FC2 Blog Ranking
2017-05-27

5/27: 「あったことをなかったことにはできない」 前川氏ならずとも勿論 事実は、国民主権、民主主義の根幹・基礎 国民の意思に反する 人権に綽名す、政府・権力者の独裁・独断は許されぬ

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十四期を迎えました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2016年8月1日より第十四期(*)に入りました。
この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報  
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・あっ浮いた!夢の「空飛ぶスーツ」 テスト飛行成功 5/27(土) 19:03
 ・千種ゆり子の天気のタネ/関東 5/27(土) 17:55
 ・“神宿る”沖ノ島 「年に一度上陸できる日」を取材 5/27(土) 17:50
 ・中国、日本の北対応を批判「前向きでない」 5/27(土) 16:27    ★安倍氏、日本分断…我利我利、平和に貢献しない⁉
 ・難民、貿易、温暖化…サミット声明は難航か 5/27(土) 18:05   ★トランプ、米国分断…ガリガリ、似た者同士
 ・戦場を歩いてきた#15 「ヒゲ」 5/27(土) 9:15
 ・中国軍の戦闘機が米軍の哨戒機に飛行妨害 5/27(土) 8:55
 ・北朝鮮が反論「自衛のための軍事能力強化」 5/27(土) 8:45   ★元は、自衛、脅威、威嚇・挑発、…紛争、戦争 ×××
 ・犠牲者のため…アリアナ、コンサート開催へ 5/27(土) 8:15
 ・G7“北朝鮮は新たな段階の脅威”認識共有 5/27(土) 7:35

宮内庁: 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば  ○象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日)
  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
5月27日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 悪貨は良貨を駆逐する 5/27 (流水) 〇前川前文部科学省事務次官の反乱は、大きな衝撃を官邸に与えています。菅官房長官のコメントは、前川氏個人の人格攻撃に主眼を置いたもので、前川氏の真摯な問題提起に応えるものではなかった。

 もともと、前川氏の問題提起は、内閣府が獣医学部の新設を強引に押し付けた事に対する批判が主であり、内閣それ自体は批判していません。つまり、省庁間の軋轢の問題なのです。本来なら、菅官房長官はよく話を聞いて、文科省と内閣府の間の調整に当たる、と言うのが筋だったはずです。

 それをせずに、激しく前川前事務次官個人に対する人格攻撃をするなどと言うのは、どう見ても常軌を逸しています。

 そして、記者会見での前川氏の丁寧で毅然とした話しぶり、まっすぐ前を向いた視線は、誰がどう見ても、大変好感が持てるものでした。昔風に言うならば、『人品骨柄卑しからず』で、大変高潔な人格の持ち主だという事が、まっすぐ伝わってきました。

 それに引き比べ、前川氏の問題提起には何一つまともな回答はせず、ただ『人格攻撃』をする菅官房長官の姿は、あまりにも品がなく、情けない限りです。前川氏のような人物が攻撃を受け、排除されていく。日本の現状が浮き彫りになった会見でした。

 『悪貨は良貨を駆逐する。』わたしの頭に浮かんだ言葉です。

 元々は、経済学の「グレシャムの法則」を意味していました。簡単に言えば、『価値の無い通貨』と『価値のある通貨』を市場で運用した時、必ず『価値の無い通貨』が市場を支配します。理由は単純明快です。人々は、『価値のある通貨』は手元に置きたいのです。一言で言えば、リスク管理です。だから、『価値の無い通貨』が市場を席巻するのです。

 このたとえは、現実の人生に当てはまる場合が多いので、現在はそちらで使われる場合が多いのです。

 ここでしっかり認識しておかねばならないのは、人間、正しい認識で行動する(「良貨」で行動する)のは、ある種の心の規制が必要だという事です。昔風の日本の諺で言えば、『武士は食わねど 高楊枝』の心意気がなければ、なかなか「悪貨」には勝てません。

 前川氏には、明らかに『武士は食わねど 高楊枝』精神がありました。彼があのような会見をするという事は、天下り先に就職する事を諦めた、と言う事です。

 彼は、官僚の出世の行き止まりの事務次官でした。黙っていれば、かなりの天下り先は用意されていたはずで、退職金だけでも数千万円を下らないでしょう。それを全て投げ打って、会見に応じたのです。

 菅官房長官のいうように「怪文書」の類でそんな馬鹿な事はできません。誰がどう見てもあの8枚の文書は本物なのです。

 しかし、誰もが、前川氏のような「良貨」になるのは難しいのです。普通の人ではなかなか彼のような思い切った行動はとれません。だから、前川氏のような人を攻撃するのです。自分ができない事をする人を誹謗中傷する事により、自らのアイデンティティを回復するのです。

 菅官房長官が人格攻撃をすればするほど、「奴には勝てん」という思いが、ブーメランのように菅官房長官の心に返るのです。だから、菅官房長官は、前川氏が許せないのです。

 わたしは、菅官房長官の今回の人格攻撃は、翁長知事に対する攻撃と同じだと思います。沖縄のために、自分の全人生を賭けている翁長知事の毅然とした生き方に心の中で圧倒されているからこそ、あの沖縄に対する非道なやり口が増幅されているのだと思っています。

 しかし、前川氏の会見姿勢と菅官房長官の会見姿勢を見れば、どちらが人々の心を打つかは、一目瞭然です。人間、正しい事をしている人と、そうでない人とは、目の輝き、語る姿勢、語り口、醸し出す雰囲気、全てが違います。今回に限って言えば、菅官房長官は、前川前事務次官の人間力に完全に圧倒されています。

 この印象は私だけではないと思います。前川氏のような人を誹謗中傷し、個人攻撃をする。これをおぞましいと思わない人は、たくさんはいないと思います。

 今が、安倍内閣の悪政を衆人の目にさらす絶好の機会です。前川氏やそれを支える朝日、毎日などのメディアをサポートしましょう。
 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より

 今日のトピックス Blog5/26: 統合幕僚長発言/憲法軽視は容認できない 家庭教育支援法案??? 加計学園の認可=疑惑は深まるばかり 会見で疑念が益々深まった もう「怪文書」ではない  国民主権、真髄は日本国憲法


 今日のトピックス Blog5/25: 前文科省事務次官前川氏「あったことをなかったことにはできない」“総理の意向”「対応に苦慮した」 前次官の国会招致を 野党は政府追及へ 【加計問題の調査】この消極姿勢は何なのか


 今日のトピックス Blog5/24: 加計学園新学部「できない選択肢ない」 内閣府が迫る 愛媛県知事「内閣府から助言」 文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」!と 国政、首相より、国民、主権者本位に替えよ


「護憲+」ブログ: 「森友問題の幕引きは許さない!」森友・加計問題を考えるシンポジウム6/13  5/24 (笹井明子)
 〇「森友問題の幕引きを許さない市民の会」が下記シンポジウムを企画し、参加を呼びかけています。
 森友・加計問題は、「首相のご意向にNOという選択肢はない」という、近代法治国家とは思えない政治の慣習を健在化させました。
 更に、安倍首相の「私や妻が関与していたら、総理も議員も辞める」「私がもし働きかけて決めているのであれば責任をとる」という発言の結果、国会では、安倍首相の関与を否定するための、官僚や大臣たちによる事実の隠蔽、虚偽発言の異常な事態が続いています。
 こうした安倍内閣による国政の私物化と、異常な国会運営をこのまま黙って見過ごすわけにはいきません。「森友・加計問題」をウヤムヤに終わらせないことは、国会を正常な姿に戻す第一歩ではないでしょうか。
 是非このシンポジウムに参加して、私達に何ができるか、パネラーの皆さんと共に考えませんか。
 ===
 ★森友問題の幕引きは許さない!★
 森友・加計問題を考えるシンポジウム

 「日本の民主主義と法治主義のあり方を問う」
 6月 13日(火)
 PM 2:30~4:30

 パネリスト
    小川敏夫(民進党参議院議員)
    宮本岳志(日本共産党衆議院議員)
    杉浦ひとみ(弁護士)
    青木 理(ジャーナリスト)
   コーディネーター
    醍醐 聰(東京大学名誉教授)

 会場:衆議院第一議員会館
 B1F 大会議室 (資料代:500円要)
 「国会議事堂前」丸ノ内線・千代田線1番出口徒歩3分
 「永田町」 有楽町線・南北線・半蔵門線1番出口徒歩5分
 「溜池山王」南北線・銀座線5番出口徒歩8分

 主催:森友問題の幕引きを許さない市民の会
 お問い合わせ メール:moritomosimn@yahoo.co.jp
 ===
  「護憲+BBS」「イベントの紹介」より

 今日のトピックス Blog5/23: 共謀罪の出汁にした「国際組織犯罪防止条約」側から反撃 国連報告者が安倍首相に「共謀罪は人権に有害」の警告 主権者、参議院、言論の府はなんと心得る 最低でも慎重審議尽くさねば


「護憲+」ブログ: 横浜事件の歴史的な検証は不可欠 5/23 (名無しの探偵) 〇東京新聞でも最近になって、共謀罪の危険性を検証するために、横浜事件の発端となった新潟県の泊にある旅館を、共謀罪に反対する市民たちが訪れていることを報じていた(2017年4月12日夕刊)。こういう検証のツアーは大いに結構なことであるが、共謀罪の国会審議が始まっていることもあり、遅きに失した観は否めない。
 さて、横浜事件の簡単なスケッチは必要なことなので触れておく。
 横浜事件は、1942年、総合雑誌「改造」に掲載された細川嘉六の論文が、「共産主義的でソ連を賛美し、政府のアジア政策を批判するもの」などとして問題になり、「改造」は発売頒布禁止処分にされた。そして、9月14日に細川が新聞紙法違反の容疑で逮捕された。
 捜査中に、細川と「改造」や「中央公論」の編集者などが同席した集合写真(事件捜査の発端となった写真である)が富山県泊町の旅館で見つかり、日本共産党再結成の謀議を行っていたとされた(「泊事件」)。実際は細川が、1942年7月5日、出版記念で宴会を開催した際の写真にすぎなかった。
 1943年に改造社と中央公論社をはじめ、朝日新聞社、岩波書店、満鉄調査部などの関係者約60人が次々に治安維持法違反容疑で逮捕され、神奈川県警の特高は被疑者を革や竹刀で殴打し、失神するとバケツの水をかけるなど激しい拷問をおこない、4人が獄死している。

 横浜事件とよばれるようになったのは警察の管轄からである。しかし、この名称は私は不適切と思う。なぜなら横浜という地域限定の事件ではなく、上記のような有名新聞や出版社(今でも大きい)を狙って、一網打尽の共謀をでっち上げて拷問し、事件に仕立て上げた事件だからである。「横浜事件」という名称は権力の思う壺の名称なのである。
 このスケッチはウィキペディアを基にして書いているが、そこには「真相については現在でも不明な部分が多く、言論弾圧的な側面だけでなく、反東条の有力な政治家近衛文麿の失脚を期したもの」という推測も可能であるとしている。しかしこれも問題が多い。
 かつて、事件の容疑者にされ拷問も受けた木村亨さんの講演を聞いたことがあるが、質疑応答の際に、私が「この事件では先ほど木村さんが敗戦後にGHQの追求を恐れて裁判所(東京地裁)の職員たちが裏庭で事件の証拠書類を焼却していたと言われておりましたが、それなら現在の再審裁判で裁判所が証拠も散逸しているので真相究明は困難だというのは不当な申し開きではないですか」と質問したところ、木村さんは「あなたの言うとおりです。自分たちで証拠を処分しておいて、真相究明ができないというのです」と答えておられた。

 そのときのことは今でも忘れることはできない。木村さんは拷問を受けた(竹刀で殴られたりした)が、自分は柔道をやっていたので拷問に耐えることができたと言っておられた。
 「横浜事件」の再審裁判では、無罪に近い(免訴という馬鹿げた判決)判決が下ったが、この事件を歴史的にきちんと問い続ける作業は不可欠である。私が歴史的に検証した名称ならば、「軍事政権下における最大の言論弾圧事件」となるだろう。
 なお、私が随分以前に入手した「横浜事件資料集」には、容疑者にされた人の中に女性がおられ、この方の手記によれば「裸にされて紐でつるされるという拷問を受けた」と書かれていた。これはどの本にも書かれていない事実であるが、特高は何をするか分からない警察組織だったと言える。
 「横浜事件」の教訓として、「正気を失った権力」は、政府にとって都合の悪いメディアや言論に対して、「単なる出版記念会の宴会」までもその宴会の写真を「共謀」があった証拠としてでっち上げ「事件化するのだ」ということを、肝に銘じる必要が大である、ということなのである。
 「護憲+コラム」より

 今日のトピックス Blog5/22: 国連特別報告者 「テロ等準備罪」法案に“プライバシー権と表現の自由へ過度制限”懸念 治安維持法で逮捕経験者が廃案訴え…拷問などで約500人殺し 30H超のみで強行、豪も許されず‼‼


 今日のトピックス Blog5/21: 安倍・トランプ秘密・電話会談とは 安倍は、改憲に直走り、トランプは12兆円の武器取引と中東版NATO構想に酔う 死の商人!“安倍友”談合⁉…大量破壊・殺戮!構わず 加計、森友亦然り!


「護憲+」ブログ: 「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」にご協力を! 5/20 (笹井明子)
 〇最近、東大名誉教授で「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表の醍醐聰さんが、お仲間と共に「森友問題の幕引きを許さない市民の会」を立ち上げ、その中で「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」活動を開始しました。私も当署名活動の呼び掛け人に参加させていただいています。

 「要望書」のあて先は衆参両院議長、「要望」の趣旨は以下のとおりです。
 ===
 森友学園問題に関するどの世論調査をみても回答者の7,8割が「政府の説明に納得できない」と答えています。その最大の理由は鑑定価格9億円余の国有地が約8億円も値引きされて森友学園に払い下げられた経過、根拠について政府が納得のいく説明をしていないことにあります。また、国有地払い下げの経過を記した公文書を廃棄したと繰り返す財務省理財局の答弁にも強い批判が向けられています。
 さらに、時の総理大臣夫人・安倍昭恵氏が教育勅語を礼賛するなど教育基本法の理念に反する教育を進める森友学園の小学院(2017年4月開校予定)の名誉校長に就任したことに批判が起こっています。また、昭恵氏が同夫人付きの政府職員を介して、問題の国有地の払い下げに深く関与していた疑惑が指摘されています。にもかかわらず、安倍夫人が沈黙を続けていることに批判が広がり、安倍夫人も籠池泰典氏と同じ条件で証人喚問を行うべきという意見が高まっています。
 そこで私たちは、両院議長に次のことを申し入れます。

      申し入れ
 安倍昭恵氏、迫田英典氏(前財務省理財局長)、武内良樹氏(前財務省近畿財務局長)、田村嘉啓氏(財務省国有財産審理室長)、松井一郎氏(大阪府知事)、酒井康生氏(森友学園元弁護士)をすみやかに国会に証人喚問し、国有地の格安売却など森友学園をめぐる一連の疑惑を徹底究明すること
 ===

 趣旨に賛同される方は(以下の)「森友問題の幕引きを許さない市民の会」HPの右側に記載された「署名用紙ダウンロード」または「署名ネットフォーム」を使って署名にご協力ください。よろしくお願いいたします。
 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より


 今日のトピックス Blog5/20: 国連、“共謀罪”国際視点から警告 「恣意的運用」懸念//対象犯罪広範、テロや組織犯罪と無関係、罪刑法定主義違背⁉ 人権保護仕組み欠落 令状主義強化???&裁判所のチェック形骸化


「護憲+」ブログ: 共謀罪が運用されたら、安倍首相を逮捕しよう! 5/20 (猫家五六助)
 〇今回。共謀罪が衆議院法務委員会を通過したことで、一党独裁の怖さが少しは国民に浸透・・・したんですかねぇ。
 「私の頭脳というんでしょうか、対応できなくて~」と明確な答弁ができない金田法務大臣、そして「詳しくは読売新聞を」と職務を放棄する安倍総理大臣が共謀し、結論ありきのいい加減な審議で出来レースを行い、与党の「数の力」で重要な法案を可決するなんて、犯罪行為ではないですか?
 「言葉遊び」の詐欺的説明、職権乱用、立法府の侮辱、国民軽視、そして「なんでも解釈」の憲法違反。そうです、これは安倍内閣と自民党が行った「共謀罪」でしょ?
 共謀罪が運用されたら、まず犯罪集団・組織の代表である安倍晋三氏を共謀罪で逮捕しましょう!警察官僚の皆さん。
 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より

「護憲+」ブログ: 「サロン・ド・朔」5月25日(木)例会のお知らせ 5/19  (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」5月25日(木)例会を下記のとおり行います。
 今回は東大名誉教授で「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表の醍醐聰さんにお越しいただき、「森友問題の幕引きを許さない」のテーマでお話していただきます。
 醍醐さんは最近お仲間と共に「森友問題の幕引きを許さない市民の会」を立ち上げて、「森友・加計問題」をテーマに、シンポジウム開催や、「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」などの活動も展開しています。
 当日は、森友・加計問題の本質のお話と共に、上記市民の会の趣旨、シンポジウム、署名活動についても説明・ご案内していただきます。
 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。
 参加ご希望の方は「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。
 ■日時:5月25日(木)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)
 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。
 2016年以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。
(2016年)
 2月: 「参議院選挙の取り組み」
 4月: 「この国を覆う空気」
 5月: 「電波はだれのものか」(フォーラム参加)
 6月: 「こども食堂ってなんだろう」
 7月: 「中国・南京での異文化体験-私のみた中国」
 8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
 9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
11月: 「今、高江で起こっていること」
(2017年)
 1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
 4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


 今日のトピックス Blog5/19: 共謀罪、23日衆院通過図る 「30H」超と自公維は採決強行 森友・加計問題で 「国会、碌なことない」と議論拒む! 民主主義、闊達な議論なければ、成り立たぬ。国民主権の原点に返れ!


「護憲+」ブログ: 殿のご乱心 5/18 (猫家五六助) 〇米国ではワンマン・トランプ大統領、日本でもワンマン・安倍首相がやりたい放題で物議を呼んでいる。
 戦前回帰に同調する御礼に8億円値引きのお膳立てをした後の会食では、
 「森友屋、そのほうも悪よのぉ」
 「いえいえ、お殿様ほどではありませぬ」
 という密談があったやもしれぬ。
 そして、同様に便宜を図った後の酒宴でも、
 「加計屋、ヌシもなかなかの者よ」
 「いやいや、安倍どの。ヌシには勝てんよ」
 というヨイショ合戦があったやもしれぬ。
 しかも、ヨイショの場にいた安倍氏の妻は後日、ツイッターにて
 「クリスマスイブ。男たちの悪巧み・・・(?)」
 と堂々と呟いてみせる。
 これは一体、いつの時代の話?共謀罪以前の問題ではないか、と。
 みんなで哀れみ、こう叫ぼうじゃありませんか。
 「殿っ、ご乱心!」テケテン、テケテン・・・
 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より

今日のトピックス Blog5/18: 特区指定で血税96億円を与えた安倍首相 安倍友「加計学園」総帥が「首相の後ろ盾があるから大丈夫」と!? 次は、国民から人権剥奪とは天をも畏れぬ驚天動地 安倍売国土、悪代官一味かな


「護憲+」ブログ: 障害者と人権―相模原事件の根を考える 5/18 ( 珠 )
 〇何かの事件が起きたとき「精神科に通院歴がある」と書いてあると、それで「自分とは違う」と納得してしまう人は多いのではないだろうか。また、ネットでは「一生閉じ込めておけ」「殺していいよ」といったヘイト発言が溢れる。
 一生にかかる精神疾患はどのくらいの率だろう。うつ病は15~20人に1人、統合失調症は100~120人に1人(これは胃潰瘍と同じくらいの発症率)。その他、双極性障害(躁うつ病)や拒食症、パニック障害、強迫性障害など、軽重はともかく一生のうちに5人に1人は精神疾患にかかる。
 話を事件に戻す。19人の知的障害者を殺した相模原事件の加害者は「精神病院に入院した」とあった。しかし彼の殺人行為を、そのせいにすることはできない。
 彼の殺人の根拠となった「障害者は家族を苦しめる存在だから、殺す方が家族のためになる」「殺せば税金が浮く」との発言は、もっと根が深い。
 加害者は、「障害者は家族や施設職員を苦しめる。障害者がいない方が、経済的に繁栄し、平和になる」といったことを衆議院議長あての手紙に記した。
 私が戦慄したのは、加害者が、政府は自分の行為を正当化してくれるものと思っていたことだ。そこに、この社会の差別・偏見の根を見ることができる
 石原慎太郎氏は、障害者施設を訪れてこう発言した。「ああいう人ってのは人格あるのかね」「ああいう問題って安楽死なんかにつながるんじゃないか」。
 また、環境庁長官時代には、水俣病患者の施設を視察後に「これ(患者から渡された抗議文)を書いたのはIQが低い人たちでしょう」「補償金が目当ての“偽”患者もいる」と発言したこともある。
 曽野綾子氏は、障害のある子を持つ野田聖子議員に対して「自分の息子が、こんな高額医療を、国民の負担において受けさせてもらっていることに対する、一抹の申し訳なさ、感謝が全くない」と書いた。
 フリーアナウンサーの長谷川豊氏は自分のブログに、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」という記事を投稿。
 麻生太郎氏も「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで糖尿になって病院に入るやつの医療費は俺たちが払っているんだから、公平じゃない」「こいつが将来病気になったら医療費を払うのかと、無性に腹が立つときがある」と発言している。
 こうした発言は、公的な視察途上でなされたり、雑誌に書いたり、記者の居るところで発言したりして、新聞でも取り上げられた。
 いずれも強者が弱者を差別する、これらの言葉がナチスの優生思想とぴったり当てはまることを、多くの日本人は問題視しただろうか。
 怖いのは発言した本人の「失言」ではなく、「本心」であろうと思われること、またそれを肯定する人が少なからずいる社会であることだ
 それが、相模原事件の加害者に、「政府は、障害者を殺した自分を肯定するだろう」というとんでもない妄念を抱かせたのではないか。
 相模原事件の加害者と同じ差別する気持ちを、私たちは心の中にひそかに抱えてはいないだろうか。そしてその心が、ヘイト発言をする政治家や著名人を許容してそのままにさせているのではないだろうか。
 最初に精神疾患にかかる率は5人に1人、つまり20%と言ったが、高齢社会では、身体障害者や認知症患者も増加する。いま健康な人も、いつ障害を抱えるかは分からない。むしろ障害者となる率はもっと高い。
 病者や障害者の人権をないがしろにする社会は、あらゆる人の人権を粗末に扱うだろう
 「護憲コラム」より


イシャジャの呟き: 五月晴れ     誕生日の花 シラン 花言葉  互いに忘れない

 カテゴリなしの他の記事
  五月晴れ
  晴れ
  休み明け
  連休の終わり
  立夏
 ◎天木氏が新党憲法9条 代表:天木直人を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください




ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



「護憲+」ブログ: 天皇の退位、「基本的人権」に照らして議論を! 12/10 (厚顔) 
『天皇陛下退位、論点整理取りまとめ始まる 有識者会議 朝日新聞 12/7 
 ・皇室典範
 天皇の人間宣言(「新日本建設に関する詔書」)=年頭の詔書(PDF)/官報号外


九条の会メールマガジン 2017年03月25日 第252号
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━┓┃
★┃九┣┫条┣┫の┣┫会┣┫ メールマガジン ┃★┃ 第252号 ┃★
┃┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━┛┃
┃ ★2017年03月25日発行★  「九条の会」mag@9jounokai.jp  ┃
┃---------------------------------┃
┃ ★憲法9条、未来をひらく★  転送/登録歓迎 http://www.9-jo.jp/ ┃
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   <等幅フォント(MSゴシック・MS明朝など)でご覧下さい>
   (「表示」メニュー → 文字サイズ →「等幅」にチェック)
┌────────────┐
│ 第252号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇「九条の会第6回全国交流討論集会報告集」発売中です
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)、
◇栄区九条の会(神奈川県横浜市)
■編集後記~安倍政権の退陣を!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

● 「九条の会第6回全国交流討論集会報告集」発売中です
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆    全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。  (編集部)

● 9条の会・今治(愛媛県今治市)
第46回例会のご案内
とき:3月26日(日)午後2時より
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)
「共謀罪」=「テロ等組織犯罪準備罪」について考える集い
日時:3月31日(金)13:30~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 栄区九条の会(神奈川県横浜市)
学習会「共謀罪」法案の真実を学ぶ
日時:4月13日(木)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍政権の退陣を!
<詳細はこちらをクリックしてください>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年は、憲法公布から70年目にあたる節目の年でした。
 ところが、現実には、憲法から大きく逸脱した政治が行われた年でもありました。
 3月に施行された平和安全保障法制(以下、「安保法制」)は、集団的自衛権の行使容認、武力行使一体化論の大幅緩和、「武力」を行使する危険が高い駆け付け警護活動の実施など、憲法9条違反の内容を含むものです。にもかかわらず7月の参院選では、与党が勝利し、それにより、安保法制を既成事実として国民に認知させました。
 しかも、参院選の結果、いわゆる改憲勢力が衆参両院において3分の2を占めたことを受けて憲法審査会が再開され、憲法改正の動きも具体化してきました。
 このように、違憲の国政運営後、選挙で勝つことによりそれを既成事実として国民に認知させ、あわよくば後から憲法改正を行ってそれを追認するという政治は、憲法を法として扱わない非立憲的手法であり、断じて許されません。法と現実が食い違うときに、現実に法を合わせて修正するのでは、法の存在意義がないからです。そして当然のことながら、与党が選挙でどれだけ勝とうが、憲法違反の瑕疵が治癒される余地もありません。また、3年半前の麻生財務大臣の「ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」という言葉どおりの憲法改変が許されるはずもありません。
 非立憲的な違憲政治を正すには、国民が選挙で安保法制に反対する政党に過半数を与える方法(政治ルート)、裁判を通じて安保法制の違憲性を訴えて勝訴することにより、それを無効にさせる方法があります(裁判ルート)。前者についていえば、衆議院の解散総選挙はいつ行われても不思議ではありませんし、後者につき、私たちが提訴した安保法制違憲訴訟もいよいよ佳境を迎えます。3月までには全国各地で20を超える提訴が進み、市民による司法を通じての異議申立てが続きます。こうした意味で、今年は違憲政治を正す正念場となる年といえます。
 さらに、憲法審査会において具体的な改憲論議が始まるでしょうが、その際にどうしても解決しておかなければならない手続に関する問題が2つあります。
 1つは、1人1票の実現です。現在の国会議員は衆参とも、「正当な選挙」(憲法前文)ではない違憲状態の選挙によって選出されており、民主的正統性を欠きます。そんな無資格者が集まった国会に改憲の発議権はありません。まずは人口比例選挙を実現して、民主的正統性が確保された代表者による国会に是正すべきです。
 もう1つは、憲法改正国民投票法の問題です。
 まず、最低投票率の定めがないことです。現状では、たとえば投票率40%であれば、有権者の約2割の賛成で憲法が改正されてしまうのです。主権者の一部の承認しか得られずに変更された憲法に、国民を統合する力は決して高くないでしょう。
 つぎに、改憲の発議後、国民投票までの期間に行われる国民投票運動については、第1に、投票の15日以前まではテレビコマーシャルがやりたい放題です。第2に、投票日の14日以内であっても、有名人やアイドルなどに「自分は賛成です」と語らせることは自由です。賛否の勧誘ではないからです。第3に、雑誌、新聞広告なども資金力豊富な方はやりたい放題です。英国のEU離脱をめぐる国民投票と異なり広告資金の制限もないからです。洗脳に近い効果を持つテレビコマーシャルの禁止、広告資金の上限の設定などが求められます。改憲運動であまりに野放図な表現活動が許された結果、自民党改憲案がめざすような言論の自由が奪われた社会になってしまってから後悔しても手遅れです。
 今後、まずは違憲の事実を許さないと声を上げ続け、その上で手続の適正も踏まえ、大きな視点から憲法を捉えながら、憲法審査会での議論を批判的に監視する力を培っていくことが必要です。それこそが、今を生きる私たちが主権者として負う、次の世代への責任だと考えます。

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後









大飯原発3、4号機「適合」決定 規制委、新基準で7例目 【東京新聞】2017.05.24 

原発メーカーから委員=緊急事態応急対策で-規制委 【時事通信】2017.05.24 
大飯原発3・4号機 審査合格を24日に正式決定へ 【NHK】2017.05.22
高浜原発4号機が発送電開始 5年10カ月ぶり 【日経新聞】2017.05.22 

【論説】高浜4号再稼働 安全性を十分説明すべき 【福井新聞】2017.05.18

【社説】高浜原発再稼働  京滋住民の不安消えず 【京都新聞】2017.05.18 

【社説】東電再建計画 現実を見据えているか 【信濃毎日新聞】2017.05.15
【論説】再稼働と核のごみ 重荷増やしてよいのか 【岩手日報】2017.05.15

【社説】「松川事件」の資料/貴重な記録と記憶を後世に 【福島民友】2017.05.14
 〇司法史に残る貴重な記録と記憶を後世に、そして世界に語り継いでいかなければならない。

浜岡再稼働 知事と全35市町長にアンケート/静岡 【中日新聞】2017.05.13
原発講演会、佐久市教委が後援を取り消し 【信濃毎日新聞】2017.05.13

【社説】規制委委員長 原点に立ち戻った審査を 【信濃毎日新聞】2017.05.12

東電、20年度に他社と原発協力 新計画を国に申請 【東京新聞】2017.05.11
本紙が調べた大熊町の線量マップ 南と西に高線量地帯 【東京新聞】2017.05.11
浜岡原発協力金、3号機着工前後に集中 立教大所蔵資料で判明 【静岡新聞】2017.05.11

東電に廃炉費積み立てを義務付け 改正賠償支援機構法が成立 【東京新聞】2017.05.10
福島・浪江の帰還困難区域 山林火災11日間消えず 東京新聞 5/10
NNN: 釜石市の山火事 悪天候で消火活動中止に 5/10

国が放射性物質調査へ 浪江の山林火災、正確な情報発信 【福島民友】2017.05.09

国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 

NHK: 宮城 野蒜小津波訴訟 2審も学校の過失認め市に賠償命令 4/27 
TBS: 岩手・陸前高田のかさ上げ造成地にオープン、複合商業施設賑わう 4/27 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 「フランス音楽の午後2017」を聞いてきた ・ブログ連歌(487) 5/27 〇外出のリハビリを兼ねて、「オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン」のコンサートを聞いてきました。「花てぼ」さんが昔に書いた「最後の授業」の場面を挿絵に描いたものを、この演奏会用パンフレットのエッセイ欄を担当した団員さんが、ネット検索で探し当てて転載の了解を求めたというやりとりを、ブログで読んで今日の演奏会を知ったという、まことに薄い縁で、小平市民文化会館(ルネこだいら)へ行ってきました。直接の動機は、花てぼさんの挿絵が使われたコンサートのパンフレットを見ることでしたが、「フランス音楽」というところにも、少し興味はありました。そして結果は「大当り」でした。
 フランスの音楽と言われても、フランス起源の子供の歌を少し知っている程度だったのですが、今回のプログラムは、フランス音楽の特性を余すところなく教えてくれたような気がしました。選曲も良かったのでしょう。ビゼーの「小組曲・子供の遊び」、フォーレの「組曲・ドリー」、ジャン・フランセの組曲「ボッケリーニの主題による『バレエ学校』」で構成されていました。私は専門の知識など何もないのですが、繊細な細工物のように組み立てられて響き合う演奏は魅力的でした。音楽監督で指揮の右近大次郎さんがまた、すばらしかった。
 アマチュアのオーケストラを指導してまとめ上げた手腕は氏の実績の通りなのでしょうが、これほどフレンドリーで親しみの持てる指揮者を、今までに見たことがありません。フィナーレの終演で、両手を高く上げた姿勢そのままに、さっと跳び上がって客席に向き合ったのは、破綻なく最後まできた安心と喜びを、客席と共有したかったのでしょうか。
 フランスの音楽には、フランス人の国民性が反映しているのが、よくわかりました。それはドイツ交響曲の、一糸乱れぬ団結と力強さの表現の正反対にあるものです。これほど違う国民が地上で国境線を分けている現実は、島国しか知らない私には想像を絶します。その境界線で起きたエビソードの一つが「最後の授業」なのでした。
 世界の平和を考えるときに、ヨーロッパの人たちには、私の知らない別な知恵があるに違いないと思いました。それは明らかな独自性を持ち、消すに消せない伝統を背負っている人たちの共存なのです。音楽を聴くことで、フランスという国の魅力が、実感をもってわかりました。国民の個性は、一つひとつが人類の文化遺産なのです。滅ぼしてもいい民族、征服しても構わない国などは、この世界に一つだってありはしないのです。

望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 #加計 疑惑で告発の #前川 前事務次官「教育は人権保障の中核。国籍に関わらず国民は等しく教育を受ける権利ある」義務教育未修了者、不法滞在の外国籍の親を持つ子など教育の権利を制限されてきた人に学びの場を提供した「夜間中学」を高く評価。

望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 告発の #前川 前事務次官 「獣医学部新設は、閣議で4条件を決定 。①既存の獣医師行政でない構想②具体的需要が明らか③既存の大学では対応困難④近年の獣医師の需給状況を考慮。4条件に合致する根拠を持って(政府が)説明されているとは思えない」#安倍 官邸 #加計 で閣議決定も無視か

H. TSUJI‏  @galois225 フォローする その他 加計学園が開校した千葉科学大は銚子市に大損害を与えている。今治の獣医学部も同じことになる:首相“お友達大学”で補助金トラブル、千葉・銚子市長選で「水産・獣医学部」新設話も (〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 報道特集、膳場・金平・日下部さんへの応援はこちら! ご意見は罵倒が9割!?応援せねば!TBS意見フォーム→https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/contact/4945/enquete.do … 番組直通メールアドレス→http://www.tbs.co.jp/houtoku/want/  9 リツイート 6 いいね 2:21 - 2017年5月27日

#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 【定期】幻冬舎の見城徹と総理のマスコミ会食 安倍首相のメディア対策ご意見番、幻冬舎の見城徹社長。安倍首相とマスコミの会食をセットし、フィクサー気取り。テレ朝の早河会長も ※俺は見城の仲介じゃない、というマスコミ幹部の方はご一報を

木村草太‏  @SotaKimura フォローする その他 木村草太さんが木村草太をリツイートしました 反戦自衛官事件では、制服を着て防衛庁前で反戦演説した自衛官が、自衛隊法46条1項2号「隊員たるにふさわしくない行為」として、懲戒処分を受けた。 もし普通の自衛官が公の場で改憲希望を表明すれば、政治的行為を禁止する自衛隊法61条違反となり、自衛隊法46条の懲戒事由になっていたか? 木村草太さんが追加 木村草太 @SotaKimura 「個人の見解」なら、いつどこで何を言ってもいいなら、猿払事件の被告人も無罪勝ち取れそうですよね?次にこの手の事件が出てきたら、官邸に意見書依頼してみては? 政府要人:「個人の見解」なら、何を言っても許されるのか - 毎日新聞 … 1,805 リツイート 1,078 いいね 6:43 - 2017年5月26日

東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 永久保存版です!! 先日行われた「 #共謀罪 」法案の衆院本会議での #投票行動 の全録です。衆院の発表データに、独自取材を含めて東京新聞がまとめました。衆院選の時などの投票の参考にしていただければ…

VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 安倍はG7で、テロ対策にかこつけて優先課題に「共謀罪」とか言ってるのか。 国連の警告を無視しておいて、あきれる。 こんな総理が国際政治の舞台に出て行く日本、恥ずかしいよ。

名もなき投資家   ♥ ٩(ˊᗜˋ*)و‏  @value_investors フォローする その他 最近テレビで「内閣人事局」が取り上げられるようになってきましたね。「人事」と「カネ」と「メディア」を掌握したことでこんな政治状況になってる事を多くの国民が理解すればいいなと思う今日この頃。
  ★内閣人事局⁉ …憶測だが、安倍にとっての「NHKへの政治介入」成功事例が、下敷きにあるのかな、と。人事を介して、堂々介入・独裁…「最高権力者」と自惚れ!無知を恥じず⁉

高田健‏  @ken_takada フォロー中 その他 【拡散希望】全国から参議院法務委員に「共謀罪に反対して下さい!」との声を!※FAX要請は、市民の声をとどけるうえでかなり有効です。各種共有ボタンで拡散を!詳細は→ http://sogakari.com/?p=2898 


litera‏  @litera_web フォロー中 その他 首相補佐官が前川前次官に「加計の手続き急げ」と直接圧力の新事実! 天下り処罰も加計認可反対派の一掃が目的 409 リツイート 164 いいね 4:38 - 2017年5月27日 5件の返信 409件のリツイート 164 いいね 返信 5 リツイート 409 いいね 164 ダイレクトメッセージ


#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 「なぜ安保報道などの提案が通らないのか議論しようとすると、人事担当から『そういうことをすると、どうなるか…』と」 報道現場の萎縮はここまで進んでいる。 応援せねば!署名7710筆渡しました。みんなありがとう!

きむらとも‏  @kimuratomo フォロー中 その他 「パレルモ条約はテロ撲滅のため」との「周回遅れ」の大ウソを未だ垂れ流し、日本国民の「一部」を騙し続けている「害虫」、こんなケントギルバートの大ウソや産経讀賣zakzak保守速報でしか「勉強」しなかった大人、おい、恥ずかしくないのかよ。 62 リツイート 41 いいね 8:36 - 2017年5月27日 0件の返信 62件のリツイート 41 いいね 返信 リツイート 62 いいね 41 ダイレクトメッセージ
 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia


Mew Mew Panic‏  @sartrean フォローする その他 中曽根康隆氏の投稿。 康隆氏は中曽根弘文元外務大臣の長男であり秘書。政治家を目指して活動している。前川喜平前文科事務次官の妹は中曽根弘文元外務大臣の配偶者なので交流があるのかもしれない。 https://www.facebook.com/nakasone0119/posts/702891103226583 …

岡本京子(生活者ネットワーク)‏  @okamotonet フォロー中 その他 トークセッション『女性が政治を変える?』 #上野千鶴子 さんと #ジェンダー について対談します 日時:6月9日(金)18時~ 場所:生活クラブ館B1素々 (世田谷区宮坂3-13-13) お申し込みはこちら→ 1 リツイート 8:23 - 2017年5月27日


大木晴子・「明日も晴れ」‏  @kuronekoroku フォロー中 その他 http://seiko-jiro.net  組写真で野村さんに入れ替えました。 「行ってらっしゃい!川内へ」日曜の午後には更新したいなぁ〜。 ちょっといい話!書こうかなぁ〜。嫌な世の中くすっと笑顔になれる話を聞きたいでしょう。お楽しみに。明日も晴れみたいですね。訪ねて下さい。


弁護士神原元‏  @kambara7 フォローする その他 野間さんが被告の事件。原告の感想を掲載した鹿砦社の記事が事実とすれば、むしろ被告の「圧勝」と評すべき中身である可能性が高い。なにしろ野間さんは代理人もつけていないのだ。 早く判決全文が公開されるべきだろう。

金沢京子‏  @kanazawakyoko フォローする その他 大騒動になりますね 『国際刑事裁判所が動き出してます!!』 ⇒ http://ameblo.jp/minakatario/entry-12277987220.html … #アメブロ @ameba_officialさんから

金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【圧力かけい】加計学園問題に関するNHK(日本会議ニュース)の報道がひどいとの批判が強まっている。G7最下位の忖度メディアだ。https://goo.gl/YNvagW  山本太郎議員はこのままだと受信料ボイコットをと主張。 127 リツイート 71 いいね 11:10 - 2017年5月27日
  ★NHK(日本会議ニュース)の報道がひどいとの批判が強まっている。G7最下位の忖度メディアだ。と 名誉なことだ⁉ 消費者、主権者が、養って良いことか‼‼



#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 【拡散】千葉県警の機動隊の高江派遣に、2800万円の国費が出ていた! 高江には、東京、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡の6県から機動隊が。 他の自治体の地方議員さんも、ぜひ県に調査を! https://goo.gl/qcpt7S    ★東京、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡の6県から機動隊が…??? 旧自治体警察、沖縄から言えば、外人部隊、そんなに、原隊では、暇を持て余しているのか、な。余剰人員がいるなら、人員カットの対象にすべきでは。軽々に、警察庁の手下に成り下がるのは、如何か。 安倍氏や麻生氏に懸かれば、「手下」扱いされかねないぞ。カネを払えばよいという訳にはいかぬ。地方自治は、その民情に合わせ、主権者が決すべきであろう。中央政府が、ゴリ押しすべきものではない⁉ 『中央と地方は対等』と、政府は、喧伝しなかったか。

冨永 格‏  @tanutinn フォローする その他 「辞めてから言うなという批判があるが、今の霞が関は〈物言えば唇寒し〉の状況。『安倍1強』で自民党内でも異論が出ないし、物言う役人を大臣が守ることもなくなった」と元総務相の片山善博氏。北朝鮮や中国の状況と似てきてしまったかと。 313 リツイート 156 いいね 15:15 - 2017年5月26日 9件の返信 313件のリツイート 156 いいね 返信 9 リツイート 313 いいね 156 ダイレクトメッセージ

関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 その他 【市民有志による共謀罪に反対する京橋緊急街宣】山下「僕が周りと政治の話をすると「わたしアホやから」「おれ知識ないから」で話が終わる。権力に対し声を上げるのを萎縮させる空気を決定的にしたのは、橋下維新が「文句があるなら政治家になってから言え」と言い出したことが原因なような気がする」


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォローする その他 前川氏は昨年秋ごろ、官邸の和泉洋人首相補佐官に呼ばれて、特区での獣医学部の新設について協議したといいます。「圧力」の主は内閣府の藤原豊審議官だけではなかったようです。2人ともアメリカなら議会で証言を求められるところだと思います。 519 リツイート 259 いいね

保坂展人‏ 認証済みアカウント   @hosakanobuto フォロー中 その他 「政治の本質ではない」という言葉も飛び出した。⇒喚問拒否、民間人だから? 与党、「森友」は受け入れ 加計問題、焦点に:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S12958252.html … 自民党は26日、野党が求めた前川氏の証人喚問を民間人であることなどを理由に拒否した。  ★森友問題の、籠池氏証人喚問は、どうした! 言行不一致、禁反言!

未来のための公共‏  @public4f フォローする その他 立教大学教授 香山リカさん 「安倍政権は権力行使の隠し立てもしなくなってきた」 「権力に逆らえば粛清を行った旧ソ連のようになってきた。前川前事務次官に対する政権の対応はその例」 「国民が自粛するような社会にしてはいけない」

関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 その他 【市民有志による共謀罪に反対する京橋緊急街宣】辻元清美(民進党)「市民を監視する法律を作るなら、しっかり情報公開することが政府に求められる。秘密保護法以降、情報が半ば隠され、一方で子育て等の問題は何も進まない。共謀罪を強行採決し、憲法9条をかえるとまで言い出す。いい加減にしろ」

三浦英之‏ 認証済みアカウント   @miura_hideyuki フォローする その他 ⑰一つの時代が過ぎ去り、つかみどころのない影だけが残った。この道はどこへと続いているのだろう。震災復興も五輪もPKOも、本来の目的とは異なった、顔の見えない人たちの目的のために使われている気がしてならない(終)

福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 その他 今朝の毎日新聞のトップ。首相補佐官が新設手続きを早くなどおかしい。前川喜平前事務次官の証人喚問を!本人も話すと言っているのに、与党が拒否とはおかしい。



志村建世のブログ: 結核菌と戦うことになった日の新聞 ・ブログ連歌(487) 5/26
 〇いつまでも治らないカゼと思っていた病状に、新しい展望が出てきました。主治医をお願いしている地元の内科医から、肺のレントゲン写真に疑点があるとの指摘があり、警察病院呼吸器科への紹介状を貰って転院することとしました。警察病院には、私の豊富な医療データが保存されています。一度は「非結核性マック症」との診断を受けましたが、「当面は悪さをしないようだから卒業にしておきましょう」と判定されたことを思い出しました。しかし呼吸器科は非常に混雑しているということで、病院側の判断で「総合内科」を受診することになりました。結果的に、これが正解だったように感じました。
 警察病院の各種検査が充実していて、かつ効率的に運用されているのには、いつも感心させられます。痰のサンブル出し、血液検査、胸部レントゲンの正面と横位置撮影などがテキパキと進められ、そこで昼休みになって一度は帰宅し、午後1時からの診察ては、すべての検査結果から判断した治療方針が立てられていました。要は結核菌が暴れ始めているので、抗生物質の大量投与と、結核菌を殺す薬、結核治療薬の3種の薬を、明日から服用することになりました。その飲み方も、合計7錠を朝の1回にまとめて飲みなさいという豪快なものでした。その後は、6月6日に薬の効果を確かめ、血液の検査もするとのことでした。
 総合して考えると、かつては無害と思われたマック症が、基礎体力の低下とともに結核の症状を顕在化させたのでしょう。当時から、「マック症の治療法は、結核と同じですよ」と言われてはいました。とにかく、これで「なかなか治らない変なカゼ」が、はっきりした敵として姿を現したことになります。いつになったら治るんだという、見通しの立たない不安感が、これでだいぶ薄らぎました。
 こんなわけで、病院で明け暮れた一日になりましたが、新聞には前文科省次官の前川喜平氏の証言が大きく扱われています。加計学園問題では、内閣府に押し切られて行政が歪められたと、生々しい経験を語っているのです。信憑性の高い発言と思われますが、政権側は証言を否定し、文科省内の調査では文書の存在は確認できないと強弁し、さらには前川氏への個人攻撃に乗り出していると伝えられます。政権に都合の悪いことは「なかったこと」にしたい、証言者が出てきても公式の場には出さないようするなど、つじつま合わせの隠蔽で切り抜けたい意図がありありと見えます。
 政権側の利得を最優先にし、権力を行使しても真実の暴露を防ごうとするのは今に始まったことではありませんが、安倍政権になってから、目先の利害を超えて真実を明らかにしたいというような情熱が、政権側から示されることは絶えてなくなりました。すべては政権に有利でありさえすればいいのです。
 継ぎはぎの対症療法ではなく、日本という国の病根を探り出して、健康体にして行くことを誰が考えているのだろう。今の政権は、あまりにも低レベルの人たちの集団のように見えます。


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 5.31 目指せ!1万人の日比谷野音大集会 共謀罪法案は衆院で国連特別報告者の意見を無視し、強行採決され、参議院での質疑が始まろうとしています。 これまでにない幅広い主催団体の集会です。この拡がりで、野音一帯を埋め尽くし、銀座デモに繰り出そう!会場の中に入れなくても、聞こえます。

安保関連法に反対するママの会‏  @MothersNoWar フォロー中 その他 いつの間に...!! 61 リツイート 21 いいね 5:23 - 2017年5月26日


植草一秀‏  @uekusa_kazuhide フォロー中 その他 ブログ記事「自ら辞める意向示さず地位に連綿としがみつく安倍首相」https://goo.gl/WiCxTw  メルマガ記事「野党は昭恵夫人前川前次官招致に審議全面拒否で臨め」http://foomii.com/00050  更新しました。ご高覧、拡散お願いします。#加計学園 98 リツイート 46 いいね 0:22 - 2017年5月26日
植草一秀の『知られざる真実』: 自ら辞める意向示さず地位に連綿としがみつく安倍首相 5/26


litera‏  @litera_web フォロー中 その他 【人気記事】 前川前次官問題で“官邸の謀略丸乗り”の事実が満天下に! 読売新聞の“政権広報紙”ぶりを徹底検証 http://dlvr.it/PFH49x  189 リツイート 100 いいね 2:11 - 2017年5月26日

シュナムル‏  @chounamoul フォローする その他 会見で一個人にこんな人格攻撃を始めた政府ってある…?腐敗について証言した元役人に対して、単に反論するんじゃなく、公式会見や御用新聞を使ってひたすら個人の人格を貶めようとする政府って、腐敗そのもの以上に歴然と悪質じゃん  ★いぎたなし 限りなく。

乃南アサ‏  @asanonami フォローする その他 まさか自分が生きている間に恐怖政治の時代を体験するとは思わなかった。 195 リツイート 153 いいね 22:47 - 2017年5月25日


Shigeo Hayashi‏  @HAYASHI_twit フォローする その他 Shigeo Hayashiさんがkentarotakahashiをリツイートしました 週刊新潮によると、こういうことですかね。 吉田大輔元高等教育局長が加計学園の学部新設に反対 ↓ 官邸が吉田局長をクビに ↓ 退職した吉田氏の再就職先を文科省がアシスト ↓ 前川喜平事務次官が天下り斡旋の責任を問われ退職 「そもそも」すべては、加計学園をめぐる官邸と官僚の軋轢。

寺田 学‏ 認証済みアカウント   @teratamanabu フォローする その他 加計学園の政治的焦点は、総理じゃなく官房長官に移ってきたのでは。国連からの忠告、加計学園本件含め個人攻撃を主とした強弁が過ぎできた。官房長官と対立する麻生大臣の心境は如何に。何れにせよ、国民の皆さんが抱く素朴な疑問を晴らすことのできるように、こちらも謙虚に中立的に国会に臨むべき。 300 リツイート 201 いいね 6:55 - 2017年5月25日


沖縄タイムス辺野古・高江取材班‏  @times_henoko フォローする その他 5月26日午前11時ごろ、米軍キャンプ・シュワブゲート前で韓国からきた十数人があいさつをしました。代表者の女性は「韓国でも米軍基地反対運動があり、政府と戦っている。長い間、朝から晩まで戦っている皆さんを応援したい。一緒に頑張りましょう」と話しました。#沖縄#辺野古

Hironobu SUZUKI‏  @HironobuSUZUKI フォローする その他 Hironobu SUZUKIさんがhayamiをリツイートしました えっ!生活図画教育で逮捕された方がまだ御存命だったとは。旭川の話だけど、凶作農家支援や欠食児童支援のポスターが「これを見た人間は資本主義の矛盾に気づき共産主義に走る」という理由をつけて教育関係者など50数名逮捕した。「そう思うお前の方がよっぽどオカシイだろ」という実に酷い話。 Hironobu SUZUKIさんが追加 hayami @kaapumaru 治安維持法のもとで逮捕された95歳~103歳までの男女4人が共謀罪の廃案訴え会見。旭川の95歳の男性は日常生活を描いた絵が共産党の目的に役立つと逮捕された。「残された方々がこの法案の成立を断固阻止してほしい。これが老人の最後の願望だ」… 4,964 リツイート 3,373 いいね 12:54 - 2017年5月22日


市田忠義‏  @ichida_t フォローする その他 前川前事務次官の記者会見と菅官房長官の記者会見。どちらが事実を語っているか。誰が見ても、誰が聞いても明らかではないか。 前川氏が嘘を言わなければならない理由は一切ない。菅氏には、それがある。映像は怖い。表情、語り口、態度。誰が嘘をついているかは一目瞭然だ。証人喚問が不可欠。

Siam Cat_036‏  @SiamCat3 フォローする その他 国会前抗議行動。暗がりにも光る #肉球新党 のネコ目アベ政権から守りたいものが多過ぎる。面倒臭いからアベ政権にトットと退陣して貰いましょう。国会迄の交通費もバカにならないしね。早く退陣して下さい。祈ります


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 共謀罪は「プライバシー権侵害」 憲法審で委員から「違憲」 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017052602000135.html … 憲法審査会では、今国会最大の対決法案、共謀罪法案の違憲性についても議論になりました。審査会の詳報とともにおとどけします 350 リツイート 188 いいね 18:32 - 2017年5月25日
  ★(共謀⁉)監視社会とは、即ち、人権、プライバシー侵害に立ち至るは、自然の理! 憲法違反は、疑いない。歯止めもない!


きむらとも‏  @kimuratomo フォロー中 その他 「新聞」ではないので普段は一切読まないのだが、職場にあった「讀賣」を読んでみた。「なぜ今頃」「行動が理解出来ない」「辞任のうっぷん晴らしでは」との文科省職員の言葉と「出会い系バー通い」との見出しを汗拭く前川氏の写真と共に載せ「涙ぐましい必死の印象操作」。今日も安定の「政府広報」。

山本宗補‏  @asama888 フォロー中 その他 腹をくくっただけでなく、命まで狙われてもおかしくない発言を公式にした前川前文科省事務次官。「在職中に共有していた文書。確実に存在していた。あったものをなかったことにはできない。公正公平であるべき行政のあり方がゆがめられた。国家戦略特区に関わる職員は気の毒だと思う」(画像手話N他)

望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 官邸幹部の恥ずかしい発言。本当なら全体主義に突き進む戦前と同じ #リテラ 「 #読売 に情報流したとされる首相側近『記事に2つ意味。こんな人物のに乗ったら恥かくぞのマスコミ警告とこれ以上喋ったら酷い目あうぞ」http://lite-ra.com/2017/05/post-3184.html … @litera_web

litera‏  @litera_web フォロー中 その他 【人気記事】 官邸の前川証言潰し恫喝に屈したメディア、踏ん張ったメディアが鮮明に! 日テレ、とくダネは無視、田崎はトンデモ解説 http://dlvr.it/PDy5gz 

litera‏  @litera_web フォロー中 その他 【本日の記事】 質問中に「あいつのマイクを取り上げて」 大飯原発再稼動認めた原子力規制委員会委員長が会見でジャーナリストの追及封じの暴挙: 17日、記者会見する田中俊一委員長… http://dlvr.it/PDwcpt 

takeuchi (燃やすよね)‏  @takeuchi_gr フォローする その他 そしてこのクソ白々しいコメントを挟む 96 リツイート 44 いいね
 〇自由 民主主義 人権 法の支配 普遍的価値で結ばれたG7…
  ★安倍氏が、是を言うか‼‼ G7がどうかは知らぬが、日本国憲法こそ、正に、それ! 敵対する安倍は、???何をか況や。

白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 NHKは加計学園問題での“大本営発表”を止めなさい(渡辺輝人) - Y!ニュース  ★公共放送の仮面を脱ぐか、安倍人事を打破するか⁉ 正念場、是から…

志村建世‏  @shimuratakeyo フォロー中 その他 加計学園問題で語られた生々しい経験。信憑性の高い発言と思われますが、政権側は証言を否定し、省内の調査では文書の存在は確認できないと強弁し、さらには前川氏への個人攻撃に乗り出していると伝えられます。 結核菌と戦うことになった日の新聞 1 リツイート 3:02 - 2017年5月26日


沖縄タイムス辺野古・高江取材班‏  @times_henoko フォローする その他 5月25日午後1時すぎ、米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で座り込み抗議をしている市民ら10数人を機動隊が排除しました。ダンプなどの工事車両が出入りしました。暑い日射しが照り付ける中、市民らは約40分間、ゲート横の歩道に追いやられました。#沖縄 #辺野古


首都圏反原発連合‏  @MCANjp フォロー中 その他 『被曝国がインドに原発輸出』 いや、ホント、ありえません…。 #金曜官邸前抗議

Arim‏  @ari_m11 フォローする その他 堀潤さんのガザ地区の報告会に行ってきた。10km×40kmの封鎖された地区。”天井のない監獄”と言われるガザの今を、現地の人々の写真と一緒に拝見した。またJVCの方たちの、現地の人々との様々な支援活動の様子を伺った。



志村建世のブログ: 「平和の語り部」収録に行ってきた ・ブログ連歌(487) 5/25
 〇本日の午前中、中野区の企画による「平和の語り部」記録映像の収録に行ってきました。語り部として選ばれたのは、私のほかに、中野区内で空襲を経験し、当時は学徒動員で飛行機工場で働いていた男性と、中野区の学童疎開で長野・福島県へ行っていた女性の、計3名ということでした。3人の証言をそれぞれ15分程度に編集して、ビデオ教材として区内の中学校に配布する計画のようです。インタビューアーを担当するのは、今年大学生になったばかりの、フレッシュな女子学生さんでした。この学生さんとの会話を含めて、ソフトな雰囲気ながら、伝えたい中身については、たしかな手ごたえを感じられるひとときになりました。カゼの病み上がりで声は荒れていたと思うのですが、途中でセキ一つも出ない、不思議なほど滑らかな会話が続けられました。
 あの太平洋戦争は、私の国民学校2年生の12月に始まり、6年生の8月に終ったのです。戦争の前半は「勝った、勝った」の勇ましさばかりでした。そして形勢逆転し、東京が本格的な空襲を受けるようになったのは、最後の年の1月以降の、8ヶ月にも満たない短い間のことでした。その間の経験は、子供だった私には、緊張と真剣さとスリルの連続でした。恐怖を感じることはむしろ少なく、頭上で展開されるB29爆撃機と日本の高射砲や戦闘機との戦いは、まさに大空で展開される活劇でした。よく話すのですが、ゲームの面白さなどは足元にも及ばない、真剣勝負の切実さがあったのです。敵機が撃墜されるのを見るのは、何よりも嬉しい快挙でした。その敵機の中にも、生身のアメリカ兵が乗っていることなどは、ずっと後になってから考えてわかったことです。
 そのように、「勝つか、負けるか」がすべてになり、敵を破壊し殺すことが最大の目的になり楽しみになってしまうのが、戦争というものなのです。戦時下の少年にとっては、そのほかの生き方は、あり得ませんでした。しかし、戦っている相手が「鬼畜・米英」だというのは、当時の宣伝で作られた虚像でした。そして、戦争そのものも、天災のように人智を超えたところから来るのではなくて、「誰かがやめると言えば、やめられる」ものだということを、教えてくれたのが8月15日でした。そのときの気持を聞かれて、「口惜しかったけど、これで家が焼かれないで済むと思って安心した」と、そのままを答えました。そしてまた、進駐して来たアメリカ軍の兵隊が友好的で親切だったことは、日本の軍隊とは比較にもならないほど違っていました。ジープのアメリカ兵から貰ったドロップスの甘さは、今でも覚えています。
 最後の「平和への思い」について、答えは明らかです。戦争は、ありとあらゆる無理と無駄を集めて、ある種の人たちが作り出す狂乱です。その狂乱が始まると、破壊と殺戮が「戦果」として賞賛を集め、さらに戦果を拡大することが求められるのです。なぜ戦争をしなければならないかを説明するために、必ず持ち出されるのが「自存自衛のため」であり「恒久平和を築くため」ですが、それを理論的に証明することはできません。脅しに使われるのは、歴史の隅から引き出してくる「備えを忘れて滅ぼされた国たちの記録」です。その一方で、戦争をして滅びた国の例は腐るほどあるのに、なぜか自分の国だけは勝つことを前提にして戦争は始められます。
 世界の未来にとって、戦争は有害で無益なものになりました。今や戦争は「外交の最悪の失敗」以外の何物でもありません。中野区は、昭和57年に「憲法擁護非核都市」の宣言をしています。


志村建世のブログ: 国会中継を見ていたが ・ブログ連歌(487) 5/24 〇昨日はネット中継の衆議院本会議で、「共謀罪」法案が可決される現場を見ていた。賛成、反対の代表討論のあとで、記名投票に入る。あとは退屈としか言いようのない「儀式」の連続になる。議員は一人ずつ名を呼ばれて登壇し、「堂々めぐり」と呼ばれる右回りのコースを歩きながら、投票札を「賛成」または「反対」それぞれの担当者に手渡して行く。
 登壇するときは、2回にわたって立ち止まって頭を下げる人が多い。1回目は演壇そのものか、演壇の左側に掲げられている日の丸旗に礼をし、2回目は議長に向けて礼をしているように見えた。議長も目線が合えば軽く答礼していた。
 これを全議員が繰り返すと、「投票漏れはございませんか」と確認して、票数を点検の上、発表する。票数がどうなるかは、みんな最初から知っていて、その通りになる。問題法案であっても、手続きは何も変らない。投票の際に、「断乎反対」などと票を掲げて見せた反対者が、数名いただけだった。不規則発言に対する議長からの注意もなかった。
 これを見ながら、政治の「現場」というのは、どこにあるのだろうと思った。衆議院の本会議というのは、法律を通すための手続きを完了する場でしかないのではないか。法律の良し悪しを論ずる場としてなら、法務委員会の方が、ずっと中身のある議論をしていたような気がする。その委員会にしても、最後は採決に持ち込まれて「正論」が負けるのではあったが。
 きょうの新聞によれば、同じ時に国会の外では多くの人たちが「共謀罪反対」の意思表示をしていたことがわかる。国会まで来られない地方でも、さまざまな意思表示をした人たちがいたことだろう。この人たちの行動も、また一つの「政治の現場」ではないだろうか。ここでの意思表示は、政権与党の政策を直ちに変えさせることはできないかもしれないが、反対意見の存在を示すことはできる。そしてこの反対意見は、次の選挙で政権を交代させる力を秘めているのだ。
 今の衆議院を見ているだけで、政治はつまらないと嘆いていても始らない。議員の中にも、将来を期待したい人は確かにいるのだ。私たちの代表にふさわしい人を増やすことによって、国会を今よりも面白くして行くことはできるに違いない。国会中継がつまらないとしたら、面白い議論の聞ける議会に変えて行くしかない。そう考えて気持ちを立て直した。

解釈で憲法9条を壊すな!‏  @48daisyukai フォロー中 その他 本日の集会には2500人の方が参加されました!

社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 その他 5月25日(木)《衆・憲法審査会》 ●照屋寛徳・国対委員長(沖縄2区)が、高等教育無償化は「憲法改正」によらなくとも可能であることなどについて、9時50分頃より意見表明いたします。ネット中継をご覧ください http://www.shugiintv.go.jp/index.php  #国会中継 #沖縄 #憲法

参議院議員森ゆうこ‏ 認証済みアカウント   @moriyukogiin フォロー中 その他 平成29年5月25日 参議院農林水産委員会で質問致します。 質問時間:16:30~17:00 〇農工法一部改正する法律案 〇国家戦略特区における今治市加計学園獣医学部新設についての経緯の詳細 インターネット審議中継で是非ご覧下さい。 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 その他 http://bunshun.jp/articles/-/2612 「前川喜平氏(62)は、「いずれも部下から受け取ったレク(説明用)資料です。これらの文書は、大臣や次官への説明用として担当の高等教育局専門教育課が作成したものです」と説明した。」

解釈で憲法9条を壊すな!‏  @48daisyukai フォロー中 その他 野党議員、労働運動、市民運動と連帯のコールです!

山崎 雅弘‏  @mas__yamazaki フォローする その他 ワシントン・ポスト紙も「論争を引き起こす『反共謀法』」を首相が強行する件を報じている。「キノコ狩りがテロリズムの資金源になるか、との議会(国会)での質問に、司法相(法務大臣)はイエスと答えた」などの恥ずかしいやりとりも書かれている。 https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/in-japan-prime-minister-pushes-ahead-with-controversial-anti-conspiracy-bill/2017/05/22/a50bf7b4-3ed0-11e7-9851-b95c40075207_story.html?tid=ss_fb&utm_term=.f7acc78de6c2 …

解釈で憲法9条を壊すな!‏  @48daisyukai フォロー中 その他 総がかり行動実行委員会より、高田健さんです。 安倍政権の政治の私物化、国家の私物化を許さない! 韓国はデモでパククネ政権を倒した。これに学ばなければいけない。 9条改憲発言、共謀罪の強行採決、戦後最悪の安倍政権を労働運動と市民運動、野党の共闘で倒さなければならない!

Hiroshi Takahashi‏  @SeroriHitomi フォローする その他 NYタイムスも報道。 「日本政府はしばらく立ち止まり、よりよい方策を探るために、world-class democracyのように振る舞うべき」(ケナタッチ氏) world-class democracyではないということ。



大木晴子・「明日も晴れ」‏  @kuronekoroku フォロー中 その他 「明日も晴れ」トップ写真を替えました。雲さん、国会前・参議院議員会館前のスタンディング!お疲れさまでした。行くことが出来なかった皆んなの力になります。ありがとうございました。http://www.seiko-jiro.net/  自民党・公明党・維新の皆さん、見たら恥ずかしいねきっと。

Mew Mew Panic‏  @sartrean フォローする その他 中村喜四郎議員らしき人物が組織的犯罪処罰法改正案(共謀罪、テロ等準備罪)に反対票を投じている。あまりよく知らない人なのだが、自民党二階派の無所属議員らしい。票を投じた後、議場から小さな拍手が出た。  ★一隅を照らす⁉

琉球新報辺野古・高江ヘリパッド問題取材班‏  @henokonow フォロー中 その他 午前1 1時半すぎ、日差しが強かったため座り込む人たちが日よけのテントを張ろうとした際、機動隊が基地内から出て来てテントを撤去しました。機動隊と座り込む人たちでもみ合いになり一時騒然としました。#henoko  ★猛暑の中、傘、天蓋を奪おうとは、警察、不届き! 人権、生存権侵害。

#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 「NHKニュース7の5/19の共謀罪報道はBPOに訴えられるレベル」をトゥギャりました。 73 リツイート 41 いいね 21:05 - 2017年5月23日


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「共謀罪」プライバシー置き去り 国連特別報告者「深刻な欠陥ある法案」 共謀罪法案に対する #ケナタッチ 氏の指摘は分かりやすく衝撃的でした。政府側の反論と合わせ読むと共謀罪の問題点が透けてみえます http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017052402000119.html …

T.Katsumi‏  @tkatsumi06j フォローする その他 "【検証】#共謀罪NO 安倍政権が「パレルモ条約」批准のために共謀罪が必要とする根拠としている「立法ガイド」の外務省仮訳はやっぱり誤訳だった" ネッ友に促されて検証してみたら,本当に「クロ」でした。 参議院しっかり指摘しろ!

異邦人‏  @Medicis1917 フォロー中 その他 ここで統幕長の発言を「問題ない」としてしまう菅官房長官は、例えてみれば警察官が目の前で起きている犯罪をワザと黙認しているようなもの。自衛隊の制服を身に纏った人間の記者会見の場における発言が「個人の見解」で済む筈がない。法治国家の公人としてあるまじき乱暴狼藉だ。

#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 NHKの腐れ上層部その1→「NHK関係者によると、黄木紀之 編成局長が、 クロ現編集責任者に国谷さんの3月降板を通告『時間帯を変え内容も一新してもらいたいのでキャスターを変えたい』と」 http://webronza.asahi.com/national/articles/2016011500005.html …
  ★安倍人事。政治介入


東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 「共謀罪」衆院通過 語られない人権 添付した表は、衆院段階での議論で残った問題点。参院の審議でも #厳重チェック していきます。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2017052402000118.html …  ☆9つの論点: 参院審議に積み残された議論

  ★更に、国連機関から突き付けられた、プライバシー侵害の恐れ、人権擁護の対策、組織の検討を

保坂展人‏ 認証済みアカウント   @hosakanobuto フォロー中 その他 報道ステーションでは、共謀罪の衆議院採決のニュースと共に、国連人権理事会が選任した特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏が法案を懸念する書簡について、きちんと触れています。菅内閣官房長官が「抗議」し、「個人的なもの」と片づけようとしたが、そうはいかず、ケナタッチ氏は再反論へ。 710 リツイート 379 いいね 6:02 - 2017年5月23日

戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【昼は国会議員会館前、夜は日比谷野音へ】 労働法制の改悪と共謀罪創設に反対する連帯集会 http://roudou-bengodan.org/topics/4727/  日時:5月24日(水)18時30分~@日比谷野外音楽堂※デモあり 共催:労働運動と市民の連帯をめざす一日実行委員会 協力:総がかり行動実行委員会

朝日新聞 映像報道部‏ 認証済みアカウント   @asahi_photo フォローする その他 http://t.asahi.com/nci9  23日夜、衆院を通過した「#共謀罪 」法案に対し、国会前に集った人々が抗議の声を上げました。(柴)

きむらゆい‏  @yuiyuiyui11 フォロー中 その他 #報ステ 日本企業4社が投融資 クラスター爆弾製造企業に クラスター爆弾の禁止条約 批准101カ国 製造企業への投融資は日本が最多の4社 三菱東京UFJフィナンシャルG 三井住友フィナンシャルG オリックス 第一生命 この4社との契約を全て解約すべき。もちろん解約理由を通告

孫崎享のつぶやき: 安倍首相の憲法九条9条の1項、2項を残し、自衛隊の地位に関する「加憲」提案。この構想は日本会議の中心人物、伊藤哲夫氏の考え。昨年九月号論文そのまま。ただ、この流れは自衛隊を海外展開させるため、憲法改正しろという米国の指示と異なる。 5/24

植草一秀の『知られざる真実』: もりそばとかけそばでおなかをこわす安倍首相 5/24 〇「アベ友疑惑」が噴出しているにもかかわらず、メディアは安倍首相の責任を追及しない。
 もし、首相が鳩山友紀夫氏や小沢一郎氏であれば、とっくの昔に内閣総辞職にまで追い込んでいるはずだ。
 連日連夜、NHKはこの疑惑を追及するだろう。
 そして、連日連夜、「世論調査」なるものを発表して、責任を問う大キャンペーンを展開しているだろう。
 問題が大きくするか、それとも問題を握りつぶすかを決定しているのはメディア報道のスタンスである。
 メディアが連日大報道を展開するから問題が大きくなるのであり、
 メディアが問題を握りつぶして、一切報道しなければ、問題は闇に葬られる。
 安倍首相は2月17日の衆議院予算委員会で、
 「私や妻がこの認可あるいは国有地払い下げに、もちろん事務所も含めて、一切かかわっていないということは明確にさせていただきたいと思います。もしかかわっていたのであれば、これはもう私は総理大臣をやめるということでありますから、それははっきりと申し上げたい、このように思います。」(議事録251)
 「繰り返しになりますが、私や妻が関係していたということになれば、まさに私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい。」(議事録255)
 と答弁している。
 そして、森友疑惑では、安倍昭恵氏が森友学園新設小学校の名誉校長に就任した直後から、森友学園に対する
 「異例の便宜供与、利益供与」が実行されていった。 ・・・

郷原信郎が斬る: 現職検察官が国賠審の法廷に立たされる前代未聞の事態 5/24 〇給与の源泉徴収をめぐる問題が、徴税という国家作用のために、無理矢理「脱税事件」に仕立て上げられ、源泉徴収で納税する多くの給与所得者に対して重大な脅威を与えた八田隆氏の事件。
 国税局と検察の面目、体面を保ち、両者の関係を維持するという「組織の論理」により、不当な告発、起訴、そして、一審無罪判決に対する検察官控訴、という検察官の権限の濫用は、1回結審で棄却、上告断念という検察の大惨敗に終わった。
 しかし、不当な告発・起訴・控訴が、単に、裁判所の適切な判断によって失敗に終わった、ということだけで終わらせてはならないと考えた八田氏は、刑事事件で無罪を勝ち取った小松正和弁護士、喜田村洋一弁護士に、私と森炎弁護士が加わった弁護団を結成し【#検察なう(393)「国家賠償訴訟に関して(2)~代理人ドリーム・チーム結成!」】、不当な権限濫用が行われた真相を解明し、将来にわたる冤罪の防止に結びつけるための国家賠償請求訴訟の提起に踏み切った。
 当ブログでも、このような国賠訴訟の意義や背景について、2014年7月の提訴の段階での【八田隆氏の対検察国賠訴訟の意義】【八田隆氏が国家賠償請求訴訟で挑む「検察への『倍返し』」】などで詳しく述べたほか、昨年4月、私が主に担当している「控訴違法」の問題をめぐる審理の展開について詳述している(【八田氏国賠訴訟、「控訴違法」で窮地に追い込まれた国・検察】)。
 その八田氏の対検察国賠請求訴訟は、とうとう“国・検察にとって前代未聞の重大な事態”を迎えた。
 来たる9月11日(午後2時半)に、東京地裁で、現職検察官、しかも、地検次席検事の要職も務めた中堅検事の証人尋問を行うことが決定されたのだ。
 八田氏の刑事事件については、そもそも国税局が告発したことも、その告発事件を検察官が起訴したことも、全くデタラメだが、何と言っても最も明白に違法なのは、一審で無罪判決が出た後に、それを覆す見込みが全くないのに、検察が無理やり控訴したことだ。
 検察官側からの控訴は、検察内部での慎重な検討を経て、控訴審で新たな証拠を請求し、採用される可能性がある場合など、一審無罪判決が覆せる十分な見通しがある場合でなければならないと考えられてきた。しかも、裁判員制度の導入に伴う控訴審のあり方の見直しに伴い、控訴審では第1審の判断を尊重すべきという観点から、平成24年2月13日の最高裁判決で「控訴審が第1審判決に事実誤認があるというためには,第1審判決の事実認定が論理則,経験則等に照らして不合理であることを具体的に示すことが必要であるというべきである。」とされたことによって、無罪判決に対する検察官の控訴も、さらに制約を受けることになった。
 ところが、控訴違法に関する被告(国)側の主張は、「検察官は、第一審の事実認定が不合理であることを『具体的に』示すことができない場合に控訴申立てをしても、国賠法上違法ではない」とまで言い切って、無罪判決に対する検察官控訴は全く制約を受けないかのような無茶苦茶な主張を続けてきた(【八田氏国賠訴訟、「控訴違法」で窮地に追い込まれた国・検察】)。
 その後、被告(国)側は、「検察は、言い渡された無罪判決の内容を十分に検討しないまま控訴を決定したのではないか」との原告の主張に対して、反論のための書面提出に長い期間を要求したり、曖昧な反論しかせずにごまかしたりするなどの不誠実な対応を続け、審理を引き延ばしていたが、5月8日の期日で、裁判所は、とうとう、一審公判の担当検察官で、控訴の検討でも中心となったはずの、現在東京地検検事の検察官の証人尋問を行うことを決定し、その後、尋問期日が9月11日に指定されたのだ。
 国家賠償請求訴訟で、現職検察官が証人尋問の場に立たされるというのは前代未聞の事態だ。不当極まりない検察の控訴の決定が、検察内部でどのような経過で決定されたのか、現職検察官の証人尋問によって明らかにされることになる。完全にベールに包まれてきた検察内部の意思決定のプロセスが公開の法廷での事実審理の対象にされることになった。
 国税局の告発で東京地検特捜部が起訴した事件において過去に例がない「前代未聞の無罪判決」(『勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか』(光文社))が出されたことが発端となって提起された八田氏国賠訴訟は、現職検察官の証人尋問という、さらなる「前代未聞の事態」を引き起こし、「検察の暴走」の真相究明に向けて最大の局面を迎える。

五十嵐仁の転成仁語: 5月24日(水) 共謀罪の強行採決で安倍首相が作ろうとしている「恥ずかしい日本」 〇「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法改正案が23日、衆院本会議で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆院を通過しました。維新と自民の「共謀」によって衆院法務委員会で行った強行採決に次ぐ暴挙です。
 これこそ、安倍政権の「狂暴」化を示す何よりの証拠ではありませんか。舞台は参院に移りますが、今後の審議のあり方や加計学院疑惑の進展などによっては廃案に追い込む可能性が生まれてきています。

阿修羅: <日本の恥>「共謀罪」書簡の国連特別報告者が安倍政権の抗議に反論!「中身のないただの怒り」「私の懸念に答えていない」

阿修羅: <もはや公共放送ではない>NHKが衆議院本会議を中継せずに相撲中継で批判殺到!「共謀罪」の「強行採決」も中継されず! 5/23



増山れな@6.23日野ハイキョ‏  @renaart フォロー中 その他 おーうれしい!やっと半分まできました。ベーシックインカムで99%が豊かに!?格差解消に迫る映画制作は、あと35日で、約74人からの協力がないと支援が届きません。ひとりでも多くの方に広めてください! - Readyfor 12 リツイート 7 いいね 5:46 - 2017年5月22日

VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 安倍は、国連特別報告者に長文の書簡で警告されたのに、返した文書はたった1ページ。 しかも、プライバシーや他の欠陥などの懸念に一つも言及がない「中身のないただの怒り」って… 「共謀罪」書簡の国連特別報告者 日本政府の抗議に反論 22 リツイート 12 いいね 18:31 - 2017年5月22日

海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 カナタチ特別報告者が日本政府見解に反論! 私が日本政府から受け取った「強い抗議」は、怒りの言葉が並べられているだけで、全く中身はない。実質的な反論を何一つ送付して来ることが出来ていない。日本は、世界基準の民主主義国家としての道に歩を進めるべき時です。私は全力を尽くして支援する。

菅官房長官、国連特別報告者を「個人」呼ばわり、「質問」に抗議 5/22
  ★頓珍漢は、法相のみではなかった。法律論、人権論は、大の苦手!安倍一味 陣笠の頭数だけが頼り⁉の愚劣。採決強行


醍醐聰のブログ: 「森友・加計問題を考えるシンポジウム」開催のお知らせ 5/21
 〇 5月17日から「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める署名」を呼びかけた各界の有志は、このたび、「森友問題の幕引きを許さない市民の会」を作り、次のようなシンポジウムを開くことになった。
      「森友・加計問題を考えるシンポジウム」

    日時:2017年6月13日、14時30分~
    (14時から玄関ロビーでスタッフが入館証渡し開始)
    会場:衆議院第一議員会館 大会議室(地下1階)
   パネリスト
    小川敏夫(民進党参議院議員)
    宮本岳志(日本共産党衆議院議員)
    杉浦ひとみ(弁護士)
    青木 理(ジャーナリスト)
   コーディネーター
    醍醐 聰(東京大学名誉教授)

  シンポジウムの広報用チラシ
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/moritomo_kake_sinpo_chirasi20170613.pdf
 「森友問題の幕引きを許さない市民の会」のHP
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-7be4.html
 会への問い合わせ
  Eメール:moritomosimn@yahoo.co.jp
  電話:070-4326-2199(10時~20時)

  安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める署名
  署名用紙のダウンロード:http://bit.ly/2qkwucT
  ネット署名のフォーム:http://bit.ly/2rdgyXe 
  ネット署名/メッセージの集約状況の閲覧サイト
            http://bit.ly/2r68HhH 


植草一秀の『知られざる真実』: フランス大統領選で波乱が生じる可能性は? 4/21
 〇3月にオランダで総選挙が実施されたが、これから秋にかけて欧州で重要選挙が相次ぐ。
 6月8日 イギリス総選挙
 6月11日、18日 フランス国民議会選挙
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙
 が予定されている。


杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

国立国会図書館: 日本国憲法の誕生  日本国憲法
国会図書館: 日本国憲法の誕生 資料と解説
この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

TBS: 相模原障害者殺傷事件、声を上げ闘う両親「息子はいつも家族の中心」 2/20

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

特設 天皇陛下 お気持ち表明|NHK NEWS WEB - NHKオンライン
宮内庁: 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば  ○象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日) 
  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法
 ☆『憲法は世界を広げてくれる』
 元AKB48 内山奈月さんインタビュー

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17
NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

【憲法特集】まず米「属国」直視から 思想家内田樹さん カナコロ 5/3
NHK:スペシャルコンテンツ 「憲法」 
日弁連は共謀罪に反対します(共謀罪法案対策本部)
首相の改憲発言に憲法学者らが反対の見解発表 【NHK】2017.05.22 
国連特別報告者 「テロ等準備罪」法案に懸念の書簡 【NHK】2017.05.22 
「テロ等準備罪」法案 治安維持法で逮捕経験者が廃案訴え 【NHK】2017.05.22
OurPlanet-TV: 国連特別報告者の書簡に関する記者会見 投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 05/23/2017







米空母3隻目が西太平洋へ ニミッツ、北朝鮮けん制 【東京新聞】2017.05.27 〇 【ワシントン共同】米海軍が原子力空母ニミッツを西太平洋に派遣することが分かった。米西部ワシントン州の海軍基地を6月1日に出港する。地元紙が27日までに報じた。西太平洋には空母カール・ビンソンとロナルド・レーガンが既に展開中。3隻目の派遣は、弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮をけん制する動きの一環とみられる
 西太平洋に空母3隻が同時に展開するのは珍しい。北朝鮮による6回目の核実験や弾道ミサイル発射などの挑発を抑止したい考えとみられるが、軍事的圧力を強める米国に北朝鮮が反発するのは必至。米朝間の緊張が改めて高まる可能性がある。  ★威嚇、挑発に違いない。暴発を待っているのか⁉ 尻に火が付いた、安倍氏⁉

日経新聞: 加計学園問題、説明に納得できますか 第322回  5/27 〇日本経済新聞社は「電子版(Web刊)」の有料・無料読者の皆さんを対象とした週1回の意識調査を実施しています。第322回は、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設をめぐる文書について皆さんのご意見をお伺いします。
 本物かウソか――。文書の真偽を巡り、見解が真っ向から対立する事態になっています。 ・・・
  ★これって、何に利用しようと???


ANN: 千種ゆり子の天気のタネ/関東 5/27 〇『今年の梅雨は「六弱七強」七月の大雨に注意』
 くわしくは動画で…

ANN: “神宿る”沖ノ島 「年に一度上陸できる日」を取材 5/27 〇世界文化遺産に登録される見通しになった福岡県の沖ノ島。この島に27日に上陸し、島内の様子を取材しました。
 くわしくは動画で…  ★女人禁制、この日だけ、全国から選ばれた200名程度の男性は、禊をして上陸…

NNN: 中国、日本の北対応を批判「前向きでない」 5/27 〇ロシアで26日、中露外相会談が行われ、中国の王毅外相は北朝鮮問題をめぐる日本の対応について、「問題の解決にあまり前向きではない」と批判した。
 会談後の記者会見で王外相は、北朝鮮問題に関してアメリカと韓国の対応に期待感を示す一方で、日本について「問題解決にあまり前向きではない」と批判。「日本が対話の足をひっぱらないように望む」とクギをさした。
 イタリアで行われているG7サミットや日米首脳会談で、安倍首相が北朝鮮への圧力強化の必要性を強調したことをけん制する狙いがあるとみられる。
 また、ロシアのラブロフ外相は、軍事的な圧力ではなく、政治的解決を目指すべきだと強調した上で、「日本を含むすべての当事国が、これ以外の解決はありえないことを、認識してほしい」と指摘した。

NNN: 難民、貿易、温暖化…サミット声明は難航か 5/27 〇イタリアで開かれているG7サミット(=主要7か国首脳会議)は、日本時間の27日午後、最終日の日程がスタートした。「アメリカ第一主義」を掲げるトランプ大統領の登場で、共同声明のとりまとめは難航しているもよう。現地シチリアから井上幸昌記者が中継。
■移民・難民政策で意見が対立
 サミットが開かれているシチリアは、シリアなどからの難民が海をわたり上陸する場所でもある。最終日の27日、7か国の首脳が集まる高台ではいまも激しい駆け引きが続いているものとみられる。特に移民・難民政策で意見が対立しそうだ。
 アメリカ・イギリスは難民の受け入れで規制が必要との考えである一方、フランス・ドイツは寛容な姿勢を見せている。1日目の議論も踏まえて出される共同声明がG7の結束を示す内容になるのか、危ぶむ声も出ている。
■貿易、地球温暖化対策でも…
 ほかにも事前の予想通り、トランプ大統領と他のG7首脳との間で大きな溝がある分野が2つある。
 1つ目は貿易。ホワイトハウス高官によると、トランプ大統領は1日目の会議で「公平な貿易」について繰り返し、持論を述べたということで、議論は白熱したようだ。
 トランプ大統領は、アメリカが不公平な条件で貿易をしてきた結果、貿易赤字が膨らんだと考えていて、公平にするためならば自由な貿易を制限する「保護主義」になっても構わないと考えている。そのため、去年の共同声明まではあった「保護主義と戦う」との表現を外したいとこだわっていて、各国と対立している。
 ドイツ・メルケル首相(26日)「ドイツは対アメリカで貿易黒字だが、一方でアメリカに多くの投資もしている。その両方を見るべきであって、1つの側面だけを見るべきではない」
 2つ目は地球温暖化対策。トランプ大統領は議論の中で「製造業の雇用創出で中国とインドに後れをとりたくない」と、環境よりも経済を優先すると主張。各国首脳とかなり激しいやりとりになったという。
 イギリス・メイ首相(26日)「アメリカが、諸問題について自国の政策に従い立場を考えるのは理解するが、気候変動が非常に重要な問題であることに疑いの余地はない」
 共同声明の発表まであと6時間ほど。ギリギリまで大詰めの調整が続くことになる。  ★我利我利、行く⁉

NNN: 中国軍の戦闘機が米軍の哨戒機に飛行妨害 5/27 〇中国軍の戦闘機が、アメリカ軍の哨戒機を飛行妨害した。
 アメリカ海軍当局者によると、南シナ海の国際空域で、中国の戦闘機2機がアメリカ軍の哨戒機に対して妨害を行った。異常接近があったとみられ、アメリカ側は中国側に懸念を伝えるとしている。
 南シナ海では中国による軍事化が進んでいて、トランプ政権は中国が領海だと主張する海域で艦船を進入させる「航行の自由作戦」を行ったばかり。

NNN: 北朝鮮が反論「自衛のための軍事能力強化」 5/27 〇北朝鮮の国連次席大使が会見を開き、ミサイル発射に非難を強めるアメリカや国連安全保障理事会を批判した。
 北朝鮮のキム・インリョン次席大使は26日、弾道ミサイルの発射実験を「自衛のための軍事能力の強化の一環」と正当化し、安保理が強く非難したことに反論した。2週続けての反論。
 キム・インリョン次席大使は「北朝鮮の自衛のための核抑止力強化を、アメリカとその仲間の国々は明らかな侵略行為と疑うが、北朝鮮政府は完全に拒絶すると強調する」と述べた上で、「朝鮮半島で戦争が起こりそうな今の状況は、アメリカと韓国が原子力空母を含む核戦力を導入し、合同軍事演習を続けていることが原因」と批判した。
 安保理では日本やアメリカなどが北朝鮮への新たな制裁決議の必要性を訴えているが、慎重な中国などとの間に温度差が残っている。

NNN: 犠牲者のため…アリアナ、コンサート開催へ 5/27 〇歌手のアリアナ・グランデさんが、チャリティーコンサートを開くと発表した。
 イギリスのコンサート会場で起きた自爆テロ事件で、当時、コンサートをしていたアリアナ・グランデさんが26日、事件が起きたマンチェスターで、犠牲者とその家族のためのチャリティーコンサートを開く考えを明らかにした。

ANN: あっ浮いた!夢の「空飛ぶスーツ」 テスト飛行成功 5/27 〇空中をスイスイ、人が飛べるようになる日も遠くないかもしれません。
 この映像は、イギリスの発明家、リチャード・ブラウニング氏が自作のジェットスーツを着てテスト飛行を行う様子です。「ダイダロス」と名付けられたこのスーツには、腰と両腕に2つずつ、合わせて6つのガスタービンが装着されていて、最大約800馬力まで出せるということです。今回のテスト飛行でブラウニング氏は、時速約50キロで数百メートルを飛ぶことに成功し、自身が持っていた記録を更新しました。最初は趣味でこのスーツの開発を始めたというブラウニング氏は、今後は軍事用や救助用などビジネスにしたいと話していて、「より優れた機能を持つ次のバージョンを数カ月以内に公開する」と自信を示しました。







南スーダン PKO部隊、帰国完了 駆け付け警護、実施なく 【東京新聞】2017.05.27 〇南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加していた陸上自衛隊部隊のうち、最後まで現地に残っていた田中仁朗(よしろう)隊長を含む十一次隊の約四十人が二十七日、帰国した。第九師団(青森市)中心で、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」の新任務を初めて付与されたが、実施されることなく五年強の活動が終了した。
 二十五日に首都ジュバを出発し、羽田空港経由で青森空港に到着、家族や同僚の出迎えを受けた。その後、師団司令部がある青森駐屯地に移動し、田中隊長が「異常なく帰国しました」と報告した。
 昨年十一~十二月に約三百五十人が現地入りし、道路補修などの活動に従事。政府が今年三月に撤収を決め、約三百十人は四月以降、三陣に分かれて既に帰国している。
 二〇一一年七月に独立した南スーダンは一三年末以降、内戦状態になった。ジュバでは昨年七月、政府軍と反政府勢力による大規模な戦闘が起きて、治安情勢が悪化。現地の部隊が作成した日報には「戦闘への巻き込まれに注意が必要」といった記載があり、停戦合意などPKO参加五原則との整合性が問われた。
 政府は撤収の理由を「一定の区切りを付けられる」と説明したが、現地は内戦が続き国造りは進んでいない。治安悪化に伴い隊員が戦闘に巻き込まれるリスクを懸念したとの見方が強い。
 PKOを統括する国連南スーダン派遣団(UNMISS)への司令部要員四人の派遣は続けるが、日本が部隊を派遣するPKOはなくなった。政府は新たな国際貢献策を模索する。
「よく帰ってきたね」 息子との再会に涙
 息子の帰国を心待ちにしていた母は「胸がいっぱい」と涙を拭った。南スーダンの国連平和維持活動(PKO)から撤収した陸上自衛隊十一次隊の最後の部隊約四十人が二十七日、青森市の青森空港に到着。遠いアフリカの地から戻った隊員を、家族や同僚らが出迎えた。
 午前十一時二十分ごろ、田中仁朗(よしろう)隊長らが到着ロビーに現れると、待ちわびた家族らは「ご苦労さま」と声を掛けた。大きな荷物を抱え、真っ黒に日焼けした隊員は、見慣れた顔に笑顔で会釈し、ほっとした様子を見せた。
 「すぐにでも会いたい」と空港に来た青森市の五十代の母親は、三十代の息子に近づき「よく帰ってきたね」。南スーダンに行くと聞いたときは「頭が真っ白になった」と言い、眠れない日々を送った。半年ぶりの息子の姿に「胸がいっぱい」とハンカチで涙を拭った。
 青森駐屯地(青森市)では家族や同僚約四百人が、音楽隊の演奏の下に行進する隊員を拍手で出迎えた。第九師団長の納冨中(のうどみみつる)陸将は「本当にお疲れさまでした。建国間もない南スーダンの国造りに貢献したことに感謝する」とねぎらった。  ★国情不安の中、誰に引き継いだのか? 功名に焦った、最高司令官に命令された不幸⁉ しかも、功名はなく、命からがら…

山城議長 長期拘束 「国際人権法上問題あり」 【東京新聞】2017.05.27 〇◆国連特別報告者ら4人 2月、政府に是正求める
 【ジュネーブ=共同】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設などへの抗議活動に伴い逮捕された沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長=傷害罪などで公判中=に関し、国連の特別報告者ら四人が二月末、長期拘束などには国際人権法上問題があるとして日本政府に速やかな是正を求めていたことが分かった。国連人権高等弁務官事務所が二十六日、四人の緊急共同アピールを公表した。
 山城議長は、米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯建設の抗議活動に伴って、有刺鉄線を切断した器物損壊容疑で昨年十月に逮捕され、約五カ月にわたって拘束された後、三月十八日に保釈された。人権団体は「アピールが圧力になった可能性がある」と指摘している。
 緊急アピールは二月二十八日付で、国際人権法や国際人道法の専門家であるデービッド・ケイ氏(米国)ら四人の連名となっている。
 この中でケイ氏らは、山城議長の活動は人権を守るものと考えられるとして、逮捕や長期勾留、容疑に懸念を示し、日本の表現や平和的な集会の自由への「萎縮」効果も懸念されると指摘した。また、長期間の拘束などに関連して「適切な法的手続きの欠如」を指摘する声があるとし、裁判の前に自由を制限されない権利を保障するべきだと日本政府に訴えている
 一方、日本政府は四月十日にジュネーブの国際機関代表部を通してアピールへの回答を送付。「山城氏への法的手続きは適正に行われており、国際人権法上も問題ない」などと反論していた。
  ★国連中心主義、安倍様都合で、打っちゃっているのか⁉

「子や孫のため新基地許さない」 辺野古で県民集会 【琉球新報】2017.05.27 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に反対する「辺野古新基地阻止『K9護岸工事を止めろ』環境破壊を許さない県民集会」(オール沖縄会議主催)が27日午前11時、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で始まった。本島中南部や県外から1000人を超える市民が参加した。オール沖縄会議共同代表の玉城愛氏が「子や孫のために新基地建設は許さない。これ以上の基地負担は許さないとの思いを持って翁長知事、稲嶺進名護市長を支えよう」と訴えた。
 集会が始まる前から続々とゲート前に集まった市民はマイクを次々と握った。「民意を無視し、工事を強行する政府を許さない」などと怒りの声を上げ、手拍子でリズムをとりながら「沖縄の道を開くため、ゲート前に座り込め」と高らかに歌い上げた。
 新基地建設工事が進む大浦湾海上で、基地本体の埋め立て区域を囲む護岸工事が始まって1カ月がたった。沖縄防衛局はこれまで、シュワブ沿岸部「K9護岸」建設現場で、海中に砕石を次々と投入し、大浦湾の埋め立てを進めている。砕石が投入されるたびに粉じんが巻き上がり、海が白く濁る様子も確認されている。【琉球新報電子版】

国会で暴露後に違法捜査、自衛官が国提訴 国側、棄却求める/地裁 【埼玉新聞】2017.05.27 〇防衛省統合幕僚長と米軍幹部の会談記録とみられる資料が国会で暴露された後、文書を流出したという身に覚えのない嫌疑をかけられ、中央警務隊による違法な取り調べを受けるなど精神的苦痛を受けたとして、防衛省情報本部の3等陸佐大貫修平さん(42)が国に慰謝料500万円を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、さいたま地裁(針塚遵裁判長)で開かれた。国側は請求棄却を求めた。
 この日の意見陳述で大貫さんさんは、中央警務隊による取り調べや家宅捜索を振り返り、「自白強要されたり、屈辱的な配置換えをされた」などと説明。会談記録は首相や防衛相が国会で存在を否定していたとして、「存在しないはずの文書の流出をなぜ捜査できるのか。私には全く身に覚えがなく、違法捜査は断じて許せない」と訴えた。
 訴状などによると、大貫さんは2015年11月~16年2月、「おまえが犯人なのは間違いない」などと言われ、自衛隊法違反(防衛秘密の漏えい)容疑で中央警務隊から長時間にも及ぶ取り調べやポリグラフ検査を受けた。15年12月に庶務係として上司のスケジュール管理を、16年3月には省内の行事準備の資料作成などの仕事を命じられるなど、肉体的・精神的苦痛を被ったとされる。
 会談記録は、共産党議員が入手したとする文書で、国会で自衛隊統合幕僚監部が安全保障関連法の成立見通しを米側に伝えていたと指摘。国は「文書を確認できなかった」としていた。



NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」


しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 〇トヨタ自動車(豊田章男社長)は、2008年度から12年度の5年間という長きにわたり法人税(国税分)を1円も払わない一方、株主には1兆円を超える配当をしたうえ、内部留保も増やしています
  トヨタ自動車が法人税を5年間払っていなかったことは、豊田社長の5月8日の記者会見で明らかになりました。
 トヨタ自動車が「法人税ゼロ」となったきっかけは、08年のリーマン・ショックによる業績の落ち込みでした。企業の利益にかかる法人税は赤字企業には課せられません。
 しかし、その後業績は回復し、この5年間に連結で2・1兆円、単体でも0・9兆円の税引き前利益をあげています。
 それにもかかわらず、法人税ゼロとなったのは、生産の海外移転にともなう収益構造の変化によって、大企業優遇税制の恩恵をふんだんに使える体質をつくり出したからです。
 同社は、海外生産を08年度の285万台から12年度には442万台に増やし、428万台の国内生産を上回る状況になっています。この結果、「国内で生産し、輸出で稼ぐ」という従来の姿ではなく、「海外で生産し、稼いだもうけを国内に配当する」という収益構造に変化してきました。
 そのうえ、09年度からは、海外子会社からの配当を非課税にする制度がつくられ、同社はこの制度の恩恵を受けたものと思われます。さらに、同社は研究開発減税などの特例措置を受けています。
 一方、同社は株主には5年間で総額1兆542億円もの配当を行い、内部留保の主要部分である利益剰余金(連結)も、2807億円上積みしています。
 法人税が5年間ゼロとなった理由について、同社広報部は、「詳細については公開を控えさせていただきます」とコメントしています。
種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14

「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々 朝日新聞 4/20
奨学金ローン地獄⁉ Better Better Days: 【奨学金】1,104万円の借金を返済する私は幸せになれるのか 2017-03-02

岩手日報・社説: 大学無償化 なぜ改憲が前提なのか 3/3  ★大学の無償化に、改憲が必要??? 笑止な。70年授業料値上げ阻止、大学闘争の頃は、国立大学は、ひと月1千円だった!今とは、大違い。全学連の御蔭  因みに、その頃は、日本育英会の奨学金(貸与:高利貸しではなかった)は、同1万5千円、特別奨学金(返済なし)が、同1万5千円だった。 今が、如何に、無慈悲か!
国立大学の授業料が93万円に?  2015年12月7日
 ・「国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算」
 ・【悲報】国立大学の授業料、54万円が93万円に!文部科学省が試算結果を発表!国が大学への交付金を大幅に削減へ 2015.12.02
国立大学 学費値上げの歴史 〇国家公務員上級職国Ⅰ初任給との比較
[PDF] 国公私立大学の授業料等の推移(PDF)
財務省が「国立大の授業料」の値上げを提案!私立大近くまで引上げ 05/12/2015 〇国立大は値上げの一途  ★1970年 全学連、私立・国立大授業料等値上げ反対闘争が、潰されてから。一貫して、政府は、値上げ! 安倍コベ政策堅持。
国立大学授業料|年次統計

都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 
NHK:スペシャルコンテンツ 「ジョンナム氏殺害」



 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧




東京新聞【社説】 加計学園問題 国民に真実を知らせよ 5/27 〇学校法人加計学園の獣医学部新設には、安倍晋三首相の意向が働いたのか。文部科学省の前川喜平前次官はそう記載された文書の存在を認めた。政府と国会は、国民に真実を知らせねばならない。
 加計学園の理事長は、安倍首相の友人が務めている。その系列大学の獣医学部を国家戦略特区に新設する計画に絡み、「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」などと記された文書の存在が明るみに出た。
 先日、前川氏は記者会見し、内閣府から文科省に伝えられたことを示すその記録文書について「確実に存在していた」と証言した。
 昨年九月から十月にかけて、獣医学部新設を担当する文科省専門教育課から受け取り、幹部間で共有したと説明した。「あったものをなかったことにはできない」と述べ、文書の信ぴょう性をかたくなに否定する政権を批判した。
 「公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられたと認識している」とさえ語っている。
 国家戦略特区制度を隠れみのにして、加計学園への利益誘導を強いられた。言外にそうした重大な疑義を差しはさんだ形である。
 当時の事務方トップの身を賭しての実名証言は極めて重く、文書の存在は裏づけられた。前川氏は、国会での証人喚問の機会があれば応じるという。国民の疑問に対して、政府と国会は事実をつまびらかにする責務がある。
 二年前に閣議決定された日本再興戦略では、生命科学などの新分野の獣医師が求められ、既存の獣医学部では間に合わない場合に限り、獣医師の需要の動きを考えて新設を検討するとなっていた。
 にもかかわらず、どんな獣医師がどの程度必要なのか見通しすら示されないまま、加計学園を前提とした「暗黙の共通理解」のもとで物事が運んだという。前川氏はそうした経緯を証言している。
 天下りあっせん問題の責任を取り、辞職した前川氏について、菅義偉官房長官は「地位に恋々としがみついていた」と攻撃し、記録文書を「怪文書」扱いしている。卑劣なレッテル貼りによる問題のすり替えというほかない
 松野博一文科相は、職員七人への聞き取りとパソコンの共有フォルダーの調査だけで文書の存在を否定した。再調査を拒み、明らかに幕引きを図ろうとしている。
 森友学園問題に続き、真相を隠ぺいしようとするような政権の姿勢は、国民感覚から懸け離れ、政治不信を深めるばかりである

【社説】加計文書存在証言 真相究明を強く求める 【琉球新報】2017.05.27 〇「行政の在り方がゆがめられた」。学校法人加計学園の獣医学部新設を巡る問題で、文部科学省の前川喜平前事務次官は政治が行政をゆがめたと批判した。その批判と疑念に安倍晋三首相をはじめとする関係者は誠実に応えるべきだ。
 森友学園問題によって、権力者に迎合して官僚が先回りして事を進める「忖度(そんたく)」という言葉が一般的になった。今回の前川氏の証言は「総理の意向」を受けて忖度が始まることに加え、時には「意向」を盾にごり押しが行われてきたことを強く疑わせる内容だった。
 「官邸の最高レベルが言っている」などと記載されていた文書について前川氏は「文科省の専門教育課で作成され、昨年9月から10月にかけて受け取った文書に間違いない。幹部の間で共有されていた」「私が現に見て、受け取った。確実に存在していた」と、具体的に述べている。
 文書がやりとりされた時期の事務方トップによる生々しい証言にもかかわらず、松野博一文科相は文書の再調査を拒否した。政府は都合の悪い物はないことにすることを繰り返している。しかし、今度という今度は、国民は「不存在」という説明に納得しないだろう。
 規制緩和をして獣医学部の新設を認めるには条件を満たす十分な根拠が必要だった。前川氏は、農水省や厚労省からそのような根拠が示されないまま「赤い信号を青い信号と考えろと言われた」と述べた。「押し切られた」という認識を示し、自らの責任にも言及した。
 小選挙区制、政党助成金制度の下で党執行部の力が強くなり、自民党内ではかつてのような議論ができなくなったと指摘されている。さらに安倍政権は2014年に内閣人事局を新設し、官僚ににらみを利かせるようになった。慣例を無視した人事を官僚は恐れるようになっているという。
 今回の証言には、このような権力の集中が行政から公平性、透明性を失わせているとの憤りが込められている。安倍1強政権の下、国政の病理は深刻な状態にあるのではないか。
 民進、共産、自由、社民の野党4党が前川氏の証人喚問を要求したが、自民党は即座に拒否した。政府与党はどこまで国民に背を向け、責任放棄を続けるのか。文書の再調査と証人喚問を速やかに行い、真相を究明すべきだ。

【社説】[加計学園文書] 深まった疑念解明せよ 【南日本新聞】2017.05.27 〇安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計学園(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、文部科学省の前川喜平前事務次官が会見し、「総理の意向」「官邸の最高レベルが言っている」との文言が含まれる記録文書を「本物」と明らかにした。
 政府内で「怪文書だ」「文書の存在は確認できなかった」などと文書の正当性を否定する意見が相次ぐ中、事務方トップの立場で新設計画に携わった前川氏の証言は重い。
 証言により、首相やその周辺の意向が働いて行政がゆがめられたのではないかという疑念は一層深まった。
 政府はこれ以上、調査と説明を拒んではならない。
 加計学園は政府の国家戦略特区制度を使い、愛媛県今治市に岡山理科大の獣医学部新設を計画した。今回問題となった文書は、新設要件が決まる前に、特区を担当する内閣府とのやりとりを文科省が記録したとされるものだ。
 前川氏は文書の存在を認めただけでなく、特区を活用した計画自体を「極めて薄弱な根拠で規制緩和が行われた」と批判した。結論ありきだったとも指摘した。
 安倍首相が「岩盤規制の突破口を開く」とした特区制度の公平性は大きく揺らいでいる。
 前川氏が文科省の対応について「黒を白にするような意に反するようなことをさせられている」と述べたことも見逃せない。
 安倍首相の関与や圧力はあったのか。解明に向け、野党は前川氏の国会への証人喚問を要求する方針だ。当然のことだ。
 だが、菅義偉官房長官は文書について「出元が不明で信ぴょう性が定かでない」と主張し、松野博一文科相も「再調査の考えはない」として要求を拒否する構えだ。
 官邸の指示や官僚の忖度(そんたく)の有無に疑問がある点で、加計学園と森友学園の問題は通底している。
 森友学園問題で、政府は真相解明を脇に置いて疑惑を否定し、籠池泰典前理事長による一連の証言の信ぴょう性を問題にした。財務省は学園側との交渉記録を破棄したとして詳しい説明を避け、調査を拒んだ。
 今回は複数の文書が出てきているにも関わらず、真相解明には後ろ向きだ。
 国民の疑念に向き合おうとしない政府の姿勢には、安倍1強のおごりを感じざるを得ない
 国の政策やその形成過程に関する情報は、特定の人や省庁のものではない。政府は徹底的な調査と説明で、国民の「知る権利」に応えるべきだ。

【社説】「共謀罪」書簡 ◆説得力のある反論できるか◆ 【宮崎日日新聞】2017.05.27 〇共謀罪の構成要件を取り込み「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡り、衆院通過を前に国連特別報告者が政府に書簡を送り「深刻な欠陥のある法案をこれだけ拙速に押し通すことは絶対に正当化できない」と強く批判した。政府は「内容は明らかに不適切」と抗議。「国連の立場を反映するものではない」とする。
 一般人が適用対象になる恐れがあり「監視社会」を招くと訴える野党の反対を数の力で抑え込み、今国会中の成立を目指すが、思わぬところからの批判に政府はいらだちを隠せない。
「表現の自由」制約も
 特別報告者は国連人権理事会に任命され、個人の資格で表現の自由やテロリズム、貧困、女性差別など、さまざまなテーマに関わる各地の人権状況の調査を行う。菅義偉官房長官は「個人の調査」であることを強調するが、書簡で報告者が懸念する「プライバシーや表現の自由の制約」は、政府がこれまで多くを語っていない点だ。
 政府は速やかに反論を取りまとめて送り、公表すべきだ。共同通信世論調査では77・2%もの人が「政府の説明が十分だと思わない」と回答している。それも踏まえ、反論は詳細かつ丁寧なものでなければならない。
 書簡を送ったのはケナタッチ国連特別報告者。政府が外務省を通じて抗議すると、今度は「法案の欠陥に一つも向き合っていない」「法案やその他の法律のどこに、プライバシー権の保護と救済が含まれているか示してほしい」とする22日付の書簡が送られてきた。
 犯罪が実行され被害が生じる前の計画段階で罰するには、プライバシーに踏み込み「内心」を探ることが必要になる。適用対象の「組織的犯罪集団」の誰かが自首したり、周辺関係者が通報したりすることもあるかもしれないが、多くの場合は監視により捜査の端緒をつかむことになろう。
傍受対象の拡大懸念
 LINE(ライン)やメールもチェックされ、人権侵害につながると追及されると、金田勝年法相は「通信傍受法の対象犯罪ではなく、対象に追加する法改正も予定していない」とし「リアルタイムで監視できない」と答弁。さらに一般人が捜査対象になるとの指摘には「犯罪集団と関わらない一般人は捜査対象とならない」と説明した。
 傍受対象の拡大について、法相は「検討すべき課題」としていた当初の答弁を修正したが、警察内には期待する声が根強い。また一般人を巡って政府は、正当な活動をしている団体でも目的が一変して犯罪集団とみなされた場合、メンバーはもはや一般人ではないと説明。市民団体や労働組合も対象になるとの懸念は拭いきれないままだ。
 政府の反論が国会でこれまで繰り返してきた説明の焼き直しにすぎないなら、ケナタッチ国連特別報告者は納得せず再び書簡を送ってくるだろう。

【社説】【深まる加計疑惑】学部新設必要だったのか 【高知新聞】2017.05.27 〇学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部新設計画を巡る問題で、文部科学省の前事務次官が、「総理の意向」などと書かれた文書を「存在していた」と証言した。
 「省内調査で確認できなかった」と一貫して否定する政府の主張を覆す内容だ。事務方トップで実際に許認可を所管した本人の実名告発であり、政府は再調査と、国民への説明責任を一層重く負った。
 安倍首相の「腹心の友」が学園の理事長を務める。新学部が計画される愛媛県今治市の国家戦略特区を担当する内閣府が、文科省に「総理の意向だ」などと早期開学を求めたと取れる文書が発覚。その真偽が問われてきた。
 証言した前次官は「文科省の専門教育課で作成され、幹部の間で共有された」と認めた。その上で、計画そのものを「薄弱な根拠の中で規制緩和が行われ、行政の在り方がゆがめられた」と述べた。
 解明すべき疑惑の入り口は、ここにある。政府が特区制度による獣医学部新設を必要とした根拠は。それは妥当だったのか。
 国は50年以上、獣医学部の新設を許可してこなかった。獣医師の「質の確保」を理由とし、日本獣医師会も求めなかったという。
 今治市と加計学園は2007年以降、15回にわたって申請し、いずれも認められなかった。それが、第2次安倍政権が「岩盤規制の突破口」として始めた特区制度で、2016年に新設方針に転換。2017年1月にわずか8日間の募集で、応募は加計学園のみだったという経緯がある。
 「将来の人材需要への見通しは示されず、特区での規制改革が行われた」。前次官は「関係者の間で暗黙の共通理解としてあった」と述べ、学部新設に疑義を抱いていた文部科学省に対し、内閣府が加計学園ありきのように許可を迫ってきたとの認識をそう説明した。
 政府が「岩盤規制」だったとする長年の強固な制限を取っ払い、獣医学部新設を決めた経緯の急展開ぶりに、前次官の証言と記録文書の内容は重なって見える。菅官房長官が言う「出所不明の怪文書」との扱いにはもはやできない。
 新たな獣医学部は必要だったのか―。そこが疑惑の原点であり、文書に優先して解明を急ぐべきポイントだろう。
 前次官は文部科学省の天下り問題で引責辞任した。「出会い系バー」に通っていたとも報道され、認めた。菅官房長官が「地位にしがみついていた」と人格攻撃のようになじるなど、政府側には逆恨みの虚言かのように否定する声もある。だが、いずれも問題の本筋の枠外であり、獣医学部新設の事実関係を調べないとする理由にはならない。
 獣医学部の緊急性は。官僚の「忖度(そんたく)」はなかったか。国民に膨らむ疑問に政府は答えなければならない。前次官は偽証すれば罪に問われる可能性もある証人喚問に応じる構えだ。国会は事実解明の責任を負う。

【社説】前川前次官の証言 証人喚問で真相解明を 【徳島新聞】2017.05.27 〇国会で証人喚問を行い、真相を解明しなければ、国民は納得しないだろう。
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部新設計画を巡って、文部科学省の前川喜平前事務次官が記者会見し、「総理の意向」などの記述のある記録文書が「確実に存在していた」と明言した。
 前川氏は、新設計画への国の対応に関して「人材需要への明確な見通しが示されず、薄弱な根拠の中で規制緩和が行われた。公正、公平であるべき行政の在り方がゆがめられた」とも述べた。
 菅義偉官房長官は、文書について、前川氏の説明を踏まえても「出所不明で信ぴょう性に欠ける」と強調した。
 だが、新設計画に携わった当時の事務方トップの証言である。重く受け止めるのが当然ではないのか。
 民進党など4野党は徹底追及する構えで、前川氏の証人喚問を求めたが、自民党は拒否した。事実関係の究明に後ろ向きな対応は理解できない。前川氏は、喚問があれば応じる意向を示している。
 加計学園が進めているのは、政府の国家戦略特区制度を活用して、愛媛県今治市に岡山理科大学の獣医学部を新設する計画だ。
 問題の文書は、昨年、文科省が、特区を担当する内閣府とのやりとりを記録したものとされる。内閣府側の発言として「官邸の最高レベルが言っている」「総理の意向」などと記されていた。
 会見で前川氏は「昨年9~10月、担当の専門教育課から事務次官室で報告、相談を受けた際に受け取った文書に間違いない。専門教育課で作成され、幹部の間で共有された文書だ」と説明した。
 さらに、「官邸の最高レベル」は、総理か官房長官のどちらかだと思ったと述べた。
 加計学園ありきだったのかとの問いには、「関係者の間で暗黙の共通理解としてあった」と話した。
 重大な発言であり、真偽の検証が欠かせない。
 前川氏は文書について「改めて調査すれば、存在が明らかになる」と指摘した。
 それでも、松野博一文科相は「文書の存在を再調査する必要はない」と言う。省内調査では「文書の存在は確認できなかった」としたが、パソコンの削除履歴を調べていない。不十分である。
 獣医学部の新設は52年ぶりとなる。これほど長い間、新設を認めなかった岩盤規制を加計学園が突破できた背景に、官邸の指示や官僚の忖度(そんたく)がなかったのかが、問われている
 政府は、いずれも否定しているが、説得力に乏しい。
 野党は衆参予算委員会で、安倍首相が出席する集中審議を求めている。自民党は受け入れるべきだ。
 首相自らが国民に詳しく説明する必要がある。
 何が真実なのか分からないまま、うやむやに終わらせてはならない。


【社説】オバマ氏広島訪問1年 次の一歩踏み出さねば 【中国新聞】2017.05.27


【社説】「加計学園」文書/国会は証人喚問すべきだ 【神戸新聞】2017.05.27 〇重い発言である。文部科学省の前事務次官が会見で、政府の見解を真っ向から否定した。
 「あったことをなかったことにはできない」
 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡る問題で先週、明らかになった文書が文科省内で作成されたことを認めた。文書には獣医学部の早期開学に関して、内閣府が文科省に「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと伝えたことが記されていた。
 加計学園の理事長は安倍晋三首相が「腹心の友」と呼ぶ人物である。文科省は「調査の結果、存在が確認できなかった」とし、政府も「出所不明で信ぴょう性に欠ける」と怪文書扱いだった。
 これに対し、当時の事務方トップの前事務次官は「文書は専門教育課が内閣府の言ったことをまとめたもので、幹部の間で共有された。中身も100パーセント信じている」と述べた。
 もう怪文書では済まされない。今回の証言で事態が大きく変わったのは明らかだ。加計学園に対し政府内で何らかの配慮があった可能性が強まった。うやむやにすることは許されない。
 さらに踏み込んだ発言もあった。獣医学部新設を可能にした規制緩和が「極めて薄弱な根拠の中で行われた」とし、政治によって「公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられた」というのだ。
 自らの責任を認めた上で、「文科省は政権中枢からの意向、要請に逆らえない状況にある」とも語っている。
 ここまで批判されながら、政府から聞こえるのは前事務次官の「人格攻撃」のようなものが多く、まともな反論がほとんどないのはどうしたことか。
 在任中に触れた情報の公表は国家公務員の守秘義務違反の恐れがある。前事務次官もそのことを否定していない。覚悟の会見ということなのだろう。
 文書の中身については、発言内容が記された元自民党衆院議員の日本獣医師会顧問も「真実」としている。
 国会は前事務次官を証人喚問し、何が事実なのかを解明すべきだ。自民党は拒否しているがそれでは通らない。国会には国民の疑問に答える責務がある。

【論説】前次官会見 政府は国民疑念に答えよ 【福井新聞】2017.05.27 〇【論説】学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、「総理のご意向」などの記述があるとされる文書について、当時の文部科学省の事務次官だった前川喜平氏が記者会見で「本物」と断じた。これに対して政府は「再調査の必要はない」「怪文書」「信ぴょう性に欠ける」などと門前払いに終始。これでは国民の疑念は深まるばかりだ。
 加計学園が政府の国家戦略特区制度を活用し、愛媛県今治市に岡山理科大の獣医学部を新設しようとした際、学園理事長が安倍晋三首相の友人であるがゆえに優遇されたのではないかとの疑惑が持たれている。
 「質の確保」を理由に獣医学部は半世紀以上も新設がなく、加計学園は2007年以降、15回も申請を繰り返したが、ことごとく却下された。その潮目を変えたのが安倍政権の特区制度だった。
 前川氏は、「加計学園ありき」だったのかとの問いに「関係者の間で暗黙の共通理解としてあった」と述べた。今年1月に文科省の天下り問題で引責辞任したとはいえ、それまで事務方のトップとして加計学園が特区の事業者に選定される一連の過程にいた人の発言である。
 「高等教育課から受け取った文書に間違いない」との証言もあり、すぐにでも調査できるはずだ。それでも「再調査する必要はない」と言い張る松野博一文科相こそ隠蔽(いんぺい)のそしりを免れない。
 野党が求める前川氏の証人喚問に関しても与党は否定している。「次にどんな爆弾を落とすのか」(政府筋)との不安から、「森友学園問題」と同じように“逃げるが勝ち”を決め込んでいるとしたら国民をばかにするなと言いたい。
 菅義偉官房長官は25日の会見で天下り問題を持ち出し「(前川氏が)責任者として地位に恋々としがみついた」などと人格攻撃ともいえる批判をした。証人喚問では古傷にさわられ、さらには「出会い系バー」通いなどにも質問が及ぶだろう。前川氏はそうしたことも承知の上で喚問に応じる覚悟のはずだ。
 「行政がゆがめられた」との発言に政府内からは「官僚トップとして他省と話し合うべきだった」と批判が出たが、各省庁幹部級の人事権を握る官邸、内閣官房、内閣府の絶大な影響力に歯向かうのはたやすいことではない。「最終的には内閣府に押しきられてしまった」(前川氏)というのが現実だろう。
 発言内容から見えてくるのは「官僚の忖度」であり、安倍首相の便宜供与まで行き着くのは難しいとの見方もある。現に首相は「働きかけるつもりがあるなら、私が直接、松野文科相のところに行く」と自信をのぞかせてもいた。
 ただ、「赤信号を青信号だと考えろ」(前川氏)といった実態が浮かび上がることで、政権へのダメージは少なくない。政府は安倍離れを警戒するあまり再調査や証人喚問から逃げるつもりなら、それこそ「黒を白にする」(同)愚行だ。

【社説】共謀罪法案 国連専門家の重い指摘 【信濃毎日新聞】2017.05.27 〇プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある―。
 「共謀罪」法案について、人権状況を調査する国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏がこんな懸念を示す書簡を日本政府に送った。
 捜査機関が共謀を察知するには幅広い監視が必要になる。人権が侵害される心配が幾度となく指摘されてきた。同じ問題意識を国連の専門家も表明した事実は重い。政府は真摯(しんし)に向き合うべきだ。
 特別報告者は、国連の人権理事会が任命、独立した資格で各国の人権状況を調査し、理事会に報告する。ケナタッチ氏はプライバシーの権利に関する報告者だ。
 氏は法案を検討した結果、「計画」や「準備行為」の定義が曖昧で、恣意(しい)的に適用される可能性があると分析。国内論議ではあまり触れられなかった問題も次のように指摘している。
 ▽監視が強化されるのに、プライバシー保護策を新たに導入する条文や規定がない▽監視に対する令状主義を強化する予定がない▽監視活動を許可する第三者機関の設置が想定されておらず、捜査機関の裁量に委ねられる―。
 書簡は、これらの問題について日本政府の見解を問う質問状の形式を取っている。にもかかわらず政府はこれに答えるどころか、「一方的に書簡を発出した」と抗議文を送り付けている。
 ケナタッチ氏が「法案の欠陥について、一つも向き合っていない」と反論したのは当然だ。国連の調査に誠実に対応しないとの印象を与えたことは否めない。
 抗議文で政府が「法案は国民の意見を十分に踏まえて策定された」と主張しているのも疑問がある。政府はいつ、法案に対する国民の意見を聞いたのか。世論調査でも賛否は拮抗(きっこう)しており、誤った説明ではないか。
 政府が国連特別報告者の指摘を受け付けないのは、今回に限ったことではない
 言論・表現の自由の保護に関する報告者のデービッド・ケイ氏が昨春、来日し関係者から聞き取り調査をした。特定秘密保護法に関し「秘密の定義が曖昧」と指摘。記者を処罰しないことの明文化を含めて法改正を提案した。法の適用を監視する専門家からなる独立機関の設置も求めた。
 政府は馬耳東風で、対応する動きは何もない
 共謀罪法案は参院での審議に移る。ケナタッチ氏の指摘を踏まえて議論し、政府の独善的な姿勢も問わなければならない

【社説】安保をただす PKO撤収 国際貢献の在り方論議を 【信濃毎日新聞】2017.05.27 〇南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加してきた陸上自衛隊の部隊が首都ジュバから全て撤収した。
 これで日本が部隊を派遣しているPKOはなくなる。5年余りにわたる活動を総括するとともに、これからのPKO参加の在り方を議論しなくてはならない。
 長年の内戦を経てスーダンから分離独立した南スーダンの国造りを支援するため、2012年から派遣されてきた。施設部隊としては過去最長になっている。延べ3900人ほどが派遣され、約260キロの道路を補修した。
 11次隊約350人が4月から順次、撤収してきた。最後の第4陣がジュバの空港を出発し、帰国の途に就いている。司令部要員の派遣は今後も続ける。
 13年末以降、政府軍と反政府勢力の内戦状態に陥った。日本のPKO参加には、紛争当事者間の停戦合意などの5原則がある。これを満たしているのか、派遣継続の妥当性が問われる活動だった。昨年7月にはジュバで大規模な戦闘が発生した。
 政府は5原則を満たしていると説明してきた。反政府勢力は系統立った組織性などがなく、紛争当事者に当たらないとの立場だ。派遣を続けるため、無理な理屈を重ねてきた印象が拭えない。
 部隊の日報にあった「戦闘」という表現を巡っては稲田朋美防衛相が、武力衝突はあったが法的な意味での「戦闘」ではない―と苦しい答弁を繰り返した。
 日本がPKOに初参加した1992年のカンボジア派遣から25年になる。この間のPKOの変容に改めて目が向く。停戦監視が中心だった役割は拡大している。市民保護のため積極的に武力介入もするのが今のPKOだ。
 稲田氏は南スーダンからの撤収を受け、新たな派遣について「国際社会の平和と安定に日本が貢献できる場があれば、派遣する」と記者会見で意欲を示している。安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」の任務を含め「必要に応じて活用したい」とする。
 「戦闘」を「衝突」と言い換えて正当化するような派遣を続けることは許されない。
 今後のPKO参加、国際貢献の在り方について国会で掘り下げる必要がある。武器使用を伴う活動の拡大より非軍事の人的貢献に力を注ぐべきではないか。PKOの現状を踏まえ、議論を深める時だ。


【社説】加計文書問題 証人喚問で真相究明を 【秋田魁新報】2017.05.27 〇「公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられた」
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、内閣府が文部科学省に「官邸の最高レベルが言っていること」などと対応を求めたとする文書について、同省の前川喜平・前事務次官が記者会見し「文書は確実に存在していた」とした上で、新設計画に対する政府の対応を批判した。
 文書については同省が「存在は確認できなかった」との調査結果を発表している。だが、獣医学部新設を担当する専門教育課の共有の文書フォルダーなどを調べただけで、個人のパソコンなどは調べていない。
 前川氏は「あるものをないと言わざるを得ない、できないことをできると言わざる得ない」と同省の状況を察しつつ、「あったものをなかったことにはできない」と会見に至った心境を説明した。文書は複数あり、昨年9~10月に専門教育課が作成したもので、前川氏を含む幹部の間で共有されていた「本物」という。
 文書には内閣府からの回答などとして、「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい。これは官邸の最高レベルが言っていること」「(設置時期について)『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」といった記載がある。官邸からの指示や、官僚の忖度(そんたく)があったことをうかがわせるような内容だ。
 前川氏は今年1月、同省の組織的天下り問題の責任を取って事務次官を辞任した。政府内には「天下りできなかった腹いせ」と批判する声もあるが、当時の事務方トップの発言は重い。菅義偉官房長官は「自身が責任者だった時に堂々と言うべきだった」などと非難したが、ならば発言の真偽を早急にはっきりさせるべきだ。
 前川氏は証人喚問に応じると明言している。前川氏の発言により、「総理から一切指示はない」などとする政府の説明への疑問は深まっている。国会の場で真相を明らかにする必要がある。
 新設計画は、地域を限定して規制を緩和する国家戦略特区制度の一環で、愛媛県今治市が提案し、加計学園が事業者に選ばれた。前川氏が「行政がゆがめられた」と指摘するのは、獣医の将来需要への見通しが示されず、規制緩和の根拠が薄弱なまま獣医養成のための学部新設が認められたからだ。
 前川氏は「(加計学園ありきは)関係者の暗黙の共通理解としてあった」とも話している。事実なら、権力者に近しい者を優遇したことになり、行政の公平性、公正性に対する裏切りだ。行政が「ゆがめられた」のかどうか、政府は国民に説明しなければならない。

道新・社説: 教育の無償化 改憲と切り離すべきだ 5/27 〇安倍晋三首相が改憲の具体的項目として、9条への自衛隊明記とともに、高等教育までの無償化を挙げた。
 憲法は義務教育を無償と定めている。これを大学など高等教育まで拡大するよう、憲法に書き込むとの提案だ。
 貧富の差に関係なく、誰でも大学で学べる社会の実現に異論はない。だが、無償化は改憲しなくても可能だ。事実、民主党政権時代には高校が無償化されている
 首相は誰もが賛同する教育無償化とセットにすることで、反対が根強い9条改正に踏み込もうとしているかのようにも映る。
 無償化が必要と考えるなら、改憲論議と切り離して、すぐにでも取り組むべきである。
 憲法は26条で義務教育の無償化をうたっている。
 その対象拡大を禁じているわけではない。だからこそ、民主党政権下で高校無償化法が成立し、公立高校の授業料は免除、私立高校にも就学支援金が支給され、事実上無償化が実現した。
 これを、選挙目当ての「ばらまき」と批判したのは野党だった自民党だ。事実、政権交代後は所得制限を設け、制度を後退させた。
 にもかかわらず、突然の「変節」である。
 教育無償化については、日本維新の会も憲法による規定を求めている。9条改正という目的達成に向け、維新の協力を得るために無償化を「だし」にするような手法であるなら、到底認めがたい。
 経済協力開発機構(OECD)の調査では、日本の国内総生産に占める教育機関への公的支出割合は、比較可能な33カ国中32位だ。
 教育費の多くを家庭が負担している。こうした実態が少子化の一因にもなっている。教育の無償化は喫緊の課題なのだ。
 幼児教育から高等教育まで無償にすると、年間4兆円以上が必要とされる。財源を巡っては教育国債発行や、社会保険料引き上げによるこども保険創設などが出ているが、いずれも決め手に欠ける。
 さらに、世帯収入に関係なく全員を対象とするのか、無償化の範囲は幼児教育だけか、高等教育まで含むのか―など、実現に向けては難問が山積みだ。
 解決には、国会が党派の壁を取り払って、活発な議論を展開することが欠かせない。
 無償化を本当に実現したいのであれば、対立点の少なくない憲法を絡めて提唱したところで、逆効果ではないか。

河北新報・社説: 商工中金の不正/存在意義を厳しく問いたい 5/27 〇政策遂行の一端を担う政府系金融機関による悪質な不正である。その全容と背景、経営責任について、徹底的に解明しなければならない。
 商工中金で発覚した全国規模の不正融資を巡って、金融庁、経済産業省、財務省が立ち入り検査に乗り出した。
 商工中金が設けた第三者委員会の調査で、不正は全国35支店に及び職員99人が関わっていたことが判明した。だが調査の範囲は、不正が横行した「危機対応融資」案件の1割強にすぎない。検査の進展次第では不正の拡大、新たな不正も発覚しかねない。厳しい姿勢で臨みたい。
 問題の危機対応融資は、世界経済の混乱や大震災といった外的要因で、資金繰りが危機的状況に陥った中小企業を救済する。民間金融機関が回収難を恐れ融資に二の足を踏むといったケースが対象だ。
 だが実際には経営が悪化していない企業について、書類を商工中金職員が改ざんするなどして、悪化しているように見せかけて融資を実行していた。こうした犯罪的行為にとどまらず、一部の支店ではその隠蔽(いんぺい)を図っていたというのだから、悪質極まりない。
 なぜ不正が広がったのか。第三者委が背景として指摘したのは組織ぐるみの融資実績づくりである。「平時」では危機対応融資は減り、そのことは業務の縮小につながる。その事態を避けるには、実績を維持しなければならない。
 実際の資金需要を無視した事業計画が支店に割り振られ、そのノルマ化が「現場への過度のプレッシャーとなり、不正行為が全国的に広がる要因になった」との見方だ。
 中小企業を守るための公共性の高い事業を、業績維持、ひいては組織存続のために利用したのだとしたら、政府系金融機関としての存在意義を自ら否定したに等しい。国民に対する背信行為だ。
 しかも、不正融資を受けた企業は経営が悪くなかったのだから、民間から融資を受けられたことを考えれば、民業圧迫でもある。政府系金融機関として、あるまじき行為というほかはない。
 なぜ、今回のような問題が生じたのか。組織の体質、風土を根本から見直す必要がある。不正行為を巡る経営陣の責任はむろんのこと、経営体制や組織統治の在り方について、立ち入り検査で深くメスを入れなければならない。
 商工中金の経営環境を取り巻く問題もある。トップに歴代OBを送り出してきた経産省にとっては重要な「天下り先」である一方、一度は民営化のレールが敷かれながら、大震災などもあって方針が見直され、今は「半官半民」の経営体制となっている。
 政策遂行と営利追求が半々という曖昧な業務運営を強いられ、官庁とのなれ合い体質も温存する。そうした企業風土が不正拡大の温床になったとの指摘もある。この機会にうみを出し切りたい。

秋田魁新報・社説:加計文書問題 証人喚問で真相究明を 5/27 〇「公平、公正であるべき行政の在り方がゆがめられた」
 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、内閣府が文部科学省に「官邸の最高レベルが言っていること」などと対応を求めたとする文書について、同省の前川喜平・前事務次官が記者会見し「文書は確実に存在していた」とした上で、新設計画に対する政府の対応を批判した。
 文書については同省が「存在は確認できなかった」との調査結果を発表している。だが、獣医学部新設を担当する専門教育課の共有の文書フォルダーなどを調べただけで、個人のパソコンなどは調べていない。
 前川氏は「あるものをないと言わざるを得ない、できないことをできると言わざる得ない」と同省の状況を察しつつ、「あったものをなかったことにはできない」と会見に至った心境を説明した。文書は複数あり、昨年9~10月に専門教育課が作成したもので、前川氏を含む幹部の間で共有されていた「本物」という。
 文書には内閣府からの回答などとして、「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい。これは官邸の最高レベルが言っていること」「(設置時期について)『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」といった記載がある。官邸からの指示や、官僚の忖度(そんたく)があったことをうかがわせるような内容だ。
 前川氏は今年1月、同省の組織的天下り問題の責任を取って事務次官を辞任した。政府内には「天下りできなかった腹いせ」と批判する声もあるが、当時の事務方トップの発言は重い。菅義偉官房長官は「自身が責任者だった時に堂々と言うべきだった」などと非難したが、ならば発言の真偽を早急にはっきりさせるべきだ。
 前川氏は証人喚問に応じると明言している。前川氏の発言により、「総理から一切指示はない」などとする政府の説明への疑問は深まっている。国会の場で真相を明らかにする必要がある。
 新設計画は、地域を限定して規制を緩和する国家戦略特区制度の一環で、愛媛県今治市が提案し、加計学園が事業者に選ばれた。前川氏が「行政がゆがめられた」と指摘するのは、獣医の将来需要への見通しが示されず、規制緩和の根拠が薄弱なまま獣医養成のための学部新設が認められたからだ。
 前川氏は「(加計学園ありきは)関係者の暗黙の共通理解としてあった」とも話している。事実なら、権力者に近しい者を優遇したことになり、行政の公平性、公正性に対する裏切りだ。行政が「ゆがめられた」のかどうか、政府は国民に説明しなければならない。

岩手日報・論説: 公文書の在り方 「国民のため」忘れるな 5/27 〇公文書の在り方が問われている。学校法人「加計学園」(岡山市)や「森友学園」(大阪市)と政治をめぐり、解明の鍵となるべき文書の問題が取りざたされている。
 手続きが透明性や中立性を欠くとの指摘のある加計学園の獣医学部新設計画。これに関し、文部科学省が内閣府とのやりとりを記録したとされる文書には「総理のご意向」など生々しい表現がある。
 菅義偉官房長官は「出どころも明確でない怪文書」と発言。文部科学省も「存在を確認できなかった」と早々に結論付けたが、同省の前川喜平前事務次官が「確実に存在していた」と証言した。
 ただ、公文書としての書式は整っていないとされる。
 では、公文書はどうなっているのか。約50年ぶりに獣医学部の新設が認められた事案だ。政策決定には相応の判断があったはずで、公文書で残しておくべきことではないだろうか。
 一方の森友学園の国有地払い下げ問題。財務省は公文書管理法に基づく「財務省行政文書管理規則」によって交渉記録を廃棄したとし、経緯の説明を避けた。交渉や面会記録など歴史公文書に該当しない文書の保存期間は細則で1年未満となっている。
 防衛省が一時「廃棄済み」としていた南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報も、保存期間が「1年未満」とされた。
 行政対応で問題が発覚するのは、何年か経過してからというケースが少なくない。記憶に頼ろうとすると「言った」「言わない」になる。経緯を確かめるために文書ほど確かなものはない。
 国民のために作られる公文書が安易に廃棄されてはならない。将来政策判断を評価するために必要なものはきちんと保管しなければなるまい。
 公文書管理に詳しい識者は「行政文書の保存期間が1年未満というのはあくまで例外」と指摘。抜け道が作られないよう制度改善を促す。
 管理、保存体制を強化する公文書管理法は2009年に成立。年金記録紛失などでみられたずさんな管理に歯止めをかけるのが狙いだった。
 同法は公文書を「国民共有の知的資源」として、役所の説明責任と国民の主体的な利用を明確化。政策決定過程を検証できる形で文書を作成するよう規定している。
 その重要性は同法施行の11年、東日本大震災でも浮き彫りにされた。震災や原発事故を受けて設置した対策組織の多くで議事録未作成が発覚。対応の検証に禍根を残した。
 政府は公文書管理に関するガイドラインを見直す方向で検討を進める。重要性を強く自覚するなら、抜本的な改善を図らなければならない。

福島民報・論説: 【女性皇族の身分】真摯な国会論議望む(5月27日) 〇政府は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案」を閣議決定し、衆院に提出した。直前に秋篠宮家の長女眞子さまが婚約されることが明らかになった。安定的な皇位継承と女性皇族を含む皇室活動の担い手問題に改めて注目が集まる。国政の場でたびたび課題に浮上したが結論は出ていない。先延ばしは無責任だ。国会は国民の総意を得るよう努力し、党利党略を超えて真摯[しんし]な議論を尽くすよう望む。
 特例法案は、退位の意向をにじませた天皇陛下の昨年8月のビデオメッセージが契機となった。衆参両院の審議を経て今国会中に成立する見通しだ。与野党間の擦り合わせは大筋で済んでいる。皇位の安定継承については付帯決議に記すことになっており、女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」創設に触れるかが焦点となる。
 眞子さまは結婚されると皇室典範により皇籍を離れる。皇族は天皇、皇后両陛下を含め一人減の18人となる。女性皇族に関して平成17年、首相の私的諮問機関は女系皇位継承を容認する報告書を発表。24年には当時の旧民主党政権が女性宮家創設を盛り込んだ論点整理を公表した。皇族が減少する中での皇室活動に対して政府と国会は懸念を共有してきたが、解決を先送りしてきた。
 政府は女系天皇容認につながりかねないとして女性宮家創設に否定的だ。旧宮家(旧皇族)の皇族復活や女性皇族が皇籍を離れた後も公的な身分を与えて公務を委嘱する制度を検討しているとされる。一方の民進党は女性宮家創設に賛成の立場だ。考え方に隔たりがある。とはいえ、皇族減少を招く事態が起きるたびに議論を蒸し返すのは好ましくあるまい。
 衆参両院正副議長は女性宮家などの創設について「政府が特例法の施行後速やかに検討する」との「国会見解」を今年3月に出した。結論を出す時期は与野党の主張を踏まえて「明示は困難」「1年をめど」の両論を併記した。皇位継承、皇族の範囲に関わる問題だけに落ち着いた環境で熟慮する必要はあるが、国民の関心の高まりも考えれば一定の期限を示すべきだ。
 憲法第1章は天皇の地位と国民主権などを定めている。第1条は「地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とある。皇室の在り方は私たちの意思で決まるのだ。国会で論議されるのは初めてであり、国民の負託を受けた国会議員の責任は重い。特別法案の趣旨を分かりやすく説明して課題解決に導かなければならない。(鞍田炎)

愛媛新聞・社説: 加計問題で前次官証言 政府は再調査し説明責任果たせ 5/27 〇「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」などと記された文書は「真正なもの」で、「公正公平であるべき行政の在り方がゆがめられた」―。岡山市の学校法人加計学園の、今治市への岡山理科大獣医学部新設を巡り、看過できない証言が飛び出した。「怪文書」と切り捨て、黙殺することはもう許されない。安倍政権は、不透明な経緯や疑惑の解明に自ら率先して取り組まねばならない。
 特区担当の内閣府とのやりとりを文部科学省が記録したとされる文書について、文科省の前川喜平前事務次官が本物と認めた。獣医学部新設の規制改革は加計学園ありきの「暗黙の共通理解だった」とも明かした。
 計画に携わった当時の事務方トップの証言は、極めて重い。松野博一文科相は先週、たった半日の省内調査で「文書は存在しない」と結論し、前川氏の証言後も「ヒアリングも再調査も必要ない」の一点張り。だがそれでは国民の納得は得られず、首相の意向や官僚の忖度(そんたく)で政策がゆがめられたのではないか、との疑念を拭えるはずもない。
 前川氏は、特区の計画自体も「条件に全て合致していない」「極めて薄弱な根拠の中で規制緩和が行われた」と振り返り、圧力の可能性を示唆した。当事者が声を上げた以上、政権側の立証・説明責任は免れ得ない。やましいことがなければ堂々と調査、説明を尽くすべきだ。
 問われているのは行政の公正性、透明性、根拠である
 地域が国に提案する「構造改革特区」に対し、安倍政権が2013年に打ち出した「国家戦略特区」は国主導のトップダウン型。その性質上、条件やルール作りを含め「総理、政権の意向」は当然に反映され、だからこそ公平性や中立性がより厳しく求められる。事後であろうとも政策の意思決定過程を国民にオープンにする責務があろう。
 安倍晋三首相が「腹心の友」に、直接便宜を図ってはいないとしても、内閣府が意向を忖度し、あるいはかさに着て、条件を都合よく緩めた可能性は否定できない。その内閣府は、一方の当事者の中村時広知事が「助言を受けた」との認識を示したのに「誤解だ」と否定するなど不自然な態度で口をつぐむ。なぜ15回も却下された申請が突然通り、なぜ「新設は空白地に限る」など加計学園に有利な条件が、後から追加されたのか。明確に答えねばならない。
 また政府の、政権に歯向かうと見た人への人格攻撃は目に余る。菅義偉官房長官は無関係な文科省天下り問題を持ち出し、引責辞任した前川氏を「地位に恋々としがみついていた方」などと中傷した。読売新聞が「出会い系バー」に行った過去を唐突に報じた件も含め、権力の振る舞いを強く憂慮する。
 「あったものを、なかったことにはできない」。前川氏の言葉を、政府は重く受け止めるべきだ。国会で真実を語らない限り、問題は決して終わらない。 







国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: