FC2 Blog Ranking
2015-04-22

4/22: 怒る女性誌:政権批判、読者に押され 改憲…本当に必要? “異変”?安倍晋三政権批判・硬派な記事が 主権者は、堂々率直に!男性も❕‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・安倍首相、アジア・アフリカ首脳会議で演説  14時38分
 ・バンドン会議60年の節目、アジア・アフリカの連携を確認  14時38分  ★バンドン会議の輝き、名誉を回復できるか❕❓
 ・湯河原・女性殺害、防犯カメラに不審な人物  14時0分
 ・首都高速晴海線の架橋工事を公開  13時59分
 ・セウォル号の引き揚げ決定、韓国政府9月にも作業開始  13時59分  ★追い込まれたとはいえ、支持
 ・官邸に「ドローン」落下…今後の捜査は?  17時38分   ★なぜ今、誰が、上げたか、落としたか??? 自由に想像… 取り締まりたい政府❕❓
 ・ずさんな管理 ペットショップに業務停止命令  5時58分
 ・アシアナ機 左右エンジン壊れ、機能喪失か  5時57分
 ・性能不足の免震ゴム 新たに90棟で使用  5時55分
 ・安倍総理の発言、真榊奉納に 中韓が反発  5時53分
 ・安倍総理、ジャカルタ到着 きょう日中首脳会談  5時52分
 ・鹿児島 川内原発再稼働巡る仮処分 判断へ  ★22日午前

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」4月23日例会のお知らせ  (笹井明子) ○4月23日(木)18:30から「サロン・ド・朔」(☆)4月例会を開催します。 5月3日の憲法記念日を目前に控え、今回は私たちの原点に立ち返って、「皆で考える 日本国憲法」というテーマで、参加者全員で「憲法」の意味、意義を考え、話し合い、再確認する勉強会にします。いよいよ現実味を帯びてきた「憲法改正のための国民投票」。ずっと自民党政権のペースで改憲に向けた準備が進められていますが、そんな状況を座して見ているわけにはいきません。 私たちサイドも、一人一人が憲法をどう考えているかを確認しあい、「草の根護憲派」が今後一般の人たちと話をしていく時、憲法とは何かを語れる言葉を見いだし、憲法を自分達の手に取り戻し、その日に備えたい。今回はそのための一歩にしたい思います。 関心のある方、自分の考えを表明・検証したい方、一緒に学びたい方は、是非ご参加ください。お待ちしています。
参加ご希望の方は、 「護憲+HP」記載のメールにてご連絡ください。 折り返し会場、プログラム等の詳細をご連絡します。
 ***
 ■日時:4月23日(木)18:30~21:30
 ■場所:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅近く)
 ■テーマ:「皆で考える 日本国憲法」
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳


 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」
 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


4月22日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: いいね!4・21 朝日新聞の言論、表現に関する二つの社説  (厚顔 ) ○ジャーナリズムとして当然の批評と思いますが、今の安倍内閣の暴走にストレスを感じておられる方にはいくらか溜飲がさがるのではないかと思い、転載します。
 言論の府で―異論への異常な圧力 朝日新聞 4/21
 放送法―権力者の道具ではない 朝日新聞 4/21
イシャジャの呟き: 春本番  誕生日の花 ヤマツツジ 花言葉 燃える思い  ◯ウグイスが囀っているが もう少し練習が必要みたいだ。暫らく続く この天気で上達も早いだろう。
 午後から 3時間余 休まず草むしりをした。風呂場用の椅子に座り、NHKラジオの”午後マリ”を聴きながらの楽しい作業だったが、終わったら 腰に疲れを感じた。
 今日のトピックス Blog4/21: 全国世論調査 民意に沿い「辺野古」断念を 民主主義の肝❕‽主権者が参加・議論・情報公開…衆知結集…より明確に出来る、民意尊重を!

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 


「九条の会」メールマガジン 第208号  ★2015年4月10日発行★  ○ 第208号の主な内容 
 ■事務局からのお知らせ
 ◇アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止め
       ――主権者の声を全国の草の根から(再録)
 ◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
 ◇お知らせ!――昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレ
    ットNo.918「憲法九条は私たちの安全保障です。」が刊行されました
 ◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい

 ◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。
  憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります

 ◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権
    と憲法9条」のDVD、好評です
 ◇九条の会第5回全国交流集会の記録
    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
 ◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の
       記録ブックレット好評発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! 割愛 本文で❕❓

九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。


【最新】女性の声を政治に反映させる  金繁典子さん(グリーンピース・ジャパン) (2014年12月15日)
◆怒りとともに投票所へ  永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会) (2014年12月8日)
◆いまこそ投票に行きましょう!  小口幸人さん(弁護士) (2014年12月8日)

◆高校生などに憲法の何をどう伝えるか  稲次寛さん(兵庫県高等学校教員) (2014年12月1日)

◆安倍首相から『日本』を取り戻そう  泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹) (2014年12月1日)
◆日本国憲法との出会い 平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと  白神優理子さん(弁護士) (2014年11月24日)
◆労働者派遣法改正案・被害者は誰か?  嶋﨑量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事) (2014年11月17日)

◆一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して  横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員) (2014年11月10日)
◆憲法と民主主義の危機  山口二郎さん(法政大学教授) (2014年11月3日)

憲法情報Now<憲法をめぐる動向> バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

・2014年12月15日付   注目!「(日本国憲法が)特殊なことには意味」 その他
・2014年12月11日付   注目!「憲法9条にノーベル平和賞を」−韓国で受賞 その他
・2014年12月8日付   注目!最高裁判事の国民審査 その他
・2014年12月4日付   注目!「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」 その他
・2014年12月1日付   注目!団結権侵害は許されない、と大阪地裁 その他
・2014年11月27日付   注目!最高裁が参院選「違憲状態」判決 その他
・2014年11月24日付   注目!一票の格差是正求め一斉提訴へ その他
・2014年11月20日付   注目!女性誌が「母親たちの初めての憲法教室」 その他
・2014年11月17日付   警戒!日本会議が緊急事態条項を議論 その他

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

NHK: 川内原発 再稼働差し止め認めない決定 4/22 ○鹿児島地方裁判所の前田郁勝裁判長は、「国の新しい規制基準は、専門的知識を持つ原子力規制委員会によって策定されている。過去10年間に当時の基準を超える地震の揺れが全国で5例観測されたが、新しい規制基準はその原因を考慮して手法が高度化されていて、最新の科学的知見に照らして不合理な点は認められない」という判断を示しました。そのうえで、「地震の揺れの想定は地域的な特性を踏まえたうえで一定の余裕が確保されていて、巨大噴火の可能性についても火山学者の間で頻度が小さいという認識は共通している。川内原発が基準に適合しているかどうかの判断について不合理な点はない」などとして、住民の申し立てを退ける決定を出しました。
 住民側弁護団長「十分な検討行われず」  住民側の弁護団長の森雅美弁護士は、「裁判所の決定は九州電力の主張だけを取り入れた内容で、十分な検討が行われていない。合理的な内容の決定とは言えず不満だ。しかし、これに屈することなく今後も、原発を止めるための方法を考えていく」と話しました。  ★仮に、今回も、続けて、再稼動禁止の仮処分があったなら、実際問題、脱原発・反原発に大きく振り子がふれたであろう❕❓ そういう期待もしただけに、反した決定は、残念だ… しかし、この決定は、プロ裁判官ならずとも、如何にもありそうな決定だった❕❓ 再稼動禁止と決定すれば、決定的な流れを作りかねないのだから❕❓ 但し、この裁判所、裁判長は、原発推進政策を肯定したことになるから、過去の福島原発事故の罪の一端は、引き受けたと認められる。原告等からすれば、非難は当然、甘受しないと。  “月並み”裁判長❕❓
川内原発:再稼働差し止め認めず…鹿児島地裁決定 【毎日新聞】2015.04.22 ◯ 仮処分は川内原発運転差し止め訴訟の原告団の一部である鹿児島、熊本、宮崎県の住民12人が申し立てていた。前田裁判長は「具体的危険性を検討しても申立人の人格権が侵害されるおそれは認められない」と判断。  ★具体的危険を検討したなら、異議あり! 半端な検討に他ならぬ❕❓ 九電の言い成りか、規制委の言い成り、程度…

避難判断に使わず=放射能予測、防災指針改定-規制委 【時事通信】2015.04.22 ○原子力規制委員会は22日、原発事故が起きた場合の住民避難の在り方を定めた原子力災害対策指針(防災指針)の改定を正式決定した。東京電力福島第1原発事故で活用できなかった緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)は避難の判断に使わない。 規制委は3月5日から4月3日まで、防災指針の改定案について一般から意見を募集。806件が寄せられ、うち半数以上がSPEEDIの活用を求めるものだった。 SPEEDIは福島原発事故で避難の際の情報として使われなかったことから批判されたが、規制委は放射性物質の放出量などが分からないと予測は難しいと判断。参考情報としても扱わないことを決めた。  ★放射性物質の放出量など計測しないつもりなのか??? 直ぐに役立つかは別にして、数日後も、風下に避難していた愚は、避けれるのではないか? 長い目で見れば、その経験も役立つはずだ❕❓避難に。 それとも、再稼動は、短期間なのか? 代替エネルギー等の貢献で❕❓そう、予見しているのか?



 


 
 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(6)国際連盟からの脱退 ・ブログ連歌(402) ・ 民主平和党ホームページ ○国際連盟の本部はスイスのジュネーブに置かれていた。日本全権として乗り込んだ外務大臣・松岡洋右の心中は複雑だった。満洲国の存在を否定されたら妥協はできない。さりとて戦争に次ぐ戦争のリスクを乗り越え、ようやくにして獲得した一等国としての地位と信用を、失いたくないのはもちろんである。満洲の利権に未練のあるアメリカが、加盟国でもないのに裏で圧力をかけていることもわかっていた。
 特別総会の採決では、日本に厳しい結果が出ることは予想されていた。問題は、その後の日本を国際連盟がどのように扱うかということである。規定では除名処分もあるが、連盟としてはアジアの有力加盟国を失いたくはないはずである。それでも勧告に従わなければ、一定の経済制裁を発動されるおそれがあった。これは資源小国である日本にとっては深刻な打撃になる。
 面従腹背の老かいな外交術を使いこなす国だったら、勧告は受け入れておいて素知らぬ顔で満洲の開発を進めてしまう方法もあっただろうが、日本の国も外交官も、まだ若かった。そして何よりも、満洲国に皇帝溥儀を復活させる構想をよしとした天皇の期待を裏切るのは、恐れ多くて絶対にできないことだった。
 そこで死中に活を求めるように浮上したのが、国際連盟からの脱退だった。自ら脱退してしまった国に対しては、連盟はいかなる制裁を科すこともできない。公然と国際社会に背を向けることにはなるが、それこそが日本らしい独自の道に見えてきたのである。東京からジュネーブへ「国際連盟からの脱退も止むなし」の訓電が送られた。
 採決の結果は、賛成四二、棄権一、不参加一で、反対票は日本の一のみだった。松岡大臣は「もはや日本政府は連盟と協力する努力の限界に達した」と最後の演説をして、そのまま日本代表団を引き連れて会場を後にした。
 総会から日本へ帰国したとき、松岡は外交の失敗を非難されることを覚悟していた。しかし案に相違して、松岡を迎えたのは凱旋将軍を迎えるような大衆の大歓迎だった。新聞報道などは、「連盟よさらば! 我が代表堂々退場す」といった論調だったのである。国民はすでに連戦連勝の空気に酔って止めどなかった。
 日本の国際的孤立を憂慮したのは、むしろ天皇であった。直後の昭和八年(1933)三月に「国際連盟脱退の詔書」を発している。
IWJ: 2015/04/22 川内原発再稼働差し止め却下 弁護団は地裁の「事実誤認」を指摘、「九電の反論をそのまま採用した『コピペ判決』だ」と批判  ○鹿児島県の川内原発1、2号機の再稼働差し止めを住民らが求めた仮処分の申し立てに対し、鹿児島地裁(前田郁勝〈いくまさ〉裁判長)は2015年4月22日、申し立てを却下する決定を出した。事業者の九州電力は7月上旬に1号機の再稼働を目指しており、住民側は福岡高裁宮崎支部に即時抗告する方針を示した。 決定を受け、司法記者クラブで会見を開いた住民側の弁護団の一人、只野靖弁護士は今回の決定に対し、「九電の反論をそのまま採用している『コピペ判決』だ」と批判した。
@動画: 正義を実現させるためには、正義の行動で闘わねばならない/ I Have a Dream キング牧師のアメリカ市民革命 4/21
IWJ: 2015/04/19 「死せる魂」だった司法から微かに見えた「希望」 志賀原発を止めた元裁判官・井戸謙一弁護士に、高浜原発差し止め決定から司法の戦争責任まで岩上安身が聞く!(動画)
孫崎享のつぶやき: 朝日放送ラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」、集団的自衛権等 ◯朝日放送ラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」で本21日朝8時インタビューを報道した。事前に質問があり、私が用意した想定問答。実際の放送はこれをベースに詳しく説明したが、参考まで。
醍醐聰のブログ: BPOへ審議要望書を提出~NHKの瑕疵ある辺野古報道を正すために97名の連名で~ ○4月20日、全国各地で活動している、NHKなどメディアの放送のあり方を考える市民団体の有志とメディア研究者など97名が連名で、放送倫理・番組向上機構(BPO)に対し、「辺野古の米軍基地建設に関するNHKの報道の不公平と不作為を正すための審議を求める要望書」を提出した。私もこの要望書の提出者の連名に加わった。要望書の全文は次のとおり。 また、次のような添付資料2点もあわせて提出した。
 審議要望書全文
 ・添付資料1 「辺野古新基地建設をめぐる動き」(年表)
 ・添付資料2 「参照番組・記事・論説一覧」
天木直人のブログ: 翁長知事の面会要請を断っていたケネディ大使の衝撃
五十嵐仁の転成仁語: 4月22日(水) なぜテレビは政治を正面から報じないのか(その1)




 
  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 




ANN: 予報も味覚も春から初夏へ! 今村涼子の「今天」 4/22 ○きょうの「今天」がこちら、「予報も味覚も春から初夏へ!…夏日連続」です。季節がまた1歩進みそうです。  ★小玉スイカの収穫が、始まる… 連続夏日❕❓
ANN: お腹なでられ気持ちいい…ウンピョウの赤ちゃん公開 4/22 ○アメリカ・フロリダ州の動物園で公開されたのは、生後6週間のウンピョウの雄の赤ちゃん・モーグリ君です。お腹をなでられて、とても気持ちよさそうです。動物園によりますと、ウンピョウは東南アジアの森林などに生息していますが、伐採や密猟の影響で絶滅が懸念されています。今は飼育員の両手に収まるほどの大きさですが、体長110cm、重さ20kgくらいまで成長するとみられています。
ANN: きょうナビ「午後6時のアクセスランキング」 4/22

怒る女性誌:政権批判、読者に押され 改憲…本当に必要? 毎日新聞 4/22 ○芸能ゴシップや美容・健康情報などで華やかな女性週刊誌に“異変”が起きている。安倍晋三政権をストレートに批判する硬派な記事が目立っているのだ。俎上(そじょう)に載せるのは、安全保障法制の見直しや憲法改正、原発再稼働、アベノミクス、そして女性活躍推進といった目玉施策。この怒り、どこから湧いてくるのか。【小林祥晃】 まずは表をご覧いただきたい。この1年間に、3大女性週刊誌(「女性セブン」=小学館▽「女性自身」=光文社▽「週刊女性」=主婦と生活社)が掲載した安倍政権を批判する記事の見出しである。<安倍さんは世界で“女性蔑視”だと思われている!><安倍政権は女の涙ぐましい努力をわかっちゃいない>などと、普段女性誌を読まないオジサン記者にはびっくりの率直さ。もちろんこれらはほんの一部に過ぎない。他にも原発再稼働や憲法改正などへ疑問を投げかける記事が少なくない。 政治にモノ申す記事が増えてきたきっかけとして関係者が口をそろえるのが東日本大震災と福島第1原発事故だ。「週刊女性」の渡辺高嗣副編集長は「原発事故を経験して『最悪の場合、どうなるのか知りたい』というニーズが高まった。特に子供や家族を守る立場の女性にはその思いが強い」と話す。集団的自衛権やアベノミクスなどを取り上げる際にも「要するに、どうなるの?」という疑問に答えることを大事にしている。 「女性自身」の田辺浩司編集長は「震災以降、特に主婦層は子供たちに明るい未来、安全な社会を残してあげられるのかを考えるようになった。そこに訴える記事を出そうというのが編集方針。特に原発、福島は徹底して追いかけている」と明かす。 読者も好意的に受け止めているようだ。「週刊女性」の毎号約40本の記事のうち、面白かった記事を選ぶ読者アンケートで政治ネタはベスト10の常連だ。昨秋、小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相が「政治とカネ」の問題で相次ぎ辞任した直後に特集した「政治とカネ問題Q&A」は5位に。「政治資金規正法の仕組みや、何がダメだったのかを徹底解説した。新聞やワイドショーで繰り返し伝えている話なので、読まれるかと心配しましたが、意外でした。それどころか『まだまだパンチが足りない』『もっと伝えて』という声ばかり。『やり過ぎだ』なんて声はありません」(渡辺さん)  ★健全な表明だ❕❓ 産み、育てる、第一線の女性にとって、平和と安定・安全・安心は、何よりの関心事❕❓ 見通しが立たないといけない! この点は、男性でも同様だが。見解は、判りやすく、ダイレクトで良い。
NHK: 受刑者に文通禁止 処分取り消し命じる判決 4/22 ○千葉刑務所で服役中の受刑者2人が支援団体との手紙のやり取りを禁止されたのは違法だと訴えた裁判で、千葉地方裁判所は「刑務所の判断に合理性があるとは言えない」として、国に処分の取り消しなどを命じました。千葉市若葉区にある千葉刑務所で服役中の2人の受刑者は、支援団体との手紙のやり取りを禁止した刑務所の処分は違法だと訴えて、処分の取り消しや慰謝料の支払いを求める訴えを起こしていました。千葉地方裁判所の廣谷章雄裁判長は「手紙のやり取りが受刑者の矯正に支障を生じるとは言えず、刑務所の判断には合理性があるとは言えない」として、国に対し、処分の取り消しと、このうち1人の受刑者への慰謝料2万5000円の支払いを命じる判決を21日出しました。判決について、千葉刑務所の大内唯壽所長は「判決内容を十分に検討し、関係機関と協議して適切に対応したい」としています。   ★これが、法務省の姿勢❕❓ 人権擁護の使命感なし❕❓ 寧ろ、検事と一体❕❓か。 憲法を護らない❕❓

超党派国会議員ら新憲法制定大会開催へ…来月 【読売新聞】2015.04.22 ○超党派の国会議員らでつくる新憲法制定議員同盟(会長・中曽根元首相)は5月1日、東京・永田町の憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開く。 与野党や経済界の代表らが出席し、憲法改正論議の加速を求める決議を採択する予定。西修・駒沢大名誉教授と宮家邦彦・立命館大客員教授の講演も行われる。午後4時開会で参加無料。議員同盟には、自民、民主、維新の各党などの衆参国会議員123人が参加している。  ★主権者の平和を求める多数と国会議員の多数とは、捩じれがあり、克服できていない❕❓ 

NNN: 官邸に「ドローン」落下…今後の捜査は? 4/22 ○警視庁は、威力業務妨害などの疑いで捜査を始めた。今後、ドローンを飛ばした人物の特定や、放射性物質がどのように入手されたものかを調べることにしている。  警視庁は22日午後5時現在、千代田区にある機動隊の施設でドローンの解体をしている。また、放射性物質が検出された容器や中身の液体について、詳しく鑑定することにしている。ドローンがいつ、誰によって飛ばされたかはまだわかっていないが、放射能マークがあることなどから、何らかの意図を持った人物による犯行の可能性があるとみている。  警視庁は公安部に捜査本部を設置することも検討していて、威力業務妨害などの疑いで、ドローンを飛ばした人物の特定などを進めることにしている。  ★首相官邸の警備が、本当に、ドローンとした間が抜けたものである、あったなら、悪意ある第三者の仕業ということも、考えられよう… しかし、安倍コベ氏のおわす官邸警備が、それ程に間が抜けているだろうか? 警視庁が官邸警備をおろそかにするだろうか? 先ず、疑問である❕❓ お先棒担ぎが、例によって、先行しているが…マスゴミ❕❓
NNN: 官邸のドローンから微量の放射線検出 4/22 ○22日午前、東京・千代田区にある首相官邸で、屋上に小型無人機「ドローン」が落下しているのが見つかった。ドローンに取り付けられたプラスチック製の容器からは微量の放射線が検出されたという。  警視庁によると、ドローンには「放射能マーク」もついていたという。プラスチック容器の外側の部分で放射線の反応が出たということで、容器の中身については、まだ分からないという。・・・  ★悪気のある加害者であるとすると、何故、主、安倍首相のいない官邸を狙ったのか? 最大効果を上げようとすれば、主のいる時に狙うのではないか❕❓ 安倍の怒り心頭の様子を思い浮かべながら…ニンマリしながら。 率直に言って、限りなく『やらせ』の気がして来た…
ANN: 「ドローン」って?災害地や医療で活躍、便利だが… 4/22
ANN: 「危機管理に万全期す」政府 官邸に「ドローン」 4/22 ◯主不在の総理官邸の屋上で、小型無人機「ドローン」が発見されました。この事態を受けて、政府はどのように対応しているのでしょうか。  ★官邸が、間抜けぶりを認めた❕❓ それとも、今後の警備の口実にしたかった❕❓のか。ドローン取り締まり強化…目的?
TBS: 日中首脳会談、アジア投資銀などで意見交換へ 4/22
ANN: 「大戦への深い反省」示した安倍総理の狙いとは… 4/22
米下院議員ら慰安婦で謝罪要求 首相議会演説めぐり 【東京新聞】2015.04.22 ○米下院議員らが21日夜、連邦議会の本会議場で特別演説を行い、安倍晋三首相が29日に予定している上下両院合同会議での演説で、歴史問題に言及し、従軍慰安婦問題について謝罪するよう求めた。 特別演説はその日の議事終了後、議員らが自由にテーマを選んで意見表明する下院の制度で、今回は民主党のマイク・ホンダ議員が中心となって開催し、約10人が参加。韓国人の元慰安婦、李容洙さん(86)や支援者が傍聴した。
ANN: 首脳会談に応じる中国側の狙いは?その背景を解説 4/22
NNN: 首相“おわび”否定的 韓国大使がけん制 4/22 ○国務省のハーフ報道官代行は、安倍首相の見解について直接的な評価は避けながらも、次のように述べた。  ハーフ報道官代行「歴史問題については、全ての関係国の傷を癒やし、和解促進が重要だと強調し続けてきた」  安倍首相は26日からアメリカを訪れ、議会で演説も行うことになっていて、その内容をめぐってはアメリカ国内でも注目が高まっている。  一方、韓国の柳興洙駐日大使は22日、東京都内で講演し、戦後70年談話に「過去の植民地支配への反省」を盛り込むよう求めた。  柳大使「核心は『侵略』『植民地支配』『反省』という3つのキーワードが(安倍首相の)談話に入るのか入らないのかだ」  柳大使は「中国・韓国などの国民は、日本政府の歴史認識に疑いを持っている。この3つのキーワードを使えば、周辺国と国民に評価される」と述べ、安倍首相をけん制した。

鳩山元首相が会見 クリミア訪問、沖縄、安倍談話に言及 THE PAGE 4月22日(水) ○なぜ、クリミアを訪問したのか?  日ソ国交回復をはたした祖父・鳩山一郎の時代から、鳩山家としても日ソ関係に関わってきている。プーチン大統領の時代に、問題の解決をしなくてはならないが、アメリカに追随したクリミア問題に関する対ロ制裁の実施で、プーチン大統領に会えずにいる。これでは、北方領土の問題の打開はできない。  クリミア問題に関しては、西側の情報だけでは一面的な理解になる。ウクライナ問題は、ソチオリンピックにプーチン大統領がかかり切りになっているときに、軍産複合体に影響を受けたアメリカがさまざまなアクションをしたことが発端だ。オバマがいつも正しく、プーチンがいつも悪いとも言えない。ウクライナの民主化という視点で見ることもできるが、18世紀後半以来ロシアの土地であったクリミアが、ソ連に戻ったと見る事もできる。  クリミアの少数派であるタタール人の問題はあるが、そのタタール人でさえ、日本の投票率からみれば高いと言える55パーセントが住民投票に参加し、それから1年経った。今では、99パーセントがロシアのパスポートを持ち、7割がロシアへの編入に賛成し、多くのタタール人も満足していると聞く。もちろん、戦車や兵隊はおらず、ロシア系住民は満足しているし、クリミアのセヴァストポリにあるモスクワ大学の分校などで講演したが、学生の目は輝いていた。作られた平和でない、ということを理解するべきだ。  クリミア問題で日本がやるべきことは、制裁を解除することではないか。元外務官僚の東郷和彦氏が、「このまま制裁を続ければ、ロシアは中国に接近する。これは日米両国にとっても望ましい事ではない」と言っている。制裁の解除について、安倍首相には日米首脳会談で、オバマ大統領に言って欲しい。・・・

辺野古許可取り消し「あり得る」 沖縄知事、停止指示の正当性主張 【東京新聞】2015.04.22 ○沖縄県の翁長雄志知事は22日、県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立てに向けた作業を続けている沖縄防衛局に対し、既に作業停止指示を出したことを踏まえ、今後、海底面を掘削する岩礁破砕の許可を取り消す可能性が「十分にあり得る」と語った。 辺野古移設阻止に向けた知事権限の行使を警告し、政府への対決姿勢をあらためて鮮明にした。 県は22日、防衛局に対し翁長氏が3月23日に出した作業停止指示の正当性を主張する文書を林芳正農相に宛て発送した。

[軍港受け入れ] 公約破棄は裏切り行為 【沖縄タイムス】2015.04.22 ○那覇軍港の移設反対を公約に掲げて当選した松本哲治浦添市長が、軍港受け入れを正式に表明した。  21日夕方開かれた市政報告会では、出席した市民から「国際的リゾートの前に戦車が並ぶ軍港はそぐわない」「公約は政治家の生命。子どもたちに規範意識を示してほしい」など受け入れに反発する声が相次いだ。  那覇軍港は復帰直後の1974年に日米間で返還が合意されたが実現せず、96年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告で浦添埠頭(ふとう)地区への移設で再度合意されている。  軍港移設問題は、浦添市が進める西海岸開発計画と密接に関わることから、歴代市長が必死になって取り組んできた市政の重要課題でもある。  三つどもえとなった2013年の市長選では、軍港受け入れを「容認」「見直し」と主張する対立候補に対し、松本氏だけが「反対」を訴え当選。当時、知名度が高いとはいえなかった松本氏勝利の要因の一つに軍港反対の姿勢が挙げられた。  重要な争点にからむ公約の撤回は有権者を裏切る行為である。政治的、道義的責任は免れない。
マイナンバー 個人情報流出の対策徹底を 【宮崎日日新聞】2015.04.22 ◯個人情報流出の対策徹底を  「マイナンバー制度」の運用が来年1月から始まる。赤ちゃんから高齢者まで国民全員に個人番号を割り当て、社会保障や納税に関する情報を一元管理するもの。ことし10月に、国民一人一人に12桁の個人番号が市町村から通知される。本人が申請すれば、顔写真付き個人番号カードが交付される。  暮らしに大きな影響を及ぼす制度であるにもかかわらず、内容をよく知らない人は多い。政府は丁寧に説明するとともに、個人情報の流出などを不安視する国民の声に向き合ってほしい。 ■民間企業に準備遅れ■  
日米TPP協議 「前進」の演出まだ早い 【中国新聞】2015.04.22
自民の修正要求/異論封じる空気は危うい 【神戸新聞】2015.04.22 ○政権の意に沿わない発言は、なかったことにするというのか。 集団的自衛権行使を可能にする安全保障関連法案をめぐり、「戦争法案だ」と国会で批判した社民党の福島瑞穂副党首に、自民党が発言の修正を求めている。福島氏は「質問権の弾圧だ」と拒否しているが、自民党も譲らない。このままでは議事録は「未定稿」とされ、公開されない可能性もある。 事実誤認や中傷に当たる発言が修正・削除された例はある。だが政府の見解と相いれないからといって修正を求め、応じなければ一連のやりとりが議事録に残らないのでは与党の横暴にほかならない。 怖いのは、社会全般に批判を許さない空気がまん延することだ。自由な議論によって成り立つ国会の権威をおとしめ、政権による言論の封殺にもつながる行為を見過ごしてはならない。野党は結束して、自民党の対応を追及すべきだ。 福島氏は1日の参院予算委員会で安保法制について「後方支援の名のもとに、戦場の隣で武器弾薬の提供を認めようとしている」などと述べ、戦争法案と位置付ける理由を説明した。安倍晋三首相は「レッテルを貼って議論を矮小(わいしょう)化するのは甘受できない」と反論した。 安倍政権が目指す安保法制には国民の反対意見が根強い。「日本は戦争ができる国になるのではないか」という福島氏の指摘は、国民が抱く懸念や不安を代弁している。正面から答えるのが安倍首相の責任だ。 そもそも個々の法案をどう位置付けるかは、政党や政治家個人の思想信条に基づく議論の土台である。立場を明らかにした上で批判したり、歩み寄ったりして議論を深めるのが国会の重要な役割のはずだ。
安保をただす 後方支援新法 憲法から逸脱する懸念 【信濃毎日新聞】2015.04.22 ○安全保障法制をめぐり自民、公明両党が来週、実質合意する見通しになった。  考え方の隔たりが大きかった自衛隊派遣の際の国会承認について折り合ったからだ。  政府は、他国軍を後方支援するため自衛隊を随時、海外派遣できる恒久法の制定を考えている。つくる必要があるのか、憲法と相いれるのか。法案の内容以前に、基本的な疑問が拭えない。  ★憲法違反は、憲法違反! 昨年7月1日の閣議決定に端を発した、それだ。違憲・無効の上に、幾ら法律を政令を積み重ねようとも、『親ガメこけたら、皆こけた』の一蓮托生の運命にある❕❓ 亦、最高裁からも、“違憲の府”の如き、構造的欠陥を指摘されてきた国会議員たち。一票の価値の不平等の問題も抱えた侭だ。 平和憲法に弓を弾く、そんな分際ではない…
与党安保協議 なぜ法案成立を急ぐのか 【新潟日報】2015.04.22 ○自民党と公明党が21日に安全保障法制に関する協議会を開き、懸案だった国際紛争に対処する恒久法「国際平和支援法案」について互いに了承した。 これにより、安保法制全般について与党として来週に実質合意する見通しとなった。 与党の圧倒的多数を背景に、国会提出前の法案に関わる両党の調整に注目が集まる。 現実政治の姿としては、当たり前なのかもしれない。
 だが、政府与党から国民への説明がないままに、これほどの大事の骨格と方向性が決まっていくことに危惧を持つ。 それでなくても安保法制についての議論は多岐にわたり、一般には極めて理解しづらい考え方をたくさん盛り込んでいる。 一日も早い政府与党による国民への詳しく丁寧な説明が要る。その是非を判断する材料を示してもらいたい。

首相演説要旨=バンドン会議 【時事通信】2015.04.22


NHK: 鹿児島 川内原発再稼働巡る仮処分 判断へ 4/22  ★22日午前中
ANN: 安倍総理の発言、真榊奉納に 中韓が反発 4/22
ANN: 安倍総理、ジャカルタ到着 きょう日中首脳会談 4/22
TBS: 習国家主席、アジア・アフリカ会議のためジャカルタ到着 4/22
NNN: 米軍とフィリピン軍 合同上陸訓練 4/22
TBS: 「イスラム国」指導者が空爆で重傷、英紙が報じる 4/22

NNN: 旧“赤プリ”工事現場で転落 監督者が死亡 4/21 ◯警視庁によると20日午後7時頃、千代田区の赤坂プリンスホテル跡地の建設工事現場で現場の作業を監督していた高山昭雄さん(57)が倒れているのがみつかり、搬送先の病院で死亡が確認された。高山さんはクレーン車で鉄骨を運ぶために開いていた穴から、約30メートル下に転落したとみられている。  高山さんは安全ベルトをつけていなかったということで、警視庁は現場の安全管理についても調べる方針。  ★珍しい工法なのか? 現場監督が、現場の30メートルの穴に落ちる、なんて。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: