FC2 Blog Ranking
2015-04-14

4/14: 高浜原発再稼働認めず=「新基準、合理性欠く」-即効!!仮処分決定 原発の新規制基準は緩やか過ぎ、適合しても安全性は確保されない❕‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・高浜原発3・4号機の再稼働認めず、仮処分決定  16時14分  ★この仮処分、良い、問題なくいい❕❓ 反響も中々!
 ・児童ポルノ動画 ネット公開の疑い、准看護師を逮捕  13時56分
 ・介護福祉士と保育士、厚労省が資格統一を検討  13時56分  ★資格・処遇の切下げ❕❓ 目先だけ見る…摘み食い
 ・ふなっしーに感謝状、千葉県警の警官募集に貢献  13時55分  ★非正規身分じゃない、親方日の丸❕❓ 安倍の風に乗る❕❓ 苦肉の策か❕❓ 
 ・副首相と会談 デヴィ夫人が北朝鮮から戻る  15時54分
 ・聖マリアンナ医大病院で医師11人が専門資格不正取得の疑い  16時17分   ★専門資格不正取得??? 要するに、医師に箔をつけようと❕❓
 ・女コンビニ強盗を逮捕 以前も同じ店で犯行 横浜  8時0分
 ・無職若者のフェラーリとランボルギーニが衝突、大破  7時58分
 ・キャサリン妃が第2子出産へ 性別などで賭けも  5時58分
 ・モロッコ大使館前で爆発「イスラム国」忠誠の組織か  5時57分
 ・河野元衆院議長、中国の李克強首相と会談へ  5時56分   ★どんな成果が出てくるのか❕❓ 翁長知事絡みの進展は?
 ・米大統領選、クリントン氏が初の集会へ  10時12分  ★イスラエル・ネタニヤフとの二人三脚❕❓の共和党より、世界平和に、遥かに益し❕❓

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳


 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


4月14日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 新田たつお「隊務スリップ」、水木しげる「私の日々」  (パンドラ) ○一冊は、新田たつお「隊務スリップ」近未来の日本が舞台です。テロにより東京を破壊された日本は首都を熱海に移し、政治家は無力で軍部が台頭して政権を掌握します。遂に徴兵制がしかれ、普通の若者として徴兵された主人公は、理不尽な状況に、彼の周囲にいる若者達と共に、静かに立ち上がるーという話です。 ・・・もう一冊は、水木しげる「私の日々」。これは漫画家の水木しげるさんが、太平洋戦争から戦後の時代を生き抜いてきた体験を、一庶民としての目で描いています。こちらも単行本になっています。 どちらの漫画も今の時代、戦争と私達の人生がどう関わり合っていくのか考えさせられる漫画です。たかが漫画なのですが、されど、読んで損はないと私は思います。
今日の「○」と「×」: 「×」 選挙結果にガックリ。 「×」 10知事選、平均投票率47.14% 初の50%割れ  >>>地方選の投票率が、過去最低を記録した。民意を無視する安倍政権の姿勢が、国民の無関心を誘っているのではないのか。また、マスコミ各社の政権の意図をを忖度した「公平な報道」も、その一因かもしれない。日本の民主主義は、死滅寸前だ。 どうする?!
 今日のトピックス Blog4/13: 今度の地方統一選挙にどれほどの意味が???vs勝ったのは共産党 等々 やはり議論は、民主主義の肝❕‽無ければ、結集もならず、噛み合わぬ  ★一見、正反対にも見える、それが、ある事実評価の大小の違い、かも知れぬし、目標の違い、遠くか近くか、中期か、そういうことなのかも知れぬ…。しかし、この立場の違いは、ややもすると、ブログや評論では、隠されているものではなかろうか? 議論すれば、自ずと明らかになろう。第三者にも❕❓ 第三者が、正しく考え始めることが大事❕❓ そういう環境確保(場)が大事では。

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

「九条の会」メールマガジン 第208号  ★2015年4月10日発行★  ○ 第208号の主な内容 
 ■事務局からのお知らせ
 ◇アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止め
       ――主権者の声を全国の草の根から(再録)
 ◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
 ◇お知らせ!――昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレ
    ットNo.918「憲法九条は私たちの安全保障です。」が刊行されました
 ◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい

 ◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平
    和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙
    あります
 ◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権
    と憲法9条」のDVD、好評です
 ◇九条の会第5回全国交流集会の記録
    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
 ◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の
       記録ブックレット好評発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! 割愛 本文で❕❓

九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】女性の声を政治に反映させる  金繁典子さん(グリーンピース・ジャパン) (2014年12月15日)
◆怒りとともに投票所へ  永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会) (2014年12月8日)
◆いまこそ投票に行きましょう!  小口幸人さん(弁護士) (2014年12月8日)

◆高校生などに憲法の何をどう伝えるか  稲次寛さん(兵庫県高等学校教員) (2014年12月1日)

◆安倍首相から『日本』を取り戻そう  泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹) (2014年12月1日)
◆日本国憲法との出会い 平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと  白神優理子さん(弁護士) (2014年11月24日)
◆労働者派遣法改正案・被害者は誰か?  嶋﨑量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事) (2014年11月17日)

◆一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して  横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員) (2014年11月10日)
◆憲法と民主主義の危機  山口二郎さん(法政大学教授) (2014年11月3日)

憲法情報Now<憲法をめぐる動向> バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

・2014年12月15日付   注目!「(日本国憲法が)特殊なことには意味」 その他
・2014年12月11日付   注目!「憲法9条にノーベル平和賞を」−韓国で受賞 その他
・2014年12月8日付   注目!最高裁判事の国民審査 その他
・2014年12月4日付   注目!「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」 その他
・2014年12月1日付   注目!団結権侵害は許されない、と大阪地裁 その他
・2014年11月27日付   注目!最高裁が参院選「違憲状態」判決 その他
・2014年11月24日付   注目!一票の格差是正求め一斉提訴へ その他
・2014年11月20日付   注目!女性誌が「母親たちの初めての憲法教室」 その他
・2014年11月17日付   警戒!日本会議が緊急事態条項を議論 その他

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

TBS: 高浜原発3・4号機の再稼働認めず、仮処分決定 4/14 ○福井県の関西電力・高浜原発3号機と4号機の再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てについて、福井地方裁判所は14日、全国で初めて再稼働を認めない決定を出しました。  高浜原発3号機と4号機は今年2月、原子力規制委員会の新規制基準の適合性審査に合格し、関西電力では11月の再稼働を見込んでいます。一方、地元住民らは「原発の再稼働が差し迫っている」として、差し止めを求める仮処分を去年12月に申し立てていました。  申し立てが認められた場合、即座に効力が発効するため判断が注目されていましたが、福井地裁の樋口英明裁判長は14日、住民側の申し立てを認めました。  これにより、全国で初めて司法判断により原発の再稼働が認められないことになりました。関西電力は、この決定を不服として異議を申し立てる方針です。  ★脱原発への大きな一歩❕❓
Web号外 高浜原発再稼働認めず 【福井新聞】2015.04.14 ◯Web号外 高浜原発再稼働認めず  規制委合格を事実上否定
高浜原発再稼働認めず=「新基準、合理性欠く」-仮処分決定・福井地裁 【時事通信】2015.04.14 ○運転停止中の関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)は安全性に問題があるとして、住民ら9人が再稼働の差し止めを求めた仮処分申請で、福井地裁は14日、関電に運転差し止めを命じる決定を出した。樋口英明裁判長は「原発の新規制基準は緩やかに過ぎ、適合しても安全性は確保されていない。新基準は合理性を欠く」と指摘した。決定はすぐに効力を発し、取り消しや執行停止が認められるまで再稼働できない。関電は決定に対し、異議と執行停止を申し立てる方針。
  原子力規制委員会は2月、高浜3、4号機が新基準に適合するとの審査書を決定。関電は11月の再稼働を目指している。東京電力福島第1原発事故後、原発の運転差し止めを認めた司法判断は、同じ樋口裁判長が担当した関電大飯原発3、4号機(同県おおい町)判決に続き2件目。仮処分で差し止めを認めたのは初めて。 決定で樋口裁判長は、想定される地震の揺れ(基準地震動)について、全国の原発で過去10年間に5回、電力会社の想定を超える揺れが記録されたと指摘。関電は高浜原発で700ガルを想定したが、「基準地震動を超える地震が到来しないというのは、根拠に乏しい楽観的見通しにすぎない」と批判した。  また、基準地震動を下回る揺れでも、耐震安全性が低い外部電源や給水ポンプが破損し、「冷却機能喪失による炉心損傷に至る危険性がある」と述べた。 使用済み核燃料についても、原子炉格納容器のような堅固な施設に閉じ込められておらず、貯蔵プールの給水設備は耐震性が低いとして、危険性を認めた。 その上で、新基準は適合すれば深刻な災害を引き起こす恐れがないと言える厳格な内容ではなく、「住民らが人格権を侵害される具体的危険性が認められる」と結論付けた。
滋賀知事「重大な問題提起」=「安全性、説明を」京都知事-高浜原発再稼働差し止め 【時事通信】2015.04.14 ○関西電力高浜原発の半径30キロ圏内には、滋賀県と京都府の一部が含まれる。福井地裁の再稼働差し止め決定を受け、滋賀県の三日月大造知事は14日、記者団に「人格権や原発の安全性に重きを置いた決定で、原子力行政にとって重大な問題提起だ」と述べた。
 三日月知事は「今回の決定にも相通じるような形で、実効性ある多重防護体制の構築の必要性を訴えてきた」と強調。「立地自治体のみならず、影響が及ぶと想定される自治体とも協定を結ぶべきだという主張は変わらない」と述べ、引き続き関電に安全協定締結を求めていく考えを示した。
 一方、京都府の山田啓二知事は「詳細は承知していないが、国や事業者は安全性について、国民に丁寧かつ明確な説明を行う必要がある」とのコメントを出した。  ★半端だネェ❕❓
「再稼働方針変わらず」=高浜原発で菅官房長官 【時事通信】2015.04.14 ◯菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、福井地裁が関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めの仮処分を決定したことに関し、「原子力規制委員会の判断を尊重して再稼働を進める方針に変わりはない。粛々と進める」と強調  ★独り善がりを、粛々と進めるのか??? 超然内閣ぶり、民主主義に非ず❕❓
「新基準、合理性欠く」高浜原発差し止め仮処分決定要旨 【朝日新聞】2015.04.14 ◯関西電力高浜原発3、4号機の再稼働をめぐり、即時差し止めを命じた14日の福井地裁(樋口英明裁判長)仮処分決定の要旨全文は次の通り。
  ①基準地震動である700ガルを超える地震について
 基準地震動は原発に到来することが想定できる最大の地震動であり、基準地震動を適切に策定すること、原発の耐震安全性確保の基礎であり、基準地震動を超える地震はあってはならないはずである。

 しかし、全国で20カ所にも満たない原発のうち四つの原発に5回にわたり想定した地震動を超える地震が2005年以後10年足らずの間に到来している。本件原発の地震想定が基本的には上記四つの原発におけるのと同様、過去における地震の記録と周辺の活断層の調査分析という手法に基づいてなされ、活断層の評価方法にも大きな違いがないにもかかわらず債務者の本件原発の地震想定だけが信頼に値するという根拠は見いだせない。

 加えて、活断層の状況から地震動の強さを推定する方式の提言者である入倉孝次郎教授は、新聞記者の取材に応じて、「基準地震動は計算で出た一番大きな揺れの値のように思われることがあるが、そうではない」「私は科学的な式を使って計算方法を提案してきたが、平均からずれた地震はいくらでもあり、観測そのものが間違っていることもある」と答えている。地震の平均像を基礎として万一の事故に備えなければならない原子力発電所の基準地震動を策定することに合理性は見いだし難いから、基準地震動はその実績のみならず理論面でも信頼性を失っていることになる。

 基準地震動を超える地震が到来すれば、施設が破損するおそれがあり、その場合、事態の把握の困難性や時間的な制約の下、収束を図るには多くの困難が伴い、炉心損傷に至る危険が認められる。

 ②基準地震動である700ガル未満の地震について
 本件原発の運転開始時の基準地震動は370ガルであったところ、安全余裕があるとの理由で根本的な耐震補強工事がなされることがないまま、550ガルに引き上げられ、更に新規制基準の実施を機に700ガルにまで引き上げられた。原発の耐震安全性確保の基礎となるべき基準地震動の数値だけを引き上げるという対応は社会的に許容できることではないし、債務者(関西電力、以下関電)のいう安全設計思想と相いれないものと思われる。

 基準地震動である700ガルを下回る地震によって外部電源が断たれ、かつ主給水ポンプが破損し主給水が断たれるおそれがあることは関電においてこれを自認しているところである。外部電源と主給水によって冷却機能を維持するのが原子炉の本来の姿である。安全確保の上で不可欠な役割を第1次的に担う設備はこれを安全上重要な設備であるとして、その役割にふさわしい耐震性を求めるのが健全な社会通念であると考えられる。このような設備を安全上重要な設備でないとする関電の主張は理解に苦しむ。関電は本件原発の安全設備は多重防護の考えに基づき安全性を確保する設計となっていると主張しているところ、多重防護とは堅固な第1陣が突破されたとしてもなお第2陣、第3陣が控えているという備えの在り方を指すと解されるのであって、第1陣の備えが貧弱なため、いきなり背水の陣となるような備えの在り方は多重防護の意義からはずれるものと思われる。

 基準地震動である700ガル未満の地震によっても冷却機能喪失による炉心損傷に至る危険が認められる。

 ③冷却機能の維持についての小括
 日本列島は四つのプレートの境目に位置しており、全世界の地震の1割が我が国の国土で発生し、日本国内に地震の空白地帯は存在しない。関電は基準地震動を超える地震が到来してしまった他の原発敷地についての地域的特性や高浜原発との地域差を強調しているが、これらはそれ自体確たるものではないし、我が国全体が置かれている上記のような厳然たる事実の前では大きな意味を持つこともないと考えられる。各地の原発敷地外に幾たびか到来した激しい地震や各地の原発敷地に5回にわたり到来した基準地震動を超える地震が高浜原発には到来しないというのは根拠に乏しい楽観的見通しにしかすぎない上、基準地震動に満たない地震によっても冷却機能喪失による重大な事故が生じ得るというのであれば、そこでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険である。

 ④使用済み核燃料について
 使用済み核燃料は我が国の存続に関わるほどの被害を及ぼす可能性があるのに、格納容器のような堅固な施設によって閉じ込められていない。使用済み核燃料を閉じ込めておくための堅固な設備を設けるためには膨大な費用を要するということに加え、国民の安全が何よりも優先されるべきであるとの見識に立つのではなく、深刻な事故はめったに起きないだろうという見通しのもとにかような対応が成り立っているといわざるを得ない。また、使用済み核燃料プールの給水設備の耐震性もBクラスである。

 ⑤被保全債権について
 本件原発の脆弱(ぜいじゃく)性は、①基準地震動の策定基準を見直し、基準地震動を大幅に引き上げ、それに応じた根本的な耐震工事を実施する②外部電源と主給水の双方について基準地震動に耐えられるように耐震性をSクラスにする③使用済み核燃料を堅固な施設で囲い込む④使用済み核燃料プールの給水設備の耐震性をSクラスにするという各方策がとられることによってしか解消できない。また、地震の際の事態の把握の困難性は使用済み核燃料プールに係る計測装置がSクラスであることの必要性を基礎付けるものであるし、中央制御室へ放射性物質が及ぶ危険性は耐震性及び放射性物質に対する防御機能が高い免震重要棟の設置の必要性を裏付けるものといえるのに、原子力規制委員会が策定した新規制基準は上記のいずれの点についても規制の対象としていない。免震重要棟についてはその設置が予定されてはいるものの、猶予期間が設けられているところ、地震が人間の計画、意図とは全く無関係に起こるものである以上、かような規制方法に合理性がないことは自明である。

 原子力規制委員会が設置変更許可をするためには、申請に係る原子炉施設が新規制基準に適合するとの専門技術的な見地からする合理的な審査を経なければならないし、新規制基準自体も合理的なものでなければならないが、その趣旨は、当該原子炉施設の周辺住民の生命、身体に重大な危害を及ぼす等の深刻な災害が万が一にも起こらないようにするため、原発設備の安全性につき十分な審査を行わせることにある(最高裁判所1992年10月29日第一小法廷判決、伊方最高裁判決)。そうすると、新規制基準に求められるべき合理性とは、原発の設備が基準に適合すれば深刻な災害を引き起こすおそれが万が一にもないといえるような厳格な内容を備えていることであると解すべきことになる。しかるに、新規制基準は上記のとおり、緩やかにすぎ、これに適合しても本件原発の安全性は確保されていない。新規制基準は合理性を欠くものである。そうである以上、その新規制基準に本件原発施設が適合するか否かについて判断するまでもなく債権者らが人格権を侵害される具体的危険性すなわち被保全債権の存在が認められる。

 ⑥保全の必要性について
 本件原発の事故によって関電らは取り返しのつかない損害を被るおそれが生じることになり、本案訴訟の結論を待つ余裕がなく、また、原子力規制委員会の設置変更許可がなされた現時点においては、保全の必要性も認められる。
福井地裁「現実的で切迫した危険」 高浜原発差し止め理由 【日経新聞】2015.04.14
高浜原発の再稼働認めず 福井地裁が仮処分 【東京新聞】2015.04.14
高浜原発 再稼働認めない仮処分決定 【NHK】2015.04.14 ○福井県にある高浜原子力発電所の3号機と4号機について、福井地方裁判所は「国の新しい規制基準は緩やかすぎて原発の安全性は確保されていない」という判断を示し、関西電力に再稼働を認めない仮処分の決定を出しました。異議申し立てなどによって改めて審理が行われ決定が覆らなければ、高浜原発は再稼働できなくなりました。 関西電力は異議を申し立てる方針です。


 
 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(1)もう一つの地球 ・ブログ連歌(401) ・ 民主平和党ホームページ ○ビッグバンで宇宙が生成されたとき、私たちの知っている物質とよく似ているが、構成する原子核と電子の電荷だけが反対の「反物質」も、同じ量だけ出来たと言われている。物質と反物質とが出会うと直ちに両方とも消滅するのだが、このときに消え残った物質があって今の宇宙が出来たというのが定説に近いようだ。 ところがこの説には弱点があって、ビッグバン以前から存在した大量の物質の素材は何に由来するかがわからない。そしてもちろん、ビッグバンを引き起こした巨大エネルギーの由来もわからないという、二つの大きな謎が残ってしまうのだ。さらに最新の研究によっても、宇宙を構成する全質量の中で、説明可能な部分は4%に過ぎず、あとの大半は不明なダークマターだという説明を読んで唖然とした。それならば宇宙の反対側に、相似形で電荷だけが反対の「反宇宙」が出来ていると考えたらどうなのだろう。・・・
市民社会フォーラム: ] 毎日放送ちちんぷいぷい 井戸謙一 高浜仮処分での停止を語る
市民社会フォーラム: 明後日4/16(木)原発メーカー訴訟第3回学習会「原発の真実:格納容器設計技術者の目から見た原発の安全性」 (後藤政志氏)@渋谷勤労福祉会館、他
市民社会フォーラム: 関西テレビゆうがたLIVEワンダー 大阪徒構想住民説明会の詳細
市民社会フォーラム: 戦争する国、絶対反対!4・17緊急国会前行動 ○戦争する国、絶対反対!4・17緊急国会前行動  国際戦争支援法反対、戦争法制のための与党協議に抗議します
  日時:4月17日(金)am9:00~10:00  場所:衆議院第2議員会館前路上
  呼びかけ:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会
市民社会フォーラム: 毎日放送VOICE 高浜仮処分、地元は&関西テレビワンダー デスク解説
市民社会フォーラム: 【明日12時~@原子力規制前】高浜原発仮処分決定を受けて ストップ!すべての原発の再稼動 規制規準は撤回を!
市民社会フォーラム: 「速報 辺野古のたたかい」無料公開中 拡散お願いします
 「沖縄ニューズリール」から「速報 辺野古のたたかい」


市民社会フォーラム: ユニオンぼちぼち 5月学習会のお知らせ 4/14 ○5月の学習会の概要が決まったのでお知らせします。 また「最賃UP! UP! きょうと」は6月14日に「賃金上げろデモ」を開催する予定です。日程を空けておいて下さい。
市民社会フォーラム: ネットワーク1・17(2015/4/13)、子供と親に知ってほしい防災、坂本廣子さんのお話
市民社会フォーラム: 【辺野古基金で訪米した安倍に恥をかかせよう】 オール沖縄の民意を世界に発信する大きな力となる「辺野古基金」 >>>オール沖縄の民意を世界に発信する大きな力となる「辺野古基金」
市民社会フォーラム: 「イマジン・イラク 未来の記憶」(4/17@京都大学)のご案内 ○みなさま、京都の岡真理です。
 17日(金)、京都大学にて、吉原茂さんのトーク&スライド上映「イマジン・イラク ~未来の記憶~」を開催いたします。
 1970年代の、戦乱の破壊に見舞われる前のイラクの姿を伝える貴重な写真の数々をご紹介いただきながら、お話していただきます。
市民社会フォーラム: 板垣雄三先生講演会「イスラム世界の歴史と現在――〈近代〉をとらえなおす」のご案内 ○みなさま、岡真理です。
 4月18日(土)は、日本における中東研究の第一人者である板垣雄三先生(東京大学名誉教授)を京都大学にお招きし、講演会「イスラム世界の歴史と現在――〈近代〉をとらえなおす」を開催いたします。
 現在、中東で生起している事態について、文明史的観点からお話いただきます。
市民社会フォーラム: JSA大阪「沖縄から考える日本の未来」 ○こんばんは 今岡良子です
「沖縄から考える日本の未来」というテーマの講演会をします。 5月23日土曜日 13:00開場 13:30開演  場所は、大阪大学中之島センター map 507号室  〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53  06-6444-2100 =>京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分。あるいは、阪神本線 福島駅・JR東西線 新福島駅より 徒歩約9分
植草一秀の『知られざる真実』: 統一地方選自民勝利最大功労者は腐った民主党
孫崎享のつぶやき: 気付こう!安倍首相は対米隷属では最たる首相だ(4)米国指示で人質(後藤)救出努力せず
醍醐聰のブログ: 普天間基地の辺野古「移設」の民意は的確に調査されたのか 4/14  >>>NHK世論調査 内閣支持率51% 4/13
天木直人のブログ: 外国メディアにまで圧力をかけていた安倍政権は日本の恥だ 4/14 ○4月2日、日本外国特派員協会(FCCJ)のウェブページに、ドイツ高級紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」で東京特派員を務めていた、カーステン・ガーミス(カルステン・ゲルミス)という記者のコラムが掲載された。…外国メディアにまで恫喝まがいの圧力をかけている安倍政権について、しかもそのことがネット上で公開されて10日以上もたつというのに、日本のメディアは、テレビも大手新聞も、一切そのことを報じないという事実だ。 これでは国民が何も知らされないはずだ。 これは日本の恥だ。 日本のメディアは安倍政権の圧力に黙る。
 しかし、外国メディアが騒ぎたしたら日本は終わりだ。 世界から孤立すれば、日本はひとたまりもないことは、先の戦争で日本は嫌と言うほど味わったはずだ。 それさえも気づかない安倍首相の歴史認識は、お粗末極まりない。 安倍政権が恥をかくのは自業自得だが、日本国民だけは道連れにしてくれるな。 メディアへの圧力と恫喝は直ちに止るべきだ。
五十嵐仁の転成仁語: 4月14日(火) 統一地方選挙前半戦の議員選挙によって示された数字を検証する 

 
  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: もう連続50時間も日差し無し…今村涼子の「今天」 4/14 ○14日も一日傘が手放せませんでした。日差しが全くなく、これで東京は連続50時間ほど日が差していない状況です。きょうの「今天」がこちら、「あすはオールウェザー!晴れても、午後は雷雨や突風の恐れが!」です。いったん天気は回復しますが、大気の状態が不安定になって、午後は雷雲が発生する可能性があります。
ANN: きょうナビ「午後6時のアクセスランキング」 4/14 ○「テレ朝news」午後6時現在のアクセスランキングです。
TBS: 高浜町住民は複雑な心境、関西電力は「承服できない」 4/14 ○高浜原発3・4号機がある福井県高浜町の住民は、今回の決定に複雑な心境です。  「原発があっていいなと思う時もあるし、東日本大震災での事故を見ると無い方がいいなとも思うし」(地元住民)  「(決定は)いい面もあり、悪い面もある。(原発で)暮らしが成り立つというところもある」(地元住民)  高浜町では先月20日に町議会が既に再稼働への同意を決めていて、町としての判断が注目されていますが、14日の決定に野瀬豊町長は「司法判断とは別の視点で来月以降に判断する」と述べました。  「あくまで仮処分決定なので、私なりの視点で同意の判断は進めていく」(高浜町・野瀬豊町長)  ★飽く迄も、仮処分! 軽く考えようとしているのかと思われるが、取り消されなければ、永遠に効果が続く… 有明海の開門訴訟を見れば、想像も出来よう。漁業者側は、確定判決、干拓地の農業者は、仮処分だが、国は、双方に、日当を支払い続けている! 解除のめどは、無い❕❓ 国語や言葉の“仮”だけに囚われてはならぬ。
TBS: 原子力規制庁、新規制基準の審査「適正に判断した」 4/14 ○原子力規制庁は、今回の決定について「当事者ではなくコメントする立場にない」としながらも、新規制基準の適合性審査では「適正に判断した」と強調しました。  「私どもとしては、審査において基準地震動策定についても科学的・技術的に適正に判断したと思っております」(原子力規制庁・米谷仁総務課長)  ★さも❕❓ 他に言いようもあるまい。  猶、本件関連の記事は、ブログ欄の上に、多数あります。詳細は、そちらを。茲には、少数列挙のみ。
cf.
伊方発電所原子炉設置許可処分取消 - 裁判所 | 裁判例情報 ...
伊方原発訴訟 - Wikipedia

ANN: JR東日本に立ち入り調査 国の本格調査が始まる 4/14 ○JR山手線で支柱が倒れた事故で、国による原因調査が本格的に始まりました。  菅原孝男事故調査官:「どういう計画でその梁(はり)を撤去したのか、正しいことだったかどうか分析したい」  国の運輸安全委員会は、14日午前10時からJR東日本の東京支社に立ち入りました。JRは改修工事の過程で、支柱を支えていた梁を撤去したことでバランスが崩れたとみていますが、委員会は原因を詳しく調べるために工事の方法や計画について担当者から話を聞いたり、資料の提出を求めたりしたということです。柱の傾きが複数回、報告されながら、適切な対応を取っていなかったことが分かっています。
NNN: 自民党 NHKとテレ朝の幹部を呼び聴取へ 4/14 ○自民党が17日にNHKとテレビ朝日の経営幹部を呼び、最近問題となっている報道番組の内容をめぐって、直接、事情を聞くことが分かった。  複数の関係者によると、自民党の情報通信戦略調査会は、NHKからは「クローズアップ現代」でヤラセが指摘されている問題について、また、テレビ朝日からは「報道ステーション」でコメンテーターの古賀茂明氏が一方的に政権批判したことについて、話を聞く方針。特に「報道ステーション」をめぐっては、古賀氏が菅官房長官を名指しして「バッシングを受けた」と一方的に述べる展開となった点などについて、第三者も加えた検証の必要性などをただすものとみられる。  政治とメディアの関係に詳しい上智大学の音好宏教授は、こうした自民党の異例の対応について、「政権・与党側がメディアを呼びつけるのは、成熟した民主主義の中では、相当注意しなくてはいけない」と述べた。また、「政治的なパフォーマンスと考えているかもしれないが、国民からは支持されないだろう」と指摘している。  ★安倍コベ氏の、慰安婦問題を扱ったNHKの番組への介入を端緒とした、NHK全般への介入、そして、かような民法への口先介入(権力を背景にした)、留まるところを知らぬ気だが、止め、咎めたりしないといけない❕❓ 改憲への布石でもある❕❓
TBS: 厚労省、千葉県がんセンターの「拠点病院」指定取りやめ 4/14

株価2万円台 「官製相場」は危険過ぎる 【琉球新報】2015.04.14 ○またぞろバブルの失敗を繰り返すのではないか。今回のそれは景気後退を招くだけでなく、私たちの老後も失うことになりかねない。 東京株式市場の日経平均株価が一時2万円の大台に乗った。  株価が下がるより上がった方がいいのは自明のことだ。しかし資産の膨張は、膨らむ過程で恩恵を受けるのは一部の富裕層だが、バブルが破裂すれば国民生活が広く破壊的な打撃を被る。甘利明経済再生担当相は「ミニバブルは歓迎」と述べたが、浮かれるばかりでいいのか。  この相場は注意すべき要素が多過ぎる。確かに企業業績改善の期待もあるが、実態は人為的な「官製相場」の様相が色濃くある。  最大の要因は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株への投資を拡大したことだ。昨秋、国内株の割合を倍の25%に引き上げた。GPIFは130兆円もの資産を持つ。これで20兆円もの巨額が昨年、株式市場に流入した。  積極運用で年金財源を確保すると言えば聞こえは良いが、要は株価を高め、アベノミクスの成果と強調し、内閣支持率を高めたいのであろう。国民の老後の資産が政権の支持率対策に充てられた形だ。  これに公務員共済も追随した。日銀の資金の一部も株の投資信託に回った。日銀の資金の大部分は国債に向かったが、それも株高の一因だ。大幅緩和で日銀が発行国債の9割を買い占めたため、金融機関や機関投資家の資金は株に流れざるを得なかったからだ。「官製相場」と称するゆえんである。  海外の資金が流入したのも大きい。欧州中央銀行が量的緩和をし、中国やインドも金融緩和に踏み切った。この資金が東京に流れた。前述の通り政治的思惑で巨額の政府関係資金投入を続けているのだから、いわば日本政府が株価の下支え役だ。支持率目当てだから簡単に下支えをやめるはずもない。そう見切られ、外国人投資家は安心して日本株に投資できたのである。  株は上がりもすれば下がりもする。だが今の相場は「ばば」を引く人が初めから決まった上で、トランプの「ばば抜き」をするようなものだ。
[後半国会の焦点] 安保法制で憲法無力化 【沖縄タイムス】2015.04.14 ○2015年度予算が成立し、通常国会の日程は後半に入った。後半国会の焦点は何といっても安全保障法制の整備である。  安倍政権は昨年7月、憲法解釈を変更し、歴代の内閣が禁じてきた集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。その決定に基づき、他国軍を後方支援するための恒久法や改正周辺事態法、改正武力攻撃事態法などの法案を今国会に提出する。  いずれも戦後日本の安全保障政策の大転換となるものだ。後半国会は、従来の安保論議とは異なり、日本の将来を左右する重要な議論の場となる。政府の説明責任は重大だ。  安保法制に対する国民的理解は得られていない。共同通信社が3月末に実施した世論調査では、関連法案の今国会成立を図る安倍晋三首相の方針に、ほぼ半数の49・8%が反対と答えている。  安保法制の整備と合わせて日米両政府は今月27日、日米防衛協力のための指針(ガイドライン)を18年ぶりに改定する。だが、今回の改定は、日米の事務方が全く国会の議論を経ないまま、見直したものだ。  国内で安全保障法制の整備が本格化するのはこれからである。安保法制の本格的な国会論戦も始まっていないのに、ガイドライン改定が先行するのは、順序が逆である。国会軽視というほかない。  安保法制の整備とガイドラインの改定によって平和国家の理念は崩れ、憲法9条が一段と無力化することになる。   ★憲法違反は、無効!なのだが、今、そのお墨付きを与える者や与える機会がない❕❓ だが、今の中に、主権者は、その弁えを確かにしないといけない❕❓ 主権者の権限行使の機会は、必ず来るのだから。

NHK:経営委員会が籾井会長提示の役員人事案に同意 【毎日新聞】2015.04.14 ○NHKを監視、監督する経営委員会は14日、籾井勝人(もみい・かつと)会長が提示した25日付役員人事案に同意した。任期満了4人のうち3人が交代するが、報道番組「クローズアップ現代」のやらせ疑惑で監督責任を問われかねない幹部の昇格も含まれており、同意した経営委員会の判断が問われそうだ。 新任は、今井純経営企画局特別主幹、坂本忠宣大阪局長、安斎尚志制作局長の3人。森永公紀理事は再任され、福井敬理事が専務理事に昇進する。任期は2年。退任は石田研一専務理事、木田幸紀理事、下川雅也理事の3人。 うち坂本氏は、大阪放送局の記者が取材した「クローズアップ現代」のやらせ疑惑が調査中で、森永氏も報道担当理事としてこの問題にかかわってきた。この2人の新任・再任に同意した経営委員会の浜田健一郎委員長(ANA総合研究所会長)は委員会後、記者団に「調査中で結論が出ていない事案なので、会長の提案を了解した」と





ANN: 河野元衆院議長、中国の李克強首相と会談へ 4/14 ○経済団体の代表として訪中している河野洋平元衆議院議長が14日、中国ナンバー2の李克強首相と会談する方向で最終調整していることが分かりました。 河野元議長は、国際貿易促進協会の会長として12日から中国を訪問しています。李首相との会談では、日本と中国の企業間の経済協力のほか、戦後70年を迎えるなかでの歴史認識を巡る問題についても話し合われるとみられます。会談には、今回の訪中団に参加している沖縄県の翁長雄志知事も同席します。李首相との会談は、先月の与党幹事長の中国訪問でも実現しておらず、今回の河野元議長らの訪中を中国側が重視したものとみられます。


TBS: 米大統領選、クリントン氏が初の集会へ 4/14 ○来年のアメリカ大統領選挙に出馬を表明したクリントン前国務長官が14日、初めての集会を開く中西部の小さな町は慌しい雰囲気に包まれました。  「中西部アイオワ州にあるモンティセロという人口4000人に満たない小さな町で、クリントン氏が出馬表明後初めて集会を開きます」(記者)  民主党候補の本命で初の女性大統領を目指すクリントン氏が「第一声」の場所に選んだのは党の候補者を選ぶ予備選がスタートするアイオワ州です。  クリントン氏は自宅のある東部ニューヨーク州からおよそ1700キロの道のりを飛行機ではなく自動車で移動し、途中で出会った家族についてネット上で投稿するなど親しみやすい雰囲気作りに力を入れています。

TBS: 地中海渡りヨーロッパ目指す不法移民、3日で5629人救出 4/14 ○中東リビアやアフリカ諸国などの政情不安に伴い、地中海ではここ3日間で船でヨーロッパ諸国を目指す不法移民5600人が救出されました。  イタリア沿岸警備隊によりますと、12日までの3日間で不法移民5629人が救出されたということです。リビアやアフリカ諸国での政情不安を受け、地中海を船で渡ってヨーロッパを目指していた人々とみられます。  リビア沖では13日にも定員オーバーの船が転覆し、144人が救出されたものの9人が死亡しました。不法移民の数はここ数週間、天候が良好だったため増加しているということです。  また、IOM=国際移住機関によりますと、今年1月から3月の3か月間で少なくとも480人が地中海で死亡したということです。現場海域ではイタリアの沿岸警備隊と海軍、アイスランドの警備艇が警備に当たっています。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: