FC2 Blog Ranking
2016-08-15

8/15: 相模原殺傷容疑者「自分は死刑にはならない」??? アジア諸国への加害責任や謝罪に決して触れない安倍氏 一脈通じていないか!?

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十四期を迎えました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2016年8月1日より第十四期(*)に入りました。
この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 ">☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史">戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係

Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・戦後71年「終戦の日」、元特攻隊員が孫に語り継ぐ“自分史”  18時56分
 ・“重い障害”確認か 9人殺害で再逮捕 相模原殺傷  18時47分    ★己の主観で、弱者、邪魔者を切り捨てる思潮、居丈高な政府の姿も重なる!?
 ・相模原殺傷事件 元職員の男、入所者9人殺害容疑で再逮捕  18時55分
 ・韓国国会議員が竹島上陸、“植民地解放の日”に合わせ  18時54分    ★光復節(韓国)のことか!?  対話が成り立つのか?
 ・夏の夜空彩る風物詩「ペルセウス座流星群」  17時51分
 ・高速道路上りは渋滞続く  17時51分
 ・GDP、2期連続のプラス成長  9時54分
 ・米・ルイジアナ州 洪水で4人死亡、7000人救助  9時54分
 ・キャンピングカーで五輪観戦、ホテル高騰のリオで話題  6時39分
 ・中国・陝西省で洪水、バス運転手の機転が人命を救う  6時39分
 ・福島・葛尾村で盆野球、6年ぶりに地元で恒例行事  5時12分
 ・錦織が銅!96年ぶり快挙 五輪ハイライト  7時45分
 ・71回目の終戦の日 安倍総理は靖国参拝見送りへ  2時14分   ★未来志向で『敗戦記念日』に改めよう!? 

NHK: 天皇陛下がお気持ちを表明(全文) 8/8  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

醍醐聰のブログ: 個人番号の利用事務等の停止を求める申し立て書を提出 11/11 ○マイナンバー、87%が「不安を感じる」
 各自治体から住民へのマイナンバー(個人番号)の通知するカードの送付が始まった。来年1月から運用が予定されている。
 しかし、内閣府が今年の7月23日から8月2日まで行った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査」(調査対象3,000人、有効回答数1,773人、調査員による個別面接聴取)によると、マイナンバー制度の「内容まで知っていた」と答えたのは今年1月の調査の時(28.3%)と比べて、43.5%まで増加しているが、それでも制度の周知はまだ半分以下である。
 では、周知度が上るのに応じて回答者の間でマイナンバー制度に関する理解・信頼度は高まったのか?
 これについて、内閣府の上記世論調査は、マイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して、最も不安に思うことは何かを1項目選択形式で尋ねている。この設問に対して、有効回答者の14.4%が「国により個人情報が一元的に管理され、監視・監督されるおそれがある」を選び、34.5%が「個人情報が漏えいすることにより、プライバシーが侵害されるおそれがある」、38.0%が「マイナンバーや個人情報の不正利用により、被害にあうおそれがある」をそれぞれ選んでいる。つまり、有効回答者の86.9%がマイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して不安を抱いていることになる。他方、不安に思うことは「特にない」を選んだのは9.1%にとどまっている。
 また、「あなたは、個人番号カードの取得を希望しますか」との設問については、「希望する」は24.3%「希望しない」の25.8%を下回っている。もっとも多いのは「現時点では未定」で47.3%に達している。
 内閣府政府広報室「『マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査』の概要」
 … アメリカで広がったなりすまし被害~毎年5兆円の損害~ … …

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

原発差し止め判決/再稼働ハードルは上がった 河北新報 5/23 ○想定以上の地震が起きて事故につながったことは東日本大震災で分かったではないか。想定以下でも安全策は十分とは言えず、過去に基準以上の地震があったことや今後想定外の危険があることを踏まえれば、原発の運転再開は認められない-。 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働差し止めを命じた判決は、震災で膨らんだ市民レベルの不安をくみ取る明快な論理構成で、原発の本質的な危険性を厳しく指摘した。 関電が控訴し今後も司法判断は続くが、東京電力福島第1原発事故後初めて出された差し止め判決の意味は大きい。原子力規制委員会の安全審査への影響も含めて、大飯原発に限らず東北を含む全国の原発再稼働のハードルは一気に上がった。 安全対策についての電力側からの技術的、科学的な反論は成り立つ余地があるとしても、今回の判決は地震大国日本での原発の危険性そのものを直視している点でより構えが大きい。

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27">資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授<ANN: 水槽に舞う“桜吹雪” 5万匹のイワシ描く 横浜市 3/29/a>

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い">日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
8月15日分 9:00 実施
今日の「○」と「×」: 「×」 地震発生が原発に警告を発している。 8/14 「×」 今朝、瀬戸内海で地震発生 地震情報 2016年8月14日 5時4分頃発生 最大震度:2 震源地:瀬戸内海 ...  ○マグニチュード3.9、最大震度2という、小規模のものだったが、伊方原発が再稼働したばかりのタイミングだからとても気にかかる。
 近いうちに必ずやってくると言われる東南海地震に対して、伊方原発は本当に大丈夫なのか。
 東日本大震災クラスの津波も予想されるのに、机上の安全対策・避難計画がまともに機能する可能性は限りなくゼロに近いだろう。
 一刻も早く原発を停止し、燃料棒を取り出して安全な所に保管しなければならない。
今日のトピックス Blog8/14: <終戦記念日>広島で学徒動員され毒ガス製造 未来志向で考え、敗戦記念日が適切!? …戦争の大罪と責任を葬り去るようで遺憾

「護憲+」ブログ: 自民党と警察が一体となった監視体制 8/14 (笹井明子) ○神奈川県警の「聞き取り調査」を見ると、「投票すること」まで「政治的」と問題視される、おかしな世の中になっていることを感じますね。
  そういえば、参院選直前に自民党が「学校教育における政治的中立についての実態調査」と称する「密告奨励」サイトを作り、提供された情報の一部を警察に提供した(しようとした?)という話もありました。
 自民党が学校の先生の政治発言の密告を推奨した件 7/9 (京都弁護士会所属)
   また、他にも、今回の参院選期間中に、大分県別府署が、社民党支持団体施設に隠しカメラを設置して人の出入りを無断撮影していた、という問題も発覚しています。
 別府署が隠しカメラ 参院選中、社民支持団体敷地に [大分県] 西日本新聞 8/4
   こうして、大手マスコミが取り上げず国民のほとんどが知らないまま、自民党と警察が一体となった監視社会が築かれようとしているというが、今の日本の恐ろしい現実だと思います。
  「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
「護憲+」ブログ: 「18歳投票率高いの、なぜ?」警察が聞き取り調査 8/14 (猫家五六助) ○東京新聞・8/13日付夕刊記事より転載いたします。

  ++++++++++++++++
  「『18歳投票率 高いのなぜ』神奈川県警が県立高に電話」
   選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて初めて実施された7月の参院選を巡り、神奈川県警青葉署が横浜市青葉区の県立高3校に「区の18歳投票率が高いが、特別な取り組みをしたのか」と電話で問い合わせていたことが12日、県教育委員会などへの取材で分かった。
   青葉署は「18歳投票率が高かったとの報道を受けて、理由を調べるためだった」と説明。「電話をかけたことに問題はなかった」としている。
   県教委などによると、参院選後の7月15日、青葉署生活安全課の署員が3校に「青少年の活動状況を把握したい」などと電話で問い合わせた。うち1校は「県教委の方針に従った主権者教育をした」と回答した。県教委は「今後の主権者教育に影響はなく、問題ないと考えている」としている。
   電話があった高校関係者は「模擬投票などで区や県教委とやりとりはあったが、警察からの問い合わせと言われ、聞き間違いかと思った」と話した。
   総務省は、一部市区町村の投票所1ヵ所を抽出して18~19歳の投票率を調査した結果を7月11日に発表。青葉区の18歳投票率は73.49%だった。
  ++++++++++++++++

  さすが、特高警察の犯罪を反省をしない神奈川県警ですね。「電話をかけたことに問題はなかった」とコメントする青葉署の、公権力をもつ者の無神経さ(もしかしたら悪意?)を感じます。電話を受けた教職員が違和感を持つのは当然でしょう。
  異例な問い合わせに「何か悪いこと、した?」「選挙違反を問われることでも?」「次は慎重に・・・いや、選挙に関心持たせる活動は控えよう」と学校側が自主規制し、「政府からの情報だけ流せば安心」と忖度を始めたら先の戦時下と変わりません。
  ①電話をかけたこと「に問題はなかった」ならば、何が問題だったのか。
  ②生活安全課が電話した目的は何か。(ただの好奇心、というか?)
  ③生活安全課に指示したのは誰か、どこの部署か。
  小さい記事だけど、大きな「事件」。ハッキリさせてくださいね、神奈川県警本部長さん。
  「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
「護憲+」ブログ: ネトウヨは「大人の対応」を讃えるべし 8/14 (猫家五六助) ○東京新聞・本日付コラム「筆洗」をご紹介いたします。

  ===
  スポーツの世界にはルールブックに載っていないルールがある。野球の大リーグでいえば、大量リードしたチームがなお得点を稼ごうとバントや盗塁を試みるのは「書かれざるルール」では反則。報復として相手投手からボールをぶつけられても文句はいえぬ▼憎い相手とはいえ、敬意を払い、必要以上に恥をかかせてはいけないという、優しさや配慮によって生まれた慣習なのだろう。リオ五輪で日本勢の奮闘する卓球にもある。スコンク・ルール▼動物のスカンクに由来するスコンクとは相手に1点も許さず勝つことだが、これを避けるため、あえてミスを犯して得点を与える「書かれざるルール」である。
  (略)
  ▼比較はできぬが、中国漁船と貨物船が沖縄県の尖閣諸島沖の公海で衝突し、海上保安庁が船員を救助した事故である▼行方不明者八人が心配だが、尖閣諸島をめぐる緊張の中にあっても日本側がきちんと対応していることにほっともする。すべての命を大切に考え、困っていれば手を差し伸べる。これはルールでも書かれざるルールでもない。当然なすべき、人間であることの証明である。
  ===
 東京新聞 【コラム】筆洗  8/14
 尖閣諸島をめぐる日中のつばぜり合いで、中国側が民間漁船を巻き込んだ組織的な圧力をかけ、ネット上では尖閣諸島周辺へ200隻以上の船舶が押し寄せる画像が拡散しています。
大国を自称する中国の大人げない行動・主張には呆れるばかりですが、直情的に「海上自衛隊の艦船で対抗せよ」「武力行使あり!」と煽っては同じレベルに成り下がります。
今回の中国漁船と貨物船の衝突事故では、海上保安庁が当然ですが「大人の対応」をしました。「自業自得だから放っておけ!」などという罵声があっても気にせず、粛々と職務遂行する皆さんは日本の誇り!ネトウヨは、こういう美談を積極的に(罵りを加えず)発信してほしいですね。
しかし、同じ海上保安庁の組織が沖縄のヘリパッド工事海上で、反対派住民に「安全対策」「保護」という名目で暴力を振るっているのは悲しいことです。それは安倍政権の直属部隊だと解釈すべきか・・・
「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
イシャジャの呟き: u ターン 敗戦前夜 土崎空襲  ☀  誕生日の花  ホオズキ  花言葉  自然美  8/14 ○ラジオ深夜から 拝借
 今日も真夏日、雨がいつの日降ったのか 記憶をたどれない。
 今朝の予報でようやく 雨のマークが出た。帰省客のuターンも今日がピーク、我が家には2人が日帰りで顔を出してくれた。隣町に住む子たちは 寺参りを済ませ 外食して帰って行ってしまった。里の方にも顔見世したのだろう。
 今日は爺~婆の老々生活、五輪にも、興味が沸かない、高校野球をチラチラみて 居眠り、暑く成れば エアコンをいつ点けるのか 悩む。水分補給も注意・・・
 明日は、二人が 慰めにやってきてくれるというので 楽しみだ。今年の夏は 昭和20年の夏を思わせる猛暑だ。敗戦前夜の8月14日の晩 B29が 近くの製油所を爆撃、県内の夜空を焦がし、子供の爺も夜歩きしていました。

 次の暑い昼、近所のラジオで 雑音の入った天皇の声 を聞いたが、家族ともども泣いた。
 17年2月に 長兄が北支で戦死、金鵄勲章を貰ったが 兄は23歳の若さで 人生を棒に振った。忌まわしい記憶である。
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください
 ◎天木氏が新党 憲法9条” 天木氏">‟新党 憲法9条” 天木氏を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 今日のトピックス Blog8/13: エジプトの柔道選手、イスラエル人に非礼 アラブ版『…大和魂』!? 第2次大戦後のパレスチナ・悲劇を見よ 人、命にこそ敬意を!

イシャジャの呟き: 盆の13日  ☀  誕生日の花 ミソハギ 花言葉 切ないほどの愛  8/13 ○ラジオ深夜便から転写
 今日も真夏日となるという予報、1日エアコンの世話になりそうです。
 健康には注意しましょう

 今日のトピックス Blog8/12: 元慰安婦財団に10億円拠出? 素も、筋が悪い。慰安婦への損賠を被害者ソッチノケ、被害者圧殺!? 朴正煕・朴畝&岸信介・安倍晋三で談合

「護憲+」ブログ: 「次期NHK会長:籾井現会長の再任反対、推薦・公募制を求める署名運動」 8/11 (笹井明子) ○首記の件、「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表の醍醐智さんから、以下のように署名の協力依頼がきています。
  趣旨に賛同する方は、是非署名に参加なさってください。
  ===
  各地の17の視聴者団体は、今日(8月11日)から、連名で、NHK経営委員会を宛先にした、「次期NHK会長選考にあたり、籾井現会長の再任に絶対反対し、推薦・公募制の採用を求める」署名運動を始めました。
  以下、この署名運動の概要をお知らせ方々、皆様の賛同と呼びかけの拡散へのご協力をお願いします。

*署名による経営委員会への要望事項
  1. 公共放送のトップとして不適格な籾井現会長を絶対に再任しないこと
  2. 放送法とそれに基づくNHKの存在意義を深く理解し、それを実現できる能力・見識のある人物を会長に選考すること
  3. 会長選考過程に視聴者・市民の意思を広く反映させるよう、会長候補の推薦・公募制を採用すること。そのための受付窓口を貴委員会内に設置すること

署名用紙の全文(呼びかけ団体、署名運動の趣旨、要望事項、署名欄、署名用紙の郵送先などを記載)  

ネット署名も受け付けています。
 署名に添えられたメッセージを、個人情報を省いて、ネット上で公開しています。   
*署名の第一次集約とその提出予定
  第一次集約日 9月10日(土)
  第一次分提出予定日 9月12日(月)
  (9月13日は経営委員会の定例会合)
皆様のご協力とご支援をお願いいたします。
  ===

  同趣旨の内容は醍醐さんのブログでも掲載されています。
 醍醐聰のブログ: 次期NHK会長:籾井現会長の再任反対、推薦・公募制を求める署名運動、スタート 8/11
「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
今日の「○」と「×」: 「×」 伊方原発再稼働。 8/12 「×」 伊方原発が再稼働=新基準5基目、プルサーマル-四国電 時事通信 8/12 ○伊方原発が再稼働された。
  許せん。
  原発は凶器であり、これを動かす者たちは狂気に囚われている。
  原子力規制委員会の田中委員長と安倍総理は、凶器準備集合罪で逮捕されなければならない。  ★怒髪天の、お怒り、ご尤も!
 今日のトピックス Blog8/11: 安保理、中国が反対 北の非難声明見送り アジアの「核抑止力論」神話に!? 核・軍事依存から、核先制不使用、平和共存に踏み出そう

イシャジャの呟き: 山の日  ☀  誕生日の花 オモダカ 花言葉 秘めたる慕情  高潔  8/11 ○山の日が増えて お盆休みに繋げて 帰省するようになった。
 帰省した子を連れて この一家が顔出しにきて ベーパラダイスに食事に行ってきました。
 胃がない爺が 急いで食べたので ハバげで しまって吐いてしまってようやく収まった。

 今日のトピックス Blog8/10: 冤罪!東住吉放火殺人?無罪❕❕ 背景の人質司法(長期拉致監禁、接見遮断、自白偏重慣習)こそ、冤罪の温床 直ちに廃止を!

「護憲+」ブログ: 「改憲? どちらとも…分からない」を減らしたい 8/10 ( 珠 ) ○参議院選挙で与党が3分の2を超えた結果となり、安倍首相は「改憲」の発議をしたがっているようだ。
  参院選の10日、時事通信が行った3万3985人の出口調査では、改憲「賛成」29.6%、「反対」36%。6%改憲反対が上回ってはいるものの、「分からない」が34.4%。
  【図解・政治】参院選/参院選出口調査分析(2016年7月) 時事通信
  4月に行われたNHKの電話調査回答者1523人では、改正する必要があると思う27.3%、ないと思う30.5%、どちらとも言えない38.1%、分からない、無回答4.1%。
  九条に限って聞くと、改正する必要があると思う22.1%、ないと思う39.8%、 どちらとも言えない32.8%、分からない、無回答5.4%と、九条護憲派が17.7%も多い。
  憲法に関する意識調査(RDD追跡法) 単純集計結果
  これらの調査で気になったのは、「どちらとも言えない・分からない」が、どれも30%を超えていること。つまり、今の状態でいけば、いざ国民投票となったときに、どちらに投票するか「分からない」。
  もう一つは、NHKは固定電話を使ったであろう調査のためか、60代と70歳以上を合わせて58.2%の回答者であること。敗戦を身近に感じる時代を生きた高齢者が平和憲法を護りたいという意識が強いであろうことを思えば、果たして国民投票になったとしても、九条は大丈夫、護れると安心していられる状況だろうか? 
  自民党の改憲草案を読むと、まず、憲法は政府が暴走しないように縛るものであるのに、国民を縛るものに巧みにすり替えられている。国民の権利、思想信条の自由といった基本的な人権が、「公益及び公の秩序」(だれが決めるのか?)に反しない限り…といった制限をかけられそうなことを、どれだけの人が知っているのだろうか。 
  憲法を改悪されないためには、九条を含む日本国憲法を護り、改憲に反対することが今は重要であることは確かだ。しかし、世論調査をよくよく眺めていると、もし、国民投票になったら、どうなるか分からないくらい、危うい状態ではないのだろうか?
  改憲の国民投票に備えて、自民党の憲法「改悪」草案のどこが問題なのかを、徹底的に明らかにし、憲法「改正・改善」案を「どんな憲法だったら生活しやすい?」「戦争で若い人たちを殺したくないなら、どういう憲法が必要だと思う?」と、多くの人とワイワイがやがや日常的に話していくことが必要なのではないだろうか? 
  そしてそれは、「そうだよね!」と言い合っているいつもの仲間、いつもの「お説ごもっとも」からもう少し広げて、「分からない」「目の前のことで精一杯」「ポケモン捕まえなくちゃ」と言っている人も含めて、「自分に関係するんだよ、一緒に考えてみない?」「集団的自衛権の行使を認めたら何が起こると思う?」「表現の自由ってどう思う?」「友達と憲法の話ができる?」と、身近で具体的な問いかけ、憲法論議が必要な気がする。
  まずは今の日本国憲法を「知ること」。自民党憲法草案との違いを「分かること」。
  そこを国民的規模に広げていくにはどうしたらいいか。「いつもの仲間」とは、まずそれを話し合っていければいいなと思っている。「ポケモンゲームで憲法を学ぶアイテム」なんかできないかしら。「改悪ポケモン」を捕まえちゃったら自分が縛られるとかね。
  「護憲+コラム」より
 


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
 今日のトピックス Blog7/13: 都知事選 宇都宮氏が譲り 鳥越氏が野党4党の統一候補に 東京でも日本でも、平和でなければ、人権保障も安寧な暮らしもない
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利

九条の会が緊急アピール文 安倍首相の改憲発言に抗議 朝日新聞 2/8 ○安倍晋三首相が9条を含む憲法の改正について積極的に発言していることに対し、護憲派の文化人らでつくる「九条の会」は8日、東京都内の参院議員会館で記者会見し、安倍首相の発言に抗議する緊急アピール文を発表した。
 九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文">九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文 ◇ 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。
九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2016年8月10日 第238号 ☆☆☆ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第238号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会主催 第6回全国交流討論集会開催のお知らせ
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)
◇東郷9条の会(愛知県東郷町)、◇商社九条の会・東京(東京都)、◇富士見
九条の会 (埼玉県富士見市)、◇女性「九条の会」、◇九条の会市川(千葉県市 川市)
■編集後記~稲田朋美防衛相はなにをやろうとしているのか
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会主催 第6回全国交流討論集会開催のお知らせ
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。 (編集部)
● 憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)
みんなでカレーを作って食べながら、☆憲法☆ を考えよう!!
日時:8月17日(水)10:30~14:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 富士見町九条の会(東京都東村山市)
フリートーキング~戦争と平和のことなど~
日時:8月21日(日)午後1時~
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 東郷9条の会(愛知県東郷町) 
親と子の人形劇のつどい2016
日時:8月21日(日)10:45開演(開場は30分前)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 商社九条の会・東京(東京都)
第37回企画 講演と歌の集い
日時:8月28日(日) 14:00~16:50(開場 13:30)
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 富士見九条の会 (埼玉県富士見市)
11周年の集い/平和コンサート、記念講演
日時:9月3日(土)午後1時半~4時
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 女性「九条の会」
改憲の何が問題か~九条・家族・個人~
日時:9月9日(金)13:30~
<詳細はこちらをクリックしてください>
● 九条の会市川(千葉県市川市)
結成11周年集会講演
「この憲法を捨てさせない―なにを止める。どこで止める。だれと止める。」
日時:9月25日(日)午後1時30分から
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 稲田朋美防衛相はなにをやろうとしているのか
<詳細はこちらをクリックしてください>

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん
今週の一言: 2016年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) 1/1 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

伊方原発再稼働 複合災害前提に安全対策を 【琉球新報】2016.08.15



泊再稼働 知事思案の夏 長引く規制委審査 地元同意範囲設定に動かず/世論・議会の動向注視 【北海道新聞】2016.08.14 ○高橋はるみ知事が、4期目の最重要課題である北海道電力泊原発(後志管内泊村)の再稼働問題に神経をとがらせている。泊原発は、12日に再稼働した四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)と対照的に原子力規制委員会の審査が長引いており、知事自身も地元同意の範囲設定を含め自ら動く気配はない。ただ、原発の一時停止を訴える鹿児島県知事の誕生など、世論の微妙な変化は気にかかっているようだ。
 「泊は原子力規制委の審査中なので、予断を持って何かを申し上げる段階にない。(再稼働の)地元同意の範囲は、国の責任でその後のプロセスも含めて明確に示してほしい」。知事は9日の記者会見でも、従来の見解を述べた。
 知事は、再稼働について表向き、国の動向を見極め、道議会や周辺自治体の意見を聞く方針を繰り返すのみだ。しかし、今年7月の鹿児島県知事選で、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の一時停止を訴えた三反園訓氏が初当選した直後には、4選に失敗した前職の敗因を調べるよう庁内に指示している。記者会見で「(自らの再稼働の判断に)影響はない」と平静を装ったのとは裏腹だ。
 地元同意の範囲については、泊原発がある泊村など立地4町村だけでなく、さらに広範囲に広げるよう求める声がある。北海道新聞社の今春のアンケートでは、小樽市など後志管内の10市町村の首長が広げるのが適切と答え、札幌市も議論に加わりたい意向を示す。 ・・・
泊原発「活断層の可能性」 東洋大渡辺教授指摘/北電は否定 適合審査に影響も 【北海道新聞】2016.08.14 ○北海道電力泊原発(後志管内泊村)の敷地内にある断層が、地盤をずらす活断層の可能性があるとする研究結果を東洋大の渡辺満久教授(変動地形学)がまとめた。北電は従来通り、この断層は活断層ではないと主張しているが、泊原発が新規制基準に適合するかを審査している原子力規制委員会の今後の議論に影響を与える可能性もある。
 規制委は新規制基準で、12万~13万年前以降の活動が否定できない断層を活断層としている。
 北電は泊原発の敷地内に11本の断層を確認している。渡辺教授はその11本のうち、泊1号機の西側に位置する「F―1」(長さ約360メートル)に着目。約533万年以上前の地層では大きなずれが確認できるのに対し、これより新しい地層では、ずれが不明確になり、ずれの有無も確認できない地層もあることから、断層が動いた時期は断定できないとする。そのため「より専門的に分析するべきだ」と主張している。 ・・・  ★地震大国が、地震を看過するような仕儀になり、真に恥ずかしい!?
「次は玄海」期待と懸念 伊方原発再稼働 【佐賀新聞】2016.08.13  ★冗談も大概に!? 熊本地震で、福岡も大きく揺れた。もしもの過酷事故の場合には、被害を受ける人口は、絶大… 地元玄海町の目先利益優先、柵優先で、断行すべきことか!
伊方原発 耐震性に不安 再稼働に県内から反発や注文/大分 【南日本新聞】2016.08.13 ○四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)が再稼働した12日、最短で45キロしか離れていない県内でも反発や注文の声が上がった。再稼働に反対する市民団体は同日夕、大分市中心部で抗議活動を行い、「一刻も早く原発を止めなければ取り返しがつかなくなる」と危機感を募らせた。
 豊後水道を挟んで伊方原発から45キロの距離にある大分市佐賀関。県漁協佐賀関支店の担当者は「事故が起きないことを祈るだけ」と言葉少なに語った。周辺は関あじ、関さばの漁場として知られ、事故が起きればブランドイメージに直結する。県漁協は「県を通じてわれわれの要望を四国電力側に伝えている」と話す。
 東京電力福島第1原発事故を踏まえた新規制基準に適合した原発では九州電力川内1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)、関西電力高浜3、4号機(福井県)に次ぎ5基目だが、4月の熊本地震後では初。伊方原発から6~8キロの海底には日本最大規模の「中央構造線断層帯」があり、「いつ起きるか分からない地震に原発は耐えられるのか」といった懸念の声も根強い。熊本地震では大分県側の断層帯も活発化したことから、「伊方原発をとめる大分裁判の会」の小坂正則事務局長(63)は「東日本大震災が示すように想定外の事態は起きうる。原発を止めること以上の安全対策はない」と語った。
 重大事故が起きれば、伊方原発以西に住む佐田岬半島住民の受け入れ先ともなる大分県。広瀬勝貞知事は「国および電力会社の安全性の確保について注視していく」とコメント。大分市の佐藤樹一郎市長も「安全性の徹底的検証と安全対策に万全を期していただきたい」と注文した。
伊方原発の再稼働「企業の論理」色濃く 崩れる「安定供給神話」 【高知新聞】2016.08.13 ○四国電力は12日、愛媛県伊方町の伊方原発3号機を再稼働させた。これまでの取材の中で愛媛県知事や伊方町長らによる「電力の安定供給のため再稼働はやむを得ない」という説明を何度も耳にした。しかし、2015年春から四国電力の担当となって原発取材を進めるにつれ、次第に違和感が大きくなってきた。東京電力福島第1原発の事故から既に5年以上。「やむを得ない」という考えは「安定供給神話」であり、その神話は電力需給一つとっても、崩れつつあると感じるからだ。 ・・・  ★原発なくても、困らない!?

核燃料サイクル 「破綻」状態での再稼働は疑問だ 【愛媛新聞】2016.08.14 ○四国電力伊方原発3号機が再稼働した。原発内の使用済み核燃料プールはすでに8割が埋まっており、他県への搬出も難しい。政府が固執する核燃料サイクルは事実上破綻状態で、高レベル放射性廃棄物の最終処分地もめどが立っていない。「トイレなきマンション」と批判されてきた原発の根本的な問題は何一つ解決していない。
 こうした状況での再稼働には大きな疑問を抱く。四電は新たな中間貯蔵施設の整備を検討しているが、問題の先送りにすぎない。まずはこれ以上、使用済み核燃料や放射性廃棄物を増やさないことが肝要だ。やはり原発は止めなければならない。
 四電は今年3月、老朽化した1号機の廃炉を決定した。使用予定だったウラン燃料93体が使用済み扱いとなり、伊方原発の使用済み核燃料は計1515体に増加。プールの管理容量の80.2%が埋まる。四電はプールが満杯になる時期を「最短8~9年後」としていたが、「6~7年後」に2年繰り上がった。
 使用済み核燃料は再処理し、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料として再利用する計画だった。しかし日本原燃再処理工場(青森県)は本格稼働の見通しが立っておらず、加えて、再処理工場のプールはすでにほぼ満杯になっている。
 このため四電は水で冷却するプールとは別に、「キャスク」と呼ばれる金属の容器に入れて空気で冷やす「乾式貯蔵施設」の新設を検討している。問題は建設地の選定だ。伊方原発の敷地内は「狭い」とされ、敷地外の場合は原子力規制委員会の許可のほか、予定地の自治体や地権者の理解が必要になる。
 時間的な余裕がない上に、このまま使用済み核燃料を搬出できない状態が続けば、貯蔵施設をつくったとしても、いずれあふれ出す。「中間」とはいえ、再処理できず最終処分地も決まらなければ、なし崩し的に長期間貯蔵されることになる。原発の敷地内外を問わず、地域住民の同意を得るのは困難だろう。
 伊方3号機はプルサーマル発電でMOX燃料を使う。世耕弘成経済産業相は「核燃サイクルの観点から非常に意義がある」と再稼働を評価するが、高速増殖炉のもんじゅ(福井県)は相次ぐトラブルで止まったまま。再処理工場も含めて、サイクルの見通しは全く立っていない。
 国が年内に科学的有望地を示すとしている最終処分地も候補地の決定だけで今後20年程度を要する。思惑通りに選定が進んだとしても、その前に全国の原発に使用済み核燃料が山積みになっている可能性が高い。
 5年前の東京電力福島第1原発事故は、これまでの原発政策を見直す大きな契機となったはずだ。にもかかわらず、根本的な問題の解決を先送りし、事故前に戻そうとするかのような安倍政権の姿勢を危惧する。このまま後世に大きな負担を残していいはずがない。脱原発へと進むべきだ。

原発避難集団訴訟10月31日に結審へ 主な争点の主張にめど/群馬 【東京新聞】2016.06.25 ○

  特集:3.11 震災・復興">特集:3.11 震災・復興


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破???安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう


◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 ) ○バーチャル老人党先ほど復旧いたしました。
  ご迷惑をおかけいたしました。
  皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。

老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

志村建世のブログ: 戦後はいつまで続くのか~戦争だけはやっちゃダメ ・ブログ連歌(459) ・増田博一の戦記書画「画家が戦争を記録した」(本編・その14) 8/15 ○きょうの日経新聞の社説に、この見出しがあった。戦後71年と言えるのは、あの戦争が日本で最後になったからだ。新しい戦争が始まれば、戦後何年という呼び方は、たちまち消えてしまう。いつまでも戦後であるために、つまり、あの戦争を最後にして未来は永遠に平和であるために、私たちにできることを考えよう。
 戦争を肯定する人の理屈に「戸締まり論」というものがある。どの家でも夜寝るときは戸や窓にカギをかけるだろう。世の中には不心得者もいるのだから、侵入されないために用心するのは当然だというわけだ。それと同じように世界には「ならずもの」の国もあるのだから、国にも自衛権があって、軍隊を持つのは当然だという話に飛躍して行く。ところがここには、個人と国とを同列に置いて論じるトリックがある。世の中にはいろんな人がいて、事情によっては悪事に走ることもあるが、それは一つの国が丸ごとで「悪い国」になることと同じではない。軍備を持つほどの規模の国が、今の世界情勢の中で、政府も国民も一致して簡単に「邪悪な侵略国」に変身するわけがない。その前段階として、周辺国との間に何らかの外交的な問題を引き起こすに違いないのだ。その利害の対立や誤解、あるいは意識的に作り出される敵意によって、最後に外交の破綻として戦争に突入する。あるとすれば、そのパターンだろう。
 ところがいまの戦争はとても高くついて、どう考えても「採算のとれる戦争」はできそうもない。日本の現状を考えても、大都市や原発に1発のミサイルが着弾するだけでも、耐えがたい惨害になるだろう。71年間の平和が、日本の国土を「戦争を前提にしない造作」に作り上げているからだ。この事情は周辺の各国も同じようなものだろう。早い話が、どの国も「自衛のための戦争もしない方が被害は少なくて済む」状況なのだ。
 今月の3日には、北朝鮮が発射したミサイルが、日本海の日本の経済水域内に落下したというニュースがあった。そのときの議論で、日本には迎撃ミサイルもあるがその射程は短いし、予期しないミサイル発射に対しては対応できないのがわかったということだった。ミサイル防衛は金食い虫ではあっても、効果のほどは万全というわけには行かないのだ。
 核兵器を持ち出すまでもなく、通常のミサイルでも「使ったらおしまい」の兵器になりつつある。日本のロケット技術は優秀で、その気にさえなれば弾道ミサイルもすぐ作れるだろうが、ここは我慢して作らずにいるのがいい。戦争ほど悲惨で愚かで野蛮なものはなく、今や人類の敵なのだから。

 今日にふさわしい「96歳の遺言~戦争だけはやっちゃダメ」というユーチューブがあるのでご紹介します。知っている方もおられるかも知れませんが、当ブログでは、たぶん初めての紹介です。「八十代万歳!」の中谷久子さんが、10年先輩の久米銈(けい)さんから聞き書きした原稿を元に、ボランティアが集まって絵物語とし、中谷さんの朗読で2014年末に作品化したものです。43分ほどありますが、昔の東京下町の様子も含めて、戦争が庶民の暮らしをどのようにしたかを、生々しく伝えている名作です。
 
靖國神社とは、次の戦争を展望し「新たな英霊」を作る装置なのだ。 【澤藤統一郎】2016.08.15
鳥越俊太郎氏と「表現の自由」「説明責任」―ハフィントンポストのインタビュー記事に思うこと 【美浦克教】2016.08.14
天皇の「生前退位」問題をどう考えるか 【五十嵐 仁】2016.08.14






志村建世のブログ: 髪の毛が黒くなってきた ・増田博一の戦記書画「画家が戦争を記録した」(本編・その13) ・ブログ連歌(459) 8/14 ○
志村建世のブログ: スポーツ花盛りの裏側で ・増田博一の戦記書画「画家が戦争を記録した」(本編・その12) ・ブログ連歌(459) 8/13

ナガサキは『北東アジア非核兵器地帯』の創設を呼びかけている 【澤藤統一郎】2016.08.11 ○8月9日、世界が長崎の祈りに耳を傾けるべき日。
「長崎原爆の日」の平和祈念式典での田上富久市長の平和宣言は、例年具体的課題に切り込むことで話題となる。薄っぺらなコピペのアベ挨拶との対比での話題も例年のこと。
 具体的で分かり易い、そして真摯な思いのこもった平和宣言の文章に敬意を表せざるを得ない。
 今年も、核抑止力論を批判した次のくだりに迫力がある。
 「日本政府は、核兵器廃絶を訴えながらも、一方では核抑止力に依存する立場をとっています。この矛盾を超える方法として、非核三原則の法制化とともに、核抑止力に頼らない安全保障の枠組みである『北東アジア非核兵器地帯』の創設を検討してください。核兵器の非人道性をよく知る唯一の戦争被爆国として、非核兵器地帯という人類のひとつの『英知』を行動に移すリーダーシップを発揮してください。」・・・
「お気持ち」ビデオ公表、在京各紙の報道の記録―マスメディアは天皇退位問題の当事者に 【美浦克教】2016.08.10
「本郷・湯島九条の会」は、平和を守るため、ますます元気に街宣を続けます。 【澤藤統一郎】2016.08.10
孫崎享のつぶやき: 戦前の右翼中「ゾルレン(あるべし)の天皇」と「ザイン(ある)の天皇」がある。ゾルレンの天皇を守るためザインの天皇を殺していいという考え方が出た」(鈴木邦男氏)。今その考えじゃないか、日本会議、安倍首相の周辺に存在。 8/10
伊藤真のけんぽう手習い塾:「改憲勢力衆参で3分の2超」をどう考えるべきか。〜2016年参院選の結果を受けて〜 【マガジン9】2016.07.14 ○先日7月10日に参院選の投開票が行われました。自民党は56議席、公明党は14議席を獲得し、安倍首相が勝敗ラインに設定した与党の改選過半数を大きく上回る結果となりました。憲法改正に前向きなおおさか維新の会は7議席を獲得し、同党などを加えた改憲勢力で参院の3分の2を上回ることになったと報道されています。これをどのように評価すべきでしょうか。
 憲法改正は争点となっていなかったのか

植草一秀の『知られざる真実』: 国民の生命・自由・幸福追求権守らない安倍政権 7/27 ○神奈川県相模原市で惨劇が起きた。
植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○植松容疑者が書いた手紙(全文)

★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog1/10: ロンブー淳(原発問題)都合の悪い歴史こそ残そう 原発は「大丈夫じゃないな」と 都合の良い歴史は、騙し!?

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。

 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名">「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕


 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 


国立国会図書館: 日本国憲法の誕生  日本国憲法
国会図書館: 日本国憲法の誕生 資料と解説
この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に
植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○植松容疑者が書いた手紙(全文)

NHK: アメリカ大統領選挙 2016年

NHK: 天皇陛下がお気持ちを表明(全文) 8/8  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

九条の会
 ○ 九条の会第6回全国交流討論集会(2016年9月25日) 実施要項  ⇒
 ●「九条の会」メールマガジン >> 第237号 ( 2016年7月25日号)を発信しました

<いま読む日本国憲法>(特別編) 不戦精神、9条以外も 【中日新聞】2016.08.15 ○伊藤真弁護士に聞く
 先の大戦での甚大な犠牲を踏まえてつくられた日本国憲法。九条を筆頭に、二度と戦争を起こさないためのさまざまな規定が組み込まれている。終戦から七十一年となる十五日を前に、連載「いま読む日本国憲法」の特別編として、弁護士の伊藤真さんに解説してもらった。
 -戦争につながった旧憲法は何が問題だったか。
 「旧憲法は立憲主義と国家神道を利用して国を統治しようとした。立憲主義が不十分で、国家神道は神権天皇制という形で軍部に利用され『国や天皇のために死ぬことは尊い』という考えが浸透していった」

 -日本国憲法の九条には一項の戦争放棄に加え、二項で戦力の不保持、交戦権の否認という世界的に先駆的な規定が盛り込まれた。
 「その通り。まず九条で軍隊自体を持たないと否定したのは、一番はっきりしている。天皇については一条で国の象徴でしかなく、四条で国政に関する権能を有しないとした。二〇条一項、三項と八九条で政治と宗教の関わりを禁じた。つまり軍隊、宗教、天皇制の三つが戦争へのアクセルとして機能しないようにした
 -三つのアクセルを封じた以外には。
 「万一戦争に進もうとしたときブレーキをかけるため、戦争を否定する憲法の秩序そのものが守られる仕組みもいくつか用意した。『憲法保障』という」
 -具体的には。
 「九八条一項で憲法に反する法律は無効と明確にし、九九条で公務員に憲法尊重擁護義務を負わせた。八一条で違憲審査権を裁判所に認め、憲法に反する国家の行為に無効の判決を出せるようにした。四一条、六五条、七六条一項を根拠とする国会、内閣、司法の三権分立も憲法保障だ。明文化されていないものでは、政府が憲法に反する行為をする場合、国民が法律上の義務に従わない権利(抵抗権)も」
 -憲法は基本的人権の尊重も徹底している。
 「人々が人権を行使することで、政府の暴走を止めることも可能。(例えば)二一条の表現の自由。戦争反対の声を上げても取り締まられないことは、極めて重要な歯止めになる。戦前は学問も武器開発などで軍部に利用されたため、二三条の学問の自由も、戦争をさせない重要な仕組みと言っていい」
 「二五条の生存権も極めて重要。軍隊ではなく社会保障にお金を使い、貧困・格差をなくすことは戦争の原因をなくすことにつながる。二六条の教育を受ける権利は、戦前の皇民化教育を反省し、子どもたちが歴史から学べるようにした。普通選挙を保障した一五条は、戦争で最も被害を受ける市民の意志で政治を動かすということだ」

 -九条以外にも、不戦のための仕組みは多い。
 「画期的なのは前文の『平和のうちに生存する権利』。人権という、多数決でも奪えない価値として平和を規定した。たった一人が『自分の平和的生存権が侵害される』と司法に訴え、止めることができる」
 (安藤美由紀、北條香子)
 <いとう・まこと> 1958年生まれ、東京都出身。法律資格の受験指導をする「伊藤塾」塾長。法学館法律事務所所長、日弁連憲法問題対策本部副本部長。

NHK:ライブブログ リオ オリンピック


<終戦記念日>天皇陛下おことば(全文)…戦没者追悼式 毎日新聞 8月15日 ○本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。
 【写真特集】終戦記念日 不戦の決意、固く
 終戦以来既に71年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。
 ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。  ★戦争責任を云々すべきは、日本国憲法の下で存在し得る、『国政に関する権能』を有する、立法、行政府こそである。憲法に従わない、守らない、首相の背任、サボりは、失格だ。
終戦記念日 . 不戦の決意、固く…戦没者追悼式 毎日新聞2016年8月15日 ○71回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、日中戦争と第二次大戦で犠牲になった約310万人を悼んだ。天皇、皇后両陛下や戦没者遺族ら約6600人が参列。天皇陛下はおことばで、大戦について「深い反省」との表現を昨年に続いて使い、平和を祈る気持ちを示された。安倍晋三首相は式辞で戦争を繰り返さない決意を訴える一方、歴代首相が言及したアジア諸国への加害責任や謝罪には今年も触れなかった。
TBS: 韓国国会議員が竹島上陸、“植民地解放の日”に合わせ  8/15 ○終戦の日に、韓国の国会議員が竹島に上陸です。
 ヘリコプターから続々と降りてくるのは、韓国の超党派の国会議員10人です。韓国では、15日は日本の植民地支配からの解放を祝う日で、この日に合わせ、島根県の竹島に上陸しました。
 上陸した議員たちは、「領土を守る意思を国民に知らせる」と主張し、警備にあたっている韓国の警備隊を激励したり、記念撮影したりしました。
 「警備隊!ファイト!」
 竹島は、韓国が独島(ドクト)と呼んで実効支配していますが、聯合ニュースによりますと、現職国会議員の竹島訪問は2013年8月以来、3年ぶりとなります。
  ★“植民地解放の日”って、光復節(韓国)のことか!? なぜ、そんな平たい言葉を操ろうと?

相模原殺傷:容疑者「自分は死刑にはならない」発言も 毎日新聞 8/15 ○逮捕から一貫、障害者への殺傷行為の「正当性」主張
 19人が死亡した相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件で、捜査関係者によると、元同園職員、植松聖(さとし)容疑者(26)は7月26日に逮捕されてから一貫して、障害者への殺傷行為の「正当性」を主張しているという。取り調べには騒ぐことなく素直に応じているが、集中力が途切れやすい一面があり、話すことに飽きると黙り込むこともあるという。
  ★誰がこんな考えを吹き込んだのだろうか! 戦争犯罪人の言とよく似る!『切り捨て御免』! 満蒙開拓団もそうだった… 沖縄も!?
19人殺害「死刑にならない」: <相模原殺傷>容疑者「自分は死刑にはならない」発言も 8/15 ◇逮捕から一貫、障害者への殺傷行為の「正当性」主張
19人が死亡した相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件で、捜査関係者によると、元同園職員、植松聖(さとし)容疑者(26)は7月26日に逮捕されてから一貫して、障害者への殺傷行為の「正当性」を主張しているという。(毎日新聞)  ★「自分は死刑にはならない」??? 誰が吹き込んだのか?確信犯ぶり。2人以上殺せば、死刑との検察等の相場は動かない!?
「話せます」職員の機転で助かった入所者も 相模原殺傷 朝日新聞デジタル 8月15日 ○相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が死亡した事件で、うち1人の殺人容疑などで送検された元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)が、園内で拘束した職員に「この人は話せるか」と尋ねていたことが捜査関係者への取材でわかった。障害が重い人を狙う目的があったとみられ、「話せます」と答えた職員の機転で救われた人が複数いたという。  ★46人もの殺傷事件。しかも、鉄砲使わず。包丁などで。余りに、日本的!?

女性106人 安保法で精神的苦痛 国に集団提訴 【毎日新聞】2016.08.15

終戦71年 平和への構想力磨き直そう 【琉球新報】2016.08.15 ○戦後71年の終戦記念日を迎えた。
 平和憲法の下で戦後を歩んできた日本が、再び戦争に向かいかねない暗雲が濃くなりつつある。
 同盟国と見なす他国の戦争に自衛隊が出動し、その国を守る集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法が施行されて迎える節目の日となった。
 憲法改正を目指す勢力が衆参両院で3分の2を占める政治状況が覆い被さり、非戦を誓う平和憲法が岐路に立っている。沖縄では、安倍政権による強権的な軍事施策が影を落とし、平和な島の未来像の実現が見通せない状況にある。
 まず、戦争を回避する機会をことごとく逃し、無謀な対米戦争に突き進んだ第2次大戦の負の教訓を見つめ直さねばならない。
 国民よりも国益を優先して守る軍隊の本質と、めまぐるしく変わる国際情勢を冷静に分析し、「平和国家」の真価を発揮する構想力を磨き直すことが欠かせない。
 日本軍が住民を守らなかった沖縄戦を経験し、戦後の基地重圧に苦しみながらも「命どぅ宝」を貫き、平和を希求する沖縄社会の発信はとりわけ重い意味を持つ。

 北朝鮮が日本を威嚇するかのようにミサイル実験を繰り返し、尖閣諸島近海には中国の警備艇や漁船が押し寄せている。国民の不安や敵がい心をあおる閣僚発言が目立つ安倍政権の下で、力には力でという軍事優先の空気が強まっていることを憂慮せざるを得ない。
 中国などの挑発的にも見える行動の真意を読み取り、粘り強い外交対話で解決を目指すべきだ。
 機動隊投入に見られるむき出しの権力を行使し、強固な反対の民意を無視して安倍政権が推し進める辺野古新基地の建設と、先島への自衛隊配備は、軍事に偏重する陣形を築くことになり、いたずらに中国との緊張を高めかねない。
 日米両政府は新基地を「抑止力」に欠かせないと印象操作に走るが、在沖海兵隊の輸送機オスプレイは尖閣の岩山に人も物資も運べない。在沖海兵隊の主力歩兵部隊は米軍再編でグアムに去る。運ぶ兵士がいなくなるのに新基地を造ることは、軍事合理性も欠いた壮大な無駄である。
 具体的な論拠を積み重ねれば、沖縄に基地を押し付ける論理のほころびがくっきりする。それは、武力によらない平和を何とか保ってきた戦後日本の歩みにも合致する普遍性を帯びているのである。
[終戦記念日] ウンケーに不戦を誓う 【沖縄タイムス】2016.08.15 ○8月15日の終戦記念日は一般に「戦争が終わった日」とされている。庶民の戦争体験に照らして平たく言えば、「日本が戦争をやって、こてんぱんに負けた日」(歴史学者・坂野潤治氏)である。
 米軍が沖縄作戦の終了を宣言したのは7月2日、降伏文書に調印したのは9月7日。この時期、食料事情が窮迫し、収容所に収容された住民の多くが、飢えやマラリアの犠牲になった。
 講和条約が発効した4日後の1952年5月2日、政府主催の戦後初めての「全国戦没者追悼式」が東京・新宿御苑で開かれた。その翌日には「平和条約発効並びに日本国憲法施行5周年記念式典」が開かれている。
 だが、日本の独立を祝う式典も、憲法施行を祝う式典も、沖縄とは関係がなかった。
 米軍が上陸する前、日本軍は住民を動員して県内各地に飛行場を建設し、軍事要塞化を図った。米軍は上陸後、本土侵攻のための基地としてこれらの日本軍飛行場を整備・拡張。さらに50年代に入ると、新たに農民の土地を強制接収し、本格的な基地建設に乗り出した。
 そのような経過を経て米海兵隊は本土から米軍政下の沖縄に移駐し、沖縄の負担が大幅に増えたのである。
 沖縄は軍事政策がすべてに優先する軍事植民地だった。 だが、沖縄戦が終わって71年、施政権が返還されて44年がたっているにもかかわらず、軍事優先政策は今も変わっていない。否むしろ、日本政府の対応という点でいえば、疑いもなく今が最悪である。

 ■    ■
 米軍普天間飛行場の辺野古移設計画を主導した元防衛事務次官の守屋武昌氏は、現役時代、米軍再編を実現することによって「沖縄の戦後を終わらせたい」と何度も語っていた。今はあまり言わなくなったが、安倍首相は「戦後レジーム(体制)からの脱却」を強調してきた。
 しかし、彼らの机上のプランと、歴史体験に根ざした県民の思いの間には、埋めることのできない千里の隔たりがある。
 沖縄を「基地の島」として半永久的に固定化し、不平等と対米従属の象徴である地位協定も運用見直しで済ますということは、「戦後レジームからの脱却」ではなく固定化することにほかならない。
 そもそもの誤りは、「抑止力の維持・向上」と「沖縄の負担軽減」という相容れない二つの政策を沖縄だけに負わせ、沖縄の中で実現しようとしたことだ。
 ■    ■
 戦後日本は、屈辱感がつきまとう「敗戦」という言葉を意識的に避け、「終戦」という言葉をいわば政府公認の用語として使ってきた。
 時とともに、敗戦がもたらした負の遺産に正面から向き合う姿勢が弱まり、東アジア諸国に対する戦後責任という視点も急速に薄らいでいる。 終戦記念日の15日は、沖縄では、旧盆のウンケー(お迎え)にあたる。49年8月15日付朝日新聞「天声人語」の指摘をかみしめ、不戦を誓う日にしたい。「親しかった人々の霊魂は迎えても、旧日本の亡霊はむかえてはならぬ」
[終戦記念日] 今こそ不戦の誓いを新たにする時だ 【南日本新聞】2016.08.15
終戦の日 不戦の誓い今こそ新たに 【西日本新聞】2016.08.15
【終戦の日】理解し合う努力を重ねて 【高知新聞】2016.08.15
終戦71年 平和の「継続」への覚悟と努力を 【愛媛新聞】2016.08.15
終戦の日 山積する課題、直視せよ 【中国新聞】2016.08.15
終戦の日/戦後の歩みを見つめ直す 【神戸新聞】2016.08.15 ○71回目の終戦の日を迎えた。不戦の誓いを新たにし、「戦後」の意味を改めて考える日にしたい。
 NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」には、神戸出身で、雑誌「暮(くら)しの手帖(てちょう)」の編集長を務めた花森安治をモデルにした天才編集者花山伊佐次が登場する。
 ドラマでは戦時中に花山が「進め 一億 火の玉だ」という戦争標語を選ぶ場面があった。花森安治も実際、大政翼賛会の宣伝部で活動したという。花森は戦後、そうした体験への痛切な反省から庶民の暮らしを守る雑誌づくりに打ち込んだ。
 戦時下、国民の戦意を鼓舞する標語・スローガンが数多く作られた。
 「権利は捨てても 義務は捨てるな」「国のためなら 愛児も金(きん)も」「国が第一 私は第二」「任務は重く 命は軽く」(里中哲彦著「黙つて働き 笑つて納税」より)
 いずれも国のために個人の自由は縛るという考え方が貫かれている。一方、戦後の憲法は13条で「すべて国民は、個人として尊重される」と定め、国民主権をうたった。個人の権利を尊重するよう国に命じた。それが戦後社会の基本だといえる。
 だが、現行憲法は「西欧の天賦人権説に基づく」とし、規定を改めるべきとの意見がある。自民党が2012年に発表した憲法改正草案はそんな考えをベースに13条の「個人」を「人」に改め、その権利が「公共の福祉に反しない限り」尊重されるとの条文を「公益及び公の秩序に反しない限り」と書き換えた。
 個人よりも集団、国を尊重する発想ではないか、「公益及び公の秩序」は解釈が広げられて人権が制限されないか-。不安が募る内容だ。
 草案は「実現性より独自色」といわれた野党時代の案で、安倍晋三首相も「議論のたたき台」と述べる。それでも政権党の改正案である。
 参院選の結果、憲法改正に賛同する勢力は、衆参両院で国会発議に必要な「3分の2」を得た。改正が現実味を帯び、「国のかたち」が変わるかもしれない岐路に立つ。
 基本的人権の尊重、国民主権、平和主義という憲法の三大原則は、この国の平和と発展を支える基軸となってきた。だが、戦後に培ってきたものが崩れかねない状況が生まれている。日本はどこへ向かうのか。
 戦後の歩みを見つめ直し、何を守るべきかを冷静に考えたい。
  ★柵による政治、投票行動についても、反省、乃至考えてみるべきではないか!? その先は、悪代官任せの、いつか来た道ではないのか?と。



台風7号北上中 本州に影響か: 台風7号 発達しながら北上中 本州にも影響か 8/14

「科学は平和のために」 飛行爆弾開発に従事の90歳元東大生 東京新聞 8/15 ○◆軍事研究復活に懸念 
 戦時中、優秀な研究者や学生が軍事研究へと駆り出されていった。東京都目黒区の藤原祥三さん(90)もその一人。東京帝国大(現東京大)で爆弾の開発に関わった。戦後日本の科学界は戦争協力への反省から、軍事研究に距離を置いてきた。しかし、非軍事の誓いが揺らぐ今、藤原さんは「科学は平和のために使われるべきだ」と語る。 (望月衣塑子)
 「なぜ開戦に踏み切ったんだ」。七十一年前の八月十五日、藤原さんは東京帝国大の航空研究所(目黒区)で玉音放送を聞き、ぶつけようのない怒りが込み上げた。三月の東京大空襲では、炎に包まれた街を屋上から目の当たりに。「政府や軍は、国民にめちゃくちゃなことを強いた。その結果が敗戦なのか」
 五人兄妹の三男として武蔵野市で生まれた。一九四四年十月、東京帝大の第二工学部航空機体学科に入学。大学側から極秘で研究所に通うよう言われた。
 指導したのが、後に日本のロケット開発の父と言われた糸川英夫助教授。藤原さんら航空機体学科の新入生四十人は、糸川さんから開発中の飛行爆弾の軌道計算を命じられた。何時間も計算し、別の人の計算結果と違えば一からやり直し。その繰り返しだった。
 「骨の折れる作業だったが、完成すれば特攻隊の戦死者を出さずに済むと思い、歯を食いしばってやった」。爆弾は軍艦などの砲撃で生じる熱線を感知し、その方向に誘導されるもの。若者たちが乗る特攻機の代わりになると信じたが、未完のまま終戦を迎えた。
 日本が連合国軍総司令部(GHQ)に兵器製造を禁じられていた四九年、三菱重工業に入社。一時期、防衛大に納入する実験施設の開発に関わったが、ほとんどは軍事と無関係の部門で働いた。平和国家の道を歩んできた日本だが、二〇一四年に政府が集団的自衛権の行使を容認し、一五年に安全保障関連法を強行採決した。防衛省は軍事につながる大学などの研究に資金提供を開始した。
 藤原さんは「軍部が台頭した戦前に逆戻りしているのではないか」と不安を感じる。自衛隊の存在は認めるし、最低限の軍事研究もやむを得ないと思うが、「戦後日本の平和を守り続けた憲法九条を変え、軍隊を持つべきではない」。
 終戦の日を迎えるたび、研究所での苦い記憶がよみがえる。「あのころは仕方なかった」と思う一方で、「本質的には、科学や学問は戦争のためではなく、平和な社会を築くために使われるべきだ」と訴える。「再び戦争をしてはいけない。それだけは、死ぬまで言い続けたい」
高江ヘリパッド中止求め決議 米国初、最大規模の退役軍人の会 沖縄タイムス 8/15 ○【平安名純代・米国特約記者】米市民団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」は13日、米カリフォルニア大学バークレー校で開いた第31回年次総会で、東村高江周辺のヘリパッド建設工事の中止を求める緊急非難決議案を可決した。米国で同計画をめぐる非難決議が採択されるのは初めて。名護市辺野古の新基地建設中止やオスプレイの全機撤収などを盛り込んだ決議案とあわせ、全米で最大規模の退役軍人の会が、沖縄関連の2本の決議を採択したことで、米国内における新たな沖縄支援の流れを形成しそうだ。
 2本の決議案を提案したのは、琉球沖縄国際支部(ダグラス・ラミス会長)。高江ヘリパッド建設計画を巡る緊急非難決議では、新基地建設計画に反対する候補者が勝利した参院選の翌日に約800人の機動隊員を動員され、抗議する住民らが排除されたことに、「日本政府が沖縄を植民地と捉えている」などと厳しく批判。工事強行を「恥ずべき反民主的で差別的な行為」と非難し、米政府に同計画の放棄を日本側に伝達するよう要請した。
 新基地建設の中止を求めた決議は、第1海兵航空団の沖縄県からの撤去や辺野古における新基地建設工事中止と建設計画の撤回、オスプレイの沖縄県からの全機撤収などを盛り込んだ。VFPの各支部に対、それぞれの地元自治体で同決議の採択を呼び掛けるよう求めている。
 沖縄関連決議の採択に、VFPのバリー・ラデンドルフ会長は「米軍基地を巡る強制的な工事着工は、日米両政府が現在も沖縄の人々を差別的な支配下に置いていることを示している」と認識を示し、「こうした状況を恥じる琉球沖縄国際支部のメンバーらが強い怒りを感じるとともに、当事者としての自らの責任を果たそうと提案し、採択された。われわれもできることに全力で取り組んでいきたい」と積極的に協力する意向を示した。
辺野古阻止へ支援訴え 米退役軍人団体VFPが総会 沖縄支部5人も参加 【琉球新報】2016.08.14 ○【バークレー=問山栄恵本紙ワシントン特派員】退役軍人らでつくる米国の平和団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」の第31回年次総会が12日、米カリフォルニア州バークレー市で開幕した。VFP琉球沖縄国際支部(VFP-ROCK)の5人も参加。会場に特設コーナーを設け、名護市辺野古の新基地建設中止に向けて支援を求めた。
 開会式ではマイケル・マクファーソン事務局長が沖縄支部に言及。6月19日付の本紙県民大会別刷り特集200部も配布された。
 同沖縄支部のダグラス・ラミス代表(沖縄キリスト教学院大学大学院客員教授)は「沖縄に新しい基地をこれ以上、いらないとの認識が広がっている。辺野古移設は知事が反対し、選挙でも移設反対の候補が当選した。新基地建設中止への闘いは勝てる闘いだと訴えていきたい」と強調した。
 映画監督のオリバー・ストーン氏や医師で国際的反核運動指導者のヘレン・カルディコット氏らがそれぞれ、米国の戦争について語った。
 新基地建設中止に賛同し、署名したベトナム戦争時の元陸軍兵グレッグ・ミラーさん(70)=カリフォルニア州=は「長期間にわたり米軍が占領していることは異常だ。日米両政府は沖縄県民の意見を尊重するべきだ」と述べた。元海軍兵で沖縄にも駐留経験があるマイケル・ロンドワーさん(71)は「毎週日曜日にサンタモニカで集会をしている。その場で沖縄について話したい」と述べ、本紙の別刷り特集を持ち帰った。・・・
玉音放送阻止へ偽命令、宮城事件 元近衛兵、録音盤捜索記憶今も 【福井新聞】2016.08.14 ○終戦に反対し、徹底抗戦を唱えた一部の陸軍将校らが玉音放送の録音盤を奪って放送を阻止しようとしたクーデター未遂事件「宮城(きゅうじょう)事件」。元近衛(このえ)兵の吉田巧さん(93)=福井市=は71年前の8月15日未明、偽の命令によって録音盤を探し回った兵士の1人。「陛下をお守りする部隊でありながら陛下に逆らう行為だったことに、その時は考えもつかなかった」と、命令に疑問を挟まず唯々諾々として従った事件を「慙愧(ざんき)に堪えない」と振り返り、不戦への思いを新たにしている。
 全国から選抜された近衛兵は天皇、宮城(皇居)の警護に当たった。吉田さんは徴兵検査の「甲種」に合格し20歳だった1944年、近衛歩兵第2連隊に入隊した。訓練などを経て皇居に入ったのは45年の6月末。東京の空襲も激しくなり、上空を飛び交う米軍爆撃機B29を警戒し、焼夷(しょうい)弾が落ちてこないか監視していた。
 宮城事件について吉田さんは「『録音盤を探せ』という命令に従って大勢で宮内省に突入した。しかし庁舎内は広く、どこから探せばいいのか雲をつかむようなものだった」。引き出しや金庫をひっくり返し、必死だったという。
 録音盤探しが偽の命令だったと吉田さんに情報が入ったのは朝方だった。終戦を知り「この先どうなるのかと不安が募る一方で、戦争が終わって良かったという安堵(あんど)感もあった」。
 近衛師団は解散となり45年10月、福井に帰郷した。県などによると、吉田さんが同連隊に所属した記録は残っているが、県人がどれだけ所属していたのかは分からないという。
 終戦の日が近づくたび、事件のことが頭をよぎるという。「戦争の混乱でみんな正しい判断ができなくなっていた。陛下のご聖断によって今がある。戦争は絶対にしたらあかん」と語気を強める。
 2年前、近衛兵の記憶を手記にしたためた。「生涯を精神的に支え律してきたのは、誉れの近衛兵として陛下のご守衛の任務に携わったこと。しかし陛下のご意志に反するクーデターに参加した事実は、消しても消しても消しきれない大罪で、痛恨の極み」などとつづり、自身の俳句で締めくくっている。
 「終戦日 死ぬまで近衛兵たりき」
 【玉音放送】 天皇の声で行われる放送。1945年8月15日正午に流れた昭和天皇が終戦の詔書を読み上げられたラジオ放送を指すのが一般的。終戦前日の14日、皇居内の防空壕(ごう)「御文庫(おぶんこ)付属室」でポツダム宣言の受諾を最終的に決められた昭和天皇が、同日午後11時25分、宮内省の内廷庁舎執務室で2回にわたり録音した。
 【宮城(きゅうじょう)事件】 宮内庁が2014年に公表した「昭和天皇実録」によると、一部の陸軍将校らが1945年8月14日夜、皇居の警備を担う近衛第1師団の森赳(たけし)師団長を殺害。偽の命令によって部隊を動かし、15日未明には皇居を占拠した。玉音放送の録音に立ち会った下村宏情報局総裁らを監禁した上、録音盤を奪おうと探し回ったが発見できず、午前5時すぎに東部軍管区司令官の説得によって沈静化した。録音盤は、いまは宮内庁となっている宮内省内廷庁舎の侍従職事務官室の軽金庫に納められていた。
  ★先日の、天皇陛下の“生前退位”の件も、録音盤により行われたが、生放送でよかったのではないか!? 前回のような、クーデターがなくて良かったが、内閣は、真意を尊重し、実現に動くべきだ!? 意に反した、クーデター紛いをしてはならない。

元慰安婦支援団体が大規模集会 ソウルの日本大使館近く 【朝日新聞】2016.08.14 ○旧日本軍の元慰安婦だった故金学順(キムハクスン)さんが韓国で初めて実名で体験を公表してから25年を迎えた14日、ソウルの日本大使館近くで、元慰安婦の支援団体などが大規模な集会を開いた。学生や野党議員ら約800人(警察当局推計)が参加し、昨年12月の日韓合意の無効や少女像の移転反対を訴えた。
 集会には元慰安婦2人も出席した。金福童(キムボクトン)さんは日韓合意について「人を無視するにもほどがある」と述べ、合意に元慰安婦の意見が反映されていないと批判。日本政府に対して「謝罪して賠償しろ」と訴えた。
 慰安婦問題を巡っては、日韓合意に基づいて韓国政府が7月末に財団を設立した。今月12日には岸田文雄外相が尹炳世(ユンビョンセ)外相に対し、財団に資金10億円を速やかに拠出すると表明した。(ソウル=東岡徹)  ★法の支配を時にいう者が、加害&被害者側両政府が結託して、慰安婦・犠牲者を、人権を、賠償請求権を、圧殺しようなど、あるべきことか!国家の暴力を重ねるもの。
韓国、スパイ捏造で資料展示室 無罪27人、在日被害後世に 【東京新聞】2016.08.14 ○【ソウル共同】韓国では1970~80年代、100人を超す在日韓国人が「北朝鮮スパイ」として摘発され、重刑を受けた。元被告の多くが冤罪だと訴え、ことし6月までに「拷問捜査で事件がでっち上げられた」として、再審で27人の無罪判決が確定している。
 スパイ事件の捏造被害を後世に伝えようと、元被告らのほぼ全員が一時収容された旧ソウル拘置所の獄舎に常設の資料展示室が完成。14日に展示が始まり、冤罪被害者と日本の支援者らが訪れた。
 最大15人が収容された約10平方メートルの房が展示室として使われ、被害者が収容中につくった歌詞や上告趣意書などが置かれた。  ★韓国軍事政権下の、悪事。光州事件、金大中大統領誕生まで続けられた。民主化弾圧事件!


国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

NHK: 米大統領選 民主党クリントン氏の受諾演説 日本語訳を全文掲載 7/30
沖縄慰霊の日 地上戦の記憶どう共有 【中国新聞】2016.06.24   ★戦後は、過去を、戦争をどう総括して、始めたのだろうか? 古い革袋に新しい酒をもる、そんなことをしただけなんだろうか? 而して、反省がない、とか。今となっては、資料保存も怪しいのだろうが。軍が廃棄した!政府も!?

日本の過去1000年以上の地震年表で、日本の地震の傾向がかなり分かる件
特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1

★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
 今日のトピックス Blog7/15: 国民主権の源=フランス革命・市民革命をご存知ですか 支持しますか!? でなければ潜り!国民主権と平和主義と人権は、一体不可分!  
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: