FC2 Blog Ranking
2013-11-20

11/20: 裁判官3人が 「違憲」、これが正しい法解釈 違憲(状態)だが有効なんて、政治判断!しかも、何度も 法の支配を裏切る!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは


NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・今度は“運賃”誤表示 1年以上も210円高い料金を…  16時34分
 ・側溝ふた盗み「年収900万円」 転売して生活を…   16時58分
 ・あわや…線路付近の地面陥没 特急列車が緊急停止  16時20分
 ・最高裁「違憲状態」と統一判断 “一票の格差”訴訟  16時52分   ★情けないぞ最高裁判所、法の支配を全うせず
 ・選挙有効で議員はホッ…1票の格差“違憲状態”も  16時57分
 ・特定秘密保護法案、与党は維新・民主と協議継続  5時38分
 ・TPP首席交渉開幕、日本は「聖域」死守に正念場  7時22分
 ・2012衆院選「一票の格差」、きょう最高裁判決  5時38分   ★最高裁が、主権者のために、大貢献!?か
 ・伊・サルデーニャ島で豪雨、川が氾濫し18人死亡  6時33分
 ・カネボウが化粧品回収、中身を入れ間違え販売  7時22分

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳
  【特定秘密保護法案全文】 東京新聞 10/25  ○特定秘密保護法案の全文は次の通り。
 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
11月20日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 鱩 鰰 はたはた  誕生日の花 イワレンゲ 花言葉 良き家庭を築く
 今日のトピックス Blog11/19: あすの最高裁判決の次に期待!? ケネディ氏、正式に大使として活動 尤も実は、もう決まっているが不知なだけ!?に過ぎぬ

●「九条の会」メールマガジン >> 第175号 ( 2013年10月25日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 僕の9条への道  三浦恒紀さん(商社九条の会・東京世話人)
今週の一言: 名画で学ぶ憲法 ―市民が参加する弁護士と洋画家の『憲法トーク』―  吉井昭さん(弁護士)
今週の一言: 在特会らに対する京都地裁判決の社会的意義  冨増四季さん(弁護士・京都第一初級学校嫌がらせ事件弁護団事務局)
今週の一言: 特定秘密保護法案の成立は国会の自殺行為だ!だれが切望している法律なのか 清水勉さん(弁護士・日本弁護士連合会情報問題対策委員会委員長・秘密保全法制対策本部事務局長)
<憲法をめぐる動向>・2013年11月18日付   警戒!教科書に政府見解記述を義務づけ? その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月14日付   注目!各界から秘密保護法案反対の声 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月11日付   注目!集団的自衛権解釈変更を先送り その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月7日付   警戒!自民党、年内に全国で改憲を討論へ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月4日付   注目!秘密保護法案反対 −歴史関係団体 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月31日付   注目!秘密保護法反対で憲法学者等が声明 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月28日付   注目!生活保護法改正案に反対声明 その他
憲法情報Now<イベント情報>当面の情報(更新日2013年10月28日)
 <東京> ○法学館憲法研究所2013年憲法フォーラム NEW
 【日 時】第3回「憲法9条を守るということ」
      2013年12月9日(月)18:30~21:00
      コメンテーター:森英樹・名古屋大学名誉教授、伊藤真・法学館憲法研究所所長
【会 場】伊藤塾高田馬場校(JR高田馬場駅から徒歩1分)
【参加費】各回1,000円、3回通しで2,400円(伊藤塾塾生・大学生は半額)。
【定 員】80人、事前予約制
【主 催】法学館憲法研究所  【後 援】伊藤塾

汚染木材:放射性セシウム、滋賀県の4倍検出 NPO測定 毎日新聞 11/20 ○滋賀県高島市の琵琶湖畔に放射性物質に汚染された木材チップが放置されている問題で、京都のNPO法人がチップから1キロ当たり約1万2000ベクレルの放射性セシウムを検出したことが20日、分かった。県が公表した濃度の4倍にあたり、国が処分する指定廃棄物の基準値8000ベクレルを超えていた。県の濃度が低かった理由として、台風の後で雨水を大量に含んだ状態での測定が原因とみられ、専門家は「やり方が不適切だ」と指摘している。 一方、県は「汚染の疑いが強まった時期が雨の後だった。測定方法に問題はないと考えているが、撤去する際に再調査も検討したい」としている。
東電5・6号機廃炉へ 福島第一 月内にも地元説明 東京新聞 11/20 ○東京電力が福島第一原発5、6号機を廃炉にする方針を固めたことが二十日、分かった。月内にも福島県双葉町など地元自治体に説明する。地元と協議して了解を得た上で、十二月中に正式に廃炉を決める。 …東電は両号機を解体せず、1~4号機の廃炉のための研究施設に転用する方針。溶けた燃料棒の取り出し技術の開発などに使用することを想定している。  ★政府とも出来た話な訳だ!?
原発事故対策 「不十分」 質問状の回答公表 佐賀新聞 11/20 ○風向きを考慮した上で避難場所を複数確保しているかとの質問に、玄海町は原発から5キロ圏内では短時間で避難場所を変更すると混乱を招くため、「適当ではない」と回答。高齢者など災害時要援護者の避難支援については「自治会などの支援者が必ずしも十分ではない。計画の充実に努める」とした。  小城市には、事故が発生した際の玄海町民らの受け入れ態勢を質問。市は「2万5千人の受け入れを想定しているが、受け入れを目的とした食料や毛布、燃料などの備蓄は考えていない」などと回答。小城市民の避難が必要になった場合の計画は「対象区域外なので避難計画は立てていない」とした。  訴訟団は両市町の回答に対し、風向きによって避難場所の小城市に放射性物質が飛来する可能性があることや避難受け入れ態勢が万全ではないことを挙げ、「過酷事故が起きた際に住民の生命・身体の安全を確保することは到底不可能」とする見解を示した。



容器落下リスク 1秒に1センチつり上げ 福島第一4号機 綱渡り作業開始 東京新聞 11/19 ○東京電力は十八日、福島第一原発4号機の原子炉建屋上部のプールで未使用の核燃料四体を取り出し、輸送容器に移す作業を終えた。十九日に十八体を移した後、地上の貯蔵施設に移す。プールには千五百三十三体の核燃料があり、使用済み核燃料は完全に冷えていない。容器が落下して核燃料を損傷させると、外部に放射性物質を放出させる危険性もある。細心の注意が必要な作業が、今後一年余りにわたって続く。 ☆廃炉に向けた工程・位置(ステージ)
燃料取り出しても肝心の 「行き場」 なし… 福島第1原発4号機で震災後初の本格作業 スポーツ報知 11/19 ○東日本大震災による福島第1原発事故から2年8か月。ようやく、事故処理の新たなステップとなる燃料の取り出しが始まった。 作業は、あらかじめプールに沈めた「燃料輸送容器」に、クレーンを使って水中で燃料を1体ずつ入れることから開始。「燃料輸送容器」は全長約5・5メートル、直径約2・1メートル、重さ約91トンで、燃料22体を装てんできるサイズだ。この日からの“第1回作業”で、19日中には22体を装てんし終える予定だ。 燃料を装てんし終えると「燃料輸送容器」を天井クレーンでつり上げてトレーラーに乗せ、約100メートル離れた共用プール建屋に運ぶ。作業開始から、共用プール内に燃料を保管するまでは約1週間。この作業を繰り返し、4号機の計1533体の燃料を取り出し終えるのは来年末の予定だ。燃料輸送容器の落下事故などトラブル防止を想定しつつ、慎重な作業が続く。1~3号機も同様の作業が待つ。 今回の作業で、政府、東電が示す廃炉工程の「第2期」に移行。だが、専門家は「今後」が問題だと懸念する。燃料は共用プールに移されるが実は、それ以後の燃料の行き先が未定という。
柏崎刈羽原発再稼働 21日に審査開始 東京新聞 11/19 ○東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)について、原子力規制委員会が新規制基準に基づく審査会合を二十一日に開く方針を決めたことが関係者への取材で分かった。 柏崎刈羽原発は福島第一原発と同じ沸騰水型で、このタイプの原発の審査は初めて。規制委は東電から申請内容の説明を受け、論点や問題点の有無の確認を始める。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 細胞検査の結果と耳鼻咽喉科受診 ・ブログ連歌(340)
市民社会フォーラム: [京都脱原発訴訟:0045] 12/3の第二回口頭弁論にご参加下さい--(2) ○上記の件,すでにご案内しておりますが,法廷の中に原告として入る席(抽選なし)はまだ10名ほど空いております。多くの原告の方にご参加いただききますよう,お願い申し上げます。
 11/22日(金)までに弁護団事務局宛のメールで応募してください。先着順とし,定数に達し次第,締め切ります。★11/22日(金)までに
市民社会フォーラム: 【12・15京丹後市・経ヶ岬に米軍基地はいりません】「平和の叫び&人間のくさり」へ全関西・京都から総結集を!
市民社会フォーラム: 【小原一真、東日本大震災取材報告会のお知らせ(京都 11/24) 東北の今、日本の未来】
市民社会フォーラム: 【11月21日午後3時30分から】参院選無効請求訴訟の第2回口頭弁論、傍聴のお願い ○明日の東京高裁の裁判案内です。
@動画: ベトナム戦争と日本/池上彰の現代史講義
@動画: なぜ「学生ローン」と呼ばないの?知られざる日本の奨学金制度の実態/山本太郎の「本当のこと言って何か不都合でも? ~奨学金問題を学んじゃうよ~」  ★実に、高利貸し!? 10%じゃ、ね。今時! しかも、原因を作ったのは、陥れたのは、政府だ。非正規雇用も、格差社会も、低金利も!少子化も。 ローンだけは、高金利。

Property chapter for all 12 nations with negotiating positions WikiLeaks 11/13 ○2013年11月13日 リリース
TBS: ウィキリークス、TPP交渉文書の草案だとする文書を掲載 11/14 ○内部告発サイト「ウィキリークス」が、TPPの交渉文書の草案だとする文書を掲載しました。TPPの交渉文書は各国が秘密にしていて、本物である場合、交渉の行方に影響を及ぼす可能性も出てきます。 ウィキリークスは、掲載した文書について、TPPの交渉文書のうち8月段階の知的財産分野の草案だとしていて、95ページにわたってそれぞれのテーマにおける各国の主張などが詳細に記述されています。さらにその文書には、焦点の一つである著作権の保護期間については、現状の50年から70年に延長するよう求める意見が掲載されています。  ★グッジョブ!?  民主主義に、こんなに役立つ!内部告発サイト「ウィキリークス」 秘密主義とは、大違い。
九条の会: 九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

裁判官3人が 「違憲」、12年衆院選 最高裁 日経新聞 11/20 ○最高裁大法廷判決で、14人の裁判官のうち3人は、昨年衆院選の区割り規定が憲法違反だとする反対意見を述べた。  ★妥当!相当。
最高裁、昨年衆院選 「違憲状態」 1票の格差で、制度改革に影響 東京新聞 11/20 ○「1票の格差」が最大2・43倍だった昨年12月の衆院選は違憲だとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた全国訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は20日、「違憲とまではいえず、違憲状態にとどまる」との判断を示した。選挙無効の請求は退けた。 最大格差が2・30倍だった09年の衆院選についての前回判決と同じ判断になった。高裁・高裁支部判決では違憲判決が相次ぎ、戦後例のない無効判決もあったが、最高裁が統一判断で違憲状態にとどめたことで、選挙制度改革議論の停滞が予想される。  ★正に、『選挙制度改革議論の停滞』を齎す、招く、違法・違憲な最高裁判所の判断。民主主義は、劣化するばかり。 民主主義から退歩、後戻りするばかり!?お墨付きまで、与えようとは。惚けている! 違憲・無効の少数説が、本来。
ANN: 最高裁「違憲状態」と統一判断 “一票の格差”訴訟 11/20 ○去年12月の衆議院選挙を巡る「1票の格差」の裁判で、最高裁は、最大格差の2.43倍は憲法に違反する状態だが、選挙自体は有効とする「違憲状態」の判決を出しました。  ★こんな非民主的な立法府・行政府、そして司法を、護持してどうする??? 米国(本国)の『法の支配』を知らないのか! 後戻り、復古を護持する司法、国民主権を裏切る司法など、最高裁判所など、要らん。此の侭なら、国民主権、民主主義に、有害無益。
ANN: 選挙有効で議員はホッ…1票の格差“違憲状態”も 11/20 ○ 安倍総理大臣:「判決を厳粛に受け止めています。これから判決内容を精査していきたい」 みんなの党・渡辺代表:「最高裁が違憲状態と言っている選挙制度、その選挙の状態をいつまでも放置しておくことは立法府の不作為と言われてもやむを得ない」 日本維新の会・松野議員団幹事長:「『違憲』ということなので、立法府に身を置く者としては、大変、残念だ。各党、選挙制度抜本改革に取り組むべきだ」  ★怠け者ばかり、の発言。怠け者と言うより、実態は、選挙の公平、公正など、歯牙にもかけない連中だ。自分が安泰であれば、それで十分で、反革命でも気に懸けない、反民主主義分子。
ANN: 今度は“運賃”誤表示 1年以上も210円高い料金を… 11/20 ○京急電鉄は、京急蒲田駅に設置した運賃表の一部で、正規の運賃よりも210円高い料金を誤って表示していたと発表しました。京急蒲田駅からJR横須賀線の西大井駅までの運賃340円を誤って550円と表示していたということです。この運賃表は去年10月の駅舎のリニューアルに伴い、新たに設置されましたが、利用者に指摘されるまで1年以上も気がつかなかったということです。IC乗車券を利用した際は正しい運賃で処理されていました。京急は、「多く払っていたとの申し出があれば、差額を返金する」としています。  ★過去にも、同様の、誤表示事件が、(京急)蒲田駅では、あったように記憶するが…
TBS: ランチも一緒に、ケネディ新大使が安倍首相を表敬訪問 11/20 ○「大統領の代理として、総理および日本国政府と日米同盟のさまざまな多くの課題に対して、共に仕事ができることを大変光栄に思います」(キャロライン・ケネディ 新駐日大使)  アメリカの新しい駐日大使に就任したばかりのキャロライン・ケネディ氏は、20日午後、総理公邸を訪れ安倍総理と会談しました。ケネディ大使は「日米は非常に多くの分野で連携している。それこそがこの地域における安定と繁栄の礎になっている」と語りました。 また、2人はこの後、昼食を共にし日米関係の緊密さをアピールしました。  ★昼食会、定例にしてはどうか?TPPもあるし、民主主義も、注入してもらわないと。ケネディ氏から!
劣化する雇用 リストラ反動…過酷労働 「辞めさせてくれない」 東京新聞 11/20 ○精神的に追い込む「追い出し部屋」など、さまざまな形で正社員のリストラが進められる中、労働相談の窓口には「辞めさせてもらえない」という相談も急増している。リーマン・ショック後の過度なリストラの反動で、会社は残った社員を囲い込み、過酷な労働を強いる。労使の力関係の差は広がるばかりだ。  ★連合は、内部留保していないのか??? 闘えないだろう? 闘う気もないか?
秘密保護法案 横浜事件遺族ら反対声明 「治安維持法の再来」 東京新聞 11/20 ○戦時下最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」で、治安維持法違反容疑で逮捕された被害者の遺族や支援者でつくる「横浜事件を語り、伝える会」が、特定秘密保護法案に反対する声明を出した。秘密の範囲があいまいな点が、拡大解釈で言論を封じていった歴史に重なるためだ。「本質は治安維持法の再来。断じて許せない」と訴えている。  「亡くなった元被告たちが生きていたら黙っていないと思った」。終戦直後の一九四五年九月に有罪判決を受けた故小野康人さんの長女、斎藤信子さん(64)=横浜市=が声明に込めた思いを語る。
秘密法案、衆院採決26日も想定 与党、維新と再協議へ 朝日新聞 11/20
国際ペンクラブ、秘密保護法案に異例の反対声明 朝日 11/20 ○特定秘密保護法案をめぐり、世界各地の作家らでつくる国際ペンクラブは20日、日本ペンクラブと共同記者会見を開き、「市民の表現の自由を弱体化させる」として反対する声明を発表した。国際ペンが日本の国内法案について、反対声明を出すのは戦後初めて。 記者会見では、ジョン・ラルストン・サウル国際ペン会長の反対声明が読み上げられた。「国にとって差し迫って必要でも、公益を守るためのものでもない。政治家と官僚が、過剰な秘密保全の考えに隠れて、自らに権力を集中させようとしている」として、法案を批判した。  ★然り!
国会議員団体への寄付2倍余に NHK 11/20 ○東京都選挙管理委員会に届けられた、国会議員や候補者が関係する政治団体が去年1年間に企業・団体や個人から受けた寄付の総額は14億円余りで、衆議院選挙が行われたことによって資金集めが活発化し、前の年の2倍以上に増えました。政党別では自民党が8億円余りと最も多く、ほかの党を引き離す資金力を見せました。NHKは、東京都選挙管理委員会が20日公表した去年1年間の政治団体の政治資金収支報告書のうち、国会議員や候補者合わせて114人が代表を務める政党支部や関係する政治団体など229の団体への寄付を調べました。その結果、企業・団体や個人から受けた寄付の総額は14億6000万円で、前の年の2.2倍に増えました。政党別に見ますと、自民党が8億4000万円、民主党が3億3000万円、公明党が1億8900万円、みんなの党が4200万円、日本維新の会が3200万円などとなっています。
おかしいぞ NHK 中身伝えず 「修正」 協議ばかり 赤旗 11/20 ○「与党と維新、みんなの修正協議ばかり何回も放送している。共産党などは報じない」(78歳・男性)、「こんなニュースを見ていると、修正して通過させる道か、自民党の原案しか選択肢はないように思うのではないか」(神奈川・女性)、「各党の見解の紹介に公平さを欠く。抗議の電話をしたが、いまだに繰り返されている」(埼玉・男性)。  ★さも!
秘密保護法案 広がる反対・懸念 赤旗 11/20 ○安倍・自公内閣は、みんなの党や日本維新の会などを巻き込んで、国民の目・耳・口をふさぐ秘密保護法案の今国会での成立をめざし、週内の衆院通過をねらっています。しかし、同法に反対する世論と運動は日増しに広がっています。
『週刊現代』『FRIDAY』『女性セブン』『SAPIO』『創』『金曜日』 編集長ら120人立つ アピール発表 赤旗 11/20 ○「出版活動に携わる私たちは、『言論・出版・表現の自由』を根底から危うくするこのような法律の制定に強く反対する」―。秘密保護法にたいする反対の世論が日増しに高まっていますが、編集者やライターらでつくる「憲法と表現の自由を考える出版人懇談会」(出版人の会)は19日、東京都内で「特定秘密保護法案に反対するアピール」を発表しました。
特定秘密保護法案―この修正はまやかしだ 朝日新聞 社説 11/20 ○修正の柱は、特定秘密を指定する外相や防衛相らに対する首相の指揮監督権を明記することだという。  首相は、秘密の指定と解除などの統一的な基準をつくる。運用について必要があれば閣僚らに説明を求め、改善を指示する。こうした状況を有識者会議に報告し、意見を聞く。これで「第三者機関的観点からの客観性」を担保するそうだ。  首相と閣僚という身内同士に形式的規定を設けたところで、一体どんな「客観性」が担保されるというのだろう。  また、特定秘密に該当する情報として法案別表に列挙された23項目のうち、幅広い解釈を許す余地がある「その他の重要な情報」との表現を一部削る。  代わりに「国民の生命及び身体の保護に関する重要な情報」といった、やはり広く解釈できる文言を入れるという。  これでは、賛成の理由をつくるための、まやかしの修正だと言われても反論できまい。  ★NHKの人事介入(安倍人事)、番組介入に、五十歩百歩。第三者機関??? 笑止千万!? ところが、一事が万事、こんなことが次から次へと相次いでいる。こんな現状にお墨付きを与える、最高裁判所なんて??? 『法の支配』をコントロールするのは、誰か? 最高裁判所ではない、ということか。 せっかくの機会を、フイにしおって!!
特定秘密保護法案―外交の闇を広げる恐れ 朝日新聞 社説 11/20 ○特定秘密保護法案が成立すれば、過去の重要な外交文書はどう扱われるのか。  それを暗示するような裁判がある。  韓国と1965年に国交正常化するまでの記録をめぐる訴訟だ。14年にわたる韓国との交渉の内容を開示するよう市民団体が外務省に求めている。  裁判の経緯を振り返ると、いまでもひどい外務省の隠蔽(いんぺい)体質は、秘密保護法の下で、さらに強まると危惧せざるを得ない。  韓国側の交渉記録は韓国政府が8年前に公開している。国交正常化のときに結んだ請求権協定をめぐる解釈が日韓で異なるため、市民団体は交渉過程で日本側ではどんな議論があったのかを見たいと求めている。  外務省は表向きは、30年たった外交文書は公開することを原則としている。だが、実際には消極的な対応に終始してきた。
秘密保護法案を問う 与党・みんな合意 まるで修正に値しない 毎日新聞 社説 11/20 ◇まるで修正に値しない  特定秘密保護法案について、与党の自民、公明両党とみんなの党が、修正で合意した。首相が特定秘密の指定、解除などの基準を作成して閣議決定し、「行政機関の長」に秘密の指定について指揮監督したり、必要に応じて資料の提出を求めたりする権限を持つという内容だ。第三者的な観点から首相のチェックを働かすと、みんなの党は説明する。 だが、条文上、「政府」となっている基準を決める主体を「首相」に変えるに過ぎない。そもそも政府のトップである首相が第三者であるはずもない。修正の名に値しない。 国会での議論は不十分だ。採決を急ぐべきではない。  ★如何にも。勿論、廃案が道理!?
特定秘密保護法案(3) 崖っぷちの 「知る権利」 東京新聞 社説 11/20 ○国民の「知る権利」と安全保障は、いわば綱引きのような関係である。政府は「秘密にしたい」と言い、国民は「情報を公開してほしい」と願う。調整をどのように図ったらいいのか。 「あらゆる人は、公的機関が保持する情報にアクセスする権利を有しており、その権利を制限する正当性を証明するのは、政府の責務である」 今年六月にできた「ツワネ原則」はそう定めた。安全保障と情報に対する権利の国際原則である。世界七十カ国余りの専門家約五百人で作成した。兵器開発や軍隊の作戦など、限られた範囲での情報制限は認めているが、政府に証明を負わせる点は重要だ。  ★参政権を実質化させるのは、真実、事実の報道である、また、過去の事実、歴史でもあろう。つまりは、知る権利である! 知ることなくして、思考することもならない。選択することもできない。政府が垂れ流す情報、マスゴミが、垂れ流す情報?こんないい加減なものを前提に、民主主義が、国民主権が、行なわれよう筈もない。しかし、安倍コベ氏が進めるのは、そう言ったウソで固めた刷り込み… 知る権利然り、教科書然りだ。

ANN: 落雷相次ぐ…秋田空港“停電”きょうも竜巻など注意 11/20 ○20日も東北の日本海側や北陸の上空には、強い寒気が流れ込んできます。このため、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。引き続き、落雷やひょう、竜巻などの激しい突風、短時間の強い雨などに十分な注意が必要です。
TBS: 2012衆院選「一票の格差」、きょう最高裁判決 11/29 ○去年の衆議院選挙は「一票の価値が不平等で憲法違反だ」として全国で起こされた16件の選挙無効訴訟について、きょう午後、最高裁大法廷が判決を言い渡します。 この裁判は「一票の格差」が最大で2.43倍となった去年12月の衆院選を巡り、2つの弁護士グループが全国の高裁と支部に選挙の無効を求め提訴したものです。 国会は、衆院選直前に47都道府県に1議席ずつを割り当てる=「一人別枠方式」を廃止し、小選挙区の定数を「0増5減」する是正法を成立させましたが区割りが間に合わず、衆院選は最高裁が「違憲状態」と判断した前回選挙と同じ区割りで実施されました。 合わせて16件の訴訟について、最高裁では戦後初となる「違憲・選挙無効」が2件、言い渡された他、12件で「憲法違反」、2件で「違憲状態」と判断されています。 国会の取り組みに最高裁大法廷がどのような判断を示すのか、判決は午後3時に言い渡されます。(  ★主権者の権威を示すようなことがあれば、今年、否今世紀のビッグイベントとなるであろうか。強く希望する。
教授会の権限を限定 中教審素案、学長主導の大学改革促す 日経新聞 11/19 ○教授会の役割を教育研究関係に絞ることで、人事や予算配分など経営の重要事項の決定権限は学長にあることを明確にし、学長主導の大学改革を促す。年内に提言をまとめ、文部科学省が法令を改正する。  ★憲法23条: 学問の自由は、これを保障する。即ち、大学の自治に、触れる畏れ、これあり。
TBS: TPP首席交渉開幕、日本は「聖域」死守に正念場 11/20 ○コメや砂糖など重要5項目の関税を「聖域」として死守したい日本。当初は、自動車などの関税撤廃を避けたいという共通の国内事情を抱えたアメリカと共闘態勢を組む戦略でした。しかし、最終段階に来て、年内の交渉妥結を急ぎたいアメリカが態度を一変。「関税の100%撤廃」という原理原則を持ち出してきました。 これに対し、日本は内々に重要5項目に特別輸入枠を設ける妥協案を示しましたが、アメリカは自ら落としどころを示した日本側の姿勢に付け込んでさらなる譲歩を迫っています。 交渉は来月の閣僚会合での政治判断に引き継がれますが、最後の最後で何を守って何を捨てるのか。日本の交渉力が試されています。
ANN: 削減目標が「低すぎる」COP19で日本を批判 11/20
米軍機の県内飛行 騒音苦情最多ペース 上毛新聞 11/20 ○米軍機が県内上空を飛行している問題で、ことし4~10月に県民から県に寄せられた騒音などへの苦情が637件に上り、年度別で過去最多だった昨年度の1026件を超えるペースで推移していることが19日、県のまとめで分かった。苦情は例年冬に急増し、同日も県と前橋市に20件以上の苦情があった。過去には高校入試の当日に飛行した例もあり、県は今後の飛行を警戒している。  県地域政策課によると、月別では4月307件、5月252件と突出している。その後は6月43件、7月6件、8月14件、9月5件、10月10件と少ない。


TBS: ケネディ氏、正式に大使として活動 11/19 ○信任状捧呈式を終え、再び儀装馬車で明治生命館に戻ってきたキャロライン・ケネディ氏。彼女は、どのような感想を持ったのでしょうか。 「今日はお越しいただいてありがとうございます。私は天皇陛下に信任状を捧呈することができました。ようやく駐日大使として着任しました。すばらしい式典でした」(新駐日大使 キャロライン・ケネディ氏)
NHK: ケネディ大使 馬車で皇居に 陛下に信任状 11/19 ○キャロライン・ケネディ氏は、19日午後3時すぎ、東京・丸の内のオフィス街で宮内庁が差し向けた儀式用の馬車に乗り込みました。「信任状捧呈式」は、日本に着任した外国の大使が本国の元首からの信任状を天皇陛下に手渡す儀式で、憲法で天皇の国事行為の1つに定められています。馬車列は、警察の騎馬隊の先導で皇居前広場を通り抜け、ケネディ氏は、広場に集まった大勢の人たちに馬車の中から笑顔で手を振っていました。そして、二重橋を渡って皇居宮殿の南車寄に到着すると、出迎えた宮内庁の幹部に案内され、松の間での捧呈式に臨みました。式では、ケネディ氏が天皇陛下の前に進み出て、「自分の信任状と前任者の解任状を奉呈する光栄を有します」と述べ、オバマ大統領からの信任状と前の大使の解任状を手渡しました。
TBS: “歩きスマホ”狙うひったくり続発 11/19 ○18日午後11時半ごろ、台東区根岸の交差点で48歳の女性が信号待ちをしていたところ、自転車で走ってきた男に、手に持っていたスマートフォンをひったくられました。 また、この2時間前、駒形の交差点でも、25歳の女性が自転車に乗った男からスマートフォンをひったくられました。 同様の事件は、今月に入ってから台東区や千代田区で少なくとも12件起きていて、いずれも歩きながら、スマホを手にしている人ばかりが狙われていることから警視庁は警戒を強めています。  ★隙だらけの者を襲うのは、卑怯者とは思うが、一見して、隙アリと見えてしまう、没我状態も、如何なものか?
TBS: 麻生財務相 軽減税率導入に否定的 11/19 ○「財源、対象品目の線引き、というものが、これはえらい難しいだろうなと思う」(麻生太郎財務相)  ★公正、公平を蔑ろにした身勝手な言い状!? 面倒だから、と押し通す。ナチス流かどうか…。
名護市長が異例の意見案 辺野古埋め立て 「断固反対」 東京新聞 11/19 ○沖縄県名護市の稲嶺進市長は19日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への県内移設に「断固反対することが市民の強い決意だ」として、移設に向け政府が県に提出した埋め立て申請を承認しないよう知事に求める市長意見案をまとめた。 22日に開く臨時市議会の議決を経て、県に提出する。市議会では賛成多数で可決される公算が大きい。国内の公有水面の埋め立てで地元首長が反対意見を出すのは極めて異例。12月以降に仲井真弘多知事が判断する埋め立て承認の可否に影響を与える可能性がある。
辺野古移設へ環境整備を=安倍首相、自民幹事長に指示 時事通信 11/19 ○石破氏は国会内で、同党の沖縄県選出国会議員と会談。石破氏は昨年の衆院選で県外移設を公約に掲げた国場幸之助、宮崎政久、比嘉奈津美の3氏に対し、政権の方針に沿って辺野古移設を容認するよう求めた。  ★主権者との信頼か、自民党籍が大事か、正念場だ!? 安倍コベ氏は、裏切れと唆すが。
原爆症訴訟で全国原告団結成 中国新聞 11/19 ○原爆症の認定基準が2008年に緩和された後に申請を却下され、各地で訴訟を起こしている被爆者たちが全国原告団を結成することが18日、分かった。原告団は遺族を含め100人規模になる見通し。原爆症認定制度の在り方について、厚生労働省の検討会の議論が最終盤を迎える中、原告がまとまって抜本的な見直しを国に求める。 原告団に参加するのは広島、長崎、東京、大阪、熊本の5地裁へ提訴している被爆者や遺族。「ノーモア・ヒバクシャ全国原告団」(仮称)として12月3日に東京都内で結成の記者会見を開く。事務局は東京都の被爆者団体「東友会」に置く。
秘密指定の検証 形だけ 首相が 「第三者」 的関与 東京新聞 11/19 ○修正案は、政府の意のままの秘密指定を防ぐ第三者機関の設置は盛らず、「首相の『第三者機関的関与』で恣意(しい)的運用を排除し、指揮監督権を明記」としたが、首相は政府代表そのもので「第三者」ではなく、すでに「指揮監督権」もある。三党で合意した恣意性の検証は形式的なものにすぎない。  ★ナンセンスなもの。
みんな 秘密保護法案対応は執行部に一任 NHK 11/19
在日米軍関係経費6452億円 13年度 日本側負担 高水準続く 赤旗 11/19 ○在日米軍の活動経費総額のうち、2013年度の日本側負担分は6452億円(前年度比63億円減)であることが、外務省が日本共産党の赤嶺政賢衆院議員に提出した資料を基にした本紙計算で判明しました(表)。米兵1人あたり約1300万円に達します。 7000億円を突破して過去最高となった10年度からは減っていますが、1990年代後半以降、同水準で推移しています。米側は「内規の変更」を理由に、11年度以降は負担額を公表していません。ただ、これまでの傾向から、活動経費総額の半分以上を日本側が負担しているのは確実です。米国防費削減が続くなかで日本側の経費負担は死活的といえます。  ★「行かないで」と縋り付くのは、やめましょう!? 是非。
秘密保護法案 自民 「Q&A」 ウソと危険 (5)/ 「共謀罪」 隠しているが?/話し合っただけで処罰 赤旗 11/19 ○自民党Q&Aは、「秘密保護法案」に、戦前の治安維持法の再来といえる「共謀罪」の規定が盛り込まれていることを意図的に隠しています。 同法案の「共謀罪」は、秘密漏えいの行為や被害がなくても、複数の人たちが国家秘密について話し合っただけで処罰できるとするもの。戦前の治安維持法の「協議罪」に匹敵し、不当逮捕を禁ずる戦後の現行憲法や刑法の原則に反します。
教科書検定―「重大な欠陥」 の欠陥 朝日新聞 社説 11/19 ○執筆者と教科書会社を萎縮させる「改革」はやめるべきだ。  文部科学省が教科書検定の基準改定を打ち出した。  一番の問題は、「改正教育基本法の教育目標などに照らし、重大な欠陥がある場合」は不合格にできるという点だ。  その教育目標には、愛国心や郷土愛、国際協調の態度を養うといった項目がある。具体的には歴史や公民の教科書検定にかかわってくる。
特定秘密保護法案(2) 情報は国民のものだ 東京新聞 社説 11/19 ○「迷ったら、公務員は情報を開示することが原則だ」  米国のオバマ大統領は一期目の就任初日に、こんな趣旨のメモを記した。軍事大国で、元CIA(米中央情報局)職員スノーデン氏が告発したように、通信情報を広範に収集している国だ。 だが、基本的に情報はオープンという伝統を持つ自由と民主主義の大国である。情報公開を促す「情報自由法」を持つ。国家機密でも解除は十年未満に設定され、二十五年たつと「自動解除」原則がある。五十年、七十五年の例外的なケースもあるが、行政機関がずっと秘密を持ち続けることの方が困難な制度をつくっている。  ★そう、確かに、民主主義といっても、国民主権といっても、彼我には、雲泥の差がある。素も素も、米国の誕生からして、大英帝国からの独立戦争だった。日本には、市民革命(独立戦争乃至旧支配層打倒)は、あったのだろうか?との違いがある。故に、法の支配が徹底していない!? 憲法は無論、人権も徹底させていない。自民党政権。
秘密保護法案を問う 修正協議 安易な合意は禍根残す 毎日新聞 社説 11/19 ○法案への疑問や懸念は国会審議でむしろ深まるばかりで、付け焼き刃的な修正でカバーできるものではない。与党による強行採決など数頼みの手段は許されない。野党側も将来に禍根を残しかねない中身での妥協は厳に慎むべきである。 森雅子特定秘密保護法案担当相の揺れる答弁ぶりが問題だらけの法案を象徴するようだ。秘密指定が妥当かを判断する第三者機関の設置や報道機関への強制捜査をめぐる答弁は他の閣僚らと食い違い、「改善を法案成立後にも尽くしたい」と成立後の見直しにまで言及した。これでは政府自ら欠陥を認めたに等しい。 だが、どんな閣僚が受け持っても答弁は森氏と似た状況になろう。何が秘密であるかが明らかにされないうえ情報公開のルールもなく、国会や司法のチェックも及ばない。質疑を重ねるほど法案の構造的な問題を露呈しているのではないか。
【NHK経営委員】 独立性が揺らぐのでは 高知新聞 社説 11/19 ○報道機関としての独立性は大丈夫なのか。先に決まったNHK経営委員会の新委員4人の顔触れに懸念を抱かざるを得ない。  4人は昨年の自民党総裁選で安倍首相を応援した小説家や大学名誉教授、首相の子ども時代の家庭教師らだ。いずれも首相に近く、「安倍カラー」の強い人選といってよい。  同意人事案の国会採決では民主党などが反対したが、菅官房長官は「首相自らが信頼し、評価する方にお願いするのは当然」とする。「恣意(しい)的な人選」との批判に対する、一種の開き直りのようにも聞こえる。  ★それが、安倍コベだ。
自衛隊訓練増 基地負担軽減に逆行する 琉球新報 社説 11/19 ○県内米軍基地での自衛隊訓練が急増している。南西諸島の防衛力強化を掲げる安倍政権の方針に沿った形で沖縄の自衛隊強化が進んでいるが、米軍と併せ負担軽減の動きに逆行するのではないか。 米海兵隊キャンプ・ハンセンの陸上自衛隊の使用は4~9月で117日に上り、半年で2012年度(123日)の同水準となった。12年度は計47日だった米海軍ホワイトビーチの使用も4~10月で41日に上る。

「全過程で可視化を」 下京、周防映画監督ら冤罪考える 京都新聞 11/18 ○「憲法と人権を考える集い」が17日、京都市下京区のシルクホールであった。「刑事裁判の現在(いま)―それでも冤(えん)罪は起こっている」をテーマに映画監督の周防正行さんや、再審無罪が確定した布川事件の元被告の桜井昌司さんらが刑事司法制度のあり方を議論した。 京都弁護士会の主催で約500人が参加した。 冤罪を題材にした映画を制作した周防さんは、取り調べ時の録音・録画(可視化)は裁判員裁判対象事件だけにすべきだとの意見に反対を表明し、「重大事件でも最初に裁判員裁判にならない罪名で取り調べて自白させる懸念がある。全事件、参考人段階を含む全過程で可視化しないと効果が薄い」と訴えた。
ANN: 「国会改革」で各党案出そろう 来週改めて協議へ 11/19 ○国会の議論を活発化させるため、これまでの慣例やルールを見直す国会改革について、与野党各党が改革案をまとめました。 自民・公明両党は、総理大臣の委員会出席を予算委員会に限ることで国会出席を減らすことや、担当大臣が外国出張する際は副大臣による答弁を認めることなどを提案しました。一方、野党は、民主党が、一年中、国会を開く「通年国会」にする案を、日本維新の会は、与党と同様に総理や閣僚の委員会出席を減らす案を示しました。みんなの党は、国会議員の定数を約4割削減する案を提案しました。共産党や社民党は、質疑時間を増やすなど、少数政党への配慮を求めています。  ★国会改革??? 名ばかりの? 全過程可視化に、逆行!? 主権者への報告、サボタージュ!? 明日、最高裁は、選挙無効・違憲判決を出すか!? 
政治クローズアップ > 衆院選無効訴訟 最高裁の結論は ○「1票の格差」が最大2.43倍だった2012年12月の衆院選は違憲として、弁護士グループが選挙無効を求めた計16件の訴訟の上告審判決が11月20日、最高裁大法廷で言い渡されます。高裁段階では憲政史上初の無効判決も出ている訴訟の結論は。  ★法の支配、実現のため、出すべし! 違憲・無効判決。さもなければ、最高裁得意の、三権分立、国民主権が、護持できない状況なのだから。立法は、特定秘密などに、血道を上げるのみ!? 国民主権、民主主義と逆行するもの。
ネットウォッチ:特定秘密保護法案で全国民が監視の対象  NPJ代表の梓澤和幸弁護士に聞く 毎日新聞 11/18 ○−−特定秘密保護法案の問題点が、なかなか一般の方に伝わっていないようにみえる。法案が通ったらどのような影響があるのか。  梓澤 この法律では、だれかが国の秘密を漏らしてはいないか、漏らしそうな人間かどうかを調査する権限を警察などに与える(適性評価)。こうした調査の例が、イスラム教徒がテロの可能性があるとして、警視庁が調べた内部資料とみられる資料が流出した事件(今年10月に公訴時効成立)。モスクに通っている人たちの住所、氏名を調べただけでなく、銀行口座や交友関係まで全部調べて一覧表を作っていた。 調査対象は自分たちと関係ない、イスラム教徒ってそういう人たちかもしれないと思っていたかもしれない。しかし、これからはコンピューター関係の仕事をやって警察や自衛隊などに出入りすると、調べられる対象になる。特定秘密に関係しそうな民間人は家族まで調査対象になる。国民全体が監視の下に置かれるような法律なのに、あまり内容を知られていない。自分たちに関係ないと思うなら、考え直したほうがいい。
特定秘密保護法案 指定行政機関の長の限定困難 NHK 11/18
韓国女性 「良心あるなら謝罪を」 勝訴受け、元挺身隊員 東京新聞 11/18 ○戦時中に強制労働させられた元朝鮮女子勤労挺身隊員の韓国人女性らに、韓国南部の光州地裁が1日、計6億8千万ウォン(約6300万円)を支払うよう三菱重工業に命じる判決を出したことを受け、同社の軍需工場があった名古屋市で18日、報告集会が開かれた。女性らは「良心があるなら謝罪して補償してほしい」とあらためて訴えた。 元挺身隊員の女性や遺族、支援者ら日韓の約100人が参加し、三菱重工が同日、光州高裁に控訴したことも会場に伝えられた。名古屋市の工場で働いた原告の1人は「残念だ」と話した。  ★韓国で進む、この種の判決は、知れている!? 同種のものしかないだろう。三菱重工は、韓国から撤退???… 想定内のことが…。
秘密法案、与党とみんな大筋合意 「首相指揮権」 明記で修正 東京新聞 11/18 ○新たな修正案は、みんなの党が「内閣による情報の一元管理」を重視しているのを踏まえて歩み寄った内容。ただ、官僚機構による恣意的な秘密の範囲拡大の歯止めとなるかは見通せない。
ANN: 習主席や李首相と会談できず 日中経済協会訪中団 11/19
石炭火力発電所の新設やめて COP19で科学者声明 東京新聞 11/19 ○地球温暖化の影響を最小限にするためには、二酸化炭素(CO2)の回収設備を持たない石炭火力発電所の新設は行うべきではないとの声明を、世界各国の科学者27人がまとめ、気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)が開かれているワルシャワで18日発表した。 日本からは地球環境戦略研究機関の西岡秀三研究顧問と国立環境研究所の甲斐沼美紀子フェローの2人が署名した。 東京電力福島第1原発事故後の日本では、発電コストは安いがCO2排出量が多い石炭火力発電所の新設を進める動きが目立つ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: