FC2 Blog Ranking
2013-06-16

6/16: 週のはじめに考える 「改憲」 より 「日本再建」 緊急の課題は、人口問題 さも!7千万人台に!? 我らどうする?したい?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・顔にアザの75歳男性の遺体発見 長男を逮捕  17時57分
 ・W杯開催まで1年…不安定な社会情勢に市民ら反発  17時55分
 ・都議選ラストサンデー 競合区では“演説合戦”も  17時45分
 ・痴漢呼びかけるサイト書き込みか 税務署職員聴取  17時42分
 ・安倍総理が東欧4カ国首脳と会談へ 原発売り込みも  17時40分
 ・イラン大統領選、保守穏健派ロウハニ氏が当選  1時49分
 ・トルコ 反政府デモ隊、公園の占拠続行へ  15日(土)21時16分
 ・大飯原発、新基準への適合確認で現地調査  15日(土)18時36分
 ・米国務次官補代理「尖閣めぐる方針変わりなし」  15日(土)22時7分
 ・イラン大統領選、穏健派ロウハニ候補が独走  15日(土)19時49分

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
6月16日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 「島しょ奪還訓練」への違和感  (百山 )
イシャジャの呟き: 父の日  誕生日の花 ウツボグサ 花言葉 協調性
 今日のトピックス Blog6/15: 日本は決して中世ではない。…最も進んだ国のひとつだ。笑うな!なぜ笑う!黙れ! 日本のザマナイを遺憾なく発揮!?  ★日本の主権者たるもの、日本を客観化、相対化して観ないと、解は、でない!? 私は、この失笑を買った、この場面が、少なくとも、我が国の人権状況だと思う。こんな、安倍コベ一派が、人権宣言に手をつけようなんて、日本国憲法を破棄し、新憲法(後戻り、復古、中世へ?)憲法制定など、宣うこと自体、許せない。主権者への騙しだから。しかも、周辺国と敵対して、迄も。憲法たるものは、改正・制定して、安定的なものになるものでなければ。日本国憲法のように。

●「九条の会」メールマガジン >> 号外 ( 2013年5月19日号)を発信しました
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「『国防軍』をつくる」の愚かさ 半田滋さん(東京新聞論説兼編集委員)
今週の一言: 戦争を知る世代からの意見広告- 「日本国憲法を改悪する人に私の一票は預けません」にご参加下さい 関千枝子さん(ジャーナリスト)
<憲法をめぐる動向>・2013年6月10日付   注目!被団協が9条守る決議 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年6月6日付   警戒!取調べ録画の提供に検察が異議 その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年6月3日)
 <東京>  ○マガ9学校 NEW
【日 時】6月30日(日)15時~18時(開場:14時半)
【内 容】講演「参院選前に考える! 立憲主義と民主主義 -主権者って何する人?」伊藤真(法学館憲法研究所所長・伊藤塾塾長)など
【会 場】カタログハウス本社 地下2階セミナーホール 【参加費】2000円(学生1500円)/中学生以下無料 ペア割引(2人で3000円)  【その他】定員制(150名)
【主 催】マガジン9   詳細・参加申し込みは→http://www.magazine9.jp/gakko/028/

日赤、原子力災害時に救護指針 「累積被曝1ミリまで」 朝日新聞 6/16 ○日本赤十字社が、原子力災害時の医療救護の活動指針を作った。住民の立ち入りが制限される警戒区域内には入らず、累積被曝(ひばく)線量が1ミリシーベルトを超えない範囲で活動すると決めた。1ミリは一般住民の平常時の年間限度。これに対し、被曝医療の専門家から「被災者への救護、対応が十分にできない」と見直しを求める声が出ている。  日赤は法律により、災害時の被災者の救護が業務の一つと定められている。医師1人、看護師3人、運転手1人、事務職員1人が1組の救護班を全国に500組以上、組織している。  東日本大震災では延べ900組の救護班が被災地に入ったが、当初、原子力災害への備えがなく、東京電力福島第一原発事故直後の福島県内では、救護班がいない「空白期間」が生じた。その反省から、原子力災害の活動指針を作ったという。救護班は線量計や安定ヨウ素剤を携行し、累積被曝線量が1ミリシーベルトを超える恐れがあれば、安全な地域に退避するとした。
政府、再除染認めない方針に 自治体に非公式伝達 朝日新聞 6/16 ○福島第一原発事故後の除染について、政府が自治体に対し、今年度の計画達成は難しいことや、作業しても放射線量が下がらない場所の再除染を認めない考えを非公式に伝えていたことが分かった。「除染を加速させる」という公式見解と矛盾しており、明確な説明がないまま政策転換に動き出した。 政府は被曝(ひばく)線量を年1ミリシーベルト以下にする目標を掲げ、今年度までに1・5兆円を投入。福島県の11市町村の避難区域内を年度内に終える計画を公表し、安倍晋三首相も3月に「除染と復興の加速化」を表明した。一方、廃棄物の保管場所が確保できず、5市町では今も除染に着手していない。他も飯舘村で住宅除染の進捗(しんちょく)率が3月時点で1%など大幅に遅れている。
エネルギー白書―しっかり色付きですね 朝日新聞 社説 6/16 ○政府が閣議決定した12年度のエネルギー白書から、民主党政権が「原発ゼロ」目標を打ち出していた事実が省かれた。  土台となった昨夏の「国民的議論」で、脱原発への支持が多かったことにも触れていない。環境白書でも、前年度版にはあった原発利用のリスクに関する記述が姿を消した。  どれも原発回帰を狙う安倍政権には不都合なデータだ。客観性を旨とする行政報告が、露骨な政治色で彩られている。  ★安倍コベは、偏頗、露骨!? が心情か。日本国憲法も人権もあったものではない。ご存知の通り。
安倍政権の原発政策 逆戻りは許されない 毎日新聞 社説 6/16 ○原発政策が、「3・11」前に逆戻りし始めたのではないか。安倍政権の姿勢に、そんな懸念を持たざるを得ない。 経済政策「アベノミクス」の第三の矢として閣議決定した成長戦略に、原発再稼働への決意と原発輸出への強い意欲が盛り込まれた。それを先取りするように、安倍晋三首相は原発輸出の「トップセールス」にまい進している。 東京電力福島第1原発の過酷事故を踏まえて自民党は、昨年末の総選挙で「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立」を公約に掲げたはずだ。なし崩しの方向転換は、とうてい認められない。 ◇首相主導の輸出を懸念

1~3歳の 「内部被ばく検査」 8月にも開始 福島民友 6/15
原発新基準は7月上旬施行へ 規制委、前倒し 東京新聞 6/15
大飯原発、運転継続の公算 規制委 「決定的不足ない」 東京新聞 6/15 ○規制委は新基準に照らして安全上重大な問題がなければ、7月の新基準施行後も運転継続を容認する方針を示しており、3、4号機は次の定期検査に入る9月まで運転が継続される公算が高まった。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 日本共産党御中・参院選ポスターの作り方について ・ブログ連歌(320)
SIMANTO114の田舎暮らし: 台風一過
市民社会フォーラム: [京都脱原発訴訟:0013] 大飯原発差止訴訟--原告団・世話人会からの報告(9) ○ともかく、原告が足りません!皆さん、原告になるには5000円かかりますが、どうかご参加よろしくお願いいたします。
 参加については、http://d.hatena.ne.jp/kyotodatsugenpatsubengodan/ を見てください。
OurPlanetTV: •議員が緊急会合「復興庁の組織問題」〜復興庁ツイッター問題
天木直人のブログ: サミットでオバマ大統領に首脳会談を断られた安倍首相 ○日本にとって日米首脳会談ほど重要な会談はない。他国の首脳との会談を優先するのはオバマ大統領であって、日本は首脳会談を頼み込んだに違いない。頼み込んだのに断られたのだ。もっとお笑いなのはその後に続く次のようなくだりだ。 「・・・正式な首脳会談を見送る代わりに、サミット会場内の移動時などに短時間対話する方向で最終調整している・・・」
村野瀬玲奈の秘書課広報室: 日本国民や労働者は日本国や経営者の所有物であるという感覚

ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

NHK: 熱中症で100人以上搬送 1人死亡 6/16 ○16日、各地で厳しい暑さとなった西日本や東海を中心に、これまでに少なくとも107人が熱中症の疑いで病院に運ばれました。愛知県で93歳の男性が農作業中に倒れて亡くなったほか、熊本市では、農業用のハウスで作業していたとみられる93歳の男性が意識不明の重体になっています。
NHK: 静岡県知事選 現職の川勝平太氏が当確 6/16 ○今回の選挙戦で川勝氏は、4年間の実績を強調したうえで、南海トラフを震源とする巨大地震や津波に備え内陸部の開発を進めることや、安全性が確認されないかぎり中部電力浜岡原子力発電所を再稼働させない考えを示すとともに、医療・健康産業を中心とした産業振興などを訴えました。川勝氏は今回、政党の推薦や支持は受けませんでしたが、前回の選挙で推薦を受けた民主党の議員や連合、地元の経済界などの支援を受け、民主党の支持層やいわゆる無党派層に加えて、自民党の支持層などからも幅広く支持を集め、2回目の当選を確実にしました。
関西電力:社宅コスト転嫁 幽霊物件なぜ売らぬ 草ぼうぼう、住民怒り 毎日新聞 6/16 ○電気料金の値上げ申請を巡り、社宅や寮の空き室の維持コストを電気料金に転嫁するずさんな実態が明らかになった関西電力(大阪市)。空き室の多さが目立つほか、利用を廃止した遊休物件も売却せず塩漬け状態で、地元住民の批判が集まっている。
関西電力:社宅空き室維持費 電気料金に 毎日新聞 6/16 ○関西電力(大阪市)が昨年、電気料金値上げを国に申請した際、社宅と寮の空き室計約2700室分の維持コスト(年約11億円)を電気料金算定の原価に含めるよう求めていたことが、経済産業省関係者への取材で分かった。しかし、同省は全体の入居率が約6割しかないことに着目し、入居率9割未満の物件のコストは減額して原価に計上(減額査定)した。値上げ申請時、高額な役員報酬などが問題視されたが、有効活用されていない社宅や寮のコストを電気料金を通じて消費者に転嫁する実態が明らかになったのは初めて。  ★ふてェー態度に、ふてェー了見!! 誠に遺憾。
憲法改憲NO!・長崎集会 長崎新聞 6/16
沖縄戦体験 「心身に症状」 県内の症例報告 沖縄タイムス 6/16
「戦争は最大の暴力」 福岡大空襲体験の詩人・門田さんが講演 西日本新聞 6/16 ○福岡女性団体交流会(7団体)の主催で、約160人が参加した。門田さんは79年に方言詩集「巡礼」で福岡市文学賞奨励賞を受賞。この日は、中央区鳥飼に住んでいた10歳の時に遭った空襲と、その経験を元にした詩を朗読した。 「ひもじい不自由を耐え忍び 何も悪いことをしなかったのに なぜ戦争をしているのか なぜ空襲を受けるのか 子供のわたしには解(わか)らなかった」 火の粉が舞う街を逃げ回ったつらい記憶をそう表現。「国と国の争いに被害者も加害者もない。大人はみな殺人者になる可能性がある。戦争は最大の暴力で、正義のための戦争はあり得ない」と強く訴えた。


なだいなださん 死去5日前 最後の講演 東京新聞 6/16 ○「常識とは何か、深く考えた人はいますか」。なださんは一日、日仏会館(東京都渋谷区)に、ピンクのワイシャツにグレーのベストを着て現れ、こだわり続けた「常識」をテーマに、医師らを前に約一時間講演した。 アインシュタイン、カント、孔子らの考えを紹介しながら、常識について論考しつつ、やさしい言葉でまとめる。「中国、韓国でもジョウシキで通じる常識は一つの哲学。『そう極端なことはやりなさんな、常識的にやりなさい。常識があればみんな平和を求めます』。これは説得力のある言葉だと思う」 加藤さんは「少し疲れた感じだったが、ずっとニコニコして講演を楽しんでいた」。なださんと三十年近く付き合ったが、声を荒らげるところを一度も見たことがないという。「いつも柔らかく、温かで、ユーモアがあった」と振り返る。しかし、権力に対しては厳しかった。ホームページ(HP)「なだいなだのサロン」のコラムでは、庶民の目線でアベノミクスを痛烈に批判。「一番もうけたのが相場師や投機家で、損をしたのが、これから円安のつけを、諸物価値上げの形で、払わせられる日本の庶民」(五月二十八日)。講演の中でも大挙して靖国神社に参拝する国会議員について「国家神道に苦しめられた時代を知っている人は少なくなった」と痛烈に批判した。 老人党から派生した団体「護憲+(ぷらす)」の世話人笹井明子さん(67)は「なださんは強制に対して反発し、自由から秩序は生まれると考えていた」と話す。この「秩序」はなださんが言うところの「常識」に重なる。
卓上四季: なだいなださん ▼<わが禁酒破れ衣となりにけり/さしてもらおうついでもらおう><世の中は色と酒とが敵なり/どうぞ敵にめぐりあいたい>。1首目は衣を繕う「つぎさし」と酒の「ついだりさしたり」をかけている▼いずれも江戸期の狂歌師蜀山人(しょくさんじん)の作。「こういう人がぼくの患者でなくてよかった」と神に感謝する一方、こんなふうに自分をしゃれのめす人は現代に生まれても依存にはなるまい、と思い直したそう▼この医師は、作家なだいなださん。「江戸狂歌」(岩波書店)で明かしていた。戦後社会のゆがみを鋭く突いた作家と狂歌の取り合わせは意外に思える。が、笑いを禁じられた時代に少年期を過ごしたなださんは、江戸の笑いに<生真面目さが売り物ではない日本>を見ていた▼同書で<ファシズムは、アイデンティティーを見失ったイタリア人にローマ人を見せ、ナチズムは、ドイツ人にゲルマン民族という幻影を見せた>と分析。<紀元節復活の動きを見ると50年前につれもどされるような錯覚さえ起こす>と憂えた
警察不祥事―なぜ 「順法」 を通せない 朝日新聞 社説 6/16 ○耳を疑うような警察の不祥事がまたも相次いで発覚した。市民の信頼がないと成り立たない警察なのに、いつになったら自らを正せるのだろうか。  大阪府で昨年起きた公務執行妨害事件では、警察署の留置場で暴れた男を保護室に移す手続きに関し、警部補がまったく事実と異なる調書を作った。  不正に気づいた刑事課員はこともあろうに、新たに虚偽調書を作って警部補がかかわった事実をもみ消した。留置場にいた2人の警察官も、裁判所で二つ目の虚偽調書に合わせて証言した。内部で発覚し、結審していた裁判はやり直しが決まった。  同じ署では、拳銃や覚醒剤とともに見つかった証拠品の注射器を紛失したと思い込んだ警部補が別の注射器を調達してごまかしていた。大阪府警はどちらのケースについても違法行為の疑いで捜査に動いている。  全国の警察が昨年1年間に懲戒処分にしたのは458人で、8年ぶりに400人を超えた。不祥事が日常化していることにはため息が出るが、より深刻なのはそこに見え隠れする警察官たちの順法意識の低さだ。   ★法の支配を、心底、学ばない、学ぶ機会がないからではないか。法の支配とは、日本国憲法を最高法規とし、下位の法律に順次、細目、具体化を委任する法体系のことである。勿論、憲法の価値観の中には、人権の不可侵の永久の権利、公務員の憲法尊重・順守義務がある。ところが、警察等、階級社会では、上命下達、或いは、階級の上下関係のみが、幅を利かす…かのような組織風土が出来上がってはしないか。強く、危惧される。人権のため、民主主義社会の正常化のために。
週のはじめに考える 「改憲」 より 「日本再建」 東京新聞 社説 6/16 ◆空気のように無関心で 「国民が憲法に関心を持つのが良いとは限らない。むしろ空気のように無関心でいられるほうが良い憲法だ。日本のように経済的にうまくいっている国、国際社会で急速な進歩を遂げている国では国民は憲法にあまり関心をもたず、憲法から遠ざかる」 ◆「子ども」がいなくなる レーベンシュタイン氏の「空気のように無関心でいられるほうが良い憲法」論も、同様に憲法のありようを示唆しています。いま緊急の課題として国民的に議論すべきテーマは憲法九六条ではなく日本国の“岩盤”ともいうべき「人口」問題ではないでしょうか。
米ハッキング 国際社会に説明が必要だ 琉球新報 社説 6/16
米国の情報収集 テロ防止の監視どこまで 西日本新聞 社説 6/16
米個人情報収集 監視社会に歯止め必要 山陽新聞 社説 6/16
米の情報収集/危うい監視活動の拡大 神戸新聞 社説 6/16

米海兵隊:演習場外着弾で抗議の中、訓練再開 北海道 毎日新聞 6/15 ○陸上自衛隊矢臼別演習場(北海道別海、厚岸、浜中町の3町)で在沖縄米海兵隊の砲弾が演習場外に着弾した問題で、米海兵隊は15日午後、4日ぶりに実弾射撃訓練を再開した。米海兵隊は地元の理解を得て再開するとしていたが、地元自治体や北海道が抗議文を手渡す中で強行し、反発の声が上がった。
防衛相 島防衛に水陸両用部隊を NHK 6/15
検察、石川元議員の聴取中止 「自前」 録音の求め拒否 共同通信 6/15 ○陸山会事件で事実と違う捜査報告書が作成された問題を再捜査中の最高検が、石川知裕元衆院議員(39)=一、二審で有罪、上告中=の参考人聴取を試みたが、石川氏が持参した機器での録音を希望したため、情報漏れの恐れを理由に中止していたことが15日、石川氏への取材で分かった。  ★真実確保の、持参したICレコーダーでの録音を拒むとは、検察は、真実を拒否するのか。
フェイスブックに1万件提供要請 米機関、テロ対策で昨年後半に 東京新聞 6/15 ○米国家安全保障局(NSA)がテロ対策で個人情報を広範に収集してきた問題で、交流サイト大手のフェイスブックは14日、同社が昨年後半に米政府機関などから9千~1万件の情報提供要請を受けていたことを明らかにした。 NSAなどによる情報収集の具体的な規模を、大手IT企業が明らかにしたのは初めてとみられる。 フェイスブックによると、提供要請があったのは1万8千~1万9千のアカウントに関わる情報。情報提供の要請元には連邦政府機関のほか、州政府などの地方自治体も含まれる。一般的な犯罪捜査に関する要請もあれば、国家安全保障に関わる要請もあったという。
租税回避地の秘密ファイル公開へ 報道機関ICIJ 朝日新聞 6/15 ○英領バージン諸島やケイマン諸島など租税回避地(タックスヘイブン)にある企業やファンドの秘密ファイルを独自に入手して分析を進めていた非営利の報道機関「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ、米ワシントン)は、ファイルの一部をデータベース化し、15日午前(米国時間14日夜)、インターネットのICIJのホームページを通じて公開する。ICIJは「脱税や資金洗浄など不正の温床の元となっている秘密のベールを取り払うため」と公益目的での公開だと説明している。
筆洗 あのソ連においてすら、市民の基本的な権利や自由は、憲法で… 東京新聞 6/15 ▼一九七七年制定の憲法の三九条には明記されていた。<ソ連邦の市民は…政治的および個人的な権利と自由のすべてを享有する>。立派なものだ。では、数々の弾圧は違憲だったのか▼そうではない。同じ三九条で<市民による権利と自由の行使は、社会と国家の利益を損なうものであってはならない>と制限されていたのだ。要するに、当局が「社会と国家のためにならぬ」と判断すれば、人権など、どうとでもできる仕組みだった▼だから、九三年制定のロシア連邦憲法では<権利の行使は、他者の権利と自由を侵害してはならない>と簡潔に記すにとどめた。肥大する国家権力の恐ろしさを知ってのことだ(岩波文庫『世界憲法集』)
混合診療 医療費の膨張を招く 毎日新聞 社説 6/15 ○政府は医療の保険外併用療養を拡大することを盛り込んだ規制改革の実施計画を閣議決定した。専門評価機関を創設し今秋をめどに抗がん剤から拡大を検討するという。「踏み込み不足」との批判もあるが、それは的はずれだ。患者の安全のためにも、医療費を膨張させないためにも、混合診療解禁につながりかねない道へ踏み込んではならない。
骨太の方針決定 曖昧な数字を並べても 東京新聞 社説 6/15 ○政府は経済財政運営の指針となる「骨太の方針」と成長戦略を閣議決定した。これでアベノミクスの当面の経済政策が出そろったが、改革の先送りや絵空事ばかりが目立つのはどういうことか。 フランスにはリスト・ド・マリアージュという習慣がある。結婚予定のカップルが欲しい品々をリストアップし、友人や親族が手分けして贈るのである。伝播(でんぱ)した米英ではウィッシュリストという。 安倍政権がまとめた成長戦略「日本再興戦略」は百五十ページ近くに及び、歴代政権が幾度となく出してきた経済対策と本質的には同じだ。ご丁寧に巻末の中短期工程表には予算の概算要求項目まで並んでいる。 大胆な金融緩和、機動的な財政出動に続く第三の矢である成長戦略は「民間投資を喚起する」といっていたはずだ。しかし、実態は従来と変わらず官僚による官僚のための小粒で総花的な事業群で成り立っている。
ツイッター暴言 復興庁の信頼を失った 琉球新報 社説 6/15 ○東日本大震災の復興行政の信頼は地に落ちた。復興庁の水野靖久参事官が短文投稿サイトのツイッターで暴言を繰り返し、事実上更迭された。この幹部の資質にとどまらず、組織として被災地復興に真剣に向き合ってきたのかという疑問を抱かざるを得ない。  ★安倍コベが、行く!?
公務員給与削減 国の一方的強制は問題だ 琉球新報 社説 6/15 ○国が求める地方公務員の給与削減問題が大詰めを迎え、県内自治体は対応に苦慮している。さまざまな観点から疑問がわく。国による一方的な強制は、やはり問題だと言わざるを得ない。 問題の第一は、地方交付税を取引材料に使っている点だ。  地方交付税の役割は三つある。最低限必要な行政サービスをどの地方にも確保する「財源保障機能」、経済力の低い地方に手厚く配分して地域間再分配を図る「財源調整機能」、国と地方の「財源配分機能」だ。その際、分配の公正性が何より求められる。国による恣意(しい)的な配分は厳に戒められているはずだ。  今回、給与削減をさせるために国は地方交付税を減額した。国の政策目的達成の手段として地方交付税を使ったことになる。「恣意的配分」そのものではないか。  手法も問題だ。今回は国による一方的措置で、全国知事会など地方の言い分に一切、耳を貸さなかった。「国と地方は対等」といううたい文句は、どこへ行ったのか。
グアム移転 予算凍結を継続 基地返還に影響確実 琉球新報 6/15 ○米上院軍事委員会は13日、2014会計年度(13年10月~14年9月)の大枠を定める国防権限法案を可決した。在沖米海兵隊のグアム移転事業関連予算の扱いについて、同委員会のレビン委員長(民主党)は、日本政府が米側に拠出した資金の執行凍結の継続を明言した。移転事業の完了は当初14年度めどとされていたが、予算凍結が続き、先行きはさらに不透明となっている。日米両政府がことし4月に発表した嘉手納より南の基地の返還・統合計画にも影響は避けられない。

NNN: 日本の人権大使、国連の会合で「黙れ!」 6/15 ○国連の会合で日本の大使が「黙れ!」などと声を荒らげる様子がインターネット上に公開され、非難の声が上がっている。 「笑うな。どうして笑っているんだ?黙れ!黙れ!」-アフリカの委員が日本の司法制度について「自白に頼りすぎているのは中世のようだ」と批判したことに対し、上田秀明人権人道担当大使が「日本は最も進んだ国の一つだ」と反論すると、一部から笑いが起きた。このため、上田大使は「黙れ!」などと声を荒らげたという。  ★国連の拷問禁止委員会での、安倍コベ政権の人権大使として、遺憾なく、その存在感=反人権、中世の名残り!?を示されまたした。お代を払う価値のある人物だったか。日本政府として。
TBS: 国連で「黙れ!」 日本の人権大使が“失礼発言”  6/14 ○国連の拷問禁止委員会では先月22日、日本の慰安婦問題や警察での取り調べなど、日本の人権状況について審査が行われました。この審査を傍聴していた日本の弁護士のブログによると、会議の終了間際、モーリシャスの委員が「日本は自白に頼りすぎ。中世の名残りではないか」と指摘したところ、日本の代表として出席していた上田人権人道担当大使が次のように答えました。 上田秀明人権人道担当大使)「日本は決して中世ではない。この分野(司法)では最も進んだ国のひとつだ。笑うな!なぜ笑う!黙れ、黙れ!」 部屋が静まりかえる中、上田大使は改めて「日本はこの分野では最も進んだ国のひとつ」と述べ、「誇りに思う」と続けました。  ★慰安婦問題に、一家言のある、安倍コベ政権にふさわしい、大使で、且つその発言、失礼、失言であった。言わば、“被告”の身で、「Shut up(黙れ)」を宣おうとは、呆れる。分際知らず。安倍コベ政権の評価を固めたに過ぎないにしても。ブレーキが効かなすぎる。上田秀明人権人道担当大使!? 人権に背く者…
 上田秀明 - Wikipedia ○その後はポーランドやオーストラリアで特命全権大使を務めていたが、第1次安倍内閣が拉致問題や慰安婦問題に関する日本の国際的立場を高めるべく、人権人道担当大使のポスト(2005年に設置された人権担当大使の後継ポスト)を設置すると、国際社会協力部長時代に人権分野を扱っていた経緯もあって、2008年(平成20年)4月付で人権人道担当大使に任命されることになった。★起用、大成功!?  
暴言ツイート 復興行政に広げた不信 毎日新聞 社説 6/14 ○信頼を根底から揺るがしかねない。東日本大震災の復興行政を担う復興庁の幹部職員が個人のツイッターで中傷や懸案の先送りを歓迎するかのような内容など、不適切なツイートを匿名で繰り返していた。 根本匠復興相は国会で陳謝、同庁は幹部を福島の被災者支援担当から外したが、広げた傷口は大きい。復興行政をめぐっては基金の流用も問題になっている。安倍内閣は襟をただして信頼回復を図るべきだ。  ★安倍コベ政権は、人材の宝庫!?  或いは、枯渇!? あっちでも、こっちでも、その資質、分際を、示してくれている。日本のためになるのか! 安倍コベ氏の代弁にはなっても。
[米政府秘密調査] 個人情報を侵害するな 沖縄タイムス 社説 6/14 ○米国は自由と平等を掲げ、基本的人権に最も敏感な国の一つだ。主に米国外の人を対象にした秘密調査の発覚は、世界中に波紋を広げている。 今やテロ行為を未然に防ぐためには、プライバシーを侵害しても構わないという過剰な防衛意識の現れだ。米国の人権意識の後退に危機感を禁じ得ない。 秘密裏の情報収集を暴露したのは、元米中央情報局(CIA)職員の男性技術者だ。「政府がプライバシーやインターネットの自由を破壊するのは許せなかった」とメディアを通じた告発の理由を語っている。
高知県内高校生74%が “反原発” 教員調査 高知新聞 6/14 ○高知県内高校生の約7割は“反原発派”―。こんな結果が、高校教員グループが手掛けたアンケートで出た。自由記述でも「すぐにゼロにはできないが、目標を決めて廃止してほしい」「地震大国の日本では、何をしても100%安全とは言えない」など、原子力発電からの脱却を求める声が目立った。
オスプレイが沖縄で夜間飛行 防衛相、米側に照会へ 東京新聞 6/14 ○昨年9月の日米合意では、午後10時から午前6時までの夜間飛行は、在日米軍の任務に必要な最小限度に制限されると定めている。  ★失笑する程の値打ちしかない、取り決め!?
取り調べ可視化、骨抜きの恐れ 幅広い例外認める素案 朝日新聞 6/15 ○刑事司法改革の最大のテーマである取り調べの録音・録画(可視化)について、適用範囲を著しく狭める可能性の高い素案が14日、公表された。「捜査に著しい支障が生じるおそれがあるとき」は除外するなど、現在の試行範囲から大幅に後退している。議論している法制審議会(法相の諮問機関)の部会メンバーからは、厳しい批判が相次いだ。  ★法務省、“検事”の皆さんが、お作りになったものか… らしい、ご都合優先の素案!? 主権者の目や傍目を、歯牙にもかけないのか!? 日常業務。
原発輸出で2兆円 安倍政権 大企業のための 「成長戦略」 福島事故の究明、収束もないまま… 赤旗 6/14

ロシア外相 シリア化学兵器使用の米主張に疑問 NHK 6/16 ○ロシアのラブロフ外相は、シリアでアサド政権が化学兵器を使用したとするアメリカ政府の主張に重ねて疑問を示すとともに、シリアで飛行禁止空域を設定することに反対する考えを示しました。
エジプトがシリアと断交 飛行禁止空域を支持 東京新聞 6/16 ○エジプトのモルシ大統領は15日、カイロで行った演説で「シリアとの関係を全面的に断絶することを決めた」と断交を発表した。エジプトは既にシリアのアサド大統領退陣を要求し、両国は互いに大使を引き揚げているが、今後は大使館を閉鎖する。 エジプトでは大規模な反政府デモが計画されており、シリアに強硬姿勢を示すことで内政批判をそらす思惑があるとの見方も出ている。
シリアへの米武器供与批判 潘事務総長 「解決にならぬ」 朝日新聞 6/15 ○国連の潘基文(パンギムン)事務総長は14日記者会見し、米政府がシリア反体制派への武器供与を決めたことについて「(アサド政権、反体制派)いずれにも武器を供与することは(事態解決に)役立たないだろう」と述べ、米政府への反対の立場を明らかにした。
シリア反体制派軍事支援、ロシアが米批判  6/15 ○今回、アメリカがシリア反体制派側への軍事支援を決定したことについて、ロシアは批判をしました。 ロシア外務省のルカシェビッチ情報局長は14日、「深刻な懸念を抱かざるを得ない。不法に武装しているグループにさらに武器を提供するという決定は、紛争をエスカレートさせ、民間人への暴力の状況を悪化させる」と述べ、アメリカを強くけん制しました。
米、シリア反体制派に武器供与へ 政権のサリン使用認定 朝日新聞 6/14 ○米政府は13日、シリアのアサド政権が猛毒のサリンを含む化学兵器を使用した、と発表した。死者は推計で100~150人にのぼるとしている。AP通信はマケイン上院議員(共和党)や複数の米政府高官の話として、オバマ大統領がシリア反体制派への武器供与に踏み切ることを決めたと報じた。  内戦で9万人以上の死者が出たシリアでは、武力で勝るアサド政権が攻勢を強め、最近は反体制派の劣勢が伝えられていた。米政府の武器供与で、反体制派が勢いを盛り返し、戦闘が激化するおそれもある。

EU 米の情報収集で詳しい説明求める NHK 6/15 ○アメリカの情報機関が秘密裏に大手通信会社などから個人情報を収集している問題で、EU=ヨーロッパ連合は、近く、アメリカの専門家との会合を開き、ヨーロッパの人々のプライバシーが侵害されていないかどうか詳しい説明を求めていくことになりました。  ★然り!
FBに1万件要請 米情報収集MSにも7000件 東京新聞 6/15
東京都議選:「経済成長」 縁遠く 高齢化の街歩いた 毎日新聞 6/15  ◇65歳以上27.5%の多摩ニュータウン永山地区

NHK: イラン大統領選 ロウハニ氏勝利 6/16 ○核開発問題などで欧米と対立するイランの大統領選挙は、改革派の支持を受け欧米との関係改善などを訴えたロウハニ氏が過半数の票を獲得して、保守強硬派の候補に対し地滑り的な勝利を収めました。

NHK: トルコ 警官隊が突入しデモ隊を排除 6/16 ○反政府デモが続くトルコでは、エルドアン首相がデモ隊の強制排除を警告したおよそ2時間後に、警官隊が抗議行動の拠点となっていたイスタンブール中心部の公園に突入してデモ隊を排除しました。警官隊は公園から逃げたデモ隊を放水車を使って追いかけ、これに対しデモ隊も警官隊に向け花火を発射するなど一時、激しい衝突となりました。 一方、首都アンカラでもイスタンブールでの突入の情報が入ると、中心部で集まっていた若者たちが一斉に抗議の声をあげ、発煙筒をたくなどして騒然とした雰囲気になっています。
トルコ、反政府デモ隊が撤収拒否 公園占拠継続 東京新聞 6/15 ○エルドアン首相が態度を硬化させることは確実。反政府デモが全国に拡大してから2週間以上が経過する中、警官隊によるデモ隊の全面的な強制排除の懸念が高まっている。 タクシム団結は今後の方針についてデモ参加者らの意見集約を進めていた。
TBS: トルコ首相、再開発工事見合わせを発表  6/14 ○エルドアン首相は14日、公園の再開発計画に反対する主要なデモ隊「タクシム団結」と会談しました。会談後、与党のスポークスマンは再開発計画の工事を裁判所の判断が出るまで見合わせる発表し、デモ隊も会談の内容を評価しました。また、ムトゥル・イスタンブール県知事も14日、デモ隊との直接対話に乗り出し、自主的に公園から退去するよう説得しました。 公園は14日も数千人のデモ隊に占拠されていて、周辺には警官隊が配備され、にらみをきかせるなど、緊張した局面が続いています。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: