FC2 Blog Ranking
2013-07-28

7/28: 神奈川県教委も教科書選び介入 東京都教委も6月に 『強制』は行き過ぎ??? ならば、これ以上は止めよ 特定の意思が強すぎる!

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・山口・島根で記録的豪雨、最大級の警戒を  12時5分
 ・島根・津和野町でも豪雨、自衛隊に災害派遣要請  18時12分
 ・大飯原発の断層、規制委が3回目の現地調査  18時12分
 ・山口・島根“経験ない大雨”、気象庁「命守る行動を」  16時22分
 ・千葉・流山のマンションで倒れ重体の女児が死亡  16時22分
 ・塗装会社の倉庫で火事 従業員の男性ら2人死亡  7時30分
 ・朝鮮戦争休戦60年 北朝鮮で“戦勝”記念行事  7時30分
 ・オバマ大統領「韓国の勝利は明らか」北朝鮮を牽制  7時30分
 ・モルシ前大統領派と治安部隊が衝突 60人以上死亡  7時30分
 ・規制委と専門家の調査団 大飯原発3回目の調査  7時30分

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
7月28日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: てるてるぼうず 誕生日の花 コマクサ 花言葉 高嶺の花
 今日のトピックス Blog7/27: 東電社長、汚染水流出 「公表3日前に認識」 国難の原因究明 抜本対策に 直接の利害関係者は害悪!?が判る一事

●「九条の会」メールマガジン >> 第168号 ( 2013年7月10日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●「九条の会」メールマガジン >> 第167号 ( 2013年6月25日号)を発信しました
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 参議院選挙の投票前に、まず『日本国憲法』を読んでください!  髙岡岑郷さん(九条の会東京連絡会)
今週の一言: 国防軍を創設して戦争をする国に変えるのか、歴史的分かれ道に立っている  板井優さん(弁護士・熊本中央法律事務所長)
<憲法をめぐる動向>・2013年7月15日付   警戒!理由なき解雇が横行している その他
<憲法をめぐる動向>・2013年7月11日付   警戒!防衛白書、憲法解釈変更へ土台固め その他
<憲法をめぐる動向>・2013年7月8日付   注目!東京新聞、参院選に際し「憲法を問う」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年7月4日付   警戒!婚外子差別を放置するな その他
憲法情報Now<イベント情報> 当面の情報(更新日2013年7月15日)

トリチウムも高濃度=2号機海側トレンチ-福島第1 時事通信 7/28 ○福島第1原発2号機タービン建屋海側のトレンチ(ケーブルなどの配管用トンネル)で採取した水から高濃度のセシウムなどが検出された問題で、東電は28日、同じ26日に採取した水からトリチウムが1リットル当たり870万ベクレル検出されたと発表した。法定基準に比べ145倍の濃度で、高濃度汚染水がたまっていることが改めて確認された。
地下水放出 「反対」 8割 東電バイパス計画 本社県民意識調査 福島民報 7/28 ○東京電力福島第一原発の汚染水対策として原子炉建屋流入前の地下水を海洋放出する東電の地下水バイパス計画について、「反対」との回答が8割を占めた。東電の計画に強い抵抗感を抱く県民の意識が浮かび上がった。  地下水の海洋放出計画についての回答は【グラフ】の通り。
【福島第一原発の現状】  東電、汚染水流出認める 3号機の湯気 周辺高い放射線量 東京新聞 7/27 ○敷地内では、五月下旬から、2号機取水口周辺の汚染監視用の井戸で、相次いで汚染が確認された。東電は二年前に海に漏れた高濃度汚染水の残りが、地下水の影響で井戸に出てきた可能性が高いと説明してきた。しかし、潮位や降雨と地下水位の関係を調べたところ、潮の満ち引きに応じて地下水位が変動したり、雨が降ると3号機取水口前の海水の放射能濃度が上がったりすることを確認した。 3号機原子炉建屋五階で湯気が発生した場所の周辺では、最大毎時二一七〇ミリシーベルトと非常に高い放射線量が計測された。東電は湯気の原因を、雨水が熱を持った格納容器のふたに触れて蒸発したとみているが、今週も断続的に湯気が発生。格納容器内の水蒸気も漏れた可能性が高いという。
規制委、9月までの結論困難 大飯原発の断層調査 東京新聞 7/28
 ○規制委は、新基準との適合性を評価して9月まで運転継続を認めたが、断層は評価の対象外。関電は定検後の再稼働を目指し安全審査を申請しているが、規制委は断層調査の一定の見解がまとまるまで審査を進めない方針のため、開始が遅れる可能性が出てきた。
志賀原発周辺に断層多数 科学者会議など4団体調査 赤旗 7/28 ○日本科学者会議石川支部、原発問題住民運動石川県連絡センターなど4団体は26、27の両日、北陸電力志賀原子力発電所(志賀町)周辺の海岸部の測量調査を実施しました。新潟大学名誉教授(地質学)の立石雅昭氏の指導のもと、海岸地形の状況を明らかにし、原発周辺の断層の活動性を分析しました。


福島第1原発:漏えい源 23億ベクレルの放射性セシウム 毎日新聞 7/27 ○福島第1原発の敷地内から海へ放射性物質を含む地下水が流出している問題で、東京電力は27日、汚染水の漏えい源とみられる敷地海側のトレンチ(地下の配管用トンネル)にたまっている水から、1リットル当たり23億5000万ベクレルの高濃度で放射性セシウムを検出したと発表した。 同原発2号機で原発事故直後の2011年4月に、取水口付近などで高濃度汚染水が漏れ、その際1リットル当たり36億ベクレルの放射性セシウムが検出されている。トレンチには、その際の汚染水が滞留しており、海への漏えい源の疑いがあるため、東電が調査した。… 放射性セシウムの内訳は、放射性物質の量が半分になる「半減期」が約2年のセシウム134が1リットル当たり7億5000万ベクレル、約30年のセシウム137が同16億ベクレルだった。またストロンチウムなどが出す放射線の一種のベータ線測定から算出した放射性物質は、同7億5000万ベクレルだった。
相馬沖、試験操業中断の可能性 いわき沖は先送り論 福島民友 7/27 ○試験操業の可否は、いわき地区のいわき市漁協と小名浜機船底曳網漁協、相馬双葉漁協がそれぞれ判断、8月下旬に開く次回の組合長会議で正式に決める。  会議には県内6漁協の代表に加え、東電の新妻常正常務らが出席。相馬双葉漁協の佐藤弘行組合長は汚染水の海洋流出について「東電と国が流出防止対策に最大限の力を発揮しなければ試験操業はあり得ない」と東電と国に強く要求した。
東電の汚染水対応 「その場しのぎ」 改革監視委が提言 福島民友 7/27 ○東京電力内外の有識者でつくる東電の改革監視委員会は26日、同社の原子力安全改革プランの監視結果を取りまとめ、福島第1原発で判明した汚染水の海洋流出について「根本的な解決につながる包括的な計画」を立地地域や国と連携しつつ策定することを提言した。  答申書によると、監視委は同社の原発をめぐる事故やトラブルの対応について「一層の努力を行う必要がある」と批判。福島第1原発の汚染水をめぐる対応を「その場しのぎ」として、社内の情報共有や危機対応、情報開示の姿勢について社外専門家に意見を求めることを提言した。
田中氏の汚染水放出発言で県漁連が反発 福島民友 7/27 ○組合長側から「汚染水を薄めても、海に流すことは簡単には認められない」と反発する声が上がった。
目の検診、東電社員4割受けず 福島第一原発で作業 朝日新聞 7/27 ○東京電力福島第一原発で事故後に働いた作業員のうち、被曝(ひばく)による健康被害を見つけるため国が定めた年1回の目の検診を受けていない人が、東電社員だけでも約4割の247人にのぼることがわかった。下請け企業を含めると相当数に膨らむ可能性がある。厚生労働省は人数の把握を急いでおり、近く公表する方針 厚労省は2011年10月、事故後に緊急作業をした約2万人について健康管理の指針を決めた。被曝量が50ミリシーベルトを超えたら特殊な器具による目の検診、100ミリを超えたらがん検診をそれぞれ年1回受ける必要がある。
除染危険手当どこへ 未払い認めず 「解決金」 東京新聞 7/27 ○作業員らは、未払い分の危険手当や残業代など計約千六百二十万円を電興に請求。そのうち危険手当計約千三百八十万円については、電興が当初、上位の会社から危険手当分を受け取っていないと回答したため、上位会社に支払う責任があるとして、元請け代表会社の鹿島(東京都港区)など三社にも請求したという。交渉の結果、電興は「解決金」として、請求とほぼ同額の計約千六百万円を作業員らに支払ったが、危険手当の未払いは認めなかった。作業員らは「納得いく形ではないが、これ以上長びいても…」(六十歳の男性)と和解に応じた。 別の男性(57)は「除染現場では、最低賃金と危険手当を支払ったとするつじつま合わせの書類を雇用時に提示して、実質一万円前後しか払わない状況が横行している。国の払う手当は、作業員に直接払うようにすべきだ」と話した。
湯気 格納容器から漏出 福島第一3号機 上部損傷?注入窒素も外へ 東京新聞 7/27
 ○東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋五階から発生する湯気は、雨水の蒸発だけではなく、格納容器内の水蒸気が外部に漏れたものである可能性が高いことが分かった。 格納容器には、爆発の危険がある水素を内部から追い出すため、窒素が継続的に注入されている。東電が窒素の注入量と回収量を調べたところ、回収量の方が一時間当たり三立方メートル少ないことが分かった。 事故発生当初、格納容器内は長時間、高温高圧にさらされ、容器上部のふた周辺部が損傷している可能性がある。 窒素注入による勢いに押され、格納容器内にこもる水蒸気が容器外に漏れている可能性が高いという。
“再稼働反対 すごい熱意” 官邸前行動 15%が初参加 赤旗 7/27

東電社長、汚染水流出 「公表3日前に認識」 日経新聞 7/26 ○東電は26日、国内外の有識者による第三者委員会「原子力改革監視委員会」の第4回会合を開催した。3月末に作った原子力改革プランの進捗状況を報告し、汚染水問題に対するリスク管理の甘さや対策不足を認めた。これに対し、委員らは海への汚染水漏れの可能性を示すデータがあるのに、22日まで公表しなかった東電の姿勢を厳しく批判した。 改革監視委の委員長を務める米原子力規制委員会(NRC)のデール・クライン元委員長は記者会見で「対応のまずさにいらだちを覚える。国民に情報を伝達する能力がないかのようだ」と強調し、抜本的な意識改革を求めた。 そもそも東電が最初に海側の井戸から放射性物質を検出したのは5月下旬。その後、地下水や海洋の放射性物質濃度が上昇し続けたのに、危機意識は薄かった。 広瀬社長は「最終的な判断のよりどころとなるデータにこだわりすぎた。この1カ月の間に発表できる機会はあった」と釈明した。  ★福島原発事故当時も、これと同等か、これ以下だったのでしょう!? 恐らく。イラ菅と好対照だった… 東電並びに、原発推進勢力は、イラ菅批判を忘れなかったが。  危険・被害は、拡大している状況下なのに。漫然と、保身に走る!『最終的な判断のよりどころとなるデータにこだわりすぎた』…逃げ、責任回避に走る、東電とその役員、並びに社員が共有する、社風・企業風土、企業文化!?では。東電話法も、その一つ…。規制の虜、亦同じ。逃げも、支配に通じるとは! 見上げた!?、呆けた企業文化。これを助ける政官業もある!?…安倍コベ文化
第1原発6号機の冷却2時間停止 非常用発電試験の直後 福島民友 7/26 ○東電は「(停止による)冷却水の温度の上昇は1度程度で、原子炉の安全に問題はない」としているが、原子炉の冷却をめぐっては、福島第1原発3号機で今年3、4月に相次いで電源トラブルで停止する事故があったばかりで、東電の安全管理の不備が改まらない状況だ。
盛岡市、除染基準を厳格化 多数の施設超過か 岩手日報 7/26 ○盛岡市は空間の放射線量の除染基準を引き下げ、従来の「日常の生活空間毎時0・23マイクロシーベルト以下」、「雨どいの下など局所的に高い空間同1マイクロシーベルト以下」をいずれも「毎時0・19マイクロシーベルト以下」とした。県内市町村では最も厳しく、全国でもトップ級の厳しさ。大幅引き下げとなる局所的空間では基準超えが相次ぎ、今後多数の施設を除染することになる。
モデル事業 受注のゼネコン 除染本契約 競争なく 東京新聞 7/26 ○福島第一原発事故に伴う国直轄の除染事業で、先行の除染モデル事業を受注したゼネコンが、後にほぼ競争がないまま本格的な除染事業を受注する契約が相次いでいる。本紙の調査では、既に発注された八市町村分の事業のうち六市町村がこうしたケースだった。予定価格に対する落札額の割合(落札率)も95%以上と高止まりしている。
海汚染 再度拡大の恐れ 福島第一 複雑なトンネル構造 東京新聞 7/26 ○問題のトレンチは、海水をくみ上げ原発の熱を海に逃がす海水ポンプに送電するケーブルや、海水をタービン建屋に引き込む配管を収めるために設けられた。重要な施設だが、二〇一一年四、五月に高濃度汚染水が海に漏れた。それから二年余。再びリスクの主役になってきた。 何より問題なのは、建屋の地下だけで七万五千トンにのぼる高濃度汚染水がトレンチに流れ込んでいることだ。トレンチはもともと水をためる施設ではなく、トレンチ同士の継ぎ目などから汚染水が漏れ出す恐れがある。 建屋とトレンチの継ぎ目も弱点で、止水されているとはいえ、どうしても構造的に弱い。大震災の影響などですき間ができ、建屋から直接漏れ出している可能性が高い。 地中に漏れ出した汚染水は、トレンチ下部に敷かれた砕石の層を通って拡散。石のすき間が水の通り道となっているとされる。 さらに、最近のデータでは、潮の満ち引きにつられ、海近くの地下水位が変動していることも判明。コンクリート製の護岸であっても、汚染水がどこかから抜け、海に漏れる可能性を示している。 ☆図示: トレンチ・複雑なトンネル構造
<官邸前・金曜日の声> いつかは届くんだ 東京新聞 7/27 ○脱原発を訴える官邸前行動が続いています。参院選後最初の金曜日の26日夕も、大勢の人が原発の再稼働や輸出をやめるよう政府に求めました。本紙は、参加者の発言を「金曜日の声」として記録していきます。
 <横浜市の会社員 釘宮愛子さん(34)> 同じ考えの人が集まれるってうれしい。国会前のデモに参加するまでは、1人で声を上げても届かない、しょうがないって思っていた。でも今は、いつかは声は届くんだって思えるようになった。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: マイペース酪農と地球の大きさ(6)観光地と廃墟と ・ブログ連歌(324)
植草一秀の『知られざる真実』: 『アベノリスク』7つの地雷が炸裂する地獄の黙示録
孫崎享チャンネル: 民主党に将来はない。終わった政党だ。
市民社会フォーラム: 2013.07.21 『ハナ~奇跡の46日間~』崔孝行さんトーク開催しました!
市民社会フォーラム: 安倍政権が臨時国会に「秘密保全法案」の提出を検討 
植草一秀の『知られざる真実』: 政治の課題は民意と国会議席配分の「ねじれ」解消

ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・辺野古の海 重要性訴え 海洋学者・ミュージックさん 琉球新報 7/5政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

生活保護基準 前例ない引き下げ ノー「食費1日600円 さらに減額」 全国会議が集会 赤旗 7/28  ○安倍政権による8月からの生活保護基準引き下げ(3年で最大10%)を目前に、法律家や市民などでつくる生活保護問題対策全国会議は27日、東京都内で設立6周年記念集会を開きました。約170人が参加。その問題点を学び、基準引き下げなどの改悪にどう立ち向かうのか、活発に議論を行いました。
岩国でオスプレイ反対集会 「全土に危険が広がる」 東京新聞 7/28 ○沖縄県の米軍普天間飛行場への配備計画が進む新型輸送機MV22オスプレイ12機が搬入される山口県岩国市で28日、配備撤回と搬入への反対を訴える集会が開かれ、参加者は「全土に危険が広がる」と訴えた。防衛省によると、機体は民間輸送船で30日に岩国基地に到着し、8月上旬にも普天間に移動する計画だ。
神奈川県教委も教科書選び介入 実教出版使用、再考迫る 朝日新聞 7/28 ○神奈川県教育委員会が、実教出版(東京)の日本史教科書の使用を希望した県立高校に対し、「一部記述が県教委の方針と相いれない」と再考を促していたことが分かった。高校教科書は各校が選び、都道府県教委が採択する仕組みで、各校の選定に介入するのは異例だが、東京都教委も6月、同じ記述をめぐって「使用は適切ではない」との見解を示している。  神奈川県教委によると、24日の校長会の後、実教出版の「高校日本史A」「高校日本史B」を希望する28校の校長を残して再考を促した。国旗掲揚・国歌斉唱に関して「一部の自治体で強制の動きがある」とした記述について、「学習指導要領に基づくもので『強制』は行き過ぎている」と説明。「公開の教育委員会議で不採択になる可能性もあり、学校名が公になって混乱を招く」とも話したという。   ★仮に、混乱が起こるとしたら、それは、県教委が、その介入によって、招いたことになる!?
消費増税、臨時国会前に首相判断 菅官房長官 東京新聞 7/28 ○橋本政権で1997年、5%に引き上げた際の景気失速に触れ「当初税収は増えたが、後は下がった。なぜそうなったか、対策があればそうならなかったのかを検証している」として、下支え策検討に前向きの姿勢を示した。
週のはじめに考える サイバー監視国家の逸脱 東京新聞 社説 7/28
 ◆人権派大統領の沈黙  米政府からスパイ容疑で訴追されているスノーデンCIA元職員が暴露し続けるのは、国家安全保障局(NSA)から委託を受けた民間情報コンサルティング会社の社員として勤務していた際に傍受した機密情報です。 いまや周知となった「PRISM」はじめ種々の極秘プログラムの監視対象とされていたのは、米市民の通信から欧州の国際会議、中国の大学、さらには日本を含む西欧友好諸国の在米大使館までが含まれていました。ネット交信から電話、あらゆる通信情報を傍受できるといいます。 監視に当たってはグーグルやフェイスブックなど米大手IT企業が、法に基づきデータ提供に協力しています。
 ◆監視阻止二つの試み  元職員が勤務していたブーズ・アレン・ハミルトン社のように、歴代幹部にNSA、CIA元幹部の名が連なる民間機関が深く関与している現状も明らかになりました。アフガニスタンやイラクで見られた戦争の民営化を思わせる官民協力体制が平時でも常態化していることを窺(うかが)わせています。 「現体制は明らかに不正だ。是非は公の場で問われなければならない」。元職員の動機をめぐっては、発覚以来英雄か国家反逆者か、米国内で激しい議論を巻き起こしています。テロ再発への不安から、当初監視に寛容だった米国世論も、事態の長期化とともに批判色を強めています。
防衛大綱中間報告 「環境」 変化で何でもありか 赤旗 主張 7/28
国防軍も改憲もダメ 青年ら平和の思い次々発言 新宿・デモ 赤旗 7/28 ○集会では、青年らが平和への思いを次々発言。兄が航空自衛隊員だという会社員(24)は「今日の午後、吉良佳子さんのツイッターを見て、この集まりを知り家を飛び出してきた。憲法9条がなくなれば、兄が人を殺したり、殺されたりする。その可能性だけでつらい。デモや集会などいったこともないが、声をあげたい」と語り、参加者の拍手に包まれました。
新防衛大綱中間報告 憲法、専守防衛を捨てるな 琉球新報 社説 7/28 ○憲法を軽んじ安全保障政策を軍拡に導いて、この国をどうするつもりか。疑問だらけの指針だ。 政府が年内の策定を目指す新防衛計画大綱の方向性が鮮明になった。
「枯れ葉剤」 報道 「星条旗」 紙で1位 沖縄タイムス 7/28 ○米軍準機関紙「星条旗新聞」は26日、米軍嘉手納基地跡の沖縄市サッカー場からみつかったドラム缶の付着物と付近の水たまりから、オレンジ剤(枯れ葉剤)の構成要素が検出されたと報じた。 同記事は、その日に最も読まれた記事のランキングで1位、最もメールされたランキング6位となり、米軍関係者らの関心の高さを示した。
【アジア外交】 対中チャンネルの強化を 高知新聞 社説 7/28


【話題のニュース】  隅田川花火が中止 開始30分で雷雨 ○気象庁によると、東京都内は27日、大気の状態が非常に不安定だった。
秘密保全法案、臨時国会に提出へ 「知る権利」 制約も 東京新聞 7/27 ○同盟国の米国と情報共有を図るには秘密保全の強化が必要と判断した。ただ秘密保全法制については国民の「知る権利」や報道機関による取材の自由が制約されるとの指摘があり、秘密の範囲や罰則に関する議論も進んでいない。与党内調整が難航する可能性もある。
今こそ身近に憲法を レゲエ・萌えキャラ…発信いろいろ 朝日新聞 7/27 ○レゲエ、萌(も)えキャラ、紙芝居――。憲法をテーマに、意外な方法で発信している人たちがいる。改憲をめざす動きもあるなか、特に若い世代が今こそ身近なものとして憲法を考えてほしい。共通するのは、そんな思いだ。  《子どもが戦争に送られる そんな未来が見たいのかい 表現の自由がなくなるよ 言いたいことが言えなくなるよ》
フィリピンで元慰安婦らがデモ 安倍首相訪問に合わせ 朝日新聞 7/27 ○14歳で従事させられたというジアリノさん(84)は、おぼつかない足取りで歩きながら「この老女たちに正義を」と訴えた。ビラマさん(83)は、日本側に軍の直接関与を認めない立場や「強制ではなかった」との見解があることを批判し、「私たちは性奴隷の生きた証人。私たちは強制された。これは犯罪です」と泣きながら話した。   ★さも!
敵基地攻撃能力 緊張高めず慎重議論を 毎日新聞 社説 7/27
大綱見直し 専守防衛逸脱せぬよう 東京新聞 社説 7/27 ○新しい防衛大綱を年内に決めるための中間報告が発表された。日本周辺の安全保障環境の変化に応じて防衛計画を見直すのは当然だが、憲法に定められた専守防衛からの逸脱があってはならない。
TPP交渉入り あまりに異質な協定だ 琉球新報 社説 7/27 ○知れば知るほど交渉の在り方に疑問が湧く。日本が初参加したマレーシアでの環太平洋連携協定(TPP)交渉会合が終わった。 協定の特徴は徹底した秘密主義にある。交渉入りするまでどんな分野が対象になるか分からず、各国が何を主張しているかも分からない。今後も、何が自由化されるのか、協定締結まで内容は国民に一切知らされない。あまりに異質な協定だ。  国の根幹にかかわることを、政府にすべて白紙委任したつもりはない。主権者に何も知らさずに国の大原則が決まるのは封建的すぎる。民主主義的ではないこんな交渉からは今すぐ撤退すべきだ。
法廷内映像制限 報道制限 根拠なし 「開かれた司法」 に逆行 琉球新報 7/27 <解説> 琉球朝日放送のドキュメンタリー作品映画版での法廷内映像使用について、裁判所が「目的外」使用として不使用を求めていた。しかし、人権侵害や裁判が円滑に進まなくなる恐れなど、合理的な根拠は何も存在しない。にもかかわらず使用を制限しようとする裁判所の姿勢は「報道の自由」を侵害しかねない重大な問題をはらんでいる。
東京の 「君が代」 裁判 処分取り消し新たに25人30件、確定 原告団・弁護団が会見 赤旗 7/27  ○卒業・入学式で「君が代」斉唱時に不起立だったことなどを理由に処分された都立学校教職員が都を訴えた裁判で、新たに25人、30件の処分取り消しが確定したことが明らかになりました。
日本が比に巡視船供与を表明 首脳会談で中国けん制 東京新聞 7/27

NHK: 6人射殺 米でまた銃の悲劇
NHK: エジプト65人死亡 衝突激化懸念 7/28 ○エジプトでは今月上旬の事実上のクーデターのあと、大統領職を解任されたモルシ氏の支持者が各地で抗議デモを続けるなか、27日未明、首都カイロでデモ隊と治安部隊が激しく衝突しました。保健省によりますと、この衝突でモルシ氏の支持者ら65人が死亡し、事実上のクーデターが発生して以降、最悪の事態になりました。
エジプトの衝突、死者75人に 対立決定的に 東京新聞 7/27 ○エジプトの首都カイロ郊外ナセルシティーで27日未明、軍のクーデターに反対して座り込みを続けるモルシ前大統領支持派と治安部隊の大規模な衝突があり、中東通信によると、75人が死亡した。モルシ派の病院当局者が明らかにした。 今月3日のクーデターでモルシ氏を追放した軍の全面的な支援を受ける暫定政権と、イスラム組織ムスリム同胞団などモルシ派の対立は決定的となり、エジプトの混乱は長期化しそうだ。 モルシ派は治安部隊が実弾を発砲したと主張。ただ、治安当局筋は中東通信に、使用したのは催涙弾だけだとしており、情報は錯綜している。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

         てるてるぼうず

 誕生日の花 コマクサ 花言葉 高嶺の花       {/くも/}       梅雨...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: