FC2 Blog Ranking
2015-04-27

4/27: 小渕優子前大臣、特捜部から任意聴取 火元は『地盤、看板、カバン』世襲政治!? 理非曲直も法も、市民の暮らしも平和も破る!? 今度は解釈改憲、世界中で戦争する???

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・「二度と戦争ダメ」 NPT会議前 広島市長らNYデモ  15時0分  ★支持する。
 ・北海道で30度超え 日差し強烈 各地で気温ぐんぐん  14時55分
 ・情報漏れ警戒、神経ピリピリ AIIB創設57カ国一堂に  13時41分
 ・小渕優子前大臣、特捜部から任意聴取されていた  13時40分
 ・“駅ナカ戦争”激化!ローソンが東京メトロに出店  11時58分
 ・AIIB首席代表会議 加盟国は「中国へ期待」  5時58分
 ・負傷の日本人女性が雪崩の瞬間語る ネパール地震  5時50分
 ・「石見銀山遺跡」の山で岩の下敷きに 男性死亡  6時13分
 ・ネパール大地震、死者2500人超す 被害拡大の一途  6時11分
 ・マンザナ日系人強制収容所跡地で慰霊祭  6時11分
 ・世田谷区長選、現職の保坂氏が再選   1時16分

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


4月27日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 魚は頭から腐る  (流水) ○現在の日本の最大の問題点は、全ての出来事を皮相な解釈で語り、誰も物事の本質を語らなくなった点に求められます。それどころか、物事の本質を突いた発言や発言者を忌避したり、追い詰める。まさに、【無理が通れば、道理引っ込む】言論状況にあります。 安倍首相の言う価値観外交(民主主義とか人権とか自由の価値観を共有する)とまるで相反する日本の言論状況です。ところが、日本の大手報道機関では、この状況を恥じる気概すら失せているのではないか、と思われる事象が続出しています。 そもそも憲法が保障する【言論の自由】は、国民が権力を批判しても危害が加えられないために与えられているのです。憲法が権力を縛るための法典というのはそういう意味なのです。 放送の許認可権を振りかざした政権側の圧力は、そもそも憲法の趣旨や放送法の理念と相反します。古賀氏に対する圧力を否定しながら、恥ずかしげもなくこのような圧力をかける、これは古賀氏に対する圧力を肯定しているのと同じで、自民党政権はこの程度の理性すら失っていると思われても仕方がないのです。 これに対して報道機関は、その総力を挙げて戦わなければならないはずです。全ての新聞、全てのTV局は、言論の自由を掲げてこのような政府自民党の圧力に抗議し、抵抗しなければならないはずです。しかし、現在の日本のメディアにはその程度の気概も残っていないようで、結局やったもの勝ちの状況です。   社民党の福島瑞穂氏が国会で「戦争法案」と発言した問題も同様です。安倍自民党が議事録の修正を求めているのは論外。政権側の意に沿わない国会発言の修正を迫るのは、議会制民主主義を根底から揺さぶる暴挙だと言う認識がなさすぎるのです。民主党の長妻議員が、戦前の反軍演説を引き合いに出していたが、その通り。 これ以降、日本の政党政治は終わり、大政翼賛会となり、太平洋戦争への道を転げ落ちます。斉藤演説は、政党政治の最後の輝きだったと言えます。  福島瑞穂議員発言に対する修正要求は、安倍政権や自民党議員が、民主主義のイロハも知らない集団である事を如実に示しているのです。  戦後すぐのバンドン会議では、植民地主義の克服と民族自決の原則が高らかに謳われたのです。ところが安倍首相は、この会議の本当の精神を抜きにして、言葉だけを盗むきわめて狡猾な演説を行いました。バンドン会議については以下を参照してください。… 安倍政権が強行している【集団的自衛権】と如何に似て非なるものかがお分かりだと思います。平和10原則など、ネール、スカルノ、ナセルなど戦後の第三世界の指導者たちのゆるぎない理念が結実した見事な宣言だと思いますが、安倍首相の演説は、この言葉だけをかすめ取り、精神を置き去りにした虚しい演説だと言わざるを得ません。 事ほどさように、安倍首相の言葉は、自らの国権的野望と独裁主義的精神傾向を国際的常識や平和を愛する日本人の国民性を考慮に入れて、何とか誤魔化そうとするあまり、それこそ理論的にも理念的にも何一つ一貫性の無いものにならざるを得ないのです。「衣の下の鎧」といいますが、バンドンでの演説と福島瑞穂議員の発言取り消しを求める思想的一貫性などどこにもないのです。・・・(割愛)
 日本は、OECD加盟国の言論の自由度ランキングで、61位
 資料にみる日本の近代: 4-10 反軍演説: 昭和15(1940)年2月2日の衆議院本会議で代表質問に立った民政党の斎藤隆夫は、・・・
 ウィキペディア: バンドン会議(Bandung Conference)、または第1回アジア・アフリカ会議 ○平和十原則 正式名称は世界平和と協力の推進に関する宣言。バンドン十原則(ダサ・シラ・バントン)

「護憲+」ブログ: テレビ界が抱えるいくつかの問題、テレビCMの堕落、NHKの受信料 4/27 ○NHK辺野古報道の不公平と不作為の審議を求め、BPOに要望が、放送界のみならずマスコミ界全体が不正常な方向へと雪崩をうつかの現下の流れを押しとどめ、特定の意図のもとに行われる意識誘導を断ち切る「のろし」となってくれることに期待するものです。  話は逸れるのかもしれませんが、テレビ放送という枠外にありBPOの関与外ということになるのかどうかもわからないことながら、テレビコマーシャルというのは勝手気ままでいいのが現状なのでしょうか。もう、60年近く前になりますが「一億総白痴化」と警鐘を鳴らされた時期がありましたが、現在の広告の知性レベルは、それをはるかに超えていると感じざるを得ません。意味もないお笑い興行へ丸投げしたようなしぐさ・仕掛けが席巻して、とどめ(であればよろしいのですが)は、最近放映され始めた「人のため?、そんなのあるはずないさ(意約?)」でしょうか。自浄作用なんて期待しようもないような、この世界の堕落ぶりですよね。 ついで(?)にもう一つ。「放送法」に寄りかかってのNHKのありように一石投ずるものはいないのでしょうか。 これだけの電磁化の浸透。受信機があれば「契約したもの」なんて、お笑いですよね。・・・
イシャジャの呟き: 50%割れ  誕生日の花 フジ 花言葉 恋に酔う 懐かしい思い出  ○東北六魂祭の幟  夏の様に 気温が上昇するなか 散髪のため 県下に行ってきた。一つ前のバス停で降りて 賑わい交流館が賑わっているか 眺めてきたが 六魂祭の準備の作業員の姿が目立った。 統一地方選後半戦の結果どうってことはないから昨夜は晩酌を終えて早めに寝て、今朝の新聞でを確認した。なんと 市議選の投票率47,61%で50%割れだと・・・、無効票は1685票の上ったとか 勿体ない・・・  今日は種苗店でつるなしササゲ豆の種と ビールの友にしようとの魂胆で 枝豆の種を買ってきた6月に蒔くこととの助言をいただいて・・・ それから カボチャの種を6粒入ったものも買っちゃたが 芽が出て花が咲いて受粉させて どうなることか ?
 今日のトピックス Blog4/26: 残忍、無残なリンチ殺人事件!? 生き埋めか 千葉・18歳少女殺害 安倍コベ支配!?「戦争する国化」と同時進行!? 人権違背の国化 元に戻そう!平和の国

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

「九条の会」メールマガジン 第208号  ★2015年4月10日発行★  ○ 第208号の主な内容 
 ■事務局からのお知らせ
 ◇アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止め
       ――主権者の声を全国の草の根から(再録)
 ◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
 ◇お知らせ!――昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレ
    ットNo.918「憲法九条は私たちの安全保障です。」が刊行されました
 ◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい

 ◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。
  憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります

 ◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権
    と憲法9条」のDVD、好評です
 ◇九条の会第5回全国交流集会の記録
    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
 ◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の
       記録ブックレット好評発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! 割愛 本文で❕❓


九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】女性の声を政治に反映させる  金繁典子さん(グリーンピース・ジャパン) (2014年12月15日)
◆怒りとともに投票所へ  永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会) (2014年12月8日)
◆いまこそ投票に行きましょう!  小口幸人さん(弁護士) (2014年12月8日)

◆高校生などに憲法の何をどう伝えるか  稲次寛さん(兵庫県高等学校教員) (2014年12月1日)

◆安倍首相から『日本』を取り戻そう  泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹) (2014年12月1日)
◆日本国憲法との出会い 平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと  白神優理子さん(弁護士) (2014年11月24日)
◆労働者派遣法改正案・被害者は誰か?  嶋﨑量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事) (2014年11月17日)

◆一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して  横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員) (2014年11月10日)
◆憲法と民主主義の危機  山口二郎さん(法政大学教授) (2014年11月3日)

憲法情報Now<憲法をめぐる動向> バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

・2014年12月15日付   注目!「(日本国憲法が)特殊なことには意味」 その他
・2014年12月11日付   注目!「憲法9条にノーベル平和賞を」−韓国で受賞 その他
・2014年12月8日付   注目!最高裁判事の国民審査 その他
・2014年12月4日付   注目!「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」 その他
・2014年12月1日付   注目!団結権侵害は許されない、と大阪地裁 その他
・2014年11月27日付   注目!最高裁が参院選「違憲状態」判決 その他
・2014年11月24日付   注目!一票の格差是正求め一斉提訴へ その他
・2014年11月20日付   注目!女性誌が「母親たちの初めての憲法教室」 その他
・2014年11月17日付   警戒!日本会議が緊急事態条項を議論 その他

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

敦賀再生へ原発再稼働、増設も視野 市長選当選の渕上隆信氏 【福井新聞】2015.04.27



 
 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 古木涼子の「歌とお話」を碑文谷サレジオ教会で聞く ・ブログ連歌(402) ・ 民主平和党ホームページ ○昨日の日曜日、「まだ見えなくてもあなたの道は必ずある」の著者、古木涼子シスターの「歌とお話」を碑文谷のサレジオ教会で聞いてきました。教会の地元協力会の主催で、かなり広い司祭館2階の会場は、補助椅子も出る盛況でした。ピアノの弾き歌いと、それぞれの歌にまつわるお話を、一人で語り通した90分でした。 この人のお話は、ユーモアを忘れず飾らない語り口が魅力です。そして、よく通って歌詞も聞き取れる清らかな歌声は絶品です。「いのちの歌」の誕生を中心とする、歌で伝えたかったいのちの大切さというテーマは、古木シスターの生涯を貫く宗教人とての使命そのものに違いありません。知っている話なのに、聞くたびに新しい発見があります。・・・
市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラム学習会】『むかしMatto の町があった』上映会(4/29祝@神戸)
市民社会フォーラム: 朝日放送おはようコール 伊藤惇夫がネパール大地震と安倍訪米を語る 4/27
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter
市民社会フォーラム: 署名お願い:集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を撤回 弁護士会 4/27 ○署名:拡散お願い:全国で弁護士会が「集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を撤回し、関連法律の改正等を行わないことを強く求める請願署名」ご協力のお願い ☆「集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を撤回し、関連法律の改正等を行わないことを強く求める請願署名」ご協力のお願い☆
【NPJ通信・連載記事】読切記事 首相官邸屋上に「ドローン」落下に驚く  寄稿:池田龍夫 5/24
【NPJ通信・連載記事】読切記事 自民党の「安全保障法制」のQ&Aにちょっと待った!その②  寄稿:明日の自由を守る若手弁護士の会 4/22
【NPJ通信・連載記事】読切記事 行き詰まった沖縄基地「辺野古移転」計画  寄稿:池田龍夫 4/20
協議の中身は「例外なき事後承認」――『ライブ講義』を応用して嘘を見破れ 【水島朝穂】2015.04.27





 
  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: 「二度と戦争ダメ」 NPT会議前 広島市長らNYデモ 4/27 ○核軍縮などを話し合う5年に一度の国際会議が国連で始まるのを前に、日本の被爆者らが核兵器の廃絶を訴えてニューヨークでデモ行進しました。  長崎で被爆した中山高光さん(86):「戦後70年だからね。何としても核兵器(廃絶)実現しないと」「(Q.NYまで来る活動の原動力は何?)やっぱり、もう二度と戦争はダメだという気持ちだな」  核軍縮などを話し合うNPT、核拡散防止条約再検討会議が、27日からニューヨークの国連本部で始まります。これに合わせて、広島市長や広島と長崎の被爆者ら約7500人が渡米し、会議開幕前日の26日、核兵器の廃絶を訴えてデモ行進をしました。  広島で被爆した斉藤政一さん(90):「(70年経ったが)まだ原爆もなくならないし、戦争もなくならない。どうしたらこの戦争と原爆を人間の知恵でなくせないのか、それが悔しい思い」  会議は、来月22日まで開かれますが、核兵器削減などを巡る核保有国とその他の国々の主張は依然、隔たりが大きく、交渉は難航が予想されます。.
ANN: 北海道で30度超え 日差し強烈 各地で気温ぐんぐん 4/27 ○北海道でも30度を超えました。4月としては各地、異例の暑さとなっています。  朝から強い日差しが照り付け、本州で今年初めての真夏日を記録し、福島県の浪江町では31度に達しています。4月に30度を超えたのは観測史上初めてです。帯広などでも30度以上まで上がり、北海道で4月に真夏日となるのは、17年ぶりのことになります。  女性:「すごい暑いです。この前まではすごい寒かったので、びっくりです」  都心でも今年初めて25度まで上がったほか、群馬の館林では真夏日となっています。この暑さは28日も続く見込みで、熱中症などに十分な注意が必要です。  ★ご自愛を!
ANN: 情報漏れ警戒、神経ピリピリ AIIB創設57カ国一堂に 4/27 ○中国が設立を主導しているAIIB(アジアインフラ投資銀行)の創設メンバー57カ国による初めての首席代表会議が北京で始まりました。  57カ国の代表は、国名のアルファベット順に振り分けられたバスに乗り込み、会場へと入りました。会議は27日から2日間行われ、組織運営のルールや出資比率などが話し合われる予定です。中国は、各国の代表が宿泊するホテルの警備を強化し、会議資料をメディアに公開しないよう注意書きをした紙を配るなど、情報が漏れることに神経をとがらせています。  ★部外者、立ち入り禁止❕❓ってとこか。
NHK受信料 支払い問う発明: 「NHKだけ映らないアンテナ」で受信料支払い不要に? 「公正で有益なNHKのあり方を議論するきっかけに」 4/27 ○筑波大学視覚メディア研究室が開発した「NHKだけ映らないアンテナ」が「ニコニコ超会議2015」(4月25~26日、千葉・幕張メッセ)の「ニコニコ学会」ブースに出展し、「研究してみたマッドネス」部門で大賞を受賞した。実際に受信料の支払いが不要になるかは今後司法の判断を仰ぎたいという。(ITmedia ニュース)
ANN: 小渕優子前大臣、特捜部から任意聴取されていた 4/27 ○小渕優子前経済産業大臣の関連政治団体を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が27日までに小渕前大臣から任意で事情を聴いていたことが分かりました。  小渕前大臣の関連政治団体が主催した「観劇会」を巡っては、2009年からの5年分の収支報告書の記載に少なくとも5100万円のずれがあることなどが分かっています。東京地検特捜部は、事実上の会計責任者とされる元秘書の折田謙一郎前群馬県中之条町長から事情を聴くなどして捜査を進めていますが、特捜部が27日までに小渕前大臣からも任意で事情を聴いていたことが関係者への取材で分かりました。収支報告書の作成の経緯や、観劇会の収支のずれに関する認識などについて、本人に説明を求めたものとみられます。特捜部は小渕前大臣の聴取内容を踏まえ、折田前町長らの刑事責任について慎重に判断する模様です。  ★地盤、看板、カバンが、当選の必須アイテムであるかの如き、“世襲政治”が、日本では広く行われて来たが、その基礎には、例の、一人一票、平等の原則に反する選挙制度が存在する! これなくしては、世襲政治は行えない❕❓ つまり、一人別枠式の議員割り当てがなくなると、安倍一族も、文字通り、雲散霧消するかも❕❓ …国替えに等しいか… 参政権、その具体化の、一人一票(価値の平等)制度実現は、それ程の衝撃があるかも。…だから、世襲政治のご本家、自民党などは、一人別枠方式(最高裁から、構造的欠陥・問題点と指摘)を廃止しようとしない❕❓ ズルズル、違憲・無効判決を回避しようと、姑息な小手先の「改正」=アリバイ作りに終始する… ダメなものは、ダメとダメ押ししないと。市民平等も、自由も人権も、平和も!実は、実現しない❕❓ 今、実現してはいない…
NNN: 安保法制めぐる政府見解 自公が大筋了承 4/27 ○安全保障法制をめぐる与党協議で27日、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」がどういう場合を指すのかなどの政府見解が示された。自民・公明の両党から特に異論は出ず、大筋で了承された。  27日の協議で示された政府見解のうち、「存立危機事態」については「他国に対する武力攻撃が発生した場合に、武力で対応しなければ日本が攻撃を受けた場合と同様に国民に深刻重大な被害が及ぶことが明らかな状況」などと定義している。そして、事態の認定の際には政府が「攻撃国の意思、能力などを総合的に考慮して判断する」とした。  こうした政府見解に対し自民・公明の両党からは大きな反対意見は出ず、大筋で了承された。これで与党は関連法案の主要な条文と、それについての政府見解の両方を大筋で了承したことになる。  今後はそれぞれの党内手続きを経た上で、連休明けに関連法案全体について最終合意する見通しで、政府は来月14日にも閣議決定する方針。  ★『違憲の府』(憲法違反、憲法違反の状態と判決された)の一部の議員が、好き勝手に、憲法違反の閣議決定を下敷きにして、猶、憲法違反の法案を、でっち上げようと、齷齪している❕❓ 主権者に隠避、秘密裏にして。極めて遺憾な事態!
FNN: 中谷防衛相、「ガイドラインを次のステージに進めていく」と強調 4/27  ★以下、同文! 公務員、大臣、議員、日本国憲法、平和主義を護らず❕❓
ANN: “駅ナカ戦争”激化!ローソンが東京メトロに出店 4/27

反対が過半数新庁舎を断念 壱岐市で住民投票 【佐賀新聞】2015.04.27 ○長崎県壱岐市で新たな市庁舎建設の賛否を問う住民投票が26日、市条例に基づき実施され、即日開票の結果、反対が9703票で過半数を占めた。賛成は4629票だった。白川博一市長は開票終了後に記者会見し、建設の中止を表明した。4カ所に分散している今の庁舎を耐震診断して、使用を継続する。 住民投票の結果に法的な拘束力はないが、投票率は63・67%で、白川氏が結果に「無条件で従う」としていた60%を上回った。白川氏は会見で「市の将来を考え、さまざまな意見をもらった。結果に従いたい」と述べた。 壱岐市は人口約2万8千人の離島。2004年に島内4町が合併した際、本庁舎を造らず、旧4町の役場に部署と職員を分散させていた。しかし、1カ所で市民が用件を済ませられず、現庁舎はいずれも老朽化しており、市は統合して新庁舎を建てる計画を決めた。
阪神支局襲撃、忘れることはない 事件28年を前に遺族 【東京新聞】2015.04.27 ○兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局が襲撃され、小尻知博記者=当時(29)=ら2人が散弾銃で殺傷された事件から5月3日で28年になるのを前に、朝日新聞社は27日、決して事件のことは忘れることはないとする遺族の近況を公表した。 朝日新聞によると、妻裕子さん(55)は節目節目に広島県呉市にある墓に通い、小尻記者と4年前に83歳で亡くなった小尻さんの父信克さんの冥福を祈っている。 福祉施設で暮らすようになった母みよ子さん(83)は歩くのが不自由で、車いすが頼り。墓参りも困難になったが、今年も体調さえ良ければ、命日に仏壇に手を合わせる予定だという。
「屈辱の日」63年 沖縄を政治的道具にするな 【琉球新報】2015.04.27 ○あす4月28日は対日講和条約が発効した日。敗戦国の日本が完全に主権を回復し、連合国による占領状態から独立を果たした。一方でこの日を境に沖縄、奄美を含む南西諸島が日本から切り離され、米施政権下に置かれ異民族支配が始まった。その後に繰り返された住民に対する弾圧、人権蹂躙(じゅうりん)、基地被害の源流となるこの日を沖縄では「屈辱の日」と呼んできた。 ことしは条約発効63年で、沖縄の施政権が日本に移って43年を迎える。名護市辺野古では現在、沖縄の大多数の反対の声を無視したまま、米軍普天間飛行場移設の新基地建設が進む。多くの県民は今も沖縄の主権は切り離されたままだと思っている。  政府は2013年、この日に「主権回復」を祝う式典を開催した。沖縄から猛反発を受け、その後は開催されていない。式典を挙行すること自体、安倍晋三内閣が沖縄の苦難の歴史を念頭に置いていないことを如実に示した。  ★ドサクサに、万歳三唱迄、しでかした!! こころない奴ら。
日米防衛指針改定 戦争加担は国是の変更だ 【琉球新報】2015.04.27 ○国民的な議論、国会の監視、法手続きを置き去りにしたまま、世界中で行う米国の戦争を自衛隊が支援する。その枠組みが確定する。 日米両政府は27日、防衛協力の指針(ガイドライン)を改定する。それは平和憲法の下で固持してきた「専守防衛」を完全に踏み越えることを意味する。国是の変更に等しい改定を許してはならない。  米国への支援の名目で、日本が主体的に戦争を支える国となるのだ。改定された防衛協力指針でその具体像がくっきり立ち現れる。戦後の安全保障政策の重大な転換点となる。  日米安保条約は日本と、極東の平和と安全を維持するために、米軍の日本駐留を認めるものだ。ガイドラインは安保条約に付随するが、日米の協力関係の根幹を改めて適用対象を地球規模に広げるのは、安保条約からの逸脱だ。  本来なら条約を改正して対応すべきだが、日米政府の「目標」に位置付けられる指針は国会での批准が必要ない。条約改正に等しい日米軍事協力の強化が、国会での手続きもなく進められた。  他国軍への後方支援は「後方地域」や「非戦闘地域」に限られていたが、安倍政権は昨年、「現に戦闘行為を行っている現場」以外では可能と判断を変えた。・・・  ★昨年7月1日の閣議決定以降、この一内閣による解釈改憲とこれに基づく一切の法令は、違憲・無効! 安倍内閣の無法・暴走は止まらない。司法権の違憲立法審査権が、働かない… 一票の格差では、その審査権、機能するだろうか!? 法の支配なるか?


 



ネパール地震、犠牲者8000人の恐れ 山間部、壊滅的被害か 東京新聞 4/27



TBS: 世田谷区長選、現職の保坂氏が再選 4/27 ○26日に投開票が行われた東京・世田谷区の区長選挙で、現職の保坂展人氏が、自民党などが推薦する候補者を抑え、2回目の当選を果たしました。  「4年間の信任を得ることができた」(保坂展人氏)  世田谷区長選挙では、再選を目指す現職の保坂展人氏(59)と、自民・公明・次世代の党が推薦する新人の久保田英文氏(55)の一騎打ちとなっていましたが、無所属の保坂展人氏が2回目の当選を果たしました。  保坂氏は、「22年ぶりに区の借金を実質ゼロにした」など実績を強調して、無党派層の支持を取り込み、自民・公明党などの組織票をバックにした久保田氏を抑えました。
TBS: 大分市長選、佐藤氏が初当選 40年ぶり自民系が勝利 4/27 ○統一地方選挙の後半戦、自民・民主による事実上の対決型となった大分市長選挙は、自民が推した無所属の新人が初当選しました。  一騎打ちとなった大分市長選挙は、自民党大分県連などの推薦を受けた佐藤樹一郎氏が、民主党が支援した椋野美智子氏に1万8000票あまりの差をつけて当選を果たしました。
ANN: AIIB首席代表会議 加盟国は「中国へ期待」 4/27 ○AIIB(アジアインフラ投資銀行)の創設メンバー57カ国が初めて集まる首席代表会議が27日、北京で始まります。会議を前に加盟国は早くも中国への期待をにじませました。  スリランカ代表:「中国はスリランカにとって良いパートナー。中国が主導的な役割を果たしてくれていることをうれしく思う」  北京市内のホテルでは、中国財政当局と加盟国との非公式協議が断続的に行われました。首席代表会議は27日から2日間の日程で開かれ、AIIBの運営のルールが話し合われる予定です。
TBS: ネパール大地震、死者2500人超す 被害拡大の一途 4/27 ○ネパールで25日に発生した大地震で、死者の数は、あわせて2500人を超え、被害は拡大の一途をたどっています。首都カトマンズでは街のシンボルだった塔が倒れ、市民の不安が広がっています 現地時間26日午後のカトマンズ空港。インドやパキスタン、アメリカなどから救援物資を積んだ軍用機が到着しました。地震の発生から丸1日、カトマンズの中心部では、至る所で建物が崩れるなど、大きな被害が出ています。  「カトマンズの街のシンボル・ダラハラ塔の前です。今、たくさんの警察官が集まってきました。また1人、新たに下敷きになった人が見つかったもようです」(記者)  80年ほど前に建てられた市内有数の観光地・ダラハラ塔は地震によって一気に倒壊し、ロイター通信によりますと、およそ50人が死亡したとの情報もあります。
ANN: 負傷の日本人女性が雪崩の瞬間語る ネパール地震 4/27 ○ネパールの大地震によってエベレストで起きた雪崩に巻き込まれ、日本人の男性1人が死亡、日本人の女性1人がけがをしました。この女性が巻き込まれた瞬間を生々しく語りました。  ネパールの日本大使館によりますと、エベレストのベースキャンプ付近にいた日本人の2人が大地震の影響で発生した雪崩に巻き込まれました。2人はヘリコプターでカトマンズ市内の病院に搬送されましたが、50代の日本人の男性の死亡が確認されました。もう1人の日本人女性は、足を骨折したものの命に別状はないということです。  雪崩に巻き込まれた日本人女性:「本当にちょっとの間だったんですけど、ものすごい勢いで来たので、皆それにのまれたっていう感じ。私も2回転ぐらいした感じで、その最中も鼻と口の中に雪が入ってきて、ごろごろ転がって、気付いたら足が両方とも折れていた」
TBS: マンザナ日系人強制収容所跡地で慰霊祭 4/27 ○第二次世界大戦中、アメリカ政府によって1万人以上の日系人が強制収容されたカリフォルニア州のマンザナ収容所跡地で25日、慰霊祭が行われました。  「4000メートル級の山々の麓、ちょうどこの場所がマンザナ日系人強制収容所があった場所です。いまも山から強い風が吹き下ろしていますが、当時もこの風に収容者たちは悩まされたといいます」(記者)  日米開戦後、アメリカ政府は、「軍事上の理由」から日系人およそ12万人を、ここマンザナのような内陸地の収容所に強制収容しました。アメリカ政府は、人種差別が原因の一つにあったと認め、すでに謝罪と補償をしていて、毎年この時期に行われる慰霊祭には、元収容者ら1000人が訪れました。  「今でもアメリカ政府には怒りがあります 。国は私たちを非常に惨めに扱いました。だけども『その時』は、みんな 『しかたない』と言っていました」(元収容者 ボ・サカグチさん)  「私たちは、まだアメリカに残る人種差別を乗り越えなければいけません。黒人の扱われ方から分かるように 、差別はまだ存在するのです」(元収容者 ウィルバー・サトウさん)  “人種差別撤廃”への意識が一部で薄れつつあるアメリカ。過ちを繰り返さないためにも、改めて過去の教訓から学ぶ必要があります。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: