FC2 Blog Ranking
2018-03-06

3/6: 北朝鮮 “体制保障されるなら核保有の理由はない” 北朝鮮側 “対話中は核・弾道ミサイル実験しない” 来月末に南北首脳会談開催で合意 さて、どんな展開に出来るか 和平・非戦に持ち込めるか!?

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
《謹告》 年改まり、また、軽量化を図ります。2018年元旦
【2018年 2月度】今日のトピックス Blog2/28: 9条改憲、何を考えているか分からない、アベノミクスは行き詰り=福田元首相 私は、人権尊重、国民主権、平和主義を支持! さて、裁量労働制放棄はいいが、安倍氏、後何をするつもり???
  ☆彡【月まとめ】、下段に移しました。
【2018年 1月度】今日のトピックス Blog1/31: 自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁、「安全保障関連法が成立したことに照らし」訴えの利益認め、審理やり直し命じる 愈々、安保法の憲法審査が始まる!? 安倍政治の偏頗、侮り、驕りの御蔭か
【2017年12月度】今日のトピックス Blog12/31:大晦日 ’17回顧 基地被害 政府は住民保護を放棄 核兵器禁止条約・平和賞受賞 核なき世界への弾みに! 平和、人権を乱すのは『米国第一』「安倍1強」!? 革命・改革は、主権者・国民から
【2017年11月度】今日のトピックス Blog11/30: 憲法・9条支持 安全保障、片や核ミサイル開発に直走り 片や安倍友贔屓に、特例・特区・お手盛、侮り尽くし 彼我の差は歴然! 『安倍1強』を許すなど日本、主権者は正気か 直らないのか

「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。
各メディアの電話番号など 情報
 ★2017衆院選:朝日新聞デジタル 
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・新燃岳 7年ぶり爆発的噴火 空の便に影響 3/6(火) 17:46
 ・原発事故7年“謎の放射性粒子”徐々に判明 3/6(火) 17:36
 ・イマドキ女性は「三高」より「三優」!? 3/6(火) 16:59
 ・神戸製鋼データ改ざん 川崎社長の辞任発表 3/6(火) 16:34
 ・入所の96歳女性に熱湯、介護士の男逮捕 3/6(火) 16:32
 ・南北首脳会談 金委員長「満足のいく合意」 3/6(火) 8:40
 ・天気:各地で晴れるが風強め 青森などで雪 3/6(火) 7:29
 ・シリア内戦激化地区に支援物資届く 3/6(火) 6:59
 ・伊総選挙で双方が勝利宣言 連立協議難航か 3/6(火) 4:40
 ・東京地検特捜部 化粧品販売会社社長を逮捕 3/6(火) 1:33

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
3月6日分 9:00 実施
「護憲+」: 内閣総辞職を求める国会前抗議行動3/7 3/6 (笹井明子)
 ○以下のように「0307国会前」抗議行動の呼び掛けがツイッター上で流れています。

 ここに至ってもなんとか逃げ切りたいと政府関係者の方たちはジタバタしているようですが、さすがにもう無理!ということを私達も行動で示しましょう。

 皆さん、万障繰り合わせて、国会前にご参集ください。

 ***
 財務省による公文書の改ざん問題が明るみに出ました。国会(国民)を欺く政府には、総辞職以外選択肢はありません。
 日時 3/7(水)19時半〜
 場所 国会前南側


 ***
 明日、3月7日(水)19時半から国会正門前南側で、内閣総辞職を求める緊急抗議があります。呼びかけ人のアカウント(@1212pfd等)が本日いきなり不当凍結され、元の情報が見られなくなっていますが、皆で国会正門前に集まりましょう。

 ***
 国会前に向かうには有楽町線桜田門駅1番出口がおススメ。千代田線、丸ノ内線ご利用の方は霞ヶ関駅A2出口から直進して警視庁前の信号を渡って左折。国会議事堂前駅は警察に封鎖されて出られなくなることがあるので使わない方がいいです。警察は嘘の道案内をすることあり。

 *****
 (#0307国会前 よりピックアップ)

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


今日の「○」と「×」: 「?」 ツイッター始めてみました。 3/6
 「×」 財務省「全ての文書を直ちに確認できない」 野党は反発 朝日新聞 3/6
 3/6(火) 9:47配信 朝日新聞デジタル

 森友学園との国有地取引をめぐり、財務省の決裁文書の内容が書き換えられた疑いが出ていることについて、財務省は6日朝の参院予算委員会理事会で「すべての文書を直ちに確認できない状況となっている」などと報告した。問題となっている文書の有無は明らかにしなかった。

 これに対し、野党各党は「ゼロ回答だ」と反発し、理事会はいったん休憩に入った。参院予算委の開始は見通しが立っていない。

 財務省は参院予算委理事会で、「調査の状況の報告」と題した文書を提出した。文書は「全省を挙げて、文書の確認、職員への聞き取りなど調査を進めていきたい」としているが、文書の有無については「多くの文書の確認が必要となるが、捜査の対象となっている」と説明。職員への聞き取りについても、「捜査当局による事情聴取との関係に留意し、行う必要がある」とした。


 ○朝日新聞のスクープ以来、安倍政権は防戦一方に追い込まれてきたようだ。

 朝日新聞を目の敵にしてきたアベだが、改ざんを否定できずに立ち往生している。

 この流れを途切れさせることなく、内閣総辞職まで追い込まなければならない。

 ブログがなかなか更新できないので、ツイッターを始めました

 まだ慣れませんが、徐々に使いこなせたらと思います。よろしくお願いします。
 Twitter ビビりマン


 今日のトピックス Blog3/5: 災害時対応 自治体だけで「限界」 応援協定 15道府県2倍超 5歳女児虐待死か、体に“あざ”も児童相談所は保護せず 人権保障は政府の責務!懐具合もいいのに、その気がない 謀叛して遺憾千万!



「護憲+」: 桂春蝶専用落語 3/5 (パンドラ)
 ○上方に桂春蝶という噺家がおられます。

 このお方がネット上のツイッターという140文字の呟きサイトで

 「世界中が憧れるこの日本で『貧困問題』などと言う方々は余程強欲か世の中に受けたいだけ。この国はどうしたって生きていける。働けないなら生活保護もある。我が貧困を政府のせいにしている暇があるならどうかまともな一歩を踏みだして欲しい。この国での貧困は絶対的に自分のせいなのだ」

 と呟いちまったもんで、ツイッター読者が「落語家なのに自己責任論を振り回すなんてとんでもねえ野郎だ!」と怒り心頭に発しました。

 だいたい日本の貧困問題は、ワーキングプアだったりシングルマザーだったり、働いても生活出来ない賃金しか得られ無い。政府がそれに対して本気で取り組んで来なかったという現実を、この落語家はわかっているのでしょうか。

 たかが一落語家の呟きと侮るなかれ。既に彼は全国放送のテレビ番組で持論を展開しているのです。

 この春蝶という噺家。実は二代目桂春蝶の倅で世襲って奴でございます。お銭(おあし)に何不自由無い育ち方をして、総理夫人と写真を撮ったり、ネトウヨの集会で櫻井よしことチラシに収まったり。

 とんでもねえ野郎だと、ツイッター読者がついに「春蝶専用落語」というタグをつけてツイッターに投稿したところ、大反響。そのひとつをご紹介いたしましょう。

 「ブラック企業に就職した寿限無」

 「激務 激務で心は擦り切れ 退社時間過ぎても 感情なく 未来なく 将来無く 
 食う寝るだけの 住むところ パワハラ上司の糞上司 
 解雇 解雇 解雇で少人数 少人数の愚民達 愚民からの暴言有りの 病休からの無職へ」

 これにはツイッターでやんやの大反響。「いいね!」の数が3万を越えたとか。国会で審議されております「定額残業やらせ放題」法案を先取りした話じゃござんせんか。

 落語の笑いと涙は市井に生きる名も無き人々の武器だったんですよ。それを悪代官にすり寄ってご機嫌取っている奴なんざ噺家の風上にもおけねえ、豆腐の角に頭ぶつけて……おっとそれ以上は言わぬが華。

 桂春蝶のツイッターは大炎上とか。火事とけんかは江戸の華と申しますが…「桂春蝶専用落語」で検索しておくんなさいまし。オチの無い噺になりましたが、お後がよろしいようでテケテンテン。

 ✳「桂春蝶専用落語」はツイッター社のサイトから引用しました。

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 国会中継 ?   ☂   誕生日の花  ギブシ  花言葉  出会い 3/5
 ○ラジオ深夜便から

 弥生3月も 5日目、ゴミ出しが最初の仕事、朝飯を食べて お茶を飲み、参院予算委の開会を待つ・・・
与党側の 質疑なので 暫し 微睡む。

 今夜半から、荒天になるらしいが、春雨らしいが、 三寒四温で 明日は気温が下がるらしい。

 夕方の野党の質問は 時間が制限されており、横目に見ながら ブログの更新をしています。



 カテゴリなしの他の記事
  雛祭り
  ・2月の終わり
  ・雪空
  ・降雪
  ・北帰行 始まる


Tamaの映画生活: 「デイヴィッドとギリアン」嬉しそうに弾くピアニスト  3/4
 ○1997年「シャイン」でジェフリー・ラッシュは
 アカデミー賞の主演男優賞をとった(残念ながら未見)。

 その「シャイン」のモデルのデイヴィッド・ヘルフゴットと、
 妻のギリアンの語るドキュメンタリー。

 「デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり」 ★★★★☆

 オーストラリアに生まれたデイヴィッドは、
 父親の英才教育で、10代で数々のピアノコンクールに
 入賞し、神童と言われ、将来を期待されていた。

 しかし、英国留学中に精神疾患を発症し、
 帰国後に11年間を精神病院で過ごす。

 退院後は、レストランのピアノ弾きをしていた。
 そんなある日、星占いをするギリアンと出会った
 デイヴィッドは、次の日に結婚を申し込む。

 驚き、躊躇ったギリアンだが、デイヴィッドの少年のような
 情熱に惹かれ、結婚し、彼を支えるようになる。

 私はこのピアニストを知らなかったが、
 揺らぎのある、まぁ自由闊達な演奏ぶり。

 しかも演奏中、なんと彼は歌うのだ! 
 それも、美しいとは言い難い声で…。

 初めは「うわ、この声、邪魔!」と驚き
 「コンサートに行くなら絶対に後ろの席にしなくちゃ」と。
 でも、聞いているうちに「なんか楽しそうで許せる?」

 演奏を終えるとデイヴィッドは、親指を突き出し、
 誰彼構わず抱きつき握手をし、それは嬉しそうなのだ。
 子供のような振る舞いが、ふと痛々しくもあるけれど。

 苦難の後の彼は、ピアノ演奏ができること、
 それを聴衆が喜んで喝采すること、そのすべてが、
 輝くように嬉しく幸せなことなのだろう。

 こんなにただただ嬉しそうな人を、久しぶりに見た。
 快復できて、人生を取り戻せて本当に良かった。


 ユーチューブで聞けるので、聞いてみて。
 Bumblebee - David Helfgott

 こちらには声も入っている(音質は酷いけれど)。
 歌わずにおれないくらい、弾くことが幸せなんでしょうね。
 Carers NSW - An Afternoon with the Helfgotts: Shining a Light on Carers - David Helfgott


 今日のトピックス Blog3/4: 裁量労働制“不正導入”(社員千9百人中6百人)の野村不動産社員が過労自殺 憲法が、人権尊重を最高価値とし、労働基準法が、労働者の人権を護って来た 今や監視の為の“人権委員会”が必要か!?



「護憲+」: カーリング女子と裁量労働制法案! 3/4 (流水)
 ○【カーリングと民主主義】

 カーリング娘たちの「そだね!」という北見弁に心を和ませた方も多いと思う。わたしもカーリング娘が大好きで、彼女たちの試合は、平昌オリンピックの一年前の世界カーリング選手権当時から欠かさず見ている。

 カーリングという競技は、スコットランドが発祥の地とされているが、実は北欧の氷の上の石投げに起源があるという説もある。現在のようなカーリング競技のルールになったのは、カナダだという話である。まあ、それだけ国際的なスポーツだと言う事であろう。

 歴史話はその程度にしておいて、わたしがカーリングという競技に魅せられているのは、「氷上のチェス」と呼ばれるように、きわめて繊細で知的なゲームである、という側面と、刻々と変化する氷の表情を読み、情報を共有して戦略的に戦うために選手間の【話し合い】がきわめて重要なスポーツだという点にある。

 ヨーロッパ(特に北欧)やカナダで盛んなスポーツだが、わたしは、この【話し合い】のありようが、欧州などのPUBLICという精神文化を象徴していると考えている。(※PUBLIC 日本語では公共と訳されているようだが、日本でいう公共とは多少ニュアンスが違う)

 カーリングの氷上の【話し合い】は、常に事実を基に行われる。常にストーンの滑り方をストップウォッチで正確にはかり、その変化を読んで氷の状況を把握する。次に、ハウス(真ん中の円)の中の状況を読む。相手のストーンの位置。味方のストーンの位置。ストーン同士の角度。

 それらの事実に基づいて、どのような位置に、どのような角度で、どのようなスピードで、ストーンを投げるかを決定する。試合の勝敗がかかっているのだからきわめて真剣な話し合いを行うが、実に、科学的で、合理的な話し合いが行われている。そして、話し合いの結果で決まったことは、成員全てが守り実行する。

 さらに、ストーンを正しい場所に導くために、スウィープ(氷を掃く)という作業が大変重要になる。知的スポーツであるが、このスウィープという作業は大変体力を使う。こういう縁の下の力持ち的作業も併せ持った競技である。

 わたしから言わせると、この話し合いの【決定事項】が西欧流のPUBLIC(公共)なのであり、決定したら、スウィープのような一種の汚れ役も積極的に行う、これぞ、民主主義だという見本である。

 話し合いでは、決して相手のミスを期待せず、自力で勝利する手段を最後まで模索する。運よく相手のミスで勝利した時(日本チームが英国チームに勝利した最後の場面)には、決して大喜びはしない。ミスをした相手の気持ちをおもんばかるのである。※以前に書いた事があるが、これぞGentleman Idealである。

 民主主義という制度は、【話し合い】がなければ決して成立しない。しかし、一口に話し合いと言っても、様々な話し合いがある。この【話し合い】のありようが、それぞれの国の民主主義の練度や深化を決定すると言って過言ではない。

 【PUBLICとは】

 例えば、今回の裁量労働制の決定過程を見てみよう。

 労働組合や労働者と会社側の真剣な話し合いの結果を国(厚生労働省)が受けて、法制化に乗り出したという話ではない。そうではなくて、企業側の要請を受けて、厚生労働省が都合の良いデータを収集。それを基に御用学者や評論家などを集めた会議で決定し権威付けをする。これが典型的な日本的【話し合い】の決定過程である。つまり、【公】が決定して【私】に降ろす形である。

 ところが、西欧や北欧(特にオランダ)では、話し合いを通じたPUBLICという精神が根付いており、私、公共、公という三元論で思考する考え方が定着している。

 では、オランダ風のPUBLICという概念は、どのようなものか。これはオランダの歴史と深く関わっている。それこそ、オランダ人の血肉と化した【文化】そのものだと言って良い。

 オランダは、ヨーロッパを流れる三本の大河の出口に当たる。そのため、土地の多くが0メートル地帯で、古来より洪水に悩まされてきた。洪水は毎年同じような時期に起きる。人々は、それまでに洪水の備えをどうするかを決めなければならない。一人一人の命と生活に関わる話し合いなので、猛烈な激論が戦わされる。しかし、洪水の時期は待ってはくれない。それまでには、決定しなければならない。皆の話し合いで決定したことは、守らなければ、洪水の備えはできない。

 PUBLICという概念は、この話し合いの決定事項から生まれている。日本の【公共】という概念とは、明らかにニュアンスが違う。

 このような話し合いの決定事項=PUBLICを基に【法律】を制定するのが、国家=【公】という存在になる。日本とは違い、下から上への流れになる。ここで初めて、【裁量労働制】をはじめとする【働き方改革】との接点が生まれる。

 安倍内閣が提出している「働き方改革」なるものは、「オランダの奇跡」と呼ばれたオランダ人の「ワークライフ・バランス」の都合の良いところだけをつまみ食いした法案である。

 ところが、オランダ流【ワークライフ バランス】なる働き方は、上に書いたオランダ人の血肉と化した三元論的思考法=【公・公共・私】の発露であり、これをそのまま日本に当てはまめる事にそもそも無理がある。

 【オランダ流「ワークライフバランス」とはどのようなものか。】

 戦後世界をリードしたシステムは、いわゆる「アメリカニズム」。アメリカニズムとは、工業化と経済成長を通じた【自由】と【平等】の達成。そして現在は、このアメリカニズムが世界中に波及している状況。これを【グローバリゼーション】と呼ぶ。特に現在の日本は、この「グローバリゼーション」の先兵と言ってもよい。そして、現在の日本や日本人の違和感や住みにくさは、この【グローバリゼーション】にうまく適応できないことに淵源がある。

 実は、オランダ流【ワークライフバランス】は、この「グローバリゼーション」のアンチとして生まれたものである。その最も分かりやすい例として語られるのが、【シェアリングエコノミー】という考え方である。

 (1) アメリカ型シェアリングエコノミー⇒基本的にはインターネットというITツールを使っていかに新しい隙間ビジネスを開発するかという発想⇒UberとかAirbnb⇒インターネットを使い隙間産業を生み出すのが基本だが、これがシェアリングエコノミーといえるかどうか疑問

 (2) オランダ型シェアリングエコノミー⇒基本は【愛】⇒シェアすることで社会課題を解決しようという発想。⇒(一例)「ビュートゾルフ」という在宅ケアモデル⇒ケアの問題をシェアリングエコノミーでどう解決していくかということ。まずは近隣の人たち同士でネットワークをつくって、体が不調をきたした時にそのネットワークを頼ると、サッと助けにきてもらえる体制を整える。シェアリングによる相互扶助の地域システムの構築です。さらにそれを広げ、医師や看護師が中心となって、専門的な包括地域ケアの仕組みをつくっていく・・

 シェアリングエコノミーは、もっと公共性が高いものなのである。

 【EUの補完性の原理】

 このようにオランダでは、常にPUBLICという理念が、新たな経済の在り方を考える時に導入されている。これは、EUでも同じである。EUは「補完性の原理」という哲学に基づいている。EU委員会が決めたことに無批判に従うのでなく、各国のコミュニティでやっていることを中心にして、足りないところがあればEUが決めたことで補完してください、という考え方。いわゆる【公共哲学】の考え方である。

 ※オランダに関する部分は、以下の対談に大きく依拠しています。
 ≪「パブリック」には適切な定義も和訳もない?日本は「公私二元論」の国≫
 【長坂寿久氏×武田隆氏対談1】(ダイヤモンドオンライン

 【日本の公私二元論的思考】

 この掲示板で厚顔さんが追い続けている公共放送としてのNHK問題の根源は、三元論と二元論の思考法の違いにある。厚顔さんは、【公・公共・私】の三元論で論じているが、NHKは【公・私】の二元論で考えている。NHKの経営者連中の頭には、「公共」=PUBLICという概念がない。あるのは、【公共】≒【公】という概念のみ。この日本的思考風土は、平成の世になって強くなっていると思える。

 明治維新150年。この問題は、安倍首相が喧伝する明治維新の歴史評価が正しいのだろうか、という問題にも通じる。

 結論から言うと、徳川幕藩体制を倒した明治維新政府は、【公共】という概念を根こそぎ簒奪し、【公】という概念に限りなく包摂したのである。

 「文明開化」「殖産興業」「富国強兵」のスローガンは、西欧先進国に追いつけ追い越せの精神に満ちていた。「西欧=進んだ国」 「日本=遅れた国」という図式は、明治の指導者連中の脳裏に刷り込まれており、全ての改革が、西欧列強に追いつき追い抜くための手段だった。

 当然ながら、無知蒙昧な庶民には、意識もなければ見識もない。彼らは教化しなければならない存在だ、というわけである。だから、明治維新政府の改革は全て上から下へと降りてきた。これが、日本に【公共】という概念が育たなかった理由である。

 一種のカルトだと言って良い「国家神道」理念が国内を席捲するにつれ、「公共」という概念は育たなくなった。それでも、戦前の日本の農村には、「農村共同体」が色濃く残っており、村内部でのしきたりや話し合い、結などの相互扶助の精神は残っていた。

 この土台の上に、敗戦後、民主主義の理念が導入されたのである。「話し合い」を土台とした西欧流「PUBLIC」=公共精神が、ようやく人々のものになりはじめた。わたしたちの世代でいえば、学校の「自治会」などは【公共】精神の教育の場だった。

 ところが、高度経済成長期になり、全国的に地方(田舎)の人々が都会へ流入する広範な人口移動が起こった。農村人口の都市部への大移動により、農村共同体は実質的に消失した。吉本隆明流にいうならば、農村の「上げ底」化が進行したのである。この傾向は、今なお続き、今や全国各地で集落や町、中には市の消滅すら叫ばれている。明治以降、中央政府が邁進してきた中央集権化の完成だと言ってよい。

 中央集権化の進展により、地方(田舎)は実質上消失。日本人の思考の原点にある農村共同体的思考(祭りなどに象徴される共同体の了解事項)が崩壊してしまった。地縁・血縁もかってのようなつながりはなくなり、農村共同体の消滅の代替えとして、各企業に根付いていた【社縁】(同僚と運動会とか旅行などを行う)といった日本的コミュニテイがほとんど崩壊してしまった。つまり、【公共】の精神を育成する土台(基礎)がほとんど崩壊しつつある。

 この代表的事例が、学校などの公の組織や店などに対して激しく抗議するクレーマーの増加である。彼らには、自らの行為を制御するPUBLIC=(公共)な空間がない。自らが、PUBLICな空間に生きているという自覚もない。そのため、自らが優位に立てるという理由さえ見つかれば、際限なくクレームを続けるのである。彼らの思考には、【公共】という概念はない。あるのは、【公】とそれに対峙する【私】という視点だけである。

 さらに、21世紀に入り、新自由主義的思考が主流になりはじめ、グローバルスタンダード(※アメリカンスタンダードに過ぎない)などという概念が喧伝されるにつれ、【公共】の視点より、国家が何をなすかという【公】の視点が強調されている。(※経済から考えると、いまや国家障壁などないに等しいのに、国家の役割が強調されるというアイロニー)

 このように、日本では、PUBLIC=【公共】の精神の涵養など、それこそ【非生産性】の極致だという認識が席捲している。

 このような認識で出されたのが、【裁量労働制】や【高度プロフェッショナル法案】などの一連の「働き方改革」法案である。公共の精神の欠落した認識の下で出された法案なのだから、実質【働かせ方法案】になるのも無理はない。

 植草一秀氏に言わせれば、以下のようになる。
 「知られざる真実」

 1、 長時間残業の合法化
 2、 正規労働者と非正規労働者の処遇格差の維持
 3、 残業代ゼロ制度の導入
 4、 裁量労働制の適用範囲拡大

 【結語】

 現在繰り広げられている「働き方改革」の議論も、国民は、常に権力側(上)から与えられた議論を強いられている。「働き方」といえば、如何にも個人個人の意思(裁量)ができる改革のように聞こえるが、自分の業務内容を【裁量】できない。業務内容を裁量するのは会社。つまり企業による【働かせ方】改悪法案。このように、上からの改革に馴らされている国民は、言葉まで権力に簒奪されているのが現状。

 安倍内閣は、特にこの傾向が強く、誰がどう見ても「戦争法案」に過ぎない安保法制を「平和法案」などと口当たりの良い言葉に変えて国民を誤魔化すのが習い性になっている政権である。「高度プロフェショナル法案」などと人々のプライドをくすぐるような言葉を使っているが、【残業代ゼロ】法案に過ぎない。

 しかし、裁量労働制法案の基礎的データすら改竄の疑いが濃いインチキ政権。いつまでもこのようなでたらめが続くわけがない。そう思っていたら、朝日新聞の森友学園における財務省の決裁文書の改ざん疑惑が浮上。東京新聞では、オバマ政権時、核兵器縮小に反対した外務官僚の発言スクープが掲載された。

 【カーリング】娘たちの【話し合い】で指摘した事実に基づく真摯な話し合いが、状況を打破する唯一の方法であるし、それこそが【民主主義】の基本であるという認識が全く欠落しているのが、現在の安倍政権であるし、現在の官僚組織である。これを打倒しない限り、日本の明日はない。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


 今日のトピックス Blog3/3: 森友問題、千人が抗議活動 国税庁前で長官罷免求める 違法!育休45日以上なら昇格の対象外(大阪市)、 違法!児童扶養手当差押え(垂水市) 年金に限らず、無法罷り通る! 政府の責任だ



「護憲+」: 最高裁判旨と放送法の規定、どちらが優先されるべきか 3/3 (厚顔)
 ○最高裁は平成29年12月6日に、「受信料制度が国家機関などから独立した表現の自由を支えている」との判決を下した。

 ところが今日(3月2日)、NHKニュースで下記のようなニュースがNHKのコメント付きで流された。敢えてコメントを付けたのは何故か分からぬが、上記の最高裁判決が背景にあるからではなかろうか。

  ーNHK国際放送 要請を通知 総務相ー3月2日 19時27分

 『野田総務大臣は平成30年度のNHKの国際放送で、邦人の生命・財産の保護にかかる事項や国の重要な政策にかかる事項などを報道するよう要請することをNHKに通知しました。
  放送法は総務大臣が必要な事項などを指定し、NHKに国際放送で報道や解説を行うよう要請できることになっています。
  これに基づいて、野田総務大臣は国際放送の実施を要請する通知書をNHKの上田会長に手渡しました。
  要請では平成30年度のテレビとラジオの国際放送で、邦人の生命身体および財産の保護にかかる事項、国の重要な政策にかかる事項、国の文化伝統および社会経済にかかる重要事項などを報道、解説するとしています。
  また、ラジオの国際放送については、北朝鮮による日本人拉致問題に特に留意することとしています。
  放送法でNHKはこうした要請に応じるよう努めなければならないと定める一方、政府はNHKの編集の自由に配慮しなければならないとしています。
  NHKは「要請の内容について十分検討したうえで回答する」としています。』(以上NHKニュースより転載)

 法律の専門家の見解を待つしかないが、「受信料制度が国家機関などから独立した表現の自由を支えている」との最高裁判旨とNHKがコメントした放送法の規定は明らかに矛盾している。

 しかし最高裁が放送法を知らないはずはなく、その上での平成29年12月6日の判決であれば、優先すべきは最高裁判決の判旨のはずではないのか。

 総務大臣は意識的か無意識か分からないが、12月6日の判決にも拘わらず、無神経にも以前の総務省の慣習を踏襲したと言われてもやむを得まい。最高裁の判決に照らせば、受信契約者の料金不払い理由に成りかねない。仮に放送法優先であれば、先の最高裁判決の主旨は放送法無視であろう。

 以上問題提起である。

 (放送法、国際放送の実施の要請等

 第六五条
  総務大は、協会に対し、放送区域、放送事項(邦人の生命、身体及び財産の保護に係る事項、国の重要な政策に係る事項、国の文化、伝統及び社会経済に係る重要事項その他の国の重要事項に係るものに限る。)その他必要な事項を指定して国際放送又は協会国際衛星放送を行うことを要請することができる。
 2 総務大臣は、前項の要請をする場合には、協会の放送番組の編集の自由に配慮しなければならない。
 3 協会は、総務大臣から第一項の要請があつたときは、これに応じるよう努めるものとする。

 「護憲+BBS」「NHKの報道・二ュース内容をウォチングしよう」より


イシャジャの呟き: 雛祭り      誕生日の花  モモ 花言葉 気立ての良さ 3/3
    ○昨年の画像

 暴風雪で2日間、閉じこもったまま過ごす。
それでも、TVで政治ショーの中継が入ったので 退屈はしなかった。自由 公明の
質疑の間は、ネットサーフインをする。

 公文書の書き換えがあったらしい。地方分部支局の文書管理は 厳正にやられていたのだが、
政治がらみの 事案は 何故か 問題が生じる。公文書は 起案の段階から 文書登録され、文書番号が付され、下から 決裁権者まで ハンコを押され 決済となるので 書き替えなんてあり得ないのだが。

 保存期間 1年未満の文書だから 廃棄したと言っているようだが、1年間保存して その後 廃棄していいかの伺いを立て 決済を受けて廃棄するのが 順序だろう。廃棄された文書でも、文書登録簿に 件名と文書番号が残っているいるし
文書登録簿は 中央省庁~地方支分局から その下の役所まで一貫して、永久保存となっている筈だが文書は起案から 廃棄まで経緯は 文書登録簿を見れば 分かる筈だが文書の管理は 内閣官房~発して 模範例に倣って、各省庁で作成し、これに倣って 下の方の文書管理規定が作成されている筈、今更見直しなどと 言っているが

 年金の確定申告が始まったらしいので ここ数年 年金から控除された税金の医療費控除を受けるための申告が 返還を受けても少額だし、面倒なので そのままにしていたが、要支援&介護度2の認定を受けていれば、生涯者控除に該当するらしい。税務署に 申告書の用紙を送ってほしい電話して 送付して貰うことのした。長官は 雲隠れして 記者会見も開かない・・・これを称して「ドローン」という


 カテゴリなしの他の記事
  ・雪が降った


Tamaの映画生活: 「生きる街」越えられない悲しみー東日本大震災5年後の家族を描く 3/3
 ○東日本大震災5年後のある家族を描く。
 こういった家族が沢山いたのだろう…。

 「生きる街」 ★★★★☆

 千恵子(夏木マリ)は、4人家族で暮らしていたが、
 大津波の後、漁師の夫は帰って来ない。避難所生活を経て、
 やがて娘は嫁ぎ、息子も家を出て、ばらばらに暮らす。

 千恵子(夏木マリ)は、5年経った今も
 行方不明の夫の帰りを待って、石巻の街を離れない。

 空き別荘を借りて、漁師体験のできる宿を、
 たった1人で頑張って運営し、客を明るくもてなす。

 娘の香苗(佐津川愛実)は看護師で、被災後に知り合った
 トラック運転手の隆(吉沢悠)に愛されて、名古屋に暮らす。
 しかし子供をもつ気が起きない。未来を信じられないのだ。

 息子の哲也(堀井新太)は、何でも震災のせいにしてしまう。
 彼の「あれだけのことが起きたんだぞ!」の悲鳴は、
 余りにも痛ましく、無理もないと思う…。

 そんな時、以前に同じ町に住んでいた韓国人の
 ドヒョン(イ・ジョンヒョン)が、手紙を持って訪ねてくる。
 その手紙が、凍り付いていた悲しみを揺るがしていく。

 3月11日も近い。この映画を製作したかった人々の
 気持ちが込められた良い作品だと思う。

 明るく気丈に振る舞っていた千恵子が泣くシーン、
 あ、千恵子は今まで泣けなかったんだ…と。

 千恵子や周りの人々の頑張る姿に、明るく話は進むが、
 その中にどうしようもない悲しみが滲む。

 阪神淡路でも、東日本でも、熊本でも、
 大災害はもちろん、新聞に載らないような事故でも、
 当事者の痛みや辛さは、他者には分からない。

 関係がないと大災害も忘れ風化していくが、
 当事者に対し「もう何年も経ったのに」なんて思うことが、
 どんなに残酷なことかとつくづく思わされた。


 今日のトピックス Blog3/2: 森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など消える 「答弁差し控える」???麻生氏&首相の裁量労働制答弁撤回、謝罪 「知る権利、根本揺るがす」学者ら批判 主権者への信義誠実に覚醒せよ



「護憲+」: 明日(3/3)!「モリ・カケ追及!第2弾 国税庁包囲&デモ」  3/2 (笹井明子)
 ○「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」主催の「モり・カケ追及!第2弾 抗議集会・デモ」が、明日(3月3日)行われます。

 今回の包囲行動では、使い方を決めるのは、納税者であり、主権者である私たちだという視点から、原発避難者や、一人親家庭のお母さん、生活保護支援活動に取り組む方、年金生活者組合の方等、生活に密着した様々な分野で活動をされている方のスピーチが予定されています。

 また、今朝の朝日新聞が、『森友学園との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている』(森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える 朝日新聞 3/2
 と報じたのを受けて、主催者スピーチの中でこの「公文書偽造」という重大疑惑についても言及する予定です。

 「モリ・カケ問題」はいよいよ大きなヤマ場を迎えています。「カギは納税者、主権者の声」です。頑張りましょう!

 ■「モリ・カケ追及 緊急デモ」(納税者一揆)第2弾
          3月3日(土)
  13時40分~14時10分 財務省・国税庁包囲行動

       財務省・国税庁・経産省周辺路上
   (宣伝カーは2月16日と同様、経産省正面玄関そばに駐車します)
           <プログラム>
  主催者オープニング・スピーチ  
  各分野の方々のスピーチ
      <1回目のコール>
  主催者エンディング・スピーチ  
       <2回目のコール>
 14時30分 デモ行進出発(日比谷公園 西幸門)
 15時10分 デモ行進解散(丸の内 鍛冶橋駐車場) 

 「森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会」HP

 「護憲+BBS」「イベントの紹介」より


 今日のトピックス Blog3/1: 文氏“慰安婦”終わったと言ってはならない 文大統領“慰安婦演説”日本政府は強く反発 日米韓の連携、如何に? 外交も善隣友好も、底流に主権者間の信愛がなければ 東アジアに、それはあるか!?



「護憲+」: 「アメリカの歴史」再考 3/1 (名無しの探偵)
 ○アメリカの大統領に共和党のトランプ氏が選ばれて、最近では核態勢の見直しまで表明しています。将来の戦争に小型の核兵器を使用するという内容でした。

 その後にまたしても高校で銃の乱射事件です。マスコミは大分前に起きた「コロンバイン高校での銃の乱射事件にも触れていません。マイケル・ムーア監督はこの事件をドキュメンタリーとして映画化しました。

 ムーア監督はアメリカとカナダを比較して、同じように銃の保有が許されているのに(市民の武装の権利として)カナダでは大量殺人は起きていないし、殺人事件も少ないとして、なぜアメリカではこうも銃の乱射による大量殺人が多いのか、その原因をアメリカの建国の歴史から解明した興味深い映画でした。

 今回の投稿では銃の乱射事件の問題に直接触れることはしません。そうした危険な社会である(白昼に高校などで銃の乱射があるのですから「危険」です)背景をアメリカの近現代から探ることが目的です。

 最近、二つの映画を観ました。一つは原題「セルマ」日本では「グローリー・明日への行進」で、キング牧師の「公民権運動」の過程を映画化したものです。もう一つの映画は50年代前後の赤狩り旋風に巻き込まれた脚本家のトロンボ氏を描いた作品です。

 まず、キング牧師の指導した公民権運動の映画「セルマ」から、アメリカ近現代の歴史を垣間見ることにします。

 この映画でキング牧師の実像と、暗殺事件とその根元にある「黒人差別」と、それを跳ね除ける運動に映像で触れて、私自身の無知とアメリカの真実の歴史に触れて戦慄したことを告白します。

 この映画は黒人の方たちが投票権を行使したいと思い、投票行動に出るのですが、白人に妨害されます。そして、キング牧師たち差別撤回運動の指導者は、最終的にセルマを目指して大行進を始めます。黒人や差別に反対する白人などが行進しますが、南部の州知事は州兵などを使って妨害(実際には銃で威嚇)します。途中のエピソードとして「血の日曜日事件」を実際に映像化したシーンもありました。黒人がデモをしただけで多数が殺害されました。

 この映像を観て最初に思ったのは、南北戦争の後に黒人は奴隷でなくなり自由を獲得したのではないのかと。これは誤解でした。(日本の、アメリカの歴史の説明が間違っていると思う。)単に奴隷でなくなっただけで、酷い差別からはなんら解放されていないのが実態であり、特に南部諸州では差別は酷かったのです。投票権もない国民がどんな人間なのでしょうか。公民権運動は奴隷身分から解放された黒人が行った当然の権利行使です。

 その運動の過程でキング牧師が暗殺されたという事実を重くみないことが、アメリカの真の歴史を歪めることになるのです。アメリカに民主主義が根付かず、大量殺人が頻発するのは、こうした歴史的背景が原因なのかもしれません。

 キング牧師の暗殺事件のときにアメリカはベトナム戦争の泥沼の中にいました。そして、現在も大統領は核兵器の態勢見直をし発表しています。この国は根本のところで変っていないし、変ろうという運動も十分に育っていません。

 最近の高校での銃の乱射事件の後も大統領は「銃の規制」に触れようともしていません。これが民主主義の国なのでしょうか。

 もう一つの映画「トランボ」もアメリカ社会の非民主的な一面を鋭く描いていました。赤狩りの対象にされた脚本家のトランボは家族を守るために偽名で(刑務所から出所する場面から映画は始まる)脚本を多数世に出します。映画の題名を記しましょう。「ローマの休日」、「ヘラクレスの反乱」です。この二つの映画で、偽名のトランボはアカデミー賞を受賞しています。(本人は直接受け取っていません。)

 この40年代から60年代にかけてのアメリカの歴史こそが真実であり、表面的にはともかく、「非国民」や黒人には民主主義の恩恵は全くありません。

 こうした歴史的な風土から、学校などでの大量殺人が引き起こされる背景が産まれるのではないでしょうか。いまだに、この国ではキュー・クラックス・クランという白人至上主義団体が盛んです。

 「護憲+コラム」より



 今日のトピックス Blog2/28: 9条改憲、何を考えているか分からない、アベノミクスは行き詰り=福田元首相 私は、人権尊重、国民主権、平和主義を支持! さて、裁量労働制放棄はいいが、安倍氏、後何をするつもり???



Tamaの映画生活: 「野球部員、演劇の舞台に立つ!」清々しい青春 2/28
 ○九州の八女市を舞台に、実に真っ当な青春映画。
 爽やかに、ユーモラスに高校生たちの姿を描く。

 「野球部員、演劇の舞台に立つ!」 ★★★★☆

 ピッチャーの座を奪われて、心ならずも東京から
 八女北高校に転校してきたジュン(渡辺佑太郎)は、
 キャプテンでキャッチャーのリョータ(船津大地)の指示を
 無視して投げたボールを打たれ、ファーストの
 カズマ(川籠石駿平)のエラーで勝てそうだった試合を逃す。

 敗戦の責任を巡って野球部のチームワークはガタガタ。
 そんな時、ボクサーを主人公にする劇を上演予定の演劇部の、
 顧問の三上先生(宮崎美子)は、野球部員をスカウトに。

 八幡監督(宇梶剛士)は、ジュン、リョータ、カズマを、
 「野球だけの人間になるな」と、演劇部に送り込む。
 練習時間も削られ、女子の多い演劇部に入れられ、
 「なんで俺たちが」と。ことにジュンは不満タラタラ。

 一方、演劇部員のミオ(柴田杏花)も大反発。
 あと2か月で演劇コンクール、果たしてどうなる…。
 演劇OBで、演出を担当する田川(林遣都)は…。

 原作は、八女にある高校の教師が、同じ題で書いた実話。
 映画化するにあたっては、八女の人たちがこぞって応援。
 映画作りに参加した高校生たちの刺激にもなったとか。

 「リバーズ・エッジ」で高校生の暗闇を見た後なので、
 対して、清々しく熱い高校生たちの姿を描いて真直ぐな作品。
 他愛ないとも言えるけれど、気持ちの良い仕上がり。
 3.5辺りと思うけれど、★4にサービスしちゃえ。





9条の会オフィシャルサイト

「九条の会」メールマガジン (第272号)  発行リスト

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2018年02月10日 第272号 ☆☆☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第272号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇4・7「九条の会集会~3000万署名前進のために」を成功させましょう
  アピール 3000万人署名に弾みをつけよう
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇修学院学区九条の会(京都府京都市)、◇栄区九条の会(神奈川県横浜市)
◇汲沢九条の会(神奈川県横浜市)、◇厚木まちうち九条の会(神奈川県厚木
市)、◇みやぎ憲法九条の会(宮城県)、◇東園田九条の会(兵庫県尼崎市)
◇九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)、◇宮前九条の会(神奈川県川崎市)
◇中野南部9条の会(東京都中野区)、◇東京北法律事務所・北法律九条の会
(東京都北区)、◇世田谷・九条の会(東京都世田谷区)、◇北多摩東退職教
職員九条の会(東京都三鷹市)、◇九条の会・はつかいち(広島県廿日市市)
◇落合・中井九条の会(東京都新宿区)、◇都立高校女性教職員九条の会(東
京都)、◇たかつ九条の会(神奈川県川崎市)、◇あつぎ・九条の会(神奈川
県厚木市)
■編集後記~今年は安倍9条改憲阻止の年
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 4・7「九条の会集会~3000万署名前進のために」
                  を成功させましょう


アピール 3000万人署名に弾みをつけよう
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。           (編集部)

● 東京都北多摩東退職教職員九条の会(東京都小金井市)

創立30周年記念「まんさく展」
日時:2月15日から2月19日まで
(初日と最終日以外は午前10時から午後6時まで)
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 富士見町九条の会(東京都東村山市)

討論学習会:日米安保と憲法9条その歴史をみたら
日時:2月18日(日)午後1時~3時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 鶴ヶ島9条の会(埼玉県鶴ヶ島市)

パパママおしゃべりカフェ「憲法を知って こどもたちの未来を守る」
日時:2月18日(日)13時30分開演(30分前開場)
     15時30分から第13回総会
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)

映画「標的の島 風かたか」上映と三上監督のトーク
日時:2月24日(土)映画上映13:30~15:30(開場13時)
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 栄・池田九条の会(埼玉県新座市)

結成12周年「講演と春の風コンサート」
日時 : 2月24日(土)午後1時30分~4時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)

第133回(18年2月)例会
テーマ:少年兵志願を止められる母になりたかった
日 時:2018年2月25日(日)13時半
<詳細はこちらをクリックしてください>

● みやぎ弁護士9条の会講演会(宮城県)

憲法 9 条のもとで考える自衛隊と日本の姿
日時:2018年3月2日(金)18:30開演
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 会津地方九条の会連絡協議会(福島県会津若松市)

学習会&経験交流会「憲法9条の破壊を許さないために」
日時:3月 24 日(土) 13 時 30 分~
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 映画人九条の会(東京都)

3・28映画人九条の会学習集会「欠陥だらけの国民投票法!」
日時:3月28日(水)18:50~20:30
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● みやぎ憲法9条の会

<詳細はこちらをクリックしてください>

● 名取九条の会(宮城県名取市)
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 改憲案が国民投票で否決されても、自衛隊の合憲性は「変わらない」?

<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved.





今週の一言: 2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)
 ○読者のみなさん。新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 憲法改正の議論が動いています。昨年は、憲法改正の具体案が各党から示され始めました。
 2012年に憲法全体の改憲案を示した自民党は、これとは別に、個々の改憲案として、[1]合区の解消、[2]任期切れ・解散中の大災害時における国会議員の任期延長を、党内でまとめていました。それに加えて昨年5月、安倍首相は、[3]自衛隊の存在、[4]教育の無償化について、2020年の東京オリンピック開催までに憲法に明記することを宣言しました。公明党は、環境権と自衛隊の加憲を従来から検討していますが、提案にまとめる動きは今のところなく、むしろ10月の総選挙で議席を減らしたことからか、改憲には慎重な姿勢を示し始めています。日本維新の会は、教育の無償化のほか、[5]統治機構改革(地域主権)、[6]憲法裁判所の設置を掲げています。
 その後、安倍首相自身の不誠実な答弁態度や森友・加計疑惑、資質を疑う閣僚答弁などから、国政への影響の強い東京都議会議員選挙で自民党は惨敗しましたが、10月の衆院選では自公で3分の2を維持し、改憲の発議に必要な議席数を保持しています。
 ただ、憲法改正権は、国会議員ではなく国民にあります。各党の議員が、世論から離れて上から目線で改憲案を発議するのは、憲法の建前と相容れません。憲法改正権が国民にある以上は、まず、世論が改憲の必要性を議論し、それを受けて国会議員が発議し、最後に国民投票で確定させる。それが、改憲のあるべき姿です。
・・・以下、割愛。
伊藤真(いとう まこと)のプロフィール

法学館憲法研究所所長。
伊藤塾塾長。弁護士(法学館法律事務所所長)。日弁連憲法問題対策本部副本部長。「一人一票実現国民会議」発起人。「安保法制違憲の会」共同代表。「九条の会」世話人。
ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会(作品(1)・(2)・(3))代表。
『伊藤真の憲法入門 第6版』(日本評論社)、『中高生のための憲法教室』(岩波書店)、『10代の憲法な毎日』岩波書店)、『憲法が教えてくれたこと 〜 その女子高生の日々が輝きだした理由』(幻冬舎ルネッサンス)、『憲法は誰のもの 〜 自民党改憲案の検証』(岩波書店)、『やっぱり九条が戦争を止めていた』(毎日新聞社)、『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案 増補版』(大月書店)、『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業』など著書多数。
今週の一言 バックナンバー
 ○【最新】2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2018年1月1日)
 ◆戦争と憲法と女性・子ども  角田由紀子さん(弁護士)(2017年12月25日)
 ◆九条俳句裁判は控訴審を迎えます  佐々木新一さん(弁護士・九条俳句訴訟原告弁護団団長)(2017年12月18日)
 ◆建設アスベスト訴訟について  田井 勝さん(弁護士・首都圏建設アスベスト訴訟弁護団)(2017年12月11日)
 ◆歌にしてみて読みなおす憲法前文  真思惟(まーしい)さん(ふぉーくシンガー)(2017年12月4日)
 ◆「弁護士 白神優理子が語る『日本国憲法は希望』」  白神優理子さん(弁護士)(2017年11月27日)
 ◆犯罪被害者遺族になって思うこと  渡邉 保さん(被害者が創る条例研究会 世話人)(2017年11月20日)
 ◆労働運動と貧困運動をつなげる新しい運動の可能性  今野晴貴さん(NPO法人POSSE代表)(2017年11月13日)
 ◆「働き方改革」の倒錯  兵頭淳史さん(専修大学経済学部教授)(2017年11月6日)
 ◆「安倍改憲」を阻止するために~衆院選の結果を踏まえて  金原徹雄さん(弁護士)(2017年10月30日)
 ◆憲法改正について  板井 優さん(弁護士・熊本中央法律事務所長)(2017年10月23日)
 ◆2016年参議院選挙無効訴訟最高裁大法廷判決傍聴雑記  奥山貞三さん(一人一票実現国民会議運営委員)(2017年10月16日)
 ◆「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」について  稲 正樹さん(国際基督教大学平和研究所顧問)(2017年10月9日)
 ◆保育と憲法  平松知子さん(熱田福祉会けやきの木保育園 園長)(2017年10月2日)
 ◆朝鮮高校生「無償化」裁判 不当判決をくつがえす世論を!  柏崎正憲さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会・事務局)(2017年9月25日)
 ◆生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間  小久保哲郎さん(弁護士)(2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告  盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター)(2017年9月11日)
 ◆つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう  森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長)(2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法  松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者)(2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~  鴨志田 祐美さん(弁護士)(2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス  布施祐仁さん(ジャーナリスト)(2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点  楾 大樹さん(弁護士)(2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」  楾 大樹さん(弁護士)(2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授)(2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う    リラン・バクレーさん(映画監督)(2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想)  山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行)(2017年7月10日)
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで  佐々木仁さん(公立小学校教諭)(2017年7月3日)
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条  藤岡 惇さん(立命館大学特任教授)(2017年6月26日)
 ◆エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望  映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて 
飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長)(2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」  足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授)(2017年6月12日)
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」  ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授)(2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました  実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長)(2017年5月29日)
 ◆声をあげよう!  辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共)(2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓  村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長)(2017年5月15日)
 ◆児童虐待の現状と課題を踏まえて  津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長)(2017年5月8日)
 ◆憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて  藤井正希さん(群馬大学准教授)(2017年5月1日)
 ◆医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して  岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表)(2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」  日野秀逸さん(東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人)(2017年4月17日)
 ◆憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い  木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長)(2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』  久保田 貢さん(愛知県立大学教員)(2017年4月3日)
 ◆「ひきこもりのない社会をめざして ~ KHJ全国ひきこもり家族会連合会の取り組み」  伊藤正俊さん(NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会 共同代表)(2017年3月27日)
 ◆抱えない介護~つどい場さくらちゃんの活動からみえること  丸尾多重子さん(NPO法人つどい場さくらちゃん 理事長)(2017年3月20日)
 ◆揺れる原発再稼動と脱・反原発のうねりと7年目の3.11を前に  山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)(2017年3月13日)
 ◆増え続けるコンビニと日本におけるフランチャイズ問題  中村昌典さん(弁護士)(2017年3月6日)
 ◆排出ゼロを目指す「パリ協定」時代 世界の潮流は「脱石炭」  鈴木康子さん(気候ネットワーク事務局)(2017年2月27日)
 ◆自衛隊情報保全隊による国民監視が続けられている!  十河 弘さん(弁護士)(2017年2月20日)
 ◆健康格差社会への処方箋  近藤克則さん(千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門 教授、国立長寿医療研究センター 老年学評価研究部 部長)(2017年2月13日)
 ◆過労死・過労自殺を防ぐには~ 家族と会社・社会ができることを考える  寺西 笑子さん(全国過労死を考える家族の会 代表世話人) (2017年2月6日)
 ◆自死遺族の想いと現在の活動  石倉紘子さん(こころのカフェきょうと 代表)(2017年2月6日)
 ◆外国人の生活と権利を守るために —「外国人の医療・福祉・社会保障相談ハンドブック」発行 —  觜本 郁さん(NG0神戸外国人救援ネット)(2017年1月30日)
 ◆待機児童対策と子どもの権利  普光院 亜紀さん(保育園を考える親の会代表・保育ジャーナリスト)(2017年1月23日)
 ◆ラスト・カフィーヤ®は「平和の象徴」  北村記世実さん(パレスチナ・アマル 代表)(2017年1月16日)
 ◆2017年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2017年1月1日)
 以下、割愛 ・・・


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後






















NHK: 「津波想定小さくできないかと東電が依頼」グループ会社社員 2/28
 ○東京電力の旧経営陣3人が原発事故をめぐって強制的に起訴された裁判で、グループ会社の社員が証人として呼ばれました。社員は、事故の3年前に巨大な津波の想定をまとめた際、東京電力の担当者から「計算の条件を変えることで津波を小さくできないか」と検討を依頼されたことを証言しました。
 ☆NHK: 詳報 東電刑事裁判「原発事故の真相は」
 ○東京電力の旧経営陣3人が福島第一原発の事故を防げなかったとして検察審査会の議決によって強制的に起訴された裁判。半年ぶりに再開され、これから20人を超える証人を法廷に呼ぶ集中審理が行われます。原発事故の真相は明らかになるのでしょうか? 初公判から判決まで、毎回、法廷でのやりとりを詳しくお伝えします。


岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹


NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ スカッと分かる!! 憲法のお話 ~9条に自衛隊を書き込むと日本はどうなる~ 1/29


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)


志村建世のブログ: 「原子力戦争の犬たち」を読んだ ・ブログ連歌(506) 3/6
 ○お恥ずかしい話なのだが、この本のことを、どのように知って注文したのかを思い出せないのだ。とにかく数日前にアマゾンから届いたので読んでみた。釣崎清隆著の「原子力戦争の犬たち~福島第一原発戦記」(東京キララ社・2017年3月初版・本体1700円)である。後知恵でネット検索したら、「小説」に分類している解説もあった。著者は世界の紛争地帯に出かけて取材する「死体写真家」だということだ。しかしこの本の本文には、一枚の写真も使われていない。
 著者はフクイチ(福島第一原発)に、一作業員として一年以上も働いてこの本を書いた。もちろん東電に直接雇われたのではなく、下請けか孫請けか孫々請けか、とにかく最低のブラック企業の手配で働くことにした。東電は放射線量の高い場所で働かせる危険手当として、日当3万円を払っている筈だが、実際に受け取るのは6千円だったりした。それでも労務者は全国から福島へと集まってくる。国や東電の原子力政策にかかわる「雲の上」の人たちと、現場で働く労務者とは、それぞれ縁のない別な世界に住んでいる。
 そうした「労働現場から見たフクイチの今」なのだが、原発の、しかも破綻した炉の後始末というのは、誰も経験したことのない作業の連続になる。たとえば最近の作業は、炉心の現状を探るためのロボットの送り込みだったりする。線量の高いギリギリの限界まで行ってロボットをセットしスタートさせなければならない。そういう作業は「特攻」と呼ばれるのだそうだ。過去のものになっていた「特攻」が、現代の原発事故現場で復活しているとは思わなかった。
 そしてまた、原発の作業現場では、毎日大量のゴミが出る。三枚重ねている手袋も、一回ごとに捨てるのだが、ただは捨てられない。低レベル廃棄物として管理しなければならないのだ。さらに被曝線量は、作業員であろうと厳密に管理しなければならない。現場への出入りには、行きにも帰りにも、厳しいサーベイが行われる。そこには人間の職場という感覚が感じられない。よく言っても奴隷の使役か、悪く言えば家畜の管理に近くなってくる。
 この本の題名にもなっているように、フクイチは平和産業ではなくて今も戦場なのだ。そこに投入される兵力の大多数は、全国から集められた日雇い労働者から成っている。累積線量が一杯になるまで使われる消耗品だから「犬たち」なのだ。そのおかげで日本は今のところ「無事」でいられるのだが。


老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 内閣総辞職を求める国会前抗議行動3/7 4:42 - 2018年3月6日 1件のいいね
 ○皆さん、万障繰り合わせて、国会前にご参集ください。

 ***
 財務省による公文書の改ざん問題が明るみに出ました。国会(国民)を欺く政府には、総辞職以外選択肢はありません。
 日時 3/7(水)19時半〜
 場所 国会前南側


孫崎享のつぶやき: 立場の弱い人間(伊調馨)が、強い立場の人間(日本レスリング協会の栄和人強化本部長)を提訴するのはよほどのことだ。日本レスリング協会は文書を発表し、告発を真っ向から否定.真相究明をレスリング協会以外の人間が関与すべきだ。 3/6


植草一秀の『知られざる真実』: 「森友決裁文書は同一」を断言できるかだけを問え 3/6
 ○朝日新聞は次のように報じた
 「学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという。
 内容が変わっているのは、2015~16年に学園と土地取引した際、同省近畿財務局の管財部門が局内の決裁を受けるために作った文書。1枚目に決裁の完了日や局幹部の決裁印が押され、2枚目以降に交渉経緯や取引の内容などが記されている。
 朝日新聞は文書を確認。契約当時の文書と、国会議員らに開示した文書は起案日、決裁完了日、番号が同じで、ともに決裁印が押されている。契約当時の文書には学園とどのようなやり取りをしてきたのかを時系列で書いた部分や、学園の要請にどう対応したかを記述した部分があるが、開示文書ではそれらが項目ごとなくなったり、一部消えたりしている。」
 (朝日デジタル3月2日配信記事「森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える」

 有印公文書を改竄、あるいは偽造して、これを国会議員に提示していたとするなら、有印公文書偽造という重大な犯罪になる
 財務省はこの決裁文書の原本を検察に提出しており、確認できないとしているが、あり得ないことである。
 改竄や偽造の事実については、決裁文書の作成に関与した、決裁印を押した複数の当事者が存在するわけで、原本がなくても事実は確認できる。
 原本と国会議員に提示した文書が同一のものであるかどうかは、確実に把握できるのである。
 国会議員に提示した文書と原本が同一のものであれば、財務省は「報道は虚偽である」と明言するはずである。

 しかし、財務省は原本と国会議員に提示した文書が同一であると言わない。
 この行動を通常は「言えない」のだと捉える。
 決裁文書の相違について、朝日新聞記事は「契約当時の文書には学園とどのようなやり取りをしてきたのかを時系列で書いた部分や、学園の要請にどう対応したかを記述した部分があるが、開示文書ではそれらが項目ごとなくなったり、一部消えたりしている」、「「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている」としている。
 つまり、森友学園に便宜供与や利益供与をしたと受け取られる可能性のある部分が削除、あるいは改竄されているとの推測が生まれているわけだ。
 財務省が決裁印を押している当事者にヒアリングすれば、事実関係は判明する。 ・・・


Jack 街に出よう☆今、行動を! ‏ @Jack_Furuchan フォロー中 @Jack_Furuchanさんをフォローしています その他 菅野完さんの締めのコールです! #国会前デモ #内閣総辞職 #お前が国難 #0307国会前抗議 2:44 - 2018年3月6日 30件のリツイート 32件のいいね


認証済みアカウント @CDP2017 フォロー中 @CDP2017さんをフォローしています その他 「到底容認できない」与党側の回答に辻元国対委員長 4:53 - 2018年3月6日 382件のリツイート 773件のいいね


きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 中学生レベルの漢字も読めないくせに、国民を小バカにして国会でヘラヘラ笑いと居眠りを続けて来た税金泥棒の麻生太郎、スパコン詐欺問題だけでもガケップチだったのに、財務省による森友学園の公文書偽造問題で完全に年貢の納め時を迎えたな。主犯の安倍晋三とともにトットと表舞台から消えて欲しい。 2:59 - 2018年3月6日 1,063件のリツイート 1,407件のいいね


きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 韓国のパククネが懲役30年を求刑されたのだから「日本のパククネ」こと安倍昭恵は少なくとも「懲役50年」を求刑されないとバランスが取れないよね。 4:25 - 2018年3月6日 473件のリツイート 590件のいいね


渡部 深雪 ‏ @mipom11 フォローする @mipom11をフォローします その他 ワイドショーで放映してました。 安倍昭恵 「前々から塚本園長(籠池氏)からは、主人にもお手紙を頂いたり電話で話をして頂いたり実際にもお会いして頂いたりしていました」(安倍昭恵講演会『ファーストレディとして思うこと』 より) 会っていないと言っていた安倍首相、嘘をついていたんですね。 0:18 - 2018年3月6日 1,287件のリツイート 800件のいいね


Ishimaru Jiro ‏ @ishimarujiro フォローする @ishimarujiroをフォローします その他 北に行っていた特使戻り記者会見やつてる。主な内容 核放棄の意志があると表明。 米と対話する用意。 対話が続いている限り核・ミサイル実験の凍結 4月末に板門店で南北トップ会談、事前に電話 3:07 - 2018年3月6日 271件のリツイート 152件のいいね


こたつぬこ ‏ @sangituyama フォロー中 @sangituyamaさんをフォローしています その他 さっそくアメリカは支持。中露も支持するでしょう。 安倍官邸どうする? 米、南北間の対話「支持する」 「慎重ながらも楽観」:朝日新聞デジタル 3:41 - 2018年3月6日 817件のリツイート 502件のいいね
  ★トランプの姿勢、態度が、気になって仕方がない!?








志村建世のブログ: これでは逃げられない ・ブログ連歌(506) 3/5
 ○森友問題は、公文書の偽造という、退っ引きならないところまで来た。嘘を重ねていると、過去にさかのぼって、根拠となる公文書まで書き換えなければならなくなる。同じ日付、同じ決済印で、内容の違う2種類の文書が出てきた。ここまで来たら、お得意の「安倍語」で「事後調整をいたしまして……」と説明しても、落語にしかならないだろう。あるいは公務員の誰かが、因果を含めて腹を切らされるか、消されるかするのだろうか。
 そもそもは政治の私物化から始まって、公務員の「そんたく」を誘発し、個人の利益へとつながった事件だった。その中心に、強固な地盤で安泰な(と見えていた)安倍政権の存在があった。だからこれを深掘りすれば、安倍政権を倒す可能性が出てくる。
 ただし今後の展開については、私の得意分野でもないし、はっきり言ってあまり興味もない。それでも、見るに見かねて自民党の内部から、何とかしようとする人が出てくるということは、ありそうな気がする。国政選挙が近くになくても、自民党内の自浄作用としての政権交代は、当然あっていいと思うのだ。
 漏れてくる情報によると、天皇の代替わりに伴う儀式の次第も、現政権の仕切りで準備が進んでいるようだ。どうでもいいことなのだが、現天皇と皇太子が、安倍首相と対面しながら儀式に臨むというのは、ちょっとお気の毒な気がしている。


老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 桂春蝶専用落語 16:56 - 2018年3月4日 1件のいいね


植草一秀の『知られざる真実』: 春の嵐が金融市場のみならず安倍政権を直撃か 3/3
 ○籠池泰典氏夫妻を7ヵ月も長期勾留している行為自体が重大犯罪だと言わざるを得ない。

 基本的人権の侵害行為だ。

 籠池氏夫妻は詐欺罪で起訴されているが、この起訴自体が不当である。

 郷原信郎弁護士は補助金適正化法で対応するのが正しく、検察の判断が起訴猶予又は罰金刑となるのが妥当な事案であるとしている。

 起訴猶予又は罰金刑が妥当であるような事案であるにもかかわらず、検察は籠池氏夫妻を7ヵ月以上も未決勾留し続けている。

 しかも、接見交通権をも剥奪している。

 籠池氏夫妻が釈放されて、真実を述べると都合の悪い人物がいるのだ。

 そのために、籠池氏夫妻が不当に身体を拘束され、言論の自由をも奪われている。

 日本は恐ろしい国家に成り下がっていると言わざるを得ない。

 安倍晋三首相は昨年2月17日の衆議院予算委員会で福島伸享氏の質問に対して次のように答弁した。

 「私や妻がこの認可あるいは国有地払い下げに、もちろん事務所も含めて、一切かかわっていないということは明確にさせていただきたいと思います。もしかかわっていたのであれば、これはもう私は総理大臣をやめるということでありますから、それははっきりと申し上げたい、このように思います。」

 「いずれにいたしましても、繰り返して申し上げますが、私も妻も一切、この認可にもあるいは国有地の払い下げにも関係ないわけでありまして、(中略)繰り返しになりますが、私や妻が関係していたということになれば、まさに私は、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめるということははっきりと申し上げておきたい。」 ・・・


孫崎享のつぶやき: 野党はどこまで、追及できるか」。改ざんといわれる箇所は、「特例的な扱いを必要とする」、「価格の提示をする」という、安倍首相夫妻の圧力で、財務省として行っていけないことをしたことを示す箇所の抹殺だから深刻: 3/5
A-1:事実関係1:「森友文書、野党「事実なら総辞職を」(時事通信、4日)
野党は4日のNHK番組で、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐり、財務省が公文書を書き換えたとされる疑惑について「事実なら内閣総辞職に値する」(希望の党の古川元久幹事長)などと安倍内閣の責任を追及した。与党側は政府の説明を見守る考え。
立憲民主党の福山哲郎幹事長は「公文書を事後に書き換えるのはあり得ない。状況によっては有印公文書の変造罪に問われることになる」と批判。共産党の井上哲士参院幹事長は「内閣が吹っ飛ぶような話だ」と指摘し、自由党の森裕子参院会長、社民党の福島瑞穂副党首も内閣総辞職を求めた。
A-2:「共産・志位氏「一番大事な部分が改ざんされた疑い」」(4日朝日)
(森友問題をめぐり財務省の公文書が書き換えられた疑いが出ていることについて)非常に深刻な問題で、仮に事実だとすると犯罪行為


渡辺輝人 ‏ @nabeteru1Q78 フォローする @nabeteru1Q78をフォローします その他 PKOの日報隠滅、裁量労働制の基礎データ改ざん、森友問題の決裁文書の改ざん。すべて、国民を欺くために行われており、安倍政権の体質といわざるを得ないだろう。 / “財務省文書改竄なら安倍政権はオシマイ 森友ついに決定打|政治|ニュ…” 18:45 - 2018年3月4日 1,332件のリツイート 1,012件のいいね


天木直人のブログ: 安倍降ろしに舵を切った朝日の覚悟 3/4
 ○森友疑惑の文書改ざんを大スクープして安倍首相を窮地に追い込んだ朝日だが、今度は裁量労働だ。
 きょう3月4日の朝日が一面トップで報じた。
 裁量労働制を全社的に違法に適用し、昨年末に厚労省東京労働局から特別指導を受けた野村不動産の50代の男性社員が、過労自殺し、労災を認定されていた事がわかったと。
 そして朝日は次のように断じている。
 「安倍政権が旗を振る労働時間制の緩和に対し、懸念の声が膨らむのは必至だ」と。
 この朝日のスクープ記事は、週明けの国会審議で、野党の追及に大きな武器を与える事になる。
 そう思って二面に目を通したら、さらに衝撃的な記事が掲載されていた。
 なんと伊藤詩織さん事件をきっかけに起きた「私たちも行動する」の大特集記事を掲載したのだ。
 あきらかな強姦容疑でありながら、その容疑者が安倍首相に近い御用ジャーナリストであったため、警察、検察総ぐるみでもみ消された、あの、女性の敵である忌まわしい事件を、朝日は忘れていないぞという意思表示だ。
 実際のところ、一連の安倍忖度行政の中で、この女性暴行事件のもみ消しほど悪質なものはない。
 私はこれら一連の記事を見て確信した。
 どうやら朝日は覚悟を決めたようだ。
 世論を喚起して安倍首相を引きずり下ろすつもりだ。
 私はきのうのメルマガで書いた。
 憎っくき朝日に倒されては安倍首相は死んでも死に切れないと。
 しかし、朝日もこう思っているに違いない。
 いやしくも天下のリベラル紙朝日だ。
 腹痛で敵前逃亡した政治家失格の安倍晋三ごときに潰されるようなことは、朝日人の名をかけて許さないと。
 果たしてこの勝負、どちらが勝つだろう。
 死んでも死にきれない安倍首相は頑張るだろう。
 しかし、その頑張りも限度がある。
 私は朝日に分があると思う。
 権力に屈服してマスゴミと揶揄される最近のメディアだが、その気になれば国家権力をも倒せるのだ。
 その事を証明してもらいたい。
 朝日に続くメディアが出てくれば、安倍政権は一気に崩壊に向かうだろう(了)


郷原信郎が斬る: “逆らう者は逮捕する”「権力ヤクザ」の特捜部 3/2
 ○東京地検特捜部は、リニア新幹線建設工事をめぐる「談合事件」で、大成建設の元常務と鹿島の担当部長を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで逮捕した。
 昨年末に出したブログ記事【リニア談合、独禁法での起訴には重大な問題 ~全論点徹底解説~】で詳細に述べたように、この事件は、「独禁法違反の犯罪」で刑事責任を問うような事件ではない。
 捜査の対象となったスーパーゼネコン4社のうち、課徴金減免申請を行って「談合を認めた」とされた大林組、清水建設に対して、大成建設、鹿島が徹底抗戦の姿勢を貫いたのは当然だった。
 【リニア談合捜査「特捜・関東軍の暴走」が止まらない】で述べたように、特捜部は、その徹底抗戦の2社のみを対象に、再度の捜索を行い、その際、大成建設では、法務部に対する捜索で、弁護士が捜査への対応・防禦のために作成していた書類や、弁護士のパソコンまで押収し、さらに検事が社長室に押しかけ「社長の前で嘘をつくのか」「ふざけるな」などと恫喝したとして、大成建設側が「抗議書」を提出したところ、その日の夜、同社だけに「3度目の捜索」を行うなど、抵抗する社を捜査権限で踏みつぶそうとしてきた特捜部。その暴走は止まらず、とうとう、この「特捜部に逆らう2社の担当者を逮捕する」という暴挙に出た。
 大成、鹿島も、4社間の協議や情報交換等の「外形的事実」は認めた上で「独禁法違反には当たらない」と主張しているとのことだ。そのような法的主張をしている大成、鹿島の担当者について、なぜ「罪証隠滅の恐れがある」ということになるのか。単に、「検察の主張に反対して抗戦している奴らは、検察の捜査権限を使って徹底排除する」という、身勝手極まりない検察の論理による逮捕のように思える。
 昔、赤塚不二夫氏の漫画「天才バカボン」にしばしば登場する警察官の「本官さん」が、「タイホだ!タイホだー!」とわめきながら、空に向けてピストルをぶっ放す絵が印象的だった。今、特捜部がやっていることは、そのレベルだ。

 取材してきた記者によると、特捜部は、逮捕についての副部長の記者レクを開いたが、「品川駅舎建設工事、名古屋駅舎建設工事が対象」と説明しただけで、質問には全く答えないとのことだ。
 そもそも、独禁法違反の「不当な取引制限」は、「一定の取引分野における競争を実質的に制限する『相互拘束性』のある競争事業者間の合意があったこと」が必要だ。東京名古屋間のリニア工事“全体”というのであれば「一定の取引分野」と言えるだろうが、品川と名古屋の駅舎建設工事だけでは「一定の取引分野」の競争制限ではない。個別の物件の談合“的”行為に過ぎない。
 仮に「品川と名古屋の駅舎建設工事」を「一定の取引分野」ととらえるとしても、受注しているのは大林と清水だけであり、大成、鹿島は、「協力しただけ」の立場だ。この場合に、「相互に(持ちつ持たれつの)関係を持って合意を実行する」という「相互拘束の関係」があったとは考えられない。
 被疑者の逮捕にまで至った以上、起訴しないことは考えにくい。しかし、この事件の公判で、検察がまともに「独禁法違反の犯罪」を立証できるとは到底思えない。
 それでも、敢えて、逮捕・起訴を行う特捜部や検察の幹部には、「無謀な起訴も、やってしまえば責任を問われることはない」という「打算」がある。起訴さえしてしまえば、公判は一審だけでも数年がかかり、最終的に結果が出るのは現在の検察幹部がすべて現場を離れてから、退職してからのことなので、現時点の特捜幹部・検察幹部にとって、責任を問われることはないという「責任回避のシステム」がある。だから、無謀極まりない特捜の起訴も、決して思いとどまろうとしないのだ。

 独禁法は、経済社会における「公正かつ自由な競争」を法目的とする法律だ。その罰則の適用は、法目的実現の手段の一つだ。しかし、特捜部にとっては、独禁法という法律も、自らの都合で捜査権限を行使するための手段の一つに過ぎないと考えているのであろう。
 大阪地検不祥事による批判を受け信頼を失墜しても、全くめげることも、反省することもなく、組織の体面維持と責任回避のために、捜査権限を私物化する「権力ヤクザ」そのものの特捜部の「独善」の実態が、今回の逮捕で改めて露わになったと言えよう。






志村建世のブログ: 梅の花盛り ・ブログ連歌(506) 3/4
 ○梅は、朝日の逆光で見るのが美しい。満開になったところで、桜の派手さに及ばないのは、わかっている。顔を近づけ、匂いを嗅いでみるのがいい。
 桜は散っても、後においしい「さくらんぼ」が実ることはないが、梅は立派な実を残す。熟したころに取り込んで、ゆっくり煮込むと、甘酸っぱい「梅ジャム」を作ることができる。その梅ジャムが、きょうで食べ終りになった。今年も実がついたら、また梅ジャムにしよう。
 私が生まれた家には、大きな桜の木があった。父が植えたのではなく、引っ越してきたときからあったと聞いている。しかし私が自分の家を建てるようになってからは、桜を植えることは考えなかった。最初の庭付きの家に植えたのは梅の木だった。結局その梅の木を、家を建て替えるときにも農園に預かってもらって、狭い玄関わきに植えて今に至っている。
 人が住む家と、木は相性がいい。平均寿命は、人間を上回るのではないだろうか。中野の地に住むようになって、今年で42年になる。娘たち孫たちは、やがてこれを「おじいちゃんの梅の木」と呼んで、伝えて行くのかもしれない。


老人党「護憲+」 ‏ @rojinto_goken フォロー中 @rojinto_gokenさんをフォローしています その他 カーリング女子と裁量労働制法案! 21:45 - 2018年3月3日 0件の返信 0件のリツイート 0 いいね 返信 リツイート 「いいね」1


海渡雄一 ‏ @kidkaido フォロー中 @kidkaidoさんをフォローしています その他 いよいよ明日5日13時から京都駅前響都ホールで、日弁連主催のシンポジウム「死刑制度の廃止を求めて」を開催します。憲法学者の木村草太さんが「存在してはならない生」というカテゴリーを設けることは許されるのかを論じます。私はパネルのコーディネートをします。ぜひ、ご参加を! 23:08 - 2018年3月3日 118件のリツイート 106件のいいね


菅野完Staff ‏ @SUGANOTAMOTSU フォローする @SUGANOTAMOTSUをフォローします その他 【菅野指示投稿最後】 「おそらく朝日の投げかける疑惑を官邸は『現場の官僚が勝手にやったこと』で逃げるのだろうが、その言い訳は、内閣人事局制度出来て以降、成立せん。局長も総理人事なんだから」 1:55 - 2018年3月4日 801件のリツイート 585件のいいね

菅野完Staff ‏ @SUGANOTAMOTSU フォロー中 @SUGANOTAMOTSUさんをフォローしています その他 いま、財務省に向けられている嫌疑は、「決裁印のある決裁文書を変造したのではないか?」という嫌疑です。有印公文書変造および同行使は重罪です。そしてなによりも大事なことに、有印公文書変造は、安倍首相肝いりで成立された共謀罪(テロ等準備罪)の適用範囲です。 22:51 - 2018年3月3日 1,776件のリツイート 1,225件のいいね


豆みつお ‏ @ma_me_mi_tu_o フォローする @ma_me_mi_tu_oをフォローします その他 これをぼんやり眺めていたら、今の経団連の会長は、とにかく国民に痛みを与えたいだけのただの変態サディストに思えてきて、怖くなって大声で泣いてしまいました… 15:36 - 2018年3月1日 10,263件のリツイート 8,384件のいいね


増子典男 ‏ @MasikoMm1nn1 フォローする @MasikoMm1nn1をフォローします その他 NHK日曜討論。共産・井上参院国対委員長。核心をズバリ「『裁量労働制も高度プロフェッショナルも一体で』とは安倍首相が言ったこと。裁量労働を白紙撤回する以上、全体を白紙撤回すべきだ」「われわらは週15時間、月45時間、年間360時間の残業上限とし、11時間のインターバルをとることを要求する」 16:47 - 2018年3月3日 386件のリツイート 306件のいいね


きっこ ‏ @kikko_no_blog フォロー中 @kikko_no_blogさんをフォローしています その他 【大スクープ】「オバマ政権時の米国の核削減姿勢に日本の自民党政権が強く反対していただけでなく、核弾頭の最新鋭化や核戦力の増強も求めていたことが内部文書から明らかになった」→ https://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-03-04/2018030401_01_1.html … これが安倍晋三の言う「戦争被爆国としての核なき世界へのリーダーシップ」ですか? 5:25 - 2018年3月4日 1,069件のリツイート 736件のいいね


キャオ@大阪トホホ団亡者戯 ‏ @tohohodan フォロー中 @tohohodanさんをフォローしています その他 すべてはここから始まってる気がする。 6:36 - 2018年3月4日 1,209件のリツイート 981件のいいね


きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 報道各社は、南スーダン日報隠蔽から財務省公文書改ざんに至る数々の「安倍政権の背任行為」にピント絞って、内閣支持率緊急世論調査せよ。その結果、仮に支持率が2桁以上あったなら、この5年間安倍政権をメディアの責任を放棄し放置した、自らの報道姿勢を猛省する「特別記事」を大々的に一面で書け。 3:24 - 2018年3月4日 463件のリツイート 474件のいいね


Dr.サキ ‏ @XKyuji フォロー中 @XKyujiさんをフォローしています その他 今回の文書の書き換えは重大な問題だ。財務官僚による内部告発だろう。厚労省でも大臣が官僚に「原票はないと言え」と言ったんだ。官僚は最初から間違ったデータをわざと大臣に渡し、安倍氏は間違ったデータでの発言をしてしまい訂正した。どの省庁も安倍内閣にうんざりなんだ。 #官僚一揆 が起きた。 7:05 - 2018年3月4日 94件のリツイート 78件のいいね





☆☆☆
志村建世のブログ: 大石又七さんの「矛盾~ビキニ事件、平和運動の原点」を読む ・ブログ連歌(506) 3/2

植草一秀の『知られざる真実』: 安倍政権は「働かせ方改悪法案」全体を撤回せよ 3/2

植草一秀の『知られざる真実』: 金融市場にも巻き起こる春の嵐の行く末は 3/1



日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁が審理やり直し命じる | NHKニュース  1/31
安保法訴訟 自衛官に「訴えの利益」 審理差し戻し 東京高裁判決 毎日新聞 2/1
 〇安全保障関連法に基づく防衛出動命令は憲法9条などに反するとして、現役陸上自衛官の男性が国を相手に命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は31日、原告に訴えの利益がないとして却下した1審・東京地裁判決(昨年3月)を取り消し、審理を東京地裁に差し戻した。杉原則彦裁判長は「出動命令に従わない場合、刑事罰や懲戒処分を受ける可能性があり、訴えの利益はある」などと述べた。【近松仁太郎】

生活保護基準の引下げに反対する会長声明 【群馬弁護士会】2018.02.03

【共同声明】朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な対応を求めます 【ヒューマンライツ・ナウ】2018.02.28






NHK: 火口内で溶岩確認 新燃岳 平成23年以来の爆発的噴火 3/6
 ○鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳で、6日午後、7年前の平成23年以来となる爆発的な噴火が発生しました。また、火口内に新たな溶岩があるのも確認され、気象庁は、噴火活動が活発化しているとして噴火警戒レベル3を継続し、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
 気象庁によりますと、霧島連山の新燃岳では、今月1日から噴火が続いていますが、6日午後2時半ごろには爆発的な噴火が発生し、噴煙が火口から2100メートルまで上がりました。
 その後も爆発的な噴火が断続的に発生し、このうち、午後2時50分ごろの噴火では、噴煙が火口から2300メートルまで上がりました。また、いずれの噴火でも空振=空気の振動が観測されたということです。
 新燃岳で爆発的な噴火が発生したのは、7年前の平成23年3月以来です。

 新燃岳では今月1日から活発な噴火活動が続いていますが、6日に入って噴煙の量が増えているほか、火山性微動の振幅が大きく、火山性地震が多い状態が続き、山の浅い場所を震源に、空振を伴う振幅の大きな「低周波地震」も発生しています。
 また6日、上空から行った観測などで、火口内の東側に新たな溶岩があるのを確認したほか、5日まで火口内の東側付近から上がっていた噴煙が、火口の中心や西側、北側の付近からも噴煙が上がっているのが確認されたということです。
 また、新燃岳の南側の鹿児島県霧島市から東側の宮崎県都城市の広い範囲で火山灰が降ったのも確認したということです。

 気象庁は、新燃岳では、噴火活動が活発化しているとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続したうえで、火口からおおむね3キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石に、火口からおおむね2キロの範囲では火砕流に、それぞれ警戒するよう呼びかけています。
 また、風下側を中心に、火山灰や小さな噴石、それに火山ガスに注意するとともに、爆発的な噴火に伴う空振で窓ガラスが割れるおそれもあるとして、注意を呼びかけています。

NHK: トップ画面 3/6
 ☆JUST IN
 北朝鮮 “体制保障されるなら核保有の理由はない” 韓国政府発表3月6日 20時20分
 北朝鮮側 “対話中は核・弾道ミサイル実験しない” 韓国政府発表3月6日 20時14分
 来月末に南北首脳会談開催で合意 韓国政府発表3月6日 20時05分




NNN: 原発事故7年“謎の放射性粒子”徐々に判明 3/6
 ○福島第一原発の事故からまもなく7年…最近になって「セシウムボール」と名付けられた極めて小さな粒子が確認され始めた。過去の原発事故では見つかっていない放射性粒子で事故直後に首都圏まで到達したとみられている。その最新の研究に迫った。
 (news every.より 詳しくは動画で)


NNN: イマドキ女性は「三高」より「三優」!? 3/6
 ○世の中で議論を呼んでいる話題について、意見を聞く「opinions」。今回の話題は「イマドキ女性“三高”より“三優”!?」。東北ユースオーケストラ事務局長の田中宏和氏に聞いた。
 JCBが20歳~39歳の働く女性に「結婚相手に選ぶならどんな人が良いか」調査を行いました。すると、「育児や家事をしてくれる“家族に優しい人”」「浮気と無縁な“自分だけに優しい人”」「節約が得意な“家計に優しい人”」という「三優」、つまり、3つの優しさが結婚の条件になっていることが浮き彫りとなりました。
 かつては結婚相手の条件として、「高収入、高学歴、高身長」で「三高」という言葉がありましたが、時代と共に、理想の男性像も変わっているようです。
 ネット上では「“三高”より出会う確率が低そう」「“三優”は、生活しないとわからない」「最終的には価値観が共有できるか」との意見がありました。
 ・・・ ・・・
 【the SOCIAL opinionsより】


NNN: 南北首脳会談 金委員長「満足のいく合意」 3/6
 ○北朝鮮の国営メディアは、韓国政府の特使団と5日に会談した金正恩委員長が、南北首脳会談に関連し満足のいく合意をしたと伝えた。
 6日付の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞は、金委員長が5日、平壌で韓国の鄭義溶国家安保室長ら特使団と会談を行った様子を写真付きで伝えた。会談には、先月、韓国を訪問した金委員長の妹・与正氏も参加している。
 金委員長は特使団を熱烈に歓迎し、文在寅大統領の親書を受け取ったという。さらに、特使団から南北首脳会談に関連した文大統領の意向を聞いた上で、満足のいく合意をしたとしている。
 一方、韓国大統領府も先ほど、特使団と金委員長の会談は夕食会を含め、4時間以上にわたって行われたと明らかにした。大統領府の関係者は、「合意というかは分からないが、成果があり、失望するものではない」と述べ、一定の進展があったことをうかがわせた。
  ★今日から、いろいろ、御開帳・・・ 乞う、ご期待!?



野村不動産の特別指導は過去2例目 前例は電通のみ 【朝日新聞】2018.03.06
 ○50代の男性社員が過労自殺した野村不動産に対する厚生労働省東京労働局の特別指導は、過去2例目だったことがわかった。前例は、違法残業事件で有罪判決が確定した広告大手の電通だけだった。電通への特別指導は公表されなかったが、野村不動産への特別指導については同労働局が記者会見で発表しており、異例中の異例の対応だったことが改めて浮き彫りになった。
野党追及「過労死伏せたのは、なぜか」 裁量労働制適用
 野党6党が6日に開いた合同ヒアリングで、厚労省の担当者が明らかにした。
 裁量労働制を違法適用したとして、同労働局が野村不動産への特別指導を公表したのは昨年12月26日。厚労省の土屋喜久審議官は、野村不動産に特別指導をして公表した理由を「重大な事象で同じことが他社で起きてはならない。異例だが特別な指導という考え方をとり、日頃であれば申し上げていない指導を公表した」と説明した。
 一方、同労働局が電通に特別指導をしたのは2016年10月11日。新入社員で過労自殺した高橋まつりさん(当時24)の遺族が記者会見を開き、労災認定を発表した4日後だった。
 過去に2例しかない特別指導に関する同労働局の対応は大きく異なる。
 同労働局の過重労働撲滅特別対策班(かとく)の強制捜査に発展し、違法残業事件で有罪判決が確定した電通への特別指導は記者会見で発表されなかった。塩崎恭久厚労相(当時)が同12日の衆院予算委員会の答弁で触れただけで、「特別指導」という言葉も使わなかった。
 野村不動産は特別指導の後も強制捜査は受けていないが、過労自殺した男性の遺族が労災認定を公表しない中、認定と同じ日に記者会見で公表していた。
 加藤勝信厚労相は5日の参院予算委で、特別指導の公表時点で労災認定を知らなかったと述べたが、厚労省内には「特別指導の背景について大臣に報告せずに、特別指導を公表したとは考えにくい」との声がある。ヒアリングで「過労自殺について大臣に報告していたはずだ」と迫った希望の党の柚木道義議員に対し、土屋氏は「個人情報に絡む問題なので回答は差し控えている」として答えなかった。(贄川俊、千葉卓朗)


南北首脳会談 4月末開催で合意=北「米と非核化対話の用意」 【聯合ニュース】2018.03.06
 ○【ソウル聯合ニュース】文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の特使として北朝鮮を訪問した青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は6日、記者会見で訪朝結果を発表し、4月末に軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で南北首脳会談を開催することで北朝鮮側と合意したと明らかにした。
 南北は首脳間のホットラインの設置でも合意。南北首脳会談の前に初の通話を実施することで一致したという。
 鄭氏によると北朝鮮側は、朝鮮半島の非核化に対する意志を明確にし、北朝鮮に対する軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保証されるのであれば核を保有する理由がないという点を明確にした。さらに非核化問題の協議や米朝関係正常化に向け米国と虚心坦壊(たんかい)に対話する用意があると表明したという。
 鄭氏はまた、金委員長が「非核化の目標は先代の遺訓であり、先代の遺訓に変わりはない」と明言したことが注目に値すると強調。対話の条件について「北から特別に韓国や他の国に要求したことはない。対話の相手として真摯(しんし)な待遇を受けたいとの意向があった」と伝えた。
 さらに北朝鮮側は対話が続いている間、新たな核実験や弾道ミサイル発射を再開しないことを明確にする一方、核兵器はもちろん通常兵器も韓国に対して使用しないことを確約したと明らかにした。
 平昌冬季五輪・パラリンピック期間中の実施を見合わせている韓米合同軍事演習についても金委員長は「4月から例年の水準で実施することを理解する」と述べたという。
 特使団の報告を受けた文大統領は「合意内容を支障なく履行するよう努力してほしい」と指示した。
 特使団として訪朝した鄭氏と情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長は近く訪米し、トランプ大統領に訪朝結果を説明する見通しとされる。訪米後に鄭氏は中国とロシアを、徐氏は日本を訪問し結果を説明する。鄭氏は「国際社会の支持と協力を基盤に南北関係を安定的に発展させるため努力を続ける」と話した。


「日本人の手で改憲を」 首相、自民議員に呼び掛け 【日経新聞】2018.03.06
 ○安倍晋三首相は6日夜、自民党の当選1回の参院議員らでつくる「参志会」のメンバー約10人と公邸で会食した。憲法改正について「自分からは具体的には何も言わないが、連合国軍総司令部(GHQ)によって作られた今の憲法を、日本人の手で作る作業に積極的に参加してほしい」と呼び掛けた。出席者が明らかにした。
 中国の習近平国家主席にも話題が及び「以前は慎重な物言いだったが、今は非常に具体的に話をしてくれる」と評価した。出席者が「2020年の東京五輪を首相として迎えてほしい」とエールを送ると「その点はちょっと置いておいて」とかわしたという。〔共同〕
  ★国民主権に叛くもの! 自称“最高権力者”が、唆している… 日本国憲法破壊、国体転覆を。


森友文書問題で野党6党「財務省は論外 国政調査権行使を」 【NHK】2018.03.06
 ○「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことをめぐり、立憲民主党など野党6党は、財務省は疑惑に全く答えておらず、論外だとして、国政調査権を行使して政府に資料提出を要求することなどを与党側に申し入れました。
 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことについて、財務省は6日、参議院予算委員会の理事会で、文書は捜査の対象になっているため、直ちに確認できない状況だと説明しました。

 これを受けて、立憲民主党、希望の党、民進党、共産党、自由党、社民党の野党6党の国会対策委員長が会談しました。
 会談で6党は、疑惑が事実であれば、国政の根幹を揺るがす極めて深刻な事態であるにもかかわらず、財務省は疑惑に全く答えておらず、論外だとして、国政調査権を十分に行使して政府に資料提出を要求するなどして、速やかに真相究明を行わなければならないという認識で一致しました。

 そして会談のあと、立憲民主党の山内国会対策委員長代理が、自民党の松本国会対策委員長代理と会談し、こうした6党の合意を文書で申し入れました。

 また、参議院でも、野党各党の国会対策委員長らが会談し、国会法に基づいて政府に文書の提出を求めることなどを与党側に申し入れることで一致しました。
 与野党で話し合いを
 立憲民主党の辻元国会対策委員長は、野党6党の国会対策委員長会談のあと記者団に対し、「報道が事実なら、財務大臣はもとより、政府全体の責任問題に発展しかねないという認識を持っている。『与野党が対立するのではなく、この事態を話し合うべきだ』と強く呼びかけたい」と述べました。
 野党が文書要求も財務省「直ちに確認できない」
 「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書が書き換えられた疑いがあると報じられたことをめぐり、立憲民主党など野党側が財務省などからヒアリングを行い、出席した議員からは「検察の捜査を理由に説明を行わないのは、国民への説明責任や国政調査権を妨げるものだ」といった批判が相次ぎました。

 そして、野党側が、決裁文書の原本の提出や、文書の電子データが残っていないのか確認することなどを求めたのに対し、財務省の担当者は「近畿財務局を含めて財務省が管理する文書で手元に無いものがあり、直ちに確認できない状況だ」などと述べるにとどめました。
  ★誰の刑事責任を、気に懸けているんだ!? 大臣か、政府か? 役人か? 信賞必罰は、公務員の義務では。


森友文書「捜査と言えば免罪は大間違い」 立憲・辻元氏 【朝日新聞】2018.03.06
 ○辻元清美・立憲民主党国会対策委員長(発言録)
 「(森友学園との国有地取引をめぐる決裁文書が書き換えられた疑いで財務省が捜査を理由に説明していないことについて)ちょっと財務省は甘く見ているんじゃないですか。捜査と言えば何でも免罪されると思ったら大間違いです。財務省は自分たちを守るために、捜査、捜査で出せない。自分たちに不利になったら困るから出せないと言っているわけじゃないですか」(6日、記者団に)


森友文書 書き換え有無回答せず 財務省報告に野党反発 【東京新聞】2018.03.06
 ○学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省の決裁文書が問題発覚後に書き換えられた疑いがあるとの朝日新聞報道を受け、財務省の富山一成理財局次長は六日、参院予算委員会理事会で、文書原本は大阪地検特捜部に提出しており「近畿財務局にはない」と説明した。書き換えの有無については回答しなかった。野党は反発し、午前に予定していた予算委は見送られた。
 与党側も自民党の石井準一筆頭理事が理事会で「与党としても納得できない」と財務省を批判した。野党側は書き換えの有無を確認するため、佐川宣寿前理財局長(現・国税庁長官)を国会に呼ぶよう求めたが、与党は回答しなかった。
 財務省が理事会に提出したのは、調査結果でなく、今後の調査方針。財務省は大阪地検の捜査に協力する段階にあるとし、調査は「捜査に影響を与えないように」するとした。その上で「多くの文書は捜査対象で全てを直ちに確認できない」とし、事実確認は「裏付けをとるなど慎重に行う」とした。
 富山氏は予算委理事会で大阪地検に提出したのは、森友学園に国有地を売却した契約と、それに先立つ貸し付け契約に関する決裁文書の原本と説明した。
 民進党の那谷屋正義参院国対委員長は記者団に「このような状況では議論しても、答弁に信憑(しんぴょう)性を感じることができない。国会、国民をばかにしてはいけない」と語った。
 麻生太郎副総理兼財務相は六日の閣議後の記者会見で「担当局以外の職員も関与させ、全省挙げて調査を進めていきたい」と述べた。
 財務省の太田充理財局長は六日までに調査し「できる限り努力し報告する」としていた。
 森友問題では、大阪地検特捜部が近畿財務局長らの背任容疑や、保存義務のある交渉記録を廃棄したとする公文書毀棄容疑で捜査している。
 朝日新聞が二日に報道。森友側との交渉を担った近畿財務局が作成した決裁文書に関し、契約当時の文書と国会議員に開示していた文書で内容に違いがあり「特例」などの文言が複数箇所でなくなっていると指摘した。
◆財務省が国会に提出した「調査の状況の報告」
 現在、大阪地検において、背任のほか、証拠隠滅や公用文書毀棄(きき)について告発を受けて、捜査が行われている状況にあり、財務省としては、この捜査に全面的に協力している段階にある。
 こうした状況の中、捜査に影響を与えないよう、以下の点に留意して、直接の担当である理財局・近畿財務局以外の職員も関与した上で、全省を挙げて、文書の確認、職員への聞き取りなど調査を進めていきたいと考えている。
 一、文書の確認
 調査にあたっては、多くの文書の確認が必要となるが、これら文書は、告発を受けた捜査の対象となっており、すべての文書を直ちに確認できない状況となっている。
 二、職員への聞き取り
 調査にあたっては、広く職員への聞き取りを行う必要があるが、決裁文書の作成にかかわった職員への聞き取りにあたっては、捜査に影響を与えないよう、捜査当局による事情聴取との関係に留意し行う必要がある。
 三、事実関係の確認
 事実関係の確認に当たっては、裏付けをとるなど慎重に行う必要がある。
  ★裏を取るのは、いいとして、虚偽申告を許すような風習を残してはならない。公務員たるもの。日本国憲法擁護、尊重義務にも反する。 公務員の信賞必罰は、当然の理。民主主義、国民主権下。


森友書き換え疑惑で予算委空転 「確認困難」に自民も苦言 東京新聞 3/6
 ○参院予算委員会は6日、森友学園問題に関する決裁文書書き換え疑惑は「確認できない」とした財務省の説明に野党が反発し、終日空転した。自民党内からも「ゼロ回答はおかしい」(安倍晋三首相側近)と苦言が出始めており、疑惑に対する政府対応が今後の焦点になっている。
 参院予算委と衆院財務金融委、参院財政金融委は理事会で、6日に予定していた質疑をいずれも見送ることを決定。7日の開催を調整していた参院本会議も開かれないことになった。
 野党側は6日、疑惑の真相究明に向け、「国政調査権」を行使しての資料提出や、与野党国対委員長会談の開催を自民、公明両党に文書で申し入れた。


自民 憲法改正目指し運動方針案決定 【NHK】2018.03.06


李元大統領を14日聴取 韓国検察、不正送金指示の疑い 【朝日新聞】2018.03.06



沖縄核貯蔵提案「説得力ある」 米議会聴取に秋葉外務次官、09年に発言  メモ存在も本人は否定 【琉球新報】2018.03.06
 ○【ワシントン=座波幸代本紙特派員】オバマ前米政権の核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」策定に向け、米連邦議会が設置した戦略態勢委員会(委員長・ペリー元国防長官)が同盟国の意見聴取をした際、在米日本大使館の秋葉剛男公使(当時)が沖縄での核貯蔵施設建設について問われ、「説得力がある」と肯定的な姿勢を示していたことが分かった。

 米国の科学者らでつくる「憂慮する科学者同盟」のグレゴリー・カラキ上級アナリストが入手した同委員会のメモで判明した。カラキ氏は、名護市辺野古への新基地建設と米軍辺野古弾薬庫の再開発を挙げ、沖縄への核兵器の再持ち込みに警鐘を鳴らしている。
 意見聴取は麻生政権当時の2009年2月に行われた。秋葉氏は今年1月に、外務事務次官に就任している。秋葉氏は5日、外務省で「そんなことは言わない」と述べ、意見聴取での発言を否定した。
 メモによると、秋葉氏は、同委員会のシュレジンジャー副委員長(元国防長官)の「沖縄またはグアムへの核貯蔵施設建設について、日本はどうみるか」という質問に対し、「そのような提案は説得力があるように思う」と答えている。
 また、秋葉氏が委員会に提出した書面には、米国に小型核保有などを促す要望があり、その趣旨に沿った内容が今年1月にトランプ政権が発表したNPRに含まれている。河野太郎外相はNPRを「高く評価する」と表明し、安倍政権が支持していることから、カラキ氏は「米国の核兵器を沖縄に保管できるように両国が合意した可能性を調査する必要がある」と指摘している。
 辺野古弾薬庫や嘉手納弾薬庫には過去に核兵器が貯蔵され、沖縄返還交渉の過程では、沖縄への核再持ち込みを認める密約が結ばれた。また、14年の海兵隊の「自然資源・文化資源統合管理計画」には、「新たな任務」への対応のため、キャンプ・シュワブと辺野古弾薬庫の再設計・拡張を明記。13の弾薬庫を解体し、12の新たな弾薬庫と武器の組み立て区画設置を想定している。昨年11月の日米合同委員会でその一部の4棟の解体に合意。日本政府が約20億円を負担し、年内にも建て替え工事が始まる見込みだ。


玄海再稼働可否、20日判断 佐賀地裁 【佐賀新聞】2018.03.06
 ○九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)を巡り、住民らが再稼働差し止めを求めた仮処分申し立てに対し、佐賀地裁(立川毅裁判長)は20日午前10時に可否に関する決定を出すと決めた。住民側弁護団に6日、通知した。
 玄海3、4号機は昨年1月に原子力規制委員会の審査に合格。今年2月20日には3号機の原子炉に核燃料を装塡そうてんする作業が終わり、3月下旬にも再稼働する見通しとなっている。【共同】


<玄海原発>30キロ圏自治体にも再稼働同意権を 松浦市、国に法整備要望へ 【佐賀新聞】2018.03.06
 ○九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の再稼働を巡り、長崎県松浦市の友田吉泰市長は5日、原発から半径30キロ圏の自治体にも同意権を与えるよう国に法整備を求めていく方針を明らかにした。
 同日始まった定例松浦市議会一般質問で安江結子議員(共産)に答えた。
 半径30キロ圏に全域ないし一部が入る長崎県北4市は、原子力災害の危険性にさらされ避難計画策定も強いられながら、同意権は佐賀県と玄海町にしか認められていない。このため友広郁洋前市長は、立地自治体並みの同意権を国に求めてきた。
 友田市長は同日、この考えを引き継ぐことを表明した。一方で、同意権を持つには是非を判断する知見が必要と強調。「同意権を得た場合には有識者ら人材の確保、態勢づくりが必要となる」として今後、県と協議する方針を示した。
 友田市長は避難対策に関し、国、県、4市による協議の場を設けるよう県に求めていることも明らかにした。県危機管理課は取材に「国から実施への具体的な回答はないが、引き続き開催を求めていく」とした。(長崎新聞提供)






 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧






【社説】沖縄に核貯蔵肯定 再持ち込みは断固拒否 【琉球新報】2018.03.06
 ○安倍政権の外務事務次官を務める秋葉剛男氏が在米日本大使館の公使時代、沖縄への核貯蔵施設建設に肯定的な姿勢を米国に示していたメモの存在が明らかになった。
 核施設建設容認は沖縄に再び核兵器を持ち込ませることを意味する。「作らず、持たず、持ち込ませず」の非核三原則の国是に反する。沖縄を三原則の適用外とし、県民を危険にさらす発想ではないか。沖縄への再持ち込みは断固拒否する。
 メモを入手した米国の科学者らでつくる「憂慮する科学者同盟」のグレゴリー・カラキ上級アナリストは、名護市辺野古への新基地建設と隣接する米軍辺野古弾薬庫の再開発を挙げ、沖縄への核兵器の再持ち込みに警鐘を鳴らしている。
 メモによると秋葉氏は2009年、オバマ前米政権の核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」策定に向け、米連邦議会が設置した戦略態勢委員会(委員長・ペリー元国防長官)から意見聴取された。沖縄での核貯蔵施設建設について問われ「そのような提案は説得力があるように思う」と肯定的な姿勢を示した。
 米連邦議会の委員会での発言であり、個人的な意見とは受け取れない。秋葉氏は意図を説明する責任がある。
 辺野古弾薬庫や嘉手納弾薬庫には、かつて1300発の核兵器が貯蔵されていた。1959年6月には、米軍那覇飛行場配備のミサイルが核弾頭を搭載したまま誤射を起こし、海に落下する事故も起きていた。
 核兵器は日本復帰の際に撤去したとされる。だが沖縄返還交渉の過程で有事には米軍が沖縄に核を持ち込めるという密約が結ばれた。民主党政権は2010年に、核密約が失効したとの認識を示したが、米国の認識は正反対だ。
 米国防総省の歴史記録書は「米国は危機の際にそれら(核)を再持ち込みする権利を維持した」と明記している。再持ち込みは米国にとって「権利」なのだ。
 一方、秋葉氏発言は、自民党内にある「持ち込ませず」の見直し議論と重なる。例えば、石破茂元幹事長は17年9月のテレビ番組で、北朝鮮による核実験強行を踏まえ、日米同盟の抑止力向上のため、日本国内への核兵器配備の是非を議論すべきだとの考えを示した。
 秋葉氏が米連邦議会委員会に提出した書面には、米国に小型核保有などを促す要望もある。トランプ政権が今年1月に発表したNPRには、要望の趣旨に沿って小型核の開発が明記されている。「核なき世界」を目指したオバマ前政権の方針を大きく転換し、核保有国に核軍縮義務を課した核拡散防止条約(NPT)への背信行為である。
 非人道的な核兵器廃絶を促すべき立場にある日本が、「核抑止論」に固執するのは自己矛盾である。被爆国としてあまりにも無責任だ。


【社説】[凍土遮水壁効果] 巨費に見合うか検証を 【南日本新聞】2018.03.06
 ○東京電力は福島第1原発の汚染水対策として建屋周辺の地盤を凍らせる「凍土遮水壁」について、汚染水低減効果は1日当たり約95トンとの試算を発表した。
 その量は、凍土壁を除く複数の対策を組み合わせた現状で発生する汚染水約189トンの半分にとどまる。
 増え続ける汚染水対策の切り札と期待されていたが、効果は限定的と言わざるを得ない。他の複数の対策と合わせた運用でなければ、大幅に減らせないことも裏付けられたといえよう。
 建設には約350億円もの巨額の国費が投入され、高い放射線量下で工事に従事した作業員の負担も大きい。今後も維持費などに年間十数億円を要する。
 凍土壁の効果が費用に見合うものなのか、政府は妥当性を十分に検証する必要がある。
 凍土壁は放射性物質で汚染された原発建屋への地下水流入を防ぎ、新たな汚染水の発生を抑えるのが狙いだ。
 1~4号機を取り囲むように埋めた1500本余りの配管に冷却材を循環させて地盤を凍らせ、全長約1.5キロ、深さ約30メートルの壁を築いた。2016年3月以降、段階的に凍結してきた。
 凍土壁に加え、建屋の山側の井戸でくみ上げた地下水を迂回(うかい)させて海に流す「地下水バイパス」、建屋近くの井戸で地下水をくみ上げる「サブドレン」が既に稼働している。
 凍土壁稼働前の15年冬に1日当たり平均490トンあった汚染水は、稼働後の17年冬には4分の1程度の約110トンに減少した。
 建屋への地下水流入をゼロにできず、大雨に見舞われると汚染水が増える状況も解消されていない。今後も毎日150トン程度の汚染水が新たに発生することが予想される。
 汚染水のコントロールがいかに困難か改めて突きつけられた。
 第1原発では汚染水の浄化が進むが、放射性物質のトリチウムだけは除去できない。このため、処理水は敷地内のタンクにたまり続け、貯蔵容量は2、3年で限界を迎える。
 原子力規制委員会は当初から凍土壁の効果を疑問視してきた。このためトリチウム水を法令限度以下に希釈して、海に放出するしか手段はないと主張する。だが、風評被害を懸念する漁業関係者らの理解は得られていない。
 増え続ける処理水をどうするのか。廃炉作業を着実に進めるためにも、避けて通れない課題だ。東電と政府は早急に打開策を講じるべきだ。


【社説】[裁量制過労自殺] 実態把握が欠かせない 【南日本新聞】2018.03.06
 ○裁量労働制を違法に適用された野村不動産の50代の男性社員が過労自殺し、労災認定されていたことがわかった。
 政府が働き方改革関連法案に盛り込もうとしていた裁量労働制の拡大は、制度の乱用や「長時間労働の助長につながる」ことが懸念されていたが、杞憂(きゆう)ではなかったといえよう。
 裁量制は法案からの削除が決まったが、今後論議し直すとすれば現状の実態把握が欠かせない。違法な適用や長時間労働を防ぐ対策と合わせて提示しなければ、議論を始めることはできない。
 関係者によると、男性は2016年9月に自殺し、長時間労働による過労が原因として昨年12月に労災認定された。把握された残業は最長で月180時間超あった。
 裁量制は実際に働いた時間にかかわらず、あらかじめ労使で決めた労働時間分を働いたとみなし、賃金を支払う制度だ。
 野村不動産は、企画や調査を担う事務系の「企画業務型」の裁量制を約1900人の社員のうち約600人に適用していた。
 しかし、労働局の調査で多くの社員が対象外となる営業活動をしていたことが判明。本社や各支店に是正勧告し、社長にも直接改善を指導した。
 安倍晋三首相は裁量制が働かせ放題につながらないか、という国会での追及に、野村不動産への指導を挙げ「制度が適正に運用されるよう今後とも指導を徹底する」と答弁していた。
 首相は昨日の参院予算委員会で男性の労災認定については「報告を受けていない」と述べた。事実だとすれば、政府にとって都合のいい内容だけを首相に報告していたことになる。
 厚生労働省は裁量制を導入する全国約1万3000の事業所に適正な運用が行われているか自主点検を求めている。だが、野村不動産の例を見れば、違法な適用は外からは気付きにくく、自主点検だけでは限界があるのではないか。
 共同通信社が3、4日に行った全国電話世論調査では、裁量労働制の対象拡大に反対は46.4%で賛成の27.9%を上回った。労働環境の悪化をもたらすのでは、という国民の不安の表れだろう。
 政府は、一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の創設を含む働き方改革関連法案を今国会に提出する方針だ。裁量制同様、高プロが企業側に便利に使われるのではという不信感は消えない。
 労働者を守ることを優先した働き方改革を、政府には繰り返し求めたい。


【社説】袴田事件 再審の扉開き徹底検証を 【熊本日日新聞】2018.03.06
 ○1966年に静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で死刑が確定した袴田巌さん(81)の再審を認めるかどうかについて、東京高裁が今春にも判断を示す。2014年3月に静岡地裁が再審開始決定をし、袴田さんが釈放されてから既に4年の歳月が経過。袴田さんの年齢を考えても、高裁は一刻も早く再審の扉を開き、事件を徹底検証すべきだろう。
 再審可否の判断で最大のポイントとなるのは、事件の1年2カ月後に袴田さんの勤務先だったみそ製造工場のタンク内から見つかり、犯人の着衣とされたシャツやズボンなど「5点の衣類」に付着していた血痕のDNA型鑑定に対する評価だ。
 弁護側の鑑定を手掛けた筑波大の本田克也教授は、血液細胞を集める作用がある試薬を使って血液由来のDNAを抽出する新手法を考案。袴田さんや被害者のものと一致しないと結論付けた。静岡地裁は「袴田元被告のものでも犯行着衣でもない。無罪を言い渡すべき明らかな証拠に該当する」と鑑定結果の信ぴょう性を認定、再審開始決定の根拠となった。
 一方、検察側は本田教授が用いた試薬や鑑定方法に問題があるとして東京高裁に即時抗告。同高裁は、鑑定の妥当性を確認するため大阪医科大の鈴木広一教授に検証実験を依頼。鈴木教授は、同じ手法では再現できなかったとした上で「試薬にはDNAを分解する働きがあり、検査に用いるのは禁忌だ」と指摘。これに基づき、検察側は鑑定結果を否定している。
 これに対し、検証実験自体に反対していた弁護団は反発を強め、「異なる器具を使うなど条件が大きく異なっており、検証の役割を果たしていない」と批判。議論は平行線のままだ。
 ただ、静岡地裁が5点の衣類などの証拠について、捜査当局によって捏造[ねつぞう]された疑いがあるとまで踏み込んだ判断は重い。即時抗告審では、逮捕後の取り調べを録音したテープが新たに弁護団に開示され、厳しい取り調べの様子が明らかになった。弁護団はこの録音テープを心理学の専門家に依頼して分析した結果、自白は強要されたものとし、新たな再審理由として東京高裁に申し立てた。
 このほかにも、捏造の可能性をうかがわせる複数の元捜査員の証言や、無罪との心証を持ちながら他の裁判官との合議で一審の死刑判決を書いたという元裁判官の告白もあり、疑問は尽きない。
 袴田さんは現在、静岡県浜松市の自宅で姉の秀子さんと一緒に暮らすが、今も拘禁症状が残る。公の場で話すことはめったにないという。足利事件や東京電力女性社員殺害事件では、DNA型鑑定技術の進歩が再審無罪の力となった。袴田事件でも死刑判決を裏付ける事実認定に重大な疑問が突き付けられている以上、「疑わしきは被告人の利益に」という刑事裁判の鉄則にのっとり、裁判をやり直すべきだ。再審で徹底的に検証しなければ、司法の信頼も保てない。


【社説】護衛艦の空母化構想 専守防衛の骨抜きで許されない 【愛媛新聞】2018.03.06
 ○政府が参院予算委員会で、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」に関し、F35B最新鋭ステルス戦闘機の発着可能性を調査していると明らかにした。事実上、いずもの空母化を検討するものだ。憲法9条に基づく国是の専守防衛を逸脱すると言わざるを得ず、断じて許されない。
 いずもは艦首から艦尾まで甲板が貫く「空母型」の形状をしており、ヘリを最大14機搭載でき、5機の同時発着が可能。全長248メートルは、F35Bを搭載する米海軍艦艇と同規模だ。
 小野寺五典防衛相は「調査はF35B導入が前提ではなく、基礎的な情報収集。艦艇の最大限の能力を客観的に把握するため必要な調査だ」と答弁。その上で「空母化の具体的な検討ではない」と言明した。
 海自はこれまで「いずもには戦闘機など固定翼機の発着機能はなく、空母には当たらない」とし、政府は憲法上「攻撃型空母の保有は許されない」との見解を示してきた。この論に沿えば、戦闘機のF35B導入検討はいずもの空母化が前提で、政府見解の否定に他ならない。違憲の疑いが極めて濃い。
 それでもなお、政府関係者は検討する空母は「防御型」であり「攻撃型」ではないから、専守防衛の範囲だと強弁する。しかし、両者は線引きできず、洋上を自由に航行できる以上、いつでも攻撃性を持ちうる。政府の主張に説得力はない。また、小野寺氏は自民党安全保障調査会の座長として昨年、政府に敵基地攻撃能力の保有を早急に検討するよう要請した。攻撃型での運用を目指しているのではないかとの疑念が拭えない。
 いずもに関する調査は昨年、民間業者に委託していた。安保政策を大転換させる構想にもかかわらず、政府が国会に十分説明してこなかった点も看過できない。国会軽視であり、秘密裏に装備を増強するのは、軍部が暴走した戦前と同じだ。
 空母化の検討は中国の海洋進出、北朝鮮の核・ミサイル開発という脅威を利用しているようにも見える。軍事力に軍事力で対抗することは、果てしない軍拡につながるという歴史の教訓を政府は思い返す必要がある。
 政府は、2018年度予算案に敵基地攻撃も可能な射程を誇る長距離巡航ミサイル導入関連費に22億円を計上した。攻撃的兵器を持つことは「自衛のための必要最小限度」を超えるとして、自衛隊は長距離爆撃機や長射程ミサイル、攻撃型空母を保有しなかったが、二つまでが視野に入る。専守防衛をなし崩しにしないか強く危惧する。
 今年後半には「防衛計画の大綱」見直しが控えており、首相は年頭会見で「真に必要な防衛力のあるべき姿を見定めたい」と装備増強に前向きな姿勢を見せている。首相は見直しに当たり、装備は専守防衛が絶対条件であることを忘れてはならず、自らに課せられている憲法尊重義務を常に肝に銘じるべきだ。


【社説】旧優生保護法  政治主導で救済を急げ 【京都新聞】2018.03.06
 ○時間的余裕はない。国は誤りを認め、救済を急ぐべきだ。
 旧優生保護法の下、知的障害などのある人たちに対し強制不妊手術が行われていた問題で、補償などを検討する機運が現れてきた。
 救済のあり方を検討する超党派の議員連盟が6日に発足する。自民、公明両党はプロジェクトチームの設置も検討している。公明幹部は立法措置による救済に言及した。
 法施行から70年を経て当事者、関係者は高齢化している。停滞は許されない。政治が主導して実態調査を進め、救済の枠組み作りを加速させてほしい。
 この間、強制不妊手術を受けた当事者が損害賠償請求訴訟を起こす動きがでてきた。今年1月、宮城県の60代女性が全国で初めて仙台地裁に提訴した。北海道の70代男性も提訴を検討中という。
 宮城県の女性は15歳の時、卵管を縛り妊娠できなくなる手術を強いられた。女性側は「出産という基本的人権を踏みにじられた」と訴えている。
 国はこれまで、国連女性差別撤廃委員会などによる、当事者への補償や救済の勧告に対し「当時は適法だった」として退けてきた。
 今回は、当事者による尊厳をかけた問いかけである。国はどう向き合うのか。これまでの主張はもはや許されないのではないか。
 旧優生保護法は「不良な子孫の出生防止」を目的に1948年、施行された。当事者や保護者らにうそをついて手術できるなど、自己決定権を含めあらゆる基本的人権を奪う法律だった。
 日弁連などの調査では、約2万5千人が不妊手術を受けた。このうち約1万6千人は強制だったとされる。京都府と滋賀県では1949~75年に少なくとも377人が手術を受けた。
 問題は、手術を受けた人の実名などが入った資料の多くが散逸したり廃棄されたとされることだ。これまでに見つかったのは約2800人分にとどまっている。
 実際の不妊手術は、都道府県が実施していた。手術数を競った経緯も判明している。都道府県は国の方針を待つのではなく、重大な人権侵害に関与した責任を自覚して調査を徹底すべきだ。
 宮城県は、手術痕など4要件があれば手術の事実を認める方針を打ち出した。重要な問題提起だ。
 個人の尊重や幸福追求権を保障した日本国憲法の制定後に、なぜ人権侵害が明白な法律が施行されて96年まで続いたのか。この点も、厳しく検証される必要がある。


【社説】強制不妊 救済の動き/スピード感を持って対応を 【河北新報】2018.03.06
 ○旧優生保護法の下、知的障害などを理由に強制不妊手術が繰り返されてきた問題で、超党派の議員連盟がきょう設立総会を開く。
 国への実態調査の働き掛けや、当事者支援の仕組みを検討する、としている。これとは別に自民、公明両党は近くプロジェクトチームを設置する。議員立法を通じた解決策を探るという。
 1996年に旧法が母体保護法に改定され、障害者への差別的表現が削除されて20年余。国会で支援の機運が広がるのは歓迎したいが、遅きに失した感は否めない。
 きっかけは1月末に宮城県内に住む60代女性が、国に対して初めて損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こしたことだろう。
 女性の提訴を機に、全国の弁護士会などに相談が寄せられている。北海道や東京、宮城では男女3人が後に続く提訴の準備を進めた。手術を行った自治体への資料開示を求める動きも活発化している。
 被害者救済の声が、国会内外で高まっている中、安倍晋三首相は2日の参院予算委員会でこの問題について「関係省庁と協議の上、適切に対応する」と述べた。
 国はこれまで被害者から謝罪と補償を求められても、「当時は合法だった」との根拠を盾に背を向けてきた。国連女子差別撤廃委員会から補償勧告を受けても、過ちに全く向き合ってこなかった。
 裁判の結果を待たず、救済の道に正面から踏み出す最後の機会ではないか。国会の動向を見守るだけでなく、安倍首相は過去の事例に鑑み、政治判断を下すべきだ。
 これまでに解決が図られたケースでは、2001年の「ハンセン病訴訟」がある。隔離政策を認めず国に賠償を命じた一審の熊本地裁判決を受け入れ、国が謝罪と立法による補償を行った。
 一つのモデルになり得るが、難題は多い。補償の前提として国はまず、被害者の把握に向け徹底した実態調査に取り組まねばならない。
 療養所での生活歴が明確なハンセン病患者に対し、本人の同意なしに不妊手術を強いられた被害者の特定は困難とされる。大半は記録が廃棄され、都道府県別の実態把握にばらつきがあるからだ。
 認定を巡っては、宮城県が2月、手術痕や関連文書の提示など4条件を満たせば、県の台帳に氏名がなくても事実認定する独自基準を決めた。
 救済制度を運用する上で、こうした積極的な試みは参考になり得よう。ただ、地域差が生じることがあってはなるまい。最終的には国が統一基準を示す必要がある。
 長年にわたり訴えの声を押し殺してきた被害者らは、高齢化している。残された時間は多くない。
 政府や国会、自治体は負の歴史に真摯(しんし)に向き合い、スピード感を持って救済に取り組んでほしい。







核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告


【月まとめ】
森友文書書き換え“疑惑”、財務省「文書は大阪地検に提出」 TBS NEWS 3/5
  ★知る権利を妨げるもの。財務省、政府! 不忠者め。

超大型台風などの水害、広域避難計画の策定求める TBS NEWS 3/5
  ★政府は、カネに糸目はつけぬからと、達すべし。 人権保障は、政府の責任! 最高法規を見よ。今頃、憲法改正など、何を考えているんだ!? 中国と戦争したいのか?出来るのか??? 北朝鮮と戦争したいのか? 日没する国に、そんなことが必要か???

5歳女児虐待死か、体に“あざ”も児童相談所は保護せず TBS NEWS 3/5
  ★親にも、子育てを楽しむ権利、義務はあるが、暴行だの、拉致監禁などあれば、子は、親の私物ではないのだから、政府は、積極的に、子を保護すべきだ。一時的であれ、長期間であれ。

ANN: メルケル首相が4期目に ドイツで大連立政権が発足 3/5
 ○ 政局の混乱が続くドイツで、第2党の社会民主党が連立政権入りを決めました。メルケル首相の4期目がようやくスタートすることになります。

NNN: 中道右派リードも…過半数は厳しい予想 伊 3/5
  ★難民、移民問題は、深刻化するのか!? 残念だが。

NNN: トルコがアサド政権側部隊空爆 36人死亡 3/5

ANN: トランプ大統領「北朝鮮が対話を求めてきた」 3/5
  ★平和を求めたなら、応えないと。朝鮮戦争継続など、不正義!?

北朝鮮キム委員長が韓国の大統領特使と面会 晩さん会出席 【NHK】2018.03.05
  ★河野外相、お前が、行ってこい。外交担当だろ。 平和の為だ。核の為ではない。

裁量労働制 規制強化も削除 予算委で厚労相「実態把握し議論」 【東京新聞】2018.03.05

森友文書書き換え疑い、6日報告 財務省「重大な事態」 東京新聞 3/5

災害時対応 自治体だけで「限界」 応援協定 15道府県2倍超 【東京新聞】2018.03.05
  ★当たり前じゃん。懐具合が、圧倒的に、違う! 赤字国債、ジャンジャンも行かない… 国防(中国に対抗する気???)より、人権、人命救助❕❕

中国 国防費増18兆円 18年成長率6.5%前後 全人代開幕 【東京新聞】2018.03.05
  ★安倍式、国防とは、蟷螂の斧!? トランプには、食い物に!?  イージスアショワー等々も、上納金か。

諫早和解協議、事実上決裂 高裁提示の方針を漁業者側拒否 東京新聞 3/5
  ★『開門』の確定判決、反故にするつもりか。時間が、少々たったとはいへ。 仮処分が、確定判決を破る!? そんなことが???

森友文書 麻生財務相、書き換え「調査困難」 捜査理由に 【毎日新聞】2018.03.05

野党追及「過労死伏せたのは、なぜか」 裁量労働制適用 朝日新聞 3/5

「沖縄に核」日本容認 09年、米の貯蔵庫建設提案に 大使館関係者「説得力がある」 【しんぶん赤旗】2018.03.05

原発ゼロ法の実現を 東京・全国集会に3000人 【しんぶん赤旗】2018.03.05

【社説】原発ゼロ求める世論 再稼働やめ再生エネを 【琉球新報】2018.03.05
 ○「原発ゼロ」を願う世論は、あの大惨事から7年たった今も、揺るぎないことが改めて示された。

【社説】リニア談合で逮捕者 自浄能力の欠如を猛省すべきだ 【愛媛新聞】2018.03.05
 ○リニア中央新幹線の工事を巡る談合事件で、とうとう逮捕者が出た。

【社説】難民対応の厳格化 救済されるべき人を守れ 【中国新聞】2018.03.05

【社説】自民と憲法9条/混乱深める「改正ありき」 【神戸新聞】2018.03.05

【社説】核物質の保管  集約・処分の議論急げ 【京都新聞】2018.03.05
 ○「トイレなきマンション」の状態にあるのは原発だけではない。
 全国の大学や病院、民間研究機関などが保管している核燃料物質の多くが現在使われておらず、所有者が「譲渡したい」との意向を持っていることが分かった

【論説】自民党の改憲論議加速 国民理解が得られるのか 【福井新聞】2018.03.05

【社説】自民の9条論 変える必然性が見えぬ 【北海道新聞】2018.03.05

野村不動産:50代社員が過労自殺 裁量労働制を違法適用 毎日新聞 3/4
 ○裁量労働制を違法に適用したとして厚生労働省東京労働局から特別指導を受けた不動産大手「野村不動産」(東京)の50代の男性社員が過労自殺し、労災認定されていたことが関係者への取材で明らかになった。男性も裁量労働制を違法適用されていたという。
【動画で解説】厚労省がブラック企業公表 その背景とは
<裁量労働違法適用>「高プロ」も乱用の懸念 
<働き方改革>高プロ・裁量労働制に警鐘「過労死増える」
<働かせ方改悪?>「働き方改革」 安倍政権のまやかし
<裁量労働制>削除に「残念」 財界から失望の声
<労働時間の上限もない>専業主婦はブラック労働なのか

裁量労働制“不正導入”の野村不動産社員 過労自殺と認定 【NHK】2018.03.04
  ★営業活動などにあたる一般職の社員などおよそ600人に対して導入??? これは、何でしょう? 労働時間管理を放棄し、闇に葬る!賃金不払い、人権侵害を合法化する、できる、ということでしょうか!?


NNN: 先月末解除も…阿蘇中岳、再び立ち入り規制 3/4

韓国大統領の特使団、5日に訪朝 情報機関トップも AFP 3/4

NNN: 北、非核化前提の対話なら応じない姿勢強調 3/4

イタリア総選挙、最大の争点「移民問題」の現状 TBS NEWS 3/4
  ★イタリアも、戦後、徹底的な民主化、反ムッソリーニ運動が、不十分だったのか!? 徹底したのは、ドイツだけ!?

ドイツ 新政権発足へ 社民党政権参加「賛成」66% 【毎日新聞】2018.03.04

韓国特使、5日に訪朝 国家安保室長ら10人 【東京新聞】2018.03.04
  ★韓国を通して、米朝対話が成り立つのかな!? 米政府が頑ななだから、仕方ないか。可能性があるなら。

共産・志位氏「一番大事な部分が改ざんされた疑い」 【朝日新聞】2018.03.04

野党側 森友学園の文書書き換え 事実なら総辞職を 【NHK】2018.03.04

【社説】裁量労働制削除 原点立ち返り根本議論を 【琉球新報】2018.03.04
  ★憲法では、人権尊重が最高価値と謳われ、労働基準法が、労働者の人権を、時間管理として捉え、賃金不払いを厳に、戒めてきた。これを、脱法しようとは❕❕ 素も、成果とは、何なのか? 誰が、いつ、どんな基準で、評価するのか、しれていない。時間管理だけを、先ず外そうなんて、慮外、専横、法外だ。

【社説】[核軍拡競争]政府の姿勢が問われる 【沖縄タイムス】2018.03.04
  ★平和の為、先ず、戦争を回避しなければ!

【社説】[米輸入制限方針] 貿易戦争に持ち込むな 【南日本新聞】2018.03.04

【社説】選択的夫婦別姓 「時代の要請」踏まえたい 【西日本新聞】2018.03.04
 ○希望があれば、結婚しても姓を変える必要はない-そう考える人が増えている。

【社説】【米鉄鋼輸入制限】大国のやることではない 【高知新聞】2018.03.04
 ○「米国第一主義」の旗に世界経済はまた混乱を余儀なくされそうだ。トランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムに輸入制限を発動する方針を表明した。

【社説】袋小路の「働き方改革」 「高プロ」を含めた全体の撤回を 【愛媛新聞】2018.03.04

【社説】米国の輸入制限 貿易戦争を招く危うさ 【中国新聞】2018.03.04

【社説】あすへのとびら 天皇の活動と憲法 「象徴」問い続けてこそ 【信濃毎日新聞】2018.03.04

【社説】日銀総裁所信 「出口」への説明足りぬ 【北海道新聞】2018.03.04

【論説】自民の改憲論議 誰のための取り組みか 【岩手日報】2018.03.04

約130万人に年金を過少支給、様式変更でミス相次ぐ - TBS News 3/3
  ★仕組みや規定をコロコロ変えるものだから、いつも“消えた年金”問題、発生。 細かく、弄るのを止めたら❕❕ 年金不信にも、繋がっている!? 年金資源問題は、政府の力量問題。現役世代が、年金世代を養う(ずっとこの仕組み)が、限界に。少子高齢化の必然! 政府が補填も必須。 勿論、年金保険料を取れる、政府は、決して止めることはない。戦争中だって、対象者(女性)を増やそうとした位だから。

NNN: 「米は国内製品を過度に保護」中国が猛反発 3/3
 ○アメリカのトランプ大統領が外国製の鉄鋼に25%の追加関税を課す方針を表明したことに中国が猛反発した。

森友問題、千人が抗議活動 国税庁前で長官罷免求める 【東京新聞】2018.03.03

育休45日以上なら昇格の対象外 大阪市規定、法違反か 【朝日新聞】2018.03.03

年金130万人に過少支給 2月 控除申告ミス・遅れ続出 【東京新聞】2018.03.03

公害病 イタイイタイ病 風化させない 被害団体、賞創設 【毎日新聞】2018.03.03

EU、対米報復関税検討 米「鉄鋼制限、全ての国対象」 【東京新聞】2018.03.03

沖縄知事 基地負担の軽減を要求 沖縄・北方担当相と会談 【毎日新聞】2018.03.03

児童扶養手当を差し押さえ 垂水市 滞納対策 違法、口座入金直後 【西日本新聞】2018.03.03

住民異例の「米軍監視」 LCAC夜間航行で長崎・西海市委託 心境複雑でも「行動する」 【西日本新聞】2018.03.03
  ★権力監視は、大事! 安倍政権なら、猶更 &侮り、驕り、ヘイトが、心底に。

[News] 日米合同委員会情報公開訴訟 国が文書提出命令回避のため主張を撤回する異例の展 【情報公開クリアリングハウス】2018.03.03
【これまでの時系列】 ・・・

リニア談合事件 JR東海の予算大幅超での受注 各社が協力か 【NHK】2018.03.03

【社説】普天間小上空飛行 即時運用停止しかない 【琉球新報】2018.03.03
 ○米軍機が沖縄上空で飛行する資格はない。

【社説】[裁量労働制削除]「高プロ」も同じ問題だ 【沖縄タイムス】2018.03.03

【社説】働き方改革関連法案 脱「過労死」を見失うな 【中国新聞】2018.03.03

【社説】幼児保育無償化/「待機児童」の解消が先だ 【神戸新聞】2018.03.03

【社説】政府予算案 参院審議で掘り下げよ 【信濃毎日新聞】2018.03.03
 ○ 一般会計の総額が過去最大の2018年度予算案は議論が深まらないまま、衆院を通過した。参院で問題点をしっかり掘り下げなくてはならない。

【社説】米ロの核軍拡 大国の責任はどこへ 【信濃毎日新聞】2018.03.03

【社説】カジノ実施法案 本当に整備必要なのか 【秋田魁新報】2018.03.03

222年ぶり、京都・清水寺で秘仏公開 TBS NEWS 3/2
 初日の2日は大勢の人が訪れていて、公開は3月18日までと、10月5日から15日の2回です。

リニア談合、大成建設元常務と鹿島建設担当部長を逮捕 TBS NEWS 3/2

不妊手術強制問題、安倍首相「適切に対応していく」 TBS NEWS 3/2
  ★証拠を残さないことを含め、恥を知れ!国民の人権、幸福追求権を故意に侵害しておいて。今頃、適切に処理??? 破廉恥な言い草。責任を以って行為できない者が、どうして、倫理道徳を説こうとするのだ❕❕ 公務員が、主権者を従わせることのみに、心を砕くな。無礼であり、ケシカランことだ。

米大統領、鉄鋼・アルミの輸入制限を表明 TBS NEWS 3/2
  ★貿易摩擦、懸念ある限り、株式相場等も、乱高下!? 強きも挫かれ… 世界景気に依存の アベノリスク実現!?

NNN: 羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ 3/2
  ★安倍氏が、自分の花飾りにしようと!? 自称“最高権力者”は、選べないか。上司を選べたら、良いね。

ロシア大統領が新型核兵器を誇示、戦略指針変更の米国けん制 epochtimes.jp 3/2

大成元常務と鹿島幹部を逮捕 リニア談合の疑い 【朝日新聞】2018.03.02

【速報中】安倍首相、昭恵氏の返答「大切な問題ではない」 【朝日新聞】2018.03.02
特集:森友学園問題
特集:働き方改革、不適切データ次々
 ○首相、昭恵氏の返答「大切な問題じゃないんじゃないか。ほとんど意味のないことだ」(17:15)

「答弁差し控える」説明避ける麻生氏 森友文書問題 【朝日新聞】2018.03.02

森友文書、書き換え疑惑浮上 6日までに調査報告 野党は原本開示要求 【日経新聞】2018.03.02

「知る権利、根本揺るがす」 森友文書問題に学者ら批判 【朝日新聞】2018.03.02
 ○学校法人・森友学園(大阪市)への国有地売却に関する財務省の文書書き換え疑惑をめぐり、野党は2日、政府を激しく追及した。財務省は明言を避けており、一連の問題の真相解明を求めてきた関係者からは、不信と批判の声が相次いだ。
森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える

護衛艦「いずも」装備の拡張調査 最新鋭のF35Bも対象 【NHK】2018.03.02
  ★憲法違反、専守防衛にも反する。

【社説】嘉手納所属ヘリ亀裂 直ちに運用中止すべきだ 【琉球新報】2018.03.02
 ○県民の安全がないがしろにされている。老朽化した危険な米軍ヘリコプターが県内を飛び回る状況は、断じて容認できない。
 米空軍嘉手納基地第33救難飛行隊のHH60G救難ヘリが老朽化し、機体の亀裂なども確認されていると、米軍事専門紙ディフェンス・ニュース(電子版)が報じた。

【社説】[裁量切り離し] 必要性含め議論尽くせ 【南日本新聞】2018.03.02

【社説】裁量制拡大の削除 長時間労働是正が最優先だ 【熊本日日新聞】2018.03.02

【論説】裁量労働制の削除 議論を一からやり直せ 【佐賀新聞】2018.03.02

【社説】裁量制提出断念 「1強」のほころび見えた 【西日本新聞】2018.03.02
 ○盤石と見えた「1強政治」の慢心が招いたほころびではないか。
 安倍晋三首相はきのうの参院予算委員会で、今国会に提出する予定の働き方改革関連法案から裁量労働制の適用拡大に関する部分を削除すると表明した。

【社説】臨時国会「放置」で提訴 召集時期に明確な判断を 【愛媛新聞】2018.03.02
 ○野党が昨年6月、憲法53条に基づき臨時国会の召集を求めたにもかかわらず、安倍内閣が3カ月以上放置したのは違憲だとして、立憲民主党の衆院議員が国に損害賠償を求め岡山地裁に提訴した。53条の解釈を争う初の訴訟となる。

【社説】裁量労働提出断念 厳格な調査が欠かせない 【徳島新聞】2018.03.02

【社説】裁量労働制断念 ずさんな調査では当然だ 【山陽新聞】2018.03.02

【社説】裁量制提出断念/「働く側」に立った議論を 【神戸新聞】2018.03.02
 ○安倍政権は今国会に提出予定の「働き方改革」関連法案について、裁量労働制の適用拡大を盛り込むことを断念した。

【社説】働き方改革 高プロ創設も切り離せ 【信濃毎日新聞】2018.03.02

【社説】裁量労働制の削除/国民の不信、疑念は拭えぬ 【河北新報】2018.03.02

【論説】カジノ規制論議 「もうけ優先」見え見え 【岩手日報】2018.03.02

霧島連山の新燃岳が噴火か、火山灰確認 TBS NEWS 3/1

暮らしに直撃、身近な値上げ相次ぐ - TBS News 3/1

NNN: 文氏“慰安婦”終わったと言ってはならない 3/1

NNN: 文大統領“慰安婦演説”日本政府は強く反発 3/1
  ★日韓同盟、軍事同盟の成らぬ、訳 従軍慰安婦問題、然り!

NHK: ザギトワに秋田犬贈呈へ「一緒に散歩したい」 3/1首相 「高度プロフェッショナル制度」予定どおり法案に 【NHK】2018.03.01
  ★『成果主義で働きたい』 それで、どうして、賃金の上限を歓迎できるのか??? 1千万程度で。かつての、青色ダイオード事件でも、揉めたよね。後で、報酬は、幾らにするか?と。

働き方法案「残業代ゼロ」は維持 首相表明 裁量制「全面削除」 【東京新聞】2018.03.01
  ★特許取得など、格別の成功報酬とは、別なのか。明記しているのか。

9条2項維持、首相案に染まる自民 違憲論争続く懸念も 【朝日新聞】2018.03.01

真の友情とは 小平奈緒と李相花、お上の演出でない物語 朝日新聞 3/1
 ○平昌五輪のスピードスケート女子500メートルを制した小平奈緒(右)は2位の李相花と抱き合った=2月18日、江陵オーバル、細川卓撮影

「日本政府が『終わった』と言ってはいけない」 韓国・文大統領 慰安婦反省促す 【東京新聞】2018.03.01
 ☆外務省:小泉総理大臣 日朝平壌宣言 平成14年9月17日 2002年9月17日 平壌

米高校で教師発砲 トランプ氏の銃武装論に疑問符 【東京新聞】2018.03.01

【社説】[9条改憲]あまりにも問題が多い 【沖縄タイムス】2018.03.01
  ★日没する国が、従来通り、積み上げ式の予算、装備、人的組織拡大など、続けていい訳がない。人も富も、減少するのだから。一部の金満家が、一切の私財を投げ打った処で、巨大な軍事予算を賄うことなど、有りそうもない。特に、最近の企業行動(内部留保に執着)を見ると、猶更だ!?

【社説】[強制不妊手術] 司法判断待たず救済を 【南日本新聞】2018.03.01
  ★三権が、揃って、頭を下げた、下げざるを得なかった、ハンセン病(瀬病)と同じ構図❕❕国家犯罪。 だが、謝罪も償いもしていないし、しようともして来なかった。未だに。

【社説】強制不妊手術 ◆司法の判断待たずに行動を◆ 【宮崎日日新聞】2018.03.01
  ★当時も、今も、適法ではない。憲法違反。人権侵害、傷害罪だ。 救済は、お門違い。謝罪と償いが原則である。『国家無答責』のゾンビ、幽霊を、隠避に復活させるようなことがあってはならぬ。国家犯罪は、厳しく糾弾せねば。国民主権も、人権も確立できない。三権は、手下であるから。

【社説】優生手術の実態 解明へ都道府県も行動を 【西日本新聞】2018.03.01
 ○旧優生保護法の下、障害者らに不妊手術を強いた実態が徐々に明らかになってきた。

【社説】【カジノ拡大論】あまりに

【社説】公文書管理新指針 外部監視の体制整えよ 【徳島新聞】2018.03.01
 ○国の公文書管理に関する新たな指針の運用が、4月から始まる。森友、加計(かけ)学園問題で、各府省のずさんな文書管理の実態が厳しく指摘されたことを受けての措置だ。
 最大の焦点は、新指針の運用により、各府省の文書管理態勢が適正なものに改善されるかどうかである。
  ★印象では、主権者への情報開示より、内閣の情報隠し、隠蔽、破棄に、貢献するかに、見える。

【社説】在外被爆者の賠償棄却 「時の壁」取り払わねば 【中国新聞】2018.03.01

【社説】裁量労働制  法案から削除は当然だ 【京都新聞】2018.03.01

【論説】裁量制拡大断念へ 「実態把握」なくば当然だ 【福井新聞】2018.03.01
  ★3年も前から、そんな数字を挙げて、裁量制拡大を狙っていたと聞くと、ケアレスなのかと疑問を持たざるを得ない。

アフガン支援の中村哲医師、同国大統領から叙勲 日経新聞 2/27

【速報中】野党、裁量労働制など批判「一歩戻る決断を」 朝日新聞 2/28
 ○28日夜、与党が野党の反発を押し切り、新年度予算案を衆院通過させる構えです。一方、働き方改革関連法案では労働時間の不適切なデータ問題をめぐり、安倍晋三首相が「実態把握をしない限り、政府全体として前に進めない」と答弁し、国会提出時期を3月中旬以降にする意向を表明。政権与党と野党の攻防をタイムラインで追います。
 特集:働き方改革、不適切データ次々

NNN: 堀の水抜くと…“銃の薬きょう”85個回収 2/28
 ○福岡県北九州市の小倉城の堀で、銃の薬きょうのようなものが85個見つかっていたことが分かった。警察が鑑定を進めている。
  ★8月9日長崎原爆投下、その本来の目標は、この小倉陸軍造兵廠(東西に最大735m、南北に最大1325m、総面積582,717m2(約176,000坪)もの敷地を誇った工廠で、小型戦車、小銃、機関銃、高射機関砲、砲弾、風船爆弾、化学兵器などを製造)でした。

JR東海の新幹線、46台が厚さ足らず 川崎重工製 【朝日新聞】2018.02.28

博士課程修了の学生、4割に借入金 大半が300万円超 【朝日新聞】2018.02.28
  ★奨学金ローン、破産…

1613人が仮設住宅で最期 東日本被災地3県、半数は福島 【東京新聞】2018.02.28
 ☆仮設住宅入居中に亡くなった被災者(判明分)
  岩手県 593人、宮城県 261人、福島県 759人  合計1613人

時代の正体〈583〉「檻」の破壊見過ごせぬ 弁護士・楾大樹さん 【神奈川新聞】2018.02.28

自民 「自衛隊の明記」条文案を類型化して提示 【NHK】2018.02.28

9条改憲、当面は不要=福田元首相 【時事通信】2018.02.28
  ★そんなに、米軍の弾除けになりたいのか、米軍防衛の任につきたがっているのか、防衛を何と思っているのか、不明、というより、常識に合わない!?自己防衛、ソッチノケ

筋弛緩剤混入事件、再審開始認めず 仙台高裁 【朝日新聞】2018.02.28

5人が入学辞退 制服問題の小学校 民間会社に警備依頼 朝日新聞 2/28
  ★何でこんな公立校やこんな校長を養い、或いは、警備会社を雇わねばならぬのか???

裁量労働 新たに調査 首相、国会で意向示す 【東京新聞】2018.02.28
 ○裁量労働制を巡る不適切なデータ問題で、安倍晋三首相は二十八日午前の衆院予算委員会で、裁量労働制の労働時間に関する新たな調査を行う意向を示した。首相は「きっちり実態把握しない限り、政府全体として前に進めない」と話した。

新年度予算案 衆院予算委で賛成多数で可決 【NHK】2018.02.28

リニア談合 立件へ詰め 駅工事の受注調整疑い 【東京新聞】2018.02.28
 JR東海は二七年の品川-名古屋間のリニア開業を目指している。総工費九兆円超のプロジェクト。三兆円の財政投融資が投入され国から支援を受けている。

自民党 9条改憲、条文案議論へ…推進本部、絞り込み加速 【毎日新聞】2018.02.28
  ★安倍主導、官邸主導を薄めようとしているのか!?

【社説】本島にミサイル部隊 過敏な対応は危険を招く 【琉球新報】2018.02.28
 ○南西諸島の軍事基地化を推し進める危険な計画だ。検討する必要は一切ない。
 政府が地対艦誘導弾の新たなミサイル部隊を沖縄本島に配備する方向で検討している。宮古島市では700~800人規模の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊の配備を進めている。・・・
 沖縄本島-宮古島間では2008年11月以降、中国海軍の往来が徐々に常態化してきている。だが、公海通過は国際法上問題はない。過敏な対応は危険を招く恐れがある

【社説】[本島に陸自ミサイル]「軍事要塞化」が顕著に 【沖縄タイムス】2018.02.28
 ○沖縄で自衛隊増強の動きが急だ。

【社説】[不適切データ] 裁量制切り離すべきだ 【南日本新聞】2018.02.28

【社説】国民投票の課題 十分な判断材料示せるか 【熊本日日新聞】2018.02.28

 【了】

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: