FC2 Blog Ranking
2015-05-06

5/6: [公明党の存在感] もっと高く平和の旗を! 来夏の参院選も自・公の選挙協力する??? いづれにせよ 我らの為 今後の進路・展望を示せ❕‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・GW明けは傘出番 通勤、洗濯は?今村涼子の「今天」  18時35分
 ・大涌谷の地表温度に変化、気象庁が画像公開  19時25分   ★活動が、エスカレートするのか❕❓
 ・箱根山「蒸気に勢い」 警察ヘリが確認  19時24分
 ・箱根の観光業に打撃、噴火警戒レベル引き上げ  19時24分
 ・千葉少女監禁、供述通り川から携帯発見  19時24分
 ・英で高まる移民への不満、右派政党が勢力拡大  19時23分  ★排外主義、か。
 ・きょうナビ「午後6時のアクセスランキング」  18時45分
 ・NYダウ大幅反落 終値1万7928ドル  7時51分
 ・弟から頼まれ包丁で刺殺、嘱託殺人容疑で兄を逮捕  8時24分
 ・箱根山に火口周辺警報、噴火警戒レベル2に引き上げ  7時21分  ★警戒レベルが、上がったぞ
 ・ゴールデンウイーク最終日、Uターンラッシュ続く  7時20分  ★ご安全に❕❓ 最後まで。
 ・英・エリザベス女王、シャーロット王女と初対面  6時53分
 ・兵庫の女性遺体、死体損壊・遺棄容疑で男を再逮捕  6時7分

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像



 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


5月6日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 蜷川幸雄と老年俳優たち 5/6 (流水) ○今日、何気なしに見たNHKで “喝采 蜷川幸雄と老年俳優たち”というドキュメンタリーをやっていた。… 彼や彼女たちの奮闘を見ていたら、わたしは本当に【老い】と向き合っているのだろうか、と真剣に考えさせられた。例えば、元学習塾経営者の女性【88歳】。彼女は、離婚後二人の子供を女手一人で育て上げた人だが、「わたしは色気を発揮しなきゃならないところ大得意です。わたしの中にあると思います」と言い切り、見ようによっては猥雑なラブシーンも見事に演じ切っていた。「わたしは舞台の上で死ぬの」と二男の嫁に言い切り、さっそうと生きていた。パリ公演中に89歳の誕生日を迎えた彼女は、劇団員の憧れと希望の星になっていた。 もう一人、主婦生活を続けてきた女性は、【枯れてたまるか】という言葉を大切にしている。彼女は78歳。それでもこう言う。【もっと時間が欲しい。時間があれば、わたしもっともっと変わりたい】と。78歳になって、【自分を変えたい】と語る精神の若さには脱帽の他ない。この劇団、女性だけでなく、男性たちも肉体的な若さだけでなく、精神的な若さに満ち溢れていた。そうさせる何かがこの劇団にあるのだろう。 パリ公演に向けての稽古。蜷川幸雄の要求もそれこそ容赦なかった。彼も肺に水が溜まり、入院を余儀なくされ、体調不良を押して演出をしていた。【普段ある自分を愛して変えたくない人は降りてよい。いらない】と言い切り、自分を脱皮する事を厳しく要求していた。この劇団の老人たちは、この厳しさを正面から受け止め、それぞれが必死に自分と格闘していた。 そしてパリ公演。蜷川幸雄は体調を壊し入院。公演には参加できなかったが、公演自体は予定通り行われた。演劇を見る目の厳しいパリっ子たちも、公演終了時にはスタンディング・オベイションで讃え、成功裏に終了した。 この番組は、年齢に関わらず人は成長できるし、変わる事が出来る、という事が実感でき、大きな勇気を与えてくれるドキュメンタリーだった。
「護憲+」ブログ: 平和憲法は誰しもの生命を守る―映画「あの日の声を探して」を観て思ったことなど  ( 珠 ) ○… 憲法9条に照らせば違憲としかいえない「集団的自衛権」。米国に追随して、自衛隊を海外に派遣して行くという。日本は独立国であり、「自衛」というのは、自国が脅かされたときに言えるものなのに、他国の戦争にまで首を突っ込みたいらしい。それを、憲法を顧みることなく「拡大解釈」でやってしまうというのだから暴挙だ。 私たち日本人は、戦後、平和憲法を持ったことで、国家として海外の人を誰1人殺さなかった。戦争に憲法9条という歯止めがしっかりかかっていたからだ。それをなし崩しにすることが、どんなに日本国民にとって大きなことか。 … バーチャル老人党を始めたなだいなださんは、「軍隊は人を殺す組織だ」と書いた。それを読んだ読者から、「私の夫は米軍にいるが、国を護る立派な軍人だ」という反論が来た。なださんは、それに対し、「立派なお人柄なのでしょう。しかし軍隊は戦争が仕事である以上、人を殺す組織であることは間違いがない」と、譲らなかった。 多くの戦争は「国益を守る」「国を護る」と言って始められる。そして国の最も大切なもの、それは国の土地でも財産でもなく、最も大事なのは国民なのだが、その国民を傷つけ、殺してしまう。それをこの70年間して来なかったのは、憲法9条に守られていたからだ。 私自身は、憲法を変えることを悪いとは思っていない。時代と共に合わなくなっていることは変えて行った方が良いと思う。しかし、この政権のもとで、この政権が出している憲法法案は、国民を大切にするという点で、真逆の方向に行っている。こんな憲法に変えてよいはずがない。いま、ことにこの政権下で、決して憲法を変えてはならない。
イシャジャの呟き: 立夏  誕生日の花 シャクナゲ 花言葉 威厳 5/6  ○シャクナゲ  典型的な五月晴れ、しばらく雨の気配はなく、立夏らしい天気だが 暑くなる前にと思って除草作業に取り掛かった。 大型連休も終わって U ターンラッシュ新幹線も 空も ハイウェイも混雑しているようだ。家には 子たちの居が近いので 日帰りしてくれるので 高齢者には助かります。
今日の「○」と「×」: 「○」 大江健三郎氏が安倍総理に「喝」!! 5/6 「○」 大江健三郎氏、安倍首相呼び捨て批判「彼が話したことはウソだと思う」  >>>連休中、各地でいろいろなイベントがあったが、憲法記念日に行われた横浜の集会では、大江健三郎氏が安倍総理への怒りを爆発させたようだ。 当方は連休中もずっと仕事でどこにも行けなかったが、気持ちはこの集会に参加された人たちと共にある。 デタラメ・ウソツキ・トンデモ安倍政権の悪だくみを、何としても阻止しなければ、子どもたちに未来がなくなってしまう。
 今日のトピックス Blog5/5:子どもの日 貧困対策と教育に全力を&物価目標“断念” アベノミクス(金融緩和頼みの経済政策)を見直せ 日銀が政府の予算を賄う???異常

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  
九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会アピール~集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を(2013年10月7日)

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

「九条の会」メールマガジン 第208号  ★2015年4月10日発行★  ○ 第208号の主な内容 
 ■事務局からのお知らせ
 ◇アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止め
       ――主権者の声を全国の草の根から(再録)
 ◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
 ◇お知らせ!――昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレ
    ットNo.918「憲法九条は私たちの安全保障です。」が刊行されました
 ◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい

 ◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。
  憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります

 ◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権
    と憲法9条」のDVD、好評です
 ◇九条の会第5回全国交流集会の記録

    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
 ◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の
       記録ブックレット好評発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! 割愛 本文で❕❓

九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

【最新】女性の声を政治に反映させる  金繁典子さん(グリーンピース・ジャパン) (2014年12月15日)
◆怒りとともに投票所へ  永尾廣久さん(弁護士・福岡県弁護士会) (2014年12月8日)
◆いまこそ投票に行きましょう!  小口幸人さん(弁護士) (2014年12月8日)

◆高校生などに憲法の何をどう伝えるか  稲次寛さん(兵庫県高等学校教員) (2014年12月1日)

◆安倍首相から『日本』を取り戻そう  泥憲和さん(元陸上自衛隊三等陸曹) (2014年12月1日)
◆日本国憲法との出会い 平和活動を通して学んだこと、憲法教育について思うこと  白神優理子さん(弁護士) (2014年11月24日)
◆労働者派遣法改正案・被害者は誰か?  嶋﨑量さん(弁護士・日本労働弁護団常任幹事) (2014年11月17日)

◆一票の格差訴訟の最高裁口頭弁論を傍聴して  横井幸夫さん(一人一票実現国民会議運営委員) (2014年11月10日)
◆憲法と民主主義の危機  山口二郎さん(法政大学教授) (2014年11月3日)

憲法情報Now<憲法をめぐる動向> バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。

・2014年12月15日付   注目!「(日本国憲法が)特殊なことには意味」 その他
・2014年12月11日付   注目!「憲法9条にノーベル平和賞を」−韓国で受賞 その他
・2014年12月8日付   注目!最高裁判事の国民審査 その他
・2014年12月4日付   注目!「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」 その他
・2014年12月1日付   注目!団結権侵害は許されない、と大阪地裁 その他
・2014年11月27日付   注目!最高裁が参院選「違憲状態」判決 その他
・2014年11月24日付   注目!一票の格差是正求め一斉提訴へ その他
・2014年11月20日付   注目!女性誌が「母親たちの初めての憲法教室」 その他
・2014年11月17日付   警戒!日本会議が緊急事態条項を議論 その他

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

川内原発、住民ら即時抗告 再稼働差し止め求め 【東京新聞】2015.05.06 ○九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働差し止めの申し立てを却下した鹿児島地裁の決定を不服として、周辺住民らは6日、福岡高裁宮崎支部に即時抗告した。 住民側弁護団は記者会見し「地裁の決定は論理的に破綻している部分が多い。われわれの意見について判断していない部分もあった。到底受け入れられない。高裁の裁判官には正面から向き合ってもらい、再稼働前に決定を得たい」と述べた。  ★支持できる❕❓ 下記の記事にも、疑問点は、明らかになっている。避難なんて、全くの画餅だ❕❓ 安全を不問に付すも同然の、地裁「却下」判断❕?
吾妻山で火山性微動を観測 今年に入り3回目 東京新聞 5/6
東電支払い、まだ1割 原発事故の自治体賠償 税減収分、算定基準固まらず 【福島民報】2015.05.06 ○東京電力福島第一原発事故に伴う自治体への賠償で、今年1月末までに県内56市町村が計539億6000万円を請求したのに対し、東電が支払ったのは1割の59億2000万円にとどまる。県がまとめた。請求額の多くを占める税の減収分をめぐっては迅速に処理するための算定基準が固まらず、支払いを始められない。市町村は賠償の未払い分を自主財源などで賄っており、今後の財政運営への影響が懸念される。
【放射能影響予測】 自治体の不安にも配慮を 【高知新聞】2015.05.06 ◯原子力規制委員会は、改定した原子力災害対策指針で、住民避難には「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」を活用しない方針を明記した。  福島第1原発事故後の混乱を踏まえた対応だが、放射線量の実測値を基にする新たな避難方針には関係自治体から不安の声が上がっている。  情報の精度と安全な避難との両立は容易ではないが、早期避難の大切さを考えると、予測の精度を高める努力はこれからも欠かせない。  文部科学省が所管するSPEEDIは、放射性物質の放出量や気象条件、地形などから住民の被ばく量を予測し避難の必要性を判断する仕組みで、1980年に開発に着手した。  その有効性が試されたのは2011年3月の福島第1原発事故だ。  事故に伴う放射性物質の放出量が不明で、SPEEDIは正確な予測計算ができなかった。一般への情報公開は4月下旬まで遅れ、住民の避難には役に立たなかった。  この反省から政府は、住民避難などに生かせるようSPEEDIの機能強化を打ち出している。  住民避難の在り方について、これとは逆の見解を示したのは当時の原子力安全委員会だ。不確かな予測計算に頼った避難計画は問題が多く、今後の住民避難は放射線量の実測に基づいて行われるべきだ、と


地裁差し止め却下 「川内」事実認定に問題 【東京新聞】2015.05.05 ○九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県)の再稼働差し止めを却下した鹿児島地裁の決定内容を、本紙が検証したところ、主な論点とされた避難計画や巨大噴火リスクに関する事実認定に大きな問題のあることが浮かび上がった。 (小倉貞俊、荒井六貴) 先月二十二日の地裁決定は、原発の新規制基準に不合理な点はなく、避難計画の具体化や物資の備蓄も進み、多数の専門家が巨大噴火の可能性は小さいとしているなどとして、住民らの訴えを退けた。 しかし、地裁決定には、いくつもの疑問点がある。
 三十キロ圏の住民は、地区ごとに避難先が指定されているが、風向きによっては放射能汚染で使えなくなる可能性がある。地裁は、県が調整システムを整備し、迅速な避難先の変更に備えていると認定した。 県に取材すると、風向きの入力で避難先施設の候補がリスト化される程度のもの。必要な人数を収容できるかや、汚染状況は一件一件、現地とやりとりする必要がある。入院患者らの避難先についても、病院の空きベッド数データがないため地道な確認が必要だ。 半年前、避難者受け入れに向けた計画ができていなかった鹿児島県霧島市など十二市町に取材すると、指定先の学校や公民館などへの説明や、避難所の運営方法などの協議はいずれもされていなかった。 一方、巨大噴火への備えについて地裁は、九電の火山監視の手法や能力に「専門家から異論はなかった」と問題ないと評価した。しかし、専門家とされた当の東大地震研究所の中田節也教授らからは「曲解された」「事実誤認だ」との声が上がっている。 住民側は近く福岡高裁宮崎支部に抗告する予定だ。
避難システム「時間稼ぎ程度」 「川内」司法判断に専門家ら異議 【東京新聞】2015.05.05 ◯「決定の中で、いいように利用された」。九州電力川内(せんだい)原発の再稼働差し止め要求を却下した先月の鹿児島地裁の決定。原発の安全性や避難計画の実効性を認め、火山の巨大噴火の可能性は低いと認定しているが、本当にその通りなのか。裁判所の判断の材料となった関係者からは大きく異なる証言が得られた。 (小倉貞俊、荒井六貴) 鹿児島県は原発事故時、まず原発五キロ圏の住民を避難させた後、外側の住民を段階的に避難させる方針。決定は福島原発事故のような大混乱、大渋滞を回避できると期待するが、実は県自体、四割の住民が指示を待たず逃げ始めると想定している。 原発から約十二キロ、薩摩川内市の山之口自治会長・川畑清明さん(58)は「五キロ圏の避難を待てば、自分たちが被ばくしかねない。すぐ避難を始める人も大勢いるはず。計画は現実的ではない」とみる。  ★福島原発事故から、市民、主権者が、何も学習しないと、侮ってもらっては困る❕❓ 現に、未だに、自主避難者は多数に上る! 自己責任などとの、流行言葉を流通させた政府の罪は、重大❕❓ 脱原発や反原発も、その学びの成果だが、避難だって、知れば、じっとしてはいない… 家族などを護りたいとの衝動は、抑えられない❕❓ 再稼動など、活きた避難計画など、最低でも、見込みが立ってからのこと。 そんなことが可能かどうか?不確定要素が多過ぎる上に、避難先、受け入れ先についても、その時にならなければ、検討も出来ないでは、避難は、画餅だ❕❓

 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。


◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(13)南京では何が起きたのか ・ブログ連歌(403) ・ 民主平和党ホームページ ○昭和十二年(1937)の十二月、日本軍は南京を占領した。北京近郊で戦闘が始まってからわずか半年という早さで中国の中枢部分を支配下に置いたのである。地図を見ればわかるが、これは満洲の広さにも匹敵する驚くべき広さだった。上海では苦戦もしたが、膠州湾に上陸して背後を突く作戦で突破した。 中国軍は総じて弱かった。膠州湾作戦に従軍した作家の火野葦平は、「攻撃を始めるとすぐに戦意をなくして降伏する、彼らは武器も体格も貧弱だった」と記述している。加えて制空権も制海権も日本側にある非対称の戦闘だった。にもかかわらず日本兵には十分な補給も休息も与えられず、ただ前進のみを命じられて疲弊していた。 こうした中で大量に発生する捕虜への準備が、日本軍には何もなかった。日露戦争のときのロシア軍の捕虜も、第一次世界大戦でのドイツ軍の捕虜も、日本は丁寧に扱ったのだが、どちらも相手は白人であった。今回の相手は近隣のアジア人で、日頃から暴虐無礼で無節操などと敵意と侮蔑の対象として宣伝されてきた人たちである。そして日本軍には、戦時の捕虜に対する教育も訓練も皆無だった。 さらに悪いことに、この戦闘は「戦争」でなくて「事変」であり、ゲリラ掃討戦の延長という感覚がある。降伏した敵を背後に残したら自分たちが危ない。判断を現場に任せたら、手間がかからず安全な方法を選ぶだろう。この時期の新聞報道には、戦果の発表として「遺棄死体」の数が添えられていた。そこに人の尊厳はありようもない。 この「戦争のようで本当の戦争ではない」半端な感覚は、「銃後」と呼ばれるようになった「内地」にもあった。日本の航空隊の活躍は聞かされるが、敵機が内地を空襲に来ることはない。出征兵士が増えて戦時らしい緊張感は強まるが、伝えられるのは日本軍の目ざましい戦果ばかりである。敵の首都南京の攻略は、待ちに待った慶事であった。町内会は旗行列の準備に活気づき、夜の提灯行列で祝った町もあった。 中国軍は早々に南京の防衛を放棄していた。優勢な日本軍を前にして決戦を挑むことを避け、戦力の温存をはかったのである。残存していたのは統制から外れた雑軍だけであった。南京大虐殺の犠牲者の数はどれほどであったのか、その数については十万とも三十万とも言われるが、信頼できる統計数字は残っていない。 ただ明らかなのは、当時の日本に起こっていた極度の道徳心の低下である。南京攻略戦で「百人斬り競争」をした将校がいたことを、新聞は武勇伝のように実名入りで報道していた。正規の戦闘でそれほどの人数を日本刀で斬っていられるわけがない。徳をもって接すれば新秩序建設の人材になるかもしれない人々をも、見境なく殺していたのだ。
@動画: 人にとって“幸せとは何か”を見つめるドキュメンタリー/NHKスペシャル「見えず 聞こえずとも ~夫婦ふたりの里山暮らし~」 5/5



市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter 5/6
市民社会フォーラム: 毎日放送VOICE 大阪徒構想 大阪都は大阪以外では歓迎されていない! 5/6
市民社会フォーラム: サンテレビニュースPORT 阪神・淡路20年、仮設工場の苦境 5/6
市民社会フォーラム: NPT再検討会議 5/6 ○ピースボートの川崎哲です。ニューヨーク国連本部でのNPT再検討会議にNGOの立場で参加しています。当地での動きを、断片的ではありますが、ブログやFacebook等で紹介していますので、ご覧いただければ幸いです。 >>>川崎哲のブログ: NPT会議の様子を、随時お伝えします!

 
  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: GW明けは傘出番 通勤、洗濯は?今村涼子の「今天」 5/6 ○きょうの「今天」がこちら、「今度は太陽が休み突入で天気ガラリ!?」です。スッキリしない天気となりそうで、7日は急な雨がありそうです。
ANN: きょうナビ「午後6時のアクセスランキング」 5/6 ◯「テレ朝news」午後6時現在のアクセスランキングです。
ANN: 「シャーロット」取り消しか 高崎山の赤ちゃんザル 5/6 ○「シャーロット」という名前を巡り、日本国内の動物園で波紋が広がっています。  大分市の高崎山自然動物園では5月から8月にかけて、サルの出産シーズンを迎え、赤ちゃんザルの第1号には、その年の出来事にちなんだ名前を付けています。6日に誕生した第1号の赤ちゃんザルは、応募総数853通の一般公募のなかから「シャーロット」という名前に決まりました。母親ザルに抱かれて現れたシャーロットの姿に、観光客からも祝福の声が上がっていました。ところが、この名前について抗議が数多く寄せられたため、動物園は、名前の取り消しを検討しているということです。  ★こういう、議論もなしの、右往左往には、反対だ❕❓ 世論調査もそう。 サルは猿! 人は人だ❕❓ 変える、或いは、遠慮する理由はない❕❓ どちらも類人猿の類ではあるが。 そのサルさへも、可愛がり、いつくしめば良いこと❕❓ 失礼でも何でもない。
サルに英王女名 抗議が殺到: 赤ちゃんザルに「シャーロット」命名も抗議で取り消しを検討 5/6 ○野生のニホンザルの餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園が6日、生まれたばかりの雌の赤ちゃんザルを、英国で誕生した王女にちなみ「シャーロット」と名付けたと公表した。だが、その後、園に「サルに王女の名前を付けるとは英国に失礼だ」などと抗議が殺到したため、取り消しを検討する事態となった。(スポーツ報知)  ★失礼??? サルと人間を同列に扱う方が、奇妙・混乱ではないか❕❓ 理由はない、却下❕❓
TBS: 大涌谷の地表温度に変化、気象庁が画像公開 5/6 ○気象庁は箱根山の新たな画像を公開しました。  これは気象庁が発表した箱根山の画像です。  4日午前9時ごろに撮影された画像に比べ、5日午後3時の画像では、中心付近では50度前後の蒸気がより多く噴出し、地表の温度が上がっているように見えます。  気象庁は、今後、小規模な水蒸気噴火が発生する可能性があるとして、注意を呼びかけています。
ANN: 箱根の観光客に戸惑いも 半径300mに避難指示 5/6  ○火山活動が活発化している箱根山について、気象庁は噴火警戒レベルを「2」の火口周辺規制に引き上げました。箱根山近くから現在の状況を報告します。
 (社会部・杉原啓太記者報告)  規制エリアとなっている大涌谷から2kmほど下った場所に来ています。白煙が強まったり弱まったりを繰り返していて、朝に比べるとかなり弱まっているような印象を受けます。気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを発表した6日午前6時には、私はちょうど大涌谷の取材をしていました。蒸気の勢いは5日とあまり変わらない印象でしたが、白煙が濃く、量がやや多いように感じました。現在、火口から半径300mの範囲では避難指示が出ています。それを受け、現場周辺では交通規制が本格化しています。私の後ろを通る道路には、先ほどから下山する車が多く通っています。大涌谷へ通じる県道は1kmほどの区間で現在、通行止めになっています。通行止めが始まる場所には警察官4人が待機し、車で訪れる観光客の退避を促しています。また、箱根ロープウェイを全線で運休、大涌谷へ続くハイキングコースも2kmの区間で通行止めとなり、登山客はルート変更を余儀なくされています。観光客に話を聞くと、警戒レベルの引き上げを受けて早めに帰宅するという人もいて、一部で戸惑いの声も広がってきています。
NNN: “世界遺産登録”韓国反発 日本政府は… 5/5 ○8つの県にある23か所の「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録される見通しとなったことを巡り、韓国政府は、長崎県の端島炭坑など一部の施設では、戦時中、徴用された韓国人が強制労働をさせられていて、歴史の美化につながるとして世界遺産への登録に反対している。  5日、韓国のニュース番組は次のように伝えた。  「朝鮮人強制徴用の痛みが残る日本の産業施設が、ユネスコの世界遺産に登録される可能性が大きくなりました。もう1つの歴史歪曲(わいきょく)です。私たちの政府は、世界文化遺産登録を防ぐために、総力戦を展開する計画です」  これに対し日本政府は、韓国政府が問題としている強制労働が行われた期間は1944年から45年で、今回、日本が申請した期間と異なると主張している。  世界遺産への登録は、日本と韓国を含む21か国からなる世界遺産委員会で決定され、話し合いで決まらない場合は多数決となる。その際は、棄権した国を除く3分の2以上の賛成が必要となる。  日本政府は引き続き、各国へ理解を求めていく方針

TBS: 英で高まる移民への不満、右派政党が勢力拡大 5/6 ○シャーロット王女の誕生に沸くイギリスですが、実は政権を選択する選挙が7日に迫っています。キャメロン首相率いる保守党はトップを保っていますが、移民受け入れを制限すべきと主張する右派政党が勢力を伸ばしています。今、イギリスでは、安い賃金で働く移民への不満が強まり始めています。 … 「昔は全ての仕事を我々がやっていたんだ。でもあんな安い賃金じゃ生活できない。狂ってる」  「移民の波が一気に押し寄せ、安い労働力が全てをのみ込んでしまった。EU統合は失敗に終わった」(イギリス人)  今回の選挙戦、キャメロン首相は、イギリス独立党の勢いに押される形で、EUからの離脱の是非を問う国民投票の実施を公約しました。EU加盟で大きく変わったイギリスの社会。7日の選挙はその変化への賛否を問う選挙でもあります。  ★そのように、仕組んだのは、英国政府❕❓ 格差社会、格差身分、そして移民に頼る(頼ろうとする)社会、その先行きを見るようだ❕❓

[公明党の存在感] もっと高く平和の旗を 【沖縄タイムス】2015.05.06 ○連休が明けると、国会は日本の進路を大きく左右する歴史的な議論を始める。  一つは、来週、閣議決定され、国会に提出される安保法制の関連法案。もう一つは、憲法調査会を舞台に再開される憲法をめぐる議論である。  この一連の国会での議論が来夏の参院選に影響を与えるのは確実で、自民党は参院選の結果をみた上で憲法改正の「国会発議」「国民投票」の時期を判断することになりそうだ。  転換期の政治の行方を占う上でカギを握るのは与党・公明党の存在である。  日本の政治は「安倍1強体制」と呼ばれるが、選挙を通してその基盤を支えているのは、安倍晋三首相と安保・憲法観の異なる公明党である。  2014年12月の衆院選小選挙区で自民党は半分以下の約48%の得票率だったにもかかわらず、議席占有率は約76%に達した。得票率を比較的忠実に反映する比例代表では自民党は38%にとどまった。  野党の選挙協力の不発、民主党の準備不足などが自民に有利に働いたのは間違いないが、大きく作用したのは自民・公明両党の手堅い選挙協力だ。
NPT再検討会議 核軍縮停滞を打破したい 【徳島新聞】2015.05.06 ○核軍縮や不拡散について議論する5年に1度の核拡散防止条約(NPT)再検討会議が国連本部で始まり、本格的な討議に入った。  今年は広島、長崎に原爆が投下されて70年の節目に当たる。核兵器の脅威にあらためて目を向け、廃絶への思いを新たにすべき年にしたい。  だが、核兵器をめぐる環境は悪化しているのが現状だ。  会議の焦点は、停滞する核軍縮を前に進められるかどうかである。日本をはじめ加盟約190カ国は、危機感を共有し、実効性のある方策を打ち出さなければならない。  核軍縮が滞っている大きな要因は、米国とロシアの関係が冷え込んでいることだ。  両国は2010年の前回会議の翌年に、配備済み戦略核を1550発に減らす新戦略兵器削減条約(新START)を発効させた。  しかし、動きはそこで止まり、昨年のウクライナ政変を機に暗転。米国はロシアのクリミア編入を非難し、欧州諸国と共に包囲網を築いた。  ★包囲や制裁などという、威嚇で、目的を遂げようとすることには、疑問がある❕❓ 戦争もいけないが、包囲と制裁の先には、戦争しかない、かの如き風潮である。 日本の周辺に於いてもそのようだ❕❓ 誠に、遺憾ながら。
政治とカネ 不透明さにうんざりする 【山陽新聞】2015.05.06 ◯小渕優子前経済産業相の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、政治資金収支報告書に虚偽の記入をしたとして、元秘書2人が在宅起訴された。虚偽記入は総額約3億2千万円にも上っている。「政治とカネ」をめぐる問題は後を絶たず、国民の不信は募るばかりである。  起訴状や関係者によると、小渕氏の資金管理団体は、飲食代や贈答品代といった経費を帳簿に記載せずに支出し、現金などの保有資産が帳簿上より少なくなっていた。食い違いを解消するため、元秘書は「小渕優子後援会」など小渕氏の関連政治団体に寄付したように装った。  後援会などでもこれを収入として虚偽記入した。資産が実際よりも膨らむ形となるため、後援会が主催した東京での観劇会で支援者から受け取った参加費を過少に記載するなどし、赤字が出たように見せ掛けたとされる。  問われるのは小渕氏の政治的、道義的責任である。小渕氏本人は「起訴するだけの証拠がない」として嫌疑不十分で不起訴処分となった。  小渕氏は、経産相を辞任した際の会見で、弁護士、税理士らに第三者的視点で調査してもらうとともに「政治家として説明責任を果たす」と語っている。  だが、約束はまだ果たされていない。元秘書に丸投げしていたとされ、疑惑が発覚して以降「私も分からない」などと述べているが、知らなかったで済む問題ではない。自身の言葉できちんと国民に説明すべきだ。  政治とカネをめぐっては、政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)の政治献金に関しても不透明な問題が浮上している。日歯連が組織内から擁立した自民党参院議員の後援会に5千万円を迂回(うかい)献金した疑惑で、東京地検が強制捜査に乗りだした。
電源構成案 脱原発の方針に反する 【信濃毎日新聞】2015.05.06 ○原発を存続させたいがために、エネルギーの将来像は曖昧になった。経済優先の見直しである。  政府が示した2030年時点での電源の望ましいとする割合だ。  電力を何で賄うかは、国民の暮らし、産業にとどまらず、地球温暖化対策など多方面に影響する。  福島第1原発事故は国土の安全に深刻な打撃を与え、それまでの原発を柱とするエネルギー政策の見直しを迫った。今度の電源構成案は本来、事故の教訓を最大限くみ取るべきものである。  原発20~22%、再生可能エネルギー22~24%、石炭火力26%、天然ガス火力27%、石油火力3%―。15年後の割合は多くの国民が期待する姿と程遠い。  問題の第一は原発依存の高さである。昨年4月に閣議決定したエネルギー基本計画で「原発依存度を可能な限り低減させる」と明記したはずだ。原発事故前と同じ2割台を維持するのでは公約違反と言われても仕方がない。  この割合だと審査に合格した既存原発を全て再稼働させても追いつかない。原則40年の運転期間を延長するか、新たに造る必要が出てくる。老朽原発のフル活用となれば危険性が高まるだろう。  ★老朽原発のフル稼働??? 有り得ないし、有ってはならぬ話だ❕❓ 素も、この話を柱に、将来設計をするなどと、思惑先行で、予測としては、外れではないか? 多様な電源の可能性もあれば、蓄電装置の可能性もある❕❓ 思考停止してはならぬ。特に、市民、主権者。
慎重かつ徹底的に議論を/文民統制問題 【東奥日報】2015.05.06 ○「背広組」と「制服組」。そう呼ばれる防衛省内局の官僚(文官)と自衛隊幹部が、対等な立場で防衛相を補佐することを盛り込んだ防衛省設置法改正案が国会で審議されている。自衛隊の部隊運用(作戦)を制服組主体に改める「運用一元化」も併せて盛り込まれている。成立すれば、背広組が制服組をコントロールする防衛省内の「文官統制」の規定が全廃され、従来の体制からの大転換となる。  政治が軍事に優越するという民主主義国家の基本原則が「文民統制」。シビリアンコントロールの訳語だ。旧憲法下で軍部が暴走した反省から採用された。首相や閣僚は文民でなければならないと憲法で規定し、首相が自衛隊に対する最高指揮権を持つ。その文民統制の柱の一つが「文官統制」で、背広組が制服組より優位-とする。国会や内閣による統制と並び、文民統制を支える土台とも言える。  現行法では、防衛相が制服組トップの統合幕僚長や陸海空の幕僚長に指示したり、幕僚長の方針を承認する際、背広組の官房長や局長が「大臣を補佐する」と規定。自衛隊幹部以外の観点から背広組が「補佐」することで、文官統制ができる仕組みになっていた。  改正案では、背広組は制服組首脳の各幕僚長と対等な立場で「大臣を補佐」すると改める。中谷元・防衛相は3月の記者会見で「(背広組と制服組が)より相互に機能が作用して、より強化されると思う」との考えを示している。  しかし、背広組の優位性が失われることで、統制機能が低下したり、効かなくなったりする可能性が指摘されている。万が一、制服組が暴走しようとした際に、阻止するための「安全弁」が失われるのではないかと懸念される。  ★最近の、矢継ぎ早の、“改革”案が、その勢いを強めることだろう。「武官」優位に。戦争する国化だから、是を容認するとでも??? 安倍コベ氏?
戦後70年と死刑―別の選択肢を考えるとき 【朝日新聞】2015.05.06 ◯■もし終身刑があれば  (1948年の「死刑」容認・最高裁判決)大法廷の裁判官11人の全員一致だった。興味深いのは、4人の裁判官による「憲法は死刑を永久に是認したわけではない」との補足意見である。 文化が発達し、正義と秩序に基づく平和的社会が実現して、死刑の威嚇(いかく)による犯罪防止が不要になれば、死刑も否定されるに違いない――。そう述べた。 先の大戦後、多くの国が死刑の廃止や執行停止に動き、7割の国がすでに死刑を廃止した。
視点 民主と安保法制 【毎日新聞】2015.05.06 ◯◇野党第1党の重い責任  民主党が、新たな安全保障法制についての見解をまとめた。 安倍政権の国会軽視が目立つ中、民主党の役割は重大だ。安全保障政策をめぐる党内対立を恐れず、日本の安全にとって何が必要かを現実に即して深掘りするような議論をしてほしい。 民主党の見解は、最大の焦点の集団的自衛権について「専守防衛に徹する観点から、安倍政権が進める集団的自衛権の行使は容認しない」と反対している。ただし「安倍政権が進める」と前提をつけることで将来的な行使容認に含みを残し、党内リベラル派と保守派の対立に配慮した。両勢力の折衷案だ。  国会審議で、民主党は憲法論や法律論を中心に政府を追及していくのだろう。それはもちろん重要だが、民主党がもう一度、政権復帰を考えるなら、具体的なケースを想定した現実的な議論を心がけてもらいたい。 政府・与党は、昨年の与党協議では15の具体的事例をあげて法制を検討していたが、自民、公明両党の意見が対立したため、途中から事例の検討を放棄し、閣議決定になだれ込んだ。 このため集団的自衛権の行使容認の例としてあげられた中東・ホルムズ海峡の機雷掃海は、武力行使の新3要件があてはまればできるし、あてはまらなければできないという、あいまいな決着をした。結局、国民は集団的自衛権によって何ができるようになるのか、いまだにイメージを持てないでいる。極めて不誠実なやり方だ

慰安婦記念碑、年内に建立=韓国ソウル 【時事通信】2015.05.06 ○ソウル市は6日、日本の植民地支配からの解放70周年記念行事の計画を発表し、年内に慰安婦問題に関する平和の碑を建立することを明らかにした。 場所はソウル中心部の光化門や市庁前を想定し、民間団体と共同で進める予定。具体的にどのような碑になるかは未定だが、実現すれば日本の反発を招く可能性がある。
後藤健二さんを特別表彰 スペイン国際記者クラブ 【東京新聞】2015.05.06 ◯スペインの国際記者クラブは5日、今年1月に過激派組織「イスラム国」に殺害されたとみられるフリージャーナリスト後藤健二さんを特別表彰した。 同クラブは毎年、スペイン内外で活躍したジャーナリスト5人を表彰。今年は「紛争地で人権擁護に尽くした賞」を特別に設け、後藤さんに授与した。式典にはサエンスデサンタマリア副首相や日本の越川和彦駐スペイン大使も出席した。  ★殺した、については、安倍政権、共同正犯では❕❓ シラッとしていて良いのか???
「裁量制」実態把握難しく 「みなし時間」超えて過重労働 【東京新聞】2015.05.06 ◯働き方の制度を変える労働関連法案が連休明け以降、国会で審議入りする。労働基準法改正案は裁量労働制の対象拡大と「残業代ゼロ」(高度プロフェッショナル)制度の創設を目指す内容。政府は両制度とも労働者が働き方を決められ、能力を発揮できると説明する。だが、裁量労働制は過重労働を常態化しているとされ、新制度もその恐れが指摘される。働く現場を取材した。 (小林由比) 「仕事はいつも過密状態です」 十年余り裁量労働制で働く大手IT企業のシステムエンジニア(SE)の男性(56)。プロジェクトに所属するSEを束ねる立場で遅くなることも多いが、午前八時半からの打ち合わせには必ず出社する。仕事を持ち帰ることも珍しくない。 裁量労働制は事前に労使で残業を含む「みなし労働時間」を定め、賃金を決める。実際の労働時間が「みなし」より長くても、賃金に反映されない。男性のみなし労働時間は一日七時間三十六分だが、残業は一日五~六時間。一カ月では百二十時間になる。 制度上、深夜や休日の割り増し手当は別に支払われることになっている。しかし、SEたちは残業時間を実態通りに申告しない。他社との価格競争の中、人件費を含むプロジェクト予算はぎりぎりまで抑えられ、手当が膨らめば自分たちの人事評価に影響し、解雇されることもあるからだ。




ANN: スタントマンが事故再現 銀座で交通安全イベント 5/6 ○東京・銀座で、スタントマンが自転車と車の事故などを再現して被害の大きさを伝え、交通安全の重要性を訴えました。  銀座の外堀通りで行われた交通安全イベントでは、左折してきた車に自転車が巻き込まれたり、見通しの悪い道路で飛び出した自転車が車にひかれるなどの事故がスタントマンによって再現されました。他にも、携帯電話やヘッドホンをしながら自転車を運転して事故になるケースも示されました。
TBS: ゴールデンウイーク最終日、Uターンラッシュ続く 5/6 ○ゴールデンウイーク最終日のきょうも、各交通機関は行楽地やふるさとで過ごした人たちのUターンラッシュになる見通しです。  各高速道路の上り線は午後に渋滞が激しくなる見通しで、日本道路交通情報センターによりますと、中央道・小仏トンネル付近で正午に20キロ、東名高速・大和トンネル付近で午後1時から夕方にかけて15キロなどと予測されています。  鉄道は、JR各社によりますと東海道や東北、上越など各新幹線の上りの午後の指定席は、ほぼ満席となっています。  また、空の便では帰国ラッシュがピークを迎え、成田空港にはきょうだけでおよそ4万6900人が入国する見通し   ★ご安全に❕❓ 最後まで。
TBS: 箱根山に火口周辺警報、噴火警戒レベル2に引き上げ 5/6 ○神奈川県の箱根山では、火山性地震の回数が増えるなど火山活動が活発な状態が続いていて、気象庁は、今後、大涌谷付近に影響を及ぼすような小規模な噴火が起きる恐れがあるとして、午前6時に火口周辺警報を発表して大涌谷の周辺に立ち入らないよう呼びかけました。  気象庁の観測によりますと、神奈川県の活火山・箱根山では、先月下旬から、大涌谷の近くで小規模な火山性の地震が増えていて、5日1日だけで震度1以上の地震を3回観測しました。  このため気象庁は、箱根山の大涌谷付近では、火山活動が活発な状態が続いていて、今後、大涌谷付近に影響を及ぼすような小規模な噴火が起きる恐れがあるとして、午前6時、火口周辺警報を発表するとともに、噴火警戒レベルを「平常」を示す1から「火口周辺規制」の2に引き上げて、大涌谷の周辺に立ち入らないよう呼びかけました。箱根山に火口周辺警報が発表されたのは初めてです。
TBS: 弟から頼まれ包丁で刺殺、嘱託殺人容疑で兄を逮捕 5/6 ○逮捕されたのは、(千葉県)市川市に住む無職の林義和容疑者(67)です。警察によりますと、林容疑者は、5日午後0時過ぎ、自宅の1階で、同居する弟で県内の高校の非常勤講師の林雅士さん(65)さんに頼まれ、左胸を包丁で刺し殺害したとして、嘱託殺人の疑いが持たれています。  林容疑者は弟夫婦と3人暮らしで、2階で異変に気づいた弟の妻が消防に連絡したということです。調べに対し林容疑者は、容疑を認めているということです。  2階からは雅士さんが書いたとみられる遺書が見つかり、「これは自殺です。1人では無理なので兄に頼みました」と書かれていて、警察が詳しいいきさつを調べています。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: