FC2 Blog Ranking
2016-02-28

2/28: ハンセン病療養所で「隔離」裁判 憲法の公開の原則違反!? 最高裁の過去と今後 今こそ問い糾すべき

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十三期に入りました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2015年8月より第十三期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・長野・松本の繁華街で“爆発火事”一時騒然  16時15分  ★???
 ・白人至上主義KKKと抗議グループが乱闘  15時55分  ★KKKか、未だ、御存命だったのか!? 死すべき団体
 ・NHK籾井会長、自ら番組出演し不祥事謝罪  14時55分  ★似合わない!?スタンドプレー 安倍氏の操り人形!? そんな籾井会長こそが、恥ずべき存在!? 退場すべき。
 ・41歳女性死亡 事件に巻き込まれた可能性  12時55分
 ・懐かしさと寂しさが…元組長・安藤昇さん最後の別れ  16時36分  ★70年安保の頃、隆盛のヤクザ映画の最後のスター?、逝くか。
 ・スーパーチューズデー間近…弾みつけたクリントン氏  16時34分   ★その3月1日も、目前だ。どうなりますか?
 ・福岡で刃物で刺され19歳少女死亡、19歳少年が出頭  7時23分  ★寒々しい光景…続く!?
 ・シリア戦闘沈静化のもよう、「停戦」維持できるか焦点に  7時21分
 ・アフガニスタン首都で政府庁舎狙った自爆テロ、12人死亡  7時21分
 ・滋賀・栗東市で男性と6歳女児遺体で見つかる、無理心中か  4時23分
 ・在日韓国・朝鮮人高校生らの半数、ヘイトスピーチ「恐怖感じた」  1時48分   ★個人、少数者の不安・傷み、共通!?

醍醐聰のブログ: 個人番号の利用事務等の停止を求める申し立て書を提出 11/11 ○マイナンバー、87%が「不安を感じる」
 各自治体から住民へのマイナンバー(個人番号)の通知するカードの送付が始まった。来年1月から運用が予定されている。
 しかし、内閣府が今年の7月23日から8月2日まで行った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査」(調査対象3,000人、有効回答数1,773人、調査員による個別面接聴取)によると、マイナンバー制度の「内容まで知っていた」と答えたのは今年1月の調査の時(28.3%)と比べて、43.5%まで増加しているが、それでも制度の周知はまだ半分以下である。
 では、周知度が上るのに応じて回答者の間でマイナンバー制度に関する理解・信頼度は高まったのか?
 これについて、内閣府の上記世論調査は、マイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して、最も不安に思うことは何かを1項目選択形式で尋ねている。この設問に対して、有効回答者の14.4%が「国により個人情報が一元的に管理され、監視・監督されるおそれがある」を選び、34.5%が「個人情報が漏えいすることにより、プライバシーが侵害されるおそれがある」、38.0%が「マイナンバーや個人情報の不正利用により、被害にあうおそれがある」をそれぞれ選んでいる。つまり、有効回答者の86.9%がマイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して不安を抱いていることになる。他方、不安に思うことは「特にない」を選んだのは9.1%にとどまっている。
 また、「あなたは、個人番号カードの取得を希望しますか」との設問については、「希望する」は24.3%「希望しない」の25.8%を下回っている。もっとも多いのは「現時点では未定」で47.3%に達している。
 内閣府政府広報室「『マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査』の概要」
 … アメリカで広がったなりすまし被害~毎年5兆円の損害~ … …

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」



 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
2月28日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: ばかやろ~の日  ☀  ☁  ⛄   誕生日の花  フリージア  花言葉  無邪気 潔白 2/28 ○ラジオで今日は何の日で、”ばかやろ~の日”だと、言っていました。昭和28年の今日、バカ野郎解散があった日です。時移り 現代は ハンカクサイ 総統をバカとも呼べず、バカのお友達が こいつに追随して、この国を支配している気配濃厚
 昼前のNHK番組 ”とっておきサンデー”の中で、籾井会長が”不祥事 再発防止”について語って いましたが ハイヤー券を私用に使った不祥事もあったというが 籾井会長も ゴルフに行く際の ハイヤー代金をNHKに就けで支払ったことで 国会で大騒ぎしたので なかったけ・・・・、視聴者は忘れていないぞ・・・ 馬鹿野郎
 土曜日の地元紙の囲み記事に ”17日付けで退任したNHK専務理事が 9日の経営委員会でのあいさつで、籾井会長が就任してからの日々を振り返り「この2年間は一体何だったのでしょうか、という思いが募っています」と述べたうえで,NHKの今後に憂慮を示していたことが26日分かった。経営委員会の議事録が公開された。
 議事録によると「会長の就任以来、相次ぐ問題への対応に追われ続け、その場その場の対症療法的な対応を迫られた。その結果経営として目指す方向をなかなか打ち出せなかった」と指摘。
 「こうした状況だが、NHKは現場の力で何とか役割を果たしてきたと思う。しかし、そろそろ限界に近づいているのではないか。」と述べ、経営委に「公共放送の原点に立って、これからのNHKのあるべき姿と体制を是非考えていただきたい」と要望している。
 馬鹿野郎と叫んで終わり
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条” 天木氏を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog2/27: 「一億総活躍」?看板に偽り・上滑り、 少子化や人口減少の危機、無策隠蔽 権力者に、厳正な裁きを!
 
九条の会が緊急アピール文 安倍首相の改憲発言に抗議 朝日新聞 2/8 ○安倍晋三首相が9条を含む憲法の改正について積極的に発言していることに対し、護憲派の文化人らでつくる「九条の会」は8日、東京都内の参院議員会館で記者会見し、安倍首相の発言に抗議する緊急アピール文を発表した。
 九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文 ◇ 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。
九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

「九条の会」メールマガジン (第227号): ☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2016年2月10日 第227号 ☆☆☆
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━┓┃
★┃九┣┫条┣┫の┣┫会┣┫ メールマガジン ┃★┃ 第226号 ┃★
┃┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━┛┃
┃ ★2016年2月10日発行★   「九条の会」mag@9jounokai.jp ★ ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃ ★憲法9条、未来をひらく★転送/登録歓迎 http://www.9-jo.jp/ ★ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
<等幅フォント(MSゴシック・MS明朝など)でご覧下さい>
(「表示」メニュー → 文字サイズ →「等幅」にチェック)
┌────────────┐
│ 第227号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会が緊急記者会見~安倍首相の九条明文改憲発言に抗議する
◇2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に取り組みましょう
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇富士見町九条の会(東京都東村山市)
◇私学九条の会・東京(東京都)

■活動報告
◇小森陽一講演会成功~日高九条の会(埼玉県日高市)
◇「九条の会ニュース」ご覧になっていますか

■編集後記~尼崎市でも署名目標、人口の20%に挑戦
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会が緊急記者会見~安倍首相の九条明文改憲発言に抗議する
 <詳細はこちらをクリックしてください>
● 2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に取り組みましょう
 <詳細はこちらをクリックしてください>
● 集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
 <詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。 (編集部)

● 富士見町九条の会(東京都東村山市)
<2月例会>
18歳選挙権により「文科省が出した高校生の政治活動抑制の通知」
日時:2月20日(土)午後1時~
※いつもと異なり土曜日の開催です。ご注意ください。
 <詳細はこちらをクリックしてください>

● 私学九条の会・東京(東京都)
結成10周年記念集会・戦争法廃止、立憲主義の回復へ
日時:2月25日(木)18:30~20:40
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざまな取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみようか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入れる場合があります。お待ちします。

● 小森陽一講演会成功~日高九条の会(埼玉県日高市)
 http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS160210.htm#f

● 「九条の会ニュース」ご覧になっていますか
 <詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

● 尼崎市でも署名目標、人口の20%に挑戦
  <詳細はこちらをクリックしてください>


NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 2016年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) 1/1 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 今年は憲法の積極的理念にもとづく日本社会にしていく正念場の年になります。
 それは、第一に、テロ問題をめぐる状況の変化によります。過激派組織IS=イスラム国などによるテロが世界中に広がっています。その憎むべき卑劣な行為は断じて許されず、その根絶は日本においても重要課題です。その際、私たちはイスラムの人たちなどに排外的に対応するのではなく、様々な文化や宗教とともに共生していくことが肝心です。そして、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という日本国憲法前文の精神にもとづき、日本政府の外交にもこうした立場での対応を求めていかねばなりません。いま、いろいろな考えを持つ人びとが監視・排除・抑圧される動きも懸念され、警戒が必要になっています。
 第二に、日本社会における貧困と格差の深刻化です。安倍政権の経済政策=アベノミクスはほとんど成功していません。安倍政権は財政再建に背を向けて選挙対策のためのバラマキをしても、また企業への減税はしても国民の生活改善には不熱心で、消費税増税には邁進しています。子育て、介護、医療、年金等の社会保障の充実は遅々として進んでいません。
 今年は、TPP参加による国民生活や産業への悪影響、原発再稼動問題なども含め、こうした国民の生活と健康・命に関わる問題に対して、いまこそ生存権をはじめとする憲法の規定と精神に基づく政治を求めていかなければなりません。
 第三に、日本の安全保障政策をめぐる状況です。昨年安倍政権は安保関連法案を強行可決・成立させ、集団的自衛権を行使できるようにし、また自衛隊の海外での活動の分野や方法を広げました。今後日本が再び海外で戦争をする国になっていこうとしています。こうした状況の中で、いま安保関連法の廃止を求める国民の声と運動が広がっています。辺野古への新基地建設に反対する沖縄のたたかいもいよいよ正念場を迎えています。
 今年の参議院選挙はその剣が峰になります。安倍政権は衆参ダブル選挙にするのではないかとの報道もあります。選挙の結果次第では憲法の明文「改正」への動きが急展開することも予想されます。

 法学館憲法研究所はこうした情勢の中で、今年、自由や民主主義、平和などの憲法の考え方の研究と、その成果を社会に広げる活動を発展させる所存です。 ・・・

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー
◆日本の民主主義と地方自治のあり方の本質を問う
平良暁志さん(沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議 事務局統括) (2015年12月21日)
◆今こそ子どもたちの権利確立の闘いを
児玉勇二さん(弁護士) (2015年12月14日)
◆「LGBT」、「同性婚」はすべての人にかかわる大切な人権の問題
上杉崇子さん(弁護士) (2015年12月7日)

◆公民館・公共・表現の自由とは、市民が主役とは
武内暁さん(「九条俳句」市民応援団代表) (2015年11月30日)

◆日本はシリア難民にどう向き合うのか
石川えりさん(認定NPO法人 難民支援協会 代表理事) (2015年11月23日)
◆日本を戦前にしないために
那須正幹さん(児童文学作家) (2015年11月16日)
◆「不断の努力」を考える
大西連さん(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長、新宿ごはんプラス共同代表) (2015年11月9日)


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

[東電と炉心溶融] 情報隠しではないのか 【南日本新聞】2016.02.28 ○東京電力は福島第1原発事故で起こった「炉心溶融(メルトダウン)」をめぐり、前段階の「炉心損傷」と説明し続けたのは誤りだったと発表した。
 当時、炉心溶融の判断基準を記した社内マニュアルを作成していたのに、見過ごしていたことも明らかにした。
 事故から5年たった今になって、なぜこうした重要なことが分かったのか。当時の状況を踏まえると東電の説明はにわかに信じがたい。真相解明に向け、徹底的な調査が必要だ。
 炉心溶融は原子炉の温度が上がりすぎ、燃料棒が溶けて破損する原発最悪の事故だ。炉心損傷とは深刻さの度合いが全く違う。
 炉心溶融の可能性は、2011年3月の事故発生直後から専門家らが繰り返し指摘していたが、当時の東電は「溶融を判断する根拠がない」としていた。
 その結果、国や関係自治体への説明は炉心損傷で押し通し、事態の過小評価が続いた。
 東電が炉心溶融をようやく認めたのは事故から2カ月後だ。
原発事故強制起訴 安全軽視の企業体質が問われる 【愛媛新聞】2016.02.28 ○東京電力福島第1原発事故からもうすぐ5年。未曽有の原子力災害は、刑事裁判という新たな局面を迎える。
 検察審査会の議決により強制起訴が決まっていた東電の勝俣恒久元会長ら元幹部3人が、あす業務上過失致死傷罪で在宅起訴される。原因解明と責任の所在の明確化、再発防止につながる審理を強く求めたい。
 最大の争点は、甚大な被害をもたらした津波を予見できたかどうかだ。検審は、原発事業者は「万が一」に備えた高度な注意義務を負うと断じた上で、東電が2008年に最大15.7メートルの津波を試算していた点を重くみた。「元会長らは試算結果の報告を受けていた」とし、予見可能性はあったと結論付けた。
 さらに09年9月ごろ、原子力安全・保安院(当時)の審査官が、低い地盤にあった冷却用ポンプの移設など具体的な津波対策を検討するよう求めたのに対し、東電の担当者が拒否していたことも明らかになっている。事故は「想定外」ではなかったと言わざるを得ない。
 試算を基にした安全対策を取らなかったのは元会長らの指示か、情報は社内で共有されていたのか―など、明らかにすべきことは山ほどある。検審は「安全より経済合理性を優先させ、効果的な対策を講じなかった」と批判した。関係者の証言を詳細に洗い出し、東電の安全意識と事故との関係を徹底的に検証しなければなるまい。
 鍵になり得る資料がある。政府の事故調査・検証委員会が、772人の関係者から聴取した調書だ。旧経営陣を含め、多くが公開されていない。元会長らが法廷で自らの言葉で語ることはもちろんだが、調書の全面公開も政府に求めておく。
原発の自主避難 被害実態に応じた賠償を 【山陽新聞】2016.02.28 ○東京電力福島第1原発事故で自主避難している人たちの救済に追い風となる司法判断といえよう。
 原発事故の直後、福島県から京都市内に自主避難した元会社経営者と家族が、仕事を失った上、精神疾患を発症したなどとして東電に損害賠償を求めた訴訟の判決である。京都地裁は先日、約3千万円を支払うよう東電に命じた。自主避難者に対する東電の賠償責任が認められた判決は初めてとみられる。
 原告の40代男性は会社を経営していたが、2011年3月の原発事故を機に自主避難した。避難後に不眠症やうつ病になり、同年5月ごろ、就労不能状態になった。
 判決は、原発事故が不眠症などの主な原因になったと認定し、就労不能による損害についても原発事故との因果関係を認めた。「住み慣れた福島県から地縁のない土地への転居を余儀なくされ、安定した生活が失われた」として慰謝料の支払いも命じた。
 今回の判決で注目されるのは、認められた賠償額が、文部科学省の原子力損害賠償紛争解決センターの裁判外紛争解決手続き(ADR)によって示された約1100万円を大きく上回ったことだ。
 ADRは訴訟より簡易な手続きで、速やかな解決を促す仕組みだ。弁護士らが仲介委員となり、東電と被害者双方の意見を聞いて和解案を提示する。・・・  ★確か、ADRの相場は、客観的適正価格の5掛けとか、言われていたかと。早期賠償(支払い)を理由にして。裁判で、認定額が上回るのは、当然至極!?


TBS: 高浜原発4号機「臨界」、来月下旬に営業運転へ 2/27 ○26日に再稼働した福井県の関西電力高浜原発4号機が、27日午前6時に「臨界」に達しました。
 関西電力によりますと、高浜原発4号機は26日夕方におよそ4年7か月ぶりに再稼働され、午前6時に核分裂反応が安定して持続する臨界に達したということです。これまでのところ、順調に作業が進められていて今後、原子力規制委員会の最終検査を終えて、来月下旬には「営業運転」に移行する見通しです。
 東日本大震災後に施行された新規制基準で再稼働した原発としては4基目ですが、関電はすでに再稼働した3号機とあわせ、1か月でおよそ100億円の収支が改善するとして5月から電気料金を値下げする方針です。
プルサーマル発電「大飯原発も」 関電社長が強調、高浜再稼働会見で 【福井新聞】2016.02.27
「高浜とめろ」官邸前行動 【赤旗】2016.02.27 ○関西電力が高浜原発4号機の再稼働を強行した26日夜、首都圏反原発連合(反原連)は、首相官邸前抗議行動を行いました。新規制基準のもとで、4基目の再稼働です。東京電力福島第1原発事故が収束していないのに原発を推進する安倍晋三政権。参加者は「高浜とめろ」「原発やめろ」などの声を突きつけました。
 「再稼働のニュースを聞いて久しぶりに参加した」と話すのは神奈川県座間市からの参加者(64)です。「福島の現実を直視するなら、再稼働などありえません。安倍首相は原発に限らず全てのことがらでやり方が強引です。孫のために原発なくすため、できることは何でもやりたい」
 東京都練馬区の女性(66)は「地震も火山もある国で再稼働なんてばかげている。今も苦しんでいる福島の人たちを踏みつけるものです」。東京都あきる野市の男性(72)は「老朽化原発まで再稼働させようとしているが、もってのほか。再稼働なんて福島の人たちに失礼だ。エネルギー政策を転換するチャンスなのだから、廃炉にすべきだ」と語りました。
「津波到来 予見できた」 本人尋問終わる 原発避難訴訟で原告/群馬 【東京新聞】2016.02.27 ○東京電力福島第一原発事故による県内への避難者ら百三十七人が、国と東電に計約十五億円の損害賠償を求めている集団訴訟の口頭弁論が二十六日、前橋地裁(原道子裁判長)であった。本人尋問を予定していた原告一人が仕事と健康上の理由で出廷できず今後も難しいと判断され、昨年五月から始まった計四十一人の本人尋問が終了した。
 この日は原告側が入手した、二〇〇八年に東電が行った津波試算に関する準備書面などが提出された。原告側は、この試算で原子炉建屋が浸水するほどの津波が到来しうることを予見できたと主張した。ほかに、これまでの原告と被告の主張を踏まえ、裁判所から両者に対して詳しい説明を求める「求釈明」があった。
 閉廷後、原告弁護団は会見し、「事実関係の立証について、ヤマ場を越えたとは言えないが山頂に着きつつある」と、審理が佳境を迎えていると説明。今後は、被告側が証人申請した、地震や津波に詳しい東大の佐竹健治教授に対する書面尋問などが行われ、来年度中には判決が出るとの見通しを示した。
 また原告の一人で、震災後に福島県いわき市から前橋市へ夫と避難してきた丹治杉江さん(59)は、「国や東電は自主避難者に『地元の自治体が安全だと言っているのに帰らないのは本人の勝手』などと反論し、被災者の苦難をくみ取るどころか否定した。何事もなかったかのように、必要な賠償は済んだのだからという態度は避難者にとってはつらい」と訴えた。
 次回は六月二十四日に開かれる。 (川田篤志)
<検証福島の海>厳格検査も食卓遠く 【河北新報】2016.02.27 ◎震災5年へ(中)風評の壁     
 安全安心は膨大な検査作業の先にある。手間を惜しんではいられない。
 試験操業が行われた17日、いわき市の小名浜魚市場に、各浜の水揚げが集まってきた。マガレイ、マダラ、アンコウ。出荷に向けて漁協職員らが選別、計量に追われながら、魚種ごとに必要な数を小さなバケツへと入れる。放射性物質検査のサンプルだ。
 市場内の専用施設でミンチ状や切り身に処理し、9台の検査機にかける。結果が出るまで約30分。導入したばかりの新型機なら最短約3分で終わる。この過程をクリアしなければ、魚が出回ることはない。
 「どの船が、何時に、どこで捕ったかを特定した上で検査する。安全性の確認は福島の漁業再興の生命線だ」。いわき市漁協の担当者が口調を強めた。・・・
<炉心溶融誤判断>第三者委参加を要求 【河北新報】2016.02.27 ○東京電力福島第1原発1~3号機の炉心溶融(メルトダウン)をめぐり東電が誤った判断をしていた問題で、福島県は26日、原因調査のために東電が設置する第三者委員会への参加を求めた。
 樵隆男危機管理部長が東電福島復興本社の林孝之副本部長を県庁に呼び、「事故から5年もたって誤りを公表したことに県民は怒っている」と抗議。第三者委の会合を公開し、県がオブザーバーとして出席できるよう要求した。
 東電が1~3号機の炉心溶融を正式に公表したのは2011年5月。社内マニュアルに従えば、事故直後に判断できたにもかかわらず、今月24日に存在を発表するまで「マニュアルがなく、判断基準がなかった」と説明していた。
暮らし根こそぎ奪われ 本社で避難者ら招き座談会 【東京新聞】2016.02.27 ○5年前、福島県の無数の住民は何も知らされないまま、東京電力福島第一原発に普通の暮らしを根こそぎ奪われた。東京新聞は25日、東京都千代田区の本社に避難者ら7人を招き、事故で強いられた苦難や生活再建への状況などを聴いた。その時の模様をお伝えする。 (原発取材班)
 出席者は原発事故のことを何も知らされず、せいぜい数日のことと思い、着の身着のままで避難した。
 三月十一日の大地震後、大熊町の女性(57)はスピーカーから「原発は安全に停止しました」という声を聞き、「大変な地震だったけど、大丈夫だったんだろうな」と一安心。翌朝、「発電所がちょっと不安定な状態なので、念のため避難するという放送があった」というが、原発が危機的な状況にあることは知らされないまま避難となった。
 原発の北約八キロに住んでいた浪江町の三浦さんは十二日朝、「車で走っていると、防護マスクの人が道路に立っていた」のを見て異変を感じた。津波が再来する危険もあり、お金だけ持って避難。原発事故のことは、十四日朝にテレビを見て初めて知った。
 藤原さんはスピーカーの呼び掛けで、十二日に川内村方面に避難を始めたが、「電気や水道がだめだからちょっと避難してということだろう」と思っていた。同日夜、避難先でテレビを見て事故を知った。
 山内さんは十二日夕、避難先で「原発で何かあったらしい」といううわさを聞いたが、都内に住む兄から「おまえのいる所は原発事故で危ない」と電話で促され、都内へ車を走らせた。
 避難は各地で大混乱、大渋滞を起こした。
 藤原さん夫婦は、十人ぐらいで、指示された川内村の避難所に向かったが、満杯で入れなかった。北西に転進し川俣町に行ったが、避難所は大熊町民用で断られた。出席した大熊町の女性は「町民の私も、町が手配した避難所は満杯で入れなかった」と話した。
 困った藤原さんは南下し三カ所目の三春町で、ようやく受け入れてもらえた。「私たちで打ち切られてしまった。トイレがない避難所に入った人はかわいそうで、校庭に穴を掘って用を足していた」
 三浦さんは、夫と車で息子がいる新潟県長岡市に向かおうとしたが、カーナビの使い方に習熟しておらず何度も迷った。「雪の中で偶然、長岡ナンバーの車が通りかかり、追いかけた。だから着けた」。息子に会えたのは、事故から一週間後だった。
 兄が住む東京都葛飾区に避難した山内さんは「娘が四月から近くの中学校に世話になったが、親として新しいものをそろえてあげたい。よその人の名前が書いてある運動着を着せ、それが一番つらかった」と、声を詰まらせた。妻の敬子さんも「なんで逃げているか分からないまま、避難を繰り返し、人格が否定されたというか、家にも帰れず仕事もできない。いまだに毎日、悲しいんですよね」と心労は続いている。
 藤原さんは「被災一年目は、どこでも大変だねと言われるが、二年目は手のひらを返されてしまう。(避難住民が多い福島県)いわき市でも、いざこざになっている」と嘆いた。
     ◇
 「ずっと、どこに行くのか、どうやって生活していくのかって…」
 三浦さんは避難先を八カ所も転々としていたころのことを話しながら、思わず涙ぐんだ。
 一時帰宅した際、荒れた家や町を見て、もう戻れないと確信。茨城県つくば市に娘たちとローンで二世帯住宅を建て、ようやく落ち着き、友達もできた。「ああ、ここにいられるんだ。足を伸ばせるんだって」と話した。
 藤原さんも、妻の母親(89)が避難先のアパートで弱り、「自分の家で死にたい」と言い始めたのを機に二年前、いわき市内に家を建てた。夫は「ばあちゃんの気力が全然違う。私たちは子どもが独立し、(移住を)決断できたが、若い人は子どもがいるし大変」と話した。
 その言葉通り、苦悩を続ける一例が山内さんだ。楢葉町で二十年以上そば屋を営み、食器も地元の相馬焼にこだわった。その店は、原発事故で汚された。
 どこに住み、どこで再起するか。夫は「自分で建てた店は壊したくない。お母さん(妻)の前で言うと怒られるけど、福島で店をやりたい」と本心を明かした。しかし、避難指示が解除されても楢葉町にほとんど住民は戻っていない。「夜は真っ暗。夜は仕事にならない」ことも知っている。
 妻は、夫が苦しんでいることを理解しつつ、福島での再起に不安を覚えている。「いわきは土地代も上がり、以前と雰囲気が変わった。東京でもどこでもチャンスがあれば。店を始めるには、大きな資金が…」と複雑な心境を明かした。よさそうな物件の話を聞くと、二人で広く見て回っている。
 新潟県柏崎市で避難者を支援してきた増田さんは、政府の帰還推進方針に「帰れる状態ではない所に、帰れと言われている。原発事故後、現状に合う形に整えられたものがいくつあるでしょうか」と疑問視。元の住所と避難先の両方で住民登録ができるようにするなど、実態に合った施策を進めるべきだと主張した。
 今回、本紙は避難指示に基づかない自主避難者にも参加をお願いしたが、実現しなかった。
 取材してきた小林由比記者が「『人前に出るのは難しい。今生活している所で避難者だとあまり言っていない』と言われた。同じ被災者なのに、つらいとどこでも言えていなかったりする」と報告した。  ★3・11は、もう直ぐ、丸五年か―


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破???安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう


◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 「日本にとって沖縄とは何か」を読む ・ブログ連歌(834) ・ 民主平和党ホームページ 2/28 ○岩波新書の新刊「日本にとって沖縄とは何か」(新崎盛暉)を読みました。著者は元・沖縄大学の学長で、沖縄現代史の専門家だということです。辺野古の埋め立てが当面の大問題になっていますが、そもそも日本にとっての沖縄とは何であったのか、その全体像がつかめるのではないかと思いました。読んでみても、すっきりした解答が得られたわけではありませんが、沖縄が歴史的にも「疑いのない日本の一部分ではなかった」という事情は理解できました。それは同時に「本土の人間は、沖縄の土地とそこに住む人々を、同胞として心から愛しているか」という問いにつながるのです。
 太平洋戦争においては、日本は沖縄を戦場にすることで本土の延命をはかりました。戦後の占領下にあっては、沖縄を戦利品としてアメリカに差し出すことによって、早期の独立回復と冷戦下の安全保障を得ました。そこには沖縄の人々の意思は全く考慮されていません。戦後の祖国復帰運動においても、沖縄と本土の間には深い断層があり、それは沖縄返還が実現しても、少しも埋まりませんでした。
 「核抜き・本土並み」という掛け声にもかかわらず、1972年の沖縄の本土復帰を境にして、アメリカ軍基地の負担が本土からは目に見えて軽減される一方で、その75%が沖縄に集中して行ったという事実は、長いこと私にとっては理解不能の謎でした。その謎は明快には解けなかったのですが、アメリカにとっても日本政府にとっても、沖縄に基地を集中することが好都合であったのです。沖縄の施政権返還が、日本政府によって祝賀される一方で、沖縄にとっては屈辱と反対運動の対象になったのには、新たな「琉球処分」だという、それだけの理由があったのでした。
 今は日本にとっての沖縄問題は、辺野古の埋め立てを強行するか、それを止められるかの問題に集約されています。日米安保をますます強化して、日本の未来はアメリカとの運命共同体として進むしかないと決めているのなら、辺野古に最新鋭の基地を築いて半永久的に運用するというのが必然になります。普天間基地の危険性を除去するためというのは、もはや小さな言い訳の一つに過ぎなくなりました。
 本書の「あとがき」で、著者は前著から引用して次のように述べています。これが「日本にとって沖縄とは何か」の答えです。
 「日本はますます近隣アジア諸国から孤立し、これと対立を深めながら、超大国アメリカに寄り添い、沖縄を軍事的対立の最前線に置こうとしている。沖縄は、そして日本国民は、それを容認するのか、それとも拒否するのか。いま、そのことが問われている。」
孫崎享のつぶやき: 安倍首相は祖父岸信介を信奉という。だがどれだけ岸信介を知ってるか。岸信介の自由に対する考え方「国土も国民も守らなければならないでしょう。しかし、煎じ詰めれば、守るべきは人々の自由」 2/28
孫崎享のつぶやき: 東電元会長らに強制起訴…原発事故、業務上過失致死傷罪で。この動き歓迎したい。原発ではあまりに関係者の無責任体制が強すぎる。 2/27
植草一秀の『知られざる真実』: 安倍政治を許さない!318文京シビック集会挙行 2/28
IWJ: 2016/02/28 【大阪】第8回 2016年度リニア・市民ネット大阪の学習会 ―講師 川村晃生・リニア市民ネット山梨代表(動画)
IWJ: 2016/02/28 【沖縄】緊急シンポジウム「辺野古裁判で、問われていること」(動画)
IWJ: 2016/02/28 【愛知】SEALDs TOKAI 自由と民主主義を守るための名古屋デモ(動画)
阿修羅: 看過できない重大な”国会のコンプライアンス問題”(郷原信郎が斬る) 投稿者 赤かぶ  2/27





★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog1/10: ロンブー淳(原発問題)都合の悪い歴史こそ残そう 原発は「大丈夫じゃないな」と 都合の良い歴史は、騙し!?

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。

 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕


 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 


NNN: NHK籾井会長、自ら番組出演し不祥事謝罪 2/28 ○NHKの籾井会長は28日、子会社での2億円着服など3つの不祥事を受け、自ら番組に出演し謝罪した。
 籾井会長は28日午前、広報番組「とっておきサンデー」に出演し、子会社での2億円着服や男性アナウンサーの危険ドラッグ所持、製造など3つの不祥事について謝罪した。
 籾井会長「不祥事を防ぐ取り組みをこれまで行ってきたにもかかわらず、こうしたことが起きてしまったことは極めて残念です。私自身、悔しさでいっぱいです。その責任を深刻に受けとめています」
 籾井会長はまた、NHKが受信料で成り立つことの自覚を全職員に求めるとともに、「私が先頭に立ち、改革に不退転の決意で取り組んでいく」と述べた。
 籾井会長は2014年には自らの不適切発言について番組で謝罪している。1人の会長が2度も番組で謝罪するのは極めて異例。  ★自分のことは、棚に上げ!? 他人のことを悪し様に、いうか! NHK絡みで、公共放送を捻じ曲げ、謝罪すべき第一の人は、安倍氏と御前だ!? …安倍人事
あすへのとびら 何のための放送法か 国民主権を確かにする 【信濃毎日新聞】2016.02.28 ○高市早苗総務相の発言を糸口に、放送法について考えてみたい。8日の衆院予算委での答弁だ。
 「行政が何度要請しても全く改善しない放送局に何の対応もしないとは約束できない。将来にわたり(電波停止処分の)可能性が全くないとは言えない」
 安倍晋三政権に批判的とされるキャスターの番組降板が相次いでいる問題を野党議員が取り上げた。番組が政治的公平を欠くと政府が判断しただけで「電波停止が起こり得るのではないか」、との質問への答えである。
   <制定経緯を振り返る>
 放送法は4条で、番組編集の四つの基準の一つに「政治的に公平であること」を挙げている。電波法76条は、テレビ局が放送法に違反したときは電波の停止を命ずることができると定めている。
 条文の限りでは、総務相が言う通り、4条違反を理由にして電波を止めることができると読み取れないでもない。
 それは正しい解釈なのか。答えは「ノー」だ。
 放送法が制定された経緯を振り返る。成立したのは日本が占領下にあった1950年。電波行政の基本を定める電波法とセットだった。政府から離れた立場で電波行政をかじ取りする電波監理委員会の設置法と合わせ「電波三法」と呼ばれた。
 日本政府はこのとき、放送を戦前、戦中と同様に政府の管理下に置く仕組みを作ろうとした。だが連合国軍総司令部(GHQ)は放送の自由を保障するよう求める文書を政府に突きつけた。担当者の名前をとって「ファイスナー・メモ」と呼ばれる。このメモが放送法のベースになった。
 ファイスナー氏は占領が終わった後も日本にとどまり、2010年に宮城県の自宅で死去している。99歳だった。
 放送法は1条で法の目的に「放送の不偏不党、真実および自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」を掲げている。この規定は憲法21条「集会、結社および言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と響き合う。
 憲法が国民に対し表現の自由を保障する理由は何か。国民が自由にものを言えないようでは民主主義が成り立たないからだ。
 放送は国民主権を確かなものにするためにある。政府の道具ではない。4条の基準は放送の国民に対する約束、自らを律する倫理規範と考えるべきだ。4条違反を理由に政府が放送局を処分するのは法の趣旨を逸脱する。
 以上は憲法やメディア法研究者の常識になっている。そう考えないと憲法と整合性がとれない。政府もかつては国会答弁で、放送法違反による処分は難しいとの判断を示していた。
 政府は1960年代から放送への介入姿勢を強めてきた。社会派ドラマやドキュメンタリーが番組表から消えていった。68年には北爆下の北ベトナムに入ってリポートしたTBSのキャスター、田(でん)英夫氏を降板させている。
 自民党は昨年4月、「やらせ」問題などでNHKと民放の幹部を党本部に呼び事情聴取した。「放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、または規律されることがない」と定めた放送法3条に照らし、問題の多い行為だった。
 放送に対しては多くの国で法的規制がある。根拠の一つには、放送メディアの影響力の大きいことが挙げられる。
 ラジオが普及し始めた1930年代にジャーナリストの長谷川如是閑(にょぜかん)が書いている。「ラジオは意識の統一の道具としては、印刷物の到底もち得ざる有利の条件をもっている」。支配階級はラジオを通じ「その統制をほしいままにすることを得る」。
 ナチスはラジオの力を最大限に使って政権を握ったのだった。
 世界には放送が権力者の道具になっている国が多い。戦前、戦中の日本がそうだった。歴史の反省を踏まえ、電波を国民のものにしておくために放送法は定められた。そう考えるべきだ。
   <第三者機関をつくれ>
 政府、自民党による介入の根っこには放送に関する権限を政府が握っている事実がある。政府が放送を監督下に置く国は先進国では少ない。国立国会図書館の07年の調査リポートも、主要国では「放送の規制監督は政府から一定の独立性をもった組織が担うのが一般的」と書いている。
 政府が電波停止の可能性を持ちだして放送局を脅すようでは、放送の自律は難しい。放送を政治から切り離すために、日本の独立回復とともに廃止された電波監理委員会を時代に合った新しい形で復活させることを考えよう。

退社8分後出勤 なぜ規制ない: “退社8分後に出勤”で考える過労社会の処方箋「インターバル休息」制度 2/28 ○…次の出社まで一定の「間隔」を確保
  退社から出社までの間隔が8分という男性社員は異常なケースでしょうが、終電ギリギリまで働きながら翌朝にはいつも通り出勤しているサラリーマンは少なくないと思います。
 本来、日本の法律では、1日8時間・週40時間を超える労働、つまり残業を認めていません。しかし、実際には当たり前のように残業が行われています。それは、経営者側と労働者側との間で合意さえすれば、1日8時間を超えて残業させることができるという例外ルールがあるからです。「36(さぶろく)協定」と呼ばれるものです。
 例外であるはずの残業が常態化してしまっているのです。残業を織り込んだ働き方を当然のように受け入れ、違法なサービス残業でさえまかり通っているのが、日本の職場の実情です。
  労働時間への規制が脆弱な日本に対し、EUの加盟国には強い規制が働いています。
 「残業も含めて週48時間まで」という絶対的な労働時間の上限規制に加え、一日単位でも規制をかけています。退社してから次に出社するまで、11時間以上空けることを企業に義務付けるもので、「インターバル休息制度」または「勤務間インターバル制度」と呼ばれています。
 睡眠などの休息時間を確保することで、疲労がたまるのを防ぐ狙いがあります。例えば、11時間のインターバル規制を導入した場合、午前1時まで働いていたとすれば、定時の出勤時間が午前9時であっても正午以降に出社を遅らせなければなりません。

【動画】北日本中心に大荒れ 北海道は冬の嵐に(28日19時更新) ウェザーマップ ○29日(月)にかけては急速に発達する低気圧の影響で広い範囲で荒れた天気になるおそれがあります。強風や高波、また北海道を中心に猛吹雪や大雪に注意・警戒が必要です。
 29日(月)にかけては、低気圧が急速に発達しながら北日本付近に接近する見込みです。このため、全国的に風が強まり、北日本を中心に立っていられなくらいの風が吹き荒れるおそれがあります。北海道を中心に雪も伴い、冬の嵐となる所もありそうです。大雪や猛吹雪にも警戒が必要です。
 また、広い範囲で大気の状態が不安定で、落雷や突風、急な強い雨や雪にもご注意ください。関東も昼前後を中心にザッと強い雨が降る所がありそうです。
 その雨を境に冷たい空気が流れ込み、全国的に夜にかけては急に気温が下がっていくでしょう。夜の寒さを考えて服装を選ぶようになさってください。 (気象予報士・佐々木聡美)
ANN: 懐かしさと寂しさが…元組長・安藤昇さん最後の別れ 2/28 ○28日午後1時、東京・青山葬儀所で執り行われた俳優・安藤昇さん(89)のお別れ会。弔問には、かつて安藤さんと共演した北島三郎さんや岩城滉一さん、梅宮辰夫さんなども訪れました。

ANN: 神戸山口組系組長宅に複数の銃弾 埼玉・八潮市 2/28 ○埼玉県八潮市で、神戸山口組系組長の自宅に銃弾が撃ち込まれました。警察は40人態勢の特別捜査班を設置しました。
 27日午後9時半ごろ、八潮市西袋で「民家周辺で発砲音がした」と男性から匿名で通報がありました。警察官が駆け付けたところ、暴力団神戸山口組三次団体の組長の自宅の壁に銃弾が撃ち込まれた痕が複数あったということです。けが人はいませんでした。警察は28日朝から銃弾が撃ち込まれた痕を詳しく調べるなど現場検証を行っています。警察は現場周辺の防犯カメラの映像などから、27日午後8時46分ごろに何者かが組長の自宅を狙って拳銃を発砲したとみて、40人態勢の特別捜査班を設置して捜査しています。
TBS: 硫黄山に火口周辺警報、火口から1キロ立ち入り禁止に 2/28 ○鹿児島県と宮崎県の境にある霧島連山の硫黄山について気象台は28日、噴火警戒レベル2に相当する火口周辺警報を発表しました。
 硫黄山周辺では、28日午後3時までに火山性地震が50回観測されています。
  気象台は、硫黄山周辺では、地下のマグマの動きを示すとされる火山性微動が今年5回観測されるなど、火山活動が高まっており、今後、状況によっては小規模な噴火が発生する可能性があるとして、28日、噴火警戒レベル2に相当する火口周辺警報を発表しました。
 これを受け、宮崎県えびの市は、火口からおおむね1キロの範囲を立ち入り禁止にし、県道1号のおよそ5キロの区間が通行止めとなりました。

TBS: 福岡 女子予備校生殺害、現場にナイフ2本とおの 2/28 ○…警察によりますと、北川さんと同じ予備校に通う少年(19)が近くの交番に出頭し、「自分が刺した」と話していますが、両手に大けがをしていて、病院で治療を受けています。また、現場には凶器とみられるナイフ2本と、小型のおの1本が落ちていたことがわかりました。警察は、少年の回復を待ち、容疑が固まり次第、殺人の疑いで逮捕する方針です。
 北川さんは去年、熊本県の高校を卒業した後、福岡市の予備校に通い国立大学への入学を目指していました。  ★妄想し過ぎ!?
ANN: 「顔色変わっていた」長女 41歳女性“変死”絞殺か 2/28
TBS: マンションで男性刺され死亡、作業着姿の男走り去る 2/28

NNN: 白人至上主義KKKと抗議グループが乱闘 2/28 ○アメリカ・カリフォルニア州で27日、白人至上主義を掲げる団体「クー・クラックス・クラン」と、その活動に抗議する人たちとの間で乱闘になり、少なくとも3人がケガをして、13人が逮捕された。
 地元警察によると、カリフォルニア州アナハイムで27日、白人至上主義の団体「クー・クラックス・クラン」、通称「KKK」のメンバーが移民に反対する集会を開くため車を降りたところ、抗議する人たちと乱闘になった。
 この乱闘で、抗議していた人が「KKK」のメンバーに胸を刺されて重傷を負うなど、少なくとも3人が重軽傷を負った。また、双方のグループの13人が逮捕された。
 AP通信によると、「KKK」の活動は一時減少傾向にあったものの、警察官による黒人への暴力について大々的に報じられたことなどの影響を受けて、昨年、再び増加したという。
ANN: スーパーチューズデー間近…弾みつけたクリントン氏 2/28 ○民主党・クリントン氏:「我々は国境に壁を作るかわりに、アメリカを再び一つにしなければならない」
 民主党のサウスカロナイナ州の予備選挙で、クリントン氏は初めてサンダース氏に大差をつけて勝利。投票した人の6割が黒人層でした。10州以上で予備選挙が行われる来月1日のスーパーチューズデーも黒人が多い南部の州が中心で、クリントン氏が弾みをつけた形です。一方の共和党では。
 共和党・トランプ氏:「どうにもならない有り様だ。国境なんてチーズみたい(に穴だらけ)で誰でも入れてしまう。アメリカを再び偉大な国にして、また勝てるようにするんだ」
 指名争いで3連勝し、勢いに乗るトランプ氏。こちらもスーパーチューズデーの多くの選挙区の世論調査でリードしています。

イラン国会、穏健派が躍進 首都で圧勝、強硬派低迷 東京新聞 2/28 ○【テヘラン共同】イラン国会選挙(定数290)は内務省による28日までの開票中間集計で、ロウハニ政権を支持する穏健派と改革派の連合が躍進、全国で保守強硬派を上回る議席を獲得した。首都テヘラン選挙区(定数30)では、約260万票を開票した時点で上位30人のすべてを穏健、改革派が独占し、圧勝の勢いだ。
 ロウハニ大統領が進めた米欧などとの核合意が国民の強い支持を得た形で、対話外交や国内改革に後押しとなる。日本を含む国際社会との経済関係拡大にも追い風となりそうだ。
 投票率は不明だが、テヘラン選挙区の有権者は約650万人。

炉心溶融過小評価 東電の「闇」を徹底解明せよ 【琉球新報】2016.02.28 ○東京電力は2011年3月に発生した福島第1原発事故当初の原子炉の状況をめぐり、極めて深刻な事態の「炉心溶融(メルトダウン)」ではなく、前段階の「炉心損傷」と説明し続けたことが誤りだったと発表した。
 当時の社内マニュアルに炉心溶融の判断基準が明記されていたにもかかわらず、事故後に全面改定され、かつて基準が存在したことを5年間も見過ごしていた。
 自分たちで作ったマニュアルなのに、5年も気付かない。しかも柏崎刈羽原発を抱え、事故対応を検証している新潟県の技術委員会の求めで調査を始め、判明したという。あまりにお粗末だ。
 原発周辺住民、国民にとって重要な事象が過小評価に基づき説明されていたことは極めて遺憾で、重大情報の隠蔽(いんぺい)にほかならない。
 炉心溶融か否かの判定は、事故対策や避難対策にも関わる重要なものだ。情報が正確でなかったことで住民の避難判断、事故対策などに支障を来した可能性もある。・・・
フクシマで考える(下) 私たちはどこへ向かう 【東京新聞】2016.02.28

桜宮高判決 指導名目の暴力を絶て 【毎日新聞】2016.02.28 ○大阪市立桜宮(さくらのみや)高の男子生徒がバスケットボール部の元顧問教諭の日常的な暴行と暴言によって精神的に追い詰められた末に自殺するという痛ましい事件から3年が過ぎた。
 再発防止に向けて遺族が学校管理者の大阪市に損害賠償を求めた裁判で東京地裁は体罰と自殺の因果関係を認め、約7500万円を支払うよう命じる判決を言い渡した。
 わずか17歳で自ら命を絶たざるを得なかった男子生徒と遺族のことを思うと胸が痛む。市は判決を受け止め、同じような犠牲者を出さないためにも部活動をはじめ学校現場から暴力を根絶しなければならない。
 判決は元顧問の行為を「教育上の指導として法的に許容される範囲を著しく逸脱した暴力的な虐待行為」であり、「たたかれてやるのは動物と一緒」などと罵倒したことは「生徒の人格の尊厳を傷つける侮辱的な暴言」と指摘 ・・・


ハンセン病療養所で裁判 法廷の「隔離」違憲性が焦点 過去の判断、最高裁自ら検証 [熊本県] 西日本新聞 2/28 ○ハンセン病療養所などで行われた「特別法廷」について、最高裁の検証作業が大詰めを迎えた。国の誤った政策によって社会から隔離された療養所で裁判をしたことは、憲法の裁判の公開原則に反し、審理をゆがめたと指摘されている。特別法廷を許可した「法の番人」は、過去の判断をどう省みるのか。最高裁の有識者委員会は29日、熊本県合志市の菊池恵楓園で入所者から聞き取りをする。
 最高裁によると、ハンセン病を理由にした特別法廷は1948年から72年までに95件、主に国立ハンセン病療養所内で開かれた。このうち35件(50~67年)は菊池恵楓園と隣接する菊池医療刑務支所だった。
 ☆最高裁判所長官 - Wikipedia  ★田中耕太郎氏、1950年(昭和25年)3月3日~1960年(昭和35年)10月24日 10年に亘り最高裁判所長官在任。

 ■差別的対応
 当時、国は住民の往来がほとんどない療養所に患者を隔離していたため、特別法廷は事実上の非公開だった。被告の患者に対して差別的な対応もあった。
 最高裁は元患者らの要請を受けて2014年5月、検証に着手。総務局長をトップとする調査委員会を設け、特別法廷の実態を調べている。ただし「裁判官の独立」を尊重し、個別裁判の審理や判決には触れない。
 焦点は特別法廷の違憲性に踏み込むかどうかだ。
 裁判所法は、最高裁が必要と認めた場合は裁判所以外でも法廷を開けると規定する。要件について最高裁の中村慎総務局長は、14年11月の衆院法務委員会で「風水害、火災などのため庁舎内で法廷が開けなかった場合」と説明。「極めて例外的」と見解を示した。
 では、ハンセン病療養所で開廷する必要性はあったのか。元患者らは検証を求めた要請書で「必要と認めた判断理由は何ら明らかにされていない」「誤った隔離政策、偏見に基づき無原則に一律に(開廷を)判断した」と指摘。特別法廷は違憲だと訴える。
 治療薬が普及し、世界保健機関(WHO)が日本政府に外来治療を勧告した1960年以降も、療養所で27件の特別法廷があったことにも厳しい視線を向ける。
 ■「時間の壁」
 最高裁の調査委員会は裁判所や関係省庁、療養所に残る資料を分析し、療養所の元園長や入所者、弁護士らから聞き取りを重ねた。
 さらに「身内の調査だけでは不十分」として、昨年9月に有識者5人による外部委員会を設けた。1月の会合では、委員が「特別法廷と憲法の公開原則の関係について考え方を示すべきだ」と求めた。
 だが「時間の壁」が立ちはだかる。ハンセン病療養所の最後の特別法廷から40年以上が経過し、裁判記録などは「多くが廃棄されている」と最高裁総務局。着手の遅さは否めない。
 ■「検証文化」
 ハンセン病患者に対する国の隔離政策は、2001年の熊本地裁判決で違憲と確定。政府や国会は誤りを認め、元患者に謝罪した。隔離政策を検証した厚生労働省の第三者機関は05年の報告書で、司法も「絶対的な隔離主義」と批判した。
 最高裁の内情を知る判事は「当時も今も、検証すべき課題は変わっていない」と対応の遅れを悔やむ。
 九州大の内田博文名誉教授(刑事法)は「遅きに失したと言わざるを得ないが、最高裁が自ら検証に取り組む意義は大きい」と強調。「再審無罪事件の防止、刑事手続きの改善に結び付けることが重要で、検証文化を定着させるのは日本司法の最大の課題。冤罪(えんざい)の検証も同じだ」と話す。
 最高裁は有識者委の議論を3月までに終え、調査報告書をまとめる。
   ◇    ◇
「公開には程遠かった」 菊池恵楓園の長州さん
 熊本県合志市の国立ハンセン病療養所菊池恵楓園では、元患者の男性が殺人罪などで死刑執行された「菊池事件」の特別法廷も開かれた。園内で暮らす長州(ちょうしゅう)次郎さん(88)は当時を知る数少ない一人。「裁判は事前に周知されず、公開には程遠かった」と振り返る。
 1951年秋、長州さんは自治会役員をしていた同じ部屋の入所者が「自治会事務所で裁判があるから仕事は休みだ」と話すのを偶然耳にした。
 礼拝所を改装した古い事務所の玄関に行くと、人の背丈よりも高い白と黒の幕で入り口が覆われていた。「園長に懲戒検束権があって、反論したら監禁室に入れられる。中までのぞく勇気はなかった」。後日、白い予防着をまとった人たちが事務所に入ったという目撃談を聞いた。
 翌52年は新しい自治会事務所が裁判に使われた。事務所は木にくくりつけた幕に囲まれ、目隠しされた。様子を見に来た入所者は数人。8畳ほどのタイプライター室と、そこから延びる廊下が法廷になっていたことが何となく分かった。
 同じ年、芝居や音楽の公演会場にしていた旧公会堂も法廷になった。入所者と職員の席は完全に区別され、裁判は来賓向けの2階席で行われていた。
 入り口の幕から思い切って中をのぞいた。15メートルほど離れた2階席に白い服の人たちが見えたが、話していたことは聞こえなかった。近くで裁判を見た入所者は「証拠品を火箸で扱っていた」と差別に憤っていた。長州さんの胸にも、重いものが残ったという。
 60年余りが過ぎ、裁判を覚えている人の多くが亡くなった。長州さんは「調査は遅きに失したが、今度こそ司法の責任を検証してほしい」と願う。  =2016/02/28付 西日本新聞朝刊=
ANN: 横浜マンション傾斜問題 全棟建て替え決まる 2/28


TBS: シリア戦闘沈静化のもよう、「停戦」維持できるか焦点に 2/28 ○アメリカとロシアが主導するシリアの停戦が27日始まりましたが、これまでのところ、大規模な戦闘は伝えられておらず、停戦はおおむね守られている模様です。
 シリアでは停戦が始まった27日午前0時以降、アサド政権軍と反体制派との小規模な衝突はあったものの、戦闘はおおむね鎮静化しているということです。およそ5年に渡るシリア内戦で、本格的な停戦が実現するのは初めてのことです。
 シリアでは内戦が本格化して以降、25万人以上が死亡し国民のおよそ半数が国内外での避難生活を強いられています。国連のデミストゥラ特使は、このまま停戦が続けば、一時中断している和平協議を来月7日に再開するとしています。しかし、アサド政権は停戦後もテロ組織に対する掃討作戦を続けるとしており、今後も停戦が維持できるかが、焦点となります。
TBS: アフガニスタン首都で政府庁舎狙った自爆テロ、12人死亡 2/28 ○アフガニスタンの首都カブールで政府庁舎を狙ったとみられる自爆テロがあり、少なくとも12人が死亡、8人が負傷しました。反政府武装勢力タリバンが犯行声明を出しています。
 ロイター通信によりますと、カブール中心部にある国防省の前で27日、爆発物を身につけた男が自爆し一般市民を含む少なくとも12人が死亡、8人が負傷しました。反政府武装勢力タリバンが犯行を認める声明を出しています。
 その数時間前には東部クナール州でもオートバイに乗った男が自爆するテロがあり、反タリバンの地元有力者ら少なくとも13人が死亡、40人が負傷しました。犯行声明は出ていませんが、クナール州はタリバンの活動が活発な地域だということです。
ANN: 上海G20閉幕 一層の対策求める共同声明を採択 2/28 ○上海で開かれていたG20(20カ国財務大臣・中央銀行総裁会議)は為替相場の急激な変動や世界経済が減速するリスクに対して、一層の対策を求める共同声明を採択して閉幕しました。
 麻生財務大臣:「為替レートの無秩序な動きは、経済及び金融の安定に悪影響を与え得る」
 麻生大臣は共同声明のこの部分を引用し、年明けからの急激な円高を牽制(けんせい)しました。しかし、これらの文言は3年前にもG20で盛り込まれたメッセージの再確認でした。また、為替について度々、緊急声明を出してきたG7の会議を開いたにもかかわらず、こちらでは声明を出しませんでした。暴れる株や為替市場を冷やす政策協調が打ち出されると前評判が高かっただけに、この内容で市場を落ち着かせることができるのか、週明けの東京市場で早速、その威力が試されます。  ★牽制? その裏に、中国依存!?


特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: