FC2 Blog Ranking
2016-07-08

7/8: 石田純一氏「野党統一候補なら」会見 民共党首、氏を「素晴らしい方」と 都民の認知・支持受け堂々たる東京都知事に

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十三期に入りました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主も義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2015年8月より第十三期(*)に入りました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 ">☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史">戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・黒人男性射殺 デモで銃撃され警官5人死亡  19時35分   ★遂に、反撃まで招いたアンフェアな警察!
 ・浜名湖に切断遺体、死体損壊・遺棄事件で捜査  19時7分
 ・青森でホタテ漁船転覆、2人死亡  19時7分
 ・石田純一氏「野党統一候補なら」 都知事選乱戦か  19時6分  ★市民代表!野党統一候補  民共党首、石田純一氏を評価 「素晴らしい方」
 ・ダッカ・テロ事件、日本人犠牲者5人に銃弾の痕  19時5分
 ・田園調布署で2人自殺、同じ上司の名前書き残す  18時4分   ★明らかに、問題あり!パワハラ。監察室、しっかりせい。
 ・また(アジア系?)警官が黒人男性射殺 一部始終の映像公開で波紋  8時2分   ★移民の国のはずなのに、人種差別、根強く残す、第一の覇権・戦争国家、テロも呼ぶ!
 ・現場にとがった“釣り道具” 茨城遺体遺棄  10時35分
 ・英首相後任候補は女性2人に  7時56分
 ・西日本の太平洋側中心に大雨 土砂災害警戒  7時35分
 ・「口をタオルで」乳児“殺害” 母親を逮捕  5時35分
 ・俳優の石田純一さん 都知事選への出馬検討  5時25分   ★人気投票なら、勝てる!? 政治とカネで不信招き、選挙活動期間を削って削って、このザマ!? 

醍醐聰のブログ: 個人番号の利用事務等の停止を求める申し立て書を提出 11/11 ○マイナンバー、87%が「不安を感じる」
 各自治体から住民へのマイナンバー(個人番号)の通知するカードの送付が始まった。来年1月から運用が予定されている。
 しかし、内閣府が今年の7月23日から8月2日まで行った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査」(調査対象3,000人、有効回答数1,773人、調査員による個別面接聴取)によると、マイナンバー制度の「内容まで知っていた」と答えたのは今年1月の調査の時(28.3%)と比べて、43.5%まで増加しているが、それでも制度の周知はまだ半分以下である。
 では、周知度が上るのに応じて回答者の間でマイナンバー制度に関する理解・信頼度は高まったのか?
 これについて、内閣府の上記世論調査は、マイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して、最も不安に思うことは何かを1項目選択形式で尋ねている。この設問に対して、有効回答者の14.4%が「国により個人情報が一元的に管理され、監視・監督されるおそれがある」を選び、34.5%が「個人情報が漏えいすることにより、プライバシーが侵害されるおそれがある」、38.0%が「マイナンバーや個人情報の不正利用により、被害にあうおそれがある」をそれぞれ選んでいる。つまり、有効回答者の86.9%がマイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して不安を抱いていることになる。他方、不安に思うことは「特にない」を選んだのは9.1%にとどまっている。
 また、「あなたは、個人番号カードの取得を希望しますか」との設問については、「希望する」は24.3%「希望しない」の25.8%を下回っている。もっとも多いのは「現時点では未定」で47.3%に達している。
 内閣府政府広報室「『マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査』の概要」
 … アメリカで広がったなりすまし被害~毎年5兆円の損害~ … …

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27">資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い">日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
7月8日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 『2016参院選・その一票どこへ?「この道」引き返す好機に』毎日新聞7/8記者の目  7/8 (笹井明子) ○7月8日毎日新聞朝刊のコラム「記者の目」で、論説室の倉重篤郎さんが安倍政治に対する率直な現状認識と、参院選で投票する有権者への期待・提言を書いています。
「王様は裸だ」とズバリ指摘する毎日新聞の覚悟、本気度が光っています、、、、っていうか、本来ジャーナリストたるものこうでなくっては!
  期日前投票を済ませていない方は、是非このコラムを一読した上で、投票所におでかけください。
 毎日新聞・記者の目: 2016参院選 その1票、どこへ?=倉重篤郎(論説室) 7/8

  +++
「この道」引き返す好機に
 安倍晋三首相は「この道しかない」と言う。「まだ道半ば」だとも言う。そのたびにうさん臭さを感じる。「この道」以外にも適切な道があると思うし、目標に到達できないことを「道半ば」と言い訳している。何よりも戦後歩んできた道とはあまりに異なる。あなた任せでリスクも高すぎる。この道を引き返そう。参院選はその好機にしたい。
 外交・安保政策がいい例だ。日本は戦後2度、外交・安保環境の激変に遭遇したが、その度に穏当な道を選んできた。
  (中略)
  この道は、過去2回の道を踏み外している。解釈改憲で9条の規範力を弱めただけではない。日中国交回復、平和友好条約締結といった独自の外交的努力により両国関係を改善してきた先人の足跡を継承する姿勢がない。ひたすらの米国の軍事力頼みである。
  (略)
  経済・財政政策における「この道」、つまりアベノミクスも眉唾物になってきた。
 第一に政策破綻である。異次元金融緩和政策がスタートしたのは2013年4月。「2年間で物価上昇率を2%にする」という予定だったが、一向にその気配はなく、今では17年度中(18年3月まで)に目標年次は先送りされた。つまり、2年間が5年間に変更され、なおかつ達成見込みが疑われているのである。「道半ば」という状況ではない。「政策の失敗」を認めるべき時だ。
 第二に公約違反である。あれだけ確約していた消費税増税を再延期した。社会保障や税制といった中長期的観点から構えられた政策が、景気に水を差すという短期的視野からいとも簡単に放棄された。
  (略)
 第三に政策の果実の誇大広告とリスク隠しである。
  ・
(略)
  ・
 ことほどさように、「この道」にはいずれもアラが見えてきた。しかも、それは戦後日本政治の基本(外交・安保では専守防衛、経済・財政では財政健全化)路線を大きく逸脱し、自主独立、自己責任とは全く裏腹に、恥じることもなく徹底的に他者(外交・安保では米国、経済・財政では次世代)に依存する道である。リスクについては先に述べた。
 参院選は政権交代選挙ではない。だから、安倍政権の「この道」への賛否表明だけで、十分投票の意義はある。この道にブレーキをかけ、それに代わる道の議論が、与野党内で活性化することを期待する。それを政策として構築し、問うのは次の衆院選となる。(完)
  +++
「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
「護憲+」ブログ: 石田純一 記者会見報道と「野党統一候補」について 7/8 (パンドラ) ○凄いな、石田純一って。ちゃんと自分の役割を知っている。
  この人の記者会見はワイドショーでも放送していた。つまり、普段テレビを見ている人達の目と耳を集めたわけだ。普段、政治に興味ない人でも「野党統一候補」という言葉を耳にしたはずだ。
  テレビ報道ではビミョーにカットされていたけれど、彼は「野党統一候補としてなら出る(もし他の人が野党統一候補になれば全力で応援する)」と言っていたはずだ。つまり、誰かが野党統一候補として立候補したら自分は降りる、と言っているのだ。そして全力で応援すると。
  これは石田純一なりの、「野党が統一して立候補者を立てる事の大切さ」を訴えた都民へのメッセージと受け取ったのだが。タレントとしての石田純一にしかできない事である。
  都知事選にばかり話題が行って参議院選が霞んでしまった、という人もいるけれど、彼なりの衆目の集め方なのだろう。昼のワイドニュースに出ていた岸井さんが「参議院選挙の事も忘れずに 」と言っていた。
  そう言えば私の地元で、2014年の衆議院選挙の時、ある立候補者の演説を聞いていた女性が言って言葉が印象に残っている。
  「全く、あの政党はだめだの何のと、お互いに悪口言ってたんじゃ、勝てる分けないじゃないの。自民党はおっきい政党なんだから、小さな所がごちゃごちゃ反目してたら、分断されちゃうよ。皆で一丸になって闘わなけりゃ負けちまうよ!」
  本当にその通り。あの女性、何処かで「野党統一候補」のニュース聞いているかしら。
  「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より
イシャジャの呟き: 質屋の日  ☁  ☀  誕生日の花 グラジオラス  花言葉  堅固 用心  7/8 ○グラジオラス
 家のグラジオラスは 剣のような蕾を付けていますが 未だ咲かず、ご近所で咲いている花を載せました。
 質屋の日だそうだが、歯科医院に行ってきました。曇っていた天気も、午後からは晴れて
 微かに風も感じられ 心地よい。
 九州は大雨、首都圏の水瓶は干上がった地肌を晒しているというのに、水の神に願かけして何とかしてもらいたいところです。
 参院選大詰め、今日初めて 候補者の乗っ街宣車を見かけましたが、知らんぷりして 帰ってきました。
 期日前投票を済ませたので 今更 後の祭り
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条” 天木氏">‟新党 憲法9条” 天木氏を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog7/7:七夕 求人倍率 大幅改善??? 不安定雇用・格差で下駄を履き乍ら嘘を吐く 平和も憲法もテロも生贄に 戦争国家へ吶喊!安倍氏

「護憲+」ブログ: 「なぜ安倍ではいけないか」・・・反戦塾ブログより 7/7 (笹井明子) ○今度の参院選では、「改憲勢力に2/3を与えない」というのが、安倍自民党による「壊憲」に危機感を持つ人たちの間のひとつのキーワードになっていますが、先の戦争の記憶に近いところに居る者(*)にとっては、その意味合いはより具体的で痛切なものとして存在します。(*私は戦後生まれですが、叔父が学徒出陣で戦死しています。)
  今回「反戦塾」の塾長ましまさんが、ブログ記事「なぜ安倍ではいけないか」を「護憲+」ブログにTBして下さったのですが、「参院選投票日を目前にして、一生懸命書きました」と言われるそのメッセージは、戦争を知る世代からの渾身のメッセージであり、参院選の投票に当たって、戦争を知らない世代の人たちにも是非今いちど受け止めてもらいたい内容です。
「護憲+」発足当初グループの中核を担っていた戦中派メンバー達の発言がほとんど聞かれなくなってしまった昨今、私たちの思いの原点をしっかり代弁し発信していただいたと感謝し共感しつつ、ここに要約を紹介させていただきます。
  ☆更に歴史の緻密な考察が行われている本文にも是非当たってみて下さい。
 反戦塾: なぜ安倍ではいけないか 7/6

  ***
 「お国のために尊い命を捧げた軍人に尊崇の念を……」、これが首相国神社参拝の常套句である。
  安倍首相は第2次首相就任に当たり、それまでの首相参拝と全く異なる強い意志で参拝を強行した。さきの戦争についての責任を肯定的にとらえ、戦後レジーム、つまり憲法は押しつけ、極東裁判は違法という「日本会議」流の発想のもとに動いているからである。
  塾頭の身内にも戦死者があり、遺族の心のうちを知っている。「お国のために尊い命を捧げた」などとは思っていない。
「無謀な戦争を起こした政治家や軍部に殺された」と思っている。また、戦後得られた自由・民主主義を育て戦後復興に献身できたのも尊い犠牲者あってのことであり、戦後レジームなどと英語で言われる筋合いはない。
  戦中戦後を知っている者にとって、脱却するなどもってのほか、人格まで否定されているような気がする。
  安倍首相ではいけないのは、近現代史、ことに明治から昭和前半にかけての歴史認識が希薄であるにもかかわらず、戦前の国家主義的態勢復活を思わせる自民改憲案を持ち出そうとしていることである。

  その重大性は、最近、自民党内や右派的マスコミでさえ、警戒の目を向けるようになった。反面、公明党を含め各党の改憲姿勢には開きがあり、自民党案の実現性は低いという楽観論も流れ始めている。
  さきの戦争は、アメリカの態度に問題があったにしろ、「まさか」というところへ「あれよあれよ」という間に突っ込んでしまったのだ。イギリスの国民投票でも良識は、EU離脱という選択はあり得ないと楽観していたのではないか。ヒトラーがかつて民主主義の名のもとで、全権委任法という憲法無視の法律を作り、第2次大戦の愚を犯したことを忘れてはならない。
  戦中日本では、政党が「自発的に」解散し「大政翼賛会」を作った。議員3分の2のねらいと似通っている。危機はそこまで来ている。冒頭に掲げた靖国参拝の安倍常套句は、戦前の5・15、2・26といったクーデター計画やテロで死んだ実行犯に対して、国粋主義者が使ってもおかしくないことばである。
  今、安倍ではいけないのである。
  ***
イシャジャの呟き: 七夕 小暑  ☁  誕生日の花 ヒルガオ 花言葉 優しい情愛  7/7 ○ゼラニューム
 強い雨で予定を変更した外出、今日行ってきました。
 弱い雨が降り、半袖シャツでは肌寒かったが、冷やし中華を食べて帰ってきました。デパ地下の食堂は、我が御同輩の 後期高齢者が圧倒的で 巣窟のようでした。
 小暑が肌寒く、七夕は星も見えず、首都圏では水瓶が干上がっておるようで 取水制限とか、給水制限 ?とかの恐れがあると言われているようだが ままならない 7月です。
今日の「○」と「×」: 「×」 一体どっちがホントなんだ?! 7/7 「×」 2016参院選: 改憲勢力3分の2強まる 自民60前後、参院選終盤情勢 7/6 共同通信 
「×」 2016参院選: 参院選1人区、自民20超で優位 共闘野党は3選挙区先行 7/7 共同通信
 ○共同通信の世論調査を元に、各紙が与党有利の予想を大々的に掲げたが、
 総理の会食友達でもある共同通信の調査だから、客観性には疑問を持たざるを得ない。
 日刊ゲンダイの予想では、自民優位とされた21選挙区のうち、5選挙区は接戦となっている。
 しかし肝心なのは、この与党有利の調査が、有権者の投票行動にどんな影響を与えるかだ。
 まだ投票先を決めていない人や無党派層が、どうせ与党が勝つからと棄権してしまうのか、それともこのままでは安倍政権が改憲まで突っ走ってしまうと危機感を強め、野党に投票するのか。
 ぜひ後者の選択によって、安倍暴走政権と御用マスコミにギャフンと言わせたいものだ。 
 今日のトピックス Blog7/6: 小池元防衛相、都知事選出馬 都議会解散等公約3つ 東京都の「政治とカネ」を突く 自民分裂は良いが 反安倍が役者不足!?

「護憲+」ブログ: 「やっぱり自民党に投票しようと思っているあなたに知ってほしい7つのこと」 7/6 (笹井明子) ○「SEALs POST」: やっぱり自民党に投票しようと思っているあなたに知ってほしい7つのことというサイトに、上記タイトルの、簡潔でとても分かり易いコラムが載っています。
  皆さんの周囲で「やっぱり与党に入れておこうかしら」という人がいたら、是非このサイトを紹介するか、自分で内容を説明してあげてみてください。
  以下にその内容を(一部省略して)紹介します。
  ***
  1.安定を求めるなら、その選択肢(やっぱり自民党に・・・)は間違いです。今回政権与党に勝たせたら、憲法を憲法じゃないものに変えられる、という激変中の激変が生じる可能性が、無視できない大きな可能性として存在します。
  2.野党が勝っても、政権交代は起きません。そもそも衆議院選挙じゃないですから、政権選択の選挙ではありません。当然、経済政策等が劇的に変わることはありません。むしろ、たいした変化は起きないのです。
  3.民進党が信用できなくても、共産党が怖くても、そんなことははっきり言ってどうでもいいのです。彼らが今回ちょっと勝ったって、どうせ与党になるわけではないのですから。いま重要なことは、現在の政権与党を今回勝たせたら、日本が立憲民主主義の国でなくなるかもしれないということです。
  4.あなたが共産党に投票しても日本が共産主義の国になる可能性はゼロですが、あなたが自民党その他の改憲勢力と言われる人たちに投票すると、日本が立憲民主主義の国でなくなる可能性が、現実的危険として生じます。
  5.今回野党が勝つと、その場合の変化は、むしろ自民党の中に生じます。自民党の中で、本当はあんな改憲草案は憲法じゃないよねと思っている人たち。日本は、分厚い中間層をしっかりと回復させながら内需主導の経済を確立し、自由で民主的な国としてしっかり国際社会の信頼を確保していかないとね、と思っている人たちが、ついに意見を言い始めます。
  6.あなたが信頼し、国際情勢が不安定な時には安定感を求めて応援したいと思う自民党って、むしろ、そっちの人たちじゃないですか?あなたが今の自民党に投票することって、そういう懐の深い保守政党だった自民党の息の根を止めることになりませんか?
  7.ちまたで、今回ばかりは野党に、という声が出始めているのは、つまりそういうことです。今回ばかりは「新しい判断」が必要です。
  ***
  今朝の毎日新聞、東京新聞は世論調査の結果を「改憲勢力2/3の勢い」と報じています。
  このコラムでも「もちろん投票行動はそれぞれの判断です」と言っていますが、それでも、それがちょっとした思い違いや「与党なら安心」というザックリした印象がもたらした結果だとしたら、残念すぎます。
  一票を投じる前に、安倍政権のやっていることに何となく違和感がある人には、今回の「参院選」の意味をもう一度考えてみてもらいたい、そして必ず投票にいってもらいたいと願っています。
  「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
イシャジャの呟き: サラダ記念日  ☂  誕生日の花 イワタバコ  花言葉  涼しげ  7/6 ○ナンテン
  大雨注意報、雷、突風、etc・・、荒れ模様の天気のため 予約を解除し 明日の予約
  変更し、居眠りしつつ 過ごす・・
  ナンテンの花は雨に打たれて 色が映えてきたです。音声ガイドによる電話があり Q、1
  必ず投票に行く場合は 6を押して・・・ A、6を押したら ピーと鳴って電話は切れた 気分すぐれず、、、
  買い置きのダイコンが 無くなったので 菜園のダイコンを初収穫す、太く 長かったが、皮が裂けていました。早くから収穫すればよかったのに 辛味ダイコンか ?

 「 この味がいいねと君が言ってたから七月六日はサラダ記念日」 俵 万智

 今日のトピックス Blog7/5: 「都知事候補長島昭久(民進党)」を拒絶する!? 『最低でも、県外!』切実な願い・主権者に背いた奴。都知事としても許せぬ!?

「護憲+」ブログ: 投票日を前に思うこと 7/5 (パンドラ) ○日本人とは幸せな国民なのだろうか。
  日本は、租税と社会福祉は中負担、中福祉の国だと言われて来た。しかし現状はどうだろう。
  重負担、社会保障の削減に国民は喘ぎ、介護保険は支払い未納者が一万人を超え、国民年金は6割位しか納めていない。その陰には、介護保険料を納められない下流老人と言われる人達がいる。年金も、非正規の人達の中には生活するだけで精一杯で、とても年金までは払いきれない人達もいるのだろう。
  2015年には時の政権党が年金を株に注ぎ込み、5兆円もの損害を出してしまった。2016年はどれ程の損害を出しているのか考えただけで恐ろしい。
  既に国民年金は満額納めても一ヶ月7万にも満たない。「国民の生活を保障する年金ではない」そうである。
  選挙の後は更なる給付年齢の引き上げ、給付金の削減、納付金負担増が待っているだろう。
  この流れにストップをかけるためには、口先だけでなく、本当に国民の生活を考えて行動している候補者を選ぶ事が大事だと思う。
  それでも皆、投票所に足を運ばないのだろうか。皆、幸せなのだろうか。独裁政権の国より自由があるから。発展途上国より豊かな暮らしがで来ているから。内戦に苦しんでいる国のように、人がバタバタ殺されたりしないから。
  政治家なんてそんなものね。誰がやっても同じ。などと斜に構えている時ではない。そんな事をしていたら、今の生活さえも手放さなければならない時が来るかも知れない。政治家に全てを任せるなんて怖くて出来ない。したくはない。
  7月10日は投票にだけは行こう。「怒り」というキーワードを再び起こして。そうだ、寝た子を起こすのだ。
  笹井さんが書いているように、この日のために色々な立候補者の情報を集めてみよう。誰がウソつきか、誰が国民を舐めているのか分かるかも知れない。
  この日だけは自分の頭でじっくり考え、誰に投票するか自分に聞いてみよう。あたし、がんばれとつぶやきながら。
「護憲+」ブログ: 投票日まであと7日、悔いのない一票を! 7/4 (笹井明子) ○参院選投票日まであと7日。ここにきて、普段政治の話などほとんどしない人たちとの会話の中で選挙の話が出て、参院選の基本ルールや参議院の役割などが、意外に明確には理解されていないことに気が付きました。
  例えば、「東京に住んでいなくても、比例代表のO候補の名前を書いて投票できるの?」の質問。
  参議院議員選挙では、比例代表は「非拘束名簿式」となっていて、有権者は全国どこからでも比例代表候補の名前を書いて投票することができます。(衆議院選挙は「比例ブロック方式」)
  (参照:参議院公式HP「よくある質問・選挙について」

  また、金融機関に働く人からは、「お客さんが『安倍首相は嫌だけど、経済を安心して野党に任せられないから、やっぱり自民かな~』と言っている」と聞かされました。
  二院制の意義や衆参の役割については、「参議院公式HP」「参議院のあらまし」の中で以下のように述べられています。
  【二院制】
  「二院制の利点として、国民の間の多様な意見と利益をできるだけ広く反映させることができること、慎重に審議できること、一方 の行き過ぎを抑制し、不十分なところを補うことができることなどが挙げられています。」
  【衆議院と参議院の違い】
  「予算・条約・内閣総理大臣の指名・法律案の議決に際して衆議院により強い権限が与えられています。」
  
  つまり、今回の参院選にあたっては、松尾貴史さんが最近ツイッターでつぶやいていたように、『自民や公明にも不満はあるが、民進や共産にも不安が、などと考える皆さんも多いでしょう。
  しかし今回は政権選択ではないので、万が一野党が大勝ち(しないけど)しても、国家運営を任せるわけではないので、現政権が行き過ぎないよう(既にそうなっているかもだが)バランス感覚で投票をすべきかと』というのが正解のようです。
  さて、こうした大枠を押さえた上で、次はいよいよ、何を基準に投票したらよいかを考える番です。
  私の場合、今度の参院選では、「改憲勢力に2/3議席を与えない」を大前提に、「市民ニーズに共感でき、政策を実現する能力がある」人物に投票したいと思っています。
  また、人柄を可能な限り見極めるために、私自身は、上の基準に合った候補者の決起集会や街宣を観に行って、人となりを自分なりに観察、確認しています。
  外に出かけて直接見ることが難しい場合は、NHKの「政見放送」をきちんと見るのも、良い方法だと思います。「政見放送」では、候補者の表情やしゃべり方に、その人の人柄や考え方が、意外にはっきりと出るものです。
  投票日まであと7日。今からでもまだ間に合います。学び、観察し、じっくり考えて、悔いのない一票を投じたいですね!
イシャジャの呟き: 穴子の日  ☀  ☁  誕生日の花  ベニバナ  花言葉  化粧  7/5 ○カモミール
 生垣の剪定した枝葉をゴミ出しする際に 毛虫が腕に付いたらしく 赤い腫れが出て痒いので
 罹りつけ医で 注射 ~ のみ薬 軟膏を処方してもらう 明日になれば 楽になるだろう
 今日の気温は 26度、窓を 開けば風が通り 涼しい。エアコンは 未だ 未だ 出番がなさそうだ・・
 今日のトピックス Blog7/4: [年金の巨額運用損]2015年度、5兆数千億円👈アベノミクス!株重視の危険露呈 約140兆円の年金積立金を私的に弄ぶな!

「護憲+」ブログ: 参院選最大の争点は年金! 7/4 (流水) ○参院選の争点は、憲法・安保法制・アホノミクスの評価など様々ある。
  しかし、現在一番インパクトがあるのは、年金消失問題である。この問題ほど安倍政権の問題点・反国民的本質を浮き彫りにしているものはない。同時に、この問題ほど、イデオロギーや政治的立場を超えて国民一人一人が自分自身の問題として理解できるものはない。野党は選挙選後半の争点をこの問題一つに絞り込んで戦う事が、勝利への近道になる。
  しかし、国民は、GPIF(年金積立金運用独立行政法人)の名称すら良く分かっていない。まして、その役割や問題点など理解の外という人が多い。野党は、まず、ここから訴えなければならない。
  では、現在、その年金情況はどうなっているのか。
  GPIFは6月30日厚労省に財務諸表を提出。2015年度決算で5兆円超の損失を出した事を報告。しかし、国民には発表せず、7月29日までだんまりを決め込む予定だ。民進党が速やかな公表を迫ると、「精査に時間がかかる」と逃げている。
  しかも、2014年10月にポートフォリオを変更。株式運用を50%に倍増した。民進党議員がこれが運用実績を悪化させたのではないか、と追及すると、「一般論ではトントンだった」と答えた。要するに従来のやり方をしていれば、損失はなかった、という事。つまり、安倍政権のポートフォリオの変更が赤字の最大の要因だった。
  しかも、この5兆円は2015年の実績。2016年になってからの数値は出ていない。これには、英国のEU離脱に伴う株価の下落などは、計算に入っていない。
  金融評論家の近藤駿介氏(アナザーステージCEO)は言う。
  ・・・
  「09年以降の保険料収入は、給付額を下回っています。そのため、積立金を取り崩し、年金特別会計に毎年約5兆円を納付している。これに運用損が乗っかるので、15年度は実質10兆円のマイナス。その上、足元の相場も厳しい。私の試算では、英国に端を発した世界同時株安の影響で今年の4~6月期だけで5兆円超の損失が出ています」
 ・・給付減額は必至…GPIFがヒタ隠す「年金運用」巨額損失 日刊ゲンダイ 7/2
  問題はそれだけではない。経済学者植草一秀氏は以下のように警告している。多少長いが、非常に重要な数値なので、引用しておく。
  ・・「昨年12月末の株価水準はTOPIXで1547.3。6月27日のTOPIXは1225.76で、日本株式が20.8%下落した。
 この下落率を当てはめると、日本株式残高は25兆8,664億円に減少していることになり、日本株式だけで、年初来、6兆7,847億円の損失が生じたことになる。日経平均株価は2012年11月14日に8,664円の水準だった。2014年10月31日の終値は16,413円だった。
 つまり、安倍政権は政権発足直前の水準から2年で、株価が約2倍の水準に暴騰した局面で、日本株式での運用比率を2倍に引き上げたのである。
 8,664円の水準だった2012年11月に日本株式の運用比率を2倍に引き上げて、株価が2倍になった2014年10月末に元の比率に戻したと言うなら適正だが、その逆をやった。ところが、株価は2015年6月をピークに下落トレンドに転換した。円安・株高の流れが円高・株安の流れに転じたのだ。
 その結果、年金資産の損失が急拡大している。
 また、外国証券の比率が40%に引き上げられているから、円安の局面では利益が生まれるが、円高の局面では損失が拡大する。円高・株安のトレンドが生じるなかで、日本株式、外国証券偏重の資産配分は、国民に甚大な損害を与えており、その責任が問われるのは当然のことだ。」
  ・・・植草一秀「知られざる真実」・・   
  さらに植草氏によると、この半年で政府が出した赤字は、それだけではなく、総額37兆円にも及ぶ。
  ・・「しかし、政府が隠している巨大損失は年金資産の日本株投資での損失だけでない。140兆円の資産残高のうち、外国証券での運用比率が40%だとすると、その残高は56兆円である。
 年初の1ドル=120円が1ドル=100円になれば、為替変動で17%の損失が生じる。仮にこの変動率で計算すれば、ドル安で9.5兆円の損失が生まれたことになる。株式と合わせれば、何と16兆円の損失になる。
 そして、さらに驚くべきことがある。日本政府は日銀から借金をして1兆2,540億ドルの外貨資産等を保有している。外貨準備というものだ。このうち、1兆693億ドルが外貨証券である。圧倒的に多いのが米国国債だ。
 これを1ドル=120円から1ドル=100円へのレート変化で換算すると、円評価額は128兆円から107兆円への減少していることになる。半年足らずで、21兆円もの損失が生まれていることになる。
 この損失は、すべて、日本の国民が負担することになる。年金の損失と合わせると、なんと半年で37兆円もの巨大損失が生まれていることになる。」
  ・・植草一秀「知られざる真実」・・   
  アベノミクスというデタラメな経済政策の実態が良く分かる。安倍首相が今回の参院選の争点をアベノミクスの評価だなどとほざいているが、これだけ国民の財産を喪失させておいて、何がアベノミクスだと言う話である。
  野党連合は、この年金消失の話一本に絞ってアベノミクスの反国民的本質を徹底的に追及すべきである。
イシャジャの呟き: 那須の日  ☁  ☀  誕生日の花  ノカンゾウ 花言葉  苦しみからの解放  7/4 ○ササゲ豆の花
 今日は 通院お付添えで病院へ、駅で期日前投票所があったので 序に投票する。
 次回の選挙まで生きている保証はないし、これが最後かもと、考えながら・・・、最高責任者に抵抗する方に書いてきました。最後の抵抗です・・・。爺の選挙は今日で終了 吉報があるように祈るばかりだ・・ 
 サナゲに花が着きました。小さな莢も見えます。収穫も近い。ナスもトマトも小さいものが着いています、
 今日のトピックス Blog7/3: 戦争か平和か!? 敗戦後直ぐ、不戦平和を誓い、憲法で是を掲げた! 今、「戦争国家の下、亦殺戮…買いたい」者あり 之を許すか!?

「護憲+」ブログ: 「アメリカの夜」 7/3 (名無しの探偵) ○70年代にフランスの映画監督が上記のタイトルで撮った映画でしたが、その意味は昼間の撮影なのに夜間のシーンを技術的に作り出す映画技法のことです。(フランソア・トリュフォー監督、この映画の主演女優ジャクリーン・ビセットと監督は愛人関係だったと言われている。)
「アメリカの夜」という映画技法から連想されるアメリカの軍事政策;外交政策の基本的なパターンは、軍事政策を具体的に実現するための大義名分として、「仮想敵国」の創造が最初のシナリオなのではないか、という仮説(私の推論ですが)です。
  ソ連が仮想敵国だったことは周知の事実ですが、ソ連が崩壊して冷戦構造がなくなってしまうと、アメリカ軍産複合体は軍事政策を維持・継続するためには次の標的を発見しなければなりませんでした。
  それが中国だったのでないか。この仮説がふと浮かんだのは「デモクラシーナウ」という独立メディアの放送を観ていたら、メディアの主催者エイミーとナオミ・クラインの会話の中に、アメリカの中国への武器輸出の問題が取りざたされていたからでした。
「アメリカの夜」というタイトルから連想されることは、アメリカの軍事政策が「戦争のための戦争」を、フィクションともども演出しているのでないかという疑念です。
  ナオミ・クラインの書いた「ショック・ドクトリン」(岩波書店刊行)を読むと、チリでのクーデタはアメリカの経済学者(シカゴ学派)がCIAを焚きつけて行った偽装の反乱であることを暴き出しています。
  火事場泥棒の経済政策と翻訳されていますが、「仮想敵国」という演出技術も「ショック・ドクトリン」の延長線上に求めることができるのではないでしょうか。
「集団的自衛権」という矛盾した戦争正当化手法も、アメリカの傀儡政権に成り果てた安倍政権が採用する戦争技法なのではないか、という疑念が湧いてきました。
イシャジャの呟き: 波の日  ☁  ☀  誕生日の花  アガパンサス 花言葉 恋の訪れ 愛の便り  7/3 ○アガパンサス  昨年撮る
 雨の予報だったが、涼しい内にと、アガパンサスの植え込み周辺の除草をする。咲くのは昨年は7月20日だったので、除草が間に合ってよかった。母の日の 相方が頂いた アジサイを鉢から この近くに移植しました。
 除草しながら ラジオで 日曜討論”参院選特集”を聞く、ダッカで邦人7人がテロに遭って死亡したというのに、弔意の示し方は 各党バラバラ、司会者も気を利かせて、冒頭 黙祷してから 討論を始めるくらいの 配慮が欲しかった。疑似野党に配慮し過ぎ、発言を減らせ (毎回 出ずっぱりの〇メガネは 何とか ならないか !!)
 近くの海水浴場は昨日海開き、今日は風も収まったようなので、客足もマア~
 マ~だろう。波の日で語呂合わせ、昼食は 七味の日 だから 唐辛子を少し利かせて 食欲増進を図った。 
 今日のトピックス Blog7/2: 『戦争する国』orテロとの戦い、政府は真実を語れ 主権者が惨事に遭わない為に 「日本人だ」「尊敬されている筈」は真実!?

イシャジャの呟き: たわしの日  ☁  ☂  誕生日の花  タチアオイ  花言葉  灼熱の愛  7/2 ○去年撮る
 梅雨の中休みも終わり 昼前から 雨となるとの予報であり 5時起きして 生垣の剪定、朝食を済ませてから 伸びが気になっていた 除草をして 雨が降ってきたから 中止、スーパーへの買い物へ、本日の予定は消化したようです。 
 バングラデッシュで人質事件発生、日本人も巻き込まれた公算大との 報道、ご無事を祈念するのみ・・・

 今日のトピックス Blog7/1: 安倍の失政だらけ!年金運用損5兆円超(株比率倍増後) 英、年内EU離脱困難⇒逆風! 官製春闘???格差拡大! 安倍打倒の理!

イシャジャの呟き: 半夏生  ☁  誕生日の花 ハンゲショウ  花言葉  内に秘めた情熱  7/1 ○ニワナナカマド
 今年も後半戦に入った。参院選も後半戦に入った。梅雨は中休み~ 明日からは強い雨が降るという予報です。
 昨日は、どこから 侵入したのか 裏口に 蝙蝠を見つけ 外へ追い出しました。クロアゲハ蝶と思ったら、ネズミに羽が生えた姿でしたので・・・、ストーブの排気筒に潜んでいて、分解掃除に出していたストーブを 据え付け 試運転で 排気が熱くて逃げだしたに 違いないと推測

 今日のトピックス Blog6/30: 全国、大雨で警戒最大級 熊本地震に追討ち九州!? 地震・津波であれ風水害であれ、市町村対応に無理!? 民生優先!財政拡大を

「護憲+」ブログ: 太平洋戦争従軍記者 6/30 (名無しの探偵) ○御年101歳になられたむのたけじ、故丸山静雄。この二人は同じ朝日の従軍記者としてフロントライン(最前線)において戦場を報道した。その体験は、むの氏の岩波新書数冊、丸山氏の岩波新書「インパール作戦従軍記」に詳しい。
  後者の本において丸山静雄氏は、日本軍の敗走とともに戦場の生々しい現場を伝えられている。とくに私の記憶の片隅にいつもあるのは次の描写である。
  日本軍の敗走とともに従軍記者としてインパールから中国へ向かう途中、ある川のほとりでひとりの若い看護婦が息も絶え絶えでいるのを発見。近づくとか細い声で水をくださいと言っている。丸山氏は看護婦に水を与える。水を飲むと看護婦はまもなく亡くなる。
  歴史の本に書かれているのは、最前線で死んでいる兵隊ばかりであるが、従軍看護婦もかなりいたようである。
  むの氏は、ここ10年位講演を続けている。最近の講演がテレビで流されている。むの氏は「従来から若い人たちは関心がないという声を聞いてきたが、最近の若い人は私の話をちゃんと聞いてくれる。若い人に希望を託したい」と。むの氏は今の政治情勢を招いた原因の多くが中、高年の人たちにあると思っているのであろう。
  残念ながらこれは当たっている。安倍政権に代表される自民党のアメリカ追随の政治は、現在出来たものではない。憲法を軽んじてきた自民党の政治は、長い前史が存在する。
  むのたけじ氏は、憲法9条に戦争を根絶する根拠を見出してきた。それは、従軍記者としての体験から来たものである。
  むの氏の本(岩波新書3冊)には歴史家にはないパースペクティブがある。それは、歴史を人類史から説き起こす視点である。凡百の歴史家たちが決まって言うのは、人類史を紐解けば戦争の歴史に辿りつくということだ。
  しかし、むの氏は人類史をそのように観ていない。縄文時代のように階級が成立していない時代に戦争はなく、平和な時代が続いた。今の歴史の記述で本当に人類史的な視野に立って書かれた本は少ない。むの氏の本にはそれがある。
  私はむのたけじと丸山静雄の本から希望を学んだと思う。丸山静雄氏が過酷なインパール作戦の従軍から生還できたのは、氏によれば「多くの日本軍の兵士と違い、私は戦場体験を伝えるためにここに来たのであって、戦闘目的ではないので生還できた」のだと。
  むの氏も同じであったと思う。むの氏は講演で言っていた。「安倍政権を倒す、戦争を殺す。このことで希望を持つ。今は死んでいられない。」むのたけじ、101歳の言葉に勇気づけられた。
イシャジャの呟き: ハーフタイムデー  ☁  ☂   誕生日の花  カンナ  花言葉 情熱 尊敬  6/30 ○ヒルザキツキミソウ
 今日は,今年の前半終了で ハーフタイムデーだと検索で出てきました。
 東条内閣が、昭和19年、集団疎開を閣議で決定した日でもあるそうだ。NHK
 朝ドラ”トト姉さん”では 空襲があったり、班長や国防婦人会が 金属類の供出を国民に迫っている場面がありました。暗い時代でした。 深川から 我が家にも 従弟たちが疎開してきたことを覚えています。
 今日は 部分入れ歯が完成し 調整して貰ってきました。80歳 20本はならず、自分の歯は18本だそうで、
 この歯と共に 人生を噛み締めて余生を送ろう。
 分解掃除に出していたストーブが帰ってきて 据え付けが終わりました。夏の期間は無用の長物・・・、居間が狭くなる。
 今日のトピックス Blog6/29: 英国民投票“EU離脱”反発・混乱に鑑み 主権者を欺く不届きは固より 一切を情報公開後、説明責任を果たし、その意思を問おう

「護憲+」ブログ: 7/10参院選は粛々とやるのですか? 6/29 ○毎日見る、朝の情報番組。また芸能人が覚せい剤で逮捕された!、英国がEU離脱か?、池からバラバラ遺体発見!、サッカー日本代表キャプテンが結婚発表!、都知事候補に嵐櫻井くんパパを打診!・・・どのチャンネルもこれらの話題に時間を割いています。
  確かに重要な話題もあります。しかし、参院選まで2週間もないのに各政党の動向や候補者の話題が全く出ないなんて、おかしくないですか?
  そして、ポロッ!と出るのは共産党の議員が「自衛隊は殺人に行く」発言をして要職を辞任したなど、野党の話。参院選の争点どころか参院選の実施自体の話題を避けているように感じます。まさか、芸能人の覚せい剤逮捕もワザとこの時期に当てたのでは・・・と邪推してしまいます。
  議会で今、何を論争すべきかを棚上げし、「投票率が低ければ、若者の関心をそらせば参院選は与党の勝利」という方程式で投票するだけの選挙を行い頭数だけの議員を揃えるならば、参議院なんて不要・・・ああ、でも・・・それは独裁国家の始まりになってしまう!
今日の「○」と「×」: 「○」 日本国憲法を読んで、投票先を判断しよう。 6/29 「○」 コミック誌スピリッツ、付録に憲法 漫画家のイラストも 朝日新聞 塩原賢 2016年6月29日  ○7月4日発売の「ビッグコミックスピリッツ」に、憲法全文の小冊子が付録として付くという。
 自民党はすでに憲法草案を発表し、今回の参院選の公約にも改憲をこっそり忍ばせているが、街頭演説などでは改憲にはまったく触れず、選挙の争点にすることを避けている。
 自民党憲法草案はこちら
 自民党草案に関する解説はこちら
 第二次世界大戦の甚大な犠牲を教訓に作られた日本国憲法を、自民党の国粋主義憲法に変えさせてはならない。
 改憲が参院選のはっきりした争点であることを、しっかりと認識して、投票先を決めてほしい。
  ⇒特集:2016参院選
  ⇒朝日・東大谷口研究室共同調査
  ⇒特集:18歳選挙権
イシャジャの呟き: 佃煮の日  ☀  誕生日の花 クチナシ  花言葉 私は幸福すぎる  6/29 ○ブルーベリー
 気温27度の予報、家中の窓を全開し 通風を図る。耐えきれない時は エアコンの世話になるのだが
 窓を閉め切るのが、嫌いだので・・・・
 ブルーベリーが実をつけました。ナツツバキの近くに植えたので 大きくなれないようです。
 移植も考えてはいるのだが、活着する前に 爺が逝くのではと思案し 踏み切れないのです。
 6月も明日で終わり、今年も181日が過ぎ、残185日 閏年だから 1日多いのだ。
 地元紙から配布された6ケ月歴を 7月からのものに張り替えました。後半戦に突入   ★活着するには、いかほど?生命力に活!?かも
 今日のトピックス Blog6/28: 人権・主権困難の時 国税と地方税の配分(国に厚く、地方に薄い)、抜本的に改め、備えねば!? 安倍失政、EU離脱混乱 人心一新免れぬ

イシャジャの呟き: パフエの日  ☁  誕生日の花 ササユリ  花言葉  稀少価値  6/28 ○新ジャガイモ 
 この前の強風で茎が揺れたジャガイモを試し堀してみたら、指に触ったのが これでした。
 スーパーで買ったものに 混ぜて 汁のみにしましたが 美味しくいただきました。
 今日は 予約していた散髪の日で、中心市街地まで 外出、昼食は 冷たいラ~メン、山形名物、単身赴任で出会った 冷たいラーメン 懐かしく 噛み締めました。
 期日前投票所予定地に 7月3日から受付と張り紙してあったので、来週 連れの通院の際 投票することに予定、今日の候補者は 県南、県北を回っているようで、県都は空き、空き巣が入ってもおかしくない。
 パフェの日とは、プロ野球で藤本英雄投手が日本最初にパーフェフトゲームを達成した日だと検索結果でした。
 今日のトピックス Blog6/27: 英EU離脱  公約「うそ」認める離脱派 日本の幹部「うそ」を認める器量なし 主権者への畏敬、悪代官の差によるか!?  ★国民主権に忠実か、市民革命以来の伝統に忠実か、市民、同輩に忠実か、日本国憲法下の政府でありながら、党是で否定し続け、ニセ民主主義を掲げ、実は、後戻り・復古を狙う不忠者が良いのか? 主権者の真価が問われている、法の支配に従い乍ら、偽者を断ち、正常化への道標にするのかどうかの。

「護憲+」ブログ: ひきこもりと日本国憲法 6/27 (パンドラ) ○以前「サロン・ド・朔」で「ひきこもり界隈の現状と自らのひきこもり体験」を講師として語って下さった‘ひきこもり名人’勝山実さんが、雑誌「週刊金曜日」の7月1日号から「ひきこもりパラダイス」というコラムを連載する事になりました。
  勝山さんは、「毎週発行の週刊金曜日は締め切りのプレッシャーを感じる」と冗談ぽく語っていましたが、是非ガンバって続けて欲しい所です。
  勝山実さんは、ご本人のお話によりますと、幼少の頃から御家族が教育熱心の余り、本人の意志に関わりなく勉学生活を強要され、その実態は虐待に近いものがあったということです。いわゆる「燃え尽き症候群」に陥ってしまったのかも知れませんが、高校生になった時から不登校に近い状態になり、成人してからは、大学進学もする事なく、ひきこもり、ニート状態。詳細は2000年初頭に発行された「ひきこもりカレンダー」という著書に書かれています。
  勝山さんの言動は自虐的な部分もあり、親や社会に対するプチブラックユーモアもあり、2000年初頭にテレビ出演された時は、社会のパラサイトする若者に対する批判的風潮も有り、かなりバッシングされたと記憶しています。
  しかし、彼の言動は、親に対する批判、怒りだけでなく、現在の日本社会にある矛盾や格差をも見据えています。ひきこもりというと、家に籠ってひたすらネットでネトウヨ的投稿を繰り返す人達、というイメージがあるかもしれませんが、中には、勝山さんのように、脱原発の人や日本国憲法を護ろうと集会やデモに参加している人達もいるのです。
  デモや集会に参加したらもうひきこもりではない、という人もいるかも知れませんが、それは別の話しとして、実は日本国憲法と彼らのスローライフ的生き方は親和性があるのです。
  日本国憲法の条文にある「基本的人権」は、ひきこもりの人達にも、路上生活者の人達にも権利としてあるはずですし、自分の事は自分で決めたいという強い意思は、「主権在民」にも通じるものがあると思います。
  何よりも憲法25条「生存権」の「全ての国民は、健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有する」という条文は、ひきこもりやニートの人達にとって
  の強い味方であるのです。
  それらを変えようとする政権には、批判的眼差しを持っている人達でもあります。そして、日本国憲法は何よりも優しくて、懐の深い憲法だという事を一番良く知っているのは、彼らなのかも知れません。
  働かない生き方には批判の声もあるかもしれませんが、今は「働けない、働かない」時であり、ひきこもる事で「自己との対話」を繰り返しながら社会に目を向け、自分の居る場所を探しているのではないでしょうか。
  それはともかく、自称、ひきこもり伝道師、勝山さんの飄々とした、そこはかとないユーモア漂う「ひきこもりパラダイス」を楽しんで下さい。それは、ギスギスした今の生きづらい社会に、湖に投げられた一石のような存在になるのではないかと思います。
「護憲+」ブログ: 英国のEU離脱選択と日本 6/27 (流水) ○イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票で離脱派が勝利した。世界中の政府・メディアが注視したが、大方の予想を覆す投票結果だった。日本への影響は甚大で、円高は一時100円を切り、株価は一万五千円を割り込んだ。リーマンショックもそうだったが、こういう大変動時、世界経済の中で一番割を食うのが日本。まあ、これも当たり前で、対米従属一点張りの日本政府・外務省・財務省の国際性の無さがこういう大変動時への対応力を喪失させている。
  特に株価の下落による年金の損失は甚大で、今回の下落前の損失が約5兆円。今回の大暴落で、損失額はその数倍に膨らんでいるはずだ。この事に触れないメディアや評論家など存在に値しない。
  ※( GPIFの年金資金、たった1日で約3.6兆円も消えた!イギリスショックで日経平均株価が1286円安!玉木議員「対策をするべき」 2016.06.25 21:00 情報速報ドットコム   )
  日本での大方の見方は、EU残留派の主張に即したもので、スコットランド独立投票と同様に、なんだかんだ言っても、最後は残留派が勝利するだろうというものだった。
  ところがそうはならなかった。
  わたしは、23日の「サロン・ド・朔」の会合に出席し、よく24日に帰郷したのだが、倉敷駅で、EU離脱の号外が配られていた。多くの人が受け取っていたが、この投票結果をどう受け取れば良いのか、みな戸惑っているように見えた。わたしには、この戸惑いの表情が、現在の日本や日本人が置かれている世界的立場(国際性の喪失)を象徴しているように思えてならなかった。
  たしかに、ニュースとしては、多くの国民が、英国の国民投票を知っている。しかし、株の乱高下や円高・円安の要因としての英国の投票は知っているが、一体全体何故このような投票が行われるのか。それよりも何よりも、そもそもEUとは一体何なのか。EUと英国の関係性は何なのか。歴史の中でのEUの意味とは何なのか。多くの人は、あまり良く知らないし、関心もそんなにないだろう。まして、EU離脱のニュースが何故号外になるのか、などは、ほとんど関心の外だろう。欧州や米国の人々の関心などは、日本人からすれば、ほとんど異次元のものだと言わざるを得ない。
  この日本人の国際性の無さは、政府自民党のあわてぶりによく表れている。昨日からの安倍首相の演説、公明党山口代表の演説がその事を象徴している。彼らは、『こういう大変動の時こそ、政治の安定が必要』とのたまわっている。一言も株価の下落によるGPIFの損失(※一説には15兆円超)には触れない。中には、安倍首相が今回の離脱劇を予感していたなどと持ち上げるバカもいる。もし、それが予見できたのなら、GPIFに指示して、年金の下落を防ぐ手立てを講じていて当然である。それもしていなくて、何が予見か。馬鹿も休み休み言えと言う話だ。
  英国のEU離脱による円高や株価下落は、市場のリスク要因というだけではなく、日本経済のリスク要因として備えておくのが為政者としての常識。最悪の事態に備えた手段を用意しておくのも常識。国民の虎の子である135兆円にもなる『年金』のリスク管理などイロハのイ。それすら何も出来てなくて、何を威張っているのか。本当に度し難い馬鹿としか言いようがない。
  政府が国民に語るのなら、政府は最悪の事態に備えて、GPIFによる年金のリスク管理はきちんとしている。離脱派勝利による損失は最小限に抑えられたので安心してください。さらに英国で展開している日本企業の活動に対しても、最小限の損失で収まるように事前に手段を講じているので、安心しなさい、というメッセージだろう。それも、きちんとした数値と方法を提示しておこなうのが、最低限の政府の義務だろう。
  つまり、政府の『国際性』とは、今回のような場合のリスク管理を伴うものである。これが「驚いた」「予想を外れた」などというのは、言語道断。正確で的を得た政策を打つために、外務省があり、多くの国際会議があり、政府間交渉があり、その為に多数の人員が働いているはずである。それにかかる費用も莫大。それでも、今回のような事態に備え、的確な手立てを講じ、被害を最小限にとどめる事ができれば決して高くない。それを「驚きました」「予想に反した」などというのは、個人の言い訳なら許されるが、政府としては決して許されない。
  最初に紹介した安倍首相・山口代表の言葉にも唖然とするが、菅官房長官の『増税を見送って良かった。政策判断として正しかった』などという感想は、論外。ただ,運が良かったなどと言う程度の認識で国の舵取りをされたらたまらない。
  ★そもそも、何故英国は国民投票をしたのだろうか。世界の支配層の間では、キャメロン首相の選択を疑問視する声が多い。(日本でも、日本テレビの橋本五郎などその筆頭)
  「英政府が今回、国民投票を行った理由」
  ①EUの先導役であるドイツとフランスが、EUの政治統合を加速しようとしている。⇒これは、EU加盟各国の国家主権(財政や安保などに関する議会の決定権)を奪う事になる
  ②英国の上層部には、EUに参加して国家主権を剥奪されることに反対する勢力が以前から存在する。(※特に保守党)⇒EUに残留して、国家主権を剥奪されるのを是とするか否とするか、国民投票に問えと主張⇒キャメロンは彼らの主張を抑えるため、国民投票に合意。2015年に2017年末までにEU残留の可否を問う国民投票を実施する法律を作った。⇒このキャメロンの見通しが甘かったというわけである。
  ★英国の過去の国家戦略
  英国は、他のEU加盟各国と違い、EUを利用して、自国の都合のよいやり方を貫いてきた。独仏が主導する国家統合(国権剥奪を意味する)に参加はしているが、ユーロを通貨として採用していない。シェンゲン条約(国境検問をなくす)にも入らない。このように、うまいこと国権を残したまま、EU中枢部の政策決定に関与して、英国に都合の良い戦略(対米従属やロシア敵視など)を欧州にとらせてきた。これは、米国にとってもきわめて重要で、英国を窓口にして、EU中枢部の政策決定に影響を及ぼしてきたのである。英国外交戦略の大目標は、ドイツの台頭や欧州の対米自立(親露化)を防ぐため、EUを腑抜けにする事である。
  その為、英国はEUの国家統合には賛成ではないが、戦後米国の方針はEUの国家統合に積極的であり、表だって反対できなかった。だから、国家統合には参加しながら、英国独自のスタンスを貫き、存在感を発揮してきた。大英帝国の伝統を引き継ぐ見事な大人の外交戦略を駆使してきたと言ってよい。
  このように英国のEU戦略には、裏表がある。だから、英政府は国民投票などやりたくないというのが本音だった。しかし、イラク戦争後の米国の覇権後退。それを見た独仏は、EUの欧州統合(対米自立)を加速し始めた。ブレアのイラク戦争参加戦略の失敗もあり、英国は表立って欧州統合に反対しづらくなってきた。
  ★今回の国民投票でEU離脱派が勝利したのは、英国の国家戦略が大失敗に終わった事を意味している。
  その理由の一つに、金融の中心シティの動向がある。欧州中央銀行を中心に国際的な金融取引に課税する計画がある。さらに、パナマ文書で明らかになったタックスヘイブンの問題がある。タックスヘイブンの多くが、かっての英領植民地である事からも明らかなように、このような問題にロンドンのシティが深くかかわっている。欧州統合がこれ以上進展すると、EUの金融ルールが適用され、シティの儲けが減少する。それだけではない。タックスヘイブン問題なぢで、道義的責任も追及の対象になりかねない。シティは表だってEU離脱は叫ばなかったが、どうやら積極的に残留支持にも動かなかったのではないか、と言われている。
  ★独仏はどう動く
  昨日早速EUの声明が出た。他の加入各国に影響が出るので、英国は離脱手続きを急ぐようにというものだった。この声明に象徴されるように、おそらく独仏は、欧州統合=【国家統合】を急ぐつもりである。
  もともと、EUの中枢部(独仏中心)には、米国の軍産複合体と結びつき、無理な東欧諸国の加入やウクライナ危機、ロシアとの緊張関係の増幅、米国と組んだトルコのエルドアンの移民放出作戦の許容など英国に対する不満が高まっていた。だから、英国のEU離脱は渡りに船。間違いなく、独仏は欧州統合【国家統合】を急ぐ方向に舵を切る。さて、英国はどう対処するか、みものではある。
  ★米国の動き
  米国は今回の英国のEU離脱決定に大きな衝撃を受けており、きわめて不快感に包まれているだろう。あまり知られていないが、アメリカ国立公文書記録管理局で発見されたCIA文書に、EUはCIAの構想であり、狙いは、アメリカ政府がヨーロッパに対する政治的支配を行うのを容易にすることだ、と明確に書かれている。アメリカ政府にとって、28の個別の国々を支配するより、EUを支配するほうがずっと容易である。しかも、もしEUがほころび始めれば、アメリカ政府の侵略にとって必要な隠れ蓑であるNATOもほころびる可能性が高い。
  米国から見ると、EUはアメリカ政府と1パーセントの支配者のために存在するものであり、他の誰のためのものでもない。イギリス人、フランス人、ドイツ人、イタリア人、ギリシャ人、スペイン人、そして他の全ての国民を、国民として消滅させるのが狙いである。全てがEU人であり、米国はEU政府と交渉すれば、全てに決着がつけられる。きわめて合理的であり、無駄な時間や労力を節約できる。
  この視点から、TTIPやウクライナ問題、トルコ経由の難民流入問題などを眺めると、米国の壮大な戦略が見えてくる。現実にEUのリーダー層・官僚などは、明らかに米国戦略の意図通りに動いている。これは、日本の官僚が米国の意図を受けて動いているのと同じ構図である。
  日本人はあまり考えていないようだが、西側経由のウクライナ問題などのニュースなども相当なバイヤスがかかっている。この事を考慮に入れて世界の動きを注視しないと、世界の孤児になる可能性が高い。
  こう見てくると、今回の英国のEU離脱は、米国にとってかなりのダメージであり、その修復には相当な時間がかかると思われる。
  ★ロシア・中国の動き
  ロシア・中国も英国のEU離脱を固唾をのんで見守っていた。プーチンと習近平は早速会談し、足並みをそろえて今後の世界情勢に対応するようだ。ロシアと中国は、自国通貨での決済を拡大すると北京訪問中のプーチン大統領が、明らかにした。
  ・・さらに、中国は、25、26日に北京で開かれたアジアインフラ投資銀行(AIIB)の第1回年次総会を開催した。当初、AIIBは57国参加を表明。(日本と米国は不参加)現在は、他に30ケ国が参加表明している。今回の年次総会では世界各国の元首や首相などの要職の経験者10人程度で構成する「国際諮問委員会」が設置される見通しで、金立群総裁が人選に奔走。これで中国主導との批判や透明性にも一定の評価が与えられるだろう。

  また、「ロンドン、ニューヨーク、フランクフルトといった金融センターに資金調達を担う拠点を設ける」と既に発表しているが、東京が資金調達から外されている印象を世界のマーケットに示している。既にAIIBは、ADBや、欧州復興開発銀行(EBRD)、世界銀行とも協調融資の協議は進んでいて日本包囲網は出来つつある。伊勢志摩サミットの経済合意とは一体何だったのか。
 ・・・・・ ・・・・・政界地獄耳 AIIBの日本包囲網  2016年6月25日9時19分 日刊スポーツ 
  ◎英国のEU離脱をどう見るか
  今回のEU離脱の大きな理由に移民、難民問題を取り上げる解説が多い。EU域内(特に東欧諸国)の安い労働者の流入が、英国労働者の仕事を奪い、賃金を安くしている。同時に、毎日毎日テロにおびえるのはまっぴらだ、という心理的理由もある。この反移民・反難民感情はあるだろうし、無視できないかも知れない。しかし、今回のEU離脱の要因を移民・難民問題だけに限定して考えると大きく間違うだろう。何故なら、この種の報道や解説には、『差別主義』は良くない、という前提がある。『差別主義』に公然と賛成する人は少ない。この傾向に則り、EU離脱派を貶めるというプロパガンダに使われている場合が多いからである。これは、米国のトランプ現象やサンダース現象の場合にもよくつかわれた手法である。
  では最大の要因は何か。『反グローバリズム』ただ1点である。EUに対するCIA文書で明らかなように、EUの『欧州統合』は明確な国民国家消滅プログラムである。マルクスの国家消滅理論は、人間に対する国家障壁消滅理論であり、人間に対する愛情が根底にある。
  ところが、CIA(ネオコン)が計画する国民国家消滅は、米国一国支配の合理化のための計画であり、各国や各国民の紡いできた歴史や伝統に対する何の敬意もない。ただ、1%支配層の支配の合理性追求のための手段である。
  今回の英国のEU離脱は、その指導者たちが、このような米国の狙いを熟知したうえで行われていると見るのが至当だ。つまり、米国内の米国一極主義者(ネオコン連中)と多極主義者の争いの代理戦争だと考えた方が良い。
  米国と言い、英国と言い、『大衆の反乱』とでも呼ぶべき現象が起きている点に注目すべきである。新自由主義理論に基づいた経済政策の拡大により、貧富の格差は、もはや看過できないまで拡大している。さらに、この経済格差は、国家間の経済格差の拡大につながり、世界の不安定要因になっている。
  最近のEUは、憂慮すべき情況にある。覇権後退が加速している米国は、EUが対米自立しないように全力で邪魔をしている。(※最近の日本の政治情況と酷似している)軍産複合体やネオコン連中は、NATOを使いロシア敵視政策を延々と続けている。
  米連銀(FRB)は、欧州中央銀行(ECB)にQE(債券買い支え)やマイナス金利をやらせ、米国金融システムの延命に協力させている。(※これもまた黒田日銀の金融政策と同じ)
  最近とみに独裁化したトルコのエルドアンに入れ知恵をして、難民を欧州に流入させる方策を取らせたのも米国。(※シエンゲン条約の空洞化)EU中枢部はトルコを嫌っているが、米国の圧力に負けて、エルドアンに寛容にならざるを得ない。
  このように見てくると、今回の英国のEU離脱劇。米国の圧力に抗しきれなかったEU諸国(独仏など)中枢部にとって絶好の機会になるかもしれない。欧州統合を急ぎ、対米自立の方向を確立すれば、現在のEUを悩ましている多くの問題の解決の方向が見えてくるかもしれない。
  しかし、現在のEUの情況に不満なのは、何も英国だけではない。多くのEU諸国にも不満が渦巻いている。その為、英国の離脱劇のドミノ現象が起きるかもしれない。
  このように見てくると、以前にも指摘した事があるが、覇権力が衰退している米国の「悪あがき」が諸悪の根源である事が分かる。個人でも組織でもそうだが、覇権力の衰退期は、過去の栄光を取り戻そうとして無理をする。この無理が、周りにかかる迷惑を倍増する。この迷惑が、周囲の混乱を増幅する。
  現在のEUの混乱は、日本の混乱と同根である。英国のEU残留を期待し、当然のこととした勢力は、米国一国覇権を当然と考える勢力である。彼らの思考はそこで停止しているので、今回のような予想外の出来事に対処できない。
  ただ、英国でも米国でも現在の世界の理不尽な秩序に対する大衆の反乱が際立ち始めた。その点だけが、日本の情況と決定的に相違する。今回の株価の大暴落を契機にして、年金喪失を徹底的に追及し『大衆反乱』情況を現出すれば、安倍ファッショ内閣を追い詰める事は可能である。
「護憲+」ブログ: 「#自民党に質問」を拡散希望! 6/24 (猫家五六助) ○「#自民党に質問」。これぞ、国民の声!素朴な疑問!こういう「あれ、なんか、変だぞ?」という気づきで、重大な欠陥や陰謀が露呈してくるように思います。
  東京新聞6/23付「こちら特報部」記事の見出しは「『現状無視』『矛盾露呈』選挙直前、一億総活躍プラン」【こちらは記事の前文です】。小見出しには、
  ▼賃金引き上げ「焼け石に水」?
  ▼保育士・介護士増員、甘すぎる想定
  ▼働き方改革「長時間労働是正」うたうが・・・本当に導入したいのは「残業代ゼロ」?
  ▼財界と推進「再興戦略」と逆方向
  とあります。この本文は、
  +++++++++++++++++++++
  この参院選では私たちも厳しく問われる。
  「アベノミクス」は成果を出しているのに「消費税増税は再延期」というような論理の破綻をどう考えるのか。
  「この道を。力強く、前へ」進むと、どこへたどり着くのか。
  私たちには考える責任がある。
  責任を果たすこと抜きに自由はない。
  +++++++++++++++++++++
  こう締めくくっています。
  「アベノミクス」は国民にとって大失敗です。しかし、財界や富裕層にとっては大成功なのです。大多数の国民が幸せでないのに一部の特権階級だけが潤っているから、日本の景気などよくなるわけがない。
  安倍政権は意図的に富裕層を潤わせて支持をとりつけ、一般国民は薄っぺらな言葉でごまかしています。私が「#自民党に質問」に続けるならば、
  ▼アベノミクスは「トリクルダウン」していないよね?
  ▼消費税8%の増税分3%は何に使ったの?
  ▼福島原発の「炉心溶融(メルトダウン)」がバレたのに「アンダーコントロール」は訂正しないの?
  ▼アベノミクスを継続するのに増税延期の「新しい判断」は説明しないの?
  このように書きます。安倍首相の「責任をとる」は口先だけだから、責任とれる人、答えてっ!
「護憲+」ブログ: change.org「陸上自衛隊に新エンブレムの撤回を求めます!」への反響 6/26 (猫家五六助) ○このネット署名キャンペーンに賛同した方々から寄せられている多くのコメントから要約引用します。
+++++++++++++++++++++++++++++
・まるでやくざの紋章だ。このような暴力・殺戮礼讃のシンボルをエンブレムに用いるとは自衛隊=日本軍の本質を明らかにしている。
・自衛隊は防衛力であって暴力ではない、抜身の刀を誇示する事は威圧・暴力を意図したものと疑われかねない。
・~私の祖父も陸軍士官学校から中国侵略に参加した。~二度と軍刀をエンブレムとして扱うようなことはすべきでない。
・これを見たアジア諸国民が日本に対してどのような感情を抱くのか!全くの想像力の欠如。
・チャラチャラした暴走族などが虚勢を張る、あるいは自己陶酔のために着る、いわゆる「特攻服」の背中の刺繍にしか見えません。~あまりにも幼稚で、センスが悪く~
・~余りにも子供っぽ過ぎる軍オタ風デザインと安っぽい仕上がりが情け無いです。
・漫画の見過ぎとしか思えない下品なデインですよ。それに気が付かない関係者~
・恥ずかしいからやめてくれ。こどもの戦隊ヒーローモノじゃあるまいし。
・国がこんな三流の任侠漫画みたいなことしちゃいけません。
・まるで戦前回帰の軍国主義丸出しの醜悪さです。
・尊王攘夷のエンブレムかよ。
・これでは自衛隊ではなく、安倍首相が言う国防軍ではないですか。もう憲法が変わったという意識になっている
・とうとう軍国日本の亡霊が現れましたね。安倍政権と軌を一にしています。
・秘密保護法、安保法案強行採決、憲法改正発言武器輸出などの一連の流れのなかで調子に乗ってここまできたか、という感じです。
・このデザイン、時代錯誤。自民党が軍国主義の独裁国家を目指している~
・これこそ日本会議とこの団体に所属する国会議員が求める戦前の強い日本への憧れでしょう。
・「日の丸の下いつでも出て行って切るぞ」と言う気持ちを表した、安倍内閣のシンボルマークとしてはデザインを含め出色だと思います。
・見たとたん凍りつくようなエンブレムに誰が誇りを持てるのでしょうか。
・元自衛官ですが、こんなもの現役隊員も望まないんじゃないかな。
・いい大人が集まって、こんなものが採用されようとしている事実が信じられない。
・うわっ(>_<) これ、刀じゃなく握手、ではだめですか??
・カタナでバツ印を作るより両手で握手する自衛隊であってほいしです。
++++++++++++++++++
「いい大人が集まって、こんなものを」、集まったのは陸幕?、安倍首相?、ヒゲの元隊長?、ナチスの標榜者?、旧軍の信奉者?
コメントには嫌悪感、違和感、批判、呆れ、とまどい・・・そして、「刀じゃなく握手」という希望。国民のほうが、どれほど真っ当な感覚を持っていることでしょう。見て見ぬ振りをする安倍首相は、即刻退場!
「護憲+」ブログ: 「こども食堂」を知って 6/26 (猫家五六助) ○「こども食堂」のお話と現状、とてもよく理解できました。「かわさきフードバンク」の新聞記事でも同様ですが、見かけではわからない貧困がじわじわ増えていて、母子家庭や非正規社員の増加で子供達に負担がかかっているのが現状のようです。
  私が小・中学生の頃は兄のお下がりが多く、サイズが合わなかったり靴下のゴムが伸びていたりしても我慢して登校しました。しかし、私よりもひどい格好をした同級生も2~3人はいた時代です。親は衣食住の「食」を優先していたとは思いますが、意外にも母は食事に無頓着で、進駐軍でコックをしていた父のほうが栄養に気をつかってくれた記憶があります。
  一方、今の親は「衣住」を優先し、他人の目を気にして暮らしているように思います。子供の食事には無頓着でも親子で万単位のスマホ代に給料を当てる時代ですね。ほとんどの親が自分から「食事を援助して」とは言い出さないし、放っておいても子供はカップラーメンやスナック菓子で小腹を満たしてゲーム機に熱中しているから、まぁ、いいか・・・と。中には友達の家でいつも食事をさせてもらい、知らん顔の親さえいます。
  そんな中から、必死に働き子育てをしていても生活費が足りず本当に援助が必要な家庭を探してサポートするのは大変な活動だと思います。単純に子供へ「食べにおいで!」と声をかけても、子供は親・家庭への帰属意識が強いですから、まず親を説得・教育すべく当該家庭へ通うのは根気のいる活動で、本当に頭が下がります。
  米国などではキリスト協会が寄付金をもとに衣食を振舞うようです。しかし、それ以前に政府が経済・社会の底辺層を切り捨てない政策を進めるべきでは、と。
  少なくとも子供たちが満腹で幸せな気持ちになれば非行犯罪が減り、学習意欲や勤労意欲が高まり、日本の将来にとってプラスになるはず。安倍政権や自民党には、そう考える政治家がいないのが情けないです。
「護憲+」ブログ: 陸自「新」エンブレムの怪 6/25 (猫家五六助) ○陸自の新エンブレムにある「抜刀した日本刀」に違和感を覚えたのは、防衛省本省(旧陸自・市谷駐屯地)で三島由紀夫が起こしたクーデター未遂~割腹自決事件があったからです。Wikipediaから引用すると、
【三島事件(みしまじけん)】1970年(昭和45年)11月25日に、日本の作家・三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹自殺をした事件である。三島と同じ団体「楯の会」のメンバーも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たてのかいじけん)とも呼ばれる
  以上、戦後この事件ほど日本刀が意味を持って使われた事件はないと思います。三島由紀夫の主張は「今の憲法下で自衛隊は否定されている。志ある自衛隊員は立ち上がれ」というものでした。しかも、陸自・東部方面総監が陸自の中枢建屋・総監室でやすやすと拉致され、日本刀で脅されて人質になったわけで、陸自のセキュリティ・危機管理面で最悪の事態に日本刀が使われたのです。
  三島由紀夫の主張・行動を否定的にとらえるか、肯定的にとらえるか。その答えが新エンブレムに反映されている・・・と解釈されても仕方ないのでは。
  さらに興味深いのは、Wikipediaのこの部分。
【三島由紀夫】(三島の)父・梓は、一高から東京帝国大学法学部を経て、高等文官試験に1番で合格したが、面接官に悪印象を持たれて大蔵省入りを拒絶され、農商務省(公威の誕生後まもなく同省の廃止にともない農林省に異動)に勤務していた。岸信介、我妻栄、三輪寿壮とは一高、帝大の同窓であった。
  三島由紀夫の父親と岸信介の関係性は不明ですが、祖父を信奉する安倍首相は自衛隊に対して右傾化した思い入れがあるのでは。それを忖度した陸幕が・・・と邪推したまま、陸自の公式HPにある「新エンブレムの解説」本文を読むと不気味です。
  私がイメージする「自衛隊と日本刀」には、日本陸軍の残虐行為や暴力団・右翼思想グループの威嚇行為がついて回ります。陸自の新エンブレムは無神経なのか、確信犯なのか。いずれにせよ、国際的には笑いものではないか、と。
イシャジャの呟き: 演説の日 ☁  ☀  誕生日の花  ホタルブクロ  花言葉 正義  6/27 ○ホタルブクロ 
 朝から 青空が広がって 梅雨の中休みらしい。脚立に上がって 柿の摘果を済ませる。
 喬木の柿だから 枝が地面につくくらい垂れていて、枝垂れ柿と命名しよう。数はなくても 大きな実になって欲しいのだが・・・ 欲 タガレ
 昨日の風で 幹が折れた ジャガイモ1茎あり、探り掘りした結果 ↓ の実がついていました。新ジャガイモの収穫、だが 本収穫は、茎が枯れてから 収穫します。
 参院選の候補者は、どこをさまよっているのか、秋田市内は ガラ空き、昨日は、蓮舫氏が 県都駅前で演説したとの報道があったが、演説は聞きそこなった。若い頃、仕事帰りに 社会党党首 土井たか女史が「山が動いた」との演説を聞いて 流石と感動したことを思い出した。
 今朝の新聞折り込みに、愚かな最高責任者の 大写しの顔入り、いつか来た道へ。力強く、前へ。のポスターが入っていた。愚の骨頂だ、、、 ムカついたので ゴミの日なので 袋に入れて 生ごみと一緒に、ゴミ置き場へ
 下端に小さな字で ↓ のように書いてありましたが、ゴミ袋に入れることも 法律で認められているのでしょう !! カラスの勝手でしょう・・・
 * このビラは、街頭で 通行人に手渡したり、各戸に配布するなど自由に配ることが法律で認められています

 今日のトピックス Blog6/26: “EU離脱”の波紋 投票やり直し署名/英国は直ちに“離脱”手続きを~EU/10月新首相が交渉//英国内・独立巡る住民投票、反EU迄  ★英国内にいる、英国人以外の、英国に貢献した、移民、或いは、EU圏の人々の不安、惧れ、如何ばかりか!? いつから、誰が、どんな制限、”国外退去”かと。

「護憲+」ブログ: 「こども食堂」って何だろう・・・  6/25 (笹井明子) ○6月23日の「サロン・ド・朔」では、昭島市のこども食堂「あきしまこどもクッキング」代表の小川真一さんに「こども食堂ってなんだろう」のテーマでお話をしていただきました。
「こども食堂」については、貧困問題のひとつの切り口として、最近マスコミでもしばしば取り上げられていますが、マスコミの報じない側面を含め、現場のお話しを直接伺うのは初めてでした。
  まず、「こども食堂」とは、「貧困」「孤食」に陥った子供達に食事を通じて社会との繋がりを持ってもらう支援をする場とのこと。
  開設に当たっては、対象者の選定、場所の選定、行政との関わり、資金調達、食材の入手法、働き手の確保など、様々な問題を解決しなければなりませんが、中でも対象となる子供達にどうやって来てもらうかが、最初の難問だということです。
  例えば人口13万の昭島市では、特定寡婦控除の対象(子供がいる一人親で年収が500万円以下)は約1500人。その殆どが年収150万円以下(半数近くは55万円以下)とのことで、一人親家庭の厳しい現実が存在しています。
  しかし、日常生活の中で貧困は見えづらく、また貧困家庭として参加を働きかけられることに、親は拒絶反応があると言います(それはそうですよね)。制度や一律のシステムでは解決が難しいこの問題に対し、「あきしまこどもクッキング」では、スタッフたちが、対象の家庭一軒一軒に足を運んで信頼を築き上げることから始めているそうです。
  食材はJAやセカンドハーベストなどの協力を得ており、米や野菜は比較的手に入り易いが、調味料などの入手は難しいとのこと。また、親が料理をする時間がとれず魚を食べさせる機会がないせいか、魚料理は親も子供も食べたがらない傾向があるそうです。「こども食堂」が「食育」にまで踏み込むかも議論が分かれるとのことで、貧困が齎す問題の根の深さ、複雑さが感じられました。
  場所の選定や資金援助など、行政との関わりが必要な部分も多いけれど、行政任せだと「公平の原則」「責任の所在」などで、実体に即した臨機応変な対応ができ難い。民・民の活動に行政のサポートがあるというのが一番望ましい、というのが小川さんの意見です。「あきしまこどもクッキング」は、元々パパの子育てサークル「昭島パパネット」のパパたちが立ち上げた、民間主体の活動だそうです。
  乗り越えなければならない困難は色々ある一方で、参加している子供達が後から参加する子供達に手の洗い方や三角巾の被り方を教えるなど、自発的な行動が出てきているという話や、お金が無くて修学旅行への参加を諦めていた高校生が当日「とにかく学校に行ってみなさい」とスタッフのおばさん達に背中を押されて学校に行った結果、教頭先生の立替えによって無事修学旅行に行けたというエピソードなど、社会で孤立しがちな子供達にとって「こども食堂」は社会との繋がりを習得する場にもなっているそうです。
  小川さんは、「こども食堂」とは、自分にとっては「子供達が置かれている状態を知る場所」であり、参加者にとっては「質の良い人間関係をフラットに築く場所」だと言います。(素敵ですね!)
  強いものを優遇し弱いものは切り捨てる政治が続き、希望を持ち辛い昨今ですが、そんな状況下でも若い世代の中に自主的、自律的な共生の意識が生まれ、育ち、「こども食堂」のような、あるいは、災害被災地へのボランティア活動のような、実践的な活動が、社会のあちこちに生まれ根付いている事実をみると、日本社会も捨てたものではないという気がしてきます。
  日頃私たちは「政治は何をしてくれるのか」という基準で、政党や政治家を選択しようとしがちですが、自分たち自身が社会を担う主役であることを意識し、政治や社会を下から作り上げていくという視点を持つと、今までと違った風景が見えてくるかもしれません。
  今度の参院選にあたっては、各政党が提示する政策の評価もさることながら、「私たちはどういう社会を作っていくつもりか」の観点でもう一度捉え直してみたい、との感想を持ちました。
イシャジャの呟き: 露天風呂の日  ☂  ☁  誕生日の花  ザクロ  花言葉  円熟した優美  6/26 ○ザクロ
 気温20度、梅雨時に田植えした昔の肌寒かったことを思い出す。水苗代 油紙を敷いた保温折衷苗代~ビニール苗代 ~ ハウス内の育苗 進歩したものだと思うが、保温折衷苗代以降は よく分からない。
 明日から1週間は 雨のマークはないが 中休みとは 言わないだろう。 参院選は過熱する天気になりそう ・・・
 今日の日曜討論、政府は有効求人倍率は 全国的に1を超えたのは 〇 ✖ノミクスの成果だと宣うが、地方の高倍率の背景には 求人の増加を上回るペースで求職者が減り続けていることであり、企業側の心理を「近年の求人増は業務拡大よりも、ぎりぎりの人員で現状維持したいとう側面が強い」との見方もある・・・(新聞~引用) 
 愚かな者たちは 〇✖ノミクスの成果だどいう
今日のトピックス Blog6/25: 英「EU離脱派」勝利 思惑外れ!NYダウ激安 憲法違反の嘘吐き安倍『政治的安定必要』??? 政府に逆風! EU激震・解体か!?

イシャジャの呟き: 歯茎の日  ☂  ☁  誕生日の花  オカトラノオ 花言葉  優しい風情  6/25 ○朝から 時折 強い風が吹き 菜園を見たら ジャガイモが倒伏しており 起こそうとしても ぐったりしており 無理かも まだ 花盛りなのに 土寄せを 手抜きした為 因果応報
  慌てて雨の中、エダマメとササゲに 土寄せをする。ピーマン&トマトの支柱も補強する。
 来週は 部分入れ歯ができる予定、薬用歯磨きを使い 丁寧に歯磨きするようになってから、
 歯茎の方は 大丈夫みたいで~す・・・
 英 EU離脱へ の大見出しが躍る 今日の新聞 、英 首相 辞意表明 潔し、
 一方、我が方の 大将は 他人の精にすること間違えない と思った
 今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利

「護憲+」ブログ: 陸自「新」エンブレムを撤回しなさい! 6/24 (猫家五六助) ○このキャンペーンで、初めて知りました。
 Change.org: 宛先: 防衛大臣 「陸上自衛隊に新エンブレムの撤回を求めます!」
  東京新聞には6/3付けで記事になってるそうですが、東京五輪のエンブレム問題よりもひどい、国の根幹に関わる問題です。すでに陸自の公式HPにも掲載され、その作成経緯が解説されています。
 陸上自衛隊の新エンブレムに刀 こわもてイメージに 東京新聞 6/3 
  政治家も知識人も、誰も不思議に思わないのでしょうか、この「抜刀した日本刀」。陸自がこのエンブレムを掲げ制服につけて海外派兵したとき、海外の人はどう思うのでしょうか。
「昔、カタナで敵を切りまくった日本兵が来た!陸軍軍人の再来か?」
  という印象を与えることに考え及ばないのか。軍隊じゃないのでしょう?自衛隊ですよね?
「違憲を承知の安倍首相がやっていることはクーデターだ」と書いてあるサイトがありました。ナチスのように粛々と、目立たないところで「強い国」にしようとする、日本会議に後押しされた安倍政権。陸自の「新」エンブレム問題は、参議院選のこの時期に拡散せねばなりません。
「護憲+」ブログ: 社会権の形成史2 6/23 (名無しの探偵) ○チャップリン母子が救貧院に収容された時と同時代に、イギリスでは後に「貧困の発見」と言われる社会調査が進行していた。チャールズ・ブースとシーボーム・ラウントリーによる二つの社会調査である。
  ①ブースの貧困研究~ブースの研究は「社会階層」という概念により、一定の「職業と結びついた貧困層」の存在を証明した点に、最大の特徴がある。その職業に就いている労働者の大半が低水準の生活を送っているという職業が存在する、という仮説である。代表的なものとして「港湾労働者」などを「レーバリング・プアー」として見出している。
  次に彼は「貧困原因」の究明に向かう。21世紀の現在問題になっているワーキング・プアーの存在と貧困原因を、当時においてブースは証明したのである。新救貧法のドグマである「個人の道徳的な堕落」によって貧困に陥っている世帯は、13%以下に過ぎないことが判明した。労働者の貧困の大半は「個人的原因」ではなく雇用問題という「社会的原因」に基づくことを、ブースは証明したのである。
  ブースの雇用理論は後にベヴァリッジ、ケインズなどに継承されていく。
  ②ラウントリーの貧困研究~彼は、労働者が元気に働くためには、その肉体的能率の維持が不可欠であると考え、一人当たり日にエネルギー値3500カロリー、タンパク質125グラムが必要だと考えた。
  そして、貧困層を等級別に分類してブースの研究と同じような結論を得た。貧困測定の基準として摂取した食品の内容を明らかにするという方法である。
  こうして二つの社会調査の結果からは、新救貧法の言う貧困の原因が個人の道徳的な堕落によるものだという誤ったドグマに終止符を打ったのである。
  ③二人の社会調査の後にイギリス自由党は(まだ労働者階級が選挙で勝てる状況ではない)「セルフ・ヘルプ」(自助)から「ソーシャル・リフォーム」(社会改良)への政策転換へと舵を切る。この20世紀初頭の「社会改良政策」をもって、イギリスにおける福祉国家の始動と言われている。その特徴として、社会保険制度の創設による所得保障の実現に焦点が置かれた。
  1911年の国民保険法において失業、疾病、老齢の「三大事故」の中の失業保険と健康保険は社会保険として実現された。残る年金は70歳以上の貧困高齢者を対象にした無拠出制の老齢年金という形で実現した。
  ④福祉国家の設計図「ベヴァリッジ報告」~第2次世界大戦中の1942年11月、「社会保険と関連サービス」と銘打たれた政府の報告書が発表された。無任所大臣のアーサー・グリーンウッドから勧告書の作成を依頼された委員会の長、ベヴァリッジによる、戦争終結後のイギリス社会を社会保障中心に再建することを提示した報告書である。
  この報告書は、福祉国家の基本目標をすべての国民が「所得の維持によって窮乏からの自由を獲得すること」に置き、人生の過程で遭遇する失業・疾病・障害・老齢・死亡などのあらゆる社会的事故に対して、国民に「国民最低限」(ナショナル・ミニマム)を遺漏なく保障するべきことを主張したものであった。
  ウィンストン・チャーチルは即刻反対を表明。しかし、ベヴァリッジ報告が発売されるや否や、ロンドンにある販売所には1・6キロに及ぶ購入希望者の列ができ、最終的な販売部数は63万5000部に達した。ベヴァリッジが全面的に勝利したのである。
  ベヴァリッジは、社会保険制度で最低限の所得を補償する際に、革命的と言える大胆な原則を掲げた。「均一額の最低生活費の給付」と「均一額の保険料拠出」の原則である。この「フラットレート制」は、わが国では所得の垂直的再分配を考慮しない「高所得者に対する負担軽減・低所得者に対する負担増加」の制度として批判されてきた。
  しかし、そこには国民最低限の保障に関する彼の確固たる思想が反映されている。なぜならば、彼にとって、保険料負担は受給権の獲得とリンクしていたからである。
  現在の日本の社会保険の中の年金制度のように高い拠出は高い給付要求に繋がり、結果的に年金の高所得者と低所得者になってしまう。現在問題になっている「下流老人」の増加の問題である。国民年金だけでは40年も支払いをしても6万円強の年金しかもらえないという極端な差別構造である。
  かくして、日本社会では未だに、戦時中に出された「ベヴァリッジ報告」が永遠に理想であり、社会福祉のバイブルとされる所以がここにある。
  (参考文献;『脱貧困の社会保障』唐鎌直義著。上記の文章はこの文献に依拠しました。)

 今日のトピックス Blog6/23: 安倍首相「次の国会から改憲議論」? 憲法違反の国会が??? 憲法改正は、主権者の権利!議会は発議 憲法改正阻止は今!

「護憲+」ブログ:  「#自民党に質問」が熱い  6/23 (笹井明子) ○  まだまだ鋭い質問は続いていますが、極め付きはこれ。
  ・今回の選挙で自民党が掲げる公約のうち、どれを「約束と異なる新しい判断」で破る予定でしょうか。


 今日のトピックス Blog6/22: 参院選公示… 数を得れば戦争法、9条改悪を目論む!?安倍氏 我らは平和を求め、不安・格差解消、憲法を護り、豊かな日本に

 今日のトピックス Blog6/21: 嘘つき❕❕「大卒の就職率は史上最高」??? 格差のない労働基準法時代をお忘れか バブルも所得倍増も団塊もあった!平和に戻そう  ★元に戻そう! 人権尊重、平和主義日本、国民主権を徹底し、基盤を確立しよう。法の支配に、違反する、違憲立法(違憲無効なんだが)は跡形もなく、廃棄しよう。国際社会の誤解を招かない為に!

「護憲+」ブログ: 「いつまで政治家、気取ってんだよ」 6/21 (猫家五六助) ○「いつまで生きているつもりだよ」

今日の「○」と「×」: 「×」 40年ルール形骸化して高浜原発運転延長認可。 6/20 「×」 <高浜原発運転延長>40年ルール看板倒れ…一部審査後回し 毎日新聞 6/20
 今日のトピックス Blog6/20: 舛添知事、無言のまま“退庁” 自公との談合!?責任逃れ!? 審議・百条委員会など回避、逃げる!? 協力政党の責任を追及せよ

「護憲+」ブログ: 市民x3野党党首共同街宣6/19@有楽町イトシア 6/20 (笹井明子) ○6月19日午前10時45分から有楽町イトシア前で市民連合と野党党首の協同街宣があるという情報がツイッター等で流れてきたので、行ってみました。
 今日のトピックス Blog6/19: 沖縄 女性殺害事件受け大規模抗議集会 追悼と怒りの声相次ぐ 悲しみと怒りは、虐げられた主権者に通ず 傷みを強いるな!
 今日のトピックス Blog6/18: 高浜原発運転停止の侭(関電申立て却下!) もんじゅも廃炉に! 安全を唯一の基準に 政治も原発も、主権者本位・安全に大転換!
 今日のトピックス Blog6/17: 「いつまで生きるつもり」麻生氏??? 90歳老後不安を非難! 長生きが迷惑!? 人命・不安まで侮辱、主権者の不忠者め  ★国民が主権者!民主主義、これを理解しようとしない復古・反動の者。上から目線だけではない、身に沁みついているんだ、彼ら、天地転覆の改憲派、市民・主権者を蔑み、日本国憲法を憎む者たちには。
 今日のトピックス Blog6/16: ハンセン病患者追悼式典に最高裁から初出席 原状回復も名誉回復も、再審もしない侭では、固着させた偏見・差別は絶滅できぬ  
「護憲+」ブログ: 舛添ついに断頭台に登る 6/16 (流水) ○ついに舛添東京知事の処刑が決まった。舛添の憔悴した表情を見ていると、彼こそ本当の睡眠障害ではないか、と思う。
 
「護憲+」ブログ: 参院選にどう臨むか 6/16 (パンドラ・ 珠 ) ○珠さんのコラム拝読しました。どれも、興味深く時間があったら観にいきたいな。
今日の「○」と「×」: 「×」 アベノミクスはもう死んでいる。 6/16 「×」 円急伸103円台=株一時500円超安―日銀緩和見送りで東京市場  時事通信 6/16 ○
 今日のトピックス Blog6/15: 舛添都知事辞任の運びとなったが、政治とカネ塗れの甘利氏や資金の使途を勝手気儘を許す政治資金規正法も、正さねば!理不尽 
「護憲+」ブログ: 自由・民主主義・平和が壊れるとき 6/15 ( 珠 ) ○参院選を前に、映画のお勧めなんて呑気だなぁと思われるかもしれないが、今月から上映の3本には、つくづく考えさせられた。

 今日のトピックス Blog6/14: 舛添都知事を巡る問題=自民幹事長「感じが悪いと参院選にペケがつく」 戦後政治の総決算 格差分断の元凶・自民党に報いを❕❕  ★自公に、ペケをつけよう!
 今日のトピックス Blog6/13: 舛添知事への集中審議 都議会各会派、図利図利… 元凶は、国会議員!「特権」お手盛りの法 主権者と舛添氏が踊るは…悲し  ★主権者がその真価、権利・権能を見失って、『敵』を見失い、水に落ちた猿イジメ!? 昨今の風潮、『真の敵を見失い、弱者イジメ』に走る、悲しい図・滑稽!
 今日のトピックス Blog6/12: 昨夜、熊本・八代(南へ)で震度5弱!成り行き再稼働 国民の選択が置き去り 規制委『合格でも安全は保障されない』なら猶更だ

「護憲+」ブログ: 安倍首相の馬鹿げた野次 6/12 (名無しの探偵) ○今週のコラム拝読。鈴木さんの「絶望の拒絶」(オーウェル論)を引用して現在の政治状況を絶望せずに変革していこうというメッセージに力強さを感じました。

 今日のトピックス Blog6/10: 「激しい揺れの確率」予測地図公表 備えは出来ているか? 先ず、熊本地震・東日本大震災とプッシュ式支援等、徹底検証から
 今日のトピックス Blog6/9: “職場いじめ”相談件数6万6000件超 過去最多 背景に政府の『不安定雇用、格差強化』・個人尊重しない土壌 責任者は悔悟せよ
 今日のトピックス Blog6/8: 格差強化、拡大する中 立場・税金を私物化・利権化進行! 人口減少させながら、日本分断そして憲法違反し、解体…誰の為か  
 今日のトピックス Blog6/7: 舛添知事に閣僚から苦言や説明責任求める???  目糞鼻糞の類が!恐れ戦くブザマ お手盛り!無罪法、批判 参院選で落選!

「護憲+」ブログ: 「絶望の拒絶」-参院選と向き合う 6/7 (笹井明子) ○「絶望の拒絶」・・・これは、去年85歳で亡くなった、私たちグループの大先輩で、ジョージ・オーウェル研究の第一人者だった鈴木建三さんの著書のタイトルです。(珠さんの記事参照。)

 今日のトピックス Blog6/6: 日米地位協定の改正要求 独・伊並みに平等条約を 但し、日本も、特異の『人質司法』を廃止し、世界標準の人権環境整備を!

「護憲+」ブログ: 歌を忘れたカナリア」たち(国家・政治家・国民の落日) 6/6 (流水) ○童謡「かなりや」作詞は西條八十。作曲成田為三。1918年に出る。 かなりや - Wikipedia
(「唄を忘れたカナリヤ」西條八十「砂金」より)  唄を忘れたカナリヤ(金糸雀)は…

 今日のトピックス Blog6/4: 現在及び将来の大震災等に備え 地方へ権限とカネを予め与え、自治・連携・準備させるべきでは!? 首相の「新しい判断」に委ねず
「護憲+」ブログ: 女の平和「戦争を止めよう!」国会ヒューマンチェーン6/4  6/3 (笹井明子) 


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利

九条の会が緊急アピール文 安倍首相の改憲発言に抗議 朝日新聞 2/8 ○安倍晋三首相が9条を含む憲法の改正について積極的に発言していることに対し、護憲派の文化人らでつくる「九条の会」は8日、東京都内の参院議員会館で記者会見し、安倍首相の発言に抗議する緊急アピール文を発表した。
 九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文">九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文 ◇ 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。
九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2016年6月10日 第235号 ☆☆☆ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━┓┃
★┃九┣┫条┣┫の┣┫会┣┫ メールマガジン ┃★┃ 第235号 ┃★
┃┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━┛┃
┃ ★2016年6月10日発行★   「九条の会」mag@9jounokai.jp ★ ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃ ★憲法9条、未来をひらく★転送/登録歓迎 http://www.9-jo.jp/ ★ ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
<等幅フォント(MSゴシック・MS明朝など)でご覧下さい>
(「表示」メニュー → 文字サイズ →「等幅」にチェック)
┌────────────┐
│ 第235号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇戦争法の廃止を求める2000万人統一署名は1200万筆を超えました
   2000万人署名は、さらに6月30日まで継続します。

◇九条の会事務局主催の学習会~安倍明文改憲のねらいと背景を浮き彫りに
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇大学生協九条の会(東京都杉並区)、◇日本消費者連盟/消費者・生活者9 条の会(東京都新宿区)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇川岡 ・九条の会(京都府京都市)、◇「憲法9条の会」長岡京市校区連絡会(京 都府長岡京市)、◇落合・中井九条の会(東京都新宿区)
■活動報告
◇指扇九条の会(埼玉県さいたま市)~憲法記念日に
■編集後記~また争点隠しか、自民党参院選選挙公約
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 戦争法の廃止を求める2000万人統一署名は1200万筆を超えました
     2000万人署名は、さらに6月30日まで継続します。
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 九条の会事務局主催の学習会~安倍明文改憲のねらいと背景を浮き彫りに
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。 (編集部)
● 大学生協九条の会(東京都杉並区)
「大学生協九条の会設立総会」&「記念講演会」
日時:6月15日(水)19:00~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 日本消費者連盟/消費者・生活者9条の会(東京都新宿区)
出版記念シンポジウム「暮らしの中で憲法を活かそう」
日時:6月18日(土)13:30~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 富士見町九条の会(東京都東村山市)
冊子「昭和の戦争から学ぶ」(後半)
日時:6月19日(日)午後1時~
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 川岡・九条の会(京都府京都市)
講演とフリートークの会
日時:6月19日(日)14:00~
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 「憲法9条の会」長岡京市校区連絡会(京都府長岡京市)
益川敏英先生講演会~戦争・平和・日本のこれから~科学者として思うこと
日時:6月19日(日)10時~12時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 落合・中井九条の会(東京都新宿区)
第132回落合・中井九条のつどい
~歌舞伎の魅力と前進座の歩み~文化の魂は平和の心
とき:6月25日(土)14時~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
(メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
● 指扇九条の会(埼玉県さいたま市)~憲法記念日に
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● また争点隠しか、自民党参院選選挙公約
<詳細はこちらをクリックしてください>


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん
今週の一言: 2016年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) 1/1 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

美浜3号機、27日にも「合格」 老朽原発2例目、規制委 【東京新聞】2016.07.08 ○運転開始からまもなく40年となる老朽原発の関西電力美浜3号機(福井県)について、原子力規制委員会が27日にも、新規制基準への適合審査に関する事実上の合格を出す方向で検討していることが8日、関係者への取材で分かった。
 老朽原発では関電高浜1、2号機(福井県)に次いで2例目の合格となる。
 規制委は、早ければ27日の定例会合で、合格証に当たる審査書の案を取りまとめる。原則40年の運転期間を延長して再稼働するには、40年を迎える前の11月末までに設備の劣化に特化した審査に合格する必要があるが、適合審査の合格でヤマ場を越える。  ★規制?裏切りの推進機関??? 主権者の意に沿わない!?
核ごみ処分 説明会で原発推進PR エネ庁主催、冊子配布 【毎日新聞】2016.07.08
関電新社長、原子力活用への決意 岩根茂樹氏、福井県知事と面談 【福井新聞】2016.07.08
燃料取り出し万全期す 東京電力福島第一原発所長 内田俊志氏に聞く 【福島民報】2016.07.08






原発避難集団訴訟10月31日に結審へ 主な争点の主張にめど/群馬 【東京新聞】2016.06.25 ○

白石草 (@hamemen) | Twitter ⇒引用『なるほど。 重大事実!! 東電社長の証言は真っ赤なウソと判明:半歩前へⅡ』
「1~3号機すべてで炉心溶融の可能性高い」枝野長官 朝日新聞 2011年3月14日22時0分 ○枝野幸男官房長官は14日午後9時過ぎの記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所のトラブルについて、1~3号機すべてで炉心溶融が起きている可能性が高いとの見方を示した。「可能性は高い。三つとも」と述べた。また、「地震そのものは一瞬だが、その後の対応は一定の管理のもとで、今なお安定化に向けた方向性に、現時点で進んでいる。最悪の事態を想定しても、チェルノブイリ(原発事故)と同じようにはならないとみている」との認識を示した。
炉心溶融「隠蔽」 根深い東電の体質 徹底検証せよ 【愛媛新聞】2016.06.19 

  特集:3.11 震災・復興">特集:3.11 震災・復興


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破???安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう


◎ ブログ・市民メディア
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ
志村建世のブログ: 60年前にもあった「改憲阻止選挙」 ・ブログ連歌(455) 7/8 ○きょうの朝日新聞に「3分の2で攻防60年前も」という記事が出ていた。ちょうど60年前の7月7日のトップ見出しが「憲法改正、是か非か」「争点は3分の2議席」だったというのだ。これは昭和31年のことで、自民党も社会党もそれぞれ統一して「55年体制」が出来上がった翌年に当る。当時の首相は鳩山一郎で、幹事長は岸信介だった。二人は「自主憲法制定という悲願」で一致していた。
 当時、衆議院での議席は、自民党が3分の2にわずかに足りない多数を占め、社会党は3分の1をぎりぎりで確保していた。自民党としては、まず参議院での3分の2をめざして、条件を整えようとしていたのだった。ところが自民党は、この選挙での重要政策の中には「憲法改正」を入れなかった。社会党はそこを突いて「憲法擁護」を選挙の争点とし、そこに労働組合、市民・女性・学生団体などが参加した。
 この選挙の結果は、社会党が議席を伸ばして3分の1以上となり、鳩山政権による改憲発議の道は閉ざされることになった。当時の国民はまだ戦争の記憶が新しかったから、争点隠しに失敗して憲法が前面に出たことで、強い反発を招いたのだった。これ以来、自民党政権にとって、憲法問題を持ち出すのは選挙の「鬼門」となって現在に至ってきた。
 ところが60年前と今年の参議院選挙とを比べると、衆議院ではすでに政権与党が3分の2以上を占めているのだ。改憲へのハードルはずっと下がって、この選挙が「最後の一つ」の状況になっている。そして安倍政権は争点を「アベノミクス」に集中させようとしている。さらに憲法についても多様な意見が出てきて流動化が起こりつつあるように見える。ただし第9条については、議論が刺激となって、逆に護憲意識が高まっている世論調査の傾向もあった。
 こうした中で選挙は大詰めに近づきつつある。この選挙は目先の政策を争うだけでなく、憲法という「国のかたち」を変えてもいいか、守るかという選択が第一義なのだ。後悔の残る選択をしないように、祈るような思いで見つめている、私はその一人である。
朝日・2016参院選: 3分の2で攻防、60年前も 改憲、野党が争点化 躍進で阻止 参院選 7/8  ★護憲政党、先ずは、砦「3分の1」確保を一里塚とせよ。源泉は、市民、主権者!

「立憲4党」にイエス。「壊憲4党」にはノーの意思表示を。 【澤藤統一郎】2016.07.07
騙されるな! あなたの一票が日本を救う! 【植草一秀】2016.07.07 ○参院選で激戦となっている選挙区が多数存在する。
 勝敗を分けるのはたった一票かも知れない。
 最後の最後まで力を尽くした側が勝利する。
 これが勝負の鉄則だ。

 改憲勢力に3分の2を渡さない。
 このためには、1人の当選、1人の落選が大きく影響する。
 32の1人区では、約1の選挙区でデッドヒートが演じられている。
 「安倍政治の暴走を許さない!」
 と思う主権者は必ず投票所に足を運び、当落線上の「こちら側の候補」に一票を投じよう。
 その一票が日本を救うことになる。

 敵側の戦略は
 1.投票率をできるだけ引き下げる
 2.与党勝利予想を流布する
 3.アベノミクスを宣伝する
 4.共産党を含む野党共闘を攻撃する
 5.重要争点を隠すである。

 これに乗ってはいけない。
 「安倍政治を許さない!」政党と候補者に投票を集中させて、安倍政治の暴走を止める!
 これが参院選への対処方法だ。

 参院選に合わせて、弁護士の伊藤真氏と共著を上梓した。
 『泥沼ニッポンの再生 -国難に打ち克つ10の対話-』







NPJ・選挙へ行こう~自民党改憲草案と参議院選挙@2016: 不思議な日本 寄稿:石川文洋(報道カメラマン) 7/7
NPJ・選挙へ行こう~自民党改憲草案と参議院選挙@2016: 参院選を理解するための12のポイント 寄稿:大城聡(弁護士) 7/7 ○終盤情勢 改憲勢力3分の2の勢い
 2016年7月6日、毎日新聞は「共同通信社は第24回参院選について3〜5日、全国電話世論調査を行い、取材も加味し終盤情勢を探った。安倍晋三首相が目指す憲法改正に賛同する自民、公明両党、おおさか維新の会などの「改憲勢力」は、非改選と合わせ改憲発議に必要な全議席の3分の2(162)に届く見通しが強まった。」と報じました。
 すでに衆議院では、「改憲勢力」が3分の2以上の議席を占めています。衆議院475議席中、自民・公明・おおさか維新で合計339議席を占めており、衆議院では改憲の発議が可能です。
 参院選の結果が、この終盤情勢のとおりになれば、参議院でも「改憲勢力」が憲法改正の発議ができるようになります。つまり、日本国憲法が制定されて以来、初めて衆参両院で憲法改正が発議される可能性が高くなります。憲法改正には、衆参両院での発議の後、国民投票で過半数の賛成を得ることが必要(憲法96条1項)ですが、すでに国民投票制度について定めた「日本国憲法の改正手続に関する法律」(以下、「憲法改正国民投票法」といいます。)が2014年6月に公布施行されています。実は、今回の参院選から投票年齢が18歳以上に引き下げられたのは、この法律に合わせて(※1)、公職選挙法が改正されたからです。(※2)

 ※1 憲法改正国民投票法3条
  日本国民で年齢満十八年以上の者は、国民投票の投票権を有する。
 ※2 公職選挙法11条
  国は、国民投票(憲法改正国民投票法)の投票権を有する者の年齢及び選挙権を有する者の年齢が満十八年以上とされたことを踏まえ、(略)必要な法制上の措置を講ずるものとする。
 今回の参院選は、個別の政策の当否を問う以上に、日本国憲法制定以来、憲法改正の発議が初めて可能になるかどうかという歴史的な意味があります。

 <参院選を理解するためのポイント>
  ①参院選の結果次第で初めて憲法改正が発議される可能性が高い
  ②「改憲勢力」は安倍首相の目指す憲法改正に賛同する政党
(自民・公明・おおさか維新・日本のこころ)
③憲法改正のための国民投票制度はすでに準備完了

▶「改憲勢力」が目指す憲法改正
日本国憲法96条には、憲法改正手続きが定められているので、憲法改正それ自体が悪いというわけではありません。問題は、2016年参院選の結果、どのように憲法が改正されるかです。参院選が近くなってから、安倍首相はじめ「改憲勢力」は、具体的にどのように憲法を変えるか、発言しなくなりました。これは、不用意に発言して、憲法改正に対する批判を招くことを防ぐためだと思われます。
しかし、安倍首相が総裁を務める自民党は、「日本国憲法改正草案」(以下、「自民党改憲草案」といいます。)を正式に提案しています。
「改憲勢力」の中心は自民党であり、他の「改憲勢力」の政党も自民党改憲草案を全面否定しているところはありません。・・・
  ★世界標準とは、真逆! 市民の自由と権利否定、制限❕❕ 物笑い(の種)になろう。後世の人々から、諸外国の主権者、市民から。
NPJ・選挙へ行こう~自民党改憲草案と参議院選挙@2016: 7月10日の参議院選を迎えるに当り, 思う事 寄稿:こでら りょう(16年3月東京大学修士課程卒業・農学) 7/7
「9年目のジンクス」を再現し98年参院選のような結果を生み出そう 【五十嵐 仁】2016.07.06 ○
醍醐聰のブログ: 安倍政治批判、野党共闘、日本共産党の政治姿勢について思うこと 7/4 ○
醍醐聡さんの「安倍政治批判、野党共闘」ブログに思うこと 【澤藤統一郎】2016.07.06
それでも自民党に投票する農民たちに 【そりゃおかしいぜ第三章】2016.07.05 ○
NPJ: 戦争と改憲の安倍政権を打ち倒そう! 参院選で野党の勝利を  参院選で公約から憲法が消えた~夏の怪談 7/5 寄稿:高田健

NPJ: 選挙へ行こう~自民党改憲草案と参議院選挙@2016 ママたちのひとりひとりから 寄稿:小柳英梨子(立憲主義の回復をめざす国分寺市民連合所属) 7/4
NPJ: アベ政治を、改憲を、許さない! 寄稿:小林緑(国立音楽大学名誉教授) 7/3 
NPJ: タックスヘイブン日本国の改革 寄稿:浦野広明(立正大学法学部客員教授・税法学) 6/30
孫崎享のつぶやき: 7月6日夜8時ニコニコ「孫崎享チャネル」のゲストはユンカーマン監督です。「チョムスキー9.11」『映画 日本国憲法』「沖縄うりずんの雨」の監督 7/4
憲法学者・木村草太が各党の「改憲」マニフェストを読む〜いま最も危惧すべきポイントは? :木村草太 【現代ビジネス】2016.06.30
野党選挙共闘に期待する─「改憲阻止絶対防衛圏」を守り抜くため 【澤藤統一郎】2016.05.22 ○これで事実上、今夏の参院選「1人区」(32選挙区)すべてで、民進・共産・社民・生活4党による候補者一本化実現となった。
  各選挙区の候補者と所属は以下のとおりである。
 青森   田名部匡代   民・新
 岩手   木戸口英司   無・新
 宮城   桜井 充     民・現
 秋田   松浦大悟    民・前
 山形   舟山康江    無・前
 福島   増子輝彦    民・現
 新潟   森ゆう子    無・前
 富山   道用悦子    無・新
 石川   柴田未来    無・新
 福井   横山龍寛    無・新
 山梨   宮沢由佳    民・新
 長野   杉尾秀哉    民・新
 栃木   田野辺隆男   無・新
 群馬   堀越啓仁    民・新
 岐阜   小見山幸治   民・現
 三重   芝博一      民・現 
 滋賀   林久美子    民・現
 奈良   前川清成    民・現
 和歌山  由良登信    無・新
 鳥取島根 福島浩彦   無・新
 岡山   黒石健太郎   民・新
 山口   纐纈 厚     無・新 
 徳島高知  大西聡    無・新 
 香川   田辺健一    共・新
 愛媛   永江孝子    無・新
 長崎   西岡秀子    民・新
 佐賀   中村哲治    民・元
 熊本   阿部広美    無・新
 大分   足立信也    民・現
 宮崎   読谷山洋司   無・新
 鹿児島 下町和三     無・新
 沖縄   伊波洋一    無・新


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog1/10: ロンブー淳(原発問題)都合の悪い歴史こそ残そう 原発は「大丈夫じゃないな」と 都合の良い歴史は、騙し!?

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。

 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名">「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕


 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 


NHK: 参院選 2016 2016年7月10日(日) 投票 ◎選挙区の戦い 候補者の訴え ほか
「自民1強」都市部でも 朝日新聞・参院選情勢調査 【朝日新聞】2016.07.07 ○朝日新聞社が行った参院選の終盤情勢調査では、自民、公明、おおさか維新、日本のこころの「改憲4党」で、非改選議席を含め3分の2に迫る勢いだ。野党は一部の1人区で健闘しているが、改憲4党で3分の2に迫る勢いなのはなぜか。自民は地方だけでなく、都市部にも支持基盤を広げる。民進、共産などの野党はアベノミクス批判や改憲阻止の訴えを強めるが、そうした訴えは必ずしも野党支持には結び付いていない。  ★困ったものだ!?
 改憲4党、3分の2に迫る 朝日新聞・参院選情勢調査
 野党統一候補、接戦続く 朝日新聞・参院選情勢調査
 特集:2016参院選
 候補者のスタンスは?朝日・東大谷口研究室調査
 特集:18歳選挙権

民共党首、石田純一氏を評価 「素晴らしい方」 東京新聞 7/8 ○民進党の岡田克也代表は8日、東京都知事選を巡り、民進党など野党の統一候補として推されれば立候補する意向を示したタレントの石田純一氏(62)について「素晴らしい方だと思う」と評価した。党として擁立を目指すかどうかは明言を避けた。共産党の志位和夫委員長も石田氏の主張に同調した。
 岡田氏は、石田氏が昨年、安全保障関連法に反対してデモに参加したことなどを挙げ「国会前で堂々とマイクを握っていた」と、滋賀県草津市で記者団に指摘した。
 志位氏は、野党の統一候補が必要だとする石田氏の発言について「全く同じ気持ちで、歓迎したい」と横浜市で記者団に語った。


NNN: 西日本の太平洋側中心に大雨 土砂災害警戒 7/8 ○8日は西日本で雨が降り、太平洋側を中心に大雨になるもよう。場所によっては猛烈な雨になるため、土砂災害や川の増水などに警戒を。東日本や東北も雲が多め。所々で日差しは出るけど、午後は内陸や山沿いで突然の雷雨に注意が必要。  ★自然災害をお伝えしようと選んだのだが、冒頭、NNN御愛顧の、人災の元、嘘つきの大臣が、ドアップで登場、ご用心。

「市民のネットワークを」=SEALDs奧田さんインタビュー【16参院選】 【時事通信】2016.07.08 ○昨年夏の安全保障関連法の強行採決の際、国会前などで連日反対のデモを行った学生団体「SEALDs(シールズ)」が、参院選では野党共闘の裏方として奔走している。中心メンバーの奧田愛基さん(24)に、18歳選挙権に対する考えや今後の活動などを聞いた。
 -デモなど政治に関わるきっかけは。
 直接のきっかけは東日本大震災後の反原発デモに参加したこと。社会は大きく変わらないけれど、少しなら変わるんじゃないかと。どうせやるなら「世界一格好いいデモ」をやろうと思った。デモの敷居を低くし、社会に開かれたものにしたかった。
 -最近はあまりデモをしていない。
 参院選の野党統一候補の選挙運動を支援している。メンバーが全国の選対本部を回り、共通デザインのプラカードを作ったり応援演説をしたり。選挙のやり方も変えたくて。もう大規模デモは考えていない。無理な国会審議をすればやるけれど、今問われているのは選挙に行くか行かないか。
 -18歳選挙権が導入された。
 今の18歳はかわいそう。権利が拡充したというより、「若者がもっと担え」と言われているような。ただ年齢引き下げ自体は肯定的に考えている。18、19歳が全員投票しても結果は大きく変わらないが、それでも選挙に行き、この社会がどうなるか見ていてほしい。行くまでに何をするかも大事だ。政治について考え、思っていることを口にしてほしい。
 -参院選後にSEALDsは解散する。
 解散する。大学生でも社会人でも、日常生活の中で可能な範囲で政治に参加するのが大事だと思う。1回でもデモに参加した人は完全に「ノンポリ」にはならない。SEALDsは組織ではなくネットワーク。いざというときに政治に関わる緩やかなネットワークを社会につくりたかった。SEALDsの名前が消えてもネットワークは残る。
 -6月に初の単独著書「変える」を出版した。
 SEALDsは解散するが、社会によって自分が変わる一方で、自ら社会を変えることもできる。最後は自分で決める。そういう意味をタイトルに込めた。
 -参院選で与党が勝利し、憲法改正の動きが現実化したらどうする。
 本当に国民投票になったら昨年の夏どころではない。どういう形であれ日常の中で関わると思う。ただ中心になるのは自分ではない。
 映画「仁義なき戦い」で菅原文太さんが言う「弾はまだ残っとるがよ」というセリフが好き。いざという時にそう言えるよう準備することが大事だ。参院選の結果がどうあれ、これで終わりではない。

TBS: 石田純一氏「野党統一候補なら」 都知事選乱戦か 7/8 ○無数のフラッシュの中、記者会見場に現れたタレントの石田純一氏。東京都知事選に出馬するのか、しないのか、注目の石田氏がついに考えを明らかにしました。
 「戦争は文化ではありません」(石田純一氏 去年9月)
 去年、安全保障関連法案の反対デモに参加した石田純一氏。かつて夕方のニュース番組でキャスターを務めるなど、芸能界の中でも政治に関して高い関心を持っている人物と言われてきました。
 7日、都知事選への出馬について「決めてはいないが、意識はしている」と話していた石田氏。8日午後、「現在の考えを明らかにしたい」と記者会見を行いました。
 「市民団体、市民連合から要請があり、意見交換をさせていただいた。結論を申しますと、野党統一候補であるならば、ぜひ出させていただきたい」(石田純一氏)
 石田氏は、民進・共産・社民・生活の野党4党の統一候補であれば出馬をする考えを表明。「野党が力を集めることがなによりも重要」と強調し、「分散するようならば自分は応援する側に回りたい」と述べました。
 「この、今、平和で安心できる暮らしをもっともっと強力に実現して、子育て支援を安心してできると、そういうことを市民の皆さんと話し合ってきました」(石田純一氏)
 また、石田氏は、仮に出馬するならば、女性の出産問題や福祉問題などと合わせて、憲法改正問題も争点としたいと述べました。
 「どういう日本に変えていくのか。文言とか改正するべき点とか全く論議行われていない」(石田純一氏)
 一方、4年前とおととしの都知事選に出馬し、いずれも次点だった元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児弁護士が、8日朝、JNNの取材に無所属で出馬する考えを明らかにしました。
 「都民の生活を豊かに暮らしやすくするのが最重点課題」(宇都宮健児弁護士)
 宇都宮弁護士は、「子供の福祉や貧困問題、非正規雇用問題などのほか、政治と金の問題について都民がチェックできる制度作りをしたい」と話していて、11日に正式に出馬の会見を開くということです。
 野党系の候補に出馬に向けた動きが活発化する中、分裂選挙が危惧されるのが与党・自民党です。4日に東京23区の区長らから都知事選の出馬要請を受けた増田寛也元総務大臣は、8日、今度は東京の市長の有志と会談を行いました。
 「改めて都政の混乱を見るにつけても、もう一度輝きを取り戻さないといけない」(元総務大臣 増田寛也氏)
 市長らは増田元総務大臣の安定した実務能力を評価しているとし、都知事選への出馬を要請しました。
 「まず、きちんとした絵を描くことが大事であります。政策、処方箋、これが大事。あと一日、町村の声をじっくりと聞かせていただきたい」(元総務大臣 増田寛也氏)
 出馬に前向きな姿勢を示しつつも、いまだに明言していない増田元総務大臣に対して、一早く出馬を表明した小池百合子元防衛大臣は、8日朝、都内にある保育所を視察しました。
 「思いがないとできないです。ビジネスというよりもね」(小池百合子氏)
 「頑張れば頑張るほど赤字です」
 「やー」(小池百合子氏)
 舛添前知事が保育所などを過去1年間に一度も視察せず批判されたことを意識してか、子育て問題に取り組む姿勢を示しました。また、午後からは外国特派員協会で行われた記者会見に出席し、オリンピックを控える国際都市のトップを狙う人間として英語力もアピールしました。
 「都民や海外の旅行者にもより魅力的な街にするチャンスと思い、都知事選への立候補を決めました。私は愛する東京のためベストを尽くします」(小池百合子氏)
 小池元防衛大臣は、「あくまでも自民党の推薦を求めたい」としていますが、推薦が得られない場合は無所属で出馬する考えをすでに明らかにしています。自民党の候補者は、早ければ11日にも決まる見通しです。
 今回の都知事選には、この他にも、これまでに、マック赤坂氏、中川暢三氏、桜井誠氏、河野なみ平氏、今尾貞夫氏、山口敏夫氏、立花孝志氏、山口節生氏、高橋尚吾氏が立候補を表明しています。告示は今月14日に迫っています。
石田純一氏が都知事選出馬に意欲 市民団体と協議、民進が支援検討 7/8 東京新聞 ○東京都知事選を巡り、俳優の石田純一氏(62)が七日、市民団体と立候補に向けて協議していることを認め、出馬に意欲を示した。同日夜、羽田空港で記者団に「自分の中で決めていないが、意識はしている。あす八日か来週月曜日に何らかのアクションを起こしたい」と話した。
 民進党関係者によると、石田氏には、「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、シールズ)」「安保関連法に反対するママの会」などの市民連合から推す声が出ており、民進が支援を検討。野党共闘も模索しているという。
 空港で石田氏は「子育て支援とともに、次世代を戦争にやらないというのは大前提。原発も大丈夫なのかとすごく思う」と語った。
 東京都出身、早稲田大中退。一九七九年にデビューし、八〇~九〇年代にドラマに多数出演。昨年には、安保関連法に反対する国会前デモなどに参加した。
NHK: 都知事選 石田純一氏「野党統一候補なら出たい」 7/8
NHK: 飲み会後の事故は労災 最高裁が認める判決 7/8 ○会社の飲み会から仕事に戻る途中の事故で亡くなった社員の妻が起こした裁判で、最高裁判所は「当時の事情を総合すると会社の支配下にあったというべきだ」として労災と認める判決を言い渡しました。飲み会の後の事故は労災と認められないケースがほとんどですが、事情によっては救済される可能性が出てきました。
 6年前、福岡県苅田町でワゴン車が大型トラックに衝突し、ワゴン車を運転していた34歳の会社員の男性が死亡しました。
 男性は上司から会社の歓送迎会に誘われ、忙しいため断りましたが、再び出席を求められたため酒を飲まずに過ごし、同僚を送って仕事に戻る途中で事故に遭いました。
 労災と認められなかったため妻は国に対して裁判を起こしましたが、1審と2審は「自分の意思で私的な会合に参加したので労災ではない」として退けられ、上告しました。
 8日の判決で、最高裁判所第2小法廷の小貫芳信裁判長は、当日の男性の行動は上司の意向を受けたもので、会社からの要請といえると指摘しました。
 さらに、歓送迎会は上司が企画した行事だったことや、同僚の送迎は上司が行う予定だったことを挙げ、「当時の事情を総合すると会社の支配下にあったというべきだ」として、1審と2審の判決を取り消し、労災と認めました。
 飲み会の後の事故は労災と認められないケースがほとんどですが、8日の判決は事情によっては救済される可能性を示すものとなりました。
 福岡労働局「判決に沿って速やかに手続き」
 最高裁判所の判決について福岡労働局労災補償課は「国側敗訴の判決が言い渡されたので、判決の趣旨に沿って速やかに手続きを進めたい」というコメントを出しました。
 原告「働くお父さんの励ましに」
 男性の妻は「このような判決を受けまして心よりほっとしています。『勤務中』というひとくくりの中にも多種多様な仕事、内情があります。今回、労災と認められることができ、少しでも多くの働くお父さん、それを支える家族への励ましになれることを望んでおります」と話しています。
 遺族がつづった思い
 亡くなった男性の妻はNHKに寄せた手記の中で、訴えを起こした思いをつづっています。
 男性は事故当時、妻と生後4か月の娘を名古屋市の自宅に残して単身赴任をしていました。
 妻は手記の中で「娘が生まれたことを心より喜び、今まで以上に仕事に没頭していた主人は、激務の単身赴任ということもあって娘に会えたのは2回だけでした」と振り返っています。
 そして、労災と認めてもらえなかったことについて、「娘との思い出も、私たちが生きていくお金も残せないまま亡くなってしまい、誰よりも悔しいのは主人だったのではないかと思います」と胸の内を明かしています。
 6歳となった娘と2人で毎朝、夫の写真の前でお祈りしているということで、娘は父親の死を理解しつつあるといいます。
 妻は「労災と認められれば、娘に対して、『パパが頑張っていたおかげで毎日生きていけるのだよ』と自信を持って言えるようになると思います」とつづっています。
 そして、「勤務中というひとくくりの中にも多種多様な内情があります。今回労災と認められ、働くお父さんとそれを支える家族への励ましになれることを望んでおります」と結んでいます。
 過酷な勤務の実態
 亡くなった男性は社長に求められた書類の提出期限が迫っていましたが、部長に誘われた飲み会を断ることもできず、再び仕事に戻る途中でした。
 裁判の記録などによりますと、亡くなった男性は、事故の4か月前に名古屋市にある金属加工会社の本社から福岡県の従業員7人の子会社に出向していました。
 事故が起きた日は上司の部長が企画した中国人研修生の歓送迎会に誘われていましたが、男性は次の日に社長に提出する書類を完成させなければならず、いったんは欠席すると伝えました。
 しかし、部長から「きょうが最後になる研修生もいるから顔を出せるなら出してくれないか」と頼まれたうえ、歓送迎会のあとで資料作りを手伝うと言われました。
 結局、男性は作業着のまま1時間半遅れで会場の居酒屋に顔を出しました。
 歓送迎会には従業員全員が出席していました。男性はビールを勧められても断り、歓送迎会のあと、会社に戻る前に酒に酔った研修生をアパートまで送ろうとして、事故が起きました。
 会社にあった男性のパソコンには、営業に関する資料が作成中のまま残されていました。
 男性の妻は飲み会と残業は一連の業務だったとして裁判を起こし、1審と2審は仕事に戻る途中だったことは認めましたが、「歓送迎会が業務とは言えない」として労災と認めませんでした。
 飲み会後の事故 労災はほぼ認められず
 会社の飲み会に参加したあとの事故は、特別な事情がないとして労災と認められないケースがほとんどです。
 労働問題の専門家によりますと、会社の飲み会に参加した後の事故が労災かどうかは、飲み会の目的や本人の立場、費用の負担が会社か個人か、そして会場が会社の中か外か、といった点から判断されます。
 例えば上司に誘われて居酒屋で飲むような場合は、業務との関連性が薄いとして労災と認めない判断が定着しています。
 一方、社内で開かれた飲み会で進行役を務めた男性が帰り道の駅の階段で転倒し死亡した事故では9年前、東京地方裁判所が労災と認める判決を言い渡しました。
 しかし、2審の東京高等裁判所は「仕事といえるのは飲み会の開始からせいぜい2時間程度だ」という判断を示し、男性が2時間後も飲酒や居眠りをしていたことから1審の判決を取り消し、労災と認めませんでした。
 このように、過去の裁判では飲み会のあとの事故は労災と認められないケースがほとんどでした。
 判断のポイントは
 8日の判決は、男性が残業と飲み会への参加を同時に要求されていたことなど一連の経過を踏まえて労災と認めました。
 裁判の記録などによりますと、男性は翌日に資料を提出するよう社長に命じられていましたが、部長からはその仕事を分かったうえで、歓送迎会に参加するよう2度にわたって求められました。
 最高裁判所はこうしたいきさつを踏まえ、「男性は歓送迎会に参加しないわけにはいかない状況に置かれ、その後、残業に戻ることを余儀なくされた」として、事故に遭うまでの一連の行動は、会社の要請によるものだと指摘しました。
 また、最高裁は歓送迎会の性質も重視し、すべての従業員が参加していたことや会社が費用を負担していたことなどから、会社の行事の一環で、事業と密接に関連していたと判断しました。
 さらに、同僚の送迎はもともと上司が行う予定で、会社へ戻るついでに男性が送っていったことも踏まえると、会社から要請されていた行動の範囲内だったと指摘しました。
 最高裁はこうした事情を総合すると、飲み会が会社の外で行われたもので、上司に同僚を送っていくよう明確に指示されていなかったことを考慮しても労災に当たると結論づけました。
 専門家「画期的な判断
 最高裁判所の判決について、労働問題に詳しい玉木一成弁護士は、「労働者の実態を踏まえた画期的な判断だ」と話しています。
 玉木弁護士はこれまでの労災を巡る裁判では飲み会が強制参加だったかどうかなど形式を重視して労災と認めないケースが多かったとしたうえで、「今回は飲み会に参加したいきさつや上司のことばを受けた労働者の意識など、実態を踏まえて労災と認めた画期的な判断だ」と評価しています。
 そのうえで、今後の影響について、「同じような事例では労働基準監督署が慎重に実態を判断することになり、働く人たちの救済の可能性を広げることになるだろう」と指摘しています。
  ★飲み会なんて、パワハラ紛い!? 況して、不安定雇用横行の中! 下級審も、前例追従の“ご無理ご尤も”式はやめよ。最高裁も、是を奨励せよ。 点を点けるなら!
NHK: アスベスト被害者救済制度の課題を議論 7/8 ○アスベストの被害者を救済する国の制度の課題について話し合う環境省の委員会の会合が8日、都内で開かれ、現在の給付水準に見直すべき点がないか意見が交わされました。会合では、将来アスベストが飛散する危険性についても議論されていて、出席した専門家は国が啓発を進める必要があると指摘しています。
 この委員会は、「中皮腫」や「肺がん」などアスベストによる健康被害を受けた人のうち、労災認定を受けられない人を対象に、月額で一律10万円の療養手当などが支払われる国の救済制度が始まってことしで10年になることから、環境省が設置したものです。
 8日、都内で開かれた会合では、制度で支給される療養手当の金額が労災認定を受けた場合に比べてかなり少ないという声が、被害者や遺族から上がっていることを受けて、現在の給付水準に見直すべき点がないか意見が交わされました。
 また、アスベストを使用した可能性がある古い建物の解体が、平成40年ごろにピークを迎え、将来周囲に飛散する危険性が指摘されていることから、委員からはこうした危険性を啓発すべきだとか、アスベストを吸い込んだ患者に専門の医師を紹介するなどの支援が必要だという意見が出ていました。
 委員会の座長を務める福岡大学の浅野直人名誉教授は「アスベストが使われている建物は日本にまだたくさん残っており、これからも患者が出てくる可能性が十分にあるという認識を持たないといけない。もっと国が頑張って情報を流していくべきだ」と話しています。
 国の救済制度とは  ★救済??? 賠償でしょ!アスベストは、国策で推進されていた。是々非々は、明確に!
 国の救済制度が始まるきっかけになったのは、11年前の平成17年に兵庫県尼崎市でアスベストを扱う工場の周辺の住民などに健康被害が相次いだ問題でした。
 工場の従業員ではない人にアスベストの健康被害が発生した場合、労災に認定できず、救えないことが明らかになったため、翌年の平成18年3月に「アスベスト健康被害救済法」が施行され、労災の対象外となっている人を救済するための新たな制度が始まりました。
 この救済制度では、一昨年度までにおよそ8400人が認定されましたが、支払われるのは月額で一律10万円の療養手当と医療費の自己負担分で、被害者からは離職時の賃金の80%が支給される労災に比べて額が少ないとして、給付水準の引き上げを求める声が上がっています。
 さらに、救済制度の対象を遺族の生活保障にも広げるよう、求める声も出ています。
 労災では遺族に対し、一律300万円の一時金に加えて毎年、遺族の人数に応じた額の年金が支払われるのに対し、救済制度は対象があくまでも被害者本人に限られているため、一部の例外を除いて、遺族には支給されません。
 しかし、厚生労働省のまとめによりますと、アスベストが原因の代表的な病気の1つ、中皮腫による死者はおととしはおよそ1300人と20年前の倍以上の水準に達し、年々増える傾向にあるほか、中皮腫は発症から2年後の生存率が3割程度とする研究結果もあり、一家の大黒柱を急に失って経済的に困窮する遺族も少なくありません。
 おととし、夫を中皮腫でなくした前橋市の栗田悦子さんは「救済制度には遺族の生活への補償が一切なく私には収入がないので将来が心配です。夫も家族のことを心配しながら亡くなっていきました」と話していました。
 アスベストの患者や遺族を支援する団体の世話人を務める小菅千恵子さんは「アスベストで亡くなった事実は同じなのに労災と救済制度では格差が大きすぎる。遺族は徐々に高齢化しており老後の生活があるので労災並みの補償をしてほしい」と話しています。
 アスベスト飛散 今後ピークに
 アスベストを使用した可能性がある建物の解体が今後、ピークを迎え、アスベストが周囲に飛散する危険も指摘されていることから、専門家や患者団体からは対策の強化を求める声が上がっています。
 鉱物繊維でできているアスベストは熱に強いなど耐久性が高いため、建物の吹きつけ材や断熱材などとして高度経済成長期に建てられた建物に多く使われました。
 アスベストの製造や使用は平成18年までに全面的に禁止されましたが、国土交通省によりますと、アスベストを使用した可能性がある民間の建物は全国で推計、280万棟に上るということです。
 こうした建物が老朽化する平成40年ごろに解体のピークを迎える見込みで、専門家などは、作業が適切に行われないとアスベストが周囲に飛散する危険があると指摘しています。
 こうした建物を解体する際には、法律で解体業者に対しアスベストが使われているか事前に調査するとともに飛散防止の対策を取るよう義務づけられているほか、建物の所有者に対しては、アスベストが使われていることが分かった場合に都道府県に届け出ることも義務づけられています。
 しかし、専門家や患者団体からは、国がアスベストの使用状況を把握している建物は、公共施設以外では延べ床面積が1000平方メートル以上の大規模な民間の建物に限られているうえ、解体業者の事前の調査や建物の持ち主の届け出がきちんと行われているとは限らないなどとして、対策の強化を求める声が上がっています。
 遺族 危険性知らせる対策を
 アスベストの被害者の中には、いつ、どのように吸い込んだのか分からない人も数多くいます。このため遺族は国に対し、アスベストがどこにどれだけあるのかなど、危険性を知らせる対策を強化するよう求めています。
 埼玉県内に住む36歳の女性はことし1月、38歳だった夫を中皮腫で亡くしました。
 自宅で2年近く闘病生活を続けた夫は、激しいせきで眠れない状態が続き、中皮腫を発症する前、およそ60キロあった体重が、亡くなる直前には34キロにまで減りました。
 医師には、アスベストが原因だと診断されましたが、夫は生前、食品会社の事務職で、いつ、どこでアスベストを吸ったのか、思いあたらないと話していたことから、労災ではなく、国の救済制度による支援をおととしから受けてきました。
 ただ、夫は新入社員だった15年前、実習先の古い工場の屋根裏で天井や配管の修理などをしたと話していたことから、この際に吸い込んだ可能性もあるとして、夫が亡くなる直前の去年12月に改めて労災を申請し、現在も審査が行われています。
 女性は今後、アスベストを使用した可能性のある建物の解体がピークを迎えることから、夫と同じように知らない間にアスベストを吸い込み、被害を受ける人が出ないか、懸念しています。
 女性は「自分の子どもたちの世代も被害を受ける可能性がある。アスベストがどこにどれだけあるのかなど少しでも知ってもらい、被害に遭う危険性を減らしてほしい」と述べ、国に対策を強化するよう求めています。

中国、米韓にTHAAD配備中止を要求  ロイター 7/8 ○北京 8日 ロイター] - 中国外務省は8日、米韓が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の在韓米軍への配備を決めたことに強く反対すると表明、配備の中止を求めた。
 同省は、THAAD配備は朝鮮半島の平和と安定に資さないと表明。中国など複数の国の安全保障に深刻な悪影響を及ぼすとの認識を示した。

「非正規雇用をなくして」 難病のシングルマザーが訴え 【東京新聞】2016.07.08 ○参院選の争点の一つが正規・非正規社員の格差の是正。多くの政党が「同一賃金同一労働」を公約で掲げるが具体的な道筋は必ずしも見えてはいない。東京都中野区在住のシングルマザーの女性(43)は「非正規という制度そのものをなくしてほしい」と訴える。 (木原育子)
 「今の社会は一度、人生の太いラインから外れると、貧困を強いられ、逃れられなくなる」。女性は自分の人生を振り返り、そう実感している。

 八年前までは都内に購入したマンションで、建築関係の仕事を持つ夫と二人の息子と暮らす、悠々自適の専業主婦だった。だが離婚を機に生活は暗転した。
 子どもの親権は自分側となり、当時十一歳だった聴覚障害者の長男と九歳の次男を養うために、都内の小学校で、管理栄養士として働くことに。平日のみ午前八時十五分から六時間ほど働いても、手取りの給与は十万円程度。正規との差は二倍近くあった。
 正規で働くことができる病院の管理栄養士の職もあったが、勤務時間帯は不規則で、シングルマザーの女性にとってハードルは高かった。「三人で暮らすにはギリギリの給与で、ぜいたくは敵でした」
 ひどい倦怠(けんたい)感が続いたため、昨秋、病院で検査。脳全体が常に腫れる難病「下垂体前葉機能低下症」であることが分かった。日常生活もままならなくなり、今年二月に手術を受けたが腫瘍は摘出できず、今は薬で脳の腫れを抑えるしかない。副作用で仕事を続けられなくなり、今年六月末に解雇された。
 離婚後、息子の通学のため自分たちがマンションに住み続けているが、難病に伴う傷病手当を受けているため生活保護を受給することもできない。これまでのわずかな貯蓄を切り崩して、何とか命をつなぐ。
 厚生労働省の二〇一一年度の調査によると母子世帯の平均年収は二百二十三万円で父子世帯に比べ百万円以上低い。父子家庭の父親の67・2%が正社員であるのに対し、母子家庭の母親は39・4%。約六割が非正規となっていることが大きな要因だ。
 バブル崩壊に伴う賃金の低下など労働市場が悪化し、非正規労働者数は日本全体で一五年に千九百八十万人を突破するなど右肩上がりの状況が続く。総務省の統計では、全体の雇用者数に占める割合は37・5%(一五年)と、今や五人に二人が非正規という現状だ。
 投票日を間近に控え、各候補者の訴えのボリュームは大きくなる。女性は街頭演説を聞きに出向くこともできず、離婚前から飼う犬を抱いてソファに横たわる。「候補者の名前と党名の連呼は聞こえますが、非正規への言及は乏しい。政治家なら、もっと日本の足元、日本の現実を見てほしい」と感じながら、政治の声に耳を澄ましている。

5月の給与総額 11カ月ぶりマイナス 【東京新聞】2016.07.08 ○厚生労働省が八日発表した五月の毎月勤労統計調査(速報値)によると、基本給や残業代などを合計した現金給与総額は前年同月比0・2%減の二十六万七千九百三十三円で、二〇一五年六月(2・5%減)以来十一カ月ぶりのマイナスとなった。賃金水準が一般労働者の四分の一程度にとどまるパートタイム労働者の比率が上昇し、全体の給与水準を引き下げた。
 給与の伸びに物価変動の影響を反映した実質賃金は0・2%増で、四カ月連続のプラス。消費者物価指数の落ち込みが現金給与総額の下落幅より大きかった。
 労働者全体に占めるパート比率は0・18ポイント上昇の30・17%。現金給与総額の内訳は基本給に当たる所定内給与が0・1%減の二十三万九千二百十六円、ボーナスなど特別に支払われた給与も4・1%減の九千七百二十七円。残業代などの所定外給与は0・6%増の一万八千九百九十円。就業形態別にみると、一般労働者が前年同月と同水準の三十四万二千四百五十七円、パートは0・5%減の九万四千九百十円だった。  ☆賃金の増減率の推移グラフ










NNN: 俳優の石田純一さん 都知事選への出馬検討 7/8 ○舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選挙に、俳優の石田純一さんが出馬を検討していることを明らかにした。
 俳優・石田純一さん「意識はもちろんしていますけど、自分たちの声が届かないという声も多く聞くので、思いとかあるのであれば、力に変換していければいいなと」
 石田純一さんは7日夜、羽田空港で、報道陣の取材に応じてこのように述べ、舛添要一前知事の辞職に伴い今月31日に投開票される東京都知事選挙に出馬を検討していることを明らかにした。その一方で、まだ決めきれておらず、近く決断したいと述べた。
 石田さんは俳優としてテレビドラマなどで人気を集め、去年は安全保障関連法案の廃止を求める集会に参加したりしている。
 東京都知事選挙には、これまでに次の11人が立候補を表明している。  ★実務能力は、ないと思われるので、どういうスタッフを結集し、平和勢力を結集できるか、見守りたい。少し、空気が変わったか?

NNN: 英首相後任候補は女性2人に 7/8 ○イギリスの国民投票でEU(=欧州連合)離脱の決定を受け、辞任を表明したキャメロン首相の後任を選ぶ保守党の党首選挙で、候補者が2人の女性議員に絞り込まれた。女性首相の誕生が確実。
 事実上の次の首相である保守党の党首選挙には5人が立候補していたが、7日、下院議員による2回目の投票が行われ、メイ内相が199票、レッドサム・エネルギー相が84票を獲得し決選投票に進むことが決まった。
 メイ内相「EUとの交渉で最良の条件を引き出すため、経験あるリーダーが必要」
 レッドサム・エネルギー相「EUからの離脱を恐れる必要はない。EUと関税なしの貿易を続ける」
 今後、全国の保守党員による投票が行われ、9月9日に新党首が決まるが、「鉄の女」と呼ばれたサッチャー元首相以来の女性首相の誕生が確実となった。
 国民投票から2週間たってもEU離脱への道筋はいまだにはっきりしておらず経済界からは先行きを懸念する声も出ている。どちらが首相になったとしても就任早々、最大の山場を迎えることになる。  ★英のEU離脱問題が、円満決着しない間、限り、アベノミクスは、安倍のリスクに成り代わった侭… 安倍の政策は無力!?
TBS: 米でまた警官が黒人男性射殺、同乗女性が動画撮影・公開 7/8 ○アメリカ・ミネソタ州で6日、警察官が取り締まりのため、黒人の男性が運転する車を停車させ、男性を射殺しました。車に同乗していた女性が射殺後の様子を携帯電話で撮影していました。
 「彼を殺したのよ!」
 「(所持している銃に)触るな、手を上げろと彼に言った」(警察官)
 「4発も撃ったじゃない。免許証を出そうとしただけなのに」
 警察官に射殺されたのは、黒人のフィランド・カスティールさん(32)です。
 車に同乗していた女性によりますと、6日夜、ミネソタ州ファルコンハイツで車のヘッドライトが壊れているからと、警察官2人に車を止めるよう求められました。その際、カスティールさんは、合法的に銃を所持していると説明した上で、免許証などを取り出そうとしたところ、アジア系とみられる警察官が車の窓から銃を向け、4発発砲したということです。
 5日のルイジアナ州に続く警官による黒人男性射殺に、抗議活動が全米に広がる可能性があります。  ★アジア系警官!?それにしても、逮捕の際に、人殺しとは、いただけない。 尤も、拳銃を使わなくとも、人殺しは出来るらしい、日本では。警官、公務員は、人権尊重しないと。 上が手本を示すから、こうなるのか!?
知的障害者身柄確保死亡事件 - Wikipedia  ○知的障害者身柄拘束死亡事件(ちてきしょうがいしゃみがらこうそくしぼうじけん)は、佐賀県佐賀市で2007年(平成19年)9月25日に発生した、知的障害者の青年が路上で警察官から5人がかりで取押えられた際に死亡した事件である。被害者の名前から安永健太さん取押え(暴行)死亡事件または単に安永健太さん事件とも言われる。  ★最高裁、先日、上告棄却にしたようだが、遺憾。人権侵害、況して、死を招くような物理力行使には、厳格な歯止めがあるべき。人権、人命より、上位の価値はない。


沖縄慰霊の日 地上戦の記憶どう共有 【中国新聞】2016.06.24   ★戦後は、過去を、戦争をどう総括して、始めたのだろうか? 古い革袋に新しい酒をもる、そんなことをしただけなんだろうか? 而して、反省がない、とか。今となっては、資料保存も怪しいのだろうが。軍が廃棄した!政府も!?

日本の過去1000年以上の地震年表で、日本の地震の傾向がかなり分かる件
特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1

★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: