FC2 Blog Ranking
2015-06-26

6/26: 報道批判 加速する為政者の暴走 [戦後70年 全国の視点] 沖縄の道理共感広がる…vs制裁‼‽マスコミ懲らしめ、不買運動等と自民党・安倍派

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・梅雨らしさ戻る?今村涼子「ゴーちゃん。天気」  18時35分
 ・皇后さま傘寿祝う演奏会 雅子さま佳子さまも出席  18時17分
 ・御嶽山 噴火警戒レベル3→「2」に引き下げ 気象庁  18時2分
 ・25歳女性は窒息死か 長男の行方、引き続き捜索  17時56分
 ・少量の血液で…「アルツハイマー」を早期発見か  17時55分
 ・“広告料なくせ発言”に首相「大変遺憾だ」  18時15分   ★NHK等介入に飽き足らず、ファッショ的思考、言動!
 ・鹿児島で記録的大雨 土砂災害などに警戒を  6時35分    ★大雨、風水害にご用心‼‽
 ・茶道・裏千家の千玄室大宗匠が日中関係改善呼びかけ  7時33分   ★然り! 安倍コベに聞く耳があるか‽‽‽ 主権者は、聞こう!
 ・ギリシャ支援合意また見送り ユーロ圏財務相会議  5時56分
 ・ミャンマー スー・チー氏の大統領就任が不可能に  5時54分  ★軍事政権一派、初志貫徹‼‽ 
 ・「イスラム国」 シリア北部で反転攻勢か  5時53分
 ・米通商代表 TPP大筋合意に向け意欲  7時45分   ★秘密交渉は、止め、情報公開を! 国民主権蔑ろとは、これ如何に‽‽‽

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」


 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像




 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


6月26日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 民衆談話の会 6/26 (パンドラ) ○昨夜のサロンド・朔で、安倍総理の「70年談話」の話が出て、それに対して埼玉の染色作家、松永優さんが代表を務める「民衆談話の会」というものがある事が分かりました。 東京新聞にも掲載されていましたが、「民衆談話の会」は6月8日に談話の草案を発表しました。 「民衆談話の会」は、「市民が創る民衆談話」として全国から多くの「民衆の声」を募集しています。市民から寄せられるメッセージを加えて完成されるそうで、7月7日に、日、中、英、韓の四ヵ国語で発表し、アジア各国の中日大使館に届ける予定だそうです。 趣旨に賛同された方は「戦後70年民衆談話の会」で検索してみてください。ぜひ、一人でも多くの方々の声を寄せましょう。
 民衆の手で「70年談話」 埼玉の市民ら草案発表 東京新聞 6/9 ○草案では第二次世界大戦について、「日本による侵略・植民地支配という加害の大罪を、痛切に反省したい」と明記されています。さらに松永氏は「戦争による最大の被害者は民衆です。しかし、政治の暴走を許し、ファシズムを支えて来たのは民衆でした。わたしたちは、その歴史を直視し、この国の未来を決めて行くのは、時の政治権力ではなく一人ひとりの民衆である、との確信のもとに」談話を発信する、と結んでいます。・・・ 談話への賛同とメッセージはメールで民衆談話の会=minsyuudanwa@gmail.com=へ。
イシャジャの呟き: マスコミを懲らしめには  誕生日の花 ザクロ 花言葉 円熟した優美 6/26  ○ざくろ  今晩から ☂ になるという予報だが 降って見なければ分らない。梅雨入りが最も遅かったのは 昭和42年で7月3日だったと予報士が言っていたが 明日~明後日は ☂ が降るが 梅雨入り宣言出来るか マダ 断言できないという話だ。
 きょうは 国会中継「平和安全法制特別委員会」を視聴することになった。 自民党若手議員40名が勉強会を開き「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声・・その会の講師(百田尚樹)は「・・・沖縄の二つの新聞は潰さないといけない・・・」、この報道について野党から見解を問われた宰相はノラリクラリの 長シャベリ
 この報道なぜか、NHKでは 報道されなかった。沖縄の新聞の問題発言したのは、講師の百田尚樹は元NHK経営委員で 籾井会長と同じ安倍のお友達グループだから NHKは懲らしめが怖いから 
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog6/25: オバマ大統領 方針転換=テロ組織への身代金支払いを容認、人質救出の為に犯行組織と直接交渉するとも 2人見殺しの日本政府も転換か‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。
●5月16日(土)13時30分 九条の会事務局緊急学習会「日米ガイドラインと戦争法案」
 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジンの発行リスト ☆☆☆ 
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年06月10日 第212号 ☆☆☆ 
┌────────────┐
│ 第212号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会の「ニュース」があるのはご存じでしょうか
◇九条の会事務局からの訴えと提案
◇九条の会の新しい請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」が出来ました。活用してください。
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
   (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の署名用紙あります
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法九条やまとの会(神奈川県大和市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇グリーン九条の会(北海道札幌市)、◇9条の会ところざわ(埼玉県所沢市)、◇名取九条の会(宮城県名取市)、◇川崎市立高等学校退職教職員九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇日吉台9条の会(大阪府高槻市)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇九条の会・光(山口県光市)、◇東久留米「九条の会」(東京都東久留米市)、◇高槻阿武野九条の会(大阪府高槻市)


■活動報告
◇戰爭法案は廃案に 街頭宣伝~9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇保育園・幼稚園にチラシまき~館山九条の会(千葉県館山市)、◇市議会に安保関連法案の徹底審議を求める陳情書を提出(栃木県小山市)、◇紙芝居『「戦争する国」にさせてたまか!』をつくりました(九条の会東京連絡会)

■編集後記 ~衆院憲法審査会で、与野党の参考人が戦争法案の違憲性を主張

九条の会の請願署名「集団的自衛権行使は海外で戦争をすることであり、平和憲法の破壊です。憲法9条を守り、生かしてください」の用紙掲載にあたって(九条の会事務局)  

九条の会アピール: 集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、いまこそ主権者の声を全国の草の根から

九条の会:  ●緊急出版! 学習会ブックレット「憲法九条の新たな危機に抗して  ――第二次安倍政権と集団的自衛権」を発行しました  お申込みは九条の会事務局  メールmail@9jounokai.jp fax03-3221-5076 まで

●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内   ◆リンク… ○映像ドキュメント: 

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

福島、汚染砂利の袋も破損 楢葉町の仮置き場 【東京新聞】2015.06.26
再稼働に懸念の声 安全対策めぐり質問集中 九電株主総会 【佐賀新聞】2015.06.26 ○九州電力が25日開いた株主総会で、原発再稼働に反対する一部株主が、社長解任など7議案を提案した。いずれも否決されたが、原発依存への批判や安全性に関する不安や懸念の声が続出。経営改善のため早期の再稼働を目指す経営側との溝は埋まらなかった。1面参照  「動かない原発に年間1000億円もの費用を投じて維持してきたから赤字が膨らんだ。早く脱原発にかじを切っていれば利益が出たのではないか」。3年連続で株主配当を見送った責任を問い、社長解任を求めた株主の男性は、原発に依存する九電の姿勢を批判した。 唐津市肥前町の田口常幸さん(63)は「原発を推進するために立地・周辺自治体に支払った補償金や協力金は株主にも知らされず、やぶの中。健全な共存関係とはいえず、地域の自立も阻害している」と訴えた。 川内原発1号機(鹿児島県)の再稼働が迫る中、安全対策や使用済み核燃料の処分をめぐる質問が相次いだ。経営側は安全性を強調する一方、放射性廃棄物に関しては「適切に検討、対応する」と繰り返した。原発政策をめぐる住民説明会の開催にも否定的だった。 新規制基準に適合するための安全対策費は川内と玄海で3千数百億円。会場から「発電コストは本当に安いのか」「終わりなき安全の追求に一体、いくらかかるのか」の意見が出た。 株主提案には廃炉を安全に進めるための社内検討委員会設置も。再稼働に賛成する会社役員(71)は「建設的な意見で、経営側はもう少しくみ取っていい。独り善がりの姿勢がやらせメールにつながった。再稼働目前で、しっぺ返しを食わないようにしてほしい」と注文した。
四電の株主総会 脱原発の声届かぬまま「人の命を考えて」 【高知新聞】2015.06.26 ○伊方原発(愛媛県伊方町)再稼働の是非が問われる中、四国電力の株主総会が25日に高松市内で開かれた。経済性などを理由に再稼働への意欲を燃やす経営陣に対し、脱原発を求める株主らは「利益追求ばかり。人の命は考えないのか」と迫ったが、原発撤退を求める株主提案は今年も否決され、訴えは届かなかった。  「伊方原発の再稼働反対」「人類は核と共存できない」―。そんな横断幕を掲げた人々が四電本店前に集まる中、株主総会は午前10時に始まった。  席上、経営陣は経営と電力安定供給の両面から伊方原発再稼働が必要との見解を強調し、「原発の必要性に関する認識は社外取締役を含めた取締役会の総意」と言い切った。  株主からは厳しい質問や意見が相次いだ。
 香川県三木町の農業、溝渕裕子さん(43)は「先ほどから利益追求(の話)ばかり。公益事業をするなら人の命や環境のことを考えられないのか。安いから原発を再稼働するんですか」と問い掛けた。  高知県内の株主らも次々に発言。米国によるビキニ環礁の水爆実験で被ばくした室戸の元マグロ船員を父に持つ、高知市の下本節子さん(64)は「放射能は人が健康で幸せに生きていくことを破壊する。海も空もつながっている。伊方原発が事故を起こしたら高知県も無関係じゃない」。県の大野靖紀・林業振興・環境部長は「伊方原発が動いてない夏も今年で4回目。本当に原発再稼働が必要なのかと、多くの人が疑問に思っている。説明責任を果たしてもらいたい」などと発言した。
 相次ぐ株主の質問に、経営陣が答弁しない場面もあった。
「世論を無視」原発依存体質に怒り噴出 関電株主総会 【神戸新聞】2015.06.26 ○25日に一斉に開かれた電力9社の株主総会。関西電力の八木誠社長らが赤字決算や電気料金の再値上げを謝罪した一方で、各社とも原発再稼働の必要性は譲らず、脱原発をめぐる議論は最後まで平行線をたどった。来年4月の電力小売り全面自由化を見据えた戦略も見えにくく、株主の怒りが噴出した。 「原発反対の世論を無視している」「なぜ原発推進の話ばかりするのか」。関電の総会では怒りに満ちた株主の発言が相次いだ。各社の会場周辺には反原発の市民団体が詰め掛け、会社関係者らと言い争う場面もあった。 神戸市の久元喜造市長も「再値上げは市民生活を圧迫しており、極めて遺憾」と怒りを表した上で「原子力以外の多様なエネルギー源の活用を含めた最適な電源構成を示せ」と迫った。 原発をめぐっては福井地裁が関電の高浜3、4号機(福井県)の再稼働を差し止める仮処分を決めたが、九州電力では川内1号機(鹿児島県)の8月再稼働に向けた準備が進む。世論調査では再稼働反対の意見が多数派だが、電気料金の値上げに苦しむ家計や企業、原発の立地自治体には再稼働を待ちわびる声もあり、世論は割れている。 電力9社の総会では、脱原発の株主提案が議題となったが、いずれの提案も否決された。 【経営崖っぷち】 電力各社の業績は一様ではない。2015年3月期連結決算は燃料価格下落の効果もあり、9社のうち6社が経常黒字を確保した。一方、北海道と関西、九州の3電力は4年連続の赤字となり、崖っぷちに立たされている。

<福島第1>サブドレン放水容認へ いわき市漁協 【河北新報】2015.06.26




 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(40)戦争は本土に迫る ・ブログ連歌(409) ・ 民主平和党ホームページ ○サイパン島の玉砕につづいて、昭和十九年(1944)七月のうちにグァム島とテニアン島に相次いでアメリカ軍が上陸し、守備隊は玉砕していた。玉砕はすでに日常のニュースでしかなかった。これらが基地として使用され、日本の本土が爆撃されることは必至となった。東京をはじめとする大都市では、学童を集団で疎開させることになり、地方の旅館や寺院などを宿舎とする「集団疎開」が始まった。家庭ごとに地方の親戚などを頼る疎開も奨励されるようになり、これは「縁故疎開」と呼ばれた。
 中学・女学校以上については「学徒勤労動員」が徹底され、徴兵で手薄となった工場労働者の不足を補うため、すべての生徒が工場で働き、あるいは学校の一部を改装して部品の製造に参加するなどの奉仕を求められた。当初は細々とつづけられていた学業も、やがて通年で全面停止となり、理系以外の学校教育は、国民学校(小学校)以外では行われない状況になって行った。
 東京の幼稚園はこの年の四月から全面的に休園となった。宝塚歌劇団も松竹歌劇団も休演・解散となり、団員は戦地慰問の「挺身隊員」と呼ばれることになった。「決戦非常措置による高級享楽の停止」により、東京歌舞伎座をはじめとする大劇場は休場し、繁華街の映画館も整理を命じられた。紙の使用も厳しく制限されて新聞の夕刊は廃止となり、各社の日刊新聞は表裏二ページのペラ一枚だけになった。 
 閣議では八月に「国民総武装」を決定した。軍事訓練を国民すべての義務と定めたもので、これにより隣組では主婦の「竹槍訓練」などが行われた。竹槍で爆撃を防げるのか、敵兵と戦えるのかなどと疑問を口にするのは厳禁だった。この少し前の毎日新聞に「竹槍では間に合わぬ、飛行機だ」という記事を書いた記者がいたが、当局から「国賊的行動」として怒りを買い、発売禁止と編集責任者の処分を命じられていた。
 武器がなければ戦えない。大本営発表では戦果をあげているはずなのに、敵の攻撃力が一向に衰えないことに焦りを感じていたのは、国民ばかりでなく軍部も同じだった。人命を無視した非常手段で敵に打撃を与えるため、各種の「特攻兵器」が開発されて大急ぎで量産され、その要員の訓練が始まった。海軍には人間魚雷「回天」、爆装モーターボート「震洋」、人間爆弾「桜花」、人間機雷「伏竜」、特殊潜航艇「海龍」などがあった。
 これと並行して、皇居・大本営の疎開先として長野県松代に堅固な施設を建造する計画が本決まりし、建造が始まっている。このとき軍部からは「大陸に移動願う」という案も出されたが、天皇は「あくまでも皇大神宮のある神州を死守せねばならぬ」という強い意向を示したと伝えられる。天皇の認識は「朕は国家なり」に近かったようだ。  ★天皇主権時代と、国民主権時代との根底の違いを認識すべきでは。今から、デモ。  ※国体 - Wikipedia
民衆の手で「70年談話」 埼玉の市民ら草案発表(2015年6月9日配信『東京新聞』)
民放とNHKの番組の質の差を決めた課題着眼・報道意欲の落差~沖縄慰霊の日のテレビ番組を視て(1)~ 【醍醐 聰】2015.06.26 ○沖縄戦と現在の基地問題の連続性を見事に描いたNスタ 
自民党「勉強会」で言論統制発言をした議員は名乗り出なさい 【渡辺輝人】2015.06.26
一挙に土俵を広げてしまった安倍首相の策略 【五十嵐 仁】2015.06.26
百田尚樹・自民党勉強会事件「経団連使って広告料収入締め上げて沖縄の2紙を潰せ」+安倍首相恐怖の発言 【Everyone says I love you !】2015.06.26



孫崎享のつぶやき: 自民党は今や全体主義国家の党。「異論者にどう報復するか」が公然と語られる時代に。 6/26
孫崎享のつぶやき: TPP,本質は「最低賃金あげたら、訴えられ賠償金をとられる危険性を持つ」 6/25
7/18 『動乱の中東情勢をどう理解するか』 酒井啓子氏の中東情勢論を聴こう 【日曜クラブ】2015.06.24☆ 日 時 7月18日(土) 午後 3時~5時  ☆ 場 所 文化学園大学A館5階051教室  JR新宿駅南口より徒歩10分  (会場へのアクセスはこちらから)
☆ テーマ 『動乱の中東情勢をどう理解するか』
☆ 講 師 酒 井 啓 子 氏 (千葉大学法政経学部教授)  ■酒 井 啓 子(さかい・けいこ)氏略歴
市民社会フォーラム: 制服向上委員会の自民批判で、後援取消し 6/26 ○皆様、深夜恐縮です。昨夜のニュース23を見て思わず送信いたしました。お許しください。平和と民主主義をめざす全交交歓会事務局の富田です。各種取り組みではいつも、お世話になっております。
 戦争法案廃案に向けた連日の取り組み、お疲れさまです。さて、昨夜のニュース23がとりあげていた通り、結成23周年を迎える制服向上委員会に対して「言論の自由・表現の自由」を侵害する動きが出てきています。戦争法案推進、戦争国家作りに邁進する憲法違反の暴挙と一体の動きだと思います。後援取り消しを決定したとの報道でした。
 制服向上委員会は、5/24国会包囲アクションにも参加し、「戦争や沖縄辺野古への基地建設強行」への自分たちのメッセージを発信しています。
 ☆以下転送します。・・・
市民社会フォーラム: 松元ヒロの公演2つ 6/26
市民社会フォーラム: 「ヘルプマン!!」が問題提起しているもの 6/26   ・日経メディカル 2015年6月26日 色平哲郎 ※会員ログイン
市民社会フォーラム: 市民社会フォーラムon Twitter 6/26


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: 梅雨らしさ戻る?今村涼子「ゴーちゃん。天気」 6/26 ○関東、27日は北部中心に一日、雨という所もありそうです。28日は変わりやすい天気になりそうで、晴れ間はありますが一時的に雨が降りそうです。週末のポイント、「週末、お出かけは傘とタオルを忘れずに!」です。
NNN: “広告料なくせ発言”に首相「大変遺憾だ」 6/26 ○自民党議員が会合で「マスコミをこらしめるには広告料収入がなくなるのが一番」などと発言した問題で、安倍首相は26日、国会で「大変遺憾だ」と述べた。  問題の会合は、自民党の若手議員が25日に開いたもので、作家の百田尚樹氏が講師として招かれた。出席した議員の1人が百田氏に対し、「マスコミをこらしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。百田氏が経団連に働きかけをしてほしい」などと求めた。また、井上貴博議員は「テレビの提供スポンサーにならないことが一番こたえるだろう」などと発言した。  こうした一連の発言について、野党側は国会で厳しく批判した。  民主党・寺田学議員「総理、もしこれが本当だとしたら、私は本当にゆゆしき問題だと思いますよ」  安倍首相「それが事実であるとすれば、それは大変、遺憾ではあります」  さらに、野党側が「おわびするべきでないか」とただしたのに対し、安倍首相は「その場にいないのに勝手におわびすることはできない」と述べる一方、「報道の自由を尊重するのは一貫した私の立場だし、党としてもその立場を貫いているところだ」と話した。  発言をした井上議員は26日午後、「誤解を招いたとすれば申し訳ない。報道を規制するとか、企業に圧力をかける考えはない」とのコメントを発表した。  ★尊重‽‽‽ 介入の間違いでしょ!安倍氏の信条。 弁解無用!! 長きに亘る、NHKへの政治介入や最近のテレビ朝日、NHK呼びつけ、『お願い』など、成功体験に味を占め、ノリを越えずを弁えなくなった、特に若造たちと安倍一派…
ANN: 自民の“マスコミ懲らしめ”発言に遺憾 安倍総理 6/26 ○自民党の会合で出たメディア批判。野党が安倍総理大臣を国会で追及しました。
 民主党・辻元衆院議員:「こんな会議をして、本当に自民党として恥ずかしいとか申し訳ないと思うとか、そういう総理自身の言葉ないんですか」
 安倍総理大臣:「まさに報道の自由というのは、民主主義の根幹であると。当然、尊重されなければならないというのが安倍政権の立場であり、自民党の立場でもあるわけであります」
 25日、安倍総理に近い保守系の若手議員の勉強会に出席した議員から「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番だ」「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」などメディア批判が出ました。これに対し、菅官房長官は、政府としてのコメントは避けながらも「個人的に聞かれれば、誰から見ても非常識だと思うのが自然だ」と述べました。さらに、二階総務会長は「そこにいた責任者が責任を取るべきだ」と苦言を呈しました。  ★安倍コベ氏の、言行不一致! 否、自民党の、言行不一致! 現場の責任者が責任を取るでは足りない。
TBS: 「マスコミ懲らしめる」自民勉強会の発言が波紋 6/26 ○自民党の勉強会で「マスコミを懲らしめる」と報道規制を求める意見が相次いだことが波紋を広げています。安全保障関連法案について国民の理解が広がらないことへの不満の矛先をマスコミに向けた格好で、安倍総理が国会で釈明に追われました。  25日に自民党本部で開かれた会合。安倍総理と親しい作家の百田尚樹氏を講師に萩生田・党総裁特別補佐など総理に近い中堅・若手議員37人が出席しました。  出席者によりますと、安保法案に対する国民の理解が進んでいない現状を受けて、議員からは広告主やスポンサーを通じて報道規制をすべきという意見が出ました。
 「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」(自民党議員)
 「不買運動を経団連などに働きかけてもらいたい」(自民党議員)
 「テレビの提供スポンサーにならないということが一番こたえる」(自民党議員)
 報道の自由を軽視した自民党若手議員の発言に、与党幹部はそろって苦言を呈しました。
 「クールマインドでやっていただきたいとは思っています。何で今そういうことを言うの、というようなことは、ないようにしてほしいと心から思う」(自民党 谷垣禎一 幹事長)  「スポンサーをどう選ぶかは企業の選択であって、政治が直接働きかけるようなことは断じてあってはならないと思う。言論の自由、報道の自由は、しっかり尊重すべきだと思う」(公明党 井上義久 幹事長)
 一方、野党幹部は・・・ 「おごりでしょうね、自分たちに権力があると。メディアを自由に左右できるという、おごりの結果の発言だと思います」(民主党 岡田克也 代表)  「これが事実だとすれば大変ゆゆしき問題で、言論統制をする独裁政党といわざるを得ない」(維新の党 今井雅人 政調会長)
 自民党は、安保法制を審議する委員会の理事会で、陳謝に追い込まれ、安倍総理も野党側の追及を受けました。
 「報道に対する圧力ととられるような発言をされたのは御党の議員です。私は責任者であれば、おわびしたいと思いますけれども、何かしら、それに対する責任を感じたことはないんでしょうか」(民主党 寺田 学 衆院議員)
 「自由民主党がいわば、企業に圧力をかけ、スポンサー降りろとか、そんなこと考えられない。それは当然それぞれの企業が判断されるわけであります」(安倍首相)
 「普通はですね、社長だったら自分とこの社員に責任持つんですよ。こんな会議をして本当に自民党として、恥ずかしいとか申し訳ないと思うとか、なんかそういうね、総理自身の言葉ないんですか」(民主党 辻元清美 衆院議員)
 「報道の自由というのは民主主義の根幹である。当然尊重されなくてはならないというのが安倍政権の立場であり、そして自民党の立場でもあるわけです。自民党は誤解されることがないように、しっかりと襟を正しながら、報道の自由は守りながら、しかし主張すべきことはしっかり主張していく」(安倍首相)
 安全保障関連法案の成立に向けて国会の会期を延ばした直後に再び起きた「オウンゴール」。菅官房長官は「どう考えても非常識で、自らの発言には責任を持つべきだ」と若手議員を批判しました。
 また、25日の会合では講師役として出席した百田氏の発言も波紋を広げています。きっかけは、出席した議員の質問でした。
 「沖縄のメディアは左翼勢力に乗っ取られている。なんとか知恵をいただきたい」(自民党出席議員)  沖縄の地元新聞社が政府に批判的だという意見に対し、百田氏は… 「沖縄の2つの新聞社は、つぶさないといけない」(百田尚樹氏)
 その上で、「あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と述べました。これに対し、地元紙は強く反発しています。  「百田氏の発言は、政権の意に沿わない報道は許されないという言論弾圧の発想そのもの。言論の自由、報道の自由を否定する暴論ではないか」(沖縄タイムス編集局 石川達也 次長)  百田氏は26日、一連の発言について、自身のツイッターで「質疑応答の雑談の中で冗談で言ったものだ」とコメントしていますが、地元・沖縄での受け止めは・・・
 「いい気はしないですね」(宜野湾市民)
 「とんでもない見当違いだね。沖縄の新聞はよくやっていると思いますよ」(宜野湾市民)
NHK: 自民若手議員らが報道批判 谷垣氏「品位必要」 6/26 ○…自民党の若手議員らが25日に作家の百田尚樹氏を講師に招いて開いた勉強会「文化芸術懇話会」で、出席した議員から「マスコミをこらしめるには広告料収入がなくなるのがいちばんだ」などの報道機関への批判が出されたほか、沖縄の地元紙の報道について「沖縄の世論がゆがんでおり、なんとかしなければいけない」といった指摘が出されました。また、講師の百田氏は、沖縄の地元紙の報道に関連して「沖縄の2つの新聞はつぶさなければならない」などと発言しました。これに関連して、谷垣幹事長は記者会見で・・・
 「言論弾圧の暴論」地元紙が抗議声明
  沖縄の地元紙2紙は、「表現の自由、報道の自由を否定する暴論だ」として、共同で抗議声明を発表しました。この中で、沖縄の地元紙2紙は、「“言論弾圧”の発想そのもので民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論だ」と抗議しました。そのうえで、「戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した反省から出発し、政府に批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。『批判的だから、つぶすべきだ』という短絡的な発想は極めて危険だ。言論の自由、報道の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する」としています。
  沖縄では大きく伝える
  自民党の若手議員らが開いた勉強会で、沖縄の地元紙の報道を巡り「世論がゆがんでいる」などという指摘が出されたことを受けて、沖縄県の主要な新聞は26日の朝刊で、紙面を大きく割いて事実関係を伝えています。このうち「沖縄タイムス」は、1面と社会面で議員の発言や勉強会に招かれた作家の百田尚樹氏の発言を詳しく掲載し、「まだこんなことを言う人がいるのかと耳を疑う」などとする住民の声を紹介しています。また「琉球新報」は社会面で取り上げ、地元大学の教授の「民主主義の土台には多様な情報を発信するメディアが必要だ」などとするコメントを紹介しています。自民党沖縄県連に所属する宮崎政久衆議院議員は、百田尚樹氏の沖縄に関連した発言は事実と異なる点があり容認できないとして、勉強会を主催した木原稔青年局長に抗議しました。これに対し木原氏は「事実かどうかを調べたい」と述べました。
  自民 国対委員長が注意
  安倍総理大臣は衆議院の特別委員会で、「党において、さまざまな議論が行われるが、基本的には自民党は自由と民主主義を大切にする党で、当然『報道の自由というのは、民主主義の根幹である』という中での議論だと思う」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「私は存じ上げないが、それが事実であるとすれば大変遺憾だが、当然、党の正式な会合ではなく、有志が集まった会合であり、その中の発言がどのような形で報道されたかということについても、確認をしてみる必要はある」と述べました。また、自民党の佐藤国会対策委員長は、安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会に影響しているとして、勉強会を主催した木原稔青年局長らを呼びました。そして佐藤氏は、勉強会について説明を受けたうえで「安倍政権の応援団が後ろから鉄砲を撃ってどうするのか。応援団だとしても、結果としてそうなっている。結果がすべてだ」などと述べ、木原氏を注意しました。また同席した棚橋幹事長代理も、今後の勉強会の運営を適切に行うよう求めました。  ★品位‽‽‽ 下品な地金は何とする‽‽‽

ANN: 皇后さま傘寿祝う演奏会 雅子さま佳子さまも出席 6/26 ○皇后さまの傘寿を祝う演奏会が開かれ、両陛下や皇太子ご夫妻が鑑賞されました。  皇居での演奏会は宮内庁の職員らが開いたもので、両陛下や皇太子ご夫妻のほか、秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまも出席されました。皇后さまが子守歌としてメロディーを付けた詩など5曲が演奏され、曲が終わる度に大きな拍手を送られていました。
NNN: 皇后さまの「傘寿」演奏会 佳子さまの姿も 6/26  ★佳子さま?にスポットを当てる、読売の、その心は何でしょう? 悠仁や秋篠宮家を利用しようとの魂胆か‼‽
ANN: 御嶽山 噴火警戒レベル3→「2」に引き下げ 気象庁 6/26 ○御嶽山では去年10月中旬以降、噴火がなく、火山活動も落ち着いていたということです。ただ、火山性地震は続いていることから、今後も去年9月の噴火より規模の小さい噴火が突発的に発生する可能性があるとしています。こうしたことから、気象庁は噴火警戒レベルを3から2に引き下げ、警戒が必要な範囲について火口からおおむね1kmの範囲としています。
ANN: 少量の血液で…「アルツハイマー」を早期発見か 6/26 ○簡単な血液検査でアルツハイマーが早期に発見できるようになります。  アルツハイマー病は、アミロイドという物質が脳内に蓄積されることが主な原因だとみられています。筑波大学の研究チームは、このアミロイドを脳内から出すたんぱく質を測定することで初期のアルツハイマーを80%の精度で発見できるようになったということです。研究は2001年から1000人近い高齢者を対象に継続してきたもので、今年の4月から自由診療で実用化が始まっています。約5ccの血液で検査することができ、将来の発症を予測したり早い段階から治療を行うことができます。
ANN: 25歳女性は窒息死か 長男の行方、引き続き捜索 6/26 ○神奈川県相模原市の墓地に25歳の女性の遺体を埋めたとして男女が逮捕された事件で、死因が窒息死の可能性があることが分かりました。また、当時7歳だった女性の長男の行方が今も分かっていません。捜査の拠点がある警視庁の北沢警察署から報告です。

報道批判 加速する為政者の暴走 【神奈川新聞】2015.06.26
[戦後70年 全国の視点] 沖縄の道理 共感広がる 【沖縄タイムス】2015.06.26 ○戦後70年の「慰霊の日」は大きな節目とあってテレビのほか、全国の新聞でも広く報道された。25日付で本紙が転載した全国紙やブロック紙、地方紙を含め、共同通信加盟の一般紙50社余のうち20社以上が、慰霊の日前後の社説やコラムで取り上げている。  翁長雄志知事は追悼式典で、沖縄戦の体験に連ねて辺野古の新基地建設中止を求めるなど基地の過重負担に比重を置いて発信した。この意味付けを踏まえ論説の多くが「平和の継承」と「沖縄の現状」を関連付けて論述したのが特徴だ。  下野新聞のコラム雷鳴抄の筆者は慰霊の日を前に沖縄を訪れ、「国内最大の地上戦」があった沖縄で、復帰後も基地の固定化が続き、米兵の犯罪がいまだ起きる現状を憂い「平和な70年の影に沖縄の忍従がある」と心を痛めた。  24万人余が刻銘された平和の礎の重さを踏まえ、式典で沖縄の基地負担軽減に言及した安倍晋三首相に対し「上面の言葉」(愛媛新聞)と批判し、「沖縄は戦争を引きずる軍事基地を求めていない…負担軽減は基地の撤去で、基地の移設という押し付けは島の恒久平和から程遠い」(福井新聞・社説)と論じた。  熊本日日新聞は、辺野古問題の解決の糸口として「抑止力のひと言で思考停止に陥るのは避けたい」とし、抑止力が真に機能しているのか、日本全体として安全保障や米軍駐留を多面的に考えることも提起した。神戸新聞も同様に「沖縄を再び孤立させてはならない」と本土側の受け止め方を重視する。 ・・・
[TPP交渉] 国民は理解していない 【南日本新聞】2015.06.26 ○米議会上院は通商交渉の権限を大統領に一任する「貿易促進権限(TPA)法案」を賛成多数で可決した。大統領の署名を経て週内にも成立する見通しだ。 米国は環太平洋連携協定(TPP)交渉参加12カ国の中心メンバーである。一方で議会が合意を覆す恐れがあり、交渉を停滞させてきた。 TPA法の成立で最大のハードルは越えるということだろう。安倍晋三首相は「大きな前進だ。歓迎したい」と述べた。 ちょっと待ってもらいたい。国民の理解という大切なことを忘れていないか。
 日本がTPP交渉に参加したのは2年前だ。直前の参院選で首相は「日本の農業、食を守ることを約束する」と断言した。 だが、JAグループ鹿児島などの反対運動は一向に収まらない。コメなど重要5項目を「聖域」とした国会決議が守られるか不透明だし、国内議論も低調だ。 理由ははっきりしている。交渉をめぐる情報が極端に制限され、是非を判断しようにも材料がないからである。 TPA法案可決を受けて政府は早速、米国との事務レベル協議再開に動き出した。甘利明TPP担当相は「各国が最終カードを切って大きく前進する」と発言した。 7月の「大筋合意」を視野に入れているようだ。しかし、最後のカードを切る前に、政府にはなすべきことがあるはずだ。
 国民に説明し、支持を得る努力である。白紙委任で済ませる手法は乱暴すぎる。  ★安倍コベ的、独裁に直(ひた)走る、そのザマが象徴的‼‽
安保法案審議延長 国民の支持得られているか 【宮崎日日新聞】2015.06.26 ○国民の支持得られているか
 会期末を24日に迎えるはずだった通常国会が、9月27日まで大幅延長されることが決まった。自民、公明の両党は、安全保障関連法案の成立を図るには日数の確保が必要と判断した。  民主党など野党は審議打ち切りを主張し、延長に反対していた。5月下旬から始まった審議はかみ合わず、政府説明も国民に伝わるものではない。同じような討論を続けても突破口は開けない。審議を根本から仕切り直し、国民の理解を得られていないと判断すれば法案は撤回すべきだろう。
 ■成熟した議論ならず■
 なぜここまで会期を延長して成立を目指すのか。国民にはまた新たに疑問が出てきているのではないだろうか。丁寧に審議をしていくという方針に異論はない。しかし現在のようなやりとりを積み重ねても、議論は深まらない。  一つには安倍晋三首相の姿勢が大きい。「戦争法案」との批判を「レッテル貼りだ」と一蹴。民主党の辻元清美政調会長代理の追及には「早く質問しろよ。演説じゃないんだから」とやじを飛ばした。幅広い意見を聞く誠実さが不足していると言わざるを得ない。  また別の問題点として、政府、与党が野党の質問に真正面から答えず、意図的にずらす場面が目立ったことがある。最たるものは今国会2回目の党首討論だった。・・・

百田氏発言をめぐる沖縄タイムス・琉球新報共同抗議声明 【琉球新報】2015.06.26 ○百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという”言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。 
 百田氏の発言は自由だが、政権与党である自民党の国会議員が党本部で開いた会合の席上であり、むしろ出席した議員側が沖縄の地元紙への批判を展開し、百田氏の発言を引き出している。その経緯も含め、看過できるものではない。
 さらに「(米軍普天間飛行場は)もともと田んぼの中にあった。基地の周りに行けば商売になるということで人が住みだした」とも述べた。戦前の宜野湾村役場は現在の滑走路近くにあり、琉球王国以来、地域の中心地だった。沖縄の基地問題をめぐる最たる誤解が自民党内で振りまかれたことは重大だ。その訂正も求めたい。
 戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。
 政府に批判的な報道は、権力監視の役割を担うメディアにとって当然であり、批判的な報道ができる社会こそが健全だと考える。にもかかわらず、批判的だからつぶすべきだ―という短絡的な発想は極めて危険であり、沖縄の2つの新聞に限らず、いずれ全国のマスコミに向けられる恐れのある危険きわまりないものだと思う。沖縄タイムス・琉球新報は、今後も言論の自由、表現の自由を弾圧するかのような動きには断固として反対する。
 琉球新報編集局長・潮平芳和
 沖縄タイムス編集局長・武富和彦
百田尚樹氏「沖縄の新聞はつぶせ」自民勉強会で暴言連発 【沖縄タイムス】2015.06.26 ○作家の百田尚樹氏は25日、市街地に囲まれ世界一危険とされる米軍普天間飛行場の成り立ちを「もともと田んぼの中にあり、周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」と述べ、基地の近隣住民がカネ目当てで移り住んできたとの認識を示した。安倍晋三首相に近い自民党の若手国会議員ら約40人が、党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」で発言した。  実際には現在の普天間飛行場内に戦前、役場や小学校のほか、五つの集落が存在していた。沖縄戦で住民は土地を強制的に接収され、人口増加に伴い、基地の周辺に住まざるを得なくなった経緯がある。  勉強会は冒頭以外、非公開。関係者によると、百田氏は「基地の地主さんは年収何千万円なんですよ、みんな」と発言。「ですからその基地の地主さんが、六本木ヒルズとかに住んでいる。大金持ちなんですよ」などと持論を展開したという。  普天間飛行場の周辺住民約2千人が、米軍機の騒音で精神的苦痛を受けたと訴え、那覇地裁沖縄支部が約7億5400万円の支払いを命じた判決に触れ、「うるさいのは分かるが、そこを選んで住んだのは誰だと言いたい」と、自己責任だとの見解を示したという。  「基地の地主は大金持ち。基地が出て行くとお金がなくなるから困る。沖縄は本当に被害者なのか」とも述べたという。  議員から沖縄の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。  出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」との声が上がったほか、「沖縄は戦後、予算漬けだ。地元紙の牙城でゆがんだ世論をどう正すか」などの批判もあった。  勉強会は自民党の木原稔青年局長が代表で、首相側近の加藤勝信官房副長官や、萩生田光一・党総裁特別補佐も参加した。  ★詳報! さすが、と言おう。
百田氏発言「市民感情逆なで」=宜野湾市長が不快感 【時事通信】2015.06.26 ○自民党有志の会合に招かれた作家の百田尚樹氏の沖縄基地問題などに関する発言は26日、地元でも反発を呼んだ。沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に関する百田氏の言及について、宜野湾市の佐喜真淳市長は「市民感情を逆なでする発言は絶対あってはならない」と不快感を示した。市役所で記者団の質問に答えた。 百田氏は25日の自民党会合で、普天間飛行場について「もともと田んぼの中にあった。商売になるということでみんな基地の周りに(集まった)」などと述べていた。 これについて佐喜真氏は、「(普天間は)戦争当時、米軍が接収したもので、本来地権者がいる。しっかりと勉強してほしい」と反論。また、自民党に対しても、「沖縄の現状をしっかり理解してもらわないといけない」と指摘した。 沖縄県選出(比例九州)で自民党の宮崎政久衆院議員は26日、会合を主宰した木原稔青年局長に対し、百田氏の発言について「沖縄の歴史に対する無理解からくるものだ」と抗議した。 





TBS: 「頭を体から切り離し他人と結合」難病男性が手術へ 6/26 ○難病に苦しむ30歳のロシア人男性が自分の頭を体から切り離し、 脳死状態になった他人の体と結合する手術を受けると発表しました。  25日に会見したのは脊髄性筋萎縮症を患う男性(30)です。この病気にかかった患者の平均寿命は短く、男性も症状が急激に悪化しています。そこで、イタリア人医師が提唱している自分の頭部と脳死状態となったドナーの身体を結合する手術を受ける決意をしました。  「とても楽観的にいます。楽しみです。できるかぎり早く行われるよう実現を目指しています」(ワレリー・スピリドノフさん)  手術中は、頭部とドナーの身体を冷却し、細胞が死なないようにするということですが、100人以上の医療スタッフが必要で手術時間は36時間に及ぶ見通しです。イタリア人医師は、手術費用1500万ドル、およそ18億円を集めていて、2年以内には手術を行いたいとしています。  ★相当絶望的な状況に陥っているのだろうが、こういう決断はつきかねる‼‽





ANN: オバマ大統領 テロ組織への身代金支払いを容認 6/25 ○アメリカ政府は、テロ組織などに誘拐された人質の家族が身代金を支払うことを容認すると発表しました。
 オバマ大統領:「人質の家族は、愛する家族を助けるために身代金を支払うことで訴追されることはない」
 オバマ大統領は24日、アメリカ人がテロ組織などに拘束された場合、これまでの方針を見直し、家族が身代金を支払うことを容認すると発表しました。アメリカでは、過激派組織「イスラム国」に拘束され、殺害された男性の家族が「政府から、身代金を支払えば刑事訴追されると脅された」と証言し、政府に対する批判が高まっていました。また、アメリカ政府は、人質救出のために犯行組織と直接交渉する方針も表明しました。  ★安倍ちゃん、どうします? 以下、同文ですか?
NNN: 鹿児島で記録的大雨 土砂災害などに警戒を 6/26 ○梅雨前線の影響で鹿児島県内では記録的な大雨となっており、土砂災害や落雷による被害が出ている。  鹿児島県内では各地で6月の雨量が1000ミリを超える記録的な大雨となっていて、被害が相次いでいる。JR指宿枕崎線の前之浜駅近くでは、崖崩れが起き、土砂や木が線路に流れ込んだ。喜入-枕崎間は復旧の見通しは立っていない。  また、種子島の中種子町野間では、民家の裏山が崩れ、土砂が家の中に流れ込んだ。この家に住む女性(82)にケガはなかった。同じく中種子町の納官では25日午後5時10分頃、落雷が原因とみられる火事があり、遠藤勝さん(84)の住宅1棟を全焼。ケガ人はいなかった。  鹿児島県本土や種子島屋久島地方は、26日にかけても局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、27日午前0時までの24時間雨量は多い所で150ミリの見込み。引き続き、土砂災害などへの警戒が必要。
TBS: 茶道・裏千家の千玄室大宗匠が日中関係改善呼びかけ 6/26 ○茶道・裏千家の前の家元が中国の大学で講演を行い、日本と中国で共通するお茶文化を基に、日中関係の改善を呼びかけました。  北京外国語大学から記念品を贈られる和服姿の男性。茶道・裏千家の前の家元、千玄室・大宗匠(92)です。25日、日本学研究センターの設立30周年を記念して、大学から名誉教授の称号が授与されました。  その後、千・大宗匠は詰め掛けた学生らおよそ300人を前に講演を行い、中国からもたらされた茶道の歴史や精神を紹介するとともに、日中間の関係改善を呼びかけました。  「お茶を飲む民族はみんな仲良し。たった1碗のお茶をどうですか、いかがですか。どんな人同士でも差別・区別無く勧めあう、これが儒教・道教の実践の道なのです」(茶道・裏千家、千玄室大宗匠)  講演後、会場には畳を敷いた和室が用意され、茶道の持つ礼儀作法などが紹介されました。
 「茶道を見て心が穏やかになり、感動しました」(出席者の女性)  「中国の茶道文化も深いけど、礼儀作法は日本に学ぶべきだと思いました」(出席者の女性)裏千家の千・大宗匠は26日、北京で中日友好協会の唐家セン会長と会談し、今後の文化交流について話し合う予定です。
TBS: 「心の病」で労災認定497人、過去最多 6/26 ○過労や仕事上のストレスでうつ病など「心の病」となり、労災と認定された人が、2014年度、497人にのぼり、過去最多となったことがわかりました。  厚生労働省によりますと、2014年度に、過労や仕事上のストレスで精神的な病気となり、労災認定された人は497人で、前の年度に比べ61人増えました。  このうち、自殺に追い込まれた人は、未遂を含めて99人でした。労災認定と自殺のいずれも過去最多となっています。  精神的な病気となった要因としては、「悲惨な事故や災害の体験」が最も多く、次いで「嫌がらせ、いじめ」、「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」などとなっています。

ANN: ミャンマー スー・チー氏の大統領就任が不可能に 6/26 ○軍事政権時代に制定されたミャンマーの憲法は、外国籍の家族を持つ者は大統領になれないと定めています。このため、イギリス国籍の息子がいるスー・チー氏には資格がなく、スー・チー氏率いる最大野党の国民民主連盟が憲法改正を求めていました。改正には、全議員の4分の3の賛成が必要ですが、鍵を握っていた軍人議員らが反対票を投じ、改正案は否決されました。総選挙は11月に予定されていますが、これでスー・チー氏の大統領就任は事実上、不可能になりました。スー・チー氏は記者会見で「希望は捨てない」と話し、総選挙での勝利を目指す考えを示しました。  ★スー・チー氏排除を狙った、軍事政権時代の恣意的規定! 議会の軍人グループ(なぜ、こんなグループが議会を一定程度占めるのか‽‽‽)が、否決しようとするのは、自然の流れ… 大統領選には、最大野党の国民民主連盟は、誰の候補に立てるのだろうか?
ANN: ギリシャ支援合意また見送り ユーロ圏財務相会議 6/26
ANN: 「イスラム国」 シリア北部で反転攻勢か 6/26 ○シリア北部で、過激派組織「イスラム国」が自爆テロ攻撃を相次いで仕掛けるなど、攻勢に出ています。  トルコと国境を接するシリア北部の街アイン・アラブで25日、「イスラム国」による自爆テロが起きました。シリア反体制派によりますと、爆発の後、銃撃戦になり、これまでに少なくとも35人が死亡したということです。「イスラム国」は、クルド人勢力の攻撃を受けて1月にアイン・アラブから撤退していましたが、反転攻勢に出た形です。また、シリア反体制派は、「イスラム国」がアイン・アラブの南にある村で、女性や子どもら少なくとも20人を虐殺したと伝えています。
NNN: 米通商代表 TPP大筋合意に向け意欲 6/26 ○TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉妥結の前提となる法案の成立が確実になったことを受け、アメリカのフロマン通商代表は25日、大筋合意に向けて改めて意欲を示した。  TPPの合意に欠かせない、大統領に交渉権限を一任する法案などはすべて可決された。ホワイトハウスに届き次第オバマ大統領が署名し、正式に成立する運び。  TPP参加12か国は、大筋合意をめざし来月下旬に閣僚会合を開く方針だが、アメリカのフロマン通商代表は25日、合意への意欲を示した。  フロマン通商代表「参加各国は目的に沿った形で、できる限り早く交渉を妥結させたいと思っている」  また、日本との協議についてフロマン代表は、事務レベルで可能な限り問題を解決した上で、閣僚会合で提示する選択肢を準備していくと強調した。  ★関係国は、国民主権を尊重し、情報公開と説明責任を直ちに果たせ! 秘密交渉、継続など、以ての外‼‼

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: