FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
2018-03-04

3/4: 裁量労働制“不正導入”(社員千9百人中6百人)の野村不動産社員が過労自殺 憲法が、人権尊重を最高価値とし、労働基準法が、労働者の人権を護って来た 今や監視の為の“人権委員会”が必要か!?

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
《謹告》 年改まり、また、軽量化を図ります。2018年元旦
【2018年 2月度】今日のトピックス Blog2/28: 9条改憲、何を考えているか分からない、アベノミクスは行き詰り=福田元首相 私は、人権尊重、国民主権、平和主義を支持! さて、裁量労働制放棄はいいが、安倍氏、後何をするつもり???
  ☆彡【月まとめ】、下段に移しました。
【2018年 1月度】今日のトピックス Blog1/31: 自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁、「安全保障関連法が成立したことに照らし」訴えの利益認め、審理やり直し命じる 愈々、安保法の憲法審査が始まる!? 安倍政治の偏頗、侮り、驕りの御蔭か
【2017年12月度】今日のトピックス Blog12/31:大晦日 ’17回顧 基地被害 政府は住民保護を放棄 核兵器禁止条約・平和賞受賞 核なき世界への弾みに! 平和、人権を乱すのは『米国第一』「安倍1強」!? 革命・改革は、主権者・国民から
【2017年11月度】今日のトピックス Blog11/30: 憲法・9条支持 安全保障、片や核ミサイル開発に直走り 片や安倍友贔屓に、特例・特区・お手盛、侮り尽くし 彼我の差は歴然! 『安倍1強』を許すなど日本、主権者は正気か 直らないのか

「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。
各メディアの電話番号など 情報
 ★2017衆院選:朝日新聞デジタル 
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・ドイツ第2党連立承認 メルケル首相 4期目の政権発足へ 3月4日 19時09分
 ・イタリア総選挙、最大の争点「移民問題」の現状 3/4(日) 18:25
 ・米大統領「欧州の車に関税課す」、EUが報復措置取るなら 3/4(日) 18:24
 ・韓国政府、5日から北朝鮮へ特使団を派遣 3/4(日) 18:01
 ・先月末解除も…阿蘇中岳、再び立ち入り規制 3/4(日) 15:14   ★原発は、大丈夫か!?
 ・野村不動産 50代の男性社員が過労自殺 3/4(日) 18:25   ★違法に裁量労働制を適用…//悪用の証明
 ・春本番の陽気が…一転 気象予報士・山口津香沙 3/4(日) 17:55
 ・ホワイトハウス前で 男が自分に発砲し死亡 3/4(日) 6:22
 ・北、非核化前提の対話なら応じない姿勢強調 3/4(日) 1:36
 ・ザギトワ選手も…プーチン大統領が選挙集会 3/4(日) 1:27   ★ロシア大統領選挙 3月18日投票、任期は6年
 ・キャリーバッグから“腐敗した赤ちゃん” 3/4(日) 1:19
 ・屋根の雪下ろし中、転落事故相次ぐ 北海道 3/4(日) 1:18

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
3月4日分 9:00 実施
「護憲+」: カーリング女子と裁量労働制法案! 3/4 (流水)
 ○【カーリングと民主主義】

 カーリング娘たちの「そだね!」という北見弁に心を和ませた方も多いと思う。わたしもカーリング娘が大好きで、彼女たちの試合は、平昌オリンピックの一年前の世界カーリング選手権当時から欠かさず見ている。

 カーリングという競技は、スコットランドが発祥の地とされているが、実は北欧の氷の上の石投げに起源があるという説もある。現在のようなカーリング競技のルールになったのは、カナダだという話である。まあ、それだけ国際的なスポーツだと言う事であろう。

 歴史話はその程度にしておいて、わたしがカーリングという競技に魅せられているのは、「氷上のチェス」と呼ばれるように、きわめて繊細で知的なゲームである、という側面と、刻々と変化する氷の表情を読み、情報を共有して戦略的に戦うために選手間の【話し合い】がきわめて重要なスポーツだという点にある。

 ヨーロッパ(特に北欧)やカナダで盛んなスポーツだが、わたしは、この【話し合い】のありようが、欧州などのPUBLICという精神文化を象徴していると考えている。(※PUBLIC 日本語では公共と訳されているようだが、日本でいう公共とは多少ニュアンスが違う)

 カーリングの氷上の【話し合い】は、常に事実を基に行われる。常にストーンの滑り方をストップウォッチで正確にはかり、その変化を読んで氷の状況を把握する。次に、ハウス(真ん中の円)の中の状況を読む。相手のストーンの位置。味方のストーンの位置。ストーン同士の角度。

 それらの事実に基づいて、どのような位置に、どのような角度で、どのようなスピードで、ストーンを投げるかを決定する。試合の勝敗がかかっているのだからきわめて真剣な話し合いを行うが、実に、科学的で、合理的な話し合いが行われている。そして、話し合いの結果で決まったことは、成員全てが守り実行する。

 さらに、ストーンを正しい場所に導くために、スウィープ(氷を掃く)という作業が大変重要になる。知的スポーツであるが、このスウィープという作業は大変体力を使う。こういう縁の下の力持ち的作業も併せ持った競技である。

 わたしから言わせると、この話し合いの【決定事項】が西欧流のPUBLIC(公共)なのであり、決定したら、スウィープのような一種の汚れ役も積極的に行う、これぞ、民主主義だという見本である。

 話し合いでは、決して相手のミスを期待せず、自力で勝利する手段を最後まで模索する。運よく相手のミスで勝利した時(日本チームが英国チームに勝利した最後の場面)には、決して大喜びはしない。ミスをした相手の気持ちをおもんばかるのである。※以前に書いた事があるが、これぞGentleman Idealである。

 民主主義という制度は、【話し合い】がなければ決して成立しない。しかし、一口に話し合いと言っても、様々な話し合いがある。この【話し合い】のありようが、それぞれの国の民主主義の練度や深化を決定すると言って過言ではない。

 【PUBLICとは】

 例えば、今回の裁量労働制の決定過程を見てみよう。

 労働組合や労働者と会社側の真剣な話し合いの結果を国(厚生労働省)が受けて、法制化に乗り出したという話ではない。そうではなくて、企業側の要請を受けて、厚生労働省が都合の良いデータを収集。それを基に御用学者や評論家などを集めた会議で決定し権威付けをする。これが典型的な日本的【話し合い】の決定過程である。つまり、【公】が決定して【私】に降ろす形である。

 ところが、西欧や北欧(特にオランダ)では、話し合いを通じたPUBLICという精神が根付いており、私、公共、公という三元論で思考する考え方が定着している。

 では、オランダ風のPUBLICという概念は、どのようなものか。これはオランダの歴史と深く関わっている。それこそ、オランダ人の血肉と化した【文化】そのものだと言って良い。

 オランダは、ヨーロッパを流れる三本の大河の出口に当たる。そのため、土地の多くが0メートル地帯で、古来より洪水に悩まされてきた。洪水は毎年同じような時期に起きる。人々は、それまでに洪水の備えをどうするかを決めなければならない。一人一人の命と生活に関わる話し合いなので、猛烈な激論が戦わされる。しかし、洪水の時期は待ってはくれない。それまでには、決定しなければならない。皆の話し合いで決定したことは、守らなければ、洪水の備えはできない。

 PUBLICという概念は、この話し合いの決定事項から生まれている。日本の【公共】という概念とは、明らかにニュアンスが違う。

 このような話し合いの決定事項=PUBLICを基に【法律】を制定するのが、国家=【公】という存在になる。日本とは違い、下から上への流れになる。ここで初めて、【裁量労働制】をはじめとする【働き方改革】との接点が生まれる。

 安倍内閣が提出している「働き方改革」なるものは、「オランダの奇跡」と呼ばれたオランダ人の「ワークライフ・バランス」の都合の良いところだけをつまみ食いした法案である。

 ところが、オランダ流【ワークライフ バランス】なる働き方は、上に書いたオランダ人の血肉と化した三元論的思考法=【公・公共・私】の発露であり、これをそのまま日本に当てはまめる事にそもそも無理がある。

 【オランダ流「ワークライフバランス」とはどのようなものか。】

 戦後世界をリードしたシステムは、いわゆる「アメリカニズム」。アメリカニズムとは、工業化と経済成長を通じた【自由】と【平等】の達成。そして現在は、このアメリカニズムが世界中に波及している状況。これを【グローバリゼーション】と呼ぶ。特に現在の日本は、この「グローバリゼーション」の先兵と言ってもよい。そして、現在の日本や日本人の違和感や住みにくさは、この【グローバリゼーション】にうまく適応できないことに淵源がある。

 実は、オランダ流【ワークライフバランス】は、この「グローバリゼーション」のアンチとして生まれたものである。その最も分かりやすい例として語られるのが、【シェアリングエコノミー】という考え方である。

 (1) アメリカ型シェアリングエコノミー⇒基本的にはインターネットというITツールを使っていかに新しい隙間ビジネスを開発するかという発想⇒UberとかAirbnb⇒インターネットを使い隙間産業を生み出すのが基本だが、これがシェアリングエコノミーといえるかどうか疑問

 (2) オランダ型シェアリングエコノミー⇒基本は【愛】⇒シェアすることで社会課題を解決しようという発想。⇒(一例)「ビュートゾルフ」という在宅ケアモデル⇒ケアの問題をシェアリングエコノミーでどう解決していくかということ。まずは近隣の人たち同士でネットワークをつくって、体が不調をきたした時にそのネットワークを頼ると、サッと助けにきてもらえる体制を整える。シェアリングによる相互扶助の地域システムの構築です。さらにそれを広げ、医師や看護師が中心となって、専門的な包括地域ケアの仕組みをつくっていく・・

 シェアリングエコノミーは、もっと公共性が高いものなのである。

 【EUの補完性の原理】

 このようにオランダでは、常にPUBLICという理念が、新たな経済の在り方を考える時に導入されている。これは、EUでも同じである。EUは「補完性の原理」という哲学に基づいている。EU委員会が決めたことに無批判に従うのでなく、各国のコミュニティでやっていることを中心にして、足りないところがあればEUが決めたことで補完してください、という考え方。いわゆる【公共哲学】の考え方である。

 ※オランダに関する部分は、以下の対談に大きく依拠しています。
 ≪「パブリック」には適切な定義も和訳もない?日本は「公私二元論」の国≫
 【長坂寿久氏×武田隆氏対談1】(ダイヤモンドオンライン

 【日本の公私二元論的思考】

 この掲示板で厚顔さんが追い続けている公共放送としてのNHK問題の根源は、三元論と二元論の思考法の違いにある。厚顔さんは、【公・公共・私】の三元論で論じているが、NHKは【公・私】の二元論で考えている。NHKの経営者連中の頭には、「公共」=PUBLICという概念がない。あるのは、【公共】≒【公】という概念のみ。この日本的思考風土は、平成の世になって強くなっていると思える。

 明治維新150年。この問題は、安倍首相が喧伝する明治維新の歴史評価が正しいのだろうか、という問題にも通じる。

 結論から言うと、徳川幕藩体制を倒した明治維新政府は、【公共】という概念を根こそぎ簒奪し、【公】という概念に限りなく包摂したのである。

 「文明開化」「殖産興業」「富国強兵」のスローガンは、西欧先進国に追いつけ追い越せの精神に満ちていた。「西欧=進んだ国」 「日本=遅れた国」という図式は、明治の指導者連中の脳裏に刷り込まれており、全ての改革が、西欧列強に追いつき追い抜くための手段だった。

 当然ながら、無知蒙昧な庶民には、意識もなければ見識もない。彼らは教化しなければならない存在だ、というわけである。だから、明治維新政府の改革は全て上から下へと降りてきた。これが、日本に【公共】という概念が育たなかった理由である。

 一種のカルトだと言って良い「国家神道」理念が国内を席捲するにつれ、「公共」という概念は育たなくなった。それでも、戦前の日本の農村には、「農村共同体」が色濃く残っており、村内部でのしきたりや話し合い、結などの相互扶助の精神は残っていた。

 この土台の上に、敗戦後、民主主義の理念が導入されたのである。「話し合い」を土台とした西欧流「PUBLIC」=公共精神が、ようやく人々のものになりはじめた。わたしたちの世代でいえば、学校の「自治会」などは【公共】精神の教育の場だった。

 ところが、高度経済成長期になり、全国的に地方(田舎)の人々が都会へ流入する広範な人口移動が起こった。農村人口の都市部への大移動により、農村共同体は実質的に消失した。吉本隆明流にいうならば、農村の「上げ底」化が進行したのである。この傾向は、今なお続き、今や全国各地で集落や町、中には市の消滅すら叫ばれている。明治以降、中央政府が邁進してきた中央集権化の完成だと言ってよい。

 中央集権化の進展により、地方(田舎)は実質上消失。日本人の思考の原点にある農村共同体的思考(祭りなどに象徴される共同体の了解事項)が崩壊してしまった。地縁・血縁もかってのようなつながりはなくなり、農村共同体の消滅の代替えとして、各企業に根付いていた【社縁】(同僚と運動会とか旅行などを行う)といった日本的コミュニテイがほとんど崩壊してしまった。つまり、【公共】の精神を育成する土台(基礎)がほとんど崩壊しつつある。

 この代表的事例が、学校などの公の組織や店などに対して激しく抗議するクレーマーの増加である。彼らには、自らの行為を制御するPUBLIC=(公共)な空間がない。自らが、PUBLICな空間に生きているという自覚もない。そのため、自らが優位に立てるという理由さえ見つかれば、際限なくクレームを続けるのである。彼らの思考には、【公共】という概念はない。あるのは、【公】とそれに対峙する【私】という視点だけである。

 さらに、21世紀に入り、新自由主義的思考が主流になりはじめ、グローバルスタンダード(※アメリカンスタンダードに過ぎない)などという概念が喧伝されるにつれ、【公共】の視点より、国家が何をなすかという【公】の視点が強調されている。(※経済から考えると、いまや国家障壁などないに等しいのに、国家の役割が強調されるというアイロニー)

 このように、日本では、PUBLIC=【公共】の精神の涵養など、それこそ【非生産性】の極致だという認識が席捲している。

 このような認識で出されたのが、【裁量労働制】や【高度プロフェッショナル法案】などの一連の「働き方改革」法案である。公共の精神の欠落した認識の下で出された法案なのだから、実質【働かせ方法案】になるのも無理はない。

 植草一秀氏に言わせれば、以下のようになる。
 「知られざる真実」

 1、 長時間残業の合法化
 2、 正規労働者と非正規労働者の処遇格差の維持
 3、 残業代ゼロ制度の導入
 4、 裁量労働制の適用範囲拡大

 【結語】

 現在繰り広げられている「働き方改革」の議論も、国民は、常に権力側(上)から与えられた議論を強いられている。「働き方」といえば、如何にも個人個人の意思(裁量)ができる改革のように聞こえるが、自分の業務内容を【裁量】できない。業務内容を裁量するのは会社。つまり企業による【働かせ方】改悪法案。このように、上からの改革に馴らされている国民は、言葉まで権力に簒奪されているのが現状。

 安倍内閣は、特にこの傾向が強く、誰がどう見ても「戦争法案」に過ぎない安保法制を「平和法案」などと口当たりの良い言葉に変えて国民を誤魔化すのが習い性になっている政権である。「高度プロフェショナル法案」などと人々のプライドをくすぐるような言葉を使っているが、【残業代ゼロ】法案に過ぎない。

 しかし、裁量労働制法案の基礎的データすら改竄の疑いが濃いインチキ政権。いつまでもこのようなでたらめが続くわけがない。そう思っていたら、朝日新聞の森友学園における財務省の決裁文書の改ざん疑惑が浮上。東京新聞では、オバマ政権時、核兵器縮小に反対した外務官僚の発言スクープが掲載された。

 【カーリング】娘たちの【話し合い】で指摘した事実に基づく真摯な話し合いが、状況を打破する唯一の方法であるし、それこそが【民主主義】の基本であるという認識が全く欠落しているのが、現在の安倍政権であるし、現在の官僚組織である。これを打倒しない限り、日本の明日はない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog3/3: 森友問題、千人が抗議活動 国税庁前で長官罷免求める 違法!育休45日以上なら昇格の対象外(大阪市)、 違法!児童扶養手当差押え(垂水市) 年金に限らず、無法罷り通る! 政府の責任だ



「護憲+」: 最高裁判旨と放送法の規定、どちらが優先されるべきか 3/3 (厚顔)
 ○最高裁は平成29年12月6日に、「受信料制度が国家機関などから独立した表現の自由を支えている」との判決を下した。

 ところが今日(3月2日)、NHKニュースで下記のようなニュースがNHKのコメント付きで流された。敢えてコメントを付けたのは何故か分からぬが、上記の最高裁判決が背景にあるからではなかろうか。

  ーNHK国際放送 要請を通知 総務相ー3月2日 19時27分

 『野田総務大臣は平成30年度のNHKの国際放送で、邦人の生命・財産の保護にかかる事項や国の重要な政策にかかる事項などを報道するよう要請することをNHKに通知しました。
  放送法は総務大臣が必要な事項などを指定し、NHKに国際放送で報道や解説を行うよう要請できることになっています。
  これに基づいて、野田総務大臣は国際放送の実施を要請する通知書をNHKの上田会長に手渡しました。
  要請では平成30年度のテレビとラジオの国際放送で、邦人の生命身体および財産の保護にかかる事項、国の重要な政策にかかる事項、国の文化伝統および社会経済にかかる重要事項などを報道、解説するとしています。
  また、ラジオの国際放送については、北朝鮮による日本人拉致問題に特に留意することとしています。
  放送法でNHKはこうした要請に応じるよう努めなければならないと定める一方、政府はNHKの編集の自由に配慮しなければならないとしています。
  NHKは「要請の内容について十分検討したうえで回答する」としています。』(以上NHKニュースより転載)

 法律の専門家の見解を待つしかないが、「受信料制度が国家機関などから独立した表現の自由を支えている」との最高裁判旨とNHKがコメントした放送法の規定は明らかに矛盾している。

 しかし最高裁が放送法を知らないはずはなく、その上での平成29年12月6日の判決であれば、優先すべきは最高裁判決の判旨のはずではないのか。

 総務大臣は意識的か無意識か分からないが、12月6日の判決にも拘わらず、無神経にも以前の総務省の慣習を踏襲したと言われてもやむを得まい。最高裁の判決に照らせば、受信契約者の料金不払い理由に成りかねない。仮に放送法優先であれば、先の最高裁判決の主旨は放送法無視であろう。

 以上問題提起である。

 (放送法、国際放送の実施の要請等

 第六五条
  総務大は、協会に対し、放送区域、放送事項(邦人の生命、身体及び財産の保護に係る事項、国の重要な政策に係る事項、国の文化、伝統及び社会経済に係る重要事項その他の国の重要事項に係るものに限る。)その他必要な事項を指定して国際放送又は協会国際衛星放送を行うことを要請することができる。
 2 総務大臣は、前項の要請をする場合には、協会の放送番組の編集の自由に配慮しなければならない。
 3 協会は、総務大臣から第一項の要請があつたときは、これに応じるよう努めるものとする。

 「護憲+BBS」「NHKの報道・二ュース内容をウォチングしよう」より


イシャジャの呟き: 雛祭り      誕生日の花  モモ 花言葉 気立ての良さ 3/3
    ○昨年の画像

 暴風雪で2日間、閉じこもったまま過ごす。
それでも、TVで政治ショーの中継が入ったので 退屈はしなかった。自由 公明の
質疑の間は、ネットサーフインをする。

 公文書の書き換えがあったらしい。地方分部支局の文書管理は 厳正にやられていたのだが、
政治がらみの 事案は 何故か 問題が生じる。公文書は 起案の段階から 文書登録され、文書番号が付され、下から 決裁権者まで ハンコを押され 決済となるので 書き替えなんてあり得ないのだが。

 保存期間 1年未満の文書だから 廃棄したと言っているようだが、1年間保存して その後 廃棄していいかの伺いを立て 決済を受けて廃棄するのが 順序だろう。廃棄された文書でも、文書登録簿に 件名と文書番号が残っているいるし
文書登録簿は 中央省庁~地方支分局から その下の役所まで一貫して、永久保存となっている筈だが文書は起案から 廃棄まで経緯は 文書登録簿を見れば 分かる筈だが文書の管理は 内閣官房~発して 模範例に倣って、各省庁で作成し、これに倣って 下の方の文書管理規定が作成されている筈、今更見直しなどと 言っているが

 年金の確定申告が始まったらしいので ここ数年 年金から控除された税金の医療費控除を受けるための申告が 返還を受けても少額だし、面倒なので そのままにしていたが、要支援&介護度2の認定を受けていれば、生涯者控除に該当するらしい。税務署に 申告書の用紙を送ってほしい電話して 送付して貰うことのした。長官は 雲隠れして 記者会見も開かない・・・これを称して「ドローン」という


 カテゴリなしの他の記事
  ・2月の終わり
  ・雪空
  ・降雪
  ・北帰行 始まる
  ・雪が降った


Tamaの映画生活: 「生きる街」越えられない悲しみー東日本大震災5年後の家族を描く 3/3
 ○東日本大震災5年後のある家族を描く。
 こういった家族が沢山いたのだろう…。

 「生きる街」 ★★★★☆

 千恵子(夏木マリ)は、4人家族で暮らしていたが、
 大津波の後、漁師の夫は帰って来ない。避難所生活を経て、
 やがて娘は嫁ぎ、息子も家を出て、ばらばらに暮らす。

 千恵子(夏木マリ)は、5年経った今も
 行方不明の夫の帰りを待って、石巻の街を離れない。

 空き別荘を借りて、漁師体験のできる宿を、
 たった1人で頑張って運営し、客を明るくもてなす。

 娘の香苗(佐津川愛実)は看護師で、被災後に知り合った
 トラック運転手の隆(吉沢悠)に愛されて、名古屋に暮らす。
 しかし子供をもつ気が起きない。未来を信じられないのだ。

 息子の哲也(堀井新太)は、何でも震災のせいにしてしまう。
 彼の「あれだけのことが起きたんだぞ!」の悲鳴は、
 余りにも痛ましく、無理もないと思う…。

 そんな時、以前に同じ町に住んでいた韓国人の
 ドヒョン(イ・ジョンヒョン)が、手紙を持って訪ねてくる。
 その手紙が、凍り付いていた悲しみを揺るがしていく。

 3月11日も近い。この映画を製作したかった人々の
 気持ちが込められた良い作品だと思う。

 明るく気丈に振る舞っていた千恵子が泣くシーン、
 あ、千恵子は今まで泣けなかったんだ…と。

 千恵子や周りの人々の頑張る姿に、明るく話は進むが、
 その中にどうしようもない悲しみが滲む。

 阪神淡路でも、東日本でも、熊本でも、
 大災害はもちろん、新聞に載らないような事故でも、
 当事者の痛みや辛さは、他者には分からない。

 関係がないと大災害も忘れ風化していくが、
 当事者に対し「もう何年も経ったのに」なんて思うことが、
 どんなに残酷なことかとつくづく思わされた。


 今日のトピックス Blog3/2: 森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など消える 「答弁差し控える」???麻生氏&首相の裁量労働制答弁撤回、謝罪 「知る権利、根本揺るがす」学者ら批判 主権者への信義誠実に覚醒せよ



「護憲+」: 明日(3/3)!「モリ・カケ追及!第2弾 国税庁包囲&デモ」  3/2 (笹井明子)
 ○「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」主催の「モり・カケ追及!第2弾 抗議集会・デモ」が、明日(3月3日)行われます。

 今回の包囲行動では、使い方を決めるのは、納税者であり、主権者である私たちだという視点から、原発避難者や、一人親家庭のお母さん、生活保護支援活動に取り組む方、年金生活者組合の方等、生活に密着した様々な分野で活動をされている方のスピーチが予定されています。

 また、今朝の朝日新聞が、『森友学園との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている』(森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える 朝日新聞 3/2
 と報じたのを受けて、主催者スピーチの中でこの「公文書偽造」という重大疑惑についても言及する予定です。

 「モリ・カケ問題」はいよいよ大きなヤマ場を迎えています。「カギは納税者、主権者の声」です。頑張りましょう!

 ■「モリ・カケ追及 緊急デモ」(納税者一揆)第2弾
          3月3日(土)
  13時40分~14時10分 財務省・国税庁包囲行動

       財務省・国税庁・経産省周辺路上
   (宣伝カーは2月16日と同様、経産省正面玄関そばに駐車します)
           <プログラム>
  主催者オープニング・スピーチ  
  各分野の方々のスピーチ
      <1回目のコール>
  主催者エンディング・スピーチ  
       <2回目のコール>
 14時30分 デモ行進出発(日比谷公園 西幸門)
 15時10分 デモ行進解散(丸の内 鍛冶橋駐車場) 

 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」HP

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


 今日のトピックス Blog3/1: 文氏“慰安婦”終わったと言ってはならない 文大統領“慰安婦演説”日本政府は強く反発 日米韓の連携、如何に? 外交も善隣友好も、底流に主権者間の信愛がなければ 東アジアに、それはあるか!?



「護憲+」: 「アメリカの歴史」再考 3/1 (名無しの探偵)
 ○アメリカの大統領に共和党のトランプ氏が選ばれて、最近では核態勢の見直しまで表明しています。将来の戦争に小型の核兵器を使用するという内容でした。

 その後にまたしても高校で銃の乱射事件です。マスコミは大分前に起きた「コロンバイン高校での銃の乱射事件にも触れていません。マイケル・ムーア監督はこの事件をドキュメンタリーとして映画化しました。

 ムーア監督はアメリカとカナダを比較して、同じように銃の保有が許されているのに(市民の武装の権利として)カナダでは大量殺人は起きていないし、殺人事件も少ないとして、なぜアメリカではこうも銃の乱射による大量殺人が多いのか、その原因をアメリカの建国の歴史から解明した興味深い映画でした。

 今回の投稿では銃の乱射事件の問題に直接触れることはしません。そうした危険な社会である(白昼に高校などで銃の乱射があるのですから「危険」です)背景をアメリカの近現代から探ることが目的です。

 最近、二つの映画を観ました。一つは原題「セルマ」日本では「グローリー・明日への行進」で、キング牧師の「公民権運動」の過程を映画化したものです。もう一つの映画は50年代前後の赤狩り旋風に巻き込まれた脚本家のトロンボ氏を描いた作品です。

 まず、キング牧師の指導した公民権運動の映画「セルマ」から、アメリカ近現代の歴史を垣間見ることにします。

 この映画でキング牧師の実像と、暗殺事件とその根元にある「黒人差別」と、それを跳ね除ける運動に映像で触れて、私自身の無知とアメリカの真実の歴史に触れて戦慄したことを告白します。

 この映画は黒人の方たちが投票権を行使したいと思い、投票行動に出るのですが、白人に妨害されます。そして、キング牧師たち差別撤回運動の指導者は、最終的にセルマを目指して大行進を始めます。黒人や差別に反対する白人などが行進しますが、南部の州知事は州兵などを使って妨害(実際には銃で威嚇)します。途中のエピソードとして「血の日曜日事件」を実際に映像化したシーンもありました。黒人がデモをしただけで多数が殺害されました。

 この映像を観て最初に思ったのは、南北戦争の後に黒人は奴隷でなくなり自由を獲得したのではないのかと。これは誤解でした。(日本の、アメリカの歴史の説明が間違っていると思う。)単に奴隷でなくなっただけで、酷い差別からはなんら解放されていないのが実態であり、特に南部諸州では差別は酷かったのです。投票権もない国民がどんな人間なのでしょうか。公民権運動は奴隷身分から解放された黒人が行った当然の権利行使です。

 その運動の過程でキング牧師が暗殺されたという事実を重くみないことが、アメリカの真の歴史を歪めることになるのです。アメリカに民主主義が根付かず、大量殺人が頻発するのは、こうした歴史的背景が原因なのかもしれません。

 キング牧師の暗殺事件のときにアメリカはベトナム戦争の泥沼の中にいました。そして、現在も大統領は核兵器の態勢見直をし発表しています。この国は根本のところで変っていないし、変ろうという運動も十分に育っていません。

 最近の高校での銃の乱射事件の後も大統領は「銃の規制」に触れようともしていません。これが民主主義の国なのでしょうか。

 もう一つの映画「トランボ」もアメリカ社会の非民主的な一面を鋭く描いていました。赤狩りの対象にされた脚本家のトランボは家族を守るために偽名で(刑務所から出所する場面から映画は始まる)脚本を多数世に出します。映画の題名を記しましょう。「ローマの休日」、「ヘラクレスの反乱」です。この二つの映画で、偽名のトランボはアカデミー賞を受賞しています。(本人は直接受け取っていません。)

 この40年代から60年代にかけてのアメリカの歴史こそが真実であり、表面的にはともかく、「非国民」や黒人には民主主義の恩恵は全くありません。

 こうした歴史的な風土から、学校などでの大量殺人が引き起こされる背景が産まれるのではないでしょうか。いまだに、この国ではキュー・クラックス・クランという白人至上主義団体が盛んです。

 「護憲+コラム」より



 今日のトピックス Blog2/28: 9条改憲、何を考えているか分からない、アベノミクスは行き詰り=福田元首相 私は、人権尊重、国民主権、平和主義を支持! さて、裁量労働制放棄はいいが、安倍氏、後何をするつもり???



Tamaの映画生活: 「野球部員、演劇の舞台に立つ!」清々しい青春 2/28
 ○九州の八女市を舞台に、実に真っ当な青春映画。
 爽やかに、ユーモラスに高校生たちの姿を描く。

 「野球部員、演劇の舞台に立つ!」 ★★★★☆

 ピッチャーの座を奪われて、心ならずも東京から
 八女北高校に転校してきたジュン(渡辺佑太郎)は、
 キャプテンでキャッチャーのリョータ(船津大地)の指示を
 無視して投げたボールを打たれ、ファーストの
 カズマ(川籠石駿平)のエラーで勝てそうだった試合を逃す。

 敗戦の責任を巡って野球部のチームワークはガタガタ。
 そんな時、ボクサーを主人公にする劇を上演予定の演劇部の、
 顧問の三上先生(宮崎美子)は、野球部員をスカウトに。

 八幡監督(宇梶剛士)は、ジュン、リョータ、カズマを、
 「野球だけの人間になるな」と、演劇部に送り込む。
 練習時間も削られ、女子の多い演劇部に入れられ、
 「なんで俺たちが」と。ことにジュンは不満タラタラ。

 一方、演劇部員のミオ(柴田杏花)も大反発。
 あと2か月で演劇コンクール、果たしてどうなる…。
 演劇OBで、演出を担当する田川(林遣都)は…。

 原作は、八女にある高校の教師が、同じ題で書いた実話。
 映画化するにあたっては、八女の人たちがこぞって応援。
 映画作りに参加した高校生たちの刺激にもなったとか。

 「リバーズ・エッジ」で高校生の暗闇を見た後なので、
 対して、清々しく熱い高校生たちの姿を描いて真直ぐな作品。
 他愛ないとも言えるけれど、気持ちの良い仕上がり。
 3.5辺りと思うけれど、★4にサービスしちゃえ。


 今日のトピックス Blog2/27: 三方一両得なるか!? 平和構想、大転換=日米・朝鮮非核化! 「対話には非核化の意志が必要」トランプ氏 これ同感 人の世では、公正と市民の安全と人権が、大事だ 絶対、護らねば!



イシャジャの呟き: 2月の終わり   ☁   誕生日の花  クロッカス  花言葉  青春の喜び  堅実 2/27
 ○  昨年の花

 今朝は 相変わらず寒かったが、降雪が無かったので 雪寄せがなく、朝飯の時間が 早かった。

 五輪のニュースは、昨夜のメダリストたちの記者会見の話だったが、縺れた国会のニュースに 関心が行った。夜中まで 騒いだが 2月中の決着は付かなかったようだ。当たり前のフロッピーだ。前言取り消し、「妻が、関与していれば 議員も総理も辞める」といったことは 取り消せない



 カテゴリなしの他の記事
  ・雨水


 今日のトピックス Blog2/26: 平昌オリンピック 「百花繚乱」きれいな花たくさん…国内外でも共感・共鳴 vs裁量労働制不適切データ 与党・今国会で成立主張 野党「ミスでなく捏造」隠蔽体質も批判 この落差を何としよう



「護憲+」: 「裁量労働制拡大に反対する」緊急デモ2/25 2/26 (笹井明子)
 ○国会で裁量労働制のデータ捏造が明らかにされる中、2月25日に新宿でエキタス主催の「裁量労働制拡大に反対する」緊急デモが行われました。
 このところの国会論議を「酷すぎる」とあきれて見ていた私は、当日は現地に行くことはできませんでしたが、このデモを応援しながら動画を見ていました。

 集合場所の柏木公園に集ったのは若い人たちを中心に約1000人。ささっと隊列を作り、コールの練習を1回してすぐに出発。さすが機敏な若者たちです。

 サウンドカーでは、ラップ調の音楽に合わせて、コール開始。

 裁量労働制はやめろ
 働かせ過ぎ今すぐやめろ
 裁量あるってウソつくんじゃねえ
 働いた分の金くらい払え

 生活苦しいやつ声上げろ
 将来不安なやつ声上げろ


 デモの途中で共産党・小池晃議員、法政大学・上西充子教授、立憲民主党・長妻議員がサウンドカーに登壇。夫々に、「裁量労働制」の問題点を以下のように語りました。

 「裁量労働制は、企業が長時間労働をさせやすくするための法案。10時間働いても11時間働いても残業代を払わない、携帯の定額プラン見たいなものだ。」

 「かつて『世界で一番、企業が動きやすい国にする』と安倍さんが言ったが、そうするための、甘い言葉で包んだ‘毒饅頭のような’法案が、裁量労働制。長時間労働是正になるどころか、一定時間分だけ給料を払ったら、それ以上残業代をはらわなくていいという法案だ。」

 「労働法制は総理がいうような岩盤規制ではなく、働く人の健康を守る最後の砦。そこにドリルで穴をあけるのは良いことなのか。働く人を潰して何の成長か。」

 「首相官邸に産業競争力会議が設置され、ILOも労働者の代表が入るのが国際ルールだと指摘しているのに、労働者の代表者も厚労相も入れないで、首相官邸主導、裁量労働制の拡大ありきで議論や調査が行われ、調査やデータのゆがみが出てきた。」

 これらのメッセージと若い当事者達の実感のこもったコールがピタリと呼応して新宿の街に響き、街行く人たちも共感の視線を送っているように見えました。

 過労死した夫や子供のご家族の訴えも聞こえてきます。日々頑張っている若者たちも疲れ果て、あるいは低賃金にあえいでいます。本当に他人事ではありません。

 今働いている大多数の人たちや家族の危機感に向き合うことなく、一部大企業経営者の思惑や自己保身のために、人の命に関わる法案をゴリ押しで成立させるとしたら、安倍政権というのは本当に「人でなし政権」というしかありません。

 過労死許すな
 長時間労働なくせ
 毎日毎晩残業させるな

 生活苦しいやつ声上げろ
 将来不安なやつ声上げろ


 働く人たちの声は止むことなく、これからどんどん大きくなっていくでしょう。彼らの声を受け止めながら、国会質疑の行方をしっかりと見守りたいと思います。

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


「護憲+」: NHKの娯楽番組の司会役に、もうタレント導入は不要 2/26 (厚顔)
 ○NHKはこれまで受信料徴収のために、受信料契約者で未払い者と受信料未契約者を裁判にまで訴えてきた結果、昨年12月に最高裁で受信料契約制度は合憲と認められ収入は安定し、無駄使いさえなくせば、経営不安はなくなった。究極不払い者の資産を差し押さえ、競売にかけ、受信料にあてることも可能となり、NHKの経営は実質担保されたも同然と言えよう。

 しかし同時にテレビ受信機所有だけで受信料の公平負担を掲げ、受信料支払いを訴えてきたが、それで公平負担を迫るには今でも不合理で説得力に欠ける。なぜなら電気、ガスの公共料金のような従量料金制度が真の公平負担であるからである。

 そのうえ「日本放送協会放送受信料免除基準」なる制度(一部の社会福祉施設や学校に対し、受信料の全額免除)があることも最近明らかにされ、NHKの公平負担制度は名ばかりであった。まさに最高裁の判決後は公平負担を唱える必要もなくなったので、オープンにしたと思われてもやむを得まい。

 一方これまで受信料の支払いと受信契約アップのために視聴率アップに躍起になり、民放を意識して、例えば午後7時半のクローズアップ現代を午後10に変更し、ゴールデンタイムに娯楽番組を当てたりして番組を編成してきた。さらに番組の視聴率アップのために娯楽番組の司会者にタレントを採用する傾向が顕著になっている。番組名で言えば、「家族に乾杯」「ぶらタモリ」「所さん、大変ですよ」等である。

 しかし最高裁判決後は特に受信料支払いアップの為に視聴率を意識する必要もなく、特別にギャラを払いタレント司会者を採用することも不要であろう。しかも民放に出演していたタレントではある程度視聴率は維持できても二番煎じの民放を見ているようで民放の視聴率を超えることはできまい。

 娯楽番組の視聴率を上げるには視聴者、受信契約者の吾らが司会者と言えるようNHK子飼いの名司会者を育てるべきであろう。今のプロ野球を見ても他球団の有名選手を引き抜くチームより、二軍三軍から子飼いの選手を育成してきたチーム、(例えばソフトバンク、広島)が選手層も厚く強くなり、観客動員数も多い。

 NHKにはかつてそのような司会者が多かった時代があったはずである。例えばラジオであれば、話の秘密の高橋圭三、三つの歌の宮田 輝、とんち教室の青木一雄、スポーツ実況の志村正順、テレビ時代ではジェスチャーの小川 宏アナンサー等である。一朝一夕に名物司会者が育成できるとは思わないが、受信料不払いの心配が無くなった今こそ、名物アナンサーの育成に取り組むべきである。娯楽番組の視聴率アップには番組内容と味のあるアナンサーの個性が欠かせない。視聴率アップは急がば回れである。タレント導入に受信料を投資するより、アナンサー育成に投資せよと要望したい。

 「護憲+BBS」「NHKの報道・二ュース内容をウォチングしよう」より





「護憲+」: 「モリ・カケ追及! 第2弾 国税庁包囲&デモ」3/3  2/23 (笹井明子)

「護憲+」: 「モリ・カケ問題」の本質 2/20 (笹井明子)




9条の会オフィシャルサイト

「九条の会」メールマガジン (第272号)  発行リスト

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2018年02月10日 第272号 ☆☆☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第272号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇4・7「九条の会集会~3000万署名前進のために」を成功させましょう
  アピール 3000万人署名に弾みをつけよう
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇修学院学区九条の会(京都府京都市)、◇栄区九条の会(神奈川県横浜市)
◇汲沢九条の会(神奈川県横浜市)、◇厚木まちうち九条の会(神奈川県厚木
市)、◇みやぎ憲法九条の会(宮城県)、◇東園田九条の会(兵庫県尼崎市)
◇九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)、◇宮前九条の会(神奈川県川崎市)
◇中野南部9条の会(東京都中野区)、◇東京北法律事務所・北法律九条の会
(東京都北区)、◇世田谷・九条の会(東京都世田谷区)、◇北多摩東退職教
職員九条の会(東京都三鷹市)、◇九条の会・はつかいち(広島県廿日市市)
◇落合・中井九条の会(東京都新宿区)、◇都立高校女性教職員九条の会(東
京都)、◇たかつ九条の会(神奈川県川崎市)、◇あつぎ・九条の会(神奈川
県厚木市)
■編集後記~今年は安倍9条改憲阻止の年
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 4・7「九条の会集会~3000万署名前進のために」
                  を成功させましょう


アピール 3000万人署名に弾みをつけよう
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。           (編集部)

● 東京都北多摩東退職教職員九条の会(東京都小金井市)

創立30周年記念「まんさく展」
日時:2月15日から2月19日まで
(初日と最終日以外は午前10時から午後6時まで)
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 富士見町九条の会(東京都東村山市)

討論学習会:日米安保と憲法9条その歴史をみたら
日時:2月18日(日)午後1時~3時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 鶴ヶ島9条の会(埼玉県鶴ヶ島市)

パパママおしゃべりカフェ「憲法を知って こどもたちの未来を守る」
日時:2月18日(日)13時30分開演(30分前開場)
     15時30分から第13回総会
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)

映画「標的の島 風かたか」上映と三上監督のトーク
日時:2月24日(土)映画上映13:30~15:30(開場13時)
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 栄・池田九条の会(埼玉県新座市)

結成12周年「講演と春の風コンサート」
日時 : 2月24日(土)午後1時30分~4時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第133回(18年2月)例会
テーマ:少年兵志願を止められる母になりたかった
日 時:2018年2月25日(日)13時半
<詳細はこちらをクリックしてください>

● みやぎ弁護士9条の会講演会(宮城県)

憲法 9 条のもとで考える自衛隊と日本の姿
日時:2018年3月2日(金)18:30開演
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市)

学習会&経験交流会「憲法9条の破壊を許さないために」
日時:3月 24 日(土) 13 時 30 分~
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 映画人九条の会(東京都)

3・28映画人九条の会学習集会「欠陥だらけの国民投票法!」
日時:3月28日(水)18:50~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● みやぎ憲法9条の会

<詳細はこちらをクリックしてください>

● 名取九条の会(宮城県名取市)
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 改憲案が国民投票で否決されても、自衛隊の合憲性は「変わらない」?

<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.





今週の一言: 2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)
 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 憲法改正の議論が動いています。昨年は、憲法改正の具体案が各党から示され始めました。
 2012年に憲法全体の改憲案を示した自民党は、これとは別に、個々の改憲案として、[1]合区の解消、[2]任期切れ・解散中の大災害時における国会議員の任期延長を、党内でまとめていました。それに加えて昨年5月、安倍首相は、[3]自衛隊の存在、[4]教育の無償化について、2020年の東京オリンピック開催までに憲法に明記することを宣言しました。公明党は、環境権と自衛隊の加憲を従来から検討していますが、提案にまとめる動きは今のところなく、むしろ10月の総選挙で議席を減らしたことからか、改憲には慎重な姿勢を示し始めています。日本維新の会は、教育の無償化のほか、[5]統治機構改革(地域主権)、[6]憲法裁判所の設置を掲げています。
 その後、安倍首相自身の不誠実な答弁態度や森友・加計疑惑、資質を疑う閣僚答弁などから、国政への影響の強い東京都議会議員選挙で自民党は惨敗しましたが、10月の衆院選では自公で3分の2を維持し、改憲の発議に必要な議席数を保持しています。
 ただ、憲法改正権は、国会議員ではなく国民にあります。各党の議員が、世論から離れて上から目線で改憲案を発議するのは、憲法の建前と相容れません。憲法改正権が国民にある以上は、まず、世論が改憲の必要性を議論し、それを受けて国会議員が発議し、最後に国民投票で確定させる。それが、改憲のあるべき姿です。
・・・以下、割愛。
伊藤真(いとう まこと)のプロフィール

法学館憲法研究所所長。
伊藤塾塾長。弁護士(法学館法律事務所所長)。日弁連憲法問題対策本部副本部長。「一人一票実現国民会議」発起人。「安保法制違憲の会」共同代表。「九条の会」世話人。
ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会(作品(1)・(2)・(3))代表。
『伊藤真の憲法入門 第6版』(日本評論社)、『中高生のための憲法教室』(岩波書店)、『10代の憲法な毎日』岩波書店)、『憲法が教えてくれたこと 〜 その女子高生の日々が輝きだした理由』(幻冬舎ルネッサンス)、『憲法は誰のもの 〜 自民党改憲案の検証』(岩波書店)、『やっぱり九条が戦争を止めていた』(毎日新聞社)、『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案 増補版』(大月書店)、『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業』など著書多数。
今週の一言 バックナンバー
 ○【最新】2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2018年1月1日)
 ◆戦争と憲法と女性・子ども  角田由紀子さん(弁護士)(2017年12月25日)
 ◆九条俳句裁判は控訴審を迎えます  佐々木新一さん(弁護士・九条俳句訴訟原告弁護団団長)(2017年12月18日)
 ◆建設アスベスト訴訟について  田井 勝さん(弁護士・首都圏建設アスベスト訴訟弁護団)(2017年12月11日)
 ◆歌にしてみて読みなおす憲法前文  真思惟(まーしい)さん(ふぉーくシンガー)(2017年12月4日)
 ◆「弁護士 白神優理子が語る『日本国憲法は希望』」  白神優理子さん(弁護士)(2017年11月27日)
 ◆犯罪被害者遺族になって思うこと  渡邉 保さん(被害者が創る条例研究会 世話人)(2017年11月20日)
 ◆労働運動と貧困運動をつなげる新しい運動の可能性  今野晴貴さん(NPO法人POSSE代表)(2017年11月13日)
 ◆「働き方改革」の倒錯  兵頭淳史さん(専修大学経済学部教授)(2017年11月6日)
 ◆「安倍改憲」を阻止するために~衆院選の結果を踏まえて  金原徹雄さん(弁護士)(2017年10月30日)
 ◆憲法改正について  板井 優さん(弁護士・熊本中央法律事務所長)(2017年10月23日)
 ◆2016年参議院選挙無効訴訟最高裁大法廷判決傍聴雑記  奥山貞三さん(一人一票実現国民会議運営委員)(2017年10月16日)
 ◆「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」について  稲 正樹さん(国際基督教大学平和研究所顧問)(2017年10月9日)
 ◆保育と憲法  平松知子さん(熱田福祉会けやきの木保育園 園長)(2017年10月2日)
 ◆朝鮮高校生「無償化」裁判 不当判決をくつがえす世論を!  柏崎正憲さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会・事務局)(2017年9月25日)
 ◆生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間  小久保哲郎さん(弁護士)(2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告  盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター)(2017年9月11日)
 ◆つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう  森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長)(2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法  松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者)(2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~  鴨志田 祐美さん(弁護士)(2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス  布施祐仁さん(ジャーナリスト)(2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点  楾 大樹さん(弁護士)(2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」  楾 大樹さん(弁護士)(2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授)(2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う    リラン・バクレーさん(映画監督)(2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想)  山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行)(2017年7月10日)
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで  佐々木仁さん(公立小学校教諭)(2017年7月3日)
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条  藤岡 惇さん(立命館大学特任教授)(2017年6月26日)
 ◆エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望  映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて 
飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長)(2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」  足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授)(2017年6月12日)
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」  ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授)(2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました  実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長)(2017年5月29日)
 ◆声をあげよう!  辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共)(2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓  村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長)(2017年5月15日)
 ◆児童虐待の現状と課題を踏まえて  津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長)(2017年5月8日)
 ◆憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて  藤井正希さん(群馬大学准教授)(2017年5月1日)
 ◆医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して  岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表)(2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」  日野秀逸さん(東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人)(2017年4月17日)
 ◆憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い  木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長)(2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』  久保田 貢さん(愛知県立大学教員)(2017年4月3日)
 ◆「ひきこもりのない社会をめざして ~ KHJ全国ひきこもり家族会連合会の取り組み」  伊藤正俊さん(NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会 共同代表)(2017年3月27日)
 ◆抱えない介護~つどい場さくらちゃんの活動からみえること  丸尾多重子さん(NPO法人つどい場さくらちゃん 理事長)(2017年3月20日)
 ◆揺れる原発再稼動と脱・反原発のうねりと7年目の3.11を前に  山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)(2017年3月13日)
 ◆増え続けるコンビニと日本におけるフランチャイズ問題  中村昌典さん(弁護士)(2017年3月6日)
 ◆排出ゼロを目指す「パリ協定」時代 世界の潮流は「脱石炭」  鈴木康子さん(気候ネットワーク事務局)(2017年2月27日)
 ◆自衛隊情報保全隊による国民監視が続けられている!  十河 弘さん(弁護士)(2017年2月20日)
 ◆健康格差社会への処方箋  近藤克則さん(千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門 教授、国立長寿医療研究センター 老年学評価研究部 部長)(2017年2月13日)
 ◆過労死・過労自殺を防ぐには~ 家族と会社・社会ができることを考える  寺西 笑子さん(全国過労死を考える家族の会 代表世話人) (2017年2月6日)
 ◆自死遺族の想いと現在の活動  石倉紘子さん(こころのカフェきょうと 代表)(2017年2月6日)
 ◆外国人の生活と権利を守るために —「外国人の医療・福祉・社会保障相談ハンドブック」発行 —  觜本 郁さん(NG0神戸外国人救援ネット)(2017年1月30日)
 ◆待機児童対策と子どもの権利  普光院 亜紀さん(保育園を考える親の会代表・保育ジャーナリスト)(2017年1月23日)
 ◆ラスト・カフィーヤ®は「平和の象徴」  北村記世実さん(パレスチナ・アマル 代表)(2017年1月16日)
 ◆2017年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2017年1月1日)
 以下、割愛 ・・・


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後






















NHK: 「津波想定小さくできないかと東電が依頼」グループ会社社員 2/28
 ○東京電力の旧経営陣3人が原発事故をめぐって強制的に起訴された裁判で、グループ会社の社員が証人として呼ばれました。社員は、事故の3年前に巨大な津波の想定をまとめた際、東京電力の担当者から「計算の条件を変えることで津波を小さくできないか」と検討を依頼されたことを証言しました。
 ☆NHK: 詳報 東電刑事裁判「原発事故の真相は」
 ○東京電力の旧経営陣3人が福島第一原発の事故を防げなかったとして検察審査会の議決によって強制的に起訴された裁判。半年ぶりに再開され、これから20人を超える証人を法廷に呼ぶ集中審理が行われます。原発事故の真相は明らかになるのでしょうか? 初公判から判決まで、毎回、法廷でのやりとりを詳しくお伝えします。


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹


NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ スカッと分かる!! 憲法のお話 ~9条に自衛隊を書き込むと日本はどうなる~ 1/29


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 梅の花盛り ・ブログ連歌(506) 3/4
 ○梅は、朝日の逆光で見るのが美しい。満開になったところで、桜の派手さに及ばないのは、わかっている。顔を近づけ、匂いを嗅いでみるのがいい。
 桜は散っても、後においしい「さくらんぼ」が実ることはないが、梅は立派な実を残す。熟したころに取り込んで、ゆっくり煮込むと、甘酸っぱい「梅ジャム」を作ることができる。その梅ジャムが、きょうで食べ終りになった。今年も実がついたら、また梅ジャムにしよう。
 私が生まれた家には、大きな桜の木があった。父が植えたのではなく、引っ越してきたときからあったと聞いている。しかし私が自分の家を建てるようになってからは、桜を植えることは考えなかった。最初の庭付きの家に植えたのは梅の木だった。結局その梅の木を、家を建て替えるときにも農園に預かってもらって、狭い玄関わきに植えて今に至っている。
 人が住む家と、木は相性がいい。平均寿命は、人間を上回るのではないだろうか。中野の地に住むようになって、今年で42年になる。娘たち孫たちは、やがてこれを「おじいちゃんの梅の木」と呼んで、伝えて行くのかもしれない。


老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 カーリング女子と裁量労働制法案! 21:45 - 2018年3月3日 0件の返信 0件のリツイート 0 いいね 返信 リツイート 「いいね」1


海渡雄一 ‏ @kidkaido フォロー中 @kidkaidoさんをフォローしています その他 いよいよ明日5日13時から京都駅前響都ホールで、日弁連主催のシンポジウム「死刑制度の廃止を求めて」を開催します。憲法学者の木村草太さんが「存在してはならない生」というカテゴリーを設けることは許されるのかを論じます。私はパネルのコーディネートをします。ぜひ、ご参加を! 23:08 - 2018年3月3日 118件のリツイート 106件のいいね


菅野完Staff ‏ @SUGANOTAMOTSU フォローする @SUGANOTAMOTSUをフォローします その他 【菅野指示投稿最後】 「おそらく朝日の投げかける疑惑を官邸は『現場の官僚が勝手にやったこと』で逃げるのだろうが、その言い訳は、内閣人事局制度出来て以降、成立せん。局長も総理人事なんだから」 1:55 - 2018年3月4日 801件のリツイート 585件のいいね

菅野完Staff ‏ @SUGANOTAMOTSU フォロー中 @SUGANOTAMOTSUさんをフォローしています その他 いま、財務省に向けられている嫌疑は、「決裁印のある決裁文書を変造したのではないか?」という嫌疑です。有印公文書変造および同行使は重罪です。そしてなによりも大事なことに、有印公文書変造は、安倍首相肝いりで成立された共謀罪(テロ等準備罪)の適用範囲です。 22:51 - 2018年3月3日 1,776件のリツイート 1,225件のいいね


豆みつお ‏ @ma_me_mi_tu_o フォローする @ma_me_mi_tu_oをフォローします その他 これをぼんやり眺めていたら、今の経団連の会長は、とにかく国民に痛みを与えたいだけのただの変態サディストに思えてきて、怖くなって大声で泣いてしまいました… 15:36 - 2018年3月1日 10,263件のリツイート 8,384件のいいね


増子典男 ‏ @MasikoMm1nn1 フォローする @MasikoMm1nn1をフォローします その他 NHK日曜討論。共産・井上参院国対委員長。核心をズバリ「『裁量労働制も高度プロフェッショナルも一体で』とは安倍首相が言ったこと。裁量労働を白紙撤回する以上、全体を白紙撤回すべきだ」「われわらは週15時間、月45時間、年間360時間の残業上限とし、11時間のインターバルをとることを要求する」 16:47 - 2018年3月3日 386件のリツイート 306件のいいね


きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 【大スクープ】「オバマ政権時の米国の核削減姿勢に日本の自民党政権が強く反対していただけでなく、核弾頭の最新鋭化や核戦力の増強も求めていたことが内部文書から明らかになった」→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-03-04/2018030401_01_1.html … これが安倍晋三の言う「戦争被爆国としての核なき世界へのリーダーシップ」ですか? 5:25 - 2018年3月4日 1,069件のリツイート 736件のいいね


キャオ@大阪トホホ団亡者戯 ‏ @tohohodan フォロー中 @tohohodanさんをフォローしています その他 すべてはここから始まってる気がする。 6:36 - 2018年3月4日 1,209件のリツイート 981件のいいね


きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 報道各社は、南スーダン日報隠蔽から財務省公文書改ざんに至る数々の「安倍政権の背任行為」にピント絞って、内閣支持率緊急世論調査せよ。その結果、仮に支持率が2桁以上あったなら、この5年間安倍政権をメディアの責任を放棄し放置した、自らの報道姿勢を猛省する「特別記事」を大々的に一面で書け。 3:24 - 2018年3月4日 463件のリツイート 474件のいいね


Dr.サキ ‏ @XKyuji フォロー中 @XKyujiさんをフォローしています その他 今回の文書の書き換えは重大な問題だ。財務官僚による内部告発だろう。厚労省でも大臣が官僚に「原票はないと言え」と言ったんだ。官僚は最初から間違ったデータをわざと大臣に渡し、安倍氏は間違ったデータでの発言をしてしまい訂正した。どの省庁も安倍内閣にうんざりなんだ。 #官僚一揆 が起きた。 7:05 - 2018年3月4日 94件のリツイート 78件のいいね





















老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 最高裁判旨と放送法の規定、どちらが優先されるべきか 17:19 - 2018年3月2日 0件の返信 0件のリツイート 0 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました1


安全保障関連法に反対する学者の会 ‏ @anpogakusya フォロー中 @anpogakusyaさんをフォローしています その他 学者の会主催・名古屋大学人の会共催「東アジアの平和と安全保障」シンポジウム@名古屋大学始まりました。 今回初めての試み、オープニングに地元の合唱団のみなさんと一緒に合唱「ヒロシマの有る国で」など3曲。参加者も一緒に大合唱。 高山佳奈子さんのアコーディオンと本秀紀さんのギター。 20:34 - 2018年3月2日 7件のリツイート 4件のいいね


望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 テレビが入る来週月の予算の集中審議か、カメラ入らない火曜の衆議院の財金委で財務省の資料を出すかで与野党の攻防が続いてるよう。官邸幹部は「少し言葉を書き換えた程度の話だ。大したことない」と言ったらしいが、ここまであからさまな改ざんさえ「問題ない」と開き直り 18:49 - 2018年3月2日 1,122件のリツイート 766件のいいね


Jack 街に出よう☆今、行動を! ‏ @Jack_Furuchan フォロー中 @Jack_Furuchanさんをフォローしています その他 3.3 第2弾☆モリ・カケ追及!緊急デモ☆納税者一揆のアーカイブ公開しておきました。 週明けの流れのためにも、この週末の行動が大切です。 何か出来ることを☆ キャス→ http://urx3.nu/od3E ?amp=1 YouTube→ https://youtu.be/0bYm-u-45EY 23:27 - 2018年3月2日 31件のリツイート 17件のいいね


水 ‏ @yzjps フォローする @yzjpsをフォローします その他 安倍「妻がどういう答えをしたか、大切な問題じゃない」本心、言ってみた まさに「国民が納得するまで、これからも丁寧な説明をしていく、と言ったのは支持率が急落したので、とりあえず言っただけ、でありまして 皆さんも、私がどういう人間か、よくご存じでしょう」はい!(笑) 17:58 - 2018年3月2日 444件のリツイート 348件のいいね






志村建世のブログ: 大石又七さんの「矛盾~ビキニ事件、平和運動の原点」を読む ・ブログ連歌(506) 3/2
 ○先日の「ビキニデー」の集会のときに購入した、大石又七さんの著書を読んでみた。ふつうなら、「大石又七著・……」と書くところだが、大石さんの場合は、お話を聞いたときの朴訥な感じから、何となく「大石さんの本」と言いたくなる。当時20歳だった大石さんが乗り組んだ「第五福竜丸」は、昭和29年の3月1日に、最後の操業日としてビキニの近海にいた。アメリカ軍が設定した禁止区域の外側ではあったが、その近くだった。
 その早朝に、まだ暗い海上に西側から赤い光が走り、水平線の全周へ広がったという。そしてその数分後、朝食をしているときに、海底から海全体を持ち上げるような轟音が足元から突き上げてきた。そして、それからまた10分あまり後に、西の空に、朝日に照らされた入道雲が立ち上がるのを見たということだ。その後、2時間ぐらいたつと低気圧が近づいたような嵐模様になり、空から雨まじりに白い粉が雪のように降ってきて、甲板を歩くと足跡がつく程にまでなったという。これが言うまでもなく「死の灰」だった。
 このとき爆発した世界最初の水爆「ブラボー」は、広島原発の約千倍の15メガトンの破壊力を示し、アメリカ軍の想定をも超えていたと言われる。そして当時はまだ、放射性物質を体内に吸い込むことによって起こる内部被ばくの問題などは、よく知られていなかった。ちなみに、第二次世界大戦から太平洋戦争の終戦までに使われた火薬の総量は、広島長崎の原爆を加えても3メガトンだということだ。15メガトンが、いかに巨大であるかが わかる。そしてまた、当時のアメリカも日本政府も、この事件を「早期鎮静化」させるために、一時補償と事後の打ち切りを内容とする妥協を急いだのだった。ビキニ被災者に「原爆手帳」は交付されなかった。
 こういう事実を知ってしまうと、人は軍備と共存して生きることは不可能であることを悟る。だからそれが「平和運動の原点」になるのは、ごく自然な流れなのだ。大石又七さんは、そのようにして「平和の伝道師」となり、自らそれを使命と心得て語り継ぐようになった。それと同時に、現実の政治が、戦争を組み込んだ力関係で動いている姿も見えてくる。その結果として、思索は「人はなぜ戦争するのか」から「人類の起源」へと広がらざるをえない。
 この本は、20歳の一船員が、ビキニの灰を浴びることによって、人類史的な使命に目覚めた魂の成長物語として読むこともできる。会場の目立たぬ場所に置かれ、ご本人の講演の中でも、紹介・宣伝どころか触れられもせずに終ってしまったのが、惜しいと思った。2011年初版、発行所は武蔵野書房、本体価格1800円である。


老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 明日(3/3)!「モリ・カケ追及!第2弾 国税庁包囲&デモ」 5:15 - 2018年3月2日 1件のいいね


2日 510件のリツイート 813件のいいね">認証済みアカウント @fuku_tetsu フォローする @fuku_tetsuをフォローします その他 財務省の不誠実な答弁、安倍総理の不遜な答弁姿勢はまったく変わらずでした。 森友学園に関する政策決定の不透明さが、いよいよ広がりました。 内容は、参議院HPをご覧ください。 http://urx3.nu/IQ8K 週明け3月5日も、予算委員会で質問に立ちます。 テレビ中継もあります。午後4時過ぎからです。 6:40 - 2018年3月2日 510件のリツイート 813件のいいね


Jack 街に出よう☆今、行動を! ‏ @Jack_Furuchan フォロー中 @Jack_Furuchanさんをフォローしています その他 今の流れだと、明日の「第2弾 モリ・カケ追及!緊急デモ!」はかなり重要になりそうかな。週明けに向けての勢い大切だと思う。集まれる方は是非☆ 3:32 - 2018年3月2日 23件のリツイート 15件のいいね


こたつぬこ ‏ @sangituyama フォロー中 @sangituyamaさんをフォローしています その他 こたつぬこさんがこたつぬこをリツイートしました こうなると、官邸はあらゆる手を使い、朝日新聞などリベラルメディアへの最大限の攻撃にでますよ。いまこそ市民とリベラルメディアがスクラムを組む時。 こたつぬこさんが追加 こたつぬこ @sangituyama 毎日新聞が、朝日新聞の社名入りで報じる異例の対応が。リベラルメディアのスクラムが組まれ始めています。 https://twitter.com/mainichi/status/969534122266775552 … 3:39 - 2018年3月2日 725件のリツイート 567件のいいね


清水 潔 ‏ @NOSUKE0607 フォローする @NOSUKE0607をフォローします その他 森友学園の財務省文書、今度は「書き換え疑惑」なぜここまで。官僚が震えながら公文書をねつ造する動機は、自分か自分の「上」を守る事以外考えられない。 「学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。 15:18 - 2018年3月1日 1,311件のリツイート 1,049件のいいね


郷原信郎 ‏ @nobuogohara フォロー中 @nobuogoharaさんをフォローしています その他 【“逆らう者は逮捕する”「権力ヤクザ」の特捜部】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒ http://urx3.nu/IQ6Y 5:49 - 2018年3月2日 177件のリツイート 179件のいいね


望月衣塑子 ‏ @ISOKO_MOCHIZUKI フォロー中 @ISOKO_MOCHIZUKIさんをフォローしています その他 森友学園の国有地売却に関する公文書改ざん疑惑。自民の宮本議員は質問の中で、朝日報道を「本省の指示によって修正されたのではないかとの報道」と説明。でも記事には「本省の指示」なんて書いてない。宮本議員は、質問前の事前レクで財務省からどんな説明を受けたのか。冒頭 https://m.youtube.com/watch?v=3K4iw3aWvNs … 4:02 - 2018年3月2日 1,133件のリツイート 913件のいいね


植草一秀の『知られざる真実』: 安倍政権は「働かせ方改悪法案」全体を撤回せよ 3/2
 ○安倍政権が今次通常国会に提出予定だった労働規制改変法案のうち、裁量労働制拡大法案の提出を断念した。
 当然の行動だが、その理由は安倍政権が提出を予定している労働規制改変法案が「働かせ方改革法案」であるからだ。
 安倍首相は「働き方改革」と表現しているが、これは安倍首相が得意とするペテン師的手法である。

 「戦争法制」を「平和安全法制」と呼び換えた。
 「共謀罪」を「テロ等準備罪」と呼び換えた。
 言葉を耳に心地の良いものに変えて「印象操作」を行う。

 これが安倍首相の常套手段だが、この手法が功を奏するには、内容の本質が主権者国民に浸透する前に、数の力に依存する横暴な議会運営を挙行する必要がある。
 戦争法制でも、共謀罪創設でも、安倍政権は数の力による横暴極まりない対応を続けてきた。
 しかし今回は、あっさりと裁量労働制度拡大の法案を撤回した。
 厚生労働省のデータ処理が著しく悪質であることが判明したことが背景であると考えられる。

 また、長時間残業の合法化や高度プロフェッショナル制度の導入を実現するために、背に腹は代えられぬ対応を示したのかも知れない。
 野党はここで攻撃の手を緩めてはならない。
 これは労働法制を政争の具とすることではない。
 労働法制がアベノミクスの本質に関わる事項であるとともに、安倍政権の基本方向が主権者国民の側ではなく、主権者国民を利潤を獲得する単なる手段としてしか考えない資本の側に立って策定されたものであることに基づく、主権者国民の側に立つ政治勢力の当然で正当な政治行動なのである。
 安倍政権が労働規制改変法案で実現を目論んできたのは次の四つである。 ・・・


植草一秀の『知られざる真実』: 金融市場にも巻き起こる春の嵐の行く末は 3/1
 ○光陰矢の如しというが、2018年も早くも3月を迎えた。
 記録的な豪雪、相次ぐ寒波の到来は、地球温暖化仮設への素朴な疑問を投げかけているが、3月もいきなり春の嵐を迎えての幕開けになった。
 「2018年の大波乱」の片鱗がすでに表れ始めているのかも知れない

 気候だけでなく金融市場にも春の嵐が巻き起こっている。
 2月2日にNYダウが前日比666ドルの下落を記録した。
 これを起点に春の嵐が巻き起こっているのだが、ハイライトは2月5日のNYダウ1075ドルの下落だった。
 節分を超え、立春を株価急落で迎えることになった。

 週末で市場は休場だったが2月3日にジャネット・イエレンFRB議長が退任し、新たにFRB理事であったジェローム・パウエル氏が議長に就任した。
 人事を差配したのはトランプ大統領である。
 トランプ氏はFRB議長候補として最後にノミネートした5名と面談した上でパウエル氏の起用を決めた。
 最期までイエレン氏の続投を検討した模様だが最終的にパウエル氏を選択した。
 「大統領は人事に自分の印を残したいものだ」
 というのがトランプ氏のコメントだった。

 純粋な判断ではイエレン氏の続投が望ましいと考えながら、「政治的な判断」でパウエル氏を起用したのだと思われる。
 このパウエル氏のFRB議長就任に対して、金融市場が挑戦状を送り付けた。 ・・・




☆☆☆







日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁が審理やり直し命じる | NHKニュース  1/31
安保法訴訟 自衛官に「訴えの利益」 審理差し戻し 東京高裁判決 毎日新聞 2/1
 〇安全保障関連法に基づく防衛出動命令は憲法9条などに反するとして、現役陸上自衛官の男性が国を相手に命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は31日、原告に訴えの利益がないとして却下した1審・東京地裁判決(昨年3月)を取り消し、審理を東京地裁に差し戻した。杉原則彦裁判長は「出動命令に従わない場合、刑事罰や懲戒処分を受ける可能性があり、訴えの利益はある」などと述べた。【近松仁太郎】

生活保護基準の引下げに反対する会長声明 【群馬弁護士会】2018.02.03

【共同声明】朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な対応を求めます 【ヒューマンライツ・ナウ】2018.02.28






NNN: 野村不動産 50代の男性社員が過労自殺 3/4
 ○不動産大手の野村不動産で違法に裁量労働制を適用されていた50代の男性社員が過労自殺し、労災認定を受けていたことがわかった。
 関係者によると、労災認定を受けたのは、野村不動産で住宅入居の契約などを担当していた50代の男性社員で、2016年9月に自殺し、去年、遺族が労災申請を行っていた。
 労働基準監督署が調べたところ、自殺する前の1か月の残業時間は約180時間にのぼっており、去年12月、長時間労働による過労が原因だとして、労災認定されたという。
 野村不動産をめぐっては昨年末、裁量労働制を社員約600人に違法に適用していたとして、是正勧告を受けていたが、過労自殺した男性も違法に適用されていた一人だった。
 野村不動産ではすでに、今年4月から裁量労働制を廃止することを表明している。

野村不動産:50代社員が過労自殺 裁量労働制を違法適用 毎日新聞 3/4
 ○裁量労働制を違法に適用したとして厚生労働省東京労働局から特別指導を受けた不動産大手「野村不動産」(東京)の50代の男性社員が過労自殺し、労災認定されていたことが関係者への取材で明らかになった。男性も裁量労働制を違法適用されていたという。
【動画で解説】厚労省がブラック企業公表 その背景とは
<裁量労働違法適用>「高プロ」も乱用の懸念 
<働き方改革>高プロ・裁量労働制に警鐘「過労死増える」
<働かせ方改悪?>「働き方改革」 安倍政権のまやかし
<裁量労働制>削除に「残念」 財界から失望の声
<労働時間の上限もない>専業主婦はブラック労働なのか
 政府は今国会に提出を予定する働き方改革関連法案から裁量労働制の対象拡大を削除し、来年以降に提出を先送りする考えだが、現行の制度でも過労死が防げていない実態が判明した。
 関係者によると、男性は東京本社に勤務し、個人が所有する住宅を賃貸する業務を担当していたが、2016年9月に自殺した。顧客などへの対応に追われて長時間労働が続いており、残業が月180時間を超えることもあったという。遺族が労災申請し、昨年12月に労災と認定された。
 野村不動産は当時、会社の中枢で企画立案をする人に限り適用できる企画業務型裁量労働制を、社員約1900人のうち約600人に適用し、男性もその一人だった。東京労働局は昨年12月、裁量労働制を適用した社員に営業など対象外の業務をさせたとして、同社の宮嶋誠一社長に是正を求める特別指導をしたと発表した。ただ、社員の労災認定は明らかにしていない。
 野村不動産は今年4月から裁量労働制を廃止する方針。安倍晋三首相や加藤勝信厚労相は今国会での答弁で、同社への特別指導を裁量労働制の違法適用を取り締まった事例として挙げている。【古関俊樹】


ANN: 春本番の陽気が…一転 気象予報士・山口津香沙 3/4
 ○3月に入ったばかりなのに、季節外れの暖かさになりました。きょうは雲一つない青空になりましたが、あすから厚い雲に覆われて春の長雨がやってきます。しかも、雷雨のスタートとなります。
 まず、雨を見ていくと、朝、神奈川県や千葉県でポツポツ雨が降り出します。日中は南部や茨城県、北部山沿いで雨エリアが広がり、さらに風が強まります。強い風は夕方以降で、夕方4時くらいから強まります。
 黄色やオレンジの風速10メートル以上と傘が持っていかれるような南風が吹き付けそうです。子どもたちの下校時間と重なるため、カッパの準備してあげて下さい。夜になると風のピークは過ぎますが、今度は雨のピークです。茨城県などで黄色の活発な雨雲がかかり、午後8時以降は雷雨に。仕事の帰宅時間帯を直撃しそうです。特に注意が必要なのは、東京や千葉、横浜です。夕方は強風、夜は雷雨や突然の強い雨になりそうです。
 週間予報です。今度の土曜日まで曇りや雨のマークが並び、梅雨のような天気です。火曜日から寒の戻りがあり、水曜日は東京で9度と真冬の寒さになるでしょう。


NNN: 屋根の雪下ろし中、転落事故相次ぐ 北海道 3/4
 ○北海道で屋根の雪下ろし中の転落事故が相次ぎ、幌加内町では、消防職員の男性が病院に運ばれた。
 警察によると3日午前10時45分ごろ、幌加内町平和の団地で、屋根の雪下ろしをしていた深川地区消防組合・幌加内支所の有働裕妃さん(47)が、転落して全身が雪に埋まった。
 有働さんは意識がない状態で病院に運ばれたが、その後、回復し軽傷。一緒に作業していた幌加内町役場の職員2人も転落したが、ケガはなかった。
 役場によると、当時、屋根の積雪は1メートル以上あったという。役場などでは、町内全域で除雪をしていたが、事故をうけ、3日の夕方まで予定されていた除雪は正午に終了したという。
 また、夕張市では、命綱をつけて住宅の屋根の雪下ろしをしていた爾見俊一さん(47)が転落し、ロープが首に巻きついて宙づりになった。
 爾見さんは意識がない状態で病院に運ばれたが、その後、意識は回復したという。


NNN: 先月末解除も…阿蘇中岳、再び立ち入り規制 3/4
 ○先月末、3年半ぶりに規制が解除された熊本県の阿蘇中岳の火口周辺は、火山活動が活発化しているとして、3日、再び立ち入りが規制された。
 気象庁によると、阿蘇中岳は火口の下で火山ガスなどが移動して起こる「孤立型微動」が今月1日から急に増加し、火山性地震の回数も多い状態で経過しているという。
 阿蘇火山防災会議協議会は先月28日に3年半ぶりに立ち入り規制を解除した火口周辺で、再び火口から半径1キロの範囲の立ち入りを規制した。
 気象庁は職員2人を現地に派遣して、火山活動の調査をすることにしている。


NNN: ホワイトハウス前で 男が自分に発砲し死亡 3/4
 ○アメリカ・ホワイトハウスの前で3日、男が自分に向けて銃を発砲し、死亡した。周囲は一時、パニックとなったが、トランプ大統領は不在だった。
 シークレットサービスによると、現地時間の3日午前11時46分ごろ、ホワイトハウスの北側で男が自分の頭に向けて銃を数発、発砲したという。その後、男の死亡が確認され、他にけが人はいないという。当時、ホワイトハウスの周りには大勢の観光客がいて、銃声がなった瞬間、悲鳴があがり、パニックになったという。
 一時、周囲の道は封鎖され、ホワイトハウスにいる記者団も避難するよう指示された。発砲があった時、トランプ大統領はホワイトハウスにはおらず、フロリダ州に滞在中だった。側近から発砲の報告を受けたという。
  ★何を訴えたのか、何故なのか!? それが、問題。 事後報は、あるか!?


韓国大統領の特使団、5日に訪朝 情報機関トップも AFP 3/4
 ○【3月4日 AFP】韓国大統領府は4日、文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領の特使として情報機関トップら10人で構成される特使団を5日に北朝鮮に派遣すると発表した。朝鮮半島の緊張緩和について協議するという。
 大統領府報道官によると、特使団のメンバーには国家情報院(National Intelligence Service)の徐薫(ソ・フン、Suh Hoon)院長らが含まれ、大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン、Chung Eui-Yong)国家安保室長が主席特使を務める。特使団は5日に空路で平壌(Pyongyang)入りし、米朝対話の環境作りなど幅広い議題について協議する。

 韓国と北朝鮮関係は、先月25日に閉幕した平昌冬季五輪を契機に融和ムードが高まっている。
 北朝鮮の核問題をめぐって世界に安全保障上の懸念が高まるなか、文大統領は平昌五輪を利用して緊張緩和を図り米朝対話に道筋をつけたいとの思惑がある。一方、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)委員長は妹の金与正(キム・ヨジョン、Kim Yo Jong)朝鮮労働党第1副部長を特使として五輪に派遣。与正氏の開会式出席は世界の注目を集めた。1953年に結ばれた朝鮮戦争(Korean War)の休戦協定以降に北朝鮮を支配する金一族から訪韓したのは与正氏が初めて。(c)AFP


NNN: 北、非核化前提の対話なら応じない姿勢強調 3/4
 ○北朝鮮外務省は、アメリカと対話する意思があると改めて明らかにする一方、「前提条件のもと、対話のテーブルに座ることはないだろう」として、非核化を前提とした対話には応じない姿勢を強調した。
 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省の報道官は3日、「われわれはアメリカとも対話が可能との立場を明らかにした」と述べた。ただ、「平等な立場での対話」を目指すとした上で、「今後も前提条件のもと、対話のテーブルに座ることはないだろう」と述べ、アメリカが求める非核化を前提とした対話には応じない姿勢を強調した。
 さらに報道官は、「決して対話を物乞いしたり、アメリカが騒ぐ軍事的な選択を避けたりはしない」と述べ、アメリカをけん制した。
 米朝の対話をめぐっては、韓国が仲介役に意欲を示しているが、米朝間の隔たりは大きいままだ。


イタリア総選挙、最大の争点「移民問題」の現状 TBS NEWS 3/4
 ○イタリア総選挙で最大の争点が移民問題です。多くの政党が「反移民」を訴え支持を集める一方で、イタリア社会に移民が深く入り込んでいる現実もあります。
 イタリア・ミラノにあるピザ店。手際よく生地をこね、焼きあげているのはエジプトから来た移民です。本場イタリアでもピザ職人は6割が移民とされ、ミラノでは半分以上の店を外国人が経営しています。

 「私たちのピザはとてもおいしいよ。商売も繁盛している」(ピザ店のオーナー〔エジプト移民〕)

 しかし・・・。
 「イタリアは移民のせいで治安がとても悪い」(ミラノ市民)
 「移民はすぐに彼らの国へ帰すべきだ」(ミラノ市民)

 「移民が治安を悪化させ、仕事を奪っている」と、反発が強まっています。日本時間の午後3時から投票が始まったイタリアの総選挙では、与党・民主党を含む中道左派が伸び悩む中、不法移民の国外追放を訴える中道右派連合や、五つ星運動が支持を広げています。ただ、「移民はいらない」と簡単に割り切れない現実があります。
 イタリア南部のシチリア島。アフリカや中東からヨーロッパに入る最前線で、年間およそ10万人が押し寄せています。島の中央にある収容所にはおよそ4000人が難民認定を待っていますが、認定に1年以上かかるケースが多く、生活苦からオレンジの収穫など低い賃金で働く人が後を絶たないと言います。
 「友人がオレンジ農場で働いたと聞いた。仕事がきついのに、とてもお金が安いと。でも他に選択肢がないんだ」(難民認定を申請中のナイジェリア人)
 さらに、難民認定されずに「不法移民」として島に残った人々の状況は深刻です。
 「こうした場所で彼らは寝泊まりしているということなんですけれども、衛生状態も悪く、かなり劣悪な環境で暮らしていることがわかります」(大八木友之記者)
 街の外れの廃墟に、およそ100人のアフリカ系移民が身を寄せています。
 「1日10時間以上働いて25ユーロ(約3300円)しかもらえない。私たちは動物のように扱われている」(チュニジアから来た不法移民)
 電気や水道もなく、時折入る農作業の仕事で何とか食いつないでいるのが現状ですが、それでも国に帰るよりはましだと言います。
 「増える移民に目をつけたマフィアが、安い労働力として搾取している」と、移民の支援者は非難します。
 「移民がイタリア人の仕事を奪っているというのはうそだ。彼らはこの国の農業に大きく貢献している」(農業事業者組合のロッコ・アンツァルディさん)
 かつて移民として多くの人がアメリカなどに渡ったイタリア。自らの国に来た移民にどのような答えを出すのか、難しい選択にせまられています。
  ★イタリアも、戦後、徹底的な民主化、反ムッソリーニ運動が、不十分だったのか!? 徹底したのは、ドイツだけ!?



ドイツ 新政権発足へ 社民党政権参加「賛成」66% 【毎日新聞】2018.03.04
 ○【ベルリン中西啓介】ドイツの国政第2党で中道左派の社会民主党は4日、メルケル独首相による新政権への参加の是非を問う党員投票で、政権入りに賛成する票が過半数だったと発表した。メルケル氏率いる中道右派の国政最大会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)との大連立政権が継続する。14日にも連邦議会(下院)の投票でメルケル氏が首相に選出される見通しで、昨年9月の総選挙から続く戦後最長の政権空白が解消される。

 記者会見したニータン党出納責任者によると、郵便投票の有権者は約46万人で政権参加に賛成が66.02%、反対が33.98%だった。投票率は約78%。財務相就任が有力視されるショルツ党首代理は会見で、メルケル氏とシュタインマイヤー大統領に結果を報告したことを明らかにし、「社民党が次期連邦政府に参加することが明確になった」と述べ、党員投票の結果に安堵(あんど)感をにじませた。
 社民党はこれまでメルケル氏と2度大連立政権を組んだが、昨秋の総選挙で大敗。党執行部は大連立継続に反対する声に配慮し、党員投票を政権参加の最後の「ハードル」にした。これに対し党青年部は連立協定について、「党の主要政策がなく、これまで通りの大連立」と批判して反対運動を展開。一方、次期党首就任が確実視されるナーレス連邦議会党会派代表は国政第2党の地位を失いかねない総選挙を回避するよう訴えていた。
 メルケル政権は第4次となり、メルケル氏が任期を全うすれば、コール元首相の戦後最長16年に並ぶ。


韓国特使、5日に訪朝 国家安保室長ら10人 【東京新聞】2018.03.04
 ○【ソウル共同】韓国大統領府は4日、鄭義溶大統領府国家安保室長をトップとし、徐薫国家情報院長を含む特使5人に実務担当者を加えた計10人を、5日から2日間の日程で北朝鮮の平壌に派遣すると発表した。大統領府の尹永燦国民疎通首席秘書官「北朝鮮側の高位級の関係者」と会い、米朝対話を含む朝鮮半島情勢などを協議すると説明。金正恩朝鮮労働党委員長と直接会うかどうかも焦点となる。
 特使団には統一省の千海成次官も含まれる。尹氏によると、一行は5日午後(日本時間同)に特別機に乗り、黄海側の空路で北朝鮮入りする。
  ★韓国を通して、米朝対話が成り立つのかな!? 米政府が頑ななだから、仕方ないか。可能性があるなら。


共産・志位氏「一番大事な部分が改ざんされた疑い」 【朝日新聞】2018.03.04
 ○記者団の質問に答える共産党の志位和夫委員長=4日午後2時すぎ、東京都千代田区の日比谷公園、石松恒撮影

志位和夫・共産党委員長(発言録)
決裁文書の書き換え、法律も想定外 官僚「ありえない」
土地の賃貸と売却契約の決裁文書、書き換えか 森友問題
 (森友問題をめぐり財務省の公文書が書き換えられた疑いが出ていることについて)非常に深刻な問題で、仮に事実だとすると犯罪行為になる可能性がある。これまでも財務省の森友問題の対応はひどいことの連続でした。記録を捨てたと言った後、記録が出てくる。そういう一連の問題と比べても、今度の問題は次元が異なる異次元の問題だ。速やかに調査結果を出すことを求めていきたい。
 (内閣の責任は)非常に重い。改ざんしたといわれている箇所は、特例的な扱いを必要とするんだと、価格の提示をやるんだという肝の部分。一番大事な部分が改ざんされた疑いがあるわけで、ちょっと表現が不十分だから整理したというようなものではない。しかもそれが、公式に国会に提出されているわけだから、国会で国民を欺き、公文書を偽造したことにもなる。事実と言うことになると、内閣全体の深刻な責任が問われる。(東京都内で記者団に)


野党側 森友学園の文書書き換え 事実なら総辞職を 【NHK】2018.03.04
 ○NHKの「日曜討論」で、「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると一部で報じられたことについて、野党側は政府に事実関係を明らかにするよう求め、事実であれば安倍内閣は総辞職すべきだという考えを示しました。
 学校法人「森友学園」に国有地が8億円余り値引きされて売却された問題で、契約の際に財務省近畿財務局が作成した決裁文書と、去年2月に問題が明らかになったあと国会議員らに開示された文書の内容に違いがあり、書き換えられた疑いがあると一部で報じられました。
 これについて、立憲民主党の福山幹事長は「公文書を事後に書き換えることは普通はありえない。別の物が出てきたということになれば大問題で、状況によっては罪に問われる問題になってくる」と指摘しました。
 そして、野党側は政府に対し事実関係をすみやかに明らかにするよう求めるとともに、文書の書き換えが事実であれば安倍内閣は総辞職すべきだという考えを示しました。
 これに対し、自民党の武見参議院政策審議会長は「政府は常に真摯(しんし)にきちんと答える努力をし、信頼の回復に努めるべきだ。われわれも精査したうえで、真摯に国民に対して説明するという立場から対応する」と述べました。
  ★肝心なこと、答弁控えちゃあ、ダメでしょ!


裁量労働制“不正導入”の野村不動産社員 過労自殺と認定 【NHK】2018.03.04
 ○裁量労働制を社員などに不正に導入していたとして労働基準監督署から是正勧告を受けた大手の野村不動産で、50代の社員が自殺し、労働基準監督署は、長時間労働による過労が原因だったとして労災認定していたことがわかりました。男性は裁量労働制を不正に適用されていた社員の1人だったということです。
 野村不動産は、企業の中枢部門で経営に関わる企画の立案や情報分析などの業務に限って導入することができる企画業務型の裁量労働制を、営業活動などにあたる一般職の社員などおよそ600人に対して導入していたとして、去年12月、本社などが労働基準監督署から是正勧告を受けました。
 関係者によりますと、おととし9月、本社で働いていた50代の男性が自殺し、労働基準監督署が勤務記録などを調べたところ、自殺する前には1か月の残業時間が180時間余りに上っていたということです。
 このため、労働基準監督署は、長時間労働による過労が原因だったとして、去年12月、労災と認定したということです。
 男性は個人が所有する住宅などを賃貸する業務を担当していて、裁量労働制を不正に適用されていた社員の1人だったということです。
 是正勧告とともに東京労働局は、社長に対し是正を図るよう特別に指導する異例の対応を取っていました。是正勧告を受けた際野村不動産は来年度から裁量労働制を廃止することを明らかにしています。
  ★営業活動などにあたる一般職の社員などおよそ600人に対して導入??? これは、何でしょう? 労働時間管理を放棄し、闇に葬る!賃金不払い、人権侵害を合法化する、できる、ということでしょうか!?






 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧





【社説】裁量労働制削除 原点立ち返り根本議論を 【琉球新報】2018.03.04
 ○安倍晋三首相は今国会の最重要法案と位置付ける働き方改革関連法案のうち、裁量労働制の拡大を削除する方針を正式に表明した。労働環境改善の根拠としていた裁量労働データが不適切だったことが判明したためだ。削除するのは当然だ。
 しかし政府は高度プロフェッショナル制度(高プロ)など残り三つの柱を維持した法案の今国会成立を目指している。不適切なデータ判明で、法案に対する不信や不安は拭いがたいものになった。法案全体の議論を一からやり直すべきだ。
 裁量労働制は実際に働いた時間に関係なく、あらかじめ決められた時間を働いたと見なす制度だ。仕事の進め方が労働者の裁量に大きく委ねられる職種が対象で、弁護士や記者などの「専門業務型」と、企画や調査などを担う事務系の「企画業務型」の2類型がある。政府はこの制度を拡大しようとした。
 しかし深夜や休日に働いた場合以外は、割り増し賃金は支払われない。労働者は主体的に仕事ができるとされる一方で「実態としては裁量が少ない」「長時間労働を助長する」との指摘がある。
 実際に20年余り前、裁量労働制で働いていた当時24歳の雑誌編集者の男性が過労死し、2002年に労災認定されている。結果的に柔軟な働き方よりも過重労働を強いられる側面があることを示している。
 それにもかかわらず、安倍首相は1月末に厚生労働省の裁量労働データを持ち出して「裁量労働制で働く人の労働時間は一般労働者よりも短いというデータもある」と述べ、過労死増加を懸念する野党の指摘に反論した。
 このデータが極めてずさんだった。一般労働者に「1カ月で最も長く働いた日の残業時間」を聞き、裁量制で働く人には単に1日の労働時間を尋ねるという不適切な調査手法だった。その後も「異常値」が次々と見つかり、野党側が調査データで233件の不自然な点があることを加藤勝信厚労相に認めさせた。
 政府が盛んに強調した裁量制の労働時間縮減効果を支える根拠が崩れたのだから、削除するほかない。だが法案の問題点はこれだけではない。野党が「残業代ゼロ法案」と批判する高収入の一部専門職を労働時間規制から外す高プロの導入が法案に残っている。
 高プロの場合裁量労働制には認められている深夜、休日労働の割増賃金が支払われない。労働者を守るための時間規制が全て除外されている。過労死の温床になるとの懸念が強い。
 厚労省はサービス残業の実態についても調査していない。どうすれば過重労働や過労死をなくせるのか、本当に働く人のためになる法案なのか、という原点に立ち返る必要がある。制度設計を含め議論を尽くすべきだ。
  ★憲法では、人権尊重が最高価値と謳われ、労働基準法が、労働者の人権を、時間管理として捉え、賃金不払いを厳に、戒めてきた。これを、脱法しようとは❕❕ 素も、成果とは、何なのか? 誰が、いつ、どんな基準で、評価するのか、しれていない。時間管理だけを、先ず外そうなんて、慮外、専横、法外だ。


【社説】[核軍拡競争]政府の姿勢が問われる 【沖縄タイムス】2018.03.04
 ○核兵器を巡って米ロの相互不信が高まっている。核軍拡競争を招きかねない事態だ。
 ロシアのプーチン大統領は1日の年次報告演説で、米国のミサイル防衛(MD)網をかいくぐることのできる最新の戦略核兵器開発に成功した、と述べた。
 「強いロシア」をめざす軍事偏重の演説でプーチン氏は、米国への対抗姿勢をあらわにした。
 背景にあるのは、韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備や、日本が導入を決めた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」など、米国主導によるミサイル防衛網の形成である。
 米国のミサイル防衛網に対抗しなければロシアの核戦力が無力化されるとの危機感が、新たな核開発を招いているのである。
 米国のトランプ大統領は2月初め、核戦略の指針となる「核体制の見直し」(NPR)を発表し、「世界は大国間の競争に回帰した」と、ロシアや中国への対抗姿勢を鮮明にした。
 爆発力が低く「使える核兵器」と称される小型核の開発を盛り込み、核兵器の役割拡大や使用条件の緩和に踏み込んだ。
 核拡散防止条約(NPT)は、核保有国に対し、核軍縮を「誠実に交渉」する義務を課している。両政権に共通するのは、核兵器の役割を減らし核軍縮の道筋を示すのではなく、核の近代化や新型核兵器の開発を推し進めている点だ。
 核を巡る世界の風景は大きく変わりつつある。
■    ■
 小型核の開発について米国内には、実際に使われるかもしれないと敵に信じ込ませることが抑止力を高める、との考え方がある。核は使えないものと米国が自己規制すれば、抑止力は効かなくなるというのである。
 だが、爆発力を抑えた小型核兵器の開発は、核使用のハードルを下げるというリスクを抱えている。それだけではない。
 米国に対抗してロシアも小型核の使用を進めるだろう。米ロが先陣を切れば他の核保有国も「右へならえ」する可能性がある。
 トランプ政権の「核体制の見直し」について政府は、河野太郎外相談話で「高く評価する」と歓迎した。
 同盟国が攻撃を受けた場合でも自国への攻撃と見なして報復することを核の「拡大抑止」と呼ぶが、その姿勢が明確に示された、という理由からだ。驚きの談話、というほかない。
■    ■
 北朝鮮の核・ミサイル開発は日本にとって大きな脅威である。だが、圧力をかけ続けたあとに訪れるのは「軍事衝突」か「対話による解決」のどちらかだ。
 「対話のための対話」がいやなら、「解決のための対話」を模索すればいい。
 米ロの核軍拡競争は、北朝鮮問題にも影響を与えずにはおかないだろう。
 憲法9条を持つ「唯一の戦争被爆国」が、核軍拡競争や核拡散防止条約の弱体化に加担するようなことがあってはならない。
  ★平和の為、先ず、戦争を回避しなければ!

【社説】[米輸入制限方針] 貿易戦争に持ち込むな 【南日本新聞】2018.03.04
 ○貿易戦争の引き金が引かれるのを憂慮せざるを得ない。
 トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を発動する方針を表明した。
 輸入増が安全保障上の脅威になっているとして関税を引き上げ、鉄鋼に25%、アルミに10%の関税をそれぞれ課すというものだ。
 11月の中間選挙に向け、国内製造業再生への努力をアピールする狙いに違いない。
 しかし、安全保障の名の下に一方的に輸入制限を発動すれば、世界の貿易に深刻な影響を与える。各国とも対抗手段に出るのは必至で、それは米国にとっても大きな痛手となるはずだ。
 日本にも火の粉が降りかかる恐れがある。米政権は来週に正式決定する見通しだが、方針撤回を強く求めたい。
 今回の輸入措置は米通商拡大法232条に基づく。発動されればリビア産原油の輸入を禁じた1982年以来約36年ぶりとなる。
 輸入制限の最大の標的は中国とみられる。中国は過剰生産した鉄鋼などを安値で輸出し、世界的な価格下落を招いている。
 こうした状況に対し、日本と欧州は米国と協調して中国に対する措置を協議していた。
 それだけにトランプ政権の一方的な輸入制限は日米欧の協力関係を阻害するだけではなく、逆に米国の孤立を招くともいえよう。
 トランプ氏は「貿易戦争は良いことで、簡単に勝てる」とツイッターに投稿した。あまりに思慮を欠く発言である。
 中国は「自国の利益のために他国に損害を押しつけるべきではない」と反発。米国の最大の鉄鋼輸入相手国であるカナダは「カナダとの貿易を安全保障上の脅威と見なすのは完全に不適切だ」と非難した。
 欧州連合(EU)は実際に発動されれば、米国からの28億ユーロ(約3650億円)相当の輸入品に25%の報復関税を適用する検討を始めたという。
 米国の輸入制限は「全ての国に適用されるとみられる」(ロス米商務長官)ことから、日本製品も対象となる可能性が高い。日本政府は適用除外を求める方針だが、先行きは不透明だ。
 海外だけでなく、米国内でも自動車や石油化学、電機、農業、食品など25に上る業界団体から反対論が噴出している。
 EUが日本を含む他国と世界貿易機関(WTO)に一斉に提訴することも考えられる。WTOなど自由貿易体制を築いてきたのは米国だ。その秩序を壊せば代償はあまりに大きいだろう。


【社説】選択的夫婦別姓 「時代の要請」踏まえたい 【西日本新聞】2018.03.04
 ○希望があれば、結婚しても姓を変える必要はない-そう考える人が増えている。
 いわゆる選択的夫婦別姓である。内閣府が先月発表した世論調査によると、そのための法改正について「構わない」と答えた人は42・5%で、「必要ない」(29・3%)を上回った。5年前の調査では、いずれも30%台半ばで拮抗(きっこう)していた。
 女性の社会進出が進み、姓が変わると仕事などに支障が出ることが背景にある。今でも、夫婦いずれかの姓を選ぶ民法の規定にもかかわらず、結婚した後も旧姓を使う人は多い。
 ただ、これまでは姓を変えることの多い女性の問題と狭く捉えられがちだった。そうではなく、男女を問わず、多くの人に関わる問題だと提起する裁判が今年、東京地裁に起こされた。
 ソフトウエア開発会社の青野慶久社長らが「夫婦別姓を選べない戸籍法は憲法に反する」と国に損害賠償を求めて提訴した。
 戸籍法は婚姻届に「夫婦が称する氏」を記載するよう求めている。青野さんは妻の希望から、妻の姓を選んだという。
 仕事では「青野」を使い続けたところ、想像以上の弊害に見舞われた。パスポートや株主総会などで戸籍上の姓を強いられた上、銀行口座などの名前の変更手続きは相当に煩雑だった。多くの女性が感じてきたことだ。
 夫婦別姓を巡っては、法務省の審議会が1996年、導入するよう法相に答申した。しかし国民の間で議論は深まっておらず、改正法案の提出には至らなかった。
 最高裁は2015年、日本社会への定着を理由に、夫婦同姓の規定を合憲と判断した。もちろん同姓であることに絆を感じる人もいるだろう。一方で旧姓使用のデメリットから、婚姻届を出さずに事実婚を貫く夫婦もいるという。
 現在の制度で不利益を被る人がいるのなら、改善していくのは当然だ。姓を選ぶ自由は基本的人権にも関わる。時代の要請を踏まえた論議を加速させたい。


【社説】【米鉄鋼輸入制限】大国のやることではない 【高知新聞】2018.03.04
 ○「米国第一主義」の旗に世界経済はまた混乱を余儀なくされそうだ。トランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムに輸入制限を発動する方針を表明した。
 鉄鋼に25%、アルミに10%の関税をかける。米通商拡大法232条に基づく措置という。特定の製品の輸入が安全保障上の脅威になっていると判断すれば、大統領が是正措置を取ることができる規定だ。
 鉄鋼やアルミの大量輸入が国内の関連産業を衰退させている。戦闘機や軍艦などの生産力が奪われる―という理屈である。
 米国はブッシュ政権時代の2002年、鉄鋼の輸入に緊急輸入制限(セーフガード)を発動したことがある。より重い措置といえる232条の発動は、1982年に当時のレーガン大統領がリビアの原油を禁輸にして以来になる。
 今回の主な標的は中国のようだ。中国からの鉄鋼の輸入は全体の2%余りにすぎないが、他の国を迂回(うかい)して大量に流入しているとみられている。このため、ロス米商務長官は輸入制限が全ての国に適用される見通しを示している。
 各国から一斉に反発の声が上がったのは当然だ。輸出国には安全保障上の同盟国である日本や欧州も含まれている。
 世界貿易機関(WTO)は加盟国の輸入制限に高いハードルを設けている。例外とされてきたのが安全保障上の理由だが、いまの米国が貿易の特例措置を取らなければならないほどの国防上の問題を抱えているようには見えない。
 逆に、副作用の方が大きいのではないか。
 欧州連合(EU)は早速、報復措置の検討に入った。米国から輸入する二輪車や衣類の一部などに高関税を課す可能性がある。中国も対抗措置に踏み切ることだろう。下手をすれば貿易戦争になりかねない。
 米国のやろうとしていることは、安全保障ではなく、どう見てもトランプ流の保護主義政策だ。秋の中間選挙を意識してのことだろう。与党の共和党は劣勢が伝えられている。鉄鋼関係者の支持を取り付けたいとの思惑が透ける。
 安全保障を理由にすれば、どんな目的でも輸入制限が許されるなら、同じ行動に走る国が出かねない。多くの国が参加し、平等な貿易ルールづくりと維持を担ってきたWTO体制を揺るがすものだ。 
 米国経済も無傷では済まない。例えば自動車の製造では、軽くて高品質の鋼材を用いるため、簡単に調達先を替えることができない。
 高関税によって製造コストが上がり、消費や雇用で不利益を被るのは米国の国民だ。
 不均衡な貿易になっているというのなら、関係国やWTOがルールに基づいて協議するのが筋だ。ルールを乱用し、強硬な手段に出ることは大国のやることではない。
 発動の正式決定は週内という。トランプ氏は方針を見直すべきだ。


【社説】袋小路の「働き方改革」 「高プロ」を含めた全体の撤回を 【愛媛新聞】2018.03.04


【社説】米国の輸入制限 貿易戦争を招く危うさ 【中国新聞】2018.03.04


【社説】あすへのとびら 天皇の活動と憲法 「象徴」問い続けてこそ 【信濃毎日新聞】2018.03.04

 ○1993(平成5)年4月、衆院内閣委員会。皇太子さまと雅子さまの結婚の儀が天皇の国事行為と閣議決定されたことに対し、野党議員と政府側との間でこんなやりとりがあった。
 ―結婚の儀は誰が行うのか。
 「主宰者は天皇陛下である」

 ―夫婦になる2人が主宰するもので天皇の行為ではないのでは。
 さらに別の議員がただした。
 ―結婚の儀は神鏡が祭られている賢所で誓いを立て、守護を願う明白な神道儀式。国事行為にして公金を支出するのは憲法の政教分離の原則に反する。

 「宗教上の儀式としても一般人の宗教的感情を特に刺激しない。政教分離の原則に反しない」
 天皇陛下は来年4月30日に退位され、翌5月1日に皇太子さまが即位される。
 代替わりの儀式のあり方は政府の準備委員会が今月半ばに基本方針をまとめる。これまでに退位の儀式などを憲法上の国事行為とすることが固まった。

   <国事行為の拡大>
 そこには結婚の儀と同様の問題が横たわる。
 旧憲法で天皇は統治権を一手に掌握する「総攬(そうらん)者」だった。戦争の反省から、現憲法は天皇の国政権限を断った。
 公の活動は、国会の召集など内閣の助言と承認に基づく10項目の形式的なものに限られる。それが国事行為である。項目の中に「儀式を行ふ」がある。
 準備委は、代替わりに伴う幾つもの儀式を国事行為として検討しているという。その中には秋篠宮さまが皇位継承順1位の「皇嗣(こうし)」に就くことを内外に示す「立皇嗣の礼」も含まれる。
 全てが天皇の行為なのか。25年前の国会の問いが浮かぶ。
 皇室典範に書かれた儀式は二つしかない。天皇が亡くなった時の「大喪の礼」と新天皇の「即位の礼」だ。
 結婚の儀で質問した議員の一人は当時こう訴えた。「典範にもない儀式を国事行為にすれば際限なく広がり憲法の精神に反する」
 退位儀式の政教分離についても疑問の声がある。
 天皇の生前の退位は200年ぶりだ。政府は江戸時代の儀式も参考に現憲法に合う形式を考えた。天皇の政治関与にならないよう、皇位を譲る旨を読み上げる古式の「宣命(せんみょう)」はやめ、首相が感謝の意を伝えた後に陛下が「お言葉」を述べる。
 神話に基づく「三種の神器」の剣や勾玉(まがたま)を侍従がささげ持つのは古式にのっとる。
 宗教的色彩がある。これを国事行為にすれば憲法に反する―。九州大の横田耕一名誉教授(憲法学)は指摘する。
 祝賀ムードを背景に、なし崩しにしてはならない問題である。

   <歯止めは国民が>
 国事行為以上に拡大してきたのが、式典への出席や被災地訪問、戦争犠牲者慰霊の旅などの「公的行為」である。
 憲法は、天皇が国事行為「のみ」を行うと規定する。10項目の行為以外は私的行為しかなく、公的行為として公費を支出するのは違憲―との主張が憲法学者の間に今もある。
 一方で、陛下は国事行為にとどまらず象徴の務めを模索し続けた。退位の意向をにじませた一昨年8月のビデオメッセージでこう語っている。
 「事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」
 皇后さまとともに膝をついて被災者を見舞う姿は「平成流」と呼ばれ、国民が支持してきた。
 戦後60年の2005年には太平洋戦争の激戦地、サイパンを訪問。米軍に追い詰められた民間人らが「天皇陛下、万歳」と叫んで身を投げたバンザイクリフ(絶壁)で黙とうした。
 天皇であるからこそ、その意味が深く受け止められたのだろう。
 ただ、こうした公的行為には制御の仕組みがない。そこに政治が入り込む余地が生まれる。
 近年では13年の「主権回復の日」式典への出席が「天皇の政治利用」と批判された。サンフランシスコ講和条約が発効し、日本が独立を回復した4月28日を記念する式典である。その後も米施政権下に置かれた沖縄では反発が強かったにもかかわらず、安倍晋三政権は両陛下の出席を要請した。
 戦後生まれの天皇になれば、公的行為の内容も変わってこよう。その是非を見極めるのは国民、国会の役割である。
 象徴の務めはどうあるべきか。タブー視しないで議論を続けたい。天皇の地位は国民の総意に基づく。そう定めた憲法が私たちに求めていることである。


【社説】日銀総裁所信 「出口」への説明足りぬ 【北海道新聞】2018.03.04
 ○政府が再任する人事案を国会に示している黒田東彦日銀総裁が、衆院議院運営委員会で2期目の所信聴取に臨んだ。
 黒田氏は、2%の物価上昇目標達成を目指し、現行の異次元金融緩和策を継続する考えを示した。
 一方で、金融政策を正常に戻す出口戦略について「2019年度ごろには検討、議論しているのは間違いない」と述べた。
 13年に総裁になった黒田氏は、「2年程度で達成する」と約束していた物価目標を任期中に実現できなかった。さらに5年続投する以上は、自らの手でその後始末をつけることが最大の責務となる。
 2期目を前に、出口戦略に言及するのは当然であり、むしろ説明はまだ不足している。
 国民が知りたいのは、出口への具体的な道筋だ。週明けには参院でも所信聴取がある。黒田氏は、疑問に答えてほしい。
 日銀は現在、物価目標の達成時期を「19年度ごろ」としている。黒田氏は今回、この目標通り物価が上がることを前提として、出口戦略の時期に言及した。
 しかし、今年1月の消費者物価の上昇率は0・9%にとどまり、目標の2%は遠いのが現実だ。
 日銀はこれまで6度にわたって達成時期を先送りしている。今度も達成できるかどうか危ういと考える方が自然だろう。
 物価目標に届かない限り、出口戦略をいつまでも先延ばしし続けるつもりなのか。黒田氏はその点をきちんと語る必要がある。
 この5年間、日銀は市場を通じて国債を大量購入するなどして、市中に資金を流し込んできた。
 その効果もあって円安が進み、企業業績は改善して、失業率も大幅に下がった。一方で実質賃金は減少し、2%の物価上昇目標にこだわり、異次元緩和を続ける理由はもはや見いだしにくい。
 懸念されるのは、異次元緩和の長期化による副作用だ。
 長期金利を0%程度に抑え込むため、日銀が購入した国債はすでに450兆円に達し、発行残高全体の4割を占めるまでになった。
 日銀が市場で購入できる国債が底をつく可能性も指摘され始めている。そうなれば、金利上昇を抑え込めなくなり、先進国で最悪の借金を抱える日本の財政危機にも発展しかねない。
 先月以降、円高が急速に進み、景気悪化への懸念も膨らんでいる。黒田氏には、市場の動揺を抑えながら、着実に出口へ導いていく責任がある。


【論説】自民の改憲論議 誰のための取り組みか 【岩手日報】2018.03.04
  ★但し、「ページが見つかりませんでした」






核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告


【月まとめ】
約130万人に年金を過少支給、様式変更でミス相次ぐ - TBS News 3/3
  ★仕組みや規定をコロコロ変えるものだから、いつも“消えた年金”問題、発生。 細かく、弄るのを止めたら❕❕ 年金不信にも、繋がっている!? 年金資源問題は、政府の力量問題。現役世代が、年金世代を養う(ずっとこの仕組み)が、限界に。少子高齢化の必然! 政府が補填も必須。 勿論、年金保険料を取れる、政府は、決して止めることはない。戦争中だって、対象者(女性)を増やそうとした位だから。

NNN: 「米は国内製品を過度に保護」中国が猛反発 3/3
 ○アメリカのトランプ大統領が外国製の鉄鋼に25%の追加関税を課す方針を表明したことに中国が猛反発した。

森友問題、千人が抗議活動 国税庁前で長官罷免求める 【東京新聞】2018.03.03

育休45日以上なら昇格の対象外 大阪市規定、法違反か 【朝日新聞】2018.03.03

年金130万人に過少支給 2月 控除申告ミス・遅れ続出 【東京新聞】2018.03.03

公害病 イタイイタイ病 風化させない 被害団体、賞創設 【毎日新聞】2018.03.03

EU、対米報復関税検討 米「鉄鋼制限、全ての国対象」 【東京新聞】2018.03.03

沖縄知事 基地負担の軽減を要求 沖縄・北方担当相と会談 【毎日新聞】2018.03.03

児童扶養手当を差し押さえ 垂水市 滞納対策 違法、口座入金直後 【西日本新聞】2018.03.03

住民異例の「米軍監視」 LCAC夜間航行で長崎・西海市委託 心境複雑でも「行動する」 【西日本新聞】2018.03.03
  ★権力監視は、大事! 安倍政権なら、猶更 &侮り、驕り、ヘイトが、心底に。

[News] 日米合同委員会情報公開訴訟 国が文書提出命令回避のため主張を撤回する異例の展 【情報公開クリアリングハウス】2018.03.03
【これまでの時系列】 ・・・

リニア談合事件 JR東海の予算大幅超での受注 各社が協力か 【NHK】2018.03.03

【社説】普天間小上空飛行 即時運用停止しかない 【琉球新報】2018.03.03
 ○米軍機が沖縄上空で飛行する資格はない。

【社説】[裁量労働制削除]「高プロ」も同じ問題だ 【沖縄タイムス】2018.03.03

【社説】働き方改革関連法案 脱「過労死」を見失うな 【中国新聞】2018.03.03

【社説】幼児保育無償化/「待機児童」の解消が先だ 【神戸新聞】2018.03.03

【社説】政府予算案 参院審議で掘り下げよ 【信濃毎日新聞】2018.03.03
 ○ 一般会計の総額が過去最大の2018年度予算案は議論が深まらないまま、衆院を通過した。参院で問題点をしっかり掘り下げなくてはならない。

【社説】米ロの核軍拡 大国の責任はどこへ 【信濃毎日新聞】2018.03.03

【社説】カジノ実施法案 本当に整備必要なのか 【秋田魁新報】2018.03.03

222年ぶり、京都・清水寺で秘仏公開 TBS NEWS 3/2
 初日の2日は大勢の人が訪れていて、公開は3月18日までと、10月5日から15日の2回です。

リニア談合、大成建設元常務と鹿島建設担当部長を逮捕 TBS NEWS 3/2

不妊手術強制問題、安倍首相「適切に対応していく」 TBS NEWS 3/2
  ★証拠を残さないことを含め、恥を知れ!国民の人権、幸福追求権を故意に侵害しておいて。今頃、適切に処理??? 破廉恥な言い草。責任を以って行為できない者が、どうして、倫理道徳を説こうとするのだ❕❕ 公務員が、主権者を従わせることのみに、心を砕くな。無礼であり、ケシカランことだ。

米大統領、鉄鋼・アルミの輸入制限を表明 TBS NEWS 3/2
  ★貿易摩擦、懸念ある限り、株式相場等も、乱高下!? 強きも挫かれ… 世界景気に依存の アベノリスク実現!?

NNN: 羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ 3/2
  ★安倍氏が、自分の花飾りにしようと!? 自称“最高権力者”は、選べないか。上司を選べたら、良いね。

ロシア大統領が新型核兵器を誇示、戦略指針変更の米国けん制 epochtimes.jp 3/2

大成元常務と鹿島幹部を逮捕 リニア談合の疑い 【朝日新聞】2018.03.02

【速報中】安倍首相、昭恵氏の返答「大切な問題ではない」 【朝日新聞】2018.03.02
特集:森友学園問題
特集:働き方改革、不適切データ次々
 ○首相、昭恵氏の返答「大切な問題じゃないんじゃないか。ほとんど意味のないことだ」(17:15)

「答弁差し控える」説明避ける麻生氏 森友文書問題 【朝日新聞】2018.03.02

森友文書、書き換え疑惑浮上 6日までに調査報告 野党は原本開示要求 【日経新聞】2018.03.02

「知る権利、根本揺るがす」 森友文書問題に学者ら批判 【朝日新聞】2018.03.02
 ○学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却に関する財務省の文書書き換え疑惑をめぐり、野党は2日、政府を激しく追及した。財務省は明言を避けており、一連の問題の真相解明を求めてきた関係者からは、不信と批判の声が相次いだ。
森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える

護衛艦「いずも」装備の拡張調査 最新鋭のF35Bも対象 【NHK】2018.03.02
  ★憲法違反、専守防衛にも反する。

【社説】嘉手納所属ヘリ亀裂 直ちに運用中止すべきだ 【琉球新報】2018.03.02
 ○県民の安全がないがしろにされている。老朽化した危険な米軍ヘリコプターが県内を飛び回る状況は、断じて容認できない。
 米空軍嘉手納基地第33救難飛行隊のHH60G救難ヘリが老朽化し、機体の亀裂なども確認されていると、米軍事専門紙ディフェンス・ニュース(電子版)が報じた。

【社説】[裁量切り離し] 必要性含め議論尽くせ 【南日本新聞】2018.03.02

【社説】裁量制拡大の削除 長時間労働是正が最優先だ 【熊本日日新聞】2018.03.02

【論説】裁量労働制の削除 議論を一からやり直せ 【佐賀新聞】2018.03.02

【社説】裁量制提出断念 「1強」のほころび見えた 【西日本新聞】2018.03.02
 ○盤石と見えた「1強政治」の慢心が招いたほころびではないか。
 安倍晋三首相はきのうの参院予算委員会で、今国会に提出する予定の働き方改革関連法案から裁量労働制の適用拡大に関する部分を削除すると表明した。

【社説】臨時国会「放置」で提訴 召集時期に明確な判断を 【愛媛新聞】2018.03.02
 ○野党が昨年6月、憲法53条に基づき臨時国会の召集を求めたにもかかわらず、安倍内閣が3カ月以上放置したのは違憲だとして、立憲民主党の衆院議員が国に損害賠償を求め岡山地裁に提訴した。53条の解釈を争う初の訴訟となる。

【社説】裁量労働提出断念 厳格な調査が欠かせない 【徳島新聞】2018.03.02

【社説】裁量労働制断念 ずさんな調査では当然だ 【山陽新聞】2018.03.02

【社説】裁量制提出断念/「働く側」に立った議論を 【神戸新聞】2018.03.02
 ○安倍政権は今国会に提出予定の「働き方改革」関連法案について、裁量労働制の適用拡大を盛り込むことを断念した。

【社説】働き方改革 高プロ創設も切り離せ 【信濃毎日新聞】2018.03.02

【社説】裁量労働制の削除/国民の不信、疑念は拭えぬ 【河北新報】2018.03.02

【論説】カジノ規制論議 「もうけ優先」見え見え 【岩手日報】2018.03.02

霧島連山の新燃岳が噴火か、火山灰確認 TBS NEWS 3/1

暮らしに直撃、身近な値上げ相次ぐ - TBS News 3/1

NNN: 文氏“慰安婦”終わったと言ってはならない 3/1

NNN: 文大統領“慰安婦演説”日本政府は強く反発 3/1
  ★日韓同盟、軍事同盟の成らぬ、訳 従軍慰安婦問題、然り!

NHK: ザギトワに秋田犬贈呈へ「一緒に散歩したい」 3/1首相 「高度プロフェッショナル制度」予定どおり法案に 【NHK】2018.03.01
  ★『成果主義で働きたい』 それで、どうして、賃金の上限を歓迎できるのか??? 1千万程度で。かつての、青色ダイオード事件でも、揉めたよね。後で、報酬は、幾らにするか?と。

働き方法案「残業代ゼロ」は維持 首相表明 裁量制「全面削除」 【東京新聞】2018.03.01
  ★特許取得など、格別の成功報酬とは、別なのか。明記しているのか。

9条2項維持、首相案に染まる自民 違憲論争続く懸念も 【朝日新聞】2018.03.01

真の友情とは 小平奈緒と李相花、お上の演出でない物語 朝日新聞 3/1
 ○平昌五輪のスピードスケート女子500メートルを制した小平奈緒(右)は2位の李相花と抱き合った=2月18日、江陵オーバル、細川卓撮影

「日本政府が『終わった』と言ってはいけない」 韓国・文大統領 慰安婦反省促す 【東京新聞】2018.03.01
 ☆外務省:小泉総理大臣 日朝平壌宣言 平成14年9月17日 2002年9月17日 平壌

米高校で教師発砲 トランプ氏の銃武装論に疑問符 【東京新聞】2018.03.01

【社説】[9条改憲]あまりにも問題が多い 【沖縄タイムス】2018.03.01
  ★日没する国が、従来通り、積み上げ式の予算、装備、人的組織拡大など、続けていい訳がない。人も富も、減少するのだから。一部の金満家が、一切の私財を投げ打った処で、巨大な軍事予算を賄うことなど、有りそうもない。特に、最近の企業行動(内部留保に執着)を見ると、猶更だ!?

【社説】[強制不妊手術] 司法判断待たず救済を 【南日本新聞】2018.03.01
  ★三権が、揃って、頭を下げた、下げざるを得なかった、ハンセン病(瀬病)と同じ構図❕❕国家犯罪。 だが、謝罪も償いもしていないし、しようともして来なかった。未だに。

【社説】強制不妊手術 ◆司法の判断待たずに行動を◆ 【宮崎日日新聞】2018.03.01
  ★当時も、今も、適法ではない。憲法違反。人権侵害、傷害罪だ。 救済は、お門違い。謝罪と償いが原則である。『国家無答責』のゾンビ、幽霊を、隠避に復活させるようなことがあってはならぬ。国家犯罪は、厳しく糾弾せねば。国民主権も、人権も確立できない。三権は、手下であるから。

【社説】優生手術の実態 解明へ都道府県も行動を 【西日本新聞】2018.03.01
 ○旧優生保護法の下、障害者らに不妊手術を強いた実態が徐々に明らかになってきた。

【社説】【カジノ拡大論】あまりに

【社説】公文書管理新指針 外部監視の体制整えよ 【徳島新聞】2018.03.01
 ○国の公文書管理に関する新たな指針の運用が、4月から始まる。森友、加計(かけ)学園問題で、各府省のずさんな文書管理の実態が厳しく指摘されたことを受けての措置だ。
 最大の焦点は、新指針の運用により、各府省の文書管理態勢が適正なものに改善されるかどうかである。
  ★印象では、主権者への情報開示より、内閣の情報隠し、隠蔽、破棄に、貢献するかに、見える。

【社説】在外被爆者の賠償棄却 「時の壁」取り払わねば 【中国新聞】2018.03.01

【社説】裁量労働制  法案から削除は当然だ 【京都新聞】2018.03.01

【論説】裁量制拡大断念へ 「実態把握」なくば当然だ 【福井新聞】2018.03.01
  ★3年も前から、そんな数字を挙げて、裁量制拡大を狙っていたと聞くと、ケアレスなのかと疑問を持たざるを得ない。

アフガン支援の中村哲医師、同国大統領から叙勲 日経新聞 2/27

【速報中】野党、裁量労働制など批判「一歩戻る決断を」 朝日新聞 2/28
 ○28日夜、与党が野党の反発を押し切り、新年度予算案を衆院通過させる構えです。一方、働き方改革関連法案では労働時間の不適切なデータ問題をめぐり、安倍晋三首相が「実態把握をしない限り、政府全体として前に進めない」と答弁し、国会提出時期を3月中旬以降にする意向を表明。政権与党と野党の攻防をタイムラインで追います。
 特集:働き方改革、不適切データ次々

NNN: 堀の水抜くと…“銃の薬きょう”85個回収 2/28
 ○福岡県北九州市の小倉城の堀で、銃の薬きょうのようなものが85個見つかっていたことが分かった。警察が鑑定を進めている。
  ★8月9日長崎原爆投下、その本来の目標は、この小倉陸軍造兵廠(東西に最大735m、南北に最大1325m、総面積582,717m2(約176,000坪)もの敷地を誇った工廠で、小型戦車、小銃、機関銃、高射機関砲、砲弾、風船爆弾、化学兵器などを製造)でした。

JR東海の新幹線、46台が厚さ足らず 川崎重工製 【朝日新聞】2018.02.28

博士課程修了の学生、4割に借入金 大半が300万円超 【朝日新聞】2018.02.28
  ★奨学金ローン、破産…

1613人が仮設住宅で最期 東日本被災地3県、半数は福島 【東京新聞】2018.02.28
 ☆仮設住宅入居中に亡くなった被災者(判明分)
  岩手県 593人、宮城県 261人、福島県 759人  合計1613人

時代の正体〈583〉「檻」の破壊見過ごせぬ 弁護士・楾大樹さん 【神奈川新聞】2018.02.28

自民 「自衛隊の明記」条文案を類型化して提示 【NHK】2018.02.28

9条改憲、当面は不要=福田元首相 【時事通信】2018.02.28
  ★そんなに、米軍の弾除けになりたいのか、米軍防衛の任につきたがっているのか、防衛を何と思っているのか、不明、というより、常識に合わない!?自己防衛、ソッチノケ

筋弛緩剤混入事件、再審開始認めず 仙台高裁 【朝日新聞】2018.02.28

5人が入学辞退 制服問題の小学校 民間会社に警備依頼 朝日新聞 2/28
  ★何でこんな公立校やこんな校長を養い、或いは、警備会社を雇わねばならぬのか???

裁量労働 新たに調査 首相、国会で意向示す 【東京新聞】2018.02.28
 ○裁量労働制を巡る不適切なデータ問題で、安倍晋三首相は二十八日午前の衆院予算委員会で、裁量労働制の労働時間に関する新たな調査を行う意向を示した。首相は「きっちり実態把握しない限り、政府全体として前に進めない」と話した。

新年度予算案 衆院予算委で賛成多数で可決 【NHK】2018.02.28

リニア談合 立件へ詰め 駅工事の受注調整疑い 【東京新聞】2018.02.28
 JR東海は二七年の品川-名古屋間のリニア開業を目指している。総工費九兆円超のプロジェクト。三兆円の財政投融資が投入され国から支援を受けている。

自民党 9条改憲、条文案議論へ…推進本部、絞り込み加速 【毎日新聞】2018.02.28
  ★安倍主導、官邸主導を薄めようとしているのか!?

【社説】本島にミサイル部隊 過敏な対応は危険を招く 【琉球新報】2018.02.28
 ○南西諸島の軍事基地化を推し進める危険な計画だ。検討する必要は一切ない。
 政府が地対艦誘導弾の新たなミサイル部隊を沖縄本島に配備する方向で検討している。宮古島市では700~800人規模の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊の配備を進めている。・・・
 沖縄本島-宮古島間では2008年11月以降、中国海軍の往来が徐々に常態化してきている。だが、公海通過は国際法上問題はない。過敏な対応は危険を招く恐れがある

【社説】[本島に陸自ミサイル]「軍事要塞化」が顕著に 【沖縄タイムス】2018.02.28
 ○沖縄で自衛隊増強の動きが急だ。

【社説】[不適切データ] 裁量制切り離すべきだ 【南日本新聞】2018.02.28

【社説】国民投票の課題 十分な判断材料示せるか 【熊本日日新聞】2018.02.28

 【了】

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: