FC2 Blog Ranking
2016-11-20

11/20: 「女性・女系の議論を」82% 「退位、恒久制度必要」70% 憲法改正も主権者が決める! 憲法審査会(議員)は「ありき」で走らぬよう

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十四期を迎えました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2016年8月1日より第十四期(*)に入りました。
この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子)
「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請主義と縦割り行政による転倒  (蔵龍隠士)
「護憲+」ブログ: 年金問題を忘れるな!(リメンバー~「消えた」年金)   (蔵龍隠士)

厚生年金の歴史について年金制度のスタートは、軍人のための恩給制度 ○…民間労働者の年金制度は、昭和14年(1939年)に公布、翌年施行された「船員保険法」が始まりで、船員の医療や労災保険も含む制度でした。
昭和14年は、まさに戦時体制下。まずは船員から保険制度で補償しようとなったわけです。
その後、ナチス・ドイツの年金制度を範として、昭和16年(1941年)に「労働者年金保険法」を制定し、翌昭和17年(1942年)から施行工場で働く男子労働者を対象とした保険制度がスタートします。
この制度は、昭和19年(1944年)には適用範囲を男子事務員と女子労働者にまで拡大し、名称も「厚生年金保険法」に改められました。…  ★別に、戦時中に、敢えて、男女同権を目指した訳ではない。お金(戦費調達)が欲しかったから。
ウィキペディア: 年金 …年金制度の歴史[編集]
 日本で最も古い年金は、軍人への恩給であり、1875年に「陸軍武官傷痍扶助及ヒ死亡ノ者祭粢並ニ其家族扶助概則」と「海軍退隠令」、翌1876年に「陸軍恩給令」が公布された。その後、公務員を対象に別々に作られた恩給制度を一本にまとめ、1923年に「恩給法」が制定された[要出典]。
 日本初の企業年金は鐘淵紡績(クラシエブランドやカネボウ化粧品などの源流となる、後年カネボウとして知られた紡績会社)の経営者、武藤山治がドイツ鉄鋼メーカの従業員向け福利厚生の小冊子を1904年に入手し、研究後、翌年1905年に始め、その後三井物産なども始めた[要出典]。
 民間労働者の年金は、1939年に船員保険の年金保険が公布され、そして厚生省の設置や国民健康保険法の制定など社会保障政策を進めいていた当時の近衛内閣で厚生省官僚だった花澤武夫らによりナチス・ドイツの年金制度を範として労働者年金保険法(1944年)に適用対象を拡大し、「厚生年金保険」に改称)を1941年3月11日に公布、1942年6月に施行した[要出典]。導入の際には戦時中ということで大蔵省及び大日本帝国陸軍から反対があったものの、支払いは数十年先のことであり、当面は戦費調達を目的として日本の国民皆年金制度は始まった。  ★政府が、年金に執着する理由は、徴収(金集め)にあって、支払いにはない。明らか! 年金制度、止めませんよ。決して。

「九条の会」オフィシャルサイト
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内 
九条の会: 呼びかけ人からのメッセージを記者会見で発表 ○1月28日、国会内で記者会見を開き、九条の会事務局は呼びかけ人の4名の人びと (大江健三郎、奥平康弘、澤地久枝、鶴見俊輔)からのメッセージを発表
IWJ: 2013/01/28 九条の会 記者会見  ○事務局からの当面の活動の予定などを含めた記者会見の全体の様子はインターネット・メディアの岩上ジャーナルが 動画で報道しています。

『9条世界会議』-世界は9条を選びはじめた
 >・戦争を廃絶するための9条世界宣言・日本語 (訳文)
九条の会: ●九条の会を記録する会(映像ドキュメント研究会)サイトのご案内  ◆リンクはこちらから
映像ドキュメント.com:  見る <配信映像リスト>  ほか ○ 見る <配信映像リスト> ☆ 九条・憲法  ☆ 日米安保と普天間  ☆ 福島原発事故  ☆ その他のテーマ
 ◎原発事故関連の目次にあたるページは⇒福島原発事故配信映像リスト
 ◎カンパのお願い◎
映像ドキュメントは、それぞれが仕事を持ちながら手弁当でやっている集団です。 必要に応じてそれぞれがお金を出しあって活動してきたので、これまでカンパを訴えたことがありませんでした。しかし活動範囲が広がるにしたがって、それぞれが出しあうといっても厳しくなっているのが実情で、映像ドキュメントの活動へのカンパをお願いすることにしました。ご支援いただけると助かります。どうかよろしくお願いします。 2013年2月27日

NPJ News for the People in Japan
  ☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋 ">☆資料 2008年 社説: 自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋
 >・東京生存権裁判 東京地裁判決骨子(pdf.)  >・判決全文(pdf.)
  [新聞社説] ・定額給付金   ・前空幕長招致   ・米原子力空母配備

国立国会図書館HP: 館内外の各種データベースを検索 ○国立国会図書館について
○納本制度 ○RSS / メルマガ / API ○Twitter
 電子展示会「日本国憲法の誕生」 ☆リンク集  ☆参考文献 ☆ ご利用について

 憲法9条「変えない方がよい」67% 朝日新聞世論調査 ○2010年5月2日

NHK: 「司法権の独立揺るがす」資料見つかる 4/8 ○文書には、当時の最高裁の田中耕太郎長官が最高裁での審理が始まる前にレンハート駐日首席公使と非公式に行った会談の内容が記されています。この中で田中長官は、「裁判官の意見が全員一致になるようにまとめ、世論を不安定にする少数意見を回避する」などと語り、全員一致で1審判決を取り消すことを示唆していました。
戦後憲法史: 1945 7.16 米英ソ、ポツダム会談 ~1997 5. 8 アイヌ新法が衆院で可決・成立  ○戦後憲法史">戦後憲法史
最高裁判所 歴代裁判官リスト(1947/08/04以降) ○…10年間の最高裁生活の中で、田中判事が書いた無罪判決や無罪意見はゼロだった。  ★無論、注目すべきは、田中耕太郎氏の、最高裁長官在位10年間(1950/03/03~1960/10/24)の業績である。
志村建世のブログ: 「日本の最高裁を解剖する」を読む ・ブログ連歌(395) ・ 民主平和党ホームページ ○「日本の最高裁を解剖する」(デイヴィッドSロー著・西川伸一訳・現代人文社)を読みました。「アメリカの研究者からみた日本の司法」という副題がついています。発行は2013年、民主党政権下で取材・企画された出版物です。日本の最高裁は、なぜ法律の違憲審査権を発動するのに慎重で、保守的であるのかを、関係者への精力的なインタビューを重ねて解明しようとしています。 日本の最高裁判所が法律を違憲と判断した例は、現在までに8件しかないそうです。これは諸外国と比べても異例の少なさだということです。その例外的な8件も、尊属殺人の特別扱いを違憲としたなどは知られていますが、憲法9条の関係では「高度な政治的判断」には立ち入らない、選挙制度では「違憲状態にある」と言いながらも選挙自体は有効とするなど、総じて重要な問題では行政の立場を尊重した抑制的な態度が目立っています。 日本国憲法では、国会による立法権、内閣による行政権、裁判所による司法権の三権の独立が原則とされていますが、最高裁判所を頂点とする司法が、所詮は官僚組織の一部として、時の政権に従属しているように見えます。これは戦後の改革が不徹底で、旧憲法時代の「天皇の裁判所」の職員が生き残ったことから始まった可能性があります。 著者は、司法の改革に情熱を燃やす「サヨク」氏が、最高裁の長官に上りつめる可能性を検証するという面白い手法で、いかにそれが絶望的であるかを説明しています。裁判官の「方向づけ」は、司法研修所から始まります。裁判官、検察官、弁護士への振り分けをスタートとして、裁判官の生涯は、最高裁事務総局の管理下に置かれます。どこでどんな判決を出したかは、出世コースに乗るかどうかと無関係ではありえません。「サヨク」氏が、仮面をかぶったまま最高裁判事になるのは不可能です。・・・

* 規制の虜-原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調<日経>  ○原発への監督機能「崩壊していた」 国会事故調
東電とのなれあい批判 日本経済新聞2012/7/5 22:58  ★「規制の虜」
 
・情報公開文書 / 福島原発事故関係 情報公開クリアリングハウス ホーム / 情報公開文書 / 福島原発事故関係

Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・日ハム優勝パレードに約13万8000人  11/20(日) 20:55
 ・大西卓哉宇宙飛行士 地球に帰還後、初帰国  11/20(日) 19:55
 ・自衛隊の新任務 「支持しない」が半数以上  11/20(日) 19:46   ★支持できない。安倍氏、率先垂範すべきでは。一兵卒で!
 ・「交通少年団」縄跳びなどで交通マナー学ぶ  11/20(日) 19:45
 ・朴大統領の弁護士“事情聴取一切応じない”  11/20(日) 19:35
 ・71歳女性が運転の車 誤って線路に侵入 茨城県  11/20(日) 6:26
 ・首つった男性と車内の男女死亡…母と息子か  11/20(日) 8:35
 ・島根・出雲市で男女3人死亡 殺人事件として捜査  11/20(日) 6:25  ★余りに、日本的!? 心中or殺し
 ・TPP首脳会議 各国が早期発効に向け方針を確認  11/20(日) 6:22   ★米政府が批准の見込みもないのに!
 ・日ロ首脳会談へ 領土問題など解決につなげたい考え  11/20(日) 6:20   ★善隣友好ソッチノケ!? 領土問題???フィバー
 ・ツルの死骸から“鳥インフルエンザ” 鹿児島  11/20(日) 0:24    ★高病原性かは、未だ不明

NHK: 天皇陛下がお気持ちを表明(全文) 8/8  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

「護憲+」ブログ: 「次期NHK会長:籾井現会長の再任反対、推薦・公募制を求める署名運動」 8/11 (笹井明子)
醍醐聰のブログ: 個人番号の利用事務等の停止を求める申し立て書を提出 11/11 ○マイナンバー、87%が「不安を感じる」
 各自治体から住民へのマイナンバー(個人番号)の通知するカードの送付が始まった。来年1月から運用が予定されている。
 しかし、内閣府が今年の7月23日から8月2日まで行った「マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査」(調査対象3,000人、有効回答数1,773人、調査員による個別面接聴取)によると、マイナンバー制度の「内容まで知っていた」と答えたのは今年1月の調査の時(28.3%)と比べて、43.5%まで増加しているが、それでも制度の周知はまだ半分以下である。
 では、周知度が上るのに応じて回答者の間でマイナンバー制度に関する理解・信頼度は高まったのか?
 これについて、内閣府の上記世論調査は、マイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して、最も不安に思うことは何かを1項目選択形式で尋ねている。この設問に対して、有効回答者の14.4%が「国により個人情報が一元的に管理され、監視・監督されるおそれがある」を選び、34.5%が「個人情報が漏えいすることにより、プライバシーが侵害されるおそれがある」、38.0%が「マイナンバーや個人情報の不正利用により、被害にあうおそれがある」をそれぞれ選んでいる。つまり、有効回答者の86.9%がマイナンバー制度における個人情報の取扱いに関して不安を抱いていることになる。他方、不安に思うことは「特にない」を選んだのは9.1%にとどまっている。
 また、「あなたは、個人番号カードの取得を希望しますか」との設問については、「希望する」は24.3%「希望しない」の25.8%を下回っている。もっとも多いのは「現時点では未定」で47.3%に達している。
 内閣府政府広報室「『マイナンバー(社会保障・税番号)制度に関する世論調査』の概要」
 … アメリカで広がったなりすまし被害~毎年5兆円の損害~ … …

安保採決無効と申し入れ 学者や弁護士、参院議長に 【東京新聞】2015.09.25
広がる署名3万2000筆 安保法議決「認められない」 東京新聞 9/26

インターネット政党 新党憲法9条 ◯インターネット政党 「新党憲法9条」 結党宣言  発起人 天木直人

市民の意見30の会・東京/市民意見広告運動: 第14期市民意見広告運動スタート 2014年11月1日 ○5月3日(憲法記念日)と8月15日(「終戦」の日)に紙上のデモ、意見広告を! 集団的自衛権ではなく平和的生存権を「日本」ではなく「人間」を取り戻そう

NPJ訟廷日誌: 大阪・泉南アスベスト訴訟最高裁判決 原告団・弁護団声明 2014年10月9日

集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定に抗議し撤回を求める会長声明 【日弁連】2014.07.01 ○本日、政府は、集団的自衛権の行使等を容認する閣議決定を行った。 集団的自衛権の行使容認は、日本が武力攻撃をされていないにもかかわらず、他国のために戦争をすることを意味し、戦争をしない平和国家としての日本の国の在り方を根本から変えるものである。 集団的自衛権の行使は、憲法第9条の許容するところではなく、そのことはこれまでの政府の憲法解釈においても長年にわたって繰り返し確認されてきたことである。 このような憲法の基本原理に関わる重大な変更、すなわち憲法第9条の実質的な改変を、国民の中で十分に議論することすらなく、憲法に拘束されるはずの政府が閣議決定で行うということは背理であり、立憲主義に根本から違反している。 本閣議決定は「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」等の文言で集団的自衛権の行使を限定するものとされているが、これらの文言は極めて幅の広い不確定概念であり、時の政府の判断によって恣意的な解釈がされる危険性が極めて大きい。
IWJ: 2014/07/05 「7・1閣議決定は違憲 法的な効力はない」 〜岩上安身による伊藤真弁護士インタビュー  7/5 ○ 内閣が憲法の解釈を変更するという行為が違憲だという指摘は、多くの憲法学者から上がっている。伊藤氏は「違憲の閣議決定である以上、それに基づいて行われる法律制定を含むすべての行為は効力を有しない、ということになります」と語る。
70年間続いた平和主義は今や日本が誇るべき伝統、時の権力者の勝手な破壊を許していいのか? 【星の金貨プロジェクト】2014.07.07 ○わざわざ外国に行って人を殺すような行為はしない、それは日本人にとっての新たな文化  安倍首相の右傾化政策は、戦前の日本を地獄の業火に引きずり込んだ悲劇的失政に通じる
  平和憲法は、300万人以上の日本人の、そして2,000万人以上のアジア人の戦争犠牲者の上に成り立っている   ザ・ガーディアン(英国) 7月1日

さよなら原発 1000万人アクション: 現在集約している署名数:  2014/06/18 集計 + オンライン署名増加分 = 8432167 人分 (1000万人まで続けます) ○パブリックコメントを規制委員会へ集中させよう! 1.期間  8月15日まで  2.送り先 原子力規制委員会   メール:http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu140716.html
NPJ訟廷日誌: 【速報】要旨全文を掲載します 2014年5月21日

資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27">資料 袴田事件決定要旨 2014.3.27 2 執行停止

   再審を開始する以上,死刑の執行を停止するのは当然である。さらに,当裁判所は,刑事訴訟法448条2項により拘置の執行停止もできると解した上, 同条項に基づき,裁量により,死刑(絞首)のみならず,拘置の執行をも停止するのが相当であると判断した。  袴田は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ,極めて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。 無罪の蓋然性が相当程度あることが明らかになった現在,これ以上,袴田に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する状況にある。

 国家安全保障と情報への権利に関する国際原則 (ツワネ原則) 全文訳

 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う 4  作家 浅田次郎さん
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 3 小林 節・慶応義塾大学教授
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 2 中川重徳弁護士
 NPJ連続インタビュー「改憲」-自民党草案を問う」 1 斎藤貴男さん(ジャーナリスト)

 ○NPJ連続インタビュー 「改憲─自民党草案を問う」 スタートのお知らせ

   今、憲法が危ない。

 NPJ通信: 自民党憲法改正草案/現憲法対比  弁護士 杉浦ひとみ ○「憲法改正って?」

 1 「まず、憲法改正手続き(96条)について改正したい」 という首相の発言の問題性


日隅一雄・情報流通促進基金のお願い">日隅一雄・情報流通促進基金のお願い ○日隅一雄君をよく知る友人たち、事務所の人たち、NPJの私たちは彼が後生に託した 1.情報公開の徹底 2.市民メディアの発展  3.マスメディアの民主化 などのために活動する団体や個人を励ますため、「日隅一雄・情報流通促進基金」 を設立し、活動を継続していくことを決めました。 

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像


 


                      ○:記事から引用   ★:コメント  
11月20日分 9:00 実施
 今日のトピックス Blog11/19: 「駆けつけ警護」に反対、デモ!主権者の意思にも、法の支配にも反する 亦、何故、陸自青森など東北の部隊派遣??? 説明責任果たしていない








「護憲+」ブログ: 夏井いつきさん、平和の俳句 連帯の「旗」(11/19東京新聞) 11/19 (笹井明子) ○+++
 夏井いつきさん ミニ句集を発行
 「平和を希求する小さな旗を一本、ここに掲げる」。テレビのバラエティー番組「プレバト!!」でもおなじみの俳人・夏井いつきさんが、こんな巻頭言を載せたミニ句集『旗』を出した。夏井さんは七月、東京都内で開かれた「平和の俳句」のライブ選考会で、金子兜太さん、いとうせいこうさんとともに選者を務めたのを機に「平和の俳句」に強く共感。「この一冊を『これは軽やかな平和運動です』というお二人の志へのささやかな参加表明としたい」と宣言している。(矢島智子)
 (以下略)
 +++
 平和の俳句 連帯の「旗」 夏井いつきさん、ミニ句集を発行 東京新聞 11/19

  木曜日の午後7時TBS系列で放送される「プレバト!!」は、何人かの芸能人が俳句や活け花や料理の盛り付けなどに挑戦し、その道のプロが評論をしつつ手直しをすると、みるみる素晴らしいものに変身。「なるほどな~」と納得させられるというもの。最近のテレビでは数少ない、私の好きな番組のひとつです。
 中でも夏井いつきさんの俳句指導は、辛口ながらユーモアがあって温かく、指摘や手直しが見事で、とても勉強になり、私の周りの友人の間でもよく話題に上っています。
 そんな夏井さんが東京新聞の「平和の俳句」企画に共感して、自ら「平和を希求する」句集を発行してくれたというのは、とても嬉しいことです。
 上の記事の中では、夏井さんの以下の俳句が紹介されています。

 <一本の百合のごとくに戦わぬ>
 <鷺草千羽ダッカの空へ放ちたき>
 <野分来る吾は一本の旗である>
 <寒月の澄むや死のこえ貝のこえ>
 <ミサイルをたんぽぽ弾で撃ち落とす>

 凛として生きる夏井さんの平和への眼差しが浮かび上がりますね。
 残念ながら、句集は単独では販売しておらず、入手するには俳句新聞の年間購読が必要(問い合わせは、マルコボ・コム ℡089(906)0694へ)とのことです。
 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
イシャジャの呟き: 最終土曜日  ☂  誕生日の花  ムラサキシキブ 花言葉  聡明 11/19 ○ラジオ深夜便から
 忘年会の広告が 目立つようになってきた。爺たちには関係ないが・・・

 カテゴリなしの他の記事
  最終土曜日
  肺がん撲滅デー
  753
  満月
  漆の日
 ◎天木氏が新党憲法9条 代表:天木直人を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ◎老人党リアルグループ
「護憲+」
のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください
 今日のトピックス Blog11/18: 是々非々実現 “脱原発”「まずは株主や銀行に負担を」 政府による“農協改革”???押し付け 初任給、大卒・高卒とも過去最高 未だ未だ足りぬ


「護憲+」ブログ: 原発の寿命「40年ルール」を破るバカ者たち 11/17 (猫家五六助) ○原発の「40年ルール」は放射性の影響で鋼鉄製格納容器(圧力容器)、コンクリート、その他諸々が劣化すると予測してのものです。しかも、現実的には40年を経た格納容器等は高い放射能を帯びて目視点検も非破壊検査もできません。それで、なぜ「安全、運転延長」と判断できるのか。
 机上論でお茶を濁す「専門家集団」原子力規制委員会は無責任です。そして、私が研修を受けた東電のKY(危険予知)運動は全く活きていない。いまだに重大事故を起こした福島原発は放射能をまき散らす寸前のパーシャル状態・・・なんなの、この国の原子力行政は!
 37年前、大学に入った直後に工学的興味から
 「核燃料~探査から廃棄物処理まで」(1977年刊、朝日新聞科学部・大熊由紀子著、朝日新聞社)
 この本を買いました。当時の原発はまさに最先端技術でしたが、裏を返せば安全神話の始まりです。39年前、核廃棄物の処理方法(ガラス封入)は未完成で、高温の核廃棄物入りのドラム缶が中間貯蔵庫(一時冷却)に溜まり始めた頃でした。
 現在、中間貯蔵庫が「核のゴミ」であふれる寸前なのに最終処分場ができるめども立っていない。それでも原発を再稼働し、処分方法のない核のゴミを増やし続ける行為は全くの非常識、「原発はトイレのない家」と揶揄される所以です。
 40年前に原発を稼働させた頃は、誰もが「将来、核廃棄物が安全に処分(保管)できるだろう」「そのうち、誰かが核のゴミを片付けてくれるだろう」と思っていたわけです。それから40年もゴミを溜め続け、その処分方法が見つからない。加えて、収拾のつかない福島原発事故。
 こんな単純なバカ話なのに、まだ原発を続ける意味は?誰が責任を・・・無責任で二枚舌の安倍政権にはムリか・・・。
 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
イシャジャの呟き: 肺がん撲滅デー  ☀  誕生日の花 ウメバチソウ 花言葉 いじらしい 11/18 ○ラジオ深夜便から
 タバコをやめてから 50年になります。でも、酒は唯一のたのしみが 嗜み程度だがいいのだが

 カテゴリなしの他の記事

  小春
 今日のトピックス Blog11/17: 両陛下、旧満州引き揚げ者と懇談 憲法改正!? 過去、先の大戦の被害者忘れずに! より良いものを目指すべし 人権低下!復古なんて論外!

今日の「○」と「×」: 「×」 総理の夢は国民には悪夢。 11/17  「×」 安倍晋三首相がNYへ出発 トランプ氏と初会談へ 「同盟に血を通わせる」 産経新聞 11/17 ○アベ総理は今回の訪米で、トランプ氏と「未来に向けて夢を語り合い」たいそうだ。
 そういえば、以前、日米同盟は「希望の同盟」だなどと言っていた。
 足元の現実から目を背けて、無責任に夢や希望を語るのはお気楽でいいかもしれないが、そんなことが許される状況ではない。
 TPPの強行採決、自衛隊に駆け付け警護任務を付与する閣議決定、老朽原発の運転延長、年金の支給減額など、国民にとっては夢も希望もない政策がどんどん強行されているのだが、総理にとってはそんなことはどうでもいいらしい。
 総理の夢は、憲法を改悪して自衛隊を軍隊に変え、歴史に名を残すことなのだろうか。
 日米同盟に血を通わせるために、現実に自衛隊が血を流すようなことは断じて許されない。
 今日のトピックス Blog11/16: 全国各紙・社説『新任務より撤収の勇気を 閣議決定の撤回 政権の思惑こそ危うい 「結論ありき」の危うさ 憲法・国のカタチ破壊する暴挙』と


「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」11月24日(木)例会のお知らせ  11/16 (笹井明子) ○「サロン・ド・朔」11月24日(木)例会を下記のとおり行います。
 今回は長年に亘り沖縄米軍基地問題に取り組み、今も高江でヘリパッド建設反対のために頑張っている水沢澄江さんにお越しいただき、「今、高江で起こっていること」のテーマでお話していただきます。

 『沖縄の高江では、オスプレイのためのヘリパットをつくる工事が、急ピッチで進められています。そこでは法を無視し、人権を侵害し、民意を顧みることなく、全国の機動隊を派遣し力でもって強引に、国の意志を押し通そうとしています。
 沖縄・高江に安倍政権の本質が凝縮して現れています。地方自治、民主主義、法治主義が危機に瀕しています。みなさん、一人一人の問題です。』(水沢さん)

 一般参加歓迎です。興味・関心のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。
 参加希望の方は、「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。
 ■日時:11月24日(木)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)

 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。
 2015年以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2015年)
  1月: 「地域から市民が政治をかえる」
  2月: 「民主党(と長妻議員)の現状」
  3月: 「今、沖縄・辺野古で何が起こっているのか」
  4月: 「皆で考える 日本国憲法」
  5月: 「映画 日本国憲法」DVD視聴
  6月: 「市民に選挙をとりもどすプロジェクト(とりプロ)と2015年衆院選無効請求訴訟」
  7月: 「満州・阿片と731」
  8月: 「解釈改憲を止め立憲主義をとりもどそう」
  9月: 「安全保障という名の戦争動員」
 10月: 「野党再編の見通し-これから野党はどうするべきか」
 11月: 「中国の人々の暮らしと展望―経済発展とその評価」

 (2016年)
  2月: 「参議院選挙の取り組み」
  4月: 「この国を覆う空気」
  5月: 「電波はだれのものか」(フォーラム参加)
  6月: 「こども食堂ってなんだろう」
  7月: 「中国・南京での異文化体験-私のみた中国」
  8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
  9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
 10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より

「護憲+」ブログ: 博多駅前 30M×30M陥没事故=地下鉄延伸工事 の件 11/15 (蔵龍隠士)
陥没1週間突貫復旧 博多駅前15日早朝通行再開 「固まりやすい土」威力 西日本新聞 11/15
 ===
福岡市営地下鉄七隈線延伸工事によるJR博多駅(福岡市博多区)前の市道が大きく陥没した事故から15日で1週間を迎える。市が埋め戻しに注力した結果、同日早朝には全面復旧の見込みで、焦点は原因究明に移る。地下水が多い地層もある地中の地下鉄工事で、工法の選択や運用、管理などに問題があったのか。
 「二次被害も出さずに来られた」。14日の現場での専門家会議で、高島宗一郎市長は埋め戻しが順調に進んだことに胸を張った。
 深さ約15メートル、縦横約30メートルの巨大な穴の埋め戻しが早期に完了見込みとなったのは、土にセメントや固化剤を混ぜた流動化処理土を使ったのが大きい。
 しかし、この特殊な土は、固まりやすいために備蓄はできない。市によると、福岡市の近郊にある生産工場を押さえ、確保のめどが付いたことが功を奏した。工場で増産を続けながら、ミキサー車で現場までピストン輸送。その量はミキサー車1550台分の約6200立方メートルにも及んだ。
 流動化処理土の使用で、埋め戻す前に比べて地盤が30倍の強度となった一方、コンクリートのように強固ではないため、今後は陥没事故の原因調査のためのボーリング調査ができる利点もあるという。
 現場付近の延伸工事は、先に小さな穴を通し、必要な大きさまで広げてコンクリートを吹き付け、ロックボルトで固定する「ナトム工法」で進められていた。大型ドリルで掘り進むのと同時に壁面を補強する「シールド工法」と比べ、トンネルの大きさを変えることができるメリットがある。
 ただナトムは、補強までに一定の時間がかかるため、地下水が多い地層では水が噴き出し、補強が難しい場合もある。今回の事故は、補強までの間に起きたとみられる。
 ナトムでは、事前の地質調査が重要だが、市は「固い地盤なので採用した」。また市は、工事開始後に、固い岩盤層の幅が波打っていたことを見つけ、岩盤の厚さを2メートル以上確保するように、8月に現場周辺の設計を一部変更していた。
 施工業者の大成建設は、地盤の変化を感知する最先端の技術も導入していたという。工事はこうした判断の積み重ねで進められていたが、どこかの段階で問題があった可能性がある。
 周辺の地層の複雑さも明らかになってきた。九州地質調査業協会が1981年に作製した福岡地盤図によると、現場の地層は岩盤層が急激に落ち込んでいる。
 後藤恵之輔長崎大名誉教授(地盤工学)は「ロックボルトが岩盤層を突き抜け、事故につながった可能性もある。別の工法にすべきだった」と指摘。
 一方、佐藤研一福岡大教授(同)は「工法の選択は適切。工事中の地下水の処理が大きな課題で、今回も慎重にやっていたと思う」と話し、専門家の見方も分かれる。
 大成建設などによると、延伸工事中のトンネルには事故現場から約100メートルにわたり、陥没した土砂が入り込み、博多駅側には水が充満しているとみられる。工事再開には除去作業から始める必要がある。
 延伸部分の開業は2020年度が目標。21年に福岡市である世界水泳選手権を見据えた設定だが、「ただでさえかなりタイトなスケジュール」(市幹部)。
 他の2工区でのシールド工法による掘削も18年度に始める予定だったが、市は原因究明前の工事再開はないとしており、「始まりも終わりも、何も見えていない」(市交通局)状態だ。
===

 この大事故・事件、今月8日(火)早朝、5:15頃に始まった。始めは、5車線の道路端にあった信号機などが、陥没。反対側のそれも陥没、そして30分も経たない内に、5車線の道路全体が、大崩落した。そして、見事に、都市のドテッパラを余すところなく、曝したのだった。大きな下水道、水道、ガス管、電線、電話線等々を断ち切った! 
 脆弱なライフライン… 陥没の瞬間は、圧巻だったが、周囲には、悪臭が立ち込め、周辺の住民、ビルの関係者は、迷惑を被った。地下25M程度の地下鉄延伸工事が招いた大事件。東京初め、地下鉄の走る都市だけかどうかは知らないが、こうした地下に隙間、陥没警戒個所は、相当数あるという。 
余談だが、あの福島原発(4基中3基)の過酷事故で、日本の危機を曝した時、どうなることかと途方に暮れたが、見事に、日本の弱点を曝したと感じた。なのに、こんな身近に、弱点、脆弱さを曝すとは、あるとは、何という戦争屋の無分別だろう、支持者の無分別だろうと、感ずる。 他国を極度に侮っているのか、見ようとしないのか。 

 イラク戦争の時、米軍が、フセイン大統領殺しに使ったバンカーバスター<地中貫通爆弾・大型貫通爆弾>を忘れたのか!?これに耐えうる防空壕、日本にあるのか、幾つあるのか、知らない。知らされてもいない。 米軍しか、開発しないとでも??? 確か、もっと大型の爆弾もあったような。…妄想、御仕舞。

 要点は、この地が、ナトム工法に耐え得るほどの、硬い岩盤層であったかどうか? 硬い岩盤層と見立てて、福岡市が、聞き慣れない「ナトム工法」を、欲を掻いて採用し、JR博多駅と通ずる地下鉄駅建設のため、ナトムで使用できる開口部拡大削岩機を使用して、大きく削ったために、上部に溜まっていた大量の水を含む土砂が下に落ち、陥没事故を招いた。この因果と判断の妥当性にある。無論、結果悪ければ、失当だということになる。
 責任者は、JVCを率いる大成建設なのか、福岡市などなのかは、後日の事である。

※今朝の動画
 NHK: 博多駅前の陥没現場 1週間ぶりに通行再開 11/15
   「護憲+コラム」より

 今日のトピックス Blog11/15: 就活解禁時期、企業9割「守られていない」 焦りの顕れ! 人口減少、買い手市場、自信をもって就活 共同利益の為、学生も労働者も今こそ団結!


イシャジャの呟き: 753  ☂  ☁  誕生日の花  ミゾソバ  花言葉  純情 11/15 ○ラジオ深夜便から
 今日は 753、着物の日、昆布の日など 様々あるようです。昨夜はスーパームーンでしたが、
 厠に起きたのが 1時過ぎで 月は西45度の方向に傾いており 小さくなっていましたが 明るく輝いていました。
 参院ではTTP特別委員会が開かれており、ボンヤリと眺めています

 カテゴリなしの他の記事

  キリタンポの日 ? 焼きそばの日
  不信任
 今日のトピックス Blog11/14: 「終身在位は残酷な制度」 主権者と共にある天皇の『生前退位』を我らの力で、叶えましょう 安倍人事・有識者会議などに象徴天皇は任せられない  ★共に、声を上げましょう。天皇も人です。主権者に人権があるように、自主的に辞めることは認めようではありませんか。生前退位は、当然の要求ではないでしょうか!? 世界を見ても、例はある。

イシャジャの呟き: 満月  ☀  誕生日の花  クルマギク  花言葉  打たれ強い 11/14 ○ラジオ深夜便から
 今日は、世界糖尿病デーだと ラジオが教えてくれた。連れの投薬を忘れないように 気を付けなければ・・・
 満月が見られるはずだが、22時52分だから 夢になかで 見るよりなさそうだ。  
 参院のTTP特別委員会の中継があり、大相撲九州場所の中継がBSに回された。2時間遅れ 相撲の方がいい

 カテゴリなしの他の記事
 今日のトピックス Blog11/13: トランプ氏勝利に抗議、NYなどで大規模デモ 韓国大統領の退陣要求 いづれも人民による、人権・自由要求の為ならば 当然、支持せねば


イシャジャの呟き: 漆の日  ☂  誕生日の花 ヒマラヤスギ 花言葉  あなたのために生きる 11/13 ○ラジオ深夜便から
 今日は、日曜討論を見ていて ウトウトしてしまい トランプがどとか、PK0の新任務は ?などをやっていましたが 分からず仕舞
 のど自慢をみて、東日本女子駅伝~大相撲九州場所を 見て終わりそうです。
 我が家の、ヒマラヤスギは大きくなりすぎて、そのうち伐倒しなければと思っており、写真も旨く撮れない状態です

 カテゴリなしの他の記事
  初雪
 今日のトピックス Blog11/12: 辺野古移設、再考の時 日米安保 安易で危うい同盟礼賛 TPP発効せず!?先行き不透明/トランプ政権と日本経済 パリ協定発効 主権者の出番!


イシャジャの呟き: 小春  ☁  ☀  誕生日の花 ヤクシソウ 花言葉 にぎやか 11/12 ○ラジオ深夜便から
 小春日和、今朝落ち葉掃きをしていた時間帯に地震があったようだが、気づかずにいて テレビで知りました

 カテゴリなしの他の記事

  忘れ物
  冬 近し
 今日のトピックス Blog11/11: TPP強行可決  頭冷やし政策練り直せ 古びたシナリオの侭!? 日米関係 トランプ・リスクに備えよ 良い機会!日本は、反戦・平和に立ち返れ


「護憲+」ブログ: Japexitを考えよう 11/11 (笹井明子) ○トランプ氏が次期大統領に決定したことで、カリフォルニア州ではCalexit(カリフォルニアはアメリカから独立しよう)のデモが起きているという。
 トランプ氏は選挙期間中、米国第一主義を強く打ち出し、TPPは不参加、「日本が相応の負担をしないならば、同盟をやめてもいい」と日米同盟の見直しにも言及していた。
 第二次大戦から冷戦を経て、世界は圧倒的な軍事力、経済力を誇るアメリカを中心とした「パクス・アメリカーナ」の体制が構築され、曲がりなりにも維持されてきた。私たち自身、そうしたアメリカが示す自由と民主主義の理念に共感し、アメリカとの協働関係を基本的に肯定してきた。
 しかし、実際にはアメリカは冷戦後もベトナム戦争、湾岸戦争、アフガニスタン戦争、イラク戦争と、ずっと戦争を続けている国だった。そして、世界的な経済成長の鈍化に伴い、国際協調はいつの間にか「グローバリゼーション」という名の露骨なアメリカ一国主義、覇権主義に置き換えられていった。
 こうした戦争やグローバリゼーションは、様々な大儀や美辞をちりばめつつ、その実、他国を踏み台にアメリカが潤うことを目的としていたはずだったが、ここにきて、アメリカ国内でさえ富が集中する層と取り残される層の分断が健在化し、潤いが及ばない層の不満が抑えられないレベルに達したというのは、皮肉な必然というべきだろう。
 こうして、大儀をかなぐり捨て、他国を悪者に仕立てる露骨で刺激的な言葉で「米国第一主義」を打ち出すトランプ大統領が誕生することになり、「パクス・アメリカーナ」の幻想は崩れ去った。そして、自由と民主主義の輝かしい理念を今も信じたいアメリカの人々の嘆きが続いている。
 翻って、日本の現状を見てみると、沖縄の米軍基地集中、集団的自衛権の名を借りた日米軍事一体化、TPPなど、アメリカ依存一辺倒の政策が、私達の暮らしや安全に大きな影を落とし続けている。このいびつな状態は、アメリカがオバマ政権というリベラルな理念を掲げる政権下にあっても、実は改善されることはなかった。
 格差拡大を止めることができなかったオバマ政権への失望が、その延長線上にいるヒラリー・クリントンではなく、アメリカで自国第一主義を打ち出すトランプ大統領を生んだという現実を前に、私たち自身もアメリカに幻想を抱き、自身の存在を日米関係一本に委ねるという思考停止から、早急に卒業することが必要ではないだろうか。
 政治に携わる人たちには、アメリカからの自立「Japexit」を念頭に、地域の安定、食の安全、格差解消など、日本に暮す私達の幸せを第一に、国のあり方をしっかり考えて、様々な政策を構築し直して欲しい。それが「日本国憲法」の理念に適うものであれば、世界が失いかけている「理念」の再生という意味からも、私たちはその作業の後押しを惜しまない積もりだ。
 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
イシャジャの呟き: キリタンポの日 ? 焼きそばの日  ☁  ☂  誕生日の花  ミズヒキ 花言葉  慶事 11/11 ○ラジオ深夜便から
 気温、3~11度 冬空で キリタンポの日だとか 焼きそばの日だとか 介護の日だとか いろいろあるようです。
 我が家は 老老介護状態だが、使い残りのキリタンポにしようかな~・・・

 カテゴリなしの他の記事

  秋の終わり
今日のトピックス Blog11/10: 【トランプ大統領】米国を蝕む格差社会への不満、2極化・中間層の没落 社会の分断・保護主義 …差別・ヘイト・隔離等 煽った側が如何に修復するか!?



★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
 今日のトピックス Blog9/30: ナチスを称賛・模倣する人々! 「麻薬犯罪者、抹殺する」比大統領“ユダヤ人虐殺”に例え …麻生氏、安倍氏、…A級戦犯東条氏!?
 今日のトピックス Blog7/13: 都知事選 宇都宮氏が譲り 鳥越氏が野党4党の統一候補に 東京でも日本でも、平和でなければ、人権保障も安寧な暮らしもない
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利

九条の会が緊急アピール文 安倍首相の改憲発言に抗議 朝日新聞 2/8 ○安倍晋三首相が9条を含む憲法の改正について積極的に発言していることに対し、護憲派の文化人らでつくる「九条の会」は8日、東京都内の参院議員会館で記者会見し、安倍首相の発言に抗議する緊急アピール文を発表した。
 九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文">九条の会、安倍首相に抗議する緊急アピールの全文 ◇ 安倍晋三首相は、2月3日と4日と5日の連日、衆議院予算委員会の審議において、戦力の不保持を定めた憲法9条2項の改定に言及しました。その際に、「7割の憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いをもっている状況をなくすべきだ」という逆立ちした我田引水の理屈や、「占領時代につくられた憲法で、時代にそぐわない」という相も変わらぬ「押しつけ憲法」論などを理由に挙げました。これらは、同首相が、憲法9条の意義を正面から否定する考えの持ち主であることを公言するものに他なりません。
 昨年9月、政府・与党は、多くの国民の反対の声を押し切って、日本国憲法がよって立つ立憲主義をくつがえし、民主主義をかなぐり捨てて、9条の平和主義を破壊する戦争法(安保関連法)案の採決を強行しました。この時は、「集団的自衛権の限定行使は合憲」、「現行憲法の範囲内の法案」などと、従来の政府見解からも逸脱する答弁で逃げ回りました。ところが今度は、そうした解釈変更と法律制定による憲法破壊に加えて、明文改憲の主張を公然とするに至ったのです。それは、有事における首相の権限強化や国民の権利制限のための「緊急事態条項」創設の主張にも如実に現れています。
 私たち九条の会は、自らの憲法尊重擁護義務をまったくわきまえないこうした一連の安倍首相の明文改憲発言に断固抗議します。2007年、9条改憲を公言した第1次安倍政権を退陣に追い込んだ世論の高揚の再現をめざして、戦争法を廃止し、憲法9条を守りぬくこと、そのために、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます。
九条の会事務局からの訴えと提案(2015年5月1日) ○ 安倍政権は、自衛隊をいつでもどこへでも派兵しアメリカの戦争に加担できるようにする「戦争立法」を、この5月中旬にも国会に提出することを決めました。万一成立したら日本の進路の根本的な転換となるこの「戦争立法」を阻むために、私たちはどんな行動が求められているのでしょうか。
九条の会アピール 憲法9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう――主権者の声を全国の草の根から(2015年2月23日) ○戦後70年の今こそ、日本国憲法9条の意義を再確認し、日本と世界に輝かすべき時です。それこそが、世界に広がる暴力の連鎖を断ち切る保障です~九条の会は2月23日新アピールを発表しました。


☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2016年11月10日 第244号 ☆☆☆ 憲法9条、未来をひらく
   <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第244号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇「九条の会第6回全国交流討論集会報告集」発行しました
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇山中比叡平 九条の会(滋賀県大津市)、◇ふじさわ・九条の会(神奈川県藤
沢市)、◇総がかり行動実行委員会、◇杉戸9条の会(埼玉県水都町)、◇落
合・中井九条の会(東京都新宿区)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、
◇私学九条の会・東京、◇早稲田から広げる9条の会 (早稲田大学教職員9条の会)(東
京都新宿区)、◇東京北法律・9条の会(東京都北区)、◇みなと・9条の会(東京
都港区)、◇女性九条の会、◇浜松しおかぜ9条の会(静岡県浜松市)、◇九条の会
東京連絡会、◇こまえ九条の会(東京都狛江市)、◇大田たまがわ九条の会(東京都
大田区)、◇憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)、◇調布九条の会「憲法ひろば」(
東京都調布市)
■編集後記~憲法審査会が再開されます
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 「九条の会第6回全国交流討論集会報告集」発行しました
九条の会第6回全国交流集会の成果をこれからの運動に
<詳細はこちらをクリックしてください>
http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS161110.htm#a

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。  (編集部)
 
● 山中比叡平 九条の会(滋賀県大津市)
 「ミニコンサートと憲法講演のつどい」のご案内
日時:11月13日(日)13時30分~
<詳細はこちらをクリックしてください>

● ふじさわ・九条の会(神奈川県藤沢市)
 秋の学習会「憲法と戦争 ~自衛隊員よ、殺してはいけない。殺されてはな
      らない。戦争に行くな~」
日時:11月13日(日)午後5時半開場、6時開演
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 総がかり行動実行委員会  
憲法審査会報告議面集会
日時:11月17日(木)12:15~13:15
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 杉戸9条の会(埼玉県水都町) 
講演会:憲法をめぐる情勢
日時:11月19日(土)13:30~
<詳細はこちらをクリックしてください>
 ☆以下、割愛させていただきます☆ HPをご覧ください。


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん
今週の一言: 2016年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長) 1/1 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー



憲法情報Now<憲法関連裁判情報>











道新・社説: 泊原発避難訓練 これで住民を守れるか 11/17 ○東日本大震災と福島第1原発事故の教訓を、十分に生かした訓練といえるだろうか。
岩手日報・社説: 廃炉費用の負担 原発事業者の責任貫け 11/17 
福井新聞・論説: 美浜3号運転延長認可 かすむ「福島事故」の教訓 11/17 

福島民友・【11月16日付社説】中間貯蔵本体着工/本格稼働に向け総力挙げよ 

岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 

 ☆検証 防空法 ・ 空襲下で禁じられた避難 (水島朝穂・大前治 著) 解説 ○ 「空襲は怖くない」、「逃げずに火を消せ」
 ―― 空襲被害を拡大した日本政府の責任を問う

 法律文化社から出版された「検証 防空法 … 空襲下で禁じられた避難」。
 早稲田大学の水島朝穂教授と、大阪空襲訴訟の大前治弁護士の共著です。
 「空襲は怖くない。逃げずに火を消せ」――戦時中の「防空法」と情報
  ★逃げるな!待て! ???避難計画、戦前の轍を今更、踏もうなんて! いくら戦前好きでも、執着の度が過ぎている。自由・人権の現代、それぞれ知恵もあれば、頭もある、危険を察知すれば、逃げなければ!? 徒に、指示やバスと待つか!?

  特集:3.11 震災・復興">特集:3.11 震災・復興


★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
 今日のトピックス Blog9/30: ナチスを称賛・模倣する人々! 「麻薬犯罪者、抹殺する」比大統領“ユダヤ人虐殺”に例え …麻生氏、安倍氏、…A級戦犯東条氏!?
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/31: 自民・大西氏 原発批判は各個撃破???安倍一族の懲らしめ・抑圧‼‽止まず! 国民主権確立の為 自由・民主主義の勝取りへ邁進しよう


 ☆☆☆☆☆☆☆ 自民党憲法改正草案 批判 ☆☆☆☆☆☆☆ 
【自民党憲法改正草案】見やすい対照表で現憲法との違いが分かる!
 [24条] 家族、婚姻等に関する基本原則
弁護士・金原徹雄のブログ: 自民党「日本国憲法改正草案」批判レジュメ~2016年参院選直前ヴァージョン 2016年6月15日
自民党憲法草案の条文解説(総論)
澤藤統一郎の憲法日記: 「自民党改憲草案」の全体像とその批判 2014年7月30日
[PDF]自民党「日本国憲法改正草案」全文批判(案) - 社民党
[PDF]改憲国家のめざすもの 自民党「憲法改正草案大綱」を批判する - 自由法曹団改憲阻止対策本部
自民党「日本国憲法改正草案」批判レジュメ~2016年参院選直前 ...
Amazon.co.jp: 全批判自民党改憲案 (文献パンフ): 本
赤ペンチェック 自民党憲法改正草案 : 伊藤 真 : 本 : Amazon
全批判 自民党改憲案 - 出版物 - 日本共産党 ○全批判 自民党改憲案
 自民党の憲法改定の企ての危険な内容を全面的に明らかにする
 [付]自由民主党「日本国憲法改正草案」
異端的考察: 話題の自民党憲法案とその批判について、妥当性を考えてみる 2012年12月 2日  ■第十八条から『奴隷的拘束』が消えた!これは徴兵制への布石か!? ほか

法学館憲法研究所(伊藤真所長):  日本国憲法の逐条解説  ○1条~103条
You Tube: 憲法ってなあに?  2014/04/30  ○憲法改正ってどういうこと?
 伊藤真さんが、自民党改憲草案を中心に、わかりやすく解説


◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 ) ○バーチャル老人党先ほど復旧いたしました。
  ご迷惑をおかけいたしました。
  皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。

老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

志村建世: (隠)これから先は、私もいよいよ一人旅だな。どこまででも行ってやるさ。 (熊)せーんろはつづくーよ どーこまでもー…… ひとり旅はどこまでも 11/20
志村建世のブログ: このごろ日本に流行るもの(1) ・ブログ連歌(473) 11/20 ○このごろ日本に流行るもの
 万年与党の安倍政権
 解釈改憲意のままで
 安保新法 新任務
 いよいよ出かける自衛隊
 駆けつけ警護の武器持って
 他衛もしますと勇み立つ
 これぞ使命と言い含め
 大臣訓示も勇ましや

 福島原発ままならず
 難民暮らしの地元民
 子どもは異境の学校で
 「○○菌」と名がついた
 用済み燃料 汚染水
 大・小ともにトイレなし
 それでも懲りずに海外へ
 ついにはインドへ輸出する
 その神経の太いこと
 
 海の向うじゃトランプが
 異形の姿 立ち上げる
 こちらのポチは尾を振って
 現職さしおき前祝い
 礼儀知らずと言われても
 ボクの得点上げりゃいい
 やがて正体現れて
 家伝の商魂たくましく
 日本に届く請求書

 中身は知らぬTPP
 貿易自由と言い立てて
 先棒担ぎを勤めたい
 アメリカ トランプ抜けたとて
 日本主導と主役顔
 原則論では片付かぬ
 国の主権はどうなるの
 相手の企業はグローバル
 安倍の知恵では歯が立たぬ
志村建世のブログ: 昭和からの遺言~次の世に伝えたい もう一つの世界 11/20 ○著・志村建世、出版元・社会批評社、定価・1500円+税
 まえがきより
 この本は、最初は小説として書くつもりだった。昭和史において、もし天皇が史実とは異なる行動をとって、無謀な太平洋戦争に突入するのを回避していたら、日本の今はどうなっていたかを想像してみたかった。
 ……書き始めてすぐ、昭和史を教訓として未来へ残すには、敗戦までの歴史的事実に手を加えるべきではないと気がついた。むしろ学校教育でも現代史の部分が貧弱と言われている中で、若い世代が半日で読める程度の長さにまとめておくことに意義があると思い直した。この目的変更は、ブログへの連載形式で書いている途中で進行し、私は一日ごとの苦しい切り抜けで「自分は何のために書くか」を悟ったと言ってよい。
 しかしこれは史実そのものの書き抜きではない。かつて国の総力を挙げて誤った道へ踏み込んだ愚行を、絶対に二度と繰り返すことなく、その教訓を世界人類の未来に生かすための「祈りの書」である。その祈りに力を与えるために、私は日本の国にしかいない高貴な人の立場を借りたいと思った。
 だからこの部分については、これはフィクションである。私たちは想像の翼によって「もう一つの平和な世界と宇宙」に向かって行くこともできるのだ。

  目 次
 第1章 もう一つの地球
 第2章 盧溝橋の銃声
 第3章 運命の昭和十六年
 第4章 アッツ島の玉砕
 第5章 戦争は本土に迫る
 第6章 そして「玉音放送」が終戦を告げた
 第7章 天皇の守護神となったマッカーサー
 第8章 講和条約と日米安保条約
 第9章 昭和天皇との会話
 第10章 昭和からの遺言 

 全国の書店から(店頭になくても)ご注文、取り寄せができます。お急ぎの場合は、アマゾンでも購入可能です。また、志村へ直接にメール(当ブログのトップページに表示してあります)でご注文下さっても受け付けます。くわしくは「著作などの紹介と販売について」をごらん下さい。
 ご自分で購入しなくても、地元の図書館にリクエストを出して備品にして頂くのも、著者としては非常に有難いことです。なお、学校図書室の備品とする場合は、無償で提供しますのでメールでお申し込み下さい。事後にメール便の送料300円分の切手をお送り頂ければ幸いです。
 なお、学校図書室向けには「少国民たちの戦争」も、おすすめです。これも無償で提供します。

戦争をさせない1000人委員会: 駆けつけ警護付与の陸自部隊が出発 南スーダンへ:朝日新聞デジタル
駆けつけ警護付与の陸自部隊が出発 南スーダンへ 朝日新聞 11/20

本田由紀: 野党提出の労基法改正案、「裁量労働」の時間把握や「労働時間管理簿」の義務化に注目|弁護士ドットコムニュース https://www.bengo4.com/c_5/n_5373/  #bengo4topics @bengo4topicsさんから 11/20
弁護士ドットコム: 労働 野党提出の労基法改正案、「裁量労働」の時間把握や「労働時間管理簿」の義務化に注目



志村建世のブログ: ひとり旅はどこまでも ・ブログ連歌(473) 11/19 ○(熊さん)ご隠居、疲れましたか、昼から居眠りしてましたよ。
(ご隠居)ああそうか、もう3時も過ぎたか。雨はやんだが、暗くてしようもない日だな。
(熊)土曜日だし、休んだっていいんですよ。いろいろあって外出が続いてたんでしょ。
(隠)それはそうだが、力仕事をしたわけじやなし、歩き回って人に会って、その間にはけっこうな御馳走を頂戴してただけだよ。珍しい経験もしたし、いろいろ考えたこともあった。一方で世界でも日本でも、話題が多いのは知ってたよ。あんなこんながごっちゃになって、ブログのネタもいっぱいあった。あり過ぎて整理がつかなくて、ボーとしてたら眠くなったんだね。何でも書けるような気がしながら、いざとなると題名も決まらないんだな。こんなことも珍しい。
(熊)自衛隊の南スーダン派遣だって、安倍さんがまだ大統領に就任もしてないトランプに会いに行ったのだって、ご隠居に聞きたいことはいっぱいありますよ。聞いたからってどうなることもないんだろうが、誰かと話してみないと落ち着かないんです。やっぱりご隠居を頼りにしてるのかな。
(隠)そう言ってもらうのは嬉しいが、やっぱり浮世との縁が薄くなってるのかもしれないな。死んだ人の顔を何度もしっかり見たからかもしれない。最初に見たときは、しっかり閉じていた口が、火葬の直前になったら少し開いていたんだよ。何か言いそうな感じだった。未練があったわけでもないだろうが。
(熊)そんなのが、何となく気になるんですか。
(隠)そうでもないが、たまたま私の兄と年齢が同じなんだよ。そちらとは長いこと没交渉でいるけどね。
(熊)ふーん、話し合うなら今のうち、とでも思ったのかな。
(隠)いや、それはもういいんだ、私の問題ではなくなってるんだから。
(熊)そうですか。重しにならなけりゃいいけど。
(隠)もういいんだ。これから先は、私もいよいよ一人旅だな。どこまででも行ってやるさ。
(熊)せーんろはつづくーよ どーこまでもー……

志村建世のブログ: いのちのあとさき ・ブログ連歌(473) 11/18 ○昨日の告別式、火葬、納骨で、義兄の葬儀の関係は一段落しました。外部には通知をしない「家族葬」で、親族の以外には家族同然だった一人だけが参加し、8名だけの静かな見送りでした。形式も無宗教としたので僧侶も招かず、菊の献花をおもな供養にしましたが、遺体には旅姿の羽織で白無垢を着せ、棺は季節の花で一杯にしました。棺には、故人が好きだったルノアールの画集が納められました。
 告別式のとき、仏式なら読経のある時間に、喪主である姉の了解を得て、私は般若心経を読んでみたいと申し出ました。「嫌いじゃなかったから、お願いします」とのことだったので、以前にブログにも掲載した「般若心経現代語訳」 (仏陀が最上智、般若波羅密多に達する修行を積まれたとき、この世にあるものは、あらゆる物質も、あらゆる生きものも、あらゆる精神の働きも、すべて空(くう)に帰することを見通された。これにより仏陀は、一切の苦厄を超越する境地を得られたのである。……)
を朗読し、原文は「故智般若波羅密多(こちはんにゃはらみった)」から後、「波羅僧掲帝(はらそうぎゃてい)菩提莎訶(ぼじそわか)」。の部分だけを読み上げました。
 これは「中身がわかって良かった」と喜ばれました。さらに、あとで葬儀社の担当者から、ぜひ教えてほしいとの申し出があり、「一つの提案として使っていただいても結構ですよ」と、読んだコピーを手渡してきました。
 義兄は生前に墓の用意をしませんでしたが、遺灰はセーヌ河に流してくれという雑談的な話はしていたそうです。精進落しの席で、姉は「私のもそれでいい……」と言っていました。二人で何度かフランスへ行っているのです。遺骨は遺体に準じて埋葬には許可が必要ですが、細かく砕いて「遺灰」にするとその制約がなくなります。「色即是空」の世界観に近くなるかもしれません。
 葬儀は終りましたが、姉の家には「おとうさん」のいなくなった月日がつづきます。私より5歳上の姉の今後が少し気がかりです。のびのびと残りの人生を楽しんでくれるといいのですが……。人のいのちにあとさきがあるのは止むをえません。毎年の同じ木の花にだって「花のあとさき」はあるのですから。
 季節を過ぎたら枝に残る花は一つもありません。人間も同じことですから悩むことは何もないのです。いのちの終りは、誰にでも必ず来てくれるから心配ありません。それまでの毎日が、「きょうも一日ありがとう」と感謝して過ごせれば、それでいいのです。若い時だって、そうして懸命に生きてきたのではなかったでしょうか。愛する人と共に歩むことを選ぶとき、誰もその終り方は考えません。別々の日に死ぬのは、戦争でも天災でも事故でもなく、立派に生き通したことの証明なのです。

湯浅誠 / Makoto Yuasa: 「食卓にはすごい力がある」という言葉が印象的。 九州の子ども食堂、1年で10倍超の117カ所 「運営費の確保に課題」4割 西日本新聞調査(西日本新聞) - Yahoo!ニュース
 ・九州の子ども食堂、1年で10倍超の117カ所 「運営費の確保に課題」4割 西日本新聞調査 西日本新聞 11/17 ○経済的な理由で食事を満足に取れなかったり、親が忙しくて一人で食べている子どもたちに食事と居場所を提供する「子ども食堂」が、今月時点で九州7県で計117カ所となり、アンケートの回答を得た82カ所の子どもの参加人数は約2200人に上ることが西日本新聞の調査で分かった。学習支援や地域の絆を強める体験活動に取り組む食堂も少なくない一方、運営資金や食材、人手の確保に苦心している現状も浮き彫りになった。
 <いま、学校で>貧困が招く「10歳の壁」 両親が離婚、家庭の経済状況悪化…
  本紙は10~11月、子ども食堂の開設状況を調べた。昨年11月時点では7県で10カ所程度だったが、現在は福岡64▽佐賀4▽長崎10▽熊本16▽大分13▽宮崎5▽鹿児島5-となり、10倍超に増加していることを確認。これを基に、活動実態や課題などを尋ねるアンケートも実施し、82カ所から回答を得た。
 規模や開催頻度はさまざまだが、82カ所の食堂の1回当たりの平均参加人数を合計すると2255・9人。親の所得格差が子どもの教育格差を生み、次世代も貧困に陥る「貧困の連鎖」を断つため、学習支援も兼ねている食堂が19カ所(23%)に上った。
 貧困などの事情を抱えた親子は地域で孤立化しがちなことから、学校や地域の民生委員などと連携したり、調理体験やレクリエーション活動と組み合わせたりする食堂も30カ所(37%)あった。補助金や公共施設の無償提供、広報誌での告知など行政の支援を受けているのは39カ所(48%)だった。
 運営費の確保に課題
 一方、食堂運営の課題を複数回答で尋ねたところ、(1)運営費の確保=31カ所(38%)(2)貧困対策というイメージなどが壁となり、本当に支援が必要な親子に参加してもらえていない=21カ所(26%)(3)運営スタッフや学習ボランティアの確保=20カ所(24%)(4)食材の調達=13カ所(16%)-などの回答が寄せられた。
 北九州市などと共同で子ども食堂を運営するNPO法人「フードバンク北九州ライフアゲイン」(同市八幡東区)の原田昌樹理事長(51)は「子ども食堂はあくまで支援の入り口だが、食卓にはすごい力がある。地域の大人たちと子どもたちが集まり、さまざまな事情を抱えた親子を支え合うことにつながる場所があちこちにできればいい」と話している。
高田健: 11月17日、市民連合と野党4党の意見交換会がありました。衆院選に向け、相互に協力を強めることや月1回づつ開催することなどを確認しました。大事な1歩になりました。民進党、共産党、社民党、自由党と学者の会、ママの会、総がかり、立憲デモクラシー+元SEALDs有志が出席しました。
山本太郎 次の準備してる? : 随分とサクサク、TPP特別委員会のスケジュールが決まるんですね。中央公聴会まで決まったって事は、月内に成立?30日ルールなし、参議院不要論回避ってか?TPPは有権者の理解が深まりようがないから、わかりやすい年金カット法案で勝負ってか?選挙対策ですね。闘えない野党は与党になれば?
首都圏反原発連合: 222回【再稼働反対!首相官邸前抗議】終了、約750人が参加しました!冒頭でも触れたように、明後日20日は柏崎刈羽原発が立地する柏崎市で市長選が投開票です。首都圏反原発連合は再稼働反対の竹内えいこ候補を応援します。竹内候補を当選させ、闘いを前進させましょう

宮本正樹@『第九条』: 自衛隊の駆け付け警護、大反対です。こんな憲法違反がまかり通って良いのか?安倍総理は九条を無視し、九条が破棄された世界を作り上げて行っている。国民の感覚を既成事実で麻痺させ、自分の思い通りの改憲をしようとしています。私たち一人一人が政治に憲法に関心を持たないと非常に危険です。 11/17
諏訪原 健: 4野党と市民連合の意見交換会、次に繋がる良い会だったと思います。冒頭、民進党・野田幹事長から、先日行われた4野党の幹事長・書記局長会談の報告として、「できる限り野党共闘を進めていく」との発言があり、市民参加の方向性をより深めながら市民-野党共闘を実現していくことが確認されました。 11/17
木野龍逸 (Ryuichi KINO): 木野龍逸 (Ryuichi KINO) 11/17
 ・週刊現代: 総務官僚が起こした「人災」 5/24
金子勝 : 【無限無責任2】「全電源喪失はない」と安全神話をたれ流してきた政府・東電の責任は、すべて国民への負担転嫁でなかったことになる。これでは、無限無責任です。何度、原発事故を引き起こしても、電力会社は絶対潰れず、経営者も責任を問われずにすむようになる。 11/17
山口二郎: 「日系人強制収容所を先例に」 トランプ氏の支持者がイスラム教徒の移民登録に賛成 https://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/to-ra-m-pu-shi-no-dairi-i-su-ra-mu-kyouto?utm_term=.hkyyWZKry … @eimiyamamitsu @BuzzFeedJapan トランプに最初に会う外国首脳、安倍首相は、この件取り上げるのだろうか。抗議できるのだろうか 11/17

首都圏反原発連合: 正論。 小泉純一郎氏「ぬけぬけと」原発再稼働の政権を批判 《原発再稼働の方針を崩さない安倍政権に対し「再稼働なんてどうかしている。よくもぬけぬけと、日本の原発は世界一の安全基準なんていえるものだ」と、安倍晋三首相の姿勢も批判。》 11/17

imai tko: "原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見"「40年というのは、一応原則です。法律では、申請があって認可までできれば20年、最大1回の延長はできるということで、まぁ、それにチャレンジしてきたということだと思います」安全放棄してるな 11/17  ★未だに、原発推進とは、ね。規制委員会と名乗りながら、実は、原発推進機関だったんだ… ならば、消費者、主権者他の対場で、引導を渡そう!?

大木晴子・「明日も晴れ」: さぁ!今度の土曜日ですよ。1年前の熱気をもう一度! 無関心はダメ!力を合わせて頑張る!平和は育まなければやってこない。 安倍政権の暴走止めよう!自衛隊は戦地に行くな!11・19国会議員会館前行動: http://sogakari.com/?p=2303

IWJ: 岩上安身より、IWJ年末恒例シンポジウム「饗宴」開催とりやめのご報告と、緊急のご支援のお願い 2016.11.16


Rights to Study: 【拡散希望】 本物の奨学金をもとめる 国会前学生緊急アクション 11/18 fri 19:00start @国会正門前(北庭側) 11/15#本物の奨学金を #NODEBT

NPJ動画ニュース: 法律家5団体共催 “共謀罪”創設法案出を許さない院内集会 11/15 ○こんな動画もオススメです!

 


Everyone says I love you !: 最高裁で敗訴が確定した東京大空襲訴訟が問いかけたもの 戦争被害を国民は受忍できるのか 2013年05月09日 ○1945年(昭和20年)3月の東京大空襲の被害者や遺族ら130人余りが「軍人やその遺族などには補償があるのに、空襲の被害者に援助がないのは不当だ」と主張して、国に謝罪と賠償を求めて提訴していた東京大空襲訴訟で、最高裁判所は2013年5月9日までに原告の上告を認めない決定を出し、被害者や遺族の訴えをすべて退けた判決が確定しました。
 この東京大空襲では、米軍機が東京の浅草など住宅密集地を爆撃し、約10万人が死亡したとされ、原告側は、軍人やその遺族に遺族年金などの手厚い援護があるのに、民間被災者が救済されないのは、法の下の平等を定めた憲法に反するなどと訴えていました。なんと、戦後支払われた遺族年金は1兆円に及びます(余談ですが、遺族らでつくる日本遺族会が強固な自民党の支持団体になっているのは当然です)。
 しかし、被告国は
 「戦争被害 は国民が等しく受忍(我慢)しなければならない」
 という受忍論を展開して、1審・2審はこれを追認しました。さらに東京地裁・高裁は
 「戦地で実際に戦闘行為を行った軍人らの救済には合理的な根拠があり、民間被災者の差別ではない」
 「被災者は数多く存在しており、どんな救済措置を講じるかについて国会には広い裁量が認められる」
 「原告らが旧軍人らとの間の不公平を感じることは心情的には理解できるが、戦争被害者にどのような援助をするかは立法を通じて解決すべきだ」
 などと指摘し、訴えをすべて退けていました。
 原告は上告していましたが、最高裁判所第1小法廷の横田尤孝裁判長は、9日までに上告を認めない決定を出して、被害者や遺族の敗訴が確定しました。なお、空襲の被害に対しては昭和20年の大阪大空襲についても被害者や遺族が同じような訴えを起こしていますが、1、2審ともに訴えが退けられています。・・・

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16

NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日
   

★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog1/10: ロンブー淳(原発問題)都合の悪い歴史こそ残そう 原発は「大丈夫じゃないな」と 都合の良い歴史は、騙し!?

  ☆法の支配、実現、回復を!我ら、主権者の手で。

 「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名">「ポツダム宣言」(外務省訳 原文) 1945年7月26日 ポツダム(potsdam,germany)で署名 ○六 吾等ハ無責任ナル軍國主義ガ世界ヨリ驅逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序ガ生ジ得ザルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本國國民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ擧ニ出ヅルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレザルベカラズ

  八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ   ★他、割愛

日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕


 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 


国立国会図書館: 日本国憲法の誕生  日本国憲法
国会図書館: 日本国憲法の誕生 資料と解説
この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に
植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

NHK: 天皇陛下がお気持ちを表明(全文) 8/8  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。
TBS: 「陛下の公務減は困難」宮内庁次長 理解求める 11/7 ○宮内庁の西村泰彦次長は、天皇陛下の国事行為や公務は客観的な情勢の変化で増えていることを国民に理解して欲しいという認識を示しました。
 たとえば、国事行為の1つである認証官の任命は副大臣制度が設けられたため、25年前に比べおよそ1.5倍に増えているということです。
 また、国連加盟国の数も年々増加し、去年には193か国となるなど、外国からの要人との面会が増えていると説明。西村次長は公務を大幅に減らすことは難しいという認識を示しました。(07日17:09)
  ★人間天皇、象徴天皇を否定する如き、『生前退位』を否定する言を吐いた東大名誉教授がいたが、死ぬまで、辞職を認めない、非人道性をなんとする! 『天皇制』を弄ぶ勿れ!恐らく、こんな輩、戦前の天皇主権時代でも、使い勝手から、有用性を認めていたのだろう。人間性を否定するもの!かつてなら、不敬罪に価する!? 大正天皇は、死ぬまで、天皇だった!? 日本国憲法下では、許されない!? 個人としての希望“生き死”には、尊重しないと。


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) ★10/24の地震
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。


「女性・女系の議論を」82% 「退位、恒久制度必要」70% 皇室世論調査 西日本新聞 11/20 ○本社加盟の日本世論調査会が5、6両日に実施した「皇室」に関する全国面接世論調査で、政府が有識者会議を設置し、天皇の生前退位の法整備を検討していることについて「早急に結論を出した方がよい」との回答が50%を占めた一方で、「慎重に検討した方がよい」も半数近い47%となり、賛否が分かれた。
 政府が今回の議論の対象にしていない「女性・女系天皇」や「女性宮家」についても、今の有識者会議で「議論した方がよい」との回答は82%に上った。女性・女系天皇の容認派は85%で、反対はわずか10%だった。
 8月のビデオメッセージの中で、天皇陛下が「人々の思いに寄り添うことも大切なことと考えてきました」と述べられたことに関連し、被災地訪問など国民に寄り添う活動と天皇の地位との関係をどう思うか尋ねたところ、78%が「活動を行うのが困難になれば退位した方がよい」と答え、生前退位の実現に強い思いを示した陛下の考え方に賛同した。「退位しなくてもよい」は19%にとどまった。
 天皇の生前退位は「できるようにした方がよい」が89%と圧倒的で、「現行制度のままでよい」は9%だった。生前退位の法整備を進める場合、70%が「今後の全ての天皇を対象にした方がよい」と回答。皇室典範の改正が必要となる恒久的な制度の必要性を認めた。特別法での対応を目指すとされる安倍政権の考えに近い「今の天皇陛下に限った方がよい」の26%を大きく上回った。
 天皇に対してどのような感じを持っているかについては「親しみを感じる」が47%で最も多かったが、2012年6月の調査の57%からは減少した。一方、2番目に多かった「すてきだと思う」は13%から20%に増加。次いで「何とも感じない」は20%から17%に減り、「尊くて恐れ多い」は8%から15%に倍増した。「反感を持つ」は1%で、大きな変化は見られなかった。
 陛下の活動を例示し、どれが重要か二つ選んでもらったところ、「外国訪問や国賓の接待など国際親善」が56%で最も多く、「被災地の見舞い」の41%が続いた。憲法が天皇の仕事として定める「国事行為」は25%で3位だった。
 【注】小数点1位を四捨五入した。
 調査の方法=層化2段無作為抽出法により、1億人余の有権者の縮図となるように全国250地点から18歳以上の男女3000人を調査対象者に選び、5、6の両日、調査員がそれぞれ直接面接して答えてもらった。転居、旅行などで会えなかった人を除き1740人から回答を得た。回収率は58.0%で、回答者の内訳は男性48.0%、女性52.0%。
 東日本大震災の被災地のうちの3県に加えて、熊本県について一部地域を調査対象から除いた。

「次は自分が」、駆け付け警護付与の派遣 九州の自衛隊に緊張高まる 西日本新聞 11/20 ○今回の南スーダン派遣は東北方面隊で構成されたが、九州の部隊にも「駆け付け警護」が付与された命令が下る日は遠くない。「無事を祈るしかない」「今度は自分たちの番」。隊員たちは緊張感を高めていた。
 陸上自衛隊11次隊の先発隊が出国した20日、北九州市小倉南区の陸自小倉駐屯地では、創立60周年を祝う記念行事が催されていた。多くの市民が訪れ、隊員による露店が並んだ会場はお祭りムード。その中で若い隊員に南スーダン派遣の話題を振ると「とにかく無事で帰ってきてほしい」、別の隊員は「命令であれば、自分は当然、行きます」と表情を硬くした。
 南スーダンへは各方面隊が順番に派遣されており、順当にいけば、半年後には九州・沖縄の西部方面隊で構成される。九州のある部隊は「熱望」「命令であれば行く」「行かない」の選択肢で隊員に意向調査を実施したという。別の部隊に所属し、派遣を望む20代の隊員は「今度は自分が、と思っている。環境は厳しいが、練度を高めなければ」と気を引き締める。
 政府は、駆け付け警護を実行するにしても「極めて限定的な場面」と強調する半面、現地の情勢が不安定で不測の事態が生じる可能性を否定できないともしている。九州にある駐屯地のベテラン隊員は「今ある基準でやっていくしかない。ただ、もし隊員が亡くなっても補償が十分ではない。新たな法整備は必要だ」と注文する。
 この日、小倉駐屯地の記念行事では来賓の政治家たちから「自衛隊の役割は新たなステージに立った」と前向きな言葉が聞かれた。一方、駐屯地司令の浅田健第40普通科連隊長は厳しい表情で式辞に立ち、隊員約1200人に語り掛けた。「危険を顧みず、任務に当たる際にも血を流すことがないよう、本職とともに訓練で汗を流そう」  ★国民主権の下、『上命下達』だけを、或いは、主に、これのみを行動原理とすることのないよう、改めよう。サンクションなんて、以ての外! 来賓の政治家たちとは、安倍氏の手下か!?
NNN: 自衛隊の新任務 「支持しない」が半数以上 11/20 ○NNNがこの週末に行った世論調査によると、PKO(=国連平和維持活動)のため南スーダンに派遣される自衛隊の部隊に駆けつけ警護などの新たな任務を加えたことについて、半数以上の人が「支持しない」と答えた。
 世論調査では、駆けつけ警護などの新たな任務を加えたことを「支持しない」が53.8%、「支持する」は33.0%だった。また、南スーダンに平和維持活動を目的に自衛隊の派遣を続けることが「必要だと思わない」と答えた人は51.5%、「必要だと思う」は32.0%だった。
 一方、アメリカの次期大統領にトランプ氏がなることが「日本にとって良い方向になると思う」と答えた人は18.9%の一方、「思わない」が43.8%と上回った。さらに、トランプ氏が主張してきた、駐留米軍の費用を日本がもっと負担することについては「現状維持」が最も多く63.5%、続いて、「負担を減らす」が28.2%、「負担を増やす」は3.5%だった。
 来月の日露首脳会談で焦点となる北方領土問題で、4島一括返還ではなく2島先行返還の形で解決を目指すことについて、「良いと思う」が63.1%、「良いと思わない」が23.0%だった。
 また、安倍内閣を「支持する」と答えた人は前の月より3.8ポイント増えて52.6%、「支持しない」は4.2ポイント減って28.7%だった。  ★論理性の欠如!? 安倍内閣の支持率に反映せず、調査???

NNN: 日ハム優勝パレードに約13万8000人 11/20 ○プロ野球日本ハムの10年ぶりの日本一を祝うパレードが、北海道札幌市内で行われ約13万8000人のファンが詰めかけた。
 ファイターズの優勝パレードは、札幌駅前通りの赤レンガテラス前からすすきのまでの1キロの区間で行われた。沿道には約13万8000人のファンが詰めかけて、栗山監督や大谷選手が声援に応えていた。
 大谷翔平選手「選手以上に喜んでくれて、優勝して本当によかった」
 駆け付けたファンたちは10年ぶりの日本一を盛大に祝っていた。


NHK: 宮城県議会議長 白紙領収書使い政務活動費 11/20 ○宮城県議会の中山耕一議長が、運転代行の代金として白紙の領収書に実際より多い金額を記入して、政務活動費を受け取っていたことがNHKの取材でわかりました。支出は昨年度だけで30回以上に上っていて、中山議長は「妻が勘違いで記入した。不正をしたつもりはないが、今後返還したい」と話しています。
 宮城県議会の政務活動費の報告書によりますと、中山耕一議長は運転代行を利用した代金として、昨年度33回合わせて14万8000円を政務活動費から支出しています。
 このうち31回についてはいずれも同じ業者を利用し、「4500円」と記載されていましたが、報告書に添付されたすべての領収書の筆跡が似ていました。
 このためNHKが中山議長に確認したところ、業者から白紙の領収書を受け取ったうえで、妻が宛名と金額を記入していたことを明らかにしました。
 NHKが代行運転の業者に確認したところ、実際にかかった料金は3000円で、1500円多い金額が記入されていました。
 中山議長は「支払ったのは3000円だった。白紙の領収書に妻があとから記入したが勘違いしたようだ。不正をしたつもりはないが、結果的に多く受け取っていて、今後返還したい」と話しています。
 中山議長をめぐっては、個人的に購入したマッサージチェアの領収書を使って政務活動費を受け取っていたとして、一部の会派が議長職の辞職勧告決議案の提出を検討しています。


ANN: 朴大統領が事情聴取を拒否へ 市民からは怒りの声 11/20 ○韓国の検察が朴槿恵(パク・クネ)大統領について「容疑者として捜査する」と発表したことに対して、朴大統領側は「検察の捜査は信じられない」として事情聴取を拒否する考えを示しました。市民からは怒りの声も上がっています。
 韓国の検察は20日、朴大統領の親友と側近2人を起訴したうえで「大統領は相当部分で共謀関係がある」と指摘しました。これに対し、朴大統領の弁護士は「検察の捜査は信じられない。中立的な特別検察官の捜査に備える」として、検察の事情聴取を拒否する考えを示しました。また、大統領府の報道官も「不当な政治攻撃が続くと国政の混乱が重なるだけ」と検察を批判しました。
 市民:「正確な事実関係がまだ明らかになっていなくて国民は怒ってます」「(大統領の対応は)間違っている。事情聴取を受けるべきだ」
 一方、朴大統領の対応には反発も強く、国会での弾劾(だんがい)に向けた動きも加速しそうです。
TBS: 韓国大統領府、検察の「朴大統領が共謀」に猛反発 11/20 ○韓国の大統領府は、検察が一連の政治スキャンダルにおいて「朴槿恵(パク・クネ)大統領が共謀した」と発表したことに猛反発し、対決姿勢を鮮明にしています。
 ソウル中央地検は20日、朴大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告と元政府高官ら合わせて3人を不正な資金集めの罪などで起訴しました。
 「さまざまな犯罪事実のうち、相当部分において(朴大統領と)共謀関係があると判断した」(ソウル中央地検長)
 検察は起訴状の中で朴大統領を「容疑者」と位置づけ、「共謀関係にあった」と主張。これに対して大統領府は「不当な政治的攻勢だ」と反論しました。
 「発表は全く事実でなく、客観的な証拠を無視したまま想像と推測を繰り返して作った砂上の楼閣です」(大統領府報道官)
 さらに、「いっそのこと、大統領の責任を明確にできる憲法の手続きで論争を終えるべき」などと、「弾劾手続き」を促しているとも解釈できる発言まで飛び出しました。
 また、朴大統領の弁護人は「地検の捜査には応じない」と態度を一変させ、地検とは独立して捜査にあたる特別検察官の聴取で潔白を主張する構えです
 一方、捜査機関が現職大統領を「共犯」と発表する異例の事態に、朴大統領の退陣を求める政界と国民からの圧力は一段と高まっています。(20日20:16)

NHK: トランプ次期大統領 多様性訴えた俳優非難で波紋 11/20 ○アメリカのトランプ次期大統領は、新政権の発足に向けて共和党主流派と融和を図る姿勢を示す一方、多様性を認めた「アメリカの価値観」を守るよう訴えた人気ミュージカルの出演者をツイッターで激しく非難し、波紋が広がっています。
 新政権の人事の調整を進めているトランプ次期大統領は19日、東部ニュージャージー州で今回の選挙で激しく対立してきた党主流派のロムニー元マサチューセッツ州知事と外交政策などをめぐり意見を交わし、新政権の発足に向けて党主流派との融和姿勢を示しました。
 一方、会談の前日の18日、ニューヨークのブロードウェイでは、黒人やヒスパニック系などの出演者を中心とした人気ミュージカル「ハミルトン」の観劇に訪れたペンス次期副大統領が、終演後、劇団を代表しステージであいさつをした黒人の俳優から、多様性を認めた「アメリカの価値観」を守るよう訴えられる場面がありました。
 これについてトランプ氏は19日、ツイッターで「ペンス氏がいやがらせを受けた。劇場は特別な場所だ。謝罪しろ」などとつぶやき、激しく非難しました。
 これに対し、訴えた俳優はツイッターで「これはいやがらせではありません」と反論したうえで、「耳を傾けるために足を止めてくれたペンス氏には感謝します」と書き込みました。
 トランプ氏の反応をめぐって、アメリカのメディアは「トランプ氏が『ハミルトン』の俳優に謝罪を要求した」などと大きく伝えていて、波紋が広がっています。
  ★アメリカを二分、分断しただけでは足りず、世界に、民主主義に、人道主義に仇名そうというのか!? 影響が案じられる。事前の備えが、必要か!?


ANN: 島根・出雲市で男女3人死亡 殺人事件として捜査 11/20 ○島根県出雲市で、高齢の男女3人が意識不明の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は殺人事件とみて捜査を始めました。
 19日午後6時半ごろ、出雲市大社町杵築西で、犬の散歩をしていた会社員の男性が木に首をつっている男性を見つけました。その後、近くの草地に止められた乗用車の後部座席でも、男女2人が座った状態で意識を失っているのが見つかりました。3人とも心肺停止の状態で、搬送先の病院で全員の死亡が確認されました。警察によりますと、車は荒らされておらず、車内の2人に目立った外傷はないということです。身元は分かっていませんが、3人とも高齢とみられ、警察は殺人事件とみて捜査しています。現場は出雲大社から南に2キロほどの場所です。  ★人間関係、親族かどうか知らないが、心中事件!? 結局、下記事件と同じものか。
NNN: 首つった男性と車内の男女死亡…母と息子か 11/20 ○19日、島根県出雲市で男女3人が意識不明の状態で見つかり、その後、死亡が確認された。警察は、高齢の母親と息子2人とみて、くわしい経緯を調べている。
 出雲市大社町で、男性が木に首をつった状態で発見された。脇に止めてあった車からは、男女2人が意識不明の状態で見つかったという。
 警察によると、3人は19日午後6時半ごろ、犬の散歩をしていた男性が見つけたもので、その後、死亡が確認された。高齢の母親と息子2人とみられ、車内に争った形跡はなく、ナイフなどの凶器も見つかっていないという。
 警察は、他殺と自殺の両面から経緯を調べている。現場は出雲大社の南西2.5キロにある道路脇の草地。
NNN: トラック衝突 男性500m引きずり逃走か 11/20 ○19日夜、名古屋市の国道で、トラックが原付きバイクや乗用車と事故を起こし逃走した。約500メートル先で原付きバイクの男性が発見され、その後、死亡していて、警察はトラックが男性を引きずり逃走したとみて捜査している。
 警察や消防によると、19日午後9時20分過ぎ、名古屋市北区の国道41号でトラックが、林勇次さん(32)が運転する原付きバイクや乗用車3台と衝突する事故があり、トラックはそのまま逃走した。約2分後、現場から500メートルほど離れた路上でトラックから林さんが落下し、トラックが走り去るのを通行人が目撃し通報した。林さんはその後、死亡が確認された。
 警察はトラックが林さんを巻き込み落下するまで引きずって逃走した疑いがあるとみて、ひき逃げ事件としてトラックの行方を追っている。

ANN: 日ロ首脳会談へ 領土問題など解決につなげたい考え 11/20
NHK: 日ロ首脳会談 プーチン大統領訪日へ向け準備を 11/20 ○APEC(アジア太平洋経済協力会議)に出席するためペルーを訪れている安倍総理大臣は、まもなくロシアのプーチン大統領と会談します。北方領土問題を巡ってどのような会談になるのでしょうか。
 (政治部・藤川みな代記者報告)
 今回で15回目となる安倍総理とプーチン大統領の会談は、2人が宿泊しているホテルで行われます。日本政府としては、来月のプーチン大統領来日を見据えた「特別な位置付け」と考えていて、国際会議の合間を縫っての会談としては通常よりも長い、少なくとも1時間以上の会談になるだろうとみています。日ロ間では、経済協力に関してはエネルギー開発やインフラ整備など優先的に取り組む事業の絞り込みが進んでいるほか、来月、プーチン大統領が来日する際の合意文書の取りまとめも行っています。一方で、北方領土を巡っては、ロシア側から「主権を放棄できない」などと交渉に後ろ向きな発言が相次いでいます。しかし、日本政府としてはプーチン大統領のトップダウンで状況が動くことを期待しています。安倍総理としては、経済協力を呼び水に日ロ関係全体を前進させることで領土問題の解決につなげたい考えで、来月のプーチン大統領来日に向けて詰めの協議が行われます。

NHK: オバマ大統領 トランプ氏に貿易政策の翻意を期待 11/20 ○アメリカのオバマ大統領は、トランプ次期大統領がこれまでの貿易政策を見直すと主張していることから、貿易をめぐり他国と対立する可能性に懸念を示す一方、トランプ氏が今後、翻意することに期待をにじませました。 ・・・  ★ということは、トランプ氏、就任時に、TPPから離脱の意思を翻意していない!?ということか。 国会決議って???パリ協定に乗り遅れ…て迄して。
ANN: TPP首脳会議 各国が早期発効に向け方針を確認 11/20 ○TPP(環太平洋経済連携協定)の参加12カ国による首脳会議がペルーで開かれました。TPPの早期発効に向けて、それぞれの国が国内手続きを加速させていく方針を確認しました。
 約1時間の会議で参加国は、TPPが戦略的・経済的に重要であることや、早期発効に向けてそれぞれの国が手続きを加速させることを確認しました。しかし、アメリカではトランプ次期大統領がTPP離脱を掲げ、オバマ政権中の議会での承認手続きが困難になっています。安倍総理大臣は「現状にひるんで国内手続きをやめればTPPは死んでしまう」と訴えました。また、オバマ大統領は「国内での理解を求めるために力を尽くしていく」と述べました。この後、開幕したAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議でも、TPPなど自由貿易の重要性について議論し、自分の国を優先する保護主義への対抗姿勢を打ち出します。




NHK: アメリカ大統領選挙2016
 ☆TPP発効せずRCEP発効なら中国に9兆円超の経済効果11月17日 8時19分
 ☆トランプ氏 閣僚人事本格化も政権移行チームに内紛か11月17日 6時28分
 ☆河井首相補佐官 トランプ氏の政権移行チームと会談11月17日 6時00分
 ☆COP22 主要国がトランプ氏に対策求めること確認11月17日 5時12分



 今日のトピックス Blog9/30: ナチスを称賛・模倣する人々! 「麻薬犯罪者、抹殺する」比大統領“ユダヤ人虐殺”に例え …麻生氏、安倍氏、…A級戦犯東条氏!?

 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧


岩手日報・社説: 憲法審査会 「ありき」で走らぬよう 11/20 ○衆参両院の憲法審査会で、実質的な議論が再開された。衆院は約1年5カ月ぶり、参院は9カ月ぶりだ。
 今夏参院選を経て、憲法改正に前向きな勢力は衆参両院で、改憲の発議に必要な3分の2以上の議席を占めるに至った。数が物を言う永田町の論理に従えば「機は熟した」といったところだろうか。
 「自主憲法制定」を党是とする自民党、わけても「戦後レジームからの脱却」を目指し、第1次政権下の2007年に改憲手続きを定める国民投票法を成立させた安倍晋三首相は、憲法審査会の実質的な生みの親だ。
 その高揚感は推して知るべし。自民党が先ごろ党総裁任期の延長を決めたのは、「1強」が揺るがない安倍首相の任期中に改憲を実現するためとする観測もある。
 憲法論議は「国のかたち」に直結する。折しも次期米大統領のトランプ氏は、選挙戦を通じ政治、経済、外交・防衛など多方面で対日政策の転換を示唆。あらためて日本の針路が問われる中で、くれぐれも「改憲ありき」で突っ走ることのないよう、あえてくぎを刺しておきたい。
 というのも、庶民の憲法観は国会の「熱気」とは一線を画す節があるからだ。
 今月3日の現行憲法公布70年に当たり共同通信が実施した世論調査では、改憲の必要性が「ある」20%、「どちらかといえばある」38%で過半数が改憲派。「どちらかといえば必要ない」25%、「必要ない」は15%だった。
 一方、安倍首相の下での改憲には「反対」が55%で「賛成」を13ポイントも上回る。衆参で改憲勢力が3分の2を超える状況を「よい」とするのが46%、「よくない」は51%。選挙結果は、決して改憲機運にストレートに反映されているわけではない。
 71%までが、改憲は参院選の争点だったと思わないと答えてもいる。安倍首相は、自らの手になる改憲に過半数が反対する調査結果を重く受け止めなければなるまい。
 第1次政権での国民投票法成立、第2次政権下の特定秘密保護法や安全保障関連法など、世論を割る課題には「強行」の二文字がついて回る。世論の大勢は、改憲論議に意義を認めつつ、最後は数で押し切るパターンに懸念を深めているのではないか。
 安保関連法を議論する過程では、自民党推薦を含む憲法学者全員が同法案を「違憲」と指摘した経緯がある。安倍首相は国民の理解不足を認めつつ、成立後に「引き続き理解促進に努める」とした。
 本気で野党との合意形成を志向するなら、その説明責任を放置するべきではない。国民は政権が思う以上に、政権の気質を見抜いている。  ★一言、憲法改正について、周知の事を申し上げたい。日本国憲法は、御承知の通り、硬性憲法だ。その手立ての一つが、衆参両院での2/3以上の議員の賛成で、の要件だ。有体に言えば、憲法改正への歯止め、ハードルだった。憲法改正をする主体は、主権者である。議員なんて、添え物だ!? 勘違いしている、しようとしている安倍一味、議員はいるが。主権者は、その権威は、毅然としていないと
信濃毎日・社説: あすへのとびら 25年目のPKO 国際貢献を問い直す時 11/20 ○自衛隊の海外派遣に道を開いた国連平和維持活動(PKO)協力法は、1992年6月に成立した。国論は二分、根強い反対を押し切ってのことだ。カンボジアへの初の派遣はその年の9月だった。
 四半世紀近くを経て派遣が常態化する中、改めて重大な局面を迎えている。安全保障関連法に基づき、政府が「駆け付け警護」の任務追加を決めた。稲田朋美防衛相は、別の新任務「宿営地の共同防衛」とともに付与する命令を出している。
 新たな任務を担う部隊がきょう以降、南スーダンへ順次、出発する。来月中旬から、必要に応じて実行することになる。
 離れた場所で武装集団に襲撃された国連職員らの救出に向かうといった任務である。武器使用基準が緩和され、可能になった。
 現地の治安情勢は流動的だ。隊員が戦闘に巻き込まれる可能性がある。海外での武器使用が一段と現実味を増す。平和国家にふさわしいのか、日本の国際貢献はどうあるべきか、再考したい。
   <変わる活動内容>
 PKO法が制定されたきっかけは、91年の湾岸戦争だ。
 日本は巨額の財政支援をし、憲法9条の制約から自衛隊は派遣しなかった。当時の政権や外務省は国際社会から高い評価を得られなかったとして、自衛隊を利用した人的国際貢献の仕組みづくりを推し進めた。
 法整備では、自衛隊の活動が9条の禁じる武力行使とならないよう参加5原則を盛り込んだ。
 (1)紛争の当事者間の停戦合意(2)紛争当事者による日本の参加同意(3)中立的立場の厳守(4)以上のいずれかが満たされなくなった場合の即時撤退(5)武器使用は要員の生命保護など必要最小限度とする―の5項目だ。
 政府の憲法解釈では、「国や国に準ずる組織」を相手に自衛隊が武器を使った場合、武力行使になる恐れがある。そのため、駆け付け警護は認めてこなかった。
 カンボジア以降、中東のゴラン高原や東ティモールなどへの派遣が続いてきた。この間、隊員が引き金を引くことはなかった。果たしてこれからも同じでいられるのか、懸念は強い。
 現在、日本が参加する唯一のPKOである南スーダンには2012年1月から部隊が派遣されている。内戦を経て前年にスーダンから分離独立した国家の安定や開発支援を目的に始まった活動だ。日本は道路整備などに貢献するため陸自の施設部隊を送った。
 状況が一変したのは、13年12月である。政府軍と反政府勢力との間で内戦状態になった。数万人が死亡し、270万人以上が家を追われている。PKOの最重要任務は市民保護に変更された。
 陸自部隊も想定した役割を果たせていない。現在、活動場所は国連南スーダン派遣団(UNMISS)の施設内に限られている。
 それでも政府は5原則が維持されているとの立場だ。新任務付与に当たってまとめた見解では「PKO法上の武力紛争が発生したとは考えていない」とした。反政府勢力には系統立った組織性などがなく、紛争当事者に当たらないと説明している。
 この見解がまかり通るなら、5原則はないも同然になる。国連の事務総長特別顧問は、民族間の憎悪の広がりを指摘し、ジェノサイド(民族大虐殺)に発展する恐れがあるとの懸念も示した。政府が撤退を検討しないのは、安保法の実績づくりを急ぐためだろう。
 南スーダンに限らず、PKOは変質している。かつては停戦監視が中心だったのに対し、市民の保護など任務が広がった。武力の行使もいとわない。国連などで紛争処理を担った東京外国語大教授の伊勢崎賢治さんは「PKOの好戦化」と表現している。
   <日本の強み生かし>
 中立的な立場では済まない現実がある。平和憲法を持つ国として国際紛争への関わり方を問い直す時だ。武器使用ではなく、非軍事の人的貢献を強めたい。
 安保法に反対するため設立された「NGO非戦ネット」は、駆け付け警護の閣議決定の前日、声明を出した。新任務付与の見合わせと、武力によらない平和貢献を求めるものだ。
 日本の優位性は非軍事分野での支援に対する住民の信頼や、対立する諸勢力に比較的中立だと認識されていることにあるとし、強みを生かすよう主張する。なすべきこととして、和平に向けた対話の働き掛けや国民和解への支援、避難民らへの人道支援を挙げる。
 他国軍と一線を画す自衛隊の活動は日本への評価につながってきたはずだ。非軍事の貢献が信頼や親近感を高め、それが新たな貢献にもつながる―。そんな好循環を目指すべきである。

中日新聞・社説: 韓国政治と縁故社会 週のはじめに考える 11/20 ○韓国の歴代大統領は任期終盤になると政権内の不正が発覚して、国民に謝罪します。朴槿恵大統領も例外ではなく、退陣要求が全国に拡大しています。
 震源地は朴大統領の四十年来の親友である崔順実容疑者。設立に関わった二つのスポーツ、文化振興財団について、職権乱用の疑いで検察に逮捕されました。
 青瓦台(大統領府)秘書官のうち、朴氏の国会議員時代から仕える三人組が大きな力を持ち、崔容疑者が関与する財団に資金を提供するよう大企業に圧力をかけた疑いも。政財界を巻き込む巨大疑獄に発展するかもしれません。
 寂しき青瓦台の女王
 深刻なのは、朴氏自身が民間人の崔容疑者に対し、演説文の草稿を見せて感想を求めた機密漏えいの疑いまで浮上したこと。職務を分担する政府高官たちとは別に、家臣ともいえる秘書官や親友による「密室政治」が存在し、国政や人事まで牛耳っていたと、メディアは指摘します。
 朴大統領は孤独な女性なのでしょう。父である朴正熙元大統領と母陸英修さんはいずれも、銃弾による不慮の死を遂げました。自叙伝「絶望は私を鍛え、希望は私を動かす」を読むと、三十代では母が残した財団の仕事をし、後は読書や史跡巡りをするだけで、「隠とん生活」のようでした。働き盛りに社会との接触をほとんど断ってしまったことが、その後の生き方に影響したと、思わざるを得ません。
 韓国メディアは「寂しき青瓦台の女王」と表現しています。
 では、国民はなぜ、朴氏を大統領に押し上げたのでしょうか。
 家系の良さに加え、両親が殺害されたことへの深い同情がありました。朴氏は一九九八年に政界に進出。選挙戦の先頭に立ち、野党で低落の危機にあったハンナラ党(現与党セヌリ党の前身)を立て直します。
 大統領になって、内政や経済の評価は低かったが外交はずっと高得点でした。二〇一三年、米議会で英語で演説し、オバマ大統領と長時間、ホワイトハウスの庭を散策した。中国の習近平主席とは六回会談し、得意の中国語でも話したといいます。小柄な体で大国の首脳と渡り合う。韓国メディアの多くが、強い指導者としての期待感をはっきり記していました。
 ところが今回、保守本流の象徴である朴氏の威信は地に落ちました。今月初めにソウルで会った政治学者は「大統領は国民の多様な意見を聞こうとせず、正体の知れない人物に頼った。民主化以前の権威主義の時代に逆戻りしてしまった」と、苦渋の表情でした。
 上昇志向に潜む危うさ
 過去四代の大統領の場合、兄や息子たちが不正資金を受け取り訴追されています。政治家や経済人が大統領の強い権限を利用しようと親族に接近したからです。朴氏は妹や弟を公邸に出入りさせず、清廉なイメージがあったはずですが、「(崔容疑者は)最も苦しい時にそばにいてくれた」(大統領談話)と、ほとんど「身内」扱いをして、歴代政権の轍(てつ)を踏む結果になりました。
 そこには韓国特有の、縁故を重視する風土が見え隠れします。政治に限らず、社会を支配するのは、濃密な親族関係とともに友人の強い絆です。故郷が一緒だとか同じ高校や大学の同窓生なら、仕事の話がはずむ。男性なら軍隊仲間が人脈づくりに役立ちます。
 縁故重視には強みもあって、信用し合える仲間が政権に集まれば意思決定が速いし、後ろ盾がいれば大胆な政策も打ち出せます。しかし、権力の座に居座れば腐敗するのは、どの国、どの時代にも共通することでしょう。
 退陣要求のデモ参加者には、母親や学生の姿が多く見られます。崔容疑者の娘が名門の梨花女子大に不正入学した事実が、怒りを増幅させました。韓国も低成長の時代に入りつつあり、高学歴でも望む仕事には就けない。不正を糾弾する市民たちも内心では、何とかいいコネをつかもうと必死なのが、切ない現実なのです。友人の韓国記者は「縁故ではなく、能力で評価される社会を今度こそつくらないと…。でも、それが難しい」と深刻でした。
 民主主義の再構築を
 十二日、ソウルのデモは二十六万人が路上を埋め尽くしました。八七年、全斗煥軍事政権に終止符を打ったのも大規模なデモでした。民主化を勝ち取った成功体験があるからこそ、多くの市民が街頭に繰り出すのです。
 少数ですが、デモの過激化が保革による国論分裂を招くと心配する考えも。憲法で規定された大統領の権限を認めながら、「法治」によって事態解決を図るべきだという声を、現地で聞きました。
 韓国はいま民主主義を再構築すべき時を迎えているようです。

京都新聞・社説: JA全農改革  押し付けでは反発招く 11/20 ○農協改革の第2弾がいよいよ動き始めた。
 政府の規制改革推進会議の農業ワーキング・グループが全国農業協同組合連合会(JA全農)に対し、1年以内に事業や組織を抜本的に刷新するよう提言した。推進会議は近く最終方針を示す。
 提言は自由な競争環境を整え「攻めの農業」を目指すが、農協側は強く反発する。重要なのはいかに農家所得向上や農業再生につなげるかだ。改革の押し付けでは農業を取り巻く課題の解決は難しい。
 安倍晋三首相が岩盤規制の象徴と位置付ける農協の改革は、今年4月の改正農協法施行が手始めだった。全国の700近い地域農協を束ねる全国農業協同組合中央会(JA全中)の抵抗を押し切り、JA全中を農協法に基づく組織から一般社団法人に転換し、その影響力の源泉とされた個々の農協への監査、指導権限を廃止した。
 次なる標的はJA全農で、JAグループの商社機能を担う。肥料や農薬、農機具などを仕入れて農家に卸す購買事業と、農家が生産した農作物を流通ルートに乗せて消費者へ届ける販売事業を擁し、年間売上高約5兆円と大手商社と肩を並べる。
 提言の柱は事業再編で、購買事業を大幅に縮小し、農家や農協からの注文取りまとめやメーカーとの価格交渉に徹するよう提案。一方で販売事業は農家からの手数料に依存した農産物の委託販売を廃し、全量買い取り販売への切り替えを求める。荒療治で手数料ビジネスの見直しをとの狙いが透けるが、その通りに進むかは疑問符が付く。
 自民党も党としての農業改革案の策定を急ぐ。海外に比べ割高な肥料や農薬の価格引き下げなど改革のベクトルは同じとはいえ、「急進的」な提言に「農協つぶしで地方創生に逆行する」などと党内の反発は強い。
 JA全農が懸念する株式会社化は提言に盛り込まれなかったが、自己改革が不徹底に終われば「第二全農」の設立を国が推進すべきと明記された。安倍政権は株式会社化をちらつかせながら抜本改革の圧力を強めてきたが、提言も「脅し」付きで改革を強く迫る形だ。
 提言に強制力はないが、民間経営への過剰な介入になりかねない。JA全農は「とても承服できない」(中野吉実会長)と批判し、農業改革に協力姿勢だったJA全中も反対に転じた。
 農林水産省の「農林業センサス」では昨年の農業就業人口は209万人で、10年間で51万6千人減った。高齢化で離農が進み、平均年齢も66歳を超えた。耕作放棄地の面積も増えている。環太平洋連携協定(TPP)の発効は不透明だが、農業の体質強化は避けて通れない。
 安倍政権はJA全農の影響力を弱めることで地域農協や農家の自主性を高め、農業の競争力向上に結びつけるシナリオを描く。だが農協改革がどう農業再生に結び付くのか、道筋が曖昧なため現場から戸惑いの声が出る。
 地域農協や農家の理解と協力を得られない農協改革では画餅に帰することになる。まずはJA全農が一層の自己改革に乗り出す姿勢こそが問われよう。






国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

沖縄慰霊の日 地上戦の記憶どう共有 【中国新聞】2016.06.24   ★戦後は、過去を、戦争をどう総括して、始めたのだろうか? 古い革袋に新しい酒をもる、そんなことをしただけなんだろうか? 而して、反省がない、とか。今となっては、資料保存も怪しいのだろうが。軍が廃棄した!政府も!?

日本の過去1000年以上の地震年表で、日本の地震の傾向がかなり分かる件
特集ワイド:安保関連法「違憲」は出るか 毎日新聞 10/1

★★この辺りにあった『備忘録』的なもの★★ 下記、昨日のブログをご参照ください。
 今日のトピックス Blog9/30: ナチスを称賛・模倣する人々! 「麻薬犯罪者、抹殺する」比大統領“ユダヤ人虐殺”に例え …麻生氏、安倍氏、…A級戦犯東条氏!?
 今日のトピックス Blog7/15: 国民主権の源=フランス革命・市民革命をご存知ですか 支持しますか!? でなければ潜り!国民主権と平和主義と人権は、一体不可分!  
今日のトピックス Blog6/24: 主権者とは、何か?主権者教育は、茲から❕❕学ぶべし。日本国憲法も、ね。英国投票(キャメロン氏の選挙公約で実施)EU離脱派が勝利
今日のトピックス Blog5/25: 衆参同日選「やりそこなった時は2つ負け」 いいんじゃないの?自爆テロ!安倍最期の吶喊!? 主権者が議会を正常化する!?
今日のトピックス Blog7/27: 立憲主義、法の支配否定発言‼ 礒崎補佐官「法的安定性は関係ない。わが国を守るため必要かが基準」‽‽‽ 正に「違憲立法」、主権侵害!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: