FC2 Blog Ranking
2013-08-14

8/14: 日中友好条約35年 国交正常化の知恵に学べ 長年の友誼・近隣関係も有り 平和的解決を探るべき 安倍コベ氏らは兎も角

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・流星群を観察中 父親の車にひかれ中3長男死亡  16時49分
 ・「足立区のルールだ」と中学生“恐喝” 少年ら逮捕  17時43分
 ・原発事故対応「問題なし」菅元総理が刑事責任否定  18時34分
 ・路上脇の植え込みで75歳男性死亡 埼玉・所沢市  17時52分
 ・戦車やブルドーザーで…デモ隊を強制排除 カイロ  18時31分   ★終に、蛮行に及ぶ!?のか
 ・61歳男性死亡、強盗殺人か 愛知・岡崎市  5時35分
 ・焼けた車から行方不明女性の遺体 高松市  5時37分
 ・不明の女性を遺体で発見 秋田・仙北市の土石流  5時42分
 ・6人乗った車横転し高校生死亡 岐阜・関市  5時43分
 ・大砂嵐関がエジプトに凱旋 角界初のアフリカ出身  5時45分

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
8月14日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: NHKスペシャル「従軍作家たちの戦争~陸軍のメディア戦略」   (笹井明子) ○ 放送日:8月14日(水) 放送時間:午後10時00分~10時49分
イシャジャの呟き: 十四日  誕生日の花 ホオズキ 花言葉 自然美
 今日のトピックス Blog8/13: 非正規労働者、過去最多を更新 政府は、問題山積放置! 不正でない為の最低条件=同一労働同一待遇、機会均等

●「九条の会」メールマガジン >> 第170号 ( 2013年8月10日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●「九条の会」メールマガジン >> 第167号 ( 2013年6月25日号)を発信しました
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: アベノミクスの虚構や歴史認識への疑問、そして原発輸出への不安  庄司捷彦さん(弁護士)
今週の一言: 「日本を戦争する国にさせない」ために  米村直三さん(美術家平和会議事務局長)
<憲法をめぐる動向>・2013年8月1日付   警戒!麻生副総理、ナチス引き合い改憲主張 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年7月29日付   警戒!「鮮度落ちる」理由に雇い止め? その他
<憲法をめぐる動向>・2013年7月22日付   注目!宮崎駿監督らがウェブで改憲反対意見 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年7月18日付   注目!参院選、「悪くなる程度をより少なく」 その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年7月29日)
 <東京> ○2013年第59回日本母親大会in東京 NEW

【日 時】8月24日(土)全体会 午後0時半~5時    8月25日(日)分科会 午前10時~午後3時
【会 場】全体会 幕張メッセ・イベントホール(千葉県)
     分科会:日比谷公会堂、ニッショウホール、アルカディア市ヶ谷(私学会館)、プラザエフ(主婦会館)
【全体会の内容】
     全体会記念講演「憲法のいきづく国に -私たちに求められているものは」伊藤真氏(法学館憲法研究所所長・伊藤塾塾長)
     朗読劇:劇団前進座 「死んでもブレストを」
【主 催】第59回日本母親大会実行委員会 (03-3230-1836)

規制委、福島第1廃炉安全策認可 汚染水流出の監視も強化 東京新聞 8/14 ○原子力規制委員会は14日、定例会合を開き、改正原子炉等規制法に基づき「特定原子力施設」に指定した東京電力福島第1原発に関し、廃炉作業の安全対策をまとめた東電の実施計画を認可した。今後は同法に基づき必要な対策を東電に命令することができる。 田中俊一委員長は、第1原発に対する検査体制を強化するよう事務局の原子力規制庁に指示した。放射性物質を含む汚染水の海への流出の監視も強める。 実施計画は、1~4号機の使用済み燃料プールや1~3号機からの燃料取り出しに向けた作業や安全対策が盛り込まれている。  ★5、6号機は、お忘れですか??? きちんと整理・清算しよう!
東京電力、賠償応じず 県内自治体の税収減 福島民友 8/14 ○東電は住民避難や観光客減による税収減について、そもそも課税の対象となる法人活動などが行われていないため「(自治体には)課税徴収権は発生しない」などとして賠償に応じない姿勢を明確にしていることが13日、関係者への取材で分かった。市町村は税収減について「原発事故の影響は明らか」として賠償を求めており、賠償指針を検討する原子力損害賠償紛争審査会は今後、見直しも視野に入れて議論する方針。
福島第一 熱中症対策に早朝作業 酷暑も敵 東京新聞 8/14 ○海への地下水漏えい対策が待ったなしの東京電力福島第一原発では、お盆休み返上で遮水壁の工事や地下水の移送、汚染水をためるタンク増設作業が進む。作業員の最大の敵は猛暑。被ばくだけでなく、熱中症の危険にもさらされる過酷な現場で作業に追われている。 「夜中に起きるのは、体が慣れるまできつかった」。タンク設置作業をする作業員が打ち明ける。七、八月は、熱中症対策で午後二~五時の作業が原則禁止となり、多くの作業は未明や早朝に始まる。このため、午前一時半に起床する。初めのころは早く眠ることができず、睡眠不足がこたえた。 午後の暑い時間帯を避けても、午前中の早い段階で気温は三〇度を超える。作業現場では、地面に敷いた鉄板やタンクの照り返しもきつく、暑さが増す。 顔全体を覆う全面マスクや防護服は、さらに作業員を苦しめる。どちらも通気性はほとんどなく、全身はバケツで水をかぶったように汗だくになる。作業中はマスクを外せないため、汗が目に染みても拭うことすらできず、マスク内に大量にたまる。作業によっては、防護服の上に雨がっぱや溶接用の防燃服を着る人も。「まさに灼熱(しゃくねつ)地獄。福島第一はもともと海が近く湿度が高いが、今年は特に厳しい」
住宅の除染 進捗率まだ30% NHK 8/14 ○原発事故を受けて、福島を除く東北や関東のそれぞれの市町村が行った除染で作業が終わった住宅は、全体のおよそ30%にとどまっていることが環境省のまとめで分かりました。 このため各自治体は、住宅の除染を本格的に始めていて除染が予定されている14万972戸の住宅のうち、業者に発注が済んだのは9万639戸と、前回、3か月前の調査に比べて1.8倍余り増えました。しかし、作業が終わったのは4万2789戸と、除染が予定されている住宅全体のおよそ30%にとどまっているということです。環境省は「住宅の除染は発注が大幅に増えていることから、今後、本格化するとみられ、市町村と連携して迅速に進むように努めたい」としています。
来月15日、稼働原発ゼロに 関電が大飯4号機の定検申請 東京新聞 8/14 ○関西電力は14日、国内で唯一稼働中の大飯原発3、4号機(福井県おおい町)のうち、4号機が9月15日に定期検査に入るとする申請書を原子力規制委員会に提出した。関電は、3号機が9月2日に定検入りするとの申請を既に済ませており、4号機の定検入りで、国内の稼働原発は約1年2カ月ぶりにゼロとなる。 関電によると、3、4号機の定検期間は未定という。
ANN: 原発事故対応「問題なし」菅元総理が刑事責任否定 8/14
菅元首相、原発事故刑事責任ない 告訴・告発で検察に文書提出 東京新聞 8/14 ○東電福島第1原発事故をめぐり、業務上過失傷害容疑などで福島県の住民らから告発された菅元首相が「事故直後の対応に問題はなかった」と自身の刑事責任を否定する文書を14日、弁護士を通じて検察当局に提出した。 菅元首相は東日本大震災が起きた翌日に福島原発の視察を強行したとして批判を浴びた。関係者によると、提出した書面では、当時の対応を時系列で詳細に説明し、原子炉格納容器の圧力を下げるベントについては「視察前に東電側の要請を受けて了承しており、対応に問題はなかった」と主張したという。検察は、勝俣前東電会長ら東電関係者も含む約40人について不起訴処分にする見通し。  ★福島県の住民らから告発? さて、誰でしょう? 東電関係、原発推進派、参院選目当て、… 住民参加、履き違えているような気がします。 素も疎も、原発事故の原因・因果の列の究明さえ、ない侭なのに、何で、関係者を、刑事告発できるのか?
原子力機構改革 これでは 「居直り」 だ 毎日新聞 社説 8/14 ○高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)を運用する日本原子力研究開発機構の改革案を、文部科学省がまとめた。もんじゅで昨年秋に発覚した約1万個の点検漏れを受け、同省は「血を入れ替える抜本改革」を図ったというが、組織の一部スリム化を中心とした、小手先の改革にとどまっている。本来なら、今後のエネルギー政策の中で、核燃料サイクルをどう位置づけるのかを議論した上で、もんじゅ廃止も含めた改革を進めるのが筋だ。これでは、もんじゅの存続を前提とした「居直り」の改革案と言わざるを得ない。 機構は年間予算約1800億円、職員約3900人の巨大組織だ。


貯水槽40センチ浮く 福島第一原発、地下水の浮力か 朝日新聞 8/13 ○東京電力は13日、福島第一原発で4月に汚染水が漏れた地下貯水槽が最大40センチ浮き上がったと発表した。周囲を流れる地下水によって浮力が生じたことが原因とみられる。汚染水は地上タンクに移送され、貯水槽は空だった。東電は、新たな汚染水の漏れはないと説明している。
川内原発、対策所の併用 「複雑」 原子力規制委指摘 東京新聞 7/13 ○九電は川内1、2号機(鹿児島県)に新設する緊急時対策所と耐震性が不十分な既存の対策所を併用するとしたが、規制委は「運用が複雑になる側面がある」と指摘。あらためて詳しい説明をするよう求めた。

福島第1原発:汚染水流出 福島、隣県漁業者の怒りと苦悩 毎日新聞 8/13 ○東京電力福島第1原発でくみ上げが始まった放射性汚染水の問題が、福島県や隣県の漁業者をさいなむ。東日本大震災と原発事故から2年5カ月余り。ずっと操業再開に傾注してきただけに、今ごろになって東電が海への流出を認めたことに「風評被害が助長される」「努力が水の泡。痛恨の極みだ」と激しい怒りが噴き出す。いつになれば心置きなく出漁できるのか−−。
データベース登録、大幅に遅れ 原発作業員の健康管理 日経新聞 8/13 ○東京電力福島第1原発事故の緊急作業をした作業員の健康を長期的に管理するため、厚生労働省が作成している被曝(ひばく)線量やがん検診などの結果のデータベースへの登録作業が大幅に遅れていることが、13日までの厚労省への取材で分かった。 検診の結果を報告すべき事業者が提出したデータに誤りが多く、報告自体がはかどっていないのが原因。  ★常日頃が、このザマだから、一旦事故った場合には、安全衛生・労務管理は、尚更に、後回し!?に。 安全神話、怠惰、横柄、未だまだ生きている!
水位 1.25メートル上昇 建屋の地盤改良工事で 福島民報 8/13 ○東電は対策として、集水升(しゅうすいます)による地下水の抜き取りを9日から始めている。12日午後4時までに83トンの地下水をトレンチ(地下道)に移送した。水位は低下傾向にあるが、東電福島広報部は「降水量の影響もあり、抜き取りによる効果かは現時点では明確ではない」としている。   ★いよいよ、手詰まり、行き詰まりか。…
「帰還前提は非現実的」 川内村長、復興方針に不満 河北新報 8/13 ○福島県川内村の遠藤雄幸村長は12日、福島第1原発事故で放射線量の高い区域の住民帰還について「住民に安易な希望を持たせているのはいつまでなのか。現実的な対応が必要だ」と語り、帰還が事実上不可能でも帰還を前提に復興方針を議論する現状の在り方をあらためるべきだとの考えを示した。 福島県いわき市であった県と同県双葉郡町村長らの意見交換会で述べた。
福島第1原発:汚染水流出、拡大か 1号機近くで放射性物質 毎日新聞 8/13 ○東京電力福島第1原発2号機東側の護岸から放射性汚染水が海へ流出している問題で、原子力規制委員会は12日、1号機東側の護岸でも高濃度の放射性物質が検出されたとして、護岸周辺の地中にある1号機のトレンチ(配管などが通る地下トンネル)の調査を東電に指示した。地下水の「汚染源」とみられる2号機トレンチ内に残る高濃度汚染水が、1号機のトレンチに移動している可能性がある。規制委は、23日に現地調査することも決めた。
福島第一 10人が放射性物質汚染 東京新聞 8/13 ○東京電力は十二日、作業を終えて福島第一原発の敷地から出ようとした社員十人の顔面と頭から、社内基準の最大約五倍に当たる一平方センチあたり一九ベクレルの放射性物質を検出したと発表した。 いずれも男性で二十~五十代。免震重要棟前でバスを待っていた午後零時半ごろから約五分の間に、何らかの原因で放射性物質に触れたらしい。 周辺の放射性物質の濃度を測る機器で警報が鳴ったが、社員はバスに乗って出発。正門近くにある作業員の出入りを管理する施設で汚染が確認された。 免震重要棟前には「霧発生器」があり、東電は原因の可能性があるとみている。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 日本の労働組合運動・その歴史と現状(5)雇用流動化の中で ・ブログ連歌(327)
市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラムのご案内】『ショックドクトリン』上映会など
植草一秀の『知られざる真実』: 検察メディア共犯が捏造した小沢一郎氏裁判事件
反戦な家づくり: 敗戦の日が開戦の日にならないことを願って
きまぐれな日々:  安倍政権の泣き所は「経済政策」にあり
村野瀬玲奈の秘書課広報室: 「生活保護法案」と「生活困窮者自立支援法案」についての福島みずほ参院議員の質問主意書

市民社会フォーラム: 関西テレビニュースアンカー 鈴木哲夫 TPPと沖縄を語る
醍醐聰のブログ: 移動劇団桜隊の原爆忌に参加して
薔薇、または陽だまりの猫: エレーナ・トルスタヤ准教授の講演会「福島の子どもの心のケア」東京20日 福島23日 いわき25日
テルヤ寛徳: 【憲法コラム】米軍政下の沖縄と憲法記念日

ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

NHK: 猛暑続く 来週いっぱい注意を 8/14 ○西日本や東日本では14日も猛烈な暑さとなり、各地で気温が38度前後に達しました。これから来週いっぱいは猛暑が続く見込みで、熱中症に十分な注意が必要です。気象庁によりますと、14日も西日本や東日本を中心に高気圧に覆われて強い日ざしが照りつけ、気温が上がりました。日中の最高気温は▽大阪・豊中市で38度9分、▽高知県の四万十市西土佐で38度6分、▽京都市で38度1分、▽甲府市で38度ちょうど、▽福岡市で35度6分、▽名古屋市で35度3分、▽東京の都心で34度3分などとなりました。
NHK: 大阪府警また誤認逮捕 先月以降4件目 8/14 ○12日に大阪・浪速警察署の警察官が、路上で女性の体を触ったとして無関係の男性を逮捕していたことが分かりました。警察によりますと、男性が犯人だとする女性の証言をうのみにしていたということで、大阪府警による誤認逮捕が明らかになったのは、先月以降、今回で4件目です。  ★度を越す、異常ぶり!? まさか、これが常態?原因究明と対策は、しっかり行っているのか??? 報告を求めたい。
韓国、日本大使館前で大規模集会 慰安婦問題に反発 東京新聞 8/14 ○ソウルの在韓日本大使館前で14日、旧日本軍の従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪や賠償を求め毎週水曜日に行われている抗議集会が開かれた。韓国では慰安婦問題をめぐる日本の政治家の発言への反発が強まっており、15日の植民地支配からの解放記念日を前に、集会には千人以上が集まった。 韓国では11日、元慰安婦だと名乗り出て日本への抗議活動に多く参加した李容女さん(87)が死去。与野党指導部や閣僚が遺族の元を相次いで弔問するなど、慰安婦問題はかつてないほど社会の関心を集めている。
空襲被害伝える地図公開 国立公文書館、全国 131都市 朝日新聞 8/14 ○太平洋戦争中に空襲を受けた全国主要都市の被害状況を伝える地図を、国立公文書館(東京都千代田区)が展示している。大半が初公開。戦争がもたらす災禍について考えてもらおうと企画した。  地図は、戦地から戻る軍人、軍属らに故郷の被害状況を知らせるため、終戦直後に陸軍省から調査を引き継いだ第一復員省の資料課が1945年12月に完成させた。どのように使われたか詳しい記録は残っていないが、復員船の中に掲示された記録があるという。
沖縄副知事 「ヘリ再開は遺憾だ」 引き続き訓練中止を要求 東京新聞 8/14 ○沖縄県の高良倉吉副知事は14日、米空軍が同県で5日に墜落したヘリコプターの同型機の訓練を16日に再開すると発表したことについて「事故原因と安全対策の報告がない中での再開は、遺憾だとしか言いようがない」と強い不満を表明した。 高良副知事は「県民の不安感は払拭されていない」として、事故原因が究明されるまでの訓練中止を引き続き求めていく考えを示した。
集団的自衛権容認に向けた法制局人事 地方紙から批判相次ぐ 「法治主義揺らぐ」 「あまりに強引」 赤旗 8/14
集団的自衛権巡り 「歴代内閣の憲法解釈は間違い」 TBS 8/14 ○「私どもの多くは、今の内閣法制局の集団的自衛権についての考え方は間違っていると思っているのです。最初から」(安保法制懇 北岡伸一座長代理)  ★あそう! 「68年間をひっぺ返す」革命乃至クーデター そんな調子でいいのなら、いくらでも、正すべき、転覆すべき過去はある!
韓国議員、安倍政権の 「右傾化」 憂慮 靖国神社で抗議へ 朝日新聞 8/14
社会リポート 都立高の自衛隊訓練が残したもの “軍教一体化” 先駆け 赤旗 8/14
介護 「軽度」 外し 長生き社会の基盤が崩れる 赤旗 主張 8/14
日中友好条約35年 国交正常化の知恵に学べ 琉球新報 社説 8/14 ○1978年8月の日中平和友好条約締結から12日で35周年となったが、日中関係はぎくしゃくし、両国とも祝賀ムードが乏しい。 関係悪化の発端は、尖閣諸島の領有権をめぐる対立だ。昨年4月、石原慎太郎東京都知事(当時)が尖閣諸島購入構想を打ち出し、政治問題化した。野田民主党政権は対中強硬姿勢を強めていた石原氏側が購入すれば武力衝突に発展しかねないと恐れ、昨年9月、魚釣島など3島を国有化した。中国は直ちに抗議し、国有化の撤回を求めた。  それ以来、日中関係は政治だけでなく、貿易や民間交流を含め多方面で悪化し「政凍経冷」と形容されるほど冷え切っている。  こうした中、トヨタが中国の大学と大気汚染の原因である微小粒子状物質「PM2・5」をめぐり共同研究を始めた。関係改善を後押しする動きとして評価したい。  千数百年にわたり積み重ねた日中関係は強化こそすれ、壊してはならない。日中指導層も両国関係の重要性は理解しているはずだ。  日本政府は尖閣諸島を1895年に沖縄県に編入し、現在も日本の領土として実効支配している。中国も「固有の領土」だと主張し譲らない。沖縄からすれば、尖閣は琉球の時代から琉球人の生活圏だ。激しい言葉をぶつけ合っても生産的ではない。尖閣問題で日中共同研究に着手するなど平和的解決を探っていい時期だ。  ★ところが、時の政府に、その気がない!? 確信犯的に。


NHK: エジプト治安部隊 デモ隊を強制排除 8/14 ○エジプトの首都カイロで軍による事実上のクーデターに抗議して座り込みを続けてきた数千人のデモ隊に対し、治安部隊が強制排除に乗り出し、多数の死傷者が出ています。エジプトの治安部隊は14日朝(日本時間の14日午後)、事実上のクーデターで大統領職を解任されたモルシ氏の支持者が座り込みを続けていたカイロ市内の2か所の広場に突入しました。治安部隊は催涙ガスを放ったり、ブルドーザーでバリケードを壊したりして、抗議デモの参加者を強制的に排除し、激しい衝突となりました。地元のテレビ局は担架に乗せて運ばれる大勢のけが人の映像を伝えており、モルシ氏を支持するイスラム組織、ムスリム同胞団は、デモの参加者に100人を超える死者が出ているとしています。一方、保健省は、これまでに治安部隊の5人を含む少なくとも20人が死亡したとしており、正確な死傷者の数は分かっていません。
ANN: 戦車やブルドーザーで…デモ隊を強制排除 カイロ 8/14 ○カイロ郊外で座り込みデモを続けていたモルシ前大統領の支持者らに対し、14日朝、治安部隊が強制排除を始めました。現地メディアは、これまでに死者は120人以上、けが人は数十人以上に上ったと伝えています。依然、数千人のデモ隊が抵抗を続けていて、死傷者の数はさらに増えそうです。内務省高官は、現地メディアに対し、「ムスリム同胞団の幹部を逮捕した」と話しています。
エジプト治安部隊、前大統領派の座り込み強制排除 TBS 8/14 ○エジプト国営テレビなどによりますと、強制排除は現地時間の14日午前7時ごろから始まりました。治安部隊は、モルシ前大統領支持派数千人が座り込んでいたカイロ市内の2か所に、催涙ガスを発射しながら踏み込みました。 現地のテレビ局は、デモが行われている広場の近くの建物が激しい炎に包まれ、黒い煙を上げている様子や、建物の屋上に潜む狙撃手とみられる人物がライフルのような銃を発射する瞬間のほか、強制排除が行われた現場近くの木の陰に隠れた狙撃手の姿などを繰り返し放送しています。死者も出ている模様です。 モルシ前大統領の出身母体であるムスリム同胞団は、これまでに少なくとも30人が死亡したと発表しました。一方、エジプト保健省は、治安部隊の隊員2人が死亡したとしています。 国営テレビは、強制排除が行われた2か所のうち1か所については作戦が終了したと伝えています。

日米 「県内」 に固執 沖国大米軍ヘリ墜落9年 沖縄タイムス 8/13 ○米軍普天間飛行場所属のCH53ヘリが沖国大に墜落して13日で満9年を迎えた。在沖海兵隊の航空部隊の本拠地である同飛行場の機能について、県は「県外」への移設を求めるが、日米両政府は「県内」に固執し、長く平行線をたどる。一方、海兵隊の活動実態をみると、元来沖縄に居続けておらず、アジア太平洋の同盟国を巡回訓練する姿が浮かび上がる。沖縄にいることが「抑止力」とする主張は揺らぎ、幅広い選択肢がある実相がみえてくる。
猛暑、ネットスーパーがクール 宅配ならアイス溶けない 朝日新聞 8/14

非正規労働者、過去最多を更新 パートや派遣社員1881万人 東京新聞 8/13 ○総務省が13日発表した労働力調査の詳細集計によると、パートや派遣社員など非正規労働者の数は、2013年4~6月期平均で前年同期比106万人増の1881万人となり、統計を取り始めた02年以降、過去最多を更新した。 正規と非正規を合わせた雇用労働者(役員除く)の総数は5198万人で過去4番目の水準に増えたが、正社員雇用は53万人減っており、「雇用の質」が改善されない実態が浮き彫りになった。非正規の仕事に就いた理由は、男性では「正規の職員・従業員の仕事がない」との回答が最も多い168万人で、「自分の都合のよい時間に働きたい」は111万人だった。  ★人為によるもの。端的には、政府のなせる技! 「自分の都合のよい時間に働きたい」の選択肢も、前提を明らかにすべきでは。仕事がないから、将来に備え、時間作りしようとしているのか、等々。統計を取り始めた02年以降とは、小泉改革などとの、触れ込みで、不正規雇用を創設した時期だ。つまり、年々、劣悪な状況に追い込まれている! 主権者、若者、労働者が。
元慰安婦12人が調停申請 日本政府に賠償求める 東京新聞 8/13 ○旧日本軍の従軍慰安婦だった韓国人女性12人が13日、1人当たり1億ウォン(約880万円)の損害賠償を日本政府に求める調停をソウル中央地裁に申請した。女性らの弁護士は、日本が調停に応じない場合、損害賠償訴訟を起こすとしている。 弁護士は、元慰安婦が日本政府に対して損害賠償を求めるのは韓国国内では初めてとしている。
普天間固定化 「認めない」 と学長 沖縄国際大ヘリ墜落9年 東京新聞 8/13 ○沖縄では、米空軍ヘリが5日にキャンプ・ハンセン(宜野座村など)で墜落するなど米軍機の事故が相次ぎ、多くの県民が9年前から抱える痛みは今も消えていない。 5日の事故を受け、海兵隊は新型輸送機MV22オスプレイの普天間追加配備を一時見合わせたが、わずか1週間後の12日に再開、県民のさらなる反発を生んでいる。
集団的自衛権対象を米以外に拡大 有識者懇、政府に提言へ 東京新聞 8/13 ○座長代理の北岡伸一国際大学長が共同通信に明らかにした。「密接な関係にある国が攻撃を受け、日本に重大な被害が及ぶとき」に集団的自衛権が行使できるとの趣旨の提言を検討していると  ★いっそ、中国も、北朝鮮も、或いは、パレスチナも、イスラエルすらも、仲間に入れては、どうでしょう? 偏狭な、北岡氏らにはない、構想でしょうか? 国連には、加盟しているのに。
韓国の野党代表らが竹島上陸 解放記念前に実効支配誇示 東京新聞 8/13
安倍政権の態度は欺瞞=靖国参拝で声明-韓国国会特別委 時事通信 8/13 ○韓国国会の東北アジア歴史歪曲(わいきょく)対策特別委員会は13日、日本の植民地支配から解放された15日の「光復節」を前に、南景弼委員長名の声明を出した。声明は、安倍政権に対し「首相、副総理、官房長官、外相は靖国神社参拝を保留すると言いながら、一方では閣僚の参拝を容認するという欺瞞(ぎまん)的態度を見せている」と批判した。
憲法解釈は慎重に=米国向けミサイルの迎撃困難-政府答弁書 時事通信 8/13 ○政府は13日の持ち回り閣議で、集団的自衛権をめぐる政府の憲法解釈は論理的な追求の結果であり、慎重に取り扱わなければならないとする答弁書を決定した。山本庸幸前内閣法制局長官が同局第一部長だった2007年、国会でこうした答弁をしているが、答弁書は「現在もこのような考え方に変わりはない」と強調した。民主党の辻元清美氏の質問主意書に答えた。 また、社民党の福島瑞穂前党首が別の質問主意書で政府見解を変更した代表的事案をただしたのに対し、答弁書は憲法66条が規定する文民について、自衛官が含まれるとの解釈を1965年に含まれないと改めた例を挙げた。 政府の有識者懇談会は2008年にまとめた提言で、米国へ向かう可能性のあるミサイルの迎撃を、集団的自衛権行使が許される対象とした。これに関し、両答弁書は日本の現在のミサイル防衛システムで、高々度を高速度で飛行する弾道ミサイルを迎撃することは「技術的に極めて困難」と断定。「第三国の防衛のために用いられることはない」ため、集団的自衛権の問題も生じないとした。 【特集】一からわかるミサイル防衛
憲法解釈の見直し、答弁書で示唆 集団的自衛権で閣議決定 東京新聞 8/13 ○政府は13日の持ち回り閣議で、集団的自衛権に関する憲法解釈について「有識者懇談会での議論を踏まえて対応をあらためて検討したい」との答弁書を決定した。安倍晋三首相が、内閣法制局長官に集団的自衛権の行使容認に前向きな小松一郎氏を起用してから初めての見解で、憲法解釈の見直しを示唆した形だ。 民主党の辻元清美氏の質問主意書に答えた。 答弁書は「現時点で集団的自衛権に関する政府の憲法解釈は従来通りである」と説明。一方で「『安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会』で、集団的自衛権の問題を含めた憲法との関係の整理について検討が行われている」とした。  ★見出し上、乃至字面上、本記事と前の記事とは、矛盾がある。何かを足したから、本記事となったのか?それとも、全記事が、何かを切り捨てたのか、と思う。政府の傾向的には、本記事にようになるのかも知れぬが。
TBS: 日中関係悪化、新華社「安倍首相が火に油」  8/13 ○中国国営の新華社通信は日中平和友好条約締結から35年となる12日、日中関係の悪化について「安倍総理が火に油を注いでいる」と強く非難する論評を配信しました。 新華社通信が配信した論評では、「日中関係は国交正常化以来どん底で、その責任は完全に日本にある」と主張したうえで、日本政府が去年9月、尖閣諸島の国有化で争いを引き起こした後、関係は悪化したと強調。さらに、「安倍総理が就任以降、火に油を注いでいる」と強く非難しました。  ★先に、チョッカイを出したのは、石原ら!…『国有化宣言』。火に油が、安倍コベ氏ら。
靖国参拝―政教分離を忘れるな 朝日新聞 社説 8/13 ○政治は宗教と切り離されなければならない。それは現代民主主義の鉄則の一つである。  日本の場合、その教訓は、先の大戦と破滅に至る道のりにあった。軍国主義と神道が密着した苦い経験をふまえ、平和国家の原則としてきた。  その歴史に思いをはせるべき終戦記念日に、稲田行革相ら閣僚や自民党幹部が、靖国神社に参拝する意向を示している。  安倍首相は閣僚の参拝を制限しない方針という。今春に麻生副総理ら4閣僚が参拝したときも「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前」と述べた。  政治家による15日の参拝が中国や韓国から批判を呼ぶかどうかという問題以前に、私たち自身の戦後の原則を忘れてはならない。
GDP統計 消費増税の環境にない 東京新聞 社説 8/13 ○今年四~六月期のGDP成長率が市場予測を大きく下回る水準にとどまったことは、消費税増税の環境がいまだ整っていないとみるべきだ。デフレ脱却を最優先にした経済運営が望まれる。 消費税を来年四月に8%に、さらに再来年十月には10%に引き上げても日本経済は大丈夫なのか。一九九七年に3%から5%に引き上げて景気が失速、「十五年デフレ」のきっかけとなった消費税ショックの再現になってしまうのではないか。安倍晋三首相が増税の可否を今秋判断するうえで重要な経済指標の四~六月期の国内総生産(GDP)速報が発表された。 物価変動を除いた実質GDPは前期比0・6%増、年率2・6%増と三・四半期連続のプラス成長だったが、市場予測(年率3・6%)を大きく下回った。個人消費は好調だったものの、住宅投資や設備投資はマイナスのままだ。 消費税増税の前提となるのは、増税法の景気条項にあるように「経済状況の好転」である。
「節目」 と追加配備 沖縄に人権はないのか 配備撤回で対米要求を 琉球新報 社説 8/13 ○先月中旬の県民世論調査では82・3%が追加配備に反対と答えており、仲井真弘多知事も、追加配備の中止と配備計画の見直しを求める立場に変わりはない。沖縄は繰り返し叫んでいるのに、日本政府は「のれんに腕押し」(知事)の態度を取り続けている。
ヘリ宜野座墜落 22日に村民抗議大会 琉球新報 8/13
[オスプレイ配備強行] 恐怖と同居はごめんだ 沖縄タイムス 社説 8/13 ○米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの強行配備が再開された。一時搬入されていた米軍岩国基地(山口県)から12日、普天間飛行場に9機が移動した。岩国基地に残っている1機も近く移動する予定であり、昨年10月に配備された12機と合わせると、24機態勢となる。 安倍晋三首相は12日、首相官邸で記者団に「住民の皆さまの生活を第一に優先して考えていく。沖縄の負担軽減が少しでも進むよう全力を挙げる」と語ったが、言葉が現実から遊離していてしらじらしい。言っていることとやっていることが逆だからである。  ★然り! だから、安倍は、安倍コベ氏なのである。しかも、大方がそうなのだから。主権者の意思とは、安倍コベ、裏腹!? 復古、後戻り、国民主権否定!裏切りの、安倍コベ一派、改憲勢力。

ブラック企業大賞にワタミ 赤旗 8/13

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/15 08:43)

いわき市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: