FC2 Blog Ranking
2015-01-18

1/18: 「1.17国会ヒューマンチェーン・女の平和」7千人が参加 船出ようそろ 「全ての女性が輝く社会」安倍内閣に代わって実現するか

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・雪崩で外国人2人が巻き込まれ心肺停止 長野県  17時57分
 ・荒木真理子のウェザートピックス 1月18日  17時55分
 ・岡田新代表「国民の信頼を取り戻していく」  20時13分  ★主権者の意思をよく忖度して。議員本位に走らないように!
 ・農協改革「支持」56.1% 世論調査  19時47分   ★農協改革??? 自民党のそれを知って回答しているのか? ゴミウリ熱心
 ・“悪質動画”少年を確保した米原駅から中継  19時47分
 ・民主党新代表に選出 岡田克也氏があいさつ  17時18分
 ・大阪・泉南アスベスト訴訟、厚労相が原告に直接謝罪  18時34分  ★遅すぎる! 最高裁まで、徹底抗戦した挙句の話だ。
 ・“大量死”の葛西臨海水族園、18日もマグロなど4匹死ぬ  18時34分
 ・岡田新代表、 執行部人事は「オール民主を考えて」  18時32分
 ・京都・三十三間堂で「通し矢」 新成人も和服姿で腕前披露  18時31分
 ・東京でエボラ出血熱の疑い例、70代女性が発熱  17時41分   ★エボラ❕❓ 少しの間、聞かなかったが、死語じゃないんだ❕❓

「護憲+」ブログ: 『「女の平和」1.17国会ヒューマンチェーン』再度の呼び掛け  (笹井明子) ○1月17日、『「女の平和」1.17国会ヒューマンチェーン』の日が近付いてきました。平和を望み、安倍政権による「戦争する国作り」に異議を唱える女性たちが、その意思を表す「赤」を身につけて、国会を囲む日です。 …今私達が黙っていたら、長い将来に亘って後悔することになりかねません。あらゆる平和的な方法で、「NO」の意志を表明したいと思います。「平和」を望む女性の皆さん、是非当日国会前でお会いしましょう!
 フェースブック: 「女の平和」1.17国会ヒューマンチェーン
 YouTube: 昨年12月25日の記者会見

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士


 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性

日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
1月18日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 阪神淡路大震災20年に際して=軍備より防災が大事=  (厚顔) ○この機会に改めて震災の犠牲に成られた方のご冥福を祈り次の曲を捧げたいと思います。 「弦楽のためのアダージョ」
 ところで天災は地球の宿命であり、特に地震は日本に住む限り避けられず、何時どこで発生しても不思議ではありません。それだけに国土の防災と建造物の強靭化対策は時の政府が常時進めて行く必要があります。 一方戦争にも戦災と犠牲者はセットで必ず付いてきます。しかしそれは人災であり、避けられます。特に日本は戦後70年間戦災と一人の戦死者も出していません。政府は戦後70年間の戦争犠牲者数ゼロと天災による犠牲者数の差は何に起因するものかを真剣に考えて欲しいと思います。現憲法が戦争を防止している一方、天災は国土の弱い部分に都度発生し、防災対策は尽きることはありません。憲法9条を護れば戦災も無く戦争犠牲者ゼロであるをことは戦後の統計で明らかであり、軍備予算を削り防災に振り向けられることを教えています。
「護憲+」ブログ: 「1.17国会ヒューマンチェーン・女の平和」7千人が参加  (笹井明子) ○朝は青空で天も応援しているかと思いましたが、集合時間の午後1時ごろからは雲が出始めて、風も強くなり、かなりの寒さ。でも赤に身を包んだ女性たちは、「寒風にも負けない」気迫で、元気に明るく手を繋ぎ、そろって声を上げました。
 女たちは、集団的自衛権の行使を認めません!
 女たちは、人を殺しあうのは嫌です!
 よその国の戦いに加わりません!
 だれ1人戦争に行かせません!
 憎しみと戦いを拡大させません!
 差別をなくし自由を守りそだてます!
 この国の主権者は私たちです!
 安倍政権にレッドカードをつきつけます!

 なんて分かり易くて心のこもった言葉たち。ひとつひとつの言葉に、私の日頃の思いが重なりました。 この運動に共感した男性達が、少し後ろに下がって見守っている様子も好ましく、温かく穏やかで、でもゆるぎない女の強さがしっかりと示された、素晴らしい行動でした。
 参加できた良かった!世話役の皆さま、行き届いた準備を有難うございました。大成功でしたね!
イシャジャの呟き: 長靴を履いて雪道へ   誕生日の花 パフィオペジラム 花言葉 優雅な装い  ◯選択科目の関係があるのか、向かう時間が様々だ。父兄の車で来る人、JR~タクシーで来る人様々だ。この試験場で受験した 全員が志望校の二次試験をパスし、サクラの花が咲くことをことを祈るのみ 午後からは、都道府県対抗男子駅伝を視聴、結果は22位、そう言えば 女子も22位だった。共に今年は高校生の活躍があったから 大相撲を見ようとしたら 民主党の代表選が中継され 岡田克也氏が代表になった。何はともあれ 現政権と厳しく対峙して行けるように期待する。 あとは 大相撲初場所 中日を観戦することにする。
 今日のトピックス Blog1/17: 仏紙の風刺画再掲載、イスラムで抗議デモ “呑気な父さん”外遊三昧、夢は、戦争する国化??? 異議あり! 中庸・公正独立確保を

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

●「九条の会」メールマガジン >> 第200号 ( 2014年11月25日号)を発信しました
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】女性の声を政治に反映させる  金繁典子さん(グリーンピース・ジャパン) (2014年12月15日)
◆怒りとともに投票所へ  永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会) (2014年12月8日)
◆いまこそ投票に行きましょう!  小口幸人さん(弁護士) (2014年12月8日)
◆高校生などに憲法の何をどう伝えるか  稲次寛さん(兵庫県高等学校教員) (2014年12月1日)
◆安倍首相から『日本』を取り戻そう  泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹) (2014年12月1日)
◆日本国憲法との出会い 平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと  白神優理子さん(弁護士) (2014年11月24日)
◆労働者派遣法改正案・被害者は誰か?  嶋﨑量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事) (2014年11月17日)
◆一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して  横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員) (2014年11月10日)
◆憲法と民主主義の危機  山口二郎さん(法政大学教授) (2014年11月3日)

憲法情報Now<憲法をめぐる動向> バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

・2014年12月15日付   注目!「(日本国憲法が)特殊なことには意味」 その他
・2014年12月11日付   注目!「憲法9条にノーベル平和賞を」−韓国で受賞 その他
・2014年12月8日付   注目!最高裁判事の国民審査 その他
・2014年12月4日付   注目!「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」 その他
・2014年12月1日付   注目!団結権侵害は許されない、と大阪地裁 その他
・2014年11月27日付   注目!最高裁が参院選「違憲状態」判決 その他
・2014年11月24日付   注目!一票の格差是正求め一斉提訴へ その他
・2014年11月20日付   注目!女性誌が「母親たちの初めての憲法教室」 その他
・2014年11月17日付   警戒!日本会議が緊急事態条項を議論 その他

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

中間貯蔵容量に限度 除染廃棄物 法解釈見直し求める声 【福島民報】2015.01.18
搬入先決まらず 森林・ため池汚染廃棄物 中間貯蔵の対象外 【福島民報】2015.01.18 ○東京電力福島第一原発事故に伴う森林やため池の放射性物質低減事業で発生する汚染土などの搬入先が決まっていない。放射性物質汚染対処特別措置法に基づく除染の廃棄物は中間貯蔵施設に搬入されるが、環境省は除染以外の廃棄物を同法の適用対象外とみなしているためだ。県は「同じ廃棄物なのに区別すべきではない」と搬入を認めるよう求めている。汚染土などの行き先が決まらないことで、現場保管の長期化や仮置き場確保の難航が懸念されている。 ■前に進まない
原発作業員の安全確保要望 東電に福島労働局長 【福島民報】2015.01.17 ◯福島労働局は16日、東京電力福島第一原発事故の廃炉作業で労働災害が増加しているとして、東電福島第一廃炉推進カンパニーに対し労働災害防止対策の徹底を要請した。  東電によると、第一原発で起きた平成25年度の労働災害は32件だったが、今年度は11月末までに55件に上る。作業員数は平日で約6000人。25年から約2倍に増加している。要請では連絡調整の徹底、現場巡視の強化、新規作業員の指導援助などの対策に加え、災害防止対策の報告を2月16日までに行うように求めた。  広野町の富岡労基署広野町臨時事務所で引地睦夫局長が、小野明東京電力福島第一原発所長に要請書を手渡した。引地局長は「労働災害は県民に不安を与える。未然防止に努めてほしい」と述べた。   ★要請??? 全く、足りない!命令すべきだ。 人命第一、健康第一だ❕❓



 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 右翼と左翼が入り乱れ ・ブログ連歌(394) ・ 民主平和党ホームページ ○政治的立場を表す「左翼」という言葉は、フランス革命後の国民議会から始まったそうです。議長席から見て左側を共和党など急進派が占めたことから「左翼」と呼ばれるようになり、王党派など守旧的な勢力は「右翼」と呼ばれるようになったということです。この分類が世界各国の政界でも使われるようになりました。 しかしこれは相対的な分類ですから、時代によって内容は変ってきます。資本主義の導入などは、当初は左翼的と考えられていたそうです。今の日本でも、何が左翼的で何が右翼的であるのか、分類はますます混沌としてきました。たとえば日本なら皇室は右翼の最先端の筈ですが、今の天皇ご一家の言動は「歴史に学び反省を忘れずに、世界の平和に貢献する」立場を示しているようです。
志村建世のブログ: 「女の平和・国会ヒューマンチェーン」に7000人  ◯「女の平和・実行委員会」の主催による「1.17国会ヒューマンチェーン」の行動は、7000名以上の参加者があり、国会議事堂を三重の輪で囲むことに成功したとのことです。「衣服でも持ち物でも、赤いものをまとって参加すること、男性も歓迎」ということでしたから、ひそかに赤いタオルを用意して私も参加したかったのですが、インフルエンザの後遺症と家の事情もあり、現場には行けませんでした。 しかし夕方の新宿西口スタンディングで、サンタクロースのような元気な女性たちの姿が見られました。参加者の報告によると、集会としてもすぐれた内容で、澤地久枝さんらのスピーチもよく聞こえたとのことです。音響設備を充実させ、全体にスピーカーを配置したとのことで、主催者の組織力・技術力は高く評価されていました。以下のアドレスに報告写真集があります。  異教の地「日本」 ~クリスチャンとして生き抜く!: 【写真報告①】1.17 女の平和国会ヒューマンチェーン~3周分、国会を包囲!
市民社会フォーラム: 大阪都住民投票の緊急学習集会のご案内です ○梅田です。BCCで失礼します。
 大阪都構想は、公明党の寝返りで、事態が急変しています。昨年、「安倍政権・橋下維新はもうゴメン!10・8集会」を呼びかけ,エルシアターに800人以上の方に集まっていただきました。このような緊急の事態に臨んで、座して傍観することはできません。 都構想NOの市民運動を展望しつつ、さしあたって、学習会を計画いたしました。10・8集会にご参加いただいた方をはじめ、多くの方にお集まりいただくようお願いします。文書版も添付しています。
市民社会フォーラム: 【脱原発世界ニュース2015 vol.2】市民が変える脱原発!世界中の自治体で広がる再生可能エネルギー
市民社会フォーラム: 強制動員真相究明ネットワーク3.21宇部集会
市民社会フォーラム: 小出先生 ラジオフォーラム2015/1/17のお話(ウランは貧弱な資源、核で日本はアメリカの言いなり)&ワシントンの対日政策をどう動かすか、猿田佐世さんのお話


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: 雪崩で外国人2人が巻き込まれ心肺停止 長野県 1/18 ○長野県山ノ内町の竜王スキーパークで18日午後3時前、雪崩があり、外国人2人が巻き込まれました。2人は午後3時半ごろ、パトロール隊によって救助されましたが、心肺停止の状態だということです。警察によりますと、雪崩が発生したのは、ロープウエーの下にあるコース外のエリアだということです。
ANN: 荒木真理子のウェザートピックス 1月18日 ○『真冬の台風1号が影響!南岸低気圧が猛発達』.
NNN: 岡田新代表「国民の信頼を取り戻していく」 1/18 ○そして、政権交代を目指して「国民の信頼を取り戻していく」と語った。  代表選は全体のポイントの3分の2を占める地方議員や党員・サポーター票の行方が焦点だった。1回目の投票では細野氏が298ポイント、岡田氏が294ポイント、長妻氏が168ポイントで、細野氏がわずかにリードしたものの、ほとんど差は開かず、国会議員による決選投票にもつれ込んだ。決選投票では、1回目で長妻氏を支持した赤松前衆院副議長のグループが岡田氏を支持したことなどから、岡田氏が133ポイントを獲得し、120ポイントの細野氏を破った。  今後の鍵となるのは、党のナンバー2・幹事長人事だが、自らの陣営の枝野幹事長を留任させるのか、それとも代表選を戦った細野・長妻両氏の起用があるのかが焦点。  選挙戦では野党再編を巡り、激しい論戦も見られた。今後、民主党が結束できるのか、岡田新代表の手腕が問われることになる。
TBS: 決選投票の末 岡田氏勝利、勝敗を分けたのは・・・ 1/18 ○態度を明らかにしていなかったある国会議員は、「最後は安定感だった」と、岡田氏支持に回ったことを明らかにしました。  敗れた細野氏側は、党員や地方議員などの票で優位に立ち、勝敗の行方を左右する国会議員票に影響を与えたい考えでした。しかし、岡田候補との差はわずか3ポイントで、一方の岡田氏は17日夜、極秘に長妻氏支持の赤松元衆院副議長と接触。関係者によると、赤松氏側とは集団的自衛権や原発問題など、党内で調整が必要な政策に関して話し合われたということです。結果、岡田氏は決戦投票で、赤松グループ中心の支持を得ることになり、細野氏には10ポイント余りの差をつけました。  焦点となる党運営ですが、3陣営の選対幹部は、誰が代表になっても党がまとまるようにと、選挙期間中も極秘に会合を重ねてきたということです。  岡田氏の演説では、長妻氏の政策を積極的に評価する内容が目立ち、長妻氏を支持した有力議員は、「必ず処遇されると信じている」と述べ、今後、重要ポストで長妻氏が登用される可能性があります。
TBS: 京都・三十三間堂で「通し矢」 新成人も和服姿で腕前披露 1/18 ○京都の三十三間堂では、新春恒例の「通し矢」が行われ、新成人たちが和服姿で弓の腕前を披露しました。  今年で65回目を迎える京都・三十三間堂の「通し矢」は、江戸時代に三代将軍の徳川家光が三十三間堂の軒下で、武士たちに弓の技術を競わせたのが始まりといわれています。  和服姿で参加した新成人たちが弓の引き初めを披露し、60メートル先の的を狙って次々に矢が放たれました。18日は新成人のほか、有段者らおよそ2000人が参加し、訪れた人たちは、凛々しい姿で矢を放つ女性たちに見入っていました。
TBS: エボラ出血熱感染の疑いで70代女性を検査 1/18 ○シエラレオネから今月13日に帰国し、東京・世田谷区に滞在していた70代の女性が、18日午前、発熱の症状があると検疫所に連絡し、新宿区の国立国際医療研究センターに運ばれました。  女性は18日朝になって、38.2度の熱が出たということです。解熱剤を飲んで、熱はいったん下がったものの、その後、再び38.2度まで上がり、簡易検査では、インフルエンザの陽性反応が出ているということです。  現地では、エボラ出血熱の患者とは接触していないということですが、厚労省は念のため、女性の検体を国立感染症研究所に送って、エボラ出血熱に感染していないかどうか検査しています。検査結果は、19日未明にも出る見通しです。
TBS: “大量死”の葛西臨海水族園、18日もマグロなど4匹死ぬ 1/18 ○去年11月1日時点であわせて159匹でしたが、18日の時点で13匹にまで減少していて、このペースで減り続けると、今月中に全滅するおそれもあるということです。死因はまだ特定されておらず、水族園は、死んだマグロなどを病理検査に出し、原因を調べています。
TBS: 大阪・泉南アスベスト訴訟、厚労相が原告に直接謝罪 1/18 ○「直接、謝ってほしいというのが念願だったのでうれしかった」(泉南アスベスト訴訟原告団代表 岡田陽子さん)   この裁判は、大阪・泉南地域の石綿工場の元労働者らが、「石綿肺などの健康被害にあったのは、国が規制を怠ったため」として賠償を求めていたもので、去年10月、最高裁が国の責任を認めていました。  ★ウエタル者、飢えたる者 主権者は、人が良い❕❓ それに引き換え、呑気な父さんらは人が悪い、遅すぎる! 最高裁まで、徹底抗戦した挙句の話だ。仕方なしに来た❕❓形作り

米軍ヘリ装置落下 原因究明まで飛行中止せよ 【琉球新報】2015.01.18 ○過重な基地負担に伴う危険と背中合わせの生活を強いられている現実を痛感させられる。 米軍普天間飛行場に所属する海兵隊の攻撃ヘリAH1スーパーコブラが15日夕、沖縄本島西方約60キロにある渡名喜村・出砂島(入砂島)周辺の訓練空域を飛行中、重さ計200キロ余りのミサイル発射装置などを海に落下させた。  落下させたのはミサイル発射装置や同格納容器、空の燃料タンクで、沖縄防衛局に16日午後、米海兵隊が連絡したという。けが人や物損などは確認されていないが「一歩間違えれば大惨事になっていた。あってはならない出来事」(上原昇渡名喜村長)であることは間違いない。  普天間所属のAH1ヘリは昨年3月、本島沖合で揚陸艦への着艦に失敗した。同8月には燃料キャップの紛失が発覚し、同9月には、ねじや部品の紛失があった。昨年1年間で、これだけのトラブルが確認されたにもかかわらず詳細な原因を明らかにしないまま、米軍は訓練を継続している。
[米軍ヘリ部品落下] 同型機の飛行中止せよ 【沖縄タイムス】2015.01.18 ○事故を起こしたのは、米海兵隊普天間飛行場所属の攻撃ヘリコプターAH1Wスーパーコブラ。  15日午後、渡名喜村の出砂島射爆撃場近くの海上で訓練中に、重さ109キロのヘルファイアミサイルランチャー、65キロのミサイルポッド、34キロの燃料タンクを落とした。  ヘルファイアミサイルは対戦車ミサイルで、その発射装置であるランチャーはミサイルを保持し誤作動が起こらないよう安全装置としての役割も持つ。ミサイルポッドは容器型発射装置だ。  専門家が「ほかの落下物とはレベルが違う」と憂慮するように、これら重要な装備品が機体から外れて落ちるというのは、通常ありえない。
政権と沖縄 冷遇は逆効果しか生まぬ 【西日本新聞】2015.01.18 ○「手のひらを返したような」とはまさに、こういうやり方のことを言うのだろう。 先週閣議決定された2015年度政府予算案で、沖縄振興予算は約3340億円が計上され、14年度比で4・6%の減額となった。沖縄振興予算が前年度から減額するのは5年ぶりのことである。 政府は表向きには否定するが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、辺野古移設に反対している翁長雄志沖縄県知事へ政治的な圧力をかける減額との見方が強い。 翁長氏は昨年11月の知事選で、辺野古移設を容認した仲井真弘多前知事を破って初当選した。仲井真氏が在任中の14年度予算編成では、政府は概算要求を上回る大盤振る舞いをしたが、辺野古移設反対派知事の登場で、沖縄重視のポーズを一変させたようだ。 予算に限らず、安倍晋三政権の翁長知事への冷遇ぶりは露骨である。昨年末に翁長知事が上京した際も、面会できたのは沖縄北方担当相ぐらいで、安倍首相や菅義偉官房長官は知事と会おうとしなかった。仲井真前知事への手厚い対応とは大違いだ。 昨年末の総選挙では、沖縄の全4小選挙区で辺野古移設反対を訴える野党系候補が勝利した。知事選とも併せ、沖縄の民意はすでにはっきりしている。
【介護報酬下げ】 担い手を確保できるのか 【高知新聞】2015.01.18 ○政府は、介護サービス提供事業者に支払われる介護報酬を2015年度から2・27%引き下げることを決めた。9年ぶりのマイナス改定で、下げ幅は過去最大に近い。  高齢化に伴い、介護費は急増している。介護保険制度が始まった00年度は約3兆6千億円だったが、14年度は10兆円に上る。  費用の抑制は避けられない課題だが、サービスの低下を招けば本末転倒だ。必要な人材やサービスが確保されるか、政府は監視する必要がある。
外交文書と沖縄返還 基地問題の本質がある 【中国新聞】2015.01.18
子ども兵  アフリカの現実に目を 【京都新聞】2015.01.18
国際放送―独立保ってこそ信頼性 【朝日新聞】2015.01.18 ◯NHKが「国際放送」の強化を、2015~17年度の経営計画で重点方針の一つに掲げた。 「日本を正しく理解してもらうために、日本を世界に、積極的に発信」とうたい、予算を手厚くする。14年度に171億5千万円だった国際放送費は、15年度予算案では225億9千万円に。向こう3年で、さらに大幅に増やすという。 テレビやラジオを通じ、日本の社会や文化、自然などを海外の人に知ってもらうのは良いことだ。欧米などとは異なる視点で世界の出来事を報じることにも意味がある。 気がかりなのは、政権との距離だ。 NHKの予算は国会の承認が必要だし、基本方針や会長を決める経営委員は、国会の同意を得て首相が任命する。政治の影響を受けやすい。 1年前に就任した籾井勝人会長は記者会見で「政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」と発言し、批判を浴びた。その後、発言を取り消したが、考えを変えたとは言わない。報道機関の長として、疑問符は消えていない。 昨年の衆院選で、自民党がテレビ報道への圧力ともとれる文書を出した。民放各社はその事実を公表したが、NHKは受け取ったか否かの問いに答えず、政権党とのやりとりを明らかにしなかった。 世界には政府の強い影響下にある放送局が少なくない。その中で、NHKは、政府から独立し、受信料で支えられている。  ★税金でも何でも、永田町、霞が関には、『俺のカネ』意識が横溢したままではないのか❕❓ 公共放送への介入もその延長線上にある❕❓
ハンセン病法廷 遅すぎた最高裁の検証 【毎日新聞】2015.01.18 ○ハンセン病の隔離政策は司法の場にも及んでいた。最高裁がその歴史について検証を進めている。 最高裁によると、1947年から72年まで、ハンセン病患者の刑事被告人らの裁判計95件が、最高裁の指定により療養所内などに設置された特別法廷で行われた。 最高裁は昨年末、熊本県などの施設を訪れ、当時を知る元患者や療養所関係者らから聞き取りを行った。特別法廷の入り口に幕が張られて裁判の告知はされず、その実態が隔離法廷だったことが証言から浮き彫りになった。裁判の公開を定めた憲法上疑義があるというべきだろう。 聞き取り後に当時の入所者は「特別法廷は司法の汚点だと訴えた」と話した。最高裁は自らの差別と真摯(しんし)に向き合わなければならない。過ちがあれば正し、関係者や国民に丁寧に説明すべきだ。 「らい予防法」が廃止されたのは96年だ。療養所に隔離された入所者が「強制隔離で人権侵害を受けた」と訴えた国家賠償訴訟で、熊本地裁は2001年、新薬の治療効果や世界保健機関の勧告などから、60年には隔離の必要性は失われていたとして違憲の訴えを認めた。行政だけでなく、対応が遅れた国会の違法性も認め、国に賠償を命じた。 この判決について、当時の小泉政権が控訴を断念し、判決は確定した。政府は謝罪し、衆参両院も反省と謝罪の国会決議を採択した。その後、補償法に基づき、元患者らの救済が図られた。 だが、司法は動かなかった。 今回の検証のきっかけは、50年代に起きた菊池事件だ。ハンセン病とされる男性が殺人罪などに問われ、無実を訴えながら死刑が確定し、執行された。その特別法廷で、裁判官や検察官は白衣に手袋をはめ、証拠物をトングで挟んで扱った。 国選弁護人は検察側証拠に全面同意しており、適切な弁護がされなかった疑問も残る。被告と面会していた療養所関係者は「暗黒裁判だった」と振り返る。  ★当時の最高裁長官は、誰だろう? ひょっとして、悪名高き、田中耕太郎氏では? 戦後の最高裁判所の在り様を決定づけた❕❓その人。伊達判決に介入始め…。
 最高裁判所長官 - Wikipedia
 >>>第2代最高裁判所長官: 田中耕太郎 <任命年月日> 1950年(昭和25年)3月3日 <退任年月日> 1960年(昭和35年)10月24日  <指名した内閣> 第3次吉田内閣    ★この在任10年間にどんな悪さをしたものやら、乞う、ご期待??? 出来たら、御専門の方に、御披露願いたいのだが…。憲法解釈(統治行為論)やら、伊達判決への容喙やら、日米安保やら。…

 田中耕太郎 - Wikipedia >>>1950年に参議院議員を辞職して、最高裁判所長官に就任。閣僚経験者が最高裁判所裁判官になった唯一の例である[2]。長官在任期間は3889日で歴代1位。最高裁長官時代の田中の発言として有名なものとして、後に「世紀の冤罪」として世間を賑わせた八海事件の際に、マスコミが検察側や判決に対して展開した批判や、弁護士の正木ひろしが著書『裁判官 人の命は権力で奪えるものか』で述べた批判に対しての「雑音に惑わされるな」という発言や、松川事件の下級審判決を「木を見て森を見ざるもの」という発言などがある。最高裁判事に思想検事系列の池田克が起用されていたように、「治安維持の一翼」を積極的に担ってゆく方針の下、「公安事件」には厳しい判断を下していった[3]。

砂川事件で政府の跳躍上告を受け入れ、合憲(統治行為論を採用)・下級審差し戻しの判決を下す(1959年12月16日)が、当時の駐日大使ダグラス・マッカーサー2世と外務大臣藤山愛一郎両名による“内密の話し合い”と称した、日米安全保障条約に配慮し優先案件として扱わせるなどの圧力があった事が2008年4月に機密解除となった公文書に[4][5]、またマッカーサー大使には「伊達判決は全くの誤り」と述べ破棄を示唆した事が、2011年に機密解除になった公文書に記されている[6]。果ては上告審の日程や結論方針をアメリカ側に漏らしていたことが、機密指定解除となったアメリカ側公文書で2013年4月に明らかになった。当該文書によれば、田中はウイリアム・K・レンハート駐日首席公使に対し、「結審後の評議は、実質的な全員一致を生み出し、世論を揺さぶるもとになる少数意見を回避するやり方で運ばれることを願っている」と話したとされ、最高裁大法廷が早期に全員一致で米軍基地の存在を「合憲」とする判決が出ることを望んでいたアメリカ側の意向に沿う発言をした[7]。田中は砂川事件上告審判決において、「かりに(中略)それ(=駐留)が違憲であるとしても、とにかく駐留という事実が現に存在する以上は、その事実を尊重し、これに対し適当な保護の途を講ずることは、立法政策上十分是認できる[8]」、あるいは「既定事実を尊重し法的安定性を保つのが法の建前である」との補足意見を述べている

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: