FC2 Blog Ranking
2013-09-28

9/28: 国連安保理・シリア決議 化学兵器廃棄義務付け その正反対安倍式「積極的平和主義」との優劣!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・シリアの化学兵器廃棄に向けた決議、安保理が採択  12時34分
 ・貨物船衝突、行方不明者の発見に至らず  15時55分
 ・「ALPS」でトラブル、汚染水処理できず  17時49分    ★案の定!? 不安的中!
 ・レール異常放置、JR北海道本社に特別保安監査  17時50分
 ・スーダンで大統領辞任求めるデモ、鎮圧で死者多数か  19時53分
 ・父の葬儀で勾留停止中 容疑者が“喪服”で逃走  7時30分
 ・5人死亡の貨物船衝突 “対向で接近”原因は?  7時30分
 ・総理NYから帰国へ 安保・減税で“宿題”も  7時30分
 ・国連で王毅外相が演説「いかなる時も領土守る」  7時30分
 ・副大臣など人事固まる 小泉進次郎氏が復興政務官に  7時30分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
9月28日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: ”あまちゃん”最終回  誕生日の花 トレニア 花言葉 愛敬
今日の「○」と「×」: 暴走アベ特急に「×」。 「×」 <安倍首相>「演説の旅」 長期政権へ自信あふれた訪米に
 今日のトピックス Blog9/27: 秘密保護法案 意見公募約9万件、中8割反対意見 オノが意思実現(改憲など)だけ、執拗・短兵急!美しくない

●「九条の会」メールマガジン >> 第171号 ( 2013年8月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 区域外避難者のたたかい~福島原発被害東京訴訟 吉田悌一郎さん(弁護士・福島原発被害首都圏弁護団事務局長)
今週の一言: TPP参加は国民の主権と生活基盤を損なう道ではないか 伊藤誠さん(東京大学名誉教授)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年9月2日付   警戒!汚染水漏れ審議先送り 五輪招致への影響考慮 その他
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年8月29日付   注目!「ゲン」閲覧制限を撤廃 その他
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年8月26日付   警戒!「はだしのゲン」閲覧制限を文相容認 その他

憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年8月22日付   注目!集団的自衛権解釈変更難しい−前長官 その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年8月26日)  
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】第1回「立憲主義という考え方」
      コメンテーター:浦部法穂・法学館憲法研究所顧問、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年10月21日(月)18:30~21:00
     第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

全地域で電力不足を回避 9社、冬の需給見通し 東京新聞 9/28
28金融機関 東電770億円再融資へ 柏崎刈羽再稼働申請受け 東京新聞 9/28 ○三井住友銀行や地銀など二十八金融機関が、十月末に返済期限を迎える東京電力向け融資約七百七十億円の借り換えに応じる方向で調整に入ったことが二十八日、分かった。東電が二十七日、柏崎刈羽原子力発電所6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請。二〇一四年度以降、東電の経営が改善に向かう見通しが強まり金融機関が融資しやすくなった。東電と金融機関は十月中旬までの最終合意を目指す。 東電はまた、十二月にも大手行や日本政策投資銀行などに計五千億円の新規融資と借り換えを求める。来年一月にも今回とは別の融資約七百七十億円の借り換えを地銀などに要請する。  ★東電並びに債権者等は、破綻処理を受け入れるべきだ!? 主権者負担や消費者へのタカリを止めるべき時が来た!? 核開発も放棄せよ、政府。
東京電力:汚染水浄化装置 「アルプス」 に不具合、運転停止 毎日新聞 9/28 ○東京電力は28日、福島第1原発の放射性汚染水を浄化する多核種除去装置「ALPS(アルプス)」に不具合が見つかり、汚染水の処理を停止したと発表した。同装置は27日未明、約2カ月ぶりに試験運転を再開したばかり。  ★試験運転を公言する前に、試し操業をしよう位の才覚はないのか? それとも、資金繰りの件で、パフォーマンスに走っただけ!? なのか??? 消費者、主権者への皺寄せ、負担転嫁は、気に懸けないのか?
「設置」 5カ所、突然に 大熊、楢葉に中間貯蔵施設案 福島民友 9/28 ○両氏は町いわき事務所で会談した。冒頭を除き非公開で行われた。事前調査の受け入れ条件は〈1〉受け入れるのは調査で、施設設置ではない〈2〉対象の地権者には事前に必ず了解を得る〈3〉実施状況の中間報告と、最終報告を公表前に必ず町と町議会に伝える〈4〉帰還困難区域の除染モデル実証事業に早期着手し、結果を報告する―など8項目。  ★談合!? パフォーマンスは、ないのか?
富岡 「戻らない」 46% 原発安全性不安視か 復興庁調査 河北新報 9/28 ○福島第1原発事故で全町避難が続く福島県富岡町の住民の46.2%が町に戻らないと考えていることが27日、復興庁の意向調査で分かった。昨年12月の前回調査時より6.2ポイント増え、住民の帰還意思の低下が浮き彫りになった。 「戻らない」と答えた人は、世代別に30代が60.4%で最多。10~20代が59.2%、40代が57.0%と続き、比較的若い世代の消極性が目立った。50代は47.5%、60代は45.0%、70代以上は33.7%だった。
「設置」 5カ所、突然に 大熊、楢葉に中間貯蔵施設案 福島民友 9/28
【福島第一原発の現状】  タンク底部 すき間特定 地元漁協、試験操業を再開 東京新聞 9/28 ○今週(二十一~二十七日)の東京電力福島第一原発では、水漏れしたタンク底部の接ぎ目で、二本のボルト穴周辺に漏れにつながるすき間のあることが確認された。このほかボルトが緩んでいた場所も見つかっている。 5、6号機前の港湾内では、放射性物質の拡散を抑えるための水中カーテン「シルトフェンス」が破断しているのが見つかった。台風で高波を受けた影響とみられる。フェンス内外の海水の放射性セシウム濃度に大きな変化はなかったという。
柏崎稼働申請―やるべきことが違う 朝日新聞 社説 9/28 ○いったい、自分が置かれている立場をわかっているのか。それが、多くの国民の受け止め方だろう。  東京電力が、柏崎刈羽原発の6、7号機(新潟県)について原子力規制委員会に新規制基準への適合審査を申請した。広瀬直己社長は6、7号機以外の原発も順次、再稼働への準備を進める考えを示した。  論外だ。  東電は原発事故の当事者である。福島第一原発では、事故の収束どころか汚染水漏れなど新たな難題がのしかかる。いまは福島にすべてを集中すべきときだ。他の原発に人手を回す余裕などあるはずもない。  にもかかわらず、東電が再稼働にこだわるのは、このままだと再建計画が破綻(はたん)するからだ。
東電再稼働申請 福島事故の収束が先だ 毎日新聞 社説 9/28
汚染水と国会 実態解明へ責任果たせ 東京新聞 社説 9/28 ○福島第一原発の汚染水をめぐり、衆院経済産業委員会が閉会中審査を行った。遅きに失した感はあるが、実態を明らかにし、実効性ある対策を政府や東京電力に講じさせるのは、国会の責任だ。 いかにも動きが鈍いのではないか。国会は七月二十一日の参院選後、八月二日から六日間、正副議長や各委員長らを選ぶ臨時国会を開いただけだ。本格論戦は十月中旬に召集予定の臨時国会まで待たねばならない。 この間、高濃度汚染水の海への漏出が発覚し、地上タンクの汚染水漏れも相次いだ。原子力規制委員会は、国際的尺度による事故評価を上から五番目のレベル3(重大な異常事象)に引き上げた。 その一方、安倍晋三首相は国際オリンピック委員会総会で「(汚染水の)状況はコントロールされている」「影響は港湾内〇・三平方キロの範囲内で完全にブロックされている」などと発言した。 実態はどうなのか、首相発言は二〇二〇年夏季五輪を東京に招くための方便ではなかったのか。  ★方便であれ、“狡猾”であれ、尊敬される素ではない!? 解っているのか??? 安倍コベ氏らの場合、疑問無しとしない。
原発反対 官邸前行動1年半 一つも再稼働させない 赤旗 9/28


福島汚染水:潜在リスク 原子炉建屋からの漏れなど列挙 毎日新聞 9/27 ○政府の汚染水処理対策委員会(委員長・大西有三京都大名誉教授)は27日、今後起こりうる事故のリスクと予防・追加策をまとめた。現在までに表面化していない「潜在リスク」としては、溶けた核燃料が残ったままの原子炉建屋からの汚染水漏れなどを挙げている。国内外からの解決のための技術を募った上で、年内にも対策案の全容をまとめる。  潜在リスクでは、原子炉建屋からの汚染水漏れのほかに、汚染水の移送配管からの漏れ▽放射性セシウム除去装置からの漏れ▽セシウム除去後に生じる放射性廃棄物の存在▽地震や竜巻などの自然災害による汚染水保管設備の破損−−などを列挙。対策として、1〜4号機の建屋から生じる汚染水を浄化装置に直接移送する▽壊れた建屋に地下水が流れ込み汚染水が1日400トン増加しているため、建屋外壁の貫通部を止水する▽防潮堤を新設する−−などを挙げている。
東電社長 “コントロール” 追認、汚染水問題で閉会中審査 TBS 9/27 ○福島第一原発の汚染水問題で、国会がようやく審議を行いました。安倍総理がオリンピック招致演説で「状況はコントロールされていると発言したことについて」、東京電力の広瀬社長は「同じ意見だ」と足並みをそろえました。 「汚染水対策の問題については、新たなご心配、ご不便をおかけしてるということで、本当に申し訳なく思っているところです」(東京電力 広瀬直己社長) 行き先の見えない福島の汚染水問題。国会がこの問題を初めて取り上げました。会期中ではないため、「閉会中審査」という形をとって行った審議。その発端は・・・。 「状況は制御されています」(安倍晋三総理大臣 ブエノスアイレス・9月7日) オリンピック招致の山場で大見得を切った安倍総理。ところが、直後に東電の幹部や猪瀬都知事が「制御できていない」と発言。ことの真偽を確かめるために、国会が乗り出したのです。  ★勧進元の、焦り、大嘘、せいぜい方便!? その自覚あったかどうか知らない。
「汚染水源まだつかめぬ」 東電社長、衆院委審査に出席 朝日新聞 9/27 ○広瀬社長は冒頭、「ご心配、不便をおかけし、申し訳なく思っている」と謝罪した。「汚染源がどうなのかというところは、完全にはまだまだつかみきれていない」と述べた。
「ALPS」 試運転再開、トリチウム海洋放出できる? TBS 9/27 ○東電が汚染水対策の切り札のひとつと期待するのが浄化装置の「ALPS」。27日、1か月半ぶりに試験運転を再開しました。 「汚染濃度を下げていくためにも、ALPSによる汚染水の処理は極めて重要」(茂木敏充経産相) 「ALPS」はほぼ全ての放射性物質を取り除くことができ、1日500トン以上を処理することができます。東京電力は3系統あるアルプスをフル稼働させたうえで、来年度中に全ての汚染水の浄化を完了させたいとしていますが、実はまだ大きな課題が残されています。アルプスでも取り除けない放射性物質がひとつだけあるのです。それが「トリチウム」です。 人体への影響について別の専門家は、基準値以下であれば問題はないが、濃度によっては一定の危険性はあると話します。 「これは内部被ばくの場合は影響を考えなくてはいけない。何千ミリシーベルトのトリチウムを体に取り込めば、がんになったり寿命が縮まるとか、胎児の奇形が起こるとか、普通の放射線で起こることがトリチウムでも起こることが分かっている。だからそのレベルをきちんとコントロールすることが、影響を抑えるという点では非常に大事」(茨城大学理学部 田内広教授)  ★浄化装置の「ALPS」。これも、タラレバの域を出ないのでは。現在も、試験運転に過ぎないのだから。いつ、止まるか?詰まるか?…
北海道避難者ら70人も提訴 福島原発事故で賠償請求 東京新聞 9/27 ○国と東電に1人当たり1650万円の損害賠償を求めた集団訴訟で、新たに1~81歳の70人が27日、札幌地裁に追加提訴した。札幌訴訟の原告は計113人になった。来年2月ごろには3次提訴も予定している。
被災者の声 届かぬ 「支援法」 対象漏れに募る不満/千葉 東京新聞 9/27 ○東京電力福島第一原発事故を受けた「子ども・被災者支援法」で、「支援対象地域」から漏れた県内の自治体や市民団体が不満を募らせている。支援対象は福島県内の33市町村に限定されたが、被災者の声も十分に反映されておらず、「法の理念と相反する」と批判が出ている。除染で「汚染状況重点調査地域」に指定された柏市など9市は合同で、子どもや妊婦の健康管理調査を求める要望書を国に提出する。支援対象は、政府が八月に公表した基本方針案に明記された。福島県以外の地域は、個別の施策ごとに「準支援対象地域」を定めるとされたが、具体的な内容は決まっていない。増田代表らは、通常の被ばく線量の上限とされる年一ミリシーベルト以上の地域を支援対象に求めてきた。除染の重点調査地域も「年一ミリシーベルト以上」を基準に指定されており、「一ミリシーベルトを超える地域は国の責任で健康調査をすべきだ」(増田代表)と強調する。  ★「準支援対象地域」: いい加減!? 急ぐようにも見えない???? 怠慢…怠惰 主権者(被害者)の疲れるのを待つ、作戦か。 公害問題なんかで、政府が、よくやる手だ。原発も、東電と政府一体で進めたものだから、公害の側面もあろうが。今のところ、居直ったりはしていないが。いづれ…
双葉町受け入れへ 中間貯蔵施設の現地調査 福島民報 9/27
試験操業の魚店頭に 11魚種すべて検出下限値未満 福島民報 9/27 ○相馬双葉漁協が再開した沖合底引き網漁の試験操業で水揚げした魚などが26日、相馬市の松川浦漁港から県内外に出荷された。  同漁協の放射性物質サンプル検査の結果、水揚げした11魚種は全て検出下限値未満だった。このため、毛ガニやマイカ(スルメイカ)など9魚種計約1・5トンが同日朝、相馬原釜魚市場買受人協同組合を通して県内と仙台方面に出荷された。
南相馬で全袋検査開始 25年産米 初日350袋、基準値下回る 福島民報 9/27

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 老人に必要な「教育と教養」 ・ブログ連歌(333) ○老人に必要な教育と教養とは、「きょういく」と「きょうよう」と、かなで書くのがいい。
市民社会フォーラム: 【協賛企画】日中交流ステップアップ講座【関西版】
市民社会フォーラム: 【協賛企画】福島第一原発事故現場、福島の今を語る(11/23@大阪)
市民社会フォーラム: もう騙されないためのニセ科学撃退講座


市民社会フォーラム: 【協力企画】ジャーナリズムフェスタ2013 マスメディアの"終焉"と報道―権力と向き合う「リーク」と調査報道を考える―(10/6日@大阪)
市民社会フォーラム: 10/4(金)開催!「TPPって、都会もヤバい。~TPPに便乗してすすんでいるもの~」@大阪
市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラム学習会】「辛淑玉さんとともに考えよう ヘイトスピーチと人権」(10/21月@神戸)

ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

NHK: JR四国 98の橋で早期補修必要 9/28 ○JR四国は、およそ2700の橋のうち、コンクリートにひび割れなどが生じて列車の正常な運行を脅かしたり、そのおそれがあったりする橋が合わせて98あり、会計検査院から早期に補修を行うよう指摘されたことを明らかにしました。…このうち56の橋は3年以上補修が行われず、中には問題が見つかってから24年間補修をしていない橋もあるということです。記者会見でJR四国の高瀬直輝工事課長は、「安全対策に問題はなかったと考えているが、今回の指摘を重く受け止め、今後補修作業を迅速化する」と述べました。  ★強弁の匂い、プンプン!? JR北海道の件といい、本件といい、財務体質の貧弱さは、国鉄民営化の時から、始まったことだ。強く危惧もされていた。本格的改善、抜本改革も、此の侭では、期待できないのではないか。国鉄民営化は、成功したなどというプロパガンダで、踊らされて来た主権者、躍らせた中曽根ら元凶が、ずっといたのではないか。あのJR西日本の三巨頭・悪人が招いた重大事故についても、亦同じでは。乗客、沿線住民の生命、人体、人権を軽視した侭、これまで突っ走ってきた、不安全な公共交通機関ではなかったか!? JRも、東日本、東海、西日本だけ、上場し、黒字で良いのか、東海もリニアに傾いた侭で良いのか??? 他方、九州、北海道、四国は、赤字の侭で良いのか? 根本=主権者の、生命・安全・健康、人権を蔑ろにしてはいないか。
JR北海道だけ二重確認せず レール点検、現場丸投げ 東京新聞 9/28 ○JR北海道がレールの異常を放置していた問題で、JR各社のうち北海道だけが検査結果や補修の状況を本社と、現場で保線業務を担当する工務部門でダブルチェックしていないことが28日、JR各社への取材で分かった。保線管理の仕組み作りを怠ったことが、レール異常発生や放置長期化の一因となった可能性が出てきた。…検査結果は本社にも送られていたが、内容は特に検討されず、放置されていた。
生活困窮者補助金 予算不足で厚労相釈明 東京新聞 9/28 ○田村憲久厚生労働相は二十七日の記者会見で、厚労省が生活困窮者など向けに実施している補助金事業の予算が不足し、交付先の自治体などに三割カットを通知した問題について「追加予算を含めて検討しなければいけない話だ。追加予算確保のため最大限の努力をしたい」と述べた。 田村氏は、八月から始まった生活保護費減額と通常国会に提出して廃案になった生活困窮者自立支援法案に言及し「各地で(困窮者対策が必要という)機運が高まり、思ったより多くの申請が出てきた」と釈明。その上で「厳しい状況の中で、何とか(自治体などの交付申請を)賄っていこうとしている」と理解を求めた。 民主党厚労部門会議は同日、予算不足問題について議論。「自主財源を求める前に、政府が手当てするべきだ」「補助金の八~九割が(交付先の自治体などの)人件費。三割削減しろというのは行政による雇い止めだ」と批判が相次いだ。
沖縄、オスプレイ配備で反対集会 「一日も早く撤去を」 東京新聞 9/28 ○米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への新型輸送機MV22オスプレイ配備に抗議する市民らが28日、同市で集会を開き「オスプレイを一日も早く撤去せよ」と声を上げた。市民らは1年前の昨年9月末、車を止めるなどして普天間の三つのゲートを一時封鎖、警官隊が排除するまで飛行場へ車が出入りできない異例の事態になった。
小野寺防衛相 “武器輸出三原則見直すべき” NHK 9/28 ○「航空機どうしの戦闘は、パイロットの力量ではなく兵器の能力で勝負がつく。そのため、新しい兵器を持つことがとても大事だが、その開発は多国間で行っている」と述べ、最先端の軍事技術の開発は多国間で共同して行うことが多いと指摘しました。そのうえで、「多国間で共同開発を行うとなると、今の『武器輸出三原則』にかなりの部分が抵触するが、日本がそうした枠組みに入らなければ、本当の意味で取り残されてしまう」  ★国本の、戦争放棄なら、当然のことだ。のこのこ、戦場に近づかないように!!
自民、ネット情報の分析再開へ 消費税、TPPで活用 東京新聞 9/28 ○名称は「トゥルースチーム」で、平井卓也・党ネットメディア局長ら議員と専門家で構成する。
みずほ銀行に改善命令=暴力団関係者らへローン-2年以上も対応せず放置・金融庁 時事通信 9/27 ○金融庁は27日、みずほ銀行に対し、信販会社を介した自動車販売などの提携ローンで、暴力団関係者を含む反社会的勢力との取引を把握しながら2年以上も抜本的に対応せず放置したとして、業務改善命令を出した。反社会的勢力との取引件数は230件に上り、総額で2億円を超える。 メガバンクへの行政処分は、東日本大震災発生後の義援金大量振り込みを引き金に大規模なシステム障害を引き起こし、2011年5月に改善命令を受けたみずほ銀と持ち株会社みずほフィナンシャルグループ(FG)以来となる。

国連安保理 シリア決議採択 化学兵器廃棄義務付け 東京新聞 9/28 ○法的拘束力のある安保理決議が採択されるのは初めて。機能不全が続いた安保理による強いメッセージで、内戦が泥沼化するシリア情勢の打開に向け、アサド政権の対応が注目される。 決議では、化学兵器の使用は、国際平和と安全に対する脅威だと断定し、八月にシリア内戦で化学兵器が使用されたことを国際法違反であると非難した。 化学兵器禁止機関(OPCW)が決定した二〇一四年半ばまでにすべての化学兵器の廃棄を完了するとの計画を支持し、シリア政府に履行を求めた。 化学兵器の使用や無許可の移動など決議に従わなかった場合は、強制力が伴う国連憲章第七章に基づく措置を取ると明記。第七章は経済制裁や武力行使などの措置の内容を定めているが、今回は具体的な措置までは決めていない。新たな措置を科すためには、別の安保理決議が必要となる。…決議案は米ロが作成し、今月十四日に化学兵器廃棄に向けて米ロが取り交わした合意にほぼ沿った内容。 安保理の対シリア制裁決議案をめぐっては、ロシアと中国が三回にわたり、拒否権を発動していた。
首相国連演説―平和主義と言うのなら 朝日新聞 社説 9/28 ○しかし、米国主導の軍事介入に深入りすることが、はたして平和主義と呼べるのか。 憲法9条のもと、日本は紛争への直接介入とは距離をおく平和主義を掲げてきた。その条件下で自衛隊はPKOに参加し、高い評価を得てきた。  こうした平和主義と、集団的自衛権の行使を含めた積極的平和主義は、全く別物である。  ★「積極的」を、枕詞に、平和主義を安倍コベ(軍国主義)に、誤用させるのが、安倍コベ政権なのか?或いは、ナチス・麻生なのか? 警戒を要するやりようである。ナチス流??? 安倍コベ式!?
安倍首相国連演説 「積極的平和主義」危険な内実 赤旗 主張 9/28 ○「戦争する国」になる  ★安倍コベ・ナチス麻生らが、招来する未来は、そういうことかも、ね。軍拡、軍国主義にトドマラズ。人口減少社会、大債務国、斜陽する日本に、相応しい政策とは、到底思われないが。
消費税増税阻止に5000人超 かつてない運動 全国で 東京・日比谷で国民集会 赤旗 9/28


政府がグーグルマップ「禁止」 領土表記を問題視 東京新聞 9/28 ○名指しはしていないが、広く使われているグーグルマップの事実上の「禁止令」。ただ自治体などの多くはHP閲覧者への案内目的で、利用を続けているとみられる。「利便性が高く、代わりを見つけるのが難しい」(国立大関係者)との声もあり、実効性は乏しそうだ。

秘密保護法案 意見公募で8割反対 東京新聞 9/27 ○政府は二十六日、自民党の特定秘密保護法案に関するプロジェクトチーム(PT)の会合で、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ同法案の概要に対するパブリックコメント(意見公募)の実施結果を明らかにした。今月三日から十七日の間に約九万件が寄せられ、反対が八割近くを占めた。 意見公募は、政府が法案を閣議決定する前などに、国民の意見を聞く制度。意見が数件しか寄せられないケースも多く、九万件は異例だ。今回の募集期間が、一般的である三十日の半分しかない十五日だったことを考えれば、国民が強く懸念している実態を示したといえる。  ★今頃、やっと、主権者に報告かよ。忠誠心と、スピード感が、足りない。拙速、不公正、不公平な、オノが意思実現(改憲など、人権圧迫)だけ、執拗だが。
「解雇特区」、厚労相は慎重姿勢 「憲法無視できぬ」 朝日新聞 9/27 ○政府が検討を進めている、企業が従業員を解雇しやすい特区をつくる構想について田村憲久・厚生労働相は27日、「労働者を保護する法令は、憲法上の基本的人権の一つと認識している。特区の内と外で違うということが、果たしてできるのか」と閣議後会見で述べ、特区の導入に慎重な見方を示した。 … 雇用の特区構想は、解雇ルールや労働時間を規制する労働契約法や労働基準法の規定を特区内に限って緩める内容。解雇では、やむを得ない事情などがなければ無効とする規定に特例をつくり、企業が働き手と約束した条件にあえば広く解雇できるようにする。ベンチャーの起業や海外企業の進出を促せるとの有識者会議の提案を受け、20日の産業競争力会議で、安倍晋三首相が実現に向けた検討を田村厚労相に指示した。   ★『女性の人権尊重』を国連かどこかで、安倍コベ氏が、謳ったそうだが、お里が知れる!所詮、この程度! 人権に背き、日本国憲法にも背く者、つまりは、現在の主権者をも、貶めるもの=安倍コベ氏、以下同文の輩。
東京も 「1票の格差」 10月結審 参院選の無効求めた訴訟 東京新聞 9/27 ○7月の参院選の「1票の格差」をめぐり弁護士らのグループが選挙無効を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、東京高裁であり、被告の選挙管理委員会側が請求棄却を求めた。田村幸一裁判長は次回、10月28日に結審する意向を示した。 東京高裁での訴訟は関東など11都県の選挙区が対象。原告側の升永英俊弁護士は「この訴訟が人口比例選挙を実現させるきっかけになる」と意見陳述した。選管側は次回弁論までに追加で書面を出す。  ★高裁も、最高裁も、決然と、民主主義、法の支配を守るべきだ。いつまで、立法府・行政府の不作為、怠慢を、事情判決なんかで、タラタラと、追認してしまうのか??? 毅然と“法の支配”を三権の一として、主権者の期待に応えよ。日本国憲法が、期待、想定していることとは、思いませんか?
電気・ガス料金11月全社値下げ 燃料費の下落で 東京新聞 9/27
TBS: 貨物船転覆で発見の5人、いずれも心肺停止  9/27 ○東京・伊豆大島の近くで27日未明、貨物船同士が衝突し1隻が転覆した事故。行方不明になっていた6人のうち、5人が発見されましたがいずれも心肺停止の状態です。 東京・伊豆大島の近くで、午前1時半ごろ、貨物船同士が衝突し「第十八栄福丸」が転覆しました。この事故で、大川信悟船長(62)ら乗組員6人全員が行方不明となっていましたが、午後4時すぎから4時半ごろにかけて行われた船内の捜索で、相次いで5人が発見されました。海上保安部の船の上では、職員が救助した乗組員に対して心臓マッサージをする様子もみられました。発見された5人はいずれも心肺停止の状態だということです。午後5時半ごろには、5人のうち1人が静岡県の防災ヘリに乗せられ、病院へと運ばれました。
30分列車ドア開けず窃盗捜査 広島着の最終 「のぞみ」 東京新聞 9/27
電気・ガス料金11月全社値下げ 燃料費の下落で 東京新聞 9/27

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暴走アベ特急に「×」。

「×」 <安倍首相>「演説の旅」 長期政権へ自信あふれた訪米に 毎日新聞 9月27日(金)11時52分配信  【ニューヨーク古本陽荘】安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日未明)、国連総会で一般討論演説し、米ニューヨークでの「スピーチの旅」を締めくくった。一連の演説で、首相は「大胆な減税」「積極的平和主義」「女性の力」といったキーワードを使い分け、「安倍カラー」をアピール。自民党...

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: