FC2 Blog Ranking
2015-04-15

4/15: 【再稼働の禁止】 危険性認めた決定は重い vs安倍コベ政権は新規制基準を「世界で最も厳しい」???と どちらが安全か判らないのか❕‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・高浜原発3・4号機の再稼働認めず、仮処分決定  16時14分  ★この仮処分、良い、問題なくいい❕❓ 反響も中々!
 ・きょうナビ「午後6時のアクセスランキング」  18時35分
 ・「極めて残念」規制委員長 “高浜”再稼働差し止め  18時3分  ★安全を追求するものと、規制を追求する者の違い❕❓ 半端で再稼動できる神経???
 ・電力自由化にらみ 東電・中電が火力発電で新会社  17時50分
 ・車輪に“赤い鉄骨”絡まる? 事故調が現地調査  16時59分
 ・「爆買い」に待った 香港で日用品不足、訪問制限へ  16時54分

 ・ヒラリー氏、“異例の”選挙戦スタート  7時51分
 ・「ボコ・ハラム」女性2000人を誘拐  7時38分
 ・米、キューバ“テロ支援国家指定”解除承認  6時42分
 ・アシアナ機が着陸失敗 22人ケガ 広島  6時27分
 ・都内からの一部119番通報にトラブル  6時14分

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳


 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


4月15日分 9:00 実施
今日の「○」と「×」: 高浜原発再稼働差し止めに「○」。 「○」 福井地裁、高浜原発再稼働認めず 仮処分決定、規制委合格を事実上否定  >>>高浜原発の再稼働差し止めの仮処分が決定した。 最近珍しい良いニュースだが、この決定を下した裁判長が名古屋家裁に異動しているというのが、異議申し立ての際に影響しないか心配ではある。  ★裁判長が名古屋家裁に異動???  人事を使った制裁か? …市民の為の、大和魂、大和心。
 今日のトピックス Blog4/14: 高浜原発再稼働認めず=「新基準、合理性欠く」-即効!!仮処分決定 原発の新規制基準は緩やか過ぎ、適合しても安全性は確保されない❕‽
  新規制基準について | 原子力規制委員会 ○この新規制基準は原子力施設の設置や運転等の可否を判断するためのものです。しかし、これを満たすことによって絶対的な安全性が確保できるわけではありません 。原子力の安全には終わりはなく、常により高いレベルのものを目指し続けていく必要があります。  ★予め、白旗掲げた規制委の新基準 今回の、福井地裁の仮処分以下の、安全の仮の保証に過ぎないことは明らか❕❓  勝負にならず

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

「九条の会」メールマガジン 第208号  ★2015年4月10日発行★  ○ 第208号の主な内容 
 ■事務局からのお知らせ
 ◇アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止め
       ――主権者の声を全国の草の根から(再録)
 ◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
 ◇お知らせ!――昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレ
    ットNo.918「憲法九条は私たちの安全保障です。」が刊行されました
 ◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい


 ◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平
    和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙
    あります
 ◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権
    と憲法9条」のDVD、好評です
 ◇九条の会第5回全国交流集会の記録
    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
 ◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の
       記録ブックレット好評発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! 割愛 本文で❕❓

九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】女性の声を政治に反映させる  金繁典子さん(グリーンピース・ジャパン) (2014年12月15日)
◆怒りとともに投票所へ  永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会) (2014年12月8日)
◆いまこそ投票に行きましょう!  小口幸人さん(弁護士) (2014年12月8日)

◆高校生などに憲法の何をどう伝えるか  稲次寛さん(兵庫県高等学校教員) (2014年12月1日)

◆安倍首相から『日本』を取り戻そう  泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹) (2014年12月1日)
◆日本国憲法との出会い 平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと  白神優理子さん(弁護士) (2014年11月24日)
◆労働者派遣法改正案・被害者は誰か?  嶋﨑量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事) (2014年11月17日)

◆一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して  横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員) (2014年11月10日)
◆憲法と民主主義の危機  山口二郎さん(法政大学教授) (2014年11月3日)

憲法情報Now<憲法をめぐる動向> バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

・2014年12月15日付   注目!「(日本国憲法が)特殊なことには意味」 その他
・2014年12月11日付   注目!「憲法9条にノーベル平和賞を」−韓国で受賞 その他
・2014年12月8日付   注目!最高裁判事の国民審査 その他
・2014年12月4日付   注目!「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」 その他
・2014年12月1日付   注目!団結権侵害は許されない、と大阪地裁 その他
・2014年11月27日付   注目!最高裁が参院選「違憲状態」判決 その他
・2014年11月24日付   注目!一票の格差是正求め一斉提訴へ その他
・2014年11月20日付   注目!女性誌が「母親たちの初めての憲法教室」 その他
・2014年11月17日付   警戒!日本会議が緊急事態条項を議論 その他

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

高浜再稼働 認めず 「緩い規制基準 合理性欠く」 【東京新聞】2015.04.15 ◯関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全対策は不十分として、周辺の住民らが再稼働差し止めを申し立てた仮処分で、福井地裁は十四日、原子力規制委員会の新規制基準は「緩やかにすぎ、合理性がない」と指摘、基準に適合していても再稼働を認めないとの決定をした。原発運転禁止の仮処分は全国初。訴訟の判決と異なり、決定は直ちに効力を持つ。 二基は今年二月、九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)に次ぎ、規制委が審査に適合すると判断、関電は十一月の再稼働を想定し、地元同意の手続きに入っている。樋口英明裁判長は決定で、新規制基準に適合しても安全性は確保されていないと批判し、基準に厳格さを求め、東京電力福島第一原発事故後に施行された基準を事実上否定した。 二十二日には川内原発の再稼働差し止めの仮処分決定が鹿児島地裁で予定されており、結果が注目される。 関電は決定を不服として、福井地裁に異議と執行停止を申し立てる方針。関電は主張が認められるまで再稼働はできないが、地元同意の手続きは進められる見通し。菅義偉(すがよしひで)官房長官は十四日、安全が確認された原発の再稼働を進める方針に変更はないとの考えを示した。 今回の決定は樋口裁判長と原島麻由裁判官、三宅由子裁判官の三人の合議。樋口裁判長は、規制基準に「万が一にも深刻な災害が起きないといえる厳格さ」を求めた。再稼働すると、二百五十キロ圏内の住民の生命や利益に関わる人格権が侵害される具体的な危険があるとも述べた。 二〇〇五年以降、全国の四原発で五回にわたり、基準地震動(耐震設計の目安となる揺れ)を超す地震が起きたことに触れ「想定を超える地震が来ないとの根拠は乏しい」と指摘。さらに地震動を下回る場合でも、主給水ポンプなどの破損で冷却機能が喪失、重大事故が生じると認定した。 使用済み核燃料では「国の存続に関わる被害が出る可能性があるが、堅固な施設で閉じ込めていない」と関電の対策を批判した。関電は答弁書で「安全対策は十分だ」と主張していた。
◆決定覆るまで動かせず
 関西電力高浜原発3、4号機の再稼働を禁じた福井地裁の仮処分決定は、判決確定まで効力がない本訴訟と異なり、即時有効となる。同地裁か、次に審理する高裁で関電側の異議が認められない限り、二基は再稼働できない状態が続く。 仮処分は通常の訴訟で争うと時間がかかるため、当事者の権利を守る目的で暫定的に行う法的手続き。
住民側が審査中止要請=高浜差し止めで規制委に 【時事通信】2015.04.15
函館、原発訴訟の原告が千人突破 青森・大間原発めぐり 【東京新聞】2015.04.15 ○青森県大間町の電源開発大間原発をめぐり、北海道函館市の市民団体「大間原発訴訟の会」(竹田とし子代表)の113人が15日、国や同社に原子炉設置許可取り消しや建設工事の中止などを求め、函館地裁に第6次提訴した。第5次までの897人と合わせ、原告数は1010人になった。 訴訟の会は2010年7月の提訴以降も全国から原告を募っており、追加提訴を続けている。6月4日には第16回口頭弁論が開かれる予定。 大間原発をめぐっては函館市も昨年4月、国や同社に建設の差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に起こし、係争中。
玄海原告団声弾む 玄海町や経済界、工程遅れ懸念 【佐賀新聞】2015.04.15 ○■重い判断、評価と動揺
 関西電力高浜原発の運転差し止めを命じた14日の福井地裁の決定。九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の再稼働に向けた手続きが進む中、国と電力会社の安全対策の不備を指摘した司法判断に、玄海原発操業差し止め訴訟の原告団は「安全の根拠を覆した画期的な内容」と評価した。一方、早期再稼働を求めてきた玄海町や地元経済界などには「今後のスケジュールが大幅に遅れるのでは」と動揺が広がった。 「司法が世論を反映してくれた」。全国最多の約9100人が提訴している玄海原発操業差し止め訴訟の原告団長を務める長谷川照・元佐賀大学長は声を弾ませた。原告弁護団も佐賀市内で会見し、「今回の決定は全国の原発に当てはまり、再稼働は許されない」と強調。玄海原発でも同様の仮処分申し立ての準備を進める意向を明らかにした。 一方、玄海原発の早期再稼働を求めている佐賀県商工会議所連合会の井田出海会長は「原子力規制委員会の審査を覆すような決定が出たのは意外」と驚く。「仮処分とはいえ、こうした司法判断が続けば、再稼働は大幅に遅れてしまう」と懸念を示した。 …また、伊万里市の塚部芳和市長は「原発周辺の住民が抱える不安を司法が認めたということではないか。再稼働を進める電力会社や国はこれを重く受け止め真摯(しんし)に向き合ってほしい」と望んだ。 今回の決定に続き、22日には川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働差し止め仮処分の判断が示される。唐津市の坂井俊之市長は「玄海原発への影響の大きさを考えれば、その結果を注視したい」と述べた。  ★仮処分とはいえ??? 仮処分は、緊急を要する事態だから、仮処分したのだ❕❓ いつでも、何でも、仮処分申請が出来る訳ではない… 勘違いも甚だしい。仮処分は、緊急を要すると認めた訳だから、即時効力を発する。…仮処分が取り消されるまで、続く。=再稼動できない事態。
上関原発 漁業捕獲金の配分案否決 【山口新聞】2015.04.15
県内原告団「画期的」 高浜原発差し止め/滋賀 【中日新聞】2015.04.15 ○高浜原発3、4号機をめぐっては、滋賀県の住民も再稼働禁止を求めて大津地裁に仮処分を申し立てている。原告団の辻義則団長は「画期的で歴史的な決定。大津地裁で我々が主張しているような内容が認められており、大変勇気づけられた。大津でも再稼働禁止の決定を勝ち取りたい」と話した。 大津市の越直美市長はコメントを発表し、「原発の安全性を厳格に判断し、安全性に対する市民の不安が反映された内容である」と評価。「このように厳格な基準がなく市民が不安を持っている状況で、再稼働すべきではない。国は決定を重く受け止め、新基準について再考すべきだ」と意見した。・・・
「再稼働反対」声届いた 高浜原発差し止め/福井 【中日新聞】2015.04.15 ◯住民側が掲げた垂れ幕に思いが込められていた。「司法はやっぱり生きていた」。十四日に福井地裁であった関西電力高浜原発3、4号機(高浜町)の再稼働差し止め仮処分の決定をいち早く知ろうと、地裁前には多くの人が訪れ、住民側の主張を全面的に認める決定を喜んだ。 裁判長は昨年五月に関電大飯原発3、4号機(おおい町)の差し止め判決を出した樋口英明氏。当時「司法は生きていた」の垂れ幕を掲げて判決を喜んだ住民たちは、今回も自分たちの主張が認められると確信していた。大津市の無職福塚通広さん(65)は「大津地裁の仮処分申し立ては昨年十一月に却下されたが、今回判断を下すのは樋口さん。絶対大丈夫と安心して待つことができた」と話した。 決定文を受け取った海渡雄一弁護士が興奮気味に「この命令は(原発再稼働を推進する)国と電力会社の暴挙を正した。今度こそ司法の判断を厳粛に受け止めるべきだ」と声明を発表すると「万歳」「素晴らしい」と歓声が次々と上がり「樋口さんありがとう」と叫ぶ人もいた。 一方で、今後の課題を見据える人も。申立人の一人で一昨年八月から毎日、県庁前で原発反対を訴えている坂井市丸岡町新鳴鹿の石森修一郎さん(68)は「決定が追い風になるかもしれないけれど、まだ通過点。最高裁で認められるまで油断せず活動は続ける」と気を引き締めた。  ★そう評価される、裁判所は、幸い! 司法権は幸い! しかし、実は、手放しで喜べないのが、信頼できないのが、日本の三権分立の現状。安倍コベ内閣は、違憲の府とされる立法府から信任を受けている故に、信頼を得ていない❕❓ 他方、裁判所には、信頼を置きたい、市民感情がある❕❓ 一縷の望みをかけるに近いものがある❕❓ 況して、脱原発に反する再稼動、平和に敵対する戦争する国を企てる政府を前にしては。
浜岡訴訟に追い風 高浜原発が再稼働差し止め/静岡 【中日新聞】2015.04.15 ○福井県や関西の住民ら九人が関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働差し止めを求めた仮処分申し立てで、福井地裁(樋口英明裁判長)は十四日、住民側の主張を全面的に認めて再稼働を認めない決定をした。 福井地裁の仮処分決定を受け、中部電力浜岡原発(御前崎市)の廃炉を求める訴訟の原告は「画期的な決定だ」と歓迎した。決定では原子力規制委員会の新規制基準を満たしても、原発の安全性は確保されないと指摘しており、「浜岡原発にも同じことが言える。早く運転差し止めを判断するべきだ」と訴えた。 浜岡原発をめぐっては、運転差し止めや廃炉を求める訴訟が東京高裁、静岡地裁、地裁浜松支部で係争中。仮処分の申し立ては東京高裁と静岡地裁で審理されている。 県内の弁護士が中心に提訴した静岡地裁の弁護団は十四日午後、県庁で記者会見した。鈴木敏弘代表は、東京電力福島第一原発事故を踏まえ、「二度と福島の惨劇を繰り返してはならないという考えを法的にも認めて、司法の役割を果たすべく判断を示した」と評価。時おり笑顔を見せながら、仮処分決定の意義を強調した。 さらに、昨年五月に関西電力大飯原発の運転差し止めを決めた福井地裁判決を引き合いに出し、「仮処分も同じ裁判長なので期待していた。運転差し止めの決定を知って大変うれしかった」と説明。浜岡原発の訴訟への影響に関しては「原発の危険性を司法が認めたので追い風になる。裁判所は早く判断を示してほしい」と話した。 原発事故が起こる前の二〇〇三年に提訴し、東京高裁に控訴中の原告代表の鈴木卓馬さん(74)=藤枝市=は「福井地裁判決に続いて画期的な決定」と歓迎。「提訴当時と比べると原発事故もあり、脱原発への機運を強く感じる。浜岡の運転差し止めの判決が出るまで頑張りたい」と力を込めた。 浜岡原発の地元四市でも、今回の福井地裁の決定を好意的に受け止める人は多い。「良い判断。東日本大震災以降は誰もが原発の存在を不安に感じている」と語るのは、御前崎市で子育て中の主婦(32)。浜岡原発の永久停止を主張する西原茂樹牧之原市長は「国の今後の原発政策に影響を与える注目すべき決定」と評価し、松井三郎掛川市長も「新規制基準に合格した原発の運転を差し止める仮処分決定は大変重たい」としている。
<高浜再稼動認めず>東北の脱原発派は歓迎 【河北新報】2015.04.15 ○福井地裁が高浜原発3、4号機の再稼働を認めない仮処分決定をした14日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)などで再稼働へ向けた動きが進む東北にも波紋が広がった。脱原発を訴える市民は決定を歓迎する一方、原発立地自治体では地元への影響を懸念する声が上がった。 「行政が再稼働に突き進む中、司法は福島第1原発事故という歴史的事実を重く受け止めて判断するようになった」。市民団体「女川原発の再稼働を許さない!2014みやぎアクション」の篠原弘典世話人は決定を評価し、「かつての原発訴訟では無力感を感じたが、今は司法判断も大きな力になる」と述べた。 原発事故の避難住民は、あらためて原子力行政に不信を募らせた。福島県楢葉町から茨城県に避難している農業草野巍久(たかひさ)さん(76)は「原因究明も途中なのに再稼働を進めようとする行政は信頼できない」と  ★然り!

<最終処分場>名称変更は「子どもだまし」と反発 【河北新報】2015.04.15 ○望月環境相が指定廃棄物の「最終処分場」の名称を「長期管理施設」に変更すると表明した14日、宮城県内の3候補地からは「名前を変えただけの子どもだまし」「ただの先延ばし」と反発や疑問の声が上がった。  ★『最終処分場』⇒『長期管理施設』??? ❕❓果ては、中間貯蔵施設が、長期管理施設に、コンバート、か。下心

高浜原発:支援者ら「最高の決定」 再稼働差し止め仮処分 【毎日新聞】2015.04.14 ◯◇福井地裁前 500人 歓声と拍手
 想定外の地震による原発事故を「現実的で切迫した危険」と断じ、関西電力高浜原発3、4号機の運転禁止を命じる仮処分を出した14日の福井地裁決定。「合格」とした原子力規制委員会の審査とは正反対の結果に、申し立てた住民らは「最高の決定だ」「歴史的な一歩」などと高く評価したが、国の原子力政策に従ってきた地元自治体などからは疑問や戸惑いの声も聞かれた。 「考えられる最高の決定だ」。関電高浜原発3、4号機の再稼働を差し止める仮処分決定が出た14日、福井地裁前には申し立てをした住民や支援者約500人が集まり、小雨の中で歓喜に沸いた。午後2時過ぎ、今大地(こんだいじ)晴美代表らが「司法はやっぱり生きていた」「司法が再稼働を止める」と書いた垂れ幕を掲げると、「よくやった!」と歓声や拍手が起こった。 決定は、東京電力福島第1原発事故後に作られた原発の新規制基準を「(基準に)適合しても原発の安全性は確保されない」と否定した。同様の仮処分申し立てや訴訟に波及する可能性があり、住民側は「日本中の原発を廃炉に追い込みたい」と意気込んだ。弁護団の海渡(かいど)雄一共同代表は「日本の脱原発を前進させる歴史的な一歩。住民の人格権、ひいては子どもの未来を守るという、司法の本懐を果たした輝かしい日」と笑顔で声明を読み上げた。 その後、福井市内で開かれた記者会見では、内山成樹弁護士が原発の耐震設計の基本となる基準地震動の策定方法に疑問を呈した決定に触れ、「基準地震動が1桁上がるかもしれない。費用がかかって現実的には対策は無理だ」と指摘した。河合弘之・弁護団共同代表は「新規制基準を作り直すことから出直せ、と言うのが裁判所のメッセージだ」と強調した。 また、内山弁護士は、原子力規制委員会の田中俊一委員長が「規制委がすることは規制。結果として安全が担保できればいい」などと発言したことを取り上げ、「安全基準と関係ない規制基準なんて、ばかを言ってはいけない」と批判した。
「原発再稼働を」 日商会頭が新潟の原発を視察 【TOKYO MX】2015.04.14

ANN: 「極めて残念」規制委員長 “高浜”再稼働差し止め 4/15 ○原子力規制委員長は「理解を得られず、極めて残念」と話しました。  原子力規制委員会・田中俊一委員長:「常に安全を追求する姿勢を貫くとやってきているが、そういった趣旨や意義が理解されなかったのは極めて残念」  14日に福井地裁は高浜原発3、4号機の再稼働を認めない仮処分を決定しましたが、田中委員長は、地裁が新規制基準を批判したことなどについて遺憾の意を表しました。一方で、地裁の判断にいくつか事実誤認があることも指摘し、新規制基準を見直す考えはないことを明らかにしました。今後もこれまで通り審査を継続する方針です。  ★いいんじゃないの❕❓ 安全追求と規制レベルの追求とレベルの違う話なんだから。規制委の自認する通り、新基準は、安全を保証するものではないのだから。 市民は、安全な、平和な生活を欲している❕❓ どれがこれに、適うか、だ。

 
 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 滝野川国民学校沼津会と「静浦疎開学園ものがたり」のこと ・ブログ連歌(402) ・ 民主平和党ホームページ ○「滝野川国民学校沼津会」に出席してきました。「沼津会」とは、昭和19年(1944年)の7月から翌年の前半まで、沼津市獅子浜の本能寺で東京の学童疎開児のために開設されていた「静浦疎開学園」で生活を共にした仲間の集まりです。当時の5年生と4年生が参加して、最大時で80名ほどの男女共学でした。 この疎開学園については、昭和60年に発行された「静浦疎開学園ものがたり」という、すぐれた記録文集があります。編集委員の中心には、推理作家の内田康夫氏がいました。当時の4年生で、私の1年下になります。その文集に寄せられた原稿の多くは、空腹や望郷などの悲しさはあるものの、総じては少年期の貴重な体験を懐かしむ記憶を綴ったものでした。内田氏はそれらを「社会的財産として未来に残す」と述べています。 戦争による「強いられた親離れ」は、少年少女に忍耐を教え成長を促した一面はあったでしょう。共同生活への適応を学びながらも、家族の有難さを痛感させられる場でもありました。しかしそれは、決して繰り返してはならない歴史なのです。 じつは私はこの集団疎開に最初の1ヵ月しか参加していません。体中に吹き出物ができるなどのトラブルがあって、親が治療を理由として帰宅させたのです。母親に連れられて寺の門を出るときの、うらやむ友人たちの刺すような視線を覚えています。その以後私が集団疎開に参加することはありませんでした。その結果として東京の空襲を、最初から最後まで経験することになったわけです。
市民社会フォーラム: 「暴走安倍内閣の戦争法案」を考える学習会  ○平和憲法を守るため奮闘されている皆様へ、
本日(15日)に開催される、「暴走安倍内閣の戦争法案」を考える学習会をお知らせします。 ・・・
市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラム第148回学習会】『レイシスト・カウンター』上映会(5/4@京都、5@神戸、6@大阪)
市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラム第147回学習会】松居友×泥憲和 日本人ができる平和貢献 『ミンダナオ子ども図書館』の経験から(5/4@京都、5@神戸、6@大阪) ◯5/4@京都の回にはスペシャルゲストとして池田香代子さんがいらっしゃいます。
市民社会フォーラム: 【YOいっションよりお知らせ】 4月20日吉見裁判第7回口頭弁論&合同報告集会のお知らせ
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
IWJ: 【速報】福井地裁 高浜再稼働を認めず「新規制基準は緩やかに過ぎ。適合しても安全性は確保されていない」と断言! 山本太郎議員は「安全神話の第二幕を開けさせなかった」
植草一秀の『知られざる真実』: 現代日本の良心福井地裁樋口英明裁判長を守れ
孫崎享のつぶやき: 気づこう!安倍首相は戦後歴代首相中、対米隷属では最たる首相だ(5)米国の指示に従う ○安倍首相の動静を見ると一つの顕著な特徴がある。 日米関係の重大な決定の局面があると、米国から特定の人物が派遣され、安倍首相がこれらと会談していることである。 ごく最近では、日米関係では【1】集団的自衛権を具体的に法制化する、(2)普天間問題で沖縄県の辺野古移転に対する反対が強硬であるという問題に直面している。 そしてこの時期に2人の重要人物が訪日している。 3月26日、デンプシー統合参謀本部議長が官邸に首相を訪れた。 4月8日、カーター国防長官が同じく安倍首相を安定で訪れた。ここで辺野古移転に関し、「今後とも確固たる決意の下で進めていく」と強調している。 こうした個々の流れとともに、大きな流れで安倍首相をどのように利用していくかのコンセンサスが存在している。 それを明確に述べたのはヘリテージ財団のクリングナーである。
天木直人のブログ: ここまで米国に相手にされていない安倍首相はピエロだ  ★米政府が、捨てれば、日本人も捨てる❕❓ 安倍コベ氏を。
天木直人のブログ: 樋口判決は第二の伊達判決だ。いや、それ以上だ。 ○これを見たとき、私はすぐに1959年に東京地裁で下された、米軍基地は違憲であるという判決を思い出した。 当時の東京地裁裁判長である伊達秋雄氏の名を冠して、後々まで語り継がれる、いわゆる伊達判決である。… 伊達判決は、岸内閣が安保条約改定を強行しようとしていた中で、米軍基地は憲法違反であると断じた。 勇気ある判決だ。 だからこそ、日米両政府は慌て、田中耕太郎最高裁長官は、米国の手先となり、高裁を通り越して一気に最高裁で差し戻し判決を下して、結果的に伊達判決を葬ってしまった。 …しかも当時と今では政治状況が異なる。 当時はまだ終戦から十年余りしかたっておらず、反基地闘争には野党や労働組合や世論の後押しがあった。 しかし、いまは安倍政権の一強多弱の政治状況だ。 しかも岸信介首相の孫である安倍晋三首相は、祖父を超えんとばかり、ますます暴走し、いまややりたい放題だ。 少しでも反対するものを容赦なく弾圧している。 メディアがその安倍政権に屈服し、反安倍政権を一緒になってつぶしにかかっている。 そんな時に、安倍政権が事実上決め、その方向で突っ走っている原発再稼働に、正面からストップをかけたのだ。 この樋口裁判長の勇気は物凄い。 私が伊達判決を超えたという理由がそこにある。
五十嵐仁の転成仁語: 4月15日(水) ドキュメンタリー映画「圧殺の海―沖縄・辺野古」が伝えるもの  ○海上保安庁は「海猿(うみざる)」ではありませんか。それなのに、あれではまるで「権力の犬」で、猿が犬に変わってしまったようですね。ええ、ですから私たちは「海犬(うみいぬ)」と言っています。  昨日、ポレポレ東中野まで行って、ドキュメンタリー映画「圧殺の海―沖縄・辺野古」を見てきました。その時の景山監督と私との会話が、冒頭で紹介したものです。


市民社会フォーラム: 朝日放送おはようコール 木原善隆が高浜仮処分と徒構想説明会を語る
「県警、弁護人接見を盗聴」=開示テープで発覚―袴田さん弁護団 【落合洋司】2015.04.14
木内みどりの「発熱中!」 :3月28日の集会、「フクシマを忘れない! さようなら原発大講演会」 司会してきました。 【マガジン9】2015.04.10 ○「充実」の集会でした。
 まずは呼びかけ人・鎌田慧さんからご挨拶。福島現地からの現状報告としていわき市議会議員・佐藤和良さんのお話。そして、大江健三郎さんの講演。とてもとても素晴らしい講演でした。続いて、京都原子炉実験所の今中哲二さんの講演。今中さんは、「原子力ムラ」に与しない原子力の専門家「異端の熊取6人衆」のおひとりですが、一昨年の夏、この会でも講演してくださった京都大学実験所の小出裕章さんがこの3月いっぱいで定年退職されましたので、残るは今中哲二さんだけ。その最後のおひとりはこの日、優しい穏やかな声で厳しい現状を解説してくださいました。  続いて、今回は参加できなかった澤地久枝さんから届いた文章をわたしが朗読しました。声にして読むと澤地さんの「本気」が伝わって胸に響きます。最後の方に全文、載せておきますので読んでみてください。できれば声に出して音読されることをお勧めします。 ここからこの集会では初めての試み、「キウチさんのパフォーマンスの時間」と呼ばれた時間になりました。わたしの提案が受け入れられいただけた時間です。
山田正彦さんに聞いた(その2)主権者である国民としてTPPの情報公開を求めよう 【マガジン9】2015.04.08 ○TPP(環太平洋連携協定)は、太平洋を囲む多国間での「ヒト、モノ、カネ」の流れを自由化するための経済連携協定。シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイ、アメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシア、カナダ、メキシコ、そして2013年7月に遅れて参加した日本をあわせた12カ国が交渉に参加しています。これまで各国の思惑が入り乱れるなか交渉は難航してきましたが、主導権を握るアメリカからのプレッシャーも強く、いよいよ大筋合意に至るのではないかとも言われています。
TPPは、私たちの暮らし全般にかかわる協定です。しかし、秘密交渉のためにその詳細が知らされることはありません。TPPによって暮らしはどう変わる可能性があるのでしょうか? 今年1月、TPP交渉は違憲であるとして「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」を設立した、元農林水産大臣の山田正彦さんに話をうかがいました。

 
  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



戦後70年にちなんで「アースデイ東京」 18、19日代々木公園で 【東京新聞】2015.04.15 ○環境イベント「アースデイ東京2015」が十八~十九日、東京・代々木公園で開かれる。戦後七十年などにちなみ「イエス、ピース(平和がいいね)!」がテーマ。広島で被爆した女性や福島の高校生らによるトークが企画されている。関係者は「放射能が人に被害を与えたという意味で、広島と福島の問題は共通する部分が多い。世界が放射能で汚染されてきたことも知ってほしい」と来場を呼びかけている。 トークイベントに参加するのは、広島で看護の仕事をしていて被爆し、五十代から語り部を続けている埼玉県蕨市の服部道子さん(86)や、福島の子どもが抱える問題などを発言してきた福島県いわき市の本田歩(あゆみ)さん(18)、同県郡山市に住む三児の母でシンガー・ソングライターのあべじゅんさんら。

「力の限界」に直面=使命と現実のはざまで苦悩-米【戦後70年】 時事通信 4/15 ○【ワシントン時事】冷戦に勝利し唯一の超大国になったはずの米国は今、出口のないテロとの戦いを続けている。米同時テロ以降のアフガニスタン、イラクでの戦争に終わりが見えた途端、過激派組織「イスラム国」という敵が現れ、米主導の国際秩序に挑戦する。暴力の連鎖の中で聞こえてくるのは、米国にはもはや世界の自由と民主主義の擁護という「使命」を達成する力はないのではないかという憂鬱(ゆううつ)な自問だ。
 ◇「他人の戦争」  ◇イラクで破綻明らかに   ◇根強い「例外主義」
米連邦地裁:軍事会社の元社員に終身刑 イラク射殺で 【毎日新聞】2015.04.15 ○ワシントンの米連邦地裁は13日、2007年にバグダッドで発生したイラク民間人14人の射殺事件で昨年10月に殺人罪などの有罪判決を受けていた米民間軍事会社「ブラックウォーター」(名称は当時)の元社員1人に終身刑、他の3人に禁錮30年の量刑を言い渡した。 米司法当局によると事件は07年9月に発生。米政府職員を警護していた同社警備員の車列付近で爆弾が爆発した後、4人を含む警備員のグループがバグダッド中心部で停止中の車に無差別に発砲。9歳と11歳の子ども2人と女性2人を含む14人が死亡し、17人が負傷した。…事件は米国のブッシュ前政権が開始した03年のイラク戦争後に米軍大部隊が駐留し、宗派間衝突による事実上の内戦が続いていた期間に発生しており、米国のイラクでの蛮行を象徴する事件の一つとなった。
アジア投資銀57カ国参加=ADBに迫る規模-中国から初代総裁有力 時事通信 4/15 ○【北京時事】中国財政省は15日、同国主導で年内に設立するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に57カ国の参加が決まり、創設メンバーが確定したと発表した。3月末の期限前に駆け込み申請が相次いだ結果、日本と米国が最大出資国であるアジア開発銀行(ADB)の67カ国・地域に迫る規模で発足することになった。… AIIBは国際金融機関として、主にアジアの途上国に対しインフラ整備資金を融資する。その資金力に期待した途上国だけでなく、自国の企業や金融機関の関連ビジネス参入を狙う英国、ドイツ、フランスなどの先進国も加わった。一方、日米は運営方法や融資の審査体制に不透明な点が多いとして参加を見送った。 中国は最大50%を出資する意向を表明。本部が北京に置かれるほか、ADB副総裁を務めた金立群・元中国財政次官が初代総裁の最有力候補と目されるなど、中国が運営に強い影響力を持つのは必至だ。 設立協議は昨秋以降、先行して参加を決めた国々によって進められている。4月末に北京で第4回、5月末にシンガポールで第5回首席交渉官会合をそれぞれ開いて詳細を詰め、6月末までに設立協定に調印する。

ANN: きょうナビ「午後6時のアクセスランキング」 4/15 ○「テレ朝news」午後6時現在のアクセスランキングです。
【動画】4/16(木)天気は回復、GW頃の陽気に(15日19時更新) ○あす16日(木)は、高気圧にゆるやかに覆われるため、日中は晴れる所が多いでしょう。高気圧が南にある時は、高気圧から本州に向かって南風が流れ込み、全国的に気温が高くなります。  関東から西の地域では、日中20℃を超える所が多くなる見込みです。東京の予想最高気温は23℃と、5月中旬並みです。  春らしく、天気はコロコロと変わります。  朝は北海道で雨や雪でしょう。日中は全国的に晴れますが、夜は次第に西から天気が下り坂へ向かいます。九州や中国地方の一部では、夜、お帰りのタイミングから、雨が降り始めるでしょう。  是非、日中の日差しを有効にご活用ください。(気象予報士・岡田沙也加)
ANN: 電力自由化にらみ 東電・中電が火力発電で新会社 4/15 ○東京電力と中部電力が火力発電の新会社を設立します。  両社は50%ずつ出資し、新会社「JERA」を今月30日に設立します。火力発電の燃料の調達から発電まで手掛ける新会社を通じて、経営の効率化を図ります。すでに稼働している火力発電についても、新会社への統合を検討するとしています。電力業界では、来年の電力完全小売り自由化をにらんで、地域や業界の枠を超えた提携が相次いでいます。  ★原発に、火力依存??? どんな神経をしているのか??? 反省無いのも、大概に❕❓
TBS: セウォル号沈没1年で追悼式、政府関係者の姿なし 4/15 ○死者295人、行方不明者9人を出した韓国の旅客船セウォル号の沈没事故から、16日で1年を迎えます。現場近くの港では追悼行事が行われました。そこに政府関係者の姿はなく、与党幹部は締め出されました。 一方で、15日の式典には政府関係者の姿はなく、訪れた与党セヌリ党の幹部も、参列者が退場を求めたため、参加することができませんでした。船の引き揚げを求める遺族らは、政府の対応に不満を募らせており、追悼行事も政府批判が色濃く出たものとなりました。  ★結局、旅客船セウォル号、船は引き上げないのか??? 残念なこと、だ。
TBS: セウォル号事故のトラウマ 「死の体験」「心の薬局」 4/15 ○韓国の旅客船セウォル号の沈没事故は、被害者や遺族だけではなく、韓国社会全体に深い傷を残しています。死に装束に身を包んだ若者たちや、街角に現れた「心の薬局」という自動販売機。韓国の深いトラウマは、私たちの予想を大きく超えたもののようです。  目を閉じて棺の中に横たわる人。死に装束を着ていますが、亡くなったわけではありません。実はこれ、ソウル市内の寺が行っている「自分の死」を体験してみるというプログラムです。  ★この辺は、異文化だ、ね。

辺野古「ノー」でエール─新基地建設中止を求め八重山の会が発足─ 【八重山毎日新聞】2015.04.15  ■「辺野古基金」で世論喚起へ   ■八重山からも声上げる   ■市民対立の要因は排除を
再稼働差し止め 脱原発の世論と向き合え 【琉球新報】2015.04.15 ○関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)について、福井地裁が再稼働を差し止める仮処分決定を出した。再稼働の動きに司法がブレーキをかけた画期的な判断と言えよう。 3、4号機をめぐり安全対策が不十分として、周辺住民らが再稼働差し止めを求め仮処分を申し立てていた。仮処分で原発の運転を禁止する決定は全国で初めてだ。  決定はすぐに効力を持つ。関電は不服を申し立てる方針だが、主張が認められない限り再稼働はできない。  再稼働に関しては昨年5月に福井地裁が関電大飯原発3、4号機の運転差し止めを命じた。だが関電は判決を不服として控訴し、その結論を待たずに再稼働に向けた作業を進めていた経緯がある。  住民側が今回、再稼働の動きをすぐに止めようと仮処分を求めたのは、昨年5月の判決を事実上無視した関電の姿勢が背景にある。  関電は仮処分決定に対して「当社の主張を理解いただけず誠に遺憾。到底承服できない」とコメントして仮処分の取り消しを求めたが、関電は今回の決定や再稼働に反対する国民世論と今こそ真摯(しんし)に向き合うべきだ。  仮処分では重大事故の発生可能性などが争点だった。
[高浜原発仮処分] 再稼働の不安に応えた 【南日本新聞】2015.04.15 ○福井地裁は1年前の関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟でも「地震対策に構造的欠陥がある」として、再稼働を認めない判決を言い渡した。 差し止め訴訟判決にしろ今度の仮処分決定にしろ、東京電力福島第1原発事故による「安全神話」の崩壊が念頭にあったのだろう。 発生5年目に入ったのに事故収束の見通しは立たない。 一方、安倍政権は原発を「重要なベースロード電源」と位置づける。関電も差し止め訴訟が高裁で係争中なのに、その判決を待たずに再稼働の準備を進める。 それでも事故は起きる、というフクシマの教訓が生かされているのか。再稼働の不安に応えた司法判断といえよう。
高浜原発仮処分 決定を重く受け止めたい 【西日本新聞】2015.04.15 ○…反対の動きを横目に見ながら既成事実を積み重ねていく。結論先送りで時間を稼ぎ、最後は仕方ないなと相手に思わせる-。この作戦が裏目に出たのが国営諫早湾干拓事業の開門調査問題である。 潮受け堤防排水門の開門をめぐり、認める判決と差し止めの仮処分決定が出て、開門してもしなくても制裁金を払う事態になった。 脱原発の声を無視して新たなエネルギー政策を考えても絵に描いた餅に終わる恐れが強い。異論を排すのでなく、政府は今回の決定をまずは重く受け止めるべきだ。  ★民主主義に反する、姑息な態度❕❓ 権柄ヅク、パワハラで、押し付けようとする❕❓後戻り政権。
【再稼働の禁止】 危険性認めた決定は重い 【高知新聞】2015.04.15 ○福井県の住民らが、関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働差し止めを申し立てた仮処分で、福井地裁が再稼働を認めない決定をした。  原発の運転禁止の仮処分は全国で初めてだ。政府や電力会社が再稼働に向けた歩みを加速させているだけに、司法が原発の危険性にあらためて警告を発した意味は非常に重い。  高浜3、4号機は2月に原子力規制委員会の新規制基準に基づく審査に合格し、3月には高浜町議会が再稼働に同意した。今後、町長や県知事の同意などの手続きを経て、関電はことし11月の再稼働を想定している。  地裁決定は「新規制基準は合理性を欠く」と指摘し、基準に適合していても安全性は確保されていないとする。関電が想定した、耐震設計の目安となる揺れ「基準地震動」について、「信頼に値する根拠を見いだせない」としたことなどからも明らかだろう。  政府は新規制基準を「世界で最も厳しい」と強調している。だが、基準地震動の策定方法を含め、専門家からは「世界一」に対する疑問の声が上がっているのが実情だ。  ★やはり「世界で最も厳しい」と吹聴していたのは、原発を推進して来たA級戦犯の、政府だったか。そんな修飾語で、騙そうとするな!主権者を、だ。 不埒千万!な奉仕者、公務員。日本語が、主語を隠しやすいからと言って、悪用するな! 特に、政治の世界では、主語を隠すな! 戦争する国化でも、そう❕❕ 採決もそう、だ。記名式を原則とすべきだ。爾後の投票の参考になる❕❓実質参政権を保障せよ。
高浜原発差し止め 政府は再稼働方針を撤回せよ 【愛媛新聞】2015.04.15 ○住民の不安に向き合い、命と安全を最優先した重い判断といえるだろう。関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の再稼働差し止めを周辺住民らが申し立てた仮処分で、福井地裁は再稼働を認めない決定をした。原発の運転を禁止する仮処分は全国初だ。  樋口英明裁判長は、政府が「世界で最も厳しい」と自賛する新規制基準を「合理性を欠く」「緩すぎる」と切り捨てた。安倍政権の原発推進政策の全否定に等しい。速やかに再稼働方針を撤回しなければなるまい。多くの国民が求める原発に依存しない社会の実現こそが責務なのだと、肝に銘じてもらいたい。  新基準自体が否定された影響は、高浜原発だけにとどまらない。示された懸念は、分離して仮処分の審理が進む関電大飯原発3、4号機(同)や、原子力規制委員会の審査をほぼ終えた四国電力伊方原発など、全国どの原発にも当てはまる。  住民らは、基準地震動を超える地震で炉心が損傷し、重大事故に陥る可能性があるとして人格権が侵害されると訴えた。決定は「関電の想定は信頼に値する根拠が見いだせない」と、住民側の主張を認めた形だ。「250キロ圏内の住民に具体的危険がある」という指摘を、社会全体で受け止める必要がある。  高浜3、4号機は2月に新基準に事実上「合格」し、関電は11月の再稼働を目指していた。判決と異なり、仮処分決定は直ちに発効する。不服を申し立てても、取り消しや変更などがない限り再稼働はできず、今後のスケジュールへの影響は避けられない。  合格イコール「安全」ではないことも、再確認しておきたい。規制委の田中俊一委員長自らが「リスクはゼロではない」と繰り返し強調している。合格は基準への適合を確認しただけであり、安全性の担保にはなり得ないのだ。
高浜再稼働認めず 政府は重く受け止めよ 【徳島新聞】2015.04.15 ○原発の再稼働に前のめりの安倍政権に、冷や水を浴びせる決定である。 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の安全対策は不十分だとして、周辺住民らが再稼働の差し止めを申し立てた仮処分で、福井地裁が再稼働を認めない決定を下した。 仮処分で原発の運転を禁止する決定が出たのは全国で初めてだ。 決定は直ちに効力を発し、関電の不服申し立てが認められるまで再稼働できない。 高浜3、4号機は2月、原子力規制委員会による新規制基準の適合性審査に合格したばかりである。 決定はその新基準について、緩やかに過ぎ、合理性を欠くと断じた。 政府は「世界一厳しい」とする新基準に適合した原発は再稼働させる方針を示しているが、決定は安全性を根本的に否定したものといえよう。 政府は司法判断を重く受け止め、原発政策を真剣に考え直す必要がある。

安保協議再開 何のためにそれほど急ぐ 【西日本新聞】2015.04.15
[安保法制協議] 議論置き去りにするな 【南日本新聞】2015.04.15 ○自民、公明両党はきのう、自衛隊の任務と活動範囲を広げる新たな安全保障法制に関する与党協議を再開した。 政府がまとめた海外派遣の規定などについて吟味し、関連法案づくりを進める。安倍政権は今国会の成立を目指しているが、拙速は許されない。徹底的な議論を求めたい。 新たな安保法制整備は、海外での武力行使を禁じて専守防衛に徹してきた戦後日本の防衛政策の大転換である。 だが、国のかたちをかえるテーマにもかかわらず、政府は法制化にあまりに前のめりだ。  ★拒絶する❕❓














comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: