FC2 Blog Ranking
2015-02-23

2/23: 西川農水相辞任 “政治とカネ”追及… 安倍首相「日教組に補助金」事実誤認を謝罪 『証拠がない』得意の彼が??? 検証せずの非常識?

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・「業界の健全化に貢献」ANAがスカイマーク支援発表  18時33分
 ・「殺されるかも…」友人に相談も 多摩川中1殺害  18時0分   ★13歳の命を摘む、リンチ事件、とんでもないこと!再発防がねば❕❓
 ・西川農水大臣が辞表提出 後任に林芳正前大臣が内定  17時57分
 ・「国民におわびを」総理、西川大臣辞任で緊急会見  17時53分   ★永田町のお詫び? 無責任、責任取らず❕❓ シラッというだけ 原発事故もそう、人質事件もそう??? 2人殺したら、相場は、死刑!
 ・西川農水大臣が辞表提出 自らの献金問題で  17時36分  ★罪状が、増えたのか? 自覚がないのか❕❓破廉恥奸
 ・皇太子さま55歳の誕生日 天皇皇后両陛下にあいさつ  10時33分
 ・あなたもきっと涙…泣ける映画2本立て!  9時0分
 ・震災から4年…タイでチャリティー・コンサート  5時59分
 ・「身の引き締まる思い」 皇太子さまきょう55歳に  5時58分
 ・トルコ軍、越境作戦で飛び地から兵士引き揚げ  8時24分
 ・中国人実習生切りつけられる、1人死亡1人けが  7時12分

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」2月26日例会のお知らせ   ○今回は、民主党代表代行・長妻昭議員の秘書の田代ゆうたくさんにお越し頂き、「民主党(と長妻議員)の現状」のテーマでお話をしていただきます。 参加ご希望の方は、 「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。
  ■日時:2月26日(木)18:30~21:30 ■場所:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅近く) ■テーマ:「地域から市民が政治をかえる」 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)

「護憲+」ブログ: 「自粛という名の翼賛体制構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」  (笹井明子) ○危機感を抱いた今井一さん、想田和弘さん、古賀茂明さんらが中心となって、現在、「言論人、報道人、表現者」として「自粛という名の翼賛体制構築に抗する」旨の声明を発表しようと呼び掛けています。 呼び掛けによれば、『ご自身が「自分は言論人、報道陣、表現者だ」と認識していれば、有名、無名、職業、性別などは問いません。』とのことですので、私も賛同者として登録させてもらいました。 表現の自由を自ら放棄するような風潮に抗うためにも、安倍政権の失政を正すためにも、日頃、ブログその他でメッセージを発信している方は、是非「声明文」をご一読の上、賛同者となることご検討ください。
 「賛同」表明のご連絡は→hanyokusan@gmail.com
 ※当件について、2月9日月曜日の17時~18時、参議院議員会館内で記者会見を行う予定とのことです。
 ☆翼賛体制構築に抗する声HP:
 ☆「声明文」(案);
 ☆賛同人リスト:

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳


 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)
 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性

日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」



 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
2月23日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 気温が上がった  誕生日の花 オウバイ 花言葉 恩恵  ○雪が消えて土が顕わになった。今朝のゴミ出しは防寒衣なしで 行ってきた。気温は4℃~10℃まで上がった。土曜日で二月も終わる。 大相撲春場所の番付が発表された。郷土出身力士はみんなが番付を上げた。選抜甲子園大会も始まるし 三月は忙しいぞ ! ネットで衆院予算委を傍聴した。総理が 自席から質問者を野次ったことについて 忠告を受けること数回に上った。NHKの籾井会長は今日も参考人のリボンをつけて来ていた。辞任する気はないようだ。・・・
 今日のトピックス Blog2/22: 辺野古基地建設反対で抗議の男性2人 米軍が拘束! 言語道断❕❓の議長ら狙い撃ち 日米合作・無法が沖縄で横行❕❓ 誰が咎める!  ★主権者おいて、他にない❕❓ 眠らない主権者、市民。

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)
九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

●「九条の会」メールマガジン >> 第203号 ( 2015年01月25日号)を発信しました

九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】女性の声を政治に反映させる  金繁典子さん(グリーンピース・ジャパン) (2014年12月15日)
◆怒りとともに投票所へ  永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会) (2014年12月8日)
◆いまこそ投票に行きましょう!  小口幸人さん(弁護士) (2014年12月8日)
◆高校生などに憲法の何をどう伝えるか  稲次寛さん(兵庫県高等学校教員) (2014年12月1日)
◆安倍首相から『日本』を取り戻そう  泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹) (2014年12月1日)
◆日本国憲法との出会い 平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと  白神優理子さん(弁護士) (2014年11月24日)
◆労働者派遣法改正案・被害者は誰か?  嶋﨑量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事) (2014年11月17日)

◆一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して  横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員) (2014年11月10日)
◆憲法と民主主義の危機  山口二郎さん(法政大学教授) (2014年11月3日)


憲法情報Now<憲法をめぐる動向> バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

・2014年12月15日付   注目!「(日本国憲法が)特殊なことには意味」 その他
・2014年12月11日付   注目!「憲法9条にノーベル平和賞を」−韓国で受賞 その他
・2014年12月8日付   注目!最高裁判事の国民審査 その他
・2014年12月4日付   注目!「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」 その他
・2014年12月1日付   注目!団結権侵害は許されない、と大阪地裁 その他
・2014年11月27日付   注目!最高裁が参院選「違憲状態」判決 その他
・2014年11月24日付   注目!一票の格差是正求め一斉提訴へ その他
・2014年11月20日付   注目!女性誌が「母親たちの初めての憲法教室」 その他
・2014年11月17日付   警戒!日本会議が緊急事態条項を議論 その他

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

 港湾内に汚染水流出 排水路出口で3000ベクレル検出 【福島民友】2015.02.23 ○22日午前10時ごろ、東京電力福島第1原発敷地内の雨水などを港湾に流す排水路で、放射性物質濃度の上昇を示す警報が鳴った。東電が警報から約2時間30分後に排水路の港湾出口から採取した水を調べたところ、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり3000ベクレル検出された。東電は排水路から汚染水が港湾に漏れたと断定し、汚染水が排水路に流入した経路などを調べている。この排水路から港湾への汚染水流出が確認されたのは初めて。

浜岡3号機の再稼働申請、4月以降に先送り 中部電力 【朝日新聞】2015.02.23 ○中部電力は、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)3号機の再稼働に向けた新規制基準への適合審査の申請を、4月以降に先送りする方針を固めた。申請済みの4号機や他の原発の審査状況から、安全対策などで3号機でも提出が必要と見込まれる項目が増え、データ解析などに時間がかかるため、目指してきた3月末までの申請を断念する。
ヨウ素剤の事故後配布に不安 京都の原発30キロ圏内 【京都新聞】2015.02.23 ○高浜原発(福井県高浜町)から5キロ圏の京都府舞鶴市の一部で昨年末、安定ヨウ素剤が事前配布された。同市は全域が約30キロ圏にあり、重大事故時には全市民に安定ヨウ素剤が配布されるが、その方法は未定。住民からは不安の声も上がる。 「再稼働を容認するなら5キロ圏外にも事前配布すべき」。先月、市役所を訪れた市民団体メンバー坂根康弘さん(75)=同市真倉=が市に要望した。市幹部は「国や府の方針に従う」と繰り返すのみ。坂根さんは「福島の事故をもう忘れている」と嘆いた。 国の原子力災害対策指針は、5キロ圏は原子炉が危険な状態に陥る「全面緊急事態」で住民避難と安定ヨウ素剤服用。段階的に屋内待避や避難などを行う5~30キロ圏は、自治体に安定ヨウ素剤の備蓄や配布体制の整備を求めている。集合場所や避難所などでの配布を想定しているが、舞鶴市や宮津市は自家用車で直接市外に避難することも容認、全員への配布は難しい。

闘う 法廷で銀幕で 脱原発弁護士 自費製作で監督/石川 【中日新聞】2015.02.23 ○金沢で上映会、講演  原発政策の欺瞞(ぎまん)を追及したドキュメンタリー映画「日本と原発」の上映会が二十二日、県教育会館(金沢市香林坊)で開かれた。監督で、全国の脱原発訴訟の先頭に立つ河合弘之弁護士も来県。上演後の講演で「原発を止めるには国民が確信を持たないと。そのために原発推進の理屈をすべて論破した」と訴えた。(中山洋子)
福島からの避難者 法廷で苦悩訴え 千葉地裁の原発集団訴訟 【東京新聞】2015.02.23 ○東京電力福島第一原発事故により、県内に避難する福島県民らが国と東電に損害賠償を求めた集団訴訟で、原告らの本人尋問が先月、千葉地裁で始まった。「人間関係を失った」「ふるさとや当たり前の生活すべてを奪われた」。東日本大震災の発生から間もなく4年。今も避難生活を続ける人々が、法廷で直接訴えている。 (柚木まり) 「ふるさとを失い、両親を亡くして家族もばらばらになった。避難生活の中で生きる気力を失いそうになる。国や東電は被害をしっかり直視してほしい」。飯舘村から避難する男性(64)は心情を率直に語った。 かつては両親と妻、次女夫婦と孫三人の四世代九人で暮らしていた。震災の前年に自宅を改築。家族みんなで食事ができる幅二・五メートルのテーブルも作った。「家族はにぎやかすぎたくらい」。高校卒業後四十年、郵便局に勤め、千八百世帯の村民ほとんどと知り合いだった。世間話から家族の愚痴まで言い合える、そんな仕事が生きがいだった。



 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 戦争の当事者としての覚悟はあるのか(池田幸一メール) ・ブログ連歌(397) ・ 民主平和党ホームページ ○(no more war ML に投稿された池田幸一さんの本日のメールです) 皆様。 池田幸一です。
 〝ようござんすね?このまま戦争で! 全ての日本人に当事者意識と覚悟を問う”これは小林よしのり氏の「新、戦争論」における巻頭の言葉です。この人とは随分意見が違いますが、現政権の傍若無人のやり方や、非力な野党の抵抗、メディアの不思議な沈黙などを見ていると、私もこの問いかけに同感です。戦争は絶対にしてはいけないのであって、この理念に逆行する政府はどんな政府であろうとも倒すか、退陣に追い込まねばならないと思うのです。 果たして今、日本人は、「イスラム国」と本気で戦争する覚悟があるのでしょうか?先々予想もしないテロにやられても敢えて闘い続ける戦意があるのかどうか、今我々は戦争の当事者能力と覚悟を厳しく問われているのです。我が国は何処の国とも戦争は出来ないし、してはいけない。また争いの片方に加担してはいけない、最低限厳正中立でなければ憲法違反ではないでしょうか。 憲法9条をもう一度読んで下さい。我が国はどんなことがあろうとも戦争はしてはいけないし、出来ないのです。即ち〝戦争や武力の行使は永遠にこれを放棄”しているのであって、普段は相手に喧嘩を吹っ掛けられないように気を配り、万が一争い事が生じた場合でも全てを話し合いで解決しなければならない。従って陸海軍その他の戦力は保持しない事になっています。憲法は一国の看板であり、戦後日本はこの憲法のお陰でどれだけが尊敬され、平和立国としての信用を博したか。
IWJ: 【続報】那覇地検に身柄送致!「沖縄県警も戸惑っているのでは」山城博治氏らの弁護士に聞く 〜米軍が市民2名を身柄拘束するも、県警は逮捕する気がなかった?! 逮捕の法的手続きが不明瞭  2/23 ※2月23日、19時前、那覇地検に身柄を送致されていた山城博治氏ほか男性1名は、23日中に釈放されることが、弁護士により伝えられたと、「ヘリ基地反対協議会」の安次富浩氏が説明。名護署前で行われている抗議集会で。(2月23日19時更新) ※2015/02/22 【速報】辺野古ゲート前で山城博治氏ら2名を米軍が拘束、連行 〜岩上安身による山城氏インタビューを21時30分から緊急再配信!  ★素も、米軍による逮捕など、異例というより、異常❕❓ 日米合同による市民抑圧など、両国関係に良い訳がない❕❓ 日米同盟の良し悪しが問われかねない! 何の為の、日米同盟なのか、と。市民に敵対する軍事同盟なのか❕❓ それで良いのか?
植草一秀の『知られざる真実』: 翁長知事の対応が遅れれば辺野古の混乱は拡大 ○安倍政権の政策運営は主権者多数の意思に反するものである。日本の命運を分かつ6つの重大問題がある。
 1.地震多発地帯の日本で、安全性が確保されていない原発を再稼働させることは亡国の行為である。
 2.海外に自衛隊を派兵士、戦闘行為に参画させることは、日本国憲法に反する明確な違憲行為である。
 3.ISD条項が盛り込まれるTPPへの参加は、明白な自民党政権公約違反である。
 4.シロアリを一匹も退治せず、議員定数削減も実行せずに消費税を大増税し、法人税を減税することは、背徳の政策運営である。
 5.「辺野古に基地を造らせない」ことは、沖縄県民が明示した総意であり、安倍政権がこの民意を踏みにじることは許されない。
 6.安倍政権が推進する新自由主義経済政策は、日本を世界有数の格差大国に変質させており、このなかで地方創生、出生率引上げを唱えるのは笑止千万である。
孫崎享のつぶやき: 皇太子殿下55歳の誕生日、記者会見での戦争関連発言 2/23
天木直人のブログ: 安倍政権の最大の敵は外圧である 2/23 ○安倍暴政を止めるのはもはや国内の政治批判、政治圧力では難しい。 日々の報道を見ているとそう思えてくる。 しかし安倍首相の命取りになる外的要因は目白押しだ。
 アベノミクスがごまかしきれなくなった時点で安倍首相は終わるだろう。 東電は22日高濃度放射能汚染水が港湾内に流出したと発表したらしいが、海洋汚染が国際問題化し、訴訟に発展すれば安倍首相と東電は窮地に追い込まれる。 東京マラソンは無事に終わってめでたいが、テロの恐怖は東京マラソンで終わりではない。はじまりだ。 都内で一度でもテロが起きればたちまち安倍政権は危機に陥る。なぜなら自らまいた種であるからだ。
 そして外交面における孤立も安倍政権にとって致命的だ。 そう思っていたら、きのう2月22日の読売新聞がニューヨーク発として報じた。 国連安保理はきょう23日、戦後70年と国連創設70年にあわせた公開討論を開くと。 今月の安保理議長国である中国が提案したという。 王毅外相が主席し、議長を務めるという。 これは、今年を「抗日戦争勝利70年」と位置づけ、「戦勝国」中心の戦後秩序の維持を強調する中国の国際的キャンペーンの一環であることはあきらかだ。
天木直人のブログ: 米軍と一緒になって国民を捕まえた安倍政権 2/23 ○安倍政権の反国民的な強硬姿勢がここにきてとみに加速しつつあると思っていたら、ついにここまで来たかという思いだ。 22日、辺野古移設反対の県民二人が米軍基地の前で抗議行動している最中に米軍に拘束され、その身柄を引き渡された沖縄県名護署がその二人を逮捕したという事件が起きた。 これだけならその場の正確な状況がわからないが、インターネットの朝日デジタルの報道はこうなっている。 ・・・複数の目撃者によると、反対派数十人が抗議していた際、何人かが基地との境界を示す道路上のオレンジ色の線を越えて基地内に入った。山城議長が「引け」と止めようとしたが、待機していた米軍の警備員らが山城議長に近づき、両足を抱えて基地内に引きずっていったという。もう1人は山城議長を助けようとして拘束された。弁護士は「基地に入ったかどうか微妙な位置。この程度で拘束するのは不当だ」と批判した・・・ もしこれが事実ならとんでもないことだ。
きまぐれな日々:  国民に戦争を仕掛ける安倍晋三を倒せ/百田尚樹は没落へ 2/23 ○今は、安倍晋三が国民に対して戦争を挑んでいる状態にほかならない。それも将棋の棒銀さながらの急戦だ。心ある国民は、全力で安倍晋三を迎え撃ち、これを倒さなければならない。
五十嵐仁の転成仁語: 2月23日(月) 「改革」の失敗がもたらした政治の劣化と右傾化(その2)
机の上の空: 〔ニューヨーク・タイムズ〕◆ 訃報 :スターングラス博士が91歳で逝去 / 原発周辺のこどもたちの乳歯にストロンチウムが蓄積していることを発見! / 核実験の放射性降下物で1950年以降、米国で少なくとも40万人の赤ちゃんが死亡と批判 2/22
市民の意見30の会・東京 声明: 殺すな!の声を全世界へ / 武力で平和は作れない 2015年2月6日
テルヤ寛徳: 日米の暴虐と沖縄の抵抗-辺野古新基地建設反対の現場から- 2/23 ○午後からの集会に向けて自宅待機していると、「山城博治(平和運動センター)ほか1名が拘束され基地内に連行された」とのネット記事を感知した。すぐにキャンプ・シュワブゲート前に向かった。  ゲート前の闘争現場に到着すると、不当拘束に抗議し、早期解放を求める行動に加わった。キャンプ・シュワブゲート前は、既に大勢の県民、マスコミが殺到していた。結局、再三にわたり県警、防衛局の責任者が出てきて経緯を説明するように、と求めたが馬事東風。山城博治らが拘束された地点を超えて米軍・県警が主張する基地内侵入状態が現出されたままに終わった。  県民集会は約2800人の県民が結集し、実行委員、現地闘争団代表、社民党吉田党首、共産党小池議員、高校生代表らが、辺野古新基地建設へ暴走し、国家権力の総力を行使しての暴虐とそれに屈せず闘う沖縄の抵抗が語られ、全参加者で思いを共有した。多様で不屈の闘いの意思が表明された。
世に倦む日日: 山城博治の拘束逮捕 - 車の中から米兵が嘲笑する辺野古ゲート前 2/23


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



那覇地検、辺野古反対派2人釈放 勾留請求せず 東京新聞 2/23 ○那覇地検は23日、米軍が拘束し、沖縄県警が日米地位協定に伴う刑事特別法違反の疑いで逮捕、送検した沖縄平和運動センターの山城博治議長ら2人の勾留を請求せず、釈放した。 2人は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対している。22日、正当な理由がないのに米軍キャンプ・シュワブの敷地に立ち入ったとして、米軍に拘束された。身柄の引き渡しを受けた県警名護署が同日逮捕し、23日に送検していた。 名護署には23日、辺野古反対派の市民ら約100人が前日に続いて詰め掛け、2人の逮捕に抗議。地検に向け2人が車で連れ出された際は、一時、騒然となった。
草津白根山、火山性地震1日60回 気象庁注意呼びかけ 朝日新聞 2/23
ANN: 「身の引き締まる思い」 皇太子さまきょう55歳に 2/23 ○皇太子さまは23日、55歳の誕生日を迎えました。記者会見では、天皇陛下が即位した年齢となったことについて「身の引き締まる思い」と述べられました。  皇太子さま:「天皇陛下が即位されたのと同じ年になったと思うと、身の引き締まる思いとともに、感慨もひとしおです。天皇陛下と陛下をおそばでお支えになっておられる皇后陛下のお姿に学びながら、これからも努力していきたいと思っています」  皇太子さまは今年、戦後70年を迎えることについて「戦争の記憶が薄れようとしている」「謙虚に過去を振り返るとともに、戦争を知らない世代に悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切であると考えています」と述べられました。また、病気療養中の雅子さまについては「私をよく支えてくれる一方、愛子の成長にも心を配ってくれています」と紹介したうえで、「少しずつ活動の幅を広げていってほしい」と述べられています。
ANN: 皇太子さま55歳の誕生日 天皇皇后両陛下にあいさつ 2/23 ○皇太子さまは55歳の誕生日を迎え、皇居を訪れて両陛下にあいさつされました。  皇太子さまは23日午前10時ごろ、沿道の市民に手を振りながら両陛下に誕生日のあいさつをするため、皇居に入られました。皇太子さまは、誕生日に先立って記者会見に応じ、陛下が即位した55歳となったことについて「天皇陛下と皇后陛下のお姿に学びながら、これからも努力していきたい」と述べられています。  皇太子さま:「両陛下には、雅子の体調をお気遣い頂き、そして、愛子の成長を温かくお見守り頂いていることに心より感謝申し上げております」  23日は夜まで祝賀行事が続きます。
ANN: 「殺されるかも…」友人に相談も 多摩川中1殺害 2/23  ★再発防止は、喫緊の課題! 断じて、回避する勿れ。
ANN: 中1刺殺 なぜ全裸で?防犯カメラに少年らが… 2/23 ○中学1年の男子生徒が何者かに殺害された事件で、当時、遺体発見現場の河川敷に向かう未成年とみられる複数の人物が防犯カメラに映っていることが分かりました。これまでに分かっていることをまとめます。  捜査関係者によりますと、遺体が発見された場所からほど近い公衆トイレで、死亡した上村遼太君(13)の上着が燃やされた跡が見つかっています。また、現場から数十mの場所では大量の血痕と折れたカッターナイフの刃が、さらに、少し離れた場所で切断された結束バンドが見つかりました。上村君の死亡推定時刻は20日午前2時ごろ。この時間帯の防犯カメラに上村君とみられる少年が別の少年3人とともに河川敷方面に向かう様子が映っていて、その前後の映像には、さらに別の複数の人物が河川敷に向かう様子が映っていました。背格好などから少年のグループとみられています。
ANN: 「業界の健全化に貢献」ANAがスカイマーク支援発表 2/23 ○民事再生手続き中のスカイマークを巡る争奪戦になるのでしょうか。  全日空などを傘下に持つANAホールディングスは、スカイマークに対して出資を含めた包括的な支援を表明しました。支援理由についてANAは、「国内航空業界の健全化に貢献するため」としています。一方、マレーシアの格安航空「エアアジア」も支援に名乗りを上げたことが分かりました。航空会社以外では、旅行大手のHISなど20社程度が支援を提案しています。
TBS: 西川農水相辞表提出 “政治とカネ”追及の末 2/23 ○西川農水大臣の献金問題の経緯をまとめました。  1996年に初当選を果たした西川農水大臣は、これまで農林族としてキャリアを重ねてきました。TPP=環太平洋パートナーシップ協定では、おととし、自民党のTPP対策委員会の委員長に就任すると推進役に回りました。  そして去年9月、第2次安倍改造内閣で農林水産大臣として初の入閣を果たしました。しかし、今月に入り相次いで“政治とカネ”の問題が発覚しました。西川氏の政党支部が2012年9月、選挙区内にある木材加工会社から300万円の献金を受けていました。この会社は国からの補助金7億円を受け取ることが献金4か月前に決まっていました。  「そういう状況を知らないでいたことは事実です。違法性が考えられると、こういうことを考えまして、わかったと同時に返還させていただいた」(西川公也農水相 今月13日)  この政党支部は2013年7月、砂糖メーカーの団体「精糖工業会」が運営するビル管理会社「精糖工業会館」から100万円の献金も受けていました。精糖工業会は国からの補助金13億円を受けることが献金の4か月前に決まっていました。政治資金規正法では補助金の交付決定から1年間の献金は禁じられています。
TBS: 西川農水相辞表提出で安倍首相が会見 2/23「先ほど西川農水相から辞表を受け取りました。本人の辞任という意志は固く、あくまでも政策の審議に集中すべき、自らの問題でそれがかなわないという状況は変えたいと思っている。それには辞任しかないという強い意志の表明がございました。西川大臣の意志を尊重することと致しました。大いに力を発揮していただいた方ですから大変残念であります。後任につきましては、林芳正氏にお願いをすることと致します。このような形で急な辞任となった任命責任は私にあるわけでございますので、国民の皆さまにおわび申し上げたいと思います」(安倍首相)   ★永田町のお詫び? 無責任、責任取らず❕❓ シラッというだけ 原発事故もそう、人質事件もそう??? 2人殺したら、相場は、死刑!
ANN: 西川農水大臣が辞表提出 自らの献金問題で 2/23
TBS: 鯉50匹死ぬ、神奈川・小田原市の川 2/23 ○神奈川県・小田原市の川で鯉が大量死しているのが22日に見つかりました。死んだ鯉はおよそ50匹に上り、大量死の原因は、いまだ分かっていません。

豪首相、自国民の死刑に「吐き気」 インドネシアと対立 朝日新聞 2/23 ◯麻薬密輸罪でインドネシアに収監されているオーストラリア人の死刑囚をめぐり、刑の執行を予定するインドネシアと執行に反対する豪州が対決姿勢を強めている。国民の関心も高く、両国の首脳は譲らない構えで、外交問題にさえなりかねない情勢だ。 「バリ・ナイン」と呼ばれる集団による2005年の麻薬密輸事件で逮捕された豪州人9人のうち、死刑が確定した2人が近く処刑される予定だ。 豪州は30年前に死刑を廃止した。処刑についてアボット首相は「吐き気がする」と述べ、04年のスマトラ沖大地震・津波の被災地への豪州の支援に触れて、「いつも助けてきたのだから今回は返礼してほしい」と中止を訴えている。  ★死刑廃止の原則には、賛成するが、国境を維持する限り、諦念も、やむなしでは。 有志国連合だからと言って、ゴリ押し、無理押しはいかんよ❕❓

与那国住民投票 複雑な民意を踏まえよ 【琉球新報】2015.02.23
辺野古抗議集会 理不尽逮捕 反基地さらに 【琉球新報】2015.02.23 ○豊かな自然を壊し、沖縄の民意を無視した米軍基地の新設に対する県民の拒否の意思があらためて鮮明に示された。さらに、米軍が軍事最優先の牙をむき出しにして市民を拘束する異常事態が起き、新基地建設にあらがう民意の火に油を注いでいる。 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設工事の強行に抗議する3度目の集会がキャンプ・シュワブ前で開かれ、幅広い年代層の約2800人が参加した。幼い子を抱いた若い夫婦や孫の手を引いたお年寄りの姿が目立った。  2014年の名護市長選、県知事選、衆院選で示された新基地反対の民意を一顧だにせず、海上作業を強行する安倍政権への怒りが噴き出し、米軍による理不尽な市民抑圧に対する憤りが充満した。  過剰な警備を指示し、巨大ブロックを投下してサンゴ礁を破壊している安倍政権は直ちに全ての移設作業を中止すべきだ。
[与那国賛成票多数] 対立克服し島の自立を 【沖縄タイムス】2015.02.23 ◯陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の是非を問う与那国町の住民投票が22日行われた。有効投票総数1077票のうち賛成は632票、反対445票で賛成票が過半数を占めた。  今回の住民投票で問われたのは、人口の減少に悩む「国境の島」を存続させていくための「まちおこし」の手法の違いだった。2008年に与那国防衛協会が自衛隊配備を要請し、外間守吉町長が09年、防衛省に陸自配備を求めて以来、町が二分されてきた。  賛成派は、自衛隊の配備によって島の人口が増え、活性化につながると主張した。反対派は、人口流出の根本的な解決につながらないとして自衛隊に頼らないまちづくりを訴えた。  賛成派は自衛隊配備による島の防衛力強化も主張したが、勝因はむしろ、自衛隊員と家族約200人の人口増が見込めることや、防衛関連予算によるごみ焼却施設整備など、活性化が期待できる材料が示されたことだった。

外国人と介護職/実習生の活用は筋違いだ 【神戸新聞】2015.02.23  ★然り!人の下に人を作り、亦下に人を作る❕❓ 人でなし政策、人権に反する政策、抗議し、異議申し立てする。










comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: