FC2 Blog Ranking
2017-05-30

5/30: 加計学園問題など主権者の疑念、危惧・懸念につき 政府は政治責任、説明責任を果たせ 安倍政権の言行は、いぎたなく、被疑者然!責任逃れに終始、主権者の意思・期待に応えず、不誠実

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十四期を迎えました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2016年8月1日より第十四期(*)に入りました。
この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報  
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・“前川発言”めぐり批判 野党「全面審議拒否」も 5/30(火) 17:08
 ・「令状がないGPS捜査は違法」で一部無罪の判決 5/30(火) 17:01   ★令状主義、厳格運用を!簡裁でも。
 ・全国各地が真夏日 あすは多少和らぐも熱中症注意 5/30(火) 17:00
 ・「女性宮家創設」検討を明記 与野党合意 5/30(火) 16:38    ★愛子天皇も、可。望めば! 亦、皇族に、離脱の自由(平民化)を。
 ・イラスト入りナンバープレート解禁 名産品や祭りも 5/30(火) 14:55
 ・北が威嚇“在日米軍基地以外も攻撃目標に” 5/30(火) 15:55   ★7分で東京に届くなら、核シェルターなしで、生活防衛できるのか‼‼
 ・北朝鮮の国営メディア「ミサイル発射実験に成功」と報道 5/30(火) 7:52  ★7分が、Jアラート挟み、3分に⁉ 何もできない!大本営、有害⁉
 ・タイガー・ウッズ選手逮捕、アルコールか薬物影響下で運転の疑い 5/30(火) 7:18
 ・かわいい双子たち、中国・上海の動物園でお披露目 5/30(火) 7:17
 ・新潟市で36歳女性殺害、近くに手首を切った40代の男 5/30(火) 6:58
 ・北朝鮮の核・ミサイル問題、中国にさらなる役割求める 5/30(火) 6:55  ★安倍氏は、加計、森友問題、人権侵害・問題に、大童! 果報を寝て待つ???安倍友

宮内庁: 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば  ○象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日)
  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
5月30日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 「恋々としてますが、なにか?」 5/30 (笹井明子)
 〇5月29日朝日新聞朝刊の「政治断簡」というコラム欄に、「恋々としてますが、なにか?」のタイトルで政治部次長の高橋順子さんの文章が掲載されていた。
恋々としてますが、なにか? (政治断簡) 朝日新聞 政治部次長 高橋純子 2017年5月28日

 「小学3、4年生の頃だったか。母にしばしば、古本市に連れて行かれた。お目当ては、百科事典。働き者で倹約家、本などめったに読まないのに、品定めする横顔はなんだかうれしそうで、子ども心に意外な感じを受けた。
  でも今なら、ちょっとわかる。早く社会に出たから知らないことがたくさんある、とこぼしていた母のこと、憧れの「知」を身近に引き寄せ、なりたかった自分になれそうな気がしていたのだろう。」

 この出だしで始まるコラムは、母親の「知」に対する直向な思いとの対比として、最近話題になった「中が空洞のダミー本3万5千冊をインテリアとして置くことを計画しているツタヤ図書館」を取り上げている。

 その中で、この図書館の計画を進めた担当者の「入った時に『うおっ』と思って頂ける空間づくりをしたい」という発言を紹介し、「中身なんてどうでもいい。むしろ空洞の方がいい。安いし軽いし入れ替えも楽だ」とでもいうようなこの図書館の発想に対し、「ああこれ、この感じ。安倍政権が民を扱う手つきに似ている。」と言って、以下のような本題に話を展開させている。
 ◇◇
 参加でも共働でも包摂でもなく、動員。中身や過程はどうでもいい、頭数さえそろえばOKという身もふたもない割り切りが、安倍政権の特質だと私は思う。
 (略)
 動員に効くのは雰囲気の演出。ゆえに何かにつけて2020年、東京五輪・パラリンピックを持ち出す。あるいは、逆らったら面倒なことになるという空気を作り出す。
 (略)
 でも、私たちは過半数を形成する頭数でも、「1強」を演出するインテリアでもない。

 「常にあなたを他の誰かのようにしようとする世の中で他の誰でもない自分でいること、それは人間にとって最も過酷な戦いに挑むことを意味する。戦いを諦めてはならない。」
 ・・・(略)・・・(「コムデギャルソン」の工事フェンスより)

 戦いたい。諦めたくない。
 そう。私は、私であることに、恋々としているのだ。
 ◇◇

 「加計学園」問題での前川前事務次官の毅然とした行動と、その前川氏に対し公の場で口汚く人格攻撃をした菅官房長官の言動を目の当たりにして、今の政権下「個人が自分のままでいること」がいかに権力によって攻撃・侵害されるかという現実に気付かされ、それを我がこととして受け止め、強い苦痛を感じた人は少なくないと思う。 

 昨今朝日新聞は、安倍首相によって挑発的な敵視の公言を受けても、表立った抗議をすることはなかったが、今回の前川氏に対する質の悪すぎる人格攻撃には、朝日の政治部次長も腹に据えかねたようだ。

 「私は、私であることに、恋々とする」宣言は、権力によって個人の尊厳を踏みにじられることを拒否する宣言として、多くの人に共有され、その輪は確実に広がっていくだろう。
 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より

「護憲+」ブログ: 「コッカイオンドク」 5/30 (コナシ&コブシ) 〇小原美由紀さんという石川県の主婦の方が、国会の審議の書き起こしをフェイスブックに載せてくださっています。

 平成の治安維持法と言われる「共謀罪」についてもたくさんの書き起こしがあり、なんとそれをみんなで音読してみようというイベントを行っているそうです。

 3~4人集まれば、金田大臣、山尾しおりさん、等と役割を決めて音読すると、大臣の発言のずさんさが実感としてよくわかるとのこと。

 あちこちに少しずつ広がっているそうです。
 「コッカイオンドク」というホームページもできて、台本(?)も体験報告もあります。
 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より

イシャジャの呟き: 曇り空  ☁  誕生日の花  フタリシズカ 花言葉 いつまでも一緒に 5/30
 〇フタリシズカ

 暫く 更新できませんでしたが、関係するブログは 読ませていただいております。

 花の季節は終り、若葉が眩しく映えています。

 カテゴリなしの他の記事
  五月晴れ
  晴れ
  休み明け
  連休の終わり
  立夏
 ◎天木氏が新党憲法9条 代表:天木直人を立ち上げたようです。故 なだいなだ氏が立ち上げた”老人党”や老人党リアルグループ「護憲+」とも通じるところもあるし・・・、拡散するように、今日も URLを貼ってみました・
 ◎老人党リアルグループ「護憲+」のブログは 更新されていますので 是非 クリックしてご覧ください

 今日のトピックス Blog5/29: 北朝鮮との戦争「壊滅的」=米国防長官  戦争になれば、北朝鮮の脅威が日本や韓国だけでなく、中国やロシア(米国)にも広がると 平和の為、行動すべきは、日本の市民・主権者。暴君・安倍ではない


「護憲+」ブログ: あったものを、なかったものにできない 5/29 (猫家五六助) 〇ネット記事のリンクです。
 ===
 「あったものをなかったものにできない。」からもらった勇気
 ・
 ・
 「あったものをなかったものにできない。」

 前川氏が、自分には何の得もなく逆に大きなリスクがあり、さらに自分の家族やお世話になった大臣や副大臣、文部科学省の後輩たちに迷惑をかけると分かった上で、それでもこの記者会見をしたのは、
 「正義はある」
 ということを、子どもたちに見せたかったのではないだろうか?
 「あったものをなかったものにはできない。」
 そうなんだ、嘘をつかなくていいんだ、正しいものは正しいと、間違っているものは間違っていると、多くの人を敵に回しても、自分の意見をはっきりと言っていいんだ
 子どもたちとって、これほど心強いことはない。

 「正義」や「勇気」のタネを自分の心に蒔いて、しっかりと育てていいんだ
 どれほど心強いだろう。
 ・
 ・
 「あったものをなかったものにはできない。」
 何が真実なのか、私たちはしっかりとこれからも探求していかなければならない。
 今後、どのように動くのか全くわからないが、私たちは、文部科学省というこの国の教育を司る省庁のトップに、強い正義感と真の勇気を持った素晴らしい人物を据える国であり、時に身を呈して、国民のためにたった一人でも行動を起こす、そんな人が政府の中枢にいる国だということは間違いない。
 ===
 「キッズドア 渡辺由美子 オフィシャルブログ」

 加計学園問題で前川前事務次官が記者会見を行いました。省益など様々な思惑もあるのでしょうが、私は前川さんの良心とプライドに賛同します。
 「総理大臣の特権」と胸を張っているような利益誘導と官僚の忖度、ナベツネ読売新聞の意図的なリーク記事など、ヒトラー並みの独裁政治が目に余ります
 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


「護憲+」ブログ: 「暗い時代の人々」 森まゆみ著 5/29 (パンドラ)
 〇この本の「暗い時代の人々」というタイトルは、ハンナ・アレントの「暗い時代の人々」という著書から取られている。この本はヨーロッパでファシズムの嵐が吹き荒れる中、精神の自由を守るために闘った人々を描いた人間論である。
 この「暗い時代の人々」(森まゆみ著)は、昭和の日本が15年戦争に突き進んで行ったあの時代に、戦争を遂行しようとしていた勢力に対し、「精神の自由」を曲げる事なく守り抜こうとした人々の人間論である。
 斎籐隆夫、山川菊栄、山本宣治、竹下夢路、九津見房子、斎籐雷太郎、立野正一、古在由重、西村伊作の9人の人々を描いているが、今回はこの中の山本宣治について取り上げようと思う。

 山本宣治は1889年に生まれた。両親は京都の宇治に「花やしき」という別荘を建て、病弱だった宣治は幼少期をそこで過ごした。大変心優しい少年で「花を植えて世の中を美しくしたい」という思いで園芸家の道を歩み始めるが、後にカナダへの渡航を切っ掛けに生物学者へと変転していく。
 山本宣治という人の眼が、園芸から生物学、あらゆる生あるものに対する興味、やがて人間とそれを取り巻く「社会」へと拡がっていく変化の歴史でもあった。
 山本宣治を写真で見ると、随分線の細い優しげな人である。しかし彼の生涯を見ると決して優しい事は弱い事ではない。生物学者から政治の世界に打って出た彼は、「山宣ひとり孤塁を守る…」という有名な演説を残し、治安維持法に反対し、1929年40才を待たずに暴漢に襲われ無念の死を迎える。これが当時戦争に反対した衆議院議員に対する国家の仕打ちだった。
 この本に取り上げられている人々は、あの暗い時代に自らの意思で灯りを灯そうとした人々である。
 そして今その「暗い時代」が満開の桜、ゴールデンウィークの後に、静かに立っているような気がしてならない。新しい戦争の気配を身にまといながら。

 「知ろうとしない事は罪である。」と誰かの言葉にあったが、奇しくも今日は「共謀罪」が参議院で審議されようとしている。そんな日だからこそ、ひとりでも多くの人にこの「暗い時代の人々」を読んで欲しいと思っている。
 「護憲+コラム」より


 今日のトピックス Blog5/28: 職歴ゼロの41歳に未来はあるのか? 税金、保険料、ケータイ料金も年老いた両親に頼る日々 首相は責任逃れに大童 加計・森友 &PKO最高司令官の大罪! (国民)自衛官を危険に曝し逃げ…


「護憲+」ブログ: 今が正念場 5/28 (流水) 〇釣りをやる人には常識ですが、引き潮の時と満ち潮の時では、釣れ方が全く違います。同時に、潮の変わり目を読むのが、漁師や釣り人の腕なのです。この潮目の読みを間違えると、釣れるものも釣れなくなります。
 わたしは、森友事件が発覚した時、これは安倍政権の足元を直撃する事件になると直感しました。多くの人に最も分かりやすく、最も嫌われる『ズル』そのものの事件だったからです。教師の経験から言うと、子供たちが最も嫌うものは、差別される事と『ズル』をしていい思いをする奴なのです。
 森友事件の根本は、権力者に近寄り、『ズル』をしていい思いした、と言う所にあります。その『ズル』をさせた張本人が、安倍昭恵夫人というわけです。だから、これを責めれば、安倍政権の足元を直撃すると直感しました。これが第一の潮目です。
 その当時、もっともっと重大な問題が、加計学園の問題だと書きました。私の県では、加計学園は大変有名な学園で、大学も二つ持っており、付属高校も付属中学も持っています。付属高校は何度も甲子園に出場しており、岡山県の私立高校では、最も有名な高校の一つです。
 ただ、加計学園の異常な膨張ぶりは、他の私立の大学、高校とは、明らかに一線を画しており、学校経営と言うものは、それほど儲かるのかな、というのが謎でした。
 今治市の岡山理科大学の獣医学部建設の話を聞いて、その謎の一部が解けました。これは、明治時代の官営工場の払い下げ問題などと同じ構図で、政治と結びつけば、これほど有利な条件で学校建設ができる、と言うわけです。
 考えればすぐ分かりますが、学校用地の取得はただ。校舎建設の費用も半分は市や県が出してくれます。その学校用地を担保として、銀行からお金も借りる事ができます。一粒で二度おいしい話です。これは、国有地の払い下げ問題も同様な構図です。現に、国有地払い下げビジネスというものも存在しているようです。
 ですから、加計学園問題は、それこそ安倍政権の権力犯罪そのものの匂いがぷんぷんします。考えても見てください。国家戦略特区の最高責任者は安倍首相本人。安倍首相は、国家戦略特区の議長なのです。
 元々、加計氏と今治市は、小泉政権の特区構想が出された当時から、獣医学部新設を要請していたのです。学生時代からの“腹心の友”である安倍首相がその話を知らないはずがないのです。もう少し付け加えると、加計氏は安倍首相の有力な後援者(政治資金も含めて)なのです。
 だから、国家戦略特区で加計学園の獣医学部新設を認めるなどということをしたら、何の問題がなくても、疑いの目で見られるのは当然なのです。まして、今回のようなもろに圧力をかけ、前川前事務次官をして、『行政の筋を曲げる』とまで告発された事案です。どう言い訳しても、安倍政権の関与は確実なのです。
 以前にも書きましたが、民主主義、民主国家の権力者が常に心がけておかねばならないのは、『権力行使は最小限にとどめ、できるだけコンセンサスに基づき行政を進めていく』という事です。『民主主義』がコストも時間もかかるというのは、この『コンセンサス形成』に時間がかかるためです。まだるっこしいようですが、独裁的に物事を決めるより、結果としてコストがかからないのです。
 加計学園問題は、古くて新しい合意形成を大切にする『民主主義』の理念に対する安倍政権の挑戦だという認識が必要なのです。
 わたしは、安倍政権は、森友問題、加計学園問題で満身創痍だと思っています。菅官房長官が、会見でなりふり構わず、前川氏個人の人格攻撃を行ったのも、彼の危機感の表れでしょう。
 わたしたちはもういい加減に気がつかなければなりませんが、今回の問題では、前川氏が信用できる人間かどうかなどと言う問題はどうでも良いのです。そうではなくて、彼が本物だと主張する『文書の内容』が本質なのです。
 菅官房長官が典型ですが、歴史修正主義者の論法は、関係ない相手のミスを執拗に攻めて、相手の主張の本質を消し去るのです。そして、自らの主張に対する反論には、「問題ありません」とか「関係ありません」という断定口調で、一切答えないか答えを逃げる、はぐらかすのです。
 この論法は一見強いように見えますが、実は現実の物事の進行に対して対応策を講じきれないのです。
 今回の森友事件、加計学園問題の対応を見てください。民間人の籠池氏だけは証人喚問しておいて、安倍昭恵夫人や財務省職員などは証人喚問しません。前川氏が証人喚問に応じても良い、と言えば、民間人だから喚問しない、と言います。
 論理矛盾で理屈が通りません。こういう辻褄の合わない事を平気で押し通そうとすれば、誰がどう見ても「よほど都合の悪い事があるのだな」と思います。
 歴史修正主義者の常ですが、本質論議を避けるため、一度対応を誤ると、その対応を正しいとするためにさらに間違った対応をせざるを得ないのです。今回の前川氏の反乱は、この綻びを極限まで広げました。菅氏の狂乱ぶりは、その衝撃の深さを物語っています。
 このように考えると、今、安倍政権は深刻な危機に見舞われているのです。彼らは、これを正面突破できる理論も方法も持っていません。
 と言う事は、かなり『強権的な方法』を使う可能性が高い、と言う事です。今日のサンデーモーニングでも話題になり、前川氏のバ―通いがすっぱ抜かれた件から、元毎日新聞記者西山太吉氏が、沖縄返還交渉で結ばれた日米の密約をすっぱ抜いたら、当時の首相佐藤栄作の逆鱗に触れ逮捕された事件の再来があるのではないかと危惧していました。
 常識的に考えれば、それだけこの政権は追いこまれているのです。ただ、一つだけ問題があります。安倍首相はじめ、菅官房長官など政権中枢の幹部連中は、その認識がないか、足りないのではないかと思われます。
 現役教師だった時、一番困った問題児は、「こんな事をしたら恥ずかしい」という感性が無い子供でした。『恥の感覚』が無いのですから、なかなか問題行動を止められないのです。問題児が立ち直るには、言葉によって「心を育て」、それを歯止めにして一つ一つ自分自身を振り返る事ができるようにするのが一番なのです。
 どうも、安倍政権中枢の連中を見ていると、『権力の行使』それも『間違った過剰な行使』をする事が、権力者のレーゾンデートルと心得違いをしているように見えて仕方がありません。
 普通の神経を持ち、恥の感覚がある、通常の政権なら、森友、加計学園問題でアウトです。ただ、安倍政権は、そういうものを持ち合わせていません。リベラルな野党やメディアが読み違えているのは、そこなのです。
 しかし、彼らが理解しようがしなかろうが、彼らが追い込まれているのは、世間一般の常識です。この『常識』は強いのです。釣りで言えば、今が『潮目』です。
 注意しなければならないのは、彼らは普通でないという認識です。だから、普通でない方法や攻め方を工夫しなければなりません。それさえ出来れば、安倍内閣の命運は尽きる、と思います。
 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


 今日のトピックス Blog5/27: 「あったことをなかったことにはできない」 前川氏ならずとも勿論 事実は、国民主権、民主主義の根幹・基礎 国民の意思に反する 人権に綽名す、政府・権力者の独裁・独断は許されぬ


「護憲+」ブログ: 悪貨は良貨を駆逐する 5/27 (流水) 〇前川前文部科学省事務次官の反乱は、大きな衝撃を官邸に与えています。菅官房長官のコメントは、前川氏個人の人格攻撃に主眼を置いたもので、前川氏の真摯な問題提起に応えるものではなかった。
 もともと、前川氏の問題提起は、内閣府が獣医学部の新設を強引に押し付けた事に対する批判が主であり、内閣それ自体は批判していません。つまり、省庁間の軋轢の問題なのです。本来なら、菅官房長官はよく話を聞いて、文科省と内閣府の間の調整に当たる、と言うのが筋だったはずです。
 それをせずに、激しく前川前事務次官個人に対する人格攻撃をするなどと言うのは、どう見ても常軌を逸しています。
 そして、記者会見での前川氏の丁寧で毅然とした話しぶり、まっすぐ前を向いた視線は、誰がどう見ても、大変好感が持てるものでした。昔風に言うならば、『人品骨柄卑しからず』で、大変高潔な人格の持ち主だという事が、まっすぐ伝わってきました。
 それに引き比べ、前川氏の問題提起には何一つまともな回答はせず、ただ『人格攻撃』をする菅官房長官の姿は、あまりにも品がなく、情けない限りです。前川氏のような人物が攻撃を受け、排除されていく。日本の現状が浮き彫りになった会見でした。
 『悪貨は良貨を駆逐する。』わたしの頭に浮かんだ言葉です。
 元々は、経済学の「グレシャムの法則」を意味していました。簡単に言えば、『価値の無い通貨』と『価値のある通貨』を市場で運用した時、必ず『価値の無い通貨』が市場を支配します。理由は単純明快です。人々は、『価値のある通貨』は手元に置きたいのです。一言で言えば、リスク管理です。だから、『価値の無い通貨』が市場を席巻するのです。
 このたとえは、現実の人生に当てはまる場合が多いので、現在はそちらで使われる場合が多いのです。
 ここでしっかり認識しておかねばならないのは、人間、正しい認識で行動する(「良貨」で行動する)のは、ある種の心の規制が必要だという事です。昔風の日本の諺で言えば、『武士は食わねど 高楊枝』の心意気がなければ、なかなか「悪貨」には勝てません。
 前川氏には、明らかに『武士は食わねど 高楊枝』精神がありました。彼があのような会見をするという事は、天下り先に就職する事を諦めた、と言う事です。
 彼は、官僚の出世の行き止まりの事務次官でした。黙っていれば、かなりの天下り先は用意されていたはずで、退職金だけでも数千万円を下らないでしょう。それを全て投げ打って、会見に応じたのです。
 菅官房長官のいうように「怪文書」の類でそんな馬鹿な事はできません。誰がどう見てもあの8枚の文書は本物なのです。
 しかし、誰もが、前川氏のような「良貨」になるのは難しいのです。普通の人ではなかなか彼のような思い切った行動はとれません。だから、前川氏のような人を攻撃するのです。自分ができない事をする人を誹謗中傷する事により、自らのアイデンティティを回復するのです。
 菅官房長官が人格攻撃をすればするほど、「奴には勝てん」という思いが、ブーメランのように菅官房長官の心に返るのです。だから、菅官房長官は、前川氏が許せないのです。
 わたしは、菅官房長官の今回の人格攻撃は、翁長知事に対する攻撃と同じだと思います。沖縄のために、自分の全人生を賭けている翁長知事の毅然とした生き方に心の中で圧倒されているからこそ、あの沖縄に対する非道なやり口が増幅されているのだと思っています。
 しかし、前川氏の会見姿勢と菅官房長官の会見姿勢を見れば、どちらが人々の心を打つかは、一目瞭然です。人間、正しい事をしている人と、そうでない人とは、目の輝き、語る姿勢、語り口、醸し出す雰囲気、全てが違います。今回に限って言えば、菅官房長官は、前川前事務次官の人間力に完全に圧倒されています。
 この印象は私だけではないと思います。前川氏のような人を誹謗中傷し、個人攻撃をする。これをおぞましいと思わない人は、たくさんはいないと思います。
 今が、安倍内閣の悪政を衆人の目にさらす絶好の機会です。前川氏やそれを支える朝日、毎日などのメディアをサポートしましょう。
 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より

 今日のトピックス Blog5/26: 統合幕僚長発言/憲法軽視は容認できない 家庭教育支援法案??? 加計学園の認可=疑惑は深まるばかり 会見で疑念が益々深まった もう「怪文書」ではない  国民主権、真髄は日本国憲法


 今日のトピックス Blog5/25: 前文科省事務次官前川氏「あったことをなかったことにはできない」“総理の意向”「対応に苦慮した」 前次官の国会招致を 野党は政府追及へ 【加計問題の調査】この消極姿勢は何なのか


 今日のトピックス Blog5/24: 加計学園新学部「できない選択肢ない」 内閣府が迫る 愛媛県知事「内閣府から助言」 文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」!と 国政、首相より、国民、主権者本位に替えよ


「護憲+」ブログ: 「森友問題の幕引きは許さない!」森友・加計問題を考えるシンポジウム6/13  5/24 (笹井明子)
 〇「森友問題の幕引きを許さない市民の会」が下記シンポジウムを企画し、参加を呼びかけています。
 森友・加計問題は、「首相のご意向にNOという選択肢はない」という、近代法治国家とは思えない政治の慣習を健在化させました。
 更に、安倍首相の「私や妻が関与していたら、総理も議員も辞める」「私がもし働きかけて決めているのであれば責任をとる」という発言の結果、国会では、安倍首相の関与を否定するための、官僚や大臣たちによる事実の隠蔽、虚偽発言の異常な事態が続いています。
 こうした安倍内閣による国政の私物化と、異常な国会運営をこのまま黙って見過ごすわけにはいきません。「森友・加計問題」をウヤムヤに終わらせないことは、国会を正常な姿に戻す第一歩ではないでしょうか。
 是非このシンポジウムに参加して、私達に何ができるか、パネラーの皆さんと共に考えませんか。
 ===
 ★森友問題の幕引きは許さない!★
 森友・加計問題を考えるシンポジウム

 「日本の民主主義と法治主義のあり方を問う」
 6月 13日(火)
 PM 2:30~4:30

 パネリスト
    小川敏夫(民進党参議院議員)
    宮本岳志(日本共産党衆議院議員)
    杉浦ひとみ(弁護士)
    青木 理(ジャーナリスト)
   コーディネーター
    醍醐 聰(東京大学名誉教授)

 会場:衆議院第一議員会館
 B1F 大会議室 (資料代:500円要)
 「国会議事堂前」丸ノ内線・千代田線1番出口徒歩3分
 「永田町」 有楽町線・南北線・半蔵門線1番出口徒歩5分
 「溜池山王」南北線・銀座線5番出口徒歩8分

 主催:森友問題の幕引きを許さない市民の会
 お問い合わせ メール:moritomosimn@yahoo.co.jp
 ===
  「護憲+BBS」「イベントの紹介」より

 今日のトピックス Blog5/23: 共謀罪の出汁にした「国際組織犯罪防止条約」側から反撃 国連報告者が安倍首相に「共謀罪は人権に有害」の警告 主権者、参議院、言論の府はなんと心得る 最低でも慎重審議尽くさねば


「護憲+」ブログ: 横浜事件の歴史的な検証は不可欠 5/23 (名無しの探偵) 〇東京新聞でも最近になって、共謀罪の危険性を検証するために、横浜事件の発端となった新潟県の泊にある旅館を、共謀罪に反対する市民たちが訪れていることを報じていた(2017年4月12日夕刊)。こういう検証のツアーは大いに結構なことであるが、共謀罪の国会審議が始まっていることもあり、遅きに失した観は否めない。
 さて、横浜事件の簡単なスケッチは必要なことなので触れておく。
 横浜事件は、1942年、総合雑誌「改造」に掲載された細川嘉六の論文が、「共産主義的でソ連を賛美し、政府のアジア政策を批判するもの」などとして問題になり、「改造」は発売頒布禁止処分にされた。そして、9月14日に細川が新聞紙法違反の容疑で逮捕された。
 捜査中に、細川と「改造」や「中央公論」の編集者などが同席した集合写真(事件捜査の発端となった写真である)が富山県泊町の旅館で見つかり、日本共産党再結成の謀議を行っていたとされた(「泊事件」)。実際は細川が、1942年7月5日、出版記念で宴会を開催した際の写真にすぎなかった。
 1943年に改造社と中央公論社をはじめ、朝日新聞社、岩波書店、満鉄調査部などの関係者約60人が次々に治安維持法違反容疑で逮捕され、神奈川県警の特高は被疑者を革や竹刀で殴打し、失神するとバケツの水をかけるなど激しい拷問をおこない、4人が獄死している。

 横浜事件とよばれるようになったのは警察の管轄からである。しかし、この名称は私は不適切と思う。なぜなら横浜という地域限定の事件ではなく、上記のような有名新聞や出版社(今でも大きい)を狙って、一網打尽の共謀をでっち上げて拷問し、事件に仕立て上げた事件だからである。「横浜事件」という名称は権力の思う壺の名称なのである。
 このスケッチはウィキペディアを基にして書いているが、そこには「真相については現在でも不明な部分が多く、言論弾圧的な側面だけでなく、反東条の有力な政治家近衛文麿の失脚を期したもの」という推測も可能であるとしている。しかしこれも問題が多い。
 かつて、事件の容疑者にされ拷問も受けた木村亨さんの講演を聞いたことがあるが、質疑応答の際に、私が「この事件では先ほど木村さんが敗戦後にGHQの追求を恐れて裁判所(東京地裁)の職員たちが裏庭で事件の証拠書類を焼却していたと言われておりましたが、それなら現在の再審裁判で裁判所が証拠も散逸しているので真相究明は困難だというのは不当な申し開きではないですか」と質問したところ、木村さんは「あなたの言うとおりです。自分たちで証拠を処分しておいて、真相究明ができないというのです」と答えておられた。

 そのときのことは今でも忘れることはできない。木村さんは拷問を受けた(竹刀で殴られたりした)が、自分は柔道をやっていたので拷問に耐えることができたと言っておられた。
 「横浜事件」の再審裁判では、無罪に近い(免訴という馬鹿げた判決)判決が下ったが、この事件を歴史的にきちんと問い続ける作業は不可欠である。私が歴史的に検証した名称ならば、「軍事政権下における最大の言論弾圧事件」となるだろう。
 なお、私が随分以前に入手した「横浜事件資料集」には、容疑者にされた人の中に女性がおられ、この方の手記によれば「裸にされて紐でつるされるという拷問を受けた」と書かれていた。これはどの本にも書かれていない事実であるが、特高は何をするか分からない警察組織だったと言える。
 「横浜事件」の教訓として、「正気を失った権力」は、政府にとって都合の悪いメディアや言論に対して、「単なる出版記念会の宴会」までもその宴会の写真を「共謀」があった証拠としてでっち上げ「事件化するのだ」ということを、肝に銘じる必要が大である、ということなのである。
 「護憲+コラム」より

 今日のトピックス Blog5/22: 国連特別報告者 「テロ等準備罪」法案に“プライバシー権と表現の自由へ過度制限”懸念 治安維持法で逮捕経験者が廃案訴え…拷問などで約500人殺し 30H超のみで強行、豪も許されず‼‼


 今日のトピックス Blog5/21: 安倍・トランプ秘密・電話会談とは 安倍は、改憲に直走り、トランプは12兆円の武器取引と中東版NATO構想に酔う 死の商人!“安倍友”談合⁉…大量破壊・殺戮!構わず 加計、森友亦然り!


「護憲+」ブログ: 「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」にご協力を! 5/20 (笹井明子)
 〇最近、東大名誉教授で「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表の醍醐聰さんが、お仲間と共に「森友問題の幕引きを許さない市民の会」を立ち上げ、その中で「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」活動を開始しました。私も当署名活動の呼び掛け人に参加させていただいています。

 「要望書」のあて先は衆参両院議長、「要望」の趣旨は以下のとおりです。
 ===
 森友学園問題に関するどの世論調査をみても回答者の7,8割が「政府の説明に納得できない」と答えています。その最大の理由は鑑定価格9億円余の国有地が約8億円も値引きされて森友学園に払い下げられた経過、根拠について政府が納得のいく説明をしていないことにあります。また、国有地払い下げの経過を記した公文書を廃棄したと繰り返す財務省理財局の答弁にも強い批判が向けられています。
 さらに、時の総理大臣夫人・安倍昭恵氏が教育勅語を礼賛するなど教育基本法の理念に反する教育を進める森友学園の小学院(2017年4月開校予定)の名誉校長に就任したことに批判が起こっています。また、昭恵氏が同夫人付きの政府職員を介して、問題の国有地の払い下げに深く関与していた疑惑が指摘されています。にもかかわらず、安倍夫人が沈黙を続けていることに批判が広がり、安倍夫人も籠池泰典氏と同じ条件で証人喚問を行うべきという意見が高まっています。
 そこで私たちは、両院議長に次のことを申し入れます。

      申し入れ
 安倍昭恵氏、迫田英典氏(前財務省理財局長)、武内良樹氏(前財務省近畿財務局長)、田村嘉啓氏(財務省国有財産審理室長)、松井一郎氏(大阪府知事)、酒井康生氏(森友学園元弁護士)をすみやかに国会に証人喚問し、国有地の格安売却など森友学園をめぐる一連の疑惑を徹底究明すること
 ===

 趣旨に賛同される方は(以下の)「森友問題の幕引きを許さない市民の会」HPの右側に記載された「署名用紙ダウンロード」または「署名ネットフォーム」を使って署名にご協力ください。よろしくお願いいたします。
 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より


 今日のトピックス Blog5/20: 国連、“共謀罪”国際視点から警告 「恣意的運用」懸念//対象犯罪広範、テロや組織犯罪と無関係、罪刑法定主義違背⁉ 人権保護仕組み欠落 令状主義強化???&裁判所のチェック形骸化


「護憲+」ブログ: 共謀罪が運用されたら、安倍首相を逮捕しよう! 5/20 (猫家五六助)


イシャジャの呟き: 五月晴れ     誕生日の花 シラン 花言葉  互いに忘れない





ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



「護憲+」ブログ: 天皇の退位、「基本的人権」に照らして議論を! 12/10 (厚顔) 
『天皇陛下退位、論点整理取りまとめ始まる 有識者会議 朝日新聞 12/7 
 ・皇室典範
 天皇の人間宣言(「新日本建設に関する詔書」)=年頭の詔書(PDF)/官報号外


九条の会メールマガジン 2017年03月25日 第252号
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━┓┃
★┃九┣┫条┣┫の┣┫会┣┫ メールマガジン ┃★┃ 第252号 ┃★
┃┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━┛┃
┃ ★2017年03月25日発行★  「九条の会」mag@9jounokai.jp  ┃
┃---------------------------------┃
┃ ★憲法9条、未来をひらく★  転送/登録歓迎 http://www.9-jo.jp/ ┃
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   <等幅フォント(MSゴシック・MS明朝など)でご覧下さい>
   (「表示」メニュー → 文字サイズ →「等幅」にチェック)
┌────────────┐
│ 第252号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇「九条の会第6回全国交流討論集会報告集」発売中です
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇9条の会・今治(愛媛県今治市)、◇憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)、
◇栄区九条の会(神奈川県横浜市)
■編集後記~安倍政権の退陣を!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

● 「九条の会第6回全国交流討論集会報告集」発売中です
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆    全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

掲載原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方はmag@9jounokai.jpに投稿
して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の催しに限り、1行事1回
掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発行です。投稿される方
は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はできるだけチラシなどの添
付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際して若干
手を加える場合があります。  (編集部)

● 9条の会・今治(愛媛県今治市)
第46回例会のご案内
とき:3月26日(日)午後2時より
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 憲法9条牛久の会(茨城県牛久市)
「共謀罪」=「テロ等組織犯罪準備罪」について考える集い
日時:3月31日(金)13:30~15:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 栄区九条の会(神奈川県横浜市)
学習会「共謀罪」法案の真実を学ぶ
日時:4月13日(木)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍政権の退陣を!
<詳細はこちらをクリックしてください>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.


今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年は、憲法公布から70年目にあたる節目の年でした。
 ところが、現実には、憲法から大きく逸脱した政治が行われた年でもありました。
 3月に施行された平和安全保障法制(以下、「安保法制」)は、集団的自衛権の行使容認、武力行使一体化論の大幅緩和、「武力」を行使する危険が高い駆け付け警護活動の実施など、憲法9条違反の内容を含むものです。にもかかわらず7月の参院選では、与党が勝利し、それにより、安保法制を既成事実として国民に認知させました。
 しかも、参院選の結果、いわゆる改憲勢力が衆参両院において3分の2を占めたことを受けて憲法審査会が再開され、憲法改正の動きも具体化してきました。
 このように、違憲の国政運営後、選挙で勝つことによりそれを既成事実として国民に認知させ、あわよくば後から憲法改正を行ってそれを追認するという政治は、憲法を法として扱わない非立憲的手法であり、断じて許されません。法と現実が食い違うときに、現実に法を合わせて修正するのでは、法の存在意義がないからです。そして当然のことながら、与党が選挙でどれだけ勝とうが、憲法違反の瑕疵が治癒される余地もありません。また、3年半前の麻生財務大臣の「ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」という言葉どおりの憲法改変が許されるはずもありません。
 非立憲的な違憲政治を正すには、国民が選挙で安保法制に反対する政党に過半数を与える方法(政治ルート)、裁判を通じて安保法制の違憲性を訴えて勝訴することにより、それを無効にさせる方法があります(裁判ルート)。前者についていえば、衆議院の解散総選挙はいつ行われても不思議ではありませんし、後者につき、私たちが提訴した安保法制違憲訴訟もいよいよ佳境を迎えます。3月までには全国各地で20を超える提訴が進み、市民による司法を通じての異議申立てが続きます。こうした意味で、今年は違憲政治を正す正念場となる年といえます。
 さらに、憲法審査会において具体的な改憲論議が始まるでしょうが、その際にどうしても解決しておかなければならない手続に関する問題が2つあります。
 1つは、1人1票の実現です。現在の国会議員は衆参とも、「正当な選挙」(憲法前文)ではない違憲状態の選挙によって選出されており、民主的正統性を欠きます。そんな無資格者が集まった国会に改憲の発議権はありません。まずは人口比例選挙を実現して、民主的正統性が確保された代表者による国会に是正すべきです。
 もう1つは、憲法改正国民投票法の問題です。
 まず、最低投票率の定めがないことです。現状では、たとえば投票率40%であれば、有権者の約2割の賛成で憲法が改正されてしまうのです。主権者の一部の承認しか得られずに変更された憲法に、国民を統合する力は決して高くないでしょう。
 つぎに、改憲の発議後、国民投票までの期間に行われる国民投票運動については、第1に、投票の15日以前まではテレビコマーシャルがやりたい放題です。第2に、投票日の14日以内であっても、有名人やアイドルなどに「自分は賛成です」と語らせることは自由です。賛否の勧誘ではないからです。第3に、雑誌、新聞広告なども資金力豊富な方はやりたい放題です。英国のEU離脱をめぐる国民投票と異なり広告資金の制限もないからです。洗脳に近い効果を持つテレビコマーシャルの禁止、広告資金の上限の設定などが求められます。改憲運動であまりに野放図な表現活動が許された結果、自民党改憲案がめざすような言論の自由が奪われた社会になってしまってから後悔しても手遅れです。
 今後、まずは違憲の事実を許さないと声を上げ続け、その上で手続の適正も踏まえ、大きな視点から憲法を捉えながら、憲法審査会での議論を批判的に監視する力を培っていくことが必要です。それこそが、今を生きる私たちが主権者として負う、次の世代への責任だと考えます。

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後









ANN: 災害公営住宅の引き渡しが完了 宮城・気仙沼市 5/28 〇東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市で、災害公営住宅がすべて完成し、28日、入居する人たちに鍵が引き渡されました。


【論説】「核のごみ」迷走 原子力政策の破綻を象徴 【福井新聞】2017.05.28 〇【論説】「核のごみです」と言われて「どうぞ、私たちの所へ」と言う住民がいるだろうか。極めて強い放射線を出す原発の高レベル放射性廃棄物のことだ。東京電力福島第1原発事故を経験しただけに、危険な難物を最終処分する適地は見つかっても、地域の理解を得ることは困難だ。

【社説】福井県の原発 集中立地やはり危うい 【北海道新聞】2017.05.28 


大飯原発3、4号機「適合」決定 規制委、新基準で7例目 【東京新聞】2017.05.24 

原発メーカーから委員=緊急事態応急対策で-規制委 【時事通信】2017.05.24 
大飯原発3・4号機 審査合格を24日に正式決定へ 【NHK】2017.05.22
高浜原発4号機が発送電開始 5年10カ月ぶり 【日経新聞】2017.05.22 

【論説】高浜4号再稼働 安全性を十分説明すべき 【福井新聞】2017.05.18

【社説】高浜原発再稼働  京滋住民の不安消えず 【京都新聞】2017.05.18 

【社説】東電再建計画 現実を見据えているか 【信濃毎日新聞】2017.05.15
【論説】再稼働と核のごみ 重荷増やしてよいのか 【岩手日報】2017.05.15

【社説】「松川事件」の資料/貴重な記録と記憶を後世に 【福島民友】2017.05.14
 〇司法史に残る貴重な記録と記憶を後世に、そして世界に語り継いでいかなければならない。

浜岡再稼働 知事と全35市町長にアンケート/静岡 【中日新聞】2017.05.13
原発講演会、佐久市教委が後援を取り消し 【信濃毎日新聞】2017.05.13

【社説】規制委委員長 原点に立ち戻った審査を 【信濃毎日新聞】2017.05.12


東電に廃炉費積み立てを義務付け 改正賠償支援機構法が成立 【東京新聞】2017.05.10

国が放射性物質調査へ 浪江の山林火災、正確な情報発信 【福島民友】2017.05.09

国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 



岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26
 〇自民党が安倍晋三首相の“号令”で改憲実現に向かって突っ走り出した。目指すは2020年。議員たちは党内議論の積み重ねをひっくり返した“安倍号令”に唯々諾々と従いつつある。安倍氏は自民党総裁と内閣総理大臣の肩書きを使い分けて立憲主義の制約と憲法擁護義務を免れようとし、与党メディアを通じて持論を宣伝するが、国会では国民の代表に対してまともに説明しようとしない。
 こんなことが民主社会で許されるわけがない。“号令”は「政党総裁としてのリーダーシップ発揮」だと言うが事実上の独裁政治ではないか。自民党内では「自由」、「民主主義」、「寛容」「熟議」「対話」などは死語なのだろうか。 ・・・ ・・・

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: それでも国民は許すのか ・ブログ連歌(488) 5/30 〇安倍首相をめぐる一連の不祥事は、官邸自身が「もうこの問題で議論しない」と言い出すまでになった。事実関係の有無で言い争う段階は、もう過ぎたというのだろう。あとは、この腐敗した不道徳な政権を、それでも国民は許すのかという問題になる。森友学園から始まって加計学園へと続いたこの問題は、「モリ、カケ」とも言われるらしい。そば屋で注文するときは一番安いメニューだが、店の味が素のままでわかるので「通」は大事にする。「安倍そば屋」は、ごてごてしたトッピングで味をごまかしていたということだ。
 天下に怖いもののなくなった安倍政権は、あったものでも「なかった」と言えば、なかったことになると本気で思い込んでいる。マスコミだって「お友だち」にしてあるから、何をしても大丈夫と安心している。ところが時代はテレビと新聞だけではなくなった。政府広報メディアに支配されない情報ツールが育ってきている。広大なネット空間まで支配し尽くせるものではない。それにマスコミの中にだって反骨のある記者が一人もいなくなったわけではない。一つのきっかけがあれば、良心が目を覚ます。今回の場合は「あったものを、なかったとは言えない」と言った勇気ある前川喜平氏の証言が流れを変えた。
 折しも北朝鮮は、ミサイルの発射を派手に繰り返すようになった。安倍政権への援護射撃のようなタイミングだが、前段階としてアメリカの原子力空母群が3組も日本海・朝鮮半島に近づいたという異例の展開がある。その元をただせば、日米韓の防衛協力であり、アメリカと結んで中国・北朝鮮と対峙する日本の基本的な外交政策がある。
 トランプのアメリカには、個性的な独断と、手の早い危うさがある。これを持上げてすり寄る安倍首相では、世界を戦争から遠ざけることはできそうもない。下手をすると自衛隊をアメリカ軍の下働きに出す「国際貢献」に乗り出す可能性がある。南スーダンからは全員無事に撤退が出来たのだが、関連資料を読むと、かなり複雑な内戦状態の中で、施設部隊という平和目的に助けられて、非常に幸運にも戦闘に巻き込まれないで済んだという状態だったようだ。PKOに出るのは、憲法の制約もあることだから、今後は断るべきだろう。傾向としても、先進国は軍の派遣を減らしており、当事国に近い国の軍隊が肩代わりする例が増えているそうだ。
 国の中に向けても、外に向けても、安倍政権の政策は独善と偏見に満ちている。その目指す方向は、「間違った先祖返り」にあると私は思っている。過去の日本そのものでもなく、「想念の中の至高の日本」という虚像に取りつかれているのだ。

植草一秀の『知られざる真実』: 山口敬之氏重大事案深層徹底解明が不可欠 5/30
 〇5月10日付ブログ記事
 「ニュースサイトが排除する山口敬之氏重大情報」
 メルマガ記事
 「刑訴法改悪+共謀罪創設=新治安維持法」
 にも指摘したように、日本の警察、検察、裁判所制度には重大な欠陥がある。
 そして、この欠陥を助長、増幅させているのが日本の御用メディアである。
 元TBS記者で安倍首相の御用記者に成り下がっている山口敬之氏のスキャンダルが暴露されたが、ほとんどのマスメディアがこの情報を封殺する対応を示してきた。
 これに対して、被害があったと訴える女性が顔出しをして記者会見を開いた。
 さすがにマスメディアもこの事実を取り上げざるを得なくなったが、問題の本質は安倍政権の「関与」である。
 森友学園、加計学園、そして今回の警察行政への「介入」疑惑は、安倍政権の本質に関わる重大問題である。
 国会では性犯罪に対する罰則を強化する刑法改定も審議されている。
 このなかで、準強姦疑惑に関する警察・検察当局の対応、また官邸の「関与」に関する疑惑が浮上しており、国会で厳しく事実関係を問わなければならない。
 安倍首相は「逃げ」の一手に走っているが、国会は安倍首相の「説明責任」を問うべきである。
 安倍首相が説明責任を果たすまでは、一切の国会審議に応じないという強い姿勢を示す必要があるが、追及する側の民進党の対応が生ぬるすぎる。
 日本全体が腐敗し始めていると言わざるを得ない。
 日本の警察・検察・裁判所の前近代性を示す三つの重大な問題点を指摘している。
 第一は、検察、警察に不当に巨大な裁量権が付与されていること
 第二は、基本的人権の尊重が全うされていないこと
 第三は、裁判所が行政権力の支配下に置かれていることである。

 不当に巨大な裁量権とは
 犯罪が存在しないのに犯罪をねつ造して無実の市民を犯罪者に仕立て上げる裁量権と
 犯罪が存在するのにその犯罪者を無罪放免にする裁量権のことである。
 これが警察・検察の巨大利権の源泉になっている ・・・





海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 6月2日 (金) 国連表現の自由特別報告者 デビッド・ケイ氏を迎えて -対話と相互理解を求めて- とき 6月2日(金)13時00分-14時30分 ところ 衆議院第2議員会館 多目的会議室 日本の表現の自由とメディアの独立性、国連の特別報告者制度についてお話しいただきjます。

IWJ: 「官邸からの自民党に対する権力統制は凄まじい」「自民党議員は何も言えない状況」~江崎孝議員らが「共謀罪」廃案へ向けてスピーチ!――共謀罪法案の参議院本会議での審議入りを許すな!5.29国会前行動 2017.5.29

IWJ: 「共謀罪」国会を中継しないNHKにOB・OGから憤りの声! 「NHKニュースだけ観ていても安倍政権の実態がわからない」~元NHKディレクター・池田恵理子氏が語るメディアの「アベチャンネル化」 2017.5.29

IWJ: 「国は福島の事故をなかったことにしようと被災者も避難者も消し去ろうとしている」~池内さおり議員が自主避難者の訴えを紹介――再稼働反対!首相官邸前抗議 2017.5.26



植草一秀‏  @uekusa_kazuhide フォロー中 その他 ブログ記事「山口敬之氏重大事案深層徹底解明が不可欠」https://goo.gl/U3PXNj  メルマガ記事「腐敗し切っている日本の警察・検察行政」http://foomii.com/00050  更新しました。ご高覧、拡散お願いします。#アベ友事案 #警察・検察の犯罪 55 リツイート 22 いいね 17:01 - 2017年5月29日

有田芳生‏ 認証済みアカウント   @aritayoshifu フォローする その他 毎日新聞、東京新聞も報じていますが、1面トップ記事にしたのは朝日新聞だけ。都合の悪いことは「記録が残っておらず確認できません」と和泉洋人首相補佐官。記者から法務委員会で加計学園を総理に聞くかと問われました。おそらく小川敏夫さんが追及するでしょう。わたしは共謀罪に絞ります。

#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 #報ステに橋下はいらない23と報ステの会さんが冨永 格をリツイートしました とりあげてくれたテレビ朝日に応援! 山口敬之の言い分わざわざ流すなって抗議もこちら! 電話→03-6406-5555 ご意見フォーム→http://goo.gl/i4Pcn  #報ステに橋下はいらない23と報ステの会さんが追加 冨永 格 @tanutinn モーニングショーで「詩織さん」の会見。「上からの指示で逮捕できませんでした、私も捜査を外れます、と言われました」の部分を中心に約12分。山口氏の反論メール「権力の介入があったという重大な主張をするなら、単なる印象操作ではなく具体的に指… 10 リツイート 7 いいね 17:32 - 2017年5月29日

きむらゆい‏  @yuiyuiyui11 フォロー中 その他 #朝日 5/30 「総理は言えないから私が言う」 首相補佐官から要求 #加計新学部 で前次官証言 和泉洋人首相補佐官と昨年9月から10月にかけて複数回面会 /1面トップ。35面にも。 安倍氏&和泉洋人氏は知らぬ存ぜぬを辞め真摯に応えよ。 文科省で報告を受けた人も証言すべき。

ジョンレモン‏  @horiris フォローする その他 #モーニングショー もみ消され不起訴。絶対におかしい。 #山口敬之 が安倍政権と距離が近いジャーナリストであり、不起訴に“忖度”があったのではないかという重大な事件。



志村建世のブログ: 写真集「北辺の機関車たち」 ・ブログ連歌(488) 5/29 〇写真集「北辺の機関車たち」を見ました。大木茂さん(大木晴子さんのお連れ合い)ほか2名の機関車好きが、現役の学生時代に撮りためた写真を再編集した復刻版です。発行元は(株)復刊ドットコム(本体価格4000円)です。
 ここに登場する機関車たちは、私にとっても懐かしいものばかりでした。私の実家は、駒込、田端、上中里の3駅からほぼ等距離の位置にあり、高台から見下ろす田端の操車場も、その続きにある田端機関庫も、子供時代からしょっちゅう見に行く気に入りの場所でした。戦時中には、間近に見る機関車の力強い姿は、「日本はまだまだ大丈夫だ」という、安心感を与えてくれました。田端と駒込の中間で、山手線と合流する貨物線の列車がトンネルを抜け、全力で煙を噴き上げる機関車に引かれて坂を上がってくる姿は、声援を送りたくなるような勇ましさでした。時には力尽きて途中で止まってしまい、急発進で動輪を空転させることで力をつけ、ようやく再び動き出すこともありました。
 それにしても、蒸気機関車とは、何という人間臭い存在でしょうか。石炭を食べさせて熱を作り、水を蒸気に変えてピストンを動かし、無骨な鉄筋を振り回して車輪を回して行くのです。車輪と連動する煙の噴き上げは、遅くなると苦しい息継ぎのようになり、蒸気は吐息のように感じられるのでした。
 大木茂さんの鉄道好きは、これを転機として機関車に集中して行ったのでしょう。晴子さんと知り合ったのも、この時期だったとのことです。そして大木茂さんは写真を本職として今に至るまでになりました。蒸気機関車とは、それほど「絵になる」工作物なのです。それはおそらく、機関車が「人間との共同作業によって、はじめて動いていられる」構造を持っているからでしょう。
 この写真集は「50年ぶりの復刻」だそうです。この50年で、世の中はこんなにも変りました。機関車がもう交通の主役でないことは、誰でも知っています。それでも、ある時代の主役であった事実は変りません。「何かのために」、あるいは「何かとともに」生きる長さとしてなら、50年には充分な長さがあります。それは「誰かのために」、あるいは「誰かとともに」生きる長さとしても足りるのではないか、何の脈絡もなく、そんなことを思って感動しています。

植草一秀の『知られざる真実』: 築地を日本食文化発信拠点として再整備する 5/29 〇4月27日付ブログ記事およびメルマガ記事
 「豊洲移転強行論の主因は汐留・築地再開発利権」
 「利権まみれ勢力の豊洲移転強行を絶対に許すな」
 にこう記述した。
 「日本の食文化が重要な価値を発揮するこの時代に、築地のブランドを放逐することは許されない。
 「築地ブランド」を活かし、食文化の「聖地」として「築地」を再整備することが正しい選択である。
 小池都政は都議選に向けて、「築地再整備」の方針を明確に示すべきである。」
 「「築地」を再整備するなら、
 巨大な価値である「築地ブランド」を存続させることができる。
 そして、これが日本の食文化の「聖地」としてさらに大きく活用されることが期待されるのである。」
 「日本経済はいま、「新たな価値創造」を求められている。
 その視点に立つなら、
 日本の食文化の中心地としての「築地」のブランド価値を軽視するべきでない。
 利権まみれの「今だけ、金だけ、自分だけ」の勢力に、築地閉鎖、土壌汚染の豊洲移転を強行されないようにするべきだ。」
 私のこの主張と軌を一にする見解がシャネル日本法人社長でフランス人のリシャール・コラス氏によって示されている。
 「シャネル社長が豊洲移転に異議唱える理由」
 コラス氏は、在日フランス大使館やジバンシィなどの勤務を経て、1885年にシャネル日本法人に入社した。
 同氏の日本在住歴は40年以上。 ・・・


孫崎享のつぶやき: 経済特区への疑問:小林節慶応大名誉教授「国家戦略特区は違憲 首相が国を私物化するための道具だ」、15回も申請し失敗した事業でも、首相の「腹心の友」なら、百億円以上の公的助成を受け新規事業を展開できることを証明 ☆「国家戦略特区は違憲 首相が国を私物化するための道具だ」


五十嵐仁の転成仁語: 5月27日(土) 権力者の横暴に手を貸すのか、それと戦う人々の側に立つのかが問われている [スキャンダル]


VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 安倍政権の太鼓持ちジャーナリスト・山口敬之にレイプされた女性、不服申し立てと勇気ある実名顔出しの記者会見。 本当に悔しかったと思う。 一方、山口敬之は言い訳だけFBに書き残して雲隠れ。 卑怯者、絶対に許さない。
「私はレイプされた」。著名ジャーナリストからの被害を、女性が実名で告白 2017/05/29

弁護士ドットコムニュース‏  @bengo4topics フォローする その他 週刊新潮・山口敬之氏準強姦報道…被害訴える女性が会見 https://www.bengo4.com/internet/n_6154/ … -- 女性は取り調べ中、警察から「被害者らしく振る舞いなさい」などと言われたそうです。性犯罪被害を訴える人への対応としても、適切だったのでしょうか。 #性暴力 #性犯罪

日刊ゲンダイ‏  @nikkan_gendai フォロー中 その他 【政治】1強独裁を謳歌する安倍政権ですが、「千丈の堤も蟻の穴より崩れる」という諺もあります。森友学園、加計学園の問題で、おぞましい権力の私物化を目の当たりにしたことで怒りが急速に広がっています。 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206328 … #日刊ゲンダイDIGITAL

kentarotakahashi‏  @kentarotakahash フォローする その他 時系列が凄い。 事件は2015年4月3日。 2015年8月26日に書類送検。 2016年7月22日に嫌疑不十分で不起訴に。 この間、 2016年5月に山口敬之はTBSを退社。 2016年6月に著書『総理』(幻冬舎)を出版。

The daily olive news‏  @olivenews フォロー中 その他 5月29日 戦争法と一体の共謀罪反対!話し合う事すら取り締まりの対象に!?5・29街頭宣伝 https://www.youtube.com/watch?v=Ck4RYwsoGYI … 参加者56名、共謀罪反対署名1時間で106筆と好調でした。


岡口基一‏  @okaguchik フォローする その他 真宗大谷派東本願寺も「共謀罪」に反対表明。 http://www.higashihonganji.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/05/2017.5.18%E3%80%80%E3%83%86%E3%83%AD%E7%AD%89%E7%B5%84%E7%B9%94%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E6%BA%96%E5%82%99%E7%BD%AA%EF%BC%88%E5%85%B1%E8%AC%80%E7%BD%AA%EF%BC%89%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A3%B0%E6%98%8E.pdf …

関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 その他 【6月2日(金)大阪で中野晃一先生の講演!】関西市民連合の活動にもご協力頂いている方など弁護士有志の皆様が「リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会」を結成。6月2日に、上智大の中野晃一教授を講師に設立集会を開かれます。このタイミングで、大阪で中野先生のお話が聞けるのは貴重。
 ☆「リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会」





阿修羅: 地検特捜部に関する大谷さんのセリフに心打たれる。涙が出たほどだ 5/28

望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 TBS の #山口 元ワシントン支局長 に『薬を使われレイプされた』と #詩織 さんが告発。何故、この件は逮捕、起訴されずに終わったのか。捜査は尽くされたのか。話から辿ると、山口氏は『レイプ』後に退職、『 #総理 』#幻冬社 を出版

litera‏  @litera_web フォロー中 その他 安倍御用ジャーナリスト・山口敬之準強姦の被害女性が会見!会見の詳細は追ってお伝えします!→レイプ報道の安倍応援団・山口敬之が“セカンドレイプ”的反論! それに昭恵夫人がなんと「いいね!」を http://lite-ra.com/2017/05/post-3149.html … @litera_webさんから 870 リツイート 384 いいね 2:24 - 2017年5月29日


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 5.31共謀罪反対・憲法改悪反対宗教者信者全国集会が開催されます。 日本教育会館で14時から 私は共謀罪と治安維持法についてお話しします。 治安維持法下での、過酷な宗教弾圧の歴史を話します。 多くの皆さんのご参集をお待ちします。 この写真は特高に爆破された大本教の神殿です。

海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 6.5 6時半から、東大和市桜が丘市民センターで、「治安維持法と共謀罪」についてお話しします。 戦争する国が作られるときの、弾圧法規、秘密保護制度、相互監視制度、報道統制、国家総動員法制などについて、戦前の日本と安部政権下の動きを対比させて、具体的にお話しします。是非、ご参加を!


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 「国連の総意じゃない」 猛反論で無知をさらした安倍政権 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/206329 … #日刊ゲンダイDIGITAL このようなダブルスタンダードを各国が主張し始めたら、国連の意義が崩れる。国際人権にとって極めて有害な安倍政権の態度。監視社会の拡大は独裁政治の一歩




志村建世のブログ: 真実は「黙殺」で「なかったことにする」安倍官邸 ・ブログ連歌(488) 5/28 〇昨日の保坂展人氏のフェイスブック(元はツイッターらしい)に、次の投稿があった。

 今週の大ニュースと言えば「前川前次官会見」だった。テレビ番組で、官邸を代弁するコメンテーターが、問題の行方を問われて「黙殺する」と語ったのには驚いた。「黙殺」という言葉の響きには、唯我独尊の権威主義が見え隠れする。事実はひとつ、だから検証でなく「黙殺」なのか。
 本来は民意で国政を選択すべき選挙制度の下で、安倍独裁政権の登場を許してしまった。なぜこうなってしまったかの検証は必要だが、今はさし迫っている危険への対応を考えなければならない。今回の問題にかぎらず、政権にとって批判の種になりそうな材料が出てくると、「調べてみたがそのような事実は確認できない」「そのニュース源は信頼性が少ない」「官邸としては問題ないと考えている」といった官僚答弁が繰り返されることが多くなった。マスコミの側も、独自の深掘りの取材に取り組む姿勢が、すっかり弱くなっている。
 だからこそ前川喜平氏の「あったものを、なかったことにはできない。」という発言が輝きを増してくる。それと比例して、安倍官邸の救いようのない暗さが際立ってくるのだ。この政権に、日本を輝かせるどんな可能性が期待できるだろうか。
 安倍首相がベテラン気取りで参加したらしいG7は、北朝鮮への包囲強化や難民対策の厳格化、ISの絶滅など、総じて世界の非寛容化を予想させる宣言を発して終幕した。世界からも戦争の臭いがして、平和への夢が薄くなって行く。


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 その他 「気は優しくて力持ちの文科省に」次官、全職員へメール:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK1N563DK1NUTIL031.html … 前川前文科事務次官の退職時のメールが素晴らしい。社会的少数者や性的マイノリティ、外国人などの尊厳、多様性が尊重される社会の実現を願っている。首相官邸に疎まれた? 50 リツイート 29 いいね 9:24 - 2017年5月28日

杉原こうじ(NAJAT・緑の党)‏  @kojiskojis フォロー中 その他 南スーダンに派遣された自衛隊員は手帳に遺書を書くところまで追い詰められていた。5月28日のNスペ「変貌するPKO 現場からの報告」、放映中。


適菜収。ほぼbot。(作家・哲学者)‏ 認証済みアカウント   @tekina_osamu フォローする その他 安倍晋三「人を指さすのはやめたほうがいいですよ!」 え? なんだって? 108 リツイート 44 いいね


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【お昼に集まろう!】 共謀罪法案の参議院本会議での審議入りを許すな!5.29国会前行動 http://www.anti-war.info/information/1705041/ … 日時:5月29日(月)12時~13時※本会議の開始が午後になりました 場所:衆議院第二議員会館前 共催:共謀罪NO!実行委員会/行動実行委員会

ちぃ‏  @nemu_nyanko フォローする その他 さっきATM行ったらキャッシュカードの忘れ物が置いてあって、前にツイッターのRTで見たの思い出して備え付けのインターホンでセンターのお姉さんと話したらATMの中に忘れ物のカード吸い込んでもらえた!後は銀行から連絡してくれるってー1、2分で終わったし知ってて良かったこの知識! 49,914 リツイート 35,983 いいね 22:14 - 2017年5月26日

大木晴子・「明日も晴れ」‏  @kuronekoroku フォロー中 その他 「DAYS JAPAN」山城博治ロングインタビュー・・・英文に訳されて・・・。 http://seiko-jiro.net/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=flat&topic_id=2163&forum=1 … 12 リツイート 3 いいね 11:19 - 2017年5月28日

山谷労働者福祉会館‏  @sanyadesu フォロー中 その他 日雇い雇用保険の相談会のチラシの裏面。山谷には来れないが相談をぜひしたいという方、sanya@riseup.netまでメールしてください。

山谷労働者福祉会館‏  @sanyadesu フォロー中 その他 日雇いの仕事をしている人は日雇い雇用保険に入って、仕事のない日はアブレ(失業給付)がもらえます。私達はこの日雇い雇用保険の相談をしています。関心のある方、山谷労働者福祉会館までお越しください。今週は、30日(火)、6/2(金)の夕方6:30-7:30が相談日です。


杉原こうじ(NAJAT・緑の党)‏  @kojiskojis フォロー中 その他 5月28日21時、Nスペ「変貌するPKO 現場からの報告」が始まりました。防衛省は一切取材に応じず、隊員一人ひとりに取材を打診、匿名で重い口を開いてくれたと。必見です。


山谷労働者福祉会館‏  @sanyadesu フォロー中 その他 山谷にある城北労働・福祉センターは、日雇い労働者のための技能講習の窓口となっており、貼付のした写真にある資格を無料でとることができます。申し込むには、山谷の玉姫職安の手帳か求職受付票、もしくは上記センターの利用者カードが必要。


望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 #加計 疑惑で「文書は真性」告発の前事務次官 #前川 氏「文書は文科省の専門教育課の職員が内閣府の #藤原 豊 審議官のもとを訪れて言ったのを書きとめた。部下の職員が書いたことを聞いてきたのだと、百パーセント信じられる。藤原さんが言ったのは確かなことだろうと思う」

秋山理央‏  @RIO_AKIYAMA フォロー中 その他 『2017.5.28新宿ヘイトデモへのカウンター』(5分29秒) https://www.youtube.com/watch?v=QE3zwC_l0CE … #0528新宿ヘイトデモを許すな 4 リツイート 2 いいね 5:55 - 2017年5月28日

兵頭正俊‏  @hyodo_masatoshi フォローする その他 いろんな所から前川の人物像が出てきた。安倍や菅とは月とすっぽんの人格者だった。ゴミ売りのゲスの勘ぐりは歴史に残るかも。前川は、次官を辞めた後、NPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアをしていた。素性も明かさずに。http://bit.ly/2r8O5Fx  1,321 リツイート 782 いいね 5:32 - 2017年5月27日

中村正男‏  @nakamasa0225 フォローする その他 今日の「サンデーモーニング」(MBS)は冒頭「加計疑惑」特集。前川喜平前文科省事務次官の告発会見に、個人攻撃で返す卑劣で無力な菅官房長官。「(沖縄密約報道の)西山事件を思い出した」と関口宏さん。口々に「森友・加計」を「国政最大の焦点に」。

但馬問屋‏  @wanpakutenshi フォローする その他 #報道特集 共謀罪「創価学会員」も懸念 学会員 「池田名誉会長を信じたい心を、ある意味利用している。公明党がアクセル役」 公明党とは、最初からブレーキがついていない車。アクセルを踏むのは、 「弾圧が、ゆきわたる国へ。」 の、仏罰山口氏




litera‏  @litera_web フォロー中 その他 【人気記事】 収録済の“安倍と籠池コント”がボツに! 茂木健一郎の「森友をネタにできない日本のお笑いはオワコン」発言は正しかった http://dlvr.it/PG2gQl

T.Katsumi‏  @tkatsumi06j フォローする その他 【悲報】政治漫画『疾風の勇人』連載終了前に連載中描かれた「昭和の妖怪」岸信介を記憶する 426 リツイート 231 いいね 20:47 - 2017年5月27日


望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 5月31日水曜午後6時半〜8時半まで獨協大のE-102 教室で「加速する軍産複合体『 #軍学共同 』とどう向き合うか。?!」と題し講演します。参加費無料。防衛省の軍事研究への助成金制度や日本の大学に流れる米軍資金、#日本学術会議 の議論など、参加者の方と共に考えてたいと思います

すずき かおり‏  @kaori_2012 フォローする その他 昨年の記事 前川氏が憲法の条文をあげつつ、個人の尊厳の基礎をなすのが教育の権利だと… 夜間中学:埼玉の運動31周年集会 「重要な役割」 初参加、文科省事務次官が評価 /埼玉 - 毎日新聞


戦争をさせない1000人委員会‏  @committeeof1000 フォロー中 その他 【共謀罪法案廃案!5.28市民と野党の大街頭宣伝】新宿駅西口に多くの人々が集まっています。野党議員や市民のアピールと並行して共謀罪反対の署名活動を行なっています。

The daily olive news‏  @olivenews フォロー中 その他 【生中継(予定)☆5月29日(月)12時~】 共謀罪の参議院本会議での審議入りに抗議する緊急行動 場所:衆議院第2議員会館前 中継・収録→http://ustre.am/113eh


志村建世のブログ: 「フランス音楽の午後2017」を聞いてきた ・ブログ連歌(487) 5/27 〇外出のリハビリを兼ねて、「オルケストル・フランセ・デュ・ジャポン」のコンサートを聞いてきました。「花てぼ」さんが昔に書いた「最後の授業」の場面を挿絵に描いたものを、この演奏会用パンフレットのエッセイ欄を担当した団員さんが、ネット検索で探し当てて転載の了解を求めたというやりとりを、ブログで読んで今日の演奏会を知ったという、まことに薄い縁で、小平市民文化会館(ルネこだいら)へ行ってきました。直接の動機は、花てぼさんの挿絵が使われたコンサートのパンフレットを見ることでしたが、「フランス音楽」というところにも、少し興味はありました。そして結果は「大当り」でした。
 フランスの音楽と言われても、フランス起源の子供の歌を少し知っている程度だったのですが、今回のプログラムは、フランス音楽の特性を余すところなく教えてくれたような気がしました。選曲も良かったのでしょう。ビゼーの「小組曲・子供の遊び」、フォーレの「組曲・ドリー」、ジャン・フランセの組曲「ボッケリーニの主題による『バレエ学校』」で構成されていました。私は専門の知識など何もないのですが、繊細な細工物のように組み立てられて響き合う演奏は魅力的でした。音楽監督で指揮の右近大次郎さんがまた、すばらしかった。
 アマチュアのオーケストラを指導してまとめ上げた手腕は氏の実績の通りなのでしょうが、これほどフレンドリーで親しみの持てる指揮者を、今までに見たことがありません。フィナーレの終演で、両手を高く上げた姿勢そのままに、さっと跳び上がって客席に向き合ったのは、破綻なく最後まできた安心と喜びを、客席と共有したかったのでしょうか。
 フランスの音楽には、フランス人の国民性が反映しているのが、よくわかりました。それはドイツ交響曲の、一糸乱れぬ団結と力強さの表現の正反対にあるものです。これほど違う国民が地上で国境線を分けている現実は、島国しか知らない私には想像を絶します。その境界線で起きたエビソードの一つが「最後の授業」なのでした。
 世界の平和を考えるときに、ヨーロッパの人たちには、私の知らない別な知恵があるに違いないと思いました。それは明らかな独自性を持ち、消すに消せない伝統を背負っている人たちの共存なのです。音楽を聴くことで、フランスという国の魅力が、実感をもってわかりました。国民の個性は、一つひとつが人類の文化遺産なのです。滅ぼしてもいい民族、征服しても構わない国などは、この世界に一つだってありはしないのです。

望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 #加計 疑惑で告発の #前川 前事務次官「教育は人権保障の中核。国籍に関わらず国民は等しく教育を受ける権利ある」義務教育未修了者、不法滞在の外国籍の親を持つ子など教育の権利を制限されてきた人に学びの場を提供した「夜間中学」を高く評価。

望月衣塑子‏  @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 その他 告発の #前川 前事務次官 「獣医学部新設は、閣議で4条件を決定 。①既存の獣医師行政でない構想②具体的需要が明らか③既存の大学では対応困難④近年の獣医師の需給状況を考慮。4条件に合致する根拠を持って(政府が)説明されているとは思えない」#安倍 官邸 #加計 で閣議決定も無視か

H. TSUJI‏  @galois225 フォローする その他 加計学園が開校した千葉科学大は銚子市に大損害を与えている。今治の獣医学部も同じことになる:首相“お友達大学”で補助金トラブル、千葉・銚子市長選で「水産・獣医学部」新設話も (〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 報道特集、膳場・金平・日下部さんへの応援はこちら! ご意見は罵倒が9割!?応援せねば!TBS意見フォーム→https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/pc/contact/4945/enquete.do … 番組直通メールアドレス→http://www.tbs.co.jp/houtoku/want/  9 リツイート 6 いいね 2:21 - 2017年5月27日

#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 【定期】幻冬舎の見城徹と総理のマスコミ会食 安倍首相のメディア対策ご意見番、幻冬舎の見城徹社長。安倍首相とマスコミの会食をセットし、フィクサー気取り。テレ朝の早河会長も ※俺は見城の仲介じゃない、というマスコミ幹部の方はご一報を

木村草太‏  @SotaKimura フォローする その他 木村草太さんが木村草太をリツイートしました 反戦自衛官事件では、制服を着て防衛庁前で反戦演説した自衛官が、自衛隊法46条1項2号「隊員たるにふさわしくない行為」として、懲戒処分を受けた。 もし普通の自衛官が公の場で改憲希望を表明すれば、政治的行為を禁止する自衛隊法61条違反となり、自衛隊法46条の懲戒事由になっていたか? 木村草太さんが追加 木村草太 @SotaKimura 「個人の見解」なら、いつどこで何を言ってもいいなら、猿払事件の被告人も無罪勝ち取れそうですよね?次にこの手の事件が出てきたら、官邸に意見書依頼してみては? 政府要人:「個人の見解」なら、何を言っても許されるのか - 毎日新聞 … 1,805 リツイート 1,078 いいね 6:43 - 2017年5月26日

東京新聞政治部‏ 認証済みアカウント   @tokyoseijibu フォロー中 その他 永久保存版です!! 先日行われた「 #共謀罪 」法案の衆院本会議での #投票行動 の全録です。衆院の発表データに、独自取材を含めて東京新聞がまとめました。衆院選の時などの投票の参考にしていただければ…

VOTE for DEMOCRACY‏  @supportV4D フォロー中 その他 安倍はG7で、テロ対策にかこつけて優先課題に「共謀罪」とか言ってるのか。 国連の警告を無視しておいて、あきれる。 こんな総理が国際政治の舞台に出て行く日本、恥ずかしいよ。

名もなき投資家   ♥ ٩(ˊᗜˋ*)و‏  @value_investors フォローする その他 最近テレビで「内閣人事局」が取り上げられるようになってきましたね。「人事」と「カネ」と「メディア」を掌握したことでこんな政治状況になってる事を多くの国民が理解すればいいなと思う今日この頃。
  ★内閣人事局⁉ …憶測だが、安倍にとっての「NHKへの政治介入」成功事例が、下敷きにあるのかな、と。人事を介して、堂々介入・独裁…「最高権力者」と自惚れ!無知を恥じず⁉

高田健‏  @ken_takada フォロー中 その他 【拡散希望】全国から参議院法務委員に「共謀罪に反対して下さい!」との声を!※FAX要請は、市民の声をとどけるうえでかなり有効です。各種共有ボタンで拡散を!詳細は→ http://sogakari.com/?p=2898 


litera‏  @litera_web フォロー中 その他 首相補佐官が前川前次官に「加計の手続き急げ」と直接圧力の新事実! 天下り処罰も加計認可反対派の一掃が目的 409 リツイート 164 いいね 4:38 - 2017年5月27日 5件の返信 409件のリツイート 164 いいね 返信 5 リツイート 409 いいね 164 ダイレクトメッセージ


#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 「なぜ安保報道などの提案が通らないのか議論しようとすると、人事担当から『そういうことをすると、どうなるか…』と」 報道現場の萎縮はここまで進んでいる。 応援せねば!署名7710筆渡しました。みんなありがとう!

きむらとも‏  @kimuratomo フォロー中 その他 「パレルモ条約はテロ撲滅のため」との「周回遅れ」の大ウソを未だ垂れ流し、日本国民の「一部」を騙し続けている「害虫」、こんなケントギルバートの大ウソや産経讀賣zakzak保守速報でしか「勉強」しなかった大人、おい、恥ずかしくないのかよ。 62 リツイート 41 いいね 8:36 - 2017年5月27日 0件の返信 62件のリツイート 41 いいね 返信 リツイート 62 いいね 41 ダイレクトメッセージ
 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia


Mew Mew Panic‏  @sartrean フォローする その他 中曽根康隆氏の投稿。 康隆氏は中曽根弘文元外務大臣の長男であり秘書。政治家を目指して活動している。前川喜平前文科事務次官の妹は中曽根弘文元外務大臣の配偶者なので交流があるのかもしれない。 https://www.facebook.com/nakasone0119/posts/702891103226583 …

岡本京子(生活者ネットワーク)‏  @okamotonet フォロー中 その他 トークセッション『女性が政治を変える?』 #上野千鶴子 さんと #ジェンダー について対談します 日時:6月9日(金)18時~ 場所:生活クラブ館B1素々 (世田谷区宮坂3-13-13) お申し込みはこちら→ 1 リツイート 8:23 - 2017年5月27日


大木晴子・「明日も晴れ」‏  @kuronekoroku フォロー中 その他 http://seiko-jiro.net  組写真で野村さんに入れ替えました。 「行ってらっしゃい!川内へ」日曜の午後には更新したいなぁ〜。 ちょっといい話!書こうかなぁ〜。嫌な世の中くすっと笑顔になれる話を聞きたいでしょう。お楽しみに。明日も晴れみたいですね。訪ねて下さい。


弁護士神原元‏  @kambara7 フォローする その他 野間さんが被告の事件。原告の感想を掲載した鹿砦社の記事が事実とすれば、むしろ被告の「圧勝」と評すべき中身である可能性が高い。なにしろ野間さんは代理人もつけていないのだ。 早く判決全文が公開されるべきだろう。

金沢京子‏  @kanazawakyoko フォローする その他 大騒動になりますね 『国際刑事裁判所が動き出してます!!』 ⇒ http://ameblo.jp/minakatario/entry-12277987220.html … #アメブロ @ameba_officialさんから

金子勝‏ 認証済みアカウント   @masaru_kaneko フォロー中 その他 【圧力かけい】加計学園問題に関するNHK(日本会議ニュース)の報道がひどいとの批判が強まっている。G7最下位の忖度メディアだ。https://goo.gl/YNvagW  山本太郎議員はこのままだと受信料ボイコットをと主張。 127 リツイート 71 いいね 11:10 - 2017年5月27日
  ★NHK(日本会議ニュース)の報道がひどいとの批判が強まっている。G7最下位の忖度メディアだ。と 名誉なことだ⁉ 消費者、主権者が、養って良いことか‼‼



#報ステに橋下はいらない23と報ステの会‏  @ouenhst フォロー中 その他 【拡散】千葉県警の機動隊の高江派遣に、2800万円の国費が出ていた! 高江には、東京、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡の6県から機動隊が。 他の自治体の地方議員さんも、ぜひ県に調査を! https://goo.gl/qcpt7S    ★東京、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡の6県から機動隊が…??? 旧自治体警察、沖縄から言えば、外人部隊、そんなに、原隊では、暇を持て余しているのか、な。余剰人員がいるなら、人員カットの対象にすべきでは。軽々に、警察庁の手下に成り下がるのは、如何か。 安倍氏や麻生氏に懸かれば、「手下」扱いされかねないぞ。カネを払えばよいという訳にはいかぬ。地方自治は、その民情に合わせ、主権者が決すべきであろう。中央政府が、ゴリ押しすべきものではない⁉ 『中央と地方は対等』と、政府は、喧伝しなかったか。

冨永 格‏  @tanutinn フォローする その他 「辞めてから言うなという批判があるが、今の霞が関は〈物言えば唇寒し〉の状況。『安倍1強』で自民党内でも異論が出ないし、物言う役人を大臣が守ることもなくなった」と元総務相の片山善博氏。北朝鮮や中国の状況と似てきてしまったかと。 313 リツイート 156 いいね 15:15 - 2017年5月26日 9件の返信 313件のリツイート 156 いいね 返信 9 リツイート 313 いいね 156 ダイレクトメッセージ

関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 その他 【市民有志による共謀罪に反対する京橋緊急街宣】山下「僕が周りと政治の話をすると「わたしアホやから」「おれ知識ないから」で話が終わる。権力に対し声を上げるのを萎縮させる空気を決定的にしたのは、橋下維新が「文句があるなら政治家になってから言え」と言い出したことが原因なような気がする」


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォローする その他 前川氏は昨年秋ごろ、官邸の和泉洋人首相補佐官に呼ばれて、特区での獣医学部の新設について協議したといいます。「圧力」の主は内閣府の藤原豊審議官だけではなかったようです。2人ともアメリカなら議会で証言を求められるところだと思います。 519 リツイート 259 いいね

保坂展人‏ 認証済みアカウント   @hosakanobuto フォロー中 その他 「政治の本質ではない」という言葉も飛び出した。⇒喚問拒否、民間人だから? 与党、「森友」は受け入れ 加計問題、焦点に:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S12958252.html … 自民党は26日、野党が求めた前川氏の証人喚問を民間人であることなどを理由に拒否した。  ★森友問題の、籠池氏証人喚問は、どうした! 言行不一致、禁反言!

未来のための公共‏  @public4f フォローする その他 立教大学教授 香山リカさん 「安倍政権は権力行使の隠し立てもしなくなってきた」 「権力に逆らえば粛清を行った旧ソ連のようになってきた。前川前事務次官に対する政権の対応はその例」 「国民が自粛するような社会にしてはいけない」

関西市民連合‏  @shiminrengo_ksi フォロー中 その他 【市民有志による共謀罪に反対する京橋緊急街宣】辻元清美(民進党)「市民を監視する法律を作るなら、しっかり情報公開することが政府に求められる。秘密保護法以降、情報が半ば隠され、一方で子育て等の問題は何も進まない。共謀罪を強行採決し、憲法9条をかえるとまで言い出す。いい加減にしろ」

三浦英之‏ 認証済みアカウント   @miura_hideyuki フォローする その他 ⑰一つの時代が過ぎ去り、つかみどころのない影だけが残った。この道はどこへと続いているのだろう。震災復興も五輪もPKOも、本来の目的とは異なった、顔の見えない人たちの目的のために使われている気がしてならない(終)

福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 その他 今朝の毎日新聞のトップ。首相補佐官が新設手続きを早くなどおかしい。前川喜平前事務次官の証人喚問を!本人も話すと言っているのに、与党が拒否とはおかしい。



志村建世のブログ: 結核菌と戦うことになった日の新聞 ・ブログ連歌(487) 5/26


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 その他 5.31 目指せ!1万人の日比谷野音大集会 共謀罪法案は衆院で国連特別報告者の意見を無視し、強行採決され、参議院での質疑が始まろうとしています。 これまでにない幅広い主催団体の集会です。この拡がりで、野音一帯を埋め尽くし、銀座デモに繰り出そう!会場の中に入れなくても、聞こえます。



醍醐聰のブログ: 「森友・加計問題を考えるシンポジウム」開催のお知らせ 5/21
 〇 5月17日から「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める署名」を呼びかけた各界の有志は、このたび、「森友問題の幕引きを許さない市民の会」を作り、次のようなシンポジウムを開くことになった。
      「森友・加計問題を考えるシンポジウム」
    日時:2017年6月13日、14時30分~
    (14時から玄関ロビーでスタッフが入館証渡し開始)
    会場:衆議院第一議員会館 大会議室(地下1階)
   パネリスト
    小川敏夫(民進党参議院議員)
    宮本岳志(日本共産党衆議院議員)
    杉浦ひとみ(弁護士)
    青木 理(ジャーナリスト)
   コーディネーター
    醍醐 聰(東京大学名誉教授)

  シンポジウムの広報用チラシ
http://sdaigo.cocolog-nifty.com/moritomo_kake_sinpo_chirasi20170613.pdf
 「森友問題の幕引きを許さない市民の会」のHP
http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-7be4.html
 会への問い合わせ
  Eメール:moritomosimn@yahoo.co.jp
  電話:070-4326-2199(10時~20時)

  安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める署名
  署名用紙のダウンロード:http://bit.ly/2qkwucT
  ネット署名のフォーム:http://bit.ly/2rdgyXe 
  ネット署名/メッセージの集約状況の閲覧サイト
            http://bit.ly/2r68HhH 


植草一秀の『知られざる真実』: フランス大統領選で波乱が生じる可能性は? 4/21
 〇3月にオランダで総選挙が実施されたが、これから秋にかけて欧州で重要選挙が相次ぐ。
 6月8日 イギリス総選挙
 6月11日、18日 フランス国民議会選挙
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙
 が予定されている。


杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

国立国会図書館: 日本国憲法の誕生  日本国憲法
国会図書館: 日本国憲法の誕生 資料と解説
この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

TBS: 相模原障害者殺傷事件、声を上げ闘う両親「息子はいつも家族の中心」 2/20

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

特設 天皇陛下 お気持ち表明|NHK NEWS WEB - NHKオンライン
宮内庁: 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば  ○象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日) 
  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。


気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法
 ☆『憲法は世界を広げてくれる』
 元AKB48 内山奈月さんインタビュー

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17
NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

【憲法特集】まず米「属国」直視から 思想家内田樹さん カナコロ 5/3
NHK:スペシャルコンテンツ 「憲法」 
日弁連は共謀罪に反対します(共謀罪法案対策本部)
首相の改憲発言に憲法学者らが反対の見解発表 【NHK】2017.05.22 
国連特別報告者 「テロ等準備罪」法案に懸念の書簡 【NHK】2017.05.22 
「テロ等準備罪」法案 治安維持法で逮捕経験者が廃案訴え 【NHK】2017.05.22
OurPlanet-TV: 国連特別報告者の書簡に関する記者会見 投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 05/23/2017



TBS: 安倍首相と事務総長の会談、国連報道官が日本政府と異なる見解 5/30 〇イタリアで安倍総理と会談したグテーレス国連事務総長が従軍慰安婦問題の日韓合意を歓迎したとする日本政府の発表について、国連の報道官は、「特定の合意内容については意見を述べなかった」と異なる見解を示しました。
 27日にイタリアで行われた安倍総理とグテーレス国連事務総長の会談について、日本政府は、グテーレス事務総長がおととし12月の従軍慰安婦問題の日韓合意に関して、「賛意を示すとともに歓迎する旨述べた」としています。これに対し、国連の報道官は、「事務総長は特定の合意内容について意見を述べてはおらず、問題解決の方向性や内容を決めるのは両国次第だという原則について述べた」と、日本政府とは異なる見解を示しました。
 一方、共謀罪の構成要件を厳しくしたテロ等準備罪を新設する法案に懸念を示した国連の特別報告者について、日本政府はグテーレス事務総長が「国連とは別の個人の資格で活動していて、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない」と伝えたとしています。国連の報道官は、これについても、「事務総長は特別報告者について、国連人権理事会に直接、報告を行う独立した専門家だと説明した」と指摘したうえ、「特別報告者の意見は個人の意見だ。しかし、彼らは国連人権理事会の組織の一部でもある」とコメントしています。
  ★人権の敵が、誰か? 普段から、主権者の目で、公務員を評価していれば、首相がどう言おうが、国連事務総長が、どう言おうが、その前に、判断・処断できるはずだ⁉ 次の機会こそは。…東京都議選を排除せず。 すべては、主権者の地位回復と人権確保の為である。警察国家、夜警国家ににしてはならない。

ミサイル着弾15分後に「警報 」「有事」にJアラートは機能するのか J-CASTニュース 5/29
 〇政府は2017年5月29日、北朝鮮が同日早朝に弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下させたと発表した。発表によると、発射時刻は5時40分頃。一般国民に発射が伝わったのはその30分以上後だった。
   「全国瞬時警報システム」(Jアラート)は、災害情報に加えて、ミサイルが「日本の領土・領海に落下する可能性がある可能性があると判断した場合」にも使用されることになっているが、今回も使用されないまま。飛行機や船舶への警報が出たのは6時過ぎだった。ミサイルが飛行したのは6分程度で、警報が出た時には日本海着弾から15分以上が経過していたことになる
 5時40分発射の6分後に着弾、聯合ニュースの「速報」は6時16分
   北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのは今回が17年に入ってから9回目で、5月14日、21日に続いて3週連続だ。
   日本政府の発表によると、弾道ミサイルは北朝鮮東岸の元山(ウォンサン)から5時40分頃に発射され、最大100キロ程度の高度で約400キロ飛行。佐渡島から約500キロ、隠岐諸島から300キロのEEZ圏内に落下したとみられる。EEZ圏内に落下させるのは16年8月、9月、17年3月に続いて4回目。ロイター通信などによると、米太平洋軍司令部は、発射されたのは短距離弾道ミサイルで、6分間ほど飛行したとみている。
   政府の発表によると、5時45分に安倍晋三首相は「情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと」など3点の指示を出した。その1分後に着弾したことになる。
   一般の国民にミサイルの情報が伝わったのは、それからさらに30分後だ。 6時16分に韓国の聯合ニュースが韓国語で韓国軍合同参謀本部の話として
「北朝鮮、未明に元山から飛翔体発射」
 と報じたのに続いて、日本では、TBSが6時19分に「北朝鮮が弾道ミサイルと見られる飛翔体を発射 韓国国防省」とテロップで速報。NHKは6時22分に「政府 北朝鮮からミサイル発射 排他的経済水域内に着水の可能性」と、EEZ圏内着弾の可能性を報じた。首相官邸も6時22分、EEZ内着弾の可能性を災害・危機管理情報のツイッターアカウントで発信した。

TBS: 北朝鮮の国営メディア「ミサイル発射実験に成功」と報道 5/30 〇北朝鮮の国営メディアは、29日行ったミサイル発射実験について、「新しく開発した精密操縦誘導システムを導入した実験は成功した」と報じました。
 北朝鮮の国営・朝鮮中央通信は、午前6時半過ぎ、「金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が精密操縦誘導システムを導入した弾道ロケットの発射実験を指導した」と報じ、29日の朝に行ったミサイル発射実験について「成功した」と報じました。
 報道によりますと、金委員長はミサイル発射場に行き、自分たちの力と技術で完成した弾道ミサイルを確認。その上で、金委員長は、従来の「火星」系列のミサイルよりも発射前の準備工程が高度に自動化され、発射の時間が著しく短くなった、と満足感を示したとしています。報道では、金委員長が、「今日の成果を土台にして、威力がより大きい戦略兵器を引き続き開発しなければならない」と話したとするなど、今後もミサイル実験と開発を継続していく姿勢を示しています。(30日07:16)


ANN: 巡査部長が拳銃構える訓練で実弾を誤発射 岡山 5/30 〇岡山県の警察署で、男性巡査部長が拳銃を構える訓練中に誤って実弾を発射しました。
 29日、笠岡市の笠岡警察署で、36歳の男性巡査部長が署内で壁に映像を映し、拳銃を構える訓練中に誤って実弾1発を発射しました。弾は壁に当たって砕けましたが、けが人はいませんでした。巡査部長は訓練に指導者として参加する予定でしたが、欠員が出たため、自らも参加したところ、実弾が入っていることを忘れていたということです。訓練の参加者は拳銃に実弾が入っていないか確認する決まりですが、巡査部長の拳銃を責任者の警部補(58)は確認していませんでした。
  ★こんな、自分に甘い連中が、共謀罪を裁量運用するのか‼‼ その上も、大甘⁉ …



安倍首相 過去に加計役員「報酬、1年で14万円」参院委 【毎日新聞】2017.05.30


沖縄県、7月にも国を提訴 辺野古工事差し止め 【琉球新報】2017.05.30 〇沖縄県は30日までに、名護市辺野古沖での新基地建設工事で、岩礁破砕許可を得ないまま作業が進んでいる状況を踏まえ、7月にも工事の差し止めを求める訴訟を起こす方針を固めた。併せて工事停止の仮処分も申し立てる。6月20日に開会予定の県議会定例会で訴訟費用に関する議案を提出する予定。
 県は29日、3月末で期限を迎えた辺野古沖での岩礁破砕許可について、再申請しないまま工事を続けている沖縄防衛局に対し、申請が必要だとする行政指導をした。しかし防衛局は「漁業権は存在せず、許可は不要」との立場を堅持しており、県の指導に応じない見通し。これらの状況も踏まえて訴訟提起に踏み切る。【琉球新報電子版】

辺野古岩礁破砕「許可申請を」 沖縄県、国に再び行政指導 【琉球新報】2017.05.30 〇沖縄県は29日、沖縄防衛局長宛てに名護市辺野古での新基地建設工事に関し、岩礁破砕許可申請が必要であると通知する行政指導をした。岩礁破砕許可に関する行政指導は4月に次いで2度目。6月1日までの回答を求めている。沖縄防衛局が従来の「漁業権は存在せず、岩礁破砕許可は不要」との立場を堅持し工事を継続した場合、県は工事の差し止め訴訟に向け手続きを加速させる見通し。
 今回の行政指導は、29日に漁業権に関する水産庁の回答が示されたことを受けてのもの。
 沖縄防衛局は、2017年3月の水産庁長官通知を根拠に工事海域に漁業権は存在せず岩礁破砕許可は不要との立場を示している。一方、県は17年の水産庁長官通知は過去の政府見解との整合性がないとし、5月15日に13項目の質問を出していた。
 29日に会見した県農林水産部の島尻勝広部長は「今回の水産庁の回答は、過去の政府見解との整合性や水産行政の運用面での合理性が見いだせないと言わざるを得ない」とし、「漁業権の『一部放棄』と『変更』は別物」とする水産庁の見解について「県はその見解は採用できない」とした。






NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」


しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 〇トヨタ自動車(豊田章男社長)は、2008年度から12年度の5年間という長きにわたり法人税(国税分)を1円も払わない一方、株主には1兆円を超える配当をしたうえ、内部留保も増やしています
  トヨタ自動車が法人税を5年間払っていなかったことは、豊田社長の5月8日の記者会見で明らかになりました。
 トヨタ自動車が「法人税ゼロ」となったきっかけは、08年のリーマン・ショックによる業績の落ち込みでした。企業の利益にかかる法人税は赤字企業には課せられません。
 しかし、その後業績は回復し、この5年間に連結で2・1兆円、単体でも0・9兆円の税引き前利益をあげています。
 それにもかかわらず、法人税ゼロとなったのは、生産の海外移転にともなう収益構造の変化によって、大企業優遇税制の恩恵をふんだんに使える体質をつくり出したからです。
 同社は、海外生産を08年度の285万台から12年度には442万台に増やし、428万台の国内生産を上回る状況になっています。この結果、「国内で生産し、輸出で稼ぐ」という従来の姿ではなく、「海外で生産し、稼いだもうけを国内に配当する」という収益構造に変化してきました。
 そのうえ、09年度からは、海外子会社からの配当を非課税にする制度がつくられ、同社はこの制度の恩恵を受けたものと思われます。さらに、同社は研究開発減税などの特例措置を受けています。
 一方、同社は株主には5年間で総額1兆542億円もの配当を行い、内部留保の主要部分である利益剰余金(連結)も、2807億円上積みしています。
 法人税が5年間ゼロとなった理由について、同社広報部は、「詳細については公開を控えさせていただきます」とコメントしています。
種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14

「全部使ってあの世に」日本電産会長、億単位の寄付次々 朝日新聞 4/20
奨学金ローン地獄⁉ Better Better Days: 【奨学金】1,104万円の借金を返済する私は幸せになれるのか 2017-03-02

岩手日報・社説: 大学無償化 なぜ改憲が前提なのか 3/3  ★大学の無償化に、改憲が必要??? 笑止な。70年授業料値上げ阻止、大学闘争の頃は、国立大学は、ひと月1千円だった!今とは、大違い。全学連の御蔭  因みに、その頃は、日本育英会の奨学金(貸与:高利貸しではなかった)は、同1万5千円、特別奨学金(返済なし)が、同1万5千円だった。 今が、如何に、無慈悲か!
国立大学の授業料が93万円に?  2015年12月7日
 ・「国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算」
 ・【悲報】国立大学の授業料、54万円が93万円に!文部科学省が試算結果を発表!国が大学への交付金を大幅に削減へ 2015.12.02
国立大学 学費値上げの歴史 〇国家公務員上級職国Ⅰ初任給との比較
[PDF] 国公私立大学の授業料等の推移(PDF)
財務省が「国立大の授業料」の値上げを提案!私立大近くまで引上げ 05/12/2015 〇国立大は値上げの一途  ★1970年 全学連、私立・国立大授業料等値上げ反対闘争が、潰されてから。一貫して、政府は、値上げ! 安倍コベ政策堅持。
国立大学授業料|年次統計

都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 
NHK:スペシャルコンテンツ 「ジョンナム氏殺害」



 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧



【社説】北朝鮮ミサイル発射 対話の道を模索すべきだ 【琉球新報】2017.05.30 〇圧力を強化するとの警告に、ミサイル発射で応える。双方が対立をあおる「不毛な応酬」に終止符を打つ必要がある。
 北朝鮮が弾道ミサイルを日本海に向けて発射した。ことし9回目で、3週連続の発射である。日米が北朝鮮を強く非難し、圧力強化を打ち出すたびに、北朝鮮がミサイル発射で対抗する状況が続いている。
 国連安全保障理事会は今月、北朝鮮の弾道ミサイル発射を強く非難する報道声明を発表した。
 北朝鮮にこれ以上の核実験や弾道ミサイル発射をしないよう要求し、制裁を含むさらなる重大な措置を取ることで一致したとの内容である。北朝鮮との対話を重視する中国とロシアも声明案に同意しており、いわば国際社会の一致した要求である。
 にもかかわらず北朝鮮はそれを一顧だにしない。敵意むき出しでミサイル発射を繰り返すとあっては、非難されて当然である。
 一方で、非難と圧力だけの対応では、手詰まり感は否めない。
 北朝鮮と日米との対立関係を改めなければ、取り返しのつかない事態を招きかねない。孤立へと突き進む北朝鮮が引き返すよう、国際社会は一致協力して手だてを講じることが求められている。
 日本は、それとは逆の方向に進んでいる。先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)前の日米首脳会談で、安倍晋三首相とトランプ大統領は、今は対話ではなく北朝鮮に圧力をかけることが必要だとして日米の連携を確認した。
 首をかしげざるを得ない。「対話ではなく圧力を」との方針はこの間、何ら成果を上げていない。北朝鮮の強い反発を招いただけである。北朝鮮に対する圧力一辺倒の対応は、逆効果しか生まないのである。
 安倍首相はサミット閉幕後の会見で、北朝鮮に関して「日米で防衛体制と能力向上を図ることで合意した」と言明した。イージス艦を6隻から8隻態勢へ増強することの「実現を急ぐ」とも述べている。
 北朝鮮は日本の防衛体制強化を、脅威としか捉えないだろう。圧力をかけることは危機の増大を招く結果になることを、日米両政府は知るべきだ。今、なすべきことは北朝鮮との対話の道を模索することである。日本は、対話による問題解決で国際社会を主導する方向へとかじを切るべきだ。

【社説】警察官不祥事続発 信頼回復へ手だて尽くせ 【琉球新報】2017.05.30 〇16歳の少女にみだらな行為をしたとして26歳の糸満署の巡査長が逮捕された。4月以降、沖縄県警の警察官の事件、不祥事が相次いでいる。信頼回復は容易ではない。改めて緩みがないか体質的な問題がないかを検証し、再発防止策を講じるよう求めたい。
 4月には宮古島署の巡査部長が酒気帯び運転で摘発された。5月には宜野湾署の後輩警察官らに飲食代などの支払いを強要したとして2人の巡査部長が処分を受けた。酒気帯び運転は、取り締まるべき立場の警察官が決してやってはならないことである。ましてや未成年者が被害者となる行為は言語道断だ。
 その中で、宜野湾署の事件は特異だ。2014年から3年間、2人のうち1人の名前を冠した「軍団」を組織し、7人の後輩にキャバクラでの飲食代やタクシー代など100万円以上を支払わせていた。まるで不良少年グループだ。
 被害届が出ていないという事情もあり恐喝・強要では立件されず、糸満署に今年異動した1人が、後輩を殴るなどしたとして暴行容疑で書類送検された。
 「軍団」に名を冠したもう1人は、別件の器物損壊容疑で送検された。さらに一般女性の犯罪歴や車両情報を照会するなど警察官の地位を悪用した行為も明らかになった。県個人情報保護条例違反だが、これは時効で立件されなかった。
 「軍団」内の恐喝・強要が長期にわたったことも問題だ。被害者である後輩たちが声を上げられなかったからだ。指揮命令系統が絶対の警察組織の特性が、声を上げにくい土壌をつくっているのではないか。
 全国の警察官の懲戒処分の数は10年から急増して12年に400人を超えた。その後は減少傾向にあり、16年は266人だった。ただし、免職は前年より4人増の39人、次いで停職は16人増の60人だった。重い処分が増えていることは悪質な事例が増えていることを示している。
 違法行為を行う警察官はごく少数であろう。背景に警察組織の体質があると言い切ることはできない。しかし、警察官としてあってはならないことが続くことは看過できない。改めて、個々人が使命感と健全な人権意識を持つよう組織の在り方を省みる必要があるのではないか。事件を二度と起こさないよう手だてを尽くすべきである。

【社説】[米最新兵器]狭い沖縄で試験、なぜ? 【沖縄タイムス】2017.05.30 〇開発中の最新兵器の実用化に向けた試験訓練を行う米海兵隊の実験部隊が米軍キャンプ・ハンセンに到着している。
 周辺自治体や県からは「気味が悪い」との不安とともに、「どんな訓練なのか全然把握できていない」と情報開示を求める声が上がっている。
 実験部隊の訓練期間はどのくらいなのか、最新兵器とは具体的にどのようなものなのか、どこで試験訓練をするのか、なぜ沖縄でやらなければならないのか、米海兵隊は一切明らかにしていない。
 米軍の最新兵器はハイテク化や無人化などが特徴だ。戦闘地域で危険な任務を担い、兵士の犠牲を最小限に抑えるのが目的である。
 実用化が進む無人機(ドローン)やロボットなどは、戦闘の在り方を根底から変えるものだ。
 沖縄に到着した実験部隊は米カリフォルニア州の第1海兵師団第5海兵連隊第3大隊(キャンプ・ペンドルトン)。通称「ダーク・ホース」と呼ばれる。
 同大隊の歴史は古く、米海兵隊から昨年2月、実験部隊としての新しい任務を与えられた。初期の試験はカリフォルニア州などで行われ、これを受けて沖縄では第31海兵遠征部隊(MEU)とともに、実用化に向けた試験を行う。
 最新兵器はいずれも試験段階であることから事故を引き起こす可能性が否定できない。兵器が民間地域に飛び出し、住民の安全を脅かす懸念が拭えないのである。
 米海兵隊は「安全保障上の理由」から情報を開示しないが、とても納得できるものではない。
■    ■
 基地の中は「ブラックボックス」のようである。
 射撃音は聞こえるが、何が行われているのかは不明。周辺住民の健康にも影響する環境汚染事故も外からはうかがい知れない。
 実際、キャンプ・ハンセン内の安富祖ダム工事現場では今年4月に米軍の銃弾とみられる物が車や水タンクを損傷したばかりだ。
 米軍嘉手納基地では2015年、発がん性物資を含む泡消化剤が民間地に流出した事故で、米軍は日本側に通報さえしていなかった。
 基地と隣接する民間地に住む住民は、基地内で何が起きているのか全く分からないという不安が消えない。
 米本国ではキャンプ・ペンドルトンのように広大な基地や訓練場が広がり、住民生活に影響を及ぼすことはほとんどない。基地の在り方が根本的に違うのである。
■    ■
 主権が侵害され、自治権が制限されているにもかかわらず、米軍にこのような特権的な地位を与えているのは、日米地位協定・関連取り決めで基地の「自由使用」が認められているからだ。
 県は周辺住民に影響を及ぼすような部隊の配備や訓練について日米間で取り上げ、関係自治体の意見を聞き、その意向を尊重するような仕組みづくりを求めるべきである。
 日本政府は米軍に対し情報開示を徹底するよう働き掛け、県も県民の安全のため情報収集を急ぐべきだ。
  ★安倍氏の祖父、岸信介氏の御蔭です。日米安保・日米地位協定=不平等条約! 変更もできない⁉のか。

【論説】共謀罪参院審議 何をすれば罪になるか 【佐賀新聞】2017.05.30 〇犯罪の計画を罰する共謀罪の構成要件を取り込み「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が参院本会議で審議入りした。数の力で衆院通過を強行した与党は会期延長も視野に今国会中の成立を目指す。対する野党は法案を巡る疑問や懸念を積み上げ、徹底追及により廃案に追い込みたいとしており、攻防は激しさを増しそうだ。
 しかし犯罪が実行されて初めて処罰するという刑事法の原則を大きく転換させる法改正であるにもかかわらず、肝心の国民の理解は深まっていない。共同通信世論調査では、8割近くの人が「政府の説明が不十分」と考えている。自民、公明両党支持層でも、だいたい7割がそう回答した。
 何をすれば罪になるか、見えにくいという不安は根強い。政府はこれまで、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた「テロ対策」に不可欠と訴え、盛んに「テロの未然防止」に効果があると強調するが、法案成立がもたらすリスクとなると、あいまいな説明に終始してきた。処罰の前倒しが監視強化につながり、プライバシー権や表現の自由を圧迫するとの懸念は膨らむばかりだ。
 「一般人は捜査対象にならない」と言うが、その説明にもほころびが見える。多くの論点が積み残しになっており、政府は審議時間にこだわらず、誠実に説明を尽くすことが強く求められる。
 衆院の審議で野党は一般人が捜査対象になるかどうかを巡り追及を強めた。政府は当初から、適用対象はテロ組織や暴力団など「組織的犯罪集団」に限定され、下見や資金の用意など「実行準備行為」がないと処罰できないから「一般人が対象になることはあり得ない」と繰り返してきた。
 ただ一連の答弁の中では「嫌疑があれば、もはや一般人ではない」「正当な活動をしている団体でも目的が一変した場合には、犯罪集団とみなされる」とも説明。一般人と捜査対象の間の線引きはあいまいなままだ。
 さらに一般人は捜査の前段階で嫌疑があるかを調べる「調査・検討」の対象にもならないとまで言い切った。捜査機関による監視強化が大きな焦点となり、それを否定したかったようだが、捜査実務とあまりにも懸け離れた説明といえよう。
 法務省幹部がオウム真理教を例に取り、組織的犯罪集団か否かをどのように見極めるかについて答弁したことがある。
 宗教団体としての活動実態がある団体で教祖が殺人を正当化する教義を唱えるようになり、信者が教義の実現を目的に結合しているとする。それだけでは不十分で、内部に組織を設け、化学薬品や武器などの研究、開発、製造などを反復継続して行うようになり初めて、犯罪集団に該当することもあり得るという。
 これからも分かるように、まっとうな団体が犯罪集団に一変したと判断するには、かなりの時間と人員をつぎ込んで特定の団体やメンバーを継続的に監視し、情報と証拠を集めることが必要になる。そのとき、市民団体や労働組合が監視対象にならない保証はない。
 ほかにも具体的に何が準備行為に当たるか、犯罪の合意に至るやりとりをどう入手するか、本当にテロの未然防止に効果があるのか-といった疑問が山積みになっている。一つ一つ丁寧に解消していくことなしに、国民の理解は得られない。(共同通信・堤秀司)

【社説】首相在職3位 1強だからこそ謙虚さを 【西日本新聞】2017.05.30 〇第1次政権も含めた安倍晋三首相の在職日数が28日で1981日に達し、小泉純一郎氏を抜いて単独で戦後3位となった。名実ともに長期政権といえるだろう。
 先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の出席も通算6回となり、ドイツのメルケル首相の12回に次ぐ「常連」になった。首相が掲げる「地球儀を俯瞰(ふかん)した外交」に対する国民の評価も高い。
 共同通信社の最新世論調査では内閣支持率は55・4%と、なお高水準で推移する。かつて短命政権が続いた不安定な政治状況から抜け出した。長期政権の「功」だ。
 ただし、高い支持の中身は変化した。支持理由のトップは第2次政権当初「経済政策に期待できる」だった。首相の経済政策「アベノミクス」が企業収益や雇用に一定の効果をもたらしたからだ。
 しかし、アベノミクスの成果は地方や中小企業にはなかなか波及しない。女性活躍、地方創生、1億総活躍と目先を変えても息切れした感じは否めない。支持理由も最近は「ほかに適当な人がいない」が最も多くなった。
 権限が首相に集中する「1強」の下で「ポスト安倍」を狙う自民党内の後継者は影が薄い。野党も低迷を続けており、消極的選択の側面は否定できない。
 気になるのは、説明責任に向き合う首相の姿勢だ。特に野党の国会質問には真正面から答弁しない場面が目立つ。
 外遊時を除き、記者会見は減った。東日本大震災から6年の節目も政府予算成立時も会見をしなかった。その代わりに増えたのが一方的に主張できるビデオメッセージだ。首相の新たな憲法9条改正案もこの手法で公表された。批判や反論に耳を貸さない独善に陥ってしまえば、長期政権の「罪」となってしまう。自戒してほしい。
 来年9月の党総裁選で3選を果たせば、首相は最長2021年9月まで在職可能となり、戦後2位の吉田茂、トップで大叔父の佐藤栄作を抜く。そんな長期政権だからこそ、「1強」におごらず謙虚な政権運営を改めて求めたい。

【社説】住民の不安置き去りに 相次ぐ原発再稼働 【中国新聞】2017.05.30

【社説】加計学園問題 政府は説明責任を果たせ 【山陽新聞】2017.05.30 〇国家戦略特区制度に基づく学校法人加計学園(岡山市)の獣医学部新設計画を巡り、「総理の意向」などと書かれた文部科学省が作成したとみられる文書が明らかになった問題で、同省の前事務次官だった前川喜平氏が文書を本物と認める会見を行った。
 政府はこれまで「省内調査で文書の存在は確認できなかった」とし、制度を担当する内閣府などの関係者も内容を否定している。前川氏は「薄弱な根拠で規制緩和が行われた」と国の対応も批判した。
 前川氏は今年1月、文科省が組織ぐるみで行っていた天下り問題の責任を取り、辞職した人物である。「政権への腹いせだ」と批判する声もあるが、計画に携わった事務方トップの発言は重い。政府は深まる疑念に説明を尽くす必要がある。
 獣医学部は愛媛県今治市で新設を目指している。学部の設置は日本獣医師会などが充足率の高さから反対し、文科省も「質の確保」を理由に認めてこなかった。市や県は2007年以降、構造改革特区での新設を繰り返し申請したが、却下され続けている。
 ところが安倍政権になって一転、15年6月の「日本再興戦略」に学部の新設検討が盛り込まれ、国家戦略特区に決定。政府は今年1月、今治市での新設計画を認定し、加計学園が事業者に選ばれた。
 そうした経緯の中で、特区制度の公平、公正性がゆがめられたのではないか、というのが問題の核心だ。安倍晋三首相の友人が加計学園の理事長を務めていることから、首相の関与や、官僚が首相の意向を推し量る「忖度(そんたく)」をした可能性が指摘されている。
 民進党など野党は前川氏の証人喚問を要求している。与党は拒否し、文書の再調査も行わない方針だが、それでいいのだろうか。やましいことがないのなら、政府はもう一度きちんと事実関係を確認していくべきではないか。
 国家戦略特区は安倍政権の成長戦略の柱で、大胆な規制緩和により経済の活性化を目指す制度である。分厚い「岩盤規制」に穴を開けるため、関係省庁や業界が反対するケースは多い。地域が自ら提案する構造改革特区と違い、国がトップダウンで決める。
 政権の意向という、いわゆる「政治主導」が、官僚と対立する構図は容易に想像できるが、ただそこには、規制緩和の明白な根拠がなければならないのは当然だ。
 総数は不足していないとされる獣医師だが、地域や診療分野で偏りがあるとの声はある。四国では初めての獣医学部でもある。そうした点も含め、決定の妥当性を国会の場で明らかにしてもらいたい。
 菅義偉官房長官は文書について「怪文書だ」と切って捨て、前川氏に対しては「批判にさらされて辞任した人だ」と述べた。だが否定を繰り返すだけでは政権のおごりととられても仕方あるまい。誠実な対応を求めたい。

【社説】PKO撤収  参加のあり方議論せよ 【京都新聞】2017.05.30 〇南スーダン国連平和維持活動(PKO)に参加してきた陸上自衛隊の部隊が全て撤収した。安全保障関連法に基づき初めて付与された「駆けつけ警護」を実施することはなかったが、現地の治安状況から、憲法やPKO参加5原則との整合性が問われた。今後は、南スーダンでの活動の検証を踏まえ、PKO参加のあり方そのものも徹底的に議論する必要がある。
 長期内戦を経て独立したばかりの南スーダンへの派遣は2012年1月、当時の民主党政権が決定した。その後、5年余りの間に陸自施設部隊の延べ3900人が派遣され、計約260キロの道路補修を担ってきた。
 だが13年末から政府軍と反政府組織が、自衛隊部隊の拠点がある首都ジュバで内戦状態に突入。昨年7月には270人以上が死亡する大規模な争いが起きたとされる。各国のPKO部隊の主要な任務は住民保護に移り、中国部隊などには死傷者も出た。
 日本政府は、こうした治安悪化が撤収の理由ではないとしているが、実際には活動もままならないことが増えたという。隊員の犠牲を回避するためにぎりぎりのタイミングだったとみられる。
 今年は日本のPKO参加の根拠法であるPKO協力法の成立から25年の節目にあたる。南スーダンからの撤収で自衛隊を派遣するPKOはゼロになったが、日本はこれまでに27件のPKOに延べ約1万2000人を送った。その際の基本的条件が「当事者同士の停戦合意」などからなるPKO参加5原則だ。
 5原則は当初、停戦監視や選挙監視などを想定していた。しかしその後、PKOは大きく変容している。00年には国連の専門家パネルが「公平性の原則に基づく武力行使」などを盛り込んだ報告書を提出。より積極的な武力行使を事実上、認める方向にかじを切った。背景にはルワンダ内戦や旧ユーゴ紛争でPKO部隊が住民虐殺を止められなかった反省がある。
 こうした中で日本は今後、自衛隊員の犠牲を伴う危険な任務にも派遣するのかどうかが問われている。PKO以外の国際協力のあり方を選択する道もある。
 参加のあり方を考えるためには情報公開が必要だ。南スーダンPKOでは、陸自の活動の「日報」を防衛省が組織的に隠蔽(いんぺい)した疑惑が浮上した。自衛隊が直面した危険はどのようなものだったのか。正確な実態を国民が共有しなければ理解も議論も深まらない。

【社説】日印原子力協定  「核不拡散」と相いれぬ 【京都新聞】2017.05.30 〇インドへの原発輸出に道を開く日印原子力協定の承認案が衆院で可決され、協定は締結・発効の見通しとなった。
 核拡散防止条約(NPT)に加盟しない核保有国インドへ原子力関連技術の移転が可能となるが、国会審議を経ても核実験再開や軍事転用を巡る疑問や懸念を払拭(ふっしょく)できたとは言い難い。戦後日本が掲げ続ける「核廃絶・不拡散」の理念をないがしろにしてはならない。
 協定はインドへ原発を輸出する際のルールを定め、昨年11月にモディ首相が来日時、両国政府が署名した。核物質や技術を核爆発装置の開発に使用しないほか、国際原子力機関(IAEA)の査察を受けるとした。インドが1998年以来停止している核実験を再開した場合、協力を停止することも別の文書で確認した。
 主な論点は、協定によってインドの核実験再開に歯止めをかけられるか、だった。政府は「協定は、原子力の平和的利用についてインドが責任ある行動を取ることを法的に確保する」(岸田文雄外相)と強調した。だが、なぜ協定本体に核実験を協力停止の要件として明記できないのか。これではインドの核実験再開を抑え込む手だてとして不十分だ。また日本政府は核実験停止ばかりを重視し、核爆発を伴わない臨界前核実験への対応には明確な答弁を避けた。
 日本は原発から出る使用済み燃料をインドで再処理することも容認する。再処理で生成するプルトニウムは核兵器に転用でき、インドの核保有を追認することになりかねない。NPTの枠組みを揺るがすことになり、唯一の戦争被爆国として許されないことだ。
 インドへの核物質や原子力関連技術の移転は原子力供給国グループ(NSG)で禁じられたが、2008年のルール改正で解禁された。米仏などは約60基もの原発建設を検討するインドに商機を見て既に同様の協定を結んでいる。日本も中国をにらんだ日印関係の強化と併せ、成長戦略の一環として原発輸出を促す協定の締結を急ぐ。だが福島の原発事故はいまだ収束を見通せず原因究明も道半ばだ。果たして日本に原発技術を輸出する資格はあるのだろうか。
 多くの問題点を置き去りにしたまま、承認案は参院へ。憲法で衆院の議決が優先される条約案件とはいえ、この協定をこのまま発効させてはなるまい。政府に運用面でより厳しい縛りを課す付帯決議の採択など、改めて「再考の府」での熟議を求めたい。

【社説】共謀罪法案 参院の真価が問われる 【信濃毎日新聞】2017.05.30 〇いったい何をすると罪に問われるのか―。刑罰法規の核心にあたる部分がぼやかされている。社会を萎縮させ、人権や自由を脅かす恐れは大きい。共謀罪法案が持つ根本的な問題点を徹底して追及しなければならない。
 参院で法案が審議入りした。きのうの本会議で政府は、東京五輪に向けたテロ対策の必要性と、国際組織犯罪防止条約の締結に不可欠な法整備であることをあらためて強調している。
 それが名目にすぎないことは既に明らかだ。批判に向き合わず、根拠を欠く説明で押し切るのか。国会を軽んじ、国民に対しても不誠実な姿勢と言うほかない。
 法案は、一定の「準備行為」があった段階で、計画に合意した全ての人を処罰できるようにする。けれども、何をもって合意と判断するか、何が準備行為にあたるのか、肝心な点は明らかでない。
 相づちや目配せのほかメールやLINE(ライン)のやりとりでも、合意したとみなされ得る。準備行為は、資金や物品の手配、下見を例示したが、日常の行動とどう見分けるのか。内心に踏み込まなければ判断のしようがない。
 にもかかわらず政府は、所持品などから外形的に区別できると強弁している。法相は「花見ならビールや弁当、下見なら地図や双眼鏡を持っている」と衆院で答弁した。いくらでもこじつけが可能と言っているようなものだ。
 適用対象の「組織的犯罪集団」とは何かも定められてはいない。共謀罪を設ける犯罪は277にも及ぶ。当局の意向次第で、そのどれかに関連づけて嫌疑をかけられ、いつ誰が捜査対象になってもおかしくない。
 一般の人は対象にならないという政府の説明は意味を成さない。それどころか、狙いをつけた人たちを犯罪集団に仕立て上げ、一掃する手段にさえなりかねない。
 刑罰法規は、具体的に何が犯罪にあたるのかをあらかじめ明確に定めておかなければならない。恣意(しい)的な処罰によって人権が侵されるのを防ぐためだ。
 共謀罪法案は、内心の意思を処罰しない刑法の原則を覆すだけでなく、根幹に置くべき明確性も欠いている。刑罰権に縛りをかける刑法本来の役割は損なわれる。
 言論・思想の弾圧につながりかねず、民主主義の基盤を掘り崩す法案である。本質を見据えれば、廃案にするほかない。与党は、政権を追認する強引な審議を参院でも繰り返すのか。この国の議会制民主主義の真価が問われる。

【社説】陸自PKO撤収完了/「新任務」は必要だったのか 【河北新報】2017.05.30 〇南スーダン国連平和維持活動(PKO)に従事していた、第9師団(青森市)を中心とする陸上自衛隊の部隊の撤収が完了し、危険と隣り合わせの5年4カ月に及ぶ活動に終止符が打たれた。
 安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」が昨年11月に初めて付与が決定され、注目が集まった11次隊派遣。結局は4カ月後に安倍晋三首相が部隊の撤収を表明し、付与されただけで終わった。
 派遣されたのはインフラ整備に当たる施設部隊で、駆け付け警護は本来任務ではないはずだ。撤収を前提にした上での付与と指摘されても仕方があるまい。安倍政権の実績づくりだったのではないか。
 駆け付け警護は、自衛隊の近くで活動する国連職員やNGO関係者が暴徒などに襲撃された時に、保護要請を受けて救出に赴く任務である。
 保護対象者を守るために武器の使用基準は緩和されたものの、相手への危害射撃は正当防衛、緊急避難の場合に限定されている。緊急時に先制攻撃ができる他国軍と比べ、大きなハンディがある。
 政府が想定していたのは在留邦人の保護だったというが、邦人以外の救援要請があった場合、どう対処したのか。
 断れば国際社会から批判を浴びただろうし、応じれば戦闘に巻き込まれる危険性が高まる。現地の部隊は極めて難しい判断を迫られたに違いない。事前に訓練、教育を重ねたとはいえ、どこまで隊員の安全確保を勘案して付与したのか、疑問が残る。
 昨年7月に首都ジュバで起きた政府軍と反政府勢力の大規模な武力衝突を巡って、情報公開の在り方も問われた。
 外部から開示を求められた当時の部隊の日報について、防衛省は当初破棄したと説明していたが、統合幕僚監部に電子データが存在していたことが判明。陸自にも別に保管されていたことが発覚した。
 日報には「ジュバで戦闘が生起」などと記載があり、政府にとって不都合な治安情勢の悪化を隠蔽(いんぺい)したのでは、との疑惑も浮かび上がった。
 稲田朋美防衛相の指示で特別防衛監察が現在進められているものの、いまだに真相不明のまま。防衛省は早急に全貌を明らかにすべきだ。
 紛争当事者間の停戦合意などの「PKO参加5原則」との整合性も追及され、政府は国家間の戦闘ではなく武力衝突と押し通した。5原則形骸化の懸念は依然拭えない。
 そもそも撤収の理由について、安倍首相は「施設整備に一定の区切りが付けられる」と説明したが、こうした治安の悪化が主因だったろう。
 自衛隊が部隊を派遣するPKOは、これでゼロになった。積極的平和主義を掲げる安倍政権は新たな派遣先の選定を急ぐという。
 国連の要請があってから検討するべきで、本末転倒と言わざるを得ない。今回の派遣の検証の方が先だ。

【論説】終盤国会 疑惑放置は許されない 【岩手日報】2017.05.30 〇通常国会は、6月18日の会期末まで3週間を切った。
 共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案は、週明け早々に参院で審議入り。さらに天皇陛下の退位に向けた特例法案、衆院「1票の格差」是正へ小選挙区の区割りを見直す公選法改正案など、重要法案がめじろ押しだ。
 監視社会への懸念から「共謀罪の本質は変わらない」として民進、共産両党などが強く反対する改正案の衆院通過には、共同通信調査で世論も80%近くが「政府説明は不十分」と懐疑的。同法案一つ取っても、今国会での成立を確実にするためには会期延長が避けられないだろう。
 6月23日には、各党派が国政選挙並みに力を入れる東京都議選が告示される。会期末できっちり法案を仕上げ、都議選に力を注ぎたい政府、与党の目算は大きく狂った。数ある重要法案を確実に成立させようとすれば、相応の延長幅を確保する必要がある。
 ところがここに来て、政権はそう簡単に判断できない状況に陥っている。安倍晋三首相が「腹心の友」と呼ぶ人物が理事長を務める岡山市の学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る疑惑だ。
 法案成立を確実にするためには会期延長が必要だが、延長すれば野党に疑惑追及の時間を与えることにもなりかねない。政権のジレンマは想像に難くない。
 加計学園の学部新設は、政権の目玉政策である国家戦略特区を活用。予定地の愛媛県今治市は所有する土地を学園に無償譲渡し、施設整備費96億円を助成するという。
 獣医学部の新設認可は52年ぶり。安倍首相の強い後押しをうかがわせる記録文書が表面化したことで、疑惑は一気に膨らんだ。政府は無視を決め込むが、文科省の前事務次官が会見で文書の存在を「確実」と証言。国会の招致要請があれば応じると明言した。
 その構図は、大阪市の森友学園の国有地売却問題に通じる。安倍首相周辺の関わりが疑われるのも共通だ。
 森友問題で政府、与党が前理事長の証人喚問を主導した経緯に照らせば、前次官招致を拒否する理由はあるまい。菅義偉官房長官を先頭に、前次官の人格攻撃に精を出すのは首相が嫌う「印象操作」そのものではないか。
 世論の反発で、国会で過去3度廃案となった共謀罪復活への世論の懸念は根強い。法案を通そうとするなら、政権が自らの疑惑払拭に努めるのは当然だろう。「数」に頼むのは後ろめたさの証明だ。
 挑発的な動きが続く北朝鮮問題など、内外問わず懸案が山積する中にあって、政治への信頼が揺らぐ現状は施策の土台をぐらつかせる。疑惑の放置は許されない。







国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: