FC2 Blog Ranking
2013-11-11

11/11: 海兵隊引き留め 歴史的過ち繰り返すな 沖縄の米軍基地の整理縮小、削減に日本政府が立ちはだかる真実!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・レディー・ガガ宙に舞う…“空飛ぶ装置”を開発  16時45分
 ・自動ブレーキ作動せず…新車試乗会で客ら2人重軽傷  17時59分
 ・とても幸運な運転手…30m崖下に転落もほぼ“無傷”  18時9分
 ・国が指針へ…“年間20mSv”地域でも「生活可能」  18時0分
 ・「女性殺害し遺体ダムに捨てた」男の供述通り…  16時55分
 ・パーティー会場で銃乱射 2人死亡 米・テキサス州  5時50分
 ・真冬並みの寒気南下中 東北平野部でも積雪か  5時50分
 ・「核問題解決に日本も協力」日・イラン外相会談  5時50分
 ・石破氏、修正に柔軟姿勢 特定秘密保護法案  5時50分    ★憲法違反につき、廃案に!
 ・北海道で一時3600戸停電 北日本中心に大荒れ天気  0時46分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
11月11日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 特定秘密 ?  誕生日の花  ミズヒキ 花言葉 慶事
 今日のトピックス Blog11/10: 福島原発:規制委員長が住民聴取拒む 被ばく防護策評価 危惧される田中俊一氏の有識者会合決定拒否!?  ★除染の基準を20ミリシーベルトに緩めたり、今回の住民聴取拒否したりと、随分、雲行きが危ぶまれる、規制委委員長の振る舞い・行動!? 変節、大転換への始まりか? 極めて遺憾。主権者、市民は、規制委も政府も、監視しないと。

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

汚染水漏れ、井戸水から55万ベクレル検出 福島第一 朝日 11/11 ○東京電力福島第一原発で8月にタンクから高濃度汚染水漏れが発覚した事故で、東電は11日、近くに掘った井戸から放射性ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットルあたり55万ベクレル検出されたと発表した。過去最大値で、数日前から値が上昇していた。 見つかったのは漏れが発覚したタンクから10メートル余り北の井戸。9日に採取した井戸水から検出された。10月17日に同40万ベクレルに急上昇後に値が減ったが、再上昇した。東電は8月に漏れた汚染水が地中にしみこみ、井戸水に混ざったためとみている。東電によると、タンクから新たな漏れは確認されていないという。
タンク群1基から汚染水漏れか 第1原発、水滴跡を確認 東京新聞 11/11 ○東京電力は11日、福島第1原発の「H5」と呼ばれるタンク群の1基で水滴の跡が見つかり、付近の放射線量を計測したところ、ベータ線で1時間当たり29・8ミリシーベルトだったと発表した。
米懸念受け原発ゼロ法制化見送る 開示公文書で経緯判明 東京新聞 11/11 ○東京電力福島第1原発事故を受けて民主党政権が昨年、「2030年代の原発ゼロ」を明示した新政策を法制化する構想を検討し、最終段階で見送った経緯が11日、政府が共同通信に開示した公文書で分かった。法制化を断念した理由について、関係者は「ねじれ国会」や米政府の懸念があったと証言。新政策の法的位置づけがあいまいになった結果、現在の安倍政権の原発回帰につながった可能性がある。  ★内政干渉!? 「多くの国民が今も求める原発ゼロを法制化する試みが挫折した詳細な過程が判明した。」
九州電力:「さよなら原発!集会」 に1万人 福岡 毎日新聞 11/11 ○九州電力玄海、川内両原発の再稼働に反対する「さよなら原発!九州沖縄集会」が10日、福岡市中央区の舞鶴公園であった。各地から約1万人(主催者発表)が参加し、九州・沖縄の脱原発集会としては約1万5000人(同)が参加した2011年11月以来の大規模集会となった。 集会では、福島第1原発事故の元政府事故調委員、吉岡斉・九大教授が「何十兆円もの損害が発生し収束に100年かかる事故がいつ起こるかわからないのが原発だ」と指摘。事故後に福島から京都に移住した元宇宙飛行士、秋山豊寛氏が「事故が起きればその地域の人たちは政府から捨てられる」と訴えた。最後に「子供たちが安心して過ごせる未来のため原発ゼロの声を上げる」とする集会宣言が読み上げられた。


原発事故で市民団体 甲状腺エコー検査/千葉 東京新聞 11/10 ○原発事故の健康への影響を懸念する関東地方の市民団体などで今年九月、子どもの甲状腺エコー検査のための「関東子ども健康調査支援基金」が設立され、県内で初の検査会が九日、流山市の東葛病院であった。 基金は千葉、埼玉、茨城三県の市民団体が「健康調査は国や自治体がやるべきだと訴えてきたが動きがない。もう待てない」と設立した。現在、三百の団体と個人が会員となり、ボランティアで運営する。 国は十月、原発事故を受けた「子ども・被災者支援法」の基本方針を閣議決定したが、福島県以外の健康調査は明記されていない。
賠償制度は住民立場で 「放射能被害のない会」 発足 福島民友 11/10 ○住民の立場に立った東京電力福島第1原発事故の損害賠償制度などを求める「放射能被害のないふるさとをつくる会」は9日、郡山市で発足した。結成総会では、原発事故の賠償請求権の時効に関する特別措置法の早期制定を求める要請書を、自民党など各政党や国会議員に提出することを決めた。
堰の弁の外側、水たまり確認 線量、排出基準超える 福島民友 11/10 ○漏れた水から放射性ストロンチウム90が1リットル当たり140ベクレル(排出基準1リットル当たり10ベクレル)検出された。  東電によると、弁は閉まっており、水が漏れた原因は不明。東電は、水たまりの近くには排水溝がなく、海に流出する恐れはないとしている。ただ漏れた水が排出基準を超えたため、堰内の水29トンを地下貯水槽に移送した。
地下貯水長期化の恐れ 第一原発汚染雨水 漏えい不安抱え 福島民報 11/10 ○東京電力福島第一原発の汚染水問題で、健全性が確認されていないにもかかわらず東電が排出基準を超える汚染雨水を入れた地下貯水槽の使用が長期化する恐れが出ている。東電は2、3号機タービン建屋地下に移すとしているが、いずれの建屋内も大量の汚染水であふれ移送の見通しが立っていない。地下貯水槽は今年4月、漏水した経緯があり、県は早急な対応を求めている。 ■東電対応できず
福島第1、水たまり確認 タンクせきから漏えいか 毎日新聞 11/10 ○東京電力は9日、福島第1原発のタンク群を囲む漏水防止用のせきの弁外側に水たまりがあるのを確認した、と発表した。弁は閉まっていたが、東電は放射性物質を含んだせき内の水が漏れたとみて原因を調べている。…水位は午前、午後ともに約12センチで変化はなく漏えい量はごく微量とみている。
脱原発団体にサイバー攻撃か 33団体に253万通 東京新聞 11/10 ○脱原発などを訴える全国の少なくとも33市民団体に、9月中旬から11月上旬にかけて計約253万通のメールが送り付けられていたことが10日、分かった。特殊プログラムを利用したサイバー攻撃とみられ、団体側は威力業務妨害容疑で刑事告訴を検討している。 団体側代理人の海渡雄一弁護士によると、メールによる攻撃は9月18~30日に石川などの33団体に計約210万通が届いた。このうち2団体には10月24日~11月4日、さらに計約43万通が送り付けられた。  ★不届き至極!?
福島原発:規制委員長が住民聴取拒む 被ばく防護策評価 毎日新聞 11/10 ○東京電力福島第1原発の事故で避難している住民の帰還に向けて、各省庁の被ばく防護などの政策を評価する原子力規制委員会の有識者会合で実施が決まった住民への聞き取り調査が、事前に撤回されていたことが分かった。避難住民に代え、親しい地元首長らに聞き取りをするよう田中俊一委員長が会合後に事務局に指示していた。透明性、中立性を掲げてきた規制委の運営に反するとして、有識者委員から反発の声が上がっている。会合は公開でこれまでに3回開催した。有識者委員らは、復興庁の調査で「帰還しない」「戻るか判断できない」と答えた避難住民が自治体によって最大9割に上ることなどを重大視。住民が帰還を考慮するにあたり、現在の各省庁の施策では不十分とみて、住民の声を聞く機会を設けることを提案した。中村委員が10月16日の第3回会合で了承し、準備のため調整を始めた。  ★更に、不届き至極! 規制委に圧力かどうか。

◎ ブログ・市民メディア
福島みずほのどきどき日記: 脱原発をめざす女たちの会集会 ○脱原発をめざす女たちの会の2周年集会「私たちの脱原発3原則 つくらない! 売らない! 動かさない!」に参加。 脱原発基本法案の再提出、子ども被災者支援法の範囲の拡大、秘密保護法案による原発施設の情報隠蔽懸念に関して報告しました。
植草一秀の『知られざる真実』: 安倍晋三政権の新・三大日本破壊悪徳政策路線
OurPlanetTV: •Fotgazet通信緊急版・シュミレーション「特定秘密」
孫崎享チャンネル: 日本外国特派員協会々長:「特定秘密保護法案」は、悪法で、撤回、または大幅修正を勧告します。 ○日本外国特派員協会 「特定秘密保護法案」は報道の自由及び民主主義の根本を脅かす悪法であり、撤回、または大幅修正を勧告します。日本外国特派員協会は現在日本の国会で審議中の「特定秘密保護法案」に深い懸念を持っています。我々が特に懸念を抱いているのは、記者を標的にして起訴と懲役刑の対象にしかねない同法案の条文び与党議員の一部がそれに順ずる発言です。開かれた社会においては、政府と政治家の活動に関する秘密を明らかにして、国民に知らせることが調査報道の真髄であります。調査報道は犯罪行為ではなく、むしろ民主主義の抑制と均衡のシステムに不可欠
天木直人のブログ: 日本のミサイル防衛強化は米国のためである事を認めた読売
天木直人のブログ: 特定秘密保護法案で身動きとれなくなる安倍政権
醍醐聰のブログ: TPPとアベノミクス~国民が豊かになるのか TPPと経済成長戦略~
五十嵐仁の転成仁語: 11月11日(月) 米国務長官と国防長官がそろって千鳥ヶ淵戦没者墓苑で献花したことの意味

市民社会フォーラム: 朝日放送おはようコール 伊藤惇夫が特定秘密保護法他を語る
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: 里見まさとのおおきに!サタデー 矢野宏さん、福島県富岡町のことを語る
市民社会フォーラム: 11日(月)午後、衆院特別委での「秘密法案」審議を傍聴しよう! ○※衆議院インターネット審議中継 → http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

九条の会: 九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

海兵隊引き留め 歴史的過ち繰り返すな 琉球新報 社説 11/11 ○沖縄の施政権が返還された1972年、在沖米軍基地の過重負担を大幅に軽減する千載一遇の好機が到来したが、日本政府がつぶしていた事実が明らかになった。 米国防総省は、財政難やアジアの緊張緩和を背景に、在沖海兵隊を撤収し、本国への統合を模索したが、日本政府が引き留めていた。  米国の同盟国であるオーストラリアの外交文書から分かった。  一方、米国務省は、市街地で騒音被害を振りまく海兵隊の普天間飛行場をめぐり、「明らかに政治的負債だ」と断定していた。この認識は、海兵隊撤退論に影響を与えたであろう。  国防総省の海兵隊撤退案は、72年10月、駐米豪大使館が本国に宛てた公電に記されている。その後、米政府は在沖基地維持に傾く。沖縄の米軍基地の整理縮小、兵員削減に日本政府が立ちはだかる構図は、当時も今も変わらない。  超大国の覇権主義の失敗は明らかだった。ベトナム戦争に膨大な戦費を投じた米国は財政危機に直面し、72年当時、在沖海兵隊の本国撤収の検討を余儀なくされる。  米国防総省の担当者は、沖縄の2海兵旅団を含め、太平洋の全海兵隊をカリフォルニア州サンディエゴに統合する構想を立案し、「相当安く、有効だ」として効率化を最優先する見解を示していた。  戦争継続中であっても、財政危機の打開策として軍事予算削減に大なたを振るうことが避けられなかったわけだ。日本政府が同意すれば、沖縄の全海兵隊基地が返還されていた可能性が高い。  ところが、翌73年7月、日米安全保障条約運用会議で、防衛庁が在沖海兵隊の維持を主張し、米本国への撤退は不発に終わった。  ★韓国政府と同様に、『行かないで』と縋っていた訳か??? 極めて遺憾。 戦前の感覚で言う所の、鬼畜米英への売国奴!? 未だ、止めない???
官邸の独り善がり危惧 内閣人事局構想 法案を提出 東京新聞 11/6 ○各府省庁の幹部人事は、事務方トップの次官や局長級などの人事案を閣僚がつくり、官房長官と三人いる官房副長官をメンバーとする人事検討会議の承認を得て決まっている。対象は約二百人。 法案は、局長より下の部長・審議官級を加えた計六百人程度について、官房長官が適格性を判断した上で候補者名簿をつくり、首相も加わった協議で決める制度に改める。 これまでは、旧国家公務員I種試験を合格したキャリアと呼ばれる幹部候補が課長補佐級ぐらいまで横並びで昇進。その上のポストは数が少ないため、多くは早期退職し、関連団体などに天下りしていた。優秀な人材でも先に入省した職員を追い越し昇進するのは異例。年功序列は各府省庁への「忠誠心」を強め、国益より省益を重視する風潮も生んだ。
「村山談話」 の精神継承を 学者らが団体結成 東京新聞 11/11 ○日本の過去の植民地支配と侵略を認めた「村山談話」の意義を確認し、その精神を後世に伝えようと、歴史学者や元外交官らが11日、「村山談話を継承し発展させる会」を結成した。集団的自衛権の行使容認に向け、憲法解釈の変更を検討する安倍政権に歯止めをかけたいとしている。 共同代表の一人、田中宏一橋大名誉教授は同日、記者会見し「アジアと日本の間の歴史認識の巨大な溝をどうするか考えてきた。村山談話は政治レベルでそれに応えた重要なものだ」と強調。
特定秘密保護法案反対訴え会見 ジャーナリスト有志 東京新聞 11/11 ○特定秘密保護法案に反対する田原総一朗さんや鳥越俊太郎さんら有志のジャーナリスト8人が11日、東京都内で記者会見し、法案が成立すれば国民の「知る権利」や報道・取材の自由が大きく侵害されると訴えた。 8人は会見の冒頭「私たちは『特定秘密保護法案』に反対します!」と記した横断幕を掲げた。秘密の指定や運用が第三者にチェックされず、検証もできない法案の問題点を次々と指摘。鳥越さんは「国会で廃案にすべきだ」と語気を強め、大谷昭宏さんは「黒字で伏せたところを聞けば(情報漏えいの)教唆に当たる」と話した。
秘密保護法案の撤回・修正求める声明 外国特派員協会 朝日新聞 11/11 ○日本外国特派員協会は11日、国会で審議入りした特定秘密保護法案について、「報道の自由や民主主義の根本を脅かす悪法」として、法案の撤回か、報道活動を脅かさないように大幅な修正を求める声明文を出した。政府と自民党などすべての政党に提出するという。 ルーシー・バーミンガム会長名の声明文では、同法案は「記者を標的にして起訴と懲役刑の対象にしかねない」と懸念を表明。報道の役割を「開かれた社会において、政府と政治家の活動に関する秘密を明らかにし、国民に知らせること」と強調したうえで、「調査報道は犯罪ではなく、民主主義の抑制と均衡のシステムに不可欠な役割を果たしている」と訴えている。 同協会は、1945年に設立。日本で取材する外国報道機関の特派員を含む約2千人が所属している。


ANN: 真冬並みの寒気南下中 東北平野部でも積雪か 11/11 ○真冬並みの寒気が南下中です。東北の平野部でも、11日夜は雪の積もるところがありそうです。 北日本を真冬並みの寒気が南下中で、10日は北海道室蘭や函館で初雪となりました。北海道の日本海側では断続的に雪が降っていて、午前5時現在の積雪は、音威子府村で12センチなどとなっています。この後、寒気は11日夜にかけてゆっくりと南下します。東北地方でも雨が次第に雪に変わり、夕方以降は平野部でも雪の積もるところがありそうです。北日本では、朝晩を中心に路面の凍結に注意が必要です。  ★冬が、やってきた、やって来る!? いよいよ。
NNN: 海面下135mの駅、一般公開終える 11/11 ○北海道と本州を結ぶ青函トンネルの中にある海底駅が北海道新幹線の建設工事に伴い、一般客への公開を終了することを受け、10日、最後に訪れた見学者が名残を惜しんだ。 公開を終えたのは、青森県外ヶ浜町にあるJR北海道・津軽海峡線の竜飛海底駅。竜飛海底駅は青函トンネルの中、海面下135メートルの位置にあり、これまで見学者用に公開されていたが、北海道新幹線の建設工事に伴い、公開を終了することになった。最終日は、160人がツアーに参加し、トンネル工事で使われた坑道などを見学した。 竜飛海底駅は来年3月で正式に廃止され、跡地は北海道新幹線の工事用に使われるという。   ★いづれ、陸続きになるのか、新幹線で。
TBS: 浜松で不発弾処理、一時1万人以上に避難勧告 11/11 ○浜松市のJR東海浜松工場で見つかった不発弾は、全長153センチ、重さ860キログラムで、太平洋戦争の際のアメリカ軍の16インチ艦砲弾とみられています。 現場周辺では10日、午前8時から市民およそ1万2000人に避難勧告が出され、道路は通行止めなどの規制がとられました。また、JRは新幹線などの運転を一時見合わせ、1万2000人に影響が出ました。  ★戦争の遺物、未だ、今日の日常生活に、悪影響! 戦争をしない国へ!? 進路を取れ。
ANN: 石破氏、修正に柔軟姿勢 特定秘密保護法案 11/11  ★ダメなものは、駄目だ。戦争する国!? 戦後否定した、(戦前の)国の姿。 敗戦の反省はないのか???
ANN: 「核問題解決に日本も協力」日・イラン外相会談 11/11 ○岸田外務大臣:「ザリフ大臣から大変、丁寧にジュネーブの内容についてご説明頂きました。内容については大変、詳細かつ生々しい内容でありました」 岸田大臣はテヘランの空港で、ジュネーブから帰国したばかりのザリフ外相と会談しました。共同声明では核問題や環境、麻薬対策などで協力体制を深めることで一致しました。声明のなかで、イランはペルシャ湾の安全確保を約束していて、政府関係者は「地域の安定につながる内容」と評価しています。  ★これから、戦争をしようとする国もある!?
秘密保護法案 「言論統制に近い」 市民団体が訴え 奈良 朝日新聞 11/10 ○国会審議が始まった特定秘密保護法案の成立を食い止めようと、奈良市で10日、市民団体などが街頭で買い物客や観光客らに法案の問題点などを訴えた。 護憲や医療関連団体、食の安全を訴える母親らのグループなどによる「ストップ! 秘密保護法11・10奈良県民集会実行委員会」が主催。近鉄奈良駅前で参加者が次々にマイクを握り、「戦中の言論統制に近いものがあるのに、まだまだ世間の関心が低い」「知る権利が侵害される、民主主義社会にとってあってはならない法律だ」と強調。雨の中、「国民の目・耳・口をふさぐ秘密保護法を許すな」と書いた横断幕を掲げ、市街地をデモ行進した。 模試の帰りという田原本町の中学3年の男子生徒(15)は「法案のことはきょう初めて知ったけど、国民主権なのに国民に秘密にされるなんておかしいと思う」と話した。  ★中学3年の男子生徒(15)、その通り。本当は、大人も分かる筈なんだ!? 知れば、ね。
特集:特定秘密保護法案、成立したら ──市民生活こうなる 崩壊する知る権利 毎日新聞 11/10 ◆ケース<1> 原発の津波対策を調べる住民  ◇「そそのかし」で有罪  ★そんなバナナ!? 市民生活が守れない!?
特定秘密保護法案:ここが問題!!/4 「違法」 基準は政府次第 潜入取材も処罰の恐れ 毎日新聞 11/10 ◇21条2項・出版又は報道の業務に従事する者の取材行為は、正当な業務による行為とする  「人を欺き、施設に侵入した」行為も含まれている。多くのジャーナリストが東京電力福島第1原発に作業員の身分で潜入し、現場を報じた。日本弁護士連合会は「記者の身分を偽って施設に潜入するような取材は、不当な取材として処罰される恐れがある」と指摘する。結局、「正当な業務」かどうかは政府の判断次第なのだ。  ★恣意、丸出し、馬鹿丸出し!? しかも、暴かれないと保証!?
特定秘密保護法案:ここが問題!!/3 最高懲役10年、重い罰則 公務員萎縮、隠蔽の心配 毎日新聞 11/9 ◇22〜26条 特定秘密を漏らしたときは10年以下の懲役及び1000万円以下の罰金  特定秘密を知っている公務員や秘密の提供を受けた民間の業者は漏らすと最高で10年の懲役になる。スパイに協力し、金品を得るなど悪質だと1000万円以下の罰金が加わる重罰だ。現行の防衛秘密は最高で5年。国家公務員法や地方公務員法の守秘義務違反は1年だから格段に重い。  ★悪事を暴くのは、主権者の正当な権利・(同輩への)義務!?でもある。
特定秘密保護法案:ここが問題!!/2 指定期間 「永久」 の可能性 解除後の扱い、あいまい 毎日新聞 11/7 ◇第4条(指定の有効期間及び解除) 指定の有効期間が30年を超えるときは、その理由を示して、内閣の承認を得なければならない  特定秘密に指定された情報が「永久秘密」になってしまう可能性がある。法案は秘密指定の有効期間を5年間と定めるが、それを30年まで更新できると定めている。「30年」は公文書管理法が定める公文書保存の最長期間だ。だが、30年たったら公開されるかというと、必ずしもそうではない。例外規定があるためだ。  ★必ずしもそうではない。例外規定があるため  ??? それは、甘すぎる表現。過去の実例を見れば、情報公開は、1例のみ!? 闇に葬るも同然の規定、宣言だ。知る権利を失えば、参政権の手がかりを失う。 真実、歴史による検証が不能になる。つまりは、民主主義の否定、破綻に!? 暗黒の戦前回帰!? 主権者から、臣民へ降格…、主権剥奪、人権剥奪…
特定秘密保護法案:ここが問題!!/1 原発情報、解釈分かれ 指定の妥当性、検証できず 毎日新聞 11/6 ◇第3条(特定秘密の指定) 漏えいが国の安全保障に著しい支障を与える恐れがあり、特に秘匿が必要なもの  国の役所が持つ重要情報を漏らすと最長10年の懲役に−−。「特定秘密保護法案」で指定される特定秘密とはどんなものなのか。 政府は(1)防衛(2)外交(3)スパイなどの防止(4)テロ防止−−に関するもので、特に隠しておく必要がある情報、と説明している。
  秘密にするほどでもない情報や、行政にとって都合の悪い情報が指定されたとしても、検証の方法はない。 「念のため」秘密にしていくうち、増えすぎる心配はないのか。早稲田大大学院の春名幹男客員教授は「米国では核に絡む秘密が増えすぎた。中央情報局(CIA)の人数や予算まで秘密にされてきた。日本は抑制するように注意すべきだ」と話している。 識者らからは、事前・事後に第三者が秘密指定の妥当性をチェックできる仕組み作りを求める声が上がっている。


TBS: 北日本で大荒れの天気、北海道北部は吹雪 11/10 ○10日の日本列島は、発達した低気圧の影響で北海道など北日本を中心に大荒れの天気となりました。 北海道では、えりも岬で最大瞬間風速42.7メートルを観測するなど、各地で強い風と雨が続きました。北海道東部の厚岸町では、強風で看板がはがれたり、農業用の倉庫が飛ばされるなどの被害が出ました。 また、午後からは北部など一部の地域で雪となりました。稚内では市内中心部も一時、吹雪模様となり、横殴りの雪の中を身を縮めて歩く人の姿が見られました。 北海道は11日にかけて日本海側を中心に大雪になるおそれがあり、気象台では交通機関への影響などに注意を呼びかけています。
TBS: 伊豆大島でも激しい雨、竜巻注意情報が発表 11/10 ○先月、大規模な土砂災害で甚大な被害が出た伊豆大島でも10日午後、激しい雨に見舞われました。 大島町では午後4時半までの1時間に32ミリの雨量を観測。午後4時半前、伊豆諸島の北部と静岡県に竜巻注意情報が出されました。また、午後5時過ぎには、千葉県にも竜巻注意情報が出ました。
【特定秘密保護法案】 <国家のヒミツ> 情報保全隊に監視されて 守るのは国民より自衛隊 東京新聞 11/10 ○政府が指定した秘密を守ることを大義名分に、ジャーナリストや市民が厳罰に処せられる恐れのある特定秘密保護法案。すでに、自衛隊による国民監視の実態がある。さらに国民に圧力をかけようというのだろうか。  二〇〇七年六月、防衛相直轄の部隊、情報保全隊がイラク派遣に反対する人々の情報を収集していたことを示す内部文書が流出した。陸上自衛隊東北方面情報保全隊が収集した情報を週単位で一覧表にした「週報」で計十一部百六十六ページ。 名前を掲載された東北六県の住民が精神的苦痛を受けたとして国を訴えた裁判で、仙台地裁は昨年三月、人格権を侵害したとして計三十万円の賠償を国に命じた。原告と国の双方が控訴し、裁判は現在も続いている。  ★まさに、安倍コベ!? 守るのは国民より自衛隊??? とんでもないこと。主権者の権利侵害。
【特定秘密保護法案】 <ウォッチ> 「国家の安全に優先せず」 「法案批判は放送法違反」 東京新聞 11/10 ○「知る権利」が国家の安全に優先するとの考えは間違い。法案に批判的なテレビキャスター発言は放送法違反-。特定秘密保護法案をめぐり、自民党の閣僚経験者や政権幹部から、国民の知る権利や報道の自由を軽視するかのような発言が続いている。  ★最高法規、憲法上に根拠は、あるか、何か??? 人権は、憲法上(明記)の最高価値なんだけど! 不可解。
秘密保護法案:秘密の範囲、民主案より拡大 毎日新聞 11/10 ○衆院で審議が始まった特定秘密保護法案は、民主党政権が提出を検討していた当時の案に比べ、秘密の範囲が拡大されていることが分かった。法案を所管する内閣官房は「変更はない」と説明してきたが、実際には秘密の対象に「特定有害活動(スパイ活動など)の防止」が加わっていた。警察当局などの情報収集活動が一層チェックしにくくなる内容になっている。 ◇スパイ活動防止を追加  ◇民主党政権の秘密保全法案◇
国民投票法―「18歳」 はどこに行った 朝日新聞 社説 11/10 ○かつて自分たちが法律で決めたことでも「だめなものはだめ」、それが憲法改正の党是を妨げても構わない――。  改憲の手続きを定めた国民投票法改正をめぐり、自民党内でこんな珍妙なことが起きた。  国民投票法で認められている18歳からの投票権を実質的に20歳に引き上げる改正案を、自民党がまとめたのだ。  憲法改正の議論には将来を担う若者に参加してもらいたいという理念にも、18歳以上に選挙権を認める世界の潮流にも反する案だ。再考を求める。
労使協定無い中小企業、6割が「違法残業」 厚労省調べ 朝日 11/10 ○残業や休日出勤を従業員に命じるときに必要な労使の協定が、中小企業の半数超で結ばれておらず、このうち6割弱で「違法残業」があることが厚生労働省の調査で分かった。また、協定のない企業の4割弱が「協定の存在を知らない」と答えていた。  ★三六協定がなければ、定時をこえれば、違法残業だ。…無法地帯、ブラック企業に限らず、か。
秘密保護法案を問う テロ・スパイ捜査 毎日新聞 社説 11/10  ◇歯止めが利かぬ懸念  特定秘密保護法案では、防衛や外交分野だけでなく、テロ活動防止とスパイ活動防止に関する捜査や調査の情報も特定秘密の対象となる。その指定を担うのは主に警察庁と公安調査庁で、指定の権限を持つ「行政機関の長」は、警察庁長官と公安調査庁長官だ。両者の判断で特定秘密の指定に加えて5年ごとの延長が決められる。それは内閣の承認が必要となる30年まで続く。 監視活動が主体の公安捜査はともすれば行き過ぎる傾向にあり、国民の人権上の観点からも看過できない。両庁の指定は問題が大きい。
週のはじめに考える TPPが脅かすもの 東京新聞 社説 11/10 ○TPP(環太平洋連携協定)交渉が大詰めを迎えます。遅れて参加した日本は、事前協議などで米国への譲歩を繰り返しています。これが国益なのか。 「何が秘密なのかも秘密」-。安倍政権が成立を目指す特定秘密保護法案に国民の不安が高まっていますが、TPPも徹底した秘密主義をとっています。内容が漏れれば、参加十二カ国の妥結に影響がでるからという。守秘義務を四年間も強いる異常さです。 国民が知らない間に食や農業、医療や保険、教育、雇用、文化まで生活の基盤が根底から変わることが決まっていたら大変です。 ◆守れなければ席を立つ  ★然り!
 ◆命か企業利益かの選択  極端に市場主義が浸透した米国、とりわけ富の拡大を目指す「1%の勢力」にとって、各国の制度は邪魔なものです。そこで米企業や米政府が使うのが「競争条件を対等にせよ」という決まり文句です。いかにも正論に聞こえる「対等な競争条件」を錦の御旗に、邪魔なルールや制度を徹底的に壊すか、都合よく変えさせる。 「TPPの本質は市場の強奪です。今の流れでは日本が大切にしてきた伝統や支え合い社会が崩壊する。『開国』が『壊国』になる」と東京大学大学院の鈴木宣弘教授(農業経済学)は言います。  ★ダメなものは、駄目!
「軍事で島は守れない」 八重山毎日新聞 11/10

TBS: フィリピン台風被害、「死者1万人」との情報も 11/10 ○今年発生した中で最も強いとされる猛烈な台風30号が8日に直撃したフィリピン中部では、レイテ島やサマール島で高波などにより甚大な被害が出ました。この台風による被害について、フィリピンの国家災害対策本部は死者が少なくとも151人に上ったと発表しています。フィリピン赤十字は、特に被害が大きかったレイテ島の中心都市・タクロバンなどで死者の数が1200人以上に上る見通しだとしています。 「報告によれば、レイテ島全体の犠牲者の数は1万人に上ることが推定されます」(レイテ島の警察の担当者)

TBS: イラン核問題、合意できず20日に再協議 11/10 ○「実際、とてもすばらしく、とても生産的な3日間でした。何かを創造できたし、前進もできました。それは幸せなことです」(イラン ザリフ外相) 3日間の長い協議を終え、EUのアシュトン上級代表と共に会見場に姿を現したイランのザリフ外相。当初は「双方が最善を尽くせば合意は可能」と述べていましたが、厚い壁を崩すことはできませんでした。 イランの前に立ちはだかったのはフランス。AP通信によりますと、ウラン濃縮など核開発を制限するイランの提案を「十分には程遠い」と批判し、強硬な姿勢を貫いたといます。アメリカのケリー国務長官は「意見の違いは当然で、それが交渉の本質だ」と述べましたが、6か国の足並みの乱れが混乱の要因となりました。また、核開発を制限する見返りである経済制裁の緩和についても双方の隔たりは埋まりませんでした。 閣僚級という役者がそろい、一時はゴール間近かと思われましたが、時間がたつにつれてほころびが露呈した今回の核協議。次回までに立場の違いを埋めるのは容易ではありません。  ★残念!?

茨城県で震度5弱 時事通信 11/1010日午前7時38分ごろ、関東地方で地震があり、茨城県南部で震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約70キロ、地震の規模(マグニチュード)は5.5と推定される。 
TBS: 茨城で巨大地震想定の訓練、1万人が参加 11/10 ○茨城県沖でマグニチュード9クラスの巨大地震が発生して、大津波警報が出たことを想定した訓練が行われ、倒壊した家屋に閉じ込められたり、津波で流されたりした人の救助活動などが行われました。 8回目となった今回の訓練には、およそ1万人が参加しました。  ★成果は、如何に?
ANN: 10日は暴風雨に警戒 北日本、北陸で大荒れに 11/10 ○10日は北日本や北陸を中心に大荒れの天気に警戒が必要です。 急速に発達する低気圧と前線の影響で、10日は北日本や北陸を中心に暴風雨となる見込みです。前線が通過する際は激しい雨に加え、風が非常に強まり、落雷や竜巻などの突風の恐れもあります。関東も夕方以降、雨脚が強まる予想です。停電や交通機関に影響が出る恐れもあるため、注意が必要です。
ANN: 死者1200人超か 台風30号直撃のフィリピン 11/10 ○台風30号の影響で、フィリピンの赤十字は、1200人を上回る死者が出たという見通しを示しました。 この台風は、最大瞬間風速90メートルに達し、住宅の屋根が飛ばされたり、巨大なはしけが流されたりするなど、各地で大きな被害が出ました。フィリピン政府は、138人が死亡し、約428万人が被災したと発表しています。一方、ロイター通信によりますと、フィリピンの赤十字は、レイテ島などで死者が1200人を上回るという見通しを示しました。
NNN: イラン核問題協議3日目、露外相も現地入り 11/10 ○スイス・ジュネーブで行われているアメリカやロシアなど6か国とイランの協議は、8日から閣僚級に格上げされ、日本時間9日夜にはロシア・ラブロフ外相も急きょ、現地に入った。 イギリス・ヘイグ外相「協議は非常に良い進展をした。現在も進展を続けている」 9日は関係国の会合が断続的に開かれており、アメリカ・ケリー国務長官とイラン・ザリフ外相の直接協議も行われている。 焦点は、核兵器への転用につながる恐れのある高濃縮ウランの製造停止と、これに伴う経済制裁の緩和で、イランの核開発に歯止めをかける初めての合意を目指し、交渉は大詰めを迎えている。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: