FC2 Blog Ranking
2014-01-16

1/16: 自衛艦衝突 見張りは十分だったか 一九八八年七月事故では、釣り船の三十人が死亡…この十年で五件 事件解明・万全の対策を

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・オウム平田被告初公判、起訴内容の一部を否認  5時58分
 ・新潟県知事「東電変わってない」、再生計画を批判  12時40分
 ・北海道ニセコの山で雪崩、外国人ら3人けが  18時53分
 ・14小学校 一斉に閉鎖、約950人がおう吐など訴え  18時53分
 ・オウム平田被告の裁判、注目される死刑囚証言  19時29分
 ・浜松市の児童905人欠席、ノロ感染か  19時28分
 ・許可なく廃品回収、不法投棄 3人逮捕  19時27分
 ・ビール類出荷量が9年連続減、過去最低に  19時27分
 ・日本でプレー通じ謝罪を~ヤクルト球団社長  19時8分
 ・遺族の仮谷実さんも出廷 平田被告初公判  18時44分

 NPJ: 世界が懸念した安倍首相の靖國神社参拝 ―改憲阻止の闘いは靖國歴史観との対峙をさけてはならない― 弁護士 内田雅敏 ○1 世界が懸念  米国政府からのメッセージ 
  2 「聖戦」 思想という靖國歴史観に目を閉ざしてきたマスディアの覚醒
  3 読売新聞の狼狽といら立ちと産経新聞の堂々たる論陣
  4 安倍首相の弁明のまやかし 追悼、慰霊が批判されているのではない
  5 鎮霊社という奇策
  6 自民党改憲草案と靖國神社参拝に通底するもの
  7 安倍首相の靖國神社参拝は中国の軍拡派に対する贈り物
  8 日中共同声明の精神に立ち戻ろう
 NPJ: あまりに危険な独断専行-安倍首相靖国参拝   弁護士 井堀 哲 ●「想定外」 の行動だった年内参拝
 年のはじめに考える 憲法を守る道を行く 東京新聞 社説 1/5 ◆吉田茂が怒っている  西武百貨店などセゾングループの総帥でもあった人です。吉田死去後に首相の佐藤栄作から「大磯の吉田邸を君のところで買わんか」と頼まれ、「お引き受けします」と即断した思い出があるのです。池田勇人、三木武夫、宮沢喜一、大平正芳ら、首相経験者とも付き合いがありました。 吉田邸の建物と庭を思い出しつつ、辻井は回顧録「叙情と闘争」(中央公論新社)の中で、こう考えを巡らせていきます。 <今日の保守政治の堕落にあの世の吉田茂が烈火の如(ごと)く怒っているのではないか(中略)だから燃えてしまったのだ> 吉田が戦時中、東条英機ら軍閥の無謀な戦争計画を批判して、憲兵隊に逮捕されたことも、辻井は回想します。 <僕の考えからすれば、平和憲法とその思想を高く掲げることによって独立国家への道を歩むしかないと思うから、その道は細く険しいのかもしれない> <憲法九条を変えて軍備を持ってしまうことは、吉田茂の残した宿題に正面から答える道ではないように僕は思う> つまり、今の保守政治に「堕落」の烙印(らくいん)を押し、憲法九条の改正に反対する意思表明です。… 終戦前に生まれた国会議員は六十八人にとどまり、戦後生まれは六百五十四人にも達します。最高齢の石原慎太郎氏でも終戦時には、十二歳の少年にすぎません。 東京新聞(中日新聞東京本社)社会部編の「憲法と、生きる」(岩波書店)では、政界引退した自民党元幹事長の古賀誠氏が、自衛隊の海外派遣について警告しています。 <たとえ小さな穴でも、一つあけば広がっていく。先の戦争のときもそうだった> 戦争で父を亡くした古賀氏の政治哲学です。彼は「吉田茂を源流とする流れ」にいた一人です。こうした政治家は、今や少数派になったのでしょうか。 ◆岸信介は「聖戦」の認識  <名にかへてこのみいくさの正しさを来世までも語り残さむ> 「みいくさ」とは聖戦です。あの戦争に反省さえしません。安倍首相も国会で「侵略戦争の定義は定まっていない」と答弁しています。祖父から同じ歴史認識を受け継いでいると感じられます。  ★成程!岸信介は、A級戦犯!?
 質問なるほドリ:首相の靖国参拝、なぜ問題になるの?=回答・影山哲也、野口武則 毎日新聞 12/27 ◇東京裁判否定につながる ○Q 問題があるのに、なぜA級戦犯が祭られているの?  A 靖国神社に祭られる戦没者は、旧厚生省援護局が神社側に届けた名簿に基づいています。A級戦犯として絞首刑(こうしゅけい)になった東条英機(とうじょうひでき)元首相らについては1966年に名簿が送られましたが、神社の最高意思決定機関である総代会は長期間、扱いを保留にしていました。当時、靖国神社を国営化する法案をめぐって与野党が激しく対立していたことが影響したものと思われます。ところが、1978年7月に宮司(ぐうじ)に就任した松平永芳(まつだいらながよし)氏は、直後の同年10月にA級戦犯の合祀(ごうし)に踏み切りました。松平氏は合祀について後に「東京裁判の根源をたたく意図」だったと語った記録が残っています。神社の社報もA級戦犯を「昭和殉難(じゅんなん)者」と呼んで犠牲者扱いするなど、東京裁判への否定的な認識が表れています。
  Q それでも安倍首相が靖国参拝にこだわる理由は?  A 首相を応援する保守層は、占領時代に作られた政治体制を見直し、日本の「真の独立」を図ろうとする傾向があります。その期待に応え、憲法改正を含む「戦後レジームからの脱却」を目指しているためと考えられます。ただし、こうした政治姿勢は、米国を中心とする戦後の国際秩序に対する挑戦と受け取られかねないのです。

 特定秘密保護法案に関する関連社説
 特定秘密保護法案に反対する市民のデモはテロ
 特定秘密保護法全文

日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム 秘密社会がやってくる ―情報流通を妨げる秘密保護法―

 【特定秘密保護法案 修正案全文】 東京新聞 11/27
 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳
  【特定秘密保護法案全文】 東京新聞 10/25  ○特定秘密保護法案の全文は次の通り。
 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>


     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)

                      ○:記事から引用   ★:コメント
1月16日分 9:00 実施
今日の「○」と「×」: 「×」 森元総理が細川氏を「五輪を人質」と批判。 「×」 「細川氏は卑怯だ」森元首相が批判 「五輪を人質にしている」
イシャジャの呟き:  ブロバイダー  誕生日の花 カニサボテン 花言葉 恋の年頃
 今日のトピックス Blog1/15: 東電の過失責任=重要な争点 原発事故での過失や程度を問わない原子力損害賠償法に基づく審理否定 原則は故意・過失責任!  ★東電のココロは、俺は加害者ではない、大震災(自然災害)の被害者だ!? とでも言いたげ!? こんなものを随所に散りばめる!?とは。 原発事故の因果の始めも知れないのに!

●「九条の会」メールマガジン >> 第179号 ( 2014年01月10日号)を発信しました
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 社会問題としての「ブラック企業」について  佐々木亮さん(弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表) ■労働者を「使い潰す」企業  ■非正規雇用の増大がブラック企業を生んだ  ■他人事ではないブラック企業  ■ブラック企業をなくそう!
今週の一言: 異文化間交流の相互理解を阻む壁を乗り越えよう  加賀美常美代さん(お茶の水女子大学大学院教授)
今週の一言: 2014年初頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○昨年,安倍政権は2012年に取りまとめた「日本国憲法改正草案」を実現するために,憲法改正手続を緩和させることによって,憲法96条の先行「改正」を主張しました。しかし,これに反対する多くの国民によるたたかいや,「96条の会」の結成とその活動などによって,その企みを阻止することができました。  また,安倍政権は,参議院議員選挙後「積極的平和主義」を掲げ,集団的自衛権についての政府の憲法解釈の見直しに前向きな小松一郎駐仏大使を内閣法制局長官に充て,10月からの臨時国会において国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案と特定秘密保護法案を成立させ,12月には国家安全保障戦略を初めて閣議決定するに至りました。
今週の一言: 国旗とこの国の姿  曽我逸郎さん(長野県中川村長)
今週の一言: 憲法を破壊し、戦争への道を目指す秘密保護法の成立  成見正毅さん(弁護士・みやざき九条の会代表)
今週の一言: 平成24年衆議院議員選挙無効訴訟に対する平成25年最高裁判決の意義と問題点  黒田健二さん(弁護士・本件訴訟弁護団・黒田法律事務所代表)
今週の一言: どうすれば、憲法への関心を拡げられるだろう? ~カフェで憲法、病院でも憲法、の実践報告  太田啓子さん(弁護士・横浜弁護士会)
今週の一言: 個を鍛え民主主義を進化させよう  鳴井勝敏さん(行政書士・法学館憲法研究所賛助会員) ○「多数意見が正しいとは限らない」。これは歴史の教訓である。…
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>・2013年12月30日付   注目!首相の靖国参拝に国際社会が批判 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年12月26日付   警戒!政府が初の武器提供を決定 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年12月23日付   注目!一票の格差、"違憲"判決続く その他
<憲法をめぐる動向>・2013年12月19日付   注目!一票格差、次々と「違憲状態」判決 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年12月16日付   警戒!政府が共謀罪創設の検討開始 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年12月12日付   注目!秘密保護法を憲法の視点で検証 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年12月9日付   注目!参院選は違憲状態 −広島・札幌高裁 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年12月5日付   注目!各界から秘密保護法案批判 その他
<憲法をめぐる動向>・2013年11月28日付   注目!遺族年金の男女格差は違憲 その他
憲法情報Now<イベント情報> 当面の情報(更新日2013年12月23日)  <福島> ○憲法96条問題市民講演会  NEW
 【日時】2014年2月15日(土)14:00~16:00 【会場】郡山市視聴覚ホール(市立図書館内)
【講演】伊藤真(弁護士、法学館憲法研究所所長) 【参加費】無料
【主催】福島県弁護士会(共催:東北弁護士会連合会)

TBS: 新潟県知事「東電変わってない」、再生計画を批判 1/16 ○そして16日、東電の広瀬社長は再稼働のカギを握る地元・新潟県の泉田知事を訪ねますが・・・ 「柏崎刈羽原発は10年の計画なので、何らかの形で収支に織り込む必要があった」(東京電力 広瀬直己 社長) 「モラルハザードの計画を作ったというふうにしか見えない。安全性について、会社が変わったと受け止めるのは難しい計画だと思う」(新潟県 泉田裕彦 知事) 福島第一原発の事故以来、東電に不信感を募らせている泉田知事。計画の説明を冷ややかに受け止めました。 「再稼働の時期をうんぬんかんぬんできるタイミングではないと思っている」(東京電力 広瀬直己 社長) こう釈明した広瀬社長ですが、再生計画には再稼働が7月以降にズレこむ場合、黒字を確保するには秋にも10%の料金値上げが必要との試算も明記していて、東電のギリギリの経営は続くことに
東電再建 税金なし崩し 除染負担軽減で刈羽再稼働 東京新聞 1/16 ○茂木敏充(もてぎとしみつ)経済産業相は十五日、東京電力の新たな総合特別事業計画(再建計画)を認定した。福島第一原発事故に伴う除染関連費を国費で賄うなど東電の負担を軽くした上で、柏崎刈羽原発(新潟県)を七月から再稼働、利益を出し被災者への賠償資金を工面するとの内容。東電の経営陣や株主らの責任は問わず、なし崩し的に税金を投入する計画への批判が高まりそうだ。
大熊町 「18年4月帰還開始」 復興ビジョン中間報告 河北新報 1/16 ○福島第1原発事故で全町避難している福島県大熊町は15日、比較的放射線量が低い町南部の大川原地区に復興拠点を設け、2018年4月にも帰還開始を目指す「復興ビジョン」の中間報告を発表した。
福島原発:トリチウム800兆ベクレル 貯蔵タンク汚染水 毎日新聞 1/15 ○東京電力福島第1原発の汚染水問題で、東電は15日、貯蔵タンクに保管している汚染水に含まれる放射性トリチウム(三重水素)が、800兆ベクレル以上に上るとの試算を明らかにした。福島第1原発は沸騰水型(BWR)原子炉で、国が定めるBWR1基当たりの年間放出基準(3.7兆ベクレル)の200倍以上に相当する。 東電は政府のトリチウム対策を考える部会で、敷地内に設置された貯蔵タンクに現在、汚染水約40万トンが保管され、この汚染水中に817兆ベクレルのトリチウムが含まれると説明した。福島第1原発では、原子炉建屋やタービン建屋内にも汚染水が残されており、タンク以外にも58兆ベクレル存在すると試算した。  ★遥かに大問題は、メルトダウン、メルトスルーした核燃料、その放射能、因って起こる大災害!? 誰にも知れることなく、浸潤・汚染が進行しているから、メディアが取り上げることもないが、こんなレベルではない!
女川、島根原発の審査開始 原子力規制委 東京新聞 1/16 ○原子力規制委員会は16日、東北電力女川原発2号機(宮城県)と中国電力島根原発2号機が、新規制基準を満たしているか確認する初の審査会合を開いた。事故を起こした東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」と呼ばれるタイプで、事故時に原子炉格納容器を守るために放射性物質を減らした上で容器内の蒸気を放出する「フィルター付きベント」が再稼働に必須。会合ではベントに関する質問が集中した。 審査入りは7電力会社の9原発16基となった。 規制委は次回会合で今後の具体的論点を示す。島根は全国で唯一、県庁所在地に立地する原発で、女川は東日本大震災で被災した原発で初の審査となる。
東電再建計画 原発頼みは筋が通らぬ 東京新聞 社説 1/16 ○国費投入とは、原発と全く関わり合いがない沖縄県民も含め、国民負担が何兆円も生じることである。東電への融資や投資で利益を上げてきた金融機関や株主の負担を求めるのが本来の筋である。原発を推進した経済産業省などの関係者が誰一人として責任を問われていないのもおかしい。…
中間貯蔵施設稼働は再処理開始が前提 デーリー東北 1/16 ○むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設で、リサイクル燃料貯蔵(RFS)が15日、新規制基準による安全審査を申請した。使用済み核燃料の貯蔵は、核燃料サイクルでの全量再処理が前提。青森県は六ケ所村の再処理工場の操業見通しが立たなければ、中間貯蔵施設について完成前の使用前検査を認めない方針。安全審査自体は比較的スムーズに進む見込みだが、2015年3月を目標とする施設の稼働は再処理工場と一蓮托生(いちれんたくしょう)と言える。中間貯蔵施設は、原発の使用済み核燃料約3千トンを保管する機能を持つ。しかし、再処理が実現しなければ、「資源」として受け入れる使用済み核燃料は〝核のゴミ〟と化すため、県など地元自治体は工場の行方に神経をとがらせる。

もんじゅ 不備知りつつ 「見直し終了」 報告 NHK 1/15 ○高速増殖炉「もんじゅ」の大量の点検漏れなどで試験運転を事実上禁ずる命令を受けた日本原子力研究開発機構が今度は再発防止に向けた見直しが終わっていないのに終えたとする報告をしていたことが分かりました。原子力規制委員会は組織的な問題がないかなど、さらに詳しい報告を求め、命令が解除される見通しは立たないままです。
「被ばく不安」 賠償認める和解案 東電が拒否 NHK 1/15 ○原発事故に関連して、国の紛争解決センターが、福島県の住民に「被ばくへの不安」に対する賠償を認める和解案を示したことについて、東京電力が「根拠が明らかでない」として受け入れを拒否したことが分かりました。福島県飯舘村長泥地区の住民およそ180人は「原発事故のあとに避難区域への指定が遅れ、被ばくへの健康不安がある」として、国の「原子力損害賠償紛争解決センター」に集団で申し立てを行っています。これについてセンターは去年、「被ばくへの不安」に対する賠償を認める考えを初めて示し、先月から一部の住民に具体的な和解案を提示していました。
東電の過失責任が審理対象に 東電原発訴訟 裁判長 「重要な争点」 福島民報 1/15 ○潮見裁判長は「賠償額算定のために東電の過失の種類・程度の審理が必要」とした上で、「(過失が)重要な争点となる」との見解を示した。東電は原発事故での過失や程度を問わない原子力損害賠償法に基づき審理を進めるように主張していた。原告側弁護団によると、全国13の地裁・地裁支部に東電と国を相手取って提訴された訴訟で、東電の過失を審理対象とするのは初めてという。  原告側は東電の過失立証のため、昨年11月に東電から拒否された福島第一原発への津波到達予測試算データの開示を再度求めた。  次回は3月25日午後3時から。
トモダチ作戦参加者、米が健康調査へ 議会が義務化法案 朝日新聞 1/15 ○東京電力福島第一原発事故を巡り、東日本大震災で米軍の救援活動「トモダチ作戦」に参加した米空母「ロナルド・レーガン」の乗組員への健康状態を調査するよう、米議会が国防総省に義務づけることがわかった。 米上下院がまとめた2014会計年度の歳出法案の中に盛り込まれており、議会は週内の可決を目指している。法案によると、任務に就いた後に健康状態が悪化したすべての事例を調べ、4月中旬までに議会に報告するよう求めている。また、被曝(ひばく)対策として米軍が取ったすべての措置を報告することも求める。 同空母は震災当時、東北地方沿岸の海域で、米軍による被災者の捜索・救助活動や救援物資の輸送の拠点として活動していた。 米国では、当時の乗組員が被曝で健康状態が悪化したとして、東京電力を相手に損害賠償を求める訴訟を起こしており、原告の数は数十人に増えている。
政府 東電の新事業計画を認定 NHK 1/15 ○政府は、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所の運転再開による収益改善や電気料金の引き下げなどを盛り込んだ東京電力の新たな事業計画を15日、認定しました。
核燃料の中間貯蔵施設 安全審査を申請 NHK 1/15 ○原子力発電所にたまり続けている使用済み核燃料を一時的に保管するため、国内で初めて青森県むつ市に建設されている中間貯蔵施設について、事業者が操業開始の前提となる安全審査を原子力規制委員会に申請しました。申請を行ったのは、東京電力と日本原子力発電が出資して設立した「リサイクル燃料貯蔵」で、山崎克男常務が15日、原子力規制委員会を訪れ、申請書を提出しました。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: ぷららブローチのサービス終了について ・ 民主平和党ホームページ ・ブログ連歌(346)
市民社会フォーラム: 1/22(水)緊急セミナー:税金づけの原発輸出~25億円の報告書は何処に?@参議院議員会館
@動画: 原発「即時ゼロ」の可能性/BS11・本格報道INsideOUT
@動画: 反骨のドキュメンタリスト 大島渚 「忘れられた皇軍」 という衝撃/日本軍属として戦傷を負い、戦後、韓国籍となった旧日本軍の兵士たち
OurPlanetTV: •公安情報流出で都に9千万賠償命令~違法捜査とは認めず
孫崎享のつぶやき: 20代世代は私のニコニコ動画(ブログ)の最も関心の高い層。件名で変化。
kojitakenの日記: 名護市長選、公明党が「寝て」現職稲嶺進市長が先行
天木直人のブログ: 細川・小泉連合と安倍の代理人である田母神の一騎打ちにすればわかりやすい
保坂展人のどこどこ日記: 東電より2.5円/kw高く売電 世田谷区営太陽光発電所 (「太陽のまちから」2014年1月7日)
きまぐれな日々: 宇都宮健児陣営と細川護煕応援団に見る「因果応報」の皮肉
薔薇、または陽だまりの猫: 越冬救援キャンプを襲撃し、重傷の生活困窮者を厳寒の路上に叩き出した「福祉のまち」シブヤの野蛮行政


市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: 「情報保全諮問会議」の問題だらけの人選

市民社会フォーラム: TPP交渉の情報公開と市民参加を求める「オンライン署名」&「議員アクション」(転載)
市民社会フォーラム: 【集会案内】1・21(火)秘密保護法と民主主義の危機・院内集会/1・24(金)国会包囲ヒューマンチェーン
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: 【大緊急】東電の破たん処理を!デタラメ計画を認定するな!1・15経産省別館前行動へ
市民社会フォーラム: 【2月より連続開催】世界に貢献するために~「自分とつながり、周りとつながるコミュニケーションワークショップ」参加者募集中

You Tube: 日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジュウム 2013… ○日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム
  「秘密社会がやってくる──情報流通を妨げる秘密保護法」 基調講演:三木由希子(情報公開クリアリングハウス)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
OurPlanetTV: •【録画配信】原子力災害対策本部会議・原子力防災会議事後ブリーフィング
許すな!憲法改悪・市民連絡会
Property chapter for all 12 nations with negotiating positions WikiLeaks 11/13 ○2013年11月13日 リリース
TBS: ウィキリークス、TPP交渉文書の草案だとする文書を掲載 11/14 ○内部告発サイト「ウィキリークス」が、TPPの交渉文書の草案だとする文書を掲載しました。TPPの交渉文書は各国が秘密にしていて、本物である場合、交渉の行方に影響を及ぼす可能性も出てきます。 ウィキリークスは、掲載した文書について、TPPの交渉文書のうち8月段階の知的財産分野の草案だとしていて、95ページにわたってそれぞれのテーマにおける各国の主張などが詳細に記述されています。さらにその文書には、焦点の一つである著作権の保護期間については、現状の50年から70年に延長するよう求める意見が掲載されています。  ★グッジョブ!?  民主主義に、こんなに役立つ!内部告発サイト「ウィキリークス」 秘密主義とは、大違い。

市民社会フォーラム: IK改憲重要情報(25) ○私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信します。(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由です。)
  弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策  連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所(電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884)
ペシャワール会: 「ペシャワール会報」 ○中村医師から日々事務局に送信されてくる写真付きメールを紹介して います。尚、ホームページ上に掲載できるのは、メールを受信して数ヶ月後になりますことをご理解下さい。会員の皆様へは、最新の報告として「ペシャワール会報」を年4回送付させて頂いております。
NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策

NPJ通信: 安倍自民党による 「改憲」 の本質―明治憲法より酷い立憲主義の否定  桂 敬一(マスコミ九条の会、元東京大学教授) <講演記録> 安倍改憲政権の企む日本改造の正体 ―国難が生む “ファシズム” にどう向き合うか―
 ◆「国防軍」 「集団的自衛権」 より立憲主義の否定こそ大問題 ◆国家・政府を縛る憲法が、国民を縛る憲法に変えられてしまう
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュースvol.9】原発輸出に異議あり!勉強会に参加しよう"NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学2013都議選開票結果 朝日新聞 6/24教員、平和学専攻)">NPJ通信: 「時代の奔流を見据えて──危機の時代の平和学」  木村 朗 (きむら あきら、鹿児島大学教員、平和学専攻) ○NPJ特別寄稿 「孫崎 享さんと 『終わらない占領』 を論じる」

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

TBS: オウム平田被告初公判、起訴内容の一部を否認 1/16 ○19年前の事件についてどのような真相が明らかになるのでしょうか。逃走を続け、おととし逮捕されたオウム真理教・元信者、平田信被告の初公判が東京地裁で開かれました。 「仮谷さんを拉致するという認識の共有は無かった。車の運転はしたが、その後のことは知りません」(平田信 被告) 初公判で起訴内容の一部を否認。その声は小さくかすれていました。 17年の逃亡の末、おととし逮捕。16日、初公判を迎えたオウム真理教の元幹部、平田信被告。1995年に起きた目黒公証役場の事務長、仮谷清志さん(当時68)拉致事件など、3つの事件に関与したとして起訴されています。オウム事件として初めて裁判員裁判で行われるその裁判を見ようと、傍聴席を求め1000人以上が長い列を作りました。
NNN: 遺族の仮谷実さんも出廷 平田被告初公判 1/16 ○平田信被告は、1995年2月、目黒公証役場の事務長だった仮谷清志さん(当時68)を拉致した事件など3つの事件で起訴されている。16日の初公判に平田被告はスーツ姿で出廷した。逮捕当時、茶色く長かった髪は短く刈り上げた黒髪の短髪になっていて、ひげもそっていた。平田被告は仮谷さん拉致事件で車の運転役をつとめたとされている。罪状認否で平田被告は、「拉致をするという認識はなかった」と起訴内容を一部否認した上で、「仮谷さんの遺族には苦しみを与え、大変申し訳ありません」と謝罪した。
TBS: オウム平田被告の裁判、注目される死刑囚証言 1/16
ANN: 負担さらに…消費増税で病院の初診料も値上がりへ 1/16 ○消費税が4月から引き上げられることに伴い、病院などの初診料も値上がりされる見通しです。あまり知られていない「医療の基本料金」の仕組み。今後は、さらに患者の負担が増える可能性があります。
NNN: 浜松市の児童905人欠席、ノロ感染か 1/16 ○静岡県浜松市では16日、14の小学校で合わせて905人の児童が下痢や嘔吐などの症状を訴えて欠席した。このうち、5人の便からノロウイルスが検出されたという。市は12校を学校閉鎖とし、17日も休校措置を取ることにした。
NNN: ビール類出荷量が9年連続減、過去最低に 1/16 ○ビール大手5社の2013年の「ビール」「発泡酒」「第3のビール」を合わせた「ビール類」の出荷量は548万8999キロリットルで前年比1%のマイナスとなった。2005年以来、9年連続の減少で、過去最低となった。ビール類以外にも、ワインや酎ハイなど選択肢が広がっていることが影響したという。
第150回「芥川賞」は小山田浩子氏の『穴』 「直木賞」は朝井まかて氏と姫野カオルコ氏 オリコン 1/16 ○日本文学振興会は16日、『第150回芥川賞・直木賞(平成25年度下半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞に小山田浩子氏の『穴』(新潮9月号)、直木三十五賞に朝井まかて氏の『恋歌』(講談社)と姫野カオルコ氏の『昭和の犬』(幻冬舎)を選出した。
不発弾: <手榴弾?>小学生らが遊び道具に 公園を当分閉鎖 埼玉 1/16 ○埼玉県朝霞市の元国家公務員宿舎建設予定地跡に一昨年オープンした市民広場「朝霞の森」(3ヘクタール)で、旧日本軍の手榴弾とみられる金属片が見つかり、同市は15日から当分の間、同公園を閉鎖すると発表した。
TBS: 日本テレビ ドラマの“あだ名”に児童養護施設が抗議 1/16 ○15日夜から日本テレビで放送が始まったドラマは「児童養護施設」が舞台で、主役のあだ名が「ポスト」とされ、赤ちゃんポストに預けられた子という設定になっています。これに対し国内唯一の赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」を運営する熊本市の慈恵病院は、子どもたちへの謝罪や放送の中止などを求める意向を明らかにしました。 「あの(ドラマの)内容を見た時に、子どもに対する偏見も非常に大きく生んでしまう」(慈恵病院[熊本市] 蓮田太二 理事長) 慈恵病院は「ドラマは現実とかい離する内容で、ただでさえ傷を負っている子どもたちに対し、さらに偏見差別を生みかねない」と指摘しています。日本テレビは「慈恵病院からまだ何も聞いていないのでコメントできない」としています。 この問題については、全国児童養護施設協議会も「子どもの人権を踏みにじるドラマであり看過できない」として日本テレビに意見を伝える方針です。
米知日派、首相靖国参拝 「緊張高まり大きな不安」 日経新聞 1/16 ○米戦略国際問題研究所(CSIS)は15日、ワシントンで東アジア情勢を巡るシンポジウムを開いた。マイケル・グリーン同研究所上級副所長は安倍晋三首相の靖国神社参拝に米政府が「失望」を表明したことについて「正しい反応だ。参拝は日米関係の助けにならない」と米政府の対応を支持した。 キャンベル前米国務次官補はグリーン氏の意見を支持したうえで「首相参拝は日本にとって試練になる。日中韓の緊張が高まるからだ。米国は大きな不安を抱いている」と述べ、首相参拝に関して米側でなお不満が解消されていないことを明らかにした。
自衛艦衝突 見張りは十分だったか 東京新聞 社説 1/16 ○海上自衛隊の艦艇と民間船舶の衝突がまたしても発生した。今回は、快晴で見通しがよく、波も穏やかな中での事故である。果たして見張りは十分だったのか。しっかり解明してもらいたい。 残念だが、「まさか」よりも「またか」と言いたくなる。自衛艦の衝突事故は、これまでも相次いできた。 一九八八年七月に神奈川県横須賀市沖で潜水艦「なだしお」と釣り船「第1富士丸」が衝突した事故では、釣り船の三十人が死亡した。海難審判は、一審が「なだしお主因、釣り船に一因」、二審は「双方に同等の責任」と裁決し、判断が分かれた。 一方、刑事裁判の判決は、艦長と船長をいずれも有罪としたが「なだしおが前進強速をかけた過失行為が事故の一次的原因」と認定した。 二〇〇八年二月に千葉県の房総半島沖でイージス艦「あたご」と小型漁船が衝突した事故では、漁船の父子が行方不明となり、死亡認定された。海難審判は「あたご側の監視不十分が主因」と結論付けたが、刑事裁判では「あたごに回避義務はなかった」として自衛官二人の無罪が確定した。 原因の究明に主眼を置いて行政責任を問う海難審判と、当事者の刑事責任を追及する裁判で結論が異なることは、海難事故のとらえ方の難しさを示す。 しかし、死者を出した両事故以外にも、この十年で五件の衝突が起きている。実に二年に一件という割合だ。海自に厳しい目が向けられるのもやむを得まい。
政府・与党発言 専制国家になったのか 琉球新報 社説 1/16 ○閣僚が、まだ投票されてもいない自治体の選挙について、あらかじめ選挙結果を無視すると言い募る姿は、尋常ではない。 米軍普天間飛行場の辺野古移設が争点の名護市長選をめぐり、菅義偉官房長官が「(選挙結果にかかわらず移設を)粛々と進める」と述べた。小野寺五典防衛相も「名護市という地方の選挙だ。今後とも工事を含めて進めていく」と強調した。  名護市の民意がどうであれ、委細構わずごり押しするという意思表明にほかならない。民意を尊重するのが民主制の根幹だろう。これでは「沖縄には民主主義を適用しない」と宣言するに等しい。  日本はいつから中世の暗黒専制国家になったのか。近代国家だと自認したいのなら、政府は直ちに強権的な姿勢を改めるべきだ。
[埋め立て取消訴訟] 知事は法廷で証言せよ 沖縄タイムス 社説 1/16 ○知事の埋め立て承認が大きな転換点であることは間違いないが、山を越えたと考えるのは間違いだ。新たな困難の始まりだと見るべきである。 環境保全措置が不十分であるにもかかわらず、仲井真弘多知事が名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認したのは、公有水面埋立法が定める基準に適合せず違法である-米軍普天間飛行場の移設問題で辺野古の住民ら194人が処分取り消しを求める行政訴訟を那覇地裁に起こした。  併せて住民らは、判決が確定するまで、承認処分を執行停止するよう申し立てた。  辺野古移設をめぐっては、環境影響評価(アセスメント)手続きのやり直しを求める「アセス訴訟」が現在、控訴審で争われている。これにさらに「埋め立て承認取消訴訟」が加わったことになるが、自然保護団体や住民らは、米国防総省を相手に米国で提訴することも検討している。
「テロ情報」 流出 賠償命令 「警視庁の管理ミス」 東京新聞 1/16 ○警視庁公安部外事三課などが作成した国際テロ捜査の関連文書がインターネット上に流出した事件で、イスラム教徒十七人がプライバシーや信教の自由を侵害されたとして、国と東京都に計一億八千七百万円の賠償を求めた訴訟の判決が十五日、東京地裁であった。始関(しせき)正光裁判長は「警視庁は情報管理上の注意義務を怠った過失がある」とし、都に計九千二十万円の支払いを命じた。  モスクの出入りなどの情報収集は「国際テロ防止のため必要やむを得ない活動で、プライバシーや信教の自由を侵害しない」と判断、捜査の違法性は認めなかった。原告側は東京高裁に控訴する方針。  ◆<解説>収集活動 秘密指定で検証不能 判決は文書流出の過失責任が警視庁にあると認めた一方、警察によるイスラム教徒の情報収集活動は、テロの未然防止という観点から「やむを得ない」と結論づけ、お墨付きを与えた。


NSA、密かに 「スパイソフト」 埋め込む…米紙 読売新聞 1/16 ○米紙ニューヨーク・タイムズは15日、米国家安全保障局(NSA)が、米国へのサイバー攻撃を警戒、防御するため、中国軍やロシア軍など世界各国の10万台近いコンピューターに、NSAと情報の送受信を可能にするソフトウエアをひそかに埋め込んでいると報じた。 インターネットに接続していない状態でも、工作員らがコンピューターに埋め込んだ無線機を通じて、情報を盗みとったり、ウイルスを送り込んだりすることができるという。
ANN: 米空軍“核ミサイル部隊”が試験で集団カンニング 1/16 ○アメリカ空軍は15日、核弾頭も搭載できる大陸間弾道ミサイルを運用する部隊で試験中にカンニングが行われていたと発表しました。カンニングがあったのはモンタナ州の基地で、去年の夏実施したミサイル運用の習熟度を見るための定期試験で、隊員の一人が試験中に携帯電話のメールを使って16人の仲間に答えを送りました。さらに、不正を知りながら、報告を怠るなどした隊員と合わせてカンニングに関与した34人を職務から外しました。カンニングの発覚を受けて、空軍は約600人いる試験の対象者を全員、再試験するとしています。空軍では、去年から不祥事が相次いでいて、今回のカンニングも将校による薬物所持疑惑の捜査の過程で発覚しました。


水戸地裁で裁判員ら8人全員解任 選任やり直しへ 東京新聞 1/15 ○水戸地裁で17日に判決が予定されていた裁判員裁判で、補充を含む裁判員8人全員が15日までに辞任を申し出た。地裁はこれを認め全員を解任、公判期日を取り消し、新たに裁判員候補者の選任手続きをやり直すと15日発表した。こうしたケースは極めて異例。 地裁によると、検察官、弁護人と裁判のやり直し方法を協議する。審理を途中から再開することも可能という。 この裁判は、昨年9月に茨城県ひたちなか市の木造2階建ての自宅に火を付けて全焼させたとして、現住建造物等放火罪に問われた男(65)について審理していた。  ★なぜ、「補充を含む裁判員8人全員が辞任」の事態になったのか??? 不可解、説明が必要。
首相靖国参拝で山本氏に自制要求 シンガポール閣僚 東京新聞 1/15 ○山本一太海洋政策・領土問題担当相が15日、シンガポールを訪問し、グレース・フー首相府相(外交担当)と会談した。山本氏の説明では、フー氏は会談で、安倍晋三首相の先月の靖国神社参拝について「アジアにはわだかまりがあり、それを解くことが重要だ」として自制を求めた。
南海トラフ地震:30年以内 「70%程度」 に発生確率変更 毎日新聞 1/15 ○南海トラフ沿いの地震の発生確率が、30年以内に「60〜70%」から「70%程度」に変更された。
秘密保護法:新しい調査報道考えるシンポ 早大で18日 毎日新聞 1/15 ○特定秘密保護法の成立で政府による情報隠しの恐れが指摘される中、新たなジャーナリズムのあり方を考えるシンポジウムが18日、早稲田大で開かれる。 欧米で広まる公表情報を駆使した「データ・ジャーナリズム」の可能性を中心に、青木理(ジャーナリスト、元共同通信記者)▽平和博(朝日新聞記者)▽花田達朗(同大ジャーナリズム教育研究所所長)−−の各氏らが討論する。同研究所と調査報道NPO「アイ・アジア」が共催。同NPO代表のジャーナリスト、石丸次郎氏は「新しい調査報道の旗を掲げたい」と話す。 午後1時半〜4時、早稲田大14号館403号教室(東京都新宿区西早稲田1)。入場無料。問い合わせはアイ・アジア(06・6373・2444)。
NHK: 「おおすみ」が汽笛5回 直後に衝突か 1/16 ○当時の状況について、釣り船に乗っていて救助された寺岡章二さん(67)はNHKの取材に対し、2隻は汽笛の直後に衝突したとしたうえで、「汽笛は『おおすみ』が5メートルほどの距離に接近するまで鳴らなかった。その直後、釣り船の右側の中心部分が『おおすみ』に衝突し、『どーん』という衝撃で船の右側がせり上がった」と話しています。「おおすみ」の左舷中央の後ろ部分には衝突したような痕が残っているということで、広島海上保安部は16日、釣り船をえい航し、船体を詳しく調べるとともに、衝突に至ったいきさつや事故原因の調査を本格的に始める方針です。
新聞労連ジャーナリズム大賞:疋田賞に本社の日野記者 毎日新聞 1/15 ○過去1年間の優れた記事や企画を表彰する第18回新聞労連ジャーナリズム大賞の選考結果が15日発表された。毎日新聞東京本社社会部の日野行介記者による「福島第1原発事故による被ばくと健康影響に関する報道」と、琉球新報社会部の当銘(とうめ)寿夫記者による「A級戦犯ラジオ番組で語る」など2作品が、第8回疋田桂一郎賞に選ばれた。

NHK: アフガニスタン「米攻撃で子ども死亡」 1/16 ○アフガニスタンの大統領府は、駐留する国際部隊のアメリカ軍による空からの攻撃で子ども7人を含む住民8人が死亡したと発表し、カルザイ大統領は声明を出してアメリカ軍を強く非難しました。

NNN: 自衛艦衝突、双方に過失の疑いも 1/15 ○15日朝、広島県大竹市の海上で海上自衛艦と釣り船が衝突した。釣り船に乗っていた4人のうち、2人が意識不明の重体。…4人は15日午前7時頃、広島市内のボートパークを出港し、山口県岩国市沖へ向かっていた。第6管区海上保安部は、釣り船と輸送艦「おおすみ」の双方に業務上過失往来危険の疑いもあるとみて調べを進めている。
TBS: 自衛艦と釣り船衝突、現場海域は多くの船が航行 1/15
NHK: 輸送艦と釣り船 双方に衝突痕 1/15 ○15日午前、広島県沖の瀬戸内海で、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船が衝突し、転覆した釣り船に乗っていた4人のうち、2人が意識不明の重体となっています。「おおすみ」と釣り船の船体にはそれぞれ衝突したような痕が残っているということで、広島海上保安部は業務上過失往来危険の疑いで乗組員や釣り船に乗っていた男性から事情を聞くなどして当時の状況を調べています。
政府 東電の新事業計画を認定 NHK 1/15 ○政府は、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所の運転再開による収益改善や電気料金の引き下げなどを盛り込んだ東京電力の新たな事業計画を15日、認定しました。
港沖合に遺体…JR北海道の元社長か 北海道余市町 ○北海道余市町の港で男性の遺体が見つかりました。近くでJR北海道の坂本真一元社長(73)の車が見つかったことから、警察は、遺体が坂本元社長の可能性もあるとみて調べています。
FNN: 不明女子小5生保護 行方不明の間の足取りは「覚えていません」 1/15 ○神奈川・相模原市で、1月11日に行方不明になり、4日ぶりに保護された小学5年生の女の子が、この間の足取りについて、「覚えていません」などと話していることがわかった。相模原市中央区の小学5年生の女の子は、11日夕方、行方がわからなくなり、15日午前4時ごろ、およそ23km離れた茅ケ崎市の駐在所で保護された。女の子は、かなり疲れている様子だが、衣服が汚れたりはしておらず、けがもないという。近所の人は「安心だ。本当にほっとしたっていうか。まあ、町内会の人たちもみんな、ほっとしたんじゃない?」と話した。小学校の教頭は「本当、無事でよかったなと。これでまた、すてきな笑顔を見られるなって、喜んでます」と語った。
ANN: ノートに“いじめ”山形新幹線にひかれ中1女子死亡 1/15 ○山形県天童市で今月、中学1年の女子生徒が新幹線にひかれて死亡した事故で、いじめがあったことを記したノートが見つかっていたことが分かりました。
ANN: 経団連、6年ぶり賃上げ容認 前向きな春闘方針発表 1/15 ○経団連は、春闘方針をまとめた経営労働政策委員会報告を発表しました。このなかで、賃上げについて「ここ数年とは異なる対応も選択肢になり得る」と明記し、2008年以来、6年ぶりに前向きな方針を示しました。さらに、ベースアップについても、一時金などを含む「年収全体で判断すべきだ」としたものの「選択肢の一つ」と位置付け、容認する姿勢を示しました。経団連は、この方針を今月20日の幹事会で加盟企業に周知することにしています。  ★要は、実効性。偏り無く、広く処遇改善が進むかどうか? 消費税増税、負の政策を打ち負かす程の、実効が上がるかどうかであろう。政府の成長戦略とやらは、元来、強きを助け、弱きをくじく!? そういう傾向があるが、更に、強化されるようである。
春闘、実質スタート=経営側指針「ベア容認」―経団連 時事通信 1/15 ○経団連は15日、2014年春闘の経営側指針となる「経営労働政策委員会報告」を発表した。業績が好調な加盟企業に賃上げを促し、「ここ数年と異なる手法も選択肢」と賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)を容認した。「デフレ脱却」の旗印の下、政界、労働界に加え、経済界も賃上げの重要性で基本認識が一致する中で展開される異例の労使交渉が、実質的にスタートした。 経団連が賃上げに前向きな指針を示すのは6年ぶり。連合は5年ぶりのベア要求方針を掲げており、今春闘はベア実施が最大の焦点となる。 報告は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果で業績が好調な企業には、「さまざまな方策」による賃上げ検討を促した。具体策では「賞与・一時金への反映のみならず、特定層の賃金水準引き上げや諸手当改定など」との表現で、事実上ベアを容認した。

高知新聞社会部が受賞=新聞労連ジャーナリズム大賞 時事通信 1/15 ○日本新聞労働組合連合は15日、平和・民主主義の確立などに貢献した記事を表彰する「第18回新聞労連ジャーナリズム大賞」に、特定秘密保護法などの問題について継続的に報じた高知新聞社社会部による一連の記事を選定した。授賞式は23日午後6時から東京都の文京区民センターで。 優秀賞には、沖縄と台湾の漁民の視線を通じて国境問題に焦点を当てた沖縄タイムスの連載企画と、主権回復の日の問題点を取り上げた琉球新報の記事が選ばれた。
スノーデン容疑者がNPO理事に 「報道の自由財団」 東京新聞 1/15

TBS: 相模原の小5女児を保護、1人で交番に保護求める 1/15 ○神奈川県相模原市で4日前から行方不明になっている小学5年の女の子が、神奈川県の茅ヶ崎警察署に保護されたことが分かりました。 警察によりますと、15日午前3時半過ぎ、茅ヶ崎警察署管内の交番に行方不明となっている女の子が保護を求め、1人で現れたということです。  ★4日間も行方不明…どんな冒険が、或いは、事件がなかったのかどうか? 無事でなによりだが。
東京都知事選挙: 古巣に容赦ない小泉節=自民震撼、都知事選に危機感 1/14 ○小泉純一郎元首相が14日、東京都知事選に出馬する細川護熙元首相(76)への全面支援を表明した。都知事選をめぐる小泉氏の動きは水面下にとどまっていたが、ふたを開けてみれば「古巣」自民党への配慮はまるでない戦闘モード。党東京都連が推薦する舛添要一元厚生労働相(65)との対決が決定的となったことに同党は衝撃を隠せない。
吉田社民党首、脱原発候補の一本化を=共産、宇都宮氏支援を継続 時事通信 1/14
「秘密保護法廃止、国民運動を」 ジャーナリストら呼び掛け 東京新聞 1/14 ○ジャーナリスト、むのたけじさんや作家の落合恵子さんらが14日、東京都内で記者会見し「戦後民主主義を覆され、戦争の時代に連れ戻される」として、特定秘密保護法の廃止と安倍首相の退陣を求める国民的な運動を呼び掛けていくことを明らかにした。 日本ジャーナリスト会議と「マスコミ九条の会」が、むのさんら62人を呼び掛け人として護憲組織や反原発団体、労働組合などに賛同を募る。「国民共闘会議」のような形をつくりたいとしている。 むのさんは「戦前の治安維持法や国家総動員法と同じような秘密保護法が生まれた。国民全体に自分自身の問題として広める運動をやっていく」と語った。
情報保全諮問会議:座長に渡辺読売会長 17日初会合 毎日新聞 1/14 ○読売新聞は特定秘密保護法の必要性を認める論調を展開。永野氏は昨年11月の衆院国家安全保障特別委員会に公明党推薦の参考人として出席し、同法に賛意を示した。同法に反対してきた日弁連情報問題対策委員長、清水勉氏もメンバーに入ったが、全体として政府・与党寄りの構成となったことは否めない。【木下訓明】
 ◇情報保全諮問会議のメンバー(7名) 座長 渡辺恒雄・読売新聞グループ本社会長兼主筆
  主査 永野秀雄・法政大人間環境学部教授
  宇賀克也・東京大大学院法学政治学研究科教授   塩入みほも・駒沢大法学部准教授
  清水勉・日本弁護士連合会情報問題対策委員長   住田裕子弁護士   南場智子ディー・エヌ・エー創業者
奥西勝死刑囚が88歳に 再審へ新証拠追加検討 東京新聞 1/14 ○1961年に三重県名張市で女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で殺人罪に問われ、72年に死刑が確定した奥西勝死刑囚が14日、収容中の八王子医療刑務所で88歳の誕生日を迎えた。弁護団は8度目の再審請求で、毒物に関する専門家の意見書以外の新証拠提出も検討しており「時間との闘い」が迫られる中での対応が注目される。  ★ソロソロ、解放、自由にすべきだろう。
生物兵器実験 真相を徹底究明せよ 琉球新報 社説 1/14
【水俣病認定案】 抜本的見直しこそ必要だ 高知新聞 社説 1/14
水俣病の認定  基準の見直ししかない 京都新聞 社説 1/14

エジプト投票初日、死者11人に 新憲法案、全土で衝突 東京新聞 1/15 ○エジプト新憲法案の是非を問う国民投票の初日となった14日、首都カイロなど全国各地でモルシ前大統領支持派と治安部隊などとの間で衝突が相次ぎ、保健省によると、デモや衝突に関連する死者は11人に達し、負傷者は28人に上った。 モルシ氏の出身母体、イスラム組織ムスリム同胞団は新憲法案を「血の憲法」と非難、投票のボイコットとデモを呼び掛けている。このため、治安部隊が厳戒態勢を敷いていた。 首都カイロと近郊ギザで計6人、カイロ南方ベニスエフで1人、南部ソハーグで4人が死亡した。
NNN: 憲法改正案の国民投票始まる“爆弾テロ”も 1/15 ○エジプトで14日、軍の権限を強化する憲法改正案の国民投票が始まった。投票所近くで爆弾テロとみられる爆発も起きており、緊張が高まっている。 14日に投票が始まった憲法改正案は、国防相の任命に軍の承認を求めるなど、去年7月のクーデターを主導した軍の権限を強化する内容となっている。  エジプト全土に厳戒態勢が敷かれる中、投票は15日も行われる予定。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: