FC2 Blog Ranking
2013-11-13

11/13: 冬の賞与、5・7%増 バブル期以来の伸び&生活保護159万世帯…無・低年金&中小企業労組は9500円要求&経営側

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・自民・徳田毅議員、離党届を提出  7時2分
 ・徳洲会公選法違反、姉ら親族が“裏金”4000万円手渡し  19時42分
 ・山本太郎議員宛てに刃物入りの封筒、脅迫事件として捜査  17時50分
 ・汚染水問題、水産物への影響に外国人記者から疑問相次ぐ  18時29分
 ・特定秘密保護法案、自・公・維が修正協議を開始  19時40分
 ・JR北海道、レール幅の数値改ざん認める  0時0分   ★徹底的な情報開示が、不可欠、包み隠しのない説明を
 ・徳田議員きょうにも離党届、自民は党内手続きへ  7時2分
 ・フィリピン台風被害、日本人約100人の安否確認急ぐ  12日(火)23時58分   ★大自然の猛威の前では、国籍など、形無しだが、人命救済、人権回復を!!
 ・ケンコーコム、処方箋薬のネット販売の権利求め提訴  6時5分
 ・防衛相、フィリピンに50人規模の自衛隊派遣を決定  7時2分

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
11月13日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 秘密の自己成就  誕生日の花 ヒマラヤスギ 花言葉 あなたのために生きる
今日の「○」と「×」: 鉄道「人身事故」多発に「×」。 「×」 東海道本線 藤沢駅で人身事故 運転再開
 今日のトピックス Blog11/12: 原発ゼロへ共闘 細川・小泉元首相「国民運動を」 原子力「即ゼロ」!? 良いね!協同・共闘しよう 嫌いな人とでも  ★是迄も、これからも、脱原発、反原発の国民の声、行動が、方向付けし、原動力である。これに、幾多の加担があっても良い。多々益々弁ず、であろう。猶、妙な力学には、注意したい。

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 「ピースおおさか」の「危険な歴史博物館への道」を止める思い 井上淳さん(「ピースおおさかの危機を考える連絡会」会員)
今週の一言: 田中正造・立憲政治への熱い思い ――没後100年に寄せて―― 飯田進さん(田中正造を現代に活かす会事務局長)
今週の一言: 「慰安婦」問題webサイト"Fight for Justice日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任"の開設 林博史さん(関東学院大学教授・日本の戦争責任資料センター研究事務局長)
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年10月24日付   注目!「坂口安吾と憲法9条」東京新聞 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月21日付   注目!都教委に対して住民監査請求 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月17日付   注目!9条世界会議・関西に約5000人 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月14日付   注目!日本ペンクラブが憲法集会 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月10日付   注目!ヘイトスピーチは「人種差別」 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月7日付   警戒!日米ガイドライン、2014年再改定へ その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年9月16日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】 第2回「憲法感覚の培い方」

      コメンテーター:水島朝穂・早稲田大学教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
      2013年11月11日(月)18:30~21:00
     第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

震災前に取り扱いミス 4号機プールに損傷核燃料3体 福島民友 11/13 ○東京電力は12日、福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールから燃料集合体1533体の取り出しを近く始めるのを前に、震災前に折れ曲がるなどした損傷燃料が3体あることを明らかにした。県と原発周辺市町村、有識者でつくる県廃炉安全監視協議会の現地視察で示した。損傷燃料の取り出しは最後に回し、取り出し方法を今後検討する。  ★何故? 震災前と言えるのか??? 震災時ではないのか?
柏崎刈羽、再稼働審査へ 「福島の収束優先」 一転 東京新聞 11/13 ○原子力規制委員会は十三日、東京電力が再稼働を申請している柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の審査を始めることを決めた。これまでは「福島第一原発の事故収束が優先」として事実上、凍結していた。近く公開の審査会合を開く。 同日午前に開かれた規制委の定例会合で、柏崎刈羽原発への対応は議題になっていなかったが、田中俊一委員長が「(委員の)皆さんの意見を聴きたい。再稼働申請があれば審査するのは規制委の法的な義務。止めておくと問題が出る」と切り出した。 さらに田中氏は、近く公開の会合を開き、東電の再稼働申請に大きな問題があるかどうかまで審査を進めると提案。ほかの委員から異論はなく、田中氏が「(審査が)すいすい進むと考えられないが、入り口に入る」とまとめた。  ★宗旨替えしたのかな!? 従来の姿勢を転換しつつあるのは、疑いないのか。 極めて遺憾だ。
甲状腺本格検査、14年度に25市町村で実施 福島民友 11/13 ○県と福島医大は12日、東京電力福島第1原発事故に伴う県民健康管理調査の甲状腺検査で、2014(平成26)年度から実施する本格検査の概要を明らかにした。14年度は双葉郡8町村や避難区域がある市町村、空間放射線量が比較的高い県北地域を中心に中通りの25市町村から始め、線量が比較的低いとされるいわき市や県南、会津地域の34市町村は15年度に実施する。  福島市で同日開いた県民健康管理調査検討委員会で福島医大が示した。市町村別の検査実施年度は【図】の通り。本格検査ではこれまで原発事故当時18歳以下だった検査対象者に、事故直後の11年4月2日から1年間に生まれた新生児も加える。総数は約38万5000人と見込まれる。
高線量17カ所から5カ所へ減少  県放射線マップ更新 上毛新聞 11/13
利根川水系のウナギ出荷制限 東京新聞 11/13 ○県は十二日、境大橋(境町)より下流の利根川で、支流を含めてウナギの出荷を制限するよう国の指示があったと発表した。県境に接している千葉県の利根川で捕れたウナギから基準値(一キログラムあたり一〇〇ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出されたため。 茨城県内の利根川水系でウナギが出荷制限されるのは初めて。県は同日、関係する漁協に出荷を控えるよう要請した。
知事 「移住支援」 提言容認 帰還の方針は維持 福島民報 11/13 ○東京電力福島第一原発事故からの復興に向けた自民、公明両党の第三次提言について、佐藤雄平知事は12日、「全員帰還」を原則としてきた政府の避難者対策に、新たに帰還困難者の移住支援が盛り込まれたことを容認する考えを明らかにした。自民党の東日本大震災復興加速化本部の大島理森本部長と県庁で懇談後、記者団に語った。将来的には住民帰還を目指す姿勢を維持しながらも、移住支援による生活再建という提言の「現実路線」に理解を示した。
 ■全基廃炉など盛り込み要望  大島本部長との懇談で、佐藤知事は県内原発の全基廃炉、除染の長期目標などを提言に盛り込むよう要望した。  要望では(1)国が主体性を持って廃炉・汚染水対策に取り組むこと(2)県民の総意である全基廃炉の実現(3)国による線量基準の説明責任(4)除染の長期目標である追加被ばく線量1ミリシーベルトの堅持(5)十分な損害賠償の実施-を求めた。  提言の骨子を説明した大島氏は「国がもう一歩前進し、新たな加速化へのスタートにしたい」と述べた。
小泉氏の原発論 首相は耳傾け決断を 毎日新聞 社説 11/13

福島第1原発の安定化作業: 変形・損傷…4号機の燃料3本、取り出し困難 11/12

毎日記者の会見出席拒否=規制委 「訂正記事出るまで」 時事通信  11/11 ○毎日新聞は10日付朝刊の1面で、「規制委員長住民聴取拒む」の見出しで報道。東京電力福島第1原発事故で避難した住民の帰還対策を議論する規制委の検討会で決まった地元住民の聞き取り調査について、田中委員長が拒否し、代わりに地元自治体の首長から話を聞くよう指示したなどとする内容を掲載した。 原子力規制庁は11日付のホームページ上で報道内容を「事実誤認である」と否定。同日開かれた検討会終了後の記者説明の場でも、毎日新聞記者を退席させた。  ★どこが事実誤認なのか? 住民の聞き取り調査するのか、しないのか、はっきりせよ。白黒相反して伝えたなら、兎も角。規制委が、しない方向なら、事実誤認ではない! 取材拒否など、論外! 保安院の頃から、この手の話が、断続的にあるが、警察官僚起用しても、このザマか。それとも、狙い通りか。麻生も安倍コベ氏も、警察大好き!?だから。
原発ゼロへ共闘 細川・小泉元首相「国民運動を」 東京新聞 11/12 ○細川護熙(もりひろ)元首相(75)は十一日、都内での本紙のインタビューで、安倍政権の原発再稼働路線を「犯罪的な行為だ」と批判し、「原発ゼロ」に向けた活動を国民的な運動に発展させたい考えを示した。講演会などで「原発ゼロ」を主張している小泉純一郎元首相(71)と会談したことを明らかにし「目的を達成するまで、主張し続けていきたい」と述べた。国民的な人気のあった首相経験者二人が立場を鮮明にしたことで、脱原発運動に新たな局面がひらける可能性がある。
TBS: 小泉元首相、会見で改めて持論の「脱原発」を展開 11/12 ○「これからの日本において『核のごみ』の最終処分場、めどをつけられると思う方が楽観的で無責任すぎる。なぜ10年以上かかって(最終処分場を)1つも見つけることができないのか、政治の責任で進めようと思ったけれどできなかった。それを(原発)事故のあと『これから政治の責任で見つけなさい』 というのが(原発)必要論者の主張。この方がよっぽど楽観的で無責任」(小泉純一郎元首相) 「野党は全部“原発ゼロ”に賛成、反対は自民党だけ、しかし本音をさぐれば自民党の議員で賛否は半々だと思っている。安倍首相が『ゼロにしよう』と言えばそんなに反対は出ない」(小泉純一郎元首相) そして、安倍総理に対して、国民から与えられた権力を使って脱原発にかじを切るべきだ注文をつけました。  ★即時、原発ゼロ!!へ、進路を取れ。『即時』と氏も言っている。
原子力「即ゼロ」を=安倍首相に政策転換迫る-小泉氏 時事通信 11/12 ○原子力「即ゼロ」
ANN: 全員帰還“断念”与党提言に福島県知事が理解示す 11/12 ○自民党と公明党は、原発事故からの復興に向けた提言を福島県に説明しました。提言には、避難住民全員の帰還を事実上、断念する内容も盛り込まれていますが、佐藤知事は一定の理解を示しました。さらに、除染への国費投入についても「国が主体性を持って取り組んでほしい」と評価しました。
13日に4号機で作業の実証試験 燃料取り出しへ最終段階 東京新聞 11/12 ○福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出しを前に、東京電力は13日に4号機原子炉建屋カバー内に実際の燃料輸送容器を搬入し、作業の安全性を確認する実証試験を行う。取り出し機器の使用前検査をした原子力規制委員会は12日、東電に検査終了証を交付した。 燃料取り出しに向けた準備作業は最終段階に入った。東電は実証試験を経て、近く取り出しを開始する。 実証試験はプールのある5階部分で、実際の燃料輸送容器をクレーンでつり上げ、安全性を確認する。水中で模擬燃料を使った移動訓練も実施する予定。
甲状腺がん、7人増え25人に 福島原発事故の影響調査 東京新聞 11/12 ○東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」検討委員会が12日、福島市で開かれ、甲状腺がんと診断が「確定」した子どもは、前回8月の18人から7人増え、25人になったと報告された。「がんの疑い」は33人(前回は25人)。 また、原発事故が起きた2011年3月11日から4カ月間の外部被ばく線量の内訳を公表した。「確定」と「疑い」に、手術の結果「良性」と判明した1人を含む計59人のうち、外部被ばく線量の調査に回答したのは21人。
71万ベクレルを検出=連日最高値、漏えいタンク周辺-福島第1 時事通信 11/12 ○東京電力は12日、福島第1原発で汚染水約300トンが漏れたタンク近くの観測井戸で10日に採取した地下水から、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり71万ベクレル検出されたと発表した。 7日に採取した分の同42万ベクレルから4日連続で過去最高値を更新した。東電は「検出された値を見れば、漏れたタンクの汚染水の影響が考えられる」と
「管理できるのか」 被ばく計測、避難住民ら不信感 福島民友 11/12 ○東京電力福島第1原発事故による避難住民の帰還に向けた放射線対策で、原子力規制委員会の検討チームが11日に了承した提言案では、帰還の際に住民が携帯する個人線量計で被ばく線量を計測するとされ、避難住民は個人が線量を管理することに不信感を示した。一方、年間の追加被ばく線量の限度に1ミリシーベルトを用いず、あらためて1~20ミリシーベルトの範囲としたことに、避難住民や首長らは「あくまで1ミリシーベルト」と強く求めた。
福島の 「玄米」 1袋から基準値超セシウム検出 福島民友 11/12 ○県は11日、2013(平成25)年産米の全量全袋検査で福島市の旧福島市の農家1戸が生産した玄米1袋から食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を上回る1キロ当たり110ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。基準値を超えた玄米は同市が隔離して処分するため市場には流通しない。
「切り捨て」 懸念の声 全員帰還の転換 与党提言 東京新聞 11/12 ○提言は、年間被ばく放射線量が五〇ミリシーベルト超の帰還困難区域について「今後何年間は帰還困難かを明確に示す」とし「新しい生活を選択するために必要な判断材料を、国は提示する責任がある」と指摘。除染は放射線量が低く、効果が見込める地域に重点化する方向性を打ち出し、費用も東電の負担とする原則を改め、国費の投入を求めた。 民主党政権時代から続いてきた全員帰還の方針に変化の兆しが見え始めたのは、昨年末に自民党が政権に復帰してから。福島県内外で避難生活を強いられている帰還困難区域の住民が約二万五千人に上るにもかかわらず、区域内の除染が進む見通しが立たなかったためだ。 安倍首相は二月、避難者の早期帰還に「全力を尽くす」としつつ「その先の希望をつくらなければならない」と、他地域への移住策を進める可能性を示唆。党内には、地元の反発があっても全員帰還を転換せざるを得ないとの空気が広がり、七月の参院選勝利で政権が安定すると一気に流れは強まった。 首相は十一日、提言を受け「新しい政策を一歩前に進めていく選択肢の判断基準を示していただいた。国がしっかりと前へ出る考えで取り組む」と、内容を踏まえて具体策をつくる意向を示した。 ただ、帰還困難区域を抱える自治体は、提言への不満や不安を隠さない。 飯舘(いいたて)村の菅野典雄村長は「高線量地区でも帰りたい人、低線量地区でも帰れない人がいる。線量で支援策を分ければ、住民間で対立する恐れがある」と懸念を強調。 浪江町の馬場有(たもつ)町長は「賠償や除染がこれで終わりだという、被害の切り捨てになってはならない」と訴えた。

◎ ブログ・市民メディア
hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳): 道徳教育で労働法を教えよう?  ★この場を借りて、一言。法の支配を逸脱して、安倍コベ政権の恣意、押し付けのみを断行しようとするから。復古の“道徳教育”なんてのが、政府受けする!? 道徳が上から与えられるなんて、いつから、いつまでか???
失業を想定しない大甘政府試算を吹き飛ばす、東京大学教授らのTPP影響試算発表!


九条の会: 九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

【栃木】 生活保護 法改正しても柔軟に 東京新聞 11/13 ○生活保護費の抑制策を盛り込んだ生活保護法改正案が今国会で審議されていることを受け、反貧困ネットワーク栃木は十一、十二の両日、生活保護の申請窓口となっている県内の福祉事務所に対し、法が改正された場合も柔軟な対応を求める要請書を提出した。 改正案は、受給申請時に資産や収入に関する書類の提出を義務付け、親族の扶養義務を強化する内容。 要請書では、「(改正案が)成立した場合、実質的に生活保護制度の利用をこれまで以上に困難にする」と懸念。「制度を運用するのは各自治体に置かれている福祉事務所であり、地域福祉の推進は自治体の裁量に委ねられている」とした上で、窓口に来た申請者を追い払う「水際作戦」をしないことや、受給者に自動車の保有を認めることなど九項目を要望している。
冬の賞与、5・7%増 バブル期以来の伸び 東京新聞 11/13 ○経団連が13日発表した大手企業の冬の賞与・一時金(ボーナス)の第1回集計によると、平均妥結額は昨冬比5・79%増の82万2121円となった。2年ぶりの増加で、伸び率はバブル期の1990年(6・15%)以来の高さだった。 金額は、80万円台を2年ぶりに回復した。景気の改善傾向を反映した形で、業種別では為替の円安進行で業績が大幅に改善した自動車が13・02%増の91万5818円と、第1回集計では過去最高の伸び率となった。 今回集計した企業の多くは、2013年の春闘で既に夏冬のボーナスを決めていた。  ★飽く迄、経団連傘下の大企業の話。素も素も、内部留保、大企業はして来たのだから、少々、ハタイタところで、出費は、たかが知れている。問題は、中小企業やその従業員、或いは又、非正規社員・従業員の大改善だ。そうでなければ、歪の侭か、失速するか、反発を買うかであろう。
生活保護159万世帯に 8月時点で、過去最多を更新 東京新聞 11/13 ○厚生労働省は13日、全国で生活保護を受給している世帯が8月時点で159万249世帯(前月比1728世帯増)となり、過去最多を更新したと発表した。 受給者の人数は215万9877人(同931人増)だった。 65歳以上の高齢者世帯が前月比971世帯増え71万6043世帯となり、全体の45%を占めた。働ける世代を含む「その他の世帯」や母子世帯はいずれも微増。厚労省は「無年金や低年金などで生活が困窮し、生活保護を受ける高齢者の増加傾向が続いている」と分析している。  ★何故、無年金や低年金なのか? 多いのか? 説明を! 所管の大臣が『百年安心の年金』なんて大言壮語したのは、ついこの頃のことだと記憶するが。
中小企業労組は9500円要求へ 連合、近年で最大の額  東京新聞 11/13 ○大企業を中心に業績改善が進む中、既に連合全体でベースアップ要求を決めており、さらに中小労組や地方に賃上げを波及させる狙いがある。連合や産業別労組の幹部による会合で大筋了承されており、12月3日の中央委員会で正式決定する。
ケネディ大使15日に赴任 「日米同盟の理解に全力」 東京新聞 11/13 ○米国の新駐日大使キャロライン・ケネディ氏(55)の就任を祝う行事が十二日夕(日本時間十三日午前)、ワシントンの駐米日本大使公邸で開かれた。ケネディ氏は「日米同盟の強化と相互理解に全力を尽くすことを約束する」と赴任に意気込みを表明した。 ケネディ氏は初の女性駐日米大使として、デザイナーの夫エドウィン・シュロスバーグ氏と共に十五日に東京に到着。十八日以降、安倍晋三首相や岸田文雄外相らと面会する。十九日には天皇陛下への信任状奉呈式が予定される。
秘密保護法 憲法に照らす 国民主権が掘り崩される 信濃毎日新聞 社説 11/13 ○国会で審議が進んでいる特定秘密保護法案について、憲法に照らして考えてみたい。  結論を先に言えば法案は憲法の精神と相いれない。憲法が目指すものと逆の方向を向いている。  そう考える理由は、主に二つある。第一。法案は国民主権の原理に背反し、日本を官僚主導の国にしてしまう。第二。法案は行政府の権限を肥大化させ、立法府と司法府の機能を損なう。
  <「表現の自由」の危機> 〈国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する〉  国民が主権者だと、憲法前文は格調高く宣言している。  国民主権は憲法の諸原則のうち最も大事なものだ。いわば憲法の一丁目一番地。
米国の通信傍受/機密の壁が不信を深める 神戸新聞 社説 11/13
社保庁解雇―政治のパワハラだった 朝日新聞 社説 11/13 ○怒りに任せた公務員たたきは大きな禍根を残した。  およそ4年前、社会保険庁の廃止と日本年金機構の設立に伴い、職員525人が解雇(分限免職)された。このうち71人が不服を申し立て、人事院が審査していた結果が先月、1人を除いて出そろった。  実に34%にあたる24人について、処分が「妥当性を欠く」として取り消された。退職金が出るとはいえ、解雇という最も厳しい処分が国の手で拙劣に行われたと判断されたわけだ。  国家公務員の分限免職は、1964年末にあって以来のことだった。それが取り消しとなる意味は重い。   ★国会の、多数党の、「江戸の敵を長崎で」式の、感情に任せた、時の政府と議員の乱行だった。 法の支配の責任と矜持を失うもの。反省しない侭ではないか。

イスラエル 2万戸入植計画撤回 米やパレスチナ反発受け 東京新聞 11/13 ○イスラエル住宅省が占領地のヨルダン川西岸に、ユダヤ人入植者用の住宅二万戸の建設を新たに計画していることが十二日、判明した。パレスチナ側が強く反発、米国も同調したことを受け、ネタニヤフ首相は急きょ、計画撤回を命じた。AFP通信が伝えた。 和平交渉は進展のないまま、約三カ月が経過。イスラエルはその間も、パレスチナが将来の国家建設を見込む占領地への入植を推進中。 今回の計画は、態度を硬化させていたパレスチナ側を、さらに刺激していた。

TBS: フィリピン台風被害、日本人約100人の安否確認急ぐ 11/12 ○フィリピン中部を襲った台風30号。被災地では、食料や飲み水の不足、そして衛生状態の悪化など厳しい状況が続いています。交通や通信のインフラが壊滅し、被害の全体状況が見えません。救援活動もなかなか進まないようで心配です。現地に駐在する日本人、およそ100人とは今も連絡が取れておらず、政府は安否の確認を急いでいます。 フィリピンの被災地に設置された医療テントの前には、長い行列ができていました。皆、マスクや指で鼻を押さえています。現地の衛生状態は極めて悪くなっています。 街のあちこちに置かれた遺体袋。兵士らが袋を運び、整然と並べていきます。地元紙では「多くの遺体が木にぶらさがったままだったり、がれきに埋もれ道端に放置されている」と伝えています。
TBS: JR北海道、レール幅の数値改ざん認める 11/12 ○入力されたシステムデータの一部に不一致があり、数値が異なっていた」(JR北海道・豊田誠常務)  JR北海道の豊田誠常務は会見で、「世間一般でいうところの改ざんととられても仕方がない」と述べ、数値の改ざんがあったことを認めました。 函館保線管理室の区間で、レールの「切り替え」ポイントと列車の待機に使う「副本線」に複数の場所で、現場の数値とパソコンに入力した数値に食い違いがあるということです。  ★根深い、JRの醜態を取り繕おうとしたのだろうけれども、『真実は、細部に宿る』となって、ボロ隠しが出来ない、か。抜本解決が、安全・安心のために、求められる。唯、北海道の場合、自動車が普及(事故も多い)しているから、役割分担も、検討しないと。過去の清算とは、別かどうか…
TBS: ケンコーコム、処方箋薬のネット販売の権利求め提訴 11/13 ○薬のインターネット販売を巡って、ネット販売業者が「医師の処方箋が必要な薬についても販売を禁止するのは違法だ」として、国を相手に訴えを起こしました。 訴えを起こしたのは、医薬品のネット通販会社「ケンコーコム」で、厚労省が処方薬のネット販売を禁止しているのは不当だとした上で、「処方薬は医師の管理のもと調剤された薬であり、ネット販売の安全性に問題があるという科学的な根拠はない」として、ネット販売の権利を認めるよう求めています。
環境汚染が深刻 世界10地点公表 国際保護団体 東京新聞 11/12 ○国際的な環境保護団体ブラックスミス研究所(本部ニューヨーク)などは、旧ソ連チェルノブイリ原発事故の放射性物質による汚染が続くウクライナのチェルノブイリなど、有害物質による環境汚染が最も深刻な世界の十地点を選定、公表した。途上国を中心に推定二億人以上が健康リスクにさらされているとも指摘、状況改善を急ぐよう求めている。 低中所得国を対象に選んだことなどから、東京電力福島第一原発事故によって、放射線量が高くなった地域は十地点に含まれなかったが、報告書は特記事項として「発生から二年以上たった現在も、周辺や太平洋への放射性物質漏れが続いている」と指摘した。 十地点はチェルノブイリのほか、冷戦期に化学兵器生産基地だったロシアのジェルジンスク、子どもの鉛中毒が深刻なアフリカ南部ザンビアのカブウェなど。地域別ではアフリカ三、旧ソ連三、アジア三、南米一。
秘密保護法案―極秘が支えた安全神話 朝日 11/12 ○「極秘」のスタンプが押された文書に、侵入センサーなどの防護措置が列挙され、自衛隊、警察、海上保安庁などの対応要領も記されている――。 原発テロ対策を検討した16年前の政府の資料を朝日新聞社が入手して報じたことがある。同じ内容の「現代版」があれば、特定秘密になるだろうか。 特定秘密保護法案で原発がどういう取り扱いになるか。国会審議の焦点の一つである。
秘密保護法案を問う 歴史研究 毎日新聞 社説 11/12

中国とサウジ、人権理入り 国連総会で選挙、批判も 東京新聞 11/13 ○国連総会は12日、人権理事会(47カ国)のうち14の理事国を改選する本会議を開いた。アジア枠は中国やサウジアラビアなど改選国数と同じ4カ国が立候補、事実上の信任投票となりいずれも当選した。しかし両国は国内で人権を抑圧しているなどとして市民団体から「不適格」との指摘も出ている。 中国とサウジアラビアは3回目の人権理入りで、他のアジア枠立候補国はモルディブと、一党独裁で言論が制限されているベトナム。  ★厳しい現実!?

NHK: 今シーズンいちばんの冷え込み 11/12 ○冬型の気圧配置と真冬並みの寒気の影響で、12日朝は北日本と北陸を中心に雪が降り、全国的に今シーズン一番の冷え込みとなっています。 全国的に冷え込みが強まり、午前6時の気温は、▽札幌市で0度ちょうど、▽仙台市で2度3分、▽名古屋市で5度4分、▽新潟市で6度4分、▽熊本市で7度1分、▽東京の都心と大阪市で8度1分などとなっています。12日は、気温があまり上がらない見込みで、日中の最高気温は▽札幌市と盛岡市で4度、▽新潟市で7度、▽仙台市で8度▽名古屋市で12度、▽東京の都心と大阪市で13度などと、各地で12月上旬から1月上旬並みの寒さが予想されています。これから14日にかけて平年を下回る寒さが続く見込みで、気象庁は、体調の管理に注意するとともに路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。
NNN: 真冬並みの寒気 全国356地点で氷点下に 11/12 ○真冬並みの寒気が流れ込み、日本列島は一気に冬の到来となった。12日朝は今シーズン一番の冷え込みになった所が多く、北日本や北陸の山沿いを中心に雪が続いている。 11日に初雪を観測した青森では12日、本格的な雪となり、午後3時までの最深積雪は19センチとなった。また、同じく午後3時までの最深積雪は、青森・酸ヶ湯で46センチ、北海道・新篠津で48センチ、北海道・函館で26センチなど、まとまった雪になっている。 一方、北陸も山沿いは雪景色となり、新潟・津南では紅葉した葉に雪が積もり、午後3時までに19センチの最深積雪を観測した。  ★お寒いのは、自然だけで、沢山なのだが、人の世も、お寒い!? 内閣は、更なり。
諫早開門差し止め命令、長崎地裁 福岡高裁判決と矛盾 東京新聞 11/12 ○国に5年間の開門調査を命じた福岡高裁の確定判決と「事実上矛盾する」と指摘した正反対の司法判断。高裁判決による開門の履行期限は12月20日に迫るが、農業被害を防ぐための国の準備工事は、営農者らの抗議活動のため着手できていない。国は準備を続ける方針だが、決定で期限内の開門は困難になった。
TBS: 国に諫早開門差し止め命じる仮処分、高裁判決と矛盾 11/12 ○12日、長崎地裁は、「開門すれば営農者は農業など生活基盤を失い、深刻な被害を受けることになる」などとして、営農者らの申し立てを認め、国に開門の差し止めを命じる決定を出しました。 「(開門義務と開門差し止めで)極めて難しい状況となった」(菅官房長官) 相反する司法判断が示されたことで、国は、今後難しい対応を迫られることになります。  ★仮処分とはいえ、確定した判決に、実質矛盾する、それは、如何なものかと思う。上級審は、唯漫然と、待つのかどうか? 最高裁も、何かと多忙??? 尤も、1票の価値の平等など、論理的には、一見明白な違憲・無効なのだが、判決するとなると、(任命してくれた)内閣の顔色を伺うのか、どうか? …事情判決なんて、もう沢山だ。
TBS: 徳田議員の姉ら6人を逮捕、公選法違反の疑い 11/12 ○午前11時。隊列を組んで歩く東京地検の係官。医療法人「徳洲会」による選挙違反事件は、ついに現職国会議員の親族の逮捕に発展しました。公職選挙法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕されたのは、自民党の徳田毅議員の姉、越沢徳美容疑者(50)。 「(選挙違反に関わったんですか?)私は一切ないです」(スターン美千代容疑者) 同じく姉のスターン美千代容疑者(46)。特捜部などの調べによると、姉妹は徳洲会の幹部職員ら4人とともに去年12月の衆院選で徳田毅議員の選挙運動に病院職員ら563人を派遣。報酬や宿泊費、交通費などとして合わせて1億4750万円を供与した運動員買収の疑いがもたれています。この違法な選挙運動を主導したのは、姉妹と徳田議員の父親で「徳洲会」の創設者、徳田虎雄・前理事長とみられています。 過疎地の離島出身の医師だった虎雄氏は、「生命(いのち)だけは平等だ」をモットーに1975年、「徳洲会」を設立。その後、政界に打って出ます。… ★晩節を汚す!? 騒動。
リコーの出向命令は無効 「人事権の乱用」 と東京地裁 東京新聞 11/12 ○リコー(東京)の退職勧奨を拒み、子会社に出向させられた40代と50代の男性社員2人が元の職場への復帰を求めた訴訟で東京地裁は12日、「自主的な退職を期待した出向命令は人事権の乱用だ」として、命令を無効とする判決を言い渡した。リコーは即日控訴した。 篠原絵理裁判官は「何度も退職を迫った上で出向させており、人選も不合理だ」と人事権の乱用を認めた。  ★成程
秘密保護法案 弁護士や市民が反対訴え NHK 11/12 ○政府が今の国会での成立を目指す「特定秘密保護法案」について、大阪の弁護士や市民グループが、政府が持つ情報が不当に隠され、国民の知る権利が侵害されると訴え、法案に反対する抗議活動をしました。 大阪の弁護士や市民グループなどおよそ600人が、政府が持つ情報が不当に隠されるだけでなく、取材や報道も処罰の対象になるおそれがあり、国民の知る権利が侵害されると訴え、大阪市の中心部で法案に反対する抗議活動をしました。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: