FC2 Blog Ranking
2017-07-13

7/13: 今日のトピックス

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十四期を迎えました 8/1 (笹井明子) ○『政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう』という、故なだいなださんの呼びかけで生まれた「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、平和主義の否定・国家主義的色彩の濃い「新憲法制定」に向けた歩みを開始したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2016年8月1日より第十四期(*)に入りました。
この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・東京港でヒアリの卵や幼虫 女王アリは確認できず 7/13(木) 18:40  ★卵や幼虫、繁殖の証明…
 ・安倍総理 国会閉会中の集中審議に応じる意向 7/13(木) 18:28    ★何を護るつもりなのか
 ・養子縁組に225万円 「身勝手で悪質」と有罪判決 7/13(木) 18:10
 ・遺族側「調査委は県教委の下に」 取手のいじめ自殺 7/13(木) 18:03  ★いじめも多過ぎて 詳細不詳
 ・列島各地で猛暑日、関東ではゲリラ豪雨も 7/13(木) 18:27   ★梅雨明け、間近⁉ 
 ・九州豪雨被災地は・・・ 酷暑の中 復旧作業 7/13(木) 18:26
 ・大分空港の滑走路閉鎖、地盤改良工事の影響で隆起か 7/13(木) 8:12
 ・天竜川・川下り船事故、元船頭主任は2審も無罪主張 7/13(木) 8:11
 ・トランプ大統領「息子は潔白で魔女狩りだ」 7/13(木) 8:09   ★トランプ・ジュニアが会ったロシア人弁護士は何者?
 ・名古屋などで猛烈な雨、道路冠水や住宅浸水 7/13(木) 6:29
 ・南極の氷が分離し氷山に 三重や茨城とほぼ同じ面積 7/13(木) 7:07

宮内庁: 象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば  ○象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日)
  ☆何も足さず、何も引かず、残します。 日本国憲法と共にある、天皇のお言葉。

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
7月13日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 国民の怒りは粘り強くありたい 7/13 ( 珠 )
 〇「カケもモリもザルにするな!」と、市民の怒りを買っている加計・森友問題は、安倍首相がソバにいるお友達への便宜を図った、政治・行政の私物化に他ならない。

 国民の利益を顧みずに、首相の立場を利用して自分のオトモダチの利益を優先したから国民は怒っているのだ。また共謀罪もろくに審議せずに数を頼んで押し切ったから、国民は不信感を抱いているのだ。

 前川喜平・前文部科学事務次官の証言は、安倍首相とその周辺の政治家と官僚の「嘘」を国民の目に明らかにした。安部首相を取り囲む政治家たちが何と言おうと、安倍首相のオトモダチへの便宜供与はあまりにも明らかで、身勝手なものだった。

 前川氏は、安倍首相の意を「忖度」して行政が歪められていくことに対して、危機感を感じたのだ。在任中に発言すべきだったと言うのは正しいが、在任中には言えなかった行政官庁の現状こそ問題と捉えるべきだろう。

 この件に関して、局長級の人が「官僚は時の政権の使用人」といった発言があった。第二次安倍内閣後「内閣人事局」が内閣官房に設置され、事務次官や局長といった各省庁の幹部の人事が、首相の意向をつよく反映するようになった。

 森友学園の国有地売却に関して、国会での事実確認を拒み続け、安倍首相を庇い、国民の前に嘘を塗り固めた理財局長の佐川氏が、国税庁長官となる今回の人事などは、まさに安倍首相とその取り巻きの良くやったという「意向」だろう。

 首相をはじめとする内閣の意向がどれほど国民の不利益であろうと、内閣人事局が官僚の人事を握るということは、反対をすればにらまれて、自分の人事だけでなく後輩の人事にも影響が出る。そう思えば役人は委縮するだろう。

 近年、「官僚主導から政治主導へ」という国民の思いがあったことは確かだと思う。しかしそれは、国民の意思が政治を通して行政に届くことを願っての事であって、政治家の私物化を願ったわけではない。

 公務員や「官僚は時の政権の使用人」ではなく、「国民の公僕」であることを、役人は胆に銘じてもらいたい。

 これだけ権力を使って国民の財産を私物化し、国会でも野党の追及をはぐらかして答えず、数を頼んで横暴な政治をする内閣を支えているのは、自民党を大量当選させた国民と、政権にすり寄る公明党。

 これは今回の都知事選でも同じ。都民ファーストに雪崩を打った都民と、権力にすり寄る公明党の図式は同じだ。公明党は野党となってこそ存在意義があるのに、政権に尻尾を振っておこぼれをもらうばかりの党になり下がっている。

 国民自身、立ち止まって考える力を持たないと、民主主義は機能しない。ヒトラーも選挙で選ばれている。私たちは独裁的な政権運営は危険であることを歴史に学ばなければならない。

 「カケもモリもザル」にしないためには、国民は粘り強く安倍首相の政治の私物化への怒りを、自民党の横暴に怒りを爆発させるだけでなく、粘り強くこだわって正していかねばならない。安倍首相の政治の私物化、安倍内閣の暴走を止められるのは、国民でしかないのだから。
 「護憲+コラム」より


 今日のトピックス Blog7/12: 電通違法残業事件、「略式不相当」公開裁判へ コケにされた司法(簡裁)が怒ったぞ⁉ 行政権が司法を下請け扱い? 公開法廷の審議抜きが検察の思惑⁉ 略式起訴では真相に迫れない!
  ★衆議院も参議院も、与党が3分の2以上を占めていて且つ議院内閣制の制度なものだから、審議も、情報公開も、採決の段取りも、主権者の為にある!民主主義の根幹を没却し、只管、安倍一味を喜ばせるために、指示通り、狂奔する!議院内閣制。更に、霞が関・官僚(幹部)人事を支配しようと、内閣人事局 - 内閣官房を、“…特区”同様でっち上げ、ほぼ独裁状態… そして、今回の簡裁の、反発、反感、反乱⁉その上、司法、裁判まで、市民に、事実関係を明かさず(裁判を公開せず)、検察は、唯、闇に隠そうと、カネでけりをつけようとした。簡裁の判断と心意気を支持する。 司法・裁判まで、1強支配に従ってはならないのだ。三権分立の故でもあるが、今となっては、1強支配の下に、靡いてはならないし、公務員諸兄も、自戒してもらわなくてはならない。当然のことと、されていて、余計なお世話と、横を向かれるかもしれないが。 ともあれ、不正や嘘偽り、不都合な事実・真実は、都合よく隠蔽! そんなものは、国民主権、民主主義にあっては、有ってはならぬこと。市民(主権者)の皆様と、その確信を共有したい。大改革、『アベヤメロ』の後を見据えて。


 今日のトピックス Blog7/11: 『アベ ヤメロ!』の声を一つに集め 受け皿を整えねば その実現は適わぬ⁉ 安倍打倒の後は「新しい革袋に新しい酒」の例えもある 平和・生活・人権、日本人を護る その人々が、の結集を


「護憲+」ブログ: ABE IS OVER 7/11 (流水)
 〇ABE IS OVERという秀逸な替え歌があります。本歌は、欧陽菲菲のLove is overです。

 先の東京都議選の秋葉での安倍首相演説の動画にかぶせて歌われていますが、これほど秀逸な替え歌は滅多にお目にかかれないと思います。現在の国民の心を見事につかんでいると思います。

 動画を繰り返し聞いて、下にその歌詞を書いておきますので、興味のある人は聞いてみてください。歌は次の所で聞けます。

 ABE IS OVER

 ABE IS OVER 遅すぎたけど 終わりにしよう 切りがないから
 ABE IS OVER 訳などないよ 唯一つだけ 日本のため
 ABE IS OVER 悪い過ちと 笑って言える 時が来るから
 ABE IS OVER 泣くな無様だろ 憲法のことは 早く忘れて

 私は あんたを忘れはしない 誰に替わっても 忘れはしない
 きっと 最後のファシストと 刻むから

 ABE IS OVER 私は あんたの トドメを刺すよ ぐっと心に
 ABE IS OVER 最後に一つ  国民騙しちゃいけないよ

 下手な答弁で 誤魔化さないで 本当のことを 早く喋って
 きっと あんたにお似合いの 墓がある

 ABE IS OVER 嬉しいよ 早く出てって 振り向かないで
 ABE IS OVER う~ん う~ん サヨナラしてね
 ABE IS OVER!

 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より


イシャジャの呟き: 夏 本番    誕生日の花 ブッスウゲ 花言葉 常に美しい美 7/11
 〇ハイビスカス ラジオ深夜便から

 昨日は 閉会中審査をみて エアコンの世話になり1日を過ごす、何の進展もなく 水掛け論、

 前川氏の話が信頼できるのだが、官房長官 副官房長官が怪しい 怪人たちだ 怪文書呼ばわりしたり

 内閣官房全体が 怪人になりきっている。夜間もラジオで 審査の模様が放送されていた・


 カテゴリなしの他の記事
  高温
  大水害
  台風 雨 そして総理は外遊した
  台風3号・・・・
  空梅雨は続く
  空梅雨


 今日のトピックス Blog7/10: 九州の激甚災害指定・未定&今日施行の「共謀罪」法、審議・加計追及打切り、強行採決の何故 安倍氏の有無が原因⁉ 『安倍、辞めろ』の声も背に、真に、国民主権、幸福追求権の回復を


「護憲+」ブログ: 7/9「安倍政権に退陣を求める緊急デモ」@新宿 7/10 (笹井明子)
 〇昨日は、新宿で行われた「安倍政権に退陣を求める緊急デモ」に参加してきました

 その前に別の会合に出ていたので、集合場所の新宿中央公園に到着したのは6時一寸前。公園には大勢の人が集まり、デモは次々に出発していました。

 参加者は、「怒」「安倍政権退陣」「こんな人」など、思い思いの幟やフライヤーを手にしています。

 ラップ調の音楽に乗せて「最低賃金1500円」「富の再配分」を訴える「AEQUITAS(エキタス)」の先導車も出ていました。そう言えば、安倍総理は「非正規のときにはなかった責任感が、正規になって生まれてくる」と、実態を何も知らない発言をして、物議を醸していましたね。

 私も「個人の参加」の幟のある付近に入らせてもらいましたが、すぐ後ろには「せんそうのどうぐつくるのやめよう」と書いた横断幕を持った若いお母さん達が、柔らかな笑顔で歩いていました。

 車道のデモ隊にスマホを向けたり拍手を送る歩道の人々。デモ隊が持つ安倍総理の似顔絵を見て、「あ、アベだ」と嬉しそうにいう幼い子もいました。アベさん、子供達にも「大人気」ですね(笑)。

 デモのゴールは、7時からの「アベやメロ緊急集会」の会場のアルタ前。デモ隊と最初からこの会場目指した来た人たちで、アルタ前はすごい人。特に若い人たちの姿が目立ちます

 7時が近付くと、道路横に止められた車に蛍光灯を組み合わせて作った「アベヤメロ」の文字に灯が点り、「アベヤメロ」のラップ調の調べが流れ始めました。

 今回の参加者は8000人とのこと。安倍さん、日本中に「こんな人たち」が沢山いるんですよ

 家に戻ったら、新聞各社が、安倍内閣支持が更に大きく下落したことを報じていました。
 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


 今日のトピックス Blog7/9: 安倍政権に退陣を求める緊急デモ 東京・名古屋・大阪・福岡でも Twitterでも 「安倍政権の退陣」が唯一求められている なのに、内閣改造??? 首班を代えないのか‼‼ 愚かな権力亡者共 7/9


イシャジャの呟き: 高温    誕生日の花 ギボシ 花言葉 静かな人 沈静 7/9
 〇ラジオ深夜便から

 北九州や西日本では、大量の降雨が止まず 被害を大きくしています。

 今日は31℃まで気温が上がり 熱中症の恐れもあるし、家中の窓を開放して、過ごしています。
 エアコンは未だ いいようだ。ここ数日 膝が痛み 足が棒状なった感があり、寝違えで首も入たいので
 整形外科医院へいって レントゲン検査を受けました。

 先生から 腰部脊柱管狭窄症のパンフを貰ったので、病名はそれらしい。湿布材で貼れば治まるらしい。
 80歳だから 足腰が痛むのは当然だ、転ばぬように 注意しよう


 カテゴリなしの他の記事


 今日のトピックス Blog7/8: エンジンをかけた警察車両の横に長時間市民らを留置 「排ガス嫌なら抗議やめろ」 沖縄県警・警備部長 言語道断! 人権尊重・公務違反、憲法に叛く!表現の自由侵害の公務?に異議あり!


「護憲+」ブログ: 「安倍政権に退陣を求める緊急デモ」7/9@新宿、他 7/8 (笹井明子)
 〇『「安倍政権に退陣を求める緊急デモ」が東京・名古屋・大阪・福岡の4大都市で、あす9日の同時間帯に行われます。安倍夫妻はドイツG20を「もっけの幸い」とばかりに欧州へ。都議選の戦犯たちも「引きこもり作戦」で忘れられると期待していますが、そうは問屋が卸しません。』
 日刊ゲンダイ7/8 

 東京の場合、以下の2本立てになっているようです。
 時間のとれる方は是非参加して、自分も「こんな人たち」の一人であることを示しませんか?

 ☆安倍政権に退陣を求める緊急デモ
 2017年7月9日 日曜日
 新宿中央公園水の広場
 集合時間:17:00 出発時間:17:30

 ☆RALLY FOR TRUTH - アベヤメロ緊急集会
 2017年7月9日 日曜日 19:00〜
 新宿東口アルタ前広場

 呼びかけ:#安倍政権に退陣を求める緊急デモ 実行委員会
 #安倍政権に退陣を求める緊急デモ 実行委員会

  「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」ブログ: 内閣改造で逃げ切ろうとする安倍政権 7/8 名無しの探偵
 〇この期におよんでもまだ自分自身の責任が一番大きいことが分からない安倍は「内閣改造」という顔ぶれの挿げ替えで乗り切ろうとしている。内閣総辞職以外には考えられない事態になっているのにである。

 自民党も安倍内閣と心中したくないのであれば、党内改革に乗り出す好機ではないのか。 

 もう、経済界も安倍のやり方に批判的になっているし、極右の政権でも支持してきた都民も、安倍自民党にそっぽをむき出している。

 都民ファーストは決してリベラルな団体でもない、安倍に劣らぬ極右政党であるが、流石にお友達やシンパの学校に便宜を図る安倍には重大な違反行為があるとして、見捨てることになっただけなのである。

 もっと清廉潔白な極右の政党に鞍替えしただけ。日本社会の救いがたさはこれまで同様である。
 「護憲+BBS」「どんぺりを飲みながら」より


 今日のトピックス Blog7/7:七夕 核兵器禁止条約 国連交渉会議で採択 122の国と地域の圧倒的賛成多数! 地上の主権者、市民は、賛成の筈⁉ 平和的生存権に適うから 後は、各国・主権者の、核禁止への行動あるのみ



「護憲+」ブログ: 自民党は都議選大敗、問題は次期衆議院選だ(2) 7/7 (厚顔)
 〇自民党が都議選に敗北したのは、先述したように不祥事を誤魔化し、言い訳、言い逃れに終始した国民無視の傲慢な政治姿勢にあったと思うが、その傲慢さを増長させた自民党に取って代わる野党がなく、安倍内閣の高支持率にあぐらをかかせてきた状況も無視できない。
 都議選後、安倍内閣の支持率と不支持は逆転したようであるが、自民党に代わる野党がなければ、安倍内閣と自民党の支持率は自然に回復するか、支持政党なし率が増えるだけであろう。
 そのような中にあっても今のところ野党に受け皿造りの動きは見当たらない。僅かに都民ファーストの小池知事頼み、様子見の感がするだけである。しかし都民ファーストは自民党の補完勢力に変身しかねないことを考えると、安閑としておれないはずである。

 今の自民党の一党支配体制を崩すには、今回の都議選のような自民党の敵失、オウンゴールに期待していては限界であることは明らかである。最善で安倍首相が総辞職しても、国民はそれで溜飲を下げ、同じ自民党内閣(麻生の再登板)を容認しかねない。
 公明党に次ぐ組織力を持つ共産党も、このような自民党の不祥事が多発しても、ただ批判に終始するだけで、党名、綱領も変更できないようでは、大きな期待はもてない。おそらくがちがちのマルキスト、徳田球一(宮本委員長の前の委員長)、宮本委員長、不破信奉者が党員として固い岩盤を構成し、志位執行部も手を付けたくとも手が付けられないのであろう。
 野党第一党の民進党も、マニフェストを破り、無理心中解散を強行し、政権を熨し付きで自民党に引き渡した野田元首相が蓮舫新執行部の幹事長であることに、国民は失望させられている。東京都選出の蓮舫代表のイメージダウンは今回の都議選での民進党の敗北で明らかであり、これ以上は期待できない。残りの野党も推して知るべしである。

 マクロンフランス新大統領のような新星も出てきそうにない。ではどうするか。元文部事務次官の前川氏に期待されている方も巷間居られるが、一理あると思う。今の流動的な世界情勢にあって、日本はじめ各国がそれに翻弄されている状況にあっては、今こそ日本でもフランスに倣い、新党結成が急務ではないかと思う。しかし、前川氏にそれを期待するのは無理と思うので担がれ役であろう。

 新党結成には、やはり過去の失敗を生かして政治経験豊富な政治家が必要である。先ずそれには既存の政官業の利権構造を打破できる政治家が不可欠で、小沢一郎氏を置いて他には見当たらない。
 小沢氏が政治資金規正法で強制起訴されたのは、民主党幹事長時代に既存の利権構造にメスをを入れようとしたからであり、裏を返せば利権構造にメスを入れられると困る政官業に濡れ衣を着せられ起訴されたと言っても過言ではない。しかし起訴されたことによって政官業から恐れられる政治家であることが実証されたとも言える。次は起訴されたことを逆手にとって、利権構造を打破できる唯一無二の政治家であることを一押しにして訴えるべきであろう。

 次に政党立ち上げとその活動には相応の資金が不可欠で有り、鳩山由紀夫氏は惜しみなく政治にその財力を注げる太っ腹政治家として欠かせない。この点では余人に真似はできない。元々母方の祖父はブリジストンタイヤの創業者であり、鳩山氏も大株主の一人のはずであり、国民が購入したタイヤの代金で配当を得ているようなものである。それを政治を通して国民に還元したいと思っておられるのかもしれない。

 次に市川房枝の秘書からたたき上げた、市民活動政治家菅直人氏である。彼の市民感覚と経験は新党活動には欠かせないと思われる。以上3人は民主党時代のしがらみ恨み辛みがあるかも知れないが、再度一致結束して新党を結成し、次期衆議院選で自民党政治に鉄槌を下して、都議会選の再現を全国で示して欲しい。
 女性からも一人は必要で、弁護士でもある社民党の福島瑞穂氏が適任である。平和への信念、国会での短時間での弁論は他の追随を許さず、上記3名もかなうまい。

 しかしいずれも政治経験が古いだけに当然古傷も持ち合わせている。それらを払拭し過去のイメージを一新するには、「新しい葡萄酒は新しい皮袋に入れよ」(聖書より)が不可欠である。
 ここで「新しい葡萄酒とは」どのような味がよいか、下記のような政策を考えてみた。

 ・外交の立ち位置はスイスを参考にして、平和外交に徹し永世中立国を目指す。
 ・軍事は自衛隊を引き継ぎ専守防衛とする(徴兵は廃し、武装中立専守防衛)。
 ・原発は40年で廃止し、新設はしない。
 ・平和憲法の理念を踏襲し、国際原子力機関をウイーンから日本へ移し、唯一の被爆国として核廃絶を目指す。
 ・平和外交を掲げ国連の常任理事国入りを目指し、更に平和に貢献する。
 ・日米安保条約を解消し、ロシアと北方4島の返還交渉を進める。また北朝鮮の拉致を米国に依存せず独自に解決努力し、国交を回復し、北東アジアの平和を目指す。

 陣容は元文部次官の前川氏を担ぐのも一案であろう。それと来年の衆議院選を目指し、上記理念に賛同する旧民主党、社民党の落選者、現議員の賛同者を募り過半数をめざす体制整備に着手する。
 内政は永世中立国となれば軍備が縮小でき、小沢氏の持論である弱者救済への予算組み替えが可能となる。新たな革袋の名称(党名)は新日本真党はいかがであろうか。
 以上が都議会選挙で自民党が大敗した夜に見た夢である。

 余談であるが、日米安保条約を1つのコインに例えれば、その表面は米軍の軍事抑止力で有り、裏面は表面の抑止攻撃力に対する仮想敵国の脅威である。疑心暗鬼で表面、裏面が大きくなればコインは大きくなり安保条約は金食い虫となる。軍産共同体の思うつぼである。
 自民党は米国の攻撃と抑止力の強化を説くが、仮想敵国もそれを警戒して軍事力を強化して、その脅威は近年増加している。中国の南シナ海への進出、北朝鮮の昨今のミサイル開発、ロシアの北方領土への対応(返還すれば、米軍が軍事基地を建設するではないかとのプーチン大統領の疑念を招き、返還交渉はなかなか進展しない)からも、日米安保条約の限界が見える。

 ここで永世中立国になり、コインをなくしてみれば、理論上は米国依存の抑止力もなくなり、米軍の抑止力と攻撃力を警戒する仮想敵国の脅威も小さくなる。自衛隊の専守防衛力を背景に、実務上は徹底した平和外交で互いの信頼関係を構築した方が、今のようなぎすぎすした日中、日朝関係から脱皮できる早道ではなかろうか。何にせ2千年以上前から交流のある隣国である。米国との交流の歴史の比ではない。
 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog7/6: 北朝鮮への対応 安保理緊急会合で結論出ず 米中で協議へ 源は、朝鮮戦争・休戦状態・「敵視」にあり 中、ソ、軍事的な選択肢は「容認できない」と ならば、主権者の望む平和的解決しかない⁉


「護憲+」ブログ: 有権者の意思がブラックホールに吸い込まれることのないように 7/6 (笹井明子)
 〇7月2日の東京都議選で、自民党は獲得議席23という歴史的敗北を喫した。
 前日の1日、秋葉原で、奇しくも巻き起こった「安倍辞めろ」「帰れ」コールと、それに対して安倍首相が「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです!」と指を差し、声を荒げて叫ぶ様子をユーチューブやテレビ報道で見て、自民の敗北を予感はしたが、正直これほどの結果になるとは思っていなかった。
 思えば、巷の空気の変化は、かなり前から始まっていた。ここ1~2ヶ月、普段保守的な私の友人たちの間でも、安倍夫婦や閣僚たちへの批判が話題に上っていたし、都議選公布前後になると、私の住む、あるいはよく訪れる街中からは、いつの間にか安倍首相のポスターが消えていた。

 今や、安倍晋三氏が「裸の王様」であることに、ほとんどの国民が気付き、公に指摘するようになっているのだ。・・・安倍周辺の人たちを除いては。
 選挙結果がでた翌日、記者の前に現れた安倍首相は、一見神妙な面持ちで敗北を認め、反省の弁を述べたが、ん?よく聞くと「安倍政権の緩みへの批判と受け止め、深く反省しなければならない」と、何だかピンとはずれなことを言っていた。
 安倍さん、私たちが怒り、批判しているのは、「緩み」ではなく、あなた自身の「驕り」「嘘」「国政の私物化」に対してです。それに、あなたの傲慢を諌めることのできない自民党執行部や自民党員の萎縮や停滞にも私たちは深く失望していますが、「緩み」と言うことで、更なる内部への締め付けを暗示しているのではありませんか?あと、「反省しなければならない」って他人事ですか?

 都議選の結果を受けた自民党の対応を見る限り、私たちの期待とは裏腹に、自民党執行部は、今までの対応を改めるのではなく、党内や省内を人事権などを使って締め付け、メディアや市民の批判を強権的な力によって封じ込め、経済や外交などの煙幕によって今起きている問題から国民の目をそらすという、相変わらずの手法で乗り切ると決めたようである。
 私達も思い切りなめられたものだが、「偉大なるアベ首相様」を守ることを自己目的化したような党内の論理は、もう通用しないことを、彼らはこれから日々思い知らされることになるだろう。

 ところで、都議選に於ける自民党の大敗にも関わらず気持ちがもうひとつ晴れないのは、憲政史上最悪ともいえる安倍政権にとって代わる政党の不在の問題があるからだ。
 今回の都議選の結果、自民党から離れた票は「都民ファースト」という「ブラックボックス」のような空間に吸い込まれていった。今回「都民ファースト」が存在しなかったら、それらの票は恐らく「棄権」となって、思い切り低い投票率の中で自民が勝っていたのではないだろうか。想像すると冷や汗が出てくる。
 私自身は、「森友・加計問題」、「共謀罪」、あるいは、その前の「安保関連法」などの国会審議を見る中で、こうした問題に取り組んだ民進党、共産党、社民党、自由党の議員たちが、数の論理に理不尽に押しつぶされる状況下でも、真摯な姿勢で、懸命に、精一杯頑張っている姿を見てきたし、そんな議員たち一人ひとりに今も明確な信頼の念を持っている。

 しかし、今の政権に取って代われるという信頼感を大多数の国民から得るには、これらの政党、とりわけ、野党第一党である民進党に、何かが決定的に不足していることも認めざるを得ない。
 国民のやり場のない怒りを吸い上げ、真に国民ための政治を司る勢力として力を持つために、特に民進党執行部には、今何をすべきなのか、将来に向かってどういうビジョンを築いていくのか、感覚を研ぎ澄まし、国民の声に耳を傾け、日々汗を流している議員や他の野党ともよく話し合い共に考えて、適正な判断を下すことを望みたい。
 また、私たち自身も、真っ当で信頼に足る受け皿が育つために、今自分たちは何ができるのか、自分たちは政治にどう関わって行くのかを、評論家的スタンスではなく、民主主義の当事者、主権者として、これまで以上に真剣に、積極的に考え、行動していきたいと思う。
 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 大水害  ☁  誕生日の花  イワタバコ  花言葉  涼しげ 7/6
 〇ラジオ深夜便から

 昨日から続く 九州の大雨が 怒涛のように 町や道路 田畑 橋梁を破壊しています。
 総理は 外遊で逃げ切って います。

 今日は1日テレビが 水害一色です。九州の皆さんには心から お見舞い申し上げます

 カテゴリなしの他の記事
  快晴
  揺れ

 今日のトピックス Blog7/5: “使用すると威嚇”禁止に 核兵器禁止条約の最終案 米韓ミサイル演習「威嚇なら北指導部破滅」  戦争の企て、直ちに止めよ!平和へ舵を切れ 各国主権者は、例外ない、平和を希、望んでいる


「護憲+」ブログ: 大山鳴動! 鼠一匹に終わらせるな! 7/5 (流水)
 〇東京都議選が終わった。自民党の歴史的惨敗だった。この結果をもたらした東京都民の賢く、勇気ある投票行動に心から敬意を表しなければならない。
 私自身は、自民党惨敗の最大の要因は、都民の「健全な常識感覚」だった、と考えている。端的に言えば、「嘘つきは信用できない」と言う事であろう。

 近年、日本の政治は、国民の常識から外れた理屈で行われてきた。「平気で嘘をつく」「平気で人を罵倒し、無責任に煽動する」「強い者だけが良い思いをする」「弱い者は切り捨てられる」「とにかく屁理屈をついて、言い逃れをする」等々。どう考えても、庶民の常識からかけ離れていた。
 加えて、それを厳しく指弾するはずのメディアがだらしなかった。総務省の認可権限を使った脅しやNHK会長人事への介入等々。「寿司友」なる言葉が人口に膾炙するようになり、総理と飯を食うマスコミ人やタレントが輩出。権力におもねり、権力に媚びる輩が続出。メディアの批判精神など期待できない状況が続いていた。

 このような状況下で、安保法制や共謀罪など日本社会を完全に変質させるような法案が次々強行採決されていった。このまま推移すれば、本当に日本は戦前に返ってしまうのではないか、という恐れが現実のものになりつつあった。
 しかし、ここまで安倍一強体制が浸透すると、必ず体制内部の腐敗が深刻化する。これは歴史の教訓である。そして、その腐敗は、必ず「犯罪」の形を取る。
 今や、安倍政権をマフィア政権と呼んではばからない人が増え始めた。やくざ記事を書かせたらこの人の右に出る人はいない、と言われる溝口敦などは、安倍政権を「やくざ」そこのけのマフィア集団と断じている。

 ・・・・本業も逃げ出す強権と私物化 安倍政権のマフィアぶり 2017年7月3日 溝口敦「マル暴が手を伸ばす虚業ビジネス」 日刊ゲンダイ・・・
 実は、「政治のマフィア化」というのは、「政治のファッショ化」とパラレルである。米国トランプ政権でも、この現象が観察されており、ファシズムとの関連で、次の文章が注目されている。

 「ファシズムの初期症候/ローレンス・W・ブリット起草/米国・ホロコースト博物館展示パネルより」・・・・
 ◎強情なナショナリズム  ◎人権の軽視  ◎団結のための敵国作り
 ◎軍事の優先    ◎性差別の横行  ◎マス・メディアのコントロール
 ◎国家の治安に対する執着  ◎宗教と政治の癒着  ◎企業の保護
 ◎労働者の抑圧  ◎学問と芸術の軽視  ◎犯罪の厳罰化への執着
 ◎身びいきの横行と腐敗  ◎不正な選挙
 ・・・・

 安倍政権の政策を見ていると、この「ファシズムの初期症候」そのままというより、「初期症候」をそのままなぞっている、と言った方が正しいと思えるほど、全てが当てはまる。
 今回の東京都議選、「初期症候」の中で、◎「身びいきの横行と腐敗」が、どうにも隠蔽できないくらい腐臭をまき散らしたために、東京都民の怒りを買ったのであろう。
 あまりの惨敗ぶりに周章狼狽した安倍政権が、支持率回復のために取る政策は限られている。彼らの頭の中に刷り込まれている過去の成功体験をやる以外に方策はない。

 そして、忘れてならないのは、公明党の集票能力の高さである。公明党とたもとを分かった自民党は、最後の最後の一頑張りが効かない政党になっていた。今回、二人区、三人区で、最後の一人に潜り込めなかった自民党候補者が多数いた。おそらく、これが公明党との協力関係を断った効果であろう。
 小沢一郎が常に主張しているように、自民党は強くない。得票数は増えていないばかりか減っている。それが勝利を収めているのは、公明党との協力関係が大きい。自民党は、本来、最後の最後の踏ん張りが効かない政党なのだ、と言う事を再認識させられたのである。

 ※と言う事は、下のような様々な手を打つ前に、公明党との関係の再構築が必要になる。と言う事は、安倍政権の極右政策の見直しが求められると言う事だろう。この事を前提に以下の手を打つ事になると思う。
 ①まず、少し、反省したポーズを取る。⇒国会の閉会中審査に応じる⇒最低限の日程⇒安倍首相本人を守るため、スケープゴートを出すはず(萩生田か下村か、誰か)
 ②世論の関心をそらすため、安全保障の脅威を煽る⇒敵国(北朝鮮)がミサイルを発射(以前にも書いたが、安倍政権が危険に陥ると必ず北朝鮮の脅威が発生する。都議選最中は、4億円かけたミサイル情報なるものをTVで放映)
 ③人心一新を大義名分に内閣改造人事⇒党内不満分子を抑える
 ④内閣府の人事権をフル活用。佐川理財局長が国税庁長官に昇進した事に象徴されるように、官邸のいいなりになる官僚は重用。刃向かう官僚は、降格などの報復人事を行う。
 ⑤これから顕在化するはずなのが、メディアに対する露骨な脅しとお気に入りメディアの重用。
 ⑥内閣支持率の改竄も視野に入っている
 ⑦「共謀罪」を適用して、世論の委縮化を図る可能性がある⇒厳しい監視の目が必要

 わたしたちがよく注意しておかねばならないのは、この政権の中枢は、「公安警察」「内閣調査室」などの諜報機関が占めている、という事実である。こういう機関は、自分たちの体制が危機に陥ると、ありとあらゆる手段(でっち上げの危機など)を講じて、世論の転換を図る。
 たとえば、現在、米国で行われているトランプ政権のスキャンダルは、トランプ政権に対する軍産複合体と諜報機関のリークによる抵抗である。トランプ政権が、軍産複合体の意図と喰い違う外交政策(ロシアとの融和)を取ろうとした事に対する抵抗と報復だと考えて間違いない。
 安倍政権は、米国の軍産複合体やネオコンの強い影響下にある。安倍政権が危機に陥ると、取る手段も米国流危機の脱出策のコピーになる可能性が高い。

 ・・・すでに多くの市民運動が、内閣情報調査室、警備公安警察、公安調査庁などのインテリジェンス機関によって監視の対象とされ、一部は表面に現れています。メールやライン、SNS、スマホ、GPS、消費者アンケート、同窓会名簿、各種カードや会員証も、税金や医療・年金の公的個人情報も、エドワード・スノーデンが暴露した「エクスキースコア」が日本で共有されている下では、全般監視社会に向かうデータとされ、世界的なファシズム化に合流します、治安維持法の21世紀風再来、戦争への道です。
 ・・・
 加藤哲郎のネチズン・カレッジ 
 ※エクスキースコア⇒アメリカからプレゼントされた監視システム「エックスキースコア」とは!?
 上記のCIAなどの諜報機関の虚偽による世論操作手法が常態化した安倍政権の本質が、「嘘つき」であるのは、この事情による。安倍政権にとって、「嘘」は政権維持の命なのである。戦後、ここまで「嘘」を生命線にした政権はない。これが、戦後の自民党政権と安倍政権とを分つ最大の要因である。

 日本国民の常識は、政治の世界だから、ある程度の「嘘」は許容される。「嘘」のない政治など存在しない、というものであろう。しかし、「嘘」にも、許容できる「嘘」と許容できない「嘘」がある。
 加計学園問題にしろ、森友学園問題にしろ、首相に近しい人間だけが得をするもので、「こんなずるは許せない」と考える国民が大半だろう。しかも、「あるものを全くない」と強弁するばかりで、何も証拠は出さない。出す資料は、海苔弁と呼ばれる真っ黒に塗られた資料ばかり。「それは余りに酷いのではないか」、というのが大方の国民の常識だろう。
 まして、自分の身分や立場や損得を顧みず、損を承知で証言する人を口汚くののしり、誹謗中傷するにいたっては、「こんな連中は許せない」と考える国民が大半だろう。
 つまり、安倍政権の「嘘」は、日本国民の常識にある「政治の嘘」のレベルをはるかに超えるものだった。これは政治に対する信頼を根底から揺るがすものだと言ってよい。端的に言うと、「こいつらは、心の底からの嘘つきだ」という認識である。

 次に、都民ファーストと小池百合子知事の問題に言及しなければならない。東京都知事選前に指摘したように、小池百合子知事の強かさは尋常ではない。今回も、選挙戦後の会見で、知事と都民ファーストとの二元代表制の問題の指摘を受けたらすぐ、都民ファーストの代表を辞任した。この度胸の良さは、尋常ではない。
 たしかにこれで二元代表制の問題は解消するが、そんな事は最初から分かっていたはず。分かっていながら、代表に就任した。誰がどう考えても、選挙対策である。今回代表に返り咲いた野田某の極右的思想は、要注意である。
 さらに、選挙戦後の会見でも、都連と自民党本部を慎重に分けた言動をしている所を見れば、その後の小池知事には要注意である。わたしは、選挙前、彼女が、小泉純一郎元首相や安倍首相などと会食していた事が妙に気にかかっている。小池知事や小泉純一郎元首相などの強かさは、わたしたちの想像をはるかに超えるものがあるので、これからの動きはよく見ておかねばならない。

 最後に、リベラル派は、この結果をどう考えれば良いかを考察してみる。以前から何度も指摘しているように、今回の結果は、自民党は決して強くない。受け皿作り次第では、劇的な変化を起こしうる、という希望を抱かせた。しかし、その受け皿が小池百合子で良いのか、という問題が残った。

 リベラル派の最大の弱点は、些細な差異に厳しすぎ、拘泥しすぎると言う点である。その為、常に路線対立と分裂を繰り返し、結果として、自分たちリベラル勢力を弱体化させてきた。理論的に正しくても政治的にそれを表現できないもどかしさが付きまとって離れない。かって、レーニンが「左翼小児病」と命名した、この潔癖性をどう克服するか、が問われている。

 わたしは、小沢一郎の提唱する「オリーブの木」構想以外に方法論はないと考えている。今回の東京都議選のように、反自民のうねりを結集する「受け皿」つくりに全力を傾注する以外に道はない。些細な理論的差異は棚上げ。「反ファシズム」統一戦線を組んで戦うのである。

 問題は、その代表に誰を担ぐか、である。小沢一郎でも良いが、おそらくメディア挙げて足を引っ張るであろう。共産党の志位でも駄目。蓮舫でも駄目。野田などはもっての外。では誰が良いのか。

 わたしは、前川喜平氏以外にないと考えている。理由は単純明快。彼が事務次官まで上り詰めた、と言う事は、霞が関の実質上の支配者である官僚との調整ができる、と言う事である。民主党瓦解の最大の要因だった官僚対策ができる、という点である。
 同時に、今回の前川氏の反乱は、彼が自らの保身だけで動くただの官僚ではなく、「大義名分」さえあれば、自分自身を犠牲にしてもかまわないという覚悟も兼ね備えている事を内外に示した。「面従腹背」が座右の銘だと嘯く度胸もある。
 彼の記者会見を見れば、説得力もあれば、精緻な論理性もある。官僚特有の発言の慎重さもある。何より重要なのは、彼の持つ「清潔さ」である。読売が報じたスキャンダルをものの見事に跳ね返した。彼の持つ「清潔さ」のおかげである。この「清潔さ」は、国民の信頼感を勝ち取る最大の武器になる。

 同時に、今回の反乱。かなり用意周到に練られている。義父である中曽根康弘や義兄である中曽根弘文氏も積極的反対はしていない。実家である前川製作所は、産業用冷凍庫はじめ各種機械政策を手掛ける世界的メーカーである。
 つまり、前川喜平氏は、非常に高い能力を持ち、弁も立つ。政治的背景もあり、金銭的背景もあるというきわめて強い立場を持っている人物であり、そんじょそこらの手あかに汚れた政治家では束になっても対抗できない人物だと言える。

 わたしは、民進党や自由党などは、三顧の礼を取り、前川氏を「オリーブの木」の代表に迎えるべきだと考えている。民進党、自由党、共産党などは、政治の細々とした厭な問題は、全て小沢一郎に任せ、候補者調整などの選挙準備に全てを傾注すべきであろう。
 ここで最も重要なのは、それぞれの党が、「我を捨てる」覚悟が必要だと言う事である。オリーブの木に参加する全ての人間が、「己を捨てる」覚悟をしなければならない。
 現在の政治情況はそれだけ厳しい。「ファッシズム前夜」だと言う事を認識しなければならない。全てを捨てる覚悟で臨まなければならない。
 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


「護憲+」ブログ: 【至急】「安倍総理大臣他の国会証人喚問を求める署名」6日中に! 7/5 (笹井明子)
 〇以下のブログ記事にあるとおり、「森友問題の幕引きを許さない市民の会」は、現在「安倍総理大臣他の証人喚問を求める署名」活動を行っています。(私も呼び掛け人に参加させていただいています。)

 「護憲+」ブログ: 「安倍総理大臣他の国会証人喚問を求める署名」にご協力を!
 そんな中、昨日、国対委員長会談において、「10日に、安倍首相抜きで閉会中審査を実施、前川前事務次官を参考人として招致する」ことが、自民・民進両党間で合意されました。
 これを受けて、「森友問題の幕引きを許さない市民の会」は、前川氏の参考人招致にとどまらず、<閉会中審査を一日だけで終わらせない>、<臨時国会の召集を求める>、<安倍夫妻他も証人喚問するべき>という私たちの意志を伝えるために、急遽7月6日までに集約した上記署名を、7日に提出することにしました。

 つきましては、趣旨に賛同される方は、下記「森友問題の幕引きを許さない市民の会」HPの右側に記載された「ネット署名入力フォーム」を使って7月6日中にご署名くだるよう、ご協力をお願いいたします。
 「森友問題の幕引きを許さない市民の会」
 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より
 

イシャジャの呟き: 台風 雨 そして総理は外遊した  ☁  誕生日の花  ベニバナ  花言葉  化粧 7/5
 〇ラジオ深夜便から

 台風は去ったようだが、大雨は 西へ向かったようです。被害が無いように祈るばかりだ。

 都議選で応援演説に立って、野次に怒って 都民を指さして 怒った 宰相は政府専用機で、夫婦2人で旅立った。逃げるように、閉会中審議から、逃げまくるためだ。


 カテゴリなしの他の記事



 今日のトピックス Blog7/4: 米英仏には、市民革命があった。都議選の審判を正視しない安倍政権は、不届き。日本国憲法が、革命の成果かは置き、その宣言は以前と隔絶、市民の権利自由を謳う最高法規!原点を再確認したい


「護憲+」ブログ: 公明党恐るべし  7/4 (tetsujinn)
 〇マフィア政権とも言うべき国民&国会無視の「安倍一強独裁政権」と自ら思い込んでいたアベ無恥政党の化けの皮が剥がれた都議選であった。
 期を見るに長けた蝙蝠政党の公明党が浮気をしたら、たちまちやくざ政党自民党の実力がバレたというところでしょうか。
 「平和の党」などとは主権無知層を欺く方便に過ぎない宗教政党が、民主主義も何も関係なく、ひたすら与党にすり寄る党幹部の指示に従って突き進む信者組織の力を見せつけられた。この後、国政と都政で立ち位置の矛盾をどのように調整して行くのか要注意である。
 「あわよくば首相を」虎視眈々と狙う、ゆり子党がチャッカリ自民党と撚りを戻すようなことにでもなれば、またもやマフィア共の天下に逆戻り、の悪夢にうなされている昨日・今日である。
 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より

「護憲+」ブログ: 先行き不透明な都議選結果 7/4 (名無しの探偵)
 〇自民党の大敗で終わった都議選だったが、都民ファースト(これトランプの模倣だ、右翼的)と公明党の結託の結果であり、リテラの分析では小池百合子を含めて極右の思想家たちのオンパレード。自民党の後退はよかったが、都民ファーストでは都政も自民党とほとんど変わらぬものになりそうである。
 やはり、日本は右傾化が進んでいる。憲法による政治は見通しが暗い。
 安倍内閣が崩壊する見通しはあるが、極右の政党は健在である。特に公明党という自民党以上に問題の多い政党が勢力を増しているのが危険だ。宗教政党が政権の半分を左右するということは、中世の歴史を思わせる。こんな政治はまともではない。
 民主主義の後退は止めどがない。安倍政権が「安倍一強」から限りなく後退して、政権運営が困難になったという事実だけは成果だったが、先行き不透明な都議選だった。
 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より

イシャジャの呟き: 台風3号・・・・  ☂  誕生日の花  ノカンゾウ 花言葉 苦しみからの解放 7/4
 〇ラジオ深夜便から
 
 台風3号が上陸し、大雨の情報があり、この騒ぎの中、北朝鮮が、ミサイルを発射したとのニュースが入り
 テレビ番組はすべて、変更になった。

 台風、大雨の被害がないように祈るだけです。北の無茶苦茶ぶりに 強く抗議する。

 総理も 爺と同じ言葉を吐いているが、効果は疑問だ。



 カテゴリなしの他の記事

 今日のトピックス Blog7/3: 歴史的大敗の自民党 都議選=公明、共産並みに! 然り乍ら、自民、「首相の責任」に及び腰、総括もできず 唯々、主権者の鉄槌を待ちたいか! 鉄面皮宰相 更に、改憲行程変えずと宣う


「護憲+」ブログ: 自民党は都議選大敗、問題は次期衆議院選だ(1) 7/3 (厚顔)
 〇安倍首相初め内閣閣僚や自民党議員から次から次にあれだけの不祥事が発生したにも拘わらず、一顧だにせず言い訳と言い逃れに終始して、国民は馬鹿にされた気分にさせられ、堪忍袋の緒が切れていた。そのような状況の中で、国民の10%を占める都民が代表して自民党に鉄槌を下したのが、今回の都議選の結果であろう。
 問題はこの自民党敗北を次の衆議院選挙の序章にできるかである。それには受け皿になる野党が必要であるが、今回の都議選から太鼓判を押せる政党は見当たらない。都民ファーストの会に期待できるかと言えば時期尚早である。
 何故なら、今回の都議選で都民ファーストと公明党は手を組んで共闘して、公明は立候補者23名全員が当選し、都民ファーストは50人中49名が当選している。ゆえに公明が候補者を立てなかった選挙区では支持母体の創価学会の組織票が都民ファーストに回り、都民ファーストの当選数に大きく寄与していると推察できる。49名当選は都民ファーストの真の実力ではあるまい。
 一方国政選挙では公明党は自民党と共闘しており、都民ファーストも公明との共闘は簡単ではあるまい。今回都民ファーストが都議選で創価学会の甘い票の味を知った以上、下手すると小池知事は元自民党議員だけに現在の自民、公明、維新他の与党にすりより、+ファーストの巨大与党結成に動きかねないことも要注意である。またそれが自民党の狙いでもあろう。
 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より





「護憲+」ブログ: 「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」提出報告 6/21 (笹井明子) 〇5月20日の投稿で協力をお願いした「安倍昭恵氏ほかの国会証人喚問を求める要望署名」について、醍醐聰さんから6月20日に取りまとめて衆参両院議長に秘書課経由で提出したとの報告がありましたので、お知らせします。
 ☆現在は「安倍総理大臣他の国会証人喚問を求める署名」活動を新たに始めています。(6月18日投稿参照)。




ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前



☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年07月10日 第259号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第259号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇安倍9条改憲に反対するポスターのキャッチフレーズを募集します
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇九条かながわの会(神奈川県)、◇九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)、
◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇早稲田から広げる9条の会(早稲田
大学教職員9条の会)(東京都新宿区)、◇大学生協九条の会(東京都)、◇上
野原9条の会(山梨県上野原市)
■活動報告
◇羽曳が丘憲法九条の会(大阪府)~共謀罪の学習会
◇3日スタンディング~芋窪・蔵敷・奈良橋憲法9条の会(東京都東大和市)
■編集後記~安倍晋三首相の改憲暴走が止まりません
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ● 安倍9条改憲に反対するポスターのキャッチフレーズを募集します
 <詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 九条かながわの会(神奈川県)
 7月9条学校2017 森友学園問題の深層-日本会議の全貌 
日時:7月11日(火)18:30~20:50
<詳細はこちらをクリックしてください>

 ● 九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)
 九条の会.ひがしなだ 私の戦争体験(その12)「正義」の戦争はない
           ~「満州」引き揚げ、苦難の戦後生活~
日時:7月22日(土)13:30開場、14:00開演
<詳細はこちらをクリックしてください>

 ● 富士見町九条の会(東京都東村山市)
 税金問題と憲法の人権規定
日時:7月23日(日)午後1時~
<詳細はこちらをクリックしてください>

 ● 早稲田から広げる9条の会(早稲田大学教職員9条の会)(東京都新宿区)
 連続公開講座「シリーズ:原発を問い直す」第2回 原発の科学的検証
日時:7月 25日(火) 午後6時から
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 大学生協九条の会(東京都)
 
大学生協九条の会第2回総会&記念講演会
日時:7月31日(月)19:00~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

 ● 上野原9条の会(山梨県上野原市)
 
ピースフェスタ2017「原爆と人間」~パネル展~
日時:8月5日(土)、6日(日)10:00~16:00
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  
 (メルマガ編集部より)各地の「活動報告」の原稿をお送り下さい。さまざま
な取り組みをできるだけ500字程度にまとめて、編集部までメールでお送り
下さい。「こんな活動もある」「こんな運動もできる」「私たちもやってみよ
うか」、さまざまな感想が期待されます。原稿は編集の都合上、若干、手を入
れる場合があります。お待ちします。
 
● 羽曳が丘憲法九条の会(大阪府)~共謀罪の学習会
 
<詳細はこちらをクリックしてください>

 ● 3日スタンディング~芋窪・蔵敷・奈良橋憲法9条の会(東京都東大和市)
 
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 安倍晋三首相の改憲暴走が止まりません
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ● 憲法施行70年「九条の会」講演会、力強い成功
 <詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.



今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 昨年は、憲法公布から70年目にあたる節目の年でした。
 ところが、現実には、憲法から大きく逸脱した政治が行われた年でもありました。
 3月に施行された平和安全保障法制(以下、「安保法制」)は、集団的自衛権の行使容認、武力行使一体化論の大幅緩和、「武力」を行使する危険が高い駆け付け警護活動の実施など、憲法9条違反の内容を含むものです。にもかかわらず7月の参院選では、与党が勝利し、それにより、安保法制を既成事実として国民に認知させました。
 しかも、参院選の結果、いわゆる改憲勢力が衆参両院において3分の2を占めたことを受けて憲法審査会が再開され、憲法改正の動きも具体化してきました。
 このように、違憲の国政運営後、選挙で勝つことによりそれを既成事実として国民に認知させ、あわよくば後から憲法改正を行ってそれを追認するという政治は、憲法を法として扱わない非立憲的手法であり、断じて許されません。法と現実が食い違うときに、現実に法を合わせて修正するのでは、法の存在意義がないからです。そして当然のことながら、与党が選挙でどれだけ勝とうが、憲法違反の瑕疵が治癒される余地もありません。また、3年半前の麻生財務大臣の「ナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わったんだ。あの手口を学んだらどうかね。」という言葉どおりの憲法改変が許されるはずもありません。
 非立憲的な違憲政治を正すには、国民が選挙で安保法制に反対する政党に過半数を与える方法(政治ルート)、裁判を通じて安保法制の違憲性を訴えて勝訴することにより、それを無効にさせる方法があります(裁判ルート)。前者についていえば、衆議院の解散総選挙はいつ行われても不思議ではありませんし、後者につき、私たちが提訴した安保法制違憲訴訟もいよいよ佳境を迎えます。3月までには全国各地で20を超える提訴が進み、市民による司法を通じての異議申立てが続きます。こうした意味で、今年は違憲政治を正す正念場となる年といえます。
 さらに、憲法審査会において具体的な改憲論議が始まるでしょうが、その際にどうしても解決しておかなければならない手続に関する問題が2つあります。
 1つは、1人1票の実現です。現在の国会議員は衆参とも、「正当な選挙」(憲法前文)ではない違憲状態の選挙によって選出されており、民主的正統性を欠きます。そんな無資格者が集まった国会に改憲の発議権はありません。まずは人口比例選挙を実現して、民主的正統性が確保された代表者による国会に是正すべきです。
 もう1つは、憲法改正国民投票法の問題です。
 まず、最低投票率の定めがないことです。現状では、たとえば投票率40%であれば、有権者の約2割の賛成で憲法が改正されてしまうのです。主権者の一部の承認しか得られずに変更された憲法に、国民を統合する力は決して高くないでしょう。
 つぎに、改憲の発議後、国民投票までの期間に行われる国民投票運動については、第1に、投票の15日以前まではテレビコマーシャルがやりたい放題です。第2に、投票日の14日以内であっても、有名人やアイドルなどに「自分は賛成です」と語らせることは自由です。賛否の勧誘ではないからです。第3に、雑誌、新聞広告なども資金力豊富な方はやりたい放題です。英国のEU離脱をめぐる国民投票と異なり広告資金の制限もないからです。洗脳に近い効果を持つテレビコマーシャルの禁止、広告資金の上限の設定などが求められます。改憲運動であまりに野放図な表現活動が許された結果、自民党改憲案がめざすような言論の自由が奪われた社会になってしまってから後悔しても手遅れです。
 今後、まずは違憲の事実を許さないと声を上げ続け、その上で手続の適正も踏まえ、大きな視点から憲法を捉えながら、憲法審査会での議論を批判的に監視する力を培っていくことが必要です。それこそが、今を生きる私たちが主権者として負う、次の世代への責任だと考えます。

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー  ★申し訳ありませんが、以下、割愛させていただきます。各個、読破なさってください。
《今週の一言》 バックナンバー


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後


【論説】【東電新経営陣】あきれ果てた発言 【福島民報】2017.07.13
 〇あきれてものが言えないとはこういうことなのだろう。原子力規制委員会が10日、東京電力の川村隆会長、小早川智明社長ら新経営陣を呼び、福島第一原発の廃炉など今後の原子力事業に対する姿勢をただした。「福島への責任」について問われた川村会長は「新しいタイプの原子力が動かせることを見せる責任がある」と発言した。なぜ、福島への責任が原発の再稼働なのか。全く理解できない。
 この日、田中俊一委員長(福島市出身)は川村会長らが「福島が東電の原点」「福島への責任を果たす」などとしている点に触れ、責任の中身を問うた。川村会長は「直接的には賠償、除染、廃炉」とした上で、「根源的には今後の原子力の活用に関して不安を国民や世界に与えた責任がある」と述べた。
 さらに「原子力なしではこの後やっていけないことを示すのが大事」「事故を起こした当事者が発電所をきちんと動かせたことが国民に分かれば、原子力にとって大きい」などと持論を展開した。今なお厳しい生活を強いられている被災者が大勢いる中で、よくも言えたものだ。
 業界内でのあいさつのような発言に田中委員長は「違和感がある」とし、「(原子力事業について)福島の人たちは決して、そんな判断をしているとは思えない」と指摘した。また、被災地の思いを挙げながら「除染や賠償だけでは福島に寄り添うことにはならない。きちんと生活できるようにすることが大事。住民の生の声を聞き取っているのか」と批判した。
 東電の新経営陣は6年4カ月前、県内で何が起きたのかを知らないわけではあるまい。その後、県民が歩み続けている苦難の道の険しさをどれだけ分かっているのだろう。原因企業のトップの発言からは被災地、被災者への思いはみじんも感じられない。「福島のためと言いながら、柏崎刈羽原発(新潟県)を動かすことに相当、前のめりになっているのではないか」と委員がただしたのも当然だ。
 福島第一原発の廃炉を巡っては、国側の意向を踏まえて対応したいなどとする新経営陣に対し、委員から「国側で結論が出ないことを言い訳にして問題を先送りしている」「厳しさに向き合わなければ廃炉などできない」など厳しい意見が相次いだ。新経営陣が答えに窮する場面もあり、田中委員長は廃炉に対する考え方を文書で示すよう求めた。いくら言葉で取り繕っても、内実が伴わなければ見透かされる。東電はいいかげん学んだらどうか。(早川正也)








規制委員長「東電に主体性見えず」 福島第一廃炉に危機感 【東京新聞】2017.07.10


「4号機直下に活断層」 原告側、準備書面 浜岡原発廃炉訴訟 【静岡新聞】2017.07.07


高浜原発再稼働「住民説明が不足」 京都副知事が規制委員長に苦言 【東京新聞】2017.07.06

敦賀1号機で水漏れ=1.3トン、環境影響なし-日本原電 【時事通信】2017.07.05


詳細 東電刑事裁判 「原発事故の真相は」 【NHK】2017.07.04


ひと  増田哲将さん=謝罪行脚を続ける元福島第1原発副所長 毎日新聞 6/30

【アーカイブ動画】「東電原発事故刑事裁判初」公判後記者会見  OPTVstaff 6/30

【社説】東電元会長ら初公判 事故の責任、徹底追及を 【中国新聞】2017.07.01

【社説】東電初公判/原発事故解明につなげよ 【神戸新聞】2017.07.01

【社説】原発刑事裁判  真相解明へ全てを語れ 【京都新聞】2017.07.01

【論説】原発事故 強制起訴初公判 徹底して真相解明すべき 【福井新聞】2017.07.01


福島事故で強制起訴、初公判 東電元会長ら無罪主張「予測は不可能」 【東京新聞】2017.06.30
  ★東電元会長の勝俣恒久被告も参加した、御前会議なる機会に、例の、吉田所長(当時は、所管の部長)が、津波が、14Mを超える場合もあり得ると説明したとか。危険性、知る機会が、一切なかったとは言えぬ…
 7/1付地元紙・西日本新聞トップに、同旨の記事を発見した。

核燃工場廃止に国費1兆円 茨城の東海再処理施設 【東京新聞】2017.06.30
  ★原発は、安い、安全は、誤りだったと、表明すべきだ。いつまでも、『原発は、安い、安全』など、言い募るな‼‼ 再稼働、却下!

<東北電株主総会>女川再稼働方針を強調 【河北新報】2017.06.28

東電新計画「実現できない」 退任の会長「でも挑戦を」 東京新聞 6/24

作業員5人の尿からプルトニウム 原子力機構、被ばく事故  【東京新聞】2017.06.19 

ずさん管理 あと20個「放射性物質の状態わからず」 【テレ朝】2017.06.19 
【論説】作業員被ばく事故 もんじゅ廃炉、万全を期せ 【福井新聞】2017.06.19 

<玄海原発>3・4号機再稼働差し止め認めず 佐賀地裁決定
<玄海原発>廃棄物輸送延期 受け入れ先トラブル
<震災・原発いじめ13件…>福島避難者計199件
<原発事故後に甲状腺がんになった145人の子供たち>支援いつ打ち切られるか…
<茨城被ばく事故>甘い想定、被害を拡大

原発運転40年「短い」=新委員、延長認可に意欲-規制委 【時事通信】2017.06.13 
玄海原発の再稼働を容認 住民の申し立て却下 佐賀地裁決定 【東京新聞】2017.06.13

【社説】最悪の内部被ばく 機構は体質の抜本改善を 【琉球新報】2017.06.12 

反原発活動自粛要請は「憲法違反」 市民団体あらためて福井県に抗議 【福井新聞】2017.06.11
">反原発活動自粛要請は「憲法違反」 市民団体あらためて福井県に抗議 【福井新聞】2017.06.11

被曝の5人、肺からプルトニウム検出されず 放医研調査 【朝日新聞】2017.06.09">被曝の5人、肺からプルトニウム検出されず 放医研調査 【朝日新聞】2017.06.09 
福島原発 除染事業で8000万円水増し請求 安藤ハザマ 【毎日新聞】2017.06.09">福島原発 除染事業で8000万円水増し請求 安藤ハザマ 【毎日新聞】2017.06.09

【社説】【作業員被ばく】原子力に携わる資格ない 【高知新聞】2017.06.09">【社説】【作業員被ばく】原子力に携わる資格ない 【高知新聞】2017.06.09 

【社説】茨城・内部被曝事故 ずさんな作業、信じ難い 【中国新聞】2017.06.09">【社説】茨城・内部被曝事故 ずさんな作業、信じ難い 【中国新聞】2017.06.09


原子力機構施設 作業員被ばく、26年間 容器内部の確認せず 【TBS】2017.06.08">原子力機構施設 作業員被ばく、26年間 容器内部の確認せず 【TBS】2017.06.08

【社説】高浜3号機再稼働 住民の不安直視し脱原発進めよ 【愛媛新聞】2017.06.08">【社説】高浜3号機再稼働 住民の不安直視し脱原発進めよ 【愛媛新聞】2017.06.08 〇関西電力が、高浜原発3号機(福井県高浜町)を再稼働させた。先月の4号機に続き国内で稼働する原発は5基となった。

NHK: 放射性物質漏れ出す 1人は将来の健康影響のおそれ否定できず 6/7 

大洗・原研施設 1人の肺から2万2000ベクレル 【毎日新聞】2017.06.07">大洗・原研施設 1人の肺から2万2000ベクレル 【毎日新聞】2017.06.07 
<原子力機構>研究室で5人被ばく 袋破裂、手足などに付着"><原子力機構>研究室で5人被ばく 袋破裂、手足などに付着
<医師が見た核の傷痕>放射能の完全犯罪を許すな"><医師が見た核の傷痕>放射能の完全犯罪を許すな
<紀伊民報、コラムで陳謝>福島山火事で「放射性物質飛散」"><紀伊民報、コラムで陳謝>福島山火事で「放射性物質飛散」
<いわきにNPO診療所開業>お母さんの不安に寄り添う 甲状腺、内部被ばく検査も"><いわきにNPO診療所開業>お母さんの不安に寄り添う 甲状腺、内部被ばく検査も

函館市 原発訴訟にふるさと納税1000万円 4月から 【毎日新聞】2017.06.03">函館市 原発訴訟にふるさと納税1000万円 4月から 【毎日新聞】2017.06.03

【論説】「核のごみ」迷走 原子力政策の破綻を象徴 【福井新聞】2017.05.28">【論説】「核のごみ」迷走 原子力政策の破綻を象徴 【福井新聞】2017.05.28 
【社説】福井県の原発 集中立地やはり危うい 【北海道新聞】2017.05.28">【社説】福井県の原発 集中立地やはり危うい 【北海道新聞】2017.05.28 

【社説】「松川事件」の資料/貴重な記録と記憶を後世に 【福島民友】2017.05.14
 〇司法史に残る貴重な記録と記憶を後世に、そして世界に語り継いでいかなければならない。

国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 



岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 支持率低下と安倍の受け皿 ・ブログ連歌(490) 7/13
 〇安倍内閣の支持率が急降下している。それを受けて、この8月に向けて内閣の改造を考えているそうだ。内閣の改造なら、まず第一に総理大臣を変えるのがいいと思うのだが、自民党内のことだから、そんなことはどうでもいい。
 天木直人氏のブログを見ていたら、「民進党は先手を打って安倍内閣改造の前に解党的出直しをせよ」という面白い記事が出ていた。「これまでの民進党幹部は総退陣し、まったく新しい者ばかりで、誰もがあっと驚く新執行部の人事を発表すべきだ」というのだ。「そうすれば安倍改造内閣は色あせる。支持率逆転の糸口が見つけられるかもしれない。」と話は続いている。ただし、それが出来ないようでは未来はないと、やや突き放している。
 そこで私が連想したのが山尾志桜里と長妻昭の顔だった。この党には、他にもまだ期待できる人物がいそうな気がする。何かと話題になっている蓮舫党首も、国籍問題を逆手にとって、山尾志桜里と組んで女性が前面に立つ党というイメージを押し出す方法もある。
 とにかく今、国民は「安倍の受け皿」がなくて困っているのだ。多少の時間がかかっても、次の総選挙で支持したいと思える勢力が出てきてくれるのを待っているところだと思う。だから民進党は、じっと我慢で負け比べをしていてはだめなのだ。
 この夏の間に、政権をとったら誰が総理大臣になって、どんな政府を作るのかが見えるような、しっかりした構想を立ててほしいと思う。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 国民の怒りは粘り強くありたい 17:35 - 2017年7月12日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 【森友問題】土地払い下げ根拠のごみ、存在しないこと示す証拠公開…財務省の背任が決定的 http://biz-journal.jp/2017/07/post_19760.html … @biz_journalさんから 18:56 - 2017年7月12日


SADL‏  @SADL_OSAKA フォロー中 その他 (社説)民進党 勘違いしていませんか:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S13033443.html … 戸籍謄本を公開することが社会に及ぼす影響だ。本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。 20:01 - 2017年7月12日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 必読。核兵器禁止条約-批判に答える:川崎哲のブログ 16:42 - 2017年7月12日
川崎哲のブログ: 核兵器禁止条約-批判に答える 7/12


小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 LINEが利用者情報の捜査機関への提供状況を初めて公表しました。2016年7~12月に9カ国・地域の捜査機関の要請に58%にあたる997件の提供に応じたとのこと。国内通信事業者が捜査協力件数を詳細に明らかにするのはおそらく初めて。 16:51 - 2017年7月12日 32件のリツイート 18件のいいね


孫崎享のつぶやき 安倍政権は国内で一強を作った。今や三権分立はない。全て安倍氏の意のままになる態勢を作った。奢りから当然やってはいけない政策を実現し始める。それが加計学園。その中5月28日毎日新聞社説「安倍首相の在任 戦後3位に 「1強」のひずみは深刻だ」 5/28


孫崎享のつぶやき: 田中角栄の錬金術、金の使い方(中田一男・元大蔵省官僚、北海道開発庁次官),『思い出すまま』(平成29年5月出版) 7/13


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 その他 憲政と民主主義の相剋~自由な民主主義をいかに回復するか~ 講師:山口二郎氏 http://maga9.jp/ashita170712/  #maga9 マガジン9のサイトに、伊藤塾で行った講演の要約が載りました。 18:22 - 2017年7月12日 57件のリツイート 72件のいいね


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 わはは、(^◇^;) 安倍内閣支持率100%で横ばい 内閣府調査 22:22 - 2017年7月12日
  ★内閣府調査??? そんなものだったのか。↓


高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 その他 有志連合のIS掃討による民間人死者、6月に最大744人 監視団体(AFP=時事) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000006-jij_afp-int … @YahooNewsTopics 23:18 - 2017年7月12日 2件のリツイート 1件のいいね


電機・情報ユニオン大阪支部‏  @denkijohokansai フォロー中 その他 電通略式命令「不相当」、正式公判へ…東京簡裁 : 読売新聞 8:48 - 2017年7月12日


安保関連法に反対するママの会‏  @MothersNoWar フォロー中 その他 絵本『だれのこどももころさせない』原画展 次は@東京の主催で行われます! 近辺のみなさま、足をお運びください! http://fb.me/19Wr6sWaM  5:48 - 2017年7月10日


AEQUITAS /エキタス‏  @aequitas1500 フォロー中 その他 妻からも見放された34歳男性派遣社員の辛酸 家賃は3カ月滞納、主食はモヤシ | ボクらは「貧困強制社会」を生きている - 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/180022 … @Toyokeizaiさんから 20:50 - 2017年7月12日 51件のリツイート 26件のいいね
















志村建世のブログ: 「汝の母を!」の古い記憶 ・ブログ連歌(490) 7/12
 〇昨日読んだ辺見庸の「1★9★3★7(イクミナ)」の本で呼び起こされた古い記憶が、一晩たっても頭から去らない。それは母子相姦の強制という、ショッキングな場面だった。気になって調べたら、初出は武田泰淳の「汝の母を!」だった。雑誌「新潮」の56年8月号に掲載された短編で、大学を卒業したばかりの21歳の私がそれを読んだのだった。
 日本にはないが世界的には普及している罵倒語として、「汝の母を!」というのがあり、中国語では「他媽的!(ツオ・リ・マア!)」と言うのだそうだ。「お前の母をやってやる」意味だが、原義とは離れて、女でも使うことがあると聞いたことがある。要するに母親を犯すというのが、最大級の罵倒になるわけだ。そんな悪口があるのかと、そのときに覚えた。
 この小説の舞台は南京大虐殺が行われた時期の中国だから、素材となる事実は著者の身近にあったのだろう。一組の男女を捕えた日本兵は、それが本当に母親と息子であることを確かめると、助命の条件として、その場で性交をさせ、みんなで見物することにした。それが佳境になったところで、日本兵の一人が、ろくに意味も知らずに「他媽的!(ツオ・リ・マア!)」と叫んだというのだ。真に「汝の母を!」の悪罵を受けるべきは、日本兵だったのではないか。しかも日本兵は、それをすれば助けてやるという約束は果たさず、当然のように燃料をかけて二人を焼き殺したのだった。
 こういうものを読むと、今でも日本人であることがいやになる。彼らには母親はいなかったのか、母親の胎内で育ち、その股間から生まれたのではないのかと思うのだ。私は母親を末期のがんで失う直前に、姉と二人で宿直をし、おしめの交換で体を清拭する機会を得た。そのとき、自分も通ったであろう産道のあたりにも手をふれて拭いたのが、貴重な思い出になっている。母親の肉体は、いつまでも懐かしいのだ。
 こういうものを読むと、私は、今でも日本人であることがいやになる。


醍醐聰のブログ: NHKはネット配信に執心する前にやるべきことがある 7/11
 〇〔追記〕記事のタイトルを改めました。(2017年7月12日、12:20)
 (旧)NHKはネット配信に執心する場合か?
 (新)NHKはネット配信に執心する前にやるべきことがある

 ----------------------------------------------------------

 NHKが年来、検討してきた常時同時のネット配信の可否、課金のあり方を検討してきたNHK受信料制度等検討委員会はこの6月27日に「常時同時配信の負担のあり方について」と題する答申(案)を公表し、今日7月11日まで意見募集をしてきた。答申(案)の概要は次のとおりである。
 答申(案)の概要

  締め切り間際になったが先ほど、インターネットで意見を提出した。以下はその全文である。
 --------------------------------------------------------------------------- 

「常時同時配信の負担のあり方について」答申(案)に対する意見

                         醍醐 聰

 (1)答申(案)は視聴環境設定型の負担方式を推奨しているが、答申(案)が例示しているアプリケーションのダウンロードを課金の契機にするとなれば、従量制の「有料対価型」に酷似したものとなり、現行の〔定額制の〕受信料制度との接合性は到底成り立たない。また、IDの取得を前提する場合、各種の受信端末を保有する世帯の中で、テレビ受信機を持たない世帯を識別するのは容易でない。答申(案)は、認証の具体的なあり方は今後さらに検討していくことが必要としているが、今後ではなく、実行可能な課金の方法を示さなければ、有償の常時同時配信は机上の空論で終わる。

 (2)答申(案)は「インターネットの特性上、自分に都合の良い情報だけを見るようになる傾向がある」、「事業者側が個人の嗜好に沿ってレコメンド(推薦)することによって発生するいわゆる『フィルターバブル』という現象が起きうる」と指摘しながら、結論では、各種の認証、特にアプリケーションのダウンロードを前提にした課金付きのネット配信を容認している。しかし、上記のとおり、アプリケーションのダウンロードを前提にした受信方式は自分に都合の良い情報だけを見る視聴傾向を助長し、「多様な価値観への思いがけない接触や多くの人々の間の共有体験」を保障できないことは明らかである。
 検討委員会が、NHKの常時同時配信を是とするというなら、こうしたネット配信の負の機能にどのように対応するのか、対応できるのか、見解を示すべきである。それなしにネット常時同時配信を是認するのは支離滅裂である。

 (3)昨年6月にNHK放送文化研究所の世論調査部が行った「テレビ・ラジオ視聴の現況」(木村義子・山本佳代・吉藤昌代・林田将来共著『放送研究と調査』2016年9月)によると、NHKの代表的な報道番組の年代別視聴率は次のとおりである。

 〔NHKニュース7〕 
      20代  30代  40代  50代  60代  70歳以上
   男   1%   4    4     7    16    33
   女   1%      2      5     8       16       27
 〔NHKニュースウオッチ9〕
      20代  30代  40代  50代  60代  70歳以上
          男   1%    1        4     6    13    17
   女   1%   1              4     5     7      13
 
 〔クローズアップ現代+〕
     20代  30代  40代  50代  60代  70歳以上
  男   0%   2    2     4     4        6 
  女   0%           0             1              1             3     5 

 20~40代に見られる極端に低いテレビ視聴率はインターネットによる視聴に流れたからなのか? 常時同時配信をしたら上昇する見通しがあるのか? NHKはネット配信に労力を傾注するより、このような発問を真剣に検討し、本来業務の現状を再考するのが先決である。ちなみに、木村義子・関根智江・行木麻衣「テレビ視聴とメディア利用の現在」(『放送研究と調査』2015年8月)は2015年2~3月に実施された「日本人とテレビ・2015」の世論調査で行われた「いくつかの目的に一番役立つのはどのようなメディアか」という質問への回答結果を次のようにレポートしている。

                      テレビ  インターネット
  A.世の中の出来事や動きを知るうえで     64.5%                16.5%
  B.教養を身に着けるうえで                        28.5%                  9.3% 
  C.政治や社会の問題を考えるうえで         54.8%      9.3% 

 つまり、インターネットが普及した中でも、熟議民主主義の基礎となる多様な価値観との接触、共有体験の保障、民主主義社会における言論・報道機関としての役割という点では、多くの市民が、インターネットよりも、テレビの存在価値を認め、期待を寄せているのである。であれば、今、NHKに求められるのは、ネット配信への業務拡大ではなく、テレビ番組を通じて、市民に有意な知見を提供し、さまざまな考え方の出会いの場を作るという本来業務をいかに充実させるかということである。政府広報機関に成り下がっている、国政の重要課題が審議される国会の模様を中継しない、などという視聴者の不評に木で鼻をくくったような対応しかしないまま、有料のネット配信に傾注するのは本末転倒である。


孫崎享のつぶやき: 逃げの安倍首相、「自民 首相出席の予算委懸念"世論、批判強めかねず”、”首相が集中砲火を浴びる姿がテレビ放映され、世論の批判を強めかねない”」。だが逃げれば逃げるほど、内閣不支持の理由「安倍総理の人柄が信頼できない」を増す 7/12


高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 その他 【告知】命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会(2017/7/13木@京都、14金@神戸、15土・16日@大阪) – 市民社会フォーラム 5:07 - 2017年7月12日
  ★然り! その通り。

植草一秀‏  @uekusa_kazuhide フォロー中 その他 ブログ記事「政治私物化非を認めぬ安倍首相の失脚が確定」https://goo.gl/BuKypv  メルマガ記事「政策連合=政策選択選挙で主権者が日本を取り戻す! 」http://foomii.com/00050 更新しました。ご高覧、拡散お願いします。#政策連合 #政策選択選挙 7:00 - 2017年7月12日


佐藤 圭‏ 認証済みアカウント   @tokyo_satokei フォロー中 その他 菅官房長官が政治資金領収書公開を“隠蔽”指示の疑い http://bunshun.jp/articles/-/3291  #菅義偉 #週刊文春 @bunshun_onlineさんから これまた超弩級の疑惑だ。 1:41 - 2017年7月12日 598件のリツイート 326件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 役人の入れ替えと内閣改造で逃げようという考えが、そもそも国民を舐めすぎていますよね。 東京新聞:「加計文書、追加調査せず」 内閣府の河内次官就任会見: 2:24 - 2017年7月12日


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 さすが安倍内閣の広報紙。 “総理改憲インタビュー”に社長賞 「読売」社内で波 https://www.dailyshincho.jp/article/2017/07110559/ … #デイリー新潮 2:17 - 2017年7月12日


小池晃‏ 認証済みアカウント   @koike_akira フォロー中 その他 104日ということは祝日も年休も盆も正月も休みなしで土日だけ休めばあとは24時間働かせていいってこと。いったいどこが歯止めか! 「104日以上の休日」義務化=政労使の合意案判明-労基法改正:時事ドットコム http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071101163&g=eco … @jijicomさんから 18:14 - 2017年7月11日


大木晴子・「明日も晴れ」‏  @kuronekoroku フォロー中 その他 共謀罪が動き出す。一人一人の中で大切に育てたい心意気! https://ameblo.jp/nyarome007/entry-12272489167.html … 友人のブログを読み直した。博治さんの言葉だ。 「仲間を救うことができなければ大衆運動はできないんです。大衆運動は、一人の人間を全員で助け出すという決意があるからできるんです。 21:19 - 2017年7月11日 11件のリツイート 10件のいいね


吉田はるみ‏ 認証済みアカウント   @YoshidaHarumi フォローする その他 蓮舫代表は戸籍を公開しなくていい。確かに、駅頭や辻立ちの際、二重国籍のことは何度か言われた。でも、その根底には差別、排外主義の思想があり、それに屈してはいけない。政党の代表だから、は正当化する理由にならない。しかし、これが日本の現実だ。だから、それを変えるため、私は政治を志す。 6:21 - 2017年7月12日


大阪高裁が在日女性へのヘイトスピーチをはじめて複合差別と認定 0:42 - 2017年7月12日 35件のリツイート 27件のいいね ">週刊金曜日‏  @syukan_kinyobi フォロー中 その他 【週刊金曜日ニュース】大阪高裁が在日女性へのヘイトスピーチをはじめて複合差別と認定 0:42 - 2017年7月12日 35件のリツイート 27件のいいね


佐藤 圭‏ 認証済みアカウント   @tokyo_satokei フォロー中 その他 国民投票法では、投票日15日前までテレビCMを流し放題で、自民党の改憲CMに席巻されかねない。同法に配慮規定はなく、放送事業者の自主的な取り組みに委ねられているが、民放連はサボタージュ。そこで学者らが民放連に公平なルールづくりを求めた。本日12日の東京新聞特報面で取り上げました。



志村建世のブログ: 辺見庸の「1★9★3★7(イクミナ)」を読んだ ・ブログ連歌(490) 7/11
 〇辺見庸の「増補版・1★9★3★7(イクミナ)」(河出書房新社)を読んだ。重い本だった。この年は今から80年前に当る。その7月7日、七夕の晩に盧溝橋事件が起こり、「支那事変」と呼ばれた日中戦争が始まったのだった。この1937年という年に、著者は「征くみな」という意味を重ねている。「暴支懲膺」つまり暴虐なる支那を懲らしめるというのが、当時の大日本帝国の国策になったのだ。その過程は「つぎつぎとなりゆくいきおい」であったと著者は書いている。当時の軍も、政府も、新聞もそして国民すべても、自然現象であるかのごとくに巻き込まれ、嬉々として協力を惜しまなかったというのだ。
 だが落ち着いて考えれば、なぜ隣の大国をそのように見下したのかという疑問が湧く。日本が攻められたのではない。勝手に彼の地に進出し「遅れて参加した列強」として利権にあずかろうとしただけのことである。戦争が始まった理由もいいかげんなもので、夜間に兵が一人行方不明になったのを「支那軍の攻撃による」と判断して攻勢に出た。兵が無事に発見されても停止しなかったのだから、口実を探していたというのに近いだろう。何か事があれば実力行使して、日本軍の強さを見せつけたいと思っていたのだ。
 それでいてこの戦争で日本は宣戦布告をしていない。そして建て前としては「不拡大方針」を唱えていた。それでも強さを見せなければならないから、首都南京の攻略を急いだ。この、正式な開戦ではなく、とりあえず始まってしまった戦争という取り留めのなさが、太平洋戦争にまでつながる大戦争への導入となったのだった。不用意に始めてしまった戦争だったために、日本軍の兵站など計画性の弱さ、過剰な精神主義といった弱点も抱えたまま、日本軍はモラルの低い軍隊として南京を占領することになった。
 日本軍には捕虜を適切に処遇する準備も意思もなかった。食糧は現地調達だから現地住民の恨みも買う。捕虜を後方に残せば不安材料になるのて、なるべくその場で「処分」するのが流行した。住民に対しては、奪い尽くす、焼き尽くす、犯し尽くすが常識になった。山のように積み上がった死体の山に駆け上って、まだ生きている敵兵を見つけては銃や銃剣で止めをさすのが、兵隊の仕事の仕上げだった。
 毎日おびただしい数の死体が揚子江に流され、それには海軍も協力した。そこでは個人の人間の尊厳などはカケラもなく、やっかいな投棄物の山があるだけだった。そうした正視に堪えないような情景を、著者は文献の中から取り出して念入りに教えてくれる。こういうことをした国、こういうことをした軍隊とは、いったい何であるのかと問う。そしてこれらが「つぎつぎとなりゆくいきおい」の結果として、日本国民全体の合意の上で行われていたことを思い出させるのだ。
 この全体の上に、辺見庸は「天皇」の存在を見ている。それはたぶん当っていると私も思う。そして著者は最後に2015年の日本を1973と重ねているのだ。もちろん2017年と入れ替えても構わない。むしろその方がいいかもしれない。「つぎつぎとなりゆくいきおい」は、またもや日本人に同じようなことをさせるのではないか。不愉快であり恐ろしいことだが、本当にそうかもしれないと思えてくる。若者よ、戦争に行くな、殺すな、死ぬな、絶対にだ。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 ABE IS OVER 1:18 - 2017年7月11日


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 その他 【加計問題の真実(私は新学部設置の仕事を5年やったことあります)】 http://tl.gd/n_1sq14sd  ⇒是非拡散を!! 大学関係者の方などもどんどん発信して議論を深め、加計学園問題の本質を炙り出していくべきだと思います。 2:24 - 2017年7月11日
 〇…行政ルールとプロセスから追及すべきは、たったの2点、 「設置審での認可の「内示・内定」を決定したのは文科省以外の誰か?」、 「H30年4月開学を実際に決めたのは誰か?」(=発表したのは内閣府であり、昨年11月、告示では、総理大臣と文科大臣、本当の首謀者はだれなのか?)、です。
 そこが分かれば、その他も一気になし崩し的に判明し、逆にその2点が分からなければ、結局何も分からないと思います。(ちなみに、特区による医学部新設も同じです。) ついでに、加計には「不正があったのか?」も加えて合計3つです。
「結論(その1)」 文科省以外の誰かが文科省にH30年開学を命令し、総理大臣が公示し、「「設置審・認可の内定」相当のモノ」を出せと文科省官僚に命令し加計に言ったので(内定が出るような状況でもないのに)、文科省はもはやその内定を反故にはできず、8月の文科省・設置審では必ず認可となる(仮に、加計の中身が空っぽでも)。今、こういう状況になってるが、これは、大問題ではないのか? ・・・

郷原信郎が斬る: 加計問題での”防衛線”「挙証責任」「議論終了」論の崩壊 7/9
 〇昨日(7月8日)放映のBS朝日「激論!クロスファイア」(司会田原総一朗氏)に、元大蔵官僚の高橋洋一氏とともに出演した。
 森友学園問題・加計学園問題に関して、安倍内閣の不誠実な対応、疑惑の高まりで、安倍内閣への支持が大きく低下し、都議選でも自民党が歴史的惨敗したことなどを受けて、加計学園問題が、改めて取り上げられた。
 山本大臣の「挙証責任」「議論終了」論
 当初、菅官房長官が「怪文書」等と言っていた「総理のご意向」文書の存在が、文科省の再調査の結果、否定できなくなった後、山本地方創生担当大臣は、
 今回の話というのは、(国家戦略特区)ワーキンググループで議論していただいて、去年の3月末までに文科省が挙証責任を果たせなかったので、勝負はそこで終わっているんですね。もう1回、延長戦で9月16日にワーキンググループやってますが、そこで議論して、もう「勝負あり」。その後に何を言っているのかという気がして、私はなりませんけども。
 などと述べている。【山本幸三・地方創生相、加計学園問題の「勝負は終わっている」】
 このような「挙証責任」「議論終了」論による文科省批判は、高橋氏が、朝日新聞が「総理のご意向」文書をスクープした時点から行っている。その後、前文科省次官の前川喜平氏が記者会見で、加計問題で「文科省の行政が捻じ曲げられた」と発言するようになって以降は、高橋氏の前川氏批判の根拠にもなっている。
 高橋氏の主張は、単なる個人的な主張というだけではなく、今では、担当大臣による安倍内閣の「公式な主張」にもなっている。そればかりか、現在の状況からは、加計学園問題での安倍内閣の防衛線が、この「挙証責任」「議論終了」論だと言っても過言ではない。
 そのような状況を踏まえて企画されたのが、加計学園問題についての「安倍政権の主張」の提供者とも言える高橋氏と私との討論番組だったものと思われる。
 獣医学部の認可に関する国家戦略特区での議論の経過は、以下のように整理できる。 ・・・


憲法9条を壊すな!実行委員会‏  @48daisyukai フォロー中 その他 【拡散希望】共謀罪施行に萎縮することなく、どう闘っていくのか 『共謀罪は廃止しなければならない7・11集会ー廃止運動の課題と展望ー』 11日(火)18時半~  文京区民センター2A集会室  拡散を!詳細は→ 8:45 - 2017年7月10日 68件のリツイート 28件のいいね




小川一‏ 認証済みアカウント   @pinpinkiri フォロー中 その他 報道各社の世論調査をまとめました。内閣改造をしても内閣支持率の下落は止まらないとの見方が大勢です。内閣改造のリスクも大きいです。自民党議員の劣化が激しい中、身内の論理で入閣待望組を安易に登用するとそれこそ致命傷になります。 13:53 - 2017年7月10日 271件のリツイート 137件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 その他 河野統幕長がここまで言っておきながら、国民にも国会にも何の説明もないまま、もうすぐ4ヶ月が経ちます。民間企業だったらあり得ないですよね。 隠蔽なら組織に致命的=日報問題で制服組トップ-陸幕長は説明回避・防衛省:時事ドットコム 7:54 - 2017年7月10日


白石草‏  @hamemen フォロー中 その他 仏、2025年までに原子炉最大17基の廃止も=エコロジー相 | Article [AMP] | Reuters 1:59 - 2017年7月11日



Siam Cat_036‏  @SiamCat3 フォローする その他 安倍首相の「こんな人たちに負けるわけにはいかない」発言がいみじくも明らかにしてしまったように「共謀罪」は「テロ対策」などではなく「こんな人たち」対策です。 16:29 - 2017年7月8日 1,531件のリツイート 910件のいいね
  ★「共謀罪」は「テロ対策」などではなく「こんな人たち」対策! 然り! 他方で、警察・自衛隊組織、強化拡充続く… 安倍政権は、“警察国家”


市民メディア放送局‏  @info_9 フォローする その他 萩生田官房副長官『H27年4月2日今治市の担当者が首相官邸に訪問して、誰と会ったかと言われても、首相官邸の訪問者の記録が既に消えちゃったので、分かりません』 (森裕子議員の質問に対して)
  ★不都合な真実は、徹底して隠蔽… 国民主権下では、有り得ない不誠実、不忠! 全体の奉仕者たる公務員像に反する。首相以下(安倍一味)、結託など、論外! 程がある‼‼ “共謀罪”で、一網打尽しちゃうぞ



志村建世のブログ: 核兵器禁止条約に参加しない日本の私たち ・ブログ連歌(489) 7/9



老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 「安倍政権に退陣を求める緊急デモ」7/9@新宿、他 2:02 - 2017年7月8日
「護憲+」ブログ: 「安倍政権に退陣を求める緊急デモ」7/9@新宿、他 7/8 (笹井明子)


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 その他 内閣改造で逃げ切ろうとする安倍政権 23:37 - 2017年7月7日
「護憲+」ブログ: 内閣改造で逃げ切ろうとする安倍政権 7/8 名無しの探偵



しんぶん赤旗‏ 認証済みアカウント   @akahata_PR フォロー中 その他 国家公務員のボーナスは1.9%増 首相は約371万円:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK6Z3CX6K6ZUTFK001.html … 安倍晋三首相への支給額は約371万円、閣僚は約309万円。最高裁長官は約529万円、衆参両院議長は約488万円、国会議員は約291万円=税金から支出 0:51 - 2017年7月8日
  ★不安定雇用、非正規雇用をなくそう! 平和で安定した、人並みの生活あってこそ、人口も増えるもの自分たちだけ、享受してるんじゃないぞ。全体に奉仕もせずに。 三権分立、の長。全体の奉仕者


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia

植草一秀の『知られざる真実』: フランス大統領選で波乱が生じる可能性は? 4/21
 〇3月にオランダで総選挙が実施されたが、これから秋にかけて欧州で重要選挙が相次ぐ。
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙
 が予定されている。



杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

国立国会図書館: 日本国憲法の誕生  日本国憲法
国会図書館: 日本国憲法の誕生 資料と解説
この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に


植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

NHK:スペシャルコンテンツ 「憲法」 
日弁連は共謀罪に反対します(共謀罪法案対策本部)">日弁連は共謀罪に反対します(共謀罪法案対策本部)
首相の改憲発言に憲法学者らが反対の見解発表 【NHK】2017.05.22 
国連特別報告者 「テロ等準備罪」法案に懸念の書簡 【NHK】2017.05.22">国連特別報告者 「テロ等準備罪」法案に懸念の書簡 【NHK】2017.05.22 
「テロ等準備罪」法案 治安維持法で逮捕経験者が廃案訴え 【NHK】2017.05.22">「テロ等準備罪」法案 治安維持法で逮捕経験者が廃案訴え 【NHK】2017.05.22
OurPlanet-TV: 国連特別報告者の書簡に関する記者会見 投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 05/23/2017">OurPlanet-TV: 国連特別報告者の書簡に関する記者会見 投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 05/23/2017
「国際ペン」会長 「テロ等準備罪」新設法案に反対声明 【NHK】2017.06.05">「国際ペン」会長 「テロ等準備罪」新設法案に反対声明 【NHK】2017.06.05
「共謀罪」崩れる政府根拠 「条約はテロ防止目的でない」 東京新聞 6/5">「共謀罪」崩れる政府根拠 「条約はテロ防止目的でない」 東京新聞 6/5 <国際組織犯罪防止条約(TOC条約)> 「国際的で組織的な犯罪集団」の対策に向け、2000年11月の国連総会で採択。組織による重大事件の合意を犯罪とみなし、マネーロンダリング(資金洗浄)などによる犯罪収益の没収や、犯人引き渡しなどでも相互協力するよう定める。「金銭的な利益その他の物質的利益」を目的とする集団を対象とし、テロについては全く触れられていない。今年4月時点で187の国・地域が締結しているが、日本は「条約を実施するための国内法が未成立」との理由で締結していない。

独立記念日 (アメリカ合衆国) - Wikipedia ★Independence Day

日本国憲法
 〇【目次】
 前 文 
 第1章 天 皇(第1条-第8条)
 第2章 戦争の放棄(第9条)
 第3章 国民の権利及び義務(第10条-第40条)
 第4章 国 会(第41条-第64条)
 第5章 内 閣(第65条-第75条)
 第6章 司 法(第76条-第82条)
 第7章 財 政(第83条-第91条)
 第8章 地方自治(第92条-第95条)
 第9章 改 正(第96条)
 第10章 最高法規(第97条-第99条)
 第11章 補 則(第100条-第103条)
   昭和21・11・3・公布
   昭和22・5・3・施行
 《分野》全般-憲法

 前 文
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。


安倍政権による強権的な国会運営と説明責任の放棄に対する声明(全文) 【立憲デモクラシーの会】2017.06.28

【要望】1年未満保存文書の包括的廃棄同意について一時凍結し、公文書管理法の見直しを求める要望 【情報公開クリアリングハウス】2017.06.24

共謀罪法案の強行採決に対する抗議声明 【安全保障関連法に反対する学者の会・呼びかけ人一同】2017.06.19

核兵器禁止条約 条約の全文 毎日新聞 7/8
 〇7日採択の核兵器禁止条約の全文

過去5年の激甚災害の指定状況一覧 : 防災情報のページ - 内閣府





死刑執行 再審請求中の西川死刑囚 女性殺害の住田死刑囚 【毎日新聞】2017.07.13
 〇法務省は13日午前、京都、兵庫、島根の3府県で1991年、飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された警察庁指定119号事件で、強盗殺人罪などに問われ、死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=の刑を執行したと発表した。また、岡山市で2011年、元同僚の女性を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、裁判員裁判で死刑を言い渡された住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=の死刑も同日執行された。
【死刑囚の生活空間公開】「その日」までの生 「スタミナ焼き」人気
<表 法相別の執行命令数(1993年の再開以降)>
<公判で「謝らせてください」と涙>住田死刑囚
<駆け込み死刑執行>「薬物期限が迫って」11日間で8人計画
<「闇サイト」受刑者に死刑判決>「生命軽視の態度は甚だしい」
<娘を殺害された男性>苦しむ被害者救いたい 中国短大で講演
<木嶋佳苗被告>死刑判決に 捜査員「この日を待った」
<「生きて語ってほしかった」>死刑執行で途絶える贖罪
 関係者によると、西川死刑囚は再審請求中だった。再審請求中の執行は極めて異例で、99年12月以来とみられる。住田死刑囚は裁判員裁判で死刑を言い渡され、執行された3人目の死刑囚になる。

 殺人容疑で逮捕された当時の住田紘一死刑囚が借りていたガレージ=大阪市住吉区で2011年10月、本社ヘリから長谷川直亮撮影
 確定判決などによると、西川死刑囚は91年12月、松江市のバー経営者の女性(当時55歳)▽京都市のスナック経営者の女性(同55歳)▽同市の別のスナック経営者の女性(同51歳)を強盗目的で殺害。兵庫県姫路市のスナック経営者の女性(同45歳)を絞殺して現金を盗んだ。92年1月には大阪市で女性落語家の首を絞めて負傷させ、現金を奪った。最高裁は05年6月、死刑囚側の上告を棄却し、1、2審の死刑判決が確定した。
 住田死刑囚は11年9月、岡山市の元勤務先の会社倉庫で、派遣社員の女性(同27歳)から現金などが入ったバッグを強奪したうえ、性的暴行をして刺殺。遺体を大阪市内で切断し、川などに遺棄した。裁判員裁判で行われた1審・岡山地裁(13年2月)は死刑を言い渡し、弁護側が控訴したが、本人自ら控訴を取り下げて死刑が確定した。1審判決は「被害者は1人だが、性的被害も伴っており、結果は重大。死刑を選択するほかはない」とした。

 西川正勝死刑囚が逮捕されたマンション
 執行は昨年11月以来約8カ月ぶり。第2次安倍政権発足(12年12月)以降では11回目で計19人が執行された。再審開始決定を受けて釈放された袴田巌元被告(81)を除くと、確定死刑囚は124人となった。【鈴木一生】
  ★記者会見する金田勝年法相=ご本人、何の感慨もないのか… とことんしゃぶり尽される御仁哉 良い役回り⁉


自民、首相出席の閉会中審査を受け入れ 来週以降 【朝日新聞】2017.07.13
 〇 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、自民党は13日、野党が求めていた安倍晋三首相が出席する閉会中審査を受け入れる考えを民進党に伝えた。自民、公明両党は首相入りの閉会中審査について「堂々巡りになる」(自民幹部)などと否定的な考えを示していたが、首相自らが説明責任を果たす必要があると認めた。内閣支持率の下落が止まらないなかで一転実施を受け入れた格好になった。
 自民の竹下亘国会対策委員長が13日夕、民進党の山井和則国対委員長に伝えた。実施は来週以降で、14日に自民、民進間で日程を改めて協議する。  ★予算委員会で


「森友学園」国有地売却 当時の国の担当者らを弁護士などが告発 【NHK】2017.07.13
 〇 学校法人「森友学園」への国有地の売却をめぐり、全国の弁護士など200人余りが「当時の近畿財務局長などが土地を安く売って国に損害を与えたうえ、役所の職員が売買の交渉記録を廃棄した」などとして、背任と証拠隠滅の疑いで大阪地検特捜部に告発状を提出しました。
 告発状を出したのは、全国の弁護士や学者など246人で作るグループで、13日は、代表の弁護士が大阪地検特捜部を訪れ告発状を手渡しました。
 大阪・豊中市の国有地が鑑定価格よりも8億円余り安く森友学園に売却された問題で、交渉にあたった近畿財務局は「地下9.9メートルまでゴミが埋まっていると考え、撤去費用を差し引いた」と説明しています。
 これについて、告発状では「国の担当者は事前の調査などからそれほどのゴミはないと認識していたはずだ」としたうえで、「安倍総理大臣の妻の昭恵氏が開校予定の小学校の名誉校長だったこともあり、撤去費用を過大に見積もった」としています。
 そして、当時の近畿財務局長や国有財産管理官など7人が国有地を不当に安く売って国に損害を与えた背任の疑いがあるほか、役所の職員が背任の証拠になる交渉の記録を意図的に廃棄した証拠隠滅の疑いがあるとしています。
 グループのメンバーの阪口徳雄弁護士は「特捜部には政治家や官僚の犯罪を摘発してほしいと国民が期待している。学園の前の理事長の詐欺事件だけで捜査を終わらせてはならない」と話しています。


伊方原発3号機運転停止の仮処分申し立て 松山地裁21日に判断 【NHK】2017.07.13










































NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」


しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 〇トヨタ自動車(豊田章男社長)は、2008年度から12年度の5年間という長きにわたり法人税(国税分)を1円も払わない一方、株主には1兆円を超える配当をしたうえ、内部留保も増やしています
  トヨタ自動車が法人税を5年間払っていなかったことは、豊田社長の5月8日の記者会見で明らかになりました。
 トヨタ自動車が「法人税ゼロ」となったきっかけは、08年のリーマン・ショックによる業績の落ち込みでした。企業の利益にかかる法人税は赤字企業には課せられません。
 しかし、その後業績は回復し、この5年間に連結で2・1兆円、単体でも0・9兆円の税引き前利益をあげています。
 それにもかかわらず、法人税ゼロとなったのは、生産の海外移転にともなう収益構造の変化によって、大企業優遇税制の恩恵をふんだんに使える体質をつくり出したからです。
 同社は、海外生産を08年度の285万台から12年度には442万台に増やし、428万台の国内生産を上回る状況になっています。この結果、「国内で生産し、輸出で稼ぐ」という従来の姿ではなく、「海外で生産し、稼いだもうけを国内に配当する」という収益構造に変化してきました。
 そのうえ、09年度からは、海外子会社からの配当を非課税にする制度がつくられ、同社はこの制度の恩恵を受けたものと思われます。さらに、同社は研究開発減税などの特例措置を受けています。
 一方、同社は株主には5年間で総額1兆542億円もの配当を行い、内部留保の主要部分である利益剰余金(連結)も、2807億円上積みしています。
 法人税が5年間ゼロとなった理由について、同社広報部は、「詳細については公開を控えさせていただきます」とコメントしています。
種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


岩手日報・社説: 大学無償化 なぜ改憲が前提なのか 3/3  ★大学の無償化に、改憲が必要??? 笑止な。70年授業料値上げ阻止、大学闘争の頃は、国立大学は、ひと月1千円だった!今とは、大違い。全学連の御蔭  因みに、その頃は、日本育英会の奨学金(貸与:高利貸しではなかった)は、同1万5千円、特別奨学金(返済なし)が、同1万5千円だった。 今が、如何に、無慈悲か!
国立大学の授業料が93万円に?  2015年12月7日
 ・「国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算」
 ・【悲報】国立大学の授業料、54万円が93万円に!文部科学省が試算結果を発表!国が大学への交付金を大幅に削減へ 2015.12.02
国立大学 学費値上げの歴史 〇国家公務員上級職国Ⅰ初任給との比較
[PDF] 国公私立大学の授業料等の推移(PDF)
財務省が「国立大の授業料」の値上げを提案!私立大近くまで引上げ 05/12/2015 〇国立大は値上げの一途  ★1970年 全学連、私立・国立大授業料等値上げ反対闘争が、潰されてから。一貫して、政府は、値上げ! 安倍コベ政策堅持。
国立大学授業料|年次統計

都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】新着陸帯運用開始 「負担軽減」と言えるのか 【琉球新報】2017.07.13
 〇米軍は、東村と国頭村に広がる北部訓練場のN1地区とH地区にある新たなヘリパッドの運用を始めた。
 新設されたヘリパッド6カ所は、東村高江集落を取り囲んで建設された。住民生活への影響を最小限に抑える考えがあるなら、集落近くに新設することなどあり得ない。これでは負担が軽減されるどころか、増す一方である。
 普天間爆音訴訟などで、政府側は「住民は自ら基地の危険に接近した」と事実に反する主張を繰り広げた。危険なヘリパッドを住民地域に接近させたことを政府はどう説明するのか。先に住んでいたのは、ここでも住民の方だ。
 今後、オスプレイをはじめ、米軍機の訓練が増えることは間違いない。運用を優先する米軍の姿勢からして、夜間・早朝の訓練抑制や騒音防止などの歯止めは一切期待できない。高江集落で騒音が増大し、住民生活に重大な影響を与えることは確実である。
 政府が米軍の思うがままの訓練を認めているため、昨年6月には先行提供したN4地区のヘリパッドで連日、オスプレイが午後10時以降に離着陸を繰り返した。ヘリパッド周辺では、夜間(午後7時~翌午前7時)の騒音発生回数は383回に上り、14年度の月平均16・2回の約24倍に激増した。
 その影響で睡眠不足に陥った児童らが学校を欠席する事態を招いた。ヘリパッド運用が次々始まれば、さらに深刻な事態を引き起こす。住民生活を破壊し、危険にさらす全ての訓練を直ちに廃止し、ヘリパッドを撤去すべきだ。
 住民をこのような苦境に追い込んだ責任は、政府にある。国民より米軍を優先する姿勢を政府が改めない限り、住民は劣悪な生活環境下に置かれ続けることになる。
 東村の伊集盛久村長は、沖縄防衛局から「進入路の建設が全て終えてから運用が開始される見込みだ」との説明を受けていた。進入路の工期は9月末までの予定である。東村は運用開始の際は事前に連絡するよう防衛局に求めていた。だが防衛局から東村と国頭村への連絡は事後である。
 だまし討ち的な運用開始は許し難い。最も被害を受ける地域に事前連絡さえできない状況も看過できない。
 軽視されているのは県民だけではない。防衛局も米軍に完全に見くびられている。強く抗議すべきだ。
 北部訓練場の過半に当たる4010ヘクタールの返還と引き換えにもたらされるものは、県民が指摘した通り住民地域近くでの危険な訓練と騒音である。政府はこれを「負担軽減」と胸を張る。安倍内閣の劣化は危機的状況にあると断じるしかない。
 高江住民の「ここに住めなくなるので飛ばないでほしい」との要望は、無理難題を政府に突き付けているのではない。住民の声に真摯(しんし)に向き合い、住民のささやかな願いを実現すべきだ。


【社説】[ヘリパッド運用開始]米軍に便宜 住民負担増 【沖縄タイムス】2017.07.13
 〇住民の反対が続いているにもかかわらず、事前通知もなしに、米軍北部訓練場に新たに造られたヘリパッドの運用が始まった。
 沖縄防衛局などによると11日、在沖米海兵隊のオスプレイ1機が、国頭村側に位置する「N1」「H」地区のヘリパッドで離着陸を繰り返す様子が確認された。
 北部訓練場は、日米特別行動委員会(SACO)最終報告に基づき、約半分に当たる約4千ヘクタールが昨年12月に返還された。
 返還区域にあるヘリパッドの移設を条件としたため、東村高江の集落を取り囲むように6カ所のヘリパッドが計画され、2014年までに2カ所、残る4カ所も昨年12月までに新設された。
 オスプレイの騒音や墜落の恐怖という負担を住民が背負うことになった部分返還は、SACOによる沖縄の米軍基地再編の限界を象徴する。
 北部訓練場がある「やんばる」には、世界でここにしかいないノグチゲラなどの貴重な動植物が生息している。環境省は昨夏、やんばるを国立公園に指定し、世界自然遺産登録に向けての準備も進める。国が亜熱帯の森の価値を認めたからにほかならない。
 豊かな森を切り開いて建設されたヘリパッドを使い、オスプレイを運用することで、生態系と暮らしが脅かされることになる。先行使用されている2カ所で騒音被害や睡眠不足による体調不良などの影響が出ていることからも負担増は明らかである。
 北部訓練場の部分返還は無条件とすべきだった。
■    ■
 日本政府はSACOの成果をアピールするため、返還面積を大きくするのにこだわり、米軍はさまざまな条件を付け、名より実を取った。
 交渉の結果、北部訓練場ではヘリパッド新設のほか、上陸訓練のため必要だとして宇嘉川河口部の陸域と水域も追加提供されている。
 米海兵隊は「戦略展望2025」の中で「使えない土地を返す代わりに、利用可能な訓練場を新たに開発」したと成果を強調している。負担軽減が目的だったはずなのに、機能強化が進んだのである。
 さらに政府は、全国から約500人の機動隊員を動員し、ヘリパッド工事を強行。防衛省設置法を都合よく解釈し、資材搬入に自衛隊ヘリまで投入した。
 政府の強引なやり方も、住民に負担を強いるものであった。
■    ■
 SACO合意の破綻は、負担軽減と抑止力の維持を沖縄だけで完結させようとしたところにある。
 米軍が厳しい返還条件を付けているのは基地の機能維持、向上のためである。地元からすれば、それは新たな負担以外のなにものでもない。
 政府はヘリパッド運用開始によって高江周辺住民が受けるであろう基地負担をどのように考えているのか。
 少なくとも住宅地上空の飛行制限や夜間訓練の中止、希少種への影響調査など、住民の暮らしと豊かな生態系を守る明確な対応策を示すべきである。


【社説】「共謀罪」施行 国民の側が運用の監視を 【西日本新聞】2017.07.13
 〇一般人は本当に対象とならないのか。捜査の乱用に歯止めはかかるのか。国民の強い疑念と不安は残ったままである。
 組織犯罪を計画段階で処罰するため、共謀罪の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設した改正組織犯罪処罰法が施行された。
 実際に犯した罪を罰する「既遂罪」を原則とした刑事法体系が大きく変わる。私たちはその危険性を指摘してきた。恣意(しい)的な解釈や運用を許さぬために裁判所などの厳格なチェックが必要だ。同時に国民の側こそが長い目で運用を監視していく必要がある。
 テロ等準備罪は、刑法の未遂罪や予備罪よりさらに前の段階の「準備行為」を取り締まる点が大きな特徴だ。
 具体的には2人以上の「組織的犯罪集団」が重大犯罪を「計画」し、少なくとも1人が現場の下見や資金調達など「準備行為」を行った段階で犯罪となる。例えば組織的に実行する振り込め詐欺の場合、電話をかける部屋を借りれば「準備行為」として処罰できる。
 しかし、彼らが犯罪集団かどうかは日常的に情報を収集しなければ見極めができない。政府は国会の審議で「一般人は捜査対象にならない」と強調する一方、「犯罪の疑いがあれば一般人ではない」とも答弁した。監視社会を招くとの批判が絶えないゆえんである。
 金田勝年法相は改正法を適用する場合、事件受理から裁判確定まで報告するよう全国の検察庁に大臣訓令を出したという。一つの歯止め策のつもりなのだろうが、政府内にも「法の暴走」への危惧があることの証左ではないか。
 もちろん直ちに捜査機関が権限を乱用するとは考えにくい。しかし時の経過とともに緊張感が薄れ、冤罪(えんざい)などを生む可能性は否定できない。対象犯罪は特許法や著作権法などを含め277に及ぶ。
 既に国際テロリスト財産凍結法が一昨年施行されるなど国際テロ対策は進んでいる。最近ではむしろ「一匹おおかみ型」のテロも多い。改正法の可否を含め総合的な視野から検証を重ねるべきだ。


【社説】支持率急落の安倍政権 首相は「不信の根」分かって 【愛媛新聞】2017.07.13
 〇安倍政権の内閣支持率が急落している。
 共同通信の直近の世論調査は都議選前の6月ながら、内閣支持率は5月から10.5ポイント急落して44.9%に。今月の各社の調査ではさらに下がり、朝日新聞は支持33%(前月比5ポイント減)、NHKは35%(13ポイント減)、読売新聞も36%(13ポイント減)と軒並み30%台にまで落ち込んだ。
 一斉に大幅下落した原因は、ひとえに安倍晋三首相の政治姿勢への国民の強い反発にある。森友・加計学園問題の疑惑隠しや、「共謀罪」法の採決強行に象徴される強引な国会運営、そして野党も国民も見下し、敵と見れば感情的に攻撃する強権的な振る舞い…。政治不信はいよいよ深まり、政権への逆風が吹き始めている。首相および政権与党は、猛省とともにこれまでの政治手法を改め、信頼回復に取り組まねばならない。
 菅義偉官房長官は「一喜一憂すべきでない」と平静を装う。だが、これまで高い支持率を最大限利用してきたのは他ならぬ首相。例えば森友問題で4月、夫人らの証人喚問を求められた首相は「内閣支持率は53%。民進党はご存じの通り」だから喚問は必要ない、と強弁した。支持率を盾に傲慢(ごうまん)な政権運営を繰り返し、下がったときだけ気にしない、では通るまい。
 首相は、都議選惨敗の際も、支持率が急落した今回も「国民の声を真摯(しんし)に受け止めたい」と述べ、反省を口にした。しかし実は「不信の根」が何なのか、まるで分かっていないのではないかとの疑念が拭えない。
 支持率回復に向けて首相は、「政策を前に進め、結果を出していく」と述べた。だが、根本の不信を放置して別の政策をアピールしても、それが「反省」になるはずもない。「問われているのは政権の体質」(政権幹部)―疑惑に向き合わず、うそや強弁で国民を欺くおごりである。不支持の理由の1位は「首相が信頼できない」だったことを肝に銘じねばならない。
 信頼回復のためになすべきは人心一新を装う内閣改造でも、まして改憲論議を急ぐことでもない。自ら約束した「丁寧な説明」を尽くし、率先して疑惑を解明することだ。
 しかし、加計問題でも渋々閉会中審査を開いたものの、首相の姿はなかった。説明すべきはなぜ「新設は空白地に限る」などの条件が急に追加され、結果的に「加計しか通れない穴にしたのか」という経緯と、新設4条件を今治の提案が満たしたと評価した理由。その当然の説明さえできないのなら、疑惑も支持率の下落も終わるまい。
 一方野党も、それでなくても低い支持率をさらに下げ、政権批判票の受け皿になれていないことは嘆かわしい。調査で増えたのは「支持政党なし」だけ。支持率は、主権者たる国民の鏡でもある。「そのうち忘れる」と政権に高をくくらせぬよう、「信なくば立たず」の政治の原点を、しっかりと注視したい。


【社説】内閣改造前倒し まず「おごり」の交代を 【京都新聞】2017.07.13
 〇人心を一新し、態勢を立て直そうとしているのだろう。
 安倍晋三首相が、8月3日にも内閣改造を行う見通しとなった。通常なら、9月の自民党役員人事に合わせるところだが、1カ月以上も前倒しする。
 今月2日の東京都議選で歴史的敗北を喫し、内閣支持率が急落している。大きな危機感を抱いていることの表れだ。
 振り返れば、昨年の改造で任命された閣僚の迷走ぶりは、誰の目にも明らかだった。
 初入閣したのは8人。このうち、復興相となった今村雅弘氏は、大震災が「東北でよかった」と発言して辞任。金田勝年法相は、「共謀罪」法をめぐる答弁で、野党の攻撃の的となった。
 山本幸三地方創生相は、学芸員を侮辱するような失言をし、松野博一文部科学相は加計学園に関する文書をめぐり、不適切な対応をした。実に半数の4人に、問題が生じたといえよう。
 これに、初入閣ではないが、党政調会長から防衛相に回り、問題発言を連発した稲田朋美氏が加わる。
 参院選で大勝し、改憲勢力が発議に必要な3分の2を上回る議席を衆参両院で得た直後、おごりと身びいきで組閣した、と指摘されても仕方ない。
 一刻も早い内閣改造が、求められる。
 すでに、19人の閣僚のうち半数以上を入れ替える方向で、検討に入っているという。
 金田氏と稲田氏は、交代させる方向となっている。
 稲田氏には、野党から罷免要求が出ており、交代によって沈静化する狙いがありそうだ。
 改造について安倍首相は、「骨格をころころ替えるべきでない」「安定感あるベテランや、改革突破力のある人を登用したい」と話している。
 骨格を維持するということは、政権の中枢を担う麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官や、党の要となる二階俊博幹事長の留任を示唆しているのだろう。
 突破力のある人物は、国会での熟議を重んじるのだろうか。都議選で示された民意を受けて、反省している様子がうかがえない。
 これでは、いくら閣僚の半数を替えても、内閣の性質はまったく変わらない。首相は、改造によって何をしたいのか、明確に語るべきだ。内閣の「おごり」を、「真摯(しんし)」や「丁寧」と交代させることを真剣に考えてもらいたい。








































国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: