FC2 Blog Ranking
2014-08-08

8/8: 人の振り見て我が振り直せ!? 韓国、暴力次々発覚 全将兵に人権教育 良い機会だと思うが、解釈改憲の安倍コベ一派は嫌がるか?

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。
「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

☆言わば、別室(動画中心)ですが、上にあげました。
 ■今日のトピックス Blog: 同時代人・先人ののこす言葉(動画)集■  ※このところ、停滞しています。申し訳ない。そして、現在も視聴可能かは保証の限りではありません。著作権問題もありますから。
 =以下、本日追加

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

今週の一言: 2013年の年頭にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○日本国憲法の積極的な内容と理念を研究し社会に広げる立場で活動している私たちにとって、今年は大変重要な年になります。
法学館憲法研究所: シリーズ「中高生の生活と憲法」  ■第31回「休息・余暇、遊び、文化的・芸術的生活への参加の権利」 2013年1月1日  ほか
法学館憲法研究所: 日本全国 憲法MAP
マガジン9: 新しいコラムも始まりました! 初心にもどって憲法問題もいろいろやっていきたいと思っています。どうぞご支援ください
マガジン9: 第26回マガ9学校 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30) ○これからどうなる?日本の食と農 TPPと地域の事例から 講師:金子勝 ゲスト:枝元なほみ 4月14日(日)15:00~18:00(開場14:30)
   @カタログハウス本社 会議室  参加費 2000円(学生1500円)/中学生以下無料
マガ9学校の動画: マガ9学校第16回  テーマ:原発とグリーンとお金のはなしをしよう ○講師:いとうせいこうさん(クリエイター) ×吉原毅さん(城南信用金庫理事長)
マガジン9: マガ9学校の動画 ○マガ9チャンネル(You Tube)動画紹介

【 メ デ ィ ア 傍 見 】 22: 「白鳥決定」 で 「証拠捏造」 を衝いた団藤重光先生

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
福島第一原子力発電所事故の状況把握に係る写真(平成25年2月1日公開) 東京電力
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・診察中の医師を刺した男の逃走車、追跡され横転で  16時35分
 ・“コピペ疑惑”安倍総理スピーチ去年と半分程度同じ  16時35分  ★解釈改憲と比べなくともわかる!平和への不真面目度❕❓ 一見明白(違憲明白)
 ・謎の深海生物「ダイオウイカ」を捕獲、大解剖すると  16時36分
 ・「性欲に負けた」盗撮巡査長が交番前で見つかり…  16時36分
 ・「一線を越えた…」笹井氏の遺書、小保方氏に20行  16時36分
 ・台風11号北上、大東島で500世帯停電  6時17分  ★自然災害の真っただ中、戦争まで招かずとも…
 ・ベネッセ情報流出、「別の2つの名簿業者にも売った」  5時27分
 ・中国空軍、「防空識別圏内の自衛隊機に対処」と発表  6時17分   ★防衛白書に乗じて、強行姿勢宣言❕❓
 ・「フリービット」9日に東京進出、格安スマホ競争激化  0時56分
 ・キム・ヨナ元選手の恋人、兵役中に外出で代表資格剥奪  0時56分

IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日
原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

【NPJ通信・連載記事】憲法9条と日本の安全を考える/井上 正信 ○連載「憲法9条と日本の安全を考える」集団的自衛権の限定容認論 2014年5月29日  
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える 井上正信 4/14更新
NPJ通信: 安保法制懇はどのような議論をしているのか(1)
NPJ通信: 安保法制懇はどのような議論をしているのか(2)
NPJ通信:   安保法制懇はどのような議論をしているのか(3)

「九条の会」メールマガジンの詳細(第185号) 「九条の会発足10周年講演会」の参加申し込みを4月14日開始します
資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止
   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 NPJ: 「ふるさと と 子どもたちのために 戦争への道を許すな!秘密保護法と共謀罪」 講師:弁護士 梓澤和幸 (NPJ代表)
 You Tube: 秘密保護法と共謀罪 梓澤和幸  3/31
 NPJ: 辺野古移設の合理的理由は存在しない ○─新外交イニシアティブ「普天間基地返還と辺野古移設を改めて考える」 シンポ─ 2014.1.17 NPJ編集部
 柳澤協二ND理事(元内閣官房副長官補・元防衛庁官房長)の基調講演に続いて、柳澤氏、稲嶺進氏(名護市長)、 仲里利信氏(元沖縄県議会議長・元自民党沖縄県本部顧問)、 前泊博盛氏(沖縄国際大学教授・前琉球新報論説委員長)らによるパネルディスカッションが行われた。 コーディネーターは猿田佐世弁護士(ND事務局長)。 シンポでは、抑止力論、交付金や日米地位協定の問題、辺野古移設に関する名護市長の権限等多角的な論点について議論がなされた。

 NPJ: 世界が懸念した安倍首相の靖國神社参拝 ―改憲阻止の闘いは靖國歴史観との対峙をさけてはならない― 弁護士 内田雅敏 ○1 世界が懸念  米国政府からのメッセージ 
  2 「聖戦」 思想という靖國歴史観に目を閉ざしてきたマスディアの覚醒
  3 読売新聞の狼狽といら立ちと産経新聞の堂々たる論陣
  4 安倍首相の弁明のまやかし 追悼、慰霊が批判されているのではない
  5 鎮霊社という奇策
  6 自民党改憲草案と靖國神社参拝に通底するもの
  7 安倍首相の靖國神社参拝は中国の軍拡派に対する贈り物
  8 日中共同声明の精神に立ち戻ろう

 NPJ: あまりに危険な独断専行-安倍首相靖国参拝   弁護士 井堀 哲 ●「想定外」 の行動だった年内参拝
 年のはじめに考える 憲法を守る道を行く 東京新聞 社説 1/5 ◆吉田茂が怒っている  西武百貨店などセゾングループの総帥でもあった人です。吉田死去後に首相の佐藤栄作から「大磯の吉田邸を君のところで買わんか」と頼まれ、「お引き受けします」と即断した思い出があるのです。池田勇人、三木武夫、宮沢喜一、大平正芳ら、首相経験者とも付き合いがありました。 吉田邸の建物と庭を思い出しつつ、辻井は回顧録「叙情と闘争」(中央公論新社)の中で、こう考えを巡らせていきます。 <今日の保守政治の堕落にあの世の吉田茂が烈火の如(ごと)く怒っているのではないか(中略)だから燃えてしまったのだ> 吉田が戦時中、東条英機ら軍閥の無謀な戦争計画を批判して、憲兵隊に逮捕されたことも、辻井は回想します。 <僕の考えからすれば、平和憲法とその思想を高く掲げることによって独立国家への道を歩むしかないと思うから、その道は細く険しいのかもしれない> <憲法九条を変えて軍備を持ってしまうことは、吉田茂の残した宿題に正面から答える道ではないように僕は思う> つまり、今の保守政治に「堕落」の烙印(らくいん)を押し、憲法九条の改正に反対する意思表明です。… 終戦前に生まれた国会議員は六十八人にとどまり、戦後生まれは六百五十四人にも達します。最高齢の石原慎太郎氏でも終戦時には、十二歳の少年にすぎません。 東京新聞(中日新聞東京本社)社会部編の「憲法と、生きる」(岩波書店)では、政界引退した自民党元幹事長の古賀誠氏が、自衛隊の海外派遣について警告しています。 <たとえ小さな穴でも、一つあけば広がっていく。先の戦争のときもそうだった> 戦争で父を亡くした古賀氏の政治哲学です。彼は「吉田茂を源流とする流れ」にいた一人です。こうした政治家は、今や少数派になったのでしょうか。 ◆岸信介は「聖戦」の認識  <名にかへてこのみいくさの正しさを来世までも語り残さむ> 「みいくさ」とは聖戦です。あの戦争に反省さえしません。安倍首相も国会で「侵略戦争の定義は定まっていない」と答弁しています。祖父から同じ歴史認識を受け継いでいると感じられます。  ★成程!岸信介は、A級戦犯!?

 質問なるほドリ:首相の靖国参拝、なぜ問題になるの?=回答・影山哲也、野口武則 毎日新聞 12/27 ◇東京裁判否定につながる ○Q 問題があるのに、なぜA級戦犯が祭られているの?  A 靖国神社に祭られる戦没者は、旧厚生省援護局が神社側に届けた名簿に基づいています。A級戦犯として絞首刑(こうしゅけい)になった東条英機(とうじょうひでき)元首相らについては1966年に名簿が送られましたが、神社の最高意思決定機関である総代会は長期間、扱いを保留にしていました。当時、靖国神社を国営化する法案をめぐって与野党が激しく対立していたことが影響したものと思われます。ところが、1978年7月に宮司(ぐうじ)に就任した松平永芳(まつだいらながよし)氏は、直後の同年10月にA級戦犯の合祀(ごうし)に踏み切りました。松平氏は合祀について後に「東京裁判の根源をたたく意図」だったと語った記録が残っています。神社の社報もA級戦犯を「昭和殉難(じゅんなん)者」と呼んで犠牲者扱いするなど、東京裁判への否定的な認識が表れています。
  Q それでも安倍首相が靖国参拝にこだわる理由は?  A 首相を応援する保守層は、占領時代に作られた政治体制を見直し、日本の「真の独立」を図ろうとする傾向があります。その期待に応え、憲法改正を含む「戦後レジームからの脱却」を目指しているためと考えられます。ただし、こうした政治姿勢は、米国を中心とする戦後の国際秩序に対する挑戦と受け取られかねないのです。

 特定秘密保護法案に関する関連社説
 特定秘密保護法案に反対する市民のデモはテロ
 特定秘密保護法全文

日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム 秘密社会がやってくる ―情報流通を妨げる秘密保護法―
 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 IWJ Independent Web Journal: 【特集】IWJ日米地位協定スペシャル  ○孫崎享氏のベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』とのコラボ企画として、IWJでは日米地位協定に関する取材を、特集として進めていきます。

 マガジン9: マガの動画NEW!! マガ9学校第28回 ○ You Tubeで公開している、「マガ9学校」や「マガ9対談」の動画紹介  

NEW!! マガ9学校第28回 講師:伊藤真さん  テーマ:参院選前に考える!  立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ
   今、憲法が危ない。

 NPJ: 日隅一雄さんが残したものと民主主義 ―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式―
 NPJ 植草一秀氏、齋藤貴男氏に聞く消費増税、アベノミクス政策
 NPJ通信: 「銃刀法」 違反告発 PAC-3ミサイル配備 練馬・朝霞駐屯地をめぐる30日間の記録 ○練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~ 練馬平和委員会 坂本茂
 経産省前テントひろば: 【情報共有】経産省前テントひろばスタッフの逮捕に関して

 薔薇、または陽だまりの猫: 経産省前テントひろばから 経産省と警察による弾圧に抗議する声明 ○ 声 明 経産省前テントひろば
 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性
デモクラTV: ★★ デモクラTV 開局宣言 ○朝日ニュースター時代から16年間、親しまれてきた「愛川欽也のパックインニュース」が3月末で終了するのを受け、その精神を継承し、一段とパワーアップしたインターネットテレビ「デモクラTV」が4月に開局します。パックインニュースを支えてきたジャーナリスト、市民活動家、学者、評論家らが資金を出し合い「市民のためのネット放送局」を立ち上げました。提供するのは「日本一分かりやすいニュース解説」と自負しています。デモクラTVは、「知りたい・考えたい視聴者」に支えられる有料放送です。料金は月525円を予定しています。「志」だけが頼りの、こぢんまりした船出ですが、会員が広がれば、番組の数や中身をより充実させたいと考えています。

NPJ: 日隅一雄・情報流通促進賞/情報流通促進援助制度に応募を! ○日隅一雄・情報流通促進基金

日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 
第13期市民意見広告運動:  5月3日の新聞に意見広告を出そう!私たちの声をあげよう! ○平和憲法と人びとの暮らしを破壊する安倍「反民主主義政治」に NO を!
 ☆週刊誌・AERAに意見広告「未来への責任」が掲載されました ☆5月3日の「朝日新聞」・「東京新聞」に意見広告の掲載が決定しました ◎第13期 寄せられた賛同金 23,900,000円 賛同件数 8,327件(2014年4月11日現在)

 以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」
 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

 ☆大地震、大津波、『脱原発』! わすれないために 反原発でも 共に
 これも同様です。 今日のトピックス Blog: 8/31: 社会保障 抜本改革はやらぬのか 水俣病も、カネミ油症も、皆半端に過ぎる!に、替えます。 

新・全国の放射能情報一覧
情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス

ヘリパッド近くでノグチゲラ営巣 特別天然記念物、沖縄 東京新聞 5/8者会議 2/11">「原発汚染水問題」 にかかわる緊急提言 日本科学者会議 2/11

「除染」 にかかわる提言 日本科学者会議 2/11

東電及び原子力規制委員会に極めて遺憾の意を表明し、緊急措置を求めます  民間福島原発事故収束委員会 2/7

 以下、下記に代えて、割愛します。
 今日のトピックス Blog: 5/17: 平時は尊大 事故後は「伝言ゲームのよう」に ババは引きたくない!か


 ☆セーフティーネット(人たるにふさわしい生活、人権)回復のために

 こちらも、ブログ軽量化のため、割愛します。猶、下記当ブログをご参照ください。セーフティーネットの重要性は、変わりません。

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
8月8日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 天国で何思う、「杉原千畝」  (厚顔)
 杉原千畝(ウイッキペディアより) 
「護憲+」ブログ: 『戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人-丸山眞男』   (名無しの探偵)
 丸山眞男の特集(NHK)
イシャジャの呟き: 北日本は 今日も雨だった  誕生日の花 トロロアオイ 花言葉 知られぬ恋 
 今日のトピックス Blog8/7: 所在不明児童・生徒は全国で397人 今頃気づく?その振りをする? 「法の支配」は一体如何に??? 日本政府 …安倍には問わない

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から
九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで
●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

●「九条の会」メールマガジン >> 第192号 ( 2014年07月25日号)を発信しました
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】意見を交わし合い、自分の言葉を構築する  元山仁士郎さん(集団的自衛権と憲法解釈変更について考える学生有志の会) (2014年7月28日)

◆『憲法大好き』-全ての条文を読む  吉田豊さん(愛知・憲法学習研究会代表) (2014年7月21日)

◆平和と子どもの権利   児玉勇二さん(弁護士) (2014年7月14日)

◆より広い市民へ「9条メッセ―ジ」を届けたい!  ―コミュニティFM局で「けんぽうサロン京都」を放送中― 憲法9条京都の会  (2014年7月7日)

◆「憲法手帳」に想いを託して  池田靖子さん(旭区「九条の会」事務局長)  (2014年6月30日)

◆カジノ推進法案の問題点   新里宏二さん(弁護士・全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会代表) (2014年6月23日)

◆労働法見直しに関する問題点について  田井勝さん(弁護士)  (2014年6月16日)

【福島原発事故】 まだ何も分かっていない 【高知新聞】2014.08.08 ○2011年3月11日の福島第1原発事故をめぐって、東京電力は3号機の炉心溶融の推定を修正した。  それによると炉心溶融は従来より5時間以上早く始まっていた。圧力容器を突き抜けて格納容器底部に溶け落ちた核燃料も、当初は「約6割」とみていたが「大部分」に見直した。  3年以上たっても原子炉内部の状況はつかみきれていない。その実態がかえって浮き彫りになった形だ。  3号機の炉心溶融は緊急時の冷却装置が鍵だった。従来は3月13日未明まで冷却できていたとしていたが、実際は前日午後8時ごろには装置は機能していなかった。これを受け解析し直したところ、想定より早く炉心溶融が進んだことが判明し、その分、溶融燃料の量も増えた。  1、2号機も格納容器の底部に溶けた燃料があると考えられている。だが実際にどこで、どのような状態になっているかは不明だ。調査の進展によっては3号機同様、「想定外」の事態が明らかになる可能性もあろう。  そもそも放射線量が高く原子炉に近づけないため、事故の原因が津波なのか地震の揺れなのかさえ突き止めることができていない。  肝心要のことはまだ何も分かっていないにもかかわらず、安倍政権は原発再稼働に前のめりだ。電力各社も運転停止中の原発が原子力規制委員会の新規制基準に適合するよう、安全対策などに余念がない。  しかし、福島の事故の原因究明が中途半端な中で、本当に原発の安全性は担保されるのか。最悪レベルの事故を引き起こしておきながら、現状では責任の所在も曖昧なままだ。  一方で事故の収束・廃炉や損害賠償、安全対策など膨大なコストには税金や電気料金がつぎ込まれる。それでもなお原発を一定維持していくべきなのかどうか。

政府、福島に総額3千億円提示へ 焦点の中間貯蔵交付金 東京新聞 8/8 ○東電福島第1原発事故に伴う除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設建設をめぐり、石原伸晃環境相と根本匠復興相は8日、福島県郡山市で佐藤雄平知事や候補地の双葉、大熊両町長と会談し、施設使用の30年間で総額3010億円の交付金を拠出する方針を提示した。 中間貯蔵施設の交付金額は政府と福島側の交渉で最大の焦点。政府はこれまで水面下で示してきた金額を3倍に増やし大幅に譲歩、難航する交渉が進展する可能性が出てきた。 同知事は交付金の内容について「今後、精査していく」と述べた。大熊町の渡辺利綱町長と双葉町の伊沢史朗町長は「具体的な数字が示されたのは前進」などと語った。
【指定廃棄物の行方】塩谷町民ら「反対同盟」 撤回求め200人設立会議 最終処分場候補地選定 【下野新聞】2014.08.08 ○環境省が放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場の詳細調査候補地として塩谷町上寺島(寺島入)の国有地を選んだことを受け、塩谷町民らが7日夜、選定の白紙撤回を求める「塩谷町民指定廃棄物最終処分場反対同盟会」を設立した。同町玉生の玉生コミュニティセンターで開かれた設立会議には、町内の全54行政区長を中心に商工会や農協、医師会など約40団体のトップ、町民ら約200人が参加し、規約や役員人事、活動計画などを決め、町ぐるみの団結を確認し気勢を上げた。
空間線量を即時公開 県内路線バスを活用し測定 【福島民友】2014.08.08 ○県と京都大原子炉実験所、日本原子力研究開発機構(JAEA)による路線バスを活用した空間放射線量調査について、県は7日、福島市栄町のユニックスビルで測定結果の即時公開を始めた。
除染作業の法令違反6割 線量管理で指導が増加 【福島民友】2014.08.08 ○福島労働局は7日、県内で1~6月の間に除染作業をした313事業者を巡回調査した結果、186事業者で法令違反があったと発表した。違反率は59.4%。  違反件数は335件で、前年同期比で344件減、違反率は8.6ポイント改善した。同労働局は「法令について理解されてきたとは思うが、まだまだ楽観はできない」としている。  違反内容別にみると、労働条件関係は160件、安全衛生関係は175件。このうち外部被ばく線量の測定について指導されたのは25件で、前年同期比12件増加した。作業現場では平均的な外部被ばく線量になる見通しの作業者に線量計を装着させるが、その作業者が現場を離れてしまい、正確な線量が測定されないなどの違反があった。
「唐突な話」と困惑 東電と国の汚染地下水海洋放出計画 【福島民友】2014.08.08 ○東電は相馬市で開かれた相馬双葉漁協の理事会で海洋放出の計画概要を漁業者に伝えた。理事会終了後、佐藤弘行組合長は「一度汚染された水なので、地下水バイパス以上に安全を担保すべきだ」と徹底した安全対策を求めた。  ほかの漁業関係者も不安を隠さない。県漁連の野崎哲会長は「現段階では、賛成も反対もできない」とした上で「トリチウムの値が大きな問題になる。処理できないなら容認できない」とくぎを刺す。いわき市漁協の矢吹正一組合長は「まずはしっかり説明を受けてから対応を考える」と述べた。同漁協は8日の理事会で東電の説明を受ける。  県は「排水設備の内容までは説明を受けたが、その先は、詳細がまとまり次第説明にくるということだった」とし、説明を受けた上で廃炉安全監視協議会で議論し、東電と国に必要な意見を伝えるという。

高浜原発の防潮堤かさ上げへ 関電、計算ミス判明 【東京新聞】2014.08.08 ○6メートルの高さから数メートルかさ上げするとみられる。高浜原発3、4号機は九州電力川内原発(鹿児島県)に次ぐ再稼働の実質2番手とみられている。関電は収支改善のために早期の再稼働を目指すが、越年の公算が大きくなってきた。
伊方原発30キロ圏避難計画難航 10月末めど提出要請 【愛媛新聞】2014.08.08 ○四国電力伊方原発(伊方町)から30キロ圏内にある社会福祉施設の原子力災害避難計画作成に向けた県の説明会が7日、西予市の宇和文化会館で初めて開かれた。県は「10月末をめどに計画を提出してほしい」と求めたが、現状では作成が1割強にとどまっている。

世論の動向、政策を左右/(3)国民投票/脱原発への道 ドイツ・スイスは今 【河北新報】2014.08.08 <再処理禁止に>  スイスのチューリヒから北西に30キロ。広大な田園風景の中に、ビュレンリンゲン中間貯蔵施設は立地する。 施設は電力会社3社が出資する「ツイラグ」が運営。2001年に開所し、国内の原発5基のうち4基から使用済み核燃料が入った容器(キャスク)が運ばれてくる。 ガラス越しに保管所をのぞいた。白いキャスクが並ぶ奥に、青いキャスクが見える。 「色には何か意味があるのか」。福島県議団の質問に、電力会社「アクスポ」広報のアンナ・アーナル氏は「白が使用済み核燃料、青が海外で再処理した高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)だ」と説明し、続けた。 「これ以上ガラス固化体が運び込まれることはない。国民投票で再処理は禁止されたからだ」  ★成程! 納得❕❕ 『国民投票で再処理は禁止されたからだ』

核燃料ほぼ全量落下 福島3号機 廃炉一層困難 【東京新聞】2014.08.07 ○東京電力は六日、福島第一原発事故で炉心溶融(メルトダウン)した3号機について、核燃料のほぼすべてが溶け落ちた可能性が高いとする解析結果を発表した。これまでは溶け落ちた量を六割程度とみていた。1号機でもすべての核燃料が溶け落ちたとみられており、廃炉のための核燃料の取り出しは、さらに難しくなった。
☆大地震時代!?かどうか だとすると、日本各地に、原爆のタネ、原発をばら撒いて良いのか?
 以下、割愛。…5/25付ブログをご参照ください。今日のトピックス Blog5/25: 中国軍機が自衛隊機に異常接近 ODAで外国軍支援検討 海上警備も??? 日本の9条解釈改憲、軍事思考・軍拡に懸念
特集:全国の原発

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 「戦後日本の国家保守主義」を読む ・ブログ連歌(378) ・ 民主平和党ホームページ ○老人党護憲プラスの「じゅんこ」さんから紹介を託されていた「戦後日本の国家保守主義~内務・自治官僚の軌跡」(中野晃一・岩波書店)を読みました。2013年3月発行の、やや地味な本ですが、日本国家の骨格を形成してきた官僚組織は、敗戦と新憲法公布という激震をも乗り越えて生き残り、今もさまざまな影響を残しているという視点を教えてくれます。それを単なる総論ではなく、局長級以上のポストにあった者たちのキャリアパス(出身大学から退官後の役職まで)を明らかにするさまざまな資料を駆使して解明しているところに、類書のないユニークさがあります。
市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラムのご案内】『南営洞1985』&『南部軍』上映&トーク(8/10日@元町映画館)など
市民社会フォーラム: 赤旗日曜版スクープ! 沖縄・辺野古工事を大成建設が極秘受注
市民社会フォーラム: 【東日本大震災】レポートNo.243 →ブログでぜひ写真もご覧下さい。 東日本大震災 救援レポート : 「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり 【東日本大震災】レポートNo.243
市民社会フォーラム: 【とうとう反対派排除に自衛隊も出動!?】辺野古に海自艦「ぶんご」 政府、掘削支援で検討+「辺野古推進」撤回を=民主沖縄、党本部に要請+辺野古ブイ 14日軸に調整 防衛局 11日再び浮桟橋+辺野古移設の推進鮮明 仲井真氏が出馬会見 沖縄知事選+辺野古、厳しい正面突  ★先ず、市民、主権者に牙をむく!自衛隊??? 余りに幸先良いお話ではないか❕❓ 矛盾を感じない安倍コベ政権?防衛省・自衛隊? 検討までするとは???

市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter

21世紀の日本と国際社会: 米中戦略対話と米中関係の現段階 1.米中関係のあり方に関する習近平の発言  2.中国側論評
醍醐聰のブログ: 「クローズアップ現代」がおかしい 7/3 ○ 集団的自衛権についても沈黙を守る「クローズアップ現代」  …と思っていたら、今夜、菅官房長官の単独出演で ○と訝しがっていた昨夜、NHK ONLINEで「クローズアップ現代」の専用サイトを見ると、「集団的自衛権 菅官房長官に問う」を今夜(7月3日)放送するという予告が目に飛び込んだ。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
醍醐聰のブログ: つぶやき日記(6月28日・7月1日) ~創価学会・公明党関係者との対話より~
五十嵐仁の転成仁語: 6月30日(月) 許されない公明党の裏切り
OurPlanetTV: 「戦争する覚悟あるか」解釈改憲に5000人が怒りの声
【NPJ通信・連載記事】憲法9条と日本の安全を考える/井上 正信 ○根拠なき危機を煽るデマゴーグ政治家安倍首相の退陣を求めよう
伊藤真のけんぽう手習い塾:第八十七回安保法制懇報告書でみる「集団的自衛権」の危うさ(後半) 【マガジン9】2014.06.04
伊藤真のけんぽう手習い塾:第八十七回安保法制懇報告書でみる「集団的自衛権」の危うさ(前半) 【マガジン9】2014.06.04
IWJ: 【NPJ通信・連載記事】読切記事 ○大賞に FFTV (フクロウ・ FoE チャンネル) 6月12日に表彰式 第2回日隅一雄・情報流通促進賞受賞者決まる  寄稿:田場暁生(NPJ)
市民社会フォーラム:  ○6月12日 第2回日隅一雄・情報流通促進賞表彰式
「九条の会」メールマガジンの詳細(第185号) 「九条の会発足10周年講演会」の参加申し込みを4月14日開始します
「護憲+」ブログ: NHK会長らの罷免を求めるキャンペーン  (笹井明子)
 「私たちは、籾井勝人NHK会長、百田尚樹、長谷川三千子両NHK経営委員の罷免を求めます」の呼び掛けに対する、賛同者募集キャンペーン
孫崎享のつぶやき: 右派・右翼(安倍支持)とは天皇陛下の言葉に最も耳を傾けない人々でないか
You Tube: 日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジュウム 2013… ○日隅一雄・情報流通促進基金 設立1周年記念シンポジウム
  「秘密社会がやってくる──情報流通を妨げる秘密保護法」 基調講演:三木由希子(情報公開クリアリングハウス)
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
OurPlanetTV: •【録画配信】原子力災害対策本部会議・原子力防災会議事後ブリーフィング
許すな!憲法改悪・市民連絡会
Property chapter for all 12 nations with negotiating positions WikiLeaks 11/13 ○2013年11月13日 リリース
TBS: ウィキリークス、TPP交渉文書の草案だとする文書を掲載 11/14 ○内部告発サイト「ウィキリークス」が、TPPの交渉文書の草案だとする文書を掲載しました。TPPの交渉文書は各国が秘密にしていて、本物である場合、交渉の行方に影響を及ぼす可能性も出てきます。 ウィキリークスは、掲載した文書について、TPPの交渉文書のうち8月段階の知的財産分野の草案だとしていて、95ページにわたってそれぞれのテーマにおける各国の主張などが詳細に記述されています。さらにその文書には、焦点の一つである著作権の保護期間については、現状の50年から70年に延長するよう求める意見が掲載されています。  ★グッジョブ!?  民主主義に、こんなに役立つ!内部告発サイト「ウィキリークス」 秘密主義とは、大違い。

以下、割愛します。下記ご参照ください。=相当部分
今日のトピックス Blog3/20: イラク開戦10年 幻の 「大義」・日本の参戦 が問うもの 責任政党・自民が今、声高に改憲の何故? 

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」


 



TBS: 台風11号、九州南部に接近中 8/8 ○台風11号は九州南部に接近中です。記録的な大雨が降った四国では、局地的にさらに1000ミリを超える雨が降るとの予想が出ていて、厳重な警戒が必要です。  ゆっくりとしたスピードで北上を続ける台風11号。7日、最大瞬間風速47.3メートルを観測した沖縄県の大東島地方では、店舗の看板が吹き飛ばされるなどの被害が出たほか、停電も発生。自主避難するお年寄りの姿もみられました。  「電気もつかないから、熱中症になると困るので、こっちに来てます」(避難した人)  「なるべく早く(警報が)解除になって帰りたい」(避難した人)
ANN: 流用?安倍総理スピーチ去年と半分程度同じ 8/8  ★究極のマンネリ…、自己陶酔の解釈改憲、軍事に通ず❕❓か。
ANN: “意外な継承者” 被爆者から次の世代にバトン 8/8 ○長崎に原爆が投下されてから9日で69年。被爆者たちが高齢化するなか、その体験をどのように次世代に伝えていくかが課題となっています。ある語り部の女性に話を聞きました。.
TBS: 夫の育児分担が2割超え、しかし妻の半数は「不満」 8/8 ○この調査は、全国の夫を持つ女性およそ6400人を対象に行われたもので、夫が分担する割合は、家事については14.9%、育児については20.2%となり、この15年間で最も高くなりました。  しかし、妻に常勤の仕事がある場合でも、夫の13.7%が全く家事をしていないなど、夫の家事や育児に対して「不満」を持っている妻は半数近くに上っています。  また、週1、2回以上「ゴミ出し」をする夫はおよそ4割いましたが、「部屋の掃除」は2割ほどなど、家事の内容によってばらつきが出る結果となりました。
韓国、軍部隊内の暴力次々発覚 全将兵に人権教育 東京新聞 8/8 ○韓国軍の20代の兵士が先輩兵に集団暴行され死亡した事件をきっかけに、部隊内での暴力やいじめが次々と発覚している。徴兵で息子を軍隊に送る父母らの不安が高まる中、韓国軍は8日、訓練を中止し全将兵を対象に人権教育を実施するなど、暴力根絶対策に追われている。 7月末の事件発覚後、韓国メディアは部隊内で横行する暴力の実態を報道。それによると、常習的に暴行を受け精神的に追い込まれた陸軍兵士が先月、除隊当日に自殺した事例や、海兵隊でトイレ掃除が不十分だとして新人兵に便器をなめさせた嫌がらせなどが相次いで表面化した。  ★人の振り見て我が振り直せ! のことわざもあるが、韓国にあって、日本にないものは、何かあるか?と思う。勿論、軍や自衛隊に限ってのことだが。 暴力やいじめ、自殺の多発(一般より、グンと高率)など、共通しているのではないか?  だが、全将兵を対象に人権教育なんて、今、自衛隊でやっているのだろうか? 是非、日本国憲法の魂を注入?してほしいものだ❕❓ 全将兵に。官僚含め。 安倍コベは嫌がるかなー
海自艦出動 武力で県民恫喝する野蛮 【琉球新報】2014.08.08 ○中世の専制君主国と見まがうありようだ。何という野蛮な政府か。 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設強行の前段である海底ボーリング調査に向け、政府が海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」の派遣を検討していることが分かった。 移設反対派の市民を武力で恫喝(どうかつ)する狙いであるのは明らかだ。  政府は沖縄を、軍が市民を威嚇してよい地域と見なすということだ。そんなことを実行してしまえば政府と沖縄が抜き差しならぬ対決局面に入ることを、安倍政権は知るべきだ。
[11月知事選始動] 選挙公約の重みを語れ 【沖縄タイムス】2014.08.08 ○本格始動した知事選は、辺野古移設をめぐって、異なった公約を掲げる3人の保守系政治家が出馬の意思を明らかにするという、かつてない構図となっている。  米軍占領下の1968年に実現した主席公選以降、県内の知事選挙は、革新対保守の構図で争われてきた。  東西冷戦が終結し、55年体制と呼ばれた日本の政党政治の図式が崩れたことで、本土では「革新」という言葉が使われなくなったが、日米安保の負担に苦しむ沖縄では、基地問題を軸に色分けされる政治状況が続いてきたのである。  今回、この構図ががらりと変わる。どのような結果になっても、沖縄が進む方向と政治の枠組みに大きな影響を与えるのは必至だ。最大の論点は、もちろん辺野古移設問題である。
過重労働 従業員使い捨ては許せぬ 【西日本新聞】2014.08.08 ○さながら大正時代の過酷な労働現場を描いた「女工哀史」の現代版のようではないか。 牛丼チェーン「すき家」の過重労働問題について、すき家の運営会社ゼンショーホールディングスの第三者委員会が、調査報告書を公表した。非管理職の月平均残業時間が109時間に上るなど、法令違反状況だったとしている。 程度の差はあれ、利益のため従業員に過重労働を強いるような事業所は他にも指摘される。産業界も政府も事態を重く受け止め、その根絶に総力を挙げるべきだ。 それにしても報告書には驚かされる。多くの従業員が24時間連続勤務を経験し、「恒常的に月500時間以上勤務」「2週間家に帰れない」「体重が20キロ減った」など深刻な例もある。防犯上問題とされる深夜1人勤務の激務も横行していた。まさに常軌を逸した劣悪さである。 報告書は事態を組織的な問題だったと指摘する。同感である。経営陣には猛省を促したい。 問題はこんな状態が野放しにされていたことだ。
【福島原発事故】 まだ何も分かっていない 【高知新聞】2014.08.08 ○2011年3月11日の福島第1原発事故をめぐって、東京電力は3号機の炉心溶融の推定を修正した。  それによると炉心溶融は従来より5時間以上早く始まっていた。圧力容器を突き抜けて格納容器底部に溶け落ちた核燃料も、当初は「約6割」とみていたが「大部分」に見直した。  3年以上たっても原子炉内部の状況はつかみきれていない。その実態がかえって浮き彫りになった形だ。  3号機の炉心溶融は緊急時の冷却装置が鍵だった。従来は3月13日未明まで冷却できていたとしていたが、実際は前日午後8時ごろには装置は機能していなかった。これを受け解析し直したところ、想定より早く炉心溶融が進んだことが判明し、その分、溶融燃料の量も増えた。  1、2号機も格納容器の底部に溶けた燃料があると考えられている。だが実際にどこで、どのような状態になっているかは不明だ。調査の進展によっては3号機同様、「想定外」の事態が明らかになる可能性もあろう。  そもそも放射線量が高く原子炉に近づけないため、事故の原因が津波なのか地震の揺れなのかさえ突き止めることができていない。  肝心要のことはまだ何も分かっていないにもかかわらず、安倍政権は原発再稼働に前のめりだ。電力各社も運転停止中の原発が原子力規制委員会の新規制基準に適合するよう、安全対策などに余念がない。  しかし、福島の事故の原因究明が中途半端な中で、本当に原発の安全性は担保されるのか。最悪レベルの事故を引き起こしておきながら、現状では責任の所在も曖昧なままだ。  一方で事故の収束・廃炉や損害賠償、安全対策など膨大なコストには税金や電気料金がつぎ込まれる。それでもなお原発を一定維持していくべきなのかどうか。





TBS: ガザ一時停戦期限切れ、双方が攻撃再開 8/8 ○イスラエルとハマスなどパレスチナの各勢力は、エジプト当局を仲介としてカイロで交渉を行っていましたが、双方の隔たりは大きく、今のところ合意には至っていません。
NNN: 壮絶な破壊の跡…ガザの激戦地で記者が目撃 8/8 ○中東・パレスチナ自治区のガザ地区を巡るイスラエルとイスラム原理主義組織・ハマスの戦闘が始まってから8日で1か月、死者はこれまでに約1900人に上っている。


TBS: 台風11号、あす以降 九州や四国に接近・上陸の恐れ 8/8 ○強い台風11号は、沖縄県の大東島地方を暴風域に巻き込みながら北へ進んでいます。  南大東島は24時間以上にわたり、長時間、台風の暴風域に巻き込まれています。依然として猛烈な風と叩きつけるような横殴りの雨が続いています。一夜明けて道路には木の枝や破損した看板、扉の破片が散乱していて、被害の大きさが伺えます。 台風は今後も北上を続け、9日以降、九州や四国に接近・上陸する恐れがあり、厳重な警戒が必要です。
TBS: 中国空軍、「防空識別圏内の自衛隊機に対処」と発表 8/8 ○中国空軍は7日、中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏内で「長時間偵察活動をしていた航空自衛隊機を追跡し、対処した」と発表しました。  中国空軍は7日、中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏内で6日、「複数回にわたって長時間偵察活動を行っていた航空自衛隊機に対し、必要な追跡と監視を行った」と発表しました。また、自衛隊のF15戦闘機が2回、中国の警戒監視機への接近を試みたと主張しています。防空識別圏内のどの地点かなど、詳しいことには触れていません。
TBS: 「フリービット」9日に東京進出、格安スマホ競争激化 8/8 ○インターネットや福岡などで格安スマートフォンを販売しているIT企業の「フリービット」が、9日から東京都内で初めて店舗をオープンします。  「スマホを変えるスマホを作っていこうと」(フリービット 石田宏樹 社長)  IT企業の「フリービット」は通信料と基本通話料、端末代あわせて月額2000円の“格安スマホ”を福岡や名古屋などの店舗やインターネットで昨年末から販売しています。  NTTドコモの通信回線を利用し、携帯端末も自社で製造することで価格を抑えていますが、データ量が多い動画をみる場合などは別途料金がかかります。  “格安スマホ”をめぐっては、流通大手のイオンが月額1980円、家電量販店のヨドバシカメラは高速通信対応で月額2184円と、各社の参入が相次いでいて、「フリービット」の東京進出で販売競争がさらに激化することになります。
ANN: オスプレイ「佐賀への暫定移駐」に米が難色 8/8  ★行き当たりばったり、行き詰る❕❓ 安倍の解釈改憲… 

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: