FC2 Blog Ranking
2014-03-11

3/11: 労働者派遣法改正案を閣議決定 身分制度化に懸念 亦明治三陸大津波を無視など 我々は、人口減少して、何処へ行こうとするのか

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十一期に入りました  (笹井明子)
老人党リアルグループ「護憲+」: 趣旨 ほか
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)
 ●  『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)  で「井上ひさし」「沖縄密約判決」「再審・名張毒ぶどう酒事件」「バンクーバーオリンピック(五輪)」「横浜事件(冤罪・国家犯罪認定)」「(冤罪)布川事件」「一票の格差」「裁判員制度」「(冤罪)足利事件」「新型インフルエンザ」「軍産複合体」「(年越し)派遣村」「ガザ空爆・侵攻」「派遣切り」「加藤周一」「筑紫哲也」「小田実」「冤罪(国賠)」「オバマ」「もやい」「戦争絶滅(請合い・受合)法案」「偽装」「グルジア・オセチア」「ワーキングプアー」「派遣」「秋葉原」「生活保護」「9条世界会議」「プルトニウム」「姥捨て」「(後期)高齢者医療制度」「暫定税率」「袴田事件」「大統領選」「ギョーザ」「生存権」「平和」「肝炎」「(消えた)年金」「埋蔵金」「道路」「動画」「You Tube」「JANJAN」「今日のトピックス Blog」なども、お試しください。
 猶、資料は2004年夏~2010/10/01迄。収録されています。

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
各ページへは

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・国立劇場で震災追悼式 郡山で反原発集会も  19時6分
 ・相模原通り魔事件から半年 男の新映像公開  18時4分
 ・“時が止まった町”福島県富岡町の「いま」  17時14分
 ・与野党から批判 小松内閣法制局長官が陳謝  16時36分
 ・鎮魂の日「午後2時46分」各地で祈り  16時17分
 ・「STAP細胞」共同研究者が論文取り下げを呼び掛け  5時50分  ★検証は、慎重の上に、慎重に
 ・不明のマレーシア航空機 現場海域の油は無関係  5時51分
 ・東日本大震災から3年 両陛下出席の追悼式も  5時53分
 ・福島第一原発20km圏内で初 田村市の避難指示解除へ  5時55分
 ・30代女性が死亡 ひき逃げで捜査 東京・品川区  5時58分

 NPJ: 辺野古移設の合理的理由は存在しない ○─新外交イニシアティブ「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」 シンポ─ 2014.1.17 NPJ編集部
 柳澤協二ND理事(元内閣官房副長官補・元防衛庁官房長)の基調講演に続いて、柳澤氏、稲嶺進氏(名護市長)、 仲里利信氏(元沖縄県議会議長・元自民党沖縄県本部顧問)、 前泊博盛氏(沖縄国際大学教授・前琉球新報論説委員長)らによるパネルディスカッションが行われた。 コーディネーターは猿田佐世弁護士(ND事務局長)。 シンポでは、抑止力論、交付金や日米地位協定の問題、辺野古移設に関する名護市長の権限等多角的な論点について議論がなされた。

 NPJ: 世界が懸念した安倍首相の靖國神社参拝 ―改憲阻止の闘いは靖國歴史観との対峙をさけてはならない― 弁護士 内田雅敏 ○1 世界が懸念  米国政府からのメッセージ 
  2 「聖戦」 思想という靖國歴史観に目を閉ざしてきたマスディアの覚醒
  3 読売新聞の狼狽といら立ちと産経新聞の堂々たる論陣
  4 安倍首相の弁明のまやかし 追悼、慰霊が批判されているのではない
  5 鎮霊社という奇策
  6 自民党改憲草案と靖國神社参拝に通底するもの
  7 安倍首相の靖國神社参拝は中国の軍拡派に対する贈り物
  8 日中共同声明の精神に立ち戻ろう

 NPJ: あまりに危険な独断専行-安倍首相靖国参拝   弁護士 井堀 哲 ●「想定外」 の行動だった年内参拝
 年のはじめに考える 憲法を守る道を行く 東京新聞 社説 1/5 ◆吉田茂が怒っている  西武百貨店などセゾングループの総帥でもあった人です。吉田死去後に首相の佐藤栄作から「大磯の吉田邸を君のところで買わんか」と頼まれ、「お引き受けします」と即断した思い出があるのです。池田勇人、三木武夫、宮沢喜一、大平正芳ら、首相経験者とも付き合いがありました。 吉田邸の建物と庭を思い出しつつ、辻井は回顧録「叙情と闘争」(中央公論新社)の中で、こう考えを巡らせていきます。 <今日の保守政治の堕落にあの世の吉田茂が烈火の如(ごと)く怒っているのではないか(中略)だから燃えてしまったのだ> 吉田が戦時中、東条英機ら軍閥の無謀な戦争計画を批判して、憲兵隊に逮捕されたことも、辻井は回想します。 <僕の考えからすれば、平和憲法とその思想を高く掲げることによって独立国家への道を歩むしかないと思うから、その道は細く険しいのかもしれない> <憲法九条を変えて軍備を持ってしまうことは、吉田茂の残した宿題に正面から答える道ではないように僕は思う> つまり、今の保守政治に「堕落」の烙印(らくいん)を押し、憲法九条の改正に反対する意思表明です。… 終戦前に生まれた国会議員は六十八人にとどまり、戦後生まれは六百五十四人にも達します。最高齢の石原慎太郎氏でも終戦時には、十二歳の少年にすぎません。 東京新聞(中日新聞東京本社)社会部編の「憲法と、生きる」(岩波書店)では、政界引退した自民党元幹事長の古賀誠氏が、自衛隊の海外派遣について警告しています。 <たとえ小さな穴でも、一つあけば広がっていく。先の戦争のときもそうだった> 戦争で父を亡くした古賀氏の政治哲学です。彼は「吉田茂を源流とする流れ」にいた一人です。こうした政治家は、今や少数派になったのでしょうか。 ◆岸信介は「聖戦」の認識  <名にかへてこのみいくさの正しさを来世までも語り残さむ> 「みいくさ」とは聖戦です。あの戦争に反省さえしません。安倍首相も国会で「侵略戦争の定義は定まっていない」と答弁しています。祖父から同じ歴史認識を受け継いでいると感じられます。  ★成程!岸信介は、A級戦犯!?

 質問なるほドリ:首相の靖国参拝、なぜ問題になるの?=回答・影山哲也、野口武則 毎日新聞 12/27 ◇東京裁判否定につながる ○Q 問題があるのに、なぜA級戦犯が祭られているの?  A 靖国神社に祭られる戦没者は、旧厚生省援護局が神社側に届けた名簿に基づいています。A級戦犯として絞首刑(こうしゅけい)になった東条英機(とうじょうひでき)元首相らについては1966年に名簿が送られましたが、神社の最高意思決定機関である総代会は長期間、扱いを保留にしていました。当時、靖国神社を国営化する法案をめぐって与野党が激しく対立していたことが影響したものと思われます。ところが、1978年7月に宮司(ぐうじ)に就任した松平永芳(まつだいらながよし)氏は、直後の同年10月にA級戦犯の合祀(ごうし)に踏み切りました。松平氏は合祀について後に「東京裁判の根源をたたく意図」だったと語った記録が残っています。神社の社報もA級戦犯を「昭和殉難(じゅんなん)者」と呼んで犠牲者扱いするなど、東京裁判への否定的な認識が表れています。
  Q それでも安倍首相が靖国参拝にこだわる理由は?  A 首相を応援する保守層は、占領時代に作られた政治体制を見直し、日本の「真の独立」を図ろうとする傾向があります。その期待に応え、憲法改正を含む「戦後レジームからの脱却」を目指しているためと考えられます。ただし、こうした政治姿勢は、米国を中心とする戦後の国際秩序に対する挑戦と受け取られかねないのです。

 特定秘密保護法案に関する関連社説
 特定秘密保護法案に反対する市民のデモはテロ
 特定秘密保護法全文

日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム 秘密社会がやってくる ―情報流通を妨げる秘密保護法―
 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳
 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 平成25年長崎平和宣言 長崎市長 田上 富久 8/9 ○長崎平和宣言(全文)   ・平和宣言(10ヶ国語)
 ・用語解説        ・過去の平和宣言
 ・平和宣言解説書(PDF)

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  
NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して
 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。
NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金
日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
NNN: イラン実行 米「前進に向けた重要な一歩」 1/21lank" title="第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです">第12期 市民意見広告運動: ◇皆さんに賛同の再度のお願いです ○核も武力も命と生活を守らない! 2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!

2月27日現在までに全国からお寄せいただいた賛同金は約952万円で、目標の3,000万円には遠く 及びません。一人でも多くの賛同をお願いします。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像
 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。。今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 


 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か

 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。
 今日のトピックス Blog: 4/26: 「死刑廃止」 州 全米の1/3超 死刑廃止の訳、判るかな?…かな?孫崎 享 : 2012年11月11日(日)>

     ※ご参考に 『護憲+』 資料館 (分類別一覧) と 『護憲+』 資料館 (月別一覧)

『護憲+』 資料館 (キーワード検索画面)


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
3月11日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 大震災 きょう3年  誕生日の花 キランソウ 花言葉 あなたを待っています ○謹んで追悼の意を表します
 今日のトピックス Blog3/10:  「復興の道筋見えていない」80%  地震活動今も活発 備え不十分の中 安倍政権の趣味に逸る、戦争する国・孤立政策の無様!

●「九条の会」メールマガジン >> 第181号 ( 2014年02月10日号)を発信しました
九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 
●新しい「九条の会」ポスターができました(13年3月9日) 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
第12期 市民意見広告運動: 核も武力も命と生活を守らない!2013年5月3日の新聞を意見広告で埋めつくそう!
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか
国会図書館、絶版本など全国の図書館へデジタル配信、著作権法改正で可能に (INTERNET Watch)  1/14  ○国立国会図書館は、「図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)」を1月21日に開始する。国会図書館がデジタル化した資料のうち絶版本など131万点が、全国の公共図書館や大学図書館でも閲覧できるようになる。  2012年の著作権法改正で、これまで国会図書館の施設内での利用に限定されていたデジタル化資料のうち、絶版などの理由で入手が困難なものについて、国会図書館から全国の図書館に送信することが可能になった。1月10日現在、図書館93館から利用申請があり、17館が承認されている。残る図書館でも順次利用できるようになる見込みだという。  利用は、各図書館の閲覧室にある端末から可能。デジタル化した資料の本文を画像で閲覧できるほか、複写が可能な図書館もある。

今週の一言: 「空襲は怖くない、逃げずに火を消せ」と命じた政府の責任 書籍『検証 防空法― 空襲下で禁じられた避難』について 大前治さん(弁護士)
今週の一言: 日本・韓国・在日コリアンの若者たちの15年の歩みを描く ― 映画「笹の墓標」 影山あさ子さん(映画監督)
今週の一言: 国家安全保障法の制定と集団的自衛権の行使 ― 解釈による9条の死文化 緒方蘭さん(弁護士) 1 現在の集団的自衛権をめぐる情勢  2 そもそも、集団的自衛権とは?  3 法案の提出方法—内閣法制局長官の交代  4 法案の内容  5 最後に
今週の一言: 映画「放射線を浴びた『X年後』」―"経済"と"命"を計る天秤 伊東英朗さん(映画監督)
今週の一言: 憲法世代の会 への熱きお誘い  毛利正道さん(64才・弁護士) ○全国の60代とこれに近い世代の皆さん、 憲法とともに昭和21~22年の前後に生まれた皆さん、 帰還兵士を父とする団塊の世代とその前後に生まれた皆さん、 日本国憲法と「晴れたあおぞら」の下で育った皆さん、 戦争のない70年の時代を生きてきた皆さん、1600万人、有権者の6人に一人を占めている皆さん、 日本や地球の前途、子や次世代を大いに心配されている皆さん、 60代に自民党憲法改正草案・秘密保護法に出くわした皆さん
 「日本国憲法とともに生まれ育った世代の会」 (略称=憲法世代の会)を結成、入会しませんか
今週の一言: いのちの市場化を進めるTPP 内田聖子さん(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長) ★新自由主義政策とTPP ★多国籍企業が牛耳る交渉 ★いま交渉はどうなっているのか 
今週の一言: 安倍首相靖国参拝違憲訴訟の試み 澤藤統一郎さん(弁護士)
今週の一言: 『自衛隊協力映画:『今日もわれ大空にあり』から『名探偵コナン』まで』 須藤遙子さん(愛知県立芸術大学・非常勤講師)
 法学館憲法研究所
憲法情報Now<憲法をめぐる動向>バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

島根県議会:脱原発のエネルギー条例案を否決 毎日新聞 3/11 ○中国電力島根原発(松江市)がある島根県の市民グループが制定を直接請求した脱原発を柱とする「エネルギー基本条例」案の採決が11日、同県議会本会議であり、賛成少数で否決された。 条例案は「島根原発・エネルギー問題県民連絡会」(代表世話人、北川泉・元島根大学長)が8万3323人分の署名を集め、溝口善兵衛知事に直接請求。計画的な脱原発を明記し、再生可能エネルギーで県内のエネルギー消費を全て賄うことを目指した。 2月議会で審議されたが、溝口知事は「条例案には問題点があり、慎重な対応が必要」と否定的な見解を表明。自民系会派なども反対を示していた。 東日本大震災後、大阪市など全国4カ所で原発再稼働の是非を問う住民投票条例が直接請求されたが、いずれも議会が否決した。  ★議員のみなさん、既得権益を失う恐怖、つまり、直接民主主義が怖い、怖がっているんだなー、と思う。つまりは、奉仕の心もない!?か。
<写真特集>空から見た被災地 各地で復興工事進む 岩手日報 3/11 ○多くの尊い命が犠牲になった東日本大震災から11日で3年。9日に本社特別機で本県被災地の上空を飛行し、復興事業が本格化している現地を撮影した。震災直後、市街地を埋め尽くしていたがれきはほとんど見当たらず、高台造成など住宅再建に向けたハード整備が始まっている。陸前高田市では土砂を運搬する巨大なベルトコンベヤーが近く稼働し、かさ上げ工事に向けた盛り土も始まるなど、更地が目立った1年前と比べると違いは明らかだ。一方、いまだに約3万3千人が仮設住宅(みなし仮設住宅を含む)での暮らしを耐え忍ぶ中、資材や人材の不足、硬直的な法制度が足かせとなり、復興の遅れを懸念する声も多い。ようやく動きだした復興まちづくりを上空から見つめ、あらためて被災者の暮らしの再建と地域の再生に祈りを込めた。  ★岩手県内の話!? 進むは!?
3・11から3年 死者の声に耳傾けよ 東京新聞 社説 3/11  三陸海岸の羅賀(らが)(岩手県田野畑村)での出来事である。 はるか眼下に海を望む丘の中腹に立つ民家。一八九六年の明治三陸大津波を知る当時八十五歳の古老は、家の中に漂流物があふれていた、と振り返った。◆風化する惨事の記憶  その話を聞き、取材に同行していた田野畑村長が「ここまで津波が来たとすると…」と驚きの声をあげたというのである。 この本が「海の壁」の原題で出版されたのは一九七〇年。その時すでに、地元でも、惨事の記憶は風化しつつあったのだろうか。 文庫版のあとがきとして、吉村さんは、その羅賀で二〇〇一年に講演した際のエピソードを書き加えている。 「話をしている間、奇妙な思いにとらわれた。耳をかたむけている方々のほとんどが、この沿岸を襲った津波について体験していないことに気づいたのである」 明治の大津波では羅賀に五十メートルもある津波が押し寄せた、という話をしたところ、沿岸市町村から集まった人々の顔に驚きの色が浮かんだのだという。 羅賀の高台には、明治の大津波で海岸から運ばれたと伝えられる巨石があった。一一年三月十一日の津波は、その「津波石」と集落を再びのみ込んだ。 親も子もない。助けを求められても、立ち止まらずに逃げろ…。「津波てんでんこ」は、三陸の悲しくも重要な教訓である。 「われわれは明治、昭和の大津波と同じことをしてしまった」と三年前を振り返ったのは、名古屋市で先月開かれたシンポジウムに招かれた岩手県釜石市の野田武則市長である。  ★大津波も、想定外ではなかった!!ということ。目を背けていただけ!
専門超える知を集め想定外なくせ (大震災3年 日本は変われるか) 日経新聞 社説 3/11 ○東日本大震災で甚大な被害をもたらした大津波と原子力発電所の事故。警告する専門家はいたが、学界や行政、電力会社が受け止めず「想定外」にしてしまった。 震災後、巨大地震の被害想定が見直され、原発の安全対策が強化された。だが大津波や、原発が電源を失う事故など「起きたこと」の再発防止策にとどまる。 科学者や行政が専門の垣根を越え、何が想定外かを絶えず洗い出し、危機に強い社会を築きたい。  死角多い南海巨大地震  地震対策では、西日本の太平洋沿岸で起きる南海トラフ巨大地震について、国が死者最大32万人、被害額220兆円超との想定をまとめた。津波避難タワーの整備や学校の高台移転などにかかる費用を国が助成する特別措置法もつくられ、対策が動き出した。・・・
[大震災から3年] 「フクシマ」 は今も続く 南日本新聞 社説 3/11 ○安倍政権は原発の再稼働を積極的に進めている。自民党が2年前の衆院選に掲げた公約「原子力に依存しない社会の確立」は忘れたかのようだ。 東京電力福島第1原発事故による放射能汚染は、まだ約13万6000人の住民を避難させている。汚染水漏れも絶えない。「フクシマ」は今も続いている。  ★ところで、「放射能汚染は、まだ約13万6000人の住民を避難させている」と「大震災からの避難民26万人」(確か、こんな調子だったか)とあるようだが、数字を「半減」表示する意図は、なんだろう???
大震災から3年 風化させず再生を考えよう 宮崎日日新聞 社説 3/11 ○風化させず再生を考えよう  大地震と大津波は多くの命を奪い、家屋をがれきにしただけでなく地域の暮らしを根幹から破壊、福島第1原子力発電所の事故を引き起こした。あの東日本大震災から3年。被災地の復興はまだまだ進んでいない。  3・11は日本の歩んできた道を振り返り、再生を考える契機となった。答えを見いだすには、震災を風化させないことが前提だ。  ■「復興進まず」8割弱■ 
【震災3年(下)】 「福島の今」 を見つめよう 高知新聞 社説 3/11 ○「古里にいつ戻れるのか」「将来の暮らしは?」――東日本大震災の多くの被災者と同様に福島の避難者も、くり返し自問してきたことだろう。  東京電力福島第1原発事故から、きょうで3年。大震災の避難者の約半数、13万5千人が福島県民だという状況をみても影響の大きさを実感する。  森林や田畑、生活の場の除染やインフラ整備、産業再興など数多くの課題が横たわる。廃炉まで続く事故対応の見通しはほとんど立っていない。住民は先が見えないトンネルにいるような不安を感じているだろう。  私たちは、こうした原発事故に直面して、被災者を支えようと強く決意し行動してきたはずだ。


原発:再稼働積極的な政府の姿勢批判…3事故調の元委員長 毎日新聞 3/10 ○東京電力福島第1原発の事故原因を調査した、政府、国会、民間の3事故調の元委員長らが10日、日本記者クラブで開かれた討論会に出席した。政府が原発再稼働に積極的なことについて、「事故から学んでいない」などの批判が相次いだ。 参加したのは、いずれも各事故調の元委員長の畑村洋太郎(政府事故調)▽黒川清(国会事故調)▽北沢宏一(民間事故調)−−の3氏と、米原子力規制委員会(NRC)前委員長のグレゴリー・ヤツコ氏。 「規制委が安全と認めたものは地元の理解のうえで(原発を)稼働する」という政府の姿勢について、畑村氏は「安全性が確認されたから再稼働というのは論理が違う」と指摘。「想定外」だった福島の事故の教訓を生かしていないとの認識を示した。 黒川氏も「あれだけの事故が起きても日本の社会が変わる気配がない」と厳しく批判。北沢氏は「事故は(再び)起こるかもしれない。(再稼働の是非は)国民がしっかり議論しなければならない」と指摘した。ヤツコ氏は「いまだに汚染水問題など課題は多い。事故は終わっていない」と述べた。
福島原発事故:避難234人が東電提訴…社員1人も原告 毎日新聞 3/10 ○東京電力福島第1原発事故で避難を余儀なくされ精神的苦痛を受けたなどとして、福島、栃木両県で被災した計234人が10日、東電と国に総額約46億6300万円の賠償を求める集団訴訟を東京地裁に起こした。原告には東電社員1人が参加。原告弁護団によると、事故を巡って現役社員が東電を訴えたのは初めてとみられる。また同日、新潟、山形、群馬などの各県でも避難者が集団提訴した。
福島原発の廃炉 国が先頭に立ち道開け 毎日新聞 社説 3/10 ○広大な敷地に、青と灰色の貯水タンクがひしめく。既に1000基を超えている。なお、2日に1基のペースで増設しなければ、増え続ける放射性汚染水をためきれない。 東京電力福島第1原発の事故から3年がたつ。先月、タンクから高濃度の汚染水があふれ出た。相次ぐ失態で東電の安全管理への信頼は大きく揺らいでいる。 廃炉には30〜40年かかるとされる。世界に前例のない過酷な作業である。しかし放射能の脅威を取り去り、国民の安全を守るためには失敗は許されない。東電1社の手には負えないのだ。安倍晋三首相の約束通り「国が前面に出て」責任を分担し、廃炉への道を切り開くべきだ。
3・11から3年 みんなが闘っている 東京新聞 社説 3/10 ○原発事故を抱えた町の再起がどれほど困難であるか。震災からの三年はそれを思い知らせる時間だった。闘う人々にずっと寄り添わなくてはならない。 それは静かな時限爆弾のように胸底に沈み込み、あの戦争から七十年を経ても消えていなかった。 福島県相馬市の診療所「メンタルクリニックなごみ」の精神科医、蟻塚(ありつか)亮二さん(66)は沖縄協同病院心療内科部長を務めていた二〇一〇年暮れ、長い診療経験にはない「奇妙な不眠」を訴える男性に立て続けに会った。 ◆戦争の心の傷は70年も  海外の論文を読みあさってみると、その不眠はアウシュビッツ収容所の生存者に見られた心的外傷後ストレス障害(PTSD)とそっくりだった。男性に聞くと、太平洋戦争末期の沖縄戦を生き延びた人だった。 住民を巻き込んだ米国との激しい地上戦で、県民の四人に一人が犠牲になった沖縄の戦闘。その記憶は生き延びた者にとって深い心の傷となったのだ。
[福島原発事故3年] 「人災」 の教訓忘れるな 沖縄タイムス 社説 3/10 ○東京電力福島第1原発事故から3年。住民の避難生活は長期化し、廃炉に向けた作業は始まったばかりだ。汚染水漏れなどのトラブルも相次ぎ、事故収束の見通しは立っていない。「安全神話」に基づいた国の原子力政策の誤りは、多大な「人災」をもたらした。今、あらためて事故の教訓を胸に刻みつけるべきであろう。
【震災3年上】 生活の再建はこれからだ 高知新聞 社説 3/10

☆大地震時代!?かどうか だとすると、日本各地に、原爆のタネ、原発をばら撒いて良いのか?
1995年 阪神淡路大震災  1月17日
巨大地震は必ず来る!![2003年9月21日]
2011年 東日本大震災   3月11日、ディズニーランド、It's a small world 搭乗口で地震発生
【南海トラフ地震】緊急地震速報---大津波警報(sm17649172) ☆勿論、シュミレーション
東海地震(南海トラフ巨大地震)が切迫している理由

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 戦災焼け跡の本当の姿 ・ブログ連歌(353) ・ 民主平和党ホームページ
市民社会フォーラム: 大緊急!【公明議員にFAXを】 武器輸出国になるな!
市民社会フォーラム: 3/25院内集会:冤罪被害者が一堂に会してアピール!全事件・例外なき可視化を!
市民社会フォーラム: 【朝日新聞】 「バイバイ原発」市民ら2500人訴え 円山音楽堂+【京都新聞】 バイバイ原発 再稼動反対 避難者ら苦悩語る+【毎日新聞】 脱原発社会の実現を 集会に2500人 東山Add Star
五十嵐仁の転成仁語: 3月11日(火) 政治の資源を無駄遣いせず震災復興と原発事故対策に全力を

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: 3月20日~22日東京・福島・京都にて、国連人権理事会「健康に対する権利」特別報告者アナンド・グローバー氏講演会連続開催

「護憲+」ブログ: NHK会長らの罷免を求めるキャンペーン  (笹井明子)
 「私たちは、籾井勝人NHK会長、百田尚樹、長谷川三千子両NHK経営委員の罷免を求めます」の呼び掛けに対する、賛同者募集キャンペーン
孫崎享のつぶやき: 右派・右翼(安倍支持)とは天皇陛下の言葉に最も耳を傾けない人々でないか
You Tube: 日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジュウム 2013… ○日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム
  「秘密社会がやってくる──情報流通を妨げる秘密保護法」 基調講演:三木由希子(情報公開クリアリングハウス)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
OurPlanetTV: •【録画配信】原子力災害対策本部会議・原子力防災会議事後ブリーフィング
許すな!憲法改悪・市民連絡会
Property chapter for all 12 nations with negotiating positions WikiLeaks 11/13 ○2013年11月13日 リリース
TBS: ウィキリークス、TPP交渉文書の草案だとする文書を掲載 11/14 ○内部告発サイト「ウィキリークス」が、TPPの交渉文書の草案だとする文書を掲載しました。TPPの交渉文書は各国が秘密にしていて、本物である場合、交渉の行方に影響を及ぼす可能性も出てきます。 ウィキリークスは、掲載した文書について、TPPの交渉文書のうち8月段階の知的財産分野の草案だとしていて、95ページにわたってそれぞれのテーマにおける各国の主張などが詳細に記述されています。さらにその文書には、焦点の一つである著作権の保護期間については、現状の50年から70年に延長するよう求める意見が掲載されています。  ★グッジョブ!?  民主主義に、こんなに役立つ!内部告発サイト「ウィキリークス」 秘密主義とは、大違い。


 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

労働者派遣法改正案を閣議決定 派遣固定化に懸念の声も 朝日新聞 3/11 ○政府は11日、企業が自由に派遣労働者を活用できる「期間」や「職種」を広げる労働者派遣法の改正案を閣議決定した。今国会で成立させ、2015年4月からの施行を目指す。 改正案では、企業が3年ごとに働き手を交代させれば、どんな仕事も、ずっと派遣に任せられるようにする。いまは秘書や通訳など「専門26業務」でない限り、3年までしか任せられなかった規制を緩める。 一方、人材派遣会社はすべて国の許可制にする。派遣労働者への教育訓練を義務づけ、待遇改善に向けた国の指導も強める。  ★福沢諭吉の説く『人の上に人をつくらず、人のしたに人をつくらず』に反し、平気で、人の下に人を作る制度は、自由・平等原則違反! 勿論、日本国憲法を体した、元来の労働基準法の脱法行為。国会が、その精神を改竄したから、良いというものではない。少子高齢化も、人口減少社会も、若年層の結婚願望さえ、蝕んでいる!? 不満・閉塞(感)からの暴発・犯罪は、更なり!歯止めがかからない…
原発事故被害 第三者の目で総ざらいを 西日本新聞 社説 3/11 ○ ■大震災から3年■   ▼忘れられた77箱の資料 …事故調の生みの親である国会のその後の動きはどうか。どうも鈍い。象徴的なのは事故調が集めた段ボール77箱の資料の扱いである。 国立国会図書館に保管されたままで、資料を公開するのかどうか、国会はその取り扱いを決めず、忘れ去られようとしている。   ▼しわ寄せは全て現場に …矛先は現場に向かった。被災者であり、事故の被害者でもある東電福島第1、第2原発職員は同時に事故を起こした加害者として責任を問われた。非難、中傷、差別を受けて精神的に深く傷ついた。 遅々として進まない復旧・復興に対する怒りは地元自治体の首長に向かい、福島県内の選挙では現職の相次ぐ落選となって表れた。 本来は備えを怠り、事態の進行を食い止められなかった政府や東電経営陣にこそ責任があるはずだが、しわ寄せは現場に集中した。  ★“A級戦犯”を糾弾、裁かないと!? (現場)BC級戦犯止まりでは、ダメ!?大震災3年 原発事故の教訓直視せよ 山陽新聞 社説 3/11 ○ひとたび原発事故が起きれば、収束させるのはどれだけ困難なことか。東京電力福島第1原発事故から3年たち、あらためてその現実を突き付けられている。 建屋内は放射線量が非常に高く、作業員は近づくことができない。これまでに格納容器に損傷があることは分かったが、場所の特定ができない。遠隔操作のロボットなどで調べるしかなく、調査にはさらに時間がかかるという。 こうした作業は40年かかるとされる廃炉作業のほんの入り口だ。しかも、まず解決しなければならない汚染水対策が難航している。
原発事故と再稼働/とても認められる状況でない 神戸新聞 社説 3/11 ○生活の基盤をなくした人が13万人強。原発事故から3年になる福島の現実に、人の制御を寄せ付けない放射能災害の深刻さを思う。 原発に依存しない社会を願うのは自然な姿と思われるが、安倍政権は逆の方向へ踏み出した。 原発から出るごみの問題に見通しがない。事故で露呈した課題にも手がついていない。原発依存へかじを戻すことは将来に禍根を残す。  ★原発事故の影響は、福島県内に止まるものではない。従って、生活の基盤をなくした人が13万人強に、限定すべきではない。あの爆発、放射能汚染への恐怖、風評被害などというものも、含めなければ、被害=コストは、測れないのでは!? 対策も、だ。 再稼働のみ、進めようとは、何という恥知らず! 他人を人とも思わぬ所業! …非正規雇用を制度化した心根とも相通ずる!?
大震災3年  被災地の現実見えているか 京都新聞 社説 3/11 ○黒々とした巨大津波が街を、家々を、人々をのみ込んだ。安全と信じていた原子力発電所の建屋が吹き飛んだ。その光景は3年たった今も脳裏に焼き付いている。 厚生労働省が岩手、宮城、福島の3県で震災時に保育園児だった子どもを追跡調査した。約3割が恐怖体験が突然よみがえるなどの心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱えていた。幼い心に刻まれた傷の深さに胸が痛む。 ところが、被災地や全国各地の避難者からは、早くも震災体験の風化を懸念する声が上がる。PTSDと風化-。この落差をどう、とらえたらいいのだろう。 「田んぼが、畑が、山が、帰ってこいって呼ぶんだよ」。主人公の青年は認知症の老母と汚染区域内の自宅に戻り田植えをする。東京電力福島第1原発の事故で避難生活を送る家族を描いた公開中の映画「家路」のラストシーンだ。 「何もかも全部なくした」「負けるもんか、負けるもんか」-。絶望と生き抜こうとする意志のはざまでもがく被災者の声を、映画は代弁しようとする。 何の罪もない人たちがなぜ、これほど苦しまねばならないのか。やり場のない怒りと悲しみを感じる。と同時に、主人公の決断は正しいのか、という思いも残る。  新たな安全神話 
NNN: 与野党から批判 小松内閣法制局長官が陳謝 3/11 ○小松長官は今月4日、参議院予算委員会で行われた集団的自衛権をめぐる議論の中で、共産党議員から「安倍政権の番犬だ」と批判された。小松長官はその後、直接は関係のない社民党議員との質疑の中で反論した他、それをめぐって共産党議員と国会内の廊下で口論したが、これについて与野党の理事から「態度に問題があるのでは」と説明を求める声が上がっていた。 こうした事態を受け、小松氏は11日の理事会に出席し、「自分に問題意識がなかった」などと自らの一連の言動について陳謝した。…理事会では今後、小松長官に改めて委員会での陳謝を求めるかなどを協議することにしている。


原発:再稼働積極的な政府の姿勢批判…3事故調の元委員長 毎日新聞 3/10 ○東京電力福島第1原発の事故原因を調査した、政府、国会、民間の3事故調の元委員長らが10日、日本記者クラブで開かれた討論会に出席した。政府が原発再稼働に積極的なことについて、「事故から学んでいない」などの批判が相次いだ。 参加したのは、いずれも各事故調の元委員長の畑村洋太郎(政府事故調)▽黒川清(国会事故調)▽北沢宏一(民間事故調)−−の3氏と、米原子力規制委員会(NRC)前委員長のグレゴリー・ヤツコ氏。 「規制委が安全と認めたものは地元の理解のうえで(原発を)稼働する」という政府の姿勢について、畑村氏は「安全性が確認されたから再稼働というのは論理が違う」と指摘。「想定外」だった福島の事故の教訓を生かしていないとの認識を示した。 黒川氏も「あれだけの事故が起きても日本の社会が変わる気配がない」と厳しく批判。北沢氏は「事故は(再び)起こるかもしれない。(再稼働の是非は)国民がしっかり議論しなければならない」と指摘した。ヤツコ氏は「いまだに汚染水問題など課題は多い。事故は終わっていない」と述べた。
ANN: 東日本大震災から3年 両陛下出席の追悼式も 3/11 ○11日で東日本大震災から3年です。東京都内では、天皇皇后両陛下が出席して政府主催の追悼式が行われます。
ANN: 福島第一原発20km圏内で初 田村市の避難指示解除へ 3/11 ○政府は来月1日、福島県田村市の一部で避難指示を解除することを決定しました。福島第一原発から20km圏内で一切の制約無しに住めるようになるのは初めてです。 安倍総理大臣:「いよいよ避難されていた方々の帰還が始まります。これはゴールではありません。故郷を取り戻すスタートにすぎません」  ★『スタートに過ぎません』 白々しい!? 原発事故はじめ、人災の色濃い、東北大震災の被災、被害、その元凶は、安倍コベ政権を始めとする原発推進政策だし、自然に対する畏れを欠いた無謀な開発・諸施策だった…。他方、安倍コベ政権は、そのトップの趣味に付き合い、狂奔している!? 戦争する国化と周辺諸国からの孤立化に。遺憾ながら、戦後の自民党政権を支えた米政府とも離間・反目しようとする。ブザマ、危機… 変えられるのは、主権者、一市民、国民のみ。主権者は、主権者(最高権力者)としての振る舞いを、今こそ。現政権、…外圧に屈するかもしれぬが、それは、それ。
東日本大震災: 東日本大震災から3年 避難生活、今なお26万7千人 3/10 ○東日本大震災から11日で3年になる。約26万7千人が今なお、避難生活を強いられている。仮設住宅には約10万4千世帯が暮らし、岩手、宮城、福島の3県のプレハブ仮設住宅の入居率は約84%に上る。同時期の入居率が50%台だった阪神大震災と比べて、暮らしの再建の遅れが目立つ。 【写真】震災で約800人が犠牲となり、約40人の行方がわからない宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区。小高い丘の日和山に建てられた慰霊碑には、犠牲者を悼む人たちの姿が絶えない。震災前から度々、訪れていた福島県郡山市の阿部一則さん(58)、美紀子さん(51)夫妻。「変わりすぎた風景を見るたび、つらく感じます」と美紀子さんは話した
福島第1原発事故: <東日本大震災>「帰還せず」半数…被災3県アンケート 3/10 ○震災3年を機に毎日新聞が実施したアンケートで、岩手・宮城・福島3県で仮設住宅などに住む被災者の半数と、3県を離れた県外避難者の4分の3が、震災前に住んでいた地域に「戻れない」「戻りたくない」と答えた。復興事業の遅れや、原発事故の影響で帰還の見通しが立たないことへのあきらめがにじむ。 被災者123人と県外避難者105人に尋ねた。震災1年後の被災者調査(対象者は異なる)で同種の質問をした際には、「必ず戻りたい」「復興すれば戻りたい」の合計が8割近かった。今回は「戻りたいが戻れない」という選択肢を追加しており単純比較はできないが、「戻りたい」は被災者の4割、県外避難者の1割だった。「戻りたいが戻れない」は被災者調査で2割、福島からの避難者が多い県外避難者では4割近く。福島からは「長女の健康を考えたら戻れない。自分が死んだときに帰ればいい」などの声が上がった。 10日現在、警察庁によると、地震や津波による直接死は1万5884人、行方不明は2633人。震災関連死は毎日新聞まとめで10都県3048人に達し、福島では直接死を上回った。岩手・宮城では来春までに災害公営住宅が計画の半数近く建つ見通しだが、今年2月時点では全国でなお約9万8000人が仮設住宅で暮らす。
春闘:主要企業、軒並みベアへ…鉄鋼は2年2千円で調整  毎日新聞 3/11 ○2014年春闘は10日、相場を主導するトヨタ自動車が月額2700円のベースアップ(ベア)を実施することで事実上決着。新日鉄住金などの鉄鋼大手4社も14、15年度の2年分で月額2000円の賃金改善を実施する方向で調整に入った。・・・
自民参院幹事長:憲法解釈一から議論を…集団的自衛権巡り 毎日新聞 3/10 ○自民党の脇雅史参院幹事長は10日、石破茂幹事長と党本部で会談し、安倍晋三首相(党総裁)が目指す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の見直しについて「原点から議論し直し、一から方向性を作り直そう」と述べ、行使容認を前提とせず党内議論を進めるよう求めた。石破氏は党内議論の場として、安倍総裁直属機関の設置を検討し、意見集約を図る考えを示した。
ANN: 「STAP細胞」共同研究者が論文取り下げを呼び掛け 3/11  ★一度、旗を立てた以上、下ろす時は、慎重に! 人生を狂わせかねない!? しかも、「真理隠し」に繋がるかも知れないのだから。
福島原発の廃炉 国が先頭に立ち道開け 毎日新聞 社説 3/10 ○広大な敷地に、青と灰色の貯水タンクがひしめく。既に1000基を超えている。なお、2日に1基のペースで増設しなければ、増え続ける放射性汚染水をためきれない。 東京電力福島第1原発の事故から3年がたつ。先月、タンクから高濃度の汚染水があふれ出た。相次ぐ失態で東電の安全管理への信頼は大きく揺らいでいる。 廃炉には30〜40年かかるとされる。世界に前例のない過酷な作業である。しかし放射能の脅威を取り去り、国民の安全を守るためには失敗は許されない。東電1社の手には負えないのだ。安倍晋三首相の約束通り「国が前面に出て」責任を分担し、廃炉への道を切り開くべきだ。
3・11から3年 みんなが闘っている 東京新聞 社説 3/10 ○原発事故を抱えた町の再起がどれほど困難であるか。震災からの三年はそれを思い知らせる時間だった。闘う人々にずっと寄り添わなくてはならない。 それは静かな時限爆弾のように胸底に沈み込み、あの戦争から七十年を経ても消えていなかった。 福島県相馬市の診療所「メンタルクリニックなごみ」の精神科医、蟻塚(ありつか)亮二さん(66)は沖縄協同病院心療内科部長を務めていた二〇一〇年暮れ、長い診療経験にはない「奇妙な不眠」を訴える男性に立て続けに会った。 ◆戦争の心の傷は70年も  海外の論文を読みあさってみると、その不眠はアウシュビッツ収容所の生存者に見られた心的外傷後ストレス障害(PTSD)とそっくりだった。男性に聞くと、太平洋戦争末期の沖縄戦を生き延びた人だった。 住民を巻き込んだ米国との激しい地上戦で、県民の四人に一人が犠牲になった沖縄の戦闘。その記憶は生き延びた者にとって深い心の傷となったのだ。
原発事故3年 脱原発後退許されず 福島復興に思い馳せよう 琉球新報 社説 3/10
[福島原発事故3年] 「人災」 の教訓忘れるな 沖縄タイムス 社説 3/10 ○東京電力福島第1原発事故から3年。住民の避難生活は長期化し、廃炉に向けた作業は始まったばかりだ。汚染水漏れなどのトラブルも相次ぎ、事故収束の見通しは立っていない。「安全神話」に基づいた国の原子力政策の誤りは、多大な「人災」をもたらした。今、あらためて事故の教訓を胸に刻みつけるべきであろう。
放射線とリスク 科学と市民の溝埋めよ 京都新聞 社説 3/10 ○安全神話が崩壊した福島第1原発事故は、まき散らされた放射性物質が健康に及ぼすリスクへの不安が広がり、政府や専門家への不信につながった。発生から3年、放射線とリスクに対する理解は深まっただろうか。  ★否々!?
アジアの軍拡 力と力で張り合うな 信濃毎日新聞 社説 3/10 ○アジアの軍拡競争がエスカレートしないか心配が募る。  米国の「4年ごとの国防戦略見直し(QDR)」と、中国の国防予算案が先ごろ、時を同じくして示された。米中の対抗姿勢が鮮明に表れている。  力と力で張り合う構図は、地域を不安定にする。緊張を高める展開は避けなければならない。米中両国とどう関わるか、日本の対応も問われる。

TBS: 米中首脳が対ロ制裁で不一致、立場の違い浮き彫りに 3/11 ○ウクライナ情勢をめぐり、アメリカのオバマ大統領は9日、中国の習近平国家主席と電話会談しました。欧米各国がロシアへの制裁に踏み切る中、習主席はあくまで外交的解決を主張し、立場の違いが浮き彫りになりました。 9日夜に行われた習主席との電話会談で、オバマ大統領は、「ロシアの行動はウクライナの主権と領土の一体性を侵害している」として、ロシアへの経済制裁に踏み切ったアメリカの立場を説明しました。 これに対して習主席は、「ウクライナ情勢は極めて複雑であり、関係諸国が事態をエスカレートさせないようにするべきだ」と述べ、欧米各国による制裁強化の動きに対して反対の立場を明確にしました。 一方で、両首脳は、今月末オランダで行われる核セキュリティーサミットで米中首脳会談を行う事で一致し、今後とも対話を続けていく方針を確認しました。
NNN: スノーデン氏、TV電話でITイベント出演 3/11 ○アメリカ政府による情報収集活動を暴露し、ロシアに一時亡命しているCIA(=中央情報局)の元職員・スノーデン氏が10日、アメリカ国内のIT関連のイベントにテレビ電話で出演した。 スノーデン氏は10日、テキサス州で開催中のIT関連イベントにロシアからテレビ電話を使って参加、会場からの質問にも答えた。 スノーデン氏「必要であれば、当然また暴露をします。私が守ると誓った米合衆国憲法は大々的に侵されているから」 一部の連邦議員は「スノーデン氏の違法行為を容認するようになる」として、このイベントの中止を求めるなど波紋が広がっている。  ★『私が守ると誓った米合衆国憲法』!? 愛国者か。
ANN: 不明のマレーシア航空機 現場海域の油は無関係 3/11 ○現在、マレーシアのほか、ベトナム、オーストラリアなどの軍や救難当局が範囲を広げて捜索を続けていますが、有力な手掛かりは見つかっていません。マレーシア当局の発表によりますと、現場海域で見つかった油は、消息を絶った旅客機とは関係無かったことが分かりました。また、ベトナム軍は、回収した浮遊物が旅客機の残骸ではなかったとしています。盗難パスポートを使った2人の男については当初、アジア系の顔立ちをしていたとされましたが、マレーシア当局は、映像や写真を分析した結果、2人がアジア系の容貌ではなかったと発表しました。 一方、150人余りが搭乗していた中国では、乗客の家族がいら立ちを強めています。中国外務省も、マレーシア政府に対して早急に原因を究明し、正確な情報を提供するよう強く促しました。  ★実に、ご尤もな話だが。此処まで、五里霧中とは…

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: