FC2ブログ
FC2 Blog Ranking
2019-11-18

11/18: 覆面禁止は違憲=合理的必要逸脱、香港の高裁が初判断 香港政府は、上訴など対抗策か 中国メディアは黙殺。 違憲判断が確定しそうなら、中国政府は何と!? 知恵を出すなら、今、此処で  強攻策一辺倒は、中国政府にも得ではない!?

  謹啓、幣ブログの構成は、概略①動画ニュース ②「護憲+」グループのブログ ③市民メディア・ブログ・twitterの紹介、 ④当日の新聞記事 ⑤当日の新聞論説・社説紹介 ⑥当月1か月分の記事・社説 末尾に、1年の各月の累積、以上です。

「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十七期に入りました 8/1 (笹井明子)
 〇2003年6月に、「政治に責任を持ち、これからはだまされないぞ、と自覚をもって集まろう」という、なだいなださんの呼びかけで誕生した「バーチャル政党・老人党」の中で、当時の自民党政権が打ち出した、憲法の基本理念「国民主権、基本的人権、平和主義」を否定する自民党改憲草案に危機感を抱いたメンバーが集って、2004年1月に「老人党リアルグループ・護憲+」は発足。2019年8月1日より第十七期(*)に入りました。

 この間私たちは、先の大戦という現憲法の歴史的背景と、憲法の基本理念「国民主権・人権・平和」や根本原理「立憲主義」の大切さを広く伝え、憲法が政治に真っ当に反映される社会を実現したいと願って、ホームページやブログによる情報・メッセージ発信、学習会・意見交換会の開催など、多岐に亘る活動を展開してきました。…

マスコミ電話番号 新聞社 放送局 官庁
 ★2017衆院選:朝日新聞デジタル
「護憲+」ブログ: 国会議員いちらんリスト 2017-06-03 (コナシ&コブシ)
 〇衆議院475名と参議院242名の国会議員は、私たち国民の代表者です。

 Yahoo!ニュース 動画【日本テレビ系(NNN)テレビ朝日系(ANN)TBS系(JNN)フジテレビ系(FNN)】 等
 ・WEB特集 ババ引かされたのは受験生だ! 英語民間試験 なぜ国は推進した 11月7日 20時15分
 ・幼保無償化の波紋…「私、保育士辞めます」 11月15日 21時00分

 ・香港 大学周辺で激しい衝突相次ぐ 多くの若者拘束19時06分
 ・ヤフー・LINE経営統合 会見「世界リードする企業に」11月18日 18時57分
 ・「桜を見る会」野党側追及チームが追加の質問状18時44分
 ・「覆面禁止」は基本法違反 香港の裁判所が判断示す  11月18日 18時24分  ★憲法違反のジャッジ❕❕ 香港政府は良いとして、三権分立をしらない中国は何とする??? 
 ・織田信成さん トップ選手指導の濱田美栄コーチを提訴18時09分
 ・「桜を見る会」 首相“前日の懇親会は領収書発行せず” 11月18日 12時48分

 ・新潟 20歳女性殺害、手配の男逮捕 コンビニが通報 11/18(月) 18:23
 ・他人のカード情報で家電購入、空き部屋で受け取ったか 11/18(月) 17:50
 ・「金党委員長が軍の降下訓練を視察」北メディア報道 11/18(月) 17:49
 ・北朝鮮 拉致被害者・松本京子さんに「手厚い医療」との情報 11/18(月) 17:48
 ・教師“サービス残業”常態化、“働き方”新法案に反対の声 11/18(月) 17:11  ★サービス残業など、絶滅を。
 ・“GSOMIA破棄”支持が55% 韓国 11/18(月) 17:13   ★安全保障上、信頼できない国と(ホワイト国外し)侮辱されて譲歩できるか!?
 ・五輪マラソン 発着「大通公園」で基本合意 11/18(月) 16:41

 ・香港 デモ隊拠点の大学に警察突入 11/18(月) 10:06   ★警察の乱暴狼藉!人権侵害
 ・米大統領、金党委員長に非核化交渉の加速を促す 11/18(月) 10:05  ★促す?譲歩を要求!? これでうまくいけば何の苦労もない、なかった
 ・全焼した住宅から遺体 1人暮らしの84歳女性か 11/18(月) 9:57
 ・ヤフーとLINEが経営統合で合意 11/18(月) 8:55
 ・岐阜の恵那山に男性遺体 左胸に刃物で刺した傷 11/18(月) 8:02
 ・香港警官隊が大学に突入図る 現場付近に激しい炎 11/18(月) 7:56

孫崎享「今だからみえる原発と日米の関係」

 9.29脱原発国会大包囲空撮?人が溢れた瞬間映像

 

                      ○:記事から引用   ★:コメント  
11月18日分 9:00 実施
「護憲+」ブログ: 幕引きはダメよ! 桜を見る会に思う 11/18 (パンドラ)  | 安倍内閣
 ○この政権はいつもそうだ。

 大臣が支持者に高価な物品を送った。ばれたら辞任して終わり。大臣の妻である議員が選挙中に買収行為を行った。ばれたら辞任。萩生田文科大臣が「身の丈」発言したら、英語の民間試験は中止。

 安倍総理は「任命責任は私にある」なんて言いながら、何人の大臣が辞任しても責任を取らない。

 それで「桜を見る会疑獄」。公費を私的に流用した疑惑が持たれたら中止。「うるせえなあ~! もう中止にしたんだからガタガタ言うな!」という安倍総理の本心が聞こえてきそうな展開になった。

 そして11月17日現在、ニュース速報で沢尻エリカ容疑者が薬物所持容疑で逮捕された、という情報が流れた。嵐の二宮和也結婚のニュースを流しても「桜を見る会」疑惑から国民の目を逸らす事はできなかったから、新しいスピン情報を流した、という人もいる。

 11月18日(月)朝からテレビのワイドショーはそのニュースで持ちきり。雛壇に並んで尤もらしい事を言うコメンンテーターの中には、桜を見る会に参加したタレントの顔もちらほら見受けられる。

 このままうやむやにしてはいけない。本当にこれで支持率も落ちず(それが真っ当な支持率調査の結果だとして)、選挙の投票率も上がらず、皆が政治に興味や関心をなくしてしまったら、この政権は「成功体験」に気を良くして、憲法改定、緊急事態条項 まで進むだろう。

 国民をなめている。歯に衣着せぬどころか、歯から口から嘘と出任せ、国民や国会を舐めきった言葉が溢れだしている。

 三権分立を破壊し、私利私欲とお友達のために税金を使い散らし、社会保障を削減して国民のために少しも税金を使わない政府を、何故国民は支持するのだろう。

 政府はお上ではない。私達国民が雇った公務員なのだ。

 もう一方の公務員である野党がこれらの疑惑を徹底的に追求し、安倍政権を追い落とすまで、野党のお尻を叩こうではないか。沢尻エリカではなく、「尻叩き国民」になって。国会前で声を上げようではないか。

 私達が納めた税金の使い途を明確にせよと。むしり取った消費税は何処に行ったのだと。

 このままで済ませれば、更なる「安倍政権という災害」が私達の生活を襲って来るだろう。

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 雨が降った。生きるのだ 11/18
 ○誕生日の花 ウメバチソウ 花言葉 いじらしい


 今年も残り四十三日になってしまった。忘年会の広告が絶えない。お節料理の広告もある。重箱も三段~五段までいろいろあるようだ。スーパーがあるから 予約しなくても、大丈夫だ。

 昼から予報どおり雨が降っています。個室で ユックリとしているので 雨風は、関係ないが、カーテンを閉じて、

 今日の仕事である ブログ更新をしています。詰まらない ブログを見てくださる方々がおられるので、ありがとうございます。これを力に、今日も生きて、明日に繋げます。



 カテゴリなしの他の記事
 ・今日は天気ですが ネタが無いので 生きていることをお知らせします
 ・今日 土曜日も 先週のように 生きています
 ・雪に負けずに 生きています。
 ・今日も生きています
 ・今日も生きています


 今日のトピックス Blog11/17: 温暖化と災害 危機感を行動に 反省と検討、対策が。広範で甚大被害への対策。温暖化の影響等も。危険な住宅地開発も。 上流・支流での越水氾濫が下流域を襲う、遅れて浸水、又は新幹線基地の浸水、タワマン被害等も看過ならず


イシャジャの呟き: 今日は天気ですが ネタが無いので 生きていることをお知らせします 11/17
 ○誕生日の花 イソギク 花言葉 清楚な美しさ

 ネタが無いので、題のとうり生きています、明日から 書きます。


 カテゴリなしの他の記事

 ・今日も生きています 明日も又 今日のように


 今日のトピックス Blog11/16: アイヌ遺骨返還 謝罪と検証を 共通テスト・記述式に重大な問題 「桜を見る会」法の支配、徹底検証を  大嘗祭への国費支出等 政教分離の議論をもっと 象徴天皇制は、私たち国民の総意に基づく。あるべき姿に 議論を恐れてはならぬ


イシャジャの呟き: 今日 土曜日も 先週のように 生きています 11/16
 ○誕生日の花 ミセバヤ 花言葉 静穏


 先週の土曜日は 外泊で 家に帰って アチコチへ電話していたことを思い出す。朝起きて
 三食採って、いたら 寝る時間が来る。お話しする人もなく、短時間のブログを見て、自分のブログを更新するのが 世間との接点である。今日も 昨日のように生きて 明日へ繋ごう、明日もまた 生きて行きます



 カテゴリなしの他の記事

 ・空き家に3泊して来ました。生きています


 今日のトピックス Blog11/15: ハンセン病家族補償法成立 おわび明記 家族に最大180万円 ハンセン病隔離政策、三権が挙って謝罪&元患者へ補償金支給から十八年遅れ… 理性も矜持もないのか。 桜を見る会 事務所ツアー 首相、際立つ地元優遇 身贔屓、利権漁り!?


「護憲+」ブログ: 映画「i-新聞記者ドキュメント」を観て下さい 11/15 ( 珠 )  | 社会問題
 ○「新聞記者」の映画が面白かったと評判だったが、そのモデルとなった東京新聞の望月衣塑子記者を追う、この映画は、それを超える面白さ…と言っていてはいけないのだろう。正確には、ドラマを超える「怖いリアル」のドキュメンタリー。

 何が怖いかというと、今の政治の酷さ。それが望月記者の追及で炙り出される。他の政治記者はどこに行っちゃったの?という報道の酷さも。

 官邸の記者会見で、望月記者が質問をすると、必ず妨害の声が入る。質問前の事実説明に対し、「質問してください」と言い、「時間です」と言うロボットのような機械的な声がとても不気味。

 辺野古の埋め立てに、海は赤く染まっている。これでは珊瑚は死ぬだろう。赤土は10%という公約が、あの埋立て用の土を見て誰が信じるだろうか。その責任を追及しても、ひたすらはぐらかし、時間だと打ち切る。

 菅氏の「あなたに答える必要はありません」といった回答は、国民に対してあまりにも不真面目・不誠実だ。新聞記者は国民が知りたいことを質問しているのだから。

 森友・加計問題でも、疑惑に対し、安倍首相は「関係ない」の一言で済ませる。今や政治家の犯罪は、追及されずに済むのか?政治家に忖度し、おもねる裁判官と官僚。日本の三権分立は腐敗し瓦解した。
 
 宮古島の自衛隊基地や石油備蓄の真相が島民には知らされずに設置されたことや、伊藤詩織氏へのセクハラ事件の取材と、現地に飛び、目で見て、聴いて、きちんとインタビューして記事を書く多忙な日々が映し出される。

 森監督の取材を邪魔しようと、道路さえ彼を通さない守衛や警官たちも描かれる。日本の「報道の自由」はどこに行ったの?

 望月記者の質問によって、日本の政治の酷さが炙り出されてくる。これはまさに、今観るべき映画。どうぞ皆さん、ぜひご覧になってください。

 ※映画『新聞記者ドキュメント』公式サイト

 「護憲+BBS」「明日へのビタミン!ちょっといい映画・本・音楽・美術」より


イシャジャの呟き: 雪に負けずに 生きています。 11/15
 ○誕生日の花 ミゾソバ 花言葉 純情

 昨日が初雪があったらしい。食べ過ぎかも知れない。腸活が盛んで、今日の”
 ダマコ鍋”も欲深く 食べ過ぎ 腹八分目を改めて思い知る・・・

 漸く ブログ更新に辿り着けましたが、ネタが無し、荒れる天気に負けずに
 今日も 昨日のように生き、明日もまた今日のように生きて行きます。



 カテゴリなしの他の記事

 ・今日も生きていますよ


Tamaの映画生活: 「i-新聞記者ドキュメント」望月記者が炙り出す日本の政治 11/14
 ○ドラマの「新聞記者」のモデルとなった、
 東京新聞の望月衣塑子記者を森達也監督が追う。
 ドラマでは1つの政治事件に絞られていたが、
 これはまさに新聞記者の多忙な日常。

 そして、今の日本の政治状況が炙り出される
 ショッキングなドキュメンタリー。

 「i-新聞記者ドキュメント」 ★★★★★

 物事は現場を見なくては分からない。
 その人に聞かなくてはその人の真意は分からない。
 また、はぐらかされないだけの事前準備、知識、的確な質問、
 時には反論する勇気も必要だ。

 官邸の記者会見で、望月記者が質問をすると、必ず妨害の声が入る。
 質問前の事実説明に対し、「質問してください」「時間です」と言う
 ロボットのような機械的な声。

 辺野古の埋め立てに赤土は10%という公約が、
 あの埋立て用の土を見て誰が信じるだろう。
 辺野古の海は赤く染まって、珊瑚を移すというのはまねごとにすぎない。
 その責任を追及しても、ひたすらはぐらかし、時間だと打ち切る。

 管氏の「あなたに答える必要はありません」といった
 木で鼻を括るような回答。
 新聞記者は国民が知りたいことを質問しているのだから、
 国民への説明を拒否していることになる。
 それに対し、他に質問・追及をする政治記者はいないのか?

 森友・加計問題でも、疑惑に対し「関係ない」の説明で済ませる安倍首相。
 いったい政治家の犯罪は、いつから立証しないことになったのか?
 日本の三権分立は、長期政権の前にひれ伏し、堕落、瓦解したのか。
 
 宮古島の自衛隊基地や石油備蓄の真相が知らされずに設置されたこと、
 そして、もし事故が起きたらと怯える島民へのインタビュー、
 伊藤詩織氏へのセクハラ事件の取材と、
 目まぐるしい日々が映し出される。
 合間に、まだ幼いお子さんへの関わりも挟まれる。

 森監督が道路を通過することすら拒否しようとする守衛や警官たち。
 この国では何が起きているのか、暗然とさせられる。

 ドラマの「新聞記者」を上回る「面白さ」と言っていいのか。
 むしろ日本の「報道の自由」「表現の自由」を失いかけている、
 いや既に失ってしまったのかという恐怖を
 ひしひしと感じるドキュメンタリー。観て下さい。

 #i-新聞記者ドキュメント#新聞記者#望月衣塑子#森達也#ドキュメンタリー#辺野古#伊藤詩織#籠池夫妻#森友学園#加計学園


 今日のトピックス Blog11/14: 愛知トリエンナーレ妨害、男に有罪 京アニ事件を示唆「悪質」―名古屋地裁 ★模倣犯、お追従者…名古屋市長、文科大臣 補助金後出し・不交付、「幸福の科学大学」再申請 内閣府「桜を見る会名簿は5月9日廃棄」 恥知らずな安倍一味!?


「護憲+」ブログ: 「戦後史ウォッチャー」との出会い 11/14 (名無しの探偵)
 ○日本の「戦後史」を見直している私ですが、日本の現代史家は総じて(一部を除く)ステレオタイプの見方でお茶を濁していることが最近の本でも分かります(注1)。

 つまり、図式的で、実証性が欠如し、「戦後」という時空間の緊張感が無いということです。

 敗戦直後の惨憺たる日本の都市の状況を、都市生活者の生き死に(サバイバルをかけた生活の過酷さ)に寄り添う感覚が全くない「他人事」の歴史であるということです。

 このような敗戦直後の状況の中で、「東京裁判」が開廷されましたが、この軍事法廷には大きな謎がつきまとっています。

 実は天皇の免責と731部隊(石井部隊とも)の免責が大きな謎でしたが、これらは主に常石敬一教授や作家の青木富貴子氏の調査(注2)で現在はかなり明らかになっています。(天皇の免責は相当数の著書があります。)

 さらに前のコラムでも触れたように安倍首相の祖父岸信介を代表として、おびただしい数の「戦犯容疑者たち」が極秘裏に免責(アメリカによるもの)され、巣鴨プリズンから出所していたことはあまり明らかにされていません。これは歴史家の怠慢です。

 以上の事柄は今回コラムの主要なテーマではありません。今回コラムのテーマは、私が実際にお会いして指導を受けた弁護士の仕事(ワークス、業績)に関してです。

 今から10年以上前に故遠藤誠弁護士とお会いしました。遠藤氏は平沢貞通死刑囚の最後の弁護人でした。

 平沢死刑囚は帝銀事件の犯人容疑で死刑宣告を受けましたが、これといった物証もなく、また動機も見当たらないという不確かなものでした。毒殺を免れた目撃証言からも程遠い人物であり、当時は有名な日本画家(横山大観の直弟子でした)だったことからも、「帝銀事件」の犯行手口から最も遠い犯人像の人物です。(帝展無鑑査の有名画家が銀行員多数を毒殺することは想定外です。)

 これらの平沢画伯冤罪の証拠と論理は、遠藤弁護士の著書「平沢貞通と帝銀事件の全貌」に詳しく描写されています。(その全貌を知りたい方は同書に直に当たってください。)

 遠藤誠弁護士は10年以上前に病気で亡くなりました(享年72歳)。遠藤弁護士との出会いと自伝などの著書から、その中で私に告げられたことはすべて「遺言」であったと、今は思っています。

 遠藤誠弁護士は帝銀事件の真犯人が帝銀事件で犯行に使用した青酸化合物の鑑定を常石教授に依頼しています。そして、遠藤弁護士と常石教授は、平沢画伯が犯人ではなく、真犯人は731部隊の軍医か部隊の技師の中にいる、と「犯行手口」(これは長くなるので割愛します)から割り出しています。

 実際に、当時の警察(捜査官数名)は平沢に犯行は無理だとして、731部隊や登戸研究所の部隊の軍医や技師たちを捜査線上でマークして逮捕直前であったことも、今は明らかになっています(常石教授の著書に書かれています)。

 それではなぜ、731部隊の軍医や技師が逮捕されず、あまり関係があるとは思えない有名な日本画家(テンペラ画)の平沢氏が有罪とされ、死刑判決を受けたのでしょうか。その解答は東京裁判の「中」にあります。(注3)

 結論から言うと、731部隊を東京裁判では戦犯にしない、免責する、とアメリカと731部隊のトップである石井中将との密約があり、その免責条件として731部隊が戦時中に開発した細菌兵器の全資料をアメリカに引き渡すこと、となっています。

 こういう密約が存在し、実際に東京裁判が開廷中に、「帝銀事件」が起こり、警察が731部隊や登戸研究所の軍医や技師を容疑者として引っ張るということになれば、「東京裁判」からの免責は国際法廷という裁判の性格上、おかしいという世界の世論の注目を浴びてしまう。つまり、731部隊の中に「帝銀事件」の真犯人がいては「都合が悪い」ことになってしまいます。

 それで、GHQは日本の警察に待ったをかけたのです。これが平沢死刑囚が有罪になったからくりです。

 そして、奇妙なことに平沢死刑囚は死刑の執行を受けずに長寿を全うしています。このことは日本政府の閣僚(法務大臣など)が平沢が真犯人ではないことを知っていたからにほかなりません。

 今回のコラムは遠藤誠弁護士との出会いと別れ(葬儀に参加しました)に触れましたが、次回は弘中惇一郎弁護士との出会いに関して記述します。

 注1保坂正康他有名作家著「戦争とこの国の150年」山川出版社2019年刊行
 注2常石敬一著「謀略のクロスロードー帝銀事件捜査と731部隊」
 青木富貴子著「731」新潮文庫
 注3粟屋憲太郎著「東京裁判への道」講談社学術文庫

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 今日も生きています 11/14
 〇誕生日の花 ダルマギク 花言葉  打たれ強い

 今日は、朝から 天気は荒れている模様だ。窓打つ風がガラス越しに感じられた。
11月生まれ三人の誕生会があった。カラオケは歌ができないので ブログ更新をしています。

 夜半からは降雪になるらしい。菊の季節も終わって 冬が来た。「桜を見る会」が、来春は見送りになるらしいが、俺は 向かいの桜の満開を見るのを楽しみに、生きて行きます。

 3時からは大相撲が始まります。ごごナマの吉幾三の番組も 東北なので 訛りが似ているので楽しかった。明日も生きて行きます。



 カテゴリなしの他の記事

 ・今日は天気だ 生きて生きます


Tamaの映画生活: 「マイ・フーリッシュ・ハート」チェット・ベイカーの死の謎 11/14
 ○チェット・ベイカーの名前は、ジャズに親しまない私でも知っている。
 彼は1988年5月13日の午前3時に、
 アムステルダムのホテルの窓から転落死。

 「マイ・フーリッシュ・ハート」 ★★☆☆☆

 場末のホテルの男の転落現場に駆け付けた
 刑事ルーカス(ハイス・ナバー)は、
 見上げた窓に人影を見る。自殺か、事故か、事件か。
 部屋の中には、ヘロインの注射器と、トランペットが転がっていた。

 高名なジャズミュージシャンのチェット・ベイカー(スティーブ・ウォール)と
 知ったルーカスは、チェットの足跡を調べようと、彼の知人達を訪ねる。
 マネージャー、医師、恋人、ルームメイト…。
 そこで語られる、チェットの様々な側面が浮かび上がってくる。

 ダークな黄色っぽい映像で、彼の最後の辛い日々が描き出されていく。
 ミュージシャンでもあるスティーブ・ウォールは、チェットを演じるに当たり、
 トランペットの指使いを練習したらしい。実際の演奏はルード・ブレールス。

 チェットの転落の人生を、刑事が自分の人生と
 重ね合わせるようなシーンが続くが、
 もっとチェットに焦点を当てても良かったのではないだろうか。
 チェット・ベイカーに関心ある人を観客とするのだろうが、
 それには物足りなく無いか。

 チェット・ベイカーの演奏

 #マイ・フーリッシュ・ハート#チェット・ベイカー#ハイス・ナバー#スティーブ・ウォール#アムステルダム#トランペット


 今日のトピックス Blog11/13: 診療報酬、マイナス改定へ !介護や保育も抑制…!? アベノミクスを省み、米中貿易戦争等不安定の中、逆に労働者の処遇改善を図り 日本を、ONE TEAMとし、誰がも、活き活き楽しめる、国内好循環を目指しては ヘイトは駄目


イシャジャの呟き: 今日も生きています 11/13
 ○誕生日の花 ヒマラヤスギ 花言葉 あなたのために生きる

 午後から 防災訓練がありました。走ることも出来ないので、槌をついて 皆が集まっている処に行って 人数を数えられる。訓練は終了しました。三時にオヤツを頂きながら ブログ
を更新しています。


 ヒマラヤスーダは、我が空き家を見守ってくれています。今日も生きていることを確認しました。明日もまた 今日のように生きて行きます。明日から荒れて ☂から 雪に変わるらしい。三時になったので 大相撲九州場所場所を観戦することにしました
、明日もまた お逢いします。



 カテゴリなしの他の記事

 ・間もなく 立冬だ


 今日のトピックス Blog11/12: 消防本部で、消防士逆さづり等3名懲戒解雇。就活面接で「スカートはけ」???。石綿被害 個人事業主救済、国猶渋る。モリカケ&「桜を見る会 」疑惑、ヘイトと裏腹、税金で依怙贔屓。 国作り、日本国憲法から始めなかったから


「護憲+」ブログ: 原子力村の不祥事に見るこの国の腐敗・堕落(1) 11/12 (流水)  | 原発
 ○(1)東京電力経営陣への業務上過失致死に対する東京地裁判決

 2019年9月19日の東京電力旧経営陣に対する業務上過失致死に対する東京地裁判決は無罪。

 わたしは、福島第一原発事故の時、東京電力経営陣の多くを縄付きにしなければ、福島県の人々の無念は晴れない、と書いた記憶がある。

 ところが東京地検は立件を見送り。強制起訴での裁判になったが、案の定東京地裁は無罪判決。

 東京新聞の記事を引用する。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 強制起訴された東京電力の旧経営陣3人に無罪を言い渡した東京地裁判決は、大津波の襲来をうかがわせる試算の根拠の信用性を否定し、「大津波は予見できなかった」と結論づけた。判決は原発の運転を止めなければ事故は防げなかったと認定したが、本当に3人が取るべき対策はなかったのか。

  市民からなる検察審査会が「起訴すべきだ」と判断したことで実現した公判。不起訴のままなら闇に埋もれていた事実が次々と判明し、津波試算を得た現場社員が上層部に対策を迫っていたことが明るみに出た。

  結局、ほぼ試算通りの高さの津波が原発を襲った。旧経営陣が現場社員の警告に真摯(しんし)に耳を傾けていれば、原子炉を冷やすための電源を高台に移すなど次善の策は取れたはずだ。そうすれば原発の運転を止めなくても被害は軽減できたに違いない。

  組織の規模が大きくなるほど、トップら個人の過失責任は認められにくい。トップが事故の危険情報に敏感に反応し、より危機感を持って対応に当たるためには、組織自体を罰する制度の創設も検討すべきではないか。

  判決は東日本大震災以前は社会通念上、原発事故のリスクについて「絶対的安全性の確保までを前提としてはいなかった」と言及した。無罪判決の背景に、安全神話の追認があるとしか思えない。
 (池田悌一)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この判決。二重の意味で、罪深い。
 ① 大津波は予見されていたし、その予見を東電幹部たちは知っていた。(ここまではきちんと立証されている。※安全担当の勇気ある労働者が、事故の三年前に「最大津波15.7M」と言う7予測値が東電経営陣に提示されたと証言していた)

 ◎(判決)大津波の襲来を予見する試算の根拠に疑問を呈し、予見可能性を否定。
 ※万が一のリスクに備えるのが、原子力と言う危険なものを取り扱う経営者の最低限のモラル。それすら認定しない判決。

 ② (判決理由)東日本大震災以前は社会通念上、原発事故のリスクについて「絶対的安全性の確保までを前提としてはいなかった」と言及。
 ●日本国内に原発神話(原発は安全な施設)を振りまいておいて、「絶対的安全性の確保」を前提にしていないなどとよく言えたものだ。「絶対的安全性」の確保ができないなら、原発は廃止すべき、という論理にならないところが、この判決のいやらしいところ。⇒東電幹部の無罪性の証明に使っている。

 こういう屁理屈に近い論理を駆使して、東電幹部3人の無罪判決を言い渡すのが日本の裁判。この判決を受けた福島県民の心情は察しても余りある。

 普通の人間の論理
 (1)福島第一原発の事故がなければ、多くの人が以前と同じ生活を送れていたはず。
 (2)それができなくなったのは、福島第一原発の事故。
 (3)原発は東電の人工的建造物。その運転は、東京電力が行っている。
 (4)だから、原子力施設で起きる全ての事象に全責任がある。
 (5)誰がどう見ても、福島第一原発の事故の東電の責任は免れない。
 (6)東電の責任者は社長をはじめとする経営陣。
 (7)論理の帰結として、経営に責任を持つ東電幹部の責任も免れない。
 (8)ところが今回の判決では、経営陣の責任は認めていない。
 (9)三段論法の最後だけを外す判決を書くのだから、東京地方裁判所の判事は、上記のような無理でアクロバテイックな論理構築を行い、誰がどう見ても屁理屈に近い論理構成で無罪判決を書かざるを得なかった。

 裁判官の「国策への忖度」と言われても仕方がない。こういう判決を書く判事の心の内をのぞいてみたいものだ。

 (2)裁判制度への疑問 

 🔷裁判員裁判制度への疑問と提言
 わたしは、裁判員裁判制度導入の前、「裁判員裁判制度」を導入するのなら、国や県や今回のような大企業などが被告や原告になっているいわゆる「行政訴訟」に限定すべきだと主張した。

 個人を懲役にしたり、最悪死刑もありうる刑事裁判に普通の市民を参加させるのは、おかしな話である。死刑判決を下すとなると、その精神的重圧は半端なものではない。もし、それが冤罪だったとするならば、その後悔は一生ついて回る。普通の市民にそんな重圧を課すのなら、それこそプロの裁判官など必要ないことになる。

 🔷裁判官の独立の原則
 難しい司法試験に合格したプロの裁判官だからこそ、個人を裁く精神的重圧をはねのけ、「事実」と「証拠」に基づいて冷厳に罪を裁くことが求められる。他者の運命を決定する仕事なのだから、その精神的重圧も半端なものではない。その上に、政治への配慮、上司への配慮、社会的身分への配慮などの重圧を加えたら、「事実」と「証拠」だけに基づいた冷静な裁判が不可能になる。

 だから、裁判官の「独立の原則」が定められ、他者の運命を決定する精神的重圧を考慮して、身分保障も万全。社会的地位も高く、給料も高くなっている。

 その享受する社会的地位や安定した身分保障、給料などの好条件はそのまま。精神的重圧は、普通の市民に押し付けるのでは、つじつまが合わない。しかも、裁判員になれば、仕事を休み、秘密厳守が求められ、一日の報酬(日当)も安い。それでいて、その精神的重圧は半端なものではない。普通の市民にとって、負担だけが重く、得るものはほとんどない。

 ※裁判員制度 日本弁護士連合会 

 ※裁判員の報酬など
  裁判員(候補者)になったら,日当や交通費はもらえますか。もらえるとしたら,いくらですか。
 裁判員制度の給料はどうなってる?報酬は発生するのか

 悪く言えば、犯罪に対する一般市民の処罰感情を利用して、犯罪に対する【厳罰化】の進行を図り、同時に他者を裁く裁判官の【精神的重圧】を軽減するのが、【裁判員制度】の目的だと言えなくもない。こんな「裁判員裁判」制度など、ない方がましと言って良い。

 🔷行政裁判
 行政裁判とは、 国や地方自治体(都道府県とか市町村、東京23区)などが、行政に認められている権限に基づいてしたことについて、その効力を争ったり、行政に対して一定のことをやめさせたり逆にやるように求めたりする裁判。

 原子力問題についてみてみると以下の問題が、行政訴訟の対象。
 (原子力施設が運転するまでの行政処分)  (裁判の形と裁判で審理の対象となる範囲)

 さらに言うと、原子力問題についても、他の行政訴訟(行政裁判)についても、通常の民事訴訟と違って、裁判を起こすこと自体が大変ハードルが高く、簡単には裁判を起こせないようになっている。

 ・・・ 行政の安定を図るためという理屈で、裁判に様々な制限があります。
  まず、多くの場合、いきなり裁判を起こすことはできません。まず行政に対して不服審査の申し立てをしなければなりません。しかも、たいていは処分の通知から3か月以内にしなければその後は申立ができません。それにもかかわらずそれは様々な法律にバラバラに規定されていて非常にわかりにくくなっています。
  裁判も取消訴訟は行政不服審査の結果が出るなどしてから6か月以内に起こさなければなりません。これは従来は3か月でしたが2005年4月から6か月に変更されました。
  裁判を起こすことができる人も限定されています(業界用語で「原告適格」:げんこくてきかくの問題)。裁判を起こすことができる人の範囲については、空港の飛行差し止めを求める裁判と原発裁判によって次第に広げられてきました。
  元になった処分が期間付のような場合、裁判中にその期間が過ぎると裁判ができなくなることがあります(業界用語で「訴えの利益」の問題)。
  このようなことから、行政裁判では、訴えた人が判断を求めている内容そのものを判断せずに、裁判ができないといって門前払いされる場合が少なくありません・・・・

 ※行政裁判の話

 ※行政法規のジャングル

 上記で分かるように、「行政訴訟」それ自体を起こす事が難しいうえに、戦後の【行政裁判】の多くが示しているように、行政を忖度する検察の姿勢。行政を追認する事が多い「判決」がどれだけ国民の心を傷つけてきたか。

 さらに言えば、たとえ一審で行政が敗訴しても、上級審に上告し、長年月の裁判に持ち込み、訴えた普通の国民が精神的にも肉体的にも訴訟費用の面でも負担に耐えられなくなるまで長引かせる。これが、どれだけ、裁判に対する信頼を傷つけているか。

 こういう裁判にこそ、国民の声を生かさなくて、何のための【司法改革】か、と思う。

 「憲法裁判」にもこれと同じことが言える。戦後、笹井さんの報告にもあるような憲法裁判が、全国各地で行われた。自衛隊に一審札幌地裁で違憲判決が出た長沼ナイキ訴訟や、沖縄の米軍用地の強制使用を巡る代理署名訴訟をはじめ、多くの合憲違憲を争う裁判が行われた。

 その多くで裁判所が憲法判断を避ける判決(門前払い)が出されたが、中には長沼ナイキ訴訟のように違憲判決が出される場合もあった。

 ※安保法訴訟、原告敗訴 東京地裁も憲法判断せず


 こういう貴重な憲法判断の記録の約8割が廃棄されたというニュースが流されていた。
 ※東京新聞 憲法裁判記録 8割超を廃棄 自衛隊・長沼ナイキ、「宴のあと」訴訟 検証不能に 2019年8月5日

 安倍内閣の歴史修正主義の思想が司法界にも及んでいることに暗澹とする思いだ。ゴア副大統領ではないが、「不都合な真実」を抹殺しようとする姿勢が、日本の支配体制機構に満ち満ちている。

 このような「行政訴訟」に「裁判員裁判」を導入すれば、国や地方公共団体の敗訴が続出する可能性が高い。例えば今回の裁判。裁判員裁判なら、おそらく東電幹部は、間違いなく有罪になっていただろう。もし、そうなったら、「裁判員裁判」という制度に対する国民の信頼感は全く違ったものになるに違いない。

 行政にとって、それが一番困る。この国では、お上に逆らう行為は、今も昔もハードルが高い。過去の【行政訴訟】は、国や地方自治体が圧倒的に有利だった。その優位性が崩れる可能性が高い。

 それでなくとも、日本の官僚制度は、行政の【無謬性】の原則を崩していない。俺たちは間違っていない、お前たちが間違っている。理由は簡単。俺たちは間違えない。俺たちは偉いんだ、と威張っている。

 【行政訴訟】に「裁判員裁判」を導入すれば、行政の【無謬性】や行政に対する【信頼感】が完全に崩壊する。それだけは避けたい。だから、「裁判員制度」は、刑事事件だけに限定されたのだろう。

 1956年に公開された「真昼の暗黒」(ウィキペディア)という映画があった。今井正監督の作品。この映画は八海事件(冤罪事件)を題材にした映画。弁護士正木ひろし氏が活躍した事件。

 ※八海事件 

 この映画のラストシーンで、被告が「まだ、最高裁がある」と叫んでいた。この当時は、裁判に対する信頼がまだあった。

 現在の裁判、検察、警察などは、ある意味、政治状況の写し絵的状況になっている。現政権の都合を忖度した捜査、逮捕、起訴が行われ、裁判も現政権の方向性に反する判決は出にくい。

 🔷原発訴訟 
 特に原発訴訟に関しては、国の方向性(原発再稼働)に反した判決を出した裁判官は、降格などの「懲罰的人事」を受ける場合が多い。

 上級裁判所勤務の裁判官と下級裁判所勤務の裁判官では、給料が明確に違う。しかも、上級裁判所勤務での赴任地は大都市。下級裁判所勤務は地方の小都市。子供の教育一つでも違いが出る。

 裁判官も人の子。自らの信念に殉ずるか、それとも出世の道を選択するか。ぎりぎりの選択を迫られている。これでは、裁判官の独立などのうたい文句は、絵に描いた餅。

 ※等級別報酬一覧
 裁判官の月給は「 裁判官の報酬等に関する法律」によって決められています。
 等級別の報酬は、以下の通りです。
 •簡易裁判所判事(十七号~一号):23万3,400円~81万8,000円
 •判事補(十二号~一号):23万3,400円~42万1,500円
 •判事(八号~一号):51万6,000円~117万5,000円
 •高等裁判所官庁(東京以外):130万2,000円
 •東京高等裁判所長官:140万6,000円
 •最高裁判所判事:146万6,000円
 •最高裁判所長官:201万円
 参考:e-Gov法令検索-裁判官の報酬等に関する法律

 🔷 裁判官の人事
 ・・・現在、裁判官は、最高裁判所を含む全国598ヵ所の裁判所に約3008人(簡易裁判所判事を除く)。そのうち、最高裁事務総局で司法行政に携わる「裁判をしない裁判官」を除くと、実質、2855人の裁判官で、あらゆる事件を審理し、判断を下しているのである。
  裁判官一人あたりに割り振られる事件数は、年間200件~350件で、単純計算すると二日に1件、ないし2件の割りで処理していかないと消化できない数だ。・・・
 岩瀬達也 -初公開!裁判官の「出世とカネ」こうなっているー

 彼らの人事評価は、基本的にはこの裁判案件をどのように処理したかによって左右される。裁判所用語でいえば、「星取表」と呼ばれる一覧表にまとめられ、個人別に集計される。そして、最高裁判所事務総局の中の人事課で決定される。

 最近は、この人事のありように少しずつ改善がなされているようで、全国の弁護士の評価も取り入れられているようだ。

 ※「評価が高い裁判官と低い裁判官」 ・・西天満総合法律事務所ブログ ・・

 元最高裁判事 瀬木比呂志氏が司法荒廃、司法崩壊を描いた「絶望の裁判所」の内容を読めば、現在の司法の状況が見えてくる。

 彼は自著の中身についてこう語る。「日本の裁判官は、実は、裁判官というより、法服を着た「役人」、裁判を行うというより事件を処理している制度のしもべ、囚人です。裁判官という職業名や洋画などからくる既成のイメージは捨てて下さい。」と。さらにこう指摘する。「困難な判断、言葉を換えれば重要な判断であればあるほど、判断を回避したい、つまり、棄却や却下ですませたい、和解で終わらせたい、そういう傾向が強く出てきます。」
 ・・・・瀬木比呂志氏インタビュー

 そして、彼は、司法の根本的な改革のためには、弁護士等を相当期間務めた人々の中から透明性の高い形で裁判官を選出する「法曹一元制度の実現」しかないと考えている。

 彼の提言に対して様々な意見はあるだろうが、現在の閉塞した裁判官と裁判の現状を変えるには、思い切った根本的なシステム変更しかないと思う。

 かって、日本では、第一審で、国の方向性と反する判決が多く出され、上級審になるほど、国に有利な判決が出た。下級審で国に不利な判決が多く出たのは、形式的でも、国民に対して、「司法の独立」を標榜できる根拠になった。そうしておいて、上級審では、国に忖度した判決を出す。これが、日本における【司法の政治性】だった。

 今や、その【政治性】すらかなぐり捨てた【強権的政治性】が前面に押し出されている。ファッショ体制とはこのような司法と行政が一体化した権力体制を指す。

 このような司法の荒廃、腐敗に対して『法曹一元化』が何らかの歯止めになるのなら、『法曹一元化』を導入すべきだろう。

 以下に瀬木比呂志氏が「論座」に書いた原発訴訟の評論を紹介しておく。非常に参考になる考え方が学べた。

 ●社会通念という言葉で責任を回避した裁判官[1]
 伊方原発3号機運転を禁止した広島高裁の仮処分決定を取り消した理屈
 2018年11月20日

 ●原発稼働差止め回避のため考え出した理屈[2]
 「破壊的被害をもたらす噴火のリスクは無視し得る」という詭弁
 2018年11月28日

 ●科学的で厳密な危険性を恣意的な概念で判断[3]
 分かれた原子力規制委員会の「火山影響評価ガイド」に対する裁判官の判断
 2018年12月06日

 ●良心に従い裁判しているのは「5~15%」[4]
 最高裁による異動など報復への恐れ、問われる裁判所の権力チェック機構
 2018年12月19日

 ●当たり前の常識と正義の感覚による審理を[5]
 戦後日本の負の遺産を象徴する福島第一原発事故、非合理的前提を信じた電力会社
 2018年12月24日


 「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より


Tamaの映画生活: 「スペインは呼んでいる」男2人のおしゃべりグルメ旅 11/12
 ○同じ2人組で、以前にイギリス編の「スティーヴとロブのグルメトリップ」、
 次作に「イタリアは呼んでいる」があり、第3作目ということ。

 「スペインは呼んでいる」 ★★★☆☆

 イギリスで有名なコメディアンのロブ(ロブ・ブライドン)に
 俳優のスティーヴ(スティーヴ・クーガン)から電話が。
 スペインの美食の旅の企画に、一緒に出掛けようという。

 船でスペインに渡り、レンジローバーで、古城などに泊まりながら、
 有名レストランを巡り歩く。その間に、コメディアンでもある彼らの
 有名人の物まねや、映画のセリフ、裏話などの会話が勢いよく続く。
 このおしゃべりがツボに嵌るか嵌らないかで評価が分かれるだろう。

 ロブの奥さんは美人だし、長女も赤ちゃんも可愛い。
 帰宅したロブは、いろいろ悩まされながらも幸せそうだ。

 1人旅を続けるスティーヴは、息子と会えなかったり、
 離れて暮らす妻の妊娠の知らせなど、悲哀の滲むストーリーも。

 ホントに残念なことに、私には会話があまりピンと来なかった。
 知っている映画や俳優の声色などもあったのだけれど、ウ~ン。
 でも3作目ということは、ツボにはまる人も多いということか。

 お料理も、もう1つ。焼いた鰯にレモンとオリーブ油とか、
 チョリソーとか、ミシュランの星のついたバーベキューとか、
 材料が良ければ美味しいに決まっているよね…。
 パンフレットの地図とレストラン案内は、スペイン旅行には役立つか。

 #スペインは呼んでいる#ロブ・ブライドン#スティーヴ・クーガン#グルメ旅#スペイン#ものまね


イシャジャの呟き: 今日も生きています 明日も又 今日のように 11/12 
 ○誕生日の花 ヤクシソウ 花言葉  賑やか

 昨夜は 荒天らしかったが 起きた頃は収まって いました。5時起きて 歯磨き 着替え 体重測定、体温を測れば 7時の朝飯を待つだけだ。入浴を済ませて、昼食を食べました。

 大相撲を見て、飯を食べて寝るだけだけれど、漸くブログも更新できたので それでいいのだ !明日もまた今日のように生きようと思う



 カテゴリなしの他の記事

 ・連休の終わり 生きてゆこう


 今日のトピックス Blog11/11: 長期政権の弊害、前例(・膨張)主義 桜を見る会に後援者らを多数「公私混同だ」 警官よ、市民、主権者を撃つな❕❕ 香港で市民弾圧激化 第2の天安門を危惧する 再現させるか否かは習主席次第!? 茲が思案の為所 我らを驚かせて


イシャジャの呟き: 空き家に3泊して来ました。生きています 11/11
 ○誕生日の花 ミズヒキ 花言葉 慶事

  家に帰って3泊して帰ってきました。持ち物を持ってくため、僅かの時間だけ寄って持ち帰ったりしたので
 、電話が通ぜず、線の繋ぎ方に苦戦、2日目に漸く繋がり アチコチへかけ放題、漸く 気掛かりだったことを8割くらい 用ができた。
 、 
  子が付き添って くれたので、食事も苦戦しながらも、あれこれ食べてみて 自信が付いたようだが?? 過剰にならないようにと、自分に言え聞かせています。 雪を前に空き家でも、見回りの際 玄関から入れるように、除雪器具は 出して来ました。

  空き家に心を残しながら3泊4日の外泊は無事終了し帰ってきました。昨日から 大相撲も始まったので、それを見たり、PSでの遊びをしながら ユックリ、今日も生きて生きます。


 カテゴリなしの他の記事
 
 ・文化の日 今日も生きています


 今日のトピックス Blog11/10: 「全ての生命尊重する社会を」護憲大会 香港警察、銃を向けるな❕❕  宮城・丸森の被災者「寒い」生活破壊…  過労死防止 ハンセン病等差別根絶に国は全力を 核禁止条約発効へ行動を  「全国首長九条の会」結成へ&「9条守れ」


 今日のトピックス Blog11/9: 女性はメガネ禁止? 企業の受付や接客業、飲食店の接客、保育士など 最近の、近眼の知見を無視⁉  「強度近視」になると、将来、網膜剥離や緑内障など、失明する怖れが…  若い世代でも深刻⁉ 知識は、常に更新しよう


「護憲+」ブログ: 安保法訴訟、原告敗訴 東京地裁も憲法判断せず 11/9 (笹井明子)  | 集団的自衛権
 〇***
 安保法制違憲訴訟、原告敗訴 東京地裁も憲法判断せず 11月7日朝日新聞DIGITAL

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法が憲法に違反するかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(前沢達朗裁判長)は7日、憲法判断をせずに原告の請求を棄却した。全国各地で起こされている一連の訴訟で、判決は札幌地裁に続いて2件目。原告側は控訴する方針。
 
 2016年の安保法施行により、憲法前文にある平和に生きる権利(平和的生存権)や人格権が侵害されて精神的苦痛を受けたとして、市民ら約1550人が国に1人10万円の賠償を求めていた。
 判決は「平和とは抽象的な概念で、個人の思想や信条で多様なとらえ方ができる」と指摘した上で、平和的生存権は国民に保障された具体的な権利とはいえないと判断した。
 また、安保法の施行によって「戦争やテロの恐れが切迫し、具体的な危険が発生したとは認めがたい」とも言及。人格権が侵害されたとの訴えも退けた。
 違憲性については、具体的な権利の侵害があったとは認められないとして判断を示す必要はないと結論づけた。
 判決後、原告側の弁護団は会見し、「違憲性の判断を回避し、司法の誇りを捨て去った『忖度(そんたく)』判決と言われてもやむをえない」と批判した。
 安保法制をめぐる訴訟は全国22の裁判所や支部で25件起こされ、原告の数は7700人にのぼる。

 ***
 安保法制判決 司法は本質を直視せよ 11月8日東京新聞社説

 安全保障関連法は「違憲だ」とする集団訴訟で東京地裁は訴えを退けた。ただ合憲とも言わず憲法判断を避けたのは、問題の本質を直視しない表れではないか。司法の消極主義は極めて残念だ。

 二〇一四年に政府は従来の解釈を一転させ、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定をした。それに基づき安保法制がつくられ、一六年に施行された。事実上の解釈改憲であり、大多数の憲法学者から当時、「違憲」「違憲の疑い」と指摘された。
 安保法制は野党や国民からも「戦争法案」と呼ばれ、「戦争ができる国」へと変質しているとの声が上がった。元内閣法制局長官は別の裁判所で「丸ごと違憲」と証言している。
 ・・・
 例えば海上自衛隊の護衛艦「いずも」は事実上の空母に改修され、F35B戦闘機が搭載予定だからだ。これは憲法九条下で保有できないとされてきた攻撃型空母の機能を果たしうる。・・・防衛費も二〇年度の概算要求は約五兆三千二百億円と過去最大規模に膨らむ。
 ・・・自衛隊がいずれ中東地域に派遣され、近くの米軍艦船が攻撃されたら、自衛隊は紛争に巻き込まれる恐れはないか。交戦状態にならないか。閣議決定以来、なし崩し的に事は進み始めている。・・・
 この訴訟の本質は、安保法制に対する憲法判断を迫ったものだ。
 それに応答しない判決は肩透かし同然である。ならば「合憲」と言えるのか。違憲なら止めねばならぬ。その役目は今、司法府が負っている。裁判官にはその自覚を持ってもらいたい。
 ***

 私もこの裁判の原告として行方を見守ってきましたが、当初原告の訴えを丁寧に聞いていた裁判官が途中で交代するなどの動きから、残念ながら今回の判決は「予想どおり」との感想を持たざるを得ませんでした。
 しかし、今回の判決に対し原告団は控訴の方針を示しており、また、安保関連法をめぐっては賠償や自衛隊の防衛出動などの差し止めを求めた集団訴訟は全国22地裁に計25件に上り、裁判はまだまだ続きます。
 今後一連の裁判の中で、三権分立の原則を順守し、政府の顔色を伺うのでなく、独立した司法組織として問題の本質に向き合い、公正な判断を下す裁判所がでてくることを期待して、引き続き、一連の裁判の行方を注視したいと思います。

 「護憲+BBS」「新聞記事などの紹介」より


 今日のトピックス Blog11/8: 2閣僚辞任 首相の任命責任 ◆首相は責任の自覚乏しい◆ 口先だけでは済まされぬ &安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待! 公的イベントを私物化、(票と)政治資金集めに利用 うちわ、香典より重い


Tamaの映画生活: 「残された者-北の極地-」雪と氷の中のサバイバル 11/8
 〇「ゼロ・グラビティ」や「オール・イズ・ロスト」のように、
 孤独に奮闘する映画が好きな人にはたまらないだろう。
 私には、マッツ・ミケルセンも好きな俳優の1人。

 「残された者-北の極地-」 ★★★★☆

 雪と氷ばかりの地で、1人の男(マッツ・ミケルセン)が、
 氷をどかして地表面を掘り出している。上空からのロングショットになると、
 それが白い大地に、大きくSOSの文字になっている。

 彼は何とか無線が届かないかと試みる。
 氷にあけた穴に垂らした釣り糸を手繰り、鱒を釣り上げる。
 そして、亡くなった同乗者の墓を訪ね、壊れた飛行機に戻る。
 全くの孤独の中、ルーティンワークが彼の命を支える。

 1台のヘリコプターに彼は狂喜する。しかし墜落。駆けよると、
 男性は死亡していたが、女性は重傷を負いながらも生きていた。
 傷の手当をし、温かい寝床を譲り、食べ物を何とか与えるが…。

 このままでは女性は死ぬ。どうしても移動しなくては。
 基地の場所は分かるが、そこまでの道は遠い。

 原題はArctic、シンプルに北極圏。邦題も良いと思う。
 それにしても、撮影も寒かっただろうな。

 セリフはほとんどない。出演者は人影を除けば2人だけ。
 ただただ、一面の氷雪の中、ミケルセンの行動を黙々と追う。

 過酷な中での沈着な行動と、命を救おうとする不屈の意志。
 絶望の中「大丈夫だ、一緒に居る」というセリフが胸を打つ。

 ただただ雪と氷の中で、一人の男がサバイバルするだけの話なのに、
 画面から目が離せない。これは映画館で観て!

 #残された者-北の極地-#マッツ・ミケルセン#北極圏#サバイバル#遭難


 今日のトピックス Blog11/7: 異常気象、広域・大災害相次ぐ中、米国のパリ協定離脱等 無責任極まりない  科学者1万人 気候危機宣言「科学者の枠を超えた問題」と提言…  「加計」で首相ヤジ 脛に傷を持つ身、条件反射か 危機的事態と責任を正視せよ


イシャジャの呟き: 今日も生きていますよ 11/7
 〇誕生日の花 シラタマホシクサ 花言葉 純粋な心

 今日も生きています・・・ 今日は午後から 荒れ模様の天気になるらしい。北から
 冬将軍様がやってくるので 首を凋めて 春を待とう。

 今日、子が迎えに来て外泊となるので 2~3日ブログ更新、なりません。
 今日も生きていますよ



 カテゴリなしの他の記事

 ・連休ですね。元気が一番なのだが


 今日のトピックス Blog11/6: 首里城の被害を発表 スプリンクラーなし「法令は順守」? 常識を捨てよ! この言い草?ケチりたい、節約したいか 法の支配は誇り高く、未来志向で スプリンクラー、エレベーター然り、 少子高齢化社会の必需品⁉ 是非もない


イシャジャの呟き: 今日は天気だ 生きて生きます 11/6
 〇誕生日の花 ノコンギク 花言葉 指導

 好天に恵まれ 室内で日光浴&入浴もして気分よし・・・
 午後からは 国会中継、見たくないので、ブログ更新、これが
 終わればチャンネル切り替え国会中継を見ます。

 今日も生きています



 カテゴリなしの他の記事

 ・11月になった


Tamaの映画生活: 「ホテル・ムンバイ」命をかけて客を守った人たち 11/6
 〇皆さんの高評価に、終わる前に行かなくちゃと朝からお出かけ。
 久しぶりに混み込みの電車に乗りました。映画館は10数人だけ。

 「ホテル・ムンバイ」  ★★★★☆

 2008年、インドの大都市ムンバイ(ボンベイ)で起きた同時多発テロ。
 鉄道駅、病院、映画館、ユダヤ教のハウス、外国人の多いカフェ、高級ホテルが狙われ、
 テロリスト集団に、172~4人(外国人34人)が殺され、239人負傷。

 映画はそのうちタージマハル・ホテルをメイン舞台にする。
 ムンバイの浜辺に10人の青年がボートで上陸、
 電話で指令を受けながら、タクシーで街へ散らばっていく。
 突然、駅で、カフェで、銃声が響き人々が逃げ惑う。

 青年アルジュン(デヴ・パテル)は、ホテルの従業員。妻と幼い娘がいる。
 突然、武装したテロリスト集団がホテルを占拠、
 500人以上の宿泊客と従業員がいる。

 料理長(アヌパム・カー)は「従業員は客を守る、
 しかし家族がいるものは残らなくていい。責めはしない」
 その言葉を聞いても、「ここが私の家です」と従業員たち。
 アルジュンも残ることを選ぶ。

 アメリカ人建築家デヴィッド(アーマー・ハミー)と、
 イスラム系インド人の妻ザーラ(ナザニン・ボニアティ)は、
 部屋に残した赤ちゃんと子守のサリーが気掛かり。

 デヴィッドは、危険を冒しても赤ちゃんのもとに行こうと試みる。
 テロリストたちは容赦なく撃ち殺し、爆破し、放火していく。
 怖い、目が離せない。

 料理長の冷静な判断が素晴らしい。
 こんな状況で客の安全を図り、従わせる権威は大したもの。
 豪胆とはこういう人だろう。

 傲慢な女好きのロシア人ワシリー(ジェイソン・アイザックス)が、
 夫と離れたザーラを気遣い守る。

 ターバンを取れと言われたシーク教徒のアルジュンが、
 宗教的な尊厳を客に説き、理解を得るところも胸を打つ。

 アクション映画ならワシリーとデヴィッドに
 超人的活躍をさせるだろうがそうはならない。

 客に電話を掛けることを強いられた受付の女性が、
 怯えながら命を懸けて拒否する。

 等身大の普通の人たちが、恐怖の中でいかに人を守ろうとし、
 務めを果たそうとしたか。
 もしこんなところに居合わせたら私はどうしただろう…と思わせる。

 「お前たちが貧しいのは、異教徒に富を奪われたからだ。
 殺せ、殺して奪い返せ、神が命じている」と、
 アラーの神の名を借りて電話を通じて、
 テロリストの若者を煽り立てるボス。

 脚を撃たれたテロリストの1人が、
 家族に「お金を払ってもらえたか」と確かめる電話が悲しい。

 貧富の差は近年ますます激しくなり、オックスファムの調査によれば、
 ・8人の超富豪と、貧しい36億人の資産は同じ。
 ・上位1%の資産は、残りの人99%の資産を超える。のだそうだ。
 そして月6,000円以下で暮らしている人が20%。約14億6,000万人もいる。

 情報社会は貧富の差を如実に知らしめる。
 それに不満を持ち、恨みを社会にぶつける人もいる。
 ISはそう言った人を組織して「アラー」の名のもとに洗脳し、
 テロの手先に利用する。

 人を殺すという残虐を、こんな若者がするのか。
 許せないし理解も出来ない。
 しかし貧富の差が拡大していく限り、
 社会の安定はますます脅かされるのだろう…。


 今日のトピックス Blog11/5: 「生まれ」で格差、日本の現実 「身の丈」発言に識者…、英語民間試験 導入も延期も「与党で議論がなかった」 三原じゅん子=政権を握っているのは総理大臣だけ 合点、合点⁉ 大災害(被害長期&広域)、国の新保険等は「不十分」


イシャジャの呟き: 間もなく 立冬だ 11/5
 〇誕生日の花  マリーゴールド 花言葉 友情 生きる

 ラジオ深夜便から

 今日もいい天気だ。明日から どうなるか 心配だ 。今年も残り56日だ。8日は立冬だ。
 窓からの日差しを浴びてうたた寝する。テレビは点けて 音量は低く、

 目覚めたのでブログを更新することにしたが、ネタが無い ここから出ないから テレビ
 だけなのに 寝ているから ある訳ないだろう。とにかく 今日も生きているのだけは 間違いない

 今日も生きているのは 確かだ。明日も今日を生きます



 カテゴリなしの他の記事

 ・ハロウィーン カボチャをたべて 今日も生きています


 今日のトピックス Blog11/4: 衆院憲法審、7日開催へ 新藤氏言及「議論恐れないで」??? 自民の常套手段=消化試合化、強行採決を嫌っているだけ。主権者のすなる憲法改正を、無権限の首相が主導、簒奪してよい訳がない。その一味も同罪。 タイムアップ狙い


「護憲+」ブログ: 心に「軽さ」を取り戻す 11/4 (笹井明子)  | 暮らし
 〇『わたしが「軽さ」を取り戻すまで』・・・これは、2015年にパリで起きた「シャルリ・エブド襲撃事件」で、当時シャルリで働いていた風刺画家カトリーヌ・ムリスが、たまたま当日遅刻したため殺害を免れたものの、ショックと恐怖、多くの仲間を失った深い喪失感を抱え、やがてそこから回復し「軽やかさ」を取り戻すまでの道のりを、風刺画家としての技術を使って描いたドキュメンタリー漫画(原作2016年・翻訳版2019年発行)のタイトルです。

 事件の後、カトリーヌは事件のショックと、24時間警護の息苦しさや、国中に溢れる「私はシャルリ」運動への違和感など、大きな苦悩から来る「内面の失神状態」の救済を求めて、美と芸術に触れる旅にでます。

 イタリアのヴィラ・メディチの庭園では彫像に古代の人々の苦しみを感知し、ルーヴル美術館では「メデュース号の筏」の絵に、パリで襲撃にあった自分たちの姿を重ね、イタリア画家で殺人者になったカラヴァッジョの闇を孕む絵に光を見出して、カトリーヌは、絵画・芸術の美によって、心に「軽さ」を取り戻します。

 この本のことを今回想起したのは、日本に暮らす私たちが、今年9月の1か月の間に、2度にわたり大きな台風に見舞われ、大災害の苦しみに遭遇したからです。

 本の序文でカトリーヌの元同僚フィリップ・ランソンは、この事件のことを「自分たちではどうにも太刀打ちできない嵐に巻き込まれたみたい※」と表現していますが、今回日本では多くの人たちが文字通り「太刀打ちできない嵐」に2度も巻き込まれ、家や田畑を失い、いまだに立ち直れない状態が続いています。そして、10月の消費税アップが彼らや私たちの苦しみに追い打ちを掛けています。

 こうした状況下、安倍首相は、国民が直面している厳しい現実には目に見えた反応を示さず、その一方で、天皇即位祝賀行事やラグビーワールドカップなど、華やかな場面には必ず顔を出して、はしゃぎ気味な姿を公けにしています。

 それに加えて、大型台風上陸の警報が出ているさ中の組閣で誕生した新閣僚たちは、次々に失言や不祥事でひんしゅくを買い、国民の命と暮らしを守るべき政権のちぐはぐさ、空疎さが際立って、私たちの不安を増幅させています。

 このところテレビやツイッターなどのSNSでは、あえて他者を貶め傷つけるような言論が跋扈する一方、日ごろ人権や公正を求める人たちの間にも、ちょっとした齟齬や誤解に過度に反応し非難する風潮が広がって、出口のない重苦しさが蔓延しています。

 パンドラさんが「政策的に作られた貧困問題」の中で指摘しているように、『見えない貧しさの中で人々はいろんな事を諦め、我慢しながら生きている。諦めと我慢は無気力を生み、特に若い人達の中に拡がっている』、更に、それが人々の間にネガティヴな感情を生み、時に弱い立場にいるもの同士の攻撃を生んでいる、というのが、日本の現状のような気がします。

 こうした現状下、私たちは主権者として、政治家に対し、今一度社会の安心、安全のために働くことを厳しく求めるのは勿論ですが、それと同時に、個々に生きる人としての私たちは、この嵐の時代を「生き延びる戦略※」として、自分自身の中に「軽さ」を維持する努力をする必要があるのではないでしょうか。

 折しも文化・芸術の秋。せっかくのこの時期に、時に心を静め深呼吸をして、良質な絵画や音楽、あるいは映画や書物に触れる時間を持つ工夫をしたいと思います。自分自身の中に「軽さという重み※」を育むために。嵐の中にあっても、希望ある未来に向かって、力強い一歩を踏み出すエネルギーを蓄えるために。

 (※)『私が「軽さ」を取り戻すために』序文(フィリップ・ランソン(ジャーナリスト・作家))より

 「護憲+コラム」より


イシャジャの呟き: 連休の終わり 生きてゆこう 11/4
 〇誕生日の花 イヌタデ 花言葉  あなたのために役立つたい

 今日も3時になる。テレビアレコレを見て時間が経ってゆく、
 日曜からは大相撲が始まるが 長くの入院で何場所だか、確認しよう。

 面会人が来たが インフルエンザ防止のため 別の部屋で話をする。正月はどうするか 聞かれたが誰もいない家に帰っても寒くて大変だから、どうしよう 考えが浮かばない・・・しようがない

 ボウトして過してしまったので ちこちゃんに叱られるのだろうか ?

 それでも生きて行こうと思った



 カテゴリなしの他の記事

 ・ゆっくり 生きています


 今日のトピックス Blog11/3:文化の日 広域・異常災害には、規模の小さい自治体任せにせず、衆知を集め、政府が全面で、方針・対策・備えを早急に固めるべき 命、安全、ライフライン、交通、農林水産業、生活維持・再建を脅かす、大危難の再来は遠くない…


イシャジャの呟き: 文化の日 今日も生きています 11/3
 〇誕生日の花 キク  花言葉 わたしは愛する

  今日は文化の日、社会に尽くした人々が 表彰されると新聞に載っていた。職業は 様々だが それなりに
 尽くした 人々が 表彰されたのだろう。昔 知り合いが これに該当したと知って「国の誉れ」というお酒を届けたことがあったが、国の誉れでなく、単なる酒好きに届けた積りであったことを思い出す。

 今日は 日曜討論をなんとなく聞いたようだ どちらの 言葉が真実だか 分からない。大学駅伝は青山 最後に 一番になったようだ。のど自慢が 文化の日らしい。
 
 そんな こんなで 何とか生きています。寒くなってきたので 外泊は近い内、?と言うことになるらしい。面会もエンフルインザの関係で ?らしい。近い内、接種を受けることにしているよ


 カテゴリなしの他の記事

 ・ゆっくり生きよう


 今日のトピックス Blog11/2: 個人と政府の差 グレタさん「気候変動で山火事」米LA環境デモに参加、危機訴え スペイン、渡航支援 核廃絶決議、賛成減で採択 国連委 「日本案、後退」と批判 核兵器禁止条約、断然支持!政府は、主権者を裏切るな


「護憲+」ブログ: 政策的に作られた「貧困問題」 11/2 (パンドラ)  | 暮らし
 〇珠さんのコラム「拡大する日本の貧困問題」、具体的数字をあげてのコラムに深く賛同します。

 コラムに書かれていたように、小泉政権の時から派遣での働き方が増え、あれからすっかり定着してしまいました。

 特に私が感じているのは、ここ20年の間に中間層だった高齢者の生活が苦しくなって来た事です。厚生年金+国民年金の人達でも、退職金を取り崩さなければ生活が成り立たない人達が多いようです。

 唯一の資産は家やマンションですが、それすらも都心に近い郊外でも空き家が目立ち、マンションは修繕費も積み立てが底をついて、やらなければならない修繕も儘ならないマンションも多いと聞いています。

 生涯をかけて家や土地を取得し、子どもの教育費に莫大なお金をかけても、その子が新卒一括採用で入社した企業を辞めて転職したら派遣か契約社員。人手不足とは言っても安く使える人が不足しているのです。

 既に銀行等は大規模リストラを企てているという話も聞こえてきます。更に自動車には走行税をかけるとか、銀行も口座維持手数料を取るとか。

 医療分野では、厚生労働省は市町村等が運営する公立病院と日本赤十字社が運営する公的病院の内、不採算な25%超にあたる全国424の病院のベッド数を減らし、再編統合する検討に入ったと新聞が報じていました。

 地域で人の命を守り地域医療を担っている公立病院を、稼働率が低いからと安易に統廃合やベッド数を減らして良いものでしょうか。消費税は何のために増税したのでしょう。

 私達の生活が少しづつ、少しづつ蝕まれて行く。その最初の始まりがあの圧倒的支持率を誇った「小泉政権」だったような気がしてならないのです。

 既に安倍政権は消費税を上げても支持率がたいして下がらなかったから、何をしても国民の支持率は下がらないと奢り、国民を舐めています。

 正にこれは珠さんが書かれたように、政策的に作られた貧困問題です。見えない貧しさの中で人々はいろんな事を諦め、我慢しながら生きているのです。諦めと我慢は無気力を生み、特に若い人達の中に拡がっているような気がして心配です。

 それでも私はできる事を諦めずに続けようと思っています。ネットに書き込む事、ツイッターで呟き、時には同じ意思を持つ人達とデモや集会に参加して、来年も元気に生きて行こうと思ってます。

 「護憲+BBS」「コラムの感想」より


Tamaの映画生活: 「風水師 王の運命を決めた男」 一族の墓の場所が運命を決める… 11/2
 〇占いは信じないし、楽しむならともかく
 影響されるのは馬鹿々々しいと思う方だ。
 また、霊や宇宙人より、
 犯罪や戦争、環境破壊を平然とする人間の方がよほど怖い。

 ただし占いと言っても「風水」は、
 土木・建築的に合理的な納得し得る分があると思う。
 軟弱地盤や、山崩れや、風害や水害等を
 避ける知恵としての風水があるのだから。

 まるで根拠のない風水の話もあるが、この映画の明堂と凶の土地とは、
 身も蓋もない言い方をすれば乾燥地と、軟弱地盤の湿地のようだ。

 「風水師 王の運命を決めた男」 ★★★☆☆

 運気の集まる場所「明堂」を見い出せる天才風水師の
 パク・ジェサン(チョ・スンウ)は、亡き王の墓地を定める議場で、
 重臣キム・ジャグン(ペク・ユンシク)に反対意見を唱える。
 そのために、愛する妻子の命を奪われてしまう。

 13年後、ジェサンは親友ヨンシク(ユ・ジェミョン)と風水鑑定業を営み、
 小さな村の繁栄ために、風水を駆使するなど喜ばれていた。

 一方、キムと息子は王室を牛耳り、王位簒奪を謀る。
 王族の興宣君(チソン)から、キム一族の横暴を知らされたジェサンは、
 妓楼の女将チョソン(ムン・チェウォン)の助けを得て
 キム家の墓を突き止める。
 その墓には大きな陰謀がめぐらされていた。

 そして思わぬ裏切り。
 まさに韓国歴史アクションドラマの世界を楽しめる。

 #風水師#韓国歴史ドラマ#チョ・スンウ#ペク・ユンシク#チソン#キム・ソンギュン


イシャジャの呟き: 連休ですね。元気が一番なのだが 11/2
 〇誕生日の花 アマゾンリリー 花言葉 気品 清らかな心

 個室での生活も二週間となった。入院生活も含めて、四か月となるのだが
 食事が 合うので楽しみだ。

 杖に縋って 歩いていたが 杖、無しでも歩けるようになってきた。外泊もできるそうだから
 楽しみだが、子が来てくれるのだから 安心だろう。食べる練習もしてみたいが 寒くなるので
 外泊は暫くないだろう・・・

 元気が一番だそうだが、元気が出てくるまで気長に待って、今日も生きています。


 カテゴリなしの他の記事

 ・今日も生きています その八


 今日のトピックス Blog11/1: 英語民間試験見送り 遅い決断 混乱必至 「大人の都合ばかり…」  東京五輪 マラソン・競歩 札幌で決着 都知事「合意なき決定」  町議、また韓国への差別的投稿 英語民間試験見送り 24年度実施??? 元凶は誰か


イシャジャの呟き: 11月になった 11/1
 〇誕生日の花 サクラタデ 花言葉 愛くるしい

 とうとう11月になった。去年の今頃は 子供たちが来るのでそれなりに準備をしていたが、こんなことになってしまった。それでも 昨日はカボチャのお化けの彩佳うことができた。

 冬至カボチャは誰も口にしなくなった。日本の行事は忘れてしまい、渋谷では、警察官まで出て酒を飲んではダメだと大騒ぎしている。お化けカボチャも出てきた。食べておいしければ、チンして食べれば美味しい小粒のカボチャを作っていたのだが・・・

 大臣様の更迭が忙しい、名前を脳に刻まない内に変わってしまう。オリンピック
 のマラソンが札幌になった。猛暑でやるより、気候のいい方でやっていいのではないか ?

 カレンダーを1枚めくったら11月、少しでも いい方に向かうように、今日も生きた
 ことに感謝しながら 明日も今日を生きよう。



 カテゴリなしの他の記事

 ・今日も生きている  その七


 今日のトピックス Blog10/31: 【原発のない国へ】 「ストーブ代不支給は違憲」生活保護受給者 <生活保護 これで人が育つ? 安倍政権で続く減額> 憲法、法の支配より身の丈強制??? 外国人の就学 共生へ支援急げ 市民平等が大原則 憲法に還れ






9条の会オフィシャルサイト
「九条の会」メールマガジン (第313号) 発行リスト

☆☆☆ 「九条の会」メールマガジン   2019年11月10日 第313号 ☆☆☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 憲法9条、未来をひらく
<転送歓迎> 転送を受けた方はぜひ右からご登録を http://www.9-jo.jp/  発行者:mag@9jounokai.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━━━━━━━━━┓ ┏━━━━━━━┓
★┃九┣┫条┣┫の┣┫会┣┫ メールマガジン ┃★┃ 第313号 ┃★
 ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━━━━━━━━━┛ ┗━━━━━━━┛
★2019年11月10日発行★     「九条の会」mag@9jounokai.jp★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★憲法9条、未来をひらく★   転送/登録歓迎 http://www.9-jo.jp/★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   <等幅フォント(MSゴシック・MS明朝など)でご覧下さい>
   (「表示」メニュー → 文字サイズ →「等幅」にチェック)
┌────────────┐
 第313号の主な内容 
└────────────┘
■事務局より
◇「全国首長9条の会」結成のつどいへの参加とご協力のお願い
◇<ブックレット>「新防衛計画大綱と憲法第9条」好評発売中
◇「九条の会」リーフレット
◇サイトのトップページ上部に「メルマガ登録」「解除」ボタンを設定
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇宮城マスコミ九条の会(宮城県)、◇9条の会・浜松地域連絡会(静岡県浜
松市)、◇山中比叡平 九条の会(滋賀県大津市)、◇富士見町九条の会(東京
都東村山市)、◇映画人九条の会、◇こまえ九条の会(東京都狛江市)、◇亀山
九条の会(三重県亀山市)、◇植田九条の会(愛知県名古屋市)、◇千住九条の
会(東京都足立区)、◇調布九条の会「憲法ひろば」(東京都調布市)
■編集後記~衆院憲法審査会が開会された
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ☆ 事務局より ☆                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
● 「全国首長9条の会」結成のつどいへの参加とご協力のお願い

<詳細はこちらをクリックしてください>

● <ブックレット>「新防衛計画大綱と憲法第9条」好評発売中

<詳細はこちらをクリックしてください>

●  「九条の会」リーフレット

<詳細はこちらをクリックしてください>
 ★以下、割愛。HPをご覧ください。



今週の一言: 2019年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)">今週の一言: 2019年新年にあたって  伊藤真(法学館憲法研究所所長)
 ○・・・以下、割愛。

伊藤真(いとう まこと)のプロフィール
法学館憲法研究所所長。
伊藤塾塾長。弁護士(法学館法律事務所所長)。日弁連憲法問題対策本部副本部長。「一人一票実現国民会議」発起人。「安保法制違憲の会」共同代表。「九条の会」世話人。
ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会(作品(1)・(2)・(3))代表。
『伊藤真の憲法入門 第6版』(日本評論社)、『中高生のための憲法教室』(岩波書店)、『10代の憲法な毎日』岩波書店)、『憲法が教えてくれたこと ~ その女子高生の日々が輝きだした理由』(幻冬舎ルネッサンス)、『憲法は誰のもの? ~ 自民党改憲案の検証』(岩波書店)、『やっぱり九条が戦争を止めていた』(毎日新聞社)、『赤ペンチェック 自民党憲法改正草案 増補版』(大月書店)、『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業』(KADOKAWA)『9条の挑戦』(大月書店、共著)など著書多数。

今週の一言 バックナンバー">今週の一言 バックナンバー
 以下、割愛 ・・・

You Tube: マガ9学校 第28回 立憲主義と民主主義 〜主権者って何する人?〜 伊藤真さん


◎福島原発事故及び東日本大震災 関連とその後








 大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻
 R_20120901-2010- NHKスペシャル「釜石の“奇跡”~いのちを守る特別授業~」[字] -HL 2-NHK総合・仙台
 特集:3.11 震災・復興 朝日新聞

 

◎ ブログ・市民メディア
 ☆ 老人党
">老人党
 ◎掲示板を利用・閲覧されているみなさまへ
 掲示板の状況が不安定なため、すべての掲示板を一時閉鎖します。
 発信する情報をお持ちの方は、当面の間ご自身のblogやFacebook 等での発信をお願いいたします。
 ご迷惑をおかけしますがご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 -「長生きしてよかった」という社会を築くために -
     - 「強い国」より「賢い国」へ -
 ○【老人党の目的】
 1. 老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2. 世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3. 平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4. 政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5. 老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
なだ いなだ
 常識哲学 ─最後のメッセージ


NPJ動画ニュース: 4 25 辺野古工事中止要求署名 記者会見 4/26

【NPJ通信・連載記事】読切記事“安倍露出”で変質した元号 寄稿:飯室 勝彦


NPJ(公式) ‏ @NPJ_official フォロー中 @NPJ_officialさんをフォローしています その他 イベント情報 5/19 公開シンポジウム裁判員制度の10年ー市民参加の意義と展望ー http://www.news-pj.net/event/78124  18:13 - 2019年5月8日 2件のいいね





老人党「護憲+」 @rojinto_goken 幕引きはダメよ! 桜を見る会に思う 幕引きはダメよ! 桜を見る会に思う - 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ この政権はいつもそうだ。大臣が支持者に高価な物品を送った。ばれたら辞任して終わり。大臣の妻である議員が選挙中に買収行為を行った。ばれたら辞任。萩生田文科大臣が「身の丈」発言したら、英語の民間試験は中止。安倍総理は「任命責任は私にある」なんて言いながら、何人の大臣が辞任しても責任を取らない。それで「桜を見る会疑獄」。公費を私的に流用した疑惑が持たれたら中止。「うるせえなあ~!もう中止にしたんだ... blog.goo.ne.jp 午後5:58 · 2019年11月18日·Twitter Web Client 1 件のリツイート 1 件のいいね


孫崎享のつぶやき: 安倍首相:1人5千円を集金をし、ホテル名義の領収書をその場で手交、郷原信郎(元検事) が斬る:ホテルが、実際に金銭を受領していないのに「ホテル名義の領収書」を渡すことは あり得ない。(参加者より徴収金額とホテル支払いが一致しない時、どうなるのか) 2019-11-18 08:17


郷原信郎が斬る: “桜を見る会前夜祭”安倍首相の「ホテル名義の領収書」説明への疑問 11/16
 ○今年の「桜を見る会」の前日にホテルニューオータニで開かれた前夜祭について、安倍首相は、昨日、「すべての費用は参加者の自己負担。旅費・宿泊費は、各参加者が旅行代理店に支払いし、夕食会費用については、安倍事務所職員が1人5000円を集金してホテル名義の領収書を手交。集金した現金をその場でホテル側に渡すという形で、参加者からホテル側への支払いがなされた。」と説明し、少なくとも2017年分までの安倍総理に関係する政治団体の収支報告書に“前夜祭”の収支について記載がないことについては「収支報告書への記載は、収支が発生して初めて記入義務が生じる。ホテルが領収書を出し、そこで入ったお金をそのままホテルに渡していれば、収支は発生しないため、政治資金規正法上の違反にはあたらない。」と述べたそうだ(テレ朝ニュース)。
この「説明」には、いくつかの疑問と問題点がある。
「ホテル名義の領収書」と代金支払いの関係
最大の問題は、安倍事務所職員が参加者から集金して「ホテル名義の領収書」を渡したとされている点だ。
少なくとも、ニューオータニほどのホテルが、実際に金銭を受領していないのに「ホテル名義の領収書」を渡すことはあり得ない。「ホテル名義の領収書」が渡されたのであれば、その領収書の額面の金額に見合う支払が、安倍事務所職員からホテル側に前もって行われたはずだ。 ・・・


ビビりマンさんがリツイート 前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) @brahmslover 官邸記者よ、アベ首相にしつこく食い下がれ。記者魂を呼び起こせ。いま国民に代わってアベ首相の責任を追及できるのは、君たちしかいない。 午後8:13 · 2019年11月18日·Twitter for Android 1,205 件のリツイート 2,296 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 菱山南帆子 @nahokohishiyama 【拡散希望】今夜です。 あと2時間後! 緊急行動です! 『安倍首相による政治の私物化を許さない!安倍政権の退陣を要求する官邸前緊急行動』 11/18(月)18:30~ 首相官邸前 #1118官邸前緊急行動 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→ 午後4:42 · 2019年11月18日·Twitter for iPhone 218 件のリツイート 222 件のいいね


海渡雄一 @kidkaido 香港高等法院の判断は、国際人権基準の保障するプライバシーの権利の水準に適合していると思います。香港政府は当然のことですが、司法判断を尊重するべきです。中国政府も香港の司法権に介入してはならないと思います。 覆面禁止法「違憲」 香港高裁「基本権制限」 緊急法の禁止は判断せず  香港高等法院(高裁)は18日、香港政府が10月5日に施行した覆面禁止法について違憲と判断した。香港政府は、マスクなどで顔を隠してデモ行進をすることを禁じる同法は「秩序を回復するために必要」と主張。だが高裁は「基本的な権利に対する制限を加えており、必要以上の措置だ」と指摘。香港基本法(憲法)に反する mainichi.jp 午後6:35 · 2019年11月18日·Facebook 95 件のリツイート 151 件のいいね



nabさんがいいねしました 異邦人 @Narodovlastiye 「桜を見る会」ツアーを担当した旅行代理店は「前夜祭の料理や値段の交渉については関与していない」と回答。これは非常に重大。旅行代理店が噛んでいないなら安倍事務所しか交渉相手はいない。安倍首相は「明細書はない」と言ったが、やはり都合が悪くて出せないのだろう。 午後9:00 · 2019年11月18日·Twitter for iPad 41 件のリツイート 48 件のいいね


ゆみさんと他3人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 本日、日本共産党田川実書記局員が、中国大使館を訪れ、倪健公使参事官と会談、①香港での弾圧中止、②ウイグルでの人権抑圧中止、③東シナ海での力による現状変更の動きの中止を求める立場を、中国指導部に伝えるよう要請。倪氏は3点について中国の立場を述べるとともに、本国に伝えると述べました。 午後9:44 · 2019年11月18日·Twitter Web App 801 件のリツイート 1,300 件のいいね


山口二郎 @260yamaguchi 嘘が嘘を呼ぶという警句をそのまま演じている安倍首相。一国の首相がこんな見え透いたごまかしに狂奔するとは、日本という国も地に堕ちたものだ。愛国心にあふれた人々はこの状況を恥ずかしいと思わないのかね。 午後11:14 · 2019年11月18日·Twitter Web App 12 件のリツイート 17 件のいいね


ツイート 会話 白石草 @hamemen ホテルニューオータニ「鶴の間」の貸切りは900万円と。「夜の巷を徘徊する」さすがだ。行くべきところに行ってる。これはテレ朝の公式動画なので、削除されたら大変な事態。 引用ツイート サイダー @FRcRuXGD9S4N2Dt · 11月17日 動画これか youtu.be/N3u-u6sp5qw このスレッドを表示 午後11:17 · 2019年11月18日·Twitter Web App 1 件のいいね


ツイート 会話 保坂展人 @hosakanobuto 「桜を見る会」に安倍晋三首相の後援会関係者が多数出席していた問題で、首相の地元・山口県下関市の複数の自民系市議が、安倍事務所名の参加申込書で自身の支援者を招待していたことが18日判明した。 午後11:19 · 2019年11月18日·Twitter for Android 5 件のリツイート 5 件のいいね


香山リカさんがリツイート 渡辺輝人 @nabeteru1Q78 政治資金規正法という法律は、そもそも、後援会のパーティーだが後援者がホテルに直払いしたから収支は発生しない、という類の詭弁を許さないためにあるのでは。 午後0:39 · 2019年11月18日·Twitter for iPhone 1,591 件のリツイート 2,669 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 よその国のことと傍観してはならない。日本でも政府の威圧的態度に従わないマスコミ(ほとんどいないのが惨めだが)、天皇制の存在悪を告発する人々を警察が権力的、見せしめ的に他のマスコミや市民から隔離しようとする動きはとっくに始まっている。 午後6:03 · 2019年11月18日·Twitter Web App 13 件のリツイート 14 件のいいね


れいわ新選組さんがリツイート 参議院議員 舩後靖彦 事務所 @yasuhikofunago 【明日参考人質疑です】 明日開かれる参議院文教科学委員会で、大学入試テストについての参考人質疑を行います。参考人質疑とは各界の専門家に意見を述べていただき、その意見に対する質問を行うものです。添付の通り12:08~12:28の予定です。webtv.sangiin.go.jp/webtv/sp/index.php…←こちらからご覧ください。 午後8:48 · 2019年11月18日·Twitter Web Client 324 件のリツイート 618 件のいいね


前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) @brahmslover 「桜を見る会地元招待者名簿は、安倍事務所に残っているのではないか」「前夜祭を開いた部屋は、誰の名前で借りて、誰が賃料を払ったのか」「前夜祭の料理はニューオータニが勝手に決めたのか」・・・疑問点はいくらでもある。説明責任はすべてアベ晋三にある。 午前2:59 · 2019年11月19日·Twitter for Android 1,421 件のリツイート 2,747 件のいいね


前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) @brahmslover 「応援してきた代議士がトップ取って、桜を見る会の招待状が届いて、・・そういうところがあってもいいんじゃないですか」「総理主催だし、この国は民主主義ですよ、政党政治の。ある程度の権限を与えられておかしくないと思います」と前田下関市長。税金の私物化と有権者の買収を公然と容認する発言。 午前2:41 · 2019年11月19日·Twitter for Android 3,377 件のリツイート 5,822 件のいいね
  ★下関の名誉or山口の恥!? 雪ぐかどうかは地元主権者次第


醍醐 聰 @shichoshacommu2 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00010000-clc_guard-int…… 「抗議デモは希望というより、絶望の表れだ。恐怖や怒り、香港のアイデンティティーへの誇りを本能的に表現している。」 「結果がどうなろうと、香港のデモ参加者たちは立ち向かうことを決めた。彼らは支持されるべきだ。」 【論説】香港デモは必要不可欠な行動、限定された民主主義の中声を上げた市民たち(The Guardian) - Yahoo!ニュース 【ガーディアン論説委員】 香港で、中国本土への容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模なデモが続いている。中国は1997年の香港返還の際、50年間は生活様式を変えないと約束し - Yahoo!ニュース(The Guardian) headlines.yahoo.co.jp 午前2:26 · 2019年11月19日·Twitter Web App 20 件のリツイート 10 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 ①11月30日(土)14時~、12月1日(日)13時40分~、明治大学、駿河台キャンパスで開かれる会計理論学会第34回全国大会の統一論題で報告をすることになった。小宮山宏さん(三菱総研理事長/元東大総長)、小野塚知二さん(経済史専攻/東大教員)など、異分野の皆さんと討論。プログラムは下記。 午前0:31 · 2019年11月19日·Twitter Web App 3 件のリツイート 5 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 論座 @webronza 「桜を見る会」が日本政治に突きつけた本当の問題 - 米山隆一|論座 - 朝日新聞社 #5000円パーティー #ニューオータニ #夕食会 #安倍晋三 #桜を見る会 午後10:15 · 2019年11月18日·つぶやきデスク 71 件のリツイート 72 件のいいね


ココナッツさんと他4人がいいねしました 異邦人 @Narodovlastiye いよいよ11月19日。このまま行けば今日は最悪の不平等条約が衆院で可決される恥ずべき一日になるだろう。アメリカの40億円に比して日本が開放させられる農業市場は200倍近い7700億。説明文書は書き換えられ自動車関税撤廃の根拠なし。議事録も提出なし。英文しか有効でない部分のある最悪の日米FTA。 午前0:02 · 2019年11月19日·Twitter for Android 2,537 件のリツイート 2,557 件のいいね


桐谷育雄 @kiriyaikuo 安倍地元山口公共事業は全国平均の3倍! 人口倍以上の広島と比べても 山口は6倍以上 安倍の選挙区に税金をつぎ込む自民党政治 その分他の国民に使う税金は減らされる。 森友加計 #桜を見る会 海外バラマキ30兆 安倍の私物化をどこまで続けさせたい? 法治国家に変えよう 午前9:44 · 2019年11月19日·Twitter Web Client 1 件のいいね


保坂展人 @hosakanobuto おはようございます。「桜の行方」が不透明で窮地に立つと、ざわざわと「さあ改憲解散だ」という声が聞こえ始めた。最高規範である憲法を論じるなら、冷静に政治環境を見るがいい。後援会の大量参加という「社会規範」を逸脱したエゴイズムを押し通した首相は、「最長在任期間」に近づきつつあるが… 午前9:47 · 2019年11月19日 場所: 東京 千代田区·Twitter Web Client 1 件のリツイート 2 件のいいね


nabさんがリツイート 米山 隆一 @RyuichiYoneyama 安倍総理の地元山口県では一人当たりの公共事業費が11万8000円で全国平均3万5000円の3倍、隣の広島県の1万7000円の7倍という記事です。新潟も田中角栄の時代がありますが時代が違います。総理が取り戻したい「日本」は、多分本当に自分の関係者だけの国なんだろうと思います 午前6:40 · 2019年11月19日·Twitter Web Client 1,577 件のリツイート 1,721 件のいいね







































































志村建世のブログ: ブログ連歌(540) 11/17

10779 立冬や 赤き肩掛け 買い来たり (みどり)
10780  ひとり寝の夜の 寒さ忍ばむ (建世)
10781 旅好きの 孫に連れられ 二階バス
10782  何用もなく 常盤路を行く (建世) 
10783 北の町 暴風雪の 来るらしき(みどり)
10784  日足みじかく 夜寒が迫る (建世) 


海渡雄一 @kidkaido 法務省で少年院の職員をされていた方々と家庭裁判所で少年事件の調査官をされていた方々が合計して300人以上、このような声明をそれぞれされたことは、決定的に重要です。... 身内が法務省に翻した〝反旗〟  元少年院長ら異例の反対声明 少年の犯罪や非行には、大人とは別の手続きが用意されている。それが「少年法」だ。対象は現行法では20歳... this.kiji.is 午前7:36 · 2019年11月17日·Facebook 94 件のリツイート 66 件のいいね



琉球新報 @ryukyushimpo 沖縄県民におなじみのCM「大知マン」がヒーロードラマに 建設現場で迫力の闘い 午後2:24 · 2019年11月17日·IFTTT 1 件のいいね


井上伸@雑誌KOKKOさんがリツイート CHO Seiho/趙誠峰 @cho_seiho このパターン(なぜか逮捕直前の映像をマスコミが撮ってるやつ)ちょくちょくあるけど、これが地方公務員法違反(守秘義務違反)にならない理由を教えてほしい。 100歩譲って、逮捕の場面の映像はともかく、前日の自宅の出入りとかどう見ても正当化できないと思うんだけど。 午後9:55 · 2019年11月16日·Twitter for iPhone 8,479 件のリツイート 1.7万 件のいいね


市民連合ふくおかさんがいいねしました 社民党福岡県連合 @sdp_fukuoka ちなみに、本日、広島県尾道であった社民ユース合宿交流会の参加費は奇しくも5000円ぽっきりでした。 会場はホテルでしたが、領収書は主催者の名前です。 これが普通でしょ? それではみなさんまた明日。 #桜を見る会 #前夜祭 午後10:27 · 2019年11月16日·Twitter for Android 34 件のリツイート 59 件のいいね


孫崎享のつぶやき: 大嘗祭についての秋篠宮殿下発言(2018年11月)これは皇室の行事として行われるもの、 宗教色が強いもの、絶対にすべきもの。ただ、そのできる範囲で、言ってみれば身の丈にあ った儀式に。私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています。(注:予算24億4千万円) 2019-11-17 08:53


はつみみさんがリツイート 二見伸明 @futaminobuaki 桜を見る会の前夜祭。私はこの種のパーティに数十回出ているが、ホテルニューオータニで会費一人5千円(飲み物は別)は真っ赤な嘘。領収書は後援会が切るものでホテルの領収書などありえない。安倍は国会で発言すれば虚偽発言で、即刻、首相どころか議員も首。延命のためホテルに虚偽発言を強要するか 午後1:17 · 2019年11月17日·Twitter Web App 1,042 件のリツイート 1,429 件のいいね


東京新聞労働組合 @danketsu_rentai 「憲法と地方自治を 踏みにじる行為に反対する。 住民と力を合わせて運動を進める」。 自治体の首長と元首長、計約130人が 安倍改憲を阻止するため 「全国首長9条の会」を結成した。 午後9:36 · 2019年11月17日·Twitter Web App 9 件のリツイート 10 件のいいね


木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi 桜を見る会なんかじゃなくて、社会のために予算を使ってほしい。災害に備えるにはこういうのも大事だし、他にもたくさんある。政治家は政治で他人の命を守れと思います。 →感震ブレーカー | 住宅分電盤 | Panasonic 午後9:39 · 2019年11月17日·Twitter for iPhone 4 件のリツイート 5 件のいいね


木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi 熊本城は国が無償で貸し出してるのに、首里城は年間2億円をとってるという不思議、不条理。 →沖縄県は国に首里城の年間使用料として2億円払わされてた なぜ? その不条理、この火事で知り気がついた。 - やんばる日記 午後9:44 · 2019年11月17日·Twitter for iPhone 2 件のリツイート 2 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート ryota @ggzhmru2 サンモニ、関口宏「若者に聞くと、何が悪いの?という」高橋純子氏「何が悪いって、人の税金で依怙贔屓をするー公私混同。予算の増額修正を一転、問題が大きくなればすぐやめるー無責任さとほっかむり。立ち話を会見と称し、これで済まそうとする姿勢」ホントに若者はこんなことも判らないのか? 午前9:52 · 2019年11月17日·Twitter Web App 3,790 件のリツイート 6,392 件のいいね
  ★一概に言えない!? 関口宏「若者」に聞くと。この若者って?誰、何人。


前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) @brahmslover ホテルニューオータニしっかりしろ!老舗の看板が泣くぞ。ジェームズ・ボンドも泣くぞ(007は二度死ぬ)。 午後11:16 · 2019年11月16日·Twitter for Android 2,699 件のリツイート 8,290 件のいいね


Holmes#世論の理性さんがリツイート raymiyatake @raymiyatake 自民党の改憲案がひどすぎる。参院選の「合区解消」を名目に、「投票の価値の平等」を放棄! blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/0dfc0eae176235a82f3d2bbb1fa868f2… raymiyatakeさんから 午後10:04 · 2019年11月17日·twittbot.net 1 件のリツイート 2 件のいいね


保坂展人 @hosakanobuto 獄中で洗礼受けた死刑囚 ローマ法王と異例の面会なるかasahi.com/articles/ASMCC4T3RMCCUTPB00V.html… ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(82)が23日に来日する。注目を集めているのが、旧清水市の一家4人殺害事件で死刑が確定し、再審請求中の袴田巌さん(83)との面会が実現するかどうかだ。 午後10:09 · 2019年11月17日·Twitter Web Client 2 件のリツイート 5 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 10月以降、インプレッションが1万を超えたTw 1.北九州市で無党派の議員が1人、賀詞決議に反対 (28,017) 2.日本郵政・鈴木副社長がNHK経営委に送った感謝状(15,071) 3. 大嘗祭反対集会に参加①(11,636) 4. 即位の儀式抗議デモ②(11,000) 5. 同上① (10,265) 6. 無償化除外抗議集会(10,007) 午後10:11 · 2019年11月17日·Twitter Web App 1 件のいいね


animalwarriorさんがリツイート 室井佑月 @YuzukiMuroi 公開中! 入院中に作った20分の短編映画。役者も監督も、みんなここから売れるといい! 夢いっぱいで作りました。場所代・備品代以外はほぼ持ち出しの制作費30万円くらいだけど。すっごく楽しかった。観てくだされ! おもろい夫婦 a love 互いを憎しみ合うからこそ、夫婦は一致団結した。 歌子には啓介という夫がいるが、結婚生活の中で両者は嫌い合っていた。 啓介は花子という若い女性と浮気していたため、 対抗して歌子も浮気を始める。浮気相手は大輔という若い男。 ある日、歌子の不倫現場に啓介が鉢合わせたことで、夫婦関係は変化していくことに……。 愛の形は様... youtube.com 午後7:38 · 2019年11月14日·Twitter Web App 165 件のリツイート 520 件のいいね


岡ロ基ーさんがリツイート 岡ロ基ー @okaguchikii どうして削除するのだろう? 自民党議員のブログから、「桜を見る会に後援会を招待した」という記事が次々に削除されている件 ameblo.jp/don1110/entry-12543907891.html… なお、「桜を見る会」の資料はすぐに廃棄されるようです。 午後11:45 · 2019年11月15日·Twitter Web App 130 件のリツイート 165 件のいいね
  ★自分の誇るべき仕事をどうして削除したり、されたりするのだろう。異議申立てをしないのか。或いは、為に、国有地不当廉売に巻き込まれて自死した不幸な公務員の末路を見てしまうのか。


大木晴子・「明日も晴れ」 @kuronekoroku #1118官邸前緊急行動 プラカードを半面 書きました。 何時も使う #アベ政治を許さない の プラカードの裏側を利用しました。 私は「絶対」と言う言葉はあまりつかわない!気をつけて使う言葉ですが 今日は これしか想い浮かびません。 黒枠は 私の切なる願いを込めました。 午前1:23 · 2019年11月18日·Twitter for iPhone 1 件のいいね


鮫島浩さんと他14人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 警察は、理工大学から離れたボランティア救急隊(医者、看護師など)を戦犯のように全員拘束しました。これは香港の人道危機です。 香港政府は、もう警察をコントロールできていないのです。私たちの命と未来は、香港政府と警察に破壊されています。 #香港デモ #HongKongProtests #香港警察の暴行 午前2:03 · 2019年11月18日·Twitter for Android 2万 件のリツイート 2.1万 件のいいね


Hajime Imai〈今井 一〉さんと他22人がフォローしています Hong Kong Free Press @HongKongFP 1/2 Protesters leave note after hiding in PolyU office. Vid: StandNews. Full coverage: bit.ly/extraditionhk @StandNewsHK cited sources as saying that officers arrested people in a campus first aid area, including those who were injured. ツイートを翻訳 午前9:12 · 2019年11月18日·Twitter Media Studio 582 件のリツイート 450 件のいいね


渡部 深雪さんがいいねしました 今野晴貴 @konno_haruki こういう事件が多すぎる。人間を破壊してまで利益追求すべなのだろうか? 「亡くなった翌日、自宅に荷物が届いた。差出人は夫。自腹で購入したゆうパックの商品だった。「何でここまでしないといけなかったの」。女性は受け取りのサインを書きながら、涙が止まらなかった」 午前10:35 · 2019年11月18日·Twitter for Android 28 件のリツイート 30 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート サイダー @FRcRuXGD9S4N2Dt 会場代金はどこから出たの? 【某掲示板より引用】 ホテルニューオータニ最大の宴会場である“鶴の間”。 その巨大な空間にマツコは「私1人で披露宴を挙げてみようかな」とポロリ。 広報が「貸切は約900万円です」と言うと「ギャグで借りるにしては高いわね」と躊躇した。 午前0:33 · 2019年11月17日·Twitter for iPhone 3,941 件のリツイート 5,605 件のいいね



醍醐 聰 @shichoshacommu2 ①私が京都で学生時代を過ごした時期は蜷川虎三さんが革新統一候補で知事に就いていた。他の多くの大都市でも、同じパターンで革新知事が誕生した。今の「市民と野党の共闘(論)」と大きく違うのは、政党主導ではなく、各界の団体、個人が無党派の文化人を擁立し、政党がそれに合流する形だったこと。 午後10:59 · 2019年11月17日·Twitter Web App 10 件のリツイート 9 件のいいね
  ★蜷川虎三さんですか、盤石の長期政権…でしたね。京都では、極当たり前…


れいわ新選組 @reiwashinsen 昨日は #東北 #福島 #郡山 #ヨドバシカメラマルチメディア郡山 前で #山本太郎街頭記者会見 を行いました お越しくださった皆さま、お手伝いくださったボランティアの皆さま、ありがとうございました 動画のフルバージョンはこちらからご覧ください youtu.be/87xqJptAA3w #山本太郎 #れいわが始まる ツイート 会話 れいわ新選組 @reiwashinsen 昨日は #東北 #福島 #郡山 #ヨドバシカメラマルチメディア郡山 前で #山本太郎街頭記者会見 を行いました お越しくださった皆さま、お手伝いくださったボランティアの皆さま、ありがとうございました 動画のフルバージョンはこちらからご覧ください youtu.be/87xqJptAA3w #山本太郎 #れいわが始まる 山本太郎 住まいは権利!さんと他1人 午後3:24 · 2019年11月17日·Twitter for iPhone 814 件のリツイート 1,679 件のいいね




志村建世のブログ: 二階建てバスで鹿島へ行ってきた ・ブログ連歌(540) 11/16
 ○15日金曜日、孫息子に誘われて、二階建ての高速バスに乗り、鹿島まで行ってきた。鹿島に用があったわけでも、鹿島へ観光に行ったのでもなく、もっぱら二階建て高速バスの二階席最前列の席を予約できたから、行ってみようというのだった。私も乗り物は好きで、まして思いがけない孫からの申し出だから、もちろん喜んで参加することにした。
 二階席最前列、しかも右の端というのは、運転席の真上になる。そこに座ってみると、かなりの高さを感じるものだ。交差点などで左へ急カーブするときは、車外へ押し出される浮遊感に似たものがあった。見はらしがいいのはもちろんだが、その快感より先に感じたのは、見張り員のように全体を見回している、一種の緊張感だった。もしこれが、決まった線路を走る電車の二階席だったら、もっと簡単に前方の景色を楽しんでいられただろうと思う。
 長距離バスには、東日本大震災の救援活動の記録取材のときにも、よく乗った。東京でチームを結成し、そのままの集団でバスに乗り、出発するのだった。当時のバスにはトイレがついていないのが常識で、深夜でも、バスはほぼ2時間以内に1回ぐらいの頻度でサービスエリアに立ち寄り、乗客も運転士も休憩するのがふつうだった。しかし今の高速バスは、むしろ電車に似てきたような気がする。座席も1階にはわずかで、手荷物の置き場が大きく取られていた。
 順調に走り続けてほぼ3時間で目的地についた。おそらく鉄道の乗り継ぎよりも、ずっと早かったろう。終点の「鹿島神宮前駅」に、13時少し過ぎに到着した。乗客は思いのほか少なかったのだが、終点で降りてみたら、そこは、人影というものが全く見えない世界だった。しかし昼時だからどこかで食事をしなければならない。孫はスマホを使いこなしているから、13時半までやっている店というところへ直行した。そこは、初老の夫婦が切り盛りしている食堂だった。他の客はいなかったが、一通りのメニューがあり、無事に注文することができた。
 ご主人が調理をしている間、奥さんがいろいろ話をしてくれた。いろいろな町を渡ってきたが、10年ほど前からここに落ち着いたということだった。子供さんたちは、もう独立して、それぞれの土地で暮らしているらしい。ゆっくりと食事する間、ほかの客が来店しそうな気配は、全くなかった。
 「ごちそうさま」と立ち上がったとき、奥さんは「ありがとうございました」と戸口を開け、手を振って見送ってくれた。これもまた一期一会の一つになるのだなと思った。

 帰り道は、東京駅へ行くJRの高速バスに乗った。間もなく日は地平線に近づいて没して行き、暮れて行く田園風景と、車道の灯りがきれいだった。母の実家の、千葉県八日市場の風景にも似ていた。田んぼでは、稲を刈ったあとに生えた「ひこばえ」も、もう枯れて黄色くなっている。これから冬になるのだ。
 どこからか、母と妻が合体したような、感傷的な気分が湧いてきて私を包んだ。「いい一日だったね」と、私は小さくつぶやいた。


孫崎享のつぶやき: 米国民主党候補争い,誰がエリザベス・ウォーレンを恐れてるか。もしウォーレン主張富裕税 が1982年から有効なら、ゲイツは2018年に970億ドルではなく139億ドル、Bezos は1600憶ドルでなく488 億ドル、Bloombergは 518億ドルでなく$123億ドル 2019-11-16 07:24


植草一秀の『知られざる真実』: 熱気沸騰「いま消費税を問う!」緊急院内集会 11/16
 ○11月15日金曜日の午後7時より、衆議院第2議員会館多目的会議室で「いま消費税を問う!」緊急院内集会を開催した。
 専門家・国会議員・市民による緊急院内集会である。
 ちょうどこの日、衆議院外務委員会が日米FTA協定の委員会採決を行い、協定批准案を可決した。
 1858年の日米修好通商条約以来の不平等条約の採決を野党が何の抵抗もせずに容認したことは主権者に対する重大な背任行為である。
 もとより、TPPは日本が国家主権を含めて国益を失うものばかりのいびつな経済協定であった。
 それでも、米国に対する自動車および自動車部品の25年後、30年後の撤廃が日米合意のなかに盛り込まれた。
 このこと自体、協定の不平等性を象徴するものであったが、日米FTAでは、この合意さえ消滅した。
 問題はもちろんこれにとどまらない。
 日本の主権者のいのちとくらしが深刻に脅かされることになる。
 この日米FTA協定の採決を容認することは許されない。
 また、週末で多くの国会議員が地元に帰らねばならず、国会議員の出席が難しくなったことをお詫び申し上げたい。
 それでも、「不公平な税制をただす会」より、湖東京至氏、荒川俊之氏が講師として出席下さり、多数の現職、元職の国会議員、れいわ新選組の衆院選候補者、議員秘書、そして主権者が会場を埋め尽くすほどに多数参集くださった。
 各政党からは、
 国民民主党の篠原孝衆議院議員、小宮山泰子衆議院議員、日本共産党の笠井あきら衆議院議員、碧水会の嘉田由紀子参議院議員、福島伸享前衆議院議員、参議院議員立候補者の渡辺てる子氏が出席して講演を下さり、れいわ新選組代表の山本太郎代表からはメッセージをいただいた。
 心より厚くお礼申し上げたい。
 第1部 11.15「いま消費税を問う!」緊急院内集会(専門家問題提起~国会議員・政党からの意見表明)2019.11.15・・・


Holmes#世論の理性さんと他4人がいいねしました 郷原信郎 @nobuogohara 「値引き」であれば、ホテル側の裁量。しかし、「領収書前渡し」は、コンプライアンス上の問題。一流ホテルニューオータニに簡単にできることではない。 引用ツイート アゴラ @agora_japan · 2h (郷原 信郎)安倍首相の「説明」には、いくつかの疑問と問題点がある。最大の問題は、安倍事務所職員が参加者から集金して「ホテル名義の領収書」を渡したとされている点だ。 agora-web.jp/archives/2042698.html… 午後2:35 · 2019年11月16日·Twitter for iPhone 148 件のリツイート 172 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート chocolat. @chocolat_psyder 安倍さんの支持者にも、 わかりやすく説明します。 裕福な人ではなく、 「法を犯した人」 を追及しているのです。 経済を萎縮させているのではなく、 「公正な市場を壊す不正行為」 を責めているのです。 貧しくなろうではなく 「金で票を買うな」 と言っているのです。 理解できますか? twitter.com/surume_gesogeso/status/1194826277993074689… 午前7:13 · 2019年11月16日·Twitter for Android 1,392 件のリツイート 2,350 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 但馬問屋 @wanpakuten “桜を見る会”に、安倍首相「ずさんだった」と反省。 モリカケ問題の時には、 「国民の不信を招く結果となり、深く反省し、国民の皆さまにおわびしたい」と。 何度「反省」を口しても、繰り返してしまう万引き犯かよ! アンタの反省は羽毛よりも、ヘリウムガスよりも軽いな。 午前11:32 · 2019年11月16日·Twitter for iPhone 155 件のリツイート 283 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 三種の神器は公文書ではないから直ちに情報公開の対象にならないことはわかっている。 要は、宗教上の組織もしくは団体の使用、便益若しくは維持 のために公金の支出を禁じた憲法第89条に違反しないかを確かめるには即位の秘儀、即位の証とされる三種の神器の中身を知る必要があるということである。 午後1:13 · 2019年11月16日·Twitter Web App 11 件のリツイート 10 件のいいね


但馬問屋さんと他27人がいいねしました 東ちづる Chizuru.Azuma @ChizuruA1 法を犯した芸能人の逮捕に、必要以上に大騒ぎしなくていいです。私たちの暮らしに支障はありません(擁護ではありません)。 騒ぐべきは、政治家や特権階級の人たちが法を犯しても逮捕されてない現実にです。私たちや子どもたちの未来に関わってきます。 午後5:56 · 2019年11月16日·Twitter for iPad 8,463 件のリツイート 1.5万 件のいいね


Hajime Imai〈今井 一〉さんと他22人がフォローしています Hong Kong Free Press @HongKongFP BREAKING: Chinese army help to clear debris made by protesters at Hong Kong Baptist University hongkongfp.com/2019/11/16/breaking-chinese-army-help-clear-debris-made-protesters-hong-kong-baptist-university… @creery_j @krislc #HongKong #China #antielab #antiELABhk #HongKongProtests ツイートを翻訳 午後5:57 · 2019年11月16日·Buffer 1,589 件のリツイート 1,440 件のいいね


中野昌宏 Masahiro Nakanoさんがリツイート 南野 森(Minamino S.) @sspmi 首相がひとこと、「何もやましいことはないから、ホテル・ニューオータニさん、前夜祭の費用明細ぜーんぶマスコミに公開してくださって結構です、国会の国政調査権に全面的に協力してくださって結構です」って言えば良い。てか内閣総理大臣たる者、そう言うべき。そうすればさっさと問題は片付くかも。 午前1:29 · 2019年11月16日·Twitter for iPhone 1,123 件のリツイート 1,864 件のいいね


勇☆虎さんがリツイート SHIN∞1 @shin19infinity 立憲:安住「後援会活動やったら、その収支はちゃんと報告しないといけないんですよ。総理が一方的にお話しになった話と我々の認識に大きなずれがありますね」 夕食会について、「明らかに後援会の活動である以上、政治資金収支報告書に記載しなかったのは問題だ」と指摘 やっぱりね 午後3:17 · 2019年11月16日·Twitter Web App 346 件のリツイート 533 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 山岸一生 立憲民主党(りっけん) 衆議院東京都第9区総支部長 @isseiyamagishi 総理の「ぶら下がり」はギリギリに通告される。間に合うのは官邸詰めの若い総理番記者だけ。いわば「不意打ち」です。 「今ここで聞かれたらどうか」と言った総理。野党はもちろん専門記者もいない。国民不在の一方的な場で「説明」したことにする考え自体が、おごりです。 午前10:15 · 2019年11月16日·Twitter Web App 1,186 件のリツイート 1,631 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 東京大学教職員組合 @tousyoku_org 「下村博文さんが東大の五神真総長と幹部を自民党本部に呼びつけ、“センター試験廃止は教育再生実行会議で決まっている”“これ以上、遠藤(利明)さんを困らせるな”と、叱責したと聞いています。大学への金銭的プレッシャーも仄めかされ、幹部は蒼ざめて帰っていったそうです」 午後6:08 · 2019年11月14日·Twitter Web Client 6,019 件のリツイート 6,308 件のいいね





志村建世のブログ: サクラを見る会だって 11/14
 ○(熊さん)「桜を見る会」ってのが、話題になってますね。何で今ごろニュースになるのか分らんけど、来年の準備が始まる時期だからかな。
(ご隠居)裏の事情は分らんが、急に話題になったと思ったら、あっという間に安倍首相のお声がかりで、とりあえず来年は中止だとさ。選挙運動で禁止されてる有権者の買収に当りそうだってんで、これはまずいと思ったんだろう。なんせ国の予算を使う公式行事の扱いなんだから、タチが悪いや。ちょっと調べたら、本来は吉田首相の時代に、皇室や外国の大使・公使の人たちを招いて、八重桜の時期に親睦を深めたのが始まりらしい。それ以前にだって、花見の時期の政治家の集まりは、明治時代からもあったらしいよ。しかし安倍首相の場合は、大幅に招待者を増やして、自分の選挙区の有力な後援者を、たくさん入れていたようだ。
(熊)そりゃマズイよね。国の予算を使う公式行事と、自分の選挙運動を、ごっちゃにしてるんじゃないですか。花の桜といっしょに、自分に拍手してくれる応援のサクラを集めたら、そりゃ本人は気持ちいいだろうけどね。でもさ、そういう意味のサクラというのは、どこから出たんだろう。
(隠)これは演劇の用語から来てるんだね。昔、劇場では場内を盛り上げるために、客席から舞台の役者に上手な掛け声をかける人を、タダで入場させたことがあったんだね。その場をにぎやかにするためだから、これをサクラと言うようになったんだ。そこから大道芸人や、路上販売を盛り上げるための、詐欺に近いような仲間にも、意味が広がって行ったというわけさ。
(熊)サクラを集めて得意になってたって、だめですよね。桜にだって、きれいな花には、ろくな実がつかないんだ。
(隠)さくらんぼが実る桜は、実桜(みざくら)って言うんだ。同じサクラ属だけど、亜種が違うんだね。天は二物を与えず、だよ。


渡辺てる子 れいわ新選組さんがいいねしました 海渡雄一 @kidkaido 残念です。夫婦別姓を認めてほしいという切実な願いに、どうして司法が答えてくれないのか。こんな簡単なことも、実現しない日本の社会に絶望的になります。榊原先生ご苦労様でした。 午前11:01 · 2019年11月15日·Facebook 49 件のリツイート 52 件のいいね


れいわ新選組 @reiwashinsen reiwashinsen was LIVE — Aoba-ku, Miyagi, Japan pscp.tv 午後6:26 · 2019年11月15日·Periscope 339 件のリツイート 459 件のいいね


前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) @brahmslover 「国会から求められれば説明するのは当然」とアベ首相。「では自民党総裁として国対委員長に集中審議要求に応じるよう指示しないのか」「記者会見は開かないのか」「国民に説明する気があるのか」と問うのが新聞記者だろう。二の矢、三の矢を放つべし。 午後4:04 · 2019年11月15日·Twitter for Android 2,530 件のリツイート 5,094 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 目下、「桜を見る会」の話題でもち切り。招待基準がどうのではなく、招く方も、招かれて嬉々として出かける方もあさましい。 「来年度は中止」ではなく、要らないという意見がなぜ出ないのか? 総務省の審議会委員当時、私にも役所から夫婦2人でと招待が来たが、即、2人とも興味なしと返事した。 午前2:20 · 2019年11月15日·Twitter Web App 19 件のリツイート 29 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート mika_berry @mika_berry ここまで書かれちゃ、安倍も終わりだな。 支持者を堂々と「税金」で接待する安倍氏の驕り 「桜を見る会」の驚くべき公私混同 #POL 午後9:50 · 2019年11月13日·Twitter for Android 986 件のリツイート 1,143 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート はるみ @harumi19762015 花見がめでたいのかというのはおいといて、せっかくの花見を自身の買収の場にしてケチつけたのは安倍さんだよね。 花見が悪いのではなく、支持者後援者会いたい芸能人を呼んで飲み食いさせてたのが問題。 小川さんバカだから分からないかな?安倍さんがちっとも反省してないのもバラしてるし。 午前11:11 · 2019年11月15日·Twitter for Android 291 件のリツイート 469 件のいいね


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!#安倍はやめろ!さんと他18人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 「桜を見る会、『国会決めれば説明』 安倍首相が表明」 「国会が決めれば」と逃げ道を用意している。自民総裁として決断すればいつでも国会招致は決まる。だいたい国会招致を待たなくても、説明する気があればいつでも記者会見を開けばよい。この期に及んで逃げは見苦しい。 午後3:50 · 2019年11月15日·Twitter Web Client 1,996 件のリツイート 3,253 件のいいね


Holmes#世論の理性 @Holms6 「桜を見る会」での安倍の疑惑を野党が追及することを「疑惑追及ごっこ」と称し、安倍を擁護する有本香。それがこの女のビジネスと言ってしまえばそれまでだが、公金を私的目的のために使用することが政治家として許されないことすら分からないのか。 午後8:27 · 2019年11月15日·Twitter Web Client 3 件のリツイート 10 件のいいね


ゆみさんがいいねしました 異邦人 @Narodovlastiye 自分の不用意な答弁に起因する公文書改竄で職員を自死にまで追い込んだ安倍首相。今度は無関係な民間の事業者に自身の不始末の尻拭いをさせるつもりか?余りにも見苦しい。いい加減にすべきだ。 夕食会費はホテル側が設定と安倍首相 | 2019/11/15 - 共同通信 午後8:17 · 2019年11月15日·Twitter for iPad 145 件のリツイート 206 件のいいね


かず-さんと他15人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 「安倍首相、違法性を否定 『参加者が全費用負担』」 証拠も示さずに「問題なし」とだけ言われて、誰が信用できるか。「桜を見る会」自体を安倍後援会が私物化していた疑惑、国会での虚偽答弁の問題については、何も説明していない。予算委を速やかに開催せよ! 午後10:42 · 2019年11月15日·Twitter Web Client 1,797 件のリツイート 2,882 件のいいね


れいわ新選組 @reiwashinsen 昨日は #東北 #宮城 #仙台 #サンモール一番町 #シリウス一番町 前で #山本太郎街頭記者会見 を行いました お越しくださった皆さま、お手伝いくださったボランティアの皆さま、ありがとうございました 動画のフルバージョンはこちらからご覧ください youtu.be/JHq6M2fWYAc #山本太郎 #れいわが始まる 山本太郎 住まいは権利! 午前8:50 · 2019年11月16日·Twitter for iPhone 21 件のリツイート 41 件のいいね


壺井須美子さんがリツイート 愛国心の足りないなまけ者 @tacowasabi0141 一つ確実に言える事は、韓国だろうが台湾だろうがアジアでもまともな民主主義国なら国のトップが税金で大量の身内を招いて宴会しいた事が発覚すれば左右関係なくその政権は飛ぶから。 それを見逃せというのは、日本がどうしようもない3流国で日本人には何の倫理観もないと認めろと言うに等しいのよ。 午後7:33 · 2019年11月15日·Twitter Web App 2,074 件のリツイート 3,605 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 異邦人 @Narodovlastiye どう足掻いても「桜を見る会」は法的にアウトで辞職どころか罪に問われるレベルの問題なのですから、安倍首相は直ちに辞表を書いて法の裁きを受けて頂きたいですね。そうすれば漸く7年ぶりに「法の支配」が回復されますし、日米FTAも吹き飛んで消費税も下げられるので願ったり叶ったりなのですが。 午後9:50 · 2019年11月14日·Twitter for iPad 3,372 件のリツイート 6,561 件のいいね


れいわ新選組 @reiwashinsen 【給与法採決・れいわ新選組の判断について】 本日行われた「一般職・防衛職他の給与法」にれいわは「反対」。過去の同法案採決とは異なる結果となりました。 若手だけでも一般職で月給が上がる点は評価。 一方で本法案では、住居手当減額対象者が4割にも上ることに異議を込めて反対いたしました。 午後9:04 · 2019年11月15日·Twitter for iPhone 494 件のリツイート 988 件のいいね




老人党「護憲+」 @rojinto_goken 映画「i-新聞記者ドキュメント」を観て下さい 映画「i-新聞記者ドキュメント」を観て下さい - 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ 「新聞記者」の映画が面白かったと評判だったが、そのモデルとなった東京新聞の望月衣塑子記者を追う、この映画は、それを超える面白さ…と言っていてはいけないのだろう。正確には、ドラマを超える「怖いリアル」のドキュメンタリー。何が怖いかというと、今の政治の酷さ。それが望月記者の追及で炙り出される。他の政治記者はどこに行っちゃったの?という報道の酷さも。官邸の記者会見で、望月記者が質問をすると、必ず妨... blog.goo.ne.jp 午前9:16 · 2019年11月15日·Twitter Web Client 1 件のいいね


ゆみさんと他5人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 「香港での弾圧の即時中止を求める」 声明を発表。中国大使館を通じて中国政府に伝達しました。 いま重大なことは、香港当局の弾圧強化が、中国の最高指導部の承認と指導のもとに行われていることです。香港の抗議活動に対する弾圧を即時中止することを強く求めます。 午後4:01 · 2019年11月14日·Twitter Web Client 313 件のリツイート 491 件のいいね


ゆみさんと他2人がいいねしました きっこ @kikko_no_blog 安倍晋三が後援会員850人を招いたニューオータニの「桜を見る会 前夜祭」、後援会員は会費5000円と証言しているが、ホテルに問い合わせると「最低でも1万5000円以上」とのこと。不足分850万円は誰が払ったのか?そう言えば昨年の春までの5年間に安倍内閣が使った「使途不明の内閣機密費」は56億円超。 午後4:54 · 2019年11月14日·Twitter Web App 228 件のリツイート 315 件のいいね


Hajime Imai〈今井 一〉さんと他21人がフォローしています Hong Kong Free Press @HongKongFP Hong Kong police confirm man in black died after falling from height in Kwai Chung hongkongfp.com/2019/11/14/hong-kong-police-confirm-man-black-died-falling-height-kwai-chung… #HongKong ツイートを翻訳 午後1:25 · 2019年11月14日·Buffer 459 件のリツイート 379 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート HARUKI@ネット市民連合【"山本太郎を総理に"の会】 @J1Haruki 安倍の「お友達優遇」「政治の私物化」はモリカケだけではなかった!法律を知らない安倍だから、首相になれば何でも出来ると勘違いしていたのだろう。こんなふざけた政治を許したら日本は世界の笑いもの!野党は徹底追及し、倒閣に追込むべきだ。 午前7:00 · 2019年11月14日·Twitter for iPhone 150 件のリツイート 221 件のいいね


れいわ新選組 @reiwashinsen 【ポスター掲示依頼!】 昨日は #東北 #秋田 に伺いました。ありがとうございました! ポスターはウェブサイトからお申込み頂くとお届けいたします。 poster.reiwa-shinsengumi.com ボランティア登録も大募集中です! reiwa-shinsengumi.com/volunteer/ #山本太郎 #れいわが始まる #秋田県 #辻村ちひろ #あの人 午後2:42 · 2019年11月14日·Twitter for iPhone 152 件のリツイート 382 件のいいね


俵 才記さんと他8人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 香港の報道によると、先日逮捕された女性のデモ参加者が起訴され、裁判所で、こう告白しました。 「逮捕された後、覆面をした警官から顔を引っ叩かれ、女性を侮辱する言葉で罵られました。パトカーに乗せられた後には、もう1人の警官から”お前をここでレイプするぞ”と脅されました。」 午後7:27 · 2019年11月14日·Twitter Web App 8,329 件のリツイート 1.2万 件のいいね


立憲民主党(りっけん) @CDP2017 立憲民主党は #日米FTA に反対します。 国益が守られていない TPP並の農産品市場開放なのに、TPPにあった自動車関税の撤廃年限が消え、状況は著しく後退しています。 交渉過程が不透明 トウモロコシ輸入を約束させられる等、交渉過程で奇怪な出来事が生じており、説明責任が果たされていません。 午前1:16 · 2019年11月15日·Twitter Web App 75 件のリツイート 111 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート ryota @ggzhmru2 出た~、スシロー本領発揮「スピード(感をもって)中止にしたのは良かった。危機管理に優れた内閣」間髪入れずに玉川氏「全然優れていない。来年中止にしたらチャラになるわけない。実態を明らかにすることが大事」小池書記長「法に触れるなら総理大臣辞めてもらうしかない」ホント、これに尽きるね。 午前9:48 · 2019年11月14日·Twitter Web App 1,869 件のリツイート 3,314 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 南野 森(Minamino S.) @sspmi 桜を見る会の招待者名簿。5月9日に共産党の宮本徹衆院議員が内閣府等に資料請求をしたその日、なぜか偶然同じその日、内閣府は招待者名簿を破棄した、と。この国の何かが崩壊していなければ良いが。すべて公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない(憲法15条)。 午後9:47 · 2019年11月14日·Twitter for iPhone 568 件のリツイート 680 件のいいね
  ★法の支配を蔑ろにして、人(安倍晋三)の支配追求、従属…公務員等。


老人党「護憲+」さんがリツイート 宮本徹 @miyamototooru 野党合同ヒアリングで、今年の桜を見る会の招待名簿の破棄した日は、5月9日だと政府は明らかにしました。まさに、この日は私が13日の質問に向け、内閣府・内閣官房に、桜を見る会の参加者が増えた理由、選考基準、支出等について資料要求した日。国会質問を前に証拠隠滅をしたなら反罪的 午後5:57 · 2019年11月14日·Twitter for iPhone 2,392 件のリツイート 2,826 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 哲夫:反ファシズム @bbtetsuo 「私の判断」・・・このキモ過ぎる一言がまさに安倍晋三。 午前6:42 · 2019年11月14日·Twitter Web App 140 件のリツイート 286 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 ①今夜、東京駅前丸の内広場で開かれた大嘗祭反対集会に出かけた。「天皇制粉砕」の横断幕を掲げた女性グループが性差別の根源・天皇制廃止をアピール。「教会の体質も天皇制も同じ」とある牧師。 文字通り「自分の外に主(あるじ)を持たない」人たちが次々とスピーチ。大変、すがすがしい集会だった。 午後10:46 · 2019年11月14日·Twitter Web App 55 件のリツイート 66 件のいいね




老人党「護憲+」 @rojinto_goken 原子力村の不祥事に見るこの国の腐敗・堕落(1) 原子力村の不祥事に見るこの国の腐敗・堕落(1) - 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ (1)東京電力経営陣への業務上過失致死に対する東京地裁判決2019年9月19日の東京電力旧経営陣に対する業務上過失致死に対する東京地裁判決は無罪。わたしは、福島第一原発事故の時、東京電力経営陣の多くを縄付きにしなければ、福島県の人々の無念は晴れない、と書いた記憶がある。ところが東京地検は立件を見送り。強制起訴での裁判になったが、案の定東京地裁は無罪判決。東京新聞の記事を引用する。・・・・・・... blog.goo.ne.jp 午後5:20 · 2019年11月12日·Twitter Web Client 1 件のいいね


志村建世のブログ: 名月や…… 11/12
 ○夕方の5時半ごろ、東の空に月が出た。きょうは一日中晴天で、空気も澄んでいるように感じられた。かなり長く使っているキャノンのコンパクトカメラSX600HSを向けてみたら、思いのほかクリアな映像が、三脚なしで撮れた。光学ズームは18倍と表示してある。月面の「海」と「陸」の形が見えていた。
 とは言っても月に水があるわけではない。クレーターで凹凸の激しい部分が暗くなって、平坦で反射率のいい部分が明るく見える、ということのようだ。
 月では兎が餅つきをしているとか、かぐや姫の故郷だとか、いろんな伝説もあるし、地上で離れて暮らしている人たちが、同じ時間に同じ月を見ていると、心を通わせることもできる。ただし、地上で死んだ人間は、月には行かないし、ただ本当にいなくなってしまったのだろうか。今夜は月がきれいだよと言っても、返事はしてくれそうもない。しかし、本当はどこかで見ていたりしないのだろうか。
 妻が先に行っていると思うと、自分が死ぬときは、とても楽に行けそうな気がしている。再会したら、「待たせてごめん」と言えばいいのだろうか。いつ行っても、妻は喜んで迎えてくれそうな気がしている。
 私の唯一の気がかりは、妻の心臓が止まったとき、一瞬でもいいから、その前に「ああ温かいお風呂でいい気持」という、幸福感があってくれたらいいと思うのだ。  
 間もなく12月になり、あれから一年後が巡ってくる。あのときと同じ浴槽で、私も同じように朝風呂に入ってみようか。
 「ちょっと寒いから、お風呂で温まってくるね」「うん、気をつけてね」


かず-さんがリツイート 東京新聞政治部 @tokyoseijibu 「桜を見る会」で配られる記念品の升などが転売されているようです。野党は、後援者を招待して記念品を配ることは金品の提供になると問題視しています。 #桜を見る会 #メルカリ 東京新聞:「桜を見る会」記念品の升がメルカリに 相場は1000~1500円:政治(TOKYO Web) 午前11:37 · 2019年11月13日·Twitter Web Client 144 件のリツイート 142 件のいいね


三宅洋平さんがリツイート 辻村ちひろ @chi3deyansu 今日は秋田にお邪魔してます。11/13(水)秋田 13:00ポスター貼り 秋田・秋田駅前アゴラ広場 集合 秋田市中通2丁目7−2 google.com/maps/@39.7167629,140.1270246,3a,75y,176.03h,90.96t/data=!3m6!1e1!3m4!1sOUcik3D2gQqy1bXsBaHgCw!2e0!7i13312!8i6656… 17:00街頭記者会見 秋田・秋田駅前アゴラ広場 午前11:34 · 2019年11月13日·Twitter for Android 90 件のリツイート 174 件のいいね


木野龍逸 (Ryuichi KINO) @kinoryuichi 安倍事務所って、旅行代理店なの? 代理店資格なしでこれやると旅行業法違反になる可能性あるから、最近はみんな気を付けてるけど。不思議。 →安倍事務所からは“ツアー案内” 午後0:43 · 2019年11月13日·Twitter for iPhone 73 件のリツイート 38 件のいいね


西脇完人>さんがリツイート さよなら昨日の私 @SaYoNaRaKiNo ゴミ収集車から転落した77歳アルバイト男性が重体。運転者は78歳男性。 この歳になっても危険で過酷なアルバイトをしないと食べていけない世の中。 一方で、この人達から容赦なく搾り取った税金を「桜を見る会」に大量投入し、買収の舞台にしていた安倍。 異常だよ。 午前3:41 · 2019年11月13日·Twitter Web App 1,646 件のリツイート 2,193 件のいいね


想田和弘さんがリツイート 渡辺輝人 @nabeteru1Q78 内閣府の官房長が、「安倍事務所が関与しているのではないか」という行政の執行に関する質問に対して、把握している事実を答えないのは、公務員の職務専念義務に反するのではないか。 / “「桜を見る会」で文書入手 安倍事務所がツアー案内(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo…” 午後1:06 · 2019年11月13日·はてなブックマーク 66 件のリツイート 77 件のいいね


俵 才記さんと他18人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 「来年の『桜を見る会』、中止に 政府が発表」 「中止」は「問題あり」と認めたことを意味しますが、「中止」で疑惑にフタという逃げ切りは絶対に許してはなりません。首相が血税を私物化して買収を行ったという疑惑が問われているのですから。追及はこれからです! 午後4:55 · 2019年11月13日·Twitter Web Client 3,756 件のリツイート 6,563 件のいいね


tomoyuki1215さんがいいねしました Holmes#世論の理性 @Holms6 森田健作の嘘がバレたようだ。台風15号で深刻な被害が出ている最中、別荘に行っていたと報道されると「あれは別荘ではなく、自宅です」と答えていたのだが、森田健作は自宅として県知事公舎を自宅として届け出ていたという。安倍にしろ、森田にしろ、嘘つきは政治家の始まり 午後8:33 · 2019年11月13日·Twitter Web Client 12 件のリツイート 9 件のいいね


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!#安倍はやめろ!さんがリツイート 小西ひろゆき (参議院議員) @konishihiroyuki 来年の「桜を見る会」を総理判断で中止。 これほど「臭い物に蓋をする」について分かりやすい例もないだろう。 中止しようがしまいが、安倍後援会850人招待による公選法違反などの問題は永久に消えない。 asahi.com/articles/ASMCF5JB9MCFUTFK00Z.html… #桜を見る会 午後6:44 · 2019年11月13日·Twitter Web Client 504 件のリツイート 762 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート mipoko @mipoko611 支持するしない以前に安倍内閣は「政治家の集まり」じゃないんだよ。他人の金で権力者ごっこをやりたいだけの中高年幼児。その集まり。しかもその「ごっこ」を検証することもできないよう公文書まで捨てる。公文書は国民の財産やぞ。安倍内閣の私物ちゃうぞ。 #安倍は辞めろ1112 午後9:04 · 2019年11月12日·Twitter for iPhone 1,754 件のリツイート 3,403 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 ①天皇の地位は憲法によって定められたものであるから、新天皇の即位を祝うのは儀礼上、当然だという意見がある。また、天皇制を含む憲法を丸ごと擁護するという意見がある。日本共産党に代表される意見であるが、私はこの意見にまったく与しない。 午前6:56 · 2019年11月13日·Twitter Web App 19 件のリツイート 14 件のいいね


れいわ新選組 @reiwashinsen ★変更のお知らせ★ #れいわが始まる 山本太郎全国ツアー 【第四弾・東北】 11/14(木) 山形ですが雨予報の為、街頭記者会見は行わず、屋内会場でおしゃべり会を行う事になりました。 また開始時間を17:30からに変更します。 会場:霞城公民館3F講堂 山形市城西町二丁目2-15 city.yamagata-yamagata.lg.jp/kakuka/kyoiku/kajo/sogo/pd1127114100.html… 午後7:41 · 2019年11月13日·Twitter for iPhone 141 件のリツイート 174 件のいいね


異邦人 @Narodovlastiye さんざん反対意見や懸念を無視して記述式問題の導入をゴリ押ししておきながら、事ここに至って国語の記述式問題を判断材料から除外しろという、文科省のトンデモ要請が物議を醸しているけれども、やはり「ベネッセに61億の税金を渡す為だけの制度」なのだなと確信した。通常なら中止する筈だから。 午前9:09 · 2019年11月14日·Twitter for Android 1 件のリツイート 6 件のいいね


安保法制違憲訴訟の会 @anpoiken_jp 自衛隊員を殺させてはならない chng.it/vYdDYmhg @change_jp より 午前9:39 · 2019年11月14日·Twitter for iPhone 1 件のいいね
  ★実質危険手当でも付けて、強制、押し出そうと!? イラク戦争の時のように。 それなら、押し出すな!危険地域に。外地に。


香山リカ @rkayama 私は冬のボーナスをあてて、chocolatさんやカンパしたみなさんを招待し、「新・桜を見る会」を開催します!ホームレスの人なんかにも来てもらい、楽しくお弁当でも食べましょう! 午後9:43 · 2019年11月13日·Twitter for Android 261 件のリツイート 714 件のいいね


umekichiさんと他84人がフォローしています 花凛♡◡̈⃝⋆* @rinon_nn この れいわ新選組公式動画 何回観ても飽きない。 太郎さんの熱気もそうだが観衆の熱気にも感動する。 日本だって他国に負けない庶民の熱気は確かにあるんだ。 世の中権力がなければ何も出来ない。 ならば、山本太郎に権力を持たせるのみ。 一票で多く投票し、この世の中を変えるのみ。 午後4:53 · 2019年11月13日·Twitter for iPhone 96 件のリツイート 165 件のいいね


前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) @brahmslover 桜を見る会について、萩生田氏のブログ「平素ご面倒をかけている常任幹事会の皆様をご夫婦でお招きしました」。萩生田氏の答弁「私がお招きした事実はございません」。自分で書いたことを自分で否定した。嘘に決まってる。 午前2:58 · 2019年11月14日·Twitter for Android 3,098 件のリツイート 5,390 件のいいね


れいわ新選組 @reiwashinsen 昨日は #東北 #盛岡 #もりおか歴史文化館 前で #山本太郎街頭記者会見 を行いました お越しくださった皆さま、お手伝いくださったボランティアの皆さま、ありがとうございました 動画のフルバージョンはこちらからご覧ください youtu.be/oAQFifs7lz0 #山本太郎 #れいわが始まる 山本太郎 住まいは権利!さんと他1人 午後9:00 · 2019年11月13日·Twitter for iPhone 433 件のリツイート 874 件のいいね




ゆみさんと他2人がいいねしました きっこ @kikko_no_blog 内閣府の公式行事である「桜を見る会」の招待者名簿の保存期間は、内閣府の規定で「3年」と決められている。「会の終了後に廃棄した」という説明は無理があり過ぎる。そう言えば「廃棄した」と言っていた自衛隊の南スーダン日報も後から出て来たし、財務省の森友学園文書も後から出て来たよね。 午後0:21 · 2019年11月12日·Twitter Web App 168 件のリツイート 293 件のいいね


望月衣塑子さんと他12人がいいねしました ラサール石井 @lasar141 残っていない訳がない。去年呼んだ人を今年も呼ぶか、検討するためには必ず必要。何回来ているかの実績も検討材料。巷のホームパーティやゴルフコンペでもそこが大事。毎回白紙からリストを作成するなど有り得ない。招待者を取りまとめる幹事やったことのある人ならすぐにわかること。 引用ツイート 松尾貴史「違和感のススメ」 @Kitsch_Matsuo · 3h おそらく、招待者リストは残っている。大慌てで消している最中かもしれないが。 午前9:32 · 2019年11月12日·Twitter for iPhone 1,479 件のリツイート 2,695 件のいいね


冨永 格(たぬちん)さんと他12人がいいねしました たつみコータロー 前参議院議員 日本共産党 @kotarotatsumi 桜を見る会と後援会の前夜祭が完全にセット。完全に後援会恒例行事です。 午前10:17 · 2019年11月12日·Twitter for iPad 856 件のリツイート 1,090 件のいいね


孫崎享のつぶやき: 天皇陛下の即位を祝う9日の祝賀式典で、「天皇陛下万歳」の唱和が繰り返し少なくとも1 6回。万歳三唱ならぬ万歳「四十八唱」、「戦前のように天皇の権威を高めたいという保守派 の思いが長い時間の万歳に現れている」、SNS上の声「エンドレスの万歳が怖い」等 2019-11-12 08:29


望月衣塑子さんと他6人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes ただいま、ある妊婦が警察を批判しただけで、警察からペッパースプレーをかけられて暴行され、そして逮捕されました。 もし警察のせいで、この妊婦と赤ちゃんに何かあったら、警察は責任を取りますか?取りません。政府は暴行する警察を批判しますか?もちろんしません。 午後3:15 · 2019年11月12日·Twitter for Android 9,840 件のリツイート 1.2万 件のいいね
  ★如何なる政府も、人命、安全、人権を損なってはなりません。マスクをした警官は、監視されている自覚はないか、少ないかもしれませんが、中国が香港に出ていく、或いは、1国2制度を脱皮しようとするなら、これらに正しい解を与えねばなりません。事態を放置・悪化させれば、遠大な計画・実現は、更に遠のく!?


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!#安倍はやめろ!さんがいいねしました きっこ @kikko_no_blog 「現在の安倍政権になってから完全に公私混同になっている「桜を見る会」の問題で、安倍官邸が安倍晋三後援会の会員だけでなく、安倍首相と親しい統一教会の事務局次長まで招待していたことが分かった」とのこと。 午後5:31 · 2019年11月12日·Twitter Web App 27 件のリツイート 43 件のいいね


たつみコータロー 前参議院議員 日本共産党 @kotarotatsumi あちゃー。 引用ツイート 大門実紀史(だいもんみきし) @mikishi_daimon1 · 10m お年寄りを食いモノにした悪徳商法の「ジャパンライフ」。その会長であった山口隆祥氏にも安倍首相から「桜を見る会」の招待状が届いていました。 午後5:36 · 2019年11月12日·Twitter for iPhone 26 件のリツイート 25 件のいいね


石垣のりこ @norinotes 本日は、初めての質問に臨みました。 農林大臣からは、率直な答弁をいただき、日米貿易協定が国内農業に与える影響等については農林省としてもまだ把握し切れておらず、予算編成もおぼつかないということがよくわかりました。 日本の農業を守るためにも、この点は、引き続き追求してまいります。 午後5:39 · 2019年11月12日·Twitter for iPhone 2 件のリツイート 4 件のいいね


鈴木邦弘さんがいいねしました 安田菜津紀 @NatsukiYasuda 大切なことを忘れないでほしい。「見直し」は「検証」が土台となる。名簿などが”破棄”されてしまったのであれば、何をどう、検証するのだろう。こうした時こそ責任を「痛感」するのではなく、責任を「とる」姿を見せてほしい。 午後5:45 · 2019年11月12日·Twitter Web App 17 件のリツイート 38 件のいいね


小畑幸三郎さんがいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 警察は香港中文大学に突入し、多くの生徒を逮捕し、そして多くの催涙弾とゴム弾を撃ちました。ある学生記者の目に、催涙弾が直撃しました。彼は「僕の目は見えなくなるの?」と泣いていました。 この戻れない悲劇的な状況を作ったのは、公権力を持っているのに政治問題を解決しない香港政府です。 午後8:26 · 2019年11月12日·Twitter for Android 323 件のリツイート 384 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 米山 隆一 @RyuichiYoneyama 二階幹事長「誰でも議員は選挙区の皆さんに機会あるごとに何かできるだけのことを呼び掛けてご参加頂くことに配慮するのは当然ではないかと思う」との事ですがそれはほぼ完全に公職選挙法222条で5年以下の懲役・禁固となります。警察・検察はどう対応するのでしょうか。 午後1:22 · 2019年11月12日·Twitter Web Client 3,486 件のリツイート 4,147 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 佐藤 章 @bSM2TC2coIKWrlM 来年度5700万円の政府予算を要求している「桜を見る会」ー萩生田世耕稲田みんな後援会呼んでる。安倍にいたっては850人。「10m歩いたら山口の人」と周南市長。下関市では安倍事務所に申し込んで招待状が来る。前夜祭の翌朝開門前に安倍と記念撮影。手荷物検査なし。安倍辞任! 午後4:04 · 2019年11月12日·Twitter for iPhone 205 件のリツイート 284 件のいいね


Hajime Imai〈今井 一〉さんと他21人がフォローしています Hong Kong Free Press @HongKongFP CUHK turns into battleground between protesters and police as clashes rage on across Hong Kong universities hongkongfp.com/2019/11/12/cuhk-turns-battleground-protesters-police-clashes-rage-across-hong-kong-universities… @krislc @holmeschan_ #HongKong #China #antiELABhk #antiELAB #HongKongProtests ツイートを翻訳 午後6:48 · 2019年11月12日·Buffer 2,619 件のリツイート 2,332 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート BLUE NOAH@立憲BACKERS&立憲パートナーズ(りっけん) @BLUENOAH_rikken うわぁ… 安倍晋三事務所から 「#桜を見る会 にご出席をご希望される方は」と案内状&申込書が 安倍晋三、アウトーぉ #日本共産党 #共産党 #田村智子 #宮本徹 #りっけん #立憲民主党 #立憲パートナーズ #国民民主党 #社会民主党 #社民党 #野党共闘 午後10:31 · 2019年11月12日·Twitter for iPad 1,563 件のリツイート 1,745 件のいいね


ゆみさんと他12人がいいねしました 蓮池透 @1955Toru 「廃棄した」。いくら何でも、もうその手は通用しない。 断捨離か!!! 午前5:26 · 2019年11月13日·Twitter Web App 1,178 件のリツイート 2,540 件のいいね
  ★出処進退を決めよ。 敵視・ヘイトの裏側で、依怙贔屓(我が身への見返り求め)。分断支配!? 不公正、不公平な政治、断罪する。=国民主権に仇名すもの モリカケ然り、お友達然り、私利私欲追求、行政歪め…




植草一秀の『知られざる真実』: 「桜を見る会」は無駄な利権支出氷山の一角 11/11
 ○「桜を見る会」は公費の不正利用である。
 日本財政の最大の問題は、公費が適切に使われていないという問題である。
 財政赤字の問題でもない。
 社会保障支出の増加でもない。
 まったく必要のない無駄な支出が膨大に存在していることが問題なのだ。
 そのすべてが誰かの利権である。
 この「巨大な利権支出」こそ、日本財政の最大の問題だ。
 毎年4月に開催される「桜を見る会」の支出額が年々増加しており、安倍晋三首相や閣僚の後援会関係者が多数招待されていることが11月8日の参議院予算委員会で日本共産党の田村智子議員によって指摘された。
 この問題をハーバー・ビジネス・オンライン「安倍首相主催「桜を見る会」で後援会関係者をおもてなし。許されない公金の私物化」11/10
 が詳しく伝えている。
 記事は、「桜を見る会」が、各界で功績を上げた人や著名人を招待するものであること、飲食費を含めた開催費用が財政支出として支出されていることを指摘する。
 主権者が負担する税金で費用が賄われているのだ。
 公金、つまり血税から支出されている。
 その費用は2019年が5520万円であり、田村議員は「桜を見る会」の参加者数と費用が年々拡大していることを指摘した。
 2014年は参加者が1万3700人、費用が30005万円だったが、2019年には1万8200人、5520万円に拡大している。 ・・・


俵 才記さんと他15人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 実弾に撃たれて意識を失って倒れた若者に対して、香港警察は応急処置をするのでも、救急車を呼ぶのでもなく、無理矢理立たせようとしました。 もう親中派か民主派かという問題じゃなく、善悪の問題です。香港警察はすでに殺人鬼のようです。 センシティブな内容が含まれている可能性のあるメディアです。設定を変更 表示 午後2:53 · 2019年11月11日·Twitter for Android 1.9万 件のリツイート 2.7万 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート Dr.ナイフ @knife9000 「安倍首相は秋篠宮夫妻でさえ配慮した車の窓を堂々と開け、沿道に向けて手を振るという行動に出た」 ・即位パレードで安倍首相が“天皇きどり”で窓を開けお手振り! 午後2:51 · 2019年11月11日·Twitter for iPhone 1,183 件のリツイート 1,590 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 佐藤 章 @bSM2TC2coIKWrlM この写真ほとんど決定的ではないか。バスのフロントに「桜を見る会 安倍晋三後援会」と掲げている。まさか「勝手に名前を使われた」とは抗弁できまい。このバス代、山口から東京への旅費はどこから出てるんだろう? いずれにしても会場で飲み食いしてるんだから堂々たる公選法違反だろう。安倍辞任! 午後2:30 · 2019年11月11日·Twitter for iPhone 2,395 件のリツイート 2,786 件のいいね


孫崎享のつぶやき: 中ロ双方は米国の圧力拡大に呼応し、中ロ協力を拡大。従来は軍事分野で協力。今先端産業 分野での共同開発などが進む。重点分野は次世代通信、大量データ,ロボット、AI 、バイオ 技術、新メディア、通信、デジタル経済。科学者間の協力に加え、起業家も参加。 2019-11-11 07:47


ワンコ171さんと他2人がいいねしました 蓮池透 @1955Toru 最も実効性のある方策は、運転しないこと。 引用ツイート 新潟日報モア @niigata_nippo · 11月10日 [新潟日報モア] 甘い想定 実効性に疑問 柏崎原発 県原子力防災訓練 niigata-nippo.co.jp/news/national/20191110506454.html… ワンコ171さんと他2人がいいねしました 蓮池透 @1955Toru 最も実効性のある方策は、運転しないこと。 午後7:31 · 2019年11月11日·Twitter Web App 348 件のリツイート 656 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 安保法制違憲訴訟の会 @anpoiken_jp 【声明】安保法制違憲・国賠訴訟東京地裁判決に対する声明 【声明】安保法制違憲・国賠訴訟東京地裁判決に対する声明 2019年11月7日 東京安保法制違憲訴訟弁護団  言語道断の判決である。 東京地方裁判所民事第1部は、違憲の… anpoiken.jp 午後8:23 · 2019年11月11日·Twitter Web Client 1 件のリツイート 3 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 西脇完人 @kentestu 自動車、家電、エレクトロニクス、外食、量販店、各産業が坂道を転がり落ちているのに、株価は高値安定している。これがなにを示すのか、バブル崩壊体験者に分からぬはずもないのに、なぜか能天気。五輪終了後カスタトロフが。 午後1:32 · 2019年11月11日·Twitter Web App 35 件のリツイート 38 件のいいね


ゆみさんと他4人がいいねしました きっこ @kikko_no_blog さすがは自分のことを「森羅万象を担当する大臣」だと公言してハバカラない厚顔無恥な安倍晋三、とうとう「世界で私はおそらく、最も圧倒的に多くの時間、国会の質疑に応じている」などと言い出した。そろそろ誰か病院に連れてってやれよ、このバカを。 午後9:45 · 2019年11月11日·Twitter Web App 786 件のリツイート 2,000 件のいいね


臥龍通信さんと他4人がいいねしました 冨永 格(たぬちん) @tanutinn 「招待の基準はない。新宿御苑は広いからいくらでも呼べる」と官邸幹部。出席者は毎年500~1000人規模で増え続け、今年は5年前と比べ約4500人増。首相の地元後援会ら政治家の支援者らも多数出席と国会で指摘されている(朝日4面から)…「指摘されている」ではなくて、調査報道で独自に追及お願い。 午前6:34 · 2019年11月12日·Twitter Web Client 400 件のリツイート 561 件のいいね


ラサール石井さんがリツイート 松尾貴史「違和感のススメ」 @Kitsch_Matsuo 園遊会のリストは30年残され公開。安倍氏の桜疑獄は終わったら即座に破棄、この違いについて田崎氏「天皇皇后両陛下がやる事と政党がやる事は違いますから」政党と認めてしまった。税金ですよ。 午前9:06 · 2019年11月12日·Twitter for iPhone 143 件のリツイート 214 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート ココナッツ @Sk49Summerdream もう次から次へと安倍晋三を追い詰める画像が出てきて止まりませんねぇ(笑) #桜をみる会 会話 ビビりマンさんがリツイート ココナッツ @Sk49Summerdream もう次から次へと安倍晋三を追い詰める画像が出てきて止まりませんねぇ(笑) #桜をみる会 引用ツイート sakuranbou110 @sakuranbou110 · 14h 返信先: @nabeteru1Q78さん 、 @horirisさん 桜を見る会の前夜祭にも書いてある 午後8:19 · 2019年11月11日·Twitter for Android 1,803 件のリツイート 2,643 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 昨日の参院予算委で共産党の田村智子議員が、安倍首相主催の「桜を見る会」に安倍氏の地元後援会員を多数、招待していた問題を追及した。 その模様を今朝の『しんぶん赤旗』が1面トップで紹介している。 共産党がどうのという以前に「究極の税金私物化」であり、怒り極まった。 午後4:55 · 2019年11月9日·Twitter Web App 14 件のリツイート 15 件のいいね



kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!#安倍はやめろ!さんがいいねしました ゆきのちゃん @t2PrW6hArJWQR5S 国会議員の給料が月額26万円も引き上げられたんだけどさ、本来なら昇給どころか給与を全額返上しなければならない事態なんだよ。だって財政はGDP2倍以上の負債抱えて破綻寸前だし、偽装相場の株価を除いて経済指数の殆どが悪化して収拾がつかないんだから。与党も野党も無能な上に国民を舐めてんだよ。 午前11:55 · 2019年11月10日·Twitter Web App 135 件のリツイート 221 件のいいね


望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI 参院選で #河井案里 氏の応援に #菅義偉 #官房長官 は3回も広島入り。一方、安倍批判をした溝手氏は落選した。 #広島県警 はきちんと捜査して欲しいが、カネの出所次第では捜査が止まるかもしれない...。 河井案里氏 現金配布か 広島県議選、複数候補に  午後1:01 · 2019年11月10日·Twitter for iPhone 10 件のリツイート 16 件のいいね
  ★安倍批判をした溝手氏に、刺客に送り込んだような選挙戦でしたね。これも、安倍独裁の手段⁉ 恨めしい奴


老人党「護憲+」さんがリツイート 小野次郎 @onojiro 安倍総理「桜を見る会」に大疑問。 桜を見る会は朝8時開門し、11時頃にはお開きとなる。 山口県からでは前泊が必要。 往復交通費、バス借上げ代に宿泊代、前夜懇親会費を加えたら一人何万円も掛かる。 総計850人なら総額で数千万円を下らない。 個人の参加費と後援会収支報告の説明を求めるべき。 午前0:36 · 2019年11月10日·Twitter for iPhone 2,353 件のリツイート 3,741 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート KAZUKO @PeriKazuko 萩生田氏 “暇がない”答弁で共通テスト中止署名4万筆を無視 「最大の被害者」とも言うべき現場の高校生の声も聞かず 逃げまわる萩生田文科相。 nikkan-gendai.com/articles/view/news/264427… #日刊ゲンダイDIGITAL 午後5:15 · 2019年11月9日·Twitter Web Client 836 件のリツイート 1,050 件のいいね


孫崎享のつぶやき: 三鷹事件:1949年7月無人電車の暴走で複数の民家が全壊・半壊し、市民6名が死亡、20名が負傷。当初共産党、解雇に歓待する国鉄労組説が有力だったが、結局竹内被告の単独説の判決。単独で列車を走らせるようにするには技術的に無理。米国の影。 2019-11-10 08:38


南 彰 / MINAMI AkiraさんとEU_SHOMIN #STOP!ABEさんがいいねしました 海渡雄一 @kidkaido 大間原発訴訟 長期化辞さない構え 函館市が説明会 /毎日新聞 mainichi.jp/articles/20191110/ddl/k01/040/018000c… 工藤市長「差し止めが認められるのが最善だが、裁判をやって建設が進まなければ十分。不退転の決意で臨みたい」 午後10:02 · 2019年11月10日·Twitter Web Client 31 件のリツイート 29 件のいいね


男 前太郎さんがリツイート 日仏共同テレビ局France10及川健二 @esperanto2600 枝野幸男さんや福山哲郎さんとこの間やりあって、消費税減税の最大の抵抗勢力が立憲民主党の執行部だと分かりました。 午後5:51 · 2019年11月10日·Twitter for iPhone 802 件のリツイート 975 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 異邦人 @Narodovlastiye 普通に考えて、政治家が私費で地元有権者を接待しても閣僚はおろか議員辞職モノの不正行為なのだから、税金で地元有権者に樽酒や料理まで振る舞い、挙句の果てには土産まで持たせて徹底的に接待していた安倍首相は公職から退くべきだろう。税金で有権者を買収しても問題ないという人だけ反論下さい。 午後8:25 · 2019年11月9日·Twitter for iPad 3,151 件のリツイート 5,677 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート エリック C @x__ok 戦前の「アカ!」と言って赤狩りをしたのと同じなのだから、安倍の今回のヤジは、普通のヤジと違って、とても危険なものを含んでいます。人種差別よりさらに重い犯罪的な要素が含まれていると思えます。 だから、私は #共産党は私だ  に連帯します。 午前2:02 · 2019年11月11日·Twitter Web App 316 件のリツイート 584 件のいいね


首都圏反原発連合 @MCANjp 地裁判決を許さず逆転有罪判決をめざす集会-全国集会- 始まりました。福島原発刑事告訴支援団 佐藤知良団長挨拶 はじめから無罪ありきの不当判決を逆転有罪にする。呆れ果てても諦めない! 首都圏反原発連合 @MCANjp 地裁判決を許さず逆転有罪判決をめざす集会-全国集会- 始まりました。福島原発刑事告訴支援団 佐藤知良団長挨拶 はじめから無罪ありきの不当判決を逆転有罪にする。呆れ果てても諦めない! 午前11:41 · 2019年11月11日·Twitter for iPhone 4 件のリツイート 3 件のいいね


tama nekonoさんがリツイート tama nekono @tomcat2013 東京五輪での「旭日旗禁止」を求める米ホワイトハウスへの請願が大反響 — 米国人Hi Chadさんは請願で、旭日旗を「日本帝国主義の軍隊の象徴」と説明し、旭日旗の使用について「アジアの国と第2次世界大戦に参戦した米軍に対する侮辱」…と主張 — recordchina.co.jp/b753145-s0-c30-d58.html… 良い方向に動いている 午前11:22 · 2019年11月7日·Twitter Web Client 490 件のリツイート 659 件のいいね
  ★成程、あの米ホワイトハウスへの請願。




孫崎享のつぶやき: 気候(『日本国の正体』より)日本の気候の独自性は変わりやすいという点にあり、酷暑の 夏と寒く雪の冬という両極端をつなぐ。気質も「調子の早い移り変わり」という点で際立つ。 これは「執拗」の対極。事実この気質は根本的に「受容性」と「忍従」に由来している。 2019-11-09 07:37


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!#安倍はやめろ!さんと他3人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo この動画を、ぜひご覧ください。白昼堂々、国民の大切な税金が、首相の地元後援会のために使われている。これを「国政・税金の私物化」と言わずして何というのか。この内閣での相次ぐ閣僚不祥事の根は、首相自身にあるのです。引き続き真相の徹底究明が必要です!


老人党「護憲+」さんがリツイート YAF @yagainstfascism NEWS23。安倍晋三さんの「共産党」ヤジや、委員長に叱られてる最中でさえ指差し挑発する安倍さんの姿も取り上げ、首相という以前に、人としてダメダメな様子をよく映し出してナイス。笑 「共産党に対しても失礼」という批判を拾ったり、蓮舫氏が厳しく詰め寄る所もしっかりと捉えられていてよいですね 午後11:59 · 2019年11月8日·Twitter Web App 924 件のリツイート 1,264 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 但馬問屋 @wanpakuten #news23 は安倍首相のヤジ、ちゃんと声を拾い上げて報じてました!! アベ「共産党か!」 … 野党議員「共産党に対しても失礼だ」 蓮舫議員「今のは何?少しは謝罪してくださいよその態度、酷すぎるわ」 委員長から注意されたのに、アベは指差して愚弄。 …2日前の今井議員へのヤジも報じたよ 午前0:25 · 2019年11月9日·Twitter for iPhone 585 件のリツイート 726 件のいいね


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!#安倍はやめろ!さんと他3人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 昨日の夜、警察は突然5月11日立法会での衝突を理由に7名の民主派立法会議員を逮捕しました。ありえないです。政府は弾圧を強め、市民の怒りを激化させ、11月24日の区議会議員選挙を取り消す理由を作りたいのでしょう。なぜなら、この運動を経て、親中派の支持率が大幅に減ったからです。 午後6:22 · 2019年11月9日·Twitter for Android 734 件のリツイート 1,261 件のいいね
  ★香港人の民主主義、コモンセンスは健在なり、示すもの。


ラサール石井さんと他8人がいいねしました きっこ @kikko_no_blog 今春の「桜を見る会」が終わった3カ月後、あまりにも招待客の人数が倍増して予算も膨らんでいたため、野党が「招待客の一覧の開示」を求めたところ、安倍官邸は「会が終わった時点で招待客一覧は廃棄したので開示できない」と回答した。ようするに「証拠隠滅」じゃん。ふざけんなよ!この税金泥棒が! 午後6:47 · 2019年11月9日·Twitter Web App 1,720 件のリツイート 3,227 件のいいね
  ★然り! 我が国の民主主義、法の支配を放擲安倍一強支配、独裁なんて許しているザマは、誰にも誇れない、筈べき惨状だ⁉


hayamiさんがリツイート 柚木みちよし @yunoki_m 安倍首相ヤジは傍で聞いててマジ幼稚。杉尾議員が報道への圧力を追及場面で「共産党!」杉尾議員にも共産党へも失礼だが一昨日の今井議員に萩生田ペーパーを「あなたが作ったのでは」発言も、意に沿わない追及にはヤジ。これが一国の首相か。マジ終わってるし、終わらせよう。 午後9:08 · 2019年11月8日·Twitter for iPhone 1,527 件のリツイート 3,057 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 枝野幸男 りっけん 立憲民主党 @edanoyukio0531 党派を超えて、数年に一度の素晴らしい質疑だったと思います。 少し長いかもしれませんが、やり取りに引き込まれて、あっという間に感じます。 多くの方にご覧いただきたいとお願いします。 「桜を見る会」が首相後援会の恒例行事に youtu.be/FqG_eybQ_ZE @YouTube さんから 午後4:07 · 2019年11月9日·Twitter Web Client 1,285 件のリツイート 2,122 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 但馬問屋 @wanpakuten #news23 小川アナ 「総理はもっとどっしりとされてあるものと思うが、総理のヤジが当たり前に飛ぶ国会ってどうなんでしょう」 星浩氏 「こんなに自席からヤジを飛ばす総理を私も見たことがない。この程度の挑発でカッとなるようでは、世界中の海千山千のリーダーと交渉していけるのかと心配になる」 午前1:01 · 2019年11月9日·Twitter for iPhone 507 件のリツイート 814 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 冨永 格(たぬちん) @tanutinn 参院予算委。田村智子氏(共産)が首相主催「桜を見る会」の膨張に関連し、招待客のブログ等から「総理も選挙区(山口)の後援者を事務所が取りまとめて多数招いている。前夜祭とセットで後援会の恒例行事にしていたのではないか」安倍首相「個々の方々については個人情報でもあり、公表を差し控える」 午後5:09 · 2019年11月8日·Twitter Web Client 1,111 件のリツイート 1,147 件のいいね
  ★公務員、総理大臣たる者、己に不都合な真実に蓋をしようとするなど、恥ずべきこと。これ自体、『指摘されたことが真実と認めた』も同然⁉ 手前たちが、何をしたかが問題‼‼ 正々堂々、回答せよ。


ビビりマンさんがリツイート 佐藤 章 @bSM2TC2coIKWrlM 英紙ガーディアンは「恐怖の歴史・旭日旗は持ち込み禁止」の記事。記事によれば軍旗である旭日旗は「朝鮮人虐殺」を掲げる在特会や第2次大戦を「聖戦」とする日本会議で使用。中国やシンガポール、フィリピンなどに抗議が広がる前にIOCは行動を、と。また恥を世界に晒すのか。 午後5:43 · 2019年11月9日·Twitter for iPhone 209 件のリツイート 264 件のいいね


桐谷育雄 @kiriyaikuo 安倍は税金を使い選挙対策 安倍晋三後援会から850人 萩生田後援会の常任幹事会 安倍昭恵枠 森友加計同様 招待者名簿も廃棄 後援会員が安倍事務所に申し込むと招待状が来たという証言。 ホテルで安倍夫妻と前夜祭 貸切バスで受付開始前に保安検査なしで安倍と記念撮影 午後9:56 · 2019年11月9日·Twitter Web Client 37 件のリツイート 26 件のいいね


otto.嶋@NO!緊急事態条項さんがリツイート KOKORO HIRO @plFBOeRB4JBchR0 うわーッ ‼︎ 11月9日(土)11:25 今見たら〜 「れいわ 」1位 ついに…30%・突破しました 最終的に「審査員」が優勝を決定するみたいですが、 票数伸ばして、knockoutしたい 2019新語・流行語大賞、あなたが選ぶなら? - Yahoo!ニュース 意識調査 午前11:36 · 2019年11月9日·Twitter for iPhone 60 件のリツイート 114 件のいいね


otto.嶋@NO!緊急事態条項さんがリツイート 原純子 @HarachanJ 今日、田村智子参議院議員が強調したこと。 「赤旗の取材力はすごい」ということと「日本共産党はチームの力で質問を作っている」でした。 やっぱり、「読まなきゃ損だよー 」って、伝えたい。 あなたに、しんぶん赤旗を読んでほしい 明日も歩きます。 午後10:15 · 2019年11月9日·Twitter for Android 49 件のリツイート 57 件のいいね


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!#安倍はやめろ!さんと他2人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 嬉しいコメントです。首相による血税私物化は絶対に見逃せない。この問題は、文字通り党派を超えて、野党で力をあわせ、徹底的に追及していきましょう! 引用ツイート 枝野幸男 りっけん 立憲民主党 @edanoyukio0531 · 17h 党派を超えて、数年に一度の素晴らしい質疑だったと思います。 少し長いかもしれませんが、やり取りに引き込まれて、あっという間に感じます。 多くの方にご覧いただきたいとお願いします。 「桜を見る会」が首相後援会の恒例行事に youtu.be/FqG_eybQ_ZE @YouTubeさんから 午前8:54 · 2019年11月10日·Twitter Web App 206 件のリツイート 391 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 毛ば部とる子 @kaori_sakai 桜を見る会、安倍首相が芸能人を呼びまくっていることと、うなぎ上りの予算が問題なのかと思っていたけれど、自民党の議員が寄ってたかって後援者接待に利用しているとは、その事実が隠されていなかっただけに盲点だった。ここに目を付けた共産党は鋭いよね。 午後6:04 · 2019年11月9日·Twitter Web Client 1,876 件のリツイート 3,510 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 想田和弘 @KazuhiroSoda 安倍政権下で進んでいる「公共の解体と私物化」の一環です。「みんなのもの」を「自分のもの」にする動きがどんどん進んでます。→「税金の私物化では」と批判あふれる「桜を見る会」 何が問題か 国会質疑で分かったこと - 毎日新聞 午後11:36 · 2019年11月9日·Twitter Web Client 2,046 件のリツイート 2,900 件のいいね




孫崎享のつぶやき: 池澤夏樹著「文学の危機なのか」文学書が売れなくなった。書店がどんどん減っていく。電 車の中で誰もがスマホ。これは日本の文芸出版の衰退の姿ではあっても文学の危機ではな い。どんな社会にあっても人間は必ず文学を生むし享受する。 2019-11-07 07:36



志村建世のブログ: ブログ連歌(539) 11/8

10759 カゼ熱が 引いて再び 人心地
10760  亡妻の壺に 話しかけみる (建世)
10761 彼岸花 早やも枯れゆく 古刹訪う (みどり)
10762  種も残さぬ その花哀れ (建世)
10763 台風の 歴史に残る 破壊力 (みどり)
10764  嵐の前か 雨音静か (建世)
10765 台風が 本当に来たぞと 名乗り上げ (建世)
10766  千曲川すら 決壊の憂き (みどり)
10767 夜が明けて 豪雨被害が 新聞に
10768  死者は29 不明14と (建世)
10769 淡々と 秋の薄日は 静かなり
10770  老いを楽しむ わが身にも似て (建世) 
10771 高層の マンション群の 泣きどころ (みどり)
10772  武蔵小杉の 名を高めたり (建世)
10773 実りある 米も果実も 泥の中 (みどり)
10774  雨よ風よ 何ゆえ荒れるや (建世)
10775 ひとときを 留めておきたい 小春日の
10776  日差しあたたか 風さえ絶えて (建世)
10777 熟し柿 好物だった 人は亡き (みどり)
10778  実りはわずか 落葉近く (建世)
10779 立冬や 赤き肩掛け 買い来たり (みどり)
10780  ひとり寝の夜の 寒さ忍ばむ (建世)


孫崎享のつぶやき: 米国政局は格差社会深化の中、大きなターニング・ポイント。それが大統領選に。(1)トランプ流、本質的には親富裕層政策、米国第一で貧困白人層支持、(2)大企業、軍需産 業中心政策―バイデン、ブーテジェッジ、(3)貧困対策重視ウォーレン、サンダース 2019-11-08 08:12


ゆみさんと他15人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 参院予算委・共産田村議員の追及で、「桜を見る会」に首相の地元後援会員などを招待してきた衝撃の事実が、数々の動かぬ証拠によって明らかにされた。「各界を代表する功労功績があった方を招待する」ことが建前の「桜を見る会」が、首相の後援会行事にされていた。血税私物化疑惑の徹底究明が必要だ。 午後5:14 · 2019年11月8日·Twitter Web App 1,046 件のリツイート 1,393 件のいいね
  ★下司は、長居すればするほど、私物化、拡大… 行政歪め…


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!安倍はヤメロ!さんと他2人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 私と @joshuawongcf は保釈条件によって無許可では出境できないです。今日の裁判で、彼がイタリア国会、フランス国会、欧州議会の誘いに応じるため、11月にヨーロッパに行く申し入れをしましたが、申請は裁判官に却下されました。私もこれから日本に行きたいとしても難しいでしょう。 午後7:04 · 2019年11月8日·Twitter for Android 440 件のリツイート 732 件のいいね


小畑幸三郎さんがリツイート 渡部 深雪 @mipom11 河井前法相が法相在任期間にスピード違反の揉み消し。モリカケ問題の官僚の公文書改ざん不起訴。当の安倍夫妻の疑惑は追求しない。池袋の母子を轢き殺した人も無罪。安倍首相のお友達のレイプ事件も揉み消した。この国は上級国民なら罪に問われない。もう先進国ではない。 午後5:40 · 2019年11月8日·Twitter for iPhone 216 件のリツイート 328 件のいいね
  ★上級国民? 自ら隠語? 下種どもが。


山本太郎 住まいは権利!さんがリツイート 今野晴貴 @konno_haruki 「働き方改革」で、かえってサービス残業が増えている。最近の労働相談の典型。 「上司には「みんな社外で仕事をやっている」と言われた。 「深夜残業を規制するだけでは問題は解決しない。会社の働き方改革は一体、だれのためなのか」 午前11:46 · 2019年11月8日·Twitter for Android 428 件のリツイート 586 件のいいね
  ★非正規の労働組合、全国組織化、進んでないのでしょうか? or twitter等で、結集を図っているのでしょうか? 脱法的合法化に手を貸すなんて、悲し過ぎる、あるとすればの話


山本太郎 住まいは権利!さんがリツイート 内田聖子/Shoko Uchida @uchidashoko 日本政府の日米貿易協定に関する説明への疑念が高まっているが、一方米国がすべてを公表しているかと言えば、そんなことはない。Politico紙によれば、米国政府は政府のアドバイザリー委員会が出した日米貿易協定への評価書の公表を拒んでいる。理由は簡単で協定の問題点が様々指摘されているからだ。 午後2:37 · 2019年11月6日·Twitter Web App 340 件のリツイート 339 件のいいね


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の復旧を最優先に!声を上げよう!安倍はヤメロ!さんと他2人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 怒りすぎて、悲しすぎて、冷静になれません。 運動が始まってから、不可解な形で亡くなった人は、彼が1人目じゃないです。真相は、当たり前なことじゃないんだ。 これから哀悼集会に行きます。 午後9:02 · 2019年11月8日·Twitter for Android 457 件のリツイート 1,028 件のいいね


ラサール石井さんと他21人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo ウチワ、メロン、香典が、公選法違反疑惑で、大臣辞職になるのに、血税で後援会接待をした首相にお咎めなしには、絶対にしてはなりません! 午後10:58 · 2019年11月8日·Twitter Web App 2,008 件のリツイート 3,225 件のいいね
  ★自分の後援会の為の、「桜を見る会」園遊会⁉ 私物化、涜職以外の何物でもない。公務員にあるまじき行為。しかも、平然と 居直る。隠蔽、黙秘… 奉仕の心がどこにある‼‼


ビビりマンさんがリツイート 大下賢一郎 @kemuchiman これが本邦の総理大臣ですよ。本当に品性下劣な人間、本邦国民はこんな人間をもう7年ものさばらせてる、本当に恥ずべき事です。 午前8:55 · 2019年11月7日·Twitter for iPad 1,105 件のリツイート 2,071 件のいいね
  ★然り! オコボレヲ頂戴した地元後援会の皆様も、公正、公平、に目覚め、恥を知るべきです。市民、主権者への背信、裏切り




鈴木邦弘さんと他2人がいいねしました 蓮池透 @1955Toru 今もってなお、有名な「何か言っているのは分かるが、何を言っているのか分からない」。進歩はない。 午前5:05 · 2019年11月7日·Twitter Web App 458 件のリツイート 841 件のいいね
  ★身の丈、そのもの


蓮池透 @1955Toru 舩後議員が初質問したことがニュース?何か違和感。舩後議員が何を質問し、文科相がどう答弁したかを伝えるのであれば話は別だが。 難病患者 れいわ舩後氏初質問 音声変換と文字を瞳で示す | NHKニュース 午後7:34 · 2019年11月7日·Twitter Web Client 43 件のリツイート 90 件のいいね


JUMPILIKEYOUさんがリツイート 毒舌れいちぇる @20kg95645865 死に物狂いで産んだ自分の子供が将来現政権のせいで苦労することになったら耐えられない。 そう思ったから与党を批判するようになった。 出血多量で死にそうになった時、自分のことはいいから、子供だけでも幸せに生きて欲しいと思った。 けど、もうすぐ3歳の娘。将来この日本で幸せになれるか? 無理 午後8:00 · 2019年11月6日·Twitter for iPhone 432 件のリツイート 838 件のいいね


小畑幸三郎さんと他2人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 8月に、私と @joshuawongcf は政府から起訴され、明日が裁判となります。明日はまだ判決は下されないと思いますが、やっぱりちょっと緊張しています。 午後7:47 · 2019年11月7日·Twitter for Android 1,700 件のリツイート 4,875 件のいいね


Hajime Imai〈今井 一〉さんと他20人がフォローしています Hong Kong Free Press @HongKongFP Hong Kong police send complaint letters to news outlets after reporters protest at press con hongkongfp.com/2019/11/07/hong-kong-police-send-complaint-letters-news-outlets-reporters-protest-press-con… @krislc #HongKong #China #antiELABhk #antiELAB #HongKongProtests ツイートを翻訳 午後5:17 · 2019年11月7日·Buffer 83 件のリツイート 109 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート ぐちうら @guchirubakari 米国産トウモロコシ、日本企業買い手なし 「緊急購入」実現せず - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20191106/k00/00m/020/328000c… ヒゲの佐藤、令和バカの菅、なんかいう事ないのかよ。 午前7:18 · 2019年11月7日·Twitter for iPhone 806 件のリツイート 931 件のいいね
  ★押し売り⁉ トランプ印のトウモロコシ、要らない。 遺伝子組み換えのない食品なのか???


ビビりマンさんがリツイート 武田砂鉄 @takedasatetsu 明日15時半からのTBSラジオ『ACTION』のゲストは、映画監督・作家の森達也さん。来週15日(金)から公開される、東京新聞社会部記者・望月衣塑子さんを追ったドキュメンタリー映画『i 新聞記者ドキュメント』を中心にあれこれと。#action954 午後5:37 · 2019年11月7日·Twitter for Android 74 件のリツイート 162 件のいいね


m TAKANOさんがリツイート m TAKANO @mt3678mt 安倍政権を「腐ったみかん箱」「犯罪者集団」とは言い得て妙である。憲法無視、時には法律も無視するのだから安倍政権は反社会的勢力と言っても差し支えない。但し、腐ったみかんと一緒に腐らされるのは真平御免である。「腐ったみかん箱」はゴミ処理場に送らねばならない。 午後5:07 · 2019年11月7日·Twitter for iPhone 303 件のリツイート 503 件のいいね


ひろすけさんがリツイート 小川淳也 @junyaog これはひどい。ひど過ぎる。信じられない。ついにここまで来たかと。 午後10:52 · 2019年11月7日·Twitter for Android 628 件のリツイート 665 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート chocolat. @chocolat_psyder みんなで安倍さんにハッシュタグ付きのリプライ飛ばしたら「辞めて」っていう要望を聴いてくれるかも いい加減、みんなあきれてるよ。 #ヤジ総理辞めろ #ABEOUT @AbeShinzo 午前8:21 · 2019年11月7日·Twitter for Android 70 件のリツイート 74 件のいいね


ゆみさんと他6人がいいねしました 小沢一郎(事務所) @ozawa_jimusho もはや驚かない。隠蔽、改竄こそ、この政権の本質。都合の悪いことは全てなかったことにされる。「ああ、こうやれば出世できるのか」と官僚がいたるところで同じことをやっているだけ。こんな国になってしまった。凡そ先進国とはいえない。頭が腐れば全部腐る。安倍総理は「改竄」を日本の文化にした。 引用ツイート 共同通信公式 @kyodo_official · 13h 政府への異論、議事録から削除 - 社保新会議、在職年金巡り this.kiji.is/565131178294920289?c=39550187727945729… 午前6:48 · 2019年11月8日·Twitter for Android 463 件のリツイート 655 件のいいね


Hajime Imai〈今井 一〉さんと他5人がフォローしています Denise Ho (HOCC) @hoccgoomusic Trying to push ahead national security regulations, especially the Article 23, would be the single most foolish measure the HK government could take at this moment. Best way to drive half of the population onto the streets. ツイートを翻訳 午後1:36 · 2019年11月7日·Twitter for iPhone 2,232 件のリツイート 2,677 件のいいね



望月衣塑子さんと志葉玲さんがいいねしました 初鹿明博 @AkiHatsushika 明日は法務委員会で質問する機会をいただきました! メルカリで部落地名総鑑が販売されていた件と入管施設で続いているハンストや長期収容について取り上げます。 日中は大学入試の記述式試験のことで頭がいっぱいなので、切り替えが大変です ツイート 会話 望月衣塑子さんと志葉玲さんがいいねしました 初鹿明博 @AkiHatsushika 明日は法務委員会で質問する機会をいただきました! メルカリで部落地名総鑑が販売されていた件と入管施設で続いているハンストや長期収容について取り上げます。 日中は大学入試の記述式試験のことで頭がいっぱいなので、切り替えが大変です 午後8:35 · 2019年11月7日·Twitter for iPhone 81 件のリツイート 136 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート たつみコータロー 前参議院議員 日本共産党 @kotarotatsumi 政府への異議や批判は議事録にすら残らない。つまり無かったことに。もう、モラルも、常識も、民主主義も、何もかも捨て去った、本当に恥ずかしい政府の下で私達は生きてる。 政府への異論、議事録から削除 社保新会議、在職年金巡り | 2019/11/7 - 共同通信 午後10:37 · 2019年11月7日·Twitter for iPhone 2,516 件のリツイート 3,216 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 石川大我 参議院議員 立憲民主党 @ishikawataiga ベヘザードさん。残念ながら再収容されました。 涙を流しながら『仮放免の2週間の間、助けてくれた皆さんにお礼を言いたい。心から感謝しています。』との伝言を戴きました。 石川大我は今月内に牛久に行きます。国際的にも批判を受けている恥ずべきこの現状を一刻も早く改善しなければならない。 午後11:03 · 2019年11月7日·Twitter for iPhone 1,341 件のリツイート 1,889 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート とみ @meow164 誰かが覚醒剤や大麻をやって捕まったことよりも、上級国民やアベ友が捕まらないことに文句言おうよ。大騒ぎしようよ。なんかもう社会全体が間違った正義マンみたいになってるよ。 午前11:59 · 2019年11月7日·Twitter Web App 474 件のリツイート 1,088 件のいいね




孫崎享のつぶやき: トランプ弾劾の動き:「下院が単純過半数で訴追、上院が裁判、上院出席議員の2/3多数で 弾劾を決定。世論調査で共和党支持者は弾劾に賛同せず。共和党トランプ支持変化なし。背 景:ウクライナは米国軍事支援なしにロシアに対抗できず。これをトランプ、バイデン利用 2019-11-06 08:19


くろやすさんがいいねしました 冨永 格(たぬちん) @tanutinn 〈河井法相(当時)はイベントのため急いで広島県内を移動中。大臣が運転の秘書に急ぐよう求め、時速80キロ制限の高速道を140キロで走行したと。県警からは「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたらかばいきれません。時間に余裕を持って…」と電話が。 午後4:53 · 2019年11月6日·Twitter Web Client 160 件のリツイート 131 件のいいね


ゆみさんと他5人がいいねしました litera @litera_web 安倍首相、錯乱!「総理のご意向」文書を追及した野党議員に「あなたがつくったんじゃないの」と逆ギレフェイク野次 午後10:36 · 2019年11月6日·IFTTT 639 件のリツイート 890 件のいいね


脱原発.com @ 改憲阻止さんがリツイート TOYO @TOYOsanshin 子供の頃この辺りを駆け回っていた。まだ琉球大学があった。爆竹したり缶蹴りした場所は首里城公園として整備されていった。遊び場は取られたけど、帰省するたびにできていく丘の上の赤い城は誇らしい気分になった。あの日の1週間前に撮った弁財天堂とバリケン。この向こうに首里城がある 午後9:17 · 2019年11月6日·Twitter Web App 23 件のリツイート 58 件のいいね


Kana Kubotaさんがリツイート 渡辺てる子 れいわ新選組 @teruchanhaken 今度は舩後さんです 楽しみです 午後9:26 · 2019年11月6日·Twitter for Android 240 件のリツイート 625 件のいいね


fullmoonさんがリツイート 但馬問屋 @wanpakuten 国会中継 “英語民間試験導入について” 大串議員 「学校に関して市場原理や民営化、民間、こうした考えを過度に入れることは問題」 安倍首相 「民間がやると悪くなる。民間はよこしまな考え。そういう考えはとらない」 アンタら、よこしまな政治家と癒着するから悪いんだろうが 午後7:36 · 2019年11月6日·Twitter for iPhone 454 件のリツイート 876 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 志位和夫 @shiikazuo 率直に言って中国の誤りへの批判をためらう傾向が強い。安倍首相も、中国李首相と会談をしたが、尖閣諸島への領海侵犯も、香港の人権問題も、正面から問題にしようとしない。習近平主席の来日を最優先し、批判をやらない。対米も、対ロも、対中も、大国の覇権主義にモノが言えない外交でいいのか。 午後7:08 · 2019年11月5日·Twitter Web App 2,338 件のリツイート 3,918 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 中野昌宏 Masahiro Nakano @nakano0316 試写を見てきました。これは見たほうがいいですよ。『新聞記者』とは違って本人が主人公のドキュメンタリー。ある意味でハラハラします。 森達也監督、東京新聞記者・望月衣塑子氏を「泣かせたかった」 勝負の行方は「完敗」 午後7:50 · 2019年11月6日·Twitter for Android 221 件のリツイート 412 件のいいね



志村建世のブログ: 西六郷鎌田記念合唱団と「みんなのうた」熱中人 11/4
 〇 〇昨日の11月3日、下丸子の大田区民プラザで、西六郷鎌田記念合唱団の20周年記念演奏会を聞き、そのあとで「みんなのうた熱中人」の方々と話し合う機会がありました。じつは私は、西六郷鎌田記念合唱団の存在は、今まであまりよく知らずにいました。私が知っている鎌田典三郎先生は、西六郷小学校の現役の先生であり、「みんなのうた」の全盛期に、「線路は続くよどこまでも」などの合唱の歌声を提供して下さった、ありがたい先生でした。
 当時のテレビの制作現場は、かなり厳しいものでした。現役の小学生を録音のためにスタジオに呼ぶのですから、録音時間は夜間になります。練習やテストに時間をとられて、終了が夜の10時を過ぎることさえありました。今だったら絶対に許されない違法行為ですが、当時は当然のように、内幸町からタクシーに分乗で送り出すようなことをしていました。いま思い出しても、全員に弁当を配った記憶がありません。夕食は、どうしていたのでしょうか。
 そんな苦労をしても、先生には、一流の少年少女合唱を育てる強い情熱があり、そのために「みんなのうた」への協力を惜しまなかったのでしょう。
 昨日出演した鎌田記念合唱団は、地域の大人の合唱団ですが、鎌田先生の教え子たちの合唱団でしょう。最初期のからの団員も、一人残っているということでした。そして演奏会の中で、賛助出演した現役の西六郷少年少女合唱団の歌声を聞くことも出来ました。
 会場を出てからの話し合いで、「みんなのうた熱中人」にとっては、あの午後6時半からの5分間が、育ち盛りの少年期に直結した強い記憶になっていることが感じられました。なぜあの番組が、文化史的に論じられるような大きな力を持ったのか。今でも私にはよくわかりません。ただ、「いい歌を探したい」一心で、私はポーランド大使館を訪ね、その後に展開したポーランド民謡系列の歌を発掘したのでした。「逃げた小鳥」の曲が、規格の違う資料室のテープから、はじめて「音」として聞こえて来たときの期待感を、今でもありありと覚えています。
 しかし当時の私は、あまりにも早く「みんなのうた」からの脱出を希望して、それを実現したのでした。その選択を後悔はしていませんが、自分のしていることの意味は、そのリアルタイムでは、わかっていないことが多いのだと思います。今になって「いろいろあって面白かった」と思う、私には、その対策しかありません。


植草一秀の『知られざる真実』: 11月15日PM5時「いま消費税を問う!」緊急院内集会 11/5
 〇11月15日(金)午後5時より、衆議院第二議員会館多目的会議室で緊急院内集会を開催する。
 テーマは「いま消費税を問う!」。
 消費税増税が実施された。
 ポイント還元などの各種措置で増税効果が緩和されているが、これらの措置は来年6月で終了する。
 来年7月に増税効果がフルに発揮されることになる。
 増税規模は10年で52兆円。
 増税対策の規模は2兆円で、10年単位で考えると増税対策は焼け石に水でしかない。
 消費税が導入されたのは1989年4月。
 平成の幕開けとともに消費税が導入され、平成が終了したタイミングで税率が10%にまで引き上げられた。
 政府は、消費税増税は財政再建と社会保障制度維持のためだと説明してきたが嘘である。
 消費税増税による税収増は所得税と法人税の減税に充当されてきた。
 消費税増税の負担がより重くのしかかるのは所得の少ない階層の人々だ。
 他方、法人税と所得税減税の恩恵は所得の多い富裕層に向けられてきた。
 格差拡大が急激に進行する日本で、その効果を一段と強める税制改悪が推進されてきたことになる。 ・・・


但馬問屋さんと他4人がいいねしました 蓮池透 @1955Toru 一瞬「そこまで言って委員会」かと思った。 午前11:05 · 2019年11月5日·Twitter Web App 298 件のリツイート 746 件のいいね


村野瀬玲奈の秘書課広報室: 嫌韓の代償を払う日本 11/4
 〇2019年夏以降の日韓経済関係。
 まず、半導体産業。
 第二次世界大戦当時、日本に統治されていた韓国(朝鮮)で日本企業によって徴用された元労働者と遺族が起こした訴訟と、日本企業に対して賠償を命じた韓国の裁判所の判決に承服できない日本側の問題である韓国人徴用工の件。
 安倍政権が韓国の裁判所の判決に対抗したとみられる半導体素材輸出への規制を強化したことに端を発して、韓国側の企業が日本から半導体素材、たとえば高純度フッ化水素を輸入することが困難となり、それをきっかけに韓国内で国産品を開発したり他の国からの調達をすすめたりして、結局日本の半導体産業は重要な客先、市場を失いました。 ・・・


ゆみさんと他4人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo (会見で)今回の綱領改定で中国批判を行ったのは、この問題での私たちへの誤解を解くためだけではありません。中国の大国主義・覇権主義、人権侵害が、世界の平和と進歩にとって見過ごすことができない問題となっており、それを事実と道理に基づいて批判することは、大義ある取り組みと考えています。 午後7:03 · 2019年11月5日·Twitter Web App 406 件のリツイート 752 件のいいね


澤田愛子 @aiko33151709 拡散:安倍政権+日本会議は改憲に向け猛然と全国で集会を開いている。立憲主義を無視する極めて都合のいい情緒的説明で庶民から安倍改憲の真の狙いを隠す。情緒的な語句に弱い日本人だが、皆さん、騙されてはいけません。憲法とは立憲主義、即ち憲法は国家権力者を縛るもので国民を縛るものにあらず。 午後9:00 · 2019年11月5日·Twitter Web App 1 件のリツイート 2 件のいいね


hayamiさんがリツイート ゆきのちゃん @t2PrW6hArJWQR5S 消費税増税の影響でさ、百貨店とかの売上げが激減して大不況の兆しが鮮明なのに、全国の財務局長会議では「9期連続の景気回復」という結論になって、新聞テレビがそのまま報道してんだよね。要は国とマスコミが共謀して国民を騙しているわけで、すでに日本は北朝鮮並みに情報が統制されているんだよ。 引用ツイート くろ٩(╹⌓╹ )۶' @Trialanderror_v · 10月31日 全国財務局長会議「10月判断」、景気「回復」9期連続 nikkan.co.jp/articles/view/00536629… 午後0:42 · 2019年11月4日·Twitter Web App 2,465 件のリツイート 3,703 件のいいね


Holmes#世論の理性 @Holms6 私は鎌田慧の『自動車絶望工場』を読んで以来、トヨタの車は絶対に買わないことにしているのだが、排ガス規制に対してこの姿勢では尚更買うことはない。 午後9:03 · 2019年11月5日·Twitter Web Client 2 件のいいね


蓮池透 @1955Toru 結論ありきで、有識者会議とかパブリックコメント等が行われているのは本件に限りませんね。 引用ツイート 青木美希 @aokiaoki1111 · 1h 受験料が高額すぎる、地域格差がないように配慮すべきとの意見が繰り返し出されていたとのこと。文科省は「詳しい内容は非公開で、議事録も作成していない」。柴山直教授は「議事録が公開されなければ、国は結論ありきで進めていたと疑われてもしかたない」 議事録はなぜ。 www3.nhk.or.jp/news/html/20191106/k10012165701000.html… 午前9:02 · 2019年11月6日·Twitter Web App 50 件のリツイート 73 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート ささきりょう @ssk_ryo しかし、これは政権与党でそれなりの立場の人の見解なので、本当にそうなってる状況があるんでしょうね。我が国の統治がどういう仕組みで成り立ってるかなんて興味関心のない方が、いきなり政権中枢に飛び込んだら、このうように見えたという風景なのかもしれません。 午前7:40 · 2019年11月5日·Twitter for Android 1,739 件のリツイート 2,735 件のいいね
  ★身の丈から出た話⁉


望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI 誰もが虐待グレーゾーン…「子育ては一人では無理」#石原真樹 記者 大日向雅美さん「母親はいつでも慈愛に満ちているとの母性観は幻想。『家族も地域の方も一緒に子育てを見守ってください』と訴えて。負けではないけれど、白旗を揚げるの。完璧なお母さんなんていない」 午前9:41 · 2019年11月6日·Twitter for iPhone 2 件のリツイート 7 件のいいね




老人党「護憲+」 @rojinto_goken 心に「軽さ」を取り戻す 心に「軽さ」を取り戻す - 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ 『わたしが「軽さ」を取り戻すまで』・・・これは、2015年にパリで起きた「シャルリ・エブド襲撃事件」で、当時シャルリで働いていた風刺画家カトリーヌ・ムリスが、たまたま当日遅刻したため殺害を免れたものの、ショックと恐怖、多くの仲間を失った深い喪失感を抱え、やがてそこから回復し「軽やかさ」を取り戻すまでの道のりを、風刺画家としての技術を使って描いたドキュメンタリー漫画(原作2016年・翻訳版20... blog.goo.ne.jp 午後9:13 · 2019年11月4日·Twitter Web Client 1 件のリツイート 1 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 (承前) ボンフェッハーの『獄中書簡集』を読みながら臣民意識の愚かさを考えた。 「愚かさは悪よりもはるかに危険な善の敵である」 愚かさは「人間が特定の状況の下で愚かにされる、ないしは自ら愚かになるに任せるという印象の方が強い」 「ある者の権力が他の者の愚かさを必要とするのである」(8~9頁 午前1:04 · 2019年11月4日·Twitter Web App 3 件のリツイート 7 件のいいね


ゆみさんと他5人がいいねしました 望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI #松尾貴史 のちょっと違和感:大臣らに相次ぐ醜聞・失態 この国の政治と報道はどうしたのか。政権に都合悪い報道したテレビは停波もあると脅した人が総務大臣に返り咲き、メッセージが響いたのか。検察も強制捜査に乗り出さない、総理の仲間に手を出せず去勢されてしまったか 午前10:59 · 2019年11月4日·Twitter for iPhone 341 件のリツイート 534 件のいいね


animalwarriorさんがリツイート 凡人エリック @No_Zey_2020 全ては経団連によるもの。 安倍首相も一度は延期を考えたが、経団連が厳しくプレッシャーをかけた。消費税は社会保障や財政再建のためなんて全くの嘘。 法人税減税・所得税で最高税率を下げるのが目的。庶民が犠牲になっただけ。 これ以上騙されたくなければ、この動画を見ておいた方がいい。 午後9:58 · 2019年11月3日·Twitter Web App 437 件のリツイート 548 件のいいね


孫崎享のつぶやき: 江戸(『日本国の正体』より)住宅の新方法で重要なのは礎石の使用。湿気の多い風土では 土中で腐りやすかった杭が直接地面に接するのを防ぎ住宅の耐久性→消費財も購入し、庶民の家にモノが増えた。礎石の普及は戦国時代の石を利用しての築城技術の転用。 2019-11-04 08:50


/踊 ウタマロ\さんと他8人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 党綱領改定案の報告では、中国に対する踏み込んだ批判を行いました。核兵器禁止条約への妨害者となっていること、東シナ海・南シナ海での覇権主義的行動、香港やウイグルでの人権抑圧などを指摘、「社会主義をめざす国」とみなす根拠はもはやなくなったと表明しました。 午後2:50 · 2019年11月4日·Twitter Web Client 576 件のリツイート 881 件のいいね


松尾貴史「違和感のススメ」さんがリツイート 松村りょうすけ(亮佑) @akahigepapa 自民党の参院議員、三原じゅん子さんが「正確に」言われるところによると、 「政権を握っているのは総理大臣だけ」とのこと。 たしかに、安倍総理の「私が国家」「私が立法府の長」という発言との一貫性はある。 彼らの頭の中では、日本は憲法にもとづく議院内閣制ではなく、独裁国家なのですね。。 午後2:59 · 2019年11月4日·Twitter Web App 89 件のリツイート 99 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 松元ヒロ @matsumotohiro 「芸人9条の会」の写真をようやくアップ出来ました。会のメンバーが参加した映画を製作中のリランバクレー監督も来てくださいました。打ち上げが大好きな芸人たち・・私も翌朝、早かったけど・・やっぱり呑んじゃいました(^_-)-☆ 午後10:48 · 2019年11月3日·Twitter Web App 85 件のリツイート 287 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 木下黄太 @KinositaKouta この格好で 風評被害? 午前6:45 · 2019年11月4日·Twitter for Android 351 件のリツイート 234 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 米山 隆一 @RyuichiYoneyama こちら、デンマーク大使館の広報です。因みに国民一人当たりのGDPはデンマークは10位で6万ドル、日本は26位で3万9千ドル、つまりデンマークは日本の1.5倍です。「日本すごい」はもうお腹いっぱいなので、如何にこれらの国のいい所を取り入れて、どうやって追いつくか考える時だろうと思います。 午後1:24 · 2019年11月4日·Twitter Web Client 541 件のリツイート 706 件のいいね


emieさんと他5人がいいねしました 鳩山由紀夫 @hatoyamayukio 台風15号で千葉県だけで電柱が2千本倒れたと言う。風速40mに耐える設計でしかも耐用年数が来ているため、50m以上の風に耐えられるはずもなかった。今後100mの台風もあり得ると予測される中、単なる復旧ではまたやられるだけだ。日本は電線の地中化が極端に遅れている。今こそ地中化を急ぐべきである。 午後8:32 · 2019年11月4日·Twitter for iPhone 189 件のリツイート 493 件のいいね
  ★この点は、?日本は、山間部も多い。 出来ることなら、地産地消、自立が良いのでは。延々とライフライン(リスク)を伸ばすより 都市部は兎も角。


望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI #英語 の #民間試験導入 発端は2013年安倍首相 らの #教育再生実行会議 の #教育民営化 への提言。グローバルな人材育成と掲げたが、裏には巨額の教育利権が絡むのか。 田崎氏「受験生は50万人2回で百万人の莫大な金が英検、ベネッセ等6団体に。最初2団体が6団体に増えたのは各々政治家が付いたから」 午後11:09 · 2019年11月4日·Twitter for iPhone 6 件のリツイート 5 件のいいね


にゃん吉 @umetaro_uy 首里城で消失した7棟の建造物にかかった整備費は当時で73億円。 宮根誠司氏「73億円もかかるんだ」 あのね。 オスプレイの整備費は1機に年間10億円。17機で170億円。 その半分の金額で修復できる。 1機、約110億円のF35を147機買う。 税金をどう使うか。 その使い方と価値感がズレてんだよ、日本人。 午後11:12 · 2019年11月4日·Twitter for Android 11 件のリツイート 16 件のいいね


雪之丞さんと他3人がいいねしました 鳩山由紀夫 @hatoyamayukio みなさんは災害時には携帯が役に立つと思っているでしょうが、停電が続くと基地局の予備電源がせいぜい24時間までで切れてしまい、携帯が使えなくなっていたのです。電気が来ないと断水など生活ができない現代になっていたのです。電気をローカルで賄うシステムを作るなど根本的な戦略変更が必要です。 午後11:21 · 2019年11月4日·Twitter for iPhone 365 件のリツイート 663 件のいいね
  ★脱原発!進めよう。…実用的な自家発電はできないか。一時的に、蓄電でもいいけど。


雪之丞さんがリツイート pinkman @pinkman20190704 山本太郎「嘘しか言ってないんですよ!今、国会で!NHKがそれを報じるか?報じない!経営委員会には安倍政権の子分達が入り込んでる!自分達で自主規制してるんですよ!受信料払う価値ありますか?払う価値のある放送しろって、皆さんNHKに電話して下さいよ!」 2015年9月12日 ONE PEACE FEST 2015 午後10:30 · 2019年11月4日·Twitter for iPhone 92 件のリツイート 166 件のいいね


東京新聞労働組合 @danketsu_rentai 過労死認定で 「副業先の労働時間は合算しない」 という厚労省の方針は 副業を偽装する企業には実に好都合。 過労死したのはトラック運転手。 運転中は運送会社の社員だが 荷物の積み下ろしは関連会社での 「副業」扱いにされていた。 厚労省方針は脱法行為を助長する。 午前7:14 · 2019年11月5日·Twitter Web App 36 件のリツイート 25 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート キモくてすみませんbot。 @kimokute 韓国に抜かれるわ…これ時間の問題。 国益の大損失。◯兆円の取り引き、無くなってんじゃん。 安倍晋三の外交の結果だよ。安倍擁護してるヤツ、どう説明すんだよ。観光業もカツカツなってんぞ。 午後9:15 · 2019年11月4日·Twitter for iPhone 87 件のリツイート 153 件のいいね
  ★昔、征韓論、大陸進出=侵略の時もそうだった、『敵』を侮り、驕り、…大敗。憲法改正の場面では、『敵』は、主権者、市民。憲法改正権者を差し置いて、安倍様の為の改憲など、安倍晋三も、一味も、謀叛人もいいところ。




ゆみさんと他2人がいいねしました 安田菜津紀 @NatsukiYasuda 今朝もサンデーモーニングをご覧下さった皆様、ありがとうございました。一部TwitterでISを「必要悪」と私が発言したようにとらえている方をお見かけしましたが、私はそうした言葉も、そうしたニュアンスのこともお伝えしていません。番組をご覧にならず拡散される方も一部いらっしゃるのは残念です。 午後2:04 · 2019年11月3日·Twitter Web App 85 件のリツイート 209 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 冨永 格(たぬちん) @tanutinn 〈飛び入り参加した是枝裕和監督は、「公益」と「国益」という言葉に区別がついていないことが問題だと指摘。「ここ20年ほどで公共、公益の価値が、すべて“国益”に回収されてきた。『あいち』も『宮本』も、文化全体の価値観が一元化されている流れで起きている」と語った〉 午前9:22 · 2019年11月3日·Twitter Web Client 58 件のリツイート 86 件のいいね
  ★市民の為の、公益を大事にしたい。


ビビりマンさんがリツイート 立川談四楼 @Dgoutokuji 緒方貞子さんに世界各国から追悼の辞が送られている。さすがは「身長150センチの巨人」と言われるだけの人であり「人間の安全保障」の理念が世界に響いてるんだね。ルワンダにはサダコ・オガタの名を持つ人が相当数いるというし、私はアメリカを「戦争ばかりしてる国」と言い切った瞬間、惚れ直した。 午後0:35 · 2019年11月3日·Twitter for iPhone 370 件のリツイート 860 件のいいね


固定されたツイート 山本太郎 住まいは権利! @yamamototaro0 【山本太郎が地上波で、17分間何を語ったのか?】 リンク先よりご確認下さい。 政見放送・れいわ新選組代表 山本太郎 字幕入り動画&文字起こし v.reiwa-shinsengumi.com/activity/851/ #参院選 #期日前投票 が始まっています。 #全国比例 は「山本太郎」#東京選挙区 は「野原ヨシマサ」と書いてください。 午前6:04 · 2019年7月10日·Twitter for iPhone 1.1万 件のリツイート 1.6万 件のいいね


植草一秀の『知られざる真実』: 民間英語試験利用は延期でなく中止すべし 11/2
 〇萩生田光一文科相が大学入試への英語民間試験の導入延期を発表した。
 萩生田文科相は英語民間試験についてBSテレビ番組で「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」と発言して批判を集めていた。
 この発言を契機に英語民間試験に対する世間の関心が高まり、制度の不備、問題点が広く認識されるに至った。
 英語民間試験をめぐっては、経済状況により受験機会に差が出たり、地域によって試験会場が都市部に限られたりするなど、受験生の間で不公平が生じることが指摘されていた。
 これらの問題を重視した主要野党は10月24日に導入を延期する法案を衆院に提出した。
 萩生田文科相が「身の丈」発言を示したのが同じ10月24日だった。
 結局、萩生田氏は発言の撤回と謝罪に追い込まれるとともに、大学入試への英語民間試験の導入延期発表にまで追い込まれた。
 英語民間試験の利用そのものに極めて重大な問題がある。
 その問題点を端的に示す言葉が「身の丈」である。
 萩生田文科相の発言は、英語民間試験が受験性の経済力によって大きな有利、不利の差を生み出すことについて、その格差を肯定するものだった。
 しかし、この点に対する批判が強まり、試験利用を延期せざるを得ない状況に追い込まれたわけで、大臣失格ということになる。
 民間試験利用というが、1回の試験の受験料は最大で5万円を超える。
 民間英語試験を大学入学共通テスト向けに受験できるのは大学受験の前年の4月~12月までの8ヶ月間のうち最大で2回まで。
 大学入学共通テストに必要な共通IDを記入して受験した民間英語試験の2回目までの成績が大学入試英語成績提供システムに自動的に登録されるとされている。

 IDを記入して受験した試験結果はもれなく成績に反映されるが、IDを記入しないで繰り返し試験を受けることは可能だ。
 また、民間試験の実施場所は大都市が大半で大都市から離れた場所に住む受験生には極めて大きな負担がかかる。
 1回の受験料が高額であるため、資金力がなければ練習として試験を受験することはできない。
 とりわけ遠隔地に住む受験生には著しく不利になる。
 政府が2020年度から採用するとしてきた民間英語試験は7種類だが、この7つの民間試験は成り立ちも傾向も難易度も評価方法もまったく違う。
 この7つの異なる民間試験を“CEFR”というヨーロッパ言語参照枠基準の6段階に当てはめて換算するとしているが、その換算法自体に科学的裏付けがないとの批判が存在する。

 また、民間試験を受験する際に、さまざまな不正が行われることを厳重にチェックする仕組みが存在しない。
 「替え玉受験」が行われて、不正に高い得点を得て大学受験に臨む受験生が現れることを否定できない。
 このような制度的欠陥、問題だらけの民間英語試験利用が推進されてきている最大の背景は、民間英語試験業者への利益供与である。
 これが実は「民営化」の本質なのである。 ・・・


ビビりマンさんがリツイート 東ちづる Chizuru.Azuma @ChizuruA1 いや、あの、ボランティアが足りないって・・・ボラ頼りに慣れてきてしまってる? 「公助が足りない!」ですよね? こういうことに税金使ってほしいよ。血税を活かしてほしいよ・・・ 台風19号など大雨被災地 広範囲に点在でボランティア足りず(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 台風19号をはじめとする大雨は東日本の広範囲に被害を及ぼし、被災地からは「ボランテ - Yahoo!ニュース(毎日新聞) headlines.yahoo.co.jp 午後3:09 · 2019年11月2日·Twitter for iPad 8,098 件のリツイート 1.6万 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート Holmes#世論の理性 @Holms6 返信先: @ggzhmru2 さん 第一次安倍内閣が真っ先にやったことは教育基本法の改悪です。教育基本法に「愛国心」を入れています。 午後2:53 · 2019年11月3日·Twitter Web Client 12 件のリツイート 14 件のいいね


ゆみさんがいいねしました litera @litera_web 五輪マラソン札幌開催で宮根誠司、恵俊彰、小倉智昭が札幌を「なんにもない」「美しくない」とディス、北海道民から怒りの声 午後8:10 · 2019年11月3日·IFTTT 35 件のリツイート 52 件のいいね


醍醐 聰 @shichoshacommu2 (承前)2時限は日本人の小学校非常勤講師の音楽。黒人讃美歌ゴスペルを黒人奴隷の歴史から、わかりやすく説明された後、ピアノ、太鼓を軽妙に演奏しながら、生徒の興味を引き寄せる、熟度の高い授業だった。 最初は緊張していた生徒も、次第に盛り上がり、最後は全員で音楽のテンポに合わせて合唱。 午後8:34 · 2019年11月3日·Twitter Web App 4 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート shige @loshorizon #1103憲法集会 #1103国会前大集結 #1103国会前大集合 スピーチ会場の通りだけでこの参加数 午後2:48 · 2019年11月3日·Twitter for Android 556 件のリツイート 810 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 100%GOVOTE ALL Japan @100_govote ハッキリと言いますね。 首里城は日本政府の管轄で、県が借りてる形です。 なんで監督責任は本来なら日本政府です。この意味は大きく、官邸側が一切、この件のまともな責任所在コメントを出さない理由の1つです。 #そこを今後は少しずつ突いていきたい 午後10:04 · 2019年11月2日·Twitter for iPhone 188 件のリツイート 187 件のいいね





老人党「護憲+」 @rojinto_goken 政策的に作られた「貧困問題」 政策的に作られた「貧困問題」 - 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ 珠さんのコラム「拡大する日本の貧困問題」、具体的数字をあげてのコラムに深く賛同します。コラムに書かれていたように、小泉政権の時から派遣での働き方が増え、あれからすっかり定着してしまいました。特に私が感じているのは、ここ20年の間に中間層だった高齢者の生活が苦しくなって来た事です。厚生年金+国民年金の人達でも、退職金を取り崩さなければ生活が成り立たない人達が多いようです。唯一の資産は家やマンシ... blog.goo.ne.jp 午前9:42 · 2019年11月2日·Twitter Web Client 1 件のいいね


ひろすけさんがリツイート 桜ういろう @uirousakura 手登根安則さん、首里城の所有者は日本政府であり復元費用は国が負担します。 玉城デニー知事の要請はこれを踏まえた対応で、この文章に全く瑕疵はありません。 しかも管理権限は今年2月から国から県に移管されたばかり。 基本的事実も押さえないで、玉城知事を批判するのは筋違いも甚だしい。 午前10:57 · 2019年11月2日·Twitter Web Client 202 件のリツイート 241 件のいいね


週刊金曜日 @syukan_kinyobi 最新号特集の「大幅減益、 リストラに揺れる 『産経新聞』の研究」を発行人の植村隆が紹介します。youtu.be/zlwQb4XI4fo (業務部) 午後4:26 · 2019年11月2日·Twitter Web App 1 件のリツイート 2 件のいいね


東ちづる Chizuru.Azumaさんがリツイート NHKハートネット @nhk_heart NHKでは、今週よりおよそ1週間、20の番組で発達障害に関する番組を放送。発達障害のある人の“生きづらさ”を軽減し、誰もが自分らしさを発揮できる社会について考えます #発達障害って何だろう 発達障害に関する記事をまとめています 午前8:00 · 2019年10月31日·Salesforce - Social Studio 78 件のリツイート 155 件のいいね


きっこ @kikko_no_blog 「英語民間試験見直しは「受験生のため」ではなく「萩生田氏を守るため」に安倍官邸が主導したことが分かった」とのこと。 午後4:00 · 2019年11月2日·Twitter Web App 147 件のリツイート 189 件のいいね


にゃん吉 @umetaro_uy 宮崎駿氏「自民党は過半数以上の支持を得たのではなく多くの人間が投票しなかった事によって天下を取った。安倍首相は自分で憲法の解釈を変えた偉大な男として歴史に残りたいのだろうが愚劣な事だ」 愚かな人間が7年もの間、総理の座に居座り経済をボロボロにし、戦争が出来る国へと歩みを進めてる。 午後4:32 · 2019年11月2日·Twitter for iPhone 3 件のいいね


山崎 雅弘 @mas__yamazaki 今の政権やその支持者たちは、何かにつけて「日本」や「国」の概念を持ち出して反対者を威圧するが、国の将来を真面目に考えれば、こうした道が最善だとすぐ理解できるはず。 今の政権や財界のように、階層が下の者を絞れるだけ絞るというやり方では、国全体が地盤沈下する。 午後4:41 · 2019年11月2日·Twitter Web Client 11 件のリツイート 11 件のいいね


nabさんがリツイート ゆみ @yumidesu_4649 広報だけで74億円も予算を計上しながら、失敗がはっきりとしたプレミアム付き商品券とポイント還元制度。とくに低所得者対策として打ち出されたプレミアム付き商品券の申請が3割という実態は深刻な問題だ。一体、安倍首相はこの責任をどうとるつもりなのか。(編集部) 午後2:58 · 2019年11月2日·Twitter Web Client 97 件のリツイート 152 件のいいね


室井佑月さんと他9人がいいねしました 望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI 新テスト記述式問題採点を #ベネッセ が落札。1民間企業に頼り切りでいいのか? #おおたとしまさ さん ベネッセは全国の高校に模試や教材販売。改革の混乱の中、教員は営業マンのいいなりに。「生徒に不利益あってはいけない」とベネッセを選択と、嘆く教員の証言は複数ある 午後5:15 · 2019年11月2日·Twitter for iPhone 616 件のリツイート 794 件のいいね


山本太郎 住まいは権利! @yamamototaro0 【動画生中継スタート!】 #れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー 【第三弾・沖縄】 11月2日(土) 那覇・県庁前県民広場 pscp.tv/w/cI1KBjFZTEVKTmRSYUFWRU58MU95S0FlQU5uUmVLYoSbbm7b4OnDSOougaM0uHi7DTeq7e-bBMw4lOR8_XHe… ・YouTube LIVE youtu.be/OUItik-lSNo ・ツイキャス twitcasting.tv/yamamototaro0 ライブ 427人の視聴者 れいわ新選組 @reiwashinsen reiwashinsen is LIVE — 沖縄 那覇市, 日本 pscp.tv 午後6:56 · 2019年11月2日·Twitter for iPhone 32 件のリツイート 28 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 盛田隆二 @product1954 日経新聞が「高校、大学の関係者は改めて政治の恐ろしさが身にしみたことだろう。英語民間試験見送りは "上から目線改革"の限界だ」と明言 安倍内閣肝いり教育再生会議の「英語教育の抜本的改革」「徳育と体育の重視」等が、関連業界と癒着し暴走してきた。野党は再検証が必要 午前9:37 · 2019年11月2日·Twitter Web App 147 件のリツイート 169 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 古川 @furukawa1917 「正規雇用を絞って非正規を増やすと正社員が不足することがわかった」なんて、「ご飯を食べないとお腹が空くことがわかった」レベルの話をいまごろしているらしい 企業の6割、正社員が不足 経営や職場環境に影響 | 午前1:12 · 2019年11月1日·Twitter Web App 1.8万 件のリツイート 2.1万 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 天才夢来山@来夢ちゃん @mukuyamarai アベノミクスって凄いよね! 午前4:25 · 2019年11月2日·Twitter for Android 633 件のリツイート 1,013 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート ももぺん @_oi_chan ボランティア頼みをやめましょう。きちんと交通費、日当を出して募集すべきです。仕事をしている人が休んで来られるように休暇制度も整備してください。人の働きには国や自治体が相応の報酬を出すべきです。 午後8:23 · 2019年11月1日·Twitter for Android 93 件のリツイート 141 件のいいね
  ★安価な労働力漁り、その対象に、ボランティアを入れるべきではない。況して、市民の貧困化に加担してはならない。正規であれ、非正規であれ、境目のない処遇、労働者には、正当な対価と待遇を提供すべきです。 人たるに相応しい生活のため、賃金は上げなければ。人手が足りなければ猶更! ネットカフェ難民、ホームレスなどありえない。 


東京新聞労働組合さんがいいねしました 醍醐 聰 @shichoshacommu2 this.kiji.is/563354984873559137?c=39550187727945729… 「無償化排除で抗議集会、朝鮮幼稚園父母ら5千人」日比谷公園 午後11:37 · 2019年11月2日·Twitter Web App 27 件のリツイート 22 件のいいね


moldさんと他2人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 「岩国の米軍、違反横行 戦闘機 手放し操縦、読書、自撮り」 戦闘機内で手放し操縦、読書、ひげそり、自撮り。言語道断の危険行為だ。政府として飛行中止を求め、実態究明と是正を要求すべきだ。それをしないなら、米国に帰ってもらうしかありません。 午前8:59 · 2019年11月3日·Twitter Web Client 268 件のリツイート 315 件のいいね


かず- @kzooooo JR常磐線で線路を歩いていた人がはねられて死亡 約6200人に影響 #ldnews 午前10:36 · 2019年11月3日·Twitter Web Client 2 件のリツイート 2 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート mortal23 @mortal225 返信先: @liberal16peace さん 昭恵夫人は国有地の値引きにまで関わっています。財務省の来年度予算予定を事前に籠池氏にファックスしている時点で完全にアウト 午前8:52 · 2019年11月1日·Twitter Web App 144 件のリツイート 209 件のいいね


山本太郎 住まいは権利! @yamamototaro0 【動画生中継スタート!】 #れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー 【第三弾・沖縄】 11月2日(土) 那覇・県庁前県民広場 pscp.tv/w/cI1KBjFZTEVKTmRSYUFWRU58MU95S0FlQU5uUmVLYoSbbm7b4OnDSOougaM0uHi7DTeq7e-bBMw4lOR8_XHe… ・YouTube LIVE youtu.be/OUItik-lSNo ・ツイキャス twitcasting.tv/yamamototaro0 午後6:56 · 2019年11月2日·Twitter for iPhone 567 件のリツイート 978 件のいいね




志村建世のブログ: 花音(かのん)~朗読の小部や・第12回 ・ブログ連歌(539) 11/1
 〇昨日は、西武線仏子(ぶし)駅に近い「入間市文化創造アトリエ・アミーゴ」へ、花音(かのん)の第12回朗読会を聞きに行ってきました。
 今回のプログラムは、
 江國香織「朱塗りの三段重」
 ラフカディオ・ハーン(原作)「雪女」
 清水義範「秘湯中の秘湯」
そして(休憩後の第二部)
 樋口一葉「十三夜」
でした。
 出し物の性格にもよるでしょうが、例年よりは、ややしっとりした、地味な印象を受ける朗読会でした。これは私の好みの問題ですが、明るく笑えるような話も聞きたかったような気がしました。ただしこれは、私が「ふくろうの会」のときの、「お国ことばを楽しむ会」と、感覚の上で混同しているのかもしれません。
 しかしまた、こんなことも考えました。朗読会なら、自分が本当に好きで、読みたいものを読んでほしいのです。その意味でなら、評価の決まっている名作の系列よりも、もっと新しい作家の作品の朗読も聞いてみたいと思いました。
 そもそも、朗読を人に聞かせるとは、どういうことでしょうか。私はこの本が好き、だからみんなにも聞かせてあげたい、という気持でいいのではないでしょうか。プロのナレーターのような「朗読道」の修行とは、ちょっと違うような気がするのです。
 人の前で、好きな本を読んで聞かせる、それだけでも、「ただの人」には、たいへんな飛躍でしょう。人生が変わって見えるほどの経験かもしれません。その楽しさを分かち合えるお仲間が、ますます増えて行ってほしいと思います。


kmos@#臨時国会を見よう!#選挙に行こう!被災地の迅速な復旧を!声を上げよう!安倍はヤメロ!さんと他8人がいいねしました 志位和夫 @shiikazuo 政府・文科省は民間英語試験導入延期を表明。 全国の高校生・受験生・国民の世論と運動、野党の結束したたたかいの大きな成果です。「力を合わせれば政治は動く」、このことが証明されました。 萩生田大臣の即刻の辞任を求めます。辞職した2大臣に対する安倍首相の任命責任を厳しく追及していきます。 午前11:07 · 2019年11月1日·Twitter Web App 1,078 件のリツイート 2,060 件のいいね


きっこ @kikko_no_blog 先月、横須賀市の80代の男性が、警察官を名乗って自宅に来た男にキャッシュカードを騙し取られ、ATMで50万円を引き出されるという詐欺事件が起こったが、この犯人、神奈川県警の本物の警察官だったそうだ!本物の警察官なら高齢者でなくても騙されてしまう!→ 午後5:00 · 2019年11月1日·Twitter Web App 2 件のリツイート 5 件のいいね


臥龍通信さんがリツイート kappaーABEのいない平和な日本・#私たちは一緒に生きていく #좋아요_일본 #好きです韓国 @aVuhO1C6fvZoA0L 私は真備町までボランティア行った。車で往復18時間。水害の後は悲惨で大変。 でね、家の中の片づけはボランティアだけなんですよ。そりゃいろいろ行政はやっていると思いますよ。 でも(応援に行ったんだから当たり前にやるけど)本格的な部隊というか専門家集団がいないわけ。 任せっきり? 午後3:23 · 2019年11月1日·Twitter Web App 12 件のリツイート 26 件のいいね


望月衣塑子 @ISOKO_MOCHIZUKI ドキュメンタリー #i #森達也 監督が #東京国際映画祭 での上映に感謝。 森監督と製作の河村光庸が出席。鑑賞会には、 #伊藤詩織 氏 #籠池 夫妻 も観賞。河村から「それぞれいろいろなことを考えながら、抱えて、いま戦っている方々」と紹介されると、会場から拍手が送られた 午後5:02 · 2019年11月1日·Twitter for iPhone 8 件のリツイート 20 件のいいね


藤田孝典さんと他9人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes この市民は、警察と冷静に議論しただけで、至近距離からペッパースプレーをかけられました。 自分をコントロールできない人たちに、公権力と殺傷力のある武器を持たせることは、非常に危ないです。 午後5:07 · 2019年11月1日·Twitter for Android 8,516 件のリツイート 1.4万 件のいいね
  ★香港警察に、強く抗議します。人権蹂躙! 香港の為にならない。


男 前太郎さんがいいねしました 首都圏反原発連合 @MCANjp 360回【再稼働反対!首相官邸前抗議】終了!関電の原発マネー還流問題は関電だけの問題ではありません。原発業界全体を洗い直すべきで、政府はまず関電を国会に呼びなさい!このまま闇に葬り去ることは許さない!政府は原発を最大級の環境問題と捉え、今すぐエネルギー政策の転換を! #金曜官邸前抗議 午後8:06 · 2019年11月1日·Twitter for iPhone 1 件のリツイート 5 件のいいね


山羽明人さんがリツイート 鮫島浩 @SamejimaH 大学入試の民間英語試験は生まれた家庭による教育格差を拡大し教育業者を潤わせるだけだ。延期ではなく白紙撤回すべきである。その上で安倍政権下で学校現場への介入と民間参入を進めてきた下村博文氏ら首相側近の歴代文科相と教育業界との深い関係を徹底的に洗い直すべきだ。 午前11:57 · 2019年11月1日·Twitter for Android 260 件のリツイート 354 件のいいね


老人党「護憲+」さんがリツイート 山岸一生 立憲民主党(りっけん) @isseiyamagishi 塩村さんの速報に抜かれてしまいました 元記者なのに「特オチ」… #立憲民主党 東京都連の会議にお邪魔し、挨拶しました。現在、次の衆院選で東京9区(練馬区)への挑戦を目指し、党内手続きにかけていただいています。 きちんとご報告できるようになりましたら、皆さんに経緯と決意をお話しします。 午後5:33 · 2019年11月1日·Twitter Web App 169 件のリツイート 405 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 福島みずほ @mizuhofukushima 現役の高校生、大学生、先生、校長先生、予備校の先生、親など様々な人たちのがんばりやみんなが声をあげることで、英語の民間試験の入試への採用が延期になりました。地域格差、経済格差を生む大問題の民間試験の採用でした。動けば変わる!政治は変えられる! 午後3:52 · 2019年11月1日·Twitter for iPad 340 件のリツイート 726 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 三権分立 果たせ! @liberal16peace #森友問題 皆さんはこの発言を覚えていますか? 安倍総理 「私や妻が関係していたという事になれば間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるという事ははっきりと申し上げておきたい」 もうメディアも流さなくなりましたが、大変重要な発言ですのでぜひ忘れないでいてください ロジ さんによる 午前8:19 · 2019年11月1日·Twitter for Android 5,686 件のリツイート 8,063 件のいいね


小畑幸三郎さんとHiroshi Makita Ph.D.さんがいいねしました 蓮池透 @1955Toru 英語民間試験の導入が突然「白紙」で、あの発言も「白紙」⁇ 英語民間試験見直し 「萩生田氏守るため」官邸が主導 - 毎日新聞 午前6:18 · 2019年11月2日·Twitter Web Client 245 件のリツイート 356 件のいいね


tama nekono @tomcat2013 75歳以上の高齢者に医療費「2割負担」の非情 専門家▶︎75歳以上はどうしても通院の頻度が高くなり、今の1割でも重い負担になっている。病院に行く回数を減らしたり、窓口で医療費を満額払えない高齢者は少なくない。 nikkan-gendai.com/articles/view/news/264126… ♪ 医療費削ってミサイル防衛。あ〜こりゃこりゃ ♪ 午前8:05 · 2019年11月2日·Twitter Web Client 2 件のリツイート 4 件のいいね


武田砂鉄 @takedasatetsu まったく反省していない人たち。 「英語民間試験」延期決定後に開かれた文部科学部会で歴代の文科相経験者から不満の声が相次ぎ、柴山前大臣は「延期は非常に政治的だ」とし、別の元文科相は「格差の問題はクリアしないといけないが、完全を求めていたらできない」と指摘(11月2日・東京新聞)。 午前8:13 · 2019年11月2日·Twitter for Android 7 件のリツイート 5 件のいいね
  ★公正、公平、市民平等を敵視、に弓引く連中。「身の丈」格差政治を進め、固定化してきた勢力=格差は、甘い汁、利益、既得権益⁉




小畑幸三郎さんと他2人がいいねしました 白石草 @hamemen 1週間に2人。 首相「任命責任を痛感している」 河井法相辞任巡り - 毎日新聞 午前10:58 · 2019年10月31日·Twitter for iPhone 99 件のリツイート 92 件のいいね


俵 才記さんと他2人がいいねしました 鳩山由紀夫 @hatoyamayukio 沖縄の人々の精神的なシンボルであった首里城の正殿が全焼してしまいました。悲しみにくれておられる全ての方々に心からお悔やみを申し上げます。私もこの報に触れて呆然としました。一刻も早く再び復元され、ウチナーンチュのみなさんの涙が止まりますよう祈っています。 午後0:15 · 2019年10月31日·Twitter for iPhone 291 件のリツイート 678 件のいいね


志葉玲さんと他6人がいいねしました 周庭 Agnes Chow Ting @chowtingagnes 悲しすぎます。。。 首里城 正殿・北殿・南殿全焼 | 2019/10/31(木) - Yahoo!ニュース Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp 午後0:26 · 2019年10月31日·Twitter for Android 1,560 件のリツイート 6,068 件のいいね


植草一秀の『知られざる真実』: いま上げるべきは消費税ではなく最低賃金 10/31
 〇「いま上げるべきは消費税ではなく最低賃金」
 「最低賃金の抜本的な引き上げのために中小企業支援がどうしても必要。」
 「しかし安倍政権のもとで中小企業予算全体は削減され、賃上げのための『業務改善助成金』は ここ3年間の予算48億円に対して執行額15億円で、3割しか使われていない。」
 臨時国会の衆議院代表質問で日本共産党の小池晃書記局長(参院議員)がこう述べた。
 年収200万円の1000万人の労働者を年収300万円にするのにいくら必要か。
 10兆円だ。
 10兆円は小さな金額ではないが、予算で扱いきれない規模の金額でもない。
 安倍首相はトランプ大統領の言いなりで武器・弾薬・兵器を爆買いしている。
 武器・弾薬・兵器の値段はあってないようなもの。
 売り手が示す価格=「言い値」がそのまま販売価格=購入価格になる。
 私は、こんな値段で商売できるビジネスを
 「言い値ビジネス」
 =「いいね!ビジネス」
 と名付けた。
 安倍首相のおもてなしは、ゴルフ、相撲、炉端焼きだけではない。
 ゴルフ、相撲、炉端焼きで終わっているならかわいいものだ。

 最大のおもてなしは、米国製武器・弾薬・兵器の爆買いだ。
 しかも「いいね!ビジネス」
 安倍内閣は米国の最新鋭ステルス戦闘機F35を105機追加購入して147機体制にした。
 現行中期防の期間で45機を調達し、単価を116億円とした。
 この価格で147機購入すると機体の価格だけで1兆7052億円に達する。
 実際にはF35Bの価格はさらに跳ね上がる公算が高い。
 かかるお金はこれだけでない。
 膨大な維持費がかかる。
 防衛装備庁の年次報告書によれば、前中期防までに導入を決めたF35A42機の維持費は1兆2877億円(運用期間30年)。
 1機あたりで約307億円。
 147機の維持費をこの水準で計算すると維持費合計は4兆5129億円になる。
 機体費用1兆7052億円を合わせた合計金額は6兆2181億円になる。
 安倍内閣の武器・弾薬・兵器の爆買いはこれにとどまらない。
 オスプレイにイージスアショア。
 すべてが「役立たず」である。 ・・・


ゆみさんと他2人がいいねしました litera @litera_web 猪瀬直樹元都知事が五輪招致でついた「温暖」「理想的」の嘘を問われ「プレゼンなんてそんなもん」 柳澤秀夫が怒りの反論 午後4:32 · 2019年10月31日·IFTTT 236 件のリツイート 277 件のいいね


澤田愛子さんと他2人がいいねしました 前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) @brahmslover 笹川陽平がどうして文化功労者なんだ? 午後6:37 · 2019年10月31日·Twitter for Android 200 件のリツイート 483 件のいいね


にゃん吉 @umetaro_uy 加谷氏「最近日本の賃金が安いと言われているが、OECDの調査で平均賃金は35ヶ国中19位、教育に対する公的支出、GDP比率は43ヶ国中40位、年金の所得代替率50ヶ国中41位」 玉川氏「国の経済力じゃなく、一人一人が豊かで優しい対策を」 大企業や富裕層にお金を使う前に、 まずは教育と子供達に税金使え 午後7:22 · 2019年10月31日·Twitter for iPhone 5 件のリツイート 6 件のいいね


澤田愛子さんがリツイート 沖縄タイムス @theokinawatimes 首里城の火災、午後1時半ごろ鎮火 7施設が焼失 正殿の左側が強く燃える okinawatimes.co.jp/articles/-/491543… #首里城 #沖縄 午後2:08 · 2019年10月31日·Twitter Web App 104 件のリツイート 114 件のいいね


Bokuhadokoniiruさんがリツイート Bokuhadokoniiru @bokuhadokoniiru 返信先: @michiko_iida さん 全く信じられない 自公がまた内閣改造で台風の対策救済を後回していただと?国を上げて災害対策など課題解決に邁進しなきゃならないのに、自分らの責務を全く分かってない 有権者はしっかりこの様を判断しよう 自公は税金泥棒だ 台風で亡くなった方は自己責任か? 対策しなかった自公責任だ 午後10:43 · 2019年10月27日·Twitter for iPhone 118 件のリツイート 268 件のいいね


ビビりマンさんがリツイート 週刊金曜日 @syukan_kinyobi 【週刊金曜日】アイコンを11月1日(創刊26周年記念)号に替えました。特集は〈大幅減益、リストラに揺れる『産経新聞』の研究〉です。一部地域除き、11月1日(金)発売 kinyobi.co.jp 午後4:38 · 2019年10月31日·Twitter Web App 4 件のリツイート 3 件のいいね





この子らを世の光に糸賀一雄の思想と生涯
 ○この子らを世の光に

植松容疑者の衆議院議長公邸宛て手紙の全文 障害者抹殺作戦を犯行予告
 ○相模原事件植松容疑者が書いた手紙(全文)

「交流できる工夫を」 やまゆり園再建、相模原で説明会 神奈川新聞 2018/11/24

NHK・スペシャルコンテンツ: 日本国憲法 70年 みんなの憲法

日本国憲法の誕生 - 国立国会図書館(概説)



覆面禁止は違憲=合理的必要逸脱、香港の高裁が初判断 時事通信 2019/11/18
 ○【香港時事】香港の高等法院(高裁)は18日、デモ隊の覆面を禁じる規則について「基本的権利の制限に関し、合理的な必要を超えている」と指摘し、憲法に相当する香港基本法に「違反している」と初の判断を下した。香港政府は、覆面を容認すればデモ隊の取り締まりに支障が出るとして、上訴など対抗策を取るとみられる。
 デモ隊がマスクや覆面で顔を隠すことを禁じる「覆面禁止規則」は、香港政府が超法規的措置を可能にする「緊急状況規則条例」(緊急条例)を半世紀ぶりに発動し、立法会(議会)の議決を経ずに10月5日に施行。違反者には最高1年の禁錮刑などが科される。反対する民主派の立法会議員らが提訴していた。
 覆面禁止規則については、立法会で事後的審議が行われる予定だった。香港メディアによると、一部民主派議員は「違憲判断によって審議の必要性がなくなった」と主張。同規則に基づく逮捕者を「当局がどう処理するか注視する」と述べた。
 対照的に大半の中国メディアは高裁の判断を黙殺した。共産党機関紙・人民日報系の環球時報編集長はツイッターに「高裁の判断は暴徒を勇気づかせ、香港の不安定な秩序を維持しようとする警察のやる気をそぐ」と書き込んだ。 


「覆面禁止」は基本法違反 香港の裁判所が判断示す 【NHK】2019.11.18
 ○香港の高等裁判所は18日、香港政府が先月定めた抗議活動の際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する規則について、香港の憲法にあたる「基本法」に違反するという判断を示しました。これを受けて警察は「規則の執行を一時停止する」と明らかにしました。
 香港政府は先月、議会の承認を経ずに行政長官の判断でさまざまな規則を設けることができる「緊急状況規則条例」を発動し、抗議活動の際にマスクなどで顔を隠すことを禁止する規則を設けました。
 この規則について、議会にあたる立法会の民主派の議員24人が「香港の憲法にあたる基本法に違反し、無効だ」と訴えていました。
 これについて香港の高等裁判所は18日、「規則の根拠となった条例は、公共の安全が脅かされる際に規則を作ることができるとしているが、基本法では行政長官にそこまでの権限を与えておらず、基本法に反する」と指摘したうえで、規則は市民の権利を必要以上に制限しているとして、訴えを認める判断を示しました。

 これを受けて警察は18日の会見で「現時点から規則の執行を一時停止する」と明らかにしました。
 裁判所の判断について民主派議員らが会見し「今回の判決で規則は無効になった。上訴することは社会の矛盾の解決にはならず、政府は目を覚ましてほしい」と述べました。
 香港政府は上訴するとみられますが、抗議活動の取締りを強める政府側にとっては逆風となりそうです
 この規則をめぐっては、先月5日に施行されたあと、立法会でも審議が行われています。


「三権分立」は特殊な制度、中国は絶対に導入しない―人民日報  2010年5月10日


「桜見る会」懇親会の明細書 首相「事務所にない」 【東京新聞】2019.11.18
 ○安倍晋三首相は十八日午前、首相主催の「桜を見る会」の前夜に後援会関係者らと東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開いた今年の懇親会に関して「安倍事務所や後援会に一切、入金、出金はない」と述べ、事務所には会費などの総額を示す明細書もないと明らかにした。官邸で記者団の質問に答えた。
 懇親会の参加者は約八百人だったとした上で「参加者が直接、宿泊費、旅費を払い込んだ」と説明。懇親会費五千円の領収書については「ホテルが発行し、事務所の者が渡している」と述べ、事務所による領収書発行や補填(ほてん)を否定した。十五日には、首相の事務所職員が会場で会費を集め、ホテル名義の領収書を手渡したと説明している。
 首相は、国会で自ら説明する機会を設けるよう与党に指示する考えがあるかを問われて「国会の対応は党に全て任せている」と話すにとどめた。
 一方、立憲民主党の安住淳国対委員長は、首相が明細書などはないと主張していることに「にわかにそんなことを信じる日本国民がいるか。ホテル側が首相の後援会の前夜祭を主催するわけがない」と疑問を呈し、ホテル側に資料提出を要請する考えを示した。
 安住氏は十八日午後、自民党の森山裕国対委員長と会談し、首相が出席する衆院予算委員会の集中審議を開催するよう求める。 (川田篤志)
  ★首相「事務所にない」なら、何処にあるんでしょうね?


東京入管職員の制圧で負傷 収容の外国人が提訴 【東京新聞】2019.11.18
 ○強制退去を命じられた外国人を収容する東京入国管理局(東京都港区、現・東京出入国在留管理局)で昨年十月、職員の指示に抵抗したブラジル人男性が複数の職員に床に押さえ付けられた際、肩を負傷、現在も痛みが続き腕がうまく上がらないと訴えていることが、入管内部文書や関係者への取材で分かった。
 男性はクスノキ・アンドレさん(33)。「不必要な制圧で、違法な暴行」と国に五百万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。入管施設では職員の制圧の際に収容者が負傷するケースが相次ぎ、東京入管で昨年五月にクルド人が首を負傷、大阪入管で二〇一七年七月、トルコ人が右腕を骨折した。
 識者から、長期収容増加による外国人、職員双方のストレスが背景だとして、送還見通しがないまま収容を続ける入管行政への批判が出ている。
 内部文書によると東京入管が昨年十月九日、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)にクスノキさんを移送しようとしたがクスノキさんは居室内トイレに立てこもり抵抗。職員六人がトイレから連れ出しうつぶせに押さえ付け、後ろ手に手錠をかけた。クスノキさんは指から出血、左肩の痛みを訴えた。
 同日クスノキさんはセンターに移送後、同施設内の医師に「左腱板(けんばん)損傷」と診断を受けた。
 クスノキさんは「抵抗をやめても制圧が続いた」と証言。「移送理由の説明を何度も求めたが、職員は『その必要はない』の一点張り。話をすれば済むのに、なぜ制圧なのか」と憤る。
 出入国在留管理庁は「順守事項の違反に対し合理的に必要最小限の有形力を行使して制圧措置が取られたと認識している」としている。
◆長期収容でストレス
<入管行政や外国人の権利に詳しい児玉晃一弁護士の話> 職員による制圧が相次ぐ背景には、送還の見通しが立たないまま無期限の長期収容を続けるケースの増加にある。先の見えない拘束で収容者はストレスを抱え、対応する職員も疲弊し暴力的になっている結果だ。入管施設への収容は強制送還のために実施するのが入管難民法の趣旨であり、送還のめどが立たない外国人の収容を今すぐやめるべきだ。
  ★人殺しや傷害が、許される訳もない。それが法の支配、法務省管内で不祥事が多発するとは、制度設計に誤り、あり。


ヤフー・LINE統合合意 利用1億人 来年10月完了へ 【東京新聞】2019.11.18
 ○ヤフーの親会社Zホールディングス(HD)とLINE(ライン)は十八日、経営統合することで基本合意したと発表した。同日午後五時に東京都内でZHDの川辺健太郎社長とLINEの出沢剛社長が出席して記者会見する。両社が抱える利用者は国内で計一億人超。通販や金融、会員制交流サイト(SNS)などインターネットを通じた幅広いサービスを一手に担うIT企業が誕生する。
 来月に最終契約を締結し、来年十月までに統合を完了させる。ヤフーとLINEが持つビッグデータの活用や、展開する各サービスの集客面で相乗効果を見込む。
 人工知能(AI)などを対象に毎年一千億円の開発投資を進め「アジアから世界をリードするAI企業を目指す」とした。
 統合計画では、ZHDの親会社ソフトバンクとLINE親会社の韓国ネイバーが、それぞれ約千七百億円でLINE株の公開買い付けを実施する。LINEは上場廃止となる予定。その上で、ソフトバンクとネイバーが議決権を50%ずつ保有する共同出資会社の下にZHDを置き、ヤフーとLINEはZHDの完全子会社とする。出沢、川辺両社長は共同でZHDの最高経営責任者(CEO)に就く。
 共同出資会社はソフトバンクの連結子会社となる。統合に向け、公正取引委員会による独占禁止法上の審査も必要になる。
 検索サイトで成長したヤフーはネット通販や動画配信などで約五千万人の利用者を持つ。LINEは通信アプリで利用者八千万人超を誇る国内最大手。統合を通じて幅広いサービスに利用者を誘導する基盤(プラットフォーム)としての役割を果たす狙いだ。


防衛装備の総合見本市を開催 国内初、陸自戦車も展示 【毎日新聞】2019.11.18


香港警察、理工大に突入 学生抵抗、4人重傷 【東京新聞】2019.11.18
 ○【香港=中沢穣】抗議活動が続く香港で十八日未明、学生らが占拠していた香港理工大学に警官隊が突入した。理工大周辺ではバリケードが築かれた幹線道路を巡り、十六日夜から警官側と学生側の衝突が断続的に続いていた。香港メディアは「戦場のようになった」と伝えており、少なくとも数十人が拘束された。香港の公共放送RTHK電子版によると、衝突で十八日朝までに、重傷四人を含む十六~八十四歳の少なくとも二十四人が負傷し、病院に搬送された。 
 香港メディアによると、警察は十八日午前五時半ごろから大学内への突入を試みた。学生側は正門周辺のバリケードに火を放った。警察は大量の催涙弾や放水車を使い、学生側は火炎瓶や投石などで応じた。警察の装甲車や大学近くの陸橋も炎に包まれた。香港警察は校内への「突入」を否定している。同日午前には多くの学生らが大学を離れようとしたが、警察が周辺一帯を封鎖しており、身柄の拘束を続けているもようだ。RTHKは、学内に少なくとも学生ら五百人が残っていると報じた。
 突入に先立ち、大学周辺を包囲した警察側は「暴力をやめなければ、実弾の使用も辞さない」と警告し、学生側に指定した出口から出ていくように求めた。一方、警察はこの出口から大学を離れようとする人々を大量に拘束し、現場で救護に当たっていたボランティアなども多数が捕まったもようだ。警察は実弾三発を発射したと明らかにした。
 香港理工大は九竜半島の繁華街・尖沙咀(チムサチョイ)にある。学生側は十一日から交通を妨害するため香港島に向かうトンネル入り口を封鎖し、十三日ごろからすぐ近くの理工大を占拠した。大学周辺にバリケードを築き、学内には食料などの大量の支援物質が運び込まれた。十六日夜から警察が断続的に強制排除を試みた。十七日は午前中から衝突が起き、夜から激化していた。
 香港では先週前半から複数の大学で学生らによる占拠が始まったが、香港中文大などでは十六日までに撤収していた。一部の学生らは理工大に流れたとみられる。九竜半島では十七日夜、理工大の学生らを支援するために多数の抗議活動が行われ、道路にバリケードが築かれた。警察側は繁華街でも多数の催涙弾を放ち、催涙弾の煙にむせぶ観光客や市民の姿もあった。


「桜を見る会」 首相“前日の懇親会は領収書発行せず” 【NHK】2019.11.18
 ○総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、安倍総理大臣は、記者団に対し、前日行われた懇親会について、安倍事務所や後援会に入金や出金は一切なく、領収書の発行も行っていないことを明らかにしました。
 「桜を見る会」をめぐって、安倍総理大臣は、先週、記者団に対し、前日夜の懇親会を含め、みずからの事務所では、収入や支出はなく、政治資金収支報告書に記載する義務はないと説明しました。
 これについて安倍総理大臣は、18日午前10時ごろ、総理大臣官邸に入る際、記者団の取材に応じました。この中で、記者団から「懇親会などについて証拠を示して説明すべきだという指摘が出ている」と問われたのに対し、安倍総理大臣は、「安倍事務所にも後援会にも、一切、入金はなく出金もない。旅費や宿泊費は各参加者が直接支払いを行い、食事代についても領収書を発行していない」と述べました。
 また、記者団が「総額を示す明細書はあるか」と質問したのに対し、安倍総理大臣は、「そうしたものはない」と述べました。
 さらに、安倍総理大臣は、懇親会に出席したのはおよそ800人だったとしたうえで、多くが翌日の「桜を見る会」に参加したという認識を示しました。
 立民 安住氏「後援会活動の自覚なしが問題」
 立憲民主党の安住国会対策委員長は、国会内で記者団に対し、「前日行われた懇親会は、後援会の主催であれば、政治資金収支報告書に記載をするための資料を保管しておく義務がある。記載する意思がなく、後援会活動という自覚がないことが問題だ。予算委員会での集中審議を求めなければいけない。また、自分たちでも調査し、裏を取って、矛盾点を整理しさらに追及する」と述べました。
 菅官房長官 自身の推薦「何人か承知せず」
 菅官房長官は、午前の記者会見で、記者団から、自身が事務所を通じて推薦した人数を問われたのに対し、「私のところは数十人だと思うが、内閣府に何人の推薦を出したのかは承知していない。ただ、いろんな方から、依頼をいただき、事務的に回していることは事実だ」と述べました。


アベノミクスの効果を検証 今後は…? NHK 11/18
 ○… アベノミクスとは
 平成24年、2012年12月に発足した第2次安倍政権が打ち出した一連の経済政策は「アベノミクス」と表現されます。政策の柱は3つ。

 「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」そして「成長戦略」。これを「3本の矢」と呼んで物価が継続的に下がるデフレからの脱却と持続的な経済成長を目指しました。
 このうち1本目の矢の金融政策では、政府と日銀が異例の共同声明を発表。日銀は「2年程度で2%の物価上昇率を達成する」と目標に掲げました。
 そして大量の国債を買い入れて市場に大量の資金を供給する「異次元」とも言われる大規模な金融緩和に踏み切り、企業や国民に染みついたデフレ心理を一掃しようとしました。
 2本目の矢である財政政策では、低金利をテコに、リニア中央新幹線などのインフラ整備を加速したほか、公共工事の上積みなどで需要の拡大をねらいました。
 そして3本目の矢である成長戦略では、規制緩和などによって、経済の実力を引き上げることをねらいました。
 法人税の実効税率の引き下げなどで、企業の成長を後押し。自由貿易を推進して経済の活性化につなげようとTPP=環太平洋パートナーシップ協定などの交渉加速にも取り組みました。
 安倍政権は、この「アベノミクス」を経済政策の基本にデフレ脱却に取り組み、その後は、子育て支援や女性や高齢者が働きやすい環境整備など一人一人の個人の暮らしに焦点をあてた経済政策に重点的に取り組む姿勢を強めています。

 アベノミクスの経済効果


内閣支持下落45% 2閣僚辞任影響も 本社・FNN合同世論調査 【産経新聞】2019.11.18
 ○産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日、合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は45・1%で、前回調査(10月19、20両日実施)より6・0ポイント減らし、不支持は4・7ポイント増の37・7%だった。自民党の政党支持率も1・5ポイント減の36・2%。公職選挙法違反疑惑で、閣僚2人が相次いで辞任したことなどが影響しているとみられる。
 韓国が破棄を通告した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)については、「破棄はやむを得ない」との回答は68・3%に達し、日本政府が対応を変えてでも延長されるべきだとする14・4%を大きく上回った。日韓の関係改善に向けて、安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による首脳会談の開催を「急ぐべきだ」と回答したのは34・1%にとどまり、「急ぐ必要はない」が58・2%に上った。
 首相主催の「桜を見る会」の来年度の中止を決めた政府の判断に対しては「評価する」が58・3%を占め、「評価しない」は32・2%。招待基準やプロセスなどを明確化した上で「再開してもよい」と答えたのは59・4%で「廃止するべきだ」の33・8%を上回った。
 大学入学共通テストの英語民間検定試験をめぐり、文部科学省が来年度の導入を見送ったことについては「評価する」が54・6%、「評価しない」の31・7%だった。
 憲法改正に「賛成」との回答は52・2%で、「反対」の34・9%を15ポイント以上上回った。国会の憲法審査会で、憲法改正に向けた議論をもっと活発化させるべきだと思うかどうかについては「思う」が73・3%に上り「思わない」は16・2%にとどまった。

 自民党以外の政党支持率は、立憲民主党7・8%▽国民民主党0・8%▽公明党3・0%▽共産党3・2%▽日本維新の会3・0%▽社民党0・6%。無党派層に相当する「支持する政党はない」は38・7%だった。
  ★れいわ新撰組は、スポイルか? それとも、産経の購読者には、れいわの支持者は皆無???


記者への性暴力“長崎市は謝って” 新聞労連などシンポ 【しんぶん赤旗】2019.11.18
 ○長崎市幹部から2007年に取材中に性暴力を受けたとして、女性記者が市を訴えた訴訟をめぐり、新聞労連と「長崎市幹部による性暴力事件の被害者を支える会」は17日、同市で「#MeTooとメディア 私たちは変われるか」と題するシンポジウムを開催しました。新聞労連と一般参加者110人が出席しました。
 原告代理人の中野麻美弁護士は「平和は、ハラスメントの根絶と不可分だ。長崎市が平和都市を自認するなら、一日も早く責任を認めてほしい」と声を詰まらせました。
 性暴力に抗議する「フラワーデモ」の呼びかけ人で作家の北原みのりさんは「『慰安婦』問題でも、日本の社会は性暴力に向き合わず、放置してきた」と強調。同じ姿勢が、市の態度に表れていると批判しました。
 長崎市は14年、日弁連から謝罪を勧告されましたが、5年たった今も応じていません。
 討論では、メディア側にも、性暴力に対し不十分な面があるとの声が上がりました。
 元テレビ朝日記者でハフポスト日本版記者の湊彬子さんは「テレビの報道局などは人数も少なく、同質性の高い組織。社会の変化にも気づきにくい」と指摘。「建前でなく、報道現場の意識の根本が変わる必要がある」と話しました。


思いやり予算って何? アメリカの要求に応じ負担膨張 労務費から訓練移転費まで 19年度は1974億円 【琉球新報】2019.11.18
 ○在日米軍駐留経費のうち、日本による米側負担の肩代わり分を指す「思いやり予算」。1978年、米軍基地で働く日本人従業員の「労務費」の一部(62億円)を対象に日本側の支払いが始まったが、その後も米国の負担要求に応じる形で支払い範囲は拡大。87年度から日米間の「特別協定」が根拠となり、5年ごとの締結を繰り返して現在に至る。本年度は1974億円が支出されている。
 78年当初、対象は「労務費」の一部に当たる福利厚生費だった。だが79年度から米軍の隊舎や家族住宅など「施設整備費」も日本側負担となる。特別協定の締結後は、91年度から光熱費や基地従業員の基本給、96年度から訓練移転費なども加わった。他国と比較しても、日本の米軍駐留経費の負担割合は突出して高いとされる。現行の特別協定は2020年度末までで、21年度以降の負担割合を決める新協定の交渉は今後本格化するが、トランプ米政権が日本側の負担引き上げを求める可能性もある。
 「思いやり予算」のほか、県内の米軍基地返還や訓練移転のために計上される「SACO関係経費」(19年度は256億円)や、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設事業を含む「米軍再編関係経費」(同1679億円)も日本側が負担している。
 【在日米軍駐留経費負担の変遷】図示
 ※2019年度: 1974億円


「桜を見る会」予算委開催せず 総理出席を与党拒否 【テレ朝】2019.11.18


福島第1汚染処理水 25年処分開始なら16万トン分タンク不足 東電が試算 【毎日新聞】2019.11.18
 ○東京電力福島第1原発の敷地内の貯蔵タンクにたまり続けている汚染処理水について、東電は18日、2025年以降に処分し始めた場合、時期によって約16万~66万トン分のタンクが不足するという試算結果を初めて明らかにした。その際、処理水に残る放射性物質トリチウムが放出されたり減衰したりする総量は、年間で約32兆~106兆ベクレルになった。
<処理水処分法 タンク増設を検討 東電は「放出」説明 政府有識者小委> 
<原発処理水>東京のごみ、いつまで福島に押しつけるのか
 この日開かれた政府の小委員会で示した。汚染水を多核種除去設備「アルプス」で処理した水を巡っては、20年12月にタンクの増設場所がなくなり、22年夏ごろに満杯の約137万トンに達する見通し。タンクの容量は、多くが1基1000~1200トン。
 東電によると、タンクに保管している処理水は現在、約117万トン。処分開始の時期を①25年②30年③35年として、タンクの不足分と処分後に放出されたりするトリチウムの年間総量を試算したところ①で約16万トン、約32兆~51兆ベクレル②で41万トン、約37兆~68兆ベクレル③で66万トン、約43兆~106兆ベクレル――という結果を得た。
 経済産業省によると、国内の各原発ではこれまでに年間数千億~100兆ベクレルのトリチウムなど放射性物質を含んだ水を海に放出。07年度には日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)で1300兆ベクレルを放出したが、いずれも国の基準を満たしているとしている。
 また、経産省は現在の汚染処理水のトリチウム全てを海や大気に放出した場合、国連科学委員会の被ばく評価に基づいて判断しても「健康上の問題はない」とした。【岩間理紀】


トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司 毎日新聞 11/19


「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」 毎日新聞 11/19



「脱出」許さず一網打尽へ 香港理工大、警察が包囲―構内に数百人孤立 【時事通信】2019.11.18
 ○【香港時事】香港では18日も、九竜地区の香港理工大で、政府に抗議する学生らデモ隊と警官隊の衝突が続いた。一部学生らはキャンパスからの「脱出」を複数回試みたが、周辺地区を完全に包囲した警官隊は、催涙弾を使って学外に出たデモ隊を次々に拘束。警察側は、籠城を続ける学生らが消耗するのを待って一挙に制圧する狙いとみられる。
〔写真特集〕香港抗議デモ~学生らと警官隊が衝突~
 警察は18日午後の記者会見で、理工大を「暴徒の武器製造工場と化した」と指摘。デモ隊が「変装」して抜け出すことを防ぐため、救護要員や報道関係者を自称する50人超を拘束したという。6月以降の逮捕者は4491人になった。

18日、香港で、警官隊と衝突するデモ隊(EPA時事)
 理工大では11日から、一部の学生らによる立てこもりが始まった。周囲の幹線道路や九竜地区と香港島を結ぶ海底トンネルの入り口付近を封鎖したデモ隊は、16日以降、警官隊と激しい攻防を展開。投石器や火炎瓶、弓矢などを使って催涙弾や放水車を繰り出す警察側に対抗した。香港メディアによると、学内には500~600人の学生らが残っており、複数の負傷者が出ているもよう。
  ★一党独裁の政府『一網打尽』と自由人権の政府の違い、一国二制度の行方は? 不透明… 人命、人権第一に。






























 ◇ NPJ(NEWS FOR THE PEOPLE IN Japan)
 ◇ 47ニュース[社説・論説]



【社説】駐留経費増額要求 いびつな「同盟」見直しを 【琉球新報】2019.11.18
 ○在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行の5倍の増額を求めていた。トランプ氏の法外な要求をむしろ奇貨として、ゆがんだ日米の「同盟」関係を見直していくべきである。
 国家安全保障問題担当のボルトン大統領補佐官(当時)が7月に来日した際、韓国政府に在韓米軍の負担を5倍に引き上げるよう求めると説明し、日本も同様の増額を検討すべきだと迫ったという。
 増額要求は来年の大統領選に向け、貿易交渉など経済面を含めて日本の譲歩を引き出そうとするトランプ氏特有のディール(取引)との見方も強いが、今後圧力を強めるとみて間違いないだろう。
 日本側はボルトン氏に対し「日本は既に同盟国の中で最も高い割合を負担している。非現実的だ」と拒んだ。だが安倍政権は昨年もトランプ氏に言われるがまま、105機に上る最新鋭ステルス戦闘機など高額な米国製武器の大量購入を決めている。拒否の姿勢が変わらない保証は全くない。
 「同盟国の中で最も高い割合を負担」という説明はその通りだ。試算では駐留経費の負担割合は2015年度で実に86・4%に上る。韓国やドイツなどの他の米同盟国に比べ突出していることを改めて指摘しなければならない。
 日本は米軍基地の光熱費や基地従業員の給与、施設整備費なども負担している。日米地位協定上、本来は米側が出すべき分野でも解釈拡大や特別協定の締結などによって支出を拡大させてきた。
 駐留経費負担は19年度予算で約1974億円。このほかにも基地周辺対策費や米軍用地の借料、漁業補償、辺野古の新基地建設を含む米軍再編経費や日米特別行動委員会(SACO)関連経費、基地交付金など在日米軍関係経費の総額は約8千億円に達するといわれている。
 米側の求めに応じて日本国民の負担をさらに拡大させるような過ちはもう許されないことは当然だ。一方でトランプ氏はこれまで日米安保条約について「不公平な合意だ」とたびたび不満を述べている。米国による日本防衛義務が、片務的で不公平だと言いたいようだ。
 だが日本の経費負担に支えられた広大な米軍基地の自由使用によって米国がアジア太平洋地域への影響力を長年行使し、さらには世界戦略の拠点としてその機能を強化させてきた歴史をトランプ氏はどれだけ知っているのか。まして、沖縄がその犠牲となり戦後74年たった今も過重な基地を負担し続けている状況など理解していないだろう。
 日本政府はこの機会に、対米従属姿勢から脱却して健全な「同盟関係」を構築する方向にかじを切り、虚心坦懐(たんかい)に米側と協議すべきである。そしてその中で、特定地域に安全保障の負担を集中させている異常な状態の解消を優先させるべきなのは言うまでもない。


【社説】[思いやり予算5倍要求]日本側は毅然と対応を 【沖縄タイムス】2019.11.18
 ○トランプ米政権が在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の5倍増を日本政府に打診していたことが明らかになった。今年7月に当時のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が来日した際に日本側に伝え、日本側は拒否したという。一方的で理不尽な要求である。
 日本は2019年度予算で思いやり予算約1974億円を計上している。単純計算で5倍にすると、9800億円以上の巨額に上る。
 思いやり予算について最後に公表された04年の米国防総省の報告書によると、日本は在日米軍駐留経費の74・5%、約4分の3を負担している。同じ同盟国の韓国やドイツ、英国、イタリアなどと比べても負担割合は突出して大きい。
 思いやり予算は1978年度に始まった。円高による米側の負担増に伴い、日米地位協定で本来米側が支出すべき費用も肩代わりしはじめた。
 当初は基地従業員の福利費用などにとどまっていたが、日米の特別協定を結んだ87年度以降は、日本が基地従業員の給与や光熱費、訓練移転費を支出している。
 5年間の協定は2021年3月末で期限を迎える。交渉は来春にも本格化しそうだ。
 防衛省関係者は米側の要求について「日本の反応を見たかったのだろう」と感想を述べたというが、毅(き)然(ぜん)と向き合ってもらいたい。
 トランプ大統領は来年、再選が悲願の大統領選を控えており、外交的な得点は有権者へのアピールになるからだ。
■    ■
 実際、9月から交渉が始まった韓国に対しても在韓米軍駐留経費の来年以降の負担額について、今年の5倍以上の47億ドル(約5100億円)を提示したと報じられている。
 トランプ氏は選挙中から一貫して「誰かが日本を攻撃したら、われわれは駆け付けなくてはならない。でもわれわれが攻撃を受けても日本は助けに来なくていい」などと日米安保を疑問視する発言を繰り返してきた。
 「安保ただ乗り論」で日本側をゆさぶり、さまざまな交渉を有利に運ぶ狙いがうかがえる。
 元国防長官がかつて議会で「米軍にとって日本駐留は、必要とあれば常に出動できる前方基地として使用できる。日本は米軍駐留経費の75%を負担してくれる」などと利点を強調したことがある。
 トランプ氏は日米安保への理解を欠いている。
■    ■
 トランプ氏の外交における基本姿勢はディール(取引)である。5倍増の要求をふっかけてだんだん落として決着させることを狙っているのかもしれない。
 懸念されるのは安倍晋三首相がトランプ氏の売り込みに米国製兵器の「爆買い」をのまされていることだ。日本政府は日米交渉にどう臨むべきなのか。辺野古新基地建設の見直しをはじめとする沖縄の負担軽減策と抱き合わせ、どこに着地点を見いだすのか知恵を絞るべきである。
 思いやり予算について米側と毅然と対応しながら、同時に交渉の中に沖縄側の要求を入れ込むべきだ。


【社説】相次ぐ米軍事故 規律の「緩み」が目に余る 【西日本新聞】2019.11.18
 ○在日米軍の最前線で耳を疑う規律違反が繰り返されていた。飛行中の戦闘機で手放し操縦や携帯電話による自撮りといった危険行為が常態化していたという。一瞬の気の緩みは人命に関わる事故につながりかねない。米軍には猛省を促したい。
 一連の規律違反は、山口県の米海兵隊岩国基地に所属する戦闘機部隊の事故に関する米軍の調査報告書で判明した。
 調査の発端は昨年12月、高知県沖で起きた事故だった。この部隊の戦闘攻撃機と別の部隊の空中給油機が接触して墜落、6人が死亡・行方不明となった。乗員2人の尿検査で睡眠導入剤の成分を検出した点を挙げ、飛行任務に不適切だった可能性があると報告書で結論づけた。
 2016年4月にも沖縄県沖で同じ部隊が接触事故を起こしていたことも公表された。いずれも空中給油中の事故で、沖縄の事故で犠牲者は出ていないものの、徹底した検証を行っていれば、高知の事故は防げた可能性は否定できない。
 報告書では相次ぐ空中接触の背景に薬物乱用やアルコールの過剰摂取といった「職業倫理にもとる実例」の存在を認めた。単なる現場の規律の緩みにとどまらず、組織が抱える構造的な問題が浮き彫りになった。
 さらに看過できないのが日本政府への通報を怠った点だ。米軍は事故現場が「日本の領域ではなかったため」と日本側に説明している。だが、事故を起こしたのは岩国基地所属の戦闘機であり、沖縄県の嘉手納基地に着陸した経緯を考えると、日本と無関係では済まされない。
 今月に入り青森県では米軍三沢基地所属の戦闘機が訓練中に「模擬弾」を射爆撃場外の民有地に落下させるトラブルが起こった。火薬が入っていない弾とはいえ重さ約230キロである。一歩間違えば惨事になる可能性もあった。このケースも日本側への通報は翌日と遅かった。
 米軍の駐留には地元の理解が不可欠だ。にもかかわらず、事故トラブルの発生は改善されるどころか事態は深刻になり、人命軽視とも取れる対応が続く。規律が守られず安全が確保されなければ、基地負担を強いられている地元住民の反発を招くだけというこれまでの教訓から何も学んでいないのか。
 政府も事の重大さを受け止めなければならない。9月下旬の報告書公表を受け、防衛省が岩国基地の地元自治体に伝えたのは翌月だ。その後、規律違反の詳細を報道機関の取材で知った首長が懸念を表明し安全対策を国に訴えたのは当然だろう。政府は米軍に安全確保と情報提供の徹底を強く要請し、国民には説明を尽くすよう求める。


【社説】二葉山トンネル増額 事業の正当性傷ついた 【中国新聞】2019.11.18
 ○広島市東区の広島高速5号二葉山トンネルの事業費が287億2千万円に膨らむことが分かった。当初の契約額の1・4倍で、増額分は87億円に上る。
 工事を請け負う共同企業体(JV)との契約に、トンネル内壁などの工事費が含まれていなかったという。これまでの調査で事実関係は一定に分かったが、まだ十分とは言い難い。
 事業主体の広島高速道路公社と、出資する広島県・市の姿勢が問われる。背景も含めて徹底的に解明しなければ、県民や市民の理解は到底得られまい。
 高速5号の投資効果は、増額前から合格点ぎりぎりだった。投資に見合う事業なのか改めて検証し、議論する必要がある。
 高速5号は、JR広島駅北口と高速1号温品ジャンクションを結ぶ。延長4キロのうち二葉山トンネルが1・8キロを占める。
 公社が設けた第三者委員会が3月にまとめた報告書によると、公社はトンネル工事の契約を強引に取り付けようと「契約後の増額」をJVに持ち掛けたとされる。入札手続きで重要な公平さを欠いている。官製談合防止法違反の恐れを専門家が指摘するのもうなずける。
 なぜ公社はこんな行為に及んだのか。第三者委は「JVが入札を断念することによって工事が施工できなくなると危惧していた」などと指摘している。
 第三者委の調査は公社とJVの資料やその関係者の聴取が中心である。それだけでは、なぜ公社が違法性を疑われるような行為に踏み込んだのか、背景を十分解明できるとは思えない。
 公社に強い影響力を持ち、高速5号の建設を推し進めてきたのは県と市だ。公社には50%ずつ出資し、幹部職員を派遣している。歴代の理事長は県と市の出身者がほぼ交互に務める。
 全容を明らかにして再発防止を本気で考えるのなら、県や市と公社のやりとりも明らかにすべきだ。理事長は引責辞任を表明したが、公社にだけ責任を押しつけるのは無理があろう。
 また、事業の正当性が不透明になっていることも問題だ。
 公共事業では、利用者の便益などを数値化し、事業費や維持費の総費用で割った指標「費用便益比」が一般的に重視される。指標が「1」を下回れば、投資に見合わない事業と判断され、事業の見直しや中止を迫られるケースもある。
 増額前の高速5号の総事業費は1124億円で、費用便益比は「1・0」だった。これに87億円が当初から上積まれていれば、建設のゴーサインが出たかどうかさえ疑わしい。公社は、最新の交通量などを反映して「新たな費用対効果」を示すようだが、それで多くの人を納得させられるだろうか。
 高速5号を巡っては、二葉山トンネルのルート上にある住宅地の住民が工事に伴う地盤沈下をなお懸念している。また広島駅から広島空港までの所要時間を5分程度縮めるという事業効果に関しても、必要性を疑う人が今も少なくない。
 そんな中で事業を強引に進めようとすれば、行政への不信感を深めるだけではないか。今回の増額やトンネル掘削機の故障の影響で、完成は、2020年度末の予定から大幅に遅れる見通しだ。信頼を取り戻すには、背景を含めた原因の徹底解明と真剣な反省が不可欠である。


【社説】年金の制度改革 不公平感拭う議論を 【信濃毎日新聞】2019.11.18
 ○来年の通常国会に関連法案の提出を目指す公的年金制度改革案の骨子が見えてきた。厚生年金の加入対象を広げ、働く高齢者の厚生年金を減額する「在職老齢年金制度」の基準を引き上げるのが大きな柱だ。
 人口の減少と高齢化が進む中、制度の支え手を増やしながら、高齢者の就労意欲をそがず、低年金の人が老後の生活に困らないようにする狙いがある。
 厚生年金への新たな加入で保険料の負担が増す一方、高齢者への年金給付額は増える。制度を支える企業には痛みを伴う内容だ。現役世代に不公平感を生まぬよう、世代ごとの負担と給付の見通しを、丁寧に示してほしい。
 主な骨子は▽パートなど短時間労働者が厚生年金に加入できる企業規模を従業員501人以上から51人以上とする▽在職老齢年金制度の65歳以上の減額基準を月収47万円超から51万円超とする―だ。
 パート従業員らに加入を促すのは、国民年金(基礎年金)では老後の生活が成り立たない恐れがあるからだ。満額で月約6万5千円しかなく、30年後には3割程度目減りするとされる。
 新加入者は約65万人、労使が折半する保険料の企業負担は1590億円増を見込む。中小企業の経営に悪影響を及ぼしかねないと経済界に反発があり、政府が企業への支援を検討している。
 非正規雇用が広がる社会で、長期化する老後の暮らしを担保していくには、厚生年金の対象拡大は避けて通れない。政府は新たな財政負担を生まないように経済界との調整を進めてほしい。
 在職老齢年金制度は基準超過分の半額が年金から差し引かれる。対象者は約9万人減り、年金支給額は年700億円増える。60〜64歳の基準も月収28万円超から51万円超に引き上げる方向で、増額分は合わせて4千億円に上る。
 制度の見直しを検討してきた社会保障審議会年金部会では、65歳以上について、就労意欲をそいでいるとの立証はできていないといった意見も出ている。
 給付額が増えると、年金財政は悪化し、将来世代の給付水準を引き下げてしまう。支給を抑える手だてを検討する必要もある。
 在職老齢年金制度を巡る論議では、政府主催の全世代型社会保障検討会議で、政府方針と異なる意見が議事録に記載されなかったことが明らかになった。年金制度は国民全体に関わる。透明で不公平感を拭う論議がないと、制度そのものへの信頼が失われる。















































条約文リンク集


市民的及び政治的権利に関する国際規約(国際人権規約B規約、自由権規約)


  【月まとめ】
「全国首長九条の会」を結成 現職の首長ら131人賛同 【朝日新聞】2019.11.17
 ○憲法9条の改憲に反対する自治体の首長らが17日、「全国首長九条の会」を結成し、東京都内で集会を開いた。改憲発議に反対する取り組みや改憲反対の署名運動を進め、全国にある7千を超える九条の会とも連携するという。
 会には現職や元職の首長131人が賛同しているといい、共同代表には松下玲子・東京都武蔵野市長や武村正義・元滋賀県知事、井原勝介・前山口県岩国市長ら8人が就任した。
 集会には支援者も含め約250人が参加。千田謙蔵・元秋田県横手市長は「戦争を知らない若い人が増え、国会議員にもなっている。戦争を知っている私たちが声を上げよう」と話した。「自衛官募集業務の強要は、国と地方は対等・協力の関係にある地方分権の原則を踏み外した判断」「沖縄・辺野古の米軍基地建設も憲法と地方自治をないがしろにしている」といった指摘もあった。
 安倍晋三首相は9条について、戦争放棄や戦力不保持を定めた項目はそのままにし、自衛隊の存在を明記する項目を追加することを提案している。こうした改憲をしても自衛隊の任務や権限に変更が生じることはなく、国民投票で否決されても自衛隊は合憲だと説明する。(西村奈緒美)

習氏「ウイグル、容赦なく対応を」 米紙が内部文書入手 朝日新聞 11/17
  ★香港で、蛮行繰り返す事勿れ❕❕

香港理工大でデモ隊と警官隊が激突 警察が催涙弾120発発射 【毎日新聞】2019.11.17
 ○香港・九竜地区で17日、名門、香港理工大を拠点に道路封鎖を続けるデモ隊と警官隊の激しい衝突が起きた。理工大周辺の道路には火炎瓶と警官隊の催涙弾が飛び交って白煙が立ちこめ、「戦場」のようになった。デモ隊は投石機や弓矢も使い、警官がふくらはぎに矢を受けて負傷した。
<香港、重体の70歳男性死亡>デモ隊と市民ら衝突、社会の分断鮮明に
<「脅威を感じて…」と正当化>警官が香港デモ参加者に実弾発砲
<香港大学生死亡>警察、発砲認め因果関係は否定 若者ら厳重抗議、衝突激化も
 現場は、観光客も多い繁華街チムサチョイ(尖沙咀)の一角。香港メディアによると、路上の樹木などが炎上、発射された催涙弾は約120発に上った。現場には装甲車や放水車も出動した。
 香港警察は市民に対し、理工大付近には近づかないよう呼び掛けた。(共同)

トランプ氏てこ入れ候補敗れる 米ルイジアナ知事選決選投票 共和に打撃 毎日新聞 11/17
 ○米南部ルイジアナ州で16日、知事選の決選投票が実施され、米メディアによると即日開票の結果、民主党現職のエドワーズ候補が共和党のリスポーニ候補との接戦を制し、再選を果たした。民主党は保守層の強い最南部州で唯一の知事職を維持。トランプ大統領が2度にわたり現地入りし必勝を期した政権与党の共和党にとっては手痛い敗戦となった。 ・・・

「政権揺らぐ」 与党危機感 桜を見る会 首相直撃 異例の会見も証拠示さず 【しんぶん赤旗】2019.11.17
 ○「首相、政権を直撃した大型の台風(激震)だ。いままで大臣が辞めたのとはスケールが違う」。安倍晋三首相主催の公的行事「桜を見る会」での税金の私物化が白日のもとになり、来年度の開催中止に追い込まれた衝撃を、自民党のあるベテラン議員はこう語ります。「『中止』は、政権が揺らぐという強い危機感からだ。官邸にもすごい抗議がきている。自分で地元に行けばすぐにわかる。国民は怒っている」
田村質問が火
 首相官邸前で行われた抗議行動では「花見で使った税金返せ」の怒り。「消費税10%にしておいて花見予算増やすな」などの声も各地であがっています。
 怒りに火をつけたのが日本共産党の田村智子副委員長の国会質問(8日、参院予算委員会)でした。
 「田村議員の質問はすごかった。週刊誌ネタに頼る質問と違い、(首相の桜を見る会の)私物化の実態を独自の調査で裏付けて逃げられないようにして迫った。『赤旗』や(党の)組織の調査力がすごい。テレビの入った参院予算委員会でやられたのが痛い」とベテラン議員は“脱帽”します。自民党関係者の一人は「これほど思い上がった権力者に対し、共産党の存在が本当に重い」と述べます。
 田村質問の内容は、テレビのワイドショーが12日に一斉に取り上げ、13日には主要各紙も大きく報道しました。首相官邸周辺から「これを見て『もたない』と中止を判断した」と漏れてきます。
動かせぬ事実
 自民党関係者の一人は「与党は(桜を見る会への後援会関係者の招待は)、民主党政権もやっていたと“反論”しているが、安倍首相の場合は850人。ケタが違う。何より、安倍首相後援会が内閣の公的行事に深く組み込まれていたことは動かせない」と厳しい表情です。
 安倍首相は15日、記者団に答える形で昼と夜の2回、会見を実施。極めて異例の対応です。メディア関係者からは「相当焦っている」との声が出ます。自民党関係者は「週末の世論調査を気にして、弁明するのが狙い」と述べます。しかし首相は、桜を見る会前日の「前夜祭」に、首相後援会は収支のうえで一切関わっていないと証拠も示さず一方的に述べただけでした。
自民党議員“予算委出ればKO(ノックアウト)”
「高知知事選に影響出る」
 前出の自民党ベテラン議員は、萩生田光一文部科学相や稲田朋美党幹事長代行が、後援者を「桜を見る会」に招いたことを自らのブログで紹介していたことについて「萩生田、稲田両氏は安倍首相のお友だちだが、ブログでひけらかし、おかしなことをしているという感覚がない。普通は『ほかの人には言わないで』と頼むような話だ。完全に感覚マヒしている」と指摘します。
 他方、別の自民党国会議員は、桜を見る会開催の前日に、首相後援会が都内のホテルで開いた前夜祭の収支が、政治資金収支報告書に記載されていないことについて「違法性が問われる」と指摘。「しかも、収支の状況によっては、安倍後援会の持ち出しになり、利益供与となる。致命的な問題に発展しかねない」と表情を硬くしました。
 安倍首相は15日、記者団に対し「参加者からホテル側に支払いした」として、後援会としての収支は一切ないと「説明」しました。しかし自民党関係者の一人は「後援会がホテルの領収書を配るのは、後援会の関わりを隠す仕掛け」「(前夜祭が開かれた)ニューオータニで5000円で済むはずがない」と指摘します。
 また、自民党内からは「早期に幕引きということだろうが、吉田茂首相以来、70年続いてきた『桜を見る会』を、安倍首相が自分で招いた火の粉を払うためになぜ中止にできるのか。それこそ私物化だ」という“批判”の声まで漏れます。
 日本共産党と、立憲民主党や国民民主党などの共同会派は、安倍首相出席のもとでの衆参の予算委員会を開くよう強く求めています。自民党議員の一人は、「説明は逃れられないが、初めからノックアウトされる可能性のあるボクシングの試合をマッチメーク(設定)するようなものだ」と進退両難を吐露。「高知県知事選(24日投票)は大接戦だが、影響が出る。党内は、次の世論調査に戦々恐々だ。高知で負け、支持率が急落すれば党内も危機感が強まる」と語りました。
 (中祖寅一)

過剰ノルマ、死選んだ夫 自腹で年賀状、ゆうパック 配達員の妻訴え 【西日本新聞】2019.11.17
 ○「夫の死を無駄にしないでほしい」。9日、大阪市内であった郵便局員有志による集会。マイクを握った埼玉県の女性(52)が切実に訴えた。9年前の2010年12月、郵便配達員だった夫=当時(51)=は勤務局の4階窓から飛び降りて亡くなった。年賀はがきの販売ノルマ達成や時間内の配達を執拗(しつよう)に求められ、苦しんだ末の自殺だった。
 夫の様子が変わったのは06年。23年間勤めた埼玉県内の郵便局から、郵便物の取扱件数が首都圏有数の大規模局に異動したのがきっかけだった。
 「今日も昼ご飯が食べられなかった」。職場では残業を減らすよう求められたが、慣れない道で配達が思うように進まないと悩んでいた。交通事故などのミスを起こした局員は「お立ち台」と呼ばれる台に上がり、数百人の局員の前で謝罪させられた。「怖い。絶対に上がりたくない」と夫は漏らしていた。
 毎年、年賀はがき7千~8千枚の販売ノルマが課せられた。金券ショップに転売する同僚もいたが、転売は禁止されており、真面目な夫は「俺にはできない」。自宅には、自腹で購入した年賀はがきが山積みになっていた。歳暮や中元、母の日…。歳事のたびにゆうパック商品も購入。夫は「時間内に配達するので精いっぱい。営業なんかできるわけがない」とこぼした。
 夫は次第に笑わなくなり、休日も外出しなくなった。心配した女性は08年、夫を心療内科に連れて行き、うつ状態と診断された。休職と復職を3度繰り返し、毎年異動希望を出したが、上司からは「病気を治さないと異動させられない」と告げられた。
 10年12月、主治医が再度の休職を勧めたが、夫は「同じ班の人が2人も辞めたので、今は休めない」と断った。それから1週間後の朝、駅で姿が見えなくなるまで手を振って見送ったのが夫の最後の姿になった。
 亡くなった翌日、自宅に荷物が届いた。差出人は夫。自腹で購入したゆうパックの商品だった。「何でここまでしないといけなかったの」。女性は受け取りのサインを書きながら、涙が止まらなかった。
 女性と子ども3人は13年12月、夫が自殺したのは仕事上の心理的負担による精神障害が原因として日本郵便を提訴。会社側は「業務と死亡に因果関係はない」と争う姿勢を示したが、16年10月、異動希望がかなわなかったことや自殺に至ったことに遺憾の意を示した上、解決金を支払うことで和解が成立した。
 9日の集会では、今年3月に局内で自殺した関西の男性配達員=当時(29)=の問題が話し合われた。同僚の局員によると、男性は上司から業務上のミスについてたびたび叱責(しっせき)され、自殺直前に交通事故を起こしていた。
 女性は「社員を追い詰める会社の体質は、全く変わっていない。家族のため、一生懸命働く社員が報われる会社になってほしい」と語った。 (宮崎拓朗)

熊本)水俣発信「若い自分が」 胎児性患者の松永さん「水銀条約」会議へ決意 【西日本新聞】2019.11.17
 ○水俣病の原因となった水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す「水銀に関する水俣条約」の第3回締約国会議(COP3)が、25日にスイス・ジュネーブで開幕し、胎児性患者の松永幸一郎さん(56)=熊本県水俣市=がスピーチする。今もなお続く水俣病被害の苦しみや水銀規制の重要性を、自らの体験を交えて世界に訴える。16日に同市であった壮行会で、松永さんは「患者の思いや水銀の怖さなど、今の水俣の状況を伝えたい」と語った。
 松永さんは1963年、原因企業チッソの工場近くで生まれた。7歳まで歩けず、療育施設で育った。
 生まれる4年前、チッソは猫による実験で工場廃水が原因と突き止め、熊本大医学部も同じ調査結果を公表していながら、その後も9年間廃水は流され続けた。「国が早く規制していれば、こんな体にならなかった」。悔しさは尽きない。
 自転車で遠出するのが趣味だったが、47歳の時に右脚の股関節痛が急に悪化。現在は車いす生活を余儀なくされている。COP3でのスピーチの依頼を受け、体調面から迷ったという。会場やホテルのバリアフリー設備は現地入りするまで分からず、不安もある。それでも患者が高齢化する中、「まだ若い自分がやらなければ」と決意した。
 スピーチは約5分。各国に自分の声で伝えようと、英語の練習を続けている。2年前のCOP1で、胎児性患者の坂本しのぶさん(63)が「女の人と子どもを守ってください」と懸命に訴えた。バトンをつないでいくつもりだ。松永さんは「自分のような患者を二度と出さないでという思いが、多くの人の心に響いたらうれしい」と期待を込める。 (村田直隆)

【社説】教員の長時間労働 業務内容の抜本見直しを 【琉球新報】2019.11.17
 ○県立の中学、高校、特別支援学校の教職員を対象にした2018年度の勤務実態調査で、厚生労働省が過労死の目安とする月80時間の残業時間を上回った教員が、延べ3078人にも上った。このうち月100時間を超えたのは延べ1314人を占める。
 教員の生命や心身の健康を脅かす長時間労働は、直ちに解消しなければならない。
 小学校を含めた県内教職員の17年度の病気休職者数は前年度比11人増の424人で、在職者に占める割合は2・8%と全国の0・85%より約2ポイントも高い。業務負担と疾患発生との関連が考えられる。
 教員は、児童生徒と直接向き合い、必要な知識を身に付けさせ、豊かな人間性を育成する立場にある。日々の業務をこなすだけで疲労困憊(こんぱい)していく職場環境では、子どもたちのためにもならない。
 働き方改革関連法の4月施行によって、民間企業では時間外労働は原則月45時間、年間360時間以内を守らなければならなくなった。現在は大企業だけだが、来年4月から中小企業にも適用される。
 文部科学省は今年1月、働き方関連法に沿う形で、公立校の教員の残業時間を1カ月45時間を超えないようにするという指針を出した。
 民間企業で月45時間が上限となる中で、教員の働き方にも同じ条件が求められるのは当然だ。ただ、文科省の残業上限の指針に罰則はない。「臨時的な特別の事情」の場合は月100時間を超えない範囲で延長できるともしており、実効性に疑問がある。
 そもそも公立校の教員に時間外手当は支給されていない。教職員給与特別措置法(給特法)によって基本給に一律4%の手当が上乗せされているだけだ。まずはサービス残業の温床となる給特法を改め、労働基準法の働き方のルールを教員にも適用することの検討が必要だ。
 県教育庁の勤務実態調査の残業理由を見ると、最も多いのが部活動指導で、授業準備、事務・報告書作成、学校行事、学習指導、成績処理が続く。早朝や放課後、土日に行われる講座の残業は調査の対象外となっており、現場から「実態はもっと深刻」と指摘されている。
 子どもたちの学習や育成に関わる広範な業務は、簡単に削減や合理化をするわけにはいかない重責だ。個人情報保護の関係で、家に持ち帰れない業務もある。現状の半分以下に残業を削るといっても、簡単なことではない。
 教師の負担軽減を図り、ゆとりある働きやすい職場環境を実現するには、教員定数の増員が根本的な対策だ。ただし、そのためには財源の裏付けが必要になる。
 増員が無理なら、教員の業務内容を抜本的に見直すしかない。最も負担が重い部活動指導などの在り方にメスを入れるべきだ。業務の見直しに向けては保護者や地域の理解と協力が不可欠となる。

【社説】[過労死ライン超3078人]全小中校に調査広げよ 【沖縄タイムス】2019.11.17
 ○県立学校(高校、特別支援学校、中学校)教職員の2018年度勤務実態調査で、残業時間が月80時間の「過労死ライン」を超えた人が延べ3078人に達することが分かった。調査対象は県立全84校に勤める約5700人。多くの教職員が過労死ラインを超えて働いている。
 調査は教職員の勤務実態が十分に把握されていない問題を受けて始まったもので、結果が明らかになったのは今回が2度目。他県では小中高校など学校別に勤務実態が異なる状況も判明しており、今後は、県や自治体による県内全小中学校の実態調査の実施や結果公表も求められる。
 県立学校調査で残業が月100時間を超えた人数は延べ1314人。超勤理由では「部活動」が最多の1167人。「授業準備」209人、「事務・報告書作成」169人と続いた。
 調査結果を受けて県は、今年3月「運動部活動等の在り方に関する方針」(ガイドライン)を策定。1週間当たり2日以上の休養日設定や活動時間を平日2時間程度にするほか、中高校では教員の代わりに「部活動指導員」の配置を始めているが、十分とはいえない。
 部活動は教職員の本務ではない。授業のような制度設計がなく、行き過ぎた指導による体罰など課題も多い。ガイドラインの徹底はもちろんのこと、部活動を学校教育とみなすか否かの根本的な議論も急ぐべきだ。
 学校を取り巻く社会のニーズは刻々と変わり、教職員の仕事は増える一方だ。授業準備など本来の仕事も超勤理由に挙がっていることを見れば定員の見直しも必要だ。
■    ■
 世界に比べても日本の教員の長時間労働は際立っている。経済協力開発機構(OECD)の調査で日本の小中校教員の1週間当たり仕事時間は2回連続世界最長で、唯一の50時間超だった。
 政府は、教員の勤務時間を年単位で調整する「変形労働時間制」を、自治体の判断で導入できるようにする教職員給与特別措置法改正案を閣議決定し、今議会で審議中だ。新学期など繁忙期の勤務時間を増やす代わり夏休み中に長期休暇を取らせる内容だが、学期中の長時間労働を追認することになりかねず実効性は疑問だ。
 厳しい労働環境の背景には、教員を「聖職」とみなして長年ワークライフバランスを顧みてこなかった学校の風土がある。学校管理職の意識向上など足元からの対策が欠かせない。
■    ■
 今調査もPTAの依頼で実施する「早朝講座」や「放課後講座」などは含まれておらず、県立学校の教職員の多忙化を正確に反映しているとは言い難い。
 県内では17年度に病気休職した公立校教員の割合(病休率)が2・8%で11年連続全国ワーストという特殊事情もある。全国平均(0・85%)の3倍超だ。
 教員からは、多忙さから体調不良を訴える声も上がっており、県は全国に比して教員の病休率が高い原因についても分析して欲しい。

【社説】【新「圏域」構想】平成の大合併を検証せよ 【高知新聞】2019.11.17
 ○国が地方自治体の合併を主導した「平成の大合併」は、結果として地域の人口減を加速した--そんな疑念を裏付ける調査結果を、日弁連が公表した。
 調査によると、1999年から2010年までに合併した、人口がおおむね4千人未満の旧町村の地域では、合併に加わらず存続を選択した近隣の小規模町村に比べ、人口の減少率が高かった。
 調査は距離が近く、産業構造が似通っているのを条件に、合併した旧町村と存続した旧町村を比較。条件を満たした47組のうち9割に当たる43組で、合併旧町村の方が人口減が加速していた。
 例えば、05年に奈良県五條市に編入合併した旧大塔村の人口減少率は57・5%で、隣接する野迫川村の39・6%を上回った。合併を主導した総務省にとっては、結果は裏目に出たといえよう。
 日弁連は、合併を選んだ旧町村の人口減少率の高さについて、役場がなくなった影響で公務員減少や商店廃業、事業所閉鎖などが起き、地域が衰退したのが主な原因としている。平成の大合併が進む前から危惧されていたことだ。
 平成の大合併を主導した国は、きちんとした検証を怠っているのではないか。少なくともデータや現地調査などを用いた、総合的な検証が行われた形跡はない。
 検証で得られる教訓なしに、地方自治体の未来図は描けない。ところが国は、早くも大合併に続く自治体行政の法制化を検討している。昨年7月、総務省の有識者研究会が提言した新「圏域」構想がそれだ。
 この構想は人口減少が進む40年ごろを見据え、複数の市町村で構成する「圏域」を行政主体として法制化し、連携して行政サービスを担うとする。現在、首相の諮問機関の地方制度調査会が具体化に向けて議論している。
 有識者研究会の提言は、自治体側と十分な対話のないまま出された。地方自治体の側には、市町村の独自性が維持できない懸念のほか、国主導で議論が進むことへの警戒感があり、新「圏域」構想に理解は得られていない。
 不信の背景には国主導で進めた平成の大合併が、合併特例債という「アメ」と「地方交付税削減」という「ムチ」で、地方を衰退させたという苦い教訓がある。
 実際、構想自体に合併に似た要素がある。市町村の枠を超えて連携するといっても、圏域は地域の中心的な都市と周辺市町村で構成する。中心市はいいが、小さな自治体が衰退した、日弁連の調査通りのことになる恐れがある。
 共同通信の全国自治体アンケートでは、「新たな市町村合併への布石ではないか」と見る自治体もあった。構想を進めるならば、こうした自治体の声を十分踏まえるべきだ。
 将来の自治体の姿を議論することは否定しないが、国が平成の大合併を検証することが先決だろう

【社説】新大学入試の記述式 公平な採点に不安 【愛媛新聞】2019.11.17
 ○2021年1月に始まる大学入学共通テストで、国語と数学への記述式問題導入にも懸念の声が高まっている。今の大学入試センター試験のようなマークシート式と異なり、採点の難しさがあるためだ。
 共通テストを巡っては英語への民間検定試験活用が経済・地域格差を広げるとの批判が強まり、見送りが決まった。記述式に対しても、採点者によって評価にばらつきが出る懸念が拭えず、受験生が安心して臨める仕組みになっていない。先日は、高校生が中止を求める4万2千人分の署名を文部科学省に提出し、野党4党も国会に中止法案を出した。早急に不安を解消できる手だては見つからず、強行すれば混乱を深めるだけだ。文科省はいったん立ち止まり、記述式の導入も見送るべきだ。
 共通テストは50万人以上の受験が見込まれ、答案を20日以内に採点する必要がある。昨年11月の試行調査では国語の場合、解答や採点しやすい設定がされたが、それでも抽出調査の結果によると採点ミスが0・3%あった。50万人中1500人が該当する計算で、決して小さな数字ではない。
 本番では1万人近い採点者が必要とされ、大勢のアルバイトの起用が見込まれる。採点業務を受注した業者は「公平でぶれがない採点を行えるよう準備している」と説明するが、採点者全ての習熟度を高め、精度の質を保つことは至難だろう。
 採点の難しさが自己採点のミスにつながる心配もある。受験生はテストを受けた後、自己採点の結果に応じて出願先を決める。試行調査の国語では、実際の成績と自己採点のずれが最大33・4%に達した。これでは合格可能性の低い大学に出願してしまったり、志望校への出願を断念したりする受験生が後を絶たない恐れがある。
 ここにきて文科省は全国の国公立大に対し、合格可能性が低い受験生を門前払いする「二段階選抜」の判断材料から国語の記述式問題の成績を外すように要請する検討に入った。マーク式の結果のみを判断材料にすることで、自己採点と実際の成績のずれによる混乱を防ぐ狙いがある。
 だが、それこそ文科省が記述式採点を不安視し、試験の限界を認めたのに等しい。こうした小手先の対応を重ねても採点ミスの不安が解消されるわけではなく、問題の本質から目を背けていると言わざるを得ない。
 記述式導入は、知識偏重の入試を改め、思考力や読解力を問うのが狙いだった。その理念は理解できるとしても、そうした力は答案をじっくり見ないと測れず、短期間で膨大な採点が求められる共通テストに適しているとは思えない。思考力や読解力は、各大学が実施する2次試験でも問える。文科省は、共通テスト全体の制度設計の甘さが混乱を招いていることを重く受け止め、根本から見直すべきである。

【社説】連合結成30年 闘いの原点見つめ直せ 【中国新聞】2019.11.17
 ○労働組合の全国組織である連合が21日、結成30年を迎える。
 ばらばらだった労働運動を全国レベルでまとめ、業界を超えて賃上げに貢献した。政治活動では非自民の流れを太くし、1993年の細川護熙首相や2009年の旧民主党政権の誕生も後押しした。
 だが第2次安倍政権下、連合は存在感を失いかけている。政府が財界に賃上げを要請する、頭越しの「官製春闘」が幅を利かしている。主導権を取り戻せるかどうか。剣が峰に立たされている危機感が伝わってこないのは、どうしたことだろう。
 非正規労働者は今や、2千万人を超え、労働者の4割を占める。多くは女性で、雇用調整弁として雇い止めの不安にさらされている。不条理な、この現実を連合は一体どのように解消するのだろう。この春施行された改正入管難民法で外国人労働者がさらに増える。どう連帯していくつもりなのか。
 課題が山積する今、労働運動の在り方が問われる。
 民間労組の旧同盟と官公庁労組の旧総評が統合した連合そのものも組合員数は約700万人と結成時から1割以上減った。ストライキで賃上げを獲得した高度成長期と違い、労組の連帯感も薄らいでいるのだろう。
 わけても問題は、パートや非正規労働者の扱いにほかなるまい。連合は当初、そうした人々を取り込むことに積極的ではなかった。正社員減らしに手を貸すことになりかねないと考えたからである。それが正規と非正規の賃金格差を広げた。
 08年のリーマン・ショックでは、大量の「派遣切り」が表面化しながら、対応は後手に回った。草の根の「年越し派遣村」に組織的な支援を行わず、批判を浴びた。連合には以後、大企業中心で男性優位の「正社員クラブ」といった指摘が付きまとう。いまだに乗り越え切れていない証しでもあるだろう。
 09年の春闘から非正規労働者の加入に取り組み、待遇改善や手当増額といった彼らの要求も取り上げてきた。来春の春闘構想案には初めて、企業内最低賃金1100円(時給)以上を盛り込み、雇用形態による格差是正を前面に打ち出した。
 それでも、労組全体の組織率は過去最低を更新し続けている。18年は17%にすぎない。不当解雇や過重労働を強いられたとき、労組は味方になってくれるのかとの疑念があるとすれば、根は深い。
 労組離れの進む若者を引き戻す手だてや、中小企業労組の加入を促す努力が欠かせない。
 仕事を個人で請け負うフリーランスへの対応も問われよう。雇用契約を企業と結んでおらず、労働法規に基づく保護が及ばない。外国人労働者に対しても、最低賃金を保障する就労環境はもとより、生活面のチェックや支援も必要だろう。
 残業規制や同一労働同一賃金が果たされ、安心して働ける職場かどうか。働き方改革も、監視や検証が欠かせない。
 連合はいま一度、よって立つ原点を見つめ直す必要がある。有識者による連合評価委員会が03年にまとめた最終報告は一つのよすがだろう。「社会の不条理に立ち向かい、自分より弱い立場にある人々とともに闘うことが要請されている」。軸足が、ぶれてはならない。

【社説】あすへのとびら ベルリンの壁崩壊30年 一人一人の平和を考える 【信濃毎日新聞】2019.11.17
 ○「石の壁という非人間的装置によって人間を永久に閉じ込め、屈服せしめることは結局不可能だという『真理』を東独指導者が見落とした」
 1989年12月26日付の本紙夕刊「今日の視角」で、名古屋大学長を務めた故飯島宗一さん(岡谷市出身)が1カ月半前のベルリンの壁の崩壊をこう論じている。
 この年、ソ連の求心力低下を背景に東欧各国の政権が相次いで倒れた。同じ夕刊はルーマニアの独裁者チャウシェスクの処刑を大きく報じている。
 米ソ首脳がマルタ島で「冷戦の終結」を宣言。抑圧的で非人間的な体制は自壊し、自由と民主主義を尊重する豊かな世界が始まると、誰もが期待した。
 それから30年―。私たちの前にどんな光景が広がっているだろうか。一つの数字を示したい。
 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の統計だ。2018年末、UNHCRの支援が必要な難民や国内避難民らは7479万人に上った。長野五輪が開かれた98年の実に3・7倍である。
<緒方貞子さんの戦い>
 壁の崩壊から1年余後の91年、新しい難民高等弁務官が着任した。激動期に重責を担ったのは人道支援では無名の学者、緒方貞子さん。当時63歳。弁務官を務めたその後の10年は、冷戦後に訪れた混迷との戦いそのものだった。
 就任間もない緒方さんを待っていたのは、フセイン政権の抑圧を恐れて隣国へ逃れようとしていたイラクのクルド人だ。イランは受け入れたが、トルコは自国の政情不安の懸念から拒否。数十万人もが山岳地帯にとどまっていた。
 現地に着いた緒方さんを悩ませたのは、イラク国内で支援ができるかという点だ。難民は「国境の外に出てきた人」と定義されている。国連が国内避難民を支援した例はない。イラクの国家主権にかかわる問題だった。
 賛否がある中、緒方さんは支援すると決めた。目の前の命を救う、という原則に立ち返り、ルールを変えた。国連の難民支援の幅を一気に広げた瞬間だった。
 続く旧ユーゴ紛争では、国連保護軍の協力で支援物資を空輸し、戦闘地域での支援を長期にわたって維持した。ここでも「命を守りきる」という原則を貫いた。
 怒りをあらわにしたこともある。セルビア人勢力が物資の輸送を妨害し、対立するムスリム勢力も、困窮を訴えて国際社会の注目を集めようと物資の受け取りを拒否した。緒方さんは「人道支援を政治に利用している」と憤り、各勢力が政治と援助活動を切り離して考えるまで活動を中止すると表明して、世界を驚かせた。
 コソボ、ルワンダ、アフガニスタン―。常に現場に立って難民たちに触れ、当事国と交渉し、国際社会の協力を引き出してきた。
 UNHCRは人々の生命を懸命に守っている。だが、人道支援が紛争を止め、政治問題を解決することはない。どうすれば難民をなくせるのだろうか―。
 緒方さんは2000年末に弁務官を退任した後も問い続けた。
<人間の安全保障こそ>
 外敵から国家を守る従来の「国家間の安全保障」では、多発する国内紛争に十分対応できない。緒方さんが期待したのは「人間の安全保障」という考え方だ。
 紛争やテロ、災害などの恐怖、教育や医療などの欠如、貧困から一人一人を解放し、不平等を解消して生活と尊厳を守る。国家より人間を中心に据え、保護と能力向上を追求する概念である。
 03年、ノーベル経済学賞受賞者のアマルティア・セン氏とともに世界へ発信した。現在も、さまざまな人道支援の現場を支える重要な基盤の一つとなっている。
 ただ、国際政治は逆向きに動いている。シリア内戦へと続く「アラブの春」を機に難民が急増。押し寄せた欧州で排他主義、ポピュリズムが台頭した。米国はメキシコとの間に壁を造り始めた。自国第一主義による新たな壁が民衆を分断している。シリアではクルド人がまたも辛酸をなめている。グローバリズムが格差を広げ、希望を失った者が引き起こす新たなテロの危険も去っていない。
 そうであっても、そうだからこそ、人間の安全保障に希望を見いだすしかない。
 私たちも視点の転換を迫られている。紛争を国同士、民族同士の対立として眺めるのでなく、生身の人間の苦難と受け止めたい。邦人の安否だけでなく、現地の人々に思いをはせたい。同じ人間同士が助け合う行動に加わりたい。
 緒方さんは先月22日に亡くなった。国連や米国務省、政治家らが功績をたたえた。優れた人物の死を悼むことは、その遺志を改めてかみしめることになる。恐怖や欠乏をもたらさぬ政治こそが最大の安全保障だと、思い至る。

【社説】大学共通テスト 「記述式」も見直すべきだ 【新潟日報】2019.11.17
 ○採点の公平性や、受験生の自己採点と実際の成績とのずれを懸念する声は強い。
 実施に突き進んでは再び大きな混乱を招くだけでなく、受験生に不利益が生じかねない。導入は延期すべきだ。
 英語民間検定試験の導入が見送られた大学入学共通テストを巡り、記述式問題の中止を求める声が高まっている。
 記述式問題は、2021年1月に始まる共通テストで国語と数学に導入の予定だ。
 目的は、暗記型の知識ではなく「思考力」「判断力」「表現力」を問うことにある。そうした力の重要性は理解できる。
 ただ記述式はこれまでのマークシート式と違い、採点の難しさなど多くの課題がある。
 とりわけ問題なのは、公平性が保たれるのかということだ。採点者によって評価がぶれたり、採点ミスが起きたりする恐れがあるからだ。
 大学入試センターが実施した試行調査では、抽出調査の結果、国語で採点ミスが0・3%あった。50万人のうち1500人が該当することになる。
 そもそも思考力や表現力を測るには答案をじっくり見る必要がある。ところが共通テストでは50万人超の答案を20日以内で採点する。物理的、技術的に可能なのかどうか。
 採点を行う民間企業は、設問ごとに3人以上で採点を行うなどして、「公平でぶれがない採点を行えるよう準備している」と強調する。
 しかし、採点者に大学生らのアルバイトが含まれる可能性があり、採点の精度や守秘義務への不安は根強い。
 受験生は共通テストを受けた後、自己採点に基づいて出願先を決める。実際の成績とのずれが大きければ、受験生の合否に影響が出る恐れがある。
 試行調査では、国語の記述式の自己採点と実際の成績のずれが最大33・4%に上った。これでは出願先の判断を誤ってしまいかねない。
 注目すべきは文部科学省が全国の国公立大に、合格可能性が低い受験生を門前払いする二段階選抜で、国語の記述式問題の成績を判断材料から外すように要請する検討に入ったことだ。
 二段階選抜後に何らかの問題が判明すると救済が難しいことや、自己採点と実際の成績のずれによる混乱を防ぐ観点から、マークシート式の結果のみを判断材料とするよう配慮を求めたい考えという。
 これでは、試験の限界を自ら認めたに等しい。
 野党は14日、採点ミスへの不安が解消できず、公平性が保てないとして、記述式問題を中止する法案を衆院に提出した。
 大学入試センターは簡潔で採点しやすい設問にして対処したい考えというが、それでは「思考や表現を測る」という導入の目的から程遠くなろう。
 試験本番まで1年2カ月しかない。受験生の不安を解消するためにも早期に延期を判断し、英語民間試験とともに抜本的な見直しを行うべきだ。

【論説】温暖化と災害 危機感を行動につなげ 【岩手日報】2019.11.17
 ○もはや関係性は明白になっていると言えるだろう。近年日本で相次ぐ「未曽有の」台風や豪雨被害と、地球温暖化の進行だ。
 世界規模で見ても、洪水や火災、干ばつが増加。国連防災機関の水鳥真美事務総長特別代表は「気候関連の災害は過去40年で倍以上に増えた」と指摘している。
 日本で感じるのは、回数の増加とともに猛威の大きさだ。「記録的な豪雨」が毎年のように襲いかかる。
 1カ月前の台風19号は、それをまざまざと見せつけた。100人近くの死者・行方不明者を出し、堤防決壊などで深刻な事態をもたらした。
 本県でも3人の命が奪われ、多数の住宅被害が発生。道路や鉄道の交通インフラが寸断され、農林水産業なども多大な損害をこうむった。
 強烈な台風となる要因に高い海水温がある。温暖化の影響は否定できない。大気がもたらす脅威は高まっている。
 危機は「足元」からも忍び寄る。海面水位の上昇だ。
 気象学の専門家によると、水位上昇の大きな要因は以前は温暖化に伴う海洋の熱膨張だったが、現在は氷床や氷河の減少による影響が上回るようになったという。
 加速する水位上昇は、海抜の低い国や地域を存亡の危機に陥らせる。それは日本の沿岸にも及ぶことになる。昨年、関西空港が台風による高潮のため浸水し、機能がまひしたが、そのような事態が増えていく恐れがある。
 温暖化の主因は温室効果ガスだ。その中でも割合が大きい二酸化炭素の大気中濃度は確実に上昇。気象庁の重要観測点、大船渡市三陸町綾里の濃度を見ると、2018年の平均値412・0ppmは過去最高だ。測定を始めた1987年から17・2%も増えた。
 化石燃料などに由来する温室効果ガス削減の必要性は明らかなはずだ。企業活動や消費行動に関わる誰もが危機感を持って取り組まなければならない。
 防災においても危機感を強めて向き合いたい。住む場所がどのような自然条件にあるのかを知ることが命を守ることにつながる。自分の命は自分で守ることが重要だ。
 とはいえ、国や自治体は自己責任論を押しつけてはならない。水害被災地を見ると、もともと危険だった場所に住宅地が開発されたケースが目立つ。同じ轍(てつ)を踏まないような土地利用規制が必要だ。
 「人類は地球温暖化による『気候の緊急事態』に直面しており、このままでは経済や社会に破局的な影響が生じる」と警告する論文に世界153カ国の科学者約1万1千人が賛同、生態学の専門誌に発表された。厳しい現実と向き合う覚悟が問われている。

【社説】記述式新テスト 導入は困難ではないか 【北海道新聞】2019.11.17
 ○来年度から始まる大学入学共通テストが混迷を深めている。
 英語民間検定試験の導入延期に続き、同じく改革の目玉だった国語と数学への記述式導入についても、公平性への疑念が高まった。
 約50万人分を一気に採点するため、採点者が1万人規模となる。評価のばらつきは避けられない。
 加えて、過去2回の試行では、自己採点が実際の得点と異なるケースが最大3割もあった。受験生にとって致命的な欠陥である。
 いずれも当初から指摘されていながら、本番まで1年余となっても明快な改善策が見えない。導入は困難というほかない。
 文部科学省は英語について、無理な計画に固執し、土壇場で見直しを迫られた。真摯(しんし)に反省し、記述式も一から再考すべきだ。
 共通テストはマークシート方式だが、記述式部分は業者に委託し、学生バイトを含む採点者が設問ごとに3人以上で採点する。
 質を担保するため、研修を行った上で、採点期間中は毎日、テストを行い、合格者だけを専用会場で業務に当たらせるという。
 グループ会社が採点を請け負うベネッセホールディングスは記述式模試の実績を強調したが、入試はより高い公平性が求められる。
 しかも、事前にベネッセ側に問題と正答が示されるという。入試では異例の運用で、漏えいが起きれば取り返しがつかない。
 そもそも記述式は自己採点が難しい。出願先を決める共通テストに導入することに無理があった。
 甘い自己採点を基に出願した場合、2次試験を受ける前に門前払いされる可能性がある。
 文科省は国立大に対し、門前払いの判定では国語の記述式部分の得点を除くよう求めた。制度の欠陥を認めたも同然だろう。
 民間任せにすることで、英語と同様、文科省による制御が不十分にならないか。ベネッセ側は模試や教材も手がけており、情報の二次利用の懸念も拭えない。
 入試制度改革の背景には、知識の量を1点刻みで競う現行の入試への問題意識があった。だが、大前提となる公平性が確保できなければ、制度全体が信頼を失う。
 論理的な思考力を記述式で問うこと自体はよいが、大学ごとの個別入試で行えば済むことだ。
 国語の記述式は解答の仕方に細かい条件がつく。数学に至っては当面は結論を数式で書くだけだ。採点のぶれを防ぐためというが、記述式にこだわる意味は薄い。見切り発車は避けねばならない。

【社説】議事録不記載 異論認めぬ政権を象徴 【北海道新聞】2019.11.17
 ○都合の悪いことは公文書に残そうとしない安倍晋三政権の体質がまたもあらわになった。
 政府は一定以上の収入がある高齢者の年金額を減らす「在職老齢年金制度」について、働く意欲を損なっているとして見直しを検討している。
 経団連の中西宏明会長がこの制度見直しに関し、9月下旬に開かれた政府の全世代型社会保障検討会議の初会合で、政府方針と異なる意見を述べたところ、一部が議事録に記載されなかった。
 政府が設置した会議では、政府方針を追認するケースが多いとは言え、議事録まで都合良く編集するとはあきれる。
 この制度見直しは社会保障改革の目玉の一つでもある。
 官僚らが政権の意向を過度に忖度(そんたく)し、異論を認めない国政の現状を象徴しよう。
 こうした体質は早急に、そして根本的に改める必要がある。
 中西氏は検討会議で、現在の在職老齢年金制度について「経営者から見ると(高齢者の働く)意欲を減退させることはない」と政府の見方に疑問を呈したという。
 現状は賃金と年金を合わせた月収が47万円を上回ると年金は減らされる。すでに収入基準は高く、引き上げても効果がない、との見方は専門家の間にもある。
 しかし、この発言は議事録に記されず「(制度見直しで年金財政が悪化するなど)財源の問題もあるので、慎重に検討した方がいい」とする部分だけが掲載された。
 会議での発言を正確に記すのは、閣僚をはじめ政治家や官僚が負うべき当然の責任だ。
 意図的に編集された記録では、政策決定の事後検証をすることは困難になる。それは許されない。
 さらに問題なのは、野党が求める会議の録音データや速記録について、政府は当初「ない」としていたのに、後に存在が明らかになったことである。
 安倍政権では、南スーダンやイラクへの自衛隊派遣を巡る日報隠蔽(いんぺい)や、森友問題での決裁文書改ざんなど、事実を隠そうとする事案が絶えない。
 首相主催の「桜を見る会」を巡っては、焦点の招待者名簿について、内閣府は「保存期間1年未満の文書」であるとして、開催の翌月に廃棄したと説明している。
 過去の隠蔽問題を鑑みると、保存期間を恣意(しい)的に運用していないか、疑念を抱かざるを得ない。
 公文書管理の厳格化は、安倍政権がなすべき喫緊の課題である

石破氏「政府が公平か問われている」 桜を見る会めぐり 【朝日新聞】2019.11.16
 〇自民党の石破茂・元幹事長は16日のBS朝日の番組収録で、国の予算を使って開催する「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元有権者が多数参加していた問題について、「政府は公平かどうかを問われている。総理の説明に納得いかないという人もおられるとすれば、きちっと説明していただかないと(いけない)」と述べた。
 首相は15日に記者団の取材に応じて違法性を否定しているが、石破氏は世論次第で首相のさらなる説明が必要になるとの認識を示した形だ。
 収録には立憲民主党の枝野幸男代表も出演。首相が出席する衆参両院の予算委員会の開催を求める枝野氏が「自民・公明が参加しないと呼ぶことは出来ない」と指摘すると、石破氏は「仮に自民党が『総理は(予算委に)出なくてよい』と言ったとしたら、それは自民党全体の責任。自民党が問われることになる」。「公正に税金を使っていると理解してもらうのは政府の責任だ」とも語った。

47NEWS: 共通テストの数学記述式に重大な問題 2019/11/15
 ○大学入試センター試験を引き継ぐ「共通テスト」の数学で、部分的に記述式の数学問題を導入すると知ったとき、率直に疑問に思った。
 記述式の試験は個々の大学が主体的に行うのがベストである。それに、そもそも50万人もの記述式答案を大学入試センターが採点できるのかと。
 一方で、記述式の導入によってその意義が理解され、広がるかもしれないとも考えた。だから、その意義を強く訴えてきた者として推移を見守ってきた。

 だが、ことここに至って、共通テストの数学記述式試験に関し、私は3つの重大な問題を指摘せざるを得ない。以下、順に述べたい。
 第1は、文部科学省が高校生に対して、記述式を導入する意義を論理的に説明すべきであると考えるが、そのような姿勢が全く見えて来ない点である。
 記述式の導入は、受験生や高校生の論理的な説明力を高めることが本質にあったはずである。それならば文科省は、その手本となるべく、記述式はどのような問題意識から導かれ、どのような成果が期待できるのか、丁寧に説明するべきであろう。
 ところが現状は単に「記述式テストを行います」と、結論だけを述べているようにしか見えない。大多数の高校生から理解を得られないのは当然だろう。
 共通テストの記述式の解答形式は、解に至るプロセスの中の「一つの数式だけを書く」とか「短い一文だけを書く」ことになるとも伝えられている。そのようなことで、論理力や説明力が高まるとは到底考えられない。
 ・・・ ・・・
 日本の未来のために切に訴えたい。大学入試を根本から真剣に考えるべきときだ。(桜美林大教授=芳沢光雄)
 ×   ×   ×
 よしざわ・みつお  53年東京生まれ。東京理科大教授を経て現職。数学・数学教育。「『%』が分からない大学生」など著書多数。25年前から各地の小・中・高校で出前授業を展開し、大学での講義と合わせて約3万人の学生・生徒に教えてきた。

性被害 届け出わずか14% DV11% ストーカー21% 【東京新聞】2019.11.16
 ○法務省が今年一~二月、過去五年間の犯罪被害の実態を探るため実施した調査で、性的事件の被害に遭った人のうち捜査機関に届け出た割合は14・3%にとどまったことが分かった。ドメスティックバイオレンス(DV)は11・5%、ストーカー行為は21・4%だった。これらの犯罪は加害者との関係などから声を上げにくいといわれる。今回の調査でも警察などが把握できているのは一部に限られていることが改めて裏付けられた。
 法務省は、警察などが認知していない犯罪被害の「暗数」を把握するため、二〇〇〇年に初めて調査を実施。五回目となる今回は一二年以来で、無作為に抽出した全国の十六歳以上の男女六千人を対象にアンケートし、三千五百人から回答を得た。
 五年間に何らかの犯罪被害に遭ったと回答した人の割合は全体の23・8%で、これまでで最低。犯罪別に見ると、自転車盗や自動車損壊が多くを占めた。
 性的事件の被害に遭った人は全体の1%に当たる三十五人。男性が五人含まれていた。内容は痴漢が最多の十一人。セクハラは七人、強制性交は一人、強制わいせつは一人で、無回答も四人いた。
 三十五人のうち捜査機関に申告したのは五人(14・3%)。申告しなかった人に理由を複数回答で問うと「それほど重大ではない」十人、「どうしたらよいのか分からなかった」八人、「知られたくない」四人、「捜査機関は何もしてくれない」三人などだった。性的事件の申告率は、過去四回の調査でも9・7~18・5%にとどまっていた。
 法務省は今回、DVとストーカーも初調査。DVを受けたのは全体の0・7%に当たる二十六人で、申告したのは三人(11・5%)だけ。ストーカーは0・8%の二十八人が被害に遭い、申告は六人(21・4%)だった。
 日本の治安は「良い」と答えた人は42・7%と前回より9・8ポイント増え、「悪い」は24・9%と8・5ポイント減った。

沖縄県議団 ワシントンで普天間基地の移設見直し訴える 【NHK】2019.11.16
 ○アメリカ軍普天間基地の移設計画に反対する沖縄県の県議団が、アメリカの首都ワシントンを訪れ、政府の当局者に対して県民投票で示された地元の民意を尊重して移設計画を見直すよう訴えました。
 普天間基地の名護市辺野古への移設計画に反対する沖縄県議団6人は15日、ワシントンでアメリカ国務省や国防総省、それに議会を訪問したあと、記者会見しました。
 議員団は、一連の訪問でアメリカ政府の当局者らに対して、沖縄県で2月に行われた県民投票の結果、移設に反対する人が多数を占めたことを説明したうえで、地元の民意を尊重して移設計画を見直すよう訴えたことを明らかにしました。
 これに対してアメリカ政府の当局者は、訴えに耳を傾けながらも日米両政府で合意した移設計画を維持する立場を崩さなかったということです。
 議員団は、アメリカ議会のスタッフの中には埋め立て予定区域に軟弱地盤が見つかったことなどを把握していない人もいたと指摘し、移設工事の難しさなどを知ってもらううえで一定の成果があったとしています。

在日米軍負担、4倍増を要求か 8700億円、米誌報道 【東京新聞】2019.11.16
 ○ワシントン共同】米外交誌フォーリン・ポリシーは15日、複数の米政府関係者の話として、トランプ政権が日本政府に対し、在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を約4倍の約80億ドル(約8700億円)に増やすよう要求していると報じた。7月に当時のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らが訪日した際、要望を伝えた。
 トランプ大統領は以前から日米安全保障条約を「不公平」だと主張して負担増を求めていたが、具体的な規模が明らかになるのは初めて。来年11月の大統領選をにらみ、米国の負担軽減を外交成果としてアピールする狙いがありそうだ。
  ★日韓に法外な要求をして、目先の手柄を上げようと??? 拒絶すべきは拒絶すべし。 唯一の超大国のすることか!

「桜を見る会」資料要求当日に名簿廃棄 国会追及逃れか 公文書管理まで私物化 【しんぶん赤旗】2019.11.16
 ○安倍晋三首相主催「桜を見る会」の私物化問題をめぐり、内閣府が国会での追及を逃れるために招待者名簿を廃棄していたのではないかとの疑惑が浮上しています。政府は、国会を愚弄(ぐろう)する重大な疑惑の事実を明らかにすべきです。
 内閣府は14日の野党合同ヒアリングで、招待者名簿を5月9日に廃棄したと明らかにしました。
 「桜を見る会」を国会で初めてただしたのは、5月13日の衆院決算行政監視委員会での日本共産党の宮本徹議員の質問です。その質問の準備のために宮本氏が内閣府に招待者が増加した理由や選考基準などの資料を要求したのが5月9日でした。同氏の資料要求当日に内閣府が「招待者名簿」を廃棄したことになります。
 菅義偉官房長官は15日の記者会見で「招待者名簿」の廃棄について問われ、「従前から保存期間1年未満文書として終了後遅滞なく廃棄する、との取り扱いをしている」として、宮本氏の資料要求当日に名簿を廃棄した事実は「(記者会見で)初めて聞いた」などと答えました。
 内閣府はヒアリングで、「招待者名簿」の保存期間を「1年未満」と定めたのは「2018年4月1日」だったと証言。文書管理に関する政府の統一方針として17年12月に保存期間「1年未満の文書」という区分を設けたことに基づくものだと説明しました。17年12月は「森友・加計問題」で公文書管理のあり方が焦点となっていた時期でした。
 「森友・加計疑惑」での安倍首相のウソをかばうために「見直し」た文書管理を利用して「桜を見る会」問題での野党の追及から逃れる―。公文書管理規則さえ“私物化”していたのではとの疑惑さえ浮かび上がっているのです。
疑惑解明へ全力
宮本徹議員のコメント
 国民の代表からなる国会の監視を逃れるために名簿などの資料を廃棄したのであれば、三権分立と民主主義を踏みにじるもので、許しがたい。野党で結束して疑惑を徹底解明するために力をつくします。

【動画あり】香港の学生、大学を“要塞化” バリケード、火炎瓶製造…当局に徹底抗戦 【西日本新聞】2019.11.16
 ○【香港・川原田健雄】政府への抗議活動が続く香港で、大学が警察とデモ隊の新たな衝突の場となっている。12日には香港中文大に警官隊が突入し、大規模な衝突が発生。催涙弾と火炎瓶が飛び交い、激しい攻防が繰り広げられた。圧力を強める当局に対し、各大学の学生はバリケードを築いてキャンパスを“要塞(ようさい)化”し、徹底抗戦の構えを示している。
【関連】香港、重体の70歳男性が死亡
 「記者証を見せて。バッグの中身は何?」。15日、香港中部の山の斜面にある香港中文大を訪れると、入り口で全身黒ずくめの若者に呼び止められた。学生による検問だ。記者を装った当局者を警戒してか、チェックは厳重だった。
 香港メディアによると、12日の衝突では警察が催涙弾約千発を放ち、デモ隊は火炎瓶約200本で応戦。60人超が負傷した。“激戦地”となった陸橋「二号橋」には焼け焦げた車両やタイヤが散乱し、廃材でバリケードや高さ数メートルの「物見やぐら」が組まれていた。
 衝突後、大学は休校となったが、今もキャンパス内には他の大学からの応援も含めて多くの学生が泊まり込み、24時間態勢で警戒を続ける。構内には警察との衝突に備えて競技用の弓矢を練習したり、路上にばらまく「まきびし」を作ったりする若者もいた。
 体育館には催涙ガスを洗い流す生理食塩水など医薬品が山積みされていた。「全て市民からの寄付。支えがあるから頑張れる」と同大4年の男子学生(22)。籠城が長引けば大量のごみの処理などさまざまな問題が予想されるが、「事態が落ち着くまでは大学を守り続ける。それが中文大生の責任だ」と語った。
 香港当局は中文大以外の大学もデモ隊の拠点とみなして圧力を強めており、学生側は守りを固める。
 14日夜に訪れた香港理工大では、キャンパス内外の道路に無数のれんががばらまかれていた。「警官隊が突入しても足止めして、逃げる時間を稼ぐことができる」。近くにいた若者が話した。道路のあちこちに油を染みこませた紙や廃材が山積みされている。警察が来れば火を付けるのだろう。吹き抜けホールやバルコニーには催涙弾から身を守るため広げた傘が隙間なく並べて固定されていた。
 「抗争飯堂」の看板が掲げられた学生食堂では、マスク姿の男女が調理場に入り、野菜の炒め物や卵料理を無料で提供していた。食事中も若者たちはマスクを外さない。「当局のスパイがいるかもしれないから」(20代男性)。食堂の横では水やインスタント麺、衣服、日用品などを無料で受け取れる物資コーナーもあった。体育倉庫から持ち出したのかテコンドーの防具や競技用弓矢も置かれている。
 奥の部屋に進もうとすると制止された。「あそこは火炎瓶を作っているから立ち入り禁止だ」。別の場所では若者たちがビールを一斉に飲み干していた。空き瓶を火炎瓶の材料として使うためだ。食堂の一角には、卵の殻にペンキを詰める女性たちもいた。警官隊に投げ付けて目くらましにするという。“決戦”に備え、緊張感は高まる。
 「これだけ準備しても警官隊が突破してくるなら、その攻撃力は相当なものだ。それだけ強い力で学生を弾圧し、自由を奪おうとしている。鎮圧されても警察への恨みが強まるだけだ」。他の大学から応援に駆け付けた女性(18)は、当局の強硬姿勢には屈しない考えを強調した。

「前夜祭、事務所携わる」と出演歌手証言 「桜を見る会」 【中国新聞】2019.11.16
 ○今春に安倍晋三首相(山口4区)が主催した「桜を見る会」の前夜祭で歌を披露した東京都板橋区のシャンソン歌手、ケイ潤子さんが15日、中国新聞の取材に応じた。前夜祭は首相の後援会が主催し、運営は首相の事務所のスタッフが携わっていたと述べた。
 ケイさんは首相の後援会員である山口県内の知人から招待されたという。「安倍さんのファンだったので本当に光栄だった」。東京・紀尾井町のホテルニューオータニでの前夜祭で20分間で6曲程度を歌った。出演料はゼロだったという。
 参加者は数百人規模と映った。「すごい雰囲気だった。50~70代の立派な人が多かった。若い人も結構いた」。後援会側からもらった資料は「17時30分 事務所スタッフ集合」などと書かれ、首相の事務所スタッフが携わっていたという。
 翌日の桜を見る会にも、同ホテルから首相の後援会員たちとともにバスで向かい、首相夫妻と記念撮影したという。来年の中止について「残念。予算などを見直しながら続けてもらいたかった」と語った。
 また、今年の桜を見る会と前夜祭に参加したという下関市議も中国新聞の取材に「前夜祭の会場前の受付には安倍首相の事務所のスタッフがいた」と証言。ただ会費の5千円については「お金を渡したのは顔も知らない人だった。ホテルの従業員かどうかは分からない」と語った。(河野揚、和多正憲)

滋賀)大岡衆院議員、自治連会長に無料で飲食提供 滋賀県選管「公選法抵触の恐れ」 【京都新聞】2019.11.16
 ○自民党の大岡敏孝衆院議員(47)=滋賀1区=が、自身が代表を務める後援会が主催する政治資金パーティーで、来賓として出席した選挙区内の大津市の学区自治連合会長25人に、無料で飲食を提供していたことが15日、分かった。公職選挙法は、有権者への無料飲食提供を寄付行為とみなして禁じており、滋賀県選挙管理委員会は「同法に抵触する恐れがある」としている。
 パーティーは4日夜、大津市内のホテルで開かれた「大岡としたかを囲む会」。後援会事務所によると、会費は一口1万円だが、出席者約550人のうち、知事や国会議員、県議、市議ら約40人、市内36学区自治連合会長を来賓として無料で招待し、料理や酒を提供したという。来賓のうち、飲食した人数は分からないという。
 取材に対し、大岡氏は「3、4年前、県選管に問い合わせた。パーティーの原価2千円に見合う(首長らの)あいさつや、政策立案のための地元との意見交換があれば、(無料招待は法的に)問題ないと私が判断した」と説明した。
 一方、県選管は、大岡氏側からの問い合わせ記録は残っていないとした上で、「個別の案件に『(法的に)絶対に大丈夫』という判断を伝えることはない。参加者との意見交換の対価として、会費が無料になるという理屈はあまり聞かないし、大岡氏のケースは同法に抵触する恐れがある」としている。
 大岡氏は「もし外部から『おかしい』と言われることがあるなら改善したい。来賓の範囲を見直すとか、食事を提供しないことも検討する」などとしている。
 大岡氏は静岡県議などを経て2012年に初当選し、現在3期目。15~16年に財務政務官を務めた。

【社説】大嘗祭への国費支出 政教分離に違反しないか 【琉球新報】2019.11.16
 ○皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が営まれた。皇室の公的活動費である「宮廷費」から、総額24億4千万円が支出される見通しだ。
 儀式は紛れもない「神事」であり、国費の充当は憲法が定める「政教分離」に抵触する疑いがある。だが政府は昨年、十分な議論もなしに前例を踏襲することを決定した。憲法を軽視する姿勢と言わざるを得ない。
 大嘗祭は、新天皇がその年にとれたコメなどを神前に供え、自身も食べ、国と国民の安寧を祈り、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する儀式だ。
 大阪高裁は1995年、「即位の礼」「大嘗祭」への国費支出を巡り違憲の確認などを市民らが求めた訴訟の控訴審判決で「政教分離規定に違反するのではないかとの疑いは一概には否定できない」と指摘した。国費による執行は「国家神道に対する助長、促進になる行為」と述べている。内容を評価した原告は上告せず、判決が確定した。
 皇嗣(こうし)秋篠宮さまが昨年11月の記者会見で「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と苦言を呈したのも無理はない。
 大嘗祭は7世紀後半ごろに始まったとされる。約220年間の中断を経て、天皇の神格化を進めた明治期に大規模化した。権威を高めることで、国民に対する支配力を強める狙いがあった。
 戦前は、天皇崇拝と結び付いた神社神道が国家から事実上、公認されていた。児童生徒らの参拝なども強要された。憲法の政教分離原則が定められた背景には、そのような過去の反省がある。
 大嘗祭が行われた皇居・東御苑の「大嘗宮」は悠紀殿(ゆきでん)、主基殿(すきでん)など30余りの建物で構成される。今回の儀式のためだけに特設された。一般公開を経て取り壊される。
 大部分の木材はなるべく再利用する方向で調整しているというが、国家予算の有効活用という観点からも疑問が残る。それ以前に、政教分離違反との批判は根強い。
 政府は「重要な伝統的皇位継承儀式」として、今回も公的な皇室行事と位置付けた。これに対し、皇室の私的行事として行うべきだという主張もあった。
 明治憲法で主権者とされていた天皇は戦後、新憲法の下で「象徴」に変わった。それでもなお戦前の形式にこだわるのはなぜか。
 憲法との整合性を含め、国民の目に見える形で議論を深めるべきだった。
 重要な論点があいまいにされたまま既成事実化が進むことに危うさを感じる。
 大掛かりな儀式で殊更に権威を高める手法には警戒しなければならない。国民を統制する手段として天皇が利用される懸念があるからだ。
 かつて天皇の名の下に戦争に突入し、おびただしい数の人命が失われた歴史を思い起こす必要がある。
  ★党利党略=議論パス、スルー

【社説】大嘗祭 ◆議論し国民の理解を広めよ◆ 【宮崎日日新聞】2019.11.16
 ○天皇陛下は皇位継承に伴う一世に一度の重要祭祀(さいし)とされる「大嘗祭(だいじょうさい)」に臨まれた。中心儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」では、皇居・東御苑に設営された祭場の大嘗宮で、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)や全ての神々に新穀を供え、自らも口にするなどして国家・国民の安寧と五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。
 天皇家の私的な祭祀で、神道形式で営まれる。7世紀後半に始まり、簡素な祭祀だったといわれるが、天皇の神格化を進めた明治政府が儀式の段取りを「登極令(とうきょくれい)」に定め、大々的に挙行されるようになった。
 戦後、天皇は「象徴」となり、政教分離が規定された。登極令も廃止されたが、政府は平成の代替わりの時も、今回も登極令に合った形式を踏襲。このためだけに社殿など大小30余りの建物から成る大嘗宮を建てた。儀式終了後に取り壊される。祝宴もあり、大嘗祭には27億円の国費が支出された。
 政教分離に反するとの批判は尽きない。古来の伝統を今の時代にどのように調和させ、受け継いでいくか。政府は丁寧に議論し、国民の間に理解を広げていく努力を怠ってはならない。
 大嘗宮の儀は古来変わらぬ所作で執り行われるとされるが、そのほとんどは非公開。宗教色が強いため、政府は平成の代替わりに際し、国事行為として行うのは困難だが、憲法が定める皇位の世襲という公的性格があるとの見解をまとめ、国費の支出を決定した。今回は早々に前例踏襲を決め、議論らしい議論はなかった。
 そんな中、皇嗣(こうし)の秋篠宮さまが昨秋の記者会見で、大嘗祭について「宗教色が強く、国費で賄うべきではない」と述べられた。政府が決めたように皇室の公的活動費「宮廷費」ではなく、私的経費「内廷費」から費用を出し「身の丈に合った儀式」を求めた。政教分離を念頭に置いた発言とみられる。
 大嘗宮を建てず、宮中にある神殿を使うことも提案したが、宮内庁は聞く耳を持たなかったという。祝賀ムードの中で議論が深まることはなかった。
 政府にとって前例踏襲が最も無難だろう。ただ平成の即位の礼と大嘗祭を巡り市民らが違憲確認などを求めた訴訟で1995年3月、大阪高裁判決は大嘗祭について「国家神道に対する助長、促進になるような行為として、政教分離規定に違反するのではないかとの疑義は一概には否定できない」と判断した。
 この判決は確定しているが、政府関係者は「最高裁の判断ではない」と取り合おうとしない。しかし象徴天皇制が国民の理解と支持の上に成り立つことを考えれば、疑問や批判を置き去りにせず、真摯(しんし)に向き合う必要がある。
  ★三権分立を理解しようとしない向きが政府にはある。首相が『立法府の長』だの、最高権力者だのと嘯く、論理的でない姿勢にも表れている。首相は、行政府の長に過ぎない。立法府の上にも、司法の府の上にも立っていない。最高裁判所の判決を、勝手に解釈し直そうなど、論外だ。分に過ぎたること。

【社説】大嘗祭 時代にふさわしい在り方議論を 【愛媛新聞】2019.11.16
 ○伝統儀式を新時代に継承するために、どのような形がふさわしかったのか。政府がその議論さえ行わなかったことが残念でならない。
 皇位継承の最重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」が14日夜~15日未明、皇居・東御苑に特設された大嘗宮(だいじょうきゅう)で催された。即位に伴う一世一度の祭祀で、天皇陛下が祭服に身を包み、五穀豊穣(ごこくほうじょう)に感謝し、国と国民の安寧を祈られた。
 大嘗祭の関連費用は、大嘗宮の建設費などで総額約24億4千万円となる見通し。政府は平成の代替わり時を踏襲して国費支出を決めたが、宗教的な性格が強い大嘗祭への国費支出は、憲法の政教分離の原則に反するとの批判がくすぶる。
 秋篠宮さまは昨年の記者会見で「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、費用は天皇家の私費に当たる「内廷会計」から支出すべきだ、との考えを明かした。皇室内部から問題を提起した格好だが、宮内庁は「聞く耳を持たなかった」という。政府内でもあらためて検討した形跡は見当たらない。
 即位に伴い実施した政令恩赦も同様だが、今回の代替わりで目立つのは政府の安易な前例踏襲である。憲法で「天皇の地位は国民の総意に基づく」と定められていることを鑑みれば、より多くの国民が理解し、納得する形で皇位継承儀礼の在り方を探るのが政治の責務である。
 大嘗宮の儀は14日夜に「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」と15日未明に「主基殿(すきでん)供饌の儀」が営まれた。いずれも秘儀とされ、核心部分は非公開。宮内庁によると、天皇陛下は祭服を着て、悠紀殿と主基殿と呼ばれる社殿に入り、新穀などを供え、御告文(おつげぶみ)を読み、自らも食べて五穀豊穣や国の安寧を祈る。装束姿の皇后さまも別の社殿で拝礼する。
 前回の代替わりの際は、各地で訴訟が起き、過激派のテロも続発した。即位の礼と大嘗祭への国費支出の違憲性が争われた1995年の大阪高裁判決は、原告の訴えは退けたものの「政教分離違反の疑義を一概に否定できない」と判断した。
 その頃の沸騰した議論や対立と比べると今回は極めて平静だった。それはひとえに、平和を願い、国民と苦楽を共にするという新たな象徴像や皇室像を確立した上皇さまと、その姿勢の継承を明言されている天皇陛下に対して、多くの国民が深い信頼を寄せ、支持しているからであるのは間違いない。
 だがそれは、主権者であるわれわれが、象徴の在り方をすべて、皇室任せ、政治任せにしておいてよいという意味ではないはずだ。皇室を巡っては、安定的な皇位継承策も課題となっている。政府は年内にも検討を始める方針だが、焦点の女性・女系天皇や旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰の是非で曲折も予想される。これからの時代にふさわしい象徴天皇制について、今こそ一人一人がしっかりと考えていきたい。

【社説】防衛白書/米国だけを頼みとせずに 【神戸新聞】2019.11.16
 ○国際秩序が揺らぎ、国際テロや海上交通の安全確保など、一国では対応困難な課題が顕在化している。
 2019年版の防衛白書は、日本を取り巻く安全保障環境の現状についてこのように指摘した。
 日本周辺では米国と中国、ロシアなどが軍事的ににらみ合う。間隙(かんげき)を縫うように北朝鮮はミサイル発射を繰り返す。不測の事態の回避には関係国との連携が欠かせない。
 現状認識はその通りだろう。肝心なのは、「困難な課題」を解決するために何をするかである。
 その点で、白書は手詰まり感が否めない内容となった。
 韓国との関係は「戦後最悪」とされ、機密情報を共有する軍事情報包括保護協定は破綻寸前の状況だ。
 政治、経済面で関係改善が期待される中国も、沖縄県・尖閣諸島周辺海域では艦船の侵入を続けている。ロシアも首脳会談が演出する「親密さ」と裏腹に、北方領土で軍事力を着々と増強させている。
 周囲の多様なリスクと向き合うのに、米国との同盟だけがよりどころとなっているのが実情だろう。
 その米国も、トランプ大統領が日米安保条約を「不公平」とやり玉に挙げ、在日米軍の駐留経費負担増を再三、求めている。そうした中で日本が気をもんでいるのは、北朝鮮に対する米国との温度差だ。
 米朝協議を優先するトランプ氏は、短距離のミサイル発射を問題視しない姿勢を示している。日本の排他的経済水域に落下した弾道ミサイルについても「国連決議違反」と非難した日本との違いが際立った。
 北朝鮮への対処には韓国との共同歩調が重要になる。だが、韓国軍艦船が自衛隊機に火器管制レーダーを照射する問題が起き、日韓とも相手国の式典に艦船派遣を見送るなど、防衛当局の関係も後退している。
 白書は「韓国側の否定的な対応が影響を及ぼしている」と批判する。国際的な安保協力に関する項目でも、昨年は2番目に記載した韓国の順番を4番目に引き下げた。
 一方で「韓国と幅広い分野での防衛協力や連携の基盤確立に努める」とも書いている。だが、そのための具体策は「韓国に適切な対応を求めていく」と述べるにとどまる。
 安倍晋三首相は先日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」参列のため来日した韓国の李洛淵(イナギョン)首相と会談したが、元徴用工訴訟問題などで両者の主張は平行線をたどった。
 日本の安保は、政府同士のいがみ合いで視界不良の状態になりつつある。日韓が背を向け合って利を得るのは北朝鮮や中国、ロシアだろう。政治的な対立と安保を切り離す、冷静な対応を求めたい。

【社説】大学共通テスト 記述式も見送るべきだ 【信濃毎日新聞】2019.11.16
 ○およそ50万人が受ける一斉試験の筆記の答案を、人の手で20日間ほどで採点する。そのこと自体、無理があるのは目に見えている。
 現在の大学入試センター試験に代わる共通テストで、国語と数学に導入を予定する記述式問題である。採点業務は民間に委託し、1万人規模の採点者には学生アルバイトも含まれる。入試としての公正さを保てるのか。高校、大学、受験生自身から疑問や懸念の声が上がるのは当然だ。
 導入見送りが決まった英語の民間試験だけでなく、入試改革のもう一つの柱である記述式問題についても、制度の不備は隠せない。共通テストへの移行そのものを見送り、現場の声を踏まえて議論をやり直すべきだ。
 記述式問題の採点は、大勢で分担するほどぶれが生じやすい。極力それをなくそうとすれば、解答に条件を付し、機械的に採点するしかない。そうなると今度は、思考力や表現力を問う記述式の目的から遠ざかってしまう。
 限られた人数であれば採点のぶれは生じにくく、出題、解答ともに制約は減る。記述式問題は各大学が個別の試験で課すのが本来だろう。実際、多くの大学が既にそうしている。あえて共通テストで出題する意味は見いだせない。
 採点を請け負う者は、試験の前に設問の内容や正答例を知らされるという。大量の人員を集め、アルバイトにも頼らざるを得ない態勢で、問題漏えいなどの不正を防げるのか。そのための手だても明確になっていない。
 自己採点の難しさも指摘されている。試行テストの国語の記述式問題では、実際の採点と一致しない割合が3割に達した。自己採点に基づいて出願する大学を決める受験生への影響は大きい。
 国語は、マーク式の問題とは別に記述式の3問を全体で5段階に評価する。その仕組み自体が分かりにくい上、各大学が成績をどう使うのかもはっきりしない。
 大学の教員らが共通テストの延期を求める声明を出したほか、高校生たちが4万人を超す署名とともに文部科学省に中止を申し入れている。国会でも野党が導入中止の法案を共同で提出した。
 文科省は再来年1月から共通テストを実施する方針を変えていない。国語の記述式問題の成績を2次試験の門前払いには使わないよう国公立大に求めるというが、根本的な不備に目をつむって押し切ろうとする姿勢は、受験生へのしわ寄せを招くだけだ。見送りの判断をためらってはならない。
  ★文科省もベネッセも、50万人分の記述式問題、その採点が、いかに困難か気が付く者がいなかったのだろうか??? 不思議 しかも、3科目も。 欲に目が眩んだとしか思えない。
【社説】大嘗祭の在り方 政教分離の議論をもっと 【新潟日報】2019.11.16
 ○象徴天皇時代の大嘗祭はどうあるべきか。前例踏襲や政教分離原則への疑問が祝福ムードに埋没するような状況を脱し、そこを問い直す必要がある。
 天皇陛下の即位に伴う皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心儀式である「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が、皇居・東御苑に特設された大嘗宮で営まれた。
 大嘗祭は天皇の代替わりに伴った一世一度の祭祀であり、即位した天皇が五穀豊穣(ほうじょう)や国の安寧を祈る。
 神道形式の大嘗祭に関し、政府は前回の平成時に宗教性を認めつつも「重要な伝統的皇位継承儀式」として公的な皇室行事と位置付け、国費を投入した。令和の今回もそれに倣った。
 費用は皇室の公的活動費である「宮廷費」を充て、総額は24億円を超える見通しだ。会場である大嘗宮は儀式のために新たに建設された。
 大嘗祭は政教分離に反するとの批判が根強く、平成時は国費返還などを求める訴訟が起こされた。1995年の大阪高裁判決は原告敗訴としたものの、国費支出について政教分離規定違反の疑いを指摘した。
 憲法20条が規定する政教分離原則は、国民を戦争に動員する一翼を担うなど多くの弊害を生んだ戦前の国家神道への反省から設けられた。それに照らして疑問の声がある以上、議論を尽くすのは当然だ。
 ところが政府は昨年3月に会合を3回開いただけで前例踏襲を決めた。これでは大嘗祭に関連する重要な疑問に正面から向き合ったとはいえまい。
 大嘗祭を巡っては、皇嗣(こうし)秋篠宮さまが昨年11月の記者会見に際して「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と疑問を呈し、「身の丈に合った儀式」にすることが「本来の姿」と述べられていた。
 上皇さまの天皇退位の意向が明らかになった2016年、秋篠宮さまが既存の神殿を利用して費用を抑え、天皇家の私的経費である「内廷費」で賄う案を宮内庁に提案したことも、その後の報道で判明した。
 会見での秋篠宮さまの発言を巡り、宮内庁内から「勇み足」などと厳しい反応があった。
 しかし大嘗祭を巡る議論の経緯を踏まえれば、その在り方についてはむしろ政府側が提起すべきだったのではないか。
 現在の皇室典範には、宗教色のある大嘗祭の規定はない。こうした中で過去の先例に従って行われる祭祀が満足な議論も経ずに公的行事に固定化されるようでは、政教分離原則が揺らぐ懸念がある。
 令和の大嘗祭では国民の祝福ムードの中で、平成の時ほど政教分離を巡る議論や抵抗は目立たなかった。ただし、それが現状の無批判な容認や思考停止につながっては困る。
 象徴天皇制は、私たち国民の総意に基づく。天皇陛下も即位後、憲法にのっとり象徴としての務めを果たすと重ねて表明している。大嘗祭の在り方も、憲法や新しい時代にふさわしいものでなくてはならない。

【社説】大学入学共通テスト/記述式導入は中止の決断を 【河北新報】2019.11.16
 ○2021年からの大学入学共通テストでの記述式問題の導入を巡って、文部科学省が迷走している。全国の国公立大に対し、受験生を門前払いする二段階選抜では、国語の記述式の成績を判断材料にしないように要請する検討を始めたという。
 これでは、共通テストで記述式を出題する意義を文科省が自ら否定しているのと同じだ。懸念されるさまざまな混乱の回避のためだというが、共通テストの記述式問題の導入は、きっぱりと断念するのが妥当な選択だ。
 制度的欠陥が幾つも指摘され、公平な採点への疑念も持たれながら、膨大な費用をかけてまで、導入する意味に乏しい。野党4党は既に中止法案を衆院に提出しており、原点に戻ってあるべき制度を議論し直してもらいたい。
 記述式の出題に関して強い違和感が残るのは、採点業務に受験産業を担う企業グループが携わる点だ。受験教材の販売から大学入試の採点まで、一私企業のグループが関与するのは好ましくない。批判と懸念が寄せられるのは当然だろう。
 問題や解答の漏洩(ろうえい)の危惧ばかりではなく、採点の公平性と正確性にも疑問が残る。業者側は「公平でぶれない採点を行う」としているが、採点者は学生アルバイトが中心となる。客観的な採点マニュアルを整備したとしても、やはり不安は募る。
 文科省は採点基準を明確化し、機械的に採点ができるような記述式問題を出題するとしている。しかし、機械的に採点可能な問題を出題するのであれば、マークシート方式がふさわしい。この点でも文科省の説明は矛盾している。
 記述式の出題は、受験生の思考力、判断力、表現力を問う重要性が入試改革の議論の中で指摘され、導入が決まった経緯がある。各大学が実施する2次試験で記述式の問題があまり出題されていないという現状批判もあった。
 大学入試センター試験の過去の問題を見れば、そうした指摘は事実誤認に基づくのは明らかだ。長い実績を積んできたセンター試験の問題は練り上げられた良問が多く、受験生の学力を適切に測れないことは決してない。
 また、各大学が実施する2次試験では、各教科で記述式の問題が出題されてきた。センター試験で基礎的な学力、記述式や小論文を含む2次試験で応用的な学力を見るという効果的な役割分担がなされてきたと言える。
 数学の記述式問題は、国語に比べれば、採点の客観性は一応は担保できよう。しかし、採点の期間がわずかに約20日と短く、約50万人の答案を全くミスなく果たして採点できるのか心もとない。
 幾つもの制度的欠陥と運営の不安を抱える記述式問題の導入である。受験生の心情を考えれば、中止の決断は一刻も早い方がよい。

【社説】アイヌ遺骨返還 全大学は謝罪と検証を 【北海道新聞】2019.11.16
 〇全国12大学が保管するアイヌ民族の遺骨に関し、胆振管内白老町に建設中の「民族共生象徴空間(ウポポイ)」内に設けられた慰霊施設への集約が行われている。
 遺骨は北大や札医大、東大、京大などに計1574体(1体として特定できなかった計346箱を含む)あり、年内に移送を終える予定だという。
 祖先の遺骨を持ち去られたアイヌ民族の憤りや苦しみは察するに余りある。
 12大学は、アイヌ民族に謝罪し、遺骨がどのような手続きを経て掘り起こされたのか、その後の管理が尊厳を尊重したものだったのか、丁寧に検証すべきだ。
 施設への集約を巡っては、「祖先が埋葬されていた元の土地に戻すことが尊厳ある慰霊だ」と反対する声も挙がっているが、当然の主張と言えよう。
 当面は集約するにせよ、政府はこうした声を真剣に受け止め、遺骨の返還につなげてほしい。
 遺骨は、明治時代から1970年代にかけて旧帝国大の研究者らが墓地から掘り起こすなどして収集された経緯がある。
 北大は「アイヌ民族の尊厳に対する適切な配慮を欠いており、真摯(しんし)に反省する」とする一方、「盗掘など法的責任を示す明らかな資料はない」と述べ、謝罪を行わない考えを繰り返した。
 しかし、少なくとも道義的責任はあるだろう。遺骨の保管方法一つとってもずさんであり、謝罪は不可避だ。
 慰霊碑を建て「集約・返還の完了後も慰霊を行い、語り継ぐ」とし、経緯の分からない遺骨の調査を続ける。全ての大学が同様に調査に全力を挙げる責務がある。
 返還手順を示す国のガイドラインは、遺族に加え、出土した地域のアイヌ民族団体が「地域返還」を求めれば、第三者委員会の意見を踏まえて判断するという。
 返還申請のない遺骨はウポポイの慰霊施設に集約され、その後も地域返還も可能とした。
 だが、集約には「研究に利用される恐れがある」といった批判もある。国や大学が責任を持ち、元の埋葬地に戻すためのより積極的な対策が求められる。
 先日、十勝管内浦幌町の浦幌アイヌ協会が、東大を相手取り、遺骨6体の返還と50万円の損害賠償を求めて釧路地裁に提訴した。
 協会は「慰霊行為は、私たちの生活をお守りいただく意味合いもある」と訴えている。東大は速やかに応じるべきである。

  日本国憲法 前文
 ○日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
  ★因みに、安倍晋三氏は、憲法前文が大好きだ!? その福利は、国民が等しく享受するものであって、一部の者が享受するものでもなく、況して、我が身が率先、或いは専一に、享受するものでもない。倫理観が欠如していないか。

桜を見る会 事務所ツアー 首相、際立つ地元優遇 【東京新聞】2019.11.15
 〇安倍晋三首相の地元山口県の事務所を通じ、首相主催の「桜を見る会」に参加した複数の後援会関係者が、前夜祭などを含めた「ツアー」の実態を証言した。会場に向かうバス車内で事務所の職員が案内状を回収し「受け付け」を実施、手荷物検査もなく、下車後は次々と首相夫妻と記念撮影するなど優遇ぶりがあらわになった。
 会には各界で功績、功労があった人だけでなく、首相の支援者が招かれており、招待基準の不透明さや人数肥大化が問題視されている。参加者の一人は「特にすることはなく、芸能人を探して楽しんだ」と振り返った。
 地元事務所の秘書から誘われ、二〇一五年四月の会に参加した男性は、事前に代金を事務所職員に手渡していた。会の当日、地域ごとに大型バス約十台に乗り、午前七時に東京都内のホテルを出発。顔見知りの事務所職員が車内で案内状を集め、記念品の升を配った。
 バスは新宿御苑内の駐車場に乗り入れ、手荷物検査をする受付には立ち寄らなかった。事務所が用意した御苑の地図に星印が付き「安倍後援会集合ポイント(写真撮影)」を案内。「カメラは事務所にお任せください」との記述もあった。下車後、首相夫妻が桜の木の近くに現れ、地域ごとに記念撮影が行われた。
 安倍首相主催の会に参加したことはないという後援会メンバーの一人は「地元の人に功労者などいない。誘われた人が別の人を誘い、増えていったんじゃないか。これ以上の騒ぎになれば選挙にも響く。なくなってしまえばいいと思う」と話す。
 前日、都内で開かれた首相後援会「前夜祭」の様子も分かってきた。参加した男性によると、費用は五千円でホテル名での領収証を受け取った。複数の丸いテーブルを十人ほどで囲む立食形式で、卓上に瓶ビールが五本ほど。食事はカツオのカルパッチョや焼き魚、巻きずしなどだった。
 野党は代金が安過ぎるとし、差額分を首相側が補填(ほてん)した可能性に焦点を当てるが、男性は「会場はぎゅうぎゅうで五千円は高い。ぼったくりかと思った」とこぼした。
  ★依怙贔屓、我が身可愛さと両立!? 『国民がその福利享有』との関係は?両立しない。偏頗さ際立つ!安倍一強。

萩生田氏、一転推薦認める 桜を見る会 招待客に後援会関係者 【東京新聞】2019.11.15
 ○萩生田光一文部科学相は十五日の衆院文科委員会で、首相主催の「桜を見る会」の招待客として自身の後援会関係者を推薦していた事実を認めた。「地域で活躍されている方など、参加にふさわしいと思われる人を事務的に伝えていた」と説明した。十三日の同委で「推薦する仕組みがない」と関与を否定しており、答弁を修正した。
 萩生田氏は「内閣官房からの推薦依頼という仕組みだと知らなかった。虚偽の答弁をしたわけではない」と釈明した。立憲民主党の初鹿明博氏の質問に答えた。
  ★ケチな野郎よ。上から認めてしまえとでも言われたか。火消し

ハンセン病補償法成立 おわび明記 家族に最大180万円 【東京新聞】2019.11.15
 ○ハンセン病元患者家族に最大百八十万円を支給する補償法と、名誉回復を図る改正ハンセン病問題基本法が十五日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。元患者への補償金支給法施行から十八年遅れ、家族補償がようやく実現。補償対象者は厚生労働省の試算で約二万四千人、支給開始は来年一月末を見込む。今後は家族関係の修復や差別解消への啓発活動が課題となる。
 両法は議員立法。補償法は国の強制隔離政策で家族が受けた苦痛や苦難に対し、国会と政府による反省とおわびを前文に明記した。
 精神的苦痛への補償金として元患者の親子や配偶者らに百八十万円、きょうだいらに百三十万円を支給する。六月の熊本地裁判決より、補償額と「家族」の範囲が拡大された。
 支給には請求が必要で、家族と証明する資料の確認や外部有識者による認定審査会の審査を経て厚労相が認定する。請求期限は法施行後五年以内。死亡した原告は補償対象に含めず、省令で同額の特別一時金を支払う。
 改正基本法では、差別禁止や名誉回復、福祉増進の対象に、元患者だけでなく家族も追加した。また高齢化が進む元患者の医療・介護環境を整備し、国立ハンセン病療養所に勤める医師の兼業規制を緩和する。
 熊本地裁は六月二十八日、原告五百四十一人に一人当たり三十万~百三十万円(一割の弁護士費用除く)を支払うよう国に命じた。七月九日に安倍晋三首相が控訴見送りを表明。その後、原告側も控訴せず、地裁判決が確定した。政府は訴訟の参加・不参加を問わず、新たな補償措置を講じるとした。
  ★おわび明記したなら、過去の抵抗も、ビタ銭で恥ずかしくないか。

日米貿易協定 衆院委が可決 【東京新聞】2019.11.15
 ○衆院外務委員会は十五日、日米貿易協定の承認案を賛成多数で可決した。十九日に衆院本会議で採決され、二十日から参院で審議される見通し。米国が来年一月一日の協定発効を要求していることを踏まえ、与党は来月九日の今国会会期末までの承認を目指す。
 論戦の舞台は今後、参院に移る。野党側は引き続き環太平洋連携協定(TPP)で米国が日本に認めた自動車関税撤廃が今回の協定では得られていないことを批判し、自動車の追加関税回避や米国産トウモロコシ購入を巡る日米首脳間の協議内容についても追及する構えだ。
 立憲民主党の森山浩行氏は自動車を巡る交渉内容を批判し「どこがウィンウィン(相互利益)なのか」と訴えた。共産党の穀田恵二国対委員長も「日本の一方的譲歩は明確だ」と強調した。
 日本維新の会の杉本和巳氏は「ウィンウィンとは評価しがたい」としつつ、安全保障を頼る米国との交渉であることを理由に挙げて賛成した。
 協定で日本の自動車に対する関税撤廃が約束されていないことに伴って、関税撤廃率90%を目安とする世界貿易機関(WTO)のルールに違反しているとの指摘が出ている。野党は米国が日本に発動している鉄鋼やアルミニウムの追加関税を見直さないまま決着したことも問題視している。

ロヒンギャ迫害 捜査決定 国際刑事裁、人道犯罪疑い 【東京新聞】2019.11.15
 ○【ブリュッセル=共同】国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)は十四日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害で、推定六十万~百万人が強制追放されたとして「人道に対する罪」の疑いで、捜査を開始すると決めた。ICC予審判事部がベンスダ主任検察官の捜査申請を承認した。
 ベンスダ氏の七月の申請によると、ミャンマー国軍と治安部隊などが二〇一七年、多数のロヒンギャを西部ラカイン州から隣国バングラデシュに強制追放。その際、殺人や性暴力、村全体の破壊などの手段が用いられたとみられる。死者は少なく見積もっても一万人と推計されるという。
 ミャンマーはICC加盟国ではないが、犯罪の一部が加盟国バングラデシュで起きたことなどからICCは管轄権があるとしている。ICC検察官は今後の捜査で、犯罪の立証のために十分な証拠が集まれば予審判事に逮捕状の要請などをすることになるが、ICC非加盟国に逮捕状執行の義務はない。

「桜を見る会」招待者名簿、民主政権時代は公開前提 【TBS】2019.11.15
 ○総理主催の「桜を見る会」をめぐり、政府側が「廃棄した」とする招待者の名簿について、民主党政権時代には公開が前提とされていたことがわかりました。野党側は追及を強める構えです。
 民主党の鳩山政権当時、2010年の「桜を見る会」に関する開催要領によりますと、「桜を見る会の名簿提出のお願い」という書類には、招待者について「国民から疑惑を持たれないよう十分考慮して選考するように」との但し書きがあります。また、「桜を見る会の招待について」という書類の最後には、招待者の名簿について「情報公開請求により、今後は名簿全体を公開するということも考えられる」とあります。

 安倍政権は「名簿は破棄した」と説明していますが、この資料からは元々は公開されることが前提とされていたことがわかります。このほか、第二次安倍政権以降、招待者の範囲について「その他各界の代表者等」と、鳩山政権当時にはなかった「等(とう)」の文字が加えられており、野党側は今後、一連の経緯などについて追及する構えです。

桜を見る会 安倍首相の説明詳報(1)「費用は参加者の自己負担」 【産経新聞】2019.11.15

桜を見る会 安倍首相の説明詳報(2) 「長年の慣行だが、反省しなければならない」 【産経新聞】2019.11.15

桜を見る会 安倍首相の説明詳報(3)「国会から求められれば責任果たす」 【産経新聞】2019.11.15

桜を見る会 安倍首相の説明詳報(4) 「事務所を信頼するが、改めて確かめた」 【産経新聞】2019.11.15

桜を見る会 安倍首相の説明詳報(5)「より緊張感を持って進んでいきたい」 【産経新聞】2019.11.15

【社説】[大嘗祭]政教分離の疑義消えぬ 【沖縄タイムス】2019.11.15
 ○皇位継承に伴う一代に一度しか催されない重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」が14日夜から15日未明にかけ、皇居・東御苑を舞台に皇室行事として営まれた。
 首相ら三権の長や閣僚、全国の知事、各界の代表ら675人が招かれた。
 天皇は毎年11月、その年に収穫された新穀を神々に供え、自らも食し国と国民の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「新嘗祭(にいなめさい)」を執り行っている。即位後初めて行われる新嘗祭が特に大嘗祭と呼ばれる。
 7世紀後半に始まり、戦乱などの影響で約220年間中断した時期もある。もともと簡素な祭祀だったとされるが、天皇を神格化する国家づくりを進めた明治に巨大化した経緯がある。
 祭祀の舞台として建設された大小30余りの建物など、建設関係費に約24億4千万円の国費が支出される見通し。
 問題は、大嘗祭が天皇家の私的な祭祀で、神道形式の宗教色が強いことだ。それに国費を支出することは疑問である。大嘗祭は「秘事」とされ「神と一体化する儀式」との説もある。核心部分を含めほとんどが非公開だ。
 憲法20条の政教分離に違反するとの批判は根強い。政教分離原則は、明治以降、国家と神道が結び付いた国家神道への強い反省がある。
 平成の代替わりでは、国庫支出が憲法の政教分離原則に違反するとして市民らが国を相手にした訴訟を各地で起こした。大阪高裁は1995年3月、「神道儀式としての性格は明白」として、「政教分離規定に違反するのではないかとの疑義は一概に否定できない」との判断を示した。
 今回もすでに訴訟が提起されている。憲法違反との疑義が消えないのである。
■    ■
 昨年11月、皇嗣(こうし)秋篠宮さまは誕生日を前にした記者会見で「大嘗祭は皇室の行事として行われるもので、宗教色が強い。国費で賄うことが適当かどうか」と疑問を呈し、「身の丈にあった形で行うのが本来の姿」などと語った。
 公費ではなく、内廷会計という天皇家の私的費用で営む。政教分離と簡素化を念頭に置いた発言である。
 政府方針に皇室側からの問題提起だったが、議論が深まることはなかった。
 政府は昨年3月の式典準備委員会で、平成の代替わりを「前例踏襲」することを早々と決めたからである。議論の時間があったにもかかわらず、会合は3回しか開かれず、「結論ありき」で議論らしい議論はなかった。
■    ■
 明文化された大嘗祭は戦後、法令から消えた。しかし政府は平成の代替わりで次のような見解をまとめた。
 宗教上の儀式であることは否定できず国事行為として行うのは困難としながら、皇位の世襲制をとるわが国の憲法の下では公的性格があるとして、国費の支出を決定した。曖昧なのである。訴訟が提起されるのはそのためである。
 議論の棚上げは政府の怠慢と言わざるを得ない。大嘗祭を憲法の理念に基づくものにするにはどういう在り方が望ましいのか。時代にふさわしい儀式の在り方について、不断の議論が重要である。

【社説】[桜を見る会] 支援者優遇は許されぬ 【南日本新聞】2019.11.15
 ○首相主催で毎年春に東京・新宿御苑で開かれる「桜を見る会」に、安倍晋三首相の後援会関係者が多数招かれていたことが分かった。
 税金で賄われる公的行事である。首相が便宜を図ったのなら「公私混同」との批判は免れない。
 政府は来春の中止を発表したが、疑念は拭えない。首相は自ら招待者の選定過程や費用について説明責任を尽くすべきだ。支援者優遇は許されない。
 桜を見る会は、各界で功績や功労のあった人の慰労を目的に1952年から開かれてきた。開催要領によると、皇族や国会議員、各国駐日大使らのほか「各界の代表者等」として芸能人やスポーツ選手らも招かれる。
 政府は参加者約1万人を目安にしているが、最近は年々増えており2014年の約1万4000人から今年は約1万8000人。それに伴うように支出額も約3000万円から徐々に増え、今年は約5500万円になっている。
 疑惑が浮上したのは8日の参院予算委員会だ。共産党議員が、4月の会前日に都内で開かれた首相後援会の前夜祭に約850人が参加したとして「桜を見る会とセットで後援会の一大行事になっている。桜を見る会では酒などを振る舞う。公職選挙法違反のようなことに税金を使っている」と追及。首相は「自治会などで役員をしている方と後援会に入っている方が重複していることもある」と述べ、後援会関係者としての招待ではないと主張した。
 その後、首相の地元事務所が桜を見る会のツアー募集を仲介していたことが発覚。「安倍晋三事務所」と明示した案内文は、東京観光と組み合わせた旅行プランや航空券手配などの希望を確認する形式になっており、後援会としての招待だった疑いは晴れない。
 菅義偉官房長官は招待者について、首相ら政権幹部や与党に推薦依頼していたことは認めている。
 招待したのが首相個人ではなく政府であることから、有権者への寄付行為を禁じる公選法違反に問うのは難しいとの見方もある。ただ、自身を支持しているか否かで有権者を選別し、支持者を優遇していたのなら問題だ。
 首相は参院予算委で「招待者のとりまとめには関与していない」と答弁したが、その後に発覚した事務所の関与については説明を避けている。
 9月の内閣改造後、閣僚2人に相次いで「政治とカネ」の問題が浮上すると、首相は早々に事実上の更迭に踏み切った。「行政を前に進めることが国民への責任だ」「本人たちも今後説明すると述べている」と逃げの答弁に終始し、幕引きを急ぐ思惑が透けた。
 今回は首相自身や後援会が関わる問題である。自ら説明責任を果たさなければ、国民の信頼は得られまい。為政者としての資質が問われる。
  ★如何にも、私物化の安倍!?相応しい振舞い。モリトモ加計学園、然り。組閣

【社説】桜を見る会 私物化の疑いは晴れない 【熊本日日新聞】2019.11.15
 ○政府が来年の「桜を見る会」を中止すると発表した。安倍晋三首相が「政治利用している」との追及を受けてのことだ。早々に中止に踏み切ることで、野党などからの批判をかわそうとの狙いだが、公的行事を私物化しているとの疑いは晴れていない。
 野党が問題としたのは、公的な会に首相の地元の後援会員らが多数招かれていたためだ。先の参院予算委員会で共産党議員は、山口県の県議のブログに「ホテルから貸し切りバスで会場に移動した」などとあるのを指摘。「下関から毎年数百人が上京する」という証言も取りあげ、首相の事務所が招待を取りまとめていると追及した。後援会員向けの安倍晋三事務所名の案内文なども報道で明らかになり、事務所が招待の人選に関与している実態が浮かんだ。
 1952年に始まった桜を見る会は、各界で功績・功労のあった人を慰労するための催しとされている。首相主催の公的行事で、費用は税金から支出。芸能人らも多数出席し、招待者に無料で酒や食事が振る舞われる。人選について菅義偉官房長官は「各省庁からの意見を踏まえて、幅広く招待している」と説明している。
 だが実態はそれだけではないようだ。内閣官房は首相や官房長官らのほか、与党にも推薦を依頼。自民党の石破茂元幹事長は在任中に「招待枠」の割り当てがあったと明かした。そうなると税金を使った政治家の有権者サービスの面が強くなってくる。
 選挙の投票に絡んで、政治家が自前で有権者を接待すれば、公選法違反の買収に問われるだろう。投票にかかわらず、選挙区内での利益供与は寄付行為に触れる可能性もある。ところが同じような行為が公金なら思うままに許されるとなれば、時の権力者に格段に有利になる。
 安倍政権下では会の参加者数が年々肥大化している。第2次政権発足後2回目の2014年には約1万3700人だったのに対し、19年は約1万8200人。費用も約3千万円から約5500万円に急増した
 野党が国会などで招待者名簿の公開を求めたのに対し、内閣府は「終了後に遅滞なく廃棄している」と説明。首相の事務所が招待に関与しているかについては「個人に関する情報なので差し控える」として答えなかった。天皇、皇后両陛下主催の園遊会の招待者が公表されていることと比べ、きわめて不透明だ。
 人選の不透明さは、規模の肥大化と表裏一体のように思える。問題が指摘されて以降、菅官房長官は早々と招待基準の見直し検討を表明。来年の会を中止したのも、政権として「自制」のポーズを見せざるを得なかったからだろう。長期政権下で内閣は公金の支出にルーズになっていないか。
 公的行事が閣僚や議員の選挙対策と化してしまえば、公私混同と言われても仕方がない。与野党を問わず、政治とカネの問題に襟を正す機会にしてもらいたい。
  ★安倍政治は、公正、公平とは無縁! 自由・人権は敵視!?

【社説】在日米軍の規則違反 ◆政府は毅然とした対応示せ◆ 【宮崎日日新聞】2019.11.15
 ○山口県岩国市の米海兵隊岩国基地の戦闘機部隊による米軍規則違反の横行が明らかになったのに続き、青森県三沢市の米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練場外へ模擬弾を落下させるなど在日米軍絡みの不祥事やその隠蔽(いんぺい)、事故が続発している。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で米政府に再発防止を迫るべきだ。
 高知県沖で昨年12月、岩国基地所属のKC130空中給油機とFA18戦闘攻撃機が夜間の空中給油中に接触し墜落した事故で6人が死亡・行方不明になった。調査報告書で判明した規則違反は常軌を逸している。手放しの操縦や飛行中の読書、ひげを整えながらの自撮りに加え、乗員2人の尿から睡眠導入剤の成分が検出された。
 同時に、2016年4月に起きた沖縄県沖上空でのFA18とKC130の接触事故を調べた結果、同じ部隊のFA18に責任があると総括。薬物乱用、アルコールの過剰摂取、不倫、指示違反があったと結論づけた。
 防衛省中国四国防衛局は先月、岩国市などに高知県沖の海兵隊機墜落事故原因を報告した際、規則違反を把握していたのに、詳細に説明していない。沖縄沖上空の事故に至っては、高知沖の事故後まで本格的な調査は実施されず、日本側にも報告されていなかった。
 在日米軍の事件・事故を巡っては、日米両政府は1997年に「公共の安全または環境に影響を及ぼす可能性がある」場合、できる限り速やかに通報すると合意している。これを基に河野太郎防衛相は2016年事故の連絡がなかった点に触れ「ルール違反だ」と指弾した。だが、通報の範囲や時期は米軍の裁量に委ねられているのが実態だ。
 米軍は調査後、隊長ら4人を更迭したというが、日本の法律では裁けないのも重大な問題である。根底には、米軍の特権を定めた日米地位協定の存在がある。米軍の軍人・軍属が日本で犯罪や事故を起こしても、公務中であれば第1次裁判権は米側にあるからだ。
 日米安保条約は米国の日本防衛義務を定める一方、日本が米国を防衛する義務はない。それでも日本が米軍基地を提供することを明記し、多額の在日米軍駐留経費まで負担している。
 加えて、安倍晋三首相は米国との「対等な同盟」を掲げ、集団的自衛権の一部行使を容認する安保法制も成立させた。それにもかかわらず、ここまで米軍の専横を許していれば隷属的な関係はいつまでも変わらない。
 在日米軍の駐留には地元の理解が不可欠だ。地元住民を脅かしたり、反発を招いたりするようでは日米同盟は足元から揺らぐ。地域住民の安全確保のためにも国の姿勢が問われる。

【社説】経済対策 不急事業の便乗を許すな 【西日本新聞】2019.11.15
 ○安倍晋三首相が新たな経済対策の策定を指示した。政府は2019年度補正予算を編成し、20年度当初予算との「15カ月予算」として切れ目のない執行を目指すという。
 過去にも繰り返された政策判断である。政府にくぎを刺しておきたいのは、こうした予算には不要不急の事業が紛れ込みがちだという点だ。効果に疑問のある歳出の隠れみのにせず、中身をきちんと精査すべきだ。
 経済対策の柱は、被災地の復旧・復興▽経済の下振れリスクへの備え▽来年の東京五輪後を見据えた経済力の維持向上‐になるという。
 今年も大きな自然災害が相次ぎ、被災地の復旧・復興に全力を挙げるのは当然だ。防災、減災対策など急を要する課題もあるだろう。
 政府は既に、広域に甚大な被害をもたらした台風19号について復旧事業の国庫補助率を引き上げる激甚災害に定めている。被災自治体が心配なく復旧・復興に取り組めるよう、まずは充実した補正予算にしたい。
 河川の氾濫や堤防決壊が続出したことを踏まえれば、抜本的な対策の検討も必要だ。とはいえ「国土強靱(きょうじん)化」の名の下、公共事業を上積みすることにはおのずと限界もある。便乗するような発想は厳に慎むべきだ。
 一方、経済の下振れリスクへの備えや経済力の維持向上という「名目」は曖昧だ。
 景気の現状について政府は「緩やかに回復している」との判断を維持している。米中貿易戦争の影響などで輸出に陰りが出ているとはいえ、きのう発表された19年7~9月期の実質国内総生産(GDP)は4四半期連続でプラス成長だった。
 消費税増税後の消費の冷え込みが懸念されてはいるが、財政出動によるカンフル剤が本当に必要な局面なのか、慎重に判断したい。むしろ成長戦略で結果を出す方が重要ではないか。
 安倍政権は財政規律が緩んでいるとの批判がある。20年度予算は概算要求で6年連続100兆円を超え、2年連続で過去最大を更新した。
 これと別枠で消費税増税対策として臨時・特別の措置を講じることにもなっている。キャッシュレス決済時のポイント還元やマイナンバー(個人番号)カードを使用した新たなポイント還元制度など、効果が不透明な政策も少なくない。こちらも納得できる精査が必要だ。
 他方で、国と地方の基礎的財政収支を黒字化する財政健全化目標は20年度から25年度に先送りされた。実際はそれすら達成困難な見通しだ。政府は借金頼みの財政運営を続けていることを肝に銘じるべきだ。

【社説】【社会保障改革】政策誘導の懸念は消えぬ 【高知新聞】2019.11.15
 ○急速に少子高齢化が進む中、年金や医療、介護は将来どうなるのか。どうすれば現役世代にも恩恵が届くのか。多くの国民が社会保障制度のあり方に不安を感じている。
 その将来像を考える政府の全世代型社会保障検討会議で、有識者の発言の一部が議事録に記載されていなかった。関連した別の会議では政府の配布資料に「お手盛り」データが使われた疑いも出ている。
 社会保障改革の目玉として政府が見直しを進める中、有識者の発言は、それに「待った」をかける内容だった。そのため官僚が「忖度(そんたく)」したとの見方が出ている。
 国民の将来を左右する社会保障改革で、有識者らの声を正確に反映させず、政府が目指す政策に誘導しようとしている―。政策決定の過程が不透明では、そうした疑念を持つ国民は多いだろう。
 発言の録音データについて政府は、当初は「ない」としていたが、あったことを認めた。政府への信頼が根底から揺らいでいる。一連の経緯を詳しく説明すべきだ。
 9月下旬に初会合が開かれた全世代型社会保障検討会議は安倍晋三首相が議長を務め、有識者や閣僚らがメンバーとなった。
 一定以上の収入がある働く高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度をめぐり、お年寄りの働く意欲を損なっているとして政府が検討している見直し案などが議論された。
 有識者メンバーの中西宏明経団連会長は、政府の方針に「(意欲減退の)議論があるのは承知しているが、経営者の目から見るとそんなことはない。働く意欲がある人は結構いる」と指摘。「財源の問題もあるので、慎重に検討した方がいい」と注文を付けた。
 ところが、政府が公表した議事録では「慎重に検討を」という後段の注文部分だけが記載された。
 議事録の作成過程では、発言の記載を求めた経団連側が政府とやりとりをした後、記載を取り下げたという。どんなやりとりがあったのか。経団連と政府双方が国民に説明する必要がある。
 また、病気や介護予防の強化を協議する今年3月の未来投資会議では、最新データが反映されていない資料が配布された。政府が都合よくデータを切り取ったという批判が出ている。
 安倍政権下ではこれまで、記録文書の扱いで南スーダンに派遣された陸上自衛隊の日報破棄や、国家戦略特区の獣医学部選定プロセスに関する加計学園関係者の発言議事録の非公表などが問題になった。
 今年は地上配備型迎撃ミサイルシステムをめぐる問題が発覚した。防衛省は人為ミスと強調したが、配備予定地の住民からは「計画ありき」との強い批判が出た。
 社会保障改革は給付減と負担増によって国民の幅広い層に「痛み」を強いる可能性がある。だからこそ、多くが改革に納得する必要がある。都合のいい政策に導いていると取られては国民の理解は得られない。

【社説】桜を見る会中止 公的行事の「私物化」許されない 【愛媛新聞】2019.11.15
 ○公費で首相が主催する「桜を見る会」について、政府は来年の開催中止を決めた。安倍晋三首相の地元支援者が行事に多数参加していたとの指摘に関する追及が国会で強まる中、首相が異例の判断を下した。
 首相には、公的行事の「私物化」との批判をかわし、事態を早期に沈静化したい思惑が透ける。しかし、行事を中止したからといって説明責任を免れるわけではない。第2次安倍政権以降、参加人数や予算が膨らんでいる経緯などを調べ、疑問にしっかり答えなければならない。
 桜を見る会は、1952年から例年春に都内で開かれ、政界関係者やスポーツ選手、芸能人ら、各界で功績があった人を招いて慰労している。旧民主党政権下でも行われており、招待者は開催要領に基づいて選ばれるが、どの分野が対象かといった基準は明確でなかった。
 自身の後援会の招待について首相は「自治会などで役員をしている方と後援会に入っている方が重複することもある」と述べ、人選への関与を否定した。だが、明らかになった事務所の案内文では、参加者を募った上で、航空券手配などの希望を確認していた。首相の事務所が招待者の選定に事実上、関与していたとみるのが自然で、首相の答弁と矛盾している。
 今年の行事前日に都内で開かれた首相後援会の前夜祭には、約850人が参加していた。桜を見る会とセットで後援会の一大行事となっていた実態が浮かぶ。酒などが振る舞われる桜を見る会への招待は、税金を使った有権者へのサービスととられても仕方ない。公私混同は政治家として最もやってはならないことであり、首相は事実を重く受け止めねばならない。
 招待者に関しては、開催要領で約1万人を目安としているにもかかわらず、今年は約1万8千人と2014年の約1万4千人から大幅に増え、予算も約5500万円と14年の約3千万円から膨らんでいる。なぜここまで規模が拡大したのか疑問が拭えない。政府は政治家ごとの招待者数など、詳細な内訳を早急に示す必要があろう。
 行事を所管する内閣府は、出席者名簿を「遅滞なく廃棄」したという。問題を検証する上で重要な資料が失われたことは見過ごせない。また、過去の行事に参加した国会議員や首相の地元・山口県の県議らが当時のブログの投稿を削除する動きもみられる。不都合な情報を隠すような姿勢では、国民の信頼は得られないと自覚すべきだ。
 政府は招待基準の明確化やプロセスの透明化を検討し、予算や招待人数を含めて行事を全般的に見直すとしている。だが、行事の適正化をもって問題を幕引きすることはできない。こうした公的行事のずさんな管理も長期政権のおごりや緩みの一つの表れといえよう。首相は野党が求める衆参両院での予算委員会集中審議に応じ、説明を尽くさねばならない。

【社説】桜を見る会 政治利用は許されない 【徳島新聞】2019.11.15
 ○税金を使った公的行事を私物化しているのではないか。
 例年春に東京・新宿御苑で開く首相主催の「桜を見る会」に、安倍晋三首相の地元後援会員が多数招かれ、首相の事務所がツアーの募集を仲介していることが分かった。
 近年、参加者や支出額が急増していることも明らかになっている。
 首相は招待客の人選への関与を否定し、政府も選定のプロセスは適正としているが、不透明感は拭えない。
 政府は急きょ、来年の開催中止を決めた。だが、それで幕引きとはいかない。誰をどんな理由で招いたのか、首相は丁寧に説明すべきだ。
 桜を見る会は1952年に始まり、東日本大震災などで中止になった年を除いて毎年開かれている。文化・芸能、スポーツ、政界など各界で功績のあった人を招いて慰労するとともに、親しく懇談するのが目的とされる。
 招待範囲は開催要領で定められ、皇族や国会議員、各国駐日大使などのほか、「各界の代表者等」としている。これに基づき、内閣官房と内閣府が各省庁の意見を踏まえて招待客を決めている。
 問題は「各界の代表者等」が拡大解釈できることだ。
 安倍首相は「自治会やPTAで役員をしている方と後援会に入っている方が重複することもある」と釈明したが、説得力に欠ける。
 参院予算委で追及した共産党の田村智子氏によると、今年の桜を見る会の前日、首相後援会の前夜祭が都内のホテルで開かれ、約850人が参加。翌日、バス17台で新宿御苑に向かったという。
 毎年、首相の地元事務所から桜を見る会の参加を募集する案内があり、申請すると旅行プランが提示される、と証言する後援会関係者もいる。
 菅義偉官房長官は、内閣官房の推薦者取りまとめに当たり、首相官邸や与党に推薦依頼をしていると明かした。
 首相など権力者を支援する人を優遇しているように見える。政治利用と言われても仕方あるまい。
 旧民主党政権時代を含め、歴代首相が催してきた桜を見る会だが、第2次安倍政権の発足以降、規模が年々拡大しているのも見過ごせない。
 内閣府の文書によると、2014年に約1万3700人だったのが、今年は約1万8200人に上った。支出額も約3000万円から約5500万円に伸び、20年度予算の概算要求では約5730万円と、5年でほぼ倍増した。
 政府が目安としているのは約1万人である。なのになぜ、こんなに増えたのか。
 首相は個々の招待客について、個人情報の保護やセキュリティーを盾に公表を拒んでいるが、それでは国民の納得は得られまい。
 中止決定は問題の重大性を認識したからだろう。公選法違反も疑われる事案だ。そもそも、多額の税金を使うべき行事なのかどうか。廃止も含めて検討すべきである。

【社説】「桜を見る会」中止 説明と検証欠かせない 【中国新聞】2019.11.15
 ○政府は、国の予算で賄う「桜を見る会」について来春開催を急きょ、中止することにした。
 安倍晋三首相の地元山口県から大勢の支持者が招かれているとの疑惑が浮上し、野党などから「公私混同」との批判が強まったためだ。
 追及をかわしきれないと判断したのか。早期に幕引きを図り政権へのダメージを最小限に食い止めたいとの思惑が透ける。
 だが、中止を決めたからといって、国民の不信感が払拭(ふっしょく)されるわけではない。首相自身の政治活動に向けられた疑惑である。自ら事実関係や経緯を明らかにし、国会で説明責任を果たすべきだ。
 桜を見る会は1952年に始まり、東京・新宿御苑で毎年4月に開かれる。開催要領によると、皇族や国会議員、各国駐日大使らに加え、「その他各界の代表者等」を招待している。
 招待者は各省庁の意見を参考に内閣府などでとりまとめる。例年、スポーツ選手や芸能人、報道関係者も招かれている。
 問題は、安倍内閣の下で招待者の人数と開催費が急増した点である。
 招待者は、目安とされる約1万人を大幅に超え、今年は1万8千人が出席した。予算額は一律1700万円となっているが、実際の支出は毎年オーバーし、今年は3倍以上の5510万円に膨らんだ。なぜこれほど規模が拡大したのか解せない。
 共産党の議員が8日の参院予算委員会で追及したのは自民党議員による後援会関係者の招待の問題である。中でも今年の会の前日に都内で開かれた首相後援会の前夜祭に約850人が出席しており、「桜を見る会とセットで後援会の一大行事となっている」と指摘した。
 首相は関与を否定し、「地元には自治会などの役員をしている方と後援会員が重複することがある」などと答弁したが、苦しい言い訳にしか聞こえない。
 招待者について首相は詳しい説明を避けているが、首相の地元事務所が桜を見る会に東京観光を組み合わせたツアーの参加者を毎年募っているとの関係者の証言も出てきた。
 会では、アルコールや食べ物が振る舞われている。自らの支持者を特別扱いで招待し、公費を使ってもてなしていたとすれば、公的行事の私物化であり、許されることではなかろう。
 自民党の二階俊博幹事長が「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然だ」と発言した。これもまた公的行事の私物化を肯定していよう。低すぎる認識にあきれるしかない。
 疑念を解消するには、具体的にどんな功績があった人を招いたのか、選考プロセスをしっかり検証することが欠かせない。ところが、内閣府は招待者名簿を「保存期間1年未満の文書」として廃棄したと言う。
 次回の準備などに必要と思われる文書を簡単に捨ててしまうのは不自然で、にわかには信じがたい。
 野党は前夜祭の会場費について首相側の政治資金報告書に記載がないとして、政治資金規正法違反の疑いも指弾している。
 桜を見る会とその前夜祭がどう運営されたのか。首相自身と後援会を巡る疑問に自ら答えることができなければ、政治家としての資質さえ問われかねない。重く受け止めるべきだ。

種子島で最大規模の水陸両用訓練…離島侵攻想定 【読売新聞】2019.11.14
 〇離島防衛を想定した自衛隊の大規模な水陸両用作戦訓練が14日、鹿児島県の種子島で行われた。21日まで、沖縄県の沖大東島、青森県三沢市などの射爆撃場でも関連する訓練が行われる。陸海空自衛隊の計約1500人が参加し、水陸両用訓練では国内最大規模となる。

 訓練は、離島に周辺国の軍や武装集団などが上陸、侵攻したと想定。昨年3月に発足した陸上自衛隊の水陸機動団(長崎・相浦駐屯地)と、海上自衛隊の掃海隊群、航空自衛隊の航空総隊などが参加し、水陸両用車「AAV7」16両などが投入される。
 14日は、10両のAAV7が、種子島近くの海上で輸送艦「くにさき」の艦尾から次々と発進。県保有地の海岸に上陸し、顔を迷彩色に塗った陸自隊員が銃器を手に展開した。沖大東島などでは11日から、空自や海自が対地攻撃を訓練している。
 また13日には、種子島で離島侵攻を阻止する訓練も実施。陸自部隊が、海岸線での地雷の敷設、壕
ごう
や鉄条網の設置などを訓練した。
 訓練の背景にあるのは中国の海洋進出だ。公船による尖閣諸島周辺の領海侵入が続き、海軍は急速に能力を向上させている。これに対し自衛隊は2400人規模の水陸機動団を新設。離島作戦の能力向上を急いでいる。
 水陸両用作戦のほか、全国の自衛隊施設では21日まで、電子戦やサイバー攻撃への対処訓練も実施。過去最大規模の約3万2000人の隊員が参加する。
  ★ヒトリヨガリ訓練!? 中国と一戦交えると(国内締め付け)

「桜を見る会」 動画に「招待枠」などの会話 安倍首相と世耕氏 【NHK】2019.11.14
 ○総理大臣官邸のホームページで公開されている2年前の「桜を見る会」の動画には、安倍総理大臣と世耕参議院幹事長が会話の中で、「招待枠」ということばや、世耕氏の地元の支持団体とみられる名前をやり取りする様子が記録されています。世耕氏の事務所は、地元に貢献したとして、支持団体の人を推薦したことはあるとしています。
 総理大臣官邸のホームページには、平成29年4月、1万6000人余りが参加して東京の新宿御苑で開かれた、「桜を見る会」の動画が公開されています。
 この中で、安倍総理大臣が、近くにいた世耕氏に、「ひまわり会?」と尋ねると、世耕氏が、「ひまわり会です。ことしは副長官じゃなくなったので招待枠で」と答える会話が記録されています。
 世耕氏は、この桜を見る会の前の年まで内閣官房副長官を務め、当時は経済産業大臣でした。また、世耕氏の地元の和歌山市には、「ひまわり」という名前の女性の支持団体があります。
 世耕氏の事務所は、NHKの取材に対し、「『ひまわり』の人を推薦したことはあるが、記録に残っていないので、いつ推薦したのかはわからない。推薦したのは、地元でボランティア活動をしたり、自治会婦人部の活動をしたりと、地元に貢献した人で、基本的には事務所と地元の後援会などが相談して厳選して推薦している」と話しています。

桜を見る会 内閣府「招待者名簿は5月9日に廃棄」 【NHK】2019.11.14
 ○総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、野党側の追及チームの会合が14日も開かれ、内閣府の担当者は、ことしの招待者名簿などを、5月9日に廃棄したと明らかにしました。
 14日で3日連続の開催となった、「桜を見る会」の追及チームの会合で、出席した議員からは、4月13日に開かれたことしの会の招待者名簿などを廃棄した時期をただす質問が相次ぎ、内閣府の担当者は、紙の資料は5月9日に廃棄したと明らかにしました。
 共産党の議員は、「この問題を国会で取り上げるために、5月9日は、質問の準備で、内閣府に聞き取りを始めたタイミングだ。なぜそのタイミングなのか」と指摘しました。
 また、ほかの議員からは、「なぜ1か月近く保存していたものを、その時期に廃棄したのか」などという声が出され、内閣府の担当者は、「例年、同じ時期に捨てている」と説明しました。

「犯人扱いで適応障害」無罪女性の労災認定 老人ホーム「傷害」問われ 【毎日新聞】2019.11.14
 ○佐賀県嬉野市にある養護老人ホームで、入所者の胃ろう用のカテーテルを抜いたとして傷害罪に問われ、その後無罪判決を受けた同県鹿島市の女性(34)について、武雄労働基準監督署が、施設から犯人扱いされて適応障害を発病したとして、労災と認定していたことが判明した。女性の代理人弁護士が14日、明らかにした。
<悪質カスハラでうつ>自治体職員被害 相次ぐ精神障害での公務災害認定
<4カ月無休 「辞めたい」と言ったら女性店長に刺された大学生>
<生活保護申請で「すみません」と頭を下げ続ける24歳>
<ケーキ店19歳バイト女子が請求された制服代は「5万円」>
<60歳以上の労災事故増加>転倒多発、危険箇所の確認を
 認定は4月23日付。2014年11~12月に施設で入所者の男性のカテーテルが抜けることが複数回あり、県警は15年5月に女性を逮捕。女性は傷害罪で起訴されたが一貫して無罪を主張し、佐賀地裁は17年12月に「故意に抜いたとするには合理的な疑いが残る」と無罪判決を言い渡し、その後確定した
 女性は18年10月、「施設側が犯人と決めつけて自宅待機を命じたうえで警察に通報し、睡眠障害で歩けなくなるほどの精神状態となった」と労災を申請。労基署は「一方的に犯人扱いされ自宅待機を命令された」とし心理的負荷を3段階で最高の「強」にあたると判断した
 女性は今も働けない状態にある。代理人弁護士は「誤った疑いで無罪になった労働者が、きちんと会社に責任を取らせることができると認知されればいい」と話した。【池田美欧】

トリエンナーレ妨害、男に有罪 京アニ事件を示唆「悪質」―名古屋地裁 【時事通信】2019.11.14
 〇国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」をめぐり、「ガソリン携行缶を持っておじゃまする」などと、従軍慰安婦を象徴する少女像などの撤去を求めるファクスを送ったとして、威力業務妨害罪に問われた愛知県稲沢市の無職堀田修司被告(59)の判決で、名古屋地裁(板津正道裁判長)は14日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 板津裁判長は「ガソリンを用いた放火で多数の死傷者が出た(京都アニメーション)事件をほのめかす内容」と指摘。「読んだ人に強い恐怖心を抱かせ悪質だ」と述べた。
 判決によると、堀田被告は8月2日、同県一宮市のコンビニから、会場の県美術館に「ガソリン携行缶持って館へおじゃますんで~」などと少女像の撤去を迫るファクスを送信し、業務を妨害した。
 ファクスを受け、少女像を含む企画展「表現の不自由展・その後」は長期の中断を余儀なくされた。トリエンナーレの芸術監督を務めた津田大介さんは判決後に記者会見し、「模倣犯を生んでおり社会的影響があった。被告は重く受け止めてほしい」と話した。
  ★模倣犯、お追従者…名古屋市長、文科大臣

「幸福の科学大学」開学を申請 21年度開学を目指す 【朝日新聞】2019.11.14
 ○萩生田光一文部科学相は13日、学校法人「幸福の科学学園」が開学を目指す「幸福の科学大学」を含む大学や短大など15校の審査を、大学設置・学校法人審議会に諮問した。いずれも2021年度の開学を目指している。20年8月末に予定される審議会の答申を受けて、文科相が認可の可否を判断する。
 文科省によると、千葉県長生村と東京都江東区に4学部と大学院の設置申請があった。同学園は、14年3月にも開学を申請したが、文科省は審議会の「不可」とする答申を受けて同年10月に不認可とした。審議会は、学園創立者で宗教法人「幸福の科学」総裁の大川隆法氏による「霊言」や「霊言集」と呼ばれる著作を問題視。「科学的合理性が立証できていない『霊言(霊言集)』を教育の根底にすえるということは、大学の目的を達成できるものとは認められない」などとしていた。
 また、文科省は当時、審査途中に大川氏の著作が審議会委員に送られるなど「認可の強要を意図すると思われるような不適切な行為」があったとして、学園に対し、大学などの設置を5年間、認可しないと通知していた。(宮崎亮)
  ★安倍一味!? モリカケ疑惑再現か。

夫婦別姓訴訟 請求を棄却 東京地裁立川支部 【東京新聞】2019.11.14

12月に四国初の実動訓練 海兵隊オスプレイと陸自 【産経新聞】2019.11.14

桜を見る会夕食会、最低1万円超 立憲「ホテルに確認」 【時事通信】2019.11.14
 ○立憲民主党の安住淳国対委員長は14日昼の野党共同会派会合で、安倍晋三首相の後援会が首相主催「桜を見る会」の夕食会の会費を5000円に設定したとされることに関し、立憲が会場となった東京都内のホテルに確認したところ「だいたい1万5000円から2万円。立食で150人の場合は1万1000円」と回答されたと明らかにした。
「ブーメラン」恐れず攻勢 桜を見る会、民主党政権も開催
 安住氏は「5000円はあり得ない」と語った。首相側が不足分を負担していた場合、公職選挙法に抵触する可能性がある。

経団連、原子力の推進で経産相に要望 【産経新聞】2019.11.14
 ○経団連の中西宏明会長と梶山弘志経済産業相は14日、東京都内で懇談会を開催し、経済の先行き不透明感が強まる中で、デジタル技術を活用した課題解決社会構築や経済対策やエネルギー・環境問題、通商問題などで意見交換した。
 中西会長は会談後、記者団に対し、「(再稼働が進まない)原子力のこうした状態で、2030年までの温室効果ガス削減の政府目標(13年度比で26%減らす)をきちんと達成できるかどうか問題だ」と強調した。経団連側からは地球温暖化防止の目標達成に向け「政策を総動員して原子力の人材育成や技術開発を進めてほしい」と要望し、梶山経産相も「原子力がとまっている原因を精査してひとつひとつ障害を取り除いていきたい」と再稼働に向けて努力する姿勢を改めて示した。
 また、環境省が検討する炭素税導入について、経団連は反対の意向を示し、梶山経産相は「炭素税のような規制的な手法ではなく技術革新などによる民間主導の解決が必要だ」と述べ、環境省の議論を牽制(けんせい)すると同時に技術革新への支援継続を表明した。
  ★輸出も出来ない原発、金の生る木が欲しいのか、総括原価方式に未練なのか。 国民の利益に反する。再生可能エネルギー開発とその産業育成に転換すべきだ。

自民、改憲論議改めて促す 野党「各論」入り慎重―衆院憲法審 【時事通信】2019.11.14
  ★国民全体の奉仕者を拒絶する分際で、憲法改悪など、オコガマシイニモ程がある。憲法も、憲法改正も、市民、主権者のもの。 一公務員、安倍晋三が主導すべきものに非ず。原点から違う。

大学入学共通テストに食い込んでるベネッセってどんな会社? 【東京新聞】2019.11.14
 ○2020年度の大学入学共通テストへの英語民間検定試験の導入延期を巡り、にわかに注目されているのが、実施団体の一つで「進研ゼミ」の通信教育事業で知られるベネッセだ。子会社は国語・数学の記述式問題の採点も委託されている。国会の参考人として役員が出席したほか、元文部次官らが関連団体の要職に就いていたことも分かった。どんな企業なのか。(安藤恭子)
 ◆英語民間試験の実施団体に元文部次官ら天下り  ・・・

バイデン氏捜査が支援条件 ウクライナ疑惑公聴会 米代理大使ら証言 【東京新聞】2019.11.14
 ○【ワシントン=金杉貴雄】トランプ米大統領のウクライナ疑惑で、米下院情報特別委員会は十三日、弾劾調査で初の公聴会を開催した。証言したテーラー駐ウクライナ代理大使は、ウクライナへの軍事支援再開や両国の首脳会談について、ゼレンスキー大統領がバイデン前米副大統領に関する捜査を行うと宣言することが条件だったとの認識を語った。
 テーラー氏は、ソンドランド駐欧州連合(EU)代表部大使が七月二十六日にトランプ氏と電話した直後、テーラー氏のスタッフに「トランプ氏はウクライナについてより(トランプ氏の政敵で来年の米大統領選での民主党有力候補である)バイデン氏の捜査に関心がある」と語っていたと証言。九月一日にはテーラー氏本人に「トランプ氏はゼレンスキー氏に対し(バイデン氏と次男に関する)捜査を公に宣言することを望んでいる」と説明したという。ソンドランド氏は、トランプ氏の大口献金者として知られている。
 このほかテーラー氏は、ゼレンスキー氏が「(トランプ氏)再選の道具として使われたくないと考えている」とウクライナ側から伝えられていたと説明。ウクライナへの軍事支援停止は行政管理予算局(OMB)局長を兼務するマルバニー大統領首席補佐官代行の指示と聞いたとも明かした。

 トランプ氏は十三日の記者会見で、テーラー氏の証言について「いかなる状況でも『見返り』と言っていないことは真実だ」と主張し、弾劾調査を「魔女狩り」と批判。七月二十六日のソンドランド氏への電話についても「そのような会話は聞いたことがない」と否定した。
 十三日の公聴会ではケント国務副次官補も証言。トランプ氏の顧問弁護士ジュリアーニ氏が暗躍し、バイデン氏に関する政治的動機に基づいた捜査をウクライナにたきつけていたと非難した。
 公聴会は十五日にヨバノビッチ前駐ウクライナ大使、来週には政府高官ら八人の証言を予定している。弾劾調査が非公開での証言から公開での場に移り、民主党はテレビ中継などを通じ世論に訴え、年内に多数を握る下院での弾劾訴追を目指す。
 上院での弾劾裁判では三分の二以上で有罪、未満なら無罪となるが、上院は共和党多数で有罪とするには多数の造反が必要となる。
<ウクライナ疑惑> ロシアとの紛争を抱えるウクライナに対し、トランプ米大統領が軍事支援の継続や首脳会談開催の見返りに、来年11月の大統領選の野党民主党有力候補バイデン前副大統領に関するスキャンダル探しをするよう圧力をかけた疑惑。民主党は9月下旬、多数派を握る下院の委員会で弾劾訴追調査を始めると表明。10月末に下院本会議で調査開始を正式に決議した。(共同)

韓国前法相を聴取 検察、家族の不正疑惑巡り 【東京新聞】2019.11.14
 ○【ソウル=境田未緒】韓国検察は十四日、家族ぐるみでの娘の不正進学や不正投資などの疑惑を持たれているチョ国(グク)前法相の事情聴取を始めた。妻や親戚の男はすでに逮捕、起訴されているが、チョ氏が聴取を受けるのは初めて。逮捕につながれば、チョ氏の任命を強行した文在寅(ムンジェイン)政権の打撃となる可能性がある。
 チョ氏はこの日、弁護士と共に聴取に臨んだ。韓国メディアによると検察は、チョ氏の妻である大学教授が十一日に追起訴された容疑の多くにチョ氏が関わったとみており、事実関係を確認するとみられる。捜査対象となる容疑も多いため、聴取は複数回に及ぶ見通し。
  ★日本の人質司法は、遅れてる❕❕

香港 交通網妨害の抗議活動続く 少年など2人重体 【NHK】2019.11.14
 ○香港では、政府や警察に反発して交通網を妨害する抗議活動が4日目となる14日も続き、各地の幹線道路が障害物でふさがれたほか、一部の地下鉄やバスが運行を取りやめるなど混乱が続いています。また、13日夜遅く、警察署の近くで催涙弾に当たったとみられる15歳の少年など2人が重体となっているということです。
 香港では、14日もSNS上で交通網を妨害しようという呼びかけが行われ、若者などが各地で道路や線路に障害物を置いたため、一部でバスや地下鉄の運行ができなくなっています。
 また、香港島と九龍半島を結ぶトンネル付近の幹線道路では、路上にフェンスなどが置かれたため通行できなくなっています。交通網の妨害は14日で4日目で、幼稚園から高校までのすべての学校が休校となるなど影響が広がっています。
 香港政府によりますと13日の1日でけがをした人は64人に上り、このうち15歳と70歳の男性2人が重体となっているということです。
 香港メディアによりますと、このうち15歳の少年は13日夜遅く、新界地区にある警察署周辺で抗議活動の際に警察が発射した催涙弾が当たったとみられています。
 また70歳の男性は13日午後、新界地区の住宅街で黒い服を着たデモ隊の投げたレンガが頭に当たったとみられるということです。
 混乱が続く中、香港のメディアは13日夜遅く、行政長官が政府の幹部を集めて急きょ、会議を開いたと伝えていて、何らかの対応策を検討している可能性もありますが、けが人が相次ぐなかで衝突がさらに激しさを増すことが懸念されています。
  ★毒を食らわば皿まで!?

「桜を見る会」を全部見る 【テレビ東京】2019.11.15

自民 古賀元幹事長「憲法9条は誇り」 改正に否定的 【NHK】2019.11.13
 ○憲法9条について、自民党の古賀元幹事長は、岸田派の勉強会で、「国民が誇るべきものだ」と述べ、改正に否定的な考えを示しました。
 自民党の古賀元幹事長は、かつてみずからが率いていた派閥の岸田派が開いた憲法改正をテーマにした勉強会に出席しました。
 この中で、古賀氏は「若手も積極的に議論してほしい。何年もかけて議論すればよく、1、2年で変えなければいけないものではない」と述べました。
 そして、「憲法改正イコール9条の改正という考えに不安を感じている。9条は国民が誇るべきもので、『改正すべきでない』と言うと、『理想だ』と言う人もいるが、政治こそ理念を語り、実現に取り組むべきだ」と述べ、9条の改正に否定的な考えを示しました。
 一方、岸田派の会長を務める岸田政務調査会長は安倍総理大臣が目指す「自衛隊の明記」などに向けて取り組んでいく考えを示していて、今後も勉強会を続けて、派閥内での意見交換を行っていくことにしています。

首相の地元からも疑問の声 桜を見る会「振る舞い過剰」 【朝日新聞】2019.11.13
 ○安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の来年度の開催が急きょ中止になった。不透明な招待基準への批判が高まり、首相事務所の関与疑惑が明るみに出た末の方針転換。「(このままでは)ぼろが出るからじゃないか」。不信感は収まりそうにない。
 毎年4月の桜を見る会で会場となる東京・新宿御苑。13日夜、近くを歩いていた都内の病院職員の女性(46)は突然の中止決定に「え、そうなんですか」と驚きの表情を浮かべた。最近の報道で、なぜ招待されたのかよく分からない人まで参加していると知った。「あり方を見直すのはいい」と話した。
 桜を見る会の運営を巡っては、8日の国会質疑を通じ、具体的な招待基準が不明確だったり、参加者が公表されていなかったりする点への批判が高まった。
 大阪市中央区のオフィス街で知人といた大阪府枚方市の会社員女性(60)は「責められてやめるのがあやしい。何かぼろが出るからじゃないか」と語った。首相の地元から多数参加していたことについて「招待者にちゃんとした基準がないのはおかしい」とあきれる。堺市の主婦(54)も「自民党の予算なら構わないけど、税金を使っているのが腑(ふ)に落ちない」と疑問を口にする。「地元の人を呼ぶのが慣例化していたのなら、政治家としての質の問題だ」と語った。
 安倍首相の地元からも批判があがった。首相の後援会員で、今年初めて桜を見る会に参加した山口県下関市の男性は「会場で振る舞われる食事や飲み物もサービス過剰だと思った」と言う。「台風など災害で苦しんでいる人がいるのに、莫大(ばくだい)な予算を確保して開催するのは疑問だ。休んだ方がいい」と話した。
 一方で、意義があるとみる参加者もいる。
 長く国際交流に携わり、5年ほど前から招待されてきた都内の女性(41)は「中止はとても残念」と話す。芸能人だけでなく、各国の大使館関係者など多くの外国人参加者もいて、「桜をめでるという日本の伝統文化を世界に知ってもらう意義のある会」と感じていた。参加者が年々増えている気はしたといい、「国民が納得できるようにきちんと説明してほしい。私は招待者の名簿が公表されても全くかまわない」と話した。
 1990年代から20回以上、桜を見る会に参加してきたという放送プロデューサーのデーブ・スペクターさんは「美しい桜や芸能人を見られる楽しい会。フェアな方法を考えていつか再開して欲しい」と求めたうえで、首相後援会のメンバーが参加していた点は「票につなげるためだと非難されても仕方ない」と指摘した。

桜を見る会「首相の事務所から招待者の推薦」内閣官房担当者 【NHK】2019.11.13
 ○総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐり、野党側の追及チームの会合が開かれ、政府側は安倍総理大臣の事務所から招待者の推薦があったことや、招待状を持参した人に本人確認を行っていなかったことを明らかにしました。
 総理大臣主催で毎年開かれている「桜を見る会」について、野党側の追及チームは、12日に続き、内閣府などからヒアリングを行いました。
 この中で、来年の会の開催中止が決まったことについて、議員から「疑惑はさらに深まった」とか、「火の粉が降りかかりそうになるや中止するようなやり方は絶対に許せない」などという声が相次ぎました。
 また、会合で内閣官房の担当者は、安倍総理大臣の事務所から招待者の推薦があったことを明らかにしたうえで、「本人はご存じなかった可能性がある」と述べました。
 これに対し、議員からは「安倍総理大臣の参議院予算委員会での『招待者の取りまとめなどには関与していない』という発言は虚偽答弁であり、『事務所がやったことで知らない』では通らない」などと批判が相次ぎました。
 一方、議員が、セキュリティー対策について、本人以外の第三者が招待状を持参しても会場に入れるのかただしたのに対し、担当者は「本人確認は行っていない」と答えました。
 さらに、「手荷物検査は全員に行っているのか」と質問したのに対し、担当者は「セキュリティーに関することなのでお答えできない」と述べました。

中学高校にボランティア参加人数を割りふり 東京五輪・パラ 【NHK】2019.11.13
 ○強制ではないということですが、果たしてボランティアといえるのでしょうか
 来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都は、ボランティア体験を希望する中学生と高校生を募集していますが、実際は具体的な人数が学校ごとに割りふられ、学校によっては半ば強制的に参加を求められていることがわかりました。専門家は「ボランティアに大事なのは、自発性だ」と批判しています。
 東京オリンピック・パラリンピックの期間中は「大会ボランティア」や、「都市ボランティア」として、合わせて10万人を超えるボランティアが活動します。
 こうした中、東京都は町なかで観光案内などをするボランティア体験として、都内の中学2年生から高校3年生を、およそ6000人募集する計画を立てています。
 これについて都の教育委員会は、あくまで任意の参加と説明していますが、実際は中学校の場合、5人の生徒と引率する教員1人が割りふられていて、学校によっては半ば強制的に参加を求められていたことが関係者への取材でわかりました。
 11万人のボランティアが活動の見込み
 東京オリンピック・パラリンピックでは、合わせて11万人余りのボランティアが活動する見込みです。
 内訳は、競技会場や選手村などで案内や、セキュリティーチェックの手伝いなどをする大会ボランティアが8万人、会場周辺や駅、それに空港などで、観光案内などを行う都市ボランティアが3万人となっています。
 この2つのボランティアはいずれも18歳以上です。今回、都教育委員会が公立中学校と高校に募集を呼びかけている「中高生ボランティア体験」は合わせて6000人ほどを想定し都市ボランティアと、ほぼ同じ役割と位置づけられています。
 活動内容の詳細は未定ですが、学校に配布された資料には、大会期間中に、1日3時間から4時間ほど、羽田空港や銀座などの街なかで観光客に声かけや資料の配付などを行います。
 参加を希望する生徒は、学校を通じて申し込みを行い、交通費のほか、ポロシャツや帽子などが、支給される予定です。
 教員「割ふりは動員では」
 取材に応じた都内の教員が勤める学校は、先月、校長から「区内の校長が集まる場で都教委が指定した人数を必ず出すように通達された」と説明を受けたということです。
 その場で、教員からは「必ず出すというのでは、ボランティアの趣旨に反するのではないか」といった意見が出されたということですが、すでに校長会の決定事項だとして生徒5人をボランティアとして出すことを決めたということです。
 この教員は「興味がある生徒が参加するのはとても貴重な経験なので、活動自体は否定しません。ただし、それが強制的となると趣旨は変わると思います。このやり方だと無償で使える人間を効率的に集めるために学校が使われていると感じ、動員じゃないかという疑念が拭えません」と話していました。
 ツイッターには戸惑いや批判の声が
 SNSのツイッターには、東京オリンピック・パラリンピックの中高生向けのボランティア活動に、戸惑いや批判の声が投稿されています。
 「とりあえず書いて全員出して!って言われたんだけど都立高の闇でしょ」といった声や「記名は断れない雰囲気、我が子は嫌な感じがしたそうです」という声、さらに「『留意事項』に『親の同意を得た上で』とはっきり書いてある。学校はそれを知った上で、その場で書かせて出させていた」といった書き込みが寄せられています。
 専門家「そもそもの順番が違う」
 ボランティアの実態に詳しい東京大学大学院教育学研究科の仁平典宏准教授は「ボランティアで大切なのは自発性や主体性で、ボランティア教育の名の下、それらが保証されずに行うのは奉仕活動だ。各校5人とか、割り当てるというのが、そもそもの順番が違う。上から強制という形でやるとか、創意工夫がない形でやらされると、やらされた受動的な経験となってしまう。子どもたちの自主性をベースとして、側面支援するのが、本来の教育の在り方だ」と話しています。

「桜を見る会」中止は首相判断 菅氏、推薦依頼も認める 【朝日新聞】2019.11.13
 ○国の予算を使って首相が毎春開催する「桜を見る会」について、政府は13日、来年度の開催を中止することを決めた。招待者の選定基準などをめぐる批判が高まり、今後取り組む全面見直しに時間がかかるためと説明した。また、招待者の取りまとめの際、安倍晋三首相を含む官邸幹部や与党に推薦を依頼していたことも認めた。
 菅義偉官房長官が13日午後の記者会見で発表した。菅氏は「国民から色々な意見があった。真摯(しんし)に受け止め、いったん整理した上で行うことがいいのではないかという結論に至った」と話した。来年度の当初予算案を編成する時期が近づいている点なども考慮したとしている。
 安倍首相は13日夕、記者団の取材に「既に官房長官が説明した通りで、私の判断で中止をすることにした」とだけ話し、官邸を後にした。
 政府は、招待基準の明確化、招待プロセスの透明化、予算額、招待人数の4項目を中心に、幅広く意見を集めて、会のかたちを見直す。再来年度以降の再開について、菅氏は「基本的にはそういう(再開する)ことだと思う」と話した。
 今年の「開催要領」によると、…

「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表 【毎日新聞】2019.11.13
 ○菅義偉官房長官は13日の記者会見で、首相主催で毎年春に新宿御苑で開かれる「桜を見る会」を来年度は中止すると発表した。安倍晋三首相の地元後援会関係者が多数参加し、招待基準が不透明だと野党が批判しており、菅氏は「さまざまな意見があることを踏まえ、政府として、招待基準の明確化や招待プロセスの透明化を検討していく」と話した。
【写真特集】出席者の顔ぶれは?…今年の「桜を見る会」の様子
<萩生田文科相>文科省作成の推薦名簿の保存明かす
<「先生の『枠』は10人」>与党・閣僚に「招待枠」か 「党本部が取りまとめ」証言も
<ヒアリング詳報>総務省課長「一般論だが、買収罪の一つの要素」
<ヒアリング詳報>桜を見る会「キャバクラの方」はどこの推薦か 
<英語民間試験と桜を見る会の共通点>
 また「長年の慣行」として首相官邸や与党に対して招待者の推薦依頼を行っていたことも明らかにした。官邸分については「首相、副総理、正副官房長官に推薦依頼を行ったうえで、提出された推薦者のとりまとめを行っている」として、事実上の招待「枠」があったことを認めた。

安倍首相事務所が案内状 桜を見る会、内閣府に仲介?―野党議員追及 【時事通信】2019.11.13
 ○立憲民主党などの共同会派に所属する柚木道義氏は13日の衆院厚生労働委員会で、安倍晋三首相の事務所が2018年4月に行われた「桜を見る会」の参加希望者に送った案内状を入手したとして、政府側を追及した。正式な招待状については「内閣府より、ご連絡いただいた住所に送付されます」との記載があり、事務所の仲介をうかがわせる内容だ。
菅官房長官、桜を見る会「議員推薦」認める 首相事務所の仲介は承知せず
 「『桜を見る会』について(ご連絡)」と題された案内状は18年2月付。「あべ晋三事務所」名義で、東京都内の観光ツアーや、桜を見る会の前夜に催された夕食会、当日の日程などを通知。夕食会の主催は「あべ晋三後援会」、会費は1人5000円と説明している。
 桜を見る会当日はホテルから送迎バスを運行すると紹介し、「総理夫妻との写真撮影はバス号車ごとに行います。乗車されない方は写真撮影が困難となります」との断り書きもある。柚木氏は「税金による後援会活動だ。国民に説明がつくのか」と批判した。

桜を見る会 文科省、推薦名簿を保存 萩生田氏の後援会参加 【東京新聞】2019.11.13
 ○萩生田光一文部科学相は十三日の衆院文科委員会で、公費で首相が主催する「桜を見る会」の招待者に関し、文科省が過去に作成、提出した同省分の推薦者名簿を保存していることを明らかにした。自身の後援会関係者が参加したことがあるとも認めた。加藤勝信厚生労働相も衆院厚労委員会で「地元の方、知っている方に会う機会があった」と説明。立憲民主党など野党四党の国対委員長は国会内で会談し、衆参両院で安倍晋三首相が出席する予算委員会集中審議の開催を求める方針で一致した。
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は記者会見で招待客について、国会議員側からの働き掛けもあり得るとの認識を示した。「一九五二年から続いた行事だ。そうしたものも含まれるのだろう」と述べた。
 文科省によると、同省が作成、提出した推薦者名簿は、省内の規則に基づき二〇一七~一九年に開催した三回分を保存しているという。萩生田氏は推薦者名簿に関し「個人情報が多く、推薦段階の情報でもあり、明らかにできない」と説明した。立民の村上史好氏への答弁。
 内閣府の大塚幸寛官房長は十二日の衆院地方創生特別委員会で、内閣府と内閣官房が取りまとめた招待客名簿について「保存期間一年未満の文書と位置付けており、会の終了後、速やかに廃棄している」と答弁。文書保存の有無について今後、野党などが追及を強める可能性もありそうだ。
 加藤氏は厚労委で「ぜひ行きたいという陳情ベースであるものは普通の陳情と同じように事務所で処理していると思う」と語った。
 野党国対委員長会談後、立民の安住淳国対委員長は記者団に「次々と疑問が明らかになっている。首相が出てこない限り、この話は終わらない」と強調。会談では、衆参の各委員会で省庁や閣僚らに対し、関連質問をしていくことも申し合わせた。
 一方、自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は東京都内で会談し、桜を見る会の招待客選定基準の見直しが必要との認識で一致した。

「桜を見る会」記念品の升がメルカリに 相場は1000~1500円 【東京新聞】2019.11.13
 ○首相主催の「桜を見る会」で来場者に配られた記念品の升が、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に多数出品されていることが分かった。共産党の清水忠史氏が12日の衆院地方創生特別委員会で指摘した。

 【関連記事】「桜を見る会」招待客はどう選ぶ? 与党議員の推薦枠も
 【関連記事】招待客の与党議員枠 「何か問題があるか」と二階氏
 【関連記事】首相の地元事務所がツアー参加者を募集 後援会が証言

 清水氏は出品された升について「1000円から1500円くらい、胸に着ける招待客のリボンとセットだと2500円から3000円くらいで売れている」と説明。「ネットで売買されているということは(有権者への)金品の提供にも当たる」と語った。
12日午後3時現在、メルカリのアプリで「桜を見る会 升」と入力して検索すると、25件の出品が確認された。うち23件が売れていた。升には「桜を見る会」「於 新宿御苑」の文字と日付の焼き印が押されている。

障害の子ども 保育所から通所 療育施設がお迎え ダメ? 都の対応曖昧 【東京新聞】2019.11.13
 ○障害のある未就学児が歩行や言葉の訓練を受ける療育施設「児童発達支援事業所(児発事業所)」の利用者の送迎を巡る東京都の対応に、事業所運営者から疑問の声が上がっている。児発事業所と保育所に子どもを通わせたい親の希望に応えるため、保育所からの送迎をしたい事業所があるが、都は送迎については消極的で、可否の問い合わせに明確な方針を示さない。事業所運営者は「送迎しないと通えない子もいる。曖昧な運用はやめてほしい」と指摘する。 (中村真暁)
 今年四月に開所した児発事業所「poco a poco(ポコ・ア・ポコ)」(荒川区)は、都内では珍しい保育所送迎のある施設だ。子どもたちは月に四~二十三日通い、一時間半以上、訓練を受ける。施設を運営するNPO法人「あした場」代表理事の小川明子さん(47)は「送迎は当然の配慮だ」と保育所送迎にこだわる。
 保育所送迎でポコアポコに週二日、長男を通わせる区内の女性会社員は「以前預けていた施設は保育所送迎がなく、仕事を抜けて通わせていた。今は効率よく働けるし、訓練を受ける日数も増えた」と喜ぶ。
 都内で児発事業所を運営するには都に申請し、指定を受ける必要がある。都施設サービス支援課の担当者は保育所送迎について「国の制度は保護者以外の送迎を想定していないため、いいとも悪いとも言えない。また送迎では事故や事件に巻き込まれる可能性がある」と指摘。事業所側にもこれを説明し納得してもらっているという。都内の保育所から送迎する児発事業所は「把握してない」とした。
 児発事業所は提供するサービスに応じて国や都道府県などから給付金を得られる。利用者の自宅から施設への送迎は給付金が認められるが、保育所送迎の場合はどうなのか。
 小川さんは開設前に給付が得られるか都に問い合わせたが「認めていない」との回答だったという。それでも「送迎は当然のことだ」として、都に代わって給付関係の書類を受け付ける荒川区に保育所送迎分も申請。「書類には送迎場所が自宅か保育所か記入を求めていない」(同区)ため保育所分も給付を受けられたといい、運用は曖昧だ。
 ある児発事業所関係者は「都が『やらないで』という態度なので、分からないように保育所送迎をしてきた。保育所分は給付金を申請しないが、こうした運用は改めてほしい」と話す。
◆マニュアルなど必要
<障害児支援に詳しい淑徳大の柏女霊峰(かしわめ・れいほう)教授の話> 事業所の保育所送迎は、子どもの最善の利益や、親の就労継続のために重要。ただ、安全性の担保は必要で、事業所や保護者、保育所で覚書を交わすといった都によるマニュアルの整備などは必要。全ての子どもたちが地域で生きられるよう、療育の専門職員による保育所訪問も含め、施策が必要だ。
◆千葉・埼玉など送迎に給付金
 児童発達支援事業所は全国に約四千七百カ所(医療支援型除く)ある。利用者は原則利用料の一割を負担、残りは公費で賄われるが、保育所送迎への対応は都道府県によって分かれる。
 千葉、埼玉両県や大阪府は保育所送迎分に給付金を支払う対応を取る。大阪府の担当者は「就労などでやむを得ない人はおり、もちろん給付対象だ」と説明する。一方で、神奈川県は「送迎は可能だが、支給はしない」としている。
 厚生労働省の見解は、給付を受けられる送迎場所は原則居宅だが、保育所でもきちんと計画を立て、保護者が同意していれば可能という。ただし「送迎場所を保育所とは明記しておらず、最終的には自治体の判断」としている。
 【児童発達支援事業所と保育所を利用する子どもの一日の動き】図示

衆院憲法審査会 14日も与野党議員の自由討議へ 【NHK】2019.11.13

都知事選の投開票、五輪から最も離れた来年7月5日に 【読売新聞】2019.11.13
 ○東京都選挙管理委員会は13日の定例会で、小池百合子知事の任期満了に伴う都知事選の日程を来年6月18日告示、7月5日投開票とすることを正式に決めた。

 7月24日には東京五輪が開幕することから、都内の区市町村は大会準備と投開票の実務を並行して進める必要がある。大会への影響を抑えるため、都選管は、任期満了日(7月30日)の前日から遡って30日以内に選挙を行うとする公職選挙法の規定に基づき、五輪から最も離れた日曜日を投開票日とした。都選管の宮崎章委員長は決定後、「五輪・パラリンピックという国家的行事の直前だが、大切な一票を投じてほしい」とのコメントを出した。
 都知事選を巡っては、小池知事の再選出馬が有力視されており、対立する自民党都連なども擁立作業を進めているが、現時点で出馬を表明した候補はいない。

桜を見る会「文科省推薦名簿、保存している」「個人情報多く、明らかにできない」萩生田文科相 【毎日新聞】2019.11.13
 ○萩生田光一文部科学相は13日の衆院文科委員会で、公費で首相が主催する「桜を見る会」の招待者に関し、文科省が過去に作成、提出した推薦者名簿を保存していることを明らかにした。自身の後援会関係者が参加したことがあるとも認め「私が主体的に呼ぶことは仕組み上できない」と述べた。立憲民主党など野党4党の国対委員長は国会内で会談し、衆参両院で安倍晋三首相が出席する予算委員会集中審議の開催を求める方針で一致した。
【写真特集】今年の「桜を見る会」の様子
<ヒアリング詳報1>総務省課長「一般論だが、買収罪の一つの要素」
<ヒアリング詳報2>招待の有無は「個人情報」回答拒む内閣府
<ヒアリング詳報3>安倍首相枠はあったのか 
<ヒアリング詳報4>桜を見る会「キャバクラの方」はどこの推薦か 
 萩生田氏は、文科省の推薦者名簿に関し「個人情報が多く、推薦段階の情報でもあり、明らかにできない」と説明した。(共同)

「桜を見る会」で文書入手 安倍事務所がツアー案内 【テレ朝】2019.11.13

NHK経営委員長の石原氏退任へ 会長を厳重注意で波紋 【朝日新聞】2019.11.13
 ○政府は13日午前、衆参両院の議院運営委員会理事会にNHK経営委員について、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏(73)を再任し、九州リースサービス社長の磯山誠二氏(68)と名城大教授の水尾衣里氏(60)を新たに起用する同意人事案を提示した。石原進委員長と中島尚正委員は退任する。任期は3年。
 経営委については、かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK「クローズアップ現代+」への抗議をめぐり、NHK会長を厳重注意していたことが問題視されており、石原氏の去就が注目されていた。
 また、政府はカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者を規制・監督する新設の「カジノ管理委員会」について、委員5人の人事案を示した。委員長に元福岡高検検事長の北村道夫氏(67)を起用。委員には、元名古屋国税局長の氏兼裕之氏(63)、精神科医の渡路子氏(46)、慶大院特任教授の遠藤典子氏(51)、元警視総監の樋口建史氏(66)を選んだ。
 カジノ管理委は内閣府の外局として、カジノ免許の付与やマネーロンダリング(資金洗浄)などの不正監視、立ち入り検査など、幅広い権限を持つ。国会の同意を得た上で、来年1月7日に委員会を発足させる。
 IR施設をめぐっては、政府は全国で最大3カ所で開業を認め、2020年代前半の開業を目指す。現在、横浜市や大阪府・市などが誘致する方針を表明している。

「総理は税金で支持者接待。大変な問題」 立憲・安住氏 朝日新聞 11/13
 ○立憲・安住淳国会対策委員長(発言録)
 「桜を見る会」については「あべ晋三事務所」が(招待者の)募集をかけていたことが明らかになった。総理は自分は全く関与していないということを参院予算委員会で言っていたが、これはうそだ。今国会で予算委の集中審議に総理にお出ましいただいて、総理から直接、聞かせていただかないといけない。集中審議を衆参で要求すると(野党の国対委員長会談で)決めた。
 「次から改めます」みたいなことが与党や官邸にあるが、我々はそんなことには一切耳を貸さない。徹底追及します。総理は税金を使って自分の支持者を接待しているってことでしょ。一言で言えば。だから大変な問題ですよ。(国会内で記者団に)

部活指導は超勤に当たらず? 「ごまかし答弁に驚く」 【朝日新聞】2019.11.13
 ○衆院文科委を傍聴する埼玉大の高橋哲准教授=2019年11月13日午前9時3分、岩下毅撮影

プロが観る 国会論戦
 政府が教員の「働き方改革」の一環と位置づける教職員給与特措法(給特法)改正案が、国会で審議されている。教員の労働問題に詳しい埼玉大の高橋哲准教授が13日、衆院文部科学委員会を傍聴した。プロの目に映った課題は――。
 高橋さんが最も注目したのは、改正が必要なそもそもの理由を尋ねた質疑だ。
 【国民民主・吉良州司氏】 法案の真の目的は何か。
 【萩生田光一文部科学相】 文科省の調査で教員の長時間勤務の実態が明らかになった。働き方を見直す。
 高橋さんは「長時間勤務を解消するという法改正の論拠はその通りだが、改正で導入する変形労働時間制はそれに見合う措置になっていない」と首をひねった。
 同省の調査では、小学校教員の…

国語記述式問題、採点ばらつき 高校生調査 【日テレ】2019.11.13
 〇…採点基準に基づいて同じ解答を採点しても、採点者によって正解とするかどうかばらつきが大きいいことが、高校生たちが行った調査で分かった。
  ★だから、国語の記述式問題を外そうと!? 公正、公平の問題は、クリアした上で、法案に上げるべきでは。安かろう悪かろうに、傾きすぎ❕❕ 官民挙げて。人権は堪ったものではない。

診療報酬、マイナス改定へ 医師ら人件費部分はプラスに 朝日新聞 11/14
 ○政府が定める医療サービスや薬の公定価格「診療報酬」は、2020年度の見直しで改定率がマイナスになる見通しとなった。高齢化による社会保障費の伸びを抑えるため、薬価を引き下げる一方で、医師の人件費などに回る部分は引き上げる方向で検討が進む状況となっている。医療側も容認する構えだが、年末にかけて具体的な調整が難航する可能性もある。
 診療報酬は医師や看護師らの人件費と設備投資などに回る「本体」と、薬代の「薬価」で構成されている。2年に1度、見直されている。
 厚生労働省が13日に公表した医療経済実態調査で、精神科を除く病院の18年度の損益率(収入に対する利益の割合)がマイナス2・7%の赤字だったことなどを踏まえ、厚労省は本体をプラス改定とする方向で調整するとみられる。病院経営を安定させるほか、医師ら医療従事者の働き方改革に向けて、人員配置を手厚くする財源を確保する狙いもある。
 一方、薬の市場価格との差を埋めるため、薬価はマイナス改定とする見通し。薬価の引き下げ幅が本体の引き上げ幅を上回り、全体の改定率はマイナスになる見通しで、最近数回と同じ構図の改定が続きそうだ。
 高齢化に伴って国民医療費は過…

西日本新聞・社説: 大学入試記述式 見切り発車は許されない 11/13
 ○大学入学共通テストで導入予定の記述式問題の課題を検証するため、大学入試センターが模擬テスト方式の調査を始めた。2021年1月の本番に備えた最後の大規模検証という。過去の調査で目立った採点ミスの防止が主目的とされるが、課題は他にも山積みである。文部科学省はセンター任せにせず、抜本的に計画を見直すべきだ。
 記述式問題は現行のマークシート式では測れない思考力や表現力を問うことを目的に、国語と数学で導入される。受験が想定される50万人規模の解答を短期間で採点するには1万人程度の人員が必要だという。このため採点業務はベネッセコーポレーションのグループ会社に全て委託することになっている。
 昨年の調査では、国語で0・3%の採点ミスがあった。50万人で考えると1500人分でミスが発生したことになる。公平性に大きな疑問符が付く調査結果と言わざるを得ない。
 さまざまな表現があり得る記述式の解答を、1万人もの人が同一基準で公平に採点できるのか。採点にはアルバイトを使う計画もあり、本番ではさらにミスが増えるのではないか。受験する側の不安が膨らむのは当然のことだろう。
 現行マークシート式は自己採点の確度が高く、結果を志望校選択に使いやすい。一方、公表される解答例を基準にする記述式の自己採点にはどうしても曖昧さが避けられない。
 過去の調査で自己採点と実際の採点にずれが生じた割合は、国語で最大3割に達した。自己採点による得点に確信が持てなければ、志望校の難易度を下げるなど意に沿わない対応を迫られる受験生も出るだろう。
 採点ミスを防いで、自己採点とのずれも抑えるために、簡潔で採点しやすい設問にする。こんな対処案も浮上しているというが、それで思考力や表現力を十分に測れるのだろうか。本末転倒にもなりかねない。
 共通テストへの記述式導入には元々、反対の声が根強い。「思考力や判断力は各大学で行う2次試験で評価すればよい」という意見も少なくない。萩生田光一文科相は予定通り導入する方針を示しているが、現状は受験生が安心して臨める仕組みにはほど遠い。
 大学入試への英語民間検定試験導入は、文科省が教育現場の不安を軽視して強行した結果、混乱し白紙化に追い込まれた。野党は記述式についても中止法案提出を検討している。
 文科省は一度立ち止まり、何のための記述式導入なのか、根本から問い直すべきだろう。生煮えの仕組みのまま、見切り発車することは許されない。

後輩の消防士を逆さづり・炎の前通らせ… 幹部懲戒処分 【朝日新聞】2019.11.12
 ○後輩の消防士を逆さづりにするなどの暴行を加えたとして、大阪府茨木市消防本部は12日、消防司令補(47)消防士長(34)と消防副士長(33)の男性職員3人を懲戒免職にし、発表した。
 発表によると、消防司令補は4月、消防署の車庫で20代の消防士の体をロープで縛ってポンプ車の手すりに逆さにつり上げて放置。別の日には、ライターの火に殺虫スプレーを噴射して炎を発生させ、この消防士にその前を通らせるなどしたという。
 一方、消防士長と消防副士長は5月、別の20代の消防士の首に自動血圧計を巻き付け、顔や眼球から出血させた。消防司令補は消防士長らに暴力行為を口外しないよう指示した。消防司令補は4月、この20代消防士を倒して全身を30回以上蹴ったという。
 同本部は、泉頼明消防長を減給10分の1(3カ月)としたほか、幹部3人を懲戒処分した。泉消防長は「良識を逸脱する行為で、市民の信用の失墜を招き、深くおわびする」とのコメントを出した。(室矢英樹)
  ★消防署内でのイジメ、暴力行為はよく聞くが、なくそうとしないのか!? それにしても、度が過ぎる❕❕ 良識を逸脱する行為???

桜を見る会 招待客の選定経緯「調査しない」 内閣府 【毎日新聞】2019.11.12
 ○内閣府の大塚幸寛官房長は12日の衆院地方創生特別委員会で、各省庁が安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の招待客を決める際、国会議員などの推薦を考慮しているかどうか調査するよう求められ、「(選定は)適正に実施していると考えている。今時点で行う考えはない」と述べた。立憲民主党などの統一会派の今井雅人氏(無所属)への答弁。
<石破元幹事長の言葉が浮き彫りにした「桜を見る会」の本質とは?>
<首相による違法行為の可能性は?>「桜を見る会」野党ヒアリング詳報
<ブログ削除相次ぐ>「桜を見る会」参加の山口県議ら
<税金で何をしているのか>「桜を見る会」安倍政権で費用倍増
<意外な証拠で明らかに>「桜を見る会」の問題点とは
【写真特集】今年の「桜を見る会」の様子
 大塚氏は、招待客について「各省庁の具体的な選定プロセスをつまびらかに承知していないが、(各省庁の)功績功労について意見を聞き、とりまとめている」と説明し、今後についても「同様の形で選定を進めていきたい」と強調。今井氏が「後援会が桜を見る会に参加する要項に合致しているか」と追及すると、「後援会うんぬんということは、功績功労うんぬんとは直接結びつかない」と述べた。
 また、招待客名簿については「(保存期間)1年未満の文書と位置づけており、会の終了後、速やかに破棄している」とし、「事実上、もう調べることはできない」とした。
 桜を見る会を巡っては、首相が自身の後援会関係者を多数招き、「私物化だ」などと批判を浴びている。【宮原健太】

「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4 毎日新聞 11/12
 ○総務省基準では10年保存?

二階氏、地元支援者の招待は問題なし 桜を見る会 【毎日新聞】2019.11.12
 ○自民党の二階俊博幹事長は12日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」に関し「誰でも議員は選挙区の皆さんに機会あるごとにできるだけのことを呼びかけて、ご参加いただくことに配慮するのは当然だ」と述べた。政治家が地元支援者の招待を政府側に推薦することに問題はないとの認識を示したものだ。野党は第2次安倍内閣発足後、参加者数が1・3倍に増え、支出額が2倍近くなっており「公費を私物化した」との批判を強めている。
<石破元幹事長の言葉が浮き彫りにした「桜を見る会」の本質とは 公的行事を利用してきた自民党>
<首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1>
<税金で何をしているのか>「桜を見る会」安倍政権で費用倍増
<ブログ削除相次ぐ>「桜を見る会」参加の山口県議ら   ★証拠隠滅
<意外な証拠で明らかに>「桜を見る会」の問題点とは
<写真特集>今年の「桜を見る会」の様子
 二階氏はまた、記者団から「二階氏自身が人を招待したことはあるのか」と問われたのに対し、「十分承知していない」と述べた。そのうえで「それは別にあったっていいのではないか。特別問題になることはあるのか」と語った。
 内閣府は来年度予算案の概算要求で、同会の支出として、2014年度の2倍近くとなる5728万円を要求している。菅義偉官房長官は会見で内閣府の要求額について「テロ対策の強化や混雑緩和のための措置などに近年講じた改善策を反映させるなど、その時々の情勢を踏まえて、内閣府において実態に合わせた要求をしている」と説明した。

射撃訓練場建設に着手/宮古島海保 来年3月完成予定 城辺保良の旧ロラン局 【宮古毎日新聞】2019.11.12
 〇宮古島海上保安部訓練施設(屋内射撃訓練場)の建設工事が日、着手された。建設地となっている城辺保良の旧ロラン局に重機1台を搬入した。翌日から整地作業を始め、完成は来年3月末の見込み。陸上自衛隊の保良弾薬庫建設地のような反対活動はなかった。
 建設地は宮古島海宝館の近くで、東平安名崎に向かう途中にある旧ロラン局。敷地は県道83号線に面しているが、訓練施設は道路から約90㍍離れた場所に建設するという。
 施設は高さ約6㍍の鉄筋コンクリート1階建て。建築面積約689平方㍍、延べ床面積約685平方㍍。事業費は約5億円。
 施設内では標的に向けて武器(拳銃・小銃)を使用する訓練を行い、武器や弾薬は訓練のたびに運び込むとしている。
 10月に実施された住民説明会では、発注者の沖縄総合事務局開発建設部、施設管理者の第11管区海上保安本部、宮古島海上保安部などの関係者が参加し、工程や作業時間、安全管理などについて説明した。
 説明会に参加した住民からは、環境や交通面などへの影響を懸念する声が上がっていたが、着工初日に反対運動は見られなかった。
 保良に建設する理由について宮古島海上保安部は「職員数が200人を超え、島内で訓練する必要が出てきた」と説明。海上保安庁が旧ロラン局を所有していることも理由に挙げている。施設の竣工(しゅんこう)および運用開始の際には、内部の一般公開を実施する予定という。
 保良住民の下地博盛さんは「弾薬庫建設の問題がより危険性が高いと判断し、そちらでの反対活動に力を入れている。海保の訓練施設について歓迎はしていないが、反対や抗議活動は控えている」と述べた。

築城基地の拡張反対決議 今津自治会 国に撤回申し入れへ 【西日本新聞】2019.11.12
 ○防衛省が航空自衛隊築城基地(築上町など)に隣接する用地の取得を計画している問題をめぐり、同町の今津自治会は10日、地元で臨時総会を開き、反対の決議を全会一致で可決した。今後、町や町議会などに協力を求め、防衛省へ計画の白紙撤回を申し入れていく方針。
 同省などによると、用地は基地南東側にある同町西八田地区の農地など約14万平方メートル。災害発生時などに他の基地から航空機を受け入れる駐機場などを整備する計画。
 161世帯が暮らす今津地区では、10月19日に防衛省による住民説明会が開かれ、88人が参加。今回の臨時総会には78人が出席し、45人が委任状を出した。
 臨時総会は非公開で実施。決議では、騒音被害の悪化や沖縄にある米軍の弾薬庫の機能が移転される懸念が示された。また、計画地には農事組合法人「今津の里」の38%の用地が含まれており、「土地の縮小は経営に直撃して利益が出ない」などとしている。
 決議とは別に、基地拡張に反対する宣言も採択。「築城基地ありきではなく、周辺地域住民に十分配慮した柔軟な検討をすべきだ」などとしている。
 大石良一自治会長(65)は「住民の総意が得られたので、周辺への協力の輪を広げ、白紙撤回を求めていきたい」と話した。 (浜口妙華)

石綿被害 個人事業主救済 福岡高裁判決、国とメーカーに賠償命令 【西日本新聞】2019.11.12
 ○建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み、肺がんなどを発症したとして、福岡、長崎、熊本、大分4県の元労働者と遺族計54人が国と建材メーカー12社に総額10億7800万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が11日、福岡高裁であった。山之内紀行裁判長は、国にのみ賠償を命じた一審福岡地裁判決を変更し、国とメーカー4社に計約3億4800万円の支払いを命じた。個人事業主(一人親方)に対する国の賠償責任も新たに認めた。
 原告側弁護団によると、し。
 判決で山之内裁判長は「国は1975年には防じんマスクの着用や石綿含有建材への警告表示を義務付けるべきだった」と指摘。一審判決が「労働者に当たらない」として救済の対象外とした一人親方については「労働者と同じ場所で同じ作業をしており、国が一人親方への賠償責任を負わないと解するのは正義公平の観点から妥当ではない」と判断した。
 建材メーカーに関しては「作業従事者が関連疾患を発症する危険性を予見できたのに、建材に警告表示する義務を怠った」などとし、12社のうち市場シェアが20%以上の4社に賠償を命じた。
 判決後、原告らは福岡市内で記者会見。一人親方として請求が認められた茨木康夫さん(71)=福岡県宮若市=は「一人親方も他の労働者と同じように働いてきた。長い闘いだったが、やっと報われた」と喜んだ。
 厚生労働省は「判決内容を精査し、関係省庁と協議して対応を検討したい」とのコメントを出した。 (鶴善行)
  ★国は、茲でも、愚図ってたんだ。被害者が死ぬのを待っているのか! 不公正、不公平は、安倍自民党の真骨頂か。 首相の桜を見る会もそう。恥知らず❕❕

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席 【福島民友】2019.11.12
 ○第19回県議選(定数58)は10日、無投票の9選挙区(15人)を除く10選挙区で投票が行われ、即日開票の結果、現職35人、新人8人の計43人の当選が決まった。無投票当選を加えた党派別の議席数で、県議会最大会派の自民が改選前から二つ上積みする31議席を獲得、単独過半数を上回った。任期は20日から4年。
 一方、国民民主は1減の10議席にとどまり、第2会派の県民連合としても議席を一つ減らした。投票率は41.68%と過去最低を更新した。
 自民が単独で過半数を占めるのは2003(平成15)年の第15回以来、16年ぶり。自民は36人を公認、推薦して19選挙区全てに候補者を擁立。建設、農業など友好団体の支援を受け勢力拡大を図った。県議会で引き続き主導権を握ることになり、県政与党の立場で台風19号からの復旧や、震災、原発事故からの復興政策などを推し進める。
 国民民主はいわき市選挙区で現職が落選、同選挙区唯一の議席を失い、党勢回復の困難さが浮き彫りとなった。選挙戦での当選は7人。立憲民主の2議席、社民の1議席、無所属の5議席を合わせた県民連合の議席数は18議席となった。
 共産は議会運営に発言権を持つ交渉会派の5議席を保った。現職3人と新人1人の4人を公認した公明は全員当選を果たし、県議会で初めて4議席を得た。
 台風19号の被災の影響が続く中で行われた今回の県議選では、震災、原発事故からの復興に加え、大規模な自然災害への対応なども焦点となった。男女別の投票率は男性41.35%、女性41.99%で、全体として前回15年の46.67%を4.99ポイント下回った。立候補者数が過去最少の75人にとどまり、無投票となった選挙区が九つに上るなど、論戦が深まらなかったことも影響した。
 内堀知事「県民の負託に応えて」
 内堀雅雄知事は11日、県議選の開票結果を受け「福島県は復興と人口減少問題に加え、台風の被害でさらなる困難を抱えた。議員には県民福祉の向上のため、県民の負託に応え、活躍されることを期待したい」とのコメントを発表した。

米軍 模擬弾回収の動きなし、あす発生1週間 【東奥日報】2019.11.12
 ○米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練場外の青森県六ケ所村の民有地に模擬弾を落とした事故は、13日で発生から1週間を迎える。米軍は11日現在、模擬弾の回収作業を中断し、現場は柵で囲われたまま。東北防衛局や村、関係者には、作業再開に向けた新たな情報も入っておらず、地元住民は憤りを抱えながら気をもんでいる。

キリスト教団体、歴史研究者ら 大嘗祭にそれぞれ抗議 【朝日新聞】2019.11.12
 ○天皇即位に伴う「大嘗祭(だいじょうさい)」の中核儀式「大嘗宮の儀」が14~15日にあるのを前に、プロテスタントやカトリックなど各宗派のキリスト教団体関係者が12日、国会内で記者会見して抗議を表明した。
 即位儀式は憲法の政教分離規定に違反するとして「即位儀式・大嘗祭を国事行為・公的行為として行わない」よう求める首相あての署名約6200筆を内閣官房に提出したという。大嘗祭について「即位した天皇が神格化するとされ、宗教的な行為を多分に含む」と指摘。政府が即位儀式に関与せず、公金も支出しないよう求めた。
 一方、歴史学研究会や日本史研究会など歴史研究者や教育者らの4団体は7日付で「即位の礼・大嘗祭に反対し、天皇の政治利用を批判する」と題する声明を発表した。
 一連の即位儀式について「憲法の国民主権原理や政教分離原則に違反し、戦前の天皇主権体制への回帰、天皇制美化などの問題点がある」と指摘した。9日に皇居前広場で開かれた「国民祭典」など各地の「奉祝行事」についても「国民を天皇賛美に動員し、憲法の規定による天皇の役割を超えた政治利用」と批判した。(編集委員・北野隆一)

就活面接で「スカートはけ」 ハラスメント防止訴え 朝日新聞 11/13

社民、大嘗祭は欠席 吉川氏「政教分離に反する」 【時事通信】2019.11.12
 ○公明党の山口那津男代表は12日、天皇陛下の即位に伴う14、15両日の大嘗祭への党の対応について「政府、与党で取り組んでいくのが基本方針だ」と述べ、出席する考えを示した。首相官邸で記者団に語った。1990年の前回は宗教色を考慮して党として不参加を決め、所属議員が個人で出席するのは容認した。今回、機関決定はしないが、与党を担う立場から対応を変える。
皇位継承論議、先送り限界に=結論は棚上げか-安倍政権
 山口氏は「お招きいただいたそれぞれ(の議員)がきちんと対応する」と説明。最高裁による合憲判断に触れ、「そうした経過を踏まえながら対応していきたい」とも語った。
 一方、社民党の吉川元幹事長は記者会見で「(大嘗祭は)宗教的な儀式の要素が非常に強い。政教分離に反し、適当ではない」と述べ、党として欠席すると明らかにした。10月22日の即位礼正殿の儀の対応に関しては各議員の判断にゆだねていた。

郵政社長「NHKへの抗議、反省しない」 副社長に同調 【朝日新聞】2019.11.12
 ○かんぽ生命の不正販売を昨春報じたNHKに郵政グループが抗議していた問題で、日本郵政の長門正貢社長は12日の参院総務委員会で、NHK批判を繰り返す鈴木康雄副社長(元総務次官)と「意見は全く一致している」と述べた。これまで「反省する」と話したのは不正への対応が遅れた点だけだと説明し、鈴木氏の主張と足並みを合わせた。
 NHKは昨年4月の「クローズアップ現代+」でかんぽ問題を報じ、続報に向けて情報提供を募る動画を7月にネット上に掲載。だが、郵政側の抗議後に動画は削除し、続編は今夏まで報道しなかった
 長門氏は9月末の記者会見で「抗議より実態を調べるべきだったのでは」ときかれ、「深く反省する」と答えていた。一方、12日の総務委では「(放送後に)敏感に動いていればもうちょっと早く対応できたのかなということで反省すると申し上げた」とし、抗議を反省するわけではないと説明した。続けて答弁した鈴木氏も「(報道で)引用された長門の発言は、番組についての感想だ」と強調した。
 鈴木氏はNHKの動画や取材を指して「おかしいと今も思う」「まるで暴力団と一緒」と攻撃し、抗議は正しかったと主張。番組内容に対しても「(把握済みのことばかりで)新しいものはほとんどない」「従来通り対策を進めれば改善できると考えた」などと話している。
 かんぽ生命で顧客に不利益を与えた疑いのある契約は18年度の1年間が最も多い。NHKの報道後も十分な対策が講じられず、不正が拡大していた疑いが強い。(藤田知也)

 郵政株低迷、復興に影 売却益、「東日本」財源に充当 政府、売るに売れず 西日本新聞 11/13
 ○かんぽ生命保険やゆうちょ銀行の不正販売問題に端を発した日本郵政の株価下落が、東日本大震災の復興財源確保に影を落としている。政府はこれまで郵政株の売却益を財源に充ててきたが、今の株価では十分な売却益が得られないため、判断を先送り。かんぽ問題を受け、通常郵便物の土曜日配達を取りやめる郵便法改正案も今国会提出を見送った。株価回復につながる収支改善策は手詰まりで、国民の共有財産が目減りしていく。
 「国民共有の非常に大きな財産だが、足りない場合どうするかは改めて検討しなくてはいけない。知恵を巡らせるところだと思っている」。麻生太郎財務相は5日の衆院財務金融委員会で、政府が保有する郵政株の売却益が復興財源の目標額に達しない場合どうするのか問われ、こう述べるしかなかった。
 政府は現在、日本郵政の株式の約57%を保有。郵政民営化法は国の保有割合を「できるだけ早く3分の1超」まで下げるよう定めており、売却益は復興財源確保法で震災復興に充てることになっている。政府は2022年度までに4兆円程度を捻出する計画で、これまでに15、17年の2回、郵政株を売却し、約2兆8千億円を調達している。
 政府は4月、3回目となる追加売却に向けた準備を始めた。ところがその後、日本郵政傘下のかんぽ生命とゆうちょ銀の不正販売問題が明るみに出た。
 15年の上場時に1631円の初値を付けた郵政株は現在1012円50銭(12日)。不正販売を認めて謝罪した7月10日から16%下落した。政府が売却予定の株は約10億6千万株。1兆2千億円以上を確保するには、1株1200円に近い水準で売却しなければならない計算だ。
 増収に妙案はなく、予定していた経費削減も予定が狂った。不正販売問題を受け、総務省は郵便物の土曜配達を廃止する郵便法改正案の臨時国会提出を見送った。市場関係者は「将来的に600億円程度の収支改善効果が見込まれ、市場に好感が広がっていたのに」と語る。
 株価低迷を受け、追加売却に向けた政府の作業は事実上ストップ。三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジストは「日本郵政グループはガバナンス(企業統治)を含め、販売体制の抜本的な見直しを進めるべきだ。(改善策の中身が)投資家が信頼できる水準でないと、株価は上がらないと考えられる」と指摘する。 (飯田崇雄)
  ★誰が招いたことなのか?

【社説】【大学入学テスト】徹底的な検証が必要だ 【高知新聞】2019.11.12
 ○2020年度から始まる大学入学共通テストへの英語民間検定試験の導入がさまざまな批判を受けて見送られたばかりだ。
 国語と数学の一部でテストに取り入れられる記述式問題でも、採点の公平性などに課題があるとして見直しを求める声が教育関係者らから出ている。
 約50万人が受けるテストで、採点者により評価にブレが出る恐れがあるとの指摘が以前からあった。しかも20日に満たない短い期間で採点する必要がある。
 そうした問題を国会で追及された萩生田光一文部科学相は「(採点する)事業者には、質の高い採点者の確保と複数の視点による採点の実施を求めている」と説明した。だが、アルバイトを含めたさまざまな人が採点する可能性を認めている。
 アルバイトが入ることと採点者の質の問題はむろん直結しない。問題は短期間で大量の受験生の解答を公平に採点できるかどうかだ。
 英語の民間試験の際は、住む場所によって受験機会に違いが出たり、受験料が家計の大きな負担になったりするとして延期などを求める声が教員や受験生らから挙がった。
 文科省や萩生田氏は、そうした懸念や不安を真正面から受け止めずに、導入見送り決定までに時間がかかった。それによって最も影響を受けたのは受験生で、国語と数学の記述式問題でも同じだ。
 昨年11月の共通テストの試行調査では、記述式問題の自己採点と実際の成績とは国語で最大33%、数学でも最大14%のずれがあった。何を正解としたらいいのか。記述式の判断の難しさを物語る。
 共通テストは、従来の大学入試センター試験と同様に自己採点の結果で出願する大学を多くの受験生が決める。点数にこれほど違いが出ては志望校選びに影響するだけでなく、受験生の進路やその後の人生も変わる可能性がある。
 文科省は来年度からの導入を見送った上で、制度設計を含めて徹底的に検証する必要がある。
 英語の民間試験と試験への記述式問題などの導入は14年末、中教審が当時の下村博文文科相に答申した。知識偏重の入試から、思考力や主体的に学ぶ意欲を評価する選抜制度への転換という理念が掲げられた。
 そうした基本的な理念はいいとしても、民間試験を文科省がその後導入するに至った具体的な決定過程が不透明だ。
 非公開で行われた関連会議の議事録を基本的に公表する考えを萩生田氏は示している。記述式問題の導入についても、どういった検討がされたのか。国会などで詳しい検証を求めたい。
 最高学府の大学入試は、小中高校を含めた日本の教育全般の在り方とも深くつながる。制度が定まらなければ、子どもたちは翻弄(ほんろう)されるだけだ。教員や保護者、受験生らの意見を聞き、慎重に制度を再検討してほしい。

【社説】島根原発の防災訓練 課題は洗い出せたのか 【中国新聞】2019.11.12
 ○中国電力島根原発(松江市鹿島町)で起き得る重大事故に備え、防災訓練が行われた。島根、鳥取両県と松江など6市が19年ぶりに国と共同で開いた。訓練は3日間で、208団体延べ7600人が参加した。
 島根原発は全国で唯一、県庁所在地にあり、主な公的機関や人口が集中している。避難の対象になるのは30キロ圏内の46万人だ。うち実際の避難に参加したのは500人余りにすぎない。これでは住民のためと言うより行政のための訓練だろう。
 大きな混乱なく終わったというが、事故の想定も含めて果たしてこの訓練で良かったのだろうか。避難計画の実効性と合わせ、検証しなければならない。
 事故は、松江市で震度6強の地震が起き、島根原発の故障が重なって原子炉を冷やす機能を喪失し、放射性物質が外部に放出される想定だった。島根原発の近くには、中電が調査を重ねるたびに距離が長くなってきた宍道断層がある。その断層も想定に入れた地震なのだろうか。
 2号機の再稼働の可否を見極める新規制基準の審査の間だけでも、6年前の申請時に全長22キロだったのが39キロに延びた。事故も、もっとシビアに考えるべきかもしれない。
 国や県は、原発からの距離に応じた「段階的避難」を住民に浸透させたかったようだ。
 30キロ圏内のうち、まず5キロ圏内の1万人を避難させる。5~30キロ圏内の45万人は屋内退避してもらい、その後に逃げる。訓練の日程を5キロ圏の内外で分けたのもそのためである。
 訓練なら計画通りに進むかもしれないが、実際の事故時にもその通りになるだろうか。地震によって道路が寸断されるなど複合災害も当然考えられる。
 段階的避難では、住民は地元の自治体の指示を待って逃げることになる。危険なものから一刻も早く遠ざかりたいと思うのは人の本能だ。われ先にとパニックになってもおかしくはない。自治体からは、早くも不安の声が上がっている。
 ただ、屋内退避の方が被曝(ひばく)を避けられる場合もある。福島第1原発事故では、放射線の知識や事故の正しい情報がなかったため屋外の放射線量が高い時間帯に避難した住民がいた。また渋滞に巻き込まれれば、より多く被曝しかねない。
 段階的避難を行うには、屋内退避の意義をもっと広める必要がある。さらに国や自治体が情報を積極的に提供し、住民の安全を最優先に考える姿勢を示し続けることも重要だ。訓練もその一環でなければならない。
 避難計画では、46万人のうち広島県へ17万人、岡山県へ10万人が避難することになっている。今回の訓練でも、出雲市や松江市の住民がバスで受け入れ先の広島市や倉敷市に向かった。非常時の想定とはいえ、現実的で無理のない避難だろうか。参加者の声を計画に反映してもらいたい。
 自治体間のやりとりで避難計画を作るのは限界がある。国も責任を自覚し、計画作りに積極的に関わっていくべきだ。
 もう一つ懸念がある。訓練の実績が、島根原発2号機の再稼働に向けた流れを押し進めないかだ。むしろ計画の実効性は不十分で、解決すべき課題が多いことが浮き彫りになったと言わざるを得ない。

【社説】香港抗議デモ 中国の強権が深める亀裂 【信濃毎日新聞】2019.11.12
 ○香港で大規模なデモが始まってから5カ月が過ぎた。
 きのうは路上で抗議活動をしていた若者らに警官が実弾を発砲、けが人が出た。催涙弾を避けようとしてビルから転落したとみられる学生も死亡するなど緊迫した状況が続く。
 抗議デモは「反中国運動」の色合いを濃くしている。習近平指導部が圧力と介入を強めれば強めるほど、香港市民と中国本土の亀裂は深まるに違いない。
 香港のデモは、中国への容疑者引き渡しが可能になる逃亡犯条例案への反発から始まった。
 9月の条例案撤回後も、民主派は普通選挙の実施、警察の暴力を調べる独立委員会の設置、逮捕されたデモ参加者の釈放を求め、抗議行動を続けている。
 香港政府は10月、行政長官が議会手続きを経ずに必要な規則を設けることができる「緊急状況規則条例」の発動に踏み切り、デモ参加者のマスク着用を禁じる覆面禁止法を施行した。
 態度硬化の背景には「『一国』を堅持することが『二制度』の前提だ。挑発や国家分裂のいかなる行為も許さない」とする中国政府の強い意向がある。
 習指導部は、香港の民主派の抑え込みに向けた法整備を進め、共産党への忠誠心を育む愛国教育を強化する方針を固めている。現在は間接選挙で選んでいる行政長官を協議選出方式に変えることも検討中で、国家分裂行為を禁じる国家安全条例を制定するよう香港政府に迫ってもいる。
 こうした介入策が具体化すれば、やや縮小し始めている抗議デモは再燃するだろう。国家安全条例を巡っては、2003年に大規模な反対運動を招き、廃案になった経緯がある。
 香港では今月24日に区議会(地方議会)選挙が実施される。議席の7割を占める親中派に代わり、民主派が過半数をうかがう勢いという。既に民主派候補への妨害があらわになる中、習指導部の出方が気がかりだ。
 6月以降の逮捕者は3千人を超え、多数の死傷者が出ている。中国政府の意を受けた取り締まりは秩序回復どころか、かえって若者らの反感を高めている。
 習近平国家主席は、自由と人権を守るよう呼びかける各国の声に耳を貸さず、独自の価値システム構築を強調する。香港や台湾、新疆ウイグル、チベットのような多民族、多制度の地域を結ぶ「システム」とは何か。強権的な思想統一では禍根を残すだけだ。

【社説】幌延深地層研 これで判断できるのか 【北海道新聞】2019.11.12
 ○日本原子力研究開発機構・幌延深地層研究センター(宗谷管内幌延町)の研究期間を延長する新しい計画案に関する道と幌延町の確認会議が終了した。
 道と町は住民や議会の意見を踏まえ、年内にも計画案の是非をそれぞれ判断する運びだ。
 しかし、9月から計5回開かれた会議で、機構はセンターで行っている高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の地層処分研究を終了する条件を明確にせず、さらなる期間延長の可能性さえ示した。
 なし崩しで施設を使い続け、将来的に幌延を核の最終処分場にするつもりではないか。そんな疑念が深まった
 機構は延長の理由や必要性についても具体的な説明を避けている。これで道や町が判断を下せる環境が整ったとは到底言えない。
 研究終了と埋め戻しのスケジュールが確約されない限り、延長を認めるべきではない。
 2001年に始まった研究は、当初計画で期間を「20年程度」とし、機構と道、町が交わした3者協定に終了後の施設閉鎖と坑道の埋め戻しを明記した。
 新しい計画案は28年度までをめどに延長すると読めるが、具体的な終了時期を記していない。
 協定をほごにする内容で、明らかな約束違反である。有識者を交えた確認会議で、延長期間と終了を判断する方法が主な論点になったのは当然といえる。
 だが、機構側は研究終了のめどについて「現時点で示せるものはない」、延長理由も「外部委員会の評価などを踏まえた結果」などとあいまいな答えに終始した。
 何も説明しないまま再延長にまで言及した。それなのに、行司役の道は「確認すべき部分は確認できた」と総括した。あまりに形式的と言わざるを得ない。
 一方で機構は、岐阜県瑞浪(みずなみ)市の超深地層研究所は本年度で研究を終了し、22年1月までの埋め戻しを決めた。
 岐阜県が機構に期限順守を繰り返し求めたのに対し、道は「研究の着実な推進」を国に陳情してきた。地元の姿勢の違いが対応の差につながったのではないか。
 都道府県で唯一、核のごみの持ち込みは「受け入れがたい」と宣言した条例を持つ道は、もっと毅然(きぜん)とした態度で臨んでほしい。
 道は月内に札幌市と幌延町で住民説明会を開くほか、12月5日まで意見を募集する。この中で新たな疑問が出てくるだろう。その回答を得てから判断するのが筋だ。

【社説】議事録記載せず 異論を排除する異様さ 【東京新聞】2019.11.12
 ○政府の検討会議で有識者が述べた意見の一部が、議事録に記載されていなかった。政府方針と異なる内容だ。都合の悪いことは公の記録から排除する安倍政権の異様な体質を指摘せざるを得ない。
 不記載が明らかになった議事録は、政府が九月二十日に開いた全世代型社会保障検討会議の初会合のもので、十月四日に首相官邸のホームページで公開された。
 一定以上の収入がある働く高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度について、政府は高齢者の働く意欲を損なっているとして見直しが必要としているが、有識者メンバーとして出席した中西宏明経団連会長は「経営者から見ると意欲を減退させることはない」などと発言した、という。
 しかし、中西氏の発言のこの部分は議事録に記載されておらず、「(制度見直しによって年金財政が悪化するなどの)財源の問題もあるので、慎重に検討した方がいいのではないか」と述べた箇所だけが記されていた。
 経団連側は異論部分の記載を要望したが、政府側は応じず、経団連側も最終的に了承したという。
 国会審議に限らず、政府の審議会や諮問会議、検討会議など政策決定に関わる会議での発言内容を正確に残すべきは当然である。
 さもなければ、その政策決定が正しかったかどうか、後々、検証できないからだ。会議の主宰者にとって都合のいい発言だけを残すのなら、議事録の体をなさない。
 政府はなぜ中西氏の発言を議事録に記載しなかったのか。明確な理由は説明されていないが、政府の方針に反する発言を排除したと批判されても仕方があるまい。
 政権にとって都合の悪い記録を廃棄したり、改竄(かいざん)するのは、中西氏の発言にとどまらない。
 例えば、アフリカ・南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊は現地での「戦闘」や「激しい銃撃戦」を日報で報告。政府は治安悪化を認識しつつも派遣期間を延長し、日報の情報公開請求にも当初、廃棄済みを理由に不開示としていた。
 森友学園への国有地売却を巡る決裁文書では、安倍晋三首相や昭恵夫人、麻生太郎副総理兼財務相らの名前が削除されるなどの改竄が行われていた。
 中西氏の発言不記載も、これまでと同様、首相らに対する官僚の忖度(そんたく)なのか。背景に、政権への異論を排除し、首相の意向一色に染め上げる政権の体質があるとしたら、限りなく根は深い。
  ★法の支配を裏切り、人の支配に堕す!安倍政権。

【社説】セクハラ告発 音楽界の対応に学ぶ 【東京新聞】2019.11.12
 ○音楽の秋たけなわ。有名なオーケストラの来日など話題の公演が続き、愛好家の心も弾む頃だが、一方では華やかな舞台に影が落ちている。大家が次々に消えていくのだ。理由は、セクハラ告発。
 二〇一七年。著名な指揮者のシャルル・デュトワ氏が女性音楽家たちにセクハラを繰り返していたと報じられ、米ボストン交響楽団などは契約を打ち切った。
 翌一八年には、世界有数のオペラハウス、米メトロポリタン歌劇場が名誉音楽監督のジェームズ・レバイン氏を解雇。複数のセクハラを長年行っていた疑いが報道され、調査の結果「信頼できる証拠」が見つかったという。
 さらに今年は「三大テノール」として盛名をはせた歌手のプラシド・ドミンゴ氏。女性歌手やダンサーら三十人以上の被害が報じられ、長年務めた米ロサンゼルス・オペラの総監督を辞任した。
 音楽家が一人また一人と舞台を去るハイドンのユーモラスな交響曲「告別」さながらの光景だが、こちらは笑ってはいられない。クラシック音楽界で「公然の秘密」とされてきたスターの不祥事が、音楽という芸術への尊敬さえ損ないかねない事態となっている。
 音楽家をはじめ芸術家は、社会に新しい美意識や価値観をもたらす存在だ。既存の規範やモラルによって過度に縛るようなことは避けたいが、美しい音楽を奏で、見事な舞台をつくり出す人々に寄せるファンの敬愛の念を自ら傷つけるような言動は慎んでほしい。
 一時代を築いた人たちが、醜聞で消えていくことは惜しまれる。だが米映画界を端緒としたセクハラ告発の「#MeToo」運動の広がりに音楽界も呼応し、著名な大家でも許されないと決断した意義は大きい。また、被害者の訴えを音楽関係者が見過ごさず、事実の調査や契約の打ち切りにまで踏み込んだ対応にも学びたい。
 この問題ではドミンゴ氏が予定していた東京五輪・パラ大会の公式文化プログラムの出演を辞退するなど、日本にも影響が広がる。国内でも、音大でのセクハラがたびたび問題になってきたし、視野を広げれば、被害を防ぐための国の対応も遅れている。
 先に来日した国際労働機関(ILO)のライダー事務局長は、本紙の取材に対し、職場でのパワハラやセクハラを禁じる国際条約を日本が批准するよう求めた。だが政府の対応は鈍い。政府には海外の動向や潮流を踏まえ、条約を早く批准するよう求めたい。

【社説】経済対策取りまとめへ 景気よりも防災に重点を 【毎日新聞】2019.11.12
 ○政府が新たな経済対策の取りまとめに着手した。安倍晋三首相が指示したもので、自然災害と景気悪化に備えた対応が柱である。
 政府の支出は4兆円から5兆円規模に上るとの見方がある。来月中に策定し、今年度の補正予算案と来年度の当初予算案に盛り込むという。
 だが、1000兆円を超す借金を抱えているのに、景気対策と称して必要性の乏しい支出で予算を膨らませるのは禁物だ。効果的な防災事業に重点化することが必要だ。
 台風19号は広範囲に甚大な被害をもたらした。堤防強化など必要な対策はきちんと講じるべきだろう。
 ただ、与党では、国土強靱(きょうじん)化を旗印に公共事業の拡大を求める声も強まっている。景気対策の役割も持たせる狙いだ。だが、それでは不要不急の事業が紛れ込みかねない。しっかり精査すべきだ。
 防災以外の景気対策は、必要性に疑問を抱かせるものが多い。
 具体的な検討項目は、消費増税対策として行っているポイント還元の拡充や、中小企業支援、訪日客拡大に向けたインフラ整備などである。
 首相は対策の目的について、米中貿易戦争などを念頭に「海外発のリスクへの対応」と説明している。
 経済が悪化しないよう、目配りすることは大切だ。しかし、政府は「景気は緩やかに回復している」との認識を変えていない。増税の影響が限定的とみているからだ。それなのに対策を打つのは矛盾している。
 政府は既にポイント還元のほか、自動車や住宅を買う際の減税など、消費増税分を帳消しにするほどの対策を講じている。増税は本来、将来世代への無責任なつけ回しを減らすのが目的だ。これ以上の景気対策はつけをますます増やしてしまう。
 危機的な財政状況にもかかわらず、安倍政権は100兆円を突破する今年度当初予算を編成するなど歳出規模を膨張させてきた。
 財政出動は景気を一時的に刺激するだけで、借金を増やして終わる場合が多い。首相は3年前も世界経済の危機を強調し、大型対策に踏み切った。だが世界経済は危機に陥らず日本の財政はさらに悪化した。
 政府の借金は当時に比べ、もっと膨らんでいる。さらに大盤振る舞いする余裕はどこにもないはずだ。

大賞に毎日、中日新聞など 早稲田ジャーナリズム大賞 【時事通信】2019.11.11
 ○早稲田大は11日、第19回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」の選考結果を発表した。大賞は、公共奉仕部門で毎日新聞の「公文書クライシス」、草の根民主主義部門で中日新聞の「調査報道『呼吸器事件』 司法の実態を告発し続ける連載『西山美香さんの手紙』」、文化貢献部門で佐々木実さん著書「資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界」が選ばれた。
 奨励賞は、公共奉仕部門で琉球新報の「県知事選などを巡るファクトチェック報道とフェイク発信源を追う一連の企画」、文化貢献部門でTBSラジオとRKB毎日放送の「報道ドキュメンタリー『SCRATCH 差別と平成』」。贈呈式は12月3日。

「政治批判、欧米では問題にならない」 ウィーン芸術展公認撤回で会田さん 【東京新聞】2019.11.11
 ○日本とオーストリアの国交百五十年記念事業として首都ウィーンで開催された芸術展で日本政府側の公認が撤回された問題で、出品している美術家会田誠さん=写真=は十日、東京都内で開かれたイベントで「欧米では(アーティストの)政治批判やパロディーは問題にならない」と話した。
 出品作を巡っては、会田さんが安倍晋三首相を思わせる人物に扮(ふん)し、歴史問題に関して中国や韓国に謝罪している場面などが、インターネットで批判された。会田さんはイベントで共同通信の取材に応じ、作品は欧米の近代文化に対し、日本の美術家が疑問を呈した作品だとし、批判された場面は「目的ではなく、流れの中での表現」だと説明した。
 公認取り消しの理由について、在オーストリア日本大使館は今回の展示の内容が「友好的ではない」などとしている。会田さんは「表面的な『友好』ではなく、物事の複雑さやジレンマを表現するのが現代アートのアーティストだと思う」と語った。

警察、至近距離から発砲 香港の抗議活動、激化必至 【東京新聞】2019.11.11
 ○【香港=浅井正智】香港の抗議活動で、警官の発砲による三人目の負傷者が出た。香港では警察への憎悪が高まっており、今回の事件で抗議活動がさらにエスカレートするのは確実だ。
 香港メディアの映像は、白シャツに黄色いベストの警官が、横断歩道でデモ参加者の男性と組み合っている際、歩道から近づいてきた黒シャツでマスク姿の男性に対して、数メートルの至近距離からいきなり発砲した緊迫した様子を映し出している。撃たれた男性は直後に起き上がろうとしている。香港メディアは警官が実弾三発を撃ったと報じている。
 警官の発砲で負傷者が出たのは、十月一日と同四日に次いで三人目だ。警察当局はその都度、「警官は生命の脅威に直面しており、発砲は合理的かつ合法的だ」と正当化した。
 しかし今回の映像を見る限り、近づいてきた黒シャツの男性は鉄パイプのようなものも何も持っておらず、警官に生命の危機が迫っていたとは到底言えない。
 中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席は四日、香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官に「(香港の)暴力と混乱を止め、秩序を回復することが最優先課題だ」と取り締まりの強化を求めており、それに基づいて警察の対応が一層強硬になっている可能性がある。

安倍首相の総裁任期延長も 自民・甘利氏 【時事通信】2019.11.11

桜を見る会に後援者らを多数「公私混同だ」 【日テレ】2019.11.11

【動画】警官、若者2人を実弾で撃つ 香港・抗議デモ 【毎日新聞】2019.11.11
 ○政府への抗議デモが続く香港で11日朝、デモ隊と警官隊の衝突が起き、若者2人が警官に実弾で撃たれた。香港公共放送RTHKなどが報じた。2人のけがの程度は不明。香港各地では10日夜から11日朝にかけて、断続的に若者らと警官隊の衝突が起きている。
<香港大学生死亡 警察、発砲認め因果関係は否定 若者ら厳重抗議>
<香港デモ「勇武派」横行しても失速しないわけ>
<香港で民主派リーダー襲撃される 警官も標的に>
<香港行政長官の「任免制度を改善」する方針> 林鄭氏進退に影響か 中国・4中全会
【動画で解説】香港デモはなぜ起きた?
 現場は香港島東部の西湾河地区。香港メディアが報じた銃撃現場とされる映像によると、警官が白い服を着た若い男性に拳銃を突きつけて脅し、取り押さえようとしてもみあいになった。これを制止しようと、覆面をした黒い服装の若者が近付いたところ、警官が腹付近に向かって発砲。さらに警官は駆け寄ってきた若者らに向けて2発、発砲した。このうちの一人に命中したとみられる。
 香港では今月4日のデモ参加中にビルから転落した大学生(22)が8日、死亡。警官隊が放った催涙弾を避けようとして転落したとして、若者らは警察への「報復」を呼び掛けていた。また、11日は朝から全土で大規模な抗議ストライキが行われていた。
 中国の習近平国家主席が4日に香港政府トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官と会談した際、「法律に基づく暴力活動の制止と処罰」を要求。これを受けて、香港警察がデモ隊に対してこれまで以上に強硬姿勢に出た可能性がある。
 香港では10月1日に高校生(18)が左胸を実弾で撃たれ、一時危篤状態に陥った。また10月4日にも少年(14)が私服警官に左足を撃たれ重傷を負った。【台北・福岡静哉】

双子ベビーカー「たたまなければ乗車ダメ」名古屋市回答にネットで批判 毎日新聞 11/11
 ○名古屋市は11日、「双子用のベビーカーに子どもを乗せたままバスに乗れないのか」との問い合わせに、市交通局が誤って「折りたたまなければ乗車できない」と回答したと明らかにした。インターネット上には乗車拒否されたとの投稿が広がっており、市が現場で不適切な対応がなかったかどうか調べている。
 市によると、同市北区の営業所に4日、女性から電話があり「全てのバスで折りたたむ必要がある」と伝えた。実際には2013年から混雑時を除き、大型バスでは双…
  ★誤っては、本当だろうか?

香港警察が実弾3発発砲 デモ参加の10代若者2人けが 【テレ朝】2019.11.11

ANN世論調査 “国語記述式”問題 5割近く否定的 【テレ朝】2019.11.11

自民 稲田幹事長代行 皇位の男系継承堅持すべきという考え強調 【NHK】2019.11.11
 〇皇位の継承をめぐって、自民党の稲田幹事長代行は、伝統は一度壊したら二度と戻すことはできないとして、男系による継承を堅持すべきだという考えを強調しました。
 自民党の稲田幹事長代行は新潟県南魚沼市で講演し、皇位継承について、「2000年以上つなげてきた積み重ねは、一度壊したら二度と戻すことはできない。今までに8人の女性天皇がいらっしゃるが、全員男系だ。女系にすると『皇室の正当性を失った』との批判が出るのではないか」と述べ、男系による継承を堅持すべきだという考えを強調しました。
 さらに、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家の創設についても、「女性皇族の皆さんに、結婚しても、公務やいろいろな事柄に携わっていただきたいと思っているが、女性宮家を作って、お子様ができ、その方が即位するとすれば女系の天皇になる。女性宮家というのはそういう危険性をはらんでいる問題なので慎重に議論すべきではないか」と指摘しました。
  ★女性宮家否定、男系男子継承に固執。男尊女卑、性差別肯定。市民平等否定の思想❕❕ 市民社会とあまりに乖離、否定するしかない。
 素も素も、現行の、象徴天皇制に、性差別は必要ない。 日本国憲法とも相容れない。

オスプレイ配備に反対集会、佐賀 約230人が「要らない」 【琉球新報】2019.11.11
 ○陸上自衛隊の輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画に反対する集会が10日、佐賀市内で開かれた。主催者発表で約230人の参加者が「NO!!オスプレイ」と書かれたプラカードを掲げ「佐賀空港にオスプレイは要らない」と声を張り上げた。
 集会は労働組合などでつくる団体が主催した。国民民主党の原口一博衆院議員が講演し、防衛省が配備計画の理由に掲げる沖縄県・尖閣諸島を巡る中国との緊張の高まりを念頭に、軍事ではなく国際法に基づいて解決すべきだと指摘した。
 参加者は集会後にデモ行進し、「子どもの未来にオスプレイ要らない」とシュプレヒコールを上げた。

ボリビアのモラレス大統領、辞意表明 軍と警察の要求受け 【AFPBB】2019.11.11
 ○【11月11日 AFP】(更新)先月行われた大統領選で4選を果たした南米ボリビアのエボ・モラレス(Evo Morales)大統領が10日、辞意を表明した。モラレス氏の再選をめぐり不正疑惑が浮上する中、ボリビアでは3週間にわたって抗議デモが続き、軍と警察もモラレス氏への支持を撤回するに至った。
 この日の政局の動きは激しかった。選挙の監査を実施した米州機構(OAS)が、技術面、投票の管理面、開票結果の整合性、統計面など、検討したほぼ全ての側面で不正行為があったと報告。大統領選のやり直しを勧告した。
 これを受け、モラレス氏はいったんはテレビ演説で、大統領選のやり直しを約束。しかし、ボリビア軍のウィリアムズ・カリマン(Williams Kaliman)最高司令官は記者会見を開き、「和平と安定の維持をもたらすため、われらがボリビアのために、大統領に対し職を辞するよう」迫ったことを明かした。続いて警察長官もモラレス氏に辞任を要求した。さらに複数の閣僚や高官がモラレス氏への不支持を表明。モラレス氏はついにテレビ演説で、「大統領の職から辞する」と述べた。
 モラレス氏の辞任を受けて、政府所在地ラパス(La Paz)では直ちに市民が路上に繰り出し、爆竹を鳴らしたり、赤、黄、緑の国旗を振って歓喜したりした。
 大統領選でモラレス氏の対抗馬として争ったカルロス・メサ(Carlos Mesa)元大統領は、「ボリビア国民は教訓を世界に示した。明日ボリビアは新しい国家になる」と語った。
■モラレス氏は亡命へ?

 モラレス氏はコカの栽培農家出身で、2006年に大統領に就任。同国初の先住民出身の大統領となった。
 10月20日の大統領選では僅差で勝利を宣言し、4期目に入ったが、野党が開票時に不正があったと指摘し、その後3週間にわたり抗議デモが続いていた。デモでは3人が死亡し、数百人が負傷した。
 市民がシュプレヒコールを上げる中、モラレス氏は選挙のやり直しを表明したが、国民の怒りを抑えるには至らなかったとみられる。
 辞意表明の演説を行うにあたり、モラレス氏は政治キャリアの原点だったボリビア中部コチャバンバ(Cochabamba)県のチャパレ(Chapare)地方へ飛行機で移動した。
 一方、左派のモラレス氏と長期的に協力関係にあったキューバとベネズエラの政府は、「クーデター」だとして非難した。
 ボリビアのソーシャルメディア上では、モラレス氏が出国するのではないかとの臆測が流れており、行き先として中道左派政権が誕生したばかりのアルゼンチンの名が挙がっている。また、メキシコ外相は、モラレス氏の亡命を受け入れると発表している。ボリビアの政府高官や議員ら約20人は、ラパスにあるメキシコ大使館へ避難しているという。(c)AFP/Francisco JARA

長野県 台風19号でツイッターの救助要請収集 約50件救助に 【NHK】2019.11.10
 ○台風19号による豪雨で千曲川が氾濫した長野県。当時、県はツイッターに投稿された救助要請を独自に収集し、およそ50件の救助につなげていたことが分かりました。
 長野県では先月13日の未明に発生した千曲川の氾濫によって多くの住宅が浸水し、住宅に取り残された人などから119番通報が相次いだほか、ツイッター上にも救助を要請する投稿が相次ぎました。
 長野県には防災情報の発信に使う公式のツイッターのアカウントがありましたが、当初は救助要請の情報を収集するツールとして使うことは想定していませんでした。
 しかし救助要請に関する情報が多く寄せられたことから、先月13日の朝から急きょ、「救助が必要な方は写真や位置が分かる情報を『#台風19号長野県被害』をつけてツイートしてください」と呼びかけました。
 当時、長野県庁では6人の職員が専属でツイッターでの情報収集にあたり、職員が投稿をした人と直接やり取りするなどして災害対策本部の被災情報を共有するシステムに入力していきました。
 この情報が現場で救助にあたっている消防や自衛隊などに伝わり、長野県によりますと、およそ50件の投稿が実際の救助につながったということです。
 ツイッターでの情報収集を指揮した長野県危機管理防災課の窪田優希さんは「当時、かなりの救助要請が投稿されていたので、一件一件丁寧に対応していかないと救助の遅れにつながると危機感を覚えました。より大きな水害や地震の際には、被害が広範囲に及ぶ中で救助要請の情報をどう正確に収集するのか課題も多いので、今後、ツイッターの活用方法をしっかりと議論していきたい」と話していました。

 ツイッター上の実際のやり取りは
 当時、ツイッター上に投稿されていた救助要請や、長野県の職員と投稿した人との詳しいやり取りの一部です。
 救助要請の投稿として、「1階浸水で老夫婦とネコが2階から動けません」とか、浸水した建物の屋根の上に取り残された父親を心配する家族から「父親が全身びしょぬれで凍えているそうです。一刻も早く救助よろしくお願いいたします」などといった内容が寄せられていました。
 投稿の中には救助を求めている人の詳しい住所や人数、まわりの浸水状況など詳細が分からない場合もあり、長野県の職員が投稿をした人とツイッター上でやり取りをして、救助に必要な情報を聞き取っていたということです。
 このうち、「妊婦さんが救助を待っている」という投稿に対しては「ヘリでのホイスト救助の可能性に当たり、大変申し訳ないのですが、妊娠何か月かをお伺いしてよろしいでしょうか」とのやり取りがされていました。
 長野市消防局によりますと、千曲川が氾濫した10月13日に寄せられた119番通報はふだんの8倍ほどにあたる540件余りに上り、119番がつながりにくかった時間もあったということです。
 さらに消防では119番通報を受けた際、「救助要請が相次いでいて、すぐに救助に行けるか分からない」と伝えていたことから、ツイッター上で救助要請を投稿する人が相次いだとみられます。
 長野県危機管理防災課の窪田優希さんは「救助が来ずに不安そうなツイートをする人に対しては、『必ず助けにいく』と強いことばで伝えて相手を気遣うようにして対処した。多くの人の救助につなげることができてよかった」と話していました。

 実際に助けられた被災者は
 ツイッターで長野県に救助要請を行ったことで、実際に助けられた被災者を取材することができました。
 千曲川の堤防が決壊した地域の近くに住む中村節子さん(71)は自宅の1階部分が水につかって夫とともに2階に取り残され、救助されました。
 節子さんは千曲川が氾濫したあとの先月13日の午前5時ごろ、玄関まで水が入ってきているのを確認したということです。
 当時、節子さんは隣町に住む長女の望月ゆかりさん(51)に「水が入ってきていて、一緒に食べようとしていた夕飯は難しい」と電話で伝えたということです。
 それから瞬く間に家の中に水が流れ込んで、1階部分はほぼ完全に水につかり、2階に夫とともに取り残されました。
 娘のゆかりさんは母親の節子さんとしばらくスマートフォンでメッセージのやり取りをしていましたが、ことばの数が少なかったうえ、ニュースで被災者が救助される様子を見て不安に思い、午前9時ごろ、ツイッターで両親の救助を呼びかけました。
 当時のツイッターでは「私の両親が食べ物も無く、下に下りられない。救助してもらえないか」と投稿しています。
 このツイートが拡散したことで、長野県の防災アカウントでも把握され、県はゆかりさんたちと住所など詳しい状況のやり取りを行いました。その結果、両親はボートで救助されました。
 娘の望月ゆかりさんは「誰に救助を求めればよいのか分からなくなっていて、わらをもすがる思いだった。住所などの個人情報を発信するという不安はあるが、SNSで救助を要請する方法はあってもいいのではないか」と話していました。
 救助された母親の中村節子さんは「こんなに水が来たのは初めてで死も覚悟しました。このような形で助かって感謝しかありません」と話していました。

 専門家「これまでない取り組みだ」
 救助要請を投稿した人とやり取りをして情報を収集し救助につなげた長野県の取り組みについて、災害時のSNSの活用に詳しい専門家は「これまでにない取り組みだ」と評価する一方、「情報収集する職員を確保できるかは自治体にとって大きな課題だ」と指摘しています。
 東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔 准教授によりますと台風19号が日本に接近していた10月12日から14日の3日間で、ツイッター上で「#台風19号長野県被害」というタグ付けで投稿されたのは全体で2000件以上に上っていたということです。
 特に千曲川の堤防が決壊したあとの13日の朝は救助を求める内容の投稿などが急増していました。
 長野県の取り組みについて佐藤准教授は「#台風19号長野県被害」とハッシュタグを指定して投稿を呼びかけたことで集めたい情報が限定できたと指摘しています。
 さらに複数の職員が専属で情報を収集したことが効果的だったとしたうえで、佐藤准教授は「職員が投稿した人と双方向でやり取りすることで必要な情報を集められたことが実際の救助につながったとみられる。災害時のSNSの活用ではこれまでにない取り組みだ」と評価していました。
 一方で、佐藤准教授は同じような取り組みを各地の自治体で行うにはまだ課題があるとしています。
 佐藤准教授は「ツイッターの情報を収集しやり取りするには、それなりの数の職員が必要で、多数の災害対応がある中で人員を確保できるかは自治体にとって大きな課題だ」と指摘しています。

安倍首相「全国知事会で熱心な改憲議論に敬意」 【産経新聞】2019.11.11
 ○安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、官邸で開かれた全国都道府県知事会議で、党の改憲4項目に盛り込まれている合区解消に関し「わが国の地方自治は、地方自治を保障した憲法の下で大きく発展してきた」とした上で「全国知事会で熱心に憲法改正について、議論し、検討いただいていることに対し、心から敬意を表したい」と述べた。宮城県の村井嘉浩知事の質問に答えた。
 村井氏は「そもそも合区解消の根底には、現行憲法では地方自治の規定がわずかしかなく、あまりに抽象的であることだ。全国知事会はより具体的に規定すべきとの決議をとりまとめている」と指摘した。「内閣としても国家の最高法規である憲法をわれわれの主張を取り入れた形で改正し、こうした理念をしっかり具現化してほしい」とも述べた。おく
  ★それは、政権政党、政府が、地方を強くしたくないから、手抜きしてきた結果ではないか。具体化、法制化して来なかった。陳情、依存するだけの存在に!?地方自治体。

奈良県が投票先など問う調査 専門家からは問題だという指摘も 【NHK】2019.11.11
 ○奈良県が有権者を対象に行った政治に関する意識調査で、先の参議院選挙や奈良県知事選挙の投票先や、特定の政治家や政党に対する好感度などを尋ねていたことがわかりました。専門家からは、行政がこうした調査を行うのは問題だという指摘も出ています。
 奈良県は先月から今月にかけて、無作為に抽出した県内の18歳以上の2000人の有権者を対象に、調査用紙に無記名で回答してもらう形式で、政治に関する意識調査を初めて実施しました。
 質問は36項目にわたり、性別や年齢、職業などに加え、ことし7月の参議院選挙や4月の奈良県知事選挙、奈良県議会議員選挙での投票先を尋ねています。
 また、安倍総理大臣や奈良県の荒井知事、それに大阪維新の会と、いわゆる「大阪都構想」などにどの程度、好感を持っているかについても質問しています。
 奈良県は「地方政治に関心を高めてもらうための基礎的なデータとして活用したい。個人が特定できないよう統計処理をするので問題はない」としています。

 一方、政治意識に詳しい埼玉大学の松本正生教授は「特定の政治家や政党のいわば支持率を県が調査するのは問題で、投票の秘密などが守られるのかという懸念もある。行政がこうした調査を行うケースはきいたことがなく、何が目的なのか疑問が残る」と指摘しています。
 奈良県は、来年3月に今回の調査結果を公表するとしています。

IS戦闘員を国外追放 欧米出身者の送還開始―トルコ 【時事通信】2019.11.11
 ○【エルサレム時事】トルコ内務省報道官は11日、同国で収監されていた過激派組織「イスラム国」(IS)の米国人戦闘員1人を国外に追放したと述べた。ドイツ人1人、デンマーク人1人についても同日中に退去させる方針という。アナトリア通信が伝えた。このほか欧州出身の20人以上が近く強制的に出国させられる見通し。
 トルコはISの外国人戦闘員ら1200人近くを拘束しているとされ、ソイル内相は8日、出身国への送還を11日に始めると表明していた。11日の3人とは別にフランスやドイツなどの出身者について手続きを進めており、一部は14日にも追放するという。

【社説】止まらぬ首相のやじ 民主主義が壊れかねない 【琉球新報】2019.11.11
 ○安倍晋三首相が国会で、閣僚席から再三やじを飛ばしている。本来、議員や国民の模範となるべき立場にいるはずだが、首相の振る舞いは過去にも問題になってきた。憂うべき事態である。
 安倍首相は6日の衆院予算委員会で、質問する無所属の今井雅人氏に対し、自席から指をさしながらやじを飛ばした。議場は騒然となった。
 今井氏は加計学園問題について質問し、萩生田光一文部科学相の関与をうかがわせる文書を示し「文科省の方が書いた文書か」と追及した。今井氏によると、首相は「あなたが(文書を)作ったんじゃないの」とやじを飛ばした。
 今井氏は発言の取り消しや謝罪を求めた。首相は「座席から言葉を発したことは申し訳なかった」と謝罪したが、発言の取り消しには応じなかった。一方で発言に関して「誰が書いたか分からないということを申し上げた」と説明している。苦しい釈明だ。
 加計学園問題では2017年、官房副長官だった萩生田氏が「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」と発言したとされる文書が文科省内で確認されている。首相自身の関与が取り沙汰された問題である。やじは極めて不誠実で、不遜な態度だと言わざるを得ない。
 首相のやじには野党が強く反発したほか、与党からも苦言が出た。当然のことだ。
 世耕弘成自民党参院幹事長は首相のやじについて「謙虚で丁寧な姿勢でしっかりと答弁してほしい。常にカメラの向こうには国民の目があると意識することが重要だ」と指摘した。衆院予算委の棚橋泰文委員長は委員会後、「閣僚席からの不規則発言は慎んでほしい」と求めた。
 首相側近からもいさめられたことは、恥ずべきことである。だがあろうことか、首相は8日にも参院予算委員会で質問する立憲民主党の杉尾秀哉氏に「共産党」とやじを飛ばした。またも相手を指さしながらだ。品格、見識がみじんも感じられない。
 首相は過去にも国会で何度も感情をむき出しにしたり、やじや不規則発言をしたりして審議を紛糾させた。発言撤回や謝罪に追い込まれたこともある。にもかかわらずその姿勢は改まらない。常習性があると言ってもいい。
 今国会では就任直後に辞任した2閣僚を巡り議論が集中しているが、首相は「行政を前に進めることが国民への責任だ」「本人たちも今後説明すると述べている」と逃げの答弁に終始している。2人に対する任命責任はおろか、説明責任も果たしていない。
 一方では自らに批判的な立場の議員を嘲笑(ちょうしょう)し、不都合な意見には耳を傾けようとしない。このような状況を放置しておけば健全な民主主義は壊れかねない。国会は強い危機感を持ち、自由で闊達(かったつ)な議論を妨害しかねない、やじや不規則発言には厳正に対処することを申し合わせるべきだ。

【社説】[強まる表現への圧力]多様性尊重し分断防げ 【沖縄タイムス】2019.11.11
 ○ 民主政治を支える最も重要な権利の一つである「言論・表現の自由」が、さまざまな圧力にさらされ、危機にひんしている。
 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に対し、文化庁は交付予定の補助金を全額交付しないことを決めた。
 オーストリアの首都ウィーンで、日本との国交150年の記念事業として開かれている芸術展についても日本大使館が公認を取り消していたことが分かった。安倍晋三首相を思わせる人物が歴史問題で謝罪する様子を表した動画や原発事故をテーマにした作品にクレームがついたという。
 日本軍「慰安婦」問題をテーマにしたドキュメンタリー映画「主戦場」は、映画祭を共催する川崎市から「懸念」が伝えられ、いったん上映中止となったが、映画人や市民の猛反発を受け映画祭最終日に無料上映された。
 歴史の歯車が逆回転し始めたような、憂慮すべき事態だ。
 これらの動きには二つの共通点がある。その内容が「反日的」だとみなされていること、インターネットの会員制交流サイト(SNS)で取り上げられ、リツイートされて拡散していること、である。「電凸(でんとつ)」と呼ばれる電話による匿名の脅迫や嫌がらせで行政を動揺させ、中止に追い込むというケースが常態化しつつある。
 公的施設での講演会が中止になったり、講師が土壇場で差し替えられたりするケースも目に付く。
 「嫌韓感情」に基づくヘイトスピーチの拡散もネット上での執拗(しつよう)な攻撃という点で共通点がある。
■    ■
 「反日分子」という言葉は戦前、よく使われた。敗戦によって死語になったと思ったら、いつのころからか息を吹き返した。
 「反日」という言葉は従来、外国人の反日感情のことを指していたはずだが、「反日左翼」「反日マスコミ」などのように対象範囲が拡大し、今や一部週刊誌、ネット上には「反日」という言葉があふれかえっている。
 国際芸術祭のいわゆる慰安婦像や、映画「主戦場」を観て、雑誌やネットなどで批判するのは何の問題もない。
 だが、脅迫や脅しなどで中止に追い込んだり、担当者に陰湿な攻撃を加えるような状況は明らかに度を越している。
 このような状況が放置されれば、生き生きとした自由な言論は確実に失われる。
 今こそ戦前の経験から学ぶべきだろう。
■    ■
 アメリカ合衆国憲法の修正第1条は「思想、表現、信仰の自由」を掲げている。この条項を第1条に持ってきたのは、それが最も大切な憲法の中核理念だからである。
 日本国憲法も第21条で「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由」を保障している。だが、憲法で保障されているというだけで、表現の自由を実現することはできない。
 政府批判の自由がなければ表現の自由は成り立たない。表現の自由がないところに民主政治は育たない。

【社説】香港で市民弾圧激化 第2の天安門を危惧する 【琉球新報】2019.11.10
 ○香港情勢がますます混迷を深めている。市民の抗議活動が行われていた際、現場近くのビルから転落した男子大学生が死亡した。また香港警察は立法会(議会)の民主派議員3人を拘束し、さらに4人を拘束する方針という。
 大学生がデモに参加していたかどうかは不明だが、犠牲者が出たことによって抗議活動は激しさを増すだろう。香港政府側が強硬姿勢を示せば示すほど市民の反発を招くのは、5カ月も続く混乱が証明している。事態収拾の責任は香港政府にある。
 大学生の死に関し、デモ隊側は、警官隊が発砲した催涙弾を避けようとして落下した疑いがあると主張する。一方、警察は当初、転落現場は催涙弾を発射した場所から離れすぎているとして因果関係を否定したが、その後、現場近くで催涙弾を発射したことを認めた上で、「転落と関係があるかどうか調べる」と言を翻した。
 転落現場には千人以上の市民が訪れ、各地で追悼集会が開かれている。立法会の民主派議員は声明で「デモの現場で命を失う人が出たのは初めてだ」と非難した。市民の反発は強まる一方だ。
 さらに24日に行われる区議会選を前にして、立法会の民主派議員を拘束する策に出た。区議会選は民主派が議席を伸ばすとみられる。当局は立候補している4議員を含めて民主派の議員を狙い撃ちしたのか。5月に開かれた「逃亡犯条例」改正案を巡る立法会での審議を妨害した容疑とされているが、拘束はあからさまな選挙妨害だ。
 香港政府は10月に抗議活動の発端となった逃亡犯条例改正案を正式に撤回した。にもかかわらず事態が収束しないのは、香港政府が政府トップの林鄭月娥行政長官に特権を与える「緊急状況規則条例(緊急法)」を発動し、デモ参加者がマスクをしただけで罪に問える覆面禁止法を制定するなど強権的な手法を取り続けているからだ。
 林鄭氏は中国の習近平国家主席からお墨付きを得て、抗議活動にますます厳しく対応している。抑え込みに向けたさらなる法制度も検討しているという。既に3千人以上を逮捕し、特に覆面禁止法が施行された10月は1051人を逮捕した。
 中国政府は、1989年に当局が民主化要求運動を武力弾圧した天安門事件を「政治風波」と位置付けており、香港市民のデモも同じ表現で非難する。さらに香港と隣接する広東省深圳に武装警察部隊を駐留させ、けん制している。
 民主化を求めた学生ら多数の死者を出した天安門事件を香港への威嚇材料にする習指導部に、過去の弾圧を反省する姿勢は見えない。
 国際社会は中国に圧力や介入をやめて香港の自治を認めるよう、働き掛ける必要がある。第2の天安門事件は断じて許されない。その役割は日本政府にも求められている。

香港警察が実弾3発発砲 デモ参加の10代若者2人けが 【テレ朝】2019.11.11
  ★警官よ、公務員よ、市民、主権者を撃つな❕❕

長野県 台風19号でツイッターの救助要請収集 約50件救助に 【NHK】2019.11.10
 ○台風19号による豪雨で千曲川が氾濫した長野県。当時、県はツイッターに投稿された救助要請を独自に収集し、およそ50件の救助につなげていたことが分かりました。
 長野県では先月13日の未明に発生した千曲川の氾濫によって多くの住宅が浸水し、住宅に取り残された人などから119番通報が相次いだほか、ツイッター上にも救助を要請する投稿が相次ぎました。
 長野県には防災情報の発信に使う公式のツイッターのアカウントがありましたが、当初は救助要請の情報を収集するツールとして使うことは想定していませんでした。
 しかし救助要請に関する情報が多く寄せられたことから、先月13日の朝から急きょ、「救助が必要な方は写真や位置が分かる情報を『#台風19号長野県被害』をつけてツイートしてください」と呼びかけました。
 当時、長野県庁では6人の職員が専属でツイッターでの情報収集にあたり、職員が投稿をした人と直接やり取りするなどして災害対策本部の被災情報を共有するシステムに入力していきました。
 この情報が現場で救助にあたっている消防や自衛隊などに伝わり、長野県によりますと、およそ50件の投稿が実際の救助につながったということです。
 ツイッターでの情報収集を指揮した長野県危機管理防災課の窪田優希さんは「当時、かなりの救助要請が投稿されていたので、一件一件丁寧に対応していかないと救助の遅れにつながると危機感を覚えました。より大きな水害や地震の際には、被害が広範囲に及ぶ中で救助要請の情報をどう正確に収集するのか課題も多いので、今後、ツイッターの活用方法をしっかりと議論していきたい」と話していました。

 ツイッター上の実際のやり取りは
 当時、ツイッター上に投稿されていた救助要請や、長野県の職員と投稿した人との詳しいやり取りの一部です。
 救助要請の投稿として、「1階浸水で老夫婦とネコが2階から動けません」とか、浸水した建物の屋根の上に取り残された父親を心配する家族から「父親が全身びしょぬれで凍えているそうです。一刻も早く救助よろしくお願いいたします」などといった内容が寄せられていました。
 投稿の中には救助を求めている人の詳しい住所や人数、まわりの浸水状況など詳細が分からない場合もあり、長野県の職員が投稿をした人とツイッター上でやり取りをして、救助に必要な情報を聞き取っていたということです。
 このうち、「妊婦さんが救助を待っている」という投稿に対しては「ヘリでのホイスト救助の可能性に当たり、大変申し訳ないのですが、妊娠何か月かをお伺いしてよろしいでしょうか」とのやり取りがされていました。
 長野市消防局によりますと、千曲川が氾濫した10月13日に寄せられた119番通報はふだんの8倍ほどにあたる540件余りに上り、119番がつながりにくかった時間もあったということです。
 さらに消防では119番通報を受けた際、「救助要請が相次いでいて、すぐに救助に行けるか分からない」と伝えていたことから、ツイッター上で救助要請を投稿する人が相次いだとみられます。
 長野県危機管理防災課の窪田優希さんは「救助が来ずに不安そうなツイートをする人に対しては、『必ず助けにいく』と強いことばで伝えて相手を気遣うようにして対処した。多くの人の救助につなげることができてよかった」と話していました。

 実際に助けられた被災者は
 ツイッターで長野県に救助要請を行ったことで、実際に助けられた被災者を取材することができました。
 千曲川の堤防が決壊した地域の近くに住む中村節子さん(71)は自宅の1階部分が水につかって夫とともに2階に取り残され、救助されました。
 節子さんは千曲川が氾濫したあとの先月13日の午前5時ごろ、玄関まで水が入ってきているのを確認したということです。
 当時、節子さんは隣町に住む長女の望月ゆかりさん(51)に「水が入ってきていて、一緒に食べようとしていた夕飯は難しい」と電話で伝えたということです。
 それから瞬く間に家の中に水が流れ込んで、1階部分はほぼ完全に水につかり、2階に夫とともに取り残されました。
 娘のゆかりさんは母親の節子さんとしばらくスマートフォンでメッセージのやり取りをしていましたが、ことばの数が少なかったうえ、ニュースで被災者が救助される様子を見て不安に思い、午前9時ごろ、ツイッターで両親の救助を呼びかけました。
 当時のツイッターでは「私の両親が食べ物も無く、下に下りられない。救助してもらえないか」と投稿しています。
 このツイートが拡散したことで、長野県の防災アカウントでも把握され、県はゆかりさんたちと住所など詳しい状況のやり取りを行いました。その結果、両親はボートで救助されました。
 娘の望月ゆかりさんは「誰に救助を求めればよいのか分からなくなっていて、わらをもすがる思いだった。住所などの個人情報を発信するという不安はあるが、SNSで救助を要請する方法はあってもいいのではないか」と話していました。
 救助された母親の中村節子さんは「こんなに水が来たのは初めてで死も覚悟しました。このような形で助かって感謝しかありません」と話していました。

 専門家「これまでない取り組みだ」
 救助要請を投稿した人とやり取りをして情報を収集し救助につなげた長野県の取り組みについて、災害時のSNSの活用に詳しい専門家は「これまでにない取り組みだ」と評価する一方、「情報収集する職員を確保できるかは自治体にとって大きな課題だ」と指摘しています。
 東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔 准教授によりますと台風19号が日本に接近していた10月12日から14日の3日間で、ツイッター上で「#台風19号長野県被害」というタグ付けで投稿されたのは全体で2000件以上に上っていたということです。
 特に千曲川の堤防が決壊したあとの13日の朝は救助を求める内容の投稿などが急増していました。
 長野県の取り組みについて佐藤准教授は「#台風19号長野県被害」とハッシュタグを指定して投稿を呼びかけたことで集めたい情報が限定できたと指摘しています。
 さらに複数の職員が専属で情報を収集したことが効果的だったとしたうえで、佐藤准教授は「職員が投稿した人と双方向でやり取りすることで必要な情報を集められたことが実際の救助につながったとみられる。災害時のSNSの活用ではこれまでにない取り組みだ」と評価していました。

 一方で、佐藤准教授は同じような取り組みを各地の自治体で行うにはまだ課題があるとしています。
 佐藤准教授は「ツイッターの情報を収集しやり取りするには、それなりの数の職員が必要で、多数の災害対応がある中で人員を確保できるかは自治体にとって大きな課題だ」と指摘しています。

「全国首長九条の会」結成へ 武村・稲嶺氏ら130人超 「9条守れ」首長立つ 【しんぶん赤旗】2019.11.10
 ○全国の現職・元職の自治体首長らによる「全国首長九条の会」が結成されることになりました。17日に東京都内で結成のつどいを開催します。
 自民党は、日本会議と協力して改憲世論喚起へ全国各地で改憲集会を開始し「草の根」対決が強まるもと、全国の地方・地域の首長が「9条を守れ」で力を合わせる画期的な動きです。
 「会」結成に対し、武村正義元滋賀県知事、稲嶺進前沖縄県名護市長、平岡敬元広島市長、小池清彦前新潟県加茂市長(元防衛研究所長)、川井貞一元宮城県白石市長(東北6県市町村長九条の会連合・共同代表)、松下玲子武蔵野市長(現職)、中川智子宝塚市長(同)ら130人を超える首長、経験者が賛同、呼びかけ人に名を連ねています。
 「全国首長九条の会」結成準備会は、「平和国家日本を後世に引き継いでいくために、所属や立場、信条の違いを超え、『憲法9条擁護』の一点で手を携えてまいりたい」と呼びかけています。
 7月の参院選で、改憲勢力は改憲発議に必要な3分の2議席を割り込んだにもかかわらず、安倍首相は9条改憲に突き進もうとしています。衆院憲法審査会では自民党や日本維新の会が、改憲の国民投票法改定案の審議と併行し、「自由討議」を通じて事実上の改憲論議を進める動きを強めています。

核禁止条約発効へ行動を サーローさん広島で講演 【中国新聞】2019.11.10
 ○非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN=アイキャン)を代表して2年前にノーベル平和賞授賞式で演説した広島市出身の被爆者、サーロー節子さん(87)=カナダ・トロント=の講演会が9日、中区の中国新聞ホールであった。自伝「光に向かって這(は)っていけ 核なき世界を追い求めて」(岩波書店刊)の出版記念。一時帰国に合わせて中国新聞社が主催した。
 13歳で被爆したサーローさんは広島女学院大を卒業後、米国へ留学。当初は原爆投下を正当化する同国内の声に悩み「口にジッパーを付けるべきでは」と考えたという。しかし「被爆者としてのメッセージを発することが私の使命」と決断。自分の体験を話すだけでなく、米国の核戦略や原爆についても学び、広く核兵器の悲惨さを理解してもらえるよう努めた。
 後半は共著者である、中国新聞ヒロシマ平和メディアセンターの金崎由美記者も参加し、客席からの質問に答える形で進行した。核兵器禁止条約の発効に向け、条約から目を背ける日本政府の姿勢を変える必要性を強調。「読み、考え、語るだけでなく行動して。それは誰でもできること」と呼び掛けた。
 語りは約2時間半にわたり、約540人が聞いた。原爆で家族6人を失った呉市音戸町の主婦松本秀子さん(89)は「体の芯からへつらうことなく核廃絶を叫ぶ姿勢を自分も目指したい」と話していた。(山本祐司)

宮城)丸森の被災者「寒い」暖房壊れ冬物衣類は駄目に 町、物資提供に期待 【河北新報】2019.11.10
 ○台風19号の豪雨被害が甚大だった宮城県丸森町で、一段と厳しくなる寒さに被災者が身を震わせている。浸水で暖房器具が壊れたり、冬物衣類がぬれて駄目になったり。町は企業に対し「セーターやコートなどの防寒着を頂けるとありがたい」と呼び掛けている。

 同町金山地区の増間和子さん(82)は、むき出しの床板に敷いた断熱シートと毛布の上で生活している。自宅が床上浸水し、1階の畳と戸障子は取り外したままだ。
 「朝晩は特に底冷えがきつい。給湯器が壊れ、風呂に入れないので体の芯が冷えたまま」と増間さん。ストーブ3台が全て壊れ、親戚がくれた1台を4畳間に置き、終日過ごす。
 9日の丸森の最低気温は0.6度で今季最低を観測した。浸水被害に遭った被災者宅では畳を捨てたり、床板を剥がしたりしたため、地面からの冷気が直撃する。冬物衣類が泥水で汚れ、全て廃棄した被災者も少なくない。
 町は当初、個人からも支援物資を募った。状態の悪い古着が交ざっていたり、仕分けに手間暇がかかったりしたため、現在は企業からのみ受け付けている。
 届けられた衣類は避難所などで配られる。被災者たちは全国からの支援に感謝しつつ「サイズが合わない」「必要なものが足りない」との本音も漏れる。
 24人が身を寄せる小斎まちづくりセンターで避難生活を送る星政吉さん(73)は「これからますます寒くなるのに長袖の服が足りない。長袖シャツやセーターが欲しい」と切望する。
 町にとって唯一の頼みの綱が企業の好意だ。サイズや種類ごとにまとまった量が届くため、被災者の要望に応えやすい。浸水家屋の清掃に必要なタオルやマスク、手洗い用消毒ジェル、カイロ、手軽に栄養が取れる野菜ジュースは今も需要が多いという。
 保健福祉課は「被災直後に比べ、企業からの物資提供は落ち着きつつあるが、本格的な冬を前に改めて協力をお願いしたい」と善意に期待を寄せる。
(東野滋、天艸央子)
  ★安倍晋三首相は、プッシュ型支援をすると宣言していた筈だが。何を送り付けたのか。

「すべての生命尊重する社会を」 函館で護憲大会始まる 【北海道新聞】2019.11.10
 ○【函館】「憲法理念の実現をめざす第56回護憲大会」が9日、3日間の日程で函館市内で開幕した。道内で開かれるのは1996年の札幌開催以来23年ぶり。全国各地から約2千人が訪れ、「平和・自由・人権 すべての生命を尊重する社会を」をテーマに意見交換した。
 北海道平和運動フォーラムなどでつくる実行委の主催。冒頭で藤本泰成実行委員長が「函館から憲法の理念を全国に訴えよう」とあいさつした。
 パネル討論では、憲法学者の清末愛砂・室蘭工大准教授や作家の雨宮処凛さんら3人が登壇。清末准教授は、安倍政権による生活保護費削減などを挙げ「基本的人権が軽視されている」と批判。雨宮さんは「憲法が人の命を守る最後の防波堤になっている」と訴えた。
残り:59文字/全文:371文字

函館市が初の説明会 大間原発差し止め訴訟 提訴5年で意義強調 【北海道新聞】2019.11.10
 ○【函館】函館市は9日、市が大間原発(青森県大間町)の建設差し止めなどを求めた訴訟に関する初の市民説明会を同市内で開いた。提訴から5年がたったが、訴訟はさらなる長期化が見込まれる。市民の関心を高めようと、工藤寿樹市長や代理人弁護士が訴訟の意義や審理状況を説明した。
 市は国と電源開発(東京)を相手取り、2014年に東京地裁に提訴した。原発の建設差し止めを求め、自治体が訴訟を起こすのは全国で初めてで、計21回の口頭弁論を重ねてきた。同原発に対する原子力規制委員会の安全審査が長引いていることを背景に、訴訟も長期化している。
 説明会には市民約200人が参加。工藤市長は「国は、原発から30キロ圏内の函館市に避難計画策定を義務づける一方、市の意見を聞かない。市民の総意である建設凍結に向け、不退転の決意で臨む」と強調した。
残り:145文字/全文:504文字

【社説】香港で市民弾圧激化 第2の天安門を危惧する 【琉球新報】2019.11.10
 ○香港情勢がますます混迷を深めている。市民の抗議活動が行われていた際、現場近くのビルから転落した男子大学生が死亡した。また香港警察は立法会(議会)の民主派議員3人を拘束し、さらに4人を拘束する方針という。
 大学生がデモに参加していたかどうかは不明だが、犠牲者が出たことによって抗議活動は激しさを増すだろう。香港政府側が強硬姿勢を示せば示すほど市民の反発を招くのは、5カ月も続く混乱が証明している。事態収拾の責任は香港政府にある。
 大学生の死に関し、デモ隊側は、警官隊が発砲した催涙弾を避けようとして落下した疑いがあると主張する。一方、警察は当初、転落現場は催涙弾を発射した場所から離れすぎているとして因果関係を否定したが、その後、現場近くで催涙弾を発射したことを認めた上で、「転落と関係があるかどうか調べる」と言を翻した。
 転落現場には千人以上の市民が訪れ、各地で追悼集会が開かれている。立法会の民主派議員は声明で「デモの現場で命を失う人が出たのは初めてだ」と非難した。市民の反発は強まる一方だ。
 さらに24日に行われる区議会選を前にして、立法会の民主派議員を拘束する策に出た。区議会選は民主派が議席を伸ばすとみられる。当局は立候補している4議員を含めて民主派の議員を狙い撃ちしたのか。5月に開かれた「逃亡犯条例」改正案を巡る立法会での審議を妨害した容疑とされているが、拘束はあからさまな選挙妨害だ。
 香港政府は10月に抗議活動の発端となった逃亡犯条例改正案を正式に撤回した。にもかかわらず事態が収束しないのは、香港政府が政府トップの林鄭月娥行政長官に特権を与える「緊急状況規則条例(緊急法)」を発動し、デモ参加者がマスクをしただけで罪に問える覆面禁止法を制定するなど強権的な手法を取り続けているからだ。
 林鄭氏は中国の習近平国家主席からお墨付きを得て、抗議活動にますます厳しく対応している。抑え込みに向けたさらなる法制度も検討しているという。既に3千人以上を逮捕し、特に覆面禁止法が施行された10月は1051人を逮捕した。
 中国政府は、1989年に当局が民主化要求運動を武力弾圧した天安門事件を「政治風波」と位置付けており、香港市民のデモも同じ表現で非難する。さらに香港と隣接する広東省深圳に武装警察部隊を駐留させ、けん制している。
 民主化を求めた学生ら多数の死者を出した天安門事件を香港への威嚇材料にする習指導部に、過去の弾圧を反省する姿勢は見えない。
 国際社会は中国に圧力や介入をやめて香港の自治を認めるよう、働き掛ける必要がある。第2の天安門事件は断じて許されない。その役割は日本政府にも求められている。

【社説】[安倍首相の答弁]反省しているか疑問だ 【沖縄タイムス】2019.11.10
 ○菅原一秀前経済産業相、河井克行前法相が相次いで辞任したことを受け国会は6、8の両日、衆参予算委員会でそれぞれ集中審議を開いた。
 安倍晋三首相は「国民に大変申し訳なく、任命した者として責任を痛感している」と陳謝した。その上で「国政に遅滞を生じることのないよう、行政を前に進めていくことに全力を尽くすことで、国民への責任を果たしていく」と繰り返した。
 閣僚辞任のたびに聞かされてきた言葉だ。どう任命責任をとるかについて言及がない。口先だけの陳謝で、説得力がないのである。
 「行政を前に進めていくこと」と、任命責任は関係がない。どう責任をとるのか正面から答弁することを避けており、不誠実だ。
 安倍首相が任命責任を感じているのなら、少なくとも菅原、河井両氏に自ら事実関係をただし、国会で説明責任を果たすよう指示すべきである。だが、そんなことをしたような形跡はない。
 それどころか「政治活動については一人一人の政治家が自ら襟を正し、説明責任を果たすべきだ。今後とも自ら説明責任を果たしていくと考えている」と人ごとのような口ぶりである。
 国の予算で行われる首相主催の「桜を見る会」は参加者や予算が年々増えている。野党議員が8日、「首相も地元後援会を多数招待しているのではないか」と地元県議のブログなどを示しただした。安倍首相は「個々の招待者については従来、回答を差し控えている」と説明しなかった。
 閣僚辞任問題に限らず、安倍首相の答弁は説明責任からは程遠いのである。
■    ■
 一方、菅原、河井両氏にかけられているのは公職選挙法違反疑惑である。国会議員の資格に関わる重大な事案である。両氏とも国会で説明すると言っていたにもかかわらず、その当日になって辞任している。責任をとって辞任するというよりも、説明責任から逃れるために辞任しているのではないかとみられても仕方がない。その証しに両氏は今もって約束していた説明責任を果たさないままである。結局、菅原、河井両氏ともうわべでは説明責任といいながら、自らの言葉に従っていないのである。
 第2次安倍内閣以降、閣僚辞任は10人に及ぶ。陳謝と任命責任を口にして終わり、とする安倍首相の姿勢と、長期政権のおごりが閣僚辞任が止まらない要因ではないのか。
■    ■
 安倍首相は両日とも閣僚席から質問をした野党議員を指さしながらやじを飛ばした。
 安倍首相のやじはこれまでもたびたび起きているが、2閣僚の辞任を受けた集中審議であることを考えれば、事態を本当に反省しているのか、大いに疑問である。
 6日は学校法人「加計学園」を巡り萩生田光一文部科学相の関与をうかがわせる文書を示した野党議員に対し「あなたが作ったんじゃないの」とやじった。8日にも別の野党議員に「共産党」と言い放った。国会軽視も甚だしく、首相と思えぬひどい振る舞いだ。猛省を求めたい。
  ★反省も、改めも、なし。 法の支配に背を向け、己の「人の支配」をごり押し。

【社説】冷戦終結30年 新たな「壁」を乗り越えよ 【西日本新聞】2019.11.10
 ○東西冷戦の象徴とされた「ベルリンの壁」崩壊から、きょうで30年になる。冷戦終結で米ソ両大国による核戦争の恐怖は去った。世界はイデオロギー対立を脱して自由と民主主義、市場経済といった旧西側の価値観が基軸となり、協調と共存の道を歩むかと思われた。
 30年後のいま、世界は自由や豊かさを享受しているのか。現実は異なるだろう。
 第2次世界大戦後40年余り続いた東西両陣営の対立がなくなると、民族や宗教などに起因する紛争が続発した。2001年の米中枢同時テロを契機に、米国は「テロとの戦い」を掲げてアフガニスタンやイラクに軍を進めた。だが現地で民主化が実現したとは言えず、むしろイスラム過激派などの温床となり混乱の収束は見通せないままだ。
 唯一の超大国として国際秩序の守護者と期待された米国だったが、イラク戦争を巡り欧米の対立も深まり、世界は多極化に向かった。
 米国は経済のグローバル化の恩恵を享受した半面、国内に極端な貧富の格差をもたらし、これに憤る人々が「自国第一」を掲げるトランプ大統領を押し上げた。トランプ氏は支持者に迎合して従来の米国の政策を転換した。社会の分断をあおり、移民流入を防ごうと国境に新たな「壁」の建設を急ぐ。その姿に、自由と民主主義の現状が投影されている。
 英国のジョンソン首相が主導する欧州連合(EU)からの離脱にも共通点がある。富の分配が偏り、移民や難民を含む他者への「不寛容」の広がりだ。有効な対策を打てなかった既成政党への不満は、多くの国でポピュリズムの波を生んでいる。フランスで続く黄色いベスト運動の抗議にも通底する。
 冷戦後の世界で中国の経済大国化は顕著で、米国と覇権を争うまでになったが、経済成長に伴い民主化されるという期待は裏切られた。ソ連解体後も大国として振る舞うロシア同様、独裁的統治は勢いづいている。
 各国が内向きになる一方で、世界はさまざまな危機に直面する。地球温暖化に歯止めがかからず、核兵器廃絶も後退。異常気象や地域紛争は貧困や飢餓を招き、大量の難民を生み出す。それがまた分断につながる負の連鎖を断ち切らねばならない。危機を直視し、国家や民族、宗教などの「壁」を越えて行動することが求められる。
 自由と民主的制度を求めて行動する香港の若者や温暖化対策を訴え世界を駆け巡る10代の活動家を、傍観していてはなるまい。自由や民主主義の価値を見直し、危機に立ち向かう連帯と協調の枠組みを再構築したい。

【社説】岩国の米軍機違反横行 安全確保まで飛行停止すべきだ 【愛媛新聞】2019.11.10
 ○飛行中の手放し操縦や読書、ひげをそりながらの自撮り―。危険極まりない行為にあぜんとする。山口県岩国市の米海兵隊岩国基地所属の戦闘機部隊で、重大事故につながりかねない規則違反が横行している実態が明らかになった。
 米軍が昨年12月に高知県沖で6人が死亡・行方不明となった墜落事故を調査する過程で判明した。背景には部隊内の薬物乱用やアルコール過剰摂取が指摘されている。安全軽視の運用を強く懸念する。日本政府は、ほかの基地や部隊にも同様の問題がないか早急に調べさせ、安全が確保されるまで飛行停止を求めるべきだ。
 高知県沖の事故は、戦闘機と別の部隊の空中給油機が接触して起きた。米軍の報告書によると、乗員2人の尿から睡眠導入剤の成分が検出され、飛行任務に不適格だった可能性がある。睡眠導入剤を無許可では処方しない軍医に対して不満を抱く隊員同士のやりとりの記録が残るなど規律意識の低さが際立つ。
 報告書では、2016年に沖縄県沖の上空で戦闘機と空中給油機が接触事故を起こしていたことも新たに判明した。けが人はなく、事故の深刻度が比較的低いと判断され、本格調査はされなかった。だが、事故は高知の例と酷似しており、この時点で調査を尽くしていれば高知の事故を防げた可能性がある。到底見過ごすことはできない。
 実際、17年には米海軍の駆逐艦が民間船に異常接近するミスがあった約1カ月後に、別のコンテナ船と衝突する事故が起きている。事故を未然に防ぐ機会を逃すことは許されない。日本政府には、軽微な事案であっても米軍からの通報を徹底させ、実効性のある再発防止策を引き出す責務がある。
 沖縄の事故が日本側に報告されていなかった点も問題だ。在日米軍の事件や事故については公共の安全や環境に影響を及ぼす可能性がある場合、できる限り速やかに通報するという日米間の取り決めがある。河野太郎防衛相は「通報がなかったのはルール違反だ」と指摘したが、どのような事案を通報するかは米軍に委ねられているのが実情だ。日本側からの問い合わせに対する米軍の回答はまだない。
 基地負担を強いられている地元の不安は大きい。山口県の村岡嗣政知事は「言語道断の規律違反」と憤る。地元の反発が強まれば、日米の同盟関係にも影を落としかねない。防衛省から地元への説明が遅れたことにも批判が集まっている。政府は、規律と安全が確保されなければ基地の運用に地元の理解は得られないと自覚しておくべきだ。
 岩国基地の米軍機は愛媛県上空を含むオレンジルートを通過しており県は当事者といえる。米軍機とみられる航空機の低空飛行はたびたび目撃され、事故への懸念は尽きない。関係自治体が一体となって声を上げ、政府に米軍への働き掛けを促し続けていかねばならない。

【社説】ハンセン病家族補償 差別根絶に国は全力を 【中国新聞】2019.11.10
 ○ハンセン病の元患者家族に手を差し伸べる二つの法案が臨時国会で審議されている。金銭面の補償法案と、名誉回復を目指す基本法の改正案である。
 どちらも、国会議員が超党派でまとめた。家族への賠償を国に命じた6月の熊本地裁判決から間を置かず、法案化の道を付け、補償の額や対象を広げた点は一定に評価できる。家族の高齢化を配慮し、原告と協議した姿勢もよかった。
 だが90年にわたる国の隔離政策で、進学や就職、結婚などのたびに家族も差別や偏見に苦しんできた。この「人生被害」に見合う救済措置だろうか。国は被害者に寄り添い、さらなる手だてを見いだすべきである。
 補償法案では、1人当たりの補償額を最大180万円と判決より50万円増やした。同居を条件においやめい、孫も補償の対象とした。それでも原告が求める一律550万円には程遠い。「国がこれで罪をつぐなったと合点する人はいない」と受け入れた、原告団の苦渋の思いを忘れてはなるまい。
 一方で、米国統治下にあった沖縄、戦前の台湾、朝鮮半島に住んでいた家族も加えた。地域や時代によって対象外となっていた不公平が解消されたのは妥当な判断だろう。
 厚生労働省によれば、補償対象者は2万~3万人に上る。今後5年を請求期間としているが、名乗り出るのをためらう心配はないのだろうか。
 元患者の肉親がいるのを隠してきた家族は多い。家族訴訟の林力原告団長は縁談を何度も断り、家族の意向で姓も変えた。別の原告男性は家族訴訟に参加すると、妻子が家を離れた。他の原告数人も、同じように離婚を余儀なくされたという。
 561人に及んだ家族訴訟の原告のうち、名前を出して裁判に臨めたのは数人にすぎない。安心して請求できる仕組みを考える必要がある。
 元患者に対する補償法で「われら」としていた謝罪の主語を、補償法案では「国会および政府」とした。国の責任を明確にした点は前進といえる。
 家族訴訟判決は、国の誤った隔離政策が地域住民に偏見や差別をもたらし、そうした社会構造が元患者や家族を追い込んだと指摘した。隔離政策をやめた後も変わらぬ差別の構造をどうやって打ち壊すのか。国は具体的に考えねばならない。
 元患者の聞き書きを重ねてきた鳥取市の医師徳永進さんは、その岩盤のような構造を著書「隔離」でこう書いている。
 「岩のような微動もしない国民の無関心が今も変わることなく在り続けている」と。
 無関心を突き崩すのは、知ることにほかならない。強制された隔離生活で、何を思い、考えたのか、元患者の文章や絵を通して理解することだろう。
 瀬戸内市にある国立療養所長島愛生園と邑久光明園の入所者たちが、両園の世界遺産登録に取り組んでいる。国が後押しをしてはどうか。「負の遺産」を伝える証言者であり、後世まで情報を発信し続ける場ともなるはずだ。
 隔離は国策だったとはいえ、私たち住民も差別する「加害」の側にいたことを忘れてはなるまい。隔離をやめた今も変わらぬものはないか、足元を再点検する努力が欠かせない。

【論説】ゲノム編集食品 消費者の選ぶ権利第一に 【福井新聞】2019.11.10
 ○【論説】遺伝子を改変するゲノム編集技術で開発した食品について、消費者庁は特定の遺伝子を壊しただけのものは表示を義務づけず任意とすることを決定した。既に厚生労働省も同様の食品の販売に関し、安全性審査を行わず届け出制にすると通知。早ければ年内にも市場に出回る見通しだ。
 しかし表示の義務がなければ、ゲノム食品かどうか判別できない。歴史が浅い技術で健康に直結する食の問題だけに、安全性に不安を抱く消費者への配慮を欠いていると言わざるを得ない。
 ■品種改良と区別不能■
 ゲノム食品は特定の遺伝子を切断してつくられるが、狙った遺伝子の一部を取り除くタイプと、別の遺伝子を挿入するタイプがある。現在開発が進む農水産物は前者のものが大半を占める。
 消費者庁は決定にあたり、遺伝子の改変がゲノム編集によるのか、従来の育種技術や突然変異で起きたのか、科学的に区別できないことを理由に挙げた。つまりこれまでの品種改良と基本的に変わらないとの判断から、生産者や販売者らに表示を義務づける必要はないと結論づけた。
 かつての遺伝子組み換え食品の大豆やトウモロコシは、その生物にない遺伝子を外部から挿入し害虫に強い、生産性が高いなどの特徴を持たせた。その分意図せぬ変異のリスクが残る。これに比べて遺伝子を切断する技術は、改変の精度が高く予想外の変化や異常は起こりにくいという。
 一方で、ゲノム食品でも別の遺伝子を加えるタイプは、遺伝子組み換えと同じく安全性審査が必要となる。
 ■消費者の不安消えず■
 東京大などが昨年実施した意識調査では、4割以上がゲノム食品を「食べたくない」などと回答。日本消費者連盟は食品の規制と表示の義務づけを求めて、関係省庁に意見書を提出し署名活動も行っている。消費者には心配や戸惑いが根強くある。
 県内では11月初め、ふくい・くらしの研究所が「食品表示と食の安全」講座を開き、定員を超える約60人が参加。講師から▽遺伝子組み換えとゲノム編集の違い▽ゲノム編集は品種改良とほぼ同じ▽その技術は遺伝性医療にも使われる―などの説明を受けた。
 最後にアンケートを取ったところ、医学への応用に期待を寄せる意見の一方「表示がないと選択できない」「将来的に大丈夫か不安」という声など賛否は半々だった。来年2月には同じ講座を鯖江市で開催する予定だ。
 ■自主的表示呼びかけ■
 消費者の疑問に対し、消費者庁は事業者に厚労省へ届け出た情報を包装や売り場などで自主的に表示・提供するよう働きかけるという。また流通実態や諸外国の状況を見て「必要があれば表示のあり方の見直しも検討する」と含みを持たせている。
 ゲノム編集食品について、米国は特に規制せず、欧州連合(EU)は遺伝子組み換え食品と同じく規制すべきだと判断。日本は政府が総合イノベーション戦略として重視している背景がある。このため今回の決定理由も消極的で不明瞭、運用方法もちぐはぐ感が否めない。
 国内では今後、収穫量が多いイネや血圧を下げる成分が多いトマト、アレルギー物質が少ない卵、体が大きく肉厚のマダイなどが本格的に流通するとみられる。
 その際、消費者がゲノム食品を自分の判断で選べるように、ルールの改善やデータの積極的な公表を求めたい。消費者の権利を優先するのが本筋である。

【社説】衆院審査会 議論を急ぐ理由はない 【信濃毎日新聞】2019.11.10
 ○安倍晋三首相が意欲を示す改憲に向け、国会で性急に議論が進められないか、注意深く見ていく必要がある。内政、外交ともに、優先して取り組むべき課題は山積している。改憲の議論を急ぐ理由は見いだせない。
 衆院の憲法審査会がおよそ2年ぶりに議員同士の討議を行った。9月の欧州視察の報告を議題とすることで与野党が折り合った。
 自民党はこれを機に、継続審議になっている国民投票法改正案を成立させ、改憲論議を本格化させたい考えだ。一方で野党側は、国民投票のCM規制の議論を先行させることなどを求めている。
 隔たりはなお大きく、審議がただちに動く状況にはない。ただ、自民党には、数を頼んで押し切ろうとする姿勢も見え隠れする。
 そもそも、審議の停滞を招いた原因は首相と自民党にある。一昨年5月の憲法記念日、首相は9条に自衛隊を明記する改憲案を唐突に示し、2020年に新憲法の施行を目指すと表明した。
 その後、国会には改憲を議論する義務があるとまで述べている。憲法は国会に改憲の発議を委ねる一方、内閣の権限を定めていない。本来、改憲に関する手続きに首相が関与する余地はない。
 自民党がまとめた改憲の条文案は、間に合わせの色が濃い。自衛隊の明記、緊急事態、参院選の合区解消、教育の充実という4項目には、改憲勢力を広く取り込みたい思惑も透ける。
 憲法審は、時の政権の意向に左右されず、与野党の枠を超えて議論を深める場でなくてはならないはずだ。改憲ありきで野党を議論に引き込もうとする姿勢が、前提を壊していることを自民党は認識すべきだろう。
 国民投票について、今回の改正法案は商業施設への投票所の設置などを定めるにとどまる。投票成立の条件となる最低投票率や、改憲の承認に必要な得票率の規定がないことをはじめ、根本的な欠陥は依然残る。
 運動資金の規制がなく、テレビCMを含め広告宣伝にいくらでも費用をかけられることもその一つだ。資金力がある組織によって賛否が誘導される懸念がある。
 自由な意見表明を最大限尊重しつつ国民投票の公正さをどう確保するか。主権者が示す最終判断に関わるだけに丁寧な議論が要る。そのことを踏まえても、改憲に前のめりになるべきではない。

【論説】過労死防止法5年 職場改善はいまだ途上 【岩手日報】2019.11.10
 ○過労死や過労自殺を防ぐ対策を国の責務とする過労死等防止対策推進法が施行されてから今月で5年となった。
 国は対策大綱を策定。実態の調査研究、国民や職場関係者への啓発、相談体制の整備などを促し、長時間労働縮減などの数値目標を掲げる。
 過労死に対する認識や職場環境改善は一定程度進んでいる。しかし、過労死そのものはそれほど減っておらず、撲滅へはほど遠い。
 国は一層の調査や、指導を行わなければならない。各職場には強い自覚を望む。働く人も労働に関する知識を深めたり関係機関に相談するなどして自分を守ってほしい。
 厚生労働省の2019年版「過労死等防止対策白書」は、労働時間、年次有給休暇(年休)取得、勤務間インターバル制度導入割合について、いずれも改善傾向にあるとしている。
 例えば年休取得率(付与日数に対する取得日数)は同法が施行された14年の47・6%から17年には51・1%に伸びた。ただ、微増にとどまり、「20年までに70%以上」の目標までは大きな開きがある。
 肝心の過労死の実態だが、過労死等の認定件数は横ばい傾向にある。
 民間雇用労働者の労災補償の状況を見ると、脳・心臓疾患の支給決定(認定)件数は近年、年間250件前後で推移し、このうち3分の1以上は死亡。精神障害は500件前後で、2割弱が自殺(未遂含む)に至っている。
 過労死の大きな要因は長時間労働だ。県内で復興工事に従事の男性が勤務中倒れて死亡したケース(16年)でも、労使協定を上回る違法な長時間労働がなされていた。
 問題職場は他にもある。違法な長時間労働が疑われる県内事業所への岩手労働局の昨年の重点監督では、約3割で違法な時間外労働が確認された。本県は全国の中で年間総労働時間が長い県でもあり、各職場の改善が望まれる。
 過労死と絡む問題にパワーハラスメントがある。過酷な労働を強いたり精神的に追い込む背景になっていることが少なくないからだ。
 企業にパワハラ防止対策が義務付けられる来年6月に向け、厚労省は先ごろ指針素案を公表した。しかし、「該当しない」例が列挙されているとして労働者側は反発。「使用者側に言い訳を許し、パワハラを助長しかねない」と指摘した。さらに議論・検討を積み重ねることが必要だ。
 過労死を招いたり、その「予備軍」がいるような職場は、働く意欲をそぎ、かけがえのない健康や命を奪う。社会にとっても損失だ。「Karoshi」が英単語になったような日本の企業風土を変えなければならない。

【社説】米パリ協定離脱 責任自覚し判断改めよ 【北海道新聞】2019.11.10
 ○トランプ米大統領が、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を国連に通告した。
 石炭産業など支持基盤に配慮して大統領選の看板公約とし、就任間もなく離脱方針を示していた。
 協定は国際社会が利害の対立を超えて危機感を共有し、約190の批准国全てに削減目標と対策を課すものだ。気候変動対策を巡る長年の交渉の成果である。
 中国に次ぐ世界第2位の温室効果ガス排出国である米国の離脱は国際秩序の破壊に等しく、身勝手で無責任というほかない。
 来年11月の離脱完了まで1年ある。米国は孤立の道を歩む決断を撤回すべきだ。日本を含めた締約国は、米国の残留に向けた働きかけを強めなければならない。
 パリ協定は、今世紀後半に地球の温室効果ガス排出を実質ゼロにし、産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑えることを目指している。
 今秋に開かれた国連の気候行動サミットで、77カ国が2050年までの実行を表明した。
 しかし、今世紀末には協定の削減目標を達成しても2・9度上昇するという。かぎを握るのは、最初の10年の取り組みである。
 協定は発効の3年後から離脱の通告が可能になる。トランプ氏はその初日に離脱を通告した。
 「協定は一方的だ」というのが理由である。先進国の拠出した基金で途上国の温暖化対策を進める仕組みを批判した。
 しかしそれこそが、先進国だけに排出削減を義務付けた「京都議定書」の反省に立ち、途上国も引き込んだポイントだ。協定の意義をあまりに過小評価している。
 判断の背景に、次期大統領選に向けた支持固めの意図があるのは明らかだ。異常気象という世界共通の脅威への対処より、自らの選挙対策を優先する姿には、国際社会の一員の自覚が感じられない。
 今後、米国に追随する国が現れる恐れもある。最大の排出国の中国が欧州とともに協定をけん引する姿勢を見せているが、排出削減の機運がしぼまないか心配だ。
 日本は従来、気候変動対策に積極的な欧州と後ろ向きな米国との間で橋渡し役を目指してきた。米国を含めた協定の枠組み維持へ、存在感を発揮してもらいたい。
 気候行動サミットで演説した16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリさんに、世界の若者が連帯を示している。温暖化対策では、将来世代に対する責任が問われていると認識すべきだ。

国民投票法改正案の成立目指す 自民 森山国対委員長 【NHK】2019.11.09
 〇憲法改正をめぐって、自民党の森山国会対策委員長は、今の国会で、国民投票法改正案の成立を目指す考えを強調しました。
 自民党の森山国会対策委員長は、鹿児島市で開かれた会合であいさつし、国民投票法の改正案について、「公職選挙法に基づいて国民投票法を改正しようということなので、ほとんどの与野党は議論がないと思う」と指摘しました。
 そのうえで、「何としても審議し、結論を出してもらいたいと強く思う」と述べ、今の国会で成立を目指す考えを強調しました。
 また、同じ会合で講演した下村選挙対策委員長は、「日本は戦後一度も国民投票を経験していないのに、本当に国民主権と言えるのか。時代の変化に、憲法が対応できなくなったら、変えていくのは当然のことではないか」と述べました。
 そして、「自衛隊の明記」など党の4項目の憲法改正案を説明したうえで、「これがそのまま憲法改正の原案になるとは思っておらず、議論したい」と述べ、国会で憲法改正案の議論を進めるべきだという考えを示しました。
  ★まず、環境を整えなさい。特に、安倍晋三氏には、鈴をつけよ。不規則発言、度が過ぎる。逃げも。

「受信料名簿使い詐欺」 NHK元委託先 社長供述 【東京新聞】2019.11.09
 〇NHKから受信料の集金業務を委託されていた会社の社長の男が、愛知県警に窃盗容疑で逮捕され「契約者の名簿に載っていた個人情報を基に特殊詐欺をした」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。県警は供述の裏付けを進め、他にも名簿を基にした被害があるとみて、実態解明を急ぐ。
 捜査関係者によると、男はNHK名古屋放送局・中央営業センターから集金業務を受託していた会社社長藤井亮佑容疑者(29)=名古屋市昭和区=で、同県長久手市の無職大浦悟被告(21)=窃盗罪で起訴=と共謀。
 大浦被告の起訴状によると、九月二十七日に警察官に成り済ました被告が同県春日井市に住む八十代の無職女性宅を訪れ、キャッシュカード一枚を盗んだとしている。
 藤井容疑者は女性宅には行かず、名簿に記載されていた契約者の氏名や住所などの個人情報を、大浦被告に携帯電話のメッセージで伝えていた。
 大浦被告は同日、窃盗容疑で現行犯逮捕され、藤井容疑者は十月二十三日に逮捕された。藤井容疑者は当初、窃盗容疑を否認していたが、その後、容疑を認め「受信料契約者の名簿から(特殊詐欺の)対象の家を選んだ」と供述したという。
 名古屋放送局によると、藤井容疑者の会社は委託業務の公募に応募。プレゼンや面接を経て選考し、今年七月に契約した。委託業者には個人情報管理について年二回、講習会を実施しているほか、一カ月おきの業務手続きの際にも徹底を呼び掛けているとしている。
 県警から捜査協力要請を受けたNHKは十月二十五日、藤井容疑者の会社との委託契約を解除。八日に「元委託先社長が逮捕されたことは遺憾。視聴者に迷惑と心配をかけ大変申し訳ない。委託先への指導を徹底する」とのコメントを出した。

独首相、分断「打ち破れる」 壁崩壊30年で記念式典 東京新聞 11/9
 〇【ベルリン共同】東西冷戦の象徴だったベルリンの壁が1989年に崩壊して9日で30年を迎えた。ベルリンではドイツのメルケル首相が記念式典に出席。当時を振り返り、人々を分断する壁がどれだけ高くても「打ち破れる」ことを示したと訴えた。壁崩壊は89年末の冷戦終結宣言や90年の東西ドイツ統一につながる歴史の転機となったが、同国では反移民・難民の排外主義が台頭し新たな分断が拡大、東西の格差が残るなど問題が山積している。
 ベルリンでは9日、メルケル氏が壁の跡地を訪問した。
  ★首相の志はよい。 過去形ではないようだが。 さて、果て、わが日本は、首相にその志すらない自らの敵視、分断で、貧富など分断された侭… 米国にも、トランプ氏による分断社会が現出した。地球温暖化など、放置した侭なんだろうか。日本は、今回異常気象等、高い代償を払い、更に、払わされようとしているけれども。

選挙前に民主派議員の逮捕・起訴相次ぐ 香港 【NHK】2019.11.09
 〇抗議活動が続く香港で民主派の議員3人がことし5月に議会を妨害した罪で起訴されました。
 さらに4人の議員も逮捕の手続きがとられていて、民主派は、今月行われる予定の区議会議員選挙を前に、選挙を取り消すための策略だと非難しています。
 香港では、今月24日に予定されている区議会議員選挙に向けて、民主派と政府寄りの親中派の間で激しい選挙戦となっていて、こうした中、議会にあたる立法会の朱凱廸議員ら民主派の議員3人が、逮捕・起訴されました。
 3人は、ことし5月、一連の抗議活動のきっかけとなった、容疑者の身柄を中国本土にも引き渡せるようにする条例の改正案を審議する立法会の委員会で、議事の進行を妨害した罪に問われています。
 また、民主派の議員団によりますとほかに4人の議員も同様の疑いで逮捕の手続きがとられているということです。
 これらの7人の議員のうち4人は、兼任できる区議会議員の選挙にも立候補していることから民主派の議員団は声明を出し、「市民の過激な怒りをあおり、混乱を引き起こすことで区議会議員選挙を取り消そうとする策略だ」と非難しました。
 市民の間では政府が社会の混乱を理由に区議会議員選挙を延期したり、取り消したりするのではないかという懸念が広がっており、議員の起訴でこうした懸念がさらに強まりそうです。
 一方、抗議活動に参加していたとみられる大学生が8日死亡したことを受けて、9日も夕方から追悼の集会が開かれる予定です。
  ★選挙期間中の、警察権力の介入、干渉は、正当化されない。況して、立候補者の拉致監禁など、有り得ない。

News Up 女性はメガネ禁止? 2019年11月8日 21時04分
  ★最近の、近眼の知識を無視しているような。眼球は、常に丸いと思い込まされていたが、近眼とは、特に強度の近眼は、眼球が奥に、延ばされているようだ。…延いては、失明、緑内障にも及ぶ⁉と。 悪化防止のため、或いは治療のため、必要なら眼鏡も掛けねば。

冒頭企画 知られざる近視の脅威|NHKあさイチ 2019/10/31
 〇遠くのものがよく見えない「近視」。身近なものだと思って放っておくと、緑内障や網膜剥離近視性黄斑症など、重い目の病になる可能性が高まることについてお伝えしました。
 近視が病気の危険性を高める?
 ☆近視による眼球の変化(図示)

小中学生9割近視 失明のおそれ「強度近視」も中学生の1割 | NHK ... 11/3
 〇近視について慶応大学のグループが東京都内の小中学生1400人を対象に調べたところ、全体の9割近くが近視で、特に中学生の1割程度が、将来失明につながる病気を発症する危険性が高まる「強度近視」であることが分かりました。研究チームは早急な対策が必要だとしています。
 近視は、目の眼球が前後に伸びるなどして焦点がうまく合わず、ぼやけて見える状態で、裸眼でおよそ17センチまで物を近づけないとはっきり見ることができない「強度近視」になると、将来、網膜剥離や緑内障など、失明につながる病気を発症する危険性が高まるとされています。
 慶応大学の研究グループは子どもの近視の実態を明らかにしようと、東京都内の一部の小中学校の児童と生徒合わせて1416人の目の状態を調べました。
 その結果、近視だったのは、
 ▽小学生689人のうちの76.5%、
 ▽中学生727人のうちの94.9%で、
 特に中学生では、少なくとも9.9%にあたる72人が「強度近視」でした。

 近視は子どもたちの屋外活動の減少に伴って増えているとされ、2050年には、
 ▽世界人口の半数に当たる48億人が近視に、
 ▽9億4000万人が強度近視に、
 なるという試算があり、WHO=世界保健機関も深刻な懸念を示しています。

 慶応大学の坪田一男教授は「日本では子どもの近視に関するデータもほとんどないなど、対策は不十分だ。国のレベルで取り組むべき緊急の課題だ」と指摘しています。
 強度近視 網膜剥離そして失明のおそれ
 近視が進行し、裸眼でおよそ17センチまで物を近づけないとはっきりと見えない強度近視になると、目の奥にある網膜などの組織が、伸びた眼球によって引き伸ばされたり圧迫されたりして傷つきやすくなり、将来的に網膜剥離や緑内障といった失明につながる病気の危険性が高まるとされています。
 近視の子どもが多く訪れる東京 世田谷区の眼科医院では、診断を受けた子どもの10人に1人程度が「強度近視」か、そのおそれがある患者です。
 取材した日に診療に訪れた小学4年生の男の子は強度近視と診断されていて、裸眼視力は両目とも0.1以下、眼鏡を外すと10センチ先も正確には見えない状態です。

 眼球が伸び、外からの光の刺激を受け取る網膜が薄く引き伸ばされていて、将来的に失明につながる網膜剥離になるリスクもあると診断されていました。
 男の子の母親は「失明する可能性がゼロでないという説明を受けているので心配です。定期的に目の状態を確認してできることをしたいです」と話していました。
 近視はアジアを中心に世界で急増していて、オーストラリアなどの研究グループが3年前に出した試算では、2050年には世界人口の10分の1にあたる9億4000万人が強度近視になると予測されています。
 このため世界各地で近視になる人を減らすための対策が進められています。

 最近の研究では、一日2時間、屋外で活動し、十分な量の光を浴びることで近視の発症を抑えられることが分かってきており、20歳以下の8割が近視の台湾では、2013年から体育の授業を1週間に150分屋外で行うことを義務づけ、ほかの教科も屋外での授業を推奨しています。
 学校によっては、理科の授業でも屋外での植物の観察などを多く取り入れているほか、子どもたちの首元に光センサーをつけてもらって浴びる光の量や時間を把握しています。
 こうした取り組みで台湾全体では、7年間で視力0.8未満の子どもが5%以上減ったということです。
 台湾教育部の彭富源署長は「屋外活動に導くことで視力悪化のスピードを抑えられる。子どもも喜び、あまり予算もかからず、効果がある方法だ」と話していました。
 一方で、日本では全国に近視の子どもがどれだけいるのかという調査も行われておらず、文部科学省によりますと、現在、子どもの視力の低下が運動時間や勉強、読書、ゲームの時間などと関連するかどうか、調査を行っている段階だということです。

 文部科学省健康教育・食育課の平山直子課長は「近視は非常に重要な課題だと認識している。調査の結果を得て来年度には対策を決め、各家庭や学校に周知するなど、緊急に進めていきたい」としています。

桜見る会を安倍後援会行事に 参加範囲は「功労・功績者」のはずが 税金私物化 大量ご招待 田村氏追及に首相答弁不能 【しんぶん赤旗】2019.11.09
 〇「安倍内閣のモラルハザード(倫理の崩壊)は安倍首相が起こしている」―。日本共産党の田村智子議員は8日の参院予算委員会で、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に安倍首相や閣僚らが地元後援会員を多数招待していた問題を追及しました。安倍首相は質問に答えられず、審議はたびたびストップ。安倍首相が先頭にたって公的行事・税金を私物化している疑惑が深まりました。(論戦ハイライト)
 「桜を見る会」の参加者数・支出額は安倍政権になってから年々増え続け、2019年の支出額は予算額の3倍にもなっています。田村氏は、各界で「功労・功績のある方」を各府省が推薦するとしながら、自民党議員・閣僚の後援会・支持者が多数招待されていることを明らかにしました。
 安倍首相の地元・山口県の友田有県議のブログ記事では、“後援会女性部の7人と同行”“ホテルから貸し切りバスで会場に移動”などの内容が記されています。
 田村氏は「安倍首相の地元後援会のみなさんを多数招待している」「友田県議、後援会女性部はどういう功労が認められたのか」とただしました。

 安倍首相は答弁に立てず、内閣府官房長が「具体的な招待者の推薦にかかる書類は、保存期間1年未満の文書として廃棄している」と答弁しました。田村氏は「検証ができない状態ではないか」と厳しく批判しました。
 田村氏は「安倍事務所に参加を申し込んだら、内閣府から招待状がきた」という下関の後援会員の「赤旗」への証言を紹介。「下関の後援会員の名前と住所をどの府省がおさえられたのか。安倍事務所がとりまとめたとしか考えられない」とただしました。
 さらに田村氏は、友田県議や吉田真次下関市議のブログに、「桜を見る会」とあわせて安倍首相夫妻を囲んだ前夜祭の盛大なパーティーの様子が紹介されていると指摘。「桜を見る会が『安倍首相後援会・桜を見る会前夜祭』とセットになっているんじゃないか」「まさに後援会活動そのものだ」と追及しました。
 安倍首相は「お答えを差し控える」と答弁を拒否し、議場は騒然。田村氏は「桜を見る会は参加費無料でアルコールなどをふるまう。政治家が自分のお金でやれば明らかな公職選挙法違反だ。こういうことを公的行事と税金を利用して行っていることは重大問題だ」と強く訴えました。

新基地ノー連帯 沖縄 平和大会始まる 【しんぶん赤旗】2019.11.09
 〇「なくそう!日米軍事同盟・米軍基地 2019年日本平和大会in沖縄」が8日、沖縄県内で始まりました。9日まで。主催は同実行委員会です。
 開会集会に先立ち、平和大会参加者は、辺野古新基地(名護市)建設の現場・辺野古漁港のテント村を訪れ座り込みを激励。米軍キャンプ・シュワブゲート前で連帯行動を行いました。
 辺野古漁港で建設現場を望みながら、写真家の山本英夫さんから工事の状況などを聞きました。ゲート前では、沖縄県統一連の中村司(まもる)代表幹事が、「政府は工事が進んで、後戻りできないように見せかけているが、わずかしか進んでいない。多くの人が結集すれば工事は止められる」と、全国の連帯を訴えました。
 同日夕、豊見城(とみぐすく)市で行われた開会集会では、玉城デニー知事と山川仁豊見城市長が来賓あいさつしました。デニー知事は、首里城の早期再建への支援を訴えました。辺野古新基地について「対話こそが解決の道と政府に求めたが、沖縄の民意が一顧だにされない。辺野古の断念と普天間基地の一日も早い返還を求める。民主主義の力を信じともに進もう」と語ると、会場からは大きな拍手が起こりました。
 沖縄選出の野党国会議員でつくる「うりずんの会」の赤嶺政賢衆院議員、伊波洋一、高良鉄美両参院議員、韓国の「平和と統一を開く人々」のオ・ヒェラン執行委員長が、連帯あいさつしました。
 日本平和委員会の千坂純事務局長は「沖縄県民のたたかいの意義を学び、全国に連帯をさらに広げよう」と呼びかけました。
 辺野古の行動に初めて参加した沖縄出身で神奈川県在住の男性(25)は「サンゴ礁とかが壊されるのはイヤ。埋め立ては反対」と語りました。

【不連続線】「開いた口がふさがらない」「耳を疑う」 【八重山毎日新聞】2019.11.09
 〇「開いた口がふさがらない」「耳を疑う」「目を疑う」という表現は、まさにこういうときに使うものだと思った▼平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、沖縄防衛局の隊員用宿舎建設に向けた測量業務の対象となっている市有地3筆について、9月に地番や面積を問い合わせたところ、「測量対象の土地については所有者との関係もあることからお答えは差し控えたい」との回答だった▼ところが、石垣市の意見照会に対する防衛局の回答は、隊員や宿舎への犯罪行為を招くおそれがあるため設置場所を明らかにすることを控えているとの内容だった▼そんな理由に納得できる市民がいるのだろうか。建設が具体化すれば、明らかになるのに。意味が分からない。それでも隠したいのだろう▼与那国島での陸自沿岸監視隊配備計画に反対していた住民グループの代表を務めていた故・稲川宏二さんは配備後、どういう行動をとったか。嫌がらせでもしたか。逆である。現実と向き合わなければと、住民同士いがみ合わない、フェンスの中の人たちを戦場に行かせない、と訴えていたのだ▼なのに住民を疑うなんて。市も市民もこれを認めるのか。配備をめぐる賛否の立場はまったく関係ない。市民の誇りにかかわる重大な問題と思うから。(比嘉盛友)

局員調査前退職相次ぐ 処分逃れか 金融庁が引き留め要請 【西日本新聞】2019.11.09
 〇かんぽ生命保険の不正販売問題で、金融庁がかんぽ生命と日本郵便に対し、販売を担当した郵便局員の退職を安易に認めないよう要請していたことが、関係者への取材で分かった。現在、両社は不正販売について局員への聞き取り調査を実施しており、不正に関与した疑いがある局員が自主退職することで調査が困難になるのを防ぐ措置とみられる。要請を受け、日本郵便は退職希望者の引き留めを図るとともに、退職者には調査への協力を約束させる誓約書を書かせている。
 「不正販売を隠蔽(いんぺい)しようとした局員が退職した。解雇処分を受ければ退職金が支給されないので、逃げたのではないか」(東海)
 「顧客に保険料の二重払いをさせていた局員が8月末に辞めた」(関西)
 一連の不正発覚後、西日本新聞には不正に関与した局員の退職情報が相次いで寄せられている。
 関係者によると、金融庁が日本郵便などに退職者への対応を要請したのは9月。日本郵便は退職を申し出た局員に調査終了まで退職しないよう慰留し、引き留められなかった場合は「(退職後も)会社の調査に対して協力します」と記載した誓約書にサインを求める措置を取っている。
 これらの措置は強制ではなく、局員の任意に基づく。かんぽ生命は取材に「退職者から調査協力が得られない場合は、契約者へのヒアリングや物的証拠に基づいて不正を認定する」と説明。不正と認定されれば、生保各社が加盟する生命保険協会のデータベースに氏名などが登録され、他社に転職しても保険営業に携われないという。
 かんぽ生命と日本郵便は不正販売が疑われる約18万件の契約内容について年内に調査を終える予定。9月30日に公表した中間報告では、法令違反や社内規定違反の疑いがある契約は6327件に上っていた。金融庁は9月から両社に立ち入り検査を実施しており、年内にも行政処分を出す見通し。 (宮崎拓朗)

香港 大学生死亡で数万人が追悼集会 【NHK】2019.11.09
 〇香港では、抗議活動に参加していたとみられる大学生が8日、死亡したことを受けて、9日夜、香港の中心部で数万人が参加して追悼集会が開かれました。
 香港では、今月4日に行われた抗議活動に参加していたとみられる大学生、周梓楽さん(22)が、警察の強制排除の最中に建物から転落したあと、治療を受けていた病院で8日、死亡しました。
 これを受けて、9日夜、香港の政府庁舎近くの公園で追悼集会が行われ、花を手にしたり喪章をつけたりした数万人の市民が集まりました。
 壇上で主催者の1人が「政府は事件の真相を究明しろ」と語気を強めると、参加者からは時折、「民主化の要求を続けるぞ」などとシュプレヒコールが上がっていました。
 参加した市民の1人は、「とても悲しい。亡くなった大学生のためにも政府に市民の意見をきくよう求め続けていきたい」と話していました。
 一連の抗議活動が始まってから初めての死者が出たことで、市民の間では政府や警察への反発が広がっていて、一部の市民がネット上で週明けの月曜日にゼネストを呼びかけるなど、政府と市民の対立は深まる一方となっています。
  ★大学生、周梓楽さん(22)の死を心より悼みます

埼玉で5例目の豚コレラ 県内最大の養豚地域、深谷 【毎日新聞】2019.11.09
 〇埼玉県は9日、深谷市の養豚場で豚コレラ感染を確認したと発表した。飼育豚の感染は県内5例目。この養豚場は1720頭を飼育しており、9日夜から全頭の殺処分を始めた。深谷市は県内最大の養豚地域で、飼料や肥育法にこだわるブランド豚の生産に力を入れている。
<静岡県の野生イノシシから豚コレラ陽性>感染確認は11県目
<豚コレラ方針転換 ワクチン接種 異例の流通制限、輸出に支障の恐れ>
<社説>豚コレラの感染拡大 防疫態勢の甘さが招いた
 県によると、今回の養豚場は、10月30日に県内4例目の感染が確認された本庄市の養豚場から約8・6キロ。11月7日に県がワクチン接種のための事前検査を実施したところ、陽性の疑いがある豚3頭が判明。3頭を含む計24頭を8~9日に検査し、13頭が陽性と確認された。
 県はワクチン接種への影響はないとし、予定通り年度内に県内全域の約13万5000頭への接種を終えるとしている。【畠山嵩】

首里城の保険料 1ケタ間違う | 2019/11/8(金) 22:40 - Yahoo ...
 〇…県土木建築部の担当者は同委で「財団から訂正があり、年間の保険料が一桁違った」と説明した。支払限度額に関しては、従来の説明通り最大70億円だという。保険金は、首里城公園を所有する国が受け取る仕組みとなっている。…
  ★国、丸儲け⁉ 台湾ヒノキの代わりに、杉材など、思案の外! 国の料簡???

首里城の火災保険詳細 - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN 11/6
 〇沖縄県土木建築部の玉城謙都市公園課長は5日、首里城指定管理者の沖縄美ら島財団が加入している火災保険は海洋博公園と首里城公園を合わせて保険料が年間294万円支払限度額が70億円だと明らかにした。首里城焼失について審議するため5日に開かれた県議会の土木環境委員会(新垣清涼委員長)で述べた。支払限度額のうち受け取る保険金の見込みについては「現時点では把握していない」と述べた。
 保険料や補償額の妥当性をどう決めたのか問われた玉城課長は「議論に県は関与していない。財産の価値は保険会社が算定し保険料を算定する」と述べた。県が火災保険の加入内容に関知していなかったことに対し、委員からは「中身を十分吟味せずに指定管理者の美ら島財団に丸投げしたのではないか」などと、管理者の県に批判が集中した。
 首里城の火災保険について所管する県の都市公園課はこれまで詳細を明らかにしてこなかった。
 総務企画委員会(渡久地修委員長)も同日に開かれた。自衛隊に派遣要請を行わなかった理由について前原正人秘書防災統括監は「上空からの消火活動は数トンの水を投下することから、消火活動中の消防隊員や資機材をいったん退避させないといけない。水圧による建物の倒壊、原因究明の手がかり消失の恐れ、周辺の民家への被害などを考えた」と述べた。
 消失した正殿などにスプリンクラーがなかったことについては「史跡の上に立つ建物が復元されたということで(スプリンクラー設置が)義務付けられなかった。ただ県民の大切な財産なので今後、万全の消火体制、防火体制を整備していくのは当然だ」と述べた。


【社説】首相の国会答弁 果たされてない説明責任 【熊本日日新聞】2019.11.09
 〇国会は6日に衆院、8日に参院で予算委員会の集中審議を開いた。相次いだ2閣僚の辞任などについて、安倍晋三首相が説明責任を尽くすかと思われたが、そうはならなかった。首相の説明はきわめて不十分で、国会軽視と言われても仕方あるまい。
 6日の集中審議は、2閣僚の辞任後、任命権者の安倍首相が初めて国会に説明する機会だった。首相は「適材適所の観点から任命したが、こうした結果になり国民におわび申し上げたい」と謝罪。しかし、具体的な責任の取り方については「行政を前に進めていくことに全力を尽くし、国民への責任を果たしていく」と述べただけだった。
 菅原一秀前経済産業相の辞任理由となったのは、選挙区内の有権者に香典を渡したなどとする疑惑だった。河井克行前法相も、有権者に贈答品を贈ったとされ、7月の参院選で当選した妻の運動員に法定上限を超える日当が支払われた疑いも持たれていた。ともに厳正に捜査されるべき事案で、公選法違反ならば閣僚だけでなく議員辞職に値する事態だ。
 2氏とも国会で予定されていた質疑を前に辞表を提出、疑惑について公に説明をしていない。このため野党は両氏を予算委員会で参考人招致することを要求。辞任後でも本人たちに疑惑の説明を求めるのは当然だろうが、与党側は「前例がない」と応じなかった。
 それなのに首相は衆院予算委の質疑で「内閣、与党、野党にかかわらず、一人一人の政治家が、自ら襟を正し説明責任を果たすべきだ」と答弁。野党を含める一般論にすり替え、説明要求をかわそうとした。
 首相は自民党の総裁でもある。2氏に進退のけじめをつけさせるのは党最高責任者としての責務ではないか。本人たちの国会招致に応じないでおきながら、代わりの説明もせずに「本人がすべきものだ」と言うのでは、責任から逃げ回っているのと同じである。
 第2次安倍政権での閣僚辞任は10人に上る。そのほとんどがカネや失言が絡むものだった。首相はそのたびに「任命責任は私にある」と繰り返すが、うやむやになっている印象が拭えない。菅原氏の辞任直後の世論調査(共同通信)でも、内閣支持率は54・1%あった。支持率への自信が首相の強気を支えているのかもしれないが、それがおごりや国会審議への不誠実さにつながってはいないか。
 6日の予算委でも首相は自席から質問議員にやじを飛ばし、後になって謝罪した。大学入試への英語民間試験導入をめぐる混乱の責任についても「課題を克服できるよう、しっかりと検討させたい」と答弁。政権の教育改革の目玉として旗を振ってきたにもかかわらず、ひとごとのような姿勢を見せた。
 今月20日には第1次政権からの首相の通算在職日数が歴代最長となる。政権の長期化とともに緊張感をなくしては、国民の信頼を失っていくばかりだろう。

【社説】重度障害者の国会質問 ◆健常者中心の社会を問う◆ 【宮崎日日新聞】2019.11.09
 〇重い障害で車いすと介助者が必要な木村英子、舩後靖彦両参院議員(れいわ新選組)が、7月の参院選での初当選後初めて国会質問に臨んだ。
 特に舩後氏は体がほぼ動かず声も出せない。車いすの国会議員の前例はあるが、2人のように24時間介護を要する重度障害者が国民の代表として国会に進出し、議員活動を本格化させたのは画期的だ。「障害があっても当たり前に暮らせる社会に」という彼ら当事者の声をしっかり受け止め、社会全体で各種バリアーの解消を急ぐべきだ。
 脳性まひの木村氏は5日の参院国土交通委員会で、秘書らに介助されながら「障害者は災害時に特に困難を強いられる。避難所へ行っても車いすトイレがない。知的障害者の親は避難所へ行くのを諦めてしまう」と切実な現状を訴えた。
 赤羽一嘉国交相は「貴重な意見をありがとうございます。バリアフリーが当たり前の世の中をつくる視点に立つ」と丁寧に答弁し、議員らも終了時に拍手で応えた。
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の舩後氏も7日の参院文教科学委で、事前に用意した原稿をパソコン音声や介助者の代読の形で質問。「障害がある人、ない人で分け隔てのない社会をつくってほしい」とインクルーシブ教育の必要性を訴えた。準備のため質問が止まることもあったが、出席議員たちはじっと見守った。
 いずれも、委員会がある種の緊張感に包まれ、各議員たちも国民に選ばれて国会審議に参加していることの重みを再認識したのではないか。その点でも2人は国会に重要で前向きなインパクトをもたらしたと言える。
 参院は2人の当選を受け、大型車いすが使えるよう本会議場の議席を改修、押しボタン式投票装置も設置して介助者が代理で押すのを容認した。車いすのまま乗降できる福祉車両導入も決めた。裏を返せば、重度障害者が活動する想定がそもそも国会になかったということだ。
 障害者差別解消法は、障害を理由とした不当な差別を禁止した上で、障害者への「合理的配慮」を国や自治体などに義務づけている。声が出せない舩後氏が委員会中に質問内容を介助者に伝えるのに要する時間を、与えられた質問時間から除外するか否かは委員長判断となり、舩後氏側が求める「合理的配慮」はなお試行錯誤が続きそうだ。
 2人が示した課題は、国会だけの問題ではない。健常者中心で回ってきた日本社会の在り方自体が問われている。知的、精神障害も含め障害者は計1千万人近い。彼らの声を代表した2人の訴えには社会全体が真剣に向き合う必要がある。

【社説】冷戦終結30年 新たな「壁」を乗り越えよ 【西日本新聞】2019.11.09
 〇東西冷戦の象徴とされた「ベルリンの壁」崩壊から、きょうで30年になる。冷戦終結で米ソ両大国による核戦争の恐怖は去った。世界はイデオロギー対立を脱して自由と民主主義、市場経済といった旧西側の価値観が基軸となり、協調と共存の道を歩むかと思われた。
 30年後のいま、世界は自由や豊かさを享受しているのか。現実は異なるだろう。
 第2次世界大戦後40年余り続いた東西両陣営の対立がなくなると、民族や宗教などに起因する紛争が続発した。2001年の米中枢同時テロを契機に、米国は「テロとの戦い」を掲げてアフガニスタンやイラクに軍を進めた。だが現地で民主化が実現したとは言えず、むしろイスラム過激派などの温床となり混乱の収束は見通せないままだ。
 唯一の超大国として国際秩序の守護者と期待された米国だったが、イラク戦争を巡り欧米の対立も深まり、世界は多極化に向かった。
 米国は経済のグローバル化の恩恵を享受した半面、国内に極端な貧富の格差をもたらし、これに憤る人々が「自国第一」を掲げるトランプ大統領を押し上げた。トランプ氏は支持者に迎合して従来の米国の政策を転換した。社会の分断をあおり、移民流入を防ごうと国境に新たな「壁」の建設を急ぐ。その姿に、自由と民主主義の現状が投影されている。
 英国のジョンソン首相が主導する欧州連合(EU)からの離脱にも共通点がある。富の分配が偏り、移民や難民を含む他者への「不寛容」の広がりだ。有効な対策を打てなかった既成政党への不満は、多くの国でポピュリズムの波を生んでいる。フランスで続く黄色いベスト運動の抗議にも通底する。
 冷戦後の世界で中国の経済大国化は顕著で、米国と覇権を争うまでになったが、経済成長に伴い民主化されるという期待は裏切られた。ソ連解体後も大国として振る舞うロシア同様、独裁的統治は勢いづいている。
 各国が内向きになる一方で、世界はさまざまな危機に直面する。地球温暖化に歯止めがかからず、核兵器廃絶も後退。異常気象や地域紛争は貧困や飢餓を招き、大量の難民を生み出す。それがまた分断につながる負の連鎖を断ち切らねばならない。危機を直視し、国家や民族、宗教などの「壁」を越えて行動することが求められる。
 自由と民主的制度を求めて行動する香港の若者や温暖化対策を訴え世界を駆け巡る10代の活動家を、傍観していてはなるまい。自由や民主主義の価値を見直し、危機に立ち向かう連帯と協調の枠組みを再構築したい。

【社説】給与差し止め/乱用防ぐ仕組みは十分か 【神戸新聞】2019.11.09
 〇神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題で、市教育委員会は加害側の教員4人を分限休職処分とし、給与の全額を差し止めた
 これに先立ち、弁護士らでつくる市教委の分限懲戒審査会が開かれ、「処分は不相当」と結論づけた。それを押し切っての決定である。
 諮問した市教委は、審査会の意見に拘束力はないと会見で言い切った。久元喜造市長は審査会に対する詳細な反論コメントを出した。いずれも異例の反応といえる。
 加害教員の行為は非難されるべきで厳正な処分は免れない。だが市教委と市の対応には危うさを感じる。
 審査会には処分の乱用に一定の歯止めをかける役割が期待されていたはずだ。これでは何のための審査会か、疑問を抱かざるを得ない。
 市役所や学校には、加害者が有給休暇の扱いとなっていることへの苦情が殺到している。そうした「民意」を盾に、結論ありきで事を急いでいるように映る。
 公平、公正の観点から、悪(あ)しき前例になりかねない。冷静に処分の経緯を振り返る必要がある。
 市長が加害者4人の給与差し止めを念頭に、職員処分の条例改正の方針を表明したのは10月24日だ。その後わずか1週間で、市議会での可決を経て分限処分が決まった。
 本紙は社説で、このたびの条例改正には問題があると指摘してきた。
 法律は本来、事後につくったルールで不利益を課す遡及(そきゅう)措置はできないとされる。改正条例の適用はこの原則に触れる可能性が否定できない。特に公務員の身分保障を大きく制約する内容であるだけに、運用には慎重さが求められる。
 審査会は「正確な事実認定と厳格な判断・解釈が必要」と指摘した。その上で「(分限処分ではなく)懲戒処分で判断するべきだ。加害教員4人の行為には軽重があり、一律には論じられない」としている。うち1人が処分の取り消しを求め、市人事委員会に審査請求した。
 恣意(しい)的な運用を防ぐ仕組みが目に見える形で機能しなければ、市政への信頼が失われる恐れがある。この点を改めて強調したい。
 事実関係を明らかにするため、第三者委員会の調査が進んでいる。年内をめどに結果をまとめ、再発防止策も提言するという。
 調査結果を待たずに条例改正を成立させた市議会に、厳しい視線が注がれているのも事実だ。市政を監視する立場から「議論を尽くしたのか」との声に向き合ってほしい。
 懲戒処分が出るまで職員に「自宅謹慎」などを命じる制度が必要というのであれば、市と市議会はもっと時間をかけて検討するべきだった。

【論説】在日米軍の規則違反 安全脅かす愚行許されぬ 【福井新聞】2019.11.09
 〇【論説】睡眠導入剤や薬物、アルコールを摂取した米兵が操縦する戦闘機が、日本の領空を飛んでいたという。防衛どころか、日本の安全を脅かす本末転倒の愚行は許されるはずもない。
 この事実は、高知県沖の太平洋上で昨年12月、山口県岩国市の米海兵隊岩国基地所属のKC130空中給油機とFA18戦闘攻撃機が夜間の空中給油中に接触、墜落し6人が死亡・行方不明なった事故の調査報告書で判明した。
 睡眠導入剤など以外にも、飛行中に酸素マスクを外して手放しで操縦したり、読書やひげを整えたりしている様子を自撮りしていたという。不倫や指示違反なども指摘されている。常軌を逸した規則違反が横行していた。
 加えて、高知県沖と同様の接触事故が2016年4月に沖縄県沖上空で起きていたのに、負傷者がなかったことなどから軽微な事故として詳細調査は行われず、上層部にも報告されていなかった。
 人為ミスとして重大視しなかったことで部隊の規律意識の低さや管理態勢の不備は改善されず、結果的に高知県沖の墜落死亡事故につながったといえる。米軍が兆候を見逃し、死亡事故を誘発した例は過去にもあった。軽微な事案でも徹底調査するよう抜本策を講じる必要がある。
 在日米軍の事件・事故について日米両政府は「公共の安全または環境に影響を及ぼす可能性がある」場合、できる限り速やかに通報することで合意している。しかし、通報の範囲や時期は米軍の裁量任せになっているのが実態だ。
 河野太郎防衛相は沖縄県沖の事故の連絡がなかった点に触れ「ルール違反だ」と非難したが、日本側に情報提供がなければ、再発防止は米軍に委ねるしかない。軽微な事案でも報告させるような仕組みを構築するべきだろう。
 米軍は沖縄を対象とする別の日米合意にも反して、嘉手納基地でパラシュート降下訓練を相次ぎ強行している。直近では、青森県三沢市の米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練場外で重さ二百数十キロもある模擬弾を落下させる事故があった。背景に規則や規律違反などがなかったのか、政府は米軍に徹底調査と報告を求めるべきだ。
 規律と安全が確保されなければ、基地負担を強いられる地元の強い反発を招くのは必至であり、現に岩国市民らは「ぞっとする」「あるまじき行為」などと憤りをあらわにしている。
 問題の根底には米軍の特権を定めた日米地位協定の存在がある。事故の捜査に日本が関われるなど、対等関係に改める必要がある。今のままでは同盟関係に亀裂が入りかねない。

【社説】議事録の削除 意に沿わぬ声は葬るのか 【信濃毎日新聞】2019.11.09
 〇社会保障の将来像を話し合う政府主催会議の議事録から、政府の方針と異なる意見が削除されていたことが分かった。
 安倍晋三内閣が重要政策に掲げる全世代型社会保障を検討する会議の初会合である。幅広く論議し、制度の改革を決める重要な会議だ。議長は安倍首相が務めている。9月20日に開き、議事録は10月4日に公開された。
 国民の将来生活に大きく関係する。政策の決定過程である発言を全て公開するのは当然だ。
 それなのに会議は非公開で、内容は議事録でしか分からない。一部を削除すると透明性が確保できず、信頼性を損なう。異論の排除は議論の行方にも影響する。看過できない。
 発言したのは、中西宏明経団連会長だ。国内最有力の経済団体トップが政府方針に異論を唱える影響は大きい。表面化させないように削除した懸念が拭えない。
 西村康稔担当相はきのうの記者会見で、議事録は本人の了解を得て、趣旨が正確に伝わるように整理や修正を施すと説明し、手続きに問題はないと釈明している。
 そうだろうか。削除された内容は発言の核心である。
 在職老齢年金制度を巡る議論だ。65歳以上では現在、月額の賃金と年金の合計が47万円を上回ると公的年金の額が減る。政府は働く意欲を損なうとして、年金の減額を見直す方針を掲げている。
 一方で減額をやめれば支給額が増えて年金財政が悪化し、将来世代の給付水準が下がるという批判がある。中西会長は現状でも「(働く高齢者の)意欲を減退させることはない」と発言し、政府方針に異論を唱えた。
 議事録には「財源の問題もあるので、慎重に検討した方がいい」とあるだけだ。異論の部分が抜け落ちているのは明白だ。
 政府はこれまでも都合の悪い公文書や発言などを隠蔽(いんぺい)してきた。南スーダンに派遣した陸上自衛隊の日報を隠し、森友学園への土地売却に関わる決裁文書は改ざんした。省庁幹部と安倍首相が面会した際の記録は作成していない。
 中西会長は共同通信の取材に対し「(記載は)政府側の判断だ」と述べている。削除された発言は他にも複数あるという指摘も出ている。徹底した調査が必要だ。
 誰がどんな理由で削除を指示して、誰が実行したのか。政権幹部は関わっているのか―。経緯を明らかにして、発言内容を修正する前の正確な議事録を公表しなければならない。

【社説】米軍機模擬弾落下「抗議にも改めぬ姿勢に不信感」 【陸奥新報】2019.11.09
 〇米軍三沢基地所属のF16戦闘機が6日、六ケ所村の私有地に模擬弾を落下させた。しかも、米軍が防衛省に報告したのは翌7日という。基地と地元自治体は信頼関係の上で共存しているはずだが、人的被害がなかったとはいえ、米軍のこうした対応は、信頼を著しく損なうものであり、憤りを禁じ得ない。
 防衛省によると、6日午後6時35分ごろ、訓練中のF16が三沢市と六ケ所村にまたがる「三沢対地射爆撃場」の西約5キロの牧草地に模擬弾1発を落とした。模擬弾にはコンクリートが詰められ重さは約230キロ。深さ約3メートルの地中に埋まっていたという。火薬が入っていなくても、これだけの威力があるのだ。現場の5キロ圏内には学校などもある。もし当たっていたらどうなっていただろうか。
 落下が明らかになった7日、三村申吾知事が「一歩間違えれば大変な惨事」、菅義偉官房長官は「あってはならないもの」と述べ、地元六ケ所村と三沢市の首長も一斉に非難した。民有地に落下させただけでも周辺住民に大きな不安を抱かせるが、米軍が防衛省に報告したのが翌日朝になってからだったため、防衛省から関係自治体への情報提供も当然、それ以降になった。こうした米軍の姿勢が、疑問と不信感を増幅させた。
 三村氏は8日午前、防衛省に河野太郎防衛相を訪ね、再発防止策が講じられるまでF16の模擬弾訓練を中止させるよう要請するとともに、事故の連絡が発生翌日だったことを批判した。これに対し河野氏は「(米軍に)原因究明、再発防止策をしっかり講じるよう申し入れる」とし、報告が遅くなったことについては「申し訳ない」と謝罪した。米軍は防衛省に当面の訓練中止を伝えてきたというが、抗議をどれだけ深刻に受け止めているのか疑念が残る。
 三沢基地の米軍機は今年1月、部品の一部を八甲田の山中に落下させたほか、エンジントラブルで青森空港に緊急着陸。翌2月は三沢飛行場でオーバーランし、民間機の運航に影響を及ぼした。6月には北海道で低空飛行(米側は最低安全高度に注意して飛行と回答)し、校庭の児童が待避した。実害があったものでは、昨年2月に小川原湖へ燃料タンクを投棄し、漁業に大打撃を与えた問題が記憶に新しい。
 防衛省や県などはその都度、抗議し再発防止を求めてきたが、こうした問題は後を絶たない。報告遅れは他基地でもある。昨年は嘉手納基地(沖縄県)に所属するF15戦闘機の部品がなくなったが、日本側に報告があったのは6日も後で、防衛省は「迅速な情報提供を要請している」としていた。それなのに、また「迅速な情報提供」はなかったのだから、不信感を抱いて当然だ。米軍は姿勢を改めない限り、地元の理解が得られないことを肝に銘じなければならない。

【時論】毅然として再発防止迫れ/在日米軍の規則違反 【東奥日報】2019.11.09
 〇山口県の米海兵隊岩国基地の戦闘機部隊による米軍規則違反の横行が明らかになったのに続き、米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練場外へ模擬弾を落下させるなど在日米軍絡みの不祥事やその隠蔽(いんぺい)、事故が続発している。両基地とも住民との関係は比較的良好だったが、一連の問題は不信感を増幅しかねない。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で米政府に再発防止を迫るべきだ。
 高知県沖の太平洋上で昨年12月、岩国基地所属のKC130空中給油機とFA18戦闘攻撃機が夜間の空中給油中に接触し墜落した事故で6人が死亡・行方不明になった。戦闘機部隊の上部組織の第1海兵航空団(沖縄県)の指示による調査報告書で判明した規則違反は常軌を逸している。手放しの操縦や飛行中の読書、ひげを整えながらの自撮りに加え、乗員2人の尿から睡眠導入剤の成分が検出されたのだ。
 同時に2016年4月に起きた沖縄県沖上空でのFA18とKC130の接触事故を調べた結果、同じ戦闘機部隊のFA18に責任があると総括。背景には薬物乱用、アルコールの過剰摂取、不倫、指示違反があったと結論づけた。
 防衛省中国四国防衛局は先月、高知県沖での海兵隊機墜落事故の原因を岩国市などに報告した際、規則違反を把握していたのに詳細に説明していない。沖縄沖上空の事故に至っては、高知沖の事故後まで本格的な調査は実施されず、日本側にも報告されていなかった。
 在日米軍の事件・事故を巡っては、日米両政府は1997年に「公共の安全または環境に影響を及ぼす可能性がある」場合、できる限り速やかに通報すると合意している。これを基に河野太郎防衛相は5日の会見で、16年事故の連絡がなかった点に触れ「ルール違反だ」と指弾した。
 だが、通報の範囲や時期は米軍の裁量に委ねられているのが実態だ。米軍は沖縄を対象とする別の日米合意にも反して、嘉手納基地でパラシュート降下訓練を相次いで強行している。
 睡眠導入剤や薬物、アルコールを摂取した米兵の乗り込んだ戦闘機が日本の領域を飛んでいた事実は、防衛どころか、この国を脅かす本末転倒の蛮行だ。
 米軍は調査後、隊長ら4人を更迭したというが、日本の法律では裁けないのも重大な問題だ。根底には、米軍の特権を定めた日米地位協定の存在がある。米軍の軍人・軍属が日本で犯罪や事故を起こしても、公務中であれば第1次裁判権は米側にあるからだ。
 日米安保条約は米国の日本防衛義務を定める一方、日本には米国を防衛する義務はない。けれども、日本は米軍基地を提供し、多額の在日米軍駐留経費まで負担している。加えて、安倍晋三首相は米国との「対等な同盟」を掲げ、集団的自衛権の一部行使を容認する安保法制も成立させた。にもかかわらず、ここまで米軍の専横を許していれば、隷属的な関係はいつまでも変わらない。
 在日米軍の駐留には地元の理解が不可欠だ。地元住民を脅かしたり、反発を招いたりするようでは日米同盟は足元から揺らぐ。茂木敏充外相は「地元に不安を与えるようなことがあってはならない」と力説するが、それが体現されるかどうかは、ひとえに安倍政権の姿勢にかかっている。

「そうしたうわさのことを質問する所でない」 菅長官は記者を批判したが… 【東京新聞】2019.11.08
 〇菅義偉官房長官は七日の記者会見で、辞任した河井克行前法相を巡る菅氏の九月の発言について記者が質問した際、「私がそんなこと、いつ、どこで言ったのか。そうしたうわさのことで質問する場所ではない」と述べた。
 河井氏が法相に就任した翌日の九月十二日、「河井氏は秘書への暴行やセクハラをした疑惑が週刊誌で報道されている。大臣任命は問題では」との記者の質問に、菅氏は「本人が否定しているから全く問題ない」と答えていた。
 今年七月の参院選で河井氏の妻の案里氏陣営に公職選挙法違反の疑惑があると、週刊文春が報道すると、河井氏は報道直後の十月三十一日に辞任を表明。河井氏は自身の関与はあくまで否定していたが、菅氏は同日の会見で「法相という法の番人でありますから、こうしたことがあってはならないという形で辞任をするという、河井大臣が会見で申し上げた通りだと思う。法については一番厳しさが求められる」と述べていた。
 七日の会見では、記者が「公選法疑惑と過去の疑惑との評価の差はどこにあるのか」と繰り返し質問したが、菅氏は「本人が辞任するときに言われたことは、その通りじゃないか」と答えるにとどまった。(望月衣塑子)

国土強靱化、事業費上積み 防災・減災インフラ強化 東京新聞 11/8
 〇政府は8日、2020年度までの3年間で実施中の「国土強靱化」に向けた重要インフラ緊急対策で、事業費を総額7兆円から上積みする方向で検討に入った。安倍晋三首相による経済対策取りまとめの指示を受け、頻発する台風被害などに対応した防災・減災インフラを強化する。低金利で資金調達できる環境を追い風に財政投融資も積極的に活用し、20年東京五輪後の国内景気の下支えに取り組む。
 国土強靱化では、10月の台風19号で河川の氾濫や堤防の決壊など想定を超える被害が発生したことから、新たに課題を検証し、水害対策を中心に必要なインフラ施策を講じる。
(共同)
  ★看板に偽り!甘い見通しだったという証拠。国土強靱化? 名前負け。

元稲沢市議に無期判決 中国 麻薬密輸罪 結審から5年 【東京新聞】2019.11.08
 〇【広州=浅井正智】中国国内で覚醒剤を日本に運ぼうとして麻薬密輸罪に問われ、「懲役十五年以上か無期懲役または死刑」を求刑された愛知県の元稲沢市議、桜木琢磨被告(76)に対する判決公判が八日午前、広東省の広州市中級人民法院(地裁)で開かれ、無期懲役の判決が言い渡された。弁護人はただちに上訴する方針を明らかにした。
 この裁判は結審から五年以上も判決が出ず、判決期限の延長を繰り返す異例の事態が続いていた
 桜木被告は二〇一三年十月三十一日、広州市の白雲国際空港でスーツケースに入った覚醒剤三・三キロを違法に運搬しようとして拘束された。
 裁判の最大の争点は、被告本人がスーツケースに覚醒剤が入っていたことを認識していたかという点。被告は捜査段階から一貫して「覚醒剤が入っていることは知らなかった」と無罪を主張。一方、検察側は「知っていた」として、法定刑と同じ「懲役十五年以上か無期懲役または死刑」を求刑した。法院は「明らかに知っていた」として被告の故意を認定した。
 起訴当時の罪名は「麻薬運搬罪」だったが、桜木被告が最終的に日本に覚醒剤を持ち出そうとしたとして、判決公判当日に罪名が突然「麻薬密輸罪」に変更された。
 中国の法律は、原則として起訴から三カ月以内に判決を出すと定めている。被告については、これまで三カ月ごとに判決期限が延期されてきた。法院は早期の判決を求める弁護人の要望を無視し続け、保釈請求も認めなかった。
 八日朝、判決公判が行われた法院前には、多数の日本のメディアが詰め掛けた。本紙も今月四日に法院側に傍聴の申請をしたが、「家族や関係者を優先させる」との理由で拒否された。
  ★実質、刑罰先取り

大規模緩和のリスクに留意を 日銀資産膨張に懸念―検査院報告 【時事通信】2019.11.08
 〇会計検査院は8日に公表した2018年度決算の検査報告書で、日銀の財務状況について「将来の市場金利、株式市場、為替レートの動向、日銀自身の金融政策によっては大きく変動する可能性がある」と警鐘を鳴らした。大規模金融緩和の長期化に伴い国債などの大量購入を続ける日銀に対し、財務面で抱えるリスクに留意するよう訴えた形だ。
 日銀の19年3月期決算は保有する上場投資信託(ETF)の運用益拡大などから経常利益が約2兆円に上った。検査院報告書は「損益面で、金融緩和の影響により必ずしも悪化したという状況にない」としつつも、資産と負債の急増を理由に、将来的な損益悪化の危険性を指摘した。日銀の保有資産残高は国債のほか、ETFなどの購入で積み上がり、3月末時点で13年3月末と比べて約3.4倍、557兆円に膨張している。
 検査院は日銀が大規模緩和を始めた13年以降、財務の健全性にたびたび懸念を示してきたが、今回の報告書では「財務状況について国民に分かりやすく説明することが重要」と踏み込んで要請した。

香港デモ 初の死者 大学生 催涙ガス避け転落か 【東京新聞】2019.11.08
 〇【北京=中沢穣】香港で三日夜から行われたデモの際に、駐車場から転落して頭部に重傷を負った男子大学生(22)が八日午前、死亡した。香港メディアが病院関係者の話として伝えた。六月から続く一連の抗議活動により死者が出たのは初めてとみられる。香港では今月二十四日に予定される区議選の立候補者が暴力を受ける事件が続いており、デモ参加者らの反発がさらに強まるのは必至だ。
 死亡したのは香港科学技術大二年生の周梓楽(しゅうしらく)さんで、四日未明に香港郊外の新界にある駐車場三階から約四メートル下の二階に転落した。頭部を打って意識がない状態で見つかり、病院に運ばれたが、危篤状態が続いていた。
 現場付近では三日夜からデモ隊と警察の衝突が続いており、周さんは警察の催涙ガスを避けようとして転落した可能性が指摘されている。香港メディアは、何者かが駐車場に向かう救急車の走行を妨害したとの疑いも報じた。
 香港情勢を巡っては、中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席が四日に香港トップの林鄭月娥(りんていげつが)行政長官と会談し、デモ隊に強い姿勢を見せる林鄭氏への支持を表明。林鄭氏は、普通選挙の実施などデモ隊の要求を拒む一方、デモ取り締まりを強化している。
 区議選の立候補者が暴力を受ける事件は親中派、民主派の双方が標的となっており、三日には男がショッピングモール内でナイフを振り回し、民主派の区議選候補者が耳をかみ切られる事件が発生。六日にも親中派の立法会(議会)議員で区議選に立候補していた何君尭(かくんぎょう)氏が男に刃物で胸を刺されて負傷した。
<香港の条例改正問題> 香港政府は4月、立法会(議会)に「逃亡犯条例」改正案を提出。犯罪人引き渡し協定を結んでいない中国本土や台湾などにも香港当局が拘束した容疑者の引き渡しが可能になる内容で、反対派は中国に批判的な活動家らが本土に引き渡される恐れがあると反発。6月12日には若者らが立法会を包囲し警官隊と衝突した。通信アプリで呼び掛けられた抗議活動は拡大し過激化。香港政府は9月4日、改正案の撤回を表明したが、デモ隊は普通選挙実現などを求め、抗議を続けている。
  ★警察が、過激化。(殺人)致死まで。

塾ぐるみ、留学試験問題盗撮疑い 中国籍社長ら5人逮捕起訴 【東京新聞】2019.11.08
 〇眼鏡型カメラで留学希望の外国人を対象とした「日本留学試験」の問題を撮影して外部に持ち出したとして、警視庁組織犯罪対策1課は8日までに、業務妨害容疑で東京の外国人向け学習塾「毎刻教育」社長の丁斌容疑者(36)、当時塾講師だった大学院生の石鎮瑜容疑者(23)、同塾講師の女で蒋奕テイ容疑者(25)のいずれも中国籍の男2人と女1人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 事件ではこれまで塾社員の鄭鐘輝被告(32)と大学生の張以ガイ被告(23)の男2人が同容疑で逮捕、起訴されている。同課は5人が役割分担し組織的に問題を入手したとみて全容解明を進めている。
(共同)

東北道の佐野SA、再びスト 上り線レストランで1時間 【東京新聞】2019.11.08
 〇栃木県佐野市の東北自動車道佐野サービスエリア(SA)の運営を受託している会社の労働組合が8日午前7時から1時間、上り線のレストランでストライキを行った。ストは8月に続き2回目。
 従業員ら約30人はレストラン前に集まり、「ストライキ決行中」と書かれた横断幕を掲げ、「安全に働ける職場に戻して」と声を上げた。
 労組は、運営受託会社の「ケイセイ・フーズ」(佐野市)が8月のストを労働争議と認めず、損害賠償を請求する構えを見せていることに反発。3日にストを通告した。
 労組の加藤正樹執行委員長(46)は「会社側は話し合う姿勢がなく、先が見えない」などと話している。
(共同)
  ★ストライキ、やむなし⁉

在日弁護士への懲戒請求は「差別」 静岡地裁判決・男女2人に賠償命令 【毎日新聞】2019.11.08
 〇在日コリアンの金竜介、金哲敏両弁護士=東京弁護士会所属=が人種差別に基づく懲戒請求を申し立てられたとして、静岡県内の男女2人に各55万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、静岡地裁(小池あゆみ裁判長)は7日、懲戒請求を「差別意識の発現」と認定した。両弁護士に精神的苦痛を与えたとして、男女2人に慰謝料など各11万円の支払いを命じた。
<「在日コリアン、在日韓国人、在日朝鮮人って何が違うんやろ?」>差別生んだのは…
<在日ジャグラー、次世代へ語る>「祖国、二つでもいい」
<匿名ブログで在日コリアンの少年を中傷>66歳の男に略式命令
 判決などによると、同弁護士会は2016年4月に会長名で「朝鮮学校への適正な補助金交付を求める声明」を発表。男女2人は17年11月ごろ、声明に反対するブログから懲戒請求のひな型の文書を入手した。「声明に賛同し、その活動を推進するのは確信的犯罪行為」などとして弁護士18人を懲戒請求した。金竜介、金哲敏両弁護士は18人の中に含まれていたが、実際は声明に賛同していなかった。
 判決は、男女2人が懲戒請求の理由があるか調査や検討をしておらず、金竜介、金哲敏両弁護士の氏を手がかりに懲戒請求をしたと指摘。「民族的出身に対する差別意識の発現で、違法な懲戒請求に当たる。弁護士としての活動を萎縮、制約する」と認定した。「弁護士による提訴は一般市民の萎縮効果を狙ったもの」とする男女2人の主張は退けた。
 日本弁護士連合会によると、朝鮮学校への補助金停止を巡り、ブログに掲載されたひな型を使った懲戒請求は全国で計約13万件に上ったという。【池田由莉矢】

安倍首相、再びやじ飛ばす 野党議員に指さして 【東京新聞】2019.11.08
 〇安倍晋三首相が8日の参院予算委員会で、質問する立憲民主党の杉尾秀哉氏を指さしながらやじを飛ばしたとして、杉尾氏が抗議する一幕があった。首相は6日の衆院予算委でも野党議員にやじを飛ばし、棚橋泰文衆院予算委員長が不規則発言を慎むよう要請した。短期間で同じ行動を繰り返しており、批判を招きそうだ。
 杉尾氏によると、放送局に電波停止を命じる可能性に言及した2016年の高市早苗総務相発言について質問した際、首相が自席から杉尾氏を指さして「共産党」とやじ。金子原二郎参院予算委員長が「不規則発言は厳に慎んでほしい」と注意した。
(共同)

リテラ: 安倍首相「桜を見る会」の税金を使った不正が国会で明らかに!「地元の自治会やPTA役員を招待」と白状 萩生田・稲田・世耕も… 11/8
 〇公選法違反疑惑によって大臣辞任が相次ぐ安倍内閣だが、本日、おこなわれた参院予算委員会では、ついに総理自身の疑惑追及がおこなわれた。そう、「桜を見る会」の私物化問題が安倍首相にぶつけられたのだ。
 本サイトでもお伝えしてきたように、「桜を見る会」にかかる支出は第二次安倍政権下で大幅に増えており、予算額は2014年度以降約1767万円で固定されていたのに、支出は年々増え今年2019年度は5519万円と約3倍に。しかも、このことが問題になると、2020年度予算の概算要求で内閣府は「桜を見る会」の関連経費として本年度の3倍を超える5729万円を計上。無駄遣いを見直すのではなく、逆に予算額を増やしてきたのだ。
 しかし、そんななかで「しんぶん赤旗日曜版」10月13日号は、安倍首相が地元・山口の後援会員を数百人規模で招待していることをスクープ。都内観光とセットにしたこのツアーは「後援会の目玉行事」となっていたといい、さらには妻・昭恵氏が名誉会長を務めたスキーイベントの実行委員をはじめ、昭恵氏の農業仲間や日本酒をつくる女性のグループなども招待されている事実を突き止めていた。
 しかも、きょうの参院予算委員会で質問に立った共産党の田村智子議員は、新たな事実を安倍内閣に突きつけた。それは、安倍自民党全体で私物化している実態だ。
 田村議員が読み上げたのは、安倍自民党の大臣や閣僚経験者らによる「桜を見る会」の報告。そこにはこんな記述があったのだ。
稲田朋美・元防衛相〈地元福井の後援会の皆様も多数お越し下さり、たいへん思い出深い会となりました。〉(2014年4月12日「日々の活動報告」)
世耕弘成・前経産相〈『桜を見る会』にて 地元女性支援グループの皆さんと〉(「世耕弘成後援会ニュースKawara-Ban」2016年新年号)
松本純・元国家公安委員会委員長〈選挙のうぐいす嬢の皆様をはじめ後援会の皆様と参加致しました。〉(同上2015年4月18日)
萩生田光一・文科相〈総理主催の「桜を見る会」が催され、今年は平素ご面倒をかけている(編集部注:後援会の)常任幹事会の皆様をご夫婦でお招きしました。〉(「はぎうだ光一の永田町見聞録」2016年4月18日)
 なんと、稲田氏や萩生田氏、世耕氏といった安倍首相の側近議員たちも、安倍首相と同じように地元後援会も関係者を招待し、もてなしていたというのだ。
 
 さらに、松本元国家公安委員長は、このようにも綴っていた。
〈役職ごとに案内状が割り当てられます。参加するにはこの案内状が無ければ入場できません。今回は限られた少数の案内しか入手できず、残念ながら後援会の皆様にご案内することができず、やむなく我が陣営は不参加ということになってしまいました。ご期待いただいていた皆様にはお詫び申し上げます。もっと偉くなりたいですね。〉(「松本純の国会奮戦記」2013年4月20日)
 つまりこれは、自民党は党内で役職ごとに後援会や支援者の招待枠を割り振っているということだろう。
 念のため言っておくが、議員の後援会や支持者というのは、「桜を見る会」の招待範囲に含まれていない。税金が投入された公的行事なのだから当然だ。実際、今年1月に閣議で配布された「桜を見る会『開催要領』」にある「招待範囲」には、こうある。
〈皇族、元皇族/各国大公使等/衆・参両院議長及び副議長/最高裁判所長官/国務大臣/副大臣及び大臣政務官/国会議員/認証官/事務次官等及び局長等の一部/都道府県の知事及び議会の議長等の一部/その他各界の代表者等〉
 皇族や大使・公使、政府・自治体関係者の数は、内閣府も「2000人くらいでほぼ固定的」と認めている。ようするに、〈その他各界の代表者等〉が安倍政権下で大幅に増え、予算も増加しているのだ。一方、今回判明した、安倍首相を筆頭に安倍自民党の議員たちが後援会・支持者をもてなす場として税金を使って「桜を見る会」を利用してきた実態……。これが支出増加の原因だとしか考えられないのだ。
 さらに田村議員は「下関の安倍事務所から参加確認があり、希望すれば、内閣府から招待状が送られてくる」という安倍首相の地元・山口の後援会関係者や後援会員の証言を紹介。安倍事務所が取りまとめの窓口となっているのではないかと、安倍首相に質した。

リテラ: 安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待! 公的イベントを支援者接待と政治資金集めに利用 10/11
 〇森友・加計学園問題で露呈した安倍首相による「政治の私物化」だが、またしても信じがたい事実が発覚した。毎年おこなわれている首相主催の「桜を見る会」で、安倍事務所が地元・山口から後援会員を大量に招待し、“おもてなしツアー”として利用していたことがわかったからだ。
 そもそも、「桜を見る会」というのは各界の功労者を総理大臣がねぎらうイベントだが、第二次安倍政権下では安倍首相の私物化が目に余るとして問題になってきた。たとえば、毎年のように多くの芸能人やアスリートらが招待され、そうした人気者たちと仲よさげに写真におさまることで安倍首相は自分のPRの場として活用してきたが、今年4月に開かれた会では、なんとあのネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)の出演陣である百田尚樹や有本香、ケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司などといったネトウヨ安倍応援団をこぞって招待したのだった。
 しかも、問題はその「おもてなし」の費用だ。会の予算額は、2014年度以降は約1767万円で固定されていたのだが、同年度の支出は予算を大きく上回る3005万円に。支出は年々増えていき、今年2019年度は5519万円にものぼった。
 なぜ予算を3倍も超えるほどの金がかかっているのか。その原因のひとつと考えられているのが、第二次安倍政権下での招待客の増加だ。招待者の人数の目安は1万人とされているのに対し、今年招待された人は1万5400人、参加者は1万8200人にもなっている。
 しかし、「どうして招待客が増えたのか」という国会での追及に対して、政府は「各府省庁からの意見を踏まえ幅広く招待」と述べるばかり。「どこの省が増えたのか」と訊いても、「資料は破棄した」の一点張りだった。
 ところが、ここにきて、冒頭でもふれたように、「桜を見る会」が安倍首相の支持者のための“おもてなしツアー”にも使われていたことがわかったのだ。
 この問題をスクープしたのは、「しんぶん赤旗日曜版」10月13日号。その記事では、安倍首相の地元・山口の後援会関係者や後援会員らが、こんな証言をおこなっているのだ。
「桜を見る会には毎年参加している。地元の後援会員が数百人規模で上京し、みんなで首相と記念写真をとっている。安倍事務所の恒例行事だよ」
「下関の安倍事務所から参加確認があり、希望すれば、内閣府から招待状が送られてくる」
 つまり、本来は「各界の功労者をねぎらう」会であるはずなのに、安倍首相はそこに自分の支持者を大量に招待していたというのである。
 証言者によると、「旅費は自分持ち」だと言うが、飛行機や宿泊先のホテル、貸し切りバスなどはすべて安倍事務所が手配。しかも、都内観光もセットになっているほか、「桜を見る会」では安倍首相との写真撮影にくわえ、芸能人やスポーツ選手に会え、無料で飲み食いでき、お土産までついてくる。その上、「桜を見る会」の一般招待客は手荷物検査を受けるが、後援会員の場合はそれもなく、「バスの駐車場がある“裏口”から入るのが恒例」だという。まさに至れり尽くせりの接待ツアーではないか。

【社説】[れいわ2氏初質問]社会変える大きな一歩 【沖縄タイムス】2019.11.08
 〇重度障がいがあるれいわ新選組の木村英子参院議員と筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦参院議員が国会で初めて質疑に臨んだ。車いすや介助が必要な議員の質問は国会の風景を変えた。多様な声を政策に反映させる大きな一歩だ。
 木村氏は国土交通委員会で、公共施設などの「多機能トイレ」が車いす利用者にとって使いづらくなっている現状を訴えた。
 以前は車いすを利用する障がい者を対象としていたトイレに、乳幼児用のおむつ交換台やオストメイト対応、着替え台などの「多機能」設備が加わったための変化である。一般の利用も増え、待たされたり、混雑したりと、本当に必要とする利用者が使えない状況を指摘した。
 自身が利用するデパートで1階から7階までトイレに入れなかった体験も紹介。「多くの機能をまとめるのではなく、それぞれのニーズに合わせたトイレを複数つくるべきではないか」と迫った。
 バリアフリー法に基づくトイレの設計基準についても、車いすの種類や介助者の有無によって十分なスペースとなっていない現状を挙げ、見直しを要望した。当事者だからこそ分かる切実な指摘は十分な説得力があった。
 舩後氏は文教科学委員会で電子機器を通じて発声、その後代読で質問した。障がいの有無に関係な