FC2 Blog Ranking
2015-10-06

10/6: TPP合意。「企業の利益確保」を原則に、国の法律、裁判、行政を裁くシステムとのこと。今こそ、声を大にして問題提起。アナウンスしよう

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十三期に入りました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2015年8月より第十三期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・温泉の駐車場で頭撃たれる…男性は暴力団と関係か  17時7分
 ・ガソリンが高速道路に“流出”…タンクローリー横転  17時5分
 ・「クビになるのが嫌だった」74歳の男 ひき逃げか  16時52分
 ・早くも“マイナンバー詐欺” 70代女性に電話が…  16時42分
 ・“誤爆”「アフガンから要請」に医師団非難  17時15分  ★正確に狙ったのは米軍兵士‼‽ 無人機であれ。
 ・自然科学の分野で初…屠氏の受賞に中国沸く  17時5分
 ・米専門家、北のミサイル発射「10日までに行われる可能性低い」  10時32分  ★敢えて、アジアの緊張を煽るな‼‽
 ・米軍司令官「空爆はアフガン側からの要請」  10時8分  ★自前の医療も施せないのに、なぜ、NGOの病院を襲う、敢えて、空爆する!止めない。
 ・田園調布署内で拳銃自殺図ったか、警部補重体  9時55分
 ・鬼怒川堤防決壊、「越水」映像を公開  9時33分
 ・ノーベル賞中国人受賞者も“異色の経歴”  8時16分
 ・米オバマ氏「最も強力な約束」大筋合意歓迎  7時45分   ★敢えて、主権者を外し、秘密、スポイルした強者の為の政府間合意‼‽ 誰の為のものか、明らか。

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」



 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  

10月6日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 安保関連法、賛成票を投じた議員のみなさん・・・ 10/6 (笹井明子) ○10/6朝日新聞夕刊のコラム「終わりと始まり」の中で、池澤夏樹さんが以下のように、問いを投げかけています。
 安保関連法案が成立した。 「戦い済んで日が暮れて・・・」思うことは多い。
 賛成票を投じた議員の皆さん、
 政府の説明が論理に沿って充分なものであったと思われての賛成なら、あなたは論理的思考能力に欠ける。
 充分でないと知って賛成したのなら、あなたは倫理的判断力に欠ける。

 どちらかに○をつけてください。
 次回の選挙の参考にします。   (以下略)
 この問い掛けと評価に私も全面的に賛同します。議員の皆さんには、是非一度自分の胸に問うてもらいたい。恥ずべき点はなかったのか、自分に欠けているのは何だったのかと。
 ちなみに、東京新聞が『安保関連法」本会議投票行動の一覧表』(10/4)をネット上に公開しています。
 表をクリックするとPDFファイルが開き、詳細がクリアに分かります。永久保存版のようですから、長く、しつこく参考にしていきたいと思いますが、まずは、上段の「参院」の「賛成148人」中、●=2016年任期満了議員に注目ですね!
「護憲+」ブログ: 地獄へ行きたい安倍首相 10/6 猫家五六助 ○この世の果てには地獄への入口があるといいます。別名「地獄の釜のフタ」。
  安保関連法案が参議院で可決された、これが戦争国家への地ならし(準備)になる・・・というのは、間違いです。すでに官民揃って準備が終わり、実行に移すスタートラインにたっているのです。
 ①武器輸出3原則の緩和(日米共同開発、武器見本市への出展など)
 ②発展途上国へ武器購入資金の援助
 ③防衛費予算の増大。装備品の分割払いを承認(複数年のローンが組める)
 ④大学へ軍事研究につながる研究費支援
 ⑤自衛隊の南スーダン派遣計画(統合幕僚監部の部内資料、共産党・小池晃議員が追及)
 ⑥在日米軍との特殊急襲訓練(沖縄で海兵隊ヘリに自衛隊員が同乗し負傷)
 ⑦武器輸出に貿易保険適用(武器を売り、代金回収できない場合。損失補填は税金)
 ⑧京都府京丹後市に弾道ミサイル防衛用Xバンドレーダー設置(すでに着工)
 ⑨自衛隊最大の護衛艦「かが」の就航(ヘリ空母)
 ⑩MV22オスプレイの調達計画(契約済)、海自観艦式への米軍オスプレイ参加(要請済)
 例えるならば、これら①~⑩が地獄側から出たくて出たくて、うずうずと待っている状態。ゆえに憲法9条はジャマだし、無理やりでも安保関連法案は成立させたかったワケです。⑪原発の再稼動を加えるならば、タカ派を喜ばせる核兵器開発の極秘プランがあってもおかしくないでしょう。すでに非核3原則が崩れていることは「横須賀米海軍基地に核兵器が持ち込んでいた」とする米国公文書から明らかなので。
 歴代の首相・政権は民意を尊重し、「一線を越えないように」封印してきました。その地獄の釜のフタを空けたのが、戦争にリアリティを持たない安倍晋三という政治家です。 ・・・ ・・・
「護憲+」ブログ: ラグビーと国際性  10/6 (流水) ○わたしは、以前からラグビーの競技のあり方に興味があり、何度かラグビー論を書きました。今回のワールドカップでの日本の大躍進は、ここ数年のラグビー界の体質改善を見ている者にとって、当然とはいえ、大変嬉しい出来事です。
 では、今回の大躍進、一体何が要因なのでしょうか。
 ①エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)の存在。⇒日本人の特性・文化・思考方法などを基本において、それを生かすラグビー理論を構築し、実践。
 ②日本独自のラグビー理論とは。⇒4H理論⇒低く・速く・激しく・走りぬく⇒日本人は体格には恵まれないが、小回りが効き、器用で、忍耐強い。特に、ハードな練習に耐える能力は、世界に冠たるものがある。さらに集団のために自己犠牲を厭わない精神も強い⇒その特性を生かし、4H理論を具現化するために「世界一」と称される練習を行った。⇒合宿中は、日に4度の練習を行う。早朝5時くらいから始まり、夜遅くまで練習を行う。⇒その練習もきわめて『科学的』『合理的』で、フィットネス担当のコーチ、フォワード担当コーチ、バックス担当、メンタル担当など、きわめて優秀なコーチを招集。それぞれのコーチに腕をふるわせた。
 ③さらに、計画的に日本チーム、日本選手に国際基準のラグビーの経験を積ませ、経験不足による試合下手、肉体的スタミナの無さ・精神的弱さ、などの克服を図っている。
 ④特に、日本の弱点は、セットプレーにあると見抜き、この強化に全力を挙げている⇒セットプレー=スクラム・ラインアウト・モール⇒特にスクラムの強化は目をみはるばかりで、世界の強豪とほぼ互角に組んでいる。
 ⑤セットプレーの強化⇒日本の特性である素早い球だし、素早い球回し、などを生かす基本のプレーであり、この強化が日本の躍進を支えています。
 ⑥日本ならではの攻撃システムの構築⇒シエイプと呼ばれる攻撃方法⇒スクラムやラックの後ろに常に二つ以上の攻撃パターンを用意し、相手のタックルの的を分散している。⇒その為、攻撃するたびに、少しずつ相手陣に食い込み、常に有利な立場で攻撃出来ている。
 ⑦防御⇒日本チームの最大の特徴であるタックルの低さ⇒外国チームのタックルは、体格・腕力を生かし上半身に行う。ところが、日本チームは体格で劣るため、上半身にタックルに入ると、外国選手に飛ばされるケースが多い⇒その為、日本選手のタックルは、相手選手の膝より下を狙う。これは一つ間違うと怪我が多く、非常に勇気がいるタックルです。日本選手は、それを恐れず、勇敢にタックルに入っている。⇒さらに、一人だけでなく、二人がかりでタックルに入る(ダブルタックル)を磨いている。(一人は膝より低く、一人は上半身に入り、ボールを殺す)
 ⑧相手チームの研究⇒世界的名将であるジョーンズHCの得意技。⇒相手の長所を封じ、弱点を効果的に攻めている。
 その他、様々な要因があるが、最後に特筆すべきは、今回の選手団の三分の一は、外国人である点です。その中でキャプテンであるリーチ・マイケルはじめ日本国籍を取っている人間は5人。この構成こそが、ラグビーの国際性を物語っています。
 今回、人気が出ている五郎丸歩選手は、自らのブログで『祖国のワールドカップ選手に推薦されながら、日本選手としてワールドカップに出場する事を選択した外国人選手の素晴らしさ』を書いています。彼らは、怪我も恐れず、日本チームのために、身体を張り続けています。この敢闘精神こそ貴重なものです。彼らは、ラグビーという競技を通じて、日本人以上に日本人として戦っています。
『国際性』の本来的意味は、自らのアイデンティティを掘り続けることにより、インターナショナルに通低するものです。彼らは、自らのラグビー技術を掘り続ける事により、日本チームの一員としてその力を発揮しているのです。つまり、彼らは、言葉の真の意味での『インターナショナル』な存在なのです。
 そして、明確なラグビー哲学を通じ、日本選手や外国人選手などという人種の垣根を超え、ラグビーという競技を真摯に追求する姿勢を植え付けたエディー・ジョーンズHCのありようは、これからのスポーツ指導者の一つのありようとして称賛されなければならないと思います。
イシャジャの呟き: 国際協力の日だそうだ   誕生日の花  ハゲイトウ  花言葉  不老不死 10/6
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください
 今日のトピックス Blog10/5: 名張・奥西死刑囚が獄死 日本の司法は敗北‼‽ 法の支配は確かか 白鳥決定無視の過ち 誤判への恐れ 団藤重光氏は退官後、死刑廃止論者に

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

「九条の会」メールマガジン (第219号) 2015年09月25日

┌─────────────────┐
│ 第219号の主な内容 │
└─────────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇違憲の戦争法を廃止するためのさらに強大な運動を作り上げましょう
◇鶴見俊輔さんの講演が収められた『いま語る 九条の心』
(「九条の会」憲法セミナー③)のご案内
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
(「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権
と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録
(報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の
記録ブックレット好評発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇九条の会かわにし(兵庫県川西市)、◇ 九条の会・はつかいち(広島県廿日
市市)、◇憲法9条を守る会稲城市民の会(東京都稲城市)、◇落合・中井九
条の会(東京都新宿区)、◇都立高校女性教職員九条の会(東京都)、◇調布
九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇こまえ九条の会(東京都狛江市)
◇大田たまがわ九条の会 (東京都大田区)、◇堺9条(大阪府堺市)
■編集後記~戦争法は強行採決されたけれど

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ☆以下、割愛。本文をご覧ください。…

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー



憲法情報Now<憲法関連裁判情報>







29年3月に保管容量超える見通し 廃炉作業廃棄物 【福島民報】2015.10.05 ○東京電力福島第一原発の廃炉作業で発生するがれきなどの廃棄物が平成29年3月、構内での保管容量を超える見通しとなり、東電は早急な対策に迫られている。8月末現在の保管量は15万7700トンで限度量の約半分となった。貯蔵庫や焼却炉を複数設けるのは難しく、受け入れ先確保も困難とみられている。原子力規制委員会は今月下旬、専門委員会を設け、廃棄物の建設資材としての再利用を念頭に協議を開始する。
 ■急増 ・・・

原発再稼働は不要 嘉田氏、政府の対応批判 滋賀で日本環境会議 【京都新聞】2015.10.04 ○環境問題について専門家が議論するシンポジウム「第32回日本環境会議」滋賀大会が3日、大津市北比良のびわこ成蹊スポーツ大で行われた。前滋賀県知事で「卒原発」を唱えた嘉田由紀子同大学学長らが原発再稼働の危うさを語った。
 日本環境会議(東京都)が主催し、毎年開催している。滋賀県での大会は2回目。今回は「地域環境保全と原子力発電」をテーマに全国から約220人が参加した。
 講演では、嘉田学長が県知事時代の活動を報告。「政府は住民を原発事故から守る意志が欠落しており、避難計画も実効性に欠ける」と批判し、「事故が起きた場合、琵琶湖の放射能汚染は免れない」と訴えた。
 元京都大原子炉実験所助教の小出裕章さんは、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で大気中に放出した放射性物質セシウム137が広島に投下された原爆の約170発分に匹敵すると紹介し、「原発事故は途方もなく悲惨で、再稼働はやめるべきだ」と主張した。
 「びわこの保全と若狭の原発」と題した討論会もあり、NPO法人の代表や大学教授ら3人が原発に依存しないエネルギー社会の実現に向け意見を出し合った。
福島第一 止まらぬ汚染水流出 溝上流でもくみ上げ 【東京新聞】2015.10.04 ○東京電力福島第一原発で建屋周辺の汚れた雨などを集めるK排水溝の水が、八回にわたり堰(せき)を越えて外洋に流出したことを受け、東電は溝の上流側でも水をくみ上げる追加対策を月内にも始める方向で検討していることを明らかにした。ただ、台風などまとまった雨が降る可能性が高いのはまさに十月。迅速に対応しないと、間に合わない。 (小倉貞俊)


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破??? 安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう

◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 連合の第14回定期大会 ・ブログ連歌(419) ・ 民主平和党ホームページ 10/6 ○今日と明日の二日間、東京国際フォーラムのAホールで開催中の連合定期大会の撮影取材に同行しています。連合は今年で結成から25年目、前段階の「民間連合」の時代から数えると27年目になります。海外からの祝辞でも言及されていましたが、官民含めた単一組織にまとまっている労働組合の全国組織は、世界でも例が少ないということです。結成時の組合員数は800万人でしたが、現在は682万人に組織を減らしています。正社員の減少による組織減ですが、今は非正規労働者も含めて組織化することで、「1000万連合」を目指す目標を掲げています。
 この大会で、6年間会長職を勤めた古賀伸明会長が退任して、後任には現・事務局長の神津里季生氏(基幹労連・新日鉄出身)が選出されるとのことです。
  会場内には「若者応援」のコーナーも設けられていました。雇用の自由化傾向は、若者の雇用条件を厳しくします。大会スローガンの「ストップ・ザ・格差社会!すべての働く者を連合の輪へ 『安心社会』を切り拓こう!」を、ただのスローガンに終らせないためには、労働組合は政治力を持たなければなりません。来年夏の参院選に向けて、連合は候補者擁立に積極的に取り組むようです。  ★雇用の自由化(傾向)と「ストップ・ザ・格差社会!」との間に、齟齬・矛盾があるように思われますが。‽‽‽
(お知らせ・明日は第一水曜日ですが、正午の「国会一周散歩」は14日に延期します。)
孫崎享のつぶやき: TPP合意。「企業の利益確保」を原則に、国の法律、裁判、行政を裁くシステムなのに国民はほとんど知らない。それを隠し交渉した政府、隠したマスコミ、犯罪的行為だ 10/6 ○5日、TPPについて、米アトランタ閣僚会議で合意された。  その本質的な怖さが国民の間でほとんど、認識されないままの合意である。
 TPPは単なる関税交渉ではない。 経済の在り様を、「企業の利益確保が全て」というシステムにするものである。
 そのかなめにISD条項(「投資家対国家間の紛争解決条項」)がある。

 昨日ある大学で講義した。約200名位が聞いた。「ISD条項を知っているか()と問うたが誰も手をあげる人はいなかった。ISD条項により、間違いなく国家主権を相当程度多国籍企業に譲り渡す。それを承知で、それを国民に隠して、国は合意した。大手マスコミはそれを承知で、報道してこなかった。国家的犯罪とすら言える。
 この問題には様々な解説がなしうるが、エリザベス・ワレンの記事が参考になるので、掲載する。これは本ブログで紹介したものの、再掲載である。

 エリザベス・ワレンは、ヒラリー・クリントンに次いで、一時民主党の大統領候補の有力候補とされた議員である。
 彼女がワシントンポスト紙二月二五日付でTPPに関し、「すべての者が反対すべきTPPの条項(The Trans-Pacific Partnership clause everyone should oppose)を発表している。
 極めて貴重な指摘であり、主要点を列挙する。
 ・米国はTPP交渉の最終ステージにいる。
 誰がTPPで利益を得るか。
 米国の労働者か。消費者か。小規模企業か。納税か。多国籍企業か。

 ・ISD条項が問題である。
 「投資家―国家紛争処理条項」という名前は穏健に聞こえるかもしれないが、ごまかされるな。
 ・ISD条項への合意は一段と多国籍企業に有利になる。
 ・もっと悪い。それは米国の主権を損ねる。
 ・ISD条項は米国法律に挑戦し、米国裁判所の関与なしに巨額を納税者から支払わせることになる。

 ・どのように機能するか見てみよう。
 米国がしばしばガソリンに添加される有毒化学物質を健康・環境への影響で禁じたとしよう。もし、外国企業がこの決定に挑戦しようとすれば、通常は米国裁判所で行われる。
 しかし、ISD条項では、外国企業は米国の法廷を通り越して、国際仲裁裁判所に訴える。. もし、企業が勝ったとしたら、それは米国の裁判所では審議することはできない。そして仲裁裁判所は納税者に数百万ドル、さらには何十億ドルも支払わさせる。
 ,さらにショッキングなことがある。
 仲裁裁判所は独立した裁判官を持たない。 高級の企業弁護士がある時は企業の弁護士になり、ある時は裁判官になるといういききをする。もしあなたが企業の高級弁護士だったら、どうして裁判官になった時に、企業に不利な判決を出すか。
 ・誰がこの裁判所を利用するか。国際投資家である。
 ・なぜこうした仲裁裁判所を作らなければならないか。 米国の裁判所が機能しないからか。そうではない。
 ・確かに発展途上国で司法システムが不十分で心配というケースがある。投資促進のためISD条項がある。
 ・もし、対象国が法的制度が整わない発展途上国でない国々がTPP加盟国ならこうした懸念は正当化できない。 豪州や日本は先進国で、ちゃんとした法制度を持つ。ISD条項はこれらの国の裁判所も飛び越える。
 ・ISD条項の利用は国際的に拡大している。
  2002年から2002年までISD条項のクレームは100件もない。しかし、2012年だけで58件ある。
  最近では仏企業がエジプトが最低賃金を挙げたと言って訴えた。
  スエーデンの企業がドイツに原発を止めたといって訴えた。
  オランダの企業がこの企業が一部所有していた銀行を政府が救済しなかったとして訴えた。
  米国のフイリップ・モリスがたばこの規制をするウルグアイを訴えることを考えている。

 ・ISD条項は米国を攻撃しないと言っているが、いつの日か米国に向かう。

IWJ: 2015/09/26 「米国は従属国の独裁を好む」――基本的人権を停止する自民党「国定憲法」で日本の独裁国家化に王手をかける安倍政権! 「学者の会」呼びかけ人・間宮陽介氏に岩上安身が訊く!  10/6
IWJ: 2015/09/26 「抵抗しても無駄だ」とばかりに国民に無力感を与える安倍政権への対抗手段とは? ~中野晃一氏「デモの質的変化」に希望を見い出す  10/6
IWJ: 2015/10/01 日本が「死の商人」に!? 防衛予算3分の1,800人の大規模組織「防衛装備庁」が発足――軍備増強に税金使うな! 武器輸出にNO! 防衛省前抗議行動  10/6











市民社会フォーラム: 【市民社会フォーラム学習会@東京】本田宏×大西連「どうする?日本の貧困、社会保障~医療と自立支援の現場から~」 10/6
市民社会フォーラム: 朝日放送おはようコール 藤井聡がノーベル医学賞受賞とTPP交渉を語る 10/6
誰もがセキララに,自分の言葉で憲法を語ろう:金杉美和 【法学館憲法研究所】2015.10.05

 
戦争法案廃案! 安倍政権退陣! 総がかり行動9月期の行動予定 【戦争をさせない1000人委員会】2015.09.11


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。
 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ
  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ノーベル物理学賞に梶田氏: 梶田隆章・東大教授にノーベル物理学賞 素粒子ニュートリノの質量発見 10/6 ○スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、東京大宇宙線研究所の梶田隆章教授(56)とカナダ・クイーンズ大のアート・マクドナルド名誉教授に授与すると発表した。素粒子ニュートリノに質量があることを証明し、素粒子物理学の基本法則を書き換えた業績が評価された。(産経新聞)
いよいよ今日からノーベル賞発表!自然科学3分野の日本人有力候補は ニュースイッチ 10月5日 ○20人目の受賞者はこの中に?
 いよいよ今日からノーベル賞の発表。5日の生理学医学賞から始まり、6日に物理学賞、7日には化学賞の受賞者が決まる。日本出身の研究者の受賞はこれまで、生理学医学賞で2人、物理学賞で10人、化学賞で7人。2014年の「青色発光ダイオードの発明」により受賞した3人の研究者に続き20人目の受賞が期待される。自然科学系3分野について、有力な候補者と研究テーマを紹介する。
 <生理学医学賞/坂口阪大教授-免疫抑制細胞の役割解明・森京大教授-異常たんぱく質修復解明>
 近年、世界で注目を集める免疫学の分野。24日に米トムソン・ロイターが日本人有力候補者として名前を挙げたのは、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの坂口志文(しもん)教授だ。坂口教授は免疫反応を抑える「制御性T細胞」の存在を明らかにし、自己免疫疾患などでの同細胞の役割を解明。自己免疫疾患の治療などへの応用が期待されている。
 他分野では、細胞内の小胞体がたんぱく質の異常を検出、修復する仕組みを解明した京都大学大学院理学研究科の森和俊教授の名前を挙げた。森教授は米国版ノーベル賞と言われる「ラスカー賞」を受賞しており、ノーベル賞受賞の期待は大きい。
 細胞内のオートファジー(自食作用)の仕組みを発見した東京工業大学の大隅良典特任教授や、脳活動を計測できる「機能的磁気共鳴断層撮影装置」(fMRI)の基本原理を発見した東北福祉大学の小川誠二特任教授も有力とみられている。

 <化学賞/藤嶋理科大学長-酸化チタン光触媒・吉野旭化成フェロー-リチウム電池開発>
 青色LEDが14年の物理学賞の受賞テーマとなったように、近年は実社会でのイノベーション創出につながる成果を評価する傾向がある。その意味で関連市場の規模が1000億円まで拡大した酸化チタン光触媒は、受賞の期待が大きいテーマの一つだ。
 東京理科大学の藤嶋昭学長らによる発見を基に、TOTOの抗菌タイルをはじめ多様な用途で実用化されている。同大の光触媒国際研究センターの取り組みにより、作物の水耕栽培における水浄化にも研究開発が広がってきた。屋根やベランダに太陽光を集めて部屋に送る「光道管(こうどうかん)」の開発プロジェクトも、藤嶋学長のアイデアから生まれている。
 旭化成の吉野彰フェローらが開発したリチウムイオン電池も受賞が期待されるテーマ。携帯電話やノートパソコン用として普及しており、まさにイノベーションといえる技術だ。もっともリチウムイオン電池の開発では別に米国グループの候補者もおり、日米の研究者による共同受賞の可能性もある。

 <物理学賞/梶田東大教授-ニュートリノ振動観測・鈴木岩手県立大学長-反ニュートリノ検出>
 14年の物理学賞は青色発光ダイオード(LED)の発明に贈られ、日本のお家芸であるモノづくりが受賞の栄に浴した。15年は、昨年とは対照的に、基礎科学の領域に光が当たるかもしれない。
 基礎科学で日本が伝統的に強い分野といえば素粒子物理学だ。49年に日本人として初めてノーベル賞を受賞したのは、この分野で先駆的な業績を収めた湯川秀樹博士。以降、65年に朝永振一郎博士、02年に小柴昌俊博士、08年に小林誠博士、益川敏英博士、南部陽一郎博士(米国籍)が受賞している。
 近年の成果として、98年に素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)で、梶田隆章東京大学教授らが観測した「ニュートリノ振動」が挙げられる。素粒子ニュートリノの質量がゼロではないことを初めて示した。ほかに反ニュートリノの検出などに成功した鈴木厚人岩手県立大学長も候補者。両者とも小柴博士の門下生で、その伝統が受け継がれている。
  ★こうしたお祭り、空騒ぎ、いつまでできるだろうか‼‽ 真面目な話… 東京オリンピックもいいけど、その後は‽‽‽  永い視点でも、物事は見てみよう‼‽

【動画】台風23号 高波と暴風に警戒を(6日19時更新) ウェザーマップ 10月6日(火) ○あす7日は、台風23号が日本の東海上を北上するため、太平洋側で波が高く、風が強まる見込みです。
 日本列島は帯状の高気圧に覆われて秋晴れとなるでしょう。ただ、大型の台風23号がスピードを上げながら北上します。このため、海上では高波に警戒が必要となり、東日本から北日本の広い範囲で風が強まるでしょう。予想される波の高さは、小笠原や伊豆諸島、関東地方で6メートル。予想される最大瞬間風速は、太平洋側を中心に30メートルとなっています。
 その後、木曜日から金曜日にかけて、北海道に接近する可能性があります。最新の台風情報をご確認ください。
 最低気温はあすも低く、北海道の内陸では氷点下となる所がある見込みです。関東から西は15℃以下で、朝晩は羽織るものがあると良いでしょう。体調管理にお気を付け下さい。(気象予報士・田地香織)
【動画解説】木~金曜日 台風23号接近で北海道は大荒れ ウェザーマップ 10月6日
NNN: “誤爆”「アフガンから要請」に医師団非難 10/6 ○アフガニスタン北部クンドゥズで、アメリカ軍が「国境なき医師団」の施設を誤爆したとみられる問題で、アメリカ軍の現地司令官は5日、空爆は「アフガン側からの要請だった」と述べ、これまでの説明を訂正した。
 アメリカ軍は当初の発表で、「自分たちが攻撃を受けたため、国境なき医師団の施設周辺で空爆を行った」としていた。
 しかし、駐留アメリカ軍トップのキャンベル司令官は5日、「反政府組織タリバンと戦うアフガン治安部隊が攻撃を受け、空爆による援護要請があった」と述べ、空爆に至った経緯を訂正した。そしてその際に、「民間人が巻き込まれた」と説明した。
 これを受けて、国境なき医師団は声明を出し、「アメリカは責任をアフガン政府に押しつけようとしている」と非難した上で、「完全に透明性のある独立した調査を求める」としている。
NNN: 自然科学の分野で初…屠氏の受賞に中国沸く 10/6 ○今年のノーベル生理学・医学賞には、北里大学の大村智特別栄誉教授とともに、中国人の屠(ト)ユウユウ氏(ユウ=口へんに幼)が選ばれた。自然科学の分野で中国生まれ、中国育ちで受賞するのは初めてで、中国は沸いている。
 84歳の屠氏は、漢方薬で使う薬草からマラリアの治療薬を発見したことが評価されて受賞が決まった。6日朝の中国の新聞各紙は、屠氏を一面トップで取り上げ、「中国医学がこれまでに獲得した最高レベルの賞」などと伝えている。
 国営の新華社通信によると、屠氏は、受賞を受けて「薬は世界の人々へのプレゼント」と話したという。
 李克強首相は、「わが国の総合的な国力と国際的影響力が強まったことを示している」と強調した。  ★その勢いは止まらない‼‽ か。
TBS: ノーベル賞中国人受賞者も“異色の経歴” 10/6 ○大村氏とともにノーベル医学生理学賞を受賞したト・ユウユウ氏については、国営通信のほか、多くの中国メディアが報じていますが、その一方で、ト氏の経歴に注目が集まっています。
 中国漢医学研究院の女性研究員、ト・ユウユウ氏は、マラリア感染による死亡率を大幅に下げる薬を発見し、発展途上国を中心に多くの命を救ったとしてノーベル医学生理学賞を受賞しました。科学の分野でのノーベル賞の受賞は、中国人としては初めての快挙で、国営の新華社通信が速報で伝えたほか、その他のメディアもト研究員の経歴や業績を詳しく伝え、中でもト研究員の経歴に注目が集まっています。
 ト研究員が「アルテミシニン」を発見したのは、中国では文化大革命の真っ最中だったことに驚きの声が広がっています。

 一方、大村さんと「イベルメクチン」を開発した功績で共同受賞したアメリカ・ドリュー大学のウィリアム・キャンベル氏はJNNのインタビューに次のように答えました。
 「大村さんから送られた物質をはじめ、多くの人の協力が大きな成果を生んだのです」(米ドリュー大学 ウィリアム・キャンベル氏)
 キャンベル氏はまた、「大村さんとは薬の歴史が好きなことで共通していて、また会えることを楽しみにしている」と話しました。
大村智さん、故郷・山梨に美術館丸ごと寄贈 巨額特許料にも「食べるだけで十分」と寄付 withnews 10月5日(月) ○ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大特別栄誉教授(80)。現役の研究者でありながら、美術愛好家としても知られています。2007年には、故郷である山梨県韮崎市にコレクションを新築の美術館ごと寄付。購入費だけで総額5億円にのぼりますが、故郷への恩返しであり「若い人たちへの投資でもある」と語っています。
 特許料つぎ込んだ「大村コレクション」
 北里研究所名誉理事長でありながら女子美術大理事長も務める大村さんは、絵画や陶器、彫刻など美術品の著名な収集家として知られています。特許料の大半を購入に充てた約3500点にのぼる作品群は「大村コレクション」とも呼ばれています。
 薬の開発関連の特許料は北里研究所に入った分だけで250億円。しかし、本人は「食べるだけで十分」と、研究所の経営再建や病院建設にも巨費を投じました。残りを上村松園や三岸節子ら女性画家を中心とした美術品の収集に充ててきました。
 展示品だけで5億円超、敷地内に温泉施設も

ANN: 早くも“マイナンバー詐欺” 70代女性に電話が… 10/6 ○消費者庁によりますと、被害に遭ったのは南関東に住む70代の女性です。女性は、公的相談窓口を名乗る者から電話があり、偽のマイナンバーを教えられました。その後、別の男性から「公的機関に寄付するため、マイナンバーを貸してほしい」と連絡があり、教えたところ、寄付を受けた機関を名乗る者から「マイナンバーを教えたことは犯罪にあたる」と言われ、教えた記録を消すために現金を要求されたということです。このため、女性は郵送と手渡しで2度にわたって支払ったということです。消費者庁は「不信な電話はすぐ切るか無視し、警察の相談窓口などを利用してほしい」と注意を呼び掛けています。.

TBS: イスラエル治安当局、13歳のパレスチナ少年射殺 10/6 ○中東・パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のベツレヘム近郊で5日、パレスチナ人とイスラエル治安当局の間で衝突が起き、13歳のパレスチナ人の少年が射殺されました。
 AP通信などによりますと、ヨルダン川西岸のベツレヘム近郊で5日、13歳のパレスチナ人の少年がイスラエルの治安当局に胸を撃たれて死亡しました。
 エルサレムや西岸各地では、このところパレスチナ人とイスラエルの治安部隊との衝突が急速に拡大していて、4日と5日の2日間でパレスチナ人450人以上が負傷、イスラエル側でも死傷者が出ています。
 イスラエルがテロ対策としてエルサレム旧市街へのパレスチナ人の立ち入りを制限したり、パレスチナ人容疑者の家を破壊したりするといった措置をとったため、パレスチナ側の反発が高まっており、さらなる混乱が懸念されています。  ★安倍氏、ネタニヤフ首相と会った時、後方支援を約束した時、イスラエルに注文は付けたのか‼‽ or唆したのか?

米のアフガン誤爆 空爆の非人道性を証明した 【琉球新報】2015.10.06 ○何の罪も無い人々、それどころか崇高な使命感で人命を救おうとした人々が無残に殺傷されてしまった。罪深い行為と言うほかない。 アフガニスタン北部クンドゥズにある国境なき医師団(MSF)の病院が3日、米軍による誤爆とみられる攻撃を受けた。病院職員や子どもを含む患者ら少なくとも19人が死亡、負傷者は30人以上で、行方不明者も多数に上る。
 アフガン駐留米軍は声明を出し、ほぼ同じ時間帯に空爆を実施したと認め、「現場近くの医療施設に副次的な被害が出たかもしれない」と述べた。
 しかし、MSF関係者が述べた通り、今回の惨事を「『付帯的損害』と片付けるのは許されない」。オバマ米大統領は「国防総省が徹底調査を始めた。結果を受けてこの悲劇に対する最終判断を下す」と述べたが、それでいいのか。MSFの主張するように、独立した第三者による徹底調査を求めたい。
 医療施設や医療従事者に対する攻撃は国際人道法で禁じられている。従って今回の空爆は、戦争犯罪にも等しい。責任者と実行行為者に対し厳しい処罰を下さなければ、国際社会が許さないだろう。
 アフガン北東部にあるこの病院は、戦闘に巻き込まれて負傷した人を治療する、この地域でほぼ唯一の施設だった。だが空爆でMSFは職員を撤収させざるを得なくなった。病院はもはや機能していない。空爆は現地市民の生活も根こそぎ破壊したと言える。
 MSFは病院が爆撃を受けていると首都カブールや米ワシントンの米軍に繰り返し通報したが、空爆は30分以上も続いたという。
 もともとMSFは医療施設の正確な位置情報を全ての紛争当事者に通知している。今回の病院も既に先月末には駐アフガン国際部隊に知らせていた。
 アフガン政府は、タリバン兵が病院内に入り込み、病院内の人々を盾に治安部隊と交戦したと説明する。それが事実だとしても、米軍がタリバン掃討を優先し、医療施設の位置情報を軽んじた事実は揺るがない。
 米国はロシアのシリア空爆が民間人を巻き込んでいると非難していたが、面目を失った。同時に今回の悲劇は、空爆という行為そのものの非人道性も浮き彫りにした。民間人を必然的に巻き添えにすることを証明したのだ。地雷や化学兵器などと同様、空爆という攻撃方法自体の禁止を論議すべきだ。  ★然り!
[主権者教育] 萎縮せず工夫凝らそう 【沖縄タイムス】2015.10.06 ○6月に公選法が改正され、選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられることを受け、文部科学省と総務省は「主権者教育」の一環として、高校生向けの副教材「私たちが拓(ひら)く日本の未来」と教員向けの「指導資料」を作成した。両省がホームページで公表している。12月までにすべての学年の高校生らに配布する。   ★「主権者教育」? なんて、学校で教わった生徒は、少ないのではないか? 聞いたこともない‼‽ 自民党の議員(先生)からも、況してや主権者を憎悪する、安倍コベ首相から聞いたこともない。

[TPP大筋合意] 国民は「白紙委任」した覚えなどない 【南日本新聞】2015.10.06 ○漂流かとささやかれていた環太平洋連携協定(TPP)交渉が、土壇場のマラソン交渉で大筋合意に達した。
 TPPは「国のかたち」を変える。国民的な議論と合意は欠かせなかったはずだ。
 現状はどうだろう。TPP発効後、日本はどうなるのか。国民の暮らしはよくなるのか、それとも悪化するのか。分からないことがあまりに多い。
 率直に言って農業県である鹿児島の未来を考えれば、不安の方がはるかに大きい。安価な輸入農産物と本当に共存していけるのか、明確な説明が依然としてなされていないからだ。
 国民は「白紙委任」した覚えなどない。政府が納得できる説明を尽くさない限り、国民を置き去りにした、とのそしりを免れることはできない。





特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: