FC2 Blog Ranking
2013-12-27

12/27: 首相、米の参拝自制要請を無視 靖国、国際社会で批判拡大 あの大戦を反省せず、肯定しようなんて戦後体制への反逆!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・沖縄県知事、辺野古埋め立てを承認  18時13分
 ・“辺野古”埋め立て承認 沖縄県知事「負担軽減加速を」  16時30分   ★やらせを談合…「承認」の反対給付!?
 ・沖縄県知事、辺野古埋め立て承認を正式表明  16時2分
 ・安倍首相の靖国参拝、各国から厳しい反応  10時9分    ★当たり前ちゃ、当たり前!? 過去の戦争を反省せず、戦後の枠組みを壊そうなんて!
 ・靖国参拝で波紋、 自民党内部もから懸念の声  14時1分
 ・米に“参拝”事前通知せず 「失望」批判は想定外か  26日(木)17時39分   ★安倍コベの勝手でしょ、行動!
 ・「支払いある…」奪った3000円から2000円返した強盗  26日(木)16時20分
 ・小笠原「新しい島」ついに合体!最新映像ではっきり  26日(木)16時27分
 ・岸田大臣、ケネディ大使に靖国参拝「真意」を説明  0時7分       ★「真意」=過去の戦争を正当化!?
 ・資金提供問題も…徳田議員を任意で聴取 東京地検  0時8分

 特定秘密保護法案に関する関連社説
 特定秘密保護法案に反対する市民のデモはテロ
 特定秘密保護法全文

 日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム 秘密社会がやってくる ―情報流通を妨げる秘密保護法― ■ 日時:2013年 12月12日(木) 午後6時半~(開場午後6時)
 ■ 基調講演 「情報公開に逆行する秘密保護法」 三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)
 ■ パネリスト                 岩田 渉(市民放射能測定所)  三木由希子  武藤類子(福島原発告訴団)  佐藤 圭(東京新聞記者(「こちら特報部」)
 ■ 国会報告                  山本太郎(参議院議員、予定)
 ■コーディネーター              海渡雄一(弁護士)
 【特定秘密保護法案 修正案全文】 東京新聞 11/27
 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳
  【特定秘密保護法案全文】 東京新聞 10/25  ○特定秘密保護法案の全文は次の通り。
 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
12月27日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: ブレーキを   誕生日の花 ナンテン 花言葉 福をなす よき家庭
 今日のトピックス Blog12/26: 外交孤立化の恐れ 安倍首相、靖国神社参拝 米国等に、その歴史認識を疑問視「過去の戦争を正当化する国粋主義者」評  ★安倍コベの勝手でしょ!行動。 是か非か、国民投票する、したら!? 主権者。

市民社会フォーラム: 「九条の会」メールマガジン     2013 年 12 月 10 日 第 178 号
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●「九条の会」メールマガジン >> 第163号( 2013年4月25日号)を発信しました
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 僕の9条への道  三浦恒紀さん(商社九条の会・東京世話人)
今週の一言: 名画で学ぶ憲法 ―市民が参加する弁護士と洋画家の『憲法トーク』―  吉井昭さん(弁護士)
今週の一言: 在特会らに対する京都地裁判決の社会的意義  冨増四季さん(弁護士・京都第一初級学校嫌がらせ事件弁護団事務局)
今週の一言: 特定秘密保護法案の成立は国会の自殺行為だ!だれが切望している法律なのか 清水勉さん(弁護士・日本弁護士連合会情報問題対策委員会委員長・秘密保全法制対策本部事務局長)
<憲法をめぐる動向>・2013年11月18日付   警戒!教科書に政府見解記述を義務づけ? その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月14日付   注目!各界から秘密保護法案反対の声 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月11日付   注目!集団的自衛権解釈変更を先送り その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月7日付   警戒!自民党、年内に全国で改憲を討論へ その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月4日付   注目!秘密保護法案反対 −歴史関係団体 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月31日付   注目!秘密保護法反対で憲法学者等が声明 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年10月28日付   注目!生活保護法改正案に反対声明 その他

TBS: 女川原発2号機の安全審査、東北電力がきょう申請 12/27 ○東北電力は、女川原発2号機の再稼働の前提となる安全審査をきょう、国に申請します。東日本大震災の被災地に立地する原発の申請は初めてです。 東北電力の渡部孝男常務は、きのう、宮城県庁を訪れ、女川原発2号機の安全審査を国に申請すると担当者に申し入れました。安全審査は、今年7月に定められた新しい基準に基づいて原子力規制委員会が行うものです。 女川原発には、おととしの震災で13.8メートルの津波が押し寄せていて、審査内容には、海抜29メートルの防潮堤を作ることなどが盛り込まれました。 「今回の震災の経験を考慮したうえで、安全性を高める」(東北電力 渡部孝男 常務)  ★真摯な反省、あったのか???
TBS: 2月の電気・ガス料金、半年ぶりの全社値上げ 12/27 ○来年2月の電気とガスの料金が発表され、燃料の値上がりで半年ぶりに全14社が揃って値上げします。 まず、大手電力10社が発表した来年2月の電気料金は平均的な家庭のモデルで、東京電力が26円、関西電力が21円上昇するなど半年ぶりに全10社が揃っての値上げになりました。料金を決める基準となる期間に中東情勢が混乱していたことなどで石油やLNGの価格が上昇していたのが背景です。 一方、ガス料金もLNG価格の上昇から東京、大阪、東邦、西部の大手4社が4か月ぶりに揃って値上げします。 さらに、来年3月以降の料金には12月に入って進んでいる円安が反映されるため、電気・ガスともに値上げが続きそうです。  ★値上げラッシュが、行く! 安倍コベ政策
TBS: 「帰還困難区域」住民らに一括700万円の追加賠償 12/27

除染最大3年延長発表 新工程表 仮置き場確保難航 東京新聞 12/26 ☆国直轄除染の新たな工程表(図示)
1人700万円追加賠償 東電 「帰還困難」 住民対象に 東京新聞 12/26 ○文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会(能見(のうみ)善久会長)は二十六日、会合を開き、東京電力福島第一原発事故のため帰宅の見通しが立たない「帰還困難区域」の住民らに対し、東電が一括して一人当たり七百万円を支払うことを決めた。 既に支払った慰謝料の将来分とは別で、合計の賠償額は千四百五十万円となる。 「長年住み慣れた住居や地域が長期にわたり帰還不能となった精神的苦痛に対する賠償」として、賠償指針の見直し案を取りまとめた。
福島第1汚染水 政府、トリチウム対策検討で初会合 河北新報 12/26 ○福島第1原発事故の汚染水問題で政府の汚染水処理対策委員会は25日、放射性物質トリチウムへの対策を検討する専門家チームの初会合を開いた。現在の設備では汚染水からトリチウムを取り除けず、新技術の開発もめどが立たない。貯蔵タンクの容量は限度があり、「放出は不可避」との声もある。
福島・南相馬市の帰還目標、16年4月 学校の再開も予定 河北新報 12/26 ○福島第1原発事故で、福島県南相馬市は市内の居住制限区域、避難指示解除準備区域の避難指示を2016年4月を目標に解除することを決めた。 国の住宅除染が15年度に終わると見込まれ、目標時期を定めた。対象は小高、原町両区の計約4000世帯。学校の再開も予定する。
「申請は再稼働につながる」 市民団体が批判 日本海新聞 12/26 ○中国電力が島根原発2号機の安全審査を原子力規制委員会に申請した25日、脱原発を訴える市民団体などからは「申請は再稼働につながる」などとして批判が相次いだ。 「島根原発増設反対運動」の芦原康江代表(60)は「新規制基準は事故を完全に防ぐことを保障しておらず、適合したとしても再稼働を進めてもらっては困る」と憤る。同団体など中国地方の17団体でつくる反原発の連絡会議は27日、広島市の中電本社を訪れ、申請の撤回を申し入れる。 「島根原発・エネルギー問題県民連絡会」の保母武彦事務局長(71)は「単に施設が新規制基準に適合しているかだけでは『安全』審査に程遠い。使用済み核燃料の処分を含め、住民が納得できる安全の全体像を示すべき」と主張する。 全市が原発から半径30キロ圏に入る境港市の自治会長、永見慎一さん(63)=同市岬町=は「原発事故を想定した住民避難計画は策定されているが、現実的でない。原発は再稼働せず、自然エネルギーに切り替えてほしい」と訴えた。
中電 再稼働へ前のめり 島根原発2号機安全審査申請 日本海新聞 12/26 ○中国電力が島根原発2号機(松江市鹿島町)の安全審査を申請した。再稼働に向けて既定路線で進んでいるかのような手際だ。中電が前のめりになる背景には、自民党政権が再稼働の動きを強めていることがある。 審査期間は半年から1年程度とみられているが、自民党の原発推進派などが手続きの迅速化を求めており、早まる見方が出ている。 独立行政機関である原子力規制委員会には厳格な審査を求めたい。働き掛けがあったとしても公正さを堅持し、安全サイドに立ち最新の知見で「疑わしきは黒」に徹すべきだ。 原発30キロ圏の自治体の議論は、申請の是非を判断する「1段階」を終え、審査結果の妥当性を判断する「2段階」を迎える。 再稼働を左右するヤマ場となるが、自治体が妥当性を見極めるのは困難であり、規制委の判断を追認しかねない懸念もはらむ。
1日も早く再稼働を 瓜生九電社長が会見 佐賀新聞 12/26  ★冗談も大概に。不安全の侭なのに!

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: ブログ望年会と正月の国会一周について ・ 民主平和党ホームページ ・ブログ連歌(345)
福島みずほのどきどき日記: 秘密保護法の論点ペーパーをアップ
植草一秀の『知られざる真実』: 安倍首相「やりたい放題」助長メディアの甘やかし
OurPlanetTV: •「原発ゼロを撤回するな」1万5千人が国会包囲
OurPlanetTV: 秘密保護法特集

孫崎享チャンネル: 深刻だ。米国は在日米大使館経由で我が国の指導者を批判するに至った。 ○極めて異例の報道がなされた。それも読売新聞によってである。「在日米大使館は26日、安倍首相の靖国神社参拝について「日本は大切な 同盟国だが、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米国政府は失望している」と批判する声明を発表した。」(2013年12月27日00時09分、yomiuri online)
米国大使館声明は下記のとおりである。   「2013年12月26日  日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者  が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。 米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策 を見いだし、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する。米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注 目する。」「失望」と共に、「首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」と将来に注文をつけた。米国は「近隣諸国が」という表現を使っているが、反発の懸念はもっと奥深い。すでに昨日のブログで記載したことであるが、安倍首相の行動は戦後体制をひっくり返す行動と位置付けられている。
孫崎享チャンネル: 安倍首相の靖国神社参拝、戦後体制を覆す意思表明と受け止められる
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
五十嵐仁の転成仁語: 12月27日(金) 安倍首相の靖国神社参拝に抗議する 

You Tube: 日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジュウム 2013… ○日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム
  「秘密社会がやってくる──情報流通を妨げる秘密保護法」 基調講演:三木由希子(情報公開クリアリングハウス)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
OurPlanetTV: •【録画配信】原子力災害対策本部会議・原子力防災会議事後ブリーフィング
許すな!憲法改悪・市民連絡会
Property chapter for all 12 nations with negotiating positions WikiLeaks 11/13 ○2013年11月13日 リリース
TBS: ウィキリークス、TPP交渉文書の草案だとする文書を掲載 11/14 ○内部告発サイト「ウィキリークス」が、TPPの交渉文書の草案だとする文書を掲載しました。TPPの交渉文書は各国が秘密にしていて、本物である場合、交渉の行方に影響を及ぼす可能性も出てきます。 ウィキリークスは、掲載した文書について、TPPの交渉文書のうち8月段階の知的財産分野の草案だとしていて、95ページにわたってそれぞれのテーマにおける各国の主張などが詳細に記述されています。さらにその文書には、焦点の一つである著作権の保護期間については、現状の50年から70年に延長するよう求める意見が掲載されています。  ★グッジョブ!?  民主主義に、こんなに役立つ!内部告発サイト「ウィキリークス」 秘密主義とは、大違い。

市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策

NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

NHK: 雪や風強まる 北日本猛吹雪に 12/27 ○急速に発達している低気圧と寒気の影響で、西日本から北日本の日本海側を中心に雪や風が強まっています。28日にかけて山沿いを中心にまとまった雪が降り、北日本では猛吹雪となる見込みで、気象庁は交通への影響などに十分注意するよう呼びかけています。気象庁によりますと、北海道付近や日本の東海上で低気圧が急速に発達して、冬型の気圧配置が強まり、上空に強い寒気が南下しているため、西日本から北日本にかけての日本海側を中心に広い範囲で雪が降っています。北日本では次第に風が強まり、北海道の奥尻空港では午後4時半すぎに31.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。28日にかけて低気圧はさらに発達し、寒気が次々と流れ込むため、日本海側を中心にまとまった雪が降り、北日本では非常に強い風が吹いて、猛吹雪になる見込みです。
NHK: 年末年始 日本海側雪の日多い 12/27 ○この年末年始は、日本海側で雪の日が多く、元日以降は北日本を中心に風と雪が強まり、荒れた天気になるおそれがあります。太平洋側ではおおむね晴れる見込みで、初日の出が見られる地域が多くなりそうです。
NHK: 厳しい判決続いた1票の格差訴訟 12/26 ○ことし7月に行われた参議院選挙のいわゆる「1票の格差」について2つの弁護士グループが全国で起こした裁判は、26日の秋田の判決で各地の高裁の判断が出そろいました。 判決は「選挙無効」とした1件を含め、「憲法違反」が3件で、ほかはすべて「違憲状態」となり、「合憲」の判断はありませんでした。 厳しい判決が相次いだ背景と今後について、社会部・最高裁判所担当の佐々木一峰記者が解説します。
仲井真知事、辺野古埋め立て承認表明 沖縄タイムス 12/27 ○ただ、県民世論の強い反発を招くのは必至。来年1月の名護市長選で辺野古反対を明言する現職が再選されれば、「直近の民意」を理由に反対運動が高まるとみられ、移設実現には曲折も予想される。
辺野古埋め立て 沖縄知事承認 迷走の末 「県内移設」 東京新聞 12/27
沖縄県庁に千人なだれ込む 辺野古埋め立て承認反対で 東京新聞 12/27
TBS: 沖縄県知事、辺野古埋め立てを承認 12/27 ○午後3時15分、知事の会見が始まりました。 「公有水面埋め立て承認申請については、基準に適合していると判断し、承認することといたしました」(沖縄県 仲井真弘多知事) 仲井真知事は、正式に辺野古沖の埋め立てを承認すると発表。その理由として、25日、安倍総理から直接説明を受けた、2021年度まで毎年度3000億円台の予算を確保するといった政府の沖縄振興策を評価する考えを示し、「安倍内閣の沖縄に対する思いがかつてのどの内閣にも増して強いと感じた」と語りました。 そして、「県外移設」を訴えて知事に当選したことについて、「公約違反ではないか」という質問に対しては・・・ 「公約は変えたつもりもない。どう説明するかと言われても変えていないので、説明する理由がない。何が一番重要かというと、宜野湾市の街の真ん中にある危険な飛行場を一日も早く街の外に出そうということ。どうか皆さん、ご理解していただきたい」(沖縄県 仲井真弘多知事) その後も同様の質問が相次ぐと、知事はいらだちを見せました。 「私が県外(移設の公約)をどうして捨てた捨てたとおっしゃるのか。全く意味が分かりません」(沖縄県 仲井真弘多知事) 仲井真知事は、県側が求める5年以内の普天間基地の運用停止に向け、総理から担保を得たと強調する一方、「県外移設の方が早いという私の考えは変わらない」として自らの公約と矛盾するものではないと繰り返しました。  ★矛盾を糊塗するのみ! 日米両政府は、硬い岩盤だが、抵抗しないと。平成の琉球処分に、手を貸したことになるのではないか? 『承認』をカネで売った!?と評されよう。
首相、米の参拝自制要請を無視 靖国、国際社会で批判拡大 東京新聞 12/27 ○米政府当局者は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、オバマ米政権が「中韓両国の反発を招き、大きな国際問題になる」として、外交ルートを通じて首相に参拝を自制するよう求めていたことを明らかにした。米側の意向が無視された格好で、米政府声明も「遺憾」などではなく、より批判的なトーンの「失望」を選んだとしている。 靖国参拝をめぐる日米間の温度差が、さらに浮き彫りになった。今後の日米関係にも影を落とすことになりそうだ。欧州連合も声明を出し、批判は国際的に広がった。
TBS: 安倍首相の靖国参拝、各国から厳しい反応 12/27 ○26日の安倍総理の靖国神社参拝の波紋が広がっています。中国・韓国だけでなく、アメリカも強い不快感をあらわにしました。 「安倍氏は今回の参拝で対外的緊張高め、国内の支持を得るつもりでした。しかし内向きな政治は日本の外交を苦境に陥れました」(中国中央テレビ 東京特派員) 中国の国営中央テレビは、正午の1時間のニュース番組のうち30分以上を使って、安倍総理の靖国参拝を批判的に伝えました。中国共産党の機関紙「人民日報」系の「環球時報」は社説で、「靖国神社に参拝した日本の政治家をブラックリストにのせ、中国への出入国を5年間禁止すべきだ」と訴え、「安倍総理はテロリストと大差ない」と非難しました。 一方、ソウル市民は・・・ 「日本に対する警戒感が大きくなると思う」(ソウル市民) 「今後、双方の国民は反日・反韓感情を隠したまま交流するようになる」(ソウル市民) 一方、アメリカ政府は在日アメリカ大使館が出した「失望した」とする声明を「国務省報道官」の名前で改めて発表し、異例の強い表現で懸念を示しています。
ANN: 安倍総理“電撃参拝”に欧州からも厳しい反応 12/27 ○安倍総理大臣が靖国神社を電撃参拝した影響が収まりません。EU=ヨーロッパ連合やロシアなども相次いで日本に厳しい反応を示すなど、異例の展開を見せています。  ★過去の戦争を反省せず、とは、あの戦争・大戦を肯定しようということ、復古しようとしていること。遺憾千万! 現在の主権者は、そこのところ、ご理解を。復古すれば、人権も失い、臣民に降格だ!? 断じて、させてはならぬ。
TBS: 靖国参拝で波紋、 自民党内部もから懸念の声 12/27 ○「総理自身が、これからも謙虚に礼儀正しく誠意を持って関係各国に説明し、理解を求めていく」(菅義偉 官房長官) 菅官房長官は会見でこのように述べた上で、アメリカ政府が総理の参拝に「失望した」と強い不快感を示したことについては、「総理の参拝の趣旨というものを一つ一つ粘り強く説明すれば理解してもらえると思う」と語りました。  ★“謙虚に礼儀正しく誠意を持って”??? そんなレベルの世界からの非難、批判ではないと思う。 深刻で、実質的な大問題。敗戦国が、その戦争を肯定しては、開き直り(復古)、戦後の世界は、右代表は、米政府だが、承知しない筈。ナアナアで済ませる、時代ではない。 近隣に、緊張関係にある、有力な中国も、韓国もあるのだから。五大国も反発しよう。面と向かって(逆らって)、靖国参拝、断行すれば。
ANN: 韓国「すぐに返す」自衛隊譲渡の銃弾1万発 12/27 ○銃弾1万発は、補給物資が届き次第、すぐに返却すると改めて述べました。 南スーダンの国連平和維持活動で自衛隊が韓国軍に譲渡した銃弾について、韓国国防省は、当初から述べていた通り、物資到着後、直ちに返却するとしました。国防省は「信頼が築かれていない日本とは軍事交流はできない」とも話しています。 一方、日本政府の反応です。菅官房長官は銃弾を提供した後、韓国軍の隊長から自衛隊に対して「『大変、感謝している』と連絡があった」と述べ、当時、現地の韓国部隊はかなり緊迫した状況にあったとの認識を示しました。  ★それでは、文民統制の問題が、生じよう。現地武官同士が、ナアナアで決め、実現しては。
韓国、日本提供の銃弾返却へ 批判受け方針表明 東京新聞 12/27 ○韓国国防省の副報道官は27日の記者会見で、日本が国連を通じて南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍に提供した銃弾1万発について、韓国から追加物資が届き次第、「すぐに国連に返却する」と明らかにした。 韓国内で、安倍政権が銃弾提供を「積極的平和主義」の推進に「政治利用している」との批判が出ていることを念頭に、返却方針を明確にした形だ。 副報道官はまた、安倍首相の靖国神社参拝に触れ「信頼を構築できない日本の動きがある中、どのような軍事交流ができるのか問いたい」と述べた。
NHK: 北京やソウルで警戒強まる 12/27 ○中国在住邦人生活への影響懸念
中国の衛星測位システムに多大な価値、他のアジア諸国も利用を=当局 ロイター 12/27 ○-中国の衛星測位システム「北斗」を管理する中国衛星導航系統管理弁公室主任は27日会見し、北斗には経済・社会・軍事上、計り知れない価値があり、他のアジア諸国の利用を歓迎すると表明した。北斗は、米国のGPS(衛星利用測位システム)やロシアのGLONASSに対抗して、中国が独自に開発した衛星測位システム。1年前にアジア太平洋地域での運用を開始した。現在、16の衛星が利用されているが、2020年までに衛星数を30基に増やし、カバー地域を全世界に拡大する計画。同主任は、北斗が民事・軍事両面で幅広く利用できると指摘。「わが国の安全保障問題、経済安全保障、社会全体の安全保障をめぐる問題の解決につながる。軍事・民生総合インフラであることは明らかだ」と発言。「国防でどのように利用するかは国防省などが決めることだが、様々な使い道があると思う」と述べた。北斗の成功は、ミサイル誘導など中国の軍事力の強化につながる。また、自動車・携帯電話向けの衛星ナビゲーション市場が急拡大しており、政府は商業利用にも期待を寄せている。
豊洲新市場 建設費1035億円に 400億円増で再入札 東京新聞 12/27 ○築地市場(東京都中央区)が移転する豊洲新市場(江東区)の建設工事の入札が不調になった問題で、都は二十七日、再入札を公告した。材料費と人件費の高騰を反映して、予定価格は三棟で計千三十五億円と四百億円増えた。都は二〇一五年度中の完成を目指しているが、工期は一六年三月で、再入札が成立してもぎりぎりとなる。 公告したのは、青果棟と水産卸売場棟、水産仲卸売場棟の建設工事の一般競争入札。前回は含めていたトイレ棟などは除いており、実際は四百億円以上、予定価格を上げたことになる。入札参加条件も緩和して広く参加企業を募る。開札は来年二月十三日で、一三年度内の着工を目指す。
首相靖国参拝 自信深める時こそ慎重に 熊本日日新聞 社説 12/27  ★自信と盲目と


米予算決議が成立 大統領署名 政府閉鎖は回避 東京新聞 12/27 ○オバマ米大統領は二十六日、二〇一五年九月までの歳出の大枠を定めた修正予算決議案に署名し、決議は成立した。上下両院は超党派委員会の合意を反映させた修正予算案をそれぞれ可決していた。現行の暫定予算が来年一月半ばに期限切れとなった後の政府閉鎖は回避された。 大統領はまた、一四会計年度(一三年十月~一四年九月)の国防権限法案に署名し、同法は成立した。在沖縄海兵隊のグアム移転費として、オバマ政権の要求通り八千六百万ドル(約九十億円)を計上し、日本政府が移転のために過去に拠出した予算の執行凍結も一部解除した。 海兵隊の移転に必要なグアムでの施設整備は一部再開される見通しだ。

天気概況: 北海道と東北、猛吹雪警戒=北陸など日本海側も大雪―気象庁 時事通信 12/26  ★ご用心ください。
ANN: 米に“参拝”事前通知せず 「失望」批判は想定外か 12/26 ○アメリカ政府は、「disappointed」=「失望した」と、日本に対して、これまで使ったことのないような厳しい表現で安倍総理を批判しています。安倍総理は参拝にあたって、談話の英語バージョンまで用意して、「参拝は戦犯を崇拝するものではない」などとアピールしました。しかし、その一方で、中国・韓国だけでなく、アメリカにさえも参拝の事前連絡をしていませんでした。参拝直前、ある外務省幹部は、「日米関係には影響ないだろう。総理談話を説明すれば理解されると思う」と語り、アメリカの批判を甘く見ていた節があります。オバマ大統領もケネディ大使も離れていきかねない状況に、安倍総理も「誤解を解きたい」と懸命です。 安倍総理大臣:「この機にしっかり説明していく。しっかりと説明していくことによって誤解を解いていきたい」  ★安倍コベの勝手でしょ!行動 が逝く!?
TBS: 辺野古の埋め立て申請、知事がきょう承認発表 12/27
仙台高裁秋田は 「違憲状態」 参院選、1票の格差訴訟 東京新聞 12/26 ○最大4・77倍の「1票の格差」を是正せずに実施した7月の参院選は憲法違反として、弁護士グループが秋田選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、仙台高裁秋田支部(久我泰博裁判長)は26日、「違憲状態」との判断を示し、無効請求を棄却した。 久我裁判長は判決理由で「投票価値の平等の要求に反する状態にあった」と指摘しながらも、「憲法上求められる合理的期間内に是正がなされなかったとはいえず、違憲とはいえない」とした。 全国14の高裁と支部に起こされた一連の訴訟で最後の判決。  ★司法権は、その『法の支配』貫徹の責任を果たしていない。議院内閣制に及び腰では、日本国憲法上の、三権の責務を果たせないだろう。極めて遺憾だ。
参院選1票格差、合憲判決はゼロ 違憲は3、全国16件の一審判決 東京新聞 12/26 ○7月参院選の「1票の格差」をめぐり、二つの弁護士グループが起こした全国訴訟は、仙台高裁秋田支部が26日の判決で違憲状態との判断を示し、14の高裁・高裁支部で計16件の一審判決が出そろった。2010年参院選の前回訴訟で4件あった「合憲」判決はゼロだった。今回の全国訴訟では初めて全47選挙区が対象となり、「違憲」判決は東京、大阪両高裁と広島高裁岡山支部の3件、岡山支部判決は選挙無効も言い渡した。 他の13件はいずれも「違憲状態」で、全ての判決が最大格差4・77倍を「著しい不平等」と批判した。  ★法の支配は、貫徹されないといけない。主権者の権利が、損なわれる!? 既得権者、権力者グループ談合・支配、人の支配ではいけない。
TBS: 2月の電気・ガス料金、半年ぶりの全社値上げ 12/27 ○来年2月の電気とガスの料金が発表され、燃料の値上がりで半年ぶりに全14社が揃って値上げします。 まず、大手電力10社が発表した来年2月の電気料金は平均的な家庭のモデルで、東京電力が26円、関西電力が21円上昇するなど半年ぶりに全10社が揃っての値上げになりました。料金を決める基準となる期間に中東情勢が混乱していたことなどで石油やLNGの価格が上昇していたのが背景です。 一方、ガス料金もLNG価格の上昇から東京、大阪、東邦、西部の大手4社が4か月ぶりに揃って値上げします。 さらに、来年3月以降の料金には12月に入って進んでいる円安が反映されるため、電気・ガスともに値上げが続きそうです。  ★値上げラッシュが、行く! 安倍コベ政策
独白 金融苦闘編<上>半沢直樹半分は本当 余分な融資客に押しつけ 東京新聞 12/26 ○入行したときはバブル真っ盛り。支店長と握手するだけで、すぐに内定だった。ドラマの「半沢直樹」は半分は本当だった。銀行は晴れた日に傘を差しだし雨の日に傘を取り上げる。お金が必要なところに流さず、いらないところに押しつける。そんな描き方にその通りだよと思った。・・・
来年度予算案 歳出改革どこへ行った 毎日新聞 社説 12/26 ◇増税の痛み置き去り


在日米大使館 「失望している」 安倍首相の靖国神社参拝 朝日新聞 12/26 ○米オバマ政権は26日、安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことについて、在日米国大使館を通じて「日本は大切な同盟国であり友好国だが、日本の指導者が近隣諸国との関係を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」との声明を発表した。 米政府はこれまで、小泉首相を含めた日本の首相の靖国神社参拝に公式に反対したことはなく、今回声明を出して批判したのは極めて異例の対応だ
TBS: 米政府「失望した」、靖国参拝に異例の反応 12/26 ○安倍総理の靖国参拝について、アメリカ政府は「失望した」との声明を発表しました。 声明では「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに失望している」とあり、「日米関係はアメリカにとっても最も重要な同盟の1つ」と繰り返してきたアメリカにとっては異例に強い反応といえます。 日米外交筋によりますと、日本政府はアメリカに対し外交ルートを通じ事前に連絡していたということです。しかし、靖国参拝を近隣諸国、特に韓国との関係をこじらせるだけとの立場をとるオバマ政権は今年10月、ケリー国務長官、ヘーゲル国防長官が東京を訪れた際、靖国ではなく千鳥が淵戦没者墓苑で献花し、靖国参拝を控えるようメッセージを送ってきました。それを押し切った形で参拝が行われたわけです。アメリカ政府は、中国の防空識別圏設置などで高まった東アジア情勢の緊張を緩和する上でも日韓関係の修復が重要と考えており、この点でも頭の痛い話です。
TBS: 毛沢東生誕の日に靖国参拝、中国「強烈な抗議表明」 12/26 ○最悪の状況にある日中関係にまた1つ難題が加わったことになりますが、中国側からは激しい非難の声と共に冷ややかな反応も聞かれます。 「(日本の一部の政治家は)一方で民主、自由、平和を口にしながら、もう一方では軍国主義の旗を掲げて亡霊を呼び戻し、侵略と植民地統治の歴史を美化しようとしている」(中国外務省 秦剛 報道局長) 中国外務省の秦剛報道局長は、記者会見でこのように述べ、日本側を強く非難しました。26日は、中国建国の父・毛沢東の生誕120年の日にあたり、習近平国家主席ら中国の最高指導部「常務委員」の7人が北京の毛沢東紀念堂で敬意を表す式典に出席しました。中国にとって特別な日に、あえて行われた安倍総理の靖国神社参拝は、ただでさえ最悪の状況にある日中関係を、さらに悪化させることとなりました。 「安倍首相は強硬だ。日本国内向けに 自分の立場を表明したいのだろう」 「(日本の政治家は)過ちを認めない。頑固で歴史を受け入れない」(北京市民)
TBS: 韓国閣僚が異例の抗議声明「全ての責任は日本」 12/26 ○「(安倍首相は)積極的平和主義の名の下に国際社会に寄与すると言うが、果たしてこのような誤った歴史観で平和増進に寄与できると考えているのか」(ユ・ジンリョン文化体育観光相) 閣僚が直接、靖国神社の参拝に関連して抗議声明を発表するのは初めてだということで、ユ文化体育観光相は韓国政府の報道官という立場で「日本が本当に国際平和に積極的に寄与しようと思うならば過去の歴史を否定し、侵略を美化する誤った歴史認識から抜け出さなければならない」などと述べました。 また韓国外務省のキム・ギュヒョン第一次官は、日本大使館の倉井総括公使を呼び抗議しました。韓国外務省幹部によると、キム第一次官は「今回の参拝を見る限り、安倍総理が対話を求めるということが果たして本当なのか疑問を感じる」と指摘。「総理の靖国参拝により発生しうるいかなる結果についてもすべての責任は日本にある」と強い表現で非難したということです。
外交孤立化の恐れ 東京新聞 12/26 ○一方、菅義偉(すがよしひで)官房長官ら首相周辺は中韓の反発以上に、米国との関係悪化を懸念し、「参拝を必死に止めていた」(周辺)とされる。実際、米国からは官邸側に水面下で首相の参拝を憂慮し、自制を促す意向が伝えられていたという。 米国内には首相の歴史認識を疑問視し「過去の戦争を正当化する国粋主義者」との指摘がある。A級戦犯が合祀されている靖国神社参拝は、こうした見方を強めることになりかねない。  ★さも! 
安倍首相 靖国参拝 現職7年ぶり 東京新聞 12/26 ○首相は第一次安倍内閣のときに参拝しなかったことを「痛恨の極みだ」と繰り返し発言し参拝に意欲を見せてきた。保守層の中でも特に右寄りとされる人たちに配慮し安倍政権発足から一年のタイミングで参拝に踏み切ることにした。  ★自らのファン目当てに、30%未満の市民相手に、強烈に、アピールしたいのだろう。主権者なんて、目じゃないか??? 安倍コベ氏?
TBS: 安倍首相、靖国神社を参拝 12/26 ○「日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、尊崇の念を表し、御霊安かれなれと、手を合わせて参りました。私は1年間この歩みをご英霊に対してご報告をする。そして二度と戦争の惨禍の中で人々が苦しむことのない時代をつくっていくという決意をお伝えするために参拝しました」(安倍晋三 首相) さらに安倍総理は、中国、韓国に対しては「これからも、謙虚に礼儀正しく誠意を持って説明をし、対話を求めていきたい」と強調しました。安倍総理、靖国参拝の一報は瞬く間に永田町を駆け巡りました。 「総理の真意を分かっていただければ、これが外交問題に発展するということを避けることは十分可能」(自民党 石破茂 幹事長)  ★これまで通りとすれば、安倍コベ氏の評価は、既に、固まっているのではないか? 言行で評価される…舐めた!?安倍コベ語は、通用しない。
沖縄知事、辺野古承認の意向伝達 県幹部に、普天間移設で理解狙う  東京新聞 12/26
TBS: 沖縄県知事 辺野古承認の考え伝達、公舎前で抗議も 12/26 ○関係者によりますと、仲井真知事は県幹部らに埋め立てを承認する考えを伝え、最終的な事務手続きを進めるよう指示しました。仲井真知事は27日の午後、正式に承認を表明します。 「絶対許せません。(知事は)県外だということを言い続けて、土壇場になって覆す」 「(知事は)意見を変えるならなぜ変えるかということをきちっと説明してほしい」(沖縄県民) 一方、知事公舎の外では、辺野古移設に反対する市民団体のメンバーらが詰めかけ、抗議の声をあげました。
日本語入力情報を無断送信 中国製ソフト、漏えい恐れも 東京新聞 12/26
秘密保護法撤廃 年の瀬 参加者2倍 大阪でデモ 赤旗 12/26 ○10歳と8歳の孫と参加した女性(65)は「憲法9条が息づく社会を子や孫の世代につなげたい。憲法を投げ捨てるような法律を絶対忘れず、廃案まで声を上げ続けます」と語りました。 沿道でデモをながめていた女性(23)=学生=は「政府のやりかたは国民の意見を無視したもので、秘密保護法は危ないと思います。にぎやかなデモにびっくりしました。目立ってますね」と話しました。 デモに先立つ集会で18歳の女子高生が発言。「民衆の運動で権力を動かしたフランス革命を学び、新婦人のデモ行進を見て、自分の気持ちを表すことが大事だとわかりました。歩くことが廃案の力。受験勉強であいさつしかできませんが、気持ちは一緒です」とのスピーチに参加者が大きな拍手で応えました。 新婦人府本部の川本幹子会長は「法成立後も何か行動はないのかと問い合わせが相次ぎ、参加者の思いが結実したパレードです。来年も声を上げ続けます」と述べました。
知事・首相会談 粉飾に等しい 「負担軽減」 琉球新報 社説 12/26 ○仲井真弘多知事が「驚くべき立派な内容を提示していただいた」と述べた。この知事の発言自体が、「驚くべき」発言だ。いったいどこが「立派な内容」なのか。 首相官邸で会談した知事に対し、安倍晋三首相は基地の「負担軽減策」を説明した。だがどれも、新味のない従来の方策か、実現の担保のない口約束にすぎない。知事がなぜ高く持ち上げるのか理解できない。  知事は27日にも辺野古埋め立て承認の可否を表明する。これらの「負担軽減策」は何ら軽減になっていない点を見極めてほしい。今回承認すると、沖縄は「自発的隷従」となってしまう。子や孫の命と尊厳を売り渡すような愚かな判断をしないよう求めたい。
奄美復帰60年 歴史に学び未来へ連帯 琉球新報 社説 12/26
[首相・知事会談] 県民ははしご外された 沖縄タイムス 社説 12/26 ○仲井真弘多知事は、まるで別人のようだった。菅義偉官房長官が作ったシナリオの上で踊らされているパペット(操り人形)のようにもみえた。  25日、首相官邸で仲井真知事が安倍晋三首相と向かい合っていたころ、那覇市の県庁前では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する住民が雨に打たれ、傘を差して、悲壮感に満ちた表情で知事の埋め立て不承認を訴えた。  だが、住民の必死の叫びは首相官邸に届かなかった。いや届かなかったのではない。知事は17日の沖縄政策協議会以来、東京に閉じこもり、県民の声を聞こうとしなかったのだ。
【銃弾1万発譲渡】 例外が原則を曲げるのか 高知新聞 社説 12/26 ○きょうで発足1年を迎える安倍政権の周囲から、またきな臭い話が突然飛び込んできた。  政府が、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)の任に当たっている韓国軍に、陸上自衛隊の銃弾1万発を無償で譲渡した。  PKO協力法に基づき日本が他国軍に武器を提供するのは初めてだ。武器輸出三原則に抵触するため、例外扱いとする。  無償提供の方針は、安倍首相や小野寺防衛相らで構成する国家安全保障会議(NSC)と持ち回り閣議で決めた。その間、どんな議論があったのかは明らかでない。  銃弾を提供することになった状況や理由も、日本と韓国側の言い分が食い違うなど疑問が多い。一つの例外を突破口に、平和国家の柱の一つである「三原則」をなし崩しにしてはならない。国会などで徹底的に検証することが不可欠だ。   ★情報公開、主権者、国民に説明すべきだ。経緯と決断の理由を、だ。
普天間移設  露骨な懐柔に屈しては 京都新聞 社説 12/26 ○沖縄県にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古沿岸部への移転問題が、ヤマ場を迎えている。一貫して「県外移設」を訴えてきた仲井真弘多知事が、辺野古容認に傾いていると伝えられるからだ。 政府と自民党は、日米合意に基づく移設を実現するため、辺野古沿岸部の埋め立ての承認権を握る知事に対し「アメとムチ」の圧力を強めてきた。それに屈すれば、地方自治の大きな挫折となる。 県民の間では、県外移設を求める声がなお大勢を占める。知事は今月上旬、県議会で「普天間の県外移設と早期返還」の方針を堅持すると表明したばかり。わずか3週間で方針を180度転換すれば、県民の信頼に背くことにならないか。慎重に判断してほしい。  ★これを片付けたと思ったのか、安倍コベ氏は、靖国参拝に踏み切った!? 自信に満ちた態度!?と自認しているのやも。 しかし、勘違いも甚だしい。内弁慶は、外弁慶にあらず! 冷たい視線に晒されよう。安倍コベ政権。しかし、場合によれば、市民に危難が及ぶやも。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

          ブレーキを

 誕生日の花 ナンテン 花言葉 福をなす よき家庭      {/くも/}    {/雪/}  ...

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/28 08:44)

南相馬市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: