FC2 Blog Ranking
2015-07-16

7/16: “新国立” 安倍首相、森会長と近く談合‼‽ 所謂「俺のカネ」倍増 憲法違反!戦争法案とダブル批判回避‼‽ 泥縄、間に合うことか‽‽‽

「護憲+」ブログ: 「老人党・リアルグループ『護憲+』」は第十二期に入りました  (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2014年8月より第十二期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・台風11号、 高知県の一部、和歌山県の一部が暴風域に  18時32分  ★くれぐれもご用心‼‽ 御用心。相当広範囲! 大潮、満潮時、高潮!
 ・10年前の放火事件で、元消防団員の男を再逮捕  17時56分
 ・高齢者運転の車が3人はねる、1人死亡1人意識不明重体  17時56分
 ・“睡眠薬入りチョコ”こん睡強盗の疑い、女子大学生再逮捕  17時55分
 ・空の便 欠航相次ぐ、東名高速も一部通行止め  17時38分   ★台風11号被害‼‽ ご用心。
 ・“新国立” 安倍首相、森会長と近く会談へ  18時45分   ★費用見積もり2520億円超、約2倍に膨張させた張本人同士、談合会談‼‽
 ・成田空港着のギニア人男性、エボラ出血熱感染の疑い  8時58分
 ・中国副主席が残留孤児と面会、日中友好の重要性訴える  8時57分  ★善隣友好を主権者は、政府は、失ってはならぬ。
 ・台風11号、空の便に影響も  7時12分     ★一両日は、ご警戒、御用心を
 ・文化人から反対の声、「法治国家の基礎失いつつある」  7時12分  ★日本国憲法、立憲主義も顧みず、国民主権、主権者の意思にも叛く‟謀反人”安倍一族
 ・新消防総監が就任会見、東京五輪に向け対策語る  7時12分
 ・ギリシャ議会 財政再建案の関連法案を可決  8時25分  ★臥薪嘗胆をギリシャが示した‼‽ それに引替え日本では、安倍のムチャを与党が許している‼‽

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。


 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  


7月16日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 「政治的?」(ケラリーノ・サンドロヴィッチ@東京新聞コラム「風向計」) 7/16 (猫家五六助) ○東京新聞・本日付、テレビ面のコラム「風向計」から転載します。 たしかに創作家、漫画家、作家、芸術家、音楽家、俳優など文化・芸術的な仕事の方は政治的な話題を避ける傾向にあります。それは表向き「政治ネタはカッコ悪い」といいつつ、その立場・収入の不安定さから波風を立てたくないという思いもあるのかなぁ、と。 それでも、ケラリーノさんのような方、若い世代の方々さえも「このまま暗黒政治になったら、文化も社会もあったもんじゃない」と感じるほど、安倍政権のやり方が危険で間違っているのだと思います。  ★転載部分、本文をご覧ください。
「護憲+」ブログ: 「安保関連法案・強行採決」7/15国会前抗議デモ  7/16 (笹井明子) ○昨日、衆議院特別委員会での「安保関連法案」強行採決に抗議するために、国会前デモに参加しました。
  少し早めに着いたので、まずは既に始まっていた官邸前デモに参加。「戦争法案 廃案廃案」「安倍晋三は今すぐ辞めろ」など、数十人と共にコール。そうする間にも、最寄の地下鉄出口や向かいの交差点から、参加者がどんどん集まってきます。
  6時半を過ぎたので、メイン会場の国会正門前に行ってみることにしました。凄い人の波で、思うように進めません。
  大勢の警察官が交差点でロープを手に「メイン会場は一杯なので、向こう側には行けません。右に折れて別のエリアに行ってください」と誘導しようとしていましたが、今回ばかりは皆さん(私も)いつも程従順に従おうとはしません。信号が青になると、静かに、決然とロープの隙間からメイン会場に通じる横断歩道を渡りました。
  渡った先でもメイン・エリアに行けないように歩道を通行止めにしていましたが、脇の土手の道に上がって、どんどん先に進んで行きました。
 メイン・エリアでは、学生さんのコールに合わせて、集まった人たちがリズムに乗って熱く声を上げています。
「憲法 守れ」「国民 なめるな」「民主主義って 何だ」などの他に、「あべは辞めろ」というひと際大きなコールや、「自民党って何か感じ悪いよね」という少し間延びしたコールも。
  若者、子供連れ、私たち世代が入り混じり、正門前には車道にはみ出す広場のような場が出来上がり、怒りと熱気と若干のユーモアも混じった素敵な空間が生まれました。
  昨日の参加者は、最終的に10万人に達したとのこと。私たちは元気。全然諦めていない。安保関連法案は今日間もなく衆議院を通過すると予想されています。でも、「三連休で治まるだろう」という安倍首相の思惑とは違って、国民の怒りは益々大きく強くなるばかりで、安倍政権は、違憲法案強行採決の代償の大きさを、いずれ知ることになるでしょう。   ★主権者が、持てる最高権限を放棄、諦めては、責任放棄です。主権回復しないと。 後には、誰もいません! 立憲主義、法の支配をひっくり返されたら、世界の笑い者‼‽ 日本国憲法も、9条も笑い者に‼‽
今日の「○」と「×」: 「×」 新国立についてだけ、国民の声を聞く売国総理。 7/16 「×」 新国立「国民の声聞く」=安倍首相  >>>安倍総理が、新国立競技場の計画を見直すと言い出した。 国民の声に耳を傾けた結果だという。それなら、これほど国民から反対の大合唱が上がっている安保法案は、なぜ見直さないのか。それは、新国立はアメリカと関係がなく、安保法案はアメリカに約束したからだ。
  総理の頭の中では、アメリカの意向が最優先で、国民の声は二の次なのだ。 こんな売国総理を放っておいていいのですか?ネトウヨ含む右翼の皆さん。
イシャジャの呟き:  戦いはこれからだ  誕生日の花 トキソウ 花言葉 献身 7/16  ○アベ政治を許さない 強行採決
 安保法案は昨日の衆院特別委員会で強行採決された。地元紙は 社説で「国民の思い置き去り」と論じ、編集局長は「国民をどこへ連れて行く」の記事を一面に載せています。秋田さきがけの社説のURLを貼りました。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「勝手に決めるな」 国会前で10万人抗議集会の記事も載っています。岸内閣の安保反対デモで 樺さんが亡くなった。その孫が 総理になって 憲法違反の法案を強行採決を目論んだ。遺伝子は恐ろしい。 何か 行動を起こさなければと思うのだが、テレビを眺めているしか できないモドカシサ・・・、 
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 ご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ◎永田町徒然草:  舌舐めずりして 8割の国民に牙を剥いて襲いかかる 安倍右翼反動内閣 7/14 ○自公“合体”政権が、今週中に安保関連法案を採決すると発言している。安倍首相の“決めるときには決める”は、いつもの口癖だ。だったら手始めに、いま問題になっている新国立競技場問題にキチンとケリを付けてからそう言えと、多くの国民は思ってるであろう。谷垣自民党幹事長は、論点は出尽くし審議も十分行ったので、そろそろ採決の時が来たと自信なげに言っている。この男は、今回もまた国民の期待を裏切ろうとしている。…… 
 今日のトピックス Blog7/15: 謀反人安倍政権は、本日、安保関連法案を与党単独で衆議院通過を狙うが 主権者にも、最高法規にも仇名す謀反人は 我ら主権者が糺そう‼‽

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

☆☆☆ 「九条の会」メルマガ詳細版   2015年07月10日 第214号 ☆☆☆ 憲法9条、未来をひらく

<九条の会事務局主催>戦争法案は廃案に! 九条守れ 九条の会交流・討論集会
 会期末に向けてどのような運動を展開し、戦争法案を廃案に追い込むか。各地域・分野の九条の会による経験や意見を交流します。あらかじめ参加数などを把握するため、参加希望の方は、お名前、所属の九条の会、住所、電話FAX番号を事前に事務局までFAX・メール・郵便で御連絡下さい。
▽日時 8月12日(水)午後6時から8時30分
▽会場 東京しごとセンター 東京都千代田区飯田橋3-10-3
 (JR、地下鉄東西線・有楽町線・南北線 飯田橋駅下車 徒歩10分)

 いまこそ力をふりしぼって、戦争法案廃案をめざして可能な限りの運動を
 戦争法案をめぐる情勢は重大な時期を迎えました。安倍政権と与党は国会会期を異例の大幅延長を強行して、戦争法の成立を狙っています。この悪法を必ず廃案に追い込むために、先頃の九条の会の事務局からの訴えを活かしてくださいますようお願いします。今こそ、九条の会の運動の真価が問われています。

 九条の会の請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」。
 サイトに載せました。 ぜひ活用してください。

 奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』(「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
 奥平康弘さんは、2007年9月に池田香代子さんとともに盛岡での憲法セミナーで講演されました。第1次安倍内閣が倒れた直後のことです。自らの憲法学者としての立ち位置を明確にし、「九条の会」の活動の可能性を問いかけるお話は、暴走を続ける第3次安倍政権下のいまあらためて読み直すと示唆するところ大で、一気に読了してしまう内容です。「蹴られてきたボールは蹴り返す、そのための市民のコンセンサスを」の言葉に、ぜひ元気をもらってください。
タイトル:『戦争する国にさせない』 池田香代子 奥平康弘
A5判64ページ 頒価300円(送料別途)10冊以上250円 50冊以上200円
お申し込みはなるべくメールかFAX03-3221-5076で「九条の会」事務局へ

 集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
 http://www.9-jo.jp/index/140926poster.pdf
 地域、職場、学園に大いに貼り出しましょう!!
  B3判 1枚100円 30枚以上80円(送料はご負担いただきます)
  送料が割安になるのは、下記(割愛)の枚数です。

 昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレットNo.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
 九条の会発足10年の日である昨年6月10日に開催した九条の会講演会の記録です。
  金泳鎬さん(元韓国産業資源相・韓国慶北大学名誉教授)、池田香代子さん、阪田雅裕さん(元内閣法制局長官=ビデオ出演)とよびかけ人による講演は、さまざまな角度からいまこの時代をいかに生きるか、参加者ひとりひとりに問いかけ、訴えるものでした。
 ――集団的自衛権とは何か? 安倍政権の目論みはどこにあるのか? 「日本をふたたび強い国にする」、その帰結はどのようなものを想定しているのか? 70年前にも市民が犠牲となった。そして現在も、平和を望む市民の精神が蹂躙されている。声を上げるときだ! 私たち市民の力、世論の力こそが、立憲主義への暴挙拡大を阻むのです(岩波ブックレット紹介サイトより)。
  第3次安倍政権が推し進めようとする憲法破壊に立ち向かおうとするいま、ぜひお読みいただきたい本です。全国の書店でお求めになれます。お買い求めになりにくい場合は、事務局にご相談ください。
  体裁=A5判・並製・64頁 定価(本体 520円 + 税) 2015年1月8日発行

 2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権と憲法9条」のDVD、好評です
 ゲスト出演の金泳鎬さん(韓国・檀国大学碩座教授)、池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家・口承文芸研究者)、ビデオメッセージの阪田雅裕さん(元内閣法制局長官)、そして九条の会よびかけ人の大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんの講演を収録したDVDが好評です。それぞれ、この10年の歩みにふれながら、憲法9条を守り、生かす道を探って話された講演を収めています。添付のカードには、鶴見俊輔さん、梅原猛さんのメッセージ。メール、またはFAX03-3221-5076でお申し込みください。
141分、 頒価1500円(税込・送料別途)

 九条の会第5回全国交流集会の記録(報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
 2013年11月16日に東京・日本教育会館で開催した九条の会第5回全国交流集会の記録です。終日行われた会の全容をおさめた報告集、全体会を収録したDVD、今回初めての企画で参加者から好評を得たシンポジウムの記録に追記と資料集を加えたパンフレットの3種類です。報告集、パンフレットはお求めの部数に応じて割引も設定しました。ぜひ、お申し込みください。

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー

【最新】「憲法の旗竿」は放さない  山田厚史さん(デモクラTV代表) (2015年6月15日)
◆うたごえ、青年、憲法  佐藤大介さん(日本のうたごえ全国協議会青年学生部長) (2015年6月8日)
◆特定秘密保護法に抵抗する  矢崎暁子さん(弁護士) (2015年6月1日)
◆教え子を再び戦場に送るな ~教育実践とうたごえ~  箱崎作次さん(東京都公立中学校 教諭) (2015年5月25日)
◆メディア利用の政局運営とメディアへの懐柔、操作、圧力  丸山重威さん(ジャーナリズム研究者) (2015年5月18日)
◆対テロ戦争・戦争立法の中で自衛隊員と家族は、いま。  佐藤博文さん(弁護士・「自衛官の人権弁護団・北海道」団長) (2015年5月11日)
◆10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」  鈴木彰さん(調布「憲法ひろば」広報担当) (2015年5月4日)
◆ドラえもん社会ワールド「憲法って何だろう」の監修から見えてきたこと  西田美樹さん(弁護士・東京弁護士会憲法問題対策センター副委員長) (2015年4月27日)
◆国会決議と相容れない米国TPA法案  醍醐 聰さん(東京大学名誉教授) (2015年4月20日)

憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

伊方原発再稼働、意見反映を 30キロ圏の5市町 【東京新聞】2015.07.16 ○愛媛県伊方町の四国電力伊方原発3号機が原子力規制委員会の審査に合格したことを受け、原発から半径30キロ圏の県内5市町の首長が16日、松山市の愛媛県庁で中村時広知事と会い、県が再稼働の可否を判断する際に意見を反映してほしいなどと要望した。 愛媛県大洲市の清水裕市長は「最終的な判断をする前に意見交換の機会を設けてほしい」とした上で「県としても厳格な安全確認を実施して」と求めた。西予市の三好幹二市長は「東日本大震災以降、住民が一番不安を抱いている」とし、審査結果などに関し県が住民に説明するよう要請した。 要望したのは他に宇和島市、伊予市、内子町の首長。







 ◎福島原発事故初期、追加情報については、当・9/21ブログ今日のトピックス Blog9/21: 『原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル』の前には塵芥❕❓ 小渕経産相「原子力持たない選択は難しい」 等々亡者を、ご参照ください。

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 小説・昭和からの遺言(53)マッカーサーと対面した天皇 ・ブログ連歌(411) ・ 民主平和党ホームページ 7/16 ○東久邇内閣の外務大臣・重光葵は、マッカーサーとの面会を急いでいた。目的は天皇の地位を安泰にし、それによって日本政府も安定させて占領統治をなるべく温和な間接統治へ導くことだった。単独会談で力説したのは、天皇は元から戦争を望まない平和主義者であって、ポツダム宣言を忠実に履行する決意であること、そして国民の絶対的信頼を集めている天皇と政府が協力することで、連合国の占領統治はもっとも効果的に行われるだろうということだった。
 天皇の存在が日本軍の降伏を円滑にした事実は、マッカーサーもよく認識していた。政府が崩壊して軍が統制を失えば、日本全土を平定するまでに長期にわたるゲリラ戦が必要になるというのは、占領に当ってのむしろ当然の想定だったのである。その意味で日本側からの協力の申し出は大いに歓迎すべきことだった。
 こうした根回しの上で、天皇とマッカーサーの対面が準備された。外務大臣は、終戦処理を終って退任した重光の後任の吉田茂に代っていた。直接の対面の前には、天皇とニューヨークタイムズ記者との会見が行われた。この会見で真珠湾奇襲攻撃の責任を問われた天皇は、「開戦の詔書を東条のごとくに使用するのは自分の意図ではなかった」と答えている。ニューヨークタイムズはこれを「天皇、記者会見で奇襲攻撃の責任を東条に転嫁」と報じたが、東条に全責任を負わせて天皇を免責するという方針は、マッカーサーの承認のもとに固まって行くことになった。
 そして九月二十七日に、天皇はアメリカ大使館公邸にマッカーサーを訪問した。このときに天皇が「自分の身はどうなってもいいから国民を助けてほしい」と言い、マッカーサーがその誠意に感動したというのが美談のように伝わっている。しかしこれは回顧録で多分に潤色されており、実際の会話では、せいぜい「(日本国民の行動は)最後的にはすべて自分に責任がある」と言った程度の表現であったらしい。しかしマッカーサーが天皇の指導力を高く評価して、今後いつでも話を聞かせてほしいと好意的に会談を締めくくったのは事実のようだ。記念写真は会談に先立って撮影された。
 翌々日の新聞各社は、GHQから配られた写真付きで天皇とマッカーサーとの会見を記事にした。正装で緊張している天皇の横で、マッカーサーは略装で手を腰に当てていた。これを見た内務省は「不敬罪」に当るとして発行禁止にしようとしたが、GHQは逆に報道の自由に対する制限を不許可とし、これが東久邇宮内閣退陣への一つの伏線になった。マッカーサーはラフな服装を好んだそうで、この服装は「ましな方」だったともいう。砕けた服装で親愛を示したのか、力関係の優位を見せつけたのか。
阿修羅:  日本の政治選挙188
孫崎享のつぶやき: 安全保障関連法案衆議院通過。安倍支持を下げることで、実施させない方向にもっていく努力の要 7/16
阿修羅: 何をいまさら強行採決反対だ  天木直人(新党憲法9条) 7/15
 何をいまさら強行採決反対だ  天木直人(新党憲法9条) 7/15
阿修羅: 6万人! 国会前デモの熱気を伝えないNHK、日テレ、フジはどこの国の報道機関なのか(リテラ) 7/16

IWJ: 2015/07/15 安倍政権の終わりの始まりか――「戦争法案」の強行採決に10万人が怒り「国会を包囲した55年前を思い出し、岸信介の孫を退陣に追い込もう」
私達の国を人治主義の独裁国家から、再び法が支配する立憲民主主義国家にもどそう 【Afternoon Cafe】2015.07.15
孫崎享のつぶやき: 伊方原発 規制委が許可、田中委員長、責任逃れに「合格が絶対的な安全を意味しない」だって 7/16
阿修羅: 美輪明宏が「安倍首相も自民党に投票した人もまず自分が戦地に行きなさい」と一喝!(リテラ) 7/14
阿修羅: 「不信任連発すれば安保法案は阻止できる」、小沢代表 7/14 ○小沢一郎代表と山本太郎代表は7月14日、国会内で記者会見を行い、安保法案の採決問題、廃案方法、新国立競技場問題などに関する質問に答えました。安保法案の廃案方策について問われた小沢代表は、「国民の応援を受けて野党が不信任案連発を覚悟すれば、1週間や10日は審議できず、安保法案(成立)を阻止できる」と明言しました。
阿修羅: 自民党がつぶれる歴史的瞬間に立ち会える。 こんな素晴らしいことがあるだろうか。  緊急時に民意を示す方法はデモ以外にない 7/15

孫崎享のつぶやき: 国民は安倍首相を確実に見放し始めた.毎日、日テレに次いで、NHK、朝日も世論調査内閣不支持が多い 7/14


  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



裁判官、被告に「司法取引」説得 「共犯明かせば量刑考慮」 東京新聞 7/16 ○息子を装って電話し、現金800万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた男性被告(36)の福岡地裁小倉支部の公判で、裁判官が「共犯者について話せば、量刑を考慮する」と異例の説得をしていたことが16日、弁護人への取材で分かった。国会で現在、導入の是非をめぐり審議が続いている「司法取引」を先取りしたような形で、議論を呼びそうだ。 弁護人によると、被告はその後、捜査側に共犯者の情報を伝え、判決は「本来は実刑だが、真相解明に貢献した」として懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年を言い渡した。判決は15日付。  ★冤罪の助長にならないか‼‽

ANN: まもなく台風上陸へ 高波9m超も 高知・土佐市 7/16 ○北上中の台風11号は16日午後5時現在、四国沖約110kmの海上にあります。高知県土佐市の新居海岸から佐藤慎記者の報告です。  高知県の一部は、すでに暴風域に入っています。台風の接近に伴って、雨も風もだんだんと強くなってきています。視界も悪くなっています。木を見ますと、風の強さが分かります。県道の奥を見ますと、8mはあるのではないかというくらいの高い白波が海岸に打ち付けています。午後7時前には満潮を迎えるということで、高潮に対する警戒が必要です。この辺りは、高知県内でも有数のサーフィンができる海岸ですが、さすがにサーファーの姿はありません。岸では、観光施設が建設中ですが、台風に備えて足場を飛ばされないようしっかりと補強して早めに工事を終えています。現在、高知県内では、室戸市など5市町村で1万521世帯に避難勧告が出ています。
TBS: 台風11号、 高知県の一部、和歌山県の一部が暴風域に 7/16 ○台風11号は16日夜、西日本に上陸する見込みで、現在高知県の一部、和歌山県の一部が暴風域に入っています。関東などでも土砂災害が起きています。厳重な警戒をしてください。  四国に向かって北上中の台風11号。和歌山県那智勝浦町の沿岸では、大きな高波が断続的に打ち寄せています。  台風の接近に伴って風が強まり、高知県の室戸岬では午後4時すぎに42.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。  「午前11時をまわったところです。高知県室戸市に来ています。こちらの港では既に船が護岸に固定されるなど対策がとられています」(記者)  大型で強い台風11号は、16日午後4時現在、室戸岬の南南東、およそ130キロの海上にあり1時間におよそ20キロの速さで北に進んでいます。台風11号は16日夜にも強い勢力を保ったまま、四国に上陸するおそれが強まっています。  午後3時すぎには、高知県東部と西部が暴風域に入りました。
 実は、4年前に今回と同じようなコースを通った台風がありました。2011年9月の台風12号です。高知県東部に上陸、山陰沖に抜けるコースでした。この時は、西日本から北日本にかけて広い範囲で記録的な大雨となったほか、紀伊半島では、降り始めからの総降水量が1800ミリを超えました。大規模な土砂災害や氾濫が相次ぎ、和歌山県や奈良県を中心に死者82人、行方不明者16人という甚大な被害が出ました。  今回の台風11号も速度が遅く、同じような地域で暴風や大雨が長時間にわたって続くことが予想されます。 ・・・ ・・・ ・・・
TBS: 空の便 欠航相次ぐ、東名高速で一部通行止め 7/16 ○台風11号の接近により、交通機関にも影響が出ています。  国内の空の便への影響ですが、午後6時現在、四国にある空港を発着する便を中心に、日本航空で87便、全日空で65便の欠航が決まっています。また、17日もすでにあわせて27便の欠航が決まっています。  鉄道の情報です。JR東日本によりますと、午後6時現在、運転を見合わせているのは中央線の高尾-大月駅間の上下線などです。  一方、日本道路交通情報センターによりますと、神奈川県の西湘バイパス下り線・西湘二宮インターチェンジから早川インターチェンジの間、静岡県の東名高速・清水ジャンクション-富士インターチェンジ間の上下線などで通行止めになっています。
ANN: 衆院本会議 安保法案を、賛成多数で可決 7/16
ANN: 野党「戦場は国会の外だ」 安保法制 衆院通過へ 7/16 ○(政治部・小池直子記者報告)  この後、衆院本会議場で採決が行われますが、政府・与党は、丁寧な審議で説明をしていきたいと強調しています。  菅官房長官:「国民のより広い理解を得られるよう、引き続き政府としては懇切丁寧な説明をし続けていきたい」
 一方、野党側は「強行な採決は認められない」として反発を強めています。  民主党・高木国対委員長:「これは憲政史上、まれにみる大きな汚点だろうと思っております」  民主党や維新の党などは政府案の採決には応じず、退席する方針です。今後も成立阻止に向けて徹底抗戦する構えですが、戦略は限られています。参議院に舞台が移っても、民主党は当面、法案の審議には応じないとしています。しかし、党内からは「欠席戦術は理解が得られない」との声もあります。そのため、野党幹部は「戦場は国会の外だ」として、法案の成立阻止に向けて世論の盛り上がりをはかるしかないのが現状です。  ★しかない、という言い方は、おかしい! 戦争法案、違憲立法とも言われているが、改憲や憲法制定は、主権者の固有の権利・権能。主権者が、前面に出て、然るべき場面だ。 憲法違反の閣議決定、或は法案、法律ある限り、憲法違反、無効の主張は、いつでも、どこでも言える! 訴訟でなくても、見做せる。
TBS: 安保関連法案が衆院通過 韓国、中国から批判の声 7/16 ○衆議院を通過した安保法案に対し、近隣諸国から批判の声です。  韓国では複数の市民団体が合同で抗議集会を開き、安保法案は「日本による侵略戦争を再び可能にする悪法だ」として、全面的な廃案を訴えました。韓国メディアは「日本が戦争できる国に変貌したという指摘は避けられない」などと伝えています。  一方、中国外務省は談話を発表し、安保法案の衆議院通過に懸念を示しました。また「日本が歴史の教訓をくみ取り、中国の主権と安全の利益を損ない、地域の平和と安定を脅かすことがないよう厳粛に促す」と強くけん制しています。
ANN: 「戦後の日本になかった行動だ」中国が“安保”懸念 7/16 ○「戦後の日本にはなかった行動だ」と中国が懸念を示しました。  安保関連法案が衆議院を通過したことについて、中国外務省は「戦後なかった行動で、専守防衛や平和発展を変えるのではないか」などと懸念を示しました。また、中国メディアも「中国を仮想敵国にしているが、中国は反撃する能力がある」と主張するなど、警戒感を強めています。
 一方、アメリカ国務省は「法案への努力は新たな日米防衛協力の指針を反映している」と述べ、歓迎しました。    ★それはそうだろう‼‽ 米軍、米兵の身代わり(手下)になってくれるというのだから。米政府、歓迎は当たり前。
TBS: 10年前の放火事件で、元消防団員の男を再逮捕 7/16 ○10年前、福岡県春日市で住宅など4棟が全半焼し、75歳の男性が死亡した火事で、警察は、別の放火事件で逮捕された元消防団の男を、放火の疑いで再逮捕しました。  再逮捕されたのは、福岡県那珂川町の元消防団員、藤崎稔容疑者(44)です。  藤崎容疑者は2005年12月、春日市で住宅に放火し、隣接する住宅や倉庫などあわせて4棟を全半焼させた疑いが持たれています。
TBS: 高齢者運転の車が3人はねる、1人死亡1人意識不明重体 7/16 ○16日昼頃、新潟県佐渡市の駐車場で、高齢者が運転する車が集団検診に来ていた女性3人をはね、1人が死亡、1人が意識不明の重体となっています。  事故があったのは佐渡市のコミュニティセンターの駐車場で、16日正午頃、女性3人がバックしてきた軽乗用車にはねられました。3人は、軽乗用車と、とまっていた集団検診用のレントゲン車に挟まれ、1人が死亡、1人が意識不明の重体です。  軽乗用車を運転していた83歳の男は現行犯逮捕され、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」という趣旨の話をしているということです。  男と女性たちは、いずれも健康診断を受けに来ていました。
NNN: “新国立” 安倍首相、森会長と近く会談へ 7/16 ○建設費への批判が高まっている新国立競技場の問題をめぐり、安倍首相が近く東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長と会談することが分かった。  安倍首相は16日、建設計画を見直すかについて「国民のみなさまの声に耳を傾けながら、東京オリンピック・パラリンピックが成功するよう、万全の準備を進めていきたいと考えています」と答えた。政府内では現在工期や費用など建設計画の見直しが検討されている。  こうした中、安倍首相は近く、森会長と会談する。森会長は建設計画の見直しに否定的な立場で、会談では今後の対応を協議することにしている。  ★OK!サインを出してきた‼‽両者が、収拾について談合する‼‽場面。

安保法案強行採決 民意顧みぬ政府の野蛮 廃案にして審判を仰げ 【琉球新報】2015.07.16 ○平和国家たる戦後日本の礎が、あっけなく覆された。われわれは新たな「戦前」のただ中にいる。 与党は衆院特別委員会で安全保障関連法案を強行採決した。歴代内閣が禁じてきた集団的自衛権行使に道を開く法案だ。憲法学者の大多数が違憲と指摘し、各種世論調査で国民の大半が反対する中での強行である。今は専制国家の時代か、ここは民主主義の国なのかと目を疑うほどの野蛮な光景だ。  与党は衆院本会議でも強行採決する構えだが、民意に背く強行は許されない。国の形を一変させる法案だ。少なくともいったん解散し、国民の審判を仰ぐべきだ。  ★然り!
[安保法案採決強行] 憲法を破壊する暴挙だ 沖縄タイムス】2015.07.16 ○これほど憲法を軽んじ、立憲主義をないがしろにした事例がかつてあっただろうか。  ほとんどの憲法学者が安全保障関連法案を違憲だと指摘し、世論調査で過半数の国民が法案に反対し、およそ8割の人たちが慎重審議を求めているにもかかわらず、数の力で採決を強行する。主権者を無視した暴挙というほかない。  憲法と民主主義を守るためにも「違憲」法案を成立させてはならない。
安保法案 自公強行可決 「違憲立法」は許されない 【西日本新聞】2015.07.16 ○憲法に基づき、国民の意思をくんで政策を実行する。民主主義の国なら、ごく当たり前のことだ。 その大原則が、いとも簡単に突き崩された。これは、まさに「政権の暴走」と言っても過言ではあるまい。 安倍晋三政権が今国会で成立を目指す安全保障関連法案の採決が衆院の特別委員会で強行され、自民、公明両党による「数の力」で可決された。 戦後日本の安全保障政策を根本から大転換させる重大な法案であるにもかかわらず、安倍政権は一気呵成(かせい)に突き進む構えだ。 本当にこれでいいのか。
 最大の問題は法案が憲法違反である疑いが極めて濃厚なことだ。 安倍政権は昨年7月、歴代の内閣が憲法上行使できないとしてきた集団的自衛権について、行使できるよう閣議決定で憲法解釈を変更した。その集団的自衛権の行使に道を開く法案である。 これに対し、憲法学者から「解釈変更の限界を超えており、憲法違反だ」とする声が続々と上がっている。象徴的なのが、国会の憲法審査会で与党推薦の学者が「違憲」と明言したことだ。 歴代の内閣法制局長官を含む専門家が「違憲」と警告する法案を政府と与党が数を頼んで成立を急ぐ。立憲主義の危機である。
安保法案の強行可決 国民の声を無視した暴挙 【中国新聞】2015.07.16
安保法案強行可決 暴挙は断じて許せない 【徳島新聞】2015.07.16 ○衆院の特別委員会で、与党が安全保障関連法案の採決を強行し、可決した。野党が抵抗する中での暴挙である。 法案は歴代内閣が認められないとしてきた集団的自衛権の行使に道を開き、戦後日本が歩んできた平和国家の在り方を大きく変える恐れがあるものだ。 国の将来に重大な影響を与える法案にもかかわらず、異常な形で採決が行われたことに、強い怒りを覚える。 採決に先立ち、安倍晋三首相は「国民に十分な理解を得られていない」と認めた。前日には「理解が進んできたと思う」と語っていたが、否定しきれないと分かったのだろう。では、なぜ採決を急いだのか。
 特別委での政府の説明は説得力に欠け、審議をすればするほど疑念が深まった。反発がさらに強まる前に通してしまおうと考えたのだとすれば、断じて許されない。 納得できる説明ができず、国民の理解を得られないのなら廃案にすべきだ。
 法案には数々の問題がある。中でも見逃せないのは、集団的自衛権の行使は憲法違反だとの指摘である。 政府は、1972年の政府見解を合憲論のよりどころとしている。だがそれは、必要最小限度での個別的自衛権を認めたうえで、集団的自衛権は憲法上、許されないとしたものだ。 もう一つ、政府は砂川事件の最高裁判決も持ち出したが、これも集団的自衛権を認めた判例ではない。
 いずれも無理があるのは明らかだ。多くの憲法学者をはじめ、歴代の内閣法制局長官らが異を唱えているのは当然だろう。



ANN: 台風11号、夜にも四国上陸へ 東・西日本大荒れに 7/16 ○大型で強い台風11号が西日本に接近中です。東日本、西日本では大荒れの天気に警戒が必要です。  台風11号は太平洋側の一部を強風域に巻き込みながらゆっくりと北上しています。台風は、この後もあまり勢力を落とさずに16日夜遅くから17日朝にかけて四国に上陸、その後、西日本を縦断する見込みです。東日本、西日本の太平洋側では、台風の接近前からすでに雨が強まっています。予想される雨の量は、17日朝までに四国で700mm、近畿・東海で600mmなどとなっています。土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。  ★ご用心、ご警戒を。 主権者、あっての国。
NNN: “安保法案”本会議へ 国会前では反対集会 7/16 ○…こうした中、国会前では法案に反対する人たちが集会を開き、法案の廃案などを求めて声をあげた。  「強行採決、断固抗議!」  主催者発表では10万人、警察関係者によると6~7000人が参加し、うち数百人が夜11時過ぎまで法案への反対を訴えた。…
TBS: 文化人から反対の声、「法治国家の基礎失いつつある」 7/16 ○与党が、安全保障関連法案の可決に踏み切ったことに対し、文化人からも反対の声が上がっています。  日弁連=日本弁護士連合会が15日に開いたシンポジウムには、日本ペンクラブの浅田次郎会長や、亡くなった俳優・菅原文太さんの妻・文子さんらが登壇しました。
 「どうしてもやるんだったら順序としては改憲が先でなければならない。そうでなければ法治国家とは言えない。日本は戦争するしないというより、法治国家としての基礎すらも失いつつある」(日本ペンクラブ 浅田次郎会長)
 「どこへ行っても態度の大きかった夫の夫婦で似てきたんじゃないかと思われるかもしれませんけど、そうではなくて。私は憲法で保障されている、誰でもここへ来てしゃべっていいんだということに力を得てしゃべっているわけですけど、そういうことができなくなるわけですよ」(故菅原文太さんの妻 菅原文子さん)
 日弁連は、今回の安保法制について、「憲法の条項を法律で改変するものとして立憲主義の基本理念に真っ向から反する」などとして反対の立場をとっています。  ★正視すれば、これしかない‼‽
ANN: 中国副主席が残留孤児と面会 日中の友好望む 7/16 ○6年ぶりに訪中している中国残留孤児の一行が、李源潮国家副主席と面会しました。李副主席は自らの体験を披露し、日中友好の意義を強調しました。
 李源潮国家副主席:「中国人民は日本人民との真の友好を望んでいます。これは、中国の大部分の人の真の願いです」
 李副主席は、自らの幼稚園の恩師が残留孤児の日本人だったエピソードを披露し、「残留孤児の皆さんは日中関係の発展に貢献してくれた」と感謝の意を表しました。また、「残留孤児と中国人の絆が日中両国民の友好のモデルになることを希望する」と述べ、日中友好の意義を強調しました。これに対し、訪中団の団長を務める池田さんは、「我々は戦争の犠牲者で、平和であってこそ安心して生活できる」と平和への思いを語りました。  ★善隣友好は、主権者の願い、希。
NNN: ギリシャ議会 財政再建案の関連法案を可決 7/16 ○ギリシャ議会はEU(=ヨーロッパ連合)側から支援を受けるための条件となっていた財政再建案の関連法案を可決した。これを受けて、EU側はギリシャ政府につなぎ融資を行う方針。  ギリシャ議会は日本時間16日午前8時ごろ、年金制度の見直しや増税などの財政再建案について関連法案を賛成多数で可決した。EU側は支援の条件としていた法案の可決を受けて、ギリシャに対し3か月で70億ユーロ(約9500億円)のつなぎ融資を行う方針。  これにより、ギリシャは当面の債務を返済するメドが立つことになるが、法案審議の間も議会前の広場で法案に反対するデモ隊が警官隊と衝突するなど、国民には財政再建案への不満が根強くある。チプラス首相に対しては連立与党内からも批判の声が上がっており、今後、政局が混乱する可能性もある。  ★EUに強いられたこととはいへ、臥薪嘗胆を覚悟する他なし‼‽ EUに残りたいのであれば。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: