FC2 Blog Ranking
2016-08-11

8/11: 安保理、中国が反対 北の非難声明見送り アジアの「核抑止力論」神話に!? 核・軍事依存から、核先制不使用、平和共存に踏み出そう

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十四期を迎えました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2016年8月1日より第十四期(*)に入りました。
この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 ">☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史">戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係

Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・尖閣は「日本の施政権下」 米国務省が改めて言及   11時58分   ★親玉が、口利き!?
 ・日航ジャンボ機墜落から31年、犠牲者を弔う灯籠流し  19時45分
 ・黒岩知事が「やまゆり園」訪問、“今後”について施設側と協議  19時45分  ★外敵へのガードは政府・県の責任で!
 ・治安最悪の港湾地区、五輪聖火で新たな街に  19時43分
 ・北海道・石狩沖で2人死亡 1人重体、2人不明で捜索続く  19時10分
 ・今村復興相が靖国神社参拝、大臣就任の報告に  19時9分  ★我利我利貪る!?復古
 ・安保理、中国が反対 北の非難声明見送りへ  7時25分  ★安保理利用の制裁に、限界!?
 ・露政府「ウクライナによるテロ行為を阻止」  7時5分
 ・個人総合 内村航平が逆転で金!連覇達成  6時55分   ★内村は、素晴らしかったが、ライバルの最終の得点???
 ・柔道90キロ級 ベイカー茉秋が金メダル!  5時45分  ★おめでとうございます。田知本遥さんも、金メダル!
 ・山火事が町に…千人超が避難 ポルトガル  2時35分

NHK: 天皇陛下がお気持ちを表明(全文) 8/8  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

醍醐聰のブログ: 個人番号の利用事務等の停止を求める申し立て書を提出 11/11 ○マイナンバー、87%が「不安を感じる」
 各自治体から住民へのマイナンバー(個人番号)の通知するカードの送付が始まった。来年1月から運用が予定されている。
 しかし、内閣府が今年の7月23日から8月2日まで行った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査」(調査対象3,000人、有効回答数1,773人、調査員による個別面接聴取)によると、マイナンバー制度の「内容まで知っていた」と答えたのは今年1月の調査の時(28.3%)と比べて、43.5%まで増加しているが、それでも制度の周知はまだ半分以下である。
 では、周知度が上るのに応じて回答者の間でマイナンバー制度に関する理解・信頼度は高まったのか?
 これについて、内閣府の上記世論調査は、マイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して、最も不安に思うことは何かを1項目選択形式で尋ねている。この設問に対して、有効回答者の14.4%が「国により個人情報が一元的に管理され、監視・監督されるおそれがある」を選び、34.5%が「個人情報が漏えいすることにより、プライバシーが侵害されるおそれがある」、38.0%が「マイナンバーや個人情報の不正利用により、被害にあうおそれがある」をそれぞれ選んでいる。つまり、有効回答者の86.9%がマイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して不安を抱いていることになる。他方、不安に思うことは「特にない」を選んだのは9.1%にとどまっている。
 また、「あなたは、個人番号カードの取得を希望しますか」との設問については、「希望する」は24.3%「希望しない」の25.8%を下回っている。もっとも多いのは「現時点では未定」で47.3%に達している。
 内閣府政府広報室「『マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査』の概要」
 … アメリカで広がったなりすまし被害~毎年5兆円の損害~ … …

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27">資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い">日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
8月11日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 山の日  ☀  誕生日の花 オモダカ 花言葉 秘めたる慕情  高潔  8/11 ○山の日が増えて お盆休みに繋げて 帰省するようになった。
 帰省した子を連れて この一家が顔出しにきて ベーパラダイスに食事に行ってきました。
 胃がない爺が 急いで食べたので ハバげで しまって吐いてしまってようやく収まった。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条” 天木氏">‟新党 憲法9条” 天木氏を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog8/10: 冤罪!東住吉放火殺人?無罪❕❕ 背景の人質司法(長期拉致監禁、接見遮断、自白偏重慣習)こそ、冤罪の温床 直ちに廃止を!

「護憲+」ブログ: 「改憲? どちらとも…分からない」を減らしたい 8/10 ( 珠 ) ○参議院選挙で与党が3分の2を超えた結果となり、安倍首相は「改憲」の発議をしたがっているようだ。
  参院選の10日、時事通信が行った3万3985人の出口調査では、改憲「賛成」29.6%、「反対」36%。6%改憲反対が上回ってはいるものの、「分からない」が34.4%。
  【図解・政治】参院選/参院選出口調査分析(2016年7月) 時事通信
  4月に行われたNHKの電話調査回答者1523人では、改正する必要があると思う27.3%、ないと思う30.5%、どちらとも言えない38.1%、分からない、無回答4.1%。
  九条に限って聞くと、改正する必要があると思う22.1%、ないと思う39.8%、 どちらとも言えない32.8%、分からない、無回答5.4%と、九条護憲派が17.7%も多い。
  憲法に関する意識調査(RDD追跡法) 単純集計結果
  これらの調査で気になったのは、「どちらとも言えない・分からない」が、どれも30%を超えていること。つまり、今の状態でいけば、いざ国民投票となったときに、どちらに投票するか「分からない」。
  もう一つは、NHKは固定電話を使ったであろう調査のためか、60代と70歳以上を合わせて58.2%の回答者であること。敗戦を身近に感じる時代を生きた高齢者が平和憲法を護りたいという意識が強いであろうことを思えば、果たして国民投票になったとしても、九条は大丈夫、護れると安心していられる状況だろうか? 
  自民党の改憲草案を読むと、まず、憲法は政府が暴走しないように縛るものであるのに、国民を縛るものに巧みにすり替えられている。国民の権利、思想信条の自由といった基本的な人権が、「公益及び公の秩序」(だれが決めるのか?)に反しない限り…といった制限をかけられそうなことを、どれだけの人が知っているのだろうか。 
  憲法を改悪されないためには、九条を含む日本国憲法を護り、改憲に反対することが今は重要であることは確かだ。しかし、世論調査をよくよく眺めていると、もし、国民投票になったら、どうなるか分からないくらい、危うい状態ではないのだろうか?
  改憲の国民投票に備えて、自民党の憲法「改悪」草案のどこが問題なのかを、徹底的に明らかにし、憲法「改正・改善」案を「どんな憲法だったら生活しやすい?」「戦争で若い人たちを殺したくないなら、どういう憲法が必要だと思う?」と、多くの人とワイワイがやがや日常的に話していくことが必要なのではないだろうか? 
  そしてそれは、「そうだよね!」と言い合っているいつもの仲間、いつもの「お説ごもっとも」からもう少し広げて、「分からない」「目の前のことで精一杯」「ポケモン捕まえなくちゃ」と言っている人も含めて、「自分に関係するんだよ、一緒に考えてみない?」「集団的自衛権の行使を認めたら何が起こると思う?」「表現の自由ってどう思う?」「友達と憲法の話ができる?」と、身近で具体的な問いかけ、憲法論議が必要な気がする。
  まずは今の日本国憲法を「知ること」。自民党憲法草案との違いを「分かること」。
  そこを国民的規模に広げていくにはどうしたらいいか。「いつもの仲間」とは、まずそれを話し合っていければいいなと思っている。「ポケモンゲームで憲法を学ぶアイテム」なんかできないかしら。「改悪ポケモン」を捕まえちゃったら自分が縛られるとかね。
  「護憲+コラム」より
「護憲+」ブログ: 天皇の「お気持ち」談話に接して 8/9 ○最も印象に残ったのは、天皇が即位以来全国各地を訪問してこられたのは、「日本国憲法下での象徴」の役割を真摯に問うた結果の行為であったことを、今回ご自分の言葉で語られたことでした。
  天皇がこうして市井の人々の中に入っていき、国民との相互理解と信頼を築くことこそ、「象徴」としての在り方と心に決め、実行してきた裏には、祭り上げられ神格化されて、その名の下に戦争で多くの若者の命が失われた過去の「天皇制」の過ちを、決して繰り返してはならないという固い決意があったのではないかと思われます。
  そして、「生前退位」というのは、単に身体の衰えに対応した負担軽減を求めるに止まらず、「天皇」が象徴としての姿を国民の前に示し続けることによって、政治が「天皇」の名を使って国民を不幸の道に誘導する余地を残さない、という意思表明でもあったのだと、理解しました。
  天皇の真摯な姿勢と実行力はもとより、ご自分の望まれること、意図するところを、憲法の規定に最大限配慮しつつ、今回ご自分の言葉で語られたことを歓迎し、深い敬意と共感を持って私は受け止めました。
  加えて言うならば、天皇の葬儀について、国民生活と自身のご家族の負担を懸念され、それを望まないと言及されたことに、謙虚さと合理性を感じ、人間天皇の人柄に、敬愛の念を新たにしました。
  「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
イシャジャの呟き: お盆前  ☀  誕生日の花  ヘチマ  花言葉  悠々自適  8/10 ○柿と思ったら トマト
 お盆が近づいてきた。昨日までの 真夏日は 少しだけ中休みのようです。気温は28度、明日からは、また、真夏日に戻りそう
 毎朝夕潅水しているが、ナスはげんなり萎れ 実も萎びています。秋ナスに期待したいが整枝の仕方を勉強しなければ・・・、他方、ミニトマト、今年初めて 植えたトマトが大きくなって 色づいてきました。まるで 柿のようで、トマトの種は少なく、美味しいです。
 今日も 五輪情報&高校野球中継で 暑さを忘れます。秋田県代表 大曲工業高校が強豪花咲徳栄への挑戦が見ものです。番狂わせを期待する。
 今年の日数は、223日が過ぎ、残りは143日だそうで 夏が過ぎれば 心細い日々となります。 

 今日のトピックス Blog8/9: 安倍政権が、基地政策進捗と沖縄振興予算の「リンク論」に舵きりパワハラ!?暴挙 大田昌秀知事時代『予算900億円も減額』再現か???

イシャジャの呟き: 長崎平和祈念日  ☀  誕生日の花 コウスゲ 花言葉 麗しき姿  8/9 ○コボレ種~
 今日も 暑さは衰えることなく 真夏日で~す。リオ五輪の結果に目を覚まし、高校野球を掛け持ち視聴に忙しい。
 10:30分~は、迷わず 長崎平和祈念式典を見る。
 採園から引いた エダマメが乾燥すると大豆になってしまうので、NHK番組 ガッテン流で茹で、扇風機で冷やし 出来上がり、エアコンの効果もあってか とてもおいしい。
 熱中症にならないように、後は 野球観戦
 暑中お見舞い申し上げます

 今日のトピックス Blog8/8: 日本国憲法と共にある!国民主権&人権の国民と天皇 対する憲法破壊の自民党&46人殺傷等弱者切り捨て権力派 是か非か!  ★正体を現し、真っ向勝負!? 尤も、敵は、真っ向勝負はしまいが。権力術数の限りを尽くし、警察も自衛隊(暴力装置)も侍らせて。

「護憲+」ブログ: (続)憲法論議、環境を整えることが最優先 8/8 (tetsujinn) ○「憲法論議、環境を整えることが最優先」について、具体的な対策を提案しないのでは話にもならないのですが、今考えられる個人レベルの対応としては、次のように地味な活動を続けること程度しか思い浮かびません。
  1.今更の感ながら「護憲+」の中で「改憲阻止可能な1/3確保を最優先に、アベの憲法論議に引きずり込まれない=憲法論議を延期する」という認識で良いのかをよく吟味討論する。
  2.その上で、できること・アイディアを検討する。
  3.それを出来るだけ広く発信する。(地域の市民運動に参加、身近の知人・仲間と共有できるよう呼びかける。新聞・ラジオ・関連Webサイトに投稿する。など)
  
  これ程までに追い詰められたのでは、老い先もそれほど長くない身として、今までのようには黙っておれず、最近一部の地域9条の会で討論・活動への参加を始めました。

  全国レベルの対応では、
  1.民進党には
     ①「立ち位置が不明な両派が混在しているのは国民に解り難くく信用されないので、超保守系を分党する」ように働きかける。
      (分党すれば当初は減員するが、結果的には信用が上がり勢力は増すと考えます。)
     ②若い活力のある人材の発掘を要求する。
     ③あえて共産党との協調を否定するようなことを声高に表明することを控えるよう要求する。
      (その前に戦前や冷戦時代とは異なり、「現在の共産党の理念をどう理解するか」を明確にさせる必要はありますが)
  2.小沢一郎や植草一秀などに連なる「アベ打倒」勢の主導する「共生社会の実現」への支援(講演会・集会への参加とカンパ)
  3.「総がかり行動実行委員会・SEALDs・ママの会」などの総括と再動向を把握チェックし、できることに参加する。
  4.「日本会議」の事務局を掌握する主要メンバーである「成長の家」OB組織の活動に対して、現在の「成長の家」本部総裁が「反安倍政権の方針」を打ち出した(6月9日)ことに、一筋の明りを得たようで、動向を見守る。
  「護憲+BBS」「憲法を考える」より
「護憲+」ブログ: 憲法論議のできる環境作りは必要 8/7 (名無しの探偵) ○『「憲法」は「理念」と「統治ルール」で構成』に関連して、毎日の社説の言う憲法論議のできる環境作りの提案に、基本的に賛成します。
  今回の参議院選挙と都知事選挙の結果を観ると、国民の民度の低下がいかんともしがたい状況で、このままでは自民党の憲法改正案が通ってしまう危険性も大きいです。
  なんとか国民の啓蒙を喚起する方向を模索しないと、明治憲法に逆戻り(もちろんこれは比ゆ的な意味です。当時の天皇制を復活させる階級制度も天皇制を支える精神的な土壌もない。復活するのは国家主義)する恐れがあります。
  今回の選挙で分かったことは、日本の国民は観客民主主義とポピュリズム(戦前のドイツに近い)に誘導されていて、20世紀初頭にデユルケイムが喝破したアパシー(政治的・社会的な無関心)という精神構造に満たされているということです。
  日本の問題点は、市民社会が発達せずに戦後の民主化を迎え、いきなり「大衆民主主義」になってしまったこと。ですから、憲法も自分たちが勝ちとった権利ではないので、基本的人権も使いこなせない。一例をあげれば、学校のいじめ問題などにも子どもの学習権という視点は終始欠落している。労働基本権も非常に弱い。使いこなせないのです。
  こういう市民的権利の主張が弱いので、憲法の問題として日常生活に直結していかない。日常と日常の生活を成り立たせる「権利」が活性化してこなかった。だから、参政権と基本的人権がリンクしていない。権利の行使である裁判などが他人事でしかない。こうした戦後民主主義の空洞化の歴史は長い間に進行していたのではないでしょうか。
  自民党の憲法改正案が通るとどうなるのかをシュミレーションするような議論が必要になるのではないでしょうか。
  「護憲+BBS」「憲法を考える」より
イシャジャの呟き: 立秋が過ぎたが 猛暑が続くよ  ☀  誕生日の花  トロロアオイ  花言葉  知られぬ恋  8/8 ○朝霧の山
 今日も暑い日となるという予報。医院もお盆休みに入るので、一か月分の薬を処方してもらうため
 罹りつけ医へ。暑いので 8:30前に行ってきます。
 朝からエアコンが活躍中なので、帰ってからは 高校野球&リオ五輪を見ます。


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
 今日のトピックス Blog7/13: 都知事選 宇都宮氏が譲り 鳥越氏が野党4党の統一候補に 東京でも日本でも、平和でなければ、人権保障も安寧な暮らしもない
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利

九条の会が緊急アピール文 安倍首相の改憲発言に抗議 朝日新聞 2/8 ○安倍晋三首相が9条を含む憲法の改正について積極的に発言していることに対し、護憲派の文化人らでつくる「九条の会」は8日、東京都内の参院議員会館で記者会見し、安倍首相の発言に抗議する緊急アピール文を発表した。
 九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文">九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文 ◇ 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。
九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2016年8月10日 第238号 ☆☆☆ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第238号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会主催 第6回全国交流討論集会開催のお知らせ
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)
◇東郷9条の会(愛知県東郷町)、◇商社九条の会・東京(東京都)、◇富士見
九条の会 (埼玉県富士見市)、◇女性「九条の会」、◇九条の会市川(千葉県市 川市)
■編集後記~稲田朋美防衛相はなにをやろうとしているのか
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会主催 第6回全国交流討論集会開催のお知らせ
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。 (編集部)
● 憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)
みんなでカレーを作って食べながら、☆憲法☆ を考えよう!!
日時:8月17日(水)10:30~14:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 富士見町九条の会(東京都東村山市)
フリートーキング~戦争と平和のことなど~
日時:8月21日(日)午後1時~
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 東郷9条の会(愛知県東郷町) 
親と子の人形劇のつどい2016
日時:8月21日(日)10:45開演(開場は30分前)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 商社九条の会・東京(東京都)
第37回企画 講演と歌の集い
日時:8月28日(日) 14:00~16:50(開場 13:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 富士見九条の会 (埼玉県富士見市)
11周年の集い/平和コンサート、記念講演
日時:9月3日(土)午後1時半~4時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 女性「九条の会」
改憲の何が問題か~九条・家族・個人~
日時:9月9日(金)13:30~
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 九条の会市川(千葉県市川市)
結成11周年集会講演
「この憲法を捨てさせない―なにを止める。どこで止める。だれと止める。」
日時:9月25日(日)午後1時30分から
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 稲田朋美防衛相はなにをやろうとしているのか
<詳細はこちらをクリックしてください>

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん
今週の一言: 2016年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) 1/1 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

伊方原発再稼働 急がず住民の理解求めよ 【徳島新聞】2016.08.11 ○四国電力があす、愛媛県伊方町の伊方原発3号機を再稼働させる。当初は7月下旬の再稼働を目指していたが、1次冷却水ポンプにトラブルが発生し、約半月遅れていた。
 再稼働後、出力を上げて調整運転を行い、9月上旬に原子力規制委員会の最終的な検査を受けて営業運転に入る。
 東京電力福島第1原発事故を踏まえ、原発の安全面を危惧する市民団体は、再稼働の中止を求めている。ポンプのトラブルは、住民らに不安と不信感をもたらした。
 四電は再稼働を急ぐのではなく、いま一度、安全対策について広く住民の理解を得る努力を重ねるべきだ。
 福島原発事故を受けた原発の新規制基準の施行後、再稼働するのは九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)、関西電力高浜原発3、4号機(福井県)に続いて、伊方3号機が5基目だ。
 高浜原発は、大津地裁の運転差し止めの仮処分決定を受けて、運転を停止している。
 伊方3号機が再稼働すれば、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使ってプルサーマル発電を行う唯一の稼働原発となる。
 四電は、トラブルがあった1次冷却水ポンプの部品交換作業を完了し、正常に動くことを確認したとしている。
 もう、他にトラブルが起きる恐れはないのだろうか。
 伊方原発の近くを通る中央構造線断層帯への懸念も強まっている。4月の熊本地震では中央構造線の延長線上にある断層が動き、震度7の揺れを2回引き起こした。
 四電は、中央構造線と別府-万年山の両断層帯が連動して揺れた場合を想定。伊方3号機に650ガルの揺れに耐える安全対策を施しており、原子炉容器など重要施設は千ガルの揺れにも対応できるとしている。
 それでも、原発の安全性に関する国民の目は厳しい。
 現在、唯一稼働している川内原発についても、先月初当選した三反園訓(みたぞのさとし)鹿児島県知事が「熊本地震を受けて原発に不安がある」として、九電に一時停止を要請する考えだ。
 今後の成り行き次第では、伊方原発が唯一の稼働原発になる可能性もある。
 2012年1月に伊方原発が定期検査で発電を停止した後、夏のピーク時でも電力不足は起きなかった。火力発電などで賄ったからだ。
 再稼働には、電力自由化の時代を迎え、四国外への売電を増やすなどして収益力を高める狙いもうかがえる。
 昨年10月、再稼働に同意した愛媛県の中村時広知事はきのう、避難計画の充実を図る考えを示した。防災訓練で新たな課題が見つかり、今年7月に避難計画の一部を見直したばかりだ。本来、再稼働よりも十分な避難計画づくりが優先されるべきである。
 伊方原発を巡っては、再稼働の差し止めを求める仮処分の申請などが相次いでいる。 司法の判断にも注目しなければならない。




「再稼働認定おかしい」原発事故避難者が講演 【佐賀新聞】2016.08.09 ○福島第1原発事故を受けて福島県浪江町を離れ、兵庫県で暮らす菅野みずえさん(64)を招いた語ろう会が8日、佐賀市で開かれた。菅野さんは浪江町に帰る見通しが立たない現状を示し、「地域社会を破壊し、古里を追われる事態が二度と繰り返されないよう原発を止めるべき」と訴えた。
 菅野さんは避難時の道路渋滞やガソリン不足を振り返り、「事故が起きると計画通りに避難するのは困難」と指摘した。自宅が雑草や竹に覆われ、田畑が原野に変わるなど帰還の難しさも挙げ、「こうして避難を強いられたまま原発の再稼働が次々と認められるのはおかしい」と強調した。
 「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」などが主催した。9日に鳥栖市と福岡県糸島市、10日に伊万里市と唐津市で開く。
「再稼働しないで」県に署名提出 グリーンピース 【佐賀新聞】2016.08.09 ○国際的な環境保護団体グリーンピース・ジャパンは8日、佐賀県庁を訪れ、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)を含む全国の原発を再稼働しないよう求める署名約3万7千人分を提出した。
 署名は新規制基準への適合性審査を申請した原発が立地する12道県の知事と安倍晋三首相宛てで、2013年11月からネットなどを通じて募り、国内外から賛同を得た。
 この日はグリーンピース・ジャパンの城野千里さんと金海初芽さんが県庁を訪問した。福島県での放射線調査などの活動も挙げながら「原発は事故が絶対ないと言えず、一度起きたら取り返しがつかなくなる。地域分散型の自然エネルギーに移行するのが一番よく、再稼働させないことでリスクを軽減してほしい」と訴えた。
 対応した県新エネルギー産業課の担当者は、県内の家庭用太陽光発電の普及状況などを説明し、要請内容を「知事に報告する」と語った。
<原発避難>住宅無償提供延長求め組織発足へ 【河北新報】2016.08.09 ○東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する住宅無償提供を2017年3月で打ち切る福島県の方針を巡り、山形県内に暮らす自主避難者と支援者らが撤回を求める組織を近く発足させることが8日、分かった。方針撤回を求める全県的な組織は東北で初。9月にも福島県の内堀雅雄知事に面会を求め、無償提供延長を直接訴える方針。
 新組織は「住宅支援の延長を求める会」(仮称)。米沢市など山形県内で生活する避難者と支援者らが幹事となり、代表にはボランティア山形(米沢市)の井上肇代表が就く。
 今月末から9月初めにかけて米沢、山形両市で発足式を開き、広く支援を求める。
 井上氏は「母子避難も多い現状で、住宅無償提供の打ち切りは生活苦を生む。将来設計を立てるためにも数年の延長が望ましく、要望実現のため、山形県内の各避難者関連団体と支援団体がまとまって行動していく。県民の賛同も求めていきたい」と話す。
 住宅無償提供の打ち切りを巡っては、今年5月、「原発被害者訴訟原告団全国連絡会」と「原発事故被害者団体連絡会」が福島県に撤回を求める要望書を提出した。
 米沢、山形両市議会も6月定例会で、打ち切り撤回を求める請願をそれぞれ採択するなど、延長を求める動きも広がりつつある。
 山形県によると、4日現在、福島県から山形県への避難者は2799人。

大飯原発地震動 専門家の意見を聞け 【東京新聞】2016.08.02 ○

原発避難集団訴訟10月31日に結審へ 主な争点の主張にめど/群馬 【東京新聞】2016.06.25 ○

  特集:3.11 震災・復興">特集:3.11 震災・復興


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破???安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう


◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 ) ○バーチャル老人党先ほど復旧いたしました。
  ご迷惑をおかけいたしました。
  皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。

老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

志村建世のブログ: 昭和34年(1959年)の家計簿 ・増田博一の戦記書画「画家が戦争を記録した」(本編・その10) ・ブログ連歌(459)(458) 8/11 ○休日の朝、なぜか古い家計簿が出てきまし。ボロボロになっている昭和34年のものです。結婚して池袋の4畳半アパートに住んで2年目の家計が、細部に至るまでわかります。当時の家賃が4千500円でした。すべての物価が、およそ今の10分の1と考えると、ほぼバランスが取れるようです。もらう給料は、まともな就職なら月額1万円は最低でも出るのが常識になりつつある時代でした。失業と貧困の半年を経て、NHKの9月採用に入ったのがこの年でした。
 支出を見ていると、当時の暮らしがわかります。風呂賃は一人16円でしたから、二人で行くと32円かかります。毎日は行けなくて、3~4日おきに行っていました。ふつうの牛乳が1本15円、豆腐の一丁も15円、日常の買い物では1円単位が巾をきかせていたのがわかります。そんな中でも、主食の米は、分量はわかりませんが、大きな支出なのですね。
 せんたくが50円というのは、アパートにあった共同の洗濯機なのです。10円玉を入れて一定の時間動くようになっていました。長い廊下の端にある、共同トイレ・洗面スペースまで、洗濯物を抱えて往復したのです。天気が良ければ、そこから外階段へ出て、物干し場へ行くこともできました。ただし山手線の線路が近く、風で洗濯物が吹き飛ばされることもありました。私の気に入りのシャツは、ついに行方不明になったことがあります。その後しばらくの間、妻はアパートの前を通る人たちの服装を、チェックしていたとのことです。仕立て屋さんで揃いで作ったシャツだったからです。
 上の3枚目は、この年9月の収支表です。NHKからの初給料が1万6千90円。妻の字で「研修中なのに」と書いてあります。こんなにしてもらっていいの、という妻の気持ちがわかります。この時点で妻の収入の方が上でした。彼女が都会のOLらしい暮らしをした短い期間でしたが、人間関係には恵まれたようで、退職してからも交際が続いていました。
 なぜこの古い家計簿が一冊だけ残っているのか、妻に聞いてもわからないそうです。彼女にとっても「悪くない思い出」の品だからでしょうか。

ナガサキは『北東アジア非核兵器地帯』の創設を呼びかけている 【澤藤統一郎】2016.08.11 ○8月9日、世界が長崎の祈りに耳を傾けるべき日。
「長崎原爆の日」の平和祈念式典での田上富久市長の平和宣言は、例年具体的課題に切り込むことで話題となる。薄っぺらなコピペのアベ挨拶との対比での話題も例年のこと。
 具体的で分かり易い、そして真摯な思いのこもった平和宣言の文章に敬意を表せざるを得ない。
 今年も、核抑止力論を批判した次のくだりに迫力がある。
 「日本政府は、核兵器廃絶を訴えながらも、一方では核抑止力に依存する立場をとっています。この矛盾を超える方法として、非核三原則の法制化とともに、核抑止力に頼らない安全保障の枠組みである『北東アジア非核兵器地帯』の創設を検討してください。核兵器の非人道性をよく知る唯一の戦争被爆国として、非核兵器地帯という人類のひとつの『英知』を行動に移すリーダーシップを発揮してください。」・・・
「お気持ち」ビデオ公表、在京各紙の報道の記録―マスメディアは天皇退位問題の当事者に 【美浦克教】2016.08.10
「本郷・湯島九条の会」は、平和を守るため、ますます元気に街宣を続けます。 【澤藤統一郎】2016.08.10









志村建世のブログ: 金田義朗氏の「にっぽん糸姫織姫ものがたり」を読む ・増田博一の戦記書画「画家が戦争を記録した」(本編・その9) ・ブログ連歌(458) 8/10 ○著者の金田義朗氏は、全繊同盟(現・UAゼンセンの前身)の活動家であり、労働者教育の畑で生涯を貫いた人です。私とは1970年ごろから縁があり、労働組合の教材づくりなどを手がかりとして、制作会社を立ち上げるまでの基礎を築いた時期の恩人です。年配もほぼ同じで、組合の教宣活動を通しての社会改革という、共通の夢を抱いた同志でもありました。
 その人が定年後の5年間を費やして取り組んだのが、この本の執筆でした。帯紙には「その娘たちは決して女工哀史の哀れな受難者ではなかった。その実像をここに描いて、いわれなき女工蔑視の偏見を正したい!」と、出版の趣旨を明示しています。大型A5版700ページの大冊で、重さが1.1キロもあります。定価が表示してないので書店には流通しないようですが、UAゼンセン・ばんろうれん(播州労働組合連合会・兵庫県西脇市)が発行元になっています。
 著者は執筆のために130人もの体験者に聞き取り調査したとのことですが、それ以前からの組合活動家としての経験や、豊富な組合の資料が生かされているのは言うまでもありません。全産業労働者の中で、繊維・衣料関係は、1980年までトップを占めていたのです。そしてその労働の実態は、寄宿舎生活という平等な環境の中で、技能を身につけ経済的にも自立して行く明るい側面がありました。労働組合はそれらの多くの職場で、女子労働者の待遇改善や地位向上に貢献したのです。
 この本は、著者が自由に構想した10話の「ものがたり」で構成されています。それぞれの1話がかなり長いのですが、それぞれの主人公たちが職場生活を通して成長して行く姿が、生き生きとした群像として描かれています。各自の郷里での生い立ちや、家族、学校の先生たちとの交流も、当時の時代背景がよくわかるように構成されています。読んでいるうちに、著者の豊富な知識が醗酵して、「ものがたり」から「小説」に近い作品になっていることに気づかされました。読んでいるうちに何度も、知らぬ間に自分が涙ぐんでいることがありました。
 この本は、たとえば映画やテレビドラマを作る底本としても充分に役立つでしよう。職場と人間を描くこと
 に力が注がれており、労働組合が登場する場面は、むしろ少ないのです。私はまた、糸へんだった全繊同盟の全盛期を伝える貴重な資料にもなると思いました。当時の職場に「非正規雇用」という言葉は存在しません。中卒・高卒で就職しても、3ヵ月で正社員になるのが当たり前の時代だったのです。大勢の若い従業員を確保しなければ、どこの工場も操業は不可能でした。しかしこの本の中でも、技術革新による「人の要らない職場」への変化は予告されていました。
 そうした時代の中に置くとき、これは確かに誰かが書いておくべき本だったと思います。その役割を、みごとに果たしてくれたのが金田義朗氏でした。欲を言えば、もうちょっと小さくて書店でも買いやすい本にしてくれたらよかったとも思うのですが、初心を貫く金田氏の個性が輝く出版に、心からのエールを送ります。
孫崎享のつぶやき: 戦前の右翼中「ゾルレン(あるべし)の天皇」と「ザイン(ある)の天皇」がある。ゾルレンの天皇を守るためザインの天皇を殺していいという考え方が出た」(鈴木邦男氏)。今その考えじゃないか、日本会議、安倍首相の周辺に存在。 8/10


伊藤真のけんぽう手習い塾:「改憲勢力衆参で3分の2超」をどう考えるべきか。〜2016年参院選の結果を受けて〜 【マガジン9】2016.07.14 ○先日7月10日に参院選の投開票が行われました。自民党は56議席、公明党は14議席を獲得し、安倍首相が勝敗ラインに設定した与党の改選過半数を大きく上回る結果となりました。憲法改正に前向きなおおさか維新の会は7議席を獲得し、同党などを加えた改憲勢力で参院の3分の2を上回ることになったと報道されています。これをどのように評価すべきでしょうか。
 憲法改正は争点となっていなかったのか

植草一秀の『知られざる真実』: 国民の生命・自由・幸福追求権守らない安倍政権 7/27 ○神奈川県相模原市で惨劇が起きた。
植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○植松容疑者が書いた手紙(全文)

★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog1/10: ロンブー淳(原発問題)都合の悪い歴史こそ残そう 原発は「大丈夫じゃないな」と 都合の良い歴史は、騙し!?

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。

 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名">「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕


 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 


国立国会図書館: 日本国憲法の誕生  日本国憲法
国会図書館: 日本国憲法の誕生 資料と解説
この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に
植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○植松容疑者が書いた手紙(全文)

NHK: アメリカ大統領選挙 2016年

NHK: 天皇陛下がお気持ちを表明(全文) 8/8  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

九条の会
 ○ 九条の会第6回全国交流討論集会(2016年9月25日) 実施要項  ⇒
 ●「九条の会」メールマガジン >> 第237号 ( 2016年7月25日号)を発信しました

NHK: 天皇陛下 お気持ち表明 外国メディアも速報 8/8
陛下「お気持ち」表明 アメリカ政府の反応 8/9 ○天皇陛下が「生前退位」をめぐりビデオメッセージの形でご自身の「お気持ち」を表明されたことについて、アメリカ国務省のトルドー報道部長は8日の会見で、「強く永続的な日米関係への天皇陛下のご貢献に我々は非常に感謝している」と述べた。しかし、「声明の詳細については日本政府に聞いてほしい」として、論評は避けた。

NHK:ライブブログ リオ オリンピック

ANN: 尖閣は「日本の施政権下」 米国務省が改めて言及 8/11 ○尖閣諸島周辺に中国の公船の数が増えていることに対し、アメリカ国務省は改めて反対の姿勢を示しました。
 米国務省・トルドー報道部長:「尖閣諸島の日本の施政権を損ねようとする、いかなる一方的な行動にも反対する」
 アメリカ国務省のトルドー報道部長は、尖閣諸島は日本の施政権のもとにあり、日米安全保障条約が適用される範囲であることを改めて示しました。そのうえで、中国の行動に懸念を示すとともに、尖閣諸島周辺の情勢については今後も注意深く監視を続けると述べました。また、日本政府と緊密に連絡を取っていることも明らかにしました。  ★親玉が、口利き!? 領土問題は、顕在化…
NNN: 尖閣沖で中国漁船沈没、救助の6人は石垣へ 8/11 ○尖閣諸島の沖で中国漁船が沈没し、捜索が続いている。
 海上保安庁によると、11日午前5時半ごろ、沖縄県の尖閣諸島魚釣島沖の公海上で、中国漁船とギリシャ船籍の大型貨物船が衝突、中国漁船は沈没した。
 乗組員14人のうち漂流していた6人は巡視船に救助され、命に別条はないものの、この後、石垣島へ搬送されるという。残る8人の行方はわからず、海上保安庁と中国の公船が捜索を続けている。
 外務省によると、中国政府に対し日本側の救助や捜索活動を外交ルートで伝えたところ、謝意が示されたという。  ★神の配剤!?

TBS: 日航ジャンボ機墜落から31年、犠牲者を弔う灯籠流し 8/11 ○日航ジャンボ機墜落事故から8月12日で31年です。
 520人の犠牲者を出した日航ジャンボ機の墜落現場となった群馬県上野村には、今年も遺族らが集まり、犠牲者を弔う灯篭流しが行われています。
 遺族の高齢化が進む中、地元の小学生や東日本大震災の被災者も参加し、200人以上が集まりました。
 「父の年齢を超えてみて、まだまだ若くて、やりたい事がいっぱいあったんじゃないかと思う。そう考えるとやっぱり悔しい」(父親〔当時54〕を亡くした女性)
 12日は、遺族らによる慰霊登山と、追悼式典が行われる予定です。
TBS: 黒岩知事が「やまゆり園」訪問、“今後”について施設側と協議 8/11 ○46人が殺傷された神奈川県相模原市の障害者施設を、11日、神奈川県の黒岩知事が訪れ、今後の運営方針などについて施設側と話し合いを行いました。
 先月、入所者ら46人が殺傷された「津久井やまゆり園」を、11日午前、神奈川県の黒岩知事が訪れました。
 黒岩知事は、事件の現場となった部屋などを視察した後、施設の運営団体の理事長や入所者の家族会の会長らと、今後の施設の運営方針などについて話し合いました。
 「(家族から)ここが私たちの生活の場だということ、その強い訴えかけがあった。建て替えをするのか、改修をするのかといった問題について、あまり時間をかけないで結論を出さなきゃいけないなと思いました」(神奈川県 黒岩祐治 知事)
 視察後、黒岩知事は、こう述べたほか、入所者や職員の心のケアを中・長期的に取り組んでいきたいとの考えを示しました。
TBS: 北海道・石狩沖で2人死亡 1人重体、2人不明で捜索続く 8/11 ○11日午後、北海道石狩市の海で海水浴をしていた5人が溺れ、2人が死亡、1人が意識不明の重体、残る2人が行方不明です。
 このうち、死亡した札幌の会社員・小沢真人さん(44)は、海水浴場ではない海で泳いでいました。残る4人は、海水浴場から少し離れた場所で一緒に泳いでいたということです。
 事故当時は、風速5メートルのやや強めの風が吹いていました。
TBS: 今村復興相が靖国神社参拝、大臣就任の報告に 8/11  ★三下だから、御目溢し!?
ANN: 捜索現場から遺体を収容 地震で行方不明の大学生か 8/11 ○熊本地震で行方不明となっている大和晃さんの捜索現場から見つかった遺体が11日午後に収容されました。
 10日から引き続き行われた捜索で、11日午後4時半に現場から衣服を着たままの遺体が収容されました。熊本県によりますと、遺体の他にも大和晃さん名義の通帳や携帯電話も見つかったということです。収容された遺体はこの後、警察に運ばれて身元の確認が進められる見込みです。


[尖閣に中国公船] 緊張煽る行為をやめよ 【沖縄タイムス】2016.08.11
[原発延命政策] 国民の不安置き去りか 【南日本新聞】2016.08.11 ○老朽原発の継続活用の流れが、いよいよ本格化しそうである。・・・  ★却下! 主権者の生命、人権は、第一義! 私企業の利益など、2の次、3の次!
沖縄の基地と振興予算 「リンク」させる強権政治やめよ 【愛媛新聞】2016.08.11 ○ 安倍政権が沖縄県の基地問題と振興予算を結び付ける「リンク論」の封印を解いた。
 菅義偉官房長官が「(基地と振興の)両方の課題を全体的に総合的に推進していく意味ではリンクしている」と発言。普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設をはじめ米軍基地の返還が遅れれば、沖縄振興予算を減額する可能性に言及した。表面上、リンクを否定してきたこれまでの政府方針を百八十度転換した形だ。予算で揺さぶりをかけ、政権の意向に従わせようとする強権的な手法は到底容認できない。 ・・・
女児焼死で再審無罪 なぜ「誤判」と認めない 【中国新聞】2016.08.11
再審無罪/また指弾された自白偏重 【神戸新聞】2016.08.11 ○また自白偏重の司法が指弾された。1995年、大阪市で小6女児が亡くなった火災を巡る再審で、大阪地裁は殺人罪などで無期懲役が確定していた母親と、当時の同居相手の男性に対し無罪判決を言い渡した。
 検察は上訴権を放棄、判決は即日確定した。昨年10月の大阪高裁の再審決定で約20年ぶりに釈放された2人は、晴れて無罪の身となった。
 2人は無実の罪で30~40代の貴重な時間を無理やり奪われた。関係機関の猛省はもちろんのこと、どうすれば再発を防げるのか、検証が欠かせない。二度と繰り返さないために、専門家が指摘するように中立的な専門機関を設け、捜査の在り方を検証することも必要ではないか。
 火災は95年7月に発生した。民家が焼け、入浴中だった当時11歳の女児が亡くなった。母親と同居相手の男性が保険金目的で自宅に放火し、長女を殺害したとして起訴された。
 公判ではともに一貫して起訴内容を否認したが、最高裁で無期懲役の判決が確定、服役した。
 判決によると、男性は事実と異なる目撃証言を前提に警察の追及を受け、恐怖心を抱くような取り調べがあった。さらに女児の母親が犯行を自白したという虚偽を告げられ、精神的に追い詰められた。
 女児の母親も同様の取り調べを受け、大声で怒鳴られたり机をたたかれたりして自白を迫られた。1人では歩けないほど衰弱していたとの接見の弁護士の証言もある。
 物証が少ない中で推測に基づいた警察の自白偏重の捜査が繰り広げられ、検察も裁判所も追認する。過去の冤罪(えんざい)事件の構図そのものである。
 判決は男性の自白内容を「具体的だが捜査官の推測可能な内容で、秘密の暴露というべきものではない」としている。ならば、なぜ一審から最高裁に至る裁判が無罪の訴えに耳を傾けなかったのか。判決が冤罪の原因に触れなかったのは残念だ。
 同じ95年に起きた熊本の松橋事件でも再審開始の決定が出た。検察側は即時抗告したが、この事件では自白強要に加えて、検察が証拠を隠した疑いが指摘されている。
 再審請求段階で証拠を開示するなど全面開示の仕組みを整える。取り調べを任意段階から全面可視化する。冤罪によって人生を狂わされた被害者の叫びに報いるためにも、一層の司法改革に踏み込むべきだ。
焼死再審無罪  繰り返す誤判の検証を 【京都新聞】2016.08.11 ○大阪市で1995年に起きた小6女児焼死を巡る再審で、殺人罪などで無期懲役が確定した母親と元同居相手の男性に対し、大阪地裁が無罪を言い渡した。
 有罪の決め手となった男性の犯行自白が、火災の再現実験結果など科学的検証で否定された以上、無罪の結論は当然だが、問題は、虚偽の自白を強要して事件の体裁を取り繕った捜査機関と、それを追認した裁判所の責任だ。
 女児が焼死した火災は95年7月に大阪市東住吉区で発生。保険金目当てで殺害したとして2人が逮捕された。公判で無罪を主張したが、捜査段階の男性の自白を基に2006年、有罪が確定した。
 その後、被告・弁護側は自然発火の可能性を指摘して再審請求。再現実験で自白内容が不合理であることが判明し、大阪高裁が昨年10月、再審開始を認めた。
 再審では、捜査機関が密室の取り調べで自白を強引に引き出したことが明らかになり、弁護側は取り調べの違法性を主張し「虚偽ない交ぜの自白の信用性を認めた」と裁判所も批判。誤判の原因まで踏み込むよう求めていた。
 しかし、地裁は判決理由で「恐怖心を抱かせたり、過度の精神的圧迫を加えたりして、2人が虚偽自白をせざるを得ない状況に陥った疑いがある」と指摘するにとどまり、警察が自白を強要した背景や裁判所が誤判を犯した原因を明確に示さなかった。不十分な判決内容と言わざるをえない。
 再審の判断枠組みを示した1975年の最高裁の「白鳥決定」以降、死刑や無期懲役が確定した重大事件で再審無罪になったのは、今回で10例目。捜査機関が虚偽自白を強要した構図は、布川事件や足利事件とまったく同じだ。
 自白偏重の捜査手法が冤罪(えんざい)を生み、2人の人生を20年以上も狂わせた結果はあまりに重大である。なぜ警察や検察による虚偽自白の強要が繰り返され、裁判所はなぜ見抜けないのか。
 地裁は、再審で証拠調べや証人尋問を積極的に行い、誤判の原因に踏み込むべきではなかったか。これでは長年汚名を着せられた2人の疑問に応える判決とは言えまい。
 捜査から判決に至るまでの刑事司法に、国民が不信の目を向けていることを忘れてはならない。今年成立した改正刑事訴訟法で、取り調べの一部可視化は進んだが、まだまだ不十分だ。
 まず、誤判の原因究明に司法全体で取り組み、その対策を示すことこそ信頼回復の道だ。
焼死再審無罪 自白偏重を繰り返すな 【毎日新聞】2016.08.11 ○大阪市東住吉区で1995年に小学6年女児が焼死した火災の再審で大阪地裁は、殺人罪などで無期懲役が確定した母親と内縁の夫だった男性に無罪判決を出した。検察は上訴権を放棄し無罪が即日確定した。
 有罪認定の根拠となった直接証拠は捜査段階での2人の自白だけだった。判決は自白全てに信用性だけでなく任意性も認められないとして証拠能力を否定し、自白偏重の捜査を批判した。冤罪(えんざい)の再発防止のため大阪府警と大阪地検は捜査の問題点を徹底解明すべきだ。
 判決は取り調べの過程を丹念に調べ、自白を証拠と認めなかった。男性は首を絞められて恐怖心を抱いたり、母親が自供したという虚偽の事実を告げられるなどの心理的強制を受けたりして虚偽自白した疑いがあると結論付けた。放火の実行方法という核心部分は捜査員が誘導した疑いがあるとも指摘した。母親も大声で追及されるなど過度の精神的圧迫を受けて衰弱し、うその自白をした疑いがあると認定した。警察と検察はまず2人に謝罪すべきだ。
 自白を強要する取り調べに歯止めをかけるため、取り調べの録音・録画(可視化)が法的に義務付けられた。裁判員裁判対象事件と検察の独自捜査事件に限っているが、今回の自白の経過を見れば全事件に広げる必要性を強く感じる。
 密室の取り調べ内容が公判で明らかになったのは、再審請求の段階で大阪府警の取り調べ日誌が証拠開示されたからだ。通常の刑事裁判は裁判員制度導入に伴い、公判前整理手続きでの証拠開示が進む。しかし再審では「新たな証拠」が必要なのに法制化は見送られ、裁判長の判断に任されている。真相究明のため制度の拡大を検討すべきではないか。
 死刑か無期懲役の判決が確定した戦後の事件で再審は9例目で、いずれも無罪が確定した。最近はDNA鑑定が決め手のケースが目立つが、今回は弁護側による燃焼実験だった。自白の通りに放火すれば大やけどをして実行不可能という実験結果が無実の証明につながった。
 捜査段階で同様の再現実験をしていれば不当逮捕を防ぐことができたのではないか。自白に頼らず、客観的証拠の積み重ねが重要であると捜査機関は肝に銘じてもらいたい。
 判決は誤判の原因に言及しなかったが、うその自白を見逃し続けた裁判所の責任も重い。
 公判で2人が無罪主張したのに対し、自白は具体的で信用できると認めた1、2審判決が最高裁で確定した。再審開始を認めた昨年10月の大阪高裁決定で釈放されるまで2人は約20年間自由を奪われた。裁判所も自白偏重を繰り返してはならない。
大阪再審無罪 誤判の究明がなお必要 【朝日新聞】2016.08.11 ○自白偏重の捜査は許されないことを、警察と検察はあらためて肝に銘じるべきだ。
 大阪市東住吉区で95年、小学6年生の女児が焼死した火災で、殺人罪などで無期懲役が確定後、再審公判に臨んでいた母親の青木恵子さん(52)と、同居していた朴龍晧(たつひろ)さん(50)に、大阪地裁はきのう、無罪を言い渡した。
 注目すべきなのは、有罪の根拠とされた2人の自白を証拠から排除したことだ。
 「最初から犯人扱いし、相当な精神的圧迫を加えた」「取調官による誘導の疑いがある」。地裁は取り調べについてそう指摘した。自白に偏った予断捜査を厳しく戒めたといえよう。
 一方で、判決は誤判の原因には言及しなかった。
 2人は保険金目的で自宅に放火したとされた。しかし裁判のやり直しの過程で、車のガソリン漏れによる自然発火の可能性が高いことが、弁護側の再現実験で明らかになっていた。
 当初の捜査で自然発火の可能性を詰めなかったのはなぜか。自白通りならやけどをしているはずなのに、それがないのを裁判所はなぜ見逃したのか。
 再審開始決定時から指摘されてきたこうした疑問に、判決はこたえていない。裁判所もこの誤判にかかわった当事者であることを忘れてはならない。
 2人とも公判では無実を訴え続けた。しかし一審・大阪地裁は「不合理な弁解を繰り返している」と判断した。以後も有罪は覆らず、2人が自由を奪われた月日は約20年に及ぶ。検察側の直接証拠は自白以外になく、より慎重な吟味が必要だったのではないか。
 大切なのはなぜ捜査当局や司法が誤ったかを明らかにし、共有することだ。ふつうの市民が裁判員になる時代だからこそ、どこに落とし穴があるのか、みんなが知る意義は大きい。
 日本弁護士連合会は、冤罪(えんざい)の原因究明のため、捜査機関や裁判所から独立した第三者機関を国会に置くよう11年に提言している。英米のように州政府や国が調査委員会を設け、再発防止を提言する例も参考になる。
 「裁判の独立」を守る必要があるため、どんな検証方法が適切か、検討すべき課題は多いが、戦後発生し、死刑か無期懲役が確定後に再審で無罪となるのは今回で9件目だ。
 自白偏重を改めるため、今春、取り調べの録音・録画(可視化)を義務付ける法改正がなされた。だが、対象は限定されている。このままで十分か、さらに検討が必要だ。  ★人質司法(拉致監禁、立会人排除=米兵には許可、自白偏重)、排除を!?









NHK: 帰省ラッシュがピーク 交通機関の混雑始まる 8/11 ○お盆を、ふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュは11日がピークで、各交通機関では朝から混雑が始まっています。
 このうち、JR各社によりますと、新幹線の下りは11日が混雑のピークで、ことし3月に開業した北海道新幹線の東京発、新函館北斗行きの指定席が終日、ほぼ満席となっているほか、東海道・山陽新幹線の博多行きの「のぞみ」の指定席も終日、ほぼ満席となっているということです。
 また、航空各社によりますと、空の便も羽田や大阪から各地に向かう便が11日は終日、ほぼ満席となっています。
 一方、道路交通情報センターによりますと、高速道路の下り線では午前7時現在、中央自動車道で神奈川県の相模湖インターチェンジ付近を(さがみこ)先頭に首都高速までの50キロ、東名高速で神奈川県の伊勢原バス停付近を先頭に35キロ、東北自動車道で栃木県の矢板インターチェンジ付近を先頭に31キロの激しい渋滞となっています。

NHK: 少女死亡火事 再審で母親ら2人の無罪が確定 8/10 ○21年前、大阪市で、小学6年生だった女の子が死亡した火事で、放火や殺人などの罪で無期懲役が確定した母親ら2人の再審=やり直しの裁判で、大阪地方裁判所は「火事は自然発火の可能性があり、警察が取り調べで精神的圧迫を加え虚偽の自白をさせた」と指摘し、2人に無罪を言い渡しました。検察は控訴しない手続きを取り、2人の無罪が確定しました。

NNN: 安保理、中国が反対 北の非難声明見送りへ 8/11 ○北朝鮮が中距離弾道ミサイルを発射したことを受け、対応を協議していた国連安全保障理事会は10日、中国の反対で非難声明の発表を見送ることを決めた。
 国連安保理は、北朝鮮が今月3日にミサイルを発射したことを受けて緊急会合を開き対応を協議してきた。
 しかし、国連外交筋によるとアメリカの最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」の韓国への配備に反発する中国が、朝鮮半島の緊張は避けるべきと非難声明に反対の立場を示したことから発表を見送るという。  ★想定内でしょ!? 安保理

NHK: 体操男子個人総合 内村が金メダル 2連覇 8/11 ○リオデジャネイロオリンピック、体操の男子個人総合は10日、決勝が行われ、日本のエース、内村航平選手が金メダルを獲得し、2連覇を果たしました。この種目の2連覇は44年ぶり、史上4人目の快挙です。
男子個人総合の決勝は予選を通過した24人の選手が出場して、6種目の合計得点で争われます。
予選2位の内村選手は最初の種目のゆかで安定した着地を見せて、15点台後半の高い得点を出しました。
続く、あん馬と、つり輪でもミスのない演技を見せたあと、4種目目の跳馬で、難易度の高い大技を決めて15点台後半の得点をマークし、続く平行棒でも同じく15点台後半の得点を出しました。
しかし、予選を1位で通過したウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手が内村選手を上回る演技で、最後の鉄棒を前にトップに立ち、2位の内村選手は合計得点で0.9余りの差を追いかける展開でした。
鉄棒の演技で、内村選手は予選では落下した手放し技を成功させたほか、最後の着地も決めて15.800の高得点を出しました。
一方、最後に演技したベルニャエフ選手は14.800と得点が伸びず、この結果、内村選手は合計得点を92.365として、逆転で大会2連覇となる金メダルを獲得しました。2位のウクライナのベルニャエフ選手とはわずか0.099の差でした。
予選6位の加藤凌平選手は11位でした。
内村選手の男子個人総合の2連覇は、1972年のミュンヘン大会で達成した加藤澤男さん以来44年ぶりで史上4人目の快挙となりました。
内村「幸せな気持ちでいっぱい」
内村航平選手は「ベルニャエフ選手と競り合う展開だったが、最後の鉄棒しだいだと思っていた。練習を信じて、着地だけは決めようと思って鉄棒に臨んだ。これ以上ない演技ができて、最高の結果を出せて今は本当に幸せな気持ちでいっぱいです」と話しました。
地元の長崎で偉業に喜びの声
内村航平選手の地元、長崎県諫早市では多くの人が集まって声援を送り、ロンドン大会に続く2連覇の偉業に喜びの声が聞かれました。
内村選手の地元、諫早市内の体育館で、11日午前4時ごろから開かれたパブリック・ビューイングには、内村選手の父親の和久さんや妹の春日さんなど、およそ250人が集まりました。
大型スクリーンで演技を観戦し、内村選手の祖母の小川彰子さんが手作りしたという日の丸の旗およそ100本を振りながら、集まった人たちが応援しました。
2位で迎えた最後の種目の鉄棒で内村選手が見事な着地を決めると、会場からは大きな拍手が上がりました。そして、最後に逆転して金メダルを獲得し、ロンドン大会に続く2連覇が決まると、応援していた人たちは立ち上がって抱き合うなどして喜んでいました。
内村選手の父親の和久さんは「最後まで分からず、ひやひやしていました。よい演技で金メダルを取れたのは皆さんのおかげです」と話していました。
妹の春日さんは「あのプレッシャーの中で、演技ができるのが強さだと思います。かっこよかったです」と話していました。
NHK: 柔道女子70キロ級 田知本が金メダル 8/11 ○リオデジャネイロオリンピック、柔道女子70キロ級で田知本遥選手が金メダルを獲得しました。
 オリンピック2大会連続出場の田知本選手は1回戦で一本勝ちしたあと、2回戦と準々決勝を、いずれも延長戦の末、勝ち上がり、準決勝に進みました。
 準決勝ではドイツのラウラ・バルガスコッホ選手と対戦し、序盤から積極的に攻めた田知本選手は、大外刈りで技ありを奪って優勢勝ちしました。
 決勝ではロンドン大会の銅メダリストでコロンビアのジュリ・アルベアル選手と対戦し、谷落としで技ありを奪ったあと、抑え込みで一本勝ちし、金メダルを獲得しました。
 田知本選手は「最後に抑え込んだときは、もう絶対離さないと思ったし、自分で秒数は見えなかったのですが、あと何秒って思って耐えました」と話していました。
 オリンピックのこの階級での日本選手の金メダル獲得は、北京大会の上野雅恵さん以来2大会ぶりで、今大会の柔道女子では初めての金メダルです。
 田知本選手「試練のすべてが成長させてくれた」
 田知本遥選手は2回戦で世界ランキング1位のオランダのキム・ポーリング選手と対戦し、終始、積極的に技を繰り出して延長戦の末、有効を奪って勝ちました。
 田知本選手は「この試合が山で、自分は金メダルか、メダルなしか、どちらかだと思っていたが、勝てれば絶対に金メダルを取れると思っていた」と振り返りました。
 決勝で対戦した、コロンビアのジュリ・アルベアル選手は日本人が指導し、頻繁に日本でも練習している選手で、田知本選手は「手の内を知られていて少し嫌だったが、最高の舞台で自分の力を出しきろうと思った。技に気持ちを乗せると言い聞かせて戦った」と話しました。
 そして、抑え込みで勝負がついたことについて、「オリンピックで勝つなら確実な抑え込みでと、ずっとイメージしていた。想像どおりになって、うそみたい」と笑顔を見せました。
 田知本選手は去年、海外での国際大会の前に不注意から市販の風邪薬を飲んだため、出場を取り消すことになって処分を受けたときや、ともにオリンピック出場を目指した姉の愛選手が、ことし4月の最終選考会で敗れて出場を逃した時など、精神的に苦しい時期もありましたが、それを乗り越えての金メダルでした。
 田知本選手は「姉が負けたあと、ショックで一時、練習に集中できかなったが、ずっとそばにいてくれていると感じていた。きょうの日のために今までの試練があった。いっぱいありすぎて『なんで』とも思っていたが、そのすべてが自分を成長させてくれた」と感慨深そうに話しました。
 南條監督「人間的成長が金メダルに」
 柔道女子日本代表の南條允寿監督は「当初は最初の4階級で金メダル量産と考えていた。うれしい誤算ではないが、女子の7人の代表選手でただ1人、世界選手権やオリンピックのメダルを取ったことのない田知本が最高の結果を出し、あすからの2人にもつながる」と話し、今大会日本女子初の金メダルを喜んでいました。
 そのうえで、田知本選手が去年、海外での国際大会の前に不注意から市販の風邪薬を飲んだため、出場を取り消すことになって処分を受けたことについて、「多くの人に迷惑をかけ騒ぎにもなったが、代表選手として責任感を持って行動しないといけないという思いが強くなった。人間的に成長するきっかけになり、それがきょうの金メダルにつながった」と分析していました。
 田知本選手のこれまで
 女子70キロ級の田知本遥選手は富山県出身の26歳で、2大会連続のオリンピック出場です。
 初出場だったロンドン大会では準々決勝と敗者復活戦で敗れ、7位に終わりました。その後3年間は世界選手権の代表の座を国内のライバルたちに奪われましたが、去年7月と10月に国際大会を2連勝し、ことし2月の国際大会でも2位に入るなど実績を残しました。そして、4月の国内最終選考会で優勝し、2大会連続でオリンピック代表の座を勝ち取りました。
 田知本選手は世界選手権でも個人でのメダルはありませんが、今大会は快進撃を続け、日本のこの階級では北京大会まで2連覇した上野雅恵さん以来となるオリンピックの金メダルを獲得しました。
 地元の富山で後輩らが声援 ・・・
NHK: 柔道男子90キロ級 ベイカー茉秋が金メダル 8/11 ○リオデジャネイロオリンピック、柔道男子90キロ級で10日、ベイカー茉秋選手が金メダルを獲得しました。柔道男子で日本選手は今大会、2個目の金メダルです。
 初めてのオリンピックのベイカー選手は、初戦の2回戦から準々決勝までの4試合すべてを一本勝ちし、決勝に進みました。
 決勝では去年の世界選手権の銅メダリスト、ジョージアのバーラム・リパルテリアニ選手と対戦し、開始2分すぎに大内刈りで有効のポイントを奪いました。最後まで攻め続けたベイカー選手は、そのまま優勢勝ちし、金メダルを獲得しました。
 柔道男子は今大会、73キロ級の大野将平選手に続いて2個目の金メダルです。
 また、今の階級で行われるようになった2000年のシドニー大会以降、日本選手が男子90キロ級で金メダルを獲得するのは今回が初めてです。
 ベイカー茉秋選手は「オリンピックチャンピオンになることだけを考えてこの4年間ずっと、戦い続けてきたので、一戦一戦、全力で臨みました。夢が叶って、よかったです。本当は決勝も一本勝ちしたかったのですが、簡単にはいきませんでした。でも、結果として優勝できたのですごい、うれしいです」と話していました。
 ベイカー選手「歴史に名前刻んだ」
 ベイカー茉秋選手は「2日前に金メダルを獲得した大野選手が普通の国際大会と思って戦ったほうがいいと話していたので、じゃあ、自分もそれでやろうと思って、ふだんどおり戦った。特別な感情を持たず、1試合1試合に集中したことが金メダルにつながった」と、初めてのオリンピックでも平常心を貫いたと説明しました。
 ベイカー選手は、ことし5月の国際大会で右肩を痛めていて、「なかなか練習できず、調子も上がらなかったが、その中でも、やれることを精いっぱい、きょうまでやってきた。きょうは痛みを感じることなく戦うことができた」と振り返りました。
 外国選手の層の厚い90キロ級で日本勢として、初めてオリンピックの金メダルを獲得したことについては「周りからはだんだん実感が出てくると言われたが、正直、今は実感がない。ただ歴史に自分の名前を刻めてよかった」と満面の笑顔で喜んでいました。
 井上監督「精神力のすごさ感じた」
 ベイカー茉秋選手について、男子日本代表の井上康生監督は「強心臓というか、どんな場面でも動じない彼の精神力のすごさを今回改めて感じた。初戦を非常にいい形で勝ち上がったことがその後の勢いにつながったし、勝ち上がるたびにテンションを上げていった」と、21歳の若さと勢いを勝因にあげました。
 また、外国選手の層が厚いこの階級でこれまで日本勢はオリンピックの金メダルがありませんでしたが、井上監督は「この事実を大会前の合宿で彼に伝えたとき、それを目指してやってやろうという強気な気持ちが伝わってきた。そしてそのとおりに新たな歴史をつくった」とたたえました。
 そして、「大舞台になればなるほど強く、たくましくなる。4年後の東京オリンピックで2連覇を達成するため、成長し続けてもらいたい」と、さらなる活躍に期待をかけました。
 ベイカー茉秋選手のこれまで
 男子90キロ級のベイカー茉秋選手は東京都出身の21歳です。アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、今回が初めてのオリンピック出場です。
 世界選手権では初めて出場した、おととしは2回戦敗退、去年は準々決勝で敗れましたが、敗者復活戦を勝ち上がって銅メダルを獲得しました。
 得意技は大内刈りと大外刈りで、ウエートトレーニングで鍛え上げたパワーとスタミナを前面に押し出して戦います。
 世界ランキングの上位選手が出場する、ことし5月のワールドマスターズで優勝し、今大会の日本勢ではただ1人、第1シードとしてオリンピックに臨みました。
 90キロ級は今の階級区分で行われるようになった2000年のシドニー大会以降では、2004年のアテネ大会で泉浩選手が獲得した銀メダルが最高で、これまで金メダルはありませんでした。
 母校で家族や友人が声援 ・・・
NHK: 競泳女子200mバタフライ 星が2大会連続の銅メダル 8/11  ○リオデジャネイロオリンピック、競泳女子200メートルバタフライで、星奈津美選手が2大会連続となる銅メダルを獲得しました。
 星選手「力出し切り悔いはない」
 星選手は「準決勝までは思うような動きができず、不安な部分が出てきてしまったけど、決勝を迎えるまでにたくさんの人からメッセージをもらって、改めて自分のやることは力を出し切ることだと思って決勝に臨みました。金メダルは意識しましたが、最後は、腕はかけない、足も動かせないくらい出し切ることができたので、本当に悔いはないです」と話していました。


国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

NHK: 米大統領選 民主党クリントン氏の受諾演説 日本語訳を全文掲載 7/30
沖縄慰霊の日 地上戦の記憶どう共有 【中国新聞】2016.06.24   ★戦後は、過去を、戦争をどう総括して、始めたのだろうか? 古い革袋に新しい酒をもる、そんなことをしただけなんだろうか? 而して、反省がない、とか。今となっては、資料保存も怪しいのだろうが。軍が廃棄した!政府も!?

日本の過去1000年以上の地震年表で、日本の地震の傾向がかなり分かる件
特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1

★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
 今日のトピックス Blog7/15: 国民主権の源=フランス革命・市民革命をご存知ですか 支持しますか!? でなければ潜り!国民主権と平和主義と人権は、一体不可分!  
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: