FC2 Blog Ranking
2018-04-02

4/2: 日本再軍備 安保締結と同時進行 此処が別れ道!? 森友疑惑「解明されず」74% 佐川氏喚問 陸自日報隠蔽・露見 司法取引6月導入、放送改革案??? 何処まで悪行を

今日のトピックス Blog: 今日のトピックス ブログ 外枠(フレーム) 2017年~
《謹告》 年改まり、また、軽量化を図ります。2018年元旦
  ☆彡【各月まとめ】、最下段に移しました。

「護憲+」: 「老人党・護憲+」は第十五期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が、現行憲法を「改正」し、それに代わる、平和主義否定・国家主義の色彩が濃い「新憲法」を制定する方針を打ち出したことに危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ『護憲+』」は発足。2017年8月1日より第十五期(*)に入りました。 ・・・

 この間私たちは、憲法の根本原理「立憲主義」と基本理念「国民主権・人権・平和」の視点に立って考え、判断し、行動することの大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の主催など、多岐に亘る活動を展開してきました。
各メディアの電話番号など 情報
 ★2017衆院選:朝日新聞デジタル 
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 6/3 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。
Yahoo 動画ニュース:
 NNN(日本テレビ系)テレビ朝日系(ANN) JNN(TBS系) FNN(フジテレビ系)

 ・受動喫煙対策「当たり前に正しいことを」 4/2(月) 15:27
 ・安倍首相17日から訪米“北朝鮮”協議へ 4/2(月) 15:23
 ・「天宮1号」大気圏再突入で“燃え尽きた” 4/2(月) 14:46
 ・春告げるシロエビ漁 薄ピンクの「富山湾の宝石」 4/2(月) 14:56
 ・中国が米に関税対抗措置 大国の“貿易戦争”激化か 4/2(月) 14:55
 ・東芝、2年ぶりの入社式 4/2(月) 15:26
 ・エイプリルフール、各国で企業やメディアがセンス競う 4/2(月) 8:57
 ・<天気予報>全国的に青空広がり初夏の陽気 4/2(月) 8:41
 ・池袋駅で盗撮疑われ…線路脇を逃走の男追う 4/2(月) 8:28
 ・輸入制限に対抗 中国が米国産の関税UPへ 4/2(月) 8:07
 ・秋にソウルで芸術団公演を~金委員長が提案 4/2(月) 7:58

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
4月2日分 9:00 実施
イシャジャの呟き: 新年度      誕生日の花  エイザンスミレ  花言葉  茶目っ気 4/2
 ○ラジオ深夜便から

 今日から 実質的な 新年度がスタートした。

 NHK テレビのあさイチも、新メンバーで スタート、テーマは 夫の転職 でした。定年まで 同じ職場に勤務の時代は終わったようです。80過ぎの爺さんのパソコンにも、転職サイトが現れ 困りもんですナ^~

 とは 言え、首都圏の孫も転勤とか、現在のアパートから 通勤できるのか ?、爺の要らぬ心配・・・、土帰、月来の遠方まで、飛ばされた経験者の要らぬ 心配 高校野球も今日は休養 ? 健康管理日らしく 中継放送無し、そう言えば、昨夜は 7時半過ぎに ラジオで試合の模様を聴いた 記憶がある。



 カテゴリなしの他の記事
  ・晴れ 雑草が萌える頃
  ・弥生の空
  ・冷える 春
  ・春が来たのか
  ・バレンタイン


 今日のトピックス Blog4/1: 佐川氏証言 「納得できない」72% 文書改竄への怒り、7自治体が意見書 鳥取県議会「行政全体への信頼損なう、国会審議や民主主義の根幹を大きく揺るがしかねない」



 今日のトピックス Blog3/31: 旧優生保護法で強制不妊手術、「禁止の放射線」迄“認める”政府 「当時は合法」と強弁??? 人権違反は明白 憲法違反の法律は端から無効=法の支配、正しく厳守!



 今日のトピックス Blog3/30: 森友 国会前で大規模抗議デモ 「国民のための政治を」!&麻生氏発言に非難集中 主権者、国民への不忠、信義不誠実、甚だし 永田町・霞が関 いづれも、公務員 全体の奉仕者、本分に立ち返れ‼‼



「護憲+」: 能力の高さと道徳性の乖離 3/30 (流水)
 〇・・・「立派だったよね。今まで見た佐川さんの中で一番立派だった。官僚的には考え抜かれた立派な答弁」「野党から見ると、佐川さんにこういうこと言ってほしいという内容はゼロだった。そういう意味で、佐川さんの答弁は100点ってことじゃないですか」
  呆れた発言の主は財務省の幹部や職員だ。27日、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問への反応として、日本テレビが報じたものだ。・・・
 (日刊ゲンダイ)

 これが日本の最高頭脳の集まりと称される財務省の高級官僚たちの思考である。見事なばかりに【真実を語る】などと言うモラルが抜け落ちている。それどころか、「野党から見ると、佐川さんにこういうこと言ってほしいという内容はゼロだった。そういう意味で、佐川さんの答弁は100点ってことじゃないですか」と言う評価を下している。見事なばかりの日本の支配層(政治家・官僚など)の伝統的な思考法「民は寄らしむべき、知らしむべからず」の表現である。

 この評価で分かるように、日本の最高の頭脳集団たちの思考法は、国民に真実を知らせず、如何にその本音を隠した答弁を行うか、という点に集約されている。論理明晰で意味不明という【東大文学】そのものである。

 日本の官僚答弁の難解さは、国民に物事の本質を知らせず、それでいて何かよくわからないが、国民の支持(積極的支持ではなく、文句を言わない消極的支持)をいつのまにか取り付けているような雰囲気を醸成するための方法論であることに起因する。その為に、官僚たちは、【言質】を取られないように、断定を避け、どうにでも言い訳が利くように持って回った表現をする。財務省は、そのような答弁の達人が多い。

 ただ、日本の最高の頭脳集団と呼ばれる彼らの能力をこのような目的のために使う、というのは、「才能の無駄遣い」。日本にとって大きな損失。本当にもったいないと言わざるを得ない。

 文部科学省の前次官前川喜平氏は、そのような官僚の能力を無駄遣いする政治のありように異を唱え、政権と厳しく対峙した。前川氏は「教育に対する自らの信念」に忠実であろうとした。

 日本と言う国や社会で、自らの信念を貫こうとすると、それこそありとあらゆる場所や場面で既存のシステムや権威とぶつかり、【角】を立てなければならない。そういう中で、前川氏は次官まで上り詰めたのだから、彼には能力の高さ、行動力と言動の慎重さと説得力と人望があったのだろう。そこが貴乃花などと決定的に違った。

 前川氏は次官まで登り詰めるまでには、自らの信念を曲げるような妥協を何度も何度も繰り返してきたはずである。そうしなければ、次官まで出世できない。

 そんな彼が役人生活の最後に時の政権と厳しく対峙した。何も言わずに黙って退職すれば、天下り先は保証され、億を超える退職金をもらえ、勲章ももらえ、悠々自適の老後が保証された。それにも関わらず、それらを全部投げ捨て、自らの信念に殉じて政権と対峙した。

 「あった事を無かったとは言えない」という彼の倫理観は、多くの国民の心を打った。官僚の道徳観、倫理観とはこういうものか。エリートの責任感とはこういうものか。どれだけ多くの国民が、前川氏の言動に心を打たれ、喝采を贈ったか。彼ほど、日本の官僚の名誉を高めた人物はあまり見当たらない。

 それに比べて佐川氏はどうだろうか。財務省の後輩たちの評価は、【見事な官僚答弁】だという事らしいが、国民たちの心をつかめたろうか。彼の答弁が国民の心にストンと落ちたであろうか。

 答えはNOである。彼の答弁は、何一つ国民の心に響かなかった。ただ一つ、明快に理解できたのは、【刑事訴追】の恐れのある事に手を染めていたのであろう、という推測と、自己保身のための理屈ばかりだ、という事である。

 彼の答弁を聞いていると、官僚としての苦悩、人間としての苦悩・悩み・苦しみが伝わってこない。彼の答弁は、「答弁マシン」ではないか、と思えるほど、一切の人間的要素が削り取られていた。

 わたしは、証人喚問前、佐川氏に同情していた。安倍夫妻や安倍政権のために、自らの責任でもない事案の答弁を行い、答弁の整合性を取るため、決裁文書の改竄までやらされた。「すまじきものは宮仕え」を地でいったような人物だと思っていた。

 証人喚問では、その「宮仕え」の苦悩が滲み出るのではないかと期待していたが、見事に裏切られた。彼は、最後の最後まで悪い意味での【骨の髄まで官僚】だったと言う事になる。

 一体全体、彼の倫理観、道徳観はどうなっているのか。この点について、面白い記事が載っていたので紹介する。

 佐川氏証人喚問で露呈した「小学生レベルの道徳性」 あの情けない姿を心理学的に見る

 2018.03.29 原田 隆之 筑波大学教授 現代ビジネス・・

 ・アメリカの心理学者のコールバーグは、道徳性の発達について、6つの段階に分けて説明している。それは、以下のような6段階である。

 (1)罰の回避と服従の段階
 (2)相対主義的な利益を志向する段階
 (3)同調し「よい子」を志向する段階
 (4)既存の法と秩序そのものを尊重する段階
 (5)合意や契約によって変更可能なものとして法や秩序を遵守する段階
 (6)一人ひとりの人間の尊厳の尊重といった普遍的倫理原則を志向する段階

 小さな子どもは誰しも、親や大人に叱られたり、罰を受けたりすることがないように行動する。それが、子どもの道徳性である(第1段階)。

 しかし、成長に伴って、より打算的になる。「相手が自分にとってよいことをしてくれれば、自分もよいことをしてあげる」という相互主義的なルールに従って行動する。一見、公正であるように見えても、自己中心的な道徳性である(第2段階)。

 その後、仲間集団など、自分が準拠する集団のルールに同調し、「よい子」「よいメンバー」として振る舞うことが道徳的だと思うようになる。これも一見、「よい子」には見えても、拡大された自己中心性にすぎず、より大きな社会のルールや規範を無視してしまうこともある(第3段階)。

 もっと成長すれば、自分や自分の属する小さな集団の利益ばかりを追求することが「よいこと」なのではなく、社会の法や規範を守ることが道徳的なのだと言うことを理解し、そのように振る舞うことができるようになる(第4段階)。

 さらに進んだ段階として、権威から押し付けられた法や社会規範が絶対なのではなく、社会にはさまざまな価値があり、それを守るために合意によってルールを変更すべきだという柔軟な道徳性を持つに至る。われわれがルールに仕えるのではなく、自分たちのためにルールはあるということを理解できる段階である(第5段階)。

 そして、最もレベルの高い道徳性は、普遍的価値、倫理的原理に従った行為が正しい行為だととらえる段階であり、法を超えてでも「正しい行い」をすることができる。ときには、その社会や時代には理解されず、後世になってその偉業が称えられることもある(第6段階)。
 ・・・

 前川氏の言説を聞いていると、彼が第6段階の普遍的価値、倫理的原理に従った行為が正しい行為だと捉える段階にあったと言える。

 では、佐川氏はどの位置なのだろうか。どう贔屓目に見ても、第5段階や第6段階に達しているとは思えない。せいぜい、2か3の段階ではないかと思える。

 日本の最高頭脳の集団である財務省での出世街道の頂点は、三つ。その一つである国税庁長官まで上り詰めた人物の道徳性が、せいぜい2、3段階だとは寂しい話である。

 わたしは元教師。「荒れる中学」時代に現役だった。その頃、連日連夜学校内外で問題行動があり、毎日のように子供たちから事情を聴いたり、誰がやったのかを問い詰めたり、二度と問題行動を起こさないように説教したり、説得したり、席の温まる暇はなかった。

 この当時の経験から言うと、頭が良くて目端が利き、口がうまく、道徳心の欠落した子供ほど困る子供はいなかった。

 こういう子供は、クラスの中でも一目置かれていて、隠然たる勢力を持っている場合が多い。「いじめ」などの中心にこのタイプの子供がいると、その根絶には本当に苦労させられる。こういうタイプの子供は、教師のおためごかしの台詞など鼻であしらい、聞く気などさらさらない。しかし、頭がよく、要領がよいので、教師の前では叱られないように振る舞うすべを知っている。だから、教師もあまり叱れない。

 ところが、クラスの他の子供は、その子の正体を知っているので、叱れない教師に対して不信感を抱く。これがクラスの乱れのもとになる。

 わたしは佐川氏の答弁を聞いていて、このタイプの優等生を思い出した。佐川氏はあまり裕福でない家庭に育ち、兄弟たちが学資を出して東大を卒業したそうだ。佐川氏世代には、戦後前期のように大半が苦学生だった時代とは違い、苦学生の数はそれほど多くはなかったはずである。

 しかも、東大生の親の年収が、きわめて高いと言われ始めた時代。想像するに、佐川氏の青春時代は、あまりバラ色ではなかったのではないかと思う。彼には、自らの能力以外頼むものがなかったはずである。

 実家が裕福だった前川氏との決定的違いはそこらあたりの事情によるのではないかと想像できる。

 「カーリング女子と裁量労働制」で指摘した「公・公共・私」でいうと、佐川氏には【PUBLIC≒公共】の精神が欠落しており、私=公の世界で生きてきたため、普遍的価値や倫理的原理などという視点が決定的に欠落したのであろう。

 日本の勉強秀才の一つの典型であり、そのような志向が【決裁文書改竄】という信じられない行為を犯したのであろう。彼らに前川氏のような【PUBLIC≒公共】という価値観があれば、このような無残な行為に歯止めがかけられたはずである。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 晴れ 雑草が萌える頃      誕生日の花  ダイコン   花言葉   適応力 3/30
 〇ラジオ深夜便から

 朝方 冷えたが、青空が広がっていたので、15分歩いて 眼科まで、視力検査 眼鏡をかければ 両眼とも 1,2 の結果、花粉症らしいので スーパーで 鼻炎の薬を買う・・・

 ネット中継で 衆~参院を覗くが、衆院は本会議を、参院では 数多で 委員会をやっていました。高校野球も覗く、年度末の最後の勤務日であり、退職者は 明日から 悠々自適か ?

 爺は 毎日が連休だが、要支援1の判定だが、要介護1との 老々介護ともなれば、足取りも重く、腰を気遣いながら 動くしかない。菜園の雑草が 青くなってきたので 気掛かりだ。



 カテゴリなしの他の記事
  ・  春めく


 今日のトピックス Blog3/29: 中朝首脳会談、国連事務総長「歓迎する」 南北首脳会談 来月27日開催で合意 平和への取り組み いづれも大歓迎! 今頃、戦争する国化、その為の憲法改悪??? なんて頓珍漢な安倍政権⁉



「護憲+」: 佐川証人喚問と貴乃花処分 3/29 (流水)
 〇佐川前国税局長官に対する証人喚問が行われた。大方の人の予測通り、「刑事告発の恐れがあるため証言を拒否する」の台詞のオンパレード。佐川前長官にも一片の良心があるだろうと期待した国民や野党のわずかな望みも断ち切られた。

 佐川氏自身は、証言通り、官邸や財務省幹部と接触はしていないだろうが、補佐役としてついていた熊川弁護士(元特捜検事)は、現政権ときわめて近しい関係にあるのは周知の事実。(甘利氏や小渕優子氏などについていた。)彼を通じて官邸や財務省側と綿密な打ち合わせができていた、と推測できる。

 特に自民党の丸川氏の質問など聞くに堪えないもので、【出来レース】と言われても仕方がない。佐川氏も自らの意志で【とかげの尻尾】になると決めていたようだ。まあ、これからの人生について何らかの好条件が提示されたのかも知れない。

 その後の幹部たちの発言を聞くと、全てを【財務省】に押し付け、一件落着としようという意図が透けて見える。しかし、こういう見え見えの小芝居が通用すると思っている現政権の幹部たちの神経が狂っている。

 ・・自民党幹部がそろって「これで疑いが晴れた」とコメント。凄まじい。大丈夫か。公文書改ざんと長期にわたる国会冒涜について、官僚だけ悪いのであって、自分達は無関係だと。今や国内どころか国際的にも日本の政府は信用されなくなっている。自らの醜悪さにまだ気付いていないとしたら「重症」である・・(小沢一郎事務所)

 以前にも指摘したが、【権力】というものは、【何のために】、【誰のために】、【どう使うか】が問題。自らの権力維持のために権力を使うという事は、民主主義国家の権力者はやってはならない。自らの権力維持のためにだけ【権力】を使う姿は、醜悪以外の何物でもない。安倍政権は自らの政権の【醜悪な姿】に気が付いていない。こういう政権をファッショ政権と言うのである。

 さて、証人喚問と機を一にして、貴乃花親方が白旗を掲げ相撲協会に全面降伏した。TVメディアも証人喚問一色の報道から、多少なりとも、国民の目をそらすことができるので、詳細に報道している。

 まあ、【貴ノ乱】の主役はたしかに貴乃花だろうが、共犯はTVメディア。しかし、その反省の色などほとんど見られない。ただ、貴乃花を支援したコメンテーター連中は、その後始末コメントに苦労していた。

 わたしは、【貴ノ乱】について三回書いた。この乱は、ファッショ体制下の報道姿勢がきわめて象徴的に示されていると考えたからである。

 2月9日に書いた【貴ノ乱異聞;見るに耐えないメディアの劣化】の中で指摘した過去の貴乃花部屋のあった暴力的体質が今回顕在化し、貴乃花の全面降伏につながったのである。

 ・・・・
 貴乃花部屋の引退力士・貴斗志が貴乃花親方に無理やり引退届を出されたとして、2015年3月、相撲協会を相手取り「地位確認等請求」「報酬の支払い」などを求めて東京地裁に提訴。この裁判の過程で、貴斗志は、なんと今回の日馬富士暴行事件の被害者・貴ノ岩から暴行を受けたと主張。さらに2人の元貴乃花部屋の元力士が証言台に立ち、貴ノ岩や同じく貴乃花部屋の現世話人である嵐望などから暴行を受けたと証言している。

 さらに、資料を当たればすぐにわかることだが、2012年に「週刊新潮」(2012年5月3・10日号)は、貴乃花親方からくり返し暴行を受けたという18歳の元弟子の告発を掲載している。このときは、当時、協会の危機管理委員会副委員長を務めていた八角親方が「貴乃花親方に事情を聴いたが、暴行の事実は否定していた。いまの状況で協会が介入することはない」として幕引きをしている。
 『衝撃!貴ノ岩にも暴行容疑 元貴乃花部屋力士の訴訟で発覚「逃げ回る力士にエアガン」』(2017年12月28日 zakzak by 夕刊フジ)」 ・・・・

 つまり、今回の暴力問題だけではなく、以前から、貴乃花部屋にもこのような暴力問題はあった。それを一切報道せず、「非暴力の権化」のように貴乃花を神格化し、相撲協会を責め立てたのがTVメディア。その嵐のような暴力的報道姿勢は、多くの国民の眉を顰めさせた。

 【貴ノ乱異聞;見るに耐えないメディアの劣化】でも指摘した事が、今回の佐川喚問と貴乃花全面降伏で証明されたと考えている。

 ・・・・
 人間なんて奴は、真面目だけでは生きていけない。遊びだけでも生きていけない。要するに【ほどほどが良いのよ】という事である。

 どちらかに振りきれた人間ほど御しがたい奴はいない。貴乃花の言動を見ていると、どうやら、その「振り切れた」人間だと言う事になる。ところが、相撲協会の親方連中は、「ほどほどがいいのよ」と言っている。だから、貴乃花は孤立した。この人心の機微が分かっていないと貴乃花の復活は難しい。

 今の世の中、なぜ生き辛いかというと、「そこそこ」では駄目で、「振り切れ」なくては評価されないからである。これが「新自由主義」の社会。

 よく観察してみるとよくわかる。安倍首相や自民党連中、経団連などの経営者連中、日本会議などの右派連中、TV朝日などのメディア連中なども「振り切れた」人間が大好きだと言う事だろう。「ほどほど」が良い庶民など必要がない。

 ところが、全てに「振り切れる」ことなど人間には不可能。それを振り切れたように見せようとすると、「いんちき」「偽装」以外に方法はない。安倍首相や官僚の偽装、経済界の偽装。「ほどほどが良い」人間が多数派だった時代なら、このような問題は起きなかった。

 「ほどほど」が良い人間だからこそ、極端な不正義は決して許さない、という逆説が理解できないのだろう。
 ・・・・

 佐川前国税局長官は、「振り切れた人間」の犠牲になり、貴乃花騒動は、振り切れた人間の末路の象徴。どちらも、現在の世相を見事に映し出した事件だったと思う。

 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


イシャジャの呟き: 弥生の空      誕生日の花  カタクリ  花言葉  初恋 3/29
 〇ラジオ深夜便から

 桜前線は 関東まで 来たらしいが、気温は 上がっているが、梅は 蕾が膨らんできた。桜切るバカ 梅切らぬバカといわれるので、梅の根元の ヒコバエが伸びていたので、切った。

  一輪車が腐食したので、昨年 500円の証紙を貼って 粗大ごみに出したので、昨日 金物屋に行って 購入し 宅配して貰った。 今朝は ゴミ出し日なので、枯草 家庭ゴミを積んで 集積所なで試運転・・・新品はイ~ナ

 証人喚問も終わったので、テレビの野球中継ばかり 見ていると、雑草園だらけになるので、少しばかり 外業を進めるが、足・腰の老化を感じるので 体の慣らし運転程度にした。鍬の柄が緩んでいたので 楔を打つ、

 梅は蕾、クロッカスは咲いているが、スイセン&チューリップは 芽が出たばかり、ライラックは 蕾が膨らんできた。
 


 カテゴリなしの他の記事
  ・  三寒四温


 今日のトピックス Blog3/28: 佐川氏証言受け「後は国民が判断」首相 国民、否、主権者の審判を受けよ 北朝鮮の金正恩訪中 習氏「朝鮮半島」関与に意欲 そんな中、とんだ体たらく 未だ、身の不始末を囲うのか



「護憲+」: 予想どおりの佐川証人答弁  3/28 (厚顔)
 〇テレビにかじりついて国会での証人喚問を見ていたが、国民の目には大山鳴動しネズミ一匹にも値しない答弁内容であった。

 安倍首相にとってはシナリオどおりに役を演じてくれたとの思いであろう。しかし納税している国民としては、8億円も国有財産を値引き売却された上に、今日のような答弁拒否では、これまでにも増して行政府に対して不満鬱積である。

 一方野党は、告発訴追を理由に答弁拒否されることは予想できたはずであり、事前に告発者に告発を取り下げて貰う交渉をすべきではなかったかと言いたい。そうすれば、告発者が何者かも、証人の答弁拒否に手を貸した告発でないかどうかも分かり、展開は違ったはずである。野党の過去の経験を生かしてない学習不足と言いたい。

 「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より


 今日のトピックス Blog3/27: 憲法15条(公務員は、全体の奉仕者、一部の奉仕者ではない)に違反!佐川証人喚問劇 訴追の惧れと証言拒否、真実隠蔽の謀反人ら! 安倍政権・与党・腐敗官僚 自裁を強いた前科も忘れ




「護憲+」: 未来は明るいと信じたいが… 3/26 (見習い期間)

「護憲+」: 0325緊急新宿大街宣・参加報告 3/25 (笹井明子)





9条の会オフィシャルサイト

「九条の会」メールマガジン (第275号)  発行リスト

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2018年03月25日 第275号 ☆☆☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 憲法9条、未来をひらく
 <転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
┌────────────┐
│ 第275号の主な内容 │
└────────────┘
■事務局からのお知らせ
◇メルマガについてのお詫びとお願い
◇安倍9条改憲NO!3000万署名達成へ 4・7九条の会集会にご参集を
◇安倍9条改憲NO!3000万署名達成へ ~九条の会集会 ご案内
◇九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
◇九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)、◇落合・中井九条の会(東京都新宿
区)、◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇宮前九条の会(神奈
川県川崎市)、◇九条の会
■活動報告
◇東北6県市町村長九条の会連合、◇第8回九条の会東北交流会
■編集後記~自民党大会と改憲案のこと
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 事務局からのお知らせ ☆                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● メルマガについてのお詫びとお願い
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 安倍9条改憲NO!3000万署名達成へ 4・7九条の会集会にご参集を
 従来行ってきた代表参加型の「交流集会」ではなく、3000万署名を推進
するための、いわば「決起集会」的な性格の集会です。九条の会の会員も、そ
うでない方も、ぜひ、こぞってご参加ください       九条の会事務局
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 安倍9条改憲NO!3000万署名達成へ ~九条の会集会 ご案内
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会ブックレット「安倍9条改憲は戦争への道」発売中。
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
<詳細はこちらをクリックしてください>
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 各地から ☆ 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
催し案内や活動報告の原稿を募集しています。本欄に掲載希望の方は
mag@9jounokai.jpに投稿して下さい。掲載は原則として「九条の会」関係の
催しに限り、1行事1回掲載とします。このメルマガは毎月10日、25日発
行です。投稿される方は発行日の5日前までにお願い致します。原稿はチラシ
などの添付ではなく、掲載形式でデータを作ってお送りください。編集に際し
て若干手を加える場合があります。           (編集部)

● 九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)
憲法学習会:え!憲法に自衛隊!?「書くだけ」って、ホント?
日時:4月1日(日)14時~(13時半開場)
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 落合・中井九条の会(東京都新宿区)
ビデオ鑑賞:チャップリンの「町の灯」
とき:4月21日(土)14時~16時
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)
第135回(4月)例会
テーマ:軍事費・消費税・社会保障  憲法9条と25条のいま
日 時:2018年4月21日(土)13時半
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 宮前九条の会(神奈川県川崎市)
第58回学習会 改憲発議を止めるために~私たちの展望
日時:4月22日(日)14時~16時30分
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 九条の会
 5.3憲法集会2018 9条改憲N!平和といのちと人権を! 
日時:5月3日(木、祝)11:00~
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 活動報告 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

● 東北6県市町村長九条の会連合
「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」に賛同する緊急アピール
<詳細はこちらをクリックしてください>

● 「第8回九条の会東北交流会」アピール
「安倍9条改憲NO! 全国統一3000万署名」を達成して「戦争する国」づくり
を阻止しよう!
<詳細はこちらをクリックしてください>

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ☆ 編集後記 ☆                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

● 自民党大会と改憲案のこと
<詳細はこちらをクリックしてください>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者:「九条の会」メールマガジン編集部:mag@9jounokai.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「九条の会」オフィシャルサイト:http://www.9-jo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       Copyright(C) 九条の会 All rights reserved




今週の一言: 2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)
 ○・・・以下、割愛。
伊藤真(いとう まこと)のプロフィール

法学館憲法研究所所長。
伊藤塾塾長。弁護士(法学館法律事務所所長)。日弁連憲法問題対策本部副本部長。「一人一票実現国民会議」発起人。「安保法制違憲の会」共同代表。「九条の会」世話人。
ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会(作品(1)・(2)・(3))代表。
『伊藤真の憲法入門 第6版』(日本評論社)、『中高生のための憲法教室』(岩波書店)、『10代の憲法な毎日』岩波書店)、『憲法が教えてくれたこと 〜 その女子高生の日々が輝きだした理由』(幻冬舎ルネッサンス)、『憲法は誰のもの 〜 自民党改憲案の検証』(岩波書店)、『やっぱり九条が戦争を止めていた』(毎日新聞社)、『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案 増補版』(大月書店)、『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業』など著書多数。
今週の一言 バックナンバー
 ○【最新】2018年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2018年1月1日)
 ◆戦争と憲法と女性・子ども  角田由紀子さん(弁護士)(2017年12月25日)
 ◆九条俳句裁判は控訴審を迎えます  佐々木新一さん(弁護士・九条俳句訴訟原告弁護団団長)(2017年12月18日)
 ◆建設アスベスト訴訟について  田井 勝さん(弁護士・首都圏建設アスベスト訴訟弁護団)(2017年12月11日)
 ◆歌にしてみて読みなおす憲法前文  真思惟(まーしい)さん(ふぉーくシンガー)(2017年12月4日)
 ◆「弁護士 白神優理子が語る『日本国憲法は希望』」  白神優理子さん(弁護士)(2017年11月27日)
 ◆犯罪被害者遺族になって思うこと  渡邉 保さん(被害者が創る条例研究会 世話人)(2017年11月20日)
 ◆労働運動と貧困運動をつなげる新しい運動の可能性  今野晴貴さん(NPO法人POSSE代表)(2017年11月13日)
 ◆「働き方改革」の倒錯  兵頭淳史さん(専修大学経済学部教授)(2017年11月6日)
 ◆「安倍改憲」を阻止するために~衆院選の結果を踏まえて  金原徹雄さん(弁護士)(2017年10月30日)
 ◆憲法改正について  板井 優さん(弁護士・熊本中央法律事務所長)(2017年10月23日)
 ◆2016年参議院選挙無効訴訟最高裁大法廷判決傍聴雑記  奥山貞三さん(一人一票実現国民会議運営委員)(2017年10月16日)
 ◆「臨時国会冒頭解散に対する憲法研究者有志の緊急声明」について  稲 正樹さん(国際基督教大学平和研究所顧問)(2017年10月9日)
 ◆保育と憲法  平松知子さん(熱田福祉会けやきの木保育園 園長)(2017年10月2日)
 ◆朝鮮高校生「無償化」裁判 不当判決をくつがえす世論を!  柏崎正憲さん(東京朝鮮高校生の裁判を支援する会・事務局)(2017年9月25日)
 ◆生活保護問題をめぐる最前線の攻防 ~ジェットコースターの10年間  小久保哲郎さん(弁護士)(2017年9月18日)
 ◆第44回全国高校生平和集会(長崎)報告  盆子原賢治さん(高校生平和ゼミナール全国連絡センター)(2017年9月11日)
 ◆つくり、うたい、ひろめ、つなぎあう  森 理子さん(日本音楽協議会 東京都支部 事務局長)(2017年9月4日)
 ◆大学非常勤講師問題と憲法  松村 比奈子さん(首都圏大学非常勤講師組合委員長・憲法学者)(2017年8月28日)
 ◆再審に憲法の光を!~大崎事件:2度目の再審開始決定と検察官抗告に思う~  鴨志田 祐美さん(弁護士)(2017年8月21日)
 ◆自衛隊の海外派遣と隊員・家族のストレス  布施祐仁さん(ジャーナリスト)(2017年8月14日)
 ◆小学6年社会科教科書における憲法の記述の問題点  楾 大樹さん(弁護士)(2017年8月7日)
 ◆憲法がわかるおはなし「檻の中のライオン」  楾 大樹さん(弁護士)(2017年7月31日)
 ◆ヘイト・スピーチ規制の現状と課題──ヘイト・スピーチをなくすために  榎 透さん(専修大学法学部教授)(2017年7月24日)
 ◆『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』シリアスだがコミカルにあきさせない映画で米軍基地問題を問う    リラン・バクレーさん(映画監督)(2017年7月17日)
 ◆「自衛隊を憲法上位置づける加憲」について(私的感想)  山岸 良太さん(弁護士・日弁連憲法問題対策本部本部長代行)(2017年7月10日)
 ◆「いじめ防止対策推進法」を超えるいじめ対策は、日々の授業での取り組みで  佐々木仁さん(公立小学校教諭)(2017年7月3日)
 ◆「核と宇宙の時代」の憲法9条  藤岡 惇さん(立命館大学特任教授)(2017年6月26日)
 ◆エネルギー・デモクラシー~原発ゼロ・自然エネルギー100%未来への希望  映画「日本と再生~光と風のギガワット作戦」の解説に寄せて 
飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所 所長)(2017年6月19日)
 ◆「テロ等準備罪にだまされるな!」  足立 昌勝さん(関東学院大学名誉教授)(2017年6月12日)
 ◆みんなで調べよう「政治とカネ」  ~公益財団法人「政治資金センター」が収支報告書を収集して公表します~ 上脇博之さん(神戸学院大学法学部教授)(2017年6月5日)
 ◆3月末で、原発事故自主避難者への住宅支援が打ち切られました  実態把握を急ぎ、困窮世帯への緊急対応の実施を 山本ひとみさん(キビタキの会 事務局長)(2017年5月29日)
 ◆声をあげよう!  辻 仁美さん(安保関連法に反対するママの会@埼玉・未来のための公共)(2017年5月22日)
 ◆戦争の過酷さ伝えたい 小説「海鳴りの詩 ~愛と哀しみの日々に生きて~」を上梓  村城 正さん(社会福祉法人協同福祉会 理事長)(2017年5月15日)
 ◆児童虐待の現状と課題を踏まえて  津崎哲郎さん(NPO法人児童虐待防止協会理事長)(2017年5月8日)
 ◆憲法改正について改めて考える ~ 日本国憲法施行70周年を迎えて  藤井正希さん(群馬大学准教授)(2017年5月1日)
 ◆医療事故防止は事故情報開示が第一歩と確信して  岡本隆吉さん(医療情報の公開・開示を求める市民の会 副代表)(2017年4月24日)
 ◆「今、日本に必要な社会保障 ~ 憲法理念の実現をめざして」  日野秀逸さん(東北大学名誉教授、一般社団法人地域医療・福祉研究所理事長、東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター代表世話人)(2017年4月17日)
 ◆憲法施行70年を迎えて−憲法改悪阻止に向けた京都憲法会議の闘い  木藤伸一朗さん(京都学園大学教授・京都憲法会議事務局長)(2017年4月10日)
 ◆『考えてみませんか 9条改憲』  久保田 貢さん(愛知県立大学教員)(2017年4月3日)
 ◆「ひきこもりのない社会をめざして ~ KHJ全国ひきこもり家族会連合会の取り組み」  伊藤正俊さん(NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会 共同代表)(2017年3月27日)
 ◆抱えない介護~つどい場さくらちゃんの活動からみえること  丸尾多重子さん(NPO法人つどい場さくらちゃん 理事長)(2017年3月20日)
 ◆揺れる原発再稼動と脱・反原発のうねりと7年目の3.11を前に  山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)(2017年3月13日)
 ◆増え続けるコンビニと日本におけるフランチャイズ問題  中村昌典さん(弁護士)(2017年3月6日)
 ◆排出ゼロを目指す「パリ協定」時代 世界の潮流は「脱石炭」  鈴木康子さん(気候ネットワーク事務局)(2017年2月27日)
 ◆自衛隊情報保全隊による国民監視が続けられている!  十河 弘さん(弁護士)(2017年2月20日)
 ◆健康格差社会への処方箋  近藤克則さん(千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門 教授、国立長寿医療研究センター 老年学評価研究部 部長)(2017年2月13日)
 ◆過労死・過労自殺を防ぐには~ 家族と会社・社会ができることを考える  寺西 笑子さん(全国過労死を考える家族の会 代表世話人) (2017年2月6日)
 ◆自死遺族の想いと現在の活動  石倉紘子さん(こころのカフェきょうと 代表)(2017年2月6日)
 ◆外国人の生活と権利を守るために —「外国人の医療・福祉・社会保障相談ハンドブック」発行 —  觜本 郁さん(NG0神戸外国人救援ネット)(2017年1月30日)
 ◆待機児童対策と子どもの権利  普光院 亜紀さん(保育園を考える親の会代表・保育ジャーナリスト)(2017年1月23日)
 ◆ラスト・カフィーヤ®は「平和の象徴」  北村記世実さん(パレスチナ・アマル 代表)(2017年1月16日)
 ◆2017年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)(2017年1月1日)
 以下、割愛 ・・・


You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後

NNN: 飯舘村で新しい小中学校と認定こども園開校 4/1















岩手日報・社説: 世界津波の日 「てんでんこ」広げよう 11/6   ★津波てんでんこが、避難の根本!? 指示待ちして逃げるものではない。 
福島民友【11月5日付社説】ご当地エネ会議/「福島宣言」共有し具現化を 愛媛新聞・社説: 原発費用の国民負担 「密室議論」と押し付け 猛省促す 11/5 
  特集:3.11 震災・復興
">特集:3.11 震災・復興


憲法情報Now<憲法関連裁判情報>+☆☆☆自民党憲法改正草案 批判☆☆☆ 戦争、空襲被害・拡大を問う
 憲法情報Now<憲法関連裁判情報>

IWJ: 小選挙区で3百万円「世界一高い選挙供託金は廃止!」 米、独はゼロ、英8万円、「お金がない国民を立候補できなくさせている供託金の違憲性を問う」供託金違憲裁判 第一回口頭弁論報告会 2016.9.16
NPJ動画ニュース: 緊急事態宣言は独裁権力を作る――自民改憲案98条、99条の研究――講師:梓澤和幸 2016年7月7日



◎ ブログ・市民メディア
 ☆「バーチャル老人党」">「バーチャル老人党」から緊急のお知らせ☆
「護憲+」ブログ: バーチャル老人党、復旧しました 7/24 ( 珠 )  ○ 皆様にも、どうぞご投稿いただけないかと願っております。
老人党: 【お知らせ掲示板】 老人党からのお知らせ、老人党メールマガジンや『打てば響く』の転載などを掲載します。(スタッフのみ投稿可)
 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ

【NPJ通信・連載記事】憲法研究者有志の緊急声明について  寄稿:東海大学教授 永山茂樹


NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ スカッと分かる!! 憲法のお話 ~9条に自衛隊を書き込むと日本はどうなる~ 1/29


【NPJ通信・連載記事】読切記事 メディアの使命とIOC改革

NPJ(公式)‏  @NPJ_official フォロー中 その他 【NPJ通信・連載記事】読切記事 急がれる“反安倍”の受け皿整備/飯室 勝彦 23:53 - 2017年7月10日
【NPJ通信・連載記事】安倍内閣の反民主的体質 “逃げまくり”で一層明らかに 寄稿:飯室 勝彦 6/21

【NPJ通信・連載記事】読切記事 “独裁”で急加速…自民の改憲案作り 寄稿:飯室 勝彦 5/26

NPJ動画ニュース NPJ動画ニュース一覧へ 「テロ対策とウソつくな! 狙われているのはあなただ!  警察による市民監視の実態」 5/11

【NPJ通信・連載記事】高田健の憲法問題国会ウォッチング/高田 健 戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう! 4/25 〇【戦争する国づくりと安倍首相らの明文改憲の企て】
                       (高田健:「私と憲法」2017年3月25日号所収)





海渡雄一 ‏ @kidkaido フォロー中 @kidkaidoさんをフォローしています その他 今週、監獄人権センターがイギリスのレディング大学と共同で「刑務所のいまを知る写真展」を開催中です。 4月1-7日。 場所は、日比谷図書文化館展示室。 矯正局の協力のもと、大学生が刑務所の今を撮影。 受刑者の日常に触れて、犯罪と刑罰のあり方について考えてください。 0:51 - 2018年4月2日 11件のリツイート 9件のいいね


未来のための公共 ‏ @public4f フォローする @public4fをフォローします その他 平井久志・共同通信客員論説委員 「森友問題が取り上げられ始めてから、安倍首相が日朝対話に積極的なことが、本人から言うでもなく、読売とかマスコミからリークされている。 本当に北朝鮮に向き合おうとしているのか。森友の苦境から話題を変えるためなのではないか。後者なら成功しないだろう。」 7:22 - 2018年4月1日 121件のリツイート 107件のいいね


きむらとも ‏ @kimuratomo フォロー中 @kimuratomoさんをフォローしています その他 政府が国会答弁で、「ない」と説明したものが、次から次に出てくる事態。こうなると、今後も政府が「ない」と答弁したものどれもが、後から「やっぱりあった」ということになるとの理解で良さそうだな。虚偽答弁を前提とした国会審議って、一刻も早く政権リセットだろ、もう。 1:14 - 2018年4月2日 32件のリツイート 21件のいいね


植草一秀の『知られざる真実』: 日本の大臣のレベルってのはこんなもんなんだな 4/2
 ○麻生太郎財務相が3月29日の参議院財務金融委員会で、米国を除く11ヵ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の新協定(TPP11=CPTPP)に関する新聞報道が少ないとして、

 「日本の新聞には一行も載っていなかった」

 「まあ、日本の新聞のレベルってのはこんなもんなんだなと思って、経済部のやつにぼろかすに言った記憶ありますけど。みんな、森友(学園)の方がTPP11より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル。政治部ならともかく経済部までこれかと、おちょくりにおちょくり倒した記憶がありますけど。これはものすごく私は大きかった条約締結の一つだったと思う。」

 と発言して、訂正に追い込まれた。

 森友問題とは、

 財務省が時価10億円相当の国有地を実質200万円で森友学園に払い下げた事案

 であり、

 森友学園に関する決裁済公文書が大規模に改ざんされ、

 その改ざん後公文書が国会に提出されて、1年以上にわたり、国会の業務が妨害された事案

 である。

 国有地を適正な対価なくして譲渡することは財政法第9条で禁止されており、このような不正廉売は国に損失を与える行為であり、刑法の「背任罪」に該当する惧れが高い。

 公文書を、公文書を作成する権限のある者が改ざんして、虚偽の公文書を作成することは、刑法の「虚偽公文書作成罪」に該当する惧れが高い。

 国会に虚偽の公文書を提示して国会業務を妨害したことは、刑法の「偽計業務妨害罪」に該当する惧れが高い。

 これらの重大犯罪の嫌疑が財務省にかけられている。

 財務大臣は財務省のトップであり、麻生太郎氏自身が検察の取り調べを受ける立場にあるといえる。・・・


孫崎享のつぶやき 世論調査:改ざん問題で「安倍首相に責任があると思う」は65.0%、他方内閣支持率は42.4%で、前回から3.7ポイント増。不支持は47.5%。今後安倍首相への好材料はそう見えない。森友の進捗ない中、国民は①反発を強めるか②森友の重要性を減じて考えるか. 4/2


冨永 格(たぬちん) ‏ @tanutinn フォロー中 @tanutinnさんをフォローしています その他 おはようございます。やはり存在したイラク日報。「発見現場」の陸自研究本部は、過去の海外派遣記録をすべて保管しているそうで、廃棄したはずの南スーダン日報もここにありました。真っ先に探すべき部署なのに発見まで1年以上、公表までさらに3カ月を要した理由を詰めたい。きょうも初夏の陽気に。 14:49 - 2018年4月2日 98件のリツイート 74件のいいね


HARUKI@ネット市民連合【"山本太郎を総理に"の会】 ‏ @J1Haruki フォロー中 @J1Harukiさんをフォローしています その他 森友問題が解決しないのは安倍夫妻が関与したからだ。籠池夫妻を長期間獄中に閉じ込め、財務省との連絡係を務めた昭恵夫人付谷査恵子氏は異例の栄転で海外逃亡・・この不自然さと財務省の公文書改竄、傍証は揃っている。関係者を一堂に集め、承認喚問すれば一気に解決するのにね? 15:15 - 2018年4月2日 1件のリツイート 3件のいいね


大木晴子・「明日も晴れ」 ‏ @kuronekoroku フォロー中 @kuronekorokuさんをフォローしています その他 大木晴子・「明日も晴れ」さんが望月慎太郎をリツイートしました この記事読みたい。買えるかなぁ〜。 大木晴子・「明日も晴れ」さんが追加 望月慎太郎 @mionao21 吉岡忍氏「戦争へ向かう時代を振り返ると、現状の行き詰まりを突破する『改革』の雰囲気をもって登場した人たちの中に、転落のきっかけが含まれています。…戦争も言論統制 も、『改革者』のイメージをもって出てきた権力者がやるんです」と。… 9:52 - 2018年4月2日 3件のリツイート 0件の返信 3件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 3 「いいね」しました 1


やんばるぐらし@辺野古新基地反対☆高江をまもれ ‏ @yanbarugurashi フォローする @yanbarugurashiをフォローします その他 産経沖縄支局「米兵美談捏造事件」とその後の沖縄二紙バッシング。矢面に立たされる形となった、タイムス阿部記者の手記です。 "産経が誤りを認めるまでの2カ月間、ネットで、会社への電話で、浴びせられる罵声に耐え続けてきた。おとしめられた評価はとても回復できない" 17:51 - 2018年4月1日 218件のリツイート 141件のいいね


松尾 貴史 ‏ @Kitsch_Matsuo フォローする @Kitsch_Matsuoをフォローします その他 松尾 貴史さんがacco☆をリツイートしました 真ん中にレイアウトされているだけだ(笑) 松尾 貴史さんが追加 acco☆ @acco_og 絡み合う6カ国って 全く絡み合ってないヤツが 1人いるんだけどwww(;▽;) このスレッドを表示 23:58 - 2018年4月1日 1,279件のリツイート 1,482件のいいね


堀 茂樹 ‏ @hori_shigeki フォローする @hori_shigekiをフォローします その他 堀 茂樹さんがBLOGOS編集部をリツイートしました 前近代の独裁国並みに皇帝の奥様のお遊びに公務員と国費を差し出しているという、みっともないだけの話ではない。私人扱いで公的責任を免除されながら、首相官邸に専用の執務室と秘書を有するのがおかしい。少なくとも客観的には、この夫人は、夫が責任を負わずに権力を私的使用するための代理人です。 堀 茂樹さんが追加 BLOGOS編集部 認証済みアカウント @ld_blogos 【昨日の人気記事2位】 昭恵氏に注がれた1億円の人件費 (国家公務員一般労働組合) http://nav.cx/O76jm6 [政治] #blogos 18:28 - 2018年4月1日 938件のリツイート 674件のいいね









志村建世のブログ: 田端の高台へ行ってみた ・ブログ連歌(508) 4/1
 ○ふと思いついて、午前中に「田端の高台」へ行ってみた。私の実家に近く、戦時中の3月10日夜に、下町大空襲で燃え盛る大火災を目撃した現場である。行ってみてすぐ、東北新幹線の高架線路が眼前に横たわっているのに衝撃を受けた。見える風景は一変している。京浜線の電車がすぐ下を通っているのは昔と同じだが、晴れているのに見通しは利かなくなっていた。
 千住の「お化け煙突」はすでに撤去されたから仕方ないが、筑波山も見えない。当然見えるだろうと期待した東京スカイツリーさえ、確認することができなかった。昔は田端の貨物操車場があって、貨車が坂阜(はんぷ)と呼ばれる坂道を下りながら行き先別に仕分けられていたものだが、そのスペースは新幹線の車両基地になっている。この広い鉄道用地は、あの空襲の夜は、避難してきた人たちで埋まっていた。それぞれに持てるだけの大きな荷物を抱え、線路に腰かけて夜が明けるのを待っていた。
 高台から線路沿いに上中里の駅に通じている道は、長いゆるやかな下り坂になっている。この道を自転車で下るのは、子供時代の私たちの最大の楽しみだった。ペダルを漕がずに行けるので、快適なことこの上ない。上中里の駅前から平塚神社の参道に沿って電車通りまで上がり、何度でも同じことを繰り返した。私は小学2年生から自分の自転車を与えられていたから、それが自慢で、乗るのが大好きだった。その自転車は、高学年になって体に合わなくなり、やがて隣組の「鉄製品回収」のときに供出されたと思う。その後は大人の自転車に「三角乗り」(サドルに乗らず、フレームの間から足を入れる)をした。
 今の上中里の駅は、駅前に大樹が茂っていて、衝撃的と言えるほど美しかった。ふだん使う駅は駒込だが、大井町に住んでいた、私の大好きな叔父の林俊吉医師を送るときは上中里の駅だった。家からの距離は、歩数で計ったことがあるが、「ちょうど同じ」くらいだった。
 都会育ちの私にとっては、やはりこれが「ふるさと」なのだと思う。変化が激しくて姿は変っているが、昔の面影は、どこかに残っているものだ。いつも通る駒込よりも、上中里駅の方角の方が、懐かしい風景が多いように思う。台地の北端という、地理的に明確な性格が、時代に流されない面影を残しているに違いない。


かばさわ洋平 ‏ @ykabasawa フォローする @ykabasawaをフォローします その他 安倍政権の5年間で領収書なしの官房機密費を56億円も使っていたと赤旗がスクープ! 毎月平均9000万の税金が領収書すらないまま支出されている異常な実態です。 17:09 - 2018年3月29日 2,633件のリツイート 1,734件のいいね


水 ‏ @yzjps フォローする @yzjpsをフォローします その他 もう頭がクラクラしますw 1億円超える国家公務員人件費を昭恵氏に やってることは、スキー、田植え、バー、選挙応援などあらゆる「私的行為」 7:34 - 2018年3月31日 1,841件のリツイート 1,245件のいいね


醍醐 聰 ‏ @shichoshacommu2 フォローする @shichoshacommu2をフォローします その他 ②告発の中にはこんなことも。「トップでも仕方ないが放送尺は3分半以内」「前川前文科次官の講演問題と連続して伝えるな」。多くの視聴者が感じてきたNHKの「政権御用聞き報道」。が、上田NHK会長は放送法を棒読みするだけの虚しい答弁。質問は事前通告されていたはずだが。恥辱感はないのか? 1:34 - 2018年3月31日 16件のリツイート 9件のいいね


醍醐 聰 ‏ @shichoshacommu2 フォローする @shichoshacommu2をフォローします その他 ①「森友問題、トップニュースで伝えるな」「昭恵さんの映像は使うな」・・・・山下芳生議員が取り上げたNHK関係者からの内部告発(3月29日、参議院総務委員会)→https://www.youtube.com/watch?v=ERfCmjTS52M&feature=youtu.be&t=417 …(6分50秒~) 1:34 - 2018年3月31日 26件のリツイート 12件のいいね


ビビりマン ‏ @ikusa_iken446 フォロー中 @ikusa_iken446さんをフォローしています その他 ビビりマンさんがはるみをリツイートしました 終わりなき自分探しの旅をさまよい、カルトにはまる哀れなアッキー。でも金はあるから深入りはしない。次から次へと渡り歩いて、税金を浪費する。いいかげんにしろ!! ビビりマンさんが追加 はるみ @harumi19762015 馬。さんがしつこくツイートしているこの件もなかなか話題にならないけど、かなり強烈だと思うんだけどな。 それにしても安倍さんってなんでカルトまみれなんだろ。 https://twitter.com/ishtarist/status/980262028068536320 … 20:40 - 2018年3月31日 1件のいいね 0件の返信 0件のリツイート 1 いいね 返信 リツイート 「いいね」しました 1


戦争をさせない1000人委員会 ‏ @committeeof1000 フォロー中 @committeeof1000さんをフォローしています その他 【共謀罪は必ず廃止!戦争国家をつくらせないぞ!】 表現の自由を!権利のための4.7行動 http://www.anti-war.info/schedule/1803291/ … 日時:4月7日(土)16時~集会 ※16時30分~サウンドデモ 場所:新宿・柏木公園(新宿区西新宿7丁目 /JR新宿駅から徒歩6分) 主催:共謀罪廃止のための連絡会 23:59 - 2018年3月31日 98件のリツイート 72件のいいね


認証済みアカウント @shiikazuo フォロー中 @shiikazuoさんをフォローしています その他 今日の「赤旗」から。 所得下位10%層(赤線)の落ち方が一番激しい。 安倍政権のもとで貧困が深刻になっていることを示しています。 一番ひどい目にあっている層にあわせて生活保護基準を引き下げていったら、貧困の底が抜けてしまいます! 18:39 - 2018年3月31日 1,590件のリツイート 1,344件のいいね


首都圏反原発連合 ‏ @MCANjp フォロー中 @MCANjpさんをフォローしています その他 3:59 - 2018年3月31日 47件のリツイート 28件のいいね


鮫島浩 ‏ @SamejimaH フォローする @SamejimaHをフォローします その他 安倍政権にとって「嘘つき内閣」という非難よりも手痛いのは「退陣直前」という分析だ。国交正常化を見据え、腰を据えて交渉する相手とみなされていないのだ。米中露韓の現政権はしばらく倒れない。日本だけこんな内閣では激動の東アジア外交でますます出遅れる。 2:13 - 2018年3月31日 978件のリツイート 908件のいいね



志村建世のブログ: 一夜明けた国会を一周してみた ・ブログ連歌(508) 3/31
 ○昨夜は安倍退陣要求デモで熱気に包まれたと報じられた国会と首相官邸前へ、一夜明けた午前中に行ってみた。
 通い慣れた議事堂周回の歩道には人影もまばらで、ところどころに立つ警官の姿も、手持ち無沙汰に見えた。あたりにはビラ一枚も落ちていることはなく、あくまでも清潔で平穏だった。
 唯一、警備が行き届いているように見えたのは、首相官邸の前だけだった。この手前の坂道は、車が自由に通行しているのを見たことがない。デモがあったりすると、人の通行も規制される。ゼッケンをつけたりプラカードを持っていたりすると、帰り道であっても通してくれないのだ。その一方で自由に通行する人もいるので聞いてみると、「あの人たちは自然人だからいいんです」と言う。「では私は不自然人ですか」と議論したことがあったが、あくまでも「迂回をお願いします」と立ちはだかる。お願いではあっても、押しのけると公務執行妨害になりかねないので悩ましいところだ。きょうの私は自然人だったが、通る用もないので近づかなかったが。
 帰りに中野駅北口の西側に広がる「四季の森」公園を通ってみたら、家族連れの行楽が花盛りだった。この中には、召集で戦地へ送られる父親も、息子もいない。暮らしにそれぞれ苦労はしているだろうが、国家の名において生命の提供を強いられることはない。
 隣の韓国と北朝鮮は、間もなく首脳会談を開くことで合意したそうだ。うららかな日ざしの中で、世界は確実に動いている。鼠の穴にこもって己の保身ばかり考えている首相を頂いているこの国は、まともな外交が出来るのだろうか。やがて平成の世も終るそうだが、新しい時代は新しい首相の下で迎えたいものである。


孫崎享のつぶやき: 森友問題改竄で、NYT紙は「九条改憲難しい」「安倍氏三選へのチャンス消滅」と書いたがこの動き停滞。安倍首相依然改憲に意欲。この時期だから、「自衛隊明記は何を意味するか」等を、名古屋のママさん活動の人々に聞く。夜行バス利用で孫崎チャネルへ出演 3/31


植草一秀の『知られざる真実』: 「森友で安倍政権に幕引き」と反グローバリズムシンポ 3/30
 ○本日3月30日(金)午後0時半から3時まで放送されるラジオニッポン「マット安川のずばり勝負」に出演させていただく。
 ゲストコーナーは0時45分から2時までの時間帯だ。
 アベノミクスについての話が中心になる。この番組へは2回目の出演になる。
 その後、衆議院第一議員会館多目的ホールにおいて、

 オールジャパン学習会
 もういい加減にしろ!安倍政権
 -壊憲・国民投票制度・もりかけ・働かせ方改悪-
 が開催される。

 第1部のテーマは、
 「「森友問題に幕引き」でなく「森友問題で安倍政権に幕引き」だ」
 である。

 時価10億円の国有地が200万円で払い下げられた問題を不問にしてよいわけがない。
 しかし、安倍政権はこの国有地払い下げを「法令に則った適正な払い下げ」であるとの主張を押し通そうとしている。

 「国有地不正払い下げ」が森友事案の核心である。
 この核心部分について安倍政権は不正がなかったこととして中央突破を図ろうとしているのだ。
 こんな不正を許してよいわけがない。
 この国有地払い下げが不正であることを明確にしたうえで、安倍首相夫妻の関与を明確にする。
 安倍首相は関与があれば総理も議員も辞めると国会で明言したのだから、この言葉を最大限に尊重することが何よりも大事だ。
 問題を明らかにするためには、どうしても安倍昭恵氏の国会証人喚問が必要だ。
 野党陣営には、安倍昭恵氏の証人喚問を必ず実現するよう、毅然とした行動を求めなければならない。

 本日の学習会では第2部で「壊憲問題と国民投票制度」について、二人の素晴らしい講師から講演をいただくことになっている。
 弁護士の伊藤真氏からは「憲法改正問題の論点整理」の演題で、この問題の主要な論点についてお話を賜る。
 そのあとで、博報堂で勤務した経験を持つ作家の本間龍氏から「巨大広告代理店と憲法改正国民投票」の演題でご講演を賜る。
 極めて意義深い重要な講演になると思う。 ・・・


天木直人のブログ: 天に唾する安倍政権による天皇退位行事日程の公表  3/31
 ○突如として政府が天皇退位関連の日程を公表し、それをきょう3月31日のメディアが一切に報道した。
 これは明らかな安倍首相の森友疑惑隠しであり、それどころかもはや森友疑惑は乗り切ったという安倍首相の終結宣言だ。
 しかし、もし野党が森友疑惑追及の手を緩めず、安倍首相の憲法9条改憲を許さない覚悟があるなら、この安倍首相の姑息な情報操作は、天に唾する安倍政権のおごりとして、必ず安倍政権に跳ね返ってくるだろう。
 いや、そうさせなければいけない。
 おりから、森友疑惑で安倍首相がウソ答弁に終始している時、天皇・皇后両陛下は最後の沖縄訪問をされた。
 今こそ誰かが言い出さなければいけない。
 そのような天皇陛下を、森友疑惑で汚れた安倍首相の手で退位させることが許されていいのかと。
 天皇陛下のお言葉を踏みにじるような憲法9条改憲を急いでいいのかと。
 そう言い出す勇気ある政治家や有識者が出てこないなら、メディアがそれを言わなければいけない。
 そう主張するメディアが出て来るなら、さすがの国民も気づくだろう。
 言われてみれば確かにそうだと。
 天皇退位の一連の行事は、安倍政権に任せては天皇陛下に申し訳ないし、天皇の退位前に憲法9条改憲を急ぐべきではないと。
 それを書くメディアは朝日新聞をおいて他にない。
 倒すか、倒されるかの社運を賭けて森友文書改ざんをスクープ報道した朝日新聞だ。
 いまこそ、「退位の行事を安倍首相に任せていいのか」という一大キャンペーンを始めたらどうか。
 そうすれば、再び安倍首相は森友文書改ざん疑惑に引き戻され、今度こそ逃げきれないだろう。
 簡単な事だ。
 「安倍首相にだけは憲法9条を変えさせてはいけない」という合言葉の上に、更に「安倍首相にだけは天皇退位の式典を主催させてはいけない」という合言葉を付け加えるだけでいいのである(了)


天木直人のブログ: ボルトンにバカにされていた小泉純一郎首相 3/31
 ○ジョン・ボルトンといえばトランプ大統領によって国家安全保障担当の大統領補佐官に任命された人物だ。
 しかし、私にとってのボルトンは、2003年にブッシュ大統領がイラク攻撃をした時、そのお膳立てをしたネオコンのボルトン国務次官だ。
 そのボルトン氏が小泉純一郎首相を馬鹿にしていた事をきのう3月30日の毎日新聞で初めて知った。
 「布施広の地球儀」というコラムで、専門編集委員の布施広氏が教えてくれた。
 ボルトン氏には「Surrennder Is Not an Option」という著書があるらしい。
 これを布施氏は「屈服なんてしない」と訳している。
 私ならさしずめ「俺には屈服という選択はない」、あるいは「俺の辞書には屈服という言葉はない」とでも訳すところだが、それはさておいて、この書者は未邦訳であり、だから日本では誰も話題にしたことのない本らしい。
 だからこのエピソードも誰も知らないが、それを布施氏は教えてくれたのだ。
 ボルトン氏は次のようなエピソードを書いているらしい。
 2006年6月小泉首相が最後の訪米をした事があった。
 その時ボルトン氏は副大統領主催の昼食会で小泉首相と一緒だったらしく、ボルトン氏を見かけた小泉首相が「ボルトンさん、あなたは(日本で)有名ですよ」と英語で話しかけて来たと書いているという。
 いかにも小泉首相らしい。
 当時日本ではネオコンのボルトンという言葉がいたるところで飛び交っていた時だ。
 小泉首相のボルトン氏に対する知識といえば、まさしくネオコンのボルトンで、それが頭にあって日本で有名だとおだてたのだ。
 英語で語りかけたところも小泉首相らしい。
 俺でもそれぐらいは英語で語りかけるというわけだ。
 いや、それぐらいしか言えないから、ここぞとばかりそれだけは英語で語りかけたのだ。
 ところがその後にボロが出た。
 ボルトン氏は自分に関心があると勘違いして長々と小泉首相に語りかけたという。
 ところが、小泉首相はうわの空で聞いていたという。
 反応を示さない小泉首相に頭に来たボルトン氏はその回顧録の中で「彼の心はもうグレースランドへ飛んでいたのだろう」と皮肉って書いているという。
 グレースランドは観光地になっているエルビス・プレスリーの邸宅がある場所だ。
 あの時、ブッシュ大統領は朋友小泉純一郎の最後の訪米を思って米国議会で演説する機会をわざわざ用意した。
 しかし小泉首相はそれを断ってエルビス・プレスリーの邸宅を見てみたいと答えたのだ。
 当時その報道を見た私は、これほど恥ずかしい事はない、さぞかしブッシュは驚き、失望し、そして馬鹿にしたに違いないと思った。
 その事を当時のメルマガにも書いた。
 なぜなら米国議会で演説する事は訪米する外国要人にとってはこれほど名誉の事はない。
 それを断ったうえに、よりによってプレスリーの邸宅を見てみたいとみずからミーハーぶりをさらしたのだ。
 日本の首相が米国大統領に、である。
 ブッシュ大統領はこの事を内部で言いふらし、ブッシュ政権の中では有名な笑い話になっていたに違いない。
 だからボルトン氏も知っていて、わざわざ回顧録で皮肉って書いているのだ。
 小泉というあの時の日本の首相は、ここまで軽薄な男だったと。
 おそらく安倍首相もトランプ大統領やその側近たちに、同じように言われているに違いない。
 「日本の対米外交破れたり」の動かぬ証拠である(了)

郷原信郎が斬る: 佐川氏、首相・首相夫人の影響を否定する証言の矛盾 3/30


醍醐 聰 ‏ @shichoshacommu2 フォローする @shichoshacommu2をフォローします その他 ②告発の中にはこんなことも。「トップでも仕方ないが放送尺は3分半以内」「前川前文科次官の講演問題と連続して伝えるな」。多くの視聴者が感じてきたNHKの「政権御用聞き報道」。が、上田NHK会長は放送法を棒読みするだけの虚しい答弁。質問は事前通告されていたはずだが。恥辱感はないのか? 1:34 - 2018年3月31日 8件のリツイート 4件のいいね

醍醐 聰 ‏ @shichoshacommu2 フォローする @shichoshacommu2をフォローします その他 ①「森友問題、トップニュースで伝えるな」「昭恵さんの映像は使うな」・・・・山下芳生議員が取り上げたNHK関係者からの内部告発(3月29日、参議院総務委員会)→https://www.youtube.com/watch?v=ERfCmjTS52M&feature=youtu.be&t=417 …(6分50秒~) 1:34 - 2018年3月31日 14件のリツイート 7件のいいね

「未来のための公共」はこうした安倍政権の滅茶苦茶な政治に抗議し、#まともな政治を 求めるサウンドデモを行います。是非お越しください。 2018年4月7日16時に新宿柏木公園集合 16時30分出発 7:14 - 2018年3月30日 1,710件のリツイート 1,078件のいいね ">未来のための公共 ‏ @public4f フォローする @public4fをフォローします その他 【拡散希望】 違憲立法、お友達への国有地安売り、共謀罪、公文書改ざん、残業代ゼロ、そして不必要な改憲。「未来のための公共」はこうした安倍政権の滅茶苦茶な政治に抗議し、#まともな政治を 求めるサウンドデモを行います。是非お越しください。 2018年4月7日16時に新宿柏木公園集合 16時30分出発 7:14 - 2018年3月30日 1,710件のリツイート 1,078件のいいね

戦争をさせない1000人委員会 ‏ @committeeof1000 フォロー中 @committeeof1000さんをフォローしています その他 "4月7日、東京都北区で1000人規模の集会を開き、改憲発議の阻止を目指す「3000万署名」への協力を呼びかける。" 九条の会:「憲法はいま、戦後もっとも重大な岐路に」 - 毎日新聞 15:04 - 2018年3月30日 44件のリツイート 41件のいいね




☆☆☆
福島みずほのどきどき日記: 財務省が公開した森友学園決算文書 3/12
 〇国会で闘う

 財務省が公開した、森友学園の決算文書です。
 本日、財務省が書き換え前の決算文書を参議院予算委員会理事懇談会に提出しました。
 その資料をリンク先に保存しましたのでご覧ください。

 財務省文書

福島みずほのどきどき日記: 強制不妊手術について厚労委員会で質問しました 3/28
  ★本分、割愛させて戴きます。HPをご覧ください。



日本国憲法: 第10章 最高法規(第97条-第99条) >第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 >第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
    2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
 >第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。  ★ところで、戦後の首相や大臣、国会議員らは、どのように、この憲法を尊重し擁護してきたのか? 検証、可視化が先ず、為されるべきではないか。一部の改憲派が、 市民、国民に義務を押し付けようとする前に❕❕

 
 「天皇與憲法:日本憲政的120年(天皇と憲法:憲法の日本の120年)」

 

この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯 ">この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯  ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

【注目ニュース】相模原障害者施設殺傷事件 カナロコ(神奈川新聞)

「水俣病は絶対に終わっておりません」 坂本さんが訴え 【朝日新聞】2017.09.28



気象庁: 地震情報(各地の震度に関する情報) 
   情報発表日時           検知日時     震央地名  マグニチュード・最大震度
 ☆割愛。 HPをご覧ください。
NHK: 全国の天気・気温 1/7 ☆全国の天気・気温  (・週間天気 ・3時間ごとの天気 ・天気図 ・台風情報 ・火山情報 ・防災情報)
 ※『セーフティーネット』が、死語にされてしまったと思って、グーグルしてみたら、発見。 “みのがしなつかし”に。
 NHK名作選: NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~ 

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

NHK: 袴田事件の弁護団 「違法な取り調べ」録音テープ公開 2/25
福島原発事故による避難者の損害賠償請求訴訟前橋地裁判決を受けての会長談話 3/17


 特集「共謀罪」">特集「共謀罪」
 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日">共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明  2017年2月1日
いわゆる「共謀罪」法案の廃案を求める会長声明 【神奈川県弁護士会 2017.4.26】2017.05.01

核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

日本国憲法

アピール「核兵器禁止条約採択を心から歓迎する」 【世界平和アピール七人委員会】2017.07.11
 〇2017 126J 核兵器禁止条約採択を心から歓迎する
2017年7月10日
アピール WP7 No.126J 2017年7月10日
世界平和アピール七人委員会
PDFアピール文

自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁が審理やり直し命じる | NHKニュース  1/31
安保法訴訟 自衛官に「訴えの利益」 審理差し戻し 東京高裁判決 毎日新聞 2/1
 〇安全保障関連法に基づく防衛出動命令は憲法9条などに反するとして、現役陸上自衛官の男性が国を相手に命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は31日、原告に訴えの利益がないとして却下した1審・東京地裁判決(昨年3月)を取り消し、審理を東京地裁に差し戻した。杉原則彦裁判長は「出動命令に従わない場合、刑事罰や懲戒処分を受ける可能性があり、訴えの利益はある」などと述べた。【近松仁太郎】

生活保護基準の引下げに反対する会長声明 【群馬弁護士会】2018.02.03

【共同声明】朝鮮総聯中央本部への銃撃事件にたいして、私たちは抗議の意を表明し、日本政府に厳正な対応を求めます 【ヒューマンライツ・ナウ】2018.02.28

鹿児島・大崎事件 3度目の再審開始決定 福岡高裁支部 【毎日新聞】2018.03.12






首相「関与なら辞める」発言境に 佐川氏、断定口調増える 【東京新聞】2018.04.02
 ○学校法人「森友学園」問題を巡り、三月二十七日に行われた佐川宣寿(のぶひさ)前国税庁長官の証人喚問で目立ったのが、疑惑を全面否定する断定口調だ。財務省理財局長として臨んだ昨年の国会審議では、安倍晋三首相が自身の進退に言及して関与を否定したのを境に、事実関係の説明に徹する姿勢から、「一切ない」などと言い切る表現を多用して一変したと野党は分析している。
 佐川氏は証人喚問で、決裁文書改ざんの経緯に関して証言を拒否する一方、首相や首相官邸などの関与については「ございません」を連発。野党からは「なぜ断言できるのか」と疑問の声が相次いだ。
 昨年二月に森友問題が報じられた当初、佐川氏は国会で淡々と事実関係を答弁した。同月十五日の衆院財務金融委員会で、国有地の大幅値引きの根拠を問われると「(ごみの)撤去費用を見積もり、不動産鑑定価格から差し引いた時価で売却した」、撤去費用は「工事積算基準に基づき適正に算定」などと説明した。
 だが、二日後の十七日、首相が「私や妻が国有地払い下げに関係していれば、首相も国会議員も辞める」と明言したことを機に、野党はこの問題で追及を強める。佐川氏の答弁回数は急増し、断定口調も目立つようになった。
 土地取引は適切との主張は同じだが、森友学園への事前の価格提示や、首相の妻昭恵氏を含む政治家や関係者からの働き掛けを「一切ない」と断言したり、交渉記録の提出要求に対して「廃棄して残っていない」と突っぱねたりする傾向が顕著になった。「何度も答弁している」など、いら立ちをあらわにする場面も。
 喚問で、佐川氏は首相の「辞める」発言を「政治的な思いでおっしゃっているのだなと感じた」と振り返る一方、「その前後で私自身が答弁を変えたという意識はない」と語った。
 だが、昭恵氏に関わる記述などを削除した決裁文書改ざんが始まったのも、この時期。野党は、首相を守ろうとした佐川氏が必要以上に断言する答弁を重ねた結果、つじつま合わせで改ざんに関与したとみている。証言を検証し、議院証言法違反(偽証)の罪で告発が可能か検討する方針だ。
 希望の党の玉木雄一郎代表は、佐川氏の証言について「誰の指示で、何のためにやったかは明らかにならなかった。官邸の関与は答弁調整したかのように『断言』だった」と指摘した。 (山口哲人)


内閣支持42%、不支持50%…読売世論調査 読売新聞 4/2
 ○読売新聞社は3月31日~4月1日、全国世論調査を実施した。
 内閣支持率は42%となり、前回調査(3月9~11日)の48%から6ポイント低下し、2回連続で下落した。不支持率は50%(前回42%)に上がり、支持率と逆転した。不支持率が支持率を上回るのは、昨年10月の衆院選公示直前(7~8日)以来だ。
 今回調査は、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざんを巡る佐川宣寿のぶひさ・前国税庁長官の証人喚問と、2018年度予算成立を受けて実施した。内閣支持率は改ざんが表面化する前の2月10~11日調査(54%)と比べると12ポイント下がった。2012年12月の第2次安倍内閣発足以降で最低だった昨年7月調査の36%よりは高いが、不支持の理由では「首相が信頼できない」が54%に上り、昨年8月と並んで第2次内閣以降で最高だった。


You Tube: 2018.4.2 大谷翔平 メジャー初登板!投球全球 アスレチックス vs エンゼルス Los Angeles Angels Shohei Ohtani 4/2

全米メディアも大谷の二刀流デビューに驚愕「歴史的」「誇大宣伝なかった」 THE PAGE 4/2


中国が対米報復措置 128品目 最高25%関税上乗せ 【東京新聞】2018.04.02
 ○【北京=安藤淳】中国政府は米国の鉄鋼とアルミニウム輸入制限への対抗措置として、果物など百二十八品目に最高25%の関税を上乗せすると発表した。通知は一日付で、二日から実施した。中国が報復措置を発動したことで、米中貿易摩擦は激化し、日本を含む世界経済へ悪影響を与えるのは必至だ。
 中国商務省は三月二十三日、米国の制裁発動に合わせ、第一弾として果物やワインなど百二十品目に15%、第二弾は豚肉など八品目に25%の関税を上乗せすると発表していたが、一斉実施に踏み切った。対象品目の二〇一七年の輸入実績は約三十億ドル(約三千二百億円)分になる。
 中国財務省は今回の措置について「米国の鉄鋼・アルミ製品の追加関税に伴う中国側が被る損失とバランスを取るため」として、米国の輸入制限に対し世界貿易機関(WTO)のルールで認められた範囲内で対抗策を講じたと説明した。
 米国は輸入制限とは別に、知的財産権の侵害を理由に対中貿易制裁も決め、発動に向け準備を進めている。これに対し、中国は大豆や航空機などに報復する構えを見せている。
 一方、中国商務省は今回の報復発動を受け、米国を強く批判する談話を発表しつつ、「世界の二大経済体である両国の協力が唯一の正しい選択だ」と交渉による解決を模索する姿勢を強調した。米中は既に水面下で交渉を行っているとの報道もある。両国は強硬措置と交渉による譲歩案を並行させ、貿易摩擦をさらに激化させないよう落としどころを探っているもようだ。


コスタリカ大統領選、決選投票で中道左派の与党候補が勝利 【ロイター】2018.04.02
 ○[サンホセ 1日 ロイター] - 中米コスタリカで大統領選の決選投票が投開票され、中道左派の与党市民行動党のカルロス・アルバラド・ケサダ候補(38)が勝利した。
 91%の投票所の集計によると、同氏の得票率は61%。保守系の対立候補、ファブリシオ・アルバラド候補(43)は39%。
 アルバラド・ケサダ氏は争点の一つとなった同性婚に支持を表明し、進歩的な有権者層の支持を獲得した。コスタリカの近代史上最年少の大統領となる。


シリーズ 憲法の基礎 日本再軍備 安保締結と同時進行 【しんぶん赤旗】2018.04.02
 ○1951年9月8日、サンフランシスコ講和会議で対日平和条約が調印された5時間後、同じサンフランシスコの米陸軍第6軍司令部で日米安保条約(旧安保)がひそかに調印されました。国民は調印後、初めて安保条約の内容を知りました。
 旧安保条約の第1条は「アメリカ合衆国の陸軍、空軍及び海軍を日本国内及びその附近に配備する権利を、日本国は、許与」すると明記していました。「講和」によって占領軍は撤退するはずでした。その「占領軍」が一瞬にして「在日米軍」に変貌し、基地とともに居座り続けるという“マジック”が強行されました。しかも、講和条約第3条で、沖縄と小笠原を米国の全面占領下に置きました。沖縄の軍事的利用価値を重視したのです。こうして日本全土を「反共の防波堤」として丸ごと占領・半占領状態に置いたのです。
 日米安保条約締結交渉の核心は「日本の再軍備」にありました。
 51年1月末から2月にかけて来日した米国の対日講和問題責任者ダレスと日本政府の交渉経過について、元防衛大学校校長の西原正氏ら編『日米同盟Q&A100』は次のように描いています。
 「(ダレスは)日本の独立回復後における米軍の駐留継続を示唆すると同時に、日本再軍備案として32万5000人を提示した」「日本側が再軍備計画を提示しない限り、交渉が進展しないことは明らかであった。そこで外務省事務当局は、警察予備隊と海上保安庁とは別個に五万人からなる保安隊を新設するとの漸増計画案を提出した。米国側がひとまずこれを了承した」
 これを受けて52年に保安隊が創設されました。53年には吉田茂首相の特使として米国に派遣された自由党の池田隼人政調会長がロバートソン米国務次官補と会談。米側が35万の地上兵力を要求するなどして激しい議論となり、54年に保安隊が自衛隊に発展しました。
 日本の再軍備を求める米側の意思は最初から強烈でした。ダレスは51年3月31日の演説で、「今後日本は太平洋の安全保障に対し、相当の貢献をしなければならない…安全保障に対し貢献をする能力を有する国は『無賃乗車』をしてはならない」と述べました。安保締結前から安保“ただ乗り論”批判が始まっていました。(随時掲載)


陸自配備反対決議を撤回 宮古島市・野原地区、地域振興要請へ 【沖縄タイムス】2018.04.02
 ○沖縄県宮古島への陸上自衛隊の配備計画で、隊庁舎や宿舎などの駐屯地建設が進められている野原部落会(平良信男会長)が、2016年3月に可決した配備反対決議を25日の常会で撤回したことが30日、分かった。平良会長は「賛成ではないが、地域にやむを得ないとの認識が広がっている」と説明。今後は沖縄防衛局に基地被害の防止や振興策を要請する。陸自配備計画で配備先の部落会が事実上の容認に転じるのは初めて。
 25日の常会には全56世帯のうち25世帯の代表が出席。欠席した14世帯から委任状が提出され、会成立に必要な過半数を満たした。挙手による採決で「撤回」の議案を賛成多数(賛成14、反対6、棄権5)で可決した。
 議案文は、同部落会が懸念していた「弾薬庫や射撃訓練場、ヘリパッドが配置されないことがほぼ確実」と指摘。「基地建設の現状からしてやむを得ないとの認識が広がりつつあるのも事実」として(1)基地被害防止に関係機関が真摯(しんし)に取り組むこと(2)地域振興策の要請実現-などに向け、反対決議を撤回するとしている。
 今後は、防衛省の防衛施設周辺対策事業の補助金で老朽化した公民館の建て替えや市道整備を求める方針。(宮古支局・仲田佳史)


〈時代の正体〉ヘイト規制判断の公正性担保 川崎市が第三者機関設置 【神奈川新聞】2018.04.02


米軍機の騒音苦情2.6倍 沖縄・北谷町で過去最多 【沖縄タイムス】2018.04.02
 ○沖縄県北谷町に住民から寄せられた米軍機騒音に対する2017年度の苦情が30日までに139件に上り、16年度52件から約2・67倍に跳ね上がっていることが分かった。記録が残る10年度以降、過去最多。町基地渉外係は、米軍嘉手納基地に相次いで飛来したF35Aステルス戦闘機やFA18戦闘攻撃機など、外来機訓練の影響とみている。
 月別の最多は3月の44件で、全体の3分の1近くを占める。暫定配備中のF35Aに加えてFA18が23機、F35Bも4機が飛来し訓練していた。2番目に多かったのは、米ユタ州のヒル空軍基地から嘉手納に暫定配備されたF35Aが訓練を始めた11月で、20件だった。
 町は20日、3月に入り騒音が急増しているとして、沖縄防衛局や第18航空団など関係機関に抗議し、騒音の大幅な軽減と外来機の早期撤退を求めている。


山形大の情報不開示は「違法」アカハラ自殺など3件 【河北新報】2018.04.02
 ○教員からアカデミックハラスメント(アカハラ)を受け、山形大工学部(米沢市)の男子学生が自殺した問題で、実態を調査した第三者委員会の資料など2件の文書開示請求に対する同大の全面不開示決定を、総務省の情報公開・個人情報保護審査会が2017年12月、「違法で取り消すべきだ」と答申していたことが1日、分かった。

 同大は17年9月、職員組合が行った労働問題関連文書の開示請求にも全面不開示を決定。組合側の審査請求に、審査会は同じく12月に「違法で取り消すべきだ」と答申していた。
 国の審査会が同一機関の不開示決定3件を相次いで「違法」と判断するのは極めて異例。同大の情報公開に対する消極的な姿勢が改めて浮き彫りになった。
 関係者によると、「違法」と指摘されたのは(1)男子学生の自殺に関する第三者委調査報告書など(2)工学部で過去5年間にあったアカハラ事案関連文書(3)職員組合が開示請求した労基署による是正勧告書など-の全面不開示決定。
 決定は17年8月22日~9月13日付で、通知書には開示請求に該当した文書名の記載がなかった上、不開示とした具体的な理由も記していなかった。
 審査会は同年12月8~19日、3件の不開示決定について「(不開示理由の提示を定めた)行政手続法に照らして違法」と指摘。決定を「取り消すべきである」と大学に答申した。大学は(1)該当文書の名称(2)開示しない部分(3)その理由-を列挙した別紙を添付した上で部分開示した。
 審査会事務局によると、16年度に出された全答申1198件のうち、76.1%に当たる912件は決定を「妥当」と判断。山形大への答申のように「妥当でない」に分類されたのは75件(6.3%)だった。
 答申1件当たりの審査期間についても、全答申の平均が249.5日だった一方で、同大に出された3件は平均60.3日。異例の早さで「違法」と結論付けられていた。
 山形大総務課の担当者は「審議期間2カ月は最短だと、答申を受ける際に説明を受けた。現在は指導に沿って適切に情報公開している」と話した。

[山形大生アカハラ自殺問題]工学部の4年生だった男子学生が2015年11月に自殺した。16年6月、第三者調査委員会は指導教員の助教によるアカハラと自殺の因果関係を認める報告書を作成した。報告書によると、自殺の2日前も、卒業研究の発表練習会で助教から内容の不備について厳しい言葉で指導されていた。両親から相談を受けた複数の教員は、いずれも相談内容をハラスメント担当者に伝えていなかった。両親は大学と助教に計約1億1900万円の損害賠償を求める訴えを起こし、山形地裁で係争中。

[国の情報公開・個人情報保護審査会答申までの流れ]省庁や国立大などの独立行政法人が情報開示請求に対し不開示や部分開示とした決定に異議がある場合、行政不服審査法に基づいて審査請求することができる。請求を受けた行政機関は原則、学識経験者らでつくる総務省の情報公開・個人情報保護審査会に諮問。審査会は決定の適否を答申する。答申に法的な拘束力はないが、各行政機関は答申を踏まえて対応するのが通例となっている。


「解明されず」74% 佐川氏喚問で改ざん問題 本社県民世論調査 【福島民報】2018.04.02
 ○福島民報社は福島テレビと共同で県民世論調査(第21回)を行った。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざんを巡り、衆参両院の予算委員会が実施した佐川前国税庁長官の証人喚問への受け止めを聞いたところ、問題が「全く解明されていない」は74.9%と全体の7割を超えた。「十分に解明された」は3.9%、「やや解明された」は11.8%だった。

 文書改ざん問題に関する調査結果は【グラフ(1)】の通り。喚問が真相究明に結び付いていないとの見方が県民に広まっている状況が浮き彫りとなった。「どちらとも言えない」は6.6%、「わからない」は2.7%だった。
 証人喚問は3月27日に行われた。佐川氏が証言を拒否する場面もあった。

 世論調査では安倍内閣の支持率も調べた。「支持する」は24.4%で1月の前回調査から6.3ポイント低下し、支持率を質問し始めた2013(平成25)年3月の第4回調査以降で最低となった。
 安倍内閣を支持するかを聞いた結果は【グラフ(2)】の通り。「支持する」の24.4%は過去最低だった昨年9月の第19回調査の27.8%を3.4ポイント下回った。「支持しない」は62・4%で前回より10・3ポイント上昇し、最も高かった第19回調査の54・4%を8・0ポイント上回った。「わからない」は13.2%。
 男女別では「支持する」は男性24.6%、女性24.1%。「支持しない」は男性66.6%、女性58.3%だった。
 年代別では「支持する」の割合は30代の41.7%が最も高く、80歳以上の34.3%、18、19歳の33.3%などの順となった。「支持しない」の回答割合は50代の68.8%がトップで18、19歳の66.7%、40代の65.7%などと続いた。


与野党 「森友」審議、週内見送り 首相ら追及で綱引き 【毎日新聞】2018.04.02
 ○学校法人「森友学園」に関する財務省の決裁文書改ざん問題を巡って、安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相が出席する衆参両院予算委員会が週内は開かれない見通しになった。与党は2018年度予算成立を機に問題の沈静化を狙っており、野党には手詰まり感も漂う。【村尾哲、影山哲也】
<自民党大会>「書いても消せる」記念品 間の悪さ話題に
<安倍長期政権という船>あちこちから腐った木材のにおいが漂う
 首相は2日、政府・与党連絡会議で「国民の行政に対する信頼を揺るがす事態となり、責任を痛感している」と改めて陳謝した。自民党の萩生田光一幹事長代行は記者会見で「(佐川宣寿前国税庁長官の)証人喚問で十分理解できなかったという世論が多いとすれば、その通りだろう」と認めた。
 閣僚や与党幹部は政権の信頼回復を訴えるが、首相や麻生氏が国会で追及される機会を減らし、できるだけ早く幕引きしたいのが与党の本音だ。

森友学園問題を巡る最近の主な発言
 野党は、週内に衆院予算委で首相出席の7時間の集中審議を求めていたが、与党は衆参両院の本会議と重なることなどを理由に「時間がとれない」と拒否した。結局、与野党は2日、衆院予算委で11日に集中審議を行うことで合意。所要は5時間半で調整している。参院側では首相が出席する決算委が9日に開かれる見通しだ。
 野党は、佐川氏を尋問した議員を中心に、同氏の証言内容を精査する。偽証や偽計業務妨害容疑での告発も視野に入れている。今週が予算委の「空白」期間になることについて、立憲民主党の逢坂誠二氏は「証人喚問のチェックに時間を充てたい」と記者団に語った。
 野党は3日の衆院財務金融委で麻生氏を追及する方針。首相の妻昭恵氏や迫田英典元財務省理財局長らの証人喚問も求めている。共産党の小池晃書記局長は2日の記者会見で「幕引きは絶対許さない」と強調した。
 しかし、与党は昭恵氏らの喚問に応じない構えで、野党が新たな追及材料を見いださなければ、世論の風向きが変わる可能性がある。野党も正念場を迎えている。


佐世保基地 LCAC、4回目の夜間訓練 常態化懸念 【毎日新聞】2018.04.02
 ○長崎県西海市に駐機する米海軍佐世保基地のエアクッション型揚陸艇(LCAC)が2日、同市沖で夜間航行訓練を実施した。夜間訓練は昨年11月から断続的に実施され、今回が4回目。同市は夜間訓練の常態化に懸念を示している。

 2日午後6時ごろ、LCAC1機が同市の駐機場を出発し、同市沖で訓練を実施。日没後の午後7時半過ぎに帰港した。午後7時過ぎには別の1機が駐機場のある佐世保湾内を航行した。市防災基地対策課によると、米軍は4月2~6日と5月9~15日の間にそれぞれ数日、夜間訓練を実施する予定という。
 LCACの訓練を巡っては、市と九州防衛局が、夜間や早朝の航行はしないよう同局が米軍と調整するという内容の協定を結んでいる。今年1、2月の訓練では米軍から市に事前の連絡がなく、市が強く反発していた。
 今回は米海軍佐世保基地の司令官から、杉沢泰彦市長に事前に概要が知らされたが、市の担当者は「夏が近づくと、日没の時間も遅くなる。夜間訓練が常態化しては住民生活に支障が出かねない」と話した。【浅野孝仁】


性教育への都教委指導、「不当介入」と抗議 教職員ら 【朝日新聞】2018.04.02
 ○東京都足立区立中学校であった性教育の授業を、都教育委員会が「不適切」として区教委を指導するとしている問題で、性教育に取り組む教職員や医療関係者らでつくる「“人間と性”教育研究協議会」は2日、「都議と都教委の教育への不当介入に強く抗議する」とする声明をまとめた。
性教育授業を都議が問題視、都教委指導へ 区教委は反論
 授業は3年生を対象に3月に実施。産み育てられる状況になるまで性交を避けることや、正しい避妊の知識などを伝えた。その後、自民党の古賀俊昭都議が授業を問題視し、都教委が調査。都教委は中学の保健体育の学習指導要領に記されていない「性交」や「避妊」などの言葉を使った点を「不適切」としていた。
 声明は都教委について、「人権教育としての性教育を問題視し、抑圧しようとしている」と批判し、区教委への指導の中止と現状を踏まえた性教育の推進を求めた。(塩入彩)


東京労働局長が謝罪「非常に不適切な発言で申し訳なく思う」 【NHK】2018.04.02
 ○東京労働局長が記者会見で「皆さんのところに行って是正勧告してあげてもいいんだけど」などと発言したことを受け、野党5党の国会議員は2日、局長と面会しました。局長は「非常に不適切な発言で申し訳なく思う」と謝罪しました。
 厚生労働省東京労働局の勝田智明局長は、先月末の記者会見で、労働局が去年12月に野村不動産の社長に対し、裁量労働制を不正に適用していたとして特別に指導したことを問われ、「何なら皆さんのところに行って是正勧告してあげてもいいんだけど」などと発言しましたが、その後、撤回し、厚生労働省の蒲原事務次官から口頭で厳重注意を受けました。

 こうした中で、立憲民主党など野党5党の国会議員は2日午後、東京労働局を訪ね、勝田局長と面会し、発言の真意などをただしました。
 このあと、勝田局長は記者団に対し、「威圧するような形で受け取られたのは本意ではなく、いろいろなところに是正勧告などが行われていることをわかりやすく説明しようとして言葉が不適切になった。非常に不適切な発言で申し訳なく思う」と謝罪しました。

 東京労働局は去年12月、野村不動産の社長に対して、企業の中枢部門で経営に関わる企画の立案などにあたる人を対象にした企画業務型の裁量労働制を、営業活動などにあたる一般職の社員に適用していたとして、是正を図るよう特別に指導しています。
 希望 山井氏「法案審議の前提が崩れた」
 希望の党の山井衆議院議員は「発言は報道機関への圧力以外のなにものでもなく、日本の労働行政の信用は地におちた。『虚偽データ問題』に続き、報道機関に対する圧力発言があった中で、働き方改革関連法案の審議の前提が崩れていると言わざるをえない」と述べました。
 共産 小池氏「どう喝は言語道断」
 共産党の小池書記局長は記者会見で、「報道機関に対し、行政権限でどう喝するのは許しがたく言語道断だ。『魚は頭から腐る』というが、トップが森友問題で全く責任を取らないような政府のもとで、毒が全身にまわり、政府全体が異常なことになってきている。こういう発言をする厚生労働省に働き方改革を語る資格は無い」と述べました。


「存在しない」イラク派遣の陸自日報が見つかる 防衛相が陳謝 【NHK】2018.04.02
 ○陸上自衛隊をイラクに派遣した際の日報について、防衛省は、これまで保存されていないとしてきましたが、小野寺防衛大臣は2日、陸上幕僚監部で見つかったことを公表し、これまでの対応を陳謝しました。
 小野寺防衛大臣によりますと、見つかった日報は平成16年から18年にかけて、イラクに派遣された陸上自衛隊の現地部隊が報告したもので、延べ376日分、およそ1万4000ページの文書です。

 防衛省が南スーダンのPKO部隊の日報問題を受けて、各部隊などが保有する文書を調べていたところ、2月末に陸上幕僚監部から、衛生部と研究本部に保存されていたと連絡があったということです。
 そして事実関係の確認を進めて、2日の公表になったということです。

 イラクでの活動の日報について、防衛省は、これまで国会の資料請求や質疑に対し「存在しない」と回答していました。

 このため、開示できる情報かどうかなどの確認を速やかに行い、今月半ばをめどに、資料請求のあった国会議員に示したいとしています。

 小野寺大臣は「おわびを申し上げたい」と陳謝したうえで、「情報公開や文書管理は、南スーダンのPKO部隊の日報問題を受けて、再発防止策を実施しており、引き続き指示を徹底していきたい」と述べました。
 防衛省 担当部署に確認も見つからず
 陸上自衛隊のイラク派遣の日報が残されていないと説明してきたことについて、防衛省は、去年2月、国会議員から確認を求められた際、運用を担当する部署に確認したものの見つからなかったためだと明らかにしました。

 防衛省によりますと、その後、去年11月に、公文書の適切な管理を強化するため、陸上自衛隊で改めて調査が行われた結果、運用の担当部署ではない研究本部や衛生部に保管されていたのが、ことし2月までにわかったということです。

 イラク派遣の日報については、去年2月、国会で防衛省に残されていないか問われたのに対し、当時の稲田防衛大臣は「確認したが、見つけることはできなかった」と答弁していました。
 陸自のイラク派遣日報とは
 今回、新たに日報が見つかった陸上自衛隊のイラク派遣は、平成16年1月から平成18年7月にかけて、およそ2年半にわたって行われました。

 イラク南部のサマーワに部隊が派遣され、学校や道路などの施設整備のほか、給水活動や医療技術の指導など、イラク戦争後の現地の復興支援にあたりました。
 サマーワはイラク支援法に基づいて「非戦闘地域」とされましたが、部隊の宿営地やその周辺に13回にわたって迫撃砲弾やロケット弾が撃ち込まれるなど、予断を許さない治安情勢が続きました。
 防衛省関係者によりますと、イラク派遣の日報には、部隊の活動状況や現地の治安情勢のほか、外国の部隊とのやり取りの状況など、部隊の安全な活動に欠かせない重要な情報が記され、東京の陸上幕僚監部などに毎日、報告されていたということです。

 去年2月、南スーダンに派遣されたPKO部隊の日報の取り扱いが国会で議論されていた際に、イラク派遣の日報についても、防衛省に残っているかどうか野党議員から質問が出され、当時の稲田防衛大臣は「確認したが、見つけることはできなかった」と答弁していました。
 イラク派遣当時、部隊の日報は陸上自衛隊の文書管理規則で、保存期間が1年未満とされ、用済み後は破棄する扱いになっていました。

 日報の取り扱いをめぐっては、去年3月、破棄したとしていた南スーダンのPKO部隊の日報が実際には保管されていたことが明らかになり、これを受けて保存期間が10年に延びて、期間が過ぎたあとも国立公文書館に移して保存を続けることになりました。
 自民 二階氏「よく精査し対応」
 自民党の二階幹事長は記者会見で、「詳しい内容は聞いていないが、よく調査をして、精査したうえで対応したい」と述べました。
 立民 辻元氏「故意に隠していたら大問題だ」
 立憲民主党の辻元国会対策委員長は記者団に対し、「日報は、そこで何が行われていたのかを国民に明らかにするもので、故意に隠していたとすれば大きな問題だ。財務省の文書改ざん問題があったので、各省庁が改めてチェックしたのか、出さないとさらに火が広がると思ったのか、内部告発で出てきたのか、私自身も戸惑っているので、あす以降、防衛省にヒアリングしなければいけない」と述べました。
 共産 小池氏「政府ぐるみで隠蔽」
 共産党の小池書記局長は、記者会見で、「改ざん、隠蔽、ねつ造と『何でもありか』というのが率直な印象で、たたけば、ばんばんほこりが出てくる。『政府ぐるみで隠蔽をしてきた』と言われてもしかたがなく、どのような経過で今まで隠してきたのか、国政の根本問題として追及していく」と述べました。
  ★憲法違反から、政府(安倍氏)の醜聞まで、不都合なことは、隠し捲り… 行政歪め、公務員に、パワハラ❕❕ 死に至る病…


イラク派遣の日報存在=政府「ない」と説明-小野寺防衛相 【時事通信】2018.04.02
 ○小野寺五典防衛相は2日、政府がこれまで国会議員に「存在しない」と説明していた陸上自衛隊のイラク派遣部隊の日報が、存在していたと発表した。昨年の南スーダン国連平和維持活動(PKO)日報隠蔽(いんぺい)問題を受けて調査した結果、2004~06年の派遣期間中に作成された延べ376日分、計約1万4000ページが電子媒体や紙媒体で見つかった。
故意に隠したなら問題=イラク派遣日報で野党幹部
 小野寺防衛相は「国会で質問があった中で適切に対応できなかったことは申し訳ない」と謝罪した。学校法人「森友学園」との国有地取引に関する財務省決裁文書改ざん問題と合わせ、政府のずさんな公文書の管理が問われるのは必至だ。
 政府は昨年2月、国会議員からのイラク派遣の日報に関する資料要求に対し、「不存在」と回答。当時の稲田朋美防衛相も同月20日の衆院予算委員会で「見つけることはできませんでした」と答弁していた。
 しかし、陸自の南スーダン派遣の日報を防衛省が隠蔽した問題を受け、同省が改めて調査を実施。今年2月27日、自衛隊を統合運用する統合幕僚監部に対し、陸上幕僚監部衛生部や研究本部(現・教育訓練研究本部)で日報が保存されているとの報告が、陸幕からあった。日報には現地部隊の活動や治安情勢などが記録されているとみられる。
 約1万4000ページの内訳は、イラク復興支援群が作成した319日分、イラク復興業務支援隊が作成した26日分、後送業務隊が作成した31日分。
 統幕への報告から公表まで約1カ月かかったことについて、防衛省は「内容を精査する作業が必要だったため」としている。
 防衛省で取材に応じた小野寺防衛相は「昨年の国会での資料要求や質疑に対し可能な限り探したが、その時点では確認できず、不存在と回答していた」と説明した。(2018/04/02-23:14)






 ◇ 47ニュース[社説・論説] ">47ニュース[社説・論説]
 ◇ 新聞社説一覧">新聞社説一覧




【社説】司法取引6月導入 冤罪防止へ運用慎重に 【中国新聞】2018.04.02


【社説】放送改革案/質の低下を招きかねない 【神戸新聞】2018.04.02
 ○テレビやラジオなどの放送制度の見直しを、政府が検討している。焦点は「政治的公正」を求める放送法の条文撤廃だ。
 ニュース番組がインターネットで発信されるなど、放送と通信の垣根は低くなっている。現状を踏まえてNHKを除く民放に法の縛りをなくし、放送とネットを統合して新規参入を促すのが狙いとされる。
 規制緩和で多様な番組が提供でき、放送・通信の活性化にもつながる-。そう言うと聞こえは良いが、負の側面を考えれば反対せざるを得ない。
 放送法4条は、政治的公正に加えて、事実を曲げず、多角的な論点を提示するよう求めている。法の定めがなくなれば、事実に基づかないフェイク(偽)情報の番組がはびこる懸念が現実のものとなるだろう。
 そうした心配は杞憂(きゆう)とは言えない。1987年に放送の公平原則を廃止した米国では、テレビやラジオが党派色を強め、社会の分断を助長した。その混迷がトランプ大統領誕生の一因になったと指摘されている。
 日本では、放送法の規定を基に、NHKと民放各社でつくる第三者機関、放送倫理・番組向上機構(BPO)が放送の在り方を検証している。国や政治家の干渉を排して自主的に問題点をチェックする仕組みだ。
 昨年は、沖縄の基地反対運動を取り上げた東京MXテレビのニュース番組について「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。事実を確認せず反対運動の参加者を番組で誹謗(ひぼう)したと認定した。
 だが、ニュース番組を制作したのは化粧品会社の子会社で、指摘を受け入れず、放送法の及ばないネットで番組を公表している。4条を撤廃すれば、そうした動きがネットだけでなく放送界にも広がる恐れがある。
 今回の見直しは「森友、加計問題を追及する民放報道へのけん制」との見方がある。事実とすれば、規制緩和に名を借りた政権の圧力というしかない。
 一方で、4条は国が放送に行政処分を行う根拠ともされてきた。「放送の自律」を保障する放送法の精神に照らせば、政治的公平性などの実現は今後も自主規制に委ね、政治家や行政の干渉は厳に慎むべきである。


【社説】原発稼働の同意  対象地域拡大は当然だ 【京都新聞】2018.04.02
 ○原発の「地元」とは、どこまでの範囲を指すのか。根本から問い直す動きだ。
 日本原子力発電(日本原電)は、茨城県東海村に持つ東海第2原発の再稼働や運転延長について、東海村のほか、同原発から半径30キロ圏の周辺5市に事前同意を得る、とする新たな安全協定を締結した。
 再稼働に必要な事前了解の対象が、立地自治体以外に広がるのは初めてだ。5市のうち1市でも反対すれば再稼働は不可能になる。
 日本原電と東海村や日立市など6市村と茨城県の協定書は、原発の再稼働に際し原電が6市村に丁寧な説明を行い、実質的に事前に了解を得る仕組みだ。
 東京電力福島第1原発事故の被害は県境を越えて広がった。これを踏まえ、住民避難計画の策定は10キロ圏から30キロ圏に広がった。
 一方で、再稼働に必要な事前了解の権限は立地自治体と道県に限定されている。
 避難計画を作らねばならないほど危険な地域なのに、再稼働に何も言えないのはおかしい。そんな不満や不安を持つ自治体も少なくない。
 京都府や滋賀県にも、福井県の原発から半径30キロ圏内に位置する自治体がある。両府県は事前同意の対象とするよう求めてきたが、協定の内容は異常時の連絡などにとどまっている。
 3月には九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)が、30キロ圏内にある8市町のうち4市が反対したにもかかわらず、再稼働した。
 日本原電と6市村の新たな協定を受け、京都、滋賀だけでなく、各地で同様の安全協定を求める声が高まるのは確実だ。
 国も、原発の「地元」の定義を見直す議論を始めるべきだ。
 もっとも、日本原電にも、ハードルを高めざるをえない事情があった。
 地元の東海村は以前から同意を周辺自治体に広げることを主張していた。原発専業会社の日本原電にとっては、再稼働を望める原発を維持することが最優先の課題となったという。
 事前了解の範囲が広がることに、電力会社は警戒感を強めるだろう。立地自治体の多くは、自らと同様の権限を持つ自治体が増えることには否定的な姿勢を示すとみられる。
 経産省は「東海第2だけの話」との説明を繰り返しているという。不見識である。福島の事故を踏まえれば、当然の要求が、ようやく一部で通っただけではないか。


【社説】生活困窮者支援 改正案/抜本的な対策には程遠い 【河北新報】2018.04.02
 ○今国会に「生活困窮者の自立促進」(厚生労働省)に向けた法改正案が提出され、「無料低額宿泊所」の規制などが盛り込まれた。
 「貧困ビジネス」が社会問題化する中、悪質事業者の締め出しや、困窮者向け支援住宅などの安全性向上が期待される半面、ぎりぎりの環境で住まいを提供している事業者も影響を受けかねない。
 真の意味での自立促進は道半ばと言っていいだろう。
 「無料低額宿泊所」は、通常の賃貸住宅への入居が難しい生活保護受給者らの受け皿として、各地に設置されている。2015年6月の同省調査によると、自治体に届けられた宿泊所は全国で計約530カ所。東北では宮城県内に25カ所、山形県に1カ所それぞれあった。
 中には生活保護者を集めて、劣悪な環境で収容。生活保護費の多くを搾取する「貧困ビジネス」の温床となっている施設もあった。
 現行では事業開始後1カ月以内に、自治体に届け出ることになっているが、開始後では利用者がいる状況となり、悪質な場合も行政処分をしにくかったという。
 また、消火設備や部屋の広さなどの基準はあるものの、ガイドラインにとどまり、法的な強制力はなかった。
 社会福祉法などの改正により、事業者の届け出を事前制にし、施設の最低基準を定める。
 生活保護法も改正される。日常生活上の支援を必要とする受給者が、一定基準以上の宿泊所に入居し、事業者から支援を受ける場合、行政が委託費を支払う仕組みも創設される。
 ただ、全てが法律で規制できるわけではない。無料低額宿泊所は、無届けの施設が届け出分を大きく上回るとみられている。本来であれば、「宿泊所」という名称の通り、一時的な施設のはずなのに、改正によって一定基準以上については恒久化を追認しているようにも映る。
 1月に札幌で11人が死亡した自立支援住宅「そしあるハウス」は、宿泊所としても、一定以上の要件を満たす必要がある有料老人ホームとしても、届け出はなかった。
 昨年8月、横手市で生活保護を受けながら社会復帰を目指す精神障害者らが暮らすアパートが全焼し、入居者5人が死亡したケースも同様だ。
 今回の法改正案では、生活困窮者に向けた行政に支援体制の強化なども盛り込まれている。ただ、規制強化で予算や人員が必要になるのでは、ぎりぎりで運営している施設や法人にとってのハードルは上がってしまう。
 制度の隙間に潜っていくような施設が増え、事業者や居住者が公的な支援から遠ざかるようなことがあれば、本末転倒だ。
 実情に合わせ、さらに抜本的に制度を見直すことが必要ではないか。


【社説】放送の規制緩和 短絡的で信頼を損なう 【北海道新聞】2018.04.02
 ○政府の規制改革推進会議が放送事業の見直しを検討している。
 インターネットを含む通信事業と、放送事業との間で異なる規制を一本化する。NHKを除き、番組の政治的公平などを求めた放送法の規制は撤廃するという。
 規制緩和を通じて放送への新規参入を促し、多様な番組を視聴者に提供するのが狙いとされる。
 安倍晋三首相は「ネットテレビは視聴者の目線に立てば、地上波と全く変わらない」「自由なネットの世界に規制を持ち込む考え方はない。であれば放送法をどうするか」と述べている。
 過激な表現や真偽の不確かな情報も流れるネット空間に合わせ、放送の規制を取り払う改革の方向に危惧を覚えざるを得ない。
 そもそも、ネット動画配信サービスと民放テレビ局を同列に置くのは短絡的だ。
 目的とは逆に、むしろ質の低い番組が増えて、放送の信頼を損なう恐れがある。
 焦点の放送法4条は、放送局に「公序良俗」「政治的公平」「事実をまげない」「多角的論点」を守る番組編集を義務付けている。
 加えて、報道、娯楽など番組種類別の編集基準、番組審議機関の設置といった規定も撤廃の対象となっている。これでは、番組制作の基準がなくなるに等しい。
 視聴率目当ての過激な番組やフェイク(偽)ニュースの横行といった弊害が懸念される。
 1987年に公平原則を撤廃した米国では視聴率競争が激化し、党派色の強い放送局も増え、社会の分断を助長したとされる。
 これまで4条の政治的公平は政治が介入する口実となってきた。特に、安倍政権では2年前、当時の高市早苗総務相が電波停止を命じる可能性にさえ言及している。
 にもかかわらず、今度は唐突に4条撤廃が浮上した。あまりにご都合主義ではないか。
 4条はあくまで放送局が自らを律する倫理規範と解するのが通説だ。これを守るためNHKと民放が設立した放送倫理・番組向上機構も機能している。その現実を踏まえるべきだろう。
 放送の規制緩和ではこのほか、番組供給のソフト部門と放送設備を運営するハード部門の分離も検討課題になっている。民放局を事実上解体する内容で、各社が反発するのは当然だ。
 自由競争優先の産業政策を、放送に当てはめるのは乱暴だ。極端な規制緩和は、民放への「威嚇」とみられても仕方あるまい。


【社説】自衛隊組織改編 絶えず検証が必要だ 【東京新聞】2018.04.02
 ○自衛隊の組織はどうあるべきか。情勢の変化に応じて柔軟に改編すべきは当然だが、先月発足した陸上総隊と水陸機動団は役割を果たし、国民の理解を得られる組織なのか。絶えず検証が必要だ。
 一九五四年に陸上自衛隊が発足して以来、最大規模の組織改編だという。三月二十七日に新編された陸上総隊と水陸機動団である。
 陸自はこれまで海自の自衛艦隊や空自の航空総隊のような中央組織を持たず、防衛相が全国五つの方面隊を指揮していた。
 太平洋戦争で旧陸軍参謀本部のような中央組織が暴走した反省などを踏まえ、五人の方面総監に権限を分散したため、とされる。
 陸上総隊は五方面隊を統括し、指揮を一元化する。
 確かに、五方面隊にそれぞれ命令を出すのは非効率ではある。広域での即応が必要な大規模災害や有事では、指揮を一元化した方が機敏に対応できるだろう。ではなぜ、陸上総隊が方面隊ではなく、師団や旅団などの部隊を直接、指揮できる形にしなかったのか。
 かつて首相官邸に置かれた防衛省改革会議は二〇〇八年七月、方面隊など「中間司令部」の在り方を見直すよう提言する報告書をまとめたが、「方面隊は必要」とする陸自の反対で陸上総隊の新設のみにとどまった経緯がある。
 組織防衛のために屋上屋を架すのだとしたら、組織は肥大化し、効率化の理念からは程遠い。陸上総隊が機能的な組織たり得るのか引き続き検証が必要だろう。
 一方、水陸機動団は約二千百人規模で新編され、主として南西諸島などの離島防衛を担う。占拠された島を奪還するため、敵前上陸も想定している、という。
 ただ、機動力が整わない中での発足だ。導入予定の垂直離着陸輸送機オスプレイは安全性に疑問が残り、佐賀空港への配備が難航している。上陸時に使う水陸両用車も納入が遅れているとされる。
 離島防衛の重要性は理解するとしても、外国の領土にも上陸できる米海兵隊のような部隊が専守防衛の日本に必要なのか。米国から高額の防衛装備品を次々と購入することが妥当なのか。
 安倍政権下で防衛費は増加の一途だ。長距離巡航ミサイルの導入はすでに予算化され、「空母」保有構想まである。自衛隊が国民の信頼を得るに至ったのは災害派遣などの地道な活動と、節度ある防衛力の整備に努めたからだろう。組織も装備も、その歯止めを失っては、国民の理解は得られまい。


【社説】道徳の教科化 心を枠にはめぬよう 【東京新聞】2018.04.02







核兵器禁止条約:条約の全文 - 毎日新聞 2017年7月8日

条約文リンク集

国際人権A規約 (正式には、「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」という) 
「国連・人権勧告の実現を!」ーすべての人に尊厳と人権をー ○第16回学習会の報告


【月まとめ】
NNN: 玄海原発 配管に直径1センチほどの穴 4/1
  ★何で、そんな穴が?

ANN: 米韓が合同軍事演習へ 首脳会談前に配慮も 4/1

NNN: 北の非核化「段階的にならざるをえない」 4/1
  ★戦後70年余も、休戦状態にした侭、ノツケ、不信を拭い、信頼を醸成せねば。 アジアの平和は来ない!? 核放棄も

ANN: 立憲民主が全国幹事長会議 枝野代表は新党合流否定 4/1
  ★主権者と共にある、党として、支持する。 中道かなんて、問題ではない。主権者の思いの侭に、だ。 議員本位や政党本位は、疑問。

ANN: タイ・タクシン元首相ら日本訪問 現政権を批判 4/1

佐川氏証言 「納得できない」72% 共同世論調査 【毎日新聞】2018.04.01

文書改ざんへの怒り、地方議会も 7自治体が意見書など 【朝日新聞】2018.04.01

月3.9万円の奨学金返済、48歳まで… 子ども諦めた
奨学金800万円重荷「父さんごめん」 親子で自己破産
「娘が自己破産を」 奨学金400万円、定年の父が返還
  ★naverまとめ【驚愕】奨学金を返済している人々の生活が悲惨すぎる・・・・
 ○大学の授業料を補うために多くの学生が利用するのが、「日本学生支援機構」(旧育英会)の奨学金制度。他の教育ローンと比べても低い金利で借りることができることで、昔から活用されている。
 ○卒業後に奨学金の返済が始まるが、実は返済の滞納が33万人で1998年と比べて、約2倍ほど増えており、社会問題として近年注目されている。
 ○人によっては、700万近くの奨学金の返済が必要で社会に出てから本当に苦労した生活を送っています。ネットで見つけた奨学金を返済する生活をまとめてみました。
  ★奨学金の返還生活は本当に苦しい・・・

ガザ大規模衝突、米が安保理声明の採択阻止 【AFPBB】2018.04.01
  ★唯一の超大国が、声明案を握りつぶした!?か。イスラエルの為に。 アンフェア、人道にも悖る

大学での軍事研究反対 学術会議声明1年で集い 【しんぶん赤旗】2018.04.01

共謀罪をブッ飛ばせ 東京で行動 野党と市民 危険を指摘 【しんぶん赤旗】2018.04.01

安倍政権へ 沖縄から「怒」 森友、辺野古…300人抗議 【琉球新報】2018.04.01

【社説】[ひめゆり 次代へ]非体験者が継承の要に 【沖縄タイムス】2018.04.01

【社説】水俣病補償判決 制度との溝埋める努力を 【熊本日日新聞】2018.04.01

【社説】森友問題と憲法 誰のために奉仕するのか 【西日本新聞】2018.04.01
 ○霞が関はもちろん、永田町で国政に関わる人たちに素朴に問いたい。そもそも憲法を読んだことがあるのか。
 すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない(15条)-。この大原則は、国家公務員法や地方公務員法でも明記されている。
 安倍晋三首相ら閣僚、衆参両院議員らも特別職の公務員である。公益に反して特定の個人や組織のために奉仕することは、「違憲行為」である。

【社説】【再稼働の同意】30キロ圏まで広げて当然だ 【高知新聞】2018.04.01
  ★否、否、福島原発事故当時、米政府は、自国民に、60キロ、100キロの避難を要請した… 30キロでは、不十分!?

【社説】働き方改革法案提出へ 労働改悪は撤回、仕切り直しを 【愛媛新聞】2018.04.01

【社説】昭恵氏喚問要求 真相解明に欠かせない 【徳島新聞】2018.04.01

【論説】有期雇用の無期転換 新しい労働観を持ちたい 【福井新聞】2018.04.01
 ○【論説】パートや契約社員など、非正規で働く人の福音になるだろうか。「無期転換ルール」である。期限のある雇用契約を更新しながら5年を超えて働くと、無期雇用への転換権を得られる。その運用が4月から始まった。

【社説】自民総裁選/「安倍政治」の是非が論点だ 【河北新報】2018.04.01
 ○雲行きが一気に変わってきた。「無風」とみられていた9月の自民党総裁選だ。

【社説】種子法廃止 道条例制定が不可欠だ 【北海道新聞】2018.04.01
 ○戦後の食糧難時代の1952年に制定され、稲、麦、大豆の原種の生産や優良品種を決める試験を都道府県に義務付けた主要農作物種子法が1日に廃止される。

「核なき世界」に日本が異論 米NGOアナリストが証言 朝日新聞 4/1
 ○「核兵器なき世界」を掲げるオバマ米政権が2009年に発足した当初から、日本政府が米国の核兵器は必要だと米側に強く訴えていたことがわかった。中国や北朝鮮に対抗するため、核軍縮よりも米国の「核の傘」への依存を優先し続ける日本政府の姿勢が浮き彫りとなっている。
 核軍縮や温暖化など地球規模の…
  ★拒絶する! 恥を知らない、な。 核放棄は、おろか、戦争放棄を宣言した国が。偶々の政府(安倍政権ら)が、遺恨に従い、反逆するとは。

NNN: 金委員長“東京五輪へ北選手参加に前向き” 3/31

ANN: 「禁止の放射線」“認める”文書が… 旧優生保護法 3/31
 ○20年余り前に廃止された旧優生保護法。障害者などに対して強制的な不妊手術を認めていましたが、当時の法律でも禁止されていた放射線を当てる不妊手術を学術目的なら認めるとした文書が保管されていたことが分かりました。
 くわしくは動画で…

TBS: 旧優生保護法で強制的に不妊手術、全国で弁護士による電話相談 3/31
 ○旧優生保護法の下、強制的に不妊手術を受けさせられた人などを対象に、弁護士による一斉電話相談が全国で行われました。
 強制不妊手術に関する電話相談は、全国17か所で、30日朝から行われました。全国で合わせて30件以上のの電話があり、およそ半数が不妊手術に関する相談だったということです。

ANN: 善光寺・小松貫主ついに解任 天台宗トップから辞令 3/31
 ○長野市の善光寺大勧進は、住職である小松玄澄貫主が天台宗のトップから31日付で解任されたと発表しました。

TBS: 2045年には東京以外の全道府県で人口減少、国の研究所が推計 3/30
  ★悲観的に過ぎるかもしれぬが、この数字は、政府の希望的観測に、傾き過ぎているような… 1億人の大台を死守!?したいのか。

NNN: 文在寅大統領、中朝首脳会談の説明受ける 3/31

NNN: 蒸気漏れ玄海原発3号機 発電停止し点検へ 3/31
 ○ 来月24日に予定されていた3号機の営業運転開始は遅れる見通し。

玄海原発 蒸気漏れ 営業運転移行スケジュールに影響 【毎日新聞】2018.03.31

NNN: 妊娠・出産 高校が退学勧め…2年で32人 3/31
   ★邪魔者扱い!?か フォローなし!?

ロシア 外交官追放、計25カ国に さらに4カ国追加方針 【毎日新聞】2018.03.31

「権力に対し行政脆弱に」前川氏、森友問題の集会で講演 【朝日新聞】2018.03.31
 ○学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却や財務省の公文書改ざん問題を追及する集会が31日、大阪府豊中市内で開かれ、約1400人が参加した。前文部科学事務次官の前川喜平氏は「一極集中している権力に対し、行政機関が脆弱(ぜいじゃく)になっている」と指摘した。

「再雇用制度」見直しの声も 賃金1/4違法判決が確定 定年で賃金格差が実情 [福岡県] 西日本新聞 3/31
  ★75%カットとは、強欲にも程がある‼‼ 人口もそうだが、労働人口も減少して行く…
 しかも、最低賃金を遥かに下回る申し出、激怒され(席を立っ)たのだろうけれども。それでも、一里塚的な勝訴という素晴らしい業績を残されたことは、間違いない。この会社に、恋々としても、いいことはないような気は、します。

パレスチナ デモ継続「5月15日まで」 衝突激化が懸念 【毎日新聞】2018.03.31

厚労省 後期高齢者 平均保険料、月5857円 【毎日新聞】2018.03.31

25知事「国が補償検討を」 優生手術で全国アンケート 【東京新聞】2018.03.31

決裁文書書き換え 厚労省で過去2件 政府答弁書 東京新聞 3/31

陸自第8師団が「機動師団」に改編 南西地域の防衛力強化 【NHK】2018.03.31
  ★ほんと、やりたい放題!?

維新党大会 「憲法改正議論を主導」の活動方針決定 【NHK】2018.03.31

米空母艦載機が岩国へ移駐完了 60機、極東最大級の航空基地に 【東京新聞】2018.03.31
  ★我が物顔!?

IOC、東京五輪で合同入場提案 南北にバッハ会長 東京新聞 3/31
  ★妄想だけど、朝鮮半島に、戦争状態が解消できたなら、いずれ、日本人より、人口が増えるのではないか、と思っている。 日本も、戦後は、平和となり、貧乏だったが、人口爆発(団塊世代)したのだから。

東電、原電支援を決定 国管理下の援助に批判も 【東京新聞】2018.03.31

東京労働局長が記者に「脅し」発言 「是正勧告してもいい」 【東京新聞】2018.03.31
 ○東京労働局の勝田智明局長は三十日の定例記者会見で、参加したマスコミ各社の記者に「何なら皆さんの会社に行って、是正勧告してもいいんだけど」と脅しとも取れる発言をした。局長は直後に発言について謝罪した。

北、東京五輪「必ず参加」 正恩氏、IOC会長と会談 【東京新聞】2018.03.31

動画:ガザ大規模衝突で15人死亡、1400人負傷 ドローンで催涙ガス投下も 【AFPBB】2018.03.31
 ○【3月31日 AFP】パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)の対イスラエル境界線付近で30日、ガザ住民数万人によるデモ行進が行われ、参加者の一部がイスラエル兵と衝突し、パレスチナ人15人が死亡、1400人余りが負傷した。同地区で1日に起きた衝突としては2014年のガザ紛争以来最悪の規模となった。
  ★人非人

【社説】米軍訓練空域拡大 民間機を最優先すべきだ 【琉球新報】2018.03.31

【社説】[原発事前同意] 対象範囲拡大は当然だ 【南日本新聞】2018.03.31

【社説】放送制度改革 偏重番組が台頭しかねない 【熊本日日新聞】2018.03.31

【社説】年金給付ミス 失態を何度繰り返すのか 【西日本新聞】2018.03.31
 〇なぜこれほど、不祥事を繰り返すのか。日本年金機構には、老後の大切な支えとなる公的年金の運営業務を担う責任感も資格も欠けている-と言わざるを得ない。
  ★コロコロ変えて、人で、エラーの機会を増やすべきではない。

【社説】【後半国会へ】森友解明こそ最優先だ 【高知新聞】2018.03.31

  ☆彡【月まとめ】、最下段に移しました。

【月まとめ】
【2018年 3月度】 今日のトピックス Blog3/31: 旧優生保護法で強制不妊手術、「禁止の放射線」迄“認める”政府 「当時は合法」と強弁??? 人権違反は明白 憲法違反の法律は端から無効=法の支配、正しく厳守!
【2018年 2月度】今日のトピックス Blog2/28: 9条改憲、何を考えているか分からない、アベノミクスは行き詰り=福田元首相 私は、人権尊重、国民主権、平和主義を支持! さて、裁量労働制放棄はいいが、安倍氏、後何をするつもり???
【2018年 1月度】今日のトピックス Blog1/31: 自衛官の安保法違憲訴訟 東京高裁、「安全保障関連法が成立したことに照らし」訴えの利益認め、審理やり直し命じる 愈々、安保法の憲法審査が始まる!? 安倍政治の偏頗、侮り、驕りの御蔭か
【2017年12月度】今日のトピックス Blog12/31:大晦日 ’17回顧 基地被害 政府は住民保護を放棄 核兵器禁止条約・平和賞受賞 核なき世界への弾みに! 平和、人権を乱すのは『米国第一』「安倍1強」!? 革命・改革は、主権者・国民から
【2017年11月度】今日のトピックス Blog11/30: 憲法・9条支持 安全保障、片や核ミサイル開発に直走り 片や安倍友贔屓に、特例・特区・お手盛、侮り尽くし 彼我の差は歴然! 『安倍1強』を許すなど日本、主権者は正気か 直らないのか

 【了】

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

にこにこ龍

Author:にこにこ龍

 レ・ミゼラブル 夢破れて
 …虎は夜やってくる… 
 あのスーザンボイルさん(あの場面)にご登場願いました。
 …市民中心の青い地球に。ひたすら生存権(自由・人権)を尊重する力強い地球にと、私は希っています。

 ★加藤周一さん
 加藤周一氏講演会(1/7)老人と学生の未来-戦争か平和か

今日のトピックス Blog: 5/20 無戸籍の女性「子に同じ思いイヤ」  ※為政者は呑気
今日のトピックス Blog: 5/21 障害者悲鳴 保険料、一挙3倍も
今日のトピックス Blog: 5/22 トヨタ、「カイゼン」に残業代=QCサークルは業務!

☆日本国憲法が創り出した価値(「井上ひさし講 演の夕べ」から)


FC2 Blog Ranking
<



現在の閲覧者数:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
現在の閲覧者数: