年 中日新聞 5/13 ◆自治体が根強い慎重論  中部電力浜岡原発(御前崎市)は全面停止から十四日で丸二年を迎える。中電は敷地内に海抜二十二メートルの高さの防潮堤を建設するなど再稼働への意欲を示すが、安全性を理由に地元自治体の慎重論は依然として根強い。この二年間、浜岡抜きでも管内の電力供給に目立った支障がなかったことから、巨費を投じて再稼働を目指す中電の姿勢に疑問の声も出ている。
原発輸出 前のめり過ぎはしないか 新潟日報 社説 5/13 ○安全への不信感は解消されていないのに、前のめり過ぎはしないか。 安倍晋三首相とトルコのエルドアン首相が、日本の原発輸出を可能にする「原子力協定」を締結することで合意し、署名した。 東京電力福島第1原発の事故後、官民連携による原発輸出が具体化するのは初めてである。

浪江町民1万人から委任状 原発事故賠償申し立て 福島民友 5/12 ○精神的損害賠償の増額などを求め、浪江町が今月下旬に裁判外紛争解決手続き(ADR)を行う原子力損害賠償紛争解決センターへの集団申し立てで、町は11日、第1次締め切り(今月7日)現在で約5000世帯、約1万人から委任状が提出されたことを明らかにした。町の人口は約2万人で、現段階で町民の半数近くが集団申し立てに参加する見込みとなった。
福島の地元首長ら訴え 浜松市で原発シンポジウム 中日新聞 5/12 ○「安全神話にどっぷりつかっていたことを反省しなければならない」。現在も、帰宅困難区域や居住制限区域になっている福島県浪江町と富岡町。馬場有浪江町長と遠藤勝也冨岡町長は口をそろえて訴えた。
男性は除染作業の業者 福島で 「連れ去り」 事件 福島民友 5/12 ○福島市岡部の国道115号で9日、追突された乗用車の男性が追突した車の男らに車両で連れ去られたとみられる事件で、男性は除染作業の業者で、追突した側の4~5人の男が暴力団関係者とみられることが11日、捜査関係者への取材で分かった。福島署は逮捕監禁の疑いで、男性の安否と連れ去った男数人の行方を追っている。

◎ ブログ・市民メディア
第12期 市民意見広告運動: 最新号 138号(6月1日発行)記事の紹介とバックナンバーの記事 ○「市民意見広告運動」は定期的な刊行物は発行していませんが、「市民意見広告運動」の母体「市民の 意見30の会・東京」は、隔月に『市民の意見』を発行しています。  6月発行予定の最新号(138号)には、12期意見広告運動の報告も掲載予定です。
 ご購読を希望される方は 意見広告運動/市民の意見30の会・事務局 までご連絡ください。  購読料は送料とも年2500円、一部400円です。
志村建世のブログ: 「女性手帳」について考えてみた ・ブログ連歌(315)
植草一秀の『知られざる真実』:私達は『略奪者のロジック』を知っておく必要がある 
薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
植草一秀の『知られざる真実』: 芯まで腐り切っている菅直人氏がいる民主党
孫崎享チャンネル: 集団的自衛権の嘘、米国の攻撃的政策に加担する危険
孫崎 享 : 2013年05月13日(月) ○原発・安倍首相:安倍首相の危険性は物事の一面しか見えない、見ない。危険すぎて福島原発原因すら究明できない状況でよく原発セールス出来る。原発企業の走狗。これが日本の首相です。13日読売「首相、東欧で原発セールス…4国首脳、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーと会談へ」
 ○原発・もんじゅ:13日朝日「原子力規制委員会は近く、日本原子力研究開発機構に、原子炉等規制法に基づき、高速増殖原型炉「もんじゅ」(敦賀市)の使用停止を命じる方針を固めた。内規に違反し、1万個近い機器の点検を怠っていた問題を重くみた。」。「1万個近い機器の点検を怠っていた」!

NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
@動画: オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第7回 「ベトナム戦争 運命の暗転」
@動画: オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第6回 「ジョン・F・ケネディ ~全面核戦争の瀬戸際~」/BS世界のドキュメンタリー
@動画: オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 第5回 「アイゼンハワーと核兵器」/BS世界のドキュメンタリー

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

96条先行改正 「異論ない」=改憲に賛意-米倉経団連会長 時事通信 5/13 ○米倉会長は、現行憲法制定から半世紀以上経過したこれまで、改正実績が一度もないことを指摘。「この辺で憲法自体を日本の将来との関わりで見直すことは必要だ」と強調した。経団連内部での過去の討議を踏まえ、「集団的自衛権が確保されるような改憲があってしかるべきだ」とも
社説:視点・壁高い住民投票=論説委員・人羅格 毎日新聞 5/13  ◇国民投票より身近では  実態はまるで余計者扱いではないか。自治体の政策課題で住民の意見を聞く住民投票にこのところ逆風が吹いている。 テーマ別の住民投票は通常、条例を定めて行われ、法的な拘束力はない。最近、注目されているのは東京都小平市だ。都道整備計画見直しの是非をめぐる投票を市民グループが請求、市議会で条例が可決され、26日に投票が行われる。 ところが、もともと投票実施に反対する市は「投票率50%未満なら投票は不成立」との要件を後出し的に追加した。投票率5割未満なら開票はされず、投票は封印される。
子どもの貧困 対策法 「元年」 にしよう 東京新聞 社説 5/13 ○「子どもの貧困対策法」を議員立法で成立させる動きが本格化している。子どもを貧困から救い、希望の未来を与えるために取り組む法律だ。貧困率を下げる目標値を掲げ、実効性ある内容にしたい。貧困率が急速に高まったのは非正規雇用が増え、子育て世代の所得が減ったからだ。日本の平均世帯の所得はこの十年で約百二十万円も下がった。特にひとり親世帯の半数は貧困で、貧困率はOECDの中で最も高い。母子世帯の母親の収入が激減していることが大きい。女性の方が非正規の仕事に就く割合が高いからだ。  ★最高法規(97条)は、『この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。』と高らかに謳っていて、個人に直接保障している!家だの、所帯だのは、前提にもなっていない。何故、所帯単位で括って、人権保障を切り下げるのか、理解できない。少なくとも、最高法規からは、導き出せない。恐らく、敗戦前を敢えて引き摺ろうとしているのか、人権保障、社会保障費を大幅に切り詰めたいかの、為政者側の了見から発したものであろう。遺憾だ。人権保障は、飽く迄も国家が、個人に直接保障するものであること、この際、再確認したい。
元裁判員の提訴 抜本的な制度見直しを 琉球新報 社説 5/13 ○裁判員を務めて急性ストレス障害になった福島県の60代女性が7日、国に慰謝料など200万円の損害賠償を求めて提訴した。 女性は、強盗殺人事件で死刑判決を言い渡した3月の福島地裁郡山支部の裁判員裁判で裁判員を務めた。裁判員制度を「意に反する苦役」として違憲性を主張。職業選択の自由や個人の尊重などの憲法理念にも反すると指摘している。  国は訴えに、真摯(しんし)に耳を傾けるべきだ。同時に法務省が現在進める裁判員制度の運用見直しや法改正作業も、訴状や国民の多様な意見を踏まえ、慎重を期してほしい。
普天間返還遅れ 長期継続使用は許されぬ 琉球新報 社説 5/13 ○日米両政府が4月に発表した嘉手納基地より南の基地返還・統合計画にほころびが出てきた。米海兵隊の施設整備部門責任者のケスラー少将が米上院に対し、普天間飛行場について「少なくとも10年から15年使用する」と証言した。 返還・統合計画は、普天間の返還時期について、9年後の「2022年度またはその後」と記したが、ケスラー証言は、最短でも返還は23年度以降となることを示したものだ。  ★文字通りの、いい加減な政府対応だ。
米議会調査局が県内移設を疑問視 沖縄タイムス 5/13 ○1日付でまとめた日米関係の報告書の中で、米軍普天間飛行場の移設問題について、米議会では県内移設を定めた現行計画の総費用や期間に関する懐疑的な見方が高まり、沖縄では反対がより強固になるなどと分析し、実現性を疑問視していることが11日までに分かった。また「日本が米国による安全保障の利益を得ている間、沖縄人は不相応な重荷に耐えている」などと踏み込んだ。
国保の府県化 激変の緩和欠かせない 京都新聞 社説 5/13 ○経営責任だけ都道府県に押しつけるのではなく、移管するならば地域の実情に合わせた医療政策の手を打てるようにすべきだ。 保険医療機関の指定・取り消し権限や、地域特性に応じた診療報酬を設定できるよう、国から権限移譲が必要との声は国民会議でも上がっている。 高齢者医療制度との整合性、保険料徴収態勢など、国保の改革に積み残された論点は多い。制度の移行過程で住民にしわ寄せが行かないよう、目配りが欠かせない。
安倍政権は財界番頭 原発・インフラ売り込み 歴訪に112社200人ゾロゾロ 赤旗 5/13
「慰安婦制度は必要だった」 維新・橋下代表 朝日新聞 5/13
米韓、空母参加し合同訓練 日本海で 東京新聞 5/13

TBS: 憲法96条改正、賛成25%・反対51% 5/13 ○安倍総理が意欲を示す憲法96条の改正について、憲法改正の発議要件を衆参両院の3分の2以上から2分の1以上に緩和することに賛成する人は25%にとどまることがJNNの世論調査でわかりました。 調査は11、12日に行いました。
NNN: シャリフ氏、首相返り咲きへ パキスタン 5/13 ○パキスタン国営テレビによると、シャリフ元首相率いる最大野党「イスラム教徒連盟シャリフ派」が120議席以上を獲得する見通しで、第1党の座を確実にした。クーデターが繰り返されてきたパキスタンで選挙による政権交代は初となる。 一方、ザルダリ大統領率いる与党は、経済の低迷や汚職疑惑などにより大幅に議席を減らす見通し。

ネット選挙、候補者広告に抜け道 無所属は不利? 東京新聞 5/12 ○禁止されたはずの候補者によるネット広告が事実上掲載できることが12日、分かった。政党支部の広告に候補者が支部長として名前や顔写真を掲載することが与野党の指針で容認されたからだ。政党候補者のみが使える“抜け道”で、無所属候補が不利になる恐れもある。  ★お手盛りは、お手の物!?
[女性手帳] ちょっと違うんじゃない 沖縄タイムス 社説 5/12 ○少子化に歯止めをかけるために何をなすべきか。政府が導入しようとしている方法は本質を外しているのではないか。違和感が拭えない。
「平和宣言で政府に異議を」 起草委、非核不賛同を批判/長崎 西日本新聞 5/12 ○8月9日の長崎市での平和祈念式典で田上富久市長が読み上げる平和宣言文を作成する起草委員会(委員長・田上市長)の第1回会合が11日、長崎原爆資料館であった。委員からは、憲法改正の機運が高まっていることを踏まえて憲法堅持の考えや、非核共同声明に日本が不賛同だったことへの批判、若者への継承などを意識した内容とする意見が相次いだ。
一人芝居で憲法改正問う お笑い芸人の松元ヒロさん 西日本新聞 5/12 ○社会を風刺する一人コントで全国を巡業する芸人松元ヒロさん(60)の公演が9日夜、唐津市高齢者ふれあい会館りふれホールであった。憲法改正をめぐる議論が活発化する中、松元さんは憲法を擬人化した芝居を通じて「憲法をどうしていくのか、一人一人が考えて」と訴えた。 松元さんは鹿児島市出身。1988年にコント集団「ザ・ニュースペーパー」の結成に加わり、98年に独立した。現在は関東を中心に月10回ほどの舞台をこなす。唐津市では2006年以来、7年ぶりの公演となった。
日本版NSC 安保会議との差は何か 信濃毎日新聞 社説 5/12 ○有識者会議が了承した法案骨子によると、首相を議長に、官房長官、外相、防衛相の4者による会合などを新設する。現在ある安全保障会議は存続させ、合わせてNSCとする考えが示された。両者の役割分担が不明確で、問題が多いと言わざるを得ない。  日本版NSCは、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈見直しとともに、安倍晋三首相が第1次内閣のときからこだわってきた安全保障上のテーマだ。2007年に関連法案が提出されたが、自身の退陣で廃案となった。
無人機攻撃 人道に反し許されない 信濃毎日新聞 社説 5/12 ○オバマ米政権によるパキスタンなどでの無人機攻撃に批判の声が高まっている。  誤爆などで多くの民間人を巻き添えにしているからだ。国際人道法に違反するとの指摘もあり、国連が調査に乗り出した。  オバマ大統領は「大半は正確」などとし、無人機を利用した攻撃を続けている。罪もない人々が犠牲になっている現実を重く受け止めなくてはならない。使用の自粛を強く求める。
首相歴史認識 世界で孤立招くだけだ 北海道新聞 社説 5/12 ○懸念されていた通りの事態になりつつある。  先の戦争でアジア諸国に与えた被害を矮小(わいしょう)化しようとする安倍晋三首相の歴史認識が、中国や韓国などの反発を招いている問題だ。  就任当初は安全運転を心がけ持論を封印していた。だが高い内閣支持率に油断してか強気の発言が目立ちだし、外交に悪影響を及ぼしている。  米国からもアジア情勢を不安定化させると指摘され、政府はあわてて軌道修正している。一時しのぎの対応で問題は収まらない。
東京・小平発 成立要件の投票率50%超 実現期待 東京新聞 5/12 ○クリエーターのいとうせいこうさんや、文化人類学者の中沢新一さん、小平市在住の哲学者國分功一郎さんが出席。市民ら三百五十人を前に、施策に住民の声が反映されない現状の問題を議論した。 都道計画の是非を問う今回の住民投票について小平市は、条例が議会でいったん可決した後、投票率50%の成立要件を追加した改正案を提出。改正案の可決に伴って投票率が50%未満の場合は不成立となり、開票されないことになった。 いとうさんは「後出しジャンケンができるなら何でも許されてしまう」と指摘。中沢さんは、改憲手続きを定めた憲法九六条を変えようとする動きにも触れ「市民からの要求のハードルを上げ、政権側の要求のハードルを下げようとすることが同時並行で行われている」と語った。
社民、退潮あらわ 東北6選挙区、擁立は福島のみ 河北新報 5/12 ◎脱原発の意地 東北での擁立は福島選挙区だけで、新人で党県連常任幹事の遠藤陽子氏(63)を立てる。小川右善福島県連代表は「看板政策の脱原発を広く訴えるには、原発事故の被災地で立てないわけにはいかない」と  ◎選出議員ゼロ  ◎党存亡懸ける
アイヌ民族党が候補擁立見送り 参院選 選挙資金確保が難航 北海道新聞 5/12 ○政治団体「アイヌ民族党」の萱野志朗代表(55)は11日、日高管内平取町二風谷で開かれた同党定期大会で、参院選比例代表への出馬を見送る意向を明らかにした。参院選比例代表に緑の党から立候補する考えを明らかにした島崎直美氏(54)は同日付でアイヌ民族党女性局長を辞任し離党…
集団的自衛権の容認を=民主・細野氏 時事通信 5/12 ○細野氏は「一緒に行動している米軍が攻撃を受けた場合、日本として当然やるべきことはやる。…」  ★一緒に行動している米軍??? 第二次大戦後、終始戦争し捲りしているのは、米軍だ。勿論、先制攻撃もあり、ミサイル攻撃もあり、だった。アフガン、イラク戦争に限らない、これにも、お追従するのか??? 反対だ。
【話題のニュース】 介護で離職の男性13% 背景に未婚増、女性27% 5/12 ○介護が必要な親と一緒に暮らす中高年のうち、男性の13・4%、女性では27・6%が仕事を辞めた経験があることが12日、公益財団法人・家計経済研究所の調査で分かった。同研究所の田中慶子研究員は「男性の介護離職は以前に比べ増えているのではないか」とみており、未婚者の増加や、頼れるきょうだいが身近にいない人が多いことが背景にあるようだ。
生活保護改悪 朝日訴訟学び阻止を 生存権裁判支援する会シンポ 赤旗 5/12 ○朝日訴訟では、重症の結核患者、朝日茂さんが低すぎる生活保護基準は憲法25条に違反するとして、その引き上げを求めて国を相手に提訴(1957年)、国民的運動となって保護基準の大幅引き上げを勝ち取りました。 「当初、無名の裁判だった」と元主任弁護士の新井章氏は振り返りました。「東京地裁で勝利し、国が控訴するなかで支援運動を強化し、世論を高めた。裁判の勝敗にかかわらず、運動を発展させたことが、実質的な勝利につながった」
「憲法守る契機に」 宮古で5・15平和行進出発 琉球新報 5/12 ○政府による4・28「主権回復の日」式典開催や憲法改正の動きがある中、沖縄の本土復帰の意義をあらためて問う「5・15平和行進」(平和運動センター宮古島主催)が11日、宮古島市で始まった。航空自衛隊宮古島分屯基地前では「下地島空港の軍事利用反対」などとシュプレヒコールを上げた。
高市氏 「村山談話の文言変更検討を」 NHK 5/12 ○村山談話の「侵略」などの文言の変更を検討すべきだという考え  ★無意味になるのでは。歴史修正主義とやら、世に言われる類の企て!? 安倍コベ一派らしい物言い。忠実なしもべ。
安倍政権の歴史認識、歴代と違う 東京裁判めぐり高市氏 東京新聞 5/12 ○過去の戦争に関し「国策を誤り」とした村山富市首相談話について「当時、資源封鎖され、抵抗せずに日本が植民地となる道を選ぶのがベストだったのか」と指摘した。  ★資源封鎖前の、事前の対応は、どうだったのか?帝国主義ぶりは???後手はダメだよ。
橋下氏 自民の憲法観は危険 NHK 5/12 ○橋下氏は「自民党との憲法観の違いはしっかり出さないといけない。自民党は政治家の立場で憲法を論じているが、僕自身は、今の立場を辞めて一市民になったときに、公権力はどうあるべきかという視点で考えていきたい。党全体のコンセンサスになるかどうかわからないが、しっかり議論して最後はまとめたい」と述べ、自民党との憲法観の違いを明確にするため、今後党内での議論を急ぐ考えを示しました。  ★安倍コベ氏と組むつもりではなかったか??? 方便?
安倍首相、ブルーインパルス乗り込み上機嫌 読売新聞 5/12

グアンタナモ施設でハンスト拡大 米大統領、閉鎖に決意 東京新聞 5/12 ○グアンタナモ米海軍基地(キューバ)のテロ容疑者収容施設で、ハンガーストライキが拡大、深刻化してきた。オバマ大統領は、頓挫した収容施設の閉鎖に再び取り組む決意を表明。政権2期目の重要課題に急浮上した。 超法規的な身柄拘束で国際社会の批判を浴びる同施設には、今も166人が収容されている。  ★超法規的な身柄拘束??? 要するに、違法な身柄拘束、拉致監禁でしょ。人権侵害をしてはならぬは、現代国家の常識! 超大国がやるところに、超異常、違法がある。これと同列になりたいか???

最大野党、第1党へ=シャリフ元首相が勝利宣言-パキスタン総選挙 時事通信 5/12 ○中道右派の最大野党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)が少なくとも118議席を獲得したと報じた。PML-Nが第1党に躍進するのは確実とみられ、党首のシャリフ元首相(63)は勝利宣言した。 シャリフ氏は11日深夜(日本時間12日未明)、東部ラホールで支持者を前に「わが党は最大の政党になる」と勝利宣言。開票開始から数時間という異例の早さだった。選管の公式発表はまだないが、地元メディアはPML-Nの圧倒的優勢を伝えており、シャリフ氏の3回目の首相就任が現実味を帯びている。 シャリフ氏は勝利宣言で、あくまで単独過半数を目指す考えを示した上で、「国の危機脱却のため全政党に対話を求める」と述べ、過半数に届かない場合、自党を核とする連立政権樹立を模索する方針も示唆した。
TBS: パキスタン総選挙、開票進む 5/12 ○パキスタンの総選挙が11日に行われ、開票作業が進められています。シャリフ元首相率いる政党の優勢が伝えられる中、クーデターによらない初の政権交代となるかが注目されます。 パキスタンの総選挙では、投票時間が延長されるほど大勢の有権者が詰めかけました。日本時間の12日午前にも大勢が判明する見通しです。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     晩春 初夏  ? 

 誕生日の花 ドイツアヤメ 花言葉虹の使者 すばらしい出会い    {/晴れ/}  {/くも/}

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: