FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
2018-03-01

3/1: 文氏“慰安婦”終わったと言ってはならない 文大統領“慰安婦演説”日本政府は強く反発 日米韓の連携、如何に? 外交も善隣友好も、底流に主権者間の信愛がなければ 東アジアに、それはあるか!?

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
《謹告》 年改まり、また、軽量化を図ります。2018年元旦
【2018年 2月度】今日のトピックス Blog2/28: 9条改憲、何を考えているか分からない、アベノミクスは行き詰り=福田元首相 私は、人権尊重、国民主権、平和主義を支持! さて、裁量労働制放棄はいいが、安倍氏、後何をするつもり???
  ☆彡【月まとめ】、下段に移しました。
【2018年 1月度】今日のトピックス Blog1/31: 自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁、「安全保障関連法が成立したことに照らし」訴えの利益認め、審理やり直し命じる 愈々、安保法の憲法審査が始まる!? 安倍政治の偏頗、侮り、驕りの御蔭か
【2017年12月度】今日のトピックス Blog12/31:大晦日 ’17回顧 基地被害 政府は住民保護を放棄 核兵器禁止条約・平和賞受賞 核なき世界への弾みに! 平和、人権を乱すのは『米国第一』「安倍1強」!? 革命・改革は、主権者・国民から
【2017年11月度】今日のトピックス Blog11/30: 憲法・9条支持 安全保障、片や核ミサイル開発に直走り 片や安倍友贔屓に、特例・特区・お手盛、侮り尽くし 彼我の差は歴然! 『安倍1強』を許すなど日本、主権者は正気か 直らないのか

「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。
各メディアの電話番号など 情報
 ★2017衆院選:朝日新聞デジタル 
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・ザギトワ選手「秋田犬に何が必要か調べた」 3/1(木) 18:11   ★正夢に
 ・“春の嵐”各地で被害、北海道は猛吹雪のおそれ 3/1(木) 18:26    ★御用心、警戒ください。 強烈でした。
 ・北海道は猛吹雪のおそれ、「不要不急の外出控えて」 3/1(木) 18:25
 ・狛江市長にセクハラ疑惑、議会で追及 本人否定 3/1(木) 18:02
 ・19歳女性にAV会社と契約させた疑い、4人逮捕 3/1(木) 18:01
 ・4日にイタリア総選挙、「お騒がせ」元首相が復権か 3/1(木) 17:59   ★ベルルスコーニ? 
 ・“爆弾低気圧”縦断、首都圏は気温急上昇 3/1(木) 12:48
 ・企業説明会解禁、就活本格スタート 3/1(木) 12:47
 ・霧島山の新燃岳、噴火か 3/1(木) 12:46
 ・暮らしに直撃、身近な値上げ相次ぐ 3/1(木) 12:45
 ・文大統領“慰安婦演説”日本政府は強く反発 3/1(木) 12:38
 ・文氏“慰安婦”終わったと言ってはならない 3/1(木) 12:36  ★平壌宣言でも、一応、賠償の枠組みはできたが、払っていない以上、北朝鮮に関しては、未解決

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
3月1日分 9:00 実施
「護憲+」: 「アメリカの歴史」再考 3/1 (名無しの探偵)
 ○アメリカの大統領に共和党のトランプ氏が選ばれて、最近では核態勢の見直しまで表明しています。将来の戦争に小型の核兵器を使用するという内容でした。

 その後にまたしても高校で銃の乱射事件です。マスコミは大分前に起きた「コロンバイン高校での銃の乱射事件にも触れていません。マイケル・ムーア監督はこの事件をドキュメンタリーとして映画化しました。

 ムーア監督はアメリカとカナダを比較して、同じように銃の保有が許されているのに(市民の武装の権利として)カナダでは大量殺人は起きていないし、殺人事件も少ないとして、なぜアメリカではこうも銃の乱射による大量殺人が多いのか、その原因をアメリカの建国の歴史から解明した興味深い映画でした。

 今回の投稿では銃の乱射事件の問題に直接触れることはしません。そうした危険な社会である(白昼に高校などで銃の乱射があるのですから「危険」です)背景をアメリカの近現代から探ることが目的です。

 最近、二つの映画を観ました。一つは原題「セルマ」日本では「グローリー・明日への行進」で、キング牧師の「公民権運動」の過程を映画化したものです。もう一つの映画は50年代前後の赤狩り旋風に巻き込まれた脚本家のトロンボ氏を描いた作品です。

 まず、キング牧師の指導した公民権運動の映画「セルマ」から、アメリカ近現代の歴史を垣間見ることにします。

 この映画でキング牧師の実像と、暗殺事件とその根元にある「黒人差別」と、それを跳ね除ける運動に映像で触れて、私自身の無知とアメリカの真実の歴史に触れて戦慄したことを告白します。

 この映画は黒人の方たちが投票権を行使したいと思い、投票行動に出るのですが、白人に妨害されます。そして、キング牧師たち差別撤回運動の指導者は、最終的にセルマを目指して大行進を始めます。黒人や差別に反対する白人などが行進しますが、南部の州知事は州兵などを使って妨害(実際には銃で威嚇)します。途中のエピソードとして「血の日曜日事件」を実際に映像化したシーンもありました。黒人がデモをしただけで多数が殺害されました。

 この映像を観て最初に思ったのは、南北戦争の後に黒人は奴隷でなくなり自由を獲得したのではないのかと。これは誤解でした。(日本の、アメリカの歴史の説明が間違っていると思う。)単に奴隷でなくなっただけで、酷い差別からはなんら解放されていないのが実態であり、特に南部諸州では差別は酷かったのです。投票権もない国民がどんな人間なのでしょうか。公民権運動は奴隷身分から解放された黒人が行った当然の権利行使です。

 その運動の過程でキング牧師が暗殺されたという事実を重くみないことが、アメリカの真の歴史を歪めることになるのです。アメリカに民主主義が根付かず、大量殺人が頻発するのは、こうした歴史的背景が原因なのかもしれません。

 キング牧師の暗殺事件のときにアメリカはベトナム戦争の泥沼の中にいました。そして、現在も大統領は核兵器の態勢見直をし発表しています。この国は根本のところで変っていないし、変ろうという運動も十分に育っていません。

 最近の高校での銃の乱射事件の後も大統領は「銃の規制」に触れようともしていません。これが民主主義の国なのでしょうか。

 もう一つの映画「トランボ」もアメリカ社会の非民主的な一面を鋭く描いていました。赤狩りの対象にされた脚本家のトランボは家族を守るために偽名で(刑務所から出所する場面から映画は始まる)脚本を多数世に出します。映画の題名を記しましょう。「ローマの休日」、「ヘラクレスの反乱」です。この二つの映画で、偽名のトランボはアカデミー賞を受賞しています。(本人は直接受け取っていません。)

 この40年代から60年代にかけてのアメリカの歴史こそが真実であり、表面的にはともかく、「非国民」や黒人には民主主義の恩恵は全くありません。

 こうした歴史的な風土から、学校などでの大量殺人が引き起こされる背景が産まれるのではないでしょうか。いまだに、この国ではキュー・クラックス・クランという白人至上主義団体が盛んです。

 「護憲+コラム」より



 今日のトピックス Blog2/28: 9条改憲、何を考えているか分からない、アベノミクスは行き詰り=福田元首相 私は、人権尊重、国民主権、平和主義を支持! さて、裁量労働制放棄はいいが、安倍氏、後何をするつもり???



Tamaの映画生活: 「野球部員、演劇の舞台に立つ!」清々しい青春 2/28
 ○九州の八女市を舞台に、実に真っ当な青春映画。
 爽やかに、ユーモラスに高校生たちの姿を描く。

 「野球部員、演劇の舞台に立つ!」 ★★★★☆

 ピッチャーの座を奪われて、心ならずも東京から
 八女北高校に転校してきたジュン(渡辺佑太郎)は、
 キャプテンでキャッチャーのリョータ(船津大地)の指示を
 無視して投げたボールを打たれ、ファーストの
 カズマ(川籠石駿平)のエラーで勝てそうだった試合を逃す。

 敗戦の責任を巡って野球部のチームワークはガタガタ。
 そんな時、ボクサーを主人公にする劇を上演予定の演劇部の、
 顧問の三上先生(宮崎美子)は、野球部員をスカウトに。

 八幡監督(宇梶剛士)は、ジュン、リョータ、カズマを、
 「野球だけの人間になるな」と、演劇部に送り込む。
 練習時間も削られ、女子の多い演劇部に入れられ、
 「なんで俺たちが」と。ことにジュンは不満タラタラ。

 一方、演劇部員のミオ(柴田杏花)も大反発。
 あと2か月で演劇コンクール、果たしてどうなる…。
 演劇OBで、演出を担当する田川(林遣都)は…。

 原作は、八女にある高校の教師が、同じ題で書いた実話。
 映画化するにあたっては、八女の人たちがこぞって応援。
 映画作りに参加した高校生たちの刺激にもなったとか。

 「リバーズ・エッジ」で高校生の暗闇を見た後なので、
 対して、清々しく熱い高校生たちの姿を描いて真直ぐな作品。
 他愛ないとも言えるけれど、気持ちの良い仕上がり。
 3.5辺りと思うけれど、★4にサービスしちゃえ。


 今日のトピックス Blog2/27: 三方一両得なるか!? 平和構想、大転換=日米・朝鮮非核化! 「対話には非核化の意志が必要」トランプ氏 これ同感 人の世では、公正と市民の安全と人権が、大事だ 絶対、護らねば!



イシャジャの呟き: 2月の終わり   ☁   誕生日の花  クロッカス  花言葉  青春の喜び  堅実 2/27
 ○  昨年の花

 今朝は 相変わらず寒かったが、降雪が無かったので 雪寄せがなく、朝飯の時間が 早かった。

 五輪のニュースは、昨夜のメダリストたちの記者会見の話だったが、縺れた国会のニュースに 関心が行った。夜中まで 騒いだが 2月中の決着は付かなかったようだ。当たり前のフロッピーだ。前言取り消し、「妻が、関与していれば 議員も総理も辞める」といったことは 取り消せない



 カテゴリなしの他の記事
  雪空
  降雪
  北帰行 始まる
  ・雪が降った
  ・雨水


 今日のトピックス Blog2/26: 平昌オリンピック 「百花繚乱」きれいな花たくさん…国内外でも共感・共鳴 vs裁量労働制不適切データ 与党・今国会で成立主張 野党「ミスでなく捏造」隠蔽体質も批判 この落差を何としよう



「護憲+」: 「裁量労働制拡大に反対する」緊急デモ2/25 2/26 (笹井明子)
 ○国会で裁量労働制のデータ捏造が明らかにされる中、2月25日に新宿でエキタス主催の「裁量労働制拡大に反対する」緊急デモが行われました。
 このところの国会論議を「酷すぎる」とあきれて見ていた私は、当日は現地に行くことはできませんでしたが、このデモを応援しながら動画を見ていました。

 集合場所の柏木公園に集ったのは若い人たちを中心に約1000人。ささっと隊列を作り、コールの練習を1回してすぐに出発。さすが機敏な若者たちです。

 サウンドカーでは、ラップ調の音楽に合わせて、コール開始。

 裁量労働制はやめろ
 働かせ過ぎ今すぐやめろ
 裁量あるってウソつくんじゃねえ
 働いた分の金くらい払え

 生活苦しいやつ声上げろ
 将来不安なやつ声上げろ


 デモの途中で共産党・小池晃議員、法政大学・上西充子教授、立憲民主党・長妻議員がサウンドカーに登壇。夫々に、「裁量労働制」の問題点を以下のように語りました。

 「裁量労働制は、企業が長時間労働をさせやすくするための法案。10時間働いても11時間働いても残業代を払わない、携帯の定額プラン見たいなものだ。」

 「かつて『世界で一番、企業が動きやすい国にする』と安倍さんが言ったが、そうするための、甘い言葉で包んだ‘毒饅頭のような’法案が、裁量労働制。長時間労働是正になるどころか、一定時間分だけ給料を払ったら、それ以上残業代をはらわなくていいという法案だ。」

 「労働法制は総理がいうような岩盤規制ではなく、働く人の健康を守る最後の砦。そこにドリルで穴をあけるのは良いことなのか。働く人を潰して何の成長か。」

 「首相官邸に産業競争力会議が設置され、ILOも労働者の代表が入るのが国際ルールだと指摘しているのに、労働者の代表者も厚労相も入れないで、首相官邸主導、裁量労働制の拡大ありきで議論や調査が行われ、調査やデータのゆがみが出てきた。」

 これらのメッセージと若い当事者達の実感のこもったコールがピタリと呼応して新宿の街に響き、街行く人たちも共感の視線を送っているように見えました。

 過労死した夫や子供のご家族の訴えも聞こえてきます。日々頑張っている若者たちも疲れ果て、あるいは低賃金にあえいでいます。本当に他人事ではありません。

 今働いている大多数の人たちや家族の危機感に向き合うことなく、一部大企業経営者の思惑や自己保身のために、人の命に関わる法案をゴリ押しで成立させるとしたら、安倍政権というのは本当に「人でなし政権」というしかありません。

 過労死許すな
 長時間労働なくせ
 毎日毎晩残業させるな

 生活苦しいやつ声上げろ
 将来不安なやつ声上げろ


 働く人たちの声は止むことなく、これからどんどん大きくなっていくでしょう。彼らの声を受け止めながら、国会質疑の行方をしっかりと見守りたいと思います。

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: NHKの娯楽番組の司会役に、もうタレント導入は不要 2/26 (厚顔)
 ○NHKはこれまで受信料徴収のために、受信料契約者で未払い者と受信料未契約者を裁判にまで訴えてきた結果、昨年12月に最高裁で受信料契約制度は合憲と認められ収入は安定し、無駄使いさえなくせば、経営不安はなくなった。究極不払い者の資産を差し押さえ、競売にかけ、受信料にあてることも可能となり、NHKの経営は実質担保されたも同然と言えよう。

 しかし同時にテレビ受信機所有だけで受信料の公平負担を掲げ、受信料支払いを訴えてきたが、それで公平負担を迫るには今でも不合理で説得力に欠ける。なぜなら電気、ガスの公共料金のような従量料金制度が真の公平負担であるからである。

 そのうえ「日本放送協会放送受信料免除基準」なる制度(一部の社会福祉施設や学校に対し、受信料の全額免除)があることも最近明らかにされ、NHKの公平負担制度は名ばかりであった。まさに最高裁の判決後は公平負担を唱える必要もなくなったので、オープンにしたと思われてもやむを得まい。

 一方これまで受信料の支払いと受信契約アップのために視聴率アップに躍起になり、民放を意識して、例えば午後7時半のクローズアップ現代を午後10に変更し、ゴールデンタイムに娯楽番組を当てたりして番組を編成してきた。さらに番組の視聴率アップのために娯楽番組の司会者にタレントを採用する傾向が顕著になっている。番組名で言えば、「家族に乾杯」「ぶらタモリ」「所さん、大変ですよ」等である。

 しかし最高裁判決後は特に受信料支払いアップの為に視聴率を意識する必要もなく、特別にギャラを払いタレント司会者を採用することも不要であろう。しかも民放に出演していたタレントではある程度視聴率は維持できても二番煎じの民放を見ているようで民放の視聴率を超えることはできまい。

 娯楽番組の視聴率を上げるには視聴者、受信契約者の吾らが司会者と言えるようNHK子飼いの名司会者を育てるべきであろう。今のプロ野球を見ても他球団の有名選手を引き抜くチームより、二軍三軍から子飼いの選手を育成してきたチーム、(例えばソフトバンク、広島)が選手層も厚く強くなり、観客動員数も多い。

 NHKにはかつてそのような司会者が多かった時代があったはずである。例えばラジオであれば、話の秘密の高橋圭三、三つの歌の宮田 輝、とんち教室の青木一雄、スポーツ実況の志村正順、テレビ時代ではジェスチャーの小川 宏アナンサー等である。一朝一夕に名物司会者が育成できるとは思わないが、受信料不払いの心配が無くなった今こそ、名物アナンサーの育成に取り組むべきである。娯楽番組の視聴率アップには番組内容と味のあるアナンサーの個性が欠かせない。視聴率アップは急がば回れである。タレント導入に受信料を投資するより、アナンサー育成に投資せよと要望したい。

 「護憲+BBS」「NHKの報道・二ュース内容をウォチングしよう」より


 今日のトピックス Blog2/25: 「裁量労働制の問題が先」枝野氏が予算案採決に反対 捏造の誹りのない、真実救済を求める 裁量労働データ「時間取れず 杜撰な調査に」(担当監督官)&答弁二転三転、拙速&不誠実!政府は出直せ



イシャジャの呟き: 雪空      誕生日の花  カンヒザクラ  花言葉  あでやか 2/25
 ○ラジオ深夜便から


 2月最後の 日曜も 五輪ジャックに遭い、日曜討論を視聴しただけ 

 のど自慢もなく、・・・ しかし、東京マラソンで 設楽選手ら日本選手の健闘があり、
 嬉しかった。
賞金1億円の約束主催者は果たして欲しい

 5時に夕食、民放のニュース番組をみて、7時半に寝るのが 最近の 爺の1日です。

 
 カテゴリなしの他の記事
  ・吹雪の合間に もしもおいらが 総理大臣だったら


Tamaの映画生活: 「ナチュラルウーマン」逆風でも歩むトランスジェンダーの女性  2/25
 ○トランス・ジェンダーのマリーナを、
 歌手でトランス・ジェンダーのダニエラ・ヴェガが演じる。
 少年っぽい(当たり前か?)美女!

 「ナチュラルウーマン」 ★★★★☆

 トランスジェンダーのマリーナとごく自然に愛し合い、
 一緒に暮らしていた年の離れたオルランドが、
 ある夜、急に具合が悪くなり、階段から落ちる。

 マリーナが病院に運び込むが、彼は亡くなってしまう。
 愛人を失ったショックで、病院を飛び出すマリーナ。
 街を彷徨い、ようやくオルランドの妻子に連絡をする。

 オルランドは病死と判定されるが、病院を離れたことと、
 外傷があるため、マリーナは彼の死の関与を疑われる。
 女性刑事が「支えたいの」と言いつつ、
 執拗にマリーナを追い、つきまとう。

 オルランドの家族は、弟のガボは優しいが、息子たちは
 化け物と罵り、葬儀に来たマリーナを痛めつける。
 (オルランドは息子たちの教育をサボったのか!)

 妻のソフィは「悪いようにはしない」など言いつつ、車を取り上げ、
 「私たちはノーマルな関係だった」などと、傷つける言葉を重ねる。

 トランス・ジェンダーだからというだけで、気味悪がられ、
 痛めつけられる。それでもマリーナは顔を上げて潔く歩む。
 雨の中も強風にも立ち向かう(どうやって撮影したのかな)。

 ただ、話がストレート過ぎるというか、
 例えばコインロッカーの中身などで感情を揺さぶるとか、
 善意の底に潜む、自分でも気づかないほどの悪意、
 見えにくい偏見といった人間の複雑さをもう一つ…。

 彼女の歌うOmbra mai fùは胸に沁みる。
 ダニエラは、オルランドの木陰に守られていたのかと。
 (この歌は、作曲された頃はカストラートが歌ったとか)

 主演のダニエラ・ヴェガは、次の作品では、
 ストレートの女性を演じるそうだ。
 男女を超越した性が当たり前になる日も近い?


 今日のトピックス Blog2/24: 米大使館、エルサレムへ5月に移転 大幅前倒し 米政府ファースト!シリア、北朝鮮でも!? 他方、中国の車大手・吉利「ベンツ」も傘下 独ダイムラーの筆頭株主に 諸々の世界戦略は進む



イシャジャの呟き: 降雪   ⛄   誕生日の花  オウレン  花言葉  変身 2/24
 ○ラジオ深夜便から

 今朝は 滑り落ちそうな屋根の雪が 夜中に そのまま凍ってしまって 落ちないでいたので、雪ベラで突いて落とす。

 予報どおり、積もりそうな 湿り雪が降り 10cmぐらいになりました。雪雲の通り過ぎるのを待つしかない。
 春の淡雪も 来週には 高校の卒業式も始まるので 長居はしないだろう。

 冬季五輪も 興味が削がれて、きました。何時もの番組が無くなって 体内時計も狂い始めた。
 日常を取り戻せる方法はないかな~
  


 カテゴリなしの他の記事
  ・早春賦
  ・五輪一色


 今日のトピックス Blog2/23: 非核化へ米朝対話不可欠/五輪後の朝鮮半島情勢 お楽しみのオリンピックも最終盤 朝鮮戦争休戦から動かない侭 北朝鮮の核開発が完成真直! 排除、村八分は失敗、今こそ、和平を追求すべき



「護憲+」: 「モリ・カケ追及! 第2弾 国税庁包囲&デモ」3/3  2/23 (笹井明子)
 ○「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」は2月16日に続き以下のとおり「モり・カケ追及!」抗議集会・デモ第2弾を実施することを決め、参加を呼びかけています。

 前回の行動に際し、「平日の昼間のため参加したくでも出来ない」という声が多数寄せられたことに応えたものです。

 2月16日の集会に対しては、19日の国会で麻生財務大臣が「立憲民主党の指導でやっておられた」「街宣車まで持っている市民団体というのは珍しい。少々、普通じゃないとは思った」などと妄言を述べて、納税者の怒りは『普通じゃない』一部の人のものというレッテル貼りによって逃げ切りを図ろうとしています。

 これに対し「市民の会」は直ちに麻生大臣宛に「撤回・謝罪の申し入れ」を提出していますが、3月3日は前回にも増して大勢の人たちで財務省・国税庁を囲んで、「麻生大臣の認識は甘い!」ことを知らしめたいと思います。

 佐川国税庁長官の証人喚問、責任問題追及はいよいよ大きなヤマ場を迎えています。「カギは国民の声」です。頑張りましょう!

 ■行動スケジュール  3月3日(土)
    13時30分 日比谷公園・西幸門集合→徒歩で財務省前に移動
    13時40分~14時5分 財務省・国税庁包囲行動
    14時30分 デモ出発(西幸門)
          → 銀座・有楽町の繁華街を行進
    15時10分 デモ解散(丸の内・鍛治橋駐車場)

 詳細は以下「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」HPをご覧下さい。


 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


イシャジャの呟き: 北帰行 始まる      誕生日の花  オウバイ 花言葉  恩恵 2/23
 ○ラジオ深夜便から

 雨なのか、雪なのか 分からない ものが 降ってきます。

 気温は5℃まで上昇しており、それを 察知したのか、鳥たちの V字の帯の飛行が始まって ギャー ギャーと 北に向かって行きました。

 なんだ、カンダ 行っても 2月も 残り数日、来週には 高校などの卒業式が始まる。
 今日も 五輪が TV ジャック、国会は どうした。



 カテゴリなしの他の記事







「護憲+」: 「モリ・カケ問題」の本質 2/20 (笹井明子)
 ○確定申告開始日の2月16日、財務省と、隣接する国税庁の前の歩道は、国会で「資料は破棄した」と虚偽答弁を続けた元財務省理財局長、現国税庁長官の佐川氏と、任命責任者の麻生財務大臣、「私や妻が関わっていれば総理も議員も辞める」と発言し事態をここまでこじらせた「モリ・カケ問題」の主役・安倍首相の責任を追及し、退陣を求める千人を超す人々で埋まった。


「護憲+」: 羽生結弦の勝利に見る日本人の変容 2/19 (流水)
 ○昨日(2月17日)は、TVにかじりつき、羽生結弦選手の演技に手に汗を握って応援した人も多かったろう。どのTV局も羽生結弦選手の金メダル獲得のニュースで溢れかえり、完全なTVジャック状況だった。


Tamaの映画生活: 「リバーズ・エッジ」ヒリヒリとした青春  2/19
 ○大人になる寸前って、なんて不安定な年頃なのだろう。
 感性ばかりが鋭く突出して、痛みでヒリヒリするような…。

 「リバーズ・エッジ」  ★★★★☆


Tamaの映画生活: 「ライオンは今夜死ぬ」 老人と子供、死と生と  2/16
 ○諏訪監督の「ユキとニナ」は観たいと思いながら逃したので、
 今回も子供の出てくる作品と聞いて、観ると決めていた。
 「ライオンは今夜死ぬ」 ★★★☆☆


「護憲+」: 米核戦略の見直し  2/16 (流水)
 ○米トランプ政権は、2月2日核体制(NPR)の見直しを発表した。見直しの骨子は、以下の通り。


「護憲+」: 今日は全国地元税務署へのゴミ払い(「モリ・カケ追及」緊急行動) 2/16 (厚顔)
 ○天気も良いし、月光仮面、スーパーマンのテレビドラマを想い出しながら『正義』を主張してきます。

「護憲+」: ひとの命を問う、国家に対する裁判-「ニッポン国VS泉南石綿村」を観て 2/14 ( 珠 )
 ○「ニッポン国VS泉南石綿村」というドキュメンタリーを観た。

今日の「○」と「×」: 「×」 アメリカも北朝鮮と対話の方向か?アベソーリは苦しい言い訳。 2/13
 ○「×」 米副大統領と「圧力」一致=安倍首相  時事通信 2/13 2/13(火) 17:07配信

「護憲+」: 名ばかりだった「NHK受信料の公平負担」  2/12 (厚顔)
 ○視聴者の皆さんは、NHKに「日本放送協会放送受信料免除基準」なる制度(一部の社会福祉施設や学校に対し、受信料の全額免除)があることをご存じだっただろうか。

NHK受信料の窓口-放送受信料の免除について - NHKオンライン


「護憲+」: 貴の乱異聞;見るに耐えないメディアの劣化 2/10 (流水)
 ○貴乃花騒動については、「貴の乱始末」で終わりにするつもりだったが、そうもいかなくなった。

「護憲+」: 貴の乱始末(芸人メディアのお粗末な世論誘導の失敗) 2/4 (流水)


「護憲+」: 「モリ・カケ追及」2/16全国各地の行動  2/9 (笹井明子)
 ○確定申告開始日の2月16日は、先にお知らせした東京の緊急デモ以外にも、全国で抗議行動が予定されています。

「護憲+」: 「モリ・カケ追及! 緊急デモ」2/16 2/3 (笹井明子)


今日の「○」と「×」: 「○」 予想を裏切る素晴らしさだった平昌五輪開会式。 2/10
 「○」 極寒の開会式、海外メディアの評価は…「寒くてあっという間」「美しくエレガント」
2/10(土) 11:49配信 THE ANSWER


Tamaの映画生活: 「スリー・ビルボード」人間は一筋縄ではいかない  2/10
 ○最初から最後まで、心を鷲掴みにされ、
 ハラハラさせられながら、最後まで引きずられた。
 「スリー・ビルボード」 ★★★★★

 今日のトピックス Blog2/7: 原発事故避難者訴訟 東電に11億円(一人330万円)の賠償命令 東京地裁 「包括生活基盤に関する利益の侵害」? 原告側が求めた現地視察は実現せず丼勘定!?(請求額の1/10) 公正&妥当か


「護憲+」: 支援住宅火災11人死亡 惨事生む住まいの貧困 指摘・反省と見直し要求 2/5 (蔵龍隠士)
 【社説】共同住宅の火災 弱者の安全を守らねば 【北海道新聞】2018.02.02 



「護憲+」: 「安保法制違憲訴訟・第6回国賠訴訟期日」傍聴報告 1/28 (笹井明子)
 ○1月26日午後1時半から東京地裁で行われた「安保法制違憲訴訟・第6回国賠訴訟期日」に原告として傍聴参加しました。今回も傍聴希望者が定員を超し抽選となりましたが、幸い私は当選、傍聴席に着くことができました。




9条の会オフィシャルサイト

「九条の会」メールマガジン (第272号)  発行リスト

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2018年02月10日 第272号 ☆☆☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第272号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇4・7「九条の会集会~3000万署名前進のために」を成功させましょう
  アピール 3000万人署名に弾みをつけよう
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇修学院学区九条の会(京都府京都市)、◇栄区九条の会(神奈川県横浜市)
◇汲沢九条の会(神奈川県横浜市)、◇厚木まちうち九条の会(神奈川県厚木
市)、◇みやぎ憲法九条の会(宮城県)、◇東園田九条の会(兵庫県尼崎市)
◇九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)、◇宮前九条の会(神奈川県川崎市)
◇中野南部9条の会(東京都中野区)、◇東京北法律事務所・北法律九条の会
(東京都北区)、◇世田谷・九条の会(東京都世田谷区)、◇北多摩東退職教
職員九条の会(東京都三鷹市)、◇九条の会・はつかいち(広島県廿日市市)
◇落合・中井九条の会(東京都新宿区)、◇都立高校女性教職員九条の会(東
京都)、◇たかつ九条の会(神奈川県川崎市)、◇あつぎ・九条の会(神奈川
県厚木市)
■編集後記~今年は安倍9条改憲阻止の年
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 4・7「九条の会集会~3000万署名前進のために」
                  を成功させましょう


アピール 3000万人署名に弾みをつけよう
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。           (編集部)

● 東京都北多摩東退職教職員九条の会(東京都小金井市)

創立30周年記念「まんさく展」
日時:2月15日から2月19日まで
(初日と最終日以外は午前10時から午後6時まで)
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 富士見町九条の会(東京都東村山市)

討論学習会:日米安保と憲法9条その歴史をみたら
日時:2月18日(日)午後1時~3時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 鶴ヶ島9条の会(埼玉県鶴ヶ島市)

パパママおしゃべりカフェ「憲法を知って こどもたちの未来を守る」
日時:2月18日(日)13時30分開演(30分前開場)
     15時30分から第13回総会
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)

映画「標的の島 風かたか」上映と三上監督のトーク
日時:2月24日(土)映画上映13:30~15:30(開場13時)
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 栄・池田九条の会(埼玉県新座市)

結成12周年「講演と春の風コンサート」
日時 : 2月24日(土)午後1時30分~4時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第133回(18年2月)例会
テーマ:少年兵志願を止められる母になりたかった
日 時:2018年2月25日(日)13時半
<詳細はこちらをクリックしてください>

● みやぎ弁護士9条の会講演会(宮城県)

憲法 9 条のもとで考える自衛隊と日本の姿
日時:2018年3月2日(金)18:30開演
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市)

学習会&経験交流会「憲法9条の破壊を許さないために」
日時:3月 24 日(土) 13 時 30 分~
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 映画人九条の会(東京都)

3・28映画人九条の会学習集会「欠陥だらけの国民投票法!」
日時:3月28日(水)18:50~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● みやぎ憲法9条の会

<詳細はこちらをクリックしてください>

● 名取九条の会(宮城県名取市)
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 改憲案が国民投票で否決されても、自衛隊の合憲性は「変わらない」?

<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.





今週の一言: 2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)
 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 憲法改正の議論が動いています。昨年は、憲法改正の具体案が各党から示され始めました。
 2012年に憲法全体の改憲案を示した自民党は、これとは別に、個々の改憲案として、[1]合区の解消、[2]任期切れ・解散中の大災害時における国会議員の任期延長を、党内でまとめていました。それに加えて昨年5月、安倍首相は、[3]自衛隊の存在、[4]教育の無償化について、2020年の東京オリンピック開催までに憲法に明記することを宣言しました。公明党は、環境権と自衛隊の加憲を従来から検討していますが、提案にまとめる動きは今のところなく、むしろ10月の総選挙で議席を減らしたことからか、改憲には慎重な姿勢を示し始めています。日本維新の会は、教育の無償化のほか、[5]統治機構改革(地域主権)、[6]憲法裁判所の設置を掲げています。
 その後、安倍首相自身の不誠実な答弁態度や森友・加計疑惑、資質を疑う閣僚答弁などから、国政への影響の強い東京都議会議員選挙で自民党は惨敗しましたが、10月の衆院選では自公で3分の2を維持し、改憲の発議に必要な議席数を保持しています。
 ただ、憲法改正権は、国会議員ではなく国民にあります。各党の議員が、世論から離れて上から目線で改憲案を発議するのは、憲法の建前と相容れません。憲法改正権が国民にある以上は、まず、世論が改憲の必要性を議論し、それを受けて国会議員が発議し、最後に国民投票で確定させる。それが、改憲のあるべき姿です。
・・・以下、割愛。
伊藤真(いとう まこと)のプロフィール

法学館憲法研究所所長。
伊藤塾塾長。弁護士(法学館法律事務所所長)。日弁連憲法問題対策本部副本部長。「一人一票実現国民会議」発起人。「安保法制違憲の会」共同代表。「九条の会」世話人。
ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会(作品(1)・(2)・(3))代表。
『伊藤真の憲法入門 第6版』(日本評論社)、『中高生のための憲法教室』(岩波書店)、『10代の憲法な毎日』岩波書店)、『憲法が教えてくれたこと 〜 その女子高生の日々が輝きだした理由』(幻冬舎ルネッサンス)、『憲法は誰のもの 〜 自民党改憲案の検証』(岩波書店)、『やっぱり九条が戦争を止めていた』(毎日新聞社)、『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案 増補版』(大月書店)、『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業』など著書多数。
今週の一言 バックナンバー
 ○【最新】2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2018年1月1日)
 ◆戦争と憲法と女性・子ども  角田由紀子さん(弁護士)(2017年12月25日)
 ◆九条俳句裁判は控訴審を迎えます  佐々木新一さん(弁護士・九条俳句訴訟原告弁護団団長)(2017年12月18日)
 ◆建設アスベスト訴訟について  田井 勝さん(弁護士・首都圏建設アスベスト訴訟弁護団)(2017年12月11日)
 ◆歌にしてみて読みなおす憲法前文  真思惟(まーしい)さん(ふぉーくシンガー)(2017年12月4日)
 ◆「弁護士 白神優理子が語る『日本国憲法は希望』」  白神優理子さん(弁護士)(2017年11月27日)
 ◆犯罪被害者遺族になって思うこと  渡邉 保さん(被害者が創る条例研究会 世話人)(2017年11月20日)
 ◆労働運動と貧困運動をつなげる新しい運動の可能性  今野晴貴さん(NPO法人POSSE代表)(2017年11月13日)
 ◆「働き方改革」の倒錯  兵頭淳史さん(専修大学経済学部教授)(2017年11月6日)
 ◆「安倍改憲」を阻止するために~衆院選の結果を踏まえて  金原徹雄さん(弁護士)(2017年10月30日)
 ◆憲法改正について  板井 優さん(弁護士・熊本中央法律事務所長)(2017年10月23日)
 ◆2016年参議院選挙無効訴訟最高裁大法廷判決傍聴雑記  奥山貞三さん(一人一票実現国民会議運営委員)(2017年10月16日)
 ◆「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」について  稲 正樹さん(国際基督教大学平和研究所顧問)(2017年10月9日)
 ◆保育と憲法  平松知子さん(熱田福祉会けやきの木保育園 園長)(2017年10月2日)
 ◆朝鮮高校生「無償化」裁判 不当判決をくつがえす世論を!  柏崎正憲さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会・事務局)(2017年9月25日)
 ◆生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間  小久保哲郎さん(弁護士)(2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告  盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター)(2017年9月11日)
 ◆つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう  森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長)(2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法  松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者)(2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~  鴨志田 祐美さん(弁護士)(2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス  布施祐仁さん(ジャーナリスト)(2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点  楾 大樹さん(弁護士)(2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」  楾 大樹さん(弁護士)(2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授)(2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う    リラン・バクレーさん(映画監督)(2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想)  山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行)(2017年7月10日)
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで  佐々木仁さん(公立小学校教諭)(2017年7月3日)
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条  藤岡 惇さん(立命館大学特任教授)(2017年6月26日)
 ◆エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望  映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて 
飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長)(2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」  足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授)(2017年6月12日)
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」  ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授)(2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました  実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長)(2017年5月29日)
 ◆声をあげよう!  辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共)(2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓  村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長)(2017年5月15日)
 ◆児童虐待の現状と課題を踏まえて  津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長)(2017年5月8日)
 ◆憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて  藤井正希さん(群馬大学准教授)(2017年5月1日)
 ◆医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して  岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表)(2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」  日野秀逸さん(東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人)(2017年4月17日)
 ◆憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い  木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長)(2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』  久保田 貢さん(愛知県立大学教員)(2017年4月3日)
 ◆「ひきこもりのない社会をめざして ~ KHJ全国ひきこもり家族会連合会の取り組み」  伊藤正俊さん(NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会 共同代表)(2017年3月27日)
 ◆抱えない介護~つどい場さくらちゃんの活動からみえること  丸尾多重子さん(NPO法人つどい場さくらちゃん 理事長)(2017年3月20日)
 ◆揺れる原発再稼動と脱・反原発のうねりと7年目の3.11を前に  山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)(2017年3月13日)
 ◆増え続けるコンビニと日本におけるフランチャイズ問題  中村昌典さん(弁護士)(2017年3月6日)
 ◆排出ゼロを目指す「パリ協定」時代 世界の潮流は「脱石炭」  鈴木康子さん(気候ネットワーク事務局)(2017年2月27日)
 ◆自衛隊情報保全隊による国民監視が続けられている!  十河 弘さん(弁護士)(2017年2月20日)
 ◆健康格差社会への処方箋  近藤克則さん(千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門 教授、国立長寿医療研究センター 老年学評価研究部 部長)(2017年2月13日)
 ◆過労死・過労自殺を防ぐには~ 家族と会社・社会ができることを考える  寺西 笑子さん(全国過労死を考える家族の会 代表世話人) (2017年2月6日)
 ◆自死遺族の想いと現在の活動  石倉紘子さん(こころのカフェきょうと 代表)(2017年2月6日)
 ◆外国人の生活と権利を守るために —「外国人の医療・福祉・社会保障相談ハンドブック」発行 —  觜本 郁さん(NG0神戸外国人救援ネット)(2017年1月30日)
 ◆待機児童対策と子どもの権利  普光院 亜紀さん(保育園を考える親の会代表・保育ジャーナリスト)(2017年1月23日)
 ◆ラスト・カフィーヤ®は「平和の象徴」  北村記世実さん(パレスチナ・アマル 代表)(2017年1月16日)
 ◆2017年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2017年1月1日)
 以下、割愛 ・・・


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後




















NHK: 「津波想定小さくできないかと東電が依頼」グループ会社社員 2/28
 ○東京電力の旧経営陣3人が原発事故をめぐって強制的に起訴された裁判で、グループ会社の社員が証人として呼ばれました。社員は、事故の3年前に巨大な津波の想定をまとめた際、東京電力の担当者から「計算の条件を変えることで津波を小さくできないか」と検討を依頼されたことを証言しました。
 ☆NHK: 詳報 東電刑事裁判「原発事故の真相は」
 ○東京電力の旧経営陣3人が福島第一原発の事故を防げなかったとして検察審査会の議決によって強制的に起訴された裁判。半年ぶりに再開され、これから20人を超える証人を法廷に呼ぶ集中審理が行われます。原発事故の真相は明らかになるのでしょうか? 初公判から判決まで、毎回、法廷でのやりとりを詳しくお伝えします。




岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹


NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ スカッと分かる!! 憲法のお話 ~9条に自衛隊を書き込むと日本はどうなる~ 1/29


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)






老人党「護憲+」‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「アメリカの歴史」再考 0:59 - 2018年3月1日 1件のいいね


渡辺輝人‏ @nabeteru1Q78 フォローする @nabeteru1Q78をフォローします その他 このインタビュー記事、非常に腑に落ちる。背任罪の条文やコンメンタールを読んでも、検察が「ハードルが高い」という意味が分からなかった。事例が少ないので、言及する自信もなかったが。 / “【特集】森友学園「背任罪で立件」の可否(1)…” 18:23 - 2018年2月28日 159件のリツイート 172件のいいね


Dr.サキ‏ @XKyuji フォロー中 @XKyujiさんをフォローしています その他 Dr.サキさんがⓢⓐⓘⓣⓞをリツイートしました 閣僚席、茂木大臣から 「外野うるさいよ!」と、指さしてヤジを飛ばす。 安倍総理大臣他すべての閣僚も辞任願いたいものだ! Dr.サキさんが追加 1:18 ⓢⓐⓘⓣⓞ @kentaro_s1980 茂木敏充くん 「外野うるさいよ!」 指先は自民党席?に見えますが… このスレッドを表示 23:46 - 2018年2月27日 67件のリツイート 55件のいいね


きっこ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 「これまでも度々問題を起こしてきた日本維新の会の足立康史衆議院議員が2月27日、自身のツイッターアカウントで「立民(立憲民主党)は北朝鮮の工作員」と中傷を行った。立民党のアカウントは翌28日、「ツイッター社に報告します」と応じた」→ 1:12 - 2018年2月28日 463件のリツイート 388件のいいね


Yab. (反戦・反核・反原発)‏ @yab887 フォロー中 @yab887さんをフォローしています その他 戦争や原発事故が起こって 初めて罪が発生するのではない。 戦争前、事故前の平和な時に 何もしないこと、 無関心でいることは 罪を犯しつつあることなのです。 臨済宗妙心寺派管長 河野太通老師 (FBより転載) 1:22 - 2018年2月28日 12件のリツイート 13件のいいね


VOTE for DEMOCRACY‏ @supportV4D フォロー中 @supportV4Dさんをフォローしています その他 あたらしく沖縄北方担当相になった福井照のハレンチ記事って、これか。 自民党エリート代議士の温泉豪遊「 ハレンチ写真」 愛人と台湾旅行まで楽しむ一方で、自身の名前を利用した2億円“架空投資話”の疑惑浮上 http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-c051.html … この続報が出るらしいし、こりゃ、また辞任だわ。 21:54 - 2018年2月27日 243件のリツイート 107件のいいね


蓮池透‏ @1955Toru フォロー中 @1955Toruさんをフォローしています その他 蓮池透さんが立川談四楼をリツイートしました 今世紀中は無理でしょう。 蓮池透さんが追加 立川談四楼 @Dgoutokuji 3月だ。7回目の3.11がやってくる。溶け落ちた核燃料デブリの調査は始まったばかりで、それを引っ張り出す方法も出してからどうすればいいのかも分からない。毎日6000人が働き、膨大なカネと知力を以ってしても分からない。原状回復は果たして可能なのか。私がこの目で見届けられないことだけは確かだ。 0:46 - 2018年3月1日 201件のリツイート 134件のいいね


小沢一郎(事務所)‏ 認証済みアカウント @ozawa_jimusho フォロー中 @ozawa_jimushoさんをフォローしています その他 安倍総理があれだけ高らかに宣伝していた「裁量労働制」拡大の今国会実現を断念。根拠データの捏造が原因。そして「悪いのは全部厚労省」と答弁。都合が悪くなると、森友のように自分は知らない、関係ない。結局、今回は残業代を支払いたくないお友達に頼まれてやっていただけ。間違いなく国難は総理。 20:15 - 2018年2月28日 2,049件のリツイート 2,121件のいいね


岡田克也‏ 認証済みアカウント @okada_katsuya フォロー中 @okada_katsuyaさんをフォローしています その他 【ブログ TALK-ABOUT 2018年2月26日】 五輪閉幕─素晴らしい日本選手の活躍、パシュートやカーリングに熱中 ⇒ 0:18 - 2018年2月26日 15件のリツイート 62件のいいね


Mitsuko_Uenishi‏ @mu0283 フォローする @mu0283をフォローします その他 長妻昭議員ホームページのパネル資料より。 そう。「働き方改革」では裁量労働制の拡大なんて議論していないのに「なぜか」合体させた。そして今、混乱の中でもゴリ押しして一括法案を出そうとしている。 1:52 - 2018年2月26日 2,308件のリツイート 1,482件のいいね


山口二郎‏ @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 安倍首相の意図とは逆の意味で、この国会は働き方改革国会にしよう。人間が人間らしく働き、生きていくためのルールとは何か。性急な法改正は棚上げして、じっくり議論しよう。それこそが、人口減少対策となり、日本社会の再生の道筋となる。 8:25 - 2018年2月28日 367件のリツイート 596件のいいね


山添 拓‏ @pioneertaku84 フォローする @pioneertaku84をフォローします その他 裁量労働制を法案から削除するよう指示した安倍首相。ねつ造データで定額働かせ放題などあり得ない。 一方で、休憩時間も深夜も休日も適用除外の「高プロ」=究極の裁量労働制は、あくまで法案に盛り込む予定という。断じて許されない! 14:15 - 2018年2月28日 348件のリツイート 248件のいいね





志村建世のブログ: 2月は逃げ月 2/28
 ○2月は逃げ月と言われる。1月の年初のさまざまな行事も終り、ようやく落ち着こうかという翌月が、いつもより早く終って3月になってしまうので、逃げられた感じになるのだろう。それにしても、30日か31日で決まっている日数が、2月にだけ妙に短いのはなぜだろう。
 少し調べてみたら、ローマ皇帝のわがままの結果だと説明されていた。自分が8月生まれだから、そこを「大」の月にして、足りない1日は2月から引くことにした。暦には、3月1日が新年で、2月は年末という時期があったのだそうだ。2月の末が年末と考えれば、そこに閏年の調整も含めて、しわ寄せに使うという発想も、わからぬではない。ただしそれならば、1月を新年にしたときに、なぜ12月の年末を調整に使わなかったのかという疑問が残る。しかし、そんな合理的な判断に納まらないところが、人間の歴史の面白さなのだろう。
 2月の暦で特徴的なもう一つに、平年の28日だと、次の3月と曜日が同じになるということがある。この件では、忘れられない思い出がある。昭和49年(1974)の2月のことだが、私は洋上研修船に講師として乗り込み、マニラ・香港を回遊する2週間の船旅に出ていたことがある。ちょうどその時期に、大きな録音の仕事があり、3月にスタジオを予約して、オーケストラのマネージャーにも早めに伝えておいた。ところがその電話が、マネージャーの息子さんの伝言のところで、2月の話と誤っていたのだ。曜日が同じなので気付かれずにいた。
 その結果、まぼろしの「録音日」に、楽団員はスタジオに集まったのだが、指揮者もディレクターもいない。電話で問い合わせたら「船に乗っていますよ」というわけだ。あとで聞いて大いに同情したのだが、マネージャーさんは言い訳に汗をかいたことだろう。指揮者の伊藤辰雄さんも自宅で電話を受け、「志村さんの予定だから間違いない、3月ですよ」と言ってくれたそうだ。
 そんなこんなで落ち着かないうちに、もう2月は行ってしまう。来年の2月に自分がどうなっているか、今の私にはわからない。あまり変わらずにブログを書いていられるといいのだが、いつまでも、というわけには行かないだろう。逃げて行く2月が、今年はなんとなく愛おしい。


植草一秀の『知られざる真実』: 「働かせ方改悪」推進する安倍政権基本姿勢が元凶 2/28
 ○安倍政権が提案している「働かせ方改悪」に対する風圧が強まっているのは、データに不備があったという技術的な要因に原因があるのではなく、この提案の目的、安倍政権の基本姿勢に問題があるからだ。

 「働かせ方改悪」は労働者=主権者の利益を増大させる提案ではない。

 逆に労働者=国民の利益を著しく悪化させるものである。

 労働者のための制度改定ではなく、労働者を雇う資本のための制度改定であることが、風圧が拡大している主因なのである。

 安倍政権が提示している「働かせ方改悪」の柱は以下の4点である。

 1.長時間残業の合法化

 2.正規労働と非正規労働の格差の維持

 3.年収1075万円以上の労働者を対象とする残業代ゼロ制度の創設

 4.残業代ゼロの裁量労働制度の範囲拡大

 残業時間に上限を設定し、違反に対する処罰規定を設けることは正しい。

 しかし、その上限が労働者の酷使を容認するものであるなら制度改定は「改正」ではなく「改悪」になる。

 労働者を守る規制を強化し、違反を厳正に取り締まるのでなければ、制度を改変する意味がない。

 今回の改定では月次の残業時間が100時間未満まで容認される。

 「過労死」の被害者遺族が「改悪」であると批判するのは当然のことである。実際に、月次残業時間80時間未満で過労死した労働者が労災認定されており、月次100時間未満の残業容認は「過労死」合法化に他ならない。

 安倍政権は「過労死」を防止する意思を有していないということになる。

 過労死を防ぐには最低限必要な休息が必要である。

 EUではEU加盟国がEU労働時間指令の内容を国内法として規定する義務を負っており、これがEU諸国における共通の基準になっている。

 EU労働時間指令では、休息時間について24時間につき最低連続11時間の休息時間を求めている。

 休憩時間を含めた1日の拘束時間の上限を13時間としているのである。

 深夜12時に退社した場合には、午前11時より前に出社することが許されない。


 この「インターバル規制」こそ、労働者の生命と健康を守る重要な基本ルールになっている
  ・・・ ・・・ ・・・


孫崎享のつぶやき: トランプ、二期目の大統領選挙マネージャーに、パスカルを選ぶ。パスカルはデジタル・マネジャーとしてトランプの企業と関係。2016年大統領選ではデジタル部門を管理。TV広告、ソーシアルメディアを担当。フェイスブックと緊密な関係 2/28


天木直人のブログ: 北朝鮮に非核を求めるより米国の核戦略批判をするのが先だ 2/27


天木直人のブログ: 習近平一強を批判する前に安倍一強を批判するのが先だろう 2/27


ike1962‏ @8icsRtq8Pz2NoMi フォローする @8icsRtq8Pz2NoMiをフォローします その他 【至急報】です 明日10時過ぎに公判前手続きのため、籠池お父さん、お母さんが大阪拘置所から一時的に外に出ます 可能な方は拘置所前に集まって激励の言葉をかけてあげて下さい! 拘置所前の川沿い出口付近から出ると思われますので9時半ごろからスタンバイをお願い致します 7:12 - 2018年2月27日 2,479件のリツイート 2,176件のいいね
  ★義を見てせざるは勇無きなり! 安倍夫妻による、拉致監禁!? 安倍一味が、天地の差。有り得ないでしょ。大統領弾劾罷免の朴槿恵氏を見てごらんなさい


山口二郎‏ @260yamaguchi フォロー中 @260yamaguchiさんをフォローしています その他 福田元首相が講演「憲法改正の必要はない」 | NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346361000.html … 福田赳夫氏は憲法9条のもとアジアとの共存を打ち出す福田ドクトリンを残した。福田康夫氏も穏健保守であり思いを受け継いでいるのだろう。まともな政治家はさっさとやめていくのか 1:24 - 2018年2月28日 663件のリツイート 648件のいいね







志村建世のブログ: 梅一輪一輪ほどの暖かさ ・ブログ連歌(506) 2/27
 ○壁に近い梅のつぼみは、陽光の反射で暖かくなるらしい。例年のことだが最初に咲きはじめた。何の不思議もない現象だが、絵にはなる。
 それだけのことで、朝からボーッとしている。それにしても、嵐雪の句はよく出来ている。


古賀茂明@フォーラム4‏ 認証済みアカウント @kogashigeaki フォロー中 @kogashigeakiさんをフォローしています その他 私も同じことをしたかも?という声が 誰もが思ったことを発言できるなくなると、今回のようなとんでもない間違いが起きる 独裁が怖いのは、独裁者の命令に逆らえないことよりも、独裁者が何も言わなくても、独裁者の意向を忖度して多くの人が間違った行動をとることです 0:57 - 2018年2月27日 167件のリツイート 174件のいいね


安全保障関連法に反対する学者の会‏ @anpogakusya フォロー中 @anpogakusyaさんをフォローしています その他 【拡散希望】あと4日! ◆学者の会主催「東アジアの平和と安全保障」シンポジウム 日時:3月3日(土)13:30~16:30 会場:名古屋大学東山キャンパス シンポ:青井未帆、遠藤誠治、君島東彦、鈴木規夫、西谷修 *オープニングに、高山佳奈子京大教授と本 秀紀名大教授による歌とギターがあります 23:15 - 2018年2月26日 39件のリツイート 23件のいいね


Dr.サキ‏ @XKyuji フォロー中 @XKyujiさんをフォローしています その他 Dr.サキさんが尾張おっぺけぺーをリツイートしました 安倍総理の答弁には驚きですね。 #森友学園 の、瑞穂の国記念小学院ができる現場へ昭恵夫人は籠池夫妻と三度も行き、名誉校長も引き受け、学園の教育方針を絶賛し、大阪府私学審議会会長とも会って話をしている。メールのやり取りも頻繁にしていた。これで昭恵夫人が全然関わっていないと言えるのか。 Dr.サキさんが追加 2:19 尾張おっぺけぺー @toubennbenn 今日の本多議員と安倍さんのやりとりの冒頭部分。 これだけでも、びっくり。 この会話の流れで、なんで質問の意味すら把握できないの? なんで、そんな頓珍漢な答えが出てくるわけ?… 0:25 - 2018年2月27日 119件のリツイート 76件のいいね


孫崎享のつぶやき: 東亜日報解説、北朝鮮の手招きに慎重なホワイトハウス、「いかなる対話結果も非核化でなければ」、そして米国国務省韓国課長は、「『文大統領が北朝鮮に最高の圧力を加えようとするトランプ政権と歩調が合っていない』との不満が大きくなっている」と発言 2/27







☆☆☆
植草一秀の『知られざる真実』: オールジャパン平和と共生3月4月6月集会予定 2/26
 ○安倍政治の本質は「戦争と弱肉強食」だ。

 オールジャパン平和と共生では、3月、4月、6月に集会開催を計画している。

 3月30日(金)国会議員会館 午後4時から7時
 4月19日(木)国会議員会館 午後4時から7時
 6月6日(水) 憲政記念館講堂 午後4時半から7時半

 の三つの集会を計画している。詳細については、予定が固まり次第、告知させていただく。・・・

植草一秀の『知られざる真実』: なぜ「働かせ方改悪」としか表現しようがないのか 2/25
 ○安倍政権が「働き方改革」と「印象操作」している「働かせ方改悪」を断固阻止しよう。
 安倍政権が提示している「働かせ改悪」は、
 1.長時間残業の合法化
 2.正規労働と非正規労働の格差の維持
 3.年収1075万円以上の労働者を対象とする残業代ゼロ制度の創設
 4.残業代ゼロの裁量労働制度の範囲拡大
 を柱とするものである。

 そのすべてが、資本の側に立つ制度変更である。

植草一秀の『知られざる真実』: 「働かせ方改悪法案」を葬らねばならない理由 2/24
 ○「働き方改革国会」などと表現されているが、安倍政権お得意の「印象操作」である。

醍醐聰のブログ: 3月3日、モリ・カケ追及第2弾 国税庁包囲&デモ、やります 2/18
 ○モリ・カケ追及 第1弾(2月16日)の貴重な体験
 一昨日の2.16納税者一揆。参加者は1,100人。2,000人、いや3,000人の参加で財務省・国税庁といわず、霞が関の官庁街の歩道を(通行のスペースは空けて)埋め尽くしたいという主催者の思いには届かなかった。
 しかし、振り返ってみて、母体となる組織もなく、1人1人の市民の自発的意思に待つほかない納税者の集りを2,3千人規模にするのは容易なことではないと実感した。
 その一方で、主催者の1人として、うれしい出来事をたくさん体験した。

自発的な参加の意思と呼びかけの広がり
 一つは、開催日の10日ほど前からネット上で2.16行動への参加を呼びかける書き込みが広がっていったことである。

ふふぽぽ‏ @fufu99ri1 フォローする @fufu99ri1をフォローします その他 「納税者一揆」はいい言葉だなあ 今必要なのは「一揆」だと常々思っていた。日本では赤ん坊から100歳を超える老人まで、一人残らず納税者だ。むしろ旗の代わりにプラカをもち、生活の苦しさに、権力のえこひいきに、怒りで報いねばならない。押し寄せねばならない、国会へ。税務署へ。一揆大賛成 0:49 - 2018年2月3日 3件のリツイート 5件のいいね
「『納税者一揆』はいい言葉だなあ 今必要なのは『一揆』だと常々思っていた。日本では赤ん坊から100歳を超える老人まで、一人残らず納税者だ。むしろ旗の代わりにプラカをもち、生活の苦しさに、権力のえこひいきに、怒りで報いねばならない。押し寄せねばならない、国会へ。税務署へ。一揆大賛成」 

tmotegi‏ @tmotegi1 フォローする @tmotegi1をフォローします その他 返信先: @8icsRtq8Pz2NoMiさん、@ichiromaruさん 73歳、都内まで電車で2時間、必ずデモに参加します。 15:47 - 2018年2月6日 2件のいいね
「73歳、都内まで電車で2時間、必ずデモに参加します。」 

you‏ @you16936149 フォローする @you16936149をフォローします その他 返信先: @8icsRtq8Pz2NoMiさん、@GmailReiさん 本当に、できること。訴えることしか術ないけど、あいにく、1日中働かないと、生活成り立っていかない! 1日の日給考えると行きたくても行けないのです。 そういう人多いのでは? どうか、東京でリタイアした方とか、代わりに声上げて下さい 少ないけど血税払ってるんだ。 行方?気になる 18:29 - 2018年2月6日 1件のリツイート 1件のいいね 
「本当に、できること。訴えることしか術ないけど、あいにく、1日中働かないと、生活成り立っていかない! 1日の日給考えると行きたくても行けないのです。 そういう人多いのでは? どうか、東京でリタイアした方とか、代わりに声上げて下さい 少ないけど血税払ってるんだ。 行方? 気になる」

このブログにもこんなコメントが届いた。

「今日の国会中継でも麻生の態度はなんだ!彼らが居直るほどみんなの怒りが高まればいいのだが。一年金生活者ですが、香川からもデモに行くよ!」(2018年2月14日、17:22)

 誰かに請われてではなく、誰かの指示に従ってでもなく、自らの意思の赴くままに行動の輪が広がることこそ、「自分の外に主人(あるじ)を持たない個人が支える本物の民主主義だと思う。

カンパがなんと17万8,206円!
 どうするか迷った末にデモの解散地点(丸の内鍛冶橋)の路上で呼びかけることにしたカンパ。会計担当が集計すると、なんと1万円札3枚を含め、合計17万8,206円! 激励であると同時に、市民・納税者の行動もこれで幕引きなどあり得ないという叱咤と思えた。
 幸い、主催者(「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」)は2月の16日の行動日に先立って、次なる行動を相談し、3月3日にモリ・カケ追及の第2弾を行うことにし、大枠の段取りを決めていた。そして、2月16日の財務省・国税庁包囲行動とデモ行進の時に使うコール表の裏面に、3月3日の行動の概要を印刷して参加者に配った。

主権者の意思が通じない安倍政権
 森友・加計問題の原点は教育勅語を使った「忠君愛国」教育に肩入れしようとした安倍夫妻の「お友達」への国有財産横流しの問題(ウソ八百ではなく)「ウソ八億」だったが、この疑惑を究明するべき国会審議の場で浮き彫りになったのは、国権の最高機関たる国会や会計検査院の監視など、どこ吹く風で、安倍政権がやりたい放題の傲慢政治を改める気配が全くないという現実に行き着く(安倍首相、麻生財務相の「適材適所」発言はその極み)。閣僚、与党(議員)もそうした政権運営をチェックする動きは全くなく、ただの「頭数」に成り下がっている。

 これは森友・加計問題に限ったことではなく、相対多数の国民が反対する原発再稼働、消費税増税、あるいは沖縄県民の過半が求める基地撤去、危険な米軍飛行の中止、日米地位協定の抜本改革などに政府が背を向け続ける状況と軌を一にしている。 
 野党は時に、独自の調査に基づく追及をするが、大半はマスコミ報道の使い回しで、政府の木で鼻をくくったような逃げ切り答弁にいなされる状況が続いている。不真面目な答弁が繰り返されるなら、「では時間がないので次の問題に」と言わないで、「質問に答えない答弁では審議は続けられない」となぜ突っぱねないのか?

選挙の結果は一括白紙委任ではない
 このような安倍政権でも世論調査のたびに相対多数が支持しているではないか、と言われるかもしれない。代わりの受け皿となる政治勢力が生まれない現状こそ、深刻な問題ではある。
 しかし、選挙結果は多数党(が組織する政権)への一括白紙委任ではない。そうなら、国会の予算・決算審議もいらないし、法案審議もいらない。会計検査院の検査もいらなくなる。司法も含め、三権の分立さえ、否定されかねない。
 今の国会、政権運営を見ていると、議会制民主主義の仮面をかぶった独裁・専権政治と言っても過言でない状況である。

主権者の意思を糾合した行動しかない
 こうなると、主権者である市民が政権と国会に向かって、独自に数の力を糾合して直接、意思を突きつけ、民意の怖さを見せつけるほかない。それには、1回の行動でおしまいではなく、第2弾、第3弾と、「あきらめない主権者の数の意思」、結果にこだわる意思を誇示するほかない。そして、そうした政治参加の経験を通して、今の政権に白紙一任となってしまってよいのか、多くの国民が主権者として考え、議論を交わす機会を持つことがなによりも大切だと思う。主催者の呼びかけにすべて同意というわけでない方も参加していただいて、互いに自分と違う意見と出合い、すり合わせ、互いの持論を見直す機会にしていただければ、それほどありがたいことはない。

 私が参加する「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」が「モリ・カケ追及! 第2弾」を呼びかけるのは、こうした理由からだ。
 今回は週末の土曜日。平日に行った第1弾に参加できなかった方々も、ぜひ、参加くださるよう、呼びかけたい。

モリカケ追及!第2弾の概要とアピール・ポイント
 よびかけ一式
 チラシ

 行動の概要(2月16日と同じ)
  2018年3月3日(土)
   13時30分  日比谷公園 西幸門(にしさいわいもん)集合
   13時40分~ 国税庁・財務省包囲行動
   14時30分  デモ出発(日比谷公園→新橋→有楽町・銀座→
          丸の内・鍛冶橋)

  アピール・ポイント 
   佐川長官 御用だ! 
   従業員用エレベーターを使った恥ずかしい「逃亡」を止めろ! 
   国会へ出てこい!
   (注)黄色のマーカーの表現の根拠は次の記事を参照
     「雲隠れの佐川・国税庁長官を発見 まるで逃亡犯のよう
      な行動」
      (『NEWS ポストセブン』2018年2月17日)
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00000007-pseven-soci 
   佐川長官を任命したのは麻生大臣だ! 
   麻生も責任を取れ!
   麻生はニヤけた答弁やめろ! 国民をなめるな!
   安倍首相、佐川長官を「適材」とは何事だ!
   公務員は安倍の私兵ではない 国民全体への奉仕者だ!
   (日本国憲法第15条2)
   昭恵さん、「私も真実を知りたい」はないだろう! 
   知りたいのはこっち(国民)だ! 国会で証言せよ!
   税金は政府の私物ではない 国民のために使え!

 ☆第2弾! モリ・カケ追及!緊急デモ!
 3月3日(土)

志村建世のブログ: 映画「NO」を見て国民投票を考えた ・ブログ連歌(505) 2/23

老人党「護憲+」‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「モリ・カケ追及! 第2弾 国税庁包囲&デモ」3/3 18:29 - 2018年2月22日 1件のいいね

植草一秀の『知られざる真実』: 受動喫煙対策の意思がない金権安倍自民党 2/23

志村建世のブログ: 金子兜太氏の「アベ政治を許さない」 ・ブログ連歌(505) 2/22
 ☆アベ政治を許さない(金子兜太氏 筆)

 許さじと思う心に春を待つ

植草一秀の『知られざる真実』: 昭恵氏佐川氏証人喚問&働かせ方改悪阻止完遂を 2/22

植草一秀の『知られざる真実』: 安倍政治打倒体制構築が2018年の最重要課題 2/20
 ○2018年は次の総選挙に向けて勝負の年になる。


孫崎享のつぶやき: 産経新聞いい記事を書けるんだ。「“人間性も金メダル級”、ライバルたたえた小平奈緒を韓国メディア絶賛」,韓国中央日報「小平は金メダル確定後、涙を流す李に駆け寄って抱擁し、韓国語で「よくがんばった」と慰労。同チームの選手が金、銀を獲得のよう」 2/20

IWJ: 朝鮮学校へ「高校無償化」制度適用を!2.20京都集会 ―基調講演:丹羽雅雄氏(高校「無償化」裁判大阪弁護団長) 2018.2.20

takako‏ @mutenkaningen21 フォロー中 @mutenkaningen21さんをフォローしています その他 辺野古抗議巡り国際署名始める 米団体、起訴取り下げ要求 | 2018/2/5 - 共同通信 16:21 - 2018年2月17日 2件のいいね

志村建世のブログ: 「本当の戦争の話をしよう」を読む ・ブログ連歌(505) 2/18

志村建世のブログ: 池田幸一さんの訃報を聞く ・ブログ連歌(504) 2/13
 ○以下は東京新聞WEB版による簡潔な訃報です。
 池田幸一氏(いけだ・こういち=シベリア抑留者支援・記録センター世話人)10日、老衰のため死去、97歳。京都府出身。葬儀は近親者で営む。喪主は長男節(たかし)氏。
 第2次世界大戦後に旧ソ連に抑留され、48年に帰還。元抑留者への給付金支給を定めたシベリア特別措置法の立法運動に尽力した。(引用終り)

植草一秀の『知られざる真実』: 平昌五輪南北融和進展で安倍赤恥外交の孤立 2/12
 ○韓国の平昌で開幕した冬季五輪・パラリンピック。

植草一秀の『知られざる真実』: 平昌五輪南北融和進展で安倍赤恥外交の孤立 2/12

老人党「護憲+」‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「微笑み外交」批判の安倍首相、北朝鮮・金永南氏と握手 5:47 - 2018年2月9日

老人党「護憲+」‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 「モリ・カケ追及」2/16全国各地の行動 4:11 - 2018年2月9日 0件の返信 0件のリツイート 0 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました

植草一秀の『知られざる真実』: 売国まっしぐらの安倍暴政日欧EPA&TPP11 2/9

植草一秀の『知られざる真実』: 安倍昭恵氏証人喚問拒絶なら安倍首相は辞任せよ 2/7

醍醐聰のブログ: 怒れる納税者・主権者で財務省・国税庁の周りをうめ尽くそう! 2/7
 ○皆さま
 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」の醍醐です。

    「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」
    HP : http://sinkan.cocolog-nifty.com/blog/  
    連絡窓口(メール):morikakesimin@yahoo.co.jp
    連絡窓口(携帯電話): 070-4326-2199


志村建世のブログ: ヘリコプターはよく落ちる? ・ブログ連歌(504) 2/7

植草一秀の『知られざる真実』: 米日株価急落とトランプ経済政策の盲点 2/6

植草一秀の『知られざる真実』: 名護市長選敗北踏まえて直ちに再出発する 2/5

植草一秀の『知られざる真実』: 御用放送NHK改革なくして受信料強制徴収なし 2/4
 ○NHKは重要な国会審議の模様をすべてテレビ中継するべきである。

志村建世のブログ: 小西誠の「隊友(とも)よ侵略の銃はとるな」を読む ・ブログ連歌(504) 2/2

 ※日本国憲法
 第76条 すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。
   2 特別裁判所は、これを設置することができない。行政機関は、終審として裁判を行ふことができない。

植草一秀の『知られざる真実』: 安倍外交の尊大な羞恥心と臆病な自尊心 2/1


志村建世のブログ: やっぱり嘘だった東電の「送電線に余裕なし」 ・ブログ連歌(504) 1/31

植草一秀の『知られざる真実』: 腐敗検察拷問責め籠池泰典氏夫妻を救出しよう 1/30孫崎享のつぶやき: 名護市長選(2月4日)世論調査激戦。前回約4000票差、前回は公明党が自主投票、今回は基地移設容認の自民党支持。公明の基礎票2000.これがかなり大きい要因。直前の米軍機事故、副大臣の「それで何人死んだんだ」とヤジがどう影響か,, 1/30




日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁が審理やり直し命じる | NHKニュース  1/31
安保法訴訟 自衛官に「訴えの利益」 審理差し戻し 東京高裁判決 毎日新聞 2/1
 〇安全保障関連法に基づく防衛出動命令は憲法9条などに反するとして、現役陸上自衛官の男性が国を相手に命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は31日、原告に訴えの利益がないとして却下した1審・東京地裁判決(昨年3月)を取り消し、審理を東京地裁に差し戻した。杉原則彦裁判長は「出動命令に従わない場合、刑事罰や懲戒処分を受ける可能性があり、訴えの利益はある」などと述べた。【近松仁太郎】

生活保護基準の引下げに反対する会長声明 【群馬弁護士会】2018.02.03

【共同声明】朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な対応を求めます 【ヒューマンライツ・ナウ】2018.02.28





天気 北海道、東北で猛吹雪 2日も引き続き警戒 毎日新聞 3/1


TBS: 北海道は猛吹雪のおそれ、「不要不急の外出控えて」 3/1
 ○北海道は、2日にかけて見通しがきかないほどの猛吹雪となるおそれがあるということで、気象台は、不要不急の外出は控えるよう呼びかけています。北海道・中札内村からの報告です。


“爆弾低気圧”縦断、首都圏は気温急上昇 TBS NEWS 3/1
 ○急速に発達した低気圧の影響で、1日朝は関東地方を中心に激しい雨と強い風をもたらした「春の嵐」ですが、午後からは一転、東京では最高気温が20度以上と4月下旬並みの暖かさとなる見込みです。
 午前6時前、東京の八丈島は、激しい雨に見舞われました。視界は悪く、木は大きく揺れて風も強く吹いていたことが分かります。この1時間後、千葉県内も激しい雨となりました。浦安市のJR新浦安駅では、一時、雷雨となり、傘をさして足早に駅に入る人が相次ぎました。
 急速に発達した低気圧の影響で、午前1時半すぎに和歌山県友ヶ島で最大瞬間風速が36.2メートルを観測。関東地方でも千葉県勝浦で29.9メートルを観測するなど台風並みの強い風が吹き荒れました。
 和歌山県・すさみ町沖では押船と台船の2隻が強風などの影響で座礁しましたが、乗組員7人は救助され、けが人はいませんでした。
 気象庁は東海地方と近畿地方で「春一番」が吹いたと発表しました。
 一方、午後からは関東地方で気温が上昇し、東京の予想最高気温が21度、横浜でも20度以上と、4月下旬並みの暖かさとなる見通しです。


霧島連山の新燃岳が噴火か、火山灰確認 TBS NEWS 3/1
 ○鹿児島県と宮崎県の県境に位置する霧島連山の新燃岳で、1日午前、噴火が発生した模様です。
 気象庁によりますと、午前11時ごろ、宮崎県の高原町から地元の気象台に対して「火山灰が降っている」との連絡があり、気象庁は、この情報をもとに新燃岳が噴火した模様だと発表しました。現地は視界が悪く、噴煙の高さなどは確認できていませんが、新燃岳が噴火したのは去年の10月17日以来です。
 気象庁によりますと、新燃岳では午前中からマグマや火山ガスなどの動きを示す火山性微動が観測されていたほか、火山性地震も多い状態が続いていたということで、気象庁は、山への立ち入り規制が必要な噴火警戒レベル3を維持して、引き続き警戒を呼びかけています。


暮らしに直撃、身近な値上げ相次ぐ - TBS News 3/1
 ○ドライバー不足が家計にも影響、身近な値上げ相次ぐ
 3月に入り、身近な商品の値上げが、私たちの暮らしを直撃しそうです。
 テーブルマークは、「冷凍うどん」など家庭用の冷凍食品22商品の出荷価格を最大16%引き上げます。また、森永乳業が家庭用アイスクリーム4商品を50円値上げするほか、えひめ飲料も「ポンジュース」の店頭価格を20%引き上げます。
 「アイス大好き、だから困っちゃう」(買い物客)
 「やっぱり生活費にかかってくる」(買い物客)

 一方、ビール最大手のアサヒビールは、業務用の瓶や樽に入ったビール類の価格を、大瓶で10%程度引き上げます。業務用の値上げは10年ぶりです。
 今回の値上げは、いずれもドライバー不足によって物流コストが上昇していることが主な要因で、日本郵便も「ゆうパック」の個人向け料金を平均で12%値上げします。人手不足が私たちの家計にも影響を及ぼしています。


 ○東京・狛江市の市長が複数の女性職員に対して、セクハラをしていた疑いが持ち上がり、1日の議会で追及されました。市長は疑惑について否定しています。
 所々が黒塗りにされた3枚の紙。「重要」と書かれた1枚には「セクハラの相談」との言葉があります。さらに細かく「車内で手を握られた」「エレベーター内でお尻を触られた」と具体的な相談内容も書かれています。セクハラをした人物への対応を記したものでしょうか、この報告を受けた副市長から「やんわりと言うことに」との言葉が記されていました。しかし、副市長が「やんわり」という相手、肝心のセクハラをした人物については黒塗りになっているのです。
 JNNが入手したこの3枚は、いずれも東京の狛江市役所が情報公開請求に基づいて公開した内部文書です。誰がセクハラを行ったのでしょうか。1日の市議会で、この問題が取り上げられました。
 「“手を触れられた”“お尻や腰を何度も触られた”その相手は市長だという複数の証言を得ています。市長にセクハラを受けた女性、複数いるんですよ。それでも違うというふうにおっしゃるんですか」(日本共産党 西村あつ子 市議)
 追及されたのは狛江市のトップ、高橋都彦市長。これに対して、高橋市長は・・・
 「ここに記載されているもので心当たりがあるものは1つもない」(狛江市 高橋都彦 市長)

 市長は疑惑を強く否定しました。議会の合間、JNNは直接、市長に疑惑を質しました。
 「私は職員に対して性的関心を持ったり、そういったもとで職員に接したことはありませんので」(狛江市 高橋都彦 市長)
 黒塗りの人物は一体誰なのか。疑惑について、市議会の他の会派も関心を寄せており、セクハラ行為に及んだ人物の特定にいたるのでしょうか。

TBS: 19歳女性にAV会社と契約させた疑い、4人逮捕 3/1
 ○モデル志望の女性に「モデルになるにはAVに出るしかない」などと迫り、アダルトビデオに出演させたとみられる会社役員の男ら4人が、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、会社役員の高木誠容疑者(31)と、AVプロダクション社員の善麻容疑者(35)ら4人で、おととし2月、専門学校生の少女(当時19)を勧誘し、アダルトビデオの制作会社と契約させた疑いが持たれています。
 高木容疑者らはモデルのオーディション会場で少女に声をかけたとみられ、「モデルになるにはAVに出るしかない」「既にお金が動いている」などと、アダルトビデオに出演するよう迫ったということです。高木容疑者は容疑を否認していますが、同様の被害相談が数件あり、警視庁は余罪を調べています。


4日にイタリア総選挙、「お騒がせ」元首相が復権か TBS NEWS 3/1
 ○今月4日に迫ったイタリアの総選挙。ポピュリズム政党が台頭しヨーロッパの行く末に大きな影響を与える選挙ですが、汚職や買春など数々のスキャンダルで辞任した、あの、お騒がせ元首相が、またも注目されています。
 大歓声に笑顔で応えるベルルスコーニ元首相、御年81歳。中道右派連合の顔として健在ぶりを見せつけます。

 数々の失言やスキャンダルにまみれながら過去4度、首相を務めてきましたが、5年前に脱税事件で有罪判決を受け、「さすがのベルルスコーニも終わった」と言われていました。ところが、不死鳥のごとく、このたび、政治の表舞台に復帰しようとしています。
 「私はまだまだ若い、みなさんのために仕事をするため、政治の世界に戻ってきた」(中道右派「フォルツァ・イタリア」 ベルルスコーニ党首)
 有罪判決を受けているため、本人は今回の選挙に立候補できませんが、富裕層への大幅な減税を公約するなど「バラマキ政策」で人気を集めています。

 「カリスマ性も能力もあるわ」(ベルルスコーニ氏の支持者)
 「いつも真実を言っている人物だ。(スキャンダルは)うそっぱちだよ」(ベルルスコーニ氏の支持者)

 このベルルスコーニ氏に「待った」をかけるべく現れたのが、9年前に市民運動から生まれた政党「五つ星運動」のディマイオ党首。ベルルスコーニ氏より50歳も若い31歳です。高校卒業後、ウェイターや建設作業員など職を転々とした異色の経歴の持ち主で、政策の中身は乏しいものの、既成政党の徹底批判がうけています。
 「ベルルスコーニは今さらイタリアを変えたいと言っているが、なぜ20年前にやらなかったんだ」(「五つ星運動」 ディマイオ党首)
 「五つ星運動」はポピュリズムと揶揄されながらも政治に失望する若者を中心に支持が広がっています。
 「ベルルスコーニはイタリアの恥よ」(「五つ星運動」支持者)
 「積極的な支持者ではないけど、他に選択肢がないんだ」(「五つ星運動」支持者)

 与党・民主党を含む中道左派は、おととしの国民投票の失敗から立ち直れず、支持が伸び悩んでいます。ただ、いずれの勢力も単独で過半数を集めるのは難しく、選挙後の連立の枠組みをめぐり混迷が予想されています。


NNN: 文氏“慰安婦”終わったと言ってはならない 3/1
 ○韓国の文在寅大統領は1日、演説を行い、加害者である日本が慰安婦問題が「終わった」と言ってはならない、と述べた。
 安倍首相は先月、文大統領に日韓合意は最終的かつ不可逆的なものだと直接伝えている。演説はこれを受けてあらためて韓国側の主張を表明したものと考えられる。
 韓国・文在寅大統領「慰安婦問題においても、加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない。戦争中の反道義的な人権犯罪行為は、終わったという言葉では覆えない」
 先月の日韓首脳会談で安倍首相は、日韓合意は最終的かつ不可逆的なものだと伝えている。その20日後の3月1日、日本の植民地時代の独立運動を記念する式典で、文大統領が日本の立場を批判し、あらためて慰安婦問題は終わっていないと強い言葉でクギを刺した形。
 文大統領は合意の再交渉は求めない立場で、「日本に特別な対応を要求はしない」とも述べている。
 また、竹島についても「韓国固有の領土」とし、「日本が占領した事実を否定するのは、侵略への反省を拒否することと変わりがない」と述べた。


NNN: 文大統領“慰安婦演説”日本政府は強く反発 3/1
 ○韓国の文在寅大統領は1日、演説を行い、加害者である日本が慰安婦問題が「終わった」と言ってはならない、と述べた。日本政府はこの演説に強く反発している。
 菅官房長官「その(演説の)内容というのは日韓合意に反するものであり、全く受け入れられず、極めて遺憾であり、韓国側に対し、直ちに外交ルートで我が方の立場を伝え強く抗議を致しました」
 その上で、菅官房長官は、「韓国が約束をしっかり履行することを強く求めていきたい」と述べた。
  ★日韓同盟、軍事同盟の成らぬ、訳 従軍慰安婦問題、然り!


「公開リンチのよう」牧原副大臣が野党を批判、のち撤回 【朝日新聞】2018.03.01
 ○働き方改革関連法案を巡る不適切データ問題で、野党6党が厚生労働省の担当者を呼んで説明を求めているヒアリングについて、牧原秀樹厚労副大臣が「全面テレビ公開で、公開リンチのようにやる」と批判した。同法案の事前審査をする1日の自民党厚労部会で発言した。
石破茂氏、孤立恐れず政権批判 社交性に嘆きの声も…
総裁選へ石破氏始動 派閥の政策集に独自の9条改憲案
 部会では、安倍晋三首相が裁量労働制の対象拡大を法案から削除する方針を決めたことについて議論していた。牧原氏は厚労省の担当職員が野党議員からの追及を受ける中で、職員がその場で資料を出せないと、「『そうやって隠すのか』と一部の人が大騒ぎをして大変なことになる。ほぼ帰ってない職員がいる」とも述べた。
 牧原氏はその後、発言を撤回。「野党の皆さんが議論するのは正当な権利。こちら(厚労省)に落ち度があったことは事実で、大変申し訳なく思っている。適切ではなかった」と述べた。
 さらに、牧原氏は同日夕、厚労…
  ★侮り、驕り、ヘイトの徒。 逆上、例にもれず!


首相 「高度プロフェッショナル制度」予定どおり法案に 【NHK】2018.03.01
 ○働き方改革関連法案をめぐり、安倍総理大臣は、参議院予算委員会で、裁量労働制の適用業務の拡大を削除する一方で、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す制度は、労働界の意見も取り入れたものだなどとして、予定どおり法案に盛り込む考えを強調しました。
 国会では、新年度・平成30年度予算案が先月28日夜、衆議院を通過したことを受けて、1日から参議院予算委員会で質疑が始まり、働き方改革関連法案をめぐって、裁量労働制の適用業務の拡大を全面的に削除することに関する質問が出されました。
 この中で、民進党の大塚代表は「『高度プロフェッショナル制度』を断念してもらえれば、労働法制はかなり歩み寄って、いわば平和的に審議が進む。時間外労働の上限規制や同一労働同一賃金はわれわれも賛成なので、『高度プロフェッショナル制度』もやめないか」と述べ、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す制度の削除を求めました。
 これに対し、安倍総理大臣は「『高度プロフェッショナル制度』は、柔軟な働き方を可能とし、生産性の向上にもつながっていく。また、連合の意見も取り入れて、年間104日の休日確保の義務づけなど、健康確保措置を強化する」と述べました。
 そのうえで、「本人の同意も必要とされており、『成果主義で働きたい』という人が働き方を選べるようにしていく。現状では対象を年収1075万円以上の人に制限しており、予定どおり、今国会に提出する法案に盛り込んでいく」と述べました。
 一方、政府が先に日銀の黒田総裁を再任する人事案を国会に提示したことに関連し、安倍総理大臣は「黒田総裁には引き続き2%の物価安定目標の達成に向けて、しっかりと金融政策を遂行してもらいたい。有効求人倍率が43年ぶりの高い水準になり、賃金も上昇しているという観点からも、今まで黒田総裁が取ってきた金融政策は間違っていなかったのではないか」と述べました。

 官房長官「野党側の指摘は全くあたらない」
 菅官房長官は午後の記者会見で、野党側が高度プロフェッショナル制度は長時間労働の是正に逆行すると指摘していることについて、「全くあたらない。年間104日の休日確保など働きすぎ防止のための措置をしっかり講じたうえで、年収が平均水準の3倍を相当程度上回る人を想定しているものだ。『自分のペースで仕事をしたい』という人もたくさんおり、政府としては丁寧に説明していきたい」と述べました。
  ★『成果主義で働きたい』 それで、どうして、賃金の上限を歓迎できるのか??? 1千万程度で。かつての、青色ダイオード事件でも、揉めたよね。後で、報酬は、幾らにするか?と。


NHK: ザギトワに秋田犬贈呈へ「一緒に散歩したい」 3/1
 ○ピョンチャンオリンピックのフィギュアスケート、女子シングルで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手に日本の秋田犬が贈られることになり、ザギトワ選手は「うれしいニュースです」と喜びを語りました。
 ロシアの首都モスクワでは1日、ピョンチャンオリンピックのフィギュアスケートに出場した選手たちの報告会が開かれ、ザギトワ選手も参加しました。
 この中でザギトワ選手は、オリンピック閉幕後、金メダルを獲得した記念に秋田犬を贈呈したいという意向が、秋田県や秋田犬の保存会などから相次いで示されていることについて問われると「秋田犬が私のもとに来てくれるとしたらうれしいニュースです」と喜びを語りました。
 15歳のザギトワ選手は、大会前、日本の新潟で調整を行っていたとき、雑誌に掲載されていた秋田犬の写真を見て気に入り、オリンピックで好成績が出せたらご褒美として飼うよう、両親に頼んでいました。
 報告会のあとザギトワ選手は、日本からメスの秋田犬を贈呈すると連絡があったことを明らかにし、「名前はこれから考えます。時間を見つけて、一緒に散歩したい」と満面の笑顔で語りました。そして、日本語で「ありがとう」と答えていました。

 秋田犬保存会「大館にも来て」
 ザギトワ選手の発言について「秋田犬保存会」の本部、秋田県大館市の秋田犬会館で、富樫安民副会長は「喜んでいると聞き安心しました。ぜひ犬を届けて夢をかなえてあげたいです。ザギトワ選手には赤毛の子犬が似合うのではと思います。犬を飼ったら秋田犬のふるさと大館にも来てもらいたいです」と話していました。


9条2項維持、首相案に染まる自民 違憲論争続く懸念も 【朝日新聞】2018.03.01
 ○安倍晋三首相がめざす9条改憲に向け、自民党が歩を進めた。現条項はそのままに自衛隊の存在を明記する首相案の優勢は変わらず、執行部はとりまとめを加速する。ただ、首相案でも違憲論争は終わらないとの指摘は党内外に残り、実現への道筋は険しいままだ。
自民9条改憲案、2項維持 自衛隊明記、首相案で集約へ
 戦力の不保持と交戦権の否認を定めた憲法9条2項。これを残すべきか削るべきか、28日の自民党の憲法改正推進本部の全体会合でまず声を上げたのは「削除派」だ。
 「2項を削除して、自衛隊を保持する根拠規定を明記する方が、むしろ国民の支持を得られる。確信している」
 衛藤征士郎元防衛庁長官がこう口火を切ると、削除派の代表格・石破茂元幹事長も「この国は本当に独立主権国家ですかということが、この問題の一番核心だ」と援護射撃を放った。
 石破氏らが2項削除論を強く主張し続けるのは、2012年に党として決めた改憲草案が2項を全面的に改め、戦力不保持を削除しているからだ。
 ただ、勢いがあったのはそこま…


真の友情とは 小平奈緒と李相花、お上の演出でない物語 朝日新聞 3/1
 ○平昌五輪のスピードスケート女子500メートルを制した小平奈緒(右)は2位の李相花と抱き合った=2月18日、江陵オーバル、細川卓撮影

ザ・コラム:稲垣康介(編集委員)
 メモを見て原稿を打ちながら、不覚にも涙ぐむ自分に驚いた。日本人記者に見られたら恥ずかしい。周囲を見回す。大丈夫。皆、視線はパソコンに釘付けだ。原稿はすぐに仕上がった。この物語を早く伝えたい。その気持ちが後押ししたのだと思う。
 平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで、小平奈緒の金メダルに立ち会う幸運に恵まれた。そのときの話だ。
 レース後、3連覇を逃した李相花(イサンファ)(韓国)の瞳から涙があふれ出た。「イ・サンファ」コールが観客席からわき起こる。李は太極旗を持ち、リンクを回り始めた。
 待っていた小平に李は抱きかかえられた。耳元でささやかれると、小平にしがみついた。心から信頼する人間にしか、あんな風に身をゆだねたりはしない。最強のライバルの絆の深さ。私は知らなかった。
 例えば、テニスでも試合後、ネット越しに健闘をたたえあい、握手をする習慣がある。視線も合わせない選手もいれば、心から勝者を祝福できるトッププロもいる。負けたときこそ、選手の品格がにじみ出る。
 小平と李の友情物語は、2人が並んで座った記者会見で明かされた。
 「チャレッソ」。小平は韓国語…


働き方法案「残業代ゼロ」は維持 首相表明 裁量制「全面削除」 【東京新聞】2018.03.01
 ○安倍晋三首相は一日の参院予算委員会で、今国会に提出予定の「働き方」関連法案から裁量労働制の対象を拡大する部分を削除すると正式表明した。高収入の専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル(残業代ゼロ)制度」創設については「予定通り今国会に提出する法案に盛り込む」と強調した。民進党の大塚耕平代表への答弁。
 首相は裁量労働制を巡る厚生労働省のデータに多数の不備があったことについて「精査せざるを得なくなったことを重く受け止めている」と表明。実態把握に努めるとともに、裁量労働制の対象拡大部分を法案から「全面削除する」と語った。
 大塚氏は、法案に含まれる残業時間の罰則付き上限規制や非正規労働者の待遇改善を図る「同一労働同一賃金」について「われわれも賛成だ」と指摘。長時間労働につながるとの批判がある残業代ゼロ制度も関連法案から削除すれば「前向きに審議に応じられる」と迫った。
 これに対し首相は「柔軟な働き方を可能にし、生産性の向上にもつながる」と拒否。残業規制と「同一労働同一賃金」、残業代ゼロ制度創設を一括して提出する考えを示した。
 残業代ゼロ制度を巡っては、立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の野党六党の国対委員長は国会内で会談し、関連法案から切り離すべきだとの認識で一致。立憲民主党の辻元清美国対委員長が一日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、切り離しを求めた。
 公明党の山口那津男代表は一日の党中央幹事会で、関連法案から裁量労働制の対象拡大を削除するとした首相の判断について「大きな決断だ」と評価。関連法案について、残業代ゼロ制度も含めて「大改革を成し遂げていく政府、与党の意思は変わりはない」と成立に向けて努力する意向を強調した。
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は一日午前の記者会見で、裁量労働制の対象拡大部分を削除した関連法案の国会提出時期について「速やかに(与党と)調整し次第、対応する」と話した。
年収1075万円以上の専門職対象
<残業代ゼロ制度> 専門的な業務を行う事務職を対象に、労働時間の規制を外す制度。導入されれば、残業時間や休日・深夜の割増賃金が一切支払われなくなるため、長時間労働につながるとの懸念がある。現在検討中の法案では、対象者は年収1075万円以上で、金融ディーラーや研究開発職などの専門職に限られている。導入には本人の同意が必要。裁量労働制は労働時間の規制は残した上で、実際に働いた時間に関係なく、あらかじめ労使で決めた時間を働いたとみなす制度。
  ★特許取得など、格別の成功報酬とは、別なのか。明記しているのか。


「日本政府が『終わった』と言ってはいけない」 韓国・文大統領 慰安婦反省促す 【東京新聞】2018.03.01
 ○【ソウル=境田未緒】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は一日、日本の植民地支配に抵抗して一九一九年に起きた「三・一独立運動」の記念式典で演説し、慰安婦問題について、日本に対して心からの反省と和解を求めた。また竹島(韓国名・独島(トクト))の領有権を主張した。「日本に特別な対応は要求しない」としたが、あらためて反省を促したことで、日本政府の反発は必至だ。
 文氏は演説で、三・一運動での独立宣言とその後に上海で設立された大韓民国臨時政府の樹立の意義を強調。その上で、誤った歴史を正さなくてはいけないとして、「独島は日本の朝鮮半島侵奪の過程で強制的に占領されたわれわれの土地」だと述べ、「日本がその事実を否定するのは帝国主義侵略に対する反省を拒否することだ」と批判した。
 慰安婦問題に関しては「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはいけない」と述べ、日本政府の姿勢を批判。「戦時中にあった反人道的な人権犯罪行為を終わったという言葉でふたをすることはしない」と強調した。
 また「日本は人類普遍の良心で歴史の真実と正義に向き合わなければいけない」と訴え、「苦痛を加えた隣の国と本当に和解し、平和共存と繁栄の道に共に歩くことを望む」と語った。
 演説は、慰安婦問題に加え、竹島の領有を具体的に主張したことで、李明博(イミョンバク)、朴槿恵(パククネ)の両保守政権時代に比べ、日本に対して厳しい内容となっている。記念式典は、ソウル市内の西大門(ソデムン)刑務所歴史館で催された。刑務所は、日本統治時代の独立運動家らが収監された場所で、歴史館での式典開催は初めて。

 ☆外務省:小泉総理大臣 日朝平壌宣言 平成14年9月17日
 2002年9月17日 平壌


米高校で教師発砲 トランプ氏の銃武装論に疑問符 【東京新聞】2018.03.01
 ○【ニューヨーク=赤川肇】米南部ジョージア州ドルトンの高校で二月二十八日、教室に一人で立てこもった教師の男(53)が拳銃で発砲する事件が起きた。女子生徒一人が避難時に軽傷を負ったが目立った負傷者はなく、男は駆けつけた警察官に拘束された。
 隣接する米フロリダ州の高校銃乱射事件を受け、トランプ米大統領が教職員の銃武装を提唱しているが、教師の銃携行の危険性が浮き彫りになった格好。教職員や保護者らの反発がさらに高まりそうだ。
 地元警察によると、男は二〇〇四年から勤務。午前十一時半ごろ、教室に生徒らを入れず、駆けつけた校長が鍵で解錠しようとしたところ、屋外側の窓に向けて一発撃った。
 動機や拳銃を持ち込んだ経緯は不明。警察の広報担当者は記者会見で「誰かを撃つつもりはなかったようだ」との見方を示した。
 現場は州都アトランタの北西約百五十キロで、生徒数約二千人。校長は記者会見で「評判のいい教師。教室で発砲するなんてショックだ」と驚いた様子だった。





 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧






【社説】[9条改憲]あまりにも問題が多い 【沖縄タイムス】2018.03.01
 ○自民党の憲法改正推進本部は28日、9条改正案の策定に向け、党所属議員から募集した条文案をもとに具体的な議論を始めた。
 安倍晋三首相が提起した「9条1項、2項を維持し、新たに自衛隊を明記する」案に沿って、3月25日の党大会までに、改憲案をとりまとめる意向のようだ。
 2項は「戦力の不保持」と「交戦権の否認」を定めた9条のキモの部分である。安倍首相は国会答弁で、1項、2項を維持するため「自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」と指摘した。
 その一方で、国民投票で改憲案が承認されなかった場合でも自衛隊の合憲性は変わらない、とも主張する。
 自衛隊を明記しても現在と変わらない。改憲案が否定されても変わらない。だとすれば、なぜ、巨額の予算を投じ、国民を分断してまで改憲する必要があるのか。
 安倍首相案に批判的な石破茂・元幹事長は、「党の決定には従う」との姿勢を示しつつも、2項を削除する持論を変えたわけではない。
 政府は現在の自衛隊について「必要最小限度の実力組織」と位置づけ、憲法が禁じる「戦力」ではない、と解釈してきた。自衛隊を憲法に明記しても「実力組織」と「戦力」の違いを巡る解釈論争に終止符を打つことはできない。
 今の自衛隊は安保法制によって海外での武力行使もできるようになっている。そのような自衛隊を憲法に明記すれば、「今と変わらない」どころか、憲法上の歯止めを失ってしまうのは明らかだ。
■    ■
 自民党によって改憲論議の土俵が作られ、政党や国民の議論が自民党案に賛成か反対かに収れんされ、安倍政権が想定するスケジュールに基づいて、ことが進んでいく。
 今の動きはそうだ。
 だが、立憲主義に対する考え方や、憲法が適用されてこなかった沖縄の現状、安保法制の違憲論議、北朝鮮の脅威の内実など、冷静に議論すべきことが議論されず、空気に流されてあたふたと改憲が進んでいくのが一番危ない。
 望ましいのは、安倍首相と石破氏と岸田文雄政調会長が秋の総裁選に立候補し、改憲問題を争点に掲げ、本格的な論戦を展開することだ。
 岸田氏は、党内リベラル派の指導者として9条改正について以前、「当面必要ない」と語っていた。
 スケジュールありきで自民党の改憲案を早々とまとめるのではなく、9条改憲が不必要なことを含め、時間をかけて議論するのである。
■    ■
 国民が憲法改正について判断する場合、どのような条件を整えることが必要なのか、その議論も欠かせない。
 現行の国民投票法は、資金量が多いか少ないかによって「国民投票運動」に不均衡が生じるといわれており、あらためて検証する必要がある

 頻発するテロや、北朝鮮の核・ミサイル開発、中国の海洋進出。「セキュリティーの政治」がこれほど社会全体を覆うようになったのは初めてだ。そうだからこそ、時流に流されない、深い議論が必要なのである。
  ★日没する国が、従来通り、積み上げ式の予算、装備、人的組織拡大など、続けていい訳がない。人も富も、減少するのだから。一部の金満家が、一切の私財を投げ打った処で、巨大な軍事予算を賄うことなど、有りそうもない。特に、最近の企業行動(内部留保に執着)を見ると、猶更だ!?


【社説】[強制不妊手術] 司法判断待たず救済を 【南日本新聞】2018.03.01
 ○旧優生保護法(1948~96年)に基づき、知的障害などを理由に不妊手術を強いられた事実が次々に明らかになってきた。
 鹿児島県内では54~79年に178人が強制手術を受けていたことが分かった。うち171人が遺伝性疾患のある人や知的障害者で、未成年者も含まれている。
 宮城県の60代女性が国に損害賠償を求める訴訟を起こしたことがきっかけで、各地で強制手術を受けたとする人が声を上げ始めた。計3人が提訴の準備を進めている。
 強制不妊手術は基本的人権を踏みにじる行為にほかならない。だが国は、「当時は適法だった」として謝罪や補償を一切行っていない。司法判断を待たず、積極的に救済の仕組みづくりへ踏み出すべきだ
 国会はようやく重い腰を上げた。超党派の議員連盟が近く設立される。当事者や家族らの高齢化が進んでいるだけに、迅速な対応が求められる。
 旧法による不妊手術は全国で約2万5000人に施され、1万6500人近くが強制だったという国の統計がある。
 母体保護法への改正から20年以上過ぎ、都道府県にあった手術に関する資料の多くが廃棄されたとされる。共同通信の調査によると、「優生手術台帳」など手術を受けた男女の名前を記した資料は25道府県の3540人分しか現存していない。
 鹿児島県も「(個人名などを記した関連資料は)保存していない」という。だが、それでは済まされない。
 国は自治体と連携して事実認定につながる証拠を集めるなど資料の保全と掘り起こしに注力すべきだ。その上で、手術への同意や資料の有無で対応に差が生じないよう事実認定を進め、幅広い救済を可能にする仕組みを整えてもらいたい。
 一方、宮城県は優生手術台帳に名前の記載がなくても、手術の事実を認める条件として独自に「手術痕が確認できる」「本人の証言に整合性がある」などの四つの目安を挙げた。参考になる先例として注目される。
 ただ、世間の差別や偏見を恐れて名乗り出ることができない人も多いとみられる。
 半世紀以上前に東京都で強制不妊手術に関わった精神科医は「精神疾患がある人々への差別の根は深く残ったままだ」と指摘する。
 旧法がもたらした事実を直視して謝罪や補償をすることで、優生思想と決別する姿勢を打ち出す必要がある
  ★三権が、揃って、頭を下げた、下げざるを得なかった、ハンセン病(瀬病)と同じ構図❕❕国家犯罪。 だが、謝罪も償いもしていないし、しようともして来なかった。未だに。


【社説】強制不妊手術 ◆司法の判断待たずに行動を◆ 【宮崎日日新聞】2018.03.01
 ○「不良な子孫の出生防止」を掲げる旧優生保護法により、知的障害などを理由に不妊手術を強いられたとする人たちが声を上げ始めた。宮城県の60代女性が国に損害賠償を求める訴訟を起こしたのに続いて各地で弁護士らに相談が寄せられ、いずれも70代の宮城県の女性、東京都と北海道の男性の計3人が提訴に向けた準備を進めている。
 そんな中、国会がようやく動きだした。与党内で「何らかの形で救済すべきだ」との意見が相次ぎ、近くプロジェクトチームなどを設置、補償に必要な申請手続きや事実確認の方法を議論し、野党にも呼び掛けて早期の法案提出を目指すとしている。

事実認定は積極的に
 だが戦後間もない1948年に施行された旧法が母体保護法に改正され、強制手術などを認める差別的な条文が削除されたのは96年。それから20年以上が過ぎ、都道府県にあった手術に関する資料の多くが廃棄されたとされる。被害を訴えている人と家族も高齢となり、証言も含め事実認定につながる証拠を集めるのは難しい。
 国はまず自治体と連携して現存する資料の保全と掘り起こしに手を尽くすべきだ。さらに同意や資料の有無で対応に差が生じないよう、積極的な事実認定によって幅広い救済を可能にする仕組みを整える必要がある。司法判断を待たず、行動を起こしてもらいたい。
 宮城の女性による提訴以来、旧法下の不妊手術などの実態が少しずつ明らかになってきた。共同通信の調査で「優生手術台帳」など、手術を受けた男女の名前を記載した資料は25道府県に3540人分が現存。半数を超える自治体で手術対象の最年少が15歳以下だったことが分かっている。
「当時は適法だった」
 国の統計などでは、旧法が存続したほぼ半世紀の間に約2万5千人に不妊手術が施された。1万6500人近くは強制だったとされ、うち2500人余りと都道府県別で最多の北海道は96年度まで手術の目標や予定人数を事業方針に掲げ、56年には手術が千件を超えたことを記念し冊子を発行。「国民の素質向上」が必要と強調していた。
 2004年3月に国会で野党から、同様の法律があったドイツやスウェーデンでは公的な補償が行われていると指摘され、当時の坂口力厚生労働相が「法律そのものが、これではいけないと廃止されたわけで、それなりに私は重く受け止めている」とし「今後どうしていくか、私たちも考えていきたい」と述べた。だが、いまだ何一つ具体化していない。女性の提訴についても、厚労省は「当時は適法だった」と繰り返すばかりだ。
 ハンセン病を巡っては、隔離政策を違憲とした01年5月の熊本地裁判決を機に政治主導で救済が図られ、翌月には補償金支給法が施行された。今回も、司法に背中を押されるまで手をこまねいているのだろうか。国は主体的に実態把握と救済に取り組む必要がある。
  ★当時も、今も、適法ではない。憲法違反。人権侵害、傷害罪だ。 救済は、お門違い。謝罪と償いが原則である。『国家無答責』のゾンビ、幽霊を、隠避に復活させるようなことがあってはならぬ。国家犯罪は、厳しく糾弾せねば。国民主権も、人権も確立できない。三権は、手下であるから。


【社説】優生手術の実態 解明へ都道府県も行動を 【西日本新聞】2018.03.01
 ○旧優生保護法の下、障害者らに不妊手術を強いた実態が徐々に明らかになってきた。
 優生政策を実質的に担っていたのは、それぞれ審査会で手術の適否を決めていた都道府県である。
 積極的に資料と事実を掘り起こし、公表すべきである。歴史を真摯(しんし)に総括し、将来に生かすためには不可欠の作業だ。
 このうち大分県は、男女101人の個人名が記載された不妊手術の資料が保管されていた-と発表した。メディアからの照会を受け、調査していたという。
 本紙が同時に九州各県に問い合わせたところ、福岡県で6人、長崎県で51人分の記名資料が見つかった。残る4県は「現存しない」と回答している。
 ただ、国などの統計によると、不妊手術の例がない都道府県はない。保管されている可能性がある公文書館などの調査を徹底しなければならない。
 旧優生保護法は「不良な子孫」の出生防止を目的に1948年から96年まで存在した。医師が申請し都道府県の審査会で決定すれば本人の同意なしで手術できた。
 最近注目され始めたのは、手術を強いられたという宮城県の60代女性が国に損害賠償を求める初の訴訟を起こしたからである。
 国の統計には個人名がなく、手術の対象者は統計上の数字としてしか把握されていなかった。「当時は適法だった」として国は実態調査も実施していない。国会では解明に向け与野党が動き始めた。
 個人名が分かる記録は、25道府県に約3500人分あることが共同通信の集計で分かっている。
 このうち北海道は最多の約1100人に及ぶ。高橋はるみ知事は「今ここに生きる人間として、この事実が日本の歴史の中にあったことは大変悲しい」と述べ、国に実態把握などを求めた。
 優生政策は、障害者らの人権と尊厳を踏みにじった。つい二十数年前まで行われていた事実を直視せねばならない。都道府県は自ら実態の解明に取り組み、国に救済を促すべきだ。


【社説】【カジノ拡大論】あまりに無節操が過ぎる 【高知新聞】2018.03.01
 ○カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案を巡り、政府と与党の制度設計に向けた議論が本格化している。
 IR実施法案は政府、与党が今国会に提出を目指しており、どこに何カ所整備するかが議論の最大の焦点になっている。
 これまでに北海道や大阪、和歌山、長崎の3府県が地元経済界などと誘致の動きを見せている。横浜市や愛知県なども誘致を検討。海外の事業者は東京都や沖縄県への進出に興味を示している。
 日増しに高まる誘致の声を受け、自民党内では当初の「2~3カ所」案より増やす拡大論がにわかに浮上しているという。だが、それはできない。
 2016年成立のIR整備推進法は、IRの基本理念を定めたもので、カジノ解禁に道を開いた。当時の国会審議で「2~3カ所でスタート」としたのはほかならぬ自民党議員だ。付帯決議には「厳格に少数に限る」ことも盛り込まれた。
 カジノ解禁に慎重な公明党への配慮があったとみられるが、刑法が禁じるカジノ解禁に向けた整備推進法を国会で成立させる条件をひっくり返せば、国会を軽視し、国民をだますことになる。あまりにも無節操が過ぎる。
 競馬や競輪、パチンコ店などが身近にある日本は、ギャンブル依存症の経験が疑われる人が全国で約320万人に上るとされ、ほかの国に比べ割合が突出して高い。カジノが多く整備されれば、依存症の発生リスクが増大することは誰にも分かろう。
 政府、与党は依存症対策として、日本人のカジノ入場回数の上限を週3回、月単位で10回程度とする規制案を示している。1人2千円の入場料を徴収する案もある。
 しかしこれらの規制を設ければ、日常生活に影響が出ないという根拠はいずれも明確ではない。議論は生煮えのままだ。
 それより急がなければならないのは、パチンコなど既存のギャンブル依存症の人たちへの総合的な対策で依存率を少しでも減らすことではないか。公明党は依存症対策法案が成立しない限り、IR実施法案の国会提出を認めない意向だ。
 ほかにもカジノには、経済効果が立地自治体とその周辺以外にも波及するのか▽暴力団の関与▽資金洗浄▽青少年への影響―など数々の懸念がある。
 昨年12月、政府が行ったIR制度案に対する意見公募では、賛否の詳しい内訳は公表していないが、政府自身が「反対意見が多かった」と認めている。このような環境下で、政府はなぜカジノの整備に前のめりになるのか、さっぱり分からない。
 カジノに詳しい識者によると、シンガポールでは約5年かけて準備したが開業後に規制の不備が次々に見つかったという。
 自民党に荒っぽい拡大論が出るのは危険だ。法案づくりは一度棚上げにして、頭を冷やしてはどうか。


【社説】公文書管理新指針 外部監視の体制整えよ 【徳島新聞】2018.03.01
 ○国の公文書管理に関する新たな指針の運用が、4月から始まる。森友、加計(かけ)学園問題で、各府省のずさんな文書管理の実態が厳しく指摘されたことを受けての措置だ。
 最大の焦点は、新指針の運用により、各府省の文書管理態勢が適正なものに改善されるかどうかである。
 
 残念ながら、行政側に都合の悪い文書が破棄される可能性は一掃されておらず、実効性のある再発防止策とは言い難い。政府は、さらなる改善策を検討すべきだ。
 新指針では、行政の意思決定過程を検証する上で必要な文書は「原則1年以上」保存すると明記し、その上で保存期間を「1年未満」に指定できる具体例も示した。
 森友問題を巡っては、異例の値引きが行われた国有地の売却記録を、財務省が「1年未満」に分類していた。こうした事態を防ぐ上で、保存期間を定める際の要件を示したのは一歩前進と言える。
 しかし、どの文書を「1年未満」とするかは、従来通り各府省に委ねられる。これでは、分類が適正かどうか、チェックする手だてがない。
 さらに「1年未満」の具体例に、職員間で行う定期的な業務連絡の記録や日程表が含まれた。日程表の中には、意思決定過程を検証する上で重要な文書も少なくない。それだけに、文書管理の判断基準として妥当なものかどうか疑問が残る。
 
 言うまでもなく、公文書は主権者である国民の財産であり、その適正な管理と徹底した情報開示は民主主義を支える土台だ。「証拠となる文書は破棄したけれど、判断は正しかったと信じてほしい」は到底通用しない。
 「どの記録が重要文書なのか」についても、時間を経て明確になる場合がある。各府省には、短期的な視点で取り扱いを判断せず、一定期間を経た上で決定する仕組みを構築するよう求めたい。
 そもそも公文書は、行政が決定した各種政策の公平性や妥当性を証明するための記録だ。政府は、国民への説明責任を果たすためにも、各府省の管理態勢を外部からチェックする第三者機関の設置を検討すべきである。
 
 加計問題では、内部文書の真偽に関して内閣府と文部科学省の言い分が真っ向から食い違うなど、あきれた文書管理の実態も表面化した。
 これに対し新指針は、政策立案や事業実施に影響する打ち合わせ記録などを作成し、可能な限り出席者に発言内容を確認するとした。
 確かに、この手続きが徹底すれば文書の正確性や整合性は保たれ、後のトラブルも回避できそうだ。だが、そうした作業が行政側に不都合な記録を残さないという結果を招くとすれば問題である。
 国の重要政策に対して検証機能が働かない政治の行き着く先は、果てしない無責任体制か独裁体制だろう。政府はそれを肝に銘じ、不断の見直しを進める必要がある。
  ★印象では、主権者への情報開示より、内閣の情報隠し、隠蔽、破棄に、貢献するかに、見える。


【社説】在外被爆者の賠償棄却 「時の壁」取り払わねば 【中国新聞】2018.03.01


【社説】裁量労働制  法案から削除は当然だ 【京都新聞】2018.03.01
 ○政府は働き方改革関連法案から裁量労働制の対象業務を拡大する部分を削除することを決めた。
 裁量労働制を巡っては、安倍晋三首相が比較すべきでない数値を基に時短効果があるかのような答弁をしたが、後に撤回した。
 その後も労働時間調査に異常なデータが多数見つかったが、安倍政権は今国会での法案成立の方針を変えず、削除を求める野党と激しく対立していた。
 突然の方針転換の背景には、野党の反対の中で法成立が見通せないという判断が出てきたからだ。
 重要法案の柱の一つが外れるのは、政権にとって大打撃だが、立法根拠が揺らいでいる以上、法案から切り離すのは当然だ。
 裁量労働制は、実際に働いた時間ではなく、事前に取り決めた時間だけ働いたと「見なす」仕組みだ。使用者側の時間管理義務がなくなる一方、労働者の裁量は業務遂行だけで、業務量や納期にはない。このため大量の仕事を与えられて長時間、過重労働を強いられる実態もある。
 導入には経営と労組など従業員代表の合意も必要だが、労組のない企業では経営の一存で取り入れている例が少なくない。
 対象業務の拡大は財界の長年の要望だった。安倍首相は「働く者に寄り添った改革」をアピールしたが、実際には財界との約束を優先しようとしたのではないか。
 この間、新しい問題も出てきた。労働政策審議会で議論が適切に行われたかどうかだ。
 労働関連法の法案は学者や法律家らの公益代表と労使代表の3者で構成する労政審が議論する。
 政府は労政審の分科会に一般労働者の時間外労働データを提出したが、「最長」の週を「普通」の週として示していた。
 「裁量労働制で働く方が時間外労働が長い」という「労働政策研究・研修機構(JILPT)」による調査結果は審議会に紹介していなかった。
 労政審は労働側の反対を他の2者が押し切り、裁量労働制の拡大を「おおむね妥当」と結論づけたが、政府の情報提供は恣意(しい)的だったのではないか

 政府は改めて裁量労働の実態調査を行うという。
 だが、対象拡大ありきの調査は許されない。結果によっては、対象縮小も検討する必要がある。
 今回なぜ異常なデータが次々と出てきたのか。政府がそれに気づかなかったのはなぜか。すべて検証対象になろう


【論説】裁量制拡大断念へ 「実態把握」なくば当然だ 【福井新聞】2018.03.01
 ○【論説】「きっちり実態把握をしない限り政府全体として前に進めない」。働き方改革関連法案の柱とする裁量労働制拡大に関する厚生労働省の不適切なデータ処理問題を巡り、安倍晋三首相が28日の衆院予算委員会でこう述べた。法案提出前に改めて裁量制で働く人の状況を確認するとの表明だ。首相の重い発言を受け、政府は裁量制に関する法案の今国会への提出を断念する方向で検討に入った。当然と言わざるを得ない。
 問題の発端は、裁量制で働く人と一般労働者の労働時間に関し、算出方法が異なるデータを比較し、1月29日に首相が「裁量制の方が一般労働者よりも短いというデータもある」と答弁したこと。野党の追及に対し、首相は答弁の撤回、陳謝に追い込まれた。
 その後も一般労働者の残業時間が1日よりも1週間、1週間よりも1カ月の方が短いなど不自然なデータが多数に及ぶことが判明。さらには裁量制にも1日の勤務時間が「4時間未満」、中には「1時間」とするデータが含まれ、調査方法にも疑義があるなど、野党から「捏造(ねつぞう)」との声が上がる状況に至っている。
 首相は、関連法案の一括提出を当初より1カ月近く延期してでも譲らない構えだったが、裁量制拡大の根幹はもはや崩れ去った。裁量制法案の断念は生半可な「実態把握」では野党を硬化させるだけでなく、国民不信も招きかねないとの判断からだろう。
 加藤勝信厚労相は「今あるデータを使うことにはならないだろう」と述べ、野党議員が「事業主による自主点検だけではなく、労働者の生の声を聞く『実態調査』なのか」とただしたのに対して、首相は「厚労相が答弁した通りだ」と明言を避けた。具体的な調査方法などに何ら目算があるようには思えなかった。
 予算委で野党が裁量制に移行した企業の労働者に対する移行前後の労働時間の調査を求めた際、加藤厚労相は取り合わなかった経緯がある。労働政策審議会などが指摘したように裁量制は労働時間が長くなる傾向にあることは他の調査結果からも明らかだ。
 経済成長を最優先する首相にとって、経済界からの要求でもある裁量制の業種拡大、高度プロフェッショナル制度(高プロ)の導入は「労働生産性を高める」と働き方改革の目玉に据えた。自民党内からは、第1次安倍政権が退陣に追い込まれた11年前の「消えた年金」に匹敵するとの声もあった。裁量制の断念となれば、これもまた政権にとっては大きな打撃だ。
 今回の問題で裁量制にスポットが当たり、対象外でありながら導入をもくろむ企業も少なからず出てくるのではないか。現状でも、少ないみなし賃金で青天井の労働時間を強いる不当適用が横行し、過労死や過労自殺を生んでいる企業が後を絶たない。
 働き方改革が誰のための改革なのか。そこに主眼を置くならば、高プロ制もまた見直し対象にならざるを得ないだろう。
  ★3年も前から、そんな数字を挙げて、裁量制拡大を狙っていたと聞くと、ケアレスなのかと疑問を持たざるを得ない。











核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告


【月まとめ】
アフガン支援の中村哲医師、同国大統領から叙勲 日経新聞 2/27

【速報中】野党、裁量労働制など批判「一歩戻る決断を」 朝日新聞 2/28
 ○28日夜、与党が野党の反発を押し切り、新年度予算案を衆院通過させる構えです。一方、働き方改革関連法案では労働時間の不適切なデータ問題をめぐり、安倍晋三首相が「実態把握をしない限り、政府全体として前に進めない」と答弁し、国会提出時期を3月中旬以降にする意向を表明。政権与党と野党の攻防をタイムラインで追います。
 特集:働き方改革、不適切データ次々

NNN: 堀の水抜くと…“銃の薬きょう”85個回収 2/28
 ○福岡県北九州市の小倉城の堀で、銃の薬きょうのようなものが85個見つかっていたことが分かった。警察が鑑定を進めている。
  ★8月9日長崎原爆投下、その本来の目標は、この小倉陸軍造兵廠(東西に最大735m、南北に最大1325m、総面積582,717m2(約176,000坪)もの敷地を誇った工廠で、小型戦車、小銃、機関銃、高射機関砲、砲弾、風船爆弾、化学兵器などを製造)でした。

JR東海の新幹線、46台が厚さ足らず 川崎重工製 【朝日新聞】2018.02.28

博士課程修了の学生、4割に借入金 大半が300万円超 【朝日新聞】2018.02.28
  ★奨学金ローン、破産…

1613人が仮設住宅で最期 東日本被災地3県、半数は福島 【東京新聞】2018.02.28
 ☆仮設住宅入居中に亡くなった被災者(判明分)
  岩手県 593人、宮城県 261人、福島県 759人  合計1613人

時代の正体〈583〉「檻」の破壊見過ごせぬ 弁護士・楾大樹さん 【神奈川新聞】2018.02.28

自民 「自衛隊の明記」条文案を類型化して提示 【NHK】2018.02.28

9条改憲、当面は不要=福田元首相 【時事通信】2018.02.28
  ★そんなに、米軍の弾除けになりたいのか、米軍防衛の任につきたがっているのか、防衛を何と思っているのか、不明、というより、常識に合わない!?自己防衛、ソッチノケ

筋弛緩剤混入事件、再審開始認めず 仙台高裁 【朝日新聞】2018.02.28

5人が入学辞退 制服問題の小学校 民間会社に警備依頼 朝日新聞 2/28
  ★何でこんな公立校やこんな校長を養い、或いは、警備会社を雇わねばならぬのか???

裁量労働 新たに調査 首相、国会で意向示す 【東京新聞】2018.02.28
 ○裁量労働制を巡る不適切なデータ問題で、安倍晋三首相は二十八日午前の衆院予算委員会で、裁量労働制の労働時間に関する新たな調査を行う意向を示した。首相は「きっちり実態把握しない限り、政府全体として前に進めない」と話した。

新年度予算案 衆院予算委で賛成多数で可決 【NHK】2018.02.28

リニア談合 立件へ詰め 駅工事の受注調整疑い 【東京新聞】2018.02.28
 JR東海は二七年の品川-名古屋間のリニア開業を目指している。総工費九兆円超のプロジェクト。三兆円の財政投融資が投入され国から支援を受けている。

自民党 9条改憲、条文案議論へ…推進本部、絞り込み加速 【毎日新聞】2018.02.28
  ★安倍主導、官邸主導を薄めようとしているのか!?

【社説】本島にミサイル部隊 過敏な対応は危険を招く 【琉球新報】2018.02.28
 ○南西諸島の軍事基地化を推し進める危険な計画だ。検討する必要は一切ない。
 政府が地対艦誘導弾の新たなミサイル部隊を沖縄本島に配備する方向で検討している。宮古島市では700~800人規模の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊の配備を進めている。・・・
 沖縄本島-宮古島間では2008年11月以降、中国海軍の往来が徐々に常態化してきている。だが、公海通過は国際法上問題はない。過敏な対応は危険を招く恐れがある

【社説】[本島に陸自ミサイル]「軍事要塞化」が顕著に 【沖縄タイムス】2018.02.28
 ○沖縄で自衛隊増強の動きが急だ。

【社説】[不適切データ] 裁量制切り離すべきだ 【南日本新聞】2018.02.28

【社説】国民投票の課題 十分な判断材料示せるか 【熊本日日新聞】2018.02.28

 【了】

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: