FC2 Blog Ranking
2014-11-14

11/14: 沖縄知事選、翁長勝利で沖縄での新基地建設阻止・普天間基地撤去の実現を願う 亦今後の対応、県政・国政の運営にも持続的関心を

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

  ☆☆☆謹  啓: 軽量化のご案内☆☆☆
 この度、ブログ掲載記事につきまして、デイリーを原則に致します。それは、簡明・軽量化を求めてのことで、当ブログの構えや作りを変えようとするものではありません。この背骨、屋台部分については、昨日のブログを、代用します。関心のある方は、こちらをご参照ください。よろしく、御了解願います。=今日のトピックス Blog8/8: 人の振り見て我が振り直せ!? 韓国、暴力次々発覚 全将兵に人権教育 良い機会だと思うが、解釈改憲の安倍コベ一派は嫌がるか?

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・“増税先送り”見通し強まる中…地方の悲鳴  19時17分  ★地方の悲鳴とは?よく聞けよ❕❓
 ・デモ隊バリケード、来週にも強制撤去 香港  19時3分
 ・“新島”西之島 噴火繰り返し面積8倍に  18時49分
 ・ジェットコースターと男性が衝突か 丸亀市  18時49分
 ・民主党、消費税10%引き上げ先送り容認  18時34分  ★消費税増税10%は、自民党の公約!不人気政策、公約破り、先送り❕❓ 野党が不人気政策取りようがなかろう。
 ・中国政府、小笠原諸島周辺の漁船に帰港求める  18時58分   ★一件落着へ❕❓
 ・今年のテーマは「絆」 世界一のクリスマスツリー点灯  6時18分   ★「絆」を割く、政府・警察活動に、マスゴミ❕❓ 全体主義へのいざない(誘い)=分断支配、異端切り捨て
 ・エボラ熱対応訓練、全都道府県で年内実施へ  8時0分
 ・家族会代表「選挙で日朝協議対応止まるのは不安」  8時0分
 ・札幌でササラ電車が緊急出動 レールに積雪10cm超  5時58分
 ・北日本、引き続き大荒れに 暴風、高波に警戒を  5時57分
 ・安倍総理、早期の日中韓外相会議開催を提案  5時54分

 市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止


   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳


 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性

日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
11月14日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 「秩父事件」の研究と歴史学  (名無しの探偵) ○現在秩父事件をテーマとして修士論文を書いています。流水さんの投稿に触発されて、秩父事件研究の現在を今日の政治状況と関連させながら書き込みすることにしました。
イシャジャの呟き: 摺てでも 這ってでも  誕生日の花 ダルマギク 花言葉 打たれ強い ○解散風が 吹いてきたと騒いでる。寒いし 雪で滑りやすいし 衆院選は前回で最後だろうと思っていたら、年末選挙だと・・。ここまで生きながらえることはないと思っていたが、年金は下げ 後期高齢者健康保険料は上げ 介護保険料も上げ 介護は下げ 姨捨現代版のabeはダメだ。 ズッテでも 這ってでも投票に行って人生最後の意思表示をしようと思うのだが・・・
今日の「○」と「×」: 駄々っ子総理のわがままぶち切れ解散に「×」。 「×」 自民幹部、衆院解散「首相は決断」=与党、地方創生法成立方針  ★これ、やらなきゃあ、石破大臣、メンツ丸潰れ❕❓ 取り敢えずの対応❕❓ばかり… 解散権まで、利権、特権かよ??? 首相、永田町のそれ。地方も何もあったものではない…、ハイ、ストップ❕❕させられる
 今日のトピックス Blog11/13: 原発損失料金上乗せ 自由化後の中間案??? 原発優遇策など必要ない! 言語道断❕❓ 政府は盗人に追い銭❕❓ 政府与党に不信任だ

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

●「九条の会」メールマガジン >> 第198号 ( 2014年10月25日号)を発信しました
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表
NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】東京朝鮮高校生の裁判を支援する(その2)  長谷川和男さん(東京朝鮮高校性の裁判を支援する会 共同代表) (2014年10月13日)
◆東京朝鮮高校生の裁判を支援する(その1)  長谷川和男さん(東京朝鮮高校性の裁判を支援する会 共同代表) (2014年10月6日)
◆「想像力の翼を味方につけて ―秘密保護法ミュージカル「THE SECRET GARDEN―嘘の中にある真実―」によせてー  海渡雄一さん(弁護士・「秘密保護法」廃止へ!実行委員会) (2014年9月29日)
◆「憲法9条にノーベル平和賞を」の運動について  石垣義昭さん(「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会共同代表) (2014年9月22日)
◆政府が進める地方創生をどう考えるか  中山徹さん(奈良女子大学教授)  (2014年9月15日)
◆追悼碑問題が問いかけるもの  角田義一さん(元参議院副議長、弁護士)  (2014年9月15日)
砂川事件裁判 −公平な裁判でなかった最高裁判決は無効 再審を請求します  土屋源太郎さん(「伊達判決を生かす会」共同代表) (2014年9月8日)

<大間原発>安全審査、長期化の可能性 【河北新報】2014.11.14 ○電源開発(Jパワー)が2021年度の運転開始を目指すとした大間原発(青森県大間町)。全炉心でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使える世界初の設計だけに、原子力規制委員会の安全審査にかかる期間が読み切れない上、核燃料サイクル政策の行方にも影響される。13日の地元への説明で稼働に向けた一歩を踏み出したことになるが、先行きは不透明だ。 「審査期間が1年という見通しに甘さはないのか」。出席した大間町議会の特別委員会で出た町議からの指摘に対し、北村雅良社長は「あくまでも期待、希望だ」と繰り返した。 同原発の審査に関して、規制委の田中俊一委員長は12日の記者会見で「フルMOXは世界でも実例がなく、相当慎重に評価することになる」と述べ、これまでの原発の安全審査よりも時間がかかる可能性を示唆した。 安全審査を終えても、国から工事計画変更認可を得る手続きや使用前検査といったハードルがあり、運転開始までの道のりは平たんではない。 同原発は、国の核燃料サイクルの一翼を担う政策的な性格を併せ持つ。青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場の操業開始が先延ばしになるなど、サイクル政策の先行きが見通せない中で、同原発の位置付けも明確さを欠いたままだ。
大間原発:函館市が反発 「21年度稼働」Jパワー表明 【毎日新聞】2014.11.13 ◯Jパワー(電源開発)は13日、青森県大間町で建設している大間原発の運転開始時期について、同町や津軽海峡を挟んだ30キロ圏の北海道函館市などに2021年度中を目指すと初めて表明した。同社は地震・津波対策を強化すると説明したが、建設差し止めを求めて係争中の函館市は「従来の基準はでたらめだったことが分かった」と強く反発した。 大間町と青森県には同社の北村雅良社長が訪問。函館市には浦島彰人常務らが説明に訪れた。 同社によると、耐震設計で想定する最大の揺れ「基準地震動」を現在の450ガルから650ガルに引き上げ、最大の津波の高さ「基準津波」も4.4メートルから6.3メートルに見直す。これまで「未定」としていた原発の完成時期は「20年12月」とし、年内にも原子力規制委員会に安全審査を申請する。 函館市の工藤寿樹市長は、同社の説明後に記者会見し「今の基準に合うよう変えたというが、何を今更と言うほかない」と述べた。また津軽海峡は国際海峡のため外国船が頻繁に通過すると指摘。「テロ対策として占拠される場合を想定していない。あんな場所に(原発を)造る国はほかにない。クレージー」と激しい表現で批判した。
セシウム濃度最高値に=改良工事の井戸-福島第1 【時事通信】2014.11.13


 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 沖縄県知事選~共産党の支持を受けたらおかしいか ・ブログ連歌(388) ・ 民主平和党ホームページ ○沖縄県知事選挙の投票日が迫っている。劣勢を伝えられる現職仲井真候補を支援している自民党は、ここへきて、なりふり構わぬネガティブキャンペーンをしているということだ。… 悪質な選挙妨害の疑いがあるが、この話を読んで、私には素朴な疑問が湧いた。そもそも共産党の支援を受けるということは、非難攻撃されるべきことなのだろうか。治安維持法で禁止されているわけでもない、日本における天下の公党ではないか。
市民社会フォーラム: 関西テレビニュースアンカー 鈴木哲夫 解散総選挙を語る
市民社会フォーラム: 琉球新報:国内自然19団体、辺野古“見直し”求める 中止含めアセス再実施も+沖縄タイムス:自然19学術団体、連名で「辺野古見直し」要請+明日:【沖縄県知事選前夜】映画「圧殺の海-沖縄・辺野古」緊急上映会(京都)
 自然19学術団体、連名で「辺野古見直し」要請 11/11
市民社会フォーラム: 宮崎駿監督「沖縄の非武装地域化こそ、東アジアの平和のために必要です」:【琉球新報】 宮崎駿さん、新基地反対にメッセージ
 宮崎駿さん、新基地反対にメッセージ 11/14
市民社会フォーラム: パワハラ中原教育長の辞任を求める申入れをしました! ○昨日、私が主催する「発言する保護者ネットワークfrom大阪」が、パワハラをした中原教育長(大阪府教育委員会)の辞任を求める申入れをしました。 パワハラ行為そのものも許せませんが、これが、子どもらの環境を大きく左右することになる「認定こども園」の学級定数増をめぐる反対意見への威圧だったことに、保護者たちは怒りを感じています。
福島みずほのどきどき日記: 11月14日(金) 何のための解散か?! ◯11月14日(金) 安倍さんの、安倍さんによる、安倍さんのための解散
植草一秀の『知られざる真実』: 12月14日総選挙争点は原発・戦争・格差だ
天木直人のブログ: 「財政再建は困難」という麻生財務大臣の見え透いた恫喝に国民は怒らなくてはいけない ◯そもそも今の安倍政権のやっているような官僚と結託した政策では、財政再建などいくら増税しても不可能なのだ。 本気で財政再建する気なら、政治家と官僚が食い物にしている予算浪費に切り込まなければいけない。 それができずに、膨らむ一方の財政赤字の尻拭いのために消費税増税を行うのだ。 それなのに消費税増税10%を行わなければ財政再建が困難だと。 馬鹿を言うな。
きまぐれな日々: 安倍晋三は2014年内の「解散・総選挙」に踏み切るのか 11/10
五十嵐仁の転成仁語: 11月14日(金) 翁長勝利によって沖縄での新基地建設阻止・普天間基地撤去の実現を
21世紀の日本と国際社会(浅井基文HP): 日中間の合意文書 11/9 ◯11月7日に、中国の楊潔篪国務委員と日本の谷内正太郎国家安全保障局長との間で会談が行われ、合意文書が発表されました。今回の日中合意を手放しで喜んでいるのはアメリカです。ホワイト・ハウスのNSCアジア担当補佐官のEvan Medeirosは7日、日中合意なかんずく危機管理メカニズムをつくる合意部分を歓迎すると述べ、アメリカはそういう措置を講じることを何度も日中両国に慫慂してきたとつけ加えました。国務省のサキ報道官も同日、世界の3大経済大国の二つである日中関係は地域だけではなく世界の平和と繁栄に影響を及ぼすとして、日中合意に歓迎の意を表明しました。アメリカにとっては、その世界軍事戦略遂行上不可欠の日米同盟を強固にする方針(そのためには日本の集団的自衛権行使が不可欠)ではあっても、「たかが岩礁(尖閣)のために日中の軍事衝突に巻き込まれるのはまっぴらゴメン」というのがホンネです。ホワイト・ハウス高官の上記発言はアメリカ側の安堵感を包み隠さず反映していると言えるでしょう。

孫崎享のつぶやき: 国民の苦渋。信頼に足る野党の欠如と自民党・安倍首相の常軌を逸した行動.安倍支持だけはない ○日本国民は今、極めて厳しい選択を迫られている。 政権を担える野党が不在である。 民主党はそれらしき顔をしようとしているが、集団的自衛権、原発再稼働、TPP,消費税等重要問題で、あなたの党はどうするのですかと言っても答えが判らない。重要問題になればなるほどわからなくなる。民主党の代表だって本当の所わからないのでないか。
 12日ウォルフレン氏と話をしたが、今、日本の最大の危機は健全な野党勢力がないことである。過去は社会党が存在して、政権は担えないが自民党の暴走を止める役割をはたしてきた。今、それがない。 この間隙をぬって自民党・安倍政権ややりたい放題である。 国民主権なんて、何も考えていない。 さあ、この中から選択しなさいと言われても「投票やめたい」が正直な答えである。 しかし、日本の深刻な岐路の中、投票止めは許されない。 極論すれば選挙民にとっては?機能不全の危険性か?悪への突進のどちらを選ぶかである。
 

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 




NNN: “増税先送り”見通し強まる中…地方の悲鳴 11/14 ○消費税率引き上げの是非などについて有識者から意見を聞く会合が首相官邸で始まっている。引き上げ先送りの見通しが強まっているが、背景には増税のマイナス影響が想像以上に長引いている現状がある。地方の厳しい状況を取材した。(詳しくは動画で)  ★つまり、率直に言えば、アベノミクスは、裏目に出て、アベノリスクに転化した! 為に、強くない❕❓地方は喘いでいるのでは。日本の、2極化、貧富の2極化を招いた❕❓ 無論、金融緩和、法人税減税など、更に恩恵を与え、恵まれた連中を梃に、政権維持、延命を狙うのであろうが。延命だけじゃない、更なる悪さ、悪政、人権侵害などを目論んでのことだ。派遣法改悪、解釈改憲の続き…特定秘密法の続き、等々、益々、強きを助け、弱きを挫く政策を継続するのかも知れぬ…。だって、安倍コベ政権の支持者は、強きを助ける政策を待っているのだから。 政官業のトライアングル、強者連合・談合勢力は。

内閣支持率続落、45.5%=自民は第2次内閣最低-時事世論調査 【時事通信】2014.11.14 ◯安倍内閣の支持率は前月比2.4ポイント減の45.5%と続落し、2カ月連続で5割を割り込んだ。不支持率は4.1ポイント増の32.3%だった。「政治とカネ」の問題で小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相が辞任したことに加え、新たに就任した宮沢洋一経産相らにも政治資金をめぐる問題が浮上したことが影響したとみられる。 内閣を支持する理由(複数回答)は、多い順に「他に適当な人がいない」18.4%、「リーダーシップがある」13.0%、「首相を信頼する」11.8%。支持しない理由(同)は「期待が持てない」17.2%が最も多く、「政策が駄目」14.7%、「首相を信頼できない」11.4%と続いた。 政党支持率は、自民党が前月比2.6ポイント減の22.3%で首位を維持したものの、第2次安倍内閣発足後で最も低かった今年7月調査の23.1%を下回り、最低を更新した。民主党は1.6ポイント増の4.8%、公明党3.1%、共産党1.8%。維新の党0.8%、社民党0.5%、みんなの党0.4%、次世代の党と生活の党はともに0.1%。支持政党なしは64.2%だった。
海自艦おおすみ衝突事故、艦長らを告発へ 市民団体 【朝日新聞】2014.11.14 ○広島県大竹市の阿多田(あたた)島沖で1月、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船「とびうお」が衝突して2人が死亡した事故で、真相究明を求める市民団体メンバーらが17日、おおすみの田中久行艦長(52)と当直士官(34)=肩書はいずれも当時=を業務上過失致死傷と業務上過失往来危険の疑いで広島地検に告発状を提出する。広島海上保安部は6月、おおすみ、とびうおの双方の見張りが不十分だったとして田中艦長と当直士官、とびうおの船長(当時67)=死亡=を同じ二つの容疑で書類送検。広島地検が捜査を続けている。告発する市民団体の事務局は「裁判で真相を究明することが再発防止に欠かせない」と指摘し、地検に起訴を求めるのが狙いという。地検が不起訴処分とすることも想定し、その場合は市民からなる検察審査会への申し立ても検討するという。(根津弥)
満期出所者の再犯率、仮釈放より2割高く 犯罪白書 朝日新聞 11/14 ○刑期を終える前に仮釈放された人より、満期で出所した人のほうが再び罪を犯す可能性が高い――。刑務所を出た後に再び犯罪を起こして刑務所に入る「再犯者」の割合を調べたところ、満期出所した人のほうが仮釈放された人より約20ポイント高いことがわかった。14日に公表された「犯罪白書」で明らかになった。 2004年に満期で出所した1万2836人と、仮釈放された1万6690人を調べた。13年までの10年間に再犯をした人の割合は、満期が60・8%で、仮釈放が39・2%。5年以内の再犯率は、満期の人が55・1%、仮釈放の人は32・2%で、満期の人が大幅に上回った。  ★採用なんて、雇用主の一存によるもの。採用を強制する法律はない… 男女雇用機会均等法なんぞはあるが。履歴書も提出するのが、一般だ、書かない訳にもいくまい。縁故採用などなら、兎も角、機会は乏しい。その上、留置場や監獄入りが、「最低保障」と揶揄される国家の施策では、ね。 「満期出所者の再犯率、仮釈放より2割高い」が、どういうものか? 明らかにしてもらいたい。 裁判員裁判でも、“更生”に期待する空気は強いものと察するが、更生の現場、出所後の再就職、しかも、円満な社会生活、老後など、どうつながっているのか、いないのか? どうしたら、大勢として、そのように導けるのか処方箋、マニアルを用意してみてはどうだろう? 法務省❕❓ 裁判員に“更生”の嘘を教える、或いは、首切りだけが、絞首刑だけが、仕事じゃないぞ❕❓ 注意喚起しておきたい、政府の人権保障の総責任者に。
年内解散論 大義はどこにあるのか 【琉球新報】2014.11.13 ○安倍晋三首相が年内の衆院解散・総選挙を検討している。永田町は選挙準備に走りだしたが、降って湧いた解散論に多くの国民は強い違和感を覚えるのではないか。 突然の解散風は、来年10月に予定される消費税率引き上げの首相判断をめぐって吹き始めた。  消費税10%への再増税をめぐり、判断材料となる7~9月期の国内総生産(GDP)速報値が17日発表されるが、予測を下回る「悪い」(自民党幹部)数値が出るとの見方がある。  このため、首相が再増税の先送りを決断し、その是非を問う解散、総選挙を表明する-という見方が浮上した。再増税の是非について国民の信を問うというと聞こえはいいが、この理屈はおかしい。  そもそも民主、自民、公明の3党合意に基づき成立した消費税増税法は付則で「経済状況の好転」を増税の条件としている。首相も経済指標を見て判断すると繰り返してきた。そうであれば、付則の通りに見定めればいいだけの話だ。 景気はことし4月の消費税8%への増税の駆け込み需要の反動減が長引き、減速している。再増税の環境にないとすれば、首相が今やるべきことは、自らの経済政策「アベノミクス」の頓挫を謙虚に受け止め、必要な対策に早急に着手することではないのか。  年末には来年度予算編成なども控える。国民生活にも影響しかねない時期の解散に大義があるのか。甚だ疑問で、与党や財界からも異論があるのは当然だろう。  ★そうそう、失政を詫びて、総辞職するなら、筋が通る! が、そうしないらしい。詭弁して、居直り❕❓か・・・
増税先送り論 努力も議論も尽くさず 【毎日新聞】2014.11.14 ○安倍晋三首相が来年10月に予定される消費税率10%への増税を先送りする方針を固めたという。景気回復の足取りが重く、増税すればデフレ脱却が揺らぎかねないとの理由があげられている。衆院を解散し、総選挙で国民に是非を問う流れだ。増税を先送りするほど経済状況が深刻なのか。仮にそうだとすれば、安倍政権が取り組んできた経済政策に問題はないのか。それは国会でまず議論すべきだ。私たちは歳出削減や低所得者対策など、増税の前に政治が実現すべき「宿題」があるとの指摘を続けてきたが、その成果も出ていない。努力を尽くさず、議論もなおざりにして解散に打って出るとすれば、その姿勢は安易すぎる。 … そもそも経済的な弱者に配慮する政策を怠ったことが、景気の停滞を招いたのではないか。食品など生活必需品への軽減税率を8%時に導入していれば、消費の落ち込みは抑えられたはずだ。
[辺野古見直し要請] 豊かな生態系つぶすな 【琉球新報】2014.11.14 ○名護市辺野古の大浦湾を埋め立てる新基地建設工事は見直すべきである-。日本生態学会など自然史研究に携わる19の学術団体が、連名の要望書を国や県に提出した。  国が実施した環境影響評価(アセスメント)についても「この海域の特異性がきちんと評価されていない」と問題視し、再調査するよう求めた。  学術団体が19もの規模で名を連ね、合同要望書を出すのは異例だ。  それだけ大浦湾の自然環境が、著しく高い生物多様性を保持している事実を意味している。同時に、埋め立てが差し迫り、その豊かさが永久に失われる恐れに危機感を募らせていることをも浮き彫りにした。  要望の取りまとめに当たった研究者らは「世界の宝をみすみすつぶそうとしている」「最もやってはいけない愚行」などと埋め立て工事に警鐘を鳴らす。
衆院解散論 信を問う大義はあるのか 【西日本新聞】2014.11.14 ○消費税の増税は自民、公明、民主の3党で合意し、法律に明記された。与野党の立場を超え、持続可能な社会保障制度を目指し、国民に痛みを強いる消費税率の引き上げを決めた経緯がある。 重い決断を見直すからには、有権者の審判を受ける必要がある-。それが解散の大義のようだ。 ただ法律の付則には経済状況によって増税の先送りや停止ができる景気条項が盛り込まれている。経済状況を理由に先送りするのなら、まず法律の改正案を国会に提出して審議する方法もある。いきなり解散する根拠といえるのか。 9月の内閣改造後、女性2閣僚の辞任など政治とカネをめぐる問題が相次ぎ発覚し、臨時国会の審議は停滞している。年明けの次期通常国会では集団的自衛権の行使容認に基づく安全保障法制や原発再稼働の問題など、国民の賛否も割れるテーマがめじろ押しだ。 内閣支持率が比較的高く、野党の選挙準備が整う前に衆院解散へ打って出れば、選挙を有利に戦うことができる。消費再増税の先送りを掲げれば、増税に反対する国民の支持も得やすいはずだ-。もしそんな考えだとすれば、党利党略としかいいようがない。 振り返れば2年前のきょう、当時の野田佳彦首相が野党自民党の安倍晋三総裁との党首討論で「衆院解散」を明言し、2日後に衆院を解散した。その党首討論で衆院解散に応じる条件として野田氏が求めた衆院議員の定数削減など「身を切る改革」は事実上放置されたままだ。本格的な「1票の格差」是正も進んでいない。
衆院解散へ 信を問うべき時か疑問だ 【徳島新聞】2014.11.14
景気と増税/経済の失政を認めるのか 【神戸新聞】2014.11.14 ○ここにきて、安倍政権の経済政策アベノミクスへの期待はしぼんできた。社会保障制度の将来も見通すことができない。世論調査でも増税反対の声が高止まりしているのは、国民負担だけが先行することへの懸念の表れと言える。 実際、8%への消費税引き上げで、4~6月期のGDPは大きく落ち込んだ。影響は長引き、民間エコノミストの予測では7~9月期も2%台半ばの増加にとどまる見通しだ。 だが、9月の機械受注が4カ月続きのプラスとなるなど、明るい兆しも出てきた。今、安倍政権が力を注ぐべきは、景気の回復を確かなものにし、社会保障制度と財政の再建に道筋をつけることではないか。 景気対策や15年度の予算編成などが滞ることになれば、安倍政権の基盤である経済が急激に冷え込むことも懸念される。そうなれば、国民受けしない増税のタイミングを見いだすのはさらに難しくなる。 負担に見合う将来展望を国民に示すことは、政治の責務である。 再増税の先送りが必要なほど経済は行き詰まっているのか。もしそうなら、アベノミクスの成否が国民に問われることを覚悟すべきだ。


ANN: 北日本、引き続き大荒れに 暴風、高波に警戒を 11/14 ○北日本では、大荒れの天気が続きます。暴風・高波に引き続き警戒が必要です。  日本列島には、今季一番の強い寒気が流れ込んでいて、北日本を中心に強い冬型の気圧配置となっています。北海道広尾では14日午前1時前に最大瞬間風速33.4mを観測しました。この後も北日本では瞬間的に30m以上の風が吹く見込みで、引き続き暴風・高波に厳重な警戒が必要です。
ANN: 札幌でササラ電車が緊急出動 レールに積雪10cm超 11/14 ○今シーズン初めての積雪を記録した札幌市では「ササラ電車」も緊急出動です。  札幌市交通局は、路面電車が走るレールに積もった雪が10cmを超えたことから、札幌の冬の風物詩、ササラ電車の出動を決めました。13日午後9時半、すすきのと西4丁目駅から1台ずつ出発したササラ電車は、積もった雪を力強くかき出しながら札幌の中心地を駆け抜けました。この10年で最も早い出動となりました。
TBS: 今年のテーマは「絆」 世界一のクリスマスツリー点灯 11/14 ○大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの高さ36メートルのツリーには36万4000個余りの電飾が付けられています。  4年連続でギネス世界記録に認定されたこのツリー、今年のテーマは「絆」です。赤とゴールドのリボンが「絆」を表現しているということです。  ハリー・ポッターエリアが開業してから初めてとなるクリスマスイベントは来年1月6日までです。    ★「絆」を割く、政府・警察活動に、マスゴミ❕❓ 全体主義へのいざない(誘い)=分断支配、異端切り捨て “独裁者”=最高権力者は、やりたい放題❕❓ 許せますか???
ANN: エボラ熱対応訓練、全都道府県で年内実施へ 11/14
「拘束介護」マンション、都が「指導対象外」と判断 朝日新聞 11/14 ○東京都北区の「シニアマンション」で入居者の大半が「拘束介護」されていた問題で、東京都が2009年に「(指導監督の対象となる)有料老人ホームに該当しない」と判断していたことがわかった。翌年以降に北区が「該当するのではないか」と指摘したが判断は変わらず、マンションは制度外に置かれたままだった。  ★おーい、石原、都政、姥捨て山は、切り捨て御免❕❓か。それが石原のこころ、心底? 姥捨て山、放置…
女性活躍法案、成立絶望的に 与党は成立法案絞り込む 朝日新聞 11/14 ○与党は13日、安倍内閣が目玉法案と位置づける女性活躍推進法案の今国会での成立を事実上断念した。安倍晋三首相が年内の衆院解散・総選挙に踏み切る方針を固めたことを受けたものだ。与党は確実に成立を目指す法案を絞り込み、もう一つの目玉法案の「地方創生」関連法案の成立に全力を挙げる方針だ。… 今国会は「政治とカネ」をめぐる閣僚の不祥事を野党が追及し、法案審議が停滞。政権は野党が反対する労働者派遣法改正案なども成立を見送る方針で、多くの重要法案が成立しない事態になった。
京大 学生寮を家宅捜索|MBSニュース-MBS毎日放送の動画 ... ○実は、熊野寮への家宅捜索は、これが初めてではありません。学生運動の盛んだった時代から、警察との衝突は幾度も繰り返されてきました。 「昔の方が、過激ですね。時計台の上に、籠ったりとか、いろいろありましたけど。今の学生さんの方がおとなしい。久しぶりにこんなのしてはるのかなあと」(近所の人)  ★残念ながら、この記事コピーが効かない… 只、TVで、若狭元特捜検事殿が、こんなコメントをしていて、気になったので、別件だが、動画を拾ってみた。=この捜索は、過激派への、断固たる❕❓(検察・)警察の意思表示だと。これは、違うと思う。 過激派、今、その存在感は、小さい。況して、機動隊が大挙して、突撃する情況にはない… あるのは、検察乃至政治の判断によると認める方が自然…むしろ、市民へのアピールに主眼はあると思う。強い機動隊、警察のアピールだ… しかし、平穏な市民生活への介入は、市民生活への委縮を伴う❕❓ 警察権力の行使にしろ、相当性が、欠かせない。必要性のみではならぬ。 市民、主権者が監視しないと、ね。 健全な市民生活の確保…。恫喝や委縮は、必要ない。 事の始まりは、デモでの、小競り合いだった❕❓ なんで、こうなるの???
過激派に加わる学生、今どきの理由 対策に本腰の大学も 朝日新聞 11/14 ○西日本の国立大に通う女子学生(21)はこの春、ある過激派組織に加わった。ストレートの黒髪に丁寧な言葉遣い。「自分たちこそ革命ができる」と言った。 サラリーマンの父と主婦の母は「ノンポリ」。テレビ番組はNHKとニュースしか見せず、携帯電話も持たせないほど厳格だった。歴史学者を目指したが志望大学には入れず、別の専攻に。政治や歴史の話をしたかったが、周りは恋愛の話ばかりで物足りなかった。  ★パッションは、よしとしよう。 世界も人もみよう❕❓ 醜いものも。美しいものも。・・・あらゆるものを。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: