FC2 Blog Ranking
2016-01-22

1/22: 日本の大学授業料は高い! 1971年迄…国立大学授業料年12,000円! 『学費値上げ反対』運動のお陰!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十三期に入りました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2015年8月より第十三期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・週末に「今季最強寒波」、再び雪・風に警戒  19時7分   ★ご用心、御用心。
 ・最新見解!都心も積雪の可能性 今村涼子の「今天」  18時35分  ★北部九州でも、日曜中心に厳戒態勢!?
 ・徹夜後に事故死“求人票と違う”と告訴状  18時56分
 ・野党6党、甘利氏の演説で退席 衆院本会議  17時55分   ★敢えて強行!政治とカネ塗れの大臣、TPPは触れたのか???
 ・アスベスト訴訟 国の責任認める~大阪地裁  17時45分   ★アスベスト(公害)、なんで今更、争うのか!国。何度も敗訴!確定判決が!
 ・創立130年 皇宮警察の年頭視閲式  16時35分
 ・露・プーチン大統領 元スパイ暗殺を承認か  7時45分
 ・事故バスを検証 ギアは“ニュートラル”  6時15分
 ・甘利氏“政治とカネ” 野党は徹底追及  6時15分
 ・“政治とカネ”追及 甘利氏「記憶が曖昧」  5時55分
 ・邦人殺害 フィリピン人の男逮捕 マニラ  3時5分
 ・新たに13品目が横流し 大手メーカーのみそ汁など…  5時56分  ★素も、保存食品とは、何か? 冷凍、乾燥…

醍醐聰のブログ: 個人番号の利用事務等の停止を求める申し立て書を提出 11/11 ○マイナンバー、87%が「不安を感じる」
 各自治体から住民へのマイナンバー(個人番号)の通知するカードの送付が始まった。来年1月から運用が予定されている。
 しかし、内閣府が今年の7月23日から8月2日まで行った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査」(調査対象3,000人、有効回答数1,773人、調査員による個別面接聴取)によると、マイナンバー制度の「内容まで知っていた」と答えたのは今年1月の調査の時(28.3%)と比べて、43.5%まで増加しているが、それでも制度の周知はまだ半分以下である。
 では、周知度が上るのに応じて回答者の間でマイナンバー制度に関する理解・信頼度は高まったのか?
 これについて、内閣府の上記世論調査は、マイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して、最も不安に思うことは何かを1項目選択形式で尋ねている。この設問に対して、有効回答者の14.4%が「国により個人情報が一元的に管理され、監視・監督されるおそれがある」を選び、34.5%が「個人情報が漏えいすることにより、プライバシーが侵害されるおそれがある」、38.0%が「マイナンバーや個人情報の不正利用により、被害にあうおそれがある」をそれぞれ選んでいる。つまり、有効回答者の86.9%がマイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して不安を抱いていることになる。他方、不安に思うことは「特にない」を選んだのは9.1%にとどまっている。
 また、「あなたは、個人番号カードの取得を希望しますか」との設問については、「希望する」は24.3%「希望しない」の25.8%を下回っている。もっとも多いのは「現時点では未定」で47.3%に達している。
 内閣府政府広報室「『マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査』の概要」
 … アメリカで広がったなりすまし被害~毎年5兆円の損害~ … …

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」



 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
1月22日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 寒  カレーライスの日  ☀  ⛄  誕生日の花  シンビジウム  花言葉  深窓の麗人 1/22 ○ラジオ深夜便の誕生日の花のWebから借用
 政府四演説は1時間遅れで 始まったが 経済演説では 野党が退席した中で行われた。シンゾーの演説は中学生の弁論大会のようで、嘘八百をペラペラ  、役人に書かせたものを 棒読みしているだけ  
 大相撲初場所13日目の十両の取り組みを 見ることができなくなってしまった。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください  
 ◎天木氏が新党 憲法9条” 天木氏を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog1/21: 規制緩和の行き過ぎ…事故・貧困 株下落幅3000円超 甘利大臣の「政治とカネ」 茲に安倍のリスク顕現!?

九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

「九条の会」メールマガジン (第222号) 11/10 ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2015年11月10日 第222号 ☆☆☆
┌────────────┐

│ 第222号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇11月13日開催の九条の会講演会は、まだ席に余裕があります。前売券を お持ちでない方も、当日会場においで下さい。
◇2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」用紙ができました。すみや かな廃止をめざして力を尽くしましょう。
◇鶴見俊輔さんの講演が収められた『11/14: 米仏がテロ打倒で協力確認 英独も安倍氏も 戦争がテロを誘発‼‽ 歴史から、暴力、戦争、軍隊をなくさないと、悲劇の連鎖は止まらない!いま語る 九条の心』
    (「九条の会」憲法セミナー③)のご案内
◇奥平康弘さんの講演が収められた『戦争をする国にさせない』
    (「九条の会」憲法セミナー④)のご案内
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
◇昨年6月10日の九条の会講演会が収められた岩波ブックレット
    No.918「憲法九条は私たちの安全保障です」を読みましたか
◇2014年6月10日開催の「九条の会発足10周年講演会 集団的自衛権 と憲法9条」のDVD、好評です
◇九条の会第5回全国交流集会の記録
    (報告集・全体会DVD・シンポジウムパンフレット)
◇2013年10月6日開催の学習会「『戦争する国』への暴走を止める」の記録ブックレット好評発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇万葉九条の会(神奈川県)


◇商社九条の会・東京(東京都)、◇コープ九条の会・神奈川(神奈川県)、
◇憲法九条の会・はだの(神奈川県秦野市)、◇ねりま九条の会(東京都練馬

区)、◇松戸九条の会ありのみ(千葉県松戸市)、◇八事東&表山9条の会(愛知県名古屋市)、◇九条の会・中野(東京都中野区)、◇浜松・憲法九条の会 (静岡県浜松市)、◇生協・九条の会とちぎ(栃木県)、◇九条の会・光(山口県光市)

■編集後記~2000万人署名が始まりました

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆  ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ☆以下、割愛。本文をご覧ください。…

NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 2016年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) 1/1 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 今年は憲法の積極的理念にもとづく日本社会にしていく正念場の年になります。
 それは、第一に、テロ問題をめぐる状況の変化によります。過激派組織IS=イスラム国などによるテロが世界中に広がっています。その憎むべき卑劣な行為は断じて許されず、その根絶は日本においても重要課題です。その際、私たちはイスラムの人たちなどに排外的に対応するのではなく、様々な文化や宗教とともに共生していくことが肝心です。そして、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という日本国憲法前文の精神にもとづき、日本政府の外交にもこうした立場での対応を求めていかねばなりません。いま、いろいろな考えを持つ人びとが監視・排除・抑圧される動きも懸念され、警戒が必要になっています。
 第二に、日本社会における貧困と格差の深刻化です。安倍政権の経済政策=アベノミクスはほとんど成功していません。安倍政権は財政再建に背を向けて選挙対策のためのバラマキをしても、また企業への減税はしても国民の生活改善には不熱心で、消費税増税には邁進しています。子育て、介護、医療、年金等の社会保障の充実は遅々として進んでいません。
 今年は、TPP参加による国民生活や産業への悪影響、原発再稼動問題なども含め、こうした国民の生活と健康・命に関わる問題に対して、いまこそ生存権をはじめとする憲法の規定と精神に基づく政治を求めていかなければなりません。
 第三に、日本の安全保障政策をめぐる状況です。昨年安倍政権は安保関連法案を強行可決・成立させ、集団的自衛権を行使できるようにし、また自衛隊の海外での活動の分野や方法を広げました。今後日本が再び海外で戦争をする国になっていこうとしています。こうした状況の中で、いま安保関連法の廃止を求める国民の声と運動が広がっています。辺野古への新基地建設に反対する沖縄のたたかいもいよいよ正念場を迎えています。
 今年の参議院選挙はその剣が峰になります。安倍政権は衆参ダブル選挙にするのではないかとの報道もあります。選挙の結果次第では憲法の明文「改正」への動きが急展開することも予想されます。

 法学館憲法研究所はこうした情勢の中で、今年、自由や民主主義、平和などの憲法の考え方の研究と、その成果を社会に広げる活動を発展させる所存です。 ・・・

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー
◆日本の民主主義と地方自治のあり方の本質を問う
平良暁志さん(沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議 事務局統括) (2015年12月21日)
◆今こそ子どもたちの権利確立の闘いを
児玉勇二さん(弁護士) (2015年12月14日)
◆「LGBT」、「同性婚」はすべての人にかかわる大切な人権の問題
上杉崇子さん(弁護士) (2015年12月7日)
◆公民館・公共・表現の自由とは、市民が主役とは
武内暁さん(「九条俳句」市民応援団代表) (2015年11月30日)
◆日本はシリア難民にどう向き合うのか
石川えりさん(認定NPO法人 難民支援協会 代表理事) (2015年11月23日)
◆日本を戦前にしないために
那須正幹さん(児童文学作家) (2015年11月16日)
◆「不断の努力」を考える
大西連さん(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長、新宿ごはんプラス共同代表) (2015年11月9日)


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

玄海原発の避難計画「実効性なし」 全国集会で訴え 【佐賀新聞】2016.01.22 ○原発事故が起きた場合の避難計画を市民団体が検証する「原発避難計画 全国集会」が21日、東京・霞が関の参院議員会館であった。玄海原発(東松浦郡玄海町)の避難計画では、地元の市民団体が県内各自治体を調査した結果を踏まえて「避難計画は生活の延長にある問題だ。これでは実効性がないと声を大にして言いたい」と訴えた。
 玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会の永野浩二事務局長が報告した。避難所のスペースが1人当たり1平方メートルしかないとデータを示した上で「まさに、“ぎゅうぎゅう詰め問題”だ。例えば、人口1万人の太良町に8千人が避難する計画になっているが、受け入れる自治体側でさえ、こうした実態を理解していない」と過密避難の問題を指摘した。
 避難所が土砂崩れなど自然災害の危険エリアに立地しているケースも上げて「避難所は安全な場所になければならない」と強調した。
 集会は裁判の会などでつくる実行委員会が主催した。玄海原発のほか、川内原発(鹿児島県)など各地で活動する市民団体の代表者らが参加した。
技術者招き学習会 脱原発県議の会始動 【河北新報】2016.01.22 ○昨年12月に発足した宮城県議会有志の「脱原発をめざす県議の会」は21日、初の学習会を開催し、東北電力女川原発3号機(宮城県女川町、石巻市)などの原子炉格納容器設計に携わった後藤政志氏の講演を聴いた。
 県庁議会棟で開いた学習会には、メンバー20人全員が参加した。後藤氏は「原発をつくった技術者だから言えること」と題し、東京電力福島第1原発事故の経緯や現状を技術的観点から説明した。
 その上で、事故後に設けられた新規制基準の問題点やヒューマンエラーの可能性などを指摘。「原発事故は被害規模が桁違いで、後世に及ぶ。絶対に安全と言えない限り、再稼働などとんでもない」と強調した。
 佐々木功悦会長(みやぎ県民の声)は「東北電は女川原発の再稼働を目指しており、いずれわれわれも判断を迫られる。政治家として一番大切なのは県民の命を守ること。脱原発に向けてしっかり勉強しなくてはならない」と語った。
 県議会は21日、学習会開会と同時刻の午後2時に会派代表者による懇話会を開催。懇話会出席者からは、「県議の会」発足時に正副議長や全会派代表者へ事前の相談や調整がなかったことへの意見も出た。
 自民党・県民会議の中島源陽会長は「会派を横断する勉強会や議員連盟の結成には事前の調整があるべきだ、という認識の共有が大切だと考える」と述べた。
 「県議の会」のメンバー20人は県議会7会派のうち4会派から集まった。過半数を占める自民党・県民会議からの参加者はいない。


高浜3号機、29日再稼働へ 関電調整、新基準3基目 【東京新聞】2016.01.21
市民団体、九電に手続きの中止を要請 「免震棟の放棄で再稼働前提崩壊」 【佐賀新聞】2016.01.21
賠償求め連携を70団体に要請 原発訴訟原告団 【福島民報】2016.01.21
20ミリシーベルト基準反対行動要請 「生業を返せ」訴訟原告団 【福島民友】2016.01.21 ○東京電力福島第1原発事故による県内外の被災者約4000人が、国と東電に原状回復や慰謝料を求めている「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の原告団・弁護団は20日、県原子力損害対策協議会の構成各団体に対し、年間20ミリシーベルトを基準にした避難指示解除や賠償の打ち切りなどの施策を改めるよう、国と東電に求めることを要請した。
 21日までの2日間で、約80人が10班に分かれて約70団体の福島市などの事務所を訪問、要請する。
 福島市の県市長会事務局には、中島孝原告団長らが訪れ、担当者に「賠償打ち切りなどは『20ミリシーベルト以下は被害ではない』とする国の姿勢が大本にある。国と東電が責任を果たすよう、市長会にも後押ししてもらいたい」と要請書を手渡した。


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破???安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう


◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 「ジュゴンよまたここにおいで」の歌詞が書道展に ・ブログ連歌(431) ・ 民主平和党ホームページ 1/22 ○昨年の10月2日に当ブログで「辺野古の海に「ジュゴンの詩(うた)」を聞く」の表題で紹介した「ジュゴンよまたここにおいで」の歌が、「花てぼ」こと書道家の太田雪影さんの筆で書道作品となり、上野の東京都美術館で開催中の第63回「朝聞書展」に出品されています。会期は24日、この日曜日までです。展示場所は2階の10番の部屋で、「10」の番号札のすぐ下にあります。会場には無料で入場できます。
  書では歌詞の一部が省略されていますので、歌詞を再掲しておきます。

  ジュゴンよまたここにおいで
             作詞 石原いっき
             作曲 伊藤辰雄
             歌 清水正美

1 きよき波 きよき浜 よごれなき島 とこしえの沖縄
  生命(いのち)を伝えて 白い天使
     ジュゴンよ ジュゴンよ またおいで ここにおいで
     ジュゴンよ ジュゴンよ この優しい あなたの海へ

2 そよぐ風 そよぐ花 あたたかき島 ゆめあふる沖縄
  微笑(ほほえみ)湛えて  白い人魚
     ジュゴンよ ジュゴンよ またおいで ここにおいで
     ジュゴンよ ジュゴンよ この眩しい あなたの海へ

3 とわに歌 とわに人 けがれなき島 かがやける沖縄
  未来を繋げて 白い母子(ははこ)
     ジュゴンよ ジュゴンよ またおいで ここにおいで
     ジュゴンよ ジュゴンよ この愛しい あなたの海へ

 また、平和だった辺野古の海を背景として歌が流れる「ジュゴンの詩(うた)」のビデオも、見られます。辺野古の海を守る運動の底流として、この歌声が多くの人々の心に届くことを願います。

デモクラTV:    ○今週のデモクラTV本会議 2016年1月23日(土) 午前11時から生放送
 (1)今週の国会、低年金者に3万円、首相施政方針演説ほか
 (2)沖縄 宜野湾市長選挙 24日投票日で
 (3)米欧 イラン経済制裁解除、そして中東は
 (4)台湾総統に民進党の蔡英文氏
 (5)中国 原発輸出拡大で日本企業に打診
 (6)格安バスーツアーの事故の真の原因

孫崎享のつぶやき: ハフポスト掲載、郷原信郎氏『「甘利大臣、「絵に描いたようなあっせん利得」をどう説明するのか』(転載) 1/22 ○ハフポスト掲載、郷原信郎「甘利大臣、「絵に描いたようなあっせん利得」をどう説明するのか」(転載)が専門家の視点から解説。必見。マスコミ、勉強する材料あるんだから、「説明責任」のような寝ぼけたこと書かないで。 ・・・ ・・・ ○本日(1月21日)発売の週刊文春が、甘利明TPP担当大臣や秘書がUR(独立行政法人都市再生機構)の道路用地買収に関して「口利き」を行い、業者から多額の金品を受領していたことを報じている。この記事には、その行為について、あっせん利得処罰法違反や政治資金規正法違反が成立する可能性がある旨の私のコメントも掲載されている。報じられている疑惑の中身は以下のようなものだ。 ・・・(割愛)ブログ本文をご覧ください。
孫崎享のつぶやき: 甘利氏現金受理疑惑に対する報道ぶり、朝日新聞、毎日新聞は社説で追及。では読売新聞は。社説「「厚生年金逃れ 従業員の老後が脅かされる」等 1/22 ・ 週刊文春1月28日号は「甘利大臣に賄賂1200万円を渡した」との記事を掲載した。
 ・さまざまな記述があるが、次の記載がある。
 (1) 1970年、千葉県企業庁は道路買収工事を始めた。現在道路建設は千葉県企業庁より委託された独立行政法人都市再生機構(UR)が行っている。
 (2) ここで工事による被害問題が出て、S社とURで補償の問題が起こったが工事は難航した。
 (3)一色氏が甘利氏が地元に構える大和事務所に訪れ助力を依頼した。
 (4)この助力によりURから約2億2千万円の補償金を得た。
 (5)現金500万円を持参した。政治資金報告書で確認すると、300万円が記載されずに闇に消えている、
 【6】一色氏は議員会館の甘利事務所を訪れ50万円を手交した。

 ・さてこうした事実について、元検事郷原信郎氏は、伝えられる事実はあっせん利得処罰法違反や政治資金規正法違反が成立する可能性があると指摘 ・・・

植草一秀の『知られざる真実』: 参院選必達目標は改憲勢力3分の2を阻止すること ○安倍政権は夏の参院選で改憲勢力が参院3分の2議席を占有して、憲法改定を強行することを目論む。
  憲法改定で最初に手をつけると見られるのが緊急事態条項の加憲である。
  自民党憲法改正草案の第98条と第99条を加憲する。
  すでに本ブログ、メルマガに記述してきたが、ナチスドイツの全権委任法に匹敵する、民主主義を破壊する内容を含む恐ろしい条文である。
  その内容を要約すると、
  内閣総理大臣が緊急事態を宣言すると、
  1.内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができる
  2.内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行うことができる
  3.内閣総理大臣は地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる
  4.何人も、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない
  5.その際、憲法第十四条、第十八条、第十九条、第二十一条その他の基本的人権に関する規定は最大限に尊重されなければならない。
  6.宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されない
  7.両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる
  という内容が盛り込まれている。
植草一秀の『知られざる真実』: 高速代・燃料代込み報酬支払いの形態だったのか 1/21



★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog1/10: ロンブー淳(原発問題)都合の悪い歴史こそ残そう 原発は「大丈夫じゃないな」と 都合の良い歴史は、騙し!?

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。

 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕


 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 



ANN: 最新見解!都心も積雪の可能性 今村涼子の「今天」 1/22 ○きょうの「今天」はこちら、「最新見解で変化!都心も積雪の可能性」です。  ★東京でも、数センチ!?
TBS: 週末に「今季最強寒波」、再び雪・風に警戒 1/22 ○この週末は再び雪への警戒が必要になります。学校や仕事が休みでも、過去には週末の雪で大きな混乱になったこともありました。
 18日、都心を白く染めた雪。交通機関はダイヤが大幅に乱れ、乗客らに大きな混乱をもたらしました。今週は東海地方や西日本でも雪が降り積もり、都心の道路の脇には今も雪が残る中、再び、23日は関東、24日は西日本で雪への警戒が必要となっています。
 「日曜日、西日本では大雪になり、風も強くて大荒れになります。寒気の規模としては40年ぶりくらいの強さです」(気象予報士 森田正光氏)
 24日、西日本では九州南部でも雪の予報で、もしかしたら沖縄でも雪という記録的な事態もあるかもしれません。
 23日、東京では、雪は降ってもあまり積もらない見込みで、仕事や学校が休みの中、交通機関の混乱も少ないものとみられますが、実は週末だからこそ油断できない部分もあります。おととし2月の週末、都心でも記録的大雪となったこのとき、欠航が相次いだ成田、羽田空港は、足止めされた人たちであふれ返りました。そして、立て続けに次の週末も大雪に。週が明けても東京や埼玉、山梨の山間部などで道路の通行止めなどが続き、取り残される人や孤立する地域が相次ぎました。
 こうした週末の雪に備えて、都心のホームセンターでは雪対策の商品が売れているといいます。
 「雪が降る前から準備して購入する方が多くいる。予報が出された時点でスコップや融雪剤など動きが多くなっている」(島忠中野店 鈴井真さん)
 24日に入学試験を控えた大学でも、対策に余念がありません。
 「実際、こちらのスコップを使って、職員総出で積もった雪を雪かきします。塩化カルシウムを使って、凍結しないように準備をしています」(川村学園女子大学 入学支援室 木村貴行室長)
 さらに、受験生が足を滑らせてけがなどしないよう、キャンパス内には雪を解かすための水を流し続けるホースなども設置しています。また、交通機関の乱れで試験に遅れた受験生には、試験時間を遅らせるなどの措置をとるといいます。
 「(受験生は)健康に注意して、我々も受験生を後押しできるようなしっかりした対応・準備をしていきたい」(川村学園女子大学 入学支援室 木村貴行室長)
 西日本では、大雪のほか、暴風などへの警戒も必要で、最新の気象情報に注意してください。
NHK: この冬一番の寒気 あす以降大雪や暴風雪などに警戒 1/22 ○上空にこの冬一番の強い寒気が流れ込むため、23日から24日にかけて全国的に風が強まり、西日本中心に雪が降り続き、太平洋側の平地でも積もるところがある見込みです。気象庁は23日以降、大雪や暴風雪、高波などに警戒するよう呼びかけています。
  気象庁によりますと、日本の上空、1500メートル付近に氷点下6度以下の強い寒気があり、23日は冬型の気圧配置が次第に強まる見込みです。このため23日は全国的に風が強まり、広い範囲で雪が降る見込みで、西日本を中心に吹雪となるところがあるほか、西日本や東日本の太平洋側の平地でも雪が積もるところがあると予想されています。
  23日夕方にかけて降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで、東北と近畿、それに中国地方で30センチ北陸で20センチ、関東甲信や東海、四国、それに九州北部で15センチから10センチなどと予想されています。
  北陸や沖縄地方の海上などでは23日は風が非常に強く吹き、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルに達すると予想され、沖縄地方では波の高さが6メートルの大しけが予想されています。
  23日の夜から24日にかけては、西日本の上空1500メートル付近に、氷点下12度以下のこの冬一番の寒気が流れ込むため西日本から北日本の広い範囲で風がさらに強まり、日本海側を中心に雪が降り続いて猛吹雪となるおそれがあります。
  また、その後もさらに雪が降り続き、23日の夕方から24日の夕方にかけて降る雪の量は、いずれも山沿いの多いところで北陸で80センチから60センチ、東北や近畿で60センチから40センチ、中国地方で40センチから20センチ、九州で30センチから10センチなどと予想されています。
  この冬一番の寒気の影響で、23日の夜以降は西日本や東日本などで冷え込みが厳しくなると予想され、気象庁は23日以降、大雪や暴風雪、高波に警戒するとともに、雪による交通への影響や路面の凍結などに十分注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけています。
 上空の強い寒気 6年前も大雪で被害  ・・・ ・・・
 水道管凍結に注意呼びかけ 福岡
  ・・・ ・・・

NHK: iPS細胞でヒトの耳の軟骨 作成に成功 1/22 ○iPS細胞を使って実物とほぼ同じ大きさのヒトの耳の軟骨「耳介軟骨」を作り出すことに東京大学などのグループが成功しました。iPS細胞を使って立体的な軟骨ができたのは、初めてだということです。
  この研究を行ったのは、東京大学の高戸毅教授と京都大学の妻木範行教授らのグループです。
  グループでは、ヒトのiPS細胞から軟骨の塊を100個ほど作り出し、直径8ミリのプラスチックのチューブ3本の中に入れました。
  そしてこれらのチューブをヒトの耳の形に似るように曲げて、ネズミの皮膚の下に移植したところ、2か月ほどで、チューブが溶けて中の軟骨の塊が互いに融合し、ヒトの耳の形をした軟骨、「耳介軟骨」ができたということです。
  耳介軟骨の大きさは、実物とほぼ同じ5センチほどで耳の軟骨がうまく形成されない「小耳症」の患者を対象に臨床試験を検討していくということです。
  グループによりますとiPS細胞を使って立体的な軟骨ができたのは初めてだということで、鼻の軟骨や老化によって破損した膝の軟骨を作りだ出せば、さまざまな病気やけがの治療にも応用できる可能性があるとしています。
  高戸教授は、「今後、長期の経過を調べたり拒絶反応を起こさないかを見極めたりして研究を進め、5年後には小耳症の患者の治験を行うところまで持っていきたい」と話しています。

NNN: 徹夜後に事故死“求人票と違う”と告訴状 1/22 ○長時間労働の末、帰宅中に交通事故で死亡した男性の遺族が、求人票に実際の過酷な労働条件が書かれていなかったとして告訴状を提出した。
 告訴状を提出したのは東京都の渡辺淳子さんで、二男の航太さん(24)は、植栽の会社に勤めていた去年4月、徹夜で22時間働いた後、原付きバイクで帰宅中に電柱に衝突し死亡した。
 渡辺さんは、会社がハローワークの求人票で「残業は月平均20時間」としながら、実際は月100時間を超す長時間労働と深夜勤務を強いられたなどとして、職業安定法違反にあたると訴えている。
 厚生労働省には、ハローワークの求人票の内容が実際と違うとの相談が昨年度、1万2000件以上寄せられている。

NNN: 野党6党、甘利氏の演説で退席 衆院本会議 1/22 ○甘利経済再生担当相の金銭授受を巡る疑惑は、国会審議にも影響を与えている。安倍首相の施政方針演説などを行う22日の衆議院本会議で、野党6党が甘利経済再生相の経済演説を退席した。
 野党側は、これまで求めてきた甘利経済再生相による疑惑の説明がない、として退席した。今年1年の基本方針を示す本会議を野党側が途中退席するのは極めて異例。
 民主党など野党側が「本人から一切説明がない異常事態で演説を聴くわけにはいかない」としたのに対して、政府側は「来週、調査結果を発表したい」と訴えたが、折り合いはつかなかった。
 そのため野党側は、経済演説の直前に退席し、甘利経済再生相は冒頭、「申し訳なく思っている」と陳謝した。
 甘利経済再生相「演説に先立ち一言申し上げます。今回の週刊誌報道の件でお騒がせしている件については、大変申し訳なく思っております。国民に疑惑を持たれないよう、しかるべき時期にしっかりと説明責任を果たしてまいります」
 甘利経済再生相は1週間以内に調査報告を行う考え。
 ・・・ ・・・ ・・・
NNN: アスベスト訴訟 国の責任認める~大阪地裁 1/22 ○関西の元建設作業員らがアスベストによる健康被害で国や建材メーカーを訴えた裁判で、大阪地裁は22日、国の責任を認める判決を言い渡した。
 この裁判は「建設現場でアスベストを吸い込み、肺がんなどの健康被害を受けたのは、当時の規制が十分ではなかったため」などとして、元作業員や遺族33人が国や建材メーカーに対し損害賠償を求めていたもの。
 判決公判で、大阪地裁は「1975年には、防じんマスクを使用させる義務を定めるべきで、規制権限を行使しなかったことは著しく合理性を欠く」などとして国の責任を認めた一方、建材メーカーに対する請求は棄却した。
 原告側の会見「国の違法を認めたという点で勝訴というふうに思いますし、本質的な問題にも一歩迫る判断だったと考えています」
 判決を受け、厚生労働省は「厳しい判決と認識している。関係省庁と協議した上で対応してまいりたい」とコメントしている。  ★国の責任については、確定判決もあるというのに、解決、救済を遅らせる国の何という、怠慢・怠惰! 被害者側が死ぬのを待っているのか!
9、アスベスト問題 - 緑風法律事務所 ○クボタショック後の平成17年からアスベスト問題に取り組み、大阪アスベスト弁護団の活動を通じて、多数の労災申請やアスベスト訴訟を成功させてきました。・・・
クボタショック - Wikipedia ○クボタショックは、2005年6月29日に毎日新聞が兵庫県尼崎市の大手機械メーカー・クボタの旧工場の周辺住民にアスベスト疾患が発生しているとの報道[1]したのを契機として、社会的なアスベスト健康被害の問題が急浮上してきた現象である。

 クボタショックから救済金制度の設立過程[編集]
  クボタは2005年6月30日に3名の中皮腫患者に対して見舞金の支払いを決定したことを発表した[5]。8月12日には「お見舞金(弔慰金)」を制度化させることを発表。対象となる判断基準を設け、該当者に一律200万円の支払いをするとした[6]。 8月末には見舞金制度の請求が24人となり、被害者らは補償についての話し合いに応じるよう要請をし始めた。11月下旬にクボタの部長級幹部が被害者らに初めて謝罪をした。12月25日には中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会の会合に社長と専務が参加し、被害者らに謝罪するとともに被害者からの訴えや追及、質問に答えた。その中で社長は、「塀の内と外で差別することはしません」と答えた[7]。また、「お見舞金制度」に代わる新たな対策を検討していくことを表明した[8]。
  2006年3月2日、被害者や尼崎労働者安全衛生センターなどの支援団体関係者らとクボタ との補償に向けての交渉がクボタの阪神事務所で持たれた。クボタからは部長・課長らの5名が参加した。その後、3月31日まで合計4回の交渉が持たれた。その結果は4月15日、被害者らに合意の内容が確認された[9]。2006年4月17日にはクボタが「旧神埼工場周辺の石綿疾患患者並びにご家族の皆様に対する救済金支払い規定」を制定した。同規定の骨子として、①救済金として最高4600万円、最低2500万円の支払い、②石綿による健康被害の救済に関する法律にもとづく認定者に支給、③工場から1キロ以内の範囲に1年以上の居住歴、あるいは通学・通勤歴があること、となっている[10]。
  2014年3月末時点でクボタが救済金を支払った住民被害者は265人、それとは別に労災認定された元従業員らの石綿関連疾病疾患は190人に達している。救済金制度の創設に向けた交渉にも携わった中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会会長の古川和子は「救済金の支払いのとき、クボタの社員は深々と頭を下げます。あの姿を信じたい。クボタ・ショック直後、幡掛大輔社長(当時)は尼崎で患者と向き合い、謝罪しました。その原点に立ち戻ってほしい。現社長がもう一度、尼崎の患者や遺族と会うべきだと思います。そうでないと、救済金の支払いが単なる手続きで終わってしまう」と現在までの歴史を振り返っている[11]。  ★アスベスト吸引による健康被害は、潜伏期間が長い、ずっと後にならないと、発病しない! それを良いことに、長年安価であると推奨して政策を進めたのが、政府である。自民党政権。


甘利氏疑惑 真相解明へ説明責任果たせ 【琉球新報】2016.01.22 ○「政治とカネ」をめぐる問題がまたも浮上した。しかも安倍政権の重要閣僚に関する疑惑だ。
 甘利明経済再生担当相が、都市再生機構(UR)とのトラブル解決の謝礼などとして千葉県の建設会社側から現金計100万円を直接受け取っていたと、週刊文春が報じた。
 文春によると、秘書を含め甘利氏側への現金や接待などは証拠が残っているものだけで1200万円に上る。甘利氏は徹底的に説明を尽くさねばならないことは言うまでもない。
 第2次安倍政権の発足から3年がたつが、政治とカネをめぐる問題がたびたび噴出し、閣僚らの辞任が相次いだことは記憶に新しい。今回の疑惑が事実なら、その中でもかなり重大な問題であろう。
 甘利氏は国会答弁で、大臣室で建設業者と面会したことを認めた。一方で「正確に何をしたのか記憶があいまいなところがある」などと述べるにとどめた。歯切れの悪い印象は否めなかった。
 事務所で現金を受け取ったかどうかについても「事実関係について記憶をたどっている」とかわした。納得のいく答弁には程遠い。
 疑惑について建設会社の総務担当者は「私がURとの補償交渉で甘利事務所に口利きを依頼し、計1200万円を渡した。裏付けるメモや録音データが残っている」とのコメントを出している。
 政治家や秘書が口利き行為をして利益供与を受ければ、あっせん利得処罰法違反になる可能性がある。メモや録音が事実なら、極めて重要な材料となろう。
 文春によると、総務担当者はURから補償金を得られた謝礼として、500万円を甘利氏の公設秘書に渡した。政治資金収支報告書には、うち300万円の記載がない。これも事実なら政治資金規正法違反の疑いも浮上する。 ・・・ ・・・
[県の給付型奨学金] 人材の先行投資に期待 【沖縄タイムス】2016.01.22 ○沖縄県が、全国でも珍しい教育支援に乗り出す。
 県外大学進学者への「給付型奨学金」の創設だ。来年度から募集を始め、2017年度から支給開始予定。1人月額7万円程度を4年間、初年度の募集枠は1学年25人を想定しているという。本土と海を隔てる島嶼(とうしょ)県のハンディ克服や子どもの貧困問題解決策として評価できる。
 翁長雄志知事の選挙公約の一つで「県子どもの貧困対策に関する検討会」も創設を提言していた。社会に渇望された制度であり、着実な実施に期待したい。
 日本は、諸外国に比べ大学の授業料が高いと指摘されている。比較的安い国立大学でも初年度は入学金を合わせ約80万円。私大文系で120万円、同医学系では470万円とのデータもある。沖縄から本土への進学は、さらに渡航費や住居・生活費が加わる。  ・・・ ・・・
  ★余談ですが、1970年迄は、国立大学授業料は、本当に、安価だった。学生紛争(学費値上げ反対!)華やかな頃までは。佐藤栄作首相(当時)の、大学の運営に関する臨時措置法成立後、学費値上げが一挙大幅アップした。 抵抗勢力を一掃したから!?
[甘利氏金銭疑惑] 「口利き」はなかったか 【南日本新聞】2016.01.22
【甘利氏の疑惑】説明責任速やかに果たせ 【高知新聞】2016.01.22
甘利氏金銭問題 疑惑は晴らせていない 【徳島新聞】2016.01.22
甘利氏の疑惑 説得力に乏しい釈明だ 【中国新聞】2016.01.22
DNA鑑定  不透明さ指弾した判決だ 【山陽新聞】2016.01.22 ○強姦(ごうかん)罪に問われ一審で実刑判決を受けた鹿児島市の男性被告に、福岡高裁宮崎支部は逆転無罪を言い渡した。判決は警察・検察によるDNA鑑定の不透明さと捜査のあり方を強く戒めるものとなった。当局の徹底した検証と説明が求められる。
 被告は2012年10月、同市内で当時17歳だった女性に暴行したとして起訴された。一審の鹿児島地裁は「女性の胸に付着した唾液が被告のDNA型と一致した」と指摘。さらに女性から検出され、鹿児島県警科学捜査研究所(科捜研)が「微量で鑑定不能」とした精液についても、「存在することが被害証言を裏付ける」とし、被告に懲役4年の実刑判決を言い渡した。
 逆転無罪へと動かしたのは控訴審で行われた再鑑定だった。鑑定不能とされた精液から、被告とは別人のDNA型が検出されたからだ。高裁判決は「女性の証言は客観的な証拠と整合せず、信用できない」との判断を示した。唾液については、被告と女性の何らかの接触を認めた。
 判決から浮かんでくる捜査当局の鑑定への取り組み姿勢には、驚きと疑問を覚える。科捜研職員は鑑定に使用したDNA溶液の残りを全て廃棄した。作成した鑑定検査記録は記入がいつ、どのようにされたかは不明で、経過を記したメモも捨てられたという。
 高裁は県警の鑑定について「技術が著しく稚拙か、別人のDNA型が出たため、捜査官の意向を受けて判定不能とした可能性も否定できない」と、捜査当局による“証拠隠し”の疑いにまで言及した。
 DNA鑑定の精度は飛躍的に高まり、いまや「数兆人に1人」の確率で個人を特定できるという。真相を解明する強力な武器となるが、一方で故意やミスによって冤罪(えんざい)を生むことにもなりかねない。 ・・・
金銭授受疑惑/甘利氏は説明責任果たせ 【神戸新聞】2016.01.22 ○安倍政権の重要閣僚である甘利明経済再生担当相に「政治とカネ」をめぐる疑惑が浮上した。
 独立行政法人都市再生機構(UR)との県道工事をめぐるトラブル解決の謝礼などとして、2013~14年に千葉県の建設会社側から現金計100万円を甘利氏が直接受け取っていた、と週刊誌が報じた。建設会社の担当者は「URとの補償交渉で甘利事務所に口利きを依頼し、(秘書を含め甘利氏側に)計1200万円を渡した。メモや録音データが残っている」とのコメントを出した。
 事実とすれば、政治と業界の癒着を示す典型的な「口利き」の構図である。政治家や秘書が国や自治体、独立行政法人などに口利き行為をして利益供与を受ければ、あっせん利得処罰法違反の可能性がある。過去には閣僚や有力政治家の失脚につながった事件もある。
 政治資金収支報告書には、提供資金の一部が記載されておらず、政治資金規正法違反の疑いもある。
 甘利氏は速やかに事実関係を明らかにし、国会や記者会見などで説明責任を果たさねばならない。 ・・・






NNN: 甘利氏“政治とカネ” 野党は徹底追及 1/22
NNN: “政治とカネ”追及 甘利氏「記憶が曖昧」 1/22
TBS: 都内で観光バス事故、運行会社に過去3回の行政処分 1/22
ANN: 軽井沢バス転落 ギアがニュートラル状態だったか 1/22
ANN: 新たに13品目が横流し 大手メーカーのみそ汁など… 1/22


特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: