FC2 Blog Ranking
2016-03-10

3/10: 保育園落ちた 違和感??? 早急の対策は、保育士・介護士の10万円up、平均賃金を人並に!経済も底上げ!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十三期に入りました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2015年8月より第十三期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・取り調べ映像公開「申し訳ない気持ちある」  16時35分   ★??? 違うようだ。録画の中のつまみ食い、検察側が、取り上げているのみ。 つまみ食いは、真実から遠ざかるように思う。
 ・裁判で取り調べ“肉声”が、自白は…今市女児殺害  16時50分
 ・トランプ氏 大票田の州を制し“指名争い決着”に…  15時0分
 ・「自転車ナビマーク」歩行者との接触事故を減らそう  15時0分
 ・パーティーで配るため… 「RUSH」200本“密輸”  11時59分   ★どこのことか?
 ・エリザベス女王がEU離脱支持?報道に王室が異例対応  11時58分
 ・マケドニアが難民の入国停止、欧州への主要ルート閉じる  6時29分   ★シリア難民、行き場を失う! EU・トルコによる国境閉鎖…
 ・ポール・マッカートニーさんが追悼「もう1人の父親だった」  6時29分
 ・「ひげ禁止は違憲」 地下鉄運転士が大阪市を提訴  5時19分   ★未だ、提訴!? 維新の市長の御蔭か
 ・山口組抗争で緊急対策会議、茨城県警が警戒強化  5時19分
 ・大手3社のスマホ販売大幅減、「格安」は急増  5時19分   ★どんなかな?ライフライン、未だ進行形…

醍醐聰のブログ: 個人番号の利用事務等の停止を求める申し立て書を提出 11/11 ○マイナンバー、87%が「不安を感じる」
 各自治体から住民へのマイナンバー(個人番号)の通知するカードの送付が始まった。来年1月から運用が予定されている。
 しかし、内閣府が今年の7月23日から8月2日まで行った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査」(調査対象3,000人、有効回答数1,773人、調査員による個別面接聴取)によると、マイナンバー制度の「内容まで知っていた」と答えたのは今年1月の調査の時(28.3%)と比べて、43.5%まで増加しているが、それでも制度の周知はまだ半分以下である。
 では、周知度が上るのに応じて回答者の間でマイナンバー制度に関する理解・信頼度は高まったのか?
 これについて、内閣府の上記世論調査は、マイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して、最も不安に思うことは何かを1項目選択形式で尋ねている。この設問に対して、有効回答者の14.4%が「国により個人情報が一元的に管理され、監視・監督されるおそれがある」を選び、34.5%が「個人情報が漏えいすることにより、プライバシーが侵害されるおそれがある」、38.0%が「マイナンバーや個人情報の不正利用により、被害にあうおそれがある」をそれぞれ選んでいる。つまり、有効回答者の86.9%がマイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して不安を抱いていることになる。他方、不安に思うことは「特にない」を選んだのは9.1%にとどまっている。
 また、「あなたは、個人番号カードの取得を希望しますか」との設問については、「希望する」は24.3%「希望しない」の25.8%を下回っている。もっとも多いのは「現時点では未定」で47.3%に達している。
 内閣府政府広報室「『マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査』の概要」
 … アメリカで広がったなりすまし被害~毎年5兆円の損害~ … …

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」



 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
3月10日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 原子力は使用不可能な「科学」の残骸 3/9 (名無しの探偵) ○パンドラさんの「今週のコラム」、5年前の大地震、臨場感あふれる書き込みで、こちらにも生々しい体験の様子が伝わってきました。
  政府も東京電力も原発を放棄しない体制を再び固めているようですが、チェルノブイリとフクシマの原発事故を経験してもまだ懲りないようです。原子力自体がすでに廃棄すべき「科学」であることは証明済みですが、核保有国はそれを手放そうとはしません。
  自民党政権などは、憲法を改正して有事体制を確保したいようですが、核戦争自体が「自衛のための戦争」などではなく「戦争のための戦争」であることは明白です。なぜなら「自衛のための戦争」であるならば、地球自体を崩壊に導く「核兵器」を手段に使うことは自己矛盾であるから。
  安倍首相の祖父の岸信介元首相が、核兵器の開発に容易に転じることができる原子力発電を導入したことは、本人自身が明言している(当時)ことでした。
  原子力は使用不可能な「科学」の残骸なのだと思います。
イシャジャの呟き: 東京大空襲の日  ⛄  ☁  誕生日の花  シュンラン  花言葉  飾らない心 3/10 ○ラジオ深夜便のWebから 
 今日は東京大空襲があった日だと ラジオで言ってました。我が家にも 叔父さんたち 2所帯が疎開してきて、借家が見つかるまで 大所帯になったことを覚えている。コメはあったが 供出されるので 大所帯の食糧の確保が第一なので  役場に知られない隠し場所探しが
 大変だったようだ。税務署は ドブロク探しで酒役人と恐れられていた。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条” 天木氏を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
今日の「○」と「×」: 「○」 高浜原発に運転差し止めの仮処分!! 3/9 「○」 大津地裁、高浜原発運転差し止め仮処分 司法判断で初の停止へ ロイター 3/9 ○久々の更新となってしまったが、思いがけない良いニュースが入ってきた。
 福井地裁が運転停止の仮処分を取消して再稼働されていた高浜原発に対して、大津地裁が運転差し止めの仮処分を下した。
 原子力規制委員会の田中委員長自身が、基準に合格したからと言って安全を保証するわけではないと明言しているのだから、原発の再稼働は愚の骨頂、関電の儲けのためでしかない。
 裁判所には、これからも政権の意向を忖度することのない、勇気を持った判決を出してほしいと思う。
 今日のトピックス Blog3/9: 高浜原発運転停止決定 原発70キロ圏原告勝訴! 福島原発事故引合いに具体的な立証責任を課す


「護憲+」ブログ: 5年後の春に思う  3/7 (パンドラ) ○2011年3月11日から5年の月日が経ちました。
 あの日私はひとりで都心に出掛けていました。銀座でランチをして、のんびり昼下がりの銀座を歩き、三越で買い物でもしょうと一階の雑貨売り場を見て歩いていた時、グラリと足下が揺れました。
 誰かの「地震だ!」という声が聞こえ、途端にに辺りがざわつき始めました。普通はそれで終わる筈が足下からグラグラと再び大きな揺れが起こり「地震ですね!地震ですね!」と、私は恐怖と不安から意味もなく隣の見知らぬ人に声を掛けていました。
 今考えてみると、三越銀座店は新築で耐震性も充分なされていたから、あれほどの地震でも棚に飾ってあった小物一つ落ちていませんでした。でもあの時は冷静な判断など出来る筈もなく恐くて不安で、一刻も早く家に帰らなければと、そればかり考えていました。
 何処で地震が起きたのか、どの程度の規模なのか、古い携帯しか持っていなかった私は何の情報も得られず、まさかJRが全線不通になり、復旧の見込みも立っていないとは知るよしもありませんでした。

 グラグラ揺れる街中をやっとの思いでたどり着いた有楽町駅は「この駅は耐震性がないので、出来るだけ駅周辺から離れて下さい」という冷たいアナウンスが流れるだけで構内に入る事も出来ませんでした。
 そのまま東京駅に向かった私は、足下がグラグラ揺れる中を1人で歩いていると膝がガクガク震えて、「もう二度と1人で都心に出たりしません。どうか助けて下さい」と目に見えぬ何かにすがる思いで心の中は一杯でした。
 東京駅では、都バスだけは動いていて、都内でも私が住んでいる郊外の自宅により近い地域に、移動する事は出来ました。自宅にたどり着いたのは翌日の朝でしたが、暖かいファミレスで食事もとれて一夜を過ごす事が出来ました。

 あれから5年の月日が経ち、直後の恐怖は薄れたけれど、映画館、コンサート、劇場等には1人で足を運ぶ事は出来なくなりました。あんなに何処へでも1人で出掛ける事を楽しんでいた私が、人が集まる場所には中々1人で出掛ける事が出来なくなってしまいました。
 ただひたすら恐かった、よく知らない街でたった1人で足下からグラグラ揺れる恐怖と不安は、二度と思い出したくない記憶でした。
 震源地から何百キロも離れている土地で地震に遭遇した私でもそうなのだから、被災地の方々はどれ程恐くて不安で、そしてその思いを今も心に留めていらっしゃるのだろうかと思うと心が痛みます。

 更にあの日の原発事故により、故郷へ帰れぬ人達が何十万人もいて、仮設住宅で暮らす人達は7万人にも及ぶ…。帰りたくても帰れない人達。
 それなのに、東京に居て原発を推進したい人達は、あの地震を、原発事故をなかったものにしょうとしています。
 次は福島ではなく、貴方が、私が住む土地かも知れないのに、何も解決していないのに、どうして前に進む事など出来るでしょうか。
 本当は私は今でも恐いのです。私達の生活はグラグラ揺れる足下も覚束ない大地の上に立っているのではないかと思うと、恐くて胸騒ぎさえ覚える時もあります。その上、一度暴走したら人間の力では制御する事も出来ない原発を抱えているのです。

 一部の人達はこの原発を飼い慣らせると、自分達の利益の為に推進しようとしています。地震は災害です。人智が及ばない時もありますが、原発は人が作ったもの、想定外などあってはならないし、そんなものは作ってはいけなかったのです。
 人間には忘れなければ生きていけない事もあります。でも、決して忘れてはいけない人達が忘れるどころか「なかった事」にしようとしていて、多くの被災した人達には忘れる事など出来なくて、解決することなき放射能汚染のただ中にいるのです。
 だから私は原発を推進する事に反対します。これから何年かけても、どんなに小さな力でも声を上げて行こうと思います。同じような意識を持った仲間の人達と共に。


九条の会が緊急アピール文 安倍首相の改憲発言に抗議 朝日新聞 2/8 ○安倍晋三首相が9条を含む憲法の改正について積極的に発言していることに対し、護憲派の文化人らでつくる「九条の会」は8日、東京都内の参院議員会館で記者会見し、安倍首相の発言に抗議する緊急アピール文を発表した。
 九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文 ◇ 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。
九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2016年2月25日 第228号 ☆☆☆ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━┓┃
★┃九┣┫条┣┫の┣┫会┣┫ メールマガジン ┃★┃ 第228号 ┃★
┃┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━┛┃
┃ ★2016年2月25日発行★   「九条の会」mag@9jounokai.jp ★ ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃ ★憲法9条、未来をひらく★転送/登録歓迎 http://www.9-jo.jp/ ★ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
<等幅フォント(MSゴシック・MS明朝など)でご覧下さい>
(「表示」メニュー → 文字サイズ →「等幅」にチェック)
┌────────────┐
│ 第228号の主な内容 │
└────────────┘

■事務局からのお知らせ
◇2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に取り組みましょう
◇集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇栄区九条の会(神奈川家横浜市)、◇かながわく九条の会(神奈川県横浜 市)、◇花月九条の会(神奈川県横浜市)、◇9条の会・今治(愛媛県今治 市)、◇科学者九条の会・岡山(岡山県)、◇九条科学者の会、◇落合・中 井九条の会(東京都新宿区)、◇都立高校女性教職員九条の会(東京都)、 ◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

■編集後記~戦争法廃止と国政選挙における野党協力の合意を歓迎します

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

● 2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」に取り組みましょう
  <詳細はこちらをクリックしてください>
● 集団的自衛権行使容認反対のポスター、積極的にご活用下さい
  <詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。 (編集部)

● 栄区九条の会(神奈川家横浜市)
 学習会:中東問題と日本・世界~今日のシリア情勢と「イスラム国」を中心に日時:3月4日(金)14:00~16:00
  <詳細はこちらをクリックしてください>
 ● かながわく九条の会(神奈川県横浜市)
  戦争法廃止を求める2000万署名を成功させる神奈川区のつどい  日時:3月5日(土)14時?16時10分
  <詳細はこちらをクリックしてください> 
 ● 花月九条の会(神奈川県横浜市)
   第9回花月九条の会総会 日時:3月6日(日) 午後2時~4時
  <詳細はこちらをクリックしてください>
 ● 9条の会・今治(愛媛県今治市)
  第42回例会:講演会:憲法と「戦争法」 と き:3月13日(日)午後2時より
  <詳細はこちらをクリックしてください>
 ● 科学者九条の会・岡山(岡山県)
  創立10周年記念講演会  日時:3月15日(火)16:30~18:30
  <詳細はこちらをクリックしてください>
 ※以下、割愛


NPJ通信: 憲法9条と日本の安全を考える ○ここまで来た集団的自衛権憲法解釈見直しⅠ 1 なぜ憲法9条の政府解釈で集団的自衛権行使が禁止されたのか

今週の一言: 2016年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) 1/1 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 今年は憲法の積極的理念にもとづく日本社会にしていく正念場の年になります。
 それは、第一に、テロ問題をめぐる状況の変化によります。過激派組織IS=イスラム国などによるテロが世界中に広がっています。その憎むべき卑劣な行為は断じて許されず、その根絶は日本においても重要課題です。その際、私たちはイスラムの人たちなどに排外的に対応するのではなく、様々な文化や宗教とともに共生していくことが肝心です。そして、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という日本国憲法前文の精神にもとづき、日本政府の外交にもこうした立場での対応を求めていかねばなりません。いま、いろいろな考えを持つ人びとが監視・排除・抑圧される動きも懸念され、警戒が必要になっています。
 第二に、日本社会における貧困と格差の深刻化です。安倍政権の経済政策=アベノミクスはほとんど成功していません。安倍政権は財政再建に背を向けて選挙対策のためのバラマキをしても、また企業への減税はしても国民の生活改善には不熱心で、消費税増税には邁進しています。子育て、介護、医療、年金等の社会保障の充実は遅々として進んでいません。
 今年は、TPP参加による国民生活や産業への悪影響、原発再稼動問題なども含め、こうした国民の生活と健康・命に関わる問題に対して、いまこそ生存権をはじめとする憲法の規定と精神に基づく政治を求めていかなければなりません。
 第三に、日本の安全保障政策をめぐる状況です。昨年安倍政権は安保関連法案を強行可決・成立させ、集団的自衛権を行使できるようにし、また自衛隊の海外での活動の分野や方法を広げました。今後日本が再び海外で戦争をする国になっていこうとしています。こうした状況の中で、いま安保関連法の廃止を求める国民の声と運動が広がっています。辺野古への新基地建設に反対する沖縄のたたかいもいよいよ正念場を迎えています。
 今年の参議院選挙はその剣が峰になります。安倍政権は衆参ダブル選挙にするのではないかとの報道もあります。選挙の結果次第では憲法の明文「改正」への動きが急展開することも予想されます。

 法学館憲法研究所はこうした情勢の中で、今年、自由や民主主義、平和などの憲法の考え方の研究と、その成果を社会に広げる活動を発展させる所存です。 ・・・

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー
◆日本の民主主義と地方自治のあり方の本質を問う
平良暁志さん(沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議 事務局統括) (2015年12月21日)
◆今こそ子どもたちの権利確立の闘いを
児玉勇二さん(弁護士) (2015年12月14日)
◆「LGBT」、「同性婚」はすべての人にかかわる大切な人権の問題
上杉崇子さん(弁護士) (2015年12月7日)

◆公民館・公共・表現の自由とは、市民が主役とは
武内暁さん(「九条俳句」市民応援団代表) (2015年11月30日)

◆日本はシリア難民にどう向き合うのか
石川えりさん(認定NPO法人 難民支援協会 代表理事) (2015年11月23日)
◆日本を戦前にしないために
那須正幹さん(児童文学作家) (2015年11月16日)
◆「不断の努力」を考える
大西連さん(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長、新宿ごはんプラス共同代表) (2015年11月9日)


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

大震災、避難なお17万4千人 関連死3410人に 東京新聞 3/10 ○東日本大震災は11日、発生から5年の日を迎える。震災と東京電力福島第1原発事故による全国の避難者は、なお17万4千人に上る。午後には政府主催追悼式や全国各地の慰霊行事があり、千年に1度とも言われた大災害の犠牲者に、鎮魂の祈りがささげられる。
 津波被害の激しかった岩手、宮城、福島の3県によると、避難生活での体調悪化などで亡くなった震災関連死は、3月10日時点で3410人にまで増えた。死者、行方不明者を合わせた震災の犠牲者数は2万1865人となった。
 5年間の集中復興期間は3月で終わり、政府が「復興・創生期間」と呼ぶ、さらに5年間の新たな段階に入る。  ★今後は、手抜きするのか???政府

高浜原発停止命令 弁護団長「第2の事故防ぐ」 【東京新聞】2016.03.10 ○やってきたことが実を結んだ-。高浜原発3、4号機(福井県高浜町、出力八十七万キロワット)の運転差し止めを命じる大津地裁の決定を受け、住民側の井戸謙一弁護団長(61)は胸を張り、晴れやかな表情を見せた。かつて裁判官として法壇の中央に座り、史上初めて原発の運転差し止めを命じた時からほぼ十年。弁護士に転じ、法廷で座る席が変わっても「第二の事故は絶対に防ぐ」と原発に対する司法の役割を問い続けた。 
 二〇〇六年三月、金沢地裁の北陸電力志賀原発2号機訴訟。「原子炉を運転してはならない」。自ら発した声に法廷はどよめいていた。その後に原発の耐震指針は強化され「それなりに意味があった」と当時は思っていた判決だった。
 この時「想定を超える揺れで非常用電源が喪失し、炉心溶融が起きる可能性もある」とした判断が現実となったのは、五年後の東京電力福島第一原発事故。三十年以上勤めた裁判官の退官を間近に控えた時のことだった。
 退官後、ためらっていた反原発の活動へ背を押したのは、全国各地の講演で多く耳にした「司法に裏切られた」との声。福島県郡山市の子どもが学校ごと疎開する措置を求める弁護団に加わったのを皮切りに、今では全国の原発訴訟に携わる。…
原発事故訴訟 兵庫県内避難者が電事連に提訴予告 【神戸新聞】2016.03.10 ○東京電力福島第1原発事故の兵庫県内避難者が国や東電に損害賠償を求めている神戸地裁の訴訟で、原告団の代表が9日、電力会社でつくる電気事業連合会(電事連)に提訴予告通知書を送付した。国などの津波の予見可能性を立証できる文書の開示を電事連が拒否しているためで、態度を変えなければ、今年5月にも訴訟の妨害行為などとして提訴に踏み切るという。 原告団は訴訟で、電事連などが東日本大震災前、福島第1原発の津波に対する脆弱(ぜいじゃく)性を試算して作成した文書があると主張。同地裁は昨年8月ごろ、文書の提出を促す「文書送付嘱託」を採用したが、電事連は「内部利用が目的」などとして提出を拒んでいる。
 原告団は、文書の結論が大震災後の国会事故調査委員会で示されていると指摘。提訴予告通知と同時に、証拠集めができる「提訴前照会」も行い、文書の存在を確認した上で、電事連が地裁の送付嘱託に従う意思を示せば、提訴しないという。 ・・・  ★原発事業者としての責任感はないのか!? 自負心も?

原告「琵琶湖から脱原発」 高浜運転差し止め決定 【京都新聞】2016.03.10 ○稼働中の原発を司法が初めて止める。福島第1原発事故から5年。大津地裁は9日、高浜原発の運転を差し止める決定を出した。規定路線のような原発再稼働にくぎを刺す決定を京滋の住民らは「画期的」「多くの人の不安を受け止めた当然の決定」と歓迎した。一方、関電は想定外の即時停止を迫られ「承服しがたい」と厳しい表情を見せた。
 「琵琶湖を守りたいという県民の期待に応える画期的な決定だ」。住民と弁護団が大津市打出浜の市勤労福祉センターで開いた報告会で弁護団長の井戸謙一さん(61)は大津地裁の決定をこう評価。「立地県外の住民が訴訟を起こし原発を止めることが、裁判所で明確に認められたのは重要」と話した。
トラブル説明直後、関電幹部絶句 高浜原発差し止め決定 【京都新聞】2016.03.10 ○… …舞鶴市では、関電の岡田雅彦常務がトラブルの原因と対策を説明したが、多々見良三市長は「今の説明では不十分。専門性が高すぎる。(市から)市民に説明できない。(説明の)ごり押しでは、ますます信用できない」と突き放した。
 ■表情こわばらせ
 高浜原発4号機で2月に起きたトラブルの原因と再発防止策の説明のため、9日に京都府庁を訪れ、山田啓二知事との面談を終えた関西電力の森中郁雄・常務執行役員は、午後3時40分ごろ、運転差し止め決定の速報を報道陣から知らされ、表情をこわばらせた。決定に関するコメントを求められたが、「いま聞いたばかりで、全然私はまだ(内容を)分かっていない。申し訳ないが、会社からきちんとした回答をさせていただきたい」と、言葉を選びながら話した。
福島事故避難者「天に昇る思い」 高浜原発運転差し止め 【京都新聞】2016.03.10
 ○「40年間、原発の裁判を続けてきたが負けっ放しだった。初めて勝てて、天に昇る思い」。大津地裁は9日、高浜原発の運転を差し止める決定を出した。申し立て人の一人、青田勝彦さん(74)=大津市=は決定の一報に、妻の惠子さん(66)と喜びをあらわにした。青田さんは東京電力福島第1原発事故で福島県南相馬市から自主避難を続けている。「今日は妻の誕生日。幸運の女神なのかも知れない」と満面の笑みを浮かべた。
 元関西大教授の野口宏さん(75)=大津市=は「再稼働が危険だということを理解してもらえ、よかった」とほっとした表情を浮かべた。
 専門は情報学。研究で原発に関わることはなかったが、福島の事故で原発の危険性を痛感し「事故は繰り返してはならない」との思いを強めた。11年末に県内にできた脱原発団体をつなぐ組織を有志で立ち上げ、冊子の発行などに取り組んできた。「原発の隣県なのに原子力の専門家がいない。琵琶湖を守るには、滋賀の住民が学び、動かないといけない。今年は脱原発の節目になる」と語った。
 住職で元高校教員の對月慈照(たいげつじしょう)さん(62)=長浜市=は40年前に美浜原発(福井県美浜町)の見学会に参加。現地住民に「原発設置に必要な大量の水と強い地盤は都会にもある。立地地元がないがしろにされている気がする」と指摘され原発に疑問を抱いた。授業でも原発を取り上げ、4年前に教員を退職後は再稼働反対の意志を自らの行動で示そうと原告団に加わったという。「再稼働はおかしいという世論も後押ししたのだと思う」と笑顔を見せた。
「原発のない社会へ 2016びわこ集会」=13日、大津市膳所公園= 【滋賀報知新聞】2016.03.10
首都圏の汚染ごみ2.3万トン 基準下回る分、自治体負担の恐れ 【東京新聞】2016.03.10 ○東京電力福島第一原発事故で発生した放射性物質を含むごみ「指定廃棄物」の処分場建設は、事故から五年となる今もめどが立たない。その間に廃棄物の放射性物質濃度は低下し、一般ごみとして自治体が処理責任を負う恐れも出てきた。東北や関東など十二都県で保管中の指定廃棄物は計十七万トン。東京、神奈川、千葉、茨城、群馬、栃木の一都五県では計二万三千トン。
 指定廃棄物は放射性物質濃度が一キログラム当たり八〇〇〇ベクレルを超えるもので、自治体の申請に基づき環境省が指定し、国が処理責任を負う。国は宮城、福島、栃木、群馬、千葉の五県に処分場を一カ所ずつ設ける方針。栃木、千葉、宮城の各県では候補地選定をめぐり国との間で対立が起きている。
 環境省の今年一月の試算によると、千葉、茨城、栃木、群馬の各県の指定廃棄物計約二万二千トンの38%が八〇〇〇ベクレル以下になった。国は二月、基準以下になった廃棄物の指定を解除し、一般ごみとして処分できるルールを発表した。
 千葉県内で指定廃棄物を一時保管する市の担当者は「基準以下になったからといって、受け入れ先は簡単に見つからない」と話す。栃木県内の首長からは「国の責任逃れだ」という声も上がる。 (三輪喜人)

運転中の原発、隣県住民が止めた 地元町長は「翻弄」 【朝日新聞】2016.03.10 ○…「長年の苦労が実を結んだ。たくさんの人の願いが現実になりました」。高浜原発から30キロ圏外で暮らす住民らと喜びを分かち合ったあと、元裁判官で弁護団長の井戸謙一弁護士(61)は取材にこう語った。
 井戸弁護士は金沢地裁の裁判長だった2006年3月、北陸電力志賀(しか)原発2号機(石川県志賀町)について「想定を超えた地震動で事故が起こり、住民が被曝(ひばく)する具体的可能性がある」として、運転差し止めを命じる判決を言い渡した。
 だが、二審判決で覆り、10年に確定。退官直前の11年3月には福島で原発事故が発生した。「経験が生かせるはず」「原発を止められなければ、また同じことが起こる」。退官後は原発に反対する各地の住民らに寄り添い、脱原発の活動にも力を入れた。ところが、昨年4月に九州電力川内(せんだい)原発1、2号機の運転差し止めを求めた仮処分の申し立てを鹿児島地裁が却下。高浜原発3、4号機の再稼働を差し止めた福井地裁の仮処分決定(昨年4月)も昨年12月に同地裁の別の裁判長が取り消した。
 原発再稼働を司法が認める流れができつつある中、再びストップをかけた今回の決定。井戸弁護士は大津市で開いた記者会見で「画期的。全国の裁判所に与える影響は大きい」と評価したうえで、「原発立地県ではない滋賀県で原発を止めた。福島の事故の経験があったからこその決定だ」と語った。
 住民代表として会見に同席した辻義則さん(69)=滋賀県長浜市=は「政府はエネルギー政策を見直し、原発ゼロ政策にかじを切るべきだ」とする声明を読み上げ、「鳥肌が立つほど感動した。裁判所は勇気を持って県民の願いに応えてくれた」と喜んだ。



★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破???安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう


◎ ブログ・市民メディア
志村建世のブログ: 稼働している原発を裁判所が止めた ・ブログ連歌(435)(434) ・ 民主平和党ホームページ 3/10 ○滋賀県の大津地方裁判所が、福井県にある関西電力高浜原発の稼働を差し止める決定を出した。原発から70キロ圏内にいる住民からの訴えを受けて、安全性が確認されていないこと、事故の場合の避難対策が不十分であることなどを理由として、稼働差し止めの仮処分を決定したもので、稼働中の原発が裁判所の命令で運転を中止する初めての事例になるということだ。
 裁判所は、提出された証拠と裁判官の自由な心証のみによって判断を下すことになっている。行政側は国の安全審査に合格していることを理由に稼働を認可し、会社はそれに従って稼働を始めたわけだが、裁判所は関係する住民の権利が侵されていると判断する場合には、違う判断をすることができるのだ。これが司法の独立性で、日本は法治国家であることを思い出させてくれる。
 裁判官にはそれぞれ個性があるから、担当者が変れば下される判断も変ることがある。現に高浜原発では、地元の福井地裁が昨年の4月に運転差し止めの仮処分をしたところ、関電が異議申し立てをして、12月になって別な裁判官によって仮処分が取り消された経緯があったとのことだ。裁判官の判断も絶対に正しいとは言えないから、裁判には抗告、上告などの制度があって、最後は最高裁判所の判断で決めるまでの段階が決められている。複数の判断を重ねることで正確を期しているわけだ。
 ところが司法界には「平目裁判官」という言葉が知られていて、その心は「上ばかり見ている」だ。裁判官の人事には、最高裁事務局の判断が強く影響すると言われている。そこは司法官僚の頂点で、そこまで行くと時の政権・権力と無縁ではなくなってくる。日本の裁判が、国政がらみで上に行くほど体制順応の色彩を帯びてくるのは、今に始まったことではない。つい先日も、米軍の駐留を違憲とした砂川事件(伊達判決)の再審請求で、東京地裁は門前払い的に請求を棄却したばかりだ。
 しかし今回の原発稼働差し止めは、「原発はやめてくれ」という広範な世論をさらに勇気づけるだろう。裁判所にも良識のある裁判官がいないわけではない。裁判所の権限には、憲法に似たところがある。時々初心にかえって読み直すと、制定時の理想が見えてくるのだ。三権分立の意義を考えたら、裁判所が国民の幸せと無縁でいられるわけがない。
孫崎享のつぶやき: 米国、TPP批准は大統領選で反対の声浮上で批准できない。その中、国会での批准を急ぐ、日本の馬鹿さ加減 3/10




IWJ: 2015/04/19 「死せる魂」だった司法から微かに見えた「希望」 志賀原発を止めた元裁判官・井戸謙一弁護士に、高浜原発差し止め決定から司法の戦争責任まで岩上安身が聞く (2016年3月9日加筆) ○福井県にある関西電力高浜原発3、4号機をめぐり、隣接する滋賀県の住民ら29人が運転差し止めを求めた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は2016年3月9日、住民側の申し立てを認め、運転差し止めを決定した。
 3号機は1月末に再稼働したばかりだが、仮処分決定は直ちに効力を持つため、関電は一度運転を停止する。その後、異議申し立てと仮処分の執行停止の申し立てをする方針だ。稼働中の原発が仮処分決定で停止するのは全国初。住民側の弁護団・井戸謙一弁護士は、2015年4月にも福井地裁に対し、高浜原発3、4号機の安全対策は不十分だとして運転停止の仮処分を求め、これが認められていた。
 岩上安身は福井地裁の仮処分決定直後に井戸謙一弁護士にインタビュー。日本の原発政策や「原発✕戦争リスク」、また、井戸弁護士が原発関連の裁判に積極的に関わるようになった「理由」を聞いた。岩上安身による井戸謙一弁護士のインタビュー記事を、以下に再アップする。


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog1/10: ロンブー淳(原発問題)都合の悪い歴史こそ残そう 原発は「大丈夫じゃないな」と 都合の良い歴史は、騙し!?

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。

 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕


 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 


広島中3自殺 「先生聞いてくれぬ」親に亡くなった生徒 【東京新聞】2016.03.10 ○広島県府中町立府中緑ケ丘中三年の男子生徒=当時(15)=が誤った万引記録に基づいて進路指導を受けた後に自殺した問題で、指導用資料のデータ管理ミスや担任教諭による配慮を欠いた進路指導などが重なり、学校側が「学校としての責任がある」と結論付けていたことが十日、共同通信などに開示された調査報告書で明らかになった。
 報告書は約五十ページ。ことし二月二十九日付で坂元弘校長ら五人が取りまとめた。
 報告書によると、男子生徒が一年生の時にコンビニで万引をしたという、事実と異なる内容が記載された生徒指導会議用資料が進路指導に使われた。実際に万引したのは別の生徒だった。
 報告書は、誤認した理由として、教諭間の報告が口頭のみで行われたことと、誤りに気付いた後に元のデータを修正しなかったことの二点を挙げた。
 男子生徒の担任教諭が実施した進路指導については「落ち着いた場所で話を聞くなどの配慮に欠けていた」と指摘。十一~十二月に計五回行われた指導は、教室前の廊下での立ち話で、いずれも五分程度だったことが既に分かっている。
 亡くなった生徒は悩みを教職員に相談できず、「どうせ言っても先生は聞いてくれない」という思いを保護者に話していたという。
 同校は昨年十一月、高校入試のために校長が推薦を出す基準を厳しくし、一、二年時の非行歴も判断要素に加えていた。
 生徒の進路を話し合う会議の資料を準備した教諭は、誤った万引記録が含まれた資料について「正確に記載されているはずだ」と信じていた。  ★これまで中学校中心に、情報が出ていたが、どうも実際には違う面があるのではないか!? 面談を5回もして、しかも、廊下でいづれもしたなどとは、学校側の言い分(言い訳)に、疑義がある!?


きょう東京大空襲から71年 上野で1200人慰霊 【東京新聞】2016.03.10 ○「八十歳を過ぎたいまでも母が恋しい。あの戦争がなければ」。東京大空襲で両親を含む家族六人が犠牲になったエッセイスト海老名香葉子さん(82)は九日、自らが主催する台東区内の慰霊行事「時忘れじの集い」で、今年もつらい戦争の記憶を語った。 (松尾博史)
 十万人が犠牲になった東京大空襲から十日で七十一年になるのを前に開かれた慰霊行事は、今年で十二回目。遺族を含む千二百人余りが集まった。
 寛永寺現龍(げんりゅう)院の慰霊碑「哀(かな)しみの東京大空襲」の前で供養式が営まれたのに続き、上野公園内の母子像「時忘れじの塔」の前で始まった記念式典で海老名さんは、会場に降り注ぐ雨に触れ「(多くの参加者が集まったことに)空襲で亡くなった人たちが、涙を流して喜んでいると思う」と感謝を述べた。
 敗戦の混乱のなかで中国から引き揚げた漫画家、ちばてつやさん(77)も「最近は大人たちも戦争の悲惨さを忘れている」とあいさつ。海老名さんの次男で、戦意高揚のためにつくられた「国策落語」の再現に取り組んだ落語家の二代目林家三平さん(45)も「これからも、戦争の悲惨さやつらさを伝えていきたい」と決意を語った。
 式典では地元の台東初音幼稚園の園児と、根岸小学校の五年生が合唱を披露。忍岡中学校の生徒は、海老名さんが戦争体験をつづった著作の一部を朗読した。
 会場を訪れた千葉県習志野市の大学二年、野口あかりさんは「戦争のことは教科書などでしか知る機会がありませんでしたが、海老名さんのお話から、つらい経験が伝わってきました」と話した。
東京大空襲71年 台東の学生、体験者の証言まとめ 【東京新聞】2016.03.10 ○首都が焼け野原となった東京大空襲から十日で七十一年。東京都台東区に住む学生たちが、地元のお年寄りにインタビューし、その証言を一冊の本にまとめた。戦争体験者の高齢化が進む中、若者たちは記憶を受け継ぎ「戦争を繰り返さないためには、一人一人が冷静に考える力を持つことが大事では」と平和への思いを新たにしている。 (松尾博史)
 明治学院大四年の相沢沙希(さき)さん(22)は、JR上野駅近くで生まれ育った柿沼由夫さん(84)にインタビューした。
 柿沼さんは杉並区の荻窪付近で家族と暮らし、現在の墨田区内の中学校に通っていた。大空襲の後、学校に行くと授業は休みだった。三日間ほど、隅田川に浮かんだ遺体や焼死体を戸板に乗せて、浅草近くの東本願寺に運ぶのを手伝った。
 その後、栃木県内での疎開生活を経て終戦を迎える。生徒を日常的に殴り「みんな兵隊さんになるんだよ」「先のことを考えたって駄目。二十歳になる前に死んじゃうんだから」と言っていた教員らの態度が、戦争が終わった途端に一変したのがショックだったという。
 柿沼さんの話に、相沢さんは「もし自分がその時代に生まれていたら、怖くて仕方がなく、耐えられなかっただろう」と言う。この春から小学校の教諭になる。「善悪を判断し『駄目なことは駄目』と主張できる人間でありたい」と強く思った。
 東京学芸大四年の山口崇浩(たかひろ)さん(22)は、大空襲で家族四人を失った鈴木勝美さん(82)に聞いた。大空襲当時、鈴木さんは宮城県内に学童疎開中だった。後日、疎開先を訪ねてきた父親から母や姉、弟、妹計四人の死を知らされる。
 山口さんが「僕たちに教訓として伝えたいことは何ですか」と尋ねると、鈴木さんは「戦争だけは絶対にしてはいけない。殺し合いで生まれるのは恨みだけ。食べ物がないことは恐ろしい」と答えた。山口さんは「(政治家や軍部だけでなく)国民全体が戦争をやる風潮になっていたために、戦争になったのではないか。戦争を繰り返さないために冷静に考える力を持つことが大事」と感じた。
 この空襲で、台東区内では約一万二千人が亡くなったとされ、記録集は、区教育委員会が戦後七十年の「平和祈念事業」の一環として企画した。公募に応じた区内在住の高校生や大学生、区の若手職員ら十五人が二〇一四年秋以降、地元のお年寄りら三十人余りから戦時中の生活や空襲時の体験、軍隊での生活などを聞き取った。
 タイトルは「台東区戦争体験記録集 記憶をつなぎ思いを未来へ」。A4判・百七十一ページ・一部カラー。区による第二次世界大戦の住民の証言記録集は初めてという。非売品で、二千部を発行し、都内の公立図書館や区内の小中学校に配布している。


TBS: TPP反対論に日米両政府からけん制の声 3/10 ○アメリカ大統領選に向けた指名候補レースで先頭の共和党トランプ氏と民主党クリントン氏が、ともにTPP=環太平洋パートナーシップ協定に反対していることについて、日米両政府からけん制の声があがっています。
 「アメリカのまわりを保護貿易の『壁』で囲んだとして、損をするのは誰でしょうか?アメリカか、消費者の95%がいるほかの国々の人々でしょうか?」(佐々江賢一郎駐米大使)
 佐々江大使は9日、TPPをめぐる討論会の冒頭、このように問いかけ、選挙戦で強まっているTPPへの反対論はアメリカの利益にならないと指摘しました。そのうえで中国を念頭に、「TPPがアジア太平洋地域の将来の設計図とルールにならないとすれば、どの国が決定権をもつことになるのか考えるべきだ」と協定の重要性を訴えました。
 「グローバリゼーションの流れにはどう対応するのでしょうか?TPP反対論者からは具体的で現実的な戦略が提示されていません」(ホワイトハウス アーネスト報道官)
 また、ホワイトハウスの報道官もこのように述べて、高まる反対論をけん制しました。TPPに強い反対姿勢を打ち出している、同じ民主党のサンダース上院議員が8日、工業州であり、組合の強いミシガンで予想外の勝利を挙げるなか、政権の意欲を改めて示したかたちです。  ★日米両政府の、危機感の顕れ 断末魔へのワンステップ!? 日本の議会は、その法案を通して、 梯子外され、恥をかきたいのかどうか! よく見てみよう。主権者の皆さま。

保育園落ちた 平沢氏は違和感: 「保育園落ちた」ブログ、平沢議員「表現には違和感」 3/10 ○「保育園落ちた日本死ね!!!」と題した匿名のブログをめぐり、自民党の平沢勝栄衆院議員は10日、ヘイトスピーチ根絶などを検討する「差別問題に関する特命委員会」の会合で、「ブログに『死ね』という言葉が出てきて、表現には違和感を覚えている」などと語った。(朝日新聞デジタル)  ★直ぐ、判ったかどうか知らないが、ヤジした議員や政府が、攻撃されているのだ。違和感?は、そのため! 悔い改めるかどうか、問題は、それだけ!! 反省なし、か。
問題ヤジの平沢議員、番組でも「日本死ね」ブログに「本当に女性が書いた?」 高木美保が「関係ない」と怒り デイリースポーツ 3月10日 ○2月29日の衆院予算委員会で「保育園落ちた日本死ね」のブログについて質問した山尾志桜里議員に対し、ヤジを飛ばした自民党の平沢勝栄議員が10日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に出演。ヤジを飛ばした真意を説明した。
  …衆院予算委員会では、山尾議員が匿名ブログの「保育園落ちた日本死ね」について、安倍首相へ質問した際、「誰が書いたんだよ」「本人に会ったのか」などのヤジが渦巻いた。このヤジを言った一人が平沢議員。スタジオに登場すると「ヤジを飛ばしたことは心からお詫び申し上げます」と謝罪したが、山尾議員が、使用を認められなかったブログやパネルを使ったことを非難した。…
  だが番組後半で、「日本死ね」ブログを指し、「これ、本当に女性が書いた文章なんですかね」と発言。これを聞いたコメンテーターの高木美保は「それは関係ないでしょう、女性、男性関係ない」と激怒した。
 それでも平沢議員は「気持ちはわかります。でももうちょっと訴え方はあると思う」と続けたため、高木も「議員が気持ちが高ぶってヤジを言うのと同じですよ。言わずにはいられないというのを感じ取れないですか?」とやり合う場面もあった。  ★そういう下品な表現が、平沢氏はじめ、自民党議員、ヤジ議員には、相応しい。政府にも、相応しい。 そう、思いませんか? 人権きらい、日本国憲法嫌いのお歴々!? 下品なのは、五万といる!? 片山さつき氏も、お似合いか。女性でも、言えます、その程度。
タイで邦人全裸 企業が謝罪: タイのリゾートで日本人男性集団が全裸に 現地で批判、社員旅行の企業が謝罪 3/10 ○タイのリゾート地を社員旅行で訪れた日本人男性の集団が全裸になって騒いだとして同国で問題になり、社員が所属する企業「DYM」(東京都)が3月10日、「世間をお騒がせして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。(ITmedia ニュース)
 ☆株式会社DYM: Webプロモーション事業・新卒紹介事業・研修事業… 設立 2003年 8月22日 代表取締役社長 水谷 佑毅


知事の権限行使 堂々と県民の意思体現を 【琉球新報】2016.03.10 ○当然の判断である。翁長雄志知事は今の姿勢を貫いてもらいたい。
 辺野古埋め立て承認取り消しをめぐる訴訟での国との和解に関連して、翁長知事は県議会で、今後予想される承認取り消し訴訟に敗訴しても、新基地反対の姿勢を堅持する考えを示した。
 和解の際、知事は「行政として判決に従うのは当然だ」と述べた。出直し後に敗訴すれば新基地を容認する、と誤解した向きもある。だがその際、知事は「基地を造らせないことはこれからも信念を持ってやっていく」とも述べている。だから今回の表明は、和解時の意思を再び表明したにすぎないのであろう。
 今回の和解で知事の埋め立て承認取り消しが再び効力を持つことになった。これに対し国は是正の指示を出した。今後は県が国地方係争処理委員会に審査を申し出る。同委員会の判断が下ると、是正指示の取り消し訴訟が始まる。
 仮にその是正指示取り消し訴訟で判決が出ても、それで終わりではない。辺野古新基地の埋め立てが国の当初の申請通りに進まないのは明らかだ。今後、設計変更が出てくるが、そのたびに知事の承認が必要となる。設計変更を知事が承認しなければ工事はできない。
 和解勧告文には「被告と原告は(出直し後の裁判で)直ちに判決の結果に従い、それに沿った手続きを実施する」とあるだけだ。だから知事の「判決に従う」とは、是正指示取り消し訴訟のみについてだと解される。その後の設計変更などまでは拘束されない。勧告文を素直に読めばそうなる。
 ただ、注意すべきは和解条項の9項だ。「是正指示取り消し訴訟の主文と理由の趣旨に沿った手続きを実施し、その後も同趣旨に従って互いに協力して誠実に対応する」とある。県が敗訴した場合、国はこの和解条項を盾に取ると予想される。「判決の趣旨に従ったその後の協力」を約束したではないか、と詰め寄ってくるに違いない。
 だが承認以降の設計変更などは「法律的には別の話」である。県は堂々と県民の意思を体現すればよい。
 和解勧告文で「オールジャパンで最善の解決策を合意」するのが「本来あるべき姿」と指摘したのは重要だ。県外移設も検討すべきだと勧告したようにも取れる。地方自治法改正の精神に反する状況との指摘も重い。国はその勧告をこそ謙虚に受け止めてもらいたい。
[大震災5年 原発事故] 教訓生かされていない 【沖縄タイムス】2016.03.10 ○東日本大震災から5年を迎える。史上最悪となった東京電力福島第1原発事故の節目に合わせるかのように、原発再稼働を急ぐ政府や電力会社に対し強く警告し、待ったをかける司法の決定が出た。
 » 地震だ!高台へ急げ 岩手・釜石「韋駄天競走」沖縄タイムス記者が走ってみた
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転禁止を求め、隣接する滋賀県の住民らが申し立てた仮処分で、大津地裁は9日、運転を差し止める決定をした。
 3号機は営業運転をしているが、決定は直ちに効力を持つため、関電は3号機を停止しなければならない。原子力規制委員会のお墨付きを得て稼働中の原発が仮処分決定で停止されるのは全国で初めてだ。画期的な決定である。
 4号機はトラブルを起こし、原子炉は緊急停止中だ。
 山本善彦裁判長は福島原発事故を踏まえ「環境破壊は日本を越える可能性さえあり、単に発電の効率性をもって甚大な災禍と引き換えにすべき事情だとは言い難い」と指摘。関電を「(生命や身体の安全に対する)住民らの人格権侵害の恐れが高いが、安全性の確保について説明を尽くしていない」などと批判した。
 注目されるのは原発所在地以外の住民による差し止めを認めた点だ。 ・・・
[高浜差し止め] 原発回帰に見直し迫る 【南日本新聞】2016.03.10
高浜原発差し止め 「福島」踏まえた重い警鐘 【山陽新聞】2016.03.10 ○…住民側は、原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ「基準地震動」について、関電の設定では安全性が確保できないなどと主張。事故が起きれば放射性物質の拡散で滋賀県の住民も被ばくし、琵琶湖の汚染で近畿一帯の飲み水にも影響が出ると訴えていた。
 注目されるのは、関電の安全対策に関して不十分さを指摘した点だ。山本善彦裁判長は「関電側の主張では福島の原発事故を踏まえた過酷事故対策についての設計思想や、外部電源に依存する緊急時対応、耐震基準の策定に問題点がある。津波対策や避難計画にも疑問が残る」とした。
 新規制基準自体についても、福島の事故の原因究明が進んでいない状況を重視し「公共の安心、安全の基礎と考えるのはためらわざるを得ない」と疑問を投げ掛けた。 …
[高浜差し止め] 原発回帰に見直し迫る 【南日本新聞】2016.03.10 ○東京電力福島第1原発の未曽有の事故から5年を前に、事故を受けて作られた新規制基準を「世界一厳しい」と強調し、原発回帰を鮮明にする政府に見直しを迫る司法判断だ。
 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転禁止を隣の滋賀県の住民が求めた仮処分で、大津地裁が運転差し止めを命じる決定をした。
 運転中の原発が司法判断で止まるのは初めてだ。決定はすぐ効力が生じ、関電は稼働中の3号機を停止させる。
 今後、決定は上級審で覆る可能性がある。だが、原子力規制委員会の新規制基準への適合性審査に合格して再稼働した、原発の運転を禁じた意味は重い。
 関電と政府は決定を真摯(しんし)に受け止めるべきだ。再稼働に前のめりの政府は、エネルギー政策を見直す契機にしてもらいたい。 ・・・
[TPP法案提出] ちょっと待ってほしい 【南日本新聞】2016.03.10 ○政府は環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案を閣議決定し、国会に提出した。5月中の承認と法案成立をめざす。
 ちょっと待ってほしい。5月といえば、わずか2カ月後である。慌てる必要がいったいどこにあるというのか。
 TPPは国のかたちにもかかわるテーマだ。だからこそ6年前、当時の菅直人首相が唐突に参加を表明してから、国論を二分する関心事であり続けた。
 参加12カ国がお互いに貿易の垣根を低くする。TPPは成長のチャンスであり、自由貿易圏を広げていく重要性も否定はしない。
 だからといって、副作用を忘れていいことにはならない。とりわけ鹿児島県をはじめ、地方の農家の多くは根強い不安をいまだに拭えないでいる。
 TPPが発効すれば、農業にどんな影響が出てくるのか。発効に向けた国内手続きを急ぐ前に、きちんと農家に示すのが筋だ。 ・・・
高浜差し止め 原発の安全性厳しく問う 【西日本新聞】2016.03.10
【高浜差し止め】再稼働の在り方再検討を 【高知新聞】2016.03.10 ○立地県以外の住民の不安を正面から受け止めた重い判断といえる。関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転禁止を滋賀県の住民が申し立てた仮処分で、大津地裁が運転を差し止める決定をした。停止中の4号機は再稼働できず、運転中の3号機は停止させることになる。
 山本善彦裁判長が重視したのは、東京電力福島第1原発事故を踏まえた過酷事故対策の不十分さだ。「設計思想や外部電源に依拠する緊急時対応、耐震基準策定の問題点がある」と指摘し、津波対策や避難計画にも疑問が残ると断じた。
 3、4号機の事故対策が原子力規制委員会の審査に「合格」していることを考えれば、政府が「世界一厳しい」と強調する新規制基準に疑問を呈したとも映る。避難計画の実効性を含めて全国の多くの原発に当てはまる可能性があり、原発回帰の動きに対する司法の警鐘だと肝に銘じるべきだ。政府は原発に依存しない社会へと、速やかにかじを切らねばならない。 ・・・
高浜差し止め/原発の安全見直すべきだ 【神戸新聞】2016.03.10 ○再稼働した原発の運転を止める異例の司法判断である。
 滋賀県の住民が関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを求めた仮処分申請で大津地裁が差し止めを認める決定をした。
 決定を受け、関電は1月に再稼働した3号機の運転を停止する。先月再稼働した4号機は原子炉の緊急停止トラブルで停止中だ。
 運転中の原発を司法が止めるのも立地県以外の住民の訴えに司法が応えたのも、共に初めてである。政府や原子力規制委員会、関電は決定を謙虚に受け止めねばならない。
 裁判で滋賀県民が訴えたのは、3、4号機で考えられる最大の揺れの強さである基準地震動を、700ガル(加速度)とした関電の想定や新規制基準の妥当性だ。
 住民側は、関電の想定は「安全を担保するのに不十分」とし、事故が起きれば滋賀県民も被ばくし、琵琶湖の汚染で近畿地方の飲料水に影響すると主張した。新規制基準も安全レベルは低く、実効性のある避難計画も作られていないと訴えた。
 地裁は「過酷事故に対する設計思想や緊急時の対応、耐震基準策定の問題点があり、津波対策や避難計画にも疑問が残る」とした。住民側の主張を、ほぼ受け入れた形だ。 ・・・
高浜差し止め  福島踏まえた合理的判断だ 【京都新聞】2016.03.10 ○東京電力福島第1原発事故から5年を前に、原発の再稼働を進める政府と電力会社の姿勢に、司法が重大な疑義を呈した。
 大津地裁が、関西電力高浜原発(福井県)3、4号機の運転を差し止める仮処分を決定した。山本善彦裁判長は「福島の原発事故を踏まえた過酷事故対策についての設計思想や耐震基準策定に問題点があり、津波対策や避難計画にも疑問が残る」と指摘した。
 原発の再稼働や運転を禁じた司法判断は事故後、3例目になる。特に今回は、原子力規制委員会の新規制基準に合格して再稼働した原発に対する初の判断となった。
 決定は直ちに効力を持つため、関電は営業運転をしている3号機を停止する。稼働中の原発を仮処分で停止させるのも初めてだ。
 新基準への重い疑義
 ・・・
大阪市営地下鉄 「ひげ禁止違憲」運転士2人が提訴 【毎日新聞】2016.03.10 ○ひげをそるよう定めた大阪市交通局の内規に従わなかったところ、不当に低い人事評価を受け個人の自由を侵害されたとして市営地下鉄の男性運転士2人が市を相手取り、ひげをそる義務がないことの確認や慰謝料など計約450万円の賠償を求める訴訟を9日、大阪地裁に起こした。


ミャンマー、ティン・チョー氏大統領に 与党擁立 スー・チー氏側近 【東京新聞】2016.03.10 ○【ネピドー=共同】ミャンマーの議会は十日、次期大統領の選出手続きを始めた。アウン・サン・スー・チー氏(70)率いる与党、国民民主連盟(NLD)は大統領候補として、スー・チー氏側近で慈善団体幹部のティン・チョー氏を擁立した。来週中にも全議員による投票を実施し、最多得票で大統領に選ばれる予定。
 約半世紀にわたり軍出身者が国政トップだったミャンマーで民間出身の大統領が誕生する見通しで、ミャンマー民主化は大きな節目を迎える。
 スー・チー氏は憲法の規定で大統領資格がない。側近のティン・チョー氏を大統領に充てて、実権はスー・チー氏が握ることになる。
 議会では十日、上院と下院の民選議員、上下両院の四分の一を占める軍人議員団の三グループがそれぞれ候補を届け出る。
 軍事政権時代に制定された現行憲法は、外国籍の家族を持つ者の大統領資格を認めない規定がある。英国籍の息子を持つスー・チー氏を除外する狙いだったとみられる。
 憲法改正には軍の同意が必要な仕組みもあり、NLDは昨年の総選挙後、スー・チー大統領の誕生を目指し、大統領資格に関する憲法条項の効力停止を軍に打診したが、軍は反対の姿勢を崩さなかった。
 この条項に反発するスー・チー氏は「大統領を上回る存在になる」と強調、四月の新政権発足後、自らが政権運営を主導する考えを表明している。  ★とんでもない、スーチー氏排除狙いの、軍政時代の憲法。 民主主義、国民主権と相容れない、その条項。いづれ、排除、憲法改正しないと。



NNN: 高浜停止へ 弁護側「鳥肌立つような感動」 3/10 ○関西電力高浜原発3号機・4号機について、大津地裁は、運転を停止する仮処分の決定を下した。運転中の原発を停止させる司法判断は、初めて。
 滋賀県の住民29人は去年1月、高浜原発3号機・4号機について、「安全性が確保されていない」などとして、運転を差し止める仮処分を申し立てていた。一方、関西電力側は、「福島第一原発の事故後の新規制基準に適合し、安全性は確保されている」などと反論。これに対し大津地裁は、「過酷事故対策や緊急時の外部電源での対応方法などに危惧すべき点があり、津波対策や避難計画にも疑問が残る」などとして、3号機・4号機の運転を停止する決定を下した。
 弁護団の会見「(決定書に)高浜発電所3号機および4号機を運転してはならないという一節を目にしたとき、鳥肌が立つような感動を覚えました」
 関西電力は、決定を不服として異議を申し立てる方針だが、高浜原発は10日午後8時に運転が停止される予定。また、高浜原発3号機・4号機の営業運転による一日3億円の収益改善が見込めなくなったことで、5月から予定していた電気料金の値下げは「極めて難しくなった」としている。  ★1企業の一日3億円の収益如きの為に、原発70キロ圏内の主権者&その末代までへの大災禍を招き、その安心と安全を犠牲にしようとは、度の過ぎた不心得者、…達。主権者への不忠者!原発推進の輩…


特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: