FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
2017-10-24

10/24: 40代低所得(300万円未満)世帯 20年で1.5倍! 超低金利政策(金融資本に利益供与)、銀行ローン・奨学金ローンにも喘がせ 人口減少も、格差社会も‼ 介護・保育の低賃金も 政府の責任!

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。

各メディアの電話番号など 情報
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・高潮・高波 被害明らかに、台風21号 爪痕深く 10/24(火) 18:33
 ・高潮・高波 台風の爪痕は・・・ 江の島のヨットハーバーも 10/24(火) 17:20
 ・2度にわたり同じ女性から現金だまし取ったか、受け取り役の男逮捕 10/24(火) 16:58   ★又叉、リストが出回ってる⁉ 悪辣な。保護者が必要!
 ・40代で低所得世帯の割合が増加 厚労省 10/24(火) 15:56   ★リーマンショック後⁉ 就職氷河期・格差社会出現
 ・【全国の天気】新たな台風発生!週末にも接近の恐れ 10/24(火) 17:30  ★これも、横目で。
 ・皇太子ご夫妻 全国農業担い手サミットで高知県へ 10/24(火) 8:02
 ・天皇陛下 来日したミクロネシアの大統領と会見 10/24(火) 5:58
 ・JR宇都宮線の架線トラブル きょうも本数減らし運行 10/24(火) 5:57
 ・否定から一転 北朝鮮北米局長「米と対話している」 10/24(火) 5:54
 ・衆院選の全当選者やっと確定 台風で開票作業に遅れ 10/24(火) 5:52

「護憲+」: 「サロン・ド・朔」10月26日(木)例会のお知らせ 10/18 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」10月26日(木)例会を下記のとおり行います。

 今回は、中央大学非常勤講師の韓応飛さんにお越し頂き「信念を貫いた人―劉暁波氏と1980年代以降の中国社会」のテーマでお話をしていただきます。

 『今年の7月14日零時、私は劉氏が死去したことを知り、すぐにモスクワにいる友人と連絡を取った。私たちは1980年代の半ば、劉氏が講師を務めた北京師範大学に在籍していた。劉氏が死去したことに、私たちはこのうえない悲しみを覚えた。私は「80年代は永遠に終わった」と言い、彼は「理想主義万歳」と応じた。
  そうだ。劉氏は理想に燃えていた。もちろん、劉氏自身も共産党政権を相手に勝ち目はないと知っていた。しかし、彼は信念を貫き、中国で民主主義社会を実現させるという理想のために、戦い抜いた。
  天安門事件をきっかけに、海外亡命を余儀なくされた経済学者の朱嘉明氏は「歴史的な人物は二種類ある。一種類は時間が経つにつれ、その存在が薄れていく。もう一種類は時間が経つにつれ、その輝きを増す」と言った。
  劉暁波氏は間違いなく、後者に属するだろう。』(韓さん)

 当日は、劉氏の人間的な魅力、彼の主張、そして彼が活躍していた1980年代の中国社会を紹介し、さらに、90年代以降の中国の政治、経済、社会についての大まかなお話もしてくださるとのことです。

 今日本は衆院選の喧騒の只中にありますが、選挙結果もさることながら、今度の選挙を契機に日本は本当の民主主義への一歩を踏み出せるか、そのために大切なことは何かを考えることも大切です。そういう意味からも、劉暁波氏について今学ぶことは大きな意味があると思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、 「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:10月26日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)

 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。 ・・・

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
10月24日分 9:00 実施
「護憲+」: 講演会「日本の政治はどこへ向かうか?」 10/24 ( 珠 )
 〇今回の選挙の結果、憲法を変えようという発議が出て、国会を通ることになるでしょう。今一度、国民投票に向けて多くの方と、憲法を、日本の政治を学ばないといけないですね。

 ちょうど1か月ほど先になりますが、お知らせをしておきます。

 ●イベント紹介●
 九条科学者の会
 「九条科学者の会」は2005年3月、20名の発起人を含む196名の呼びかけによって設立されて以来、科学に携わる方々に 「九条の会」アピールへの賛同を訴えてきました。「7つの行動提起」に基づいて、全国各地の大学・研究機関の九条の会と連携したり、 日本国憲法第9条に関わる幅広いテーマで学習会・講演会を開くなどの活動を続けています。

 九条科学者の会・日本科学者会議 共催 2017秋の講演会
 「日本に政治はどこへ向かうか?」


 日本の政治はどうなるのか、総選挙の結果も踏まえて、九条科学者の会の二人の共同代表の講演を通じ、ご一緒に考えましょう。

 日時:2017年11月25日(土)13:30~17:00(開場13:00)
 場所:中央大学理工学部5号館5136教室(後楽園キャンパス)
 参加費(資料代)500円
 共催:九条科学者の会・日本科学者会議

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転? 10/24 名無しの探偵)
 〇朝日の試算が正しいならば、野党分散の結果「反自公」が失った議席は63だという。
 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算 朝日新聞 10/23

 これの責任は前原(勿論、民進党の煮え切らない思想信条にこそ原因がある)と小池百合子にある。

 安倍「政治私物化」政権を打倒するには、この際、党利党略は一時棚上げにして、「野党共闘」を継続すればよかったのである。

 政治も碌に出来ない(DNAだけで総理になった)「バカ殿」政権にみすみすやられるとは、厚顔さんも言うとおり、「国共合作」にも学ぶことができない「極右」政治家たちの末路なのかもしれない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog10/23: 国民主権実現⁉ 衆院選の“民意と選挙結果との乖離” 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転… 枝野氏「国民と歩み始める」 北朝鮮の「核は米のみ照準」核専門家 憲法改正も三権も 国民主体で!



「護憲+」: 自民党圧勝の最大の要因は前原にあり 10/23 (厚顔)
 〇自民党に強烈な逆風の中で、こんなに自民党圧勝の選挙速報はみたことがない。不愉快をとおりこして言葉が見つからない。

 その要因は選挙前に投稿したように、民進党前原代表が希望の党小池代表の「くノ一戦法」に乗ったことと、その洞察の甘さにある。

 >前原民進党代表と希望の党小池代表の交渉ニュースを聞くと前原氏の詰めが甘い。これでは希望の党への身売りで、前原氏は『国共合作』の故事を十分知らなかったようだ。小池代表は政治家として冷徹に前原代表を見ていたが、前原代表は小池氏の含み笑いと流し目に悩殺され、政党の代表の立場を忘れ、肝心な詰めを忘れてしまったと言われてもやむを得まい。

 >小池代表に「私は今回の衆議院選には出ないので、希望の党が第一党に成れば貴方を首班指名候補にしたい」とでも言われたのであろうか。まさに「くノ一忍法」にかかった男のようである。かつて民主党代表時代に小泉首相を国会で追求する永田議員が、フェイクニュースをつかまされていたことを見抜けなかった甘さと同じ事である。

 選挙前に練られていた民進、自由、社民、共産、引いては希望、維新も含めての野党統一候補擁立の小沢戦略を反故にして、民進の希望への身売りを謀った前原の責任としか言いようがない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より






 今日のトピックス Blog10/22: 雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ自公ニモ、騙し解散ニモ負ケナイ 上からの押し付けではない、草の根からの「まっとうな政治」を、一緒に新しい政治の流れを、共に倦まず巧まず進めて参りましょう



「護憲+」: 枝野幸男と安倍晋三の演説会場に見るこの国の姿 10/22 (流水)
 〇わたしの地方では最後まで見る事ができませんでしたが、動画で見る立憲民主党枝野代表と安倍晋三首相の演説会の雰囲気のあまりの落差に、この国の現状が見事に反映されていたように思えます。

 選挙戦最終日、安倍首相は東京都議選のリベンジと称して秋葉原で演説を行いました。機動隊に周囲を守られ(バス4台分だそうだ)、日の丸や安倍首相支持のプラカードを掲げた支持者に囲まれたお立ち台での演説でした。プラカードや日の丸を掲げた支持者と一般聴衆の間には相当の間隔があり、あれではほとんど演説内容を聞き取れないだろうと思われます。もし、わたしが現場にいたなら、さっさと立ち去ります。
のんきに介護: 都議選のとき、秋葉原では「(安倍)辞めろ!」コールが周辺一帯を覆いつくした。本日、そのリベンジがあると聞いたが―― 10/21

 選挙戦序盤、ヤジを恐れた首相は、支持者だけで固めた聴衆の中で演説をしていました。要するに、安倍首相は、自分と異なる見解を持つ国民が怖いのです。野次が怖いとはそういう事です。元教師の経験から言わせてもらうと、問題児の中に、地球が自分を中心に回っていないと気に入らず、とにかく周りから「よいしょ」してもらわなければ、何にもできない子供がいましたが、それとダブって見えます。

 これは民主主義国家の首相としては考えられない振る舞いです。なぜなら、民主主義とは「多様性との共存」を前提にした制度なのです。その「多様性」が認められず、自分と異なる見解を持つ国民を締め出すようでは、もはや民主主義国家の首相とは言えません。大人なら、その程度の事は誰にでも分かります。

 しかし、安倍首相は、「多様性との共存」を拒否する道を選びました。安倍首相は、民主主義を拒否したのと同じなのです。

 安倍首相が改憲で何を目指しているか分かりませんが、上の秋葉原の異様な雰囲気を見れば、彼の取り巻きどもの感性は一目瞭然です。「リテラ」に書かれている危惧が杞憂であることを祈りますが、どうもそうではないように思います。
リテラ: 安倍政権が描く、この恐ろしい未来を本当に許すのか? 労働者は使い捨て、家族は国家の下請けに、そして緊急事態条項で独裁OKに 10/22

 そして、最も怖いのは、そのような異様な振る舞いをする人々が警察権力に守られている、という事実です。警察権力とは国家権力そのものなのです。これが「日常化」したらどうなるのか。普通の想像力を持っていれば、誰にでも理解できます。安倍首相の秋葉原での演説会場の雰囲気は、それを予感させます。

 それに比べ、枝野立憲民主党代表の雨の新宿の演説会場の雰囲気の人間臭いこと。人の熱気や心意気が溢れています。参加者一人一人の思いが感じられます。「人間て、いいな」と思わせる雰囲気でした。雨もまたよし。熱気に満ち溢れた顔や心を気持ちよく冷やしてくれます。
阿修羅: 雨の新宿に大旋風!立憲民主党東京大作戦ファイナルに8000人!枝野代表「22日から日本の民主主義は変わる!」

 選挙戦を通じて枝野代表の演説スタイルは、従来の日本の政治家の演説スタイルとは大きく異なっていた。車や高く組まれた演台などの上から演説をするスタイルを捨て、リンゴ箱程度の低い足場の上で、四方八方を聴衆に囲まれて演説をするスタイルを選択しました。

 日本の政治家で、このような演説スタイルを行う人はごく稀で、きわめて特異なスタイルです。しかし、枝野代表のスローガン「下からの民主主義」には、きわめてふさわしいスタイルでした。立憲民主党の支持の広がりには、枝野代表の演説スタイルは大きな影響力を与えたはずです。

 単純に安倍首相の演説会場と枝野代表の演説会場を比較すれば、その雰囲気の違いは一目瞭然です。安倍首相の演説会場の雰囲気は、オーウェルの「1984」を彷彿とさせる近未来の日本の姿を暗示させ、心が冷え冷えして、暗くなります。

 それに引き比べ、枝野代表の演説会場に充満しているのは、人々の解放された心と熱情、真摯な思い、真剣に考える姿等々。未来への希望と社会への信頼、人間の素晴らしさを感じさせる演説であり、会場の雰囲気でした。

 この二つの対照的な演説会場の雰囲気の違いこそ、わたしたちが選ぶべき未来の社会の象徴的な姿なのです。その意味で今回の選挙は、日本の決定的な「分水嶺」になることは確実だと思います。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 選挙  ☂  誕生日の花 アキチョウジ 花言葉 秘めやかな思い 10/22
 〇ラジオ深夜便から

 12日間、の騒ぎが終わり 審判が下る日が やってきました。大儀なき 選挙に打って出た、逃げ回り解散、
日本国民の良識がどの程度か、その度合いが 判定される日です。

 台風が来襲し 各地に被害が及ばぬか 心配されて いますが、今夜は、シンゾウの顔を見たくもないので時半に結果を待たず 寝ます。〇 〇な寝て待て・・・・・



 カテゴリなしの他の記事
  庭木の剪定
  ヌグダマッタ !
  ヨイトマケ・・・
  衆院選 最後の日曜日
   後 晴れ


 今日のトピックス Blog10/21: 北朝鮮高官「核の標的はアメリカのみ」//主権者は正視すべき 枝野氏「アベノミクスは強い者を強くしただけ。格差は拡大」「受け皿がないとの声に応え新しい旗を立てた」 思いを受け止めよう


 今日のトピックス Blog10/20: モリカケ偏愛の安倍が、“国民保護”? 都民ファーストの小池が変身、選別・切り捨て 同じか⁉ 弱者侮り、驕り、ヘイト 格差・貧困強化 北朝鮮、敵視・攻撃優先 暮らし・命はどうなる???



イシャジャの呟き: 庭木の剪定    誕生日の花 アキノキリンソウ 花言葉 安心 10/20
 〇ラジオ深夜便から
 
 庭のカエデが紅葉してきたが 葉が落ちると掃除が大変なので 枝の剪定をしました。昨年、剪定した枝から出た細い枝を剪定すれば 落ち葉が少なくなるなります。
 
 居間から見える近所の屋根が濡れているので、雨になったことを知る。

 今日のNHKの午後ナマは大阪から、最近のNHKの番組は、あさイチ~ごごナマまで アンコール番組ばかりです。何時かどこかで見たものばかり、

 ストーブは18度で設定したが、暑すぎるので、一時、消して 様子を見る。灯油が値上がりしているそうだから、ケチルことにする。ワレモコウガが実 花 ? 茶色のものを付けています。



 カテゴリなしの他の記事
  秋 深し


 今日のトピックス Blog10/19: 国を、縄張りを守るは、止しにせよ。 国民を護れ!飽く迄も、市民、主権者本位で。 核兵器禁止条約に参加・批准は、主権者の意思であり、平和憲法の延長線上にある、何人も叛くべからず



今日の「○」と「×」: 「×」 自民党のCMに怒髪天!! 10/19
 「×」 衆院選まであと3日となったが、最近頭にくるのが自民党のCMだ。

 「でんでん」アベがドヤ顔で、口先だけで誠実さのかけらもない公約をペラペラしゃべるのだが、極めつけは最後に言う「ぜひ、あなたの声を聞かせてください」という言葉だ。

 ハア?

 聞いてどうするの?

 まさか政策に反映されたりするの?

 国会でもテレビの討論やインタビューでも、聞かれたことにまともに答えず、自分の言いたいことだけをペラペラ長時間しゃべるだけの男が、「あなたの声を聞かせてください」とは、ブラックジョークもここに極まれりと言うしかない。

 だったら街頭演説でヤジられても、それも「あなたの声」としてしっかりと聞くのが筋というものだろうに、新潟でヤジられた時には「選挙妨害だ」の声に乗じて、「法律は守りましょう」とほざきやがった。

 憲法という最高法規を無視して好き勝手なことをやり、お友達には便宜を図りまくってる奴が、国民の声に対しては、まるで違法行為かのように非難するとは、本当に腹立たしい。

 こんな奴を、一体いつまでのさばらせるのか。

 無党派層の覚醒を祈る


 今日のトピックス Blog10/18: 地域と原発 住民の不安に応えてこそ 米朝緊張亢進… 頭上を過ぎる核ミサイル⁉ なぜ、当事者でもない 安倍政権は、北朝鮮への威嚇、軍事を構えるのか 主権者は、平和・安全を求める!



「護憲+」: 「サロン・ド・朔」10月26日(木)例会のお知らせ 10/18 (笹井明子)
 〇「サロン・ド・朔」10月26日(木)例会を下記のとおり行います。

 今回は、中央大学非常勤講師の韓応飛さんにお越し頂き「信念を貫いた人―劉暁波氏と1980年代以降の中国社会」のテーマでお話をしていただきます。

 『今年の7月14日零時、私は劉氏が死去したことを知り、すぐにモスクワにいる友人と連絡を取った。私たちは1980年代の半ば、劉氏が講師を務めた北京師範大学に在籍していた。劉氏が死去したことに、私たちはこのうえない悲しみを覚えた。私は「80年代は永遠に終わった」と言い、彼は「理想主義万歳」と応じた。
  そうだ。劉氏は理想に燃えていた。もちろん、劉氏自身も共産党政権を相手に勝ち目はないと知っていた。しかし、彼は信念を貫き、中国で民主主義社会を実現させるという理想のために、戦い抜いた。
  天安門事件をきっかけに、海外亡命を余儀なくされた経済学者の朱嘉明氏は「歴史的な人物は二種類ある。一種類は時間が経つにつれ、その存在が薄れていく。もう一種類は時間が経つにつれ、その輝きを増す」と言った。
  劉暁波氏は間違いなく、後者に属するだろう。』(韓さん)

 当日は、劉氏の人間的な魅力、彼の主張、そして彼が活躍していた1980年代の中国社会を紹介し、さらに、90年代以降の中国の政治、経済、社会についての大まかなお話もしてくださるとのことです。

 今日本は衆院選の喧騒の只中にありますが、選挙結果もさることながら、今度の選挙を契機に日本は本当の民主主義への一歩を踏み出せるか、そのために大切なことは何かを考えることも大切です。そういう意味からも、劉暁波氏について今学ぶことは大きな意味があると思います。

 興味のある方は是非ご参加ください。お待ちしています。

 参加ご希望の方は、 「護憲」HPに記載のメール宛に、その旨ご連絡ください。折り返し、会場その他、詳細をお知らせします。

 ■日時:10月26日(金)18:30~21:30
 ■会場:「フリースペース 朔」(JR水道橋駅から徒歩2分)
 ■会費:500円(飲み物、軽食付き)

 ====
 ☆「サロン・ド・朔」とは、「護憲+」メンバーを主軸に「SNSリアル版」のような形で運営するフリーな集まり(@東京)で、毎月テーマを決めてそれに相応しい講師をお招きし、勉強会・親睦会を行っています。皆さんの参加を歓迎します。

 2016年8月以降に取り上げたテーマは以下のとおりです。

 (2016年)
  8月: 「イギリスでのEU国民投票から学ぶべきこと─日本での改憲発議に絡めて」
  9月: 「小平住民投票と、住民主権のあり方」
 10月: 「憲法改正/国民投票」のルール改善を考える」(他グループ主催シンポジウムに参加)
 11月: 「今、高江で起こっていること」
 (2017年)
  1月: 「AIはトランプを選ぶのか~民主主義と憲法の未来像~」(他グループ主催シンポジウムに参加)
  2月: 「パレスチナ・シリア情勢と子どもたち」
  4月: DVD「いのちの森 高江」視聴/「教育勅語と戦前・戦中教育」
  5月: 「森友問題の幕引きを許さない」
  7月: 「民進党は民意の受け皿になれるのか」
  9月: 「9条問題の本質を「護憲」の立場で考える」

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: 東名高速・走行妨害死亡事故について 10/18 (名無しの探偵)
 〇今年6月に起きた後続のワゴン車の走行を妨害して6人を死傷させた事件が話題になっている。これについて、日本の警察や司法(検察と裁判所)の判断が適切だったのか、私は疑問に思っている。

 かれらの判断がおかしいと思うのは、この容疑者が後続車両の人を誤って、つまり過失により死傷させたという考え方から一歩も出ないで、最初から交通事故というパターンから離れず、それに固執しているからである。

 私は、この容疑者には後続車両の人たちが「死んでも構わない」という「未必の故意」があり、その故意を認定すべきではないか、と思っている。

 司法の判断が硬直化しているのは単なる「交通事故」だという思い込みが前提にあるのではないか。しかし実際には相当に「悪質」な行為が存在したと言えるのではないだろうか。殺人的な人間の行為であると思えてならない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: ヌグダマッタ !    誕生日の花  ホトトギス  花言葉  永遠にあなたのもの 10/18
 〇ホトトギス 昨年のもの

 今日の最高気温は 14℃の予報、エアコンの暖房を21度の設定していたが、温度計が 17℃位、去年の日記を見たら、ストーブへの切り替えは、いまの時期だったので、、点火してみたが、時計の設定、温度の設定の仕方を忘れてしまって時間がかかる。綿ゴミもついているので 丁寧にふき取る。赤く燃え上がってきたら、エアコンと同様、21度の設定だが、暖かい ”ヌグダマル”には ストーブが一番だ

 寝室のエアコンは、今年入れたものだが、リモコンを押せば 直ぐに温風が吹いてくるのに、居間のエアコンは、設置した、向きが悪いのか、温度が上がらないし 時間もかかる、冷房の方が効きがいいようだが、

 庭にホトトギスは咲いていますが、足、腰、気持ちが重くなったので、去年 撮ったものを載せました。


 カテゴリなしの他の記事
  寒冷前線


 今日のトピックス Blog10/17: 平和で豊饒な 日本、市民平等を取り戻そう! 外交も「市民を護る、自主独立の気概」が基本 今、平和か戦争か、選択しないと 国難招く⁉ 対外軍事偏向、市民の安全確保・物言いなしの安倍氏


「護憲+」: (右派・左派の)棲み分け  10/17 (猫家五六助)
 〇東京新聞10/16付け「本音のコラム」宮子あずささんの記事を抜粋いたします。お題は「棲み分け」。

 +++++++++++++
 (前略)
 今回改めて思ったのは、リベラルな市民の間では、東京新聞はとてもメジャーな新聞であること。言うまでもないが、新聞にはそれぞれのカラーがあり、東京新聞は左派的。一方、右派と言えば、産経新聞。それぞれ読者から選ばれ、棲み分けが存在する。

 そんな中で、私が気になるのは、ネットにおける産経新聞のパワー。無料で読める記事が多く、若年層への影響はとても大きいと思う。なぜなら新聞を購読せず、ネットでニュースを読む人が多いからである。

 左派たたきの記事の多さを見るにつけても、これをうのみにしたら・・・と怖くなる。せめて違う考えもありうると分かってほしいものだ。

 棲み分けはいったん固定すると、異質な考えを排除し、独善的になる。これを避けるには、まず自分の偏りを認めなければならない。
 +++++++++++++

 私もYahoo!ニュース経由で見る、最近の産経新聞”ネットニュース”(産経新聞、産経デジタル)は酷いと思っていました。メディアは権力を監視する・・・なんて姿勢はさらさらなさそう。特に、TBSテレビをあからさまに狙い撃ち。

 【突然「2人でもりかけ!」 安倍首相「イヤホン大丈夫?」…“因縁”のTBSキャスターに反撃?】
 →”もりかけ”問題を聞け!と指示しちゃいけないの?

 【安倍首相の遊説妨害 「なぜTBSは至近距離で撮っているのか」和田政宗・参院議員】
 →なぜ、逃げ回っている安倍首相の撮影を自粛・忖度しなけりゃいけないの?

 【TBS「サンデーモーニング」 野党に投票促すかのような発言?】
 →”批判”は”不公正”にすり替えちゃうの?

 しかも、タイトル・見出しの語尾は「~?」マークで逃げている。天下の産経新聞が無責任なネットニュースと同レベルなんだから。

 まぁ、読売新聞にも同様な政権寄り、安倍ヨイショの姿勢が見られますが。

 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より


「護憲+」: 米海兵隊、広島県北部の空域で火炎弾「フレア」訓練 10/17 (猫家五六助)
 〇「住民に不安を与える訓練を陸地上空で実施しないよう米側に申し入れを行う。住民が不安に覚えるような訓練は決して適当ではない」

 と強調した。決して適当ではない?・・・小野寺五典氏は、何処の国の人間なのだろう。誰を守る防衛相なのだろうか。

 今月11日に山口県岩国基地所属の米海兵隊の戦闘攻撃機(FA-18スーパーホーネット)が”広島県北部の空域”で火炎弾「フレア」訓練を行った問題。そのニュース映像を見て、私はのけぞった。

 ここは以前から米軍機の低空飛行訓練が行われていた地域で、地域住民がその無法者ともいえる訓練飛行をビデオ映像に記録し続けている。FA-18のジェット排気音は耳をつんざくような騒音で沖縄同様、地域住民は「いつ、墜落するか」と不安に暮らしていた。そして、あのMV-22オスプレイの訓練飛行コースになるとも言われている。

 その場所で飛行に飽き足らず、フレア弾を、しかも低空で発射するなんて!その危険性が防衛省のトップには全く分かっていない。フレア弾は、

 1)発火・燃焼しても燃えカスが残る。不発弾だった場合、地上の国民に当たる危険性がある。
 2)低空で発射して燃え残りが落下した場合、森林火災にならないのか。

 そういう危険性に鈍感な防衛大臣、具体的な危険性を具申しない防衛省幹部。要するに「お国のため、アメリカさんがガンバッテいるのだから、細かいことを言うな。ガマンしろ」という考えだろう。「北朝鮮の危険が迫っている」は免罪符にならない。

 ”治外法権でない”日本の領土でオスプレイや軍用ヘリが墜落したら、「日本の専門家が確認するまで飛行は許さない」と、ルールを守らない市街地の飛行を繰り返したら、「平時の国民を守るため、飛行停止を要求する」と、なぜ言えないのか。

 この国は政治家と自衛隊トップがバカだから、自衛隊員の皆さんが白い目で見られる。”自衛”の武力として認めてもらえない。その存在を正式に認めたら(憲法に明記したら)、危なくて仕方ない。

 安倍晋三以下、政府は何処を向いて政治をしているのか。日米地位協定や日米安保にあぐらをかいて事なかれを決め込み、及び腰やへっぴり腰の政治家こそ国賊であり、その存在こそ国難である。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より



「護憲+」: 平和で豊饒な日本、市民平等を取り戻そう! 10/17 (蔵龍隠士)
 〇平和で豊饒な日本、かつて世界NO.1の日本と誇った日本を壊して来た、更に壊そうとしているのは、誰なのか?
 
 それは、『豊かで平和な日本』を守るとカタリ、善良な市民を騙そうとする、が、実は好戦的な安倍政権、乃至自民党政権ではなかったか。勿論、是と組む金融資本、財界、経営者団体等もあったろう。
 
 1985年(昭和60年)以前、日本には、労働基本法(6条)により、ピンハネ、中間搾取は厳禁で、非正規雇用はほぼいなかった。現在巷に溢れる労働者派遣業(者)もなかった。 バイトはあったにせよ。現在の年収200万円のワーキングプア(グループ)は存在し得なかったし、いなかったのである。労働者は、共に等しく週休2日制を、年末と夏の賞与・ボーナスを正社員として享受し、将来に亘り続くと信じて疑わなかった。日本の平和が続くと同じように。

 そこに転機が訪れた。当時労働組合は権力的に痛めつけられて、沈滞していたかも。1985年、労働基本法6条を改悪し、労働者派遣法を成立させたのは、中曽根政権らしい。非正規雇用を飛躍的に増大させたのは、安倍政権、小泉政権下の事であろうか。
 
 中曽根内閣と言えば、いろいろな重大事をしでかした政権であった。その蔭で、或いは、勢いで、この非正規雇用を制度化したのだったのかもしれない。
 
 最も重大な出来事は、官公労、国鉄労働組合、闘う動力車労働組合潰し、別言すれば、国鉄の分割民営化だったろうか。分断支配されて、力、団結を失い、官公労はなくなった。今では労働組合の全国組織の右代表は同盟となっているが。
 
 これを容認した世論、乗客たちの存在も忘れてはならぬ。ストライキを迷惑だとしたのであった。迷惑があるとしても、市民、労働者の権利でもあったのだが、そういう理解は、大きくならなかった。

 さて、ここで言いたいのは、今の労働環境、格差社会、不安定・非正規雇用・低賃金・低待遇、結婚が出来ない、子も産めない、今がいいか、かつてのストライキがあって、迷惑があっても、差別のない、中間搾取のない、皆が等しく、明日の身分の安泰(正社員、週休二日制…)を固く信じる日々が良いか、ということである。

 これ、後者を成し遂げるためには、衆院選で政権交代を成し遂げ、参院選でも勝利しなければならない。が、しかし、これを成し遂げれば、非正規雇用(労働基準法を原状回復、中間搾取の禁止!)廃止等、法律を成立させればよい。自公の与党がやっていること、その逆をやれば、なんでもできるのである。勿論、説明責任も、情報公開も伴うが、国民主権下では当然の手続きである。国民が権力の源泉であり、主権者、或いは、最高権力者なのだから。一人で、単独でではないが。

 現状が堪らないのであれば、そういう真っ当な手続きがある。それは眼前にある、期日前投票、次の日曜日の選挙、投票である。若者始め、差別や選別、格差に悩まされる者は、本当の野党、与党の対抗勢力に、主権者を尊重する政党に、清き一票を投ずべきなのである。是非、今から参加、行動を。
 
 堪らない現状、それは、平和か戦争かの課題、原発再稼働かもしれないし、モリカケ疑惑・隠し、政治家の腐敗・堕落、貧困・格差の問題かもしれぬ。とりどりでも、次々とでもよい、市民、主権者は、その要求を実現していけばよいのである。

 ☆ご参考
 ・主要税目の税収(一般会計分)の推移
  ★法人税減税???
 ・公定価格:公定価格(こうていかかく)とは - コトバンク
  ★政府は、選別して、介護、保育に対し、低賃金、低待遇を押し付けている⁉

 ・企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表 朝日新聞 9/1
  ★いつまでも、金融資本、輸出産業、自動車産業優遇で良いのか? 内需産業を振興すべきでは!

 ・戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース 2017/09/07

 ・「非正規雇用」の現状と課題 【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】

 ・統計局ホームページ/統計Today No.97 - 総務省統計局
 〇1990年以降の我が国の雇用状況における特徴的な動きの一つは、非正規の職員・従業員(以下「非正規雇用者」という。)数の増加です。1990年に881万人だった非正規雇用者数は2014年に1962万人と2倍以上になりました。

 ・労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律  (昭和六十年(1985年)法律第八十八号)
  ★総理は、中曽根康弘か、ワルヤノー、吾。ピンハネ、中間搾取を合法化!

 「護憲+コラム」より


 今日のトピックス Blog10/16: 米韓合同軍事演習が始まる 威嚇・挑発⁉ ロシアの国際会議 韓国スピーチ前に北朝鮮退出 米朝対話以外、眼中に⁉ “北朝鮮問題を緊急議題に”の日本提案不採択 善隣友好大原則に立ち返れ


「護憲+」: 拉致問題解決、トランプ米大統領よりプーチン露大統領との面会が有効では 10/16 (厚顔)
 〇先日安倍首相は新潟県新発田市での演説で、11月に来日予定のトランプ米大統領と拉致被害者家族の横田夫妻との面会を調整中であると明らかにした。

 NHK: 安倍首相 トランプ大統領が横田夫妻と面会で調整、10月12日
 
 「安倍総理大臣は新潟県新発田市で演説し、アメリカのトランプ大統領が来月、日本を訪れた際に、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの両親の、滋さん、早紀江さん夫妻など、拉致被害者の家族らと面会する方向で調整していることを明らかにしました。」

 面会が事実であれば、拉致被害者家族の求めている「被害者の帰還」にどれほど効果があるのであろうか。現在米国と北朝鮮は敵対国関係にあり、トランプ大統領と金正恩は個人的にも互いに罵り合っている関係である。

 かつて横田早紀江さんはホワイトハウスでブッシュ大統領にも面会して、拉致被害者の帰還を要請しているが効果はなかった。当時ブッシュ大統領は演説で北朝鮮を悪の枢軸と呼んだが、大統領と北朝鮮との緊張関係を比較すれば、今のトランプ大統領より遙かにましであった。今はいつ戦争が勃発しても不思議ではない状態と言えよう。

 このような状態の中で横田夫妻をトランプ大統領に面会させて、拉致被害者が無事帰還できる見込みがあるのであろうか。逆にトランプ大統領に政治的に利用されて、ツイッターでの北朝鮮口撃の口実にされかねないのではあるまいか。

 仮に今、外国の要人に拉致被害者の家族を面会させて、被害者の帰還を要望するのであれば、むしろ先般安倍首相が地元山口県に招待したプーチンロシア大統領の方がベターで効果的だったであろう。なぜならロシアの方が米国より北朝鮮との関係は強く、交渉ルートも太いと観るからである。

 今回のトランプ大統領と拉致被害家族の面会は、米朝が完全な敵対関係にあり何かチグハグで、安倍内閣が拉致被害者のために動いているという、あまり実効性の期待できない、単なる政治的パフォーマンスにしか見えないのである。

 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


イシャジャの呟き: ヨイトマケ・・・      誕生日の花  ヒヨドリバナ  花言葉  清楚 10/16
 〇ラジオ深夜便から

 東京では、北日本よりも気温が下がったらしい。当地は 朝から晴れていたので、寒さも感じなかったので、
垣根の剪定をする。高枝バサミが届く範囲で処理をする。残りは 来春にと思うが、命あってのことだから、


 NHKTVのごごナマには、美輪明宏さんが 出ていた、人生論 聞き入った。衆院選最後の月曜日、候補者にも聞かせたいと思った。ヨイトマケ エンコラショ・・・



 カテゴリなしの他の記事
  衆院選


 今日のトピックス Blog10/15: 主権者による、全うな政治回復を!衆議院155議席から 台風発生も⁉ 安倍政治審判が争点 ウソ偽り騙しの政治、モリカケ疑惑・隠し… 北朝鮮の脅威??? 日本を護るを騙り、戦争⁉の安倍コベ


イシャジャの呟き: 衆院選 最後の日曜日    誕生日の花  シオン 花言葉 追憶 遠くの人を思う 10/15
 〇シオン  ( 紫苑 ) 

 シオンが増え過ぎて 去年 根を掘り起こし 根絶を図ったが、取り残しが 2~3本 咲いています。今年は、入院騒ぎもあって 雑草を抜かなかったので シオンは生き延びたようだ。でも、野菊の系統なので、消える寸前の食用菊(モッテノホカ)に比し 、野生の強さを感じる。

 衆院選 最後の日曜だが、候補者の声が聞こえてこない。二重サッシの窓を閉めているので、やって来ても、騒音は聞こえて来ない。政見放送もまだ 始まらないようだ。期日前投票もあるので NHKはじめ放送界は 政見放送を急ぐべきだと思うが、整合性が取れていない。

 今日は 日曜討論~ のど自慢 ~ ノーザンハピネスのバスケットボールを見て、粗末なブログを更新して、予定は終りです。


 カテゴリなしの他の記事



今日の「○」と「×」: 「×」 このまま自公を勝たせてしまっていいのか? 10/15
 〇「×」 パソコンの不調でブログが書けませんでしたが、やっと直ったので久々の更新です。

 衆院選の投票まであと一週間。

 マスコミの分析では自公優勢との分析だが、これというのもすべて前原の希望合流が招いた惨状だ。

 わが選挙区でも元々自民が有利だった所に、民進候補が早々と希望からの立候補を決め、共産が独自候補を立てたため、もう完全に自民が圧勝だろう。

 希望の選挙カーには小池百合子の顔写真がデカデカと貼ってあって、気持ち悪くて目を背けたくなる。

 立憲民主が出来たのがせめてもの救いだが、自公に対抗するには心許ない。

 選挙後の改憲発議と国民投票に備えて、今から対策を立てておかなければならないかもしれない。


 菅野完氏のツイッターが凍結されてしまって腹が立つが、町山智浩氏のツイッターも面白いので楽しく読んでいる

 東浩紀という批評家が、棄権を勧めているらしい。犯罪的にバカである。


 今日のトピックス Blog10/14: 日本を護るが、どうしてこうなる???麻生氏「有事の際、北の難民射殺…」 まっとうな政治を‼‼ 北朝鮮との会談に前向き韓国議員団 米太平洋軍幹部「北朝鮮の核・ミサイル開発は戦略的」等
  ★安倍一味、「侮り、驕り、ヘイト」を証明…情けない!外道



「護憲+」: 立憲民主党・東京大作戦1014(新宿) 10/14 (笹井明子)
 〇立憲民主党が「東京大作戦1014」と銘打って、吉祥寺、新宿、池袋の街宣への参加をツイッターで呼びかけていたので、新宿東南口広場に行ってみました。

 開始予定時間の午後2時25分前に広場は既にぎっしりの人!広場に通じる階段も、広場を見下ろす道路の歩道側も大勢の人人人で埋まっています。


 最初は長妻さんのスピーチで、「立憲主義」「民主主義」の大切さを訴えると共に、今回も森友・加計問題にも言及し、佐川氏の国税庁長官任命は許されないと強調していました。


 続いて、演壇に立った海江田さんは、経済産業大臣の経験から、アベノミクスを批判。誰もが安心して暮せる社会の構築からしか本当の経済再生はないという立憲民主党の考え方を訴えました。


 その後、一水会の鈴木邦男さんと、漫画家の小林よしのりさんという異色のゲストがスピーチ。鈴木氏はアメリカべったりの安倍自民党は本当の保守ではないと酷評し、小林氏は小池・希望の党は安倍政権を終らせるのではなく、リベラル勢力を終らせるために出てきたと痛烈に批判。どうやらネガティヴな発言ではなくプラス志向、将来志向の発言をする方針らしい立憲民主党に成り代わって、ガス抜きの役割を買って出たような趣でした。


 最後は枝野さんのスピーチ。「党立ち上げを発表したのが10月2日。それから10日ほどでここまで来ました」と大勢の聴衆を前にして感慨深げな第一声でしたが、本当によくここまで漕ぎ着けたと、私もそのパワーに正直驚嘆の思いです。

 枝野さんは、立憲民主党の理念を話した後に、「本当ならこの候補に一票を、比例代表に一票を、と言うところかもしれませんが、私はそうは言いません。まっとうな政治を作るために、一緒に頑張りましょう!」との言葉で締めて、それに呼応するように聴衆から「エダノ エダノ」のコールと拍手が湧き起こりしばらく止まない状態になりました。

 私たちの気持ちが真っ直ぐに政治に届こうとしているという初めての感覚に、私自身、感無量の思いがこみ上げる街宣風景でした。

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より











ex.You Tube: 美しき五月のパリ 加藤登紀子 オリジナル歌唱
You Tube: 加藤登紀子「今こそ立ち上がろう」11/29辺野古ゲート前


   「九条の会」メールマガジン (第265号)
☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2017年10月10日 第265号 ☆☆☆  憲法9条、未来をひらく
憲法9条、未来をひらく <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第265号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇九条の会は10月5日、下記の声明を発表しました
◇九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション実
行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共に
運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさんも
各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇宮前九条の会(神奈川県川崎市)、◇富士見町九条の会(東京都東村山市)、◇
横浜国立大学九条の会(神奈川県横浜市)、◇守ろう9条 紀の川 市民の会(和
歌山県和歌山市)、◇あいち九条の会(愛知県)、◇九条の会・わかやま等25団
体(和歌山県和歌山市他)、◇千住九条の会(東京都足立区)、◇九条かながわの
会(神奈川県)、◇鎌倉・九条の会(神奈川県鎌倉市)
■編集後記~総選挙です。全力をあげて9条改憲を許さない審判を!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 九条の会は10月5日、下記の声明を発表しました
 <詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 九条の会はこの度結成されました「安倍9条改憲NO!全国市民アクション
実行委員会」に参加して、安倍9条改憲NO!の3000万人署名運動などを共
に運動を進めることにいたしました。つきましては、全国の九条の会のみなさん
も各地でこうした方向で協力して頂けますよう、訴えます。
<詳細はこちらをクリックしてください> 
 
● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
 <詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
 <詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆     全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。            (編集部)
 
● 宮前九条の会(神奈川県川崎市)
 
学習会:どうなる憲法 戦争放棄の憲法9条に自衛隊を加えたらどうなる?
日時:10月15日(日)午後2時~4時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 富士見町九条の会(東京都東村山市)
 
戦争について考えるビデオ上映。その後、解説と討論。
日時:10月22日(日)午後1時~3時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 横浜国立大学九条の会(神奈川県横浜市)
 
第四回研究会「憲法九条の今後」
日時:10月30日(月)17時30分開場、18時開始
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 守ろう9条 紀の川 市民の会(和歌山県 和歌山市)
 
第14回「憲法フェスタ」
日時:11月3日(金・祝)10:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● あいち九条の会(愛知県)
 
2017年憲法公布71周年 愛知県民のつどい
日時:11月4日(土)13:00開演
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会・わかやま等25団体(和歌山県 和歌山市他)
 
「9条の会共同講演会」
日時:11月4日(土)14:30~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 千住九条の会(東京都足立区)
 
憲法九条を私たちの手で守り生かそう!ピースアクションin北千住
日時:11月5日(日) 13時~
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条かながわの会(神奈川県)
 
9条かながわ大集会2017in横浜「アベ改憲発議を許すな!」 
日時:11月11日(土)14:00~16:30
<詳細はこちらをクリックしてください>
 
● 鎌倉・九条の会(神奈川県鎌倉市)
世界平和アピール七人委員会 in鎌倉
    ~壊してはいけない日本国憲法~今こそ凝視、この国の行方
日時:11月16日(木)午後2時?6時(開場 一時半)
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 総選挙です。全力をあげて9条改憲を許さない審判を!
 
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.



今週の一言: 2017年新年にあたって 2017/1/1 伊藤真(法学館憲法研究所所長) ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
法学館憲法研究所: 今週の一言 バックナンバー
 ☆ 【最新】生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間 小久保哲郎さん(弁護士) (2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告 盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター) (2017年9月11日)
 ◆ つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう 森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長) (2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法 松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者) (2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~ 鴨志田 祐美さん(弁護士) (2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス 布施祐仁さん(ジャーナリスト) (2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点 楾 大樹さん(弁護士) (2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」 楾 大樹さん(弁護士) (2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授) (2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』 シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う  リラン・バクレーさん(映画監督) (2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想) 山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行) (2017年7月10日)  
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで 佐々木仁さん(公立小学校教諭) (2017年7月3日) 
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条 藤岡 惇さん(立命館大学特任教授) (2017年6月26日) 
 ◆ エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望 映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて  飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長) (2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」 足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授) (2017年6月12日) 
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」 ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授) (2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました 実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長) (2017年5月29日)
 ◆声をあげよう! 辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共) (2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓 村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長) (2017年5月15日)
 ◆ 児童虐待の現状と課題を踏まえて 津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長) (2017年5月8日)
 ◆ 憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて 藤井正希さん(群馬大学准教授) (2017年5月1日)
 ◆ 医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して 岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表) (2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」 日野秀逸さん (東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人) (2017年4月17日) 
 ◆ 憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長) (2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』 久保田 貢さん(愛知県立大学教員) (2017年4月3日) 
 以下、割愛


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後
















【社説】老朽原発の廃炉 採算考え新しい流れに 【京都新聞】2017.10.20


河北新報・社説: 衆院選に問う 福島原発事故/汚染水東電任せでいいのか 10/20


【社説】大飯原発廃炉 「40年原則」当然の流れに 【信濃毎日新聞】2017.10.19


【社説】[原発政策] 正面から論議深めたい 【南日本新聞】2017.10.18


【社説】地域と原発 住民の不安に応えてこそ 【西日本新聞】2017.10.18


【社説】【2017衆院選 エネルギー政策】原発の行方を決定付ける 【高知新聞】2017.10.18


【社説】原発政策 現実的な道筋示し論じよ 【山陽新聞】2017.10.18


大飯原発1、2号機の廃炉検討 関電、再稼働の採算合わず 【東京新聞】2017.10.17


【社説】原発政策 具体的な展望示し活発な論戦を 【愛媛新聞】2017.10.14


神鋼改ざん 福島第2にも納入: 神鋼の不正製品、福島第二原発にも納入 交換前で未使用 10/13


【社説】日本の岐路 エネルギー政策 原発依存からの出口は 【毎日新聞】2017.10.13


原発、復興語らぬ候補者 福島・いわきルポ 【東京新聞】2017.10.12


核燃料再処理工場は保安規定に違反 本格運転への審査中断 【NHK】2017.10.11

原発事故訴訟 一部に「平穏に生活する権利」侵害を認定 【毎日新聞】2017.10.10


原発事故巡る集団訴訟、国と東電に賠償命令 福島地裁 【朝日新聞】2017.10.10


原発訴訟で国と東電に賠償命令 福島地裁 【東京新聞】2017.10.10


原発事故、国の責任再び 指針超え5億円賠償命令 東京新聞 10/10


原発事故避難者「大きな前進」 国・東電に賠償命令  日経新聞 10/10


千葉・原発避難訴訟  「ふるさと喪失」初認定 賠償上積み 毎日新聞 9/22


【社説】柏崎刈羽原発「合格」 審査に疑問、廃炉の道を 【琉球新報】2017.10.09


【社説】東電柏崎原発「合格」 結論ありきの拙速さ容認し難い 【愛媛新聞】2017.10.07


柏崎刈羽 「適合」を了承 規制委 地元同意見通しなく 【東京新聞】2017.10.04


徳島新聞・社説: 10月4日付  柏崎刈羽原発   「合格」ありきの審査では  


【社説】[原発避難者訴訟] 国の責任追及すべきだ 【南日本新聞】2017.09.24


【社説】原発避難千葉判決 予見可能性は認めたが 【徳島新聞】2017.09.23


【社説】原発避難判決/予見できたのに免責とは 【神戸新聞】2017.09.23

千葉・原発避難訴訟 東電に賠償命じる 国の責任は認めず 毎日新聞 9/22

原発事故、国・東電に過失 前橋地裁 避難者への賠償命令 東京新聞 2017年3月18日
 ☆判決骨子
 〇国と東京電力は巨大津波を予見でき、原発事故を防げた
 〇国と東電は原告62人に3855万円を支払え
 〇国は東電に対する規制権限を行使せず違法
 〇東電は安全性よりも経済的合理性を優先させるなど、非難に値する事実がある



【社説】【核ごみ地図公表】国民の理解には程遠い 【高知新聞】2017.07.30


国保滞納で受診遅れ 東北6人死亡 【河北新報】2017.05.01 


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹
 ○9月27日、憲法研究者の有志で、「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」(https://goo.gl/GPcNkN)(以下、緊急声明)を発表しました。10月6日現在で、95名の賛同者を得ています。この声明発表にかかわったひとりとして、緊急声明の概要を紹介し、また若干の補足をします。
 わたしたちは、今回の解散・総選挙にいたる手順が、議会制民主主義の趣旨にそぐわないこと、今後の総選挙とその結果が憲法と立憲主義を危機にさらすおそれのあること、主権者がこの総選挙の意味を十分に認識し、メディアが公正な立場から報道することが必要性であることを、声明のなかでうったえました。
1、 解散・総選挙にいたる手続は、憲法がさだめた議会制民主主義に、幾重にもわたって反するものでした。
 まず、政府は、野党から出された臨時国会の召集を、必要な合理的期間をこえて、三ヶ月以上も放置してきました。このことは、国会の少数派に臨時国会の開催要求権を認めた憲法53条に反する行為です。
 次に政府は、臨時国会冒頭に、衆議院を解散しました。これは(かりに、内閣が衆議院の解散の決定権を有するという7条解散説にたったとしても)、解散権のあきらかな濫用にあたります。
 しかも臨時国会召集決定の拒否と解散が、どれも、森友学園・加計学園事件(国有財産の私物化)、共謀罪法案の強行採決(国民の多様な意見に耳を傾けてすすめられるべきである議会制の軽視)、稲田防衛大臣(当時)らの任命責任(内閣が連帯して国会に責任を負う議院内閣制の軽視)といった、きわめて重要な(そして憲法ともかかわる)問題の幕引きをはかったものでした。この点も、看過するわけにはいきません。
 緊急声明を発表した翌日に、改案・総選挙の実施は既成事実となってしまいました。
 しかしわたしは、このような議会制民主主義の破壊行為について、しつこいほどに批判を続け、またそのことをひろく主権者に知らせることが、憲法研究者に求められる役割だとかんがえています。
2、「大義なき解散」という批判にたいして、自民党は、泥縄式に「大義」をでっちあげようとしています。しかしこれは、憲法破壊につながります。
 自民党は、選挙公約に「改憲」を入れました。
 しかし「どこをどう変えるか」という具体的な内容を明記しないまま、漠然と選挙公約の項目に改憲を入れることは、ほんらい慎重な判断を必要とする改憲議論のすすめ方として、異常なものです。衆議院議員選挙とだきあわせにすることによって、国民の「承認」をかすめ取ろうとしているのであるとすれば、その「党利党略」さは許されるものではありません。
 
 首相は、憲法に自衛隊を明記する「加憲」論をとなえています。「加憲」という名をまとうことで本質を隠そうとしていますが、これはまごうことなく九条改憲であり、日本を戦争をできる国に近づけるためのものであると、わたしはかんがえます。
 自民党の公約の概要すら不明な段階での声明だったことから、この問題は緊急声明のなかで詳細にとりあげることはできませんでした。今後はこの点も、いろいろな場で明らかにしてしていきたいとおもいます。
3、マスメディアには、今度の選挙にあたって、自由闊達で国民的な論議を喚起する報道姿勢を堅持することを期待しました。またわたしたち憲法研究者の役割を再確認しました。
 今回の総選挙においてもっとも重要な課題は、強権的な政治手法と議会制民主主義を軽視する政治にストップをかけること、特定秘密保護法・安保法(戦争法)・共謀罪法を廃止し、立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻し、国民のための憲法政治を実現していく道を切り開いていくことでしょう。
 憲法は、図らずも、5年近くにわたって安倍政権が行ってきた諸施策に国民の審判が下す機会が与えられました。主権者としての見識と力量を発揮するチャンスが到来しました。
 ここで最後に、緊急声明の最終パラグラフそのまま再掲します。
「憲法を擁護するため、わたしたち国民に、「不断の努力」(憲法12条)、「自由獲得の努力」(憲法97条)が、いまほど強く求められたことはない。しかしその「努力」は必ずや実を結ぶであろう。そのことは歴史的事実であり、また私たちはそのことを信じている。」



イベント情報 イベント情報一覧へ 11/26 南スーダン日報問題     隠された真実―防衛省・自衛隊のこれからー 9/19
 〇南スーダンでの自衛隊の活動がまとめられた「日報」の隠蔽問題は、当時の防衛大臣をはじめとして、陸上幕僚長・防衛事務次官などの幹部が次々と処分されましたが、この問題は決して終わったわけではありません。
 日報の情報開示を行い、情報管理体制にメスを入れたことで一躍有名になった、ジャーナリストの布施祐仁さんをお呼びしました。今回明らかになった防衛省・自衛隊の組織的な情報隠蔽をはじめ、南スーダンでは何が起こっていたのかをお話いただきます。
【講師】 布施祐仁(ジャーナリスト)
    講師プロフィール
     1976年、東京都生まれ。北海道大学経済学部卒。平和新聞編集長。
     平和・安全保障問題を中心に取材。著書に「経済的徴兵制」「ルポイチエフ」「日米密約」など。
【日時】2017年11月26日(日) 13:45~16:00
【場所】練馬区石神井庁舎5階 第2・3会議室
    西武池袋線 石神井公園駅西口 徒歩2分


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: わが闘病の旅はつづく ・ブログ連歌(496) 10/24
 〇6週間、42日ごとにめぐってくる東京警察病院での診察日でした。「結核ではないけれど結核菌と戦わなければいけない」闘病がつづいています。毎日飲む3種類2錠ずつの薬は、体の方が慣れたのか、ほとんど副作用を感じなくなりました。体重も50キロの線まで回復しています。血液検査のデータを見ながら担当医の所見は、「肺の炎症は落ち着いています。栄養状態も良くなっていますね」でした。ただし薬はずっと続けなければならない。少なくとも2年間。5年ぐらい続けるのはふつうですよ、ということでした。
 自分が病人なのかどうかわからない、あいまいな状況が、これからも続きそうです。処方された薬は前回と同じで、42日分の「エンシュア」という栄養剤が加えられています。これが1本250ミリリットル入り、375キロカロリーの缶で、けっこう重いのです。例の通り、家から台車を持ってきて運びました。とはいうものの、病院も門前の薬局も、私の家からは、どの店に行くよりも近くにあるのです。なにしろ「角から3軒目」なのですから。
 ところで、薬というのは、どこの医師でも余裕をもって処方してくれるものです。たとえば「次は来月」というとき、予約は4週間先でも、薬は30日分の処方になっていたりします。ですから「飲み残し」が多少は出るものです。ですがこの栄養剤の飲み残しだけは、家人に大歓迎されます。ほどよい甘い味付けで、飲んで美味だからです。しかも飽きさせないように、バニラ、バナナ、黒糖、メロンといった味が用意されていて、薬局で頼むと適宜に混ぜてくれるのです。
 病院通いと薬という、暗くなりそうな話題の中で、ふしぎな「栄養剤」に出会いました。家人のために、少しでも楽しい記憶として残ってくれるのを願っています。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 講演会「日本の政治はどこへ向かうか?」 1:51 - 2017年10月24日


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転? 1:39 - 2017年10月24日


杉原こうじ(NAJAT・緑の党)‏  @kojiskojis フォロー中 @kojiskojisさんをフォローしています その他 10月23日、報ステで枝野立憲民主党代表 「3分の2の勢力と向かい合おうとしたのが間違い。国民と向き合う。それぞれのテーマごとにどういう考えを持っていらっしゃるか聞く」 「野党再編するつもりはない。立憲民主党が大きくなっていくことを考える。永田町の内側の権力ゲームには参加しない」 6:52 - 2017年10月23日 907件のリツイート 1,272件のいいね


高遠菜穂子‏  @NahokoTakato フォロー中 @NahokoTakatoさんをフォローしています その他 希望の党の会見場に行ったら、「徹底した情報公開」をしてもらえなかった話 https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/kibounotou-inpei-zero?utm_term=.dhgLXD2geE … @amanojerkより 17:21 - 2017年10月23日 17件のリツイート 11件のいいね


SADL‏  @SADL_OSAKA フォロー中 @SADL_OSAKAさんをフォローしています その他 維新退潮、都構想に波紋 地元大阪で議席減:日本経済新聞 17:41 - 2017年10月23日 18件のリツイート 5件のいいね


志葉玲‏ 認証済みアカウント   @reishiva フォロー中 @reishivaさんをフォローしています その他 いや、あなたが女性だから衆院選で負けたのではなく、あなたが傲慢だったから、負けたんでしょ。これ、世の女性たちは怒った方がいいと思う。 小池代表「鉄の天井知った」 仏でケネディ前大使と対談:朝日新聞デジタル 17:59 - 2017年10月23日 76件のリツイート 71件のいいね
  ★選別、排除の小池⁉ &代官本位? 国民主権と両立するか!


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 衆議院選挙が終わりました。改憲勢力が多数を占める中、多くの人たちと力を合わせて、憲法9条改悪阻止をしなければならないと気を引き締めています。選挙期間中街角で聞いたたくさんの声をしっかり受け止めて、国政に活かしていきます。 18:07 - 2017年10月23日 484件のリツイート 912件のいいね 74件の返信 484件のリツイート 912 いいね 返信 74 リツイート 484 いいね 912


鳩山由紀夫‏ 認証済みアカウント   @hatoyamayukio フォロー中 @hatoyamayukioさんをフォローしています その他 昨日のUIチャンネルで高野孟さんが明らかにしたことだが、安倍首相はモリカケ問題を逃げるために、実質来年の1月まで国会を開かないでいるつもりのようだ。特別国会は首班指名だけで閉じようとしていて、臨時国会も開かないのではないかと。7ヶ月も国会を休むとは税金ドロボウではないか。 18:53 - 2017年10月23日 3,278件のリツイート 2,595件のいいね 167件の返信 3,278件のリツイート 2,595 いいね 返信 167 リツイート 3,278 いいね 2,595


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 枝野代表、立憲民主党議員総会で「権力ゲームにはコミットしない」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00000113-sph-soci … @YahooNewsTopics 23:57 - 2017年10月23日 929件のリツイート 2,402件のいいね


鈴木 耕‏  @kou_1970 フォロー中 @kou_1970さんをフォローしています その他 安倍首相、もう今から野党第一党を「排除」するつもりであることを表明した。ほんとうに小狡い男だなあ…。→「改憲論議、首相が意欲 合意形成「立憲抜き」示唆 衆院選:朝日新聞デジタル 18:24 - 2017年10月23日 338件のリツイート 134件のいいね


孫崎享のつぶやき: 野党共闘実現なら、自民党の獲得議席は284ではなくて、221議席の推定。野党共闘壊した「前原氏の裏切り」が如何に大きい意味を持つか。衆議院選後、どう推移するか。民意、安倍首相不支持が底流に。 10/24


藤原直哉‏  @naoyafujiwara フォロー中 @naoyafujiwaraさんをフォローしています その他 立憲国対委員長に辻元清美氏 政権への対決姿勢、鮮明に 5:25 - 2017年10月24日 23件のリツイート 28件のいいね


海渡雄一‏  @kidkaido フォロー中 @kidkaidoさんをフォローしています その他 菅官房長官を恐れさせた望月衣塑子さんの新著「新聞記者」公刊。 「私にできるのは質問し続けること」 記者クラブの総意としての「圧力」の中で、突然の腹痛を起こしたことも。その中で、東京新聞の幹部は「大丈夫だがんばれと言ってくれた」と。ジャーナリストはかくあるべし。心から応援します。 4:05 - 2017年10月24日 147件のリツイート 130件のいいね


Kazuko Ito 伊藤和子‏  @KazukoIto_Law フォロー中 @KazukoIto_Lawさんをフォローしています その他 詩織さんすごい。私は心底驚いた。 こんなしっかりした優秀な女性が日本にいたということに。 【中継録画】暴行被害訴えた伊藤詩織さんが外国特派員協会で会見 | THE PAGE https://thepage.jp/detail/20171023-00000019-wordleaf … @thepage_jpより 5:41 - 2017年10月24日 120件のリツイート 91件のいいね


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 加藤浩次、立憲・枝野代表の「福耳」触らせてもらい「柔らか~い」 : スポーツ報知 「加藤は枝野代表が登場して本格的な議論に入る前に『最近、言われているじゃないですか。枝野さんの耳たぶに触ると幸運になると』と質問。」 4:42 - 2017年10月24日 275件のリツイート 968件のいいね


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 【#選挙を終えて】先ほど、当選した候補者が一同に揃い両院総会を行いました。立憲民主党が15議席から55議席へと躍進できたのは地道に応援してくださったみなさまのおかげです。一人ひとりの候補者に大勢の方からの支援があったのだと思うと涙が出てきます。本当にありがとうございました。 3:18 - 2017年10月24日 1,113件のリツイート 3,792件のいいね 104件の返信 1,113件のリツイート 3,792 いいね 返信 104 リツイート 1,113 いいね 3,792 ダイレクトメッセージ ツイート


三日月村9条の会‏  @tobatozankoudes フォロー中 @tobatozankoudesさんをフォローしています その他 創価学会婦人部を舐めるな、山口 日蓮からの仏罰に加え、平和な婦人部を怒らせたのだ 【どうなる?】元公明副委員長・二見伸明氏「公明党が比例区で5議席も負けた。創価学会の体力が相当に衰えている。右傾化路線に会員が疑問を持ち始めた」 4:37 - 2017年10月24日 33件のリツイート 20件のいいね


島田雅彦‏  @SdaMhiko フォローする @SdaMhikoをフォローします その他 圧勝したのは保守ではなく、極右です。すでにナチが政権を握っているも同然であり、リベラルは保守とも共闘しなければ、極右に対抗できない事態になっています。野党総結集で国会に臨まないと、極右に国会ジャックされます。ナチは共産党つぶしをきっかけに独裁に向かった。共産党を守れ。 19:35 - 2017年10月22日 2,503件のリツイート 2,490件のいいね


吉田ただとも‏ 認証済みアカウント   @tadatomoyoshida フォローする @tadatomoyoshidaをフォローします その他 社民党に投票していただいた皆様にお礼申し上げます。議席を増やすことはできませんでしたが、立憲民主党が野党第一党になったことは良かった。国会の内外で、志を同じくする市民と政党の共闘の輪を広げ、安倍政治の暴走阻止、憲法9条改憲阻止、安保関連法廃止の運動を強化しましょう! 23:33 - 2017年10月23日 場所: 東京 中央区 721件のリツイート 1,193件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 @yujinfuseさんをフォローしています その他 布施祐仁さんが情報・知識&オピニオン imidasをリツイートしました アメリカが数多の国と締結している地位協定の中でも日米地位協定の主権放棄ぶりは際立っています。この本ではドイツ、イタリア、韓国、フィリピン、イラク、アフガニスタンなどの地位協定と徹底比較しました。憲法改正の議論よりも、日米地位協定の改定で主権を取り戻す方が先決です。26日発売です。 布施祐仁さんが追加 0:17 情報・知識&オピニオン imidas @shueisha_imidas 『主権なき平和国家 地位協定の国際比較からみる日本の姿』 伊勢崎賢治、布施祐仁 著 集英社クリエイティブより10月26日に発売です!… 4:24 - 2017年10月24日


umekichi‏  @umekichkun フォローする @umekichkunをフォローします その他 本来、働き盛りとされる40代が世帯主の低所得世帯の割合が20年間で1.5倍に増えたことが厚生労働省のまとめで分かりました。 こういう統計は、投票日前に出してくんないかな。 「アベノミクス」の成果? 貧困家庭が増えてんだよ。 1:19 - 2017年10月24日 1,053件のリツイート 600件のいいね
  ★これも隠蔽⁉ こういう統計は、投票日前に出してくんないかな。 「アベノミクス」の成果


きづのぶお‏  @jucnag フォロー中 @jucnagさんをフォローしています その他 週刊誌報道の逆風をはねのけて、底力を見せた山尾さん。立憲民主党で活躍して欲しい (ブレるのは無しでね)。 『立憲民主党・福山幹事長 山尾志桜里氏の入党について「十分に検討に値する」』 4:48 - 2017年10月24日 39件のリツイート 41件のいいね
  ★いいんじゃないの。政治家は、働き、成果、主権者への奉仕、代弁、共鳴⁉ が、生命。


acacia‏  @freie_Herz フォローする @freie_Herzをフォローします その他 【必見】昨日の報ステの動画が上がってます。 立憲民主党・枝野代表:「特に憲法は最終的に国民投票があるので、もし強引に進めようという気配があれば国民運動を進めていきたい。最終的に国民投票で否決すれば改悪はできない」 21:39 - 2017年10月23日 337件のリツイート 298件のいいね


瀧本哲史bot‏  @ttakimoto フォローする @ttakimotoをフォローします その他 小池さんとヒラリーさんは、負けたときに言ったことが逆でしたね。ヒラリーさんは「私が負けたせいで、女性は大統領になれないと子供達に思って欲しくない」と敗戦スピーチしてましたからね。 18:11 - 2017年10月23日 1,007件のリツイート 1,273件のいいね


立憲民主くん‏  @rikken_minshu フォローする @rikken_minshuをフォローします その他 プロからも高い評価! 1:17 - 2017年10月24日


江田憲司‏ 認証済みアカウント   @edaoffice フォローする @edaofficeをフォローします その他 我々は我々で無所属議員を束ねて「中道」の道を突っ走る。その過程でいつかどこかで交差する時も来るだろう。 8:17 - 2017年10月24日 49件のリツイート 48件のいいね


本田由紀‏  @hahaguma フォロー中 @hahagumaさんをフォローしています その他 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000112953.html …「永田容疑者らは4年ほど前から在留資格のない中国人を数十人雇ってほうれん草の収穫などをさせていたとみられています。時給は750円ほどで、午前5時から午後11時まで働かせていたということです。」他にも広がっているのでは。 8:54 - 2017年10月24日 14件のリツイート 4件のいいね


孫崎 享‏  @magosaki_ukeru フォロー中 @magosaki_ukeruさんをフォローしています その他 今日の動画。毎日新聞は今秋葉原の異様な光景を動画発信しているが、問われるのは何故翌日発信できなかったかということだ。選挙に影響あるからだろうが、現実に首相の周辺、首相自らの行動関連。選挙民が知るべき事実だ。大手マスコミの限界。皆この映像報道を避けた。 3:55 - 2017年10月24日 586件のリツイート 413件のいいね


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 【#選挙を終えて】最後に一つ気になることがあります。それは今回投票に行かなかった人が大勢いたことです。政治不信の原因は私たちにもあります。政治がもっと国民に開かれたものであるように努力していきたいと思います。よかったら理由をお聞かせください。 #選挙に行かなかった理由 4:25 - 2017年10月24日 1,559件のリツイート 2,587件のいいね









志村建世のブログ: 大荒れの投票日とその結果 ・ブログ連歌(496) 10/23
 〇(熊さん)台風で大荒れの投票日だったけど、結果が出ましたね。
(ご隠居)安倍内閣の支持率が、「支持」よりも「不支持」の方が多かったのに、自公で300議席を超えてしまったな。変わり映えのしない結果だが、立憲民主党が「希望の党」を上回って第2党の大きさになったのは収穫だった。保守党の間での政権交代の可能性は、これで遠のいたと言っていいだろう。だけど、改憲勢力が国会の8割を占めるようになったという側面もあるから安心はできないな。
(熊)立憲民主は、出来たばっかりの党なのに、がんばりましたよね。
(隠)そうだね。野党の再編でごたごたしたが、ようやく立憲民主という、わかりやすい拠点ができたんだ。野党の本命が立ち上がったと言っていいだろう。ただしそのかげで、共産党が減ってしまったのは意外だった。選挙戦術としての調整を、やり過ぎたんだろうか。もっとも伝統的に、社会党が増えると共産党が減り、逆に社会党が凋落すると共産党が伸びるというという関係はあったんだよ。保守が強くなると、中道を通り越して共産党に期待する人が多くなる、という現象があるようなんだな。
(熊)その気持、わかりますよ。現実の政権交代が期待できないとなると、とりあえず強力な革新の種だけは残しておこうという、一種のバランス感覚ですよね。
(隠)おお、そうかい。なかなかいいセンスだな。じつは私も今までに2回だけ政党としての共産党に投票したことがあるんだが、今回がその2回目だった。個人票は長妻昭だが、共産党とは共闘できる部分があると思うんだな。ある人の観察によると、今の共産党は、昔の感覚で言うと「穏健なる保守党」に分類できるそうだよ。そうやって共産党も「ふつうの政党」になって行くんだろうね。そのうちに名前も変えるかな。
(熊)共産党に「立憲民主」は似合うじゃないですか。合併したらいいや。
(隠)あはは、そりゃ面白いや。今の共産党の綱領を読んでごらん。なかなかいいことが書いてあるんだよ。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 自民党圧勝の最大の要因は前原にあり 19:41 - 2017年10月22日


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 【平成「緑のタヌキ」の変 ~衆院選で起きた“民意と選挙結果とのかい離”~】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒ 1:05 - 2017年10月23日 163件のリツイート 181件のいいね


福島みずほ‏ 認証済みアカウント   @mizuhofukushima フォロー中 @mizuhofukushimaさんをフォローしています その他 九州ブロック比例で社民党1議席とれました。本当に良かったです。 1:47 - 2017年10月23日 233件のリツイート 563件のいいね
  ★1票、無駄にならなかったかな。


光頭半兵衛云々‏  @hage3826 フォローする @hage3826をフォローします その他 衆院選明け10/23の社説一覧。 http://www.geocities.jp/ktaro38/20171023.html … 安倍の大勝により、信を得たのだから政策をどんどん進めよ的な論調の読売と産経。他紙はそこに慎重を期すように促す。本当に読売、産経はゴミ! #安倍が国難 20:46 - 2017年10月22日 24件のリツイート 25件のいいね


Value Added News‏  @ValueAddedNews フォローする @ValueAddedNewsをフォローします その他 創価学会を気にしているんだろうけど、油断させる気かもしれないので注意 「今回の選挙で政治が取り組んでもらいたい優先課題では、経済や社会保障が極めて関心が高く、憲法改正そのものは順位が低かった」 公明・山口代表 10:55 - 2017年10月22日 18件のリツイート 11件のいいね


郷原信郎が斬る: 平成「緑のタヌキ」の変 ~衆院選で起きた“民意と選挙結果とのかい離”~ 10/23
 〇始まりは、隣国、自民国の城主アベが起こした突然の挙兵だった。
 自民国では、城主の「身内」や「お友達」を偏重するやり方に対して領民の批判が強く、しかも、それらの問題への対応が不誠実なものであったことから、城主への不満が高まりつつあった。いずれ、城主アベは、領民の信任を失い、城を追われるのではないかと見られていた。
 そのような自民国の状況は、対立を続けていた民進国にとっては、城主アベを打倒する千載一遇の機会であったが、内部対立に加え、家臣の離反や不祥事が表面化し、対応に追われていた最中に、城主アベが突然挙兵したのだった。
 もともと、「挙兵」には決まりがあった。領民を戦いに巻き込み、多大な負担と苦痛を負わせることになるのだから、余程の理由がなければならなかった。しかし、城主アベは、適当な口実をつけて、挙兵を宣言、近隣諸国との戦争準備を始めた。
 大混乱に陥ったのが民進国の城内だった。家臣の離反や不祥事で混乱している最中に、アベ軍が攻め込んできたのでは、城を守れない。城主マエハラも家臣たちも、頭を抱えた。
 そこに登場したのが、「私についてきなさい。城主アベを討ち取ってしんぜましょう。」などと言って現れた「緑の国の女城主」のユリコだった。自民国の出城を攻めて「黒いネズミ」を討ち取って大勝利を収めた「女城主ユリコ」の武勇伝は、瓦版などで広まっており、民進国では、城主マエハラが、「今、アベに攻められたのでは城がもたない。民進国が打ち揃って、緑の国の下に入り、ともにアベと戦おうぞ!」と家臣に呼びかけた。家臣たちは、城主マエハラから渡された軍資金を手に雪崩を打つように城を離れ、「緑の国」をめざした。アベ軍が押し寄せてきても、ユリコ率いる緑の軍が圧勝するだろうと信じて疑わなかった。
 ところが、民進国の家臣達が「緑の装束と甲冑」を与えられて戦争準備に入った頃から、城主ユリコは、不可解な行動を取り始めた。
 民進国の家臣をすべて引き取るのではなく、「考え方の合わない人は緑の国から排除します。」と言って、城を閉ざすことを明言したのである。「排除」の対象となった家臣達は、独自に「立憲民主国」を立ち上げて、自民国との戦争準備に入った。
 そして、城主ユリコは、「アベを討ち取る」と言っていたのに、そのアベを支持する浪人を召し抱え、城に引き入れたりもした。決定的だったのが、城主ユリコ自身が、出陣する気配を見せないことだった。家臣達に対して「アベを倒せ!」と叱咤激励して応援するだけだった。「ユリコ殿、そろそろご出陣を。」を促されても、「最初からそんな気はないと言っているじゃありませんか。私には、トウキョウトの領民がいます。」などとうそぶいている。さらには「緑の軍」の総大将も決めようとしない。「戦が終わってから相談します。」と言うだけだった。
 そうこうしているうちに、民進国の家臣たちの中から、「ユリコは『緑のタヌキ』だ。我々は騙されたんだ。」と言って離脱する動きが出てきた。「やはり騙された。『緑のタヌキ』に化かされて、民進国家臣の地位も失い、身ぐるみ剥がされた。」
 しかし、もう時間がなかった。アベの大軍は、すぐそこに迫っていた。
 そして、10月22日、戦いの火ぶたは切られた。立憲民主国は、「エダノ丸」を築いてアベ軍を迎え撃ち、城主エダノンを中心に奮戦し、アベ軍に各地で打撃を与えた。ユリコから「排除」された者、早く離脱した者も奮戦し、多くが生き残った。
 しかし、「緑の軍」の方はといえば、戦う前から勝負はついていた。敗北を見越した城主ユリコは、前日に国外に逃亡。ユリコの腹心ワカサは、自民軍先鋒の若武者コイズミに、一撃で討ち取られた。「緑の軍」が新たに召し抱えた武将たちは、ほぼ全滅。民進国の家臣たちの多くが、緑の甲冑をつけたまま、自民軍の格下武将に討ち取られた。
 
 以上が、今回の衆院選をめぐって起きた平成「緑のタヌキの変」の顛末である。
 この「変」は、日本の政治に、そして、日本の社会に何をもたらすことになるのか。
 直接の「被害者」は、「希望の党」に加わったがために落選の憂き目にあった民進党所属の前衆議院議員達である。しかし、「緑のタヌキ」に化かされて、公約が公表されてもいないのに「公約を遵守する」「党側が要求する金額を拠出する」などという「政策協定書」に署名したのは彼らなのであり、まさに自業自得である。しかも、途中で「化かされた」と気づく局面はいくらでもあった。
 民進党を事実上解党して、希望の党に合流することを正当化する唯一の理由は、前原氏も言っていたように「いかなる手段を使っても安倍政権を倒す」ということだったはずだ。しかし、「希望の党」は、必ずしもそのような方向で一致結束していたわけではなかった。小池氏は「安倍一強」を批判するが、「情報公開の不足」などの自分の主張に我田引水的に結びつけようとするだけで、具体的な安倍批判はほとんどなかった。
 原口一博元総務大臣が、公示の直前になって、「小池氏が出馬しないなら安倍支持」などと放言した中山成彬氏の九州比例ブロックでの扱い等に反発して、希望の党を離脱した際には、希望の党が「安倍打倒」に一枚岩になれていないことは十分に認識できたはずだ。その頃、私は、RONZAに、【希望の党は反安倍の受け皿としての「壮大な空箱」】と題する拙文を寄稿し、その中で、「原口氏の決断を重く受け止め、今回の衆議院選挙に向けての最大の目標が安倍政権打倒であることを、党の公認候補の間で改めて確認する行動を希望の党内部で起こすべきだ」と述べた。「安倍政権打倒をめざすことの確認文書への署名」を全立候補者に求めることも一つの方法であり、前原氏は、そのためにリーダーシップを発揮すべきだと述べた。
 この時、民進党前議員達が、「血判状」に署名するぐらいの気概を持って、「アベ政権打倒」と、そのためのアベ批判の論陣について認識を共有し、一致結束していれば、局面も変わっていた可能性がある。関ケ原の戦いで西軍が壊滅した後、西軍に加わっていた島津軍は、徳川本陣を敵中突破し、九死に一生を得て薩摩に生還した。希望の党に加わった民進党前議員には、逆境を乗り越えるため、安倍政権打倒のための決死の行動が必要だった。
 それとは対照的に、立憲民主党が純粋に政治信条と理念を守り抜く姿勢は、多くの国民の共感を得た。1年前にNHKの大河ドラマ「真田丸」が大人気だったのと同様に、日本人は、「逆境にあっても信念を貫き、戦い抜く姿勢」に好感を持つのである。
 このような平成「緑のタヌキの変」で恩恵を受けたのは、自民党・安倍首相のように思える。しかし、果たしてそうであろうか。今回の選挙での共同通信の出口調査では、比例代表投票先を回答した人に安倍晋三首相を信頼しているかどうかを尋ねたところ「信頼していない」が51・0%で「信頼している」の44・1%を上回ったとのことだ。それなのに、自公で3分の2を超える圧勝だ。
 森友・加計疑惑で窮地に追い込まれた末に、事実上首相に与えられている解散権を悪用して、政権維持のための「最低・最悪の解散」に打って出たことには、自民党内からも多くの批判があった。本来であれば、選挙で国民の厳しい批判を受けて当然だったのに、「緑のタヌキ」の「化かし」によって、結果的に救われただけだ。さすがに安倍首相自身も、そのことは認識しているのだろう。選挙での圧勝にもかかわらず、笑顔はなかった。
 そして、何と言っても、この「変」の最大の被害者は、国民だ。安倍政権に対する民意と選挙結果が余りに大きくかい離してしまったことは、日本の社会にとっても不幸なことだ。しかも、今回の解散総選挙を通して国民の多くが安倍首相に抱いた不信は、ほとんど不可逆的なものと言える。そのような状況で「国難」に対処することこそが「国難」と言うべきだろう。
 今後、安倍政権に対する対立軸として純化された立憲民主党を中心とする野党勢力が、森友・加計問題への対応への批判を強めていけば、選挙結果への反動もあって、内閣支持率は低下していくだろう。そのような状況でも、自民党は結束して安倍政権を支え続けるのだろうか。来年の総裁選を控え、自民党内でどのような動きが出てくるのであろうか。





志村建世のブログ: 第10回「花音」朗読会を聞いてきた ・ブログ連歌(496) 10/22
 〇入間市在住の「花てぼ」さんが参加している朗読の会の「第10回・花音(かのん)」を聞きに行ってきました。例年会場にしている「入間市文化創造アトリエ」の「アミーゴ」という施設が、なかなか風情のある建物なのです。
 今回のプログラムは、宮沢賢治「やまなし」の朗読、芥川龍之介「藪の中」の群読、森瑤子「ディオリッシモ」の朗読、それと「歌詩を読む」と題した、みんながよく知っている歌の歌詞を、朗読として読み聞かせるという、斬新な企画から成っていました。
 中でも強い感銘を受けたのが「藪の中」の群読でした。かなり昔に読んで、知っているつもりだった作品ですが、登場人物の「検非違使に問われたる木樵りの物語」「同・旅法師の物語」「同・放免の物語」「同・媼の物語」「多襄丸の自白」「清水寺に来れる女の懺悔」「巫女の口を借りたる死霊の物語」が、それぞれの人の口で語られることによって、リアルな迫力をもって立ち上がったのには、心底から驚きました。ぜひ、原作者に聞かせたいと思いました。
 この「藪の中」は、事件の関係者の語ることが、その立場によって変転することにより、結局何が真実であったかわからなくなる、人間の「心の闇」を気付かせる作品で、「藪の中」と言えば難事件の代名詞のようにも使われる名作です。その作品が、多人数の朗読によって、はじめて原作者が意図した通りの説得力を発揮したように感じたのでした。
 失礼かもしれませんが、きょう登壇した人たちが、そこまでの「深み」に達して読んだのかどうかは、別次元の問題なのです。一編の小説として書かれた「藪の中」が、舞台劇の台本でもないのに、原文のまま朗読されただけで、演劇の空間でなければ作り出せないような「人間についての無限の闇」を描き出して見せたことが驚きだったのです。
 芥川龍之介がこの「藪の中」を書いたとき、実験的な意欲があったことは、ほぼ確実でしょう。それは著者自身が明快な見通しをもっていたのではなく、人間性の不可解を予感していたことの告白のように思われます。そうでなければ、芥川は自ら死ぬことはなかった。命をかけて小説を書いた男は、永遠の「藪の中」を残して行ったのです。


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 枝野幸男と安倍晋三の演説会場に見るこの国の姿 0:39 - 2017年10月22日


想田和弘‏ 認証済みアカウント   @KazuhiroSoda フォローする @KazuhiroSodaをフォローします その他 正しい。その方針を心から支持し応援します。→立民 枝野代表「国会の中の事情で、政策や理念を揺るがしたり、誤解されるような行動を取れば、期待に反するので、政策や理念を最優先に行動したい」 | NHKニュース 7:31 - 2017年10月22日 505件のリツイート 656件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 @yujinfuseさんをフォローしています その他 枝野「違憲の安保法制を追認するような9条の改正には断固反対」 「改憲勢力が3分の2議席を占める中でどう止めていくのか?」 枝野「これも永田町の中でのゲームではなく、国民の皆さんに訴えて国民のと共に戦っていきたい」 6:50 - 2017年10月22日 793件のリツイート 846件のいいね


社民党OfficialTweet‏ 認証済みアカウント   @SDPJapan フォロー中 @SDPJapanさんをフォローしています その他 【吉田忠智党首・記者会見】「今回の選挙は、2つの争点①安倍政権継続の是非②憲法9条改正の是非、を一貫して訴えた」「必死に闘った候補者、支持していただいた皆さんに感謝する。選挙区・比例区とも期待を持って開票状況を見守りたい」(本日22時から、社民党開票センターで) #衆院選 1:317:25 - 2017年10月22日 56件のリツイート 69件のいいね


志葉玲‏ 認証済みアカウント   @reishiva フォロー中 @reishivaさんをフォローしています その他 志葉玲さんが菱山南帆子をリツイートしました 山尾さん、良かった! 志葉玲さんが追加 菱山南帆子 @nahokohishiyama 山尾しおりさん当確!!!!! やったーーー! また国会内外で頑張ろう!!! 8:10 - 2017年10月22日 53件のリツイート 91件のいいね


布施祐仁‏  @yujinfuse フォロー中 @yujinfuseさんをフォローしています その他 共産党のこの姿勢すばらしいと思います。しかし共産党の質問の機会と時間が減ってしまうのはやはり痛い。。。 共産 小池書記局長「協力した政党でスクラム組みたい」 | NHKニュース 7:18 - 2017年10月22日 565件のリツイート 553件のいいね


山口二郎‏  @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 民進・前原代表、希望への合流「いったん立ち止まる」:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASKBQ77KZKBQUTFK00Z.html … 前原はまだ民進党代表のつもりなのか。自民大勝の責任を取って即刻代表を辞任するのが政治家としての身の処し方だろう。この後前原にできることが他にあるのか。 6:38 - 2017年10月22日 513件のリツイート 429件のいいね


菱山南帆子‏  @nahokohishiyama フォロー中 @nahokohishiyamaさんをフォローしています その他 山尾しおりさん当確!!!!! やったーーー! また国会内外で頑張ろう!!!


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 @wakamono_kenpouさんをフォローしています その他 安倍首相「信頼せず」51% 出口調査で | 2017/10/22 - 共同通信 47NEWS 7:30 - 2017年10月22日



植草一秀の『知られざる真実』: 雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ自公ニモ負ケナイ 10/22



かまやん‏  @kama_yam フォローする @kama_yamをフォローします その他 これすごい絵だな。安倍さんを固めるSPらしい…。


孫崎 享‏  @magosaki_ukeru フォロー中 @magosaki_ukeruさんをフォローしています その他 孫崎 享さんがSanoe. S.Oをリツイートしました 右翼は「竹下さんへの褒め殺し以来余り表に出てこない、状況」。昨日の映像での女性への脅し発言ぶりを見れば、今回右翼が出てきたのは明確。そして主催者は彼等を前列に置く。国民は安倍政権は公然と右翼と連携始めたことを知るべきだ。 孫崎 享さんが追加 Sanoe. S.O @SanoeMahalo やつと此の期になつて日本の右翼が表に出て来ましたか、自民党は裏の世界にも繋がりが有りますが、竹下さんへの褒め殺し以来余り表に出てこない、状況でしたが、ある https://twitter.com/magosaki_ukeru/status/921736065165156352 … 17:55 - 2017年10月21日 455件のリツイート 291件のいいね


今川杉作‏  @ImagawaSugisaku フォローする @ImagawaSugisakuをフォローします その他 謎の安倍応援団の正体 垂れ幕で判明 4:18 - 2017年10月21日 2,162件のリツイート 1,163件のいいね


孫崎 享‏  @magosaki_ukeru フォロー中 @magosaki_ukeruさんをフォローしています その他 孫崎 享さんが東京新聞編集局をリツイートしました ネットで各紙の報道ぶりを見ているが、この異常な光景を写真入りで示しているのは見当たらない。首相演説という表舞台に右翼的人々が市民権を勝ち取って占拠するという光景はこれまであっただろうか。 孫崎 享さんが追加 東京新聞編集局 認証済みアカウント  @tokyonewsroom 選挙戦最終盤。街頭演説が行われている秋葉原駅の状況です。#衆院選   #選挙   #街頭演説 6:52 - 2017年10月21日 934件のリツイート 594件のいいね


田中龍作‏  @tanakaryusaku フォロー中 @tanakaryusakuさんをフォローしています その他 力で「安倍バンザイ」を唱えさせる社会が到来する予感がした・・・ 『戒厳令下のアキバ 「安倍辞めろ」を完全封鎖』 8:06 - 2017年10月21日 573件のリツイート 331件のいいね


郷原信郎‏  @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 安倍、小池に共通する問題について、大変鋭い指摘[必読!](両角敏明氏)【原発ゼロの中身見えない小池氏】 #BLOGOS 16:56 - 2017年10月21日 260件のリツイート 264件のいいね


松井計‏  @matsuikei フォローする @matsuikeiをフォローします その他 秋葉原の光景が我々に教えるのは、国際社会の用語としての極右政党が今、日本では政権を担当してるということですね。それをはっきりと可視化してくれている。 4:56 - 2017年10月21日 2,829件のリツイート 2,204件のいいね


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 【当確】 埼玉5区 枝野幸男 北海道11区 石川香織 愛知3区 近藤昭一 大阪10区 辻元清美 東京7区 長妻昭 #立憲民主党開票速報 4:35 - 2017年10月22日 2,304件のリツイート 5,844件のいいね


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 【当確】 北海道比例 #石川かおり 東北比例  #山﨑誠 東北比例 #岡本あき子 北陸信越比例 #西村ちなみ 北関東比例 #堀越啓仁 北関東比例 #大河原雅子 #立憲民主党開票速報 4:57 - 2017年10月22日 1,207件のリツイート 3,050件のいいね


立憲民主党‏ 認証済みアカウント   @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 #立憲カメラ #立憲民主党開票速報 6:34 - 2017年10月22日 416件のリツイート 1,306件のいいね


きむらゆい‏  @yuiyuiyui11 フォロー中 @yuiyuiyui11さんをフォローしています その他 #選挙ステーション 枝野事務所から バンザイはなし、これから 0:09 4:24 - 2017年10月22日


西中誠一郎‏  @nishidebu フォロー中 @nishidebuさんをフォローしています その他 沖縄3区:玉城デニー氏(無所属)が当確 衆院選2017 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/159156?utm_source=news_mail&utm_medium=mail … @theokinawatimesさんから 4:12 - 2017年10月22日 37件のリツイート 48件のいいね


若者憲法集会‏  @wakamono_kenpou フォロー中 @wakamono_kenpouさんをフォローしています その他 赤嶺政賢氏が当選 共産の小選挙区議席守る 沖縄1区(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000119-asahi-pol … @YahooNewsTopics 5:49 - 2017年10月22日 84件のリツイート 95件のいいね


きづのぶお‏  @jucnag フォロー中 @jucnagさんをフォローしています その他 #なんでこんなのが当選すんの 6:23 - 2017年10月22日 77件のリツイート 36件のいいね


キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏  @tohohodan フォロー中 @tohohodanさんをフォローしています その他 自民党幹部「希望が野党第一党なら憲法改正がやりやすかったのに」 (MBS) 5:19 - 2017年10月22日 625件のリツイート 266件のいいね


老人党「護憲+」‏  @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「サロン・ド・朔」10月26日(木)例会のお知らせ 18:02 - 2017年10月17日




きづのぶお‏  @jucnag フォローする その他 破壊措置もなにも、最高高度800キロって、完全な宇宙空間ですよ。2200キロ離れたら、襟裳岬にも関係ないです。 『北朝鮮ミサイル:落下、襟裳岬東約2200キロに修正』毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00e/010/182000c … .
  ★領空とは、上空100~120キロ迄の大気圏内、その上、大気圏外は、宇宙空間! 領空侵犯とは、関係ない。自衛権も発生せず。


☆彡
現職検事の証言で分かった裁判所の不公平 江川紹子  9/12


 国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia">国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約 - Wikipedia




杉浦 ひとみの瞳: ・安保法制違憲訴訟 全国で起こされている裁判(傍聴できます) 1/17 
 詳しくは  安保法制違憲訴訟の会




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17

衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09">衆院97選挙区を改定 区割り法成立、来月施行 【東京新聞】2017.06.09
衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19">NHK:選挙 衆議院小選挙区の区割り見直しを勧告 4/19 〇19都道府県 97選挙区について見直し求める

 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文





40代低所得世帯 20年で1.5倍: 40代“所得”300万円未満の世帯割合 20年で1.5倍に 10/24
 〇本来、働き盛りとされる40代が世帯主の低所得世帯の割合が20年間で1.5倍に増えたことが厚生労働省のまとめで分かりました。(テレビ朝日系(ANN))
 [続きを読む]
  ★リーマンショックとか、就職氷河期とかの、犠牲者なのか⁉ 政治責任、政府・経済・経営者の責任ではないか。 超低金利政策(金融資本に格別の配慮、民法上の法定金利5%をタダ同然に)も、下々は、銀行ローン・高利貸し・奨学金ローンにも喘がせてる、 非正規雇用も、格差社会も‼‼ ワーキングプアも。 人口減少社会も⁉
 貧乏人から毟り取り、富める者、銀行・大企業、輸出産業に、富を再分配する!安倍、自公政権‼‼ 経済界、経営者団体も、マダマダト強請ってる⁉ 残業代不払い、賃金ピンハネ…


メガバンクの約30倍も高い金利の銀行とは?  (更新日:2017年6月15日)

●高度経済成長期、郵便局の定期貯金は10%を超えることもあった!? 今ではとうてい信じられないことですが、1970年代の高度経済成長期、普通預金の金利はなんと3%を記録したこともありました。郵便局の定期貯金は10%を超えることもあったそうです。
 オイルショックによって、そんなウハウハな高度経済成長も終焉しますが、それでも経済成長率は5%を保持。貿易摩擦の解消を目指して1985年に締結されたプラザ合意が発端となり、今度はバブル経済期に突入します。円高不況や投機加熱に慌てた日銀が公定歩合を上げ下げしたり紆余曲折はあったものの、普通預金金利は2.08%、定期預金金利も6.08%を記録しました。

 ご承知の通り、バブル崩壊以降の金利は右肩下がり。1995年の普通預金の金利は0.1%、定期預金の金利は1.091%、さらに翌年には定期預金の金利は0.504%まで落ち込みました。


公定歩合の金利推移 | 最新版!定期預金 金利比較/口コミ人気ランキング
 〇公定歩合の金利推移
 なかなか上昇しない日本の金利。たまに「昔は金利が高い時代もあった」という話になりますが、それもどんどん過去の話になりつつあるのが実情です。ではなぜこんなに金利が低いのでしょうか?
 もちろん景気がそれだけ低迷しているというのは要因の1つです。金利は株価と同じく経済の体温のようなものですので、景気が上向けば金利が上昇し、景気が後退すれば金利も低下することになります。
 しかしそうした景気だけで今のような「超低金利」を説明できません。
 日本でこのように金利が低下しているのは日本銀行が積極的に金融緩和を行っているからですね。
 金融緩和とは金融市場に積極的にお金を流し込むことで、お金をあふれさせ、経済の資金の流れを良くすることに加え、金利を低下させる効果があります。こうした金融緩和政策により、長らく日本の金利は低下し続けてきた、というわけです。
 そうした金融緩和の推移がよく分かる代表的な金利の指標が公定歩合です。これは政策金利の1つですが、ではこの公定歩合は歴史的にどのような推移をたどっているのでしょうか?
 こちらは杉並区が2008年に作成した、1970年代からの公定歩合の金利の推移を表したグラフです。

      ☆日本の公定歩合推移(過去30年)

 89年ごろピークを迎えたバブルの崩壊以降、急速に下がっていることが分かります。特に95年には公定歩合がついに1%を切っていますね。これが超低金利時代の始まりと言えるかもしれません
 ちなみに日本経済も世界経済も2007年の冬にサブプライムショックが起こるまでは絶好調でしたから、日本の公定歩合も2007年にかけて少し上昇したことが分かります。
 しかしその後サブプライムショックに続き、2008年にリーマンショックが起こり、世界経済は100年に一度とも呼ばれる深刻な経済危機に直面しました。そうした経済環境を背景として、2008年から公定歩合は0.30%に引き下げられたまま現在に至っています。



「レイプ被害の救済システム整備を」 伊藤詩織さん会見 【朝日新聞】2017.10.24
 〇レイプ被害を訴えているジャーナリストの伊藤詩織さん(28)が手記を出版し、東京・有楽町の日本外国特派員協会で24日、会見した。伊藤さんは姓は明らかにしていなかったが、10月に手記「ブラックボックス」(文芸春秋刊)を出版したことを機に公表。英語と日本語でスピーチし、「捜査や司法のシステムの改正に加え、社会の意識を変えていくこと、レイプ被害にあった人を救済するシステムの整備が必要だ」と話した。
元TBS記者は「不起訴相当」 「性犯罪被害」で検審
「性犯罪被害」不起訴、女性が会見 国会でも議論
 伊藤さんは2015年4月、就職相談のため、元TBS記者の男性と都内で飲食した際に、意識を失い望まない性行為をされたとして、警察に告訴。準強姦(ごうかん)容疑で捜査されたが、嫌疑不十分で不起訴処分となった。今年5月に検察審査会に不服の申し立てをしたが、9月に「不起訴相当」の議決が出た。この際、男性は「一連の経過で犯罪行為を認定されたことは一度もなく、今回でこの案件は完全に終結した。一部報道などで名誉が著しく傷つけられ、法的措置も検討している」とコメントした。
 会見で伊藤さんは、警察が「よくあることで捜査するのは難しい」となかなか被害届を出させてくれなかったことなどをあげ、「警察にも検察にもたくさんのブラックボックスがあることがわかった」。「日本では7月に改正刑法が施行されたが、強制性交罪も、被害者が抵抗できないほどの暴行・脅迫を受けたと証明できないと罪に問えないことは変わらない。3年後の見直しでさらなる議論が必要だ」と述べた。
 また、今年5月に会見したことに触れ「公にしてからバッシングを受けて、前のように生活できなくなった。しかし、隠れなければならないのは被害者ではない。話すことで良い方向に変えていきたい。特定の誰かやシステムを非難するだけでは変わらない」と話した。(河原理子)
■伊藤詩織さん会見、一問一答の抜粋
Q(イタリアの放送局) アメリカでもイタリアでも世界中で、レイプは問題になっている。日本で、他の女性から、連帯の言葉や今の状況を変えようというサポートの言葉はあったか。
A(伊藤詩織さん) 日本では女性の弁護士からたくさん連絡があったが、組織・団体からはなかったと思う。イギリスの団体から連絡をもらい会いに行き、話す機会はあった。
Q(フランスの新聞) この件について日本の女性と話したとき、シンパシーがあまりないことに驚いた。女性のなかで連帯の気持ちがないことは問題と考えるか。また、国会でも議論されるべきだと思うか。
A この件について、女性からもバッシングやネガティブなコメントを受けた。この社会で生きる女性はある意味で忍耐強いものを持っており、これしかないと思ってしまっているのではないか。ジェンダー平等についてスウェーデンで取材したら、警察でも女性が30%を占めていた。日本社会では女性の地位が違う。機会があれば、違う意見を持っている女性と話して、どういう背景があるのか聞いてみたい。
 二つ目の質問については、当時の警視庁刑事部長に(取材を試みているが)答えをもらえていないし、ブラックボックスがたくさんあるので、国会でも議論してもらえればと思う。
Q(イギリス 新聞) レイプ被害を公にして社会を変えようとする強さはどこから来るのか。また、日本のジャーナリズムはアクセスジャーナリズムで、人々の苦悩や葛藤をすくいあげる力が少ないのではないかと思うが、どう考えるか。
A 私は自分のことを強いとは一切思っていない。警察に行くときから迷った。だが、自分のなかで真実にフタをしてしまったら、真実を伝えるジャーナリストとして働けない。これを個人的なことだとは考えなかった。自分が経験したことに偽りはなく、受けた傷は真実。これがもし妹に起きたら……。自分が話さなかったために同じことが起きたら、とても苦しい。
 2点目については、同じことを考えてきた。なかなか聞き取れない声をくみ取れなかったことは残念だ。報道の自由度ランキングでも日本は70位以下だ。


衆院選 なぜ炎上しているのか 山尾氏辛勝と無効票1万超 【毎日新聞】2017.10.24
 〇愛知県選管に抗議殺到 「オッサン社会のいやらしさ」指摘も
 愛知県選挙管理委員会に23日早朝から抗議や問い合わせが殺到し、24日夕も電話が鳴りやまない異常事態となっている。無所属の山尾志桜里氏が自民党候補に辛勝した衆院選愛知7区の開票結果を巡り「1万票を超える無効票は異常」「陰謀では」「警察に通報した」とネット上で炎上しているのだ。「当選は不正」と見出しで断じるウェブメディアも現れた。騒動の背景に何があるのか。【小国綾子】
【衆院選】小選挙区で敗れた主な候補者と比例重複の結果
<山尾氏「逆転の1票積み上げていただいた」>
<取材に「工作員?」 秋葉原の首相演説で支持者>
<主役も脇役も脚本も小粒だった「17年劇場型選挙」>
<希望失速で恨み節「小池さん待てど来ず」>
 山尾氏は自民党の鈴木淳司氏(比例復活)に834票の小差で勝利。無効票は1万1291票だった。愛知県選管は23日午前1時半ごろ、確定結果を公表した。疑問の声は直後に出始め、確認できた範囲では午前1時56分、ネット掲示板に上がった。ツイッターなどでも同2時ごろから「怪しい」「対立候補の有効票を不当に無効化したのでは」など再集計を求める意見が次々に登場。「開票作業のバイト、国籍条項ないんでしょ?」と無関係な外国人差別をあおる内容もあった。
 愛知県選管には午前6時ごろから真偽の確認や「やり直せ!」という抗議の電話が殺到。24日も続く。選管は「各陣営の立会人の監視の下で開票した。不正はありえない」としている。
 そもそも、無効票は「異常に多かった」と言えるのか。愛知7区の投票総数に無効票が占める率は4.23%で、前回2014年衆院選小選挙区の全国平均3.29%より高い(今回の全国平均は集計中)。だが、今回の小選挙区選挙で東京12区は9.71%。東京14、16、17区も5%を超えた。14年衆院選の大阪3区では、実に15.25%が無効票だった。小選挙区で支持する候補がいないと白紙投票が増える傾向にあるとされる。総務省選挙部によると14年衆院選で小選挙区選挙の無効票は全国で約180万票あり、その半分強の約100万票が白紙だった
 なぜ炎上しているのか。「全日本おばちゃん党」を主宰する大阪国際大准教授の谷口真由美さん(国際人権法)は二つの理由を挙げる。「最近、右派や左派に限らず不正選挙と騒ぎがちです。自分と似た考えの意見ばかり目に入るソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)時代。自分に見える世界がすべてと思い込み、『あんなに嫌われてる候補が当選するのは不正に違いない』と短絡的に考える人が増えました」
 さらに、ほかならぬ山尾氏だったことが炎上理由とみる。「安倍晋三首相と真っ向から対決した、しかも女性。不倫疑惑報道もあった。でもそれは本来、他人には関係ない。議員は公務の中身で評価すべきで、男性なら同じ激しさでたたかれないはず。男と対等にやり合う女を引きずり降ろしたい『オッサン社会』のいやらしさが垣間見えます」


投票率 18歳50.74% 19歳32.34% 【毎日新聞】2017.10.24
 〇総務省、抽出調査で「小選挙区、速報値」発表
 総務省は24日、今回の衆院選で初めて選挙権を得た18歳と19歳について、抽出調査による投票率(小選挙区、速報値)を発表した。18歳は50.74%、19歳は32.34%で、18歳と19歳を合わせると41.51%。いずれも全体の確定投票率(53.68%)を下回った。18歳選挙権が導入された昨年7月の参院選と同様、18歳より19歳の投票率が明確に低い傾向が表れた。同省幹部は「19歳は住民票を実家に残したまま大学や就職で親元を離れることが多いためではないか」とみている。

 参院選の全数調査(選挙区)では18歳は51.28%、19歳は42.30%、合わせて46.78%だった。このときも全体の投票率(54.70%)より低かった。
 18歳と19歳の差は参院選の8.98ポイントから今回は18.40ポイントに広がった。
 調査は、47都道府県からそれぞれ4投票区ずつ188投票区を抽出。計1万2327人の18、19歳の有権者を対象にした。男性は41.07%、女性は41.97%で目立った差はなかった。
 衆院選の全数調査の結果は11月に発表される。【松倉佑輔】


米空軍F35A、嘉手納に12機暫定配備 アジア太平洋地域で初 【沖縄タイムス】2017.10.24
 〇米太平洋空軍は24日、最新鋭ステルス戦闘機F35A12機を11月上旬から6カ月間、沖縄県の米空軍嘉手納基地に暫定配備すると発表した。同型機のアジア太平洋地域での運用は初めて
 発表によると、米ユタ州のヒル空軍基地の第34戦闘中隊から、要員約300人とF35A約12機を派遣する。狙いについて「増大する脅威に対して、米軍に前例のないグローバルで正確な攻撃能力を提供し、航空優勢を維持する我々の部隊を補完するもの」と説明した。
 嘉手納町など周辺自治体は、外来機の運用による騒音激化や事故の発生を懸念、基地機能強化につながるとして反発を強めている。


国とメーカーに賠償命令 建設アスベスト神奈川訴訟 【東京新聞】2017.10.24
 〇建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み肺がんなどになったとして、神奈川県などの建設労働者や遺族61人が国と建材メーカー43社に約16億7千万円の損害賠償を求めた第2陣集団訴訟の判決で、横浜地裁は24日、国とメーカー2社に対し、計約3億円を原告39人に支払うよう命じた。
 全国6地裁で起こされた同種訴訟で企業側の責任を認めたのは京都地裁に続き2例目で、2社はニチアス(東京)とノザワ(神戸市)。国への賠償命令は6例目となる。
 判決は、国とメーカーの賠償対象が8人。国のみが29人。メーカーのみが2人となった。
  ★原告毎に、事情が違うのか。責任もとりどり…


立民・枝野代表「9条改正論議応じる」 【東京新聞】2017.10.24
 〇立憲民主党の枝野幸男代表は二十四日午前の日本テレビ番組で、安倍晋三首相が提唱する憲法九条改正を巡る論議について、条件付きで応じる考えを示した。「(論議を)したいと言う人がいるなら、そのこと自体は否定できない。その代わりに首相の解散権制約も俎上(そじょう)に載せてもらわないといけない」と述べた。
 同時に「安倍氏が首相のうちにやりたいという話であれば問題になる」とも指摘した。立憲民主党は、安全保障関連法を前提とした九条改正反対を主張。首相による恣意(しい)的な衆院解散を防ぐため、七条改正を念頭に解散権制約の必要性も訴えている。


厚木訴訟、知恵生かせ 大和に「研究センター」設立 【東京新聞】2017.10.24
 〇米海軍厚木基地(神奈川県大和市、綾瀬市)の騒音訴訟の原告らが、四十年以上にわたる訴訟資料の保存、知見の蓄積、騒音の分析などをする「爆音訴訟調査研究センター」を大和市に設立した。騒音訴訟の原告がこうした施設をつくるのは珍しく、メンバーは「厚木だけでなく、他の騒音訴訟の参考になれば」と話す。 (井上靖史)
 基地から東へ約一キロの大和駅(大和市)に近い雑居ビルの一室。四人のスタッフが黙々と資料をスキャナーで電子化していた。「目次だけでもデジタル化すれば、どこに何が書かれているかすぐ調べられる」。事務局長の矢野亮(まこと)さん(66)が狙いを話した。
 騒音訴訟の資料は、一九七六年に始まった第一次分だけでもファイル五十冊以上。広さ六十六平方メートルの室内には、八月四日に提訴した五次と昨年末に最高裁で判決が出た四次を除く三次分までが、四つの大型ラックにぎっしりと収まっている。
 これまでは倉庫や弁護士の事務所に散在していたが、過去の主張や立証方法を参照して新たな論点を掘り起こすことがあり、整理を望む声が出ていた。六月に発足し、他の基地の騒音訴訟に関わる人が閲覧に来ることも想定。運営費は、過去の訴訟で支払われた賠償金の一部を充てている。
 狙いは他にもある。「騒音の解消に取り組む団体はあっても、実態の分析や文献調査などをする団体はなかった」(矢野さん)。基地問題への理解を広げる上で客観的なデータの蓄積や分析が欠かせないとして、その役割を担っていくことにした。スタッフは平日、基地近くで飛来する機種や騒音を調べている。
 厚木基地では八月、空母ロナルド・レーガンの艦載機の岩国基地(山口県)への移駐が始まり、来年五月までに移駐が完了する計画だ。防衛省は「厚木基地周辺の騒音は減る」とする。
厚木基地周辺で飛行訓練をする空母艦載機=神奈川県大和市で

 しかし、米海軍は九月一~五日、厚木基地で、空母艦載機の離着陸訓練を五年ぶりに実施。普段使っている硫黄島(東京都)の天候不順が理由といい、基地に近い大和市、綾瀬市の二地点ではこの間、七〇デシベル以上の騒音(掃除機の音と同レベル)は計約千三百回に上った。
 四次訴訟で原告団長を務めた金子豊貴男(ときお)・相模原市議(67)は「移駐しても米軍の運用で、厚木の騒音はなくならない可能性が高い。ここからしっかりと監視、分析していきたい」と強調した。
 センターは活動を支える会員や寄付、スタッフを募集している。問い合わせはセンター=電046(240)1041=へ。
<厚木基地の騒音訴訟> 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を事実上の母港とする空母艦載機が、帰港中に厚木基地を拠点に飛行訓練などをするため、周辺に深刻な騒音被害をもたらしているとして、住民が損害賠償と米軍機などの飛行差し止めを求めて提訴した。1次から4次までの訴訟ではいずれも賠償は認められたものの、米軍機飛行差し止め請求は却下されている。


商工中金1000人規模処分へ 不正融資4000件 【東京新聞】2017.10.24
 〇商工中金が不正融資問題で関与した職員千人規模を処分する見通しとなったことが二十四日、分かった。直接関与した四百人前後に加え、その上司や関係職員も対象にすることで、責任を明確化し、再発防止につなげる。全職員約三千九百人の二割強に当たる異例の規模となる。
 不正を見過ごした上司には監督責任を問う。不正の悪質性などから減給や停職などの処分を慎重に検討している。
 商工中金では公的制度「危機対応融資」で、顧客の業績を改ざんし、要件に合わない場合でも融資したケースが発覚した。不正行為は全国百店舗の大半で見つかり、件数は四千件規模に上るもようだ。
 危機対応融資以外の業務でも、経済統計調査で担当者が企業に聞き取りをせずに架空の数値を報告していた不正も判明するなど、不祥事が相次いでいる。商工中金は範囲を拡大し自主調査を進めており、今月内にも調査結果を公表し、再発防止策を打ち出す。
 経済産業省出身の安達健祐社長と副社長二人の代表取締役三人全員は退任する見通し。後任は民間出身者を軸に選ぶ。経産省や財務省、金融庁は五月に続いて二回目の業務改善命令を出す方針だ。
危機対応融資> 金融危機や大災害が発生し、一般の金融機関による融資が困難と想定される場合に企業の資金繰りを支援する制度。融資先が破綻した際の補償や利子の補給が一部税金で賄われる。これまでにリーマン・ショックや東日本大震災、円高、熊本地震などが危機の対象となった。商工中金は窓口に指定されており、貸出残高に占める比率は3割程度に上る基幹業務となっている。


中国共産党規約に「習氏思想」 毛沢東に迫る権威を獲得 【東京新聞】2017.10.24
 〇【北京共同】18日から北京で開かれていた中国共産党第19回大会は24日、習近平総書記(国家主席)=(64)=の名前を冠した指導思想を盛り込んだ党規約改正案を承認し、閉幕した。党規約に同様に名前が入っている毛沢東、故トウ小平氏に迫る権威を習氏は獲得した。
 25日に新たな最高指導部が選出され、2期目の習指導部がスタートする。反腐敗運動を通じ党の「核心」として権力基盤を固めた習氏は歴史的地位を確立し、「1強体制」をさらに盤石にした。
 習氏の理念は「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」として党規約入りし、毛沢東思想、トウ小平理論と並ぶ指導思想となった。


自民の大勝、小選挙区制が後押し 得票率は48% 【朝日新聞】2017.10.24
 〇朝日新聞が23日午後9時40分現在で集計した結果、自民党は289選挙区で2672万票を獲得し、得票率は48%だったが、議席では75%を占める218議席を獲得した。1議席を争う小選挙区制度では、第1党が得票率に比べて獲得議席数の比率が大きくなる傾向がある。今回も自民党の大勝を後押しした格好だ。
特集:2017衆院選
 小選挙区では、希望の党と立憲民主党がそれぞれ18議席獲得した。得票数では希望が1144万票(得票率21%)だったのに対し、立憲は485万票(同9%)。希望は候補者が多かったうえ、接戦の末に敗れたケースも相次いだことから、得票の割に議席が伸びなかったようだ。
 一方、政党名で投票する比例区(全176議席)は、自民が1854万票で得票率は33%。66議席を得た。立憲も1107万票を集め、得票率は20%で37議席。希望は966万票にとどまり、得票率17%で32議席だった。
 ただ、投票しなかった人を含む全有権者に占める自民の絶対得票率は、小選挙区で25%、比例区で17%。自民に票を投じた人は選挙区で4人に1人、比例区で6人に1人だったが、結果として全465議席の6割を占めたことになる。(南日慶子)


防衛相 ASEAN各国に北朝鮮への圧力強化呼びかけ 【NHK】2017.10.24
 〇小野寺防衛大臣は、フィリピンで開かれているASEAN=東南アジア諸国連合の拡大国防相会議で、北朝鮮の核・ミサイル開発は、もはや極東地域に限られたリスクではなく国際社会全体に対する正面からの挑戦だとして、各国に圧力の強化を呼びかけました。
 会議にはASEAN10か国と日本やアメリカ、ロシア、中国など8か国の防衛担当の閣僚が出席し、小野寺防衛大臣は、北朝鮮の核・ミサイル開発について、「もはや極東地域に限られたリスクではなく、国際社会全体に対する正面からの挑戦だ」と指摘しました。
 そのうえで、「北朝鮮にすべての核・ミサイル計画の放棄に向けて政策転換させるべく、国際社会が一致団結して最大限の圧力をかける必要がある」と述べ、各国に圧力の強化を呼びかけました。
 また、小野寺大臣は中国による海洋進出を念頭に、「依然として独自の主張により、航行の自由を阻害しようとしたり、力を背景として一方的に現状変更しようとする試みが見られており、地域の繁栄にとって大きなリスクとなっている」と述べ、アメリカ軍による「航行の自由作戦」を支持する考えを示しました。




野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算 朝日新聞 10/23
 〇今回の衆院選は、政権批判票の受け皿となる野党が分散したのが大きな特徴だ。複数の野党候補(野党系無所属を含む)が競合した「野党分裂型」226選挙区のうち、約8割の183選挙区で与党候補が勝利をおさめた。一方、朝日新聞が各野党候補の得票を単純合算して試算したところ、このうち3割超の63選挙区で勝敗が逆転する結果となり、野党の分散が与党側に有利に働いたことがうかがえる。
特集:2017衆院選
 「野党分裂型」の226選挙区は全289選挙区の78%を占める。結果は与党183勝、野党43勝と与党側の大勝だった。これに対し、「与野党一騎打ち型」の57選挙区では、与党39勝、野党18勝。分裂型に比べて野党側が善戦した。
 野党が分散した最大の原因は、民進党の分裂だ。民進の前原誠司代表が衆院選前に小池百合子・東京都知事率いる希望の党への合流を表明。民進で立候補を予定していた人は希望、立憲民主党、無所属に3分裂した。
 ただ、民進は前原執行部の発足以前、共産党や社民党などとの野党共闘を進めていた。昨年7月の参院選では、32の1人区で野党統一候補を擁立し、11勝という成果を上げていた。
 そこで、「立憲、希望、共産、社民、野党系無所属による野党共闘」が成功していればという仮定のもと、朝日新聞は独自に、各選挙区でのこれらの候補の得票を単純に合算する試算を行った。その結果、「野党分裂型」226選挙区のうち、63選挙区で勝敗が入れ替わり、与党120勝、野党106勝となった。
 63選挙区のうち、圧倒的に多…

【衆院選(衆議院選挙)】:衆議院選挙2017:開票結果・速報(比例 ... -


NHK選挙WEB: 衆院選2017 開票速報(確定) 10/23
 〇党派別議席獲得状況
 【自民】284 【希望】50 【公明】29 【共産】12 【立民】55 【維新】11 【社民】 【無所属】22
※選挙前 284     57     34     21     15     14     2      38
 以下、詳細割愛


比例九州 社民 吉川氏 当選確実 各党獲得議席が確定  【NHK】2017.10.23



北朝鮮の「核は米のみ照準」は「信用できる」 核専門家 【朝日新聞】2017.10.22



<衆院選>枝野氏「国民と歩み始める」 立憲党声明全文 毎日新聞 10/23



北朝鮮に米軍事力行使 自民39%が「支持」 東京新聞 10/9


「有事の際、北の難民の射殺検討」 麻生氏発言に非難殺到 【朝鮮日報】2017.09.24


カーター元米大統領、早期の訪朝に意欲…韓国紙


無戸籍の母親の子、住民票不記載の対応は「適法」判決 朝日新聞 10/12
  ★子の人権保障、義務教育等々に、不利益が生じていないのか! 日本の場合、人権保障の基礎を、無造作に、戸籍や住民票にリンクさせる扱いが横行… 先ず、疑問。憲法の人権保障にそぐわないは、明らか。国の通達自体、違憲の疑い…


警官、暴行被害者を「くず人間」 録音で判明、福岡 東京新聞 10/12
  ★くず! くずは、どっちだ⁉ 人権保障、事件にしたくない警察? 可視化、全面録画録音、必要か。

「9条守れ」掲載拒否は不公正: 「九条守れ」俳句訴訟、掲載拒否は「不公正」 地裁判決 10/13

 cf. 核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日
NHK: ICAN日本人委員 核兵器禁止条約の議論の必要性訴え 10/11
 〇核兵器禁止条約の採択に貢献し、ことしのノーベル平和賞に選ばれたICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンの国際運営委員を務める川崎哲さんが11日、都内で外国メディアの取材に応じ、北朝鮮情勢をめぐって緊張が高まる今だからこそ、条約をめぐる議論を高めていくべきだという考えを示しました。…


NHK過労死 記者の両親が反論: 「私たちの思いが正確に伝えられてない」NHK記者過労死、両親が反論会見 10/13

NHK: 過労死認定 NHK記者の両親が会見 再発防止求める 10/13

政府「ヘイト規制強化 日本は不要」 国連審査報告で認識 【東京新聞】2017.10.14
  ★遠慮しないで‼‼ 君こそ、適格者

衆院選2017 公文書管理、違い不鮮明 加計問題で注目、各党が公約に 制度改善に疑問 【毎日新聞】2017.10.14



主要税目の税収(一般会計分)の推移

公定価格:公定価格(こうていかかく)とは - コトバンク


民法
>第三編 債 権
第一章 総則
第一節 債権の目的(第三百九十九条-第四百十一条)
 >(法定利率)
第四〇四条 利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする。
第二節 債権の効力

日経ビジネス 磯山友幸の「政策ウラ読み」 企業の「内部留保」が4年で100兆円増加 労働分配率の低下はようやく底打ち 9/8

企業の内部留保、過去最高406兆円 財務省が公表 朝日新聞 9/1


アベノミクスで「労働分配率」が低下する理由 最新のGDP統計から見える日本の実態 東洋経済 山田徹也 10/16

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新) - ガベージニュース 2017/09/07

「非正規雇用」の現状と課題 【正規雇用と非正規雇用労働者の推移】

統計局ホームページ/統計Today No.97 - 総務省統計局
 〇1990年以降の我が国の雇用状況における特徴的な動きの一つは、非正規の職員・従業員(以下「非正規雇用者」という。)数の増加です。1990年に881万人だった非正規雇用者数は2014年に1962万人と2倍以上になりました。非正規雇用については、社会的関心が高く、関連する統計についても注目されていますので、労働力調査の結果からみた正規・非正規雇用の特徴について、紹介します。
  なお、図表等を含む詳細な分析結果は、本稿の「詳細版」に掲載しておりますので、併せて御活用ください。 ・・・

[PDF] 13 非正規雇用増加の背景とその政策対応 - 内閣府経済社会総合研究所

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律  (昭和六十年(1985年)法律第八十八号)
  ★総理は、中曽根康弘か、ワルヤノー、吾。ピンハネ、中間搾取を合法化




日本の反論は「本質避ける」 共謀罪で国連報告者 【東京新聞】2017.10.21



NHK: ニュース特設 緊迫 北朝鮮情勢


NHK: 解散権は本当に総理大臣の専権事項? 9/25
  ★首相の専権事項より、主権者の権限と権能の確認、保存が肝要。首相の専権事項という時、ややもすると、主権者の権利・権限侵害に亘る⁉ 知る権利も、成熟した議論も、証拠・議論に基づく選択権も、蔑ろにしてはならぬ。今回は、なんと安倍氏のみが、民放らをジャックして、己の言い分のみ、垂れ流した。 国民主権、国民が主権者では、あってはならぬこと。 安倍氏らは、素知らぬふりをしているが…自民党的解釈で。最高裁は、チェックしようとしないから。  三権分立の役割、ずっと、田中耕太郎以来、ずっと放棄した侭… 不届きでしょ。

衆院解散表明 首相会見詳報(5)「小池都知事と基本的理念は同じ」 毎日新聞 9/25


【神奈川】米軍機墜落、悲劇後世に 事故40年 港の見える丘公園で23日に朗読劇 【東京新聞】2017.09.19

横浜米軍機墜落事故> 1977年9月27日午後1時すぎ、米海軍厚木基地(大和市、綾瀬市)を飛び立った米軍のRF4B偵察機が、横浜市緑区荏田(えだ)町(現青葉区荏田北)に墜落。飛散したジェット燃料に引火して付近の民家が焼け、土志田和枝さんの長男=当時(3つ)=と次男=同(1つ)=が死亡するなど計9人が死傷した。乗員2人はパラシュートで脱出し無事だった。和枝さん親子をモチーフにした「愛の母子像」は港の見える丘公園に85年に建立された。



 ☆労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)

戦後補償裁判一覧表 - Ne

 論点:民間空襲被害者の補償 - 毎日新聞 2017年3月15日
 〇10万人が犠牲になった東京大空襲から72年がたった。第二次世界大戦下、日本では空襲でおよそ50万人が亡くなった。戦後、政府は元軍人や軍属に累計60兆円に及ぶ補償、援護をしてきたが、民間の空襲被害者たちは対象になっていない。高齢化する被災者らは救済法の制定に向けて活動を続ける。官民で命に軽重をつけるのがこの国の流儀なのか。【聞き手・栗原俊雄】
  ★その性根、未だに、自民党の中に、脈々… 政権交代したら、課題。不公正、アンフェア問題。

韓国併合ニ関スル条約 - Wikipedia

韓国併合 - Wikipedia
  ★日本による、朝鮮の植民地支配。韓国併合は、その始まり


内閣支持率 続落26% 初の2割台 不支持56% 【毎日新聞】2017.07.23


NHK: フランス大統領選挙 2017年 ☆フランス史上最年少の大統領 国民の融和が課題に
NHK: 仏下院議会選 マクロン新党が単独過半数確保 投票率は過去最低 6/19

「北朝鮮情勢」">NHK・スペシャルコンテンツ: 「北朝鮮情勢」



しんぶん赤旗: 大企業優遇税制 恩恵たっぷり トヨタ法人税ゼロ円 08~12年度 株主配当は1兆円超■内部留保も積み増し 2014年6月1日 種子法廃止は禍根残す 参考人質疑 紙議員は反対討論 参院委 【しんぶん赤旗】2017.04.14


都道府県の人口一覧 - Wikipedia">都道府県の人口一覧 - Wikipedia
日本の市の人口順位 - Wikipedia">日本の市の人口順位 - Wikipedia

外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日">外務省: 日朝平壌宣言  平成14年9月17日
【社説】慰安婦文書提出 「強制連行」の事実認めよ 【琉球新報】2017.04.18


NHK:スペシャルコンテンツ 「大阪 国有地売却」
NHK:スペシャルコンテンツ トランプ大統領 




 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧




【社説】自公3分の2 大政翼賛政治を危惧する 【琉球新報】2017.10.24
 〇森友、加計学園の「疑惑隠し解散」「説明責任なきリセット解散」と言われた衆院選は自民党の圧勝で終わった。
 自民、公明両党の議席は自民の追加公認を合わせて定数465の3分の2(310)を超え、憲法改正の国会発議も可能になる。しかし、比例代表の得票率を見ると、立憲民主党と希望の党を足せば自民を上回る。民進党分裂が自民圧勝を後押ししたようなもので「安倍1強」は強固ではない。政権が信任されたとして、再び強引な政権運営をすれば、たちまち求心力を失うだろう。
 選挙の結果、希望の党と日本維新の会を合わせると改憲勢力が国会全体の約8割を占めることになった。これまで安倍政権下で審議された一連の重要法案は、熟議をせず数の力で成立させてきた。特定秘密保護法、「共謀罪」法、安保関連法しかりである。改憲論議を性急に進めてはならない。
 衆院選前に共同通信が実施した全国電話世論調査は、安倍晋三首相の下での改憲への賛否では反対51・0%、賛成33・9%だった。投票で最も重視する点は「年金や少子化対策など社会保障」29・7%、「景気や雇用など経済政策」16・3%、「安全保障や外交」15・5%と続いた。「憲法改正」は8・9%である。
 小選挙区制度は当選者が1人で、第1党に有利な仕組みだ。多くの選挙区で野党候補が競合し、政権に対する批判票が分散したことが自民党に有利に働いたのは間違いない。民進党は選挙に勝てないと見て事実上解党した。議会政治の野党の役割を放棄したに等しい。
 このため今回は「自民・公明」「希望の党・日本維新の会」「共産・立憲民主・社民」の3極による対決の構図になった。「自民・公明」は3極対決のうち8割の選挙区で勝利している。1本化して1対1の構図に持ち込めなかった野党の責任は重い。
 さらに台風の影響で投票に行かなかった有権者は無党派が多いとみられる。組織力が弱く無党派頼みの新党に比べ、組織票を持つ自民、公明には投票率が下がるほど追い風になったのだろう。
 8月の内閣改造後の記者会見で安倍首相は「深く反省し、国民の皆さまにおわび申し上げたい」「国民の皆さまの声に耳を澄ます」と述べた。しかし、臨時国会冒頭で所信表明演説もせず、野党の質問も受け付けず、一方的に衆院を解散した。
 今回も衆院選後の会見で「今まで以上に謙虚で真摯(しんし)な政権運営に努めたい」と述べた。この言葉を100パーセント信じる国民が、どれだけいるだろうか。
 現憲法が体現してきた戦後の平和民主国家の歩みが揺らいでいる。戦前のような大政翼賛政治にならないように、主権者である国民は政治に目を光らせる不断の努力が求められる。


【社説】[衆院選 自民大勝]「白紙委任」していない 【沖縄タイムス】2017.10.24
 〇衆院選は自民、公明両党が3分の2の議席を得て、安倍政権の継続が決まった。
 自民党が単独で国会運営を主導できる絶対安定多数を確保し、与党で憲法改正の発議に必要な議席を上回ったのは、大勝といっていい。
 しかし背景をつぶさに見ていくと、安倍政権の評価に対するねじれが浮かぶ。
 共同通信が実施した出口調査で、安倍晋三首相を「信頼している」の44・1%に対し、「信頼していない」は51・0%に上った。報道各社の世論調査でも、安倍内閣は不支持の方が高い傾向にあり、首相の政治姿勢には厳しい目が向けられている。
 自民党内から「おごりや緩みだけでなく、だんだん飽きられてきた」(小泉進次郎筆頭副幹事長)、「政権が全面的に信任されたという評価は下しにくい」(石破茂元幹事長)との声が聞こえてくるのは、それを裏付けるものだ。
 一方、今回の政権継続の審判は、野党自らが招いた「オウンゴール」の側面もある。
 野党第1党だった民進党の分裂。小池百合子代表の「排除の論理」で失速した希望の党。バラバラで頼りない野党に政権は託せないという消極的な支持が与党に集まったのだ。
 衆院選から一夜明けた23日、安倍首相は公明党の山口那津男代表と会談し、憲法改正論議など連立政権が進める主要政策で合意した。 
 選挙で安倍政治の全てが信任されたと思ったら大間違いだ。まして選挙中ほとんど語られなかった改憲を「白紙委任」などしていない。
■    ■
 5年近くに及ぶ「安倍1強政治」が、衆院選の大きな争点だった。
 憲法観や安全保障政策で自民党と違いが不鮮明な希望の党に対し、安倍政権との対立軸を鮮明にした立憲民主党が野党第1党に躍進した意義は大きい。
 枝野幸男元官房長官らがわずか20日前に旗揚げした党が、公示前の3倍以上の54議席を獲得し、政権批判票の受け皿として一定の役割を果たしたのだ。
 希望の党への合流を巡り、小池代表の「排除」であぶり出された民進党出身のリベラル系議員を中心にしてできた党である。
 信念を曲げずに立ち上がった枝野氏らの姿と、「政治は、政治家のためでも政党のためでもなく、国民のためにある」との訴えが有権者の心に響いたようだ。
 立憲主義が壊されていくことへの危機感も大きかったのだろう。
■    ■
 とはいえ立憲民主は1955年以降で最少勢力の野党第1党となる。異常な勢力構成である。 
 1人の当選者以外の票が「死に票」になる小選挙区制度では、与野党が「1対1」で対決する構図を広げなければ、巨大与党には太刀打ちできない。
 安倍1強のおごりを招いた責任の一端は、受け皿になりきれなかった野党にある。
 民主主義を健全に機能させるためにも、安倍政権に対抗しうる勢力を築き上げなければならない。


【社説】[与党大勝] 民意に耳を傾ける謙虚な政権運営を 【南日本新聞】2017.10.24
 〇第48回衆院選はきのう投開票され、自民党が単独で安定多数を獲得し、公明党との連立政権の継続が決まった。
 解散直後は「政権選択選挙」の機運が高まったものの、選挙構図は3極の争いに移り、野党は攻めきれなかった。
 小池百合子東京都知事が結成した希望の党への民進党の合流・分裂劇に注目が集まり、安倍晋三首相の政治姿勢への是非が、かすんでしまったといえよう。
 希望は伸び悩む一方、民進の分裂で希望の理念や政策に賛同しない勢力が結成した立憲民主党は大躍進した。
 選挙で一にも二にも問われたのは、過去5年近くにわたる「安倍政治」の是非そのものだった。
 有権者は、「政治の安定」を前面に掲げた与党に引き続き日本のかじ取りを託したといえる。
 ただ、野党の離合集散による候補者乱立で政権批判票が分散したことが有利に働いたことは否めない。「白紙委任」でないことを与党は肝に銘じるべきだ。
 日本社会は少子高齢化が進み、生産年齢人口は大きく減少する。政治にまず求められるのは、制度疲労を起こしているさまざまな仕組みを見直し、新たな手だてを講じることだ。
 それは持続可能な社会に向けた次世代への責務でもある。与党は民意に耳を傾け、謙虚な政権運営に徹すべきだ。

■改憲論議はどう進む
 選挙後、最大の焦点は憲法改正の行方だ。希望の党や日本維新の会を加えると、改憲に前向きな勢力は3分の2を超え、選挙後に改憲論議が加速しそうだ。
 9条改正を本命視する首相は国会での改憲論議進展にアクセルを踏む可能性が高い。
 2020年の新憲法施行を目標とする当初スケジュールをにらみ、今年中に自民の独自改憲案をまとめ、来年の通常国会での発議を目指すことが考えられる。
 その際、どの政党と連携するのか目が離せない。
 日本維新の会は9条改正に前向きだ。希望は9条を含む論議には賛同するが、首相が強調する自衛隊明記案には「疑義がある」と批判する。公明党は国民の理解が進んでいないとして慎重だ。
 一方、立憲民主党は安全保障関連法には違憲部分があるとし、現状のままでは自衛隊明記を認めていない。共産党は「海外での無制限の武力行使に道を開く」として9条改憲に反対だ。
 憲法改正を巡る議論では絶対に譲れない一線がある。改憲自体が目的になってはならないということだ。
 そもそもどんな必要があって、どこをどう変えたいのか。改正によって国の在り方がどう変わり、国民に何をもたらすのか。まずそうした問題設定を共有してから慎重に議論するのが憲法問題の本質だからだ。
 安倍政権は12年の政権奪還後、最高法規である憲法をないがしろにする動きが顕著だった。
 「憲法違反」との声が強い中、集団的自衛権行使を容認する安全保障関連法を強行成立させるなど国会審議を軽視してきた。
 こうした中、注目されるのが立憲民主党の動向だ。民進党に残る参院議員や無所属議員らの間で立憲との連携を探る動きもある。
 政権の“暴走”をチェックするには、緊張感のある政治が欠かせない。そのためには強い野党が必要だ。政権批判の受け皿となる野党が誕生するのかどうかが、今後の国政を占う試金石となろう。

■内外に山積する課題
 安倍首相は、北朝鮮対応や消費税増税分の使途変更を解散の大義とし、「国難突破解散」と命名して支持を訴えた。
 これに対し、野党は「森友・加計学園問題」を追及されるのを嫌がった首相の「疑惑隠し解散」と批判し、選挙戦を展開した。
 北朝鮮問題では与党も野党もなかろう。与野党が結束して対応すべき問題である。
 ただ、世界的にみても、対外的な危機に直面している場合、政権与党に国民の支持が集まる傾向にある。首相はそうした点も織り込んでいたのではないか。
 消費税の使い道にしても国会で議論すればいい話だ。人口減少社会に突入している日本では、少子高齢化が国難であることは与野党とも共通認識のはずだ。
 結局、「丁寧な説明」といいながら、説明責任を果たそうとせず解散を断行した。野党から疑惑隠しと批判されても仕方あるまい。
 国民が最も気掛かりなのは暮らしの行方に違いない。首相が経済政策のアベノミクスの成果を強調しても、景気が良くなったとの実感は乏しく、地方には波及していない。
 財政再建も先送りし、将来世代につけを回すことになった。社会保障政策や原発問題、北朝鮮をはじめとする安全保障政策など内外に課題は山積している。
 投票率が低調だったことは残念だ。有権者が政治にそっぽを向いていては民主主義は成熟しない。


【社説】野党の存在 巨大与党とどう対峙するか 【熊本日日新聞】2017.10.24
 〇「国民からより一層厳しいまなざしが注がれる。今まで以上に謙虚で真摯[しんし]な政権運営に努めなければならない」。安倍晋三首相(自民党総裁)は、衆院選大勝を受けた23日の記者会見でも「謙虚に」「誠実に」を繰り返した。
 大型国政選挙で5連勝を果たしたにもかかわらず、首相の口ぶりは慎重だ。森友・加計学園問題などによる内閣支持率急落や東京都議選での歴史的惨敗の記憶はいまだ鮮明だろう。共同通信の出口調査では、首相を「信頼していない」が51・0%に上った。
 しかし、「敵失」に助けられた面が大きいとはいえ、首相が盤石の政権基盤を再構築したのは事実だ。特別国会で第98代首相に指名され、第4次安倍内閣が発足した後は、安全保障関連法や「共謀罪」法成立時のような数の力に物を言わせる強引な国会運営が再び顔を出さないとも限らない。
 そこで野党の役割が重要となってくる。特に注目したいのは、安倍政権との対立軸を鮮明にして公示前議席から3倍以上に躍進し、野党第1党となった立憲民主党の存在だ。
 希望の党を結成した小池百合子東京都知事が進めた民進党出身者の公認調整に反発し、同党代表代行だった枝野幸男氏が立憲民主を結党したのは衆院選公示日のわずか1週間前。民進は希望と立憲民主、無所属の三つに分裂して選挙戦に臨んだ。
 消費税増税や原発政策を除けば自民との違いが分かりにくい希望に対して、立憲民主は安全保障関連法を前提とした憲法9条改正反対や経済政策の転換を求め、野党として訴えてきた主張を変えなかった。
 愚直に信念を貫く点が好感されたのか、同党の公式ツイッターは爆発的な人気を集め、フォロワー(読者)数が政党の中でトップに躍り出た。開票結果を見ながら枝野氏は「国民に寄り添った政治を進める。これからがスタートだ」と手応えを口にした。
 まさに、その言葉通りだろう。肝心なのはこれからだ。枝野氏は「政策が一致する方とは、いろいろな形で協力、連携することはある」と述べ、岡田克也元代表ら民進系の無所属議員との統一会派結成などを模索し、政権と対抗する勢力との連携を図っていく意向を示した。
 一方、希望との関係については「明確に公約が違っている」(枝野氏)と連携を否定。民進への再合流についても、立憲民主の福山哲郎幹事長は「考えていない」とした。
 確かに、単なる「数合わせ」だけで野党結集を図ろうとすれば、国民に見透かされ失敗に終わるだろう。だが、巨大与党に対峙[たいじ]するためには、たとえ緩やかな連携であっても立憲民主が軸となる必要があるのではないか。
 与党と正面から議論を戦わせ、政策をチェックする野党は、民主主義にとって不可欠だ。立憲民主はそのことを肝に銘じて、国会対応に当たってもらいたい。






核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

立憲民主党への期待と私たちの決意

枝野幸男さんが、大義なき解散・総選挙の喧騒の中で、「まっとうな政治」のスローガンを掲げて、立憲民主党の立ち上げを宣言したのは、10月3日のことでした。 10月14日の東京大作戦=大規模街頭演説では、 「政治は、政治家のためでも政党のためでもなく、国民の...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: